←戻る
【雛3301】やる夫たちの超闇鍋村 [3868番地]
~GMはね…転校しちゃったんだ…~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[陰陽師]
(死亡)
icon 副会長
 (あべべ◆
piryHPnRM6)
[狂人]
(死亡)
icon 男子生徒
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[猟師]
(死亡)
icon 先輩
 (ciel)
[蟲狐]
(死亡)
icon クマー
 (バッパラ◆
enBbjKggDI)
[雪狼]
[凍傷]
(死亡)
icon 女子生徒
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[翠狼]
[熱病]
(死亡)
icon 先生
 (狂言◆
e29TGtgBys)
[流星天狗]
(生存中)
icon 女子高校生
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[占い師]
(死亡)
icon 教授
 (Claudia◆
KWPp3mk3Rg)
[探知師]
(死亡)
icon 女子小学生
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[水妖姫]
(死亡)
icon 留学生
 (百合籠◆
ButydSJ6OM)
[人狼]
(死亡)
icon 父兄
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[夢枕人]
(生存中)
icon 秀吉生徒
 (エノク語◆
CkK42HJiBJ9Z)
[扇動者]
(死亡)
icon ウサギ
 (プラスアルファ◆
GARNEToSHv.u)
[司祭]
(死亡)
icon 泉こなた
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[埋毒者]
(死亡)
icon 学校のアイドル
 (FEマン◆
w.3iOdjBHM)
[占い師]
(死亡)
icon 図書委員
 (ふらい)
[萌狐]
(死亡)
村作成:2015/07/04 (Sat) 16:36:31
ノワール が幻想入りしました
ノワール 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
ノワール 「55分開始ね」
男子生徒 が幻想入りしました
男子生徒 「今日は・・・・・・風が騒がしいな・・・。」
アリス が幻想入りしました
アリス 「よろしくね」
ノワール 「いらっしゃい」
ノワール 「風がうるさくて聞こえなかったからもっぺん言ってくれる?>男子生徒」
男子生徒 「急ごう・・・風が止む前に・・・。」
クマー が幻想入りしました
クマー 「よろしクマー」
ノワール 「いらっしゃい」
女子生徒 が幻想入りしました
女子生徒 「闇に飲まれよ!(よろしくお願いします!)」
クマー 「よろしクマー」
ノワール 「いらっしゃい」
アリス 「意外と集まらないわね」
女子生徒 「今は日も高き刻……。闇に包まれてからが本番であろう(昼時ならしょうがないですね)」
ノワール 「休日なのに意外ね」
クマー 「他の村とかぶってるのも原因じゃないかクマー?」
ノワール 「このままじゃ決闘よろしく熊鍋で終わっちゃうわね」
先生 が幻想入りしました
女子高校生 が幻想入りしました
女子高校生 「こんにちは」
ノワール 「いらっしゃい」
先生 「はーい、突然の休日授業テロを始めまーす」
女子生徒 「ククク……終焉を告げるとき、愚民共は洪水に追われ、集うであろう(ズザ勢に来たいですね!)」
女子高校生 「女子生徒でこの位置待機してたら取られたCO」
上白沢慧音 が幻想入りしました
ノワール 「学園だったのかしら」
アリス 「アリス さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アリス → 先輩」
クマー 「…鍋する前提かクマー」
女子小学生 が幻想入りしました
先生 「自宅の生徒たちも外出中の生徒たちも至急エージェントに拉致されたまま抵抗せず教室に集合、これ上意なんで」
女子小学生 「よろしくー」
ノワール 「いらっしゃい」
女子高校生 「うわー!OBだー! >先輩
偉そうに色々命令してくるわよ!逃げなさい!」
男子生徒 「何てことだ……ここは学校だったのか……。(絶望)」
先輩 「OGよ(真顔)>女子高校生」
留学生 が幻想入りしました
ノワール 「ノワール さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ノワール → 副会長」
男子生徒 「先生、質問があります。
僕は佐々木異三郎のAAを保存するべきでしょうか。(真顔)」
留学生 「おはようゴジャイマース」
女子生徒 「日の高き刻、我に捧げられる生贄は山に住まう猛獣となりて、我満足せり(今日の昼食はクマ鍋ですね!)」
副会長 「ほーら、そろそろ開始するわよ
席に着きなさい」
先生 「はい、拉致された生徒たちが続々集まってきますねー、休日を幸せに過ごそうなんて先生が許しませんよ」
上白沢慧音 「丁度いい場所にいた。今日の抜き打ち試験の範囲は幕末にしよう」
男子生徒 「(何だこの人……何を言ってるのかさっぱりわからないぞ……。)」
留学生 「昨日は花金なのでテンションアゲアゲデスー」
女子高校生 「わ、時間だ
席につかないと(開始投票)」
父兄 が幻想入りしました
父兄 「サスケェ!授業参観にきたぞぉ!」
男子生徒 「お前のような父兄は嫌だ。(直球)」
先生 「全可能性宇宙のためにやれることはやっておこうか>男子生徒」
秀吉生徒 が幻想入りしました
女子高校生 「でも今日は土曜日だから半ドンじゃないんですかー? >先生」
上白沢慧音 「上白沢慧音 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:上白沢慧音 → 教授」
ウサギ が幻想入りしました
副会長 「サスケいないわよ」
クマー 「クマーは生徒じゃないから逃げてもいいクマー?>先生」
先輩 「またペットが来たわね」
男子生徒 「しょうがないにゃあ……。>先生

秀吉生徒はやめろwwwwwwwwww卑怯だろwwwwwwwwww」
秀吉生徒 「よろしく頼むの」
ウサギ 「学校で飼育してましたよね。」
留学生 「あ、あれってハクビシン?」
副会長 「じゃあカウントするわね」
先生 「ぶっちゃけAA増えて喜ばない輩はいないよ! 先生もお気に入りのアイツやコイツがマイナーで少ないから増えねーかなってずっと思ってるもん」
教授 「折角だから私もかっこよく名前を教授にしてみよう」
父兄 「幻術だ、サスケェ!はすでにこの村にいる」
女子小学生 「ウサギさん・・・」
先輩 「クマは飼育してないけどね」
泉こなた が幻想入りしました
女子高校生 「ウサギは飼った事ないけど、ヤギは飼った事あるわね」
クマー 「これはサスケフラグクマー>>サスケいない」
副会長 「熊を?>学校で飼育」
男子生徒 「このウサギたぶんウス=異本的な扱いを受けるタイプのウサギだと思うんですけど。(名推理)」
副会長 「4」
泉こなた 「あそびたーい やすみたーい
こまったときの ひとだのみー」
学校のアイドル が幻想入りしました
副会長 「3」
女子生徒 「いと耳長き獣に触れるは我が右腕也!(うわぁー、うさぎさん可愛いですね! もふもふしてます!)」
先生 「クマーは飼育委員に飼われてなさい>クマー
秀吉は風紀を乱す(戒め>秀吉」
副会長 「2」
ウサギ 「学校の兎でそういうことになったら大問題と思うんですけど>男子生徒」
学校のアイドル 「皆ー学校のアイドルだよー!」
男子生徒 「待て!!!

おい、ヤベーって!そこのコンビニポテト半額だよ、行こーぜ!」
図書委員 が幻想入りしました
留学生 「新参ホイホイ言われてたのも今は昔デスネー」
副会長 「1」
教授 「このうさぎは月から逃げ出してきた貴重な研究材料だ
安易にいじめちゃだめだよ」
図書委員 「早く放課後にならないかな・・・」
男子生徒 「せやな。>ウサギ」
秀吉生徒 「ワシと風紀の乱れになんの因果が!?」
副会長 「キーンコーンカーンコーン」
女子生徒 「虚偽は罪也!(異議あり!)>学校のアイドル」
女子高校生 「(すやぁ」
留学生 「Oh! ナイスアイデアデス」
泉こなた 「チャイム鳴った?」
先生 「それでは授業を始めまーす」
ゲーム開始:2015/07/04 (Sat) 16:57:27
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 天狗陣営1
副会長の独り言 「狂人か」
ウサギの独り言 「(餌の人参を食べる音)」
父兄の独り言 「サスケェ!霊能者だ!」
女子小学生の独り言 「う?」
先輩の独り言 「子狐ね」
教授の独り言 「ふむ」
男子生徒の独り言 「愛のハンターかな?(すっとぼけ)>猟師」
学校のアイドルの独り言 「学校のアイドルは皆の主役!占い師!」
図書委員(妖狐) 「あの、萌狐みたいです・・・」
クマー(人狼) 「よろしクマー
雪クマー」
副会長の独り言 「噛まれない様に、が理想かしら
霊能か司教でも騙りましょ」
泉こなたの独り言 「お、埋毒者かー」
留学生(人狼) 「Oh……素狼デース」
女子小学生の独り言 「これは死んだな・・・・」
副会長の独り言 「遺言は占いで」
女子生徒(人狼) 「ククク……我が身は翠色の加護に包まれたり(翠狼です! よろしくお願いします!)」
学校のアイドルの独り言 「でも普通に人外数キツイね(白目」
先生の独り言 「はい、先生は流星天狗です。生徒を夜の内に無礼討ちするポジションですね。これが権力です」
クマー(人狼) 「狂人1確定クマー
あとは明日の吠え次第クマー」
教授の独り言 「天狗次第」
ウサギの独り言 「実は司祭ひいたことなかったんですよね」
図書委員(妖狐) 「あ、先輩さんは子狐なんですね」
先生の独り言 「とりあえず何事もなければひょっとすると先生より権力があるかも知れない教授を狙おうと思います」
秀吉生徒の独り言 「うーむ」
クマー(人狼) 「あと天狗もいたクマね」
留学生(人狼) 「デース」
教授の独り言 「基本的に役に立たないっぽいかなあ」
クマー(人狼) 「じゃあがんばるクマー」
図書委員(妖狐) 「交配(後輩)ってCNで入って「起立、気をつけ、礼、着床」ってネタをやろうかと思ったけどやっぱりやめ。
せっかくだから夜の発言に残しておきましょう」
先輩の独り言
図書委員(妖狐) 「萌えたら素直に吊られていいのかもしれませんね」
図書委員(妖狐) 「初手呪殺用に占い遺言は残して・・・」
女子生徒(人狼) 「ククク……偽りの瞳は用意済だ(占い日記の準備だけはしておきますね!)」
男子生徒の独り言 「異三郎AA文字化けするからダメだなこれ、保存効かんわ。()」
副会長の独り言 「狼少なさそうなんだけど」
クマー(人狼) 「噛みは好きにしていいクマー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
学校のアイドル は 女子生徒 を占います
女子高校生 は 先生 を占います
留学生 は 身代わり君 に狙いをつけました
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
父兄 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 天狗陣営1
サスケェ!」
男子生徒 「はい、それでは初夏のスプラトゥーン大会を始めます。(適当)」
ウサギ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 天狗陣営1

