←戻る
【雛4041】やる夫達の超闇鍋村 [4714番地]
~深夜鍋流行れ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 冴月麟
(生存中)
icon 戯言遣い
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon ブラッキー
(生存中)
icon ゴメス
(生存中)
icon なすーん
(生存中)
icon ガンダム
(生存中)
icon 翠星石
(生存中)
icon メディスン
(生存中)
icon 桑原和真
(生存中)
桑原和真 「まぁ俺が出なかったらなすーん吊ってただろうし、勝敗人数は変わらずか。
おつかれさまでした。」
なすーん 「まあうん、深夜とはいえ頭に血が登ったのはよくない。ホント反省しよう
GMは村建て、村民は同村感謝なんだよ
おつかれさま」
翠星石 「ではお疲れさんですよ
村立て感謝、村勝利おめでとう。ガンダムと冴月はまた次頑張って……ですよ

薄氷のような村勝利ではありましたねえ
つーてもまあ、どの陣営にも勝利する可能性があった(決闘はともかく)ので
こういうのも悪くはねーと思いますよ。ではまた何処かで。」
桑原和真 「冴月狂人なら翠星石吊ってくれてるんで勝ってるよw
俺らが冴月かガンダムどっち勝たせるか選ぶ村。

狼に敵対するんなら噛むのは大正解。
今回はしっかり狼の指示に2回従ってくれてるからかまないでやってほしかったw
ガンダム生存の時のためにガンダムに媚びる内容は色々考えてたww」
なすーん 「ブラッキーか戯言狂なら翠星石吊り→残り噛み→冴月吊りになるね」
ブラッキー 「それじゃ改めてお疲れ様」
ブラッキー 「その辺りは蝙蝠巻き込んだPPにも言える事なんだけどね>桑原

桑原噛みで狼増えるなら
引き分けにしないなら噛む
という交渉もなくはなかった訳だし
僕か戯れ言が狂人なら勝て……そもそも麟ちゃん吊れてないかその場合」
なすーん 「まあうん、冴月狂なら勝ちないなーで短気起こしてたので
すいません」
翠星石 「(基本狼視点で考えても桑原噛み自体が)ないです」
なすーん 「まああそこで桑原噛むってそれこそガンダムおめでとう!
でしかやらないような」
なすーん 「桑原獣人だったから引き分けにしないと噛むぞ、ルートね」
桑原和真 「ブラッキー>ガンダムに土下座外交しか勝つ手段ないからガンダム噛みはちょっと無いなとは。」
なすーん 「村騙りは割と抜けてたんだけど、まあさっきも言ったとおりガンダムと冴月は両残しするつもりだったよ
決闘なら5人だと相互しかない、で僕と桑原が残ってたらどっち吊るか選べるからね」
ブラッキー 「もちろん、翠の字噛んで説得のが分かり易いけど」
ブラッキー 「ああ違う違う
ガンダム噛んだ日>桑原
引き分けは狙えた」
桑原和真 「なすーん>ちなみに、ガンダム生存時に翠星石釣りできてたらガンダムと冴月両残しもアリ。(毒噛みの危険もあるが)
確定人外のガンダム噛みは今みたいな村語りで乙る。」
翠星石 「負け陣営が増えるのは嫌いですけどね。
まぁ、こういうケースを経験して次に生かせばいいんじゃないかと思うですよ。」
なすーん 「ルーミア対応場合だと戯言も出てきてー
それだと占い二択で
ゴメス指定もあるんでそれなら僕吊られる感」
翠星石 「それが正解、ですかねえ >私噛みガンダム説得」
なすーん 「短気起こさず翠星石噛み、でガンダムがどっち付くかーになるんだろうなあ
やっぱガンダムにはごめん、だ」
翠星石 「銃殺タイミング完璧だったからなー」
なすーん 「冴月吊り、桑原噛みか……
どっちにしてもガンダムしだいか」
桑原和真 「俺が獣人COしても全く意味ないんだわw」
桑原和真 「ブラッキー>人外数増えないうえ、俺噛み=村票減らんからますますややこしいことに。」
なすーん 「桑原噛みだったらゴメス生きてて8人だから
どうにもならないような」
翠星石 「桑原が獣人COしてりゃ引き分け確保は出来……露出したところで噛む意味ないか
ゴメスという噛み位置が居たのが不運でしたね。獣人が生かせなかった」
ブラッキー 「『結果的には狂かたり位置に入れたし』
『結果オーライじゃないかな』」
GM 「報告終わりと
それではみなさんお疲れ様でした
入村感謝です」
翠星石 「まあ村視点初日狂人+銃殺で美味くかみ合えてよかったとは

ただやっぱ決闘者が勝利するビジョンは見づらいですね……」
桑原和真 「すいせいせきじゃねーや、ガンダム噛ませて実は村でした~でなすーん釣り。」
ブラッキー 「『でもこれ』
『桑原噛みだったら危なかったかもしれない』」
ガンダム 「まあおつかれさまだ」
ゴメス 「それじゃ、おつかれさまじゃ
占い騙りでブラッキー●に期待してたが展開が速すぎたな」
ガンダム 「まあもう少しうまく立ち回ることもできたか
余裕かましていたからそこらへん考えるのがあまりしなかったのが痛いな」
GM 「【雛4041】やる夫達の超闇鍋村 [4714番地]
~深夜鍋流行れ~

