←戻る
【雛4073】やる夫達の希望封蘇超闇鍋村 [4757番地]
~夢なんていつから見なくなったのだろうか~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 黄泉への使者GM
(生存中)
icon ホロ
(生存中)
icon Xena
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon 鳴上悠
(生存中)
icon アリス
(生存中)
icon クマー
(生存中)
icon インデックス
(生存中)
icon ゴメス人形
(生存中)
icon コロンブス
(生存中)
icon
(生存中)
icon アストルフォ
(生存中)
icon 配達猫
(生存中)
icon 汚い忍者
(生存中)
icon 吹雪
(生存中)
薔薇水晶 「じゃ、今度こそおつかれさまなのーん
たのしかったー!」
薔薇水晶 「雪女(男RP)」
アストルフォ 「んじゃ、お疲れ様ー。
惜しかったんだけどなー。
村建て同村感謝、ばいばーい」
薔薇水晶 「ばらしーちゃんも明日そこそこ早いはずなので気づいたら寝てるんだろう。(大問題発言」
アストルフォ 「使いどころを考えて欲しい……ボクから言えることはそれだけ……それだけだから……!!」
鳴上悠 「まあ、そろそろ俺も落ちよう
流石に眠い…」
アストルフォ 「ボクのRP幅自体はそれなりに広い方だと思ってるけどー。根本的に同じことしか言ってないなーってのはあるんだよねー」
鳴上悠 「その二つは狐陣営だから」
薔薇水晶 「罠師「へひゃひゃ」
雪女「ふふふ」」
アストルフォ 「●に投票しなくて良かったと心底思った釣瓶がここに。
狂人は能力を死蔵しろ!!」
鳴上悠 「●を狂人から出された時は本当に絶望だった…
今思えばどうして生き残れたんだろう」
薔薇水晶 「投票と発言で村見られてLW逃げ切りをしたときは肝が冷えました」
薔薇水晶 「自分なんかはやるRPの幅はあんまり広くない。
けど、独自路線でやって楽しきゃええねんを地で行くから……

何よりも「やる夫」村なんだから。一人ぐらいAAキャラはほしいなーってね
いないときのほうが多いのはご愛嬌」
アストルフォ 「あれは残り方としても美味しかったねー」
アストルフォ 「占い避けまぢ無理……もう駄目……狼希望にもどろ……」
鳴上悠 「安珍様RPでLW最終日になった時の決戦前夜的RPはなんというか楽しかった
モチベが出た」
薔薇水晶 「でも基本的に殴り合いよりそれまでの積み重ねでどうにかすることが多いのはやはり反省ぽいんとか」
アストルフォ 「占い師を引いたときに五日目までに抱え落ちしないようにする、とかかな。

尚今日のボクの小目標は【三日目の朝日を見る】でした!みっしょんふぇいるど!!」
鳴上悠 「ぐうわかる」
薔薇水晶 「言い回しがなんかちうにっぽいときほど楽しいというのはある。ある(断言」
薔薇水晶 「かたらなくてもなんとなく生きてる狐。
騙って生きねばなるまいおおかみ。

ああ、次は村を滅ぼしたいね。
救われる村もあれば、滅びる村もまた美しい……って、もう一人のばらしーなら言うだろう。」
アストルフォ 「村陣営だと建てにくいかなー。吊られないで人外を見極めるって言う単純なことだし」
鳴上悠 「少目標か…なにか考えておこう」
アストルフォ 「大目標が勝つこととして村で行っておきたい小目標を立てると良いかも」
アストルフォ 「今日は占いを騙りきってやるんだ!とかライン騙りで村を騙しきってやるぜ!とかね」
薔薇水晶 「ばらしーちゃん、言うことはテキトーだけど楽しみながら言ってるからね。
内容がなかったりなんだりでも、常に本心しか言わないから。」
アストルフォ 「路線敷いて勝つと楽しいよ」
鳴上悠 「楽しむ、楽しむか…
最近楽しんでないな」
薔薇水晶 「結局、その人の発言傾向なんて見てるわけじゃないし。
勢いとノリだよ。特に憑依なんてうまく使うのもそうだけど

何よりも「楽しむ」が一番現れてると思うから。使い方次第だけどねw」
アストルフォ 「飽くまでボクが憑依するときはーってテクだし。
尚、憑依出来たことはないです(ないです」
鳴上悠 「卵が新月さんとかマジで分かんなかったし
インデックスさんも誰だろうな―としか思わなかった」
アストルフォ 「うん、じゃあやめよう!>中身周り
分かんないなら磨く必要があるものでもないや!」
薔薇水晶 「違和感を覚えさせる前に場を支配してしまえばこっちのもん、さ
ばらしーは節穴なので見抜けません。(」
鳴上悠 「中身を 見るのは 無理です。
誰が誰だとかまじで分かんねぇ」
アストルフォ 「だからどっちかというとRPと言うより中身を考えながら動いた方がやりやすいかもね>憑依」
薔薇水晶 「だわだわ。」
薔薇水晶 「誰もが好みの発言をするのは難しい

やさしく、強く、たくましい発言を心がけねばのう ワグナス」
鳴上悠 「そういう口癖関連でバレやすいよな」
真紅 「よし、SLPYの新作SSも読み終えたしそろそろ寝るのだわ
グッナイ、良い夢を」
アストルフォ 「一番顕著なのは【だわ】の使い時かなー」
真紅
      / ||      / | |               /_ ○
      /-┐       /─┐     ┼┐||    /_
       /          /     ││       
      /           /      _       \
        ||/       | | /    ─ /     \ /
          /         /     /       /

                   _           / ̄ ̄ ̄ ̄|
    ,,,,___)ヽ,      / \. _ _ _ _    |  ノノノノノソ|
   ミ'''       '-へ,   |    ヽ|_|_|_|_|    | ,,,ノノノ彡ミ|
   彡         丿  ヽ、   ノi   ⊂|    |,´   |彡ミ|
   彡   丿ノノ |ノ'''') ι.,  ,へ  | ヽ__ノ    |.    |彡ミ|
   |  /ヽ| ';;;;;;; / ヽ, )  /   \| |___|     )' ;;;;;; ヽヘヽ
    | | ヽ_l    ゝ  ) ) /    ノ |::::::::::|    く   ノ ノリリヽ
    川 g' ヽ  っ'   | |. /    /   |:::::::::::|     ト  | /iノハノ 
  ---|_  \丿   ヽ|/    /   |:::::::::::|    /___/ ()
       ̄ ̄ト--,   /    /   |  ̄ ̄ヽ     |:::/   
         ̄ ̄ ̄ ̄    /     |    )   /
                 /      |    ⌒
                /      ヽ_::::::::          |
   ____/ ̄| ̄ ̄ ̄        _ _ _:::|       ゝ
             ̄|_      _ ノ人ヽ、         /
                ̄ ̄ ̄/-/ / ̄  ヽ____  /
                   /_ ) |     |:::::::::::::::」
薔薇水晶 「アリスたりえるレベルの美しい真紅っくもいれば
ゲロを吐いてほかの姉妹をブン殴るようなゲスい真紅っくも、当然いる」
アストルフォ 「真紅という皮1つにも様々な表現方法がある」
薔薇水晶 「考えることが大差なかったよ……?」
鳴上悠 「『ちょっと、薔薇水晶。手が寂しいから殴らせろなのだわ』」
薔薇水晶 「ちょっと薔薇水晶、ジャンプしてみるのだわ」」
真紅 「『ちょっと、薔薇水晶? ジャンプしてみろや。座ったままの姿勢で』」
鳴上悠 「心の中にできない夫を飼え、とどこかで見た気がする」
鳴上悠 「『ちょっと薔薇水晶、紅茶入れてこいなのだわ』

