←戻る
【雛番外】 感謝をこめてRPマネ【やる夫村7周年記念】超闇鍋村 [4741番地]
~そこにいる貴方はだぁれ?~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 不幸なGM
(生存中)
icon オドロキ君
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon 佐々木
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon 気まぐれなサマナー
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon ボルガっていう
(生存中)
icon 七代目にわ影
(生存中)
icon 比那名居天子
(生存中)
icon Y
(生存中)
icon ニンジャスレイヤー
(生存中)
村作成:2016/03/20 (Sun) 14:55:55
GM 「【他者RP村】 他人のRPを真似する、HN騙り村
GM 幻
[ルール]
・22人超鍋希望付
・CNは普通にキャラの名前でOK
・HNは自分の「HN@モデルの人のHN」で入村
<コンセプト>
一緒に普段遊んでいる人のRP等をして普段の感謝の意を示しましょう」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません

占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意

占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)
 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります
 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

自分の役職はちゃんと確かめよう!
 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ
 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください」
GM 「HN=CNでも、HN≠CNでもありませんので注意です」
GM 「イメージとしては、村中ではいつもの鍋とあんま変わらない感じで、
終わってから(霊界いってから)「いつもお世話になってるこの人のイメージでやってたよ!」とバラす感じの村です」
GM 「GMの時計で15時ちょうどに入村許可とします(現在58分45秒」
GM 「あと15秒~」
GM 「5」
GM 「どうぞー」
かり が幻想入りしました
オドロキ君 が幻想入りしました
オドロキ君 「弁護側!準備完了です!」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「いらっしゃい」
ゆっくり妖夢 「あっ、登録情報間違えた(
メ ガ ト ン コ イ ン
こんなんじゃRTAにならないよ~
はいリセット」
ゆっくり妖夢 は ゆっくり妖夢 に KICK 投票しました
ゆっくり妖夢は席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
オドロキ君 「ミスは誰にでもありますからね!修正して入村してください!
俺の登録情報は!大丈夫!です!」
かかかり が幻想入りしました
かかかり 「よろしく、ちょっと考え中」
GM 「まあまったりと1530点呼、埋まったら前倒しで」
karin が幻想入りしました
karin 「よろしくー
考え中!」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「着くゥ〜(2回目)」
karin 「あ、間違えた(真顔
出直します」
球磨川禊 が幻想入りしました
karin は karin に KICK 投票しました
karinは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
雷 が幻想入りしました
球磨川禊 「『やあ』」
GM 「即埋まりしてないしちょっとややこしいし、ごゆっくりー>間違えたって人」
「大丈夫よ、私がついているわ!」
GM 「いらっしゃい」
ゆっくり妖夢 「いやぁ文字数制限は強敵でしたね……
2回も復活して襲い掛かってくるとは(悪魔城並感)」
かかかり 「同じく出直してこよう。そうだこれユーザー名変えれないだった」
かかかり は かかかり に KICK 投票しました
かかかりは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
オドロキ君 「…おまえか!?おまえなのか!?」
球磨川禊 「『そうだよ僕だよ!』>オドロキちゃん
『君の生き別れの弟だ!』」
ゆっくり妖夢 「はい、走り直してどうぞ(無慈悲)」
「ええ、わたしよ!わたしよ! >オドロキくん」
オドロキ君 「やっぱりおまえだったんだな!球磨川!
俺は!容赦!しません!」
GM 「ん、アンカーのかりさんが入れなくなったらしんで一回蹴るです」
ゆっくり妖夢 「ユーザー名周りはうっかりするよね。
あーもーこんなんじゃRTAにならないよー」
不幸なGM は かり に KICK 投票しました
かりは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
フランドール が幻想入りしました
かりかりかり が幻想入りしました
フランドール 「よろしくね」
かりかりかり 「よろしくっと」
GM 「いらっしゃい」
フランドール 「(」
オドロキ君 「…はっ!いつの間にか俺がアンカーになっている!?」
ゆっくり妖夢 「序盤のリセポイントほんとすこ
走り直さなくていいし」
かりかりかり 「かりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかり → 佐々木
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5758 (佐々木2)」
佐々木 「やあやあ」
ゆっくり妖夢 「おう、乱数調整お疲れさん>オドロキ君」
フランドール 「ツルペタ同盟が増えてるわね>雷 佐々木」
GM 「せやで>オドロキくん」
球磨川禊 「『ま、僕は君の事なんて全然知らないんだけどね?』>オドロキちゃん
『そうか、君が僕の兄さんだったか』」
オドロキ君 「(乱数調整…?)」
「オドロキくんはTASだったのね!
すばらしいわ!」
佐々木 「まあ、RPマネだしね、色々と難しいというのはあるかもしれない」
オドロキ君 「兄とか弟とかは知りませんが!俺はお前を許しません!」
フランドール 「やるじゃないオドロキ、弁護士のやることじゃないけど」

  |   |   || |  /  / _/\/\/
\                /  \
  ,. .-.‐ ―――.- . . .       /      も
,. ;´: : : : : : :,ィ : : : : ヾ: : `: .、_____,, <   頼  |
:/: : : : ,: : :/ | : : : : : :}ヾ: : : :` ̄゜ \  っ   っ
:: : : : /: ::/ ゝ、: : : : : jノ\: 丶 :\ /  て.  と
: : : :/: :,z=ミ、ヾ; : ::/,z=ミ、、:ヽ::/   い  TAS
: : ,イ/{{   }} j:/ {{   }} !==i \   い  に
/::| とつ= ''' ´   ゙ =とつ\:|: : :\  の
: : ::| 、 、 、 ______    、 、 、  ヽ: ::/  よ
: : ::|   /V      `ヽ     }::<   !?
: : ::|  i           i      人: :\
: : 人  |          ノ    /: :人: //\/\/」
オドロキ君 「冤罪!冤罪です!!」
GM 「本人が同村してて「誰だこいつ!?」ってなるレベルでの真似っ子もそれはそれですばらしいですけど、
そんけーするアノ人のガワだけでも!ってのもそれはそれで」
オドロキ君 「俺は弁護士です!弁護士のはずです!
決して!TASでは!ありません!!」
フランドール 「(実を言うとこの人のマネがこれでいいのか自信がないCO)」
オドロキ君 「(僕もこの人の真似をしていいのかと正直迷ってます)」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 不幸なGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2595 (上条当麻 03)」
フランドール 「こう常に特徴的なアイコンばかりを使う某さんはいいのだけど、
そうでない人だと難しいものね」
「Toりあえずオドロキは
dAい丈夫
でSu!
だからTASよ!問題ないわ!」
不幸なGM 「ま、そこらへんは愛情表現の手段の問題ってことでいいんじゃね(適当」
球磨川禊 「『僕を倒そうと思ったらそれなりに頑張らないといけないぜ?』
『どうせ僕が負けるけど、負けるが勝ちって言葉もあるからね』」
フランドール 「そうね、なによりもお世話になってる気持ちが伝わればいいわ>GM」
ゆっくり妖夢 「愛さえあればラブイズオーケーってどっかのリーダーも言ってたし、
ま、多少はね?」
オドロキ君 「大丈夫…なんでしょうか…?
いいや!俺は!大丈夫です!」
不幸なGM 「システム:村のオプションを変更しました。」
球磨川禊 「『僕の能力で』
『ベストタイムをなかったことにした』」
不幸なGM 「普通村側と少し合わせてみましたよっと」
フランドール 「(むしろ終了後などに「中身おまえかよぉ!」と言われる方が楽しみ)」
「それがほしいなら配役隠蔽モードを付けるといいわね!>フランドール」
不幸なGM 「GMは残念ながら予告の時点で中身バレしてるからな。
そこは参加者たち同士のお楽しみってやつだ>フランドール」
不幸なGM 「すげーすげー
普通村側のやつもGMやてなかったら参加したかったレベルですげー」
フランドール 「GMは残念ながらどうしようもないからね>GM
配役隠蔽モード、それも楽しそうだけどログを見るときに勧めたいわ>雷」
ゆっくり妖夢 「普通鍋も迷ったんだよなぁ(RTA奏者の屑)」
オドロキ君 「やる夫が沢山いますね!どれがどれだかわからなくなりそうです!」
薔薇水晶 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「もはや鍋に毒されて村を鍋と脳内変換
これはRTA奏者の鑑ですわぁ」
佐々木 「おや、こんにちは」
フランドール 「やる夫@ロウルートは読んだことあるわ。なかなか救いがなくて好きよ、私」
不幸なGM 「大丈夫だ、昔できる夫A~できる夫Zまでいた村があったから(遠い目 >オドロキ君」
オドロキ君 「オドロキ君 さんが登録情報を変更しました。」
薔薇水晶 「R(リアル)T(タイム)A(アタック)?」
オドロキ君 「全員できる夫とかそれもう怖いですよ!」
ゆっくり妖夢 「やる夫スレ側に行くのなら、「やる夫は帝都の守護者」スレをやろうかと思ってたんですけどねぇ~
なお、渋いやる夫のAAが無かったことがこっちに来ることを決めた決め手でした(小声)」
「大丈夫よ!あたしがついているわ! >オドロキ君」
フランドール 「さっさと全員オドロキ村を建てなさいよ、私の言うことが聞けないの?>オドロキ」
不幸なGM 「絶望ゼミのスレはリアルタイムで追ってた数少ないスレの一つだったなあ」
薔薇水晶 「26人村じゃないですかやだー >GM」
フランドール 「絶望ゼミのはけっこう有名よね」
オドロキ君 「オ、オドロキ村…?
お、俺は大丈夫です!」
佐々木 「最近はあまり見てないなあ」
気まぐれなサマナー が幻想入りしました
気まぐれなサマナー 「人が来ないと思ってる所に我参上
もっと崇めてもいいんだよ?(ドヤァ」
ゆっくり妖夢 「他の候補は「やらない夫MMスレ」のやる夫とか、
「やる夫と翠星石は喧嘩友達のようです」のやる夫とか、
「やる夫は神の暇つぶしでテンプレチート異世界転生をするようです」のやる夫とかも悩んでた模様」
フランドール 「見てる人たちが大丈夫じゃないけど>オドロキ
ただ、たまに全員同じアイコンというのはやりたくなるわね」
不幸なGM 「なんだっけ、占い師が妖狐呪殺したら背徳者がどばーって死ぬアレでオドロキ君村できるんじゃね(適当」
球磨川禊 「『おいおい全員オドロキちゃんの村なんてホモしか得しないだろ』
『せめて男にしても僕くらい可愛い子で頼むぜ』」
ゆっくり妖夢 「ひゅーひゅー(申し訳程度の歓迎)」
不幸なGM 「いらっしゃい」
気まぐれなサマナー 「もうちょっと歓迎の仕方があるダルォォオオオ!?>ゆっくり妖夢」
球磨川禊 「『歓迎するよ、だからお金貸してくれ』>サマナーちゃん」
フランドール 「いつかの苗木を囲む狛枝村ね>GM
あれは狂気だったわ(遠い目」
フランドール 「(このサマナーうざい)」
オドロキ君 「狛枝村…大丈夫じゃなさそうな響きですね!」
薔薇水晶 「ホモじゃなくてもボクが得します(キリッ >球磨川」
気まぐれなサマナー 「いいだろう
利子は一日で倍な>球磨川」
佐々木 「たしかどこかで背徳村を狛枝でやってなかったっけ」
ゆっくり妖夢 「じゃあメガトンコインあげるからあの氷の橋わたってきてよ>サマナー」
球磨川禊 「『歪んでるね、嫌いじゃないぜ』>薔薇水晶ちゃん
『でも全員君の村ならパンツも見放題で僕はそっちの方がいいな』」
薔薇水晶 「歓迎したらボクをアニメに出してくれますかね? >気まぐれサマナー」
不幸なGM 「狛枝&苗木、工藤&服部が今までやってたやつだったかな」
気まぐれなサマナー 「(幼女にうざいと言われる…ありだな!)」
球磨川禊 「『借用書は僕の能力でなかったことにしておくから』>サマナーちゃん」
「提督村もあってもいいじゃない!」
フランドール 「ロンメル・ザ・ヒーローも痛快だったわ。
というより童帝スレはやっぱり多いわね、見てると」
気まぐれなサマナー 「俺がそんなコイン如きで釣られるかぁああああ!
あ、召喚獣はルール上OKだよね?>ゆっくり妖夢」
フランドール 「私、貴方よりずっと年上なんだけど?>サマナー」
薔薇水晶 「やだやらしい。
ドールのパンツを見て喜ぶなんてやーいへんたーい

