←戻る
【雛3984】やる夫達の希望制超闇鍋村 [4646番地]
~今日はニートの日~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 角砂糖GM
(生存中)
icon 折原九瑠璃
(生存中)
icon ニート
(生存中)
icon 松野十四松
(生存中)
icon ランサー
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 松野一松
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon ヤ・シュトラ
(生存中)
icon チビ太
(生存中)
icon 松野チョロ松
(生存中)
icon 松野おそ松
(生存中)
icon コンバイン
(生存中)
icon 松野カラ松
(生存中)
icon 若松博隆
(生存中)
icon 松野トド松
(生存中)
icon シールダー
(生存中)
icon GUMI
(生存中)
icon 市松こひな
(生存中)
icon バッツ
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon 綾崎ハヤテ
(生存中)
村作成:2016/02/10 (Wed) 22:34:57
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば

 占いCOする時はよく考えましょう

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません


占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意


占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)

 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります


”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です

 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります

 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

自分の役職はちゃんと確かめよう!

 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!

 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ

 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!

 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。

 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます

 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ

 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください」
GM 「【ローカルルール】
・AAは自由
・初日に対する投票の制限なし
・村人騙りは自己責任で
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。
・超過前噛みは完全禁止。
・巫女陣営は突然死に対しても通常のショック死と同様の対応をすること
・その他基本的なマナーは守りましょう」
GM 「23:00開始で
報告行ってきます、入村どうぞ」
kari が幻想入りしました
kari 「こんばんは」
ニート が幻想入りしました
ニート 「よろしく」
GM 「一応突然死に関しての裁定もローカルルールに入れてみました
適用されないのが一番なんですけどね
GMはRP探してきますので反応遅れるかもしれません」
GM 「いらっしゃいませ」
ニート 「働くということの何たるかを知らない若者が増えた
1000年前じゃ考えられない事だわ、嘆かわしい・・・」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3708 (笹塚英士)」
GM 「おおう、事故事故」
三日月宗近 が幻想入りしました
三日月宗近 「よろしく頼むぞ」
ニート 「ん?」
ニート 「巫女陣営じゃなくて、巫女系統じゃない?」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 角砂糖GM
アイコン:No. 3708 (笹塚英士) → No. 9245 (諏訪キューブ)」
角砂糖GM 「(・・・あ、そうだわ。まぁニュアンスは伝わるだろうから今回はこのまま) >ニート」
角砂糖GM 「(三日月いらっしゃい)」
ニート 「どの陣営が最強か考えた

上海人形陣営が・・・内戦勃発してた」
三日月宗近 「ふとよそ見をしておったら砂糖がしゃべっておったとは、実に面妖な」
角砂糖GM 「(原作では元は人間だったんだよ 訳あって立方体型になっただけだ) >三日月」
三日月宗近 「あなや…… >GM」
角砂糖GM 「(上海人形陣営内線・・・玩具姫どうすんだ) >ニート」
ランサー が幻想入りしました
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
やる夫 が幻想入りしました
やる夫 「  〈 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   ヾ  ヽ        ( ̄ノ ┌‐<
  (,,ノ    ,二、  \ 〉 〉 ,´  )
    |    (⌒Y⌒)  |`ー '\_/
   \   .(-) (-)./
     \   ヽ ´/
       ̄ ̄ ̄」
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
ランサー 「最近ネオサイタマの上空で黄金に輝いてないか?>立方体」
三日月宗近 「(おぬしランサーじゃなくてキャスターではないのかと主がせっついておるのだがどういうことだ?)」
松野一松 が幻想入りしました
松野一松 「みんなよくやるよね、まわりに合わせてさ。」
松野一松 「友達?仲間?」
でっていう が幻想入りしました
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
松野一松 「俺には一生いらない。必要ない」
ランサー 「集団戦で最強ならあるいは出題者なのかもしれん」
でっていう 「でっていうwwwww」
角砂糖GM 「(すまん、元ネタがわからねぇ) >ランサー」
ランサー 「一松>友達は要らない。人間強度が下がるから
とか言った奴がいてだな」
ニート 「・・・はっ、吸血鬼陣営・・・仲間がわかると大変な事になる」
松野一松 「へえ、僕と似てるねそいつ>ランサー」
三日月宗近 「(おそ松さんアイコンそういえばあったな……)」
やる夫 「  〈 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   ヾ  ヽ        ( ̄ノ ┌‐<
  (,,ノ    ,二、  \ 〉 〉 ,´  )
    |    (⌒Y⌒)  |`ー '\_/
   \   .(-) (-)./
     \   ヽ ´/    もうそういうの考えるのすらどーでもよくなったお……>一松
       ̄ ̄ ̄」
ヤ・シュトラ が幻想入りしました
ランサー 「宗近>耐久高いし信仰の加護があるからランサーで間違いない」
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
三日月宗近 「そういうものか……ちょっと主に伝えてくるか >ランサー」
松野一松 「そうか、それじゃあ君も僕と同じだね
何をする気も考える気も何もない燃えないゴミ>やる夫」
ランサー 「ニンジャスレイヤーというヒドイ小説があるのだ>GM」
やる夫 「働いてもどうせ無駄だし……
人間関係とか頑張ってもアレだお……どうせやる夫には関係ないから……」
ヤ・シュトラ 「(こいつ…直接脳内に…!)」
三日月宗近 「三日月宗近 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:三日月宗近 → 十四松
アイコン:No. 8789 (三日月宗近) → No. 9604 (松野十四松)」
十四松 「どぅーーーん!!」
角砂糖GM 「(ああ、名前だけは聞いたことあるわ。今度読んでみる) >ランサー」
チビ太 が幻想入りしました
やる夫 「  〈 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   ヾ  ヽ        ( ̄ノ ┌‐<
  (,,ノ    ,二、  \ 〉 〉 ,´  )
    |    (⌒Y⌒)  |`ー '\_/
   \   .(-) (-)./
     \   ヽ ´/    ゴミの方がまだワンチャン、リサイクルできるから……
       ̄ ̄ ̄」
松野一松 「そうさ、働いてもなにやっても意味ないよ
どうせこの世は決まってる、金持ちだけが得をする狂った社会なんだから」
角砂糖GM 「(声が出せないからな、仕方ない) >ヤ・シュトラ」
十四松 「一松兄さんの臭いしたからこっちきたら、チビ太がすっげーことになってる!!すっげー!!」
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
松野一松 「リサイクルか…僕もリサイクルされるのかな」
チビ太
           ,;::――::;;、
          .i''     ..i
          |:::>__v___<|   ガラッ(壁を壊しながら
         ..,|/ィoァノ..|::oェ|1
         {9||:|:|:|::::ム::||||.|
         .L||:::Vノ=::||.|
         ...||ェ/ェェェェ'L::|
   ...._____:ノ//゙ー'''~|i\___
  /.. 、、、、  ___|:______ノ____     \
 ̄ ̄ ̄JJJJ ̄.|.|..i.i.i.......i.i.i..|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ..|.|~i~~~~~~i~|.|
         ..|.|...|   ..|..|.|」
やる夫 「やる夫がいなくても世界は回るし……
やる夫がいてもやることないし……」
松野チョロ松 が幻想入りしました
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
十四松 「なに?!兄さんリサイクルされんの?!」
松野チョロ松 「よろしく」
角砂糖GM 「(そろそろ時間だから準備を頼むぜ)」
ニート 「私が居なくても世界は回り続ける
つまり世界は、私が働かない事を認めている」
松野一松 「つくづく僕と君は似てるね>やる夫
その無気力さ、ホントそっくりだ」
十四松 「チョロ松兄さんだー!うーっす!」
松野チョロ松 「またチビ太が大きくなってる!?
けどアソコはスモールだ!」
松野一松 「松野一松 さんが登録情報を変更しました。」
やる夫 「それに比べりゃ女子にキャーキャー言われるオメーらの方がよっぽど価値有りじゃねぇかお>一松
別にいいけど……」
松野チョロ松 「十四松、今日も元気だな・・・」
松野一松 「あるところに一人人気者の男がいました
その男は誰からも好かれ、誰からも頼られる優しい男でした」
松野おそ松 が幻想入りしました
十四松 「十四松 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:十四松 → 松野十四松」
やる夫 「もうやる夫は女子とかそういうのもいいから……」
松野おそ松 「いやー、諸君。
実に働きたくないものだねー」
松野一松 「あるところに一人嫌われ者の男がいました
その男は誰にも必要とされず、誰にも好かれない男でした」
チビ太 「ケケ、つまりやる夫はホモ?」
松野一松 「働いたところで意味ないし>兄さん」
角砂糖GM 「(いらっしゃい)」
松野チョロ松 「就活くらいしろよニートの元締め!>おそ松兄さん」
松野おそ松 「で・だ

なーんで、こんな面白そうなことをお兄ちゃんに黙ってしようとしているのかなー?んー?」
コンバイン が幻想入りしました
やる夫 「男子も興味ねぇから……全部どうでもいいお……」
松野十四松 「俺!元気!今日も頑張りマッスルマッスルー!ハッスルハッスルー! >チョロ松」
松野カラ松 が幻想入りしました
若松博隆 が幻想入りしました
コンバイン 「よろしく」
チビ太 「なんだつまりケモナーか」
松野トド松 が幻想入りしました
若松博隆 「こんばんはー」
松野カラ松 「ふっ……」
やる夫 「やる夫 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 431 (やる夫) → No. 5776 (やる夫5)」
松野十四松 「おそ松にいさんも来たー!すっげー!たのしー!!」
シールダー が幻想入りしました
松野トド松 「やあ、兄さんたち
もうみんなそろってたんだね」
GUMI が幻想入りしました
角砂糖GM 「(時間だから投票確認してカウントしてくれ) >やる夫」
市松こひな が幻想入りしました
松野おそ松 「おう、知ってるんだからな!
ハロワに行くーとかいいながらコッソリ、あの、えーっと、レイカのところにいっているってことくらい!>チョロ松」
シールダー 「お願いします」
松野一松 「二人の男は同じ日の同じ夜に死に」
GUMI 「やっはろー」
やる夫 「涅槃が見えるお……」
松野カラ松 「松野カラ松 さんが登録情報を変更しました。」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → デュラララ!!
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9786 (折原九瑠璃)」
角砂糖GM 「(一気に増えたな、いらっしゃい)」
市松こひな 「よろしく」
松野十四松 「カラ松兄さんもトド松も来てた!!!!なにこれやきうできんの?!」
でっていう 「イグノーベル賞とか見てると結構楽しいなぁっていうwwww」
松野チョロ松 「6人揃ったね
またカオスになるんだろうな・・・」
松野一松 「次の日がやって来ました」
松野トド松 「松野トド松 さんが登録情報を変更しました。」
デュラララ!! 「デュラララ!! さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:デュラララ!! → 折原九瑠璃」
バッツ が幻想入りしました
やる夫 「えぇー……やる夫が……?>GM」
大妖精 が幻想入りしました
綾崎ハヤテ が幻想入りしました
バッツ 「良し!いっちょよろしくな!」
折原九瑠璃 「宜」
松野一松 「ようクソ松、お前初日の代わりに死ねよ」
松野おそ松 「おう、カラ松にトドマツも来たか!
いやー、ちょっと聞いてよー、あのシコ松がさー」
松野トド松 「あはは、楽しくなると良いね>チョロ松兄さん」
でっていう 「あ、おっぱい揉ませてくださいっていうwwwwww>シールダー、GUMI」
綾崎ハヤテ 「こんばんみ」
若松博隆 「フォウ君走ってるなあ…(FGO」
折原九瑠璃 「許?(カウントしていい?)」
バッツ 「バッツ さんが登録情報を変更しました。」
松野チョロ松 「ヤメろぉ!?>おそ松」
角砂糖GM 「(あ、すまん見間違えた 折原頼むわ)」
大妖精 「つい3分前までは15人くらいだったのにね」
松野カラ松 「えぇ……>一松
いきなり兄貴にそれはなくない!?」
折原九瑠璃 「始」
折原九瑠璃 「五」
でっていう 「角砂糖の中の人の目はボロボロ・・・っていうwwwwwww」
松野十四松 「すっげー!!楽しー!!人がいっぱいいる!!」
折原九瑠璃 「四」
松野一松 「分かる?どんなに必要とされる人間が死んでも
誰からも必要とされない人間が死んでも次の日はやってくるんだ」
角砂糖GM 「(ランサー投票頼むぜ)」
シールダー 「マスターが海軍帽子被ってどこかに行ってしまいました…」
大妖精 「大妖精 さんが登録情報を変更しました。」
折原九瑠璃 「三」
折原九瑠璃 「二」
角砂糖GM 「(あ、完了してたなすまん)」
松野おそ松 「はっはっはー!お兄ちゃんを舐めるんじゃないぞ!
お兄ちゃんはお前らの事ならなんでもしってるからな!>チョロ松」
松野一松 「何にも何の価値が無いんだよ」
松野一松 「松野一松 さんが登録情報を変更しました。」
折原九瑠璃 「一」
やる夫 「何も求めない……」
若松博隆 「うん、がんばろうかな」
折原九瑠璃 「開」
ゲーム開始:2016/02/10 (Wed) 23:02:18
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆角砂糖GM (GMは目がボロボロな虚数だ みんながんばれ)」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆角砂糖GM (終了後覚えてろwww) >該当者」
角砂糖GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
角砂糖GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
コンバイン 「おはよう
村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
21>19>17>15>13>11>9>7>5>3>
10釣り12人外
釣り足りないよねこれ…
チビ太 「村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
ケケ、7陣営とか闇鍋らしい混沌とした村だなあ
共有?そいつは『転校』しちまったってよ?」
折原九瑠璃 「村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
ケケ、7陣営とか闇鍋らしい混沌とした村だなあ
共有?そいつは『転校』しちまったってよ?」
折原九瑠璃 「春ですよー酷・・・」
大妖精 「おはようございました
第4陣営が多いですね…
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1
吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2」
松野チョロ松 「復讐者系がネタで僕らに指してるとしか思えない(確信

みんな!とりあえずおそ松兄さんを始末しよう!
残したら俺たちの秘密が漏れる!危険だ!>兄弟」
松野おそ松 「いいか、よく聞け。
お兄ちゃんは何だって知っているんだ。」
若松博隆 「おはようございます
村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
……陣営多くない?」
市松こひな 「おはようございます
吊り順が問題になりそうな配役です
狼の数が微妙なので基本は狼を狙っても露出した人外に
容赦する必要はないでしょう」
GUMI 「村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2

狼狐自体はだけれどー
コウモリ決闘QPとめんどくさいのが多いのがカナー
あ、多分決闘は松野兄弟に刺さってると思います(まがお
ではでは、いってみよー」
ニート 「おはよう

共有不在かぁ・・・これは酷いね
決闘陣営もやりたい放題やってくれちゃったって気がする」
やる夫 「自信家CO

『村人陣営』に投票すればショック死をする程度の能力を得たお」
折原九瑠璃 「春ですよー響(山彦CO)」
松野カラ松 「そう、この俺こそが!!

