←戻る
【雛2597】やる夫たちの希望新顔超闇鍋村 [3085番地]
~2600まであと3個~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeA:新顔村)[A]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 小野塚小町
(生存中)
icon 古鷹
(生存中)
icon 四季映姫
(生存中)
icon テルヨフ
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
村作成:2014/12/13 (Sat) 16:06:44
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「鍋村建て用テンプレ ver3.01 / 2014/11/30

【ローカルルール】
(1)AAやSSの枚数制限なし(昼も夜も自由)
(2)GMへの能力行使は自由(妖精、狢、神話マニア等)
(3)スキマ送りによる突然死の役職情報は、巫女系のみ開示を許可
(4)村騙りは自己責任で

【超闇鍋の重要事項】
(1)役職保証は「人狼1」「占い師1」のみ
(2)COなしは存在しません。全員が役職を持っています
(3)知らない役職や自分の役職を確認したいときはここ
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

【禁止事項】
(1)シスコピ/暴言/利敵行為/放棄/掛け持ち/ゲーム中や開始前の初心者CO
(2)占い理由と占い結果の同時貼り
(3)突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
(4)夜の超過前噛み (恋人狼に限り超過後すぐに噛むことは許可)
(5)明らかに詰みな状態で、意図的な完ステをすること
(6)他鯖の宣伝に関して、過度の宣伝をすること」
GM 「入村どうぞ
開始予定はー16:25で」
GM 「少人数覚悟につき、埋まらないと思います はい」
ジョルジュ が幻想入りしました
ジョルジュ 「おっぱいがいれば いいじゃないか にんげんだもの  じょるじゅ」
GM 「いらっしゃーい」
小野塚小町 が幻想入りしました
小野塚小町 「玉の緒よ、絶えなば絶えね、ながらえば・・・っとね
よろしく頼むよ」
かりぁー が幻想入りしました
かりぁー 「支援ー」
ジョルジュ 「おっぱい!おっぱい!」
小野塚小町 「あたいがここにいることは四季様には内緒だよ」
karikari が幻想入りしました
karikari 「さてどうすっかね」
小野塚小町 「欲に素直になるってのはいいことだ
そう、あたいも勤労意欲が湧かないからこそここにいるわけであって
サボることもまたまた然りだろう?」
ジョルジュ 「欲に素直になる、か…」
ジョルジュ 「こまっちゃーん!おっぱい揉ませてくれー!」
小野塚小町 「おっと、だからと言ってあたいの乳を簡単に触らせようってことじゃあない」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → 四季映姫
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 1997 (四季映姫(後ろ姿))」
四季映姫 「さて小町
あなたはこんなところで何をやっているのです?

よもや油の販売などとは言いませんよね?」
小野塚小町 「げっ、四季様・・・」
ジョルジュ 「待ってくれ!こまっちゃんがさぼってたんじゃない!
俺がおっぱいが揉みたくてこまっちゃんを引っ張ってきたんだ!」
四季映姫 「そもそもあなた自身死神としての自覚が足りていないと常々言っておりますがよもやこんなところをほっつき歩いているとはどういうことですか説明を求めますよ」
小野塚小町 「や、やだなあ四季様!
あたいはこのところ不自然に増えている死人の出所を調査してただけですよ」
GM 「ふむ、やはり少人数かな」
かりぁー 「かりぁー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぁー → 古鷹
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8534 (古鷹)」
古鷹 「重巡古鷹、出撃します!」
四季映姫 「先ほどは欲に素直になることはいいことと言ってましたね
では私もそのように動くとしましょうか

