←戻る
【雛3310】やる夫たちの超闇鍋村 [3877番地]
~闇に飲まれよ!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon 蘭子
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 上条当麻
(生存中)
icon 月曜日
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon 汚い忍者
(生存中)
icon ニンジャスレイヤー
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon 三峰真白
(生存中)
icon KAITO
(生存中)
天子 「だが断る>忍者」
汚い忍者 「止めよう?>天子>俺に特攻」
ルーミア 「狐という単語を出した瞬間にKAITOにストレートに殺意向けとくべきだったのかー」
ニンジャスレイヤー 「お疲れ様だ。村立て感謝する
汚い忍者=サンが違うのであれば……この村にニンジャはいなかったようだな」
天子 「ああちなみに忍者●特攻する予定でしたはい」
蘭子 「告白は情熱的にお願いします!」
三峰真白 「ではではご同村ありがとうございました
またお会いしましょう」
上条当麻 「……ふぅ、それじゃ改めてマジでおつかれ」
ニンジャスレイヤー 「身代わり=クン占いもやらない夫=サン占いもこの村においては同じ意味になってしまった
実際無駄占いによりKAITO=サン占いに一手足りなかったな」
KAITO 「おつかれん」
上条当麻 「蘭子屋上」
ルーミア 「んじゃおつかれなのかー
仕事しようにも蘇生すべき人がいないって逆につらいのかー」
天子 「お疲れ様でした」
蘭子 「では闇に飲まれよ!
刺さらなかったならスバルンルン誤爆遺言残す予定だったからよかったね!」
天子 「指定食らったら仕方ない 人外っぽさをもっと無くしていきたいなあ」
上条当麻 「というわけでお疲れ様だ
……久々に心労で死ぬかと思ったやはりLWは向いてないな」
KAITO 「通ったら割と死んでた>月曜日
スレイヤー噛まれた時点で上条LW8割決め打ってた」
汚い忍者 「んじゃあお疲れ」
月曜日 「ではお疲れ様。蘭子は村建てありがとう。またいつか。」
上条当麻 「KAITOはサンキューな
まーじ怖くて怖くてしょうがなかったわ」
ルーミア 「狼狙いってなら別に指定されたこっちが悪い
狐狙いってならまず吊りの方針が間違ってる

ってとこかなあ」
KAITO 「当麻=サンと天子=サンとやらない夫=サンの生き残りたいオーラが見えました!」
やらない夫 「まぁこの配役で村引いた時点であっ(察し」
月曜日 「5の日に上条吊り推しが弱かったね。私の反省はそこかな。」
蘭子 「まぁ狼陣営に伝わればいいからね>KAITO」
汚い忍者 「           _,,___,,__
      ,,,.. - ' "     ゛ー-、
     ,.'"                 '.,   何の事だかさっぱりだな>ニンジャスレイヤー
   ,'        天人      ',
   ,'  ,'/ /  .i ハ ハ .ハ l  〉
   i / | .|  /レ':__;レ':†:V、_!_ハ / 
  ム/|/ `イレ'::!rr=-,  ̄ r=;ァlレ'i
   !   .{ l |:::]  ̄ ,___,  ̄ [:! .l
   |,.イ λ l::ヽ、 ヽ _ン   ノレ'l
      レヘハイ>、`ー‐---一"ィレ'
    ., -イ´:\ \ ̄忍 ̄//\ 」
KAITO 「読んだら墓荒しかねぇと>蘭子」
汚い忍者 「三峰とルーミアかぁ」
三峰真白 「村吊ってる場合じゃないのにぶれないところは嫌いじゃないです(白目)」
上条当麻 「占い初日じゃなかったら
そもそもいい勝負にすらならないあたりがやばかった
お疲れ様」
蘭子 「遺言誰も読んでくれなかった!>KAITO」
ニンジャスレイヤー 「最終日にPPで殺される……汚い忍者=サン、もしかしてオヌシニンジャなのでは……?」
KAITO 「オーライ、蘭子墓荒らしもあってたか」
やらない夫 「お疲れ様でした」
汚い忍者 「お疲れ」
ルーミア 「お疲れ様なのかー」
天子 「お疲れ様でした」
蘭子 「狂人なのに負けたけど矢は嬉しかったから悔いはない!」
三峰真白 「みなさんおつかれさまですよー」
上条当麻 「ふぅお疲れ様と」
ニンジャスレイヤー 「グワーッ!」
月曜日 「お疲れ様でした。」
蘭子 「お疲れ様です」
ゲーム終了:2015/07/05 (Sun) 19:57:04
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
汚い忍者さんの遺言            _,,___,,__
      ,,,.. - ' "     ゛ー-、
     ,.'"                 '.,   わりいな、俺が忍者だったのさ!>ニンジャスレイヤー
   ,'        天人      ',
   ,'  ,'/ /  .i ハ ハ .ハ l  〉  この村の天人とかゴミってレベルじゃねーぞ!!
   i / | .|  /レ':__;レ':†:V、_!_ハ / 
  ム/|/ `イレ'::!rr=-,  ̄ r=;ァlレ'i  俺が死んでるなら3人最終日で狐はいねえってこった
   !   .{ l |:::]  ̄ ,___,  ̄ [:! .l
   |,.イ λ l::ヽ、 ヽ _ン   ノレ'l  悩みな、頑張んな
      レヘハイ>、`ー‐---一"ィレ'
    ., -イ´:\ \ ̄忍 ̄//\ 
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
汚い忍者 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
上条当麻1 票投票先 →汚い忍者
汚い忍者2 票投票先 →上条当麻
KAITO0 票投票先 →汚い忍者
汚い忍者 「俺も済ませたぞ」
KAITO 「今投票済ませた」
KAITO 「どーぞどーぞ」
上条当麻 「これで俺がひっかかって負けるにせよ結論早くみたいしな」
上条当麻 「あの、じゃあもう投票していい?忍者に>KAITO」
上条当麻 「やめろォ!やめろォ!!」
汚い忍者 「KAITO狂人ってんなら目は悪かったねぇ」
上条当麻 「まぁされた瞬間俺が死ぬんだが」
KAITO 「安心しろ(ニヤリ」
上条当麻 「KAITO……お前こっから狂撤回ぼっち隠者COしないよな?しないよな!?」
汚い忍者 「んー」
KAITO 「忍者投票してなかったけど狂アピは通ってたようで何より」
上条当麻 「……」
上条当麻 「月曜日の殴りがあまりに唐突に殴りが
飛んできた感がして月曜日の殴り文章カイてたらこうなった」
KAITO 「んじゃ忍者投票しとくんで」
KAITO 「ヤダ、上条さんと一騎打ちなの(ハァト」
汚い忍者 「狐はどこぞで逝った、と」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルーミアさんの遺言 猫又だと言ったな?あれは嘘なのかー
ほんとは仙狸だけど正直仕事がなくて困ってるのかー