天下無敵の傾奇者だ!!!!」
バッツ 「ジョブチェンジ!傾奇者CO!」
市松こひな 「山彦ですかね?」
松野トド松 「        >f .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
        γ⌒ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',    やあ、みんなおはよう
       〃.::::::::::::::::___,. -─:::::::::::::::::::::─- 、::::::::::::::: !
        | .::::::::::::::::::| /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 77¨   みんな争わずに仲良くいきたいものだけど
        | :::::::::::::::::::|                  ∥/     そうも言ってられないみたいだね
       ', ::::::::::::::: ,′     -、     -     {::,′
       v─‐、:::/  イ三三ミ     彳三三ミ ∨
       /   ∨         γ‐、       ',`ヽ    村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
        { /ヽ    / / 、 、     ' / l ヽヽ , !
        ,  ( 〉                      ∨
       \       、__,,.. -───、-イ    i     QP確定で1交じり確定の第4陣営が多い感じだね
         `ーヘ     \         )ノ    ,′
            丶     丶.,,___,,.. '     /
             丶 .,             イ
          γ⌒ ヽr‐/≧ ─────‐<ヽ‐<⌒ヽ
         /     V__\    rイ─‐、〉:::|    ',
         ,′ \  |:::::::| ∠\  />   l::::::|〃   }
大妖精 「あっ、早速やまびこでしょうか?」
松野一松 「おはよう だれにでも平等に朝は来る
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
…第4陣営多いね、なんか
吠え自体は平凡、囁きも何もなし…普通だね
恋人は噛まれて欲しいかな、ッて感じ
吸血は放置でも良いんじゃないかな、性別吸血だったら死体出るの困るからすぐ死んでほしいけど
決闘は…まあ、これも放置でいいんじゃない>」
チビ太 「山彦かあ? >折原九瑠璃
んで蝙蝠の1は春妖精と」
ヤ・シュトラ 「おはよう。
7陣営いると私の能力も薄そうだわ」
でっていう 「陣営数がすごくて草っていうwwwwww
配置は・・・事故起きる可能性が地味にあるなこれ・・・っていうwww
けっとうじんえいは決闘系ならどうせ松野大戦争だろうなっていうwwwwww」
松野十四松 「おはようございマーッスル!!!!」
松野チョロ松 「妖精の悪戯確認、と」
松野おそ松 「なので、各自昨晩買ったエロ本を提出するように!!>兄弟」
松野カラ松 「あと何か三相女神に天火とウサギ付けられたんで誰か助けてください!!!
へい!ブラザーズ!!!」
ランサー 「一松>中の人は寧ろチョロ松なんだがな
>人間強度が下がる」
綾崎ハヤテ 「春妖精がいるらしい」
折原九瑠璃 「一松>中の人は寧ろチョロ松なんだがな
>人間強度が下がる」
折原九瑠璃 「春ですよー安」
コンバイン 「歌舞伎が2人か
五日目を見るんだっけ?」
松野おそ松 「おうおう、元気な事で」
ニート 「三人にサブが付く新種の決闘に選ばれたわ
どれなのかは、伏せる」
市松こひな 「山彦した内容には妖精のいたずら聞かないんですね初めて知りました」
ヤ・シュトラ 「バッツと決闘させるような決闘者はいなかった、と。
一番有るとしたらその可能性だったのだけど」
松野一松 「妖精の悪戯は今の所一人かな」
でっていう 「あーあれかっていうwwww>決闘系の新職」
GUMI 「んん?えーっと、傾奇2で山彦まではまあいい
自信家ってえーっと、決闘周り?」
折原九瑠璃 「春ですよー怒(妖精、邪魔)」
松野チョロ松 「やまびこはもう確定村でいいよね
さすがに騙りとは思えないし、できないと思う」
綾崎ハヤテ 「傾奇者多すぎ問題」
チビ太 「ケケ、傾奇者2名は相互な?」
バッツ 「三相女神かー
まあそこら辺はそっちに任せる」
シールダー 「おはようございます。
陣営数が多いですね…恋人が人外に付いていればいいのですが」
大妖精 「傾奇者は5日めに判断でしょう
で、自信家…っていましたっけ」
やる夫 「誰が決闘者かは知らないけど……やる夫は何も求めないって言ったのに
与えられちまった以上はしょうがねぇお」
松野おそ松 「頑張れ、カラ松。
お前ならきっとできるってお兄ちゃん応援してるぞ!」
ニート 「他の2人が言うなら出すしかないじゃない
鬼火とゴマすりよ」
松野十四松 「傾奇者!!いっぱいいる!!」
松野おそ松 「それはそうと決闘者が1人確定ってか」
松野トド松 「カラ松兄さんは一松兄さんからもらいなよ(笑)
合法的に殴れるって喜んで入れてくれると思うよ」
コンバイン 「蝙蝠は春要請が1人と」
松野カラ松 「これに関しては俺ももう伏せてたらどうしようもない。
ニートがゴマすりと鬼火だな」
シールダー 「えっと… 色々出ましたね」
松野一松 「じゃあ死ねよ>クソ松」
松野チョロ松 「マジで!?見たことなかったよ!>新種の絵kっとう」
若松博隆 「傾奇覆いな!?>2CO
で、決闘者一つは女神なのか」
綾崎ハヤテ 「三相女神は……その、がんばれとしか言えないです」
ランサー 「まぁ、ぐれらんかこの流れなら」
でっていう 「んで傾奇者と山彦?っていうwwww
配置含みで傾きは証明まで放っときゃいいっていうwwww
山彦に関しては発言しまくれっていうwwwそうすりゃ証明いやでもするだろっていうwwwwwww」
松野チョロ松 「決闘者」
ヤ・シュトラ 「えらくcoがぽんぽんでるというか。
灰が狭くなる程度の感覚かしら。指定はいらないだろうけどするなら折原かしら」
やる夫 「諦めるお>ニート&カラ松

もしも2人が村陣営なら、せいぜいその能力をうまく使うことだお」
GUMI 「ほーほー>三相女神
まーぶっちゃけあれだ、そいつらの中身が村かどうかとか分からんし、適当に放置でサブで皆死んでくれでいいんじゃない?」
松野チョロ松 「なんだこの打ち間違い」
チビ太 「なんかサブが酷いな >新しい決闘職」
松野おそ松 「ただ、カラ松は確か票的にぼっちだと死んじゃうんだろー?

一先ずはばっつと交換でいいんじゃないの?」
コンバイン 「いろいろ引っ付きすぎてわけがわからない」
折原九瑠璃 「春ですよー了 >でっていう」
市松こひな 「三相女神ぃ・・・ あれってどういう対策すればいいのかよくわかりません
山彦に投げます  まあ2、3日たったらCOさせてそれ次第でいいと思うのですが」
大妖精 「三相女神ってことは決闘枠ですね
サブに関してはこちらからではなんともならないと思いますが…」
松野十四松 「やまびこも覚えた!!自信家がすっごい勢いで吹っ飛んでいきそうだなってのはわかった!!」
松野トド松 「山彦に関しては反響すればいいからそのうちだね」
松野おそ松 「2票同士なんだからお相子ってことでさ」
バッツ 「俺とカラ松で相互って所だな
決闘関連は・・・何か決闘本人まで出てきてるんだが」
やる夫 「やる夫の能力はかなり有能なサブ役職だお>ニート
こいつはちょっとした占い師の代わりにすらなりえるお?」
シールダー 「うんと…サブ付ける女神に傾奇者多い…」
松野一松 「三相女神は兄弟の中にはいない気がするけどね
だって兄弟なら他の3人に刺すはずだし」
綾崎ハヤテ 「ああ、山彦はもう村確定なのでお任せします
朝一で反響してますし」
コンバイン 「まあ共有もいないし役職除いてグレランかな」
GUMI 「ぶっちゃけクッソ色々ついているからめんどくさいんでまーんー
よし、良い事思いついた、COおいてけお前ら」
松野チョロ松 「カラ松兄さん・・・運命は残酷だね(肩に手を置く」
松野カラ松 「俺は【占われると●が出る】【1票も貰えないと死ぬ】だから助けてくれブラザー!!」
ヤ・シュトラ 「歌舞伎になんらかの騙りがいるんじゃない?
両方真の可能性は見ていないわ」
折原九瑠璃 「カラ松兄さん・・・運命は残酷だね(肩に手を置く」
折原九瑠璃 「春ですよー灰(山彦証明はもう終わっている。グレランでいい。)」
松野おそ松 「山彦は既にガンガン反響しているのを確認してるんで、
現時点で指揮するってのなら当然そこだね」
若松博隆 「まあ山彦は基本的に真でいいと思うよ
傾奇に関しては…2POPはあんまり見ないから吊っていいと思う件」
ニート 「>やる夫
いや、うまく使おうと思ったら
鬼火を伏せて人外が○なり投げてくれないとダメだから・・・」
綾崎ハヤテ 「それはそれとして反響した発言に「春ですよー」は付かないんですね
新発見伝」
市松こひな 「傾奇者は待てる配役なので問題ないでしょう」
松野一松 「え、決闘出てきてる?>バッツ

まあ山彦に任せるよ」
松野十四松 「女神いた?!まじで?!」
でっていう 「サブ決闘組は・・・ぶっちゃけゴマすり以外は自然淘汰されてくからそこ以外気にしなくていいと思うっていうwwww
やる夫が自信家らしいのでそこがショック死した場合同陣営になるからそこだけチェックは重要っていうwwwwww」
やる夫 「ヘッ。村陣営にさえ投票しなきゃ生き残れるんだお?>十四松

余裕すぎてあくびが出るお」
シールダー 「共有いないならグレランで良いでしょうか。
サブ付きやCOが多いのでグレーがかなり狭まりますが」
ランサー 「カブキはなぁ
そこ2票人外ならもうどうにもならん」
大妖精 「やる夫の存在がハイリスクハイリターンですねえ
村投票したら自分が死ぬなんて
人外がとても多いのに」
松野おそ松 「ところでさー、ちょっと教えてほしいんだけどー」
チビ太 「ケケ、了解 >グレラン
決闘関連は・・・あー正直把握しきれないので自分で何とかしろー(無責任」
若松博隆 「え、決闘でてるの?」
折原九瑠璃 「春ですよー欲(本当は指定したいんだけど、グレランしたい人のほうがおおいでしょ?)」
綾崎ハヤテ 「グレラン(死刑宣告)」
バッツ 「決闘陣営は吊り縄使わないで殺せるなら殺して良い感あるが
鬼火位置は未だ不明」
ニート 「かわいそうなカラ松・・・私に任せておきなさい
あなたが村だと思ったら助けてあげるわ(にやにや」
松野トド松 「3人選べないからカラ松兄さんだけってのも有るかもしれないけれどね>一松兄さん
これが窮奇とかなら他5人にってのはあるかもだけれど」
松野カラ松 「あ、と言うかバッツと相互票すればいいのか」
GUMI 「いやまあ、さっきもいったけれど、村である保証なんぞないし
占いでの証明も出来ないから運が悪かったねでサクサクっと死ぬ覚悟をするがよい」
松野十四松 「カラ松兄さんはバッツと相互投票すんでしょ?!んじゃ大丈夫なんだよね?!」
松野チョロ松 「だってカラ松兄さんだしなぁ>誰か助けて」
チビ太 「三相女神は決闘系だぜ >十四松」
バッツ 「気づけよ!>カラ松」
大妖精 「ウサギって●が出るんです?」
松野おそ松 「明日からは「やる夫が生きている限りはやる夫が投票した所を釣ればいい」

ってことだよねー?」
でっていう 「票数関連減ってなかったら騙りみえるからアレよっていうwwwww>ランサー
んで今回は位置的にそこまでだからなぁっていうwwww
これが狼陣営8とか9とかだったら日数前に考慮必要だがっていうwwww」
やる夫 「やる夫が万が一にでもショック死したら「村陣営に投票した」ってことだけど
それを信じるか信じないかはお任せするお

少なくとも生き残れば生き残るほど「非村陣営」を見つけることができる
それが今のやる夫の『能力』だお」
シールダー 「カラ松は放置なのですか?
仕方だ無きとは思いますが」
綾崎ハヤテ 「うん、とりあえずサブ役職はよくわからないので相互でなんとかしてください」
GUMI 「そもそもやる夫が村陣営じゃなくて狼陣営とかなら(ry」
折原九瑠璃 「やる夫が万が一にでもショック死したら「村陣営に投票した」ってことだけど
それを信じるか信じないかはお任せするお

少なくとも生き残れば生き残るほど「非村陣営」を見つけることができる
それが今のやる夫の『能力』だお」
折原九瑠璃 「春ですよー思」
ヤ・シュトラ 「どちらかと言うと狼が少ないのでその他陣営をしばらくは狙うところかしら。
●は占いが処理してくれるでしょうし」
松野おそ松 「・・・今更かよ!?>カラ松」
松野カラ松 「バッツ!!!助けてくれ!!お前が俺の女神だ!!!」
若松博隆 「いや、指定したいなら指定していいと思うよ?>折原
余裕がある村でもないわけだし」
コンバイン 「グレランとはいえやることといったら狼や狐に充てるだけだし」
GUMI 「ま」
松野トド松 「出ないはずだよ>●
それは天火サブだからね」
バッツ 「俺は票ずらせって言われない限りはカラ松には投票するけどな」
折原九瑠璃 「春ですよー考(生きてたら明日からは指定するよ。)」
でっていう 「いや、ショック死系サブと特殊占い系サブ付与するんだよっていうwwwww>大妖精」
ランサー 「ヤ·シュトラ>騙りなら騙りで2票持ち以外ないからな
即占うかどうかでしかない」
コンバイン 「指定したいならいいよ>折原」
市松こひな 「それはやる夫が村前提になります>松野おそ松」
GUMI 「それよか傾奇2の方かなーはあるけれど
狼狐が少ない現状なら放置でいいか」
松野一松 「なんでそうなるの>兄さん
まだやる夫が村と決まったわけじゃないでしょ」
松野十四松 「そういうことでいいと思うっス!!おそ松兄さん!!!」
チビ太 「指定したいならってもう今日は遅くね?どっち道よ」
やる夫 「占われたら出る方の結果は確かに使いたいけど>ニート
やる夫の場合はショック死で村に情報が行かないほうが困る、だから出すしかねぇおこの情報」
ニート 「いや、鬼火位置でてるから・・・
三相女神に選ばれたってことだけ言えばよかった
どれなのかは遺言で十分でしょ?」
綾崎ハヤテ 「陣営が散らばりすぎて票がどう動くかも予想できないけど
人生なんて予想できないことの連続なので」
折原九瑠璃 「春ですよー遅」
ヤ・シュトラ 「◇シールダー 「カラ松は放置なのですか?
仕方だ無きとは思いますが」
吊るべきだと思われているならこれから死ぬんでしょ。私は投票するつもりはあまりないけど」
松野おそ松 「そう言う意味では、やる夫に村の一手が掛かっている・・・!

