←戻る
【雛4012】やる夫達の封蘇超闇鍋村 [4678番地]
~深夜なんで蘇生とか長引きそうなの無しな~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon さやかGM
(生存中)
icon タンブルウィード
(生存中)
icon 火焔猫燐
(生存中)
icon 多摩
(生存中)
icon sig
(生存中)
icon ゴブリンスレイヤー
(生存中)
icon 佐倉杏子
(生存中)
icon リリーブラックマ
(生存中)
icon 月詠小萌
(生存中)
icon クッパ
(生存中)
icon サンタオルタ
(生存中)
村作成:2016/02/22 (Mon) 23:59:30
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします 」
GM 「ローカルルール
・恋人全滅確定時以外早噛みは無しで
・GM能力行使、AA、役職の騙り関係は無制限

開始は0:20で」
タンブルウィード が幻想入りしました
タンブルウィード 「こんばんは」
GM 「ばんわ」
GM 「尚狩人のGJで長引くことは保証してない模様」
タンブルウィード 「ろくろ首「おっと」
仙人「我々を」
狐噛み「忘れてもらっては」
巫女コピーの覚醒者「困るなあ?」」
GM 「冥狼、雛狼、餓狼「俺達もいるぞ」」
タンブルウィード 「冥は2軍でしょ」
火焔猫燐 が幻想入りしました
火焔猫燐 「やあやあ、よろしく頼むね」
多摩 が幻想入りしました
タンブルウィード 「理論上、最大日数は」
sig が幻想入りしました
タンブルウィード 「……噛み死体なし蘇生はいると、実質無限?」
sig 「よろしく」
多摩 「多摩にゃ猫じゃないにゃ。
タンブルウィード追っかけてたらここについたにゃ。」
火焔猫燐 「イエス>タンブル」
GM 「おっとらっしゃい
さーてGMアイコン何しようかなー」
火焔猫燐 「あたいは火車だにゃーん」
タンブルウィード 「22人で20日目突入とか見てみたいものです」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → さやかGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2607 (美樹さやか)」
ゴブリンスレイヤー が幻想入りしました
ゴブリンスレイヤー 「ゴブリンだ。」
さやかGM 「これでいいや」
火焔猫燐 「22日か23日は見た記憶があるよん」
火焔猫燐 「お前自身がスレイされる事だ>ゴブリン」
タンブルウィード 「あるの!?」
多摩 「見た中じゃ25だか30人で17日が最高だにゃ。」
さやかGM 「10日以上ダラダラ続くと結構ダレるよねえー」
タンブルウィード 「22人で23日目ってすごい村ですね…」
sig 「終わりが見えないよね、やってる側には」
火焔猫燐 「http://alicegame.dip.jp/sanae/old_log.php?room_no=3260&add_role=on&heaven_talk=on&db_no=2&icon=on
ごめん20日だった
ちなみに25人村だね」
ゴブリンスレイヤー 「村人は怠惰に油断し、人外は目に見える積みに絶望する」
タンブルウィード 「25人だとマイナス1吊?
でも19日か、すごいなあ」
佐倉杏子 が幻想入りしました
sig 「うわあ、普通だったら40人ぐらい死んでますよ>25人20日」
さやかGM 「前村のログ見てたけどやっぱ他の人の投票見ない人って多いのかなー
結構そういうのってGMは気にすること多いんだけど」
佐倉杏子 「よ」
火焔猫燐 「身内票あったりするからねえ
怪しい怪しくないで考えるのが一番さ」
ゴブリンスレイヤー 「そいつを注目しているときならばするが>さやか」
さやかGM 「あ、うん・・・えーっと、こんにちわ・・・じゃなかった今は夜でーえー」
多摩 「見てもアテにしなかったりすることも多々あるにゃ。」
sig 「sig さんが登録情報を変更しました。」
佐倉杏子 「なんか知り合いが良い年してスッゲー格好してる
そうっとしておいてやろう」
リリーブラックマ が幻想入りしました
月詠小萌 が幻想入りしました
リリーブラックマ 「よろしくだクマー」
クッパ が幻想入りしました
月詠小萌 「こんばんはー」
クッパ 「我輩参上」
佐倉杏子 「時々だな
狼の時なんかはよく見る
後は霊の時だな」
多摩 「艤装もすごいカッコだと思うけど知り合いじゃないからセーフにゃ。」
さやかGM 「深夜にクマ鍋?太っちゃいそうだなー
ほかの人もよろしくね」
さやかGM 「10人もいれば少人数鍋になるし深夜だし延長はしないよー
準備できた人から投票してねー」
月詠小萌 「寒い夜はクマ鍋をつつきながら一杯やりたいですね」
多摩 「HA亀さんこんばんわにゃ。
上投げの基地外性能にはお世話になってるにゃ。」
タンブルウィード 「準備完了待機中…」
sig 「投票確認してカウントおねがーい」
佐倉杏子 「さやかはもう少しくわないとマミみたいにはならないぞ」
タンブルウィード 「ではカウント行きますね」
タンブルウィード 「村人陣営5人」
サンタオルタ が幻想入りしました
タンブルウィード 「神話マニア陣営4人」
さやかGM 「お、大きなお世話だー >マミさんみたいにならない」
タンブルウィード 「蝙蝠陣営3人」
さやかGM 「えーと、もう2月も終わりなんだけどー >サンタ」
タンブルウィード 「狐陣営2人」
ゴブリンスレイヤー 「大きくないからこそ世話されるのではないのか?>さやか」
サンタオルタ 「2ヶ月遅れのサンタの凱旋だ。
褒め称えるといい。」
タンブルウィード 「狼陣営1人」
佐倉杏子 「アタシは邪魔だからいらないけどな」
タンブルウィード 「そんな15人村の配役はいかがですか? >ALL」
タンブルウィード 「はい、ゲームスタート」
ゲーム開始:2016/02/23 (Tue) 00:23:09
出現陣営:村人陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
「◆さやかGM ローカルルール
・恋人全滅確定時以外早噛みは無しで
・GM能力行使、AA、役職の騙り関係は無制限
・GMが誰かは例によってプロフ」
サンタオルタ 「ふむ。
つまり貴様がトナカイか。」
「◆さやかGM 尚役職、配役、内訳に関する苦情は全却下ですので頑張ってねー」
佐倉杏子 「雪だな」
佐倉杏子 「なんでさ」
サンタオルタ 「そうだな」
佐倉杏子 「っていうか酷いな
狼陣営の方が初日から多いぞ」
サンタオルタ 「問おう。――貴様が私のトナカイか?」
サンタオルタ 「こう言うべきだった。」
佐倉杏子 「サンタの方が雪って感じだけどな」
サンタオルタ 「久々に見たな。>村人陣営3とか」
佐倉杏子 「いや違うからな!?
ランサー/キャスターだろアタシ!」
佐倉杏子 「マスター不在のはぐれサーヴァント二人か」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
さやかGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さやかGMさんの遺言                                  _
                               , :, :´ヽ  `ヽ
                            , イ  i'   ;.  :.‘,
                            /   ...ハ: : . ,: -==、j
                        ,イ    '   ヘ: :/ ,ィ¨| ̄ト、
                       ,.: '' ´  , ィ . : : : 辷゙i .i'´  |  ト、j
                      /''‐ 、 ./‐--==辷::ハi’ `''''|  ト{
                   /   ヽ/        辷::V  ヽ._|  |.ノ、
                      / /:ヽ  ゚。      辷:::',ヽ.._|  |)/ハ'',       あたしってホントGM
                 ,':;:'::::: : ヘ.  ',      辷:::∨//,'!  !//,':::!
                 ;:;':::::;ィ父x‘, }  _二ニ=‐辷:::}///,|  |//}::;' ヽ
         , .ィr≦ニヽ_ {;:>=ニ二ゝ¨''!_/    ,ム/::i´ ̄´|  |}-'::ト、. ‘.。
      , . :.´: :_:_:_ヽ.´- '´:... : ̄¨“7´rt_.}. \  ,ム/::/,{ ¨ ̄.|  |}l:: !、ヽ、 ‘.。
     /_:_:_:_:_:_:_:ヽ、   :::`ー=: : :,' .,゙.  ハ_,,. ヽ. 辷::::;'/,'!::'  ̄|  |,}.!::| ヽ:ヘ  ‘。
    ,' : /Ⅳl::.....;' ̄,ィ 、  ,'::  . : l l_,,.イ  /! |. 辷::::Ⅶ,l::ゝ''"|  リ/!:} ◇'。ヘ  ‘。
    ; : : フ.从,!::::;'  Eヨ .}  ::::. : ::::::,'/   / ; | 辷:::::Ⅷ:::ー'::゙|  |/,!:l    ';::',:、 .‘。
.   { : : >:::::::::r'´ .ヤき、ヽ;'::::..: :::;'    ' /  | 辷'; ゝ{::;'::::::|  |/l:;'    ';::',、\‘,
   キィ 三=::::::;、ー,::::..`¨´.:::::::::/;;;;;゙   , ' /   /::.  マi'  {',:!::::: |  |/;'     i:::!公xヽ',
   ー、: : `:.、人ヽ...  ..::::::::;.ィ从;;゙. / , '   / ` 、.Ⅱ  マミー-.!  !;'       .l:::!ム 公x.ヽ、
.    ヾ: : : : :゙:.、´:::::::、ミx´_,ノ;;;'ノ. /  , '  ./    y';    `¨⊥゙⊥、     ;:::公/ヽ公x\
     ` ミ三_:ヘ: `: : : : : : ミ;;;;'  ;  / .   /:::::.   / ‘,   .゙ー┬i‐'’      ,:::;公!,.ィ ノノ ゙ー交x、 
          ` 、: ヽ: : : ミ;;  ;. /   ./ ゙、:::::::. ,'    ` ー''" | |      /:,公:::ゝ'ィ/∧
            \j\l;;;;' l .;/    ,'::::::..`ー !  ;     .:::: | |    .,.イ:,.公.イ/////,ハ
                l;;;;;;'' l  !   i. ‘、:::::..  ..:::;      ::::::;| |  , .イ:ィ公//////////ハ
                  |;;;;'  .l  !   l   ヽ::::::',::::;'    .:::::/゙| |彡ィム’l;l;l;l\////////∧
              |;;;'   l  l    .l    ` 、:'  ..:: ..::/-::| |///l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l\,'//////∧
                |;;'.   !  !   l       丶、_,';.イ////,| |//l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l\'/////∧
                  |;;   .l  .l    .l         ,イ;l;l;l;l//////,'| |/l;l;l;l;l;l;l;l; イ¨ー'二ニ.ヽ////マl;、
             {;;  .l   .!   l       i;l;l;l;l;l;l;{゙//////| |;l;l;l;l;l;l/ /¨ー’  ゙ミl;l;`¨´l;l;l;l‘、
              ;;' .l   l    .l      |' ゙l;l;l;l;lゝ‐--‐''゙| |;l;l;.イ イ .-‐= ‐ ミl;l;l;l;l;l;l;l;l /
             ,''_ノ.!  .l    .l      ‘,゙ー-==-─-- ! !二 -" /  , .-= - ヽ二彡"
              l   .l   !   l        ` ー--‐、ゝ--| |:::::::.. ,イ ,イ///,.-─ ミ
              |   !  .l    .l             \::::| |:::::::.,'. /////     ',
.              ;| .,゙   l    .l                   ヽ| |  i. ;'///'       .',
            ,';;;;/   l   .l                 | |;`'┤ l//,'           ;
           ,゙;;;;;'    .l    l                     | |  `ー┴、_         .i
             l ;;;'     l    .l                   | |    /ヽ          ,゙
.             l      .l    l                 | |   .,.イ    ix,..    /
          l      .l    .l                   ,'| |   /       ::::::::.... /
          l      .l     l                , ィ" | | . /         ./
          l      .l     l             , イ     | | /        /
          l      .l     l           ,.イ       .! !'        /
.         /      l     l               ハ::::|       _| |        /
.       /      .l     l           ハハ::キ      / | |         ./
     /       l     l           ///,ハ::',.    ,.'l::::| |       ./ヽ
.   /        .l     l          ム///∧:', / .l';:! !、   ,..ィ:::/
 /         /      l         ,.イ//////,ハ:}/.    l | |::`:::'':"::, ィ/
.'    - ── ´       l        ,.イ/////////     l:| |ヽ- ''"///
               /        /////////,K        }| |,'//////
              > ´       ,'///////////>、   ./ | |,'/////
          > ´          i///////////////≧=///| |////ハ
      > ´             `ー──--=====─,.イ///! !/////!
.    > ´                           //////,'}.{/////!
.> ´                                ,'///////y'///マ゙
                               `¨“'' =二人_./
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
リリーブラックマ 「おはようクマ

