←戻る
【雛4047】やる夫達の超妖精闇鍋村 [4723番地]
~妖精VS妖精を狩るもの~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeR:妖精村)[R]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 狐面GM
(生存中)
icon 森の妖精
(生存中)
icon 鳴上悠
(生存中)
icon カナヅチ妖精
(生存中)
icon パパラッチ天狗
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
icon かなづち大明神
(生存中)
icon 探偵妖精
(生存中)
icon 鬼人正邪
(生存中)
icon 究極妖精
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon 現人神
(生存中)
icon キョン
(生存中)
icon サマナー
(生存中)
村作成:2016/03/13 (Sun) 14:49:20
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 狐面GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3400 (西東天)」
狐面GM 「開始時間は15分だ、入村していいぞ」
妖精どこ行った? が幻想入りしました
狐面GM 「おっと、OPつけるの忘れてたな」
妖精どこ行った? 「妖精村(妖精が出るとは限らない)」
狐面GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
仮妖精 が幻想入りしました
カナヅチ妖精 が幻想入りしました
カナヅチ妖精 「よろしく」
カナヅチ妖精 「この村は温泉イベントあるんでしょうかね・・・ごくっ」
妖精どこ行った? 「妖精どこ行った? さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:妖精どこ行った? → 森の妖精
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5266 (ビリー・ヘリントン)」
パパラッチ天狗 が幻想入りしました
パパラッチ天狗 「ドーモ
山の神々の使者、パパラッチ天狗見参!」
初音ミク が幻想入りしました
初音ミク 「やっほー。こんにちは」
パパラッチ天狗 「このサブタイをどう読むかで年齢層がワカル、ワカル」
狐面GM 「サブタイは妖精村ということで適当につけただけだな」
かなづち大明神 が幻想入りしました
かなづち大明神 「ふっふっふ、よろしくおねがいしますよぉ」
パパラッチ天狗 「ドーモ、ミク=サン
とある魔術に出演するって本当ですか?」
かなづち大明神 「さぁてと、いっちょがんばりましょうかねぇ」
カナヅチ妖精 「これで万全ですね」
探偵妖精 が幻想入りしました
探偵妖精 「なんでも解決しますよ、なんでも、ね。」
初音ミク 「何それ初耳なんだけど>パパラッチ」
かなづち大明神 「さぁ、水着イベントはまだでしょうか!?」
パパラッチ天狗 「河童の仲間かな?>カナヅチ」
探偵妖精 「ところで射命丸さん、あなた事件があった日、新聞のために取材へ行っていたと、おっしゃっていますが、それは朝刊ですかね?」
狐面GM 「この村には妖精と人狼関連のイベントしかねえよ」
初音ミク 「というか私が出るならどっちかといえば科学側でしょ」
パパラッチ天狗 「いえまだ推測の域を出ないから本人にインタビュー(フジキド式ではない)をした訳で>ミク=サン」
パパラッチ天狗 「いえ、個人誌なものですから>探偵妖精
まさか私を疑っているんですか!?」
初音ミク 「ところで人数少なくても妖精固定入れるの?>GM」
探偵妖精 「おや、これは失敬。
では、射命丸さん、あなたは朝も夕方も新聞は読まれておりますか?」
パパラッチ天狗 「どうもとある~とバーチャロンがコラボするらしくて
で、フェイ-イェンというツインテールの少女型機体がいまして」
鬼人正邪 が幻想入りしました
鬼人正邪 「よう。」
狐面GM 「あんまり少なかったら外すかもな、15人ぐらいくればそのままだろうだが」
パパラッチ天狗 「読んではいます……天狗はゴシップ好きですから
まさかアリバイですか?」
かなづち大明神 「ふぅむ、天狗に水着を着てもらうのもいいものですが、そこな天邪鬼にも水着は似合いそうですなぁ」
初音ミク 「確かにスパロボでコラボ仕様のが出たけど私直接は関係ねーよ!>パパラッチ」
かなづち大明神 「あぁ、ビバセクシーイベンツ!」
パパラッチ天狗 「このフェイ-イェンのオリジナル機体には皆が忘れてる様なある特殊性がありまして……」
探偵妖精 「水着を着てもらうとしたらやはり、海ですか?プールですか?>ひらがな大明神さん」
探偵妖精 「射命丸さん>朝刊も夕方も読む、ですか。
では事件があった日の記事を少しでも覚えていらっしゃいますか?」
初音ミク 「幻想郷に海はない」
かなづち大明神 「そりゃあもう……あなたに聞かれたら
【波打ち際、風の冷たい崖の上】と答えるしかでしょう?>探偵妖精」
鬼人正邪 「はあ?水着なんて可愛いモノ私に似合うわけねーだろーが。」
パパラッチ天狗 「あややや
まぁあんまり言うとネタバレになるんですが
コラボ仕様の方が出てくる可能性も無くはないという話で>ミク=サン」
かなづち大明神 「ほほぅ、「あんなもの、私に似合うわけないんだからね!」というツンデレですか」
探偵妖精 「ひらがな大明神さん>そういったところで破廉恥な格好をする趣味は私にもありますが、
多少の露出プレイだからといっても、靴だけは履かないといけません。
これだけはどうか覚えておいてください。」
カナヅチ妖精 「妖精を狩るのが女性なら本望ですね」
⑨きょく妖精 が幻想入りしました
初音ミク 「まあ、海がないってことは崖で問い詰める展開でも下は海じゃないわけだが」
⑨きょく妖精 「あたい・・・さんじょー!」
カナヅチ妖精 「ヅッチー・・・じゃないな」
鬼人正邪 「よし決めた。コイツは桜の木の下に埋めてやろう。」
パパラッチ天狗 「ええっと……確か
「窃盗容疑で少女M逮捕」
「下着窃盗容疑で少女S逮捕」
だったような……>探偵妖精さん」
仮妖精 「仮妖精 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮妖精 → 鳴上悠
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4434 (鳴上悠2)」
かなづち大明神 「いえ、待ってください
靴よりも大切なのはニーソでしょう!?>探偵妖精」
鳴上悠 「妖精はそっとしておこう」
かなづち大明神 「ここは、そこな鳴上さんに決めてもらいましょう!!
靴と靴下、どっちが大切か!(唐突なネタ振り)」
森の妖精 「ふむ、パンツレスリング? >パパラッチ天狗」
⑨きょく妖精 「そっとされたっぽい?」
探偵妖精 「射命丸さん>おや、不思議な話ですね。その話が公になったのは夕方頃。
あなたその頃、鳥取にいたとおっしゃられておりますが・・・」
探偵妖精 「鳥取には夕刊が無いんですよ。」
鳴上悠 「そうだな、靴下のほうが俺は好きだ>カナヅチ」
鬼人正邪 「ニーソだろ(ボソッ」
初音ミク 「田舎か!>夕刊がない」
かなづち大明神 「ふっ、勝った……!!」
パパラッチ天狗 「ドーモ、ナルカミ=サン
ナナ股は偽装で本命ナナ子チャン=サンって本当ですか?」
⑨きょく妖精 「ソックスハンターが二人もいた・・・逃げなきゃ」
かなづち大明神 「では、正邪さんにはニーソを履いていただきましょう!」
鳴上悠 「靴だと堅いから痛い」
探偵妖精 「ひらがな大明神さん>ルーズソックスに水着(紺)で黒髪の少女にはタバコを片手にプールサイドに佇んでもらいたいものです。」
鬼人正邪 「誰が履くか!頭にでも被ってろこの変態!。」
鳴上悠 「>そっとしておこう>天狗」
かなづち大明神 「ふむ……いまいち想像がつきませんねぇ……」
かなづち大明神 「おや、そこに丁度黒髪の天狗という少女が居るみたいですな」
大妖精 が幻想入りしました
パパラッチ天狗 「待ってください、私はその時幻想郷にいたんです!
結界があるから鳥取になんて行けません!」
初音ミク 「ツノにニーソ被せておけばいいのかな」
探偵妖精 「正邪さん>もう被っておりますが、これ以上かぶるのは無理です!!」
大妖精 「よろしくお願いしまーす」
かなづち大明神 「さぁそこの天狗さん……ちょっとこの服を着てみましょう」
かなづち大明神 「いえいえ、ただの紺色のスクール水着ですからお気になさらず」
探偵妖精 「スク水に黒羽はとても映えそうです。さぁ、射命丸さん、早く!」
鳴上悠 「待ってくれ、探偵さん
文は別に鳥取に行ったとは証言していないぞ」
大妖精 「よく分からない妖精がたくさんいる」
パパラッチ天狗 「えっ>履く」
⑨きょく妖精 「⑨きょく妖精 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:⑨きょく妖精 → 究極妖精
アイコン:No. 5172 (大沖チルノ2) → No. 3894 (大人チルノ)」
探偵妖精 「鳴上さん>そんな話をする前に服を着てください!」
究極妖精 「(着替え着替え」
現人神 が幻想入りしました
大妖精 「チルノちゃんが成長した!」
鳴上悠 「文は取材に行ったとしか行っていない
どうして探偵さんは文が鳥取に入っていたとわかったんだ?」
現人神 「ミラクルライスシャワー!」
かなづち大明神 「……ふおおおおお!!
これこれ! これですよぉ!!」
初音ミク 「服着てなかったの!? この寒いのに」
鳴上悠 「…ちゃんと服は着てるけど>探偵さん」
究極妖精 「これがのちのダンガンロンパである」
カナヅチ妖精 「普通の水着では羽根の邪魔になってしまいますね
背中が大きく開いた水着を用意しなければ・・・いそいそ」
かなづち大明神 「あぁ、これこそが楽園……妖精王国はここにあったのですね……
予定とは少々違いましたが、まったくもって問題ありませんよ寧ろマーベラスぅ!!」
パパラッチ天狗 「この短時間で成長した!?
まさか人狼を倒せるまでにレベルアップを>ゴチルノン=サン」
狐面GM 「そろそろ時間だが妖精OP外すことになりそうだな」
鳴上悠 「ズサ次第じゃないか?>GM」
大妖精 「パパラッチ天狗さんはザッケンナコラーとか叫びそうな喋り方してますね」
現人神 「体は子供で頭脳は大人な名探偵さんも鳥取県によく行きますよね」
究極妖精 「OPがなくても妖精をひく運命力があたいのこの辺に溜まってるわ」
鬼人正邪 「そこまでして妖精を狩りたいのかこの変態は……」