絶望村かと思われましたが吊りと銃殺が上手く噛み合い村勝利
ガンダム大喜利にならなかったのは少し残念でした(こなみ」
翠星石 「決闘付いた時点でリスキーに動かざるを得ないのは事実、か
初日狂人であることを感謝する村だったなあとは思いますが、村視点ではね」
桑原和真 「そうであっても、翠星石そのまんまつったらいいじゃんってなる。閻魔がいるんならなおさら。」
戯言遣い 「それじゃお疲れ様―、同村ありがとう
また縁があったらよろしくね」
ブラッキー 「それじゃお疲れ様
GMは鍋ありがとう」
翠星石 「しかし寿司つったら真紅なんですがそれは(真顔
私はかわいいかわいい翠星石ですよ?」
ガンダム 「冴月が私吊り案出した時点で嫌な予感はしたが、翠吊ったほうが安牌だからなー
指示も翠と冴月な以上、なすーんと桑原にはいかないし」
なすーん 「でもこれ、狂初日、冴月狂の場合以外
銃殺+連指定でも狼勝てるんだから
怖いなあと思った」
冴月麟 「うん、お疲れ様
どうしようもないかなあ…」
メディスン 「じゃあ、おつかれさまー」
ルーミア 「では村建て同村お疲れ様でした。」
ルーミア 「悲しいなぁ...」
戯言遣い 「まぁ占わなかったね
占うだけでリンの中身の副次効果がある位置だったからやっただけだよ>ルーミア」
ブラッキー 「『まあ僕は翠星石ちゃんと戯れ言村は見えたから』
『ガンダムに土下座外交するつもりで麟ちゃん吊りに動いたよ』」
ルーミア 「どっちみち●出して出てただろうから狂信騙りは無理なのかー★」
翠星石 「最終日狂人じゃないです!って撤回しても難しいような。
別段騙る意味はないかなあって思ったぐらいのそんな印象」
ルーミア 「――宵闇の魔法使いなのか――
初日:不可能

めんどくさいのか―
暗殺とか出せればいいんだけど
難しいんだよねー
真証明できればいいんだけど
どうなることやら...
前途多難なのか....

2日目:なすーん:●

ブラッキーの投票が不穏ではあるけれど
正直に能力行使しても
あんまり結果期待できなさそうなのかー
だからこそ私はここであえて灰に行くのか―
ここは発言から強そうな雰囲気があるので
正直占いだと暗殺出してしまうと怖いのか―
ただそれを気にしてたら負けるので
素直にここに能力行使するのか―

3日目:」
冴月麟 「…宿敵ついた素村な時点で勝ち目ないね!(絶望」
メディスン 「初手、吊られちゃった私は何も言えないから…
こっちこそ即指定くらってごめんねー>なすーん」
桑原和真 「冴え月の勝ち筋は狂人語りしてガンダム噛ませて実は村でした~、だろ?」
なすーん 「1/2で占い当たるから、まあどっちか噛んで
桑原がまあ狂だろうから
ガンダムと冴月どっち吊りたいー?って昼言うつもりだった>翠星石吊れた場合」
戯言遣い 「まぁメディスン指定ナイスといったところかな
まさか村勝ちできるとは思ってなかった」
ルーミア 「呪殺出されなきゃたぶん狂人位置乗っ取ってたのか―
吠え減ったのでメディスン狼は検討してたから。」
ガンダム 「というより、なすーん吊るより翠吊った方がこちらとしては安牌」
冴月麟 「そっかあ…
うーん」
なすーん 「え、そこは噛まないなあ>吊ってガンダム噛むか」
ルーミア 「ちなみにだけどさー
決闘関連抜きなら私占わなかったー?>戯言」
戯言遣い 「えぇ……」
なすーん 「というわけで実際ガンダム説得もあったんで
そこは一応ほんの僅かでも賭けるべきだったなと思うので
ごめん」
ゴメス 「戯言遣いはいい銃殺じゃった
危うくおうどんになるところじゃったな」
ルーミア 「狂人が多い村だったのか―」
メディスン 「ガンダムバトル、レディーGOだったかー>ガンダム」
ガンダム 「おつかれさまだ
冴月村はかなり見えると思うんだが…」
冴月麟 「ねえ、なすーん
あそこで翠星石吊ったとして、ガンダム噛んでたかしら? >なすーん」
翠星石 「ええ……(困惑) >本当に狂人騙り」
翠星石 「お疲れ様でしたよ。

