←戻る
【雛4043】やる夫達の希望封蘇超闇鍋村 [4718番地]
~稼動2年経ってなおストーリーが進まない格ゲーがあるらしい~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon ケイアス
(生存中)
icon オドロキ君
(生存中)
icon 希月心音
(生存中)
icon ぱるすぃ
(生存中)
icon 独奏者
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
(生存中)
icon 夕立
(生存中)
icon ブロントさん
(生存中)
村作成:2016/03/12 (Sat) 01:31:23
仮GM が幻想入りしました
仮GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙り、恋人による告発は全面許可
・早噛みは生存者全員の同意を得たときとGMから許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・意図的な突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
仮GM 「1:45開始」
仮GM 「わりと早めだけど5個もヒャあったら大丈夫でしょ(慢心)
入村どうぞ、報告してきます」
kari が幻想入りしました
kari 「そんな慢心で大丈夫か?」
仮GM 「いらっしゃい 建てようとして気づいたけど裏で村建ってるのな」
kari 「あー…>裏村
延長いるかもしれんねこれは」
仮GM 「慢心してるけど人数があんまりにもあんまりなら延長を視野に入れます
フィーリングカップル村が終わればこっちに流れてくる可能性も無きにしも非ずとシンジテ」
かり が幻想入りしました
仮GM 「いらっしゃい」
かり 「こんばんはー
裏村のは闇鍋の層とは違うと思うんですよね」
kari 「でも前村には闇鍋層の人もいたからな
名前は出さないでおくけど」
ぱるすぃ が幻想入りしました
仮GM 「そんなー(´・ω・`)>層違う」
ぱるすぃ 「こんばんわ」
仮GM 「10分延長 1:55開始」
仮GM 「おろ、書いてたら いらっしゃい」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → オドロキ君
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2448 (王泥喜法介)」
オドロキ君 「大丈夫です!フィーリング村が終了したので人も来ます!」
仮GM 「ということでさらに待たせてしまうがすまんね>all
最低限人数は揃ったしこれ以上は延ばしません」
オドロキ君 「多分!おそらく!きっと!大丈夫!です!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 希月心音
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8108 (希月心音)」
希月心音 「LET'S DO THIS!」
仮GM 「仮GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮GM → ケイアス
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7469 (ケイアス)」
オドロキ君 「ゲェーッ!心音ちゃん!」
ケイアス 「ほいよっと
うん、そうであることを願おう>隣も終了したんで云々」
ぱるすぃ 「CPが現れた
どうしますか?