でもホモが嫌いなドールはいません。 >球磨川」
オドロキ君 「やる夫スレですか…ヤルオはDIOと逃げるようですが好きですね
あとはスモチ荘でしょうか」
不幸なGM 「水銀燈vs真紅なんてのもおもしろそうだからそのうち企画するか」
「私の好きなやる夫スレを探してみたけど
セカンドだったからログが消えていたわ!」
気まぐれなサマナー 「あぁいいだろう!
体の色を透明にしてアニメに登場させてやる!
しかもそこに音声切ってだ!!高待遇だろう!>薔薇水晶」
球磨川禊 「『おいおい変態なんてそんなに褒めないでくれよ』>薔薇水晶ちゃん
『褒めるよりまずはパンツを見せてくれ』」
不幸なGM 「(普通村側にもしも行けそうだったらR18スレで入りたかったなんて言えない)」
フランドール 「掲示板が消えてるなんて、儚いわね>雷」
薔薇水晶 「ホモが大好きな銀姉さんとホモが大好きな真紅村か……。
悪くない。」
ゆっくり妖夢 「こいつR18とか言い出しましたよ
やっぱ好きなんすねぇ~>GM」
「掲示板じゃなくてサーバーが消えたのよ!わいわいかきこはね! >フランドール」
薔薇水晶 「それ空気じゃないですかやだー!!!
歓迎!! しません!!! >気まぐれサマナー」
ジョルジュ が幻想入りしました
気まぐれなサマナー 「ぐはぁああああああ!?
それはそれで…アリだな(キリッ>フランドール」
ジョルジュ 「変わらずおっぱいを求めて」
薔薇水晶 「ドールのパンツで……いいの? >球磨川」
不幸なGM 「いらっしゃい」
気まぐれなサマナー 「ジョルジュが出たぞォオオオ!」
ゆっくり妖夢 「パン……ツ……?(体を確認しつつ)」
フランドール 「(ドン引き)>サマナー」
薔薇水晶 「薔薇推奨だからね、仕方ないね >GM」
球磨川禊 「『女子のパンツはね、男の子の希望なんだ』>薔薇水晶ちゃん」
オドロキ君 「人形相手に興奮するとかやっぱり変態ですね!!!」
「大丈夫よ!私がいるわ! >ジョルジュ」
ゆっくり妖夢 「ほら、ノーパンだぞ。喜べよ。」
佐々木 「相変わらずだなあ」
球磨川禊 「『この村のおっぱいを無かったことにする前に既に無かった』
『何を言っているかわからないと思うけど要するに貧乳しかいない』」
薔薇水晶 「ドールを女子と分類するのは人としてありなんだろうか。>球磨川」
気まぐれなサマナー 「(妖女に冷たい目で見られる…これはこれでありだな!!)」
球磨川禊 「『君、仮にパンツはいたところでどう足掻いても変態仮面にしかならないいだろ』>ゆっくり妖夢ちゃん」

                                >'⌒冖冖¬―--....
                               ,..-/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
          fくつk  fくつk        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.            \//\ \//\-=彡イ:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 __           \//\ \//\ /_/:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l!:.:|:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:\
/    \           \//\ \///―:.イ:.:.:.:.|:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:|:.:.:.:.:.:.:ト:.:\:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.ヽミ
 い や |            \//\ ../:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:/:.:|、:.:.:.:.:.:.:≠=Lュ、:.:.:.|:.\:.\:.:|:.:.:.:.:.:ハ
 な  っ !             く//\:.:.|::.:.:.:. |:.:メi:.:.|‘;.:.:.:.:.:.:ハl V!  ≧ト:L/ >:.ミ=-:.:|:.:.:.ハ
 い ぱ |.               \/|:.:/:.:.:.:.:.:ト:.l_ Ⅵ ト:.:.:.:.:.|士土___  ∠/:.:.:.:./:.:.: |:.:.:.:.|
 と  り. !                   |:イ:.:.:.',:.:.:_i:|zzz( | \:.:.|´ヒう竿抃ミ/:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.‘,:.:.:.:|
 ダ   ` >          /二二二/:|:.:.:.:.ヽ:イ´|ア::リ   u ヽ{...ゞ辷ィり_/:.:.:.:.:.:./:.:.ト:.:.:.:`、:.|
 メ. 私 |            ////////:.∧:.:.:.:.:.:.iヽゞ‐'::::::::::,:::::::::::::::::::::とう:.:.:.:.:.l:(ヽ:.V:.\:.:V
 ね が /          .{/-―‐ /:.:/―i:.:.:.:.:.{::::::::::::::::::___ :::::::/:.:.:.:.:.:.ハl /:.|:.:.:.:.:.ト \
ヽ__/            ヾ///∧:.〈三/:.:.:.:.:.:ヽ u   Y   ゙^〉 ∠イ:.:.:.::./乏lノ:./:.:.:.:.:/ 〉
        ぴ         \//「>x://|:.:.:./|:.:l:>:.、  ヽ-- '  /:.:.:.//l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:|/:.
          <         ,\\/≧l/-ヘ:.ト__:. _>-r< /:./:フ/≧、:.:.l:.:.:.:.∧:|__/
          っ       //////>ニ/ / ノ{{::::/♀ミyイ/彡'´_ l_:.:.:.ト:.:.:.:|///
イ/_「⌒\・       ; //////////  _,.ィ_{:i:{{:/斗r七彡'" /   :|//////\/〉
///////>ヽ’ ,. ・ /////////  r'´  /:ア_/ー--イ   /      |////////>x
////{``ヽミ//ハ__-―――<  ⌒ /..:::::/:i:/:i:|   ‐   ..y      |//////////|
/////ヽ   _こ〕}}::\}         ノ'  /:i:i:i:i:i/ ::...........    {        |//////////| >ジョルジュ」
ジョルジュ 「ありがとう、でもおっぱいがないのでNGだ>雷」
不幸なGM 「のーぱん、ああ、そうだな……(遠い目」
ゆっくり妖夢 「彼らはもう駄目みたいですね>この鍋の男性陣を見ながら」
霊夢 が幻想入りしました
ジョルジュ 「というかおっぱいの気配がないぞ!」
霊夢 「よろ」
佐々木 「ダメじゃない存在の方が少ないさ、多分」
薔薇水晶 「変態仮面まんじゅう(まずそう)」
フランドール 「誰か早く通報して豚箱に打ち込みなさい>妖夢」
不幸なGM 「いらっしゃい」
佐々木 「やあやあ」
気まぐれなサマナー 「ちょっとそこの雷ちゃんがもうダメなんで
俺が持ち帰って保護してもいいのではないだろうか?」
オドロキ君 「俺は!大丈夫!です!」
球磨川禊 「『パンツ見せてくれ(やあこんにちは)』>霊夢ちゃん」
不幸なGM 「俺は関係ないだろ、そうだろ!?」
ボルガっていう が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「通報……通報……?
ボタンを押す手が無いんですがそれは」
「大丈夫よ!私がついているわ! >ゆっくり妖夢」
ボルガっていう 「ホッホッホっていうwww
お許し、好きかい?っていうwww」
七代目にわ影 が幻想入りしました
佐々木 「ああ、大好きさ!>お許し」
七代目にわ影 「だらしないRPですまない……。」
ゆっくり妖夢 「あ、オドロキ君忘れ物ですよ イア「>雷」」
不幸なGM 「いらっしゃい」
気まぐれなサマナー 「あぁ、駄目みたいだな…
でも俺がいるからまだ常識を保ってられるぜ!男性陣唯一の常識人だからな!>ゆっくり妖夢」
球磨川禊 「『豚箱で臭い飯を食べようとも』
『男の子のロマンはとめられないぜ?』」
ジョルジュ 「代わりに浜風っぱいとか潮っぱいが来ればいいんだがな。
というか来てくださいお願いします」
佐々木 「と、いえばいいのかな」
フランドール 「貴方の顔面ごとやつらともども連行しなさい>妖夢
どうせなら私が吹っ飛ばしてやってもいいわよ」
薔薇水晶 「そのあごは何のためにあるのだ!!
さあボタンを押すがよい!! >ゆっくり妖夢」
オドロキ君 「球磨川ァ!やっぱり貧乳好きの変態かぁ!」

  |   |   || |  /  / _/\/\/
\                /  \
  ,. .-.‐ ―――.- . . .       /      も
,. ;´: : : : : : :,ィ : : : : ヾ: : `: .、_____,, <   頼  |
:/: : : : ,: : :/ | : : : : : :}ヾ: : : :` ̄゜ \  っ   っ
:: : : : /: ::/ ゝ、: : : : : jノ\: 丶 :\ /  て.  と
: : : :/: :,z=ミ、ヾ; : ::/,z=ミ、、:ヽ::/   い  私
: : ,イ/{{   }} j:/ {{   }} !==i \   い  に
/::| とつ= ''' ´   ゙ =とつ\:|: : :\  の
: : ::| 、 、 、 ______    、 、 、  ヽ: ::/  よ
: : ::|   /V      `ヽ     }::<   !?
: : ::|  i           i      人: :\
: : 人  |          ノ    /: :人: //\/\/」
ゆっくり妖夢 「オドロキ君 「俺は!大丈夫!です!」>雷

