←戻る
【雛3382】やる夫たちの希望封蘇超闇鍋村 [3959番地]
~水鬼「舟幽霊とは違うんです」~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon OИE(GM)
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 天級チルノ
(生存中)
icon G級チルノ
(生存中)
icon ガイル
(生存中)
icon 初級チルノ
(生存中)
icon 二代目にわ影
(生存中)
icon
(生存中)
icon 上級チルノ
(生存中)
icon 下級チルノ
(生存中)
icon あららぎ
(生存中)
icon 中級チルノ
(生存中)
icon 覇級チルノ
(生存中)
icon 河城チルノ
(生存中)
icon アドベントチルノ
(生存中)
icon はんなり
(生存中)
icon レ級チルノ
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon 夏のチルノ
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon エーフィ
(生存中)
icon 氷級チルノ
(生存中)
村作成:2015/07/24 (Fri) 23:44:35
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ
 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください」
GM 「ローカルルール
・AAはCO時と霊界時は禁止です。それ以外は日記を含め自由です。
・初日犠牲者(GM)への能力行使は自由です。
・投票は超過2:00までに済ますよう心がけましょう。狼以外の夜投票は超過前を強く推奨します。
・超過前噛みは一律で禁止します。 GM指示があった場合のみ、それに従ってください。
・シスコピ、突然死も禁止です。 一応明文化しておきます。
・開始予定時刻までに準備が完了していない場合、GM権限でKICKすることがあります。」
GM 「開始予定は0:05です。
封蘇外したい場合は全員でGMに詰め寄ってください。」
かりですよ が幻想入りしました
GM 「いらっしゃいませー」
かりですよ 「封蘇外したいです(ぐいぐい)>GM」
かりんのと が幻想入りしました
かりんのと 「うっさうっさ」
かりかり が幻想入りしました
GM 「いらっしゃいませー」
かりかり 「結婚を前提に封蘇外してください>GM」
GM 「封蘇云々はそうだね、23:55目安に最終確定するよ」
ガイル が幻想入りしました
GM 「いらっしゃいませー」
ガイル 「開始まで待っておこう・・・」
かりですよ 「かりですよ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりですよ → できる夫
アイコン:No. 6418 (氷結) → No. 599 (できる夫)」
GM 「結婚は…心に決めた人が居るので…」
ほととぎす が幻想入りしました
二代目にわ影 が幻想入りしました
ほととぎす 「こんばんは」
GM 「いらっしゃいませー」
二代目にわ影 「だらしない俺で済まない……。」
椛 が幻想入りしました
「こっちに狼の気配が」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → OИE(GM)
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8663 (ONE)」
ガイル 「飛ぶ鳥は落とすソニックブーム>ほととぎす」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!」
できる夫 「おや、最近不幸なONEさんではないですか」
OИE(GM) 「気のせいです!>最近不幸」
かりかり 「不幸っていうのはね。口に出すほど増えるんだよ」
上級チルノ が幻想入りしました
上級チルノ 「よろ」
OИE(GM) 「封蘇このままの予定だけど、全員つけて欲しいとかってあるかな?」
できる夫 「……あー
気分を害したのなら申し訳ないです>GM」
できる夫 「できる夫 さんが登録情報を変更しました。」
「村19・人狼2・狐1の配役をください」
二代目にわ影 「どっちでも良いです。」
ガイル 「特に希望はないな>GM」
下級チルノ が幻想入りしました
かりかり 「GMの自由でいいんじゃない?結婚申し込んでおいてなんだけど」
下級チルノ 「あたいがきたぞー!」
できる夫 「キューピッド陣営5というカオスをください>GM」
上級チルノ 「お前だったのか>下級チルノ」
下級チルノ 「つまり……あたいがきたー!!」
かりかり 「G級チルノが来るな」
かりんのと 「同じチルノが二体…来るぞ遊馬!」
OИE(GM) 「確か、システム的に出ないんじゃなかったかなあ…>QP陣営5」
あららぎ が幻想入りしました
できる夫 「その発想はありませんでした>G級が来る」
あららぎ 「上級ロリと下級ロリもいるとかたまげたなぁ」
OИE(GM) 「村チルノちゃん、訓練所チルノちゃんも…?」
できる夫 「えっ、そうなんですか?>GM
システムにはあまり詳しくないもので」
上級チルノ 「中級()」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!」
下級チルノ 「Gきゅーチルノってつよい?
あたいだからさいきょー?」
ガイル 「分身・・・!?ヤンの奥義のように行動が増えるのか」
かりかり 「村長クエストでも受けてればいいんじゃないかな>中級」
あららぎ 「よろしく頼むよ。女の子限定で」
中級チルノ が幻想入りしました
中級チルノ 「よろしく!」
中級チルノ 「ちょっとせきはずす!
もどってこなかったけっていいよ!」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!
あ、揃ったみたい」
覇級チルノ が幻想入りしました
下級チルノ 「あ、ちゅーきゅーのあたいがきた!
ちゅーきゅーでもさいきょーね!」
河城にとり が幻想入りしました
覇級チルノ 「このあたいがお通りよおおおおおおおおおお」
かりかり 「もしくは超級が来るか」
OИE(GM) 「じゃあOPこのままでいくよー!」
できる夫 「ふぁっ!?>覇級」
アドベントチルノ が幻想入りしました
下級チルノ 「だってあたいもじょーきゅーもさいきょーだもん!」
上級チルノ 「おk>GM」
OИE(GM) 「……う わ あ>覇級」
二代目にわ影 「まだ9月9日には早いと思うんですけど。(名推理)」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 鳥級チルノ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3917 (チルノ?)」
アドベントチルノ 「よろしくー」
覇級チルノ 「ふぅはははははははは>できる夫」
下級チルノ 「はきゅー?
はきゅーでもあたいったらさいきょーね!」
できる夫 「あ、了解しましたー>GM」
「うわぁ」
あららぎ 「妖精童女略して幼女いっぱい村やったぜ!」
ほととぎす 「ほととぎす さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ほととぎす → 初級チルノ
アイコン:No. 2494 (鳩) → No. 5172 (大沖チルノ2)」
鳥級チルノ 「あたいが一番強いコケッ!」
かりんのと 「チルノ多過ぎ問題」
OИE(GM) 「一応、名前呼びにくいからね!
ちゃんとそのあたりは考えようね!」
覇級チルノ 「あたいったらさいこーね!>下級」
初級チルノ 「あたいってば初級ね!」
できる夫 「ちょっとチルノさん多すぎじゃないですかね
これは………天国!」
アドベントチルノ 「…チルノ村?」
覇級チルノ 「破ぁ!>できる夫」
かりー が幻想入りしました
上級チルノ 「覇級は認めてやる 初級中級下級もチルノとしよう アドベントは当然良い」
かりんのと 「かりんのと さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんのと → 天級チルノ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8198 (天才チルノ)」
ガイル 「チルノ村になってしまったか・・・」
天級チルノ 「俺は天才だァ~」
上級チルノ 「だが鳥級、お前はチルノじゃない」
あららぎ 「あららぎはホトトギスがいなくなるともはや普通のららら木さんになってしまう。妹と違って」
OИE(GM) 「私はそっちよりもこんなにアイコンあった方に驚きが隠せないよ…?
いらっしゃーい!」
覇級チルノ 「貴様は…!!!>天級」
レ級チルノ が幻想入りしました
下級チルノ 「あたいがいっぱいだー!
めがぐるぐるー!」
河城にとり 「河城にとり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:河城にとり → 河城チルノ」
かりー 「こんばんは」
二代目にわ影 「草。>レ級」
レ級チルノ 「\アタイ/」
「囲まれる!チルノに囲まれる!」
天級チルノ 「どうした覇級チルノ?んん?悔しいか?悔しいかァ~?」
OИE(GM) 「ただのレ級さんじゃないですかーやだー!」
覇級チルノ 「このまんなかれつだけの…イロモノ感…!」
鳥級チルノ 「鳥級チルノ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:鳥級チルノ → G級チルノ
アイコン:No. 3917 (チルノ?) → No. 4226 (チルノ11)」
できる夫 「ヤッダバァァァァァァ!!!>覇級」
「にわ影よ、お前はまさかチルノにはなるなんてことは…」
やらない子 が幻想入りしました
夏のチルノ が幻想入りしました
G級チルノ 「悪に生きる道はないと知れ!」
やらない子 「よろしく」
覇級チルノ 「なんだそのうえからめせんはぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜>天級」
アドベントチルノ 「いや、違うだろそれは!?
そこの鳥でも思ったが!?」
OИE(GM) 「ああ、もうめちゃくちゃだよ…?」
OИE(GM) 「いらっしゃーい」
二代目にわ影 「二代目チルノか何か?(適当)」
夏のチルノ 「\あつい/」
天級チルノ 「なにぃ~?このチルノ様が、天才のチルノ様がァ~!?」
天級チルノ 「う わ ら ば」
河城チルノ 「こんばんは」
あららぎ 「妖精がいっぱいいすぎてこれもうわかんねぇな」
チルノ が幻想入りしました
レ級チルノ 「ドッカラドー見テモ チルノダロ。
アイアンボトムサウンドニ沈メッゾ」
天級チルノ 「俺様は天才だからな>覇級」
下級チルノ 「わー!?
あたいってたくさんいたの!?
あたいしらなかったー!!」
できる夫 「もういいです!幼女!ロリがたくさんなんです!
だから深くは考えません!ええ、考えないったら考えません!」
エーフィ が幻想入りしました
OИE(GM) 「いらっしゃーい」
上級チルノ 「この村に大ちゃん来たら奪い合いが始まって八つ裂きになるな」
氷級チルノ が幻想入りしました
覇級チルノ 「あたいったら覇級ね!」
二代目にわ影 「アンアンキシムサウンド?(難聴)」
チルノ 「なんかいっぱいいるー」
エーフィ 「よろしくね」
初級チルノ 「なんて普通のチルノ! >チルノ」
夏のチルノ 「溶けるー・・・アイスー・・・」
できる夫 「くぇrtgyふじこp;@:」」
天級チルノ 「天級チルノ さんが登録情報を変更しました。」
あららぎ 「そうだな。人外の幼女という素晴らしい存在はそれだけで肯定されてしかるべきだ! >できない夫」
チルノ 「ごろごろ」
氷級チルノ 「あたい始めました!!」
覇級チルノ 「破ぁ!!!>夏の」
アドベントチルノ 「なんか初日大ちゃん死体が出そうな予感が…」
天級チルノ 「チルノがどれほどいようが、真の天才はこの俺!
俺様なのだ!」
「大妖精いないよ…」
河城チルノ 「▲7六歩△3四歩▲7八銀△8八角成
あっ…」
初級チルノ 「これだけチルノはいて大妖精がいない 告訴」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → はんなり」
ガイル 「この村にはエアコンが必要ないのか
涼しみに来た旅行客も居るだろう
お前にも夏休みで楽しむ旅行先が有るだろう」
G級チルノ 「アタイはアタイだ!それ以外の何者でもない!」
はんなり 「ここ最近本当にCNが思いつかん」
夏のチルノ 「あ、すずしい。もっとやってー>覇級」
下級チルノ 「あたいがおおすぎてぐるぐるー(にかいめ)」
上級チルノ 「大ちゃんは賢いから来ないんだ 来ると確実に不幸が起こると分かってるんだ」
覇級チルノ 「もしかして:グレランガンのG>G級」
覇級チルノ 「破ぁ!破ぁ!破ぁ!破ぁ!破ぁ!破ぁ!破ぁ!破ぁ!破ぁ!>夏の」
天級チルノ 「天級チルノ さんが登録情報を変更しました。」
夏のチルノ 「あ゛~~~~~~~~~~」
初級チルノ 「大妖精がいない…そうか、一番のチルノを決めるための戦い…!」
二代目にわ影 「だりーなのお蔭で楽出来て本当に有り難いです。(迫真)」
下級チルノ 「大ちゃんがいないとかざんねーん……」
あららぎ 「アイコンONにしてもわかりづらいなw」
できる夫 「        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \  もう笑いしか出ません
    |     ___´___    |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \」
天級チルノ 「フフフ、今宵最強のチルノを決める闘いが始まるのだ!」
「これで目隠し出たら大変なことに…」
天級チルノ 「もちろん勝つのは俺様だがなぁ~」
二代目にわ影 「ちょっと世代行ったり来たりすれば連続縛り解除出来るし多少はね?()」
アドベントチルノ 「似たような名前ばかりだから間違えないようになー」
レ級チルノ
                ,.., , -∠ヘ:.、
              / ィ' / ィ/i  lヽ\:ヽ、
             ィ´  ケ'///ヽlヽ /W ヽ: ヘ
          / l .ィ‐"// ,l伝'ヽ/'弍iXミ: : :ヘ
          /: : : ∨,l /〈  l 、_ , // l: : :ハ   大チャンイネーナー。
        / : : : : : ∨l ヽヘ トゝ_`_ ´ィ /イl: : : 〉
        \: : ー:-ヽソ_  ヽ: :}////7≧イ:_: : : :/   コウナッタラデュララギヲ
         \: : : : ヽ: `マヘ'//////´ _≧、ハ    エロ担当ニスルッキャネエカー
           \: : : : : : l// ソヘ,ヽi7‐-\''
            `ヽ :>:':'l ,_,..ィ:':':':i / /ィ ァヽ\
               〈: :/‐〈: : : : :i l/: : : :.:l   \ヽ
               /i ´  ` ヽー/: ソ: : : : :/    ヽX二7
                 ハ     /: : /: : : : : l    /
     .           l: :l ,   /: : : i : : /: : i    /」
ガイル 「ソニックブーム ソニックブーム ソニックブーム>覇級チルノ」
初級チルノ 「嫌な笑い声に聞こえる!」
上級チルノ 「にとりが河城と呼ばれる村はわりと珍しいのでは」
氷級チルノ 「あたい達がこんなにいると大ちゃんも困っちゃうからきっといないのね!」
G級チルノ 「うん。たぶん無理()」
覇級チルノ 「ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン>がいる」
天級チルノ 「いくぞチルノ!チルノ!チルノ!非チルノにチルノPPだぁ~!」
中級チルノ 「ただいま!」
OИE(GM) 「準備できたら投票してねー
確か、今離席中だけど」
OИE(GM) 「っと」
「始まってしまうのか…」
G級チルノ 「俺はチルノ!この村の人全員と友達になりに来た男だ!」
できる夫 「チルノ陣営勝利になる予感しかしません!」
初級チルノ 「13/22…PPできるね!
チルノってばさいきょーね!」
河城チルノ 「.             ,;" ̄`ー"`ヽ. __
.         ,;^;(" ̄`ァ£、,__ _ノ´;;;ヽ_
         /,;;;:cゞ⌒;::::::::::::::::::;;`8;;;;;;/_| ))
   ((  ,ヘ, i;;:;;/::::ニ::トλ::リλ;:;:;`!;;/⌒ヽ
       '、ノ⌒.ルLi ○   ○ iλ/  .丿
.       (   .ハル""r-‐¬""イ/   /
        \    ゝヽ、__,ノ_ノ/   /
         \ ゙ヽ_/父ヽ_ノ  ノムヽ
           弋  >◎<  ノゞ!。ノ;ヽ
            ノ_/ E \_λ.にノ;;;;)
           く;r:‐'ー--、__>i;;;;;;;;;;;;ノ
           / `    ´ ヾ;;;;;;;;;ノ
         /__ / __  ', __ ヽ_
        </ 凵,'  凵  ', 凵 ヽゝ」
上級チルノ 「非チルノ? 天級はまず非チルノだとして……」
アドベントチルノ 「チルノ陣営14か… 」
夏のチルノ 「アイスおいしい・・・」
氷級チルノ 「氷級チルノ さんが登録情報を変更しました。」
夏のチルノ 「ラムネおいしい!」
できる夫 「うえへへへへへ、じゃあもうかうんとしますねー」
OИE(GM) 「っていうか、これチルノさんが凄く名前呼ばれた時困りそう。」
天級チルノ 「俺様はどう見てもチルノだろうが!>上級チルノ」
あららぎ 「開幕チルノPPありうるな……」
はんなり 「はんなり さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9246 (やまおとこ)」
初級チルノ 「14人だった」
できる夫 「素チルノさんでいいですよたぶん>GM」
レ級チルノ
                  /ニニ /   j{    `、___ ` 、
                    /ニニ /  }-i{‐   ´}、    V、
.        /i\      /ニニ / i{  iレ从  il ノ 竓ミ、 i{ニヽ   コノ村ニアタイハアタイダケデイイ……
      /ニニlニ=\    'ニニニ' 从  i斗笊、レ' ihハ }从、ニ`,
.    /ニニニニlニニニ \ 人ニ=i{/{ \「 じリ   ' ~´ V`、 \i}__     -‐====‐-    _
   '゙ニニOニ/{\ニO ニヽ  `ヽニ={ { `、  ー= ア __ノ___i⌒l`ニニニニニニニニ二ニ=-‐   ニニ/⌒、` 、
   ニニ=/l__」l___l\ニニ={_ }ニ= 、  、 `、_______/i:i:i:i:i:i{ l二ニ=‐ -=ニ二 ニニニニニニニ/    \__)` 、
   =/l,__」'////l,__l\二] {[ }ニニニ\「\「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`,」ニ=-‐ ‐-=ニニニニニニニニニ=/´ ̄} } }、`,`` ┘
    '゙l__」/////////l__,ハ__] {[ 'ー ァ=ァ'´ ̄`` 、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<ー‐‐- 、   ~" '' ー==‐ '   └}_} }_}
.   」//////////// {__L] {[  ./ / __    ` 、ー‐r r‐‐ '゙   Y ニニ=∨
   ////////////// i ̄L{[ / 〈/ニニ≧=‐ '⌒ヽ∨ー‐- 、 rノニ=‐''゙ノ
   ``i///////////i ̄/⌒ ,    i{⌒ 、ニニニニニニ}i }ニ=ニ=ニ7´`'ー‐ ''V
   \l ̄i///////,i ̄/  /   ,从  ∨ニニ /⌒辷弖彡'゙ ノ     ∨
.   =ニ{\l ̄i////i ̄/   lL __,{  {ム  }ー ''~  ,ノ\ -‐ '~       ,=\
.   =ニ{\\」 ̄7⌒Y    L{⌒i/  ∨     ,r七I゛V\ ≧=-     ___/ニニニ\
    ⌒{. . ≧≧=辷彡         \ i{   \ {ニニニニ∨/}、ニニニニニニ Llニニニニニヽ」
あららぎ 「じゃあチルノ素で >GM」
二代目にわ影 「やめろよwwwwwwwwww草生えちゃうだろwwwwwwwwww」
上級チルノ 「ん? 間違ったかな……>天級」
ガイル 「準備は出来たか?できる夫」
「カウントして始めよう」
G級チルノ 「チルノ素の語呂の良さ………天才だね!」
レ級チルノ 「アイアンボトムサウンドニ……沈ムトイイワ……!」
天級チルノ 「う わ ら ば>上級」
チルノ 「とてとて」
下級チルノ 「あたいもチルノだよー?
でもあたいいがいにもあたいがいるよ!」
できる夫 「ロリコンが3人」
アドベントチルノ 「……かなり違う気がするんだけど!?>レ級チルノ」
初級チルノ 「さいきょーはこのあたしよ!」
できる夫 「幼女が2人」
夏のチルノ 「あたいが減ったら暑くなるよ?」
OИE(GM) 「レ級チルノさん → レチさん → レティさん
…無理あるかなー」
あららぎ 「ロリコンとか危ない奴がいるのか……あぶないからみんなウチにおいで」
できる夫 「1人余って」
覇級チルノ 「破ぁ!」
アドベントチルノ 「無茶があるよGM!?>レ級チルノさん → レチさん → レティさん」
天級チルノ 「俺様は天才だぁ~」
できる夫 「がっかりしました(こなみかん)
開始です」
ゲーム開始:2015/07/25 (Sat) 00:06:13
出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3
「◆OИE(GM) ローカルルール
・AAはCO時と霊界時は禁止です。それ以外は日記を含め自由です。
・初日犠牲者(GM)への能力行使は自由です。
・投票は超過2:00までに済ますよう心がけましょう。狼以外の夜投票は超過前を強く推奨します。
・超過前噛みは一律で禁止します。 GM指示があった場合のみ、それに従ってください。
・シスコピ、突然死も禁止です。 一応明文化しておきます。