ニア 妬む 妬む 妬む 妬む」
オドロキ君 「人狼村で心音ちゃんの能力は使えたら反則だからね!」
オドロキ君 「俺は!容赦!しません!>パルスィさん
絶対に殺します!慈悲などありません!!!」
ケイアス 「ニア キルゼムオール 慈悲は無い」
オドロキ君 「まあ僕がリア充だったら話は別なんですけどね…!」
ケイアス 「一致してて吹いた」
オドロキ君 「…ハッ!つまりケイアスさん!僕と貴方はきっと運命の糸で結ばれているんですよ!」
ケイアス 「この人数で恋人とかパワーバランス崩壊ってレベルじゃないんだよなあ…」
ぱるすぃ 「そっちとはこの海のリハクの目をもってしても>オドロキ×ケイアス」
ケイアス 「ちょっと誰かーハサミ持ってきてー>運命の糸云々」
ケイアス 「残り1ヒャはどこいったんだと言いたいけど書き込まれたの1時間前か…」
希月心音 「この女…妬みの感情が暴走しています!」
オドロキ君 「安心してくださいケイアスさん!今のバージョンではマニアで恋人が解除されることはありません!
結婚しよう!!!」
ぱるすぃ 「私ヒャしてないわよ」
独奏者 が幻想入りしました
オドロキ君 「…ハッ!そうか!パルスィさん!僕とケイアスさんとあなたで小悪魔CPになれば解決しますよ!」
独奏者 「ドーモ。」
ケイアス 「うーんしゃーない、これ以上待ってもナンだし投票しちゃって>all」
ぱるすぃ 「お断りします>小悪魔CP」
ケイアス 「いらさ」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
夕立 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「着くゥ〜」
オドロキ君 「俺は!大丈夫!です!>投票」
夕立 「よろしくっぽい!」
ケイアス 「3」
ケイアス 「2」
ブロントさん が幻想入りしました
ケイアス 「1」
ブロントさん 「きょうきょかけつけると」
ゆっくり妖夢 「オッスお願いしまーす」
夕立 「あ、もう始まっちゃうんだ。」
オドロキ君 「オドロキ君 さんが登録情報を変更しました。」
夕立 「愉しみっぽい!」
ケイアス 「開始」
希月心音 「LET'S DO THIS!」
ブロントさん 「…おいィ? こことはこれでかつると続けるところでしょう?」
ゲーム開始:2016/03/12 (Sat) 01:57:00
出現陣営:村人陣営4 人狼陣営2 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
ケイアス 「素」
ケイアス 「っと、1匹か」
ケイアス 「狐を排除しつつ生き残らねば か」
ケイアス 「 」
ケイアス 「 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
独奏者 「何だこの陣営数は……たまげたなぁ……。」
ゆっくり妖夢 「あっそうだ(唐突)
おいブロントさんァ!
お前さっき俺が人形の時チラチラ見てただろ(人形遣い告発)」
ぱるすぃ 「3吊り3人外ね
マニアが村付きならの話だけど
鬼は1回どっか攫っちゃっていいわよ」
オドロキ君 「おっと、もう朝ですか!弁護側は準備完了しています!
出現陣営:村人陣営4 人狼陣営2 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
ほぼマニア任せの村と言っていいのではないでしょうか!
そろそろ少人数村でマニアが村付き→圧倒勝利 を見てみたいです!
さて、まあCOは有ったら有るだけお願いしますね!」
希月心音 「弁護側準備完了しています!
3吊4人外1マニア…この配役に異議あり!!
マニアは出てください」
夕立 「出現陣営:村人陣営4 人狼陣営2 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
朝が来たっぽい!
3吊り3陣営+鬼マニアだから余裕はないっぽい!
共有も居ないし、状況を見ていく感じだよね。
COをまってみよ?」
ブロントさん 「封印が解けられた!」
ケイアス 「出現陣営:村人陣営4 人狼陣営2 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
さあ、朝だ
共有者はいなさげ 狼数はどーだろ
3吊りで素の人外が4、後は神話と鬼だね
鬼で明確に人外ってのは案外少なかったりするけど。鬼は占いの試金石にでもなってくれればいいんだけど」
ゆっくり妖夢 「消えてない」
オドロキ君 「ん?人形だけですか?」
ぱるすぃ 「人形告発繋がるならいいけどそうじゃないなら面倒くさい」
ケイアス 「人形 確認どぞ」
ブロントさん 「紅狐COしとくわ。
ここで告発してくるなら2W見てよんむまで吊りでいいぞ」
独奏者 「唯一ぬにの盾(人形遣い)。
これもうわかんねぇな。」
希月心音 「では、ブロントさんには証言を求めます!!」
夕立 「で、さっそく人形告発があるっぽい!
でも、マニアが出てきてないっぽい……んー、これは大変?」
オドロキ君 「彼にCOを聞く感じになりますかね」
ブロントさん 「一緒に死のうぜ」
ぱるすぃ 「素直だなぁ」
ゆっくり妖夢 「だから紅狼or紅狐or使い
殺して、どうぞ(懇願)」
ケイアス 「消えてない…って紅天女の話か
そして狐ェ!」
希月心音 「紅狐CO…ですと…!?」
オドロキ君 「俺は!容赦!しません!
狐殺すべし!慈悲はない!!!」
独奏者 「じゃあ占いいたら妖夢占えば良いわけだ。(適当)」
ぱるすぃ 「マニア出ない状態で即狐吊ったら狼勝ちあり得そうなんだけど」
希月心音 「オドロキ先輩!どうしますか!」
オドロキ君 「心音ちゃん!動揺しているよ!落ち着こう!」
夕立 「紅狐COまでしてくるのなら確定人外というのは間違いないっぽい
その上で、紅狐COなら有って紅狼でLWが居るとみてよさそうだよね」
ゆっくり妖夢 「あっそっかぁ...>マニアが出ない」
ぱるすぃ 「だからどうせ面倒な妖夢先に吊らない?(提案」
ケイアス 「真人形だったら出るしかなかろうに
2Wで告発云々の話はわかるけど」
独奏者 「ブロントさんを残してブロントさんを占わせる手もないじゃないけどまぁ。
吊り先に困るのはあるし多少はね?」
オドロキ君 「ここは狐を抹殺するべきさ!>心音ちゃん」
ブロントさん 「別に残して溶かしても一向に構わんが。
告発ある時点でどうやっても戦えねえよ。」
ケイアス 「あー>マニアの霊圧が」
希月心音 「(喜)  (怒)

