←戻る
【雛3942】やる夫たちの希望封蘇超闇鍋村 [4586番地]
~説明などない~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ガイドGM
(生存中)
icon 左門召介
(生存中)
icon 面接官
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon タクシー
(生存中)
icon 天使ヶ原桜
(生存中)
icon 重音テト
(生存中)
icon 鈴仙
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon クマー
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon これでいい
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
クマー 「お疲れクマ」
面接官 「金と料理次第で・・・合格は買える」
やる夫 「噛まれ占い師遺言は強いってことだおね
それじゃお疲れ様だお
GM村建て感謝

消化不良だけど、最近鍋をやる時間がねぇお・・・」
面接官 「願書13名 受験者0名 合格者3名だ」
面接官 「それじゃ、おつかれさまだ
これでセンター試験を終了する」
面接官 「蛻庵で、失敗結果に、適当に○入れた?
って考えたのがズレてたね・・・うん」
面接官 「まぁ、正直言ってチルノは欲張りすぎた
大妖精真 できる夫真からの逆算で
やる夫 これでいい辺りに吸血混じりを見てたからな」
左門召介 「ま、難しいよねって話
お疲れ様ー」
天使ヶ原桜 「まあおつかれさまー
一応毒いたけど強毒の上に、私仕事するわけにもいかなかったのが辛いなあ」
左門召介 「欲望に素直になりなよ^^ >天使ヶ原さん

うん、だからそれも含めて、ロールなのさ
面接官が死ぬだろうから、弱いCOだし朝一で出ようって面接官生きてる って感じのね
言い訳っぽく聞こえるけどホントだよ」
天使ヶ原桜 「FOの流れだとしても夢確定でそれ気にするのはおかしいと思うよ?」
面接官 「この宣言のあとにFOになるのは
ぶっちゃけ『それ言った奴が死んだあと』だろう?」
天使ヶ原桜 「まあ難しいかなあ>左門くん吊りに関しては
情報が少なすぎて当てるしかないし」
面接官 「その前日、4日目の後半を見るといい
FO指示はしない、と宣言しているからな」
やる夫 「なるほど、わざとだったのかお
そこまで演技だとは思わなかったお>左門」
クマー 「次は頑張るクマー」
左門召介 「いや、それはわざと発言したんだよね
日記にもあるけど、面接官死ぬ前提ってロールだったからさ >面接官

逆効果みたいだから考え直すけど」
クマー 「そこで一手早く左門吊れてればかなクマー」
左門召介 「FOの流れがあったから出た、ってのはおかしいのかな >天子ヶ原さん」
やる夫 「やる夫が100%悪いから、そこは甘んじて受け入れるお・・・>クマー」
面接官 「>左門召介 「あ、共有者生きてる」
COと日記の間のここが、ワシのセンサーに反応してた
『噛み殺せた前提でFOの流れにする』って狙いだったのか?ってな」
天使ヶ原桜 「夢な以上、その動きも微妙だと思うよ>左門くん
夢じゃなければおかしくもない動きだけど」
左門召介 「…へえ、それは残念 >面接官」
鈴仙 「クマーか天子に狐いそうと思ってたから
クマー死んでなきゃ天子直噛みな気がする。」
やる夫 「霊界目線だから、そこは多少色眼鏡がかかってるとは思うお>左門」
天子 「村立同村感謝です お疲れ様でした」
クマー 「まあクマー毒だし。噛まれないなら発言頑張るだけだから
別に気にしてないクマー>やる夫

むしろ散々下界で偽って言われ続けてやる夫可哀そうクマー」
面接官 「天子も怪しいが、左門は遺言面接予定だったぞ?」
鈴仙 「後合格って言われるとそこ村打ちに見えて焦ったのは内緒」
鈴仙 「では村建て同村お疲れ様でした。

もっとも噛まれなさそうと思ってても噛まれるときは噛まれるけどね。」
左門召介 「…ログ読んだけど、そんなにアウトだった?
狩人騙ってるんだから、共有者の生存に意識が深いのは当然だと思うし」
鈴仙 「共有噛んだんだけどジョルジュ身代わりになっただけしなー
吸血鬼と言うのは意外と難しい
初日のグレランで死ななさそうな場所に投票するのをお勧めする」
天使ヶ原桜 「まあ共有噛むのはきついからねー
吸血鬼警戒なら割と正解な残し位置でもあるけど」
タクシー 「んじゃ、村立て同村お疲れさん」
やる夫 「やりにくくさせちまってすまないお>クマー」
大妖精 「お疲れ様でした。村立てありがとうございます
大チル別陣営だからロラで1人外吊ろうって言ったやつ殴ってくる」
天使ヶ原桜 「クマーに関しては割と村目。
とりあえず左門君吊れないかなと思いながらタクシー吊り考えてた」
クマー 「序盤はそこそこ囲い狼見られてたのが遺憾ではあるクマー」
できる夫 「まあとりあえず面接官さんにはミ=ゴの肉入りチャーハンを」
タクシー 「まぁ天子噛んで左門鈴仙強毒生存状況で、て言うのよりはまだやり易かった感じではあるかねぇ」
ジョルジュ 「まぁいいやまたおっぱいを探してジョルジュは彷徨うのみ
お疲れさまでした。」
クマー 「合格=吊らないだとどこ吊ったらいいんだよテメー!ってならね?」
天子 「ぐう 狐探しか・・・ 共有を吸血するのはなかなか難しいよ・・・」
やる夫 「狼村、どこの視点でもできる夫が真に見えていただけに狂ったっていうのはあるおね」
面接官 「料理会の首領(ドン)だ」
天使ヶ原桜 「狐さがしなら割と普通かな>天子
占いは確実に死んでて完灰しかいない上に共有首領なら灰噛みは割とある選択」
大妖精 「最終日まで吊り=お祈りだったのに
最終日だけ合格になったから私はひょっとして吊られないのかもと思った(吊られた)」
面接官 「やる夫人外想定から、クマー囲いかと思ったが
クマーから徐々に狼気配の臭みが消えてマイルドな風味が」
大妖精 「鍋が食べたかったのかな?」
タクシー 「クマー天子で狐吸血鬼探しだってさ>天子」
クマー 「知らんがな>天子

クマーもこのタイミングで噛まれるとか想像もしてなかったわ」
やる夫 「ケアレスミスってへこむお・・・>桜」
鈴仙 「大妖精を真で見てなきゃって話ね。
真で見てる以上天子噛みは絶対にしなきゃだめだし」
天使ヶ原桜 「いやあ流石に無理だと思うよ。
狼視点確定で君噛みだし
完全に油断してたとかあればだけど、ミス可能性は低いと思うよ」
天子 「あれ面接官首領でジョルジュ身代わりじゃないか なんでクマー噛んでるんだ!」
クマー 「まあねー。やる夫人外と見て吊ったらそこ○は信じづらいかも分からんけど」
重音テト 「何もしてないけど勝った!なお生存していた場合レイセン投票だった模様 あぶない」
タクシー 「鈴仙の判断ミスが有れば、だけれど、
あそこは百々爺やらのリスクを承知でも天子噛み以外の選択肢無いからなー」
鈴仙 「私が大妖精偽で見てたら
多分共有噛みだけど
真でみてたし天子非狐人外だし噛むわよ。狂人でもケアかねて」
天使ヶ原桜 「まあ人外村だと結構決め打ちになるからねー>やる夫
しょうがない部分はあるよ」
大妖精 「あそこは私と一緒に鈴仙投票で引き分けましょう
これじゃ大妖精吊ったところで噛まれて死にます>天子」
できる夫 「天子さんも結構惜しかったですね、次は頑張ってください」
ジョルジュ 「言うてそれくらいしか今回の盤面で俺から積極的に状況を展開できた場面ないと思うの>クマー
それ以降の指定は首領噛みの身代わりになった以上俺には止められないし」
天子 「薄い勝利でもすがりたかったのさ・・・>天使ヶ原桜」
鈴仙 「やる夫真...だと!?」
面接官 「鈴仙吊ればってところか
グレスケ的に難しいな」
やる夫 「村のみんなは本当にゴメン
うっかりしていた、としか言えねぇお・・・
ごめんなさい」
鈴仙 「大妖精真で見るなら終わらない時点で天子狐は否定
なら吸血鬼想定で百々爺じゃない子と信じて噛むしかないわ。