GMはONE@最近、DTMステーションに出演しました!プロフィールはそこで紹介されたものだよ!
       HN:Mt-B◇tyenGM1uBY がお送りするね!

この村は、封蘇だよ
D:封蘇村 [Ver. 1.5.0 β9~]
蘇生能力者 (他者蘇生型)・擬似蘇生能力者・蘇生妨害能力者の出現率が 0 になります。

沈黙禁止OP付いてるから、発言0だとスキマ送りになっちゃうよ!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆OИE(GM) 投票は2分を超えたら人数を
2分半を超えたらGMがいじけます」
OИE(GM) は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
OИE(GM)さんの遺言
       γ⌒レ= 、
        { i´   リ
        ゝ  >z =====
          //   i       `ヽ
          / .′  |    丶   \
            l{ l l  | l 、 ヽ  \   z≧=-     季節感、Zero……
       刈   l| l l  { l l    ー廴 __ヽ
          1 .从乂/ⅥノN  | ⌒ー^ヾ爻
        |l x=ミ   x≠ミ   |r 、| 〈[ニ]       ……ひんやりしてるのはいいかもしれないけど。
        リ , lvリ   vzソ.|  iソノ   l l⌒ヾ 、         ちょっとおとなしめにしておくね>配役
         Ⅳ          |  |´ i| l l    \ヽ
         从乂  、   从ソ, ノ リ_λ l      `  、
         { { > _. <  zY"´   ソ       ',
             fγ l{/iz≦]人 ,ィュ         } }
          γ l/ 、 7ノ¨´ , "´ `ヽ      /ィ
           l  l!   ´ ̄ ,イ_ 。z≦三ミ
.            γ l{ ̄ ~^ 、〃 ,    /"
          /l{......`o......:::´...l{ ′  /
.         /:::l...//..................7 == = '
        /::::::!.....7...................,   ¨¨/
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
G級チルノ 「出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3
共有が居ないならどっこいどっこいかな。
役職保護が重要だと思う、狩人位いるでしょ。

狐に持ってかれないのが最重要かなー」
できる夫 「おはようございます
出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3
これはもしかしたら私とGM以外の村人陣営が全員チルノさん・・・・・・?
と、いうネタ発言は置いておいて
人狼陣営の数に比べ妖狐陣営が多いです、ここは即急なる妖狐ケアが必要になるのではないでしょうか
というか陣営シンプルすぎやしませんかね
それとGMがいじけないように投票はお早めに、COもお早めに」
あららぎ 「おはよう。さあ妖(精童)女村開幕だ!
『村人15 人狼4 妖狐3』
これ人外数7に非チルノ9人……これが意味するところは……!!」
覇級チルノ 「あたいったらさいきょーの覇者ね!」
下級チルノ 「出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3
おっはよー!
あさはげんきにあいさつするべきって大ちゃんがいってた!!
えーっと、たくさんのつりとたくさんのじんがいで……
……んーとたくさんのよゆうがあるよ!
それじゃーしーおーのあるあたいはよろしく!」
二代目にわ影 「あんまりアイス食べるとお腹壊すからな……。」
「おはようございます
ひとまずチルノを全部仕留めてから考える余裕あるな>陣営
この陣営で共有の囁きないと言うのも意外だが
そしてみんなGMがいじけないようにちゃんと投票するんだぞ!」
夏のチルノ 「\(ひそひそが)なかった/」
ガイル 「老兵をCO
斜め待機準備」
初級チルノ 「おはよう!
10吊り7人外!余裕ね!
おうどんにならない程度にがんばろうじゃない」
天級チルノ 「村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3

狼と狐が少なくて嬉しい限りだな!
さあ、共有もいないようだし
グレランを気合入れるとするぞ~
さあ、最初の木偶はどこのどいつだ~」
中級チルノ 「おはよ!
出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3
すっごくシンプル!
狐が厄介なくらいだね!」
アドベントチルノ 「おはよう
村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3
すっごくわかりやすい村でありがとう。大ちゃんの加護かなコレ?」
やらない子 「おはよ」
チルノ 「おはよ
すごーいシンプルだね
何かCOある人はいるかな?
出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3」
レ級チルノ 「\アタイッタラサイキョーネ!/
出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3

わあシンプル。
疲れたのでカタカナだけで喋るのはやめにしよう。はい! この話やめやめ!

じゃあまずはアタイ選手権を始めようか。
サイキョーのアタイが誰なのか アンタたちに教えてあげるワ!」
上級チルノ 「よろ」
エーフィ 「おはよう、みんな
配役的には人数にしてはわかりやすい感じかな?
でも狐3だと色々と難しそう」
はんなり 「おはよ」
河城チルノ 「                __
              / =┐ `ヽ、-─-  _         /ヽ__/l
             〈__ _[〔_〃         〕        /       \
            ∠-‐`ヽ、 ̄` ー  _/⌒ヽ、       /
           , '´     \     , ○    \     く   持  き
            / ,-、 /   | `¨¨¨¨´  O      ヘ    ',   っ  ゅ
         xヘ | | |__\∨\N /_|.  ヘ     \   |  て  う
         / / , | |  .|行ミ   ィニト,|  ',、__    ヽ  |  ね  り
.       |/|/r‐ュ.h 代り     辷リ 八   | ヽ  `i  ノ |  え  し
           rく己.|.| |  ┌-┐   ノ   ノ ノ  〃´   | !! か
.         { クJソ| >  _、 ノ_ .ィ{   /|/   {{    /
         r | しi ノ¨了 ̄└マ_ノ¨ヾ-、二ヨ        ̄`!  __   __|
       ,-〈 \_ム {  イ´ ̄`ヽ、 } ヽ             |/    `ヽ|
.      /  ヽ __∧  `´ ヽ_/ ヽ,ハ  \
     /         /     (_)      }  ∧
.    |       //  _/ ||=\    ,   ∧
.    |       /  ̄      ||=  ` ー〈     ヽ
      ∧_, - ´\     ∧        \   /⌒ゝ- ┐
      |      / ` ー--'_',       /  | / ⊃リ〉
      |   __/           `¨¨下¨´ \_、 ト 、__{彡
    ̄ ̄                       \ |   `¨´」
やらない子 「15人もいるのに共有いないのをどうかと思うけど
何かCOあればってとこで、シンプルな陣営だし」
G級チルノ 「居たけど老兵!>ガイル」
覇級チルノ 「破ァ!!!!!>天級」
ガイル 「老兵をCOしよう
ただ待つCOをしてガードに専念するぞ
対空読みか、そのまま攻撃読みかで30%の失敗はする。
何分人なのでな
初日護衛できない」
中級チルノ 「ガイルが老兵かー
他にはいない?」
「おとなしめなのは間違いないね>GM遺言」
夏のチルノ 「あたいしってるよ、きょーゆーがいないって
でも村じんえいがかはんすうなら負けないって」
レ級チルノ 「正直この村の陣営数なら
老兵は一端放置って全然問題無いと思う」
上級チルノ 「卑猥だぞ>河城」
アドベントチルノ 「老兵以外COあるかいー?」
あららぎ 「むしろ涼しくなるという意味では季節がらにあっている >GM
特に妖精童女のあたりがな!!」
河城チルノ 「共有いなさそうな」
天級チルノ 「そして開幕老兵COか!
この天才のチルノ様は残して様子見でいいというぞ~」
チルノ 「老兵ねえ
他にCOいればそこに捨て票でいいと思うけど」
氷級チルノ 「出現陣営:村人陣営15 人狼陣営4 妖狐陣営3

やっぱりあたい達のいる村は村ゲーに決まってるわ! サイキョーだもの!
ただ指揮役がいないわ! そこは注意よね!」
覇級チルノ 「老兵のあたいったら…がいるじゃねえか!!!!!!」
できる夫 「おとなしめというかなんというか……>GM遺言」
中級チルノ 「お前にとりじゃないのかー!?>河城チルノ」
初級チルノ 「老兵ねー」
「あららぎも吊るか^^」
二代目にわ影 「河童の誇りを捨てたロリコンである。」
夏のチルノ 「こーいうときはね、情報をふやせばいいのよ
あたいしってるもんね。嘘をつかなきゃいけないのはふりな奴のすることよ」
G級チルノ 「まぁいいよ放置してグレラン。
人形告発があればわかりやすかったんだけどね」
エーフィ 「朝一に出てるのは老兵?
んー 配役的には村狼狐のどれかだし
場合によっては占うのも手ではあるかな」
下級チルノ 「かたかなってすっごくむずかしいよね!
あたいもチとルとノとリとグとルとミとスと……あたい!>れきゅー」
ガイル 「完璧な護衛をしてやろう>G級チルノ」
レ級チルノ 「デデーン 河城アタイ、アウトー。
本物のアタイなら
氷も持ってないと駄目。これだからアタイの素人は困る」
アドベントチルノ 「OK。
んじゃ、グレランといこうかい」
G級チルノ 「頼んだよ!>ガイル」
やらない子 「老兵ねぇ、護衛場所も投票場所も無いってのもね
そこんとこどーよ、いっそ吊りも視野に入る?」
覇級チルノ 「きゅうりのナニが卑猥っていうのさ!
いちからじゅうまでせつめいしろこよこらぁ!>上級」
夏のチルノ 「他? 他の老兵?>中級」
氷級チルノ 「あたい、この配置の老兵COは様子見てもいいし、人外内訳から占ってもいいと思うの」
あららぎ 「老兵かあ。人外数自体少ないから見極めてうんぬん」
天級チルノ 「ガイルといえば待ちガイルだな!
その待ち方が狩人にふさわしいかは俺は知らん!」
初級チルノ 「正直どうしようもないわね >老兵以外特にCOない」
河城チルノ 「いいじゃんたまには河凍らせたって」
「共有いないし老兵はグレーでGJでも狙って頑張れ
この陣営なら残しでいいでしょ、占いは占いたければ占えばいい」
中級チルノ 「まぁとりあえず放置だね
占うかどーかは占いに任せる」
G級チルノ 「川城アタイ………?
ナニそれ!?」
下級チルノ 「がいるったらろーへーね!
ろーへーってあれだよね! すきまばば()」
あららぎ 「やめろ僕を不審者みたいな目で見るな! 健全な反応だろ! >椛」
河城チルノ 「凍ったきゅうりもうまいでよ」
上級チルノ 「老兵という時点で7割しか護衛できないんだから完璧ではない それくらい分かれ」
エーフィ 「まあ、老兵真でも村15だから吊って次っていう手も実はあるけど
今回は様子見の方向でいいかな」
夏のチルノ 「きっと「他のCOはない?」ってききたかったとおもうけど
そこんとこはきいておくのがあたいのスタイル」
二代目にわ影 「何か非チルノから老兵COとか出ると何故か落ち着く、不思議。」
チルノ 「見た感じいないね
グレランでいいんじゃないのかな」
レ級チルノ 「そしてどうやら老兵以外にCOは無いようなので
グレランといこうか。
誰が真のアタイなのか教えてやんよ、臆病アタイどもにな!」
ガイル 「任せておけソニックブームの壁を破らせはしないさ>G級チルノ」
初級チルノ 「川を凍らせるとかさいきょーね >河城チルノ」
中級チルノ 「どうでもいいけど
氷級のあたいって…削られてるの?」
できる夫 「この配役的に村狼狐のいずれかでしかありません>老兵
古狐だった時のことも考えて、念のための占い処理をしてはいかがでしょうか」
アドベントチルノ 「そういう問題?>氷を持ってないと
…アレ?そうだとすると私、チルノじゃない…(氷ではなく剣」
覇級チルノ 「GJ待ってるだけのガイルに仕事ができるのか…?
いやできようはずもない!これって反語っていうんだよね!あたいしってる!」
天級チルノ 「だが格闘ゲームならば待つなど邪道!真の天才は攻めるのみだ~!