と思ったけど、これ同一陣営なんだよね」
GUMI 「(指定は別にいらない)です」
バッツ 「指定関連は後1分前に言うべきだぞーそう言うのは」
綾崎ハヤテ 「指定は発言見て明日からでいいのでは?死んでなければですが」
折原九瑠璃 「春ですよー次」
シールダー 「うーん…傾奇者が二人とも人外だった場合は面倒そうですね」
松野チョロ松 「男色だったの!?>カラ松兄さん
ちょっとこれからは別の部屋で寝てくれよな!」
松野トド松 「あ、そういえばそうだったね>三相
まだ出始めたばかりで覚えてなかったや」
やる夫 「EXACTLY(その通りです)>おそ松」
松野十四松 「あれ?!ちがうの?!わかった!!!!!」
松野カラ松 「宿敵組は占うなよ?意味無いからな」
松野おそ松 「うん、そう言う訳で「やる夫の処理」をどうするかが問題って感じかな>こひな」
大妖精 「あー、それは厄介ですね
ただ、決闘のサブにわざわざ占う人でもいるのかという話にもなりそうです
>でっていう」
でっていう 「だから天火付きに関しては占っても無駄ってだけっていうwwww
やるならせいぜい星なり魂ってことっていうwwwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニート はショック死しました
2 日目 (1 回目)
折原九瑠璃0 票投票先 →松野おそ松
ニート0 票投票先 →でっていう
松野十四松0 票投票先 →コンバイン
ランサー1 票投票先 →市松こひな
やる夫0 票投票先 →若松博隆
松野一松0 票投票先 →松野おそ松
でっていう1 票投票先 →松野チョロ松
ヤ・シュトラ2 票投票先 →バッツ
チビ太0 票投票先 →コンバイン
松野チョロ松2 票投票先 →シールダー
松野おそ松2 票投票先 →若松博隆
コンバイン2 票投票先 →ヤ・シュトラ
松野カラ松2 票投票先 →バッツ
若松博隆3 票投票先 →バッツ
松野トド松0 票投票先 →ランサー
シールダー1 票投票先 →ヤ・シュトラ
GUMI0 票投票先 →若松博隆
市松こひな1 票投票先 →松野チョロ松
バッツ5 票投票先 →松野カラ松
大妖精0 票投票先 →綾崎ハヤテ
綾崎ハヤテ1 票投票先 →バッツ
ニート はショック死しました
バッツ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆角砂糖GM (昨日2:30超えてたの確認。気をつけてな。) >昼投票」
松野トド松 は無残な負け犬の姿で発見されました
松野一松 は恋人の後を追い自殺しました
市松こひな は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
松野トド松さんの遺言
             ∨/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            γ⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
           / .::::::::::::::::/⌒\::::::::::::::::::::::::::::: ',    執筆者・・・
           ,' .::::::::::::::::/三三三ヽ三三/⌒ヽ: j
           { ::::::::::::::::,'〃γ´:;;:ハヽ三/二ヽ 厂
           У⌒ヽ::/{{{ 弋:::¨:ソ }ニf γ´;;ハ !    赤塚先生
          ,'γヽ Vヾヾ、   ̄ ノ‐‐'、弋:¨:ソト、
          {   (〉  Ξ ``γ´ー’ '’ヘ==シ V    これは僕に続きを書けと言うことですか!!
          丶    Ξ     ,ィエエエ、    ',
            `ー、 冫   v'´" , ‐、 )     i
                __\    ー' ノ ハ ー'   /
           γく:::|  >::.,,_ ー─'   ,./
             /  ヾv‐─┐\ ̄/ ̄|`ヽ
             ,′   、|:::::|  レ- ∨」⌒:!  ',
              |    |:::::|        |:レ  }
バッツさんの遺言 傾奇者ってな!
六日目以降はジョブマスターだ!
松野一松さんの遺言 僕は優しいんだ

だから、兄弟は巻き込まない(クソ松除く)

恋しちゃったけど、それも些細な事だ
せいぜい足掻けよ

今や僕の勝利にも何の関係がなくなった哀れな道化共

その足掻きを見て、鼻で笑ってやるよ

Welcome To Nightmare
ニートさんの遺言 三相女神によって
鬼火とゴマすりが付いたわ


狙毒COよ
市松こひなさんの遺言 わたしが恋人だととてもまずい感じではないですかね?こう世間体的に
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
コンバイン 「おはよう
なんか狼の吠えが減った感じなんだけど
釣れたのかな?」
折原九瑠璃 「おはよう
なんか狼の吠えが減った感じなんだけど
釣れたのかな?」
折原九瑠璃 「春ですよー邂?」
松野カラ松 「やる夫と若松は別陣営>自信家
そしてバアアアアアアッツ!!!!>なんか5票入ってる
いや、別に古系あるかもしれないけど今吊る位置じゃないよ……?
あ、俺は6日目まで2票持ちじゃなかったらウサギで殺せば良いだけだから吊り縄を使う価値は基本的に無いから、無いから!!」
チビ太 「んー、別に2票持ち吊るってなら吊るでそれ自体は悪いとは言わないけど
ヤ・シュトラはまだしもそれ以外傾奇者どうするか言ってたっけ?って気も
自分の投票はコンバイン 指定するならするでいいってそれ言うの遅くねとか
少し思ったんで」
松野チョロ松 「やる夫と若松が別陣営、ってことでいいんだよな?
どっちを信じるかっていうと・・・発言力とかではやる夫のほう
若松にCOさせてもいいと思ってる

シールダーはとりあえず吊れるとこ吊っておこう的な感じがしたから投票したよ
後、なんでバッツ吊れてるの?傾奇者は真証明できる可能性あるんだけど」
若松博隆 「おはよ0
やる夫票でCOしなければならなくなったくっころな決闘者陣営の後援者です。」
ヤ・シュトラ 「おはよう」
シールダー 「おはようございます」
大妖精 「おはようございました
グレランではなく2票持ちを吊ると…
ならば、カラ松さんかバッツさんを比較した発言がほしいところですね」
松野おそ松 「蝕かどうかはわからねぇ巫女CO!
ニートの陣営は村人
一松は決闘者」
でっていう 「一番生き残りやすいゴマすりが即死に正直ワロタっていうwwww
現時点での情報やとやる夫と若松で別陣営やからそこで対立の構造っていうwwww」
やる夫 「まずは一人目:若松博隆

投票理由?
いかにも情報を持っている、それ故に発言を抑えている印象だからだお

今日は別の相手に投票するお
村陣営にさえ投票しなきゃいいんだお?」
GUMI 「グレランとはなんだったのか>傾奇CO吊
あ、若松があの発言で傾奇釣りに行くなら
吊っていいと思います(まがお」
綾崎ハヤテ 「世界は平和になって、ない」
コンバイン 「恋人が一組落ちたみたいだね」
松野十四松 「バッツが!!!死んでた!!!なんでだろ!!!
若松は、吊りたいって言ってたからわかるけど、
他の2人が、投票してた理由が、俺わかんないや!!!」
松野カラ松 「一松、てめっこの……!」
でっていう 「CP消毒wwっていうwww」
松野おそ松 「票数自体は何ら問題は昨日の朝に言っていた2人以外では無し。
で、傾奇者ズの内バッツの方に票がかたまっていたのって、やっぱ三相女神のうんちゃら考慮。
そーいう風にみなすけどいいかな?>ヤ・シュトラ若松、ハヤテ

んで、カラ松。頑張れ、超がんばれ。心の中でだけ応援しておくぞ☆

・・・・言うなよ!似合わねぇって絶対に言うなよ!!俺が一番思ってんだからな!!>巫女」
シールダー 「っと恋人死にましたね。
そしてそれぬいても死体2…」
ランサー 「死体が多いな」
松野チョロ松 「まぁ、メタでいうと狼の吠えが減ってる気がするから
ニートかバッツどっちか狼はありえそう」
やる夫 「んじゃ、やる夫は別の非村陣営を探すから……」
若松博隆 「恋人wwwwwww」
GUMI 「バロス>トド松と一松CP

…え、違うの?」
ヤ・シュトラ 「占うところでもないし釣り処理が妥当だと思ってるわ>チビ太
今日はカラ松吊りに加担するつもり。占い狩人が死ぬわけでもないしね」
松野おそ松 「お前ぇ・・・!>一松・トド松」
松野カラ松 「リア充になった上に俺を苦しめるなんて……アニキは哀しいぜ……」
松野十四松 「いっぱい!!!しんだ!!!!一松兄さんに恋人がいた!!!!」
綾崎ハヤテ 「んー?なんで二死体なんでしょう」
チビ太 「恋人落ちるの早いな 無残2に関しては・・・
狙毒あったと思ったらニートのほうか」
でっていう 「んーとっていうwww
こひなー松かっていうww問題点的にはこれどういう死体要因かだがっていうwww」
松野おそ松 「あれ、これこひなのほうか?>恋人」
やる夫 「噛まれたのはトド松かこひな。恋人が一松……やれやれ、恋なんてするからだお」
シールダー 「巫女結果が出てますが…決闘者…」
コンバイン 「呪殺か暗殺かな
2死体目は」
松野カラ松 「アニキ!今日の投票で1票くれ!!>おそ松」
折原九瑠璃 「春ですよー出(ヤ・シュトラさん指定です。)」
GUMI 「まーやる夫の投票いかんにかかわりなく若松は殺していい類の存在だってGUMIにゃん判断したから…」
松野チョロ松 「で、恋人が死んでるけど・・・
名前つながりかwなるほどね」
松野おそ松 「ただ、俺視点で【恋人の両方が村陣営】ってのは消えたから
確実に消えたから」
ヤ・シュトラ 「死体2なあたり、こひな、トド松が噛まれ候補。
暗殺でもいるのかしら。でもいたらカラ松が死んでると思うわ」
シールダー 「その結果だと暗殺でもいるのでしょうか」
ランサー 「まぁ中の人の絡みだとおそ松×一松やチョロ松×おそ松辺りがベターなのだろうが」
やる夫 「ちなみに若松は後援者だそうだお
……ま、どうでもいいお」
大妖精 「やる夫信じれば若松博隆さんとは別ですね
で、この死体は…
こひなと市松が恋人みたいですけど 死因が不明です」
チビ太 「決闘陣営2いるし別にあるんじゃね? >シールダー」
でっていう 「ていうか割合なんで即バッツ吊られたのかが謎いけどっていうwwww」
ヤ・シュトラ 「死化粧師
7陣営なので効果は薄そうね。

バッツ→松野カラ松 安らか」
松野おそ松 「おう、お兄ちゃんに任せておけって!>カラ松」
GUMI 「見てないのでなんとも>ヤ」
松野十四松 「違うよ!!!えっとね!!!こひなちゃんだって!!! >GUMI」
綾崎ハヤテ 「まぁやる夫さんに関しては占われるでしょうというか
絶対昨日占われるとは思います」
ヤ・シュトラ 「バッツがなんであれトドマツごとローラーをすすめるわ」
チビ太 「え?そこ? >指定先
正直そこは一番傾奇者吊り投票に納得はできる位置ではあったんだが」
やる夫 「次の投票先を見繕っておくお、やる夫は自由に投票する。オーケー?>折原九瑠璃」
松野カラ松 「信じてるぞ?信じてるからな!?」
松野おそ松 「そしたら、俺がやる夫を信じると決闘者陣営埋まってんな、それ」
でっていう 「COははっきり大文字でっていうwwwwwww>シュトラ」
松野十四松 「俺!!俺も思う!!!! >でっていう
そんなすぐ吊るって話じゃなかったとおもう!!!」
ヤ・シュトラ 「違った。カラ松ごと釣り霧を提唱するわ」
シールダー 「死化粧師ですか?」
綾崎ハヤテ 「なんで、後から見ると言ってもパンダになりそうなんで
占い以外の証明要素が欲しいですね、……あればですが」
若松博隆 「僕は決闘者だからねー
そこのやる夫が女神じゃないのは確定だねー」
やる夫 「だから、若松は後援者って自白してるお>大ちゃん」
松野おそ松 「おいおい、そんな風に疑うなって!」
折原九瑠璃 「春ですよー任 >やる夫」
松野チョロ松 「一応、一松の遺言とは合致してる
ニートは真傾奇者って主張か
まぁ巫女は特に真とも偽とも言えないからグレー」
GUMI 「んー死体の内訳に関しては何でもあるからなー
まだ判断は早計、呪殺か暗殺か狩殺し当たりだけれどー
呪殺か狩殺しらへんの?」
松野おそ松 「あぁ、そう言う事か。
ただなー、後援者自白なー」
大妖精 「ですかねえ>暗殺がいる>ヤ・シュトラ
2票持ちのロラの流れかなと思いましたし、どうであれケアの手間が省けました」
松野カラ松 「やる夫が決闘陣営じゃないと言うだけの話>自信家」
コンバイン 「トドマツ噛まれ子雛占われでの呪殺か暗殺
それとも逆?
綾崎ハヤテ 「ああ、本当だ>後援者自白」
松野おそ松 「◇若松博隆 「おはよ0
やる夫票でCOしなければならなくなったくっころな決闘者陣営の後援者です。」」
ヤ・シュトラ 「ええ、死化粧師よ>折原
私を吊らないのなら指定先はあなた投票固定をすすめるわ」
松野チョロ松 「というかおそ松兄さんだから信じたくない(真顔
他人の秘密をバラすのはギルティ」
ランサー 「こひなは自称市松人形だからな
イチマツ繋がりなのかもしれん」
GUMI 「おう、兄弟で一人だけリア充がいる気分はどうだ>松野共」
やる夫 「もしもやる夫が死んだら……そんときゃ、お墓にコーラでも備えておいてくれお>折原九瑠璃
狼もやる夫を狙ってみるといいお?」
シールダー 「決闘者枠埋まったとみるなら楽ですが…」
でっていう 「現状時点ならとりあえず対立関係構図2が確定までかねっていうwwww
バッツ陣営関連微妙敵だけどっていうwww
(正直2でてて速攻で集められるなら割合ryキミだと思うが)」
松野カラ松 「ハヤテとかバッツ投票した割りに何も言ってないのがなって感じなんだがなあ」
松野おそ松 「確実に人外を吊れるって意味ではこっち先吊りでもいいんじゃないかと思うけど」
松野十四松 「後援者!!って言ってた!!!COは大文字じゃないと!!見落とすね!!!!」
綾崎ハヤテ 「まぁまじもんの後援者かどうかわからないですけどね」
折原九瑠璃 「ハヤテとかバッツ投票した割りに何も言ってないのがなって感じなんだがなあ」
折原九瑠璃 「春ですよー執(ハヤテさん指定です。ヤさんはCOは大声でお願いします、日記も張ってください。)」
GUMI 「ああ、なるなる>一松繋がり
んでまー死化粧COは特に残す類でもないけれどっつー」
松野チョロ松 「(ロリコンじゃないから)別にいいです>GUMI」
でっていう 「あぁ、若松COしてんの?っていうwwww
後援でっていうwww信用するか否かだけどっていうwwww」
綾崎ハヤテ 「……?」
チビ太 「暗殺ってならそれこそ決闘系暗殺処理で安定じゃねとは思うけどな ケケ」
ヤ・シュトラ 「まあ、昨日わかりやすく陣営多すぎて能力が生かせないとはボヤいたんだけど」
綾崎ハヤテ 「狩人CO」
松野おそ松 「おう、そんな事言うと巫女服姿で今度1日過ごすぞ>チョロ松


