←戻る
【雛3399】やる夫たちの封蘇超闇鍋村 [3977番地]
~静狼「深夜だからさ、君たちも僕みたいに配慮しよう」~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon OИE(GM)
(生存中)
icon さとり
(生存中)
icon リリーホワイト
(生存中)
icon こいし
(生存中)
icon うにゅほ
(生存中)
icon IA
(生存中)
icon ミクダヨー
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon 紅美鈴
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon GUMI
(生存中)
IA 「ともあれお疲れ様、また次回の村でねー」
十六夜咲夜 「最初のグレランが分岐点でしたね
お疲れ様でした」
IA 「ともあれお疲れ様、また次回の村でねー」
OИE(GM) 「占い2いるからねぇ…」
紅美鈴 「狐としてはどっちみち勝ち目なかっただろうなという
まあお疲れ様でした」
ミクダヨー 「それじゃあ村たて同村オッツオッツダヨー」
GUMI 「んじゃま、お疲れ!」
OИE(GM) 「おやすみなさーい!」
こいし 「おやすみー」
さとり 「じゃあお休みなさい」
球磨川禊 「『それじゃ、また明日とか!』」
IA 「流石に萌占いにそれを望むのは無理じゃないかなwwwww」
GUMI 「ダヨーとうにゅほのランになる時点で無理になっちまったねぇ」
球磨川禊 「『ま、眠くなったから落ちるね』」
OИE(GM) 「狼陣営ストレート吊り必須、呪殺必須って感じ。」
こいし 「まぁリリーは吊りたかったけど
占い3POPがちょっとなあ」
リリーホワイト 「それで狂人視点PP出来る要素がなくなるので、占い師の●吊るか否かっていう勝負ですかね?」
IA 「狐遺言が無かったらリリー吊りとかの飽和回避は考えてた」
OИE(GM) 「可愛いでしょ!>萌え系3人」
OИE(GM) 「10>8>6>4> 4吊り
呪殺で…あ、ギリギリ足りる」
さとり 「ミクダヨーが最後に萌えて咲夜がそこを狼だと誤解すればいけるんじゃないですか?>村勝ち」
IA 「そりゃ分かってて借りたからね…w>さとり」
リリーホワイト 「萌狼が初日に萌えて吊り。
萌占いが初日にIA●持ってて呪殺。」
球磨川禊 「アオォーン・・・」
ミクダヨー 「このコピーだと無理じゃない?
よりによって老兵欠けてるし」
GUMI 「実際問題、灰を吊るせばいいとは思うんだけどもなぁ
囲い入れてねーなって私の位置からは見えるから。ただ問題は私が囲い位置に見えること」
IA 「占いの内訳が真狂狼だとすると咲夜が妙に村っぽくないなーとは
思ってたんだけどね
噛みはさとりかダヨーかの二択だったかな」
こいし 「萌えろよ!」
球磨川禊 「『しっかし萌系×3ってどうなんだいこの村』」
OИE(GM) 「これ、村勝ちのシミュレートってできない気がする。
できる?」
さとり 「こっちはわかってました」
ミクダヨー 「これ村の勝ち筋ある?」
十六夜咲夜 「お疲れ様でした」
こいし 「マニアが狼ついちゃったと」
IA 「そして本物? そこにいたのか!w」
リリーホワイト 「まぁ狼コピー入りましたから多少はね?です」
ミクダヨー 「萌は予想外ダヨー」
こいし 「むむむ」
GUMI 「まあ、狼行かれると無理だよねぇ……w」
IA 「この人数で占い真真狼はやめてくれないかな!」
球磨川禊 「『この村は僕のハーレムとなったのだ―!』」
こいし 「お疲れ様」
さとり 「噛み逆ですねぇ>わたしとこいし」
リリーホワイト 「うわぁ()>萌ー真」
ミクダヨー 「オッツオッツ」
OИE(GM) 「おつかれさまー
実は妖狐吊りの時点で村勝ちは無いというか。」
ミクダヨー 「!?」
IA 「お疲れ様ー」
紅美鈴 「お疲れ様でした」
さとり 「お疲れ様」
ゲーム終了:2015/07/29 (Wed) 02:57:02
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
こいしさんの遺言 件だよー
さとり系だよー
さとりおねえちゃんを受託者にしたよー
うにゅほさんの遺言         }ヽ,                  ,..-'´:;|
       |:;:;:;\               /:;:;:;:;:;:;|
       !:;:;:;:;:;:;:`...、   ,...-‐-.....、  ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;j
      ,ゞ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;><_,,ヘ:::,ヘ_::_.y'__:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;フ
       .〉:;:;:;:;:_,,..-‐'"::::::::::::゙:::::::::::::::::::::`ヽ,:;:;:;:;:;:;:/
      コ:;,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:;:;:;ゝ
   _,,..-:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:;/
  <:;:;:,..':::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::',::::::::::::::::ヾ:`:;ー..、
   ゙y:::::::::/:::::::::::::::::::__:::::::::::ハ:、_,,..-‐-::|_:::::::::::::::::'.:;:;:/
   /:::::_,::/::::::::::,:-:'´,:::::`:::;イハ::ト::::::::::::::|.,ヽ::::::,:::::::V
  '-‐./:::|::::::::::::::::::,イ_::::::ノ " ヾ!ゞ::_;;_}.i::::::::::|::::::::',
    /::::{:::::::::::::::::/z:::≠:x,     ,ィ'::::::::ヾ!:::::::j:::::::::::::,
    |::::::!:::::::::;ヘ:i/○::::::::::i`    '〇:::::::::::}!:::,/:::::}ヾ;;_:|
    レ'.|:::::/:::゙|.`'、::::::::ノ    ヾ,::;;;;:シ j;;;;ヾ/|           ・・・・?
      Vi:::,:::::::.ゝ `¨´           -=,r:::::j:゙:::',
       レ.},:::/::ヽ⊂⊃   △     ∩〈::レ':::::::::::,
       /゙"::::::::`..>‐, ,,,___,, .ィ''/F;ヨ'、_:::::::::::::::ヽ       うにゅ!(占い師)
     /:::::::::_,,-‐'" .<' } ヽ/」LV  ト、_ノ_>-=.-..ゝ__
    /:ヾ:: ̄:::`::ー--..人j  {;;;0;;}  ト-..-..‐..'"::::::::::::::,イ
   .´ー‐ ┐>:::::::::,:::::::'ー'i   ヾ-"   .',::::::::::::::::::<: ̄_:::_:>
      |:::`ーr‐イ;;;::/ノ=====ll.ll==ニニゞ、::::::i`ーt‐゙:::::}
      .i:::_,,{.,.,.,.,.,.,.,く:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ̄.,.,.,.,.|:::::::|
       '´ .ヽ,.,.,.,.,.,.,.,ヽr--,''⌒''-..r‐j.,.,.,.,.,.,.,.,._,,j `ー'
             `ー-、___「‐.|.,.,.,.,.,.,.,.ト}.,.,.,_ -‐'´
                'ー.'  ̄ ̄ `'  ̄