狐面GM 「ズサ期待して妖精OPつけたままでもいいがどうする?」
森の妖精 「どちらでも」
初音ミク 「ズサ来るか来ないかでOP変えるのはちょっと」
鳴上悠 「ようだな、久々に妖精鍋をやりたい>GM」
現人神 「YO SAY!
キミは妖精にARE'NT YOU MOSAKU!」
探偵妖精 「人数的に確定人外枠揃うのはちょっとなぁという。」
パパラッチ天狗 「知り合いの刑事がいるから仕方ないですね>現人神=サン」
狐面GM 「せっかくだしこのままでいくか」
鬼人正邪 「だから気に入った」
現人神 「正直みんな妖精に期待してるのでは」
森の妖精 「ふむ、まあならカウントはゆっくり行くか」
かなづち大明神 「まぁ私はお任せしますよ
といっても、12居るなら最低限くらいにはなるでしょうと思いますし続行でいいのでは?
たまには、ですね」
初音ミク 「初日草まみれになってそう」
究極妖精 「よーせーたちがむねをしげきするーってコーラを振るでもよし」
大妖精 「それじゃチルノちゃん(仮)、がんばろうね!」
森の妖精 「カウントダウン」
森の妖精 「10」
カナヅチ妖精 「妖精村で言いと思いますよ
半数が妖精?ですし」
森の妖精 「9」
鳴上悠 「ズサが来てくれれば良いかな、最近はズサが多いし」
キョン が幻想入りしました
初音ミク 「胸を刺激(意味深)」
かなづち大明神 「胸を刺激……なるほど」
森の妖精 「8」
キョン 「よろしくな、と。
固定枠は予め何分までに何人ならって決めといた方が良いぞ」
鳴上悠 「?」
現人神 「大きな人が多いなか小さな人もいるんですね」
森の妖精 「7」
パパラッチ天狗 「胸を刺激(フジキド式)」
鬼人正邪 「うっせえよ……」
森の妖精 「雄っぱいを刺激?
6」
かなづち大明神 「胸を刺激すれば大きくなる、と聞いたことはありますね
ですがわたしが興味あるのは大きい方のみですからねぇ」
森の妖精 「5」
鳴上悠 「胸は、小さいほうが…好きだ」
初音ミク 「胸囲だけで言えば多分森の妖精が一番だよね」
森の妖精 「4」
サマナー が幻想入りしました
現人神 「ロリコンはまだいいのですがペドはダメですよ」
サマナー 「よろしく」
森の妖精 「3」
カナヅチ妖精 「悪戯する相手が多くてわくわくしますね」
森の妖精 「2」
パパラッチ天狗 「やはり鳴上=サンの本命はナナコチャン=サン」
鳴上悠 「2人だけか・・・少し意外だな」
かなづち大明神 「こう、ピクシーとか呼び出してきそうですねぇ
ほら、メギドラオンとか使いこなすピクシー……あれ、それは前作でしたっけ」
森の妖精 「1」
鳴上悠 「>そっとしておいてくれ」
鳴上悠 「鳴上悠 さんが登録情報を変更しました。」
森の妖精 「開始」
ゲーム開始:2016/03/13 (Sun) 15:21:11
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆狐面GM いらっしゃい、ゆっくり楽しんでいくといい、GMはセグフィアだ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狐面GM は無残な負け犬の姿で発見されました
現人神 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
狐面GMさんの遺言
     ///////////////////////////,∧
.     l////////////////////////ィl゙//∧
    l///////////!lV////// //,,;;;;; !///∧
    l//////////! |!∨//'l///,,;;;;;;;;;; .!////l
.     !/// 、/////!-L_l'/_ l/ /-‐''"" `'</」____
      l//!rヽV/,! ヾ   l! /.::::::::..;;;;;;;;;;;;'    \,;;;;;;;;;;;;;;;/
.     V,l ! l::.V,lヽt;;;;ァヽ./::::::::::::::::.;;;;;;;'       ヽ;;;;;;;;/   面白おかしくいたずらで村を盛り上げるんだな
.      V,、 ::;.ヾ ` ̄´ .,' ::::ヽ::::::::::;;;;;;;,        ,;;;/    まっいたずらのせいで死ぬかもしれないがな
.      Vヘ ヽ      ,  ::::::\:::;;;;;;;;;,     ,;;;;;l
      }//!       i \    ::ヽ';;;;;;;;;,,,,,,,,;;;;;;;;;;;l
      リヽ'!  、   ! ゝ、`ヽ   } ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ノ
        _'!   .   l  \  ヽ l ;;;;;;;;;:;:'''" /
.     /r/.l .l  \ !     ヽ }   .;;;;;;'  ./
    /   l  ! .l   ',    、  } ;;;;; /
,. -‐   !  .l  !  l     、     }!  ! ;;;;;.,'
   .l l    l    l   ヽ   {l、 ` ';ll;{ _
   l  !    !    l     \  ゙ゝ-_、 ` '  \
  ! |  l    .l     !    .ノ >‐ '"⌒ヽ、.〉   ヽ
 .| l  .!    .l          /´    _,ィゝ ヽ      \
 .l !  .!    l  ̄  ー 、/  ´,.   ̄  ‐ 、    }    ー  _
 .l.l  !    .l      /    ` ‐- _ ノ    ;          ヽ
  !!   l    .l     / /     `  、 }    /         、
  l   l      .l    /       - ._  〉     ,'          / ヽ
     l     ! /        ノ ー'                , ´
現人神さんの遺言                       __,,...,,__  ,o_
              _ _,,.. ‐ '''"´ ̄ `'ヽ- (ー、 `o、
           ,. '"´ `ヽ.            ' 、`ー_ン
           ノ      ノ             ',´ ヽ.
          ;'     !     !     .! ',   ';.   !    ',
          !      ';    ,!.    ;' 、_!__ /!   ! ';.  i
          !  ヽ.  .!_,,.ィ./ !   /!__/!_/`_!  /   !  !
           i   ', ´! _」_└'"´ ,.-‐-=、 !/  ;'   !    初日呪殺?
           人   !V! '´         ,.,. !____」/  ,'
      .  ;'  `ゝ、!ヘ!'"     '      ,.‐ァ'--ァ'  /
         !      !、     i7 ̄`)   ,i'"´ヽ、_)  (     いいえ天人です
      .  ';     ハ >,、.,     , イヽ、  / 人 )
           'ヽ、  .ノ ノ/  ,`"Tァ''´,/`ヽ、_,ン イ   )
           ノ ) ( ( ,. -ァ'「 |´ !、,ノト、.,  i`"7ヽ,.、
         ,.'  ;'  ) / !:.:i'´!. !。 / | ノ!、___`ヽ, /`/:./ヽ.
         i   '、   /  |:.:| ;' レ':.:.:.'( `ヽ、`ヽノ ;':.:;'  ':,
     .   ',   rソ ,.-'ァ-、  /:.:.:.:ノ `ヽ. `ヾ.y':.:/   i
          )ヘ/.//:./ 、 ヽ;'.:.:;.'    )   ノ:./   ./.!
           ;.' ./ ;':./   ,ンノ:.:i   _,.イ  `'く!/   ,' 〈
          /  '   |:.|ー-‐'i:.|:.:.:.:レ'7´/ '、 ・__ノ!   /  `ヽ、
        ;'      |:.|::::::::::|:.!:.:.:.:./:.:/    ̄  |  /  ,.-‐─-、ヽ.
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
森の妖精 「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
ま、妖精村の割には陣営はマシなほうか」
鳴上悠 「おはよう
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
妖精はそっとしておきたい
吊り数は6だし、1つ余裕がある
共有がいないのは残念だけど、そのあたりは、初日のCOに期待しよう」
かなづち大明神 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
おはようございます。良い朝ですねぇ。サービスショットとか取れそうです
6吊り5人外+妖精と、余裕がある様な無いような感じでしょうか
夢狩人が仕事しても吊りが減りますからね
共有はいないようでしたが、さてCOはありますかね?」
探偵妖精 「7釣り6人外、ですかね。
妖精吊りしても釣り余裕があるという感じ自体にはなりましたので、
そこまで厳しい村というわけでもなさそうです。」
鬼人正邪 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
ああ有情だなぁ。
3w1k1fで6吊りならな。まぁ狂狼は変動するが。
大体共有が居ないのがどうするかと言われれば。
グレランで人外に投票しようねという感じにしかならねーし」
キョン 「おはよう。
6吊り6人外、か。
3W想定でどれだけ噛ませられるかかね」
大妖精 「おはようございまーす」
究極妖精 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
妖精OPがあるから蝙蝠陣営としてのは実質妖精陣営、後は夢系の何かが初日でないなら居ると
共有の気配もしないし真証明できる妖精ならいっそ指揮を投げてみるのもありかしら」
カナヅチ妖精 「おはよう

