←戻る
【雛番外】やる夫たちの超闇鍋探偵村 [3986番地]
~劇場版探偵村!22番目のターゲット~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMオープニングあり自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon IAGM
 (dummy_boy)
[夢共有者]
(死亡)
icon 上条当麻
 (黄色の人◆
tDDCdv.Z/dYi)
[迷い人]
[痛恨]
(死亡)
icon カレン
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[飛縁魔]
[仇敵]
(死亡)
icon 星くん
 (チーズ◆
CheeseVsgg)
[銀狼]
[感染者]
(死亡)
icon グレイマン
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[霧狐]
[感染者]
[痛恨]
(死亡)
icon ジュラル星人
 (レックー◆
REKvmuq0Pk)
[釣瓶落とし]
[感染者]
(死亡)
icon 七代目にわ影
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[夢共有者]
(生存中)
icon 汚い忍者
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[占い師]
(死亡)
icon 霊夢
 (探偵の$◆
ZZQhvypOfk)
[雪女]
(死亡)
icon ボルガ博士
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[誘毒者]
[仇敵]
(死亡)
icon 森谷帝二
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[侍]
(死亡)
icon 十神白夜
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[司教]
(死亡)
icon ゼロ
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[復讐者]
[痛恨]
(死亡)
icon Lクマー
 (マル◆
Maru.hdu6A)
[潜毒者]
[感染者]
(死亡)
icon モモ
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[響狼]
[仇敵]
[痛恨]
[能力喪失]
(生存中)
icon 火焔猫 燐
 (ふらい)
[人狼]
(死亡)
icon 藤原妹紅
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[雪狐]
(死亡)
icon 武藤カズキ
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[誘毒者]
(死亡)
icon 河城にとり
 (プラスアルファ◆
GARNEToSHv.u)
[修験者]
[仇敵]
(死亡)
icon 物部布都
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[暴君]
[仇敵]
(死亡)
icon 真紅
 (◆
BWd.mSblk2)
[仙人]
[痛恨]
(死亡)
icon 千手扉間
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[未亡人]
[共感者]
(死亡)
ゲーム開始:2015/07/31 (Fri) 21:31:24
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 決闘者陣営1
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
IAGM 「さてとっと」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
武藤カズキ 「だと思った>死ぬ」
IAGM 「お疲れ様でした」
IAGM 「まぁ潜毒死ななかったからw」
武藤カズキ 「潜毒板ならあたって正解かな」
ボルガ博士 「ホッホッホ、御疲れ様じゃよ
なかまおった、じゃと!」
ボルガ博士 「後は侍君にがんばってもらうかの」
ボルガ博士 「明日の遺言悲劇じゃな」
IAGM 「いきなり狩られるらしい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
武藤カズキ 「いきなり狼補足らしい」
ボルガ博士 「激しい展開じゃなw」
IAGM 「あ」
ボルガ博士 「これ割と余裕じゃね?」
武藤カズキ 「あ、いきなり侍死亡」
ボルガ博士 「反射しおったwwwwww」
IAGM 「こうなると狐が怖くなるねぇ」