んー…なにか違う気がする」
真紅 「俺は1人見かけたら20人はいるからな」
鳴上悠 「いや、寝るのが嫌だって意味だ>アストルフォ
憑依…憑依か…」
薔薇水晶 「ちなみに今日の午後ローはレイク・プラシッド ファイナル ワニ爆増 です
これもうわかんねえな」
鳴上悠 「できない夫さんはな…中身が本当に見えない
というかできない夫さんなのかもわからない」
アストルフォ 「まぁ、そこまで嫌なら仕方ないのかもね」
薔薇水晶 「目がシャークネードになっとる」
アストルフォ 「そうか……嫌か……」
アストルフォ 「白長いオーラ自体は漂ってるとボク思うの。
隠してないから、何だろうけどさ」
鳴上悠 「嫌だ」
真紅
     / ̄ ̄\
   /  「  ヽ \
   |  (鮫)(鮫) |      キミたち早く寝なさい?
   |     |     |
   |   __´_  |
   |   `ー'´   | 
   ヽ       |
    ヽ     ノ
     /    く
     |     \」
アストルフォ 「やる前から諦めるもんじゃないさ。
やってみてからやっぱり無理だったよ……で良いじゃない」
薔薇水晶 「おっ、こいつ発言ええな!→遺言から長い顔

何度このパターンを見たことかぁ……!」
鳴上悠 「マニア主張してマニア先に憑依、「遺言あってるよー」でOK>マニアライン語り
さとりラインと山彦騙りはよくわからない」
真紅 「死んだ魚の眼をしておけば大体どうにかなる


    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( 魚)(魚)
  |      | |
  |     __´_ノ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \」
アストルフォ 「憑依してから死のう!!>鳴上っち」
アストルフォ 「普通の真紅RPで良いじゃない。
あとは小声をどのタイミングで使うか」
鳴上悠 「できない夫さんに憑依するくらいなら俺は死を選ぶ
あれは真似できるものじゃない」
薔薇水晶 「さとりライン、マニアライン騙り、山彦騙り
やれることはおくせんまん」
薔薇水晶 「真紅っくに憑依は1回やってみたいけど
なかなかに胃を痛めそうではあるw」
真紅 「~プランを立てる人狼チームの図~


俺に託すなよ! 託すなよ!

    _γ⌒ヽ  
    (´Д`*) 
     U Uヽ  ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
     しーJ (´∀` )(・∀・ ) ンーッ
|~~~| ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
|___|    ̄ し-J  し-J
鳴上悠 「まあつまりただの愚痴だ、すまない」
アストルフォ 「この村のRPなら多分ボク全員出来るしなー
憑依ってさ。認識されてないなら村人の中には存在しないんだよ」
薔薇水晶 「狼はチームバトルだからね
プランというのはやっぱり楽しそう」
鳴上悠 「だがもし、引いたとしたら
それはつまりPHPが俺に「やれ」と言っていて
だったらやらなくちゃいけないんだろう」
アストルフォ 「そこは真紅との違い、なのかもしれないけど」
鳴上悠 「表面をなぞる、か…
RP騙り村みたいなものかね」
薔薇水晶 「深く考えずとも、憑依することによって楽しめばいいんでないかなあ?(RP大好きっ子)」
真紅 「任せとけ>鳴上
その時その場に応じたプランを立ててやるさ」
アストルフォ 「出来ないって言われてもやってみよう!ってボクは言っちゃうかな」
鳴上悠 「だが、事実憑狼としての俺がそこにいたとする
だとすれば憑狼としての動きを求められるのは必然であって個人の問題でどうこう言えるものじゃないんじゃないかと思うんだ
だから、できるだけ狼希望はしない」
薔薇水晶 「交換憑依で内藤がヴェールヌイの顔でうはwwwwwおkwwwwwwとか言い出した例があったなぁ……」
真紅 「それならそれに応じた作戦を立てればいいだけよ
期待されてもできないことはできないと言う勇気」
アストルフォ 「そりゃでっていうがいきなり真紅の口調になったら????だけど
そこまで特徴的なものなら表面だけなぞることも難しくはないだろうし」
真紅 「そういうときは、右手を上げつつこう言えばいいのさ>鳴上

「できません」(前の話に戻る)」
薔薇水晶 「憑狼は決闘で生存勝利したことなら……()」
アストルフォ 「難しく考えることないって>憑依
誰もRPに違いまで見てないから」
アストルフォ 「憑狼は4回引いてるけど全部事故って憑依出来たこと無いです!!!」
真紅 「こうして僕の最初で最後の白狼はくそみそな結果で終わったのでした

(´;ω;`)」
薔薇水晶 「そりゃゲロも吐く」
鳴上悠 「俺は憑依がどうしても駄目なんだ
RPを真似できる気がしない」
アストルフォ 「白狼でも吊り逃れCOは書いとくんだよ!物真似師なんか微妙で真っぽく見られるかもしれない!」
真紅 「なお、結果


埋毒者を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
白狼は無残な姿で発見されました
(白狼は毒に中ったようです)



               .ィ/~~~"ヾ
             、_/ /  ̄`ヽ}
             ,》@ i(从_从))
             .||ヽ|| ^ω^ノ'::::::::::.....
             ≦ヘ!    /    ::::::::.......
            テ|. |    /       :.:.:.:::::...
             /7ーー7777!         :.:.:.:::::....
            T--l⌒ヽ{ l            :.:.:.:.::::::...
               |vv'レ⌒!'ー!             :.:.:.:.::::::...
              |vv'ヽソー1              :.:.:.:.::::::.
           _ヽVVVー7__            :.:.:.:.:::::..
         ,~~~~~~~ヽ  ヽ、          :.:.:.:.:.:..::..
        ∠二二二二⌒二二二二二二ユ」
薔薇水晶 「占いに占われる白狼はいい狼だ、ってできる夫が言ってた」
アストルフォ 「まーねー。
初心者村だから夢共有を残して手厚く扱うのか
初心者村だから野良鍋と同じに吊って霊界でフォローするのか