こんなに妖精多いのに蝙蝠陣営1ってどういうことですか!」
サマナー 「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1

なにやら面妖な気配を感じてこの村に来たのだが…
どうやら妖精などといういかがわしい存在がたむろしているようだな。」
初音ミク 「6吊りの妖精込みで6人外
初日が村役職持っていくだろうことを考えると微妙オブザ微妙」
キョン 「うむ、天人だな」
森の妖精 「5日目待ち以上 >天人遺言
まあ少人数的に5日目前に帰還あるかもしれんが」
鬼人正邪 「イエスキリストも死んで復活したから多少はな?」
かなづち大明神 「っと、天人が居りますねぇ
そこは放置しつつ進めればいいでしょうな」
探偵妖精 「おそらく真、といったところでしょうかね。」
パパラッチ天狗 「ではCOあればどうぞ」
鳴上悠 「自覚できる妖精は現状、無しみたいだな」
大妖精 「なんとなくさっきの村に似た内訳ですね(フラグ)
遺言は天人ですか」
サマナー 「蝙蝠は妖精で確定しているとして何妖精かどうかだな。
それと天人遺言か、共有がいないのであればありがたい」
初音ミク 「天人なぁ。狐だとむしろ狼ゲーになりかねんのでというあれでそれ」
カナヅチ妖精 「天人でしょうかね?
女性がまた一人減ってしまった」
究極妖精 「恋人陣営なくても天人っぽいのは助かるとしての、と」
かなづち大明神 「ふぅむ、ぱっと見妖精の悪戯っぽいものはみえませんな」
キョン 「人口半分帰還もあるのかね、これ。
えーと、7人段階か」
探偵妖精 「森の妖精さん>2回村釣り、狼3狐生存で5日めよりも早い帰還になりますね。
想像したくはありませんが。」
森の妖精 「他にCO無いならグレランしかないね 仕方ないね」
究極妖精 「アイコンいたずらもなし、わかりやすい妖精ではないわねどうやら」
パパラッチ天狗 「あややや
まぁ戻るかどうかですね天人は」
カナヅチ妖精 「12>10>8>6

2死体が出たら4昼ですね」
サマナー 「せっかくの妖精村なのだから妖精は残しておいてやれ>ミク
とはいえPP要員にもなるのでわからんでもないが」
キョン 「吊り噛み以外に死体が1増えると4日目帰還するか」
初音ミク 「いやまあGMに悪戯してヘイト買うのは妖精としても遠慮したいだろうし。初日妖精もあるけど」
探偵妖精 「究極さん>そもそも恋人いません。」
鳴上悠 「天人は信用してもいいだろう
狐でも、狐陣営は1だから仙狐蘇生もない」
森の妖精 「この人数的に最大3wのはずだからLWになって帰還も無くはないぞ
>探偵妖精」
大妖精 「7人で帰還となると5日目云々はなさそうですね
死体無しが出まくっても私は一向にかまわんッッ!!ですが」
鬼人正邪 「気まぐれでもねー限り露出しない妖精って鏡妖精くらいだとしてクッソ面倒そう。っていう。」
パパラッチ天狗 「妖精や蝙蝠は初日ありえますからね」
究極妖精 「初日妖精だったら食べた狼を腹パンしたらいいと思う(ちるのなみのかんそう」
キョン 「だから早期帰還しても人外勝利直前云云は関係無いってことだな」
初音ミク 「人外だから人外数には入れるよ
実際吊るかはさておき>サマナー」
かなづち大明神 「であればたとえば草などの様な系列が初日犠牲者に行使しなかったような形を想定すればいいでしょうな
或いは鏡ですが、それは現状考えても仕方ありませんね」
森の妖精 「投票画面に注意すればいいだけさ >鏡妖精の悪戯
ラン投票事態は防げなくてもね」
探偵妖精 「ミクさん>妖精村で初日いたずらしない妖精いるんですかね。
もし噛みトリガー妖精なら即効でしていると思います。」
サマナー 「初日妖精もあるかもしれんが、ひとまずわからない以上は放置だな。
明日以降になって仕事しだす妖精かもしれないし」
カナヅチ妖精 「何にせよ、帰ってくる条件は整理しておくといいでしょうね
天人だった場合に天人帰還って状況から
現在の村の状況が分かる可能性もありますから」
大妖精 「初日人外だと思えばけして悪いことじゃないと思う
村のコンセプトを崩壊させやがってとかそういうのはあるにしてもね……>究極妖精」
鳴上悠 「悪戯が発覚しない妖精、鏡妖精とかその辺りだったな
他にも、草妖精あたりがヘイトを恐れて初日に悪戯をしていないか」
かなづち大明神 「なんにせよ、グレランをする、以上のことはございませんね
特にCOも有るわけではありませんし」
キョン 「妖精枠に関しては噛み誘発型じゃない可能性もあるから何とも」
初音ミク 「それは知らん>探偵妖精
妖精によるとしか言えない」
サマナー 「もしくは夢狩人が狩り殺してくれるほうを期待か>ミク
とはいえこの陣営数で夢狩人がいるのも嫌だが」
鬼人正邪 「投票先固定になるのがくっそめんどいという話だけど。
ラン投票自体は指定役が居ない時点でと言い出したあたりで天神に気づく。」
探偵妖精 「ミクさん>あくまで私の感覚、の話なんであまりお気になさらずに。」
キョン 「覚えておくべきことは固定枠が1/3で自覚出来ないってことだけで良いと思うぞ」
究極妖精 「妖精は村カウントだし噛まれるなら狂人系のほうがお得でしょ、そこまで願うのは贅沢だけど」
カナヅチ妖精 「・・・初日が妖精っていうオチはないですよね?」
大妖精 「対妖精役職1固定か
できれば獏以外のやつでお願いします
私は嘘喰い好きですけど」
初音ミク 「何Wいるかはさておき
とりあえず狼狙い、次点で狂人。まー狂妖精は噛んでくれたほうがありがたいけど」
鳴上悠 「初日は、グレランしかすることはないと思うが…
天人の戻ってくる条件は、忘れられがちだけど人口半分もある」
サマナー 「あまり固定枠について話してもな…実際村目線ではわからないのだから」
鬼人正邪 「それは知らんがその発言は命取りだと思った。」
キョン 「あとの2つに関しても獏はCOする訳がないしな」
森の妖精 「ま、どうあろうとどの道俺達にできるのは
グレランしかないわけで」
探偵妖精 「サマナー>夢狩人か夢毒がいなければ、獏がいるはずなので、いてくれるに越したことはありません。」
大妖精 「私は目標を高く持つことにします>初音ミク」
キョン 「初日が妖精なら有り難いじゃないか>カナヅチ妖精」
森の妖精 「役職に関しては後は明日以降の流れを期待するしか無いってな」
パパラッチ天狗 「まぁ噛まれ死もあるのが蝙蝠・妖精ですから
気にしすぎても仕方ないのかなと」
サマナー 「そっちも確定枠のほうだったか>探偵妖精
どっちにしても妖精の内心は穏やかではないな」
かなづち大明神 「妖精村は夢狩か夢毒か獏が確定出現ですな
まぁそこに関してはそれっぽい死体が出てから考察するくらいでもいいのでは?
一応毒に関しては飛ばない可能性が大きいと考えておくくらいで」
初音ミク 「獏はむしろ妖精食い殺し狙わんでしょ
飽和近づくしPP要員殺すメリットが獏にない」
鳴上悠 「初日が妖精でも、それはそれで村枠が一つ増えるから良いと思うぞ>かなづち妖精」
カナヅチ妖精 「夢狩人騙りする獏は見たことありますよ?」
大妖精 「毒狼吊って狐に当てるか蟲狐か管狐吊って狼に当てることを目指します!」
探偵妖精 「サマナー>固定枠関連は本人除けば狼からもわからないでしょうね。
狼3が最大なので、狼側から麦芽いるだろうぐらいは思っているでしょうが。」
初音ミク 「だから狂人枠獏ならまだ楽っちゃ楽」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
森の妖精2 票投票先 →カナヅチ妖精
鳴上悠0 票投票先 →初音ミク
カナヅチ妖精3 票投票先 →キョン
パパラッチ天狗2 票投票先 →森の妖精
初音ミク1 票投票先 →究極妖精
かなづち大明神0 票投票先 →サマナー
探偵妖精0 票投票先 →パパラッチ天狗
鬼人正邪0 票投票先 →カナヅチ妖精
究極妖精1 票投票先 →キョン
大妖精0 票投票先 →森の妖精
キョン2 票投票先 →カナヅチ妖精
サマナー1 票投票先 →パパラッチ天狗
カナヅチ妖精 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
現人神 は生き返りました
究極妖精 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
究極妖精さんの遺言 出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1