あ、無理。これ俺が無理」
ランサー 「まぁ中の人だとおそ松がこひなと関わり深いんだが」
大妖精 「死化粧師は判断に困りますが…
指定して残す役職ではないと思いますとだけ」
若松博隆 「くっころな状態だからねー僕…」
松野十四松 「一松兄さんが幸せなら!!!俺それでいいや!!! >GUMI」
チビ太 「いるならだが」
綾崎ハヤテ 「狩人CO


一日目:護衛できない
……人外がよかったかなぁ
共有もいないみたいだし

二日目:折原九瑠璃
傾奇吊っちゃった。COしてたの
気づかなかった。まぁしょうがないよね
それはそれとして、うん?みんなボクと同じようにミスしたの?
やばくない?」
シールダー 「山彦って大声なるんですっけ…」
折原九瑠璃 「山彦って大声なるんですっけ…」
折原九瑠璃 「春ですよー吊(ヤ吊り)」
やる夫 「死んだ村陣営はニート
露出した村陣営は山彦、本当なら傾奇者

……まだ地雷は7つか6つくらいかお?」
松野おそ松 「でもさー、後援者COなら確実に非村陣営だぜー、これ>ハヤテ」
GUMI 「もうCOしてる>ヤ・シュトラについて
ハヤテにCO聞くのはいらにゃいかな」
コンバイン 「恋人はいち松つながりか、なるほど」
綾崎ハヤテ 「くそっ!誤魔化せなかったか!!ごめんバッツさん!!」
松野カラ松 「寧ろ大声にならないなら偽、だな」
でっていう 「若松に関して後援盲信するかどうかはしっかり考えとけなっていうwwwww
星なんかがいた場合は処理はありっていうwwwww」
松野十四松 「いいの?!わかった!!!!」
松野おそ松 「え、一松がリア充だったことに関して?」
松野チョロ松 「どんなテロだよ!>おそ松兄さん
大声でCOするつもりもないみたいだし、妥当だと思う」
綾崎ハヤテ 「やっちまった感はある」
松野十四松 「うん?!」
松野おそ松 「いやー、もう死んるから……」
松野カラ松 「村っぽくない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
折原九瑠璃0 票投票先 →ヤ・シュトラ
松野十四松0 票投票先 →ヤ・シュトラ
ランサー0 票投票先 →綾崎ハヤテ
やる夫0 票投票先 →大妖精
でっていう0 票投票先 →ヤ・シュトラ
ヤ・シュトラ10 票投票先 →松野カラ松
チビ太0 票投票先 →ヤ・シュトラ
松野チョロ松0 票投票先 →ヤ・シュトラ
松野おそ松0 票投票先 →松野カラ松
コンバイン0 票投票先 →ヤ・シュトラ
松野カラ松2 票投票先 →若松博隆
若松博隆2 票投票先 →綾崎ハヤテ
シールダー0 票投票先 →ヤ・シュトラ
GUMI0 票投票先 →ヤ・シュトラ
大妖精1 票投票先 →ヤ・シュトラ
綾崎ハヤテ2 票投票先 →ヤ・シュトラ
ヤ・シュトラ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 自信家CO
『村人陣営』に投票すればショック死をする程度の能力を得たお


         ____        役職?
       /      \
      / ─    ─ \     村人を希望した村人ですが何か?
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

投票の履歴
2昼:若松博隆。発言を控えている、それも噛まれたくないわけではないという印象
3昼:大妖精。2昼の時点で『村投票したら自分が死ぬなんて。人外がとても多いのに』という発言にピンと来たお
ヤ・シュトラさんの遺言 死化粧師
7陣営なので効果は薄そうね。

バッツ→松野カラ松 安らか(別陣営)
カラ松まで吊りきりを勧めておくわ。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
折原九瑠璃 「愚」
松野カラ松 「ありがとう……ありがとう……!>アニキ
やる夫の動き、どっちかというと狼よりの単独陣営なんじゃないかって思う。
村陣営ならショック死怖くないかって気がするけど真に村なら有効なのはまた事実なんだよな」
松野チョロ松 「やる夫と大妖精が対立
若松が人外ゲロってるから、やる夫は信用度が高めだし大妖精にCOさせて
後はバッツにごめんって謝ってるのが、なんか吊られるの覚悟した人外っぽいんだけど
アレってどういう意味?>ハヤテ」
チビ太 「おはようさんと さて無残数は?」
GUMI 「夜見返すと若松が後援COしていた系のあれそれ
信じるかはクッソビミョイけれどんーまー一旦放置
ハヤテはどーだろうなーあんま真に見えるかだけれど
噛まれないだろうしんーまー山彦護衛させて見ていく感じか
釣りたいのはシールダーかなーって
把握だけしか無くてあんまなーで」
松野おそ松 「◇綾崎ハヤテ 「くそっ!誤魔化せなかったか!!ごめんバッツさん!!」
というこの反応がすんごい人外っぽく思うんだけど、俺は。
後は傾奇者への投票者へのミスが日記の方にしか触れられてないのも気にかかるんだよな、これ。

ただ、弟の頼みがあったから今回は投票しなかったけどね。

そして、えー、今更だけど蘇生はいるならニート蘇生してください!お願いします!
チョロ松が何でもしますから!」
若松博隆 「おはようー
そういえば吸血鬼もいるから吸血死もありえるのか昨日の死体。」
コンバイン 「おはよう
ハヤテはいったい何なんだ」
綾崎ハヤテ 「三日目:折原九瑠璃 」
松野十四松 「ヤシュトラ素直に投票したけど!!俺、ハヤテの言ってる事が!!わかんない!!!
バッツに間違って投票しちゃってごめんってことかな?!
それで露出しちゃったからやっちゃったってことかな?!」
大妖精 「おはようございました
やる夫さんと私が対立になりましたが」
シールダー 「春ですよーおはようございます。
夜が長いのは少し怖いです」
ランサー 「占い師か……
今回はキャスターではないのだがな

一日目 ハヤテ○
ウホッ!良い美少年

二日目 ヤ·シュトラ○
若松占うかどうかは悩ましい
ようはやる夫を信用するか、しないかという話
そこで人外結果引ければ裏付けとれるのだが
まぁ今は先に灰を処理するか
俺と同じく傾寄者に反応した位置の中では引っ掛かるヤ·シュラトで良かろう
でっていうは逆に印象が良かった

三日目
占い先が両方とも指定されたんだが
どういう事だ説明しろ苗木ィ!
まぁ大妖精は妖精じゃないか?って感じはするんで占うかは微妙
初日から陣営やや寄にしてた位置のチビ太から占ってみるか」
チビ太 「あ、死ぬのねやる夫
でも無残は1だけと」
松野おそ松 「で、今日はーやる夫の1死体のみっと」
松野チョロ松 「やる夫が死ぬなら、大妖精吊りかな」
でっていう 「おはようっていうwwww
やる夫が攻めまくっててワロタっていうwww
対立構造がどんどん出来てるなっていうwwww」
折原九瑠璃 「出(大妖精はCOしてください。)」
松野カラ松 「やる夫死ぬん……?」
GUMI 「ほう>やる夫死亡
なら大妖精までは非狼見てよさそう」
綾崎ハヤテ 「触れなかったら指定されないかなって>おそ松」
ランサー 「チビ太 ●
シュラト ハヤテ ○」
コンバイン 「大妖精は敵陣営っと」
大妖精 「ただの毒表記ですけど」
シールダー 「春ですよーハヤテさんの誤魔化せないって何が何でしょう…」
松野おそ松 「んーむ」
綾崎ハヤテ 「バッツさんが傾奇者だったのはマジで気づいてなかったです」
GUMI 「ちげえ大妖精非村だ
若松もこうなるとまあ、人外なのはなんだろうなーって」
松野おそ松 「大妖精が狼か何かで恐れた噛みなのか」
松野十四松 「んん?!やる夫が!!噛まれてる!!多分、投票されたのが大妖精なら!!狼ありえるんじゃないかな!!そこ!!」
折原九瑠璃 「疑(なんで出るんですか)」
GUMI 「うん、うん…こう…君たちなんでそんなCO先走るの?」
松野カラ松 「ハヤテはなんか誤魔化しきれなかったかって発言が微妙だから切りたいのに○なのか……」
松野チョロ松 「ヤシュトラ○のわりに、そこへの発言がなかったのはランサーの印象としてマイナスポイント」
でっていう 「っと、やる夫死ぬんかっていうwwwww
割合ちょい驚きっていうwww攻めまくってたから処理されたかってとこっていうwww
もしくはあれ憑とかがあるかやけどっていうwwwまぁ、現時点やとryっていうwwwwww」
チビ太 「えーと、これ俺もCOすべきか?
つーか伏せるほどのもの無いから村表記としか言いようが無いけど」
松野おそ松 「素直にこの死体が噛みとしてそう考える

そして、おう、なんで出たんだ>ランサー」
ランサー 「とりあえず、●引いたので今のうち出ておく
もう一日もぐれはしたかもしれないが」
若松博隆 「やる夫に関しては割と狐見してたんだけどね。
まあこの死体なら村なのかな」
コンバイン 「なんで出てきたんだろう・・・・」
松野十四松 「ランサーが!!!コピペか何かで事故ってるみたい!!!!!」
折原九瑠璃 「なんで出てきたんだろう・・・・」
折原九瑠璃 「不(私はハヤテさんを吊る気はありませんよ?)」
GUMI 「というかヤ○持ってるなら昨日出るかもう一日潜って結果溜めろよオラァン!
え、はやて信用で出る?ナイナイ」
シールダー 「春ですよー大妖精さんが狼…自身家偽でないなら人外ほぼ確定でしたけ」
松野おそ松 「あ、ちなみに俺は今日もカラ松投票しておくんで
はい、そこのとこよろしくぅ!」
松野カラ松 「庇うかどうか出言うなら出る意味は基本ないな」
でっていう 「そしてなんか占いCOがPOPした件っていうwwwww
なんだろう・・・すっげー微妙っていうwwwwでた理由とそもそもなんでハヤテ占い?っていうwwwwww」
綾崎ハヤテ 「やる夫さんが死んでるのか」
シールダー 「春ですよーランサーさんは何が何なんでしょう」
松野おそ松 「おー、いいとこ見るじゃないか。>チョロ松
確かに昨日は全く触れていないな」
ランサー 「チョロ松>ハヤテまで指定受けた以上、どうしようもあるまい」
松野カラ松 「アニキィ……!!!!」
チビ太 「噛まれてるなら少なくとも心当たりはあったんじゃねえの?
狼視点では >やる夫の投票に」
折原九瑠璃 「処(大妖精を吊って次に行きましょう。)」
GUMI 「○が、吊れて!るんだから!もう、一日!潜れよォ!>ランサー」
松野チョロ松 「やる夫が死ぬのは、たぶん狼が村だし暴れさせると不味いって判断したんでしょ?>カラ松
COがやたら多いのはボクにもわかんねぇよ!」
折原九瑠璃 「困」
大妖精 「で、やる夫さんがここで死ぬのなら
暗殺かなにかでしょうか
人外を倒してくれたのはよかったです」
折原九瑠璃 「悩」
若松博隆 「別にいいんじゃないかなあ
やる夫と大妖精対立。どう考えても噛まれた感。
占いるなら出てもかまわないタイミングで出てこない
うん、しなくていいんじゃないかな>チビ太
確定で銃殺はないし」
でっていう 「正直ハヤテ狐とかでランサーが背徳とかじゃね?感がスッゲーするっていうwww
まぁ、現時点関連だととりあえずどうなるかだけどっていうwwwwww」
コンバイン 「大妖精釣りりょうかーい」
松野おそ松 「というか、QPの矢の話しかしてねぇ!
ヒューヒュー、思っている以上に恋人が大好きな奴ですか!


なんで、○1個吊られようとしているのに焦らないんだろうか」
松野十四松 「違った!!!!自分でCOしてた!!!!発言コピペみすったのかなと思った!!!」
綾崎ハヤテ 「はーい」
GUMI 「暗殺ならぶっちゃけ昨日のうちに決闘位置始末するだろうから違うと思うんです(まがお」
シールダー 「春ですよーつまり大妖精さんは今日は護衛か狐噛まれで見ると? >大妖精」
松野チョロ松 「なら昨日かばってよかった
ハヤテが狩人COなんだし>ランサー
まぁ、ちょっと遅目だったからタイミングが難しかった、っていうのは認めるけどね」
大妖精 「では強毒を願ってください」
若松博隆 「ハヤテはかなりQPくさいもんねー」
松野おそ松 「そして、こうやっていう辺りにコピペミスでは無くて自分の意志で出てきている」
チビ太 「それ俺が昨日もう言ったことだよな >GUMI >暗殺なら決闘処理してる」
松野十四松 「大妖精吊り!!!それでいいと俺も思う!!!!!」
コンバイン 「うーん
ハヤテがバッツに対してすまないとか言っていたのが気になる
狐じゃなくて狼ってのもありうるのかな」
折原九瑠璃 「寧(みなさん、もっと落ち着いてください。お願いします。)」
でっていう 「若松盲信できるかどうか不明だしなぁっていうwww
そっち暗殺を優先しない理由がそもそもないっていうwwwwww」
松野おそ松 「QPは無いだろうし、吸血鬼がチャレンジするにはアレすぎる。
なんで、狂か背徳っぽそーとは思うけどね」
松野カラ松 「仮にやる夫が村陣営だとしても放っておけばいい気がするんだがな>チョロ松
その辺り俺の狼象とは噛み合わない」
ランサー 「まぁ何故出た。という問いに関しては
少なくとも今出ないと昨日時点でヤやハヤテに関して触れてないだろとグチグチ言われるからだ」
松野チョロ松 「占い師って普段の言動が大事だからね
兄さんも普段の言動には気をつけよう!秘密を漏らしたりとかやめようね!?>おそ松兄さん」
綾崎ハヤテ 「あ、護衛指示があるなら聞きますよ
好きにしろって言うなら好きにしますが」
GUMI 「全員の発言を見ているわけではないのであしからず>チビ太
今日の大妖精の反応で気づいた事だしにゃー」
シールダー 「春ですよーハヤテさんの存在が気になる一存ですが、大妖精さんで問題は無いと思います」
若松博隆 「けっこう性別吸血鬼がいるんじゃないかなあとは思ってる
暗殺まがいなこともできるしアレ」
折原九瑠璃 「私 >ハヤテ」
大妖精 「折原九さんでGJでも出たんじゃないですか?>シールダー
多分ですが」
チビ太 「ランサーに関しては正直知らん そこ真自分不審者とかも
一応無いわけじゃないし ただ大妖精庇い・・・って感じではなさそう?」
松野おそ松 「ついでに言うと、この出方は「本隊に混じっている狼」っぽくは思わねーなー」
シールダー 「春ですよー(春妖精気付かなかった)」
GUMI 「ハヤテは占いと山彦二択以外に何をするというのか」
綾崎ハヤテ 「了解しました>山彦護衛」
松野おそ松 「出方が余りに1人で決めたっぽい感じがするから、狼あるなら銀ってとこ」
松野おそ松 「いやー、それにしても頭使うのって疲れるよな、あっはっは!」
ランサー 「でっていう>ならハヤテに投票すまい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
折原九瑠璃0 票投票先 →大妖精
松野十四松0 票投票先 →大妖精
ランサー0 票投票先 →大妖精
でっていう0 票投票先 →大妖精
チビ太0 票投票先 →大妖精
松野チョロ松1 票投票先 →大妖精
松野おそ松0 票投票先 →松野カラ松
コンバイン0 票投票先 →大妖精
松野カラ松1 票投票先 →大妖精
若松博隆0 票投票先 →大妖精
シールダー0 票投票先 →大妖精
GUMI0 票投票先 →大妖精
大妖精13 票投票先 →松野チョロ松
綾崎ハヤテ0 票投票先 →大妖精
大妖精 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GUMI は無残な負け犬の姿で発見されました
松野カラ松 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
松野カラ松さんの遺言 働かない人生を謳歌したかった傾奇者だ!!