ボルガ博士 「あかん、これはあかんぞいwwwwww」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
武藤カズキ 「この陣営数だとあんまり暗殺動かないほうがよさ気なんだけどねぇw」
霊夢 「お疲れさまー
なんだ、どうした」
IAGM 「お疲れさま」
ゼロ 「おつかれさま」
河城にとり 「ばっかやろうwwwww>侍暗殺反射
お疲れ様wwww」
ボルガ博士 「ほっほっほ、御疲れ様じゃよ」
ゼロ 「にとり初手反射とかwwww」
IAGM 「にとりェ…www」
霊夢 「wwwwwww>初手反射」
ボルガ博士 「イロモノ展開過ぎるじゃろw」
ボルガ博士 「げぇwwwwww」
河城にとり 「しゃーないね。反射見たらそうなる」
霊夢 「誘毒がゆうどくに飛ぶとかカレンが飛縁魔とか2狂銀混じりとか
ネタネタしすぎる・・・」
ボルガ博士 「まじめな話しすっと反射しても非狼じゃけどのw」
IAGM 「実は侍1人しか特殊死因原因いないとは思うまいw」
河城にとり 「ピンポイントで地雷引いたのかいわたしwwww」
ボルガ博士 「そーなるのw」
武藤カズキ 「やっぱり初手は自重しようw>にとり」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IAGM 「上条さん辺りに暗殺出来てたら最高だったんだけどねw」
河城にとり 「それやねw>カズキ
ただ4発言でロクにしゃべってねえから死んで良いだろって思って殺しにいったんだがねー
侍ならもうちょい頑張れよーwww」
IAGM 「侍だからこそ暗殺いても平気と思った高度なテクニックだった?w」
霊夢 「らんららーん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ボルガ博士 「耐えてもばれるからあかんじゃろそれw
お疲れ様じゃ」
河城にとり 「おつかれー」
IAGM 「お疲れさま」
霊夢 「お疲れさま」
十神白夜 「お疲れさまだ」
霊夢 「狐勝ちそう(粉ミカン
狐に痛恨が付いたからそれ期待かなぁ」
ボルガ博士 「これ下手に暗殺暴れたら狼滅びそうな数じゃなw」
IAGM 「潜毒に飛縁魔もいるからねw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボルガ博士 「ジュラル君吸い殺されね?」
河城にとり 「お、呪殺」
武藤カズキ 「銃殺入って死体増えまーすw」
十神白夜 「ほー>銃殺」
ボルガ博士 「もこたん溶けたお」
霊夢 「ヒューッ!」
IAGM 「対応できるかしら」
ボルガ博士 「ジュラル君も死んでもいいんじゃよ(チラッ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
霊夢 「お疲れさまー」
河城にとり 「おつかれー」
藤原妹紅 「お疲れ様だ
うわっはい。占われて死ぬか」
ボルガ博士 「ホッホッホ、御疲れ様じゃよ」
IAGM 「お疲れさま」
霊夢 「あはー>呪殺っぽい所に事前に○」
ボルガ博士 「銃殺=お燐くんつらねーのかのw」
藤原妹紅 「このタイミングで暴君COはどうかなぁ
割と一回でも発言していたら信用できたかもしれないけど
素直のお燐を吊るかどうか」
霊夢 「初日夢共有の夢共有者ってまるで一方的に共有主張してるみたいよね。
まさに夢。」
IAGM 「証明はいつでもできるからトラップ期待っぽい」
河城にとり 「まーあれだ
二票持ちで潜った時点で真証明優先しないと
一日置いて―ってやってくれるかどうかもわからんし」
藤原妹紅 「あちゃー>そのまま吊り
まあ、狐的にはそこそこいい感じの展開ではあるかな」
ボルガ博士 「不幸なすれ違いじゃったのw」
霊夢 「暴君に「喋らない意味がない」って言ってるの多いけど別に喋る意味も無いと思うんだけどなぁ」
ボルガ博士 「喋らない=この状況じゃろw」
武藤カズキ 「2票持ちバレた時点でしゃべるほうが無難だと思うよ」
森谷帝二 「そもそも暴君なら証明可能なので」
霊夢 「これグレイマンが爆発したら面白いんじゃね!?(迫真」
IAGM 「ここでグレイマンの痛恨爆発(ボソッ」
河城にとり 「初日はともかく、昨日はしゃべった方がよかったとは思うね
二票持ちがばれた時点で吊りの危険来るし、一日逃れようとしてると思われたらこうなるから
初日はしゃべったらダメ、探偵が真誤認するから」
森谷帝二 「今フラグたった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボルガ博士 「待ってくれるかどうかは状況しだいじゃからの
まー今回待てるけどの、探偵村じゃし」
IAGM 「喋ってないのが悪いで終わると思うよ>掌返し」
霊夢 「◇物部布都 「じゃ検討会で謝るから掌返しの準備だけしておけよ、皆の者。」
手の平返る気がしないんだよなぁ・・・」
ボルガ博士 「てかーどーせ喋っても出んかぎりトラップじゃろ」