       __i.\_/!_
      ゝ, "´⌒`ヽ
       ノ.ノノノハノ〉〉
  ∬ |\ルリ! ゚ ヮ゚ノ! ∬ ∬ 村人表記…たべてもいいのよ?
  (ニニニニニ∪ニニニニニニニニニ)
   ',;;;;;;;;;;;;;;======;;;;;;;;;;;;;;;,'
   ',;;;;;;,r´饂 |氷 `lヽ;;;;;;;,'
    ',;;;lト| 飩 |精 ̄l ',;;;;,'
    ゝニニニニニニノ
  〔二二二二二二二二二〕

何かあったら追記する@1よる
幻視でも未亡人でもない@2ひる
2票持ちとかの異常はなし、聖女執行者がやれるかはしらん@2よる
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
鬼人正邪 「天人帰って来るんじゃないか?くらいの感想。」
キョン 「おはようさん。
初日妖精を望んでいない態度が気になったかね>カナヅチ
古系は居ないみたいだな」
森の妖精 「ちょっと妖精の行方気にしすぎじゃね的投票
2票持ちの類を隠してるのはいないようだな」
探偵妖精 「カナヅチさん非狼だと思います。
最後の言葉が半端ないほど死にたがっているかのような言葉でしたので。

ミクさんは何も情報をゲット出来ていない村側に見えます。

話の強度や感じ的に、射命丸さんと究極さんを釣り上げていきたい、
そう思っていますね。」
鳴上悠 「なんだか、やけに吠えが少なかったな>5回
カナヅチ妖精が吊れるのか…そこは発現が薄めだったからかな

夢狩人騙りする獏はいるだろうけど、狼からも見分けがつかないし
もしするんだったら、何か他の狂人アピールがあるんじゃないかな」
サマナー 「特に大した情報もないグレランだったので、
あまり生存欲の高くなさそうな寡黙目のパパラッチに入れた。

が、吊れたのはカナヅチ妖精。ちょっと意外ではあったな。」
大妖精 「おはようございまーす」
パパラッチ天狗 「占い師です
ミク ○
悠 ○」
かなづち大明神 「さておはようございます。
昨日はサマナー投票ですな。男は減らすべきなのですよ、というのは置いといて、
サマナー 「もしくは夢狩人が狩り殺してくれるほうを期待か>ミク
とはいえこの陣営数で夢狩人がいるのも嫌だが」
サマナー 「せっかくの妖精村なのだから妖精は残しておいてやれ>ミク
とはいえPP要員にもなるのでわからんでもないが」
この辺りの妖精を生かして起きたさそうな感じはあまり村に見えませんでしたからねぇ」
パパラッチ天狗 「あややや
占い師ですか
それじゃ取材取材っと

一日目 初音ミク○
初日会話の縁もありますからここですかね~
まぁどっち引いても美味しい位置でして
二日目 鳴上悠
うーん
まぁ天人に拘り過ぎな位置という事で
何かしら不穏な動きって訳じゃないんですが
私、気になります!」
鬼人正邪 「妥当is妥当。」
初音ミク 「そこそこ投票は偏りつつ」
キョン 「あー。
カナヅチ狼か、これ>天人帰還」
大妖精 「チ、チルノちゃーん!!!」
かなづち大明神 「ふぁ!?>天人蘇生」
現人神 「ファッ?!」
サマナー 「サマナーが占いCOを宣言する!

キョン◯/究極妖精◯」
鬼人正邪 「お前ァ!>パパラッチ天狗」
サマナー 「サマナーが占いCOを宣言する!

キョン◯/究極妖精◯

我にかかれば人外のひとつやふたつ、いや殲滅してくれよう。
となれば当然のごとくこの役職を務めるにふさわしいわけだ、
それではサムライの名に恥じぬ働きをしよう。

初日 キョン ◯
理由なき隣占いとはいえ占いは占いだ

二日目 究極妖精
◯のでたキョンの投票先はカナヅチ妖精、そしてそこが吊れるか。
となるとカナヅチ妖精に同じく投票した鬼人と森の妖精は除外して、
それ以外の0票位置を占っていくとしようか。
キョンに投票している究極妖精を占う。
初音ミク 「はえーよ!>帰還
LWだろこれ!」
森の妖精 「で、もう帰還ってことは

若しかして → カナヅチ妖精狼のLW」
かなづち大明神 「これはカナヅチ狼の2wでLWになった形でしょうねぇ」
鳴上悠 「カナヅチ妖精、狼だったか
天人が帰ってきたとなると事故が怖いな」
鬼人正邪 「んじゃサマナー狼でエンド。」
探偵妖精 「天人帰還、占いと究極さんで村遺言。

射命丸さんは役狙いが過ぎたのであまりよくない投票先でしたね、とは。」
現人神 「カナヅチ妖精さんは自称・ブン屋だそうですが・・・」
パパラッチ天狗 「ちょっと受票が危ないので吊られるよりマシという事で」
大妖精 「人数的にはやっぱりLWになった……それしかないですね」
かなづち大明神 「であるならば、森の妖精、正邪、キョンは非狼でいいでしょう
もちろん、狂人や狐の可能性はありますがね」
キョン 「まぁ2占いを真狼とするならばグレランで良いのでは無いだろうか」
初音ミク 「遺言残してなくてとりあえずブン屋COした感がひしひしします>げんじんしん」
鳴上悠 「?>正邪」
探偵妖精 「射命丸さん>多少なりとも申し訳なく思っていますよ。」
サマナー 「天人が帰還したということは…LWなのだろうな。
つまり昨日の段階で狼が吊れたということなんだろう」
鬼人正邪 「ああ2真くらいは見ても良いかもな。」
パパラッチ天狗 「しょ、しょうがないじゃないですか票ヤバイんだからぁ>正邪」
現人神 「ですよね>ミクさん」
キョン 「人外勝利前日は有り得ない。
LW吊りと言う意味で前日はあるかもしれないが」
初音ミク 「とりあえずカナヅチ投票者はLW候補から外しつつ」
かなづち大明神 「少なくとも他に天人帰還要因は有りませんし
まさかのカナヅチ真ブン屋で餓狼が相方を噛んだとかはまぁロンガイなネタですしねぇ」
大妖精 「カナヅチ妖精さんの真偽については論じるまでもないでしょう。状況証拠がしっかりしています
今日狼を吊ったら終わるというのが最大の問題ですかね」
森の妖精 「ま、現状割れてはいないみたいだなーくらいの 後は噛み見ればいいんじゃね?
>占い2」
サマナー 「そうだな、今日狼吊れば終わるのはほぼ明白>大妖精
その上で狐処分をするべきで…妖精はどこだ?」
探偵妖精 「真狼の方が可能性としては薄いと思います。
相方が釣られて占いに打って出る狼の方が無いと思いますので。」
大妖精 「非狼を狙って吊るという行為に虚しさを感じつつもカナヅチ投票者の発言を見てという感じです」
現人神 「どういう内訳でLWなんでしょう?
狂人2くらいでしょうか」
鳴上悠 「サマナー偽、決まってたか?>正邪」
初音ミク 「割れてないけど両方真ってことはないだろうなーぐらいの」
サマナー 「これは本当に初日妖精か、それとも鏡妖精などのケースか?
まるで気配を感じないのだが」
かなづち大明神 「現状は割れては居ないみたいですし、まぁ狂混じり有るかも位にみつつ噛みを見る感じで良いでしょうねぇ」
鬼人正邪 「それしか有り得ねえだろ>狂人2
現人神 「まあ、こんなありさまですから私から指定はちょっとむずかしいです」
探偵妖精 「サマナー>この流れで出る妖精はいないでしょう。

