←戻る
【雛31】やる夫達の希望鵺合戦超闇鍋村 [35番地]
~現在の固定配役追加モードは12種類~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する鵺村超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeF:合戦村)[F]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 姫路瑞希@GM
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon ギャル実
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon リリーブラック
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon キョン子
(生存中)
icon 両儀式
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon ギャル夫
(生存中)
icon MegaMari
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon できない夫
(生存中)
icon 博麗霊夢
(生存中)
icon 有頂天人
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon やる太
(生存中)
icon 仏蘭西人形・アム
(生存中)
icon モノミ
(生存中)
村作成:2012/04/30 (Mon) 01:25:54
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 姫路瑞希@GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 846 (姫路瑞希)」
姫路瑞希@GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば。

 占いCOする時はよく考えましょう。

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。


占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。


占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)

 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます。

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります


”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。

 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。

 朝の死因 噛まれ・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺し
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいないときは・・・がんばれ

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!

 http://alicegame.dip.jp/sousei/info/new_role/

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。

 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

突然死ダメ!ゼッタイ!

 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。

 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます

 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。」
姫路瑞希@GM 「この村のオプション
『やりたい役職を希望できます』
『村人が鵺に置換されます』
『蝙蝠陣営・鬼陣営・決闘者陣営の出現率が0になります』

この村のローカルルール
『1日目投票自由』
『AAは遺言のみ可』」
やる夫 さんが幻想入りしました
やる夫 「ガラッ」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
やる夫 「                                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                          | |
                   ____                      | |
                 /⌒  ⌒\                     | |
               /( ●)  (●)\                  | |
              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\               | |
              |     |r┬-|     |                | |
              \      `ー'´     /                | |
             ,  ´   ` - ´    ` 、             | |
             /                    ヽ             | |
           /                  '、           | |
          l /                   '、        | |
           | l                    '、       | |
          l l                     、      | |
           ! ヽ─‐ ´    ` ー  __  、      ヽ,      | |
          l  /                 ト 、    ヽ、   | ├─────
           l /                 {  \    ヽ、   | |   f⌒
            l !                    l   ヽ、    `ニづ     ー ′
         l l                    l      ` ー 、_| ├─────
            ノ l                  l             | ├─────
        /  ,ト、、 _  丶        , , 彳          | |
        /  / }` ー = _ -= = ' ´' ´  l               | |
        /  / /ヽ、    ||      _, -─{             | |
       { u l l /   `ヽ、 |ト、、  , ‐ ´      l             | |
        ヽ リリ'/       ヽ」| `Y´        l            | |
         ̄ l          `ァ‐1         l         | |
         l         /   l         l           | |」
やる夫 「彼女と役職をもらいに来たお!」
かり さんが幻想入りしました
かり 「こんばんわー」
やらない夫 さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
霧雨魔理沙 さんが幻想入りしました
霧雨魔理沙 「ピシャッ」
リリーブラック さんが幻想入りしました
霧雨魔理沙 「ピシャッ」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
できる夫 さんが幻想入りしました
リリーブラック 「よろしくね」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ギャル実
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4888 (ギャル実)」
やらない夫 「       /   (●)  ヽヽ
       /   (⌒  (●)/    はいやる夫君。
      /       ̄ヽ__) /     服を着るのは人間としての文化です。
      /     ____/         復唱。
      /   ;/(○)三(○)
    /   ;/ノし (__人__) ヽ;
  /   ;|   ^    `⌒″ ui
  i   ; |   ;j        |;
  ヽ   \    n⌒)  /;
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |」
やる夫 「ガンガンガンガンガン!」
ギャル実 「この二人に囲まれたらAAキャラにするしかね→じゃんよ、みたいな?」
やる夫 「       /   (●)  ヽヽ
       /   (⌒  (●)/
      /       ̄ヽ__) /
      /     ____/
      /   ;/(○)三(○)      あ、雨の中、傘をささない人がいてもいい
    /   ;/ノし (__人__) ヽ;     自由とはそういうことだお……!
  /   ;|   ^    `⌒″ ui
  i   ; |   ;j        |;
  ヽ   \    n⌒)  /;
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |」
やらない夫 「     / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/     んでまあ、よろしく頼むだろ。
    |  (__人__)l;;,´|      ギャル実にできる夫に…見知った顔が多いもんだろ
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /」
できる夫
          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \」
できる夫 「あっ、よろしくおねがいしますね。」
やらない夫 「       /   (●)  ヽヽ
       /   (⌒  (●)/     つまり…今お前さんの意識がオチようとしているのは
      /       ̄ヽ__) /       傘を刺さなかったから濡れてしまったのと同じようなことだ。
      /     ____/       風邪を引きたくなかったら次からは常識に従うべきだろ…
      /   /( )三( )
    /   /  (__人__)  ヽ
  /     |            i
  i    |            |
  ヽ   \    n⌒)  /
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |」
ギャル実 「       ー、 _,. -‐ ' ¨´`¨ 'ヽ /~`ヽ
      / /      `ヽ    \    ヽ
     .У         ヽ    〉    ,
     ,'        ハ     ヾ / l}    i
    i     ,  i   ハ  i   .l}  l}     !
     i    i  | i   ハ |l  、 l}  l}     !
    i   ,  |l リハ 〃ハ八 リ l}彡}     i   相変わらずアンタらって
    i  八 从ニニ ソ  .二ナメ  l} l}  \ |   キモイつ→かキモイよね
    ソ、  ハ´弋}    ヒツ 从ソ/     メ   マジありえねんですけど
      ヾl 从゙゙  '    ゙゙゙ .l}:i   |l   / !
.         Υ { >  _  ィ´ l} i  |l  .ソ !
       i { 〃ー´  1  .l} i\ {l    !
       .{l .{l/ {l  ー ‐ /  l}:::::\   |
       {l .{l_ヾ、   ≦  /:::::::::::::::ヽ  ヽ
       ヒ__=.ン;;\,'/≠ ン:::::::::::::::::::/   ヾ、
      /ミ ン:::::::〈:::::::::ソ:::::::::イ、:::::::! ヾ    `」
できる夫
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \  こういう時は逆に考えましょう。
    /   (⌒)  (⌒)  \ 雨がふらなければいいんですよ。 雨も乾くような土地に放り出せば
   |      __´___     | 解決ですね。
   \      `ー'´    /
    ノ           \」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     まあ、俺もやる夫も自慢のご尊顔ですって訳にはいかないが…
 |    ( ー)(ー)    お前さんも初対面の人にそう言うことを言うものじゃないだろ…
. |     (__人__)    慎み的に考えて…>ギャル実
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \」
やる夫 「                  ____
                 /⌒  ⌒\      これで堂々とおにゃのこの着替えを覗けるお!
         .      /( ●)  (●)\  
         .     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
         .      |     |r┬-|     | |
         .     \      `ー'´     / 
         .         ヽ、      ../
                   \   /
        /      ヽヽ   ノ _.ノ
       / .           ( .(
      /   .            )ノ
      /     ____/  ((
      /   /( )三( )   .ノ
    /   /  (__人__)  ヽ
  /     |            i
  i    |            |
  ヽ   \    n⌒)  /
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |」
やる夫 「(うはwwwwww霊体超便利wwwwww)」
キョン子 さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「うーん、予想以上に人が来ませんね・・・
50分までには隣のクイズ村も終わって何人か流れてくるかと思いますけれど」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
キョン子 「      ./
      {{           >ー-へ
      ゞx  , -===≠ー<:.:.:.:∧
      >:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.\:.:.:|
    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ:|
   /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.|:.:ハ:.:.:.: '|
  ./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j:..:.:.:.:.:.:|l:.:.: |:.|:.:!:.:.:.: |
 ./;イ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.|:.| !:.:.:|:.:}イ|:.:.:.:.|
 j//:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |、:.:.:.リイ十千/リ|:.:.:.: |
  /:.:.|/!:.:.:.:.:.:.:.:/「 ̄ヘ:.:/ xz==ミ,!:.:.:.リ   
  }:./ | |:.:.:.:./:.:.|,ィF三,   か::::V/:.:.:.:/
  |/   |:.:.:∧|、ト、 V::ハ   `ー'’':.:.:./     よろしくー
     |:.:/ ./:.:ハ `ー'’     .ィ彡:/
        ,}:.:.:.:.:>-----゚イ :|:.:./      
      /:.ハ:.:./:.:.:.:.:.:/ア//ハ
     ./:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:,イr-ァ  _}___!
     /:.:.:/:.:.:.:{:.:.:.:.:}::||:ア /::::::::::〉
    ./:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:./∧|,.ィ´::::::、::::: |
   /:.:.:/ :|:.:.:.:.:.:.:/:>ぐリ::::::::/!:::::::{
    }:.:./  }:.:.:.:.:/ア Yア}:::::::::} |::::::::!
    |:./  |:.:.:.:〈::`-イ豆!::::::::::Y::::::八
    |/   |:.:.:.:.:} ̄リ  〈:::::::::::}:::::::::::::〉
   |    :|:.:.:.:.ハ丁   `r<^Y二ア
        :|:.:.:.:| L_|!    トァ.イ `ー ’
         \:.|   「 ̄丁:「:::::|
         \   |::::::::| |::::::|」
やる夫 「(さて誰のところに行くかお……?)」
両儀式 さんが幻想入りしました
やらない夫 「まー、どうせ暇人の身だしゆっくり待たせてもらうだろ」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
両儀式 「……」
やらない夫 「       . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |    (やる夫の役職天人に決定したかな…)
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|」
できる夫 「結構入り悪いですねぇ まぁ深夜と言えば当然なんですけども」
やる夫
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\    (うはwwwwwポニテっ子に和服美人キタコレwwwwwwww)
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
.         ヽ、      ../
           \   /
              ノ _.ノ
.           ( .(
.            )ノ
           ((
         .ノ」
ギャル実 「                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| ¦! i     .
        ⅰ  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i
        |  │    |i  |i 八   ′Ⅵ刋::}ハ ∨  i| |
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:  慎み・・・・ちょっとなんて読むのかマジわかんね
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |   難しいこと言って誤魔化すとか超ありえね
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |   
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以」
両儀式
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.、::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:::.、:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::.、:::::.、:.:.、::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::.、:.:.:./: : : : : : : : _: :-‐-:―:--‐:―:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.ヽ:::::::::::::.ヽ:.、::::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、::::./: : : : : ; :':´: : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:::::::::::::::.、:::::::::::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.i: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.、::::::::::::、::::::::::::::::.、:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:|: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ::、:.、:::::::::i::::::、、::i、:::ヽ:.:.:.:.:.、:.:.:|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    人狼村……
―`::::::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.ヾ:::ヽ、::::゙ト:,::::Yfミ、:::::::、:.:.:.:.ヾ::{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:
:.、:::::::::::::::.\:.:.、:.:.:.ヽ:.:.:.:.、:.、::ヽヽ::/X:::i^、i'ヽ:、:::.:.:.:.:.ヾ!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :     襲撃……牙……
::::ヽ::::::::::::iWト、:.:.、:.:.:.ヾ::.、:::.ヽ:::゙レ'::i'〃l:}/ヾ. i:::::::::.:.:.:.:.∨: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : :
::::::::ヽ:::::::ゞ  i:ト、:.、:.:.:.ヽ:::、::::iヾメ,イi':::::リ   i:i::::::::::::.:.:.∨. : : : : : : : : : : .: :/: : : : : /     血飛沫……
::::::::.:.゙iゞ´   l:l ヾ::、:.:.:.:、:::.:.:.l/}:lイリ`/′   l:ト:::::::::::::::.:.∨:. : : : : : : .: .:/: : : : : / ::
:::::::::::.:.i     l:l ヽ:.i:.:.:.:.、::::.:| リ'   ′    l| l:i:::::::::::::::::.∨.:. :. :. :. :./. : : : : /:: :: ::  ……あの白饅頭の中身はなんだろうな……
:::::::::::::.:i     l:l  }:!、:.:.:.i::::::|′  __,.-- 、! |:l、:::::::::::::::::::ヽ:. :. :./. : : : : / .: :: :: ::   真っ赤……苺か……苺大福か……?
:::::::::::::::゙.、   l:l  l:l .>::::l!::::|  /  '    ` <.:::::::::::::::/:`:ー': : : : : : .: :: :: :: :: :: ::
:::::::::::::::.:.:ヽ  l:l  l:イ〃!:!l:::,ゝ-'  /  ノ   ,    `゙<: :. . . . .: :: :: :: ::____
:::::::::::::::::.:.、:\ l:! //::ij、リ:/  /  /  /   ノ    `<.ゝ‐ ¨ ̄
::::::::::::::::::::.:.ヽ:.イ´/'、::::::/ {  /   /   /   /」
やらない夫 「もうとっくに日付回ってるからなあ。
ジャンキーだらけのやる夫村とは言えど、一時間前が限界だったかもな。>できる夫

それでも建てば入るお前さんや俺が言うことでもないがw」
キョン子 「              .____
          ノ   ̄:::::::::::::::ヽ、 __
         /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;ソ':;;;;;;ヽ
        '::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;--;;;;ヽ;;;;;;;;l
      /::::::::::::::::::::::::Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;|
      /:::::::i::::| 、:::、::::l;;;;;;;;;;;|::__ノ /;|;;;;;;;;;;|
      |:i::::::i::::| ンヾ_|::::;;;;;ト;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;|
      |/|:::::ト,|.` 了゚ ト:::::;;/ );;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;!  
       ヽ::::::ト、  ゚-'|::::::i ノ;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;i  
        1:::y    |::::/ く;;;/  l;;;;;;;;;;}
        ヾ;::ト、 っ ト:/   i_    |;;;;;;;;;!   そういえばもう二次だな>できる夫
         |::|  ヽ-iレ_,r' ̄ i   |;;;;;;;;|
         |ノ  ,,〃 /     ヽ   |;;;;;;;|
           イ/ニ/, - _二二ニi  ノ;;;;;;;|
          /// / //~     Y/イ;;;;;;;|
         / イ |/ //       }  i;;;;;;:|
        / ||.y //  |      /  !;;;;;;{
        /  ||_//   i   / /  |;;;;/
       「 / ̄ \_/_ /   /i  /;;/
      イ i     ヽ=イ   / ! //
      |   ヽ      ヽ   / | |/
      },   \     | / /
      ヽ_/|/\    ノ  {」
姫路瑞希@GM 「1時過ぎていて9人いるのに『少ない』と言っている時点で異常だったりするのかもしれませんけれども」
やる夫 「(^ω^)ペロペロ」
両儀式
          . -―――――-. .                     _. .-―-.. __
          .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:. .             . .-‐: ´: : : : : : : /: : : : ¨:>..___
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..` 、   _,、____/: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : :\: :
     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.=、:.:.、:::.、:.:.:.:.:.、:.:.:\〃: : : : : :/: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :\
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ::::、:.、:::.、:.:.ヾ::、:.i|: : : : : :,': : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー=ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::、:.ヽ::::、:.:.、||: : : : : :{ : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : :   ああ……
. ,'.:.:.:.:.-―==ミ::::::::::.ヾ::::::.、:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:::::、、:::::、::!!: : : : : :! : : : : : : : : :.,': : : : : : : : : : : : : :.ヽ: : : : : : : :
. ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.、-=ミ:::、::::::::::::ヽ:.::、:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::、::::::!!: : : : : :! : : : : : : : : :{ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : : :   ハーゲンダッツが食いたいな……
/:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.ヾ:.-=ミ:.、/ヾ:ムミ、:::::::i:.、:::.、:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::、:::V: : : : : 、: : : : : : : : :ヘ: : 、: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :
、:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.\:.ヽ.`ド,'〃:::ij:メ、::l:::.::::::::.、:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::ト、、: : : : :ヽ: : : :\: : :ヽ: :\: : : : : : : : : : : : :゚。: : : : :    ストロベリー味のやつ……
.〉::::::::::::::::::.-ミ::、:.::::ヾト、!|ト、_,/  ソ、::::i::::::::.、:.:.:.、:.゙、::::::::i::トミ、、: : : : \: : : :`ヽ: :\: :\: : : : : : : : : : : ゚。: : : :
{::::::::::::::::::::::::ミ`ヾ、:.、::::ヾ`=、′   ヾ:、::i::::::::.:.、:.:.:.ヽ::::::ト!  `\、: : : :`:ー-、: : :>、:>:\: : : : : : : : : : ゚。: : :
.。::::::::::::::::::::::ミ   \:.、ミ=-、     ヾ:.ト、::::::::::::、::::ヾ;:::i、´ ̄` ゙==、: : : : \: : : : : : : : `ヽ: : : : : : : : :゚。: :
.∨::::::::::::::::::::`ヽ   `,ミ、_-、     ,゙、 \::::::ヾ:、:::::::‘,ミヽ=、/   ゙==、: : \: : : : : : : : : >――--:゚。:
. :\::::::::::::::::::::::. ヽ  i| |l!::ij:| ヽ-‐  !`  `ヾ:::ヽ'::::::::‘,:`:ーニ=======―.、 \: : : : : : : : : : : : : : : : : :
:、_>::::::::::::::::::::::: \! |i!‐-j!        . ィ´:::ヾト、::::ヾ、‘,: : : :、二二.¨¨`‐-、\ \: : : : : : : : : : : : : : : :
.:.>三;::::::::::::::::::::::::::::.` ̄ ̄`¨ニ==― イ´::::::::::::::::;ィi、::::::ミ=-、’ー=二二ニ=ーヽ: :`: ヽ. .\: : : : : : : : : : : : : :
: ̄´. (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人(ソ`ー-=、`¨`ヽ⌒ヽ  /        ` ー-ヽ.__ヽ;ィ-―'`ー――‐」
やらない夫 「      (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)     なんか物騒だけど中身調べていいぞ>両義
     |     ` ⌒´ノ     空っぽかも知らんけど
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)」
できる夫 「はっはっは>キョン子さん
そういえばもクソもなく僕は二次元の存在で二次創作の存在ですよ。
君もそうでしょうに」
キョン子 「:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:/|:.:ハ:.:.:| \:.:.:.:.:.:.|ヽ:.:.|!:.:.:.:./:.:.:.:\
:.:.|ヾゞ、:.:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:/ .|/  V:.| ::::::ヽ:.:.ハ|::::}:/:|:.ハ/:.:.i:.:ト、:.ヽ
:.:.!:.:.:.\二!:.:.:.:.:.l:.://ー- .._ヽ! :::::::::V:::_::-‐::´|!:::!:.:.:.}、:} ヽ__\
:.:.|:.:.:.:.:.:.:ー|:.:.:.:.:.!:.}         ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.:.: | }l     ̄
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:|:.,!    ー-     :::::::::::::::::::::::::::l:.:.:. | リ
:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.: |:.! x;===ミヽ    ::::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:|
:.:.:.ヽ:.r―V!:.:.:.:.!:.|〈イ :::r‐、:| `^    :::::::::::::::::::::::!:.:.:.:|
:.:.:.:.:.'l    !:.:.:.:.|:.! V´{__,斗      :::::::::::::::::::::!:.:.:.:| こっちに来たら掃除機で吸い込むぞ?>霊魂まんじゅう
:.:.:.:.:.:.ヽ  |:.:.:.:|:.l.  ゞ==≠"      :;::::::::::::::::::l:.:.:.:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.ヾー!:.:.:ト」            :::::::::::::::::;ハ:.:.:リ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.!:.:.:.ト  、         r_,:::::::://!:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.'.:.:.l 丶          ::::/:.:.:.::|:/:.\
、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.}:.:!    ` ーr----‐<_:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:`丶
.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.V、      |       V! ':.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
  \:.:.:.:.:.:.:./  ヽ{ ヽ     ,lゝ、   V!  V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    `¨¨ア     ヽ \     rへ.   V!  {r―――-- 、:.:.:.:.:.:.ヽ
   , <         \   /  」   V! .!ヽ      ヽ:.:.:.:.:.:}
  /_   ̄`丶       ヽ/ / ヽ  N  | '.      .}:.:.:./
/´    ̄`丶   丶     V    }  N .|.  \     ,|/
          丶   丶   ヽ    | .N ,|    ヽ  /」
霧雨魔理沙
        "-;;;;:::::::::::::::::::::::::::'' ,,,     ll    i  /___ --,,,,,,,_  !/
           " - ;;::::::::::::::::::::: ̄"''-、ノ二 - ー ´:::::::::::::::::::::::::"''-,,,
            / /" テーiー;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"-,,
            / .l  / ---l l、l  ll ,,二二""''''''''''''''---;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ
            l /l ハヾ"!"":i` ヽ l ''l";;"iフ ヽ ヽヽ l     , ー - 、 霊体がなんだって?
            ( l//ヽ`  ̄       ̄ ハ V lヽl    /   ,~ヽ )
            ,'Vl  l./ ヽ,,, ー ─  ,,イ l l ハ ノ     i    ノトi
            ,' ハ  ノ /i "i,,- - ''i" ハ/ l / ヽ     /   /  |,|
         , -'',' ,' く ソ)ヽ    ー''" ''フノ::|     ヽ'"'i /   /____
         /  ,' ,' L ´):ヾ   - - ノ::::::|    "''l l__/   /( )三( )
        l  ,' ,'  ヾ ´)::::| "''ー--‐''"|:::::::|    ノl l   /  (__人__)  ヽ
         ソ 、,' ,'_ ,-( イ:::::ー‐---‐─:::::::::|    ノソ...,,,__ )三三三三三三三(
       /  ,' ,' `i (二)- 、::::::::::::::::::::::::::::::|--─''      )三三三三三三三(
       i  、 .,' ,'ー ーi ll  ヽ丶::::::::::::::::::::::::::|         \         /    
        l   ヽ ,'   / lハ  l /:::::::::::::::::::::::::::|           ヽ、   ../
       ヽ   ヽ   l::::::::ヽ l::::::::::::::::::::::::::::::::|             \  /
       ヽ   ヽ  ヽ::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::ノ              )ノ
        ,' ヽ   ヽ )"ー-----------―(             (.(
        ,' ,' )   l/ー ------------ ─\  」
やる夫 「(キョン子おっかねぇお、式たんの方にするかお……)」
キョン子 「: : : : i: : : : : : : : : : : : : : i: :r : : /: : : , : :/: : : : : : : : : :ヽ
: : : : i : : : : : : : : : : : : : iメ、_∠: : : : :ソ /: : : : : : : : : : : : ',
: : : : i : : : :/`i: : : : : : : : レ__ ゙̄ -一    i: :i: : : : : : :',
: : : : :',: : :,' ヘ.i : : : : : : : l∫.i::::::::` 、   丶i./i: : : : : :i: :i
: : : : : ヽ丶、 i : : : : : : : l  ic、,/       /゙ヽ: : : : : :i: i
: : : : : : :i\ヽ i: : : : : : : :l   ``~      /~゙',、i : : : : /i i
: : : : : : :i. 丶 i: : : : : : ! l          i c丿`: : : :/ i i    二時でした・・・>できる夫
: : : : : : ::i  ヽi : : : : : i i        ´   ゙ , ': : : r ´  i
: : : : : : : i    i: : : : : :i i    - ‐ 、     i: : : : l
: : : : : : : :',   i: : : : : :i i          /: : : : :l
ヘ: : : : : : : ',  i i: : : : i i` 、     .,  ヘ: : : : : : :',
ヘヽ、: : : : : ',. ii ',: : : :i.i    ,. ー ´ .  '., : : : : k ',
ヾ、.\: : : : : `/ .,i: : :i ii    i、       ',: : : : i.i: i
  ヽ  \: : :, ' .i : //.     / ヾ.、    ',: : :ノ i: l
  丶  , '   i レ      /    `へ  .i: :/ .i/
   , '     i_, - 、_  ./        `i/ 、
 ∠      i ., -‐- 、入./            `  、」
姫路瑞希@GM 「オバキュームを使うんでしょうか・・・?」
やる夫 「ちょ!? 何してんだお魔理沙!?
やめて触らないで?!」
できる夫
     ____
    / ⌒  ⌒\    霊魂に核って効くんですかねぇ。 ちょっとここにヌカ的な物を打ち出す
  / (●)  (●)\  装置があるんですがちょっと試して見ません?
/      ___′_   \
|       |r┬-|    |
\      `ー'´    /
_ノ           \
両儀式
   ,,-‐ ¨´、:::::::: :::::::: ::::::: : :`ヽ.             〈`.ゞ==!_
  ,イ::::::::::::::::::::::::::::: :::::::: :::::::: : : : : .ヽ._       У     ̄ヽ
. /::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::: :::::::: : : : : : : .ヽ  ̄ ̄`` ヽ〈 ,-=-‐   ヽ
/::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::::::: :::::::: : : : : : : : :.ヽ      ,У       、ノ
:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::::::: :::::::: : : : : : : : : : :.、    .〈 / ̄ ̄    }
:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::::::: :::::::: : : : : : : : : : : .}      l  _.,.-   /    ___
:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::::::: :::::::: : : : : : : : : : : :}      ゙Y´ ̄´    /ヽ=ニ二__ `ヽ   トマト……
:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::;.ヘ:::: :::i:::: : : i、: : : : : : : ト、    ヽ_ノ⌒<          `ヽ    いや、トマトか……?
:::::::::i:::::::::::::::::::: ::::::!ミミ、\;l!:.l!: : l ゙、:i: : : : : l l     l|ゝ-、::.|ノ
::::::::ノ:::::::::::::i::::: ::::::l´    l:.l:. : ! jィl: : : : ノ !      l ヾト、k、!                トマト大福……
::::ノ.:::::::::::::::|:::: i::::::l     l:;!: :ィテl:ィj::i,i:ノリ .i    :  | l:|´ >..        ノ
:´.:::::::::::::::::::|:::: ト、:::ト-===->リ l:ノ´¨リ |:ノリ!  .|    l   | l:|   i゙\>-===ニ壬__   ……実際あるらしいな……
、::::::::::::::::::::ノ::::ハ:、ヾ弋ラ'´  .リ    ノ/l.|   |   ノ   | l:| ノ /`ヽ、
. \::::::::/.:::ノ.::ヾトソ、     ヽ   ,'.::|.| _|__. ゝ-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ``ー―-.、       なんか不味いとか聞いたけど
:`:ヽ.⌒ ̄`ー―‐'⌒`ヽ、   - ニ´∠.,┴'´           `ヽ: : . . .    `ヽ.
: :/ . : :´:  ̄:フ . :': : : : ` ̄ ̄´                   `ヽ: : : : : : : .
´ /. : : : ,-'´. :´: : : : : : : : : /                         `ヽ: : : :
   . . . : ´: : : : : : : : : : : : : :\                            `ヽ.:」
キョン子 「        ィ  r-_、
       〈(厂/:.:.:.:.:.>- 、
      / ̄!:.:.:.ヽー--:.:、:.:.`ー- 、
    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:` 、
   / :. /:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.':.ヽ:.:.   \:.:.:.:.:.:.:.`ー- ._
 /イ/:.:.:.{:.:.:.ハ|:.:.:.:.:|、:.ト、ヽ:.:.',:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-- _        })
///:.:.:.:.:ハ:.:.l. '. :.:. | ヽ} \!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄二ニ=="
/ ./}!:.:.|:.:Lイ┼  ヽ:.:| ー- 」ヽ|:.:.:.:.:.:.\ヽー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   `丶
 /ハ!:.:.|:.:! `!   ヽ|     }ハ:.:.:.:.:.ヽ「`ヽ    ` ‐- .:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 { |:.:.:.!:.!x==ミ    x==ミ |:.|!:.:.:.:.:.:'.   }         `丶:.:.:.:.:.:.:.ヽ   緑のヒゲ野郎から貸してもらった>GM
 | |:.:.:.ヽ!     ,        !:.リハ!:.:.:.|              丶:.:.:.:.:.'.
   |ハ:.:.:.' ' ' '      ' ' ' ' /}/  |!:.:.:|                ヽ:.:.:.|    
   | !:.:.L.  ヽ二ア  / }   |:.:.:.:|                 }:.:.:.|
    ヽ:.:.ヽ`丶.._ . イ   ,/  |:.:/                 .|:.:./
   ___>:.:.V}     .|ヽ__   |:./                  |:/
  /{   \V.     `!    lヽ |/                 /
 ハ ヽ.    `ト   -‐ |    ! ハ{                /
 |::::ヽ ヽ    L_ --- _!   l ,::::}!
  '.:::::ヽ ヽ.   '.====リ   l ,::::/ `ヽ
  ',:::::::ヽ ヽ   '.    {    !,::::ハ  ./
   }:::::::::ヽ ヽ  }    !   //::::/ /
   |:::::::::::::ヽ ヽ |   /  .//::::/-'
   ヽ:::::::::::::ヽ ヽ | n!/  //::::/
    ヽ:::::::::::::ヽヽ!.h/,//::::::ハ
    }':::::::::::::r、} .|//::::::::::::::l:::|
    ,ハ:::::::::::<tへ|く__j:::::::::::::::!:::!
    |:::|::::::::::::`ーァ<二}:::::::::::!::::ヽ
   <::/:::::::::::::::::ヽV.X__:::::::::::|:::::::::ヽ        _
    /::ヽ::::::::::::::::::::ヽ!:::::::ヽ::::/:::::::::::::「 ̄ ̄`:<二:.ヽ `ヽ
  ./::::::::}::::::::::::::::::::::|:::::::::::: /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ ヽ」
やる夫 「やめてお! やる夫にエロいことをするつもりかお!? エロ同人みたいに!」
やらない夫
       つつしみ 【慎み/謹み】
       1 慎むこと。控えめに振る舞うこと。「―

               /7
                 //
             //
       __    //    ほれ。>ギャル実
.    /ノ ヽ\ .//     ギャル夫は割とあれで学あるんだけどなあ、あいつは…
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|」
霧雨魔理沙
        "-;;;;:::::::::::::::::::::::::::'' ,,,     ll    i  /___ --,,,,,,,_  !/
           " - ;;::::::::::::::::::::: ̄"''-、ノ二 - ー ´:::::::::::::::::::::::::"''-,,,
            / /" テーiー;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"-,,
            / .l  / ---l l、l  ll ,,二二""''''''''''''''---;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ
            l /l ハヾ"!"":i` ヽ l ''l";;"iフ ヽ ヽヽ l     , ー - 、 霊の退治方法は知らねえな
            ( l//ヽ`  ̄       ̄ ハ V lヽl    /   ,~ヽ ) 霊夢に封じてもらうか
            ,'Vl  l./ ヽ,,, ー ─  ,,イ l l ハ ノ     i    ノトi
            ,' ハ  ノ /i "i,,- - ''i" ハ/ l / ヽ     /   /  |,|  霊でどうやって抜けと>霊体
         , -'',' ,' く ソ)ヽ    ー''" ''フノ::|     ヽ'"'i /   /__ト!__
         /  ,' ,' L ´):ヾ   - - ノ::::::|    "''l l__/   /( )三( )
        l  ,' ,'  ヾ ´)::::| "''ー--‐''"|:::::::|    ノl l   /  (__人__)  ヽ
         ソ 、,' ,'_ ,-( イ:::::ー‐---‐─:::::::::|    ノソ...,,,__ )三三三三三三三(
       /  ,' ,' `i (二)- 、::::::::::::::::::::::::::::::|--─''      )三三三三三三三(
       i  、 .,' ,'ー ーi ll  ヽ丶::::::::::::::::::::::::::|         \         /    
        l   ヽ ,'   / lハ  l /:::::::::::::::::::::::::::|           ヽ、   ../
       ヽ   ヽ   l::::::::ヽ l::::::::::::::::::::::::::::::::|             \  /
       ヽ   ヽ  ヽ::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::ノ              )ノ
        ,' ヽ   ヽ )"ー-----------―(             (.(
        ,' ,' )   l/ー ------------ ─\  」
やらない夫 「             / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |    新しいものを生み出そうとするのはいいことだが
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |    なんか迷走してるようにしか思えないだろ…>トマト大福
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }    個人的には雪見大福が最強。
     ヽ   l  .  ヽ       }     根本的に大福じゃあないんだが
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ」
やる夫 「しん……む……?」
両儀式
              .-―y:´ ̄ ̄ ̄` ・.           _ . ......二....... .
           。.:゚:.:.:.:.:.、,',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ___, ,.ィ:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚:.:..、
            /.:.:.:.:.:.:.、::;':::.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.=ゝ'三三三三ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        ,:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.`".:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:、:.:.:.ヽ:.:.、:.’,:.:.:.:.:.:.>.ミミ、ヾ、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       。゚:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:,:.:.:.ヾ:.ヽ:.゚,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>.ミミヽ.、:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
      /.:.:.:./.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.゙:.。:.:.:.:.:.゚。:.゙:.‘,:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.゙ヾヽ;:.:.:.:.:i:.;';.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      ,'.:.:.:.:;'.:.:.:.:.:./.:.:.:.ト、:.∧:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.ii!:.:.:.:.:.:.!:.:.i:.:.゚,:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.\:::::ノ_"::::::、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ノイ:.:i:':.i:.i:.:.:,'.:.:.:.:.:!ミv/∧:.:.:i:.:}::.:.:.:l:.|i!:.:.:.:.:.:.!:.:.l!:.:.i:.:.:.::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉:.:.ヽ:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.   不味いならいらないか……
     〃 .l:.:.l:.:.!:.!:.;'::.:.i:.:.:.!    i:.:.:!:.li:i::.:.:!:ii!:.:.:.:.:.:.:.:.:.l!:.:.!:::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:ヽ-、::_:.:.:.:.
    i{  ;:.:.l:.:.!:l:.{::.:.:.!:.:i:.!    !:.:.!:.l l:!:::.!:ハ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.!::::::i:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:..::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::.、:.`ヽ    十七……いや十八……
    ゚、。 i:i:.:!:.:!:|:.l:.i:.:.!:.:!i:i!   i:.i:l!:.!,|:!'!:.:}´!:.i:.:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:i:::/.:.::j:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\〉:.:.:.:
     ヾi:{}:.!:.:!l:.:l:il:∧:トl:!+、 、ィ{::ヒリテキ:!T:!メ.:.:.:.:.:i:.:.l!:.:.:.,.:::::{:.:.:.:.:.:.::::l::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ……蘇生魔術って
      {:ij:.:!:.:!Ⅵトリキリ=lトミ`  | l:|"=゙!=リ-'リ !:.i:.:i:.:l:.:.l!:.、:.゚,、::l:.:.:.:.:.::::::i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ){:.:.!:.:!:::iヽゞーリ´ ヽ.! リ     ,イ:.:l:::!:.:l:.:l!:.、ヾ:、:::::l:::::::::.:.:/.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::;::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.    どれぐらいまで分割すれば
      /;イ:.:.!:.:!i::l.ヘ  、 ′  i乂    ノ'ノ.:ノ:ノ.:.j!:.l!::::.、:.、ヽ::!::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    できなくなるんだ……?
 ̄`´ ̄ ,'".ノ.:.:.!:::!l::lヾミ、__).__  ヾ     _ノ.イ:/.:.:.jl!:.i!:::::::.ヾ:.ミ=、:::::::::、:::::::::::::_/.:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::
. .(⊆.、.イ彡'.:.:.ノノ.jノ:::、ヾヾ⌒ヾ、ー-、  ,.ィ´イ:::(::{:.:.{li!:.ゞ、::::::::ヾ::゙トヽ:::::::.ヽ.::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : .,...>:,ィ=彡::::(:::-=-ミ:::゛ヽ>――-、((´イ{:::::::ヾ=ヾミニ=ー=ミ}):ノ`リ ̄`¨> ,________,、_
__ ´ ̄ノ'⌒(´(´ ̄ヾ、 ̄`つィ、二ニ=-、 `ー-、`゙ー―‐ミ、=、´ ̄`⌒ヽ  ー===―: : : . . .
: :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー=-、´ ̄`. . .   _________. . . . . : : : : . . . .」
霧雨魔理沙 「そういえば半霊の奴がいたな
あいつに駆除してもらおう」
姫路瑞希@GM 「そしてよくよく考えてみたらクイズ村は1日8分で1人しか死なないのだから50分までには終わらないですよね」
できる夫

