←戻る
【雛30】やる夫達の多置換覚醒独身超闇鍋村 [34番地]
~勝数:村人7人狼7妖狐10恋人2吸血1出題0引分2~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する共有者置換村狂人置換村キューピッド置換村超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeK:覚醒村)[K]出現率変動モード (TypeG:独身村)[G]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 姫路瑞希@GM
(生存中)
icon 八坂ニャルラトホテプ
(生存中)
icon スパ王
(生存中)
icon 朱鷺子
(生存中)
icon 間桐慎二
(生存中)
icon ギルガメッシュ
(生存中)
icon 衛宮士郎
(生存中)
icon アイギス
(生存中)
icon あちゃくら
(生存中)
icon 間桐桜
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 妖夢
(生存中)
村作成:2012/04/29 (Sun) 23:53:04
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 姫路瑞希@GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 846 (姫路瑞希)」
姫路瑞希@GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば。

 占いCOする時はよく考えましょう。

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。


占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。


占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)

 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます。

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります


”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。

 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。

 朝の死因 噛まれ・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺し
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいないときは・・・がんばれ

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!

 http://alicegame.dip.jp/sousei/info/new_role/

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。

 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

突然死ダメ!ゼッタイ!

 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。

 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます

 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。」
姫路瑞希@GM 「この村のオプション
『共有者→指導者』
『狂人→月兎』
『キューピッド→魂写使』
『村人陣営・人狼陣営・その他陣営に覚醒職1がそれぞれ保証枠に追加』
『橋姫系・恋人陣営の出現率0』(保証枠には影響しない)

この村のローカルルール
『1日目投票自由』
『AA遺言のみ許可』」
姫路瑞希@GM 「遅くなってすみません
というわけで報告してきます」
八坂ニャルラトホテプ さんが幻想入りしました
八坂ニャルラトホテプ 「ものすごいカオスオプションですね・・・
だが、それがいい!(どん」
スパ王 さんが幻想入りしました
八坂ニャルラトホテプ 「というわけでこんばんわ
あなたの隣に這いよる混沌ニャルラトホテプでっす!」
スパ王 「スパ!」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
スパ王 「なあ、独身村なのにQP置換があるように見えるんだが……w」
姫路瑞希@GM 「ええ、無駄オプションです>スパ王さん」
暫定 さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
スパ王 「なぜつけたしw」
間桐慎二 さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「ちなみに、サブタイトルの勝数は『ナンバリングされている29村』のみカウントしています」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
八坂ニャルラトホテプ 「恋人が出ないだって!
ジーザス!真尋さんがきたらどんな顔で出迎えればいいんですか!」
間桐慎二 「あーやだやだ、まったく貧乏臭い村だなまったく
庶民が伝染る!」
かりー さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「希望されたからです>スパ王さん」
かりー 「よろしく」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
八坂ニャルラトホテプ 「はっ!でも真尋さんと私は矢など無くとも魂と魂で惹かれ合っているから・・・ブツブツ」
姫路瑞希@GM 「いえ、恋人は出る可能性は0ではないです>八坂さん」
スパ王 「希望の結果だったらいいけどさw」
間桐慎二 「大体なんだ、スパ王とかインスタントのくせに王とか舐めてんの?
僕はねぇ、イタリアンは980円以下のパスタは認めないんだよ」
八坂ニャルラトホテプ 「つ、つまり・・・もう真尋さんがきたら結婚するしかないと・・・!>GMさん」
姫路瑞希@GM 「あ、15分開始予定です」
暫定 「暫定 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:暫定 → 朱鷺子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 167 (朱鷺子)」
八坂ニャルラトホテプ 「真尋さーん!カモーンヌッ!」
衛宮士郎 さんが幻想入りしました
スパ王 「覚醒枠で恋人出てもやっぱりそれ置換仕事しないじゃんという罠」
姫路瑞希@GM 「あ、結構大きな地震が」
衛宮士郎 「っと、よろしくな」
八坂ニャルラトホテプ 「なんですかこの真尋さんの足元にも及ばない貧相で残念な♂は>慎二さん」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
スパ王 「外で食うとうまいんだよ>慎二」
間桐慎二 「そもそも僕から言わせればイタリアンなんて本場じゃない時点で論外だね論外
ああでもサイゼリヤっていうお店? あそこのマルゲリータなら認めてもいいかな」
衛宮士郎 「っと、こっちは地震はないけど大丈夫かい?」
姫路瑞希@GM 「ええ、キューピッドは『確実に』出ませんね>スパ王さん」
間桐慎二 「貧相って言ったな!?>ニャル子
後悔させてやるぞ!

やれ、衛宮!」
姫路瑞希@GM 「1年前近くから結構続いてるのでもう慣れました>衛宮さん」
衛宮士郎 「いや、明太子パスタは優れた日本食だと思うんだけどな?>慎二
というかいたのか」
間桐慎二 「はんっ、僕の家は3重ハニカムの耐震構造なんだよ>衛宮
ライダーがアホみたいに外壁につっぱり相撲をしたところで揺れやしないね」
衛宮士郎 「いや、待てなんでさ>慎二
なんで俺にふるんだ!というか、何をしろというんだ!」
朱鷺子 「最近雛鯖村にデレるとことが多くなったよね。
代わりに狼陣営4~5しか居ない村が増えて、狼が可哀そうになってる感じ」
間桐慎二 「あーやだやだ、明太子パスタとか冗談じゃないよ、そんなゲテモノは食べる気になれないね
もはや食う以前の問題だ、論外だね論外!」
衛宮士郎 「今までの反動がきたんだろうなとは思うけどねw>朱鷺子
まあ、狐が強いのは相変わらずだけれどもさ」
スパ王 「数はともかく、役職の内容はひどいもんだ>朱鷺子」
八坂ニャルラトホテプ 「えー・・・貧相な男がこれまた貧相な男をけしかけてきましたよ
しかも貧相同士で仲間割れしてます・・・」
間桐慎二 「お前は正義の味方だろ!?>衛宮
だったらとっちめてくれよ、お願いだよ士郎えもん!」
衛宮士郎 「うーん、ナポリタンとかもだめか?>慎二
あれもうまいと思うんだけどな、誰でも作れるし
俺も得意だしな」
朱鷺子 「>GM
置換えで出た吟遊詩人を奇術師すればQPでるかも!
結局置換えはされないけど・w・」
間桐慎二 「ああ、でもこの間シェフが作ってくれた……なんだっけな、ナットゥー?
それのパスタは美味しかったな、あれこそまさに本場のイタリアンだよ」
衛宮士郎 「俺はそんなどこぞのネコ型ロボットみたいな名前じゃないよ!!>慎二」
間桐慎二 「ナポリタン? なんだそれ、地名か?
ああそうか、美術館だな、それなら知っているぞ僕は」
八坂ニャルラトホテプ 「違いますよ
本場イタリアンの本格パスタはそう

