←戻る
【雛3919】やる夫たちの超闇鍋村 [4570番地]
~今日は休みだし封蘇はいらないよね?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 恋するGM
(生存中)
icon 恋キング
(生存中)
icon 宗像恋
(生存中)
icon 八雲紫
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 恋するドラゴン
(生存中)
icon 恋するフォーチュンクッキー
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
icon 恋の魔法使い
(生存中)
icon ベルクート
(生存中)
icon 白い恋人
(生存中)
icon 犬走椛
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
(生存中)
icon 閉じた恋の瞳
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon ネプテューヌ
(生存中)
icon 恋次
(生存中)
村作成:2016/01/11 (Mon) 00:01:52
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
GM 「開始予定は00:25」
封蘇付いてるけどどっちなん? が幻想入りしました
GM 「間違えた」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
封蘇付いてるけどどっちなん? 「オプションとサブタイ矛盾しすぎてマジレス」
GM 「きっとなにかの見間違いさ」
封蘇付いてるけどどっちなん? 「封蘇付いてるけどどっちなん? さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:封蘇付いてるけどどっちなん? → かり」
かり 「では改めてよろしく」
このドジっ娘GMめ♪ が幻想入りしました
このドジっ娘GMめ♪ 「このドジっ娘GMめ♪ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:このドジっ娘GMめ♪ → kari」
GM 「いらっしゃい」
八雲紫 が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
八雲紫 「その場所は幻想の中の幻想であるように思えた。
迷い込んだのか入りこんだのか、それは私にすらわからなかった。
けれど何か始まるような予感がして、私は参加者に挨拶を告げた
「よろしくおねがいしますわ」」
できる夫 が幻想入りしました
できる夫 「…」
GM 「いらっしゃい」
できる夫 「どうも」
ジョルジュ が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
ジョルジュ 「きっとこの村がおっぱいで満ちると信じて」
恋するドラゴン が幻想入りしました
恋するドラゴン 「ふふん♪
よろしくなぁ!」
GM 「いらっしゃい」
できる夫 「人、あんまり来ませんね
ズサで来るんでしょうか?」
GM 「多いわけではないけど時間的には十分なんじゃないかな?」
恋するフォーチュンクッキー が幻想入りしました
かり 「後10分あるのに人いないは気が早いだろうよ」
恋するフォーチュンクッキー 「"恋チュン"踊れば、嫌なことも忘れられる」
できる夫 「ですか
すいません>かり」
恋するフォーチュンクッキー 「"恋チュン"踊れば、願いも叶う
皆さんこんばんわ、AKB48です」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 恋キング
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3458 (コイキング)」
GM 「いらっしゃい」
恋キング 「つまりこういうことか」
恋するドラゴン 「む、己の真似か?
随分と名前が長いな…」
恋するフォーチュンクッキー 「違う。何かが違う、そうですよね?>解説の八雲さん」
できる夫 「恋、恋、恋」
初音ミク が幻想入りしました
できる夫 「なんで3人も恋してるのがいるんでしょう…?」
初音ミク 「よろしくね」
GM 「いらっしゃい」
恋するフォーチュンクッキー 「例えるなら、そうね
スペースコブラとスペースカラテくらい違う」
恋キング 「小悪魔ってヤツの仕業さ >できる夫」
恋の魔法使い が幻想入りしました
恋するフォーチュンクッキー 「それはね、人は恋をする生き物だからだよ>できる夫君」
恋の魔法使い 「だぜだぜ」
恋するドラゴン 「ロマンだからさ!>できる夫」
初音ミク 「恋村なの?恋の歌なら任せて」
できる夫 「恋、恋、恋、恋」
恋するフォーチュンクッキー 「そこのミクちゃんを御覧なさい
持ち歌の9割は恋の歌だ」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 恋=宗像
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4252 (鰐塚処理)」
できる夫 「あなた達はいつもそうだ」
GM 「いらっしゃい」
恋=宗像 「恋=宗像 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:恋=宗像 → 恋・宗像」
恋キング 「こっちはスペースダンディだからな >クッキー」
恋するフォーチュンクッキー 「残り1割は「仕事を選べないミクさん」タグが付くやつだ」
できる夫 「一体何が面白いんです?」
恋するフォーチュンクッキー 「知りたいかい?>できる夫」
初音ミク 「千本桜とかはどこに属するのよ…>クッキー」
恋するフォーチュンクッキー 「なら、してみることさ。恋をすれば解る」
恋の魔法使い 「クッキーもぐもぐ」
ジョルジュ 「たぶん今頃はジャンル:ラスボス曲じゃね?>千本桜」
八雲紫 「愛だの恋だのはとっくの昔に捨てた感情だった。
だからこそ、それを公然に掲げる人達が疎ましかった。
「そんなものには興味が無い。」と、私は一蹴した。」
ベルクート が幻想入りしました
ベルクート 「しゃきーん★」
恋するフォーチュンクッキー 「バリバリの恋愛ソングですね>ミク
相手の視線が気になる男女の恋心をエキセントリックなフレーズで誤魔化しているだけの」
白い恋人 が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
ジョルジュ 「何はともあれ恋するドラゴンのおっぱいおっぱい」
白い恋人 「おっはー☆」
初音ミク 「これは白い>白い恋人」
犬走椛 が幻想入りしました
恋するフォーチュンクッキー 「ベルクート! ベルクートじゃないか!」
犬走椛 「わおーん」
白い恋人 「甘くなくてすまない……。」
ベルクート 「>白い恋人さん
っロシアより愛を込めて」
恋の魔法使い 「賞味期限切れの味がする>白い恋人」
できる夫 「昔面白い恋人とかありましたね」
恋するドラゴン 「黒い恋人なんてものもあったなぁ…」
白い恋人 「二度死ぬ辺りのほうが格好良い気がしなくもない。(すっとぼけ)」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
ベルクート 「はいっ、ロシア空軍のアイドルベルクートです!」
ゆっくり妖夢 「着くゥ〜」
初音ミク 「今もあるよ>面白い恋人」
恋するフォーチュンクッキー 「九度でいい(謙虚)」
恋するフォーチュンクッキー 「この間、トルコで堕ちなかった?>ベルクーツ」
白い恋人 「MOTTAINAIの精神、大事。()>恋の魔法使い」
閉じた恋の瞳 が幻想入りしました
犬走椛 「HOKKAIDOの精神?」
恋の魔法使い 「期限切れの恋はいらないんだぜ」
閉じた恋の瞳 「よっろしっくねー♪」
恋・宗像 「恋・宗像 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:恋・宗像 → 宗像恋」
GM 「いらっしゃい」
ベルクート 「あれは私の姉妹ですから!>恋クッキー」
白い恋人 「水曜どうでしょうか何か?(すっとぼけ)」
恋キング 「↑GUNMA
↓GUNMA」
できる夫 「できる夫 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 599 (できる夫) → No. 9703 (できる夫4)」
ベルクート 「全部群馬じゃないか…」
球磨川禊 が幻想入りしました
犬走椛 「恋に期限切れはないんですよ、千年を超える行き遅れ新聞記者でも恋する権利はあります」
ネプテューヌ が幻想入りしました
球磨川禊 「『恋人村と聞いて(違』」
閉じた恋の瞳 「魔郷GUNMA・・・」
初音ミク 「あなたがグンマを見つめている時グンマもまたあなたを見つめているのです」
恋次 が幻想入りしました
初音ミク 「何このくまちゃん可愛い」
GM 「いらっしゃい」
恋するフォーチュンクッキー 「良かった……戦時中でもないのに撃墜される次世代戦闘機なんていなかったんだ……」
ベルクート 「私は未だ不敗……敗北を知りたい……(※実戦経験ゼロ」
ネプテューヌ 「こんばんわっと」
ジョルジュ 「GUNMAをキャンプ地とする!」
できる夫 「そう言えあ恋人鍋ひゃありましたね>恋人村と聞いて」
恋の魔法使い 「グンマースパーク」
恋次 「よう、なんか呼ばれた気がしたんでな」
閉じた恋の瞳 「GUMAは深淵だった?
ジー・・・」
恋するフォーチュンクッキー 「ところで

宗像ァ!」
球磨川禊 「『GUNMAはどうしてああゆう扱い何だろうね』
『漫画にもなってたのは吹いたよ』」
初音ミク 「私はいまだ不勝の話します?」
宗像恋 「はい?」
恋するドラゴン 「驚くほど、恋するものが多い
ふふん、それじゃあ呪いのように生き、祝のように死のうじゃあないか」
ベルクート 「ミクさんはミクさんで戦闘機っぽい曲ありましたよね!」
初音ミク 「どれかな?(白目>ベルクート」
恋キング 「で、時間か まあこの人数になれば充分だろ」
恋するフォーチュンクッキー 「鰐塚処理ってネーミングセンスはさすがにどうかと思う>宗像」
初音ミク 「もはや多すぎるよ私の曲は」
恋次 「GUNMAっつったら、俺が居た戌吊よりもやべぇとこだって聞いたことあるけどな
実際のとこはしらねぇ」
できる夫 「時間ですね
まあ、他撃ちまでくれば十分でしょう」
ベルクート 「あったあった。ストラトスフィアです!>ミクさん」
ゆっくり妖夢 「他うち集まりましたね...」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 恋するGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3955 (恋するチルノ)」
初音ミク 「Wikiに乗ってる曲だけ並べても万行ってるんじゃないかなあ」
ゆっくり妖夢 「ゆっくり妖夢 さんが登録情報を変更しました。」
恋するGM 「時間だね 恋キングは準備できたらカウントどうぞ」
閉じた恋の瞳 「ミクさんっていうよりテトさん版の『鎖の少女』が好きかな―って>私は」
恋キング 「じゃ、カウント」
宗像恋 「もうすぐ阿久根恋になるので関係ありません >フォーチュンクッキー」
恋次 「他打ちまで集まりゃ上等だろうさ
ま、恋の文字持ってる村には良い感じじゃねぇの?」
恋キング 「はねる 40/40」
ベルクート 「っhttps://www.youtube.com/watch?v=RNlVtuXZ4Ew」
八雲紫 「何か周りの空気が変わった。
これから何が始まるのだろう。
永く生きた私でも知らないことはあるのだな。とそう思った。」
球磨川禊 「『噛ませ犬っぽい恋次くんじゃないか!』
『実は卍解名違ってて強キャラみたく出したのにとってつもなく出落ち枠の!』」
恋するフォーチュンクッキー 「処理って。みんな苗字で呼んでくれたからいいよ?>宗像
もしも下の名前で呼ばれたらどうすんの?

『処理さん、これ処理しといて』とか。どうするつもりだったん?」
初音ミク 「すっごい昔の曲だ 中の人が知らないレベル>ベルクート」
恋キング 「はねる 30/40」
宗像恋 「ネーミングセンスはそっちも大概ですよぷんすか!」
恋キング 「はねる 20/40」
恋するドラゴン 「よろしく頼むぜ♪」
恋キング 「はねる 10/40」
犬走椛 「人狼をテーマにした歌も歌ってましたよね」
恋するフォーチュンクッキー 「『処理さん、ムダ毛の処理とかも得意なんですね(笑)』って言われてたよ? 球磨川に」
初音ミク 「幸福安心委員会とかで有名なうたたPの作品だね」
ベルクート 「ミクさんの曲も一部はもう「昔」扱いになるとは……コワイ!」
球磨川禊 「『あれ?』『原作のオチで結婚してたっけ君?>宗像恋』」
恋キング 「わ る あ が き」
ネプテューヌ 「ポケモンか…」
宗像恋 「生煮短冊ロイヤル禊常套傀儡…私だけではないので」
できる夫 「もうすぐ村が始まるのだ、となんとなくわかった。
できれば恋人にはなりたくないと私は思い…」
初音ミク 「07年だからね…」
恋キング 「開始な」
閉じた恋の瞳 「http://www.nicovideo.jp/watch/sm10731971」
できる夫 「そして」
ゲーム開始:2016/01/11 (Mon) 00:27:25
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆恋するGM 恋がでてないなあ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆恋するGM GMはひつじ飼いがお送りします 延長は期待しないでね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆恋するGM 文句はPHPに言ってください>該当者
大丈夫気合入れればなんとかなるよ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 は無残な負け犬の姿で発見されました
恋するGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
恋するGMさんの遺言 きっと求愛者をもっていってるんじゃないかな(この遺言は開始前に書かれたものです)
球磨川禊さんの遺言
                _
             ,.ィ<´__
          ,ィ≦爪マムマムミム、__
         ,ril州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        ィil州州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        i!ソリl州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、
        リjネィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、        『まあ僕は優しいからこう言っておこうかな』
        イ州州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ
        ,ル州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、        『八雲紫が見えるね』
          .lr.、マ、     .}     i|ハ!
          .!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′
            l从}.ヽ.、` _, イ_
          |l二ニ===┬┴≧                           __
          .,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,___
.       ,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、二ニ≧
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―─‐}
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄ ̄´
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
    f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////
  .///////////////>zイ////////////i   `ヾ////ム'/////
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
恋キング 「村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
恋とは一体なんだったんだろうな 共有は無し」
恋の魔法使い 「おはよー
8吊り7人外、きつめだなぁ
囁きはなかったぜ」
閉じた恋の瞳 「                  _,.- ‐‐- ...,,__
    /\          /::::::::::::::::::::::::::::::"'- 、          イヤッホー、
   /こ  ヽ       /::::::._,.-┴"⌒ー'^ヽ::::::::`、        朝ー、朝だよ―!!
    \ い  ヽ    .〈::::::/    /    l´``、::::\/`>‐、   朝ご飯食べて学校行くよ―
      ヽ し  l     \/ ̄  , イ    |   \::::丶!   〉
       ヽ   l      レi  /  | ト、  /∧    ヽ:::::::ヽ./
       └-γヽ   /ム/  > レ |/V  l    |:::::::::〉 /⌒ヽ‐、
          !  〉、/ ⊂⊃  ___ < |∧   |:::/ `、    ノ    村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
              ヽノ::::.\.レ |   |    |  ⊂⊃ヘ /    ∧_/
               ヽ丿  \ \   、__ノ   /  V    ノ /`l       んー…まあまあ?
              ヽ    \_二l  ,==-.ノ_,.ィ / _,.∠..f'´  l
               \   ,リ|:::::ハ:::::::/.{ー─´‐'´  {::::{__,./
                \/   <>  __ /     _,. -‐'"´         CO有る人はどうぞー
                  /   .<> ( ~).|_,.-‐' " /
                   l   <>  .`´ヽ.{    /
                ノ   l   ヽ
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1