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \   まぁこうやってAAで会話するのは僕には
    /   (●)  (●)  \ 速さが足りないのでこういう場でしかやりませんけどね。
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \」
やらない夫 「あれすげえよなあ……
俺ちょっと入れない。体力持たないだろ…w>クイズ村」
ギャル実 「            ‐-     _ _ 
         /    ヽ<´     ` <、ヽ 
        ,     /  /       `ヽ
          i    //           ヾ  \
          i.    /     |!  l|  ,       !  、  l}
          i   ,'   〃 ハ リ   ト、   ! i  リ l |
          ト  {   ハ_ニ=ーハ リ /リl} / l}  i }
          i   l   l|{了:.うミ 丶j/ v=_≠リ/ /l }
          i   人 从 弋_ノ      {lど¨オ八 (  //l  ぎ、ギャル夫は関係ね→し
          i     ソ⊂'       '  じノ从//ij/     アタシはその、別に漢字読めなくたって・・・
          i    f´ヽミ 、   r:⌒ヽ   ⊂ ル リッ     その・・・マジうぜ→し!この顔長!
          l}   l   }⌒ヽ、 、_ ノ , ィ´  .:::ヾ l|ヽ
       У  l   }   `Xゝ、 └ 、 | _ ..:::::l} l| /ヽ
        /   l! 〈__ γ^ヽ彡≧7. ̄l}//`ヽ レ ソl`ヽ
 .   /     /  、. "7 / {三ミ/   ヾ:l  ∨/ /ヽ
    /   , =´〉 、 \  {l {三ミ x __ x厂`ヽ ∨彡/
    ヾ__x≦、 〈ヾ \ ) /  ソ        ‘, ヾ
       ソ /ゞ 二ニノ ノ        ≠    l}  ‘,」
やる夫 「いい加減して欲しいお!
やる夫を一体何だと思ってるんだお!?
しかるべき機関に訴えさせてもらいますお!」
霧雨魔理沙 「ヒゲ村入りたかったなー」
両儀式
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.、::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:::.、:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::.、:::::.、:.:.、::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::.、:.:.:./: : : : : : : : _: :-‐-:―:--‐:―:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.ヽ:::::::::::::.ヽ:.、::::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、::::./: : : : : ; :':´: : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:::::::::::::::.、:::::::::::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.i: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.、::::::::::::、::::::::::::::::.、:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:|: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  やっぱり不味いのか……
:.:.:.::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ::、:.、:::::::::i::::::、、::i、:::ヽ:.:.:.:.:.、:.:.:|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
―`::::::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.ヾ:::ヽ、::::゙ト:,::::Yfミ、:::::::、:.:.:.:.ヾ::{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:   教えてくれごひ
:.、:::::::::::::::.\:.:.、:.:.:.ヽ:.:.:.:.、:.、::ヽヽ::/X:::i^、i'ヽ:、:::.:.:.:.:.ヾ!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :
::::ヽ::::::::::::iWト、:.:.、:.:.:.ヾ::.、:::.ヽ:::゙レ'::i'〃l:}/ヾ. i:::::::::.:.:.:.:.∨: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : :   オレは一体どこまで
::::::::ヽ:::::::ゞ  i:ト、:.、:.:.:.ヽ:::、::::iヾメ,イi':::::リ   i:i::::::::::::.:.:.∨. : : : : : : : : : : .: :/: : : : : /
::::::::.:.゙iゞ´   l:l ヾ::、:.:.:.:、:::.:.:.l/}:lイリ`/′   l:ト:::::::::::::::.:.∨:. : : : : : : .: .:/: : : : : / ::    切り刻めばいい……?
:::::::::::.:.i     l:l ヽ:.i:.:.:.:.、::::.:| リ'   ′    l| l:i:::::::::::::::::.∨.:. :. :. :. :./. : : : : /:: :: ::
:::::::::::::.:i     l:l  }:!、:.:.:.i::::::|′  __,.-- 、! |:l、:::::::::::::::::::ヽ:. :. :./. : : : : / .: :: :: ::
:::::::::::::::゙.、   l:l  l:l .>::::l!::::|  /  '    ` <.:::::::::::::::/:`:ー': : : : : : .: :: :: :: :: :: ::
:::::::::::::::.:.:ヽ  l:l  l:イ〃!:!l:::,ゝ-'  /  ノ   ,    `゙<: :. . . . .: :: :: :: ::____
:::::::::::::::::.:.、:\ l:! //::ij、リ:/  /  /  /   ノ    `<.ゝ‐ ¨ ̄
::::::::::::::::::::.:.ヽ:.イ´/'、::::::/ {  /   /   /   /」
キョン子 「                           ,...--..、
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                ,...-:.:.':.: ̄:.:`.:.':.:-:.:.、.:_:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
              ,...:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.ヘ
           /:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:ヘ
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヘ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.l
        ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.l:.:.ハ:l',:.:.:.:.:.:.:.:.l ヽ:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:ハ:',
        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'l:.l'  l:lヘ:.:.:.:.:.:.:.l  ヽ\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:l;.',
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:/  l, ヽ:.:.:.:.:.:l   'l ヽ:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l::l
       /:.:.:.:.:.:.`' -、_l;'   l ヘ:.:.:.:.:l  __;l,,, -、‐'l´:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:!   けっこう4、3人は一度に死ぬぞ?序盤は>GM
      /:.:.:.:.:.:.:.:l.::;'   ̄    l ヽ:.:.:.l    l  ヘ:.:ヘ:.:.:l:.:.:.:.:.:l:.:l
      ハ:.:.:.:.:.:.:ハ:l,ニニ===,_    ヘ:.:.l._____. ト:.:.l:.:.l:.:.:.:.:,':.:.l
      / l:.:.:.:.:.:.l:.:.イ ´ノ:::::::l    ヽl'7'''テ:::::Tミ;l:';.ハ.:.l:.:.:./.:.:.:l
       ';.:.:.:.:.l:.:.:.l l::::::::::::l       l::::::::::::::::l /l:.:ハ:,':.:./:.:.:.:l
        ヽ:.:.:ハ:.:.l ゝ;::::::ノ       ヘ:::::::::::/  l:./:.:l/:/::.:.:.:.:.:.l
         ヽ:l:.l:.:.l.   ̄         `¨¨´ u.l:/:.:.:V;.:.:.:.:.:.:.:.:l
          ',i .j:.:l、    ,            l':.:.:.:/ l..:.:.:.:.:.:.:.:l
            ';.:.:ト、    r - 、      _,.<:.:./.│:.:.:.:.:.:.:.:.l
            ';.ヘ. >-、_ ゙   `' _,, /  ,ノ∨.  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
               ヽ',.i   `'' -ニエ,>'  ./   ヘ   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             / '-,、_         .llヽ   \l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             /   i `         l:::ハ    \:.:.:.:.:.:.l
          /     /ヽ、        l/::::ヘ     \:.:./
        /        .ヽ,        /:::::::::::ヘ    ,/\
      /',ヘ        ヽ、   _,...<:::::::::::::::ノ::ヘ   //ハヽ
       }:ヘ\' ,      l イ-::'::´::::::::::::::::::::::/:::::::::ソ///:::::::lソ
       l:::::\ \     l \::::_::::_;:::::::::::::::::::::::::::::::∨ /:::::::::::::l
      /::::::::::\ \     l  ヽ:::::::‐-::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::ヘ」
ギャル実 「                , -‐- 、, -‐――ニ三 ̄¨`ヽ、 ィ―- 、
                 /   / ´イ ´ ̄/ヽ\`ヾ‐、 ヽ      丶
                ,.'   /    //   l  ヽ  \`ヽヘヽ    \
            /    ,     / /    |    、 `  ヽ ヽ    ヽ
              /    /   イ  |      :|   l  l 、   、 ', ヽ   }
           ,ヘ  /   .i |  l |       l  :| l  l  ,   ', i   、 |
           | ヽ ,.   i l |\l |   i  |  l/ l |  l  l |   ハ !
           | ヽ lイ   l ',斗―-ヽ  ト、 |z-/―- |  |  ||   ∧ |
           |  ヾハ、 l l、,ィz=ュ\|  \ヘィチ弌ォ. /  リ       |   だいたいひかえめとか
           |  ∨l\|ヽ i「イリ込}ヽ    ヾリ込} '〈lイ /リハ    |    マジアタシを表現する意味だし
           | .f^ヽヽハ ヾ、弋zノ      弋:zノ リ |ィ |/、    |    やらない夫に言われるまでもね→し
           | ハ  i i /ヽ⊂⊃     '     ⊂つ  |   ヽ   i
      .      /  i | | l  |ハ      r‐ 、    /イ.l   |      |
           /、_r‐| ト l l  |§` 、  ヽ_ ノ  , / §l/ .|      |
            〈 l⌒, i { l l  l    |` -- '´!    |  |      l
             l、_}ヘ ムノ  |〈  |\_ィr     |ミ、  /  |      |
        __ l   '´!  } ヾ /// '      lハ、 /  .イ〉      !
        ∨/`77ヽ、  くヽ  \l/イ  `    ´ l/〉イ ∠、 ヽ、.     |
           ∨//////`7アヘ_ ヽ」、       イ-=- .ハ | l\   i」
霧雨魔理沙 「暇になりそうだしコガネシティでサイクリングしてくるぜ
やる夫とかいうやつの霊退治は任せたぜ」
やる夫 「(あれ、何だか凄く物騒なメンツばかり……じゃないかお、この村……?)」
両儀式
                  /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:/ :: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::: '
               /:. :::::/::::::::::_::、:::::::::\::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::: !
                 /:/ :::/ :|ハノハ:ヾヽ:\\ :::::::::::::: i ::::::::::: |
             .イ ::::.' :/||     |::::!:i|::|!ハ::::ヾ: !::::::: |::::::::::::::|
             |:!::::::!::|‐||     |:‐|‐i::|!|-!|:::!: |:::::::::|::::::::::::::|
                八::ハ!:ィ=ミ    i/ !ィ|=リ川レ|:::|:::::::::|:::::::::::. |
                    Yヾi iハ      iハ  》‐ |:::::::::|:::::::::::: |
                !:::i リ       リ    ! :|:::::::::|::::::::!::::|     しっきー知ってるよ
                !从   ,           |:::|:::::::::|::::::::!:::: |
                 |:::::: 、            |:::|:::::::::|::::::::!:::: |    なんだかんだでハーゲンダッツが
                 |i::::::|::\ __        |:::|:::::::::|::::::::!:: |
                 |i::::::|:/ ィ、`    _... ´|:|:::/!::|::::::::!:: |_   一番旨いってこと
                 ─‐く/::|:::`丁::::::::ハ  |/|/ Vハ::八..-─ ヽ
             .─― 、 |‐、!|:::::: |:: /  ハ       /       |
            /─‐ 、 |ノ ノヾト ゝ' |   | !    /    _..─―ヽ
               / ― 、 |/ /   .'  |   |    /    /     ―く_
           /  i  レ' /   /:    |   |`   /    /        ヽ7
          '   !ノ  |  .′!   |   |   /    /         |
            ′   |   ′ .  !   |   |  ′   /:..          |
         i      /    ′ :!   |   | /    /:::/          八
         |     !    | ! :|  |   /    /:::/         | |
         |      |   |ヽ |  ! :|  ′   /:::/   ,..── -| |
         |      |   | ! :|  ! :|  ′    / :/  /       | |」
ギャル実 「かわいいアタシがいてマジよかったな、みたいな?
ほら喜べよ→>やる夫」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    (やらない子に比べて胸が控えめ…とか思っちまったが
  |     ` ⌒´ノ     これを口に出すのはやる夫のポジションだよなあ。常識的に考えて)
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l」
霧雨魔理沙
         /::::::::::::::::::::::::::::::_>
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    「 ̄`ヽ;::::::::::::,.::--‐─ァヘヽ.
__,. -く7  =-」ゝ-く-=ニ  /-、::::::ヽ、
:::::_,.へ、____r、_____,.へ___  !、 `ヽ、_::ヽ.
>r、____rヽ、____,.ヘ____ヽ`ヽ_!__ヽ、___<::ヽ、
ハ/   !__,!ィハ ! ハ `ヽハ、___ヽ___:::::::::::::>
ヽ.レ、  i rt、/ レ' 、,!_ハ   ヽ. `ヽ_二フ
  ノ) ハ ヒ_!   ,r'-=!、! ハ  ハ!   i
  ヽハY!" ,    ヒ__rハ (ソ)/  i / 〉    あー?マスパ撃つぞ?
  ノ .人    _    "(ノン    ハ  (
  〈へr V>、.,____  ,.ィ(Yノヘ  / ! ハ〉
       ,.イ/ヽ/ヽ}><{ /V  レ'
      /7::! ! /-イ::ム ヽ.
     r〈/::::'ー':::::::::!   _r〉
     7/:::::::::::::::::::::ヘr'"´ ヘ」
姫路瑞希@GM 「そうなんですけど、35分頃に5人だったので50分には終わるなと考えていたのですが、よくよく考えてみれば後半大喜利ですから終わりませんよね>キョン子さん」
できる夫

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \   今の君だとしかるべき機関はそうですね…
    /   (●)  (●)  \ 輪廻位ですか?
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \」
できない子 さんが幻想入りしました
できない子 「よろしく」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
ギャル夫 さんが幻想入りしました
ギャル夫 「ちょりーっすwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
キョン子 「        ィ  r-_、
       〈(厂/:.:.:.:.:.>- 、
      / ̄!:.:.:.ヽー--:.:、:.:.`ー- 、
    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:` 、
   / :. /:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.':.ヽ:.:.   \:.:.:.:.:.:.:.`ー- ._
 /イ/:.:.:.{:.:.:.ハ|:.:.:.:.:|、:.ト、ヽ:.:.',:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-- _        })
///:.:.:.:.:ハ:.:.l. '. :.:. | ヽ} \!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄二ニ=="
/ ./}!:.:.|:.:Lイ┼  ヽ:.:| ー- 」ヽ|:.:.:.:.:.:.\ヽー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   `丶
 /ハ!:.:.|:.:! `!   ヽ|     }ハ:.:.:.:.:.ヽ「`ヽ    ` ‐- .:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 { |:.:.:.!:.!x==ミ    x==ミ |:.|!:.:.:.:.:.:'.   }         `丶:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ちなみに今頃は阿鼻叫喚な事態になっているはず!>GM
 | |:.:.:.ヽ!     ,        !:.リハ!:.:.:.|              丶:.:.:.:.:.'.
   |ハ:.:.:.' ' ' '      ' ' ' ' /}/  |!:.:.:|                ヽ:.:.:.|    
   | !:.:.L.  ヽ二ア  / }   |:.:.:.:|                 }:.:.:.|
    ヽ:.:.ヽ`丶.._ . イ   ,/  |:.:/                 .|:.:./
   ___>:.:.V}     .|ヽ__   |:./                  |:/
  /{   \V.     `!    lヽ |/                 /
 ハ ヽ.    `ト   -‐ |    ! ハ{                /
 |::::ヽ ヽ    L_ --- _!   l ,::::}!
  '.:::::ヽ ヽ.   '.====リ   l ,::::/ `ヽ
  ',:::::::ヽ ヽ   '.    {    !,::::ハ  ./
   }:::::::::ヽ ヽ  }    !   //::::/ /
   |:::::::::::::ヽ ヽ |   /  .//::::/-'
   ヽ:::::::::::::ヽ ヽ | n!/  //::::/
    ヽ:::::::::::::ヽヽ!.h/,//::::::ハ
    }':::::::::::::r、} .|//::::::::::::::l:::|
    ,ハ:::::::::::<tへ|く__j:::::::::::::::!:::!
    |:::|::::::::::::`ーァ<二}:::::::::::!::::ヽ
   <::/:::::::::::::::::ヽV.X__:::::::::::|:::::::::ヽ        _
    /::ヽ::::::::::::::::::::ヽ!:::::::ヽ::::/:::::::::::::「 ̄ ̄`:<二:.ヽ `ヽ
  ./::::::::}::::::::::::::::::::::|:::::::::::: /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ ヽ」
やる夫
               ____
             /      \    ……ギャル実はドラフト5位も微妙かおー
           / ─    ─ \    (気持ちだけ受け取っておくお>ギャル実)
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
やらない夫 「   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)     ハーゲンダッツが最強のアイスなのは認めるが……
  |     (__人__)
  |         ノ     2ハーゲン=5スーパーカップと言う公式がある限り
  |     ∩ノ ⊃ }     最優のアイスにはなれないだろ。
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /」
できない子 「みんな深夜だっていうのに元気ね・・・」
ギャル夫 「           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \         
            ハ            \       
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \     
            彡  〆     \ \ ヽ    おろ、ギャル実に
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |    
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |    やるやらセンパイコンビもいるじゃないっすか
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   ∩ `ー´   /       ちょりーっすwww
                / ⊂  \∩ィつ ヽ
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´」
ギャル実 「    /    | ハ  \ `    ヾ  /  |i      |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ ::.:.ト、 /∨     !
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソヽ,'  :.  リ   |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  廴丿ヽ     |
  レl  |ヽ`z'ヒ十个ヽ\ヽl L__,, ルl / l ∧   l  顔長なんか言った?
  |ハ ハヘヾィ_ー一  ヾ   ¦  リ`}イ/ イノ :.ヽ |
   ∨、ルヽヘリ  ゞ丿     `‐'とつ/ |      ハ l
     マlヾ| |とつ             /} | ヽ      l
    ヾ ' .l ハ、    、¬   , イ イ ハ   \  ∧
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,′/≧ュ、__|_|_,イ.   |__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ」
できる夫
         ___
       /     \
      /  _⌒  ⌒_ \
    /    (。0)  (。0) \   はっはっは。この眼を見て下さいよ。
     |       __´___    |   紛う事なき綺麗な眼をしてる僕が物騒だなんて>やる夫くん
      \       `ー'´  ,/ 
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |」
やらない夫 「ん、できない子にギャル夫もよろしくな。
流れ的に人入りづらくなってるのもあるかもなあ。」
姫路瑞希@GM 「どうやらヒゲ王はすでに決定していて、これからエクストラステージらしいです>キョン子さん」
MegaMari さんが幻想入りしました
ギャル夫
          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \  ちなみに、ギャル実の位置づけって
            彡  〆     )   丶 ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|   オレッちの妹なんっすかね?
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§     (__人__)  |
              / ゚ o   ∩_ つ /
                /     / _ イ |
             \  `´ /___! |
              \__/____/」
ギャル実 「お、ギャル夫じゃん
ちょり→っす!」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
やらない夫 「         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
       .| ( ●)(● ) |
       .|  (__人__)  │
        |   `⌒ ´   |    何も申し上げておりません
        .|           |     慎み深きギャル実殿
 r、     r、ヽ       /
 ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /
  \>ヽ  |` } >     <
    ヘ lノ `'ソ       ヽ
     /´  /,1      | |
     \ ノ .|     | |」
やらない子 さんが幻想入りしました
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
やる夫 「うわぁ、こいつ殴りてぇ面だお……>できる夫
(ごめん、言葉は耳に届いたけど心に響かなかったお)」
できない子 「・・・ううん、どうかしら
私もちょっと普段使ってないRPだから不安ではあるけど>やらない夫」
両儀式
         _,        ._
       ,r.'´::::..::. ` '´   ..:.ヽ
.      i'.::::::::::::::::.::... ..    ::::.. .
.     i.:::::::::::::::::::::::::::...::..     .::....
.    i.::::::::;::::::i:::::;i,、:::::;i::...   、
.    i..:::::::::i'::::i:::;:::l!!i'v'!!ii::.l:..i:....,.. i  ..
.   l.:::::::::l::::::i::i'l::l     l:::l:::l::::i:..'i ::::.. ,
   l::::::::::l::::i'l::l l::l    l::li::li:::i.i:..;i .::::..i
.   l::::::::l::l:::i' l::l i::l     l::l i:li:::! i:::i:::::::::.i    つるんでる
   l:::::::::!ニit_!t+-!l、   i;-rf't:f'ニf:::::::::::i
   l;:::::::::l:i`モ〒cラ`   ´ィ〒cラ´i::::::::::::.i    友人関係程度って
   !ii::::::.:::'i!   ̄        ̄ !::::::::::::.:i
  i i:i::::::.:::::!,            ,l::::;::::::::::i    イメージが強いけど>ギャル夫
  ! 'i!l::::.:::: l:ゝ、    '     /il::::i:::::::::i
.  i li l:::::::::.l::::i:;:'...、 ´ ̄  /i:::l::::i:::::::::i
  i l' l::::i,::::l.;::i:i:::::lヽ、   /!::::l:::l::::i:::;:::::i
   !  l:::l i::l:i.:i::i::::!  ` ´  l:::l::::l:::i:::j:::::i
      l:l, i:|:i;i.j,イノ       iテi;:|i:i ' ′'
      '! i/  !,       /  \」
できる夫
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \  ははっナチュラルに僕だけ入ってないですね。
    /   (⌒)  (⌒)  \ 
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \」
やらない子 「人が足りないようなので」
ギャル夫 「          ト VVVVVVVVノ\           n
           \           丶     l^l l l / )
             ヽ             \   | U レ //)  ちょりーっすwwww>ギャル実
           ⌒≧x   /^^\/ \ \ ノ    /
            彡  〆     )   `⊂ニ      l    テンションあげあげでいくっすよwwww
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Yヽ     /
             イ 从§  ( ⌒) (⌒) lリハ    イ
            乂イ§   ⌒(__人__)⌒|/   /
               \゚ o     Y⌒Y /   /
             /⌒ヽ ∽.  ー ィ  /
               / r‐、     ∞∞  /
           / ノヾ >       イ」
できない夫 さんが幻想入りしました
博麗霊夢 さんが幻想入りしました
やる夫 「モロッコに行った後のギャル夫、だお?>ギャル実」
やらない夫 「スレによるけど、お前さんとギャル実・ギャラナイ夫は友人って関係の方が多いな>ギャル夫
基本的に主役になれないから兄弟にならないって感じな気もするが…」
博麗霊夢 「支援ーっと」
ギャル夫 「  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、    
  </ /"" \ .ノヽ. \   
   //, '〆     )  \ ヽ  ・・・できる?夫センパイ・・そのいたんっすね?
  〃 {_{   ノ    ─ │i|   
  レ!小§ (○)  (○)  | イ  
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ」
MegaMari 「MegaMari さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 4987 (メガマリ) → No. 5215 (メガマリ2)」
できない夫
       / ̄ ̄\
     /   「   \
     |    ( ●)(●)
     |       | |
     |     __´___ノ  支援だよ……こんな時間に元気だよな皆
     |     `ー'´}
     ヽ        }
      ヽ     ノ
       /⌒ヽー-ィ
       |  |.   |、_    ____
       |  |   |〆 ̄ ̄ ̄ヾィリ
      .( ` ̄ ̄リ⌒)   ⌒ ⌒
       | `二二二"    ● __ ●
      |___y  )    .::⌒('g g,)
    /´    |  |         ̄ノ
 `@/        |__|    ー‐ ィ´
   |       (___゙)     |
   |   ,ノ             |
   〉   ノ、___  、  r__ ,ノ
   (  (  ヾ__て ̄〉  ,〉 /
    ̄``       ー‐" ̄」
有頂天人 さんが幻想入りしました
できない子 「TS・・・ゴクリ>やる夫」
キョン子 「        ィ  r-_、
       〈(厂/:.:.:.:.:.>- 、
      / ̄!:.:.:.ヽー--:.:、:.:.`ー- 、
    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:` 、
   / :. /:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.':.ヽ:.:.   \:.:.:.:.:.:.:.`ー- ._
 /イ/:.:.:.{:.:.:.ハ|:.:.:.:.:|、:.ト、ヽ:.:.',:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-- _        })
///:.:.:.:.:ハ:.:.l. '. :.:. | ヽ} \!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄二ニ=="
/ ./}!:.:.|:.:Lイ┼  ヽ:.:| ー- 」ヽ|:.:.:.:.:.:.\ヽー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   `丶
 /ハ!:.:.|:.:! `!   ヽ|     }ハ:.:.:.:.:.ヽ「`ヽ    ` ‐- .:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 { |:.:.:.!:.!x==ミ    x==ミ |:.|!:.:.:.:.:.:'.   }         `丶:.:.:.:.:.:.:.ヽ   うはっwやらない子www>一度正解して落とされた人
 | |:.:.:.ヽ!     ,        !:.リハ!:.:.:.|              丶:.:.:.:.:.'.
   |ハ:.:.:.' ' ' '      ' ' ' ' /}/  |!:.:.:|                ヽ:.:.:.|    
   | !:.:.L.  ヽ二ア  / }   |:.:.:.:|                 }:.:.:.|
    ヽ:.:.ヽ`丶.._ . イ   ,/  |:.:/                 .|:.:./
   ___>:.:.V}     .|ヽ__   |:./                  |:/
  /{   \V.     `!    lヽ |/                 /
 ハ ヽ.    `ト   -‐ |    ! ハ{                /
 |::::ヽ ヽ    L_ --- _!   l ,::::}!
  '.:::::ヽ ヽ.   '.====リ   l ,::::/ `ヽ
  ',:::::::ヽ ヽ   '.    {    !,::::ハ  ./
   }:::::::::ヽ ヽ  }    !   //::::/ /
   |:::::::::::::ヽ ヽ |   /  .//::::/-'
   ヽ:::::::::::::ヽ ヽ | n!/  //::::/
    ヽ:::::::::::::ヽヽ!.h/,//::::::ハ
    }':::::::::::::r、} .|//::::::::::::::l:::|
    ,ハ:::::::::::<tへ|く__j:::::::::::::::!:::!
    |:::|::::::::::::`ーァ<二}:::::::::::!::::ヽ
   <::/:::::::::::::::::ヽV.X__:::::::::::|:::::::::ヽ        _
    /::ヽ::::::::::::::::::::ヽ!:::::::ヽ::::/:::::::::::::「 ̄ ̄`:<二:.ヽ `ヽ
  ./::::::::}::::::::::::::::::::::|:::::::::::: /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ ヽ」
ギャル実 「           ,. <"´      ̄` <\
     ,r⌒Y-‐  ,  /     \\ヽ
     ,'  ├=/ / //  ハヾ ヾ、   >ギャル夫
      i   / l | i |   | | | ,'| |i |l:|   l !  なんかツルんでる仲間、的な?
     i  / :∧ |  l リ-十/l/l十十lハ| lハ  アタシもよくわかんね
    .i / /∧ヾl |ヽ*( ○)  ´( ○)*':リ  |   アンタアタシのなんなん?
    i   /  \§! |⊂⊃、_,、_,  ⊂つl  |
   // /     §人'ゝ、 ⌒ ., イ:§\ 人
  / / /     r//_r,<|``@'゙「<_  丿| \ \
, / ハ∨    .仁二]/ rー'ゝ',  }::::::ヽ〆ヽ | /
//  l |    仁二]/,ノヾ ,>:', /:::::::::ヾ_ノ,| |l |
∧ / |    [二メ| ヽ〆::::::∨::::::::::::::::`y| ./ |」
有頂天人 「おはよー」
姫路瑞希@GM 「そしていつの間にか開始予告時間ですね
一応『50分までは待ちます』ということで開始とは言っていないわけですが、これだけ集まってくれれば開始でも問題なさそうですね」
姫路瑞希@GM 「というわけでいらっしゃいませ」
ギャル夫 「  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \   
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ   >やる夫センパイ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|   いや、オレッち自前の息子あしてるっすから
  レ!小§    (__人__)  | イ━  
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃  捨てちゃうようなことしないっすからねえええ
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃ 
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    やらない子も来たか。
   |      (__人__)    そうやって人のことを気遣う行動ができるとお兄ちゃん嬉しいぞ>支援
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
MegaMari 「ふっふっふ、前回お披露目し損ねたが
アイコン作ったんだぜ 」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「  \  ホジホジ
  |    ( ●)(●)
  |       _|  |  お、できない子も居るのか
  |    mj | ___ノ
  |    〈__ノー´}   それにしても知り合いの多い村だな
  ヽ  ノ  /   /」
有頂天人 「有頂天人 さんが登録情報を変更しました。」
できる夫
             ____
  ∧、        /     \
/⌒ヽ\    / ⌒   ⌒ \   殴り合いですか>やる夫くん
|( ● )| .i\ /   (⌒)  (⌒)  \  いいですねぇ一度やってみたかったんですよやりましょう。
\_ノ  ^i | .|     __´___     |  あぁ、これは拳ですよ。拳で殴りあう。憧れですよねぇ
 |_|,-''iつl  \    `ー'´    /
  [__|_|/〉
   [ニニ〉
   └―'」
やらない子 「>キョン子
いやセルフで盛り上がってるところ悪いですが
別人です」
できない子 「支援、いらなかったくらいかしら
せっかくだからやっていくけど」
霧雨魔理沙 「投票しとくか―」
蒼星石 さんが幻想入りしました
やる夫 「これだけ人数がいても、結局……主人公はやる夫、という歴然とした事実
そろそろはじめるかおー?」
霧雨魔理沙 「よく作るなーアイコン」
ギャル夫
           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }   なるほどっすよ、やらない夫センパイ
            彡  〆     \  、 |   | 
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |     まあ、オレッち達らしく適当にいこうっすよwww>ギャル実
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |    ちょりーっすwwwwwwwww
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /」
蒼星石 「よろしくね」
できない夫
    / ̄ ̄\ ´-
  /   「  \`
  |   (●)(●)
  |      | |
  |     __´_ノ  もう二時が来るんだぞ?
  |     `ー'´}
  ヽ   .    }   あんまし夜更かししてると禿げるって爺ちゃんが……
.    mj~i      俺たち、もう禿げてる?
   〈__ノ
   ノ   ノ」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     鍋は大人数で食べたほうが美味しい。
. |     (__人__)     常識だろ?>できない子
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \」
霧雨魔理沙 「あーでもヒゲ村終わってから流れるのを期待してもいいぜ」
できない子 「そうね・・・
味方とは限らないけれど>できない夫」
やる夫 「ちょ!? それどう見ても飛び道具! 飛び道具はずるいお!?>できる夫」
両儀式
               ___
            . .:.:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.「i:.:ヽ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:i:.:.|:i:.:|i:.:\
.       / .:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.トrx||:.:.i:.:.\
.         /:.:.:.:..:.:/.:./:.:./:.:.:.:.:.:.|  ||:| |:.:.i:.:.:ト、
       |:.:.:.:.:.:.:|.:.:|:.::.:|.:.|.:i:.|:.i|  |lノ_ト、i.:.:.|
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:斗‐ 77ソl ├‐- 、| ト}
       |:.:.:.:.:.:.:|.:.:|:.:.::|kfフノ `   下ヽ | | i      ちなみに綺麗なギャル夫は
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:.小       ' }  }
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|.:.:.:|ハ   ,__ _, |  |      登場するスレ登場するスレ
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:.:.|:.:.:i   `′`' ∧  \
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:.:.|.:i:.ト .__   /:.:i.:>'´   \   どれもこれも名作ぞろいだぜ?
       |ノハ.:.i:.:|.:.:|:.:从ノjハi} /  ̄:.:.:.<        \
       レノjハ从}レ′}ノ   レj从ノノ}i}\      \   さあ、この村もせいぜい
         ,,:''"´゙"゙""'ヾ   ヽ''"゙"゙"'':.、\      \
        ,;',,..,,_,..,,_,,,.   ゙'':.、 ゙'''ト、  ;,.  丶       \  名ログ行きにしてみるがいいさ
       / ‐-    ゙'::,   ':.、 __)、,,.ノ   \       \
      {     `ヽ   ゙':.,,.,_,.,,ト、::::::::::\\           '
      |       } .:.i :.:.:i    \::::::::::\`ヽ          ノ
      |..:.:..     | .:.|:.:../:.     \::::::::::`ヽ.\ ‐ -- ─
      |.:.:.    .: | :.:l:./:.: :. . . .    }::::::.::.::::} ハ」
できる夫
             ____
  ∧、        /     \
/⌒ヽ\    / ⌒   ⌒ \  いやいや、別に怒ってるわけじゃないんですよ>ギャル夫くん
|( ● )| .i\ /   (⌒)  (⌒)  \ やるやらコンビと言えば当然ですしね。 僕はほら、
\_ノ  ^i | .|     __´___     | やる夫くんの3次創作的な存在ですし? ちっとも怒ってませんよ?
 |_|,-''iつl  \    `ー'´    /
  [__|_|/〉
   [ニニ〉
   └―'」
やらない夫 「       _____
       /    .r┐ヽ「|
     /  r-、  | .| ./ l l゙l
   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
   |   (●)ヽ     ノ ´/     ギャル夫の毛髪が……消えた…!?>できない夫
    |       〉      〈_,,.-、
    .|    (__人{         .r''´
    .|     ´ ⌒|    _,.-i'´
   . .{       l-‐'''''''ーl }
    {   .   |´ ̄ ̄``l }
     {      .|     |.}」
できない子 「多人数で食べるもの、とも言えるわ>やらない夫」
ギャル夫 「                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒   オレッちは髪あるっすけどね(キリ>できない夫センパイ
           / /   (     〆  ミ
            | ′―   ―    ム  ヾ      あ、この間かした5千円とっと返してくれっす
         从| (●) (● )  §从 ゝ
           |  (__人__)    §ル′
              \⊂ヽ_∩    o ゚ ヽ
            | ゝ_ \     }
            | l___\ `´  /
                \____\__/」
姫路瑞希@GM 「さて、あと2分ほどでクイズ村終了するようですが、どうしましょうか」
できる夫 「"拳"銃ですよ。 拳ついてるんですから同じでしょう。」
キョン子 「              .____
          ノ   ̄:::::::::::::::ヽ、 __
         /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;ソ':;;;;;;ヽ
        '::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;--;;;;ヽ;;;;;;;;l
      /::::::::::::::::::::::::Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;|
      /:::::::i::::| 、:::、::::l;;;;;;;;;;;|::__ノ /;|;;;;;;;;;;|
      |:i::::::i::::| ンヾ_|::::;;;;;ト;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;|
      |/|:::::ト,|.` 了゚ ト:::::;;/ );;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;!  
       ヽ::::::ト、  ゚-'|::::::i ノ;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;i  
        1:::y  u  |::::/ く;;;/  l;;;;;;;;;;}
        ヾ;::ト、 っ ト:/   i_    |;;;;;;;;;!   い、いや、わかっていたぜ?>やらない子
         |::|  ヽ-iレ_,r' ̄ i   |;;;;;;;;|
         |ノ  ,,〃 /     ヽ   |;;;;;;;|
           イ/ニ/, - _二二ニi  ノ;;;;;;;|
          /// / //~     Y/イ;;;;;;;|
         / イ |/ //       }  i;;;;;;:|
        / ||.y //  |      /  !;;;;;;{
        /  ||_//   i   / /  |;;;;/
       「 / ̄ \_/_ /   /i  /;;/
      イ i     ヽ=イ   / ! //
      |   ヽ      ヽ   / | |/
      },   \     | / /
      ヽ_/|/\    ノ  {」
できない夫
                 / ̄ ̄\
              /  ヘ   \
              ( ●)( ●)  |
             |  |      |
            l __`___    |
           l `ー'´    |   なあに、敵でもできない子なら優しいから
              {       /   俺を甘噛みしてくれるって信じてるさ
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i   あ、他のやつは知らんけどな?
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i」
ギャル実 「                 / ̄`ヽ /            ヽ ̄ヽ
               /    >イ /〃      ヽ  、  \ }
           /.     /   / /  i        ヽ   ヾ
             {    /   / / |  {    }  .|   }   ヘ
             |    ,'    ハ | l  |    |  :|   |    ム
            |     |    | } l__|_!、   !,_|__リ  ,   }   >ギャル夫
           !     l i   .| |ヘ|弋、ハ    ハ / リ/  /   ! }  アタシらはいつもど→りやってりゃいい、みたいな?
              }   }ハ  | |イf乏圷 ヽ リ f乏トヽ イ   ハ!  ゆる→くカラんで楽してズルしてイタダキっしょ
              リ   / ト、 | | 乂ツ    `  乂ツ レ}ハ  / リ
              }    !  ⊂⊃      ,    ⊂⊃ } イ
              !    ノi  |§、   ャ―y     イ§ ´ {
              /   / {   .l   ヽ、  ` ´   イ | | \ ヽ
          /   / .|  ヽ   | > -<|   | |   、 }
            /   〃 _ト 、 \-イ       {z  .| {\ \i
        /  /__/__{  \_} ||      }|` 7 ∧ 、  \
          / / f´ :{: :} :≧ュ、   } ̄ヘ   _〃/   〉 ヽ   \
        //  レ―、{_:_j「 ̄≧ュ}: : : :}   ヤ ´  ,≦´}>ト、ヽ  ヽ
      //   /: : : : : : : :ヽ  `}:  ̄キz シ/ ̄{ ̄ _}: : }: |  \\」
蒼星石 「やる夫とやらない夫が一緒に出てるスレはよく見るけど
できる夫とできない夫が一緒に出てるスレはそんなに見ないかもね」
ギャル夫 「  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、    
  </ /"" \ .ノヽ. \   
   //, '〆     )  \ ヽ  ・・・いや、あの・・・その銃はいったいなんなんでしょうか?>できる夫センパイ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|   
  レ!小§ (○)  (○)  | イ  
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|」
できる夫 「あぁ、僕に対してのやらない夫的な扱いのはずなのに
わりとそういう感じなのは一切見受けられないできない夫くんじゃないですか。」
できない夫
       / ̄ ̄\
       /   「    \
     |  (⌒ )(⌒ )
      .|       |  |
       |     ___´___l  ギャル夫……喜べ
      |    `ー´ }
      ヽ        }   お前はハゲる
       ゝ     丿
       /     / ̄ ̄/´ ̄/
       |  |.  /    /  ⊂)」
できない子 「・・・お腹壊しそうだから、他の人に任せるわ>できない夫」
やらない子 「ギャル夫さんから頭髪をとったら温泉まんじゅうしかのこらないじゃないですか!?」
MegaMari 「あー、そうか
あれクイズ村だから霊界連中の流れ込み許可だせねーのか」
やらない夫 「できない夫は凄い出番少ないよなあ。
「やるやらの男友達」ってポジションだとできる夫が先に出てくるからかも知れんが」
できない夫
          / ̄ ̄\
        / 「   ヘ \
         |  (●)(●) |
         |      |   │
         |   __´___  .|   俺小器用キャラでお前小器用キャラじゃん>できる夫
         |   `ー'´  .|
        ヽ         /   実はわりかしキャラかぶってるからな
__        ヽ       /       ___
ヽ  ̄`"¬ー--,',,,_   _,,`、-ー"´ ̄ ...,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄
             ̄`´ ̄」
やる太 さんが幻想入りしました
できる夫
             ____
  ∧、        /     \
/⌒ヽ\    / ⌒   ⌒ \   銃じゃないですよちょっと鉄でできたちくわみたいなものです。
|( ● )| .i\ /   (⌒)  (⌒)  \  キュウリ挿す代わりに鉛玉飛ばすだけですよ。>ギャル夫くん
\_ノ  ^i | .|     __´___     |
 |_|,-''iつl  \    `ー'´    /
  [__|_|/〉
   [ニニ〉
   └―'」
ギャル夫
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、    >両義さん
  </ /"" \ .ノヽ. \  いやぁ、ぱないっすね!両義さんまじわかってるっす!
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|   あ、オレッち美味しいイタメシ屋知ってるんっすけどこんどどうっすか?
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /
やる夫
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\     こんだけいりゃ十分じゃないかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |    mj |ー'´      |   ちなみにやる夫のアイコンは3分で作られたお
  \  〈__ノ      /
    ノ  ノ」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
やらない子 「基本兄さんとやる夫山出しておけばよさそうですからね>できるできないコンビが珍しい」
やる太
     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//
     |┃三      ____
     |┃       /\  / \
     |┃     / ●   ●  \
     |┃三   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
     |┃三   >        ィ’」
やる太
     |┃       <やる夫を一体なんだと思っt
 ガラッ. |┃       <ぼくの存在はスルーですかそうでs
     |┃  ノ//    <チョリーッスwwwww
     |┃三      ____
     |┃       /      \  ・・・・・・・・。
     |┃     / ●   ●  \
     |┃三   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
     |┃三   >        ィ’」
リリーブラック 「まあここまで待ったんだし数分くらい待ってもいいけどね」
やる太
                |┃┃
   失礼しましたお>   |┃┃   
                |┃┃
                |┃┃
                |┃┃
                |┃┃
                |┃┃
                |┃┃
                |┃┃
                |┃┃ ピシャッ!
                |┃┃
できない子 「キャラ付が難しいのかもしれないわね>できない夫の扱い」
やる夫
                ____   ,
              /     \  -
            / ―   ― \`   ・・・。
           /   (● ) (● )  \
           |     (__人__)      |
           \ .   `⌒´     /
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ」
蒼星石 「……力士?<やる夫山」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     そう言えば俺って最初は「やる夫の横顔」だった気がするなあ…>キャラ被り
. |  (__人__)  |     なんかもう完全に別物だが
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \」
やらない夫 「ゆっくりしていくだろ!>やる太」
姫路瑞希@GM 「クイズ村の終了を確認しました
1分後にカウント開始でお願いします>やる夫さん」
できない夫
          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ●)(●)
        |       | |  (やる太がやってきたけど……俺の甥っ子キャラって居るのかな?)
        |     __´___ノ
        |     `ー'´} 
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
ギャル夫 「           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \   >ギャル実
            彡  〆     )   丶 ∨  そうそう、ゆるく適当にがいいっすよねっすw
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   まあ、きっとぶっちゃけオレッちたち同陣営勝利しちゃう?みたいなw
            乂イ§   ⌒(__人__)⌒|
               \゚ o     Y⌒Y /
             /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
               / r‐、    ∞∞〆ヽ |
           / ノヾ >      ヾ_ノ |」
やる夫
                ____
              /     \     んじゃ、この発言の1分後に開始だお
            / ⌒   ⌒ \
           /   (●)  (●)  \
         _|__    (__人__)      |    あげゆ>やらない夫
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´」
やる太 「     ____
    /―  ―\   ・・・たいざんめいどうしてねずみいっぴき のせいしんでいくお・・・。きっとへいわ・・・へいわだお・・。
  /  一   ー \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ          ィ’」
両儀式
            ___
         ,-‐'"     `゙ヽ
        '"  _ ,-- 、, - 、 `ヽ
        /   _,-‐ _`゙ヽ丿
       / /  / <"   ̄ '"`>
      / /  /  / /  ///>i
   -‐'" /  /  ///// /i /l/i l
   / /    /  'i"/l/t/'ヽ l//l' /il
  /,-'"~     /   i l ゝノ ヾ リ/'/ノ リ
  /'/_ -‐/ /  /. i i      (l';;i'
     '/;;r'. /;;ノi/  ー- '/;;;;;i    ああいいな──
      i/ i//__l_`ヽ、 /;;∧;;;i
       /'"    `゙k l`゙ i ヽヽiノ     ところで唐突かも知れないんだが
    _, -'"=‐,-、、  l_l ヽヽ';;ヽ;l
   /:i;l:::::::::::ヽ;;ヽ`ヽ' l:lヽヽ `ヽ;l      刻んでもいいか?中身が気になるんだ。
   l:l;l::::::::::::::ヽ;;ヽ/::::l.:l `ヽ   ヽ 、
.   ll;l::::::::::::::::::l;;;/:::::::,:::l   ヽ、 l;;l,   苺なのか?トマトなのか?それとも脳漿なのか?
   「r'――:::::::::l/::::::::::::l:ヾ、  ヽ l;;l
  //:::ヽ::,::::::ヽ'ヽ::::::::::::ヽ::ヽヽ、  ヽl、   ……まあどれだとしても刻むんだが>ギャル夫
  //::::::::::ヽ:::::/;;;;;ヽ、:::::::::`::ヽ ヽ、 ヽ,
. /:l::::, ‐:__::ヽ/;;;;;;;;::::ヽ、:::::::l::::l-‐〉〉  /
/:::::l:::/_r"ヽ;;;`ヽ、::ヽ、::::l:::l‐'" ̄`ヽ
::://-'" _`゙ヽ-‐┌/;;;/`゙ヽl::l: : : : : :: `,」
姫路瑞希@GM 「まぁ、きりよく2時開始でもいいですが」
ギャル実 「できない夫は苦労人っつ→イメ→ジじゃね?」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /   「   \ __
 |    ( ●)(●) )( ゙ヽ
 |       | | |.(  .',   あ、もしもし
 |     __´___ノ _|.(  ..ト-a‐-a,
 |     `ー'´.(_)(.__.ノ      'a,,  俺のキャラ付しっかりしてくれませんかね?
 ヽ        }  i ̄ !       "'a,  え? 使わないからまず無理?
  ヽ     ノ /   /  _/「i__「i  .ノ  いや、そこをなんとか……あ、切られた
    /    ヽ/ /.. /      Y′」
できる夫 「できない夫くんはわりと出演数自体はマイナーな代わりに主人公格張りますよね。 いろいろと」
ギャル夫
         ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \      いや、つうか、オレッちから髪の毛とったら
              彡   〆   _ノ   ヽ_   ∨     、
             〃 ハ   ( ●) (●)Y:i|     ただのやる夫センパイじゃないっすかねっと
             イ 从§ u (__人__)  |从
            乂イ§.     `⌒´   |
              \/⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒) 
               /| / / /   (⌒)| / / /  
             /  |    (⌒)   ヽ      /
            /  l  |     /   /  )   /」
できる夫 「さて、村始まるとAAも使えなくなりますしね。主に僕のぎ両的な意味で」
やる太 「     ____
    / ノ  ヽ_\  うわぁ・・・親戚が一同に介してなにか変な感じになってるのがわかるお・・・。
  / u ● 三 ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´」
やらない夫 「                                                           / ̄ ̄\
                                                           /  ─  ─\  /⌒)
                                                          /⌒)(○)  (○ |/ /
                                                         / /   (__人__)  /
                                                        (  ヽ   ` ⌒´ /
                                                         \       /
                         ─────────────         ___ /      /
                                                    (_____    /
  ありがとう!こいつはお礼だろ!                                         \ \
                                                     /  / /    )  )
          ────────────────                              (  \
                                                     .           \_)
   / ̄ ̄\      ────────          _,,,,,-------,,,,,_      ./    ┃                     ┃
 /   _ノ  \                          _,-‐'゙^        `゙゙''-、,.., /       ┃   ┃┃         ━━ ┃
 |    ( ●)(●)                    ,/`               `'-,、      ┣━━                 ┃
 |     (__人__)                   ,,/`                    \     ┃      ━━━━       ┃
 |     ` ⌒´ノ                    ,/′                     ‘i、   ┃                 ━━┛
  |         }                / /`                           ヽ   //
  ヽ        }              /  /                              │  /
  ヽ     ノ                  l゙          1 0 0 0 t          ゙l /
  / ´   v_    ““ト⌒'y-∽∽∽∽∽∽∝                           │
  l      ` ̄ ゙゙̄″  ..,ノ          l゙                           ,l゙
  `\,,.       .,,,/゜            ゙l                           ,l゙
     ゙i ̄ ̄ ̄ ̄"゛|     彡        ゙l、                            丿
      ヽ      \                ヽ                        丿
      `!       ヽ     彡       \                        ,,i´  ────
      │     ,l゙   i              `'-,、                 ./
       |    ,l゙│   i  ──────     `''-,,_            .,,,/゛
   彡 /    /  ゙く  \             /   `゙''''ー-、,,,,,,,,,,,,,--‐'''"`
     │   r     \  ヽ           ////               ────────
     │  /         ヽ  \、      /  / /
     /  /           \  .゙ヽ
    /  /            ゙―ー'''"
   丿___)」
MegaMari 「AAがない私に隙は無かった」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}.    。
   ヽ       }     /
    ヽ     ノ    /     俺の人気が出るには
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)      やる夫はもうすでに旧時代?
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'         夜食は太る
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
できない子 「出るときは、逆にしっかりキャラつけされてるってことじゃない?>できる夫」
やらない子 「ここまでAAキャラがそろうならいっそのことAA全面許可のが面白そうですけどね」
仏蘭西人形・アム さんが幻想入りしました
やる夫 「……チラッ」
やらない夫 「まあ数的にもな。
AA使ってたらまともな進行できないだろ、常識的に考えて>できる夫>始まったら」
MegaMari 「やめてくれ!亜種の私が悲しみをだな!!wwwwwww」
やらない子
      ,⌒ハ            ,ハ⌒ 、
     ,'...::::::ヽ、,_r - -⌒`へ _,、_-_:.:::ヽ
     ノ....:::::::.ィ〃:::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ヽ`ヽ::::::::ハ
    i...:::ィ::::∧::::::::  ::´::::,::ハ:::::::::::::::::ヽ ´丶/:i
   ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::i
  ル.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/l/::::::/|  V::::::::::::丶::ヽ::リ
.  { /jYyノ::/::::イ::::/::l::::::/|/  ,.二!ニl::::::::i:::::l:::〈
   )    |/|/:::;/l;::/.::::l/    ゙二ヽ!:::::::l::::l ルリ:::、
        レ::l;::/.レl/.    '  "__ ゙l:::,:/:::l:!   ヽ)  そうなったら本気出します
            l/∧|'.  、__,./ノ レ::i::l:::l
           |:::::ハ  `ー‐‐'´  /::l::::l:/      いろんな意味で
.           |/::::.`ト、     ,..ィ:/:|::::i:|
            |:i::::::l/::r|`  ̄ ト、:/::::|::::i:|
.           |l/:l;;;l/ \  / \::ノl::.:.| ヘッヘッヘ
          レ-‐' 、r-/-v‐-、/`ヽ:;:::|
         /、     |__,イ´ヽ、_)     `ヽ
          | \n    /  |    r、./ |
.          |   r:i |/フ     r、 .∩| |フ  |
         |  .i ' .レファ   r、、ヽ!. /  .ト
.        |   /ヽ、_ノ    \_,ノ\  !
       | /、o   |  ,!..  `!  ン\ 〉
       !   `ー┬'  .,ハ  _爿'´    |
          ヽ、__,ノ  ̄     ̄  ヽ、__ノ」
姫路瑞希@GM 「いらっしゃいませ」
仏蘭西人形・アム 「よかったの間に合ったの皆様よろしくお願いしますなのぉ!><(てちてちてちてち」
博麗霊夢 「そもそもAA禁止じゃなかった?」
やる夫 「それじゃ、そろそろはじめるかおwwww