よかったわ(震え)」
天子 「あと一手がとどかない」
天使ヶ原桜 「まあ天子は引き分けしてよかったと思うよ。
勝ち目があの時点で消えていたわけだし」
大妖精 「私の司祭結果、狼に対するヒントにしかなっていない気がする……」
タクシー 「吸血鬼が結構怖かったりしたけど、鈴仙が大体上手くやってくれたな!」
ジョルジュ 「お疲れさまでした。
天子は中盤の吸血先の判断ミスが響いたな。あと一息だったんだが。」
チルノ 「父さんだけに」
面接官 「むう・・・そうなるか」
できる夫 「お疲れ様です
…………私、月兎なんですが」
チルノ 「倒産である」
やる夫 「お疲れ様だおー」
クマー 「お疲れクマー」
重音テト 「お疲れ様ー」
鈴仙 「お疲れ様」
天子 「お疲れ様でした」
タクシー 「お疲れさん!」
面接官 「おつかれさま」
大妖精 「お疲れ様でした」
クマー 「あんま変わんなくね?>ジョルジュ」
天使ヶ原桜 「おつかれさまー」
左門召介 「お疲れ様
鈴仙さん、君の勝ちだ^^」
ゲーム終了:2016/01/17 (Sun) 01:31:08
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天子さんの遺言 吸血鬼だったものが転がっている
大妖精さんの遺言 絶望村……大チル同陣営だったんだね……
天子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鈴仙 「超過1分で天子噛み。」
鈴仙 「んー百々爺が怖い...
大妖精真なら天子も人外だから噛むしかないわよね狐ないけど」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鈴仙 「天子吸血鬼だとやばいから天子噛むしかないのよね。
面接官噛み安定なのは分かってるけど

いやでも...」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大妖精 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
面接官0 票投票先 →大妖精
鈴仙1 票投票先 →大妖精
天子0 票投票先 →大妖精
大妖精3 票投票先 →鈴仙
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
面接官 「大妖精を合格とする」
大妖精 「1F1Wなら引き分け上等です
吸血鬼、狂人が残ってるなら難しいところですね」
面接官 「いや、その中に人外1・・・?」
天子 「6日目のことだけど」
鈴仙 「...これ引き分けかなぁ。
大妖精私視点人外だけど天子も村に見えないのだけど。」
大妖精 「タクシーがほぼ人外、左門が噛んだ狼ならチルノちゃん、ジョルジュ、クマーが村」
面接官 「ジョルジュチルノ左門クマーから村3・・・?」
大妖精 「死体が5、その中に村が3、人外が2」
天子 「鈴仙が狼は左門に対する絡み方からないと考えるわ」
鈴仙 「って事はチルノとかで人外死んでるのね。」
大妖精 「タクシー:潜毒ほぼ人外(吊り) ジョルジュ:村人(噛み) チルノ:霊能(吊り)
クマー:毒(今日の死体・噛まれた?) 左門:夢狩人(今日の死体・噛んだ?)」
面接官 「前回が村5だったな」
鈴仙 「ちょっと噛んだわ。
1w1kなら狼吊り切ればいいのよ。
1w1Fならお祈り...?」
大妖精 「4日目朝に5
6日目朝に2」
面接官 「・・・2か・・・」
鈴仙 「ふーん?
それ朝一でいってもいいのになんで貯めたのかしらね。
...まぁ天子人外で見てるけど...
わたしもじんがいしゅちょうねぇ...」
面接官 「なお、合格者は超過ギリギリで発表する
皆で祝いの投票をしてほしい」
天子 「蜜狼で共有噛むのは意味ないでしょう」
大妖精 「天子、レイセンともに人外です」
大妖精 「2」
天子 「言い淀む時点で時間なくなるのよ」
面接官 「大妖精は結果を『素直に』言っていい」
鈴仙 「クマー密なら共有噛むんじゃないの?>面接官」
鈴仙 「いや1w1Fなら言わないと余計やばいわよ
指定とかの関係で」
天子 「鈴仙と大妖精なら大妖精吊りにわたしは動くけど」
大妖精 「どういう残り方してるのか次第なんですけど」
面接官 「・・・クマー蜜か?」
鈴仙 「共有とか真っ先に消したい場所だと思うんだけど
ここでクマー噛むの...?
うーん?」
大妖精 「これは……」
鈴仙 「大妖精結果言いなさいよ
4人の時点で...最悪は1w1Fなわけだけど」
天子 「クマー 永遠に・・・」
面接官 「というかワシを噛まないのか・・・」
鈴仙 「あっ左門狼ね>遺言」
面接官 「おはよう」
天子 「クマーに狼を見る気はなくなっている
左門に気になるところは2日目はやる夫吊りに微妙そうな発言だったが3日目朝にやる夫をあまり真にみえない
と言ってることか」
鈴仙 「おはようよ
正直大妖精の結果見るの怖い。
流石に今日灰噛みはないだろうし共有死んでると思うのよ。
結果次第で割と胃が痛くなりそうね。」
大妖精 「……」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クマーさんの遺言
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | 毒クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
左門召介さんの遺言 (夢?)狩人CO

不可>面接官(護衛成功)>天子ヶ原さん(護衛成功)>クマー(護衛成以下略)>天子

1日目 不可
…まあ、できれば知っている人である天使ヶ原さんを護りたいけど
そうはいかないんだよね…共有者いるし
重要な役のほうが、天使ヶ原さんより重要だし^^
天使ヶ原さんは自力で生き残ってね^^

2日目 面接官
まあ、やる夫についてはノーコメント…あんまり真に見えないのは同意かな
そういう深い欲望は大好きだね…面接官護衛
多分占い探しが入りそうだけど、天使ヶ原さん以外で灰GJできる気もしないし
確実に抜かれたら困る位置護衛かな

3日目 天使ヶ原さん
夢濃厚ってなんなの?天使ヶ原さんなんなの?天使だから白く染まるの?
まあ、できる夫が呪詛って可能性もなくはないし、○の天使ヶ原さん護衛
べつにこっちが護衛したいわけじゃないよ?
今日は共有者じゃなくてこっち先に噛みそうだなと思っただけだよ?^^

4日目 クマー
夢確定^^
だから自分の身は自分で守れって言ったでしょ?^^
ハァ…チクショォォォォォォォ!!!なんでこのボクが夢なんだゴルァァァァ!!
真なら面接官護衛して死体なしが出て人外ざまあwwwwwwwwww^^
…ってする予定だったってのにチクショウ!
獏狙って灰行くかあ、クマーにするか

5日目 天子さん
まあ、夢?とは言ってるけど、夢確定だろうね
行ってない位置は鈴仙さん天子さん大妖精さんの3人
大妖精が獏だとして出るのは微妙な気もするし、除外
鈴仙さんか天子さんのどっちかになるけど
天子さんってなんか…天使ヶ原さんと名前が似てるよね?
って思ったわけではないからね? 別に、思ってないし^^
チルノさんの遺言 \あたい霊能者/
やる夫○これでいい○タクシー●
クマー は無残な負け犬の姿で発見されました
左門召介 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鈴仙 「んー...狐死んでるとは思えない
予想外だったのよねチルノ吊り」
左門召介 「じゃあクマー噛むよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鈴仙 「やる夫狐には見えないんだけども。」
左門召介 「僕は思わないから面接官噛みでいいと思う、以上
あとは鈴仙さんの意見汲んで適当に噛むから、黙ってる」
鈴仙 「正直生きてると思うので天子かクマーにいると思う。」
鈴仙 「チキチキ今日狐生きてたら噛まないと無理やね。」
左門召介 「狐生きてると思うなら灰噛み
思わないなら面接官噛み」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
左門召介0 票投票先 →チルノ
面接官0 票投票先 →チルノ
鈴仙0 票投票先 →チルノ
チルノ6 票投票先 →天子
クマー0 票投票先 →チルノ
天子1 票投票先 →チルノ
大妖精0 票投票先 →チルノ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「まじでかー、クマー吊り後回しにしたほうがいいんじゃないかくらいの
いい感じだと思ったんだけど」
面接官 「夢狩人は好きにすればいい」
鈴仙 「明日結果出るなら大妖精君が良い結果を持ってくることを期待したい(震え)」
左門召介 「あ…チルノ吊るんだね
見てない位置だからノーコメント」
大妖精 「チルノちゃん、明日の司祭結果見るのが怖いよ!」
左門召介 「まあ、ボクは獏探すつもりだから灰にいくつもりだけど
その辺の指示は特にないかな?」
大妖精 「絶望村が訪れようとしている……?」
チルノ 「あっれ?」
チルノ 「大ちゃんとあたいの結果が割れるのはかなり極端な内訳にならないと無理じゃないだろーか
霊能結果○の人外がいる以上」
大妖精 「チ、チルノちゃーん!!!!」
鈴仙 「え?チルノ吊るの?」
クマー 「やる夫狂狐として・・・狐は薄いか
銃殺された時の嫌がらせ用遺言転用したとかはあるけど。あって子」
面接官 「今日はチルノをお祈りする」
大妖精 「あって狼って相当真剣に考えないといけない相手じゃないですかね>鈴仙」
左門召介 「そんなことあったら天使ヶ原さん死なないよね?^^ >チルノ」
鈴仙 「あぁ...そうだっけ?
見逃してたわFO指示>左門」
天子 「大妖精は司祭なのにあまり結果からないように思えるが」
鈴仙 「チルノはあって狼...
村狼ってところじゃない?狐なら潜ると思う
真結果の霊能って狐見られる時はあるから」
チルノ 「夢狩人が実は真狩人だった、みたいなことかと思って一瞬かんがえてしまった」
左門召介 「明日FOしようって言ってたから
弱いCOだしできるだけ早めに出ようと思ってね