投票:×→×→

2.蘇生なし
LWで真白が村であるのと3Wで真白が狼であるのとどっち見るのというと状況的に後者なのかー
蘇生してあげるべき人いないのかー
3.蘇生なし
相変わらず呼び戻すべき人がいない状況 ニンスレも噛まれるとは限らない
蘇生ログ見せてもいいんだけどそれでうっかりこっちに返しても意味ないので今日も自重なのかー
月曜日さんの遺言                      _  -―-   _
                   ,.  ´         ` .、
                /       __   、    ヽ
               /    ...:::::´:::_:::_:`::ヽ.     .
                    .′ ,.:´:::;: '´曜 日__`ヽ    l
                   l.  /::/月,..ィ:::´:::::l::::::l:::l::``く⌒V
               l l::/ /l::l::ト:::ト、::l_l:_l_lハ:::::l:::しイ`ヽ
               ヽl:::l/:l::l_l_l:::lヽl l升,l;ム`l::::::!:::l し'´
                   l:ハ::X:lハい「   仇7小!:::::l}:::!
                   l:l::lハY丘r〉   `,,,´ |:::::l:::l:ト、    
                ,l;l::l:fヽ`ー´,,      八::l:::l:lヽヽ 河童……
             ,. -v/l:l::l::l`:ヽ、   ‐   .ィ:l:::::/;川 lヽ!  或いは、唯のニートに成り果てるかどうかは、神のみぞ、知る……
             /三.lァタ|l、::::l'⌒l'`.,オ ー ´ !`!;/l/l/  l l    
            l rュl」/ ll/ヾl   ヽl ト、   _/l ´フ ̄ヽ レ´ 
             l {`´ィ /  い、 l l-―ラ' ,// / 「ヽ     
           /l_,. - ' !,Lヽ. l, lヽol、l / /o,}イ  / ハ     
           l´  .ン/F  ,'  l ヽ!-!=Fニl/ ! Y    !
          /「 ̄ ./ K l  ヽ l ! ! l /   レ'   }
            ,' ! /  ト !   V ,'  l l/´   l   /
         {ー'"´     l    i !  |l .l     l / ,ィ
          `ヽ       ,r'!   ! l.  !l |     l _/,.!
            \  ノ l   | i  l !l     l 、__ノ
                  ̄  l.    ! l   l|l     l- |
月曜日 は無残な負け犬の姿で発見されました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ルーミア を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
上条当麻0 票投票先 →ルーミア
月曜日1 票投票先 →ルーミア
汚い忍者0 票投票先 →ルーミア
ルーミア4 票投票先 →月曜日
KAITO0 票投票先 →ルーミア
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア 「上条はないな」
上条当麻 「だからなんだという感じだなそれ>撤回」
ルーミア 「2Wあると困るので月曜日を逆指定しておく」
上条当麻 「と言うか思ったけど2Wいるならルーミア噛まないにしても
汚い忍者噛むほうがいいよね
指示出し役いなくなるし>KAITO」
月曜日 「ルーミア釣りは狐目であることを願う吊り、
すなわち3W路線は切る吊りだと私は考える。」
ルーミア 「まあ撤回して仙狸CO置いておくけどそれでも続行したいならどうぞ」
上条当麻 「ルーミア噛む>真猫又>最終日はいけるし
仮に死体なし出てもまぁルーミア告発自体はいけるし」
KAITO 「ワタシ初日からそれ言ってたネ!>上条」
上条当麻 「そもそも2Wいるならルーミアかめばいいじゃん」
ルーミア 「ぶっちゃけ心のなかではKAITOを吊りたいんだけどそこ吊ったらダメなんだろうなあって気しかしてないのかー」
汚い忍者 「じゃあルーミア吊りで」
上条当麻 「いや狐いるかはわからんけど」
月曜日 「そも、猫又というCOからして非狼では、という目算はある。」
上条当麻 「つーか思ったんだけどこれLWLFじゃね感がひどいんだが」
KAITO 「私君偽決め打ってますカラネ>ルーミア」
汚い忍者 「2-2-1はねえよな」
KAITO 「マジで!?裏切られた!?>月曜日」
月曜日 「KAITOを推せというのは今日の私には無理だ。」
ルーミア 「河童が偽の場合君視点最悪まであるんだけどそれはもう見ないわけだ?>KAITO」
月曜日 「ルーミア、上条のどちらかをあげろというならばあえて上条を推す」
KAITO 「理由は昨日から言ってますので省略」
月曜日 「上条の投票に対する目ざとさについては評価できないこともないけれど、
天人の復帰条件を初日に計算している辺りは、変に余裕たっぷり感はある」
上条当麻 「蘇生チャレしてないいうのが非常に遅かったし
ルーミアでいいんじゃねって思いました上条さんです>汚い忍者」
ルーミア 「ぼっち隠者の扱いが悩ましいところなので
今のところ上条と月曜日どっちを先に吊ればいいかなあで悩んでるところ」
KAITO 「ルーミア=サンです」
汚い忍者 「どこ吊りてえかあげな」
ルーミア 「3.蘇生なし
相変わらず呼び戻すべき人がいない状況 ニンスレも噛まれるとは限らない
蘇生ログ見せてもいいんだけどそれでうっかりこっちに返しても意味ないので今日も自重なのかー」
月曜日 「ルーミアは単純にCOからして。
上条はどうも思考が私と噛みあわない
KAITOは一番私の思考と近い位置」
ルーミア 「あ、今日も蘇生チャレはしてないです」
上条当麻 「月曜日に関してはよくわからん
そもそもルーミアKAITOのほうが目立ってた
月曜日目立ってたの投票だけだったからな俺の中じゃ」
汚い忍者 「3-2か3-1-1な訳だ」
KAITO 「やだ、この噛みなら
上条さん最終日予約だわ(真顔」
月曜日 「上条・ルーミア・KAITOで言うなら
ルーミア≧上条>KAITO」
上条当麻 「まじめにいうとKAITOがLW路線押しすぎててよくわからなくなってきた
だがKAITO最終日送りしても悪く無いと思う
そもそもLWっぽい位置にあんまり誘導しているわけでもないしな。