それでも俺は信じてるぜブラザー!
GUMIさんの遺言 埋毒表記
大妖精さんの遺言 ただの毒表記です。
真ならいいな
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
折原九瑠璃 「立・・・?」
コンバイン 「おはよう
大妖精は毒もちって言ってたけど薬師でもいるのかな
あとランサーは夢の場合があるのかもしれない」
若松博隆 「おはようー
重ねて命じるランサー自害せよ」
松野チョロ松 「ハヤテの発言の意図はわかったから、ハヤテについては保留
狩人だっていうならGJだしてくれ
ランサー、チビ太に関してはランサーが今のところそれほど印象いいわけじゃないから、噛まれたらランサーを信じる方針かな

おそ松兄さんのランサー評がわりと納得できて悔しいでもビクンビクン」
でっていう 「そもそも指定関連入ってるので投票ぶち込んだとこで吊れんから
ぶっちゃけあの日の投票に関しては関係ないぞっていうwwwww>ランサー」
シールダー 「春ですよーおはようございます。」
松野おそ松 「おうおう、そう言う事、そう言う事
占い師としてのランサーはそれまでを振り返ると今一だ。
動き方を見ている限りでは銀狼以外の狼は薄そうだけどなー。

ただ、そういう風に言われると幾ら人間国宝でもちょっぴりハートは傷ついちゃうぞ☆>チョロ松

暗殺がいるなら若松チャレンジしているってのは間違いねぇ
なんで、「今後に複数死体が出る時のタイミング」がどうなるか。
後はそこらに関する役職のCOがあるかどーかってとこだな。」
綾崎ハヤテ 「四日目:折原九瑠璃 」
ランサー 「GUMI ○」
チビ太 「おはようさんと、ん?また2死体?片方毒だが」
松野十四松 「毒持ってるってのは、嘘だったみたい!!!
薬師混じってたら知らないけど!!毒狼っぺーならCOしないだろうし!!!
で、後は、今日はカラ松兄さんの投票が少なくなる日!!!」
松野チョロ松 「カラ松兄さん!?」
コンバイン 「また2死体なのね」
ランサー 「四日目
ブッチャケ、ハヤテの発言が女神っぽいので庇うかどうかで言えばうーんという事情もあったのだが
まぁその点に関しては秘しておく
若松占って溶けるかどうかって感じでもあるんだが
まぁ灰を潰していくか
○吊れたなら潜れ、というのが他の村人と違って俺真見えてる風なGUMIだ」
松野おそ松 「ふーむ>2死体」
綾崎ハヤテ 「四日目:折原九瑠璃
指示通り。GUMIさんの言う通り二択護衛勝負するのもありなんですけど
こういうのは意思疎通が大事なんですけど」
若松博隆 「かああああああああああらあああああああああああああああまつううううううううううううううううううう>GUMI遺体見て」
シールダー 「春ですよーん…毒の2死体…?」
松野十四松 「……カラ松兄さんが嘘ついてたっぺー!!!!」
松野おそ松 「お、ランサー視点で銃殺っぺーと」
松野チョロ松 「あ、でもすっげー狼っぽい
GUMI毒遺言で死んでるし」
でっていう 「毒遺言とっていうwww
死体位置関連的にこれ毒噛みだろっていうwwww」
コンバイン 「これってもしかしてどくかんだのかな」
折原九瑠璃 「悩」
シールダー 「春ですよーランサーさんの視点は銃殺なのですね」
でっていう 「だってカラ松噛まんだろこのタイミングでっていうwwwwww
そこ噛むならまず瑠璃噛むだろ普通っていうwwwwwww」
松野チョロ松 「ランサー的には銃殺の可能性あるっていうけど
カラ松兄さん噛む理由とかないよね?」
綾崎ハヤテ 「カラ松が噛まれるわけねぇから毒噛みですね」
松野十四松 「アレ!!違うの!!!銃殺かもしれないの!!!」
チビ太 「毒噛みでいいと思うけどなあ 2票持ちが噛み役的にはしっくりくるにはくる」
松野おそ松 「いやいや、落ち着け十四松。
傾奇者の効果発動は今日からだ>十四松

ただ、カラ松が狼で毒噛みってのなら多そうだねって感じだけど」
若松博隆 「大妖精は吊られてる>シールダー
んでGUMIとカラ松死体」
シールダー 「春ですよーならば、カラ松さんは狼?」
ランサー 「ちなみに
一松 チョロ松 おそ松
でシロクマカフェの主要三人が揃ってる>パンダ、ペンギン、シロクマ」
コンバイン 「カラマツをかむ必要はないっぽいから毒噛みかなこれ」
松野おそ松 「カラ松噛みとしてあり得る理由は「老兵の傾奇者騙り」を見た場合な」
でっていう 「今日時点で真なら証明だけど投票するまで判断不能っていうwww
つまり、指揮権ねーもんっていうwwwwwしかもうさぎっていうwww
そこ優先噛みする意味が無いっていうwwwwww」
シールダー 「春ですよー春ですよー」
綾崎ハヤテ 「銃殺だったら狼がカラ松噛んでるかカラ松が証明前に暗殺されたことになると
思うんですよ」
松野おそ松 「後は単純に「今日に真証明されるのを恐れた」
この2つくらい」
松野チョロ松 「なんで、ランサーの占い先も対応っぽいし
正直信用度は大分低い」
松野十四松 「じゃなきゃ!!!ハヤテかランサー噛むよね!!! >でっていう
やっべー!!カラ松兄さん狼だった!!」
チビ太 「としても今?とはオモフ >おそ松」
ランサー 「断言はできん>シールダー」
折原九瑠璃 「後は単純に「今日に真証明されるのを恐れた」
この2つくらい」
折原九瑠璃 「君(若松吊りで進行します。)」
松野おそ松 「でも傾奇者の老兵騙りを見るって段階の噛みにしては謎だよな、これ」
若松博隆 「んー、これ占いいなくない?
ランサー残す必要性があんま見えないし」
シールダー 「春ですよーけれど、ならランサーさんの役職何なんだろう。って思いますが」
松野十四松 「あれ!!昨日まで2票で!!今日から1票だったはずなんだよね!! >おそ松兄さん」
若松博隆 「ここで僕吊りは遅い気がするんだけど…>折原」
折原九瑠璃 「具・・・」
松野おそ松 「そーそー、そういうこと。
老兵騙りを見るってのならそれこそ即噛みだと思うんだよねー、俺>チビ太」
ランサー 「まぁ個人の感想だから構わんがな>対応っぽい
俺は運が無いんだ」
松野チョロ松 「それにしちゃタイミングが変だよ
老兵疑うなら、もっと早めに噛むと思う
証明されたからって小心者?だから脅威度は低いよ>おそ松兄さん」
コンバイン 「人外釣るでいいとおもうよ」
でっていう 「傾きは5で票数が減るっていうwwww
つまり証明しても2票アドバンテージがないっていうwww
そしてうさぎという点っていうwww票関連最低ライン見えるときにうさぎが村にいた場合殺せるんだよっていうwww
引き分け人数にするとっていうwww優先順位はそういう意味でも最低ラインっていうwwwwwww」
若松博隆 「まあ僕の勝利はないからハヤテ引き分け頑張れー」
松野おそ松 「そうすると、カラ松も裏切者濃厚って事になりそうで」
綾崎ハヤテ 「後援者なんだから喜んで吊られると思ったんですけど違うんですね」
コンバイン 「わかったのは人外ってだけで狼や狐ってこともあり得るし」
シールダー 「春ですよー占い先と噛まれ同時って見る…うーん…」
チビ太 「んー、若松吊り・・・?それならもっと早くにやるというか
決め打ちじゃなかったのか」
ランサー 「なら占いがどこにいるか言ってみろ>若松」
チビ太 「具体的にはシュトラ指定の日」
折原九瑠璃 「否(若松はあの日見落としていただけですね。) >チビ太」
若松博隆 「受援者逝ってるんだよぉ>ハヤテ」
松野おそ松 「うんうん。
何で、昨日の時点ではカラ松の票は2票のまんまだ>十四松」
でっていう 「まぁ、タイミング微妙ってのはあるっていうwww
ただ後援盲信すんのは結局だからなぁ・・っていうwww面倒よねっていうwwwww」
チビ太 「アッハイ >折原九瑠璃」
松野十四松 「多分!!!GUMIが守んなきゃいけなかった子だと思う!!! >ハヤテ
朝の大声みたらそんな気がする!!!!」
綾崎ハヤテ 「僕がQPだったらこひな様に自打ちして、我が君って呼ぶから(憤怒)」
若松博隆 「こひなじゃね?>ランサー」
松野おそ松 「ただ、チョロ松が言う銃殺対応ってのは悪いけど引っ掛かるんだ」
綾崎ハヤテ 「あ、なるほど>GUMI」
松野おそ松 「真か偽かは別にしてランサーが狼っぽくは見えないんだよ」
松野チョロ松 「噛み先に○だしたっぽくない?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
折原九瑠璃0 票投票先 →若松博隆
松野十四松0 票投票先 →若松博隆
ランサー1 票投票先 →若松博隆
でっていう0 票投票先 →若松博隆
チビ太0 票投票先 →若松博隆
松野チョロ松0 票投票先 →若松博隆
松野おそ松0 票投票先 →若松博隆
コンバイン0 票投票先 →若松博隆
若松博隆10 票投票先 →ランサー
シールダー0 票投票先 →若松博隆
綾崎ハヤテ0 票投票先 →若松博隆
若松博隆 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
折原九瑠璃 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
若松博隆さんの遺言 後援者CO
あの人=歌姫繋がりでGUMI刺してます
…やる夫狐じゃないかなあコレ?
ちなみに女性登録
折原九瑠璃さんの遺言 響(山彦COです。)
公(FOしてハヤテさん吊り)
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
松野チョロ松 「今日になってランサーもハヤテも噛まれていないなら、切るべきだと思う
残り人外がどれくらいかもわからない以上、決断はしなくちゃいけない

誠に遺憾だけど、このなかで残したいって思うのがおそ松兄さんだけなんだよなぁ」
コンバイン 「おはよう」
チビ太 「ケケ、おはようさん」
松野おそ松 「いっっっっまさらだけど、他に占い師いないってことで、オッケーオッケー?
Are you ready? Oh, its terrible situation...
あ、え、あってない?あぁ、そう……。

いやなー、チョロ松と意見は概ね一致しているんだけどもさー。
やっぱり、ランサー狼に見えにくいんだよなぁ……。
ハイパー狂人・背徳者様による銃殺対応っぽいプレイングってのならしっくりくるんだけども。」
シールダー 「おはようございます。」
松野十四松 「おそ松兄さんが言う通り!ランサーは狼でああいう出方はしないんだと思う!!!
だから!!あって背徳か狂人!!!蝙蝠と吸血鬼は絶対ないよね!!!
どっちにしても!!狼とか狐とか探すなら!吊るとこじゃないよね!!
占いCOほかにもないし!!もっと詰めてから吊ってもいいかも?!わかんねー!!」
松野チョロ松 「村表記CO」
でっていう 「正直初日かCPに占いじゃねーの感っていうwwwww」
コンバイン 「じゃあFOだね」
ランサー 「おそ松 ○」
綾崎ハヤテ 「撤回玩具姫CO
僕が死んでるなら人形系はいないです。
んで、身代わり死体があるなら素直にCOします。
襲われなかったり、人形系が僕の正体を言わなかったら?
……まぁ流れで
傾奇投票からの指定狩人CO噛まれ狙いは間違ってなかった
ただ投票重なったのはアレだった。バッツさんごめん

(騙り用の)


狩人CO


一日目:護衛できない
……人外がよかったかなぁ
共有もいないみたいだし

二日目:折原九瑠璃
傾奇吊っちゃった。COしてたの
気づかなかった。まぁしょうがないよね
それはそれとして、うん?みんなボクと同じようにミスしたの?
やばくない?