ポリポリ(餌の人参を食べる音)
7吊り8人外…?あ、だめだこれ吊り足りない。天狗と狂人、狐が噛まれるなり、GJなりでないとだめですね」
女子高校生 「占い師CO
先生○」
秀吉生徒 「17人。普通村の配置を基準に考えると割ときついかのう」
先輩 「おはよう
7吊り7人外
いえ、天狗も狼側に回ったら8人外ね
吊り余裕がないわ、真証明出来る人は出てきてくれないかしら」
学校のアイドル 「                       ___
                      _,,.. -ァ'´   (_ノヽ- .,
          ,.:'´ ̄``i≦---く込、    :}、: .`ヽ__
          i:: ,.:'^`マ'´ ̄ ̄``寸≧===iチメ':, : : . V|i
          {iァ'゙ ,:'′ . : : : : : : : :\ ̄ ̄`:、ヾ:、 : : }]|、
          , ’.:./ :′ : : i:: : : : ::I:、:`:、: : . `、: マV/iリ:.\
.         /,:′′i:.|;: : : li:: : : : :I「`、:.`、: : : ゙,: : V[i/ : : : `: .、  村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 天狗陣営1
        //;: ;′: l:.i|',: : : : 、: : : |⌒:、:i`、: :. :',: : Vハ`'  .,:_:_>
        ,′:: :i: : : l:.|‐':,: : : :`、: : ', _}:.:|ハ : i: :|: ::i:.',: :'、
.       i{ :l: :l:.:{: : { _\:.、:(\:. Vィ}从灯 ,′|: ::|i:.i、:`:、
.        |{ il: :|:. :',: :ィ灯ア5k{\ \ {トじi}/ :;′:リ.:|i` .,:`: .,____    さあ、放課後アイドルライブの時間だよ!
.        i' 八:.:|:i: :`:、ゝ {トじi     弋ツ'〉 :/.: :/ : |:',   `~¨¨~´
.        _,:'/ハ从: : : ::}i 弋ツ  :、      厶イ.: :/|i:: :ト、':、
    ー‥''"  ,|:.i: . \:_:沁、     _,    刈j/:小: :i `iト          …先生、吊が足りそうにないです!おかしいです!
        /i{:.|、: \∨ァ^ .,   ̄   ,. 个リ:/: ' ]ハ:':,_ :|   ` 、      共有係もいないってやめてぇ!
.     /  {:.{=:、: : ``\   :}>‐<{ /i|: :;′: :]  `¨^:|     ',          _r-
    ,:'゙_xァ'"´';.:、 ハ:、: : : . \ノ{,.イ⌒(0)7|: :i|: : : i|     :|      i       /``丶、 `丶、
.   /'´〃    ヾV,/`'ー-=ミ: \| /\j|: :l|: : : i| 、 |    ,′     ,′   \   `:、
   /  /       ,'´       ,/ヽ: \,/  ; i|: i|; : : : ',:、\ |    /         { : /  .: : : `:、``ヽL_
.  /厶7      /     /i{_ノ:i:.iハ', / }; |/:、: : :':,``ト'    .ハト、       }:;′ .: : : : : :.`、  ``:、
 /'´ ′    ./       '゙ ⌒マiリ:.| {リ`i^ア ';{  `>:,、`:.{    彑| `ト .,__/;′.: : : : : : : : :}    ゙,
.   :    /  . '´     _`'.:ノ.,__ゝ厶 ‐{冖`¨ ̄):ヾ:,   ム]リ /   } }|::/ .: : : : : : :.,:ァ┘   _}
.    i   /  ,. '゙        ⌒¨´    `ゝ.,,_____,. 彳:_:ノi:i:   か′′ / :}|:: :: :: : : : : / {: : : ,. '´/
   八__,,. '"       ,:'´\/`ヽ、____rr―};.^寸竺7}ノ′  ′{イ:  ,.:゙   ':|:i_;:. -‐ ´. : : `¨`i: {__
                /  /      \: :|:| //,  `¨¨i|     i  V/  /:√      ―-  _;}    `,
                 ,′ /       ` 巛\ /, ./!}    「`ヽ.」\   /             :}    ,}
              ^ヽv:′  . : : : : .  ‘ム、``}厶|_j′   i``丶、 \/: .             厶-‐ァ''′
                  _)|   . : : : : : : : : :.‘ム、  ./;     {,.x==\_,/: : : : .    : .    ./  (┐
               f´ ',  . : : : : : : : : :: :.:.``≫'゙.: :′  .//.:: :: :: :: :.     : .  ,. -‐:、_/.,_   _ノ
                  ':,__ `、: : : :r<´ ̄ ̄ ̄  .:/}  ./  ′::   :: : :.     : :(    \ __/´
                 `) \: : j::. :.\     /.: ::| .,:'゙   ,′::  :: : : : :..     :}     `¨}
                { ̄  `¨ー…_,ノ  . : . .: :::|/    {.: ::   i:: :: : : : : : . ./ :、     ./
                /\     ,(  . : :  .: : : ,:′    {ィ´ ̄`ヽ:: :: : : :,: '゙`ヽ  >、_,. '´
                  /  ,.>‐i< \   . : : ,ノ     .//     ;L=‐ '"ヽ:.  ,. ィ´
                  ,′、/   _/  )'´ `'ー-=コ´...ノ   //____,:′  (⌒`マ´ /
             i  /  ァ´/  \   ,/ (_))____}{_/|   (_,.. イ`ヽ |' ;′
             | { .;' ./    `'ーァ⌒V´ ̄   `〈 :,      ,′ :} .ノ .,′
                  :、 \{:      / _/   :、 、 、ーv,      /  ,/ .ノ
                 ` .,_>、    /  (___,. '"\ \ \.\)、   ,. '^¨¨´
                     ー‐'゙            ゝ--'ー'ー┘`¨¨」
副会長 「おはよう
天狗は狼陣営確定だから人外8で吊り7か…天狗狂人を噛ませないと厳しいわね
でもなんだか4Wいそうな吠えじゃないわね」
泉こなた 「おっはよーう♪
それじゃ何かCOがあればぱっぱと済ませてくれたまへ」
女子小学生 「おはようなのなー
7吊りで8人外だから狼に噛ませていかないと
まずいのな 正直厳しいです」
女子生徒 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 天狗陣営1
闇に飲まれよ!(おはようございます!)
吊り縄は既に吊り数には足らず(7吊り8人外、吊り縄が足りてませんね……)
小雀の相談する囁きは聞こえず(共有の声は聞こえませんでした)
汝、宣告を持つ者ならば躍り出るが良い!(COある人はよろしくお願いしますね!)」
クマー 「おはようクマー
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 天狗陣営1
狂人相当が2いるけど割りと何とかなりそうな村クマー」
留学生 「オハヨウゴジャイマース」
先生 「はい、実質狼陣営6に狐が2。お話にならない!
つまりこの村には暗殺がいるってはっきり分かんだよね!!!
だってそうでもないと勝てないから!!!」
女子高校生 「1時間目 先生

とりあえず先生の色を確認でいいや
隣だからいいよね?
ていうか先生が敵対してたら学級崩壊待ったなし」
学校のアイドル 「お、おぅ>開幕占いCO」
教授 「それでは抜き打ちテストを開始する
丁度いいことに天狗がいるらしいので「日本に開国を迫るも天狗と間違えられた米国の提督」は誰か誰でもいい答えてもらおうか」
図書委員 「おはようございます。
身代わり君が村人なら、村人が半分しかいない村です。
指定進行の方が良さそうなんですけど共有者さんはいらっしゃらないですよね・・・こわいです。」
父兄 「幻術か?>何故か占いCO」
副会長 「あれー?>占いがいきなり出てる」
ウサギ 「いきなり占いCO出るとは予想外でしたね・・・」
先輩 「いきなり出るのね
吊り余裕ないから仕方ないのかしら」
教授 「噛まれ狙いかな? 基本的に放置でいい。」
男子生徒 「そこは俺を占うべきでは。(憤怒)」
女子小学生 「占いで即でるとか信用ならんな
吊るわけにもいかんけど」
先生 「何で初手で占いが出てくるんだよおおおおおおお(憤怒」
女子高校生 「先生は私視点○です、おーばー」
泉こなた 「占師が開幕COって久々に見たなー」
秀吉生徒 「狩人おるとはあんまり思えんのじゃがな
まあ出たものをとやかく言っても仕方あるまい」
クマー 「しょっぱなから出るのは珍しいクマー
とりあえずグレランクマー」
留学生 「人狼5、狐2、天狗1ってかなりきついデースね……」
学校のアイドル 「まあ、いったん置いておこう
印象はあんま良くないけれど、そういう真もいるっちゃいる」
副会長 「先生、現実逃避しないでください」
男子生徒 「バトルロワイヤルを見る限り先生は敵対陣営なのでは?(名推理)」
父兄 「ただまぁ理由ぐらいは聞いておくぞサスケェ!>初手出る理由」
図書委員 「えっ、いきなり占いCO?
狩人がいないのを恐れていないのはあんまり真っぽく感じないです・・・
投票されたくない天狗、なんかもあるんでしょうか?」
先輩 「普通村なら普通の光景だけどね」
女子小学生 「先生白はちょっち私困る」
女子生徒 「ほう、真実を見抜くものが出てくるか(開幕占いCOって珍しいですね!)」
泉こなた 「経験則で言うと初日ロケットスタートする占師って7割がた真だけどね」
女子高校生 「ごめんなさい 友達からでお願いします >男子生徒」
ウサギ 「噛まれ狙いって、この村村人が噛まれてる余裕ないんですけど>教授
ま、放置でいいというのは同意ですけど
いずれにせよ、狩人がいるならそこを守っておくべきでしょう。」
先生 「まあ先生に○を出す奉仕精神は個人的には評価するけどね、客観的にはマイナスムーブよ?
呪殺でも頑張って真確定させてね?」
教授 「今日出てくる占いなんて基本的に印象点マイナス3ポイントで見られるがその覚悟はあったか?」
副会長 「天狗って占っても〇出るのよ、知ってた?>男子生徒」
留学生 「What's!?
いきなり出るのデスか!?」
ウサギ 「一応初日にでてきたりゆうだけ聞いてもいいかな?>女子高校生」
先輩 「狩人がいるとも限らないからね
鍋は」
学校のアイドル 「あーそれもあるのか>投票嫌がる天狗
でも指示役もいないからこー投票指示とかも無理だから考えても詮無いや」
男子生徒 「俺とお前は……もう友達だろ?(適当)>女子高校生」
秀吉生徒 「ただまあここで即座に女子高校生噛むようなら狐が持っていくじゃろ
そういう点では狼に圧力をかける手じゃな」
先生 「おま、初手から何の謂れもなく俺吊るすつもりだったのか(震え>女子小学生」
泉こなた 「COしないのが当然、みたいになってるから、
騙りで無意味にCOするやつは奇策抱えてるか何かだし、
基本的に真だと思っておけばいーよ」
父兄 「(最近萌狼で即2昼から占い騙りして
ノイズばら撒いた騙りもいるからそのへんは留意しておけサスケェ!)」
女子小学生 「他にCOないみたいだからグレランなのな
狩人は護衛は任せるとしか」
副会長 「騙りがやる理由の方が薄いからね、ぶっちゃけ>こなた」
男子生徒 「なん……だと……。>副会長」
教授 「噛まれ狙いの人外だろどうせと思っている>ウサギ」
学校のアイドル 「なんかいきなり出る理由すら説明しようとしないあたりどーなんだろって
かなり印象ダウン」
女子高校生 「奉仕とかじゃないですよ!?ヤラシイ!ドスケベ先生! >先生

え? >男子生徒」
女子生徒 「初手から真実を見通すものとして躍り出た理由は如何なるや?(なんで開幕から出てきたのか、は気になるところですね)
されど、そうあるならば縄の先には能わず(だとしても、グレラン除外くらいでいいでしょうね)」
先輩 「狐2匹いるから(背徳もあるのかもしれないけど)
狼は噛んだら狐場になるわね
そういう意味では抑止力的な?」
秀吉生徒 「噛まれ狙いの人外って状況的に殉教者でもやらんと思うがなぁ」
男子生徒 「先生、父兄が万華鏡車輪眼使ってメタ会話してるのでイザナミに掛けるべきだと思います。」
クマー 「どうせ真だったら噛まれるクマー」
留学生 「Wow,日本にはそういうシステムもあるのデスね……
勉強になりマース>印象ポイント>教授」
副会長 「そして印象ダウンダウン言ってる人が多いのは流石人外村かな、と
そんなのわざわざいう意味ないしねぇ」
男子生徒 「えっ。>女子高校生」
先生 「まあ狼じゃなさそうってのは分かる。真狂、占われたくない狐もあり得っかなあ、2いるしね」
図書委員 「たしかに噛まれ狙いという教授の発言はちょっと違和感がありますね。>ウサギさん
その後に
◇教授 「今日出てくる占いなんて基本的に印象点マイナス3ポイントで見られるがその覚悟はあったか?」
という発言してるのも、噛まれ狙いで見るなら噛ませるように発言すべきなのに正反対。ちぐはぐに思えます。」
女子小学生 「死ぬ気で狼みつけて銃殺ださないと占いは我々の手で死にます」
学校のアイドル 「そもそも真じゃない可能性もあるからにー>先輩」
泉こなた 「>副会長
だからこそあえてやる!って言ってやるには、
その後の展開とか策まで考えてないと意味薄いんだよね」
ウサギ 「まぁ、占い真で即噛まれたなら、狼は狐自分で処理してくださいねとしか言えませんので。
あと狩人警戒とか狐処理とかあるので、明日噛まれてない=即偽、っていうのは早計とは言っておきますね
多分そういう人出てきそうですし」
父兄 「なので騙りはないとかやる意味が薄いというのは
割りとナンセンスだな、本当に最近実例をみてしまった以上、というべきだが。