(悲)  (驚)<ピコーンピコーン」
独奏者 「消えた……?」
ゆっくり妖夢 「狼コピーだと終わりかねないと」
ぱるすぃ 「マニアは初日か狼鬼コピーでしょ?現状
なら即狐吊ったらまずい、3Wなら飽和するし鬼コピーでも攫い次第で飽和する」
希月心音 「そういえばマニアが出てないですね…オドロキ先輩、これはいったい!?(まるなげ」
ぱるすぃ 「だから先に面倒な妖夢吊ろうか、狼コピーなら柱出さんと終るぞってのも含めて」
ゆっくり妖夢 「ただブロントさんが本当に紅狐と断言できないんだよなぁ...
鬼もいるから、どうせ他から吊っても飽和路線に乗る気はする」
ブロントさん 「まあようぬが人形か狼かは知らん。
まあおれ吊りするなら明日そこ釣りまで悩めばいいよ」
独奏者 「かと言って代わりの吊り先が即妖夢にはなるまいよ。
真も十分あるわけだし。」
夕立 「あー、3w1fになっててブロントさん吊り切って終わりって可能性は確かに否定できないっぽい
でも、それって2w1fでも村吊ったら同じような状況って印象じゃない?>ぱるすぃ」
オドロキ君 「うむ…これは狼にマニアが付いたのかもしれないね!>心音ちゃん
それじゃあ妖夢さんに判決を下そうか!有罪!(テノヒラクルー)」
ぱるすぃ 「初手LWならとかそんなんしらんわからん」
ケイアス 「3吊りで人外コピーだと呪殺起きないと死ぬというか終わる
ブロントさん紅狼と断定ができないから問題なのだけどぬー」
希月心音 「そもそも、紅狐COが本当だという確証もないので
先にブロントさん吊りでいいのでは? >オドロキ先輩」
独奏者 「だからブロントさん吊らない場合は妖夢込みで灰ランでブロントさん占いになるけど。
それはそれで狼吊れるかと言われると困ります……。(ブリュンヒルデ並の感想)」
ブロントさん 「まあおれとしてはこうなった以上平和に引き分けを望むがね。
偶数だから無理かな」
ぱるすぃ 「鬼がいるから即終わりさえしなければ何とかなる可能性はあるから>夕立
全員の意思が統一されてるなら別にグレランでもいいけど」
ぱるすぃ 「だからまぁとにかく今日ブロント吊りは止めといたほうがいいと思うわ」
ケイアス 「っていうか潜ってる時点で期待できないか
人狼の数は最大とか保障とかあった気がするけどよく知らないんでパス」
ブロントさん 「というわけでおれはよんる投票する」
オドロキ君 「それもそうだね!!>心音ちゃん
僕の手首はボロボロだよ!」
夕立 「まぁ実際ブロントさん紅狼の紅狐COはあり得るっぽい
けれど、ね」
ゆっくり妖夢 「グレランして占いとか鬼とか殺す方が問題でしょ ブロント吊ろう
なんかぱるすぃがめっちゃ露骨にかばってるのも怪しい」
希月心音 「人外COから吊るのがベターといえばベターなんですけどね…」
ケイアス 「でも今吊らないで残してどうする
占い処理して●だった時に無駄になる ので吊る」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
ケイアス0 票投票先 →ブロントさん
オドロキ君0 票投票先 →ブロントさん
希月心音0 票投票先 →ブロントさん
ぱるすぃ0 票投票先 →ゆっくり妖夢
独奏者0 票投票先 →ブロントさん
ゆっくり妖夢2 票投票先 →ブロントさん
夕立0 票投票先 →ブロントさん
ブロントさん6 票投票先 →ゆっくり妖夢
ブロントさん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夕立 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ブロントさんさんの遺言 俺はソルを使い手なんだが残念ながらオーラが炎となって見えているらしく
狼どもにはバレバレなアワレな狐だったというあるさま。
告発したやつと一緒にシヌでFA! 銃殺だったら知らん。
夕立さんの遺言 占いCO!
希月心音○>ケイアス○●>>>>>>>>>

【1日目】 占い:希月心音
初日占いに特に理由なんてないっぽい!
私も彼女もリボン愛好家だよね。
そーゆー繋がりで占ってみたっぽい!

