←戻る
【雛3871】やる夫たちの希望制超闇鍋村 [4520番地]
~年末鍋でグツグツと混沌を煮込もう~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 混沌外道GM
(生存中)
icon ジャン
(生存中)
icon キリコ
(生存中)
icon 妖夢
(生存中)
icon 審査員
(生存中)
icon 小此木タカオ
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon クマグナム
(生存中)
icon 青木麗華
(生存中)
icon 幽々子
(生存中)
icon アゲハ蝶
(生存中)
icon 一方通行
(生存中)
icon KAITO
(生存中)
icon サグメ
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon こいし
(生存中)
icon ミサネ
(生存中)
村作成:2015/12/27 (Sun) 15:16:16
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします」
GM 「開始時刻は15:35」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 混沌外道GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2977 (クマ吉03)」
混沌外道GM 「鍋が立たないのならば立てればいいじゃない」
混沌外道GM 「とはいえクリスマスも終わって年末ムード、
帰省してる人らも多いだろうし社畜さんはまだまだ休めないだろうね。」
ジャン が幻想入りしました
ジャン 「鍋料理なら俺に任せろ」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
混沌外道GM 「ゲテモノ料理は、NGデ」
ジャン 「先日、紅白の服来た爺さんから貰ったトナカイの肉で肉鍋作るぞ」
混沌外道GM 「おい、そのトナカイ、いいのか、おい」
ジャン 「しばらく大丈夫だから、とか言ってたな
よく分からんが肉質は引き締まってるぜ」
混沌外道GM 「やべえ、新しいトナカイに乗り換えるからって売りやがったな」
混沌外道GM 「トナカイってことは鹿…もみじ鍋か!」
キリコ が幻想入りしました
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
キリコ 「こんにちはー」
キリコ 「あ、ジャンも来てたの?」
ジャン 「おう、いい食材が手に入ったぞ
トナカイと熊肉だ」
ジャン 「熊のほうはこれからばらすところだけどよ」
キリコ 「へえ、じゃあ鍋がいいかしら?
燻製にするのもいいわね >トナカイにクマ」
混沌外道GM 「イヤーッ!?」
キリコ 「じゃあ、あたしはトナカイの肉を燻製にして
それを利用した餃子でも作ってみようかしら」
キリコ 「………ねえ、ジャン
このトナカイ肉の中にひとつだけしなびた肉があるんだけどなにこれ」
混沌外道GM 「よし、集まらないな!(残り時間からして」
キリコ 「これだけ油のつき方が違うっていうか
どう見てもトナカイの肉じゃないっていうか… >ジャン」
キリコ 「大丈夫よ、35分になれば集まるわ」
妖夢 が幻想入りしました
ジャン 「あぁ、そういえば・・・なんか一緒に貰ったな」
ジャン 「せんと・・・なんだっけか、そんな奴らしいぜ」
皿洗い が幻想入りしました
妖夢 「みょんな村に来てしまった」
皿洗い 「おはようございました。」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
キリコ 「ああ、なるほど
だからなんかサルの肉っぽかったのね

…小此木君? >皿洗い」
小此木タカオ が幻想入りしました
皿洗い 「アイコンないと思ったらあるでやんの。>小此木
(使うとは言っていない。)」
小此木タカオ 「遅くなってごめんねー」
皿洗い 「皿洗い さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:皿洗い → 審査員」
混沌外道GM 「いらっしゃいーい」
審査員 「こうやな!」
キリコ 「あら、小此木くんも来てたのね」
ルーミア が幻想入りしました
妖夢 「元ネタわからない私は完全に浮いてますよ、料理長」
小此木タカオ 「えー、つまり大谷さん?>審査員
痩せたねー」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
ルーミア 「支援な感じなのかー」
キリコ 「なるほど、久々に料理勝負ってのも…イイわね
お題はこのトナカイとクマ肉?」
混沌外道GM 「俺も知らないんだよね、ジャン」
もけもけ が幻想入りしました
小此木タカオ 「まあ僕もそこまで読み込んでないよ>妖夢
でもジャンが来てるなら僕も来ないと」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
もけもけ 「おはもけ」
混沌外道GM 「それでは時間になったのでージャンは投票確認したらカウントどうぞ」
ルーミア 「私は実食係なのかー!
私のお腹を満足させてみるのかー!(エッヘン」
チルノ が幻想入りしました
混沌外道GM 「ま、この時間ならこんなもんでしょ」
クマグナム が幻想入りしました
審査員 「神の舌って呼ばれてるよ~。(迫真)」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
クマグナム 「クマグナム さんが登録情報を変更しました。」
クマグナム 「狼を……ぶち殺したい……です……・」
チルノ 「よろしく」
妖夢 「とりあえずう・ま・い・ぞー!って言っとけばいいですかね>小此木」
青木れいか が幻想入りしました
幽々子 が幻想入りしました
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
小此木タカオ 「でもだいたい1年に一回はジャンの漫画がコンビニに売ってることもあるよ」
幽々子 「よろしくね~」
お化け が幻想入りしました
一方通行 が幻想入りしました
KAITO が幻想入りしました
ジャン 「客が次々と集まってきたな」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
KAITO 「よろん」
ジャン 「ジャン さんが登録情報を変更しました。」
もけもけ 「もけもけ さんが登録情報を変更しました。」
ルーミア 「いっぱい来たのかー?」
お化け 「ねないこだれだ」
審査員 「まぁほら、同じ神の舌でもえりな様のほうは俺あんま読んでないし多少はね?()」
青木れいか 「青木れいか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:青木れいか → 青木麗華」
妖夢 「あぁ幽々子様、料理はそこら辺の方がつくってくださるようですよ」
一方通行 「よろォ」
サグメ が幻想入りしました
青木麗華 「よろしくお願いいたします」
ルーミア 「はーい!
ルーミアは夜行性だから寝ないのかー!>お化け」
小此木タカオ 「んー、キリコさんの料理はそれでいいと思うけど。
ジャンの料理はおいしいけど大変なことになるからそのリアクションが取れるかどうか」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
サグメ 「......」
幽々子 「じゃあ、とりあえず満漢全席10人前で!!」
サグメ 「よろしく」
霊夢 が幻想入りしました
十六夜咲夜 が幻想入りしました
ジャン 「キリコが調理にいったまま帰ってこねぇな・・・
AT乗りだったか」
霊夢 「よろしく」
こいし が幻想入りしました
十六夜咲夜 「よろしくお願いします」
小此木タカオ 「とりあえず春巻き作ってくるよー」
ルーミア 「何だか他打ちになったのかー!?」
KAITO 「近麻にジャンがいた時は驚いたね!」
こいし 「ズザーッ」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
妖夢 「そっちのキリコさんはやばいですね」
青木麗華 「この時間ならこんなもんでしょ」、この言葉がフラグになるとはこの時は誰もry」
ミサネ が幻想入りしました
お化け 「お化け さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:お化け → アゲハ蝶
アイコン:No. 9684 (お化け) → No. 9279 (アゲハ蝶)」
混沌外道GM 「いらっしゃーい」
審査員 「結局料理番なんだよなぁ……。(呆れ)>KAITO」
ミサネ 「よろしくお願いします」
混沌外道GM 「少人数かと思ったら埋まりそうだった(白目」
妖夢 「みょんなズサの村だわ」
小此木タカオ 「あー、ジャンがPC苦手って言うのは驚いたよ。
……あれ?じゃあ人狼ゲーム大丈夫なの?」
幽々子 「幽々子 さんが登録情報を変更しました。」
ジャン 「問題ねぇ」
もけもけ 「ちょっと時間読みミスったっぽいのでぬけるもけ
すまんもけ」
キリコ 「元ネタは、古びた商店街にある食堂の麒麟飯店を盛り上げるために日々努力する少年の大前孝太
彼が料理大会において料理を後出ししたら、先に出された料理のさっぱりさ
そして先に出された料理を食べてる間に料理がさめてマズくなる卑怯な戦法を使われ敗けるわ

その相手が隣のジャンで、が主人公よ >妖夢」
もけもけ は もけもけ に KICK 投票しました
もけもけは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
混沌外道GM 「キリコォ!投票!」
小此木タカオ 「イカサマ=料理
だからアレ…」
混沌外道GM 「おっつー>もけもけ」
キリコ 「ごめんなさい、解説に時間食ったわ」
十六夜咲夜 「再投票、と」
幽々子 「PC操作剃るのが苦手なだけでしょ
タイミングとか>ジャンって」
ルーミア 「お疲れ様なのかー! >もけもけ」
妖夢 「あぁ反応ないと思ったら説明のためにですか、なんかすいません・・・>キリコさん」
ジャン 「お、おう・・・」
こいし 「おつかれさまー!>もけもけ」
混沌外道GM 「ついでに再投票!」
ルーミア 「ルーミア さんが登録情報を変更しました。」
ジャン 「それじゃ、カウントするぜ」
小此木タカオ 「元々有名な中華料理店だけどね<キリコさんの家」
ジャン 「3」
十六夜咲夜 「十六夜咲夜 さんが登録情報を変更しました。」
ジャン 「2」
ジャン 「1」
ジャン 「調理開始だ」
ゲーム開始:2015/12/27 (Sun) 15:40:08
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
「◆混沌外道GM 
GMはプースカ@年末休み状態がお送りします。
なんか久々にGMやってるせいで特にコメントが思いつかない。
とりあえず混沌マシマシで!(とりあえずビール的なコメント)

なお、投票延長は対応しますが1度まで。二度目はないので各人注意を。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆混沌外道GM 
>村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1

無難じゃないっすかね(鼻ほじほじ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆混沌外道GM 知りませんなあ(ニカァ>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆混沌外道GM 
大丈夫、まだ無難な方です、真面目に。
過去にはもっとひどい鍋がありましたよクマ渡さん…」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆混沌外道GM え、ちょっとまって、なにその噂!?>該当者」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆混沌外道GM 
それでは各人とも投票してるかどうかの確認はお忘れなく。
では、最後までどの陣営も勝利目指してグッドラック!!!」
青木麗華 は無残な負け犬の姿で発見されました
混沌外道GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
混沌外道GMさんの遺言 苦しみ もがき それでも勝ちを求めるがいい
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
クマグナム 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
吸血2が面倒くさいけどまぁ。大丈夫なんじゃないくらい。
マニアで狼増えた場合以外、相当キツイとは思わない。
まぁ吸血に価値奪われる可能性はあるけどそれでも大丈夫だと思うくらい。」
幽々子 「                   _____.,ヘ、
          _,.-‐''''"´ / @ \_     r- 、
 r-、v__    ,.'"  r___,.rニ'ー'´ ̄`ヽ!ヽ、  |  ヽ. v /`i    朝が来たわ―!!
 ゝ、ハ_ノ  !_,.rソ´ i ____イ   `i ,`'ート、 i    Y/  ./  朝が来たって』ことは朝ご飯用意してあるんでしょ
 `´ `'    //::/'´/   /i.   i 、  Y   ヽ、___,i/__/
        ) >Y ./ /メ、ハ  /| ハ   |    (  ン^ヽ)       いっただきまーす!!(モグモグ
        |ノ /レイ ○ レ' レ_,. V ノ     ノ'´  lj
.      ノ(  ,ノノ|  "     O |ソi
.     l^ヽ、ヘ⌒ヽr,ヘ.  /´`ヽ  "从'ヽ      出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
    ヽ、_ノノ      .>!、_,/_,. イノヘ〉
      ヽ_ _/    |/ムヽノ...i´. ).)´_ン
          _ノ"'''-.._└§┘ ノ__ノ~       人外多めねー(漬物ポリポリ
.      r'ア'"~""''' ‐r .l><l
    ノハ_,,      i//ノ/⌒ヽ>、       マニアがどうなのかって感じかしら?(あら、この熊肉おいしいわね
    }」. /      rン<,ンi二二!-' 
     iヽ`ヽヘンニ='-‐=-'!、__ノ          COある人は早めに頼むわ(お茶ズズー
     `7二`/´
     〈__ン                    出揃ってから共有出良いんじゃないの?(ごちそうさまでした」
審査員 「でも、それって根本的な解決にはなりませんよね?」
小此木タカオ 「おはよー
村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
無難とか言ってたけどこの村19人村なんだよね…救いなのは狐が少ないことだけどマニアが怖いなあ…
とりあえずジャンとキリコさんが敵陣営じゃなければいいんだけど、どうなるかなあ
まあ共有いるようだし出ていいよー」
ミサネ 「おはようございます
無難な陣営……?そうですね無難に人外が多いですね
マニアによっても大分左右されると思います」
キリコ 「おはよう、料理は心!
食材は…狼肉、狐肉…吸血鬼肉に鬼肉、神話肉ね
結構珍しい肉が多いわね…
審査員は共有者ってことね」
こいし 「おはおは!