ぶっちゃけこの配役なら様子見でいいぞ>ない子」
あららぎ 「キュウリが卑猥とか何言ってるのか分からないからちょっと試してみてくれよ知的好奇心的に」
上級チルノ 「逆に考えろ 村15で共有がいないならとんでもなく強いやつらがひしめいているはず そう考えろ」
G級チルノ 「3wでもない限り占いは要らないよ」
夏のチルノ 「うーん
なんかね、たまにおもうんだけど」
下級チルノ 「それじゃーあたいたちにしーおーもないしさいきょーのあたいをきめる!!」
氷級チルノ 「まあ、グレランだけどもぶっちゃけそこまで気にすることもないとは思ってるわ!
初日に出てこれないってことはきっと結果出せる役職がたくさんってことだもの!」
やらない子 「流れ的に放置なんだろーなーで
それだけ」
エーフィ 「ただうん、もし狩人が居たら老兵護衛はしないほうがいいと思う
噛まれたら噛まれたでわかりやすくなる配役だし」
天級チルノ 「ソニックブームは最近ザンギに攻略されたと聞いているがな~」
中級チルノ 「ガイルは頑張ってGJ出してね!
というくらいしかいえないかなー」
「安心しろ、お前から●が出たらその占いを盲信するぐらいには不審だ^^>あららぎ」
河城チルノ 「隠者がいるなら別だけどやっぱり共有いなくね?」
夏のチルノ 「ほかにどーいうCOがあったら、うれしい?>初級
初日げんていよ! ほら、かんがえて!」
覇級チルノ 「あたいったらさいきょCOよ!(RP)」
初級チルノ 「ろーへいは放置、とりあえずチルノ以外ラン…
間違えたわ!グレランね!」
あららぎ 「ぶっちゃけ占って●とか出ても困るだけだし占わんでもいいよそのうち吊るすで老兵は」
はんなり 「AC北斗はガン待ち出来ないゲームだからね。仕方ないね>天才」
中級チルノ 「なんだと!?
それはほんとーか!>天級」
チルノ 「共有いない村15かー
となると司祭とか司教とかそこらへん多そうだよね」
二代目にわ影 「配役だけで言うなら。
別にしても良いししなくても良い。」
レ級チルノ 「あー こりゃ非アタイ確定が早くも2人出ちゃいましたわあ>アドベントアタイ
まあアタイか非アタイかは人外か否かとは関係ないから
今は大目に見てやんよ。感謝しときなさい」
覇級チルノ 「これをいわないとあたいって感じがしないわ!」
G級チルノ 「露出してる職を占っても意味ないし。
グレーの人外が少ないんだからグレー行ったほうがマシだよ」
氷級チルノ 「ところでどのあたいがどのあたいなのかあたいわからなくなってきたの(ぐるぐる目)」
下級チルノ 「じゅさつはいらないのー?>じーきゅーちるの」
アドベントチルノ 「老兵に関してはまあ放置で。
狼か狐の人外あるけど、中盤までには占うだろうし」
初級チルノ 「うーん、確定村位置! >夏のチルノ」
天級チルノ 「さあ行くぞ、チルノ!チルノ!チルノ!
非チルノを吊ってこの村を大ちゃんの為にチルノ村とするのだ!」
上級チルノ 「ダブルラリアットを攻略というのなら初代2の時点で攻略されているのではないか」
夏のチルノ 「あたいは錬金・・・うーん、いまいち
きょーゆーはいい、老兵もいい、あとなにかあるかなー」
あららぎ 「くっそんな挑発に乗ってうおおおおおおおおおおおおお! >椛
いいだろうお前にチルノの半分をやろう! ゆえに仲間になるのだ!」
初級チルノ 「占い師が1人名乗り出て護衛もらうのも悪くはないと思う代」
はんなり 「古狼って言うほどおっかない村か?」
二代目にわ影 「あたいったらさいてょCOよ!(迫真)」
上級チルノ 「アミバ調子にのるな」
中級チルノ 「だいちゃんいないよー>天球」
ガイル 「4日目5日目に占いが出ても護衛の道筋はできる
人外に騙りのできる枠は少ないからな」
天級チルノ 「あたいったら天才だな~(RP)」
河城チルノ 「グレラン、チルラン、非チルラン…」
やらない子 「だーからー、様子見でいいってのは
人外が少ないからって言うなら別に
占いとかそういうの見たいでの視野もいいじゃないと >天級チルノ」
エーフィ 「占わなくていいなら初手吊り主張してもいいんじゃないの?
後で吊り考慮なら占い吊りや重要職居た時のために>あららぎ」
「私なら護衛するのも有りだと思うけどね>エーフィ
真あり得る配役ならばこそ」
G級チルノ 「(RP的にはどいつもこいつもチルノ!チルノ!チルノ!(ryだと思うんだけど)」
アドベントチルノ 「…いやレ級チルノ
アンタこそ氷持ってたっけ…
なんか変な付属品ついてたけど」
中級チルノ 「にせものがでたぞー>にわ影」
覇級チルノ 「まかせてもらおうか!殿は我がつとめようぞ!>天級」
氷級チルノ 「あたいったら最初夏よ!(発売日)」
天級チルノ 「俺様はアミバではない!天才のチルノ様だ!>上級」
チルノ 「証明ができない共有がCOしても
この村だとただの柱になるだけだよ>河城
騒霊がいれば話は別だけど」
できる夫 「やめてください!そんなことしちゃいけない!>天級チルノ」
夏のチルノ 「かくてい○がかはんすうならあたいたちの勝利だ!>初級」
下級チルノ 「あーろうへいうらないはーっていみだったのね!
あたい、うらないじたいをいらないっていったのとかんちがいしてた!
つまりあたいこそがさいきょーだからしょうがないよね!」
G級チルノ 「占い処理ってそこ狐で溶かすくらいしか意味ないしねー。」
河城チルノ 「古舘伊知郎?」
「いらない>あららぎ」
レ級チルノ 「アタイ的には 元マニアの狩人コピーが出ると嬉しい>初日に出るCO

この村マニアいないって?
そこで諦めるからアンタはアタイになれないんだよ……」
はんなり 「狼陣営4の5票って7人じゃないとPPできないっていうか
この状況だとだいたいPP以前にゲームに決着がついてるっていうか」
上級チルノ 「流れなんて気にしなくていいぞ 老兵に投票したければすればいい」
初級チルノ 「村人陣営がすくなかったり少人数のときにはおっかないね
普通はすぐ露出するからけっこう貧弱 >はんなり」
覇級チルノ 「破ァ!!!!!!>天級」
天級チルノ 「さいてょは吊りだな!>にわ影」
あららぎ 「なんというかチルノのかわいらしいイメージを損なおうとしてる獅子身中のチルノから吊るすべきじゃないかこれは」
夏のチルノ 「大ちゃんはいるよ」
二代目にわ影 「出会え出会え。>中級チルノ」
はんなり 「まぁ噛まれを想定するなら即占いは避けたほうがいいかもね程度」
エーフィ 「ぶっちゃけ老兵と相互は安定しないうえに
老兵真で噛まれたとしても狩人自身が生きてるならいいでしょ>椛」
中級チルノ 「しょてつりはなきにしもあらずだけど
こじんてきにはほーちでいい」
アドベントチルノ 「まじめにやれええええええええええええええええええええ>天級チルノ
まあ初日だから難しいのはわかるが…」
覇級チルノ 「老兵ってなんてよむんだ!あたいわからないぞ!?(RP0」
初級チルノ 「つまりさいきょーね! >夏のチルノ」
やらない子 「占い云々もやるかどうかは占い次第で
あくまで意見だから割と」
下級チルノ 「え!?
大ちゃんいるの!? どこ!?>なつのあたい」
河城チルノ 「15-4-3だねえ
夏のチルノ 「あ、そーそー
ちゃんとみんな遺言はのこさなきゃだめだよ?

村がちゃんとじょうほうを増やせばそれだけでかてるんだってけーねが言ってたし」
ガイル 「状況的には幅は多いから候補は粗方絞ることにはするがな」
氷級チルノ 「出来るなら、この配置は指揮役が音頭を取って進行するのが実は吉なんだけどね!
でもアタイは気にしない! だってイチゴ味380円だもの!!」
二代目にわ影 「可哀想なことしてやるなよ……。>天級チルノ」
上級チルノ 「かわいらしいチルノを毒牙にかけようとしている存在の方が問題ではないか>あららぎ」
初級チルノ 「ちなみにあたいはこの村で一番さいきょーだよ!」
エーフィ 「それよりは単純に古狐だったのを占った場合にわかりやすくーって感じの主張だからね
老兵護衛しなくていいは」
チルノ 「占い処理させるくらいなら
銃殺狙いに回したほうがましだよ
この村って村と狼と狐しかいないし」
河城チルノ 「らおぺえ、だねえ(うそ)」
中級チルノ 「かわしろはぜったいあたいじゃないとおもう
にとりだろこれ」
レ級チルノ 「はーん? アタイは氷持って無くても既にアタイなんだよ>アドベントアタイ
既にアタイ確定してるアタイは氷とか無くてもアタイ。
真のアタイはもうその領域入ってるから」
覇級チルノ 「さいきょーはあたいだよ!」
中級チルノ 「あたいだ!>しょきゅー」
初級チルノ 「さあ、あたいを崇めるがいいわ!わはははー」
上級チルノ 「却下>初級」
天級チルノ 「大ちゃんは俺様たちの心の中にいるのだ…>下級」
「噛まれるならどっちにせよ護衛でGJ出した方がよくない?>エーフィ」
氷級チルノ 「あたい達の心のなかに大ちゃんは……」
夏のチルノ 「駄目なのは、じょーほーを増やさないこと
間違ったじょーほーを信じてしまうこと
だからやるべきことはちゃんとやる!」
アドベントチルノ 「老兵(ロウヘイ)でいいんじゃないか?
もしくは(ビックボス)でも(違」
あららぎ 「老兵は敵になると本気で強いが味方だと噛まれてくれるだけで恩の字
ただ真狐ならそうとうな狼にプレッシャーをうんぬん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆OИE(GM) 投票は2分を超えたら人数を
2分半を超えたらGMがいじけます」
「◆OИE(GM) @2」
2 日目 (1 回目)
できる夫4 票投票先 →天級チルノ
天級チルノ1 票投票先 →二代目にわ影
G級チルノ1 票投票先 →覇級チルノ
ガイル1 票投票先 →できる夫
初級チルノ0 票投票先 →あららぎ
二代目にわ影5 票投票先 →氷級チルノ
0 票投票先 →レ級チルノ
上級チルノ1 票投票先 →ガイル
下級チルノ0 票投票先 →二代目にわ影
あららぎ1 票投票先 →覇級チルノ
中級チルノ0 票投票先 →はんなり
覇級チルノ2 票投票先 →二代目にわ影
河城チルノ0 票投票先 →はんなり
アドベントチルノ1 票投票先 →できる夫
はんなり2 票投票先 →上級チルノ
レ級チルノ1 票投票先 →二代目にわ影
やらない子0 票投票先 →アドベントチルノ
夏のチルノ1 票投票先 →G級チルノ
チルノ0 票投票先 →できる夫
エーフィ0 票投票先 →夏のチルノ
氷級チルノ1 票投票先 →二代目にわ影
中級チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
二代目にわ影 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
夏のチルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
あららぎ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
二代目にわ影さんの遺言 狙毒者だそうです。
中級チルノさんの遺言 人馬!
あららぎさんの遺言
    j: : :|: : : : : : :{: : : :/ _ r‐-ミミi: : | \: : : : : :i: : : : : : : :|: : : : : : : : ∧
   j: : ::|: : : : : : :i: : :/ /´  ’  `ヘ: |≧ \: : : :ト、: : : : : : |: : : : : : : : : :i
   i: : :|: : : : : : :i: ::/ /{____  彡'´∨    .\: : iヽ: : : : : j: : : : : : : : : :|        僕はどの妖(精童)女をお持ち帰りすればいいんだ!!
   .j: : :.|: :/: : : : レ': {  ̄ ̄  '´      o   oヽ:i ∨: : : i: : : : : : : : : :i
   i: : : |:∧: : : : : : ::i         ___   `  ∨: :ハ: : : : : : : }: : i          あ、素村CO! 不審者じゃないからな! 違うからな!!
  i: : :/}:i´`∨: : : : : i U    / .,r――  _` ヽ、  ∨ ヽ: : : : ::ハ: :j
  j: : / {i/  ∧: : : :iヽi    /`ヽ_/       `ヽ、`ヽ    ∨:イ:/ }:/
 レ'´ ヘ    ヽ}ヽ: :|      i    ―ミ、 _____   `'´ }    .}:人{  i}
     ヽ `ー、 i ヽi    i    r‐‐っ r‐、       .|     レ'   j
        i:\ `i  u   .i   /   {___j   \    i    レ'´,ィ'
     /: : : ` 圦       |  {          `i  |   ∪j ,.く: i
      /: :>'´j: ∧      .|  У´ ̄≧=‐‐‐‐ 、/  i     j'´:i `ヽ
    //   j: : :∧    |__i´          ∧  i    /: : :|
         /: : : : :∧   i  }ヽ、        ノ}__j   /、: :N
         /イ: : : :>:ヽ、 ヘ  `ヽ` ー―‐  '´ ノ /  /: | ヽ!
         レ'´  |: : {.\  `ヽ、 ` ー―‐'´ _,r'´ ,イ: ::N
           ___i: : :i  \   ` ̄ ̄ ̄ ̄  / j: / ̄`ヽ、
         r'‐、 レ'´ヽ   `ヽ、      , '´  / `   r'´ }
夏のチルノさんの遺言 占い師ですが何か?
あららぎ○>