えぇ、私の欲とはあなたに素直に働いてほしいという労働意欲の改善でしてね」
小野塚小町 「よし、あたいの盾になって四季様の説教を受け止めるんだ!>古鷹」
テルヨフ が幻想入りしました
GM 「一回回そうかな
投票してね」
テルヨフ 「よろしくzzz」
古鷹 「えーっと、サボリは良くないと思います!」
四季映姫 「さて、小町はこの後どれだけ説教すれば労働意欲が湧いてくるのか、それについて説教することで確認してみようかと思いますよ
それが今の私の欲ということで」
古鷹 「寝てるー!? (ガビーン」
小野塚小町 「そうですねスイマセンでした四季様(耳栓ごそごそ」
古鷹 「んー、1635まで延長希望と思いましたが
1回 回してすぐに次建てるという事でしょうか」
四季映姫 「それから古鷹は少々うっかりが過ぎる
行動をする際にはきちんと事前確認が重要です
指先で一つ一つ指し示すような丁寧さも重要ですよ」
テルヨフ 「私は姫…
自分で動いちゃダメなのよ>古鷹」
ジョルジュ 「とりあえず全員投票確認したが、
カウント開始でいいな?」
ルーミア が幻想入りしました
GM 「カウントどぞー」
ルーミア 「よろしく頼むのかー」
四季映姫 「テルヨフはいい加減動くべきです
そのまま怠惰であることが少なくともいい結果を示すとは思えませんよ?
前向きな姿勢こそが重要なのです」
古鷹 「10人ぐらいは欲しいですけどね
まぁいいや」
ジョルジュ 「10」
小野塚小町 「(よしよし、河童特性の耳栓はさすがだねえ)」
ジョルジュ 「スルーか、俺はガンスルーか>えーきっき」
ジョルジュ 「9」
ジョルジュ 「8」
四季映姫 「ジョルジュに関してはどうでもいいです。管轄が違いますからね。
そちらは他の裁判長にお任せします」
ジョルジュ 「7」
ジョルジュ 「6」
ジョルジュ 「5」
ジョルジュ 「4」
ジョルジュ 「3」
四季映姫 「そんなことよりも小町です小町
そんな堂々と耳栓なんてしていて気づかれないと思っているのですか!
外しますよ!

……し、身長が届かない……!!」
ジョルジュ 「2」
ジョルジュ 「1」
小野塚小町 「(ふふん)」
テルヨフ 「       ,. -‐'::┐__,,.._
      /::::::::::::::l-‐r_、-='、ニー -,,,__,
     /::::::::::::::_::::l | 」__,! ヽ.:::::::_::::::::::::::::;l.'-―‐ ' "´ヽ.
     /:::::::::::-=_.    |、 .Y--‐''"´`''、        i. - 、
     |:::::::::::::::::::::_l.     | | | V,-,-,-,-'         |ヽ、,ノ
     |:::::ヽ::::::_::::_: l |'--|├' /∧ーーーー、         |‐'"
.    `、::::::::::::::_:< .」___,! ,イ:;:-‐―‐-、.-ト、       |' ー、'"`ヽ
     ヽ::::::::::::::::l:::ー-‐<__フ     /   i.      |  |  ノ
       ヽ、::::::: ̄ ー‐-‐::::::::<!、    l_,,..-< _   /,..-‐''"
        丶.:::::::、;;;;__:::::::::::::::::`_、_l:::::;;::l    ヽ/
            ̄ ̄ ̄ ̄ ' ー ―――-┘

前向きな姿勢…」
ジョルジュ 「ズサチラッ」
四季映姫 「いいから! その耳栓を! 外しなさい!」
古鷹 「えーっと、か、代わりに外しましょうか?」
ジョルジュ 「よし、開始しよう」
ゲーム開始:2014/12/13 (Sat) 16:30:46
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 神話マニア陣営1
「◆GM GMは氷月
さあ、始めよう…」
四季映姫 「つまり私が黒というわけですね」
「◆GM あ、うん 少人数ってホント運ゲーだからね」
四季映姫 「……PHP
あなたは善行を積むべきです」
「◆GM …まて次回 ということはできないかな?>該当者」
四季映姫 「さて私にこのような状況を押し付けてきたというのは少々おふざけにしても論外であると言えるでしょう
その行動、私は黒と判断します」
四季映姫