村3・・・完全泥仕合のバトルロイヤル開始くまーーー
村人陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営1」
タンブルウィード 「これはひどい >11人3村4W

もうこれ占い師結果が人狼なら初日にでてもいい勢いだよな
共有者はいない、まあ、うん、さらに強い村役がいることに期待しちゃる」
sig 「おはよう
村人陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
5釣り最大7人外…やばくね?
マニアはCOお願い
月詠小萌 「出現陣営:村人陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
ひどい人外村じゃないですか!
逆にどこ吊っても人外が吊れそうともいえます!」
サンタオルタ 「サンタからの挨拶だ。
メリークリスマス。」
クッパ 「出現陣営:村人陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
村陣営は吊られない程度に村らしく噛まれない程度に怪しまれるのだ」
ゴブリンスレイヤー 「これがせめて、蝙蝠が村人であれば。
いや、言った所でどうしようもない。
手が足りない。力が足りない。言えば増えるのならばいくらでも言うが。」
火焔猫燐 「あはははははははははは!!!!!>配役
これはもう笑うしかないんじゃないかな?????????」
サンタオルタ 「なんだこれは。>村人陣営3
村人陣営よりその他の陣営の方が倍とか久々に見たぞ。」
タンブルウィード 「はい、マニアはよ!」
多摩 「ひどい村にゃぁ。
確定枠が出てきてくれると嬉しいんだけどにゃあ・・・」
佐倉杏子 「んじゃマニア次第」
クッパ 「いやマニアも出ない方がいいのではないか」
sig 「マニアはだれ?」
火焔猫燐 「マニアは村人コピーだよね??????
出てきてくれるよね?????????」
月詠小萌 「マニアちゃーん?
いませんかー?」
クッパ 「的になるだけだろう」
ゴブリンスレイヤー 「どうも初日から投票していく妖精ではないらしい>蝙蝠陣営」
リリーブラックマ 「はい、マニア出ない
絶望スタートくまよーー」
サンタオルタ 「まあマニアはCOしておけ。」
佐倉杏子 「マニア出る気配ねぇな」
タンブルウィード 「マニアがいない…と
初日か人外つきか強役つきか」
多摩 「ゴブリン>蝙蝠を村枠として迎え入れないと勝ちないにゃ。
事故証明出来てる蝙蝠だとまだありがたいにゃあ。」
ゴブリンスレイヤー 「マニアのCOはないか。そうか。」
火焔猫燐 「潜られて後から村マニアでしたって言われるのも困るよ?>クッパ
重要職コピーならともかくね」
クッパ 「マニアは出るのだ(クルッ」
sig 「人外についてるか初日か」
月詠小萌 「わかってはいましたがマニアも人外かなにかぽいですね・・・」
タンブルウィード 「しゃーねえ、もうグレランしかねえな!
もうどうもこうもねえな!」
火焔猫燐 「マニア出ないなら初日マニアか狂人かを祈るしかないよ
そうでないと吊りが足りないんだもの」
佐倉杏子 「そんじゃグレランだ
狼増えてんなら柱だせオラァッ」
リリーブラックマ 「じゃあ蝙蝠COしとくクマ
村と人外で殴りあうといいクマよ」
多摩 「マニアいないんにゃら、
自分とあと二一人だれが村で、誰が売らないか見極めつつ、
釣りのがれもしたうえでグレランにゃあ。」
クッパ 「COして噛まれても困る未来しか我輩には見えん
言われてみれば詰んでいるような村であった」
ゴブリンスレイヤー 「俺は元々村人判定に選り好みはしない>多摩
向こうがこちらに与するかどうかは別の問題だ」
サンタオルタ 「ぶっちゃけ即PP食らいかねない内訳であるので、村側のマニアが潜る潜らないは最早意味がない。>クッパ」
火焔猫燐 「クッパ大王様意見翻るの早過ぎない?????」
sig 「3-4だから狼は最大2ってところかな」
ゴブリンスレイヤー 「そうか。>ブラックマ」
火焔猫燐 「あー、うん、はい>リリーブラック」
クッパ 「村じゃないなら死んでもらってもいいのではないだろうか
結構悩ましいな」
タンブルウィード 「せめて証明できる妖精系だったら… >リリブラ」
月詠小萌 「蝙蝠ちゃんだけ高みの見物ですか!
ちょっとそのポジションうらやましいですよ!」
佐倉杏子 「って言ってノコノコ出てきたらビビるけどな」
リリーブラックマ 「これで少しは人外を吊りやすくなるクマね?」
多摩 「リリー>本当に苦虫を噛み潰す気持ちで残すにゃ、多摩は。
PPに参加するなとかは言わないけど、狼っぽいところに投票はしてにゃあ。」
タンブルウィード 「とはいえ、対抗がいないなら現状放置するしかないんだろ

リリブラ狐はまああるんで、狼は噛んでどうぞ」
クッパ 「>猫
王には場の流れを見るスキルも必要なのだ」
ゴブリンスレイヤー 「3段あるから3Wなのではないのか?>sig
割合による上限があるとしたら俺はしらん。」
サンタオルタ 「村側についているかついていないかが問題で、
この様子だと村にはついていないということだ。つまり村は絶望的だ。
決闘あたりが人外についているとまだマシだがな。」
佐倉杏子 「アッハイ>ブラックマ」
多摩 「SIG>一応出る数は3狼-1狂ありうるにゃ。」
sig 「狼狐である可能性はあるけど…
噛まれるの機体かな>クマ」
サンタオルタ 「蝙蝠は対抗がいるならば……、
出る筈もないか。」
リリーブラックマ 「高みの見物クマね
噛まないでくださいお願いします」
タンブルウィード 「占い師とかコピーなら潜伏はわかる
でもそうでもないなら出るべきではアルヨナ」
火焔猫燐 「面白い事言うね>タンブルウィード
ま、村人以外が噛まれてくれた方がありがたいっていうのはそうだけどね」
多摩 「クッパ>猫じゃないにゃ、多摩にゃ。」
月詠小萌 「正直蝙蝠ちゃんなんか触ってる暇はないので見えないふりするしかないですね」
佐倉杏子 「というか
狂人何人かいるだろうから
ブラックマ噛まれるんじゃないか?」
クッパ 「ここで狐候補の削れない蝙蝠吊りを考えているクッパさんマジ非狼目
ここは必ず残そうってクリボーたちが言っているぞ」
多摩 「占いコピーでもぐったにゃら、コピー先の占いのためにも出るべきだと思うけどにゃあ・・・」
火焔猫燐 「場の流れを見て意見変えたって事なんだ?>クッパ大王様」
タンブルウィード 「自分でそれを言うか、面白い亀だな >クッパ」
クッパ 「>タマ
魚食うか?」
佐倉杏子 「まぁアタシ達にゃ関係無い話だが」
月詠小萌 「自作自演はいけませんよ!」
多摩 「あんこ>狼にとって蝙蝠噛んでる場合じゃないにゃよ。」
タンブルウィード 「ちなみに俺の名前の由来は、西部劇に出てくる転がる草の名前