吸血鬼の存在がちと気になるくらいで基本的にそれほど特色のある村ではないかな。
単純にきついのはいつものこと。囁きはどうやらないようだけれども。」
白い恋人 「誰よりも好きなのにを聴いたのでそれなりに気合は入りました。(適当)」
八雲紫 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
「人狼ゲーム」の始まりであった。配役はよくも悪くもなく
長期戦になれば勝機はあるだろうとそう思った。

そして夜が明け、私は参加者に挨拶をした
「おはようございますわ、COのあるかたはどうぞ」」
ゆっくり妖夢 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
村半分だけど狼がアホみたいに多かったりしないだけまだマシなのかな?
吸血鬼が性別吸血なら人外殺して、どうぞ。ある程度は人外同士で同士討ちしてくれたら嬉しいかな
妖精は初日からCOするなら吊るかなあ。影妖精を即吊りするのは好きじゃないけどなぁ
共有のささやきはないです。」
ネプテューヌ 「なんというか、楽しい人狼ゲームになりそうに
張り切って行きましょうか!」
ベルクート 「皆さんおはようございます!」
恋次 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
8吊り7人外+αってくれーだな
共有はいねぇが、COはあるか?
ま、居るんならよろしくな」
犬走椛 「銃殺ですね」
恋の魔法使い 「呪殺らしい」
恋キング 「なんか球磨川で呪殺っぽい遺言があるな」
恋するドラゴン 「村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
村=人外というとてもふざけた村だな!」
宗像恋 「8吊3人外、厳しいとしか言えませんね」
恋するフォーチュンクッキー 「吊り数なんてものはね
どうにかするものなんですよ
無理というから無理になるんです」
初音ミク 「おっとおはよう」
できる夫 「おはようございます
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
ぐっ>QPなし
それにしても、最近なんだか吸血鬼多くないですか?
ま置いといて、平凡な役職ですねとだけ 吸血鬼で吸血死が起きなければいいかな
まあたぶん蝙蝠はあんまり影響しませんかねとだけ」
白い恋人 「なかったことにならなかったらしい。」
ネプテューヌ 「呪殺かな?コレだと」
ゆっくり妖夢 「狐かな?」
ベルクート 「球磨川さんのこれは狐っぽいですかね」
閉じた恋の瞳 「あ、これクマー狐で銃殺られたったっぽい?」
恋するフォーチュンクッキー 「おっ、そうだな>宗像

で。なぜ殺した」
恋するドラゴン 「ふうん、球磨川が死んでいる
そして告発と」
ジョルジュ 「で、初日にお亡くなりになっている存在がおもむろに紅告発していくこの。
いっそ潔いな全く>球磨川死亡」
宗像恋 「ふむ、なら八雲にCOを聞く形であろうか?」
恋の魔法使い 「紅系告発入ってるが」
ネプテューヌ 「他の可能性は……なんだろ?
見えてるってのも不思議」
犬走椛 「じゃあ紫さんにCO聞きましょうか」
恋次 「と、2死体が出てきてるな
でもって、遺言的には狐、か?」
恋キング 「少なくとも天人でこの遺言書いてたってならぶっ飛ばす 色々と」
初音ミク 「見える…ってことはアカ系?
でもそんなんわざわざ言うの?」
白い恋人 「やめて差し上げろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>恋するフォーチュンクッキー」
ベルクート 「紫さんが紅系人外の可能性はありますけど、
呪殺された狐がそんな告発残すでしょうか?というほうが大きいような気が」
八雲紫 「始まりの死体は2死体であった。遺言からして呪殺であることは自明の理だった。
しかし、私にとってはそれ以上に問題が合った。」
ゆっくり妖夢 「ぶっちゃけこの配役で狐が紅狼候補殺すかなってのはある
飽和路線の方が良くない?」
ネプテューヌ 「んー……でも狐がこの内訳で見えてる陣営告発するかなぁっていうと微妙なトコも」
宗像恋 「それはそれで、面白いじゃないか >キング」
閉じた恋の瞳 「まあ、人外のあれだけどもー
一応見えてる信じる場合は狐以外の紅系に見える何かってことだよねー」
恋の魔法使い 「人に寄り蹴りじゃないかなー、嘘の可能性もあるけど>ミク」
恋するドラゴン 「遺言的にはとても狐っぽい
そして全部信じるなら八雲は狐陣営以外の紅系となる」
恋次 「紫に対して紅告発っぽいもんが言われてっけど、人外の情報な以上鵜呑みにはできねぇんだよな」
ジョルジュ 「ぶっちゃけ盤面がしっちゃかめっちゃかになる気しかしないんで
特に人形COが出ないならこの告発自体は無視でいいんでねという気持ちも
多分にあるわけですよねジョルジュとしましては。」
犬走椛 「無理というのが嘘吐きの言葉なら私は世界最強の嘘吐きになります」
恋するフォーチュンクッキー 「これは大事な取り調べなんだ、素人は口を出さないで頂きたい!>白い恋人」
ネプテューヌ 「だよね、ちょっと違和感はあるよね>妖夢
ただ、初日にこの遺言残すのもよくわかんない」
初音ミク 「まあ天人は無いでしょうこれは…
しかしこういう遺言を残すなんて面白いなあ
天人遺言と白紙ばかりと思っていたよ」
閉じた恋の瞳 「流石に天人で誰か見えてるってのはないと思うな―>恋キング
有ったら、ぶっ飛ばして良いよ
跳ねるでビンタだ!!」
恋キング 「面白い以前にノイズなんてもんじゃねえよ >宗像恋
まあ告発?遺言に関しては話半分くらいでいいんじゃねえの?」
できる夫 「む、これは…呪殺でしょうか?
紫さんを吊るかどうか、人外に見える村っていませんよね?」
白い恋人 「チッ、ウッセーナ!
ハンセイシテマース!」
犬走椛 「でも『ああ、僕銃殺されるに違いない』『だったら嘘告発をしよう』
って考える狐がどれくらいいるんでしょうね」
恋の魔法使い 「普通に紅系告発とかあるけどなぁ」
ベルクート 「>ゆっくりさん
飽和は5陣営で5wマックスでもなければ難しいと思いますけど、
どちらにせよ占師に殺された時点で、村を助けるような遺言残しますかねっていう」
恋するフォーチュンクッキー 「大問題だなー、うん
でもこの流れは八雲が非人外であろうとなかろうと確実に票が行くから

つまり、わかるな?>八雲」
宗像恋 「八雲は球磨川の真偽問わずCOしておいたほうがいいだろう」
ゆっくり妖夢 「正直人外遺言でしかないから気にしたくはないね。
狐2なら相方が吊れないように適当な遺言残した可能性もあるにはあるし。逆呪殺主張でいいような気もするけど」
白い恋人 「むぅーりぃー。」
ネプテューヌ 「でも、どっちにしてもさ、共有者もいないし、内訳てきには人外も多め」
恋の魔法使い 「和蘭>できる夫」
恋するドラゴン 「ただ、狐でこんな遺言残すかというとびみょい感じがするんだがな
むしろ狐なら狼吊れないほうがいいんじゃないか。だとすると、偽告発の可能性が高い」
恋するフォーチュンクッキー 「反省しているならよろしい
んで、俺の言いたいことはわかるな?>八雲」
初音ミク 「まあCOだけはしてほしいなあ、って感じなんだけど…>紫さん」
できる夫 「まあ一応グレランとかでも票が紫さんに行くでしょうし、COした方がいいとは思いますね」
宗像恋 「無意識とかいますね >人外から見える」
恋の魔法使い 「狐の告発なら狼か蝙蝠か吸血鬼、あるいは和蘭だけど」
ジョルジュ 「まーとにかくジョルジュとしては粛々と狼目がけて投票をぶちこんで
二度と起き上がれなくしてやることに専念すればいいんじゃないかなと思うわけですハイ。」
閉じた恋の瞳 「まあ、なにも残さないってのが一番多くて
次に言うのと嘘言うの同率くらいじゃないの?>とは思ってる>告発有の場合」
恋するドラゴン 「なので己は八雲はCOせず、そのままの扱いでいいと思うが」
できる夫 「あー、和蘭いましたか>魔法使い」
犬走椛 「まぁする時はしますけど、でもそんなこと考えない狐が圧倒的多数かと……
とは思いますね」
恋キング 「なんかCOしろって流れのほうが多いな
なら俺は先に『紫にはどういう流れになっても入れない』って言っておくか
前言の手前」
恋の魔法使い 「狼からは見えるけど狼は初手死なないしな、祓われとか以外>恋」
ネプテューヌ 「CO聞いて、それ次第でグレランなり吊るなり決めていいな、とは思うかな
嘘でもなんでも下手に情報が出てる以上、ここでCO聞かないでグレランはちょっとしたくない」
恋するフォーチュンクッキー 「宗像が既に言いやがった
やっぱこいつ便利な後輩系キャラだわ

村陣営が9。初日で8」
恋次 「人形が出てきてねぇんなら、八雲が紅系なのか、あるいは狐が他を告発してんのか判断付かねぇんだよな
ま、俺としちゃ八雲に関しては現状即CO聞く必要はねぇんじゃねぇのって思うところだがねぇ
せめて人形が居りゃもう少し判断としては違っただろうけどよ」
ベルクート 「それ狐以外の紅系全部ってことですよ!>魔理沙さん」
ゆっくり妖夢 「まあ発言見て怪しいと思ったとこ吊るくらいしかできないんだけどなあ
紫の反応自体は非常に微妙」
閉じた恋の瞳 「いうなら、紅系に見えるかどうかだけで良い気もするけどなー>COまでいかなくても」
宗像恋 「いや、お前誰だよ >フォーチュン」
恋の魔法使い 「て言うか本人の発言無くね?」
恋するフォーチュンクッキー 「狐陣営は2だ>恋するドラゴン
つまり球磨川が死んでも、相方に託すことができる

その意味で1吊りを稼ごうとする、というのは理解できるんだよ」
犬走椛 「初日は恋してるんだからたぶん夢求愛でしょ(適当」
ネプテューヌ 「八雲さんがCOしないなら、私は八雲さんを吊る、CO次第で、他入れる、くらいかな」
白い恋人 「あのさぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>宗像恋」
ジョルジュ 「言うべきことは言った。俺としては無理に八雲にCOを求めると
完全に村の自制心が決壊してしまって告発におもねるような盤面になりそうで嫌なんだけれどね。
まぁ俺は恋するドラゴンのおっぱいを揉むことに専念するとしましょうか。」
恋するフォーチュンクッキー 「俺か? 俺はお前の母校のOBだ>宗像」
恋キング 「1発言だけしかねえ >紫」
できる夫 「そのままの扱いにしても、多分表が集まって吊れると思いますけどね?>ドラゴン
COを聞くにしても判断役もいませんし」
犬走椛 「ありはしますよ、朝一周辺ですけど>魔理沙」
閉じた恋の瞳 「その理屈でいうなら大体こいしてるのが多いから夢求愛に・・・>椛」
宗像恋 「八雲はせめて球磨川の遺言へのアクションがほしいのだが」
ベルクート 「私はあんまり賛成できないです。
CO聞いたとして無職形なら結局吊るでしょうし、
人外なら結局吊り逃れCOでしょうしって感じで」
八雲紫 「「私視点で球磨川の情報は偽、そもそも人外が本当のことを言うとは限らないでしょう?だから放っておいてほしいわ」
………自分でも主張が苦しいということはわかる。
けれども、私にはまだ生きるための理由があるのだった。」
恋次 「紅系に見える村役職なんて和蘭くらいじゃねぇのって意味だとそれも意味ねぇと思うがな>とじた恋の瞳」
恋するドラゴン 「んー、それだとしても残さないほうがいいようにみえるが>フォーチュンキックー」
白い恋人 「君らは芸人か何かなの?(小声)」
初音ミク 「私もCoが出ないなら投票はしたいかな
重要職でも無いんだろうし>発言が無い」
宗像恋 「何も発言がないと、判断に困る」
恋の魔法使い 「その後に何も言わないなら結局吊るしかなくね>椛」
ベルクート 「…ホントだ()>発言ない」
恋キング 「否定はすると >紫」
恋するフォーチュンクッキー 「票が集まる、COはしておけ>八雲」
犬走椛 「あんな人体実験上等な学校を良しとするOBとか最低極まりないと思う」
初音ミク 「ゆかりんアレじゃない?吸血鬼」
ネプテューヌ 「無職系なら、この情勢で、最後まで残せないからね」
ベルクート 「あった!」
できる夫 「何もCOが無いのでしたら、私は紫さんに投票します
前持っていっておきますが」
恋するフォーチュンクッキー 「これは忠告だ。間違いなくお前さんが吊られる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
恋キング0 票投票先 →犬走椛
宗像恋1 票投票先 →八雲紫
八雲紫9 票投票先 →ベルクート
できる夫0 票投票先 →八雲紫
ジョルジュ0 票投票先 →宗像恋
恋するドラゴン0 票投票先 →白い恋人
恋するフォーチュンクッキー0 票投票先 →八雲紫
初音ミク1 票投票先 →八雲紫
恋の魔法使い0 票投票先 →八雲紫
ベルクート1 票投票先 →八雲紫
白い恋人1 票投票先 →閉じた恋の瞳
犬走椛1 票投票先 →八雲紫
ゆっくり妖夢1 票投票先 →八雲紫
閉じた恋の瞳1 票投票先 →初音ミク
ネプテューヌ0 票投票先 →八雲紫
恋次0 票投票先 →ゆっくり妖夢
八雲紫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
恋するフォーチュンクッキー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
八雲紫さんの遺言 渡された役目は「狩人」であった。
人狼から誰かを守ること。
だが守るべき人が、私を守ってくれるとは限らない。
――――それでも私は守るべきなのだろうか?