これで解決! フゥ~↑ 気持ちイイ~」
不幸なGM 「まあ鍋ならはじめるぞはじめるぞ言っておけばズサくるだろ(適当
ってことでそろそろ準備しておいてくれ」
球磨川禊 「『ん?誰が唯一の常識人だって?』
『聞こえなかったよ、耳にネジが詰まっててね』」
薔薇水晶 「やだ……ドールに興奮するなんてへんたい……。」
フランドール 「わりと誰を真似るかで迷ってる人が多いと思うわ>GM」
ボルガっていう 「…この村致命的におっぱいが足らぬぞ、っていうwww」
比那名居天子 が幻想入りしました
気まぐれなサマナー 「この村HNが特殊だからズサで間違ってるとかないのだろうか?
まぁそこはGMが見て注意してくれるか」
「村の形式が珍しいものね
迷っている人は多いと思うわ」
球磨川禊 「『おっぱいに貴賎は無いぜ』>オドロキちゃん
『デリカシーの無いやつだなあ君は』」
ジョルジュ 「同志でっていう、おっぱいを連れてこい」
Y が幻想入りしました
球磨川禊 「『パンツ見せてくれ(やあこんにちは)』>天子ちゃん」
不幸なGM 「いらっしゃい」
佐々木 「予めこういう特殊な村では準備が大切、さ」
オドロキ君 「お前が言うな!お前が!>球磨川」
Y 「よろしく」
フランドール 「私も入るときに間違えたくらいだから>形式」
薔薇水晶 「ボクもその手合いだったね。
誰をまねるにしても自信がなくて >フランドール」
佐々木 「ほー」
比那名居天子 「宜しくお願いするわ。」
不幸なGM 「まあズサでHNミスってたら再投票大変だし、趣旨自体を間違えてる系じゃなけりゃ
続行でいいんじゃね(もっしゃもっしゃ」
フランドール 「私も正直いうとこれでいいのか自信はないわ。
ただのキャラRPになってるかもしれないけど>薔薇水晶」
ボルガっていう 「おっぱいは連れてくるものじゃなくてついてくるものじゃろ… っていうwww>同志ジョルジュ」
霊夢 「騒がしいわね相変わらず」
「時間ね」
佐々木 「相手を思う気持ちがあれば、それで十分だと思うよ」
オドロキ君 「時間ですね!ではカウントを始めます!」
比那名居天子 「完全な模倣なんて誰だって無理よ。
それが人間だもの。」
不幸なGM 「集まるか最初不安だったけど15人来たなら御の字だな!」
オドロキ君 「3!」
球磨川禊 「球磨川禊 さんが登録情報を変更しました。」
気まぐれなサマナー 「ふぅ…しかしこんなに濃い面子とは…
常識人でもあり、ほぼ空気である俺には辛い空間だな…」
オドロキ君 「2!」
薔薇水晶 「ただ正直ボクは今すごく空腹だから
おやつくれた人にはサービスしちゃうぞ」
ゆっくり妖夢 「ボロは出るものだから、ま、多少はね?」
佐々木 「まだ投票してない人がいるよ>オドロキ君」
球磨川禊 「『霊夢ちゃんの準備がまだだぜ』」
ニンジャスレイヤー が幻想入りしました
不幸なGM 「ストップ、霊夢がまだ」
霊夢 「投票済ませたわ」
ボルガっていう 「ボロとか出てくる気しかしないじゃろ… っていうwww」
気まぐれなサマナー 「ほーらほーら
甘いドーナツだぞぉ!ふはは食べたいか!>薔薇水晶」
ゆっくり妖夢 「っと、霊夢が投票まだですねぇ
チャート確認は大事。チャーんト確認しなきゃ」
オドロキ君 「あっ…申し訳ありません」
不幸なGM 「いらっしゃい」
七代目にわ影 「HHEM村民が出たぞ。
吊るせ。」
ゆっくり妖夢 「アイエェェ!? ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」
オドロキ君 「では改めて3!」
「よろしく頼むわね!」
球磨川禊 「『じゃあおやつをあげればパンツ見せていただけるんですか』>薔薇水晶ちゃん」
ジョルジュ 「NO OPPAI NO LIFE
よってジョルジュは死ぬ」
薔薇水晶 「ドーナツ!(ガタッ) >気まぐれサマナー」
オドロキ君 「2!」
Y 「ニンスレーにわ影」
ゆっくり妖夢 「女の子にプレゼントするならサンドイッチに決まってるだるるぉ!?>サマナー」
フランドール 「いつも通り、賑やかにいきましょ?」
オドロキ君 「1!」
霊夢 「少し読みふけっていたわ
私もそこまで自信はないわ」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ。ニンジャスレイヤーです」
薔薇水晶 「(そっちのサービスじゃ)ないです。 >球磨川」
Y 「自撃ちなのが残念」
オドロキ君 「俺は!大丈夫!です!」
気まぐれなサマナー 「いやしんぼめ!
2つか!!3つ欲しいのか!>薔薇水晶」
ゲーム開始:2016/03/20 (Sun) 15:33:20
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
「◆不幸なGM 集まってくれてありがとな! GMの中の人は幻だ
まあ感謝の気持ち忘れず普通に楽しんでくれればいいさ」
比那名居天子 「響よ」
ボルガっていう 「紅狼じゃよっていうwww」
佐々木 「僕のRPマネはいない感じだなあ」
佐々木 「素狼だね」
ボルガっていう 「ハーレムだけどおっぱいが足りないのうっていうwww」
比那名居天子 「素紅響って苛めじゃないの!」
佐々木 「基本噛み役はボルガっていうかな
占い日記は一応書いておくけれど」
「◆不幸なGM 希望への苦情は受け付けません>該当者ら」
ボルガっていう 「わしのRP真似いたらむしろびびるぞいっていうwww」
佐々木 「告発があったら割っていいよ>ボルガっていう」
ボルガっていう 「一応傀儡師日記は書いておくぞいっていうwww
告発されたら出るぞい」
「◆不幸なGM 村立て感謝は村を楽しむことで代えてくれーっといつもの>該当者たち」
比那名居天子 「私の真似は案外楽な方よ」
ボルガっていう 「ああ、割るんじゃなっていうwww
了解っていうwww」
佐々木 「そんぐらい、共有いないみたいだし、村9狼4ならそこそこと言ったところさ」
比那名居天子 「マニアが来ればいいわねってぐらいで思ってればいいわ
私も占い日記念のために書いておくわ」
佐々木 「それじゃ、130で僕が噛んでおく
紅や響は奇術が奪ってくれる方がいいしね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆不幸なGM ありがとなー 見てるだけでも楽しいぜー>該当者」
不幸なGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
不幸なGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
七代目にわ影 「オプションを変えた普通村か何か?(すっとぼけ)」
オドロキ君 「おはようございます!俺は大丈夫です!(大声)
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
割りと普通ですね、と思いましたが蝙蝠とマニアですか…
……それは置いておいてCOある方はどうぞ!人形とか!」

          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:
    /:.:.:.:ィ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.;イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  __/彡イ∥:.:.:.:.:/斗--<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト--<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
       /:.!:.:.:.:.:./:.:/:.:/  |:.:.:ト:.:.:.:.:.:.: |`、:.:.',\:.:.:.:.:.:.
.     /:. l:.:.:.:.:.|:.:/:.:/  ‘,:.:ト:.:.:.:.:.:.:.:| `、:.',:.:.:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:|:./-―- ヽ{ \\:.:.|   `、',:.:.:.:.:.:.:.
   ./:.:.:.: |:.:.:.:.:.|: lxf斧芋ミ `  ヽ:.ヾ芹テミkハ:.:.:.:/   大丈夫よ!私がついているわ!
.  ./:.:.:.: /|:.:.:.:.:.|:.|´.::::::::::..`    、   ´.::::::..`ヾi/ /
   i:.:.:.:./: |:.:.:.:.:.ド:::::::::::::::::  ____ :::::::::::::::: |/:.:.:    7吊6人外1マニアでもきっと勝てるわ!
   {:.:.:/:.:. |:.:.:.:.:.|ハ     i ´    V ヽ :::::::::: /:.:.:.:.:/
   l:.:.ハ:.:.:.:l:.:.:.:.:.|:.lへ    {      }    /リ:.:.:.:/:
   |:.:.{ ',:.:.ハ:.:.:.:.:l:./>≧s ヽ.     ノ,. イ:./:./:.:.:./:.:    共有者の声は聞こえなかったけど、朝一COはあるかしら?
  人:.:ヽヽゝ:.:.:.:イ:::::::::::::::::{〕Iー‐ iI〔::: >x:./:.:.:./|:.:.
___ヽ:.:.\ハヘ:.ゝ::::::::::::::::「三ミヽ /::::::::::::ヽ/ノ:.:ノ
///////>イ \\\:::::::::::〕―-=/::::::::::::::/ァ-<
//////// |    \\\>‐イ⌒i:/:::::::::::/// ̄ヽ
//////   l   >ヽ:/  "´  くイ::::::///   ∥」
Y 「┌(┌ ^o^)┐ ヤンデレホモ修羅場 ┌(^o^ ┐)┐」
霊夢 「おはよ」
佐々木 「マニアが村についてくれれば楽というぐらいかな
蝙蝠は保護する必要はなし、というのと
マニアが出ない場合、初手○は100%の信用は出来ないね」
フランドール 「おははよう。

オドロキと球磨川で殺し合いをしてくれるんでしょ?
さっさと私を楽しませないと、でないとオシオキが待ってるわよ。」
ニンジャスレイヤー
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
hmmm……普通村に蝙蝠とマニアが生えたようなものか……
球磨川禊 「『やあおはよう!とっても素晴らしい朝だ!』
『なんたって共有者がいない、偉そうにする奴がいないなんて最高だ』
『ま、村の指針がないってのは悲しいことだけどね?』
『それじゃほら、しょうもないCOでも出て来いよ』」
Y 「薔薇天使が出なかったので私は哀しみの海に沈もう……
COがある人はでたら良いんじゃないかな」
薔薇水晶 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
マニアはよ(ばんばん)」
霊夢 「じゃあマニアは出てきなさい」
比那名居天子 「おはよう
共有はいないしマニアいるなら出なさい」
ボルガっていう 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1

可もなく不可もなくじゃなっていうwww」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1

まあ普通、といったところ。COを待ついつものパターンで。」
佐々木 「ふむ、ニンジャスレイヤーコピー」
七代目にわ影 「許せYェ……。
腐れCP出現は、また今度だ。」
球磨川禊 「『神話マニアがでるかどうか、かな』
『ほら、さっさとしろよ』」
気まぐれなサマナー 「村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1