うにゅー!(占い師だよ!)
うにゅにゅ!(よく分からないけど適当に指名して悪い狼見つければいいんだよね!)
うにゅーーー(頑張るぞー)

うにゅー!(占い師だよ!)
さとり様○>GUMI○

――うにゅ?うにゅうにゅ!(占い日記)――
初日:さとり様○

初日だからさとり様を占うよ!
自分のご主人様だもの!
当然だよね!
偽物だとえーと…黒こげにして
お燐に渡せばいいや!

2日目:GUMI○

皆少なからず焦りがある所で
一人何だか傍観しているようにも見えたよ!うにゅ!
狼だから余裕があるのかもしれない
狐だから傍観をしているのかもしれない
正直どっちもありえそうだから占うよ!
うにゅ! 正直狐で呪殺は狙いたくないから
●が出てくれたらうれしい。
○で解けてないとしたらもっと嬉しいよ!
狂人だった場合は知らないよ!

3日目:
こいし は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IA 「ダヨー真だとPPにならないけど…まあ噛めると思うけどね」
リリーホワイト 「任せます」
リリーホワイト 「いや噛みが通った時点で狼勝ちですからねー」
球磨川禊 「『りょうかーい』」
IA 「私がこいし噛むよ
私が死んだら呪殺主張も狂人逃亡でも言い訳は立つでしょ」
球磨川禊 「『?』」
球磨川禊 「『んで、明日全員生きてたらPP宣言するね』」
IA 「あ、待って」
球磨川禊 「『それじゃ、件噛もうか』
『僕が行こうかな』『135あたりに噛むよ』」
リリーホワイト 「まぁ件噛み行っちゃいましょう」
IA 「うにゅほとダヨーどっちが狂でも関係無いからねこの場合」
リリーホワイト 「毒噛みと狩人がいるかの二択の読みですね」
IA 「こいしの件COは真だと思うけど
そこ護衛の狩人って流石にいないでしょ」
球磨川禊 「『PP,いっちゃう?』」
IA 「ここで毒噛みをしないためには」
リリーホワイト 「狂人で狐COされたらたまったもんじゃないですよ―」
球磨川禊 「『勝ったな(慢心)』」
IA 「さて」
IA 「美鈴本当に狐だったwwwwwwwwww」
リリーホワイト 「春ですよー」
リリーホワイト 「あ、そっち吊るのね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
うにゅほ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
リリーホワイト1 票投票先 →ミクダヨー
こいし0 票投票先 →うにゅほ
うにゅほ5 票投票先 →ミクダヨー
IA0 票投票先 →うにゅほ
ミクダヨー2 票投票先 →うにゅほ
球磨川禊0 票投票先 →うにゅほ
十六夜咲夜0 票投票先 →うにゅほ
GUMI0 票投票先 →リリーホワイト
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『少なくとも、僕視点そこは狼の可能性が高いんだ』」
うにゅほ 「ミクダヨーか球磨川ならミクダヨー切ってほしいかな。」
うにゅほ 「狐コピーよりかは狼陣営コピーだとみるけどね
あの吠えの増え方からして。」
IA 「占い1人切るべきなのかどうかだけど」
十六夜咲夜 「これは厄介
マニアが狼コピーならPPの恐れがありますね
狐コピーならいいのですが」
リリーホワイト 「となると球磨川さん狼ですかね。」
球磨川禊 「『んじゃ、うにゅほちゃん吊っちゃえばいいんじゃない?』」
GUMI 「まあ間違っちゃいねえ!! 私は狂ってないからな!! そういうタイプじゃないし!」
ミクダヨー 「狐遺言があるとはいえ狐コピーもなくはないけど...?吊りたくはないカナー?」
IA 「そもそも完灰がリリーと私しかいないし」
うにゅほ 「禊視点で私は狼だね!
ミクダヨー視点だと何とでも言えるけど…
正直僕は禊狂、ミクダヨー狼に見えるかな!」
GUMI 「人外ってわかりゃいいよー
どうせ判断できないし確実に村じゃない何かは始末した。一手ミスを防いだ
そういうことで。んで、狼コピー4Wはないってことは判明
出来るなら噛まれ見たいんだけどねぇ。占いの。結果相反してないのが面倒くさい」
こいし 「件ダヨー
お姉ちゃんを受託者にしタヨー
なんで噛んじゃうのよもー!」
十六夜咲夜 「門番が狐遺言ですか>IA
十中八九狐と思われますが」
ミクダヨー 「うーん?どうするべきなのカナー」
球磨川禊 「『だってこの人数だぜ?』『先に狂人を見るさ』『無論、両方真を捨てたわけじゃない』?ミクダヨー」
リリーホワイト 「うにゅほの方が狂人っぽいかなぁ……………という印象がやっぱり。」
こいし 「逃亡者…逃亡者ねぇ」
うにゅほ 「むー…
とりあえず隠す役職はないと思うんだけどなー…
さとり様…なんで噛まれちゃったんだよぅ…」
IA 「実際少ない人数だからFOしてもいいだろうし
さくっと出るよ!」
IA 「いあいあ迷い人日記