これ豆な」
多摩 「クッパ>もらうにゃー」
サンタオルタ 「むしろここでの蝙蝠COはそれなりに狐の確率はあると思うぞ>クッパ
蝙蝠が対抗できようはずもないからな」
リリーブラックマ 「マニアが占いコピーだったら
占いをコピーしたことだけ言えばいいからなぁ」
クッパ 「クリボーたちの言葉を嘘偽りなく伝えただけなのでセーフ」
sig 「村も少ないしじんがいには当たるでしょ」
ゴブリンスレイヤー 「潜った所でどれほど生き残れるかという話もある>占いコピー潜り
占いをコピーしたとだけいうというのもある」
多摩 「意見出さないところ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
タンブルウィード0 票投票先 →クッパ
火焔猫燐1 票投票先 →クッパ
多摩1 票投票先 →月詠小萌
sig2 票投票先 →火焔猫燐
ゴブリンスレイヤー0 票投票先 →クッパ
佐倉杏子1 票投票先 →sig
リリーブラックマ0 票投票先 →クッパ
月詠小萌1 票投票先 →多摩
クッパ4 票投票先 →佐倉杏子
サンタオルタ0 票投票先 →sig
クッパ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 「狂人に期待すんなら蝙蝠噛みなんだよなぁ」
サンタオルタ 「狐の蝙蝠COも無いとは言えん(あって1割だろうが)ので、蝙蝠を噛みたいなら否定はしない。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ゴブリンスレイヤー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クッパさんの遺言 貴重な村枠3を村人に割くスタイル
これぞ王道だ
ゴブリンスレイヤーさんの遺言 死神日記

初日×>小萌

そうか。俺は、誰かにとってのゴブリンか。
・・・殺されれば、簡単に死ぬ。そして、殺す事もできる。

2夜:小萌
蝙蝠は村カウントだ。そして、噛まれないとは限らん。
ならば俺が殺す必要はない。
俺が殺すべきは、マニアが出てこない事と蝙蝠についてのみ触れているお前か。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
sig 「おはよう
昨日は吠えがかなり少なかったからLWありうるんじゃないかな」
多摩 「2吠えしかないにゃ~。狼釣れてるけどそれはそれで狼吊ればいいって感じじゃないとは思うにゃあ。

さほど意見は言ってないタンブルか月詠二択だったにゃ。

サンタオルカの意見も尖ってはいるけど、情報出そうとしている、
手を握ったまま戦う気はなさそうにゃんで見ないことにしたにゃあ。」
タンブルウィード 「おはよう
遠吠えクッソ減ってるというこの
クッパ狼なら露骨すぎやせんかね?」
月詠小萌 「狼ちゃんも狐ちゃんもみつけないといけない占い師ちゃんは大変ですね
せんせーになにか助力できるでしょうか?」
佐倉杏子 「そんじゃま、COあるならどうぞだ」
サンタオルタ 「サンタからの挨拶だ。
メリークリスマス。」
リリーブラックマ 「おはよう」
火焔猫燐 「占い師だっにゃーーーーん!
多摩○>タンブル●」
タンブルウィード 「占い師が出ない場合、結果がなか

おい」
火焔猫燐 「【火焔猫燐の占い日記】
 
【一日目】
猫まっしぐらーーーー!
この配役どうすれば良いんだにゃーーーーん!?
 
【二日目】
タンブルウィード気になるなあ
蝙蝠についての発言が目に付いたにゃ
蝙蝠残すって意見ではあるんだけど
中身の真偽は気にしてて
その中身は狐見てるのか狼見てるのかなんだけど
狐でも見てるなら妖精かどうかは意味ないと思うんだよね」
sig 「死神遺言か
死神って何かつけることができたんだっけ?」
リリーブラックマ 「クッパ吊りは意見コロコロ変えてたから吊ったクマー
まるで蝙蝠みてぇな奴だクマー」
タンブルウィード 「占い師

火焔猫鱗○>ゴブリンスレイヤ一○」
月詠小萌 「LWちゃんなんですか?
涙拭いてください」
佐倉杏子 「ネオサイタマかよ>スレイヤーが死神」
タンブルウィード 「1日目 火焔猫鱗
待ってね? >11人村3人
いや、あのさあ…いやねぇ…?
もうこれ狼結果出たら初日に出る勢いがないとアレやな!
右占いな!

2日目 ゴブリンスレイヤ一
○な、じゃあそこ村置き
狂人?元マニア?決闘者?知るか!
もうそんな生半可な気持ちじゃどうしようもないんだよ!
リリクマも占いません クッパは犠牲になってもらった、ってか村切る

ここで出すべきは呪殺…なのかね?
クッパ狼として2W、呪殺出たら噛みと併せて7人
狂人噛みあるとして、村3狼2マニア不明の決闘蝙蝠1…ありませんかね?

ま、ここはゴブリンスレイヤーかサンタオルタ占いだな
どっちも気になる位置だし、0票位置でもあるわけだ

よし、発言はどっちもどっち!
ならクッパ投票で生存欲が見えたっつーのもあるんでゴブリンスレイヤー占い!
そして明日朝一ででるべし!でなければならない!
俺噛み?鱗噛み?そんなものあってはいけないんだよ…!」
火焔猫燐 「かっつかつな人数だからタンブル吊りは推すけれど
吠え数がなあ
でも吠え数って偽装できるんだよね」
サンタオルタ 「個人的にはそこはマニアあるかもしれんと三割くらい思ったが>クッパ
まああの流れでCOしていないならあっても人外マニアだっただろうから吊られても特に問題は無い。」
多摩 「二択位置から狼なんで、釣れそうなところに投げているか、
本当に狼かなんで、
おりんまこお狼だと思ってるにゃ。

タンブル狼ならクッパ本当に村確定にゃ。」
リリーブラックマ 「あれ・・・?
これタンブル視点の内訳どうなってんだクマー?」
タンブルウィード 「ゴブリン噛みで結果が1つだから潜伏したんだよ!
もうお前狂人とか見たくないから夢見ます!多摩吊ろうぜ!」
sig 「あー
これは萌えか狼かね」
佐倉杏子 「占い師他にいないなら
ダンブルと燐抜きでランだな」
サンタオルタ 「ふむ。」
月詠小萌 「占い師ちゃんが出てきましたが死んでるところを占っていますね
もったいないです」
火焔猫燐 「私はタンブル投票するけど
狼少なそうって意見持ちなら灰投票するのは……止められないけど
村人三人だけなんだよにゃーーーー!! この村!」
多摩 「サンタオルカ>潜るマニアは占いでも釣ろうで流れてたと思ってるにゃ。」
sig 「たんぶる釣りは待ったほうがいいんじゃない?
狐がいるって」
多摩 「あんこ>タンブル狼なら非狼死んでるし、
今のグレーの多摩をラン先にするのがわけがわからないにゃ。」
火焔猫燐 「多摩は○だから吊らせにゃいよ>タンブル」
リリーブラックマ 「あー・・・なるほど」
サンタオルタ 「タンブルウィードは●打たれて結果0か。>占い2CO
理由の文章量からしてその場しのぎではなさそうだが。」
佐倉杏子 「多摩もまぁ抜きでいいだろ」
多摩 「SIG>タンブル狼ならクッパ非狼。」
タンブルウィード 「まあそう言うだろうな >鱗」
月詠小萌 「そうですね
村から見ても狼から見ても狐が生きたままでは勝ちはないのですから」
リリーブラックマ 「これ真狂で狂人特攻っぽいなぁ・・・
どちらも残してグレランでいいんじゃないかね」
火焔猫燐 「あの吠えが偽装かどうかにゃんだよにゃぁぁぁ……」
多摩 「月詠>狐気にしてる余裕村にはないにゃあよ。」
タンブルウィード 「ゴブリン呪殺なあ…ないかなあ…ないよなあ…」
多摩 「リリー>狂人でものこしちゃダメにゃあ。」
火焔猫燐 「でも吊りがさ、ノーミスでさ
狼を真っ先に減らさなきゃいけない配役でさ」
サンタオルタ 「深読みした場合。
お燐のが偽っぽさというか、狂人っぽさはあるような気はしないでもないが。」
タンブルウィード 「俺視点、鱗は夢or狂人or子狐です
ここで出るあたりたぶん夢か狂人だと思う」
月詠小萌 「クッパちゃんが何だったか、ですよねえ」
リリーブラックマ 「あの吠えが偽装でもそうじゃなくても
俺にとっては問題ないクマー?」
佐倉杏子 「ところで頭痛い可能性があるんだが
死神じゃなくて冥狐
呪殺
噛みが重なった
って可能性どんだけあると思う?」
多摩 「サンタオルカ>多摩の部分では結果真にゃ。」
sig 「呪殺だったら死体なしがわからなくなるよ
狩人がいるのか狐噛みなのか」
タンブルウィード 「狐噛みはわりとあると思うけど、わかり用が無い」
サンタオルタ 「まあ決めるのは明日でいいだろう、とは思う。>占い結果からの吊り
クッパ狼である場合も灰に狼がいる場合も、灰に人外がいるのは違いない。」
多摩 「月詠>クッパ村なら正直どうしようもないにゃよ。
この村、結果無いから潜ったで済む村じゃないにゃ。」
火焔猫燐 「ミスが命取りだから私はタンブルに投票するよ
あの吠えの減りは多分露骨だと思う」
タンブルウィード 「だから灰吊だな、仕方ない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
タンブルウィード2 票投票先 →sig
火焔猫燐0 票投票先 →タンブルウィード
多摩0 票投票先 →タンブルウィード
sig2 票投票先 →サンタオルタ
佐倉杏子1 票投票先 →sig
リリーブラックマ0 票投票先 →サンタオルタ
月詠小萌1 票投票先 →佐倉杏子
サンタオルタ2 票投票先 →月詠小萌
3 日目 (2 回目)
タンブルウィード2 票投票先 →サンタオルタ
火焔猫燐0 票投票先 →タンブルウィード
多摩0 票投票先 →タンブルウィード
sig1 票投票先 →サンタオルタ
佐倉杏子0 票投票先 →sig
リリーブラックマ0 票投票先 →サンタオルタ
月詠小萌1 票投票先 →サンタオルタ
サンタオルタ4 票投票先 →月詠小萌
サンタオルタ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 「さぁてどうするかねぇ」
佐倉杏子 「まぁ、ダンブルは残す」
佐倉杏子 「ダンブル
小萌
多摩
アタシ
ブラックマ

