←戻る
【雛3958】やる夫達の超闇鍋村 [4616番地]
~願いはかなえた、さらばだ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 四星球GM
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 三星球
(生存中)
icon 冷泉麻子
(生存中)
icon 旅の神
(生存中)
icon 聖杯
(生存中)
icon 天龍
(生存中)
icon 一星球
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon 上級チルノ
(生存中)
icon 九星球
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon 戦場ヶ原ひたぎ
(生存中)
icon ピカチュウ
(生存中)
icon 佐々木小次郎
(生存中)
村作成:2016/01/30 (Sat) 15:55:56
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 9516 (四星球)」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません

占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意

占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)
 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります
 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

自分の役職はちゃんと確かめよう!
 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ
 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください
」」
GM 「「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「前村のやつをそのまま引用」
GM 「開始時間は20分ぐらい目安だな」
ジョルジュ が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
ジョルジュ 「ドラゴンボールよりおっぱい掴みたい系生物です
よろしく」
長岡 が幻想入りしました
長岡 「ギャルのおっぱいをおくれー!」
冷泉麻子 が幻想入りしました
GM 「そのねがいはわたしのちからをこえている」
冷泉麻子 「よろしく」
GM 「いらっしゃい」
冷泉麻子 「…DBの作画向上>ねがい」
GM 「そのねがいもわたしのちからをおおきくこえている」
GM 「ねがいはないな、さらばだ」
冷泉麻子 「叶える気のないドラゴンボールだった…」
GM 「だってボール1つだけじゃ無理やん」
冷泉麻子 「頑張れ」
GM 「あと6個あつめよう」
ジョルジュ 「実は銀色のボールを5つ集めると願いのカンヅメがもらえるとか
そういう裏ルートないんですかね>GM」
GM 「それでもらえるものはおもちゃだけです、なおおとなのおもちゃではない>ジョルジュ」
旅の神 が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
旅の神 「おなしゃす。」
聖杯 が幻想入りしました
聖杯 「願いを叶えたいか……」
GM 「いらっしゃい」
天龍 が幻想入りしました
天龍 「おーっす、よろしくなー」
GM 「いらっしゃい」
一星球 が幻想入りしました
一星球 「よろしく」
ジョルジュ 「おっぱい!(ガタッ」
旅の神 「しいたけか何か?(すっとぼけ)」
GM 「一星球がギャルのパンティもってやってきた・・・だと・・・」
長岡 「長岡 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:長岡 → 三星球
アイコン:No. 8264 (ジョルジュ2) → No. 9744 (三星球)」
ニ星球 が幻想入りしました
三星球 「これであと4つだぜ!」
一星球 「目がしいたけは食蜂操祈さんだろ!」
聖杯 「水着だと思うのですが(名推理)」
GM 「くっそwwwww」
上級チルノ が幻想入りしました
上級チルノ 「よろ」
ニ星球 「([∩∩])<死にたいらしいな」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 四星球GM」
四星球GM 「いらっしゃい」
三星球 「あと3つか…」
九星球 が幻想入りしました
一星球 「今から聖杯をめぐって1~7星球のサーバントが戦うから(違う」
旅の神 「このトスを拾えるとはワッド貴様只者ではないな……。」
四星球GM 「いらしゃい」
九星球 「ガラッ」
四星球GM 「おかしいなー?なんかふえてるぞー?」
一星球 「九星球!死んだはずじゃ!」
フランドール が幻想入りしました
四星球GM 「ピシャッ」
フランドール 「やっはろーい」
四星球GM 「いらっしゃい」
聖杯 「ワッド……大した奴だ……(便乗)」
九星球 「残念だったな それは八星球だよ >一星球」
冷泉麻子 「玉同士の殴り合い…」
旅の神 「やはり天才か……。」
一星球 「ドラゴンボールの中でも一星球が最強」
三星球 「九星球とは一体」
四星球GM 「時間だ、準備ができ次第カウントを始めよ」
九星球 「バルス(違 >GM」
戦場ヶ原ひたぎ が幻想入りしました
一星球 「八星球・・・いい球だったのに・・・」
ピカチュウ が幻想入りしました
戦場ヶ原ひたぎ 「よろしく」
天龍 「ちょっとよそ見してたらよくわからない戦いが起きてるんだが何があったんだ……」
冷泉麻子 「準備できている」
ピカチュウ 「ピカチュウ さんが登録情報を変更しました。」
四星球GM 「いらっしゃい」
ピカチュウ 「よろしく」
ニ星球 「ニ星球 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ニ星球 → 天子
アイコン:No. 9146 (白ボン02) → No. 6799 (比那名居天子8)」
四星球GM 「ぴかーん(乱反射>九星球」
天子 「まー遊びはここまでにしましょ」
一星球 「バイバイハドソン・・・」
佐々木小次郎 が幻想入りしました
天子 「壊れちゃったのよ。うんうん。」
フランドール 「高橋名人のぼーけん島!」
佐々木小次郎 「たのもーう。」
九星球 「おや、今度は神龍切りに来たのかそこのドラゴンスレイヤー」
聖杯 「チルノー生きてるかー?
投票は大丈夫かー?」
上級チルノ 「上級投票忘れ 失礼」
三星球 「二星球が死んだ!この人でなし!」
ジョルジュ 「よし、カウント行くか」
一星球 「まじかよ神竜さん実際弱いからな・・・」
上級チルノ 「よろ>all」
ジョルジュ 「願いを叶えるまであと4つ」
ジョルジュ 「3つ」
四星球GM 「初代ピッコロに殺されるぐらい弱いからな(呆け」
ジョルジュ 「2つ」
ジョルジュ 「1つ」
天子 「役割論よ」
ジョルジュ 「では開始」
ゲーム開始:2016/01/30 (Sat) 16:24:55
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆四星球GM 皆さん来村あざーっす、GMは黒紅でお送りするぜ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆四星球GM 村立ての願いはかなえた(配役がいいとはいってない」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆四星球GM ではさらばだ(霊界にいく的な意味で」
四星球GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
四星球GMさんの遺言 ねがいはかなえた(配役がよくなるとはいってない)
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
三星球 「おはよう
6吊7人外1蝙蝠
吊りが足りてねぇ(絶望」
佐々木小次郎 「狼3に狐2であろうな。
共有は居ない、真っ先に噛まれる村が居ないというのは白人外5の状況ゆえ、
悪くはあるまいて。」
旅の神 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
神はサイコロを振らないと昔の人は言ったらしい。
でも現代だと神は良くサイコロを振っているような気がするんですけど。(名推理)
そしてどうやらこの村の神は蝙蝠という種族名のようだ。(棒)」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1

シンプルに村の危機が迫りまくっている村。
特にささやきなどは聞こえないわけだけれども。」
九星球 「村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
村<人外数はやめろって話だわな
共有もいねえしかなり怠いぞこれ」
冷泉麻子 「おはようだ
村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
半分人外ではあるが、狼陣営は最大3Wであるからまだマシであるか…
とりあえずCO頼む」
戦場ヶ原ひたぎ 「神ね……
一番最初にこの村の陣営を作り出した、下らない男よ」
天子 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
思い出したわ。勝ち目が無い村なんてないってことを。
人外が欠けている。平和を出せる職がある。
暗殺がいる、毒がいる。そんなことは普通にありえるんだったわね。」
上級チルノ 「よろ」
ピカチュウ 「おはよう、それじゃあ始めて行こうか
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1

7吊り7人外蝙蝠1。お世辞にも吊りが足りてそうとは言えないな。
共有の声も聞こえなかったし何かCOあるなら早めに出てくれ。って
ところか。 それじゃあよろしくな」
一星球 「村人勝利を願っても、その願いは我が力を超えているとか言われそうなんですけど(震え声」
天龍 「村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1