>>>>>

初日
渡された役目を奪ってはならない。
私にはそれを防ぐことは出来ない。権利も無い。それは冒涜である
そもそもそれ自体がゲーム開始の合図であるからだ
恋するフォーチュンクッキーさんの遺言 殺 伐 と し た ス レ に あ っ ち ゃ ん( 村 人 ) が 降 臨 !
    \     ヽ    |     /     /
      \                  /
       \    ;;;--‐''''::::::::::::::::::ヽ        _,,-''
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、    _,,-''
`-、、      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、        _,,-''
    `-、、 i':::::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::i         
         |::::::::::::::/  :、:::::::::::::::::::::::::::::::::|  
         |::::::::;/ ‐─ ヽ─ヾ::::::::::::::::::::|   なんでやねん
────   .|:::::i'   ヾ●) (●ノ   `i:::::::|  
         .゙:、:|    "" ノ 、 ゙゙     |:::/
            |      (__)     |     
    _,,-'     .i    ^t三三テ'    ,!   `-、、
_,,-''         ヽ、          ノ       `-、、
        .     \___    ___/
                 | ̄ ̄|     

     . ヽ ノ_ ┌┬┐ TT ノノ  _ _」_
      ヽ ⊥⊥ ├┼┤ フT |ニIニ  |.  / |
       / ノ \ └┴┘ / .| .|ニIニ / /  ノ


2夜
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
白い恋人 「スターシステムはどうやら採用されそうもありませんね……。(小声)」
閉じた恋の瞳
              _,. -‐──- .,   ト、     ▽
           , '´:::::_;;:: --──-\' |-‐ァ     ∠!
          / '"´  __,,,.. --―――ー'-'´ ...,,_
           ,',. - '"´    ̄`~' 、:;;_:::::::::::::::::::::::`"':、    まあ、死ぬよねーって>紫
       , '´       !    ヽ、   ̄`"ー<:::::::ノ
      , '゛ /     ‐-ハ     ',         ゙';´     個人的に、紅系真なら屍鬼か紅蝙蝠
     (;:::::::::i   ゝ、  _」,_\   ! i‐!‐   、   i         辺りかな?とは思ったけど
      `" ┤    Y;'´ハ `' ヽ、|ヽLノゝ、 ',   ゝ、_,., '⌒';
        八    i弋,_ソ    'i ;'´ハ`';  !  <´/   '⌒';  狼っぽくは無いしー
       (  ',  ⊂⊃     . 弋,_ソ 八 |     \  __,,.ノ
        )  i   |    r‐- 、  ⊂⊃∨     ,.'⌒)´
    , -;: '´ <.,_,.ノ ト、   l´__ン    八     (|/ 
   /  ゝ、     V⌒',、!   rー-‐=ァ7´|  \     ヽ.     まあ、一応紅系に見えるかどうかだけは
    |(\  \  ,、<´::::::\  ';<_ト、_,ノ、          i     どうせ人外から紅系なら見えてるし、
  (`ヽ!  V´i Y  \\:::::::::〉゙ヽ;:::::〉!ゝ、´∨`ヽ、__.ノレ'     少しでも情報落としてよって感じのノリ>恋次
 ⊂`  /´  !,.イ    \,ト、/ 〈〉 ∨」  /(\i`';ヘ ノ
    ゝ.   _八:'| 、   `'ー―γ⌒ヾ⊂゙,-'r‐く ̄i、    あ、複数票は無しね―」
恋キング 「2票持ち無し 前言通り紫には投票せず 投票は椛
紫にCO聞こうとか告発受け入れるの早いなとかそんな感じ受けて」
犬走椛 「グレランしたいけどなんかできない気がしますね」
ベルクート 「おはよーございます!」
恋するドラゴン 「1吊り稼ぐにしても、やはり狐にとっては狼一切吊れないことが一番の勝利への近道っぽいので、
偽告発で狼ぶち当たる可能性(特にこの村なら結構ありそう)を無視してまで残すか?っていうのが引っかかる
まあ人外の思考なんて己にはわからんがな!>フォーチュンクッキー」
ジョルジュ 「宗像投票。
この盤面において早期から「あ、これ八雲をごり押しで吊れば今日は吊られずに済むや」という
雰囲気があからさまな場所。八雲がいるからふざけ倒しながら短文を撒くだけでも
死にはしまい、という人を舐めてるのかと言いたくなるような意見状況、
まず村はない、と判断した。」
恋次 「おはようさん
ぶっちゃけ、昨日段階で人外の可能性が高い遺言を信じて告発位置を吊るのってどうなんだって思ったんでね
昨日は灰に投票だ
ゆっくり妖夢 「まあ発言見て怪しいと思ったとこ吊るくらいしかできないんだけどなあ
紫の反応自体は非常に微妙」
って辺りの煽る感じが見えた位置なんで、ここに投票したぜ

その上でやけに吠えが煩かったな
銀でも混じってる感じかね?」
ゆっくり妖夢 「まあ普通に発言も胡散臭かったし紫に投票しました。
「人外が本当のこというとは限らないでしょう?」っていう発言が尋常ではなく胡散臭いんですがそれは
本当のこと言ったようにみえるんだよなぁ...」
恋の魔法使い 「おはよー
妖夢とネプテューヌは結局紫を吊るのな」
できる夫 「おはようございます
・・・なんか吠えが急に多くなってないですか?銀でもいるんでしょうか
昨日の吊りはやはり紫さん、まあ私も投票しましたけどね」
恋キング 「wwwww >遺言」
恋するドラゴン 「死んでた! 己は悲しい!」
犬走椛 「ああ、芸人が死んでしまいました。なんていうことでしょう」
恋の魔法使い 「なんかムカつく()」
初音ミク 「さてと、おはよう」
ベルクート 「ひどい遺言だなぁ(まがお」
閉じた恋の瞳 「フォーチュン村人と・・・
なにその遺言(プックスクス」
ネプテューヌ 「んー」
恋次 「吊られ位置に狩人ってのはまぁ美味しくねぇが告発され位置、と
フォーチュンクッキー噛まれってのは……紫投票者だからか?」
宗像恋 「そうか >ジョルジュ」
白い恋人 「微妙。()>遺言」
ネプテューヌ 「そこぉ?っていう感想だなぁ、噛むの」
ゆっくり妖夢 「球磨川信じても信じなくても所詮はグレーで、怪しいと思ったからしょうがないね>恋の魔法使い」
恋の魔法使い 「て言うか昨日あれだけ大声発言してたクッキー噛むってマジでかって思った」
宗像恋 「私は八雲を吊る気満々ではなかったぞ >ジョルジュ」
閉じた恋の瞳 「まあ、銀か化いる想定では良いんじゃないかなとは思う>吠え的に」
初音ミク 「なんだこの遺言…っとあと紫さんが狩りCO残してるけど…
言えば流石に吊り躊躇だろうし私は信用薄いかな」
ベルクート 「紫さんは確かに発言自体が全然無かったので、
そのへん自体を見てなかったのは反省です。
記者会見すればいいですか?」
犬走椛 「あれで狩人遺言って人外COと同じだと思うんですよ」
恋するドラゴン 「ふむ、昨日の投票理由は一番俯瞰的にみえたという理由で白い恋人だな
というか、そこも体外中身が無い」
ジョルジュ 「で、噛まれるのはクッソ長い名前の奴。
告発をすることに狐視点でメリットがあるのか、という点にまで
一気に踏み込んでいた場所。正直殺されてしまったのが残念な、順当な村目、という感じ。」
恋次 「まぁ素村表記噛まれならありがてぇ部分ではあるがね」
白い恋人 「紫さん投票者はいっぱいいると思うんですけど。(名推理)」
恋キング 「それどれだけいると思ってるのよ >恋次
後狩人遺言結構素直に真に受けてるのな 一応吊られ位置なんに」
できる夫 「なぜそこが噛まれるのか、といった感じでしょうか
別段彼の発言におかしいところはなかったはずです」
ネプテューヌ 「どっちかと言うと、噛むなら、妖夢、魔法使い、ベルクート当たりな気がしたけども」
閉じた恋の瞳 「個人的に狼薄そうの狐は無いだろ見たら、他の狼狐有りそうな位置吊りたいかな―ってのが私だし>ゆっくり妖夢」
恋の魔法使い 「まぁ人外遺言信じないほうが良いのはその通りだな>妖夢」
ゆっくり妖夢 「クッキーはものすごく紫に話しかけてた位置ではあるから、紫が狼で●持ってるのでは?と狼に疑われた可能性はありますね」
犬走椛 「むしろ紫さん投票してないのってなんかのアピールか作戦か能力じゃないと
納得できないという観点もあると思うんですよね」
白い恋人 「紫さん○持ってる占いか何かだとでも思われたんじゃないの?」
恋キング 「単純にRPや発言慣れてない人かもしれんので遺言に関しては
どっちでもあるでしょーくらいの COしても良かったかもしれんが」
ネプテューヌ 「それにかんしたら、私の勝手な予想でもあるしねぇ、いいか、別にというくらい」
初音ミク 「噛み位置なんてのは分からないけど…村人が噛まれてるんならまだ被害はましなんじゃないかな」
恋するドラゴン 「昨日話た感触だと、わりとこー村っぽい視点かなーと思っていたので噛まれは理解できる」
ベルクート 「まあなので、その点ちゃんと言ってくださった恋の魔法使いさんは印象が良いです。
放っておいても八雲さん吊れる流れだったろうとは思いましたけど、
実際発言など気付かないで考えてた私みたいなのいましたし」
白い恋人 「その場合紫さん非狼で偽告発狼から見えてましたってことになるわけだけど。」
恋次 「現状、そもそも人外の遺言なんで信じきれるかって言われるとって印象だしな
それなら、あくまでも紫の中身を紅系断定して考えるのはナンセンスだろうって思うんでね>恋キング
恋キング 「なら占いCOしないかねえ・・・しないか >白い恋人」
ジョルジュ 「そうはとても見えなかった、というのが俺の意見>宗像
だってお前さん初日の発言、よそへの相槌以外は
全部八雲へのCOしろCOしろ攻勢だったわけですし

あ、COしろは事実上の「お前を吊るしたい」の意思表示と理解するたちだってことは明言しておくぞ」
恋の魔法使い 「ていうか占いは多分紫吊りに乗るから村も基本的に乗るべきじゃろって思うよ>恋次」
犬走椛 「まぁ6人全員にいちいち聞く気はないですけども」
宗像恋 「村側なら、せめて何かのアクションをしてほしい
また重要役なら重要役でなにか反応するべきである

しない、ということは、思考停止に近い
こう言ったことは連帯責任性のある狼側に多い
ゆえに、あの発言の少なさ、最終的なCOのなさを見て
人外というか、狼のパニック状態と呼んだ

私は昨日、COを聞くと言っていて、吊るとは一言も言っていない
せめてアクションあるいはCOしてくれないとこっちも判断にこまるのだ
反論はあるか? >ジョルジュ」
閉じた恋の瞳 「紫が狼で●持ってるなら、むしろ流れに任せて吊りに言ってると思うけれど
態々話しかけなくても>ゆっくり妖夢」
白い恋人 「ま、多少はね?>恋キング」
ゆっくり妖夢 「クッキーに☆を付け忘れた、訴訟」
ベルクート 「他の村人が、きちんと見ないでああこう考えてるのって、
人外なら是正しないで放っておいたら良いですしね。
それが正解でも間違いでも」
ネプテューヌ 「どっちにしても、紅告発に関しては、された場合この内訳でよっぽどじゃないと残し様が無いから、狩人でも吊るんだけどもね、あの状況」
恋の魔法使い 「うーん、でもそれって狐呪殺した占いの方は放置するって狙いになるが>妖夢」
初音ミク 「事実吊りたくはあったけどね。人外遺言の可能性があるとはいえグレランで人外吊るのと人外の嘘かも知れないが確定の情報を頼るのどっちって話じゃないのかな>ジョルジュ」
白い恋人 「申し訳ないが棒読みはNG。()」
ゆっくり妖夢 「質問してボロ出すか見た方が吊れる気もするけどそれもそうか>こいし」
恋するドラゴン 「確かに八雲投票の流れではあったが、COを訊かずに吊るというのは乱暴であると思ったのと、
妖狐の呪殺告発が偽目だと判断したから、だな」
恋の魔法使い 「投票したかしなかったかについてはゆかりの中身次第でもあるし
そこで考えるのはあんまり意味ない気がするぞ、私」
できる夫 「紫さんについての話はもう良い気もしますね
次の話題に移るべきです」
ベルクート 「占いで●持ってたらそもそも球磨川さんの死体何なのって話ですよ。
占い2いる前提で噛むなんて真似はしないと思うので、別の理由では?」
ネプテューヌ 「それ抜くと、どうだろね、まだなんとも……
少なくても、球磨川は人外だろうな、以上は不明の段階かな、死亡者は」
閉じた恋の瞳 「まあ、なにはともあれ非狐が1死んだってことは確実でしょ>紫吊りは」
恋キング 「流石にそれは思い切りすぎじゃないかなあ >ネプテューヌ
それ紅告発し特じゃない人外 真でも偽でも」
ゆっくり妖夢 「それもそうやな>恋の魔法使い」
犬走椛 「うーん?>村っぽい>恋するドラゴン
そうですかね、むしろだいぶおかしかったですけど
ゆかりさん占いじゃないとおかしいくらいの強い動きじゃありませんでした?
この遺言だったら私たぶん誘導してると思いますし、彼に」
ジョルジュ 「単純明快な話として、実際に紅告発される紅はパニックを起こさない。
告発される可能性は織り込み済みだからだ。

お前の言い分は「球磨川の告発は嘘八百なのはわかっていた」と言ってるのと同義だぞ>宗像」
ゆっくり妖夢 「さすがに狩人ならのこすやろ...」
恋の魔法使い 「COについてはゆかりが自主的にするべき流れだろう>ドラゴン
しないから吊るなって言う方こそ乱暴」
恋するドラゴン 「んー、昨日ちょろっと対話したから、かな>椛」
ネプテューヌ 「少なくても、紅蝙蝠ってことは八雲はなさ気かなと
そんな感じはしないでもないけども」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
恋キング0 票投票先 →できる夫
宗像恋2 票投票先 →ジョルジュ
できる夫1 票投票先 →恋次
ジョルジュ1 票投票先 →宗像恋
恋するドラゴン1 票投票先 →白い恋人
初音ミク2 票投票先 →恋次
恋の魔法使い0 票投票先 →ネプテューヌ
ベルクート0 票投票先 →宗像恋
白い恋人1 票投票先 →初音ミク
犬走椛3 票投票先 →恋するドラゴン
ゆっくり妖夢0 票投票先 →犬走椛
閉じた恋の瞳0 票投票先 →初音ミク
ネプテューヌ1 票投票先 →犬走椛
恋次2 票投票先 →犬走椛
犬走椛 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
恋の魔法使い は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
犬走椛さんの遺言 ただの素村
恋の魔法使いさんの遺言 占い日記

初日:球磨川禊○
面倒なんだぜ
まぁ初日は適当でいいか
いい笑顔だから球磨川占うのぜ

二日目:ゆっくり妖夢○
呪殺自体はいいんだけど初手だと対応されるじゃないか
◇ゆっくり妖夢 「まあ発言見て怪しいと思ったとこ吊るくらいしかできないんだけどなあ
紫の反応自体は非常に微妙」
紫はそもそも発言してないしなぁ、飽和狙いってのも4Wいるの把握してるっぽいし
て言うか結局紫に投票してるし

