←戻る
【雛4055】やる夫達の封蘇希望超闇鍋村村 [4733番地]
~夜の女王のアリアを唄いながら~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 巫女
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon BB
(生存中)
icon 魔理沙
(生存中)
村作成:2016/03/18 (Fri) 00:59:17
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
GM 「ローカルなルール
・恋人全滅未確定での超過前噛みは禁止
・初日犠牲者への投票は自由
・AAやSSは良識の程度に

開始予定は0120」
GM 「入村どうぞ」
巫女 が幻想入りしました
巫女 「こんばんは」
GM 「実際どうだろうね、長鍋の12って偏りがちな気がするから15人くらいでもいい気もするけどリクエストが12なので今夜は12開演」
GM 「いらっしゃい」
かり が幻想入りしました
かり 「こんばんわー」
GM 「いらっしゃい」
巫女 「12人はねー
12人専用の登場調整オプションでもあれば?」
巫女 「どういう効果があるかは…そうね
比率が一定になるオプションってところかしら」
巫女 「オプション:普通村

役職の登場比率が 村5:狼3:狐1:その他人外1 or6:3:1or4:3:1:2 のいずれかになる、って感じで?」
GM 「人数少ないと1吊り、1占い、1噛み、1役職の比重がどんどんあがるから、どうあがいても不安定なのじゃよ」
GM 「んーどうしてもアレなら、希望制外してGMが下界降臨しますがんー」
巫女 「3人なら10分延長してもいいと思うけど…」
かり 「鍋ヒャしたやつが全然入ってこない問題」
GM 「まあ延長してもいいよってんならしよっか」
かり 「いいよー」
GM 「んじゃまあ30分までえんちょーするよー画面の前の皆ー」
巫女 「あたしが画面の前にいるとでも?(謎ハッタリ」
GM 「なん・・だと・・?」
かり 「ま、まさかこいつ、既に画面の中にっ!」
GM 「『わたしメリーさん 今あなたのうしろにいるの』」
巫女 「馬鹿め、上だ!」
GM 「('ω' )三( 'ω')」
ジョルジュ が幻想入りしました
ジョルジュ 「イベントクエストが難しくて自分がひゃーしてたの忘れてました
ジョルジュです」
GM 「ヒャッハー」
巫女 「ヒャッハー生贄だー」
巫女 「助かりたければ、わが賽銭箱に賽銭せよ」
ジョルジュ 「捧げられてたまるか!むしろおっぱいを俺に捧げろ!(ジョ並感」
巫女 「ただし最低でも10ケタは払ってもらおうか(ケズ顔」
BB が幻想入りしました
巫女 「さて、時間だけど
これ希望外してGMも降りていいんじゃない?」
BB 「こんばんはー
眠いですけど来ました」
GM 「まあ待ってもらちが明かないかのぅ。そろそろRP決定/開始投票しようかい。」
巫女 「言ってるそばから一人増えたけど」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ゆっくり妖夢
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 7276 (ゆっくり妖夢)」
巫女 「GMも村をやりたいでしょ?
こっちも人が多いほうがいいもの

みんなはどう?」
ゆっくり妖夢 「問題ないっすよ」
巫女 「ここで6人になれば、吊りが1増えるってのがあるしね」
ジョルジュ 「仮鍋になったとたんに寝落ちするほど俺は軟弱ではない
何も問題はないな」
BB 「構いませんよ>GM降り
5だと1度で終わってしまいますしねえ」
巫女 「そういうわけよ、GM(ニヤリ」
GM 「まあんじゃあ、GMも下界降臨しますかね(よっこらせ 少しお待ちを。」
巫女 「こっちの世界へ、バッチカモーン」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
魔理沙 が幻想入りしました
巫女 「魔理沙―!」
巫女 「GMの正体は魔理沙だったのね」
魔理沙 「よっこらせ、諏訪子から幽体離脱完了ってやつだ。」
BB 「ではでは、妖夢さんが投票次第ってところですかね」
巫女 「それじゃ、カウントいくわよー」
巫女 「レアケ配役 あり得る? 3」
ゆっくり妖夢 「オッスお願いしまーす」
巫女 「それとも普通の4-1-1? 2」
巫女 「もしくはマニアゲーな1-1-4も悪くはない? 1」
巫女 「どんな配役になるかは神のみぞ知る、ゲームスタートよ!」
ゲーム開始:2016/03/18 (Fri) 01:35:22
出現陣営:村人陣営3 人狼陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
ジョルジュ 「むしろQPの存在にビックリだよ俺は」
ジョルジュ 「どうせジョルジュがおっぱいに刺してるだろ、が
非常に怖い盤面。いやはや全く。」
ジョルジュ 「そうなったら主人公sが出来てるはずだとでも主張しておこうか、どうしようか。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 魔理沙 で足音が聞こえた…
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 ローカルなルール
・恋人全滅未確定での超過前噛みは禁止
・初日犠牲者への投票は自由
・AAやSSは良識の程度に