面接官生きてたけど >鈴仙さん」
クマー 「「まあ」って言ったら死んじゃう人狼

いやよく言われるけどさ、それ自体は」
面接官 「ふむ・・・」
大妖精 「チルノちゃんを怪しむことは……私にはできないよ……!」
大妖精 「やる夫が真にせよ偽にせよ人外は言葉を濁しておきたいところがあるんじゃないかと思って
なので、同じく「まあ」を二度以上使っていた左門を怪しんでいる感じですね」
鈴仙 「なんで夢守人出たのかが分からないのよねぇ。
いや...人外でも出る意味ないのは分かるけど。」
左門召介 「ま、COしちゃったものは仕方ないね
日記も張っておくよ」
クマー 「司祭結果と微妙に噛み合わんけど
いやまあ初日人外なら割れないか
狂人もあるし」
大妖精 「やる夫指定した日に「まあ」を二度以上使っていたという意味でテトに目をつけていました」
天子 「やる夫が白だと狐か狂人 狂人が初日指定されて占いCOはしないと思ったから
昨日の発言だったのか? いや真夢つかないか昨日だと」
左門召介 「1日目 不可
…まあ、できれば知っている人である天使ヶ原さんを護りたいけど
そうはいかないんだよね…共有者いるし
重要な役のほうが、天使ヶ原さんより重要だし^^
天使ヶ原さんは自力で生き残ってね^^

2日目 面接官
まあ、やる夫についてはノーコメント…あんまり真に見えないのは同意かな
そういう深い欲望は大好きだね…面接官護衛
多分占い探しが入りそうだけど、天使ヶ原さん以外で灰GJできる気もしないし
確実に抜かれたら困る位置護衛かな

3日目 天使ヶ原さん
夢濃厚ってなんなの?天使ヶ原さんなんなの?天使だから白く染まるの?
まあ、できる夫が呪詛って可能性もなくはないし、○の天使ヶ原さん護衛
べつにこっちが護衛したいわけじゃないよ?
今日は共有者じゃなくてこっち先に噛みそうだなと思っただけだよ?^^

4日目 クマー
夢確定^^
だから自分の身は自分で守れって言ったでしょ?^^
ハァ…チクショォォォォォォォ!!!なんでこのボクが夢なんだゴルァァァァ!!
真なら面接官護衛して死体なしが出て人外ざまあwwwwwwwwww^^
…ってする予定だったってのにチクショウ!
獏狙って灰行くかあ、クマーにするか」
チルノ 「いや、単純に情報出したかっただけだよ>大妖精」
面接官 「FO指示はしない
情報を出したいものは各自で判断するがいい」
鈴仙 「いややる夫○は普通でしょ
狼なら最低限騙り用意してるはずだし」
大妖精 「共有噛まないなら狼はそこそこに生きてそうです」
チルノ 「蟲狐否定したのとー、鈴仙に同意見ーって言ったのも、まぁ霊能結果からだね」
鈴仙 「FOの流れならした方が良いのかしら?」
大妖精 「あれ? FO?」
左門召介 「あ、共有者生きてる」
面接官 「そこが○・・・か?」
クマー 「○○●と」
天子 「また灰噛み?」
チルノ 「やる夫とこれでいいに狼はいないし、タクシーは狼だよ」
左門召介 「(夢?)狩人CO

不可>面接官(護衛成功)>天子ヶ原さん(護衛成功)>クマー」
大妖精 「灰噛みかー
人外噛まれてるといいなあ」
クマー 「はぁーん?」
鈴仙 「ごめんwww素で間違えたwww>クマー」
面接官 「おはよう」
天子 「タクシーがクマーを吊りたがってた節があるからクマーを吊りたくないな
チルノが蟲狐はないと言いきっているんだよね なにか情報をもってるならCOしてるだろうから
人外の視点もれのように思える」
鈴仙 「おはようさん」
チルノ 「\あたい霊能者/
やる夫○これでいい○タクシー●」
大妖精 「おはようございまーす」
クマー 「◇鈴仙「やる夫、クマー、テトで3人外死亡でいいでしょう
やる夫真とか誰が見るのって話だし。」

やる夫真は見ないでもいいけどクマーのこと勝手に殺さないでほしいクマー


やる夫狼ならとりあえずチルノ非狼かなとは思うけど
身内切りとかはあんま考えない」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルジュさんの遺言 村人表記

いやはや盛大に事故ったことで。
せめておっぱいを揉む投票能力が欲しかったのだけれども。

いや本当に何を思って面接官が頑なに俺を吊り殺し側に入れたのかわからんのよ。
さも潜伏相方っぽく見せるというあれ?
共有の指揮方針的にたぶん2度と名乗ることはないような気もするけれども。

4日夜更新
タクシーさんの遺言 潜毒COな
まぁうん、毒の仕込んであるタクシーってなんなんだろうな
ジョルジュ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
左門召介 「^^」
左門召介 「あと、天使ヶ原さん、噛んでゴメンね?^^」
鈴仙 「初日が薄すぎると
即効切られるから咄嗟に書いたようにしか」
左門召介 「まあ、じゃあ僕が面接官を噛んでおくよ」
鈴仙 「面接官噛みは了解。
なら夢守人にしといて」
左門召介 「用意した結果があれじゃないの?
本当に指定見落としていたパターン」
鈴仙 「たぶん>指定」
左門召介 「あと隠者相方がいる可能性も少し考えてるし、面接官噛みでいいでしょ」
鈴仙 「やる夫狐はない
その場合狂人どこ名のって話だし。
狐なら生き延びたいはずだし...CO用意してると思うんだよね。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
左門召介 「どう?ボクか鈴仙さんが指定されると思う?」
鈴仙 「面接官噛んで殴り合いでもいいよ
私その場合占星術で出るから。」
左門召介 「狐を探したいならそれはそれでいいけど
やる夫じゃない?()」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鈴仙 「明日FOだろうし
あえて面接残すかどうか...だけど
灰噛む?」
左門召介 「ここからどうするかっていう」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
タクシー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
左門召介0 票投票先 →タクシー
面接官0 票投票先 →タクシー
ジョルジュ0 票投票先 →タクシー
タクシー8 票投票先 →クマー
鈴仙0 票投票先 →タクシー
チルノ0 票投票先 →タクシー
クマー1 票投票先 →タクシー
天子0 票投票先 →タクシー
大妖精0 票投票先 →タクシー
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマー 「まあ村表記とかニートしか出ないよねクマ>FO」
左門召介 「だが現実は非常である^^ >タクシー」
大妖精 「遺言指定でいきましょう>面接官」
タクシー 「やべぇ、指揮は微妙だけど言ってることはマトモだ……」
大妖精 「村噛み入ったとして、明日は7人中3人外になります」
左門召介 「流石に真占い師はできる夫でしょ…
噛まれてるってのは大きいよ」
天子 「白噛むなら狼は狐が死んでるかどうかはわかってないんでしょうね
把握できる場面ないと思うけど」
タクシー 「祈るのパワーで、潜毒が一日早まったりしねぇかなぁ……」
面接官 「FOはしない、というか大抵する意味がない
情報を出したいものが居れば自主的にCOすればよいことだ