1日目:逃亡不可
迷い人かー、狂人に逃げなければなんとかなるかなってくらいだけど
あまり役に立てそうに無いなあ

2日目:GUMI逃亡
狂人ぽいの避けるって言ってもどこか分からないしなー
直感とRPでGUMIにゃんのところでいいかな?
吊り逃れしてるリリーの方が噛まれそうだしさ」
ミクダヨー 「球磨川は真が複数いることを考慮せずに狂人で見るのカナー?」
リリーホワイト 「あーでもどっちもありえますねこれ。」
IA 「迷い人CO
不可>GUMI」
球磨川禊 「『ああ、なるほど』>額に狐」
十六夜咲夜 「村6で占い師が2人以上いるとは思いづらいので
グレランより占いCOに手をつけてみてはいかがでしょうか」
GUMI 「人外ゆいごんでしょ? 頭の所にマークついてるし」
IA 「あ、今気付いた
美鈴のAAの中に狐って文字があるけど…これ、狂人とか狼の
ブラフの線とかもあるんじゃない?>リリー」
こいし 「額に狐って書いてあるじゃない>球磨川」
リリーホワイト 「えーとなるとさとりさんが村人なのでー。
うにゅほさんと咲夜さんの二択になるわけですか。」
球磨川禊 「『…えっ?美鈴ちゃんのこれって狐遺言なの?』」
こいし 「占い同士にマニアはいないかあ
FOでもよさそうな」
うにゅほ 「・・・美鈴が狐遺言残してるね。
これ真実ならミスした瞬間PPあるよ…」
ミクダヨー 「完グレはIA リリーだけどまず狼騙りにきてる気もするんだよナー」
IA 「少なくとも占いの中に1人は間違いなく狼混ざってるよねこれ!」
球磨川禊 「『おー、対抗2人?』
『ミクダヨーちゃんは僕の○だし両方真であってほしいけどたぶん狂人かなー』」
リリーホワイト 「うん?>狐遺言」
うにゅほ 「うにゅ! 私は一応
マニアで狼増えた場合狐呪殺したら危ないって懸念は出してるよ!
うにゅ!」
十六夜咲夜 「占い師が多いのですが
球磨川様はミク様に○と」
IA 「さとり噛みの村表記で占い3CO?
ちょっと待って、この村って占いCOの上限って何人?」
GUMI 「わぁい! 私めっちゃ人気! てか占い多いなお前ら!!」
こいし 「しかも吊り逃れしてないところから」
うにゅほ 「よりにもよってピンポイントで私の○噛んだなー!)バンバン」
ミクダヨー 「対抗2?」
GUMI 「うん、まあリリホワ当たりの「身内票あるかも知れない」って視点、普通に考えて
村で出てこねーよなーってことで投票したよ
そんで、美鈴人外遺言なぁ。狐らしいけども」
十六夜咲夜 「お早うございます」
こいし 「占いが3人も出た!」
うにゅほ 「――うにゅ?うにゅうにゅ!(占い日記)――
初日:さとり様○

初日だからさとり様を占うよ!
自分のご主人様だもの!
当然だよね!
偽物だとえーと…黒こげにして
お燐に渡せばいいや!

2日目:GUMI○●

皆少なからず焦りがある所で
一人何だか傍観しているようにも見えたよ!うにゅ!
狼だから余裕があるのかもしれない
狐だから傍観をしているのかもしれない
正直どっちもありえそうだから占うよ!
うにゅ! 正直狐で呪殺は狙いたくないから
●が出てくれたらうれしい。
○で解けてないとしたらもっと嬉しいよ!
狂人だった場合は知らないよ!」
リリーホワイト 「えーっとさとりさんが噛まれてるのでー。」
うにゅほ 「うにゅー!(占い師だよ!)
さとり様○>GUMI○」
ミクダヨー 「占い日記 こいし○咲夜○」
球磨川禊 「『混沌よりも這いよる過負荷、球磨川禊の占い日記』
1日目 GUMIちゃん○
『いきなりIAちゃんに行くのは安直だと思うんだ』『だから真下占おう!』
2日目 ミクダヨー○●
◇ミクダヨー 「3wなら狼側はより飽和対策に気を配らないといけなくなるネー」
『ってのが視点漏れに見えたから占うね』」
うにゅほ 「うにゅ!おはようだよ!」
IA 「おはよー
狼の吠えが増えてる気がするんだけど!
投票即変えてるリリーと咲夜は気になるところだからCOして欲しいな」
ミクダヨー 「占い日記 こいし○咲夜○
1夜 占いダヨー。緑髪つながりと開始前会話からここ占うヨー。

2夜 票変え位置ダヨー。
どうせ明日には狼が占い騙ってどこかしらに●打ってくるんだろうから臭い位置占って●見つけたいヨー。
ここ狼だったらIA球磨川は非狼目になるカナー?狼数が多いならそうとも限らないカー」
球磨川禊 「『占い表記CO』
『GUMIちゃん○>ミクダヨー○』」
こいし 「咲夜とリリーが票変え?
ふーん
二人とも占いCO出しそうな」
リリーホワイト 「村人でも釣り逃れる配役だと思ってますよー。
吊り逃れ先は人外目を狙いました。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さとりさんの遺言 村人です
紅美鈴さんの遺言            ,. ''"´∧ ̄ ̄ ''' ‐ .,                
      +   /  <狐 フ     `ヽ              
          i  ゝレ'ヽ、!─-ィ..,,_ノ  i.          
         r〉'7´::/::::::ハ::i::i:::i:::::i:::ヽ、_イ.      i    
         7:/::::_!._:i_! i_:!,ィ=t、i:::i::::i:::::',.   _ __人 ___  
     i     i:::i::::i:!´     ,. - 、i_::i::」:::i     `Y´   
  _ __人 ___  !_ハLハ.'´`     " iハ)::::i:::|     
    `Y´       !Y!、" ヽフ   ハノ::::|:::|          
     !      〈ン:::>.、.,__ ,.イ7Y〉、::::|:::|               
           (Y〉i;::rィ''ki/7〈,ソ /7ヽ;:::::!            
          }><{ ,.イ>∞イ/}><{|/   ヽ!              
           〈ム,イ  _Y_   ム〉〈  、_,.r!         i     
  +       !/ ゝ,_ 十    _,.ィ/ヘk'´ ヽ.     _ __人 ___    
          〈 `ヽ! 十     〈::!::::〉   ノ.        `Y´
          \r-イ、_ハ、____,.イハ:/  /|         !
           |_{_7´`7ー''"ト| i⌒ヽr'_ハ,」
          / /  /     ト| ゝ'、ノ、
さとり は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『じゃ変えとくね』」
IA 「じゃ占いCOよろしく
噛みは130でリクエストあったら考える!」
リリーホワイト 「でも飽和回避なら萌が出るべきですしー」
IA 「私○は怖いなあ、占われていそうだし
まあ飽和回避で吊られてもいいんだけどね」
球磨川禊 「『運命が僕に味方してくれている……安心院さんの仕業かな』」
球磨川禊 「『あ、IAちゃん○の結果出してるんで』」
IA 「wwwwwww<ダイス」
IA 「強そうというか重要職っぽいのはさとりかダヨー
球磨川はどこだと思う?」
リリーホワイト 「ダイス振ってコピーしただけですので(残酷な真実>球磨川」
IA 「私は迷い人COでいくかなこの展開なら