【2日目】 占い:ケイアス
ケイアス 「3吊りで人外コピーだと呪殺起きないと死ぬというか終わる
ブロントさん紅狼と断定ができないから問題なのだけどぬー」
ここで「紅狼と」断言が出来ないって辺りで紅狐を外して考えてるのはどうなの?
そーゆー意味では視点漏れした狐目っぽい? 占っておくっぽい!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
希月心音 「"キヅキココネ"…は大丈夫です!!
共有者の声が6回…これは…!」
ぱるすぃ 「おはよう
ぶっちゃけ今日来たのに驚愕してるわ、絶対終ったと思った
というか共有、あんたね」
ゆっくり妖夢 「共有なんで潜ったんですかね...?」
独奏者 「あっ……。(察し)」
ケイアス 「おはよう
とりあえず朝が来たことを喜ぼう(迫真)

人外コピーがほぼ確定(村コピーなら出ていいよ)
ゆっくり妖夢を占っていいことあるかと考えると ●か○かは見る必要あるかな
狐1で告発はあまり考えない(対立して目立つと死ぬ)
●だった場合が問題で、その場合ブロントさん狐がほぼ確定

あと共有いたね?」
ぱるすぃ 「でさー、昨日ブロントさん吊ってから今日どうするの」
オドロキ君 「俺は!大丈夫!です!
というか共有ェ!」
希月心音 「では…初日コピーの求道者CO!共有者になりました!
"キヅキココネ"6文字6回囁きました!」
独奏者 「希月共有はないだろうから灰もう1個減るやろ。(ハナホジ)」
希月心音 「FO!」
ゆっくり妖夢 「んで占いが出ない っていうか多分今死んだ ()」
独奏者 「ウッソだろお前wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ぱるすぃ 「村人」
ゆっくり妖夢 「人形系」
ケイアス 「ああそれ言い間違えた>"「紅狼」と断定ができない"」
ぱるすぃ 「あっそう>初日コピー共有者」
ゆっくり妖夢 「この配役で初日コピーとかすごい勇気だと思った(小並感)」
オドロキ君 「俺は!後鬼!です!
まだ誰も攫ってません!」
ケイアス 「この混沌の法典<ケイアスコード>の下に【村人表記】を宣言しよう」
独奏者 「おっす夜叉です。^^」
ゆっくり妖夢 「具体的にCOした方がいい?」
オドロキ君 「死刑!>独奏者」
ぱるすぃ 「鬼ローラーしてる暇もねー」
独奏者 「悔い改めて?>オドロキ君」
ケイアス 「未亡人幻視者は否定する
そして共有了解 マニアは村に付いたようで何より」
ぱるすぃ 「相互攫いさせるなら今日狼吊るしかないけど、他から」
オドロキ君 「初日の発言を見てくれよ心音ちゃん!
僕は狐を抹殺するために動いていた!!!」
ゆっくり妖夢 「っていうかぱるすぃがブロントについた鵺だと思ってたゾ...(ガバ推理)」
オドロキ君 「つきつける>