それが面接での自己PRというものだよ」
チルノ 「全員でタクシーお祈りとか新興宗教かな?」
大妖精 「タクシーが狼ならクマーは非狼っぽいなという感想
ただタクシーが狂人ならやる夫狼と読んでクマーも守りにいったという感じではあります」
左門召介 「天使過ぎたばかりに、早く天使に就職が決まったようだな^^」
タクシー 「まぁうん、明日俺吊ってくれよって思うんだがねー
ぶっちゃけ亡霊を考えるんなら今日の段階で面接官を俺が噛んでるはずじゃん」
クマー 「誰もやる夫真見てないでしょ?
クマー含めて」
ジョルジュ 「大ちゃんの主張はつまり今までの死体の中に村3人…
逆説的に人外も3人ということになる。うち一人はまぁテトだわな。
…ぶっちゃけ大ちゃんのそれは「全部吊は人外直撃」あるいは「初日狂人」主張になる、というのは
覚えておいて損はないと思う。」
鈴仙 「タクシーさんのご検討をお祈り申し上げます。」
大妖精 「狼と狐の順番とか、その辺まで考える余裕はないでしょうね」
面接官 「以降、全員で吊り先で問題ない
今日は全員でタクシーをお祈りする」
左門召介 「天使ヶ原さんは○だからじゃないかな?」
チルノ 「明日は面接官が死んでる可能性があるよね、狼陣営吊りなんだし
狐探しとかはいる気がしないよ」
鈴仙 「やる夫、クマー、テトで3人外死亡でいいでしょう
やる夫真とか誰が見るのって話だし。」
クマー 「で、できる夫の○がいなくなったんで明日FOが妥当なとこかなクマー」
大妖精 「あ、絶望村は突破しましたがノーミス村なんで」
左門召介 「まだ欲望に堕ちてもないのに勝手に死なれるのはねぇ!!
ボクとして困るんだよねぇ!!(ピキピキ
ボクの夢だろうねぇ!!(現実逃避」
大妖精 「素直に考えるとそれかなー>天子」
クマー 「まあ、面接官亡霊嬢とどっちもどっちだけど>毒噛み」
鈴仙 「(毒噛み上等と言うより単純に○だから噛んだんじゃないですかね(困惑))」
大妖精 「テトが確定人外として、これでいい、桜、できる夫、やる夫、ガイドGM
この5人で人外2の村3ですね」
天子 「司祭の結果的にはできる夫(もしくはやる夫)が村で天使ヶ原桜が村噛みで初日も村?」
面接官 「で、村は3人しか死んでいない・・・と

初日 できる夫 桜の3人だろう」
左門召介 「…でも天使ヶ原さんが死ぬのは納得できない(憤怒」
タクシー 「逃亡系なのに遺言残ってる時点で人外だけどなー
ぶっちゃけ天狗でユニコーンなんて中途半端な遺言準備もしないと思うがね
っつーわけで、ぶっちゃけどう見てもテトが狼で熱病濃厚だわっつー」
鈴仙 「司祭信じるなら人外残り4
狼と狐かね? やる夫を何で見るかだけど」
左門召介 「たまにある凡ミスじゃない?

人外のね!!!!!!?プギャァァァァァァァァァ!!!^^」
クマー 「あ、もう全員吊り先投票でいいよね?
レアケ考慮で左投票してもいいけど」
大妖精 「不明:ガイドGM(噛み)やる夫:占い(吊り)できる夫:占い(噛み)これでいい:村人(吊り)桜(錬金術師)
人外:テト(天狗?)

合計6人の死者中、村陣営が3で人外が3」
面接官 「はっきり言おう
天使ヶ原噛みは、毒噛み上等の噛みであると」
鈴仙 「何故逃亡遺言で遺言を残すのか
これが分からない」
チルノ 「あ>遺言を残す逃亡者」
クマー 「このマヌケは見つかったようだな感」
左門召介 「えるしってるか
ユニコーンは
ゆいごんをのこせない」
ジョルジュ 「で、順当に○から噛んでくる、と…
この自分から破綻していくスタイル、嫌いじゃない。>テト一角CO」
鈴仙 「タクシーを霊界にシュー」
クマー 「遺言を残す逃亡者がいるらしい」
チルノ 「蟲狐はないぞ!!」
面接官 「タクシーを霊界に移動させておく」
天子 「重音テトが逃亡系なのに遺言残ってるわ」
左門召介 「オウフ…… >天使ヶ原さん」
大妖精 「9人中5人なんで絶望村突破しました!」
鈴仙 「タクシーアウト テトの遺言もアウト」
面接官 「おはよう」
大妖精 「司祭表記CO。生きている村陣営5」
タクシー 「潜毒COなんで、もう一日残して欲しい
多分あれ、やる夫orできる夫蟲狐とかで熱病ついたの黙ってたんだと思うんだわ」
天子 「タクシーが同僚の重音テトさん手を出した結果ショックのテトはあまり自殺してしまったようです

タクシーが殴ってるところが見当たらないな やる夫狂人天狗を考えずに狼狐ならクマーも人外ありえるとか
言ってるあたりやる夫が狼だったんじゃないかと思うが」
チルノ 「投票ミスったけどなんの問題もなかった>テト天狗」
ジョルジュ 「テト天狗疑惑、と。
主張のまま吊り殺してると手損だった感じなんで
本当に天狗死体なら手間が省けたとそういう話。いやまぁ
タクシーは抵抗するだろうからとりあえずその妥当性を確かめてからってのはあるけど。」
左門召介 「マヌケは見つかったようだな^^」
クマー 「タクシーを霊界にシュゥゥゥーッ!!

◇タクシー「発想がテトとダブった!!」
からのショック死。フラグだったクマー?

あと地味に面接官の評価ひでえ>天子がショック死すると思ってる=クマー狼想定

そりゃやる夫の初手囲いに見えるけどクマ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
重音テトさんの遺言 一角獣CO

初日無理>天使ヶ原桜>

理由?適当に女性のところに逃げてくわ
これでいいさんの遺言               ┏━━┓
              ┃━┏┃
              ┃  ┛┃
              ┗┳┳┛
      ┣━┫┏━┛┗━┓
      ┗┳┛┃        ┃
      ┏┻━┻┻━━┛┃
      ┗━━┳┳━━┳┛
          ┏┻┻━  ┃    これはよくない
          ┃  ┏    ┃ 
          ┃  ┃┏━┻┓   村人表記だ
        ┏┛  ┃┣┳━┛
        ┗━┳┛┃┃
          ┏┛  ┃┃
          ┗━━┛┃
天使ヶ原桜さんの遺言 錬金術師CO テト票毒なし>これでいい
錬金術師かあ。
ある意味左門くんのことを考えるとすっごく関わりそうな職だなあ。
定番の魔女とかそうゆうのも出てきそうだけど
……左門くん、味方だといいなあ

2日目
錬金術師なのに日記書くのもおかしいかもしれないけど
まあ用心として書いておこうかなー
やる夫さん票も考えたけど、しなくて正解だったかな>毒人外見してた>やる夫吊ったら負ける発言
一応やる夫さん吊っても即座に負ける話でもないしね
結局、テトさん票したけどどうなってるかな