ルーミアどうするかだろうとは思う
ルーミア吊り逃れの蘇生系っていうのは
普通にあるわけなんでな。
まぁ猫又っていうのが非常に噛まれ避け臭くはあるんだが」
KAITO 「ルーミア=サンを吊って月曜日決め打って
当麻とスレイヤーで悩む最終日にしたい(真顔
っつか天子釣り怖かったわ!夜来てよかったけど」
ルーミア 「ニンスレ噛まれるのなら話は早いけどどうせ噛まれるとは思えないんだよなあ
呪殺さえ出なけりゃ吊れるかもしれないのをどうして噛むことがあろうか
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ニンジャスレイヤーさんの遺言 <精神鑑定日記>
狂人の心を知ろうとする者は実際狂人
平安時代の剣士にして哲学者、ミヤモト・マサシの残したコトワザだ
私もまた狂人だというのだろうか。確かに地の文=サンからも狂人扱いされることは多いのだが……
せいぜい狂気に呑まれぬよう、村の勝利に貢献すべく努力するしかあるまい

一日目 身代わり=クン 正常
二日目 やらない夫=サン 恋人
三日目 KAITO=サン
四日目
五日目


『一日目』
身代わりQPかそうでないか、というのはこの村においてそれなりに重要性を持つ情報ではないか?
身代わり狂人であるかどうかというのも大事なことではあるが、人狼陣営3であれば狂人無しも充分有り得るのだ

『二日目』
身代わりQPはない。身代わり狂人もない。どちらにしてもけして良い情報とは言えぬな
今日占うのはやらない夫=サンだ。占い師を出すタイミングを模索している、というより見定めようとしているようだ
それにこの言いぶりでは占い師=サン自身であることはまずあるまい。今欲しいのは正常以外の結果ゆえ

『三日目』
恋人をピタリと当てたのは褒められようが、噛みと合わさっては意味がないな
上条=サンを占って異常が出ても不審者か狂人か判別できぬためそれ以外を占おう
ならば狂人2を押していたKAITO=サンが相応しいのではないか? あれが狂アピの可能性は実際有り得る