やる夫が主人公になるその日まで……3!」
霧雨魔理沙 「きた!アイドルきた!メインペットきた!これで勝つる!」
モノミ さんが幻想入りしました
ギャル実 「            ⌒ヽ     _  V⌒ヽ
         /     . : ´       `: 、 ヾ
         ,     /  /        `ヽ
          i    ./           ヾ   \
          i.     /     |!  l|  ,       !  、  l}
          i   ,'   〃 ハ リ   ト、     i  リ.  l|  >ギャル夫
          ト   {  ハ_ニ=ーハ リ \  リ /  l}   そ、そーいうのはフラグにしかなんね→し!
          i    l  l| {了:.う ヾ   =__≠リ/ ./ゝ   アタシらまで妙な法則とかできるのはマジなしでw
          i   人 从 弋ツ      {l:::゚沁八 ( て
          i     ソ       ,r - 、. ヾ-゙从. \)~
          i    f^ヽ ミ゚、  (  У   ノ ル リッ
          l}   l}  l}⌒ヽ、 _¨   イ  ::::ヾ l|ヽ
       У  l}  l}   `Xゝ、 └ 、| _::::::l} l| /ヽ
        /   l} 〈__  / / 彡≧x  ̄l} l}`ヽ レ ソl`ヽ
 .   /     /  、. "7 {! {三ミ/   ヾ:l  ∨/ /ヽ」
蒼星石 「あ、アムちゃんだ
よしなでなでしよう」
できない夫
      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |
.    |    |   |   マイナーで主役もいいんだけどなぁ……
     |   __´___  ノ
     |   `ー'´  }   もっとたくさん出たい>できる夫
     ヽ       }
      ヽ     ノ        \
      /    く  \        \
      |     \   \         \
       |    |ヽ、二⌒)、          \」
ギャル夫 「  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \   
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ   >両義さん
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|   いや、その唐突すぎるっしょおおおおお 
  レ!小§    (__人__)  | イ━  
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃  ダメっす!刻んだらだめえっすよ!!ただのグロ画像にしかなんねぇっすよ
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃ 
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/」
できる夫 「やる太くんは決してああいう人達になっちゃダメですよ?>やる太くん
君は君でショタキャラとして重要視されてますけど」
やる夫 「やる夫が主人公になるその日まで……2!」
霧雨魔理沙 「霧雨魔理沙 さんが登録情報を変更しました。」
モノミ 「うぷぷぷぷでちゅ!」
やらない夫 「遺言のみ、だな。
GMの趣味らしいからこの流れをGMがどう思ってるかは想像したくないだろ…w」
姫路瑞希@GM 「この村のローカルルール確認
『1日目投票自由』
『AAは遺言のみ可』」
やらない子 「もうアイコンあるんですか>モノミ」
キョン子 「              .____
          ノ   ̄:::::::::::::::ヽ、 __
         /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;ソ':;;;;;;ヽ
        '::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;--;;;;ヽ;;;;;;;;l
      /::::::::::::::::::::::::Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;|
      /:::::::i::::| 、:::、::::l;;;;;;;;;;;|::__ノ /;|;;;;;;;;;;|
      |:i::::::i::::| ンヾ_|::::;;;;;ト;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;|
      |/|:::::ト,|.` 了゚ ト:::::;;/ );;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;!  
       ヽ::::::ト、  ゚-'|::::::i ノ;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;i  
        1:::y     |::::/ く;;;/  l;;;;;;;;;;}
        ヾ;::ト、 っ ト:/   i_    |;;;;;;;;;!   AA村っておもしろいんだけど大変なんだよなー
         |::|  ヽ-iレ_,r' ̄ i   |;;;;;;;;|
         |ノ  ,,〃 /     ヽ   |;;;;;;;|
           イ/ニ/, - _二二ニi  ノ;;;;;;;|
          /// / //~     Y/イ;;;;;;;|
         / イ |/ //       }  i;;;;;;:|
        / ||.y //  |      /  !;;;;;;{
        /  ||_//   i   / /  |;;;;/
       「 / ̄ \_/_ /   /i  /;;/
      イ i     ヽ=イ   / ! //
      |   ヽ      ヽ   / | |/
      },   \     | / /
      ヽ_/|/\    ノ  {」
ギャル実 「ちょ、人形!
マジかわいいし!ギャル夫あれ買って!」
できない子 「合戦、ぬえ置換と」
仏蘭西人形・アム 「わーいっ♪(なでられ幸せ>蒼星石様」
やる夫 「やる太が主人公になる日? ねぇお。1!」
やる太 「     ____
    / ノ   ヽ_\
  / o゚⌒  ⌒゚o.\   きをつけますお・・・>できる夫さん
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ          ィ’」
できる夫 「あれ、もうモノミが出てきてるんですか。早いですねぇ。
声は…よこざわけい子さんあたりだと面白いですね」
できない夫
   / ̄ ̄\
  / 「  へ \
  |  (●)(●) |  開始前のお遊びだよ
.  |    |   |
.  |    __´___  |   、、  楽しもんだぜ? わりかし
  |   `ー'´  }l⌒l ノノ
.  ヽ       .}`'''|  \
   ヽ     ノ ./     \
   /    く/ /      \
   |     \ \        \
    |    |ヽ、二⌒)、      \」
やる夫 「0、開始だお!

ポチッとな」
モノミ 「私も買っていいのでちゅよ?>ギャル実ちゃん」
ギャル夫 「>ギャル実
了解っすよwwwwwちょりーっすwwww
って、なんでオレッちが買う流れになてんっすかwwwww」
ゲーム開始:2012/04/30 (Mon) 02:00:35
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1
やらない子 「えー」
リリーブラック 「えー、狼5連続です…」
やらない子 「QPになったら申告どうぞ」
リリーブラック 「しかも萌狼とか…」
ギャル夫 「あらやだ、白狼」
やらない子 「私も似たようなものです」
「◆姫路瑞希@GM 実にまともな配役ですね」
ギャル夫 「なんで、希望はあるっすよ!!!」
やらない子 「唯一の希望ですねー>ギャル夫」
リリーブラック 「じゃあ初日となり占いで囲っておきます?>ギャル夫」
ギャル夫 「というわけで、お二人には占い語りをお願いしたいっす」
やらない子 「占い日記たずさえつつーで
130で噛みますよ」
ギャル夫 「お願いするっすよ!
もう、オレッちLW路線しか勝ち目がねぇっすwww

恋人オレッちがなれるわけねっすよww」
やらない子 「あー・・・」
ギャル夫 「そんじゃ、オレッちは陰陽師日記でも書いておくっすよー」
ギャル夫 「 」
ギャル夫 「 」
やらない子 「ごめんなさい。来ました」
ギャル夫 「 」
リリーブラック 「了解ですよー!」
リリーブラック 「うわぁ…」
やらない子 「一応占い騙りの準備はしておきます」
ギャル夫 「あらま・・・、まあそのあたりは
あれでそれでってことっす!」
「◆姫路瑞希@GM というわけで、『GW中に建てる村で置換追加変動オプションのコンプリートを目指している』へのへのがGMでお送りします」
ギャル夫 「今日は2分で噛んで欲しいっす」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆姫路瑞希@GM この村のローカルルール
『1日目投票自由』
『AAは遺言のみ可』」
「◆姫路瑞希@GM 夜も禁止ですので、お願いしますね」
姫路瑞希@GM は無残な負け犬の姿で発見されました
モノミ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モノミさんの遺言     ____/7/7
   / __  マ ゝ'      _>'7   , -y-y                        r≦}  r== y
.  / /   ノ  /       r='′ 廴_ /_//_/       / ニニニ ̄ 7          /  /.r-/_-'_/
  /  `ー '  ./r─‐t  r‐‐t 7  7= i   7 r─‐t r‐‐y ./ /   /   / r─‐t r‐‐y ./  / |   |
. {___r===y  / ゝ─ ' /  / /  /   7  / ゝ─' /  / / /   /   / ゝ─' /  / /  / |   |
     /  / ___ノ  / /  / ___/   /  __,ノ  / / 廴__ノ   /  __ イ  / /  /  |  |
.    /  / ゝ─── ' ゝ─' ゝ──'  ゝ───'  ゝ──── '  ゝ───' /  /   ゝ─'
    /__/.       |  /      希 望 の 配 配 と 絶 望 の 天 人  />'´
          \__ノし//
        __)/⌒ヽ(_
          ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
         /⌒|「⌒\
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
やる夫 「おはようだお(ズズィッ」
できない子 「おはよう
村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1
共有の囁きはなかったわ
出れる役職の人はでるべきよ
何も情報がないまま進行するのは、少し怖いわ」
蒼星石 「おはよう。さあ、ゲームを始めようか
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1
……鵺なんてなかった。いいけどね、別に
さて、共有はいなさそうだしさくっとグレランしようか」
やらない子 「出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1

また極端な陣営数ですね
とりあえずCOある方はどぞ」
できる夫 「出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1

おはようございます まぁなんというか良心的な配置ですね。
狐2な時点でどうなんだって話はありますけど。そういうわけでCOされる
方はどうぞ。」
仏蘭西人形・アム 「えとえとえと、皆様おはようございますなの!(ふかぶか
それじゃ張り切って、楽しんでいくの♪

ではではCOある人はCOをお願いしますなの~」
両儀式 「──生きているのなら、神様だって殺してみせる──……
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1
比較的人外は少なめか……とは言っても QPの矢が、
村に刺されば……それほど余裕ある訳でも、無い、が……

……COする連中は……好きに、しろ」
ギャル実 「ちょり→っす!」
リリーブラック 「おはよう」
有頂天人 「おはよー」
キョン子 「今日から毎日恋人を焼吊ろうぜ?

恋人陣営がいるなら本気をだすぜ」
霧雨魔理沙 「おはようさん」
ギャル夫 「村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1

ちょりーっすwwwwおはようさんっすwwww
9吊りで6人外っすねwwww
QPのいちが正直こわいとこっすけどwwwなんとかなると信じたい素

なんかCOあるひとはよろっすよwwww」
やらない夫 「おはよーさん。
恋人で減ることを想定して8吊り6人外。
共有がいないのは不安だが、まあまともな配役だろ。」
MegaMari 「おっはよーさん」
できない夫 「出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1

おはようさん。んー、吊り8で人外が7。QPもいるんだよな
とりあえず、結構キツイぞ。役職COがあるなら頼む
っと、モノミは天人か」
やる太 「上海人形COだお!
やる太を支配してるのは

やる夫おにーちゃん・キョン子さん の2名だお!」
博麗霊夢 「出現陣営:村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1
9吊り、8人外。でいいのかしらね? まぁ、出れる人には出てもらうしかないわ。
よろしく」
ギャル実 「この吠え、ぜって→銀狼いんだろw」
やらない子 「ん。なかなかユニークな遺言
嫌いじゃないです」
やる夫 「この村の主人公は誰か……言ってみるといいお?
モノミwwwwwいきなり退場かおwwwww」
できない子 「天人がいるのね
確定村がいるおは非常に喜ばしいわ」
蒼星石 「天人かぁ
少しは楽になるかな?」
やらない夫 「んで、コレジャナイ占いのひよこCO。
やる夫♂。」
両儀式 「天人か……まあ放っておこう……
閻魔のCOが無ければ……
そんなものはいないってことだ……」
できる夫 「えーと…モノミさんがこれ天人COですか。
遺言に書かれてますね」
MegaMari 「おとと 2死体かとおもったら天人か」
リリーブラック 「ふーん、天人がいるみたいね」
やらない夫 「俺の占いじゃ吸血鬼判らないからその辺よろしく頼むだろ。」
霧雨魔理沙 「天人かーいるならいいや
村有利めかな狼多いし」
やる夫 「EXACTLY(その通りだお)>やる太

さあ……キリキリ働いてもらうお?」
できない子 「銀は初日吠え見えないはずよ?>ギャル実」
キョン子 「なぜでるし>ひよこ占い」
蒼星石 「人形の告発ね
あってるかな?」
やる夫 が「異議」を申し立てました
やらない子 「銀って初日吠えわからなかったとおもいますけど>ギャル実」
仏蘭西人形・アム 「っていきなり死体2!?
天人遺言……モノミ様、おかえりをお待ちしておりますなの~(ふかぶか」
有頂天人 「告発されてんのはさっさとCOなさいな」
やる太 「というわけでおはようだお。9吊で人外全部で8吊。支配者両名吊ってほしいところだお。」
できない夫 「ああ、そういえば人狼以外に吸血鬼居るんだよな
そして、人形COか」
霧雨魔理沙 「銀狼は初日吠え出ねえぞ」
できる夫 「銀狼は2日目から吠えが見えるようになるんですよ>ギャル美さん」
両儀式 「ちなみに 銀狼は初日は
遠吠えに変換されないので 全部狼本隊だ>ギャル実」
やる夫 「勝手に見るんじゃねぇお!?>やらない夫」
やらない夫 「いるかどうかはともかく銀狼は初日には吠え見えないぞ?
仕様的に考えて>ギャル実」
MegaMari 「銀狼は初日の吼えって勘定されたか?
狼からは見えなくなったはずだが」
リリーブラック 「一瞬占いで出たのかと思ってびっくりしたわ>やらない夫」
ギャル実 「そんな積極的に吊りで恋人殺したいの?
基本的には序盤は噛みに期待するもんじゃね?>キョン子ちゃん」
蒼星石 「いやむしろ初手で出ないひよこなんて信用できないよ>キョン子」
ギャル夫 「なんか、モノミさんがおもいっきり死んでるんっすけど?
これは天人遺言でよそさうっすねwwwちょりっすwww」
できない子 「で、上海がいて、人形遣いが2,ね
どちらか屍鬼とかじゃないかしら、これ」
やらない夫 「見なくてもお前のことくらい判るだろ…
親友的に考えて…>やる夫」
やる太 「モノミ天人把握したお。
キョン子さんとやる夫おにーちゃんはCOよろしくだおー。」
できる夫 「えーと、やる太くんが言うにはやる夫くんとキョン子さんが
人形遣いに見えるそうですが? COお願いしますね」
霧雨魔理沙 「人形かー使いはCO
ひよこは村狐なんで放置」
MegaMari 「んでもって人形遣い表記が二人とか珍しいな
確認を頼むぜ?」
できない夫 「使いの位置は2つか
そこはどうなんだい?」
キョン子 「というか吸血鬼なんですけどね!」
有頂天人 「銀狼後時で大騒ぎしちゃって全く浅ましいわねー」
博麗霊夢 「天人ねー。まぁ、真か呪殺かは5日目来ればわかるしほっときゃいいっしょ。
人形告発あるから、そこからCOよろしくーってね」
やる夫 「何だかギャル実が総ツッコミされてるお
やる太はこれ、本物の人形と見ていいと思うお」
やらない夫 「いや出ないメリットないし。>キョン子
確定村、あって雛狐だぜ?」
ギャル夫 「やべぇwwwギャル実マジドジっ子
これが最近はやりの萌え要素っすよねえwwwwちょりーっすwwwww」
リリーブラック 「人形遣い告発あるみたいね」
両儀式 「出ていい>ひよこ
どうせあって雛狐だろうし、な……
噛まれればいいさ。勝手に。ちなみに吸血鬼は見つけられないんで注意だ」
できない子 「ひよこは真でいいわ
雛狐なら初日でないでしょ」
やらない子 「それじゃやる夫さんとキョン子さんが遣いだそうで
この陣営なら結構種類ありそうですが」
やる太 「一応紅天使・屍鬼もいるけど吊り数には余裕あるんだけどお」
ギャル実 「え、マジか→w
あ、アタシは知ってたから!
アンタらをちょっと揺さぶっただけだし!」
できる夫 「まぁそこの2人COどうぞ。告発された以上COないと
吊り余裕あるんで遣いとみなして吊りますよ。」
蒼星石 「微妙な……吸血鬼吊るほど余裕あるかな?」
博麗霊夢 「ああ、屍鬼ね>キョン子」
キョン子 「なので遊びます

これから毎日恋人を焼こうぜ?」
やる夫 「というか、やる夫なんて調べてる暇があったら(ヒソヒソ
ちゃんとおにゃのこがどうなのかをチェックするべきだお」
両儀式 「……この村……
別に吸血鬼吊っても、いいんじゃ、無いのか……」
仏蘭西人形・アム 「ひよこさんと人形さんのCOはらじゃなの。
銀狼さん、初日遠吠え変換ないんですかなの…1つ賢くなったの!ありがとうございますなのぉ!」
リリーブラック 「屍鬼?>キョン子
まあ人外COなんて残す意味ないわよね」
MegaMari 「まー でもそういうギャル実は村狼っぽいなーって気はする
んでもって天人は非恋だから後から指示とってほしいところではあるわな
って護衛制限あったっけあれ」
有頂天人 「例えシキといえども容赦はしないわよ。
老若男女、容赦せず、よ。」
やらない子 「んじゃ吊りでいいんじゃないですか?>吸血鬼CO」
やらない夫 「屍鬼かよ……w>キョン子
ま、吊るか。
8吊り6人外で考えるのなら狼に噛め、は贅沢だ。」
ギャル夫 「ない夫センパイがひよこCOっすねww
いやだー、性別を判定するなんて卑猥☆」
できない夫 「ああ、吸血鬼CO?
ならそこはあんまし残したくないな」
できる夫 「フム…吸血鬼ですか。 じゃあやる夫くんのCO次第ですね。
正直吸血鬼なら放置で構わないし暗殺いたらどうぞ。」
できない子 「あら、やっぱり屍鬼混じりと
それじゃあそこは一旦放置かしらね
ひよこが占ったら蝙蝠ってでるのだったかしら?」
やる夫 「キョン子wwwww吸血鬼かお!
えーと、吊るすけどいいかお?」
MegaMari 「>量儀式
確か紅吸血姫って屍じゃね?
噛み体制……」
ギャル実 「よ、よく見抜いたな、みたいなwwwwwww
あああああアタシはあんたら試しただけだからwwwww>ギャル夫


・・・ぐす」
霧雨魔理沙 「屍鬼かー
吊り8、狼狐6恋1
ケア吊りに2のうち1を使うのはきついかー?」
ギャル実 「泣いてね→よ!
泣いてね→から!」
蒼星石 「屍鬼吊るとして、占いは吊れないわけだけどさ
占いが噛まれずに残ってくれないとあまり意味ないんだよね、役職保護系の吊りって」
リリーブラック 「やる夫の方は素の人形遣いなのかしら?発言見た感じ」
やらない夫 「やる夫……?

やらない子や仏蘭西の関係結果がまかり間違って変なことになってたら
俺はショック死しかねん。」
ギャル夫 「あ、人形出てたんんっすね
ヤルタっちの告発からやる夫さんとキョン子さんてことっすと

そんで、キョン子さんが吸血鬼CO・・ってあーた」
キョン子 「さあ、吊るならつれ

たぶんそこに人外もいるから気を付けてね!」
MegaMari 「姫になってるが変換ミスだな。
屍鬼なら吊るしかないだろ」
できない夫 「屍鬼だろう? それなら別にそこを放置位置にする必要はないかなら
吊リ余裕が0ならまだしも狼4で狐2.恋人疑いもあるなら屍鬼なんて狼も放置だ」
有頂天人 「吸血鬼のほうがPPに参加しない分蝙蝠よりまともという考え方もあるけれど」
やる夫 「人外の数を考えた場合に
そして蝙蝠ではなく、吸血鬼……つまり、勝利条件が別である以上は

吊るすお
もしも違うのなら、撤回は聞くけど」
仏蘭西人形・アム 「……吊り数的には、ものすごく吊って問題ないですね、なのw;>吸血鬼さん
1日だけ待って、何か吸血鬼さんを殺せる人の能力に期待する…という手もなくはないですが。」
霧雨魔理沙 「屍鬼信じてもあれだけど
どうせなら噛ませたいが噛まれんのかこいつ」
やらない子 「兄さんが他人の性別に色目を使う職業に就職したようです
こんな兄をもって情けない…」
できる夫 「やる太くんの事考えると無駄吊りは一回に抑えたいですね。
そういうこと考える点では吸血鬼放置のやる夫くん吊りがいいと思います。
ローラーする気でしょうけどね。」
両儀式 「老若男女容赦せず。諸行の無情は華と枯レ──
重要職の保護にも為る。
終盤でそこを吊ってる1手が致命傷になるなら
もともとこの村はそういう村だ」
蒼星石 「まあいいか
吊らないで進める進行もなさそうだし、お茶濁しておこうか」
やる太 「やる夫おにーちゃんは遣いと認めてるおねー。
個人的にはやる夫おにーちゃん吊りたいけど村の流れとしては屍鬼は吊らざるをえないかお。
吊り数としてはむしろ1余ってるけど・・・。」
博麗霊夢 「初日に出ないひよこに価値なんてないから、そこも見ておけばいいでしょ。
で、屍鬼なら吊りでいいと思う。占いは結果貯められるし、屍鬼を保護する理由もない。」
ギャル実 「見える吸血鬼って確か、噛みで復活するっしょ
そもそもこの配役なら吊ってよくね?w」
やる夫 「やらない夫、……それでもひよこ鑑定士かお!?
なんでそこで諦めるんだお、何で!!!」
できない子 「・・・
あぁ、そういえば狼5で狐2なら吊ってもいいのかしら
確定人外ではあるけれど、積極的につりにいく人外でもないのよね」
できない夫 「やる夫は普通の人形なのかもな
まあ、いちおうそこは占っておきたい位置だ。告発で二箇所当ててるやる太は村だろうな」
ギャル夫 「屍鬼 (占い結果:蝙蝠 / 霊能結果:蝙蝠) [Ver. 1.5.0 β6~]
[耐性] 人狼襲撃:死亡 + 蘇生 (40%) / 蘇生:不可 / 憑依:無効

人狼から無意識に、妖狐陣営から子狐に、人形から人形遣いに見える特殊な吸血鬼。
人狼に襲撃されて死亡した場合、一定確率 (40%) で蘇生する。

何度蘇生しても蘇生率は一定。
恋人になったら蘇生能力は無効。
人狼の襲撃以外で死亡した場合 (例:暗殺)、蘇生能力は無効。
身代わり君か、襲撃者が天狼 (完全覚醒状態) だった場合、蘇生能力は無効。

噛み耐性あるみたいっすね屍鬼さんっす」
キョン子 「どうせ吊るならやる夫を吊ればwww

RP的に考えてw」
やらない夫 「やる夫はまあ、今のところどっちでも必要もなし。
明日は何なのか言う必要はあるけどな。」
リリーブラック 「狼は4よ、細かいことだけど>できない子」
やる太 「ひよこはむしろそれこそ初日に出ないとダメすぎるお。
金狼いれば噛まれるし村目はそんときからでいいお。」
仏蘭西人形・アム 「変なこと…って、何ですか?なの(首かしげ>やらない夫様」
MegaMari 「放置したいが屍鬼なんで、無効も感でくれない可能性がある。
吼えが多いと言うことは本体が多いと言うこと
それは狼しかいない可能性もあり
なおさら騙るのが難しくなるわけだ

狼に譲歩してやるのは気分じゃないがね 仕方ない」
霧雨魔理沙 「吊りたい奴ばっかだな
やる夫でもいいけど」
できない夫 「というか……人外でも村でもお前は敵だからなぁ>屍鬼
残しておくのにそこまで意味ないというか、放置してる余裕もないというか」
両儀式 「やる太‐やる夫は……
同陣営人外/少なくともやる太は村……の、2択でいいさ……
ちなみに人狼陣営は4だ。マニアもいないので
増えてもいない」
有頂天人 「人形遣いって上位役職面視といて本当残念役職でしかないわよね」
ギャル実 「いちお、吸血鬼吊りは絶対に村を吊らないってのはあし→
噛み任せでもい→けどね別に」
やる夫 「どうせやる夫なんて確定○になって死ぬ運命だお>やる太
……村の勝利のために、堪えてくれお

やる夫だって……やる太のために、ちゃんと頑張るお」
やらない夫 「ひよこ鑑定士だからだ!
俺は…鑑定結果で「非常識」なものを見たときに耐えられるかどうかわからない……!」
やらない子 「いや噛まないでしょうに>魔理沙
噛んでも復活しますし。素直に吸血鬼COなら紅天使の目が微粒子ほどあるかもしれませんけど」
ギャル夫 「正直、へたにグレランして人外つるよか
占い師の結果を試させるためのまもりの釣り的な意味で

キョン子さんつってお問題ないっと思うんすけどね」
蒼星石 「この配役なら~っていうのはなぁ
初日が村濃厚ってことを考えると村12っていうのは見た目ほど余裕ないんだよね」
できる夫 「まぁ後で人形でやる夫くん吊るっていうならそっちのほうがいいんですよ。
いつまでも人形がそこ入れる可能性作るのを回避したいので。
COした以上人外やる夫くん噛みに行かないでしょうし」
できない子 「あ、ごめんなさい
未間違えてたわ>リリー」
やらない夫 「その……アタッチメントがだな…>仏蘭西」
両儀式 「そもそも村の方が多い村で
グレランの価値は相対的に低い」
霧雨魔理沙 「噛まないといけない状況もあるぜ>やらない子
チキンレースだけど」
博麗霊夢 「つーか、狼がわざわざ噛むところでもないじゃん?>屍鬼
グレランで村吊れるよりはよほどいいもの。屍鬼はどう転んでも村ではないのだから」
MegaMari 「ま、雛はかまれてくれとしかいいようがないな。
金系はあったら嬉しいが 蝙蝠もいないわけだしよ」
やる夫 「やる太が騙りの可能性は、ゼロだお
よってそこは覚えておいてくれお、これがやる夫の情報

……まぁ、キョン子の行動を見てもやる太を疑う理由はねぇお」
できる夫 「ひよこは雛見ても放置ですよ 判ってるでしょ。」
霧雨魔理沙 「復活したら吊るってことも」
キョン子 「それではこれから毎日村を焼こうぜ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆姫路瑞希@GM 例によって、投票時間は延長しませんので、各自でしっかり確認してくださいね」
2 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 →キョン子
ギャル実0 票投票先 →キョン子
やらない夫0 票投票先 →キョン子
霧雨魔理沙0 票投票先 →キョン子
リリーブラック0 票投票先 →キョン子
できる夫0 票投票先 →やる夫
キョン子15 票投票先 →やる夫
両儀式0 票投票先 →キョン子
できない子0 票投票先 →キョン子
ギャル夫0 票投票先 →キョン子
MegaMari0 票投票先 →キョン子
やらない子0 票投票先 →キョン子
できない夫0 票投票先 →キョン子
博麗霊夢1 票投票先 →キョン子
有頂天人0 票投票先 →博麗霊夢
蒼星石0 票投票先 →キョン子
やる太0 票投票先 →キョン子
仏蘭西人形・アム0 票投票先 →キョン子
キョン子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない子 「銀がいるならまだ救われるんですけどねぇ」
やらない子 「ああ、あと私わりとすぐ死ねます」
ギャル夫 「今日はやる夫センパイ噛みでFAでよろしいっすかね?
かなり露骨な噛みになるっすけど」
リリーブラック 「さーて、やる夫を傀儡師見て噛むかどうか?
白狼生かすなら噛まなくっていいけどやらない子は噛みたい?」
やらない子 「恋人はもう名前が上がりました」
リリーブラック 「もしかして>やる夫?」
ギャル夫 「・・・え?まじで?>ない子さん
やる夫センパイ?」
やらない子 「そこ噛むと真遣いじゃない限り私が死にますよ」
リリーブラック 「うん、放置でいいわよね>ギャル夫」
「◆姫路瑞希@GM はい、なんでしょう?>該当者」
ギャル夫 「>ない子さん
いや、まあオレッち達が見えてないから
やる夫センパイ真使いだと思うっすよ?」
やらない子 「まあ放置したら放置したで死ねますけどね・・・」
リリーブラック 「この狼数じゃもう人外どうし連合組むしか無いというかw」
やらない子 「遣いなら身代わり発生で噛みでも生きてます
傀儡なら?ああうん・・・」
リリーブラック 「傀儡師の可能性>ギャル夫
その場合普通に噛める」
ギャル夫 「>リリブラさん
まあ、そのそれじゃあ噛み先はリリブラさん任せるっす
3日目あたりにはでてもいいっすからね」
リリーブラック 「了解、グレー噛むわ」
ギャル夫 「まあ、オレッちが毒噛むとあれなんで
後はまかせるっす」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆姫路瑞希@GM ・・・それは、昼の間に本人から聞いてくださいね>該当者」
できない夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョン子さんの遺言         ィ  r-_、
       〈(厂/:.:.:.:.:.>- 、
      / ̄!:.:.:.ヽー--:.:、:.:.`ー- 、
    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:` 、
   / :. /:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.':.ヽ:.:.   \:.:.:.:.:.:.:.`ー- ._
 /イ/:.:.:.{:.:.:.ハ|:.:.:.:.:|、:.ト、ヽ:.:.',:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-- _        })
///:.:.:.:.:ハ:.:.l. '. :.:. | ヽ} \!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄二ニ=="
/ ./}!:.:.|:.:Lイ┼  ヽ:.:| ー- 」ヽ|:.:.:.:.:.:.\ヽー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   `丶
 /ハ!:.:.|:.:! `!   ヽ|     }ハ:.:.:.:.:.ヽ「`ヽ    ` ‐- .:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 { |:.:.:.!:.!x==ミ    x==ミ |:.|!:.:.:.:.:.:'.   }         `丶:.:.:.:.:.:.:.ヽ   これから毎日恋人を焼こうぜ!
 | |:.:.:.ヽ!     ,        !:.リハ!:.:.:.|              丶:.:.:.:.:.'.
   |ハ:.:.:.' ' ' '      ' ' ' ' /}/  |!:.:.:|                ヽ:.:.:.|    
   | !:.:.L.  ヽ二ア  / }   |:.:.:.:|                 }:.:.:.|
    ヽ:.:.ヽ`丶.._ . イ   ,/  |:.:/                 .|:.:./
   ___>:.:.V}     .|ヽ__   |:./                  |:/
  /{   \V.     `!    lヽ |/                 /
 ハ ヽ.    `ト   -‐ |    ! ハ{                /
 |::::ヽ ヽ    L_ --- _!   l ,::::}!
  '.:::::ヽ ヽ.   '.====リ   l ,::::/ `ヽ
  ',:::::::ヽ ヽ   '.    {    !,::::ハ  ./
   }:::::::::ヽ ヽ  }    !   //::::/ /
   |:::::::::::::ヽ ヽ |   /  .//::::/-'
   ヽ:::::::::::::ヽ ヽ | n!/  //::::/
    ヽ:::::::::::::ヽヽ!.h/,//::::::ハ
    }':::::::::::::r、} .|//::::::::::::::l:::|
    ,ハ:::::::::::<tへ|く__j:::::::::::::::!:::!
    |:::|::::::::::::`ーァ<二}:::::::::::!::::ヽ
   <::/:::::::::::::::::ヽV.X__:::::::::::|:::::::::ヽ        _
    /::ヽ::::::::::::::::::::ヽ!:::::::ヽ::::/:::::::::::::「 ̄ ̄`:<二:.ヽ `ヽ
  ./::::::::}::::::::::::::::::::::|:::::::::::: /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ ヽ
できない夫さんの遺言 できない占いCOだよ

初日 やる夫○

理由 初日なら同郷の仲間を占ってやるか……
ま、他にもいろいろいるけどこいつの村だからな
占っておいてやろうか

2日目 霧雨魔理沙

理由 まあ、いちおう理由として屍鬼吊りに渋っていた位置
村の動きと別のことをするっていうのはなんか目立ちたがる位置だ
できる夫はやけにやる夫吊りに積極的でやる太まで人外の可能性を
広げている。臭いから放置だ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
有頂天人 「おはよー」
博麗霊夢 「◇有頂天人(78)  「例えシキといえども容赦はしないわよ。
老若男女、容赦せず、よ。」

これ言ってて私投票するんだ? みたいな>有頂天人」
ギャル夫 「ちょりーっすwwwwww
2当ててるやる太っちは割りと真とみておきたい位置っすねwww
ギャル実がまじ超勘違いしててwかわいかったんっすけどまじぱねぇっすww

割りと提案的に
できない夫センパイ、両義さんの発言がこのみーなんで
そこは残しつつってところっすかね今オレッちにいえるのw」
リリーブラック 「おはよう」
両儀式 「しっきー知ってるよ
やる夫視点ではやる太は真だろうけど
別に村視点ではそこ2人同陣営人外かやる太が人形系かの
2つに1つだって。

……COする連中はさっさと、な……」
蒼星石 「おはよう
昨日のログは半分ぐらいギャル実への突っ込みだったから
あまり読み返す価値はなさそうだね
それはそれとしてCOある人がいたらよろしく」
ギャル実 「ちょり→っす!」
やらない夫 「おはよーさん。有頂天人♀。
見た目的に性別判らないところからだな(キリッ」
仏蘭西人形・アム 「えとえとえと、皆様おはようございますなの!
ではではCOある人はCOを、COした人は今日の結果をお願いしますなの♪

みゅ……ねえねえやらない夫様、あ たっちめんと?ってなんですか?なの。えいってタッチする人のことですか?なの。
夜にGM様に聞いたけど答えてくれなかったの~(てちてち、くいくい」
やらない子 「おはようございます
COお願いしますね。常識的に考えて」
霧雨魔理沙 「おはようさん」
できる夫 「さて、おはようございます。
今日は何か起こったりしてますかね? 天人は帰るの
普通に5日目でしょうし」
MegaMari 「おはよーさんっと」
やる太 「おはようだおー。
やる夫おにーちゃん覚悟するおー!」
できない子 「おはよう
COできる人はするといいわ」
やる夫 「……すまねぇお、キョン子
許せお……」
リリーブラック 「…いきなり占い遺言って」
やらない子 「いやらしい・・・>女性を調べる」
蒼星石 「……占い遺言かぁ
きついな」
ギャル実 「占いCOが死んでんね・・・」
両儀式 「……この村……
性別分からない場所無いよなあ……
性別騙りでも無ければ」
やらない夫 「なんかとってもあれな遺言。
できない夫は俺自身気になってはいたんだがなあ。ふむ。

ともかくやる夫、CO。」
有頂天人 が「異議」を申し立てました
できない子 「占い師COが死体と・・・
噛まれた、でいいのかしらね」
霧雨魔理沙 「占い噛まれェ・・・」
MegaMari 「占い師表記噛みか まったく持って面倒だな
其処言論もしっかりしてたし 損ってイメージがでっかいぜ」
蒼星石 「やる夫は遣いじゃないの?>やらない夫」
できる夫 「うっわ…占い噛まれてますね。
やる夫くん○。 そこ人形遣いだとどのみち
吊る可能性が出てくるってのが情報無いって意味で無駄っぽいですね。」
ギャル実 「で、天子ちゃんはその投票
何かCOあんの?」
仏蘭西人形・アム 「……遺言をとってもとーっても見なかった事にしたいのorz」
有頂天人 「正直気分だけどね>性別」
やる太 「って言いたいけど信用できる占い師がやる夫おにーちゃんに○出してるなら遣い真で指定役になれるんだお。
やる太は人形だからそれこそ狐疑いもされるし。」
MegaMari 「あれか、謙虚な天人疑惑かwwwwwww>雛」
やらない子 「噛まれ占い遺言ですか
占い先がやる夫さんってあんま美味しくない」
やらない夫 「ごごごご誤解だろ!
俺は仕事を着実に果たしているだけであってそこに邪な気持ちはちょっとしかない!>やらない子」
両儀式 「占い遺言……真夢はまあともかく
やる夫○か。人形遣い/傀儡COの筈の位置だが……
あ、後なんとか人形 和蘭だったか」
リリーブラック 「まあ村の人数多いし、そもそも真占いと決まったわけでもないし」
霧雨魔理沙 「人外遺言があったが人外COしてたや
てかやる夫はCOしてねえし」
博麗霊夢 「ちなみに、熱病みたいな目に見えてるのはついてないよ」
できない子 「占い先はやる夫○なのね
一応、真想定してそこは放置でいいんじゃないかしらね」
ギャル夫 「できない夫センパイ

いや、まじっすか・・・そのえっと
この結果ならやる夫センパイはとりあえず残しつつでいいっすかね?