ボクは後者でキミは前者だったってだけの話>鳴上」
鳴上悠 「初心者鍋(初心者のための配役になるとは言ってない)」
真紅 「狐や蝙蝠は運次第、そんな時たまに狼をやるとすごく楽しい
白狼をもらった時は興奮して眠れなかっただろ」
薔薇水晶 「初心者鍋で2W素銀とか初心者向けじゃないよー?」
鳴上悠 「初心者鍋の流れとして…な>アストルフォ
俺も殴ってしまった当人だからなんとも言えないが」
薔薇水晶 「そのときは村を滅ぼすつもりでがんばるのさ! >真紅っく
役職の暴力?ないない(笑顔」
アストルフォ 「妖孤希望は7割くらいかなー。そこそこ通らないときもあるねー。
人狼希望は10割通る」
薔薇水晶 「あ、ティアマグ石3凸わーい」
鳴上悠 「狼希望は基本しない
蝙蝠とかの単独陣営が気楽でいい」
薔薇水晶 「まぁ狼希望狐希望は8割通ると思うけれどw」
アストルフォ 「良いもん良いもん、島風ちゃん勝つ気満々だったけど何かヘイト買ってグレラン落ちしただけだもん……」
真紅 「(薔薇水晶を引きずり込みながら)」
真紅 「ま、その辺をできれば次はちゃんとお見せしよう
狼希望は基本的に叶うものだもの……ね?」
鳴上悠 「あれはもうなんというか劣勢超えてると思うぞ」
薔薇水晶 「いや、劣勢って聞いたから思い出しただけで()」
アストルフォ 「いいいいいいい今は関係無くないかな!!!>素銀2W」
鳴上悠 「即お代わりになった時点であれは…な>薔薇水晶」
薔薇水晶 「素銀2Wで初手素吊られの初心者鍋は悲しかったね…点」
アストルフォ 「まー実際どこ噛めばいいか分かんないよねーっていうのはあるか。
でもどう村を運ぶか、運んでいくことを望みたいかっていう噛みに意図は込めて欲しい、とボクは思うんだ」
薔薇水晶 「ばらしーさんも、どっちかといえば占われやすいポジション
だから特殊な結果が出るような役職だと心底弱い」
真紅 「追い込まれている時は、狐も利用するくらいでちょうどいいのよ>鳴上

狼も狐も基本的には劣勢だもの
だからお互いに協力して村を減らすといいだろ」
薔薇水晶 「あの状況についてはほぼ灰がねーからなー」
アストルフォ 「あー……。
ちょっともんにょりしちゃうかなw>自棄」
鳴上悠 「あと吊れない位置でもあるし」
鳴上悠 「いや、違う>アストルフォ
半分ヤケになってて深夜テンションで噛んだ」
アストルフォ 「夢か橋を祈るって発言からはどっちかというと吊れない位置だと思って噛んだようには見えたけど」
薔薇水晶 「それは狼も村も同じだよね >狐には勝たせない

人外に勝利を譲った?
違うな、自分たちは負けている。その時点でどこが勝っても【言い訳】に聞こえちゃうでそ。
ちと言いすぎな気はするけどね。」
アストルフォ 「意図としては狐を噛もう、と思って噛んだ?>Xena噛み」
薔薇水晶 「実際グレラン0~1票なんて占いの格好の的だよね」
アストルフォ 「真紅さんとか無関係に2手目で占いたくなりました!」
鳴上悠 「狐に勝ちは渡さないさ
いいところだけ持っていくのは許せないからな」
真紅 「しかし真紅さんはテンションばかり高すぎていかんな
次はもうちょっと目立たないポジションで行こう

グレランにはめっさ強いけど占われ易すぎるもの、真紅さん」
アストルフォ 「まーでも○出しちゃってるから能動的に吊るのはきついか」
アストルフォ 「鳴上っちが毒噛んで無ければ勝てたんだけどなー(ジト目」
薔薇水晶 「何故ぴゅあはダブルで占われる宿命(さだめ)なのか」
鳴上悠 「これが死の運命ってやつか」
真紅 「◇アストルフォ 「せんせー、ばらしー初手吊ってもボクホロに殺されちゃうんですけどー」


                   , -, ‐, 、
 | ┼                _////゙ヽ
 レ c!、| ┼        ,fッ、;;::ニ=-、`ヽ  }
      レ c!、| ┼     /ミ)  ≦ヽノ::カ.、ヽ!’
.        レ c!、  / 、'    ゙ ゙i ム::::V
       ,i      ,' r_,.ヽ   ,リ l::::|
      , ィ/ |     l  }  /l!  /、ノ:::::|
   .// ハ       | ,, `'''´   .ノ' |:::::::::,!
 /, '/   | i     〃ッャァ=''" ,,. べ::::/
'/ / /   ,! i     ,.ィ''ノゞ,’≦ :: ::,.イゝ、
| / / ,i  / ,'i   ,. ≦;/ /:: :: :: /     >.、
l l ,.i/'l ,/ / !,/ /:://:: :: :: /   ,. '"
rf /  ,ト., ' //   /::/': :: :: ::/     /」
薔薇水晶 「え、それ翠や蒼のおねーちゃんたちがコンビ芸やってるって >M-1」
薔薇水晶 「適当なこと言っても生き残れるし、まじめなこと言っても死ぬときは死ぬ
それが2日目の目隠しバトルよ」
鳴上悠 「じゃあ真紅はプレイヤーだな>俺メイン主人公」
真紅 「ばらしーはM-1に出ておきなさい、悪いことは言わないから」
アストルフォ 「せんせー、ばらしー初手吊ってもボクホロに殺されちゃうんですけどー」
鳴上悠 「確かに2昼は投票も、噛みも、それに対する反応も何もない
必要なのは行数と適当にそれっぽいことを言える語彙力だ」
薔薇水晶 「いろんな意味で、運と状況に助けられた感じはある。
まだまだ半人前だにゃー。」
真紅 「ホロを噛んだのも鳴上、つまりこの村は鳴上がメイン主人公よ」
薔薇水晶 「ソファーの下から毒でも打とう(チャキ」
真紅 「2昼が一番怖いからな>鳴上
3昼や4昼のグレランはいくらでも対策できる、だけど2昼は何もないもの」
薔薇水晶 「全体的に占いとしてはいまいちだったかなぁ
生存勝利はいいが、それまでの過程とかは結構アレでそれ。

真紅っくを占わず、真紅っくを殺せたかと言われるとややアレではある
届かせるのも村の仕事なんだけどねー」
ホロ 「|彡 サッ」
ホロ 「|・ω・) ……」
鳴上悠 「…適当だったんだけどな>誘導
吊れたのは良いが」
真紅 「>薔薇水晶