『四日目』
天子さんの遺言 死因は吊りだが噛まれた死ぬそんな人外です
ニンジャスレイヤー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
上条当麻0 票投票先 →天子
月曜日0 票投票先 →天子
天子6 票投票先 →ニンジャスレイヤー
汚い忍者0 票投票先 →天子
ニンジャスレイヤー1 票投票先 →天子
ルーミア0 票投票先 →天子
KAITO0 票投票先 →天子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
天子 「そうかわるかった>KAITO
ルーミア 「河童って結局仕事ないのでこの場合」
月曜日 「わかっていますが、それなりの動きを見せなければそれなりの意味もないでしょう>上条さん」
汚い忍者 「指定は天子」
上条当麻 「占いいないなんて……不幸だぁぁぁぁぁ!?
としかさすがに言えない上条さんです」
ニンジャスレイヤー 「実際ありえる。身代わりは正常だ>身代わり占い」
KAITO 「俺は1W2狂人想定」
天子 「遺言的に初日なんじゃないかね 占い
意味はないが」
月曜日 「ルーミアに対する意見はKAITOが代弁してくれました。」
ルーミア 「なんで占いの○がいないっていうか」
KAITO 「俺LWでみてるといったはずだぞ >天子」
上条当麻 「月曜日薬師だと思ったら河童かよ!
河童なら吊り殺さないと意味ねえよ!>月曜日」
ニンジャスレイヤー 「そして今日月曜日=サンに言ったやらない夫=サンが矢を撃ったのではないか
という発言に対する肯定も今日得た結果に基づくものである」
天子 「狂人いないはずだぞ>KAITO」
月曜日 「初日占いか、蘭子占いか、だったかですかねこれ」
汚い忍者 「占いいねえのかよぉ!!」
KAITO 「ルーミアさんが狐狂人クセェ!>CO」
ニンジャスレイヤー 「昨日私の発言にあった「情報を持っている」というのは
身代わりQPではなく、身代わり狂人でもない、ということだ」
月曜日 「用意してあるものは遺言くらいなので、特にご披露目する予定はありません。」
上条当麻 「どうして村人表記をひくんでせうかこんな村で」
ルーミア 「投票:×→

2.蘇生なし
LWで真白が村であるのと3Wで真白が狼であるのとどっち見るのというと状況的に後者なのかー
蘇生してあげるべき人いないのかー」
天子 「目目連」
ニンジャスレイヤー 「無駄占いだ! 笑わば笑え!」
ニンジャスレイヤー 「<精神鑑定日記>
狂人の心を知ろうとする者は実際狂人
平安時代の剣士にして哲学者、ミヤモト・マサシの残したコトワザだ
私もまた狂人だというのだろうか。確かに地の文=サンからも狂人扱いされることは多いのだが……
せいぜい狂気に呑まれぬよう、村の勝利に貢献すべく努力するしかあるまい

一日目 身代わり=クン 正常
二日目 やらない夫=サン 
三日目
四日目
五日目


『一日目』
身代わりQPかそうでないか、というのはこの村においてそれなりに重要性を持つ情報ではないか?
身代わり狂人であるかどうかというのも大事なことではあるが、人狼陣営3であれば狂人無しも充分有り得るのだ

『二日目』
身代わりQPはない。身代わり狂人もない。どちらにしてもけして良い情報とは言えぬな
今日占うのはやらない夫=サンだ。占い師を出すタイミングを模索している、というより見定めようとしているようだ
それにこの言いぶりでは占い師=サン自身であることはまずあるまい。今欲しいのは正常以外の結果ゆえ

『三日目』

『四日目』」
KAITO 「ボッチ隠者です・・・、ボッチ隠者です・・・
ボッチ隠者です・・・」
ルーミア 「猫又」
天子 「FOでいいともう」
月曜日 「河童。」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ精神鑑定士です。身代わり=クン正常 やらない夫=サン恋人」
月曜日 「護るべき役職は、初手天人蘇生から鑑みるに、占いだけでしょうから。」
ルーミア 「どっちでも>忍者」
汚い忍者 「FO」
天子 「というか占いはいないのか」
上条当麻 「いいと思いますですよ?」
ニンジャスレイヤー 「現状鉄火場である可能性は極めて高いのでは、と見ている」
月曜日 「否定はしません>FO」
ニンジャスレイヤー 「FOすべし>汚い忍者=サン」
月曜日 「読み取れる情報がないんならわざわざ突っこまなくても、とは思いますよ>上条さん」
汚い忍者 「今7人だろ」
KAITO 「なので非狼っぽいのはルーミアー月曜日のどっちか
どっちか吊ってどっちか占うのがいいとKAITO思います」
上条当麻 「まぁ何かしらの人外吊れた
そう思っていいんだろ?恋で吹き飛んだ可能性なくもないけどさ
蘭子子狐とかで。」
ルーミア 「その場合焦るべきは狼なので知るかでしかないし狼も目立って焦ろうとはするとは思えないのかー>KAITO」
汚い忍者 「FOすっか意見募集」
月曜日 「KAITOの言わんとすることはわかるし、
どちらかというと私自身の思考もそちら側なので、そこは非狼に見える。」
天子 「柱がでなかったことを考えると4-2-1な気がするが」
ニンジャスレイヤー 「3W+1Fフル生存という事態だけはない、ということが分かったわけだ」
KAITO 「狼臭いところでやらない夫ー上条ー天子でそこ残してこーと思ったんだが
やらない夫のなんとなく引っかかった感は恋人の方だったか」
上条当麻 「まぁこれで実は逆だったとかいわれても
正直困るわいろいろ>月曜日