3日目
うんまあ指示されたら吊るしかないんだよね
毒さがしたかったんだけど、これはしょうがないかー
天使ヶ原桜 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
左門召介 「特にないなら天使ヶ原さん噛むけど」
タクシー 「ま、天使が原噛み辺りでいいんじゃない?
面接は明日あたりで」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
タクシー 「くっそ、天使が原に投票しとけばよかったか(棒)
まぁぶっちゃけできる夫とやる夫のどっちかに占い居るだろうし、最悪でもそこ真主張は出来るっしょ
本当は俺が噛めれば面接官噛んで最悪亡霊でもって出来たんだけどなぁ」
左門召介 「どこ噛むの?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
左門召介 「今のところどっちともとれる日記を書く予定
面接噛む場合は夢にするけど」
鈴仙 「狩人ね了解
なら投票有にして置くわよ。」
左門召介 「狩人」
左門召介 「まあ、無難に天使ヶ原さん噛みも悪くはないんじゃないの?」
鈴仙 「占い騙りは捨てる。
できる夫偽はないだろうし
一応占星術で出るつもりだけど左門何かたる?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
左門召介 「タクシーが露出するとなると尚更さ」
鈴仙 「明日確定でタクシー吊りだから灰は噛めるけど。」
左門召介 「占い師の囲いはなくなるよね、こうなると」
左門召介 「天狗は、投票されて死ぬんだからさ」
鈴仙 「あっタクシーかそっかそっか。
どこ噛む?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
タクシー 「まぁうん、やっちまったがしゃーねぇ
餓なだけまだましだな」
左門召介 「いや、見つかったのはタクシーでしょ」
鈴仙 「あっやっべ★
私見つかった」
左門召介 「あっ…」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
重音テト はショック死しました
これでいい を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
左門召介1 票投票先 →タクシー
面接官0 票投票先 →これでいい
ジョルジュ0 票投票先 →これでいい
タクシー1 票投票先 →重音テト
天使ヶ原桜0 票投票先 →これでいい
重音テト1 票投票先 →鈴仙
鈴仙1 票投票先 →チルノ
チルノ1 票投票先 →これでいい
クマー0 票投票先 →天子
天子2 票投票先 →大妖精
これでいい4 票投票先 →天子
大妖精1 票投票先 →左門召介
重音テト はショック死しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
左門召介 「妖精は悪魔の一種にはならないか…チッ」
タクシー 「天使が原は飛ばしてテト投票、かね、俺は」
鈴仙 「さっきも言ったけど天子右投票しなさいよ?
昨日やる夫吊ってたけど。」
天子 「間違えたのはショックではあったけどショック死はしないわ・・・」
チルノ 「10時間労働だ」
面接官 「クマーが狼陣営かどうか次第だが」
クマー 「明日の審査員はジョルジュです(大喜利感)」
重音テト 「この面接官の直感は当たるのかどうかー」
大妖精 「ひいっ>左門」
チルノ 「どうしたジョルジュ、残業代は出ないぞ」
左門召介 「^^ >大妖精さん」
タクシー 「まぁ良いんだけどね、直前で指示変えたら混乱する部分もあるだろうし、20%で発動してなかった想定もまぁ無くはない」
面接官 「あぁ、右投票でいい
ワシの直感どおりなら・・・天子がショック死するかなと期待してる」
ジョルジュ 「なんなの?なんでそんなにお前俺に天狗投票の機会を奪っていくの?
俺はタクシーを呼ぶことも許されないの?カンヅメなの?」
天使ヶ原桜 「左門くん酷くない!?
絶対左門くんに言われる気もしたけど(共有とか占い○とかもらって白い場合」
クマー 「右でいいのね?
まあ左門と天子の投票先ぐらいしか変わらんけど」
大妖精 「じゃあ今日も左門さんに投票する、ということですね
なんかこういう種類の投票であっても恨みに思われたりしそうで嫌だなあ」
左門召介 「天使ヶ原さんはともかく、クマーは灰に戻していいんじゃないのかな >タクシー」
これでいい 「嘘を・・・嘘だけはついちゃいけないっておっかさんが教えてくれたんだ・・・
俺には人をだますことなんてできない・・・」
タクシー 「右投票したし今度は左、とかじゃないのか」
チルノ 「あれ?左とーひょーじゃないんだ>右投票」
天子 「右投票 大妖精だな 間違えないうん」
重音テト 「え、投票先一緒の人もいるけど右?>面接官」
鈴仙 「無職経歴無しはそりゃ切る。
誰だって切る。
後昨日天子これでいいに右投票してなかったような。」
タクシー 「まぁなんにせよ天使が原さんとクマーを置いといてグレー吊を進めてく感じかねぇって印象では」
大妖精 「お折り(べきっ」
左門召介 「え?左門投票?() >天使ヶ原さん」
面接官 「ワシとジョルジュ 天使ヶ原の3人で、これでいいを吊る
残ったものはワシらを除いて、『右』投票だ」
チルノ 「うーん、まぁあたいも鈴仙と同意見なんだよなぁ>やる夫が狼狐はない
真偽がわからないんだけどさ」
重音テト 「まあ私コレデヨイしか知らないんだけどねー>タクシー」
これでいい 「待ってくれ面接官!
俺には・・・俺には故郷に病で寝ているおっかさんがいるんだ!
このまま帰るわけにはいかない!」
鈴仙 「でもやる夫真切るなら桜だけかしらね暫定○」
天使ヶ原桜 「吊りに関してはどうするの面接官。
今度は左票でもするの?」
重音テト 「御祈りは止めろォ(本音)止めろォ(本心)>面接官」
鈴仙 「現状どっち真みるにしても桜とクマーは放置でいいのようん
灰から削ればいい感じ。」
天子 「村人表記ですか 朝一で村8は悪くないとか言ってたので自分で
なんとかできるような職なのかと思ってました」
左門召介 「天使ヶ原さんなんなの?^^
天使すぎて白く染まるの?^^」
大妖精 「アカツキ雷光戦記でしたっけ?」
これでいい 「くそっ・・・!
何が悪かった・・・!」
タクシー 「発想がテトとダブった!!」
クマー 「てっしーなんだから○だろクマ」
面接官 「・・・すまないが、不採用だ
ますますのご活躍をお祈りしています」
左門召介 「村表記なら狼狐なさそうだけど」
チルノ 「私もこれでいいって状況のことかと……」
タクシー 「地雷でも設置してダカダカ走るんじゃないのかね?>これでいい」
重音テト 「コレデヨイを思い出すな」
天使ヶ原桜 「んー、朝言った通りテトはそこまで人外視してないかな。
あっても吸血鬼がありそう程度
左門くんに関しては保留。気になる位置ではあるけど、そこまで怪しいってところでもないし」
ジョルジュ 「できる夫、か…
正直そこが噛まれてかつ占い表記ってのは大きな驚きが俺にはあるんだけどな。
なんつってもそこは「やる夫をとりあえず残すこと」を明確に主張した位置。
満員になっていない鍋で占い表記引いたら、対抗候補が吊れるのは
別に構わない、となるのも人情だと思うのだが、いかがか。」
鈴仙 「やる夫狼狐はないと思うけどね
流石に用意しなさすぎだし>タクシー」
重音テト 「これでいいっていいながら名前と役職を聞くのか」
大妖精 「私も……>これでいいって何だよ」
これでいい 「職業は無職
経歴はない
不審なことはしていないたぶん」
クマー 「これでよくないクマー」
左門召介 「占い師が噛まれで出るのは厳しいっていうか
天使ヶ原さんが白になるのは納得いかないっていうか^^」
鈴仙 「(一瞬これでいいって誰だよって思ってしまった)」
タクシー 「占い遺言ダブル……逆に考えれば人外が最低でもどっちかで死んでるのもほぼ間違いないとも思うかね
やる夫狼狐なら両人外も相応に有るわけだ」
これでいい 「名前はこれでいい
村人表記だ」
大妖精 「噛まれる人外であっても占い遺言は残しますよ
だから指定先から占いCOがあったくらいの気持ちでいきましょう」
クマー 「要するに割とやる夫で吊れてる筋クマー」
チルノ 「んー、まぁ天狗と狂人もあるから(おちついたこえ)」
面接官 「これでいい
名前と役職を聞こう」
鈴仙 「どっちかに真がいた...正直できる夫真だろうなとは思うわね。
流石にやる夫真よりかはある。」
これでいい 「なるほど、つまり面接官を信じていればこの村は採用されるというわけだな?」
天子 「噛まれの占い遺言・・・狂人や天狗だといいが天狗倒し対策を提案してただけに
ちょっと期待ができないか・・・」
面接官 「では面接を続ける」
クマー 「できる夫噛みクマー

ここで灰噛んでるなら狼視点割と弱気なんだクマー」
重音テト 「何この面接官すごい>できる夫の遺言知ってた」
天使ヶ原桜 「oh…」
タクシー 「おはようさん
ぶっちゃけ占い吊りとか随分と強気だよな、とか思った部分はあるけどな
まぁ共有を噛んでくるか灰を噛んでくるか、といった所かね」
鈴仙 「占いだから残す?でも出るの遅いし見逃すかなって感じよ。>ジョルジュ」
これでいい 「おはようさんだ
これはよくないな・・・」
大妖精 「占い遺言が並ぶんですねえ」
面接官 「知ってた >できる夫の遺言」
左門召介 「占い師遺言かぁ…」
チルノ 「おーほー」
鈴仙 「えぇ...(困惑)」
重音テト 「ごっふ…>占い遺言」
左門召介 「まあ、やる夫についてはノーコメント…あんまり真に見えないのは同意かな」
天使ヶ原桜 「おはようございます
やる夫に関しては結構偽目で見てるかな。慌てる感が真っぽくなくて
日記のほうも簡単に書いてありました感があるし
そうゆう点で見ると確実にテトはやる夫さんとは別陣営っぽいかな」
面接官 「おはよう

天子がやる夫に入れているな・・・投票ミスか?」
天子 「投票は間違えた いやほんとすいません 自分でも提案してるのにこの体たらく

えーと人外だと思うのは大妖精ですかね 面接すると共有がいったとき ひええ と言ってるのが
村ではないのではないかと」
クマー 「右投票指示を聞いてないあたり天子もやる夫のこと言えんと思うクマ

チルノはどっちかといえば「ここでやる夫吊るのに追い打ちしたい」という感じはしたクマー
よく見てる村なのか人外なのかはともかくマ

狼が真吊れたって思ってるなら面接官噛んできそうだけど
灰噛みなら占い探してそうクマー」
大妖精 「おはようございまーす」
鈴仙 「おはようよ
人外多いから吊るのもまた手ではあるわ。
仮にあそこ真なら狐盾になる訳だけども。
...そうであってほしくはないわね個人的には。」
ジョルジュ 「で、グレランが出来なかった分を朝一にぶちまけるとするならば。
テトや鈴仙あたりは注意深く見てもいいかもしれないな。
吊断行宣言が入った瞬間に占いを偽目主張しに行った場所。
指定役の意見にすり寄ってる可能性は否定できない。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 占い師COだお クマー○


初日 クマー○

信頼と伝統のお隣占いだお
やる夫といえば主人公、スタンダードこそ最良だお!