◇オドロキ君 「俺は!容赦!しません!
狐殺すべし!慈悲はない!!!」

◇オドロキ君 「ここは狐を抹殺するべきさ!>心音ちゃん」」
ぱるすぃ 「うん、どっちも狼攫えるし
夜叉が攫えない場合は狐か狂人だが」
独奏者 「狐抹殺したいって狼なのでは?(名推理)」
オドロキ君 「くらえ!!!!>独奏者」
ゆっくり妖夢 「いや驚きは紅狐COに対して僕吊り提案してなかったっけ」
独奏者 「それは違うよ!(反論)>オドロキ君」
希月心音 「独奏者吊り!
オドロキは灰から適当に浚ってちょうだい!」
ケイアス 「ってことは紅狼or狐が昨日で死亡、マニアが共有なら
どっちにせー残り2匹残ってるし、内1匹はその鬼のどっちかか」
ゆっくり妖夢 「かといって狼っぽいかといわれてもそうでもないが」
オドロキ君 「ぐはぁ!別作品のネタで反論されたぁ!」
ぱるすぃ 「鵺なら占いCOしてブロントさん占う主張して噛まれるわ>妖夢」
独奏者 「もうさっき済ましたけど。(小声)」
ケイアス 「あれ後ろ鬼って囁き持ってる奴抹殺鬼?」
ケイアス 「後鬼」
独奏者 「ちな、ぱるすぃ攫ったけど浚えなかったからぱるすぃ狼はないんじゃね。(ハナホジ)」
ぱるすぃ 「まぁグレーから狼狙うのとどっちかって話か」
希月心音 「灰っていうか、ぱるすぃ浚って! >オドロキ

今日は独奏者吊り!」
ゆっくり妖夢 「なるほど>ぱるすぃ」
オドロキ君 「僕は妖狐さえ殺せればそれで満足するんです!!!」
ぱるすぃ 「キツネ抹殺鬼>ケイアス」
独奏者 「2Wいないことを祈って、どうぞ。」
希月心音 「狐全滅 >後鬼」
希月心音 「べつに鬼の種類は信用してないけど」
ぱるすぃ 「昨日のあれで私を狼と見るとかマジで言ってんのか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
ケイアス0 票投票先 →独奏者
オドロキ君1 票投票先 →独奏者
希月心音0 票投票先 →独奏者
ぱるすぃ0 票投票先 →独奏者
独奏者5 票投票先 →オドロキ君
ゆっくり妖夢0 票投票先 →独奏者
独奏者 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ケイアス 「共有噛みでゆっくり妖夢と勝負」
ケイアス 「なお素で言い間違えた模様>断定ができない云々」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
希月心音 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
独奏者さんの遺言 >あなたは夜叉です。
希月心音さんの遺言 求道者COです…
初日コピーの結果、共有者でした!!(ズバァァァン
"キヅキココネ"の6文字で6回囁きました!

後は野となれ山となれ
独奏者━ぱるすぃ━オドロキ━ブロントさんで4人外だと思ってる
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ぱるすぃ 「おはよう
よく考えたけどこれ鬼噛むんじゃないの>心音は亡霊あり得るから
噛めなくても私攫いなら吊り増えないし
私生きてるなら鬼死んじゃったみたいだけど」
オドロキ君 「…なっ!?これは!!!」
ぱるすぃ 「おい、オドロキ」
ゆっくり妖夢 「うん、まあそこ噛むわな」
ケイアス 「朝が来た=2W否定
多分共有死んでるし2死体でぱるすぃが死んでるならオドロキまで鬼確定、ゆっくり妖夢が視点狼
死んでないなら独裁者鬼のオドロキ人外 最悪が1W1F残り」
オドロキ君 「ケイアスさん!僕は貴女を告発します!!!」
ゆっくり妖夢 「んで後鬼ってなんでもさらえるはずだけど?」
ぱるすぃ 「いや、鬼噛むよ?オドロキが狼じゃないなら>妖夢」
オドロキ君 「後鬼撤回!阿修羅COです!!」
オドロキ君
┌───────────────
│[証拠品]>阿修羅
│- - - - - - - - - - - - - 
│[1日目]
│- - - - - - - - - - - - - 
│[つきつける]>____
│- - - - - - - - - - - - -
│ 
│- - - - - - - - - - - - - 
│[2日目] 
│- - - - - - - - - - - - - 
│[つきつける]>妖夢
│- - - - - - - - - - - - -
│[証拠品]>妖夢の陣営 を入手しました!
│ 
│- - - - - - - - - - - - - 
│[3日目] 
│- - - - - - - - - - - - - 
│[つきつける]>阿修羅>パルスィ
│- - - - - - - - - - - - -
└───────────────」
ぱるすぃ 「でさー、オドロキが騙りなら独奏者真で私攫われてるらしいから非狼なんで」
ゆっくり妖夢 「確率で耐えられるんじゃなかったっけ」
ケイアス 「後鬼は無差別だったから浚えない時点で云々
でえっと」
ケイアス (♀) が「異議」を申し立てました
ケイアス 「よくわかったね>貴女」
オドロキ君 「[証拠品]>阿修羅
今回の僕の役職だ。
勝利条件は「自分自身の生存 + 生存陣営数が出現陣営の半分以下」。
村人陣営は浚えない。