うっわぁ……14>12>10>8>6>4>で吊り数6、人外数8の時点でもう吊り足りてねぇ。
狂人つらないにしてもノーミスだな……役職はさっさと出ちまってもいいかもなこれ。
蝙蝠は出てきたら裏切りそうだし吊っちまいたいくらいだが、そんな余裕もねぇなこれ。」
フランドール 「あはははは!
さあ闇鍋を楽しみましょ!」
聖杯 「(力が欲しいか……欲しければ……)」
上級チルノ 「吊り数灰数が変動する理由などいくらでも存在する闇鍋村において絶望村は霊界視点しか存在しない」
フランドール 「欲しければ……?>聖杯」
三星球 「[>ころしてでもうばいとる >聖杯」
聖杯 「神?>ひたぎ
そこの斜め上にいるやつか?」
九星球 「朝一で出る類のCOは無しと じゃあそのままグレランだな」
聖杯 「この契約書にサインをおねがいしまーす>フラン」
一星球 「なにも出るものもいなそう(悲しみ」
戦場ヶ原ひたぎ 「人外噛みか強役職に期待する配置なんだから共有なんかいたら逆に勝てないでしょ」
天子 「上級チルノが私の言いたいことを完結にまとめてくれて素敵ね。」
冷泉麻子 「そして初日COはないようだ。
ではグレランだな」
三星球 「なにもなし、と
グレランだな」
ピカチュウ 「蝙蝠に関しちゃキツイが出たら吊るす。ってところだな
なんでかって言われたら浮動票だからさ。だから出てくれるなよ
それくらいか」
ジョルジュ 「まぁとにかく狼を吊り殺していけばいいんじゃないかなぁと思いつつ。
というかそれ以外にどのみち村の勝利方法なんてないんですよ闇鍋において。」
旅の神 「主点をどっちに置くかでしかないんじゃないですかね?(すっとぼけ)>絶望」
フランドール 「人外噛まれてる限りはなんとかなるわ。
狼は2~3、多くても3でしょ? たしかね(ウフフ」
天龍 「……あー、そしてこの段階でもCOなさそうか?」
佐々木小次郎 「天竜>状況だけならノーミスであるが、村噛みが全てならば、
狐を吊らぬ限り狼勝ちだけはないぞ。

狼を勝たせたくない、だけにこだわれば。」
上級チルノ 「聖杯に騙される程度の村人がいないことをあたいは知っている」
九星球 「お前どこのキュ○べえだよ >聖杯」
聖杯 「>三星球
残念!聖杯は 壊れてしまった!」
フランドール 「>聖杯
えーっと、ふらんどおる...〆」
佐々木小次郎 「人形特攻の一つや2つあるとは思ったが、ないのならばそれでいい。」
戦場ヶ原ひたぎ 「神は死んだ
ニーチェもそう言ってるらしいし>聖杯」
三星球 「狂人2人と蝙蝠は確実にいるな
この3人が噛まれてくれればだいぶ楽になる それでもキツイけど >フラン」
一星球 「実際暗殺系かなにか居ない限り狼が狂人系や蝙蝠とか噛むの祈る村なんだよなぁ」
三星球 「脆っ >聖杯」
フランドール 「>小次郎
わたしそれは後ろ向き過ぎてやだなー?」
聖杯 「>九星球
こっちの方が先輩なんだよなぁ……(呆れ)」
旅の神 「人が死なない限り神も死なないからヘーキヘーキ。()」
天子 「そういえばここは15人だから最大3wなのね。
4wだと思ってたから佐々木の発言に疑問が浮かんだけれど。2狂人ならあり得る所ね。」
天龍 「>小次郎

あーいやまぁ、それも確かにそうだけどさー。そんな都合よくいけるものかねとも。」
冷泉麻子 「持ってるやつはすでにCOしているはずだしな。
まあ2票持ちが出てくると悪夢でしかないのだから助かるわけだが」
九星球 「特攻ねえ・・・むしろああいうのってある方が珍しいってもんなんだが >佐々木」
ジョルジュ 「まぁ動きのない村だからこそ生き残りたい狼側が
無理に存在感を出そうと横車を押したり誘導を掛けたりとかがあるかもしれないんで
丁寧に見て行けば狼を吊るすことは不可能ではないとジョルジュ考えてるよ。」
ピカチュウ 「何にせよ、今日はグレラン以外にやれることは早々なさそうだ。
狂人が2いることはほぼ確かだから そこら辺が噛まれてくれれば
ありがたいところじゃあるんだがな。そこら辺は運さ」
上級チルノ 「上級ニーチェは人の身でありながら神をも殺す」
戦場ヶ原ひたぎ 「人が神という幻想を抱いているだけって
それ一番言われてるから>旅の神」
フランドール 「>三星
そこまでいくと、蝙蝠はいっそ噛まれずに親狐系噛んで噛み増えてくれたほーがよくないかしら(ウフフ」
上級チルノ 「使用する武器はチェーンソー」
聖杯 「>フラン
はい、じゃあ契約も完了いたしましたので
とりあえずサンプルを送りいたしますねー
なにか不調等あれば他の物をお送りいたしますのでー」
佐々木小次郎 「3星球>その想定を軸にでき、意見を先出しできるのなら、
村狐側、特に釣りたくないと思う。」
三星球 「むしろ狂人がおとなしいのはいいことだ
だって無駄吊りが起きにくいからな」
九星球 「ばらばらにしてどーする >上級」
旅の神 「俺が上!お前が下!」
旅の神 「こんな感じ。」
上級チルノ 「下ネタは慎むように>旅の神」
聖杯 「貴様が下だ!ポルナレフっ!>旅の神」
旅の神 「あ、俺神だった。(棒)」
フランドール 「わぁいサンプル
ふらんサンプルだいすき
こわしてもいいからだいすき」
冷泉麻子 「人外視点、特攻してもおいしくはないと思うぞ?
狼視点だと狐が多く、狐のほうは潜ってる方がいい。」
ピカチュウ 「逆に言うとその分騙りが多くなっちまうのが困りものだ
占い師COがでたら逆に慎重に行きたいところだよ ●特攻大いにあり得る。
信用出来るのは銃殺出した真占いくらいなもんさ」
一星球 「親狐いるなら噛まれて吊り増えんのは望ましいけど
多分狼の数もそんなでもないって考えると告発類は難しんだろうなぁ」
佐々木小次郎 「ピカチュウ>頼もしい限りだな。
さぞお主のマスターは良いヤツ、なのであろうて。」
戦場ヶ原ひたぎ 「自称旅の神が生きていることに気づいたけれども
そんな事はどうでもいいのよ
重要な事じゃない」
旅の神 「敗北を認めるんじゃあない、花京院!」
天子 「んー無駄吊り、無駄吊りね……」
上級チルノ 「悪魔超人全員に勝利した時全ての死体を揃えて元に戻すことができる>九星球」
三星球 「たまに誤爆もあるけどさ 期待するもんじゃないし