って事は球磨川コピーだね
吊り逃れした以上占いCOとかの準備はよろしく」
球磨川禊 「『やはり……僕のハーレム!』」
リリーホワイト 「なお()」
リリーホワイト 「秘密会話付きだと思ってたから昼時間に応答かけてましたよー」
リリーホワイト 「ドーモ、狼陣営=サン。元マニア萌狼です」
IA 「リリーどっちコピーした?」
球磨川禊 「『…ふぅ』『勝ったな(慢心)』」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅美鈴 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (2 回目)
さとり0 票投票先 →紅美鈴
リリーホワイト2 票投票先 →紅美鈴
こいし0 票投票先 →IA
うにゅほ1 票投票先 →紅美鈴
IA1 票投票先 →十六夜咲夜
ミクダヨー0 票投票先 →うにゅほ
球磨川禊0 票投票先 →十六夜咲夜
紅美鈴4 票投票先 →リリーホワイト
十六夜咲夜2 票投票先 →紅美鈴
GUMI0 票投票先 →リリーホワイト
2 日目 (1 回目)
さとり0 票投票先 →紅美鈴
リリーホワイト2 票投票先 →ミクダヨー
こいし0 票投票先 →IA
うにゅほ1 票投票先 →紅美鈴
IA1 票投票先 →十六夜咲夜
ミクダヨー1 票投票先 →うにゅほ
球磨川禊0 票投票先 →十六夜咲夜
紅美鈴2 票投票先 →リリーホワイト
十六夜咲夜2 票投票先 →GUMI
GUMI1 票投票先 →リリーホワイト
「◆OИE(GM) @1」
「◆OИE(GM) …見失った。安眠が…