桑原和真 「あ~、響狼なら雷神語りもするかw」
ルーミア 「お疲れ様」
ゴメス 「おつかれさま」
ブラッキー 「『お疲れ様』」
戯言遣い 「お疲れ様―」
GM 「お疲れ様でしたー」
冴月麟 「お疲れ様ー」
メディスン
:::::::::::|     _,,.....,,_    __,,...,,,_
::::::::::::|   /´::::/':;:::::', ,:':::/ i:::`i
::::::::::::|   !:::::::i  ':;:::!. |:::/   ,'::::;'
::::::::::::|   ':;::::::':,─V!-レ' 、.,,/::::/      お疲れさまー
::::::::::::|,. :''"´>、_ヽ、_r_ァ_,,.<ン' 、,_
::::::::::::|,. イ>'" ̄ ヽ  '" ̄`"'<´
::::::::::::| / ,'  i   !  , ',   `':,   なすーん・・・
::::::::::::| ,'  i   ハ  ノ| ,ハ ト、',  , i
::::::::::::|ハ  ハ_ノ_,.!ィ' レ' l、_!_l ハ ,ハノ    ガンダム的には宿敵は
::::::::::::| レ'ァ ,.-‐-、'   ',ニヽ !イ .ノ    絶対に殺さないといけない位置
::::::::::::|ノ | |' i'´'i      ト,||i7 レ(
::::::::::::| ノ!, !、ヒ_.リ    └' '   i ヽ)    だから、宿敵に入れるのはしょうがないんだよねー
::::::::::::|イ⊂⊃         ⊂⊃(
::::::::::::| !,ノト.、,.     、  ,.イ i  ハ     むしろ、最初に翠星石入れてくれたのが
::::::::::::|(  ', i`"iァ   -ri"´! ,' ハ  ノ      間違ってるくらいで…
::::::::::::|イヽノメ ̄らン'´ ̄`ヽレ'ノレ'
:::::::i `ヽ;::::::,!イムコ、:!/::::::::::::::':, i:::;>- <i__
:::::::i   Y_/:.:.╋:.:.!/:::::::::::::::::::i`ァ'/;    `ヽ!   ガンダムだけは残して良かったと思うよ?>なすーん
:::::::::',  ヽ,:.:.:l:.:.:.:kヘ、_r、_:::::::::i>' レi_,ノハ !,ハ! >
::::::::::::ト、  `"'' ー' ̄`ヽ_>rン.レ'|/ o  o | :     土下座外交で説得して・・・
::::::::::::|:.:.>.、.,,______,,. イ7,.'-‐=ァ !、 、  ,ハ!
::::::::::::|ヽrヘ/_:.:.:.:.:.:./:.:k'_  -〈ヽ!::7`i二i"i7つ ) )」
GM 「誰が一番ガンダムかですねわかります>大喜利」
ゲーム終了:2016/03/11 (Fri) 01:10:59
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
なすーんさんの遺言 占いなんだよ。ゴメス○ 戯言遣い

1d/ゴメス○
ゴメスオチは嫌だ
ゴメスオチは嫌だ……

2d/戯言遣い
この村で初手共有占いとかもうダメだ……
ガンダム決闘、冴月麟が中身不明
正直冴月麟怪しいとは思ってるけど、●引いてもガンダム蝙蝠になるとなると難しいなあ
メディスン吊って妙な反応、と思えたのは戯言あたりかな?
なんかこの吊り数で無条件に足音出せることを信じてるあたりは、妙な感覚がしたんだよ
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
なすーん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
戯言遣い2 票投票先 →なすーん
ブラッキー0 票投票先 →なすーん
なすーん3 票投票先 →戯言遣い
翠星石0 票投票先 →なすーん
桑原和真0 票投票先 →戯言遣い
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「ガンダム説得ルートの場合にしたって結局どっちかが負けるのが確定ならば、か。

決闘者ってのも難儀ですね……」
戯言遣い 「なすーんとうひょーで終わるなら、穏やかなんだ……」
桑原和真 「なすーん>いや、初日のことな。
初手雷神に刺さったら俺もつる・・・w」
ブラッキー 「『村が終わってのお楽しみだよ』>翠星石ちゃん」
戯言遣い 「ごり押しの力を信じろ……」
桑原和真 「んじゃ狼陣営他に居たら戯言遣い投票な。」
なすーん 「いや、ルーミア対応を作ってなかったんだよね……」
ブラッキー 「『ああそれと』
『麟ちゃん吊ればガンダムはなすーん吊りが安定だから』
『麟ちゃん狂人もあるから吊ったよ』
『ごめんね』」
翠星石 「ろくろ首……? >ブラッキー」
桑原和真 「まぁ素直に釣りのがれは占い持っておけだったなぁ。
冴月村でも素直になすーん吊ってたら敗北か、あれ。」
翠星石 「別にその辺は個人の感覚だけど。
ガンダムには悪いことをしちゃったですねぇ。

決闘って両方生きてたら両方敗北になるはずなんで
結局、この結末になるのはしょうがないのかもしれない。
本当にすまねーことしたですよ、お前さんには。」
なすーん 「なので終わったらガンダムに謝ろう」
なすーん 「まあそだね。ちょっと短絡的だった感はある>二人がかりで説得」
ブラッキー 「『ちなみに証明可能なんだけど』
『時間と吊りが足りない』」
桑原和真 「かなり難しいけど、ガンダムを二人がかりで必死の説得とかもあった。」
なすーん 「いや、狂やらないなら正直ここで私吊るだろーし
なら噛むかと。吊ったら噛むって先に言ったし」
戯言遣い 「ブラッキーが実は、だったり
その他もろもろ
まぁ、それならまぁしょうがない、銃殺するのが早かった、それだけだ」
翠星石 「私が狂人だったら暗殺とか適当言って占い露出させますけどね?w」
なすーん 「じゃあ恨みを込めて戯言に投票を叩きこもう」
ブラッキー 「『あ、村人です』」
桑原和真 「ガンダムは少なくとも翠星石に票入れてくれてるから、噛まなくてよかったと思うんだが・・・w」
なすーん 「翠星石でもいいけど!」
戯言遣い 「んじゃナスーン吊ってだね」
なすーん 「ブラッキー狂って言う展開ない?」
翠星石 「無論ガンダムは噛まれ」
なすーん 「んじゃまあ割りとどうしようもないような
狂騙った村だったーってことなら、初日狂だったかなーこれ」
翠星石 「まぁなすーん吊りでいいか」
桑原和真 「冴月狂人ならほんとあの投票なにしてんの・・・?」
戯言遣い 「理由
そのオッドアイ……
両方紅くしたら、どんなに綺麗だろうね
でも、やっぱりその目が一番キミに合ってる

理由
◇ルーミア 「決闘が初手で出たのかー
どうせなら復讐にしろよなのかー」
狼からしたら決闘はPPの役に立つから歓迎するべきことなんだろうね
というわけは、否定的反応を示してるルーミアが狼だったら冴月麟が狼である可能性
ちょっと上がるんじゃないかな?