つーか、俺らは狂人子狐蝙蝠噛まれ狙って、狼狐を狙って吊るしかないじゃん? >佐々木」
旅の神 「こんなにも俺と蟹で意識の差があるとは思わなかった……。」
天龍 「いっそ占いとか出てもいんじゃね?とすら思ってたけど、
狩人の保障もないしまぁ潜ってても妥当っちゃ妥当だわな。
○もって出てきたとしても狂人の可能性だってあるわけだし、
確定の結果持ってきてたらしらん。反応次第。」
旅の神 「こんなんじゃ俺、村を守りたくなくなっちまうよ!」
九星球 「無駄釣りしないも大切だが吊り足りない的には
何か人外噛まれるも追加でないとなあ」
フランドール 「告発は期待できないけど、噛んでくれたら吊り増える可能性があるじゃない?
そっちが大きいと思うわね」
ジョルジュ 「力はともかくおっぱいは欲しいが
例えば力うどんは餅を乗せたうどんの事を指すが
某麻雀漫画ではおもち=おっぱい、すなわち力とはおっぱいのことではないのか(ジョ並感」
天子 「でも正直それって今も変わらないような状況な気はするけれど。」
冷泉麻子 「新作のジョジョはもう少し掛け合い入れてよかったと思う。
とはいえ満足な出来であるのは確かだけども」
聖杯 「慎重にする余裕も無いと思うのですが(名推理)」
戦場ヶ原ひたぎ 「自称神らしく村を守護って、どうぞ>旅の神」
九星球 「流石にそれはどうよ >占い出ていい >天龍」
フランドール 「霧が濃くなってきたわね……」
ピカチュウ 「ま、そろそろ時間だ。 いつも通りやることは変わらないさ
人外吊って、重要職は逃げて、吊られるよりは村は噛まれてくれってところさ」
旅の神 「その麻雀漫画力とは超能力のことだから多少はね?」
一星球 「慎重かつ大胆にっていう便利な言葉があってだな」
佐々木小次郎 「灰をしっかり見て、うらないCOしたもの、●出された先が村たるかどうか見定めて動いていこうではないか。

三星>うむ、それを切っ先にかざして言えるやつはあまり釣りたく無く、
村だといいな、と思う。」
冷泉麻子 「女子高生麻雀漫画は決勝にいったのか?」
旅の神 「また守護れなかった……。」
聖杯 「ネタに走るなら勝手にやってくれ!>旅の神
俺は一人でも帰らせて貰うぜ!」
ピカチュウ 「明日は良い日だろう そう信じながらな」
三星球 「狂気の沙汰ほど面白い ってやつか?」
天子 「自分の意見を自分で否定するような発言をする所は発言稼ぎよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →一星球
三星球1 票投票先 →佐々木小次郎
冷泉麻子1 票投票先 →聖杯
旅の神0 票投票先 →九星球
聖杯2 票投票先 →佐々木小次郎
天龍0 票投票先 →冷泉麻子
一星球2 票投票先 →佐々木小次郎
天子1 票投票先 →聖杯
上級チルノ0 票投票先 →佐々木小次郎
九星球1 票投票先 →佐々木小次郎
フランドール0 票投票先 →三星球
戦場ヶ原ひたぎ0 票投票先 →ピカチュウ
ピカチュウ1 票投票先 →一星球
佐々木小次郎5 票投票先 →天子
佐々木小次郎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
九星球 は無残な負け犬の姿で発見されました
フランドール は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フランドールさんの遺言 私が占い師だよ♪

この遺言が見える?
ってことは私がコンティニューできないのさ!

【1日目】フフ怖 ○
【2日目】ジョルジュ ○●

【1日目】フフ怖
うふふ、怖い、とっても怖い……
だからねえ、フランと遊んで!

【2日目】ジョルジュ
狐占っても狼が喜ぶだけで結果が増えないから、
村狼位置で占ってきましょ♪
狼側が、狼側がって言い方は作ってる感じするけど、
狼と思われたくない感じの、狼自身じゃないかなーって。
村結果だったら私の勘違いね♪
九星球さんの遺言 占い表記CO 佐々木小次郎●天子○●

1日目
ドラゴン斬り殺されちゃ叶わないからね
やられる前にやる これ常識よ
え?GOじゃそれ無理? こっちがプレイヤー側になればいいだろ

2日目
◇天子  「自分の意見を自分で否定するような発言をする所は発言稼ぎよ」
うん、それもそうかもしれんが それ多分天龍に関するレスかな?
その割に投票はそういうのとあまり関係ない聖杯だったり 稼ぎとみて
どうする?みたいなスタンスがどこか半端だと思う
佐々木小次郎さんの遺言 佐々木小次郎、占い師として召喚されたぞ。

ピカチュウ○→

1夜 ピカチュウ
特に理由はない、隣のピカピカ光る奴が気になった、ただそれだけだ。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
三星球 「おはよう
とりあえずどこが噛まれるか見ていくスタイル」
冷泉麻子 「おはようだ
旅の神と聖杯から感じる余裕が気になって票している。最低でもどっちかは人外と見ているが…
わりとササッキーが吊れたのは驚いてる。序盤で吊れる箇所か?」
上級チルノ 「よろ」
戦場ヶ原ひたぎ 「>旅の神 「また守護れなかった……。」
あの本部って人、また守護る詐欺してる……

5票集まる意味がさっぱり分からなくて組織を疑ったものの
投票者を見て考えた結果はよく分からないだった」
天子 「正直ヘイトの具合で言うなら天龍も相当だけど……って感じはしたけれど。
そこまで票が集まるかなぁ。って。
組織は無いけど人外の吊り逃れ票はあると思うって所ね。

まぁ私は3wにしてはテンションが高い吠えだと思ったから。
夜しゃべりそうな位置に投票したけれど。」
一星球 「うわぁ」
三星球 「占い遺言が3つとはどういうことだキバヤシ!」
聖杯 「アサシンが死んだ、この人でなし(すっとぼけ)」
ジョルジュ 「一星球投票。
告発が欲しいという考えが強いがそもそもこの盤面、
狐を吊らされた時点で負けのような気がするんだよなぁ。
狼ではなく第三陣営に目が行き過ぎている、と判断した。」
旅の神 「占い遺言しかぬぇ。」
上級チルノ 「占い遺言三つ」
冷泉麻子 「……占い3遺言か」
一星球 「遺言全部占い師じゃないか!いいかげんに(ry」
戦場ヶ原ひたぎ 「ここは占い師が多いインターネッツね」
ピカチュウ 「佐々木吊り、と あぁおはよう
楽観視目なところが癪にさわったか……あるいは何か
別の原因があったかってとこか。」
天龍 「投票理由は「発言薄目の奴から一番引いた視点にいるように見える位置」だったから。
他の薄い連中と比べて発言がちっと慎重に見えたもんだから投票したぜ。
あ、あと昨日返事しそこねた奴な

>九星球
占い出ていい、ってのはうっかり吊っちまって大惨事ってのを避けたかったからってのもある。
あと占い位置って情報も増えるからグレラン精度がちっとでもあがるんじゃねぇかと思ってよ。
騙りは確かに考慮に入れるべきだったし、銃殺出てからでもいいってのはその通りだけどな。」
聖杯 「酷い……酷くない?(真顔)>占い遺言3」
三星球 「多分占い師死んでるよなぁ、これ(諦」
一星球 「これ呪い返しとかないよなぁ?」
上級チルノ 「人外が混ざっているに違いないと思えば嫌な物も良い物に見えてくるのではないか」
ジョルジュ 「占い表記 天龍○>戦場ヶ原ひたぎ●」
旅の神 「わからない人にはわからない通称使うと後が面倒なんだよね。(すっとぼけ)」
天龍 「……返信先が死んでたし!占い遺言ばっかりだし!!」
ピカチュウ 「……全部占いCOってのが困りどころだな おそらくは……狂人、あるいは
狐が死体に混じってやがるってところだな」
三星球 「4人目!(バンッ」
ジョルジュ 「初日夜 天龍
逆にジョルジュがこの村において
この世界水準越えボディを占わなかった場合
囲いたかったから無理に主張してるんじゃねとか言われかねないとこあると思うの
まぁ本能のまま占うけれど