天人>それが確定ですね。飽和帰還はありませんし。」
大妖精 「デジャヴだろうか……狂人2で早々にLWってついさっき見たような
進研ゼミでやったところだったっけ」
鬼人正邪 「決まってるわけねーだろ。>鳴上」
サマナー 「狂人1は確定なので最大3w、最低2wのはず>現人」
鳴上悠 「狂人2、一人は初日なのかもしれないな
無論妖精もありえるだろうが、何かそんな気がした」
鬼人正邪 「ただ私がサマナー狼だと思ってそう発言しただけだ。」
キョン 「だから2W2狂のカナヅチ妖精狼でしかないんだよなあ、と。
まぁ俺と森の妖精と鬼人を残せば狼には負けんよ。
狐狂はいるかもしれんが」
パパラッチ天狗 「まぁ内訳的に
昨日でLWなら子狐だとお手上げですねあややや」
森の妖精 「狼が出てて信用勝負っぽいなら・・・2日後くらいに決め打ち
どの道今判断の段階じゃないだろ」
鳴上悠 「そうか>正邪
どうしてそう思ったんだ?」
探偵妖精 「鳴神さん>参考までにお話を。
あなたが占いCOをしたのは他に占いが出てきた、からでしょうか。」
サマナー 「ちなみに我は今日の結果から銃殺は考えてない。
あって噛みが被った程度と」
鬼人正邪 「理由を聞きたいのなら理由を聞きたいと言えばいい。
自分の気持ちに正直じゃなくてどうするんだ。」
大妖精 「そりゃ大チル同陣営ですからね>サマナー」
鬼人正邪 「射命丸狼なら狐勝利にさせると思ったのと信用勝負も挑んでこねえなと思ったからだ。」
探偵妖精 「森の妖精>狼が出てきたのなら最終日まで占い残しです。」
初音ミク 「割と非狼吊りという意味では占いの○にあんまり意味がない進行にはなってくる。子狐考えるならって話で
まーまだ灰吊りでいいはず」
かなづち大明神 「なんとなーくこう、鳴上さんが初日狂人結果持ってそうな未亡人っぽい発言をしておりますがまぁ置いときましょうか」
大妖精 「パパラッチの発言が占い師のそれに見えないなあ」
現人神 「進研ゼミならやってましたがこんな問題でましたっけ・・・」
キョン 「ただ占いに狼居るならこれ占いしなないから決め撃ち路線なんだよな」
かなづち大明神 「ともかくグレラン続行ですな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
森の妖精1 票投票先 →探偵妖精
鳴上悠0 票投票先 →鬼人正邪
パパラッチ天狗0 票投票先 →大妖精
初音ミク1 票投票先 →大妖精
かなづち大明神2 票投票先 →初音ミク
探偵妖精2 票投票先 →サマナー
鬼人正邪1 票投票先 →キョン
大妖精2 票投票先 →森の妖精
現人神0 票投票先 →かなづち大明神
キョン1 票投票先 →探偵妖精
サマナー1 票投票先 →かなづち大明神
3 日目 (2 回目)
森の妖精1 票投票先 →探偵妖精
鳴上悠0 票投票先 →鬼人正邪
パパラッチ天狗0 票投票先 →大妖精
初音ミク0 票投票先 →大妖精
かなづち大明神2 票投票先 →鬼人正邪
探偵妖精2 票投票先 →サマナー
鬼人正邪2 票投票先 →キョン
大妖精2 票投票先 →森の妖精
現人神0 票投票先 →かなづち大明神
キョン1 票投票先 →探偵妖精
サマナー1 票投票先 →かなづち大明神
3 日目 (3 回目)
森の妖精2 票投票先 →探偵妖精
鳴上悠0 票投票先 →鬼人正邪
パパラッチ天狗0 票投票先 →大妖精
初音ミク0 票投票先 →かなづち大明神
かなづち大明神3 票投票先 →鬼人正邪
探偵妖精2 票投票先 →森の妖精
鬼人正邪2 票投票先 →キョン
大妖精1 票投票先 →森の妖精
現人神0 票投票先 →かなづち大明神
キョン1 票投票先 →探偵妖精
サマナー0 票投票先 →かなづち大明神
かなづち大明神 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鳴上悠 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
かなづち大明神さんの遺言 境界師COですな
2夜投票者:0

ミク○だったのをすっかり忘れてました
鳴上悠さんの遺言                 ,,r-='""`ー 、
              ノヾ、. ヽ、     ゝ、
            ,r'"i !、ヽ  ヽ  ヘ    ,ゝ、
            i .i   ヽ ヽ .ヽ ヘ  ゝ、i
           ノソ i   `ヽ `ー- ヘ ヾ ヾ-' このOPで毒…夢毒みたいだな
         ―'´l l l ゝ  ヾヽゝ,ゝヘヘヾヾ l
           lヾ,!ヽヽヽゝーヾヾ,rr、ァヽ/ヽゝ
         __r'ヾ'´r`ヽ它ァ i '_, 二'_,r彳i彳;
         ノ r`、ヽソ.`i'´"""ii=´i ̄ ̄ソ´ /ソ,  妖精は、できればそっとしておきたいが…恨まれてしまうな
        .i !、 `.l  .,ゝ==彳ヽ.`==彳 .ノ.l
          l  l i .ゝ' ノ´ヽ、 ー一 ./ lー- 、
        ノ  ly    /_,r-==lヽ`  ノ l  ,!ソ ノl
      r 、l __  ,r'i´i´r'"´  l `´  l i'"i'"´ l
      ゞl `ー--´i l .lヽ   .l    ./ l.l/ Ⅱソヽ_
     l.:.:ヽ、   /ー'ヾl l ヽ  ,rソl    l l ll ,イ'.:l.:.:.:`ー 、
    ノ.:.:.:.:.`""´/.:.:.:.:ゝl .ゝ´/ l   l,r'ノ.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー 、
  ,r.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.r'.:.:´K l`ー 、,rl  l.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
. ノ.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;./.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:l .i l   .ノ ,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
´.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.l `i l   l / l.:.:.:.:.:r、-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
鬼人正邪 「大妖精吊りはちょっとでもなくかなりまずい気はするがなぁ。」
探偵妖精 「森の妖精さん>占い決め打ちとおっしゃられていますが、
射命丸さんが鳴神さんに○を出している以上、真狂の決め打ちしか出来ません。
お互いの灰○は一人ずつ。覚えておきましょう。

サマナーさん投票理由は妖精どこだがなんともしがたく思ったからですね。」
サマナー 「サマナーが占いCOを宣言する!

キョン◯/究極妖精◯探偵妖精◯」
森の妖精 「占い真狼だった場合狂人2に妖精行方不明なのに
最終日で決め打ちとかそんなことできるか的投票
狂人にだって狼位置わかる狂信やら囁きやらいるしどうしても伸ばすにしてもギリギリで5人の時まで」
大妖精 「おはようございまーす」
初音ミク 「天人に合わせるというお題目で私に投票しやがってコノヤローな処刑

まあロラされたら終わりの状況で対抗をLWと即断したパパラッチが真っぽくないって感想はわからなくもない」
パパラッチ天狗 「正邪さん ○」
サマナー 「三日目 探偵妖精
我に入れていた、というのもあるがキョンが入れていたのが大きい。
キョン狂子狐はあるかもしれないが少なくともキョン目線で同陣営ではない、
そう判断される可能性はあったということだ、探偵妖精を占う。」
キョン 「狼は逆境程占いCOを捨てるな、と言うのが俺の持論なんだが割りと真狂で見てるのが多いのか?
LWな以上囲いは考慮する必要なしと考えるとサマナーの方が狼っぽくは見える>究極妖精○」
パパラッチ天狗 「三日目 鬼神正邪
まぁ三人の中から占う

その中だとサマナーさん真に見て、そこ噛まれろ!
って動きしてる風な正邪さんですかね」
探偵妖精 「まだ増えるのですか・・・>占い」
初音ミク 「変なとこ噛んできたなぁ」
大妖精 「暫定○噛みかー」
現人神 「あら、生きてます」
鬼人正邪 「増えてねえよ(」
森の妖精 「増えてないが・・・ >探偵妖精
で、噛みは信用勝負にしても変な位置だな」
キョン 「夢でよかった、と言うことになるのか>鳴上無残」
サマナー 「ふーむ、天狗の◯を噛むのか?
そして探偵妖精は●でるかと思ったが◯か…」
初音ミク 「信用勝負ならまず天人噛むだろうし
どうにも中途半端」
現人神 「両方の占い師の○を噛んできますね」
探偵妖精 「すいません、ずっと鳴神さんが占いCOしていたものだとばかり・・・」
大妖精 「変な位置であるということを皆が認めてくれているようで私は嬉しい
チルノちゃん、見ていてくれますか」
キョン 「ちょっと何狙ってるかが良く分からない噛みではあるんだが」
パパラッチ天狗 「ミク=サン>私特にサマナーさんが狼かどうか言ってませんが」
サマナー 「同じアトラスの主人公ではあるが間違えないでもらおうか…!」
大妖精 「LWになってから狼が占いに出てくるってあるんですかね
それするくらいなら出てきた占いを噛んだ方が良さそうなものですけど」
森の妖精 「サマナー的には単なるグレー位置だが >げんじんしん」
キョン 「んーと」
初音ミク 「両偽把握してて占い探してるって線もないではないけど
○被ってないからそれもなさげ」
鬼人正邪 「ああ!それって把握ミス。」
探偵妖精 「パパラッチさんが同じ占いのンルかみさんに○なげてサマナーさんが灰であるとばかり思っていましたよ。」
サマナー 「グレーにLWがいた場合、我か天狗が噛まれるものだが、
だがそうでない場合は…やはり天狗がLW、そう見るべきか」
キョン 「完全灰は大妖精と森の妖精か」
サマナー 「我からはただのグレー>現人
なので天狗の◯を噛んだというのは若干引っかかる」
パパラッチ天狗 「そうですよ
特にフラグもないフリンさんとハーレムの鳴上さん比べるなんて残酷なこと」
森の妖精 「に、なるな >キョン」
キョン 「狼を吊らない、と言う観点に立つならば森の妖精。
非狼だから残したいというのならば大妖精」
現人神 「そうですね、その二人です
占いにLWがいるか狂人がいるか狐がいるか・・・」
鬼人正邪 「大妖精役持ちオーラ満載だからなぁ吊りたくないんだよなぁ。」
サマナー 「あんなロリコンと一緒にしないでもらおうか!!!!>天狗」
大妖精 「ああ」
探偵妖精 「森の妖精さんに対する私の朝のこうsつは全て投げ捨ててください、失礼しました。」
パパラッチ天狗 「いや貴方の真偽解りませんけど
私噛まれたら貴方吊られますよ>サマナー」
森の妖精 「噛み筋的にはLWは占いかその○の方にいそうではあるが
大妖精LWの噛みとは正直あまり思えん」
初音ミク 「占いに狐は正直狼よりもバクチしてんなってなるけども」
大妖精 「なるほど、森の妖精さん非狼だと思って投票してましたから
実際、投票的にも発言的にも非狼だと思います」
サマナー 「私噛まれたら?噛まれてから言え>天狗」
キョン 「個人的には探偵妖精吊りたいと思っていたんだがまぁ」
探偵妖精 「射命丸さん>一日噛みを逃して翌日に噛むということはしないと思います。」
パパラッチ天狗 「キタローだったらCv沢城と知り合いって共通点があったものを>サマナー」
現人神 「狂人か狐なら囲われてるかも分かりませんね」
大妖精 「それでラス灰というのなら占い師が狼か占い騙りが囲っているんでしょう」
キョン 「真狂ならどっちか噛みそうだからやっぱ真狼じゃねーかな>占い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
森の妖精4 票投票先 →大妖精
パパラッチ天狗0 票投票先 →大妖精
初音ミク0 票投票先 →大妖精
探偵妖精0 票投票先 →森の妖精
鬼人正邪0 票投票先 →キョン
大妖精4 票投票先 →森の妖精
現人神0 票投票先 →森の妖精
キョン1 票投票先 →大妖精
サマナー0 票投票先 →森の妖精
4 日目 (2 回目)
森の妖精4 票投票先 →大妖精
パパラッチ天狗0 票投票先 →大妖精
初音ミク0 票投票先 →大妖精
探偵妖精0 票投票先 →森の妖精
鬼人正邪0 票投票先 →大妖精
大妖精5 票投票先 →森の妖精
現人神0 票投票先 →森の妖精
キョン0 票投票先 →大妖精
サマナー0 票投票先 →森の妖精
大妖精 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大妖精さんの遺言 <占い日記>
妖精だけど占いです
大妖精だからなのかもしれません
占い様だぞと大きな態度がとれる妖精ということですね

一日目 究極妖精 村人
二日目 初音ミク 村人
三日目 鳴上悠 村人
四日目

『一日目』
チルノちゃんが変身した!
ひょっとするとまだ第二段階、第三段階の変身を残しているのかもしれない
人狼や妖狐に変身したら大変だから私が占っておかないと

『二日目昼』
大チル同陣営……まではいってないな。大チル両非狼、くらいかな? 私が夢とか白狼とかありませんように

『二日目夜』
誰占っても帯に短し襷に長しって感じだなあ。チルノちゃん(非狼)に投票してる初音ミクさん占おう
狂人が獏ならマシだという発言から感じるのは「この人狂人じゃないんだろうな」という印象なんで
結果が何であっても無駄占いにはならないと思います。あんまり噛まれるような感じにも見えませんし

『三日目昼』
吊り逃れするなら潜った意味が……誰かが助けてくれることを祈ります

『三日目夜』
チルノちゃんの村度が高過ぎて無駄占いになったけど私は泣かない。対抗は1~2が騙りと考えます。恐らくは非狼
なので今日潜ればどちらかは噛まれるでしょう。LWが非狼の占い2を放置は考え難いので
以上、潜った理由でした。今日占うのは対抗の○です。鳴上とキョンなら鳴上かな。正邪じゃないけど何か知ってそうな発言が出てるから

『四日目昼』
占い結果残らないってレベルじゃないなあ……
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
森の妖精 「さてどうなったのか」
サマナー 「サマナーが占いCOを宣言する!

キョン◯/究極妖精◯探偵妖精◯森の妖精◯」
探偵妖精 「死化粧師をCOします。
キョンさん非狼陣営は確定、正邪さんと鬼神さんを考えてください。」
初音ミク 「大妖精吊りたくないって言ってた正邪がそこで手のひら返すかー
そりゃま天邪鬼だけどさ

◇森の妖精「噛み筋的にはLWは占いかその○の方にいそうではあるが
大妖精LWの噛みとは正直あまり思えん」

視点的にそれ言えるなら割と占わせて結果見たい感じ」
サマナー 「四日目 森の妖精
粛々と天狗と我のラストグレーを占う。互いに真であるならよし。
ただしミクと鳴上噛まれの時点で天狗偽が非常に濃厚、
ようは狐囲いがないかどうかの確認をしていると思われる。
つまり天狗狼であると我は見ているので、おそらく森の妖精は非狼目だが占う。

あと天狗、イザボーのCVはみゆきちだ!!!!!」
キョン 「ロラるなら今日から始めないと間に合わないというのはある」
パパラッチ天狗 「四日目 キョン
後はここ占いですね

大明神からも投票されていてグレランで吊る位置じゃない
仔狐なら噛まれる位置
親狐だった場合警戒が必要なので」
現人神 「ラスグレの森の妖精さんの運命や如何に!」
鬼人正邪 「同一人物なんだが?」
パパラッチ天狗 「キョン ○」
初音ミク 「お前な、という>大妖精」
探偵妖精 「カナヅチ大明神→キョン安らか キョン非狼陣営。
かなづち大明神→安らか 正邪と別陣営、正邪は○
大妖精→森の妖精 苦悶

2昼釣り カナヅチ妖精
投票先・キョン 安らか

3昼釣り かなづち大明神 投票先 鬼人正邪 やすらか
カナヅチ狼だったようですので、キョンさんは非狼非狂です。 
しかしなんという大明神ローラー・・・。

4昼釣り大妖精 森の妖精
完全灰同士のお二人。
鬼人正邪さんとかなづち大明神で別陣営。
狐が釣れたか妖精が釣れたか、あるいは鬼人正邪さんがそのどちらか。

占い表記です。

カナヅチ大明神○

1夜
ひらがなさんとは気が合いそうなので、こちらを占いましょうか。
現人神 「死体がないですね・・・」
サマナー 「うーむ……◯がでてるということは、我目線で天狗狼なのだが」
キョン 「いや、これが真は切るわ>大妖精」
サマナー 「!?>屍体なし」
初音ミク 「どーいう死体なしよこれ。狐?
いや灰噛まないだろうし」
森の妖精 「大妖精占いならCOしてもっつーか
で、苦悶?公文式?」
現人神 「どういうことだってばよ!>死化粧さん」
探偵妖精 「とりあえず、鬼人正邪さんとかなづち大明神別陣営で、大妖精さんと森の妖精さん同陣営です。」
キョン 「それで死体無し、と。
狩人居る気はあんまりしないんだが」
サマナー 「大妖精が占い遺言だと…?
なぜ出てこなかったという話になるが、子狐あたりくさいなこれ」
パパラッチ天狗 「あややや
これ対抗溶けたりしません?」
鬼人正邪 「それはねーなーぁ。」
探偵妖精 「森の妖精さん>はい、そうですね。」
森の妖精 「その場合探偵妖精どうなるな話だな >サマナー」
サマナー 「いやまて大妖精子狐だと平和の意味がわからない。
狩人がいるならいいのだが…(キョンに期待の眼差し」
現人神 「子狐なら今朝の死体なしは?」
探偵妖精 「大妖精子狐だけは絶対に無いです。」
初音ミク 「というか大妖精→森の妖精 苦悶?」
パパラッチ天狗 「まぁ、死化粧が真ならそこ噛まれるんだろなぁとしか>今夜」
鬼人正邪 「森の妖精真を見るならキョン釣ってサマナー釣ってで終わりそうではあるけど。」
キョン 「カナヅチ妖精LWな以上雛餓LWってのもないんだよなあ」
森の妖精 「そういやと投票確認・・・鏡の悪戯とかは無し と」
探偵妖精 「ミクさん>はい、そうなってますね、それよりもかなづち(教会史)と鬼人正邪さんが別陣営です。」
森の妖精 「俺がどうした >正邪」
鬼人正邪 「別に大妖精偽=占い欠けがないとは限らないしね?ってなる。」
パパラッチ天狗 「私GJならそれはそれで良し」
サマナー 「苦悶は同陣営だが、大妖精が村か狂人、森の妖精も村狂人の可能性がある。
我視点で森の妖精◯でている以上は」
鬼人正邪 「おっと探偵妖精だった。」
キョン 「森の妖精なんもCOしてないがそれでなんでオレ吊りになるかが分からん>鬼人」
サマナー 「屍体はすでにでているからなあ>キョン」
初音ミク 「村―村か 狼(or狂)―狂しかないんだけどさ。ふなっしー目線」
パパラッチ天狗 「でも狩りなら昨日な天人GJですかねというアレ」
探偵妖精 「大妖精さん狂、森の妖精さん狼の場合のみ、ですかね、警戒すべきは。
その場合占い真狂。」
鬼人正邪 「占い欠けなら全員平等にグレーだろ。」
キョン 「これが狐噛みなら俺子狐ってのもないんだが……>両○」
現人神 「正直占いに何の結果もないですからね」
初音ミク 「天人GJなら番長の死体何よってならない」
サマナー 「キョンの立ち位置は確実に噛まれる可能性あるので、
そこが狐というのはない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
森の妖精1 票投票先 →探偵妖精
パパラッチ天狗2 票投票先 →森の妖精
初音ミク1 票投票先 →パパラッチ天狗
探偵妖精2 票投票先 →鬼人正邪
鬼人正邪1 票投票先 →キョン
現人神0 票投票先 →初音ミク
キョン1 票投票先 →探偵妖精
サマナー0 票投票先 →パパラッチ天狗
5 日目 (2 回目)
森の妖精0 票投票先 →探偵妖精
パパラッチ天狗3 票投票先 →探偵妖精
初音ミク2 票投票先 →パパラッチ天狗
探偵妖精3 票投票先 →パパラッチ天狗
鬼人正邪0 票投票先 →初音ミク
現人神0 票投票先 →初音ミク
キョン0 票投票先 →探偵妖精
サマナー0 票投票先 →パパラッチ天狗
5 日目 (3 回目)
森の妖精0 票投票先 →探偵妖精
パパラッチ天狗3 票投票先 →探偵妖精
初音ミク1 票投票先 →パパラッチ天狗
探偵妖精4 票投票先 →パパラッチ天狗
鬼人正邪0 票投票先 →探偵妖精
現人神0 票投票先 →初音ミク
キョン0 票投票先 →探偵妖精
サマナー0 票投票先 →パパラッチ天狗
探偵妖精 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
探偵妖精さんの遺言 占い表記です。