武藤カズキ 「俺が死体にいてもあれは吊るって言ってるかなぁ・・・」
河城にとり 「そもそも弐票持ち占わないし…」
武藤カズキ 「下にいてもねw」
十神白夜 「俺が探偵だったらたぶんこの暴君CO吊らないんだが……。
いや、霊界番長か。なんでもない」
森谷帝二 「待ってくれるかは探偵次第
最善は昨日話す事、かな」
河城にとり 「まー

ノリで暗殺したらピンポイントで即地雷踏んだ私がいるんだけどな!ハハハ!」
武藤カズキ 「吊られる危険との兼ね合いなら昨日話すほうがマイナス点がない」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
IAGM 「ちなみにこれで村陣営半減です」
武藤カズキ 「そもそも真占いが◯出したら損しかないよ」
河城にとり 「私でも即吊るすかな、一応
古系の吊逃れで指定変更して村吊りたくないしでー」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
IAGM 「お疲れさま」
ボルガ博士 「まぁ、これは割と正直どっち選択してもえーと思うのw
どっちも理屈付くからのw」
森谷帝二 「唯一反射する人選択するって凄いんだよ>にとり」
霊夢 「お疲れいむー」
河城にとり 「ういおつかれー」
ボルガ博士 「お疲れ様じゃ」
十神白夜 「お疲れ」
藤原妹紅 「おつかれ」
ボルガ博士 「まーワシはおりん君吊るけどの」
武藤カズキ 「だから昨日ささやき出さなかったのが悪い、になると思う」
河城にとり 「4発言で中身もないから死んでも構わんだろって思って暗殺しに行ったらこれだよ!www>森谷
いやほんとごめんねー」
物部布都 「検討会云々はアレじゃったみたいだな。うん、それは済まぬ。」
IAGM 「そう言えば潜毒って吸血鬼には当たらないんだっけねぇ」
十神白夜 「正直この村は滅ぶ気はしかしないが、もしかしたらあの探偵は俺の評価を
超える逸材かもしれないので期待している」
森谷帝二 「>にとり
探偵村で自分吊られないってなるとのんびりしちゃうだな これが」
ボルガ博士 「まー囁いてもトラップ余裕ってことじゃなw
素なら潜りもありなんじゃけど」
武藤カズキ 「そもそも2票持ち占わないと思うよ>トラップ期待」
IAGM 「実質2W1Fで潜毒いるから勝ち目はまだまだ」
ボルガ博士 「LW時点でクマーフィニッシュあるんじゃよ」
森谷帝二 「潜伏毒が発動
狼は銀含みの3w」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボルガ博士 「実はあと3人外でリーチなんじゃ」
河城にとり 「まぁわかるよその気持ちはw>森谷」
IAGM 「狐にも痛恨ついてるしね」
藤原妹紅 「探偵村では2票持ちは露出しにくいけど
2票持ちがいるってわかったら露出させに来るからな」
ボルガ博士 「おりん君吊れるからモモ君、か星君、グレイマン君で終了じゃよ」
藤原妹紅 「普通に噛まれてもいいじゃないか。占い初日とかじゃなければ
占いの代わりに噛まれてもいいんだしとは思った」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ボルガ博士 「信頼と安心のワシがおったからの!
連毒さえおれば・・・!」
河城にとり 「ういおつかれー」
十神白夜 「お疲れさまだ」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
ボルガ博士 「ほっほっほ、御疲れ様じゃよ」
IAGM 「お疲れさま」
藤原妹紅 「おつかれ」
霊夢 「あ、お疲れさまー」
汚い忍者 「お疲れ様」
ボルガ博士 「こういうときは潜毒、黙っててもえーと思うんじゃけどの」
十神白夜 「何を言ってるんだあいつは>俺破綻」
藤原妹紅 「よく見ると夢共有と初日夢共有で共有じゃないか(真顔)」
IAGM 「せやで」
汚い忍者 「侍自体狩り殺しなら出ても問題ないんだよな
俺の状況だと」
ボルガ博士 「侍露出したら噛まれた後ノーガードじゃろw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IAGM 「騎士だっているかもしれない!」
ボルガ博士 「指定展開なら多分出んほうが安定するぞい」
ボルガ博士 「おったらワシが殺しとるw」
汚い忍者 「5日目に出るから状況は変わらん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
汚い忍者 「多分森谷はまず噛まれるからどう見積もっても
情報で小細工される可能性のほうが高い」
火焔猫 燐 「にゃぁーん」
IAGM 「お疲れさま」
河城にとり 「ういおつかれー」
霊夢 「おつかれいむー」
汚い忍者 「お疲れ様」
ボルガ博士 「ほっほっほ、御疲れ様じゃよ」
物部布都 「お疲れさま。」
火焔猫 燐 「占い騙りで信用取るの難しいねぇ
っと、ジュラル星人狂人だったの!