出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1

18>16>14>12>10>8>6>4>
の8吊りでー、吸血とか鬼とか入れたら9人外!マニアが人外ついたら2ケタいきますなぁ。
うん、マニアは村についててください!お願いします!ほら早くCOして!
あと共有の声聞こえたから出てきてー。」
妖夢 「おはようございます。とりあえずマニア待ちですかね・・・」
チルノ 「おはよう
吊りは8で狼狐は6 吸血に吊りはつかいたくないな
噛まれてくれるといいんだけど 共有とマニアはCOどうぞ」
サグメ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
....マニアは早く出るといい。
鬼は....村側だといいなって...
吸血鬼2...下手すれば死因が増えそう....
出る人有るならマニア以外にもどうぞ....」
アゲハ蝶 「おはよう」
十六夜咲夜 「おはようございます
吸血鬼2に鬼とマニア。不確定要素が多い村ですわね」
ルーミア 「おはようなのかー
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1

よくわからないけど私がお腹すいたので鍋をよこすのかー!
はりーはりーなのかー!(バンバン
神話に関しては早く出てくればいいのかー」
ジャン 「おはよう」
クマグナム 「共鳴してるな。」
霊夢 「おはよ
私はのんびりとお茶でも啜りながらごろごろしてるわね」
KAITO 「やーだー、この陣営数!」
一方通行 「うィーっす」
こいし 「あ、2死体!遺言無し!すっごく呪殺っぽい!!」
サグメ 「....>遺言なし死体」
妖夢 「おや、遺言無しの死体がひとつ」
小此木タカオ 「遺言ないね。
銃殺かなコレ」
ジャン 「・・・天人か?」
幽々子 「あら?いきなり死体?>麗華」
KAITO 「あ、天人ですね(願望込み」
ルーミア 「…あれ?
2死体…なのかー?狐?」
十六夜咲夜 「遺言なしの死体ですか。銃殺9割、でしょう」
キリコ 「ええ、あってるわ
そこについた鵺よ」
チルノ 「遺言なしか 狐か天人か まあ狼目を吊っていけば問題ないわ」
ミサネ 「遺言なしで2死体……
呪殺か天人の二択だとは思いますが
現時点だとなんとも言えませんね」
一方通行 「おォと、遺言なし死体がありますよォ?なンですかァ
天人ですかァ」
アゲハ蝶 「まぁ死因はおいおい分かると思うし」
こいし 「ほほーん、鵺じゃないか!>クマグナム」
霊夢 「共有CO」
KAITO 「この陣営数で銃殺とかあったら死ぬわ」
サグメ 「5日目判断でいい...閻魔...いない...
残念...」
クマグナム 「キリコォ!お前は俺に取っ手の新たな光だァ!」
妖夢 「狐1で行きなり死んだのでしたら、なんというか・・・ご愁傷様です」
ジャン 「俺につけよ! >キリコ」
小此木タカオ 「で、共有いないのー?」
チルノ 「鵺がでてきてくれたのね」
審査員 「あっ……。(察し)>鵺
これは食材を見る目ですわ……。」
クマグナム 「いつも取ってを変換間違えるのはどういう事なんだろう(半ギレ」
ルーミア 「クマグナムをもぐもぐするのは私だと思ってたのに…
誰の鍋の食材になったのかー(ウルウル>クマグナム」
アゲハ蝶 「負ける気せぇへんな!!>ジャン&キリコ」
クマグナム 「やめろwwwwwwwwwwww>審査員」
十六夜咲夜 「(ドアノブが光っている・・・?)」
幽々子 「呪殺か天人か…、まあ5日目待てばいいんじゃにの?
占いで呪いいて逆呪殺の日記残してないとかは知らなーい」
キリコ 「いやあ、ちょっと人外っぽいし… >ジャン」
一方通行 「キリコにつけよwww」
こいし 「キリコとクマグナムで鵺ライン把握~。
あと霊夢が共有ね、オッケオッケ。」
小此木タカオ 「ジャンにつかないんだキリコさん…(唖然」
妖夢 「キリコさんが鵺ですか了解しました
・・・食材ねらい?」
サグメ 「ん...共有CO
相方そこの貧乏巫女...」
ルーミア 「あ、霊夢共有把握なのかー!
なのなのかー!
クマグナム-キリコも了解はしたのかー」
ジャン 「・・・中々うまそうな熊鍋になりそうだな」
十六夜咲夜 「まあ鵺が出たのは置いておきましょう」
審査員 「だってお前それしか考えられんやろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>クマグナム」
霊夢 「相方サグメであってるわ」
チルノ 「霊夢とサグメが共有ね 共有が多いのはいいことだわ」
KAITO 「ま、マニア素直に出るなら狼は多分ないと思いたい
他は知らん
どーせ噛まれるやろ(スットボケ」
小此木タカオ 「あ、霊夢さん共有分かったよー
今日はどうするの~?」
クマグナム 「やめろ―!食われたくなーい!食われたくな―い!」
一方通行 「馬鹿やろう!!熊っていうのは調理法をミスるととンでもないことになるぞ!!」
霊夢 「グレランね」
幽々子 「キリコークマグナムで鵺ラインね
さっさと出るのはいいことだわ」
ミサネ 「マニアは正常に名乗りを挙げたと……
では得に今は触れるべき事でもないですね
共有も出ておられる見たいですし」
キリコ 「あたしがついてるのはクマグナムよ?
ジャンじゃないわよ?」
ルーミア 「いつの間にかもう一人も出たのかー
サグメも共有だったのかー!(なのかー!」
アゲハ蝶 「ぐれぐれらんらん」
こいし 「お、共有2人なのか。サグメと霊夢で2共有ね。把握把握。」
アゲハ蝶 「は?」
審査員 「でも思うんだけどキリコさんのアイコンもジャンと同じくらいには悪人面だよね。(小声)」
一方通行 「アンモニウムの色味をどれだけ消せるかが勝負だ……!!」
幽々子 「共有2人なのね、把握したわ」
十六夜咲夜 「共有2。村枠が残り7
鵺ラインがそこに含まれるなら、かしら」
妖夢 「共有2と、まぁ基本指定進行でいいんじゃないでしょうか
少しは吊り余裕はありそうではありますが」
サグメ 「.....正直遺言なし=呪殺とは限らない...
警戒は怠らないように...とりあえず...」
アゲハ蝶 「ああうん。間違えた」
ジャン 「じゃ、そこ残してグレランってところか
銃殺だというなら狼吊りで問題ねぇな
そこ占いそうな奴がいねぇから多分天人だと思うけどよ」
小此木タカオ 「とと、サグメさんも共有了解
人外多い村だけど共有2はいいことだねうん」
ルーミア 「いやだー!
食べたいー!食べたいのかー!(バタバター>クマグナム」
審査員 「思い込むということは何よりも恐ろしいことだ。>アゲハ蝶」
サグメ 「....グレラン」
こいし 「そういうカットを選んでるだけで普段はかわいいかもしれない>審査員」
アゲハ蝶 「クマグナムーキリコね。すまんすまん」
妖夢 「キリコさんは熊鍋がしたいって覚えればいいんです」
KAITO 「どっちでもいいけど銃殺じゃない方がいい>サグメ
そんなもんですよ」
幽々子 「だが、あなたの文わないわ>ルーミア
全て私が食べるから!!(キリッ」
審査員 「鮫か何かかな?(すっとぼけ)>一方通行」
十六夜咲夜 「逆に原作的に悪人面のほうが多い気がしますけど・・・」
一方通行 「ンじゃ共有どもとマニアライン以外でグレランだなァ
13だぜ13.俺目線だと12択だけど」
ミサネ 「遺言なし=呪殺とは限らない
というのはその場合ほぼ天人なのでそこはいいとは思いますがね」
ジャン 「キリコ(調理人)がクマグナム(食材)を選んだ」
アゲハ蝶 「どうせ狼に食われるんだし夜のうちに調理しておけば」
チルノ 「まあ色も黒いしキリコが鵺だと言われたら鵺られ勘違いするのも無理はないわ」
小此木タカオ 「キリコさんはクマグナムに鵺してるよ。
…クマグナムってどんなキャラクター何だろうコレ」
審査員 「>こいし
可愛いかどうかは置いといておっぱいは大きいよ。(小声)」
ルーミア 「グレラングレランなのかー
人外吊りを皆頑張るのかー
ルーミアは狼鍋も美味しそうだと思うから期待するのかー(ジュルリ」
幽々子 「はいはい、グレラン了解よー」
アゲハ蝶 「なんだか一気にトリコっぽくなってきたぞ」
ミサネ 「12択とは択の存在以外が薄れすぎていると思うんですが……」
こいし 「天人なら遺言残してるとは思うけどなー。まあ5日目次第か。」
キリコ 「じゃあ、あたしは突如出てきたクマ肉とサル肉で鍋でも作るわ」
一方通行 「実際の熊はしらねェけどそいつ酒と世界地図に浸ってそうな顔してるし
妥当な評価だろ>審査員」
クマグナム 「クマー+マグナム(意味深)=クマグナム」
審査員 「大谷は嫌いじゃあない、むしろ好きな人も多いのでは。(主張)」
十六夜咲夜 「まあ死体が狐か天人かなんて考える必要はありませんよ
狐だと思っておいて、天人だったら喜べばいいだけです」
こいし 「胸より顔でしょ。人間顔だよ>審査員」
サグメ 「...マニア出るのならまだましかなって。
出たマニアが人外じゃない保証は...ないけどねうん...」
KAITO 「トリコってまだやってるの?(小並感」
審査員 「儂もここじゃあ酒は断つ……。」
ジャン 「天人でもあえて残さない場合は普通にあるぜ?
銃殺対応した偽占い師をごまんと見てきたからな」
妖夢 「天人遺言忘れはまだいいんですけどね
占いで呪い返しで遺言忘れとかじゃなければ・・・」
審査員 「やめてくれこいし、その攻撃は俺に効く。()」
幽々子 「狼鍋…1人文じゃ
足りないから、一杯狩ってこなくちゃね>ルーミア
合間合間の狐とかの他の食材も良さそうだし」
アゲハ蝶 「クズ度ナンバーワンはミスター望月だからしゃーない」
チルノ 「クマ肉っておいしいのかな 食べてみたいわ」
KAITO 「そういえばジャンに熊料理の人いたね」
ミサネ 「トリコは不思議ワールドに突入しましたよ(悟り」
ルーミア 「5日目まで待ってみればそこらへんは問題外なのかー
レアケは逆呪殺食らった占いで遺言残し忘れだけど
あまりにも不幸すぎるのでその結果は無視するのかー>ミサネ」
十六夜咲夜 「トリコは先週までずっと回想シーンでしたよ」
小此木タカオ 「あー食材か…>クマグナム鵺った理由
キリコさんもジャンと同じで結構なんでもやるからなあ
某決勝でしたことはやらないけども」
審査員 「今終盤じゃね、締めに掛かってる気はしないでもない。>KAITO」
サグメ 「羊肉とか...ワニ肉はおいしい」
アゲハ蝶 「大谷は小物だけどそれがいいんだよ」
こいし 「呪殺対応を炙るためのあえての遺言残さず……そういうのもあるのか!>ジャン」
審査員 「回想なげーよ!(セルフツッコミ)」
アゲハ蝶 「砂の栄冠でいうガーソ枠」
一方通行 「世の中のたからくじとか600万分の1とか100万分の1だから
どっからどう見ても有情だろ?>ミサネ」
サグメ 「鹿は...好みがわかれる。」
十六夜咲夜 「作中でトリコが「回想なげーよ!」って突っ込むレベルで」
キリコ 「正直鵺は何を話せばいいかわからないわ
だからクマグナムに丸投げするわ、ええ」
霊夢 「はぁ・・・お茶うまい・・・」
ジャン 「トリコいつから回想なのかすら分からん」
小此木タカオ 「大谷さんの位置をソーマの神の舌さんと入れ替えてみよう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆混沌外道GM 
>クマは全身を食用にでき、肉が少量であっても旨味が強い。
>汁ものには脂身のある部位のほうが良いスープが出る
だそうで(by wiki)」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
ジャン3 票投票先 →チルノ
キリコ0 票投票先 →アゲハ蝶
妖夢2 票投票先 →アゲハ蝶
審査員0 票投票先 →ジャン
小此木タカオ0 票投票先 →妖夢
ルーミア0 票投票先 →こいし
チルノ2 票投票先 →ジャン
クマグナム0 票投票先 →KAITO
幽々子1 票投票先 →ミサネ
アゲハ蝶3 票投票先 →ジャン
一方通行1 票投票先 →アゲハ蝶
KAITO1 票投票先 →こいし
サグメ0 票投票先 →一方通行
霊夢0 票投票先 →ミサネ
十六夜咲夜0 票投票先 →妖夢
こいし2 票投票先 →チルノ
ミサネ2 票投票先 →幽々子
2 日目 (2 回目)
ジャン3 票投票先 →チルノ
キリコ0 票投票先 →アゲハ蝶
妖夢2 票投票先 →アゲハ蝶
審査員0 票投票先 →ジャン
小此木タカオ0 票投票先 →妖夢
ルーミア0 票投票先 →こいし
チルノ2 票投票先 →ジャン
クマグナム0 票投票先 →KAITO
幽々子1 票投票先 →ミサネ
アゲハ蝶3 票投票先 →ジャン
一方通行1 票投票先 →アゲハ蝶
KAITO1 票投票先 →こいし
サグメ0 票投票先 →一方通行
霊夢0 票投票先 →ミサネ
十六夜咲夜0 票投票先 →妖夢
こいし2 票投票先 →チルノ
ミサネ2 票投票先 →幽々子
2 日目 (3 回目)
ジャン5 票投票先 →アゲハ蝶
キリコ0 票投票先 →アゲハ蝶
妖夢1 票投票先 →アゲハ蝶
審査員0 票投票先 →ジャン
小此木タカオ0 票投票先 →妖夢
ルーミア0 票投票先 →アゲハ蝶
チルノ1 票投票先 →ジャン
クマグナム0 票投票先 →アゲハ蝶
幽々子1 票投票先 →ミサネ
アゲハ蝶6 票投票先 →ジャン
一方通行1 票投票先 →アゲハ蝶
KAITO0 票投票先 →ジャン
サグメ0 票投票先 →一方通行
霊夢0 票投票先 →ミサネ
十六夜咲夜0 票投票先 →ジャン
こいし0 票投票先 →チルノ
ミサネ2 票投票先 →幽々子
アゲハ蝶 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
こいしさんの遺言 こいしの狩人日記

狩人表記! 夢じゃないといいなと思います!