というかそっから読み取れる情報もないけどなうん」
天子 「3-3-1はないのはわかった 4-2-1か4-3か」
汚い忍者 「4-3
4-2-1
4-1-1

このあたりかね」
ニンジャスレイヤー 「そうであろう>月曜日=サン」
月曜日 「遺言を見る限り、蘭子の方に矢が刺さった感じかな。」
ニンジャスレイヤー 「だが村の勝利条件の一つではある
噛みによって排除してもらえたというならなおさら僥倖と言わざるをえんな」
KAITO 「やっぱり」
上条当麻 「恋人の霊圧が……消えた?」
天子 「と思ったら死んでるし 恋か」
汚い忍者 「3-3ー1はねえ
これが解った」
KAITO 「はい、恋人飛びで続いてるなら割とLWだと思うよ!」
天子 「おはよう
わかりひくいが蘭子が村吊りに対する危惧が感じられない気がする」
汚い忍者 「恋人逝ったぞオラァン!!」
KAITO 「なんで3Wの方見てんだろうなぁ、みんなという感じ
3Wの飽和直前の焦りが全員から見えねぇよ、空気的に
もし3Wなら狼の誰かが柱にでないとというそういう空気感がありそうなのに
だから俺はLWの方想定してるけど」
ニンジャスレイヤー 「くっ……」
ルーミア 「あ、いきなり恋とんでる」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三峰真白さんの遺言      /.:::::::::::::::::::::::::/::::/l///   ∨  \::::::::::::`'く⌒
.    //.::::::::::::::::::::::/::::/            ∨:::::::::::::::    / 7
   //.::::::::::::::::::::::/::::/ ,.斗‐=ミ \_      _  `、::::::::::i:   / /
.  //.::::::::::::::::::::::/ i 〃 ,:'´ .::::ヽ       ,.斗=ミx::::::::::i  / /  :/ 7
 // ::::::i:::::::::::::::;′i : i{ {::::::::::::::}  ......   ,:'⌒Y }i::::::::::|: / /  :/ /
./ .:゚::::!:::::::::::::::: i|  ` 乂_⌒ソ .:::::::::::. {::::::::} :´;:::::::::|: ∨  / /
:.イ :::::::!::::::::::::::::八                乂_ソ ,’::::::::|Ο   ∨
/.::::::::::‘;:::::::::::::::::::个ト               厶イ :::|      村人にも仕事はあるはず!
::::::::::::::::::::〉::::::::゚:::::::::|      / ̄ ̄ ̄ ̄ l      爪::::::\ Ο    ニートではないはずなんです!
::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::.、    /       |    ,勹:::/::::::::\
 ̄<::::::::::::∧:::\::::::::`、_  ─‐‐  ...,,__j . イ :|:::::/く:::::::::::::\
    `:,⌒ xく斗‐\:::::`、ニ=-  ___,,.. _<:::::‐‐‐i:::/:::::>⌒¨¨´
.   斗‐{_/⌒ヽ   :\:::∨   /,   ⌒ ̄}‐┐レ'⌒´
/.::::::/ /     ∨/   \}_,.   --}    / ¦
蘭子さんの遺言 我は呪われし者
地を暴き、死者を冒涜し、死霊術師を葬る者