各陣営、健闘を。
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ゆっくり妖夢 「正解:QPの矢が狼以外に刺さると勝ち目のほぼなくなるクソ配役

出現陣営:村人陣営3 人狼陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1

QPの矢が村に刺さるとどうなるか
内訳が最良でも 村村狼恋恋
恋を吊ると3人夜 村村狼 暗殺or毒がいないならまけ
狼を吊ると終了
村を吊ると4人夜 村恋恋狼 暗殺or毒恋がいないならまけ
ちなみにこれはマニアが村付きor初日という前提での話

狼に刺さって一発抜きにかけるしかない
◯を引いた占い師は毒のない噛み先になるので全員伏せて、どうぞ。
●ひいたらでていいよ。」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営3 人狼陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1

意外や意外のQPPOP。村はどこまで残ってると思うよ、諸君。

狼が見つかった主張がある場合、そこを吊るしかないのよね。
夜が来て恋を噛まれると飽和狼勝利、
そうでなければ恋が引き分け以上、てなことになっちまうんで。」
BB 「占い表記CO妖夢さん○」
魔理沙 「ヒャッハー! QPと人狼が繋がってて消毒か、
QP初日で人狼即吊りしかできないデスゲームの始まりだー!」
巫女 「おはよう
6人になった意味があんまりないというこの吊り減り要素 >QP
狐の代わりにこれが抑止力っぽいけど、この人数じゃあ大して意味ないわよねっつー
2吊、1狼と恋
…まあ、マニア次第とも…言えるわね
というか、マニア次第である」
巫女 「あら、足音と」
ゆっくり妖夢 「おいいいい>BB」
魔理沙 「巫女、オマエが私の鵺だな?」
BB 「……狼1はいいですけど神話1とQP1ですか…
すいません、この村6人村なんですけど(汗
勝てる気がしない件について…
とりあえず吊る首を持たない生首妖夢さん占っておきますか…」
ゆっくり妖夢 「これ魔理沙鵺確定だね」
巫女 「ぴんぽーん
何の鵺かも透けちゃうわね >魔理沙」
魔理沙 「ついでに足音鳴る系鵺らしいのぜ。」
ジョルジュ 「そしてみょんじゅうが○しかないなら占いは伏せろと言った矢先にこれである。
なんでしょうね本当にもう。」
BB 「ぶっちゃけ恋人狼じゃないと詰むんで」
ゆっくり妖夢 「巫女が鵺確定と」
魔理沙 「占いでてきて○引きなら3グレーで勝負、●ならそこと殴りあって、どうぞ。
霊夢非狼は私が保証するが、村視点は私が非狼とは限らないので注意しておけ。」
巫女 「狩人がいる可能性があるじゃない!! >BB」
巫女 「魔理沙恋?…しらない(震え声」
ゆっくり妖夢 「BBが占いで僕が◯なのでジョルジュか魔理沙吊り
恋初日もあり得るけど...」
巫女 「QPなら勝てるけど、QPに刺さったほうだと勝てない()」
ジョルジュ 「つまり、現状の結果だとBBが真なら俺視点巫女が鵺持ってる状況濃厚。
…あれ?やばくねこれ?」
BB 「どんだけ低い可能性見てるんですか>巫女
というわけで巫女とジョルジュで決戦です」
巫女 「というわけで、ジョルジュ吊しかないんじゃないのって」
ゆっくり妖夢 「いや巫女は足音鵺確定だから絶対に狼じゃない」
巫女 「あたし、鵺位置よ…恋見るならいさ知らず」
魔理沙 「それならたぶんどっちにしても狼吊れなかったら私噛まれてENDっぽいのぜ>霊夢
BBが真か初日が真かでジョルジュしかグレーがねーなっていう」
BB 「あ、魔理沙のほうですか。失敬失敬」
ジョルジュ 「あ、違うか、魔理沙の鵺が巫女か。久しぶりなんで間違えた。