2日目:霊夢 死体:

護衛先がまったくないケースとかもあるけどー、今日はちょっと多いかな。共有2と鵺ラインだよね。
でもまあここは素直に共有の方護衛していいでしょ。
問題はどっち守るかーだけど、霊夢の方に。
サグメより発言少ないのはそれだけ灰見るのに集中してるんでしょう。きっとそうに違いない。

3日目:
アゲハ蝶さんの遺言 ジンバー!レモン!!ハハッー!!!
人馬CO

ジャンが毒を持ってないか確認しておいてやるよ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ジャン 「おはよう

アゲハ蝶はさすがの俺でも食えないわ・・・
チルノ吊って水を確保しようと思っていたんだがな?
全体的には普通のグレランだから組織票は・・・多分ないだろうよ
あるとしたら、それこそ俺に票を集めてきたとかそういう程度だ」
審査員 「2回目から3回目にかけての票変遷意味わからんぐらいの感想。
アゲハ蝶は犠牲になったのだ……古くから伝わる無能監督……その犠牲にな……。」
幽々子
      _,,... -‐‐ ァ'ヽ- ..,,_    白熊の肝臓にはビタミンAが致死量で含まれてるわ
   ,. '"´   / @ ヽ. `ヽ.     生きてる人は食べられなくて残念ね―(by亡霊感
   ,!   r‐ヾ⌒ヽ--‐ァ⌒r-- 、!   
  r'!'´7-'´`ー'^ー'^ー'^ヽ、__7、    あら、そっち吊れるのね…>アゲハ蝶
   Y´γ´ ハ-!‐_ハ  ハ-!  Y/
   i  i  / ア! ̄i レ' ァ-、ハ ,ゝ     そこ、なにか有りそうだと思ったから
   | ノ ノハi .!__r!   !_r!〉ハ ノ     少し様子見したかったんだけどね―…
   i  `Y i"    ___'  "i | !
  ノ、/ .! iヽ、  (_ ,ノ  ,.イ | ヽ
  kヽr_」ヽ.!ヽ/> -r=7´iヽ!rノ´           ジャンは吊り逃れできるけど、アゲハ蝶は吊り逃れ
     _),.イ´、  \_,!`ゝ、     ,.-‐''つ     できない状態だったのよねー…
    /   ヽ\_/ハヽ/、`ヽ.  ,.i  ノ `ヽ.              これが、どう出るかって感じかしら?
    r!、_____,.7  (ノ}{、) Y-7/ヽ.ヽー-ァ- ' ., '"´ `ヽ.
  「'7、__  _,!    ,}!   ノンi'   ̄7´ /      ',
  ,く   ̄_.ハ`    }{/ヽ.   !.   /  /        i   あ、ちなみに複数票持ちはいなかったわ
  / `ー '7:::i`''ー--''!  __>r'フ、__/  .,'  ,.、      /
/    /-7ヽ二二k'  /、」     / /  `''ー‐'"
     /;:イ     }{ヽ/ iヽ!     ! ( ,. - 、」
小此木タカオ 「おはよー
ジャンが票される気がしたけどその通りだったね。ある意味でっていうランサーの系譜になるのかな
まあジャンに言ったら殴られそうなこと言ってるけど、妖夢さん票は麗華さんを占い見してる感があったのが気になって
天人か狐か想定はわかるんだけど、その想定したのが呪い持ちくさいと思って」
ルーミア 「おはよーなのかー

フィーリングでこいしを人外と思って投票!
で、ジャンとこいしの投票先が被ってたのでジャンは狼っぽくないなー
って思ってアゲハ蝶投票したのかー!
何というフィーリング推理なのかー!なのなのかー!」
一方通行 「ジャンを吊り逃れと形容してもいいのか、それとも一回引き分けったンだから
充分様子見したし普通の動きだと見ればいいのか。
個人的には後者を見る」
霊夢 「おはよ」
サグメ 「....おはよう
アゲハ蝶は吊り逃れ出来ない位置だとしてジャンは吊り逃れ...と
ただ...吊り逃れは噛まれる可能性もあるし...どうかしら」
KAITO 「おそいぞ!」
ミサネ 「おはようございます
幽々子さんについては2死体に関して
2回に分けて触れた……という点でしょうか」
十六夜咲夜 「アゲハ蝶が吊り逃れ付加。その状況で吊り逃れないならジャン吊りでいいかと思いましたが
引き分け2回目で投票を変えましたか。不穏ですね

投票はそれなりにばらける、と」
キリコ 「おはよう
じゃあ、どこが噛まれるか、どこが死ぬかって話だけど」
妖夢 「おはようございます。みょんみょんみょーん」
チルノ 「おはよう
投票は死体に狐の発想がなくて人外だと思ったジャン」
サグメ 「....夢ならってところ>狩人遺言」
クマグナム 「こいしーッ!」
ルーミア 「こいし噛まれるのかー?
灰噛み…ふむん!なのかー」
一方通行 「狩人遺言だが落ち着けェ!!夢狩人でいい仕事したかもしれねェだろ!!」
ジャン 「幽々子・・・ほう、すっぽんジュースは好きか?」
霊夢 「ほむ」
小此木タカオ 「遺言見て(顔覆う
そこ人外ないだろうし」
十六夜咲夜 「狩人噛まれですか。夢はありますが、どちらにせよおいしくはない」
幽々子 「こいしか希で狩人表記…ねー…
で、アゲハは人馬と」
キリコ 「狩人が死んでる…おいしくないわね」
KAITO 「ほむほむり>こいし死体
わりと謎目」
幽々子 「ええ、すきよー>ジャン」
審査員 「初手噛みなら真か夢かはわからないんだよなぁ。」
ルーミア 「真なら辛いなってのは私も思うのかー
夢ならいいのかー>サグメ」
チルノ 「こいしが狩人遺言か 真だったら痛いなあ」
ミサネ 「人馬遺言と狩人遺言……
状況的には灰噛みだとは思いますが
どちらにせよこの遺言で噛まているのであれば村が死んだと見ていいでしょうか」
ジャン 「こいし噛まれたのは、まぁ妥当だと思うけどな
チルノがどうも気になるところだ」
サグメ 「...アゲハは吊り逃れ出来ない位置だった
人馬ってのは分からなくもない...」
一方通行 「灰の感想だとミサネのなんとも言えないけれどって言い回しがなにか
もってる感あるなァ、気になるなァくらいしかねェわ」
クマグナム 「そりゃ相対的村目だし。」
キリコ 「でも共有者もあたしラインもかまないのは謎ね…
なにか見えてるのかしら?」
妖夢 「正直共有2に鵺までいるんでどっか抜くとかおもいましたけど、みょん」
審査員 「しかし初手灰噛みするもんかね。
灰狭くて辛かろうに。」
十六夜咲夜 「ただ共有も鵺ラインも無視しての噛み、となると
狼も結構少ないのかもしれませんね」
ルーミア 「ねー。正直人外目(フィーリング)だったから
噛まれるの予想外すぎたのかー>KAITO」
KAITO 「真だったら痛いじゃなくて夢でもいたいと思うんですけどね
この村で村減ってるんだから」
霊夢 「ジャンはCOお願い」
ジャン 「そうか、きっとそうだろうと思っていたぜ
今日は精力の付く真っ赤なケーキも作ってやる」
幽々子 「初手時点じゃ、判別つかないけどね>狩人表記だと
まあ、村死んだ想定でといた感じかと思うわ」
ジャン 「占いCOだ
チルノ●>幽々子蝙蝠」
小此木タカオ 「まああそこで票替えは僕はいいと思うけどね。
この村はマニアが村陣営っぽいとはいえ、基本的に人外有利村だし」
ジャン 「1夜:チルノ
さーて、まずは新鮮な水を確保するぞ
氷を溶かせば水が手に入る
チルノを溶かすべきだろう?


2夜:幽々子
あぶねぇな、溶かしてみたら真っ黒じゃねぇか
こんなもん料理に使ったら腹壊すぜ?
チルノで●ならチルノに入れてるこいしは保留だな
次は・・・咲夜とKAITOが俺に変えてきているが
チルノの援護射撃とは考えにくい・・・
アゲハ蝶が狼だった場合に考える程度でいいな
今日のところは幽々子を占っておく
こういうのは良く食べる奴に気を使うべきだからな
どんな料理が好みなのか、それを調べておくぞ
まぁ、調べたところで調整するつもりはねぇけどな」
サグメ 「まぁ...吊り逃れしたのならジャンにCOは聞いておく。」
審査員 「まぁ、占いまでは出てくるんじゃない。(適当)」
ミサネ 「狩人が真でも夢でも元々1桁しかいない村が減ってるとしたら
それは痛手だとは思いますよ?」
霊夢 「ほほう」
サグメ 「....んー」
ジャン 「だから、言っただろ?
すっぽんジュースは好きか? とな」
ルーミア 「そんな妥当だったのかー?(ウーム
私は他の人と見えてるものが違うのか…>ジャン」
キリコ 「へー」
審査員 「おほー。」
幽々子 「あら、嬉しいわねー>指定で釣られなければお願いするわ>ジャン
死んだら?霊界で用意してて」
KAITO 「正直共有2に鵺付きCOまで入ってグレーから噛むのかというのはちょっと不思議入ってますが」
クマグナム 「まぁこの配役の蝙蝠は悪くないし。」
妖夢 「幽々子様ー」
チルノ 「ああ真だったら痛いというのは村だったら痛いということのつもりだった>KAITO
この村吸血鬼がいるから狩人遺言残しそうな人外いるし」
一方通行 「お前が占いCOすンの?俺吊りのがれしてない、いいニートの動きって
解釈してたンだけど……」
ミサネ 「投票自体は初日はチルノさんに投票はしておりますね」
小此木タカオ 「幽々子さんどー?
ここは吸血鬼枠の人に聞くと答えてくれるかもと思って聞くけど」
十六夜咲夜 「その結果持ってCOするだろうというのは予想しましたけど
一手吊り逃れしなかった理由は聞いて起きたいですね」
クマグナム 「発言だけ見れば占い職と言われても納得である。」
キリコ 「昨日も最初はチルノに投票してると」
妖夢 「いやわからないです・・・」
審査員 「やべぇ、昨日の投票を謝罪したいくらいの気分にはなって来たぞ。」
サグメ 「幽々子吸血鬼なら他の吸血鬼に吸い殺されそうではある...
ただ真か夢か...かな。仮にジャンを占いで見るならば」
ルーミア 「ん?占い…?
でも2回目まで票逃れしてなかったんじゃ…ルーミアの見間違え?(アレッ?」
チルノ 「風祝だよ 不可>青木麗華」
幽々子 「ああ、うん合ってるわよ>吸血
なお、こいし吸いに行って据えてないんで噛み確定」
チルノ 「1日目
おおうレアな蘇生を引いたわ
確立がみかたしてくれるといいんだけど

2日目
青木麗華が狐か天人か 一回だけ蘇生してみるか
明日以降は噛み位置を蘇生すればいいでしょ」
小此木タカオ 「…でもさ、ジャン。
なんで一回目で吊りかえしなかったの?
それちょっと聞きたいかなー」
キリコ 「一応夢もあるから別にCOしなくてよかったんだけど >チルノ」
ミサネ 「ジャンさんが真でも夢でも人外確定な幽々子さんに
COを聞くのが妥当かと、ジャンさん偽の場合は対応できませんが」
霊夢 「ふーむ」
チルノ 「残してほしい 蘇生できれば真証明できるし」
一方通行 「いや、実質的に吊り逃れだけど二回目までは逃れもしてなかったろ!」
ジャン 「>一方通行
3回目の投票で吊り逃れだがな
アゲハ蝶も俺に入れてるし、まぁ吊り逃れというよりカウンターだがよ」
妖夢 「幽々子様・・・ついに血まで食べるようになったのですか・・・」
サグメ 「吸血鬼...あってるのならば...
とりあえずジャンは放置...」
十六夜咲夜 「吸血鬼は認める、と
所詮人外COによるラインなんで話半分ですけど」
審査員 「そういや夢でも蝙蝠結果って引けるんだっけ?」
幽々子 「まあ、もう1人吸血いるし多分私吸い殺されるだろうしーっていう…」
霊夢 「チルノは蘇生なら放置でいいとして」
KAITO 「天人の可能性がある死体で蘇生を語るというのはわりと度胸がいるので
真ではないかと思うのだが
と書いてたら吸血繋がんの?」
クマグナム 「トマトジュースでしょ(まがお」
霊夢 「ゆゆこどうするかかな」
クマグナム 「せやで>審査員」
審査員 「鳩の血のゼリーは割と食べてみたい。」
キリコ 「吸血鬼ねえ、人外なんだけど霧もあるからねえ」
クマグナム 「他に吸血がいるなら殺してくれるでしょ。>霊夢」
チルノ 「幽々子があってるならジャンが夢なのか それとも狼でラインをつないでいるのか」
十六夜咲夜 「真でも夢でも特殊結果自体は一致ですよ」
一方通行 「認めるンだったら吊るしかないけど、6人外 第三陣営も含めるなら9人外」
サグメ 「幽々子は吸血鬼が吸い殺すかと...
吸血鬼2で片方露出したら...ね>霊夢」
審査員 「でもサシはNG。
(マイルドな表現。)」
妖夢 「なんにせよジャンさんが占い師で間違いないということでしょうね」
ルーミア 「風祝なのかー…
真証明できれば最強だけどー…なのか?
5日目天人聞けば即答えわかるけど(なお、天人かは確定してないのかー)」
幽々子 「夢は○と●反転するだけよー
あと、夢は呪い、妨害無効>審査員」
ミサネ 「幽々子さんは蝙蝠結果自体は認めると……
ただチルノさん自体は一応真証明出来る可能性がある為
幽々子さん吊ってチルノさんは放置する手がありますが
指定が間に合わないようであれば視野に」
クマグナム 「そうじゃなくても殺されないなら霧系人外と見てもいいしね(適当」
小此木タカオ 「んーなら幽々子さん吊っておくのがベストかなコレ
チルノさんは蘇生で頑張って。できないもしくはジャンが死んでたら吊るけども」
一方通行 「だから第三陣営吊り切ると吊りが足らなくなる」
キリコ 「吊ってもいいんじゃないの >幽々子」
霊夢 「ならグレラン」
KAITO 「んー、チルノの吊り逃れCOと繋がるラインが微妙すぎる」
ジャン 「アゲハ蝶の方が吊れると思ったからな
初手で変えたら、それこそ
「俺は重要職だ」と言ってるようなもんだ