シグ」
佐倉杏子 「ならまぁって話だね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
sig は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
サンタオルタさんの遺言 【司祭表記】だ。
この村で能力が発動する日が来るかは甚だ謎だが。
sigさんの遺言 仙人だよ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
多摩 「これほんとに多摩とクッパとおりんしか村いないと思ってるにゃぁ・・・
だとしたら灰人外だらけにゃんで人外釣り自体はできてるにゃけど・・・

灰吊りにいった連中はクッパ人外決めつけられてるにゃか?

◇タンブルウィード 「ゴブリン噛みで結果が1つだから潜伏したんだよ!
もうお前狂人とか見たくないから夢見ます!多摩吊ろうぜ!」

これ言ってるけど、狂人みたらおりん吊らないと行けないにゃ。
けど、なんでラン対象多摩にゃ?

巫女にゃあ。せめて蝕んでなかったらいいけどにゃあ。
にゃあの他に占いとあとひとりなんらかの村がいるにゃあ。

2夜時点でまあ蝕みかどうかはわからないにゃ。
3昼時点で蝕みは無いこと発覚にゃぁ。」
タンブルウィード 「俺視点鱗○だから鱗漂白噛みはありえるかんね!
sig占って結果は○」
火焔猫燐 「占い師だっにゃーーーーん!
多摩○>タンブル●>sig○」
タンブルウィード 「3日目 sig
鱗夢はまだ捨てへんで!
○に投票している、って意味でもsig投票
…決闘票はいると吊逃れするしかないやんけ!

サンタオルタはわりと村見てたんだが、状況がな、状況が、な?
多摩は占う気はしない
ゆえにsigか杏子か小萌
sigが吊逃れをしないあたり、非狼狐目ですね
それに対し小萌はサンタオルタを吊る形と…

よし

sig 「呪殺だったら死体なしがわからなくなるよ狩人がいるのか狐噛みなのか」

この発言が視点漏れな気がしなくもない
最初に投票していたってのもあるんでsig占うよ!」
月詠小萌 「タマちゃんは占いに投票していましたね
ただ○をもらっただけでそこまでできるのなら何か見えてる役職なんでしょうか?」
火焔猫燐 「【三日目】
狐目って意味だとsigな気がするんだよね
狐は得てして狐を話題に出して
村アピするものだからさ
●を残して狐が怖いよって発言は
狐っぽいと思うさね」
タンブルウィード 「クソァ!」
リリーブラックマ 「おはよう」
佐倉杏子 「アッハイ>○出し先死亡」
多摩 「どっちかが真うらにゃい。」
タンブルウィード 「いや、呪殺かコレ?
仙人COしつつ蘇生してないってなんなん?仙狐か?」
月詠小萌 「仙人ちゃんなんですか・・・?」
リリーブラックマ 「仙人遺言であることが問題だとは思わんかクマ?」
火焔猫燐 「まず蘇ってにゃいんだよにゃあ>sig
狂人噛み、決闘噛み、それか狐だけどー
タンブル最終日送りにはしない」
多摩 「月詠>多摩の朝読んでほしいにゃ。
昨日灰釣り出来るのって、クッパ人外決め打ちできてる人だけにゃ。」
リリーブラックマ 「天狼LWか?」
佐倉杏子 「そんじゃま。どうすっかなぁ
占い吊るかどうかだ」
タンブルウィード 「占いランは俺視点メリットがないので拒否」
タンブルウィード 「あと鱗夢ってのも消えたな…」
多摩 「タンブルとおりん両方残しても、蝙蝠が交じる上、
タンブルは絶対おりん釣れないにゃあよ。」
佐倉杏子 「仙狐なら把握ミスってんだろおもいっきし」
多摩 「リリー>天狼でも親狐噛めないにゃ。」
月詠小萌 「生き返らない仙人ちゃんって何なんでしょう?」
火焔猫燐 「あー、それあったか>リリブラ
だけど最終日前だから、タンブルは残さないよ
クッパ、サンタオルタ、ゴブリンスレイヤーに狐が居る事を望むしかないね」
タンブルウィード 「俺視点結果が偽対抗しかねぇんねん…」
リリーブラックマ 「・・・」
月詠小萌 「はーい>タマちゃん」
タンブルウィード 「こんなん俺しか吊れないよ…」
火焔猫燐 「昨日の夜吠え増え始めたから
タンブル残しはしないよ」
リリーブラックマ 「じゃあお燐吊るってことで」
多摩 「っていうかFOしようにゃ。

昨日辞典で虫歯だけは無いことがわかった巫女にゃあ。」
佐倉杏子 「燐視点だと私と小萌狼の可能性は残ると」
多摩 「巫女にゃあ。せめて蝕んでなかったらいいけどにゃあ。
にゃあの他に占いとあとひとりなんらかの村がいるにゃあ。

2夜時点でまあ蝕みかどうかはわからないにゃ。
3昼時点で蝕みは無いこと発覚にゃぁ。」
リリーブラックマ 「天狼LWなら
タンブルが他の2W吊ったことになるよね?」
火焔猫燐 「蝙蝠は自由で良いね>リリブラ
仮にLWなら蝙蝠は勝利だよ。タンブルに投票しておくれ」
佐倉杏子 「アッハイ
素村だよ畜生」
タンブルウィード 「ンンン…サンタオルタクッパ狼に賭けて鱗投票しかないのかね、これ?」
月詠小萌 「せんせーは人魚ですね」
多摩 「クッパ村なら占いどっちかと多摩だけが村。

クッパ人外なら占いとあとひとり村。
クッパ人外考えたら何者なのかってのがあるにゃ。」
火焔猫燐 「可能性の話だよ>リリブラ
天狼でも矛盾が無いなって
初日の投票は記録してなかった」
タンブルウィード 「少なくとも俺視点偽は確定している
ただほぼ狂人か決闘なんだよな、そこ」
多摩 「あんこはどんなCOが出てくるにゃ?」
月詠小萌 「吊られたクッパちゃん村かどうかはせんせーには分からないですよー」
佐倉杏子 「なら今日噛まれない理由って何?になんだよなぁ>ブラックマ」
タンブルウィード 「俺視点対抗指定は多摩
俺を信用する場合そこを吊ってほしい」
火焔猫燐 「何にせよ、タンブル吊りは変わらないよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
タンブルウィード2 票投票先 →多摩
火焔猫燐1 票投票先 →タンブルウィード
多摩2 票投票先 →タンブルウィード
佐倉杏子1 票投票先 →火焔猫燐
リリーブラックマ0 票投票先 →多摩
月詠小萌0 票投票先 →佐倉杏子
4 日目 (2 回目)
タンブルウィード3 票投票先 →多摩
火焔猫燐0 票投票先 →タンブルウィード
多摩3 票投票先 →タンブルウィード
佐倉杏子0 票投票先 →タンブルウィード
リリーブラックマ0 票投票先 →多摩
月詠小萌0 票投票先 →多摩
4 日目 (3 回目)
タンブルウィード2 票投票先 →多摩
火焔猫燐0 票投票先 →タンブルウィード
多摩4 票投票先 →タンブルウィード
佐倉杏子0 票投票先 →多摩
リリーブラックマ0 票投票先 →多摩
月詠小萌0 票投票先 →多摩
多摩 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 「んじゃ小萌噛み
お燐が狐なら知らん」
佐倉杏子 「お燐が決闘なら蝙蝠巻き込んで勝ち」
佐倉杏子 「お燐が狂人なら蝙蝠巻き込んで勝ち」
佐倉杏子 「小萌で死体無しならまぁ
うん
そんときゃそんときだなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
月詠小萌 は生き返りました
月詠小萌 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
多摩さんの遺言 これほんとに多摩とクッパとおりんしか村いないと思ってるにゃぁ・・・
だとしたら灰人外だらけにゃんで人外釣り自体はできてるにゃけど・・・

灰吊りにいった連中はクッパ人外決めつけられてるにゃか?