三日目:ネプテューヌ○●
妖夢○だったか、そしてやっぱりネプテューヌ気になるな
1人だけ後ろに引いて見えるんだぜ?
残したらすっきりしそうにないから占う
●ならどうしよっかなー、出ようかなー
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
閉じた恋の瞳
        ,, - '' ヽ⌒ヽへへ_
       _ノ           ヽ、
      /´             ト     おっはー
      ノ /             {
      }, )   ナノノ  )ノヽ、ヽ 人    もみもみ吊れるか―
      ノノ .リ,ィ:;=ミ jノノr;=ミxY )∫))   まあ、多少気になる位置ではあったし
      彡ノハ〈::_:}   {:_::}八{メ (_        妥当では有るのかな?
       (( 小 "  、,  "( .ノ _)'"("'Y'")
    /⌒ )ノハノ>-   イ)ノ Y  ヽ /
    (    .X''{l::{{:.:.:.:ハ:.:.:.}}::l}: :ヽ_,,./)
    ヽ   〈 : r-ヘ - ‐ - r-ヘ: :/:〉  ./
     \,,:::'": ^^^ ::::::::::::: ^^^ `゛''::/
     /::::::::::::::::;;::-::‐::-::;;:::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::;::'"::::::::::::::::::::::"'::;::::::::::::::::ヽ
    ,':::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::',
.   {::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::}
ゆっくり妖夢 「投票は椛。
紫に入れなかったやつ気にするのは微妙かなと。
紫が狼なら身内も十分あるでしょ。目をそらしたがっている人外目に見えたかな。」
恋キング 「投票はできる夫 椛も全く気にならないと言えば嘘になるがね?(昨日の朝一)
だができる夫次の話題ってじゃあお前誘導とか他の話題とかないやん?
言っただけかおい?と感じたんで」
ベルクート 「おはよーございます!」
白い恋人 「割と散ったね。(ハナホジ)」
初音ミク 「あ、銃殺の日記ある」
ベルクート 「ぎゃわわ」
宗像恋 「あきれてものも言えぬよ
お前はなぜ、八雲が紅系だと断言する?
そもそも私は紅系とは言っていない
八雲が告発されるなら何かの答えを早いうちに出すのが道理
尚且つ、その反応のレスポンスが遅いから判定したという主張だ

それに、お前は八雲は紅系とすれば思考は破綻しないと言ったな
そもそも球磨川の告発を信じてるのか信じてないのかわからんぞ、お前
八雲が紅系人外に非ず、告発された人外もあるのだぞ >ジョルジュ」
恋するドラゴン 「己はCO聞いてから吊るほうが視点クリアになっていいかな、と思っただけで別に他人にまで強制した覚えはないぞ!」
閉じた恋の瞳 「魔理沙―!!>占い遺言・・・」
恋キング 「アカーン >遺言
すごい真が死んだ臭いぞおい」
ネプテューヌ 「ふーん、まぁ、残当>占い師遺言」
ジョルジュ 「引き続き宗像投票。
俺が宗像をとりあえずあの場をしのげばいいやと思ってる類だと判断していたのは
昨日述べた通り。」
ゆっくり妖夢 「うわぁ
反応ノットイコール発言だから多少はね?>恋の魔法使い」
恋するドラゴン 「お、おおう>呪殺占い日記」
恋次 「おはようさん
昨日は椛投票だ
全体的に日和見感があったうえで、紫投票以外に随分と噛みついてた印象だしな」
できる夫 「おはようございます
発言も見た感じ、恋するドラゴンさんとかは村目でしょうかね
ジョルジュさんは宗像さんを執拗に殴っている点が気になりました
恋次さん投票理由は紫さん投票者なら他にもいるのに

◇恋次 「吊られ位置に狩人ってのはまぁ美味しくねぇが告発され位置、と
フォーチュンクッキー噛まれってのは……紫投票者だからか?」
こういう発言してたからです」
閉じた恋の瞳 「すごい真死んだ臭いです(ボスケテ」
ベルクート 「クッキーさん噛み考えると割と仕方ない噛みだったかもしれません」
白い恋人 「妖夢○はまぁ、他のトコ占っても良かったのよみたいな感じで。(適当)」
初音ミク 「クッキー噛みと関連性が…?>ベルクート」
ジョルジュ 「真目占いが殺されたんで出るぞ

占星術師 恋するドラゴンなし>ネプテューヌなし>恋キングあり」
ネプテューヌ 「ここで他に占い師出てこない時点で、まぁ、ほぼ真占い師で
他に占い師いないよねって」
できる夫 「これは…恋の魔法使いさん真でしょうね
圧倒的な真オーラを放っています」
恋キング 「ジョルジュ自体に関しては殴り理由それだけじゃなさそうではあるが >できる夫」
恋次 「っと、占い遺言死体ってのはかなり美味しくねぇな……
なんかすげぇ真っぽいのが嫌な感じだ」
ジョルジュ 「初日 恋するドラゴン
まぁ当然のごとくおっぱい行使。
殺意を逆鱗に突き立てること、恋すること
そして俺がおっぱいおっぱいすることは果たして同義足り得るのでしょうか。
無理では?

二日 ネプテューヌ
とりあえず非狼一人発見。
結局おもねるように投票した奴、事前宣言した奴、
とにかく八雲にCOしろと迫った奴といろいろいらっしゃるが…
紅の告発を本当に狐がやるのか、ということに疑問を持ちつつも告発位置吊を肯定した
どうにも足の置き場に迷っていらっしゃるねぷを見ておきましょうか。

三日 恋キング
調子よく非狼は見つかってますな。
さて、恋キングに行ってみようと思う。星占いの一番の難点は
情報職と狼の区別を究極的にはつけられないということ。つまり、
狙うべきは非情報職。とにかく周りの発言にちょっと気になる部分があると
すぐ食って掛かる恋キングの動きは、どこを自分が吊るすべきか、どこは吊るすべきではないかの
情報を持っている場所ではない可能性が高い。チェックだ。」
宗像恋 「おいしくない死体だな
妖夢は暫定村、指揮を任せたいところでもあるが」
閉じた恋の瞳 「んじゃ、一応妖夢放置のグレランかなーで」
ゆっくり妖夢 「確認して、どうぞ」
初音ミク 「そして占星が出ると」
白い恋人 「良くわからない不具合。」
ベルクート 「あとは、他に灰からであれば恋するドラゴンさんを残すというのが良いと思います。
昨日今日と、人外だったらばの流れに乗っておいたほうが楽な状況だったはず」
閉じた恋の瞳 「ジョルジュが占星術と・・・」
恋するドラゴン 「ふーむ、クッキー→魔法使いと噛んでいることからして、わりと発言が強めな位置を噛んでいる」
恋キング 「無いよ 村表記なんで」
ネプテューヌ 「グレランするような内訳でも無いんだけどねぇ、この村」
白い恋人 「結果割れないこれ?」
できる夫 「ジョルジュさん占星術
・・ふむ」
恋するドラゴン 「ああ、あってるぞ>ジョルジュ」
ベルクート 「ならば占星結果が合致してるかどうか確認しましょう」
恋次 「でーもって、占星術が出てきてるのか
なら一応ありなし位置確認しとけばいいんじゃねって印象だが」
ネプテューヌ 「夜投票は無いよ~」
ベルクート 「というと?>白い恋人さん」
初音ミク 「さて、早速割れた件」
宗像恋 「私を殴る割に私を占わんのだな
日記に私のことも一遍も書いていない」
恋するドラゴン 「割れたな」
白い恋人 「ジョルジュの出た理由がぶっちゃけさっぱわからんかった。(小並感)>ベルクート」
恋次 「ありなし位置は一致っつーこったな
なら恋キング吊って進めりゃいいんじゃねぇのって思うんだがどうかね」
ネプテューヌ 「恋キングとジョルジュはまぁ、対立
その軸に関しては、今は残していいか」
ベルクート 「割れたのであれば、狼候補になりますから、
恋キングさんにCO求めても良いと思います」
ゆっくり妖夢 「割れか...うーん」
初音ミク 「うーんジョルジュさんねえ… うーん」
恋キング 「ジョルジュに関しては宗像恋やたら殴ってた覚えあるが
真主張するならそれこそ占ってねえの?と言いたいね」
閉じた恋の瞳 「一応、割れコイキングのみと・・・>占星術
ただ、これ、星狐ででてくるのはまず無いと思うから真か狼かって感じだと思うなー」
白い恋人 「何でジョルジュ真でも偽でも対立は発生するんだろうなぁと思ってたんだけど。」
宗像恋 「"あり"と言われて"なし"と出る場合は、狼を見つけたか、ジョルジュが騙りかだが」
ベルクート 「>白い恋人さん
不具合っていうからもっと重篤な話かと思いました!」
ネプテューヌ 「初日なんてほぼ無しが基本だし
ジョルジュとドラゴンでライン組まれてる可能性もあるし、他吊ろ、他、みたいな感じ」
できる夫 「恋キングさんで割れましたか
ですがだからといってそこをすぐに吊るのは安直ですよ
ジョルジュさん偽の可能性も考えるべきですね」
恋次 「ただ、ジョルジュはもう一日位潜っても良かったんじゃねぇのって思うところだがね
なんつーか、吊らせに出た感じのタイミングってのは有る」
ジョルジュ 「まぁ恋キングで割れる可能性自体はあぁ、当たりを引いたな、という感想にしかならない。

あと宗像よ、【本気で吊り殺すつもりの場所に占いを割いたら手損じゃないか】」
白い恋人 「すまんな!()>ベルクート」
恋するドラゴン 「んー、わりと噛みをみたいのでグレランしたい感はある
宗像を占ってない理由もわりと気になるし」
恋キング 「まー他の人が既に言ってるが星狐とかの出方じゃねえし
狂人あたりの特攻かねえこれ 狼のCOには見えん」
宗像恋 「ならせめて日記に書け
書いていないと、信用しづらい >ジョルジュ」
ネプテューヌ 「真か、恋か
どっちにしても狐じゃないなら、ジョルジュ=恋キング対立線は残していいのよ>恋瞳」
できる夫 「まあ、ジョルジュさんが宗像さんを占わなかった理由は多分
”そこは釣りたいから占わない”とかそんな感じだと思いますが」
閉じた恋の瞳 「宗像占うってどっかで言ってったっけ?>恋するドラゴン」
ベルクート 「日記をざっと見た感じだと、狂人辺りが占い死んだと見て書き換えた、みたいな感じはしないですね。
真か、最初からそう騙るつもりだったかどちらかかなって」
ネプテューヌ 「恋じゃないや、狼か、ね」
宗像恋 「吊らせる位置は占わない、ならその理由を日記に憑けたらいいものを」
ゆっくり妖夢 「ランでいいか」
初音ミク 「私もコイさん即吊りは遠慮で。
グレランがいいかなあ」
ジョルジュ 「ぶっちゃけ占いの○と被ったりしてるなら潜るつもりはあったが、
ドラゴンはともかくネプがちと周りから殴られ気味なようにも見えたので、
大事を取らせてもらった。」
ネプテューヌ 「ジョルジュが宗像占ってないのは。まぁ、別に」
初音ミク 「え、らん?」
恋するドラゴン 「いや、あんだけ噛み付いてたなら中身気にならないっていう感じで>瞳」
できる夫 「ラン、ですかねえ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
恋キング3 票投票先 →ジョルジュ
宗像恋0 票投票先 →恋キング
できる夫2 票投票先 →ジョルジュ
ジョルジュ2 票投票先 →恋キング
恋するドラゴン0 票投票先 →できる夫
初音ミク0 票投票先 →ゆっくり妖夢
ベルクート1 票投票先 →閉じた恋の瞳
白い恋人1 票投票先 →ネプテューヌ
ゆっくり妖夢1 票投票先 →白い恋人
閉じた恋の瞳1 票投票先 →恋キング
ネプテューヌ1 票投票先 →ベルクート
恋次0 票投票先 →できる夫
恋キング を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
恋の魔法使い は生き返りました
ゆっくり妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
初音ミク は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゆっくり妖夢さんの遺言 霊能日記 八雲紫●椛●
2昼 処刑 八雲紫 投票先 ベルクート 
投票者 宗像恋、できる夫、フォーチュン、ミク、恋の魔法使い、ベルクート、椛、「ゆっくり妖夢」、ネプテューヌ
狐によると紅系?発言が普通に怪しかったししょうがないね。
3昼追記 ●。多分紅狼だと思うんだけどなあ。クッキー☆が紫●説は伏線ね

3昼 処刑 椛 投票先 恋するドラゴン
投票者 レンジ、ネプ、「ゆっくり妖夢」
怪しいと感じたとこが吊れた。紫に入れなかったやつ気にするのは、紫が狼だということが見えている僕からすれば紫投票者から目をそらしたいように見えるんだよなぁ….
4昼追記 ●。自分真だよね…?(震え)ゆかりが村には見えないから真だろ(迫真)

4昼 処刑 恋キング 投票先 ジョルジュ
投票者 宗像恋、ジョルジュ、こいし
LWあるかもと思ったから放置したかったけどしょうがないか。
ジョルジュか僕かどっちか死ぬとは思うんですけど、

結果蝙蝠なら吸血、●なら狼?◯なら村かな?
ジョルジュ星狐の出方じゃなさそうだけどなあ
恋キングさんの遺言 村人表記COなー
初音ミクさんの遺言 さあ、歌を歌いましょう、占い系CO

ネプテューヌ○>ベルクート●>宗像恋○>恋するドラゴン

初日:ネプテューヌ
ねぷねぷ。ねぷねぷー。
まあ初日に理由とか無いっしょ。

二日目:ベルクート
個人的には人外だろうが告発には頼りたい派。なので「CO効かずに置いとく派」から
発言が強そうな人にしよっと。
ベルクートさんかジョルジュさんで悩んだけどベルさんで。

三日目:宗像恋
私が言うのもアレだけどいきなり長文になるのがなんて言うか違和感?
まあ殴られてそっちにリソース咲いたからかもしれないんだけどねー
殴られてるって意味でも気になるし占ってみる