どっちにしろ票を結集しないと俺ガン不利ってのは事実ではある。
初手で自分が占いじゃないのが透ける発言に見えることなんざ言わなきゃよかった。」
巫女 「一応、BB恋占いで妖夢庇ってる可能性…あるかしら?
考えだしたらキリないけども >魔理沙」
巫女 「どっちにしても、アタシとしてはジョルジュを吊るしかないわね
魔理沙はともかく妖夢もBBも信用するしかないもの」
BB 「することがない…」
ゆっくり妖夢 「占いは恋になったらでない気がする
まあ俺が恋じゃない以上初日じゃないなら
A.魔理沙巫女の恋
B.ジョルジュ魔理沙の恋
C.ジョルジュ巫女の恋
でCが薄いから恋初日見ないなら魔理沙吊りが安定 ジョルジュ恋じゃない狼以外のパターンで勝てる」
魔理沙 「だからBBとジョルジュでの対決になるな、私ら視点>巫女
私が仮に狼だとしても巫女からはアプローチのしようがないから、
村はどうあってもジョルジュとBBで考えるのをオススメするのぜ。」
巫女 「ジョルジュQPならBBに刺すんじゃない?
へーきへーき」
ゆっくり妖夢 「問題はジョルジュ魔理沙で刺さったら決して魔理沙が吊れないこと」
巫女 「その場合魔理沙狼になるけども()」
魔理沙 「いっとくけど今日最終日だぞ>妖夢」
ジョルジュ 「そこで評価が下がっても無風位置を維持できる巫女からその意見が出るのは
まりみこラインが迷ってるっぽく見せて俺に残り二人が投票する
ハードルを下げようとしているように見える被害者心情。」
ゆっくり妖夢 「魔理沙巫女だとジョルジュ狼で詰み」
巫女 「あたしは、村とか狼の味方じゃない

魔理沙の味方よ!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
巫女0 票投票先 →ジョルジュ
ゆっくり妖夢0 票投票先 →魔理沙
ジョルジュ2 票投票先 →魔理沙
BB0 票投票先 →魔理沙
魔理沙3 票投票先 →ジョルジュ
魔理沙 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジョルジュ 「で、ここで俺が恋を噛めればよし。
噛めない場合どうあってもPPになる感じはある。」
ジョルジュ 「一番俺視点でどうにもならないのが巫女が五徳猫で魔理沙が帰ってきやがること。
今回の配役上確定村だからな、その場合。」
ジョルジュ 「どうあれ朝が来ちまったらBBを殴るしかない。
となれば、噛むべきはみょんじゅうか。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ゆっくり妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゆっくり妖夢さんの遺言 巫女:足音鵺
ゆっくり:河童
ジョルジュ:不明
BB:占い?
1.占いかけの場合 確定で恋生存のため絶望
よって勝つには恋欠けが必要
2.恋欠けの場合 
ジョルジュが占いCOする?
ジョルジュとBBで殴り合って、どうぞ。
わかってるとは思うが魔理沙は村確定だ>巫女
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「これで終わらない、となると恋がいる場合は
朝の時点で俺視点完全に詰み、よって恋などいなかった、でFA。

まぁ巫女が鵺であることが動かない以上俺じゃない3人目が狼なわけで。
そりゃBBだよなってのは事実。」
巫女 「恋PPですか?(震え声」
巫女 「ああ…続くのね
そしてPPないならジョルジュ吊り!」
BB
           > ´:::: ̄ ̄ ̄::::`::::<
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミミ'ハ
      ./.:::::::::::::::|:::::i|:::::::::::::::::::::::::Y::::i::::i ミ三冂\
     /.:::::i:::::::::::|:::::i|::::i::::::::::::::::::::::}::::| |::::彡i 弋 \
     |:::::::|:::::::::::|:::::i|::::i::::::::::::::::::::::}从:仆 彡:|  }  ヽ     確定狼ごっつあんですよジョルジュ
     |:::::::|:::::::::::|ィ .|`|仆:::::::>iノl`==ー-.|ヘ:|__}\/
     |:::::::|:::::::::::| レ::::|:三\/_=ニ三三|  | | |        占い先はジョルジュですけどそこしか出ませんし
     |:::::::|:::::::::::|=Y⌒ヽ_三三三三三三|. /| | |
     |:::::::|:::::::::::|=乂__ノ三、ニ三三三三|ノ: | | |\
     |:::::::|:::::::::::|三三、___ _,,ィ    |:::::| | |.  \
     | /.|:::::::::::{ハ    マ        イ /.|_.」」.   \
     |/ .|:::::::::::| 厶          丿 /::::/       /
.      /  |:::::::::::|:::::::::::≧ュ  こ   ィi:::::::/      /
.    /    |:::::::::::|\_/\≧   /\/     /
     \  |:::::::::::|  \i   \ /  /       .三≧、
.    / \ |:::::::::::|   \._/\___/.            ハ
    /:::::::::/|:::::::::::|    .∧ ハ___ハ/.          }
.   /:::::::::/ ハ.:::::::|    / //| ト ∨.             ノ
  /:::::::::{   ハ. |   // / | | \∨          /
巫女 「やった!勝った!第三部完ッ!」
BB 「まさかの初日QP。
いやあ助かりました」
巫女 「魔理沙の遺言がない件について
逃亡者かブン屋か…あるいは辻斬りか、残し忘れか…」
巫女 「これ、魔理沙も村確定だしね
心置きなく勝利できるわーかーっ」
BB 「単に書かなくてもいい位置じゃないですかね?>巫女」
ジョルジュ 「俺が占いでない、巫女は魔理沙の正体を知っている。
恋がいる場合俺は必然的に敗北する。だが恋が欠けている場合占いが行方不明。