    _
   { \            / ̄ ̄\
    l  \          ./  「  ヽ \
     ',   \        |  (●)(●) |
    ヽ    \.     |     |     |            _, - ―-、
     ヽ     \.    |   __´_  |          ,/      /
      \     \   |   `ー'´   |       /       /
       \     \ ヽ       |     /       /
   { `ー 、_ `ー     \ヽ     ノ    /       /
    \   ` ー、´ /´  ヽ/:ゝ_  -'   /     _ , -―´
     ヽ     "`ゝ ,  /::(´ `"ヾ、/:/   ヽ ` -― ' ´
      ゝ、____"-、i´`ヽ'´::l、_,゙l´ ̄    ノ、-― ' ´ ̄ ̄ ̄ ` ー--,
            ,./ ' ¬、 \,、'、.、',― 、 ヽ, ` ー 、          /
        - '´ ̄ ゝ-,‐::´ヽ  ヽ'``'ヾ}     ノ    ` ー - 、     /
  , '´ ̄ ` \`ヽ、/´/:::::::::::ヽ  /'ゝ-' ̄´{、´ ̄`ヽ、    `ー- '´
 /       ヽ:::::\´::::::::::::::::::`ー'::::::`ヽ    \    \
 |         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-、___,`―,-―、\
 ヽ          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /  \
   \       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /    ヽ
    \      l\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   / `ー - ―-'
      ヽ      ', `ー、:::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ , - ´
       `ー-―- ',  `ー-,-―--、' ´   ヽ
            .ヽ     {´`ー '´.\    \
              ',    |      ヽ    ヽ
              '、   {       ゝ    ',
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
アドベントチルノ 「おはよう。
どう考えても連毒です。本当にありがとうございましたー!
まあ冗談はさておき、割と静かだったロリコン1号できる夫票をしたよ。」
上級チルノ 「よろ」
エーフィ 「おはよう、みんな
とりあえず遺言を見てから考慮かな、死体に関しては
まあ毒関係だとは思うけど」
やらない子 「おはよ」
G級チルノ 「んー、あたい毒持ってないから多分毒吊り連毒当たり抗毒当たりしか考えられないかな。
もしくははんなりが毒持ってて毒吊り人馬飛び

~は無残な負け犬の姿で発見されました
毒 (毒能力者・人馬)
罠 (策士)
吸血死 (鮮血夫人)」
下級チルノ 「おっはよー!
きのうはー……えっとー……にわかげ!
ぜんたいてきにこー、ばのくーきをよんで
めだたないよーにはつげんしてたからね!
つまりそーゆーのがじんがいって大ちゃんがいってた!

……??
どく……?
でもどくだけどあたいがふたりもしんでる……?」
「おはよう
1、人馬2
2、人馬1と毒飛び
3、毒が連毒(この場合、抗毒に飛んだ)
さぁ、どれだ」
レ級チルノ 「何アレ。毒死+人馬とかその辺? とりあえず遺言見なきゃ。
連毒だとしたら死体が1足りない。
それらしき遺言が見えた場合は、抗毒狼の可能性を考慮しないと駄目ね。

ていうかいきなり人数減ったから
ガイルが本日生きてたら早めに占い処理しておくってのも手よ。
アタイったらサイキョーの論理展開ね!」
やらない子 「割と、村が飛んだのは一人確定じゃないのと
連毒っぽいし
ああ、"占うだろうし"で占いとは無関係そうで投票」
初級チルノ 「にわかげ死亡
中級>はんなり
夏>G級

片方は毒で、片方は人馬?
COがほしいってわけよ!」
天級チルノ 「死体がいきなりえらく出たな~
個人的にはあららぎが気になったが~
まだそこまでは見ておらんな~」
ガイル 「レ級チルノ護衛」
はんなり 「死の宣告 6日目死亡」
上級チルノ 「お前だったのか>夏」
できる夫 「いったい何が起こったんです?>2死体」
チルノ 「おはよ
無残2

はんなりかG級のあたいが毒持ちで、人馬かもしれないね
二代目にわ影が毒持ちだとして、連毒ならもう一人いなきゃおかしいからそれはないね」
「ぎゃあああああ!>遺言」
下級チルノ 「むしひめだって!
あたいったらリグルだった……?
はんなりさんがねらわれね!!」
覇級チルノ 「あたいったらさいきょーの覇者ね!

いったいなにがおこったのかせつめいよ!?」
やらない子 「◇上級チルノ 「流れなんて気にしなくていいぞ 老兵に投票したければすればいい」

無駄な投票はしない
無駄な動きで避けるのは疲れると同じようなもの」
初級チルノ 「はんなりCO!」
河城チルノ 「あららぎ、ねえ」
アドベントチルノ 「それかwwwwwwwwwww>人馬」
レ級チルノ 「ああ、やっぱり人馬混じりね。
中級の投票先は……はんなりっと」
覇級チルノ 「これはひどい>ゆいごん」
下級チルノ 「おそかった……
あたいったらどんこー?」
チルノ 「そしてあららぎ死ぬんだ
かなり誘導されていたところだよねそこ」
ガイル 「発言量の多さから見て情報量の多さで護衛を行う
吊られない場所を護衛と見て
噛みを行いそうな場所はここだと予想する」
「はんなりは毒持ちあってる?あるかないかだけ教えて」
レ級チルノ 「6日目死亡」
エーフィ 「毒は狙毒で人馬遺言ってことは
はんなりが毒もち確定ってことだね」
やらない子 「占い遺言だけど○でそこが死んでるってのもどうなの」
はんなり 「人馬という点から全てを察して欲しい」
ガイル 「できる夫の反応からして
投票が来てないのが違和感があるな
にわ影が毒だとして連毒が夏か中級チルノで起こった
地味に面倒になったと思うが」
天級チルノ 「にわ影が狙毒で、はんなり投票の中級が人馬COか~
つまりはんなりは毒をもつという事だな~」
G級チルノ 「うんそうだねー。>はんなり毒持ち
まぁ放置か占い処理が妥当かな

……もっとももう一ついるなら。だけど」
覇級チルノ 「ああ、じんばのばくはつだってわけね!
ひどいごばくがあったものね!」
上級チルノ 「何者であろうとも真結果を出していたらしいということが分かればいい」
氷級チルノ 「あたい的には毒飛び×人馬かなって思ったんだけど!」
はんなり 「毒表記CO」
初級チルノ 「じゃあなんであららぎ死んでるんだろ…
冥噛みか、死神か、冥狐か… >はんなり」
アドベントチルノ 「ってことははんなり毒?」
ガイル 「ああGJは無い」
河城チルノ 「え、うそ、はんなりこそ人外だと思ったくらいなのに。勘で」
チルノ 「中級のほうが人馬COしてるね
はんなりのほうが毒持ちと」
できる夫 「あー・・・・・・狙毒に人馬ですか
なんかこの村毒々しいですね」
天級チルノ 「そして死体が素村遺言で…あん?死の宣告6日目?
ハーピーがいないなら冥狐か~?」
エーフィ 「んで6日目宣告
まあ、左道か冥狐だよね」
「六日目死亡なら冥狐だろうなー、ハーピーなら出るでしょ」
上級チルノ 「悪魔の毒々村」
覇級チルノ 「宣告があって…ついでにそこを虫姫があててるラインね!
はんなりは毒もち…宣告ついてるからどうするか、放置?」
G級チルノ 「とりあえず氷は放置でいいと思うよ。」
やらない子 「狙われと宣告ってさぁ
暗殺臭いんだけど」
レ級チルノ 「冥狐ね日付的に。
んで狙われが発生していると。まあそれはええんやで。
占い遺言については ぶっちゃけどっちにせよ両方死んじゃってるから
とりあえず真占い想定しといていいんじゃない。
要するに以降出てきた占いを無条件信用しないってことだけど」
上級チルノ 「そもそもハーピーなら命を狙われは出ない」
氷級チルノ 「うん、夏のあたいから占いが出てる! でもあたいは……あたいは……!!
って思うけどもはんなりは毒持ち確定ね! 人馬で正解であたい嬉しい!」
河城チルノ 「処刑されに動いた可能性が微生物レベルで…」
はんなり 「別に大した発言もしてないからね。仕方ないね>河城」
チルノ 「夢毒なら人馬死なないはずだよね
だから真毒だね
それが強毒かどうかまではわからないけど」
できる夫 「狙われたってことは冥狐ですね>下チルノさん」
下級チルノ 「ひとうまー……どくならわりとそれっぽい?
ならひょーきゅーとなつのあたいはどーじんえーね!
もちろんくだぎつねやどくおーかみじゃなければね!」
エーフィ 「ハーピー居るなら今出て指揮とっても良さそうなんだけどね
出ないなら冥狐目かな
左道なら老兵CO居るんだし出てもいいから」
「死神なら明日死亡になるから違うわね>やらないこ」
初級チルノ 「いやに毒々しい…
にわ影信じるなら氷はどっちかてっと村目? 対抗占い師が出るかどうかだけど」
天級チルノ 「で、にわ影が狙毒COだが…氷級の陣営が分からん以上はなんとも言えんな!
グレラン続行だ!」
覇級チルノ 「この場合のあんさつってしにがみだっけ?>やらないこ
なにをおもってそこねらったんだろ」
レ級チルノ 「ああ、半鳥女ってのもいたわね!
まあそっちならいずれは出てくると思ったけど
そういやそもそもそっちなら狙われ出なかった気もする!」
G級チルノ 「そうだね>冥狐なら狙われでない。
まぁやることはグレランで変わりないよ」
河城チルノ 「なんか賢いチルノが多いぞおい」
やらない子 「狙われってそーいうの出るもの? >椛」
アドベントチルノ 「…まあ毒処理しなくていいと分かっただけでもマシと思いたい…
で、狙毒COの票先は氷で、夏チルノが逝ってると」
下級チルノ 「ろくのひにしぬならめーこ? そんなやつのしわざね!」
天級チルノ 「ああん?蟲姫がいたのか
今気付いたが
なら冥狐でいいぞ~」
ガイル 「毒で飛ぶのは困るのだがな
夏チルノが村の場合氷級チルノ吊りは避けたいところだがな
狼であっても村であっても吊るべきではない」
氷級チルノ 「うわぁ。凄い毒々しい村ね
でも暗殺入ってるのね、6日目だと冥狐だけども……」
はんなり 「自分釣りをする意味があんまり無いんでじっくりコトコトグレランで」
上級チルノ 「お前はにとりだから仕方ないな>河城」
「死神は2日後だから違うぞ、冥狐だぞ、蟲姫の情報も考えるなら」
エーフィ 「まあ、宣告ついてるらしいから放置安定かなあ
強毒って確信があれば別だけど2分の1はちょっと
毒もちの人外・・ってこの可能性は冥狐だとしたら毒狼のみと」
覇級チルノ 「ばかにするでねえぞぉ!こう見えてもカーちゃんに鍛えてもらってんだからなあ!>河
おめさ、といっしょにしないでくんろ!」
レ級チルノ 「そして他のCOがぜんっぜん出てこないので
とりあえずグレラン続行しかないわね!
最大人外数7の吊り数8。
いつの間にか急に余裕が減ったわね!」
チルノ 「で、宣告は3日後
冥系あたりかな、死神ならもっと早いものね
ハーピーならすぐ出ると思う、村15の数的に」
河城チルノ 「      _
  _,r⌒ ̄  `─ヽ、
_∠ (, ―━─丶-、K   nitori_macgyver
 ノ 「にTコ―‐-┬┴
 |/| ヘ┃   ┃V` l
   l と、   _ イ,|     "Nitori is here!"
   VヽxたΣ´ ~ ~
    くノヽ 八ヽ
    り∠ \ζ
    ノ___り」
天級チルノ 「冥狐は暗殺判定だから、蟲姫真なら冥狐確定だな!>レ級」
「死神でも冥狐でも出るな>やらない子
ぶっちゃけ放置でいいよ、確定で呪殺できる狐が1はいる、これ大事」
エーフィ 「ん?蟲姫がいるの?」
氷級チルノ 「わりと配役から毒吊らずに処理できる自体はありがたいところがあるといえばあるんだけども
この村で毒は村狐が強そうだし(なんとなく)出来るなら占いでもよかったかなって!」
やらない子 「宣告は毒だそうだけど別に吊りで飛ばすとか
そんなことする必要も無し。錬金いるなら別だけど」
レ級チルノ 「サイキョーのアタイは頭脳だって当然鍛えてある。
できるアタイはその辺が違う(トントン」
G級チルノ 「けど占いは居ないかもしれない>椛」
初級チルノ 「下級も速度的に真目だね!
その人が宣告つけた張本人って可能性もあるけどね! >下級」
覇級チルノ 「冥狐ってやつのしわざか…狐はだめだ…寄生虫がいる…
さばいて食べるにも一工夫がいる…みんな気をつけろ…!」
下級チルノ 「はーぴーならたぶんねらわれってでないからめーこね!」
G級チルノ 「まぁ15だから期待してもいいとは思うけど」
天級チルノ 「下級チルノが蟲姫COしているぞぉ!>エーフィ」
アドベントチルノ 「いやまだ出さなくていいだろ>占い
というか今回の村狐多いけど、それぐらいでどっちかいうと村有利村
占いに関しては5日目ぐらいから出せばいい」
エーフィ 「ああ、確かにCOしてるね
ひらがなだから見逃してた」
上級チルノ 「したけりゃ宣告COでもなんでもすればいいが、蟲姫のCOより早くしなくていいぞ」
河城チルノ 「サブ何にも食らってないな
もっと情報欲しいけどどうしようもないなー」
できる夫 「捌いて食うもんじゃないでしょう>覇級」
初級チルノ 「冥狐ってのがめんどうねー」
レ級チルノ 「とりあえず はんなりについては、
狐では無いなー ぐらいに思っておくしかないわ!
勝手に死ぬし!」
河城チルノ 「間接的にしか情報得られないと」
ガイル 「できる夫辺りのCOは聞きたいところでは有る
発言も乗ってないならCOを伺いたい占われる位置でもないだろう」
「村陣営15で共有もいないのに占い2以上出てないほうが不自然じゃない?>G級」
氷級チルノ 「蟲姫は明日、暗殺先だけ当ててその後に結果が合ってるか確認で確実ね!
冥狐が蟲姫以外のパターンには対処できるわ!」
下級チルノ 「か……かんじはよわいからだめなの!
大ちゃんの大のじいがいはかんじはつかわないんだもん!>えーふぃ」
チルノ 「宣告持ちは自動処理だよ
吊って毒が重要職にあたるほう痛手だからね」
覇級チルノ 「ぶっちゃけ語りにそんなみえないけど、うたがうのはあとでいい!>虫姫
というか疑うほどのじょうきょうじゃない!」
天級チルノ 「夏のチルノに関しては、後で占いが出てきてから考える方がいいと思うぞ!
真だと痛いがな!
だが天才の俺様がいれば問題はなぁい!」
河城チルノ 「毒持ってる狐っていうしゅるいはあるで、ぐだぎつねな」
初級チルノ 「"妖精"も覚えようよ! >下級チルノ」
アドベントチルノ 「まあ蟲姫いるなんてわからないから付いた瞬間いうと思うけどね…
黙ってたら人外に見るでしょ」
「錬金術いるなら吊る位だなぁ>はんなり」
氷級チルノ 「騙りの可能性としては低いし蟲姫真かなで見てるけどね!」
エーフィ 「まあ、グレラン続行目
蟲姫は明日もあるならCOして、宣告は遅らせるっていうのでいいと思う
まあ、大丈夫だとは思うけどね」
上級チルノ 「ぐだじゃなくてくだな>河城」
覇級チルノ 「YO-SEI?」
やらない子 「狙毒がどこまで本当かは知らないけど」
G級チルノ 「錬金でも無意味かなぁ」
初級チルノ 「氷じゃない? >天級」
チルノ 「冥狐って親だから
まだ占いが残っていれば銃殺のチャンスが出てくるくらいか」
下級チルノ 「よーせーはよーせーでいいの!」
はんなり 「錬金術でも使いたくない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆OИE(GM) @5」
3 日目 (1 回目)
できる夫8 票投票先 →覇級チルノ
天級チルノ0 票投票先 →
G級チルノ0 票投票先 →覇級チルノ
ガイル0 票投票先 →できる夫
初級チルノ0 票投票先 →できる夫
1 票投票先 →レ級チルノ
上級チルノ1 票投票先 →覇級チルノ
下級チルノ0 票投票先 →覇級チルノ
覇級チルノ5 票投票先 →できる夫
河城チルノ0 票投票先 →できる夫
アドベントチルノ1 票投票先 →できる夫
はんなり0 票投票先 →チルノ
レ級チルノ1 票投票先 →上級チルノ
やらない子0 票投票先 →アドベントチルノ
チルノ1 票投票先 →できる夫
エーフィ0 票投票先 →覇級チルノ
氷級チルノ0 票投票先 →できる夫
できる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
天級チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆OИE(GM) GMの気分が村に反映されるって聞いたことある>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない子さんの遺言 閻魔CO
天級チルノさんの遺言 この天才のチルノ様が占いCOだー!
夏のチルノ○>中級チルノ○