鬼結果とかでも引いてなきゃ、3日目COする前提の動きなんぞできん」
小此木タカオ 「え、吸血鬼放置するの?」
一方通行 「幽々子吊って、まぁ後から出てくる第三陣営に慎重に対応するのがベストか」
十六夜咲夜 「露出吸血鬼って吊り位置なので吸血しろって言っても放置されるんですよね
あと霧系を捨てきれない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
ジャン0 票投票先 →審査員
キリコ0 票投票先 →幽々子
妖夢1 票投票先 →ミサネ
審査員1 票投票先 →ミサネ
小此木タカオ3 票投票先 →幽々子
ルーミア1 票投票先 →妖夢
チルノ0 票投票先 →幽々子
クマグナム0 票投票先 →小此木タカオ
幽々子5 票投票先 →一方通行
一方通行2 票投票先 →小此木タカオ
KAITO0 票投票先 →一方通行
サグメ0 票投票先 →小此木タカオ
霊夢0 票投票先 →ルーミア
十六夜咲夜0 票投票先 →幽々子
ミサネ2 票投票先 →幽々子
幽々子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジャン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
幽々子さんの遺言
   .:         :::::::.        ::::::;;;;;;;;::.,.,.,.,.,.,..,.. .::;;;;;;::
   ::::........      ::::;;;;;:    :. ....:; ::::::::::::     :::;;;;;;;;;:::
    ::::::;;;;;;::::..    :::::;;;;::    .::;;...              :::;;;;;;;::: ::
     :::::::;;;;::::     :::::::: ..:;  :::::::::::..         :::::::::
      ::::::::::     ..:;     ::::::;;;;;;;;::..            ..:
            ..:;      ::::;;;;;;;;:::::      :.     :
           .:;        ::::::::::::       ::..     :::;;;;
          .:;      _,. -,へ- 、      .:;;;::
         .;      / _/_@,.>、ヽ    ::;;;;;;;::
           :;    ./ /,. -zニ - 、二`ヽ、  ::::;;;;::
.          :;      レ",r'"/ _人 )、 ヽヽ, ,ゝっ ,、z.、    Blue beard public
         :;    r' ル Y-‐ レ' -! 、lィァ' =}_/ ' ミ 〉
         :;    V´/ i ヽ.  rァ レf | ,r‐'|' ,-r'
         :;   (  ト 、 ヽヽ,.ィf'´  | |"   ,!'" |    無理>こいし>
.           :;,    )ノl ト、f´ | i ヽ、 ヽヽ=ァ'ゝ=ァ'
         :;      レ'ヽ^ヽ ゝチ‐r‐‐=<-''"´
          :,        i´l f::::::ト:::::イ:::}
          ::,,       ノ ヽー‐r' ̄´ ヽ、
            ::,,   _/  //      `丶、
            ,.r;;"´   ///          ヽ、
           {  ::.,,  / ./!::/         /´フ
            ヽ、  :;,/.,,/::l::i ,-、      r‐'´ ̄
             `ー十┘;!::::´:::::::ヽ、__,/
                !:::::::i::    ;;:::::::l...
                 ノ  :;!      .::::::l;:,.,.,.,
                 \_/       .::::::ノ..............
               .....:/ゝーx─‐ァ''´:::::::::::::::::::::::::
            ....::::::::::::::::ト _,ィゝ-イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         :::::::::::::::::::::::::::!ヽフ'| `ーl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::::::`''"::::`'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    :::::::::::::::::::::::::::::::::::
ジャンさんの遺言 占いCOだ
チルノ●>幽々子蝙蝠>タカオ


1夜:チルノ
さーて、まずは新鮮な水を確保するぞ
氷を溶かせば水が手に入る
チルノを溶かすべきだろう?


2夜:幽々子
あぶねぇな、溶かしてみたら真っ黒じゃねぇか
こんなもん料理に使ったら腹壊すぜ?
チルノで●ならチルノに入れてるこいしは保留だな
次は・・・咲夜とKAITOが俺に変えてきているが
チルノの援護射撃とは考えにくい・・・
アゲハ蝶が狼だった場合に考える程度でいいな
今日のところは幽々子を占っておく
こういうのは良く食べる奴に気を使うべきだからな
どんな料理が好みなのか、それを調べておくぞ
まぁ、調べたところで調整するつもりはねぇけどな


3夜:タカオ
さて、幽々子を吊った場所を占えばいいだろう
ここで幽々子を吊るってことは吊り計算してない位置
強いて言うなら仲間を減らしたくない狼ってのが本筋だ
タカオ 咲夜辺りが気になるところだが
この状況ならタカオが気になるところだな
俺の吊り逃れをつついてきたところだが
俺に隙があれば大騒ぎして偽ってことにしたかったのか?
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
審査員 「概ねジャン真なんじゃね。
つまり……後はわかるな?」
霊夢 「おはよ」
ミサネ 「おはようございます
特に他に吊りたい場所がない状況なのであれば
幽々子さん吊りが妥当だと考えますが」
サグメ 「おはよう...幽々子吊るって事は...
まぁ...分かってるよね?」
小此木タカオ 「おはよー
一方通行に聞きたいんだけどさー。幽々子残しってどうして?
あれ、後半になって吊ろうとかできない位置だから吊っておくべきだよ。
一応6吊りって考えるとあそこは普通吊っていい位置だと思うだけどなんで残すの?」
KAITO 「一通吊ろうず
なんだその次に出て来るのを慎重に考えるって
咲夜のように霧系捨てきれないで吊る方がまだ素直だわ」
ルーミア 「おはようなのかー

何だか発言薄め?に感じたので妖夢投票なのかー(なのなのかー)
それは置いといて皆吸血鬼死すべしー!ってするの好きなのかー
第三陣営だから問題ないけど!(人外COだし)
でもちょっとだけ意外だったのかー」
キリコ 「おはよう」
妖夢 「幽々子様には投票しない従者の鑑、みょん。」
チルノ 「こいし蘇生挑戦 失敗」
審査員 「やっぱりな。(レ)」
十六夜咲夜 「結局のところ現状で幽々子吸血鬼だと断定する材料がないですし
吸血死期待で残すのは不確定がすぎるかと

チルノはそこで幽々子投票はおかしいと思いますけど」
クマグナム 「そりゃそうよ。」
妖夢 「うん、まぁ狩人遺言までありましたし・・・」
チルノ 「これはジャンが夢だった?」
審査員 「チルノの処理を完全に放り投げた神の舌君UC。」
十六夜咲夜 「狩人不在と」
一方通行 「幽々子残しなンて言ってねェだろがァ!!」
霊夢 「まー、そのまま吊るすつもりではあるけど」
クマグナム 「まぁ失望ではあるけどね(適当。」
キリコ 「じゃーあー…ルーミアは明日まで放置…でいいんじゃないの?」
クマグナム 「他に占い師CO出ない時点でなぁ………」
KAITO 「ジャン死ぬのか、割と予想外だわ」
ミサネ 「ジャンさんが死亡している……
幽々子さんが何者にしろラインがつながっているのであれば
ジャンさんが狼でない場合はわかりきった結果とも言えますが……」
ルーミア 「…素直に噛んでくる、のかー >ジャン死亡
そうなると真噛みか風祝吊らせるための噛みか迷うのかー(要は真か夢かって話)」
一方通行 「吊ろうって言ってるだとちゃんと見ろよ!
まァ共有の指示に従って別のところ投票したけどな!!」
キリコ 「天人なら、明日まで残せばルーミアはラインはつながるわ」
審査員 「ちょっと誰初日に占い師に投票してんの~~~~~。^^」
サグメ 「...吊り回数数えて
幽々子吸血鬼ならなおさら放置でもいいんだけどね...
一手様子見すら...させてくれなかったか」
十六夜咲夜 「他に真主張占いが飛び出すならジャン夢考慮はしますけど
9割がたチルノ吊りでいい状況ならいても出ないでしょう」
KAITO 「わからん、天人切ったのか?チルノのCO
そうでなくばどうせいずれ吊られるぞ」
キリコ 「なので、それ以外から吊りでいいんじゃないの」
クマグナム 「占いに投票する村人 人狼に投票する狂人
似たようなもんやな(適当」
一方通行 「ンー」
ミサネ 「ただ、幽々子さんとラインが繋がっている点を考えれば
チルノさんが何者にしろ非狼なのであれば
そこそこ噛まれる可能性はあるのでは?>KAITOさん」
ルーミア 「……あの
えっと…私が何かしたのかー?(ウルウル >キリコ」
霊夢 「サグメとクマグナムはどうしたい?」
審査員 「真占いいてジャン夢見るなら即出ないと駄目だけどね、その場合チルノ真あるから。>十六夜咲夜」
妖夢 「そういえばジャンさんは銃殺してないんですよね」
クマグナム 「まぁ確かに>他に呪殺主張が無い=天人真
履歴見よう。」
サグメ 「んー...相方当初の奴でもいいけど
チルノどうする?」
小此木タカオ 「ジャン票けっこういるから分からないなあ…>審査員
僕ログは取るけど票のほう取らないからさ…」
一方通行 「そうか、天人ラインで蘇生の真証明はできるのか、ならチルノ吊らないのか?
もしかして?」
キリコ 「あ、チルノとルーミア間違えてたわ…
似てるのよね、あんたたち >ルーミア」
霊夢 「キリコは残し方針らしいのは見た」
クマグナム 「俺は兎も角サグメとは夜話せるやろ(」
審査員 「チルノとルーミアは似てる、一理ある。(迫真)」
十六夜咲夜 「まず天人かどうかの保証がない状態で天人とのライン期待、は追うべき可能性として弱すぎると思いますよ」
妖夢 「即出たとして確実に噛まれると思うんですが・・・」
審査員 「僕です。(小声)>小此木タカオ」
サグメ 「...天人なら最悪青木に聞けばいい。
天人ならだけど。」
KAITO 「天人じゃないなら他に占いいることになるんですがね」
ミサネ 「チルノさん自体はジャンさん夢での噛みの可能性があるので
のちのちに天人が戻ってきた場合の為に放置するのがいいと考えますが」
十六夜咲夜 「紅魔郷1、2面ボスぐらいしか共通点ないですよ」
霊夢 「鵺ラインどっちも残しのようだし、残すつもり>サグメ」
キリコ 「明日グレランか今日グレランかの違いだと思うけど
今日吊るより、明日ラインがつながる可能性のほうがいいわよ」
小此木タカオ 「ジャンは銃殺していないらしいね
ってなると麗華さんが天人可能性もあるかな。
占いいるなら出てきてると思うし」
一方通行 「いや、天人だよ」
審査員 「むしろ噛まれなきゃいけないんだけどね?>妖夢
潜って銃殺出します、なら相当覚悟決めないといけないし。」
サグメ 「....ふーむ
なら当初の指定先でいいと思う>霊夢」
小此木タカオ 「じゃあ審査員に票してっと>審査員」
十六夜咲夜 「ほう?>一方通行」
霊夢 「即吊りしていいかなとは思ったけど
天人から聞けばいいというのもわかるので
色々考えた結果放置より」
ルーミア 「全然似てないと思うのか…
何で急に責められてるのかクエスチョンだったのかー >キリコ

天人見るなら明日まで待つ
見ないでジャン真思うなら今日の時点で吊る
どうするか、なのかー。ちなみに私は一日待ってもいいと思うのか」
霊夢 「今から指定はちょい厳しいかな・・・」
妖夢 「そういうもんですかね?レイカさん銃殺主張がいれば潜っていてもおかしくないと思うんですが>審査員」
審査員 「ジャン夢-チルノ真で真占いがチルノ見殺すってそういうことなんで。

ヤメロー!(棒)>小此木タカオ」
クマグナム 「ケルベロスみたいに3人と会話出来る職が欲しい。
三人寄れば文殊の知恵って奴よ」
霊夢 「ごめん」
霊夢 「グレラン」
キリコ 「どっちも妖精だし? >ルーミア
グレラン、あるいはチルノ以外から指定派ね」
一方通行 「ちっ、吊られる可能性があるから出る占いCO
占いCO クマグナム○ KAITO○ 審査員蝙蝠」
小此木タカオ 「あー、たしかに天人可能性出てきたら残してもいいのか。
となると今日もグレランで逝くのかい?」
ルーミア 「ん、可能性見てグレラン了解なのか
なのなのかー」
KAITO 「幽々子投票者は人外か重要役職
ニートCOしたら吊る所存です」
一方通行 「理由
これで初手鬼引いたら
ひよこ鑑定士CO鬼告発やってみっかな
違ったらまァ諦めっけど

理由
◇KAITO「あ、天人ですね(願望込み」
俺を同じように銃殺してない占いアピールしてるように
感じたンで占う。一票しかもらってないわけだしたぶン
次グレランしても吊れねェだろ