しそうめです(ドヤ顔」
スパ王 「納豆パスタ?」
衛宮士郎 「あ、今テスト村建ってるのか?」
姫路瑞希@GM 「その可能性がありましたか>朱鷺子さん
いやまぁ恋人がわからないので一番悲しみを背負うと思いますが」
八坂ニャルラトホテプ 「ないですねー納豆とかないですねー
あんなの虫の卵が腐ったみたいじゃないですか
おえー」
間桐慎二 「じゃあなんだって言うんだ!>衛宮
犬が苦手なオバケか、それとも語尾に~ナリをつけるのか!
ござる口調はやめろ、友人として見るに耐えないから!」
スパ王 「テスト村稼働中で普通村が建ってヒゲ村も建ったね」
衛宮士郎 「だから、なんでマスコットキャラ固定なんだよwww>慎二」
朱鷺子 「たらこパスタは許せるけど
明太子パスタは許早苗派」
間桐慎二 「ああそうそう、納豆パスタだな納豆パスタ>スパ王
ま、僕くらいのイタリアン通だとああいうまさにイタリアンなパスタしか食べないのさ、フフン」
衛宮士郎 「傾奇者ってこれどういう役職なんだろうな」
姫路瑞希@GM 「はい、新役職『傾奇者』と仕様変更役職『長老/老兵』のテストですね」
間桐慎二 「だってお前はマスコット兼僕の用心棒じゃないか>衛宮
おいおい、しっかりしろよそんな知能で大丈夫か?」
衛宮士郎 「おろ、長老と老兵の仕様変わるのか?」
アイギス さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「5日目まで投票数が+1される役職です>衛宮さん
執筆者の逆と考えればわかりやすいでしょうか?」
八坂ニャルラトホテプ 「わかる、わかりますよ
明太子はなんか違うんですよ>朱鷺子さん」
アイギス 「よろしくお願いするであります」
衛宮士郎 「あー、なるほどなそれは面白い>GM」
八坂ニャルラトホテプ 「真尋さんはまだか!神はいないのか!」
八坂ニャルラトホテプ 「って私が邪神でしたー(てへぺろ」
姫路瑞希@GM 「長老は3%の会心相当の能力をもつようになり、老兵は護衛制限を無視できるようになります>衛宮さん」
スパ王 「……古系の騙りどころになるから5日目まで残すのも嫌だなぁw」
間桐慎二 「へぇ……なかなか可愛いじゃないか>アイギス
気に入ったよ、どうだ僕とこれからシャレた店で飲まないか?」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
衛宮士郎 「:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ':::-‐::::::::::::::::::`ニ=‐   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_  ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:;ゝ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト   あ、もしもし桜か、うん俺
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'     いや、ちょっと慎二が暴走してるんだけどどうしたらいいかな?
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /
           /      ノ
         /   ,. '´
-.、    { / 、_/
:::::::`ヽ.、 '〈
‐-、:::::::::::`:ー-、
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → ギルガメッシュ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3437 (ギルガメッシュ_FF)」
スパ王 「老兵の護衛制限無視はいいけど長老の会心はむしろ邪魔じゃね?w」
間桐慎二 「はんっ、これだから庶民は嫌なんだ
そもそも古系だったら嫌、それなら占わせてやればいいじゃないか
少なくとも巫女だの河童だのよりはよほど使える役職だろうに」
衛宮士郎 「でも、%で失敗するんですよねw>姫路さんw」
朱鷺子 「長老は決定能力も付与されて、
老兵は護衛制限でも護衛できるようになるんだっけ?
70%だから貫通の可能性はなくならないけど<仕様変更」
ギルガメッシュ 「ま、あんま深く考えてもしょうがねぇか
これでいくぜ」
姫路瑞希@GM 「今回の仕様変更のコンセプトは『とりあえずオレを吊れなんて言わせない』らしいです」
間桐慎二 「おいやめろ衛宮! 密告とかズルイぞ、恥ずかしくないのか人として!?」
朱鷺子 「会心だっけ、
確かに微妙そうですね。<長老」
八坂ニャルラトホテプ 「河童はロリコンらしいですからね」
姫路瑞希@GM 「ええ、30%の確率で失敗します>衛宮さん」
アイギス 「飲むといいますと、コーヒーでしょうかお酒でしょうか>間桐さん
どっちにせよ私は基本的に飲めないですが」
八坂ニャルラトホテプ 「河童は悪ですよ、悪
村役職で一番悪いやつです」
ギルガメッシュ 「長老はアレだ
初日に会心だせば確定村だ
そうでないならそのまま吊り」
間桐慎二 「普通村にしたってさー、権力だからケア吊りとかあー嫌だ嫌だ
むしろ占い師は率先して占うべきだね、もしも味方なら2票あるんだぜ?
人外のPPを危惧して蝙蝠を吊るす暇があるなら長老を大事にしろってんだよまったく」
スパ王 「『とりあえず長老は票数証明のために俺にでも投票しとけよ』→会 心 の 一 撃」
アイギス 「護衛制限無視は割と強くなったなって印象ですね」
衛宮士郎 「:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ':::-‐::::::::::::::::::`ニ=‐   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_  ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:;ゝ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト   あ、なんだ、ジャポニカ暗殺帳につけておきますって
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'    あと、今日の晩ゴハンを楽しみにしてくださいって伝えてくれか
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /       うん、わかった
           /      ノ
         /   ,. '´
-.、    { / 、_/
:::::::`ヽ.、 '〈
‐-、:::::::::::`:ー-、
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:>=‐-...、
    l::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::::ヽ」
衛宮士郎 「                     ヾ''''''-,へ.
                  ヾ ̄:ヾ: : : : : : : ヘ_
                /~ : : : : : : : : : : : : : !
                ~/: : : : : : : : : : : : : : : :!
                /: : :!!/!/リ\!\!、: : : :!   だってさ、慎二、今日の晩ゴハン楽しみにしておくといいぞ>慎二
                ~/!: !--、  -‐‐‐ ヽ,--、!
                  ヽ、! o    o  .!/~) !ヽ、
                   !ヽヽ  ヽヽ ,/_ノ
                   \. !'''フ ∪ヽ!
                     `‐`,, ‐''   >--,-,,,,,
                  ,.-i''''!"~.! !  /:::::/ /::::''-、
                   /:::::! !/~1ヽ//~ヽ! !::::::::::::ヽ
                  /::::::::! !  `-'"  ___!__!_:::::::::::::::ヽ
                 /:::::::::::!''''''''''''''' ̄ ̄ ̄ ̄  !、::::::::::::::`
                /::::::::::::::!            !ヽ、:::::::::
   '-i-i'_     _,,,,...-‐'::::::::::::::::/!            ヽ!ヽ:::::::
   ,!~!_!_''---!~~::::::::::::::::::::::::::::::::/ !             ! ヽ:::」
間桐慎二 「コーヒーとかお酒とか、あんなものは子供の飲み物さ>アイギス
僕はねぇ、カフェオレ以外の飲料を認めないね」
姫路瑞希@GM 「ちなみに、サブ役職『会心』は発動確率5%なんですよね」
スパ王 「むしろ子供が飲んじゃだめだろ」
衛宮士郎 「>慎二
・・・なんかお前が長老引く未来が見えたんだけど
うん、気のせいだよな」
間桐慎二 「……衛宮。ちょっとお前の家に泊まらせてもらうぞ2~3日
お前のせいだからな!? 僕が家に帰れなくなったのはお前のせいだから衛宮ー!」
アイギス 「カフェオレ……おいしいと聞くであります
お酒が子供の飲み物かはともかくとして」
ギルガメッシュ 「サブより低いのかw
まぁ、もとよりそんなん期待しちゃいけねぇよなぁw」
姫路瑞希@GM 「まぁ、発動すれば確定村化しますし、30回に1回で十分かと>ギルガメッシュさん」
衛宮士郎 「                  ______  }\
                     ..‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/
              _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_
              _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,  >慎二
             `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\  (今日の晩飯担当・・・桜なんだけどなー
                  厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ
                 }八{-V‐    ´ ,ィ≠ミ、V :.:.:.:.: ト、}  ああ、いいよ、俺たち親友だものな、
                \{ィ'f㍉      ヒこリ 》 }/.:.:.:.:.;
                    /} ヒリ}    `¨¨´  }/⌒V    たまには夜に話すのも悪くないな
                ヽ.   ′        ノ 丿
                    、  ー─一    __/
                   \          /Ⅳ
                   \    .    |
                    |`¨¨´      |
                    |     /     、__
                  _ . -‐ ' }  /       /ニニ==ー
                 -=ニ/               /ニニニニニニニニニニニ`ヽ
        /ニニニニニニニヽ        -=ニニニニニニニニニニニニニニニニi」
姫路瑞希@GM 「より正確に言えば33回に1回ですが」
八坂ニャルラトホテプ 「ミルクでびったびたに薄めたコーヒーを飲むなんて
まだまだお子様の証拠ですねえゲラゲラ>慎二さん」
間桐慎二 「そうと決まったら準備をしておくか
ああ心配するな、セイバーへのお土産としてスイーツを用意しておけばあれはチョロイもんさ