◇タンブルウィード 「ゴブリン噛みで結果が1つだから潜伏したんだよ!
もうお前狂人とか見たくないから夢見ます!多摩吊ろうぜ!」

これ言ってるけど、狂人みたらおりん吊らないと行けないにゃ。
けど、なんでラン対象多摩にゃ?

巫女にゃあ。せめて蝕んでなかったらいいけどにゃあ。
にゃあの他に占いとあとひとりなんらかの村がいるにゃあ。

2夜時点でまあ蝕みかどうかはわからないにゃ。
3昼時点で蝕みは無いこと発覚にゃぁ。
月詠小萌さんの遺言              |: : : : : : : : : : : : : : : : __ _..-──……-- :_: : : }
                  !: : : : : : : : _,..─'7"⌒  \: : : :\: : : : : : : : : `Y
              j/: : : : _:イ / i!   !      i!\: : : :ヽ: : : : : : : : |
                〉:..:イ1 !-==!=、 |     ___!_j_ \: : : : : : : : : : :`|
               レ′| | |∧| 、 ! |   ´ ̄i T 7ヾ\: : : ヽ.: : : :|
                /1  | |/'z云ミヾ|ヾ.     イ / | ' ヽ: : |: : : :. |
             / | ∧|'’レ{::::r!       "アi/ミ、|/ , j_: :|: : : ノ
                  |/| ! 、弋_少       i ィ::::r!小 /: /∧: :イ´
                 !リ                弋zぅ /イ ://: : V
              _____  i!         '      `  ´ / .//: : :/    せんせーは
          r'´──zj ハ      ___         'ィ//∧:/      みんなの
          |       |  ゝ.     V _フ    ___rー'‐、:/        奇術師ですよー
         ノ      l  レ !:> .          _r_ー‐、 `! |′
        ,. ---- 、     _'.___ |/^V !> .. ___ .ィ'--、`! ! ! !   生徒ちゃんは教えませーん!
     /  . -一く  /  !   ` ー…'´|    「i: : : |    |
.     / / ,. ‐一ノ'_ ‐- .._!      ‐- 、 , --| !: : :.|      ハ
     !  ´ _ ̄__〉   ̄ /|__           | !-イ    / '.
     !   '´  ̄__〉   V: :|: : `ー- .._       |   /  |
     !     !´/     /: :¦: : : : : : : : ¨ ー---v‐、|    |   |
     !     V    /: : : ;!: : : : : : : : : : : :: : : /: : :.!     |   |
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
タンブルウィード 「小萌○!」
月詠小萌 「おはようございます!」
火焔猫燐 「占い師だっにゃーーーーん!
多摩○>タンブル●>sig○佐倉杏子○」
リリーブラックマ 「おはよう」
タンブルウィード 「ちょっと待って下さいどういうことですか!?」
佐倉杏子 「燐は決闘か?」
タンブルウィード 「4日目 子萌
やったぞコラァ!
しかし2回連続占い先死亡はやめてよ!
たださえ配役が殺しにかかっているのにさぁ!!
リリーブラックマーは蝙蝠位置なので占いわない、てか、噛んでって!
だから今日は小萌か杏子を占うわけだが
こう、5日目が来る時点で2W以下は確定
つまり、初期3Wならクッパかサンタオルタに狼がいることになる、初期3Wならな!

まあ小萌占うか
昨日サンタオルタに票替え+今日即座にこっち信用はけっこう微妙
サンタオルタが狼なら村、村なら狼…ってわけだし」
火焔猫燐 「【四日目】
最後は二択なんだけどね
杏子も小萌も狂人っぽくて嫌だね……
うーん……
まあ灰噛みと狐銃殺が出ればかにゃあ?
最後の占い先になるし、直感に従うしかないさね」
リリーブラックマ 「奇術師・・・まさか仙人を奪ったんじゃ?」
タンブルウィード 「まずまた自分の占い先が死にかけてる事について一言!

なんでやねん!!」
火焔猫燐 「決闘じゃあないよ>杏子
真占い師さ」
タンブルウィード 「ねえ、どこコピー? >小萌」
月詠小萌 「せんせーはsigちゃんの奇術師です」
リリーブラックマ 「というか、これではっきりした
タンブルが狼は「ありえない」」
タンブルウィード 「ふたつめ
なんで遺言にコピー先書いてないの? >小萌」
火焔猫燐 「仮に奇術師ならsig何になるんだよ……ああ、仙人奪い? だと?
薬師になるのかい?」
佐倉杏子 「まぁダンブル吊るべ
私視点でそこ真はねぇ」
タンブルウィード 「みっつめ
なんで初日に出ないの?」
月詠小萌 「ところで、狼ちゃんには狐は見えているのですか?」
タンブルウィード 「だが○なんだよなぁ…」
リリーブラックマ 「何故なら『全ての吊り先が、タンブルの投票先』だからクマ」
火焔猫燐 「開始前に身内票の話が出たばっかりじゃないか>リリーブラック」
リリーブラックマ 「これ、タンブルが狼だとすると
3W開始で意味もなく身内をばんばん吊ってるクマね?」
タンブルウィード 「リリーブラックマも狐あって狼が噛まないならそういうことなんだろうなってアレだし
そこ狼としても今日で吊増えたから続けば明日吊ればいいし」
火焔猫燐 「狐可能性あるのはリリーブラックだけだね>小萌」
タンブルウィード 「だから杏子吊りを主張するぜ!」
リリーブラックマ 「>お燐
身内票と、吊る為に身内に投げるのは別クマよ?」
火焔猫燐 「タンブル吊りで行くよ」
佐倉杏子 「ああ
ダンブル視点で燐狼あんのか」
タンブルウィード 「リリーブラック狐?

そこ噛まない狼が悪い
『ボクは悪くない。』」
火焔猫燐 「吊るす気で行かなきゃ>リリー
身内豹に意味はないって話があるよ」
タンブルウィード 「燐マニアで狼ねえ…
ないでしょ

小萌なんやねんって話なんで」
リリーブラックマ 「だから、タンブル真とは言わんが
タンブル狼だけは、まずありえないクマ」
佐倉杏子 「それ言ったらあたしゃダンブル投票しかないんだなぁ」
火焔猫燐 「尸解仙の可能性もあるから今日、絶対にタンブル吊り」
タンブルウィード 「俺視点は杏子吊り、続けばリリブラ吊りで詰む」
リリーブラックマ 「杏子吊って違ったら、俺は手のひらを返してもいいクマ」
佐倉杏子 「だから燐吊り言うべきだったのアンタが真なら」
火焔猫燐 「タンブル投票、お願いね>小萌、リリーブラック、佐倉杏子」
タンブルウィード 「白狼とかねーよ、考えねーよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
タンブルウィード3 票投票先 →佐倉杏子
火焔猫燐0 票投票先 →タンブルウィード
佐倉杏子2 票投票先 →タンブルウィード
リリーブラックマ0 票投票先 →佐倉杏子
月詠小萌0 票投票先 →タンブルウィード
タンブルウィード を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 「んじゃリリブラ噛み」
佐倉杏子 「燐が狐ならアタシ狼は見えてる
だからここでアタシ吊りにこないなら狂人か決闘」
佐倉杏子 「なのでリリブラで死体無しでもPP仕掛けられる」
佐倉杏子 「まぁこれで燐狐ならお見事って事で」
佐倉杏子 「悪いなリリブラ
お前は良い蝙蝠だったが
狼吊りにいったのがいけないのだよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーブラックマ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
リリーブラックマさんの遺言 蝙蝠クマーー
タンブルウィードさんの遺言 占い師

火焔猫鱗○>ゴブリンスレイヤ一○>sig○>月詠○

1日目 火焔猫鱗
待ってね? >11人村3人
いや、あのさあ…いやねぇ…?
もうこれ狼結果出たら初日に出る勢いがないとアレやな!
右占いな!

2日目 ゴブリンスレイヤ一
○な、じゃあそこ村置き
狂人?元マニア?決闘者?知るか!
もうそんな生半可な気持ちじゃどうしようもないんだよ!
リリクマも占いません クッパは犠牲になってもらった、ってか村切る

ここで出すべきは呪殺…なのかね?
クッパ狼として2W、呪殺出たら噛みと併せて7人
狂人噛みあるとして、村3狼2マニア不明の決闘蝙蝠1…ありませんかね?

ま、ここはゴブリンスレイヤーかサンタオルタ占いだな
どっちも気になる位置だし、0票位置でもあるわけだ

よし、発言はどっちもどっち!
ならクッパ投票で生存欲が見えたっつーのもあるんでゴブリンスレイヤー占い!
そして明日朝一ででるべし!でなければならない!
俺噛み?鱗噛み?そんなものあってはいけないんだよ…!

3日目 sig
鱗夢はまだ捨てへんで!
○に投票している、って意味でもsig投票
…決闘票はいると吊逃れするしかないやんけ!