夢の可能性もあるっすけどっすw」
やる夫 「できる夫、何か言いたいことはあるかお?

やる夫が傀儡師の可能性とか、その辺りも無視して昨日の発言をしているなら
それはそれで見逃せないお」
ギャル実 「100%噛まれじゃないかもしれないけど→
ほぼ噛まれと見ていいんじゃん?」
有頂天人 「んなの投票によって起因される能力者だからに決まってるでしょ
一々聞かないでよね、話すことないからって>ギャル実」
できる夫 「あぁ、そういえば天人さんだけ票がかなり別ですよね。
なんかあるんですかね。」
MegaMari 「気分なのか、そうなのか。
まぁ 雛からみはほどほどに。

天子は理由あれば忌諱はしたいが任せるぜ
情報になるってだけだしな」
蒼星石 「とりあえず他に占いが生きていることを祈りつつグレランかな」
やる夫 「とりあえず、じゃないお>ギャル夫
残すんだお、夢の可能性?

そんなもん、犬にでも食わせちまえお」
ギャル実 「まあ、やる夫○ならある程度残していいっしょ
潜伏してたっつっても、噛まれてるっぽいしね」
リリーブラック 「まあやる夫は吊らなくっていいんじゃないかな?
やるたには悪いけど」
霧雨魔理沙 「COっつーか使いあってるのかどうか
まーここまで静かなあたり今更対立だーっつっても切るぜ」
両儀式 「まあ 遣いはいったん放置でいいんじゃないのか……?
GJが出るような位置もほとんど存在せずな状況で
単独死体であるんなら。

憑狼も無いしな……天人いるから」
やらない夫 「遣いとして見えることは言ってるけど、傀儡師かどうかは言ってないからな。
傀儡師COでないなら吊って進む以外にない>蒼星石」
やらない子 「というか投票に関してなんてあえて触れるようなところではないと思うんですが
なんだか過剰に反応するときとそうでない時の差が大きい感じです」
やる太 「ん、できない夫さんが噛まれで占い遺言かお・・・。
これは信用していいところかどうか・・。仮に憑狼ならそうやってやる夫おにーちゃんを信用させられる可能性はあるお」
やらない夫 「ってああ。なるほど?>できない夫のやる夫○」
仏蘭西人形・アム 「それ何かが違うのー!?Σ>MegaMari様
まあ、何はともあれグレランですよね、なの。」
MegaMari 「やる夫は人形遣いCOも当然だと思ったが
傀儡師を否定するわけでもないのか。

遣いだった際の評価は下げるが問題ないな?>やる夫」
できない子 「あって逆銃殺とかよね
となると、魔理沙が怪しいわけだけど
そういった疑いも今はなんともいえないわ>ギャル実」
両儀式 「完全に詰めば やる夫吊りしてる暇もあるかもしれんから……ま、頑張れ>やる太」
リリーブラック 「アオォーン・・・」
やる夫 「……既に真占い師が死んでいる可能性もありえるお
最悪を想定するんだお、蒼星石

期待するだけならタダだお、だけど期待する意味はねぇお」
やる太 「あ、憑依は無いおね。天人いるし。やる太はやとちりしちゃったお」
リリーブラック 「占いCO ギャル夫○>MegaMari○」
蒼星石 「傀儡師あるかもって思って狼が噛んでくれたらそれはそれでおいしいんじゃない?>やらない夫」
ギャル実 「何?謙虚な天人?
わけわかんね、どういうこと?」
霧雨魔理沙 「やる夫とやる太が間際らしい!
よく見たら噛まれ占いから○出てるから放置でいいぜ」
有頂天人 「霊夢に熱病突いてるかどうか聞くとかならまだしも。」
できる夫 「んーやる夫くんは昨日の発言回し的に真人形遣いだとは思うんですけどね。
吊られるのもありって言ってますし流石に人外ならあそこで傀儡COしてる場面でしょうし」
博麗霊夢 「遺言の○ならやる夫は吊る位置じゃないし。噛まれるの待ってなさいって感じ?」
やらない子 「ああ、じゃあCO聞きましょうか>リリー」
ギャル夫 「まじっすか?いや、その>やる夫センパイ
あと、傀儡師じゃないっすよねっす?」
やらない夫 「んー、じゃあまあどうしようもねえなあ。
グレランやるか。
一回グレランやっておくと、後々投票から見えるもんもあるだろ。」
霧雨魔理沙 「萌占いェ・・・」
博麗霊夢 「◇リリーブラック 「アオォーン・・・」」
蒼星石 「……萌えたね」
ギャル夫 「◇リリーブラック 「アオォーン・・・」」
リリーブラック 「リリブラ占い日記

うーん、占いとは責任重大ね…
まあ初日出し隣占いでいいとは思うんだけど
…右はなんかロリコンっぽいオーラ出してるし
下占いにしておくわ。
初日:ギャル夫○

うーん、人形ラインは放置で
グレー占いでいいわよね
銀狼かなりきにしてたMegaMariがどうかしら?
2日目:MegaMari○●」
やる夫 「ハッ、それをやる夫が危惧する必要があるとでも?>MegaMari
やる夫を……誰だと思ってるんだお?」
できる夫 「リリブラ萌えて即占い師CO 萌え占い主張ですね。」
やる太 「即座の占いCOだおね。萌え占いと。」
両儀式 「憑狼は無い。天人がいる>やる太

真だろうと偽だろうと 瞬間的に分かるような相手が存在する以上。
少なくとも恐れる相手ではない」
MegaMari 「謙虚な天人ってのはいわゆるブロん子だ。
つまりブロん子は後はわかるな?>仏蘭西」
博麗霊夢 「即結果出せるならいいんじゃないかな。」
リリーブラック 「なんで! 萌なのよ!」
ギャル実 「へー、萌えから鮮やかなCOだ
まあ、残しでいいんじゃないかな→、的な」
仏蘭西人形・アム 「りりくろ様……w;
占いさんCOですね、ひとまず了解なの。」
やらない夫 「紅狼だったらいつまで残すか具体的に言ってみ?>蒼星石

で、リリブラはひとまず放置と。」
有頂天人 「今時萌え占いを主張する女の人って…」
やる夫 「リリーの理由をちょいと拝見しておくかお
……ふむ」
できない子 「萌え占い師COね・・・
うーん、結果は特にみるべきものはなし
まぁ様子見かしらね」
両儀式 「そして 萌主張……要は真結果主張。
ならそこ全部放置して灰を吊ればいい」
ギャル夫 「ものすげぇ、萌えてからの反応が
速いっすけど、まあとりあえず残しっす」
やらない子 「萌えるなら即釣りしなくても
真狼狐目。狐目見るケースしか即釣りする気ないですし」
蒼星石 「日記出すまでの反応が早すぎて自分が萌えること自覚してたみたいに見える
っというのは穿ちすぎ?」
博麗霊夢 「どんまい>リリブラ」
MegaMari 「どうしてでたんだと思ったが萌え占い師主張なのか
まー 5日目までに銃殺しやがれ というしかないな」
やる太 「うん、そうだったお。だからできない夫おにーちゃんは信用できる占いかただの狂Qメってなるかおね>式さん」
霧雨魔理沙 「占いだし今は放置して噛まれとか発言とか理由とかで判別つければいいぜ
グレラン」
やらない夫 「反応が早いのはまあ、いいことでもあるが
早すぎるのもまあなんか。
見ておくかでいいんだが。」
やる夫 「理由は破綻しているわけじゃねぇけど、2日目の理由が寂しいかお
……ま、今の時点では見逃すかお」
両儀式 「まあ……占い表記なら 即座にCOできるように
占い日誌は作っているだろうさ。
真だろうが 萌系人外だろうがな。
情報は結果として増える」
できない子 「まぁ、悪くないんじゃなかしら、そういう考えは好きよ>蒼星石」
仏蘭西人形・アム 「そこは前向きに考えるの!夢じゃ絶対にないのりりくろ様!
……萌え発言で真夢鑑定分かったときって、悲しいんですよね、なの^^;」
博麗霊夢 「占いCOできるように準備してる、なら真萌に見えることもあるけど>蒼星石
そういう見方もあるのねー」
できる夫 「どうしますこれ? 最初の状況的に狼が
そこまで多くない。 まぁ僕としては全部放置して
その占い結果すらもですね。 怪しいところ吊りに行けばいいと思います。
放置するのは人形COの方とその萌え占い師ですかね。」
MegaMari 「>蒼星石
どこぞに「あっちゃー!?」って呟いて
うっかりCO氏忘れた前例さんがいるらしいからな

最近の風潮として警戒はありえなくも無い」
やらない子 「その辺は噛まれるかどうか出みればいいですよ>蒼星石」
有頂天人 「はっきり言ってどこに恥じる要素もないわ。」
ギャル夫 「とりあえず、できる夫さんの○は放置しつつ
グレランで噛まれをみるっすよっす」
両儀式 「別にギャル夫-Megamariは吊りたい位置でも無し」
やらない夫 「ぶっちゃけてやる夫恋人の、できない夫QPじゃねーのかなーって思ってんだよな。
どうせ「絶対に吊らない」位置に入ってるからやる夫に関しては狼なんとかしろよってとこ。」
ギャル実 「初手はギャル夫占いか
不自然で引っかかるね」
霧雨魔理沙 「めがまりって銀狼しつこく気にしてなかったと思うが」
リリーブラック 「一応占いだし自分の発言は見るようにしてるから…>反応早かったの」
できる夫 「とにかく状況的にグレラン一択ですね。」
MegaMari 「銀狼気にしてたつもりはないんだがな……(ぽりぽり
まぁ理由だけで疑うこともないか。
ギャル尾を信じるか否かの問題だしな」
できない子 「まぁ、グレラン」
やらない夫 「ん、そう言う見方はいいな>両義」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
ギャル実3 票投票先 →やる太
やらない夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
霧雨魔理沙3 票投票先 →できる夫
リリーブラック0 票投票先 →ギャル実
できる夫1 票投票先 →有頂天人
両儀式1 票投票先 →ギャル実
できない子1 票投票先 →仏蘭西人形・アム
ギャル夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
MegaMari0 票投票先 →できない子
やらない子1 票投票先 →蒼星石
博麗霊夢1 票投票先 →やらない子
有頂天人1 票投票先 →蒼星石
蒼星石2 票投票先 →ギャル実
やる太1 票投票先 →博麗霊夢
仏蘭西人形・アム1 票投票先 →両儀式
3 日目 (2 回目)
やる夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
ギャル実4 票投票先 →霧雨魔理沙
やらない夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
霧雨魔理沙4 票投票先 →ギャル実
リリーブラック0 票投票先 →ギャル実
できる夫0 票投票先 →有頂天人
両儀式1 票投票先 →ギャル実
できない子2 票投票先 →仏蘭西人形・アム
ギャル夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
MegaMari0 票投票先 →できない子
やらない子1 票投票先 →蒼星石
博麗霊夢1 票投票先 →やらない子
有頂天人1 票投票先 →できない子
蒼星石1 票投票先 →ギャル実
やる太0 票投票先 →博麗霊夢
仏蘭西人形・アム1 票投票先 →両儀式
3 日目 (3 回目)
やる夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
ギャル実3 票投票先 →霧雨魔理沙
やらない夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
霧雨魔理沙7 票投票先 →ギャル実
リリーブラック0 票投票先 →ギャル実
できる夫0 票投票先 →有頂天人
両儀式1 票投票先 →ギャル実
できない子2 票投票先 →仏蘭西人形・アム
ギャル夫0 票投票先 →霧雨魔理沙
MegaMari0 票投票先 →できない子
やらない子0 票投票先 →蒼星石
博麗霊夢0 票投票先 →霧雨魔理沙
有頂天人1 票投票先 →できない子
蒼星石1 票投票先 →霧雨魔理沙
やる太0 票投票先 →霧雨魔理沙
仏蘭西人形・アム1 票投票先 →両儀式
霧雨魔理沙 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
有頂天人 は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない子 「毒と」
リリーブラック 「魔理沙が毒で吊り逃れ?
狐かしら?」
ギャル夫 「毒っすねーっす」
やらない子 「初手囲いは露骨すぎると思うのですー><」
ギャル夫 「吊りで毒処理できたのはでけぇっすねまじで」
リリーブラック 「たぶんできない夫QPよねあれ」
ギャル夫 「いいっすよ、萌え占い主張なら逆に
囲わないだろう理論おせるっすし」
ギャル夫 「多分、ものすげぇQPっぽくはあるっすねっす」
やらない子 「まあそんな予感しか>できない夫QP」
リリーブラック 「噛みたいところあるかしら?」
やらない子 「蒼あたりが人外目って予想」
ギャル夫 「えーと、明日はリリブラさん●出しよろっす!」
リリーブラック 「じゃあ蒼に●出す?」
ギャル夫 「どこでもいいっすよっす!吊れそうなところでも
問題にいっす」
ギャル夫 「噛みはものすげぇやる夫センパイ噛みたいwwww
人形対策てきな意味でっすwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆姫路瑞希@GM ・・・きっといつか答えてくれると思います>該当者」
両儀式 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
両儀式さんの遺言
     /    / /       ,、ヘ  i ヽヽ
     i    /i  i  l     lヽ/ヽ ヽ ヽヽ、
    i    / i  i   l  l  l l    i i i,iヽi
.   i   / i  i  i  i  i l    i i i il
   i  /   i  /i  i  i   i i i  '"リtl/ l
   i   /    i / ヽli  /l /'"   イ;d l  i    しっきー知ってるよ
  / /l    i'    i / ,-‐r‐    ヽ、i  i
 // / i   ∧    l<ヽ;;d      ' 〉i i   しっきーは占い表記で
./'"l /i i   i r'l    l l        _ /l lヽi   真か萌っぽいって。
.  l i i  i  i lヽl   ll l       ' / l l
.  レl N l   l l  i   iヽiヽ 、____ /_〈l /   やらない夫○>蒼星石○>やらない子
    ヽl、 lレ'/"~lノ,      /  ヽ,,l/
        /    `゙゛‐- 、 l-、  ゙ヽ、
        〉-―-、      >ヽヽy‐、___i
     /";;;r‐r 、ゝ`ヽ、  il ̄l l::::::::ヽ
    /;;;;;;;;;;/;/:::::::::::::l;;;l;ヽ、 /l::::;;lヽi`゙゛ヽヽ

魔眼占い記録

初日:やらない夫  結果:○
2日目:蒼星石   結果:○
3日目:やらない子 結果:

初日:やらない夫 結果:○
理由
初日だ。適当以上の何物でもない……
強いて言えば。白長くてお得そうだから、か……
雪見大福もあれぐらい大きければ……
食いでがあっただろうに、な……

2日目:蒼星石 結果:○
理由
まあ真結果だろう。ひよこ鑑定CO者であれば。
……そしてその上で発言を見るのであれば。
【重要職】、というよりも占いを意識しすぎているここでいい。
ひよこ関連の発言も込でな

3日目:やらない子 結果:
理由
……ふむ 萌占い主張か……
微妙なラインだな。即噛まれるなら真でいいと思うが
そうでない場合は萌え系人外も普通に見る事が出来る。

……まあ、噛まれるかどうか見れば、いい、か……
オレはどう見ても真結果引いてるし……
リリーが偽としても、延々死ななければ結果破棄は可能。
吊られない位置を占えばいいか……この場合……
やらない子、に、するか……?
霧雨魔理沙さんの遺言 やあ (´・ω・`)

ようこそ、霧雨魔法店へ。
この毒はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。


うん、「また」なんだ。済まない。


仏の顔も三度って言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。


でも、私を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「人外っぽさ」みたいなものを感じてくれたと思う。
混沌とした鍋の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、目立つようにしていたんだ。

じゃあ、遺言を聞こうか。
有頂天人さんの遺言 毒能力者に投票すると死んでしまう人CO
ちなみに判定は処刑対象が決定された後ね。

二日目:博麗霊夢
三日目:できない子
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
やる夫 「○の発言は見てきたけど、ちょいとわかんねぇかお
ギャル夫については『やる太を疑う理由は無い』ってことを覚えておけお
MegaMariは……なーんだお、ぜってー何かありそうだけど
少なくとも、ニートってことはねぇお? 期待しているお」
蒼星石 「おはよう
毒が飛んだか……勿体ないけどあの調子だと噛まれないよね
ギャル実初手でやる太に投票してる辺りなぁ……
まあいいや、吊り逃れした以上はCOしてね」
博麗霊夢 「霊能CO キョン子(蝙蝠)>霧雨魔理沙●」
できない子 「蒼星石、霊夢、やる太が三回目で票を変えたわね
両者とも吊りのがれしていたのだけれど、投票理由きかせてもらえるのかしらね?
後、どちらにしてもギャル実はCOしておくべきな位置かしら」
仏蘭西人形・アム 「えとえとえと、皆様おはようございますなの!><
そしてお仕事の時間なの、『探知師』さんをCOするの♪

生存者様のサブ役職総数は2個なの!



いまのとこ……初期陣営数から、これで6以上が出たらボクはキョン子様の吸血鬼COは偽と断定する…位かなぁ?なの。」
ギャル夫 「ちょりーっすwwww
魔理沙さんがこれは毒持ちでいいっすね
天人さが飛んでるっすけど

正直、毒でその票変えって、まあワンちゃんで噛まれる可能性があるっすかね?」
やらない子 「おはようございます
COお願いしますね」
やらない夫 「おはようさん。蒼星石♀。」
リリーブラック 「占いCO 蒼星石○」
MegaMari 「そもそもなんで魔理沙もギャル実も……
もっと発言薄いやついたよなぁと」
やる夫 「この村、どんだけ占い遺言が出るんだお……?」
蒼星石 が「異議」を申し立てました
やる太 「おはよーですお。毒吊になってるおね」
できない子 「また占い師遺言・・・」
リリーブラック 「毒で吊り逃れの魔理沙は多分人外よね
毒狼ならいいけど狐だと証明機会が…
占い先は蒼星石、ここで私疑い大きく言ってるのが
後々私吊るための伏線かなって。」
やらない夫 「蒼星石ならついててもOKだったがなによりだ。」
できる夫 「おはようございます。 ギャル美さん投票者は
ギャル美さん真萌なら狼狐の割合 偽なら村狐って感じですかね。
投票の感じは。自分の仲間じゃない萌えたところなら吊りたいでしょうしね。」
博麗霊夢 「魔理沙は、真毒か毒狼。管狐はないね」
やらない子 「占い遺言
そして魔理沙のこれ何かしら」
やる太 「そしてまた占い遺言が出てるお・・・。」
やる夫 「魔理沙が●、かお>霊夢
霊夢が夢の場合でも蝙蝠結果は出る、ってことはまだ真夢判定できてないかお」
できない子 「サブがあるのね?
吸血鬼以外だと、なにがでてるのかしら?>アム」
MegaMari 「連続で占い表記が死んだか。
なんかめんどくさいなぁ 狂人が混じってる感じか?」
蒼星石 「探知師ね
恋人がふつうにいるってこと」
できる夫 「ふむ…人馬? 人馬がなぜそういう投票を…毒探しで死ぬ余裕があったかどうかが面倒ですね。」
ギャル実 「あ→潜れないなもう
占いCO
ギャル夫村人 できる夫村人 両儀式村人」
仏蘭西人形・アム 「…2個?
キョン子様真吸血鬼さんで、恋人さんは恋人サブ2つだけ…かな?なの。」
リリーブラック 「私噛まないのね… 後悔させてやるわ…」
ギャル夫 「>仏蘭西人形・アムちゃん
うーん、探知師COならば
まあ、その2個恋人ってところっすかねありえるのならば

吸血鬼が生存なら増えてるっすしね」
やらない子 「吸血鬼が1で初手死んだ以上恋人っぽいですかね>仏蘭西」
やる夫 「魔理沙のこれは、毒遺言で間違いねぇお>やらない子
どっちの毒か、は保留でいいお」
博麗霊夢 「そうね、真夢はまだ不明>やる夫」
やる太 「探知師。恋人っぽいおね。
共感とかはないから普通にQPかお?」
蒼星石 「なんか僕白いなぁ……別にいいけど」
できる夫 「いや、遺言的にこれできない子さん毒持ちなんじゃないですか?」
やらない夫 「やったらおっそいけど占いCOねえ。>ギャル実」
MegaMari 「霊夢は霊能者だが真夢はわからないな。
今後分かればいいんだが 霊能者が分かるかどうかは厳しいところだ。


んでもってギャル実は占い師かよ
やっぱりお前らどうして吊り候補にあがったし。
てっきり天人かない子がつれると(脳内では)思ってたんだが」
リリーブラック 「霊夢が真なら魔理沙毒狼ね
夢霊能で蝙蝠結果出たっけ?」
ギャル実 「             / ̄ ̄>==ニ二 ̄二> 、___
           //  / , -‐ ´ ̄``´ヽ ̄`ヽ\  }ヽ
             / /  ,、 ./         ヽ   、 \ .}  \
         /  ,'  {/       /    ヽ  ヽ  ヽ   i
         l  {   /       ´      `   ヽ}   ヽ .l
         |  ' ./  l   ,    /           リ   ヽ |
         |   /   {  イ  /| ./ ./   / イ } /      Y
         |  {  ,'  l  ハ , .| { ./  / /}  /  ,   '}   アタシら乙女は
         |  ! { l  , {‐ヽ{‐-|/  //./ナ‐ト:イ//   イ|  占いとか大好きなわけよ?
         |  'ヘハレヘイ |ィ千以} / / ' ィ千ミ ,//,イ  , /.l  だからアタシの占いは絶対、みたいな?
         |   ハヘイ、ヾf ト.r':ソ       {r'::ソ`} // }, イ / │
         |   , ヾ(⊂⊃ ̄    ,    ̄⊂⊃ヽ. レ′ |
         |   /    l〈〉ハ   、_ _,    ノ〈〉 i  !ヽ  ┃
         |  ./     .| /,へ、     , イ   | }  | \  |
         | /      | /{  | `ぅ :.‐ ' {、r‐ュ_.|.-}  |   \l
         | '   ,   .l { l/{i'      } ヽ ヾ /}  !,、  |
         |   /  _ィ \{ ヽヽ    / / _//  | }  ヽ
         |  /  , ' |ヽ、\ \ヽ_  / / \__/ ヽ_   ヽ
         | /  {  l   ̄ ̄| \ <> /  __ノ )</}    \
        /     |  ハ―<二  ヽ //ヽ|__  | ヽ/}    \
        /     r !r/  ヽ__/‐―Y/   -= ̄  }∧\     \

1夜 ギャル夫マジ村人!
まずはツルんでるギャル夫から占っておくし→!
もし裏切ってたらマジ怒るし、的な?

2夜 できる夫マジ村人!
マジはずかしいwwwww銀の吠え1夜は見えね→のかwwwwwww
と、とりあえず票が浮いてるところから調べるし!
完グレ投票の天子ちゃんはともかく、できる夫はやる夫投票・・・
まあ言いたいことはわかるけどさ→、急いで吊るべき場所でもね→っしょ?

3夜 両儀式マジ
やべ→りりくろちゃん騙りでもギャル夫囲い無いよって出るか迷ってたら
バリ発言落ちまくったし!これは仕方ない、明日COしよう!
占い先は、グレーで投票からあたし狙ったところにしとこっか
魔理沙ちゃん毒で吊り逃れしてるなら、アタシ投票者を疑うべき!」
できる夫 「あっと、すいません。昨日萌えたのはギャル美さんでなくリリブラさんでしたね
間違えてました。」
できない子 「有頂天は、人馬COなのかしら?
まぁ、ここは毒があたったところだからなんとも
魔理沙は・・・なんなのかしらね?
あの人はいつも遺言で遊んでるから、判断に困るわ」
やらない夫 「AA遺言のみなー。>ギャル実」
ギャル夫 「うーん?両義さんが
噛まれっすね、わりと発言位置からはそこ信頼度
高いだけに噛まれたのがいたいっす」
やる夫 「OK、賢明だお>ギャル実
昨日のやる太投票はちとマイナスだったお、でもこれなら残すお」
やらない子 「占い2つめ
んでリリーは噛まれないと」
蒼星石 「んー
一応できない子にCO聞くべき?」
仏蘭西人形・アム 「恋人陣営1ですから、素直に考えると『恋人』2だと思うの>できない子様
ものすごくレアケースで、初日QP系の吸血鬼生存。

…でも、正直CO状況と騙りが出来る人数的に捨てていい。」
ギャル夫 「ちょりっすwwwwオレッちが人外なわけないっすよwww>ギャル実」
やる太 「有頂天人ができない子さんに投票してるからそれで人馬った可能性も捨てきれないかおね・・・。」
MegaMari 「ま 遅いが朝1発言であるから考慮はしないでおくぜ。
だが占い表記が三人もいるということだ

全部が真という可能性は極めて低い事を考えて行かなきゃならない」
博麗霊夢 「霊能は死んでも夢でも、村と狼以外は、正常判定でるわよ>リリブラ」
ギャル実 「あれは、言い訳にしか見えないかもしれないけど、素で間違えた
仏蘭西人形ちゃん投票するつもりだった>やる夫」
できない子 「私?
別にいいけれど、なぜかしら?>蒼星石」
やらない夫 「んじゃすまん
指定霊夢。」
博麗霊夢 「死んでも>真でも」
できる夫 「ふむ、ギャル実さんは占いCO 真主張ですが
僕占う必要があったのかどうか。」
やる夫 「その可能性が高い、かお>やる太
初日QPじゃない可能性が高まった……ってのは、ちょいとやっかいだお」
MegaMari 「ああ、仏蘭西。恋人はセットで1な」
やらない子 「人馬なら魔理沙何になるって話だけども
毒吊って丁度人馬に飛んだとか?」
仏蘭西人形・アム 「占いさんが二人目…と。
一杯占いさんが出てきますねぇ…なの。」
ギャル実 「あんま今日COするつもりじゃなかったの!
噛みっぽいので占い死んでるし!」
ギャル夫 「有頂天人さんはこれ人馬遺言っすかね
いまさらっすけど」
リリーブラック 「霊能吊るの? やらない夫指定はまあいいと思うのだけど」
できない子 「・・・あぁ、毒はないわよ
それは確か>やる太」
できる夫 「遅い返答ですが、
真夢関わらない結果は真夢関わりません。 吸血鬼は蝙蝠とでますね。」
蒼星石 「魔理沙が夢毒で人馬が自力で死んだかもしれないから>できない子
でもいいや、普通に人馬に中っただけだろうね」
博麗霊夢 「ん? あたし?
まぁ、霊能だから吊られる位置なのは理解してるつもりだけど。あんまり余裕ないこと頭に入れといてよ?」
やる夫 「霊能者の霊夢を指定
狐は無いと思うお、狼の可能性は不明
昨日吊れる場所ではなかったことは確かだお、……なのでちょいとわかんねぇお」
MegaMari 「何故零脳表記に指定と言う行動値をとらなければならないのか苦しむが
やらない夫は初日かまれの白か」
やらない子 「いやなんで雛狐ある兄さんが指定するって話ですが」
ギャル実 「あと昨日発言が落ちたのは、日記にも書いたけど
リリくろちゃんが騙りっぽいのにギャル夫囲ってない
その情報でCOするかどうかを迷ったから!」
やらない夫 「有頂天人に関してはどうでもいいよ。
灰が1削れたってだけで。」
できない子 「恋人生存の可能性大、と
なるほど、そういうことね>アム」
仏蘭西人形・アム 「あ、セットで1ってそういう意味なんですか?
らじゃですなの~>MegaMari様」
やらない夫 「いや、COは関係なく吊りたいなーって思ってたとこだ。
すまんが。>霊夢」
ギャル夫 「というか指定するならやる太っちだと思うんっすけど俺?」
リリーブラック 「夢霊能でも蝙蝠結果出るのね、ありがと」
蒼星石 「いや、恋人ってサブ自体は両方につくものじゃないの?>MegaMari」
MegaMari 「>ない子
有頂天人は魔理沙に投票して無いはずだぜ」
できる夫 「そういえば探知師出てますね。サブ結果的に
恋人生存確定。と言ったところですか。 大ていうかほぼ確定ですね。
吸血鬼は死んだようですしふむ…」
やらない夫 「んじゃ聞くが、やらない子。
お前さんはどうしたい?」
ギャル実 「これで言い訳は全部!
あとは疑うなり信じるなりアンタらの好きにしなよ
しょ→じきやる太君投票はアタシ自分でもやっちまったと思ってるし!」
やる太 「一応堕天使でできる夫おにーちゃんから投票もらって死んだってのもあるけど
引き分けはそういうの発生しないってことでいいんだおね?」
MegaMari 「>蒼星石
ああ、2人について1だ。」
ギャル夫 「雛狐ある位置のない夫センパイが
指定するのはまあ、ここでそれ言えるんなら
割りと村目っちゃ村目っすけど」
やらない夫 「やる太でもいいけど。>指定役
どうせ明日はモノミ帰ってくるはずだしなあこれ。」
博麗霊夢 「あらそう>やらない夫」
MegaMari 「セット扱いだからな>蒼」
できる夫 「ところでなんでやらない夫くんが指定してるんですか。」
やる夫 「その情報はありがてぇお>ギャル実
問題は……昨日、噛まれたのが式だってこと、かお

この村には○が多いのに、だお
グレーを噛む余裕があるってのは妙だお」
やらない子 「恋人ってセットで1なんですか?
ならもう1サブ持ちが何かいると」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →博麗霊夢
ギャル実1 票投票先 →博麗霊夢
やらない夫0 票投票先 →博麗霊夢
リリーブラック0 票投票先 →博麗霊夢
できる夫0 票投票先 →できない子
できない子2 票投票先 →博麗霊夢
ギャル夫0 票投票先 →博麗霊夢
MegaMari0 票投票先 →博麗霊夢
やらない子0 票投票先 →できない子
博麗霊夢10 票投票先 →ギャル実
蒼星石0 票投票先 →博麗霊夢
やる太0 票投票先 →博麗霊夢
仏蘭西人形・アム0 票投票先 →博麗霊夢
博麗霊夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
リリーブラック 「さてギャル実噛む?」
ギャル夫 「それじゃあ、ギャル実ちゃん噛みでいくっすよ」
リリーブラック 「狂人っぽいけど」
やらない子 「有頂天が鶴瓶とかあると思います」
リリーブラック 「あすの夜は天人噛みでいいだろうしね」
ギャル夫 「噛まないと灰で死ぬっす
両義さんの占い位置的ないみでっす」
やらない子 「因みに私はオプション見えてないので」
やらない子 「素のQPだったらなけるなぁと」
ギャル夫 「いや、霊夢さんが狂人なんじゃないかなとーはっすねっす」
やらない子 「現在4票確定」
やらない子 「明日で天人で12」
やらない子 「厳しいなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギャル実 は無残な負け犬の姿で発見されました
モノミ は生き返りました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
博麗霊夢さんの遺言                 ,rナヘ、            , へス,
               く「~ _,,.`>ー- ...,,      /~   \~フ
             ,,. '' " ~        ` '' -<、      ヽ}ヽ,
          ,. ''"                    ゛'' 、   | く、
       ,,. "  ,  /`` 、 ヽ、                  ゛ 、 ,イン
     , "   , / .,'     `ヽ  ヽ、  ` 、           ヽ  | )
   , " ,   ;´l  ,'      \__`;ゝ,,. -‐'i-            'イj'
  /  ;'  / i  j       ''"ヽ `i, \_i             iノ
  ;'  |  ,i  _L⊥        _,,ゝ="::ヽ j\    _,, ,-、ヘ,,     i          霊能者を宣言。真夢不明。
. i  ,i  ├''"''l |       ,'T´/:::`):::::::;'、  \i⌒y~="'´|     i
. |  .ハ  i.  _,i_i_,,=      i /:::::::::::::::::::::i  Er=''"   i     l
  i .i. ヽ | イ/:';:::::::i      i:::::::::::::::::::::;;'′ "|;,     |.     |          キョン子(蝙蝠)>霧雨魔理沙●
.  ヽ |   ヽ| |:::::::::::::|      `ー---‐"      |;,     l     i
   `!  Ei  ';:::::::::::;!         "´´      |;,     j,    i
      ij  `,,~ ´                 |;, _,,r - ´b.   i
       |i  '´'´                   ト'´、 i-、_,ス    i
     |;、                      (~ j´~    ヽ.  i
      |_,,.; > ,,                .,, '"´い      ! i
      Y j ;;:::::: > - ,,,.._.     __..,, - <;;:::::::::::j人      .ノ |
ギャル実さんの遺言              / ̄ ̄>==ニ二 ̄二> 、___
           //  / , -‐ ´ ̄``´ヽ ̄`ヽ\  }ヽ
             / /  ,、 ./         ヽ   、 \ .}  \
         /  ,'  {/       /    ヽ  ヽ  ヽ   i
         l  {   /       ´      `   ヽ}   ヽ .l
         |  ' ./  l   ,    /           リ   ヽ |
         |   /   {  イ  /| ./ ./   / イ } /      Y
         |  {  ,'  l  ハ , .| { ./  / /}  /  ,   '}   アタシら乙女は
         |  ! { l  , {‐ヽ{‐-|/  //./ナ‐ト:イ//   イ|  占いとか大好きなわけよ?
         |  'ヘハレヘイ |ィ千以} / / ' ィ千ミ ,//,イ  , /.l  だからアタシの占いは絶対、みたいな?
         |   ハヘイ、ヾf ト.r':ソ       {r'::ソ`} // }, イ / │
         |   , ヾ(⊂⊃ ̄    ,    ̄⊂⊃ヽ. レ′ |
         |   /    l〈〉ハ   、_ _,    ノ〈〉 i  !ヽ  ┃
         |  ./     .| /,へ、     , イ   | }  | \  |
         | /      | /{  | `ぅ :.‐ ' {、r‐ュ_.|.-}  |   \l
         | '   ,   .l { l/{i'      } ヽ ヾ /}  !,、  |
         |   /  _ィ \{ ヽヽ    / / _//  | }  ヽ
         |  /  , ' |ヽ、\ \ヽ_  / / \__/ ヽ_   ヽ
         | /  {  l   ̄ ̄| \ <> /  __ノ )</}    \
        /     |  ハ―<二  ヽ //ヽ|__  | ヽ/}    \
        /     r !r/  ヽ__/‐―Y/   -= ̄  }∧\     \

1夜 ギャル夫マジ村人!
まずはツルんでるギャル夫から占っておくし→!
もし裏切ってたらマジ怒るし、的な?

2夜 できる夫マジ村人!
マジはずかしいwwwww銀の吠え1夜は見えね→のかwwwwwww
と、とりあえず票が浮いてるところから調べるし!
完グレ投票の天子ちゃんはともかく、できる夫はやる夫投票・・・
まあ言いたいことはわかるけどさ→、急いで吊るべき場所でもね→っしょ?

3夜 
やべ→りりくろちゃん騙りでもギャル夫囲い無いよって出るか迷ってたら
バリ発言落ちまくったし!これは仕方ない、明日COしよう!
占い先は、グレーで投票からあたし狙ったところにしとこっか
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
やらない子 「おはようございます
ではCOどうぞ」
蒼星石 「おはよう

◇できない子「蒼星石、霊夢、やる太が三回目で票を変えたわね
両者とも吊りのがれしていたのだけれど、投票理由きかせてもらえるのかしらね?
後、どちらにしてもギャル実はCOしておくべきな位置かしら」

一応これに対する返答しておくよ
発言がどうにも怪しかったからギャル実に入れてたけど
対抗の票もらいであるところの魔理沙の発言を読み返すと
思考の外に出て行ってしまうぐらい発言が薄かった
だから魔理沙を吊ってギャル実にはCO聞けばいいと思った次第だよ」
できない子 「やらない夫の指揮に不満のある人って、やらない夫なんだと思ってるのかしらね
正直、告発だけなら人外でもできるんだから、初日でたひよこのほうが人形よりよほど信用できると思うのだけれど」
リリーブラック 「占いCO できない子○」
できる夫 「おはようございます。 おや、そっちの占いは即噛むんですか。」
ギャル夫 「ちょりーっすwwwwww
なんかCOある人はよろしくっすよwwwwwww」
やらない子 「えーそっちから噛むの?」
リリーブラック 「銃殺出せれば私真と認めてもらえるはず!
私を噛まなかった狼には後悔させてあげる。
グレーから… できる夫がとっても潜伏狙ってる人外に見えるんで。
あまり主体的な発言してないしね。」
やる夫 「モノミの帰還を待つかお
ちなみにやらない夫に指揮をさせることに文句はねぇお
最悪の場合、やる太は憑依される可能性がある

やらない夫は、されても真証明の都合があるお
だから、最悪を考慮すれば構わないんだお、やらない夫は」
モノミ 「ただいまでちゅ!
蘇生ログはありませんでちた。」
やる太 「おかえりなさいだお。」
やらない夫 「メガマリ蝙蝠結果。

俺無視してんなら多分霧狐。」
MegaMari 「おはよーさん
結局占い師表記全部噛むのか
こりゃすげぇ展開だな

ってリリブラ忘れてたぜ」
できない子 「天人お帰りなさい」
リリーブラック 「ここも違った…!」
蒼星石 「そこ噛むかぁ……リリブラ吊ってもいいんじゃない?」
モノミ 「ぶっは>やらない子噛まれ」
やる夫 「お帰り、だお>モノミ
……ギャル実、噛まれちまうのかお」
やらない夫 「霧じゃねえや。金だっけ?
ひよこで蝙蝠出るの」
MegaMari 「……魔理沙ごめーん!見つかっちまった!!」
できる夫 「お帰りなさいですね>モノミさん
霊界情報は蘇生なしぐらいですか?」
仏蘭西人形・アム 「えとえと、皆様おはようございますなの♪

サブ2について、ちょっと考察してみるの。
まとめてくっつく分には『1つ』ってカウントするってルールがあるらしいの。うろ覚えだけど、なのぉ。
でもって、可能性としては。

1:女神系・自打ち
2:女神系他撃ち+女神死亡

3:素QP+別のサブ1

…こんな所かな?なの。」
やる夫 「でかしたお>やらない夫」
モノミ 「メガマリ、COはありまちゅか?」
ギャル夫 「ちょりーっすなんか霊界情報あるっすか?>モノミさんっす」
やる太 「やる太が指定するならそれこそ人形狙いになるんだお。
んで、ギャル実が死んでるかお・・・。」
蒼星石 「ひよこなら金系だね>やらない夫」
リリーブラック 「まって、後一日私に頂戴!」
モノミ 「仮指定:メガマリ」
できる夫 「はぁ、霧系。 まぁ吸血鬼吊った以上…ん?

やらない夫くん。それ金系です。 ひよこでしょ貴方」
できない子 「・・・珍しいわね
蝙蝠結果だすひよことか
まぁ、そこは信用してるしメガマリ吊っていいんじゃないかしらね?」
やらない夫 「ギャル実憑狼なら
多分、もっと露骨に魔理沙が吊られた。

多分ギャル実真の、リリブラ人外かな。」
やらない子 「ふむ。蝙蝠結果でる雛でのって霧だけでしたっけ?」
MegaMari 「無理!思いっきり無理!wwwww>モノミ」
やる夫 「ギャル実の○であるギャル夫とできる夫を保留
MegaMariはリリーブラックの2手目○、囲い候補
妥当な場所であると思っているお」
リリーブラック 「メガマリ私の○何だけどなー」
ギャル夫 「あ、リリブラさんが呪殺できるか
見えるっすかねこれっす」
蒼星石 「あと一日待ったら何してくれるの?
●見つけるの? 呪殺してくれるの?>リリブラ」
仏蘭西人形・アム 「あ、モノミ様お帰りなさいませなの♪
でもってメガマリ様自白してますね。吊っちゃって問題なさそうなの。」
できる夫 「霧系は性別じゃなくて占い結果ですね。あと霊能もでしたっけ?