      素直になぁれっ!        素直に‥‥‥
          素直になぁれっ!      素直に素直になぁれっ‥‥!
            r' ニニ二.ヽ、
         ├i<二¨''<            r‐---‐'''二フ   悪魂退散!
        _/r た,` ,ろ「´             >‐'' ニ─_」    悪魂退散!
. . .. .,_-‐''ニ7:::レ`|v U  | . . . . . . . . . . . . . . . ‘ーiさ,¨,う 」 | . . . .
.. . ../:::::「´:::::l::::ヽ ヽ⊆⊇ハ . . . . . . . . . . . . . . . . 「.|. |. 」L  |6| . . . . きれいな魂
: : :/::::::::l:::::::::\ゝ\/|:::_;∟、 : : : : : : : : : : : : : | |_ヘこつ_ハト、.__ 戻って来いっ
: :,'l:::::::::::lフ::::::::::\/l∨::Uf三 }: : : : : : : : : : : : : f;ミU}::ヽ¨/::/::::/:: ‥‥‥‥!
: l::ヽ::::::::::\:::::::::::::/::/ァス::゙r三、 : : ⊆⊇ : : : : : | ハ〉リ:Vヽ:/::::::/:::::
「ス:::\::::::::::`:────r' '三} : : : : : : :__: : : :(゙| |ソ|/:|::::::::::/:::::::
|/ト.`ニ_\ :::::::::::::::::::::::::|_,ィ'Y : :.バ: : :|::|: : : : ヽr_──-- 、::::::::
|. |::::r- 二_`Tヾ'':──ァ┘ニ:イ |: :チ: : : :|::| : : : : : ヽ_..二ニニラ:::/
|.ハ:::|─--|::::|ヽ:::`ー':::/ヽ::::_/ | |.: : : : :fモ‐ゝ、: : ∠ィTー─‐┤::::::
: : :トL|_|::::|::::ト、:\_/::::::::\: :| |: : : : :.!三}、_ 「::\ l |}}   .|::::::::
:\|:::::::::: ̄「 : : ` ー-r:::::::::::::l: :| |: :{_ , r'し1ーl::::::::::ヽl |′   |:::::::
::::::|:::::::::::::::|:⊇: : : : :|、_ ::::::::|: :.| |: :i`〈、゙  }: :\:::::::::::L/ゝ─┴:、__
、::::::::::::::::::l: : : : : : : |::::::: ̄:|: : :| |/'^:_ゝ' ┴i:_:_:,ヽ∠_:::::::::: ̄:ヽ:::::::
:ヽ::::::::::::::::l : : : ^∟: |::::::::::::|: :⊆⊇:‐_|::r;:三| - ./:::::::::ヽ::::::::::::::::i::::::
: : \::__::/バ : : /ヽ, |:::::::::::|:l三_| |'´. .|'/::::::::| ./:::::::::::::::l::::::::::::::::::i::::
: : : : : : : '´チ ̄ヽ:_; l:::::::::::L_、ィ_ノ" . . l::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::i:::
r'⌒゙ー~‐ 、: : : ; : : :L:_:::::::::::::ヾ:::'z, . .ト、::::::::::::::::::;:イ:::::::::::::::::::::::::::::i::
         ヽ: : `ヽ._ ミ:::`::ー-‐':::'7 . .| |ヽ::_::/. .ヽ::::::::::::::::::::::::::::i:
 ぐおおっ  しノ⌒: :〃::::::::::::::::/ ヽ | l . . ‐ /: ̄:`ヽ\:::::::::::::::::::::::l
 ‥‥‥! (´ :バ: : : ゙'‐vィィfヾ: :/.⊆⊇,∠.|::::::::::::::::::ヾ:、:__,::::-‐''二」
薔薇水晶 「3票ごときでこのばらしーちゃんを殺せるか……まぁわりと発言酷かったし吊れてもおかしくはないわけで(」
真紅 「その意味でも今回の鳴上の2昼の誘導は素晴らしかっただろ
惜しむらくはばらしーが吊れなかったこと、ええい投票しておけば良かった」
薔薇水晶 「             , -‐、   , -.、
           /   ノ  ノ   ノ
          / 、_.ノ ./ 、_.ノ´
            /  ノ /   .ノ  ,,-‐'⌒i       生
.           / __ノ / /⌒ii´ /、_  .ノ´.      き
          l.   `iノ /  / |/  ,.'~´  .      る
           |   ,,,|./ ``´.丿 、_ノ ,-‐'´⌒)       為
.         l.    |``''' /  .ノ ./ 丶,-‐'´     に
        |  ,___l    |、. / / 、,,/        挙
.         |   ノ     | `` '´-、 ,ノ            手
         | _/    |` ‐、__   )          っ
            | /     ヽ-、 _ ̄`|            ・
         | .      ヽ::::.` 、,|           ・
            | :.       |::::  |          ・
             | ::       |::::  |.            ・
          λ:::      ノ:: 丿          ・
         /      , ::::::'/            ┃
        /      :/:::::::::/            ・
       /      ::/:::::::::/
     _/       :::::::::::::/_
 , -‐´ /       ::::::::::::::/   `‐- 、
(,    /       :::::::::::::/       )
 ` ‐- _      :::::::::::/   _ -‐'´
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
鳴上悠 「                 j |i|
                   j |i|
                     j |i|   (そっと手を上げる)
                  j |i|
                     j |i|
                 j |i|              _,,.、、、.,,_
                    j |i|            // 小\ミh、
                j |i|              ∥i{从ィフ-、ヾV∧
                  j |i|                i{ミァ)、    ヽヘ }
                    j |i|             ヽ { f⌒   ノー'}{     _xヘ、
              _,,,ノ」i|_              \   _/,,,,,_从、x-<⌒ 、  ⅱh、
                Г     `ヽ           ャ‐- .,,,__`γイ////∧ 、/`、 ゚。 ⅱ  \
             |       /            ー-ミ.,,__ノ{////////,   `ヽ  Ⅵ!   `、
             `{三Ξミ/            _、丶ア  V///////}    /_', ∨,} i   `、
             7///心、          、丶` ゚,丶、  ヽミ///∥ / _}  Vi}ノ /   \
               <⊂`( V ∧       ノ \  ゚。 / ..,,,,,___ `ヽ{ /‐  ̄  }  」_}∠=‐ ````ヽ
              {ーァ/>ミ_ム    /   \\ ゚。 ゚>` _,>i{∥_,,.x=‐、 ̄        }
            ,心{ /   ``'''ァァ'゛      \ヽ} ':, `、 ´ _ ‐ ̄      ハ           /
              ,心ア⌒~.,_   /{V         必、 {`、 `v_、‐゛          } }        _、‐゛
.            寸ア     `~.,_ ヽ       _、丶`   `〈 /  ァ       ィノ   _、丶`
                    ``ー--―'''゛       У /  ィ7    / }「 lГГ
                                    〈/_、‐゛ 。゚ / /  jj }}`、{
                             _,,.. ..,,,,_ `〔  /∠_、‐゛   ∥ ⅱ ヽ
                       _ 、丶 ``      ``ミh。,_````` ̄ ̄``~iL`く」
真紅
                _,,............,,,,_
              /l「 l1 |f l」 Tニ 、
              !! .|| .ll l| .ll ll `'ヽ、
             .il ,ll .ll .ll ll .ll  'ニソ
             |l .|| .ll .ll ll .!!   |
             ||.亠''。'''冖‐ー..!L  ...|
             1__...、-,,..---......,,_ `''、」
             |′  ´      <t.._ │
             |,ー、.,_  _,,..-ー 、  !|::`│     今、「左手じゃね?」 とか考えたやつ屋上な
            :l|.i刃〉  `「i刃~′.|厂l:ヘ
             .i. ` !     ̄  .ll .!::.ハ
             i 〈、       テ‐{:::::.ハ
            .ハ tl----4'、  ノ _サ'、::|
            八::ヘ  -  ` , '...//:::::∨
             ゙'仝,,_..、 __../ //:::::∨`ー 、__
          _,,..-‐f⊂ニ サ!ニニ⊃//::::::∨    」
薔薇水晶 「灰!グレラン!占い吊り!
灰!グレラン!占い吊り!って感じでぇ……」
アストルフォ 「出来ること出来ないことは分かってた方が舵切りやすいしね」
真紅 「(そのための右手)」
真紅
                ..一-‐rー-..、
               i ii  ii .ii  .iifろヽ
               l ∥ ∥ ∥ ∥┐′
               ! ∥ ∥ ∥ ∥ .|
               」‐'''" o  ̄゛''''ー._i
              _ t-‐‐‐‐----ー-..〔
             i:::: "`ー'''´ __丶ii:::ヽ
             t,'‐‐、、  ../__`‐∥:::::!
             '「 '蓬 〉 `〈蓬 !  t|'':::::!     そっと右手を挙げるのです
             | ! ` /    `"´  l| l:::!
             fl   、       !L'::::::!
             iヘ 〆____..ヾ   !,'::::::::.!
             i:∧'' `''‐‐''´ ` ノノ::::::::::l
             弋::>、    ,,...:rク≡丶:/
             _....‐ ミ弋テノ‐//≦ ,,.-..... `''..、
          ..‐''´ /ミ !! ヘリ! //三ミl │「` 、 `‐..、
         / /  /ミ ii .| | |//ミ三ミl i !{ ヽ /  ヽ
        イ ノ  .∧ミi l ( (//ミ三ミ/| i ! l .!/    ∧
        / '|  i三ミl | .//ミ弐 ヽ l '''ヽl .i .|  / ∧
       イ  ./|  l三三| |//三ミ丶 ゙│   ヽ  ! ノ     i
      /  丨l  l三三--‐二≠ .!  ′  ''   !/     ヽ
     /   〈..-‐" ``     |′ ヘ   ,′    !≧、    ヘ
    /′  ,,/′         |,,   .i,, i     i三彡、    ∧
   ./   ./            !為  弋!、    !三彡丶、   ∧
  /  /             .!ミ豸   i`'-''".i三彡  ヽ、   ∧
  ' /               iミ為   i  丶 i三彡    丶  ∧」
鳴上悠 「「無理っぽいです」>真紅」
アストルフォ 「そーしきひょう!そーしきひょう!」
薔薇水晶 「まぁ「どこを占えば味方が増えるか」は基本だからねえ」
真紅 「できない時は「できません」でオーケーよ>鳴上