葛の葉見て噛もうかどうか悩んでたよ」
ボルガ博士 「5日目も出ないって選択肢も有るからのー
指定展開じゃし、自分の●に指定飛ぶ可能性有るからの」
IAGM 「グレイマンの性別分かりにくいけどどっちじゃろ」
火焔猫 燐 「痛恨位置はすごくいいけど。どうなるんだろうこれ。」
汚い忍者 「グレイマン吸血死しないかねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
藤原妹紅 「これで生き残ったらもう勝ったと言っていいかも知れない(真剣)」
火焔猫 燐 「忍者真-あたい萌え、妹紅は普通に噛まれてて忍者に罠が仕掛けられてた。
このケースなら通るんだけどなー、レアケすぎてダメかなぁ」
藤原妹紅 「それだと私の遺言なしが微妙になるからな>お燐
あの場合だと私は呪殺か逃亡か尾行失敗になる」
武藤カズキ 「あのCO状況で妹紅噛まれることはほぼないでしょ」
IAGM 「通るけど普通に狼の可能性の方が圧倒的に高いからね」
火焔猫 燐 「って布都ちゃん真暴君じゃないさ!
声出せばいいのに」
汚い忍者 「素直にカウンターCOの方がスッキリするので」
河城にとり 「あれで妹紅かみはないわなー
武藤カズキ 「●撃たれた占いの◯噛むくらいならお燐直噛みするほうがまだある」
火焔猫 燐 「ぐぬぬぬ」
物部布都 「明日で行けるか、と思ったんじゃー。
まあ実際は全然ダメじゃったが。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
汚い忍者 「発言濃度が薄すぎて
夜頑張ってるのかな?ッて思ってからな妹紅に関しては」
IAGM 「お疲れさま」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
藤原妹紅 「おつかれ」
河城にとり 「おつかれー」
千手扉間 「お疲れだ」
火焔猫 燐 「身代わり君が村、誘毒吊りで村の毒飛び、暗殺が反射で死につつ侍露出。
内訳時点では厳しいものの、流れはだいぶ人外有利だったんだけどなぁ。でも厳しいかなぁ。」
汚い忍者 「勝てないかねぇ」
ボルガ博士 「御疲れ様じゃよ」
IAGM 「これ意外と吸血鬼勝ちも…逃亡いると厳しいか」
藤原妹紅 「さて、2w1f。村吊り村噛みなら私たちの勝利だが・・・」
汚い忍者 「お疲れ様」
霊夢 「お疲れさまー」
ボルガ博士 「狼がクマー君噛めれば勝ちスジあるんでねーの
多分昨日かまないならもーかまんけどの」
千手扉間 「グレイマンはそもそも吊るさない意味がさほどない気がする」
汚い忍者 「グレイマン吊れないかな」
河城にとり 「人外COだしの」
IAGM 「まだ7だからならないよ>狐勝ち」
火焔猫 燐 「もうだいぶ詰まってるしねー
狼が噛んでくれることに期待はしないでしょ、さすがにあの吠えじゃ。」
武藤カズキ 「おー、いい位置だがクマー吊りで終わる可能性も微レ存」
藤原妹紅 「アチャー>銀狼指定
残念、飽和は遠のいた」
河城にとり 「・・・あ」
火焔猫 燐 「うわー!2Wいるなら潜毒もなんとかなると思ったのに」
汚い忍者 「指定先はグット」
河城にとり 「これ、もう足音ならさんと駄目になった」
河城にとり 「一回はともかくm二回目以降は・・・・」
IAGM 「響狼ェ…」
武藤カズキ 「足音鳴らさないと噛めないか、そういえば」
ボルガ博士 「これ早めに潜毒潰せねーとどうにもならんからの」
霊夢 「曲がらなきゃならないっ」
IAGM 「そもそもこれ噛み先無くない?」
河城にとり 「ジュラルくらい?」
汚い忍者 「ジュラル星人 狂人アウト
グレイマン 狐死体無し

カレン吸血鬼死亡 上条当麻 逃亡逃げ

真紅噛み復活」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