一日目 夏のチルノ○
当然、天才たる俺様にふさわしい役職だな!
まずは夏のチルノからいくとするか!
1人だけ夏と言うのが気に喰わん!
俺様が矯正してやる!

二日目 中級チルノ○
お、俺様の○がぁ!?
ええい、ならば次は中級チルノだ!
老兵に関する触れ方が微妙だったからな~
老兵を後々吊るす伏線を張っていると見るぞ~
できる夫さんの遺言          ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \     埋毒者表記ですね
     |        __´___    |     チルノさんばかりの村とは面妖な、ここで1人消去しましょう
      \       `─´  ,/_    チルノさん以外に中ったら?運が悪かったってことですよ! 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニ=┬┐      「l
      |  ,___゙___、rヾイソ=== ̄ ̄ ̄ ̄∩| ガシャコッ
     |            `l ̄.三三三三___/∪|
.      |          | ───────
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
G級チルノ 「偶数になるならはんなり吊りでもいいんじゃないかって感じするんだけど(抵当
まぁ冥狐の宣告あるからしなくていいけどね。毒橋姫も毒を持ってるし。
しかし毒系多すぎて笑いが………w

……正直組織票臭いんだけど。
誰か投票履歴持ってない?」
覇級チルノ 「あたいったらさいきょーの覇者ね!

いったいなにがおこったのかせつめいよ!?なんでまた毒なの!!!
あとふざけすぎてて票集まってきてるから真面目にあたいやるの(真顔」
「おはよう
ちょっと毒飛びすぎだろ…
しかもお前らあれだろ!非チルノばっかり狙ってるだろ!」
エーフィ 「おはよう、みんな
いやうん、毒飛びっぽいの多すぎないかな?
村当たりが多かったら意外と余裕ないよこれ」
ガイル 「氷級チルノ護衛」
レ級チルノ 「ちょっとまた飛んだんだけど!
3日目夜で既に7人死亡とかどういうことよ、説明しろ苗木!!

そんなポンポン死んでもいいのは天膳殿だけだって言ってるでしょ!」
下級チルノ 「よんにちめ
えーふぃがねらわれ!」
上級チルノ 「よろ」
アドベントチルノ 「おはよう。
昨日に引き続き、喋ってる頻度がねえ。わりと重要職ないと思って吊ったんだけど
待とうか毒…」
チルノ 「おはよ
毒多すぎだよ、もう15人なんて…

でもできる夫は毒狼ぽい感じがする、
毒飛ばしたいだけに吊られに行ったのかな」
はんなり 「だからこんなんじゃまともな人狼管理出来ねぇんだよ!!」
氷級チルノ 「えっと……毒、毒多くない? あたい知ってるわ! 毒がすでに三人だってこと!」
上級チルノ 「毒も多ければ占い遺言も多い村だな」
初級チルノ 「おはよう!
あたいってば最強ね!
そしてまた処刑で2人死んだよ!
そこも毒なの…!?」
レ級チルノ 「そしてまた占い遺言が!」
「天級チルノは騙り確定な」
チルノ 「ない子が無残で閻魔…
あれっ、閻魔なら死因見えたよね」
エーフィ 「うん、あってるね
宣告ついた」
ガイル 「狼の場合噛まれないが
村の数が多い狙毒の飛び方を見て
あららぎ噛まれるなら背徳者でもそれはそれだろうからな」
覇級チルノ 「これさ、できる夫がわりと吊られ狙った毒人外ぽい。
明らかに発言減らしてるってのが余計に」
「確か中級チルノって一昨日夜死んでたろ」
G級チルノ 「ん?>椛」
初級チルノ 「じゃあ下級は盲信でいいよね!」
エーフィ 「で、ほぼ100%チルノの誰か冥狐だろうから
チルノからランしたほうがいい、これ」
覇級チルノ 「もう何回占い遺言見たらいいわけ!?」
レ級チルノ 「あれ?」
アドベントチルノ 「ん?天級騙り確定?」
ガイル 「何故だ?椛」
レ級チルノ 「あ、ほんまやん!」
はんなり 「それな>椛」
上級チルノ 「天級チルノが騙りの理由とは」
チルノ 「また占い遺言が…
やなところ飛ばしてくれたね…」
覇級チルノ 「どういうこと?>天級語り」
河城チルノ 「ふう、飲み物あった。助かった……」
レ級チルノ 「あまりにも堂々としすぎて全然気づかなかった!」
G級チルノ 「そもそも冥狐なら殺さないで有効活用した方がいいと思うんだけど」
「中級チルノは毒で二日め夜死んでるから占えるわけないんだよ」
初級チルノ 「なんでそう言い切れるの?
逆にそれを狙った非チルノはみないの? >えーふぃ」
覇級チルノ 「ああああああああああああ」
氷級チルノ 「死体占い……新しいわね! 霊能に蔵変えしたらいいんじゃないかしら!!」
上級チルノ 「なるほど」
エーフィ 「うん、確かに居ないね」
初級チルノ 「ホントだ」
はんなり 「どうやって?>G級」
G級チルノ 「一応チョンボもあるけどそれでも放置でいいねー。」
覇級チルノ 「わかりやすい…破綻を…おのれ!」
上級チルノ 「では幸運にも毒で人外が消えてくれたことに喜びつつグレラン」
氷級チルノ 「そこに即気づく椛はやるわね!
さいきょーに天才だと思ってやってもいいわよ!」
初級チルノ 「じゃあ夏囲い候補…あ、死んでた!」
下級チルノ 「ちゅーきゅーのあたい、たしかにおととと……おととといにしんでるね!
つまりてんきゅーのあたいがすごい……?」
エーフィ 「ないない、というかぶっちゃけガイルを狙わない時点で
ガイル古狐も考慮するほど」
G級チルノ 「放置してればグレーが死ぬ>はんなり」
レ級チルノ 「下級アタイ自身が狐という可能性はある>初級アタイ
ただ、少なくとも狼では無いと思われるわよ!」
「あと私エーフィに賛成
非チルノに連続でついてるなら冥狐絶対チルノ勢の中にいるだろ!」
ガイル 「ああなるほどな初日毒飛びだった」
覇級チルノ 「ただ、エーフィがいうのはちょっとわからんでもないかなと。
狙われてるのがはんなりとエーフィ、明らかにあたいたちを狙ってない」
G級チルノ 「狐3なら多分狼狙いだよ」
下級チルノ 「でもなつのあたいもかこいいちだけどしんでるっぽいねー」
はんなり 「狐以外のな。そしてこの村の最大の敵は狐な>G級」
エーフィ 「でもまあ、誰かまでは正直難しい状況ではあるから
結局ラン対象は広いまま」
ガイル 「となると人外1減りとして
狼に警戒を必要とする感じだ」
氷級チルノ 「まず占い候補落ちてて処理手段もないのに狼全滅させたい狐を利用するビジョンはあんまり見えないわ!
あたい天才だしメロン味は520円よ!!」
G級チルノ 「その証拠に蟲姫老兵COに来ない。」
チルノ 「あっそうか
中級チルノって最初に飛んだところだった
でもできる夫が村側となるかと言われたらそうとは限らないよ
狂人や狐飛びもあるし」
アドベントチルノ 「あ。>椛 「中級チルノは毒で二日め夜死んでるから占えるわけないんだよ」
チルノ多すぎて中級が2日目逝ってるのわからんかったわwwwww」
覇級チルノ 「ガイルを狙わない理由ってのは…まずないよね。
だって狐からしたらそこが真だと占い師を狼が噛めない。」
初級チルノ 「真候補ははんなりくらいだけど…老兵死なないのも気になるよね」
G級チルノ 「別にいいよ。占い抜かれてる以上、一番不利なのは村陣営だ」
はんなり 「狼に勝てる確立は上がるけど、狐が持っていく確率の方が高まってしまうんだよなぁ」
下級チルノ 「つまりつぎにせんこくがつくのはがいるかもみじね!
ただがいるがふるきつねなら、めーこはせんこくをつけなさそー?」
覇級チルノ 「ただ、ガイルがすぐ古狐って言いたいわけじゃないよ?
あくまでもかもしれないって程度で聞いてね。」
レ級チルノ 「それだからアドベントなアタイは
真のアタイに届かないんだよ!
(自分も気づいてなかった事には触れないのがアタイズム)」
「というかお前ら非チルノ以外ばっかり吊りで狙ってるだろwwww」
エーフィ 「狼狙い?
居や同考えてもチルノ以外全滅狙いだよこれ」
上級チルノ 「チルノトラップに引っかかる者にチルノを名乗る資格があるというのだろうか」
G級チルノ 「多少の賭けには出る。」
河城チルノ 「老兵は古狼っぽいねえこりゃ」
ガイル 「この状況で夏チルノ占いで死んでることを期待してる
狼もありえるんだがな?」
氷級チルノ 「あたいたちを狙っていない……つまりあたいたちのなかにあたいじゃないあたいがいるってことね……
でも、あたいたちはあたいの信じるあたいを信じるべきよ!!」
レ級チルノ 「別にガイル古狐だったとしても
占わせればいいから今触れる必要はあんま無いわね!」
アドベントチルノ 「いやなんで冥狐がいるならチルノになるのかが…
いやまあチルノが多いけどもぉ!」
上級チルノ 「非チルノが落ちても毒でチルノが落ちてるんだからフィフティーフィフティー」
初級チルノ 「ソンナコトナイゾ >椛」
「明日私に宣告来るんだろ!わかってるんだよ!」
覇級チルノ 「ぶっちゃけあたいだらけでそろそろ減らしてもいいんじゃないかな…>氷級」
エーフィ 「んー 占いがいたとしても明日いるかどうかかなあこれ
居なかったら夏のチルノ真考慮になるし」
レ級チルノ 「(占い死んでたら? その時はその時考えるわ!)
具体的には生きてたら明日出るべきだと思うわよ!」
氷級チルノ 「ソンナコトナイワー」
G級チルノ 「っていうか組織票臭かったけど違うのかな。」
「老兵は蟲姫鉄板してろぉ!」
下級チルノ 「つまりあたいはどういうこと……?
あたいっていったい……あたいってなんたい……?>ひょーきゅーのあたい」
河城チルノ 「うおー、まずい飲み物しか残ってない」
初級チルノ 「まあでもチルノに冥狐いそうなのは肯定だね…」
アドベントチルノ 「普通にできる夫怪しんで票だわぁ!!!>椛
あそこまでステルスってた位置が毒とか読めるかあああああああ」
チルノ 「そうなっちゃうよね
よくみたらCOしていない椛以外、全員あたいの誰かか」
氷級チルノ 「あたいもなに言ってるかわからなくなってる>覇弓」
覇級チルノ 「占い候補がすでに死んでるからあたい頭いたい…
できれはほかにいてくれるといいけど」
「組織あっても4票だから連続でやったらバレバレだぞ、この村>G級」
ガイル 「疑うのは分かる
狐の数から言って古狐も考慮されるべきだからな>覇級チルノ」
G級チルノ 「投票履歴持ってなかった>椛」
エーフィ 「組織票としても、陣営数があるからね」
初級チルノ 「ひょーきゅーって誰!? >下級」
レ級チルノ 「アタイは全にして一、一にして全なのよ>素のアタイ」
覇級チルノ 「ひとまずラインつなげるかもだからGJがんばれ!>ガイル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆OИE(GM) @3」
4 日目 (1 回目)
G級チルノ1 票投票先 →覇級チルノ
ガイル0 票投票先 →初級チルノ
初級チルノ3 票投票先 →チルノ
0 票投票先 →G級チルノ
上級チルノ0 票投票先 →初級チルノ
下級チルノ0 票投票先 →覇級チルノ
覇級チルノ5 票投票先 →レ級チルノ
河城チルノ3 票投票先 →アドベントチルノ
アドベントチルノ1 票投票先 →河城チルノ
はんなり0 票投票先 →覇級チルノ
レ級チルノ1 票投票先 →河城チルノ
チルノ1 票投票先 →覇級チルノ
エーフィ0 票投票先 →覇級チルノ
氷級チルノ0 票投票先 →河城チルノ
覇級チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガイル は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ガイルさんの遺言 老兵をCOしよう
ただ待つCOをしてガードに専念するぞ
対空読みか、そのまま攻撃読みかで30%の失敗はする。
何分人なのでな
初日護衛できない

2日目レ級チルノ護衛
発言量の多さから見て情報量の多さで護衛を行う
吊られない場所を護衛と見て
噛みを行いそうな場所はここだと予想する

3日目氷級チルノ護衛
狼の場合噛まれないが
村の数が多い狙毒の飛び方を見て
あららぎ噛まれるなら背徳者でもそれはそれだろうからな
4日目レ級チルノ護衛
蟲姫を護衛ルートも分かるが
レ級や氷級チルノを護衛したい
蟲姫の場合は冥狐騙りも一応有るからな

情報を一番持っていそうなのはやはりレ級と読む
覇級チルノさんの遺言 フゥハハハハハハ!あたいったらさいきょーのどくね!ゆめかどうかはわからない!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
G級チルノ 「素チルノ吊りかなー。

っていうか冥狐まで狙うなら蟲姫もラインに入れたほうがいいんじゃないの?
まぁ戯言なのでお構いなく。」
初級チルノ 「おはよう!
あたいが吊られかけてるわけよ!
宣告ついてるかどうか知りたい…いや、蟲姫が冥狐はありそう……占ってほしいよね、下級は」
レ級チルノ 「アタイったら占い表記ね! 3連続○引いてるので多分真結果!
G級アタイ○>椛○>ガイル○>下級アタイ○!」
上級チルノ 「よろ」
チルノ 「おはよう
これは村目には見えないから入れたよ
どこでもいいからというのが見えてるから

◇覇級チルノ 「ぶっちゃけあたいだらけでそろそろ
減らしてもいいんじゃないかな…>氷級」」
「おはよう
私に冥が来る、わかってる」
レ級チルノ 「サイキョーノアタイノ占い表記日誌

初日:G級アタイ
初日だし誰でもいいや。
どーせアタイだらけだから銃殺出ても盾役には事欠かないし。
ということでこの中で最もアタイのライバルとして相応しいG級のアタイを
今のうちに占っておいてあげるわ!