おはよう、さてどんな景色が見れるだろうか
神話がどこ憑くかで変わるという感じかな
フランちゃんや雷ちゃんが俺についてる展開はよ!!」
オドロキ君 「マニアがいない…!?」
フランドール 「マニアがでるかどうかぐらいしか話すことないわね。
でもオドロキがとっておきの芸を見せてくれるんでしょ?」
Y 「ふむ」
「忍者をコピーした佐々木ね」
薔薇水晶 「ホモはラブラブいちゃいちゃしてるのがいいと思います。 >Y」
佐々木 「確認はいるかい?>スレイヤー」
七代目にわ影 「八卦六十四掌。(ガガガッ」
霊夢 「佐々木とニンジャがマニアライン把握よ
今日は吊縄から外す」
ボルガっていう 「お、マニア出てくるんじゃなっていうwww
これはありがたいぞいwww」
ニンジャスレイヤー 「ほう?そうか>佐々木」
比那名居天子 「あら・・・?マニアが出てきたのね?
珍しい事もある物だわ」
ゆっくり妖夢 「はい、よーいスタート(棒読み)
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
7吊り5人外+マニア蝙蝠。マニア人外でもまぁ吊り余裕のある陣営数。
いいですねぇ(恍惚) +801点
共有はいないみたいですね。マニアのCO待ちの姿勢。」
オドロキ君 「佐々木さんがマニアですか!それではささっと確認をどうぞ!」
フランドール 「佐々木がニンスレコピー、確認ぐらいはとってちょうだい。
基本的にはそこのラインを軸にして動いていくわけだから」
「確認をしてその2人は放置してグレランでいいと思うわ!」
気まぐれなサマナー 「神話出たな
じゃあ確認よろしく!
それ終わったらグレランだな」
比那名居天子 「何時もでないのにこう言う時は出るのね
不思議なものだわ。」
球磨川禊 「『なるほど、神話マニアは君かい?』>佐々木ちゃん
『役職の確認とかは任せるよ、好きにしたらいい』」
ゆっくり妖夢 「で、マニアが出てくるぅ~
良いですよ~イクイク」
霊夢 「そして蝙蝠も出なさい
残さないから」
薔薇水晶 「ニンジャスレイヤーコピーとはまた面白いところを……。
RP的につながりがなさそうだけど、まあ了解。」
七代目にわ影 「朝一からガバッてるけど大丈夫?
コントローラー買う?>ゆっくり妖夢」
ニンジャスレイヤー 「別に言ってしまっても構わんだろう。>佐々木」
比那名居天子 「相変わらずの鬼巫女っぷりね。>霊夢」
佐々木 「そもそもRP繋がりでコピーしてもなあ、という感じだし>薔薇水晶」
ボルガっていう 「でもおっぱいがおっぱいをコピーしないこの村に価値はあるのか、っていうwww
そもそも増えるおっぱいもないぞいっていうwww」
Y 「出たマニアは出たマニアに過ぎないから気を緩めないように」
フランドール 「珍しい?基本的に村付きのマニアであればだいたいでてくるものよ>天子
なにかしら、貴方はむしろ出てこないことを期待してた?」
球磨川禊 「『朝一ガバってるじゃないか(困惑』>ゆっくり妖夢ちゃん
『これは再走ですね間違いない』」
薔薇水晶 「(蝙蝠吊って勝てる村じゃないから)ないです。 >霊夢」
「霊夢の言う通りよ、蝙蝠も出ていいわ!
大丈夫よ!私がついているわ!」
ジョルジュ 「マニアは出た。異色なコンビに見える。
その二人を放置してグレランでいいんじゃなかろうか。
ところでユカノ=サンの胸を少し貸してもらいたいのだが」
オドロキ君 「妖精の悪戯とかはありませんか。まだ蝙蝠枠は不明ですね」
霊夢 「私の神社を弄ぼうとしたことは覚えてる>天子」
気まぐれなサマナー 「ニンスレと佐々木…一体どういうコンビなんだ…」
ゆっくり妖夢 「……はい、リセット……と言いたいけれどOPムービー飛ばせないから続行ですね(RTA奏者の屑)>球磨川にわ影」
Y 「蝙蝠はいつだって吊って良い>薔薇水晶」
佐々木 「ああ、なら巫女系統だね>スレイヤー」
ボルガっていう 「お主鬼畜じゃなっていうwww>霊夢
まあわしもこのタイミングで出る蝙蝠なぞ残さんがっていうwww」
フランドール 「え、蝙蝠でてもたぶん吊られるわよ?>雷
共有とか指揮位置いるなら保護されるかもしれないけど」
比那名居天子 「マニアはとりあえず放置でグレランでいいわね」
霊夢 「村を吊らない吊りが悪いということはないわ>薔薇水晶」
Y 「だけど出させる意味は基本的にない」
「大丈夫よ、私がついているわ!(吊らないとは言わない) >フランドール」
球磨川禊 「『単純な確率的に言えば、村コピーがやや高い確率かな』
『要職コピーで潜るやつもいるらしいけど、それは信用が落ちることを考慮してないから僕は嫌いだ』」
気まぐれなサマナー 「妖女可愛いダロォォオオオオ!>ボルガっていう」
ゆっくり妖夢 「蝙蝠は人外だからね。仕方ないね。
そりゃこの段階で出たら確定で非占い非重要役職だし。」
フランドール 「よく見なさい、残さないって言ってるわよ。そこの鬼畜巫女>薔薇水晶」
薔薇水晶 「さてはダイスで決めたな? >佐々木
まあマニアで出ようとしていたの自体は本当だと思うから、そこにつっかかるつもりはない。」
比那名居天子 「この編成で朝一蝙蝠とかただの自殺よ
人外村でも下手すれば吊られるものだから
そう考えるとレミリアって不憫よね。」
佐々木 「蝙蝠は吊っていいよ、残す意味も無い」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ。巫女COです。」
ボルガっていう 「まあマニアは置いておいてグレランランじゃろ、っていうwww
お許し… するかの?っていうwww いやんやめてっていうwww」
球磨川禊 「『蝙蝠って汚いよな』
『COした時点で噛まれない狂人だろ』」
七代目にわ影 「やっぱりR(リアルに)T(楽しく)A(遊ぶ)
じゃないか。(憤慨)」
オドロキ君 「アイエエエ!?ニンジャミコ!?」
「あら、素直にCOしちゃうのね」
フランドール 「結局出たところでグレーが減るってぐらいだけど、
人外が語らないとも限らないから意味ないわよ>蝙蝠COを促す」
霊夢 「なんでCOしてるのよ…
噛まれなさい」
気まぐれなサマナー 「出た以上要職コピーで潜るなんて言っても仕方ないと思うがな
出た場所が人外神話コピー?
そんなの数日見守ってればいいだろう」
薔薇水晶 「むしろ噛まれ柱になって欲しいからCOされても困る >フランドール」
ジョルジュ 「蝙蝠は基本のこのこ出てきたら吊るだろう。
後半の盤面だとまた変わるけど今のところはそんな感じだ。
ところで蝙蝠が村に寄与した事例ってどれくらいあるのか気になる(ジョ並感」
Y 「逆説的に言えば出れば信用するという話になってしまう>マニア」
球磨川禊 「『あ、ふーん言っちゃうのか』>ニンスレちゃん
『そういうくだらねー役職なら占いブラフくらいしてほしかったぜ』」
ボルガっていう 「まあ巫女ならマニアの信用度を上げる上で出るのも悪くないじゃろ、っていうwww」
フランドール 「巫女、か。明らかに見た目男性なんだけど、巫女、なのよね?」
ゆっくり妖夢 「ア、ハイ>巫女CO
まぁ大事なのは村っぽいのが増えたってことだからね
といっても断定できない以上は狼ラインも否定できないけど、まぁ後回し後回し。」
薔薇水晶 「(それこそCOする必要はなかったのでは……。)」
比那名居天子 「COしてしまうと噛まれない言い訳になるのよね
巫女を優先に噛まないだろうといいわ消されるから
だから村なら伏せといていいのよ。」
七代目にわ影 「音速が遅いけど
人外COした時点で村人の囮に死んでもらうだけじゃない?
忍道的に考えて多少はね?」
気まぐれなサマナー 「なんででたぁ!?
CO早すぎるだろぅ!?」
「鏡妖精が人外2択にさせたり、氷妖精が人外を殺すケースはあるわ! >ジョルジュ」
佐々木 「素巫女か、なるほど
こっちは求道者だから詳細は分からないんだよね」
Y 「COするかどうかのその辺りは好みだと思うよ」
ニンジャスレイヤー 「伏せるべき役職でも無いなら、せいぜいライン確認に利用させてもらう。これもニンポだ」
フランドール 「それより佐々木かなにも指摘がないなら、
触りじゃないってことね」
ゆっくり妖夢 「そりゃ先に佐々木が巫女系統って言っちゃってる以上、ま、多少はね?>球磨川」
オドロキ君 「あ、求道なんですか…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆不幸なGM 再投票ェ!」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
オドロキ君3 票投票先 →球磨川禊
ゆっくり妖夢0 票投票先 →霊夢
球磨川禊2 票投票先 →Y
0 票投票先 →薔薇水晶
フランドール1 票投票先 →ボルガっていう
佐々木0 票投票先 →霊夢
薔薇水晶1 票投票先 →霊夢
気まぐれなサマナー2 票投票先 →オドロキ君
ジョルジュ1 票投票先 →気まぐれなサマナー
霊夢3 票投票先 →ジョルジュ
ボルガっていう1 票投票先 →オドロキ君
七代目にわ影0 票投票先 →球磨川禊
比那名居天子0 票投票先 →気まぐれなサマナー
Y1 票投票先 →オドロキ君
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →フランドール
2 日目 (2 回目)
オドロキ君3 票投票先 →球磨川禊
ゆっくり妖夢0 票投票先 →霊夢
球磨川禊2 票投票先 →Y
0 票投票先 →薔薇水晶
フランドール1 票投票先 →ボルガっていう
佐々木0 票投票先 →霊夢
薔薇水晶1 票投票先 →霊夢
気まぐれなサマナー2 票投票先 →オドロキ君
ジョルジュ1 票投票先 →気まぐれなサマナー
霊夢3 票投票先 →ジョルジュ
ボルガっていう1 票投票先 →オドロキ君
七代目にわ影0 票投票先 →球磨川禊
比那名居天子0 票投票先 →気まぐれなサマナー
Y1 票投票先 →オドロキ君
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →フランドール
2 日目 (3 回目)
オドロキ君4 票投票先 →球磨川禊
ゆっくり妖夢0 票投票先 →霊夢
球磨川禊2 票投票先 →Y
0 票投票先 →オドロキ君
フランドール0 票投票先 →ボルガっていう
佐々木0 票投票先 →霊夢
薔薇水晶0 票投票先 →霊夢
気まぐれなサマナー2 票投票先 →オドロキ君
ジョルジュ1 票投票先 →気まぐれなサマナー
霊夢4 票投票先 →ジョルジュ
ボルガっていう1 票投票先 →オドロキ君
七代目にわ影0 票投票先 →球磨川禊
比那名居天子0 票投票先 →気まぐれなサマナー
Y1 票投票先 →オドロキ君
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →霊夢
2 日目 (4 回目)
オドロキ君5 票投票先 →球磨川禊
ゆっくり妖夢0 票投票先 →霊夢
球磨川禊2 票投票先 →オドロキ君
0 票投票先 →オドロキ君
フランドール0 票投票先 →霊夢
佐々木0 票投票先 →霊夢
薔薇水晶0 票投票先 →霊夢
気まぐれなサマナー1 票投票先 →オドロキ君
ジョルジュ1 票投票先 →気まぐれなサマナー
霊夢6 票投票先 →ジョルジュ
ボルガっていう0 票投票先 →オドロキ君
七代目にわ影0 票投票先 →球磨川禊
比那名居天子0 票投票先 →霊夢
Y0 票投票先 →オドロキ君
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →霊夢
霊夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニンジャスレイヤー 「ドーモ。ボルガっていう=サン
奇術師です。良くないものを押し付けられたものだ。」
比那名居天子 「いきなり引き分けになりそうだったわね。」
ボルガっていう 「よく見れば人狼になっているっていうwww」
佐々木 「独断でいかせてもらったよ、と、おや>奇術師」
比那名居天子 「あらよりにもよって紅をコピーしたのね?
じゃあボルガも素かしら」
佐々木 「まあいいや、天子とボルガは占い日記を頼むよ、噛み先は私とスレイヤーで考えよう」
佐々木 「ああ、天子が響で僕が素狼だ」
ニンジャスレイヤー 「狐に余計な情報を与えてしまったな。噛みたい位置はあるか?」
佐々木 「オドロキ君が占いはない、というぐらいでんー」
比那名居天子 「誰か囲いほしい?
と言っても現状だとボルガしか囲えないだろうけど」
佐々木 「フランか球磨川かなあ>噛みたい位置」
佐々木 「お好きにどうぞ>囲い」
比那名居天子 「噛むならフランや薔薇水晶あたりかしらね
ここらなんか持ってそうではあるわ」
ニンジャスレイヤー 「雷とかはどうか?」
ボルガっていう 「こっちは天子囲いで日記書いてしまったぞっていうwww」
佐々木 「じゃ、ボルガに噛みは任せる
フランで行こう」
ボルガっていう 「フラン1:30じゃなwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
フランドール は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フランドールさんの遺言 フランドール様が占いCOよ

佐々木◯にわ影

吸血鬼なのに占いなんてコレジャナイ。ぐすん。

初日 佐々木 ◯
右占いしてみる以上の理由なんてものはないわ。

二日目 にわ影
そこマニアとかちょっと占い損って感じよね。
ひとまずほかに気になったところを占っていくわ。
にわ影とか解けないかしら(0票位置)
霊夢さんの遺言 未亡人
初日狂人
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ゆっくり妖夢 「おはよう」
オドロキ君 「おはようございます!俺は!大丈夫です!(絶叫)
要職コピーで潜るのは狼から隠れるための立派な戦術であって、
ラインが繋がる可能性も考えずに信用が落ちると言っていた球磨川に投票しました!」

やみなべ雷の図
                      ___
                    /     だいたい村の事を考えてる脳
占い師の○っぽい髪型 ̄\  /
          、  _,/ ̄ ̄` ̄ ̄\
            ̄/    ,  ハ .i  :::丶  / ̄ ̄ 高度な狼センサーなっている後ろ髪
             〈|   ,×ム //V〓 :::: iゝ
  人外の挙動─- j v、! ┃  ┃ i :::::::: |'
を見逃さない目  ノヘ 〈"   ワ  "/ ::::::i人 ─── 覚えたての役職情報をしゃべる
           レ, , ` ーゥ rュイ人レ' `丶
グレランの不審票 ̄レ^V´ `V_,ィtー 、 「| 「|
を許さない姉の威厳 /  `央ー'j  \_|:| |:|\___ 巨大な12.7cm処刑投票
             ,/ー 、{,_ノ /ー、!  \::::]
       ぷにぷにしてる手__/

マニアラインがCOしたときはびっくりしたけど求道者なら動き方としても納得ね!
グレランで二人とも票を変えてないわ!
でもそれが非人外になるかというと別ね!」
佐々木 「んー見えにくい
ジョルジュとサマナー、かなあ
自分が目星をつけた場所としては」
Y 「こういうランの時は大概狼は吊れて無いというのが困りものだね。
両方とも生存欲はなし、か」
球磨川禊 「『や、おはよう』
『一応霊夢ちゃんじゃなくてオドロキちゃんに票変えした理由を話そう』
『男子だから』
『なーんて嘘ウソ、霊夢ちゃんは神話のCOが必要ないというスタンスで』
『僕に考えが似てたから、霊夢ちゃんの方を残したかったってだけさ』」
気まぐれなサマナー 「何だろうな…現状把握くらいしか言ってない位置?

って感じでオドロキ君投票してみたが…
そっち吊れるのな
あんまり霊夢注視してなかったけど人外吊れたって気がしないかな」
比那名居天子 「おはようよ
引き分け長いから最後票変えたわよ」
「結果のない占い師遺言ね!」
ニンジャスレイヤー 「どうやら蝕まれてはいないようだな。

見立てでは霊夢の方が人外っぽく思えたので投票した。」
薔薇水晶 「ボクとしてはそこが吊れて上々。
さて本日は」
七代目にわ影 「巫女が増えたから巫女を吊るとか経済の縮図かな?