その様な我を愛するとは…罪深き者よ
やらない夫さんの遺言 我は魔王に見せられし弁財天なり、その契約に応え、従者となる
蘭子 は無残な負け犬の姿で発見されました
やらない夫 は恋人の後を追い自殺しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
三峰真白 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
蘭子1 票投票先 →三峰真白
やらない夫0 票投票先 →三峰真白
上条当麻0 票投票先 →三峰真白
月曜日0 票投票先 →蘭子
天子0 票投票先 →三峰真白
汚い忍者0 票投票先 →三峰真白
ニンジャスレイヤー1 票投票先 →三峰真白
ルーミア0 票投票先 →三峰真白
三峰真白8 票投票先 →ニンジャスレイヤー
KAITO0 票投票先 →三峰真白
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
三峰真白 「では私を吊れば村に勝利はないです」
やらない夫 「俺は明日占い出すかどうかだけ考えてるけど。どうなんだろう。結論は出なかった」
汚い忍者 「ニンジャスレイヤーの言ってる事は正しい
が、出ないならそう言う事として扱う」
天子 「忍者殺したいなら男から人外っぽいの探せばいいんじゃないか>ルーミア
男は忍者とかいってたろ」
月曜日 「ないですよ、一片もありません>真白さん」
上条当麻 「狼なんじゃね柱出てこないなら>天子」
ルーミア 「そんなもん狼でどうにかしろなのかー>KAITO」
ニンジャスレイヤー 「何を言っているのだ!
ニンジャ殺すべし! 全ニンジャ殺すべし!」
月曜日 「村表記を言うならばたぶん恋人ではないんでしょうね。庇いも出てきませんし。」
三峰真白 「村吊ってる余裕あるのですか?この村には」
ニンジャスレイヤー 「忍者を殺せない……?>ルーミア=サン」
蘭子 「牙を持つ者が3ならば、名も無き者から犠牲者が出るだろうな」
天子 「真白が狼でないなら狼が柱にでるべきだと思うがどうかな」
月曜日 「天人が即蘇生レベルってことは、今日村吊が発生すればそれだけで終わる、
そうでなくとも、最悪噛みで一瞬でおじゃん。それがわかっていて、なお村吊かもしれない状態を狼が許容するっていうなら知りません。」
ルーミア 「この村は忍者を殺せない村なのかー…orz>天子」
汚い忍者 「続行だオラァン」
蘭子 「もしも…次なる太陽がめぐりし時
天の使いが亡骸となるのならば、その時は牙を持つ者は孤独と見ていいだろう…
多分(小声」
三峰真白 「私を吊ってる場合ではないのは確かです」
上条当麻 「3Wでも成り立つっていうのが困る
非常に困るめどい」
KAITO 「っつか3W考えてる人はもっと危機感持てよ(真顔
もし3Wなら恋人飛んだ時点で飽和するんだぞ、片方QP確定なんだから」
ニンジャスレイヤー 「真白=サンが非狼であり、なおかつ3Wいるのであれば……
狼よ、柱に出る方が良いのではないか?」
やらない夫 「ニンジャスレイヤーさんの考察は実際スルドイ!」
汚い忍者 「どの道グレランして人外吊れる期待値ほとんどねえよこの村」
三峰真白 「素村ですよ」
上条当麻 「1. 生存者 - (人狼 + 妖狐) <= 人狼 + 2
のとき天人は蘇生して
天人死んでると生存者9で9ー(3+1)<=3+2

成り立つっちゃ成り立つなこれ」
ルーミア 「即帰還で村カウント少ないってことはそういうことだろうと思う」
三峰真白 「矢がどこに刺さってるかびくびくしながら
ボンバーマンのようなマインスイーパのような」
天子 「恋が絶対にない指揮役だぞ よろこべ>ルーミア」
ニンジャスレイヤー 「2Wがない、ということしか分からぬわけか……実際不便!」
蘭子 「今は運命の瞳を出さぬのが肝要よ>KAITO
牙を持つ者が孤独ならば、それで勝てる!」
汚い忍者 「指定:三峰真白」
月曜日 「何が言いたいかというと、3Wならさっさと飽和回避に出てくればいいし、
そんなことしたくないで、狐やQPに脅威を感じないならば、じっと潜ってればいいんじゃないですか狼さんは」
ニンジャスレイヤー 「なるほど、3Wだとしても飽和直前扱いになるのか」
やらない夫 「1回出戻りしてるから柱は出ねえよ。>KAITO」
KAITO 「LWをつらない、を目的とした指定ならばな」
天子 「LWより3Wで見た方が村のためだろ」
ルーミア 「ついでにこれ矢が村村で刺さってませんかね?」
三峰真白 「とりあえず忍者のホモップルはないのはわかりました
残念です」
KAITO 「指定してもいいけど俺がLWなら俺していきてもLWCOはしねぇから無駄じゃね?」
上条当麻 「3Wはあり得る
とりあえず夜の間に天人のあの式でもみているとしよう俺は
それで情報掴めそうだしな」
天子 「5-3-1で今日明日村が死ぬと飽和で戻ってきたのだろうな」
蘭子 「牙を持つ者は名も無き者の中から黄金の獣を探すがよいぞ!」
月曜日 「どっちかです。そしてどっちかであるかなんて知る由もありません。
狂の効果が目に見える形で出てくるなら、LW確定というだけのこと。」
汚い忍者 「何にしろ鉄火場だよオラァン」
やらない夫 「おいゴラァ!どっちじゃ!」
三峰真白 「なるほど、LWで即戻りですか」
KAITO 「3-3-1飽和マジかなら狼出るだろ
出てねぇならこれLW事案ですわ」
ルーミア 「LWであんな吠えマシマシするとは思えないから3W案件だと思うのかー」
ニンジャスレイヤー 「頼んだぞ汚い忍者=サン
力を合わせニンジャを滅ぼすのだ」
やらない夫 「いや3wはありえるよな?
天人死んだ時点で9人 この状態で村吊り村噛みなら飽和するし」
ニンジャスレイヤー 「いや、これは鉄火場というよりLW案件か
だとすれば非常によくない……ある情報により非常によくないことが分かるぞ」
汚い忍者 「指定すっぞぉオラァン!!」
三峰真白 「汚いほうの忍者は・・・なんですかこれ?」
上条当麻 「どっちだよ!3W1FかLWLFか!
どっちかしかないとは思うが!」
天子 「いや3W1Fだろう」
蘭子 「天の使いならば恋もしておらぬ!運命の瞳が出ないのならば…
我らが剣を束ねよ!」
やらない夫 「即出戻りってLWなのね」
月曜日 「あるいは、>「人外勝利前日」である。
かもしれませんねコレ」
KAITO 「つまり狼1狂人2で確定した感じ・・・
どうすんだ、これw」
やらない夫 「あ、ミスったわ()」
天子 「忍者天人か 指揮を頼むすでにぎりぎりだからな」
ニンジャスレイヤー 「ヌゥーッ! 即蘇生! 鉄火場!?」
ルーミア 「天人なぜ帰ってきた!言え!」
蘭子 「3W1F?」
上条当麻 「忍者さん出戻りお疲れ様です!」
やらない夫 「3w1f確定じゃねえか!」
汚い忍者 「天人だオラァン!!」
三峰真白 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1