武藤カズキ 「足音出したくないならクレイマン噛んで於けばカレン噛めるようにはなるけど」
武藤カズキ 「実際は噛めないからな」
霊夢 「痛恨こい、痛恨こい」
火焔猫 燐 「クマー吊ってグレイマンヒットを祈る・・・のには日数足りない気がするなぁ」
ボルガ博士 「でもカレン君噛む必要ねーじゃろw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
藤原妹紅 「おつかれ」
霊夢 「お疲れさまー」
IAGM 「お疲れ様」
千手扉間 「お疲れだ」
武藤カズキ 「LWについた痛恨!」
火焔猫 燐 「ジュラル成人もかなり噛み候補だよねぇ。」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
河城にとり 「おつかれー」
ボルガ博士 「御疲れ様じゃよ」
星くん 「ああ…>響
お疲れ様」
霊夢 「うう・・・」
ボルガ博士 「吸血吊らない=クマー君も吊らないじゃけどw」
IAGM 「これモモ吸血死で狐勝ちとか…」
火焔猫 燐 「それでも付いてる数で言えば狼の方が分がいいよ、ありがたい話さね。>下界のジュラル成人」
汚い忍者 「グレイマン痛恨 モモ痛恨ルートが・・・」
藤原妹紅 「そういえばモモを吸ってkるえたら私たちの勝利か」
IAGM 「吸血鬼勝利が無いね、これ探偵とLW吸えない以上」
火焔猫 燐 「ジュラル逃亡で当麻死亡の可能性はあるんだよね」
ボルガ博士 「モモ君男アリエルぞい」
火焔猫 燐 「モモが吸ったら死ぬ性別だとは限らない・・・けども。」
武藤カズキ 「あ、死んだ」
汚い忍者 「そげぶされた上条さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IAGM 「モモ男性の場合だけかー」
星くん 「そげぶ」
ボルガ博士 「上条君逝ってしまったの」
IAGM 「ここで5人になるとw」
火焔猫 燐 「クマー吊ってグレイマンヒットを祈るゲーム!」
藤原妹紅 「飽和・・・はしないか。最高でも5人
となるとクマー吊って狼か狐勝ちのどちらか」
IAGM 「狐襲ったら6かぁ」
星くん 「結果の無い占星術日記が水泡に帰してしまってお詫び申し上げます」
ボルガ博士 「クマー君吊れんじゃろ
グレイマン君居るし、吸血放置でエキサイティンダメじゃろ」
火焔猫 燐 「真紅死ぬとは限らないし・・・」
物部布都 「5人になったらクマーは3人の時に吊るかな、我なら。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
武藤カズキ 「狐噛んだかー」
IAGM 「お疲れ様」
霊夢 「おつかれいむー」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
上条当麻 「駄目みたいですね……………」
ボルガ博士 「御疲れ様じゃよ」
藤原妹紅 「おつかれ。あちゃー>狐把握」
星くん 「お疲れ様ー」
武藤カズキ 「吸血勝ちかな」
火焔猫 燐 「そうきたかー」
汚い忍者 「お疲れ様」
真紅 「お疲れ様だわ」
武藤カズキ 「と思ったけどモモ吸ったら死ぬか」
河城にとり 「おつかれーこれは吸血勝ちかな」
ボルガ博士 「モモ君の性別次第じゃな!」
IAGM 「いや、カレン今日噛まれるよ、他に噛む場所ない」
汚い忍者 「グレイマン痛恨ルートしかねぇ」
ボルガ博士 「じゃけどまぁ、女じゃとは思うけどの」
武藤カズキ 「モモが男なら吸血勝ち
女なら狐勝ちかな」
火焔猫 燐 「ジュラル吊っちゃうなら夜はカレン噛み、んでグレイマンと引き分け投票だね」
河城にとり 「・・・あー、そっかそっか、噛まれるか」