金系は性別鑑定結果です。」
MegaMari 「魔理沙と狐陣営だから無理!wwwwww」
できない子 「で、メガマリに○だしてるリリーも同じく吊ればいいわ
萌え主張なのだし」
やらない夫 「メガマリ、多分お前さん金狐であってるよな?
あってても残せるかって言ったら無理なんだが…w」
リリーブラック 「わんちゃん呪殺狙い>蒼星石」
ギャル夫 「ただ、正直ここまで噛まれないリリブラさんをどう見るかつうう
話なんっすけどっすけど、ワンちゃんあげるかどうかっす」
やる夫 「ギャル実が憑依の可能性も考えなきゃいけないのかお……>やらない夫
そういえば、その可能性もゼロじゃなかったかお」
MegaMari 「ちくしょう!敗北フラグだと思ったよ!
ちっくしょおおおおおおー!!!wwwwwwwwwwwww」
やらない夫 「まあ魔理沙が何か、はどうでもよし。」
MegaMari 「(ばんばんばんばん)」
蒼星石 「……うん
どうしようこれ
やらない子 「ああ、そういえば>リリーメガマリに◯」
できる夫 「どのみち今回は蝙蝠いませんし
確定人外のMegaMariでいいでしょう。
リリブラさんはアレです。明日がリミットなんでよろしく。」
やる太 「ふむ、メガマリに○出していて呪殺ワンチャンってないだわお。」
やる夫 「狐、かお

やらない夫ー、どうしたいお?
やる夫はここで残す意味は無い、と考えるお」
できない子 「えーっと、メガマリ人外COしてるのだし、チャンスも何もないんじゃないかしらね?>ギャル夫」
MegaMari 「飽和怖がってリリー吊ってともいえないし。
持ってたの人魚騙りだからやる夫に吊られるに決まってるぜ」
ギャル夫 「よく見たら2日目に占ってんじゃないっすか!>メガマリ
リリブラ」
モノミ 「あと、霊界ではギャル夫とできる夫が怪しいという主張が多かったでちゅ。
だから、そこに○を出していたやらない子偽まで考えていたのでちゅけど…
やらない子が噛まれたのなら、疑う余地が少し減ったのでちゅ。」
やらない夫 「いや、多分ねえよ。
言った通りの理由で。

魔理沙と一緒に吊られかかったのなら、狼仲間が庇って一瞬で死ぬさ。>やる夫>ギャル実憑狼
だからギャル実は噛まれでいい。」
蒼星石 「リミットも何もメガマリ人外だったらリリブラ破綻してない?>できる夫」
リリーブラック 「メガマリ狂人か… まあいいわ、そこ吊りなら後1回占い結果出せるし」
できる夫 「あぁナルホド。そういえば>リリブラメガマリに○。
つまりそこ繋がって無いの確定なんで… なおさらメガマリ先ですね。」
やらない子 「魔理沙つってリリー飼うかどうか」
やらない夫 「まあリリブラはお察し。」
MegaMari 「そうだよ!先釣ってくれ!遺言書かせてくれ!wwww>ギャル」
やる夫 「うん、占ってるんだお>ギャル夫
初手はギャル夫○で、翌日がMegamari○になってるお」
仏蘭西人形・アム 「明日まで、吊り予約…でいいのかな?なの。
ちなみにここで銃殺期待はない。噛み的に真占いのこってそうな気配がないの^^;」
やらない子 「いや数分からない以上残しても置けないかな」
ギャル夫 「なんで、これならメガマリ吊りでいいすな」
できない子 「どうせもう占い師なんて期待できないでしょ?
飼う意味はないわ
今日リリー先に吊ってもいいし、メガマリでもいい
そんなレベルよ」
モノミ 「明日私が噛まれていた場合は、
指定:リリーブラックでちゅ。」
できる夫 「つまりアナタはやらない夫くんも偽で見ると>リリブラ
そういうことですね。その主張を言うのであれば。」
やる夫 「……ま、やらない夫の言うことはアテにしているお、やらない夫がそう言うなら信じるお」
MegaMari 「お願いだ!一日でいいから!
せっかくだから魔理沙愛してる遺言をだな!」
モノミ 「生きてたらそのまま指定しまちゅけど」
蒼星石 「それを言う間に書けばいいのに<遺言」
リリーブラック 「そうなるわね、多分子狐>できる夫
…親狐残ってるのかしらこれ?」
ギャル夫 「ここで、まあ、この告白してる時点で
ものすげぇない夫センパイの真度があがるっすけど

まあ、ラインはないかなーってイメージっすかねっす」
仏蘭西人形・アム 「MegaMari様……」
仏蘭西人形・アム 「遺言、45秒でしたくしな!なの!><」
やる夫 「霊界に魔理沙がいるお>Megamari
……せめてもの手向けだお」
やらない夫 「って言うかまあリリブラは指定なくとも即吊るんだが。
こっから先はなー。
ギャル実真として、ギャル夫、できる夫が○、両義が○でその○が蒼星石。」
MegaMari 「もう狐以内から!相方魔理沙で管狐だかry」
できる夫 「萌狼なら占いで出るのに仲間占うことは無いでしょうし。ましてや
金系を。 狐なら狐で同じですね。 流石に狼LWってわけでもない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →MegaMari
やらない夫0 票投票先 →MegaMari
リリーブラック1 票投票先 →MegaMari
できる夫0 票投票先 →MegaMari
できない子0 票投票先 →MegaMari
ギャル夫0 票投票先 →MegaMari
MegaMari11 票投票先 →リリーブラック
やらない子0 票投票先 →MegaMari
蒼星石0 票投票先 →MegaMari
やる太0 票投票先 →MegaMari
仏蘭西人形・アム0 票投票先 →MegaMari
モノミ0 票投票先 →MegaMari
MegaMari を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
リリーブラック 「では恋人対狼頑張ってくださいな」
ギャル夫 「今日はモノミちゃん噛みにいくっす」
リリーブラック 「ねえねえ、最後にやる夫●出していーい?>やらない子」
やらない子 「さーて厳しい」
やらない子 「いいですよー」
リリーブラック 「ああ、もちろん私が噛むわよ>モノミ」
やらない子 「多分そっちが釣れるよりは私が吊れるほうが早いので」
やらない子 「できない子と私だけじゃないですかね灰」
ギャル夫 「噛み筋としてモノミーない夫ーくらいっすかねっす」
リリーブラック 「多分最終的に蒼星石と殴り合うことになると思うから
頑張ってね>ギャル夫」
リリーブラック 「まあない夫噛むかもしれない」
やらない子 「明日リリーが吊れてFO
何処吊れるかなぁ」
ギャル夫 「ちょりっす!がんばるっすよっすw」
やらない子 「私とできない子吊りきりで考え用になるからギャル夫さんにげきりいけるんじゃないですかね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モノミ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モノミさんの遺言 天人CO。

以降の進行役はやらない夫でお願いしまちゅ。
ただし、やらない夫は私と違って恋人の可能性が残っているので、
あまりに強硬な進行だと思われた場合はやらない夫を反逆吊りしてくださいでちゅ。

もっとも、やらない夫雛狐はメガマリのCOで否定されまちたし、
恋人が噛まれる危険を冒して初日に出るかと言ったら、NOでちゅけど。

あ、そうそう。メガマリの2F主張が本当なら、魔理沙●をだちた霊夢も破綻でちゅね。

本日の指定:リリーブラック
MegaMariさんの遺言                          /::::::::::::::::::::::::::::::_>
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    「 ̄`ヽ;::::::::::::,.::--‐─ァヘヽ.    >◇仏蘭西人形・アム 「遺言、45秒でしたくしな!なの!><」
                __,. -く7  =-」ゝ-く-=ニ  /-、::::::ヽ、
               <:::::_,.へ、____r、_____,.へ___  !、 `ヽ、_::ヽ.      無理。
                >r、____rヽ、____,.ヘ____ヽ`ヽ_!__ヽ、___<::ヽ、
                ハ/   !__,!ィ ハ! ハ `ヽハ、___ヽ___:::::::::::::>       >◇やる夫 「霊界に魔理沙がいるお>Megamari
                ヽ.レ、  i / ∨   レ'、,!_ハ   ヽ. `ヽ_二フ                    ……せめてもの手向けだお」
                  ノ) ハ       ! ! ハ  ハ!   i      ,  --、
                  ヽハY! ===    ==(ソ)/  i / 〉, <7  `i |`!   言うと思ったよ。ちくしょうううーwwwww
                  ノ .人/// 、 ///(ノン   , <´   ′ 、| ̄T_/ 〉
                  〈へr V>  -‐ _,ィ(Yノ /      !-ヽ__l  `Tj
                       ,.イ/ヽ/ヽ}><イ       , -´ _ヽ |_i∠    はああああああああ魔理沙愛してる!
                      /7::! ! /-イ::ムイ  > '´    | , -テ、  }     因みに銃殺されたら金狐恋人遺言で
                      〈 l::::'ー':::::::!   ,. イ       7 /  | Y
                      / !::::::::::::::::ヘ、 ソ!        //_/   |__|、  無駄つり!って考えてたんだが魔理沙が先死んで!
                     /  /`ー‐ ´弌- 入       |       |
                     /  /`ー ´ ,イ/__ニヽ        |       |    ちきしょうううーwwwwwwwwwwwww
                    〈 乂   ,.-'´//:::`ヽ        ヽ ___ ノ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
蒼星石 「おはよう
リリブラ萌狼、メガマリ金狐の前提で行くとやらない夫真ひよこでいい
狐が身内切る意味ないから
まあ今日はリリブラ吊るけどね
ギャル実抜かれる以上は狩人いないんだろうなぁ……」
できる夫 「おはようございますと。
一応霊夢さんは夢結果と言うことですね。
ただしまぁ…キョン子さん蝙蝠誰でも出せるので 村かどうかは不明です。
吊った以上どうでも言いですし。 そういうわけでリリブラさん吊りは
避けられませんね。」
リリーブラック 「アオォーン・・・」
仏蘭西人形・アム 「えとえとえと、今日はお仕事の日なの!ボクがんばるの!
生存者のサブの数は『2』つなの!

ちなみにモノミ様生存の場合、『能力喪失』で+1…の筈なの。多分。」
リリーブラック 「占いCO やる夫●」
やらない子 「おはよう御座います
COをどうぞ」
できない子 「銃殺出せれば私真と認めてもらえるはず!
私を噛まなかった狼には後悔させてあげる。
グレーから… できる夫がとっても潜伏狙ってる人外に見えるんで。
あまり主体的な発言してないしね。

これ、あなたの昨日の理由ね
なんで私占いなのかしら?
ということでどう見てもそのまま吊りよ>リリー」
やる太 「おはようだお。」
リリーブラック 「なんで萌えるかな!」
やらない夫 「おはよーさん。モノミ♀。
なんで噛むんだよ、絶対恋人ないとこを。」
ギャル夫 「占い師COのまとめ
ギャル実 :ギャル夫村人 できる夫村人 両儀式村人
できない夫:やる夫センパイ○
両義:やらない夫 :○ 蒼星石 ○

つうところっすね、りりブラさんの結果については排除するっす
今日どうあがいてもそこ吊りっすしね」
リリーブラック 「もうこうなったらやる夫紅狐に賭けるしか無いじゃない!
さあやる夫! 天に帰る時が来たのよ!」
やる夫 「早いとこやる太が噛まれてくれねぇかお……
……狼視点だと、やる太が生きてるだけでキツイはずなんだお
やる太→やる夫の順でさっさと噛みに来ないのが違和感なくらいだお」
できない子 「まぁ、さすがに天人死んでるわよね・・・」
やらない子 「まあそういうことでしょうからリリー吊って明日に行きましょうか」
仏蘭西人形・アム 「って書いた傍からモノミ様ーー!?><」
やらない夫 「ギャル実、両義を信用するとする。
灰はリリブラ、やる夫、仏蘭西、できない子。
QPその他の存在も考慮して、使える吊りは10、8、6までの3回。
リリブラ→やる夫、までは確定させてくれ。

6の吊りを仏蘭西とできない子の二択。
4の吊りは…期待するな。」
できる夫 「はい、じゃあリリブラさん吊りと。 やらない夫くんは
9割9分村で大丈夫でしょう。」
やる夫 「ふーん、そうかお>リリー」
リリーブラック 「終わった… 銃殺できなかった以上もう無理ね…」
やらない夫 「基本方針は小声の通り。
他に何かあるかー?」
やる太 「ギャル実おねーちゃんの遺言に4日目の占い先が無いの気になるけど・・・。
そこは気にしないでよさそうかおー」
蒼星石 「恋人どこなんだろこれ
いや、やる夫系のどこかにいるんだろうけど」
ギャル夫 「モノミさんが噛みと・・・・
確定○噛みなんっすけど、恋人は怖くないっすかねこれっす」
やる夫 「でもね、やる夫が狼の可能性って無いんだお、実際
憑依されるのなら、やる太が死ななきゃいけないんだお」
やらない子 「どうでしょうかね
この噛みなら恋人狼な可能性」
リリーブラック 「萌えってたしか1%って聞いたことあるんだけどなぁ…」
できる夫 「やる夫くん吊りが響きますねぇ。正直ここまで来ると
人形ごめんねレベルにしたいんですけど。」
できない子 「やる夫まで吊りなの?
そこはできない夫の○よ?>やらない夫」
やる夫 「モノミの遺言に従うお

リリーブラックがLWなら、COして構わないお
恋人が先だお」
蒼星石 「1発言ごとに1%>リリブラ」
やる太 「やらない子おねーちゃんは吊りにいかないんだ?>ない夫おにーちゃん」
ギャル夫 「>やる太
そこはオレッちも超気になってたところっす
けど、稀に遺言忘れあるってのが怖いところっす

憑きなら●ぶつけるんじゃないかなーとは思うっすね」
リリーブラック 「LWCOしたら残してくれる?
仲間考えてないけど」
できる夫 「1発言につき1%なんですよ。 100回発言したらまず1回は
あるんですから。>リリブラ」
やらない子 「今完全灰って私とできない子だけでしたっけ?」
仏蘭西人形・アム 「……えと、ふと変な思考が浮かんだのですが。
これ、狼同士で刺さっててりりくろ様だけ仲間はずれとか…ない、ですよね?なの(おそるおそる」
やる夫 「割りとこう、恋人と白系が怖いお>やらない夫」
やらない夫 「できない夫は盲信出来ないからなあ。
どうしても>やる夫

って言うかお前さんがいると、やる太が勝てないから吊りが実質1減る。
引分けを目指す場合はともかく、今は勝ちを目指す場面だろ。」
リリーブラック 「だって私2回萌えてるの>できる夫」
できない子 「できない夫の真切るっていうなら、その理由があるのかしら?」
できる夫 「狐吊れた時点で知りませんね。さようならです。
LWCOしてもそれに対処する策がありません。吊りで終わりですね。」
ギャル夫 「ああ、うんおそらく1~2狼まで把握したっす>リリブラさん」
やる夫 「うん、そうかお>リリーブラック
その余裕があるなら、LWじゃないことだけは解ったお……となると、厄介だお、これ

マジで白いる可能性が出てきたお」
やらない夫 「やらない子は両義の○なんだ。ギャル実の○の。
俺も昨日は忘れてた>やる太」
仏蘭西人形・アム 「ない>りりくろ様
吊った人間のCO考える限りLWは薄いと見てるの。」
やる太 「そうなんだお。遺言のほう式ねーちゃんの名前すら書いてない。
だから更新するぎりぎり考えてただけなのかそれ以外か。>ギャル夫おにーちゃん」
やる夫 「実は、ちょっと困ったことになってるんだお>やらない夫」
蒼星石 「真を見る見ないっていうか
結果1で噛まれだとどーにも分からない
判断材料がないもの」
仏蘭西人形・アム 「あ、ボクも灰ー>やらない子様
COはしてますけど、なの。」
やらない子 「狐吊れた言いますけどもメガマリが真言ってるとは…>できる夫
まあ8割ホントだと思いますけど」
ギャル夫 「>ない夫さん
いや、両義さんまだない子さん占ってなかったような?
占い先っしたっすけど」
やる夫 「やる夫、傀儡師なんだお
やらない子○>ギャル夫○>両儀式○>できない子○>蒼星石○」
蒼星石 「できない夫夢でやる夫紅狼かもしれないしね」
できない子 「まぁ、リリーはどのみち吊るからいいとして
明日はFOかしらね・・・」
やらない子 「えー>やる夫」
やる太 「ん? 式はまだない子占ってねーお>ない夫おにーちゃん」
やる夫 「1日目夜
占い師キタコレwwwwww人形がいたら身代わりにもできるおwwww
初手はやらない夫……は、やめておくかお、もしも呪殺が出たらバレバレだお
なので妹のやらない子にするかお、胸は残念だけど足は綺麗だおwwwww

2日目夜
OK上等だお、できる夫……そんなにやる夫が吊りてぇかお?
傀儡師の可能性を考えていないとは言わせねぇお!
とはいえ、どうせ吊れる場所だお……ってことで、ギャル夫を占うお
役職のCOに対するリアクションが、当たり障りなさすぎて不気味なんだお

3日目夜
リリーブラックの○であるMegaMariは保留、蒼星石偽ならそのまま囲い位置だお
即座にギャル夫もMegaMariも吊りたい位置じゃない、と言ったのは……式かお
よほど見れている村人か、それとも狼か、って感じだお、ここ

4日目夜
式が狐だったらそれはそれで構わないお
残り灰はMega、できない子、できる夫、蒼星石、4人
ギャル実が狼ならできる夫も吊れるお、明日は5日目だし……
……うん、COすることが前提なら灰を占うことはできる、かお、できない子で

5日目
灰がほぼリリーブラックしかいねぇお、どういうことだお
できる夫は噛まれた占いの○、蒼星石は……うん、あまり狼臭くはないけど
ここにしておくかお、今のところ憑依された臭い奴もいないお
あるとすれば、それはやる太くらいだお


で。リリーブラックとできる夫、フランスしか灰がいねぇんだお」
ギャル夫 「俺もまとめが正常ならっす
両義さん噛みしたいの時たしか4日目っすよねっす」
蒼星石 「……それグレーできる夫とアムちゃんしかいないよね?
やる夫視点」
やらない夫 「理由ってほどの理由はないが。
ぶっちゃけ二日目夜に一番吊りたかったのができない夫だったとか
やる太が真人形なら、村勝ちが云々とかそのくらいだな。


ところで、だ。

俺がココで「じゃあできない夫のやる夫盲信しよう!」って言うと灰が狭まって
お前さん的には苦しいことになるはずなんだが。灰考えてるか?>できない子」
できない子 「まぁ、可能性としてはあるわけだけど>蒼星石
え?傀儡?>やる夫」
できる夫 「終わらなかったら…って考えは遅すぎですかね。
やる夫くんにナンタラカンタラは。でしょうね。 
じゃ、リリブラさんさようなら。」
ギャル夫 「うん?やる夫センパイ

→占い師キタコレwwwwww人形がいたら身代わりにもできるおwwww」
やる夫 「できる夫はギャル実の○だし、仏蘭西は……あそこでCOするかお?

噛みを見ると、白とか憑依が怖くなってくるんだお」
やらない夫 「うん、まあ吊るよ?明日。>やる夫」
できる夫 「遅いです。」
やる夫 「そのとおりだお>ギャル夫」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 →リリーブラック
やらない夫0 票投票先 →リリーブラック
リリーブラック8 票投票先 →やる夫
できる夫0 票投票先 →やる夫
できない子0 票投票先 →リリーブラック
ギャル夫0 票投票先 →リリーブラック
やらない子0 票投票先 →リリーブラック
蒼星石0 票投票先 →リリーブラック
やる太0 票投票先 →リリーブラック
仏蘭西人形・アム0 票投票先 →リリーブラック
リリーブラック を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない子 「明日やる夫さん噛まないで私達生きてられると思います?」
やらない子 「仮に●だしたとして6」
ギャル夫 「ちょっと、厳しいんじゃないっすかねっす?」
やらない子 「引き分け目くらいしかみえないかなぁ」
やらない子 「共感付いていればありがたかったんですけどねぇ」
ギャル夫 「オレッち多分バリバリやる夫センパイ誘導すると
思うっすしこれ」
やらない子 「じゃあ真遣いに賭けてやる夫さん噛みかなぁ」
ギャル夫 「えー、狼候補ができる夫センパイ、アムちゃん、蒼星石さん
できない子さん、できない子さんQPぺぇっすけどっす」
やらない子 「その場合結果真になって灰吊りになる」
やらない子 「噛み避けも消えるし純粋に噛み速度勝負かな」
ギャル夫 「まあ、ちょっと今は噛み譲れないんでそこは
あれなんでっすけどねっす」
やらない子 「でも奇数で最終日までギャル夫さん噛まれないってイケルかなぁ」
ギャル夫 「超過即勝負でいくっすよっす」
やらない子 「おっけー
自爆したらゴメンね?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
やらない子 は恋人の後を追い自殺しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 傀儡師COだお
やらない夫○>ギャル夫○>両儀式○>できない子○

1日目夜
占い師キタコレwwwwww人形がいたら身代わりにもできるおwwww
初手はやらない夫にするかお! どうせやる夫とは別陣営だお?
なら占うのにはちょうどいいおwwwww

2日目夜
OK上等だお、できる夫……そんなにやる夫が吊りてぇかお?
傀儡師の可能性を考えていないとは言わせねぇお!
とはいえ、どうせ吊れる場所だお……ってことで、ギャル夫を占うお
役職のCOに対するリアクションが、当たり障りなさすぎて不気味なんだお

3日目夜
蒼星石の○であるMegaMariは保留、蒼星石偽ならそのまま囲い位置だお
即座にギャル夫もMegaMariも吊りたい位置じゃない、と言ったのは……式かお
よほど見れている村人か、それとも狼か、って感じだお、ここ

4日目夜
式が狐だったらそれはそれで構わないお
残り灰はMega、できない子、できる夫、蒼星石、4人
ギャル実が狼ならできる夫も吊れるお、明日は5日目だし……
……うん、COすることが前提なら灰を占うことはできる、かお、できない子で
=====================
QPへ
この遺言が見えた場合……自由にしていいお
もしもやらない子が噛まれているのなら……村の味方を、してやってくれお
やらない子さんの遺言   /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ  じゃあ魂の占いCO
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'    やる夫紅狼 ギャル実萌え占い やらない夫雛狐 
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|    できる夫咬狼 できない子火狼 ギャル憑狼
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        やらない子出題者
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |
リリーブラックさんの遺言 リリブラ占い日記

うーん、占いとは責任重大ね…
まあ初日出し隣占いでいいとは思うんだけど
…右はなんかロリコンっぽいオーラ出してるし
下占いにしておくわ。
初日:ギャル夫○

うーん、人形ラインは放置で
グレー占いでいいわよね
銀狼かなりきにしてたMegaMariがどうかしら?
2日目:MegaMari○

毒で吊り逃れの魔理沙は多分人外よね
毒狼ならいいけど狐だと証明機会が…
占い先は蒼星石、ここで私疑い大きく言ってるのが
後々私吊るための伏線かなって。
3日目:蒼星石○

銃殺出せれば私真と認めてもらえるはず!
私を噛まなかった狼には後悔させてあげる。
グレーから… できる夫がとっても潜伏狙ってる人外に見えるんで。
あまり主体的な発言してないしね。
4日目:できない子○

もうこうなったらやる夫紅狐に賭けるしか無いじゃない!
さあやる夫! 天に帰る時が来たのよ!
5日目:やる夫●
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
やらない夫 「仏蘭西♀!
例えどんな結果が出てたとしても俺は♀としか叫ばない!」
蒼星石 「>占い師キタコレwwwwww人形がいたら身代わりにもできるおwwww

……傀儡師は身代わり能力持ってなかったはずだけど
突っ込むとしたらそれぐらい」
できる夫 「おはよう…おや。」
できない子 「あぁ、そこ恋人だったのね」
仏蘭西人形・アム 「えとえと、皆様おはようございますなの。
それじゃ結果がある人は今日の結果をお願いしますなのぉ。

ボクは今日はおやすみ、なのぉ…zz」
やる太 「おはようだお。やる夫おにーちゃんェ・・・・。
遣いが傀儡騙るメリットは序盤だけなのに後半で騙るリスクがなさすぎると思うお・・・。
普通に紅系か遣いか。とか逆に勘ぐるお。傀儡なら人形勝利に関わらないから残せる。めんどうすぎるお。」
ギャル夫 「オレッちがいいたいのは傀儡師っ噛まれても人形身代わりにできないっすよ?
なんで、真傀儡師が誤認してるんっすか?

オレッち自分がついた役職はめっちゃ調べるっすけど?」
仏蘭西人形・アム が「異議」を申し立てました
できる夫 「噛むんですか。へぇ」
やらない夫 「ああ、うん、だよね?>やる夫恋人」
蒼星石 「わーお」
できない子 「それじゃあCoするわ
夢狩人COよ」
蒼星石 「まあいいや
どっちにしても」
ギャル夫 「そして、噛まれてる~、やる夫センパイ」
やる太 「ああ・・・。やる夫おにーちゃん・・・。」
できない子 「狩人表記COよ

初日 護衛不可

希望が通ったわ
けど、希望は持たいないでおく
だって私はできない子だもの・・・

二日目 護衛 やる太 無残 できない夫 (GJ表記)

人形遣い噛んでやる太を始末されるパターンもあるけれど
人形遣い真でないなら普通に噛まれる可能性の高いところね
他に護衛先もないし、ここを守っておくわ

三日目 護衛 リリーブラック 無残 両儀式 (GJ表記)

ほぼ100%夢ね・・・吸血鬼も始末している可能性が高い以上、死体があってGJは考えにくい
一応、万が一真だった時のためにリリー護衛しておくわ
まぁ、ここが真萌えかどうかすら不明だけれど

四日目 護衛 やらない子 

・・・ギャル実が銃殺だしてて、実はリリーでGJ出せてた?
どんだけレアケよ。夢確定でいいわね・・・はぁ
じゃあ適当に獏でもいないか徘徊するわ。今日はやらない子の家にお邪魔するわね


五日目 護衛 蒼星石

それじゃあ、今日は蒼星石の家に行くわ
男の人の家はやっぱり怖いしね・・・
どうせ仕事なんかないし、適当だけれどね

六日目 護衛 できる夫

・・・しょうがないから今日はできる夫さんの家に行くわ
まぁ、ロリコンだし幼い子にしか興味ないから大丈夫よね
できる夫 「これ自うち恋人っぽいですね。20人なら他撃ちできますし」
やらない夫 「んじゃー、できない子と仏蘭西に2吊り。
終わらんかったらそのとき考えてくれ。」
蒼星石 「FOでいい?」
仏蘭西人形・アム 「恋人さん……なーむー、なのぉ><」
やる太 「FOしかないだろうお。」
ギャル夫 「あ、これFOでいいっすかね?」
できない子 「でまぁ、占い師全部信じるなら、アム吊れば終わるんじゃないかしら」
できる夫 「えー賢者COです。投票先は
やる夫>天人>できない子>メガマリ>やる夫

ですね。」
ギャル夫 「陰陽師CO ギャル実/できない夫センパイ(祓いではない)/博麗霊夢/できない子/できる夫
        やらない子
ギャル夫 「ギャル夫の陰陽師日記っす

初日
ちょりーっすwwwwww
やべぇえっすwwwまじぱぇねえっすwww
オレッちニート候補まじでありえねぇっすwww
あ、初日は一応ギャル実いっておくっすよwww
オレッちそこいかない理由ないっすしねwww

2日目
まあ、なにもでないっすよねwwwwちょりっすww
それじゃあ、もうほぼかんでいくっすよwwwグレーから
適当にできない夫センパイいっておくっすwww
あのひとなんか、呪い持ってそうな顔してるっすいw

3日目
っちょ、せめてなんでろっすよちきしょうっすwwww
いや、どっかにいるっすいるはずっすよ
とりあえず、もうガイアがささやいてるところいくっすよwww
腋が魅力的な霊夢さんでもういいっすわっこれ!

4日目
占い師が遺言含めてたけのこなんっすがwwwwww
いや、まあこれならグレー継続でいいっすかねっす

できない子さんをちぇっくしつつっすっすね

5日目
ああ、もう・・・泣きたい・・・日記もすげぇ適当になってきた
候でござるのまきです・・・とりあえず、占い位置がもうすくねぇっす・・・
というわけで、できる夫センパイいっておくっすよ

6日目
かゆうま・・・」
やらない夫 「やる夫なら……まあ、いいだろ。
やらない子があんまり幸せそうな顔をしてないのがちょっとあとでオシオキだが>やる夫-やらない子」
やる太 「やる夫おにーちゃんから見ればQPが他にいると思われるかお」
蒼星石 「村人表記、もとい幻視者CO」
やらない夫 「FOする必要ないんだけどなー。
まあ、「狂人と知らせる」って感じのCOないからいいけど。」
できない子 「終わらなかったら、どれかが偽だってこと
けど、私とアム吊りきったら残り一回なのは忘れないで」
仏蘭西人形・アム 「……賢者って何なのですか?なの(首かしげ

とりあえず、できない子様吊って終わらなかったらどうしよう?からスタートかなぁ。なの。」
ギャル夫 「もう、結果でなさすぎなんで後半につれて
日記がおざなりになってるのは勘弁してくれっす・・・」
ギャル夫 「えーと、賢者さんなら>できる夫センパイ
全くといっていいほど目に見える能力発動してないっすよね?」
仏蘭西人形・アム 「陰陽師は結果求めてはいけません、なのギャル夫様w;(ぽむ」
できない子 「賢者・・・ねぇ
熱病も恋耳鳴りもなかったけれど」
やらない夫 「指定するんならできない子ね。
仏蘭西狼っぽくないので。

って言うかどうせ今日明日でロラだけど。」
できる夫 「やる夫:そっちなら吊れないし 一応後で吊る気あるなら。
天人:COしない投票発動能力者は狂人っぽい。
できない子:明確に毒ありとか言ってない
メガマリ:特になし。
やる夫:どうせ釣るなら同じ」
蒼星石 「賢者だったら初手で出てほしいんだけどなぁ……
いいや別に」
できる夫 「そうですね。誰も何も言及してこないわけですし。

探知師信じるならサブすら置けてないわけです。」
できない子 「錬金術師結果もないってことよね?>できる夫」
ギャル夫 「ぎゃふんっす・・・うううう・・・っす>アムちゃんっす」
やる太 「賢者・・・。結果無いおね。薬師結果とかもないのかお。」
できる夫 「ちなみに…占い師系ですよ傀儡師。見えるだけで身代わり出来ないです」
できない子 「サブすらつけてないってことは
火車か河童しかでてないってこと?」
ギャル夫 「・・・あれ?これそういえば探知しと割れてないっすかさすがに?
賢者COについて!」
やる太 「痛恨付加させてるならサブ増えてるとかあるんだろうけど・・・。」
できる夫 「全く無いですね。誰も入れてないですし。 賢者初手CO?
狂人見られてさよならはゴメンですよ流石に」
ギャル夫 「えっと、賢者の仕様しらべてくるっす・・・」
仏蘭西人形・アム 「遺言見る限り通常QPなので。
1個位置けてたのかも…ですが。確認する暇はなさそうですねぇ…なの。」
できない子 「・・・できる夫信じるなら
アム破綻じゃないかしらね?
ここまでサブつかないってありえるのかしら
もしくはできる夫偽か」
ギャル夫 「処刑投票能力ベースの魔法を持つ魔法使いの一種 (夜の投票は無し)。
魔法の効果は、河童・錬金術師・蛇姫・火車・土蜘蛛・釣瓶落とし・
弁財天のいずれか。
耐性は適用されないので狩りの対象にはならない。」
できる夫 「可能性あるのはこの中だとできない子さんだけですね。
生存してますし、昨日までならやる夫くんもです。」
やる太 「探知師視点で痛恨がついてないしそれ以外なら結果が出るようなのか火車くらい?」
ギャル夫 「河童ー錬金ー蛇姫ーならありえるっすか」
やらない夫 「もしも終わらなかった場合で
COしたうえで噛まれたギャル実を信じるとして
両義が狂QPの仮定、その場合でようやっと蒼星石のみか。

ギャル実をわざと噛んだんならイーヴン。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →できない子
できる夫0 票投票先 →できない子
できない子5 票投票先 →仏蘭西人形・アム
ギャル夫0 票投票先 →できない子
蒼星石0 票投票先 →できない子
やる太0 票投票先 →仏蘭西人形・アム
仏蘭西人形・アム2 票投票先 →できない子
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギャル夫 「 」
ギャル夫 「 」
ギャル夫 「 」
ギャル夫 「さーて、これどうなるかなーっとっすねっすw」
ギャル夫 「最終日殴り合いとかマジ勘弁なんっすけどっすwww」
ギャル夫 「 」
ギャル夫 「正直やる太さんめちゃ噛みたいっすwww」
ギャル夫 「というか噛まないと正直やってられねーレベルっすよこれ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |   ( ●)(●)
           . |      /¨`ヽ、    ひよこ鑑定士ってコレジャナイ占い過ぎるだろ…
            |     `ト、.,_i     やる夫♂→有頂天人♀→蒼星石♀→メガマリ蝙蝠→モノミ♀→仏蘭西♀→ギャル夫♂♀
           .  |       ー'
           .  ヽ~L「L/~L「L/}      ちなみに呪いには引っかからないだろ
             ヽ     ノ
              \__/
                    大 大

今日の吊りは確実に仏蘭西。


以下終わらなかったらのお話。
やる夫紅天使の、自打ちの、やる太偽ってあると思う?ないよなあ。
狼から見える奴が自打ちっていくらやる夫でも…な。ってことでやる太は盲信。
って言うかやる夫が「やる太を無視して噛まれる」ことを考えて、真傀儡なんだよな。

……やる夫の結果を信じたいってのは、俺の甘えかね?
できない子さんの遺言 狩人表記COよ

初日 護衛不可

希望が通ったわ
けど、希望は持たいないでおく
だって私はできない子だもの・・・

二日目 護衛 やる太 無残 できない夫 (GJ表記)

人形遣い噛んでやる太を始末されるパターンもあるけれど
人形遣い真でないなら普通に噛まれる可能性の高いところね
他に護衛先もないし、ここを守っておくわ

三日目 護衛 リリーブラック 無残 両儀式 (GJ表記)

ほぼ100%夢ね・・・吸血鬼も始末している可能性が高い以上、死体があってGJは考えにくい
一応、万が一真だった時のためにリリー護衛しておくわ
まぁ、ここが真萌えかどうかすら不明だけれど

四日目 護衛 やらない子 

・・・ギャル実が銃殺だしてて、実はリリーでGJ出せてた?
どんだけレアケよ。夢確定でいいわね・・・はぁ
じゃあ適当に獏でもいないか徘徊するわ。今日はやらない子の家にお邪魔するわね


五日目 護衛 蒼星石

それじゃあ、今日は蒼星石の家に行くわ
男の人の家はやっぱり怖いしね・・・
どうせ仕事なんかないし、適当だけれどね

六日目 護衛 できる夫

・・・しょうがないから今日はできる夫さんの家に行くわ
まぁ、ロリコンだし幼い子にしか興味ないから大丈夫よね
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
蒼星石 「おはよう
まあやらない夫噛まれてるだろうし
アムちゃん吊って終わらなかったら最終日殴り合う系」
ギャル夫 「陰陽師CO 仏蘭西人形・アム」
できる夫 「おはようございました。」
できる夫 「サブつかないのは河童ー火車ー蛇姫ですね。

錬金は僕からわかるんでそれだけは発動してないことがわかります。」
ギャル夫 「残り確認していない位置から・・きっと残りの狼が呪い狼とか
あるあはずっす・・・はずなっす!!」
仏蘭西人形・アム 「えとえと、皆様おはようございますなの♪
お仕事なくなった気がする探知師CO!サブの数は0。

……まあ納得かな、なの。」
ギャル夫 「あと、できる夫センパイに聞きたいんっすけど?
なんで、自分の真証明ができうる可能性があるところに投票してるんすか?
そこ、アムちゃんとラインが繋がる可能性があるから残せとかいってもいいとおもうんっすけど?

ワンちゃんかけてグレーに投票すべきじゃないんっすか?この状況っす?」
蒼星石 「で、終わらなかったらやる太だろうなぁ……噛まれるの」
できる夫 「えぇまぁ何も出てないですね。何にも。」
やる太 「おはようだおー。仏蘭西さんかできる夫さんか。って感じがするおねー」
蒼星石 「ぶっちゃけアムちゃん吊って終わらなかったら白狼残りなんだけどね」
蒼星石 「ギャル実真という前提なら」
できる夫 「そもそもいままでの投票見たらわかるでしょうに
異常すぎるでしょう。>ギャル夫くん

まぁ今回のは単純にミスですけどね」
仏蘭西人形・アム 「ん……と。
とりあえずここまでの感覚的に2Wはないと見るので。吊られる分には多分大丈夫だと…ものすごく不安ですけど、なの。

白狼さん候補はギャル夫さんだとは。」
ギャル夫 「いや、占いを信じて、仏蘭西さんをどうするかつう系なんっすけどっす?
割りとこの態度から見てできる夫先輩吊りたいなぁとかおもうんっすけど」
できる夫 「仮に僕がそうですね。この結果だと白狼ですか。 初手やる夫くん投票
なんかしますか? 票ずらしますか?」
ギャル夫 「うーん、ギャル実はおれっち視点
真あり得る位置なんっすよねっす、
あっこで漂白噛みがあるかどうかなっすけどっす」
やる太 「できない子おねーちゃんは恋人とはいえ傀儡であるやる夫にーちゃんの○
先にそっち吊るのってどうしてなんだっけ。
リリブラさんともかくやる夫にーちゃんの○も信用してない感じかお」
できる夫 「ちなみに僕はギャル実さんの○なんですが…
そもそも僕が占われてるの自体意外っちゃ意外です。」
仏蘭西人形・アム 「後、憑狼さんはいないこと保障するから安心するの。
でも、狂人さん残りになる可能性もあるわけで。

……その場合やる太様残されてPPかぁ…分が悪そうなのorz」
ギャル夫 「うーん、わかんなくなってきた系のっす
蒼星石さんはわりとこー発言傾向てきにもう
村でいいんじゃないかなー的なれべるな」
やる太 「ギャル実の○だったおね。できる夫おにーちゃんは・・・。」
仏蘭西人形・アム 「占われるのを『意外』と言われても…なのw;>できる夫様」
できる夫 「あぁ僕狂人じゃないんで。 アムさん吊りならギャル夫くん
入れておきますね。終わらなかった場合何かあると思うので」
できる夫 「あれ、蒼星石さんって占ってたの誰でしたっけ。」
蒼星石 「そもそも探知師見えた後で賢者COするのが何とも言えないなぁ
人外だったら違うCOするかな、ぐらいの違和感」
ギャル夫 「了解っす、それならオレッちしてんできる夫さん
なんか合った場合みきれるっすし、
土蜘蛛結果でお問題ないっす、明日最終日っすしねっす」
蒼星石 「式
狂QPかもしれないけどね」
やる太 「そんなときに痛恨つけられて負ける可能性あるんだからそれこそ吊るほうに投票すべきでは、と思うんだけど・・・。」
できる夫 「今までサブ起きてないのも確率悪すぎるというか
偏り過ぎてるというか 少しは見える結果を出せと」
仏蘭西人形・アム 「……さてと。
ないとは…思うんだけど。これで2W残りだったら全力で謝りますなのorz」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
できる夫0 票投票先 →ギャル夫
ギャル夫2 票投票先 →仏蘭西人形・アム
蒼星石0 票投票先 →仏蘭西人形・アム
やる太0 票投票先 →仏蘭西人形・アム
仏蘭西人形・アム3 票投票先 →ギャル夫
仏蘭西人形・アム を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギャル夫 「やる太がかめねぇええええええええええ!!」
ギャル夫 「ちきしょうwww毒があるんだよwww
どうしろつうんっすかww」
ギャル夫 「まあ、白狼ならばCO的にみてオレッちを
そりゃ疑う系なはなしなわけであってっすねっすw」
ギャル夫 「うーん、蒼星石噛みかなぁとは」
ギャル夫 「できる夫狂人もあるしね!うん!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギャル夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
蒼星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
仏蘭西人形・アムさんの遺言 探知師さんCOなの!
初日に吸血鬼さんのCOがあったのー♪
これでサブの数がいっぱいあったら吸血鬼さんのCOが騙りだって分かるね、なの!