2日目:椛
え、何あったのこれ。票数的に扇動者では無い。
そうなると毒絡みで……どっちか毒死、どっちか人馬とか?

まあどちらにしても、アタイにできることは占うことだけ。
得票数が少なく、吊られる心配の薄い椛をもみもみしにいくわ!

3日目:ガイル
また飛んだ。流石にこうなると ガイル放っておくのはやばいわね。
早めにささっと占っておくことにするわ。
暫定的に、○2つ持ってる(配置的には真結果濃厚)から
噛み合わせ食らうリスクよりも、占わずに後で困るリスクの方がでかい

4日目:下級アタイ
はんなり・エーフィが宣告。
残るのはアドベント・素・下級・初級・氷級。
なんだ全部アタイじゃないの!!(ドンッ

んでまあ 占い先は下級のアタイよ。
蟲姫ってぶっちゃけ冥狐が騙りやすい役職だからね。
逆に言えばほぼ確実に○を引くべき位置、
ここまで○しか引いてない以上、効率としては○引きの方がいいわ。
やっぱりアタイったら天才ね!」
河城チルノ 「          ノ´´⌒´´ ´\_
       ●|´´    '⌒ヽ,.-、_´´⌒´\..         /
      /: ●\_________●.●    /
      /: . : . :/: . : . : . : . :/l: . : /!: . : .ヽ: . : . ', /   の
      |: . : . /: /: . | : ‐:メ、|: . / |: ./!: . ', . : . j     び
      | . : . {: .j: .|:.:|:./ -、 l/ .|:ナ|: . :} . : . |       |
      | . : . l',:.l.‐|:.:|' / rヵ     rテヽ!: ./:.:. : .:|     る
      |: . : . ヽ{ |:.:|.  ヒリ   .ヒリ lj: /: . : . /  ア
      |: /l ./:.:.ヽ|:.:|、      '   }l/: . : . /    .|
      |:/ l/ : . l: |:.:|l丶. { ̄冫 .. イ |/l / /     ム
          /l-|:/へ __{.ニ二.   レ
        / |;;j'ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、 j       \
      /   j;;;|\ ヽー-/};;;;;;}        \
    /    /;;;;l  \  /  |;;;;;;l ヽ        \
   /     /;;;;;/     ○    |;;;;/  ヽ:」
下級チルノ 「ごにちめ
ねらわれなし!」
はんなり 「さて悩みの種が消滅した」
エーフィ 「おはよう、みんな」
河城チルノ 「伸びなかった……」
氷級チルノ 「あたいそろそろ毒遺言見飽きたんだけど(素)
んー、ガイル噛まれるのね。素直に考えればいいんだけども」
初級チルノ 「ない? ないの!? >下級」
チルノ 「ここで老兵死ぬんだ」
「宣告来てねぇ!」
上級チルノ 「ほう>下級」
G級チルノ 「もしかして冥狐を吊ってしまったのではないだろうか()」
アドベントチルノ 「おはよう。
とことん発言落としてきた河城チルノがすっごく怪しく見えた
てか出てる職噛んでないのになんで古狼くさいのか…」
下級チルノ 「どくゆいごんおおい!」
河城チルノ 「あれ、無残になるんだ!?」
レ級チルノ 「ガイルが狙われたか
覇級が冥だったか そう思わせる為に能力発動せずかね>下級アタイ」
エーフィ 「んー ここでガイル噛むようなら
狼ものすごく多いねこれ」
はんなり 「毒遺言しかここまで吊られてないのでは……?」
初級チルノ 「それ、覇級冥主張だけど…」
G級チルノ 「正直囲うような動きだからあって背徳だと思う>レ級」
氷級チルノ 「なんかわりと信用したいような結果ね!>レレレのあたい」
上級チルノ 「単純にやめたか、それとも覇級で吊れたかだ どちらでも有り得る」
アドベントチルノ 「一応聞くけどガイル占いはいないー?」
G級チルノ 「はんなり吊りの流れ……?」
下級チルノ 「めーこがしんでるかのーせー!
めーこがだまってるかのーせー!
めーこががいるにつかったかのーせー!
そんなかんじ?」
「狼多いなら占い騙りに出すと思うけど>エーフィ
夏のチルノだけが真占いと思う?」
はんなり 「え、いまさら下級チルノの偽とか追うんすか」
上級チルノ 「レ級が占ってるけど昨日だな」
チルノ 「レ級は一旦放置しつつ」
河城チルノ 「そこが真なら真老兵だったのか>レ級」
エーフィ 「んー レ級チルノについては微妙
けどまあ、即切るほどでもない」
初級チルノ 「問題は、あららぎ真占いあるかどうか…ってわけだよね」
はんなり 「お前が死ぬんやで>G級」
G級チルノ 「いや毒しか吊ってないっていから吊って欲しいかなって」
氷級チルノ 「別段、能力行使って決定事項じゃないから死んだと思わせる意味で使ってないとかもありえるけどね!」
「冥狐はキャンセルできるからあんまり惑わされないように名」
上級チルノ 「はんなり明日ショック死するのに吊ってどうすんだ そんなに毒飛ばしまくりたいのか」
レ級チルノ 「昨日は占ったけど
今日は占ってないわね!>アドベントアタイ
ていうか昨日占って○だった時点で アタイ視点真老兵なのよね!」
エーフィ 「ぶっちゃけガイル噛むから○もって出たようにも見えるから
というかうーん、狼3~4居ると思ってるから」
初級チルノ 「気持ちはわかるけど! >G」
下級チルノ 「ちなみにねらいどくとどくとどくゆいごんとどくしーおーでどくはよにんめね!
ひとうまのこととかをかんがえるとはきゅーがじんがいっぽい?」
チルノ 「宣告きていないと
覇級で吊れたとみるか>冥狐」
「他に占ってる人いないならそうでしょうね>河城」
アドベントチルノ 「いや、真なら死ぬ頃でしょ>チルノ
あと、この噛みするならレ級真可能性が高いかな。
それ考えると…狙毒の票先どこだったけ」
河城チルノ 「個人的には真ありそうな履歴とは思うが」
はんなり 「んー」
レ級チルノ 「アタイが狼だとしたら
わざわざ冥狐の可能性ある下級に○出して
更に吊りづらくする行動とかしないから>エーフィ」
氷級チルノ 「まあ、結果論どっちでも変わらないから出るタイミングに関してはおっけーね!」
エーフィ 「そのレ級のグレーに
銃殺できるような狐+狼がそこまで残ってるかどうかによるのかなあ」
G級チルノ 「まぁグレー吊るなら素チルノかなーって。」
初級チルノ 「レ級と下級は明日まで保留したいってわけね」
チルノ 「微妙ってどのへん?
参考までに聞かせて
>エーフィ」
「でもそれならガイル占い今日にするんじゃないかしら>エーフィ
呪殺疑い出せる」
はんなり 「実質8日目が最終日になると思うので」
下級チルノ 「あたいはさいきょーだからもーいっかいいうけれど、めーこはのうりょくをつかわないかのーせーもあるからちゅーい!」
レ級チルノ 「なのでアタイはあって狐だと思いなさい!
アタイったら非狼の行動ね!」
上級チルノ 「保留は逃げ」
初級チルノ 「真いるなら真のほう噛まれるでしょ」
エーフィ 「単純に狼位置らしい位置を見つけてないから>チルノ」
河城チルノ 「椛 「他に占ってる人いないならそうでしょうね>河城」
いやさ、レ級真ならっていったやん
他に占いがいようがいまいがレ級真なら老兵真やで」
河城チルノ 「ちゃうのん?」
アドベントチルノ 「はんなりは吊りは別にいいでしょ。
宣告騙り見るならあるかもしれないけど、宣告食らってるって宣言してるのえーふぃもいるし
あと蟲姫が出てるし。そこ3騙りは見ないでしょ」
氷級チルノ 「初手に出てきた夏チルノの結果が実質的にないけども夏のあたいが結果出てない
パターンあると考えても狐のことを考えればレレレのあたい真は十分にあるわ!」
下級チルノ 「ねらいどくのとーひょーはひょーきゅーね!」
はんなり 「結局3回吊ってどうなるのっと。ってゲーム」
「あー、後半だけ見てた>河城」
G級チルノ 「毒橋姫でも人馬は飛ぶからはんなり吊るす意味は薄いよ。
グレー吊りでいいんだ」
「にとりをにとりって言えないの変な気分なんだけど!」
エーフィ 「まあ、結局グレーのどこか吊りにはなりそうかな」
河城チルノ 「まあなかなか全文見て回れんのはわかる」
氷級チルノ 「まあ、っていうか真なら普通に噛まれると思うけどねあたい」
チルノ 「吊れないところを占って人外かどうか確かめているみたいだし
逆に考えると吊れるところに人外がいるとか?>エーフィ」
初級チルノ 「はんなり吊も悪くはない…のかなぁ
あんまり吊りたくないかな、あたいは」
エーフィ 「まー 私目線では蟲姫はほぼ真かな」
河城チルノ 「にとりって呼んでもたぶんほぼ全員理解できると思うよ」
アドベントチルノ 「全文見るのは不可能だしねえ。
割と発言見逃してて殴る点ミスって負けたとかよくあるし…」
レ級チルノ 「ぶっちゃけ噛まれ無けりゃ噛まれないで
狐さえまだ生きてりゃ溶かせる可能性あるし
噛まれたら噛まれたで○3つできるから どっちにせよ悪い取引じゃないわね!」
上級チルノ 「そもそも狙毒が真か否か、夏が真か否かは村視点大変分かりにくいため
あたいは狙毒遺言の投票先どうこうを情報として重視するつもりはない」
初級チルノ 「だってあれあたいじゃん椛」
エーフィ 「なんで宣告持ち吊ろうって話になってるの?
誰から?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆OИE(GM) @4」
「◆OИE(GM) 投票はやくしよーよー(いーじいーじ」
5 日目 (1 回目)
G級チルノ0 票投票先 →チルノ
初級チルノ1 票投票先 →チルノ
0 票投票先 →初級チルノ
上級チルノ2 票投票先 →アドベントチルノ
下級チルノ0 票投票先 →河城チルノ
河城チルノ4 票投票先 →チルノ
アドベントチルノ1 票投票先 →河城チルノ
はんなり0 票投票先 →河城チルノ
レ級チルノ0 票投票先 →上級チルノ
チルノ3 票投票先 →氷級チルノ
エーフィ0 票投票先 →上級チルノ
氷級チルノ1 票投票先 →河城チルノ
河城チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
レ級チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
河城チルノさんの遺言 厄神CO 初級チルノ 覇級チルノ アドベントチルノ
レ級チルノさんの遺言          ,.イ///////////メ、
       ,..ィ/////////////////ヽ
      //////////////////////ム、
    ,'/////////////////////////,メ、
    !///////////////////////////ハ
    !//,ア´"' </////,////ノ////////ーヽ、
    ',//,! !{ '  `メ、,'{>;.イ////////////ア    占い表記、サイキョーノアタイニ
      }//i i ', 、\  ', V:://////////////ア     相応シイ役職ジャナイカ。
     }/,リ  ヽ{≧, ハ !o{ィィ,///////////ア
     }/イハ, '人vソj' j'´`ヾ///////////,/       G級アタイ:○>椛:○>ガイル:○>
     }/'|{ムヽム  '、   ハV/////////        下級アタイ:○>氷級アタイ:
     }/从/j} } !ゝ.._ ー ' j V///////       
     ` <j/ /ヽ>'/≧sr'ハ }//////≧,, __
        {从゙/:f´:::::/!ヽヽメ//ア´     _>:.、
         〃77フ:{{´:ィく::::ヽ/-〃    ,.イ///ヾ/!
         `>ー彡ア:、ヽイ' 〃   ,.イ///////ハ
         fア'7ハ、::::>'"マく,'   ///////////,
       >' '"´ , '~´  〃 `!_/ム//////////!
      , "   , "   ,...ィ/{ ,'{ !///ム/////////!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
G級チルノ 「チルノ抜かれてたらFOでいいと思う。」
初級チルノ 「おはよう
まあそこも吊れるよねーって感想ってわけよ

ん?あれ?はんなり死ぬの明日ていうか今日っけ?」
上級チルノ 「よろ」
「おはよう
今日はんなり死ぬ、噛まれ次第だけど
レ級噛まれならある意味わかりやすいんだけどなぁ
そこ騙りっぽくないやっぱり、ガイルを三日目占い主張するのは」
チルノ 「おはよ
宣告がきていないのに対して
覇級で吊れた可能性を考えずに、すぐこっちの考えになったのが不思議だった