ボルガ博士 「カレン君噛むと音鳴るじゃろ」
IAGM 「音鳴っても明日最終日の上に狐把握してるから最低でも引き分け行けるし」
ボルガ博士 「引き分けコースなら・・・いや吸血含む4はねーじゃろ」
星くん 「もうステルス使ってるっけ」
上条当麻 「ステルス噛みねえのか?」
汚い忍者 「一回だけ音はならないぞ」
IAGM 「引き分けかルーレットだねぇ」
ボルガ博士 「あれ?狐把握し取った?」
上条当麻 「能力消失がないからあるはずだが。」
武藤カズキ 「グレイ吊るなら引き分けして痛恨勝負」
星くん 「使ってないよな 柱間噛み僕だし」
ボルガ博士 「千住君でつかってねーの?」
火焔猫 燐 「最終日に音の考察なんかしてらんないと思うけどねぇ」
武藤カズキ 「カレンが噛まれるのは間違いないようだし」
武藤カズキ 「あれ?これ痛恨勝負しても狼勝てない?w」
IAGM 「死体では音鳴らないから」
ボルガ博士 「ああ、そっちじゃったか
んでもカレン君噛んだ後狼どーすんの?」
武藤カズキ 「モモ痛恨=狼吊れ
クマー痛恨=モモに当たる」
ボルガ博士 「クレイマン君と最終勝負ってことかの?」
真紅 「布都が真暴君だった が」
IAGM 「夜3人で探偵潜毒狼になった場合…」
藤原妹紅 「いや、普通にクマー吊りに賭けるんじゃないか?」
武藤カズキ 「物部吊りが響いとるな」
汚い忍者 「布都は証明役職なんだからしっかり使ってれば
グレー埋めに使えるんだがな」
真紅 「仙人以外で噛まれるCOってあるかだわ?」
火焔猫 燐 「まだ素村のほうがかまれる可能性あると思うよ>真紅のおねーさん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボルガ博士 「結局吸血と引き分けしかねーかの」
武藤カズキ 「噛まれるCOはなくはないがFO状況で噛まれる要素がなければ普通にCOして問題ない」
上条当麻 「河童騙れは初日に誘毒吊ってる時点で無理だよねとしか」
汚い忍者 「素村騙りとかは一般的仙人とか毒騙りなら>真紅」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
藤原妹紅 「おつかれ」
IAGM 「お疲れ様です」
河城にとり 「おつかれー」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
ボルガ博士 「御疲れ様じゃよ」
ジュラル星人 「お疲れだ
絶望村か
だが、痛恨ゲーだ」
真紅 「やっぱ仙狸CO安定だったかな
素村COは一番弱くない?」
汚い忍者 「お疲れ様」
星くん 「お疲れ様だ同胞」
ボルガ博士 「てかこれグレイマン君吸血なら狼引き分けも無理でねーの
カレン君狂人に掛けるぐらいじゃろ」
汚い忍者 「吸血鬼のppじゃね?探偵村だと」
霊夢 「お疲れ差、亜ー」
火焔猫 燐 「釣瓶落としはがんばってくれてありがとうねー
あんまり上手い占い騙りできなくてごめんよ!」
IAGM 「仙人COしたら絶対噛まれないからまだ噛まれる可能性のある素村COのほうがいいよねってことじゃない>真紅
まず破綻しないし」
ボルガ博士 「この時点でグレイマン君吸血ならりーちかか卵胞がおかしくねーかのw」
上条当麻 「クマーにわ影グレイマン噛めないならカレン噛むしかなくない?っていう
痛恨勝負でしょ」
ジュラル星人 「いや、我々は遊んでいただけだ
一応狼は避けたつもりだが・・モモ」
汚い忍者 「カレン噛まないならpp」
武藤カズキ 「せやな」
真紅 「毒もないジュラル噛みするかと
>GM」
ボルガ博士 「いやグレイマン君吸血なら吸血で残せんって考え方も有るからの」
IAGM 「返事できないけどおkだよー>カレン」
火焔猫 燐 「仙狸COは蘇生出せなきゃ人外に騙りに見られるからねぇ。