村のみんなには悪いことをしてしまったお・・・
できる夫さんの遺言     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /             \
  /       " ̄ ̄`    \   占い師、ですか…
  l  '´ ̄`   ( ー );;:::    ヽ
 l ;::(● )    "''"´       l
 |  ´"',                |
 l    ヽ              i  天使ヶ原さん○>ジョルジュさん●○>>>
  \   、__,__,         丿
   \             /

1日目 天使ヶ原さん○
ふむ、占い師ですか…
それでは、適当に優しそうなところを

2日目 ジョルジュさん○●
よく考えたら、占い僕ですし吊り引き止める必要ありませんでしたね
15人ですし占い2とかないでしょう
まあ、占いはやる夫さんの擁護をしているように見えたジョルジュさんで
できる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
タクシー 「あぁ、暗殺だっけ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
左門召介 「そっちは●投げられてもまだ夢とかで勝負できるけど
こっちはそうもいかないし(虎

じゃあ僕が噛むね」
左門召介 「ん?鈴仙さんが噛むの?
ボクが噛んでいいでしょ」
タクシー 「まぁ俺は基本的に死体無しが出てからになるしな、噛むのは」
鈴仙 「タクシーじゃなかったできる夫だったw」
左門召介 「あそこが毒だったらがんばってね」
鈴仙 「じゃあタクシー噛みで。
後占い天狗倒しつかないのだけどね」
左門召介 「天子噛みも悪くはない
噛むならボク、かな?」
タクシー 「まぁできる夫噛みは同感
あれ、占いとか狩人とかの天狗倒し対策を気を付けたがってる感じが有るしなー」
鈴仙 「一応占い日記は書いておくわ。」
鈴仙 「できる夫もいいかもね。
私としては天子噛みたいけど」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
タクシー 「ぶっちゃけすげぇ真っぽいんだけどな、あれ
まぁなんにせよ、占いを探すような噛みをするわけだけどよ」
左門召介 「やる夫は真あるかもしれないけど、先に灰を1回かもう
って訳でできる夫噛まない?」
鈴仙 「やる夫真は流石に...楽観しすぎなので
天狗か狂人、あって狐でみときましょ。
真なら狐探し頑張ろうって事で。」
左門召介 「じゃあ占い師を探す噛みをすればいいんじゃないかな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
左門召介1 票投票先 →タクシー
面接官0 票投票先 →やる夫
できる夫0 票投票先 →やる夫
ジョルジュ0 票投票先 →やる夫
タクシー1 票投票先 →天使ヶ原桜
天使ヶ原桜1 票投票先 →重音テト
重音テト1 票投票先 →鈴仙
鈴仙1 票投票先 →チルノ
チルノ2 票投票先 →クマー
やる夫4 票投票先 →チルノ
クマー1 票投票先 →天子
天子1 票投票先 →やる夫
これでいい0 票投票先 →大妖精
大妖精1 票投票先 →左門召介
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できる夫 「しておいたほうがいい顔t」
できる夫 「まあ、投票は了解しました…
あ、明日から大声にしるしつけて天狗倒し対策を」
チルノ 「んー、どうだろう、あたいは嘘を吐かないからはっきり言うけどわかんない」
面接官 「率直に言うが
重要職だから、という理由で残すことはない
信用できるかどうか、面接はそれが全てだ」
鈴仙 「真なら狐盾するしかないだけの事よ。
ただ出方と日記の薄さに即興感があるし人外じゃないかしら」
クマー 「やる夫達の村ですが初日からやる夫がいなくなってしまいましたクマー」
タクシー 「真だったら、なんていうか、うん、かなり厳しいことになりそうな印象しかないわけだけど
吊り余裕ないし
とはいえ、吊り余裕ないからこそ人外で見て吊っていかないとって部分も否定はしないけどさ」
ジョルジュ 「指定展開だから占いの一つや二つはそのまま引き潰すとそういう話なのか。
まぁ、その姿勢自体はグレラン狂信者であるジョルジュの胸を打つ美談ではあるのだが。」
重音テト 「まあでも…あれだけの時間、必死に占い分書いたとも考えられるかな?」
天子 「吊るのね 遅かったのはあるけど・・・」
やる夫 「注意力不足だったのは、否定できないお>チルノ」
これでいい 「ふむ、切るのか
きつい人数ならばそれもまたリスクはあるが、有りな手でもある
占いCOを用意する人外は多いからな」
左門召介 「まあ、その強気な欲望は嫌いじゃない
ぼくはタクシーに入れていればいいかな」
天使ヶ原桜 「人外村だから結構決め打ちな部分があるよ>テトさん
吊り余裕があるわけでもないし、私としては初日とは言え薄いから吊りたい部分はあるかな」
できる夫 「これは…>占いCO
流石にいきなり吊るのは無いと思いますがね、様子見のグレランと行きたいですが…

って、吊るんですか、これはまた強気で…」
鈴仙 「共有の発言見えてから3回発言しているから
見逃すってのは...んーどうなのかしら」
大妖精 「人外が絶対に吊り逃れのCOしたら村に当たるまで指定続けなきゃいけなくなるという説もありますし
COまでの間があると思えば致し方ないという面も」
重音テト 「あ、ガチで吊るんだ… まあ真だったらドンマイって感じなのかね?」
やる夫 「待った
やる夫吊ってたら勝てねぇお」
天子 「無人島で暮らしているならクマーは空腹に違いない 
つまり人を食べる狼だったんだよ!と言いたいが白だったようだ」
ジョルジュ 「で、面接会場で盛大なすれ違い発生と。
正直どう判断するかは悩みどころだけどね今回面接官の発言が
凝り過ぎてるのも否定できないところがあるし。」
クマー 「あ、マジで吊るんだ」
チルノ 「できる夫が見えてたのに?」
左門召介 「まあ、そのくらい強気じゃないとやっていけない配役だけどさ…」
面接官 「ワシとジョルジュ、できる夫の3人でやる夫を吊る
それ以外のものはワシらを飛ばして『右』投票だ」
これでいい 「さすがに反応が遅すぎる気がするんだが・・・
まぁ切り捨てるわけにもいかんな
吸血鬼も狐もいるんだしせいぜい目に見える結果が出ることを祈ろう」
鈴仙 「ただ出るのくっそ遅いのよねぇ。
真ならしっかりしてどうぞ」
左門召介 「占い師CO…で吊るんだ?」
天使ヶ原桜 「占いCOかあ…
人外村だと決め打つべきなんだろうけど」
タクシー 「出るにしては速度的に遅い部分は有るけど、即吊りまでは必要ないんじゃね感は有るけどなぁ」
やる夫 「本当に、ごめん、見落としてたお>面接官」
鈴仙 「えぇ...(真顔)
占いなら...残すべき...かしら?」
クマー 「センター試験の面接とは・・・>左門」
大妖精 「うわー! お祈りだー!」
重音テト 「えっ占いCO出てるけど吊っちゃうの」
できる夫 「面接官だからかいきなり指定ですか、強気ですね
それではやる夫さん、COをお願い致しますよ