二日目夜 戦場ヶ原ひたぎ
難しい盤面だが、ひたぎ行こうか。
ここはとにかく旅の神にまとわりつくことで発言を担保している位置。
…あんまり触れたくはなかったんだが、神が蝙蝠COと思しき何かをしている都合上
その行動は一切触っても害も益もない場所と絡むことで時間と発言を稼いでいる感じがあるんだよな。
それで票を完全に逃げ切るというのは、流石に調査案件だ。」
天子 「えー佐々木●?無いと思うけど。

って言いたいけど佐々木からも●が出ると修正したく成る模様」
上級チルノ 「占い4人目」
聖杯 「どっちか逆銃殺読みで二人はCOどうぞ。
銃殺ならもう出ていいぞ的な意味で」
天子 「あ、ジョルジュの位置からなら盲信するする。」
一星球 「おう・・・まぁこの遺言考えると出る気持ちは分からんでもない」
旅の神 「ジョルジュの主張だとフランドール殺した何者かがいることになる気がするけど。」
上級チルノ 「銃殺主張ではないな」
戦場ヶ原ひたぎ 「フラン-九星球で噛まれて死ぬなら九星球ぽいかなくらい」
ピカチュウ 「で、また占いが出た。と ○●であるならこの結果には干渉したくない
ジョルジュ自身が何かはっきりしてないだろう? その2人のどちらにもCOは求めたくはないね」
冷泉麻子 「ただこれどういった死体なのかがわからないのがキツイな
こうゆうときに閻魔がいてくれたら助かったのだが」
三星球 「ぶっちゃけ、占い師が4人も出ると呪殺じゃなくて逆呪殺だと思う
となると候補は天子かジョルジュか」
ジョルジュ 「正直なところ、狐を票で排除していられないので
狼を発見したと踏んでももうしばらく潜るつもりだった。

ただ、この状況だと最悪俺が勢いで吊られかねないのでしょうがないからここで出させてもらう。」
聖杯 「CO出てるんだけどえぇ……(真顔)」
天龍 「フフこわ、ってああ俺のことか。」
戦場ヶ原ひたぎ 「ぶっちゃけ騙りだと思うわ>結果的に」
一星球 「ただ銃殺主張でもないってことは、暗殺かもしくは本当に呪い返しとか」
上級チルノ 「天龍自身の占い出した方が云々という意見は尖っているのであって無駄ではないと思うため
天龍○についてはそれなりに考える」
天子 「そこ狼無いと思うのと狂人で追加するなら庇うべきでしょって思ってるくらいだから。多少はね?」
旅の神 「何か意見合わないらしいからヴァルハラコンビの原のほう吊るしとくか。」
冷泉麻子 「ふむ?
ならばジョルジュ吊りでいいと思うのだが、どう思う他の人」
戦場ヶ原ひたぎ 「昨日の発言的に天龍狼てのが微妙に過ぎるし」
三星球 「暗殺とかは明日も2死体なら考える」
ピカチュウ 「死体の合わせて 天竜○が2つ、 俺に○1つ、佐々木小次郎に●、そして
ひたぎに●と」
聖杯 「このまま吊ったらあかんのか?位の気持ち
フフ怖天龍さん○位置放り込んだ上で」
上級チルノ 「ひたぎのCOによる>冷泉」
天子 「ジョルジュは非狼非狐だと思ってるし私は信じるよ。」
ピカチュウ 「俺としちゃジョルジュごと占いは放置にしておいてほしいね
明日噛まれるなら考える。 狼の方も占いを放置しておける状況じゃあ無いはずだ」
三星球 「とりあえずひたぎはCOしたほうがよしんかと」
旅の神 「個人的にはジョルジュ真は追う気はないではないけどひたぎさん●って疑問符付いてはいたけど。」
戦場ヶ原ひたぎ 「占い全員人外だと思うなら私投票すればいいんじゃない?
吊られるCOしか持ってないもの
COする気無いわ」
天龍 「あー、暗殺ありうるといえばありうるが、狐2だったりうんぬん的には呪いも確認しておきたいか
村見てたらなんかそんな雰囲気でもなさそうだがな」
聖杯 「逆銃殺想定なんで
九星球は噛まれかつ結果はゼロ(天子込み)でよかろ()」
上級チルノ 「ジョルジュ吊るなら天子にもCOさせておくべき 理由はジョルジュ自身のCOが恐らく呪い返し疑いであるため」
旅の神 「なお、天子がジョルジュ切ると言ったら手の平返し安定待ったなしである。()」
一星球 「フランの結果的に小次郎●あるけど狼吊りきりとか考える余裕ないし
●かジョルジュ吊りかの2択あって行くしかないと思う」
冷泉麻子 「いや、あまりジョルジュ残しはしなくていいと思うのだが。
騙りいるのはどう考えても確定だし>占い4」
天子 「旅人ォ!」
戦場ヶ原ひたぎ 「ジョルジュ以外の占いが、ね>全員人外」
旅の神 「九星球が逆銃殺って実質的に誰も見てないでしょ?」
三星球 「占い4人のうち、ジョルジュが生きてる真なのかどうかって話だろ?」
ピカチュウ 「ひたぎCOしたとして結果如何によっては吊るっていうやつが少なくとも出てくる。それすらしたくないから俺はCOさせないでいいって言ってるのさ
ジョルジュ自体まだ信用は薄い」
天龍 「それなんだよな!天子COしても俺いいと思うんだよこの流れ >上級」
一星球 「そのCO反応はあんま村に見えない>ひたぎ」
聖杯 「逆じゃねえか?>上級チルノ
ジョルジュが呪系疑いなんで
フラン噛み天子呪系は切ってるんだけど」
冷泉麻子 「てか●貰い組COしたら?」
旅の神 「俺も見てないしひたぎさんも見てない、天子もジョルジュ信じるなら呪術以外ほぼ見てないことになる。」
戦場ヶ原ひたぎ 「だからって灰吊り絶対ノーでしょ>ピカチュウ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
ジョルジュ3 票投票先 →戦場ヶ原ひたぎ
三星球0 票投票先 →戦場ヶ原ひたぎ
冷泉麻子1 票投票先 →ジョルジュ
旅の神0 票投票先 →戦場ヶ原ひたぎ
聖杯1 票投票先 →ジョルジュ
天龍0 票投票先 →聖杯
一星球0 票投票先 →戦場ヶ原ひたぎ
天子1 票投票先 →戦場ヶ原ひたぎ
上級チルノ0 票投票先 →天子
戦場ヶ原ひたぎ5 票投票先 →ジョルジュ
ピカチュウ0 票投票先 →冷泉麻子
戦場ヶ原ひたぎ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
旅の神 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
旅の神さんの遺言 >あなたは俄の錬金術師です。
戦場ヶ原ひたぎさんの遺言 蝉蝙蝠を引いて家路へ向かう戦場ヶ原ひたぎ。
疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った阿良々木暦に対し、
車の主、貝木泥舟に言い渡された示談の条件とは・・・。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
三星球 「おはよう
ひたぎがジョルジュ偽っていうのにCOしないのは…
なんというか、自分が吊れない自信があるのかわからんが村に見えん

ところでフランのフフ怖って天龍でいいのね?」
ピカチュウ 「ちょっと、スタンスが変わりすぎだと思ってな
ジョルジュ吊りたいといいつつひたぎにCO聞くってのはなにか矛盾しちゃ
いないか?