と言うか本人が特に説明する気がないようにみえるのは
俺の気のせいか?」
先生 「あ、狂ってのはポジ的に天狗も含むよ」
女子生徒 「その身に盾を持つものが居れば、守り抜くと良かろう。絆が有るのならば、な
(COを信じるなら、狩人が居るのなら占い護衛でいいと思いますけれどね)」
留学生 「同じ教室で一緒に授業してるのでみんな友達デース」
学校のアイドル 「まあ、噛んでくれるなら狼視点真結果だろうって話で
護衛要らないんじゃない?が結論になる」
女子高校生 「出る理由は、私の○が保護される
共有者はいないから私が出ても護衛を貰える(山彦などは置いといて)
それに加え、護衛を恐れ噛みにくい+銃殺を出させたいので噛みにくい
結果が決まってるから書き換えが無くなる」
先輩 「そうね
ただ、先生が狼じゃない限り狼視点見分けつかないのよね>アイドル」
副会長 「その友達をこれから処刑するんだけど>留学生」
男子生徒 「その理屈で言うと人類皆兄弟になるけどな。>留学生」
女子高校生 「って具合
普通の初日に出る理由と同じだね」
泉こなた 「狩人くらいきっといるいる!
たぶん。きっと。めいびー。もしかしたら(」
クマー 「しかし噛まれてうれしい人外って何クマ?
殉教ぐらいしか浮かばないにクマー>>教授」
父兄 「サスケェ!俺も生徒だったのか!?>留学生」
秀吉生徒 「まあ○含めてグレラン、が妥当なところではないか?
そこであえて○に入れるなら翌日相応の理由をもらうがな」
学校のアイドル 「狩れない狂人とかで狂GJとか出てその後囲えてとかのほうがめんどっちい」
先生 「まあなんだかんだで明日以降、複数死体が出るかがキモ。1死体なら絶望村ですやめましょうね」
教授 「そこはわからんが殉教者だったら別に見えてんだろどうせ飽和は遠いって>秀吉」
女子高校生 「………(後ずさり >男子生徒」
先輩 「噛まれてうれしい人外は殉教者しか思いつかないわね」
女子小学生 「占いは狩人が真なら護衛すればいいのさ
狩りに真だと村はすごく困るけど護衛させたい人外かもしれんので
狩人にまかせるでいいの」
副会長 「占いと○はどの道置いておいてグレランよ
先生囲われっぽくないし、グレー狭まったと喜びましょ」
図書委員 「女子高校生さんはその後もCO理由の説明も無いですし・・・真じゃない、で吊ってしまってもいい気がします。
非狼アピールしたい方はグレーに投票して天狗投票が怖くないと主張するのもいいかもしれませんね。」
先生 「父兄も運動会とPTAには参加できますよ!!>父兄」
泉こなた 「>父兄
でもそれ言っちゃうと、私がこれまで見てきた初日のロケット占いCOって、7,8割がた真だったしなー」
男子生徒 「教室でガチ人狼やったら人間関係に悪影響しか出ないんだよなぁ……。(呆れ)」
留学生 「そういえばサスケいないデース
父兄は友達じゃなかったデス?」
副会長 「狐にもいるじゃない>先輩」
ウサギ 「それ〇含める意味が全くないと思うんですけど>秀吉さん
〇いれるのに理由聞くってそれ入れるなって言ってるのと同じかと
いえ、私もこの状況で〇にいれるならよっぽどじゃないとアレってのは同意ですが」
先輩 「父兄は誰の父兄なのかしら」
女子小学生 「高校生と小学生と父兄が同じ教室で学ぶとかさすが田舎」
父兄 「印象ダウンダウンいうのは
いっておかないといざ占い吊りになったときに
「唐突に占い吊りいうんですか?じゃあ人外ですね」
的な殴りが飛んでこないための予防線でしかないとは個人的に思っている>副会長」
女子高校生 「わりかし初日に出る理由をする必要はなかったと思うけど、まあいいや」
秀吉生徒 「流石に即吊りはないじゃろ・・・」
教授 「私が狩人ならまずそういうの護衛しないし噛まれてくれたほうがその○を信用できるってものだ
漂白なら知らんというかだいたい浮かぶだろうよ」
学校のアイドル 「さあ?」
男子生徒 「やだ……俺泣いちゃう……。()」
クマー 「あとなんか殉教と同じ勝利条件の狐もいたクマー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
副会長 は 図書委員 に処刑投票しました
女子生徒 は 男子生徒 に処刑投票しました
男子生徒 は 秀吉生徒 に処刑投票しました
秀吉生徒 は 図書委員 に処刑投票しました
女子小学生 は クマー に処刑投票しました
ウサギ は 教授 に処刑投票しました
クマー は 男子生徒 に処刑投票しました
泉こなた は 図書委員 に処刑投票しました
先輩 は クマー に処刑投票しました
図書委員 は 教授 に処刑投票しました
先生 は 教授 に処刑投票しました
父兄 は 秀吉生徒 に処刑投票しました
留学生 は 男子生徒 に処刑投票しました
学校のアイドル は 女子生徒 に処刑投票しました
女子高校生 は 学校のアイドル に処刑投票しました
教授 は 秀吉生徒 に処刑投票しました
男子生徒 はショック死しました
秀吉生徒 はショック死しました
教授 はショック死しました
2 日目 (1 回目)
副会長0 票投票先 1 票 →図書委員
男子生徒3 票投票先 1 票 →秀吉生徒
先輩0 票投票先 1 票 →クマー
クマー2 票投票先 1 票 →男子生徒
女子生徒1 票投票先 1 票 →男子生徒
先生0 票投票先 1 票 →教授
女子高校生0 票投票先 1 票 →学校のアイドル
教授3 票投票先 1 票 →秀吉生徒
女子小学生0 票投票先 1 票 →クマー
留学生0 票投票先 1 票 →男子生徒
父兄0 票投票先 1 票 →秀吉生徒
秀吉生徒3 票投票先 1 票 →図書委員
ウサギ0 票投票先 1 票 →教授
泉こなた0 票投票先 1 票 →図書委員
学校のアイドル1 票投票先 1 票 →女子生徒
図書委員3 票投票先 1 票 →教授
秀吉生徒 はショック死しました
(秀吉生徒 は扇動に巻き込まれたようです)
教授 はショック死しました
(教授 は扇動に巻き込まれたようです)
図書委員 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
男子生徒 はショック死しました
(男子生徒 は扇動に巻き込まれたようです)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
副会長の独り言 「wwww」
泉こなたの独り言 「ワロタ」
ウサギの独り言 「・・・扇動者ァ!」
副会長の独り言 「そ、そうきたかぁ~~~」
先生の独り言 「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
女子高校生の独り言 「扇動ォオォォォォ!?」
クマー(人狼) 「ファ!」
女子小学生の独り言 「ほわー!!?」
女子生徒(人狼) 「……!?」
女子高校生の独り言 「笑うわこんなの」
学校のアイドルの独り言 「…扇動者ェ」
父兄の独り言 「サスケェ!」
先生の独り言 「なwwwwwwんwwwwwwwだwwwwwwこwwwwwwれwwwwww」
副会長の独り言 「こなたか秀吉が扇動者か」
女子高校生の独り言 「図書委員に入れた3人の誰かが扇動者ね」
先生の独り言 「扇動さん働き過ぎだろwwwwwwwww」
留学生(人狼) 「!!?!?!?!??!?!??!?!?!?!?!?
あ、船幽霊デス?」
学校のアイドルの独り言 「ただアレで女子生徒吊れないかー」
副会長の独り言 「これ別に私吊られてもいいなって」
クマー(人狼) 「扇動者すごいクマー」
女子高校生の独り言 「秀吉は死んでるから、泉か副会長になるのだけれど」
女子生徒(人狼) 「くぅでたぁを陰謀せし者が居るなりや!?(扇動者が居るみたいですか)」
泉こなたの独り言 「            ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::/.:.:.:.::::::::;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           /::/.:.:.:.:.::.:.:.:::/:.:/|::.:.::::i:::/7:.:.:;/:.:..:.:.:.:.:.:.
         /,イ:.:.:..:.:.:.:.::/::.:;ィ'.::/ |:.:.::::i;/ |:.:.:|i.:.:..:.:.:.:.:.::   >扇動者
         '"/:.:.:.:.:./:..:/.:.::7::_/__,ノ|.:.:.::i:|  |:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ファミキチ奢ったげるよ♪ 
         |:.:.:.:.:.:/:.:/.:.:/ |:/    |:.:.::|' `ー|-|-|:.:.:.:.:.:.:.::   
           |:.:.::/|:./7|::ハ 三ニュ、  |:.:::{   ヽ| \.:.:.:.:.::  
          j::/  |//:.:リ::j       ヽ:| ヾニ三. /:ヽ、::.:
          '"     |:.:.::::ノ    ゝ-、__,       ・/.:.:.:.::∨
                 |:.:.::∧    V.__丿       /.:.:.:.::/ }.:
               |:.:..:.:::::ヽ、          ,/.:.:.:.::./ノ.:.
                |:.:.:.:.:i:|   ` ー‐ァ-‐τニ´/:.:.:.::ノ:.:.::i:.:
               |:.:.:.:.i:|       j  ,ィ´/:.:.:,ィ´::.i:.:.:.|:.:
               | :.:.:::i|    /``/ /:.:.:/ |:.:.:.|:.:.:.|.:
              |:.:.:.::i|.  / /  /:.:.:/ ,r' ~`ヘ::|.::.:.|:
女子高校生の独り言 「そこら辺は占わないででいいや」
先生の独り言 「んー、これ狼陣営事故った?」
学校のアイドルの独り言 「扇動候補は副会長、秀吉、こなた
じゃあそこ外す」
先生の独り言 「2Wは残ってるっぽいけど」
留学生(人狼) 「いやでも引き分けデス?」
学校のアイドルの独り言 「高校生がこっち投票しているのやだなー」
女子生徒(人狼) 「副会長、秀吉、こなた……いずれかに扇動せし者が能うようなりか(副会長か秀吉かこなたに扇動者が居るみたいですね!)」
留学生(人狼) 「扇動デスか!」
クマー(人狼) 「噛みは◇女子高校生しないかクマー?」
女子生徒(人狼) 「女子高校生を牙に届かせん(女子高校生噛みでいいですよね?)」
副会長の独り言 「こなた扇動なら楽なんだけどなぁ」
先生の独り言 「こなた、ひでよし、副会長ねえ」
女子小学生 は 父兄 の周辺に逃亡しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先生 は 父兄 に神通力を使います
学校のアイドル は ウサギ を占います
女子高校生 は 学校のアイドル を占います
女子生徒 は 女子高校生 に狙いをつけました
女子高校生 は無残な負け犬の姿で発見されました
(女子高校生 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
男子生徒さんの遺言 猟師CO。

1日目 護衛:無理。 噛まれ:身代わり君。
図書委員さんの遺言 占いCOです
ウサギ○●

1日目夜
図書委員なんですけど、占いはあんまり興味が・・・
でもせっかくだから試してみようかな?
知り合いを占うのは怖いし、まずは学校で飼ってるウサギさんにでも。
教授さんの遺言 探知師か・・・フィールドワークをするにもサブ役職情報が役に立つような配役ではなさそうだが・・・
というかそもそも4日目時点で周りから何人か死んでたところで情報になるとは思えない
まあ残すだけ残そう

04.サブ役職数 生存者数: ここまでの死者:身代わり君、
秀吉生徒さんの遺言
            ____
         ,> ''" : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
      , イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
    ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   .,イ: : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : ,: : : : : : : :'、
  /: : : : : : : : :.,' : : ,イ: : : : i: : : : : !'、: : i: : : ,: :',
  ,': : : : ,': : : : ,': : ,イ !:i: : : :i!: :!: :!: ! .', ,イ: : : ',: :',
 ,': : : : ,': : : : ,'ヾ,、ー-!:i: : : :! : !: :!: !-‐',イ!: :i: :.',: ',
. ,': : : : ,': : : : :!:,イ   !:!,: : :i!: :i: :!!:,'  .',:!: :!: :!:',:.',
.,': : : : :! : : : : !/    リ ',: :i!: ,i:,/.リ    !: ! : ! !!:.i
,': : : : :i: : : : : :!.ニニニニ. ', !リ.リ ,tzf千'、!: !: :i: ! !:!
: : !: : :,',: : : : 〈  .性別    ゙     i秀z!/!: i: : !: ! i:!
: : : : :,' ! : : : : ',. 弋z汐       ゝイ .,': ,': :,': ,' .!:!
: : : : ,'ヽ!: : : : :.',///////    丶 ///,': : :./!/ i/
: :!: :/: : :',: : : : :.',                ノ: : :/./  !    素村じゃ
;',': //!:,': :',: : : :.',ヽ、       , 、  ./: :,' /,    i
,': :,イ !/!: !:',: : : : ', i > 、    , イ: : i,:,':/:.!
, イ  リ リ.!: /!: : : :',.!、     ゙ i": : :!リ、:!'/、: :!
     !/ ',: :,〉、:'、  ̄ フ‐,-'、゙ヽ,! /イ  ヾ
  ___,-,イ; ; ',、ヾ  ,';;;,'三ヾ!.!丶ー――‐-、
;"; ; ; ; ; ; ; ; ; !i; ; ; ;',、゙;ヽ';;;;'、 三.!',!,;.ヾ、; ; ; ; ; ; ;.!
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ! !; ; ; ; ', >、;! ',--〈 ', ; ヾ、; ; ; ; ; ;!
; ; ; ; ; ;.,; ; ; ; ! !; ; ; ; ; ;',   ! 三 ', .i、; ;//; ; ; ; ;i
; ; ; ; ;./.\; ; ! !; ; ; ; /.>、 !三.三', !ヽヽ、; ; ,、!、
; ; ; ; / ., 、 \ヽヽイ/; ; ;ヽ,!三三三',; ; ;`,','; !; ; ; !
; ; ; ;}ー'''''"  ゙iイ, イ; ; ; ; ; ; ;!三 三三.',; ; //; ;'、; /
; ; ; ;! ./ ̄   ',ヽヽ; ; ; ; ; ;.!三三三三',;//; ; ; ; 〈
女子高校生さんの遺言 とある女子高校生の時間割(占い師CO)