再投票です」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
「◆OИE(GM) 安眠の敵なので!」
「◆OИE(GM) GMは蚊と格闘してるので、投票はお早めに!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーホワイト 「あ、3wで狼コピーですか」
十六夜咲夜 「占いコピーがコピー先に占われる等の無駄が起こり得るので
村コピーであればその点も考慮して頂きたいですが
人外コピーであれば飽和に気をつけていただきましょう」
うにゅほ 「露骨だと流石に分かると思うよ!
見る時間がないで〆ちゃだめだと思うよ!うにゅ!>さとり様」
球磨川禊 「『あ、そういえばそうだね』『ってことはあって3Wか』>IAちゃん、ダヨーちゃん」
紅美鈴 「ぎりぎりってことは人外に付く確立が単純にみても高いですし>球磨川」
リリーホワイト 「ただ身内票をする展開はあると思います。」
ミクダヨー 「まあ普通にマニア欠けもあり得なくはないんだけどそれ言い出すなら狂欠けと大して変わらないからナー」
GUMI 「ま、私達にできるのは人外狙って殺せ! ってことだけだしー
とりあえずやったれるだけやったろーぜー! って頑張るしか無いんじゃないかにゃー」
リリーホワイト 「んー、ちょっとその理論は微妙だと思います>3wなら柱が出る。
噛みと吊りが3回出来る以上………………」
うにゅほ 「ある意味絶望に近い村なのは
やっぱりきついよ…うにゅー…」
こいし 「3wでマニア増えて4wなら下手したら今日で飽和だからね
そこまで最悪ではないよね」
さとり 「4吊りしかないのに偏り見る時間ありますかね>うにゅー」
IA 「ダヨーと思考が被った!w」
球磨川禊 「『組織票は見ておきたいね』」
さとり 「ただまぁ、3-3-1で狐吊れなければ飽和になるので
そこらへんは狼もわかってるでしょう
2W以下なら狂人噛んでくれるかもしれない」
紅美鈴 「1W2Kで狂人増えか あるいは狐に鵺付きを祈った方がいいのでは>球磨川」
GUMI 「まー、グレランに関しちゃ組織票とかあるとキツイけども指揮役不在だからそれしかないからねぇ」
IA 「少なくとも3Wで狼コピーは無いってくらいだよねこの形
もしそうなら飽和回避の狼COがある筈だもん」
ミクダヨー 「3wなら狼側はより飽和対策に気を配らないといけなくなるネー」
こいし 「3wもありえるのね…
2w1kならまだ何とかだけど」
うにゅほ 「票が偏ってたら偏ってたで怪しいとは思うよ!うにゅ!>さとり様」
球磨川禊 「『…マニアって決まってそうだよなー』『いつもギリギリの時に人外につくんだ』」
リリーホワイト 「まぁ狐コピーなら狼にプレッシャーも与えられるのでいいと思いますけど。」
十六夜咲夜 「>さとりさん
少人数なので長く潜る必要はありませんわね」
IA 「ライン騙りとか見るような人数じゃないしね
狩人ならこの際相互護衛でもいいくらいだって思うし>さとり」
さとり 「3Wだと狼グレランで吊れる気が一切しませんが」
こいし 「この人数ならそうね
狩人なら相互護衛も出来るし>お姉ちゃん」
球磨川禊 「『この人数的に最大3w(たぶん)、3wなら僕たちはおしまいだ』
『ここは2w1k、そして狂人噛みを祈るしかない』」
ミクダヨー 「狐噛みで吊りが増えることでも期待するヨー」
紅美鈴 「重要役職コピーとかCOないマニアにはわたし期待しないというかできないので」
GUMI 「対策もクソも何も情報なけりゃ作戦も何もあったもんじゃないからにゃー
とりあえず全力で人外を殺せ! 役職でなんとかしろ! そういう世界にしかならないんだよなぁってことで」
リリーホワイト 「出る場合でもコピー元を隠せばいいだけですしね・・・・>重要職」
うにゅほ 「そもそも狂人がいなくて3wの可能性もあるから
狂人噛みに期待するんじゃなくて
狼吊りあげるしかないよ! うにゅっ!」
こいし 「狼は狐探してねー
お願いよ」
さとり 「占いでも狩人でもコピーなら即出ていいと思いますけどね、村コピーならば」
十六夜咲夜 「狼と狐同士でせめぎ合えば余裕が出ますが
何はともあれグレランしかありませんね」
ミクダヨー 「狂人噛み期待...?こればかりはどうしようもないナー」
IA 「対策も何もグレランで人外を吊りあげるしか無いよ!
やる事はどんな状況でも同じだよ!>リリー」
リリーホワイト 「呪殺を出して吊りを節約して、狼を吊り切る。
狐を噛ませて吊りを増やして、狼を吊り上げる。と言った当たり?」
球磨川禊 「『…さて、配役が楽しめないものなのは置いといて』」
うにゅほ 「うにゅー そこら辺は気を付けてほしいかなうにゅ!」
GUMI 「まあ、基本的には人外付き。初日についてるかもしれないという希望を胸に我々は
戦わなくてはならない……!」
紅美鈴 「対策とか方法ないでしょう>リリーホワイト」
こいし 「対策も何も
真証明可能な役職COないかなー?」
うにゅほ 「…これ下手に占い師が呪殺出すのも危険っぽいよね
マニアが狐にでもついた訳でもないなら…」
IA 「うう…いつもそうなんだ、マニアは決まって私達を
安心させてくれないんだ…
ONEちゃーん、私どうしたらいいのー!?」
リリーホワイト 「んー……………これはちょっと厳しいのですよー。
どうするか対策を建てる必要があるのですよー。」
球磨川禊 「『重役でも何でもいいからすぐに出て!お願い!出てください!』」
こいし 「重役がそんなにいればいいけどねー>ダヨー」
紅美鈴 「これは終わったかもしれませんね・・・
せめて狂人がいてそこ噛みを期待するぐらいしかできない」
うにゅほ 「初日だと思いたいけど…
安心できないよね…うにゅー↓」
ミクダヨー 「人外付き濃厚、重役についたと見るのはちょっと楽観的カナー?」
十六夜咲夜 「困りましたね
神話が人外では吊り数が不足します」
球磨川禊 「『……初日なのさきっと(震え声)』」
こいし 「あ、これ無理ゲーって奴?」
さとり 「マニア出ないなら初日か人外…初日だと思わないとやってられませんね」
IA 「って、朝一マニア出ないしー!」
球磨川禊 「『マニアがいない……あっ(察し)』」
GUMI 「まあ、出来る限りはやったろー! ということで
もしかしたら神話初日も0じゃないしねーってことだし」
うにゅほ 「マニアでない…
きついね!うにゅー!」
リリーホワイト 「ま、マニアがでないのですよー!?」
紅美鈴 「マニアの気配がない・・・?」
こいし 「マニア出ない?」
さとり 「おはよう
マニア次第の村ね
4吊り4人外だから気をつけましょう」
ミクダヨー 「マニアでないのかな?」
うにゅほ 「マニアの人は出てくるといいよ!
喋るの難しいけど頑張るよ! うにゅ!」
十六夜咲夜 「お早うございます
人数が少ないので慎重に逝きましょう」
紅美鈴 「おはよう
吊りがぎりぎりです この上マニアが人外に付いたら
これかてるんでしょうか 狂人がいるかもわかりませんから
人外噛みに期待できるかどうか」
こいし 「おはヨー
4吊り4人外で余裕ないヨー
マニアは朝一出てヨー」
IA 「おはよー
ちょっときつい配役だなあ、共有の囁きも無いし神話のCOに期待だね」
GUMI 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 神話マニア陣営1