……4日目昼の時点で、サブは『2』つ!
6日目昼でも、サブは2つ!
恋人さんで1みたいだから後1つ…と。
8昼にサブは0!もうないかな?

8昼記入。




……あたっちめんと?(首、かくん >やらない夫様


ん~……やる夫様が恋人で、結果騙りor傀儡騙りしてる可能性は高いと見る。
ただ…白狼あるなら間違いなくギャル夫様。
ギャル夫さんの遺言 陰陽師CO ギャル実/できない夫センパイ(祓いではない)/博麗霊夢/できない子

ギャル夫の陰陽師日記っす

初日
ちょりーっすwwwwww
やべぇえっすwwwまじぱぇねえっすwww
オレッちニート候補まじでありえねぇっすwww
あ、初日は一応ギャル実いっておくっすよwww
オレッちそこいかない理由ないっすしねwww

2日目
まあ、なにもでないっすよねwwwwちょりっすww
それじゃあ、もうほぼかんでいくっすよwwwグレーから
適当にできない夫センパイいっておくっすwww
あのひとなんか、呪い持ってそうな顔してるっすいw

3日目
っちょ、せめてなんでろっすよちきしょうっすwwww
いや、どっかにいるっすいるはずっすよ
とりあえず、もうガイアがささやいてるところいくっすよwww
腋が魅力的な霊夢さんでもういいっすわっこれ!

4日目
占い師が遺言含めてたけのこなんっすがwwwwww
いや、まあこれならグレー継続でいいっすかねっす

できない子さんをちぇっくしつつっすっすね
蒼星石さんの遺言            ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′   毒表記だってさ。夢見てるんじゃないといいけど
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /       そういえばできない夫が主人公のスレって……
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/04/30 (Mon) 03:28:33
できない子 「お疲れ様」
モノミ 「お疲れ様でちゅ!」
MegaMari 「お疲れ様だぜーw」
ギャル夫 「ぎゃーーーーーーーーーーす!!!」
できる夫 「ナイスプレーでした蒼星石さん。」
やらない夫 「お疲れさん。
村が全員頑張った……!多分。」
蒼星石 「お疲れさま」
やらない子 「平和でした」
やる太 「お疲れさまだお」
リリーブラック 「お疲れ様ー、囲い下手でごめんなさい>ギャル夫」
姫路瑞希@GM 「お疲れ様です
村人陣営はおめでとうございます」
やる夫 「ギャル夫は犠牲となったんだお……
疑心暗鬼の、その犠牲に……」
できる夫 「そっち噛んでるなら全力でギャル夫くんでしたねー」
蒼星石 「……やったね♪」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /  「  ヽ \
 |  (●)(●)|
 |     |   |
 |   __´_  |  的確に地雷を踏み抜いたな……
 |   `ーnl^l^l
  ヽ    |   |  お疲れさん
   ヽ   ヽ く
   /    ヽ \」
ギャル実 「あら、本当に噛んじゃった
しゃ→ねえなあギャル夫は!」
できない子 「ギャル夫がデモニカ(蒼星会)ではなかった
が敗因かしら」
やる太 「うわ・・・・。白狼だった・・・。」
仏蘭西人形・アム 「はい、皆様お疲れ様でした♪」
両儀式
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.、::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:::.、:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::.、:::::.、:.:.、::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::.、:.:.:./: : : : : : : : _: :-‐-:―:--‐:―:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.ヽ:::::::::::::.ヽ:.、::::::::::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、::::./: : : : : ; :':´: : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:::::::::::::::.、:::::::::::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.i: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.、::::::::::::、::::::::::::::::.、:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:|: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ::、:.、:::::::::i::::::、、::i、:::ヽ:.:.:.:.:.、:.:.:|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
―`::::::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.ヾ:::ヽ、::::゙ト:,::::Yfミ、:::::::、:.:.:.:.ヾ::{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:
:.、:::::::::::::::.\:.:.、:.:.:.ヽ:.:.:.:.、:.、::ヽヽ::/X:::i^、i'ヽ:、:::.:.:.:.:.ヾ!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :     蒼を占っておいて
::::ヽ::::::::::::iWト、:.:.、:.:.:.ヾ::.、:::.ヽ:::゙レ'::i'〃l:}/ヾ. i:::::::::.:.:.:.:.∨: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : :
::::::::ヽ:::::::ゞ  i:ト、:.、:.:.:.ヽ:::、::::iヾメ,イi':::::リ   i:i::::::::::::.:.:.∨. : : : : : : : : : : .: :/: : : : : /     正解だったな……!
::::::::.:.゙iゞ´   l:l ヾ::、:.:.:.:、:::.:.:.l/}:lイリ`/′   l:ト:::::::::::::::.:.∨:. : : : : : : .: .:/: : : : : / ::
:::::::::::.:.i     l:l ヽ:.i:.:.:.:.、::::.:| リ'   ′    l| l:i:::::::::::::::::.∨.:. :. :. :. :./. : : : : /:: :: ::      お疲れ様……
:::::::::::::.:i     l:l  }:!、:.:.:.i::::::|′  __,.-- 、! |:l、:::::::::::::::::::ヽ:. :. :./. : : : : / .: :: :: ::
:::::::::::::::゙.、   l:l  l:l .>::::l!::::|  /  '    ` <.:::::::::::::::/:`:ー': : : : : : .: :: :: :: :: :: ::
:::::::::::::::.:.:ヽ  l:l  l:イ〃!:!l:::,ゝ-'  /  ノ   ,    `゙<: :. . . . .: :: :: :: ::____
:::::::::::::::::.:.、:\ l:! //::ij、リ:/  /  /  /   ノ    `<.ゝ‐ ¨ ̄
::::::::::::::::::::.:.ヽ:.イ´/'、::::::/ {  /   /   /   /」
モノミ 「蒼星石お見事でちゅ!」
できる夫 「恋耳鳴ついてんじゃないですか。 言いましょうよ>やる夫くん」
やらない子 「やる太噛みでしたねぇあそこは
後続のなかまのためにも」
MegaMari 「ちくしょうwwwwwww
囲い噛みなんてやってないで雛占い師噛んでほしかったぜwwww」
仏蘭西人形・アム 「蒼星石様、いいお仕事なのぉ♪(てちてちてち、ぎゅ」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    そう言うのってFriendさんの役目だよなあ…>鈴蘭警戒して横の埋毒噛み
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |」
ギャル夫 「やめてwっw地雷原いるとかマジ勘弁してくれっすwww」
霧雨魔理沙 「お疲れさん」
やる夫
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\       言ったじゃないかお!>やる太
     /    (__人__)   \      白狼がいるって言ったお、やる夫を吊るすとかありえないお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl」
できない子 「後はできる夫の賢者COもいいわよね
くさすぎて狂人っぽいというw」
やる太 「なるほどなぁ・・・。蒼星石さんだったー。ナイスお仕事すぎるお。」
やらない子 「傀儡か人形遣いかの2択にかけるか
死ねる中身の多い人形CO咬むのってどっちが死ねるかって聞かれたら後者だもん」
蒼星石 「絶対やる太噛むと思ったからさぁ
いやぁ、よかったよ」
できない夫
.            __
            /::::::. \
         /::::::ヽ;;:   \
          (:::::(::::冫    |
        |:|::::::        |  最初やらない夫―できない子にしようと思って
       r‐-;::::::. .     |  可愛い妹と白長つなげるのはな~とか思ってたら
       (三))::´:..    |   やる夫―やらない子に
       >::::ノ:::::::::.    /
      /::: / ヽ;:::::::::   /
      /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
      (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
            |\::::::::::::;;:1
            |:::::\;;/:::|」
両儀式 「                          ..-- .._ ___
                         ,.. ´:::::::::::: '´:::::::::::` .
                    ..´ : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.
                      / : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:/ :: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::: '
               /:. :::::/::::::::::_::、:::::::::\::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::: !
                 /:/ :::/ :|ハノハ:ヾヽ:\\ :::::::::::::: i ::::::::::: |
             .イ ::::.' :/||     |::::!:i|::|!ハ::::ヾ: !::::::: |::::::::::::::|
             |:!::::::!::|‐||     |:‐|‐i::|!|-!|:::!: |:::::::::|::::::::::::::|
                八::ハ!:ィ=ミ    i/ !ィ|=リ川レ|:::|:::::::::|:::::::::::. |
                    Yヾi iハ      iハ  》‐ |:::::::::|:::::::::::: |      というかなんか
                !:::i リ       リ    ! :|:::::::::|::::::::!::::|
                !从   ,           |:::|:::::::::|::::::::!:::: |      リリー曰くオレ占いと思わずに
                 |:::::: 、            |:::|:::::::::|::::::::!:::: |
                 |i::::::|::\ __        |:::|:::::::::|::::::::!:: |     噛んだらしいんだが……
                 |i::::::|:/ ィ、`    _... ´|:|:::/!::|::::::::!:: |_
                 ─‐く/::|:::`丁::::::::ハ  |/|/ Vハ::八..-─ ヽ  噛まれなけりゃ●引いてたと言うに
             .─― 、 |‐、!|:::::: |:: /  ハ       /       |
            /─‐ 、 |ノ ノヾト ゝ' |   | !    /    _..─―ヽ
               / ― 、 |/ /   .'  |   |    /    /     ―く_
           /  i  レ' /   /:    |   |`   /    /        ヽ7
          '   !ノ  |  .′!   |   |   /    /         |
            ′   |   ′ .  !   |   |  ′   /:..          |
         i      /    ′ :!   |   | /    /:::/          八」
仏蘭西人形・アム 「…ちなみに。
4日目にCOした理由?久しぶりだったので結果出したくて出したくて後先考えずです(何」
ギャル実 「恋人であった以上、結果はガンスルーじゃんよw
まあ恋人も惜しかったじゃん?>やる夫」
できる夫 「いやーまぁアレですよ。
傀儡CO遅すぎなんで。 なんで吊る進行時に撤回してるのかって
話ですね」
やらない夫 「多分やる夫噛まなかったら翌日吊ったから
届かなかったんだろうなあ、俺じゃあ。」
できない夫
      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (t:ク)(t:ク) |
.    |    |   |
     |  、__´___  j  いや、魔理沙吊りで死んでると思う>やらない夫
     |        }
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      i⌒\ ,__(‐- 、
      l \ 巛ー─;\
      | `ヽ-‐ーく_)
.      |      l」
やる太 「いや、やる夫おにーちゃん噛まれて終わったじゃないかおー・・・。
結局吊らなかったお。」
やる夫 「       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \        できる夫のために何かするなんてじょーだんじゃねぇお!>できる夫
  /(●)三(●))   .\       やる夫とやらない子の新婚生活で出たゴミをまとめて送ってやるお!
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \」
できない子 「それは助かったわ
恋人、苦手なのよw>できない夫」
ギャル夫 「どうだろっすね、皆さんならこれどこ噛むっすか?
3灰にするためにやる太さんを噛むっすか?」
蒼星石 「まあ僕残されてもギャル夫吊ったんじゃないかな
直前に言った違和感、どうしてもあったしね」
できる夫 「チカさんはもうこれ…正直存在が真じゃないですか?
なんで吊ってるんですか? 」
やらない子 「噛んでもらわなければ即死だった…>式
その場合カウンターで蒼と貴女に●が飛んでったけど」
両儀式 「                ,.  _ _ _  ,..   .,,
              /     `´      \
             /               ヽ
             イ              、    ヽ
           /  /  /   ヘ ヘ  i  |  、 i ヽ
           |  i  i i!   // ;,ハ    i  i   ヽ
              i  |  ! ハ  i |   | i  |  |    ハ
           |  | ii | i  | i    | i | ii ハリ    i
              |  i | i ハ i |    |Lハ.-┼‐一!    |
          l   レハ「 ̄` ‐-    ィTナトァレ!    i   ああ、リリーの○?
            i       i ==-‐     ゝz..ノ  |    |
          ||  i   i!      !       /i   i  |    占うつもり無かったな
          ||  i | iヽ.     '        /i i    | i|
          i i  i ! i i 丶   ー 一   / :i :i   i  i!
          | li  | i i ; ; : `; .    .イ : ; : i: |  ハ i i|
          | il  iヽl ii: ; : ; :| `  ´  | : ; : r.,j  / ! l |
          i iiヽ i /| ヘヘ i        !/^| / /〈 /リハノ
             /.:.: |   ヽヽ    /   !:.:/:.:.:.ヽ
           / .:.:.:.:.:i    ヽヽ /    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y
         _,イ.:.:.:.:.:.:. ヽ    ヽ/     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L、
       /;.;.;i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.\
       /.;.;.;.;.;.;.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶 /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!;.;.;.;.;ヽ、」
できない夫
          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   「   \
       (⊃   ( ●)(●)
        |       |  |   おう、ありがとうな
           |     __´___ノ
            |     `ー'´ } \  ならお返しに俺の一人暮らしで出た家庭ごみ
          /ヽ        }.  \  を押し付けるわ>やる夫
      /   ヽ、.,____ノ      )
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    まあ……やらない子が選んだのがやる夫なら、文句は言わないだろ。
. |     (__人__)    妹が旅立っていく悲しみ…そして喜び
  |     ` ⌒´ノ    お前さんもいつかな>できない夫
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \」
仏蘭西人形・アム 「……探知師的には、投票結果見る限り賢者の信頼度結構有りましたけどね^^;」
霧雨魔理沙 「チカさん吊るなんてありえないよなー」
できる夫 「ぶっちゃけ何見て僕殴ってるのかっていうか
僕の今までの奇行見といて今更殴りに来るならどう見ても体のいいSGですよね。」
モノミ
        フ⌒     イ:::::::::`
        イ  ヽ― Y:::::::::::::::::::)
         x      ゞ::::::::::::::ゞ
      イ ツイ    【代理】:::::::イ
     イ  ゝ ト ::::::: 〃▼`エイ::::i          村建て&同村ありがとうございまちた!
      ヽ  ヽi     、_,_, ェェ/:::::|
          ゞ      f千::::::::          最初に自分天人を見た時は遺言の通り絶望ちまちたが、
       ヽ        !::::::::::::::ヽ
       ノ         !::::::::::::::::::ヽ       やらない夫師匠が指定先を作ってくれて助かりまちた!
                  !:::::::::::::::::::::ヽ
                  i::::::::::::::::::::::`:      村はお見事でちゅ!私特に何もやってないでちゅ。
      i        '''"¨ ̄丶:::::::ヽ::::::::ヽ_
      i       イ     ハ::::::i ゞ:::::::::::、  お疲れ様でちた。またどこかの鍋でお会いちまちょう!
      、      l        l::::::i  ゞ::::::,.'
       ト     ト       ノ::::|     ̄
                X) イ::::イ
       ゞ     \ _-=f::::〃
        `    イ::::::::::::::::::ノ
        ノ   ソ::::::::::::::::::::イ
        l  l   ̄l:::::::::l
       ソ  ノ    l:::::イ
      (   )    ト::::ヽ
               (::::::::)」
ギャル夫 「チカさんっすか?いや、噛みたくてしかたがなかったっす」
MegaMari 「>ギャル夫
勝てそうに無いから賢者噛んで狂人COかなぁ」
できない夫
      / ̄ ̄\
    /  「  ー \
    |  (●) (●) |
.     |     |     |  希望してない恋人ってこう……
     |   ___´___   |
.   l^l^ln      |  選ぶの悩むよね? 俺とかよく刺さるから余計に気持ちがわかる
.   ヽ   L     |
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     \
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
やらない夫 「         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|   それはIFVさんだ>魔理沙吊りで死ぬ
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |」
仏蘭西人形・アム 「こらこらこらこらw>できる夫様」
やらない夫 「チカちゃん超絶吊りたくなかったんだけどラス灰吊らないでどうすんだよお前ら!w」
リリーブラック 「式の占いで蒼星石○見えなかったら蒼星石●出すつもりだったのよねぇ…
そのままだしちゃっても良かったかしら?」
できる夫 「ハハッヌカランと言う名の土蜘蛛バズーカかましておけばよかったですね。>やる夫くん」
やらない夫 「いや吊りたくなかったけど。」
霧雨魔理沙 「不幸な主人公は全部毒で落とすぜ」
ギャル実 「つまり何
やる太君噛みを避けたって事はよ?
ギャル夫はショタの素質もあったってこと?」
できない夫
        / ̄ ̄\
      /   ⌒   \
       ≧z z≦     |
      |“ |  “    |
      l __`___      |   デッキー知ってるよ
        { `ー'´     │
       _{         │  旅立つのは画面の向こう側だってこと>やらない夫
     ( ヽ、___/  )|
      |  ヽ   | ヽ|
      ゝ ノ    ヽ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ギャル実 「ドン引きだわ→
マジドン引きだわ→」
やる夫 「     ____
    / ⌒  ⌒  \      やる夫が恋人に選ばれるのは、もはや義務と言っても過言ではないお
  ./( ―) ( ●)  \    モテる男は辛いお……
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |
  |    ー       .|
  \          /        惚れてもいいのよ?」
両儀式 「               ___
            . .:.:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.「i:.:ヽ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:i:.:.|:i:.:|i:.:\
.       / .:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.トrx||:.:.i:.:.\
.         /:.:.:.:..:.:/.:./:.:./:.:.:.:.:.:.|  ||:| |:.:.i:.:.:ト、
       |:.:.:.:.:.:.:|.:.:|:.::.:|.:.|.:i:.|:.i|  |lノ_ト、i.:.:.|
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:斗‐ 77ソl ├‐- 、| ト}
       |:.:.:.:.:.:.:|.:.:|:.:.::|kfフノ `   下ヽ | | i      IFVさんに飲茶さんに
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:.小       ' }  }
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|.:.:.:|ハ   ,__ _, |  |      こうめいさんに緋色さんで
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:.:.|:.:.:i   `′`' ∧  \
       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:|:.:.:.|.:i:.ト .__   /:.:i.:>'´   \   【何かと不幸四天王】だな……
       |ノハ.:.i:.:|.:.:|:.:从ノjハi} /  ̄:.:.:.<        \
       レノjハ从}レ′}ノ   レj从ノノ}i}\      \
         ,,:''"´゙"゙""'ヾ   ヽ''"゙"゙"'':.、\      \
        ,;',,..,,_,..,,_,,,.   ゙'':.、 ゙'''ト、  ;,.  丶       \
       / ‐-    ゙'::,   ':.、 __)、,,.ノ   \       \
      {     `ヽ   ゙':.,,.,_,.,,ト、::::::::::\\           '
      |       } .:.i :.:.:i    \::::::::::\`ヽ          ノ
      |..:.:..     | .:.|:.:../:.     \::::::::::`ヽ.\ ‐ -- ─
      |.:.:.    .: | :.:l:./:.: :. . . .    }::::::.::.::::} ハ
      ヽ.     .::|  i:.:.:.: .::..:::.:..   |::::.:.::.::::|   }」
蒼星石 「まあ狼が騙る役職でもなかったけど、グレー潰さないとねぇ」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ 
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'    選んだというか押し付けられゲフンゲフン
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|    
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
ギャル夫 「いや、充分仕事をしてくれたっすw。>リリブラさん
これはオレッちの判断ミスだったっすねw
展開を見越してリリブラさんにやる太さん噛んでもらったほうがよかったっすw」
やる太 「各残った人の占い○もらいをまとめてたけど・・・。
できる夫さんだけギャル実だけの○になってるし微妙だったなー・・・。
逆にギャル夫さんは占われすぎてて 蒼星石さんは式さんから占いもらってる。
うう・・・無理だったかも」
やらない夫 「…そう言えばお前さんが下界にいた日って
俺が蝙蝠結果出したから割と真面目に何もやってないんだな…w>モノミ
ごめーんね」
仏蘭西人形・アム 「4日目COの探知師は噛めないでしょう真面目な話。
狼にとって重要度ものすごく低いです^^;>ギャル夫様」
できない夫
           *
    / ̄|   +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x.   ( t:ク)( t:ク)   |     人
  ,―    \.  |  |       |      .`Y´
 | ___)  ::|.. l __`___       |    俺って言うほど不幸じゃないんじゃね?
 | ___)  ::|+ { `ー'´     │       十
 | ___)  ::|   {         │   ほら、ここ最近はかなり運向いてる
 ヽ__)_/   ヽ、___/  )|
                   | ヽ|
                  ヽ ノ」
できる夫 「僕噛みを避けてるのでゲイの気もありますね。」
やらない夫 「       . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |   いや…やらない子は画面どころか霊界に旅立ったぞ?>できない夫
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|」
両儀式 「       , -―'"      _, -‐'`ヽ、
     /    , ' , -‐'"   、r- i ヽ
     /    / /       ,、ヘ  i ヽヽ
     i    /i  i  l     lヽ/ヽ ヽ ヽヽ、
    i    / i  i   l  l  l l    i i i,iヽi
.   i   / i  i  i  i  i l    i i i il
   i  /   i  /i  i  i   i i i  '"リtl/ l
   i   /    i / ヽli  /l /'"   イ;d l  i
  / /l    i'    i / ,-‐r‐    ヽ、i  i
 // / i   ∧    l<ヽ;;d      ' 〉i i
./'"l /i i   i r'l    l l        _ /l lヽi   蒼は割と結果引くの狙って
.  l i i  i  i lヽl   ll l       ' / l l
.  レl N l   l l  i   iヽiヽ 、____ /_〈l /     占ってるからな……
    ヽl、 lレ'/"~lノ,      /  ヽ,,l/
        /    `゙゛‐- 、 l-、  ゙ヽ、     オレ噛みしなけりゃ
        〉-―-、      >ヽヽy‐、___i
     /";;;r‐r 、ゝ`ヽ、  il ̄l l::::::::ヽ      吊れた可能性はあるんじゃないか?
    /;;;;;;;;;;/;/:::::::::::::l;;;l;ヽ、 /l::::;;lヽi`゙゛ヽヽ
    /;;;;;;;;;/;/;;:::::::::::::::l;;;l::::::`:::ll::::::l ヽ  `ヽヽ
   l;;;;;;;;;;/;/;;;;;;;;:::::::::::::l;;;l:::::::::::::ll::::ヽ ヽ   ヽヽ」
ギャル実 「つまりまとめると・・・?」
リリーブラック 「まあもう一日潜るつもりだったのにあそこで萌えちゃったのがケチのつけ始めのような気もするわ」
やる夫 「ショタでロリでゲイとか……救いようがねぇお、ギャル夫……」
できる夫 「いやまぁ正直僕占うとこじゃないのが正直な感想なわけで
だからこそ困惑してました。」
できない夫
       / ̄ ̄\
      /   「    \
.      |    ( ●)(●)
.     |       | |  というかあの人には負けるわ……>IFVさん
      |       __´___ノ
.      |     `ー'´}  不幸レベルで言ったら俺の三倍くらいあるんじゃね?
      ゝ_     ノ
.     ─(___.)─(__)─」
ギャル夫 「いや、チカサン的ないみで噛みたかっすw>アムちゃん」
できる夫 「男の子でも女の子でもイけるってことですね>ギャル実さん」
ギャル夫 「ゲイはどっから来たっすかぁあああああああ!?>やる夫先輩」
やる夫 「付き合いを考えなおしたほうがいいレベルだお(ヒソヒソ>ギャル実」
仏蘭西人形・アム 「個人的には。
やる夫様噛みのタイミングでギャル夫様が噛まれてないんで、白疑い持ち始めた…ってとこかなぁ?
説明と説得不足でごめんなさいなの(ふかぶか>やる太様」
やらない夫 「チカちゃんは「恋人いるよー」って教えてたから
正直QPすらなかったんだよなあ。
何で吊ったって言われるとラス灰としか言えないんだが…うーむ。」
姫路瑞希@GM 「さて、私は報告してきましょうか」
モノミ 「いやいやww本当に感謝でちゅw>やらない夫師匠
指定役とか胃が痛くて仕方ないんでちゅwwましてやなれない鍋でちゅちww
師匠の占い結果で一気に気が楽になりまちた!」
できない夫
.     / ̄ ̄\
.    / 「  へ \
    |  (●)(●) |
,nm .|    |   | m、  俺の彼女はここ最近3DSにいてな……
||川n |   __´___  | r川 ||
ヽ  ! |   `ー'´  } ゙!  ノ'  昔はPCだったんだよ
 | i. i       i |  |
 ヽ ヽ. ヽ       / ./ ノ
  \ \i       i ノ ノ
    \       /
      `i      |´」
両儀式 「         _,        ._
       ,r.'´::::..::. ` '´   ..:.ヽ
.      i'.::::::::::::::::.::... ..    ::::.. .
.     i.:::::::::::::::::::::::::::...::..     .::....
.    i.::::::::;::::::i:::::;i,、:::::;i::...   、
.    i..:::::::::i'::::i:::;:::l!!i'v'!!ii::.l:..i:....,.. i  ..
.   l.:::::::::l::::::i::i'l::l     l:::l:::l::::i:..'i ::::.. ,
   l::::::::::l::::i'l::l l::l    l::li::li:::i.i:..;i .::::..i
.   l::::::::l::l:::i' l::l i::l     l::l i:li:::! i:::i:::::::::.i
   l:::::::::!ニit_!t+-!l、   i;-rf't:f'ニf:::::::::::i
   l;:::::::::l:i`モ〒cラ`   ´ィ〒cラ´i::::::::::::.i   正直 占っても
   !ii::::::.:::'i!   ̄        ̄ !::::::::::::.:i
  i i:i::::::.:::::!,            ,l::::;::::::::::i    これ死ぬんじゃね?と思うと
  ! 'i!l::::.:::: l:ゝ、    '     /il::::i:::::::::i
.  i li l:::::::::.l::::i:;:'...、 ´ ̄  /i:::l::::i:::::::::i   占えなかったな……>できる夫
  i l' l::::i,::::l.;::i:i:::::lヽ、   /!::::l:::l::::i:::;:::::i
   !  l:::l i::l:i.:i::i::::!  ` ´  l:::l::::l:::i:::j:::::i
      l:l, i:|:i;i.j,イノ       iテi;:|i:i ' ′'
      '! i/  !,       /  \」
やる太 「     ___
    /―   ―\   ほほう・・・>ギャル夫おにーちゃん
  / ━■━━■\
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ        ィ’」
仏蘭西人形・アム 「まていw>ギャル夫様」
やる夫 「つまりゲイ以外は自覚している――ということかお>ギャル夫

言質とったおおおおお!!!!」
ギャル実 「そ、そだね・・・ちょっとツルむの考え直そうかな・・・>やる夫」
やらない夫 「      (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)     そいつは不幸の質が違うだけだな。
     |     (__人__)      IFVさんだって魂恋人とかやったことないぜ?>できない夫
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)」
できる夫 「こう…賢者の能力がちょっと貧弱な気がするんですよねー…

葛の葉能力ありならすっごい輝くと思うんですよねー(チラッチラッ」
両儀式 「ああ ちなみに
ギャル夫もMegamariも吊りたいところでは云々のくだりは
死ぬほど適当に言ってた。というか
ギャル夫もMegamariも発言見てないぞ」
やらない子
                     /^ヽ  . ‐─ ー 、 ハ⌒ヽ
                /:::::::/::::::^::`:⌒::::::\::ヽ/.:::ヽ
                    ノ:::::://:::::::,ヘ::::::::::l::::::i:::::l::ヘ<.:.:::::〉
                 〈::::.::,´:::::::::/ ヽ:::::::l::::::i:::::::::ヽ:::\:|
              ,'::::::∧::.:./`   ヽ::::l´::::|ヽ::::|::::l:::::::\
              !:::〃:,ィ゙:/___   ヽハ\ハl:::/|:::}\:::::::l\   大丈夫。
        .   nn ノノ,:::/::!'" ̄`   x==、ハレ::|:::|  \:::} )
          .Yi.| | |/. { ::::::! ""  '   "" /:::::/::::|    }::l   大して変わらないから!>できない夫
          |.i.| | | /} .',:::八  t ‐__ァ  ./:/::/:ハ::l   ノノ 
        .  !  , !'./  ヽ::|:\  rf^ト、_, |:/:|/::::| ノ /     ピッコロさんとクリリンくらいの差じゃない?
          {  /  !   /:ノ:::|:|:i' |.! .!〉'/:|:::/:::::::l\_,
          〉___./ ,ィ/ィ{::::/ィリ. } ' . }/::::::::ソヽ:::) ̄ヽ
        . .{ー─‐‐レ"|::ト从/::|__/  /゙/:/:.:.:.:.>、
         /ー──' Y∨ヽ,.:.:.:|-{  ,ィ゙、{/:.:.:.:.// ヽ」
やる太 「そうかお、漂白されてるのに噛まれないってとこに重きを置くべきだったかお。
うーん、全然見れてなくてひどかったお・・・>仏蘭西さん」
できない夫
   ,/テ=、/ ̄ ̄\
   | ///,.-ー`  「   \
.  | // / ̄ ( ●)(●)
  |   /       | |  えっ? 仏蘭西さん?
. /`ー、ノ |     __´___ノ  もうアイコンの時点で白くね?
/、   > |     `ー'´}
 ` ヽ´  ヽ        }  できる夫は多分生きてたら●投げたなぁ……
   /    .ヽ     ノ」
モノミ 「うわぁ…ドン引きでちゅ…>ギャル夫」
霧雨魔理沙 「葛の葉!それがあったか!」
両儀式 「賢者は七曜を表現する能力者だからなあ……」
できない子 「そこは己の運じゃないかしら
気合で土蜘蛛だすのよ、もしくは鶴瓶>できる夫」
できる夫 「ですよねー>式さん

僕自身が奇行をしているというのにそこ占うって正気ですか?
しかもやる夫くん入れた直後にって話ですよ。 まぁ狂人でしたけど!」
ギャル夫 「その二つもきゃっかっすよおおおおおおおおおお>やる夫先輩」
リリーブラック 「じゃあお疲れ様でしたー
うん、最近狼ばっか引くし
もっと騙り勉強しよう」
姫路瑞希@GM 「あと後半指摘するの忘れてましたけどAAは遺言のみ可って言ったじゃないですかw>やる夫さん」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /   ー'  \
 |    ( ●)(●)
. | U      |  |
  |     ___´___l  でもそれっておかしくね?
.  |    /__ }
.  ヽ        }    だって魂恋人だけじゃん>やらない夫
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |」
やらない夫 「あと師匠は本当にやめてwwwwww>モノミ
ギャル実もだけど、RPとか発言好みだから対等でいたいの!俺を上に見るな!」
ギャル夫
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、    
  </ /"" \ .ノヽ. \   
   //, '〆     )  \ ヽ  ・・・もしかして、これはオレッちも不幸街道にはいりこだっすか?
  〃 {_{   ノ    ─ │i|   
  レ!小§ (○)  (○)  | イ  
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|」
仏蘭西人形・アム 「や、問題ありません。
私でも吊る。というかあの場面なら人柱になって明日に向けて準備してもらった方が絶対にいい>やらない夫様

2Wの気配を感じたときは徹底抗戦ですけどね^^;」
リリーブラック 「人馬の能力が欲しいと?>できる夫」
やる夫 「どう見ても狂人クセェから占う気がしなかったおwwww>できる夫
狼っぽさじゃはるかにギャル夫だっただけに、○が出たのは意外だったおー……」
できる夫 「チカさんは最後まで残してもうLWしかない!って状況で
皆で胴上げしつつ落とすんですよ。 マットの上に。そういうものでしょう。」
MegaMari 「取り敢えず私はおかわりを(ジャンキー」
モノミ 「やめてと言われたら…やりたくなってくる(`・ω・´)キリギリッ>やらない夫師匠」
蒼星石
    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/       最終日直前にLWに毒噛ませるの、これで二度目なんだよね
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)   マニアCO。
   |      (__人__) /;;/   阿良々木コピー。
.   |        ノ l;;,´     役職は祟神だけど秘密。>できない夫
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
できない子 「ロリ河童の時点で不幸じゃないのかしら?>ギャル夫」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ 
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'    (今度から私も兄さんを見かけたら師匠とよんでみよ)
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|    
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
やらない夫 「寝ろ!w>メガマリ
明日また食えばいいだろ。
GWはまだ始まったばかりだ」
両儀式 「月:蛇姫 火:火車 水:河童 木:釣瓶落とし 金:錬金術師 土:土蜘蛛 日:弁財天
だっけか」
できない夫
   | _- =-     |
   |= -_=  _   |
   |=_=「   │
   |-_ ( ●)(●)
   |=_‐     | |   俺って不幸不幸言われるけど本質はこう……
   |_ ‐_= ___´__ノ
   | ‐= =-`ー'´}   どこにでも生えてる気のようなプレイヤーなんだよ
   |= -_=     _|   ほら、存在感ないし
   |=_=_  _   |
   |-_=_ _    |
   |=_ =    |
   | _ ‐=‐     |」
やる夫
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     あれ? やる夫、昼間にAA使ってたかお?>GM
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |」
仏蘭西人形・アム 「まあ、どこに重きをおくかは個人の感覚ですから。
今回は私が見てたとこがたまたまあってただけです^^;>やる太様

…できる夫様と蒼星石様が狼の気配なさそうだったのも。」
ギャル実 「もしも狼だった場合
一押しで簡単に吊れちゃう
だから囲い狙い、そんなところだよ
狂人の仕事は怪しいところに○出すことかなと思ってる>できる夫」
できる夫 「七曜といいますが…

S&Bカレー曜日が混じったって誰も文句は言わないと思うんですよ…」
霧雨魔理沙 「へー」
やる太 「むしろできない子を吊ったのが後から疑問になっちゃった感。
傀儡撤回してちゃんと噛まれてるのに○結果をねつ造してると見るんが疑問だったお。
恋人遺言だから気にしないで今回はよかったんだけど・・・。」
ギャル夫 「                   /!   ./!
               ,イ /  i  /  |   /!
             / /    レ'"  .::::レ'" /.|
            /レ'    ./   .::::/ .:::/ :レ'!
           /  i     / ー-、/ .:::/   / ,
           入/ ∧    /   ヾ  ̄`ヘ  ///
         / ./ /-‐-、__ / /\  ヘ .i .∠___
        //./ /,o o ノty'" ̄¨ ヽ   |   ..::::::/  
...    /イ´  { | .,y-< .{ i  y‐-、 i   .| ヘ::::::<_   先生!最近、おまえ狼っぽすぎるわってよく言われるんですが
    / ./  r'"i i./ イ::} i ゞ /.{::::} ) .|  i :∧ー─'"
.    ソ .i  ./}'"{Y弋_`´ィ   >、ノ .| ./  .',       どうしたらいいんでしょうかっす!
.    ´  | / 〉-}.  〈    .人   }  | .,' ∧i: ',      
       | ∧ { ノ   `ー〈   ソー'"  .!イ ./ヘ::l ヾ
      ソ ', ハ、      `ー'      ´.|∧ Ⅳ
.        ソ  >─⊂¨ヽ__ノ´ヽイ¨´ ソ .ル        
        |__,\三三 `i   /三ニ/ .:/        
        ハ  \_z='"!   ノ三三/_/!         
        |::{.\_入 `{三三} ̄ ̄  /::: |」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 / _ノ  ヽ、\
 |  (●) (●).|
. |  (__(⌒.)  |    やらない子よ……
  |   `/ /  (⌒)   お兄ちゃん体罰はあんまり好きじゃないけど
.  ヽ  / / ./ /    必要な時は行使するのも愛だと思ってるよ?
   ヽ/ // /
   /    こ二二⌒)
   |     \
    |    |ヽ .\
          (.__)」
できる夫 「まぁ当たりっちゃ当たりですが
奇行すぎる場所は逆効果じゃないですか? 僕は今回奇行しかしてない
ことを自覚してます」
やる夫 「消毒液にでも漬かってくるといいお>ギャル夫」
MegaMari 「>やらない夫
いやだぜ!リベンジだぜ!(」
両儀式 「                      / : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:/ :: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::: '
               /:. :::::/::::::::::_::、:::::::::\::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::: !
                 /:/ :::/ :|ハノハ:ヾヽ:\\ :::::::::::::: i ::::::::::: |
             .イ ::::.' :/||     |::::!:i|::|!ハ::::ヾ: !::::::: |::::::::::::::|
             |:!::::::!::|‐||     |:‐|‐i::|!|-!|:::!: |:::::::::|::::::::::::::|
                八::ハ!:ィ=ミ    i/ !ィ|=リ川レ|:::|:::::::::|:::::::::::. |
                    Yヾi iハ      iハ  》‐ |:::::::::|:::::::::::: |     鍋なら正直
                !:::i リ       リ    ! :|:::::::::|::::::::!::::|
                !从   ,           |:::|:::::::::|::::::::!:::: |      発言をどうこうするよりも
                 |:::::: 、            |:::|:::::::::|::::::::!:::: |
                 |i::::::|::\ __        |:::|:::::::::|::::::::!:: |     CO関連の方をどうにかするべきだろうな……
                 |i::::::|:/ ィ、`    _... ´|:|:::/!::|::::::::!:: |_
                 ─‐く/::|:::`丁::::::::ハ  |/|/ Vハ::八..-─ ヽ  オレも苦手だけどそっちは>ギャル夫
             .─― 、 |‐、!|:::::: |:: /  ハ       /       |
            /─‐ 、 |ノ ノヾト ゝ' |   | !    /    _..─―ヽ
               / ― 、 |/ /   .'  |   |    /    /     ―く_
           /  i  レ' /   /:    |   |`   /    /        ヽ7
          '   !ノ  |  .′!   |   |   /    /         |
            ′   |   ′ .  !   |   |  ′   /:..          |」
ギャル夫
               トヘハ八トヘハ八_
               V        ∧
            ハ           ∧
          ⌒≧ /  V^^N〆、  ∨   まだ、夜は寒いんっすけどねっす・・・>やる夫先輩
           /彡  〆x ノ , \ \ ヽ\
          / ,〃 ハ _ノ   ー \ l |:::::\  了解っすよ・・・
      / / ,,;;ル从§(ー)  (ー) ヾ |\::::ヽ
    /  / ,,;;;;  ;乂§  (__人__)  ,从イ ,ヘ:::::}
    /  ノ,;;-==ーァ、__>、      .イ:イ:|/ ::::/
   // /     /´     ゚ ∞ ∞ ゚t「.:ノ:.ノ\/
.   ! | ノ ,イー´≧{─ヽ        ヾ、::::ヽ ヽ,
    }  ::ノヾ、  /:::::::::::Y         |ヽ、:.:ヽ Y
    !;;;ノ  ヽノ:::::::::::::::::|         |ノ ヾ,,,,,ソ」
できない子 「けど、COがアレじゃダメってことよね。
結局恋人の戯言って流されちゃったし白狼の可能性は残るし
噛まれた以上、真傀儡しかありえないんだけれどね>やる太」
ギャル実 「逆に天子ちゃんは完グレ投票なら薬師かなんかなんだろうけど
対話するつもりが皆無だったから、後半の黒候補」
やらない夫 「まあグレランが魔理沙-ギャル実のランだから、とにかく強かったな。
あれはお見事。」
ギャル実 「まあそんなところかな
結局は結果真になってるならアタシもまだ初心者だねって」
両儀式 「ギャル実の動きが
いまいち村に見えなかった>やらない夫」
霧雨魔理沙 「落ちるぜお疲れさん」
MegaMari 「あのグレランで魔理沙救っとくべきだったかなぁ」
やる太 「       ____
      /―  ―\     やる太も人外臭まきすぎて怪しまれるおー!
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i 人外臭同盟に加盟してるほどだおー
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )」
やる夫 「よく見たらもうこんな時間じゃねぇかお……さすがに眠いお、お疲れさまだお!
次こそは恋人勝利、してやるお……

……QPはやらない夫に刺してやっても、いいんだお?
モテない男を救済してやるのも悪くないもんだおwwww」
MegaMari 「まー 今度は勝とうぜ、魔理沙
お疲れ様だぜ」
両儀式 「◇ギャル実 「初手はギャル夫占いか
不自然で引っかかるね」
これだな確か」
できる夫