1時間目 先生○
2時間目 学校のアイドル

1時間目 先生

とりあえず先生の色を確認でいいや
隣だからいいよね?
ていうか先生が敵対してたら学級崩壊待ったなし

2時間目 学校のアイドル
出た…扇動者ッ…! 扇動候補は副会長、秀吉生徒、泉こなたの3人…!でも秀吉死んでる…!
とりあえずその3人は占わないでおく…ショック死したのが狼狐ばかりだといいなあ…

学校のアイドル 「まあ、いったん置いておこう 印象はあんま良くないけれど、そういう真もいるっちゃいる」
学校のアイドル 「なんかいきなり出る理由すら説明しようとしないあたりどーなんだろって かなり印象ダウン」

敵意…!圧倒的敵意…!投票先で1票なので占う…!
あと学校のアイドルってのが気に入らない…学校のアイドルは…私…!!圧倒的私…ッ!!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
学校のアイドル 「女子生徒があれで1票ってのが疑問符かな
扇動候補はCOさせてもいいかもしれない」
女子生徒 「闇に飲まれよ!(おはようございます!)
闇の訪れの刹那、我は男子生徒を処断せしとその刃を向けん(昨日は男子生徒さんに投票です!)
男子生徒 「その理屈で言うと人類皆兄弟になるけどな。>留学生」
男子生徒 「やだ……俺泣いちゃう……。()」
この発言の奇妙さ故に我は画く動きし(この辺りの攻められたくない感じが気になりました!)

扇動せしもの……よもや我々を愚弄するとは(そしてどうやら扇動者が居たようですね……)」
先輩 「おはよう
扇動者がいると
私と女子高校生と女子小学生と秀吉とアイドル以外がその候補だけど
絞り込めそうにもないわね
下手したら飽和も近いかも…」
ウサギ
扇動者とかやめてください(真顔)
なんですか、学生運動ですか?大学闘争でもする気ですか?
副会長 , 秀吉生徒 , 泉こなた
この3人が扇動者候補ですね。秀吉さん本人が扇動者の可能性もありますのでまぁ」
泉こなた 「>副会長 0 票 投票先 → 図書委員
>秀吉生徒 3 票 投票先 → 図書委員
>泉こなた 0 票 投票先 → 図書委員
草生えるよこんなんw
さーて、あとは扇動者だーれだ!」
副会長 「おはよう
そ、そうきたかぁ~~~
こなたか秀吉が扇動よ、片方死んだけど
グレー飛びまくったと喜びましょう、どうせ吊りたりないもの」
先生 「扇動者ァ! 副会長か秀吉かこなたの誰だぁ! 学級裁判ですよ!」
父兄 「これはひどい」
女子小学生 「おはようなのなー
ショック死で飛んだ中に人外いないと詰むので人外が飛んだ前提でいく
泉こなた 秀吉生徒 副会長 の中に扇動がいるね
クライマックスなので扇動吊るよりは狼狐狙うけど頭に入れておかないと」
クマー 「副会長とこなた
それに秀吉が扇動者じゃないかクマー
秀吉死んじゃったがクマー」
学校のアイドル 「あーん?>秀吉噛み」
先輩 「やっぱり噛まれるわね…」
ウサギ 「んじゃ先生は非狼でいいです、はい。」
留学生 「せんせー、どうして昨日は4人も早退したデース?
学級崩壊デス?」
先生 「まあ秀吉は死んでるんだけどね」
ウサギ 「噛まれてるのは女子高生>アイドル」
泉こなた 「だよね、やっぱ死ぬわ。>女子高生」
父兄 「秀吉もともと昨日死んでるから>アイドル
昨日の夜なにしてたんだおまえは」
学校のアイドル 「って女子高校生噛まれるんかいってあれそれ
秀吉噛みと勘違いした☆」
副会長 「いや、こなたか秀吉だけどグレー狙った方が良いんじゃないのこれ」
先輩 「図書委員からも占い遺言が出てるんだけど
留学生 「扇動者デスか……!」
父兄 「割りとまじめに夜に何をしていたのか
疑問視せざるをえないぞサスケェ!」
学校のアイドル 「見間違えた☆>父兄」
女子小学生 「女子高校生は噛まれるのか
真だったということか」
泉こなた 「副会長扇動者があんまないと思うんだよね、
意見一致してるんだもん、普通に」
クマー 「ぶっちゃけ扇動者吊ってる暇ないからそこ抜いてグレランしないかクマ?
あと噛まれた占い師は真でいいんじゃないかクマ?」
先輩 「でも結果が残ってない…>占い遺言」
学校のアイドル 「というか見間違いなのにそういう誘導されるのちょい納得いかないんだけれど>父兄」
ウサギ 「まぁ、勘違いに関してはどうでもいいです、はい。
忙しいのか何かは知りませんけど、少なくとも狩人はいねえ、ってことでいいですこれなら」
副会長 「図書委員占いでも結果わからないから意味ないじゃないの」
女子生徒 「図書委員は真実を見通す遺言なる也?(図書委員さんは占い遺言ですね)
されど、結果が足らざる也(ですけど、日記に結果が足りてませんね)」
副会長 「少なくとも結果真でいいんでしょうね、昨日のあれの後に噛むなら>クマー」
父兄 「普通見間違えない、というと語弊があるが
そもショック死した人間くらい把握するから、とはいっておくが>アイドル」
留学生 「占い遺言残ってるけど結果が書いてないデスね……
油断大敵デスよ>図書」
先生 「なんかどいつもこいつも普通に怪しいから特定できないので悲しいけど扇動は放っときます!」
女子小学生 「扇動いるけど他二人が人外でない保証がないから外す意味はないでしょう
素直に狼狐 狼優先で吊るべき>クマー」
学校のアイドル 「図書委員は結果足りてないし、扇動に巻き込まれているから
なんでもあるのでちょい放置位置
というかそもそも結果0に等しいやコレ」
父兄 「誘導されるのが納得いかない?
なら誘導されないようにすればいいだけのことだろう
よもや誘導されるに足りることをしておいて
納得いかないというのならそれはそれで構わんが」
泉こなた 「図書委員はまあそりゃ持ってるでしょって感じだけど、
正直真ほとんど見てない。
見たところでウサギの結果不明だけどさ」
クマー 「今気づいたけど凍傷ついたクマー」
先輩 「扇動探すのは時間の無駄よ
探しても意味ないし
候補それなりにいるし」
ウサギ 「図書委員さんは真占いなら結果残しておいてほしかった、というくらいですが。
結果足りない以上どうでもいいです、正直女子高生さん死ぬなら先生が非狼でいいというのはありますし。
あんま占い2は見てないというのが本音ですかね」
留学生 「デース」
学校のアイドル 「んーもうちょい言うと、朝の遺言見て勘違いした
正直女子高校生噛まれると思ってなかったし>父兄」
副会長 「蝙蝠いないなら雪女しかないよ?>クマー>凍傷」
先生 「えー、早くも 11>9>7>5>3>1 となりましたが……っておい>凍傷
COせい」
学校のアイドル 「アッハイ>クマー凍傷」
ウサギ 「んじゃ死にましょうか>凍傷
狩人はないでしょうし」
女子小学生 「それは人外COですか?狩人日記ないとそうなりますが>クマー」
父兄 「図書委員の占い結果は正直なんともいえん
ただ吊った以上どうしようもないというか
そもそも結果書いてないからな

個人的には信じていないが」
先輩 「凍傷つくのは何だったかしら」
留学生 「せんせー、クマー君が寒がってるデース
ストーブをつけるデース」
泉こなた 「だって図書委員あんだけ言っておいて女子高生入れてないっていうか、
あわよくば吊りたいけど、ちゃんと説得して吊るしてやろうって態度が薄いんだもん」
クマー 「ちなみに素村COクマー」
女子生徒 「斯くも進むのならば、先生の指揮も考えられるか?(うーむ、こうなると先生の指揮も考えたほうが良いかもしれませんね。混乱が激しいです)
我、副会長とこなたにCOを聞きたい所存鳴り也(あと、副会長さんとこなたさんもCOしておいてほしいところですが)」
学校のアイドル 「ただ、凍傷付くのって狩人系か接触能力持ち人外しかないんで」
泉こなた 「素村だったらそのままサラバだ!」
父兄 「凍傷能力者
能動型
雪女・寒戸婆・氷妖精
左道使い(雪女)・道化師(氷妖精)
受動型
豊穣神・紅葉神」
先生 「証拠品がないと論破できないんですよ!!!!」
副会長 「まぁクマー放置で死んでもらえばいいんじゃない、狼が占いでも噛んだんじゃないの
で、雪女もいるなら最大3Wね」
泉こなた 「狩人だったら女子高生守ってるでしょ、ないない」
ウサギ 「凍傷つく理由ってこの村道化師かなんかか、雪女しかないので。
あ、雪狐、雪狼とかもありますか
いずれにせよ殺していいです」
学校のアイドル 「んー凍傷なら吊るより放置して殺すでいいんじゃない?」
女子小学生 「もし左道がいるならでてもいいかもしれない
吊られない自身があるならでなくていいけど
まあクマー人外でみますが」
先生 「あ、はい>村CO
クマーくんは早退してよろしい(無情」
先輩 「先生に指揮はありね
子狐や狂人の可能性もなくもないけど
もうそこまで見ていられる余裕がね…」
学校のアイドル 「あーでも狂人が助ける可能性はあるのか、これ」
父兄 「副会長
扇動者と雪女想定なら2Wだぞ……>副会長」
留学生 「雪女の罠、左道、雪狐、雪狼、あとは何かありマスかね~?」
父兄 「だから「雪女はほぼない」と思うが」
クマー 「凍傷能力者