サンタオルタはわりと村見てたんだが、状況がな、状況が、な?
多摩は占う気はしない
ゆえにsigか杏子か小萌
sigが吊逃れをしないあたり、非狼狐目ですね
それに対し小萌はサンタオルタを吊る形と…

よし

sig 「呪殺だったら死体なしがわからなくなるよ狩人がいるのか狐噛みなのか」

この発言が視点漏れな気がしなくもない
最初に投票していたってのもあるんでsig占うよ!

4日目 子萌
やったぞコラァ!
しかし2回連続占い先死亡はやめてよ!
たださえ配役が殺しにかかっているのにさぁ!!
リリーブラックマーは蝙蝠位置なので占いわない、てか、噛んでって!
だから今日は小萌か杏子を占うわけだが
こう、5日目が来る時点で2W以下は確定
つまり、初期3Wならクッパかサンタオルタに狼がいることになる、初期3Wならな!

まあ小萌占うか
昨日サンタオルタに票替え+今日即座にこっち信用はけっこう微妙
サンタオルタが狼なら村、村なら狼…ってわけだし
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
火焔猫燐 「                / \
              /   ヽ         /ヽ
            /::      |         / ..::: l
         /:::     |       / ..:::::::  !
           /::::::     |-─‐/  ..::::::::::   l           ,ィ::つ               /`)
        /:::::::   , -‐ヽ   ..:::::::::::::::   |        /::/        __ /::/
         /::::::::: /      ´ ̄ `ヽ、:/   |        /::/    /::: ̄___:::/
      |\/::::::::::ノ、 /    / \、 、 \   |──ァ /::/    /::/ ̄
     〉::::ヽ_/:::::ノ    / ,'    ヾ ニ==- ヽ:::::::ノ/::::/    /::/       /::`ヽ
     〉:::://::::::::〈   / /l !    l `ヽ       ∨/::::/    /::/        |::::::::::|   勝利だにゃーん♪
      |:::/´\:::::/! ,′,' ! l  i  |、  、  ヽ   Y::::/   /::::, '     /::`ヽ|ィ==!
     Y /! ∨ |/| /=l、|  l   l_l_i   l  l ヽ、⌒l、 _/::::/へ _ _|::::_l|::::::::::|
     」/  ノ   | V   |∧ 、 ヽ |´!l、 !  !、 |l、!_⊥ \::/─-、ヽ \ ´  〉ー' ̄\
    /l_,, イ |  、!イテ云ミ、  V \∨ l \lヽ l l ||::|::L__` l_\:::::::: ̄ ̄` ー──- 、/ ̄l
   j  ノ l l 、 |::::fi:::::| ヾ     `_,,,,、_,, ∨|│! ハ!::\::L \ 〉::)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  L
  / l ,イ  ヽ 、\、`:::ノ      '´ ̄``゙ /!ゞl/V:::`ヽ/::::ヽ_ー`ヽ, -────- 、::::::::::::::ヽ  〉
  ! / ノ   \\二ゝ     ゝ     // / ̄ ̄`ヽ::::<:::::ヽ-'イ::〉::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::∨`ゝ、
  〉、 〉    /VL\   r──‐ァ  /」l/:::::::::::::::::::l:::;イ、::ノーヾ、{:::\::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::\ ヽ
  ,'  /::7ヘ,イ::::::::::::|_\ ヽ_,,ノ ∠ノ:::〃:::::::::::::::::::::ヽレハ / /  ノ!::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::l  〉
  ! イl:::ヽノ:::/  ̄` ー-、Y> ー''/ //:::::!::::::::::::::::::::::::::::ヽヾレi_,イリ:::::::::/::::::::::::::::/:::::|::::::::::::::::|ノヽ
  ヽ _|::::/:::/! 、       l_ヽ、 |__//::::|::l_:::〃\__:::::::::::〉:::/:::/::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::|::::::::::::::::|  /
    Lノ、::l ヽ_! | |  l |>ミfニ之_/:::::::\//´ ̄ ̄ヾj、/:::::':::/::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ノ/ヽ
      Y  ヽ_j、_l! /Lノ\/7ト\/::::::::::::::::l/      | l、//:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::/   ノ
       _レヘ /  / `! !、::::::〈/\〉::::::::::::::::/!    〉   ! ヽ\::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒/
    /:/  /  /  l |::\::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ| i  / / ,'  |、:::|ー─'''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
  /::::::::| /  / ヽイ ノ:::::::: ̄ヾ ̄> ̄/::l l / /ノ  /:::::::\::::/:::::::::::::::::::::::::::, -、─、‐'⌒ノ
 l::::::::::::/´`ヽ/   ヾ|::::::/ ̄ ̄:::::ー''/::::::::ヽl_/‐''  i  ヽ::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::/  l、_,,ゞ´
 }:::::::::/`ヽ  \   |:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::ノ/  /   l   」:::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::/─rノ  |
 |:::::::/    \  \ j::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::{/  /ノ⌒´ ̄:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ /´   |
 ヽ::/        \  \::::::::::::::::::::::::::::\:::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::/T⌒ヽ ̄ヽ /     |」
佐倉杏子 「お燐って勝利条件何?」
火焔猫燐 「蝙蝠にゃんェ……」
火焔猫燐 「狼陣営の勝利にゃーん♪>杏子」
月詠小萌 「クマちゃんは昨日4人だったらPPに参加させてあげられたんですけどねー
せんせーが噛まれちゃったばっかりに」
佐倉杏子 「あいあい
んじゃ小萌吊り
小萌は燐投票」
火焔猫燐 「はっきり言った方が良い?
海歌姫だにゃん♪」
月詠小萌 「せんせーが惑溺ついてますね」
火焔猫燐 「小萌にゃん尸解仙?」
月詠小萌 「はーい」
火焔猫燐 「良かったにゃーーーん!」
月詠小萌 「そうですよー
sigちゃんが尸解仙です」
佐倉杏子 「燐はまぁだから小萌から票外さずに頼む
狐無いのはわかってるが生存が勝利条件のなんかなら小萌吊りで終わる」
火焔猫燐 「決闘じゃないから安心おしよ」
佐倉杏子 「あいよ了解
んじゃ終わらすか」
6 日目 (1 回目)
火焔猫燐1 票投票先 →月詠小萌
佐倉杏子0 票投票先 →月詠小萌
月詠小萌2 票投票先 →火焔猫燐
月詠小萌 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
月詠小萌さんの遺言              |: : : : : : : : : : : : : : : : __ _..-──……-- :_: : : }
                  !: : : : : : : : _,..─'7"⌒  \: : : :\: : : : : : : : : `Y
              j/: : : : _:イ / i!   !      i!\: : : :ヽ: : : : : : : : |
                〉:..:イ1 !-==!=、 |     ___!_j_ \: : : : : : : : : : :`|
               レ′| | |∧| 、 ! |   ´ ̄i T 7ヾ\: : : ヽ.: : : :|
                /1  | |/'z云ミヾ|ヾ.     イ / | ' ヽ: : |: : : :. |
             / | ∧|'’レ{::::r!       "アi/ミ、|/ , j_: :|: : : ノ
                  |/| ! 、弋_少       i ィ::::r!小 /: /∧: :イ´
                 !リ                弋zぅ /イ ://: : V
              _____  i!         '      `  ´ / .//: : :/    せんせーは
          r'´──zj ハ      ___         'ィ//∧:/      みんなの
          |       |  ゝ.     V _フ    ___rー'‐、:/        奇術師ですよー
         ノ      l  レ !:> .          _r_ー‐、 `! |′
        ,. ---- 、     _'.___ |/^V !> .. ___ .ィ'--、`! ! ! !   生徒ちゃんは教えませーん!
     /  . -一く  /  !   ` ー…'´|    「i: : : |    |
.     / / ,. ‐一ノ'_ ‐- .._!      ‐- 、 , --| !: : :.|      ハ
     !  ´ _ ̄__〉   ̄ /|__           | !-イ    / '.
     !   '´  ̄__〉   V: :|: : `ー- .._       |   /  |
     !     !´/     /: :¦: : : : : : : : ¨ ー---v‐、|    |   |
     !     V    /: : : ;!: : : : : : : : : : : :: : : /: : :.!     |   |
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/02/23 (Tue) 01:20:06
さやかGM 「あ、舞首です☆」
火焔猫燐
                     ∨///////∧、
                         ∨/∧ハ//∧ミ 、        , x==フ
                       ∨,' `    ヾ;∧、     , イ// ///
                       V 、..:==..‐.-....≠ 、  ////////
                      ,:ヘゝ´: : : :ヽ: : : : :!≧x_: : ,ノ////,x≦》 、
                  /,': : : :ヽ : : : : \ : : V///≧xヾ///////∧
              _____,/: :,.l: : : : : : : : : : : : ヽ: : V////∧/!////////\
    _,,,,   -‐==彡////,': : : : l: :l!: : : : : :l: : : : : : : `ヽ`jヽ//∧ゞ==:┬===丶   お疲れ様だにゃん♪
   ==≡三//三 ̄  ̄/j: : : : li: :! : : : : : l!: : : :ヽ : : : ヾ!: :>、∧:_:_:_:ノ==x、
     ` ==///>‐- ,.:,: : : : : ! :l!: : l : : :ハ:_: : : : ヾ.:____ヾ: : :ヾ!:: :} :_:_:_ヾ:_!= 、
         >ミ三-- ,' : : : : l: :i!: :!: :リ: : : : ∧`ヽ'´: :\ :_:_:_:!: : : : :!: 川}: : : `ヽ:.!‐:. 、
          <///// {: :l: : : :{: :i! :jハ:i!ヾ : : : ∧  , ,x≦斧fミャ、: : : :!: :ハルヾ=‐-┴-: :j!=-、
           \///l!: :i!: : : i : l : _;ハ!|ハ :_: : : ヾ {!仏::ィハ::.:ソリ: :il:!: :li リ!  `ゞ--‐' :ヽ: !_
               ` =ハ:リハ: : :!: :il /: : :ニ_=\ ` ‐-=- ゝ!心イ ,: :,ハ : :,ハ_     ` =‐-':
                 {!ル l : :! :ハ : ,イ,x斧ミヽ       ゞ "´ ‐' ,':, イ´_,. ヽ     ヾ: :l
               ,r{i;ハ:.l: : :\: :ゞ {!んiイハ         : : : : , 彡{  / , ヘ  \
              ,j :{ハlil : : : :ヽ : :ヾ゙弌:;ィ   ` _ _     '´/!: ,`:.l / , =    }
             ,x:{:/:"¨}ハ:ヾ : : :ヽ: : `==‐-  .v::::`ヽ  ∧!リゝ-ゝ`´/ ,r' _, ;
           _{:_:/: :}'´ \ \ : : ヾ`ミ:-      ヾ::::::ノ イ  V:リ }   `´  ̄ ∧  __,r
            /:`/: :〈       `゛ヽハ川リ`アスラマTi爪 ´   γ'.ソx≦,'     ∧,..イ: :/
.          ,r.:{: :/_: ,イ      _, = _リハ:!ハ: : ハ!,/=‐亅   ,y'´j /{ヾ ゝ`=‐, ∧ >:,:ィ : /
           { : /: r'´       /l   l ヽ,≦∧: !=.,ゝ ̄|===' { ,ィ//} ゝ/ / ヾ∧:_:_;彡'´
.         ,r'´/;彡'      ,イ ヽ  ヽ >ヽ/i!: ! : : ゞ=,ゞ  ̄ ヾ////<ヾ==' //i∧
      { : /: :}´      ,r' ヽ  ヽ  )(ヾノ{!/iリ///// , ===∨// 》////`//i//∧
      /l! : ,ィ´       { ゝ _ ゝ_,r'`¨" {!//{//l!/// ゝ ●  ̄ ,///ノ///////{i///∧
     [: ,r': !        `` =´¨l'     |_/人/,' ///∧ ⊥, イ// ,イ////////{//,. イ
     〉:!: :,イ          r>´}  _ │,//.:,'//////////´///∧////////∧'´
     {: :ヾ:∧          <´=-r'´  ソ!///∧////////,.:イ//.∧//////////∧
     ヾ: :i!: ∧            ゝ /   l! }./.∧/////////{| //∧/////////////》
      ヾ:!i: : :}         ゞ'"´¨ヾ´//!/{!///////////|!///∧///////////」
sig 「お疲れさまでした」
佐倉杏子 「お疲れ様」
さやかGM 「で、そこはコルクケアーでしょー(え >杏子
あ、お疲れ様 まあ無理だよね少なくとも村は」
クッパ 「ご苦労であった」
ゴブリンスレイヤー 「お疲れさま。」
月詠小萌 「みなさんおつかれさまでした!」
火焔猫燐 「サンタオルタにゃんは○出す予定だったねえ、生きてたらだけど」
多摩 「絶対月詠センセータンブル狼だと思ってたよねw」
タンブルウィード 「いや、さすがにわからないよ…それは
あと杏子指定だと、鱗多摩杏子が俺に入れるから、ほとんど村勝ちはない >多摩」
佐倉杏子 「あっぶねぇな
多摩吊れなきゃヤバかった」
月詠小萌 「タマちゃんが狐だったんですね」
sig 「どうも、職業奪われた尸解仙です
まあ、役に立ったようでよかったよ」
サンタオルタ 「お疲れ様だ、トナカイ。」
タンブルウィード 「お疲れ様です
もう3日目の時点で村は俺だけだった…いじめか!」
さやかGM 「ゴブリンスレイヤーが死んだ次点で無理です(無理です」
多摩 「クッパを村が総出で吊ってる時点で勝ちないんだよねぇw」
火焔猫燐 「どーも、ソリは猫車だにゃん♪>サンタオルタにゃん」
佐倉杏子 「狼にだって友情はあるんだー!(肉並感)>さやか」
クッパ 「>ダンブルウィ―ド
おまけに唯一の村に●ぶつけられてるもんなあ」
月詠小萌 「sigちゃんのおかげですよ
ありがとうございます」
タンブルウィード 「こんな村、オラやだぁ~」
さやかGM 「共鳴者とは一体何だったのか >杏子」
多摩 「あんこ>多摩は絶賛噛み位置だったんじゃ?」
火焔猫燐 「サンタオルタ吊れた時は冷や汗掻いたにゃん……」
佐倉杏子 「ブラックマはごめんなぁ
四人だったら巻き込んでPPしてたんだが」
クッパ 「村陣営総出(2名)とかいう悲しみ」
sig 「噛まれて死んでることには驚いたけど勝ってよかったよ>月詠」
さやかGM 「そこで実は毒蝙蝠・・・とはいかないあたりまだまだ運命力ないなー」
火焔猫燐 「コルクケアー? 知らない子ですね……」
佐倉杏子 「ダンブル吊ってから多摩噛むまでにアタシが生きてるかどうかっていうとなぁ>多摩」
月詠小萌 「毒蝙蝠ちゃんだったら・・・かんがえてませんでした
実はこわかったんですね」
佐倉杏子 「死神と占いで村強役職出てるでしょ(震え声)>クッパ」
多摩 「タンブル吊ったら夜多摩噛まない?
把握してる狂人残して。」
月詠小萌 「クマちゃんのタマちゃん吊りムーブに乗っからなかったらやばかったですね」
タンブルウィード 「占いなんて固定だからナシですよ!
騎士とか強毒者とかもってきなさい! >杏子」
多摩 「サンタオルカ狼が意外。あって狂、月詠狼だと思ってたから読みはイマイチ。」
月詠小萌 「だからせんせーはクマちゃんにも勝たせてあげられなかったのが
ちょっとだけ心残りです」
火焔猫燐 「小萌先生杏子の2Wで狐位置潰しにかかったのかにゃー?
とか思ってました!」
クッパ 「その強役を即潰す辺り陣営云々でなく狼が見事だったのだろう
褒めて遣わす」
多摩 「月詠>誰にゃw>クマちゃん」
クッパ 「(なんかこういうキャラじゃなかった気がすんなあ…)」
ゴブリンスレイヤー 「では、俺は落ちる。お疲れさま。」
火焔猫燐 「リリークマー」
sig 「…投票先が身内だった」
クッパ 「村建て同村感謝するさらばだ」
佐倉杏子 「毒なら多分五人時点で言ってる
毒蝙蝠吊るべって狐噛みだった時に村負けだし
狐吊れたら蝙蝠的には噛まれの危険性も出るし」
多摩 「あー、リリーブラックにゃね。
おりん>月詠センセー狼に見えたよね。」
月詠小萌 「リリーブラックマちゃんです>タマちゃん」
sig 「まあこんなこともあるよね
お疲れさまでした」
さやかGM 「では、報告も終了したし皆さんお休みなさい
村陣営の方はこの村のことは記憶から綺麗さっぱり忘れ去ることをお勧めします」
火焔猫燐 「○出すなら月詠先生だったにゃー>多摩にゃん」
タンブルウィード 「村10 狼1