三日目:折原九瑠璃
特に悩まず、山彦鉄板護衛で

四日目:折原九瑠璃
指示通り。GUMIさんの言う通り二択護衛勝負するのもありなんですけど
こういうのは意思疎通が大事なんですけど

五日目:折原九瑠璃
ここでゲス顔しながら占い護衛に移動してもいいですけど
折原さん死んだら占いと僕が両方吊り規定になるんで
公平な進行のために」
ランサー 「五日目 おそ松
◇松野おそ松「お、ランサー視点で銃殺っぺーと」
色々考察してるようだが、おそ松は結局俺をどう見ているのか、ではある
この発言が出るのなら
噛み先見えている狼はありそうだ」
でっていう 「あぁ、うんっていうwww
やっぱ初日かCPに占いのハヤテライン騙りだよなっていうwwww」
コンバイン 「村表記CO」
シールダー 「猟師COです。」
松野おそ松 「サラバだ、ハヤテ君
霊界であのリア一松充を殴ってきてくれ」
チビ太 「村表記ってこれランサーに●貰った日にもう言ってるんだけど一応2回目」
松野十四松 「俺!!村人表記!!!」
シールダー 「1日目 護衛できない
2日目 大妖精 傾奇者に行こうと思いましたが、カラ松は票が入らなければ死ぬ位置。村の意見が合えばいつでも死にそうですしならグレーから探して行った方が得策でしょう。
3日目 コンバイン 大妖精さんにやる夫さんが投票して死んでいないなら村以外。私が狩れなかったから気になる…やる夫さんの自身家が偽とは思いませんが。まぁ、グレーを訪問していきます。
4日目 ランサー ハヤテさんが山彦行くならこちらを少しチェックします。余りにも占いにしてはいきなり出たので念のため。 噛まれてたらすみません
5日目 十四松 ハヤテさんも占い偽で見るなら気になるところですが、グレーで立ち位置の微妙な所へ。狼最低でも2になってると嬉しいのですが」
チビ太 「日記 >シールダー」
でっていう 「春★妖☆精COっていうwwwww」
松野おそ松 「あぁ、うん。3日目にも言ったけど巫女だけど?
俺が巫女だけど??」
綾崎ハヤテ 「なんでバッツさん吊れてん!!!(玩具姫の魂の叫び」
松野チョロ松 「んー、それにしちゃGUMI○のタイミングが良すぎる
あくまで状況からそう見たほうが自然って思った>おそ松兄さん」
でっていう 「なお、瑠璃ちゃんに悪戯したため本日の効果がない模様っていうwwwww」
チビ太 「投票者に聞いて >ハヤテ」
松野おそ松 「知るかぁ!!!>ハヤテ」
でっていう 「GUMIちゃんのオッパイにもいたずらしたかったんじゃああああっていうwwwwwww」
コンバイン 「まあ今日はハヤテ釣りでいいよね」
松野チョロ松 「でっていうは妖精枠と」
松野十四松 「玩具姫?!うそっぺー!!」
綾崎ハヤテ 「ただ僕はなんだこいつ投票がおかしいで指定されて、狩人COして
人形が(いたら)身代わりにして、いなかったら噛まれ死にたかっただけなんだ!!」
でっていう 「ちなみに俺が村だったらハヤテは多分2日くらい早く吊ってるっていうwwwwwww>瑠璃」
シールダー 「玩具姫でしたか… ある意味護衛に行かなくて正解でしたね」
松野おそ松 「で、ランサー的にはここで凄い勢いでハヤテ庇わないといけない訳だけど」
ランサー 「ふむ
狼が俺を噛むと詰む可能性があるかどうだが
その場合、チビ太LW
ないな」
チビ太 「ランサー息してる?」
松野おそ松 「ここでハヤテ吊りって事は概ねランサー自身の真を切るってことだからね、これ」
でっていう 「ちなみに瑠璃とシールダーに二回ずつ悪戯した理由がわかるかっていうwwwwww>ALL」
綾崎ハヤテ 「他二人の投票者絶対ゆるさねぇ!!」
松野チョロ松 「猟師なら、山彦守ってもよかったとは思うけど
真証明のため、なのかな」
シールダー 「ランサーさんは私目線狐はありません。ということを一応」
でっていう 「それは・・・おっぱいは左右に一つずつあるからだ・・・っていうwwwwwキリリ」
綾崎ハヤテ 「あ、嘘ですごめんなさい、もうちょっと穏当なところ投票すればよかったよね……」
ランサー 「おそ松>○人外の可能性もある以上、ハヤテが村とは限らん」
松野おそ松 「チクショウ、今からでいいから俺と変われよ!!
俺なんかぜんっぜんに会わねぇ巫女服きせられる羽目になってんだぞ!!>でっていう」
松野チョロ松 「いや、もうここまで噛まれる気配もないならランサー真は切るよ」
シールダー 「夜時間も悪戯継続知覚えて無くてビックリしましたよ。 >でっていう」
チビ太 「狐狩りムーブ自体は悪いものではないと思うけどな猟師は >チョロ松
まー人によるんじゃね?」
松野十四松 「ハヤテ吊った後!!次の吊り先どうしようね!!!
俺!!!妖精は悠長に吊ってたくないかも!!
村表記のどっかから!!!かな!!!コンバインからかな!!!!」
松野チョロ松 「ほんとに巫女服着てたのかよ!?」
松野おそ松 「おう、それは事実だ

けれども、ここのハヤテ吊りはその意味じゃない>ランサー」
でっていう 「なお、GUMIちゃんが死んじゃったので路線変更でオッパイはオッパイでもその頂を目指す方針に変更しましたっていうwwwwww(迫真」
ランサー 「ハヤテが占い結果○が出る存在である事と
俺の真偽は別だ」
綾崎ハヤテ 「いや、ちょっと待とう、僕のことは信じなくていいんだ
でも人形系はいないことは信じてほしい、誰も人形系COしてないけどな!!」
チビ太 「つーかランサーは自分吊り強弁すべきじゃねえの?」
松野チョロ松 「いや、ランサーほっとくの?>十四松
妖精はそもそも吊ってる段階じゃない」
シールダー 「狐陣営2で呪殺の傾向が無かったため狐探しをさせて頂きました。 ハヤテさんが偽であっても狩人が出ているなら多少は噛まれないと踏んでましたし>チョロ松」
チビ太 「自分ってか俺のことね」
松野おそ松 「いやさー、最近の俺たちさー、雑誌に出る度に新しく服装来ている・・・・っぽいじゃん?>チョロ松」
コンバイン 「まあ白系人外警戒で釣りたい」
でっていう 「ジークオッパイ!!ジークオッパイ!!っていうwwwwwwwwwww」
綾崎ハヤテ 「賭けはそんな悪くなかったはずなんだ……!!」
松野チョロ松 「女子松さんだけでもキツイよ!」
松野おそ松 「それで「jinro」という雑誌から新しい服装ですよーって送って来て
うきうきで開封した結果が

これだよ!!!」
松野十四松 「あっそっか!!!ハヤテ吊るなら!!ランサーの○しらねってことだもんね!!!
でも!!!関係なく吊りたい!!!白系警戒とか!!!知らない!!!!」
シールダー 「猟師護衛したら死んじゃうんですよね…」
ランサー 「占い師が他にいない
は結果論だ
俺があの時点で出る事に関してはな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
松野十四松1 票投票先 →綾崎ハヤテ
ランサー0 票投票先 →チビ太
でっていう0 票投票先 →綾崎ハヤテ
チビ太1 票投票先 →綾崎ハヤテ
松野チョロ松0 票投票先 →綾崎ハヤテ
松野おそ松0 票投票先 →綾崎ハヤテ
コンバイン0 票投票先 →綾崎ハヤテ
シールダー0 票投票先 →綾崎ハヤテ
綾崎ハヤテ7 票投票先 →松野十四松
綾崎ハヤテ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
松野おそ松 は無残な負け犬の姿で発見されました
松野チョロ松 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
綾崎ハヤテさんの遺言 撤回玩具姫CO
僕が死んでるなら人形系はいないです。
んで、身代わり死体があるなら素直にCOします。
襲われなかったり、人形系が僕の正体を言わなかったら?
……まぁ流れで
傾奇投票からの指定狩人CO噛まれ狙いは間違ってなかった
ただ投票重なったのはアレだった。バッツさんごめん

(騙り用の)


狩人CO


一日目:護衛できない
……人外がよかったかなぁ
共有もいないみたいだし

二日目:折原九瑠璃
傾奇吊っちゃった。COしてたの
気づかなかった。まぁしょうがないよね
それはそれとして、うん?みんなボクと同じようにミスしたの?
やばくない?

三日目:折原九瑠璃
特に悩まず、山彦鉄板護衛で

四日目:折原九瑠璃
指示通り。GUMIさんの言う通り二択護衛勝負するのもありなんですけど
こういうのは意思疎通が大事なんですけど

五日目:折原九瑠璃
ここでゲス顔しながら占い護衛に移動してもいいですけど
折原さん死んだら占いと僕が両方吊り規定になるんで
公平な進行のために
松野おそ松さんの遺言                    //⌒ //
                 __,. ┴┴‐く/ヽ
              /´........::::::::::::::::::::..\ヘ__
             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ \
           γ⌒}::::::/\ヘ:::::::::::::::::::::::. ',  \     やっぱさー、巫女服なんかよりもさー。
           /ハ レ'゛ /⌒ヽ、::::::::::::::::::::. |    \
            {      ・  V>< :::::::: |     ヽ
       γ⌒\Y       ==‐〈 ・  ノ >-へ_ノ     ヽ  俺のような人間国宝級はこういう方が似合ってるよなー!
         ∧::::ト、 ヽ     r   ノー   ,´   /      /
        ,' |::::|─、人   /\__,    ′__/      /
      ハ |::::l   ヽ >、 〈⌒V   ノ⌒       /
        | ', !::::!    ',  弋ゞソ─ <        /     ・・・とーいーうーわーけーでー、巫女CO!
        !/∧!::::!     ',      i /    ,. <
      l |:f '!::::',    '、___     |ノ _,,.. <
       | |:|  |!::::'、     ヽ  f/  \ ___       蝕かどうかはわかんねぇ・・・ってかわかりたくねぇ!!
      | |:|  |ゝ::::\     `‐〈_ \ / 二ヽ
      | |:|  `ヽ\:::\__      }__ノ    \
       j j:j     `ヽ、::::ヽ、    j  }   ノ´ヽ)      ニートの陣営は村人陣営、一松の陣営は決闘者陣営
     ∥/        `ヽ、:::ー‐シ_ノ´ ̄  \ \
     ∥/             ̄Τ           \:)    で、今は6日目の夜。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
コンバイン 「おはよう」
チビ太 「おはようさんっと
猟師の護衛グレーって後どれくらいだっけ?」
松野十四松 「ハヤテ吊る=ランサー真切りってなるの!忘れてた!!
でも!!昨日の朝におそ松兄さん占ってるなら!!ランサーは嘘ついてそうかなって思う!!!
考察落としてるけど!おそ松兄さんはCOしてるから、それよりは
チョロ松兄さんとか、でっていうとか、そっち占ってた方が、よかったと思う!!
そこで、CO済みを占うのは、変だと思う!!!だからランサー嘘ついてそう!!」
ランサー 「コンバイン ○」
シールダー 「春ですよーチョロ松刈り取り成功」
でっていう 「おーっぱいぱいっていうwwwww」
コンバイン 「また2死体
狩り殺しでもあったの?」
ランサー 「六日目 コンバイン
であればここか
占いに対する反応が比較的薄かった様に感じる位置ではある
妖精吊りたくない、と言った十四松狼も無くはないが
まぁ、それはコンバイン○なら吊るかどうかだ」
でっていう 「あ、これ性別血いるわっていうwwwwww」
チビ太 「やるじゃない >シールダー
盾役なのに」
松野十四松 「チョロ松兄さんの!!!遺言がない!!!!逃亡者っぺー気がする!!!!」
コンバイン 「おお、お見事>シールダー」
でっていう 「狩り殺し主張なん?っていうwww」
松野十四松 「刈り取り!!ってことは!!チョロ松兄さんが!!!狐!!!」
チビ太 「逃亡なら逃亡って言わないか?村表記COせずに >十四松」
シールダー 「春ですよー「狩ることに成功しました。」 ですし狩り殺しで良いんですよね?これ?」
チビ太 「いいね >シールダー」
ランサー 「ふむ
ならばチビ太吊りでよかろう」
松野十四松 「……おれひとりっこになっちゃった!?」
シールダー 「春ですよーランサーさんはチョロ松さんを占っていないので真偽は分かりません。」
でっていう 「まぁ、ぶっちゃけ性別血か猟師の二択なの変わらんからryで結局っていうwwwww
(ぶっちゃけ俺的には関係ないともいう)」
コンバイン 「ちびた釣っておきたいかも」
ランサー 「特殊狂人もありえるがな>狩り殺し」
シールダー 「春ですよーって普通の狩り能力もあるんでしたよね。すみません」
松野十四松 「じゃあ!!猟師は本物!!!ランサー吊るか、チビ太吊るかだけど
えっと、えっと、俺、朝も言ったようにランサー嘘つきっぺーからそっち吊りたいかもー」
チビ太 「特殊狂人も無くはないが基本狐でいいんじゃねえ?多分
狼陣営確かそんなに無かった気がしなくもないしあまり考えなくていい気もする」
でっていう 「(´◔◞⊖◟◔`三´◔◞⊖◟◔`)どっちでもいいですっていうwwww(真顔」
ランサー 「仔狐や狂人なら占っても○が出る
なので必ずしも猟師の狩り殺しと一致するとは限らん>シールダー」
松野十四松 「狼陣営は4人だった!! >チビ太」
でっていう 「あぁ、俺こっから吊り関与しないようにするからっていうwww(真顔」
シールダー 「春ですよーでっていうさんは春妖精ほぼ確定でしょうし、ランサーさん偽視るにしても
チビ太さん吊ってからでも遅く無い…?」
松野十四松 「まじで?!そうなの?!6>4>で、えーと、えーと、コンバインとかに狼いたら間に合わなくね?!」
ランサー 「俺が嘘吐きならお前視点ちび太吊りで終わるだろ>十四松」
チビ太 「コンバイン=ランサーで2w見るかどうかか?俺視点は」
コンバイン 「おいらに狼はないって
もうおいら負けてるし」
松野十四松 「遅くないとかじゃないよ!!ここチビ太とランサー決め打ちじゃね?!違うの?!あれ?!」
シールダー 「春ですよーうーん…ランサーさんの真偽が分かりません。
占い噛まないのもそもそも謎ですし」
松野十四松 「なんで?!?! >コン」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
松野十四松1 票投票先 →ランサー
ランサー3 票投票先 →チビ太
でっていう0 票投票先 →松野十四松
チビ太2 票投票先 →ランサー
コンバイン0 票投票先 →チビ太
シールダー0 票投票先 →ランサー
ランサー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シールダー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ランサーさんの遺言 占い師か……
今回はキャスターではないのだがな

一日目 ハヤテ○
ウホッ!良い美少年

二日目 ヤ·シュトラ○
若松占うかどうかは悩ましい
ようはやる夫を信用するか、しないかという話
そこで人外結果引ければ裏付けとれるのだが
まぁ今は先に灰を処理するか
俺と同じく傾寄者に反応した位置の中では引っ掛かるヤ·シュラトで良かろう
でっていうは逆に印象が良かった

三日目 チビ太●
占い先が両方とも指定されたんだが
どういう事だ説明しろ苗木ィ!
まぁ大妖精は妖精じゃないか?って感じはするんで占うかは微妙
初日から陣営やや寄にしてた位置のチビ太から占ってみるか

四日目 GUMI
ブッチャケ、ハヤテの発言が女神っぽいので庇うかどうかで言えばうーんという事情もあったのだが
まぁその点に関しては秘しておく
若松占って溶けるかどうかって感じでもあるんだが
まぁ灰を潰していくか
○吊れたなら潜れ、というのが他の村人と違って俺真見えてる風なGUMIだ


五日目 おそ松○
◇松野おそ松「お、ランサー視点で銃殺っぺーと」
色々考察してるようだが、おそ松は結局俺をどう見ているのか、ではある
この発言が出るのなら
噛み先見えている狼はありそうだ

六日目 コンバイン
であればここか
占いに対する反応が比較的薄かった様に感じる位置ではある
妖精吊りたくない、と言った十四松狼も無くはないが
まぁ、それはコンバイン○なら吊るかどうかだ
シールダーさんの遺言 猟師です。 妖狐は狩れますが、護衛は変わり身です。
この盾でお守りします

1日目 護衛できない
2日目 大妖精 傾奇者に行こうと思いましたが、カラ松は票が入らなければ死ぬ位置。村の意見が合えばいつでも死にそうですしならグレーから探して行った方が得策でしょう。
3日目 コンバイン 大妖精さんにやる夫さんが投票して死んでいないなら村以外。私が狩れなかったから気になる…やる夫さんの自身家が偽とは思いませんが。まぁ、グレーを訪問していきます。
4日目 ランサー ハヤテさんが山彦行くならこちらを少しチェックします。余りにも占いにしてはいきなり出たので念のため。 噛まれてたらすみません
5日目 十四松 ハヤテさんも占い偽で見るなら気になるところですが、グレーで立ち位置の微妙な所へ。狼最低でも2になってると嬉しいのですが
6日目 チョロ松 村COだった所へGOー狐を最後まで探して占いは…見捨てます
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
チビ太 「とするとコンバインLWって形になるのかね
十四松狼だったら昨日俺吊りに来るだろうし 十四松は村決め打つ」
コンバイン 「おはよう」
でっていう 「(´◔◞⊖◟◔`)お茶が美味しいですっていうwwwww」
コンバイン 「まあちびた釣りかな
おいらとしては」
松野十四松 「コンバインが!!!最後QPか吸血鬼っぽいの!!げろってた!!!
だから!!おれ生きてたら!!!チビ太と!!一騎打ち!!!