4日目:恋するドラゴン
んー、他の人の言うとおりなんかジョルジュ怪しい気がするんだよねえ
宗像さん占ってないけどあんだけ殴ってて否定結果あればさらに説得力出るしさ。
なのでその占い先にぽいっと
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
閉じた恋の瞳
                ,,.. -─ ─ ‐-..、
              /:::::::::::::::::::::::::::::_::_ヽ、/|
             /;;:: -‐ '' "´ ̄  ̄__>K]´ ̄ノ
           _,/-‐/´  ̄`ヽ ̄`ヽ─-<ー'´-..、.,
       ,,..‐''"´:::__;ノ             `ヽ、::::::`ヽ、   灰吊りするならミクさん吊りたかった感じだけど
     ,.:'´:::::::::::::;'´      ,           \::::::::::',
     l::::::::::::::::〈  i´   _,/L,_      ノ    `i:::::::ノ     ランいうならまあ、恋キング吊るすよ
      \:::::::::::l  /   '´ /_」_ _,.イ   ノ〉,...,_l   〈:/
       `' ー/  l   ァ'´, -、 ヽノ__,.ノ´ /__ ,ノ   、|         村人表記CO残しても―だし
         (  〈 ,/ | l.ノ。!     /,-、ヽ!  , 〉
           | ,ノイ、 ト ゝー'      |ノ.l 八 ノノ
         ノイ ,/ \!'"       '  ー' l レ' /     
           〉 !   ヽ、    ` ー    "ノ //⌒ヽ‐、
         / / `ヽ、  〉、,       ,.イ ( ',    ノ       現状複数票は無しねー
   /´i     ,〉_ノ_r_''"´レイ´ \` ' ーr<_ ,ノ  `) \_/
   l  ',  /´ノイ / `ヽ、レゝ,  \,_,ノ  }ン `'ァ、ノ´_ノ´ヽ         執筆いるなら今日だよ―
   ,〉 ヽ l   )!   , \T、   /ヽ r7  、 Y´   |
  ,'´ r‐- \rァ、__|    ヽ, \ゝ,/〈_〉Y,ノ_| ,|    /
  '、,__,>ー  l__7 `ヽ、   ',    ̄ `\ ,'´、_V l  /       後は追加占いいるかどうかだね―
    `ーrく´ K_]       |      〈_〉ゝ;_,ノ ! /          出そうにないと思うけれど
     ! ヽノン        !          | 〈  !
     l 〈_7       ,ノ     〈_〉    〉 `''rァ'7-、
      Vン_   _ _ /ヽ、.,_    _ ___,.ノ、  /_7´ ̄`ヽ
          ̄   /      ̄  /l     \!_」 rヽ_ノ ノ、」
宗像恋 「誤解しないでほしいことだが、私がジョルジュを殴っているのではなく
ジョルジュが私を殴っているのだから、殴り返しているだけで
私はジョルジュのCOを即断切り捨てるわけではない
恋キングも怪しんでいた位置なのだから同じこと」
ジョルジュ 「占星術師 恋するドラゴンなし>ネプテューヌなし>恋キングあり>恋次あり」
白い恋人 「感性がここだと訴えていたので投票したらジョルジュの投票なし結果のネプ子だった件について。」
閉じた恋の瞳 「お酒飲んで、一緒に添い寝する『猩々』だよー

1:無理ー
2:犬走椛  >表記無し
3:恋次   >表記無し
4:ジョルジュ>れんじ」
恋の魔法使い 「うおっと」
恋次 「おはようさん
まぁ正直言って、恋キングとジョルジュを残していった方が良いって意見が結構多かったんで票は外したぞ
その上で、投票は出来る夫だ
全体的にのらりくらりと躱して地味な位置に潜ってる感じがしたんでね」
ベルクート 「おはようございます!」
ジョルジュ 「四日 恋次
あくまでも手損行動は避けねばならない。ここを吊るそう、と決めた場所を占って
方針転換すると「お前の発言はぶれている」と俺自身が吊り殺され真切られる危険性があるわけで。
同様に、ここで俺にぶち込んでくるできる夫に手を付けるのも手損なのよね。そこで対立したって
そりゃ対立もするだろうよとしか皆の視点ではならないだろう?
確認するべきは恋次だ。抵抗するには弱すぎる村人表記を出した恋キング吊ド安パイを主張しつつ、
俺の動きへの不満をあげることで俺偽に盤面が動いても対応できるように、軸足を後ろに下げている場所。
こういうどっちつかずの場所は確認しなければならない。俺にそれが出せるのかは別だが。」
閉じた恋の瞳 「1日目
ヒャッハー猩々だ―!!
行使先をチェキするぜ―!!
イチャラブは無いけど添い寝はしてあげるよ

2日目
んー、まあ役持ちっぽそうな位置観察してこよ―っと
初手銃殺簡潔に言いきってCO聞くって感じの椛が気になったから
そこ観察に行ってくるね―

3日目
特に結果出てないけどどうなのこれ?(メメタァ
始めて行使するから分かんないんだよね、前引いたときは速攻で噛まれたから
狼っぽい位置よりはそれ以外で行きたいかな―って
そういう意味で非狼目みてる恋次鑑定

4日目
ランいうならそりゃジョルジュ鑑定のためにも恋キング吊るよー
でもって鑑定して明日出るよ―
ネプ子がすっごい気になる所で投票無しだけど…」
宗像恋 「蘇生がいるのか?」
ベルクート 「うわお」
恋次 「あぁ、投票アリだ」
恋するドラゴン 「おーおー?」
白い恋人 「犬とか憑狐いるんじゃねぇの?」
できる夫 「ふむ、2死体ですか」
恋の魔法使い 「霊界見えなかったしいたんじゃね
特に情報は無いが」
ベルクート 「2死体+1蘇生ですね?」
ネプテューヌ 「びっみょうっていうか」
閉じた恋の瞳 「ジョルジュ非狼だよー>恋次行使先で死んで無い」
ネプテューヌ 「死体2ねぇ」
宗像恋 「蘇生ログはあったのか? >恋の魔法使い」
恋するドラゴン 「魔法使い復活
組成役職がいて、死体2と」
ベルクート 「おそらくですが、噛みを考えるとゆっくり妖夢さん噛みが妥当&妥当だと思いますので、
ミクさんは別の死因で死んだ騙りだと思われます」
宗像恋 「2死体だと、犬神や憑狐も考慮しなければならんからな」
ネプテューヌ 「蘇生いるなら出ておいでよ、そうじゃないと、狂人とかの可能性が出てくるし
この段階で残す隠す必要性も無いでしょ」
恋の魔法使い 「初日は無かったけど次から噛まれ蘇生されてたよ>宗像」
恋次 「で、そうなってるんならジョルジュは真目。有って狂人とかの投票人外かね。
星狐の可能性もあるが、まぁあまり出てくるとは思えねぇ」
できる夫 「一応、恋するドラゴンさん呪いの可能性もありますが
憑依とかもあるので面倒くさいですね」
ジョルジュ 「やるじゃないか>猩々の結果的中

正直星占いは一回出てしまうと奇襲能力がなくなるんでなし結果が出てくれれば楽だったんだがね、という気持ちはある」
ネプテューヌ 「蘇生が出てこないなら、犬神とか判断で魔法使い吊るすけど」
閉じた恋の瞳 「あ、投票ありで鑑定してもらいたい人いるならどうぞ
恋次調べたけどやった時は行使して無かったからそこ行くのはまあ、意味薄いかなとは思うけれど」
ベルクート 「恋次さんは投票能力アリで、3夜には能力行使してないってことですか?
>こいしさん」
白い恋人 「ねぷねぷ様の仰せだ、蘇生は出るが良い。()
というかFOで良いんじゃね。(ハナホジ)」
恋するドラゴン 「んー、犬神憑狐の可能性あり
憑狐だと動くタイミングか?と思うから犬神か…?」
閉じた恋の瞳 「そういうことだね―>ベルクート」
宗像恋 「犬神の票が増えるのは2日後か…」
恋次 「蘇生に関しては憑狐やら犬神やらの可能性、否定はしねぇがまぁ置いといてでいいんじゃねぇのって思ってるがね」
ベルクート 「恋次さんが蘇生系なのでは」
白い恋人 「後あれ、妖夢真で椛狼なら恋次身内票投げてることにはなるよね。(ポリポリ)」
閉じた恋の瞳 「ちなみに犬神とかは行使日しかチェックできないから…私は無力だ」
宗像恋 「ミクあるいは妖夢の死因持ちがいるかどうか確認したい」
ネプテューヌ 「そんじゃ出てこないなら、魔法使い吊るそうか」
恋するドラゴン 「星狐だとすると、あそこで出る意味がわからん+猩々とつながっているのでわりと真目かなー
ベルクート 「今いらんこと言った気がしました」
ネプテューヌ 「>蘇生が」
閉じた恋の瞳 「ミクが蜜の可能性?」
宗像恋 「勿論、人外…例えば呪術師や罠師、吸血死の可能性もあるがな
村ならば出てほしい」
できる夫 「蘇生出ませんね
案外本当に憑依かもしれないんでしょうか?」
ベルクート 「蜜なら呪殺でCOするひとが出てくると思うのですが…」
白い恋人 「蜜使用ならそれも蘇生出なきゃおかしいんじゃね?(適当)」
恋するドラゴン 「あー…ミクが蜜狼の可能性とかもあるのか…」
ネプテューヌ 「蘇生が出てくるなら?灰から吊れば良いと思うけども」
恋次 「状況的には妖夢噛まれが濃厚じゃねぇのって思う印象だけどな
であるなら、ミクの中身が不明
……その上で言うなら、魔法使いが憑かれの可能性濃厚ってことかねぇ」
宗像恋 「蜜狼考えるよりは吸血死ではないか?」
ネプテューヌ 「この段階で隠れるよりは、指揮とるべきだと思うしね」
閉じた恋の瞳 「吸血ねー…今まで死体無しで性別で上手くやってたってことかー…?その場合」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
宗像恋0 票投票先 →恋の魔法使い
できる夫2 票投票先 →恋次
ジョルジュ0 票投票先 →できる夫
恋するドラゴン0 票投票先 →恋の魔法使い
恋の魔法使い6 票投票先 →ネプテューヌ
ベルクート0 票投票先 →恋の魔法使い
白い恋人0 票投票先 →恋の魔法使い
閉じた恋の瞳0 票投票先 →できる夫
ネプテューヌ1 票投票先 →恋の魔法使い
恋次1 票投票先 →恋の魔法使い
恋の魔法使い を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
閉じた恋の瞳 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
閉じた恋の瞳さんの遺言
             __...,,,,__ 
           . -''"´:::::::::::::`ヽノソi
          ,'´:::::_,.--‐ ‐- .,/ !  ("'Y'")
       _.,,/,,.-'‐'' " `::::""'' ::::ー'-.、 \/   お酒飲んで、一緒に添い寝する
      <´:::::::::,r,'γ´⌒`'⌒`ヽ::::::::::::) /ノ           猩々だよ
((  (⌒/ ヽ、:::;ij  人jト、 ハ从トゝ;::::ノ/ ,..-¬,
  /:::/    \ノ〈 ノ {x== レ' r=ミ{ 〈///  ヽヽ
  }::::}     (j〈 ( ゞ  r‐┐"ノ 〉/     }:::}   1:無理ー
  ',::::',     \ヽト)ノト.ゝノイ_人i !  __,,,../ノ   2:犬走椛 >表記なんも出てない・・・ってことで投票さきなしでいいの?
   ヽ、_,,,... -、\ζ::::\_|:::ζ !/´       3:恋次  >表記無し
           ヽ\ζ/〈〉ζ_ /ノ         4:ジョルジュ>
            ', "ー-Y::___:Y         5:宗像恋
            〉   〈〉、:;;ノ
           く\     !
           /\>ー―くハ
           /:: :: :: :: :/⌒iヽ
         /:: :: :: :: ::,'   ノフゝ
        <:: :: :: :: :: ::ノ  / ',:: ::ヽ
         ヽ、  /:ー-.イ  ヽ,,__>  ))
            ̄{ 〈:::::::::(|〉  )
             ) X;;;::;;)ヾ;:./
            (ノi::|lニニn i:i
              i::l |∥/ i::i
   ((          {:i.-*―.i::}
              |:|∥|::\}::}   あ、猩々はあくまでも投票した場合とこを調べるものだから
              i:iuニ|ニi .i::i     狼でも噛み行ってなかったら分からないよー、
              .ヾ、..l__ノノ
                ''''''''´

お酒飲んで、一緒に添い寝する『猩々』だよー

1:無理ー
2:犬走椛  >表記無し
3:恋次   >表記無し
4:ジョルジュ>恋次
5:宗像恋

1日目
ヒャッハー猩々だ―!!
行使先をチェキするぜ―!!
イチャラブは無いけど添い寝はしてあげるよ

2日目
んー、まあ役持ちっぽそうな位置観察してこよ―っと
初手銃殺簡潔に言いきってCO聞くって感じの椛が気になったから
そこ観察に行ってくるね―

3日目
特に結果出てないけどどうなのこれ?(メメタァ
始めて行使するから分かんないんだよね、前引いたときは速攻で噛まれたから
狼っぽい位置よりはそれ以外で行きたいかな―って
そういう意味で非狼目みてる恋次鑑定

4日目
ランいうならそりゃジョルジュ鑑定のためにも恋キング吊るよー
でもって鑑定して明日出るよ―
ネプ子がすっごい気になる所で投票無しだけど…

5日目
超過直前に思ったこと・・・
魔法使い憑依なら投票ないなら私が鑑定すれば良くない?(死んで無い前提)
ジョルジュも一緒に鑑定して投票有りなら蘇生された、
そうじゃないなら憑依ってことでって…
一応吸血いるなら宗像、できる夫、恋ドラ、ベルクートまでなんだよねー
でもって恋ドラは狼は否定位置…
ま、いいや、宗像言ってこよ…ベルクはなんとなく行きたくないし
でっきーは吊りたい位置だしで
恋の魔法使いさんの遺言 占い日記

初日:球磨川禊○
面倒なんだぜ
まぁ初日は適当でいいか
いい笑顔だから球磨川占うのぜ

二日目:ゆっくり妖夢○
呪殺自体はいいんだけど初手だと対応されるじゃないか
◇ゆっくり妖夢 「まあ発言見て怪しいと思ったとこ吊るくらいしかできないんだけどなあ
紫の反応自体は非常に微妙」
紫はそもそも発言してないしなぁ、飽和狙いってのも4Wいるの把握してるっぽいし
て言うか結局紫に投票してるし