ささやきは見えなかったので共有はいなさそうですね
QPは忍者同士で繋げてくれてたらわかりやすくていいのですが~」
KAITO 「あ、LWだわ(真顔>忍者即機関」
月曜日 「即蘇生ってことはコレLWですか。」
上条当麻 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
QPいるとか聞いてないんだが」
天子 「おはよう
吊りがすでにぎりぎりの上QPがいるのがきついな」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ皆さん。ニンジャスレイヤーです」
蘭子 「お、おぉ…」
ルーミア 「QP次第で大惨事な楽しいマインスイーパ村の始まりなのかー
吠え数的に2W以上いそうなのこの人数だけど占いはでなくてもいいと思うのかー」
月曜日 「おはようございます。」
やらない夫 「にnn……………忍者ァ!」
蘭子 「闇に飲まれよ!
我らに与えられしは4の剣
妥当すべきは4の獣と恋に落ちし者達
厳しい戦いだが預言の書と我ら6の勇者が集えば勝利は難しくはないぞ!」
ニンジャスレイヤー 「wasshoi!!!!」
KAITO 「恋人で吊りが飛ぶと考えると
実は釣り余裕がないどころか足りてない事案
狼狐恋人じゃねぇとむずい」
やらない夫 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
4吊り5人外…………QPで吊りヘラね~としても一手足りねえよ!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
汚い忍者さんの遺言            _,,___,,__
      ,,,.. - ' "     ゛ー-、
     ,.'"                 '.,
   ,'        天人      ',
   ,'  ,'/ /  .i ハ ハ .ハ l  〉
   i / | .|  /レ':__;レ':†:V、_!_ハ /
  ム/|/ `イレ'::!rr=-,  ̄ r=;ァlレ'i  わりいな、俺が忍者だったのさ!>ニンジャスレイヤー
   !   .{ l |:::]  ̄ ,___,  ̄ [:! .l
   |,.イ λ l::ヽ、 ヽ _ン   ノレ'l  この村の天人とかゴミってレベルじゃねーぞ!!
      レヘハイ>、`ー‐---一"ィレ'
    ., -イ´:\ \ ̄忍 ̄//\
汚い忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
汚い忍者 は生き返りました
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
ゲーム開始:2015/07/05 (Sun) 19:18:56
蘭子 「いざ!」
ルーミア 「でたー!妖怪いち足りない!」
蘭子 「今、世界を1つにすべくそれらを奪い合う!」
天子 「上条さんの驚異的な先読みと身体能力は忍者だからだったのか・・・」
上条当麻 「ゴレイヌは違う」
ニンジャスレイヤー 「地元人の協力者ができるとは中々心強い。頼んだぞ、汚い忍者=サン」
KAITO 「ゴレイヌ?>賢人」
蘭子 「2つの力を持つ王が」
蘭子 「大いなる3つの指輪を作った」
汚い忍者 「良いってことよ」
三峰真白 「よろしくです」
ルーミア 「とりあえず男は全部殺すべししてもいいと思うのかー
男は忍者なのかー」
蘭子 「4の賢人が集い」
汚い忍者 「マジかよ、騙るなんて最低だな!
ニンジャスレイヤー安心しろよ、俺も手伝ってやるよ」
蘭子 「ではゆくぞ!」
ニンジャスレイヤー 「なるほど一理ある……状況提供感謝する>汚い忍者=サン」
KAITO 「俺は歌手であって忍者ではない」
やらない夫 「あ、すまん気づいてなかった」
天子 「大根よりはカブでカブよりはじゃがいもに見える・・・」
ニンジャスレイヤー 「いざイクサになれば恐らくは尻尾を出すはず……そこを狙う」
汚い忍者 「そこのKAITOとか言うやつじゃねえの>忍者
なんかマフラーとかそれっぽいし」
蘭子 「大根の如き隣人よ、不具合か?」
ニンジャスレイヤー 「問題はそれが誰か、だが……皆目見当もつかぬ」
ニンジャスレイヤー 「恐らくはこの中にニンジャでありながらニンジャでないと騙る者がいる」
汚い忍者 「おらんおらん」
蘭子 「プロヴィデンスの風よ!」
ニンジャスレイヤー 「だが私のソウルは確かにニンジャ存在を感知している」
ルーミア 「お疲れ様です(闇に飲まれよ!)」
KAITO 「よろしゅー」
天子 「さすが上条さん 何もしてないのにヒロインがよってくる」
KAITO が幻想入りしました
蘭子 「刻は来た!
者ども、魔力を解き放つのだ!」
ニンジャスレイヤー 「ニンジャがおらぬ、と?」
三峰真白 「こんばんわですよ」
上条当麻 「いや明らかにいるだろ!
お前名前詐欺でもするのかっていうか
今どきその格好ってどうよ!」
三峰真白 が幻想入りしました
ルーミア が幻想入りしました
上条当麻 「月曜日が露骨に擦り寄ってきたんだが(遠い目」
蘭子 「プロヴィデンスの風よ!」
汚い忍者 「いねえよ>ニンジャ」
月曜日 「                     _  -―-   _
                   ,.  ´         ` .、
                /       __   、    ヽ