理由
桑原が○ならなすーん吊る
●なら桑原吊る、いじょ」
戯言遣い 「占いCO 翠星石○ ルーミア○ 桑原和真○」
翠星石 「ガンダーム!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
冴月麟さんの遺言 狂人騙った村人なんだけど
なすーん吊らない意味なくない?(まがお
ガンダムさんの遺言
:::::::::/>  ,.ィ _{. /::::::∨ |         ト、/__   \  l
::::::::::〉 ̄´7 / .{ | イィェ.、゙<:ヽ\.    } | r、__ ,ヽ   ',  `7
::::::/  ,ィ' | ト-ヘ、ヾ!ゞ='  }:::::ヾ}    / ,N\ }  \. ', /::
:::::{ .   !. ト人:::__゙:::>‐一"ヾr‐] ,/ /_ノ-- }ノ、   ハ ∨::::    黒幕なのに即出だった件
::::ヘ.  | ゙'|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::ー'-シ--':ヌ  ヒリ ' リノ 人゙V,/::::::;   
:::::::ヘ―ゝ‐、ヾ‐ 、_:::::::::::::: __::::::::::i::::::::>-ニアイ ト /ノ:::::::;'    なぜ噛んだ狼いいいいいいいいいいい
::::::::::`::∧  \{l1:/`ヽ__{_   ` ゝl_:::::::::::::::::::レ A /:::::::::ノ
:::::::::::::::::∧.  |if′ ,---、 、 / /__::: --У,/ ' 7::::::/
:::::::::::::::::::∧.  |'{  /` ̄ ̄ヽ、ヽ、     必'  /r‐ ´
:::::::::::::::::::::∧ Ⅳ f‐ 、::__:::::::::` ア   /  //
:::::\::::::::::::::∧ !.  ト、   `ヽ::::/   /  /:〈
::::ヽ:::\::::::::::∧ ヽ ヽ\   ト:/  /  /::::::::::\
ガンダム は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
冴月麟 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (3 回目)
冴月麟4 票投票先 →なすーん
戯言遣い0 票投票先 →冴月麟
ブラッキー0 票投票先 →冴月麟
なすーん1 票投票先 →翠星石
ガンダム0 票投票先 →冴月麟
翠星石2 票投票先 →冴月麟
桑原和真0 票投票先 →翠星石
3 日目 (2 回目)
冴月麟3 票投票先 →なすーん
戯言遣い0 票投票先 →冴月麟
ブラッキー0 票投票先 →冴月麟
なすーん1 票投票先 →翠星石
ガンダム0 票投票先 →翠星石
翠星石3 票投票先 →冴月麟
桑原和真0 票投票先 →翠星石
3 日目 (1 回目)
冴月麟3 票投票先 →なすーん
戯言遣い0 票投票先 →冴月麟
ブラッキー0 票投票先 →冴月麟
なすーん1 票投票先 →翠星石
ガンダム0 票投票先 →翠星石
翠星石3 票投票先 →冴月麟
桑原和真0 票投票先 →翠星石
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
桑原和真 「んじゃ、人外陣営寿司成績に票を。」
翠星石 「冴月吊り」
ガンダム 「冴月のほうが危ないと思うが…翠先だ」
戯言遣い 「というわけで冴月さんに票を合わせよーか」
翠星石 「いやじゃあ私何なんですかね >銃殺言った」
冴月麟 「狐はそこで死んでるでしょ…
だから、村語りのほうだと思うわ」
なすーん 「んじゃ翠星石集めで」
なすーん 「4狼陣営だからあってるよ」
桑原和真 「なすーん、票あつめんのどこだ、しっかり言え。」
ガンダム 「狐がいるな…」
翠星石 「ガンダム……
その仮面をはずす時が来たようですね」
桑原和真 「あ~これなすーんLWか・・・けど狂人一人おおくね?」
戯言遣い 「ああ、じゃあそれでいこうか>冴月>桑原>なすーんで吊り」
なすーん 「ちなみに冴月吊ったら嫌がらせでガンダム噛みます」
冴月麟 「いや、PPはガンダムに行ってほしいんだけど
狐以内の確実でしょ」
桑原和真 「狼もうひとりいりゃPP出来る。
票集めは翠星石でいいか?」
なすーん 「いや、メディスンがもう1Wなんだよね……
そこじゃなかったらPPできたんだけどなぁ……」
戯言遣い 「どうしよう?>翠星石」
翠星石 「んじゃ、吊り順番は冴月>桑原>なすーんですかね?」
冴月麟 「素ね、素
決闘ついたときはどうしろと思ったけど
PPならよかったわ」
戯言遣い 「う、うーん……」
ブラッキー 「『ノ』」
冴月麟 「狂人ですよー」
ガンダム 「私が、この私が黒幕頑駄無スペシャルだ」
なすーん 「げっふ。そこ狂人だと駄目じゃん>冴月麟」
翠星石 「2Wだとしたらどうしようもないんですけどね。」
桑原和真 「狂人一号こっちこっち。」
冴月麟 「ノ」
戯言遣い 「少人数の猟師は動きが人によるからちょっとわからないかなぁ」
なすーん 「狂人ー。ちょっと全員COして」
ガンダム 「暗殺がいるなら私に飛ばす可能性が高いな
基本邪魔な位置だ私は」
なすーん 「んー」
冴月麟 「でも暗殺者なら暗殺者で今出るべきだからね、
暗殺者が存在する場合は占い師真だから