三日目:ネプテューヌ○●
妖夢○だったか、そしてやっぱりネプテューヌ気になるな
1人だけ後ろに引いて見えるんだぜ?
残したらすっきりしそうにないから占う
●ならどうしよっかなー、出ようかなー
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
宗像恋 「だいぶ迷ったが、魔法使い吊りを選んだ
ジョルジュは私を占ってくれればわかりやすいのだがな…」
できる夫 「おはようございます
2死体の原因、やっぱり憑依なんでしょうかね?蘇生も出ませんし
これで仙狐だったら嫌すぎるんですが」
白い恋人 「げっ。」
ジョルジュ 「占星術師 恋するドラゴンなし>ネプテューヌなし>恋キングあり>恋次あり>ベルクートあり」
ベルクート 「ミクさんの結果考えると、ミクさん=犬神が確かに自然でしたね…すいません」
ジョルジュ 「五日 ベルクート
恋する瞳の予期せぬCOによりだいぶ盤面は煮詰まってきた。
一発でこの状況を解決しうる答えは一つだけだ。
「ミクが●主張のベルクートでなし結果が出る」、これが成立すればこの盤面の形はすっきりする。
あり結果が出てしまった場合は解決しないが、宗像を占って本人があり日記を持ち出してきた、とかよりは
まだ収拾がつく状態になるのではないか、と考える。」
恋次 「おはようさん
で、ぶっちゃけほぼ恋の瞳とジョルジュのラインは信頼していいんじゃねぇのって思ってるところだがさてどうかね?
なんにせよ、死体位置を見てく感じだろうけどよ」
ベルクート 「認めます。>アリ」
宗像恋 「まあ、猩々は護衛制限もある
仕方ないだろうな」
ネプテューヌ 「なら、ベルクート吊ろうかなぁという印象」
白い恋人 「霊能CO。
八雲紫●。犬走椛●。恋キング○。恋の魔法使い●。」
恋次 「まぁ猩々噛まれは納得ではあるかね」
恋するドラゴン 「まぁ恋の瞳が噛まれるよな」
ネプテューヌ 「っていうか、FOしなよ」
ベルクート 「猩々さんは普通に考えると噛むかなーとは」
ジョルジュ 「・・・日記にも書いたがこれでなし結果がでてさえくれれば大団円は近かったと思うんだが、
こうなっちまったか・・・」
白い恋人 「3W丸残りまであるわワロス。」
宗像恋 「ふむ」
白い恋人 「誰だよ真結果とか言ってた饅頭~~~~~。」
できる夫 「この結果は…夢主張でしょうか?>白い恋人」
恋次 「白い恋人の結果は夢濃厚って感じかね?
3wまでが見えてる状況ってとこか」
宗像恋 「犬神考えても2W」
恋するドラゴン 「うーん?
ベルクートありで霊能CO 夢枕主張だろう」
ベルクート 「夢霊能でなかったらおかしいんじゃないかと思います」
白い恋人 「なお、俺も真だと思ってて慢心してたので恋キング周りの投票はこれから取ってきます。()」
宗像恋 「FOというか
まあ"投票のない役職である"と宣言はする」
恋次 「犬神考えても3wはあり得るんじゃねぇの>宗像」
白い恋人 「全く役に立たなかった。(真顔)」
宗像恋 「打ち間違いだ、許せ >恋次」
恋するドラゴン 「村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
えーと、3Wありえるよーということか」
恋次 「最悪は3w1fだがまぁそれならどっちみちほぼ詰み為んで考えねぇが……」
ベルクート 「単純な話として、ミクさんの死体と魔法使いさんの死体考えると、
そもそも私狼でミクさん真なら、恋するドラゴンさんが呪い持ちになります」
ネプテューヌ 「3w残りは十分あるよ
恋キングと犬神しか死んでない可能性、十分残るもの」
白い恋人 「指定出来るトコはすべきなのでは。(丸投げ)」
宗像恋 「ジョルジュの指定でいい」
白い恋人 「候補選定?
投票ミスする恋人に何を期待しているんだなまけもの万歳!()」
ネプテューヌ 「あ、正直、ミクが真とか偽とかどうでもよくて



私、ベルクートが怪しいと思うから吊りたいだけだけどね」
できる夫 「…あれ、3w1fなら飽和してません?」
宗像恋 「猩々とつながるならあって狂人狐程度だが、薄い」
恋するドラゴン 「ふむ、わりと宗像自体は信じたい位置ではあるのでそこ吊りは嫌だなあという」
恋次 「ミクが憑きじゃなくて、かつ恋ドラが呪い系の何かって可能性は、まぁ否定は出来ん、がね
あまり考える気はしねぇかな
なんにせよ、灰を吊って進める方向じゃねぇかなとは思ってるが」
白い恋人 「してないんだよなぁ……。」
ベルクート 「いや、3w1fなら飽和は7人です」
宗像恋 「飽和するのは7人だ」
ジョルジュ 「で、現状非狼確定位置が恋の瞳を軸にして
結果がかっちりあった俺
俺により非狼を確認された恋するドラゴン&ネプ になる。

恋次どう判断するかは難しいな。猩々は行使先反応だから、噛みを担当してなかった、の可能性は
決して否定できない。」
恋次 「3w1fならまだ飽和してねぇ。7人だな、飽和段階は>できる夫」
できる夫 「あれ飽和判定ってどんな感じでしたっけ」
ネプテューヌ 「ミク犬神としても非狼だし、そこの●◯関係は抜きで考えていいし、みたいな
ミクが真だった場合ってのは考えずらいから、ドラゴン呪い持ちとかはどうでもいいけども」
恋するドラゴン 「で、だ
狼狙うならジョルジュの投票あり判定からになるんじゃないか」
宗像恋 「一応、ベルクートよ
投票有であり、今日COしないなら期待するぞ?」
ベルクート 「指定無しだとおそらくもう耐えられないのでアレなんですが、真確認済みの狩人なので他にしてください」
白い恋人 「でもあれか、宗像は身内票的には非狼側で良いのか。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
宗像恋1 票投票先 →白い恋人
できる夫1 票投票先 →恋次
ジョルジュ0 票投票先 →恋次
恋するドラゴン0 票投票先 →恋次
ベルクート2 票投票先 →宗像恋
白い恋人1 票投票先 →ベルクート
ネプテューヌ0 票投票先 →ベルクート
恋次3 票投票先 →できる夫
恋次 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆恋するGM システム:投票制限時間をリセットしました。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
恋するドラゴン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
恋次さんの遺言 仙狸COだ
不可>なし>なし>恋の魔法使い【失敗】>恋の魔法使い失敗>>>>>>>>

仙狸日記
【1日目】 蘇生:不可
おーけーおーけー、蘇生なんざあまりやりたかねぇがね
まぁやらなきゃいけねぇんならやるしかねぇ
ったく、死神だってのに皮肉なもんだ

【2日目】 蘇生:なし
ま、紫吊りには反対だが、
じゃあ蘇生できるかって言われるとそれも反対だ
そういうわけなんで今日は蘇生はなしだ

【3日目】 蘇生:なし
で、噛まれ位置はフォーチュンと
ぶっちゃけ、素村表記を蘇生させる必要はまぁねぇだろ
素村遺言の人外ってのも相応にいるだろうしな

【4日目】 蘇生:恋の魔法使い
すっげぇここ真臭くて嫌なんだけどよ
まぁそういうわけなんで噛まれ位置蘇生一択だよなっつーわけだ
なんで、投票するんぞー

【5日目】 蘇生:恋の魔法使い
蘇生失敗、なのに蘇生されてんだよな
一瞬蘇生成功したかとか思っちまったが
そうなら、割と魔法使い人外蘇生目かね?
まぁいずれにせよ魔法使い蘇生一択だよな
……8割失敗とか、蝕みじゃねぇよな?
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「占星術師 恋するドラゴンなし>ネプテューヌなし>恋キングあり>恋次あり>ベルクートあり>白い恋人なし」
ベルクート 「アッハイ」
白い恋人 「霊能CO。
八雲紫●。犬走椛●。恋キング○。恋の魔法使い●。恋次○。」
できる夫 「おはようございます
夜が来たということは、3w1fは少なくとも無いわけですね
完全灰は宗像さんと僕でしょうか?」
宗像恋 「はい」
ベルクート 「ジョルジュさん護衛で続行です」
ジョルジュ 「六日 白い恋人
なし結果を追認できるかどうか、すべてはそこだ。まぁ、
宗像に関しては序盤からぶつかりすぎたんでここで割れるとさらに拗れるから
後回し…というかたぶん触らない。限界まで。霊能主張している白い恋人をチェックするぞ。
決して狼が騙らないという職ではないからな、霊能系は。」
宗像恋 「3W1Fおよび3W否定」
白い恋人 「おざっす。(謝辞)>ジョルジュ」
ネプテューヌ 「それじゃあもう、ベルクート吊らない?ってなってるけど」
宗像恋 「ベルクートは日記を張ってくれ」
ベルクート 「昨日張りましたよ…」
宗像恋 「有るんだろうな、村ならば」
白い恋人 「狐候補どうします?(ハナホジ)>ネプテューヌ」
ベルクート 「張ってなかった」
できる夫 「今日の日記のことじゃないですか?」
宗像恋 「ないぞ」
ベルクート 「【2日目】恋する魔法使い 死体:恋するフォーチュンクッキー (GJ)
敗北を知らない者同士仲良くしましょう(ふふーん
球磨川さんへの反応見るなら、まあそっちかなあという。
八雲さんの件とか自然だったので。おそらくですけどね。

【3日目】できる夫 死体:恋する魔法使い
本当に夢でしたありがとうございます。
じゃあ蝙蝠が妖精の可能性に賭けてー(耳ホジ
フラフラしてますし、吊りなら放っておくのがベスト。
となると一応妖精チェックはしておきましょう。

【4日目】ジョルジュ 死体:ゆっくり妖夢&初音ミク
ファーwwwwwwww
見なかったことにしよう!(超法規的措置)
魔理沙さんそのまま護衛しておけって話でしょうけど、
こんなもん、夢だと思うに決まってるでしょう!

【5日目】ジョルジュ 死体:閉じた恋の瞳
占星術持続です。

【6日目】ジョルジュ 死体:
私生きてる限りはおそらくジョルジュさん噛まれないんですけど、
まあジョルジュさん噛まれたら私は終わるので。」
ジョルジュ 「投票自体は魔法使いを見た瞬間に憑依を決め撃ってる動きから
あそこが蘇生持ち蘇生を名乗ってくる可能性はない、
かつ恋する瞳の結果からそこがニート投票職という可能性もない、と判断した。」
白い恋人 「出来るかぁ!>超法規的措置」
ネプテューヌ 「どーしようかなぁというか、正直な事言うと、私に聞かれても困るんだよなぁ、みたいなトコはねぇ>白い恋人」
ベルクート 「2→3日目は見たらダメ!!」
白い恋人 「せやな。」
宗像恋 「恋フォでGJ?」
ネプテューヌ 「んじゃベルクート吊るかぁ、みたいな」
白い恋人 「てかぶっちゃけ、ベルクート視点身内票確定なわけだが。」
ベルクート 「GJ出ました。恋するさん死体見て夢やなって思いました」
宗像恋 「恋フォを何だと考えているのか?」
ベルクート 「ふっツーに真占い師だと思います」
白い恋人 「貫通する要素とかあんのけ。(ハナホジ)」
ネプテューヌ 「んで、真確定ならさ」
ベルクート 「狼が連続噛みしたのだと」
宗像恋 「初日は、ない
即LW天狼でもなければ >白い恋人」
ネプテューヌ 「その情報、さ、出すべきでしょ?
少なくても、日記だせた、今日朝一」
ジョルジュ 「まぁ、セオリー通りに行きたい。なんだかんだでもうあと2吊しか残ってないしな。
今日ベルクートを吊って、明日俺と俺の確認した非狼位置のうち二人は残る、
そういう盤面にGO。」
ベルクート 「護衛位置を魔理沙さん→できる夫さんで動かしてますので(」
白い恋人 「いや、間違えた。
恋とラップに掛かった。()」
ベルクート 「昨日出したと思ってたので。>ネプさん」
ジョルジュ 「狐を掃除できなかったのは星占いにそこまで押し付けないでくれ、ということで。」
ネプテューヌ 「それを出してなくて、見ちゃダメといいつつ、真確定だ!だけいう


ベルクートを私は信じれないので、吊ります」
宗像恋 「ん?いや
日記がわかりづらいが、魔法使いでGJなのか?」
できる夫 「恋するフォーチュンクッキーさん妖精…?それで逆呪殺?」
ベルクート 「私何を見るんですかね。
狐ならジョルジュさん偽だし、そうでないなら一体何と見るのかと」
白い恋人 「吸血死とかはあんのかもわからんね。(適当)」
できる夫 「いや、流石にありませんね…」
ベルクート 「です」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
宗像恋0 票投票先 →できる夫
できる夫2 票投票先 →ベルクート
ジョルジュ0 票投票先 →ベルクート
ベルクート4 票投票先 →できる夫
白い恋人0 票投票先 →ベルクート
ネプテューヌ0 票投票先 →ベルクート
ベルクート を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ベルクートさんの遺言 【2日目】恋する魔法使い 死体:恋するフォーチュンクッキー (GJ)
敗北を知らない者同士仲良くしましょう(ふふーん
球磨川さんへの反応見るなら、まあそっちかなあという。
八雲さんの件とか自然だったので。おそらくですけどね。

【3日目】できる夫 死体:恋する魔法使い
本当に夢でしたありがとうございます。
じゃあ蝙蝠が妖精の可能性に賭けてー(耳ホジ
フラフラしてますし、吊りなら放っておくのがベスト。
となると一応妖精チェックはしておきましょう。

【4日目】ジョルジュ 死体:ゆっくり妖夢&初音ミク
ファーwwwwwwww
見なかったことにしよう!(超法規的措置)
魔理沙さんそのまま護衛しておけって話でしょうけど、
こんなもん、夢だと思うに決まってるでしょう!