ようは「噛みたくならないような役職COをしない」ってだけでいいのさ。」
上条当麻 「死ぬと思うんですけど(名推理」
藤原妹紅 「カレンが死ななかったら勝ち
まあ、カレン噛みしかないけどね・・・」
星くん 「死ぬな(確信)」
IAGM 「まぁ90%か100%の違いだからね>真紅」
千手扉間 「カレンをかんで引き分け調停だろうがな」
星くん 「吸血公が吸血公とは…?」
火焔猫 燐 「もう噛んでます!!!!>下界のにわ影」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊夢 「吸血勝利あるのかなー?」
火焔猫 燐 「グレイマン公・・・」
IAGM 「星君じゃなくてモモ吊りだったら勝ってたんだけどね」
武藤カズキ 「わりとゼロの勝ち目が薄いな」
武藤カズキ 「カレン噛みからのモモ死亡しかルートがない」
上条当麻 「グレイマン連噛みするかなーって感じの」
ジュラル星人 「これで痛恨で飛んで吸血PPなくなったら、どうすればいいんだ…?」
ゼロ 「カレン噛みのモモ死亡・・・むりや」
上条当麻 「引き分けが俺視点一番ありがたいけど、もう楽しんだから負けでもいいや」
火焔猫 燐 「残り5人から連噛みは無いんじゃないかなぁ」
ボルガ博士 「あ、グレイマン君かんったwすまねw」
IAGM 「夜襲撃できる、多分狼に噛まれるけど」
ボルガ博士 「狐見えてるなら安心じゃな(フラグ」
河城にとり 「吸血公は身代わりやで>モモ」
武藤カズキ 「グレイマン噛んで真紅死亡だから公飲み代わりに見えてる可能性は」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
上条当麻 「KREEEEEENNNN」
武藤カズキ 「わりとあります」
河城にとり 「ってああ真紅が身代わりに見えてるのか」
藤原妹紅 「おつかれ」
IAGM 「お疲れ様でした」
物部布都 「お疲れさまじゃー。」
ボルガ博士 「ほっほっほ、御疲れ様じゃよ」
霊夢 「おつかれいむー」
IAGM 「ほんと惜しかったですねぇ」
カレン 「ダメだった・・・!」
ジュラル星人 「お疲れだ
さて、絶望村」
河城にとり 「おつかれー」
星くん 「お疲れ様だ」
カレン 「でも、モモ女性で詰んでる気が」
汚い忍者 「お疲れ様」
上条当麻 「まぁ吸っても死亡するだけだから……………」
火焔猫 燐 「これCOせずにLクマー吊りで1/2に賭ける手もある、のかな」
ジュラル星人 「グレイマンが飛んだら探偵を噛んでいいとアナウンスは頼む>GM」
星くん 「LW女性なの厳しいな」
武藤カズキ 「グレイマンが狐COで引き分け交渉かな」
IAGM 「これって3人夜になったら探偵噛んでいいんだっけ」
上条当麻 「クレイマンが飛んだら噛まずに勝ちだ。」
上条当麻 「ああ痛恨か。」
カレン 「星くん指定無かったらワンチャン……?」
IAGM 「あいあい>ジュラル星人」
ボルガ博士 「これグレイマン君破綻してるから引き分けくせーのぅw」
IAGM 「というか昨日夜買ってましたね>カレン>モモ吊りなら」
武藤カズキ 「確率1/2」
ボルガ博士 「カレン君吸血じゃないなら何になるが有るからのw」
武藤カズキ 「それならグレイマンも飲むかな
狼あたりなら勝てるから」
カレン 「モモ吊ったら、夜来てPPするまえにゲーム終わっちゃってますがな >GM」
ジュラル星人 「まぁ、こうなれば
どうなるか楽しみだ」
霊夢 「荒ぶれ運命神!」
汚い忍者 「これ負けたな
クマ吊りで終わるし」
IAGM 「あぁ、星君の代わりにってことです>カレン」
ボルガ博士 「グレーマン君の正体考えてねーんかのw」
ジュラル星人 「どちらにせよ、村勝ちはない>忍者」