出ないってことはなすーんは人外!エンド!」
ブラッキー 「『他に占いいない?』」
翠星石 「少なくともルーミア銃殺した占いは出なくていい、というか出ないでくださいですぅ
たとえ今日噛まれていても、って感じだし」
桑原和真 「ちなみに俺狂人なんで、上手いこといけばPPできるけど、狼いるか?」
冴月麟 「猟師がいるなら、ゴメス護衛だし
暗殺者くらい?」
ガンダム 「なすーんを生贄に次手冴月吊りを召喚」
ブラッキー 「『雷公……水君と炎帝は出ないのかな?』」
翠星石 「2日目朝:GM(餌食)
3日目朝:ゴメス(餌食) ルーミア(銃殺)」
なすーん 「ルーミア天人COで偽なんだろうけど……
少なくとも僕はこの死体に関わってないんだよ」
戯言遣い 「じゃあこれなすーん吊ってでいいんじゃないかな・」
冴月麟 「よし、なすーん吊ろう
狂人かもしれないけどさ」
桑原和真 「びっくりするぐらい呪殺出てるんだけど。」
ガンダム 「確定で狐か?>天人遺言」
戯言遣い 「どっからどう見ても銃殺なんだよなぁ」
翠星石 「閻魔CO
ルーミア銃殺
ゴメス噛み」
冴月麟 「どう見ても狐です!ありがとうございません!
狼PP怖い!」
なすーん 「占いなんだよ。ゴメス○ 戯言遣い

1d/ゴメス○
ゴメスオチは嫌だ
ゴメスオチは嫌だ……

2d/戯言遣い
この村で初手共有占いとかもうダメだ……
ガンダム決闘、冴月麟が中身不明
正直冴月麟怪しいとは思ってるけど、●引いてもガンダム蝙蝠になるとなると難しいなあ
メディスン吊って妙な反応、と思えたのは戯言あたりかな?
なんかこの吊り数で無条件に足音出せることを信じてるあたりは、妙な感覚がしたんだよ
ガンダム
                    __r‐≦z_ ___,
                  _ノ,      `¨≦z_
                 フ´          ミ、
                彳(( ,           `=z
               _ イ j从          ハ  ド
               孑 _ノ          , 、ノ トミ     ちなみに私は黒幕である
               オ           rf r' l l トl
                V r       j l八(ノl小!      宣告がついてるわけだが、これ発動可能性はかなり低いだろうな
                _廴ヘ        V/V } ハ
                  )、 ト、   )   } トl  /
                  "ヘ ,  く r ,jハ  /        即出だが、 黒 幕 である。
                   小从 川、l´ ├ ′
                   _j  rWK `  `ー 、
                 ,  ´  。     。  u\
              ,  ´ u    j         _>‐- 、
           , -‐´‐   ―    u     -‐ '´       \
         /                 ,       。  l ',
           /  。  u      j    。 |         ij  l
        i          u           ゚       /
        |                              r   , /
        r‐〉 r'                          |  〃
       r゙´}       r j  ,      ,             / /
       i-く      /       /    '、      |/
       lヽj     ハ   。    ´         \   /
       {ン゙      ム ',           u       /
       i、     ' `゙,   。        l   /
戯言遣い 「うっわーお」
なすーん 「占いなんだよ。ゴメス○ 戯言遣い○」
桑原和真 「冴月>決闘を味方に入れるためだとか、お前狐確認してPPとかしたがるんならむしろお前は絶対に噛まれるぜ?

メディスンについてだけど、俺非確定アイツ証明できる奴として残してやってもいいと思ったんだがなぁ。」
冴月麟 「狐死んだー! >ルーミア」
翠星石 「吠えが減った。けど初日もそこまで変わらなかった……は言いすぎかなと思うです
結局指定刺さって吊れた、ってのはどんな視点でも人外死んだ!って考えるしかありませんからね。

今日の死体がどうなってるか。そこが問題。」
冴月麟 「今更だけど、あたしの方も決闘系騙ったほうがメリットあったかもしんないわね
そうしたら狼もどっちを噛めばいいか悩むはずだから
…まあ、今更思いついたところで手遅れなわけだけれども
あ、占い師出るなら今日よ、結果がまるっきりない限りは」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゴメスさんの遺言 遺言指定  なすーん