【5日目】ジョルジュ 死体:閉じた恋の瞳
占星術持続です。

【6日目】ジョルジュ 死体:
私生きてる限りはおそらくジョルジュさん噛まれないんですけど、
まあジョルジュさん噛まれたら私は終わるので。
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/01/11 (Mon) 01:39:04
閉じた恋の瞳
             _  ___   /´|
         .  ´       `V´  j
        /  __ /´ヽ./´`ヽ ̄ ̄`ヽ
.      /  _/´  `       ヽ    i!        おっつかれさまぁー!!
      i //       l l__ ヽ.  \ |!
      レ' /         / / \` l    〉リ
.     / i   .イ´  /レ' ,ィテく リli li レ'  __   __
     (  }   | ,ィk   |l:;:;:::iト.ノ ノハ{ 〃⌒V⌒ヾ   閉じた恋の瞳言ってる割には
      \ リ   j{ i;:;::::|   ゞ:cノ ∠ノハ {{     }}   思いっきり隣にすり寄ってる?
      /Vルレハ.ゞ:c!   ,.、""∠ i  }. V    ノ
     /   Y 八 """  < } .イ ハノ  V  //    私の怪異は『メリーさん』だからね
    /     _j  |> -- -ァ<「ルレ' __ノメ_メ     今、あなたの隣にいるのって
.   {  ノ 〃´.|  l|==≠≦ j ll| 〃´ ̄   }.i
    Vル'ハ {{  |ハリヽ /`Y_/|〈〉Y⌒Y \    ノノ
       レ入 j  /  /  |〈〉|乂ノ   \ /
         r‐.「   〈   〈〉   |\.   `ーrく.フ    なんと言うか、ジョルジュさまさまだったかな―って
         〈  |  /\ _〈〉____ノ´~ \   / リ
    r===へ }./ \   ̄ ̄ ̄ \   「 __ノ     魔理沙も銃殺出してくれたし
    |{   「li ̄     `ー^ ー─‐‐ヘ
    ||   .}li    / /   i     ヽ
    |l   ∧  /  /    !      \
    乂.  / ∧    /     !     / ノ
.      \{V/∧  /      !   / /
        Y/\>へ.三三 .三 -<. イ
          |{  /\      |  |
         t_ノノ  \____|,.,、|
               ̄ ̄ ト--1
                    {  .}
                  `ー''」
初音ミク 「おつかれさーん」
宗像恋 「おっと
お疲れ様」
恋キング 「お疲れ」
ベルクート 「ぎゃふん!」
ネプテューヌ 「お疲れ様~」
白い恋人 「お疲れ様。」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ
紫はすまんな。村に見えなかった ()」
球磨川禊 「『おつかれさまー』」
できる夫 「お疲れ様です」
恋するドラゴン 「お疲れ様!
いやはや、星占いはきついな」
宗像恋 「八雲は狩人、と」
恋するGM 「お疲れ様でした」
恋次 「お疲れさん
大体フォーチュンクッキーの吠え偽装に振り回されたって感じだったな
(ネプを銀誤認>ジョルジュ狂判断)」
初音ミク 「犬神のプレイングが分かりません先生
いちおう狂アピして死ぬでいいらしいけど」
ジョルジュ 「おう、狐は全滅してたのか
お疲れさま。」
八雲紫 「にゃーん(ひよこ」
ベルクート 「恋次さんが吊れるのが計算外でしたよ完全に!」
恋キング 「紫に関しては・・・まとめ役も情報もねえのに真に受けすぎじゃねとは少し
紫自身の発言も死んでたのもあるが」
八雲紫 「そもそもRP的に厳しいので仕方ないねとなる。
まぁ別に釣られても良かったしね?」
初音ミク 「そういえば紫さんは狩人だったようで…
申し訳ない」
ネプテューヌ 「村かどうかは別にしても、告発されると、CO無いならねぇ
回線とかそういうのもあるんだろうけど、残したくは無い位置にどうしてもなっちゃうね」
白い恋人 「慢心してたので多少焦りました。()
みょんじゅうが悪いよみょんじゅうが~~~。」
犬走椛 「お疲れ様です」
八雲紫 「回線というよりRP的に発言選択に迷うってアレ」
恋次 「紫に関しては吊れる理由なんざ欠片も無いのに吊れたのに驚きつつも、まぁ有りがたかったかね」
できる夫 「ん、紫さん真狩人ですか」
ジョルジュ 「まー宗像が最終的に村だったことは…許せ。
俺は即座に殴り返しに来る場所とはついつい死ぬまで殴り合う悪癖があるのだ。」
宗像恋 「いや、吊られてよくはない >紫」
球磨川禊 「『まさかの出落ちだったからね』
『宗像恋もありかなと思ったけどそれだと狙ってる感がありありだから』
『BBAにした』」
閉じた恋の瞳 「暗殺、蘇生じゃないならキャンセルできる投票系がー…だったよねとは>恋次に関して
ミクを犬神でみて、魔理沙吊ったんならもう蘇生は考えないしで」
白い恋人 「わかってたけど特に何も起こらなかった、今日も平和です。」
ネプテューヌ 「どっちかって言うと、吊り場所がデキちゃったからね>恋キング
あの段階だと、会ってる会ってないはどうでも良いのよ
グレランになっても情報がノイズになるから
それくらいならCO聞いてから判断しましょう、っていうのが私の考えかな」
できる夫 「ちなみに初日に伏線張ってるんですよね、僕」
ゆっくり妖夢 「人のせいにしてはいけない(戒め)>白い恋人」
初音ミク 「犬神でこれなんだから憑狐なんて能力使うことあるのかな…」
ベルクート 「ネプさんは化けかなーと思ってましたけど、
夢求愛なら夢求愛でもう蝙蝠ですから似たようなものですよ!」
恋キング 「お前ら何と戦ってるんだとは思った >ジョルジュと宗像恋
別に最後に紫どうだろうがそんなんいいじゃんどうでもで」
八雲紫 「みょんじゅうがわるいよ~」
白い恋人 「出ていけぇ!(レ)>ゆっくり妖夢」
ジョルジュ 「ドラゴンが吸血姫、というのがある意味一番危険な囲い状況ではあったか。

これドラゴンどネプの順番逆に占ってたら大惨事にならねぇ?いやまぁ
おっぱい的に順番は絶対動かないけれど。」
できる夫 「全く関係ありませんが

ところで、犬神ってどんなときに能力使えばいいんでしょうかね」
宗像恋 「村は出し惜しみして吊れるよりは、重要役COして噛まれるほうがいい」
閉じた恋の瞳 「あと、黒姫様―
おひさしぶりでーす
愉悦できましたか―?(ヤッフゥー」
球磨川禊 「『真蘇生で成功してるなら魔法使い吊りは止めるっしょ>瞳』」
ネプテューヌ 「割りとまぁ、ベルクートは吊ろうかなーという考えはあったので
狩人COくらいだったらそのまま吊りましょう、だったわね>ベルクート」
ゆっくり妖夢 「「人外が本当のこというとは限らない」ってのが本当のこと言ってるみたいなニュアンスにとれたんや...」
初音ミク 「私に教えてくれませんかね(初憑依職>できる夫」
宗像恋 「まあ、ジョルジュ殴りはな…反射神経というアレじゃないかな(てきとう」
ネプテューヌ 「占い師CO出来なかった訴訟>恋の瞳」
ベルクート 「わかんないなー…
蘇生しておいてから、蘇生ログはなかった、仙狐がいる!とかくらいかしら。>犬神」
白い恋人 「初手で適当に憑依したら皆が混乱してて楽しかった。(小並感)>犬神
なお破綻した模様。」
恋キング 「PPできそうなときに狂人アピするくらいじゃね?真面目に >犬神の使いみち」
できる夫 「僕に聞かれても困る(憑依恐怖症)>ミクさん」
閉じた恋の瞳 「あ、はい
平常運転で安心しました>黒姫様」
ゆっくり妖夢 「初日露出して死んだ蝉蝙蝠にのりうつってPPしたことはありますあります>犬神」
初音ミク 「ほへー>all
犬神、意外と役に立たない模様
憑狼は強いのに…」
閉じた恋の瞳 「噛まれそうって時に脱出して吊られにいくってのもかなー>犬神」
恋するドラゴン 「己の吸血先チョイスが若干厳しいのと、恋次ダントツで吊れるだろうから投票浮きたくない!っていう理由で恋次吊るという大ポカしてるから大丈夫…大丈夫…(真顔)>ジョルジュ」
恋次 「未だに憑役職で憑けたことねーんだよなぁ
憑く前になんやかんや有って死ぬとか、やっと憑けるとか思ったら噛んだ先狐とか……」
ゆっくり妖夢 「まあ勝ったから、多少はね?
それじゃ村立て同村オッツオッツ」
恋キング 「尚もっと使いみち無しの憑狐」
ジョルジュ 「ぶっちゃけ星占いの奇襲は不完全燃焼で終わったなーって感じだったので
恋の瞳の強烈な援護と狼側が結局
「お前ありな」からの「おう日記だすよ」のテンポが激烈に悪かったことに助けられたかなという気持ち。」
球磨川禊 「『まあ』
『騙って生き残れると強い職ではあるけど』
『基本無理ゲーじゃない?』」
白い恋人 「憑狐は何か4人最終日前に発動して非狼を確定させるとかいうクッソ汚い手段に出た奴はいたような気はする、ケ。」
ベルクート 「適当に怪しいCOした私を吊って、恋次さんが残って、
そこから銀と狂が残るならどうなるかなーくらいだったのですよね。
完全に読み違えてましたけど。
>ネプてゅーぬさん」
ネプテューヌ 「後、人数が正直もう少ない段階で
蘇生が成功してるなら、あの段階で自分の保証を出す方がいいからねぇ
それが、出てこないなら、あそこはもう犬神か、あっても憑狐だよ

憑狐の場合どうするか、に関しては、まぁ、知らない。村蘇生させて村吊って
実質死体が増えてる、くらいになっちゃうのかな」
初音ミク 「憑依した日にぴったり私が噛まれたりしたらギリ信じられるかもしれないんだけどねえ」
ジョルジュ 「よし、大勝利したし恋するドラゴンのおっぱいを揉もうそうしよう(ジョ並感」
初音ミク 「うん、自分でも(あっこれ無理だな)とは思った>ねぷ」
閉じた恋の瞳 「まあ、狼がジョルジュ即噛みしてこなかったのがこっちとしてもうれしかったとは
ライン繋げれたし」
ネプテューヌ 「どっちかって言うとPP時に「私狂人だよ~」主張する役職だと思ってるかな>犬神」
球磨川禊 「『安心して』
『その場合は憑依できずに逝くから>初音』」
初音ミク 「つらみしか無い>くまがわ」
恋次 「ま、狼の不運は、狼陣営5で狼3の、狂人一人が初日で行方不明になったうえで化狐でネプを銀誤認したってとこまでだな
その上で、ぶっちゃけネプなしの段階でネプ漂白のつもりでジョルジュ噛んでも良かったんだよな……」
ネプテューヌ 「目標だった恋人との生存勝利も出来たし!満足満足!
愉悦って程は出来なかったけどね……」
ベルクート 「狼陣営はジョルジュさんを狂人で誤認してたのです。やんぬるかな!」
ジョルジュ 「元々星占い自体2撃3撃決められる職じゃないから今回の大活躍は素直に嬉しいね。」
球磨川禊 「『まあさくっとジョルジュ噛んでから瞳噛むのが正解だったねえ』
『下手に恋次は残そうとしたのが不味いかな』」
恋次 「なんにせよ村立て同村お疲れさん」
ネプテューヌ 「どっちかって言うと、ジョルジュ残しがやっぱりキツイかな>恋次
非狼をほぼ確定させちゃうし」
できる夫 「ああ、僕ですか>ネプテューヌさん恋人」
白い恋人 「竹井難民救済には草しか生えませんね……。
じゃ、お疲れ様でしたん。」
閉じた恋の瞳 「というかね…憑依はね…
私が黒姫様を黒姫様って呼び始めた?村で憑狼2の共有sで完全乗っ取りされたのがね…(ガタガタ
黒姫様に至っては今から乗っ取りにいくからb宣言されてだし…」
初音ミク 「占星術は一回活躍できたことあるなあ
まあその村確か負けたけど」
ベルクート 「まあそうですね~、化け狐あるかもとは言ってたんですし、
銀なら漂白込みで噛んじゃえが自然だったかもです」
恋するドラゴン 「それじゃあお疲れ様!
反省点ばかりだな…村陣営おめでとう!
GMの村立てと参加者の同村感謝するぞ、がおー!」
ネプテューヌ 「ひゃめろうwwwwwwwwww>恋の瞳」
恋次 「ジョルジュ残しはジョルジュ狂で見てたからな
こっちは化狐のせいでお前さんを銀狼と誤認してたんだ>ネプ」
初音ミク 「ええ、なにそれこっわ…とづまりすとこ…>こいし」
できる夫 「何で僕に刺したんですか?ちょっと気になります>ネプテューヌさん」
ネプテューヌ 「でも、その後で私憑依使って暴れまくったからセーフ(セーフ

あ、改めて1000戦おめでとう>旅人さん
行けなくてごめんなさいね」
球磨川禊 「『3Wだから銀がいる?』
『2Wなのに銀がいないことがある以上疑うべきだね』」
閉じた恋の瞳 「あれはひどかった…
ほんと・・・>ミク」
ベルクート 「ありましたねそんな村。
共有に「今から貴様を乗っ取る」って宣言してるやつ」
ネプテューヌ 「んー、まぁ、誰でも良かったんだけど
なんか他が幸薄そうだったから……かなぁ……>できる夫」
ネプテューヌ 「多分、言われた事あるの私くらいじゃないかなw>今からお前を乗っ取る」
できる夫 「僕も僕で不幸ですけどね>ネプテューヌさん
まあ、刺してくれてありがとうございました」
球磨川禊 「『それじゃおつかれさま』
『村人の勝利おめでとー』」
球磨川禊 「                   /∠_     /          ヽ
               ─フ三三三三>x  /           ヽ
               /彡彡/彡三三三寸V       ─┐  |
               /彡///V∧|川川∧寸    次   で    |
             /彡/VV|V| V|川V川|i.|    は   も    |
              /レ从从 \, |VリV川/|    勝       |
            。 人=ヘト>─`´/~/川     つ       |
            。  r-/从 i  __ :ノ::::2ク/|     °      |
   x三三  /三三>へ、>', <:::Vフ ノ。' / |    └─       |
. //     /三三V三三>x、\-ィ\、   ',            j
//~     く〈三三∧三三\三〉 〉〈ニ/  <ニ、           /
',V     ノ三三三三三三三ヽf / /彡三>x V          /
.>>   /三三三三><三三>○三三三三1 \       /
    ./三三三<三三三三三三三三∨三|   >───"
   /三三Ξ/ |三三三三三三三三∨三三
  /三三三/  |三三三三○三三∨彡= ̄巨',
.ノ三三三∨    .|三三三三三三三/Y  rニニ> ヘ」
閉じた恋の瞳 「だいじょーぶ、電文もらったしねー>黒姫様