灰が残り4人くらいの状況で「グレラン平気だよね?」と言われたとする
だが自信がない時はどうするか?」
鳴上悠 「来月にタイムトラベルするぞ」
薔薇水晶 「すいません、それ来月からなんですよ」
鳴上悠 「…そういうものか」
真紅
                   , -, ‐, 、
                _////゙ヽ
                   ,fッ、;;::ニ=-、`ヽ  }
               /ミ)  ≦ヽノ::カ.、ヽ!’
                  / 、'    ゙ ゙i ム::::V     ばらしー、今すぐ三軒茶屋駅前のシュークリーム買ってきなさい
       ,i      ,' r_,.ヽ   ,リ l::::|
      , ィ/ |     l  }  /l!  /、ノ:::::|
   .// ハ       | ,, `'''´   .ノ' |:::::::::,!
 /, '/   | i     〃ッャァ=''" ,,. べ::::/
'/ / /   ,! i     ,.ィ''ノゞ,’≦ :: ::,.イゝ、
| / / ,i  / ,'i   ,. ≦;/ /:: :: :: /     >.、
l l ,.i/'l ,/ / !,/ /:://:: :: :: /   ,. '"
rf /  ,ト., ' //   /::/': :: :: ::/     /
l l {,r:y゙ l/,/  ,//:: :: ::/       /ノ
<(__),ノi/  /' :: :: :/        /゙
,,__,)〉,へ. /: :: :: /          i /
__ノ/ 〉、f¨¨7´ ̄ノ,,..  ''´   /
___ノ゙ i ,.ゝィ 、 ゙i、     /」
真紅 「それでいいのよ

そもそも真紅さんの言うことを真に受けてしまっては駄目よ
2回位スルーするくらいでちょうどいいの」
薔薇水晶 「カンと勢いこそ占いの華、特に初日は」
真紅 「できることは全部やる、できないことは割り切る――もしくは、やらずに済む方法を考える」
アストルフォ 「初日の占い先は隣じゃなきゃいけないなんてルールもRP繋がりがなければいけないなんてルールもないんだからさ」
薔薇水晶 「初日の占い先は何か真紅っく以外だとどこにするか。
ぶっちゃけ原作繋がりで占った感はひしひしと。」
鳴上悠 「サボるのは良くないだろう」
アストルフォ 「初日の対応何か全部ダイス!とか>ハイカラですねとかガイアの導き!とかで良いよwwwwww」
真紅 「初日? ああ、あんなの「やります!」って言っておいて適当にサボればいいのよ(ホジホジ」
鳴上悠 「噛み先か…その発想はなかった」
鳴上悠 「いや、初日だ>アストルフォ」
真紅 「そういう時は、噛み先だけ用意しておけばいいのよ>鳴上

噛みました、死体が2つです
死体に◯を出しました……ね、簡単でしょう?」
薔薇水晶 「桜田メイデン汚い、さすが汚い」
アストルフォ 「信頼路線なら噛み先とどこか1つくらいに絞った方が良いかもね>鳴上っち」
真紅 「ゲロを吐く真紅のSSが読めるのはSLPYだけ!(ステマ)

http://slpy.blog65.fc2.com/?tag=ローゼンメイデン



       .ィ/~~~' 、
    、_/ /  ̄`ヽ}
     ,》@ i(从_从))
     ||ヽ|| ^ω^ノ    
  =| ̄~∪ ̄ ̄ ̄|
  =|         |
    ◎――――◎」
鳴上悠 「あと呪殺対応全部はきついぞ…
ホロと吹雪とコロンブスくらいしか準備できなかった」
薔薇水晶 「ではお疲れ様ー
村立て感謝、村勝利おめでとうー。

ラブリーばらしーでも何でもなくなってきたなぁ!
だがやはりばらしーは可愛い 正義 アニメ専用……
言ってて悲しくなってきた。んじゃまたねー。」
クマー 「コンニャクと大根すじ肉クマね食べるなら」
アリス 「さて、それじゃあ私もそろそろ失礼するわ。
皆お疲れさまよ、またどこかでね。
というか明日も平日よ、ハヤクネナサーイ」
鳴上悠 「卵と卵と卵を」
薔薇水晶 「押すなよ絶対押すなよレベルのあれそれ」
クマー 「お疲れ様クマ
センセイのシャドウも収まってくれクマよ
それではークマクマー」
薔薇水晶 「卵と大根ください」
アストルフォ 「こんにゃくとしらたきが好きです!」
薔薇水晶 「       |\___
      ./ :::::::。::::::;;;;;;>
      /::::::::メ::;;;www       初日の占い理由AA候補が多すぎたのん
     ./:::@i(从_从))     
    / ヽ|| ^ω^ノ       
 》\ノ《 と〈iミ'介ミi〉つ
 》;;;≧《_;;;《_;;;ノノノ
 》_/  `'ー U'"U'」
鳴上悠 「おでんか
卵、美味しいよな」
クマー 「しかし、迷走しすぎたクマ
冷静に対処しなきゃいけないクマなのに」
薔薇水晶 「熱ゥーッ!? >おでん」
アリス
               .ィ/~~~"ヾ
             、_/ /  ̄`ヽ}
             ,》@ i(从_从))
             .||ヽ|| ^ω^ノ'::::::::::.....
             ≦ヘ!    /    ::::::::.......
            テ|. |    /       :.:.:.:::::...
             /7ーー7777!         :.:.:.:::::....
            T--l⌒ヽ{ l            :.:.:.:.::::::...
               |vv'レ⌒!'ー!             :.:.:.:.::::::...
              |vv'ヽソー1              :.:.:.:.::::::.
           _ヽVVVー7__            :.:.:.:.:::::..
         ,~~~~~~~ヽ  ヽ、          :.:.:.:.:.:..::..
        ∠二二二二⌒二二二二二二ユ  」
インデックス 「それじゃそろそろ2:00だし寝るんだよ
同村ありがとう、また縁があったらよろしくなんだよ、なかなか愉快な村だったね!」
真紅 「◇薔薇水晶
[萌占い師]
[芸人]
[おでん大好き]