この間はシュークリーム5個で茶の間どころかお前の部屋まで通してくれたしな」
衛宮士郎 「さて、開始時刻だけと始めちゃっていいと思うんだけどね
多分、ちょっと人集まらないだろすい」
スパ王 「萌えが1%っていうから確率なんて当てにならないもんだ」
姫路瑞希@GM 「さて、一応時間ですね
保証枠だけで5埋まってるわけですが、8人で開始しますか?」
ギルガメッシュ 「ほぼ発動しねぇよ、それw>GM
しかし新顔村が楽しみになるなw
きっと長老の阿鼻叫喚が聞こえてくるぞ」
間桐慎二 「はんっ、そーいうお前はよほど高尚な趣味があるんだろうなァ?>ニャル子
言っておくが僕はグルメなんだぜ、歯磨き粉にはバナナよりもメロン味を採用するほどにな」
八坂ニャルラトホテプ 「まぁ、2票持ちが確定村化するのはそれはそれで強すぎるのですよ
3%ならまだロマンのレベルでちょうどいいんじゃないですかね」
姫路瑞希@GM 「発言回数と投票回数を一緒にするのは間違いです>スパ王さん」
あちゃくら さんが幻想入りしました
間桐桜 さんが幻想入りしました
スパ王 「それゲームにならねえだろw>GM」
衛宮士郎 「また、ひゃっはーが多いならまたおかわり
立てればいいしね」
ギルガメッシュ 「こうなると覚醒オプションがえげつないなぁ
占い師と狼と覚醒枠での戦いだろw」
あちゃくら 「よろしくおねがいしますね!」
姫路瑞希@GM 「あ、開始で問題ない方は投票をお願いしますね」
間桐慎二 「ゲェーッ!? 桜!?」
朱鷺子 「カウントするとズサーがあつまるって聞いたことあるから
多分大丈夫∑b」
衛宮士郎 「お、桜だ、よろしくな」
アイギス 「少し待ちたいけど、待っても増えるか微妙でありますよね
と思ったら増えたであります」
間桐桜 「ではよろしくおねがいしますね」
間桐慎二 「衛 宮 バ リ ア ー !」
あちゃくら 「傾奇者だけかと思ったら老兵と長老にも補正かかるんですね。
古系人外涙目ってレベルじゃないですねぇ・・・・。でも最近古系人外そんなに見ないですけど。」
衛宮士郎 「>慎二
いや、バリアにならないからな?
悪いけど多分貫通するぞ?」
姫路瑞希@GM 「ふむ、10人
まぁ、スレに書いた通り待っても仕方ないと思いますので開始しちゃいましょうか」
八坂ニャルラトホテプ 「ふっ、私の人生(?)は真尋さんが全てですよ!
あとは全部おまけみたいなものです!」
間桐桜 「あら兄さん。
正直兄さんの三下臭あふれるセリフには笑いを抑えきれませんでしたよ」
ギルガメッシュ 「桜って、いまいちキャラが掴めないんだよなぁ
TVアニメだけしか知らない俺としては黒いのが想像つかんw」
朱鷺子 「人形遣い
鋭狼(狂毒無し)   <つまり俺たちの時代だな!!
吟遊詩人
>ギル」
衛宮士郎
       //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.ハ.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      イア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:/l/  レヘl ',:.:.:リ、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ト、:.:ヽ.
       /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:iリ ─==ニュ、レ'  \.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l!
        /ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.Ⅵ    __≧ァヽ.    \:.:.:.:.イ:.:.:リ.:.:.:.:.:.:ト、
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ'⌒'.l:.:.:.:.:レヘ|  マ’  仡弌ャ、`丶. /./ l/l/l.:.:.:.:.:.:.:l!
         レ1.:.:.:.:./  ヘ. |:.:.:.:.:l     '.  l 夾 i トヾ >ィ     レ1.:.:.:.:リ   ・・・(黒い方の桜だ・・・
          レ1:.:.:l   〉l∨Ⅵ     ヽ 弋こソ ,   ´   ,イニャ、./ィ NY
           |.:.:人  ヘ             ` ‐一      トィ.こャ,ハノ
           レ1.:ハ ヽ.                    代リリ 〉
            |:.:.:.:ム                      、` ー'’l
            |.:.:.:.:.:l  i                    _  〉   l
            レ1.人l  l                         /
          レリ    ヽ           r ──ュ      /
          ハ.___ \            ──     /
      l二三三三     ̄lニl l               /
      |               lニl ト、             /
      |               lニl | 丶           /
    ,へィlト、              lニl |    > __ _ /
二 ̄  =‐-へ         lニl |     /ー─────t」
八坂ニャルラトホテプ 「人が増えた!
真尋さーん!さあ私の胸の中にズサーカモーン!」
スパ王 「その真尋やる夫村でほとんど見ないけどな……やる夫スレでも」
間桐慎二 「説明しよう
衛宮バリアーとは衛宮士郎を防御壁(物理)として利用する技である
その硬度は衛宮本人次第だが意外と耐える
魔法に対する耐性は皆無に等しいがそれでも意外と耐える
精神攻撃に対しての耐性も無いが別に問題はない、いいから盾になれよ」
間桐桜 「もずく」
アイギス 「私も大体キタローさんがロボ生のすべてであります!」
間桐桜 「わかめ」
間桐桜 「こんぶ」
衛宮士郎 「うーんと、ファンディスクのhollowとか、結構黒いよw>ギルガメッシュ」
あちゃくら 「老兵スライドの傾奇者とかいろいろ護衛制限の期待あるだけに騙ったら怒られて吊られそう。」
八坂ニャルラトホテプ 「気が合いますね!仲良くしましょう!>アイギスさん」
ギルガメッシュ 「いらねぇのオンパレードwwwww>朱鷺子」
衛宮士郎 「おい、最後説明じゃなくてただのお願いじゃないか!!>慎二」
間桐慎二 「は、はんっ!>桜
僕を甘く見られるのは今のうちだぜ? ら、ライダーのいないお前なんて怖くないからな!
やーいやーい!」
間桐桜 「兄さん。来週のご飯のテーマはこの中ならどれがいいでしょうか?
お祖父様が年甲斐もなく頭髪を気になされてるので来週いっぱいの兄さんと御祖父様の夕飯はどれかにしようと思っているんですけど」
姫路瑞希@GM 「さて、みなさん投票されましたね
カウント後開始でお願いします>八坂さん」
あちゃくら 「吟遊詩人は恋人作っちゃうからそれはそれでアレな感じががが!」
姫路瑞希@GM 「お願いというか、命令のような?>衛宮さん」
ギルガメッシュ 「ファンディスクかw
ステイナイトすらやったことないからなぁw>士郎」
雪華綺晶 さんが幻想入りしました
間桐桜 「あら兄さん。そんなにお祖父様の夕飯の付け合せとして食べられたいんですか?クスクス」
スパ王 「この人数で覚醒枠恋人に持っていかれたら無理ゲーだろw」
八坂ニャルラトホテプ 「ではカウントはじめますよ!」
妖夢 さんが幻想入りしました
八坂ニャルラトホテプ 「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!(」・ω・)」うー!」
雪華綺晶 「少なそうなのでこんばんわ」
妖夢 「早く始めましょう」
八坂ニャルラトホテプ 「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」
間桐慎二 「衛宮、ちょっと2~3ヶ月泊まらせてくれ
いいから泊めろよぉ! でなきゃ桜を止めろよォ!?」
八坂ニャルラトホテプ 「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!(」・ω・)」うー!」
姫路瑞希@GM 「意外と人いますね
いらっしゃいませ」
八坂ニャルラトホテプ 「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」
間桐桜 「私が怖いっていつ何処の証明ですか?>先輩
まさか先輩はそんなこと言いませんよね?(ニコ」
八坂ニャルラトホテプ 「(」・ω・)」うー!」
スパ王 「SAN値ががが」
朱鷺子 「SAN値がガリガリ削れるカウントね」
八坂ニャルラトホテプ 「Let'sにゃー!はじまりますよ!」
間桐桜 「少人数で覚醒って死ねる気がしますw」
衛宮士郎 「ハイ!ナンデモナイデス>桜」
ゲーム開始:2012/04/30 (Mon) 00:21:42
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆姫路瑞希@GM 実にまともな配役ですね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆姫路瑞希@GM 実に、まともな、配役ですね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆姫路瑞希@GM というわけで、この村は『指摘されるまで魂写使置換が無駄オプションであることを忘れていた』へのへの@GMがお送りします」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆姫路瑞希@GM ローカルルール確認
『1日目投票自由』
『AAは遺言のみ可』」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆姫路瑞希@GM というわけで、みなさん勝利を目指して頑張ってください」
姫路瑞希@GM は無残な負け犬の姿で発見されました
八坂ニャルラトホテプ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
八坂ニャルラトホテプさんの遺言      /  /  /  :/:∧:∨\   \ \    \\
      .:::/  / .: ::|::i::ハ::∨:::丶:.   \ ヽ      ヽ
.   / .::::/: /  .:/ .: ::|::|::::::::::: ':::\::ヽ:..   iハ  '      |
    ′:::::::::::::.  .:: |.:/::/|::i ::/::ハ ::∨い:ハ::.  l:ハ '.     |│
.  .:::::::::::|::::::::::...|::::ト|/|∧∨:/:::|::斗:匕!::|:::::. |:: |i:V|     |│   真尋さんのいないこの村に
  i::::::::::::|:::|::::::八斗==ミ∧\ ::| ィト::しト}}:::::: |:: |乂|     |│     未練なぞないわぁー!
  |/:::::::::|:::|:::: |:::{{ トi::しi∨\乂/V__ソ从::::/|:::′     ノ
  /:::::::: /|:::|:::: |::八乂_ソ      : : : : |::く. |/   __//
. /:::::::: /八∧::::::::::::\ : : :   '       从:ハ     `ー
/::::::::::::/ ::::::::|八\∧::\    ヘ    .:::::i人} (\  Σ
:::::::::/::/⌒U⌒\:::::マ⌒   ー┘  イ:::::i|    } } ___
::::::/::/       ___ \::':> ..,_ <::::::|::::::i|   _ノ '´  __〕
:::/: ん┐  /  \ 〉::マ\∧_,ノ⌒リ:::::八. /      〈
::::::::::::;;ノ       Vヘ::.∨ L∧\_/:: ∧: ∨      (
:::::::厂  / {      \|::.|\仁仁/|:::::| _}:::|      _,,ノ
:::::{   {  丶       〉:厂「::::仁「:|:::::|└У    厂
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
雪華綺晶 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1

5吊り4人外ですね。CO出来る人はしちゃっていいと思いますよ」
衛宮士郎 「村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1

おはようさんっと吊りは5吊りで4人外かなっと
割りとなんとかなりそうな感じに見えるよ不思議!
とりあえず、占い師については露出する判断はまかせるよっと

CPできるひとはどうぞってね」
間桐桜 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1

悪くない数ですね
COお願いします」
スパ王 「朝スパッ!」
ギルガメッシュ 「おはよう
覚醒枠のその他が、たぶん大蝙蝠か氷妖精
もしくは天狐か月狐だろ
まずは蝙蝠枠のCO待ちかね?」
間桐慎二 「やーーめーーろーーよーーーーー!