Yの失点が腐っているのと投票以外に発見できない。
う ち は せ ん べ い の 設 立 だ。」
ボルガっていう 「せっかくのお祭りがいきなり引き分けそうで怖かったぞいっていうwww」
ジョルジュ 「投票は初志貫徹で。下手に変えて引き分けになっても困るし。
サマナーは発言が適当に出してるように見えるので。あと見た目が不審
マニアについては役職明かしたところでそんなにかわりはしないと思うジョルジュ」
ゆっくり妖夢 「初日狂人の未亡人なら少なくとも1人外は吊れたってみていいっすねぇ~」
佐々木 「哀しいね>結果の無い占い遺言」
Y 「ほーん」
気まぐれなサマナー 「占い遺言とかひどすぎるだろ!?>遺言」
七代目にわ影 「あのさぁ……。>占い遺言」
薔薇水晶 「ここまで書いてましたね?(占い遺言を見て絶望する顔)」
比那名居天子 「フランドールで占い遺言と・・・
偽であってほしいわね。早期占い死亡とかシャレにならないわ。」
ニンジャスレイヤー 「ヌゥー……>遺言」
球磨川禊 「『おいおい実際出てるんだからこの村じゃそんなこと関係ないだろ』>オドロキちゃん
『君は自分と好みが違うやつを無条件で殺したがるのかい?』」
ボルガっていう 「占いの日記が残ってるぞっていう…

…マニア占って貰ってもどうしようもないぞっていうwww」
オドロキ君 「結果がない占い遺言…これは一体!?
あとニンジャスレイヤーさんが蝕み否定ですね!」
Y 「まぁ真でも偽でも結果がないから特に気にすることはないんだが」
「大丈夫よ!きっと蘇生がいるわ!」
ゆっくり妖夢 「噛まれ占い遺言とかマジ勘弁!
しかもマニア占いとかなおさら痛い!
これは走り直しですね……(震え声)」
佐々木 「指定とかはそこまで考えてないので
まあグレランで行こうかな」
薔薇水晶 「霊夢は蝙蝠出したがってたのが人外要素だとボクは思うけど……。 >気まぐれサマナー」
Y 「マニアが死なないことは不思議なことではない」
球磨川禊 「『佐々木ちゃん○ってのはさ』
『実際結果があってないのと同じだな』
『噛まれる人外なら書き換えるだろう、真っぽいね』」
気まぐれなサマナー 「いや、蘇生なんてそんなそんな…
いる気がしない(冷静>雷」
ボルガっていう 「これはアレじゃなっていう
鍋らしからぬ大グレラン大会、あると思います、じゃろうか…?? っていうwww」
比那名居天子 「蘇生がいても誤爆されると困るのだけどね。
霊夢信じるなら占いは確定でいるのだからそれが死んだとみると・・・
幸先悪いわね。」
ゆっくり妖夢 「ま、狂人噛みもあるから多少はね(震え声)
ただ、霊夢or初日で1狂人が混ざってると仮定すると正直言って真目が強いのがほんとキツイ。」
球磨川禊 「『あれ、佐々木ちゃんがマニア側であってるよな?』
『盛大に勘違いしてたら教えてくれよな』」
七代目にわ影 「ちょっと何言ってるか分からない。>薔薇水晶」
オドロキ君 「蝙蝠関連はギャグみたいなものじゃないでしょうか!」
Y 「能動役職が居ようとも居なかろうとも」
ジョルジュ 「いきなりの占い遺言。しかもマニア位置を占いなので実質結果ないようなものなわけで。
まあ結論としてはこれから出てくる占いをしっかり見極めようって話になる。
未亡人についてはへーぐらいで流す。」
ニンジャスレイヤー 「情報が出ない以上、我々の指定若しくはグレランしかあるまい>ボルガっていう」
薔薇水晶 「これは大グレラン村の予感。つらいなぁ。」
Y 「私たちがやるべきことは変わらない」
佐々木 「そうだよ、僕が求道者だね>球磨川」
比那名居天子 「あれは出てきたら吊るから出るなって言うノリみたいなものでしょ?
あれ言われて素直に蝙蝠出てくるほど素直でもないでしょうし>薔薇水晶」
オドロキ君 「佐々木さんがコピーであってますね!」
気まぐれなサマナー 「ん?あれはぬけぬけと出てきた蝙蝠を「じゃあ吊りましょう(ニッコリ」
という布石ではなかったのか!?そう思ってたぞ>薔薇水晶」
七代目にわ影 「『蝙蝠出ろ吊るから』
が人外要素になるってにわ影の里では言った奴から死ぬことになるけど。」
ボルガっていう 「じゃろうなっていうwww>Y
巫女なんて言われても狼には脅威にはならんじゃろうなっていうwww おっぱいも足らぬしなっていうwww」
球磨川禊 「『需要と供給は』>にわ影ちゃん
『経済を話す上でとても大事なんだ』
『このゲームなんだったっけ?』」
「今日もマニア位置を除いてグレラン継続になりそうね
オドロキ君が吊逃れしていないからそっち吊られそうだけど
私は薔薇水晶のほうが吊りたいわ!」
Y 「未亡人については1-1交換位置だね。
どうであれ霊夢ーGMで人外1」
比那名居天子 「佐々木マニアだから結果なしなのよね。
非常にめんどいわ。
他に占いは鍋だからいると思うけれどね。いやいると願いたいわね」
気まぐれなサマナー 「皆突っ込みが激しいなぁ
あまり情報ないからしょうがないとしても、だな」
ゆっくり妖夢 「なんにせよこれはグレラン村の開始と見て進める感じですね」
薔薇水晶 「蝙蝠を出したがって吊りたがったのと同じ口で
「巫女ラインは噛まれるためにCOは控えるべき」って矛盾してない? >七代目にわ影」
ニンジャスレイヤー 「蝙蝠は出たら吊ると牽制するのは、蝙蝠COは村にとって百害あって一利無いからだ」
オドロキ君 「まあ、マニアラインにCOを要求されれば従いますが>吊られそう」
球磨川禊 「『正直割と指定でもいい気はするけどね』
『真死んだっぽい気がするし』」
ボルガっていう 「ただあれじゃなー
霊夢吊るされたのは蝙蝠関連の発言のせいじゃろうか?っていうwww
それだとしたらちょっと冗談にきつすぎるじゃろうな」
七代目にわ影 「狼の損と得をマクロ的観点から見て狼を推測するゲーム。(適当)>球磨川禊」
Y 「一応フランが偽だった場合は明日盤面が動く感じにはなる」
ゆっくり妖夢 「まぁマニアラインの指揮というのは妥当だけどね。」
佐々木 「人外が吊れているか、初日が人外か、という以上には
ああ、いや、多くて3W、にはなるのかな?狐1な以上、背徳だけでない限りは」
七代目にわ影 「それはせやね。>薔薇水晶」
気まぐれなサマナー 「一番いいのは
霊夢-人外、GM-人外、だがそんな都合よくないだろうしなぁ
フランが真っぽいのが本当に頭痛い」
「もちろん昨日の霊夢への態度が気になるのよね!
反応が過剰すぎると思うわ!
噛まれ柱とか、どういうことかわかんないし」
薔薇水晶 「ボク、この陣営数を見て
狐まで吊り処分と考えると蝙蝠吊る暇ないと思うんだよね……。 >気まぐれサマナー」
比那名居天子 「私が最終的に霊夢に変えたのは引き分け続いてたのもあるけれど
最終的な発言だと霊夢の方が人外有るとみてよ>票替え」
ゆっくり妖夢 「グッとチャートを睨んだら大暴落が起こるんですね。
ってそれTASさんや!>にわ影」
ボルガっていう 「ワシ霊夢のアレをそこまで真に受け取らんかったんじゃけれども」
佐々木 「危ない、と思ったら自分でCOして身を護るのも大事だぜ?>オドロキ君」
球磨川禊 「『で、オドロキちゃんさ』
『実際ここにスシは出てきてないのに』
『君がスシが好きだから、スシ嫌いだよって言った僕を』
『いきなり殺しにくるのかい?』
『答えてくれよ、お話しようぜ』」
「蝙蝠に関しては私も言ったわ
でも0票よ!」
ジョルジュ 「すると今日もグレラン大会を開催する。
おっぱいが減る心配はないので自由に投票できるな。
こうやっておっぱいがいないことをポジティブに考える。」
佐々木 「身を護れるかは知らないけれど」
七代目にわ影 「でも『蝙蝠出したがってたのが人外要素』はそれと繋がってないでしょ。」
薔薇水晶 「それで役職ならともかく未亡人なら、
ボクは人外ヒットだと思うけど。」
Y 「自分の身を守れる職か否か」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
オドロキ君2 票投票先 →薔薇水晶
ゆっくり妖夢1 票投票先 →球磨川禊
球磨川禊1 票投票先 →オドロキ君
0 票投票先 →薔薇水晶
佐々木0 票投票先 →ジョルジュ
薔薇水晶4 票投票先 →比那名居天子
気まぐれなサマナー2 票投票先 →ボルガっていう
ジョルジュ1 票投票先 →気まぐれなサマナー
ボルガっていう1 票投票先 →ゆっくり妖夢
七代目にわ影0 票投票先 →薔薇水晶
比那名居天子1 票投票先 →薔薇水晶
Y0 票投票先 →オドロキ君
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →気まぐれなサマナー
薔薇水晶 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐々木 「狂人よりは夢占いかなあ>フラン」
ボルガっていう 「何度もただのでっていうになりかかる不具合お許し下さいっていうwww」
ニンジャスレイヤー 「順調に人外が落ちているな。遺言状況を見る限りでは」
比那名居天子 「夢占いよ
未亡人の初日狂人信じるのならね」
佐々木 「んーまー灰噛み続行、明日占い噛めて無いならどっちか出よう>天子かボルガ」
ボルガっていう 「フラン狂人じゃと初日狂人未亡人の霊夢も人外じゃぞ」
佐々木 「天子かな、響LWよりは素LWの方がいい>占いで出る役」
比那名居天子 「その場合だと狐死んでるだろうからいいのだけどね>ボルガ」
佐々木 「噛みはんーYか雷辺りかなあ」
ニンジャスレイヤー 「あまり狐が落ちているなどと期待は持たない方がよかろう」
佐々木 「天子は囲いよりはどこかに●叩きつけて吊先を作って欲しいね」
比那名居天子 「Y噛んでいいと思うわよ
私雷に●打つつもりだから」
ニンジャスレイヤー 「オドロキが噛みたい」
佐々木 「じゃ、天子がY噛みでお願いする
隣だから足音は鳴らないし」
「◆不幸なGM GMちょっと腹いてえから投票延長できんかもしれんので各自頼む」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Y は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Yさんの遺言 一寸法師CO
×>フランドール(GJ+狩り殺し)

初日
共有が居ないのは貫通考えなくて良いから楽ではあるね

二日目
マニアラインはまぁ貫通面でも役職的にも放置
灰GJ狙いで動くとなるとここかな
護衛・フランドール(GJ+狩り殺し)

三日目
凄いな、私。噛みまで読んで狩り殺しとは流石に想定外だ。
霊夢ーGMで人外1 フランがまぁ狂人と見てと。概ね狼陣営は残り2
占いが死んだと見てマニアライン噛みしてくるんじゃないだろうか。
まぁ貫通は付与することになるけど巫女だし良いか
護衛 佐々木
薔薇水晶さんの遺言 占い表記だよ!
たぶん真(断言)



【初日】気まぐれなサマナー○
ボクに甘いドーナツをくれた人だからね。
お礼に占って○出してあげなくちゃ(使命感)

【二日目】比那名居天子●
【速報】本当に○が出ました
ボクも霊夢投票した身だけど、この票ってちょっと違和感があるんだよね。
最初はボクに投票してきた雷を占うつもりだったけど、霊夢に変更した比那名居天子にしてみる。
フランドールも候補なんだけど、そのうち噛まれる気がする。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『これでオドロキちゃんとお話しする時間はできたってとこか』
『薔薇水晶ちゃんは蝙蝠吊りをなぜか拒否してたね』
『蝙蝠吊り派だった霊夢ちゃんと、否定派だった薔薇水晶ちゃんが立て続けに吊れた』
『これって対立派閥のローラーだと思いませんか?』」
気まぐれなサマナー 「なーんだろう
薔薇水晶ってそんな吊れる要素あったか?
突っ込みくらいまくってるけど自分の意見出せるしっかりした場所だと思ってたんだがなぁ
しかも霊夢投票はそこだけでもないハズなんだが…どういった理由で投票したのか教えて欲しいものだなぁ?