占い師は4日目の朝一でCOすること
なお、申し訳ないが・・・なすーんが占いCOしても切ることにしていると言っておく

それじゃ、後は任せるぞ・・・
ルーミアさんの遺言 :::::: :: : :_,,.. -──- 、.,_ : : :: ::: ::::: :::::::: :: : : /     へ
 ,. '"´          `ヽ. :::::: ,.ヘ :::: :: : i そ   l
´                   ':,/:::i_|_ ::: :: :|  l
 ,.                 Y'":::77 :::: | な
/  ,. '"          `ヽr'__:::::::l | :  | の
  / ,   /   i  i  ', __ トt、___;l_」 :  !  か
  ,'  .i ,'_,,.. -' ハ ,ハ_/i´ ハ-i ', ::::: :::: :: : ',. l         天人だよ
  i  !/_」ニ_、/::::!/´,r‐r!‐ァ'i./ | :::::: :::: ::: :ヽ、.__,. -‐-、
  ! ,ア´'└リ `::::::'::::' !_,りノ7ヘ  ! :::::::: ::::: :: :  /  だ  ',
. /レ' `,ゝ-‐'       ⊂! | V ::::: :: :  _,,..-‐i  か  i
  | ⊂⊃         ,ハ|_,,!ゝ-‐ ''"´   |  ら  .ト、
  .i  ト.     ー-‐'   ,.イ i             |.  何  |/
ノ ,ハ. | `>. 、.,,___ ,,..イ ! /          ',  ?  !'          狼数次第ですぐ戻ってくるよ
<::!'ヽ|`ヽ、.    i`ヽ! ハ/           ヽ、.,__ ,ノつ
  ヽ;::::\ `>-‐イ /|/:',               /」'"´
   ';:::::::`'ヽ,.-、'^ヾ::::::::::',-‐ __,,.. -─----─ ''" ::::::::::
    i::::::::::::::ト-'^rr'i::::::::::::Y ̄ : : :: ::: :::::: :::::::::::::::::::::::::::
メディスンさんの遺言
        ______    __
       /:::/ ヽヽ.  ./:::/ヽ.
       |::::l   ';::'; |::::lヽ:::!
      ,. -ヽヽ、_,.ィ:::!、/::/ !/
    /:::/>'`ゝ、.,_,.'=-'、,.イヽ、   ゴロゴロ ゴロゴロ~
    レ'/  , '"´ `   '´`ヽ;::フ
    ノ   ン'´ ハ‐ノ- !  ,   ハ       ,.-,     らーい じーーーーん!!
     !  イ  /,ィ'7ハ.!ヘ ハ-i/  .ゝ   i'ヽ./ /__
   ノ   ハ  !〈 ヒ__ノ レ' ィ'ハ|ノイ〉    !  ! ' __.ノ
  〈 ,   ヽ.レイ"      ヒハ!7イヽ.   ,!  ヽ  __つ
   ! ハ 〉  ハ  i' ̄ `i "!ヽハヽ>'" `  _>‐'
   ´  Vヽrヘハヽ、`ー ' ,.イノ'7´   ,.-'"´
         rイヽ二7´ イ:::!{__,,..''"´
        /:ゝ!_}><{__,rン、::::_ン
       ,.!:::::::7、__ハ__,.イ::::7´_____
        〉>、!::::::╋::::::::::;:イ--‐ァ´   _,,...,,,_
     r/ .>r、:::::::::::::::::::ハ- 〈、  , '´ ,.  `ヽ.
  ,.-‐'" ,<//⌒T⌒´ハ ヽ、__>,/.//。!/ !ハi .i
  !、_と_,.'/ /  ┃   ',   \ノ〉i、 、 。|ノ,| ゴロゴロ~
   く,へ/  ,'        !   ', iヽ7=r‐イつ
ゴメス は無残な負け犬の姿で発見されました
ルーミア は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
メディスン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
冴月麟1 票投票先 →メディスン
戯言遣い0 票投票先 →メディスン
ルーミア0 票投票先 →メディスン
ブラッキー0 票投票先 →冴月麟
ゴメス0 票投票先 →メディスン
なすーん0 票投票先 →メディスン
ガンダム0 票投票先 →メディスン
翠星石0 票投票先 →メディスン
メディスン8 票投票先 →桑原和真
桑原和真1 票投票先 →メディスン
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メディスン 「決闘つって飽和するなら狼柱にー?」
翠星石 「初手●で占い露出とかはわかるけど
○だったら別段この段階出る必要もないというか
全体的にギリギリだからそもそも出るメリットのほうが薄い、って感じ。

決闘相手についちゃぶっちゃけ中身なんてなんでもありだから
考えることはあるって感じ。」
戯言遣い 「なんて儚いことを言うんだ君は、信仰は儚い人間のためにじゃないのか、人形(種族)だろう」
冴月麟 「あたしさえ死ねばガンダムって蝙蝠同然だし?
狼!最後まで尼ガンダム噛みなさいよね?お願いだから」
なすーん 「4吊りしかないところでガンダム噛まれないなら、とか言われてもなぁ……>冴月」
桑原和真 「ゴメス追記>一回もならなかったらさすがに釣るけどな。
けどそこまで押し込むと、一体何残すんだよって話でもあるよな。」
ルーミア 「今回人外数が狼狐合わせて5出てる
ただ列の関係上最高3w、狐とかと合わせて
雷神がならない事は普通にあるのか―」
ゴメス 「別に冴月は何でもありえるじゃろうよ
それこそ真占いでも狼でも、何でもな」
メディスン 「まあ、最大数言ってもなのは自覚してる>鳴るならない」
冴月麟 「ただ、普通に考えて、PP要素として狼はあたししか噛まない気がする」
ガンダム
                           __{ヽ、
                     {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                      >/       ヽ    }_
                    、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                     ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                    〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___,     まあのんびり観戦しようと思う
                    /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ
                    ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ     よほどがない限り噛まれないだろう
                  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}
                    /./////// {//≧、 ////イ从 {`__
                     ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
             ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
              { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
              イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
           /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
          /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
         イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
       ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
     /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
.    /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
    {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
    |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ
   人__≧彡イ//}三ニニ/  ∧ =イ     /      / : : : : l :ト、      /三三三ニ=イ ̄//}
        ノ//// }ニ=/   /;;;:}      /     / : : : : :∧{;;;ヽ  ./三三三ニ/ //////」
戯言遣い 「ぼくが知ってる狼様は狐を初手噛んでくれるって信じてるよ(無茶ブリ」
なすーん 「まあそもそも少人数なんで足音出ないことって真でもありえるから確率なら
なんとも言えないんだよ」
桑原和真 「ゴメス>人外が語りにくそうな職ではある。そういう印象。」
翠星石 「決闘については決闘相手はバッチリ出してるあたり
騎士道……騎士道?って思います