ええ、吊り数的にスルーでいいと思いますよ?>やる夫
というかそう言っているのですが、できれば性別吸血とかで狼殺してくれると嬉しいとも思ってますが」
左門召介 「センター試験のじゃないかな^^ >クマー」
やる夫 「うん、見落としてたお(真顔」
鈴仙 「やる夫流石に見えてないのは...ないと思うし
はやくしなさいよ」
チルノ 「これめんせつだったのか!」
重音テト 「まあ天狗ショック死とかもワンチャンあるしグレランもありだと思うけどにゃー
まあ、指定するなら指定でいいんじゃないの」
面接官 「どうやら、やる夫は面接会場へ来れなかったようだ
ますますのご活躍をお祈りしています」
これでいい 「やる夫はCOしないのか?」
天子 「やる夫はCOしてー」
クマー 「お、おう」
やる夫 「占い師COだお クマー○●


初日 クマー○●

信頼と伝統のお隣占いだお
やる夫といえば主人公、スタンダードこそ最良だお!」
大妖精 「何の面接かは置いて、圧迫面接であることに間違いはなさそうです>クマー」
やる夫 「占い師COだお クマー○」
天使ヶ原桜 「やる夫さーん、呼ばれてますよ~」
左門召介 「やる夫くん?ニートだったからって面接で黙るのはよくないなあ^^」
これでいい 「人の面接」
やる夫 「SAN値削って面接に通るつもりかお・・・
さすができる夫、抜目のない男だお」
タクシー 「やる夫はCO求められてるんじゃないのか?
まぁうん、共有の指示分かり辛いのかもしれんけどさ」
クマー 「(ところでこれなんの面接なんだろう・・・)」
天使ヶ原桜 「最大狼が3Wで、狐のことも考えると、最大の場合吊り余裕が2ぐらいなんだよねえ…
そのうえで他の人外も多い村だから怖いところ」
ジョルジュ 「とか言ってたら初手から共有が指定を断行していくスタイル
止めるわけじゃないけどグレラン情報が欲しかったぜ、
なんだかんだで初日投票ほど嘘をつかないものはないし。」
大妖精 「占い日記とかを捏造してる人外なら夜にアイコン見てるはずなんで
チルノちゃんはきっと狂人とか天狗とか狼じゃないと思う
私に気付いたのが今だっていうのが嘘? チルノちゃんは嘘をつきません」
鈴仙 「やる夫指定されてるわよ?」
左門召介 「それ食べる側じゃん? >タクシー」
鈴仙 「実際の不合格通知はこんなもんよ>天子」
チルノ 「まぁ吊り数と人外数のひりつ的に指定展開はサイキョーなんじゃないかな?」
やる夫 「あれやこれやなるって言っても狐か天人くれーしかなくないかお?>ジョルジュ」
クマー 「二年間の空白は遭難して無人島で暮らしていましたクマー」
重音テト 「おお、ゴリゴリ指定して行く系か
まあ吊り足りないならあり…なのかな?」
天子 「それだと期待してなさそうに見える>鈴仙」
タクシー 「暴食ってことでベルゼブブでいいんじゃね?>左門」
鈴仙 「人外の方が多いからグレランでも...いいっちゃいいかもだけど
指定でも変わらないわね。」
左門召介 「おや、指定展開のようだね」
これでいい 「二年間の空白が問題になりそうだぜ・・・」
できる夫 「で、共有は面接官さんですか
お近づきの印に深きものどものヒレの料理をどうぞ」
クマー 「あ、指定するのねクマ」
チルノ 「ごめんごめん>大ちゃん」
大妖精 「ひええ、村人か人外かを面接して指定するっていうことですね」
やる夫 「圧迫面接待ったなしだお(ふるえ」
タクシー 「位置的に、チルノが大妖精にプレゼントしてるみてーな感じだな
で、面接官が共有な。了解したぜ」
ジョルジュ 「で、とりあえず初日に死体周りであれやこれやの大騒ぎになる状況にはならず、と。
まぁとにかく狼をぶち殺して村が主導権を握り続ける、ひとえにそれに限るわなぁ。」
鈴仙 「うーんこの
指定=あなたのご検討をお祈りしますかしら>面接官共有」
左門召介 「参ったな、料理の悪魔なんて思いつかないぞお
指定?グレラン?」
面接官 「やる夫
名前と役職、特技を聞こう」
クマー 「吸血鬼は鬼と違って占いの判別どうこうにはねー
否定するだろうしクマ」
やる夫 「ぶっちゃけ吸血鬼なんてかまってる暇はねぇお
ただでさえ吊りはかつかつだお>できる夫」
重音テト 「共有サンキュー」
天使ヶ原桜 「あ、面接官さんが共有だね。
了解」
天子 「こ、この共有威厳を感じる・・・」
これでいい 「お前が面接官か
これでいい」
左門召介 「わ あ >面接官共有」
大妖精 「遅いよチルノちゃん!>チルノ」
重音テト 「わぁい>人外全部吊ってたら吊り足りない」
面接官 「共有系COだ
面接を開始する」
できる夫 「おはようございます
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1
ふむ、これはまあちょっと狼有利といった感じの陣営でしょうか
天狗がいるので実質は5ですから、狼陣営

まあ、吸血鬼はスルーで良いんじゃないでしょうか?」
チルノ 「あ、大ちゃんがいることにいまきづいた」
鈴仙 「共有いるみたいだから出てちょうだいな。
出ない意味はないと思うわよ流石に。」
やる夫 「じゃ、COあるやつはするお」
左門召介 「あ、共有者いるみたいだから出てくれるかな?」
重音テト 「おはよー、天狗がいるねえ 天狗の陣営は狼っと…
で、狐と吸血鬼が1 狼が4 3W1K想定でいいかな?」
大妖精 「6吊り7人外なので吊り以外で人外を始末するか吊りが増えるか
もしくは人外を狼に噛んでもらうかといったところですね
ノーミスと大チル同陣営はほぼ前提として」
タクシー 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1
おはようさん
6吊り6人外+吸血鬼、となると結構微妙な印象を受けるぜ
まぁ共有も居たことだし、共有軸に進める感じじゃねぇかなって思うところだがね
そういうわけでCOよろしくな」
鈴仙 「おはよう」
天子 「おはよう
吊りは6だから人外を全部吊ってたら足りないわ
人外を噛ませたりしないとだめね
グレランなら狼を狙って吊るべきだし指定なら天狗あぶりをするべきだわ
共有はCOどうぞ 大1普通1だったわ」
クマー 「うーん、村少ないクマ。天狗のショック死とか
ラッキーに期待したいけど
なんでまあ、初手はグレランでいいかと思ってるクマ
いやまあ共有が指定したいなら止めないけど
COあるなら早めにしてほしいクマー」
面接官 「おはよう

今年の受験生は狼4狐1吸血1天狗1の7人か・・・
一人ずつ点呼とお祈りを行う必要があるな
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1」
やる夫 「おはようだお
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1
狼陣営が実質5、きっついお、これ
ただ狼自体は最高でも3なはずなのがまだ救いかおね」
チルノ 「おはよー」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1

天狗の存在で潜在的に狼陣営の数がかなり多いのがネックか。
囁きは大声を確認したが。」
これでいい 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1
で、6人外+吸血鬼か
この人数で村が8は決して悪くないとは思うんだけどな
共有はいるようだ」
天使ヶ原桜 「おはようございます
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1
実質狼陣営5なのが怖いところだけど、何とかなってほしいなあ
とりあえず共有さんはいるようだし、出てほしいかな」
大妖精 「おはようございまーす」
左門召介 「召喚した悪魔は…人狼が4匹 あとは狐吸血鬼天狗が1匹ずつ…
本当は13匹召喚したかったけどね^^

村人(ボク・天使ヶ原) その他陣営(その他)」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ガイドGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
ガイドGM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
タクシー 「いや、厳しいな」
左門召介 「指定待ちじゃなくて能動的に
例えば魂とかね
あ、その動き方するなら最初は僕が噛むよ」
タクシー 「まぁ状況次第だけどなー
あまり味方噛みたい状況でもねぇし」
鈴仙 「それまでに狐見つけて処理できればいいんだけどね。」
左門召介 「そのためにはタクシーがなんか鈴仙のCOを引き出すCOをしたほうがいいね」
鈴仙 「じゃあ左門囲うように占い書くわ。」
左門召介 「まあ、ボクを囲うってなら賛成かな?」
鈴仙 「タクシー囲いはまずいなら逆でもいいかも。
ただ...きっついのよねぇ素餓虎って...」
タクシー 「俺は狐狼陣営の数だけ数える系なんでね
後、俺を囲うくらいなら左門囲ったほうが良い
俺がLWになるとまずいし」
鈴仙 「6吊り7人外
実質天狗はこっちの味方ではあるけど。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
左門召介 「タクシー囲ったらマズない?」
左門召介 「7人外じゃないの?」
鈴仙 「私が占い騙るからタクシー囲って
餓で私噛む?」
タクシー 「6吊6人外、ねぇ
ぶっちゃけ狼の内訳としちゃ微妙だよなー」
左門召介 「厳しいね、それは
最初は餓噛みでいいんじゃない」
「◆ガイドGM 
GMはプースカだったもの。
もう寝るので投票だけ注意してどうぞ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鈴仙 「素餓虎...駄目みたいですね(白目)」
左門召介 「どうやら、ボクは鬼を召喚するようだね
虎狼だよ」
鈴仙 「素」
タクシー 「餓狼だとよ」
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営1
ゲーム開始:2016/01/17 (Sun) 00:31:46
やる夫 「召喚士はまぁ大体HP低いのがお約束だおねw」
左門召介 「殺さない主義だし(言い訳)
わざとHP1残したんだし()