えっと、えっと、村のアピール……わっかんねー!」
コンバイン 「正直言って立場としてはでっていうと同じだし」
でっていう 「若干とあることに気づいたっていうwwwww
地味にめんどくさいっていうwwwww(真顔」
松野十四松 「昨日の時点で!!!言ってたもんね!!!QPっぺーの!! >コンバイン」
チビ太 「で、コンバインざっと見た感じでは・・・薄いな
ただ、3日目吠えで吊れたっぽい?とかハヤテ白人外警戒吊りとかあたりが
何か見えてる狼・・・ってことなんだろうか ハヤテ狼って無かったのか的に」
コンバイン 「おう、いってたよ>十四松」
チビ太 「え?俺十四松村決め打ちのコンバインLWで見てるけど >十四松
コンバインの昨日の発言?別にそれ証明出来るの無いよねそもそも」
でっていう 「まぁ、ぶっちゃけ引き分けになったら俺が票適当にずらす展開でryだから各々頑張れば?っていうwwwwww」
松野十四松 「えっ!!まじで!!! >チビ太」
松野十四松 「ここで!!!もっかい!!!ランサーを信じるかどうかも!!!鍵っぺー!!」
チビ太 「マジで つーかお前狼なら
ぶっちゃけランサーに関しては明日考えるとか言いながら俺釣りに来そうだし
>十四松」
チビ太 「そのほうが色々手っ取り早いじゃん ランサーの中身なんであれ」
チビ太 「でまあ昨日の○も申し訳程度に囲いだったんじゃねーのって思ってる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
松野十四松1 票投票先 →コンバイン
でっていう0 票投票先 →松野十四松
チビ太1 票投票先 →コンバイン
コンバイン2 票投票先 →チビ太
コンバイン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
松野十四松 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
コンバインさんの遺言 大天使COね
恋人を作ってあげたら速攻で落ちた件
あ、恋人はいちまつコンビだよ
松野十四松さんの遺言 俺、松野家の5男!!十四松!! 役職?えっと、えっと、村人だって!!
あと、未亡人と、幻視者は、関係ないよ!!!!
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/02/11 (Thu) 00:25:22
松野十四松 「ランサー信用してよかったやつだった!!!!!!!」
チビ太 「お疲れさん」
折原九瑠璃 「毒(連毒者でなければ・・・)」
松野チョロ松 「おつかれー」
松野おそ松 「ほい、おつかれさん」
でっていう 「おっつっていうwwwwwwww」
やる夫 「グレランなんて相性だお、死ぬときゃ死ぬもんだお>綾崎ハーマイオニー
どうしても死にたくなかったら主人公補正でも手に入れればいいお、やる夫のように。やる夫のように!」
若松博隆 「確かに毒だけどねー」
松野カラ松 「お疲れさん」
角砂糖GM 「(お疲れ様)」
コンバイン 「お疲れさまでした」
折原九瑠璃 「祝」
ヤ・シュトラ 「まあなんでランサー信じなかったんだろうねぐらい」
バッツ 「お疲れ様だ!よくやったー!」
若松博隆 「おつかれさまー」
チビ太 「毒ではあったんか つーか勝てるとは思わなんだ」
シールダー 「お疲れ様でした」
松野十四松 「おつかれさま!!!!!ごめん!!!!!」
角砂糖GM 「(お疲れ様)」
ヤ・シュトラ 「お疲れ様」
松野おそ松 「結局のところとして「ランサーが狼に見えねぇ」ってところにつきるんだよ、俺は」
でっていう 「勝ったっていうwwwwwキリッ」
綾崎ハヤテ 「天使まで見抜いていても吊ってしまったのは、私がQP濃厚だったからなのでしょうか?」
ニート 「あれさま」
ランサー 「お疲れ様だ」
やる夫
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     なお主人公なのに3話で死ぬ模様。主人公なのに
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |」
松野トド松
        >f .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
        γ⌒ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
       〃.::::::::::::::::___,. -─:::::::::::::::::::::─- 、::::::::::::::: !    みんな、お疲れさま
        | .::::::::::::::::::| /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 77¨
        | :::::::::::::::::::|                  ∥/     チビ太は良く最終日まで持ちこめたよね
       ', ::::::::::::::: ,′     -、     -     {::,′     そして、よく勝てたね
       v─‐、:::/  イ三三ミ     彳三三ミ ∨
       /   ∨         γ‐、       ',`ヽ
        { /ヽ    / / 、 、     ' / l ヽヽ , !    いきなり毒噛んじゃってゴメンね
        ,  ( 〉                      ∨
       \       、__,,.. -───、-イ    i
         `ーヘ     \         )ノ    ,′
            丶     丶.,,___,,.. '     /
             丶 .,             イ
          γ⌒ ヽr‐/≧ ─────‐<ヽ‐<⌒ヽ
         /     V__\    rイ─‐、〉:::|    ',
         ,′ \  |:::::::| ∠\  />   l::::::|〃   }」
コンバイン 「なしておいらここまで残されたん?」
GUMI 「おっつおっつー」
シールダー 「ランサー吊り本当にすみませんでした…」
松野一松 「お疲れ様」
松野カラ松 「まぁ、フラットに見るべきなんじゃないだろうか」
GUMI 「とりあえず占い噛めよ狼(オコ」
松野チョロ松 「グレランもせいぜい中盤くらいまでしかごまかせてないけどねw>ハヤテ」
ニート 「いかに狙毒を持っていようとも
ショック死すればどうと言うことはない」
チビ太 「え?だってどうでもいい位置だし狼視点 >コンバイン」
大妖精 「お疲れ様でした
ランサーと勝負になるんですねこれ」
GUMI 「後は猟師さえいなければ畜生!畜生!」
でっていう 「出るタイミングと占い先とハヤテがこれっぽっちも真にみえんかったのがなっていうwww>シュトラ」
バッツ 「何かもう、不思議な事が起こったな!
初手吊られでこれダメな奴だとか思ってもいないぞ!」
松野おそ松 「「噛まれないから、この占いは偽」って見るのは止めた方がいいと思うんです、やっぱり」
綾崎ハヤテ 「あの時点で私が怪しくなくて吊られないと狐勝ちなので私は吊られてよかったんですよ(結果論)」
若松博隆 「まあわりとあのタイミングの僕吊りはいらなかったかなあとは
序盤ならまだしも」
チビ太 「俺●貰って噛むわけねえだろ >GUMI」
ヤ・シュトラ 「まあ私はゲームに関わってないからいいけど。
ランサーは可哀想だったな、ぐらい」
松野チョロ松 「全くだよ!猟師も放置しっぱなしだし!>GUMI」
ランサー 「ヤ·シュトラ>俺にも非がある
それだけの話だ」
チビ太 「カラ松に関しては・・・サブ多すぎややこしい 以上」
松野おそ松 「「チョロ松がすんげー占い師吊りたがっていた狐」ってとこから見れるんじゃないかなぁ、これ」
ヤ・シュトラ 「バッツ吊り? 趣味」
GUMI 「占い噛んで引き分け狙いワンチャン(まがお>チビ太」
やる夫 「占い師が噛まれない時は、だいたい2つの理由があるお>シールダー

1.噛む必要がない
2.噛めない

このどっちかだお
1の場合は騙りのケースも含まれるお、2の場合は?
それを「狼の視点」で考えてみると、面白いもんだお」
若松博隆 「傾奇2POPは見ないんでシヌガヨイで吊るします。
出た場合?まあ引きの悪さを呪ってください(真顔」
でっていう 「オッパイコンプリートしたかった・・・っていうwwww」
松野カラ松 「天火とウサギって言ったよな……?>ややこしい」
ヤ・シュトラ 「カラ松はどっかで死ぬだろうからバッツでいいかみたいな軽い気持ち」
松野一松 「しかし、でっていう噛まないんだね
毒なしだし噛んでもいいと思うけど」
松野トド松 「4日目夜の時点でLWから最終日勝利・・・
みんなでいた時間よりもチビ太1人でいた時間の方が長かったりする?これ」
大妖精 「やる夫噛みでここまで逆転するとは思いませんでした…
最後の賭けでのつもりでしたが…よくしましたね
>チビ太さん」
角砂糖GM 「(ゲーム開始前にでっていうが俺にクソ発言してたから初日に落ちろと思っていたら妖精で生き残られて凄くアレな気分)」
松野十四松 「コンバインも!!ランサーも!!信じてよかったやつだった!!!ごめん!!!!」
チビ太 「2票持ちと宿敵合わせて調整クソ面倒くさいんだよ >カラ松
死んでくれたほうが単純にわかりやすいわ」
松野カラ松 「ランサーの中身を何で見たか、ではあるけど」
松野おそ松 「今回は村的に「ランサー偽目」だったから、1というところで>やる夫」
綾崎ハヤテ 「バッツ投票はやりたいことがあったので吊られるとしてサブ憑きまくりの
カラ松やろ投票したろ、→吊れたで^^です」
ランサー 「チョロ松占いはしようと思えばできた位置ではある
そこで2死体なら信用を得られた可能性もある
結果論だが悪くは無かったが最高でもなかったという話だ>占い先に関しては」
若松博隆 「ランサーは真あるけど、僕としてはGUMI殺した疑惑ある占いを擁護する気はないです(屑い」
ヤ・シュトラ 「コウモリに優しい人は一定数いるから不思議じゃないと思うけど」
松野おそ松 「んー」
コンバイン 「なんというか速攻で負けが決まった分のんびりとできた感じ」
でっていう 「シールダーより先にGUMIに悪戯かぁ・・・っていうwwwwww
順番逆だったらなぁっていうwwwwww」
シールダー 「そこまで考えらえるように精進します…ありがとうございます >やる夫さん」
松野チョロ松 「占い師とか殺さなきゃ(使命感
なお猟師」
松野おそ松 「・ランサーは非狼目にしか見えない
・でも5日目の2死体のアレは銃殺対応に見える

ここじゃないの、結局」
松野カラ松 「照明してから噛めば良い気もするが。
まぁ俺噛みが狼の追い風になったようだしこれ以上は野暮か」
チビ太 「まー、正直勝てるとは思わなんだ」
松野おそ松 「超絶スーパー狂人様による銃殺対応ってには見えなかったんだよ」
ヤ・シュトラ 「ひとりわすれてるでしょこのコリブリドラゴン」
でっていう 「オッパイは2つだから二回継続じゃなくて一回ならか・・・っていうwww
ただ瑠璃→シールダー→GUMIで移動したら多分バレるんだよな・・・っていうwwwwwww」
角砂糖GM 「(そういえば一応超過前噛みは完全禁止な!今回は実質ゲーム終わってたからいいけどさ!悪いけど3分だけは待ってやってくれ!)」
綾崎ハヤテ 「でもこうやって噛まれないだけで占いを偽視するのはやめよう村が増えると
今度から闇鍋で信用勝負が流行るかもしれません」
松野トド松 「チビ太のおでんパワーが村を凌駕したって事だね」
GUMI 「つまり噛まれる村っぽかったGUMIにゃんの後光が…!(キラキラキラキラ」
ランサー 「最後の最後で言えば俺が偽だろうが真だろうがちび太を人外に見れたかどうかだ
そういう意味では村人の地力負けの面もある」
松野カラ松 「俺が指揮したら取り敢えずチビ太吊って紫帯だから何とも言えん」
松野おそ松 「なんで、生きていたら「やっぱりランサーが狼に見えないから、チビ太吊ってみない?」って言おうと思ってたんです


なんで、しんでるんだろうなぁ!!カラ松ぅ!!」
チビ太 「でっていうに関してはでっていう
別に動きからしてこっちの敵対ムーブじゃないし噛める位置は他にもある
ま、勝たせて問題なしと見た」
GUMI 「ええんやで>チビ太吊って紫帯>カラ松」
チビ太 「巫女CO&ランサー○
噛む理由いくらでもある位置だからなそこ >おそ松」
でっていう 「信用微妙状態で瑠璃抜かれが致命傷だと思うっていうwwww
そもそこまで残さないけどあれでハヤテ完全切り路線だしっていうwwww」
折原九瑠璃 「狐(ランサー真なら、チビ太さん吊った時点で狐勝利ですよ。それと、人外結果は残す意味がありません。) >若松さん」
松野カラ松 「アニキが白いからだなァおそ松ゥゥゥゥ!!!」
大妖精 「2死体銃殺が出た時点で●吊り不可避だと霊界で誰もが思ってました」
若松博隆 「占いか人外の2択だったなあ君について>GUMI(真顔
毒遺体で。あーうん、人外くさいと思いながらもランサーを殴りにいくことにしました」
松野十四松 「あ゛ー!!くやしいー!!!」
松野おそ松 「噛むんなら猟師の方が先だって思ってたからね、俺
ついでに言うと、囲い位置と言われて死にそうにしか思えなかった>チビ太」
ヤ・シュトラ 「そういえばなんで指定されたのかな」
チビ太 「ハヤテの狩人COに関しては・・・噛まれ狙いで狩人COしてもなーってか
そんなの狼が噛むわけねえだろっていう >でっていう」
松野おそ松 「待って、この巫女服赤いから!!!>カラ松」
松野トド松 「十四松毒で死ぬかどうか位だよね>チビ太
絶対安全にいくならでっていうだけれども勝たせてあげたいと思うなら間違いじゃないね
僕は好きだよ、蝙蝠にも優しい人は」
ヤ・シュトラ 「バッツ投票がまずかったか」
ランサー 「対応も何も実際呪殺だからな
なんだか先日も狐が毒遺言で信用されなかった気はするが」
若松博隆 「んじゃ、おつかれさまー
FGOォ!」
綾崎ハヤテ 「でも僕ーランサーだったら折原さん噛むわけないんですよね」
松野カラ松 「○が村で勝手に信用落とされるのはこう、ランサーに同情して良いとは思う」
松野カラ松 「そうか、殴った相手の返り血で染まってしまったんだな……」
松野トド松 「血まみれかな?>おそ松兄さん」
チビ太 「人数少なくなってきたし発言力はそこまで強くは見なかったからな シールダーは
>おそ松
なら狐狩りのために取っておくでもいいだろって考え」
でっていう 「正直超怖かったですっていうwwwwww
下手に吊り関与して狼投票引き分けから票変えよか心象ええやろで状況吊れない位置投票したけどっていうwwwwwwww(真顔」
やる夫 「普通村で狼に●を貰って、COをした狩人がいるお>シールダー

狼からすれば「狩人COは狐かもしれない」、だから1回噛まずにスルーされたお
だけど村は「噛まれない狩人は偽」で狩人を吊った
この場合、どうすれば狩人は吊られずに済んだと思うお?