   有 罪


四季映姫 「つまりそういうことです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
古鷹 「神話のCOを待ってから、COをする予定です」
テルヨフ 「       ,. -‐'::┐__,,.._                      私は働かない!!
      /::::::::::::::l-‐─-='、ニー -,,,__,            どうしても働かせたいなら
     /::::::::::::::_::ノヽ(゚::)    ヽ.:::::::_::::::::::::::::;l.'-―‐ ' "´ヽ.
     /:::::::::::-=_.    ´)  Y--‐''"´`''、        i. - 、   し明後日くらいにもう一度来なさい!!
     |:::::::::::::::::::::_l.    、_)   | V,-,-,-,-(         |ヽ、,ノ
     |:::::ヽ::::::_:::_l ノ(゚::)    ./∧ーーーー<        |‐'"
.    `、::::::::::::::_:<      ,イ:;:-‐―‐-、.--、      |' ー、'"`ヽ  まあ、マニア次第のLWゲー
     ヽ::::::::::::::::l:::ー-‐<__フ     /   i.      |  |  ノ
       ヽ、::::::: ̄ ー‐-‐::::::::<!、    l_,,..-< _   /,..-‐''"   基本的には占いもマニアも出ちゃって良いと思うわ
        丶.:::::::、;;;;__:::::::::::::::::`_、_l:::::;;::l    ヽ/        狐もいないわけだし灰狭めていけばいい
            ̄ ̄ ̄ ̄ ' ー ―――-┘'
小野塚小町 「うたたねに、恋しき人を、見てしより・・・ってね
四季様、神話であたいコピーしてたりしないです?」
ルーミア 「おはようなのかー。吊りが2つで狼がマニアで付いたら2という事なのかーという感じなのかー
あんまり隠す意味が無いから死神COするのかー
皆もFOでいいと思うのかー」
四季映姫 「出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 神話マニア陣営1
おはようございます
狼1とは非常に素晴らしい形ですね
狐も居ない以上は吊り切りに関しても考慮する必要はないと言えるでしょう
問題はマニアに関してではありますが、そのあたりには速やかなCOをお願いしたいところです」
ジョルジュ 「占い表記CO 四季映姫●」
ジョルジュ 「初日 四季映姫
いや、流石にこれ真占いだと思うよ、うん。
マニアがどうなるかはさておき、狼1ということは占いの小細工もほぼない。
とりあえず、うん、職務乱用で美少女に説教する権利を独占している閻魔様は
おっぱいに代わってお仕置きといこう。いや、白出るならどうでもいいんだが。」
古鷹 「あ、はい >●」
ジョルジュ 「うん、自分でもビックリだよ>初手黒引き」
テルヨフ 「あ、はい…>ジョルジュ
映姫●と」
小野塚小町 「ほう?」
古鷹 「えーっと」
ルーミア 「となると映姫様吊って明日どうこうになるか考える感じなのかー?」
四季映姫 「あー、これは無理ですね
LWCOです
流石に対抗占いCOしても結果吊られるでしょうし投了させてもらいます」
古鷹 「FO希望します!
偶数ですしブン屋CO! これが重巡洋艦の力です!
占い追尾しても、グレーに突撃しても問題ありません!
何かその前に終わりそうですが!」
古鷹 「あ、はい >LWCO」
テルヨフ 「で、マニアが行方不明?
人外付いたか初日と」
小野塚小町 「し、四季様・・・」
四季映姫 「改めて宣言しましょう
宣言 黒です」
テルヨフ 「聖徳道士
働かないwww」
小野塚小町 「あー・・・あたい夜雀なんだが」
古鷹 「初日、神話かな・・・とは」
ルーミア 「マニアで付いてるかも知れないから終わらないならその時って感じなのかー」
テルヨフ 「5日目なんてくるはずがないwww」
小野塚小町 「四季様、その・・・」
古鷹 「え 何それ怖い >小町さん」
ジョルジュ 「なんというか、うん、すまん。
鵺希望だったんだが…とりあえず、このLWCO吊って、
マニア狼の存在と俺の一騎討ち、で行こう。」
ルーミア 「へー、小町が夜雀なのかー
私の職と交換して欲しいのかー>小町」
テルヨフ 「ブンヤと夜雀とかマジデーwwwというwww」
四季映姫 「はてさて、しょうがないからネタばらしとしましょうか
というわけで中身はぬえちゃんだよーん!(今考えた設定)」
古鷹 「まぁ、ジョルジュさんに突撃しつつ小町さんが私護衛・・・なのかなぁ とは
その前に終わりそうですが! その前に終わりそうですが!」
小野塚小町 「お前だったのか(げしげし>ぬえ」
テルヨフ 「な、なんだってー(AA略>映姫」
四季映姫 「せっかくそこの死神を驚かせてやろうと思ったのにこんなことになるなんて想定外だよ
急いで正体を変えたせいでプロフ欄もおかしなことになっちゃってるしさ」
ルーミア 「やーることないと暇なのかー」
テルヨフ 「初日マニアか狼付きで騙ってるかだねー…」
ジョルジュ 「うるせぇエビフライぶつけんぞ>えーきっき」
古鷹 「とりあえず投票完了しました・・・」
小野塚小町 「四季様を騙るとはけしからんやつだ!」
ジョルジュ 「やりなおし。

うるせーエビフライぶつけんぞ>ぬえーきっき」
四季映姫 「と、いうわけで私は小町のリアクションが見えただけで満足なのさ!
後、一言言っていいかな?」
古鷹 「マニアで増えても、ジョルジュ噛みあったら私が報告するだけなので」
テルヨフ 「一応ジョルジュが小町占い>小町が古鷹護衛>古鷹がジョルジュにでいいんじゃねーの?
続いた場合」
ルーミア 「お好きにどうぞなのかー>映姫様」
四季映姫 「嫌な事件だったね……」
テルヨフ 「じゃ、わたしはねるzzz」
ルーミア 「んじゃ続いたら適当に真証明しとくのかー」
四季映姫 「後、PHPは有 罪」
古鷹 「占い先はどこでも」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →四季映姫
小野塚小町0 票投票先 →四季映姫
古鷹0 票投票先 →四季映姫
四季映姫5 票投票先 →ジョルジュ
テルヨフ0 票投票先 →四季映姫
ルーミア0 票投票先 →四季映姫
四季映姫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
四季映姫さんの遺言