藤原妹紅 「1w1fなんだよねえ残念ながら
さて、こうなると運ゲーだが」
星くん 「LWが男性であれば吸血鬼にも目があったろうな」
ゼロ 「・・・あっ」
火焔猫 燐 「特殊な状況における能力発揮の制限解禁
3【人狼系限定】 下記の条件をすべて満たす場合
 1.生存している全ての人狼が恋人であると互いに自覚できる場合
 2.探偵以外に襲撃可能な場所が存在しない場合
 3.襲撃を成功させることで恋人陣営の勝利が判明する場合

たぶん探偵噛みはこの項目の話だよねぇ。条件からすると無理っぽい?」
ゼロ 「グレイマン吊ったら、クマーしか噛めない?」
汚い忍者 「俺出たとき火焔猫 燐吊りは強行で無理だったから
司教吊りが痛い」
ジュラル星人 「グレイマン狼も狐もあるだろう…」
カレン 「あぁ、当麻さんどうしようがありましたが、同じ展開なら確かにそうでしたね」
武藤カズキ 「ボルガ博士釣りの俺あたりは必要経費だし・・・
物部釣りかにとりの暗殺反射かどっちかかな>村勝ちルートに帰るなら」
ボルガ博士 「じゃよ、引き分け提案はいるじゃろ」
霊夢 「・・・・・・おおぅ・・・・・・>条件」
ジュラル星人 「前に3人夜では、探偵をLWが噛んだのは見たことがある
だから大丈夫だ」
IAGM 「まぁ潜毒噛みして負けろってのも酷だしこの場合は探偵噛んでいいはず」
火焔猫 燐 「どっちかというと万が一のクマー毒狼ケアとか。
グレイマンが狐だったらクマー吊って毒が飛ぶのに期待するしかないって理屈?」
上条当麻 「2の条件に該当してると思うけど。」
ゼロ 「全て満たす場合のみじゃね?」
ジュラル星人 「でないと、完全な積みゲーをさせて、何の得がある?」
ボルガ博士 「まークマー君信じんなら無理よのw」
IAGM 「3人夜で探偵噛めば勝ち確定なら別に噛んで不都合ないし」
ゼロ 「>3【人狼系限定】 下記の条件をすべて満たす場合 」
上条当麻 「あっ()>全て満たす場合」
火焔猫 燐 「へぇー、そうなんだ!3人夜なら探偵噛みもOKとする村もありなんだねぇ」
ジュラル星人 「その時は、扇動者と探偵が残りで
探偵を噛んで終わらせていたが」
ボルガ博士 「それすべてで否定されおった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カレン 「いや、狐飛んだら1-1で夜来ないんじゃ」
IAGM 「あー、それとはケース違うんだね>ジュラル星人」
星くん 「狐が痛恨で飛んだら夜が来る」
ボルガ博士 「ゆきほたるさんが救済考えとった記憶があるんじゃけどみあたんねーんじゃよ」
ジュラル星人 「ああそうか、そういえば二人になって終わりか
どこが飛んでも」
カレン 「あぁ、痛恨ですか」
IAGM 「ちょっとそこらへん探したけど明確な答えが見つからなくて」
武藤カズキ 「むしろグレイマン真吸血なら引き分け交渉すると思うの!」
ジュラル星人 「うーむ
だが、そういう例があるなら探偵噛みを認めないとゲームとしてちょっとな…」
武藤カズキ 「ここで引き分け交渉しないことが人外の証左ではある」
藤原妹紅 「そういえばそうか>真吸血鬼なら引き分け交渉」
IAGM 「あぁ、今回は有りとします
ルールと違えてるの後で見つかったらごめんね」
ボルガ博士 「ゲーム的にはありにせんとおかしいんじゃけどね
ルールにねーんじゃよ」
上条当麻 「まぁぶっちゃけ勝ったようなものだしいいんじゃない?>探偵噛み」
カレン 「基本、ありなはず >こういう時の探偵噛み」
火焔猫 燐 「まぁその場合夜にGMがアナウンスで、「この村はありとします/なしとします」って言えばいいか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました