←戻る
【雛3416】やる夫たちの封蘇超闇鍋村 [3994番地]
~クーラー効きすぎてるとアイスがおいしくない~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon メリーGM
 (dummy_boy)
[占星術師]
(死亡)
icon できる夫
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[絡新婦]
[恋人]
[受信者]
(死亡)
icon ゴールド
 (ciel)
[狂人]
(死亡)
icon ブルー
 (あべべ◆
piryHPnRM6)
[未亡人]
[共感者]
(死亡)
icon イエロー
 (黄色の人◆
tDDCdv.Z/dYi)
[和蘭人形]
(死亡)
icon レッド
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[村人]
(死亡)
icon テルヨフ
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[因幡兎]
(死亡)
icon ジロウ
 (ジロウ◆
WwaIPdl0Z6)
[蒼狼]
(死亡)
icon アラクネ
 (どんだけー◆
6xuZebIBsE)
[傾奇者]
(死亡)
icon ゼノン
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[萌狐]
[はぐれ者]
(死亡)
icon ブラック
 (エノク語◆
CkK42HJiBJ9Z)
[占い師]
[恋人]
[愛人]
(死亡)
icon グレー
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[蒐集鬼]
(死亡)
icon ホワイト
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[人狼]
[愛人]
(生存中)
村作成:2015/08/02 (Sun) 02:07:48
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
GM 「2:25に開始予定」
GM 「少し時間たっちゃったからな 大丈夫かな」
かりですよ が幻想入りしました
かりかり が幻想入りしました
かりかり 「よろしく」
GM 「いらっっしゃい」
かりですよ 「よろしくー」
慧音 が幻想入りしました
慧音 「こんばんは」
GM 「いらっしゃい」
かりですよ 「かりですよ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりですよ → できる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7350 (できる夫2)」
できる夫 「人きませんねー やっぱり深夜だからでしょうか?」
イエロー が幻想入りしました
イエロー 「こんばんはー。」
GM 「いらっしゃい」
GM 「鍋ひゃから少し時間空いちゃったのもあるかもしれないですね>できる夫」
できる夫 「そうですねー
みんな諦めて寝ちゃったのかもしれません」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
慧音 「良い子は早く寝たほうが良いです」
レッド が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
かりかり 「あれ、希望なくしたの?」
できる夫 「なんかあってるけど違うのが来ましたね」
レッド 「おいーっす」
テルヨフ が幻想入りしました
イエロー 「早く起きたんですよー。」
GM 「いらっしゃい」
テルヨフ 「鍋が立ったという情報が入って起きた」
レッド 「希望を無くす=絶望が命取りな業界だからなウチら」
ジロウ が幻想入りしました
ジロウ 「バトルの準備ができたらホロセウムの前に立ちな」
GM 「希望はもともと付いてないはず 付けたい人が多いなら考えます>かりかり」
できる夫 「希望は欲しいですね」
レッド 「寝込んでて眼が覚めたら立ってたんできた
こういう日に限って大喜吉とか面白れーことやってんだよな」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 双葉杏
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4474 (双葉杏)」
GM 「いらっしゃい」
双葉杏 「希望ほしいかなー
ニートがいいかな…」
イエロー 「スレの方では希望鍋ひゃが多い印象でしたし、反対がなければ付けてもいいんじゃないかなー?って思います」
GM 「付けてもよさそうですかね」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → メリーGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8602 (メリー2)」
メリーGM 「システム:村のオプションを変更しました。」
できる夫 「できる夫 さんが登録情報を変更しました。」
メリーGM 「希望制付けましたので登録の方お願いします」
アラクネ が幻想入りしました
双葉杏 「双葉杏 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:双葉杏 → 遊佐こずえ
アイコン:No. 4474 (双葉杏) → No. 8956 (遊佐こずえ2)」
レッド 「レッド さんが登録情報を変更しました。」
慧音 「慧音 さんが登録情報を変更しました。」
アラクネ 「こんばんわんぬ」
遊佐こずえ 「ふわふわ~…」
メリーGM 「いらっしゃい」
ジロウ 「ジロウ さんが登録情報を変更しました。」
テルヨフ 「テルヨフ さんが登録情報を変更しました。」
イエロー 「イエロー さんが登録情報を変更しました。」
できる夫 「9人鍋ってバランスどうなんでしょ
怖いもの見たさ的なものがあります」
慧音 「17以下の鍋にバランスを求めてはいけません」
遊佐こずえ 「3吊りしかないね~…」
ジロウ 「レイフォールガンにかかれば3吊りでも十分すぎる」
できる夫 「アッハイ>慧音先生」
ゼノン が幻想入りしました
遊佐こずえ 「ねむいのー…」
メリーGM 「いらっしゃい」
ゼノン 「よろしく頼む」
慧音 「子供は早く寝ないと駄目ですよ」
アラクネ 「のんびりのんびりと人がわらわら」
リリーブラック が幻想入りしました
リリーブラック 「よろしく」
ゼノン 「子供ではない…」
メリーGM 「いらっしゃい」
グレー が幻想入りしました
メリーGM 「いらっしゃい」
遊佐こずえ 「こどもじゃないのー」
イエロー 「12人くらいいれば十分ですね。深夜鍋は」
イエロー 「銀の聖者…………!!」
グレー 「コレも定めか 仕方あるまい、掛かって来るがいい」
メリーGM 「じゃあ投票確認できたらカウントお願いします>できる夫」
リリーブラック 「初日はグレーから吊ればいいのよね」
ホワイト が幻想入りしました
遊佐こずえ 「グレーは吊られ確定なの~?」
できる夫 「はい、それじゃ全員の投票を確認したらカウントを開始しますね」
遊佐こずえ 「遊佐こずえ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:遊佐こずえ → ゴールド」
レッド 「あれだろ、デーモン族率いてる魔王だろ
わかるわかる>ゼノン」
できる夫 「できる夫 さんが登録情報を変更しました。」
ホワイト 「春ですよー」
できる夫 「3」
できる夫 「2」
慧音 「慧音 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:慧音 → ブルー」
ゴールド 「便乗したのー」
ブルー 「こ、こうですか」
できる夫 「1」
ブルー 「ブルー さんが登録情報を変更しました。」
リリーブラック 「リリーブラック さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:リリーブラック → ブラック」
アラクネ 「名前変えようと思ったけどカウントダウン的にびびってやめる」
できる夫 「白饅頭的な意味でホワイトにしようと思ったらホワイトが来ました
開始」
ゲーム開始:2015/08/02 (Sun) 02:27:22
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 鬼陣営1
イエローの独り言 「和蘭ァ!」
できる夫 は できる夫 ブラック ホワイト に愛の矢を放ちました
ブルーの独り言 「素村ぁ」
アラクネの独り言 「村人……おふっ」
ジロウ(人狼) 「おう」
ホワイト(人狼) 「素狼ですよー」
アラクネの独り言 「こえーよ」
メリーGMの独り言 「おお当たった」
ブルーの独り言 「鬼とQP次第ですかね」
グレーの独り言 「ふーむ、重複ってことは割りと狼の的ではあるが」
イエローの独り言 「なんでこういう時に限ってボクに恋人陣営くれないの(涙」
できる夫の独り言 「ヒャッホホーイ!!」
ブラックの独り言 「ノータイムで撃つなぁあああああああ!!!」
ゼノン(妖狐) 「狐…萌えかあ」
ジロウ(人狼) 「蒼狼だ
襲撃した相手が妖狐だとはぐれものをつける…無意味だな」
ブラックの独り言 「どう考えてももう片方ホワイトでしょこれ!?

ロリコンめ!」
できる夫の独り言 「リリーホワイト&リリーブラック恋人!
これほど贅沢な恋人が世の中に存在するのか!?」
ジロウ(人狼) 「お前が恋人なら協力してやらんこともない」
ホワイト(人狼) 「……しょーじき言って素素みたいな感じですよー」
ジロウ(人狼) 「だな」
ゼノン(妖狐) 「しかもQPいりかい…」
できる夫の独り言 「するかどうかは知らん!しかし!この二人に刺すしかない!」
ジロウ(人狼) 「占いを騙る準備だけはしておく」
ホワイト(人狼) 「ブラック辺りと矢が欲しいですよー……」
ブラック は ジロウ を占います
できる夫の独り言 「画面の前のみなさん!そうでしょうそうでしょう!!!!」
ゴールドの独り言 「GM誰なのー?」
ホワイト(人狼) 「日記だけは書いとくですよー」
ゼノン(妖狐) 「というかイエロー…」
ジロウ(人狼) 「噛みは任せた」
できる夫の独り言 「だから私は実行する!絡新婦によるリリーホワイトとリリーブラックの愛人を実行する!」
できる夫の独り言 「キャホホーイ!!!!」
ホワイト(人狼) 「りょーかいですよー>ジロウ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆メリーGM 昼は投票はできるだけ2分まででお願いします
夜は超過までまでに狼以外は投票してください」
「◆メリーGM それとGMは ひつじ飼い がお送りします」
ホワイト は メリーGM に狙いをつけました
メリーGM は無残な負け犬の姿で発見されました
(メリーGM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
メリーGMさんの遺言                 ,  --------- 、
            ,イ    _,. - 、     \
           ∧二二,.、 く`ー'       \
          _,/_,                ヽ   ___
       ,ィニr--- 、         {     ∨/´ ̄ ̄`7
       /  /: : : : : :>: . ._          r≦=======≦、
        '.  ' : : : : : |: : : : : : >- 、  ヽ   ` <>、____,≫
        ∨ : : : l: : |\: : : : |,\- \__ \   __、\ ̄ \     陣営数が5ぐらいかなあ
        |:|l: : : {: : |⌒∨: : { ,ィ≦卞:>: r<´:{\( \\ \\
        |:|{: : :∧:下≧、、 : ∨ vzソl: /: : |_'ノ : |  `ーァ\\ \〉 
        |八: :{: :{∧_ vソ \_〉  <}:イ : : |: : : : {__/   \_>
        |  \〉:V∧_> '         |: :.从: :|: : ∨
           \}:込、  v ア  イ|: :/ }: ∧:\〉
            |: : : : >  _ イ/|:/  V }/
            |∧: : |    _}=rく /  /\__
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
アラクネ 「おはようござんす」
ホワイト 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 鬼陣営1
朝ですよー
……5吊り5人外でQP鬼混じりですよー……
正直なところ、すごく面倒なことになりそうな予感しかしないですよー
共有の声も聞こえてなかったですよー
COある人はよろしくですよー」
グレー 「村人陣営6 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 鬼陣営1

この少人数でこの人外数は吊りきれんぞ それこそ鬼かQPが纏めて
殺ってくれぬ限り」
イエロー 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 鬼陣営1
5吊り6人外。QP噛みを考えれば5吊り5人外でいいかな。
浚いはあまり考えないけど、場合によっては頼るかもしれないですね。
赤と白と青が僕の色です。青と白と赤の人以外とは相性が悪いですね。本当に辛い。」
ブルー 「おはようございます
5吊り5人外、幸い偶数なので恋人考えても吊りは減りません、が
鬼とQP次第ですかね」
ゼノン 「おはようだ。
…恐ろしくきつい村に見えるのだが…
せめて共有がいてほしかったなこれは…」
ジロウ 「みんなレイフォールガンは持ったな!!行くぞォ!!」
ゴールド 「おはよー…
5吊り5人外なのー…
ちょっとひどいねー…
COあるかなあ?」
テルヨフ 「おはよう

さて、誰かCOあるかな?
村人陣営6 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 鬼陣営1」
[密]ブルー 「ほほーん」
レッド 「内訳ひっでぇな(真顔)」
できる夫 「おはようございます
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 鬼陣営1
…う わ あ>QP+鬼
うん、バランスもへったくれもありませんね!共有の囁きとかも聞こえませんし!
初日COがあったらお願いします!この陣営数であるかどうかは知りません!」
ブラック 「どう考えても吊り足りないわよねこれ。恋人で減るもの
自刺しな以上どう足掻いても村カウントが死ぬ」
テルヨフ 「正解だよ >GM」
メリーGM 「噛まれたー」
ゴールド 「特にCOなさそう…?」
アラクネ 「狼が多いんだよなぁ」
できる夫 「GMが正解なんですがどういうことなの」
ブルー 「初日村だとすると村人5ですか、QP村刺さりならさらに厳しい」
イエロー 「何もないようですね。それでは村勝ちのための第一歩を始めたいと思います」
グレー 「GMは預言者か(遺言的意味でのネタ発言」
レッド 「COなしと見てグレランだな」
イエロー 「QPを噛ませれば、吊りは足りるんです」
ジロウ 「人狼陣営を全員吊るす必要はねえから一応希望はある
2w?と狐と恋人を吊るせばいい」
テルヨフ 「しかもQPとか鬼とか厄介なのばっかりだ・・・
蝙蝠とか吸血ならまだマシだった」
ブラック 「まあ少人数でバランス期待するなって言ったらそうなんだけどさ
独身OPつけるべきだったかしらねぇ」
ホワイト 「あ、自刺しな以上はどうあっても村カウント1が死ぬのは確定だったですかー!?>ブラック」
グレー 「それが村に刺さって無ければな >イエロー」
ブルー 「占いを大事にしていきましょう
下手にCOせずにグレランで人外狙うしかないです」
できる夫 「グレランですね あっ(察し)」
[密]イエロー 「このジロウさんジロウさんじゃねえぞ!(くっそメタ」
ゼノン 「COはないか…?
まあこの村で老兵とか出たら割ときつい…
アレ判断3日目ぐらいにしないといけないし」
アラクネ 「COがない恐ろしさは怖い」
ゴールド 「QPは自刺しかぁ…
出来れば噛ませたいね」
[密]ブルー 「て言うかそれ欲しいですね>GM」
ジロウ 「…3列じゃねえか」
ホワイト 「で、COが出てこない以上はグレランしかないですよー」
イエロー 「村に刺さっていても問題はないですよ>グレー
吊りは減りませんから」
アラクネ 「頭痛が痛いみたいな子を言ってしまった」
グレー 「鍋の初日などたいていこんなものだ >COがロクに無い」
ブラック 「QPいればね>ホワイト

初日だといいんだけど、そうも言ってられないわ」
ブルー 「ジロウさんうっかりですねぇ」
メリーGM 「これ持って言っちゃったのはもうしわけないね>ブルー」
ホワイト 「3列ある以上、狼は最大3まであり得るですねー>ジロウ」
できる夫 「QPは自刺しなのが唯一の救い……なのでしょうか
それでも村に刺さればバランスはひどいですが」
ゴールド 「最大3Wだよねー…
狂人が独りいるんだよね」
ゼノン 「まあせめて村鬼であることと、QPが人外差ししてることを祈ろう。
人外鬼で、村恋人だったら?諦めるしかなかろう」
レッド 「まぁ、狼陣営恋が持っていってくれたならか
狼が多いっつってもほぼ狂混じりだろ
本体3とかなら知らん」
テルヨフ 「QP自打ちだけど、あんまり関係なさそう
状況的に○人外は吊ってる余裕ないだろうし」
ジロウ 「希望が絶たれた!」
[密]イエロー 「そうだ、これ紅天使COしたらどうだろうか」
アラクネ 「グレーで狼が吊れることを祈ろう」
テルヨフ 「もちろん恋人は殺さねばならんがね」
イエロー 「祈るだけでは期待が高いだけだと思いますね。」
ゴールド 「んー?
恋人いたら村は勝てないよー?>テルヨフ」
テルヨフ 「グレーランかな」
ホワイト 「そういう意味では確定で狂人は1popしてるはずですよー」
できる夫 「狼最大3Wですし、もうかなりやばいですねこれ
恋人殺すべし、ですよ」
ブラック 「何Wいるかは割と今どうでもいいのよ
狼だって勝つためにはある程度飽和しないように場をコントロールしなければいけないもの
で、その上で隙が生じてくれないと正直厳しいの」
ブルー 「村鬼なら暗殺いるようなものなのでたのもしいんですけどね>ゼノン」
グレー 「足りるのか?その場合 >イエロー
ああ、だがまずは狼だろうこれ >テルヨフ」
ジロウ 「初期配置でLWとかならいけるだろ(投げやり)」
ゼノン 「最低でも狂人は一人だな。
…割と2Wであってくれないかなあと私は祈ってる。祈ることしかできんが」
レッド 「逆に恋鬼だとシャレにならん」
イエロー 「吊りミスしないという条件ですけど。
それが普通なので問題はないですよね。>グレー」
ゴールド 「LWならそれはそれでこわいのー…>ジロウ」
できる夫 「恋人が狼とかに刺さってくれるのを祈るしかないんですよね
グレラン村ってかなり厳しいです」
テルヨフ 「狂人吊ってる暇ないね、ってのと頭の中でごっちゃになった」
ジロウ 「恋鬼はなんだそんなやべえのか?」
グレー 「恋人殺すべし言ってるのは 狼飽和早めたい何かか?
この陣営数ならまず狼だと思うんだが」
アラクネ 「どのみち本番は明日からってことですかね?
明日にCOがあると決まってるわけじゃありませんが」
イエロー 「まぁ僕としては聞く前に自分で考えて欲しかったんですけど」
ホワイト 「少なくとも恋陣営の片方は確定で噛めるのは間違いないですし、恋陣営は吊るすよりも噛ませることを考えるべきですよー」
ブラック 「村鬼なら、だけど・・・これも期待してもねぇ
噛まれて吊り増えるぐらいよ。耐性発揮すればね
攫いには期待しないほうがいいわ」
ブルー 「恋夜叉丸とかなにも出来なくて可愛い>レッド」
できる夫 「鬼はバリバリ仕事してもらいたいですね
恋鬼?そんな言葉知りません」
グレー 「恋人暗殺が怖くないのかといってるのと同じだ >ジロウ」
ゴールド 「んー?
じゃあ恋人どうするつもりなの?>グレー」
レッド 「狂人初日だといいんだがって話だな(チラッ」
ブルー 「COは占いがするか他の村とライン出来るか明らかに人外見つけた時だけでいいですよ」
グレー 「噛まれか浚いで死んでくれればいいだろう >ゴールド」
イエロー 「まぁ勝てないと絶望してるかもしれませんが。」
ブルー 「初日村で想定したほうが良いですよ>レッド」
ジロウ 「大体1回しか浚えないんだろ?
あんまピンと来ねえな」
できる夫 「正直恋鬼とか勝ち目がないんで考えません
しいて言うなら夜叉鬼とかの可愛い鬼がいいなあ」
ゴールド 「噛んでくれたら嬉しいな、だけどねー
狼狙いなのは間違いないけどー」
ゼノン 「だとしても難しいぞ>ブルー>暗殺がいても
まあ人外村ならぶっぱが基本ではあるが、最悪なのはこちらからだと鬼がどんなのかがわからんことだ
特に今回みたいだと警戒で吊ることもできん」
ブラック 「怖いとか怖くないとか以前に、まず恋人に村持っていかれてたらその時点でアレだからね?」
レッド 「恋鬼の拐いは怖いだろ>ジロウ」
できる夫 「逆に村鬼ならバリバリやってもらいたいですね」
イエロー 「占い持って行かれなければ何とかなりますよ。後鬼」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブルー は テルヨフ に処刑投票しました
テルヨフ は グレー に処刑投票しました
レッド は テルヨフ に処刑投票しました
ブラック は ジロウ に処刑投票しました
アラクネ は レッド に処刑投票しました
ゴールド は グレー に処刑投票しました
ホワイト は ブルー に処刑投票しました
イエロー は グレー に処刑投票しました
ジロウ は ゼノン に処刑投票しました
ゼノン は ブルー に処刑投票しました
グレー は アラクネ に処刑投票しました
「◆メリーGM @1」
できる夫 は グレー に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
できる夫0 票投票先 1 票 →グレー
ゴールド0 票投票先 1 票 →グレー
ブルー2 票投票先 1 票 →テルヨフ
イエロー0 票投票先 1 票 →グレー
レッド2 票投票先 1 票 →テルヨフ
テルヨフ2 票投票先 1 票 →グレー
ジロウ1 票投票先 1 票 →ゼノン
アラクネ1 票投票先 2 票 →レッド
ゼノン1 票投票先 1 票 →ブルー
ブラック0 票投票先 1 票 →ジロウ
グレー4 票投票先 1 票 →アラクネ
ホワイト0 票投票先 1 票 →ブルー
グレー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アラクネの独り言 「吊られないとは思わなんだ」
メリーGM 「お疲れ様」
できる夫の独り言 「ああーっとすいません>GM
AA探してました」
テルヨフの独り言 「見事なグレーランである」
ゼノン(妖狐) 「…そこ吊れるのかい…」
ブラック は ゴールド を占います
ブルーの独り言 「誰に投票されてるのかわかりにくいw」
ゴールドの独り言 「狼じゃないといいのー…」
ホワイト(人狼) 「随分とグレーに集まったですよー」
イエローの独り言 「私0票って」
グレー 「これは酷いな」
イエローの独り言 「狼視点紅天使考えたら吊るべきじゃないんでしょうか」
ジロウ(人狼) 「視点漏れをしたが気にはしない」
アラクネの独り言 「正直ロクに普通村が出来るわけでもないのに鬼陣営やらQPやら混じられたら物凄い困るよね!」
ジロウ(人狼) 「グレランだからなしょうがない」
アラクネの独り言 「じゃあ闇鍋にくんなって話だよばーか!」
ホワイト(人狼) 「個人的にはイエローがすっごく噛みたいですよー
他にジロウさんが噛みたい位置はあるですかー?」
アラクネの独り言 「ごふっ」
ホワイト(人狼) 「視点漏れもばれなければ問題ないですよー」
ジロウ(人狼) 「挙げるならブラックだな」
メリーGM 「アラクネさん初心者かあ」
できる夫の独り言 「……?ブラックさんの反応がありませんが」
ジロウ(人狼) 「オレ占った占い師警戒でしかねえが
発言も強いし0票位置だ噛んでもおかしくねえ」
ジロウ(人狼) 「イエロー噛みは無意識=確定村人陣営だからか」
ホワイト(人狼) 「イエロー 「占い持って行かれなければ何とかなりますよ。後鬼」
これが逆に自分生きてれば、みたいな方向に感じるですよー」
ホワイト(人狼) 「確認も込みですよー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グレー 「この数だと2票持ちは出てもどうかはあるかもしれんが
まあこの形だと気づかれるとヘイト貰うだろうな」
メリーGM 「ですねー
さすがに投票されてるレッドさんは気づくだろうし」
ホワイト は イエロー に狙いをつけました
イエロー は無残な負け犬の姿で発見されました
(イエロー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
グレーさんの遺言 蒐集鬼だ 成功率低下はそこまで無いし少人数考慮すると
浚いに自重はいらないかな 生きてればだが
イエローさんの遺言 和蘭人形CO

どうしようも無い。とだけ。噛まれるの狙っても…………村減るだけですし。
恋人噛ませなければどうにもならないので
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ゼノン 「おはようだ。
割とそこ吊れるのかって言う位置が吊れてるのだが…」
アラクネ 「おはようよう」
ブルー 「おはようございます
アラクネが権力持ちです
この村で村人-座敷童ラインは流石に見ないんですが」
ホワイト 「朝ですよー
昨日は
ブルー 「恋夜叉丸とかなにも出来なくて可愛い>レッド」
ブルー 「村鬼なら暗殺いるようなものなのでたのもしいんですけどね>ゼノン」
こんなふうに全体的に他へのアプローチが強い位置ということですごく気になったから
こちらに投票したですよー」
ブラック 「ジロウは恋鬼がどうこう触れるのが鬼っぽくはない
鬼以外の人外でしょと見て投票

なんというか、グレー吊れてるのがそこ落ちるのねってぐらいの
組織とは言わないまでもネタ吊りしたって感じがすごくね」
レッド 「拐い一回の後に恋処理したら吊り減るだろ>ジロウ
恋処理できないまま二回拐われても吊り減る
村が拐われたらほぼアウトだ」
テルヨフ 「おはよう」
ブラック 「うわぁ>鬼吊った」
メリーGM 「お疲れ様」
ゴールド 「おはよー
どこ死体なのかなー?」
グレー 「お疲れ様だ」
ジロウ 「おう」
できる夫 「……投票した私が言うのもなんですが、グレーさんに集まりすぎじゃないですかね!?
さすがグレラン!」
イエロー 「酷い。(ひどい)」
ホワイト 「あ、本当ですよー>アラクネ2票持ち」
アラクネ 「鬼つってもうたんかー」
ブルー 「ねぇ、なんで私以外アラクネ2票気づいてないの」
レッド 「アラクネは何か言い残す事あるか?」
できる夫 「う わ あ>鬼吊り」
ブラック 「ああ、アラクネ権力?」
ホワイト 「そして吊られ位置から鬼遺言ですかー」
ジロウ 「ああ浚いだけじゃ吊り減らねえと思ってたが恋人が飛ぶの前提にしねえといけねえのか」
アラクネ 「ああ、歌舞伎者CO」
ゼノン 「…まあ蒐集鬼ならいいか……
色んな意味で面倒だし」
アラクネ 「歌舞伎者CO」
ゴールド 「グレーはなんか狼っぽかった?
発言がねー
でも鬼遺言…?」
ブルー 「それ昨日出てね」
ブラック 「初日出ない時点で吊っていいんじゃないの」
ホワイト 「グレーに随分と集まったくらいにしか思ってなかったですよー>投票関連」
できる夫 「ん、それでアラクネさん2票持ちですね
俳句を読んでください、カイシャクしてあげます」
イエロー 「その恋人刺し先はあんまりだと思うんですけど(名推理」
ゴールド 「なんで昨日出なかったのー?>アラクネ」
ホワイト 「……傾奇者なら昨日出て良かったと思うですよー」
ゼノン 「言えよ>アラクネ>歌舞伎者」
レッド 「いや気づいてるよ>ブルー
私投票されてる本人だし」
ジロウ 「傾奇者は証明5日目だったか」
テルヨフ 「この人数だと初日出ても吊られる気がする」
ブルー 「正直グレー吊ったところ吊りたかったんですけど、これだよ」
できる夫 「傾奇なら昨日出てくださいよ……」
ゴールド 「5日目なんて来るのかなあ?
こないよねー」
アラクネ 「あぁ、昨日出てもよかった形なのかそれは申し訳ない。」
メリーGM 「しかたないね できる夫はロリコンだからうん」
ブラック 「5日目証明で分かるの実質6日目とか最終日よそれ!」
ジロウ 「5日目の投票だから実質偽とわかって吊れるのは6日目」
できる夫 「5日目とか、来ます?
来ませんよね」
ブラック 「最終日来るかも怪しいのに」
ジロウ 「証明はできねえから純粋にアラクネの発言見て決めるしかねえな」
ホワイト 「このすっとぼけ具合がすごく判断に困るけれど、正直証明できないような状況での傾奇COとか残せないですよー」
レッド 「こないこたぁないだろ>ゴールド
狼連続で吊れればだが」
ゴールド 「古系じゃないのかなー
初日でない理由がわからないものー」
ゼノン 「これ、本気で判断がつかんが…
古あると思うかといえばなさそうではあるんだよなあ。」
ブラック 「発言見てどうこうできるほどアラクネが発言してた記憶ないんだけど>ジロウ」
ジロウ 「逆に古系なら老兵やら騙るもんじゃねえか?」
ブルー 「でもこれ古狐なら吊ったら多分狼PPなんですよねぇ」
ホワイト 「初日でないのはやっぱりちょっと見辛い印象ですよー」
ゴールド 「印ではないだろうけどねー
こずえは真ではとても見れないかなー」
できる夫 「証明方法、実質ありませんからね
判断憑かないんで吊ってもいいとは思いますが、もし仮に真ならすごく困るんですよねェ……」
ゼノン 「もしアラクネ占っている奴がいるなら出てもかまわん。
吊り数的には村吊は余裕がない。」
テルヨフ 「この空気なら、出なかったのは正解だと思うわ?
今日傾奇を吊ると言ってる人は初日に出たときにも
5日目どうこうでケアとか言う言い訳で吊ろうとするからね