僕が狼で足り得ない理由としては今回のイメージが

        ____     Fat Manだぜ!
      / \  /\
     /  (●)  (●)       ガシュン!
   /      ___´___  \   ,イ´ ヽ
   |       `─ ´   | /  ヽ ノ、
 .  \           //      /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,   /
      |  ,___゙___、rヾイソ  /
     |            `l ̄ /
.      |          | /  これのおかげですね。>仏蘭西人形・チカさん」
霧雨魔理沙 「次は同陣営勝利だー」
やらない夫 「天子はなー。
投票系の役職なことと、狂人じゃないこと(真か雛狐の俺に入れないわけがない)は判るんだが
発言で村決め打ち出来なかったからなあ。
毒中って喜んじまった。」
MegaMari 「おうよー!>魔理沙」
できない夫
                | _- =-     |
                |= -_=    _ |
                |== 「   │    鍋って本当にCO関連大切だよなー
                |-_ ( ●)(●)
                |=_‐     | |  ライン騙りとかで決めてみたいお年頃
                |_ ‐_= ___´__ノ  初心者だからさ~。色々やってみたいのよ
           ┃   | ‐= =-.`ー´}  ┃
         ┃┃   |= -_=     _|   ┃┃
       ┃┃┃   |=_=_  _   |   ┃┃┃
     ┃┃┃┃   |-_=_ _    |   ┃┃┃┃   ___        n
     ┃┃┃┃   |=_ =    |   ┃┃┃┃  └─┘ _  ,⊆ ⊇、
     ┃┃┃┃   | _ ‐=‐     |   ┃┃┃┃  l二ニ二l ,ヨ|  ̄U ̄」
できる夫 「ぶっちゃけ村なら村って言えばいいので濁した時点で
僕の中の狂人候補筆頭でしたね。」
ギャル夫 「                /レVVVVVVVV イ
               /           /
        . : . : : . /         ∠   
       .:.:.:.:.:/ /ヽ/^^\   x≦⌒
         ):::::::)/  (     〆  ミ    疑われない・・CO・・なかなかに難しいっすなっす>両義さん
       (:::::::( ′_ノ   ヽ_     ム  ヾ    
         \:::ヽ(―) (― )  §从 ゝ   ああ、天狼だったらよかったのにとちょっと思ったり
            ヽ::| (__人__)    §ル′
              ・━( ヽ f i    o ゚ ヽ      まあ、それだったらやる夫先輩に補足されてるっすかねっす
            | ゝ_ \     }
            | l___\ `´  /」
仏蘭西人形・アム 「落ちる方、お疲れ様ですよ~」
モノミ 「発言傾向から、ギャル夫が魔理沙に投票するのが不自然だったんでちゅよね。
灰で魔理沙に投票していたのはギャル夫だけでちたし。
そこが最初の取っ掛かりでちた。」
やらない夫 「ああ、超同意w>両義>ギャル夫占い不自然

ギャル実(85) 「へー、萌えから鮮やかなCOだ まあ、残しでいいんじゃないかな→、的な」
直前で「別に疑ってませんよ」アピールだったし」
両儀式 「発言だけなら村に見えると
散々言われて幾百戦

COで死ぬ」
ギャル実 「不自然で引っかかるけど、ギャル夫アタシの○なんだよなあというフラグだったけどね
あそこはCOするかしないか迷った挙句変な動きになっちゃったから
まあ人外見られるのは仕方ないかなとは思う」
できる夫 「ぶっちゃけ陰陽師の時点でわりと疑ってます。
それまでの発言洗っても急に僕殴りに来たわけですし。」
やる太 「毒を否定して夢狩人・・・。難しいお。>できない子さん」
やらない夫 「ただ、銀狼がどうこうってのがあったから非狼だろうなーとも思ってた>ギャル実に関して
あれ演技じゃあないだろうし」
両儀式 「ほんと鍋はパズルだ
パズルだからニートが多けりゃ逃げ切れる」
ギャル実 「あれは忘れてくださいwwwwwwwww>銀狼」
やらない夫 「狼からしたら地獄だったんだろうな。
最初から3W、白はいるとしても噛んでも噛んでも占いCOが出てくる…w」
できない夫
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /   (●) (●)      /_____  村アピだからギャル実は狼ではない人外かなくらい
        /       |         /ヽ__//
.      /         `      /   /    /  いやあ、初手で噛まれるの久々だった
..    /       'ー=-'     ./   /   /
     /              /   /   /
   /                  /   ./   /
 /                  /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
仏蘭西人形・アム 「……理想はCOしてないのに何故か生き延びることかなぁ、なのw;
それで潜毒辺りだとなおよし、でw」
やらない夫 「んー、なら「不自然」じゃなくて「結果はある程度信じてもいい」とかにするべきかな>ギャル実>○が被ってる」
できない夫
ギャル夫
          ト VVVVVVVVノ\
           \            \       
             ヽ             \     
           ⌒≧x   /^^\/ \ \   
            彡  〆     )   丶 ∨  殴りなんっていつだって唐突におこるもんじゃにないっすかね?>できる夫先輩
             〃 ハ     \   / Y:i|  
             イ 从§  ( ●) (●) |从   いや、正直殴り苦手なんっすけどねっすw
            乂イ§    ⌒ノ( 、 )ヽ⌒|   
               / ゚ o   `ー=ニ=- /
            /      ∽    ∽
             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ
仏蘭西人形・アム 「大丈夫なの!ボクも聞いたのは初めてなの!<銀狼>ギャル実様」
両儀式 「割と 発言数稼いで
『推理してるふり』してれば吊られないな。
灰5位のグレランなら逃げる自信はある。」
できない子 「正直夢だとわかった時点で諦めてはいたけれどね
発言で残れるような人間でないのは自覚してるし、占われる位置でもないし
毎回大体SGよ>やる太」
できない夫 「     / ̄ ̄\
   / 「 u. ヘ \
    |  (○)(○) |
    |      | u. │  誰か助けて下さい!
    | u. __´___  .|
    |   |!!|!|!l|  |  比丘尼なのに! 毒なのに!
   ヽ  |ェェェェ| u/     中盤過ぎても生き残ってしまうんです!
.    ヽ       /     噛まれないんです!
.       /    く
      |      |
      |      |」
蒼星石 「サム隊長とかぐらい白ければできるのかなぁ>アムちゃん」
できる夫 「ハハッゲイリー!」
MegaMari 「正直に聞こう。
雛結果より前に私を疑ってたひとー?w」
やる太 「やる太も比丘尼で噛まれないお・・・・。」
できる夫 「噛まれたい噛まれたい。そう思い続けて数百回。

数える位しか噛まれた覚え無いですよ。」
ギャル夫 「まあ、時間もあれなんで落ちるっすw
またどっかの村でよろしくっすよw」
両儀式 「ああ その辺はどうしようもない>できない夫」
やらない夫 「俺今回、やらない子を指定する遺言を書いては消し書いては消ししてたんだよな……w
ゲーム的には関係ないはずなのになんか躊躇。RP関係が多い村ってのは面白い。」
両儀式 「だって 噛まれるCOが他にあるんだもの」
できない夫
     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    | (● )(● ) |
    |      |    |
    |   __´___  .|
    |   `ー'´  .|
   ヽ         /  そんなふうに思うココ最近
.    ヽ       /
.       /    く   殴りは俺も苦手だからなー
      |      |   野蛮な行為は難しいでござる
      |      |」
ギャル実 「『初手で占うところとしては不自然だからギャル夫囲ったんじゃね?』
『でもアタシの○なんだけど』でCO
ほぼリリくろちゃんは狼とみてたんで、萌え占いの可能性押せるかなくらい」
やらない夫 「「噛まれるCO」と「噛まれる発言」
貴方が湖に落としたのはどちらですか?>できない夫」
できる夫 「ギャル実信じてたくせに僕殴るって白狼しか無いのに
今までの奇行が白狼のそれですか。」
やらない子
                     /^ヽ  . ‐─ ー 、 ハ⌒ヽ
                /:::::::/::::::^::`:⌒::::::\::ヽ/.:::ヽ
                    ノ:::::://:::::::,ヘ::::::::::l::::::i:::::l::ヘ<.:.:::::〉
                 〈::::.::,´:::::::::/ ヽ:::::::l::::::i:::::::::ヽ:::\:|
              ,'::::::∧::.:./`   ヽ::::l´::::|ヽ::::|::::l:::::::\
              !:::〃:,ィ゙:/___   ヽハ\ハl:::/|:::}\:::::::l\ >できない夫
        .   nn ノノ,:::/::!'" ̄`   x==、ハレ::|:::|  \:::} )
          .Yi.| | |/. { ::::::! ""  '   "" /:::::/::::|    }::l  笑えよベジータ
          |.i.| | | /} .',:::八  t ‐__ァ  ./:/::/:ハ::l   ノノ 
        .  !  , !'./  ヽ::|:\  rf^ト、_, |:/:|/::::| ノ /    
          {  /  !   /:ノ:::|:|:i' |.! .!〉'/:|:::/:::::::l\_,
          〉___./ ,ィ/ィ{::::/ィリ. } ' . }/::::::::ソヽ:::) ̄ヽ
        . .{ー─‐‐レ"|::ト从/::|__/  /゙/:/:.:.:.:.>、
         /ー──' Y∨ヽ,.:.:.:|-{  ,ィ゙、{/:.:.:.:.// ヽ」
できない子 「灰で噛まれることなんか数えれるくらいしかないわよw」
霧雨魔理沙 「お前ら殴らないと大人になれないぜー」
仏蘭西人形・アム 「あの白さはある意味究極ですね、なのw>蒼星石様」
霧雨魔理沙 「ただなー、鍋なんだよなー」
できない夫 「大体において噛まれるCOが難しいと思うんだよなー>両義式
RPで決めるのは物凄くあるな。RPで殴れたり殴れなかったり」
やる太 「今回は吊り数に猶予があったのでよかっただけにSGで残って狙われるのはいかんともしがたいおね・・・。>できない子さん
やる太も今回灰のニートなら●ぶつけられるレベルだお」
やらない夫 「両儀式 「別にギャル夫-Megamariは吊りたい位置でも無し」

この発言な。
「占いのCOを見て、○の発言を見に行きました」ってことだろうから。
こう言う位置はすげー信じる。
ギャル実の反応との対比としては凄く面白いと思う。」
MegaMari 「私もめったに殴らないが
自分が生きてりゃかつるんだぜ」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「    \  +
  |   ( t:ク)(t:ク)
  |       | |   +
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}   いいえ、私が落としたのは「占いっぽさ」です>やらない夫
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |」
モノミ 「あ、あと。
私蘇生前にやらない夫師匠が進行役を務めることに苦言を呈していた人達は
とっても人外に見えまちた。
出方真+結果真で、疑う要素って無に等しい位置のはずなんでちゅけど。」
両儀式 「(言えない……とりあえず考えてるフリ見せて
吊り回避・CO後の信用上げしようと思って言っただなんて言えない……)>やらない夫」
できる夫 「鍋では何百発もの殴りより一発のヌカランが
勝ることもある。 北斗神拳だって核の炎には無力じゃないですか!
つまりヌカラン最高ってわけですよ。 」
やらない子
         ,⌒ハ             ,ハ⌒ 、
        ,'...::::::ヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、_-_:.:::ヽ
       ノ....:::::::.ィ〃:::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ヽ`ヽ::::::::ハ
      i...:::ィ::::∧::::::::  ::´::::,::::ハ:::::::::::::::::ヽ ´丶/:i
      ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::i
     ル.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/l/::::::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::リ
     { /jYyノ::/::::イ::::/::l::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:::::l:::〈
      )   |/|/:::;/l;::/.:::l/    l:/ ,l;/ !:::::::l::::l ルリ:::、
            レ::l;::/.レl/.,   l/_, l;_ l:::,:/:::l:!   ヽ)
            l/:l::i " ̄``    " ̄``レ::i::l:::l   殴りとかできないでござる
   fヘ    ,ィァ_ |::::::ヘ''''     .    '''/::l::::l:/
  .イ ) ,彡 /)ノノ::|/::::.::ト.   r‐‐ァ    ,':::/|::::i:|   勝手に他所で殴りあったください
シ | } ヽ、 /^) l/ ,、,':::::i::::::l:`r 、_  イ/::::/:::|::::i:|
  ヘ ヽ、/ ′}/ /::::::l/:l;;;l:::l     |l::从:::ノl::.:.V
   ∨,/ ヽ   /;;;;;;::l:/l/l::{ヾ、    ソ/ ̄/'ヽ、ヽ
    { {   } /ヽィ-‐/  ゞ ヽ   イ/    /ヽ
    ノ    /::::::::|ゝ\  ゙⌒`V^¨^V⌒"  / i/ ',」
仏蘭西人形・アム 「両儀式様、考えが表に出てる!出てますなの!><」
ギャル実 「て→か、ひよこって騙れないよね?
雛狐って思うなら噛めよ、のスタンスって結構強くね?」
やらない夫 「  / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     嘘吐きには「人外っぽさ」しか返してあげません>できない夫
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \」
仏蘭西人形・アム 「殴り?さっぱりなの~
すっかり防御重視のスタンスが身についちゃったの。」
やらない夫 「いやそれでいいよ。>両義>フリ
人外はそう言うフリすら出来ない。」
できる夫 「騙ろうと思えば騙れますよ。
昨今性別騙りなんて早々イないでしょうし。」
できない夫
      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    (へ)(へ)
.     |      │ │
     |     ___´___ノ  (なんだここは……平和なユートピアじゃないか)
      ,|        }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|」
できない子 「占ってほしかったわ・・・せっかく性別騙りしてたのに>ひよこ」
やらない子 「いやあの出方する雛狐とか普通にいますよ?>モノミ
それに今回分かりにくい騙り見ぬいたわけでもないですし」
できない夫
          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   「   \
       (⊃   ( ●)(●)
        |       |  |  よし、希望は妖精とか蝙蝠で>やらない夫
           |     __´___ノ
            |     `ー'´ } \
          /ヽ        }.  \
      /   ヽ、.,____ノ      )
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)」
やらない子 「非恋人を見て恋人目を吊るしに行くっていうなら話は別なんでしょうけども」
やらない夫 「って言うかひよこ恋人とか雛狐って普通はCOしないし
まあほぼ確定○でいいよね位置>ひよこ

だからそろそろ雛狐も堂々とCOする時期だと思うんだ」
MegaMari 「うん、性別騙りも人口はびみょいしな

あ、そういう私は定期的に騙る」
やる太 「     ____
    /―  ―\     (やる太もこういうとき鈴蘭ならよかったのにな・・・。)
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   発言精査を即座に見ていくのってすごいおね。
  ヽ       i⌒ヽ
  /       λ  )  」
できない子 「ニートで●ぶつけられた時は、CO前だと喜んでいいのか悲しんでいいのかわからなくなる
人外に邪魔と思われたのか●ぶつけやすいと思われたのかw>やる太」
できる夫 「僕は言ってましたっけね・・・言ってますね
きっぱりと。 やー…普通に考えて子狐でも翌日
モノミさん帰ってきてたわけで。 だから狼じゃないなら当たりでしたね。」
仏蘭西人形・アム 「←仏蘭西の性別どうしようか一瞬迷ったCO(何

……この子はモブキャラの『性別なし』と背後さんが認識してるので、別段どっちでも言いのですよね本当は、と(ry」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ 
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'    たまにいるよ
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|    
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄       雛騙ろうとする人
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        まだ完走しきった人は見たことないけど
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
やらない夫 「性別騙りが発覚した時に俺が耐えられない奴は占うつもりがなかった(キリッ>できない子

チカちゃんは信じてたけど
やらない子♂とか出たらパオォーン・・・とか言っちゃうわ」
ギャル実 「そう言われると薙さんの信用に差ついてたアタシはまだまだだね・・・

いつか薙さんを最終日に吊って
『俺はガンダムになれない、お前が真のガンダムだ!』って言わせるのが夢です」
ギャル実 「あと恋人勝ちもね」
やらない夫 「し、信じてたよ!?>チカちゃん」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「    \
   |   ( ●)(●)
.   |        |   |
    |     __´___ノ   鍋ってアレだもんなー
.   l^l^ln   `ー'´}
.   ヽ   L    }    信用結果を出した役職が複数いるから
    ゝ  ノ   ノ     下手に殴ると藪をつついて蛇を出す感じ
   /  /    \
  /  /       \    最終日近くの灰になると殴りとか起こるけど
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ」
できない子 「失敗したときがね・・・
初日COして最終的に失敗したことが何度かw>やらない夫」
できる夫 「ぶっちゃけ狐2なんでなんでもすると考えてましたし。
雛で1出て放置されてたら万々歳でしょう。」
モノミ 「そ、そうなのでちゅか?
ただ、あの状況だと暫定的に信頼が置けるのがやらない夫師匠だけだと思いまちたし、
現状とちて進行を取ることに意義を唱える必要は無いと思ったのでちゅ。>やらない子」
姫路瑞希@GM 「【雛31】やる夫達の希望鵺合戦超闇鍋村 [35番地]
~現在の固定配役追加モードは12種類~
村人陣営12 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1

終了しました
今回の配役は
村人陣営 占い師 ひよこ鑑定士 夢枕人 探知師 天人(GM) 天人 夢守人 埋毒者 人馬 賢者 上海人形
人狼陣営 白狼 萌狼 狂人
妖狐陣営 金狐 管狐
恋人陣営 傀儡師(恋人) 人狼(恋人) 寒戸婆
吸血陣営 屍鬼
金狐がひよこ鑑定士に占われて吊られたり、
早噛み勝負で恋人人狼が傀儡師を噛んだり、
鈴蘭人形警戒で上海人形を噛まず幻視者騙りの埋毒者を噛んだり・・・
というわけで村人陣営勝利です

報告完了です」
仏蘭西人形・アム 「毒蝙蝠が仕切りますがいいですか(何<希望は蝙蝠>できない夫様」
やる太 「むしろあれだおね。●ぶつけられるのは吊れないやつ。
だからやる太も最終日手前のケア扱いだお>できない子さん
発言で白くなっていくのが苦手だお・・・」
できる夫 「どちらにせよチカさんは愛でるだけなんで関係なくないですか?

チカさんっていうチカさんですよ」
できない夫
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   「   \
    (⊃   ( ●)(●)
     |      |  |
      |     __´___ノ  性別結果どっちが出ても美味しいですよね>フランス人形
       |     `ー'´ } \
     /ヽ        }.  \
   /   ヽ、.,____ノ      )
  /        .   | _/」
ギャル実 「そういうのは、好きにやっちゃっていいと思うんだよねー
元々の設定が薄いキャラって、自分である程度色をぬれるのが魅力じゃん?>仏蘭西ちゃん」
やらない夫 「>ギャル実

      ____,ィfユ!__
      /|      |
    |  |      |   俺はガンダムじゃなくていい!
    h__|────|    ただのサム隊長の部下でいい!
  //匸工ヨ l三l|\
  〇ニニ◯ニ、 ,.二| \〇ニニ◯
    |  |  | | |
    |/´五 ̄五フ
     ̄/ / ̄ ̄\\
 /^⊂ニ◯     `◯
 し'          ||
             亡つ」
両儀式 「発言だけで白くなるのは無理だよ。
普通村じゃあるまいし」
できる夫 「賢者ってわりと不憫なんですよね。 だからこそ投票で
証明しないと行けないのに何も出やしない。」
蒼星石 「……あれ、やらない子が自分でやる夫噛んでるのこれ?w」
ギャル実 「そろそろ狂人希望も止めようかな・・・
アタシ人外率が凄い・・・」
やらない子
      /....::::(ノ/'..............へ....................\:.:.:.:.ヽ:.:〈ヽ:.:.:.::.:.:...|
      /...:::::::::/.............ハ.........ヽ.......................、..........:.:...:.:.:.:.:.::.:l
      !...::::::; '"..................ヘ...................................ヽ:./ ....:.:.:.:.:.:.i
      l.....::::/..;:::::::::::::i,..........メ、 '''''''ー.:i::::..:.:..:.:.l::.:.:〈.....:.:.:.:./i   >兄さん
      !..:.:.:i:.:'....../....'大丶::i...::l:::_∧:::::i:::::,:::::::::l:./:.:i::::.:.i:.::.:ヽ
      }:::::l::::/V|::::::|==。=、レ'.=。===丶j:::::l:::リl:./ \:i:::::::.) 今回の私の性別…
      /......レ:::lヾ:ヽ.ゞ`:‐ /   ー一 ´ ノレ.l::..!:.l:.j   /.:::/
    . /.....::lノ.:i/:\::::ゝ /       ノ,:'i::j::|(::::l   (::/
    〈 ::::::(     ヽi. ヽ`‐――一'/イ /:::ノ、ヽ)  ヽ、   女性…圧倒的女性…ッ!
     ゝ::::::\      ,ヘ    /   '//ハ'ヾ'"`ー-、
      `  ヽ      ,.ヽ、イ       _, j:.!      ヽ
                 /  /i/' `  ‐''"~/:.∧ ,
                 l 、/'1l      7/ ヽ!
               !/ ヾ 、_,,.-'ニ-'"   l
               /   '''''' ̄       ll
やる太 「        ,、‐‐‐‐,、
 キリッ! /〓   〓 \
 /⌒ヽ|⊃ (_,、_,)  ⊂|/⌒i   チカさんはなでなでするもの!
 \  ヘ      ィ  /」
仏蘭西人形・アム 「っと、GM様報告お疲れ様です~」
できない夫
         / ̄ ̄\
       /   「  \
       |   ( ●)(●)
       |      | |
       |     __´_ノ   ほら、俺とかやる夫とかよくやる人がいるからイメージ固まるけど(チラッ
.       l^l^ln   `ー'´}  本来厳格なキャラは無いようなもんだから自由にやれるし(チラチラッ
       ヽ   L     }
        ゝ  ノ   ノ
       / /     \
      /  /       \」
ギャル実 「ジムですらないΣ>薙さん」
できる夫 「限りなく灰を薄めるのは可能としても
白くするのは無理ですね。 発言では。>両さん」
できない子 「発言で白くなれるとか、私にはできないわ・・・>やる太」
やらない夫 「失敗って、70%の可能性で、かつ男女適当に言って外す、だから15%だぜ?
鬼とか蝙蝠結果があるからもうちょい変わるけど。>できない子

雛狐は思い切ってもいいとは思うんだ。
後半絶対に死ぬ位置ではあるけどな、ひよこCO。」
やらない子 「いえーす>蒼
そこ噛まないと翌日吊れる未来しか見えないので遣いの傀儡騙りに期待で」
やらない夫 「まあ、蒼星石とかチカちゃんにならついてても問題ないです。」
姫路瑞希@GM 「AAは遺言のみ可=夜も禁止ですよ>やる夫さん
いやもう落ちたようですけれども」
蒼星石 「思い切ってるなぁw」
両儀式 「全員役職だからな。
どうしても役職特有の臭さが抜けない」
やらない子 「人形噛みは選択肢から抜けていたけど
噛みで破綻する人形結構多いのでどっちみち噛まなかったかと」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「    \
   |   ( ●)(●)
.   |        |   |  あらやだ……この人変態だわ>やらない夫
    |     __´___ノ
.   l^l^ln   `ー'´}  (可愛ければなんでも有りなのは黙っていよう)
.   ヽ   L    }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ」
やらない夫 「ヤンデレすぎる……w>やらない子>やる夫噛み
まあ、実際残ってたら絶対吊ったと思う。
なんかできない夫QP臭凄かったねん。」
やらない子 「それって何かいみあるの?>夜も禁止
誰の迷惑にもなってないと思うんだけども」
できない子 「とかいいながら雛で思い切ってでると毎回性別騙りに撃沈させられるのよ
性別わかりにくい無生物系は敵だわ>やらない夫
私よくやるけど」
ギャル実 「ていうかやらない夫の3昼発言が完全にストライクだったっしょwwww」
モノミ 「普通村的な考え方なのかもちれませんけど、
ヘイトって的確なタイミングで適当な相手に適切な内容で
アピールしなければならないものだと思うのでちゅ。
ギャル夫さんはヘイト撒き散らし型の人外に見えまちたでちゅ。」
仏蘭西人形・アム 「組織臭を感じられるかどうか…かなぁ?鍋だと。
今日は割とさっぱりでしたが。というか狐と吸血鬼が早々にCOしてくれましたし^^;」
やる太 「むしろそうやって占われたり何かしら行動される側に付いておけるようになりたいとも思うお。
完全放置でケアやSGで終了されるのが今現在あらがえないんだおー。日和見すぎるのかおね」
姫路瑞希@GM 「・・・両さんって某おまわりさんを思いだしますねw>できる夫さん」
できない夫
          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   「   \
       (⊃   ( ●)(●)
        |       |  |
           |     __´___ノ
            |     `ー'´ } \   自分でも露骨だし見事に当てられて
          /ヽ        }.  \  思わず霊界で全部言いそうになったくらいに>ギャル実
      /   ヽ、.,____ノ      )
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)」
ギャル実 「◇やらない夫 [雛] (薙◇3QKZ5IeWhY) 「ぶっちゃけてやる夫恋人の、できない夫QPじゃねーのかなーって思ってんだよな。
どうせ「絶対に吊らない」位置に入ってるからやる夫に関しては狼なんとかしろよってとこ。」」
ギャル実 「これこれ」
MegaMari 「寧ろ、最近思うんだが
GMへの質問の中で魂が明らかに読めそうな返信が最近あるから
大声使うように指示するべきじゃない気がするこのごろ。」
両儀式 「ちなみにオレの初日やる夫占い回避理由。
『凄く恋人になりそう』」
やらない子 「鍋でヘイト吊りってそんなにないよね
普通でも最近そんなにないし。」
やらない夫 「ん?>ギャル実>ストライク

まあ、そう言うために「性別の判らないところ占え」だからなあw>できない子
15%だぜ、噛まれそうな7~8日目まではダイジョウブダヨ ホラダイジョウブ」
蒼星石 「その考えは割と正しい>式」
やらない子 「最近普通やってないけど」
仏蘭西人形・アム 「さてと、そろそろ寝ないと明日が厳しいのでボクは失礼しますなの。
皆様お疲れ様でした。またいつか、ですよ♪」
ギャル実 「あたしも配役見てびっくりしたわ・・・
薙さんこえ→って>できない夫」
両儀式 「やらない夫も微妙なラインだったけど
なんかやらない夫なら大丈夫かなあという」
やらない夫 「ああ、うん
だって遺言に「指定できない夫」って書いたくらいできない夫人外と思ってたものw>ギャル実」
やらない子 「まあQPになったらそこ基点で考えますよね>やる夫恋人ありそう」
姫路瑞希@GM 「いえ、私がGMをやるうえで読みづらいというだけです>やらない子
ログを読む分には楽しいのでGMでないときはどんどんやってもらいたいですが」
仏蘭西人形・アム 「夜更かしは程々にです。今更ですが^^;

そして両儀式様…真理ではありますがw」
ギャル実 「修羅こわい!
修羅こわいよ!」
モノミ 「あ、私の言ったヘイトはヘイトアイコンとかのことじゃなくて、「疑い」の意でちゅ。>やらない子
分かりにくかったでちゅ。すみません。」
できない夫
         / ̄ ̄\
       /   「  \
       |   ( ●)(●)
       |      | |
       |     __´_ノ  そういえばここ最近行くけど殴り勝てないよねアレ>普通村
.       l^l^ln   `ー'´}
       ヽ   L     }   しかも狐に良くなること。最終日近くまで行くけど
        ゝ  ノ   ノ
       / /     \
      /  /       \」
博麗霊夢 「途中で普通村支援で抜けたので挨拶だけ。
おつかれさまでした。ログは後で見ますが、村勝ちありがとー!
では、失礼します。」
やらない夫 「AA組かレイマリくらいだよなあ、鉄板で考えるんなら。
あとは蒼星石-仏蘭西の人形カップルも頭にはあった。」
両儀式 「だってオレQPだったら
とりあえずやる夫基点で考えるよ」
やる太 「       ____
      /―  ―\     修羅やべぇ。
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i  それじゃーやる太も落ちるおー!
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l / GMさん村建てありがとうだお!お疲れさまだおー!
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )」
できない子 「じゃあ今度引いたらまた挑戦してみるわ
運に頼るのは好きだけど、あんまり勝ったことないのよねw>やらない夫」
やらない夫 「ん、霊夢お疲れさん。
指定はすまんかったなー。」
両儀式 「この村だったら……天人×やらない夫辺りにするかな
誰得にもならず鉄板でもなく」
できない夫
        / ̄ ̄\
      /   ⌒   \
        ( t:ク)( t:ク)   |
      |  |       |    こんなに人外臭さあふれる私は初心者!
      l __`___       |
        { `ー'´     │
       _{         │
     ( ヽ、___/  )|
      |  ヽ   | ヽ|
      ゝ ノ    ヽ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ギャル実 「ギャル夫とアタシとか恋人のイメージじゃないしな・・・」
MegaMari 「まりまりはないのk(ざざー
いや期待はしてなかったがw
蒼星石 「グレラン苦手って言う人ほど普通村行ってほしいなぁ
別にいじわるで言うわけじゃなくてだけど」
モノミ 「私がQPなら、多分魔理沙×メガマリで繋げたと思いまちゅw」
博麗霊夢 「>ないお
んー、どうせ恋人見とかあったのかなぁ、とか思ったりもしたし。
ぶっちゃけ前日吊られるかもと私自身思ってたし。あの結果なら人外でも出せるしね。」
霧雨魔理沙 「もえぼーくん」
やらない夫 「ん、応援してるだろ。ただ配役も考えて、だな>できない子
狼が少なくて狐が多い、だとひよこCOも吊りになるし
狐が1だと噛まれたら死ぬから本当に博打になるし」
両儀式 「ああ 少なくとも序盤の吊りについては。
普通村のテクがそのまま通用するよな>グレラン回避」
やらない子 「この村なら申し訳ないけども兄さん基点は確定でしたね」
できない夫
       / ̄ ̄\
      /   「    \
.      |    ( ●)(●)
.     |       | |  グレラン楽しいけどアレやねん……
      |       __´___ノ
.      |     `ー'´}  灰詰まりきると他人の発言から人外要素見つけろってことになるじゃん?
      ゝ_     ノ    俺、そんなのわかんないや……ッテ感じに
.     ─(___.)─(__)─」
モノミ 「鍋のグレランを回避するコツはここ最近何となく掴んだでちゅ!
ただ、村役でちたので、人外を引いた時にどうなるかはわかりまてん!」
MegaMari 「魂読んでるよな!それ!>モノミっち
この配役で来てたら噴いてた機がするwwwwww」
やらない夫 「あんまり恋人見はなかったなあ。
どっちかと言うと0票が一番の理由かも。
村が強かったから、であって的外れな理由だけどな。>霊夢」
ギャル実 「まあ、やらない夫基点は基本かなアタシも
あとはどの男をあてがうか、だね→」
姫路瑞希@GM 「グレランさんと同じぐらい普通村に行ってほしいという意味にとらえたのは私だけではないはず」
やる太 「グレラン抜けた先は自分でも何の発言が原因で吊り先にあげられたのかわからないくらいの猛者の村でしたお。
グレランの発言稼ぎは鍋のほうがしやすい・・・ってのもあるけど。」
やらない子 「まあ多分やる夫さんあたりに撃ったかなーと
ワンチャンスで霊夢さんか式さん」
ギャル実 「顔長CPにしてた気がするな、アタシなら」
やらない夫 「             / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \    やらない子。
         i !  |  (●)(●) |    怒らないから、俺基点で第一候補と第二候補言ってみ?
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ」
できない子 「狐1ならむしろ出るわ
噛まれたら終わりなのは、グレーにいてもかわらないし、○もらっても一緒
猟師がいたら死ぬし、狼が勝ちそうになると噛まれるけど、それはどこでもかわらないしね>やらない夫」
できない夫
        / ̄ ̄\
      /   ⌒   \
        ( t:ク)( t:ク)   |
      |  |       |   いっそのことやらない夫―やる夫で繋いで
      l __`___       |  阿鼻叫喚もいいかなとか思った!
        { `ー'´     │
       _{         │
     ( ヽ、___/  )|
      |  ヽ   | ヽ|
      ゝ ノ    ヽ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
霧雨魔理沙 「この村なら間違いなくやらない夫とできる夫につなげた地震があるぜ」
姫路瑞希@GM 「グレラン力を鍛えるのであればグレラン村の蝙蝠置換あたりが一番いいような気がします
普段、というかほとんど建ちませんが」
モノミ 「狐CPは最高でちゅねww>メガマリさん」
やらない子
   / ¨ヽ-、  _ _  _  _ / : : :.ハ: : :ヘ
  ./:.:.:.,:.ハ,ハィ.: ' :.:.-:.:.::.:ミ、:..``ヽ く、_: : : :ヽ
.../ ̄ : : :ヽ:.:/`-: : : : :./ ヾ:.r´`ヽ:.:.:.ヽ、 : : : :〉
/ : : : :ヽ../丶:.:/:.:../.:..:;::ィ':.:/ヘ:.,.:ヽ、:.\/:.:/!
!: : : : : : :/!:.:.:.':./:.:./: : : : :.イ,:.、 : :く:.:.丶 : : :、〈
〉 : : : : :/:.|l:.,:.:.,':.:./ : . .;:.:/:.:./:.:.ヽ : ヽ: : : 、 : :ヽ)
: : : : : :,':.:..:.,/:.:./ : : :,.':./:ハ:.:.:,1:.!:.:.!:.:∧ :ヽ、 :V
 /:.;'::.lヽ/;/:.:.:!: : : :/;イ:.l  ', :/ |:.:.:.ト、:.:.:.!ヽハ : l
〉:::::,/~i ;' :. .イ:.:.:.:/!;' !:./  l|:./_l_ ! | :i : : !:.:.:.:.|
::::/   |:,':.:/レ|:.:.:.;' /-.|/_   /|/,- /__!/| : :イ : :lリ   6、いや7割でやる夫ーやらない夫
ヽ〉   /'ll:.|γ!:.:.:.!:'てィヽ`   '゙こ'テ;ハ|:./:.:.:.i ム   
/  |/!|:.i.(、レ: |゙ゞ-' '      `ー'´ l/:.1l:.ナ  ヽ  時点で2割で式さん、残りの可能性で霊夢さんです!
   /:.:.|/:.|:.::|、!| " "        "'/:./|/     
   /:.:!:人| !:| iヾ、   、__ '_,.    , イ :!
  :.イ !:|::!:.i.|:! !_/:`:..、      , ., '´ チ:.!、
 /ノィ ¨ヽ.:l´ | .⌒ヽ.`,. - . ィチ/  ィ!,!:::::::|`ヽ
  イ:::::::::::丶|:.| !:.`ヽ. ヽ ,ィ ,イ´ ,/ /::::::::!  |
 /\_   ゙!:.|/ヽト、!  `'"´    ゙'i /:::::::/   !、
ィ   ヽ、:::::|:.!\!  ,!        ヘ::::::/   ノ !
      ゙、:.ヾ!  !,/.|        /:/,. - ィ;.:.ノ
       ゙、!'  /,ノ     ,.イ /;ノ    ,′」
MegaMari 「私が矢が来てたら?
メガマリだから魔理沙に刺したくないんだよな
自うち読まれるから
てことで霊夢―チカさん かなぁ」
やらない夫 「まあ実際割と覚悟してたけどなw>繋がる

俺がQPだったら……やらない子は他人にやりたくないし、
やっぱ人形CP…でもチカちゃん見たらすぐ刺してるしどうかなあ。
開始前のギャル実がよかったからギャル実-ギャル夫かも知れん。狼泣くなw」
蒼星石 「やる太とやらない子かなぁ……まあその時の気分しだいになるさ」
霧雨魔理沙 「蝙蝠置換の普通村は普通村じゃないぜ」
博麗霊夢 「>ないお
0票でって、そういう見方もあるのねぇ。
ま、それじゃ今度こそ落ちるかな。お疲れさまー」
できない夫
.            __
            /::::::. \
         /::::::ヽ;;:   \
          (:::::(::::冫    |
        |:|::::::        |   貴様の血は何色だ……>魔理沙
       r‐-;::::::. .     |
       (三))::´:..    |   蝙蝠置換のグレランってアレ感覚結構違わないか?
       >::::ノ:::::::::.    /  鍛えられる……のはどういうんだろう
      /::: / ヽ;:::::::::   /
      /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
      (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
            |\::::::::::::;;:1
            |:::::\;;/:::|」
できない子 「この村なら・・・やらない兄妹かしらね」
やらない夫 「         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    どうしようあんまり怒る要素なかった>6割やる夫 2割両義 2割霊夢
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |」
霧雨魔理沙 「真狂狼ー真の初心者村でもいってりゃいいんだぜ
最近の初心者村は変な内訳多いけど」
姫路瑞希@GM 「そもそもグレラン村の時点で>霧雨さん」
MegaMari 「私がメガマリ以外で入ってたら超自うちする(」
両儀式 「……なんかやらない夫×オレって
どっかのスレで見た気がするんだが
まったく思いつかん」
できない夫 「あと、グレラン抜けって意味ならやっぱりRPだよな
RPで遊ぶの大切。鍋は情報多い文RPだけじゃなくても発言できるからいいけど
普通村はRPをしたほうが絶対にお得だと思うな」
霧雨魔理沙 「ああ、いやねーよ>グレラン村」
姫路瑞希@GM 「違うんですか?>できない夫さん
私グレラン村とか普通村とかいかないのでわからないのですが」
やらない夫 「蝙蝠置換だと「人外狙う」とか「役職臭は吊らずにCOさせる」がなくなるからまた別物だな。」
ギャル実 「傀儡&占い&毒2で白狼取られたら狼泣くしかないねwwww」
やらない子
       _,.-、    __  _,/⌒ 、    -┼、ヾ゙
     /::::::::::\,.-''::r丶:/ヽ::::::::::::ヘ    / |  ヽ
    /:::::::::::イ::::::::::r'´::::::::::::::::::::ヽハ::::::ヘ.  /  J
   /:::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::/:::`:::::::::::∧:::::::::ヽ
   ヽ::::::::::::::::.,":::::/i:::|ヾ |l::::|ヽヘ::::::ヽ::::ヘ/   |
    )::::::::::/,::::::::/|/...|:::| |/ |/メヽ|::∨|::::::〉   l  結構基点で考えられていた
  /:::::,.イ:|:::::::/!!|! ̄∨ !!!‐゛'|-∨::|:::/
  (::::::::ヽ ∨::::::|===    === |::::|::::\, /   やめてくださいしんでしまいます
  \::::::::) イ::l|:j !!!  __ _ ′  u|:::::| )::/ / ,-,  私勝運ないんですよぅ
    〉"  ∨::|  /    ``!   /::::/ ヾι'  し'
        ∨|\/      }/| :/    ・
        )ヽ:|:〈:`'. r‐┬‐ '/:::::|〉:)    ・
       (::::ィ´ヾ,:‐<_l:::::/マト、:(_    ・」
霧雨魔理沙 「RPされると殴りづらいんだよ!」
できない夫
      / ̄ ̄\
     /  「  へ\
     |  ( ●) (●)|
     |     |  .|
    |    __´___  |  ほら、姉弟で繋げるのって背徳的じゃん?>できない子
     |   `ー'´ |  流石に自重しようかなって……
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^」
モノミ 「普通村の初日グレランは適度にRPしつつ、
誰かと1回以上絡み、1回以上独自の推理っぽいことを言えば大体抜けられまちゅ。」
ギャル実 「え?両儀式ちゃんってやっぱ女の子なの?」
できない子 「いいじゃないの、それくらい
私は応援するわよ?>できない夫」
できない夫 「なんというか、全員が吊られたくないのと吊られてもいいと思ってる奴が混じるのは
感覚違うしな。それに役職の動きとかも灰のだと変わるんじゃないかな?」
霧雨魔理沙 「たまには殴り全壊の村もやりたいなー」
やらない夫 「      ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |   ……そう言えばやらない子ってどうやって生まれたんだ?
     (三))   .   |   やる実はやる夫からだし、
     > ノ       /   できない子が銀なのは知ってるんだが…
    /  / ヽ、 .   /    明らかに遺伝子がこう…
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|」
霧雨魔理沙 「そもそも陣営が違うから吊られたい吊られたくないの問題じゃないぜ>蝙蝠置換」
姫路瑞希@GM 「あー、やっぱり違うんですね・・・」
できない夫
          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   「   \
       (⊃   ( ●)(●)
        |       |  |
           |     __´___ノ  空の境界って作品に出てくるキャラで
            |     `ー'´ } \  バリバリ女だぞ>ギャル実
          /ヽ        }.  \
      /   ヽ、.,____ノ      )  男っぽい口調だけど
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)」
姫路瑞希@GM 「殴る以外にやることがないグレラン村とかどうでしょう?>霧雨さん」
やらない夫 「女だよw>ギャル実>両義
型月の「空の境界」って作品の主人公。」
できない子 「そろそろ眠いし落ちるわ
みんなお疲れ様
GM、村建てありがとね」
やらない子 「1挨拶
2占い確認。霊能でろ
3霊能共有了解グレラン
4,5あと2行くらいで何か発言する