理由
◇審査員「しかし初手灰噛みするもんかね。灰狭くて辛かろうに。」
すげェ納得できる。違和感しかねェ>灰噛み
なァこれ俺夢なんじゃねェのってくらい違和感しかねェ。
これで審査員●引いたら俺自分夢考えて潜って共有占うぞ。
○だったら、まァ真だと考えて明日COする」
審査員 「それでも結果2つあって共有と鵺で村位置4つだしなぁ。>妖夢」
十六夜咲夜 「まあそれは分かりますけど>天人じゃなかったら銃殺がいる」
一方通行 「蝙蝠結果とか出したくなかった!!」
チルノ 「クマグナム狐だよ 噛んだからね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
キリコ0 票投票先 →チルノ
妖夢0 票投票先 →チルノ
審査員1 票投票先 →一方通行
小此木タカオ0 票投票先 →チルノ
ルーミア0 票投票先 →チルノ
チルノ10 票投票先 →クマグナム
クマグナム1 票投票先 →チルノ
一方通行1 票投票先 →審査員
KAITO0 票投票先 →チルノ
サグメ0 票投票先 →チルノ
霊夢0 票投票先 →チルノ
十六夜咲夜0 票投票先 →チルノ
ミサネ0 票投票先 →チルノ
チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一方通行 は無残な負け犬の姿で発見されました
青木麗華 は生き返りました
小此木タカオ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
一方通行さんの遺言 占いCO クマグナム○ KAITO○ 審査員蝙蝠 小此木タカオ

理由
これで初手鬼引いたら
ひよこ鑑定士CO鬼告発やってみっかな
違ったらまァ諦めっけど

理由
◇KAITO「あ、天人ですね(願望込み」
俺を同じように銃殺してない占いアピールしてるように
感じたンで占う。一票しかもらってないわけだしたぶン
次グレランしても吊れねェだろ

理由
◇審査員「しかし初手灰噛みするもんかね。灰狭くて辛かろうに。」
すげェ納得できる。違和感しかねェ>灰噛み
なァこれ俺夢なんじゃねェのってくらい違和感しかねェ。
これで審査員●引いたら俺自分夢考えて潜って共有占うぞ。
○だったら、まァ真だと考えて明日COする

理由
審査員に投票すれば噛まれないのではないかという小細工。
まぁ通じねェよな!俺が夢でも真でも噛まれるよなクソォ!!
つゥかてめェKAITO俺の○なンだからもっとちゃんと見ろよしっかりしろ!
夢主張すンぞ!!
◇小此木タカオ「ジャンは銃殺していないらしいねってなると麗華さんが天人可能性もあるかな。占いいるなら出てきてると思うし」
出たくない占いだっているンですよ!?
小此木タカオさんの遺言 大司祭CO
5日目から発動するけどコレ、人外多い村だと絶望するかしないかで終わる気がするんだけど
チルノさんの遺言 クマグナム狐のはずだから一方通行は騙りじゃない?こいしは幽々子が原因だと思うわ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
審査員 「チルノが狼COするならジャン真なわけで以上お察し。
一方さんの中身はまぁ狂人とかそんなん?(適当)
まぁ、蝙蝠結果出しちゃいましたそのものがあれなのは置いといて朝一出なかった辺りでぶん殴るのは勘弁してあげやう。()」
ルーミア 「おはようなのかー

チルノ狼でー。やっぱり風祝とか偽に決まってるのか!
あんなのデタラメだってルーミア信じてたのかー!(テノヒラクルー

クマグナム噛みとか言ってたけどあれも何か嘘っぽいのかー
ってことで私は一方通行を信じるのかー?(なのなのかー)
少なくとも狼の騙りには見えないのかー」
クマグナム 「狐告発されることに定評があるクマグナム君UC」
キリコ 「おはよう
チルノは素直に人外だったのね…
いや、うん……あれは吊るしかないわ…」
ミサネ 「おはようございます
チルノさんがクマグナムさんを狐告発という状況ですが
どこで狐噛みが発生していたのでしょうか」
霊夢 「おはよう」
サグメ 「ふむん」
青木麗華 「キュア天人です -只今、見参いたしました」
KAITO 「ほむ>死体2」
妖夢 「小此木タカオ カイジュしました」
サグメ 「ここで2死体と...
青木は情報あったらどうぞ....」
妖夢 「陰陽師というものです、仕事はあるんでしょうか・・・?

1日目 幽々子様:結果無し
とりあえず、幽々子様が呪われていてはいけないので

2日目 十六夜咲夜:結果無し
正直あまり細かい理由はないですが、
どうせなら吊られなさそうな位置から探すべきかと思いまして
得票ない位置から選びました。
一応クマグナムさんの確認でもいいかなとも思いましたが、まぁ場合によってはすぐ噛まれうる位置ですし。

3日目 クマグナム:結果無し
ジャンさんについて呪警戒でもいいかなと思いましたが、まぁ基本噛まれると思いますし
適当に呪い所持者探し続行で。
まぁ鵺先の確認しておきましょう、即噛まれないなら多分しばらくは噛まれはないと思いますし。

4日目 小此木タカオ:
えーっとチルノ曰くクマグナムさん噛みしていると、つまり死因不明の死体が1(噛みが本当ならですが)
うーん一応の可能性としてジャンさんがタカオさん占いの呪い返しを食らった、そして噛みはクマグナムさん、と
ふむ、まぁ確認してみますか。」
ルーミア 「あ、麗華おかえりーなのかー
天人だったのかー!(なのなのかー」
十六夜咲夜 「お帰りなさい」
審査員 「狩り殺しか何か?」
霊夢 「2死体出て天人復活と」
KAITO 「あ、ならクマグナム噛んだは本当っぽいけど
暗殺か魔法使いの暗殺結果じゃね」
キリコ 「そーいえば鬼いたわね」
十六夜咲夜 「まあ人外CO出た以上残す理由もなく」
妖夢 「ジャンさん呪い返しだったらしいですね・・・」
霊夢 「陰陽師ナイス」
キリコ 「ああ、死因はそっちなのね」
ミサネ 「2死体?いや、別にこの村は一応
鬼という存在もあるのでなんとも言えませんが
現状、呪殺主張の占い師などもいませんし」
クマグナム 「でも○なんでね。」
サグメ 「あーそう言えば幽々子の行使先こいしだったか...
そう考えるのならあそこで狐噛みはなくはない>相方」
クマグナム 「まぁそれは仕方ない()」
霊夢 「この様子だと一方通行も普通に噛まれたと見ていいわね」
ミサネ 「呪い返し?」
十六夜咲夜 「呪い返し、ですか」
KAITO 「てっきり罠死だったとおもったが>こいし死体から考えて」
青木麗華 「蘇生に失敗した者はいない、チルノさんは偽で良し
こいしさんが吸血(ゆゆこさん)による死亡かは不明

霊界からとしては以上となります」
審査員 「つまりクマグナム狐告発は真ということになるらしいけど。>逆銃殺」
キリコ 「じゃあ、ジャンも一方通行も噛まれってことになるわね」
ルーミア 「妖夢が陰陽師COしてるのかー!
現在ここ以外死体原因いないし信用、なのかー!」
青木麗華 「カイジュって誰」
妖夢 「でまぁ天人でしたか、おかえりなさい
ということで噛み自体はそれなりに信用性あると思います」
十六夜咲夜 「まあ2死体の原因主張なら放置で構わないでしょう」
クマグナム 「とりあえず審査員に蝙蝠投げとけレベルである(適当」
霊夢 「狐噛みなくはないと考えると一方通行何なのかってことになるのよね」
審査員 「狂人噛みしたからって審査員君を吊れると思わないでよね!
プンプン!」
妖夢 「解呪です。変換できなかったので・・・>青木さん」
十六夜咲夜 「一方通行噛まれてる以上クマグナム逃亡か何かじゃないですか?
告発が真だったとして」
キリコ 「小此木くんは素直に呪い持ちの人外で、妖夢がそれを解呪しただけの話でしょ」
審査員 「やめろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>クマグナム」
クマグナム 「俺が銀狼で一方夢でも主張したらいいんじゃない?くらい。」
霊夢 「ああ、なるほど」
サグメ 「一方通行真はないでしょ
正直クマグナム狐に関しては...納得は良く
すぐには吊らないけど...」
ミサネ 「今日は2死体ハッキリ出ているので解呪主張自体も
別に問題はないのですが、ジャンさん呪返しの状況とは?
あの時って死体はジャンさんだけだった気がしますが……」
KAITO 「ちゃうねん、ここで一通噛まれから考えるなら
クマグナムの方が本体の鵺逆
クマグナムマニアのどっちかしかないねん>クマグナム○」
ルーミア 「審査員のCOを確認してからってことでいいんじゃないのかー?
ってルーミアは思うのかー!なのかー!」
青木麗華 「クマグナムさん噛みが本当だとしても狐だと断定できる要素が狼側にあるとは不明なので
えっと」
キリコ 「いや、うん
クマグナムは放置でいいわ」
妖夢 「まぁ一応の話として呪い返しと噛みがたまったま被っての可能性自体は」
霊夢 「FOでいいんじゃないかなと思ってるけど、どうする?>相方」
クマグナム 「瞳狼>断定できる要素」
審査員 「クマグナムマニアなら狐2になっている不具合だけど。」
クマグナム 「(適当)」
霊夢 「クマグナムに関しては放置」
サグメ 「FOでいいよ隠す物はない」
十六夜咲夜 「というかチルノの告発が真でかつ一方通行噛まれるのが一貫してませんし」
クマグナム 「奇術でもない限りキリコの側から出んでしょと思ったけど仲間欄で見えてるのか。」
ミサネ 「ああ、死体原因が陰陽師であるから
実質死体なしは発生していたという事ですか???」
キリコ 「お口チャックー」
青木麗華 「審査員さんに話を聞いていいと思ったのですが、
すみません一方通行さんが偽って何か破綻でもありましたっけ>サグメさん」
審査員 「素村CO。
いじめ良くない。(主張)」
妖夢 「そこなんですよねぇ>一方通行かまれ」
サグメ 「クマグナム狐主張ならあそこはそこに○を出している。>青木」
ルーミア 「呪い返しと噛みが被った場合って
一方通行の死因どうなるのかー?>妖夢」
ミサネ 「縁切りです」
妖夢 「そうじゃなくてジャンさんの方です>ルーミア」
ミサネ 「あれ?FOなのでは……?」
霊夢 「一応クマグナムが獣人って可能性もなくはないのよね」
キリコ 「クマグナム狐なら、一歩通行が呪殺してるでしょって話
銀狼とか主張するならしらないわ、ってかそういう話じゃないし」
ルーミア 「強くて可愛い!
ルーミア吠騒霊なのかー」
十六夜咲夜 「正直チルノの告発を真に受けないほうがいいかと」
クマグナム 「告発される意味 #とは」
妖夢 「結局あの日にクマグナムさん噛んでるかどうかという」
青木麗華 「霊界でも出てましたが、限定しすぎな。。。という気がしたのです>クマグナム
ただ、他ならぬ貴方がその言葉ならちょっと考えますが」
KAITO 「クマグナム吊らせたいならせめてキリコ噛んでちょーよ<狼
一通噛むなら」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
キリコ0 票投票先 →ルーミア
妖夢0 票投票先 →審査員
審査員5 票投票先 →ルーミア
ルーミア3 票投票先 →審査員
クマグナム0 票投票先 →審査員
青木麗華0 票投票先 →審査員
KAITO1 票投票先 →ルーミア
サグメ0 票投票先 →十六夜咲夜
霊夢0 票投票先 →ミサネ
十六夜咲夜1 票投票先 →審査員
ミサネ1 票投票先 →KAITO
審査員 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
審査員さんの遺言 >あなたは屍鬼です。

            ね  ぼ  う
         に            し
      分      ,こ)-‐…‐-        た
   存     ,. ´         ト ` ヽ       い
         /         n  lノ  |
   _,. -‐ 7         { {   ′ 厂 ヽ
 , ´     / _,ノ           ,     `'ー 、
{     ノ_ノ/          _,. ´         ヽ
 `ヽ、   く_ノ⌒¨¨   ̄ ̄               __,ノ
    'ー-‐… ''"⌒^'' ‐- ..,,__,,.. -‐ ⌒´ ̄
霊夢さんの遺言 共有者よ、相方はサグメ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ミサネ 「おはようございます
KAITOさんのこいしさんが罠死しているって
どこから出ていているのが分かりませんが……」
キリコ 「おはよう
さて、多分青木さんが死んでると思うけれど
それ以外にはどうなるのかしらね
そして十六夜さんがCOしていない気がするわ」
青木麗華 「これまでのグレーが
妖夢、ミサネ、ルーミアの3名
妖夢さんが死体増加要因だそうですし偽だとしても、せいぜい鬼なのでは
共有2名と天人の誰かが死ぬでしょうから
残り4吊りでルーミアさんミサネさん
狐を追うなら。。。○しかいないですが」
ルーミア 「おっはよーなのかー

灰がほぼ詰まってるのでー
咲夜→ミサネ吊りで全てが終了すると思うのかー
ルーミア計画、完!なのかー

これ詰んでるよね…?多分…」
クマグナム 「白 天人 KAITO クマグナム キリコ 霊夢 サグメ 妖夢
灰 ミサネ 咲夜 ルーミア」
サグメ 「とりあえず昨日FOしてない場所はFO
してる人ももう一回FOで 大声でね」
ミサネ 「ただ発言を見直すとKAITOさん自体は
こいしさん死体を怪しんではいるんですよね
KAITOさんがあの時の死体内約が見えている気がするのです」
妖夢 「5日目 ルーミア:結果無し」
クマグナム 「OK?」
ミサネ 「縁切りです」
キリコ 「それって、あたしも? >サグメさん」
十六夜咲夜 「残り吊りが4
ほぼ詰め切れるとは思いますが」
ルーミア 「きょーゆー先噛みー?
亡霊もあるのに勇気あるのかー?(なのかー?)」
クマグナム 「俺でしょ()」
妖夢 「陰みょん師もとい、陰陽師です」
KAITO 「俺居る?>CO」
青木麗華 「ですよね>蝙蝠結果」
サグメ 「別に?鵺なら鵺と言えばいい
何の鵺化までは言えとは言っていない。>キリコ」
クマグナム 「クマグナム狐なら吊らない方が悪い。ルートに言ってるんじゃない?」
ルーミア 「おっけーおっけーなのかー
なのなのかー >クマグナム」
KAITO 「厄神日記
初日:厄払いなし
やーだー!この陣営数でなんで護衛できない厄神とか出すんですかー!
嫌がらせですか!
せめて護衛できないでも猟師とか下さいよ!GMぅ!