はっきり言ってキツイよねぇ……この村
吊り4でギリギリでしょ? 神話が村についてなんとかノーミスで神話不在で
吊り足りない! 絶望! なわけだけども」
うにゅほ 「うにゅ!」
球磨川禊 「『おっはよー!』
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 神話マニア陣営1
『これ吊り結構ギリギリじゃないのかい?』『マニアは出てくれるとうれしいなー』」
ミクダヨー 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 神話マニア陣営1
マニアが村につくかどうかでだいぶ変わりそうって感じダヨー
出てくれるとありがたいネー。」
リリーホワイト 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 神話マニア陣営1
マニアゲーですよー(逆ギレ
共有も居ないし微妙すぎるんですよ―!!!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
OИE(GM)さんの遺言
         ,,≫≠ミヽ、 =====
        〃,   ̄`´         丶
          ,          、  \\
        ′/     ′     l  ,  ′ ′
     /  '   ′  |     ト   ,  '  ヤ\
    ≧=‐ イ ;  l  .∧ l  ――- ,  '  }   \
       / .;  匕⌒, Ⅵ  ,リ  ⅵ  l l}←=≦
      '  l   l/ V    ̄  示刃     !′
        l  l   l ィ零㍉    弋zソ .!  l |
        l  l  |乂zソ  ,     | l ト、
       !l l   ト           ,   , 'l  j仆}
       }ト、ト   A  、   `     / } イリ       楽しんで行ってね!
        从 丶从 ≧s,-   ´'   /' /
            V  }、__乂_ 斗 -  、
            γ´l}  ̄j!` ―― ´ j{       :.      配役は楽しめるように!
            l}  j!       j{__
         |  l} j! ` 、   ィj{      |
         l  l} j!        j{   Y   |
         l   ∧!‐――‐→ ´¨¨k―',   |
           ' }..\   〃...........l  ′
         |  l ,........\ ノ..................  }  |
         l'ニム/..............}{.....................  '
            ムニマ..............〈 !.....................ⅵ    l
          ムニマ................/j...................>'    |
OИE(GM) は無残な負け犬の姿で発見されました
「◆OИE(GM) 投票はお早めにね!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『りょうかーい!』『おっきいIAちゃんかわいい!』」
IA 「一応噛みは私が130でやるねー」
IA 「             、≧=-  ´     `ヽ ノ}
                 \__,/ /  ____ 、__ノ   深夜だから複雑にいかない方がいいかもね
               // / /´      :,    こっちはニート職かたると思うけど
        /}  /: / / ∠,___/  ./  }
.        / / '´ : / ./ /芯k /   /   :}
       / /{ / : /  /}__/  __/}  ,/ ;
   ,. -―'、_/ヽ{_ /  .イハ 、⌒´芯k/// /
.  /, / /  /ニ{ー=ィ⌒{└‐ ゝ _,. イ´/⌒(
 〈 { {__L. {,.く、/ニ{   ̄`{⌒7/ __//
 /{ーて,_ノ  /ニニ\    }  '  / /
. {ニ\__ ィ /ニニニニ\ { <r-rーァ'′
. {ニニ//ニニニニニニ{ ノ^ / /
. {ニ//ニニニニ{{γ⌒ヽ}={\/ {
⌒´:く≠{ー-<ニ△乂__ ィ{ }ニニ7 {:,
./  }ニ//////\ニニニニ{ }ニニl { :.
 / ヽ{,////////\ニニニ}/ニニ,   :,」
球磨川禊 「『ん?特にないや』『僕萌えちゃったら萌え占い騙るけど』」
IA 「ONEちゃんが立ててくれた手前頑張りたいんだけど
萌かー、占い騙りするかどうかは任せるよ」
球磨川禊 「『萌狼でーっす!』」
IA 「どうするー? 何か騙りたい事ある?
あ、こっちは素狼ね」
「◆OИE(GM) ローカルルール
・AAはCO時と霊界時は禁止です。それ以外は日記を含め自由です。
・初日犠牲者(GM)への能力行使は自由です。
・投票は超過2:00までに済ますよう心がけましょう。狼以外の夜投票は超過前を強く推奨します。
・超過前噛みは一律で禁止します。 GM指示があった場合のみ、それに従ってください。
・シスコピ、突然死も禁止です。 一応明文化しておきます。


GMはONE@実は今日の24時に動画投稿したりします!
       HN:Mt-B◇tyenGM1uBY がお送りするね!

