←戻る
【雛3414】やる夫たちの希望超闇鍋村 [3992番地]
~恋人村にするかは要相談~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon カリオストロGM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon できる夫
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[白狐]
(死亡)
icon できない夫
 (黄色の人◆
tDDCdv.Z/dYi)
[巫女]
(死亡)
icon やらない夫
 (朧◆
qT6y9Kcz1Q)
[聖女]
(死亡)
icon ミナミ
 (ちゅみきさん◆
vmmZ0hhNNc)
[雛狼]
(死亡)
icon 蒼星石
 (あべべ◆
piryHPnRM6)
[占い師]
(死亡)
icon 二代目にわ影
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[天人]
[能力喪失]
(死亡)
icon ミズキ
 (月輪場◆
z3aI.CLajU)
[紅天使]
(死亡)
icon できない子
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[村人]
[元紅天女]
(生存中)
icon かーちゃん
 (めら◆
vGplWDPVXg)
[人狼]
[共鳴者]
(生存中)
icon フロリス
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[忍者]
(死亡)
icon アキヒサ
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[玩具姫]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon 流石兄者
 (漬物石◆
mx00K0J/.g)
[琴古主]
[共鳴者]
(生存中)
icon れみりゃ
 (ciel)
[餓狼]
(生存中)
icon 橘タンポポ
 (夢遊病◆
5R5iTMIYO.)
[人狼]
(生存中)
icon やらない子
 (蒼玉◆
4SaPpHIRE6)
[村人]
(死亡)
icon ボルガっていう
 (www)
[呪狼]
[共鳴者]
(死亡)
icon 爆弾
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[琵琶牧々]
[恋人]
[共鳴者]
[共感者]
(死亡)
icon デッドプール
 (狂言◆
e29TGtgBys)
[村人]
[元紅天女]
(生存中)
icon バルタン
 (カン)
[星狐]
(生存中)
icon ニンフィア
 (C_T)
[誘毒者]
(死亡)
icon キャスター
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[恋司祭]
(死亡)
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
できる夫 「獲物を前に舌なめずりするのは三流って言いますしね」
ミズキ 「かむからわるいんだ((」
蒼星石 「ニンフィアだけだよ、南疑ってくれたのは(僕を信じてくれていたわけではない」
ミナミ 「ハイ終了―」
ニンフィア 「まあ、狼勝たないならいい」
ミナミ 「飽和か…」
二代目にわ影 「まぁ、詰めを怠るのは良くあるし……。(震え声)」
ボルガっていう 「頭のなかの爆弾がっていうwwwwwフラッシュっていうwwwww」
できない夫 「昨日の探偵村は嫌な事件だったね(適当」
蒼星石 「まぁ狐勝ちならいいかなって」
キャスター 「餓使わないのか?使うよな?」
ミナミ 「餓え何のためにいるのよ…」
二代目にわ影 「やめろ、ボルガ博士が全部持っていくだろ。(震え声)>できない夫」
できる夫 「大惨事になるのでは>できない夫さん」
ニンフィア 「まー 私からもアキヒサは無理かな
正直ミナミがかーちゃんについた鵺想定してたし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボルガっていう 「PP路線入ってんだから餓え使えよwwwっていうwwww
俺吊りまでは俺ー爆弾見られるのと飽和怖いから吊られ許容してたけどっていうwww」
蒼星石 「明日来ないよ」
できない夫 「毒能力者で自分が吊れたら全ての毒能力者をみちづれにするって役職出ても良くない???」
フロリス 「女王観戦者って村人陣営にみえる守らなきゃいけない職だっけ」
ミナミ 「れみりゃナイス」
蒼星石 「狐勝ちっぽいね」
できない夫 「鮮血婦人はあれ違うだろーなんか違うだろー。」
ボルガっていう 「バルタン噛めよぉっていうwwww
ていうか餓えいるだろwwっていうwwwwww」
ミズキ 「あああああ ついにかまれる そしてそこ噛んだら……」
できない夫 「っていうか女王観戦者実装まだですか!!!」
ミナミ 「れみりゃが噛めばいい」
二代目にわ影 「かーちゃん独身っておかしくない?(疑念)」
蒼星石 「アキヒサ噛んだら狐勝ち、バルタン噛んでも恋人吊れない」
二代目にわ影 「動画コメントから引っ張ってネタにしてるだけやで。(小声)>元ネタ」
できる夫 「お疲れ様です
ああ、夢毒が錬金術師で強化できないのと同じ理論ですね>できない夫さん」
ニンフィア 「というか案の定過ぎてねえ」
ニンフィア 「まあ、しってたよ
かーちゃん狼は」
蒼星石 「お疲れ様」
ニンフィア 「はあ」
カリオストロGM 「おつyかれ様だな」
できない夫 「毒が無いなら当たらない>できる夫」
ボルガっていう 「おつっていうwwwww」
二代目にわ影 「お疲れ様。」
ボルガっていう 「ニンフィア吊りカラハイrなら勝てるっていうwww
流石に餓使うよな?使うよな?っていうwwwwwww」
できない夫 「正直にわ影の元ネタ知らないしなぁ」
できる夫 「夢毒って誘毒の中り対象でしたっけ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
二代目にわ影 「球磨川先輩は自分が目立てば良い人だから……。」
ミナミ 「昨日の夜の会話
ニンフィアに組織票しようか」
キャスター 「復活が必ずしも活躍とは限らんぞ。
新キャラの力を見せつけるための捨て駒になる可能性が高い。
球磨川先輩は負け犬同盟に酷いことしたよね」
できない夫 「ファッ!?ww>ニンフィア吊り」
できる夫 「毒がいないので誘毒は当たりませんね」
二代目にわ影 「ニンフィアこれ当たるん?」
ボルガっていう 「バルタン噛もうぜお仲間ぁっていうwwww
俺の投票見てくれよぉっていうwwwwww」
できない夫 「ニンフィアの毒は何処にも当たらないけどね。」
ミズキ 「って あ 埋毒じゃないゆうどくだ」
ミナミ 「これ、バルタン噛まないと勝てないわね」
ミズキ 「いっそにんふぃあつってえきさいてぃんしてほしい」
二代目にわ影 「そして何でやにわか可愛いやろ!(バンッ)」
蒼星石 「元々の村がそもそもニンフィアしかいないんだね、もう」
二代目にわ影 「>できない夫」
二代目にわ影 「兄者辺りで煽り大会始めて良い?()」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボルガっていう 「なんだろうっていうwww
爆弾吊ると負ける気がするっていうwwww
下界のお仲間がニンフィアをそのまんま噛む未来が見えるっていうwwwww」
ミナミ 「吊り逃れしておけばバルタン退治できていたのに…」
二代目にわ影 「何でや!
愛染様何か復活フラグ立ててたやろ!()」
できない夫 「そろそろ俺が指定役になる番だな……………やはりにわかには任せておけん」
二代目にわ影 「懐かしい蜥蜴身内切り大会を開催し続けていたあの頃。(適当)」
キャスター 「強い言葉をもっと使えよ。そうしないと愛染様みたいになるぞ」
できる夫 「でっていうででっていうを占うことに違和感がありますか?ありません(たぶん)」
二代目にわ影 「殺すか殺さないかだから。」
できる夫 「ヘイトアイコンを占うには自分がヘイトアイコンになればいいのです」
二代目にわ影 「ああ、余裕とかじゃないんだ。」
ボルガっていう 「まぁ、実際8割超えで基本騙りなんじゃがなっていうwwwwww
(兄弟とかそういうの除く)」
キャスター 「基本人狼なんていかに正当性を保って言いがかりつけるか、だから……」
二代目にわ影 「兄者何処の鵺かと思ったらかーちゃんか、初日の動きが良いことを思い出して吊るまいと思ってたけど困るぅ。」
ミナミ 「バルタン吊って爆発しましょう」
蒼星石 「そりゃ場合によりけりだよw」
二代目にわ影 「それはそれで面白いから可。()>ボルガっていう」
ボルガっていう 「初手ワシ占いはそれだけで信用が減る可能性あるがのぉっていうwwww
マジでそれで真切られたやつおるから草が生えるっていうwwwww」
二代目にわ影 「大声は知らん。
てか確認してないけど人外多すぎ事案なんじゃね。」
蒼星石 「飽和するなぁ、これ」
できる夫 「超!エキサイティン!」
ミナミ 「爆発したら狼の勝ちしなければ恋狐の勝ちか…」
二代目にわ影 「ヘイト占いの理屈も理解してたしね。」
キャスター 「まぁ手遅れだけどな」
できる夫 「お疲れ様でした」
蒼星石 「お疲れ様
ボルガ吊ってくれてありがとう」
二代目にわ影 「お疲れ様。」
ボルガっていう 「おつっていうwwwww」
蒼星石 「日記に書いたでしょ
この村初手○信用できないんだから別にヘイトアイコン占っていいんだよ」
カリオストロGM 「お疲れ様だ」
ボルガっていう 「しかし・・・っていうwwww
なんで狐からアシスト飛んできたんですかね?っていうwwwwww」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
できない夫 「ヘイトアイコン占うとか真占いじゃない(断言」
ボルガっていう 「俺の魂の投票を見てくれお仲間ぁっていうwwwwwww
めっちゃ狐に粘着投票してるからさぁっていうwwwww」
できない夫 「PPか飽和かしかないんだよなぁ。」
ミナミ 「飢えで噛めばいける」
ミズキ 「爆発してもおいしいからそれはそれで
飽和してもおいしいからそれもそれで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「て言うか占い先候補紅天女2と呪い狼1だからどう頑張っても今日の僕は活躍できそうになかったわ」
ボルガっていう 「まぁ・・これなら勝てるかなっていうwwwww」
ミナミ 「爆発した時点でPPに入れるわね」
できる夫 「僕としては爆弾にさっさと爆発してもらいたいです
それから、バルタンさんに生き残ってもらいたいですね」
キャスター 「かーちゃんにとってゲームはすべてファミコンだからな。
そりゃできない子とやらない子の違いなんてGCとPS2くらいしかない。」
蒼星石 「僕以外いないだろ、真占い」
ボルガっていう 「マジで真占いでやんのwwwwwっていうwwwwwww」
蒼星石 「^^」
ミナミ 「間違えてかんだのか…」
ボルガっていう 「( ͡◉ ◞౪◟ ͡◉ )>蒼の子」
やらない子 「お疲れ様でしょ」
できる夫 「お疲れ様でした」
蒼星石 「なんで僕が爆発しなきゃいけないんだい(げきおこ>ボルガ」
ボルガっていう 「爆弾!!!!!っていうwwwwwwwwww」
ミナミ 「お疲れ様」
キャスター 「お疲れさまだ」
カリオストロGM 「お疲れ様だな」
蒼星石 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミナミ 「明日爆発しそうね…」
ミナミ 「爆弾どうした…」
できる夫 「あれは益荒男超えてると思いますよ>GM」
できない夫 「指揮とっても狼吊れなかったんだよなぁ…………」
カリオストロGM 「上条さんのタフさは実際益荒男にふさわしいとは思うな」
蒼星石 「できない子かデッドプールが指揮取らないでずっとグレランだもん、狼陣営6あるのに狼吊れるわけないよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キャスター 「というか吊り足りねェなこれ」
できる夫 「……wwwwさすが童話作家は発想力が違うというかwww>キャスターさん
ああ、あと2日目昼のホワイトアウトなどのメタを持ち込んでしまい大変申し訳ありませんでした」
キャスター 「益荒男は致命傷を喰らった後
「てめぇらずっと待ってたんだろ (ry」という長い台詞を吐き出して
そして言い切った後に死ぬ幻想殺し属性だと思ってる」
できる夫 「よくそこまで思いつきますね>GM
まあ、呪殺されなければ村位置に入れるので、状況によるのでしょうか」
カリオストロGM 「益荒男(ますらお)>できない夫」
できない夫 「まぁタフガイって言われるくらいだから多少はね?俺読み方知らないけど」
カリオストロGM 「我慢してたけど途中で耐えられなくなった。もしくは噛まれた時に病気もらった>できる夫
まぁ呪殺されないだけで強いよ実際」
ミナミ 「お疲れ様」
できる夫 「お疲れ様でした」
フロリス 「お疲れ様です」
やらない子 「あら、噛まれたの?
お疲れ様でしょ」
できる夫 「白狐って……酷い劣化職なんですね……
というかその理論からすると益荒男はどうなるんでしょうか>GM」
ミズキ 「回避! 恋落ち回避!!」
カリオストロGM 「お疲れ様だな」
蒼星石 「お疲れ様」
ミズキ 「おお!!」
フロリス 「・・・そんな気はします>できない夫
まあ奇策とかできるじゃないですか!私やらないですけど 白狐だったら」
できない夫 「子狐とか蛻庵とか自分視点の情報集めたほうが動きやすい感」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
キャスター 「餓狼さんはLWになった時にゴミみたいに死ぬという宿命の星を背負ってるんだ
そりゃラオウみたいに強くなる」
カリオストロGM 「つまりあれだ
普通の狐は根性あるんだよ、狼に噛まれても我慢できる
でも餓狼の噛みはかなり痛い。だから死ぬ
白狐は根性ないから普通の狼の噛みでも痛みで死ぬ
簡単なことだな」
ミズキ 「ぼくじゃないぼくなんかばくはつすればいいんだ」
ミズキ 「いえす!」
ミナミ 「この恋人の結び方ってもしかしてリア充爆発しろ?的な」
できない夫 「別に話しても夜時間に発言作れないだけ苦しくない???」
できる夫 「そもそも噛まれて死なないほうがおかしいのです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できる夫 「……ええ、じゃあもうそれでいいです>GM」
できない夫 「子狐も噛み殺せるしなぁ>餓狼」
フロリス 「白狐は他の親狐と話せるのが能力なんじゃないですかね」
カリオストロGM 「狼に噛まれたら普通死ぬぞ
だって痛いじゃん」
できる夫 「白狐でも、狐は狐ということで餓狼でも噛み殺せるんですね
原理は分かるんですが、何か納得いきません」
ミズキ 「ああああ」
できない夫 「子狐の方が強いしね>白狐」
できる夫 「お疲れ様です
白狐って、人狼に噛まれたら死にますよね?餓狼に噛まれても死ぬのは酷いとおもんですが」
ミナミ 「あ、恋人が死ぬw」
蒼星石 「お疲れ様」
ミナミ 「お疲れ様」
やらない夫 「お疲れ様」
できない夫 「しかし村人多いなぁ…………マニア増加もあるとはいえ」
カリオストロGM 「お疲れ様だ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できる夫 「恋司祭って、何でできたんでしょうか
何か元ネタがあるのでしょうかね?」
ミナミ 「死んだかいがあったわね」
ミズキ 「こいしさいは、さっさといなくなってほしいなあ」
ミナミ 「よし」
できない夫 「まぁ初日にポルガ占う占い師なんて居ないから多少はね?(小声」
蒼星石 「実際キャスターは疑ってたのにホワイトアウトなら仕方ないでひっこめてたでしょ、疑い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「いや、僕の言い方の問題だから>できる夫」
カリオストロGM 「ま、メタになるから言わんでええってのは同意だな」
蒼星石 「本当に固まってもそのことを昼に言うのはずるいよって話」
できる夫 「いえ、そのようなメタを持ち出した私が悪いのです
貴方が謝る必要はありませんよ>蒼星石さん」
カリオストロGM 「たまに本当に固まるときがあるからなぁ…
オレ様も固まって2分過ぎにようやく初発言ってのもあった」
できない夫 「草>餓噛み」
できない夫 「俺はそういうの面倒だから全く気にしないけどね>COの速度」
ミナミ 「ちなみにできる夫は餓えに噛まれましたとさw」
蒼星石 「僕もちょっと熱くなってキツイ言い方になってた、ごめん」
できる夫 「ああ、その件に関しては大変申し訳ありませんでした
謝罪します>蒼星石さん」
蒼星石 「CO遅いのって充分騙りで見れる要素なんだから」
蒼星石 「できる夫さ、別にあの騙りはいいんだけど
メタ理由で遅れたって言われるとこっちはそれ以上ツッコみようがないからやめてね?」
できる夫 「この恋人の人選はいったい何なのでしょうか」
ミズキ 「うん ぼくじゃないぼくは爆発すればいいと思う
ミナミとくっつけるか悩んだけど……なんかしゃくだし」
ミナミ 「から恋人いるからマイナス1ね」
フロリス 「呪狼じゃあ狩れないなあ」
蒼星石 「鵺2がくそめんどくさい」
やらない夫 「これはひどい」
ミナミ 「ちなみに狼陣営現在6」
できる夫 「そして、配役公開ですね」
できない夫 「白狐なのか(困惑」
ミナミ 「恋人そこか…」
ミズキ 「おつかれさま」
できる夫 「お疲れ様でした」
フロリス 「お疲れ様でした」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
カリオストロGM 「お疲れ様だ
んで配役公開」
蒼星石 「お疲れ様」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
蒼星石 「僕ずっとそれ言ってるんだけど」
ミナミ 「実はできる夫がQPって落ちないかしら?」
ミズキ 「まあいいや、バカテス勢として もう一人の僕には生き残ってもらいたいね((」
できる夫 「ああ、それもそうですね
すいませんでした>蒼星石さん」
できない夫 「バルタンに関しては役持ち臭がする俺のセンサーに引っかかったからー。」
蒼星石 「できる夫ならそこを恋人にしないも充分メタだけどね」
できない夫 「れみりゃに関しては陰陽師食らった時の狼狽が村視点に見えねえんだよなぁ。
兄者は初日にポルガ投票って投票時間中にグレー整理してないし、ミズキ吊るのも村の流れって言うならギルティでしょ。」
ミナミ 「ミズキもそれくらいいつも買ってるでしょ」
できる夫 「あーいえ、そういうメタな会話は配役公開後のほうがいいと思いまして>蒼星石さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミズキ 「ミズアキってなんか酷い言霊な気がするよ……
僕はちゃんと伏線張りまくってたよ!RPの! プロフとか性別とかで」
できる夫 「その人選はいったい何なのでしょうか>できない夫さん」
二代目にわ影 「そういやバルタンなバルタン。」
できない夫 「兄者バルタンれみりゃ吊ってればどうにでもなるよ(適当」
ミナミ 「来たのよ>ミズアキ」
二代目にわ影 「どうすっかなぁ。」
ミズキ 「ミナミもこっちに来たんだね」
ミズキ 「まあ しょにちにいろいろでてるからぼるが爆弾は……なにか失敗した恋いがいなら恋ないね
共鳴ついてたら失敗もしないだろうし」
できる夫 「あ、見てませんでした>できない夫さん」
ミナミ 「ちなみに占いでした」
できない夫 「っていうかQPのPOP率ホント低いよなぁ。
天使は多いのに」
蒼星石 「お疲れ様」
できない夫 「そこはできない夫ーできない子ダルオォォ!?」
カリオストロGM 「お疲れ様だな」
ミナミ 「お疲れ様」
二代目にわ影 「お疲れ様。」
フロリス 「お疲れ様です」
カリオストロGM 「定番っていうならボルガ爆弾もありじゃね?(」
蒼星石 「そこ反応するなら僕の先の発言にちゃんと反応してほしいんだけど?」
二代目にわ影 「ただ、蒼星石真なら確実に人外騙り出すけどね。
出さないのはド慢心してる俺みたいなのだし。()」
ミズキ 「ボルガ爆弾とかいう素敵カップルが」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できる夫 「というかQPだったらできない夫さんの言う通りボルガっていうさんになんて刺しませんよ……
やらない夫やらない子定番CPでもやってましたよ……」
蒼星石 「僕が逆呪殺なんだから呪いあったのは確かなんだよ」
二代目にわ影 「まぁ、占い出なければ自動的にボルガっていう吊りにはなるし良いんじゃないの。」
ミズキ 「3占いいて共有2確の配役で初日共有 うち2占いがのこったピン共有に黒出したのも見たことある」
二代目にわ影 「やめて差し上げろwwwwwwwwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
できない夫 「アレなこと言うとできる夫QPでポルガに刺さないでしょ(小声」
二代目にわ影 「ただ漂白の場合ボルガっていう呪じゃなくても関係ないとは思うけど。」
蒼星石 「というかできる夫が僕の発言を今徹底的に無視してるのが証拠でしょうが」
二代目にわ影 「そういうことね、理解した。」
蒼星石 「だからボルガが恋人呪い狼ならできる夫噛めば信用される位置になるだろって話をしてるの
狼視点ボク逆呪殺でできる夫騙り見えてるでしょ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
できない夫 「もしポルガ呪狼で蒼星石占いなら陰陽師偽だから噛む意味がない」
蒼星石 「僕占いなんだからできる夫は騙りなんだよ、QPか何かでしょ
2昼にあの速度で出した陰陽何で信じてるんだよ、君たちは」
二代目にわ影 「できる夫真想定で狼ができる夫噛むなら蒼星石銃殺されてることにならん?」
できない夫 「狼視点で陰陽師真だとわかってるから>蒼星石」
できない夫 「14Dの話はNG」
蒼星石 「なんでだよ>にわ影」
できない夫 「それにポルガ呪狼だとしても、三日目ポルガに使ってない時点で割りと残していい位置だと思うけど」
蒼星石 「あぁ、それと狼増えてて6-2なら今日帰還だったから
5-2以下は確定ね」
ミズキ 「狼3共有2狂信1狐1背徳1狩1占1霊1毒1村2っていう配役で5-0の真占いふせて全偽っていうのにぶつかったことがあるよ」
二代目にわ影 「その場合蒼星石天狐にならん?」
できる夫 「だからこそ謎なのですよね>できない夫さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない夫 「それなら即噛み安定だと思う感>できる夫」
蒼星石 「ボルガが呪い狼で恋人だからできる夫噛んだんだろ」
二代目にわ影 「まぁ、それ言った奴真だったけど。
てかその時俺狼で内訳見えてたけど。()」
蒼星石 「あとできる夫は配役公開後でいいからちゃんと読んでから返事頂戴ね」
できる夫 「そうなんでしょうか?>できない夫さん
あるいは、狼の中に呪狼がいたのかもしれません」
できない夫 「普通村で1-0とか1-1共有欠けとかあるじゃん(小声」
フロリス 「占いみたんじゃない?>できない夫
正直ぎりぎり投票しただけで人外とか思ってなかったし護衛したかった」
できない夫 「占いで見られた説>できる夫」
二代目にわ影 「あ、それは俺のコードに掛かるよ。
自分真です、騙りいなければ真確定ですって一見まともだけど何で騙り出ないと思うのって思うから。」
できる夫 「あ、占い騙りの間違いです」
できない夫 「なんで噛まれたんだろうなぁ……………」
できる夫 「しかし、いくら仕事したとはいえ陰陽師の私を噛むのでしょうか…?