何で既に過半数近くが人外になってるんだよ!?
冗談じゃないぞ衛宮ぁ!」
妖夢 「おはよーございました。」
アイギス 「おはようございます」
あちゃくら 「おはようございます!
12人なので5吊り4人外でしょうか。がんばりましょう!」
雪華綺晶 「というわけで、蝙蝠さんです」
スパ王 「あ、これ呪殺しちゃったか」
アイギス 「5吊り4人外+蝙蝠ってことでまあ村に余裕は薄いでありますね
PPに気をつけつつって感じでいかなければならないでしょう」
間桐桜 「初日遺言
呪殺ですかね」
間桐慎二 「うわあああああ!!!?
いきなり狐が死んでるのかよおおおお!!!?」
衛宮士郎 「ニャル子の遺言が死ぬ前提なんで
天人かなと思わなくもない」
ギルガメッシュ 「ニャル子は・・・天人か?
遺言からするとそんな感じだけど」
朱鷺子 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
バランス良さそうに見えて5吊5人外。
ほぼ余裕ない村になってるね。」
あちゃくら 「ん?八坂さんの遺言はなんでしょう。天人か狐か?」
妖夢 「蝙蝠さん要らないんじゃないですか?もしかして」
雪華綺晶 「うわ、呪殺くさい遺言」
間桐慎二 「もしも今朝の死体が村人だったら、残ってる村人は6人なんだぞ!?
えーと、それで狐が死んで、残りは……4か、ああそれならよし」
ギルガメッシュ 「大蝙蝠かどうか、それが問題だ>雪華綺晶」
アイギス 「いきなり吊りが減りましたね
ニャル子さんの正体はまあ戻ってくるかで判断でいいでしょう」
朱鷺子 「保証枠でそのほか人外は天狐or月狐or大蝙蝠が確定。
雪華大蝙蝠だったりする?」
衛宮士郎 「銃殺で、あるんならばまあわかるんじゃないのかなと
のちのちにねっと」
間桐桜 「それは大きいほうか妖精なほうかどっちですか?>雪華綺晶
その言い分だと前者っぽいですが」
スパ王 「まあ流石に戻って……うん、どうだろうね」
衛宮士郎 「うーん、蝙蝠を吊りにカウントしてるのか?>朱鷺子」
雪華綺晶 「あ、はい。大蝙蝠です」
あちゃくら 「きらきーさん蝙蝠さんですね。
吊り数は微妙なとこなので余裕がないですね。覚醒枠でしょうか?」
間桐桜 「ふむ。」
間桐慎二 「いや、これ呪殺以外はないだろ?
他に何があると思うんだ? 天人か?
それならいい、それならいいんだ」
妖夢 「正直今日グレランで村吊ったら詰みかねない、っていうよりは蝙蝠さんに作用鳴らした方が安定なんじゃないかと」
アイギス 「蝙蝠は微妙なところでありますなー
吊るにはニャル子さん考えると微妙なところも勿論ありますからね」
ギルガメッシュ 「天狐なら、呪い返されてるし、月狐なら銃殺されんだろ
そうなると、狐は覚醒枠じゃなかったことになるけど>雪華綺晶」
朱鷺子 「あ、いや。
八坂死んでるから狐消毒が確定かな。
効くまでもなかったかごめん。」
スパ王 「天人だったら流石に書くだろう、うん……ねぇ?」
衛宮士郎 「ようは、これ銃殺であるならば
きらきーつってる暇ないと思うんだけれども

PPものすげぇ怖いけど」
間桐慎二 「帰ってくるタイミング次第で色々と……いや、駄目だ
その頃には既に手遅れになるかもしれない」
雪華綺晶 「身代わり? できねーよっつーお話で」
ギルガメッシュ 「おっと、大蝙蝠COあるのか
まぁ、それじゃ覚醒枠は狐にはいかなかったと考えておこう」
間桐桜 「天人ってあるんですかね?」
間桐慎二 「僕は残すぞ>衛宮
可愛いしな、あとは……仮に呪殺だとした場合でも、今は狼を削らなきゃいけない」
妖夢 「吊ってる暇がないっていうのは代わりに人外を連れる人だけが言っていい台詞です」
アイギス 「大蝙蝠ならそれなりに覚醒枠の可能性がありますのでそれはそれでいいであります
なら放置安定で。吊るのは騙りもみつつなので
ただまあ別に分からないんですけどね、占いでもないと」
あちゃくら 「天人でも村が鉄火場になれば帰ってくれるとは思いますが・・・
この人数なのでそれなら素直に書いてくれるような気もしますけどね・・・。」
朱鷺子 「蝙蝠は余裕ないから即吊る場所ではないけど
PP要因なので人外カウントですよ?何言ってるんですか>衛宮士郎」
間桐慎二 「ありえなくはない、ってところだな>桜
少なくとも逆呪殺されたわけじゃないだろ?
そういう遺言を残していないのなら、その可能性はあるってことだ」
間桐桜 「天人なら近いうちに戻ってくるでしょう
目下今日はコウモリさんをどうするかです」
雪華綺晶 「間桐さん(兄)は優しい人っぽいですね!」
ギルガメッシュ 「そんじゃ、まぁ賢者COだ
今日は蝙蝠に投票しておこう」
衛宮士郎 「要は銃殺とかいってるところを残しつつ
あしたの占いCOを待つ感じなんじゃないだろうかと

今日はどうしたってグレランになると思う」
妖夢 「というわけで吊ってる暇がない人たちは代わりに人外を指名してください。」
アイギス 「人外吊るのはある程度前提で考えてはいますよ、余裕の薄い配役である以上
バランスの問題ってところであります」
スパ王 「銃殺濃厚とみるなら蝙蝠は残すしかないんじゃないか?
狐が死んでるなら狼の容赦がなくなる」
衛宮士郎 「割りとその出方は好み>ギルガメッシュ
何もなければってのはあるけど、熱病でたらあれだぞっと」
間桐慎二 「吊れる、じゃないんだよ>妖夢
吊るしかないんだよ

もしも狐が死んでいるなら、狼を吊り過ぎて負けるということもないんだ
……ま、さすがにそれはないと思うけどな」
スパ王 「賢者なぁ……まあ蝙蝠の処理はそこに任せるか?」
ギルガメッシュ 「少なくとも、村に被害は及ばない
熱病でても、ごめんねで済む」
朱鷺子 「狐消毒で余裕はありますが
どちらかと言うと狼が自重しなくなるので
蝙蝠吊りは反対ですね。」
雪華綺晶 「土蜘蛛効果とか怖いからそれ意外でよろしくねっ!>ギルさん」
間桐慎二 「いいぞ桜、もっと僕を褒めろ!
僕は褒められると伸びるタイプなんだ」
ギルガメッシュ 「まぁ、弁財天あたりが出るのが一番なんだけどな」
あちゃくら 「なるほど、その賢者はありね。第3陣営なら村に被害は無いですし。うまくいけばPPも防げる」
妖夢 「そのための余裕がどちらがあるかって話なんですけどね。」
スパ王 「というか既に鉄火場であるならあれ天人なら即帰ってくるわけで」
間桐桜 「効果が確定しない以上そのまま釣にいったほうがいいと思いますけどね
所詮確率ですし」
衛宮士郎 「>朱鷺子
いや、それは個人の好みの問題とは思うんだけども
吊りに換算してるのが個人的にはひかかったんだわ」
アイギス 「だからまあ言い方はともかく、妖夢さんの言い方はともかく主張は一理あると思いますよ
ただ、PP防いでも結局人外つれないなら負けるってことであります」
間桐慎二 「既に鉄火場はないな>スパ王
狼3、だぜ? そこはキチンと見ないとな」
雪華綺晶 「私捨て票とかしたほうがいいのかな?」
朱鷺子 「今日はグレランですね。
狼の覚醒枠があまり大したものでないといいのですが。」
ギルガメッシュ 「というか、村は吊られるくらいなら出ておくほうがいいと俺は思うぞ」
間桐慎二 「どうせなら、蝙蝠も村も救うだけの芸当をやってみせればいいんだろ?」
アイギス 「あとまあさっき言ったとおり、蝙蝠吊るなら騙りも見てってのが私の中でありますので」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆姫路瑞希@GM ちなみに、例によってGMは投票時間延長はしないので、各自でしっかり確認してくださいね」
2 日目 (1 回目)
スパ王1 票投票先 →朱鷺子
朱鷺子3 票投票先 →妖夢
間桐慎二0 票投票先 →朱鷺子
ギルガメッシュ1 票投票先 →雪華綺晶
衛宮士郎0 票投票先 →朱鷺子
アイギス1 票投票先 →間桐桜
あちゃくら0 票投票先 →スパ王
間桐桜1 票投票先 →アイギス
雪華綺晶2 票投票先 →ギルガメッシュ
妖夢1 票投票先 →雪華綺晶
朱鷺子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アイギス は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
朱鷺子さんの遺言 占い師Coです!