D:封蘇村 [Ver. 1.5.0 β9~]
蘇生能力者 (他者蘇生型)・擬似蘇生能力者・蘇生妨害能力者の出現率が 0 になります。

沈黙禁止OP付いてるから、発言0だとスキマ送りになっちゃうよ!」
球磨川禊 「『どうも、妹のお世話になりたい球磨川禊です』」
IA 「あらら狼」
球磨川禊 「『IAちゃんと一緒ー!』『よっしゃー!』」
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2015/07/29 (Wed) 02:26:41
IA 「いらっしゃーい!」
十六夜咲夜 「よろしくお願いします」
さとり 「開始よ」
GUMI 「はいよっと」
さとり 「1」
GUMI が幻想入りしました
十六夜咲夜 が幻想入りしました
リリーホワイト 「ダヨー饅頭でも与えればいいんじゃないんですかね(辛辣」
球磨川禊 「『なにがむむむだー!』>こいしちゃん」
さとり 「2」
さとり 「3」
こいし 「むむむ>ダヨー」
さとり 「4」
紅美鈴 「よろしく」
さとり 「5」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!」
さとり 「カウントするわ」
紅美鈴 が幻想入りしました
うにゅほ 「うにゅ!」
さとり 「さて、そろそろ開始しましょうか
空も投票してね」
ミクダヨー 「そんな安そうなのはいらないヨー>こいし」
OИE(GM) 「あ、一応時間になったからうにゅほさん投票お願いします!」
こいし 「時間ダヨー」
OИE(GM) 「さとりさんとこいしさんも姉妹だもんね!」
うにゅほ 「            _,ノヽ、
           _,{.:.:.:.:.:ヽ     ,...- .""}
          {":<:__;,.:.;,:,;`ヽロ,/´:.:.:.:.:.:.:}
        ,, ''" ̄::::::::::::::::::::: ̄""''::ヽ、:.:.}\,
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.}.:.:.:.:}
       /::::i::::,':::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::',:::::ヽ.:.:.:.}
     ,!::::,'::::i/"!/    \:::::::::ヽ,:::::.',::::::i.:.:.;}
     |::::i::/. n     n ヽ::::::::::iヽ;::i::::::!"´_
     .!::::;'.  |::|       |::| ';:::::::::!::::::i::::::i/ /" ̄;)
      !:⊂⊃`'     `' ⊂⊃:;'::::::;':::::::i /::::⊃:;)、
      i;/::ヽ,    ヽフ   _,,ノ::::ノ:::::/ヽ:::::i,,':::::⊃;)::゚:|
      ';:::::/::`:;" {,''∨ '.,}´ i/´:::;:':::::::::::::\⊃):::::+|
      i::/:::::;"  `'|ヽ'    |;/::::::::::::::::::::::i´´:::゚:::::|
      /:'::::::::ヽ-リ.(:!:)  ',__,/|:::::::::::::::::::::::::::i::::+::::+:|
    /::::::::::::/ ,つ ,'    | | !::::;イ::::i::::::::::::;!\;_;゚;ノ
   ./::::::::::::::::::`:::;/_/__    ∪i/::::::::::!::::::::::::!
   |/ヽ/ヽ/´` ` `´"´"`7::::::::::::ハ:::::::::!
       ∩/ヽ--、,__, 、,__,_,/|::::::/  .|::::::;!
      |;;|/´      ∩' /  |/   //
               |;;|/       ´」
ミクダヨー 「人をペット扱いすんじゃネーヨ>さとり」
こいし 「ほーらえさだよー>ミクダヨー」
球磨川禊 「『あ、僕の弟?死んじゃったよ』」
IA 「姉妹愛ならそっちの2人も一緒じゃないかな?かな?」
リリーホワイト 「球磨川さんにも弟が居たようなー?」
さとり 「ミクダヨーにちゃんと餌をあげるのよ>こいし」
球磨川禊 「球磨川禊 さんが登録情報を変更しました。」
球磨川禊 「『姉妹愛!いい言葉だねえ』『そのまま仲良く……おっと自重しておこう』」
こいし 「私もペットほしいわー>おねえちゃん」
うにゅほ 「                _
     _____ _}::::`ヽ、 _   _
     `ヽ  ___>==二二イ/- <´|
   、   V  \::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,  |
   (:\   \__/;ィ:::::::::::::::::::::::i::::::::::ヽ/
    ヽ:::\ー=二彡;:::::::/::::::;ィ:::/}:::::::::::::ヽ
  .〈`ヾ;:::::{/,イ_ |::rイ:::::/// .}::;ィ::::::i::::〉7
    >:::::::::Y´|::: ̄:::.〉j::::〈 .○   O /j///
  `'/ ̄ ̄ ̄ 7 ̄ ,r-リ、jト、''' r-ァ ''' {:/::イノ
  -|二二二二_| (二、_,_ノ、 >.ニ -<:::フ´
  ,ゝ_____.\_ゝ、 ::... >イ_,)厂 ̄´
         ゝ、__,.ィ、_,(_i_人ヽ、
         〆二(__/  //ノ `′  >こいし
         `¨´  `¨¨´ ̄´」
IA 「姉妹ですから!>球磨川」
OИE(GM) 「急な変更なので、まあ仮ズサも特例的に認めるけど
その場合も1分半以内にRP決めてね!」
こいし 「なでなで>うにゅほ」
球磨川禊 「『仲のいいようで何よりさ』『QPで別陣営にしたくなってくるなあ』」
うにゅほ 「 、__     __,
        マ二二>:::::::´ー--く ___
       `ア´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /|::::l:::l:::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::::.
..     マニ|::::l:::|::::ト∩::::::::::∩::::::::从:::i
.      ヾ|::::|八:::::∪`i:/∪厶イ:::::ノ  (?)
  (?)   /:::∧::::::> ┌┐  ノ::::Υ    メ
.    __/:::/:::::\介=-  -<:::::::ノ
.  \/////∧ ̄ く }/ ⌒ヽ八 ̄ ̄`ヽ __
    `7ーt/∧ ,r勺 乂 ij ノ-くヽ__/  ///>
    |::::::::i⌒`7::::〃`ー ^ 一' フ イ⌒´
    乂::/ |l/:::〃辷辷辷辷_彡 ' |
    _,У_〈_ン__|--|__|--|_|_八_
.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´ `¨´ ̄ ̄ ̄ 」
こいし 「ぐたー」
ミクダヨー 「ん、了解ダヨー」
IA 「りょうかーい!」
OИE(GM) 「そうかも!>おねえちゃん」
OИE(GM) 「スレの方にも書いてきたので、開始予定時刻を
2:25にします。」
さとり 「空が省エネモードになってるわね」
うにゅほ
                     i
                   lヽ、
          , -‐ 、      ',  `- _             _ ,
   i、     L' フ/   i    Σ  _二フー-rー― ― '" /
   l:i       Li    iヽ フ‐< -'"::::::::: ̄"-' ̄"` 、  <
   |::ヽ、     ○   `-メ    ::::: _,:::::::::::::::::::::::::::::`‐-Σ`フ          i、
   |:::::ハ          /:::........ ...., '" |:::::/` 、::::::::::::::::::::ハ/           l::ヽ
 -弋:::::::∧  うにゅ?ノ:::::::::::::::::::メー、  l:::::|  ヽ::::::::o:::::::::::ハ           /::::::)
  ァ-、)::/ ' ,      `メ::::::::::::::/ l:::::::::!  ',::::|  ハ:::ヾ::: ::::::::::::|        /`!:::::メ ノi
  '、::::::::`、 !ヽ、    ム:::::::::::/  弋:::ソ  \! 弋::::::ト、::...  ::::!      /   |::メー'::/
   \:::::::\  \  ( /::::::: :l ""          `  ー' |:::::::::::::::ハ _, -‐'"    i::::::::/
    >:::::::',   ` -ァ':::::::: ハ      VV     ""i:::::::::::::::::ァF_        /:::ノ´