覇級を何で見てるのかなって
◇氷級チルノ「別段、能力行使って決定事項じゃないから死んだと思わせる意味で使ってないとかもありえるけどね!」」
エーフィ 「おはよう、みんな」
上級チルノ 「噛まれるならそれでよし」
はんなり 「おはよ」
初級チルノ 「あたい多すぎるよ! >G級
レ級真っぽいね」
エーフィ 「んー 普通に噛まれるんだ」
アドベントチルノ 「おはよう。
わりとあの日の3発言が何だったのかというぐらい発言量が増えたのがねえ。
毒が多すぎだし、これ以上POPしないとみて覇級は割と人外目。
そうなると生き残りしたがってる狐に見えた。」
「えーっと、レ級のグレーは上級・初級・アドベント・はんなり・チルノ・エーフィ・氷級」
はんなり 「はてさてグレは」
初級チルノ 「下級あたい、結果ないのー?」
氷級チルノ 「あたいの予想通りに噛まれてる……!」
エーフィ 「まあ、FOでいいと思うかな」
チルノ 「レ級が…
他に狩人もいないと」
上級チルノ 「結果あれば言ってるだろうな」
G級チルノ 「あたいは蟲姫に丸投げするから」
アドベントチルノ 「いや噛まれるでしょ。
死体なしが出るなら私は狩人いるとみるぐらいには、信用してた」
下級チルノ 「ろくにちめ
ねらわれなし!」
「エーフィとはんなりは死ぬから5で吊りは3か
下級は真虫姫と見てグレー4だな」
初級チルノ 「ていうか反応なくない?」
「FOしようか、〇以外」
下級チルノ 「ごめん、あけたのにきがついてなかった!」
上級チルノ 「実質の吊り数はそれほど多くないな 3回か」
氷級チルノ 「んー、いや吊れたって楽観視だけじゃなくて0じゃないも考えておくべきでしょ!
みんなが連れたなって言っててあたいまで「そうだね、連れたかもね!」じゃ会話に実りがないわよ!>チルノ」
アドベントチルノ 「はんなりとエーフィは外していい。
そこ宣告死するから」
下級チルノ 「れきゅーの○はもみじとじーきゅーね!」
上級チルノ 「村人表記CO 未亡人幻視者否定」
チルノ 「レ級のグレーを詰めていけばいいよ
氷級のほうは回答次第では吊るけど」
初級チルノ 「じゃあ普通に覇級で死んだのかな
でも、冥狐ってリセットも…できるんだよね…」
「だからグレーのチルノは自分を村決め撃ってもらえれば勝てるから頑張れ
子狐とかもう狼が噛むだろ」
初級チルノ 「リセットじゃなくてキャンセルね」
チルノ 「夢共有だよ」
はんなり 「初級、上級、アドベント(KMNライダー)、チルノ、氷球」
氷級チルノ 「あたいったら村表記! さあ、あたいの仲間たちもニートを宣言するわよ!!」
エーフィ 「村人表記COで自覚なしね」
アドベントチルノ 「村人表記CO
執行者ない?知ってる、ないよね!!」
下級チルノ 「じゃーもみじとじーきゅーとえーふぃいがいでふるおーぷんでいいね!」
「あ、下級○貰いならグレー5だ
紛らわしいんだよ!」
初級チルノ 「村人陣営村人系CO(キリッ」
エーフィ 「んー 素直に考えたらグレー吊りではあるんだけど」
上級チルノ 「……」
氷級チルノ 「どうせこの村でニートじゃない能力持ちとかもっと前に出てるでしょうし!」
はんなり 「このクソみたいなニート6連」
下級チルノ 「あたいたちったらむらびとだらけね!」
上級チルノ 「多過ぎる」
アドベントチルノ 「…私が言うのもなんだけど村表記ロラでいいよねコレ(真顔」
「ニート全滅させる役職ください」
氷級チルノ 「あたいたちはスーパーニート。訓練されてるわ」
初級チルノ 「非村表記の素チルノ吊!? なんて」
チルノ 「なんであたい以外村表記しかいないんだろう…」
「風神とか」
はんなり 「吊られた村人は職業訓練校送りな」
エーフィ 「まあ、村人はリミットないからとはいえ、ね」
上級チルノ 「ほう」
氷級チルノ 「あたいは海の家えバイトあるから……>はんなり」
アドベントチルノ 「あと、狙毒CO遺言だった票先ってどこ?
票についてはログとってないんだけど」
上級チルノ 「村表記ロラだと夢共有は吊れないわけだがお前は夢共有が真だと知っているのか」
初級チルノ 「灰は6人で、はんなりとえーふぃは死ぬから4人」
G級チルノ 「氷級だよ>Aチル」
「蟲姫が指定したいならしていいけど、アタシがしていい?」
上級チルノ 「氷>狙毒の投票先」
初級チルノ 「氷 >アドベント」
氷級チルノ 「あたいだったよ!(見間違えてた)
だから夏のチルノ真としてみればいいわ!」
チルノ 「質問みてる?>氷級」
エーフィ 「氷級チルノ、なんだけど
ぶっちゃけレ級が真だとしたらここ別に村ってわけでもなくなってるのが」
はんなり 「氷球に投票してたよ」
下級チルノ 「とーひょーさきはひょーきゅーね!
どくおーかみとかのかのーせーはあるけど!」
エーフィ 「だからまあ、難しい」
「氷級>夏のチルノ真で狙撃毒も真ならそこは村
保証はないから注意しなさい」
初級チルノ 「で、宣告死あるから
10>7>5>3」
下級チルノ 「あ、あたいがしていするー!>もみじ」
アドベントチルノ 「村陣営は4もいて人外いないとみるならないわーと言える>上級」
「任せる」
氷級チルノ 「素でにわ影の投票先であたいって言われてて「え? ……おお、マジであたいだ」
ってなってた昨日」
下級チルノ 「しょきゅーのあたい! かくごー!」
はんなり 「果たして指定は間に合うのか!?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆OИE(GM) 投票早めにねー(いーじいーじ」
はんなり はショック死しました
6 日目 (1 回目)
G級チルノ0 票投票先 →初級チルノ
初級チルノ8 票投票先 →チルノ
0 票投票先 →初級チルノ
上級チルノ0 票投票先 →アドベントチルノ
下級チルノ0 票投票先 →初級チルノ
アドベントチルノ1 票投票先 →初級チルノ
はんなり0 票投票先 →初級チルノ
チルノ1 票投票先 →初級チルノ
エーフィ0 票投票先 →初級チルノ
氷級チルノ0 票投票先 →初級チルノ
初級チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
はんなり はショック死しました
初級チルノ の処刑は無かったことにされました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
初級チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
初級チルノさんの遺言 村人陣営村人系ろくろ首!
あたいはさいきょーって言ったでしょ!
はんなりさんの遺言       ,,r-─- 、r-─- 、
    /          \
   /       人ヽ、ヾ   ヽ 
  .}    ノ /    ヽ、ゝ、ノ 
  {      ノ =≡=-、 ,r=≡=i 
   |     / `ー=・-、 (r=・-'(
  ノ {ヽ ノ    /   | ヽ  l 
 ノ  ノヽ/       ,、_)   ノ
 .フ  |  ゙i          /      チルノくん達
  )  |   ヽ    ー=ニ=- ノ      まずはアルバイトから始めたらどうだ?
  `ゝ.|    ヾ      /        
    |   
初級チルノさんの遺言 村人陣営村人系ろくろ首!
あたいはさいきょーって言ったでしょ!
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
G級チルノ 「いい夢見れたかよ?>チルノ」
アドベントチルノ 「おはよう。
エーフィ共有だろおおおおおおおおおおおお>昨日共有発言
何で潜ってたああああああああ」
上級チルノ 「よろ」
氷級チルノ 「処刑無効はろくろ首だっけ? 確定村増えてベストよね!
で、共有のささやき見えて困惑してるんだけどあたい
椛G級下級どこかの共有だけども」
チルノ 「おはよ
確定村ができるっていいね」
下級チルノ 「ねらわれなし!」
アドベントチルノ 「あーうん、まあ噛まれるよねー>ろくろ首」
エーフィ 「えー 真にいいづらいですが、共有ですはい」
「おはよう
共有床よ!?」
上級チルノ 「宣告足していけば吊りは増えて奇数展開になった」
下級チルノ 「きょーゆーだれ!?」
上級チルノ 「知ってる>エーフィ」
G級チルノ 「まぁいいや。」
アドベントチルノ 「出落ちになったようだけどね…>チルノ」
エーフィ 「でー ついでに言うと策士です」
氷級チルノ 「まあ普通に素直に噛まれたわね! それもまたチル活よね!」
下級チルノ 「せんこくでいなくなるー!?
そしてしょきゅーはごめーん!!」
「あー、そこならまぁ」
エーフィ 「よってまあ、狙ってみようかと思ってるんだけど」
上級チルノ 「この知ってるというのは言いづらいということも含めての話だ」
アドベントチルノ 「だろうね!?>共有
というかなんでここまで潜ってたwwwwwwww」
氷級チルノ 「うん、あたいも位置的にあのタイミングで囁く場所どこかって知ってた>エーフィ
他の位置で共有潜伏が見える所ないもの!」
上級チルノ 「それは知らなかった」
G級チルノ 「村1決め打てば勝ちなら氷でいいかな。としか」
「吊り実質増えたからグレー4、吊り3ね
私は吊りたい先有るけど」
チルノ 「宣告死で策士ねえ
もったいない 
レのグレーなのに」
「◇G級チルノ 「村1決め打てば勝ちなら氷でいいかな。としか」
自分が村なら自分がアピールするべきなのよ?」
チルノ 「あたいの吊り先は決まってるよ
氷級のほう」
氷級チルノ 「レレレのグレーね! あたい知ってる!」
エーフィ 「今のところ、1人吊りのほか2人に私投票をさせようかと思ってるんだけど・・」
アドベントチルノ 「宣告食らった時点で票する箇所いないわwwwwwwwwwwww>エーフィ
そもそも策士って仕事することなんて最終日ぐらいだと思うんだけど(しかもそれでも可能性低い」
G級チルノ 「(○貰いです………)」
上級チルノ 「吊りたい先はアドチル 村表記ロラとは自分も含めてロラすること
自吊り許容が有り得る状況ではなかったため」
下級チルノ 「じーきゅーはれきゅーの○だよ?>もみじ」
「あれ?>○貰い」
「ごめん、私本当にどうにかしてた…」
上級チルノ 「夏だからな」
チルノ 「アドベントはその
狙毒の票先のことを聞いて情報を集めたいのも村ぽいなあって」
G級チルノ 「暑さで頭がやられたんだろう」
「しかもエーフィ死ぬなら私以外チルノしか残らねぇ」
氷級チルノ 「上級とアドベントと素とあたいだけよね、灰」
エーフィ 「んー 2人じゃなくて1人は・・いやそこまで甘くはないかな」
上級チルノ 「椛噛まれたらチルノ村か」
アドベントチルノ 「まあ私としては上級吊りかな
上級チルノ
「村表記ロラだと夢共有は吊れないわけだがお前は夢共有が真だと知っているのか」
ぶっちゃけこの発言で夢共有吊りたい発言すぎる。
え、あんた村表記COに人外いないと思ってんの。その可能性考えないのは村としてどうかと」
下級チルノ 「んー……それじゃーしてーはじょーきゅーのあたい!」
G級チルノ 「蟲姫が指定しないならチルノ素吊るよー」
チルノ 「上級はみてない
氷級はあたいの質問に答えるほど余裕がないように見えるから」
上級チルノ 「ということは……いや、言うまい」
「策士は全部の人外が投票しなきゃ効果発揮しないからねらうよりはグレー指定したほうが良いわよ、まじで」
氷級チルノ 「まあ、実際灰見ててあたいそこまで見えてないけどもチルノが急にあたいを釣りたがってる当たりはなんだろうなーって思うわよ! ふわっふわねあたい!」
上級チルノ 「センスは悪くない ただ惜しかったな>下級」
エーフィ 「まあ、指定はそこでいいや
アドベントチルノとチルノの2人は一応私投票で、っていうのはどうかな」
氷級チルノ 「え? 答えてなかった? 他の質問あったっけ?>チルノ」
チルノ 「それでいいのなら>エーフィ」
G級チルノ 「3人じゃないとダメだから上級も入れてね」
アドベントチルノ 「宣告食らった時点で噛みも吊りもしない位置だから指定役に回ってよかったと思う…>エーフィ」
上級チルノ 「あと半歩先に行けていれば狐勝利ではなく村勝利だった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
エーフィ はショック死しました
7 日目 (1 回目)
G級チルノ0 票投票先 →上級チルノ
0 票投票先 →上級チルノ
上級チルノ5 票投票先 →アドベントチルノ
下級チルノ0 票投票先 →上級チルノ
アドベントチルノ1 票投票先 →エーフィ
チルノ0 票投票先 →エーフィ
エーフィ2 票投票先 →上級チルノ
氷級チルノ0 票投票先 →上級チルノ
エーフィ はショック死しました
上級チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エーフィさんの遺言 共有CO 相方は当然居ないよ
初日はグレランしたいから潜る、それ以降はちょっと考える

なぜか吊られる様子がまったくないからもうちょっと潜る
出て指揮とるっていっても指定して吊りたいというレベルじゃなかったし

いやもう、状況的にそうとしか見えないからもう策士だから潜ったでいいよ
上級チルノさんの遺言 さらば
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2015/07/25 (Sat) 01:16:33
天級チルノ 「◇上級チルノ 「あと半歩先に行けていれば狐勝利ではなく村勝利だった」

ギリギリでしてはいるな~」
はんなり 「おつかれ」
レ級チルノ 「アタイったらお疲れ様ね!
おのれもみもみ」
G級チルノ 「お疲れ様でした」
OИE(GM) 「おつかれさまー」
天級チルノ 「お疲れ様だぞぉ~」
上級チルノ 「おつ」
中級チルノ 「3wだっけ」
覇級チルノ 「お疲れ様ってやつね!」
エーフィ 「まー しょうがない」
あららぎ 「お疲れ様だよ」
中級チルノ 「もう一匹いたかと思ったわ」
「お疲れ様でした」
やらない子 「おつかれ」
ガイル 「お疲れ様だ」
中級チルノ 「おつかれ!」
アドベントチルノ 「白wwwwwwwwww>夏チルノ」
夏のチルノ 「関羽と張飛がしょっぱで死んで、それでも歩き続けたんだ、あの劉備は」
はんなり 「椛に届かない」
チルノ 「お疲れ様」
天級チルノ 「毒が二つも狼に当たるのは聴いていないぞぉ~~~~~~~~~~」
上級チルノ 「2残りか 案外投票先あったな」
夏のチルノ 「十分さ……!」
チルノ 「村あたいしかいないの?」
「〇美味しいです!」
下級チルノ 「あちゃー、あたいってばみすていくー」
エーフィ 「アドベントチルノ指定はできたけど、椛まではちょっと無理かな」
G級チルノ 「白狼ェ………」
覇級チルノ 「村勝利などなかったというわけよ!>もみじの存在」
初級チルノ 「おつー
はんなり吊かあ」
あららぎ 「覇級も天級も人外だったじゃないか()」
レ級チルノ 「ではお疲れ様ね!
村建て感謝、いつかまた会いましょう!」
アドベントチルノ 「強毒あぶな!?」
できる夫 「ですよねー
お疲れ様です」
OИE(GM) 「狼陣営
白狼:狙毒で飛び
人狼:埋毒で飛び
紫狼:LWになるタイミングで宣告付く」
覇級チルノ 「ふぅははははは!この覇級にかかればこんなものよ!」
ガイル 「もう一度掲載だ

老兵をCOしよう
ただ待つCOをしてガードに専念するぞ
対空読みか、そのまま攻撃読みかで30%の失敗はする。
何分人なのでな
初日護衛できない

2日目レ級チルノ護衛
発言量の多さから見て情報量の多さで護衛を行う
吊られない場所を護衛と見て
噛みを行いそうな場所はここだと予想する

3日目氷級チルノ護衛
狼の場合噛まれないが
村の数が多い狙毒の飛び方を見て
あららぎ噛まれるなら背徳者でもそれはそれだろうからな
4日目レ級チルノ護衛
蟲姫を護衛ルートも分かるが
レ級や氷級チルノを護衛したい
蟲姫の場合は冥狐騙りも一応有るからな