占いが蒼星石さん呪殺結果を出して信用勝負を迫るものと思っていましたが」
ミズキ 「天人が霊界にいると役職隠さなきゃならない人は大変だね~♪」
できない夫 「兄者バルタンミナミれみりゃあたりが人外でFAしてあとは配役公開を待つ構え」
蒼星石 「僕以外占いいなきゃ信用勝負もくそもないよ」
二代目にわ影 「今信用勝負捌ける気しないからやめてよぉ……。()」
フロリス 「いやまあ勘違いしたのはこっちの確認不足もあるしうん仕方ない>できる夫」
二代目にわ影 「あるますね。>5W」
できる夫 「フロリスさんは申し訳ないです
私の説明が不十分だったせいで誤解を与えてしまいました」
カリオストロGM 「なんつーかあれだな
左上しか死んでねえ」
ミズキ 「おおかみ本体何人いるのか 五全本体もあるよね?」
できない夫 「まぁ明日占い出してでいいと思う(適当」
フロリス 「お疲れ様です」
二代目にわ影 「お疲れ様。」
蒼星石 「お疲れ様
できる夫、下の方見ておいてね」
できる夫 「カッ…ブハッ」
カリオストロGM 「お疲れ様だな」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
できない夫 「ニンフィアも解釈は面白いと思った感」
できない夫 「まぁ後はグレーでならキャスターは信用したい感じ」
二代目にわ影 「ボルガっていうなら馬車馬そのままで問題はない気もする。()」
できない夫 「内のIMEは馬鹿だから仕方ないね()>GM」
カリオストロGM 「どうでもいいけど行使が酷使とずーっと誤字してるのが気になる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
フロリス 「混乱してたんだってば
というか私はgjもだしてない狩人COとか信用しないし」
できない夫 「だって自分で死にそうだ。って自己判断できたんでしょ。
重要職でその判断が出来るならCOして吊り逃れしてどうぞ。って思うよ俺は」
フロリス 「なんで勘違いしてたのか これもできる夫のわかりにくいCOがわるい!うん」
二代目にわ影 「あれ、これ結構不便だな。」
できない夫 「うん。それはないんじゃない?」
フロリス 「忍者だったんだけどね ああもったいな」
蒼星石 「お疲れ様」
フロリス 「お疲れ様でした」
できない夫 「流石にここまで票が集まると草」
フロリス 「やっぱ死ぬよねえ 勘違いしてたし」
二代目にわ影 「なぁにこれぇ。
お疲れ様。」
カリオストロGM 「お疲れ様だ」
できない夫 「ぶっちゃけポルガっていう酷使しろよとしか思わないけどね>できる夫真なら」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
二代目にわ影 「どうしようかねぇ。」
カリオストロGM 「閻魔は死因が見れるから違うがな
陰陽師視点では解呪成功としかでない。」
蒼星石 「まぁいいよ、あの速度でかばったできる夫信じるならそれで」
カリオストロGM 「陰陽師のシスメは解呪成功で統一だ>蒼星石」
二代目にわ影 「システムは大体茅場に任せてるからちょっと良くわからないです。(すっとぼけ)」
できない夫 「閻魔は違う」
蒼星石 「あれ、違わなかったけ、表記
解呪と呪殺だと」
カリオストロGM 「この辺は村とは関係ないシステムの面だから言うが」
二代目にわ影 「素かあれ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミズキ 「蘇生チャレがない……」
二代目にわ影 「にゃーん。>できない夫」
カリオストロGM 「あー、一応言っておくがどんな場合でも解呪成功ってでるぞ>蒼星石
呪いかけられた先と同じとこ祓った場合でも、月系の妨害でも、憑依祓いでも呪い系祓いでも」
できない夫 「基本的に死体に注目してるのはマイナスポイントなんでね」
二代目にわ影 「それはそれでメタっぽいと思わなくもないけど真がやるメタ発生率を考慮するとそんなもんか。」
できない夫 「できる夫占い師説」
できない夫 「残す意味はないんじゃないかなーって>ミナミ」
蒼星石 「できる夫 「いや、解呪成功しましたよ?」
一応言っておくけどね、解呪って出るのは僕に呪いが他から来ていた場合だけだからね?