2日目:厄払いチルノ
憑依いても相方居るうちには来ない、ゆえに共有祓う意味はなし
ならグレーから適当に行こうか
適当にチルノへと

3日目:厄払いチルノ
COがびみょい、繋がるのが一番びみょい
チルノ憑依はあるとしてチルノ祓い続行はしとこ
ジャン憑狼はない、初手で吊り逃れてないし吊り逃されてない
憑狼ならもう少し大事にされるでしょ

4日目:厄払い妖夢
もう憑依とかいねーでしょ
適当にやろ、適当に

5日目:厄払いキュアビューティ
あるならここ憑依蘇生くらいしかもうねぇし!」
KAITO 「厄神でっす」
サグメ 「伏せる意味はないんでクマグナムも
黙る意味はないっしょ?」
十六夜咲夜 「蛇神です」
ミサネ 「マニアライン偽、今回の場合ありうるのは狐
これを想定しない場合は間に合う状況なのでしょうか?
ちょっと残しの灰の数とか失念しておりました」
青木麗華 「あ、十六夜さんを含めていませんでした>朝一
ですが村目を拾ってはいるようです」
十六夜咲夜 「正直もう噛まれる位置ではないですし、特に騙る必要もないでしょう」
サグメ 「.....」
クマグナム 「逃亡者CO

審査員>審査員>KAITO>KAITO」
クマグナム 「そうだよ(半ギレ>逃亡」
KAITO 「キリコ噛まにゃ吊らんで、最低でも>クマグナム
一通の結果がある以上」
キリコ 「うん、あってるわ
だからチルノのあれは狼と確信したのよね」
ルーミア 「何というニート集団…なのかー!」
妖夢 「まぁ可能性としてはそうなりますか>逃亡」
サグメ 「指定:ミサネ」
十六夜咲夜 「終盤の村なんてそんなものですよ」
ルーミア 「ん?
ちょっとまってなのかー
ならこいしは何で死んだの?(合ってるなら)」
ミサネ 「ふーむ、逃亡者COなのであるならクマグナムさん自体が噛まれ
というのは多いに可能性が高くなりました
どの道狐の容疑は晴れませんが、現状は手を付ける位置にはならないんですよね」
青木麗華 「あーあー本当にそうでしたか
せっかく探って反応的に噛まれて死なない職ではないな!とか書いたのに何か悔しい。。」
キリコ 「べつに、告発がたまたま通った可能性もあるでしょ >ルーミア」
十六夜咲夜 「そういえば鬼がいませんね。初日か、単に潜ってるかでしょうけど」
KAITO 「吸血死くらいしかねーなー>ルーミャ」
妖夢 「こいしは噛みでジャンさんが噛まれて無いんじゃないですか(呪い返し死亡)>ルーミア」
ミサネ 「ふむ……」
クマグナム 「まぁグレー逃亡はしたくないししない()。」
キリコ 「あ、ジャン小此木占ってない?」
サグメ 「ぶっちゃけ逃亡なら次の日即出てもいいがな。
...疑惑は残る。」
ミサネ 「幽々子さんの遺言を見直すと
こいしさんに能力行使をしていますね」
KAITO 「ねーねー、鬼がいてCOしなかった理由ぷりーず>逃亡」
クマグナム 「逃亡絶対殺すマンがいるから>KAITO」
キリコ 「ジャンさんの遺言 占いCOだ
チルノ●>幽々子蝙蝠>タカオ


1夜:チルノ
さーて、まずは新鮮な水を確保するぞ
氷を溶かせば水が手に入る
チルノを溶かすべきだろう?


2夜:幽々子
あぶねぇな、溶かしてみたら真っ黒じゃねぇか
こんなもん料理に使ったら腹壊すぜ?
チルノで●ならチルノに入れてるこいしは保留だな
次は・・・咲夜とKAITOが俺に変えてきているが
チルノの援護射撃とは考えにくい・・・
アゲハ蝶が狼だった場合に考える程度でいいな
今日のところは幽々子を占っておく
こういうのは良く食べる奴に気を使うべきだからな
どんな料理が好みなのか、それを調べておくぞ
まぁ、調べたところで調整するつもりはねぇけどな


3夜:タカオ
さて、幽々子を吊った場所を占えばいいだろう
ここで幽々子を吊るってことは吊り計算してない位置
強いて言うなら仲間を減らしたくない狼ってのが本筋だ
タカオ 咲夜辺りが気になるところだが
この状況ならタカオが気になるところだな
俺の吊り逃れをつついてきたところだが
俺に隙があれば大騒ぎして偽ってことにしたかったのか?」
クマグナム 「主張としてね。」
ルーミア 「んー?んんー…
そーなのかー…ちょっとモニョなるけど一応理解…なのかー? >キリコ」
妖夢 「だから、占い先がタカオさんだったからタカオさん解呪チャレしたっていってるでしょう、ぷんぷん」
キリコ 「それだと妖夢とつながるわ
たぶんこのときクマグナム噛んだのね」
十六夜咲夜 「あの状況でチルノ●出てるジャンが逆銃殺だと
狼の噛みが意味不明なんですよねぇ」
ミサネ 「そもそもですけど、鬼の存在が現時点でも不明ですよねこれ」
青木麗華 「最後に占ってますね> >タカオ
恒常的に呪いを。。。陰陽師の死亡なら持っていると」
十六夜咲夜 「チルノ狼で間違いないはずですから
ジャン吊りたいだけなら共有噛むでしょう」
サグメ 「私死んだら妖夢と青木で指定先決めて。
クマグナムは正直悪いが指定権渡す気は一切ない。」
キリコ 「鬼は死んでるんじゃないの?
出ない意味がないじゃない」
ルーミア 「鬼初日かー
アゲハ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
キリコ0 票投票先 →ミサネ
妖夢0 票投票先 →ミサネ
ルーミア0 票投票先 →ミサネ
クマグナム0 票投票先 →ミサネ
青木麗華0 票投票先 →ミサネ
KAITO1 票投票先 →ミサネ
サグメ0 票投票先 →ミサネ
十六夜咲夜0 票投票先 →ミサネ
ミサネ8 票投票先 →KAITO
ミサネ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
青木麗華 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ミサネさんの遺言 縁切り地蔵です

なんですか?この後ろ向きな役職は?
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
十六夜咲夜 「7>5>3
ルーミアが割と狂アピはありつつKAITO狼想定
クマグナムケアって正直一方通行の○かつ鵺られ、という位置をどう解釈するかという話ですけど」
キリコ 「おはよう
遠吠えが2Wいそうなんだけれど…
残りの灰はルーミアさんと十六夜さんの2人だけだし、吊り切れるでしょ」
クマグナム 「KAITO とうぼーう!」
サグメ 「あっふーん...」
妖夢 「6日目 KAITO:結果無し」
キリコ 「素直に噛むわね…」
KAITO 「俺狼かー、そっかそっか」
クマグナム 「ちなみに俺は死んだらまずいけどキリコは俺が死んでも傷まない事に気づいたんですがどうすればいいですか。」
ルーミア 「おはようなのかー!

咲夜吊って全て完!なのかー!
というルーミア的思考!
こうなると子狐警戒でどっか吊り挟んでもいいかもしれないけど
吊り3しかないしどっちかは任せるのかー!」
サグメ 「正直なクマグナム狐で破たんさせたいならKAITO噛むのも手なんだわ。
それしてこんのな。」
十六夜咲夜 「逃亡視点ではルーミアLWですか」
KAITO 「俺狼でみてるならクマグナムどう解釈も何も偽やろ(真顔」
十六夜咲夜 「よくもまあ行ったものだとは思いますが」
妖夢 「まぁクマグナムさんを信じるかどうかです
本当に逃亡者なら、ルーミア、咲夜吊りでKAITO狐以外は確実に勝てます」
キリコ 「あれ?咲夜ってなにかあったかしら?」
KAITO 「そこの自称逃亡は俺に逃げてる言うてるのに」
ルーミア 「いや、ルーミア狂人じゃないのかー?
というか狂人という発想はどこからなのかなのかー? >咲夜」
十六夜咲夜 「蛇神ですよ>キリコ」
サグメ 「....正直一方の結果信じるのならば確かに灰詰めで勝てるのよ」
サグメ 「ただな狼にも見えるのよ屍鬼ならなおさら」
クマグナム 「調理されてしまう……()」
十六夜咲夜 「騒霊は狂アピのテンプレですよ>キリコ」
クマグナム 「でもその場合憑依になるけど。」
クマグナム 「………ああ(天人蘇生と同時に死亡)」
サグメ 「鬼不明だから鬼の一方浚い、タカオ解呪、クマグナム噛みとかありそうでどうも。」
キリコ 「憑依はないんじゃないの?
逃げる場所がないじゃない…」
ルーミア 「んー…特殊なレアケじゃないならほぼ勝ちだよね?
一方蜜とかないよね?(不安げ)」
KAITO 「屍鬼に逃亡してるなら屍鬼から逃亡把握されてるはずなんだがにゃー
そこ審査員なんも言うてないのはCO遅れたからしゃーないか」
サグメ 「......負けたらすまんで灰詰めるか。
指定:十六夜咲夜」
クマグナム 「それだとKAITO鬼以外に無い気がするけど。」
十六夜咲夜 「一方蜜だったらチルノ狼と全く動きが噛み合ってませんよ」
キリコ 「一方通行死んでるタイミングだから、妖夢はないし
KAITOは逃げてるし、霊夢サグメも無理、青木も逃げられない

灰だけになるじゃない…あ」
クマグナム 「まぁLWCOは早めにね!くらい(いい笑顔」
KAITO 「俺鬼やったらあんた攫って結果言うとるわ>クマグナム」
サグメ 「LWCOならルーミア吊る」
クマグナム 「KAITO 最初に一方攫ってるから確率的に使えんでしょ」
キリコ 「たぶん2Wだと思うわね、遠吠え的に」
十六夜咲夜 「拒否はしたいですがね・・・」
ルーミア 「咲夜吊りなら今日でほぼ終了って所なのかー
なのなのかー」
クマグナム 「>結果言うとる」
サグメ 「拒否するのなら吊り先どうぞ。
ルーミアしかないだろうけど?
クマグナム狐主張するならKAITOが出来るけれども。」
妖夢 「私視点だとどうしてもクマグナムさん疑ってしまうんですよね、みょんみょんみょん」
クマグナム 「首だけになって出直してきて、どうぞ。」
サグメ 「否定するぐらいなら何でもできる
意見を言ってほしいね。
否定するのなら否定するだけの。
吊られたくないだけならだれでも言えるから。」
妖夢 「まぁ噛めなかった=逃亡じたいはありうるんですが」
KAITO 「みょんちゃん、鬼やったらクマグナム攫っといて!」
クマグナム 「やっちゃえバーサーカー!」
十六夜咲夜 「クマグナム狐なら結局一方通行噛みなんだってところで堂々巡りしてしまうんですよねぇ」
サグメ 「妖夢鬼ならクマグナム浚っといて。
鬼ならね。 陰陽師であってほしいけど」
キリコ 「ああ、妖夢鬼もあったわね(ワスレテタ」
妖夢 「残念ながら違うんで・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
キリコ0 票投票先 →十六夜咲夜
妖夢0 票投票先 →十六夜咲夜
ルーミア1 票投票先 →十六夜咲夜
クマグナム0 票投票先 →十六夜咲夜
KAITO0 票投票先 →十六夜咲夜
サグメ0 票投票先 →十六夜咲夜
十六夜咲夜6 票投票先 →ルーミア
十六夜咲夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
妖夢さんの遺言 陰陽師というものです、仕事はあるんでしょうか・・・?