               /    ...:::::´:::_:::_:`::ヽ.     .
                    .′ ,.:´:::;: '´曜 日__`ヽ    l
                   l.  /::/月,..ィ:::´:::::l::::::l:::l::``く⌒V
               l l::/ /l::l::ト:::ト、::l_l:_l_lハ:::::l:::しイ`ヽ
               ヽl:::l/:l::l_l_l:::lヽl l升,l;ム`l::::::!:::l し'´
                   l:ハ::X:lハい「   仇7小!:::::l}:::!
                   l:l::lハY丘r〉   `,,,´ |:::::l:::l:ト、    
                ,l;l::l:fヽ`ー´,,      八::l:::l:lヽヽ 私じゃ不満……?>上条
             ,. -v/l:l::l::l`:ヽ、   ‐   .ィ:l:::::/;川 lヽ!    
             /三.lァタ|l、::::l'⌒l'`.,オ ー ´ !`!;/l/l/  l l    
            l rュl」/ ll/ヾl   ヽl ト、   _/l ´フ ̄ヽ レ´ 
             l {`´ィ /  い、 l l-―ラ' ,// / 「ヽ     
           /l_,. - ' !,Lヽ. l, lヽol、l / /o,}イ  / ハ     
           l´  .ン/F  ,'  l ヽ!-!=Fニl/ ! Y    !
          /「 ̄ ./ K l  ヽ l ! ! l /   レ'   }
            ,' ! /  ト !   V ,'  l l/´   l   /
         {ー'"´     l    i !  |l .l     l / ,ィ
          `ヽ       ,r'!   ! l.  !l |     l _/,.!
            \  ノ l   | i  l !l     l 、__ノ
                  ̄  l.    ! l   l|l     l- | 」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ。ニンジャスレイヤーです
この村にニンジャがいると聞いてやってきた」
ニンジャスレイヤー が幻想入りしました
汚い忍者 「支援」
蘭子 「プロヴィデンスの風よ!」
汚い忍者 が幻想入りしました
天子 「こんばんわ」
天子 が幻想入りしました
蘭子 「仕方ない、更に5の猶予を持って儀式を始めるぞ」
上条当麻 「何だこの面子……
というかもう時間なっちったじゃないかこれ」
蘭子 「退散せよ!退散せよ!」
やらない夫 「その右手は壊すことでしか他人を守れないからなぁ」
月曜日 「えへ、来ちゃった」
月曜日 が幻想入りしました
上条当麻 「というか入村しただけでこの扱いってどうよ!
おかしくないでせうか!?」
上条当麻 「いやそれはひどい」
蘭子 「この者は魔法を殺す預言の子か!?」
やらない夫 「上条さんが来るとか弱い少女の幻想ぶち壊れそうだなぁ……………」
蘭子 「プロヴィデンスの風よ!」
上条当麻 「はいはい支援支援ってなー」
上条当麻 が幻想入りしました
蘭子 「では10の猶予の後に絶対数の勇者が集わぬならば
更に5の猶予を持とう」
やらない夫 「んー、流石に少なすぎるだろうし延長していいんでない?」
蘭子 「分かっていたことだがホシノめぐりが悪そうだ
魔力の収集が途絶えた場合どのようにするべきかしら
儀式を強行するか、集中するべきか」
蘭子 「魔王たる我にはいらぬ心配である
[触暗殺]」
やらない夫 「強すぎる力は身を滅ぼすだけなんだよなぁ………………」
蘭子 「アッハイ(アッハイ)」
やらない夫 「エキサイト翻訳なんてなかった。いいね?」
エキサイト再翻訳 「エキサイト再翻訳 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:エキサイト再翻訳 → やらない夫
アイコン:No. 7 (青) → No. 2459 (やらない夫03)」
蘭子 「くくくっ、汝も次元を超越した『力』を持つ者のようね」
エキサイト再翻訳 「どう考えても翻訳付けないと吊られるんだよなぁ……………(呆れ)

たとえ私が考えても翻訳が置かれない時にそれがどうであるか それはぶら下がっていたか、…………… (驚き)」
蘭子 「プロヴィデンスの風よ」
エキサイト再翻訳 「それは水盤でされたけれども、私は、たぶん、それがOKであると思わない!」
エキサイト翻訳 「エキサイト翻訳 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:エキサイト翻訳 → エキサイト再翻訳」
エキサイト翻訳 が幻想入りしました
蘭子 「預言の書にて7の刻を告げし後
10の猶予がありて闇の儀式が開始するであろう」
蘭子 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
蘭子 が幻想入りしました
村作成:2015/07/05 (Sun) 18:51:36