左道使い(雪女)・道化師(氷妖精)
クマー」
副会長 「狼陣営5でしょ?>父兄」
ウサギ 「少なくとも狩人だったとして、女子高生守ってないなら知りません。
なので放置して、先生以外でグレランでいいと思います」
学校のアイドル 「狼5だから3Wまであるで>父兄」
父兄 「あと左道使いならCOすれば真盲信されるぞ
まぁ明日噛まれるけど」
女子小学生 「うんショック死してください>クマー」
泉こなた 「扇動者見るならだけど、真面目な話、扇動者見てる?
私はいまいち副会長はそれ見てない。>女子生徒」
ウサギ 「狼陣営5ですし、3W2Kくらいならありそうですけど>イタチ兄さん」
副会長 「道化なら今COしない理由ないし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先輩 は 学校のアイドル に処刑投票しました
クマー は 泉こなた に処刑投票しました
留学生 は クマー に処刑投票しました
副会長 は クマー に処刑投票しました
父兄 は 学校のアイドル に処刑投票しました
泉こなた は 女子小学生 に処刑投票しました
学校のアイドル は 女子生徒 に処刑投票しました
ウサギ は 留学生 に処刑投票しました
先生 は 学校のアイドル に処刑投票しました
女子小学生 は 先輩 に処刑投票しました
女子生徒 は 女子小学生 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
副会長0 票投票先 1 票 →クマー
先輩1 票投票先 1 票 →学校のアイドル
クマー2 票投票先 1 票 →泉こなた
女子生徒1 票投票先 1 票 →女子小学生
先生0 票投票先 1 票 →学校のアイドル
女子小学生2 票投票先 1 票 →先輩
留学生1 票投票先 1 票 →クマー
父兄0 票投票先 1 票 →学校のアイドル
ウサギ0 票投票先 1 票 →留学生
泉こなた1 票投票先 1 票 →女子小学生
学校のアイドル3 票投票先 1 票 →女子生徒
学校のアイドル を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先輩の独り言 「意外と吊られないものね」
副会長の独り言 「これで明日9
私とクマー吊られても2吊り残りになるならまぁいいかなって
こなた扇動なら楽なんだけど」
先生の独り言 「まあ失敗するなら暫定で身内だと思っとくよ先生」
泉こなたの独り言 「あら、クマー投票者がいる」
クマー(人狼) 「あれ?生き残ったクマ」
女子生徒(人狼) 「汝、何狼なりや?(クマーさん、何狼でしたっけ?)」
留学生(人狼) 「!?
なんでクマー吊らないデス!?」
副会長の独り言 「留学生雪女?w」
副会長の独り言 「2Wいてこなた扇動ならPPだけど、無理っぽい」
女子生徒(人狼) 「凍傷ゆえに放置するのみ也(そりゃ凍傷なんて放置するわけで、寧ろ留学生さんが浮いたのが痛いです)」
留学生(人狼) 「雪だったはずデス?」
クマー(人狼) 「雪クマー
だから先輩か小学生が子狐クマー」
泉こなたの独り言 「じゃー副会長さよならーするかなー余裕あるかしんないけど」
副会長の独り言 「しかし2Wか…」
先生の独り言 「まあクマー生かしてやがる野郎がいるけどそこは放っといて」
副会長の独り言 「狂人・雪女・扇動者・2W?w」
副会長の独り言 「ひっどいわねw」
女子生徒(人狼) 「斯くあれば先輩か女子小学生を噛みぬく也(じゃあその二人のどっちかを噛みましょう)」
先生 は ウサギ に神通力を使います
クマー(人狼) 「なんとなく先輩オス」
女子小学生 は 父兄 の周辺に逃亡しました
女子生徒(人狼) 「先輩」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
女子生徒 は 先輩 に狙いをつけました
先輩 は無残な負け犬の姿で発見されました
(先輩 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
先輩さんの遺言 縁切地蔵よ
役に立てないわね
学校のアイドルさんの遺言        /..:.:.:::.ヽ::..:.. :.. ... .. . .. . .. .. ... . . .. . . く>^'┘く>,、\
       /...::.::::::::>-―-=ニ_::.. :.. .:.. ... .. . .. .. . .く> γ⌒ヽ^◇.\
.    /..:::.:::::::/ . . : : : . : . .`'~ミ,::.. :.. :.. .. ... .く> 乂___,ノ  ◇.. .\
   ,..:.:.::.:::::::/ . . : : . : : . . : : . \:`'~ミ,:::.. :.. ..く>,、   ,、く>.. . . . `、
.  /.:.:.::.:::/ . : . . : : : . : . . : . : . : . .\: : . i`寸x,::. └'..◇ゝ'. .. . . . . .`_
 /.:.::.::/ . :¦.  . : : . . : . . . : : . : : . : : : | : :i\ヽ、_:.. .. . .. . . .. . . . . .`_
.|.:: / . : . : :l: .  . . : : . /、:、 : : : . . : . . : :¦: : : :i\:.`丶、_:.. .. . . . . .. . .`
/.::/ . : . : : :|: . . . :|: {/\:\: : : : :i . : : : : . : |: : \::.:.:.``丶、_. .. . . . .
.:::〃 . / . : : :|i : . . :|: :\ \:\: :| : :¦ . : : | : : . ヽ::.::.::::.:.::`-_.. . . . .
:/ψ: .′. : : :i从 : : . : .\: 斗‐…V‐\|、: :| . : : l . : : . :∧t┐::.::.:.::.ニ::. .. ..
'.:::{ : i: . : : :i: l√\ : . : . |\| ,、k允冬ミメ、i|. : : : .i : : : ./ . :\工匸「匚「囗
i::::| : |:.i: : : l: |ィ抖ミX、 : |    7ツ´ {{ j,ハvリ . :/ . : : . ′. : . \, . . : : : ::::   学校のアイドルGUMIにゃんは占い師ーっと
l::::| : |:.{: : : |: }f´ {{ i,ハ\|       乂_,ソ}′:/ . . : : . : . : :/: : . :,.∨Лn」フ′
|:/| : |: :, : : \ヤ 乂_ソtnn、_    ^冖^ソ. :/} . . : : :/ : : /:/: /. i: .∨ ̄. . .       女子生徒●ウサギ○
/∧: |i: .\: :、: ハ二、,ノ⌒^弌n〕   芒充/φ. :/:/: :/ /: /. : |\(:. .. . . .
/.:.:.Vi|\: .\\|宀' ゝ         /  /. :/:// . ://: : : |:... .. . . .. ..
.: :.:/::l|: : .\{:.)从                  ///:/ . : : : . : . /)ノ:. .. . . . /
ーヘ:::八 : : : : : : i: \  、            '^ ./: : . : . :/ : / :/.::.. .. .. . .{/ . .
\:..\:ヽ}: ,: : : :|:: : :.\ ゝ         ,:/:/: : . : / : //.:.. .. . .. . . ..} . .
:. ..\:..∨:/. : : ;ハ: : : : !:\`~        _ -`{/ : : :/}/'^.::.. .. .. . . . ./. .. .
:.. .. . \|/ハ : : |ハ: : ハ! : ;心.,___,,..、r ´   / : /.::.::.:..:..:.. ::. :.:. :.. ./.. . . . .
{::. .. . . .\l : : |::::|: /:::|: /:jノ.:.:.::.:::::|   /{: /.:::.::.:::.:.::.. :.:. :. :. :/::. :. .. . . .
:.V .. . . . .八: : |::::|/ .:::|/ .:.:.:.::.::.::.::::|  /.:.:::.:V.:::.:::.:. :.:::. ::.:.::. :. :.. ::. :.:./.:. :..
:..{:.. .. . . . . \|\:.:.::_:_:_:_:.::.::.:::.::::/ /.::..:...:..::/.::. ::. .:.:. :.. :.:.. :. :. /.::. ::. :..
:...\:.. .\. . .. ...:.:.::``ヽ:::.:.`ヽ/:/ /.::/.:/::. :.:. :.. :.:.::. :. :.. :.:./-‐―……
:::.......\:.. .\. . .. ...:.::.:::}::::::.:.:.}::/,//.::.:::.\::. :.. :. :.:. ::. :.. :./.:::.::.:.:.. ::. :.. :.

一日目 女子生徒●
うむむ?なんだか私と同じアイドルオーラを感じるぞっと
ライバルはまず確認しなきゃね!
※2昼追記 見た感じ吊れそうと感じたので位置バレのリスクと賭けたうえで投票、ついでに夢はこの村数であまり考えない

二日目 ウサギ○
あれで女子生徒1票なー
とりあえず、扇動候補の副会長、秀吉、こなたは除外
0票位置から行くか
ウサギかな、狐処理とかまでしっかり頭に入っていて
村なら頼りに、狼なら厄介そう
どっちでも結果が出て美味しいかも
※3昼追記女子高校生噛まれているけれど、真想定揺るがすつもりはないので投票続行
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ウサギ
クマー 2 票 泉こなた 副会長 , 留学生

そうですか、よし全員吊り殺します。
こういう投票するなら両方とも人外でいいと思うので、クマー、副会長、留学生。
全員死ねばいいんじゃないですかね?

◇留学生 「雪女の罠、左道、雪狐、雪狼、あとは何かありマスかね
◇副会長 「まぁクマー放置で死んでもらえばいいんじゃない、狼が占いでも噛んだんじゃないの
で、雪女もいるなら最大3Wね」
二人ともこのへん把握しといて助けるあたり死ねとしか。
副会長 「おはよー
私素狂人ね、留学生多分雪女
こなた扇動の可能性あるけど秀吉かも知れないからCOされても信じちゃ駄目よ、狼
2Wいるっぽいしそのままジッとしてなさい」
女子生徒 「闇に飲まれよ!(おはようございます!)
汝ら、何故クマーに投票する也?(副会長さんと留学生さんは、なんでクマーさんに投票したんでしょうか?)
我が思想、汝らが狂人に能う者と想定せり(そういう動きって、個人的には狂人っぽいなーって印象なんですけど)
或いは天狗なるや?(それか天狗とかもあるかもしれませんが、どちらにせよ微妙に感じます)」
クマー 「投票理由?
捨て票クマー」
泉こなた 「これだと多分扇動らしき副会長さよならーじゃないかなー、余裕あるかしんないけど。
人数調整して、何人かで留学生にも票別ければいいんでない?」
先生 「これもう副会長が狂人と言うか扇動濃厚なのは確定的に明らかよね?
副会長と留学生、何熊鍋を生かしてるんですか、生徒指導室に来なさい」
[密]ウサギ 「・・・げっ>村4」
留学生 「クマー吊りじゃないのデスか!?」
父兄 「副会長と留学生の両吊りは駄目だろうかと
俺は思っているがどうだろう>クマー投票者」
女子小学生 「おはようなのなー
人外が露出しましたね
副会長が扇動で留学生が雪女かな」
女子生徒 「……!?」
ウサギ 「凍傷なんだから助けずに殺すに決まってるでしょ…」
泉こなた 「じゃあ気にせず副会長吊りー」
女子生徒 「我が道、熱病にやられけり(熱病が付きました!)」
副会長 「しかし最初から2Wか」
女子小学生 「はっはっはそれ人外が乗ると思います?>こなた」
先生 「おまえはなにをいってるんだ>留学生
日本語慣れてないからって容赦しませんよ先生は」
父兄 「クマー勝手に凍傷で死ぬから誰も投票するなという流れだが>留学生
もう一度いう、クマーは「誰も投票しなかったら勝手に死んだ」」
先生 「んん!?>熱病」
ウサギ 「というわけで、クマー、副会長、留学生
ここまで吊りきっていいんじゃないですかね?」
泉こなた 「熱病といい凍傷といい忙しい村だな!」
ウサギ 「って・・・熱病?」
父兄 「だからこそお前が邪魔しに入った人外疑惑が
ひしひしと出ているが
副会長があっ状態になっているぞサスケェ!」
留学生 「え、あなた達一昨日4人も死んだのにまた2死体作るつもりだったデス?
クレイジーデス……」
女子小学生 「あん?熱病?」
ウサギ 「女子生徒 1 票 女子小学生 学校のアイドル ,」
泉こなた 「何か魔法使い系でそんなのいなかったっけ?>熱病&凍傷」
先生 「えー熱病だとすると2死体で 9>6>4>2 なんですが」
副会長 「あ、私扇動じゃないからね、狼素狂人だからね」
父兄 「いない>こなた」
クマー 「魔法使いでもいるクマ?」
ウサギ 「土蜘蛛の可能性はありますね、女子生徒さん投票先先導で死んでますけど」
女子小学生 「賢者はないな アイドルしか投票してない」
副会長 「こなたか秀吉で死んでるのどっちかね」
先生 「残り3吊りじゃねーか!!!!(ドンッ」
泉こなた 「女子生徒はどっちにしろ助かんないから、副会長吊りつつサラバーで良いと思うんだけどな」
父兄 「誰もいない
少なくともその能力者はいない、熱病と凍傷はだが」
ウサギ 「んじゃ人外COどうも、死ぬがいいです>副会長」
副会長 「魔法使いの凍傷だとしたら助けたの失敗したかぁ、まぁいいけど」
女子小学生 「土蜘蛛もない その前もアイドルが女子生徒投票してる」
泉こなた 「でも女子生徒投票者って学園のアイドルでしょ、そこ死んじゃってるから熱病付与ないし」
クマー 「副会長つりかクマー?」
先生 「まあ副会長吊るすのは決定事項なんだけどね。留学生も有罪なんだけどね」
女子生徒 「如何にせよ、副会長を吊ってゴーなる也(だとして、副会長を吊ればいいだけの話なんでしょうけど)」
副会長 「まー、吊り消費ならいいか
狂人いるなら噛まれないように気をつけなさいね、天狗も」
泉こなた 「何人か留学生投票しとこうよ、事故らない範囲で」
女子小学生 「先輩が蟲狐だったんじゃないかこれ」
ウサギ 「って、あぁ学園のアイドル吊ってるから土蜘蛛はないのか。」
父兄 「こなたの投票誘導による
熱い扇動者ムーブとみるべきか否か