それはともかくボルガっていうはそろそろお許しくださいの時間だろうから投票した
ってのは嘘で、何だか全体的に村に対して無関心というか意図的に離れて見てる感じがしてだな
人外に見えたな」
佐々木 「占いがまだいるなら、出るのは今日あたりで
という感じだけれど」
比那名居天子 「占いCO
フランドール◯/ボルガっていう○/雷●」

                  -―━―-
          灰.:.´:ご:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.、 っ          村
          ラ:.:.:.:指:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\            陣
          /:.:.ン:.:.:.:.定 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\           営
     -=彡イ:.:.:.に.:.:.:.:に:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧=-      お
.          /:.:.:.す.:.:.:.:す.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧        つ
.         /:.:.:. る :.:.: る .:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.|/l:.:.:.:.:.:.:.:.∧        か
        そ .:.|:.?. :', ?.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.T7=-:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧     れ
       れ:.:.|:.:.:.:.:.:∧:.:.斗く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ _|:.:.:.:.:.ハ∧:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:. ゙、     さ
      / と .:.|:.:.:.:.:イ´\.:| ゙、:.:.:.:.:.:.:.:.:.イテ芋示kL∧:.:ハ:.:.:.:.:.|:.:.:.゙、     ま
      /...も.:.:.|:.:.:.:.:.:| _,xz笊芹\:.:.:.:.:/ V;し:::ソ イ:.:.:∨∧:.:.:. |\:.:゙、   !
  そ /.....っ...:.ト:.:.:.:.:ハイ《 V;;:::リ V\/  "´ ̄  |:.:.:.|:.:.:.∧:.:.イ 丶:.:
  れ   /:.:.八:.\:.:{从  "´    、 ....:::::::::::::::::/:.:.:.:!:.:.:.:.:.∨:|   }:.:i      薔薇水晶が吊れたわ!
  と...  /:.:/:.:.:|:.:.:.:\込.::::::::::::   ,.- v、    イ:.:.:.:∧:.:.:.:.:.|:.:l   /:./
  も.   /:.:/:.l:.::|:.:.:.:.ト:.:.:.:.ヽ     {、  _ノ  //:./:./:.:.}:.:.:.:.人(./:./       だってあたしがついてるもの!
  っ.. /:.:/:.:.|:.:∧:.:.:|:.\:.:.:.≧s。      イ:.彡イ/:.:./:.:.:/リ/:./
.      :.:.:{\:|:.:.:.∧:.|:.:.:.:.\:.:.\ :.:.〕Ii ´   |7>/ /彡イ/:./ っ
     ヽ:.\\:.:.∧:l\:.:.:.:.\:/ }    / /><://:./ っ         多分真占い師が噛まれちゃったけど
       \:.:.≧=-∨__\>" ゙、 ゙、 / / 〉^〈 /≧ヽ              今日か明日占い師が出るかどうか
          ⌒\z≦/ ゙、 ゙、 У / 〈 へ 〉/ニ/ \
          ι u  / Ⅵ   ゙、 ゙VY^Y、 ♀〉、 / /ニ/    \           たぶん出ないと思うわ!
.              i   ⅵ   ゙. rイ/ / /〉⌒ / /≧=-  /:}
            |    il{.   Y // / //   / /ニム  /   |
             |   Y    {     /   / /ニニム../    |
             |    |   /   ノ   / /ニニニl\    |」
オドロキ君 「おはようございます!俺は!大丈夫です!(超大声)
それと初日の投票は感覚で選んでいるので気になったところに票をしていただけです!
投票は薔薇水晶さん!蝙蝠を出そうとする=人外ってちょっと意味がわかりません!」
ボルガっていう 「ホッホッホ、お許し、好きかいっていうwww
何度もただのでっていうになりかかる不具合お許し下さいっていうwww」
比那名居天子 「フランド-ル○
レミリアの妹・・・か。
姉との戦いは面白かったけれど
妹も姉と同じぐらい強いのよね?

じゃあ、あんたの本性でもさらけ出してやろうかしら?
どんな本性があるか楽しみだわ。

ボルガっていう○
◇ボルガっていう 「まあ巫女ならマニアの信用度を上げる上で出るのも悪くないじゃろ、っていうwww」
マニアが素直に名乗って信用が上がるってのは違和感なのよね。
さりげなくマニアラインのミスをカバーしたように見える。
これがマニアへのすり寄りなのかそれともラインなのかはわからないわ
だけれど調べておく価値はあると判断したわ。

今日はあんたの本性を調べてやるわ!
覚悟しなさい!エロトカゲ!

雷○●
◇雷 「今日もマニア位置を除いてグレラン継続になりそうね
オドロキ君が吊逃れしていないからそっち吊られそうだけど
私は薔薇水晶のほうが吊りたいわ!」
納得はしたのだけれどここまであっさり吊られると違和感あるわね
私はこの発言抜きで単体で違和感あったから薔薇水晶吊ったのだけど
とりあえず吊り先探してるようにも見えるし狐あるんじゃないかしら?
分からないけれど今日の占い先はここでいいわ。

今日はあんたの命日かもね!
覚悟しなさい!駄目提督製造機!」
七代目にわ影 「オドロキ-球磨川軸は五影会談をするかマニア枠が指定を入れて、どうぞ。

雷はおよそ非狼に見える。

フランが真っぽいならマニアライン疑う要素減ったのを捉えよ。
と言う点でサマナー吊りかね。
ゆっくり妖夢 「おはよう」
気まぐれなサマナー 「…おぉう!?
狩り殺し!?狩り殺しだと!?ナイスだ!!>Y」
ジョルジュ 「続けてサマナー投票。
さて、盤面が動くならこの辺りと見える。」
ゆっくり妖夢 「昨日は絡みがどうにも強かった球磨川投票。
何か生存欲強そうでしたね。他の欲も。」
佐々木 「うーん?>吊られ占い遺言とその●が占いCO」
球磨川禊 「『僕も不思議だったが、どうやら蝙蝠保護派の発言がヘイトを稼いだようだね』
『さっきも言ったとおり、霊夢ちゃん吊っといてそれはねえだろと思うけど』」
オドロキ君 「ふぁっ!?>GJ+狩り殺し」
七代目にわ影 「えぇ……。(困惑)>雷●」
ゆっくり妖夢 「ってえ>GJ狩り殺し」
比那名居天子 「あら狂人に○出してたのね>一寸法師

で、私に●持ってる割には誘導なかったように思えたけど?>私●」
気まぐれなサマナー
++」
ボルガっていう 「吊られ遺言の●から占いが出たぞいっていうwww
これで通算3人の占いが出たってことになるなっていうwww」
ニンジャスレイヤー 「hmmm……ならばフランは偽決め打ちでいいだろう。」
七代目にわ影 「ああうん。
ならY死亡は分かる。」
佐々木 「そしてほうほう、フランがGJ+狩殺し
一寸なら狂人、という事になるけれど」
ゆっくり妖夢 「つまり天子薔薇水晶のどっちを真と見るかというオハナシですねぇ~」
「他に占い師がいるなら出るといいわ!」
気まぐれなサマナー 「おっと誤爆した
それはともかく薔薇水晶から占い遺言、で天子がほぼCCOの形か」
七代目にわ影 「雷視点既に出ているのでは?(名推理)」
比那名居天子 「少なくとも昨日の薔薇水晶の発言を見れば分かると思うわよ?
私●の割に誘導がなさ過ぎるし
○に対しての反応も対してないわね。」
ニンジャスレイヤー 「とりあえず雷はCO」
オドロキ君 「そうなりますね>狂人に○出してた」
佐々木 「んー薔薇水晶が真か、天子が真か、という二択になるのかな」
球磨川禊 「『おいおい二人で五影もなにもないだろう?』>にわ影ちゃん
『僕は4人分になるなんて器用なことはできないぜ』
『そうしたら4人の僕でオドロキちゃんを惨殺しちゃうだけだ』」
比那名居天子 「薔薇水晶とフランで2人外死亡
狐を見つけ無きゃって所かしら。」
ゆっくり妖夢 「他に占い師が居るのなら出てるんだよなぁ~
そして雷に関しては自分の投票先以外占いは居ないという主張になるわけで」
ボルガっていう 「って、それ以上に愉快なことになってるのは一寸の遺言じゃなっていうwww
これ信じるとフラン狩られる何かで噛まれる何かでもあるってことじゃぞっていうwww」
佐々木 「まあ、雷がCOしない、というのは道理として通らないし
COはするべきだろうね」
オドロキ君 「球磨川が4人になる…!?悪夢だ!!」
ジョルジュ 「さて、狩り殺し判定遺言、占い遺言と出た。
天子と薔薇水晶のどちらかってことでいいだろう。
それで言うなら今のところ薔薇水晶に軍配をあげるが判断するのは早計か。」
「村人表記よ!大丈夫よ、私がついているわ!
比那名居を信じない場合、私について比那名居を吊ってほしいわ!」
球磨川禊 「『っと、死体続いてたからYちゃんの遺言流すところだった』
『凄いことが書いてあるぞ』」
七代目にわ影 「態度で見ると天子-ばらしーだと天子くん優勢。(にわ影評)」
ボルガっていう 「流石に人数と状況的に他の占い師も朝一で出ると思うんじゃがっていうwww」
「COしたら吊れるけど、しなくても吊れる!
辛いわね」
気まぐれなサマナー 「狂人か狩れる狐だろ?
意味のない占い遺言残すなら…どっちかというと後者か?>ボルガっていう」
ニンジャスレイヤー 「薔薇水晶=サンが言葉を濁していた点に関しては、結果から自分夢を追いかけてた可能性もある。
その一点だけでは判断は下せんな。>天子」
ゆっくり妖夢 「彼女は駄目みたいですね……>素村表記
なら雷続行でいいでしょというアレソレ」
比那名居天子 「フランと薔薇水晶で2人外死んでいるとはいえ
狐見つけた方が良いわよね?
まだ狼の声多いけれど狼の方優先させた方が良いかしら?」
「一応、不審者の可能性はなくはないんだけど
あんまり考えるものじゃないし」
オドロキ君 「薔薇水晶さんは蝙蝠関連のセリフが村に見えないので信用できません!
俺は!天子さんを!信用します!(大声)」
球磨川禊 「『フランちゃんの結果は大変意味の無いものなので』
『割と真だと思ってたんだけどなあ』
『狩り殺しとGJ、なーんて噛まれのYちゃんに言われちゃうと困っちゃうなー』」
佐々木 「薔薇水晶自体は占いの言動、というには少しズレがあるけれど
投票自体は●持ちのそれなんだよね」
七代目にわ影 「どっちにしろばらしー非狼くさいけど。
灰噛み入ってるなら雷●飲み込んで●吊っていいんじゃね。」
ニンジャスレイヤー 「少なくとも霊夢=サンの未亡人COと、フラン=サンの占い無残遺言が出るのであれば、自身の真夢は揺らぐ」
比那名居天子 「あっよく考えればフラン狩り殺しの時点で霊夢の結果も疑わしくなるわね。
あの吠えで2w2kは想像しにくいわ。」
佐々木 「雷を残す道理もないので続行、だけれど」
気まぐれなサマナー 「しかし、ここでもまた灰から噛んでくるのか…
狼悠長な噛みしてるな、おい」
球磨川禊 「『オドロキちゃんは昨日のスシ談義にお返事もくれないのか』
『寂しいなあ、僕が男だからか?』」
ボルガっていう 「そういえば霊夢が初日狂人の未亡人遺言もしてたのうっていうwww>サマナー
信じるかはともかく、突き合わせると人外枠が動くかもしれんぞいっていうwww」
「大丈夫よ、てーとく!
あたしがついているわ!」
オドロキ君 「寿司はサーモンが好きですね>球磨川」
ジョルジュ 「雷のCOは村人表記。特に大きなCOってわけじゃなく…
灰吊りってことでそこ吊り上げて様子見か。
流石にもう余裕がないってことはなかろうし。」
七代目にわ影 「狼吊れてないって事じゃね。>気まぐれなサマナー」
比那名居天子 「フラン噛みで占い死んだと見たんでしょ
一応鍋だから複数占いはいるってブラフは撒いたのだけどね私。」

  |   |   || |  /  / _/\/\/
\                /  \
  ,. .-.‐ ―――.- . . .       /      も
,. ;´: : : : : : :,ィ : : : : ヾ: : `: .、_____,, <   頼  |
:/: : : : ,: : :/ | : : : : : :}ヾ: : : :` ̄゜ \  っ   っ
:: : : : /: ::/ ゝ、: : : : : jノ\: 丶 :\ /  て.  と
: : : :/: :,z=ミ、ヾ; : ::/,z=ミ、、:ヽ::/   い  私
: : ,イ/{{   }} j:/ {{   }} !==i \   い  に
/::| とつ= ''' ´   ゙ =とつ\:|: : :\  の
: : ::| 、 、 、 ______    、 、 、  ヽ: ::/  よ
: : ::|   /V      `ヽ     }::<   !?
: : ::|  i           i      人: :\
: : 人  |          ノ    /: :人: //\/\/」
球磨川禊 「『まあさ、そういう捨て身っぽいやりかたって』
『人外の方が多いって経験則がね』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
オドロキ君0 票投票先 →
ゆっくり妖夢0 票投票先 →
球磨川禊0 票投票先 →
10 票投票先 →比那名居天子
佐々木0 票投票先 →
気まぐれなサマナー0 票投票先 →
ジョルジュ0 票投票先 →
ボルガっていう0 票投票先 →
七代目にわ影0 票投票先 →
比那名居天子1 票投票先 →
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →
雷 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
比那名居天子 「2w2k否定だからフラン狂人で見るなら
霊夢狐じゃないのかしらこれ。」
佐々木 「どうだろ、蝙蝠かもしれない>霊夢」
佐々木 「噛みはサマナーを天子が噛んどいて
明日も人外結果でいいかな、上手くそこ吊れれば飽和で勝てる」
比那名居天子 「蝙蝠だとそれはそれで面倒なのよね。
明日狐噛めなきゃ飽和になるわ。」
比那名居天子 「狐1よね?」
ニンジャスレイヤー 「その通りだ>天子=サン」
佐々木 「今から灰の狐に一発HITは正直厳しいかなあ
というより当てる自信が無いので、素直に真の○をかじろう」
ボルガっていう 「狐1じゃなっていうw」
比那名居天子 「じゃあ適当なところに特攻しておくわ
サマナー噛み1:45でいく」
ニンジャスレイヤー 「遺言を見ている限りでは霊夢=サン狐に賭けるしか無さそうだが>サマナー噛み」
ボルガっていう 「一寸が狩れる時点で狂人か、狩れる狐なんじゃよなぁ」
ニンジャスレイヤー 「若しくは雷狐」
ニンジャスレイヤー 「妖夢が狐っぽい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
気まぐれなサマナー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
気まぐれなサマナーさんの遺言 俺が蟲姫COだァ!

ほぼニートっぽい感じしかしないぞオイ!!

【結果】
三日目:結果なし
四日目:結果なし
さんの遺言
                       / ̄ ̄\
.                   / 「  へ \
.         く\      |  (●)(●) |           大丈夫よ!私がついているわ!
           く\\.     |    |   |
            \\\    |   __´___  ノ           だって村人表記だもの!
            \\ 、.  |   `ー'´  }
             [竺竺{≧=ヽ       }            r‐‐┐
                 /⌒乂:込ヽ     ノ、        l|i:i:i:i:|[
              /:i/ニ/ `> ‐≧=‐‐匕ニア"゚~~`寸   l|i:i:i:i:|[
           /:i/,>''"~ ニニZ{/-=ァ'゙{   /⌒アア"゚~~゚"つ
              ///     r‐‐ァ'{ー‐ '゙ ∧      / /  、__ {
           /i{≧=‐‐=7^Llニ/ /^、    ∧     {/{       、
.           /i:i,ニニニ7 /ニ/ 'ニ=       个s。  マム_,,つ l l\)
.        /i:i/`¨¨¨¨´{ iニ/  {ニニ}      /ニ=-‐``辷zzLノ┘
        /i:i〈     { L/   ∧ニ7    /}{ { 厂厂∨jl|i:i:i:i|[
.        /i:i/ニ\___,r‐〈      V  イ  ノ(弖]三}]  Vl|i:i:i:i|[
.     /i:i/ (弖]三}}   \__ _,,、 ''~  il/ム (弖]三}}] ゚,l|i:i:i:|[
     /i:i/ー(弖]三/^、           /^ 、/∧(弖]三}]  l|i:i:i:|[
.     /i:i/ー(弖]三〈              } ___} \\\_,,l|i:i:i:|[
.   {i:i 'ニ/    /≧=-    ___   -=≦ニ=-∨ `¨¨¨¨゚l|i:i:i|[
.   乂{⌒    /-=/-=ニニ/ニ{ニニ=-{[∧ニニ=\     l|i:i:i|[
.          /-=/-=ニ二/=ニ{ニニ=-∨∧=ニニ=-\  .l|___|[
          /=ニ -=ニ=- -= {=ニニ=-∨∧ニニニ=-ヽ ¨¨¨
        /-=ニl-=ニ二{ニ二{ニ二ニ=-∨∧二ニニ=-ノ
.        乂-=ニl-=ニ二{ニ二{=ニ二ニ=-}l=∧ニニ=/
          ``' L三三 」'⌒ヾ,=ニ二ニ=-ノ゚´ ̄辷彡
            /∧::::::::::::::::::::::{^¨¨¨マ¨´ ::::::::::::::{
              / 〉::::::::::::::::::::{    ∧:::::::::::::::::::{
              /∧ :::::::::::::: {   / 〉:::::::::::::::::{
                / 〉 :::::::::::: {     /∧ :::::::::::::{
                 /∧:::::::::::::{:     / 〉 :::::::::::{
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2016/03/20 (Sun) 16:16:38
「お疲れ様!」
フランドール 「お疲れ様!」
Y 「お疲れ様、と」
不幸なGM 「おつかれさん」
オドロキ君 「おはようございます!天子さんは!大丈夫じゃない気がします!(大声)
多分本日噛まれる以上、これから先はグレラン村になるのではないでしょうか!
薔薇水晶さん非狼はなんでなのか気になりますね!>にわ影さん」
佐々木 「お疲れ様、と」
「HNとモデルHN逆ったわ!」
Y 「まぁ10人なら灰噛もう>狼」
球磨川禊 「『おいおい君たちもっと身内を切れよ』」
気まぐれなサマナー 「お疲れ様ー」
七代目にわ影 「お疲れさま。」
オドロキ君 「…おや!終わってました!
お疲れ様です!」
ゆっくり妖夢 「あ、終わりましたか」
薔薇水晶 「つまりボクもあと数百年待てばアリスになれる……? >フランドール」
霊夢 「お疲れ様」
霊夢 「一つだけ言わせてもらうと私が狐なら即吊り逃れするわ
それをせずにあの遺言は狂人要素よ」
不幸なGM 「本人の前での本人騙り複数、どんな気分だったよ?」
佐々木 「球磨川かあ」
ジョルジュ 「グワーッ」
ボルガっていう 「ぐああああっていうwww
お疲れ様じゃよっていうww」
フランドール 「ナイナイ>ばらしー」
七代目にわ影 「よりによってマニアライン狼の方け。」
比那名居天子 「続いてたら球磨川●予定だったんだけど遅すぎたわね....」
Y 「雷か霊夢で狐を決め撃つことになる」
球磨川禊 「『僕視点で3Wも見えてるんだ』」
フランドール 「すごく……見ていて……困りました……>GM」
ニンジャスレイヤー 「あ、十六時さんリスペクトです(忍殺語はさっぱり出てこなかった)」
薔薇水晶 「おつかれさまー。
村に投票されてたからボクちょっと反省してくる……(いそいそ」
オドロキ君 「なっ…!僕騙り!?
馬鹿な!僕はあそこまで推論を述べられないはず!」
ゆっくり妖夢 「マニア狼……
これはリセット案件ですね。」
佐々木 「狐一発で当てる自信が無かったんだよなあ
ひよったね、申し訳ない>飽和」
ボルガっていう 「あー、毒蝙蝠って狩れるんじゃなー。」
気まぐれなサマナー 「まぁうん
ボルガっていう狼見れたのは行幸
ただ、あの時点で神話偽は言いにくいから難しい…かなっと」
不幸なGM 「わろた>フラン」
フランドール 「主に笑ってしまう意味で」
比那名居天子 「音出して球磨川噛むのも手だったかもしれないわね。」
薔薇水晶 「グワーッ! >フランドール」
Y 「まぁ、私としても毒蝙蝠GJ狩り殺しは勿体ないことしたかな……w」
球磨川禊 「『やあお兄ちゃん!』>オドロキちゃん
『僕だよ!』」
オドロキ君 「蝙蝠も狩れるんですか」
不幸なGM 「夜だと割りと素になってるから満月サマナーかわいかったぞ」
霊夢 「その騙りなら希望は譲ったほうが良かったかしらね?>天子」
気まぐれなサマナー 「ちょっと本人の前で本人騙りとか恥ずかしいってレベルじゃないので逃げ出します(脱兎」
七代目にわ影 「灰噛み二連なら範疇だけどぶっちゃけそれ無理。
ってことでばらしー偽でないことをお祈りする感じ。」
比那名居天子 「占いCO
フランドール◯/ボルガっていう○/雷●/球磨川禊○●

フランド-ル○
レミリアの妹・・・か。
姉との戦いは面白かったけれど
妹も姉と同じぐらい強いのよね?

じゃあ、あんたの本性でもさらけ出してやろうかしら?
どんな本性があるか楽しみだわ。

ボルガっていう○
◇ボルガっていう 「まあ巫女ならマニアの信用度を上げる上で出るのも悪くないじゃろ、っていうwww」
マニアが素直に名乗って信用が上がるってのは違和感なのよね。
さりげなくマニアラインのミスをカバーしたように見える。
これがマニアへのすり寄りなのかそれともラインなのかはわからないわ
だけれど調べておく価値はあると判断したわ。

今日はあんたの本性を調べてやるわ!
覚悟しなさい!エロトカゲ!

雷●
◇雷 「今日もマニア位置を除いてグレラン継続になりそうね
オドロキ君が吊逃れしていないからそっち吊られそうだけど
私は薔薇水晶のほうが吊りたいわ!」
納得はしたのだけれどここまであっさり吊られると違和感あるわね
私はこの発言抜きで単体で違和感あったから薔薇水晶吊ったのだけど
とりあえず吊り先探してるようにも見えるし狐あるんじゃないかしら?
分からないけれど今日の占い先はここでいいわ。

今日はあんたの命日かもね!
覚悟しなさい!駄目提督製造機!

球磨川禊○●

えらく吠えが多いわね?
狼が吊れた割にあまり減ってないって事はこれマニアライン狼かしら
占うかどうか迷うわ…。でもここも占いたいのよね
発言が無難すぎて目立ちたくない所が非常に狐に見えるのよね。