         r、_r'ミミミミミェ-、
     ,r-、ノミミミミミミミミミミ、
   ,,;イ彡彡ミミミミミミミミミミミェ、
.  //彡彡彡ヾミミミミミミミミミミミ、
  //彡彡彡´`ヾヾヾヾヾミミミミミミミュ
 ;彡彡彡イ    ヾヾヾヾヾミミミミミミミ、
 !川川リア  __,,ィイエ   エェェュ_ヾミミミi
 |川川ア    __      _   ヾ川リ
 川川リ   / て;ヽ    /て; ヽ  .|川|!     君には失望したよ(フゥヤレヤレ
 川川|.    ー''       `ー-   .川リ
 川川|      ,ィ    :、     Nリ
 ヾ川ヘ     / しヘ__ノしi!    /リ
  ! ヾ|       ,.-─--、    | ;|
   `ー!.     ;'`ー--'' ノ`     |''
    ヾ、        `゙゙゙´     ノ;、
      \             / |) ヽ
        |\______/ /  |\
        |         /   /.  \」
薔薇水晶 「今とは言った……だが、今日とも明日とも言ってないっ」
鳴上悠 「それでは、落ちる
今回の村は学ぶことの多い村だった
噛みあわせ、呪殺主張
どれも人狼プレイヤーには必要なことだろうと思う」
「   ○ ゴロゴロ

   (⌒)

   γ⌒ヽ ゴロゴロゴロ
    ゝ __ノ
 パカッ
    γ"⌒ヽ,     それではいい時間だし卵の朝食にされる準備するの
    んヘ/V'ヘ
    ヽ¶_゚ ヮ゚ノ      一緒に遊んだ皆
   ( 'ヘ/V'ヘ|)      村建てしてくれたGM
    ゝ、._,ノ.       鯖菅さんに感謝なの


   .'´7'´`´ヽ        コロンブス見たからこのRPで入ったけど
   ! 〈(从从リ|        コロンブス忘れて楽しかったの
   ヽ¶_゚ ヮ゚ノ、i         背徳の動きは結構考えなきゃなの
   ( 'ヘ/V'ヘ|)          次から本気出すの(出せないフラグなの)
    ゝ、._,ノ            お疲れ様なの
     し'ノ
クマー 「手数が足りないクマね狼が」
ホロ 「それではおっつおつー」
真紅 「それにしても……>薔薇水晶


          __
       r‐'' ´;;;;;;;;;`丶、
    ,..-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.  /;;;;;;;/ヾミ`ヾミNヾミミ;;;;;;;;;;;;;;':、
 /;;;;;;;/  ,,,;;;;   ;;;,,,__ `ヾ;;;;;;;;;;;;i
 |;;;;;;/.,;''´      `゙゙ヾ ヾ;;;;;;;;;|
 |;;;;;|. ,ィて)     kて込  |;;;;;;;;;!
 |;;;;;|     ,  ::、     |;;;;;;;;| 
 |;;;;;|    ,.(r、_,ュ_):、    ..::|;;;;;;/!
. Ⅵ!     ,..._..._    ..:::::レ'' ./
  ( i.   f/二,ゞ〉 ..::::::::::::::::ノ
   `:、  ヾ-‐-'' ..::::::::::::::::|;;;;|
.    ヽ    ........:::::::::::::::::ノヾ;!
     `ー-----‐:::::::::/  /\
       |::::::::::::::::::::/  ./   \」
アストルフォ 「ボクが銀+背徳って言ってる?人外の言うことを信じる道理はないって」
薔薇水晶 「どちらにしても番長信頼路線は貫いちゃうわけだから
ばらしーちゃんがかまれてた場合は狐VS村の勝負という感じに。」
アストルフォ 「元々4W構成かコロンブス黒狐にしよう」
真紅 「仮にあの日、薔薇水晶を噛んで薔薇水晶◯だった場合
その場合は、ええと

鳴上、クマー、Xena、吹雪、配達屋


Xena◯を出していなければXena吊りワンチャンだな」
鳴上悠 「…ああ、そうか>真紅
文章書いてから気づいた…俺はまだまだ未熟だ
今回のログは保存しておこう」
薔薇水晶 「真紅っくがばらしー萌えないの?以外のこと言ってなくて草はえそう」
吹雪 「それではお疲れ様でした。吹雪、帰投します。
村建て同村感謝しますね」
ホロ 「これが噂のマーライオンかや >真紅」
鳴上悠 「クマーを噛み、クマーに○を出す
そうして俺が呪殺したと主張する

吹雪に●をだせば、当然吹雪は俺に投票する
敵が増える、配達猫とクマーに委ねられる」
インデックス 「そういえば人形なのに人形遣いなのは割と面白い
でも一番面白いのは忍者を隣に取られてる忍者である」
真紅 「◇クマー 「噛まれる場所じゃない場所が死体で居るってことはこれ理由は呪殺位しか無いクマよ」
◇配達猫 「あなたは銃殺をだすといってましたけどそれは薔薇水晶を占うということではないのですか?」


これが村人の反応だもの>鳴上」
アリス 「>アストルフォ
鳴上視点だと私、コロンブスでほぼ2w吊ってるからばらしー吊ってまだ狼がいるって主張はけっこうキツイと思うわね…」
配達猫 「お疲れ様でした 村立同村感謝です」
薔薇水晶 「つまり萌えなかったのはばらしーちゃんのアイドルオーラが……!