全部だお、吊った村人も吊られた狩人も、全部が少しづつ足りなかった
だから補うしかないんだお、お互いに

シールダーも吊られたランサーも、まだまだ補えるはずだお」
松野おそ松 「ナルホドナー、いやー、チビ太には頭上がんねぇわ・・・

という訳で、感謝のツケをしておこう」
ヤ・シュトラ 「ただハヤテの成果って言われるとうーん>ランサーの○」
コンバイン 「おつかれさまー」
綾崎ハヤテ 「そういうデメリットメリットを考えない騙りする人を馬鹿にしているせいで
私は普通村で絶望村から狼に勝たせてしまったんだ!(発狂)」
松野チョロ松 「兄さん血染めの巫女服とかこえぇ
これは修羅ですわ(確信」
チビ太 「ああ、大丈夫、元々夢毒でもいなければCO次点で確定勝利よ今回は >でっていう」
折原九瑠璃 「再」
松野おそ松 「まぁ、あんだよ」
松野おそ松 「あっこで占われる俺が悪い!

俺の代わりにチョロ松が占われなかったのでやっぱりシコ松許さねぇってことで、はい、おしまい!」
バッツ 「それじゃお疲れ様だ!」
でっていう 「まぁ、ワイも騙りやろなぁでいつ吊るんやろって思ってたくらいやしなぁっていうwwww>ちびた」
やる夫
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     ところでやる夫のこと「狐」だの「ぼっち陣営」だの予想した奴、表に出るお
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |」
松野カラ松 「いや、メリデメリは考えて騙ろうぜ、うん>ハヤテ」
綾崎ハヤテ 「なぜそれをしなくてはいけないのか?なぜそれをしてはいけないのか?は
身体で覚えねといけねェエエエエエエんだよオオオオオオオオ」
松野チョロ松 「だからシコ松はヤメろって言ってるだろクソ兄貴ィィィぃ!」
でっていう 「だってwwww今回配置割りと危険やんwwwwwっていうwwwwwwwwwww>やる夫」
GUMI 「ま、おっつおっつー
そいではでは!」
松野十四松 「ぶれちゃ!!だめなやつだった!!!ある意味で!!!」
松野カラ松 「結局どこに真を見るか、何だが。
こひなか初日かランサーか」
松野おそ松 「るっせぇ!!
俺が占い師だったらお前初手で銃殺してたかんな!!

まぁ、初手俺占いの占い日誌でていたらしいけど!!>チョロ松」
でっていう 「めっちゃ攻めてるんだもんっていうwwwwww」
シールダー 「人狼まだまだ修行足りない…」
松野十四松 「おれ!!やきうしてくる!!みんなおつかれ!!ありがとー!!!」
ランサー 「カラ松>繰り返しなるが、村の地力負けでもあるし俺にも非はあった
薄氷を渡りきったチビ太を褒めるしかあるまい」
松野トド松 「今日も平和だな―(マテ
じゃあ、僕は帰るね
みんな、お疲れさま
チビ太はスーパーチビ太って事でありがとう!!」
チビ太 「んじゃ、お疲れさん
やー、捨て身のLWでもなんとかなるもんさね」
松野おそ松 「いんや、お前は気にしなくていいよ
アッコで狼っぺーと見られて占われる俺がちぃっとアカンかったんだ>十四松」
松野チョロ松 「用意は万全だったさ!
逆銃殺疑いのな!」
でっていう 「大妖精吊って問題なかったからあれ?あいつ村か?っ思ったけどさwwっていうwww」
松野カラ松 「チビ太が頑張ったのは違いないな>ランサー
普通に見たら俺噛みってしねーし」
ヤ・シュトラ 「まあ暇があるときにでもリハビリしよう」
やる夫 「     ____
   /      \
  /  ─    ─\      楽しめばいいんだお、全部>シールダー
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     嬉しいことも辛いことも全部だお
(  \ / _ノ |  |      やる夫が言うんだから間違いねぇお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
シールダー 「さて、同村有難うございました。お疲れ様でした。
シールダーで狩人希望通ったからちょっと満足」
綾崎ハヤテ 「いや、メリットデメリットを覚えてなくても
いわゆる習慣的な騙りはできるじゃないですか、そのことです>カラ松」
松野チョロ松 「まぁ今回は終盤まで生き残って遊べたからよしとしよう
それじゃお疲れ様
プロデューサー業と提督業に戻ろう・・・」
でっていう 「楽しみながらセクハラに全力をつくすんやでっていうwwwww>シールダー
つまり、おっぱい揉ませてくださいっていうwwwww」
やる夫 「(ニートのやる夫にはもう失うものなんてなにもねぇんだお!)>でっていう

せっかく手に入った玩具を楽しまないでどうするんだお!」
松野おそ松 「んじゃ、お疲れさん。

さーて、加賀さんと初風ちゃんと叢雲ちゃんからチョコ貰いに行こう」
でっていう 「死んだら詰むやんっていうwww詰むやんwwwっていうwwww>やる夫」
ランサー 「十四松視点、ちび太吊りからでも俺吊り間に合う可能性はもう少し分かりやすく説くべきではあったからな>嘘吐きが狂人を指しているのならだが」
やる夫 「(せめて……せめて村陣営のために命を捧げる覚悟だったんだお!)>でっていう

人外っぽいところに投票するだけで生活が保証されるwwwwwうはwwwwやめられないおwwww」
綾崎ハヤテ 「みんなしてるから占い騙りをして、みんなしてるから霊能騙りをして
うん、大事だよ習慣って、なぜそうしているのか体験しないと足を掬われるからね」
松野カラ松 「何かなあ。極端な気がするんだよな。
噛まれない占い、噛まれる占い。
噛まれないから偽、でたたっきるかと思えばなーんか証明もしてないのに盲信ムードで進んでったりもするし」
やる夫
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     何もせずに村人COをすれば、それだけで死ぬ。いいね?>でっていう
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |」
松野おそ松 「というか、こー」
松野カラ松 「騙りの幅を広げること自体は大事だとは思うか。
でも村でしなくても良いんじゃないだろうか>ハヤテ」
松野おそ松 「普通村と鍋は別もんだってのはわかってるけど、
「鍋って普通村以上に噛まれないからこの占い偽」ってなる傾向はどうなんじゃろうって思うのはあるんだよね」
でっていう 「ワイは基本グレー人数関連で詰まないのに放置されてたら基本全部たたっ斬る路線取るかなぁっていうwwww
○関連の発言みたりするけどっていうwwwww>カラ松」
ランサー 「それではお疲れ様だ
GM、鍋感謝する」
角砂糖GM 「(んじゃ、俺も寝るわ、おつかれさんだ
あの状況をひっくり返した狼は勝利おめでとう。
でっていうは負けてしまえばよかったのに(初日夜発言的に))」
でっていう 「でーじょうぶだっていうwwwww
自信家ついてるから突っ込まれてから死地に特攻を命じられるだけだからっていうwwww(真顔>やる夫」
やる夫 「人数が多い、そして役職のパワーが強いからだお>おそ松
だから見られるのが「発言」ではなく「行動」に偏る、とやる夫は思っているお」
シールダー 「(ランサー吊ってからでもチビ太さんは間に合うってこと遺言に書いておけばよかった。)」
でっていう 「HAHAHAHAっていうwww>GM」
ランサー 「噛まれない可能性はちび太LW
は見たんだが
吊れた面子でその可能性を除外してしまったのがなぁ」
松野カラ松 「チビ太吊ってからランサーでも良いんじゃね?>シールダー」
でっていう 「まぁ、俺も2W残り想定で動いてたなっていうwwww>ランサー」
綾崎ハヤテ 「そういう頭でっかちだと私みたいになりますよ!!!!!>カラ松」
ランサー 「シールダー>それは違う」
シールダー 「個人的天秤の結果です >カラ松」
松野カラ松 「村騙りは!!!想定しません!!!!>ハヤテ」
松野おそ松 「ただ、その行動もさ今回の様に「それまで積み重ねきた発言」を基にしてみるもんだから」
でっていう 「村騙りはハマれば強いけど失敗した時はいかなる意味でも死ぬからなぁっていうwwww
ハイリスクハイリターンよっていうwwwwww」
松野おそ松 「んー、結局のところ、どうなんだろう」
ランサー 「QPっぽいコンバイン
春妖精のでっていう

まず噛まれるシールダー
村狼恋妖
妖精は引き分け回避に動くから、最悪狼の動き次第ではヤバイ」
綾崎ハヤテ 「ふっ、それを貫き通せるか楽しみにしてますよ……(魔王感>カラ松」
松野カラ松 「けっきょくのとこ6でランサー吊りってのはランサーを狼で見てるってことでしかないから」
松野おそ松 「一月半ぶりに入ったただのトーシロにはわからないんでブン投げる」
ランサー 「なので十四松が俺を吊るなら
俺狂人且つコンバインLWで見るか
俺LWで見るか
になるな」
松野おそ松 「ランサー狼で見るんなら「ランサー-チビ太」で最終日まで持っていってもええんじゃないのとも思うんだよね」
GUMI 「まーあれだに」
松野カラ松 「もっと普通で良いのさべいべー……>ハヤテ」
GUMI 「多分そこまで深く考えないで吊ってる人と考えて吊ってる人が混じってるから
そこの時点で色々ずれが出てる、多分」
でっていう 「ランサー狼狂見でのコースだと地味にアレってのがあるっていうwwwwww>おそ松」
松野カラ松 「因みに俺は占いはあんまり噛まない派だ、多分」
松野おそ松 「現実としては「狂狼でみるなら」だろうけど、仮に「狼でみるなら」ね」
松野おそ松 「いうて占い師吊りたいし・・・」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \     (GUMIがまともな事を言っている……だと……?)
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
でっていう 「ぶっちゃけ俺の存在がアレと言ったほうがいいけどなっていうwwwww
狂人1残ってると最終日PP関連あっからっていうwwww
狼狂揃うとワイ狼に付くしかないからっていうwwwww」
やる夫 「馬鹿な。最近はすっかり結月ゆかりに駆逐されつつあるGUMIが……?」
GUMI 「(やる夫さんそれはどういう事ですか)」
綾崎ハヤテ 「人外が大量にいる場合、普通に進めたら順当に人外勝ちだ
なら村で騙ろうって奴は大量にいるんです……
後グレラン面倒くせぇ死ね(騙りCO)」
やる夫
               ____
             /      \ (イザナミだ)
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
ランサー 「まぁメタいから村では言わなかったが

呪殺対応できる器用なスーパー狂人ならあんなタイミングでは出ない(真顔)」
GUMI 「(お前だったのか)」
松野おそ松 「スーパー狂人様あるかともちょっとは考えてました☆>ランサー」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \     (また騙されたな)
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
松野おそ松 「たださー、ほら。
俺って見ての通りに大雑把に生きて行く感じだからさー


最終日に地雷原でタップダンスすることしか考えてなかったよ。巫女服きながら」
GUMI 「(暇を持て余した)」
でっていう 「GUMIなんてオッパイの一言で対応可能よっていうwwwww(真顔」
松野カラ松 「皆呪殺対応と噛み先対応はしっかりしような!!」
やる夫 「(神々の)」
ランサー 「その辺りはやはり俺が昼間の間に説明すべきではあったのだよな>十四松視点の残りの内訳」
やる夫 「([∩∩])<遊びは終わりだ」
でっていう 「乱交っていうwwwwww」
綾崎ハヤテ 「(ちくわ大明神)」
GUMI 「(誰だ今の、あとでっていうは処す)」
綾崎ハヤテ 「ボンバーマンTASはズルい」
でっていう 「ワイは正直コレ十四松人外も普通にあるよねって最終日思ってましたっていうwwww(真顔」
ランサー 「ないない>スーパー狂人」
ランサー 「フレイヤかな>神々の乱行」
でっていう 「ではワイも落ちるでっていうwwwww
お疲れ様やっていうwwwwww

順番チェンジでオッパイコンプリートだった・・っていうwwww無念やでぇっていうwwwwww」
綾崎ハヤテ 「それじゃお疲れ様―、同村ありがとうございました。また縁が合ったらよろしく
お願いします」
松野おそ松 「んじゃまぁ、今度こそおつかれさんっと」
松野おそ松 「久しぶりの人狼だったけどやっぱり楽しいもんは楽しいもんで

・・・ただ、ガチで巫女服来ている印象しか残っていないのはなんでだろうな!」
ランサー 「金の首飾り欲しさに小人達の鍛冶屋達にくれって言ったら「七人いる我々とこの一週間一日に一人と共寝してくれたらいいよ」と言われてOKしたというトンデモな逸話がある>フレイヤ
明言はされてないが
まぁそういう事なのだろうな」
松野カラ松 「ふっ……。俺の扱いがやっぱり全然違う気がするのは気のせいだろうか(小声」
松野おそ松 「・・・やっぱり補正ってあると思うんだよ(めそらし」
ランサー 「それでは改めてお疲れ様だ」
ランサー 「とりあえず神様ラック値ください(切実)」
松野カラ松 「俺にもください(切実」
GUMI 「神「悪いがラックは売り切れでね」」
松野おそ松 「ラックは無くても人気はあるから・・・」
松野おそ松 「んーむ、やっぱあそこでの占われだよなぁー
っかー、あん時に俺とチョロ松を推し間違える様な長男力を発揮しておけば・・・!」
松野おそ松 「そして、けーっきょく数月ブランクがあったとしてもそう簡単に人って変わらないんだね、赤塚先生>占われ&噛まれ」
松野カラ松 「なんか俺は普通噛まれるはずがないだろう、って状況で噛まれて負けるのが多い気がするぞ……?」
松野カラ松 「まぁ、噛まれなくとも負けてたろうがな……w」
松野カラ松 「ま、お疲れ様だブラザー。
形はどうあれ結果が全て。頑張らなければ辿り着けない結果。
俺もそこを目指すとしよう。村建て同村感謝、また逢おうぜ!」
市松こひな 「お疲れ様です」