発言とか信用じゃなくて、ケアという言い訳で」
アラクネ 「吊って勝てるのであれば吊ってもらいたいところだけど、そういうわけでもないんよな?」
ブルー 「黙ってる人外は普通にあり得るので>ジロウ
実際今日私いなかったら誰も気づかなかったよね」
ジロウ 「>ブラック
かといって考えずにアラクネに投票ポイで終わっていいとは思わねえぞ」
アラクネ 「いやほんとごめん」
レッド 「というか古狼なら組織票やりそうなもんだから
あって狐かね」
ジロウ 「投票数なんて数えもしなかった(真顔)」
ブルー 「私はできる夫の方をむしろ吊りたいと宣言しておくので」
ゴールド 「場を混乱させたいのかもしれないしー
どっちかというと狐よりは狼かなー>ジロウ」
できる夫 「発言といっても、アラクネさんあんまりしゃべってませんし
でも、組織票とかそういう行動はとってないんですよね」
ブラック 「・・・これでアラクネに占い使わせるのも正直なぁ
銃殺出たら逆にまずいような場だし」
レッド 「いやだから
私投票されてるから気づいてるって>ブルー」
ゼノン 「印はないだろう
たしかはアラクネ印なら私かブルーかジロウが2人ぐらい落ちて機能しなかったか?」
ブルー 「アラクネ村で見る人は乗らないとそこしか吊れないと思いますよ、もちろん私怪しいなら私吊れば良いんじゃないですか」
ホワイト 「あぁ、でも古狐で狼PPの可能性は有りえるけれど……その場合だとして、じゃあ2票持ち狐を残せるか、は難しすぎる印象ですよー
古狼なら、正直狂人と組んで早い段階からPP持ち込むと思うですよー」
ブラック 「狼だって分かったら吊るよ! って悠長な村でもまずない」
ホワイト 「アラクネ印は不可能ですよー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブルー は できる夫 に処刑投票しました
レッド は アラクネ に処刑投票しました
ホワイト は アラクネ に処刑投票しました
テルヨフ は できる夫 に処刑投票しました
ブラック は アラクネ に処刑投票しました
アラクネ は できる夫 に処刑投票しました
ゴールド は アラクネ に処刑投票しました
ジロウ は レッド に処刑投票しました
ゼノン は テルヨフ に処刑投票しました
できる夫 は ブルー に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ゴールド は アラクネ に処刑投票しました
できる夫 は アラクネ に処刑投票しました
テルヨフ は できる夫 に処刑投票しました
ホワイト は アラクネ に処刑投票しました
ブルー は できる夫 に処刑投票しました
ブラック は アラクネ に処刑投票しました
レッド は アラクネ に処刑投票しました
グレー 「妙な割れ方したな」
アラクネ は できる夫 に処刑投票しました
メリーGM 「んー引き分けになるんですね」
ジロウ は レッド に処刑投票しました
ゼノン は ジロウ に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
できる夫4 票投票先 1 票 →ブルー
ゴールド0 票投票先 1 票 →アラクネ
ブルー1 票投票先 1 票 →できる夫
レッド1 票投票先 1 票 →アラクネ
テルヨフ1 票投票先 1 票 →できる夫
ジロウ0 票投票先 1 票 →レッド
アラクネ4 票投票先 2 票 →できる夫
ゼノン0 票投票先 1 票 →テルヨフ
ブラック0 票投票先 1 票 →アラクネ
ホワイト0 票投票先 1 票 →アラクネ
3 日目 (2 回目)
できる夫4 票投票先 1 票 →アラクネ
ゴールド0 票投票先 1 票 →アラクネ
ブルー0 票投票先 1 票 →できる夫
レッド1 票投票先 1 票 →アラクネ
テルヨフ0 票投票先 1 票 →できる夫
ジロウ1 票投票先 1 票 →レッド
アラクネ5 票投票先 2 票 →できる夫
ゼノン0 票投票先 1 票 →ジロウ
ブラック0 票投票先 1 票 →アラクネ
ホワイト0 票投票先 1 票 →アラクネ
アラクネ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ブルーの独り言 「まぁそうなっちゃうよねぇ」
グレー 「お疲れだ」
ブラックの独り言 「あっぶな」
メリーGM 「お疲れ様」
ブラックの独り言 「ああそうそう、受信者ついてるんだっけ?」
できる夫の独り言 「あっぶねー」
ブラックの独り言 「占い師よ
ジロウ●、ゴールド○」
アラクネ 「てっきり傾奇者って自分に一票増やされるのかと思ってたという。
おつかれさまでした」
ホワイト(人狼) 「……すっごくゼノンが占いっぽく見えて困るですよー
あの票変え、すっごく面倒な印象ですよー
あ、吠え減らすべきですかー?」
ブラックの独り言 「・・・アラクネで吊った臭いなぁ」
できる夫の独り言 「ふむふむ
占いを持って行けたわけですか」
ジロウ(人狼) 「気にしないでいいんじゃねえか」
ジロウ(人狼) 「初期3wから2wになったとかも言えるだろうしよ」
ホワイト(人狼) 「じゃあ吠えは気にしないでおくですよー
流石にアラクネさんに古狼疑惑かけるのは難しいですしー」
メリーGM 「投票数と得票数は知らないと間違うことありますね」
ジロウ(人狼) 「うーむ」
ジロウ(人狼) 「ゼノン噛んじまうか?」
ゴールドの独り言 「ふわふわー」
ブラックの独り言 「どーしようね。明日出るべきなのか

ただ吠え見るとジロウ吊っても終わらなそうだし」
ホワイト(人狼) 「りょーかいですよー
ゼノン噛んじゃうですよー」
テルヨフの独り言 「とてつもなく古狼吊った気がする」
できる夫の独り言 「受信だから一方的に聞くだけしかできないんですよねー」
ブラックの独り言 「潜伏続行。占いはブルーにしておくわ

ホワイト狐だったら・・・なんかメッセージちょうだい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イエロー 「二票持ちは超面倒だから仕方ないね。」
ブラック は ブルー を占います
グレー 「もうちょっと人いるなら傾奇者は残しもあったんだろうがな」
アラクネ 「よし。次は普通村に行こう。そもそもがおかしかったんや……」
ジロウ は ゼノン に狙いをつけました
人狼は妖狐を襲撃したようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アラクネさんの遺言                        __       ,.   .,
                     ,....::::::::::::::≧=-=≦:::::::::γ `ヽ
                _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 0
                   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  。   うん。ごめんなさいでした!
                    |i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rゝ-
                    |i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     特に言い訳はしないですが物凄い勢いで謝っておく
                 八)::::::::::::/::::::::::::::::::::|:::::ノ
              /::::::::|::∩/::::::::::::::::: Y:r
                /:::::::::::し:::′::/⌒¨¨|::|
             ∧::::::::::::::! '゚     |::|
              /::::丶:::: /:       |::|
           ∧:::::::::::Y  .      |::|
              ′丶:::::::{           |::{
           i::::::::::::\j   .      し
          し:::::::::::く
           rヘ::::::::::::::\
          〈):::}{:::::::::::::::::丶
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
レッド 「ジロウはアラクネのどの辺り村っぽいと感じたんだ?
一応聞いておきたいんだが」
ブラック 「正直アラクネ狐って保証もないのに残してどうしたいのよ・・・
決め打てる根拠でもあるなら話は別だけど」
ホワイト 「朝ですよー
昨日はアラクネさん投票ですよー
正直言って、初日から出ない傾奇者COとか残せない印象ですよー
というか、寧ろできる夫さんに票が集まったのが結構疑問符ですよー」
ゴールド 「占いなのー
イエロー○>できる夫○>ホワイト○
ゼノン 「おはようだ。
アラクネ村か人外か悩んだが…」
ジロウ 「おう」
ブルー 「おはようございます
少人数に置いて複数票持ちはケアで吊る場所じゃないですよ
村なら頼もしいのだから発言で決めるべきなんですよ
アラクネが一番人外臭いと思って吊ったんですかね、あなた達」
テルヨフ 「おはよう」
ゴールド 「初日
イエロー○
きれいなおねえさんー
ここうらないたいなー…

二日目
できる夫○
生き残りたそうなかんじー?
ここ狼ありそうかなー

三日目
ホワイト○
古狐と見て吊るのは変な感じー
ここ狼ないかなー」
レッド 「で、死体無しか」
ホワイト 「と、死体無しが出てるですかー?」
ブラック 「死体なしー。すごく狐噛んだくさい
もしくは雛か餓で飽和避けした」
ゴールド 「むー…狼じゃなかった」
グレー 「QP乙だな >ゴールドのCO」
できる夫 「お、占いですか
一人だけでしょうか?」
メリーGM 「鍋に慣れたいなら火曜日の初心者村に参加するといいと思いますよ」
ブルー 「まぁ占い出たならFOで、未亡人初日占星術師
占いいます」
ゼノン 「死体なしか…
狐噛みくさいな。」
ブラック 「少なくとも村見ておいておける発言じゃないでしょ、あれ>ブルー」
ジロウ 「>レッド
あの申し訳なさがまず一番目だな
後は相談相手がいる人外には見えなかったあって狐とかじゃねえか」
イエロー 「他刺しじゃないからなぁ>QP乙」
ブルー 「ついでに言いますけどQPもいるので、狼は探しなさい」
レッド 「ジロウにも聞いたが、じゃ村に見えたのか?>ブルー」
ホワイト 「そして占いCOが出てきてーですかー
死体無し、狐っぽく感じるところですかねー?」
ブルー 「視えましたよ?少なくともできる夫よりは>レッド」
テルヨフ 「アラクネ、普通に村っぽかったけどね」
ゴールド 「うーん…狼狙いだったんだけどー…」
ゼノン 「いやQpに占い持っていかれてる可能性はあるが…>ブルー」
ジロウ 「ちなみにレッド的にはアラクネはどこら辺が怪しく見えたよ」
ブラック 「占い対抗出ないなら1CO信じたくはあるけど・・・
初日との信用勝負ってとこ」
アラクネ 「おお、ありがとうございます。暇があれば火曜突っ込もう」
できる夫 「それじゃあゴールドさんがその占いでしょうかね>ブルーさん
今回の死体無しは、狐噛みでしょうか?」
ブルー 「それもありますけど、それ考える余裕もないんで>ゼノン」
レッド 「おう
で、狐なら残していいのか?>ジロウ」
テルヨフ 「なんていうか、ホワイトもブラックも
『2票持ちを吊る』という前提が先にあって
それを成立させる為の言葉を捜しているように感じるわ」
ジロウ 「今日は占い信じて灰詰めるしかねえな」
ゼノン 「てかアラクネ吊りはなあ…
決め打ちレベルだったから本気で悩んだわ」
ブルー 「あなた達もCOしなさいよ…狩人もグレーならCOして構わないんですよ、吊り数的に」
ジロウ 「>レッド
少なくとも狼陣営より優先して吊る位置じゃねえな」
ブラック 「発言数自体が寡黙目だったんで
村っぽいって断定できる発言あったなら提出してほしいんだけども」
イエロー 「普通村も闇鍋村も人外を見抜いて吊るのは変わらないよ。」
ホワイト 「で、現状ゴールドさんの灰は、ブルー、レッド、テルヨフ、ジロウ、ゼノン、ブラックですかー?
残り吊り数は4ですよー」
ブラック 「私自体アラクネの発言あんまり追ってなかったのもあるけどさ」
テルヨフ 「アラクネが古系だったとして
『余りにも無様』だとは思わないかな?
占い騙りがフォローするでもなく吊られておしまい、なんてね」
ブルー 「ジロウさんも言ってましたけど古系人外ならぶっちゃけ初手COしますし
あるいは狼なら仲間と合わせるか誘導ある場所に投票してPPまがいの事しますよ」
ジロウ 「断言なんざできるわけねえだろ
オレの感性で村っぽいと思ったから投票したくねえんだ文句あっかよ」
イエロー 「それに初心者村じゃなくても別にいいと思ってるしにゃー。
ただ少人数村はバランス放り捨ててるから・・・・」
できる夫 「アラクネさんは組織票とかそんな感じのことはしてませんでしたからね
あって古狐でしょう、まあ初日に出ないだけ信用できませんが」
ゴールド 「6灰4吊
噛まれなければ間に合うけど…」
レッド 「経験則で申し訳ないが
二票持ち黙ったままワンチャンに賭けるしかない古狐ありえる位置だからな>ジロウ
ぶっちゃけ初日黙ってた理由も無しならそっちで見た方が自然だ」
ブルー 「誰もCOしないのが人外村だなと」
ジロウ 「それ言うならそっちが人外と断言できる材料を見せてみろよな(暴論)」
ゼノン 「まあCOしておくか神主COブルー>テルヨフ>ジロウ票」
ホワイト 「アラクネさんに関しては、
アラクネ 「狼が多いんだよなぁ」
って真っ先に狼だけに注目してるのと寡黙なことを考えると残せないって判断ですよー」
グレー 「噛まれなければ間に合うってじゃあなんで出たとか言われそうな気が
しなくもないゴールドの発言」
ブルー 「古狐なら先に吊っちゃダメでしょ、狼先に狙わないと」
できる夫 「神主ですか?なんでここで出たんですか……」
ジロウ 「>レッド
オレも狐はありうると思ったがなんか狼場っぽい状況でそんな位置吊っていいのか?
って感じたんだがどうなんだ」
テルヨフ 「あれ? 誰か、銃殺出たらダメとか言ってた気がするけど
古狐だと予想して吊るのはOKなんだ?」
ゴールド 「神主がよくわからないのー?」
レッド 「吊り余裕ねーだろ>ジロウ
それとも私狼決め打てるポイントでもあったかよ」
ブラック 「あって狐、自体がそもそも決め打つほどの材料じゃないでしょう
そこ狼だったら負けでいいって思考停止よそれ」
ゼノン 「古狐狙い吊りはドン引きなのだが…」
ジロウ 「…鬼遺言出てなかったか確か」
ホワイト 「そもそもブルーさんが信頼できる位置というわけじゃないのにCO主導するのってどうなのって思ってたですよー
共有とかがCOするならいざ知らずですけどー
伏せるような役職じゃないにしても」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブルー は ブラック に処刑投票しました
メリーGM 「私も最初鍋入ったの少人数だったかな
あっというまに吊られましたね」
ゴールド は ジロウ に処刑投票しました
テルヨフ は レッド に処刑投票しました
ブラック は テルヨフ に処刑投票しました
イエロー 「凸死しました(ふるえ」
グレー 「鍋の初は覚えてないな・・・今ほど役職は多くなかった時期だったからな」
ジロウ は ゼノン に処刑投票しました
ゼノン は できる夫 に処刑投票しました
レッド は ホワイト に処刑投票しました
アラクネ 「皆さんのお初を聞くだけで震える」
ホワイト は ブルー に処刑投票しました
できる夫 は テルヨフ に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
できる夫1 票投票先 1 票 →テルヨフ
ゴールド0 票投票先 1 票 →ジロウ
ブルー1 票投票先 1 票 →ブラック
レッド1 票投票先 1 票 →ホワイト
テルヨフ2 票投票先 1 票 →レッド
ジロウ1 票投票先 1 票 →ゼノン
ゼノン1 票投票先 1 票 →できる夫
ブラック1 票投票先 1 票 →テルヨフ
ホワイト1 票投票先 1 票 →ブルー
テルヨフ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
テルヨフ 「おつかれさま」
できる夫の独り言 「……あっぶねー」
メリーGM 「お疲れ様です」
ゴールドの独り言 「どっちかで囲えてると思うんだけどー」
グレー 「お疲れだ」
アラクネ 「おつかれさまでした」
ブルーの独り言 「えぇ、なんで」
ブラックの独り言 「ひどい割れ方したわね」
テルヨフ 「うん、まぁそこ人外だわな」
ジロウ(人狼) 「漂白でゴールド噛んだ方がいいんじゃねえかと思うが」
ホワイト(人狼) 「ゼノン狐ですよー
そしてゴールド狂ですかー」
ブルーの独り言 「これ絶対できる夫・ブラック・ゴールド・ホワイトで狼陣営ですよ」
ジロウ(人狼) 「ゼノン噛んだぞ
たぶん狐じゃねえかな」
ゼノンの独り言 「…わりとコレ恋人狼ではないか?」
ゴールドの独り言 「そこ村目で見てたから●出したかったんだけどなー」
メリーGM 「票がすごいな こんな割れ方久しぶりに見た」
ブラックの独り言 「ブルーが○。狐噛みと見るならそこではない」
ジロウ(人狼) 「ゼノン囲われたら不味いしな」
ホワイト(人狼) 「じゃあゴールド噛んで漂白かけるですよー」
ゴールドの独り言 「ジロウに●出すかなー」
ブラックの独り言 「銃殺出して飽和させたいんだけどなぁ」
ジロウ(人狼) 「あー待て」
ジロウ(人狼) 「潜伏占い師いるなら漂白とか無意味か…?
恋人かもしれねえけど」
ブラック は ゼノン を占います
アラクネ 「お、狐飛ぶ?」
グレー 「潜伏が呪殺・・・恋人勝利かねこれは」
ブラックの独り言 「占い先はゼノンにしておく」
ジロウ(人狼) 「真占いは恋人だな!やっぱ漂白しようぜ!」
メリーGM 「おっと銃殺くるかな?」
ホワイト(人狼) 「この段階で露出してこない時点で正直占い師に関してはどうとでもできるですよー
というか、この状況で露出してこない時点でー」
イエロー 「村勝ちワンチャンあるんですかね(小声」
できる夫の独り言 「そこ呪いならやばいですね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グレー 「諦めろ >イエロー」
イエロー 「まぁホワイト吊らない時点でジロウ吊ってもホワイトはできる夫噛まないから。
ブラック噛みの可能性はあるけれど」
メリーGM 「ホワイトが吊れれば可能性がありますか」
ホワイト は ゴールド に狙いをつけました
ゴールド は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゴールド は人狼の餌食になったようです)
ゼノン は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゼノン は占い師に呪い殺されたようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゼノンさんの遺言 蒼がいるんだろうなあ
はぐれ付いた萌狐だ
見えるのでイエローがいるな。
テルヨフさんの遺言 埋毒CO
ゴールドさんの遺言 占いなのー
イエロー○>できる夫○>ホワイト○>ジロウ○●

初日
イエロー○
きれいなおねえさんー
ここうらないたいなー…

二日目
できる夫○
生き残りたそうなかんじー?
ここ狼ありそうかなー

三日目
ホワイト○
古狐と見て吊るのは変な感じー
ここ狼ないかなー?

四日目
ジロウ○●
うーん、ここかなあ?
アラクネ村か狐って言ってたばしょー
どうなんだろうねー
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ブラック 「【ゴールドの○も含めて】まんべんなく票が散ってるってどういうことよこれ・・・
そこ二人は占いの真切ってるでいいの? まあ私自身盲信するわけではないけど
偽断定昨日の時点でできるわけじゃない」
レッド 「少なくとも、仮に狼で3W残りだった場合は狼の票は4票
最悪想定なら三日目時点がほぼ吊るか吊らないかのボーダーだぜ>ジロウ
ま、狼か狐かで言えば狐っぽい位置だが」
ホワイト 「朝ですよー
ブルー 「まぁ占い出たならFOで、未亡人初日占星術師
占いいます」
正直、FO主導をあなたがするですかー?
そういう意味では非常に疑問符な感じの印象を受けたですよー
なんていうか無理やり持っていくだけ持っていこうとしてた印象ですよー」
ブルー 「おはようございます
占い他に居なくても疑ってしまうぐらい○が胡散臭い…」
できる夫 「おはようございます
◇テルヨフ 「アラクネ、普通に村っぽかったけどね」
ここで、「どう村っぽかったのか」も何も言及せずにただ「村っぽい」というのはなんだか気になりますね
単純に殴るとこ増やしたかっただけの人外なんじゃないですか?だから投票しました
あとゼノンさんは別に真と決まったわけではないブルーさんのCO呼びかけに答えたのが怪しいですね
生き残りたい人外じゃないですか?恋人とか、そんなところでしょうか」
ゴールド 「よかったー
かこえてた」
アラクネ 「おつかれさまでした」
ゴールド 「おつかれさまー」
メリーGM 「お疲れ様」
ブルー 「どういう死体なんですかね…」
ジロウ 「呪殺か?」
グレー 「恋人をな >ゴールド」
ブラック 「何かしらね、この死体・・・」
できる夫 「ん?なんですかこの2死体」
ゴールド 「む、どっちもこいびと…」
レッド 「おう、ウッカリだ>ホワイト投票」
ホワイト 「とか思ってたら2死体ですかー?
ゴールドが噛まれてますけれど、その割には呪殺っぽい死体に見えるですよー?」
ブルー 「死因持ちでないならジロウさん呪いしかないんですけど」
ジロウ 「ゴールドが噛まれてるが呪殺主張者はいねえのか
猟師やらか」
ゼノン 「うわあ。占い師が恋人か…
それは占うか…」
ジロウ 「あーそうかそういう話になっちまうのか」
ブルー 「でもその場合ゼノン噛まれになるんですけど
蒼・餓?」
ゴールド 「テルヨフに●だしたかったのになー」
レッド 「呪殺以外で死んでる、と」
ブラック 「銃殺主張でないなら、割と潜伏恋占いありそうなんだけど
その割にゴールドは噛まれているということになる
少なくとも狼視点ゴールドは真だった、と」
ブルー 「蒼・餓・ジロウさん天狐だとするとやっぱりアラクネ村だったんじゃないですかね…」
メリーGM 「ジロウ吊れたら恋PPだなあ」
レッド 「あるいはグレーが鬼じゃなく、真鬼が潜んでるか」
できる夫 「ん?呪殺……でしょうか>ゼノンさん萌狐遺言
でも、占いなんで死んでるんでしょう 猟師? それとも餓狼だとかが狐噛んだ+逆呪殺?」
ジロウ 「少なくとも呪いだとしても呪術者とかそういう類だ
オレ自身に呪いはねえ」
ブルー 「いや、それだとそもそも狐遺言がおかしい」
ブラック 「あー・・・そういうのがあるのか>餓で狐噛み」
ジロウ 「鬼なら出るんじゃねえか?
流石にもうここから吊ることはねえし」
ブラック 「こういう時に限って閻魔いないのよね」
ブルー 「呪術師か猟師かどっちか」
レッド 「ジロウ天狐ならゼノン何だよ>ブルー」
ホワイト 「なら恋占いとかの可能性が考えられるですかー?
これで露出してないのならー
その場合、ゼノンさんが噛まれの可能性とゴールドさんが噛まれの可能性と両方あり得ますがー……だとして、恋占いの呪殺の場合、ゴールドさんを占うとは思えない……と思いますよー」
ジロウ 「死因持ってる奴が恋人陣営か
それがあったな」
ゼノン 「できる夫に関しては中盤に人外見してたな…」
レッド 「恋鬼なら鬼遺言見ても潜伏すんだろ>ジロウ」
ブルー 「狐死んでて飽和してないから2W以下確定
更に恋人もいるからこれ村勝ち無理だ」
ジロウ 「猟師やらなら村でも出ない可能性結構ありそうだが」
ホワイト 「っていうかゼノンさんが狐遺言の時点でゼノンさん呪殺でいいわけでー
なら恋占い濃厚、にしてもゴールドさんの結果は信頼していい、という感じですかー?」
ゴールド 「まー、票変えた時点で…ね」
グレー 「アラクネとのランのときにお前がそこ入れられるかどうかか >ゼノン」
レッド 「どっちにしろ今日は恋狙うしかねーんだよなぁ」
できる夫 「餓で狐噛んだなら、ジロウさんは呪狼or呪術師が生存しているんでしょうか
んー、あるいは恋人猟師によるもの?」
ホワイト 「で、これなら恋占いと合わせて村-恋CPなわけでー」
ブルー 「いや、LWにして恋人は狼に噛んでもらうしかないですよ」
できる夫 「まあ、素直に村恋占いでしょうかね」
ジロウ 「恋人初日は否定されてるんだったか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブラック は ジロウ に処刑投票しました
ゴールド 「まずいなあ」
レッド は ブルー に処刑投票しました
ブルー は ブラック に処刑投票しました
できる夫 は ジロウ に処刑投票しました
ゼノン 「かな…
わりと村に刺さってる感じがしたから放置したけど…
絡新婦か」
ジロウ は ブルー に処刑投票しました
ホワイト は ジロウ に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
できる夫0 票投票先 1 票 →ジロウ
ブルー2 票投票先 1 票 →ブラック
レッド0 票投票先 1 票 →ブルー
ジロウ3 票投票先 1 票 →ブルー
ブラック1 票投票先 1 票 →ジロウ
ホワイト0 票投票先 1 票 →ジロウ
ジロウ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゼノン 「恋人PPか…」
ゴールド 「あー、負けたねー」
アラクネ 「おつかれさまでした」
ホワイト(人狼) 「さて、ここまでは来たですよー」
メリーGM 「お疲れ様」
できる夫の独り言 「…よしっ」
ブラックの独り言 「だー、レッドLWか!」
ブルーの独り言 「なんでそこ吊るんですかね」
メリーGM 「恋PPですね」
グレー 「恋勝ちと お疲れ様だ」
ゼノン 「おつかれさま」
ホワイト(人狼) 「相方はお疲れですよー」
ブラック は レッド を占います
ホワイト(人狼) 「できる夫さんが絡新婦ですかー」
ジロウ 「ブラックーホワイトはすげえありそうだと思ってたが
そうか3人いたか」
ブラックの独り言 「これなぁ、できる夫かホワイト噛まれるだろうし」
ジロウ 「お疲れ様だ」
ホワイト(人狼) 「というわけで、ブラックと私で刺したと見るですよー!」
できる夫の独り言 「ホワイトさんの発言から見るに、狼は2人です」
ブルーの独り言 「これもう村いないんだろうなぁ」
ホワイト(人狼) 「で、ブルーさんとレッドさん、どっちを噛むかですか-
毒が無いことを願うのみですよー」
できる夫の独り言 「……読まれてましたか
ええ、ブラックさんと貴方にさしましたよ 聞こえてないですけどね」
ブラックの独り言 「ていうかホワイトと私よね? ここでレッド恋人ですとか言わないわよね?」
ジロウ 「早撃ち対決申し込もうと思ってたが甘かったな」
ゼノン 「ホワイトの誘導かい>私噛み理由」
ホワイト(人狼) 「ブルーさんは確定で毒が無いと見ていいですよー
毒が未亡人COするとは思えないですよー」
ブラックの独り言 「万一ブルー噛みで全員生存してたらPP宣言すること! いいわね!」
ゴールド 「勝てないなあ」
できる夫の独り言 「/:::::/:::/::::::::::/::::::::/::_,..-‐'"´:::::::::_,. -‐ァ´:ヽ
::::/:::/::::::::::/: -‐ '"´:::::::::::::_,..-‐ 7´::::::::/::::::::::ハ
/::::/> '"´::::_,..-‐ァァ::'"´::::::::::::::/::::::::/:::::::::/::/ヽ     .し こ だ
/--::ァ:::::::7/::::::::/::/:::::::::::::,. ‐'"::::::::::/::::::::://:::::ハ、   :  ら .:
::::::/::::::/::::::/::/:/:::::>'":::::,. イ:::/:::::::::/:/::::::::/::ハ   し え 駄
/::::::/:::::/:::::://__,.. <  //:::::,. <::/:::::::/::/::::ハ  か .る 目
::::://:::::/`ヾミ// ̄`X 、  ∨::::: ´/:::/:::::::/::/::, ':::::  .し ん だ
/:::/i:::/ / /' ``メ、弋ハ //イ'"/:::>::´::/:::イ::::l::::   : .だ
::::://|/      /   `¨´/ //--─ァ::/-rイ::::::::l::::      .: .ま
::// !           / / ´   //∠ ∨l::|:::::::::::/         だ
//                 /     /ヽ、``ヽ、}:|リ:::::::::/::         笑
/                         } ``┴'ソ::::::/:::::         .う
                 r'⌒   /l   /::://::::::,′        な
       '´              イ/   /イ::::/::::::/        :
                          |:::/::::::/!
       \                  l/!::::://
          `  ──-   .._         ,'::i|::/|:'
                   ` 、     /::::ル ||
                          ー  /l:::/  |!
                          /' l/    |
                            /,'
、                         /l/
:::``‐- .._                 /
: : ::::::::::::::::::> ,               /
: : : : :::::::::::::::::::::::::> 、       /」
ホワイト(人狼) 「というわけで、ブルー噛みで進めるですよー
もっと早くジロウさんを処理出来てれば占い先を確認したですけどー」
ホワイト(人狼) 「まず間違いなく恋占い濃厚な時点でブルーさんは恋人無いですしー」
グレー 「噛みや方針はQPいるときは相談よりはローテだな >ジロウ」
できる夫の独り言 「/.:///::/:.:>' ..:.::.:,∠´..:.:::>'":.:.::/.::/.:.:.:/:.:.:!:|.:.:..:/ゝヽ
://:/.:.:,>'.:.:..:.::.:,∠´:::>'".:.:.:.:>/.::/.:.:.:/.:.:.::!:|:.:.:/::/ヾハ
/.:.:/.:>'".:..::..::,∠´ :::>'".:.:.:.>'":./.::/..:.:/ ::::::::!:|/::/.:.:.:∧
.:..:./´...:::.::,∠´//>'".:..::>'".:/.:/.::/:.:.:/:::::.:.:.:>´::/.:..:.:.:.::.}
/--::ァ--─x..///.:>'"".:/.::.::/.::/.:.ノ゙:::.::>´.}:|../.:.:..:..::∨}
///〈 (ひ)//>'" //.:.:∠´.://.:.:>´::/ハl.:::.:.:人.:../ヘ
 // `ーァ// `ヽ {/ ∠´.:./.:.:.>´.:./:::::::リ:.:}:./:.:.:./.:.:}
.//   j/``'メ≠´   ∠´:..:/.:.:>´.:../.:.:.:.:..::/:.:./:.:.:./.:..ハ}
./              ∠´イ´/: :/..:.:.:.//::.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:./.:..:.:.:|
                   // /.:/─x../'.:/.:.:.:/.:.:.:/..:.:.:.:/
                /  {/ ○  `ヾ l.:/.:.:リヽr{\
               /     `ヽ、    〉 / ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄
             '  r- 、    ) `` ̄ /
               / ̄´     /    ./      僕   
               "      {::::/      .|
. _                   ソ       |     の   
(                    /          |
..`''-._.,,.____, '────  `、     ./.|     勝
     `(,─rー― -‐―- ─┐ヽ   /.::1
      `゙゙''ー-+-ィ ─i ─‐}  〉  /.:.::1     .ち
           ̄ ̄===三彡´  /:::::::::|
                     //|.:::|     だ
                      /  !:/|
                    /   }' \
                     /    .´  \          ,.
                  /          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ブルーの独り言 「レッドとブラックで2Wde恋人いる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ホワイト は ブルー に狙いをつけました
ブルー は無残な負け犬の姿で発見されました
(ブルー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ブルーさんの遺言 未亡人CO

初日は占星術師
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ゴールド 「ごめん、寝るねー
おやすみなさーい」
アラクネ 「おつかれさまでした」
アラクネ 「おやすみなさいでーす」
ブラック 「うえええ」
メリーGM 「お疲れ様です」
レッド 「マジかよ」
グレー 「お休み」
ホワイト 「朝が早いですよー」
できる夫 「PP宣言の時間です
白黒両刀って・・・いいですよね・・・・・・!!!」
メリーGM 「おやすみなさい>ゴールド」
ブルー 「お疲れ様」
ホワイト 「それじゃあレッドさんに票をまとめるですよー!!」
レッド 「狼は私視点、ほぼブラック」
ジロウ 「初手のローテをオレが担当してりゃ恋噛めたかもな
LWになってすげえ困っただろうが」
ブルー 「やっぱりできる夫ホワイトブラックで繋がってますよね、そりゃ」
ブラック 「んじゃレッド吊りね」
できる夫 「ブラックと……ホワイトさんに刺しました……絡新婦です……!!」
ホワイト 「私に愛人矢が来た時点でブラックと刺さってる可能性は見てたですよー」
ゼノン 「おやすみなさい」
できる夫 「/:::::/:::/::::::::::/::::::::/::_,..-‐'"´:::::::::_,. -‐ァ´:ヽ
::::/:::/::::::::::/: -‐ '"´:::::::::::::_,..-‐ 7´::::::::/::::::::::ハ
/::::/> '"´::::_,..-‐ァァ::'"´::::::::::::::/::::::::/:::::::::/::/ヽ     .し こ だ
/--::ァ:::::::7/::::::::/::/:::::::::::::,. ‐'"::::::::::/::::::::://:::::ハ、   :  ら .:
::::::/::::::/::::::/::/:/:::::>'":::::,. イ:::/:::::::::/:/::::::::/::ハ   し え 駄
/::::::/:::::/:::::://__,.. <  //:::::,. <::/:::::::/::/::::ハ  か .る 目
::::://:::::/`ヾミ// ̄`X 、  ∨::::: ´/:::/:::::::/::/::, ':::::  .し ん だ
/:::/i:::/ / /' ``メ、弋ハ //イ'"/:::>::´::/:::イ::::l::::   : .だ
::::://|/      /   `¨´/ //--─ァ::/-rイ::::::::l::::      .: .ま
::// !           / / ´   //∠ ∨l::|:::::::::::/         だ
//                 /     /ヽ、``ヽ、}:|リ:::::::::/::         笑
/                         } ``┴'ソ::::::/:::::         .う
                 r'⌒   /l   /::://::::::,′        な
       '´              イ/   /イ::::/::::::/        :
                          |:::/::::::/!
       \                  l/!::::://
          `  ──-   .._         ,'::i|::/|:'
                   ` 、     /::::ル ||
                          ー  /l:::/  |!
                          /' l/    |
                            /,'
、                         /l/
:::``‐- .._                 /
: : ::::::::::::::::::> ,               /
: : : : :::::::::::::::::::::::::> 、       /」
ジロウ 「いや遺言にジロウ●残されたら不味いか」
ブラック 「ごめんね、私愛人でゼノン呪殺した占い師」
できる夫 「と、ふざけてないでレッドさんに票をまとめましょうか」
レッド 「なん……だと…>女郎」
ブラック は レッド に処刑投票しました
レッド は ホワイト に処刑投票しました
ホワイト 「レッドさんが毒の可能性が怖いですが、だとして他にやれることはないですよー」
できる夫 「僕たちの勝ちです」
ブルー 「ジロウさん恋人いるの分かってたのになーんでこっち投票するんですか」
ブラック 「というわけでケーキ入刀しましょうか」
できる夫 は レッド に処刑投票しました
できる夫
                          ヘ
      \                    ヘ
        \                    ×    黒!それは女性を美しく見せる!
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´',   | i  つまり!リリーブラックさんが最も美しい!
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i | 
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i 画面の前のみなさん!そう思うでしょう思うでしょう!
      ゛'''──ー '                 i
                    ,         ハ だから私は実行する! 自刺しによるリリーブラックさん恋人化を実行する!
                                 /
            _______     / あ、こんなこと言っておきながらホワイトさんも好きです(こなみかん)
           /      ∨/////イ  ./
         /           }////ッ  /
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ」
イエロー 「大体絡新婦が悪い」
できる夫 「あ、遺言供養ですよ」
ホワイト 「ちなみにできる夫さんの本命はどっちですよー?
私愛人なら、私吊りの方が安全ですしー」
ホワイト 「私がLWですよー」
レッド 「昨日なー
狼吊ってLwにしなきゃダメ
で反射的にブルー投票したのが失敗だったな」
ジロウ 「いても精々2人だと思ってたんだよな
5日目夜に早噛み対決するつもりだった」
できる夫 「えっ
もうレッドさんに投票しちゃいました・・・・・・」
グレー 「テルヨフやブルーの話をもう少し聞けたかどうかか
テルヨフは人外だが 主張は割りと最もと思ってたからな霊界で」
ブラック 「いや3人で夜来たらどう頑張っても噛まれるから却下」
できる夫 「あ、本命はブラックさんです」
ゼノン 「できる夫が○貰っていたとはいえCO聞いてもよかったかな…」
レッド 「クソッ、怪しくてうっかりホワイト投票合ってたのかよ」
[密]できる夫 「…やべっ」
できる夫 「…どうしよう。」
ブルー 「全員恋人陣営だから夜来ないよ」
ホワイト 「もう一度言うけれど私LWですよー
なので、上手いこと引き分け狙わないとまずいですか!?
恋村恋村愛人狼って勝てなかったような」
ゼノン 「一応恋人勢残りなら大丈夫だったよな」
ホワイト 「レッド入れるからブラックは私かできる夫に投票して引き分けて!」
できる夫 「…まずいかも」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グレー 「陣営 だけならぼっちQは・・・残ってたが愛人はさて」
メリーGM 「残りが恋人陣営だけなら問題ないはず」
ホワイト は レッド に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
できる夫0 票投票先 1 票 →レッド
レッド3 票投票先 1 票 →ホワイト
ブラック0 票投票先 1 票 →レッド
ホワイト1 票投票先 1 票 →レッド
レッド を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジロウ 「ああ夜が来るならホワイトが恋人噛むしかなくなるみたいな話か」
ゼノン 「ダメでしたwwwwwwwwww」
グレー 「・・・ヤンデレ乙」
できる夫の独り言 「うわああああああああああああ!?!?!??」
アラクネ 「おつかれさまでした」
ブルー 「あれ?」
イエロー 「恋人だけならなんだよなぁ……………」
メリーGM 「だめだった!?」
ゼノン 「おつかれさまー」
ブルー 「まぁいいやお疲れ様」
ホワイト(人狼) 「やっぱりですよー……」
ジロウ 「愛人がいるからダメみたいな話か」
メリーGM 「お疲れ様」
できる夫の独り言 「ごめんなさあああああああああああいいい!?!?!?!??」
レッド 「お疲れ様です」
ホワイト(人狼) 「久々の恋勝利、逃してばっかりですよー……うぅ……」
ブルー 「正直これで狼勝ちでもいいやw」
グレー 「ヒント ぼっちQPは恋人ではない愛人もまた然り >ブルー」
ブルー 「ジロウさんおめでとう!」
ホワイト(人狼) 「あ、これもうどうあがいても結末変わらないから早噛みいいですかー?」
ジロウ 「計算通りだ」
できる夫の独り言 「あばばあばばばばばばば
ブラックさんとホワイトさんは本当にすいませんンんんんん・・・・・・・・」
グレー 「このオチ見れたなら霊界番長してたかいはあったかもwwwww」
ブルー 「流石チャンピオンだなぁ」
レッド 「イデエンドか」
「◆メリーGM 許可します>早噛み」
ホワイト(人狼) 「勧告が来ないなら超過まで待つですよー」
ホワイト は ブラック に狙いをつけました
ブルー 「ホワイト残って狼勝ちだよ」
ジロウ 「しかしひでえオチだな」
ブラックの独り言 「待って、ホワイトがショック死すれば恋人勝ちだからこれ!」
ブラックの独り言 「というかあんたホワイト狼知ってたはずでしょぉおおおおお>できる夫」
メリーGM 「ショック死はえーうーんだめなような」
ジロウ 「勝ち目0かと思ってたがこんなケースもあるのか」
ブルー 「意図的なショック死は駄目でしょ」
ホワイト(人狼) 「ブラックちゃん……」
ブラックの独り言 「私もテンション上がって占い結果見落としてたのはあるけどさ!」
グレー 「凸は流石にアウト」
ゼノン 「棚から牡丹餅だな本当にw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブラック は ホワイト を占います
ブラック は無残な負け犬の姿で発見されました
(ブラック は人狼の餌食になったようです)
できる夫 は恋人の後を追い自殺しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
レッドさんの遺言 素村っと
できる夫さんの遺言
                          ヘ
      \                    ヘ
        \                    ×    黒!それは女性を美しく見せる!
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´',   | i  つまり!リリーブラックさんが最も美しい!
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i | 
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i 画面の前のみなさん!そう思うでしょう思うでしょう!
      ゛'''──ー '                 i
                    ,         ハ だから私は実行する! 自刺しによるリリーブラックさん恋人化を実行する!
                                 /
            _______     / あ、こんなこと言っておきながらホワイトさんも好きです(こなみかん)
           /      ∨/////イ  ./
         /           }////ッ  /
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2015/08/02 (Sun) 03:29:22
レッド 「ああそういやそうか>愛人>ホワイト残り」
グレー 「ヒャッハーwwwww
ロリコンは消毒だ~~~~ww」
できる夫 「最後の最後でうっかりしてましたああああああ!!
うわああああああああ!!!
ブラックさん!!ホワイトさん!!ごめんなさいいいいい!!!!」
ゼノン 「おつかれさまだ」
メリーGM 「お疲れ様でした」
ブルー 「お疲れ様
意図的なショック死はアウトだよ」
レッド 「お疲れ様でした」
ジロウ 「これ恋人はどうすりゃよかったんだ」
できる夫 「やっぱり僕は詰めが甘いんですううううううう!!!
戦犯ですうううううううう!!!!!」
メリーGM 「そうですね 意図的なショック死はなしで」
ホワイト 「やっちゃったですよー
投票はきちんと確認が必須ですよー
お疲れ様ですよー」
アラクネ 「おつかれさまでした」
ブルー 「普通にできる夫・ゴールド・ブラック・ホワイトで人外だなって思ってたらその通りだったな」
ゼノン 「飽和狙いなら私狐狙いで占わなくてもよかったんではないか…?>ブラック」
アラクネ 「正直傾奇者は自分に対する票が1増えるだと思ってましたスイマセン」
ジロウ 「レイフォールガンがなければ負けている所だった…」
ホワイト 「私愛人だったのがわかったなら、できる夫さんとブラックさんで私投票、私がレッド投票で恋勝利でしたよー……」
メリーGM 「できる夫ーブラックでホワイト投票で
ホワイトがレッド投票で恋勝ちですね」
ブラック 「狐が死んだ瞬間飽和! で考えてたんだけどさー」
レッド 「リリホワ吊りじゃね?」
ブルー 「自分の票が増えるからねぇ、初めてなら仕方ない、分かりにくい役職多いし」
グレー 「正直2票持ちって初日COしてもなあというのは確かにあったが」
ゴールド 「え、勝ったの!?」
ジロウ 「ああ夜の間に相談してホワイト吊ればいいのか」
できる夫 「…戦犯ですねこれー……
レッド 「把握ミスかー
ならしゃーない>アラクネ」
ゼノン 「アラクネは割と村にしか見えんかったのが…
狐視点だから古狐はないのはわかるとはいえ…」
グレー 「ホワイト2名を恋人で吊り
ホワイト→レッド票が勝ち確定コース」
メリーGM 「慣れてないなら というか慣れててもときどき役職の勘違いはありますから>アラクネ
きちんと次間違えなければいいと思います」
ジロウ 「レイフォールガンが失われた喪失感で冷静な判断ができる状態ではなかった
そういうことだろう」
ブルー 「アラクネ吊りのところでできる夫吊りをしっかり言ってれば勝てたかもなぁ」
ブラック 「恋人陣営だけ残ったらその時点で恋人勝利だと思ってたからさー
というかシステム的に愛人LWでPPできないのはどうなの」
できる夫 「……それではおつかれさまですー……
ブラックさんとホワイトさんには謝罪してもしきれません・・・・・」
レッド 「グレー>
印象は多少違うからなー
吊るかどうかは別にして」
グレー 「割りとこー 狂人だけど割りと霊界視点全うな意見だったテルヨフ乙ってた
あたりああ典型的人外村だとは思ったがこれは予想GUY」
アラクネ 「優しい言葉が頂けて心が温かい……!
あ、恋人は見てて面白かったですはい」
ホワイト 「【投票は本当に確定した状況じゃない限り超過まで待つ】べきだったですねー……」
ゴールド 「アラクネは村人にしか見えなかったよー?
だから吊ったのー」
ブルー 「私もテルヨフ吊りで諦めた>グレー」
ゼノン 「傾奇2票持ちが出てこられてもきついものがあるのはたしかだが…」
グレー 「恋人だけ残ったら勝利 だからな 愛人は恋人に見せかけた何かだ」
ホワイト 「ジロウさんが吊れた時点でこっちできちんと言っておくべきでしたー……申し訳ないですよー
気が付いたのがちょっと遅かったですよー」
レッド 「というかまぁ
ジロウ吊らずにブルーか私吊って残った方噛めば良かったんじゃないか?」
できる夫 「もう絶対にこんな悲劇は繰り返さないようにしましょう……
そもそもこんなミスしたの僕だけだと思いますが……」
ブルー 「まぁ初手占星術見えた時点であれだったんだけどな」
ゴールド 「そっかー…
愛人はあくまでQPなのかー…」
ジロウ 「ジロウ吊らない場合噛みで恋人潰されるかもしれねえから
オレ吊り自体はありなんじゃねえか?」
ブラック 「正直ホワイト狼をどうして考えてなかったのかしらね、私・・・」
ゼノン 「わりとできる夫ぶん殴ろうとして、できる夫○だったのが…
いやな位置にいるのはやめよう…」
ホワイト 「あそこでアラクネさんをどうにか吊らないと多分できる夫さんが吊れそうってのは見えてたから強引にでももってったつもりだったよー
それでも拮抗したのはひやりとしたですよー」
ブルー 「という訳でお休みなさいだ、推理あっててもそもそも聞いてくれる村がいないなら意味ないわね」
メリーGM 「こんなことがあるんだなあと 最終日夜はおどろきました」
レッド 「ああ、そういう仕様なのか
厳しいな愛人>恋のみ残り」
できる夫 「あーいえいえ、私のミスが全ての敗因です……>ブラックさん、ホワイトさん
貴方がたには何の非もありません、すべて私の責任です……」
メリーGM 「お疲れ様でした」
アラクネ 「おつかれさまでしたー」
ゴールド 「できる夫とホワイトで囲えたと思ってたらー
どっちも恋人だったのー」
レッド 「それもそうなんだよなー>ジロウ」
グレー 「以前もQP、恋萌え狼ー恋狂信だったか?あたりで恋人PP決めたが
QPは恋人じゃないから噛み殺さざるを得ないってリプレイがあったな
それでもしやとは思ったが」
できる夫 「……せめてこれを見ている人はこんな悲劇は繰り返さないようにしましょう……
第2の私を作らないでください……」
ジロウ 「そういやブルーに一つ質問あったんだがいるか?」
レッド 「そんじゃお疲れ様
GMは鍋ありがとうな」
ゼノン 「できる夫に関しては割と人外くさかったからなあ…
噛まれた以上は最低でもできる夫吊りはしたかったのだが…
○が…(その名残で票してる件」
グレー 「気が向いた人がwikiにでも登録してくれるんじゃないか? >今回の一件
俺?wikiのやりかた知らね」
ジロウ 「まあ次会ったときでいいか
村建て同村ありがとよ」
ブラック 「戦犯なんていない、なんだけど
割と全体的にしっくりこない結末を迎えてしまった気はするわ」
ブルー 「ん?」
ゼノン 「それじゃおつかれさま
ホワイトの中の恋人率はどうして高いんだろうか…」
グレー 「ま、俺はここでお疲れだ いや初日吊られだったが
最後にいいもの見れた」
グレー 「できる夫はこれがフラグだったってことで