なんというか、結局のところ吊る余裕ねーしガンダムは残る位置になりますね
逆に言えば狼から見ても、そこは「確実に毒ないね!」って位置でもあったりするけど。」
ルーミア 「自分でいうのか―(困惑)>麟」
メディスン 「ああ、そういえばそれもあったっけ>戯言
素で忘れてた」
冴月麟 「一応、狂人吊る余裕もないけどね、ここ
どこかで死体なしが出ないと… >ゴメス」
ゴメス 「雷神が証明できるのは、22人ならだろう
4回鳴らなかったってんは言い分がゴリ押しできてしまう
候補が少ないから確率も少ないってことで >桑原」
戯言遣い 「響狼はどうしたんすか……?>狼はない」
メディスン 「夜会話出来るところが隣接してるなら足音なるやつ>雷神」
冴月麟 「逆に言えば、あたしは決闘位置だから
ガンダムが噛まれない限り非狼証明にはなるわね?」
ガンダム 「私を吊る=ほぼ負けに等しい村であるからな」
ルーミア 「真証明できるっちゃできるのかー
ただ響系もあるし
他指定して占い露出でもしたらそれはそれでやばいのかー」
翠星石 「雷公なら「引き分けりゃ証明できる」。
ただ雷神は「足音がなるのは確率」である以上。
残すのは難しいっちゃ難しいんですよ、ほんと。」
桑原和真 「冴え月>つりたいとかそういう感情はないけど、ぶっちゃげ「そいつらどうすんだよ」って気はしてる。決闘相手を伏せるのは村要素ではあるけどな。」
なすーん 「あ、さとり系か」
ブラッキー 「『とか書いてたら共有出て』
『指定まで済ませてた』」
戯言遣い 「もしくは家鳴」
ゴメス 「明日は遺言指定をしておく
ワシ噛みの可能性が高いからな」
戯言遣い 「響狼か響狼であることを祈ろう」
ルーミア 「決闘は吊ってる余裕ないのかー
そこが狼でもない限りね。」
メディスン 「まあ、残されても家鳴きとか響狐見られるのはあるけれど鳴らせれば狼無いってのはわかってもらえると思う」
なすーん 「雷神ってどんなのだっけと思ったら見つからなかった
もうダメだ」
桑原和真 「結構真しょうめいできると思うんだけど・・・>雷神」
冴月麟 「決闘者吊るとか、そんな余裕ないから、真面目に」
ガンダム 「ふははは、貴様を倒すことが私の使命!よって出た方がいいと思ったまで」
ブラッキー 「『でも漫画業界の残酷な仕打ちだよね』>人気キャラが主役に」
桑原和真 「決闘吊ってると吊りが足りないどころの騒ぎじゃなくなる。
決闘相手村かどうかの判断。」
翠星石 「決闘即露出はまぁ、いいんじゃないですかね

決闘を吊るのは役職保護の吊り、でもある
ただ今回の場合それ大丈夫?って感じの吊りなんですけど(真顔」
ルーミア 「雷神かー
足音出せそうではあるけれど
残すのか―?」
ゴメス 「吊りで」
戯言遣い 「雷神か」
ガンダム 「…ゴメスと悩んでいたが、よかったらしいな」
ブラッキー 「『まぁ、ZEROはスピンオフ外伝とみるなら』
『主役は真紅ちゃんに限定する理由はないしね』>翠星石ちゃん」
ルーミア 「列で狼数決まるから最高3w
飽和なら明日で狼柱出すと思うのか―
だから今気にする事じゃないのか―>メディスン」
メディスン 「らーいZI---N」
冴月麟 「ちいっ!
なんで出るのよ!噛ませようと伏せたのに! >ガンダム」
戯言遣い 「あえてのザクに草」
なすーん 「ゴメスが共有とかもう嫌な予感しかしないもうダメだ」
桑原和真 「指定するならするで、そいつのCOが真かどうかしっかりと見極めていこう。」
メディスン 「ゴメスーさんが共有と、さすがのスーさん!!」
なすーん 「なんか決闘者COっぽいのが出てるんだよ……
多分麟はザクとは読めないんだよ……」
ゴメス 「指定 メディスン」
戯言遣い 「はい、じゃあね、共有さんにCOしていただきたいなと」
ルーミア 「決闘が初手で出たのかー
どうせなら復讐にしろよなのかー」
翠星石 「共有などはさっさと出てきてくれですよ。
わかりやすいのが何よりです」
桑原和真 「流れとかが一切わからんが、ひっでぇ村に来たってことと、
相方初日の共有がいそうな気がする・・・」
ゴメス 「共有系COじゃ