   <:::::::::::::ハ .....::::/:::::::::: ::::` 、           ノ:::: :::::::::::::l   ̄       /<
     ` ‐-、::ヽ、/::::::::::::::: :   >ァ―、 -ァテイハ /: ::::::::::::::ハ       /:::::::::>ー
        >:::( ::::::::::::::::::::  ....::::::ハ  X /:::/ 'ノ:::: .::::::::::::::::::ハ_    /:::::::/
        ' ̄"`フ  ::::::::::::::::::::::::::::|_=ゝー∧|メテi:::::: ::::::::::::::::::.. :`弋"'´_:::::ノ´
      i   ノ´:::::::::::::::::::::::: ::::::::::::ト-テ(:::|:::). l ∧::: :::::::::::::::::::::::: ,、:::k`
      ` = '"-フ:::::::::::::::: ::: ::::::::::::::>=ト_i:::i_,,l /::::::::.. ::::::::::::::::::::::: ヽ
        /´:::::::::: ....:::::::::::::::::ノi i  i |"~'=i/` 、:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ
       /:::::::::::::::::::::::::::/`テ ̄フ l l  l l  '   ハメ-、ァ-,:::::::::::::::(
        l:::::::::::://::::::::::>メ.    | |  | |       ノ i~::::::::::::::,、:`、
       ヽ::::::/ ハ:::::::::::::グァー-. _| |  | |_ _ -‐´ソ´_::::::::::::::::ノ"`ー―
        `、( ( ヽ:::::::::,v`フーァ| |.  | ト=_,rーメ´~ `,:::::::/
          `ー  ):::ノ ヽメ-/ | レート.|  ト‐|´     ヽ/
             ̄´ ´   .i:::/  ヽi__i l  l::::l        (」
IA 「でもこういう時に村を立てようって想いがシンクロする辺り
やっぱりONEちゃんなんだなーってちょっと思っちゃったり?」
リリーホワイト 「まぁ8人なら問題ないかなー?」
球磨川禊 「『っていうか僕のハーレムだねこれ』『うひゃっほう!』」
うにゅほ 「うにゅ?」
OИE(GM) 「じゃあそんな感じにしちゃおっか」
球磨川禊 「『大嘘憑き』『僕の性別をなかったことにした。』」
さとり 「25分過ぎで皆の投票がすんでいたらゆっくりカウントでもいいかと」
リリーホワイト 「ハッ!なんだかんだで球磨川のハーレムになってる………………”」
ミクダヨー 「球磨川も女の子になればいいんじゃないカナー?つ鋏」
球磨川禊 「『僕の好みの女の子がたくさん来てくれて嬉しいことこの上ないぜ』」
OИE(GM) 「うん、繰り上げの時はそのつもりー
早めても5分かな?って思うけども」
球磨川禊 「『こちら女の子だらけの村でお送りしています、球磨川禊です』」
IA 「繰り上げるなら一応スレにも書いておいた方がいいかもね」
ミクダヨー 「怖い要素なんかないヨー」
リリーホワイト 「戻ってきたよー。」
OИE(GM) 「いらっしゃーい」
球磨川禊 が幻想入りしました
OИE(GM) 「20分だと短いし、25分だと中途半端だし…
30分だと長いかな…でも最初ちょっとぐだぐだしちゃったし…で。
皆がちょっと早めが良い感じだったら前倒ししちゃおっか」
さとり 「ミクダヨーはミクダヨーよ」
こいし 「リリー帰ってきたら始めてもいいかもねー」
こいし 「2:30はねー
もっと早くでよかったね
そんなに集まっても困るし」
OИE(GM) 「(お姉ちゃんが村立てしてたら私参加しなかったとおもうから
 これはこれでよかったのかもしれない…?」
こいし 「なにこれこわい>ダヨー」
IA 「問題は流石に埋まらないだろうし開始時間遅めなの大丈夫かなって
私は言いだした手前平気だけど!」
ミクダヨー 「よろしくダヨー」
うにゅほ 「うにゅー」
kariri 「kariri さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariri → ミクダヨー
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 5939 (ミクダヨー2)」
さとり 「こいし、ひざかっくんはやめなさい」
IA 「老兵引いて黒衣を全員引き寄せて、えーとえーと」
OИE(GM) 「ごめんね…!
深夜だしすぐ建てなきゃって意識先行しちゃって…」
こいし 「もしもし私メリーさん
お姉ちゃんの後ろにいます」
OИE(GM) 「むむ…こっちも姉妹で…!
って票たりないじゃん!」
さとり 「PPも良いでしょう」
IA 「とゆーわけで村立て被りごめんよONEちゃん!
こっちで立てようとしたら「一定時間経ってません」ってメッセージ出たから
あ、誰か同じタイミングで立てたなーって」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!」
kariri 「こんー」
kariri が幻想入りしました
こいし 「地霊殿PPするよ!」
IA 「あ、意図せずONEちゃんの下取っちゃった」
OИE(GM) 「おねえちゃーん!」
リリーホワイト 「シャワー浴びてくる時間くらいあるよね!ちょっと浴びてくる!」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!
あ、東方村だこれ」
こいし 「空までついてきたのね」
IA が幻想入りしました
うにゅほ 「うにゅ!」
うにゅほ が幻想入りしました
こいし 「お姉ちゃんが夜遊びしてるから監視に来たわ」
OИE(GM) 「いらっしゃーい!」
さとり 「あら、こいし
また遊びに行ってたの」
こいし 「眠れないから来ちゃった」
リリーホワイト 「地球の何処かに春は存在している!つまり一年全体が春と言っても過言ではない!」
こいし 「わふー」
こいし が幻想入りしました
さとり 「もう夏ですよ」
OИE(GM) 「もう完全に夏です!!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → OИE(GM)
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8663 (ONE)」
リリーホワイト 「我が世の春ですよおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
GM 「いらっしゃーい」
リリーホワイト が幻想入りしました
GM 「もしかして12~18くらいに人数変えた方が入りやすいのかしら」
さとり 「24時間闇鍋出来ます(出来ない」
GM 「時間的に大丈夫かしら
この村このまま生きるんだけども」
むらたてまん 「むらたてまん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:むらたてまん → さとり
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4363 (古明地さとり2)」
GM 「ごめんね…深夜だからって言って確認おこたらなければ防げたので
完全にこっちの過失です。
気を付けます」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「開始予定は2:30…でいいかな」
GM 「ローカルルール
・AAはCO時と霊界時は禁止です。それ以外は日記を含め自由です。
・初日犠牲者(GM)への能力行使は自由です。
・投票は超過2:00までに済ますよう心がけましょう。狼以外の夜投票は超過前を強く推奨します。
・超過前噛みは一律で禁止します。 GM指示があった場合のみ、それに従ってください。
・シスコピ、突然死も禁止です。 一応明文化しておきます。
・開始予定時刻までに準備が完了していない場合、GM権限でKICKすることがあります。」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ
 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください」
GM 「ということで、譲ってもらいました。」
GM 「809 :普通の名無しさん:2015/07/29(水) 02:03:44 ID:hsQ.SFA6
あ、先に建てられたようなのでそのままどうぞ 」
むらたてまん 「村建ては連続で建てられないように制限あったはずだからこっち建てたなら絶たないんじゃないかな
もし廃村にするなら待機」
むらたてまん が幻想入りしました
GM 「806 :普通の名無しさん:2015/07/29(水) 02:00:31 ID:hsQ.SFA6
ふーん、じゃあ立てよう

807 :普通の名無しさん:2015/07/29(水) 02:00:35 ID:4KotFDho
お、おう。
建てて来よう

これで私が遅い方だから、場合によってこっち廃村で。」
GM 「ごめん、ちょっと村立て宣言被っちゃったので様子見。
確認すべきだったね…」
村作成:2015/07/29 (Wed) 02:01:57