いや、それは真紅っくに押し付けよう」
インデックス 「なにそれこわい>卵」
ホロ 「こんなところかや?
ふたを開けてみれば、吊りミスはゴメス人形だけじゃ
なかなか上々な村とも言えんかや?」
真紅 「いいえ、薔薇水晶よ>鳴上」
アストルフォ 「護衛入ってたからどこ噛みが正解かはちょっと判別付け辛いかな>6の夜
猫忍者読みってのはきついし」
コロンブス 「気付けばこんな時間か」
コロンブス 「では、お疲れ様だ
村建て同村、感謝する」
真紅 「◇吹雪 「はい、これバケツです」



    .ィ/~~~"ヾ
  、_/ /  ̄`ヽ}
  ,》@ i(从_从))     ありがとう、優しい子ね>吹雪
  .||ヽ|| ^ω^ノ
  ≦| ̄ ̄!;:i;l  ̄|
 テ |   i:;l|;:;::;::|    ビチビチビチ
   | ;::;.,.';;;;'::.:.;:|
   | ;::;.,.';;;;'::.:.;:|
     ̄ ̄ ̄ ̄」
吹雪 「夜雀にしては確かに目立ちすぎ感はありましたね」
「まぁ、背徳だから噛まれるより吊られる動き目指した感はあったの
夜雀遺言は仕込んだまま自分でも忘れてたの>クマー」
コロンブス 「占い遺言を好機とばかりに占いCOも良かったのかもしれぬなぁ
狂人だしな
噛まれても良いさで暴れるのもありか」
クマー 「死体なし発生クマね>鳴上悠」
アストルフォ 「まーばらしーLW主張もそれはそれで白狼しかないからきついけどに。
ばらしー●から吹雪●のほーが戦いやすいかな」
薔薇水晶 「実際そうだなーと……粘って粘って信頼を勝ち取ったかいは、あったかな?」
インデックス 「卵に毒あればおいしいと思って投票した面はなきにしもあらず」
鳴上悠 「あそこは半分ヤケになっていた…>真紅
噛むべきはクマーだったのか」
アリス 「軍艦の標準装備bucket」
「あれは安心というか
生活の一部だから関心すらないと卵思うの >インデックス」
アストルフォ 「あとはあれかな。
5の日に敵を2人作っちゃうのは結構辛いよ>鳴上っち」
アリス 「あるいはばらしー●にして真紅狐だったって主張も一応できるけど、
吊り縄的にばらしー吊って終わらなかったら偽で吊られるから厳しいわね」
クマー 「卵に関しては夜雀で目立ちすぎの印象が有るから
微妙とは思ったクマけどね」
ホロ 「常に生きる覚悟で戦ったほうがよかろう
鍋は最後まで何が起きるかわからんからの >薔薇水晶」
真紅 「おそらく最後の子狐噛み、あれこそ薔薇水晶の呪殺に見えたんじゃないかな
。下界視点では>鳴上

噛まれる位置じゃなかったからな
毒COをしているんだもの」
インデックス 「それで安心するのは古代ローマの上級市民だけかも>真紅」
吹雪 「はい、これバケツです」
薔薇水晶 「コロンブス吊りの日にログがなかったのは死んでる前提だったからなんだよなぁ~ww
ば、ばらしーちゃんうっかりさんじゃないし(震え声」
鳴上悠 「なるほど>真紅
つまり、狼がそれをするしかなかった…狼が俺の呪殺を隠そうとしたと主張すれあよかったんだな」
アストルフォ 「まー戦える形ではあったんだけどね、っと>卵」
真紅

    .ィ/~~~"ヾ
  、_/ /  ̄`ヽ}
  ,》@ i(从_从))  安心してください 吐いてますよ
  .||ヽ|| ^ω^ノ
  ≦ ノ つ!;:i;l 。゚・
 テ と_)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃
真紅 「※じゃあ鳴上を噛めばいいじゃん? という主張は全力で黙殺するものとする」
コロンブス 「仮に狂人噛みだとしても、噛まれた占い師を真にしてしまえば良いんだ>鳴上」
アストルフォ 「あの票分けって真紅執筆者前提のものだから人外COしたなら引っ込めなよ-?」
吹雪 「口から虹色のローザミスティカが!」
真紅 「仮に狼が灰を噛んで、呪殺が起きた場合……どうなる?>鳴上


・狼から狐だと宣言された相手がいる=狼視点で見えている
・噛合わせを狙うのが容易、そして何故か噛みあわせた

→噛合わせをするしかなかった、ということよ」
インデックス 「キミ達www>ゲロイン」
アリス 「>鳴上
出ても戦える形になっていたから、そこは好き好きだと思うわね」
「人気者だからと割り切るの
占い系3だからね、仕方ないの。しかもほぼ占いの信用勝負路線なの
どっかしらで呪殺食らってたの>アストルフォ」
アストルフォ 「出たのは良かったんじゃない?
ばらしーだけで噛むとGJ出るから>鳴上」
薔薇水晶 「ああっ!真紅っくがまたゲロインに!」
クマー 「方向性見失ってたと正直思ってたクマ自分自身>アストルファ」
アリス 「>真紅
何を吐いてるのよwww」
薔薇水晶 「正直朝一挟みからの結果で信頼は全盛期のきらきー並だったとはいえ。」
鳴上悠 「出ないほうが良かったか>占い」
アストルフォ 「リスク覚悟で毒CO噛むにしても○出さないと不自然に見えるのはあるねー」
真紅 「①朝と同時に占いCO発言準備
②ホロの遺言見える
③引っ込める
④紅茶を飲む
⑤鳴上の占いCOが見える(まぁ仕方ないね、と眺める)
⑤薔薇水晶からの●が飛んでくる



    .ィ/~~~"ヾ
  、_/ /  ̄`ヽ}
  ,》@ i(从_从)
  .||ヽ|| ^ω^ノ
  ≦ ノ つ!;:i;l 。゚・
 テ と_)i:;l|;:;::;:::⊃    ビチビチビチ
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃
鳴上悠 「そんなところだ>ホロ」
アストルフォ 「クマーは真紅がLWCOしてんだからばらしー突っ込むのはやめときなよw>クマー」
アリス 「>鳴上
あとはXenaを噛むのは避けて良かったと思うわ。
ばらしーの○がそこに出る関係で、毒CO位置+○で狼が毒を噛むのか?を考えると銃殺に見えてしまうんじゃないかしら」
ホロ 「そういえば、鳴上ー
わっちを噛んだ理由はやはり占い師に見えたのかや? >鳴上」
クマー 「村にしか投票してないクマ」
コロンブス 「分かる>真紅
私も潜ってしまったからな」
アストルフォ 「まーボクは何か不可避の呪殺食らったあれなんだけどー」
ゴメス人形 「クマーの言動が、引き分け失敗でワンチャン印狼発動狙いのそれだったから」
薔薇水晶 「2日目3票はちょっとヒヤっとした。(こなみ
適当なこと言って薄氷を歩くスタイル!」
Xena 「......アストルフォと卵に勝利渡せなかったのは残念だわ
では村建て同村お疲れ様よ....」
ゴメス人形 「真紅関連で、クマーと真紅で2W+鳴上狂人があるか考えてた」
薔薇水晶 「朝一ああ仕込むならゴメスよりXenaのほうが人外あるよね?とは思った
なお両視点の灰」
吹雪 「というか私の初日の勘も捨てたものじゃありませんでした!
それはよかった!(萌え占いに投票しながら」
Xena 「....そこ突かれたらきつくはあったわね。>吹雪」
鳴上悠 「だが、その場合狼の噛み死体がなくなってしまう
そこはどう主張する?>真紅」
真紅 「もっとも、ホロの遺言が見えて潜ってしまったのが迂闊だったわね……フフフ」
インデックス 「日記なんて個人を特定できればいいんだよ」
鳴上悠 「お、おう…>噛んでしまっていい」
真紅 「・明らかにおかしな位置が噛まれている
・そこに◯を出した占い師がいる