あ、ゲーム開始ね?^^」
天使ヶ原桜 「あ、左門くんの身体能力低いから大丈夫かな」
天子 「天子 さんが登録情報を変更しました。」
クマー 「おい1しか減ってねえぞ」
面接官 「もぐもぐ・・・ぺっ」
タクシー 「ダメージ1^^
ざっこ^^」
これでいい 「名前などしょせん飾りよ」
できる夫 「クトゥルフの心臓とかどうです?>面接官」
左門召介 「ボクの攻撃^^   残り1」
天使ヶ原桜 「あ、この時間に間食はダメ、だめだから…」
重音テト 「デュエルダァ」
クマー 「ネビ山ネビ夫っていうとやる夫派生っぽいクマ」
やる夫 「遊戯王?」
左門召介 「アンリ・マユ召喚! 残り2!」
タクシー 「これでいいってまたいろんな意味ですげぇな、おう
まぁ俺も過去にやったことあるけどよ、そういうのは」
やる夫 「これでいいの潔さ」
左門召介 「ベヒモス先輩召喚! 残り300!」
大妖精 「よろしくお願いしまーす」
天使ヶ原桜 「ねびろすさーん!?」
大妖精 が幻想入りしました
面接官 「熊鍋か・・・通ってよし」
これでいい 「よし!よろしく!」
左門召介 「ブーシュヤンスタ召喚! 残り400!」
やる夫 「できる夫!久しぶりだお!」
重音テト 「では改めましてよろしくー」
これでいい が幻想入りしました
左門召介 「悪魔召喚!ネビロスのHPはあと500!」
天子 「よろしく」
重音テト 「投票した気になってましたね… どうもすみません」
やる夫 「ごめんだお
PCつけたら建っててズサだと思ってなかったお」
できる夫 「あ、やる夫さんじゃないですか
珍しいですね」
タクシー 「おう、んじゃよろしくなー!」
天子 が幻想入りしました
左門召介 「左門柱にはならないか…^^」
クマー 「よろしクマ」
タクシー 「まぁ間に合ったならいいんじゃない?
かりさんは早めにRPきめてくれよー?」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → やる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 431 (やる夫)」
クマー が幻想入りしました
かり 「あ、すぐRP決めます」
重音テト 「本当にすいませんでした!」
重音テト 「ぎゃーごめん!」
左門召介 「重音さん?
もう時間だよ?待ってるんだよ?」
かり が幻想入りしました
ガイドGM 「反応ないからキックするか」
できる夫 「まあでもどうしてもというなら明日まで待ってください
最高の料理をお見せしますよ」
天使ヶ原桜 「(お、横暴すぎる)」
鈴仙 「ニッコリ」
左門召介 「料理の悪魔とかいたかなぁ…」
天使ヶ原桜 「いたい、痛いからやめてよ左門くん」
面接官 「知らなかったのか?
ワシを満足させなければ試験会場へは入れんぞ」
できる夫 「料理なんて化学調味料とかぶち込んでおけばいいんですよ
美食に意味なんてありません、金ばかりかけて」
ジョルジュ 「唐突に超能力者の手で旬の素材を旬の時期(季節外れ)に取りに行ったりする世界の住人に
疑問を持ってはいけない」
左門召介 「………^^

^^(グリグリグリグリ >天使ヶ原さん」
チルノ 「あたい知ってるよ、センター試験って捕球試験なんだよね!」
天使ヶ原桜 「……ぷっ
ふふふふ、左門くんもオヤジギャグいうんだ…あははは」
左門召介 「重音さんは大丈夫かな?」
タクシー 「ん?
料理センターでやる試験だからセンター試験じゃないのか?」
チルノ が幻想入りしました
先輩 「先輩 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:先輩 → ジョルジュ」
天使ヶ原桜 「センター試験だよね面接官さん!?」
タクシー 「っと、無事直ったみたいだね
GMはサンキュー!」
左門召介 「サクラってわけ?桜だけに? >天使ヶ原さん」
面接官 「なお、明日は実技試験があるので
各自で食材を用意しておくように
お題は明日の試験会場で発表する」
できる夫 「あ、変わりましたね」
ガイドGM 「寝落ちしていたと思うな(真顔」
天使ヶ原桜 「時間だね…
こうゆうとき悪魔で増やせないかな>左門くん」
タクシー 「というか建てた直後以降でGMの反応が無いのが不安
一応開始時刻ではあるけども」
重音テト 「超闇になった」
できる夫 「GMの反応ありませんけど、どうなんでしょう」
ガイドGM 「システム:村のオプションを変更しました。」
鈴仙 が幻想入りしました
左門召介 「ブーシュヤンスタ、天使ヶ原さんにもっとやっちゃって」
タクシー 「超鍋の味付けって、かなり濃味だよな
時折薄くなったりもするけどよ」
重音テト 「あ、真鍋やるんだ」
天使ヶ原桜 「ちょっと左門くん!
人の一生に関わることだからやめてあげてよ!」
面接官 「そうだな
真鍋はあっさりしているが、もう少し味付けが欲しくなる」
できる夫 「悪魔…デーボですかね?」
左門召介 「あれはボクが召喚した悪魔の被害者だよ(ニッコリ」
天使ヶ原桜 「あー、ちょっと寝坊するようになっちゃってるかなー」
タクシー 「取り合えず超鍋に修正して貰わんと始めようもないかね?」
天使ヶ原桜 「左門くーん!?>センター試験寝坊勢
あれ私たち同い年だよね!?」
できる夫 「そんな早いタクシーありませんよ…常識的に考えて」
左門召介 「やあ、天子ヶ原さん
そろそろ欲望に満ちた女になったかい?」
重音テト 「よろしくねー」
重音テト が幻想入りしました
タクシー 「音よりも早く届けてやれるぜ
大体秒速334メートルくらいだな」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
kariは席をあけわたし、村から去りました
kari は kari に KICK 投票しました
センター試験寝坊勢 「センター試験寝坊勢 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:センター試験寝坊勢 → 左門召介
アイコン:No. 7125 (FXぽのか先輩) → No. 9627 (左門召介)」
面接官 「明日、もう一度来てください
本当のセンター試験を開始しますよ」
センター試験寝坊勢 「やった!間に合ったッ!!
私の人生終わってなかった!」
天使ヶ原桜 「それ戦闘機に見えるんだけど…」
タクシー 「っと、本当だ真鍋になってる」
できる夫 「はぁ…どうでもいいです」
天使ヶ原桜 「あ、ほんとだ>真鍋」
タクシー 「例え寝坊したとしても、俺が無事センター会場まで届けてやるさ……!!」
かりですよ 「かりですよ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりですよ → できる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 599 (できる夫)」
kari が幻想入りしました
天使ヶ原桜 「こんばんは」
天使ヶ原桜 が幻想入りしました
タクシー が幻想入りしました
先輩 「息子の得意技「明日まで待ってください」をおもむろに封じる
面接官の必殺技だ…!」
かりですよ 「GMー、真闇鍋になってる」
先輩 が幻想入りしました
かりですよ が幻想入りしました
センター試験寝坊勢 「それ、試験官ですか?」
面接官 「センター試験の遅刻や、一浪した事を咎めたりはせん
今、ここでワシの舌を満足させることができればな!!

※センター試験会場」
センター試験寝坊勢 「イヤァァァァ
一浪したことを問い詰められるぅぅぅ >面接官」
面接官 「よろしく」
面接官 が幻想入りしました
センター試験寝坊勢 「村番号の修正はどうしますか?」
センター試験寝坊勢 「おはようございます」
センター試験寝坊勢 が幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ガイドGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 6106 (ガイド)」
GM 「開始時間は0:25」
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
村作成:2016/01/17 (Sun) 00:03:33