おっと、おはようを言ってなかったな」
天子 「佐々木狂人 ジョルジュ真
九星球 何か適当な死因 フランドール噛み

こんな感じかしらねー。視点整理するとしたら。
そもそも私は聖杯が役持ちを中心に考えているから。佐々木狼が信じられないのよって。」
天龍 「ごめんひたぎの反応にひよってグレー投票しちまった。
ただ投票の寄り方見る限りひたぎ本当に●だったようにも見えるなこれ。
そんな素直に狼が投票浮くか?って言われたらわからんけど、
ジョルジュがこのまま噛まれるみたいな展開あったらこれは覚えといた方がよさそうだな。」
ジョルジュ 「占い表記 天龍○>戦場ヶ原ひたぎ●>冷泉麻子○」
聖杯 「結構ひたぎ吊りに困っているんだけど。
俺、そういう顔しているだろ?」
冷泉麻子 「おはようだ
わりとひたぎ狐くさいから先にそっちは全くしたくなかった
そもそもジョルジュ視点だと暗殺者が濃厚なのだが、あんまり触れていないしな」
天龍 「……セミ蝙蝠?」
ジョルジュ 「三日目夜 冷泉麻子
さて、今日は冷泉を見ておこうか。
ここは俺を切り捨てるのと並行で●のCOを改めようとした場所。
完全灰からこれをやるとなると、誰が真に見られて誰が狼に見られて
誰が吊られようが自分には一切害が及ばない、という動きに見えてくる。
ここの中身を確認する価値は十二分にあるはずだ。」
三星球 「1死体…?
じゃあ逆呪殺ってことか?」
上級チルノ 「よろ」
ピカチュウ 「精神鑑定士COだってばよ

1日目夜:冷泉麻子は正常
理由なんかない、ピカッと思いついた場所を見ておいただけさ。

2日目夜:天子は正常
まぁ、精神鑑定に指標なんて早々無いわけだ。
狂人がいそうなところを探してそこの結果を見とく。
正常であればまぁ置いておいてくらいか。 俺には狼分からないしな
発言量の割に質が濃そうな天子を見る。

3日目夜:ジョルジュは嘘つき
ジョルジュが何であろうが俺は結果を見れる。生きてるにせよ生きてないにせよ、だ。
ジョルジュの真夢見るまでは信用もクソも無いってわけさ。」
一星球 「あぁ蝙蝠って言われるのはすっげー納得するけど
死体1か」
聖杯 「人外遺言なんだよなぁ……()」
三星球 「そして蝉なぁ
ジョルジュか天子に呪系あるどうかって話か」
ピカチュウ 「精神鑑定士COだ。
冷泉麻子:正常
天子:正常
ジョルジュ:嘘つき」
天子 「ジョルジュ狂人で●打つなら狂信者かってことになるんだけど。」
冷泉麻子 「蝉蝙蝠?
ぶっちゃけ吊る余裕もないと思うから出ていいぞ蝙蝠」
聖杯 「ジョルジュとしては
どう思っているのかってのが知りたいのだが」
天龍 「嘘つき……ってことはそいつ狂人枠か。遺言も合わせてジョルジュは信用しなくてよさそうだなこれ。」
上級チルノ 「たとえば今から夢じゃないかという話になったとしてジョルジュはどうするんだ」
一星球 「嘘つき判定で呪い持ちっていないよね>呪い系あるかどうか」
ピカチュウ 「つまり放っておきたかったってのはこういうことだよ。
ジョルジュが生きるにせよ死ぬにせよ俺は真結果主張かそうでないかは分かる。」
上級チルノ 「村視点で言わせてもらうと既にそのような余裕はない」
天子 「だからそもそも死因が呪いじゃないんでしょ。」
聖杯 「その結果ってジョルジュ呪系ではないと
言っている気がするのですが??」
天龍 「ああ夢占いも嘘つき枠に入るんだっけ?確認してくる。」
ピカチュウ 「そもそも精神鑑定は呪い無効だ>一星」
三星球 「本命 ピカチュウが騙り!
対抗 実はジョルジュが夢占い師!
大穴 2人とも騙り!

まあぶっちゃけ、ジョルジュはここで噛まれないなら偽だとは思うけども」
ジョルジュ 「…それ、即急に俺夢として盤面を立て直さねばならないってことでいいんだよな…>●から蝙蝠遺言&俺嘘つき主張

正直旅の神のあれはじゃぁなんだったんだろうという気持ちがあるんだが。」
聖杯 「夢占いも入るよ>嘘つき
問題はそんな結果一切信じてない所か」
上級チルノ 「嘘吐きで呪いを持っている者がいないという話では?>ピカチュウ」
冷泉麻子 「ジョルジュ呪系でない場合は、天子が呪可能性があるぞ」
三星球 「問題はさ、ジョルジュが嘘つきってこと
嘘つきの出る呪系っておらんやん?
ジョルジュ狂人とかで誰かが呪術師でぶっかけたくらいしか」
ピカチュウ 「精神鑑定(俺)は呪いは効かない。けど、嘘つきである以上
ジョルジュが呪い持ってないってのは確かだ。」
聖杯 「>ピカチュウ
そっちじゃないよ
呪狼も天狐も呪蝙蝠も結果は正常だって放し」
天龍 「狂人・背徳・夢系 か。嘘つき枠は。いやーこれ素直にジョルジュ狂人じゃぁねぇかな?」
天子 「んー」
天子 「あ、ダメだジョルジュ狂信者ならこの主張通らないや」
一星球 「死因が天子が呪い返し食らったぐらいしか思いつかない以上」
三星球 「つまりピカチュウ視点は、ジョルジュは狂人子狐蝙蝠で天子が呪系だよ! ってわけか」
ピカチュウ 「ま、概ねジョルジュが偽で見ていいと思う。
その場合昨日呪いで死んだのは逆に天子占ったからって可能性は無くはないな

どうだ、そこCOしてみるってのは」
上級チルノ 「子狐と蝙蝠はないだろう>三星球」
天龍 「となるとあの投票の寄り方はいったん置いておきーの」
一星球 「天子吊るがいいと思う。あって狩り系?」
聖杯 「ゼロじゃねーきもするけど
ジョルジュの主張見るにそっちが強そうだなぁ、めんどくせ>嘘つきを肯定しているような結果」
冷泉麻子 「うーむ、753なら3Wいても逝けるか。
ジョルジュ吊りでいいではないか?呪か狂だから残す必要性がないというかいても困る」
天子 「じゃあジョルジュ吊ってからCOする。って言うけど私は。」
上級チルノ 「ジョルジュどうするんだよ>一星球」
三星球 「ま、ジョルジュ吊りで問題はないんじゃないかな
すくなくとも噛まれてないのは真見辛い」
ピカチュウ 「というか、昨日の時点でジョルジュ&その結果に手出しするつもりが無かった。
だからひたぎ吊りも避けたかったわけだが……投票者にいるよな」
天龍 「狂人吊ってる余裕ねぇのにそういうこというの? >天子」
一星球 「だってジョルジュって狂人か占いかだろ?>チルノ」
冷泉麻子 「天子に関しては明日でもいい。
てか明日はもうFOの時期だと思うぞ」
ジョルジュ 「ぶっちゃけ死体問題が俺真だと解決しない以上
俺夢自体は納得せざるを得ないのよ現状」
天子 「奇数なのに?」
ピカチュウ 「ジョルジュ俺視点狂人だから先に天子のCOが聞きたい。
言わないなら今吊る」
上級チルノ 「奇数だぞ>一星球」
一星球 「この村で狂人目を積極的につるってどうなの」
聖杯 「今日はジョルジュ吊すけど
天子がなんであれ、今日COして欲しい所なんだが?
ハッキリいってしまえば魂の占いであってもCOして、なんなら噛まれた方が理解が出来る」
天子 「明日 言います」
ピカチュウ 「狂人よりはありえそうな人外。」
天龍 「残しとく理由もないけど少なくとも素直にはいそうですかとは俺は言えねぇぜ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
ジョルジュ5 票投票先 →冷泉麻子
三星球0 票投票先 →ジョルジュ
冷泉麻子1 票投票先 →ジョルジュ
聖杯0 票投票先 →ジョルジュ
天龍0 票投票先 →天子
一星球0 票投票先 →天子
天子3 票投票先 →ジョルジュ
上級チルノ0 票投票先 →ジョルジュ
ピカチュウ0 票投票先 →天子
ジョルジュ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
天龍 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルジュさんの遺言 占い表記 天龍○>戦場ヶ原ひたぎ●>冷泉麻子○