僕が呪い持ちで払った場合呪殺しになるからね?」
二代目にわ影 「ミナミどうよ。>できない夫」
ミズキ 「プロフィールから 性別からちゃんと伏線張ってたよ!! 男性だし!」
できない夫 「フロリスも吊って よいぞ」
二代目にわ影 「ぶっちゃけ灰視とか全く効いてない現状。」
できない夫 「まぁカーチャンミズキロラで1人外吊れるとは踏んでいるけど。」
二代目にわ影 「引き出しの取っ手引いてオレオ取ってオレオ。」
できない夫 「とりあえずバルタンは吊っておいて」
できない夫 「にわ影ェ!お前は俺に取っ手の(ry」
カリオストロGM 「お疲れ様だ」
二代目にわ影 「お疲れ様。」
蒼星石 「お疲れ様」
できない夫 「死ね(ド直球」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
二代目にわ影 「ウホッ……。」
ミズキ 「実際由理よりひどい何かになってた可能性もあったんだけどね!」
二代目にわ影 「百合需要は常に一定数あるから多少はね?(適当)」
ミズキ 「僕だって あのラインは…… でもなんでアキヒサのほうが吊られないのか……
僕とミナミくっつけるパターンのほうが多いとでも……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミズキ 「たぶん恋人狙いか何かで僕は吊られたんだろうね……」
ミズキ 「なかなかすごいRPを選んだせいであまり何もできなかったよ……
開始前が一番輝いていた」
二代目にわ影 「(下界にいたら頭に入るとは言っていない。)」
二代目にわ影 「下界にいないと序盤の票変更とか頭に入って来ない。(言い訳)
あ、お疲れ様。」
カリオストロGM 「お疲れ様だ」
ミズキ 「吊られました……」
蒼星石 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
二代目にわ影 「見てなかった。(小並感)」
蒼星石 「まぁそれだけ」
蒼星石 「あとできる夫さ、これちょっと注意してほしいんだけど
騙りの為に必死で日記書いたのは別にいいんだけど
それをホワイトアウトしてたって言うメタな理由でカバーするのはやめてくれない?
ずるいからね?真贋確かめようがない事なんだから」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「まぁこれでそこ信用するならもう知らないよ」
蒼星石 「あー、できる夫QPでボルガ爆弾に刺した臭いねぇ」
二代目にわ影 「大丈夫大丈夫、あいつならきっと強毒引いてくれてるって。()」
二代目にわ影 「蜥蜴飛ばせば良いんじゃね。」
カリオストロGM 「じゃあオレ様カツウォヌスと戦ってくるから…」
蒼星石 「僕はらえねぇよ…」
蒼星石 「というか爆弾共鳴って言ってるよ、ボルガ博士
その後爆弾が埋毒COしてるから人外先かばってるでしょ」
二代目にわ影 「残りのマニア枠1枠だからのぅ……。」
蒼星石 「せめて僕コピーいるといいんだけどいそうにないな、これ」
二代目にわ影 「そういうこともあるさ。」
蒼星石 「初手逆呪殺とかは初めて喰らったんだけど」
二代目にわ影 「やあ。」
カリオストロGM 「よお>お二人」
蒼星石 「えぇぇ…」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営4
ゲーム開始:2015/08/01 (Sat) 21:56:43