初日八坂ニャルラトホテプ ○
まあ、初日ですしまずはアンカーやくご苦労様と言うことでここからですね。
アイギスさんの遺言       , -‐ ⌒ ⌒ > 、
    /  , -‐,大 ‐-   \
   / .,∠∧-┴‐┴<仆,   \
   ,' / |/        \ヘ_  ヽ、
   { | /    !  i  从 i .「Л 卜、
  ∠ ,!イ  i !.ヾ ゙イ.Aレ-‐人ヲ  !
 ,' /! ト i .上ト_ゝノ  入 りj γλノ    大司祭をCOします
 !/ {.从ゞ ト 弋り    ~,, /ノ,∽o
   !/ t乂.ト ,,´     「下σ_,._♀   なんだかとっても覚醒枠っぽい上に結果見られるか怪しいのですが
. Я≧y‐-二l ゞへ-♀.イ / y‐==‐'
  叶-L二二l >::::!:/√::< /
         フ;;;ノ くλ_」 {
            ,く o   o _,」
        夕 ≧、_. イ彡
       / \>゙ κ-了
.      /.   /  ゙、  ゙.、
      / `.-/   \.._,,ヘ
.     /`ー 7      \ ∧
     ゝ-イ        ー
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
衛宮士郎 「昨日もいったけど
朱鷺子吊りについては蝙蝠吊りをカウントしてるのであれば
ものすげぇ違和感なんですわ

あと、妖夢も吊りたいんだけど
◇妖夢(53)  「というわけで吊ってる暇がない人たちは代わりに人外を指名してください。」
◇妖夢(44)  「吊ってる暇がないっていうのは代わりに人外を連れる人だけが言っていい台詞です
蝙蝠吊って結局お前さんはどうしたいのっていう話であってだな
言ってることは結局のところ責任転嫁しかしてないわけで、
ここで重要役職以外のCOならめっさ吊りたい

でも朱鷺子から投票されてる不思議」
あちゃくら 「おはようございます。」
ギルガメッシュ 「雪華綺晶毒なし」
間桐桜 「おはよう御座います
ではCOをどうぞ」
間桐慎二 「そもそもさぁ、偶数なんだよ偶数
つまり蝙蝠がいたところで関係ないね、ナッシングだね!

ニャル子が帰ってきたら? 
……つ、吊り数が増えるんだからそれで何とかすればいいだろう!
むしろ昨日の発言を見ていると、ええといっていいのかこれ」
妖夢 「おはようございました、と。」
衛宮士郎 「なん・・・だと・・・>朱鷺子」
間桐桜 「ふむ。」
ギルガメッシュ 「錬金術師だったらしい」
スパ王 「明らかに挙動不審になってしまったので
日清のインスタント占いCO
八坂ニャルラトホテプ○ 衛宮士郎●」
雪華綺晶 「◇朱鷺子(24)  「保証枠でそのほか人外は天狐or月狐or大蝙蝠が確定。
雪華大蝙蝠だったりする?」

◇朱鷺子(47)  「蝙蝠は余裕ないから即吊る場所ではないけど
PP要因なので人外カウントですよ?何言ってるんですか>衛宮士郎」

この発言は村目のような。という雑感。」
あちゃくら 「ん、占い遺言ですか・・・?
八坂さん占いしてますけど・・・。」
間桐慎二 「対抗の占い師がいるなら、考えておけ
今出ることは意味があるぜ」
スパ王 「・1日目

占い:八坂ニャルラトホテプ
結果:○

……この人数で夢とか萌えとかないよな?
まあ初日は隣でいいや
アンカーだし占っとこう

・2日目

占い:衛宮士郎
結果:

……呪殺か?天人か?
判断つかないがどっちにしろ真でいい
朱鷺子投票者から占っておく」
間桐桜 「微妙。結構吊れたよかんですが>遺言」
衛宮士郎 「囁騒霊CO」
妖夢 「蝙蝠吊らないで村人を吊ったらもう勝てないって理解してます?>エミヤさん」
ギルガメッシュ 「占い師遺言・・・だと
そして覚醒枠っぽいCOまであるし」
衛宮士郎 「衛宮士郎の囁騒霊日記

初日
えーと、これ共有に俺の声が聞こえるらしいんだけど
共有の囁きが見えない件について・・・
まあ、あれでそれでちょっと泣こう・・・

2日目
昨日もいったけど
朱鷺子吊りについては蝙蝠吊りをカウントしてるのであれば
ものすげぇ違和感なんですわ

あと、妖夢も吊りたいんだけど
◇妖夢(53)  「というわけで吊ってる暇がない人たちは代わりに人外を指名してください。」
◇妖夢(44)  「吊ってる暇がないっていうのは代わりに人外を連れる人だけが言っていい台詞です
蝙蝠吊って結局お前さんはどうしたいのっていう話であってだな
言ってることは結局のところ責任転嫁しかしてないわけで、
ここで重要役職以外のCOならめっさ吊りたい

でも朱鷺子から投票されてる不思議」
間桐慎二 「だよな>スパ王
……言っていいかどうかすっごい悩んだんだぞ、僕は!
お前何だか吊れそうだしさぁ!」
衛宮士郎 「いわ、やべぇ、慎二とスパ王つながってるくせい」
妖夢 「さよならです。
エミヤさんの投票先の朱鷺子さんが占い師だったらもう勝てませんからね」
間桐慎二 「スパ王に投票したのは、あちゃくらか

おい、フルオープンするか?>全員」
間桐桜 「先輩吊るかどうか。
スパ王さんとそこ残して他所吊り上げるでもですかね」
スパ王 「正直天人もありえるレベルで困った
失言までして噛まれたら申し訳ないぐらいの」
ギルガメッシュ 「あ、でもスパ王がなんか真っぽい
隣だし、朱鷺子日記薄いし」
あちゃくら 「スパ王さん占いCOですか・・・?
また八坂さんですか・・・。」
間桐慎二 「僕を舐めるなよ衛宮
そんなイタリアンじゃないまがい物と誰がつながるかよ!」
衛宮士郎 「ちなみに、俺吊りはスパ王決め打ち路線になると思っておけ
あと、俺が人外なら間違い無く占いCOする」
間桐慎二 「それを考えているんだよな、僕は>桜
最悪を考慮するなら、スパ王と衛宮両方を残す」
間桐桜 「海藻とパスタ麺って調理法次第では相性いいんですよ?
クスクス」
雪華綺晶 「◇スパ王(37)  「天人だったら流石に書くだろう、うん……ねぇ?」
◇スパ王(27)  「まあ流石に戻って……うん、どうだろうね」
◇スパ王(11)  「あ、これ呪殺しちゃったか」

このへん、「あ、呪殺しちゃった」的な占いっぽいにおいはありますよね。
あ、私蝙蝠なんで、空気っぽく雑感たれながし的なポジションにいたいかなーって」
衛宮士郎 「多分、八坂これ銃殺とみてのあれでそれなんだけど
ちょっと、厳しい、対抗が出ない時点で朱鷺子が真占いでみてもいいし」
ギルガメッシュ 「実際問題、占い師がこういう出方になるんならまずニャル子狐だったんだろうなと」
スパ王 「残し、なぁ
狼陣営3だろ? 狂人いない場合ってあるんだっけこの人数」
間桐慎二 「スパ王はこの分なら真狼いずれかだろう
衛宮も真狼だ、そして今の人数は8人だ

つまり、両方共残す余地はあるんだよ」
衛宮士郎 「よって、朱鷺子を吊ってしまった俺に咎があるけで
正直ごめんなさいとしか言えないそんな感じだ」
妖夢 「ありませんねー。」
ギルガメッシュ 「両方残すなら、もうFOでいいとは思うけど>しんじ」
間桐桜 「少なくともニャル子さん◯なら真
どちらも占われならば呪殺は見込めそういうくらいですか」
妖夢 「今の人数は8人なんですよ。」
あちゃくら 「狼3に狐1 朱鷺子さん真占いだとこの時点で余裕ないんですよね。
スパ王さん真と決めうって衛宮さん吊るかトキコさん真と見て残すのか。」
衛宮士郎 「俺を吊らないんであれば
おれースパ王最終日でいだろうってのは
確かにある、そこが狼であることは間違いないからな

ニャル子銃殺主張の時点で」
間桐慎二 「となればさ
スパ王ないし衛宮の仲間を吊り上げるって手段も取れるのさ
その場合、僕・あちゃくら・桜・妖夢・ギルガメッシュ

……初手で賢者を騙るかどうか、いまいちだな」
妖夢 「スパ王さん視点ときこさん人外を見るぐらいは出来ますが」
雪華綺晶 「ぶっちゃけ、ここで衛宮さん残して、後にやっぱ吊るとか何とか言ってたら村負けるとは思いますよ?
村は、スパ王さんを取るか切るか、決めなきゃーじゃないんです?」
間桐桜 「仮にニャル子さん天人で3W1Fなら帰ってきている」
間桐慎二 「最終日、じゃないな>衛宮
決め打ちの日数を明日まで伸ばすだけだ、……いいかお前次第なんだぞ」
間桐桜 「となると人外は多少落ちていることが見込めそうですが」
衛宮士郎 「ちなみに、俺真占い吊ってるんだけど視点上
それっておかしくないか?」
妖夢 「初日に連れる占い師なんて、駄目なんでしょう?>エミヤさん」
ギルガメッシュ 「あー、俺は雪華綺晶に投票しておく」
衛宮士郎 「身内がこの村でありえないだろうどうかんがえても」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
スパ王1 票投票先 →衛宮士郎
間桐慎二0 票投票先 →あちゃくら
ギルガメッシュ1 票投票先 →雪華綺晶
衛宮士郎4 票投票先 →スパ王
あちゃくら1 票投票先 →衛宮士郎
間桐桜0 票投票先 →衛宮士郎
雪華綺晶1 票投票先 →ギルガメッシュ
妖夢0 票投票先 →衛宮士郎
衛宮士郎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
八坂ニャルラトホテプ は生き返りました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
妖夢さんの遺言 陰陽師CO。
初日:あちゃくら
二日目:スパ王
三日目:間桐桜


占い理由なんて書く必要があるんですかね。
ないですよね。書きませんよ。
衛宮士郎さんの遺言 衛宮士郎の囁騒霊日記

初日
えーと、これ共有に俺の声が聞こえるらしいんだけど
共有の囁きが見えない件について・・・
まあ、あれでそれでちょっと泣こう・・・

2日目
昨日もいったけど
朱鷺子吊りについては蝙蝠吊りをカウントしてるのであれば
ものすげぇ違和感なんですわ

あと、妖夢も吊りたいんだけど
◇妖夢(53)  「というわけで吊ってる暇がない人たちは代わりに人外を指名してください。」
◇妖夢(44)  「吊ってる暇がないっていうのは代わりに人外を連れる人だけが言っていい台詞です
蝙蝠吊って結局お前さんはどうしたいのっていう話であってだな
言ってることは結局のところ責任転嫁しかしてないわけで、
ここで重要役職以外のCOならめっさ吊りたい

でも朱鷺子から投票されてる不思議
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
間桐桜 「真天人ですか」
スパ王 「1分で占いCO!
間桐桜○!」
八坂ニャルラトホテプ 「うははははははははー!
真尋さん、私は帰ってきたぞー!」
あちゃくら 「おはよーございます」
雪華綺晶 「お、天人だった>ニャル子」
ギルガメッシュ 「雪華綺晶は何か反応あればよろしく」
スパ王
衛宮残すこと考えてる、といいつつそこ投票してるし
なんかおかしいな占っておこう」
あちゃくら 「あれ、天人さんだったんですか!?よかった。。。」
雪華綺晶 「なにもないよー>ギルさん」
間桐慎二 「よおしよく生き返った!>ニャル子」
ギルガメッシュ 「天人だったと
それはそれで狐幾重不明なんで怖いことになってるが」
間桐桜 「ではPPです
兄さん。さようなら(ニコ」
八坂ニャルラトホテプ 「朱鷺子さんは天狐だと言ってましたが
まあ人外COということで」
スパ王 「真天人かい!
つーとあれだ、これ狐いるかもなの?」
間桐慎二 「よしよし、……よく帰ってきたぞニャル子
計算をするか、今は4日目つまり人外勝利目前あるいは、だな?」
八坂ニャルラトホテプ 「そして昨日の時点で3Wはない
スパ王さん真ならばLW」
間桐桜 「蝙蝠さんは兄さんに票を集めてくださいね」
雪華綺晶 「んー、私はあなたに付けばいい?>桜さん」
間桐慎二 「なぁ、雪華綺晶

僕のために、一緒に戦ってくれないか?」
ギルガメッシュ 「妖夢が噛まれてる?
そこ噛まれるところか?」
間桐慎二 「僕にできることって、限られるんだけどさ……」
間桐桜 「はい。ああ、つかなくてもいいですよ?
その場合もれなく噛みますので(ニッコリ」
雪華綺晶 「あ、ごめんなさい。わかめ嫌いなんです>慎二」
あちゃくら 「あ、狐死んでたんですね。」
ギルガメッシュ 「ってお前ら狼かよ!?>間桐兄弟」
八坂ニャルラトホテプ 「・・・真占いが昨日の時点で潜ってたってことですか?」
間桐桜 「私としてはついてくれたら嬉しいんでるけども…」
スパ王 「うん、まあ
どっちにしろ狐は処分できてたというわけで」
間桐桜 「あら、狐死んでいるんですか」
間桐慎二 「ワカメじゃない、僕は間桐慎二だ!>雪華綺晶」
間桐慎二 「いや、つまりいないって可能性だな、こりゃ>ニャル子


桜に投票を揃えるぞ」
スパ王 「……え、白狼?
マジで?」
八坂ニャルラトホテプ 「PP宣言と見て村は桜さん投票で
この結果ならば占い初日、まー仕方ないですね
蝙蝠は、好きにすればいいと思いますよ」
雪華綺晶 「もう、投票しちゃった(てへぺろ」
間桐慎二 「なぁ、雪華綺晶
僕はさ……君を残したい、と言ったよ

妖夢のことは忘れてくれ、ありゃちょっと臆病なだけなんだ」
ギルガメッシュ 「えーっと、票あわせるぞニャル子指示よろしく」
八坂ニャルラトホテプ 「白狼?
それならどうしようもないですかねー・・・」
間桐桜 「では狼陣営は兄さんに票を集めましょう」
雪華綺晶 「その思いだけ、受け取ります>慎二
桜さんのほうが魅力的ですもの」
八坂ニャルラトホテプ 「村は桜さんでー」
間桐桜 「熱病が怖いのギルガメッシュからでもでしたけど
済ならば仕方ないです」
間桐慎二 「狼に逆らったら、君は死ぬかもしれないけどさ
だけどさ……なぁ、君は自由なんだぜ、雪華綺晶」
あちゃくら 「PPですか。きらきーさん慎二さんに投票お願いしますっと。」
ギルガメッシュ 「まぁ、鶴瓶だせばいいんだよな
もしくは土蜘蛛」
雪華綺晶 「自由と死ぬことは別ですもの」
間桐慎二 「くそっ、優しくしてやったらつけあがりやがって!」
八坂ニャルラトホテプ 「しかし士郎さんあれで村化」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
八坂ニャルラトホテプ0 票投票先 →間桐桜
スパ王0 票投票先 →間桐慎二
間桐慎二4 票投票先 →間桐桜
ギルガメッシュ0 票投票先 →間桐桜
あちゃくら0 票投票先 →間桐慎二
間桐桜3 票投票先 →間桐慎二
雪華綺晶0 票投票先 →間桐慎二
間桐慎二 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
間桐慎二さんの遺言 たとえ俺が死んでも第2第3のアレとかソレとかがだな
ギルガメッシュさんの遺言 賢者 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β10~]
処刑投票能力ベースの魔法を持つ魔法使いの一種 (夜の投票は無し)。
魔法の効果は、河童・錬金術師・蛇姫・火車・土蜘蛛・釣瓶落とし・
弁財天のいずれか。
耐性は適用されないので狩りの対象にはならない。


初日の投票先 雪華綺晶 結果 錬金術師だった、毒なし

三日目の投票先 雪華綺晶 結果?
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
間桐桜 「あら。」
間桐桜 「すごいなぁ」
雪華綺晶 「うーん? 飽和しないの?」
間桐桜 「熱病が付きましたね」
あちゃくら 「おや。」
八坂ニャルラトホテプ 「まースパ王さんが狂人ならあんな狼っぽいところに黒打ったことに拍手ですねー」
八坂ニャルラトホテプ 「熱病ついても吊りが減るから一緒ですね
さっさと終わりましょう」
間桐桜 「ではニャル子さん吊ってさよなら」
あちゃくら 「はい、ニャル子さんさようならです」
雪華綺晶 「ニャル子投票りょーかい!」
間桐桜 はショック死しました
5 日目 (1 回目)
八坂ニャルラトホテプ4 票投票先 →間桐桜
スパ王0 票投票先 →八坂ニャルラトホテプ
あちゃくら0 票投票先 →八坂ニャルラトホテプ
間桐桜1 票投票先 →八坂ニャルラトホテプ
雪華綺晶0 票投票先 →八坂ニャルラトホテプ
八坂ニャルラトホテプ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
間桐桜 はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆姫路瑞希@GM 噛み許可します」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
スパ王 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
スパ王さんの遺言 ・1日目

占い:八坂ニャルラトホテプ
結果:

インスタント占い!
いや、この人数で夢とか萌えとかありませんよねぇ?
初日は隣でよさそうな、という感じでございます
間桐桜さんの遺言                    /: : :/: |: :|: :|: !: : : : : ,'!: |: |: |:|: :.|:'; :!
                   i: : : :|: :ハ: ! i.:|:.ト; : : :./ !/i;.'i :l:,l: :.ト、',:i
                   | ; : :|;|:|-|:廾:トヾヽ: :/ /'ナナナハノi|ー-,トi
                   |:|: : : N,ィ=朴、:::..ヽ|   ''テ=メ、イ;.:':/ |
                   |:|: ; : `i弋_,!..       .廴,_ノ ´ !:./.:| |   騎士ですね
                   |:|: |: : :|::..              ハ:.!: | |
.                  i:.|: |: l: |::.       ′      / ,!:|: :!」   覚醒枠を貰えたみたいです。
           ィ'|       |:.|: |: |: !:::..   ー‐_‐,ァ    //: :!: | |
         /| |      ! |: |: :! |ヽ、:         /´!: : : !:.! |   この配役なら兄さん狩り殺しはむりそうかなぁクスクス
  __ ,. 、    | ,l |      i: ト、|: :| :!: :!;ゝ、      ,イ: : : :!: : : :!:.! |
._/ / /`メ-、 」,ハ| |__/',   !:/ ヽ !.:|: :|!: i ` ー-ー ´ |: !: : : :|: : : : !:! |
/ / / / f´メ-^' ヽ、  i  .i/    \!: |: :|       !: |: : : :!: : : : :!ド   噛まれえればその時点で証明
         {_'>-、, ,./  | /  ,、   \ノ         !: !: : : |: : : : : !!   日記はつけません
         ! `> ,// ̄i  !/  ハ: iヽ、  ヽ ____ヽ、: :.|: : : : : :!!
      / / レ//  ,!    /´|: |: : `!ヽ、 __,.. -ー '´__ ゝY、_: : : :!!
      イ /  //-、'´ |   /   !: !: : : !            | |  ` ー- 、
|  _,. -=彳 ヽ//  ヽ  !  /    |: |: : : |             | |       〉、
ィ'    /ソ   ド   ヽ ト '"    l人: ヽ|            //    ,  / |
    / イ   _!     !       | |\;.!           //      ! /  !

2日目  衛宮士郎

3日目  スパ王
八坂ニャルラトホテプさんの遺言      /  /  /  :/:∧:∨\   \ \    \\
      .:::/  / .: ::|::i::ハ::∨:::丶:.   \ ヽ      ヽ
.   / .::::/: /  .:/ .: ::|::|::::::::::: ':::\::ヽ:..   iハ  '      |
    ′:::::::::::::.  .:: |.:/::/|::i ::/::ハ ::∨い:ハ::.  l:ハ '.     |│
.  .:::::::::::|::::::::::...|::::ト|/|∧∨:/:::|::斗:匕!::|:::::. |:: |i:V|     |│   真尋さんのいないこの村に
  i::::::::::::|:::|::::::八斗==ミ∧\ ::| ィト::しト}}:::::: |:: |乂|     |│     未練なぞないわぁー!
  |/:::::::::|:::|:::: |:::{{ トi::しi∨\乂/V__ソ从::::/|:::′     ノ
  /:::::::: /|:::|:::: |::八乂_ソ      : : : : |::く. |/   __//
. /:::::::: /八∧::::::::::::\ : : :   '       从:ハ     `ー
/::::::::::::/ ::::::::|八\∧::\    ヘ    .:::::i人} (\  Σ
:::::::::/::/⌒U⌒\:::::マ⌒   ー┘  イ:::::i|    } } ___
::::::/::/       ___ \::':> ..,_ <::::::|::::::i|   _ノ '´  __〕
:::/: ん┐  /  \ 〉::マ\∧_,ノ⌒リ:::::八. /      〈
::::::::::::;;ノ       Vヘ::.∨ L∧\_/:: ∧: ∨      (
:::::::厂  / {      \|::.|\仁仁/|:::::| _}:::|      _,,ノ
:::::{   {  丶       〉:厂「::::仁「:|:::::|└У    厂
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/04/30 (Mon) 00:58:43
八坂ニャルラトホテプ 「ああ、囁きか
それは黒打ちますねw」
間桐慎二 「お前さんはわかりづれぇんだよwww>衛宮
朱鷺子あちゃくら衛宮くらいの順で怪しかっただろ……」
スパ王 「お疲れ様だ」
ギルガメッシュ 「おつかれー」
朱鷺子 「おつかれさまでしたー」
雪華綺晶 「痛恨ついてたwwww」
妖夢 「おつかれさまでした。」
雪華綺晶 「お疲れ様です」
姫路瑞希@GM 「お疲れ様でした
人狼陣営と大蝙蝠はおめでとうございます」
アイギス 「お疲れ様であります」
八坂ニャルラトホテプ 「素直に度胸あるなと思いましたけど
そりゃ仕方ない」
あちゃくら 「お疲れさまでした。仲間が強かったです。」
間桐慎二 「だが覚えておけ、たとえここで俺が死んだところで第二第三の巫女が必ず……!」
衛宮士郎 「>慎二
どういう意味だよちきしょうww
白くなりたいですww」
スパ王 「うんまあ、舌と囁きいたらしょうがないよね」
八坂ニャルラトホテプ 「狼ちょっと優遇されすぎですねー」
間桐桜 「                   /: : :/: |: :|: :|: !: : : : : ,'!: |: |: |:|: :.|:'; :!
                   i: : : :|: :ハ: ! i.:|:.ト; : : :./ !/i;.'i :l:,l: :.ト、',:i
                   | ; : :|;|:|-|:廾:トヾヽ: :/ /'ナナナハノi|ー-,トi
                   |:|: : : N,ィ=朴、:::..ヽ|   ''テ=メ、イ;.:':/ |
                   |:|: ; : `i弋_,!..       .廴,_ノ ´ !:./.:| |   
                   |:|: |: : :|::..              ハ:.!: | |
.                  i:.|: |: l: |::.       ′      / ,!:|: :!」   お疲れ様です
           ィ'|       |:.|: |: |: !:::..   ー‐_‐,ァ    //: :!: | |
         /| |      ! |: |: :! |ヽ、:         /´!: : : !:.! |   ごめんなさいね兄さん。この村狼専用なんです
  __ ,. 、    | ,l |      i: ト、|: :| :!: :!;ゝ、      ,イ: : : :!: : : :!:.! |
._/ / /`メ-、 」,ハ| |__/',   !:/ ヽ !.:|: :|!: i ` ー-ー ´ |: !: : : :|: : : : !:! |
/ / / / f´メ-^' ヽ、  i  .i/    \!: |: :|       !: |: : : :!: : : : :!ド  
         {_'>-、, ,./  | /  ,、   \ノ         !: !: : : |: : : : : !!   
         ! `> ,// ̄i  !/  ハ: iヽ、  ヽ ____ヽ、: :.|: : : : : :!!
      / / レ//  ,!    /´|: |: : `!ヽ、 __,.. -ー '´__ ゝY、_: : : :!!
      イ /  //-、'´ |   /   !: !: : : !            | |  ` ー- 、
|  _,. -=彳 ヽ//  ヽ  !  /    |: |: : : |             | |       〉、
ィ'    /ソ   ド   ヽ ト '"    l人: ヽ|            //    ,  / |
    / イ   _!     !       | |\;.!           //      ! /  !
あちゃくら 「大蝙蝠と天狐、人外枠にがものすごいことに・・・。」
アイギス
              __     .ィ
        _/    ` ー一"ノ__
      .ィヌ′          ′ \
.     〃./7          ....:::::/`
    / /7             .::::`ヽ
    .'  {〈!             ....::::::_j   覚醒枠とはなんだったのか……であります
    {.  Ⅵ          .......:::::>
     :  ヽヤ ⌒ ヽ     ....:::::::::_j>x
    |  .{ ハ≧xハ ::::::::::::::::〉 ̄      ̄ ̄ `ヽ
    |, ヘ ゙弋1ゞリ }、::::r≧ミヽ               \
         Ⅵ `==く.__フ(__) }ツ---  /三三ミヽ   ハ
        Vi  ノV lWWW!ー仁_r.ソニ:ヾ.V∧ ノ .!
         レ′  _j ̄i’fニ:l_1 Y⌒ヾ;彡ヘ彡_.ノ|
              .ィ1ー‐}} ゝ-- ’ !二´ .イ ∨ 一:|
               { ゝ __リ.       ∨ __!.  ∨ / ̄≧=z、
             ̄ ̄´       ∨  >z、゙ー─く:.:.:ゝ:.:.}
                         ゝ. f    >=x  ̄ ̄
                           ` ー─く:.:.:i:.:.:.}」
間桐慎二 「だってお前さん、落ち着きすぎてるもん>衛宮
そんなクールな士郎は怪しいでござる」
妖夢 「憑狼期待しましたのに」
衛宮士郎 「占い師が初日なのはちょっと厳しいってレベルじゃねーぞw
この役職上考えてw」
ギルガメッシュ 「実際問題、むちゃくちゃ遺言ってか日記書き込んでて、狼っぽくなかったのはあったけど
真どこよって話になると、朱鷺子かスパ王しか残らなくて
どっちかと言えばスパ王だったんだよなぁ」
雪華綺晶
         , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
       /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
     /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
    i    ト、   //  , /      ド'   i
    |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
    |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|         勝てる方に付く。当然です。
   //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
  //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
//   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、        『だから、私は悪くない』
/   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
. (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
 \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
   ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
  ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
/ , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
 /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'」
姫路瑞希@GM 「この村の覚醒枠
村人陣営 大司祭
人狼陣営 舌禍狼 囁き狂人
その他陣営 天狐 大蝙蝠」
間桐桜 「狼覚醒枠って天以外あたりですからね
私が噛めない狼ぐらいでちょうどいいくらいじゃないですか?」
朱鷺子 「狼枠も囁き狂人と舌が覚醒枠ですね。

というかこの村天狐普通の狐と変わらないしorz」
ギルガメッシュ 「ていうか、舌いたんじゃそりゃ内訳みえるわなぁ・・・」
間桐慎二 「だけど、衛宮が狼なら無防備すぎるのも事実なんだよな>ギル
となりゃそこ以外を吊るす、ってのが正解になるんだが

票をあちゃくらに集めるべきだったろ、すまねぇ衛宮
でも俺の立場じゃできねぇだろ……」
妖夢 「いえ、天狐は私に殺される能力がついた狐ですよ」
あちゃくら 「      _ ,. -‐フ^ヽ--/ `ヽ、_  _
    ,.イ   ̄´    ヽ' ,、  ` `´ .ヽ 
   //     ,  ,'ヽ,/_ ', l     ヘ    そ、そうです!逆に考えるんです!人形遣いじゃなくてよかったって!>アイギスさん
  / /       ,'   | `´  l l   ',  ',
. / l ,'  ,'  __l__ リ    | |_,   ',  ', きっとこれは次移項の配役がアイギスさんにデレる長考だってことで!!
,'- | |  ,'   ハ `゙'ト    ,ィ''´L.....__',  ',
  | l_l _, r-,.-‐‐-.、    ,,-‐‐‐、 |`  r-'
  |   ´ l弋   _,ノ   ヽ、......ノ ',‐''´',
ニァ|    |   ̄´            ',  ',
  l |    |      「 ̄ ̄l     ',  l
  ,lヽ    | U     |    |    ,ノ  l
  l l    .l_    |   _|  _,..ィ'     l
  | ',    ',`>‐、-- ̄r‐ヾ´  ',.    l
  |  ',    ',   ヽ'´ `|  \  ',    l」
衛宮士郎 「うむ、この内訳人外なら占いCOの準備くらいしてるだろうしなって>慎二」
アイギス 「舌禍で初日占い把握は強いですもんねえ
しかもどこに●打ってもほぼ吊れる役職(村騙りすれば別ですが一応)だったであります」
間桐桜 「囁きいますし初日が占いじゃなくても全く構いませんでした
兄さんにこういう組立させたらもっと手際よく勝ったんじゃないすかね?」
八坂ニャルラトホテプ 「むしろ陰陽師がいるのでデメリットですねw>朱鷺子さん」
間桐慎二 「そもそも、俺とスパ王が繋がっているはずがないだろう
俺がお前さんに嘘をついたことがあるのか、いやない(キリッ」
朱鷺子 「劣化!?<妖夢」
スパ王 「最後においしくいただかれるまでが狂人の仕事でございます まる」
間桐桜 「毒か騎士、暗殺がいなければ
あとは初日抜けるだけで勝ち目は大きくなっていきますし」
衛宮士郎 「村の勝ち筋としては初日にあちゃくらー桜を落としておかないといけなかったわけだが3票はそこには入らないんだよな・・・げふぅ」
間桐桜 「あとは1発で土蜘蛛発動ですかね?
それでも吊り数の問題で票確保できそうですけど」
あちゃくら 「      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |   発言数5でやば、落ちる。と思ったときに生きてるのよね。悪運がよかったというのか・・・。
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |   暗殺や騎士がいたらひどいことになってたでしょうし。
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |」
姫路瑞希@GM 「さて、報告をさくっと終わらせてきました」
八坂ニャルラトホテプ 「少人数ですしこんなものですよね!
真尋さんさえ・・・真尋さんさえいれば!」
ギルガメッシュ 「俺が蝙蝠に捨て票してたのも響いたかねぇ・・・
まぁそれでも3票きっちり集めれるからどのみち狼吊れないか>士郎」
あちゃくら 「それではお疲れさまでした。GMさんありがとうございました。
置換はあれですよね素QPとかしかならないっていうのが。・・・素QPって言い方もおかしいですけど。」
八坂ニャルラトホテプ 「ではおつかれさまでした
天人意外と楽しいです、また引きたいな」
雪華綺晶
               ィ⌒ヽ
                   )  __
               iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
             ィv┘./  /         ` 、  .r'´
           r  >イテ   i             \/v
          >フ/  /  l  l        l   {人レ、
        , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
      / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
     /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )       では、私はお暇しましょう。
   / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
   {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ         村建て同村感謝。
   V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',
    V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',         お疲れさまでした。
    V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
    /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
  ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
  y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ
.   {   / ゝ      イ.. l l<   >l.l  ∧ヾ       Y       l     ヘ
  / .V  /   >    /i┌ ‐/>><<l.l /          }         l     )」
間桐慎二 「そもそも巫女とか囁騒霊とかどうしろってんだよな、まったく>衛宮
生まれ変わったら……次こそは、新役職:財閥の御曹司に……」
ギルガメッシュ 「やっぱGMが占い師は痛いな、うん
それじゃお疲れさん
GM村建てありがとな」
アイギス 「それじゃお疲れ様であります、GMは村たて感謝であります
覚醒枠でうれしかったであります(ぼーよみ)」
スパ王 「正直もし噛みと●被ったらどうしようって……w
票もらったと思ったら投票してたの狼でw
なんだかんだ楽しかった、お疲れ様」
間桐桜
                    ____
                   ,..-'´::::::::::::::::::`ヽ
                   /:::::::::::::,::::::::ヽ:::::::::\___
                /:::::,: :/::::/!::: :: :::|:::::::ヽ::ヽ‐ l
                  |::::/::/::::/ .|::::: :::::|:::::::::::|: :|´ |
             |: :|:::|::::/―|/:: :::/|∧:::::|: :| ∨癶    それではお疲れ様です
              |::::|:::|,ィ示ヽ∨:/,ィ=、|:::/::::|,_//  \
              |::::|:::|弋::ソ  ∨.だ:ソ|/|::::/、|.|    ´` ー、  先輩、今度は同陣営になれるといいですね
              |: (|:::l      '  ` ´ /-/.|//  l´     \
             |::::|:::|.    _    /ゞ/| |[__        \
                  |: :|:::lヽ、 ` ´   /‐'´|/∧|  `X           〉
                 |:::|: :|::::|\_. _ イ、::::::/, ̄ ̄ フ.\     /
                 |:::|::::|¨ ̄|] l´ _,'_`´.|| |   /   `ー  /
                 /__|: ::|、_||,[[]] ‐、   ||< /     , -'´  兄さんは蝙蝠にでもなって
.            , -'´¨ ヽ|: ::|//| .| .|\\/l/ ./  , -'´    PPあとに噛まれる仕事をしてください
          |、     |:::/ X:∨| .| .| /X/.:.:| ./ /´
.            |ヘ     |/`´:.:.:∨.∧.∨:.:/.:.:.:ヘ/、./
.            | \ l |:.:.:.:.:.:.:.:|†| |†|:.:´:.:.:.:.:∧/
.           ∧   \|.:.:.:.:.:.:.:.:∨V∨:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
             ∧  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
            ∧ .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:─O|:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            |. ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈.:/.:.:.: .:.:.:.:.:/
.              |   ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:|
                |   ∧ー.:.:.:´.:.:OV.:.:. :.:.:/.: :.:|
               |     .|.:.:.:/:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
              ∧   |/:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|」
衛宮士郎 「そんじゃま、お疲れ様
また、どっかの村でねっと」
姫路瑞希@GM 「みなさん落ちてますし、私も落ちましょう
テスト村終わってますし、『スレに』ヒャッハーがあればおかわり建てますよ
というわけでお疲れ様でした」