初日夜 天龍
逆にジョルジュがこの村において
この世界水準越えボディを占わなかった場合
囲いたかったから無理に主張してるんじゃねとか言われかねないとこあると思うの
まぁ本能のまま占うけれど

二日目夜 戦場ヶ原ひたぎ
難しい盤面だが、ひたぎ行こうか。
ここはとにかく旅の神にまとわりつくことで発言を担保している位置。
…あんまり触れたくはなかったんだが、神が蝙蝠COと思しき何かをしている都合上
その行動は一切触っても害も益もない場所と絡むことで時間と発言を稼いでいる感じがあるんだよな。
それで票を完全に逃げ切るというのは、流石に調査案件だ。

三日目夜 冷泉麻子
さて、今日は冷泉を見ておこうか。
ここは俺を切り捨てるのと並行で●のCOを改めようとした場所。
完全灰からこれをやるとなると、誰が真に見られて誰が狼に見られて
誰が吊られようが自分には一切害が及ばない、という動きに見えてくる。
ここの中身を確認する価値は十二分にあるはずだ。
天龍さんの遺言 ただの村人表記だぜー。変なのついてないといいんだけどなー。
現状未亡人・幻視者は否定。素の村人だったりすんのかねぇ。

なー、天子を残して狂人吊る余裕がどこにあったんだよほんと。
ひたぎ投票してかつジョルジュ投票した三星球辺り俺すげぇ吊りてぇんだけど。
吊られない方向で動いてそうだし、昨日のピカチュウとジョルジュの対立で
すげぇ変な予想立ててるしでちょっと信用できねぇんだけど。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
上級チルノ 「よろ」
三星球 「おはちん
まあ、ひたぎ吊ったこと自体もジョルジュ真見てというより
ひたぎがCO渋るのがちょっと村見れないって理屈だしなあ
そしてもっそい減る遠吠え…ちな相方初日ね
まあ、天子は明日って言うからにはいいCOがあると期待してるよ?」
天子 「猟師CO

九星球 狩り殺し>一星球>三星球」
天子 「猟師CO

九星球 狩り殺し>一星球>三星球

初日
佐々木小次郎投票者に便乗がいるでしょ?
その中で朝一発言が暑かった位置でも護衛するかなって。
薄い位置は狼ありそうだし。狐ではない気がする

二日目
ジョルジュの○は護衛する意味ないしー。
グレー続行。っていうかこれCOしたくないの仕方ないじゃない。
似てるので一星球 ここも佐々木投票位置だから

この護衛理由って占いだとクソみたいだよね。
どこでも対応できて書き換え可能だし

三日目
じゃあ狩り殺し狙い。どう考えても逆呪殺疑いなんて貼れるわけないんだから。
ピカチュウ守るなら昨日COするわよっての。狩り殺しで証明するしかない。

三星球護衛、一発ツモ狙いますよっての」
聖杯 「◇ジョルジュ 「…それ、即急に俺夢として盤面を立て直さねばならないってことでいいんだよな…>●から蝙蝠遺言&俺嘘つき主張

正直旅の神のあれはじゃぁなんだったんだろうという気持ちがあるんだが。」

ジョルジュの結果が嘘つき自体はそうだと思うよ
人狼が蝙蝠遺言を残せた、ってここで主張できないのなら
嘘つき結果が出るナニカであると殆ど肯定しているようなものなので。
まーだからピカチュウが真かっていうと別問題だけど」
上級チルノ 「夢占いですらなかったらしい」
一星球 「おはすん」
冷泉麻子 「おはようだ。
ピカチュウは村でいいと思う。天子に関しては潜毒だったらうれしいなとは思うが。
ジョルジュ吊った理由としては見積もったとしても占い2が限度であると思う
よって人外は1と蝙蝠1逝き。他にも人外生きてる場合はどうしようもないしな」
ピカチュウ 「精神鑑定士CO 天龍は正常だったよ」
三星球 「ああ、そういう主張ね」
聖杯 「グッバイ天子、フォーエヴァー天子。」
天子 「はいちゃんと出した。」
ピカチュウ
4日目夜:天龍は正常
現状、今一番信用出来るのは死体からだが○出てる天龍だろう
なら困るのはそこが狂人だった場合。 見つけちまうとほぼほぼ詰む気がするが
正常なら指揮役にはしたい。 そう思ってるな。」
一星球 「まぁ絶対そういう主張になるんだろうなとは思っていたが」
天子 「ピカチュウ護衛するなら昨日CO渋った意味がないから。」
三星球 「いや、そういうCOしか出る気はしなかったけれども
○護衛するべきじゃね?」
聖杯 「昨日COしないで灰護衛するというのなら
そういうことで良いと思われるので。」
ピカチュウ 「ふぅん……」
冷泉麻子 「全く信用できないな>猟師主張」
上級チルノ 「あっさり騙り断定している者が多い中であたいはわりと悩ましいが」
冷泉麻子 「というか昨日COしていいぞそれは」
ピカチュウ 「FOで良いと思うがどうだ? 天子に関しちゃ明日死んでたら信用するってことで」
三星球 「ジョルジュ護衛したくないのはわかる
ピカチュウも嫌なのもまあ、呪系とか言ってるからわからんでもない
でも天龍護衛しようぜ…」
聖杯 「んでピカチュウの鑑定先も決まった気配するんだけど
それでもFOでいい気もする。
なお俺はもっとも同表記が多い奴だったりするのでこっちもあり。」
天子 「昨日の提案もジョルジュ狂人なら狩り殺し狙う宣言して信者だとしてもアレだからで○吊り提案しようかなとも思ったけど……ってアレだし」
一星球 「ぶっちゃけ天子吊りでいいと思うは継続
というか狩人系で狩り主張なら素直に昨日COしてでいいと思うとしか」
ピカチュウ 「ほぼ明日死ぬのは俺だと思うんでね。この中だと
他狩り? いらんよ 今奇数だ。」
三星球 「まあ、朝一でも言ってるけど >相方初日
夢共有者」
聖杯 「凄いハッキリ気になるのが
ピカチュウは明日吊って欲しいからそれを言っているの?」
一星球 「西行法師CO 
ドラゴンボールらしく蘇生パワー発揮できるけど
所詮球1個じゃこの程度(基本成功率15%)よ
基本100%として7で割ると14~15%だしなんかぴったしじゃね?