カナヅチ大明神○

1夜
ひらがなさんとは気が合いそうなので、こちらを占いましょうか。
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2016/03/13 (Sun) 16:14:17
鳴上悠 「探偵が吊れたら狐勝利、パパラッチが吊れればいいが」
探偵妖精 「日記はちゃんと見ましょう・・・
占い日記を一緒に作る死化粧師はいません!w」
キョン 「カナヅチ大明神→キョン安らか キョン非狼陣営。
かなづち大明神→安らか 正邪と別陣営、正邪は○
大妖精→森の妖精 苦悶

2昼釣り カナヅチ妖精
投票先・キョン 安らか

3昼釣り かなづち大明神 投票先 鬼人正邪 やすらか
カナヅチ狼だったようですので、キョンさんは非狼非狂です。 
しかしなんという大明神ローラー・・・。

4昼釣り大妖精 森の妖精
完全灰同士のお二人。
鬼人正邪さんとかなづち大明神で別陣営。
狐が釣れたか妖精が釣れたか、あるいは鬼人正邪さんがそのどちらか。

占い表記です。

カナヅチ大明神○

1夜
ひらがなさんとは気が合いそうなので、こちらを占いましょうか。」
鬼人正邪 「うんまぁ。」
鳴上悠 「…お疲れ様
またしても狐勝利か」
狐面GM 「お疲れさん」
大妖精 「お疲れ様でした」
鬼人正邪 「『僕は悪くない』」
サマナー 「お疲れ様…」
かなづち大明神 「っとお疲れ様でした」
初音ミク 「お疲れ様」
キョン 「そらもうお前こいつLWよ」
大妖精 「この展開、進研ゼミでやった!>狐勝利」
パパラッチ天狗 「あややや
お疲れ様です」
探偵妖精 「両方偽は見えなかったなぁ・・・」
サマナー 「う か つ>初手◯が狐だった」
キョン 「占い日記はって狼囲ってんだから。
お疲れさん」
現人神 「おつかれさまでしたー」
初音ミク 「うんまあ。両偽見ての番長噛みだよね」
かなづち大明神 「流石の進研ゼミでしたなぁ」
究極妖精 「(おうどんずずず」
森の妖精
                  _     ______
                , '´  `ヽ  ( ー――‐ - ‐  )
               .i' r‐…、 `ー/._/ ̄| | ̄| | ̄ヽ ヽ、
               i  i   `ー、/ `   ~  ~    ̄ `;
               i  !、    .,'、 ,r ―-、   , -‐‐ 、 ,'ゝ、
               ゝ  ゝ--, ,'ゝ i-=ミミ 、}.|lil|.{ z==- }'´  `,、
                `-,  i/ >.> ゝ,、__゛ノ.>ii<.ゞ、___ノ  <く ヽ、
                  ) .i ,','  、___,イ>ヽ_/<ゝ、__,,,....  )) )、  ああん?あんかけ埋毒表記?
                (`′ノ{ ゞ、ノヽ`ー-―…―-ー'"/ノ .レ'   i   って飛ばし先の妖精初日かい
                  ̄ く ヽ`′ ヽいしじじじじじL// ,'  r‐ ノ
                   { `ー`Y  ゞ`,;;ー‐-―;;;"´,' y-‐', '´ノ
                  .‘ト- ’.)    ( ̄`i´ ̄) ./ノ( , -'ノ
                   .`t_ー`ー、 __` _人_ ´__ ノ i'' -‐‐;;;!
                     `ー、、 ___ノヽ、_ ノ ,' ,;;::"
                       (_________)
                         !  .:;'゙゙゙´      \
                       ノ  ,:;´          >.、
                   ,. '"´ ``y'      ,rrん'´ノX(、  `ヽ
               ,rィィ'´     ,. ´   ,rん'´  ,f8   `ヽ\ \
              ,.イ ノノ/      /  ,rん'´    ,f8      \\. ヽ
             / ノレ' い     / ,rん'´     ,f8      .::  \1 }
             ,′リ  い    ,rん'´         ,lノ‐、/    .::    レ′
            ,′ !   ヽ(  )ソ     .:; ;:.   /  /  / .::    リ
           ノ  !:。;.    l0.l.l ` .,  .: ゚ .:.  {  /  /  ::    j
         ,. '´   ヽ   .l::::l:l          レ′‐ 、  .:    /
        /      !   l:0:リ       ,. '"´      .:    /
       /       ,r-‐─┴┤[.:0.:0.:0フ´         )    /
     /  ´ ̄``>く  .l  l l__ノ  ̄"´        ,. ,.. イ    /
     /    / ノ⌒i  ;  l l      ,....  ´ ̄    ノ   /
    ′   / "´   し' l  し'                  ,.ィ´
    ,′    ヽ Y´   し'  <ニニ二二 ̄ ̄ ´    ,.. イィ´
   {      ハ  Y´   / ̄ `` ¨¨¨ー=====---‐ '´「
    ヽ     / ノL_ _,. イ  .:  ;;;;, .:   ;          L
      `゙゙゙´       !   .: `゙′   ;     ,. ==ニニヽ
               !  ..:.       ;   ,.ィ´ニ二三三三ヽ」
鬼人正邪 「狐囲ってるのが悪いゾ(」
現人神 「やっぱり両狂人でしたか」
パパラッチ天狗 「んー
素直に吊られるべきだったか」
探偵妖精 「ミク>把握ミスですよ、ずっと鳴神が占いだと思っていましたっと。」
鳴上悠 「凄いな、進研ゼミ」
サマナー 「狐が隣にいたのが悪い(目そらし>鬼人」
森の妖精 「後大妖精は出ろよ4日目 流石にグレー2は死ぬって」
初音ミク 「そこかよ!」
キョン 「昼の内に主張出来たらスマートではあったかね。
しかし大妖精真は見えん」
大妖精 「銃殺できる狐ください>進研ゼミ」
初音ミク 「やっぱり妖精初日じゃないか!」
大妖精 「森の妖精さんが誰が見ても非狼だからそっち吊れると思ってました>森の妖精」
現人神 「村は妖精殺る気満々なのに妖精はバカンスに洒落込んじゃって!」
サマナー 「平和は天人GJだったのか、ということは狐把握はできてなかったのね」
初音ミク 「タイトル詐欺にもほどがあるだろ!」
鬼人正邪 「知るかよオラァン!」
森の妖精 「お前も噛み筋的に同じだよ(非狼かどうかは) >大妖精」
大妖精 「狼に狩られたんでしょう……>ミク」
キョン 「非狼を吊すのは勿体ないという思考はそれなりに存在する」
パパラッチ天狗 「それではお疲れ様でした
鍋ありがとうございますGM」
鳴上悠 「1日目で終わってるな…サブタイ」
鬼人正邪 「森の妖精が非狼から村になったから吊るさないことにしただけだけどな私は。」
キョン 「鳴上が獏の餌食じゃないのは意外ってくらい」
狐面GM 「灰の狭さで出るべきだろう、たとえ結果がなかったとしても
暫定○もらいなら潜ってもいいが灰だと死ぬ」
大妖精 「せめて二人分結果あればと思ってたんですが
私の占い先噛まれて死ぬんですよね」
初音ミク 「森の妖精は大妖精吊った翌朝一も言ったけど
あれ言えるなら残していいやってなった」
狐面GM 「戦いすら始まってないな」
サマナー 「あそこでキョン吊りはー…できないな、PPにでも持ち込まないと」
森の妖精 「4日目は護衛成功ではあったが・・・か
まあミクの位置とかなんで票入るのかすら不明だし 狐噛みとしても」
キョン 「何か最近ずっとお前さんに殴られてる気がするんだが>鬼人」
鬼人正邪 「それなら大妖精人外決め打ちするわ非情だけど。」
探偵妖精 「なんか、敵だとめんどくさい、味方だと非常にどうしても作用しあえないお二人が仲間の時点で勝ちはなかったのかもしれません・・・おつかれさまでした。」
大妖精 「大チル同陣営なんだからチルノちゃん占わなくてよかったんだな
私はチルノちゃんを信じ切ることができなかった」
鬼人正邪 「大丈夫だ私は最近参加してないから。」
パパラッチ天狗 「ミク>私が噛み把握した狼に見えた感じですかね>最後の投票」
かなづち大明神 「では、村立て同村お疲れ様でした。
いやぁ、やはり水着はいいものですな!」
鬼人正邪 「と言うか鳴上噛んだのなら次噛まれるのはミクかキョンだろ(適当
くらいの感想であった。」
究極妖精 「久しぶりにきたら大チル同陣営敗北フラグ…もうこれがさだめということね」
大妖精 「フラグは折れないからフラグなんだね>究極妖精」
サマナー 「そうだよな、ミク噛まれると思ってたわw>鬼人」
キョン 「投票してる位置はずっと正解だけど見てる位置は間違ってたって言う」
鳴上悠 「水着か…水着…」
初音ミク 「どっちかっていうと【非狼かつ騙り】だと思って投票した>パパラッチ