指定していくぞ」
メディスン 「          「 ̄ ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄`l
           |  | ̄ `ヽ. ',  / /´ ̄ ̄|  |
           |  |     | |_,' /    .|  ;
          \ \ ´ ̄| |  | | ̄`"' //      出現陣営:村人陣営5 人狼陣営4 妖狐陣営1 決闘者陣営1
         / >`ァ='イこ7`ァ='イ<\.
        , '  //´ ./   ヽ   `\.  ' , 、
      /;'  /   」_|    |  」_ .u `'ー‐ァ\    あの・・・ちょっと配役が・・・
      /r/ ,    /_」∧   ∧ _」_ ハ   r'´ヽヘ}
      <. ∠、   7´ h ハ \ |  h ハ`Y|   |  ノ、     共有いるみたいだし指揮役お願いして―だね
      / { 八  八 弋り   ∨ 弋り ノノ  ,ハ {\\
     / / \ > ,ゝ.     '    .∠_,,.イ 八 }  \
   /  {  .ソ|  |.u     f⌒ヽ     |  ,.イ  ヽへ __」    狼飽和しそうなら柱出すこと
   レへ」 , '´ ノ 人     、___ノ    人 ( ハ   ハ
      .{   /イ  |> 、.,     ,. イ   ソノ、  ト-、|
       ∨レ' ヽ、/、r ´r|`て´ |、/_,,.イ    ∨
           rァ'"´ ̄ \ /  ̄` ヽt、」
なすーん 「共有は早めに出るといいんだよ」
戯言遣い 「4吊り5人外の時点ですでに足りてないんだよなぁ」
冴月麟 「おはようございます
こんなゲームを仕掛けた黒幕はだれなんだー!?
4吊5人外とかバカでしょー! >GM
共有者いるみたいだけど!!狂人・決闘者は吊れる余裕ないじゃないの!」
ガンダム 「ガンダムが一機もいなかった…私は貴様に決闘を申し込むぞ冴付ザクよ!!!!」
ブラッキー 「『それじゃ共有は出ていいよ』」
なすーん 「朝なんだよ」
ルーミア 「出現陣営:村人陣営5 人狼陣営4 妖狐陣営1 決闘者陣営1
共有は早く出て来いなのかー
それ以外にも告発あったらよろしくー
何もないならグレランで良いのか―
列で考えれば最高3w。でも吠え少ないし2wじゃないかー?」
翠星石 「これも全部真紅のせいですね(確信) >なんか吊りめっちゃやばい」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM ハッハッハ、ぬかしおる>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM GMはベンです
みなさんがんばってください」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営4 妖狐陣営1 決闘者陣営1
ゲーム開始:2016/03/11 (Fri) 00:38:21
冴月麟 「ではゲームスタート!」
ガンダム 「がんだあああああああああああああああああああああああああああああああああむ」
ゴメス 「(桑原もキープしておくか・・・)」
冴月麟 「そんな異変を解決するのがわたしよ!」
なすーん 「え、じゃあアッガイ……?」
冴月麟 「上白沢が1人!」
翠星石 「zeroの真紅……主人公とは……うごご」
桑原和真 「(おはようございます!!)
※人間では聞き取れない周波数の声」
メディスン 「行くよ、スーさん!!」
冴月麟 「霖之助が2人!」
ガンダム 「ガンダムはいないのか!?」
戯言遣い 「そしてぼくはゴッグだ」
冴月麟 「ヘカーティアが3人!」
GM 「いらっしゃい」
冴月麟 「妹紅が4人!」
ブラッキー 「『翠星石!』
『ZEROで真紅を蹴落とした翠星石!』」
GM 「俺が!俺達がガンダムだ!」
メディスン 「こんぱろ~
よろしく~」
桑原和真 が幻想入りしました
冴月麟 「さとりが5人!」
メディスン が幻想入りしました
ガンダム 「[>ガンダム ピッ」
冴月麟 「早苗が6人!」
GM 「阿修羅すら凌駕するのなら、王でもおかしくないな(確信」
冴月麟 「妖夢が7人!」
なすーん 「はいとYESしかないもうダメだ
この村もゴメスオチなんだ」
冴月麟 「咲夜が8人!」
冴月麟 「魔理沙が9人!」
ガンダム 「できれば阿修羅頑駄無スペシャルまで入れたかった」
ゴメス 「ゴメスはガンダムと同じ陣営になりたがっています
仲間に加えますか?

[>はい  YES」
冴月麟 「霊夢が10人!」
ブラッキー 「『実際いる』>なすーん」
冴月麟 「では、間を取ってちょっと長めのカウントいきますねー」
ガンダム 「最初はその名前にしていたが、長いと思い自重した>阿修羅頑駄無」
翠星石 「そこに村がある、すなわちやれってことですよ言わせんな恥ずかしいですぅ」
ブラッキー 「『ガンダム阿修羅王に進化するかもしれない』」
なすーん 「遅いし始めていいんじゃないかな」
GM 「いらっしゃい」
戯言遣い 「いらないんじゃない?ちょうどいいくらいだと思う」
GM 「特に延長の意見がなければ、開始投票しちゃってください」
翠星石 が幻想入りしました
ルーミア 「いらないのかー」
冴月麟 「延長はどっちでも」
GM 「時間ですが
延長はいりますか?」
なすーん 「武者頑駄無に居そう>阿修羅頑駄無」
ガンダム 「! >ゴメス」
ブラッキー 「『なん…だ…と…』>鱗ちゃん」
ゴメス 「! >ガンダム」
ガンダム 「よろしく頼む」
GM 「いらっしゃい
阿修羅頑駄無かな?」
なすーん 「僕にできることは戯言使いの後ろが終わりまで無事でいることを祈るだけなんだよ」
ガンダム が幻想入りしました
なすーん 「よろしくしようと思ったら隣にゴメスが居るもうだめだ」
GM 「いらっしゃい」
なすーん が幻想入りしました
GM 「ゴールデンサン、アンドシルバームーン、とか歌ってた記憶が」
ゴメス 「よろしく頼むぞ」
ゴメス が幻想入りしました
冴月麟 「ゴメン…ソルロックとルナトーンのほうがイメージ通りかなあ…」
ブラッキー 「『今度のVerは月と太陽』
『これはもう僕の時代だよね?』」
ブラッキー 「『やぁ』」
GM 「いらっしゃい」
ブラッキー が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
ルーミア が幻想入りしました
戯言遣い 「よーっす」
戯言遣い が幻想入りしました
GM 「いらっしゃい」
冴月麟 「こんばんは」
冴月麟 が幻想入りしました
GM 「少人数だと思いますから、15超えたら封蘇でもつけようかなと思います
ではご自由に入村どうぞ」
GM 「0:35開始予定で」
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします」
村作成:2016/03/11 (Fri) 00:19:50