いや別に留学生とんでも……まぁ別に……?」
副会長 「いいわね?私素狂人だからね?何度も言うけど」
泉こなた 「先生は投票する意味ないだろうし、クマーもこれだと多分ない。
女子生徒は副会長入れてもらって、あと父兄、ウサギ、女子生徒、私のうちから2,3人」
ウサギ 「そうなるなら、蟲狐を考えるのが一番、でしょうかね。
狐噛みならありがたいですが…狐吊りだとめんどい。ひたすらにめんどい」
副会長 「扇動は秀吉かこなたね」
クマー 「蟲狐がいたかクマー>>熱病」
父兄 「虫狐はないとみたいがな……」
泉こなた 「えー?、私扇動疑うっていうなら私留学生入れておくよ。
それならあと人数調整間違えなければミスらないでしょ」
ウサギ 「まぁ、個人的に言うなら、明日はクマー吊る気しかないですけど。」
先生 「分かったからお前は副会長から一般生徒に降格な(」
父兄 「ぎりぎりの時間で調整とかいっても
実際ムリなことわかっていってるだろ……」
泉こなた 「じゃあウサギも留学生投票で」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
泉こなた は 留学生 に処刑投票しました
先生 は 副会長 に処刑投票しました
ウサギ は 副会長 に処刑投票しました
女子小学生 は 留学生 に処刑投票しました
父兄 は 副会長 に処刑投票しました
副会長 は 先生 に処刑投票しました
留学生 は 副会長 に処刑投票しました
クマー は 副会長 に処刑投票しました
女子生徒 は 副会長 に処刑投票しました
女子生徒 はショック死しました
4 日目 (1 回目)
副会長6 票投票先 1 票 →先生
クマー0 票投票先 1 票 →副会長
女子生徒0 票投票先 1 票 →副会長
先生1 票投票先 1 票 →副会長
女子小学生0 票投票先 1 票 →留学生
留学生2 票投票先 1 票 →副会長
父兄0 票投票先 1 票 →副会長
ウサギ0 票投票先 1 票 →副会長
泉こなた0 票投票先 1 票 →留学生
女子生徒 はショック死しました
(女子生徒 は熱病にかかったようです)
副会長 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
女子小学生の独り言 「副会長人外COしてたか」
先生 は 泉こなた に神通力を使います
女子小学生の独り言 「先生噛まれないなあ」
先生の独り言 「ホホーイ」
クマー(人狼) 「クマーが噛みをやればよかったクマー」
ウサギの独り言 「わりとこう、はい。
村4ってすでにヤバいのでPP警戒のために伏せさせていただきました。」
留学生(人狼) 「あー……蟲デスか」
先生の独り言 「たった一つの○をまだ噛まないと信じて!」
クマー(人狼) 「ウサギでもかんでみるクマー?」
女子小学生 は 父兄 の周辺に逃亡しました
先生の独り言 「明日辺りCOするつもりだけどね」
留学生(人狼) 「扇動候補ってどこデシタ
?」
父兄の独り言 「しかし俺の霊能結果●●なんだよな
霊界視点だと俺の真夢わかるわけだが」
クマー(人狼) 「こなたしかいないクマー」
父兄の独り言 「下界いわく3W2狂はあってもおかしくない(というかある)
らしいから現状LWなのか否か」
父兄の独り言 「むしろ副会長●だと
笑える自体になるな
主にショック死でしか死んでないことになる」
クマー(人狼) 「たぶん天狗初日クマー」
泉こなたの独り言 「人外自体は割りと順調に減ってる気するけどなー」
留学生(人狼) 「なるほど、じゃあ大丈夫デスかねー?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマー は ウサギ に狙いをつけました
ウサギ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ウサギ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
副会長さんの遺言                \  ヘ  _, イ//////≧=- /  //フ/  /
             ///\ ///////////////// \//   イ
            ィ- ──////////////l/////////\イ////\
           //ハ_  ィ//////////////li//////////ハ //////ヽ
          //////// /////i//////// l////////i///i///\ //l
          ///////,///////iV////// l//l//////i///i/////// l   見捨てて良かったのかしら?まぁいいわ、頑張って
          ////// イ/ l////i/l V/////  l/ V/////l///i////////l
         //////////ハ////i V- V//リ//云i/////lV//l///////へ
       ////////// i////iィf==ミl// イ::.,,;j///// l// /////////ヘ
       //////////l_l ///ハ弋:ソ乂  `¨/イ/// ノ// ///////////∧
   _,  イ/////////   V//トヾ ''' '   ''/ //// / ヘ/////////////∧
 イ////////////;;;;;;r ──、V/ヘ ヽ、  ‐ '  , ///     V//////////l//∧
/////////////;;;;;;└- --、 i Vl ノ ノ ≧ - <======= _  V////////∧V/∧
/////////// /;;;;;;;;;;;;/   ゝ' イi´  |  l/ノl//l/////  ノ   V////////∧V//
///////////;;;;;;;;;;;;;;/_ , --イ_ ミlr '¨  lイ   l r -ヽ  ヽ V////////∧V/
/////////, ;;;;;;;;;;;;;;/   \  \::::::: >、  ノ ̄ ̄ ̄ l-'     l V////////∧V/
///≫イ /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ \   >/:::/  ¨´l::::ヽ` -= '  /    l  V////////∧Vl
≫'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;;;;; > /_:::/   / l:::::::ヽ-、  ノ- ´ ⌒ヽ 、}//////// ∧∧
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;< /  V/\  ィハ/ l::/\i ヽ/         7l////////////
     {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{   L_   V   l      Y           >///////////
     ゝ_;;;;;;;;_;;イ ヽ 八    } }  ┌ -┘     ノ  r=== ==ミ  彡 7///lV////
        l  li l ゝ __ ヽ _ ノ l==vヽ       イ ヾ=/      ¨   ////l V////
女子生徒さんの遺言 我、氷の刃の刺さりし素村表記也!(熱病撤回凍傷付き素村表記です!)
我が身の役立つ術なかれば、わが身は不要なりけり(正直、素村表記で残される必要もないのでショック死しに行きました!)
ウサギさんの遺言 司祭CO

初期村人:9
4日目 生存村人:・・・これ伏せないとアカン奴だ

4日目までの死亡者  7人 +4日の朝の死体
GM/図書委員(扇動者に吊られ)/男子生徒/秀吉生徒/教授(2日目)
女子高生/学校のアイドル (三日目)
先輩(4日目)

朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
女子小学生 「おはようなのなー
先生が噛まれないのことと アイドルの女子生徒● アイドルの熱病
これを考えると噛まれてるのウサギな気がする」
先生 「はい、吊り数がひもじいけどやることはなんか決まってるっぽいんで、スペシャルなおしおきタイムですね分かります」
泉こなた 「ウサギじゃなくてれんちょんが投票してるのん…
まあ別にれんちょんが投票でもいいけどさ(」
父兄 「サスケェ!」
女子小学生 「やっぱそうだよな>ウサギ死亡」
クマー 「おはようクマー」
先生 「なんか小学生が予言してるんだけどこわ」
留学生 「おはようゴジャイマース」
泉こなた 「先生放置してでもそっち噛むかー」
泉こなた 「れんちょん眼がいいね★」
父兄 「ところでFOしないのか?
それともクマー吊りからFOとかいうあれか」
クマー 「予言が成功してるクマー」
女子小学生 「副会長が扇動でこなたに扇動疑惑をかぶせるということもありうるので狂人系だった
ということ以外はCOは無視」
父兄 「……ふむ」
泉こなた 「FOするかー
初日相方でっす★(こなっ」
女子小学生 「FOしよう」
父兄 「子生徒さんの遺言 我、氷の刃の刺さりし素村表記也!(熱病撤回凍傷付き素村表記です!)
我が身の役立つ術なかれば、わが身は不要なりけり(正直、素村表記で残される必要もないのでショック死しに行きました!)」
先生 「ぶっちゃけただ一人の○の俺を放置してもさあ……まあ狼的には大丈夫かもしんないんだよね。
だとすると留学生とクマー吊っても狼殲滅できないってことなんだけどさ」
泉こなた 「夢見てんのよ、いわせんな恥かしい」
クマー 「FOしてもどうせろくな役職クマー」
女子小学生 「橋姫なのな」
父兄 「霊能者CO
図書委員● 学校のアイドル● 副会長●」
クマー 「素村COクマー」
先生 「あ、先生座敷ね、こういう時に限って村人っていねーの名」
泉こなた 「留学生とクマーで仲間とかだと困るしどっちか吊りじゃないのんくらいだけど」
父兄 「俺が夢を見ている可能性……プライスレス」
女子小学生 「お、おう>霊能
夢しかないな それは」
クマー 「…その結果なんだクマー?>>父兄」
父兄 「霊能者日記

初日夜 吊り なし 結果 なし

サスケェ!この村で必要なのは霊能より狩人か毒ぅ!
霊能は後出し情報だから正直キツイわこの村じゃ!
というわけで行くぞサスケェ!

2日夜 吊り 図書委員 結果 ●

サスケェ!霊能結果より
狂人位置探る方がいいと思うんだけどどうなんだその辺!
霊能結果誰もみねーだろこれ!
と俺は思っている。
少なくとも狂人殴りとかこの混沌とした状況どうしようとか
俺ですら考えるからな。
……さて、どうするべきか。だ

3日夜 吊り 学校のアイドル 結果 ●

まぁどうせ狩人ないだろうし占いもいない以上
胡散臭いと思った位置はガンガン吊っていく
慈悲はない
実際夜忙しい位置だと思って誘導したしな

4日夜 吊り 副会長 結果

まぁ中身は知らんがLWはないだろう(というかクマー人狼臭い)
ので迷わず投票した反省はしていない
だから俺が真なら○だし夢なら●が出ると思う
それで大体いろいろわかると思うんだよな
今回に関しては、だが」
泉こなた 「クマーは確定で素村じゃないのか」
留学生 「え、FOデス?
そこら辺のパシリ(露西亜人形)デース」
父兄 「というかなんだ」
泉こなた 「図書委員狼じゃないなら狐じゃない、多分だけど」
父兄 「FOのせいであれだけど
女子生徒の遺言みると
凍傷だったらしい」
父兄 「……」
先生 「おい>霊結果
それってさあ、夢で1Wもつれてないっての濃厚なんだけどォ!」
泉こなた 「女子生徒とあとショック死で1~2w飛んだのかなーくらいだけど」
留学生 「クマーは素以外デス?」
父兄 「ならクマーってこう、怪しくなくなるのか?」
父兄 「あれ、まじめにどうなんだこれ」
女子小学生 「どうするべきか2Wでないなら留学生吊りでいいんだが正直
他吊りたい クマーとか」
泉こなた 「まじか」
クマー 「どうせろくな役職じゃないクマー
無意識とかクマー」
先生 「ロシア人形なら尚更吊るだろ(」
女子小学生 「素村以外の村人はよくでるし別にそこで疑うことはしない」
父兄 「というかそもそも
「それなら女子生徒は凍傷私もだからクマー人狼系で雪女なりにされたわけじゃない」
とかいってたっけ?」
泉こなた 「じゃあやっぱり雪女いるのか」
留学生 「この村はショック死が多すぎマした」
父兄 「いや」
泉こなた 「あ、副会長が雪女っぽいや、遺言みたら」
先生 「まーこーなっと俺は最後まで活かされるだろうねと。
俺を噛まない真摯な生徒は好きですよ。狼だけど!!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先生 は 留学生 に処刑投票しました
女子小学生 は クマー に処刑投票しました
留学生 は 女子小学生 に処刑投票しました
父兄 は 留学生 に処刑投票しました
クマー は 留学生 に処刑投票しました
泉こなた は 留学生 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
クマー1 票投票先 1 票 →留学生
先生0 票投票先 1 票 →留学生
女子小学生1 票投票先 1 票 →クマー
留学生4 票投票先 1 票 →女子小学生
父兄0 票投票先 1 票 →留学生
泉こなた0 票投票先 1 票 →留学生
留学生 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
泉こなたの独り言 「2wいたら私かめー 私かめー」
泉こなたの独り言 「いや先生噛むかな? 熱病なら平気だし」
クマー(人狼) 「LWで買ったことないクマー」
女子小学生の独り言 「先生ークマー2Wな気がする」
父兄の独り言 「さて、それでは整理して考えるとしよう」
女子小学生の独り言 「がそれを考えても仕方ない」
クマー(人狼) 「…マジどうしようクマー」
先生の独り言 「ウサギは30%外してたのかよ」
父兄の独り言 「雪女 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β16~]
[耐性] 罠:有効 / 狩り:有効
凍傷になる罠を何回でも仕掛けることができる特殊な狂人。
罠に関する仕様は罠師と同じだが、殺傷能力はないので
罠にかかった人の能力を無効化することはできない。」
父兄の独り言 「罠に関する仕様は罠師と同じだが、殺傷能力はないので
罠にかかった人の能力を無効化することはできない。」
父兄の独り言 「大事なのはここだ」
クマー(人狼) 「噛みは女子小学生いくクマー」
先生の独り言 「さーて、ここで俺が噛まれずどっかしら村落とせば俺らの勝ちなんだがー」
父兄の独り言 「罠師 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 α18~]
[耐性] 罠:有効 / 狩り:有効 / 封印:有効
一度だけ、夜に誰か一人に罠を仕掛けることができる特殊な狂人。
罠を仕掛けられた人の元に訪れた接触行動系能力者は全員死亡する。
罠能力
対象は狩人系 (厄神・夢守人は対象外)・猩々・逃亡者系・人狼系・吸血鬼陣営・暗殺能力者。」
父兄の独り言 「つまり、村はかかるはずがない」
先生の独り言 「COせんかったのが吉と出るか凶と出るか」
先生の独り言 「父兄もこなたも失敗なんだよね」
父兄の独り言 「これは前提条件のはずだ」
父兄の独り言 「……」
先生の独り言 「どーすっかなあ」
クマー(人狼) 「先生狐だったらもう勝てないクマー」
父兄の独り言 「まずいな
それよりクマー吊っておくべきだったか」
クマー(人狼) 「アォーン・・・」
クマー(人狼) 「クマー・・・」
父兄の独り言 「こんなどうでもいいことより
「こなた扇動者だったら終わる」ってことを考慮しておくべきだったか?