        有    罪


[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/12/13 (Sat) 16:40:50
古鷹 「死神w」
ルーミア 「お疲れ様なのかー」
GM 「お疲れ様ー えーと」
古鷹 「いやぁ、みっちりつまってますねぇ・・・・ 村役職」
ジョルジュ 「夜雀騙り狙い毒www死神www」
テルヨフ 「お疲れ様
イヤな事件だったね」
四季映姫 「うん、何この絶望ゲー!」
ルーミア 「最初に言ったのだー>古鷹」
小野塚小町 「嫌な事件だったね・・・卒塔婆がまだみつかってないんだろ?」
古鷹 「お疲れ様は言いませんよ・・・ この終わり」
GM 「…ねえー 立て直したほうがいいと思うw?(」
テルヨフ 「ニート大勝利!!」
ルーミア 「◇ルーミア 「おはようなのかー。吊りが2つで狼がマニアで付いたら2という事なのかーという感じなのかー
あんまり隠す意味が無いから死神COするのかー
皆もFOでいいと思うのかー


こんな感じなのだー」
小野塚小町 「村強すぎんだろって死神それあたいのだろォ!」
GM 「初日狼当ててCCOしてもねえw」
ジョルジュ 「初手LWに黒引きではIFVさんが頓死できないじゃないか!?しまった!?」
四季映姫 「全方面的に私を殺しに来てるよね!?
何か私悪いことしたの!?
小町をちょっとビビらせようとしただけじゃない!」
ジョルジュ 「というわけでこまっちゃんのおっぱいは揉ませてもらう」
テルヨフ 「ニートは関知しないから>映姫」
ルーミア 「初めて引いた職だから楽しみたかったけど
仕方ないのかー。引けただけ感謝なのかー」
小野塚小町 「毒があるぞ>ジョルジュ」
四季映姫 「正直、占いに初手●出された時点で対抗占いCOしても無駄でしょう……?」
古鷹 「●見たら他の人の朝一文とか全然見えてませんね!」
GM 「映姫が次リベンジしたいというのなら
次建てるけれども」
ジョルジュ 「いやー、こまっちゃんを正座説教などけしからん!で占ったら
まさかこうなるとは。」
ルーミア 「最初に自分も占い師COしとけばどうか?という所なのかー?
良くわからないけども」
小野塚小町 「本物の四季様だったら狂人二人くらい付いてきてただろうな!
これだからぬえは、ほんのちょっとびびったじゃないか(げしげし」
古鷹 「とりあえず吊ってから考えますね >CCO」
テルヨフ 「マニアがついても覚醒4日目…
お察しwww」
ジョルジュ 「何ら問題はない>こまっちゃん
呪われてようが罠があろうがおっぱいは揉む」
小野塚小町 「これ、聖徳が一番ハズレっぽいってどういうことだよw」
四季映姫 「んー、正直タイミング微妙すぎるし私はこの後思ったよりも早く終わったから出かけようかと思ってたし、ぬえちゃんはみんなにお任せするよ!」
古鷹 「朝一先手で他の所に特攻した場合、
対抗何者 で終わりそうですし
相互●なら両方吊って終わります」
GM 「それじゃ今回は解散ー」
ルーミア 「そんじゃお疲れ様なのか~」
ジョルジュ 「ほい了解>リベンジなし

ならばこまっちゃんを揉むだけである」
テルヨフ 「5日目来ないから…
村人で執行、聖女ワンちゃんすら期待できない」
四季映姫 「急募:ジョルジュに●出されたタイミングから勝ちに行ける方法
なおマニア初日とする」
小野塚小町 「さて、本物の四季様が来る前に次のサボリ先を探すとするか
おつかれさん、まあ少人数なんてこんなもんだね」
古鷹 「まぁ、私も落ちましょう
GMは村建て感謝」
テルヨフ 「あきらメロン>映姫」
ジョルジュ 「ま、お疲れさん。
いやーひでぇ村だった(他人事」
テルヨフ 「逃亡欲しかったなー>逃げずに勝てる逃亡…」
テルヨフ 「じゃ、お疲れ様ということで」
四季映姫 「さて、それじゃあ私は憂さ晴らしに小町の行った先を本物の四季映姫に告げ口してから帰るとするよん!
それじゃあべろべろばははーい!
あ、村立て同村は感謝してるぜい?」
GM 「ではまた次回ー」