うん、人形いないな・・・15%のままだな・・・

蘇生先まとめ
佐々木小次郎>九星球>旅の神

2日目 蘇生先:佐々木小次郎 
うんまぁ自分で投票したところ蘇生するとかなんかあれだけど
自分の存在証明と夜奇数だから1復活で吊り増えるし・・・ということで

3日目 蘇生先:九星球
(遺言を見て頭を抱える)
どれ蘇生すればいいんだよォ!?
もう知らんぞ!俺は球の絆を信じるからなあああああああ

4日目 蘇生先:旅の神
まぁ九星球が呪い返し食らったっていうのが一番有力だと思うんだけど
一応かられ死とかもありえる以上は
ほぼ確実に噛まれ死んだと思われる旅の神に蘇生どーんで
その遺言で狂人とかもないだろ・・・?(震え声」
天子 「明日死んでたらっていうのは多分アレよね。ピカチュウ護衛しろっていう暗喩でしょっていう」
上級チルノ 「村人表記CO 何も無し」
冷泉麻子 「昨日COしない意味が見いだせない>上級チルノ
潜毒CO持ってると思ってたから、明日に回そうと思ってたし」
ピカチュウ 「そりゃ俺は明日死ぬだろうよ 噛まれで
ここからグレー噛みがあるか? 身代わりになれつってるのさ
生きてたら天子吊りを動かさんともな>聖杯」
冷泉麻子 「巫女CO わりと天子とジョルジュが引き分けになりそうで怖かった」
一星球 「全く成功しない西行法師です・・・」
聖杯 「俺としては猟師でも潜毒でも夜雀でも
生きて真証明できないのであれば吊すわってスタンスでしかないので……。」
冷泉麻子 「蝕可能性が未だについてるのがな…」
上級チルノ 「上級西行なら成功するはずだ」
一星球 「球1個分しかないのぉ!>チルノ」
上級チルノ 「だから明日朝までには成功させるように」
聖杯 「>ピカチュウ
昨日今日とその手のひらを返している姿が
まったく信用できないと言えばわかるのか?」
ピカチュウ 「じゃあCOしてないから聖杯な」
一星球 「やめろぉ!」
聖杯 「してるわ>CO」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
冷泉麻子 はショック死しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 4 回目)
5 日目 (1 回目)
三星球0 票投票先 →天子
冷泉麻子0 票投票先 →上級チルノ
聖杯3 票投票先 →天子
一星球0 票投票先 →天子
天子3 票投票先 →聖杯
上級チルノ1 票投票先 →聖杯
ピカチュウ0 票投票先 →聖杯
5 日目 (2 回目)
三星球0 票投票先 →天子
聖杯3 票投票先 →天子
一星球0 票投票先 →天子
天子3 票投票先 →聖杯
上級チルノ0 票投票先 →聖杯
ピカチュウ0 票投票先 →聖杯
5 日目 (3 回目)
三星球0 票投票先 →天子
聖杯3 票投票先 →天子
一星球0 票投票先 →天子
天子3 票投票先 →聖杯
上級チルノ0 票投票先 →聖杯
ピカチュウ0 票投票先 →聖杯
5 日目 (4 回目)
三星球0 票投票先 →天子
聖杯3 票投票先 →天子
一星球0 票投票先 →天子
天子3 票投票先 →聖杯
上級チルノ0 票投票先 →聖杯
ピカチュウ0 票投票先 →聖杯
冷泉麻子 はショック死しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
冷泉麻子さんの遺言
            / // / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ ハ : \
            /: : /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :Ⅵ: : : :ヽ
         / : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : ヽ : : |: : : : ∧
.       .′: :/ : : 〈: : : : :{: : : : : : : : : : : ハ: : : : ヽ : : : : :∨ } : : : : ∧
       {: : : :{: : : : :\: :八: : : : : : : : : : : : {: : : : : ハ : : : : :∨: : : : : : :}
       { : : 人: : : : : : :ト: : \ : : : : : : : : : |、: : : :|: :{: : : : : :|: : : : : : : :
       ∨: : : :\: : ̄丁\: :大ト、: : : : : : {斗七:{ 大¨ ̄ : } : : : : : : ;
.        ∨ : : : : \: : {  \: :\: : : : : | \{\: \ : /: : : /: : イ     巫女CO
          ∨: : : : : ∧ 孑芹芋芯{` 、 : :| 芹芋芯气У: : : /: : /:
         ∨: : : : : ∧ ∨r'こソ   \:{ ∨r'こソ /: : : :/: : /: |    蝕可能性があるのが嫌なところだ
             ∨: :\ : ∧                 /: : :/: : /: : |
            ∨ : : \: :ゝ、      '           /: :/: : / : :| |
           |\: : : :`ーヘ    _ _        厶イ : :/: : : : | |
           |: : :\: : : : {>            イ{ : / /:::| : : : : ! !
           , : : : : :}\: 人'´/_}> __,.. </\::}: :イ:::::::::|::: : : ||
             厶斗< ̄ `ーヘ{´.       /ヽ}彡ヘ |::::::::::!:: : : : ||
        /⌒ヽ        {         /  /   \:::::::|:: : : : ||
       /    ∨       { ̄ヽ      /      \:|:: : : : ||
.      /       ∨      {     ´ ̄ /          \: : : ||
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2016/01/30 (Sat) 17:15:00
三星球 「お疲れ様」
天子 「セーフ(小声」
旅の神 「お疲れ様。」
四星球GM 「おつかれさま」
聖杯 「お疲れ」
戦場ヶ原ひたぎ 「優しい世界」
九星球 「乙っと」
上級チルノ 「おつ」
一星球 「お疲れ」
ジョルジュ 「狂人としても狂人目を吊るのか、という気持ちはあった」
佐々木小次郎 「一星>悪いけど、よく考えてくれ。
天子が九星の死因を持っていて、ピカチュウ真でジョルジュ狂人読みで吊ってるんだから、
天子呪いだけは絶対にありえない。
・・・ってあれ?」
フランドール 「お疲れさまよー」
冷泉麻子 「おつかれさまだ」
三星球 「んー、聖杯に入れてもちと厳しいか」
旅の神 「俺やってたら狐勝ちだった案件でしたとさ。」
天子 「正直ジョルジュ真だと思ってたゾ」
ピカチュウ 「疲れる。 お疲れ。」
フランドール 「べろべろばー!」
天龍 「おーお疲れさま」
九星球 「うんまあ佐々木真だわな」
聖杯 「やは管。」
四星球GM 「呪いでも暗殺でもなく毒噛みだったのであった」
天子 「管主張は正直レアケだから厳しいと思った。」
ジョルジュ 「お疲れさまでした。
フランが管狐ね、なかなか盲点な状況だった」
冷泉麻子 「割とカオスな展開だな…」
一星球 「この毒死である」
佐々木小次郎 「◇三星球 [狼] (N系◇pjojRlX5pw)(人狼) 「組織先の優先准は入村の遅い順に
何もなければ佐々木に票を集めよう!」