1日目 幽々子様:結果無し
とりあえず、幽々子様が呪われていてはいけないので

2日目 十六夜咲夜:結果無し
正直あまり細かい理由はないですが、
どうせなら吊られなさそうな位置から探すべきかと思いまして
得票ない位置から選びました。
一応クマグナムさんの確認でもいいかなとも思いましたが、まぁ場合によってはすぐ噛まれうる位置ですし。

3日目 クマグナム:結果無し
ジャンさんについて呪警戒でもいいかなと思いましたが、まぁ基本噛まれると思いますし
適当に呪い所持者探し続行で。
まぁ鵺先の確認しておきましょう、即噛まれないなら多分しばらくは噛まれはないと思いますし。

4日目 小此木タカオ:解呪成功
えーっとチルノ曰くクマグナムさん噛みしていると、つまり死因不明の死体が1(噛みが本当ならですが)
うーん一応の可能性としてジャンさんがタカオさん占いの呪い返しを食らった、そして噛みはクマグナムさん、と
ふむ、まぁ確認してみますか。

5日目 ルーミア:結果無し
まぁ適当に残り灰をぷらぷらーっと
憑狼警戒とかもありですけど、2共有がかまれないし、そもそも憑狼居れば私即死すると思うので・・・

6日目 KAITO:結果無し
灰で占ってないのKAITOさんだけなんで・・・
まぁ私が先に噛まれない時点で私に殺せる人外がいるのか凄く怪しいですが、いて狐ですか

7日目 KAITO:
サグメさんが憑依されてたら多分ここじゃないですかね、動く先。まぁほぼありえないとみてますけど


クマグナムさんが獣人でLWって予想した場合のみクマグナムさん吊りで
まぁそうじゃないならKAITOさん狐ケアの最終日ルーミアさんつりにしかできないんじゃないでしょうか・・・
十六夜咲夜さんの遺言                       _ .- 、 _
                   ,  __r⌒ヽ厂儿ヘ_
                  / ,ヘ、_> ´ ヽーく人
              ー=彡'   } / /,  ハ ヽ)
                /   ゝ///从jハ |ハ
             ー=彡 rー=彡斗 ' //ネ,从ハ人
              ー //// ー=彡'/ `  rノ从 ー
                ´ レ'ノ八从∨从  、 ー'从\
                    _rヘ__ _トヘ,廴 、  /、ヾ` ̄`             蛇神です
                    ( \ヽ)_八 「l厂从ーヽ
              厂Υ ̄)ゝ、イ⌒ヽー‐辷、ーヽzヘ             1.噛まれ蘇生
              ( / ̄ヾ⌒ヽ从`¨ヽ\___jヘ-、乂 ̄ ーく
              ) |    Υ ハ:::::从,jー !:::\ー`辷ニ´⌒ヽ         2.蘇生ブースト
              └|    ヽ _j!::::::::::|  {::::::::::ヽー /丶_
               }  ⌒ヽ Y}:::::::::::::ー:::::::::::::l /  /` ,
               {    廴ハ:::::::::::::::´:::::`::::::l_,j、__j} _    ’ _
               `ヽ r‐ 、 ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     `   ,  `  ,
         ー 、    廴l___jl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}           丶 ,   ヽ
         |   \     .|  ̄ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                .  \
            ヽ    ー…-ヘ  廴_::::::::::::::::::::::::::::::::}             ` 、 ヽ
          {、   .―=ニハ   V、`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´}、                i   \
           ー,_    ノ/  l八`\ ̄ ̄ ̄彡j \              {    \_、
           _ノ ̄  /:::::!   |  \  ー     ) j:ヽ         _r ´ ーぅ 〉 ___ zニニヽ
         <     /:::::::::::!   !         ´   \丶__ --- '´  _厶 }_j    ̄ヽ)`′
             ̄ /:::::::::::::::::!   .′                 `ー‐ ´     _ヽ
      ___ _/:::::::::::::::::::::::!  |                         =  ̄)
  厂 ̄/::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::l  , 、        r―、                  r''⌒¨´
 r‐… !:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,   .jヽ`ー 、_ ノ _辷、             l)
 廴 \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /::::⌒ヽ_乂_ノ::´::::`¨¨ヽ、          八
 ⌒ヽ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ、_   、 、_' )/ヽ
   弋厂ヽ::::::::::::::::::::::::_::::_/    ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー冖´⌒ヽヽ)´::ヽ、ヽ⌒ー 、
    く  _, ̄ ー― 八ニ,    イ_::::::::::::::::::::::厂ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) 、_ 厶
      ̄`廴__r、 //トz_ ィィ'ヘ >― ⌒_、_∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厶、_ _ノ
          // // .| | | ⌒i ー'i´     ヽヘ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ__ r‐┘
          .ー ´   //  | | |   |  l        ,ー 、 ー、_::;r―< ̄ヽ  _)´
             レ.  | |/.  .|  |        ,   └‐く_, lr-、__j⌒´`¨´
                    V    |  |       ,        し
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
キリコ 「おはよう
じゃあ、ルーミアつってチェックメイトじゃなくて?」
クマグナム 「PPのじかんだあああああああああああほげええええええええええええ」
キリコ 「グッド」
サグメ 「知ってた」
キリコ 「じゃあ、KAITOにPPしましょうねー」
ルーミア 「おっはよーなのかー!

これは白狼濃厚なのかー!!
ってことでKAITOLW濃厚っぽいんだけどなのかなのかー!?」
キリコ 「あたしら、狐ラインじゃなくて、影武者ラインだから」
クマグナム 「本当に知ってたのかな?」
ルーミア 「えっ、何それ、えっ?」
ルーミア 「…(パチクリ」
サグメ 「んにゃ一周回って
昨日の夜に結論出てたしミスったなとは」
クマグナム 「まぁ疑うならあキリコ噛みでいいぞ>るみゃ」
キリコ 「白狼は切るわ
ルーミア狼でしょ?」
クマグナム 「そしたら俺が死ぬから。」
ルーミア 「いや、疑ってないんだけどね?
うん…あの…混乱して…クマグナム大好き?」
クマグナム 「まぁその場合策士だと負ける可能性あるけど。」
キリコ 「サグメPP…?策士あるのにPPできないでしょ!」
キリコ 「ちなみに鵺交換だから」
KAITO 「それは知ってる」
ルーミア 「…クマグナム大好きー(ウワーンなのかー」
クマグナム 「まぁKAITOに票合わせるけど。」
KAITO 「逃亡COの時点で」
キリコ 「ちょっ、あたしは!?」
ルーミア 「キリコも大好きなのかー(ウワワーン」
KAITO 「やっぱ逃亡COの時点で突っ込むべきだったなという話だすな」
クマグナム 「日記は用意してたけど破綻したくねえから出したくなかった(震え声」
KAITO 「まぁ、毒飛ぶのを願ってちょ」
キリコ 「まあ、あとはKAITO子狐だけだし…確実に狼勝利よ」
KAITO 「噛まれねらったけどな!」
クマグナム 「大丈夫大丈夫」
キリコ 「仮にあんたが毒でもIFVるから大丈夫よ >KAITO」
クマグナム 「俺は詳しいんだ。神様は努力をした人間にやさしいって 。」
KAITO 「夢だったら泣け!」
ルーミア 「うぅ…灰全部潰れた時点で負け覚悟したけど…
鍋って怖いのかー(クスンクスン」
KAITO 「審査員吊った時にルーミア連れてりゃなー」
クマグナム 「行くぞッ埋毒者ッ」
KAITO 「やっぱあの時点で鵺ラインの票おかしいわな」
キリコ 「本当に鍋は何がおきるかわからない
だから、諦めてクマグナム噛みに恐れてたのよね」
サグメ 「遺言に残してたままの通りになって正直」
クマグナム 「でも幽々子は吊らなかったやん」
サグメ 「申し訳ねぇ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
キリコ1 票投票先 →KAITO
ルーミア0 票投票先 →KAITO
クマグナム1 票投票先 →KAITO
KAITO3 票投票先 →クマグナム
サグメ0 票投票先 →キリコ
KAITO を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆混沌外道GM 
注意:ゲーム中に特定プレイヤーの名前を出すのはお控えください」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サグメ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
KAITOさんの遺言 厄神日記
初日:厄払いなし
やーだー!この陣営数でなんで護衛できない厄神とか出すんですかー!
嫌がらせですか!
せめて護衛できないでも猟師とか下さいよ!GMぅ!

2日目:厄払いチルノ
憑依いても相方居るうちには来ない、ゆえに共有祓う意味はなし
ならグレーから適当に行こうか
適当にチルノへと

3日目:厄払いチルノ
COがびみょい、繋がるのが一番びみょい
チルノ憑依はあるとしてチルノ祓い続行はしとこ
ジャン憑狼はない、初手で吊り逃れてないし吊り逃されてない
憑狼ならもう少し大事にされるでしょ

4日目:厄払い妖夢
もう憑依とかいねーでしょ
適当にやろ、適当に

5日目:厄払いキュアビューティ
あるならここ憑依蘇生くらいしかもうねぇし!

6日目:厄払いクマグナム
もうこれ仕事ねぇな(真顔

7日目:厄払いサグメ
ま、明日どーなるかね、これ
サグメさんの遺言              //                       ∧
                /                      ∧
                                     /
                il     / __ /ヽ       _∧ l    i
                |l  /  /  /` ハ   /  / |メヽ   l|
                   从_ /  /,ィチ示ミx、 l  /  ィチ示ミx l   从
               /  /  代 し公イト ソ /   /し公イ ! j !  人 
                ノイ /乂 从  VZ:::::ソ フ  / VZ::::ソ 从イ   ∧
       _       l人 从 \ `¨´ '⌒´    `¨´ //  l  / j   (....お腹すいた)
     <        ̄ ̄ ヽ   ヽ r      ′    </   ノ   イ
       > ─r    人 、   ∨ 、_r‐^ヽ^ヽ     人_< _ ノ._从 ヽ
      /      >   //lヾjヽ /  /  、ヽヽ 〉 ,。r<   ∧    |  l⌒
.   / v⌒ー /   く.  人 \ ヾ/  r 、 〉 〉'ツ l   | /  l  人ノ
.  /           ィ   ノヽ ,_/  _r‐' <v‐┴ 、:ノ   /     个
 /      レ    /     r‐∧′ r ⌒´::/::::ヽ::::::::::ー、      ノ
〃   /                / |/:::::ヽメ ___/、辷∧__::::::>、<         共有者...
   /               /  ヽ:::::::::::/三三/  ヾ三三ミ>::::::::::>、
  イ              /    >< 〉ミミ弋_ ノミミ三/::::::::::/ ∧        相方...貧乏巫女...
   !    /        /         /l三三/ハ\三ミ>::::::::/   l
  ノ  /     //  /      /:::ヽ_/ /    \_/:::::::/.    |        7日目夜
                                               指揮役は妖夢で。
                                           LWだと考えるのならルーミア...だけどもう手遅れな気はする。
鵺交換であそこ狼ラインだったらPPだしな。
                                             ...とことん吊りをミスった。
                                             
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
クマグナム 「相互投票するかー。」
ルーミア 「わーいわーい!!
サグメもぐもぐなのかー!!」
キリコ 「あら、信じてくれたのね
あたし噛んでくると思ってたけど」
キリコ 「狐ケアするならクマグナム吊りでもいいけど」
クマグナム 「クマグナム噛み→クマグナム釣り→サグメ噛みだと良かったらしい。」
ルーミア 「サグメ策士だと怖いし
狐でもあの時点で出るのは悪手なのかー
ならルーミアは信じるのかー! >キリコ」
クマグナム 「人数的に狐はおらんがな!」
キリコ 「いえ、よく考えたらサグメ亡霊嬢でもルーミアに入れる人いないから問題ないわ >クマグナム」
ルーミア 「本当に本当にありがとうなのかー(クスン」
キリコ 「そういうわけだし、相互するわ」
キリコ 「ルーミアもよく諦めなかったわね
人狼は心!よ」
キリコ 「諦めなければおのずと道は見えてくるわけねー」
9 日目 (1 回目)
キリコ2 票投票先 →クマグナム
ルーミア0 票投票先 →キリコ
クマグナム1 票投票先 →キリコ
キリコ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キリコさんの遺言 クマグナムさんについた鵺よ
彼女は、逃亡者よ

審査員>審査員>KAITO>KAITO>KAITO
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2015/12/27 (Sun) 17:07:19
十六夜咲夜 「まあ割と幽々子性別吸血は考えたんですよね
こいし吸えなかったって言った時点で」
クマグナム 「お疲れ様でした。」
霊夢 「触れる暇というか、4日目以内にマニア吊るすのってまずないから
占いが占って●とかだしても放置されるだろうから>青木」
キリコ 「お疲れ様」
十六夜咲夜 「お疲れさまでした」
霊夢 「お疲れ様」
審査員 「お疲れ様。」
ルーミア 「お疲れ様なのかー」
一方通行 「お疲れェ」
幽々子
.               /\
.    ,  -―――/   \‐- 、       お疲れさまー
, r ' ´       /  .-‐- 、 \ `ー 、
        /  ,r´    l  .\  `ー 、    村吊って吸血2吊ってりゃこうなる…
       /    {  `ー- '     \   `、 
 ,、  ,r‐/      `ー---‐'´      \,r'ヽ_j_   狼陣営まともに最後の詰めの段階でしか
  `´    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     /     死んで無いもんね―(チルノ除く)
  、r-、_r‐-、_,r'ヽ__,r'`ヽ、__,r'^ー-、_r' ̄`くー〈
     /\   /\    ,へ       ,、   l ヘ、
 、  /  ,r‐;ニく   \  /  \.  ,r'-.ミー 、|    ̄ヽ、    私なんか、吸い殺しさせとけばよかったのに
  `ヾ  l::::::、__ハ   \/    丶l::::::ー1 {      `ー、   …でしょ?
   |  ゝ、_, '            ` ー '  ヽ、
./ー-! ⊂ニ⊃         __       ⊂ニ⊃}     まあ、入れてるの人外(狼3、狂人、狐)ばっかだし
               \/           ,〈            ロラっておけばじゃないの?
                             ,.イ         共有の言うこと効かない奴は消毒だ―!!で
                      イ」
チルノ 「お疲れ様でした」
こいし 「お疲れ様ー!」
妖夢 「お疲れ様です。まぁ私としては仕事できただけよかったですね」
混沌外道GM 「お疲れ様でした。本日はマニアラインに残った狂人による狼PP勝利!
いやあ、マニアラインは強敵でしたね…」
キリコ 「なるほど、あの時点で結構狼は残ってたのね」
青木麗華 「いえ、狂人は人狼陣営ですけど鵺は神話マニア陣営という理解でした>こいしさん」
ルーミア 「二人共本当にありがとうなのかー!(クスンクスン」
小此木タカオ 「おつかれさまー」
ミサネ 「お疲れ様でした」
審査員 「審査員君、幽々子を吸うつもりはとりあえずなかった模様。」
サグメ 「鵺交換想定が遅すぎた。
後タカオ呪狼で見てたのも駄目だな。普通に天狐あったやん私」
霊夢 「だから考慮できるのが5日目以降ってことなの
少人数村だと話は変わるけどこの人数だと大抵5日目以降まで引っ張る」
KAITO 「正直鵺ラインの投票が怪しいのでクマグナム狐は納得しかしてなかったという」
ジャン 「おつかれさま」
サグメ 「まだまだ私は未熟でしたまる
お疲れ様。」
ルーミア 「…あ、何故かこいしを仲間だと勘違いしてたのか(真顔」
ミサネ 「私の名前はミサネ……そうだミサネです
それ以外の事は覚えていません(悲しみ>ルーミアさん」
ジャン 「やはり・・・あれだったな
幽々子吊りを焦った奴らが人外だ」
混沌外道GM 「それと青木麗華の人がこっちの鍋はまだまだ経験浅いということなので、
経験者諸君からいろいろとアドバイスしてあげてどうぞ」
青木麗華 「んーと5日目までに占うのがいいんですかね?>霊夢さん」
KAITO 「せめてキリコ噛み誘導は乗れよー」
十六夜咲夜 「鵺交換影武者ならクマグナム狐は否定できるけど今度はキリコ狐はあるよな、となる不具合
まあ見てませんけど」
混沌外道GM 「それと、俺の噂をだれが広めてるんだ……>青木麗華」
サグメ 「....吸血鬼吊りの日の夜の指定のまま行けばかなぁ」
霊夢 「5日目指定する、ここね訂正点は
あとはジャンのCO聞いたあとチルノのCOとゆゆこのCO聞いた上で
灰指定するべきってことになる」
こいし 「鵺はついた先の陣営になるよー。だから狂人についたら狼陣営でいいんだね。>れーか」
ルーミア 「いや、ご、ごめんなさいなのか…?(アセアセ
本当にごめんなさいなのかー!?(アワアワ >ミサネ」
幽々子 「ねー>ジャン
吸血2ならどうせ、私『は』吸い殺されるんだし、釣り使う意味ないわー」
ミサネ 「霧狼が初日なりに占われていれば
吸血鬼として安全自体に入れた可能性が」
混沌外道GM 「ミサネは記憶から抹消されたのだぁ…ルーミアが可愛いから許しタァ!」
チルノ 「キリコはわたしがCOしなかったらわたしに投票してたのかな?」
十六夜咲夜 「ぶっちゃけ吸い殺すか殺さないかで言えば、吸い殺されませんよ」
十六夜咲夜 「放っておけば吊れますから」
ミサネ 「いいんですよ……よく頑張ってくれましたね>ルーミアさん」
小此木タカオ 「わりと指示させて他吊らせようと思ってたからグレランで幽々子冥府送り返したんだけどね。」
KAITO 「審査員釣りの日キリコ吊ってもよかったやな>霊夢」
審査員 「基本修羅勢に任せる案件。」
サグメ 「ちなみに試合が終わる条件は狼が村カウントと同じ数になる事だ。
つまり2-2とか3-3だな。
狐がいる場合2-2-1,3-3-1,4-4-1で試合は終わる。