情報を一番持っていそうなのはやはりレ級と読む」
氷級チルノ 「いやあ……あたいに狙う毒は聞いてないかな(真顔)」
アドベントチルノ 「というかよく生き残ったな私…」
「毒ちょっと多すぎるでしょ、流石に…」
河城チルノ 「おつかれー」
チルノ 「アドベントのあたいが人外だった
そこは手をつけられないよ」
あららぎ 「毒が強毒かってレベルの狙撃だったからなぁ」
エーフィ 「まあ、椛殴る要素は最終日になぜかG級チルノ吊り考慮に入れようとしたくらいかな」
夏のチルノ 「おう飲みに行くぞ(GMの奢りで)(#^ω^)」
氷級チルノ 「毒多すぎないかしら真面目に(悲しい瞳)」
「GM悪くないでしょ!」
下級チルノ 「おーかみがしにすぎたのもあるけれど、けっきょくもみじがいるいじょーきびしーかなー」
覇級チルノ 「最初に出落ちするって言ってたのにね…w>アドベント」
初級チルノ 「いくー!ビフテキたべたいー! >夏のチルノ」
「あれはもう完全にうっかり>エーフィ
つまり自分以外の○どうでもいいと思ってた証拠なんだけど」
天級チルノ 「そうだあ!この配役の責任はGMにあぁるぅ!」
できる夫 「毒4人とかあまりにひどすぎるでしょう?」
夏のチルノ 「この毒だらけの村を作ったのは誰だァ!?」
チルノ 「椛を吊る路線が見えないから狐勝ちはほぼ確定してるし…」
下級チルノ 「じょーきゅーつっておわらなければあどべんとつりでゆいごんのこすよてーだったけど、もみじはむりー!」
アドベントチルノ 「あっれー?と思ったら狼追い込まれまくってたのね…」
氷級チルノ 「まあ、あたい真面目にどの位置が狼か見えてないから飄々と吊られるぎりぎり攻めてたけども
宣告は酷いわね……w」
覇級チルノ 「わ た し で す」
あららぎ 「人馬は薬師だから毒3か」
ガイル 「ろくろ首初日出てグレー埋めてもいいんだぞ?
老兵居るしな」
OИE(GM) 「毒を吊って苦しいなら
噛んじゃえばいいじゃない」
できる夫 「だが待ってほしい
この配役の責任はPHPにあるのではないでしょうか」
G級チルノ 「初日の大声見てああ天級か覇級が叫んでるんだろうなで継続投票してた」
OИE(GM) 「尚(」
チルノ 「ねえ、あたいしか村残っていないんだけど…>GM」
「私噛まれたら虫姫と目目のコンボで私ばれてたよ?>チルノ」
初級チルノ 「信用をもらえるかは別だと思うけどね >ガイル」
アドベントチルノ 「椛は村にしか見えない位置にいたし、噛めない位置でもあったからねえ」
夏のチルノ 「ほんのサービスですよ


   `、: : : : : : : : : : : : : : : : ィ' ´                     ,'
     ヽ、: : : : : : : : : : k'´-‐ネ      ,               、/,,_,, -‐,'
  _,;;==ニニ,,_: : : : : : : /          ,l           、  、  _,,.. -‐イ
    ,ィ'^~ ̄: : : : : : : /  /|       l    /` 、    l l、  l、l、゙l、
  _,,r´: : : : : : : : : : : :/ ,/,、ヽ|      l  //   `、   .l .l、  l、l、 l、
 ィ': : __: : : : : : : : ,' / /rヤ!     l  /_メ_ニニヾ '、   l l、  l l  l、
 '^~´    `~^ゝ: : ::l/{   l /|     | /(α)~^ 、` /   l  l、  l  l、 l
       ,ィ^~´: : : : : : : ヽ   ヽ|    | /`i iー‐-' / /  lヾ、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    ∠,,: :-‐‐‐--: :、: : \   |     k.lニ井ニニ= //、  ;'/:::/  _,,     /
          k,=ニ: : : : ::`~T|     |. l.l   /'   l ,' l:::/ nyヽ ゙;,   /
           /: :,,_,,: : : : ::ト|    | !! 、    ノレ /:/ / ; }ソ   /
          ´ ̄   ~^::、_|_l.    |   `~^ー--  イ/ / /_ノ   ./
                 f--゙、   lヽ、    ̄ / / , ' /_;;''    /
                /   l、   l、 ` 、_,,, '´ / / ./      /
                  /     l、 .lヾ、, l ゙,   /_/  /    /
   _,,_       ,,___,ィ=='、- 、    l、 l  ゙、゙l l j  ,イ/  / ̄~7‐-'
  /  `-´`-、 ̄`-、`-、   ゙ 、ヽ、  .l、l   ゙、Vl、 / ,'  _/, -‐'^~`,
       `-、`-、  `-、゙ 、  ゙ 、ヽ、     l ll /    , ´ _ _,`、」
G級チルノ 「蟲姫とあたいの結果組み合わせれば椛は吊れるけど宣告は無理」
エーフィ 「んー 表に出て指定したとしても
ちょっと椛後気味だからきびしいかな」
「下級チルノとG級チルノも村だよ>チルノ」
初級チルノ 「下級とG級… >素あたい」
下級チルノ 「OИE(GM) GMの気分が村に反映されるって聞いたことある>該当者」
こーゆーはつげんをみてからあらためてむらのやくしょくをみてみよー!」
あららぎ 「G級と下級いるだろwww」
OИE(GM) 「んーと、割と言ってることが見えない>チルノさん」
はんなり 「G級チルノちゃんのことをしれっと忘れるのやめろwwwwww>チルノ」
できる夫 「初日が大魔縁なのも、
宿敵を狼に刺したら噛まれた後にその狼が毒を噛んで自滅したのも
すべてPHPの仕業です」
チルノ 「G級は…狂人じゃないの?」
エーフィ 「ただまあ、宣告が冥狐いなくなったじゃなく自重だと思ったら
椛狐という予想はできなくはない、しても吊るかといったら微妙な線だけど」
はんなり 「下級チルノをしれっと忘れてました」
「私に最高の役職くれたのは流石GMですね!愛してます!」
天級チルノ 「椛自体はG級と下級がいるから
噛みさえすればばれるな~
レ級が背徳になるがな~」
ガイル 「信用じゃない初日ろくろ吊って証明だ
ろくろは後は俺が護衛する方向で問題ない>初心者チルノ」
OИE(GM) 「村人陣営ーさとり系
目目連」
G級チルノ 「狂人ならなお良かった」
「噛み失敗の理由が分かる村役職ですから>チルノ」
上級チルノ 「紫狼は強いがLW役には全く向いていないな」
覇級チルノ 「自分以外の村を認識できない…こわれてしまったのね!あたい!」
OИE(GM) 「村人陣営ー霊能系
蟲姫」
覇級チルノ 「これもぜんぶ毒のしわざよ!」
氷級チルノ 「と言うか表に出て占い結果でも残そうかとおもったけども月兎を考えると
出ないほうがいいかなってなってなったのはあったんだけどねぇ
こう……こう……!!」
初級チルノ 「あたいはあたい

あたい は あたい」
できる夫 「ですがこんなネタになる村を立ててくれたGMは感謝です
お付き合いを前提に結婚してください」
チルノ 「…二人もいた~>はんなり、初級、椛」
OИE(GM) 「やっぱ…
私、魔法少女になる」
上級チルノ 「蟲姫生きてる間に椛噛みで目目連とライン繋がれば吊れなくもないか」
夏のチルノ 「こういうこともある……だけれど、こういう日は泣いてもいいと思うの(´;ω;`)」
氷級チルノ 「というか狂人系は赤色よ>チルノ」
天級チルノ 「というかどう見てもレ級の占い結果が背徳にしか見えんな~」
チルノ 「発言だけみると狂人にしか見えないって…>椛」
氷級チルノ 「狂人というか狼系というか」
「チルノは先に周りをもっとよく見よう!」
上級チルノ 「皆おつ 村立て感謝」
初級チルノ 「うーん、最近勝てないなあ
お疲れ様@15」
天級チルノ 「正直出てくれた方が助かったのはあるぞ~>氷級」
エーフィ 「正直真っ先に背徳かなって疑った
狐目占ってるだろっていや、狐囲いあるんじゃあとは」
G級チルノ 「減ってないなーって思ったらそれ勝利数か」
「ではお疲れ様でした
占い日記に敏感だったのは占い日記で騙る用意してたからでした」
氷級チルノ 「というか初手配役からが酷いと思うのあたい……
それじゃお疲れ様! またね!」
あららぎ 「(魔法少女発言に誰も触れない…ニアそっとしておこう)」
覇級チルノ 「あたいったら吊られちゃったけどなんとかなって助かったわ!
お仲間はありがとね1」
チルノ 「目目連だと狐噛み しか見えない…
下級とのラインで椛がバレるか

それなら最終日どうなるんだろう
あたいとアドベントと氷級とLW? 絶望か」
ガイル 「発言力の如実に高いところマークはやはりかなりハッキリする
重要役職持ちはビンゴだった」
あららぎ 「狼数多かったらまだ昼狐は目目連と蟲姫でどうにかなっかたもしれんが毒が優秀すぎたな」
下級チルノ 「それじゃーむらたてどーそんおつかれさま!
あたいたちってばさいきょーね!」
チルノ 「村と信じたくなかったんだもんー>椛」
エーフィ 「こうしてみるとやっぱり策士って完全詰み状況にでもしないとまず発動しないね」
できる夫 「魔法少女となって毒を消し去るなど……因果律そのものに対する反逆です
貴方は本当に神になるつもりなのですか?>GM」
ガイル 「アドベントとか覇級即呪殺出来てれば違うがな
難しいものだ」
天級チルノ 「まあお疲れ様だな~
正直こっちから変えられる点が無さすぎて辛すぎるぞ~
ではまたな~」
あららぎ 「お疲れさまだよ。チルノ村は順当にチルノ勝利だったなこれは読めない()」
できる夫 「まあそんなわけでお疲れ様です
毒って怖いですね」
エーフィ 「うーん、やっぱり椛をどうにかしないとちょっと届かないかなあ」
OИE(GM) 「ところで、
この村のどの辺が大人しい配役なんだろう?」
アドベントチルノ 「銃殺に関しては難しいが、一応狐のところには占ってはいるからなあ
まあ運がなかったところかな
…狼はもっと運がなかったが」
ガイル 「俺疑いはまぁ分かるが
護衛場所出来てる場所守れなかったら吊られるんだから
狼吊りの方をケアしなければならんと思う」
チルノ 「椛も勝ってるから…実は違うとおもう(>あららぎ」
エーフィ 「椛を子狐ケアとか一点読みで吊るにはグレーが多すぎるし」
アドベントチルノ 「素村人>おとなしい」
できる夫 「陣営数だけ見れば大人しいじゃないですか(震え声)>GM」
チルノ 「狩人不在が人外有利だったー>GM」
アドベントチルノ 「椛子狐ケアで吊る余裕は割とない…」
OИE(GM) 「毒か妖狐の上限振り替えかな…>村人」
あららぎ 「僕しかいないじゃねえか素村人! 僕が不審者じゃないのはこれで確定的に明らか」
OИE(GM) 「ガイルさあん!!>狩人不在」
アドベントチルノ 「老兵忘れてるwww>チルノ」
ガイル 「露出してるからな
狩人でも>チルノ」
あららぎ 「封蘇で蘇生がいないだけでおとなしく見えるな…」
エーフィ 「ちょっと宣告がやっぱり痛いね
私に宣告がなかったら微妙に余裕あるかもとは思えるけど」
チルノ 「老兵って狩人にいれていいの?(」
OИE(GM) 「直前の探偵村が仙狸3だっけ…」
ガイル 「紫で判別されるなら
それは噛まれるだろうさ」
OИE(GM) 「狼視点面倒くさいからね>老兵」
エーフィ 「墓守よりはマシ>チルノ」
アドベントチルノ 「狩人だよwwwwwww>老兵
一応護衛できないブンヤや夢守人も!」
チルノ 「夢狩人は狩人じゃないよ(本音」
ガイル 「占い護衛は2回行ったぞ
その時は噛まれなかったがな」
アドベントチルノ 「はんなりとエーフィの宣告がかなりおいしかったね」
チルノ 「墓守と老兵って成功と失敗の確率を入れ替えただけだから…
どっちもどっちに見えるあたい…>エーフィ」
アドベントチルノ 「それじゃおつかれさまー」
エーフィ 「老兵真ならまー 素直に出てれば宣告こなかった可能性はあるんだろうね
場合と戦法をちょっとミスった」
エーフィ 「30%と70%は流石に結構変わると思うよ」
チルノ 「老兵:
初日にCOしないと疑われる
捨て票先に困る
残るとそれだけ信用が下がる

墓守
いつでもCOができる
護衛制限は突破できない
墓荒らしの対策もできる
いないよりはまし」
OИE(GM) 「GJできない老兵は怖くない
GJした墓守は怖い」
G級チルノ 「墓守は墓荒らしに対してなんの能力も持たんで」
エーフィ 「いや、うん、それ勘違いしやすいけど
墓守は蘇生される人外相手の対策であって墓荒らしは蘇生する人相手の対策だから
ぶっちゃけものすごく関係ないよ」
ガイル 「墓荒しは蘇生役職に死の宣告かけるだけだ
人外蘇生誤爆で吊り数を使わない戦術だな>チルノ」
OИE(GM) 「墓守は死んだ人外への誤爆蘇生への対策かな。」
チルノ 「あれれ
墓荒らしの対の対策だと思ってた
別物だった…」
G級チルノ 「猟師が全部やってくれるからね。」
ガイル 「墓守は人外蘇生誤爆で吊り数を使わない戦術だなこれも人外にだけ死の宣告」
OИE(GM) 「とりあえず初日は死んだ人にやってもいいかもね。
蘇生役職居たら行使され気味だし。」
エーフィ 「おそらく一番正しい言い方は
墓守はレアケ対策で狩人の仕事は期待できないから狩人じゃない、かなあ」
OИE(GM) 「(その確率に掛けるくらいなら、正直3割護衛選ぶけど」
G級チルノ 「常世と組み合わせれば最強なのでは?」
エーフィ 「まあ、レアケ防止するか確率低い護衛を使うかはきっと好み」
ガイル 「吊り先で蘇生可能性有るなら
賭けても良いかもな>G級チルノ」
チルノ 「レアケ防止するくらいなら3割挑戦するよ…
じわれと一緒だよ」
ガイル 「疑われる位置から審神者護衛のキーになれた場合は違うがな
護衛制限なら探偵も候補だが喋る喋らないが有る
後は密偵か信じれるなら」
チルノ 「それにしても、G級とは苦手に感じるが…
いつものことだった」
チルノ 「Zzz さすがにもう隣に移動したのかな
お疲れ様」
エーフィ 「それじゃあみんなお疲れ様

一応今回の方針としては吊られないなら潜る、指定したくなったら出る
で、2日目夜で宣告騙りしての放置位置になろうかと算段してやろうと思ったら他に居て取り消し
でまあ、予測通り宣告はいってどうしようか悩んだけど
蟲姫それなりに信じてたからまあそこ指揮取らせていいかなと」