いや扇動者でも死ぬか……」
クマー(人狼) 「ムリィー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先生 は 父兄 に神通力を使います
女子小学生 は 先生 の周辺に逃亡しました
クマー は 女子小学生 に狙いをつけました
人狼は逃亡者を襲撃したようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
留学生さんの遺言 非リア生徒(橋姫)デース
リア充がいないこの村だと無意味デスね!HAHAHA!

4死体の後に2死体出そうとするとか全員人外に見えマース……
国に帰らせていただきマース
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
父兄 「霊能者CO 留学生○」
泉こなた 「副会長雪女、秀吉扇動者、たぶん図書委員が狐の、
狼はあとはもうショック死でどっかいったんじゃないのんくらいかなー」
女子小学生 「おはようなのなー
昨日クマー吊れないのが人外村状態なことを表してる気がした
クマーの凍傷なんだと思ってるん?」
泉こなた 「お、狐がいますねこれは」
父兄 「5日夜 吊り 留学生 結果

日記書くのが飽きたので吊り考察しておこう
と言うよりクマー吊りするべきか否かという意味でだがな」
先生 「あっ>死体なし
これ狐いるよね」
泉こなた 「さーて噛まれる狐どいつだ」
女子小学生 「はー死体なしか」
泉こなた 「ついでに2wもないよねーっていう」
クマー 「オハヨウクマー
このタイミング死体なしは狐クマー」
父兄 「先生が留学生先吊りとかいうから従った>女子小学生」
父兄 「というかLWLFなんだろう
これを素直にみるならばな」
クマー 「3-1-1かクマー?」
父兄 「……」
女子小学生 「昨日狼ほぼ確定のとこ吊らない理由ないと思うんだけど」
泉こなた 「先生は噛まれないね」
先生 「ここでクマーは噛まんじゃろ?
なら女子小学生、父兄、こなたのどっかなんじゃろうが」
泉こなた 「LWで、熱病もらったら死ねるしさ」
父兄 「あれ、えーと副会長雪女で
留学生が○=俺視点人狼でー……
多分クマーLWで」
女子小学生 「先生噛みではないと思うね
だって今まで噛まれないのは理由あると思うし」
父兄 「どう考えても俺と女子小学生ランになる気しかしない」
先生 「まあここで先生噛まれてもね? 戸惑うだけよ? 何故って感じ」
女子小学生 「というかですね
夜の間は先生ークマーで2Wだったんじゃないかってずっと思って後悔してましたはい」
泉こなた 「私も噛まないでないかなー
狼からしたら扇動者候補でもあるし。
私を噛むとしたら、むしろ『こいつは狐だ』と狙って噛む感じになりそうだけど」
父兄 「クマー=どう見てもLW候補
こなた=潜伏狂人ある位置を噛むのか?
先生=今更お前を疑うものか!」
父兄 「つまり俺と女子小学生ランだ理解したか?」
女子小学生 「あーいいや私だろ噛まれたの」
女子小学生 「水妖姫なのらー 不可>父兄>父兄>父兄>先生」
泉こなた 「というか単純に、先生座敷COでしょ?
狐いて5人ならLW確定だから、先生噛んだら狼最終日確実に死ぬ」
クマー 「もしかして:父兄ー小学生ラン」
先生 「うん?」
父兄 「ちなみに村の俺吊れて明日女子小学生かんでも
こなたが扇動だったら人狼勝利だ」
女子小学生 「1日目
男に逃亡しないと死ぬけどなー
男って 先生と父兄と男子生徒とクマー
ぐらいしかおらんのじゃないかなあ
そのうちクマーは性別不明だし男子生徒は性別騙りもありそうだし

2日目
ファックと叫びたい ただでさえ少ない男に白だすとか
私を殺しにきてるとしか思えないのさ
その上男子生徒が死んだし
真なら先生噛まれるし人外だと初手は自分と関係ないとこに白だす気がするので噛まれやすい
と思うの ということで父兄逃亡

3日目
白でてる先生逃亡とかしません クマー逃亡はそこ男なら安全ですが
賭けることはしません ということで父兄逃亡

4日目
同上

5日目
先生噛まれないしそっちでいいか」
父兄 「……」
女子小学生 「なんで狐たぶんいない」
父兄 「……あの、その……」
泉こなた 「父兄性別は?」
女子小学生 「先生とクマーで2Wでいいと思う」
先生 「えー、個人的には許されないと思うのこの状況でそれは」
先生 (♂) が「異議」を申し立てました
先生 「ほい」
父兄 「俺、思い切りお前殴ろうとか
下界に俺と女子小学生ランだから!他投票するなよ?
っていおうと思ったんだが……」
父兄 (♂) が「異議」を申し立てました
父兄 「……あの、うん……」
女子小学生 「なので私はクマーに投票して先生に逃亡します」
泉こなた 「性別は一致してるのか…」
女子小学生 「父兄は疑ってません」
父兄 「ど、どうしよう先生?
あとクマー人狼なのは間違いがないというか
クマー村人で凍傷にかかるというのはない(はず)」
父兄 「いっておくがそこは前提条件であっているよな?>クマー村なら凍傷ない」
クマー 「ウンディーネ?
何だっけかクマー」
先生 「なんで真なら噛まれてしまったのはご愁傷様としか言えない。逃亡って信用ならないってはっきり分かんだよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先生 は 女子小学生 に処刑投票しました
女子小学生 は クマー に処刑投票しました
クマー は 女子小学生 に処刑投票しました
父兄 は クマー に処刑投票しました
泉こなた は 女子小学生 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
クマー2 票投票先 1 票 →女子小学生
先生0 票投票先 1 票 →女子小学生
女子小学生3 票投票先 1 票 →クマー
父兄0 票投票先 1 票 →クマー
泉こなた0 票投票先 1 票 →女子小学生
女子小学生 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
泉こなたの独り言 「すまぬ! すまぬ!」
クマー(人狼) 「どうも勝てんクマー」
泉こなたの独り言 「真っぽい気もしたが確信がない。すまぬー」
父兄の独り言 「もしかしたら投票理由を疑われるかもしれないのでいっておこう
こなた狂人怖い」
クマー(人狼) 「つーか誰噛めばいいクマー?」
父兄の独り言 「いやマジで怖い
だからここで決めたかった感はある」
先生の独り言 「父兄二連続失敗なんですが、あーた狼?」
父兄の独り言 「大体それ以外に理由はないな……」
クマー(人狼) 「ムーリィ…」
先生の独り言 「神通力は止められないんだよなあ、事故が怖いぜ」
クマー(人狼) 「死にたくなるクマー」
クマー(人狼) 「キッツ
マジできついクマー」
先生 は クマー に神通力を使います
泉こなたの独り言 「あと雪女の凍傷って罠だったんだね(」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマー は 泉こなた に狙いをつけました
クマー は無残な負け犬の姿で発見されました
(クマー は毒に冒され死亡したようです)
泉こなた は無残な負け犬の姿で発見されました
(泉こなた は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
泉こなたさんの遺言         _
       〃⌒ヽ
       {{                 
        ヾ、___/ヽ___   
         /::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.:>     
      /::.::./::.::.::.::.::イ::.::.|::.ヽ::. \       
       |::.::/::.::.r::ナメ |::.::∧ヽ}::.:r、:\   
       |::. レ'::.::.〃  |::./ ∨|::.:リ\:|   毒だよー
      |::.::.|::.;イ≡≡|/ ≡≡l:.::|        どっか飛んだかな?
.       〉::.:K}::ヽ''' 、__,   ゚{::ト、|      
       |::.:/::.|:.::.:ヽ し' ,.イ::l         侍日記は書いといてー
       /::/::.::j::>‐-、ヽ7フノ/::/       あとは日記出せないときは、
.     /::/::.:://   \:/::/           潜毒騙りかなぁ。
    /::/::.::// l     厂          CO4日目くらいなら噛まれるっしょ。
     |::.{::. // ∨    ヽ           →5日目過ぎたしもう手札ないかなー
     |::.|::.レ'   L_,.r┬┘            毒じゃないニートCOくらいしかないや
     |::.|:/     |:::::::::|
クマーさんの遺言 素村COクマー
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2015/07/04 (Sat) 18:03:45
秀吉生徒 「いやないじゃろ。ないじゃろ>こなた噛み

あって先生と父兄二択じゃって」
女子高校生 「お疲れ様」
男子生徒 「お疲れ様。」
副会長 「お疲れ様」
秀吉生徒 「お疲れ様じゃ」
先輩 「本当に噛んだのね
お疲れ様」
先生 「あっ」
クマー 「ミスったクマー」
女子生徒 「あっ>毒噛み」
学校のアイドル 「噛んだんですがそれは>秀吉
お疲れー」
父兄 「なん……だと……?>こなたかみ」
クマー 「お疲れ様クマー」
副会長 「凍傷ついてる狼いるならそこが噛もうね、うん」
泉こなた 「うおう」
留学生 「父兄噛み→神隠し発動せず→毒が天狗飛び
……しか道はないデス」
女子小学生 「お疲れ様でした
昨日こなた噛みならよかったのに・・・ちくせう」
女子高校生 「毒噛み」
図書委員 「狼視点ではラスト狂人候補、頼みの綱ですし。
非狂人噛みを考えるなら婦警さんが第一候補かなと思います。」
ウサギ 「お疲れ様でした。
4日目時点で村<人外見えた時は無理かと思いましたが、よくやりましたねみなさん!」
図書委員 「あっ」
泉こなた 「まさかここへきて噛まれた」
副会長 「あとこなた扇動あり得る位置だから噛まないでね」
泉こなた 「うわー、
女子小学生はごめんよう」
秀吉生徒 「・・・もう、なんて言っていいか分からん」
女子生徒 「流石にこなた噛みは想定外でした。先生の暗殺に関してもそうでしたけどね」
学校のアイドル 「まあ、父兄からの誘導入った時点でCOすべきだったかなーって反省点だけれど」
先生 「こなた毒だったん(震え」
女子高校生 「なんていうか、凄い流れの村だったね」
父兄 「何が何だか分からない……」
父兄 「アイドル?すまん!」
先輩 「狂人は言いたいことあるでしょうけど
穏便にね」
男子生徒 「婦警で草。」
女子小学生 「村勝ちで自分敗北は始めてかもしれない・・・」
父兄 「と一応いっておくぞサスケェ!」
ウサギ 「ぶっちゃけアイドル吊れたのよー分からんですね
見間違いなんてよーあるし」
クマー 「マジ後ごめんクマー」
図書委員 「まぁ、今回の失敗が次回の教訓になったと思えば安いものだと思いますよ。>秀吉さん」
女子生徒 「副会長が素狂人なら、秀吉さんかこなたさんが扇動候補な以上、そこ噛みは無いと思ってたんですけどね……」
学校のアイドル 「見間違いで夜忙しいなら人外だ!
は割と納得のいかない誘導理由の上位に来ます
夜忙しいのは狼だけじゃないんや!ないんや!」
副会長 「私吊りの日に先生COしてくれればPP出来たんだけどねぇ」
先生 「神通力やったの全部村なのに全部外してる!?」
学校のアイドル 「まあ、結果溜めたくてCO渋ったこっちも多少はね?>父兄」
ウサギ 「神通力の仕様
概要

占いカテゴリに属し、占いの仕様が適用される。
占い妨害・呪いの影響を受ける。
投票先が特定の役職 (狩人系・暗殺者系・人狼系・子狐系) の場合、一定確率 (70%) で天狗倒しを付与する。
投票先が味方陣営だった場合は発動率が半分 (端数切り上げ) になる。
一部は天狗倒しの代わりに神隠し (特殊呪殺) を行う。
父兄 「女子高生占いでかまれました
狩人もほぼいません
それで夜忙しい?なら吊ろう