[証拠品]>妖夢の陣営
どうやら彼女(?)は村人陣営のようだ。
阿修羅での浚いに失敗したことから裏付けが取れる。」
ぱるすぃ 「あぁ、それならケイアス吊りでいいんじゃない」
オドロキ君 「えっ?ケイアスさんって女性じゃないんですか?!?」
ゆっくり妖夢 「せやね>ぱるすぃ
ちなみに僕は消えてないって断言したのが非狼アピな」
ゆっくり妖夢 「狼なら消えるかもしれないのに断言はできない」
ケイアス 「オドロキLWは多分無い
真証明できる可能性がある鬼に喧嘩を売るとは思えない故」
ぱるすぃ 「確率で耐えても私攫い入るなら吊り増えない以上は鬼噛むわ
だってそうすれば亡霊ケアしつつ吊り候補増やせる>妖夢」
ぱるすぃ 「夜に考えたけど、マニアが狼視点見えてないのに即座にいえるのは確かにそうなんだよね>妖夢」
ゆっくり妖夢 「ああなるほど 後鬼ならぱるすぃが死ぬのね」
オドロキ君 「そして!僕は今回の浚いで[証拠品]>パルスィの陣営を手に入れました!
これらのロジック的観念から!狼はケイアスさん!貴女しかいません!」
ケイアス 「めんどくさいこと言うね…鬼系が本当だとしても人外付きか」
オドロキ君 「では裁判長!判決を!!」
ゆっくり妖夢 「んでオドロキを信じるならケイアス狼。 独奏者、ブロント人外」
ぱるすぃ 「ていうか鬼は種類騙りあるからやっぱり噛むほうがベターっぽくはある」
ぱるすぃ 「オドロキ君が人外鬼でもケイアスが狼じゃないって確証持てないじゃろ…」
ケイアス 「特攻目的などを含んで別に言うんじゃない>消えてない発言
ぱるすぃが○ある以上ゆっくり妖夢LWと見る
ブロントさんは紅狐確定でいい ありゃ神話来てないし、飽和回避云々のスピードじゃない」
ゆっくり妖夢 「オドロキが阿修羅ではない人外鬼だったら話はややこしくなるけど
オドロキ偽の場合独奏者によるとぱるすぃは狼じゃない(ただし独奏者がそうでない可能性あり)」
ぱるすぃ 「まぁ遺言に書いた通りケイアス狼でいくわ」
オドロキ君 「…誰も言わないので自分で言います!死刑!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
ケイアス3 票投票先 →オドロキ君
オドロキ君1 票投票先 →ケイアス
ぱるすぃ0 票投票先 →ケイアス
ゆっくり妖夢0 票投票先 →ケイアス
ケイアス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/03/12 (Sat) 02:30:47
ブロントさん 「弁護人が死刑ってどういう状況かね」
独奏者 「お疲れ様。」
夕立 「お疲れ様っぽい!」
希月心音 「お疲れ様です!
これにて、閉廷!」
ケイアス 「お疲れ様」
ぱるすぃ 「お疲れ様ー」
オドロキ君 「ヒャッハー!鬼の帯は初めて見たきがします!!」
独奏者 「普通に負けた、すまぬすまぬ。」
ゆっくり妖夢 「やったぜ。
よく考えたらぱるすぃ信じるなら村枠埋まってるから考える必要なかったわ()」
ブロントさん 「もう少しぐだった展開が見たかったがつまらん結果だ。おつかれ」
ぱるすぃ 「素村かよ!」
希月心音 「求道者として最善の位置をコピーできたっぽい!?」
ぱるすぃ 「そうなんね>妖夢」
夕立 「久々に占いで一発で噛みぬかれたっぽい……まぁ勝ったからいいけどね。」
夕立 「……!?
口調盗まれたっぽい!?>心音」
希月心音 「ハッ!?そんなつもりは! >夕立」
ケイアス 「種類騙りを失念した挙句その種類がなあ…」