この配役でやり直そう(提案」
月詠小萌 「あっ、オルタちゃん・・・
ごめんなさいね・・・せんせー吊っちゃった」
佐倉杏子 「吊ってからお燐視点の狼が小萌と2択だから
吊りで死ぬ可能性あったんだよな
狂人2残りは結果論だし>多摩」
佐倉杏子 「その辺りはアタシが慎重過ぎたのかもだが>多摩」
多摩 「タンブル生きてる日の多摩釣りだけは絶対におかしいと思うw
下界に村いるならあっこで占い決め打ちか、おりん真で考えた時の灰釣りだと思う。」
タンブルウィード 「村吊れて死神噛まれる当たりわりと詰んでたなあ…と
お疲れ様」
佐倉杏子 「そんじゃ改めてお疲れ様
さやかは村立てありがとうな」
タンブルウィード 「いや、割れてるから決め打ち自体普通だと思うよ >多摩」
月詠小萌 「みなさんありがとうございました
またよろしくおねがいしますねー」
佐倉杏子 「多摩>人外村だったからなぁ>多摩吊り」
火焔猫燐 「多摩吊りの日にタンブル吊りだとー……んーと
まあ小萌噛みでも勝利だにゃんね。尸解仙言ってくれればだけども
どっちにしろ生き返ってるなら杏子○は出すし」
佐倉杏子 「あれダンブルが占いラン拒否ってなかったっけ
んで俺信じるなら多摩吊れって言ってたような」
多摩 「タンブル>決め打ちで占い釣りだと思う。
あっこでおりん残し多摩釣りは絶対におかしい。
おりん狂人多摩村なら、クッパかサンタオルカ人外。