呪殺狙うのも手よね。
狂人と狼は死んでるけれど最悪マニアライン狐狼もあるし
備えあれば憂いなしって奴よ!」
フランドール 「蝙蝠は哀れでちっぽけだから…>狩れる」
ボルガっていう 「わりと、蝙蝠は一寸じゃあ狩れんじゃろって思っとったから
霊夢かフランで狐死んどると思っとった、っていうwww」
球磨川禊 「『入村してからね』
『あ、これ漢字間違えたなって気がついたよごめんね』」
オドロキ君 「…そういう意味か!>球磨川」
Y 「にわ影は割といつも通りなのではと思った17の夜」
比那名居天子 「上手く真似出来てたかしら?
日記は他のログから形式まねたのだけれど>霊夢」
フランドール 「だが回り込まれてしまった!!!!>サマナー」
佐々木 「フラン噛みは僕の提案でもあったから、気が合う、のかなあw>Y」
霊夢 「それは大体想像はついたわ…>ニンスレ」
七代目にわ影 「×偽でない事
○偽な事」
ジョルジュ 「HN欄見てへぇーへぇーへぇーって感じ。
満月さんのプースカさん騙りが一番衝撃だと思う(ジョ並感」
薔薇水晶 「ボクは生きてたら神話占う予定だったから
これやっぱりCO安定だったよなぁ……(土下座)」
気まぐれなサマナー 「やめてくださいよぉ!(ワーン >フラン」
ボルガっていう 「というかトリップつけ忘れてるぞいわし、っていうwww」
ニンジャスレイヤー 「にわ影RPの為にFGOを走る勇気」
七代目にわ影 「なんのこったよ。(すっとぼけ)>Y」
フランドール 「てっきり入村野郎かなって…w>ジョルジュ」
比那名居天子 「たぶん中身ばれていなかったとは思うわ。」
霊夢 「うーん
私の場合は占い理由には結果を書かないというぐらいね、後はそういう感じよ>天子」
ボルガっていう 「まあそれもwwwさんリスペクトってことじゃな(嘘」
Y 「噛みたいと思ったところを護れば大体GJは出るよ>佐々木」
ゆっくり妖夢 「パーフェクトブルーさんの名前が英語?
文字数制限で入りきらなかったから仕方がないだるるぉ!!(逆切れ)」
フランドール 「やめない!むしろなんで変態方向に突っ走った!言いなさいww>サマナー
もうちょっと真面目なときとかもあるでしょww」
佐々木 「無銘さんのにゅーさん騙りはいつもの事だから…」
ゆっくり妖夢 「中身がばれてたか気になりますよぉ~」
薔薇水晶 「満月さんがプースカさん騙りというのもなかなか驚いたね。
今度HN=CN決闘があったら刺してみる
きっとプースカさんが喜ぶ(こくこく」
不幸なGM 「当初はnnm騙りでGMしようか思っていたが、ログの整理してて
スバルんに世話になってきたなあってことで不幸なGMになった」
Y 「一応出てた場合は私が護ったろうね>薔薇水晶」
佐々木 「人外の気持ちって大切だね
あ、狼希望でした>Y」
七代目にわ影 「オドロキ-Y-雷村は予想通りだったので。
雷●でもうちょっと求道流出するべきでしたね。
だらしないにわ影ですまない……。」
霊夢 「無銘さんはできない夫さんを騙ることもあるのは確認している」
気まぐれなサマナー 「灰噛みの時点で違和感
そこで神話ライン狼あるかな?って思ったけど流石に主張できない…
天子に関してはあの時点で吊りできないし、●先が素村COなら厳しい…で一手見るって形になるかなぁ、と」
「疲れたわ!中身が透けてたかどうか気になるけど
私もこの辺で撤退させてもらうわ!」
ジョルジュ 「村としては狼視が甘かったのが反省、天子を偽っぽいと思ったので許して
RPとしてはすごく難しい。あとおっぱいがいない。」
比那名居天子 「薔薇水晶真で見れば吊れなくはないわよ
ただその場合は蟲姫噛みからの大グレラン祭りになるだろうけど」
Y 「いつもなら人狼希望だけど妖精希望かな>佐々木」
薔薇水晶 「ボクも最初
「零月さん専用ボクッ子ばらしー」にしようとして
「入らねぇよ!」ってはじかれた >ゆっくり」
フランドール 「というかエノク語さんってどのRPでも淡々としてる印象だったから、
わりとこういう感じになったけど、正直似てないな…w」
オドロキ君 「俺は!大丈夫じゃ!なかったです!では落ちるとします!
・・・くっ!僕がロシアじゃなければ!あと最近朧さん見ませんね!」
気まぐれなサマナー 「いやだってだって!
プースカさんの村参考にしつつやろっかなー?
とか思って見ながらやってたらそんな感じだったからー!(ワーン >フラン」
Y 「私が死んでる時点で少なくとも真占いを噛めたと狼は思っていないことが分かる」
佐々木 「ゆんゆん騙りなら希望も合わせようと思ってね
戦術としては悪くないと思ってただけに、灰噛んで狐探すべきだったなあ>Y」
球磨川禊 「『神話ライン狼は僕にだけ見えてた』
『多分向こうも僕に見えてるのわかってるだろうし、下手な動きはできなかったけどね』」
不幸なGM 「そら長いだろォ!?>薔薇水晶」
ボルガっていう 「確かにおっぱいが居なかったのは問題じゃな、っていうwww>ジョルジュ
はい、最近wwwさんにおっぱいで追っかけられたのでついやっちゃったRPなんじゃよっていうwww」
気まぐれなサマナー 「驚かれた…?
やった!中身バレてなかった!ちょっと嬉しい! >薔薇水晶」
フランドール 「ちーがーいーまーすぅー(ダミ声>サマナー
あんな変態方向に振り切れてるのはごく稀だよごく稀!(自己弁護
でもマネしてくれる人がいて嬉しかったよ!よ!」
比那名居天子 「あの時点でフランの結果だと夢にしか見えないもの
そりゃ真占い探すわよ。」
ゆっくり妖夢 「実はラッセルさんRPしようか悩んだんですが最近見てないので取りやめました(裏話)」
Y 「ああ、見えてる人形ならこれマニアライン丸ごとか。
それは勿体ない」
球磨川禊 「『そ、そうだね、朧さんみないね(冷や汗』」
ニンジャスレイヤー 「狐には狼位置が3箇所バレるよなーとは思ってた」
ゆっくり妖夢 「えー乾燥した間奏ですが
……特に考えてません!

それじゃあオッツオッツ」
七代目にわ影 「なお、マニアライン噛みGJ⇒灰噛みだと思っていた模様。

イザナミかな?」
霊夢 「お疲れ様」
フランドール 「なんかなーニンスレこっち投票してるし翌日指定くるかなーって思ってさ、
吊り逃れように占い語り準備してたらこのざまよ!>天子」
球磨川禊 「『それにしてもまさか清純派で通ってる僕が』
『開始前にパンツの話をするなんて誰にもわからないだろう!』」
ジョルジュ 「つまりでっていうはおっぱいだった…?>ボルガっていう」
Y 「表に出ることは全然問題は無いだろうね。
結局、フランー霊夢を何で見るかという話にはなる>佐々木」
比那名居天子 「では村建て同村お疲れ様よ
最初は入村の人まねるつもりだったのけれど
アイコンが見つからなかったので断念したわ」
薔薇水晶 「まったく気づかなかったよ! >気まぐれサマナー
ボルガっていう 「その発想は封印しとくのじゃよっていうwww>ジョルジュ」
七代目にわ影 「ではお疲れ様。村建てに感謝。」
佐々木 「球磨川に●叩き込みでも良かったかなあ
3W告発来るかもしれないけれど、人外COと数の力でねじ伏せれば、と」
Y 「あれは妄想で検索かけると良い>にゅーさんアイコン」
フランドール 「残当>球磨川」
比那名居天子 「狼道連れになるどころか狩り殺しとか
狼視点想像できないわよ夢占いにしか見えなかった>フラン」
球磨川禊 「『さて突っ込まれる前に言い逃げするか』
『おつかれさま、たまには僕だって勝つぜ?』」
薔薇水晶 「がんばって減らしたよ! ほめて! >GM」
佐々木 「フラン―霊夢で狂蝙落ちの可能性も見ていただけに、だから、まあ
ひよったってのが自分への評価になる>Y」
フランドール 「正直、こっちだって護衛がくるとは…(白目>天子」
ニンジャスレイヤー 「投票も護衛も噛みももらえるなんてマジパネェハーレムっすね>フラン」
不幸なGM 「(ぺちん >ばらしー」
Y 「しかし、なんだ」
気まぐれなサマナー 「ご、ごく稀ですか…
ちょっと割と結構な頻度で見たと思ってましたが…気のせいでしたか(アセアセ
喜んでいただけたなら幸いです!w >フラン」
薔薇水晶 「あー、そっか
人形が使い見えるタイプならマニアライン露出したんだ」
Y 「これいつもの私じゃないか……?真似られてないぞ……?」
薔薇水晶 「ぐわーっ >GM」
佐々木 「まあメイトゥーとゆんゆんって似てるし(呆け」
ニンジャスレイヤー 「腐海からは帰ってくるんだ>Y」
フランドール 「満月ちゃんが普段どういう目で見てるかよーくわかったよ!(ジト目>サマナー」
薔薇水晶 「ボクも狩人なら護衛した 超護衛した >フランドール
狼でさえなければ絶対噛まれるって確信したぐらい」
ボルガっていう 「RPは、4昼にも言ったのじゃけど
結構な頻度で普通のでっていうになりかけたぞいっていうwww
むしろ何故ボルガっていうにしたのじゃっていうわしwww」
佐々木 「実は色々諸々の感謝をこめてメイトさんのRPマネも考えたけれど
この場ではゆんゆん騙りかなあ、って」
気まぐれなサマナー 「この村で気づいたのはYがUGさんかなぁってくらいかな
他?全部見えなかった!」
ジョルジュ 「それじゃあお疲れさまでした。
あと、エルヴィスさんにお礼とお詫びを。」
フランドール 「あー…となるとちょっと喋りすぎたかなーw
夜会話見たら役持ち臭されたみたいだし>ばらしー」
薔薇水晶 「ヤンデレはどこからがヤンデレなのか
ボク気になります!」
Y 「まぁ師匠とYが連結してる人少ないからね……w」
不幸なGM 「ま、埋まらなかったのは残念だがみんな楽しそうな感じでいけたし企画としてはってとこじゃね?
夜の部のMt-bさんがGMする方の村もよろしくな。俺は用事あるからこの後の村はたぶん行けないんだが」
気まぐれなサマナー 「そ、それは気のせいです…多分きっと…えぇ…(アセアセ >フラン」
フランドール 「(次は満月ちゃんをマネてやろうと決めた顔)>サマナー」
Y 「詰めが甘いところまで私を真似なくて良いんだぞw>佐々木」
佐々木 「誠に申し訳なく(>Y」
薔薇水晶 「・残しとくとあとあと大変そう感
・役持ってそう感
・正論感

パーフェクトだったとおもう! >フランドール」
気まぐれなサマナー 「まぁ、似てるのはねぇ?
師弟だし、うん >佐々木」
フランドール 「自重せねば(真顔>ばらしー」
ボルガっていう 「あ、あとあれじゃな。
一番真似できとらんかったのあったぞいわし

発言数+密度(震え声」
薔薇水晶 「楽しんでおいで(なでなで >GM」
気まぐれなサマナー 「わ、私やっても楽しくないですよ!?
なんで別の人やった方が楽しいんじゃないかなーって…かなーって…!(アセアセ >フラン」
Y 「(いつの間にか弟子が増えていたのか……?)」
フランドール 「それじゃあ私はここで失礼するわ。
村建て同村ならびにマネてくれたサマナーに感謝を、お疲れ様」
佐々木 「(いつの間に弟子入りしてたのかな…?)」
フランドール 「ニコォ>サマナー」
気まぐれなサマナー 「うん?あれ?
UGさんってメイトさんのお弟子さんじゃなかったっけ?(アレッ?」
薔薇水晶 「それ言ったらボクだって発言密度薄すぎて泣いてたんだぞ!! >ボルガっていう」
佐々木 「ま、第一部お疲れ様
まだまだ今日というお祭りは続く、またどこかで会おう
それじゃあね」
気まぐれなサマナー 「ニャー!!(ガタガタ >フラン」
薔薇水晶 「でもボクプースカさんの満月さん騙りってすごく見たい
満月さん=かわいい
つまりプースカさんがかわいくなる(謎の確信)」
Y 「ああ、そっちか。
いや、私(中身)と佐々木(中身)のことかと」
フランドール 「一回やったことあるんだけどねw>ばらしー」
気まぐれなサマナー 「あぁー…こっちが意味取り違えてた感じですかねーw >Y」
薔薇水晶 「(がたっ >フランドール
ボク同村してたかな見てくる!!!」
Y 「お弟子も師匠も私の元を去ってしまった……。
いや、師匠の生存は確認しているけども>サマナー」
ボルガっていう 「じゃあワシもそろそろ落ちるぞいっていうwww
村建て感謝、同村お疲れ様じゃぞっていうwww

wwwさんには感謝と、謝意を送りますっていうwww」
気まぐれなサマナー 「では、こちらも落ちます

一緒に遊んだ皆さん
村建てしてくれたGMさん
鯖菅さんに感謝です

プースカさん騙り楽しかったですw
途中からいっぱいいっぱいになってましたけど…w
では、お疲れ様でしたー

…お昼食べないと(グー」
気まぐれなサマナー 「悲しいですねぇー(クスン >Y」
薔薇水晶 「じゃあボクも落ちつつ。
村建て同村ありがとう、あと零月さんにありがとうとごめんなさいを!
であであ!」
薔薇水晶 「ごはんは たべよう >サマナー」
Y 「                        /    :/ . : ::/    /  |    j
                         | ,.  '" . : : ::/  /----|   ,
                      ー―=彡. : : : : : :/  /      |  ,′
                      \ー―===彡   /      |  /
                      ,. ′ <_____,,: ノ ___        l :′
                      /   . : :r―― ´  ミ===一  |/
                        /  . :..:..|     ´ ̄      /        .::
                    /  . : : : : |     : : : : : :    /   /      .: ::
    ________          / . : : : : :_ノ            ′../     .: : ::    では、村建て同村感謝。
.  /`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ヘ.       / . : : : : : :{             / /        .: : : ::    
  ′           :,      ′. : :/: : : : :} ̄`ヽ     / //      .: : : : ::     私個人として変えられる位置はGJ出さない方が良いというのは何ともな……w
 i             i    ′. :../ : : : :/ー‐ ´    / / /      .: : : : : : :  
 |⌒ー~⌒ー‐ ´ ̄ ̄::|   i .:..:/; : : : : :}       / イ  ,:′      .: : : : : :/
 |:::    ::::::::::::::::::::::::::::|   | : / ′: : : :..′    / ´   /      .: : : :.:./: : :    【私】が居るのは嬉しい限り。また腐海の海で逢おう
  、:::.    :::::::::::::::::::::::::::/   | / | : : : {_         __/      . : : : :/: : : :/
  \:::.... ::::::::::::::::::::::/     |:{  .| : : : : :/`≧=- : : :./       .: : : :/: : : : :./::」