というところかな」
泉こなた 「真っぽかったけどどうしても確信なかったからね…ごめんね」
先生 「最後だけはクマーだけど!」
ウサギ 「殺せるのは狩人系、暗殺系、人狼系、子狐系だけですしまぁ」
図書委員 「だって3票中2票が人外ですし・・・>ウサギさん
私吊りも3票中2票人外でしたけど。」
男子生徒 「持ってるならとりあえず吊るしてから考えるよね。(くすんだ目)」
女子生徒 「神通力の仕様をよく読むべきだと思いますよ?>先生」
父兄 「正直いうと
「人外村人外村散々いっていた以上言いがかりな誘導であっても
しておかないとそれこそ死ぬ」感はあったしな」
留学生 「クマー君、極限状態だからって小学生を食べちゃいけまセンよ!
警察に捕まってしまいマース!」
学校のアイドル 「そもそも流星の暗殺は狩人と子狐と暗殺と狼しか殺せないぞ銀時ィ!>天狗」
女子小学生 「神通力は狩人系・暗殺者系・人狼系・子狐系にしか効かないよ?」
先生 「付けられるのいない悲劇」
秀吉生徒 「1:狼同士で凍傷CO助けに行くと露出するんで見捨てる
2:というか凍傷CO=人外CO
3:クマー露出してるんだから噛みはそこがやる
4:こなたが狂人候補という話を何度もしてるんだからそこはもう噛めない
5:どう頑張ってもLW候補に神通力をかけない

ツッコミどころ」
副会長 「神通力は狼・子狐・狩人・暗殺にだけ効くのよ…」
先輩 「単純に誘導に乗りました
吊りたいクマーは凍傷だし」
父兄 「流星天狗に関しては
俺もその勘違いはした
どんまいだ」
学校のアイドル 「占い2POPはありまぁす!>父兄」
ウサギ 「人外票ならまー・・・うん、といった感じでしょうかね>図書委員」
泉こなた 「かくいう私はもう噛まれないし吊られないし、
使い道ほとんどないなと思ってた。>毒」
先生 「まじでかー」
女子生徒 「正直、留学生がクマー投票して露出したのが一番痛かった……」
留学生 「神通力は狼、こ狐、狩人、暗殺にしか成功しないはずデス」
図書委員 「クマーさんはちゃんとYesロリータNoタッチを貫いたじゃないですか・・・!>留学生さん」
副会長 「ミス一つなければ勝てたかもしれないだけになぁ」
ウサギ 「わりと留学生その前から吊りたかったのはありますが、あの投票でもういい、死ねってなってましたね。
凍傷なんて見捨てていいんですよハイ。」
女子小学生 「まあ仕方ない 死体なしでて逃亡系COは狐疑うし>こなた
でも2Wだと思ってたから父兄私ランにはしたくなかったんだよね」
女子生徒 「クマーさん雪狼の時点で、凍傷付いた場合の合言葉を決めておくべきだったっていうのはこっちのミスなんですけどね」
泉こなた 「せめて父兄噛みだったらクマー吊りで終わってたんだろうけどね」
先輩 「狐陣営は…どうしろとふふふ」
副会長 「うん、見捨ててほしかったw>女子生徒
天狗狂人いれば助けるしいなくても吊り減るし」
先生 「神通力って悲しみじゃん」
男子生徒 「まぁ凍傷助けに行く=人外は承服しかねるところはないではないぐらい。」
図書委員 「私は流星天狗の説明だけを見て、味方陣営以外はどんな相手も7割で暗殺だと思ってました・・・」
女子生徒 「父兄噛みならこなた吊りのPPで、毒次第でしたよ?>こなたさん」
副会長 「小学生噛んでないなら引き分けだよ>こなた」
泉こなた 「>女子小学生
あ、そうか、自分逃亡だったら2wありえるもんねえ…」
秀吉生徒 「狼はコミュニケーション不足じゃな。仲間がいる以上、連携が取れんなら個別に死ぬしかない」
副会長 「子狐殺せるから強いよ>先生」
先生 「なんかすごいの来たと思ってたんだけど違った」
留学生 「父兄噛んで、こなたPPで勝率50%デース」
泉こなた 「そういえばそうか。>PP」
先輩 「初日の時点で勝ち目がなかったという」
学校のアイドル 「クマーが素村COしている以上、今回は確定人外だからねー>男子生徒
村が助ける理由は何もない」
先輩 「初日というか二日目」
男子生徒 「まぁ今回はね。>学校のアイドル」
ウサギ 「後やっぱりこう・・・初日で占いでるいみないですね!」
女子生徒 「私は私で慣れないRPのせいで発言が思考に追いついてませんでしたしね。
普段の狼の発言量よりもはるかに減っちゃいましたし」
副会長 「んー、まぁ仕方ない、お疲れ様」
図書委員 「>男子生徒さん
今回はクマーさん、素村COですからね。
ただのニートだから助けないという以上に、素村で凍傷が付く理由が無い。何かを隠している。
でもその理由を言わないなら人外由来だからである、という推理です。
たとえば狩人で雪女に引っかかったのなら、素直に狩人COしますからね。」
男子生徒 「先生がマジで天狗だったのには吹いた。」
学校のアイドル 「ほんそれ>占いが初日で出る意味が無い」
副会長 「なんか最後まで残されて勝ったことはある>兎」
留学生 「クマーが素村COしてる以上そこ吊りしかないと思ったのに副会長と私しか投票してなくて驚きデース……」
学校のアイドル 「占い視点クッソ人外にしか見えなかったというアレそれ」
副会長 「>占いで初日にCOして」
男子生徒 「理屈はわかるのと同様に知らなきゃそらCOするよってだけさ。>図書委員」
女子生徒 「クマーさんが素村表記の時点で人外以外凍傷で助ける理由もない以上、狼としては狂人のクマー投票に期待しつつ放置して村目吊りしかやれることは無いんですよね」
秀吉生徒 「いや、凍傷ついてるんじゃから投票しなけりゃ吊れるんじゃぞ?」
ウサギ 「つくのがおかしい凍傷の時点で見殺しますしそりゃ>留学生」
泉こなた 「あんまり意味はないんだけどおおむね真」
父兄 「吊れるというかショック死だな」
秀吉生徒 「×吊れる ○死ぬ」
副会長 「凍傷つくのは狩人・暗殺狼だけだもん、素村COなら人外だからそのまま殺すよ>留学生」
男子生徒 「ああ、凍傷騙りがあるか?」
女子生徒 「凍傷COしてる位置なんて放置してショック死させるべきですし>留学生」
女子高校生 「それじゃ、お疲れ様」
ウサギ 「それはたまたまうまくいった、ってだけだと思うんですよね>副会長
出てもいいけどリスクの方が大きいよなーとしか」
男子生徒 「狂人の凍傷騙り見た場合即投票可ではあるけど、一日見る余裕はあるかね。」
女子生徒 「例外は氷妖精が居る前提な、初日の凍傷CO位でしょう」
泉こなた 「初日ロケットCOした占いが人外だったケースも一応見たことあるけど、
有効に働いたのは見た覚えないんだよね…」
秀吉生徒 「どう見ても人外じゃろそれ>素村CO凍傷騙り」
図書委員 「留学生さん、そのうっかりは危険ですよ。
ちゃんと前後の発言も読んで、「凍傷CO→役職は素村→じゃあ救わずショック死させよう」まで把握しておかないと。
村陣営でやらかしちゃったら非難轟々です。」
先生 「俺的には初日に出てくる占いって大概偽なんだけどなあ」
留学生 「逆に言えば1人でも投票したら死にマスし、
何よりこの人外村で4人も死んだあとデース
そこでまた2死体出すのはいかがなものデス?」
ウサギ 「あと、あれですよ
氷妖精POP確認できた村であっても凍傷CO素村とか見捨てますし…」
父兄 「ではおつかれだ」
先輩 「凍傷騙りって誰得なの?」
副会長 「暗殺村とかなら初手占いCOはありだと思うんだけどね
何かしたら即吊られっ茶ったけど、この前は」
クマー 「お疲れ様でした
又どこかの村で会いましょう
落ちます
正直凍傷の仕様把握してなかったクマー」
留学生 「×死にマス
○死にまセン」
女子生徒 「撤回凍傷を早い段階で言って、留学生が道化師日記を手っ取り早く準備ができるのならそれが一番良かったんでしょうけれど、発言が間に合わなかったんですよね
あと、そもそも留学生さんがそこに気づけるかも問題ですけれど」
ウサギ 「人外を吊使わずに殺せるんですよ?>留学生」
秀吉生徒 「客観的に見てクマー人外じゃからな? 人外死ぬ分になんの問題もないじゃろ>留学生」
学校のアイドル 「2死体ウンヌン以前にほぼ人外だから、かなー
助けない理由は吊らずに人外処理したいってのは闇鍋の常だし
暗殺が強いのってそこだしねー」
男子生徒 「占いについては狂なら狩れると良いなぁで護衛しよ。
→ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

こんな感じ。()」
副会長 「いや、人外死ぬなら問題ないんだって>留学生
後あなた凍傷の仕様小心者と勘違いしてない?」
女子生徒 「人外を吊り使わずに殺せて、しかもそれで救う人が出てきたのなら、そのまま投票位置まで人外として吊り殺せますからね
今回みたいに>留学生」
秀吉生徒 「助けに行くやつおったら改めて翌日以降そいつもろとも吊ったらいいんじゃ」
男子生徒 「何か誰かしらやって爆死したケースはあったようななかったような。(うろ覚え)>凍傷騙り
鬼か何かだったような。」
留学生 「今日も学校楽しかったデース! ありがとうございマシタ!
See you next time♪」
先輩 「お疲れ様
またね」
先生 「まー色々勘違いはあったけど結果的に実害は出なかった! 危うくクマー殺しちまうとこだったけど奴は毒で死んだ。先生はグレーです(震え
ま、お疲れさん」
図書委員 「死体を出すのは別に怖くないんですよ。
助けるべきなのは確定○や占いCOの○、重要役職COくらいです。
グレー位置がショック死してグレー狭まるのは村にとって有利ですから。」
泉こなた 「それじゃあ私も失礼するよ。
みんなお疲れさま。ばいにー」
秀吉生徒 「猟師と狐持っていけて割と仕事したと霊界で思っておったんじゃが
どうにもならんの・・・」
学校のアイドル 「ま、おっつおっつにー
そいではではー」
先生 「次から神通力はよっぽど確信がなければどっかに捨てとこうそうしよう」
男子生徒 「フライドポテト買いに行くか……ピザ食べたいです。(憤怒)
お疲れ様。」
留学生 「いや、そこ以外で無駄に村が死ぬ可能性あるのデスよ?
だったらほぼ十中八九人外であるクマーだけを殺すべきではないデス?>秀吉」
秀吉生徒 「次こそどうにか勝利したいが、の
お疲れ様じゃ」
留学生 「ほぇ~>としょ」
女子生徒 「まぁ色々な面で狼にミスが多すぎましたからね。それじゃあ村立て同村ありがとうございました!
もうこのRPはやりません(真顔)」
留学生 「では帰りマース!」
図書委員 「まぁそこはグレーを狭めるかどうかの話でして。
アイドルさんという村が吊れたのはたしかに村の痛手ですが、それは結果論ですしね。
大体においてはグレーをどんどん減らしていくのが村有利につながります。」
秀吉生徒 「その主張は【クマー投票する前に】せんといかん
大声でな>留学生」
ウサギ 「んじゃ私は飼育小屋に帰ります。
お疲れ様でした」
秀吉生徒 「黙ってやったらそりゃ流れ無視して凍傷助けに行く人外にしか見えんよ」
図書委員 「私もこれで失礼します。
今日の授業は終わり、図書室に行って昨日の続きを読もうかな・・・」
女子小学生 「お疲れ様でした」
秀吉生徒 「まあ、どうせ天狗か狂人生きてるかもしれんし、露出したそこ吊るというのは主張としては悪くないが」
図書委員 「ショック死予定位置を吊るのは日数を引き伸ばす動き。
引き伸ばすか性急に片付けていくか、それは状況を見て、ですね。
占いCOが出てないとか、死因不明の2死体が続くとか。グレーに重要職がいそうな時はショック死予定の位置を吊って引き伸ばす方がいい事も多いです。

今回は占いCOの女子高校生が死亡済みなので、占いも狩人もいないだろう予想はそれなりに正当性がありました。なのでグレーをさっさと狭めていく方が良い、と判断されたわけです。」
図書委員 「場合によっては一理ある、ですよね。>秀吉さん
ミスなのは周囲の同意を事前に得られなかった所なのかも。」
秀吉生徒 「じゃな>図書委員

人狼は発言見るゲーム故、意思の疎通が大事じゃ」
秀吉生徒 「まあ、ワシらは初日に票もらって死んだがな(カラカラ」
秀吉生徒 「ではまた会うとしよう。お疲れ様じゃ」