ぱるすぃ 「じゃあお疲れ様ー
阿修羅勝ちって結構レア?」
オドロキ君 「そうだね!心音ちゃん!
独奏者を指定してくれてありがとう!」
ゆっくり妖夢 「求道の最良のコピー位置は狼でしょ。告発のおかげで速攻で片がつく」
独奏者 「じゃ、お休みござる。」
ぱるすぃ 「種類騙り考慮しなくてもオドロキ君噛みで良かった気はする」
夕立 「阿修羅は基本的に人外の目の敵にされるし珍しいと思うっぽい>ぱるすぃ」
夕立 「正直、これでオドロキ君が噛みぬかれてたらぱるすぃが吊れて終わってた気がするっぽい
3割で耐えてたら話は別だけど」
ゆっくり妖夢 「人形の帯も珍しいなあ」
ケイアス 「あとケイアス(UNDER NIGHT IN-BIRTH)は男やで…
……公式で半裸の変態男(原文ママ)の女房とか言われてるけど…」
ゆっくり妖夢 「まあぱるすぃは狼じゃないとは思ってたけどね」
希月心音 「それもそうだった! >紅狐即吊」
夕立 「後レアなのって言ったら逃亡と決闘系位っぽい?
まぁ私も数回しか見たことないっぽい」
夕立 「あ、そうなの!?
女キャラだと思ってたっぽい!>ケイアス」
夕立 「それじゃ、お疲れ様!
ぐっすり休むっぽい!」
ケイアス 「せやなー>鬼噛みでいい
その辺視野が狭かった感 占いの結果間違えるし」
ゆっくり妖夢 「それじゃあ村立て同村オッツオッツ」
希月心音 「それでは弁護完了です!
お疲れ様でした!」
オドロキ君 「そうか!!男だったのか!!
…クッ!男の人に結婚を申し込んでしまった!!」
オドロキ君 「よし!しょうがないからパルスィさんと結婚しよう!!!」
ケイアス 「そういう事情だったのかwwww>プロローグの
ええいハイドでも女だと思われるしなんだ、僕のRP力が貧弱だからなのか!クソァ!」
夕立 「……しょうがないからってこの上なく不純な動機の印象っぽい」
ケイアス 「しょうがないからで結婚を申し込まれるぱるすぃさんの心情やいかに」
オドロキ君 「生存者が3人!一人は饅頭!
パルスィさんしか人型をしている女性がいないじゃないか!!!」
希月心音 「異議あり!
オドロキ先輩には森澄さんがいるでしょう!!」
オドロキ君 「あぁー、パルスィさんに妬ましい妬ましいって耳元で囁かれたいなー」
ブロントさん 「ゴルドーかワレンシュタインでいけばいいじゃん」
オドロキ君 「あぁー、パルスィさんに「その優しさが妬ましい」だとかなんとか言われたいなー」
オドロキ君 「僕のプロフを見てください!そういうことです!>心音ちゃん」
ケイアス 「>で、誘導先が妖夢なら100%負けっす。
オドロキ妖夢の3人最終日が頭にこびりついてたンゴ…」
希月心音 「なん…ですと…!? >オドロキ先輩」
ケイアス 「どっちにせえ負けてるけど

たまにやるよ>ゴルドーかワレンじいちゃん」
オドロキ君 「そう!僕はオドロキ君の原作を知らないんだ!!
このRPは「雛苺鯖のオドロキ君のRP」のRPだからね!!」
独奏者 「あれやで、状況作って負けてる奴に問題があるから多少はね。(震え声)」
独奏者 「許せサスケェ……また今度だ。(寝言)」
オドロキ君 「ではこれにて閉廷です!お疲れ様でした!」
ケイアス 「君仲間だろう!傷口に塩ダンクシュートするのやめて!まぁ僕が悪いでFAだけど!(震え声)

…コホン 報告も完了、同村村建て感謝 またしばし来れないかねー」
独奏者 「←状況作った奴。」
独奏者 「……お許しください!
何かダチョウ倶楽部やってる気分だゾ、おかしいゾ。」
独奏者 「アバーッ!(爆散)」