ようするに村と狼の数が同じになった状況で狐いたら終わり
いなかったら狼の勝ちだと思ってればいい。
ただし狂人は人カウントだから違うよ>青木」
妖夢 「まぁそうですね指定で灰吊っていくしかなかった感じでしょうか
共有者には負担かけてしまいますが
グレランだとまぁ蝙蝠結果吊りになってしまうと思います」
青木麗華 「ええ、それはわかってますが普通狼(人狼カウント)-狂人-狂人が残ったら
そもそもゲーム終了でしょうというお話ですん>こいしさん」
ルーミア 「第三陣営の身分は儚いのか…
今回の幽々子の扱いでそれはよくわかったのか…(遠い目 >ミサネ」
霊夢 「一番わかりやすいのが占い処理ね
ただとはいえ早期に占うと噛まれて無駄になるってこともあるから
占うタイミングが難しいのよね、灰の占い結果とかも増やしたりもあるし>青木」
クマグナム 「でも実際あの時点でPP要件は見てしてなかったっけ。」
小此木タカオ 「審査員はネタ話が多かったので屍鬼かって思ってた」
審査員 「後半邪魔そうならポイーするかなという感じだったます。」
こいし 「いつまでも死なない吸血COなら、吊られるだろうなぁと思う。
他の吸血鬼が、その吊られる日まで自分が吸血先に選ばれないかどうか?」
一方通行 「あんなアクロバティック大逆転劇で混乱するなって方が難しいぜ
まァ冷静視点だと3w残ってた時から狼勝利確定が見えてたけど」
青木麗華 「吸血鬼。。。うむーうむー蝙蝠判定が出てて吊らないという選択肢ねえ」
審査員 「待ちなよ。(良心)>小此木タカオ」
ミサネ 「村が終わる条件に含まれているのは狼と狐が基本なので
一応村人カウントに含まれる狂人はそれに関与しないんですよね>飽和」
霊夢 「流石にそれは私には難しい・・・
クマグナム告発は7割ぐらい信用してなかったところもあったから・・・>KAITO」
幽々子 「性別だから吸い殺しで証明できるんだけどねー(私の場合は」
ルーミア 「ありがとうなのかー(クスン
ミサネもよく頑張ったのかー >ミサネ」
十六夜咲夜 「鵺ライン露出で村になったっぽいから吊り増えたような錯覚はあったと思いますけどね」
混沌外道GM 「ああ、だいたいネタに走ってるときは人外だからそこ(真顔>タカオ」
ミサネ 「少なくとも人外は確定なので
軽い気持ちで投票される事は多々ありますからね>第三陣営」
一方通行 「クマグナム狐噛み告発が流行る可能性が……?」
妖夢 「審査員さんがネタじゃないときがあるんですか?(すっとぼけ」
クマグナム 「というより吸血2ならほぼ吸血やろ?(純粋なメ」
審査員 「何やってても人外ダルルォ!?(憤怒)」
KAITO 「わりと初手こいし死ぬ理由がないのでクマグナム嚙みは俺はスッと入ってた>霊夢
そこもう少し言えばよかったやな」
こいし 「あとクマグナムは、影武者で鵺られ騙りは凄いなと思いました。
そういうのもあるのか……!」
霊夢 「ネタるところが人外だったら私ネタれなくなるでしょうが!」
混沌外道GM 「(暗殺ぽちぃー)>審査員」
ミサネ 「存在がネタなのでは……?>GMさん」
クマグナム 「こいしは一番村っぽかったでしょ。」
小此木タカオ 「んじゃおつかれさまー
まあ幽々子吊りに関してはしなくてもよかったかなって反省している。」
KAITO 「共有居て鵺ラインいてグレー噛む狼は割と珍しい」
サグメ 「では村建て同村お疲れ様でした。」
審査員 「妖夢先輩、そりゃないっすよ~。
熊は鍋になって、どうぞ。」
混沌外道GM 「君は芸人だから…ネタらないとむしろ死ぬ位置>霊夢」
十六夜咲夜 「狼視点「審査員だからあれ屍鬼だ」という会話もあったようで」
青木麗華 「一応村人カウントに含まれる狂人はそれに関与しないんですよね>飽和」
む、むゅー?人狼陣営しか生存していないのに朝が来るっておかしいというか意味なくないですか?」
ルーミア 「占い2狩人完備で共有2…本当に怖かったのかー(ガタガタ」
クマグナム 「そんなー」
混沌外道GM 「確かに(真顔>ミサネ」
混沌外道GM 「ぶっちゃけ茶番ですね>人狼陣営しかいないのに朝がくる」
青木麗華 「いえなんかそういうものと理解したほうが良さそうなのでそういうものと考えてておきます」
チルノ 「狼と狂人しか残ってなくても宣告とかで狼が死ぬことあるからな」
審査員 「本人なんだよなぁ。(呆れ)>十六夜咲夜」
こいし 「そういうシステムだからーかなぁ。
あと、そういうのがあるから、たとえば狼・村人・狂人で狂人がどっちが狼かわからずに狼吊っちゃって村勝ちにしてしまう事とかも稀によくあるんだなー。>れーか」
ミサネ 「狂人はあくまでも人間扱いなので狼1人間2ならって事ですかね
確かに意味がないといえば余り意味はないのですが」
混沌外道GM 「場所によってはそのまま狼陣営勝利がありそうですけど、
ここの鯖ではそういう設定がなされてないということでひとつ>青木麗華」
霊夢 「そうだとしてもキリコ吊りって考えてなかったのよねぇ、うん・・・>KAITO

どうしようもないじゃないですか、やだー!>GM」
十六夜咲夜 「あくまで飽和のカウントに人狼系しか入っていないというゲーム的な処理ですので

狂人って結局のところ、村を裏切った元村人でしかないのですから」
一方通行 「村人陣営がいないのに村が勝つとか妖狐勝利だけど当の妖狐が条件付き勝利狐で
勝利者なしとかはある」
妖夢 「まぁ教訓として吸血鬼2なら放置というのは覚えておきます。吊り余裕次第でもありますが
お疲れさまでした」
KAITO 「じゃおつかれーん」
混沌外道GM 「いいからダンボールに包まれて燃えてろよ(迫真>霊夢」
チルノ 「狼狂人狂人の3人昼でも狼CO合戦が起きたら狼吊れることがあるような気がする」
青木麗華 「はい、そのまま人狼陣営勝利があるんです
やはりそういうシステム面の話ですかね、ありがとうございます」
審査員 「こんな村にいられるか!
俺は滅亡間近の地球に戻らせて……戻りたくないな、倫敦とか寒そうだし。(真顔)
じゃ、お疲れ様でしたん。」
幽々子 「今回吸い殺しできるのが
こいし、咲夜、KAITO、一方通行、アゲハ蝶、審査員、ジャンの7人なのよねー…
咲夜とこいしでなんとなく迷ったたんだけどねー
咲夜吸ってたら村勝ってたんじゃないかしら?」
霊夢 「ぐあー>GM」
霊夢 「落ちるとするわ、おっつー」
十六夜咲夜 「霧狼「と、思うじゃん?」

というのがあるのであまり型に填めすぎるのもドツボです」
クマグナム 「まあ鵺交換成功したのがまず嬉しかった。
実際狼陣営に貢献してるかといえば差し引きでマイナスになるかもしれないけど。
それじゃおつかれさん。」
ルーミア 「ん?あれ?いつの間にかチルノ凍傷ついてたのかー…
誰の脳直だろう?(なのなのかー?)」
混沌外道GM 「あとこの鯖では、狂人がうっかり狼を殺しすぎる、という事故が多発します(真顔>青木麗華」
ミサネ 「ところで2015年世界滅亡説はどうなったんですか(小声

……では私はお先に失礼させて頂きます
村たて同村感謝しますね、仲間達にも感謝です」
幽々子 「それじゃ、お疲れ様
占われちゃどうしようもないわー」
チルノ 「キリコさんにつけられました だからCOしたんですけどね>ルーミア」
チルノ 「それではお疲れ様でした」
青木麗華 「もうややこしいから占い全員魂にしてくださいよと言いたくなりますね>「と、思うじゃん?」」
十六夜咲夜 「凍傷ついたら、って合言葉を決めておいたので流用できていれば、ぐらいですかね」
ルーミア 「あーなるほどなのかー
納得なのかー。あのCOはそういった意味があったのね! >チルノ」
青木麗華 「つい昨日今日見ましたわ(真顔>GMさん」
一方通行 「ンじゃお疲れェ、そろそろ占いで無双したくなってきたなァ
同村あンがとな、また縁があったらよろしく―」
十六夜咲夜 「それは人外が死ぬのでちょっと>青木」
混沌外道GM 「ハハッ(乾いた笑い>青木麗華」
混沌外道GM 「それでは参加者の皆と、鯖管理人さん、埋めチルさんに感謝を。
みなさん、お疲れ様でした。」
こいし 「狂人は村人陣営になる事が頻繁によくある。」
こいし 「それじゃ私も失礼するねー。同村村たてありがとー、お疲れ様ー。」
青木麗華 「落ちです お疲れ様でした」
ルーミア 「                     /:i
         ..  <  ̄ ̄ > . /:::::::l
       , ´          /::::_:::、'
      /    ,l         fー-::::-,       それではルーミアも落ちちゃうのかー!
     .i イ、 /ヽ、 ト、 l / / ヾ 、:::::/ヽ
    ./レ l  __   、l  V i, '  i  V  ハ      一緒に遊んだ皆
   .,'   j  _ .>    <_ ̄  l    ハ      村建てしてくれたGM
  .'   ., '      __  `  .l     ハ      鯖菅さんに感謝感謝なのかー
  l ,.  、      「   l      j     l
  レ ヽ、 ト、`  ‐- ,._  _ '_   < /_  イ/ ヽi      最後の最後に番狂わせしてくれたクマグナムとキリコ
      ⊂[lニ二7レo゚o,」::::i二二_」つ           本当にありがとうなのかー
          ./::::く_」_ヽ::::l                 お仲間も一緒にいっぱい頑張ってくれて楽しかったのかー
         /´:::: ̄::`::::、」                 お疲れ様なのかー!(ブイッ
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
        ` - 、-r―、-r-― ´
            t-l  `'J
            'J
十六夜咲夜 「霧系とか虎系とかそういった種類は「蝙蝠・鬼結果なら放置」といった型にはまり切った対処をさせないための存在ですから
悩みましょう。可能性を追いましょう。ここは混沌の坩堝、闇鍋です」
十六夜咲夜 「ではお疲れさまでした。またその時が来ればお会いすることでしょう」
キリコ 「それじゃあ、お疲れ様
ジャンに罠掛けたのだけがだめだったわね…

鵺交換ありがとね、あたしもそういうアクティブなの大好きだったから >クマグナム」
キリコ 「それじゃ、お疲れ様
ジャン!小此木!休憩はおしまい!仕事に戻るわよ!」