ワトソン2人ともが3朝を迎えれなかったけれど(フフフフフ
魂も消毒されたりしたけれど、私は元気でした。」
ネプテューヌ 「あー、銀化誤認はキッツイねぇ……」
初音ミク 「それじゃあお疲れ様でしたー」
ジョルジュ 「まーお疲れさまでした。」
ベルクート 「にしても最後のあれは完全に読み違えてたのでもー
余計なことするものじゃないですね。
お仲間にはすまんこってす。とほー」
閉じた恋の瞳 「まあ、他に言われたことある人がいたら…ねぇ…>黒姫様
最低、憑狼2の会話できるやつが必要だし」
ベルクート 「あーそうか、ミクさんが犬神濃厚になった時点で」
できる夫 「>恋の瞳
          ,. -‐‐
       , ‐'´ _,. ‐,.
     /`‐.''´くく: : :
    /ヘ fi.: _/∠-‐
.   //:l:/二.., -、─''
   `t;、〃,‐' /{;7_.>`: :   
   /:::.f.i. : :  ̄: : : : : :
 /: : : : : : : : : :fi: : : f.!:    なぜワトソン蘇生が失敗し続けるのだ!!!
 ヽ、: : -‐: : :f.i : !i: : : : : :
  ,、=,-‐二ヽ: : : !i: : f.i: : :
  ヽ.<´_,\ヘ: < !: :レ': : :
   `、    /ヽi: i .l: : : : : :
    ヽ. / :: lハヽ!: fi: : : : :
     |  | .:.. .! i: :': !!: : : : :
   /-t、l_,.l !: : !i: : : : : :
   f.l|    ノ /: : :l !: : : : : :
.  ヽ  ̄""´ノ: : : :i !: :f.i: : : ,
.   T ‐ '"´: : : : : iヾ: : :_,. '
    |: : : : : : : : : :_,: -.':::::::: : :
    ヽ、__,:.:=二 ._:::::::::: : : : :,
              \: : : /,
             \二/:::」
ベルクート 「もう意識切り替えておかないとでした」
できる夫 「あの村は結構楽しかったですよ
終了後にプッチはホモだから蘇生成功しないとか言われたり」
閉じた恋の瞳 「人じゃ・・・無いからさ・・・>できる夫
でっていうとマナバという蜥蜴と鳥パーティー・・・」
ネプテューヌ 「あの夜は本当「はよ殺してw」だったわねw>瞳
後私も50くらいのハズだし、
1000村やることあったら是非来てね」
できる夫 「酷いワトソンたちでしたよね…>恋の瞳さん」
閉じた恋の瞳 「分かりました―(ビシッ
入村競争はマカセロー(バリバリ

こっちも霊界で、
ヤwwwメwwwテwwwあwwwげwwwてwwwーwww
って思ってた>黒姫様」
ネプテューヌ 「>ホモだから蘇生しない

草」
ベルクート 「そーいえば、
化けっぽいなあって思ってもネプさん噛んで道連れは何だしなーと思ってましたけど、
結果的に狐じゃないだけで蝙蝠で、吸血鬼さんが身代わりになったんですよね…」
ネプテューヌ 「冷酷かつ冷静に
「今からお前を殺すから」
「ふぁっwwwwwwwww」

もうあの体験は忘れないw」
閉じた恋の瞳 「酷いのは葛の葉と魂と、真の○を暗殺した・・・(なんでもない>できる夫

元々、マナバ潜伏苦手だっていってたんだよね…
1日くらいいけるでしょって思っちゃったのが・・・
あと、暗殺いるとは露も思わなかったし」
ネプテューヌ 「まー、あそこで取れる手段を取ってくのは仕方ないよ>ベルクート
まずは自分の勝ち負け考えないとね、って感じ」
ベルクート 「霊界ログで化け狐被害者の会って話が出てましたけど、
そういう意味だと吸血鬼さんは流れ弾くらった感じだと思いますよ!」
できる夫 「「とあって」しまった者は恐ろしいですね…>こいしさん」
閉じた恋の瞳 「うん、私も忘れようとも忘れられないね…>あの村は

黒姫様1000戦の時に出そう!!(乗り気」
ベルクート 「>ネプさん
噛み候補がネプさんかドラゴンさんかってだけで、
最後の一押しは真化けなら勝ちを譲ろうみたいな感じで! なお吸血鬼」
閉じた恋の瞳 「おっそろしいねー♪>できる夫」
できる夫 「◇とある神竜 「(´◔◞⊖◟◔`)ハッ・・・・っていうwwwww
(☝ ◉ ਊ ◉)☝プッチ神父はホモだから蘇生が成功しなかった可能性に思い至ったっていうwwwww」

◇とある神竜 「(☞ ◉ ਊ ◉)☞プッチ神父はDIOに【検閲事項】→プッチ神父はホモ→プッチ神父はDIO以外にはED→蘇生は成功しない っていうwwwwww
ʅ(´◉◞ਊ◟◉)ʃQEDですわっていうwwwwwwww」

◇とある神父 「蜥蜴ごときがわたしに向かって得意顔に解説を入れるんじゃあないッ!」

◇とある神竜 「( ͡◉ ͜ʖ ͡◉) >神父」」
できる夫 「ええ、できればとありたくは無いものです…

というかとあるとは一体」
ネプテューヌ 「まぁ、それで負けた場合は私としては「まぁ、しゃーなし」だからね
蝙蝠の場合、あそこで自衛手段持ってない方が悪かったりするから>ベルクート

白鐸なり、毒なり、COするって手段はあって。投票無しってなっている以上、噛まれるのは仕方ないよって感じ」
閉じた恋の瞳 「とあるとは!!
特に深い意味は無い『某』と似たような感じでつけたんだよね…」
ネプテューヌ 「気がつけば、愉悦一門筆頭みたいな感じだよね……>旅人さん」
できる夫 「なん…だと…」
閉じた恋の瞳 「そだね―>黒姫様派閥の」
ネプテューヌ 「なお別に私は旅人さんのなんでも無いが」
閉じた恋の瞳 「ガーン・・・orz」
ベルクート 「愉悦勢こわ。国境封鎖しとこ」
ネプテューヌ 「でもまぁ、久しぶりに参加して、声掛けて貰えるのは
嬉しいなぁって感じよね」
閉じた恋の瞳 「こうやって愉悦するんですね―(脱兎 =3」
ネプテューヌ 「あ、貴方は不運国のベルクート!>ベルクート」
ネプテューヌ 「いつ私が愉悦したのよwwwwwww

いや、高笑いした事無いとは言わないけどねw皆あるでしょうよw」
できる夫 「愉悦組って他に誰がいるんでしょう?
そういえば僕、雛鯖の人たちについてあんまり知らないんですよね」
閉じた恋の瞳 「え?え?…
色々とログ有るんですけど…」
ネプテューヌ 「久しぶりに村参加したけど、殴り度合い落ちてるなぁっていう感じ
もうちょいさくっと処刑台に送り込めるようにならないとね」
ベルクート 「不運国ってなんですか!?」
ネプテューヌ 「愉悦組かどうかはともかくとして
あさぎいろさんとかプラスアルファさんとかには、良くしてもらってるかなぁ>できる夫

後、そこの瞳が私を黒姫様とか呼ぶわね」
閉じた恋の瞳 「私が探偵村で大妖精探偵やってるときワトソンで
チルノ吊った時とか、妖精騙ってみませんかに大乗りだったり…」
ネプテューヌ 「不憫大陸の不運国かしらね……>ベルクート」
閉じた恋の瞳 「同士(プースカ氏)も一緒に愉悦したりカオスったりしてるかな―」
ネプテューヌ 「…………(目そらし>恋の瞳」
できる夫 「ほほう、そこと仲いいんですか」
ベルクート 「いつのまにそんなカテゴリができていたのか……
というか他に誰が含まれるんです?」
閉じた恋の瞳 「友達を吊った気分はどうだ―!!っで思いっきりしてましたよね…>黒姫様」
ネプテューヌ 「UGさんとか……IFVさんとか……?(適当>ベルクート」
ネプテューヌ 「内心大爆笑でしたね(真顔>恋の瞳」
閉じた恋の瞳 「ケさんは?どうなんだろう…」
できる夫 「私って何処に入ります?常識人枠ですかね?」
ネプテューヌ 「ケさんはケ枠よ」
閉じた恋の瞳 「これが愉悦神 黒姫様です!!
覚えておきましょう」
ベルクート 「あんな毒直撃とかしてないもん!(バンバン」
ベルクート 「大嘘つきさんはとにかくムスカのイメージが強い」
できる夫 「愉悦神…恐ろしい字面ですね」
閉じた恋の瞳 「まだ、常識人枠かな?
途中からだんだんズレていくんだろうけれど>できる夫」
閉じた恋の瞳 「そりゃあ、神の域まで達したお方ですから!!>できる夫」
できる夫 「             .′         ./ /レ′ \  ヽ
            .′       , ィムイ        ヽ |
            }    { > ´            | {、
            ゚。    V                .' /!
               ゚。r.ミ }  .._      、__.ィ二ヽ}.イ
              `!  }|‐- y' ̄ ̄`Yzzz{ fTヽ H .j    私のRPが印象に残っているのかね
              .}    ゝ..___ノ  |ゝ--- '/./
               ヽ .,、       _ .〉    レ′
                `Tハ           ./
                 ヽ|ヽ   `¨¨二¨”   /  なるほど、確かにムスカRPの時はいい結果を残している気がするからな
                       | ゚         /!
                 r┤ ヽ      ノ .ト、
               . -ヘ  ̄  三三¨T二 --イ\
           _ ィ´:::::::::::|ー-- .___,オL_. - イ|:::::ヽー-ミ、
     _. -‐::: ̄::::::/::::::::::::::::マー----/ ,|  \ .|:::::::::\:::::::::> ._
ー-   ´::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\  ./  {   ヽ{::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::`ー-----ミ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::ヽ/   .ハ    \:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::/   〈 |       ヽ:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」
ネプテューヌ 「この前久しぶりに村入ったらアヤメさんに
「お前の中身愉悦神かよwwwwwwwwww」とか言われました
解せぬ」
閉じた恋の瞳 「妥当・・・じゃないですかねw」
ネプテューヌ 「大嘘憑きさんは、以前いて、一回みなくなって、また見るようになった気がする」
ベルクート 「ムスカ大佐みたら、大嘘つきさんかな?って思っちゃうくらいには先入観ありますね!
ちょくちょく違う人もやってるし、プレイング読むのは苦手なので、あんまり気にしないようにしてますけど」
ネプテューヌ 「私もここ1年、月に1,2回くらいのゆっくりペースなのよねぇ
まぁ、それでもやっぱり村やると楽しいから、時々は顔だすのだろうけども」
できる夫 「神の域に到達している…ですか
確か球磨川RPの時にアルルRPしてた覚えがありますね
占いを一発で当てていたりで、頼れる仲間でした」
閉じた恋の瞳 「ラピュタが近くなるとムスカ大佐やってたりしたかなー、少しだけど…
今?テレビ無い状態だから何やってるかすら把握できないけれど」
ネプテューヌ 「あー……多分一番村やりこんでた時期ねー>アルルRP時代

割りと真面目に、その当時は役職表記が見える時見えたレベルでやりこんでたわw」
できる夫 「ああー、13年ごろ初めて14年頃やめて15年の6月頃に戻ってきましたからね
そうかもしれません>ネプテューヌさん」
閉じた恋の瞳 「そーなのかー」
ネプテューヌ 「まぁ、遊びだしね。出来る時にやって、楽しめたら一番よね
出来ない時に無理して続けるほど苦痛な事も無いし>できる夫」
ネプテューヌ 「当時仕事中でも村の立ち回りとか考えてたわねーw>恋する瞳」
閉じた恋の瞳 「まあ、リアルも大切に―だしねー」
できる夫 「リアルが一番ですからね」
ベルクート 「私もリアル事情のほう意識向いてて、鍋でも普通村でも、
ちょこちょこ参加してはいても息抜きというか、作戦とかあんまり動けてないですね」
閉じた恋の瞳 「あー…うん、分かる気がする
あそこであーすれば良かったかな―とか考えちゃうのは…」
ネプテューヌ 「ま、手抜きしてやるのは違うけど
息抜きに村する、くらいのスタンスは間違ってないと思うわよ

その中で、本気で取り組んで欲しいとは思うけどね。村の中では」
ベルクート 「作戦とか予め考えておいて、もし○○引いたらあれやろう!みたいなのは出てこない感じ」
できる夫 「んー…私はリアルで人狼のこと考えるのはあまりありませんね
鮮血夫人で出題勝利にもってけたら気持ちいいだろうなーとかそのくらいでしょうか」
ネプテューヌ 「でもまぁ、遊びなんだし、結局の所、後悔するよりは
終わった後に「楽しかったぁ」って言えるのが一番よねって」
ネプテューヌ 「それでいいわよw>リアルで考えない
精々村待ってる開始時間前とかに「何か引いたらこれしようかなー」とか考えるくらいで良いってw」
ベルクート 「これが若さか…(型落ち機感」
閉じた恋の瞳 「まあ、楽しんでこそのゲームだからね―
苦痛になっちゃいけない」
ベルクート 「では夜更かしせずほどほどに!
皆さまお疲れさまでした。ではまた!」
ネプテューヌ 「だから、愉悦しても
私は、悪くない」
閉じた恋の瞳 「お疲れさまー>ベルク」
閉じた恋の瞳 「あ、はい…
愉悦がバージョンアップされました?」
できる夫 「愉悦こわい」
閉じた恋の瞳 「大丈夫、私は怖くないよ―
どっちかっていうとするよりみてる方だからー>できる夫」
ネプテューヌ 「なんで!?」
できる夫 「アルルさんの頃の頼もしさから思うんです
この人が敵に回ったらどれだけ恐ろしい存在になるのかと」
ネプテューヌ 「私は知っている……今、一番の愉悦実行者はそこの恋の瞳だって
あたい知ってるんだから!(ダダーン」
ネプテューヌ 「コワクナイヨー」
閉じた恋の瞳 「私の愉悦なんて精々共有で潜ってるくらいだよ(プンプン」
できる夫 「共有で潜る…僕にはとても出来ない勇気ある行為!
恐ろしい…愉悦恐ろしい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
閉じた恋の瞳 「そ、そんな・・・(ガーン」
閉じた恋の瞳 「…まあ、実際問題吊られず占われずができる自身あるなら何とかなると思うだよね」
できる夫 「僕はよく占われるので出来ないんですよね―
奇策とか考えられたり愉悦したりとか羨まし怖いです」
閉じた恋の瞳 「…いじめる?(シマリス君並みの感想」
閉じた恋の瞳 「奇策といったらできない夫さんかな―
あの人はすごいと思う
遺言もだけどゲームの組み立てとか」
できる夫 「できない夫はある種の到達点ですからねー」
ネプテューヌ 「慣れと、実行力かなぁ、作戦組み立ては
やってみないと、良くも悪くもああいうのは身につかないから」
ネプテューヌ 「っていう訳でお疲れ様~
まったねー」
閉じた恋の瞳 「はい、黒姫様おつかれっしたーorz(舎弟感)」
できる夫 「お疲れ様でした」
閉じた恋の瞳 「さて…じゃあ、私もかえろっかな
お疲れ様でした
まったねー」
できる夫 「ええ、それでは」
できる夫 「…私が人狼を始めたのも、できない夫さんのリプレイを見たからでしたっけ」