これだけで初日グレランは5割くらいで抜けられた
ほぼ占われなくなり3日目4日目で●がでれば結構な確率で最終日付近まで送られる」
ギャル実 「やっぱ女の子なんだ・・・>できない夫」
霧雨魔理沙 「殴る材料がない>GM」
やらない夫 「ん、お疲れさん。
またよろしく頼むだろ>できない子」
姫路瑞希@GM 「型月の作品のヒロインだったと記憶していますが・・・>両儀さん」
できない夫
         / ̄ ̄\
       /   「  \
       |   ( ●)(●)
       |      | |
       |     __´_ノ   やる実みたいな生まれ方だとしても可愛さ段違いだしなぁ……
.       l^l^ln   `ー'´} やらない夫成分八割消えてる感あるし
       ヽ   L     }
        ゝ  ノ   ノ
       / /     \
      /  /       \」
両儀式 「ちなみに朝飯はアイスクリーム
昼飯はアイスクリーム
夕飯はアイスクリームだ>ギャル実」
姫路瑞希@GM 「殴る材料はでっち上げるものだと聞きました>霧雨さん」
やらない子
  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::ヽ
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)'::::::::::::〉
 ル:::::リγ::..:::::..:::..,ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )  今じゃあんな美人さんだけども
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  私原型これですよ兄さん
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y  何故生まれたって…そりゃ父と母が愛しあったからでは
     l: ( ......    .....  i   誰が親だって?兄さんに聞いてください
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ」
できない夫
        / ̄ ̄\
      /   ⌒   \
        ( t:ク)( t:ク)   |
      |  |       |  できない子はお疲れさん
      l __`___       |
        { `ー'´     │  RPはいいぞー! RPをやるだけで発言数は
       _{         │  当社比3倍! 絡みも増えて殴られにくい!
     ( ヽ、___/  )|
      |  ヽ   | ヽ|  さあ、画面の前の貴方もぜひ!
      ゝ ノ    ヽ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ギャル実 「テンプレ発言に加えて、あとは言葉狩りをして視点がおかしいとか難癖をつける
それが仲間なら、あえてスルーする

闇鍋は探り探りやってく感じが面白い
特に、人外に色々能力があるのは本当に面白いわ」
霧雨魔理沙 「それは材料を畑から作るようなもんだぜ>GM」
両儀式 「なんか一部の職人により
大型AAが作られてから一気にな>やらない子」
やらない夫 「       . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |    なんか急に親近感沸いたって言うか親近感も何も家族だが。
     r‐-;::::::. .     |    …写真写りいいな。>やらない子
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|」
両儀式 「じゃあお疲れ。
村立感謝……いつかまた、殺し合おうか」
やらない子
       _  
  , '孑 <¨フi!\fi⌒ヽ
 /ソ: ´ヽ^V ┤: :iヽ: : :,
 |/: レ'  '⌒V: :l、:>:}  最初はギャル実の友達役で
 イ/f、    ○l: : | }`:::i
/.,.:∧ ○     |イ 爪:::/  やる夫さんの相方がやらない夫だから
{ヘ: :八  rァ¨)ィ}ノ:::| `ヽ
  ヽ:| /三下、∧ヽ::{′  その流れで命名な気がしますけどー
   ∨:::::〈V介V、ヾ:l」
ギャル実 「つまり・・・ど→いうことだってばよ!?
アイスしか食べてないのか!なんかカレーの人とかもいなかったっけ!?」
できない夫
       / ̄ ̄\
      /   「    \
.      |    ( ●)(●)
.     |       | |  俺も俺も
      |       __´___ノ
.      |     `ー'´}   鍋は発言じゃなくて役職情報とか動きから結構見える
      ゝ_     ノ   その部分で探っていくの楽しいよな
.     ─(___.)─(__)─」
やらない子 「ギャルじゃないやる実だ」
やらない夫 「両儀はお疲れさん。またよろしくな。

え?ギャル実より後なの?>やらない子」
やらない夫 「ああ、驚いたw>やる実だ」
やらない夫 「言葉狩りは言い方はあれだけど大事だよなw
実は割とぽろっと出たりしてる部分はある。」
できない夫
      / ̄ ̄\
    /  「  ー \
    |  (●) (●) |  しりア……シエル先輩だな>ギャル実
.     |     |     |
     |   ___´___   |  カレー大好きな先輩キャラだ
.   l^l^ln `ー'´  |  設定見ると物凄いのに俗っぽいよな。カレー大好きだけだと
.   ヽ   L     |
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     \
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
姫路瑞希@GM 「言葉狩り・・・聞くだけでも恐ろしいのがわかる単語が」
やらない子
  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,     リ) )  こまけぇことはいいんですよ!
     ) ) )、   ▽ ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  gがあるかないかのちがいしかないですし
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ」
できない夫 「言葉の端々から村要素を嗅ぎ取るって無理だろ
俺からすれば状況発言が多い。発言で言ってるふりをしている。想定が180度違う
このくらいしか使って殴れないんだぞ……!」
霧雨魔理沙 「言葉狩り?聞いたことねえな」
ギャル実 「知恵先生のモデルの人だよね、確か>シエル先輩」
モノミ 「私もそろそろ落ちまちゅ!お疲れ様でちた。
やる夫キャラのRPもちたいんでちゅけれど、
私はやる夫村に行く癖にやる夫スレを見ない人間でちゅから、
コツが掴めないでちゅよねw」
姫路瑞希@GM 「・・・やっぱり普通村は怖いところですね」
やらない子
      , ‐-、   ,-/ヽ'´ゝ<⌒ヽ、
    / : : `ィヽ'´::/ : :/ヽ:ヽ: `ヽ:::!
   / : : : : : : Y: : ,': l: :|__イ/: :|:_ヽ: !:|  >言葉狩り
   ヽ: : : : : : ,':: /l/レ'/⌒レ/⌒ハl :ハ
    〉: : : /`l: : : | /  0   0l V:ソゝ  『言葉からして』の打ち間違えに1票
   : : : : (   i∨:.l ⊂⊃   ⊂⊃ハ
    `ヽ: ::ノ   ',( レ',     ー /ノ
    (: 〈    i:〉(:ハ、 __/j|
     `ヽ   !|l:>、|ヾ==ィヽ、リ /」
ギャル実 「おつかれさまー>モノミちゃん
ロンパ2楽しみねー」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●
   |        |  |   おお、ソッチの方から知ってるのかー>ギャル実
.   |      ___´__ノ   そうそう。大好きでパク……オマージュしたんだよな
    |      ∩ ノ ⊃   でもほぼモロだけど
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___」
姫路瑞希@GM 「まずそっちが出てくるんですねw>ギャル実さん
私もですけれど」
やらない夫 「とりあえず一言拾ってみて話す。
一言拾う、って事は拾われた側が反応する。
あとはキャッチボールだったりデッドボールだったりだな。」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|  >モノミ
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ わたしとか先からけっこーキャラぶれぶれだから
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'    そんな気にすることないかと
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|    
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄       
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
やらない夫 「モノミもお疲れさん。
やる夫スレは俺もほとんど見てないけど、オススメは?って聞かれたら
いくらでも挙げる人いるから暇な時に聞いてみるといいだろw」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /「   ヽ  \
 |(●)(● )  |
 |   |      |   正直自分の好きな作品RPでいいと思うよ>モノミ
 |  __`_    |
 |  `ーnl^l^l^l/   俺も知らん奴はスルーしちゃうし。マイナーで好きな作品ならアイコン作って
  ヽ   |   ノ  やっちゃうし
   ヽ  ヽ く
   /   ヽ \」
姫路瑞希@GM 「大丈夫です、私も観戦スレ以外観てませんからw>モノミさん
お疲れ様です」
やらない子 「まず1人称がブレるのはなんとかせねば・・・
今日結構ブレたし」
ギャル実 「なんか眠くてRP禿げてきちゃったしアタシも落ちるw
おつかれっした!また遊びにくるしー!」
姫路瑞希@GM 「お疲れ様です>ギャル実さん」
やらない夫 「やってみたいかどうかと、喋り易いかどうかであとは自由だよな、アイコンなんて。
ただ今回の村みたいに、関われる奴が多いとやっぱ掛け合いだけでも楽しい。」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |   やりたいけど3日目までに力尽きそうなRP
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}   魔法少女ぷにぷにぽえみぃ
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
やらない夫 「ギャル実もお疲れさん。
また今度な。」
できない夫 「おっと、落ちる人はお疲れさん
いやー、絶対に力尽きる事わかってるけど衝動が抑え切れないRPってあるよね」
やらない子
      ,⌒ハ            ,ハ⌒ 、
     ,'...::::::ヽ、,_r - -⌒`へ _,、_-_:.:::ヽ
     ノ....:::::::.ィ〃:::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ヽ`ヽ::::::::ハ
    i...:::ィ::::∧::::::::  ::´::::,::ハ:::::::::::::::::ヽ ´丶/:i
   ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::i
  ル.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/l/::::::/|  V::::::::::::丶::ヽ::リ
.  { /jYyノ::/::::イ::::/::l::::::/|/  ,.二!ニl::::::::i:::::l:::〈
   )    |/|/:::;/l;::/.::::l/    ゙二ヽ!:::::::l::::l ルリ:::、
        レ::l;::/.レl/.    '  "__ ゙l:::,:/:::l:!   ヽ) 青鬼院蜻蛉RPやりたい
            l/∧|'.  、__,./ノ レ::i::l:::l
           |:::::ハ  `ー‐‐'´  /::l::::l:/     でも絶対キツイのが目に見えてる
.           |/::::.`ト、     ,..ィ:/:|::::i:|
            |:i::::::l/::r|`  ̄ ト、:/::::|::::i:|
.           |l/:l;;;l/ \  / \::ノl::.:.| ヘッヘッヘ
          レ-‐' 、r-/-v‐-、/`ヽ:;:::|
         /、     |__,イ´ヽ、_)     `ヽ
          | \n    /  |    r、./ |
.          |   r:i |/フ     r、 .∩| |フ  |
         |  .i ' .レファ   r、、ヽ!. /  .ト
.        |   /ヽ、_ノ    \_,ノ\  !
       | /、o   |  ,!..  `!  ン\ 〉
       !   `ー┬'  .,ハ  _爿'´    |
          ヽ、__,ノ  ̄     ̄  ヽ、__ノ」
やらない子
      ィ― 、                 __
     /:::::::::::::::::ヽ, -‐- 、  ___  /::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::; -f::::::::::::::::`‐´:::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::ヽ
    ヽ::::::::::( /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::}
     }:::::;::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ヽ:::::::::::::::::::::',
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙゙゙ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
  /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::`::、:::::::::::::::}
  {:::::{:::::::::::::::::-‐::'''"´::::八::::`゛`''‐-、:::::::::::::::::::}::::::::::::::/
   ヽ::ヽ-;::::::::::::::/ |/   ヽ 、::::::ハ:::::::ヽ:::::;::::::::;::::/
     }:::::::>、:::ll三三ミ、  ィチ三三ミ:::::::::}::::し::`ト、>
    ノ_:/  /ヽ|   |::::c   |:::::c   レ-::イ:::::::::::::::| `
    ̄   /::::::r   トr゙リ   トr:::゙リ  }l:::::::::::::::::::::/  魔理沙とか輝夜とか
      (:::::::::{ ヽ `´     `´  イ}:::::::::::;:::::f`
       ヽ::::::ヽ            /::::::::/:::::::}   粗暴な口調でも平気なアイコンはすっごい楽ですねー
         }:::::;:> 、___ , イヾ::::::::ヽ:::::/
       ヾ=彡ヘ::::::://::::{_/:/::ヽ  l:::::/ ∨
            ̄! /ヾ::::/:::::::::i  i ̄
            ハ::::::::::::::::::::::::|  ヽ
            | }:::::::::::::::::::::::|  ノ」
できない夫
               / ̄ ̄\
              _」   /  \
            ( ●)( ●)   |
            |  |        | ../}   SかMかで言ったら
      _       ヽ___`___     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ       |r┬-|     ./ /  . / .ノ   かなりのS!
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ ̄     / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /  ……実は作品見てないんだよな。SS
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/    たまに思いつきだけでとんでもないRPやってた時期とかあったなあ……
.   |        ノ l;;,´      「スレタイ」ってCNで入った村は今でも俺のお気に入り。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
姫路瑞希@GM 「では、私もお先に失礼しましょうか
現在置換3/8追加2/12変動2/7達成済みですか
・・・コンプリート厳しいですかね?
というわけでみなさんお疲れ様でした」
やらない夫 「ナズーリン超楽。>粗暴
粗暴とはちょっと違うか。」
できない夫
     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (●)(●) |
    |      |   │  楽だよなー>輝夜とか
    |   __´___  .|
    |   `ー'´  .|  普通にしゃべるRPとか物凄い楽
   ヽ         /   面倒くさいRPは楽しい
  , -‐ (_).     /
  l_j_j_j と)   く  この前普通にノムリッシュFFって感じで入ったけどマジで楽しかった
      |      |
      |      |」
蒼星石
           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′    入ってから「喋りづれぇこのRP」って時に限って人外引くよね
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|」
やらない夫 「ん、お疲れさん。
無理な時間だったけど村立てありがとな。>GM

コンプリートはぶっちゃけて後半かなりの無理が出ると思うw」
できない夫 「あるあるw>蒼星石」
やらない夫 「そう言う無理なRPって回りも「あー、無理してるなー」って思うのか
あんまり吊られなかったりするな。>喋り辛いRP」
できない夫 「こんなふうを受け継ぎしものに喋ってるのみだった──しかしな……ククッ、いや失敬
(こんなふうに喋ってるだけだったけどなw)>ノムリッシュRP」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|  
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ  魔理沙とか果てしなく楽
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'     そんなことばっか言ってると
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|     中の人の粗暴さや教養のなさが表に出てしまうけども
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄       
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
できない夫
霧雨魔理沙 「殴ればいいんだ殴れば」
姫路瑞希@GM 「『出題者置換』と『キューピッド置換』という不人気オプションが怖いですw>やらない夫さん」
やらない夫 「俺絶対入らないからなw>その二つの置換」
できない夫 「      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |
.    |    |   |   おっと、失敬
     |   __´___  ノ
     |   `ー'´  }   俺とか素でビビリで他人の話聞かないから出てくるよ
     ヽ       }  もう心臓バクバクしてるし毎回
      ヽ     ノ        \
      /    く  \        \
      |     \   \         \
       |    |ヽ、二⌒)、          \」
蒼星石 「      / /////////////////////|
    //////////> '´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄|
     ∨////> '´   , :-=ニ三三三三三 `i!
     .∨//   ,.<//////////////////i!
      ∨ ,.:<////////_ 三三三三 _ .三_j!
     , :<///////>::':´: : :: : : ; 小: : : : : :<´
    〈.//////>::'´.: : ; : : : : : /!:.:|:.ト、:.:.i: : : ヽ
    .V_>::'´ : : : : : /.:.:.:.:.:./レ从:!:.| Ⅵ::i: : ハ
     「: : : : : : : : : :i.:..x-ヤTY  l:.! ̄`!::|: :.∧i
     |: : : : : : : : : : !:.:.;z=テテ〒 .:リ行テミ小/  !
     .!: i.: : :!: : : : : !: :i 弋辷ソ   辷リ.!::|'
      Ⅵハ: :',: :',: : :V∧       ;   .|::|      サムとかでっていうとかRP楽で喋りやすい部類だと思うんだよね
      ∨ハ: :',: :',: : :`iヾ、      _  ノ:.:|
       .∨ハ、:\‘,: :',     ´  .:: : |::|      でっていうは「余裕がなくなると草が消える」とか言われるけど
        ヾ!ハ: :`ハ: : :iゝ、 ___/ ∨ : :!
           \| ∨|   |     ∨::!
           _i´ ̄ヾ!_ ム、      ヾ|
        ,:r<_       x仝x`ヽ、_
      /://∧'i    /ムト、ヾiヽ 「ヘ
     ./://///∧'i    乂/!| ハ ∨! V∧
      ./////////〉'i.       i.| {,ハ マ  V∧」
やらない子 「私もパスかなー
たぶんPCの前でFEやりながら村眺めてる」
姫路瑞希@GM 「流石に素でやるとものすごく困るので村人追加オプションと一緒にする予定ですけどねw>やらない夫さん
あらかじめ2確保しておくことで大量発生を防ぐ意味で」
やらない子 「男キャラは嫌いじゃない
主人公とか下手な女性よりキャラたってるのが多いからそっちのが楽しい」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)  内藤も追加で>蒼星石
  |       | |
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}   俺もなー。最近は様子見多いし入らないかも
  ヽ        }    ピーンときたら入る
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |」
やらない夫 「でっていうはまあ草生やしておけばいいってだけだけど
サムはほぼ中の人そのままじゃねえ?>蒼星石」
やらない夫 「いやそれあんまり関係ない。>GM>村人追加オプション
と言うか助長する。」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|  
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ 不幸っぽい阿良々木見かけたら
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'    化物キャラで入ってあげるから存分に不幸していってね
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|    
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄      
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿        
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
姫路瑞希@GM 「えっ>やらない夫さん」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /   「   \
 |    ( ○)(○)
. |  U    | |   そそそそそ、損な不幸な阿良々木なんていないさ!>やらない子
  |     __´___|   ほら、そっちのギャル夫君不幸そうじゃね?
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u }   俺には関係ないさ!
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \  \
    |    |ヽ、二⌒)」
霧雨魔理沙 「翠星石でですですいってたり真紅でだわだわ言ってたり金糸雀でかしらかしら言うのが一番やりやすいぜ
でっていうも楽だがヘイトきついぜ」
できない夫 「ボルガ博士とか内藤とかでっていうでヘイト争い楽しくね?
もうあのどうしようもない振りきった感じが>魔理沙」
蒼星石 「内藤はよく分かんないやw楽そうだけど
ほぼ中の人そのままでもサムだったら許される気がする」
やらない夫 「俗に言う「可愛い」系のキャラのRP出来る人はマジすごいと思う。
すみかさんとか。ひとかたさんもかな」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |   こう、初日グレラン抜けてから真面目にRPしながら
  |     __´___ノ   話すの楽しいじゃん……?
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |」
やらない子 「私の主観だと水銀燈が一番きついかな。RP維持的な話で
キラバラ姉妹はどんなRPすればいいか分からないので問題外」
姫路瑞希@GM 「狂人キューピッド出題者置換は建てると下手すると私村建て禁止にされかねないような気がするので本当にどうしようか迷ってるいるんですよねw」
やらない夫 「22村だとしたら
2を村人 1を占い 1を狼
あと18をランダム配信って形になるはずだから
村人村追加したから、置換が自重するって事はないよ?w」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /   「  \
 |    ( ●)(●)
 |       | |    カワイイ系のRPか……
 |     __´_ノ
 |     `ーnl^l^l  そういえば、あんまし手を出してないな
  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \」
霧雨魔理沙 「それ別ゲーだろwww>できない夫」
蒼星石 「水銀燈はなぁ
やる人大体銀ちゃんで銀様じゃないから」
やらない子 「可愛いRP…
何かあったかなぁ。純粋だった頃のりりーWは可愛いの範疇に入るかな」
霧雨魔理沙 「18で上限超えないところで20だと上限超えるってのもあるが基本影響対してねえなー」
姫路瑞希@GM 「ですよねー>やらない夫さん
それが通るのであればそもそも置換なんて起きないですしね」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |
   |     __´_ノ  俺未だにwebさんリリーホワイメージだよ
   |     `ー'´}  可愛いRPでもカッコイイRPでも粗野でも無口でも多弁でも
   >     ∩ノ ⊃  狂ってても大好きならばなんでもやってのける!
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |  俺たちRP特攻野郎!
    \_/__」
やらない夫 「webさんも割とそっち系だと思うよ>可愛いRP

って言うかやらない子すら俺には無理。
俺のやる女キャラってナズーとかアリスとかデレ要素皆無だ…ローゼンも無理だ」
姫路瑞希@GM 「可愛い系のRP・・・
うーん、私はないですかね」
霧雨魔理沙 「やるなら白銀村でも入れて固定枠多めにとることだなー
鬼村でもいいけど」
やらない夫 「webさんのアイコンって言うと一番最初に出てくるの萃香だったりする
どっかで印象に残っただけか?」
霧雨魔理沙 「鬼村より恋人村人形村の方が多いか」
やらない夫 「西沢も姫路も
可愛いって言うよりは…なんかこう不人気って言うか…>GM」
できない夫
           / ̄ ̄\
         /  へ    \
        (●)(● )   |
        |  |       |  ちなみに作って登録してないRPもいくつかある
.         | ___`___    |
.        { `ー '´   .|
        ⊂ ヽ∩     く
         | '、_ \ /  )
         |  |_\  “ ./
         ヽ、 __\_」
やらない子
.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
.:.八 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ:.:.:.:.:./
(:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /    \:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:. /、:.:.Y
.:.ヽ :.: \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:/         \:.:.:.:/:::} |_∧:.:.:.:./ 八:.:.i   >できない、やらない
.:.:.:.) .:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l\          )'/;:::::l 「 ̄:.∧:.:/./´ ハノ
./ :.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i!:.:.:|  \      / !::ij .ノ:.:.:/ ,∨/ /\
.:.: \ :.:.:.:.:.:.:.:. \ :.:.:.:.:.: /i:.:.ノ   \,    /i ノ::/  ∨ / _/ /:.:.:., -,   そ、そんなこと言われたって
\:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \ :. ,.ヘ=≠≡=ミミ     ヒ彡'__l   / /:. //:.\
  \:.:.)\ :.:.: \:.:. Y   ___   ヽ    (:::::::::::::ノ ヽ   ///:.:.: \:.ヽ 嬉しくないんだからね!?
    )'  :ハ:.:.:.:.:.:.).:.:l_(:::::::::::::::r‐ 、       ̄ /      / \:.:.:.:.:.:):.:.i
.      /:.:i:.:.:.:.:.:.:.:. ノ  ` 、 ̄ ̄ヽ、 i    _,   /   /   ∧    ヽ:.:.:.:.:.ノ
    /:.:人:.:.:.:.:/     ヽ__  ̄ ̄  ,.ィ    /    /:.:.}     ):/
.   ムイ:.: ,\(         }      厂 ̄   {    i    /:.:从   (´
     |:.:/  ヾ      / \  //    ∧     {:.:/
.      ノ/            /   `       / ∧     ヾ」
やらない子 「一時期っていうか結構な頻度で鬼希望萃香特攻してるからじゃ>イメージ」
姫路瑞希@GM 「一番追加枠が多いのが白銀なんですよね」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●
   |        |  |  俺のイメージ不幸だけど結構RPで遊んでるからなー
.   |      ___´__ノ
    |      ∩ ノ ⊃   阿良々木はやってても面白いよね
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
やらない夫 「阿良々木はツッコミキャラだから
いるだけで絡んでくる人が多いのはツッコミ気質なら楽だよな。
一回しかやったことないけど」
やらない子 「神原でコピーしたときが一番遊んだかな」
姫路瑞希@GM 「いやいやいやいや姫路さんと西沢さんが不人気とか何言ってるんですか>やらない夫さん」
霧雨魔理沙 「魔理沙はどうみてもかわいい系」
やらない子 「先輩が蒼星石にNTRされてたけど」
できない夫
       / ̄ ̄\
      /  ヽ    \
.      (●)(● )    |
.       | |        |
.      |_`__      |   やだ……この子自覚がない……>GM
    l^l^ln‐'´     /
    {   |      /    正ヒロイン位置って人気でないもんね……
    ゝ /     /   いや、ハムは違うか
   / /      \」
姫路瑞希@GM 「どう見てもかわいい系ですよね>霧雨さん」
やらない夫 「他の人気キャラがどうしても…w>姫路」
やらない子 「◇霧雨魔理沙 「魔理沙はどうみてもかわいい系」

うん・・・うん?」
MegaMari 「魔理沙は乙女だぜっ」
霧雨魔理沙 「飲もうぜ>姫路」
できない夫
       / ̄ ̄\
      /   「    \
.       |  U ( ●)(●)
.     |       | |  NTR……いや、なんかそれ言われると物凄く
      |   u.   __´___ノ  NTRキャラ定着しそうで嫌なんですけど
.      |        }
      ゝ_     ノ
.     ─(___.)─(__)」
姫路瑞希@GM 「やっぱり自分は感覚がずれているんだろうか・・・」
霧雨魔理沙 「火力系かわいい系の二刀流だぜ」
やらない夫 「神原RPはやってみたいなー。
化物語最近全部読んだけど、女キャラだと神原か羽川がよかった。

羽川はめだかちゃんくらい人狼村に向かない。」
MegaMari 「多分なかのひとととってないかなとおもったりおもわなかたり」
霧雨魔理沙 「眠いし夜が明けそうだから寝るお疲れさん」
蒼星石
|三三三三三|
|_____|
|三三三三三二7
|ニニニニニニ/
|.::::.:.:.::::.:.:.::::.:.:.:ヽ
|:::;ハ:::l.:.::.,.::.;::::.:.:ヘ
|/- '!:lヾ,ハ/l::l:::::::::',
|=、 ';! ナー-ソl::::.:.:.:l
|.シ   fテア /!:::.:.:;イ
|  ,  `" /〃::;:':/     その村にいた記憶はあるけど僕何やってたっけ……>やらない子
|、_ - __,.イi´/::/レ
|ヽ/  }:lル'レ'
|lト、  /::::::::::ヽ       あれこれやるからキャラが固まらないんだよね、僕
|lLl /::::、:::i::::::l
,-、 /::::::::l:::i:::::::ヽ
、.ノ ̄/lヽ:::::l:::::::/
|',_/;;;{ `ー-‐'
|=彡..¨.\
|´:::::::::::::::::ヽ
|/:;::::::::::::::::゙l
|./:::::::::::::::::::i
|::::::::::::::::::::::::::i
|:::::::::::::::::::::::::::i」
やらない子
       _,.-、    __  _,/⌒ 、    -┼、ヾ゙
     /::::::::::\,.-''::r丶:/ヽ::::::::::::ヘ    / |  ヽ
    /:::::::::::イ::::::::::r'´::::::::::::::::::::ヽハ::::::ヘ.  /  J
   /:::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::/:::`:::::::::::∧:::::::::ヽ
   ヽ::::::::::::::::.,":::::/i:::|ヾ |l::::|ヽヘ::::::ヽ::::ヘ/   |
    )::::::::::/,::::::::/|/...|:::| |/ |/メヽ|::∨|::::::〉   l  魔理沙さんの可愛さはギャップからくるものが大きいだろうから
  /:::::,.イ:|:::::::/!!|! ̄∨ !!!‐゛'|-∨::|:::/
  (::::::::ヽ ∨::::::|===    === |::::|::::\, /   鍋でその可愛さを見出す・発現する自信が私にはない
  \::::::::) イ::l|:j !!!  __ _ ′  u|:::::| )::/ / ,-, 
    〉"  ∨::|  /    ``!   /::::/ ヾι'  し'
        ∨|\/      }/| :/    ・
        )ヽ:|:〈:`'. r‐┬‐ '/:::::|〉:)    ・
       (::::ィ´ヾ,:‐<_l:::::/マト、:(_    ・」
やらない夫 「あいよ、お疲れさん>魔理沙」
できない夫
       / ̄ ̄\
      /   「    \
.      |    ( ●)(●)
.     |       | |  RPで楽しい人は鴨かもさんとかよーつーさんとか
      |       __´___ノ  マイナーキャラさんとか面白いよね
.      |     `ー'´}
      ゝ_     ノ    ああいう人達になりたい
.     ─(___.)─(__)」
MegaMari 「さすがに私も仮眠をとるか
おやすみだぜ」
霧雨魔理沙 「羽川RPとめだかRPできたらすげえよ」
姫路瑞希@GM 「・・・もう外が明るくなってますね」
やらない夫 「そっちの魔理沙もお疲れさんだ。
ピンポイントだったなあ、役職…w」
姫路瑞希@GM 「お疲れ様です>霧雨さん」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  |     __´___ノ   羽川RPあれムチャぶりじゃね?
  |     `ー'´}
  ヽ        }    全部知ってるキャラとかwiki別タブだよ
    ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    |」
姫路瑞希@GM 「お疲れ様です>メガマリさん」
やらない子
                     /^ヽ  . ‐─ ー 、 ハ⌒ヽ
                /:::::::/::::::^::`:⌒::::::\::ヽ/.:::ヽ
                    ノ:::::://:::::::,ヘ::::::::::l::::::i:::::l::ヘ<.:.:::::〉
                 〈::::.::,´:::::::::/ ヽ:::::::l::::::i:::::::::ヽ:::\:|
              ,'::::::∧::.:./`   ヽ::::l´::::|ヽ::::|::::l:::::::\
              !:::〃:,ィ゙:/___   ヽハ\ハl:::/|:::}\:::::::l\ >蒼星石
        .   nn ノノ,:::/::!'" ̄`   x==、ハレ::|:::|  \:::} )
          .Yi.| | |/. { ::::::! ""  '   "" /:::::/::::|    }::l  尊敬してコピーした先輩が
          |.i.| | | /} .',:::八  t ‐__ァ  ./:/::/:ハ::l   ノノ 
        .  !  , !'./  ヽ::|:\  rf^ト、_, |:/:|/::::| ノ /    恋人後追いで死なれたでござるの巻
          {  /  !   /:ノ:::|:|:i' |.! .!〉'/:|:::/:::::::l\_,
          〉___./ ,ィ/ィ{::::/ィリ. } ' . }/::::::::ソヽ:::) ̄ヽ
        . .{ー─‐‐レ"|::ト从/::|__/  /゙/:/:.:.:.:.>、
         /ー──' Y∨ヽ,.:.:.:|-{  ,ィ゙、{/:.:.:.:.// ヽ」
MegaMari 「ちくしょう。金が死亡フラグとかめったに無いんだぞ
喜べよ、もっとよろこべよー!>ない夫」
霧雨魔理沙 「  ||\                           /||
  ||:. \____________/  ||
  ||.   | .       ____     .|   :||
  ||:   |      |練炭オフ|     │   :||
  ||:   | .        ̄ ̄ ̄ ̄     .|   :||
  ||:   |            ;''"゙''" ;''""゙. . ||
  ||:   | 永遠におやすみー ;;''"゙''゙、;;~''"''||
  ||:   |          (^o^)ノ;, ,,.゙~'''"゙''||
  ||:. / ̄(^o^)ノ ̄ ̄ ̄ノ( ヘヘ ,.:;;:,゙,、;~'' ||
  ||/   ノ( ヘヘ   (^o^)ノ   [___]゙'  \||
            ノ( ヘヘ」
できない夫 「おし、お疲れさん>魔理沙」
やらない子 「羽川さんはなんとかできるかな?
めだかちゃんは無理。」
やらない夫 「発言が楽しいって意味ならやっぱできない師父とかサム隊長がオススメだけど
RPが楽しいって言うと色んな人が該当するなー

RPプレイヤーでは角砂糖さん、AA加点するならゴーヤさんが同率でが最高だと思ってるんだけど」
蒼星石
         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/    言ってから思い出した
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/       阿良々木と繋がったの僕じゃないか……
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'」
できない夫
|
| ̄ ̄\
|  「   \
| ( ●)(●)
|     | |  (……ここで皆が無理って言ってるRP完走してみようかしら)
|   __´_ノ
|   `ー'´}
|       }
|     ノ
|    ヽ
(⌒ー─'」
やらない子 「ただ羽川さんやるなら魂引きたい
切に」
蒼星石 「ブラック羽川ならなんとか……?」
MegaMari 「私はどうしても途中で男が力尽きるから
男を一回やるのが夢ではあるな」
やらない子 「あーみんRP大好き>兄さん
あれ本物じゃない?って思うくらい完成度高かった」
姫路瑞希@GM 「では、私も今度こそ落ちましょう
姫路さんとか西沢さんとか作品中で一番かわいいと思ってますから
というわけでお疲れ様でした」
できない夫
   / ̄ ̄\
 /  「  ヽ \
 |  (●)(●)|
 |     |   |  角砂糖さんもRP面白いよなー
 |   __´_  |
 |   `ーnl^l^l   ゴーヤさんは同村した回数少ないからなぁ……
  ヽ    |   |
   ヽ   ヽ く
   /    ヽ」
やらない夫 「でも、挑戦してみたいな…ドキドキ>羽川

ただみんな無理って思ってるんだろうな。羽川RP。
アイコン一覧で「物語」で検索するとわかる。」
蒼星石 「もう5時だね
僕も落ちることにするよ。お疲れ様」
やらない夫 「あーみん?
柴田亜美?>やらない子

っと、GMもお疲れさん。」
できない夫 「お疲れさん。あーみんはブレパレートな方じゃないか?>やらない夫」
やらない子 「そういえばブラックのほうしかみたことない」
やらない子 「作者のほうねw>あーみん」
MegaMari 「面白いって言われるPLになりたいんだが
最近決闘以外でRPはがれてるから困る」
やらない夫 「他のヒロインは複数あったりするのにアイコン登録されてねえんだもんよ…w>ノーマル羽川」
やらない子 「なんでパプワがなくて作者と編集のアイコンがあるのかは非常に謎だけども」
やらない夫 「って言うか紅夢さん魔理沙以外滅多に見ないだろ、鍋だと。」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |
   |     __´_ノ  …………ほほう>ノーマル羽川無い
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
モノミ 「なら私が作って登録しますでちゅ>羽川アイコン」
やらない夫 「いたのかっ>モノミ

いや、登録するなら、率先して使う覚悟をだな?w
だからこそ登録されてなかった(誰も使おうとしてなかった)ってことであって」
モノミ 「覚悟はできてますでちゅ>やらない夫師匠」
MegaMari 「いや、結構やってるぜこれでも?>ない夫
非想天則メンバーが主だが」
できない夫 「作ってきた」
やらない夫 「物語系だと忍野メメと貝木泥舟は両方勝ったからなー、またRPやってみてえ」
やらない子 「私も結構登録しますねー
基本他所から引っ張ってきてるだけだけども」
できない夫 「よーし、お兄ちゃん明日羽川RPしちゃうぞー!」
MegaMari 「最近メガマリとJ魔理沙が多いのは認めなくも無いがw」
やらない子 「撫子アイコンはもう1個ほしい
そして私アイコンの新作が欲しい。ピンボケしてないので」
やらない夫 「ホントだ、検索したら結構出てきた>紅夢の魔理沙RP以外
なんか時間帯的にニッチな時間が多いがw」
やらない子
                     __,, -‐‐‐-- 、,,, ,,x'''"¨゙゙゙゙''ヽ
           _,,,,,_   ,,r''"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /.:.:.:.:.:.:.:.`i!‐/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノヽ
        {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.}、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./ ヘ.:.:.:.:.:.:._ヽ-- | ヘヽ.:.:ヘ.:.:ト、ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.ノ:.:.:.:.:.:| _,, ヘ.:.:.:.:.:.ヽ,リノヽノ、.:ヽ.:.l.::| (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ
         ).:.:.:.:.:.:.:./イ.:.:/.:.:.才   ゝ、.:.:.:|ノ ,ィ=ミV゙ゞ|/.:.:| ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  できない子は2種類あって
       /.:.:.:.:.:.:.:.:"´:|.:.:|.:.:.ハ,ィ=ミx   ヽノ  {{{__}リ   .|.:.:.|  Y.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:|.ノ {{{__}リ __ _ _ _`T^`ヽ  |.:..|/⌒\:.:.:.:.:.:(  兄さんは複数多数!どういうことだってばよー!
       ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:|   7T´|_|_l_|__| ヽ  \:://´ ̄`\.:.:.ヽ
      //ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヘ.. / j |     | ヽ  /\  \   ヽ:.:.:)
        (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:ヾ./  i  |         |   ヽ/\   \    〉
        ゙、.:.:.:.:.:.:.:.:./. |:.:. '\ j   |       |   , |  ヽ      /
         ):.:.:.:.:.ノ   ):.:.:/. "'-.|_ _ _ __|ァ彡∧        /!
        /:.,,;x'''"  /ヽ:.:/\l≧メ|_l_l_l_|ニ三/ ∧        \
      ‐'='"´    /   /  ヾ三三≧yx /ニ三三//: :ヽ        \
               /        〉三三ニl二lニ三三{: : : : : : \        \
                /         〈三三三」ニ|ニ三三\: : : : : : \」
両儀式 「デレRP?欲しけりゃくれてやる
探せ!この世のすべてをそこに置いてきた!」
できない夫 「というか俺はアイコン作って自分で一度はRPしてみる派だからなぁw
こう、投げっぱができない欠点が!」
やらない夫 「よーし俺は阿良々木を見たら羽川で入るぞー!」
MegaMari 「>ない夫
ニッチ言うな。
ジャンキーなだけだ(」
やらない子 「じゃー私はガハラさんではいるぞー」
モノミ 「あれ、もう登録しちゃったのでちゅ?ww>できない夫」
MegaMari 「……確かにやみ鍋に限ると魔理沙系多いな
暫く我慢するか……素で効くから楽っ茶楽なんだが」
やらない子 「>式
世はまさに大RP時代!
アリッタケノーユーメヲーカキアーツーメー」
やらない夫 「だが沢山いたら貝木で入る(キリッ>化物語シリーズ」
できない夫 「イエース>モノミ
悩んだら即投票! これ私流」
モノミ 「確認しましたでちゅ。格好良いでちゅ!>できない夫」
できない夫 「やらない子も作る素材多そうなんだけどなー>アイコン少ない」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   ってか俺とやる夫のアイコンって同じ4つなんだな。
.   |        ノ    使用頻度はともかくやる夫も結構愛されてるだろ。
    |      ∩ ノ ⊃   使用頻度はともかく。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
やらない夫 「そのうち西尾村とか立てても埋まりそうではあるよな。
前にやったんだっけ?」
できない夫
     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (●)(●) |
    |     |    │   西尾村とかしたら多分恐ろしいことになると思うの……
    |   __`___  .|
    |   `ー'´  .|  まあ、俺もそろそろ落ちるかな
   ヽ         /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |」
MegaMari 「久しぶりに文でもやろうかね
非想天則でいくとそのあたり最近いなさそうだしな」
できない夫 「そいじゃ、待たなー
最近は入村減ってる気がしてたけどそんな事もなくて自分にビックリ
まあ、また面白いRPを引っさげてやってくるぜ!」
やらない子
           , ⌒ハ           ハ⌒ 、
           j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
          ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
          ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
           Yyノ ノ :ノ...:ノノ   ヽ ::::::) ルリノ
                l゙.|;/|「;j  ;=ミヽi:::;}::::/:::イ  それじゃ私も寝るヒャッハー!
                 | |':::|`,   .l;::j`,レ'::::/::::;j'
                  ``>. 、 _  /:::::::/:::::ソ  おつかれさまー
         __ ,-─、'/ノ;>--,;.し:/::;ん::::(、_
         <  \ ヾYv'~ ̄`(~;ト、)ヾ`iノ .ヽ
        iタ^} _ヽ__.ソ、             ゙l }
        ヽ, `i´  ゙^./ ヽ   |,  /    | |
          i `、  ,."  `、 ,ソ ./     \|.}         , -ー 、
          | ゝ〆    ヽ/  ' 、     ヾ、.         /     ゙i
        _,,r/~ハ     /    _>-‐─ヘノ}        |      `、
       {  ,l゙ { `    /|、  ,〆,,rー-─ー-\,,_      i      ヽ
       ヽ /ノ J   ,イ′l  / /     `'~    `ヽ、 l゙       \
        /"     ,  /  `ー|/, ″              `ゾ ヽ,、  、   ヽ.
          `ー-、ー</     ゙l                   ./     ヘ   ヽ,   .i
           ヽ         |            //    | ゙、 , _ _ ._ }
            `、        |       ー、,_/ /      |\\).ヽ,ヽ,Y j
            ヽ        |   /     \'_//    | ̄`ヽ`~~"
             \       _{  ./  ,   `ミゝ、/       |,-ー─\
               \,,,;:--:'''''" `、/ /  / ̄~`/       |     `ヽ」
やらない夫 「5時ちょい前か。俺も落ちるとするか。
この村は展開もRPも楽しかっただろ、ホントに。
全陣営悲喜こもごもで。狼は大変だったとは思うが…w

ってことでお疲れさん。またよろしくな。」
モノミ 「改めてお疲れ様でちゅ!」