多摩村あんこ狼、吊ったどっちか狼って意見が出ないのが変だとは思ってた。」
火焔猫燐 「そうにゃんね>タンブルの指定先が多摩にゃん」
多摩 「あんこ>それ言うにしても、おりんがラン対象なんじゃないかなって。」
タンブルウィード 「鱗は○だから吊れないんだよ…」
火焔猫燐 「ニコッ>タンブル」
タンブルウィード 「ケアしなきゃ… >燐」
タンブルウィード 「いや、ケアする余裕もないんですけどね?」
多摩 「あんこ>どっちの占いが真でも、あの日はとりあえず占い吊らないと白狐の勝ちはないんだよね。」
佐倉杏子 「あっれーと思ったからお燐投票だっけかアタシ?>多摩
なんかそんな気はしたけど」
多摩 「タンブル>狂人蝙蝠狼占い(自分)の最終日をお望み?」
タンブルウィード 「まだそっちのが勝ち目があるし
燐は決闘系もあるんで、俺が噛まれれば村の味方になることもある >多摩」
多摩 「タンブル目線勝ちを目指すなら、多摩を村と仮定して、
あんこか月詠狼一点読み、狼狐釣りできていたって線しかないと思うんだけど・・・。」
タンブルウィード 「多摩も俺視点灰だから…
流石にあそこで自分が萌占いってのは見切れないし」
多摩 「おりん決闘だった時の、シグあんこ月詠サンタオルカの中身を考えてみましょう。」
佐倉杏子 「SIGで噛み合わせなる気したんで噛んだ
『アタシは悪くない』>ダンブル噛んだら村の味方になる可能性」
火焔猫燐
                     __                   ___
                  ,..j `ヽ.                ノ::::ヽ.
                  }/:::::\\           i::/∨i\
                  i:::::::::::::|\\            |'::::::∨i/iゝ
                   ::::::::::Σ  》 \   __ __    |:::Σ Vi/i∧
               V::::Z / : :'´: : : : : : : : : : : :∨:::Z V/i/iハ   狐狙いでタンブルに●撃ったんだけど
                    {,. :'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、∨i/i∧  占い師で良かったね
                  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : __ヽ}/i/i/}   __
                ': : : 斗-/-:-/:- : : : : |: 斗-: -:-: : :{Ⅳミx、 i,ィfテⅥ}  それじゃあお疲れ様さね
                 / : : : : : :∧: :/| : : : : : : !: : i : : : : : : : `゚viⅩⅤⅩ!v゚´   村建て同村感謝するよ
              ': : : : : >=ミト.、: : : : : : :|斗fi≠ミx、: : ,∧Ⅹ∧Ⅹ∧、
                ! : : : : / γ行心: : : : : : :γ' / / / /ハ: :{Ⅳル'´ `ヽiⅥ}   狼と狂人に感謝感激だよ
.              |/|: : : { j! ノ/ /i}ヽ : : : : :|_  / / /l刈: ゚~´ :リ__: : : :`~゚
             '´ : :\: :( ) / /リ  \ : :ノ  ) / /jメリ: : : : イ`ヽ¨{: : `ヽ   また遊ぼうね!
.            '´ : :ノ  /\: |`¨ ¨´  '    `¨¨  ¨¨/| : : /: i}/  `¨{: : `ヽ
          '´ : :ノ   /: : : ヽ       r‐‐―v┐   /: i /: : リ    Ⅳ∨Ⅵ
.         Ⅳ∨Ⅵ //|: 个o。   Ⅴ   ノ    / : : : : : : '      》_∧_《
          》_∧_《     ヽ: i/  >‐--  --‐</: : : : :/ 、     / : : ヽ
          /: : ヽ |`ヽ    斗-- --/   /   `ヽ/   ー―─ 从i!ハノ___
.         {ハ从ノ |Σ 〉       (__ヽ /    /              i:. :. :. :.}
.              レ'´          (__\ /ヽ.                 } :. :. :.ノ
             / 三三三     三三三     }         __ ノ:. :. :〈
              { ''                  ,,, r―r'           , ´:. :. :. :. :. :. :.ノ
.                             V :.ヽ ___ _ メ ヽ :. :. :.lィ"|¨j}
            、                 乂 :. :. :. :. :. :. :. :. :._/  ̄   |ilノ
                ー‐  ----  ‐一   /:/:/ー´` ‐一 ´   ̄ ̄ ̄ ̄
                            `¨¨」
タンブルウィード 「どっちにしても結果論でしょ
もしかしたら、ゴブリン狐噛み呪殺重なって、サンタオルタ多摩2Wもあったかもしれないしさ」
火焔猫燐 「銃殺対応は全員分用意しといたから安心おしよ>杏子」
佐倉杏子 「蝙蝠とダンブル吊りたげな狂ないし決闘目で二票取れそうなら
多少のリスクは承知でダンブル残すルート選んだ」
火焔猫燐 「灰が三人なら対応なんざ余裕さね」
佐倉杏子 「ああ違う違う
ダンブルが占いそうな場所でSIG噛みな>燐」
タンブルウィード 「sig占いの時、杏子占えたとしても、狐いるからね…」
タンブルウィード 「クッパ釣りの時点でもう村は詰んでたわけやね」
佐倉杏子 「割りと五人の昼が来た時点で狐噛みだった場合も村勝ちないからねぇ」
タンブルウィード 「ま、お疲れ様
西部を転がる草になりたい(コロコロ....」
火焔猫燐 「ああ、狼の噛み合わせに見せたかったって事かい>杏子
仙人遺言だったから銃殺かと思って慌ててsig○にしたよ
本当は月詠○の予定さね」
多摩 「タンブル>呪殺重なっててサンタ多摩2wならあそこで村目線、おりんの○である他祭りになる流れはやっぱりおかしいと思うよ?
敵作りたくないから敵対軸そのもの吊りに衣玖っていうのがものすごい狼だと思ったし、
下界の投票状況見る限り狂人から本当に狼見られてるから、結果てきの勝利しかないと思ってる。
呪殺どっちかで出てるかもしれないのになんでまだ狐探ししてるんだってずっと思ってたw」
佐倉杏子 「もし成功したらどんどん占い先が噛まれ死んでるって頭痛い状況になるしねぇ>燐
小萌先生もそうなりかけたけど」
多摩 「囲われた狼に見られているなら月詠センセーからの票はこなかったかなぁ。
リリーからの票はわからないけど。」
火焔猫燐 「マニア居るからねえ>狐探し
多摩投票については、村が団ぶるしか居なかったしにゃあ
タンブルが狼と思った場所を吊りに行ったんだろうさ」
佐倉杏子 「そんじゃ改めてお疲れ様
サンタと狂人達
そしてお燐はありがとうな

ブラックマはごめんな」
多摩 「おりん>ななぜ対抗狂人を押して吊りにいかないのかなぁとは。
死神真なら自分真体腔人外でラン対象そこじゃないかなぁと。」
佐倉杏子 「多摩>深夜と人外村のせいって感じだと思う
多分起きてから見返すと皆首捻る」
多摩 「あんこ>死神と占いは真なんだろう=灰人外ばっかりを読みきれたら(シグが決闘か狂人)もうちょっと動けたんだろうとは。
COしきっていないあんこ釣り誘導できてたらなとは思ってる。
お疲れ様でした。」
火焔猫燐 「なんかあたいを夢扱いしてた節があったからねえ>多摩にゃん
あたいは夢見人! だからその○の多摩にゃんが狼! みたいな?
でもあの日sigにゃんで同じ結果出してたっけね!」
佐倉杏子 「ダンブル的には今更狂人や決闘吊ったら間に合わないから
スレイヤーで呪殺出て多摩囲われてる可能性に賭けたってだけだろうさ>可能性が低いのはご愛敬だ」
佐倉杏子 「COしてたんだけど(ぁ」
多摩 「あんこ>6人段階でそれあげても、なぜ釣りにくい多摩が相手なのかとw
あんこに狼度合いで負けたのがねぇという。狐に負けるか村に負けるかの戦いで負けてるんだよね。」
多摩 「あんこ>素村CO入れてたよねw」
佐倉杏子 「定石じゃなく賭けに出てたって前提で話聞いてみりゃ
筋が通らなくはないだろ?」
佐倉杏子 「そこで多摩を挙げた理由はダンブルにしか解らないけどね
燐噛まれないなら囲ったと思ったか
燐夢と思ったかまでは本人に聞くしかないね>多摩」
多摩 「定石の理論で対象多摩じゃないっぽいんだよねぇ。
わけのわからん夢毒の語りで妖精で殺されたりどうにもコウにもこの人がいると勝てないw
なんとかならんかなぁとは思ってるw」
多摩 「新たに敵作るよりか元から敵対してるところを釣りにいくって理論みたいなんだけど、
村目線これ合ってるのかとは思ってる。」
佐倉杏子 「まぁ多摩にせよアタシにせよ
名指しされたら投票せざるはえないからねぇ」
多摩 「敵対軸元からあるんんらそこ占って説得しろとは思う。
村にものすごい人外的な負け方したからすっごい悔しいのよねw
(負け犬の遠吠えなんでこれに関しては何言われてもいいけど)

それじゃおやすみなさい~。」
佐倉杏子 「まぁ本人の弁から強いて道筋考えるなら定石を外して賭けに出たってあれだから
端から定石外の吊りしにきたなと割りきるしかない

あ、アタシも村側だと村の足引っ張って勝てないんでそう言わないでください(真顔)」
佐倉杏子 「説得より外堀埋めて灰に置いたままシレッと吊るって手法もあるから
敵対したまま吊るってルートがない訳じゃないね

それとあの日に多摩吊る是非に関しては別って話で
人外だから結果論だけで言うなら間違っちゃいないが
今回の村側の勝ちルートかどうかは別だった

って所さね」
佐倉杏子 「そんじゃ改めておやすみ」