俺死亡原因これか!!」
旅の神 「佐々木真三星球殺そうまでは良いけど天子非狼は確定で見てたから狐は辛ひ。」
戦場ヶ原ひたぎ 「管狐噛みで両方占い遺言は知らない子ねえ(すっとぼけ)」
ピカチュウ 「あそこでジョルジュ吊りに言ってる時点で、というより
ひたぎ吊りに動いてる時点で流れがもう人外臭くてどうしようもなかった。」
三星球 「聖杯に入れて勝負に臨んでもよかったかなーこりゃ
どうせ西行は護衛制限あっしなあ」
聖杯 「丸一日かけて超過時間にやっと気がついた>フランが毒人外の可能性」
フランドール 「三星投票が響いたのかしら」
九星球 「まあでも組織外しても2票は入ってるからなあ >佐々木」
冷泉麻子 「まあササッキー吊れるのは不思議だったからなあ」
上級チルノ 「狐と狼を同時に屠る管狐という役職の恐ろしさよ」
旅の神 「ジョルジュ即吊りで良かったかなぁ、でもな~。」
ジョルジュ 「まぁお疲れさまでした。
動いた場合、動かなかった場合。果たしてどうなったかは難しいものがあるな。」
ピカチュウ 「で、聖杯やっぱCOしてないから吊りに行った。それだけさ」
聖杯 「積極的に吊したい所もなかったんんで>佐々木投票」
冷泉麻子 「天子狐見てたけど噛ませようと思ってた>ジョルジュ吊りの真相」
佐々木小次郎 「どっちみち村2は票くらっていたが・・・」
天子 「一応村人表記らしき発言だったけど。」
三星球 「それで天子吊って、チルノ噛めば勝ちか
んー厳しい」
旅の神 「組織は見えた、内訳も見た、三星球は殺す、しかし俺が死ぬ。」
天子 「見つけるのに時間かかりますよ」
フランドール 「ジョルジュ自体は吊っても十分だとは思ったけど、
ひたぎさん吊るのがむしろ驚いたかも」
佐々木小次郎 「初日誤爆遺言出しそうだったけど、出したほうがよかったとはなぁ・・・」
ピカチュウ 「ちゃんとCOしてないならそりゃCOじゃない。
大声も無かったしな FOってのはそういうもんだろう 匂わせるのは人外の
する真似さ」
天子 「ジョルジュ先吊りが正解とは多まげたなぁ
四星球GM 「ああいう形の●が吊られるのはよくあるんだよなー」
聖杯 「>三星球
西行って護衛制限なんで
蘇生を防ぐ意味でもそこ噛みで終了」
一星球 「引き分けから聖杯投票ぐらいは考えたけど
蝕巫女が吹っ飛んだ以上様子見なんかできねえ!ってことで天子継続」
三星球 「日和っちまったな、残念」
ジョルジュ 「主張上狼が二人見えてるんで投票したけど
あそこまで天子と俺とが張り合うなら
割と狐目だった天子を吊り殺しに行くべきだったなぁ、と。」
天龍 「んじゃ村立て同村ありがとなっと。お先に失礼するぜぇ。」
フランドール 「吊れるかもなあとは思ってぐっと堪えた。>佐々木さん
でも2票だけで他は組織票だったのね。」
天子 「ジョルジュ非狼非狐見えてたから狐視点では全力●吊り」
九星球 「天子 天龍死亡の次点で逝ってよし
ジョルジュ うーん、微妙 状況が
ひたぎ 災難だったで賞」
戦場ヶ原ひたぎ 「違和感しかなかったけど
チルノ-一星球+3Wで九星球が毒で吹っ飛んでるとまあなかった事になったわ>佐々木吊り」
冷泉麻子 「ひたぎはどう考えても蝙蝠OR狐だったしな…>CO渋りのタイミング的に
ジョルジュ信用できなかったからガンガン吊りに狙ってた」
聖杯 「大声でも普通声でもあそこで重要職COが出るわけねーしなぁ(適当)」
天子 「錬金術士が毒を見つけてくれればこんな頑張る必要もなかったのになぁ~」
上級チルノ 「皆おつ 村立て感謝」
聖杯 「じゃお疲れさま」
旅の神 「そこで問題が発生するはする。>天龍死亡」
佐々木小次郎 「ずっと霊界で九星獏nやられた夢で獏位置はピカチュウかジョルジュだとばっかり思っていたぞ。

チルノと一星は投票理由あるか?
正直そこまで投票食らう発言傾向じゃなかったと思うんだが・・・」
四星球GM 「それじゃあおつかれ」
戦場ヶ原ひたぎ 「じゃあお疲れ様 村建てはありがとう」
九星球 「それは言うのは酷ってもんだ >天子」
旅の神 「うっかり人外見付けちゃったからな~。^^」
佐々木小次郎 「俺目線狼全然死んでないのに夜が来るからもともと狼が少ないとは思っていたが、
毒死あるとはなぁ・・・」
ピカチュウ 「ジョルジュはかばったんじゃない。 狂人を吊ってる暇がないから
無視に走っただけだよ あの段階なら狂人無視しても
人外狙ってけばどうとでもなる。」
一星球 「>佐々木
◇佐々木小次郎「人形特攻の一つや2つあるとは思ったが、ないのならばそれでいい。」
これだったな。」
フランドール 「村は聖杯さん先吊りだと勝ちの可能性あったわね。
吊り縄が足りない、絶望村だ!なんて言ってたのに、
占い師まで吊ってなお勝ち目あったのってたいしたものじゃないかしら!」
九星球 「まあ朝来てたら投票理由になるくらいには迂闊だったよなそれ
告発恐れた紅人外かテメーって >一星球」
佐々木小次郎 「ピカ>ジョルジュ吊ってなくて保護したらそれはそれでPP.
狐質上等でジョルジュ釣りでいいよ。」
旅の神 「のどのつかえが少し取れて多少軽やかになりましたね……。
じゃ、お疲れ様でしたん。」
一星球 「今回俺西行法師で人形使いで、人形特攻うんぬん言われてなんか胡散臭く感じた
割と朝一人形告発あるかなー?と待機していただけに」
天子 「その代わり狼陣営じゃなくて妖狐陣営吊る可能性もあるよねって」
三星球 「それではおつかれさまー」
九星球 「ジョルジュ吊り自体はそれはそれであってしかるべきだろうな
狼陣営ってだけで吊る意味はある」
佐々木小次郎 「一星>白人外5いる村だぞ。それぐらいあってもおかしくはないさ。」
フランドール 「>天子
あ、でもだけど、死因提示するんだったら、
九星じゃなくて私で死因出したほうが良かったかもしれないよ!」
ピカチュウ 「見えてる狂人吊るくらいなら先にありそうな人外吊ってくくらいで
攻めていかないと勝てんだろうこの村。 あそこで狂人吊ってりゃ
勝てたなんて村は俺は知らないね。」
天子 「でも狐が人形COするかもっていうのは紅がいるって発想だとは思うけどどうだろう」
九星球 「偶数ならそれは考慮してもいいかもしれんがあの場は奇数
なら原則論外だ >ピカチュウ」
ピカチュウ 「勝敗に関わる人外なら吊った所でデメリットは無いさ。 相変わらずジョルジュを無視して次の日FO予定は変わらなかったからな。」
佐々木小次郎 「一星>そりゃそうもなるか、納得。
ただ俺紅でこんなこと言わんし、俺自体が傀儡の可能性あるぞ。」
天子 「その見えてる人外より見えてない人外を吊ろうって発想は」
天子 「自分が噛まれて指揮が取れなくなる。っていうのが念頭に有るとは思うけど」
ピカチュウ 「そういうセオリーは悪いが知らないんだ>九」
天子 「結局天子→ジョルジュ吊りもジョルジュ→天子吊りも変わらないのなら。
狂人から吊ろうぜって主張になる。ジョルジュ吊って私吊らない未来が合った?」
九星球 「投票が答えだろうなその辺は >天子
つまりまず無い」
冷泉麻子 「ではおつかれさまだ
チルノが村人に見えなかったから票してしまったが
素直に聖杯吊ればよかったな…」
フランドール 「私はどちらが先でも良いとは思ったけど、
どっちかって言うと見えてる人外のジョルジュ先吊りが好みかなあ」
フランドール 「それじゃあ私もそろそろ帰るわね。みんなお疲れさま!」
ピカチュウ 「ま、どのみち結果論さ。ひたぎ吊れてる時点で村不利にゃ変わりが
無かったというわけだ。 お疲れ。」
佐々木小次郎 「ピカ>ひたぎ釣った日に死んでる村俺だけだからそこまで不利でもないぞ。

おつかれさま。」
佐々木小次郎 「狂人どうのこうのに話だけど、なあなあで蝙蝠残しで負けとかもあるし、狼陣営割り切るなら吊らんといけないと思う。」
九星球 「基本見えてる人外残せるのは他ケアの場合と吊り数の余裕の問題だからあねえ
見えてる人外は今回は吊っていかなきゃだめだろうね んじゃまた」