狼投票は怖いでしょ。狐見えてないのに」
鳴上悠 「他人のせいにするべきじゃない>探偵妖精」
森の妖精 「ミクの位置は明日見ればいいんだよなー的な
大妖精真なら狐噛みの候補外 天狗も同上 サマナーからは占い位置だろうし」
サマナー 「あそこで噛むとしたら天狗噛みでそこ狐かなと思って天狗投票だったが…>ミク」
パパラッチ天狗 「GJならという前提なので
まぁ門番なら狼に見えるのは仕方ないんですけど」
狐面GM 「落ちるとする、お疲れさん」
サマナー 「ああ、ほっとけほっとけ>番長
俺は正直気にしてない」
大妖精 「お疲れ様でした。村立てありがとうございます」
キョン 「うむ。
そもそもカナヅチ妖精が即吊りされて様が俺と探偵妖精の位置は両○という観点で同じだ」
現人神 「見えない何かと戦うのはなかなかメンタルにくるものがありますね
ではではみなさんありがとうございました!」
パパラッチ天狗 「あややや
根本的にかたり見てたなら仕方ないですね」
鳴上悠 「そうか、なら良いんだが>サマナー
それじゃあ、俺も落ちるよ」
キョン 「負けた陣営は等しくミスをしている。多かれ少なかれ、な」
森の妖精 「まあお疲れ様だ 妖精詐欺もいい村だったな」
サマナー 「一言多いから自重したほうがいい>キョン」
キョン 「占いにでるならそれこそ吊り先を作った方が良いんじゃないか、というくらい>サマナー」
初音ミク 「私は妖精を狩り殺したくて狩人希望したんだよ!」
サマナー 「それでは村立て同村お疲れ様だ、罠師は仕事をしないのが正解とはな!(白目」
パパラッチ天狗 「まぁ私かたり苦手なので
その点は諦めていただくしか>探偵」
キョン 「そうか?>一言多い」
サマナー 「吊り先作るというのはありだったが、正直LW確定してる状況だとな…」
キョン 「ミスをミスというのが一言多いと言われたら俺何も言えなくなっちまうよ……」
サマナー 「いや、言い訳か。特殊結果ぶちこめばいいだけの話だったのだから」
パパラッチ天狗 「まぁ勝った時は少しぐらいいいんじゃないですか>キョン
ディスじゃなくて俺スゲーな方なら」
サマナー 「すまんな、探偵妖精への追い打ちに見えたので>一言多い」
キョン 「それこそ鬼蝙蝠失敗で良い。
●ならどこに当てても構わない、とも言えるしな」
初音ミク 「負けた陣営になんらかの落ち度(それが配役だったりなんだったりも含めて)はそりゃあるだろうけど
じゃあ勝った陣営がミスしてなかったかといえばなんとも」
パパラッチ天狗 「私は今回上手くやれた感じではないからミスと言われてもしょうがないんですが」
サマナー 「まあまあ、ミスしたらチームでカバーするのが陣営ゲームなのだから気にしない>天狗」
キョン 「ミスしまくったのに勝つことだって別にあるさ
ミス全くしてないのに配役上詰んでることもあるさ」
キョン 「でもまぁ」
キョン 「この村に於いては俺は上手くやれたってことで勘弁してくれ!」
鬼人正邪 「は?(威圧」
サマナー 「誰と組むかどうかわからないから、誰と組んでもうまく動けるようになろうってのは個人的な目標」
サマナー 「おい、なんか動いたかよ(真顔>キョン」
初音ミク 「とりあえず狐はおめでとー」
パパラッチ天狗 「起因としてキョン吊りにくくなったのは初日の吊りと天人帰還なので
キョンにミスがどうというアレとはちょっと違う気もしますし

強いて言えば初日のグレランが強かった」
キョン 「動かないことが最善の動きだったことは帯が証明している……」
サマナー 「そうだな、狐が勝ったことに変わりない。おめでとう」
パパラッチ天狗 「そういう意味でキョンさんが強かったという事で

狐はおめでとうございます

あややや
ありがとうございます>サマナー」
探偵妖精 「鬼人正邪>凄まじく蝙蝠に見えたという・・・w」
初音ミク 「最終的に2○もらったキョンを【非狼ケアで吊ろう】って言うのは正直死体なしもう一回出てからでいいので
探偵妖精つらない構築をできたかどうか」
サマナー 「しっかし狂人で語るとどこに◯●だしていいか悩ましい。
狼視点だと内訳見えてるからそこまで悩まないが」
キョン 「村視点で言うなら8の日は早苗は指定した方が良いかもな、くらいか」
パパラッチ天狗 「ミク>私が吊られるしかなかったですねぇ」
探偵妖精 「サマナー>ぶっちゃげ何も見えたなかったよ、サマナーから○もらうまで。」
キョン 「探偵妖精呂○だし日記2つ書いてるから非狼ケアで吊ろうぜ」
サマナー 「あそこでキョン吊りをケアで吊れるかどうかは天人が言い出さない限りは無理かと」
キョン 「※両○」
初音ミク 「というか【探偵養成視点での大妖精真ケア】で占い片方吊りか
番長噛みがおかしいなってなるから。原因は占い位置勘違いだったけどな!」
サマナー 「どのみち真占いがもぐってる時点で(ry」
探偵妖精 「ミク>死化粧日記貼り間違えの時点で探偵妖精真王もクソもないんで・・・w
翌日蝙蝠COぐらいしかすることなかったかも。」
パパラッチ天狗 「それじゃ改めてお疲れ様でした」
キョン 「大妖精真が浮かんでくるかって言われたら俺には浮かんでこない」
初音ミク 「というか今考えれば番長が占いCOしたと考えてるふなっしーがいて
番長噛まれてたらふなっしー狼は透けたな!」
サマナー 「ただあの状況で語り占い残すかって言われるとなあ…」
初音ミク 「もっと早く気づけ私!」
キョン 「ああ、番長占いだと思って噛んだんけ」
探偵妖精 「ミク>それはもう手引っ込めること出来ないから押し通したよw」
サマナー 「まあいいや、次鍋行こう。お疲れ様」
探偵妖精 「キョン>イエス。ちなみに2夜はキョン噛みする気マンマンだったよw
役っぽいから。
けど普段にジンクスで初手噛みは白人外っての多いから外した。」
初音ミク 「こういうのを昼に気づけるか気づけないかで修羅かどうか分かれる気がする」
初音ミク 「それじゃお疲れ様でしたー」
探偵妖精 「完全敗北、お疲れ様でした。」
キョン 「役っぽいってーか閻魔COする気満々だったから早苗○持ってない占いには見えたんじゃねーかな」
キョン 「日記の齟齬には昼時間に気付けると格好良いぞ」
キョン 「そんじゃ、お疲れさん。
状況が味方したのは確かだけど狼を吊る位置に置けたのは良かったんじゃねーかな。
村建て同村感謝、またな」
キョン 「パパラッチ探偵妖精○出してるもんと勘違いしてたわw
条件一緒云云はそれなw
や、ミスは直したいもんだな」