あ、これ完全に詰んじまった。」
巫女 「ところで、BBはなして魔理沙へ投票を?
そんなに怪しかったのかしら?」
ジョルジュ 「初日が持ってくくらいならBBに矢を撃たせろよなー…という気持ちは
そりゃジョルジュ的にはある」
巫女 「そうね、ジョルジュが初日にあたしかBBあたりに○投げる占い師で出ればまだ勝算はなくはなかったわね」
BB 「魔理沙がとてつもなく恋人っぽくて…
連鎖爆発願ってました>巫女」
巫女 「その場合、魔理沙が吊れて、アタシかBBあたりを噛んで、占い師殴り合いって形にね
ジョルジュがQP見られて吊れるパターン? それは分野外よ(真顔」
巫女 「恋狼見たってことね
魔理沙ってば罪づくりな女! >BB」
BB 「ちなみにこの人数なら刺さっても出ていきますね」
ジョルジュ 「まぁあとは俺は勝敗欄のツートンカラーが
黄色&黒なのか桃色&黒なのかを見るだけになるな(嘆息

深夜だからこそ騙りはサボれないね、全く」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
巫女1 票投票先 →ジョルジュ
ジョルジュ2 票投票先 →巫女
BB0 票投票先 →ジョルジュ
ジョルジュ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/03/18 (Fri) 01:55:34
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
巫女 「勝ったわー
お疲れ様」
魔理沙 「おっつおっつ」
ジョルジュ 「うむ、無念である。

事故の予感の配役ではあったんだから事故れや、と。」
BB
                  __
              ..:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
              /ハヘ :_:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.|   \::::::::::::::::::::::∨
             |:.l:l:∨\/l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨      内心ビックビクでした件
            从:.|  |∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!\
            { ∨ .|/:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      巫女×妖夢もありそうで
               ゝ|  |从:.:.ト::::::::::::::::l
             ヘl ∧ :::::!:::::::::::::::|
             //|/ヽ∧::::::::::::::::::::::::l
                 /////∧ ::::::::::::::::::\
             ///////∧::\::::::::::::::::::\
       ___ イ////////∧::::\::::::::::::::::::\
     r‐fi i/////////大__// ∧:::::\::::::::::::::::::::\
     ゝイi {//////イ////}/// ∧:::::::\::::::::::::::::::::\
         | {////////| ̄ ̄| ヽ//∧:::::::::::::\:::::::::::::::::: \
       | {///////     〈///// ∧:::::::::::::::\::::::::::::::::::::\」
BB 「おつかれさまー」
巫女 「村付鵺と占い師が即座に出たのが狼に厳しかったわね
初日恋だと尚更」
ゆっくり妖夢 「QP初日が完全に頭から抜けてたね()」
BB 「村の勝ち目って初日恋人か狼恋人しかないんで…」
ジョルジュ 「●見つけられると村の策が一択になる以上詰むのは把握してた。

鵺の可能性で白結果でも詰みうることは忘れてた。」
魔理沙 「まあ村無理ゲーかとおもいきや狼無理ゲーだったと。」
ジョルジュ 「BBのおっぱいを揉もうという気概が足りていなかったということだな(結論」
BB 「まあこの人数で琵琶が出るとどうしようもないですよねー」
ゆっくり妖夢 「暗殺ワンチャン...(震え)」
魔理沙 「やっとキャップ機能使えたし、これで日曜日のGM業がっつりできるからお前らしっかり寝ておけよー」
BB 「死んでください(ニッコリ>ジョルジュ」
魔理沙 「(すさまじいブーメラン」
魔理沙 「そんじゃあおつかれめう」
ジョルジュ 「あとはまぁ、占い二人POPすれば状況上票は占いに集まる、
そうなるとQP陣営の票固めが怖いのがなぁ、というのはあった」
BB 「それではおつかれさまでしたー
さて寝ますか…」
巫女 「しかし村役も何気に酷いわね
占い師・河童・村人って、特に最後…」
ジョルジュ 「そいじゃお疲れさまでした。」
ゆっくり妖夢 「それじゃあ村立て同村オッツオッツ」
巫女 「あら?日曜日何かあったかしら?」
魔理沙 「やる夫村7周年記念なのぜ。私が日中GMするが、どうせなら深夜からオールナイト村立てとか考えてるのぜ>巫女」
巫女 「あら、7周年
そんなにやってるのね」
巫女 「いけたら行くわ
お疲れ様」