/:::::/:::/::::::::::/::::::::/::_,..-‐'"´:::::::::_,. -‐ァ´:ヽ
::::/:::/::::::::::/: -‐ '"´:::::::::::::_,..-‐ 7´::::::::/::::::::::ハ
/::::/> '"´::::_,..-‐ァァ::'"´::::::::::::::/::::::::/:::::::::/::/ヽ     .し こ だ
/--::ァ:::::::7/::::::::/::/:::::::::::::,. ‐'"::::::::::/::::::::://:::::ハ、   :  ら .:
::::::/::::::/::::::/::/:/:::::>'":::::,. イ:::/:::::::::/:/::::::::/::ハ   し え 駄
/::::::/:::::/:::::://__,.. <  //:::::,. <::/:::::::/::/::::ハ  か .る 目
::::://:::::/`ヾミ// ̄`X 、  ∨::::: ´/:::/:::::::/::/::, ':::::  .し ん だ
/:::/i:::/ / /' ``メ、弋ハ //イ'"/:::>::´::/:::イ::::l::::   : .だ
::::://|/      /   `¨´/ //--─ァ::/-rイ::::::::l::::      .: .ま
::// !           / / ´   //∠ ∨l::|:::::::::::/         だ
//                 /     /ヽ、``ヽ、}:|リ:::::::::/::         笑
/                         } ``┴'ソ::::::/:::::         .う
                 r'⌒   /l   /::://::::::,′        な
       '´              イ/   /イ::::/::::::/        :
                          |:::/::::::/!
       \                  l/!::::://
          `  ──-   .._         ,'::i|::/|:'
                   ` 、     /::::ル ||
                          ー  /l:::/  |!
                          /' l/    |
                            /,'
、                         /l/
:::``‐- .._                 /
: : ::::::::::::::::::> ,               /
: : : : :::::::::::::::::::::::::> 、       /」
ブルー 「すれ違いだったかしら、お休みなさい」
ジロウ 「おおまだいたか
霊界での発言だがオレ吊られた日は相方投票がセオリーだったか?」
ブラック 「最終日、自分の結果全く目に入ってなかったのよ

・・・こんなことってねー。あるのねー」
ホワイト 「寧ろここ最近恋陣営なれてなくて残念だった位ですよー?>ゼノン」
ブラック 「それじゃお疲れ様」
ジロウ 「あんまり恋人残りの場合の手順がわからなくてな」
ホワイト 「もっと早く愛人の仕様を思い出して、自分吊りを言うべきでしたよー
時間が有るのなら投票前の確認はやっぱり大事ですよー
それじゃあ村立て同村お疲れ様でしたよー」
ジロウ 「とりあえずLWにして噛みで恋人を潰す機会を増やす…」
ジロウ 「いや増えねえか」
ジロウ 「相方恋人かもしれねえなら吊りで始末した方が確実じゃね?
みたいな話だな!(自己完結)」
ジロウ 「今度こそお疲れ様だ」
ブルー 「狼視点私が真かQPなんだから
真で仲間恋人考えるならグレー吊って私噛めばいいって話ね」
ブルー 「まぁ霊界からの視点だから正しいかって言われたら微妙かも」
ブルー 「仲間恋人じゃないならグレー噛めばほぼ勝てるし仲間恋人なら吊っておかないと夜飽和するし」
ブルー 「まぁ村陣営側の愚痴だから気にしないで」