→呪殺じゃね? という主張、薔薇水晶は狼にできないもの」
吹雪 「ゴメスさん吊に関してはしまったなーって感じだったのでXenaさん入れておけばよかったなぁ、は反省点として」
Xena 「ぶっちゃけばらしー噛みなら
ホロと薔薇水晶真にシフトするつもりだったわ....」
アリス 「あ、汚い忍者ね」
ゴメス人形 「薔薇水晶真として
吹雪○なら鳴上LWまで流れが出来て
あとは死体なし要因がどこにいるか、なんだよな

薔薇水晶じゃないなら、Xeraか配達猫しかないが・・・」
アストルフォ 「あー。
そーね夢か橋祈って噛んでるから鈴蘭のままなら噛まれなかったかも」
コロンブス 「何で萌えじゃない私が萌えてるんだ考えてくれ」
アリス 「ホロを先に噛み殺して忍者もばらしーも吊るルートは厳しいし、んー…
やっぱり忍者噛み自体は仕方ないか」
鳴上悠 「狐は真紅が否定している、では何か
逃亡だと思ったが、忍者だったか」
薔薇水晶 「占い先は決まってたから日記書くのに手間取っててごめんなさいぃー!」
クマー 「あっちにフラフラこっちにフラフラなクマだった」
真紅 「ドンマイよ、鳴上
ばらしーが狐じゃないけれど噛まれる位置じゃない、というのが今回のポイント

つまり噛んでしまっていいのよ」
「ばらしーはお疲れ様なの。見事な占いだったの
でも…夜中投票もうちょっと早めにね?GM寝ちゃってたから凄いハラハラしてたの…(怖かった」
薔薇水晶 「アレ狐噛みですらなかったの >死体なし」
Xena 「......鳴上LWは見えてたんだけど
あのタイミングで吊れない...
鈴蘭でチャンス狙うべきだった....」
インデックス 「萌えるには日数が足りなかったネ」
薔薇水晶 「今でしょ!」
コロンブス 「今でしょ>ばらしー」
吹雪 「というか忍者ですか、あの死体なし」
真紅

         r、_r'ミミミミミェ-、
     ,r-、ノミミミミミミミミミミ、
   ,,;イ彡彡ミミミミミミミミミミミェ、
.  //彡彡彡ヾミミミミミミミミミミミ、
  //彡彡彡´`ヾヾヾヾヾミミミミミミミュ
 ;彡彡彡イ    ヾヾヾヾヾミミミミミミミ、
 !川川リア  __,,ィイエ   エェェュ_ヾミミミi    |\     /\     / |   //  /
 |川川ア    __      _   ヾ川リ  _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 川川リ   / て;ヽ    /て; ヽ  .|川|!  \                     /
 川川|.    ー''       `ー-   .川リ  ∠    ………………!!!    >
 川川|      ,ィ    :、     Nリ   /_                 _ \
 ヾ川ヘ     / しヘ__ノしi!    /リ    ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  ! ヾ|       ,.-─--、    | ;|      //   |/     \/     \|
   `ー!.     ;'`ー--'' ノ`     |''
    ヾ、        `゙゙゙´     ノ;、
      \             / |) ヽ
        |\______/ /  |\
        |         /   /.  \」
アストルフォ 「んー。忍者じゃなければーかLW役が違えば?
ボクからはどーにも出来ない!お疲れ!」
真紅
          __
       r‐'' ´;;;;;;;;;`丶、
    ,..-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.  /;;;;;;;/ヾミ`ヾミNヾミミ;;;;;;;;;;;;;;':、
 /;;;;;;;/  ,,,;;;;   ;;;,,,__ `ヾ;;;;;;;;;;;;i
 |;;;;;;/.,;''´      `゙゙ヾ ヾ;;;;;;;;;|
 |;;;;;|. ,ィて)     kて込  |;;;;;;;;;!
 |;;;;;|     ,  ::、     |;;;;;;;;|
 |;;;;;|    ,.(r、_,ュ_):、    ..::|;;;;;;/!    いつ萌えるの?>ばらしー
. Ⅵ!     ,..._..._    ..:::::レ'' ./
  ( i.   f/二,ゞ〉 ..::::::::::::::::ノ
   `:、  ヾ-‐-'' ..::::::::::::::::|;;;;|
.    ヽ    ........:::::::::::::::::ノヾ;!
     `ー-----‐:::::::::/  /\
       |::::::::::::::::::::/  ./   \」
薔薇水晶 「おっまwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww >萌うらない」
配達猫 「このまったく正解できていない様よ・・・」
インデックス 「お疲れ様―、まぁ錬金術師と毒が揃うとか都市伝説だよね」
鳴上悠 「やはり貴方だったか>真紅
すまない、俺の責任だ」
吹雪 「◇薔薇水晶
 (零月◇
V.RrOCOnM2)
[萌占い師]
(生存中)

萌えかー 」
薔薇水晶 「はううう、勝ったぁー。お疲れさまぁー!」
「お疲れ様なの」
アリス 「お疲れさまよ」
吹雪 「お疲れ様です」
ゴメス人形 「おつかれさま」
コロンブス 「お疲れ様だ」
ホロ 「わっちわち
おっつおつ」
鳴上悠 「お疲れ様だ
…忍者か」
Xena 「お疲れ様...」
アストルフォ 「割れうるCOしなくて良いじゃん(良いじゃん」
ゲーム終了:2016/03/25 (Fri) 01:45:31
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鳴上悠さんの遺言 …すまない
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳴上悠 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
薔薇水晶1 票投票先 →鳴上悠
鳴上悠3 票投票先 →吹雪
クマー0 票投票先 →鳴上悠
配達猫0 票投票先 →薔薇水晶
吹雪1 票投票先 →鳴上悠
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鳴上悠 「奴は所詮人外だ。嘘も付く
現にまだ狼が残っている」
薔薇水晶 「【灰を狭める】ことは占いの仕事。
その理論に沿って言えば、だけれどさ。キミは間違っているわけではない

……だが、な。
キミ自身は、ばらしーを何だと思っていたのかな? >番長」
鳴上悠 「真紅の言うことを信用する必要はない」
クマー 「真紅の発言整理するとそうなるクマね>配達猫」
配達猫 「あなたは銃殺をだすといってましたけどそれは薔薇水晶を占うということではないのですか?」
鳴上悠 「吹雪-薔薇水晶2人外。
俺視点ではだいたいこうなる」
吹雪 「結局そこなので私はこの手順では自分視点の確実な人外を吊る、と言う思考」
鳴上悠 「占う価値は無い
俺の対抗だ、吊るせば済む話だ」
薔薇水晶 「正直、ばらしーの灰はもう番長しかない
つまり、自分が投票する位置はもう決まっているの」
配達猫 「鳴上さんはなんで薔薇水晶を占わないんですか?」
クマー 「でもセンセイ抗毒が最後にすれば良いクマけど
占い騙りするクマか?>鳴上悠」
鳴上悠 「Xenaは俺の○だ、狐はないだろう
恐らく、抗毒狼がいたのだろう」
薔薇水晶 「計算すると……Xenaが管狐で、番長が雛狼になる?」
吹雪 「鳴上さん視点その主張するならもっと早く私を占うか薔薇水晶さん占ったっていうあたりが筋なのでは」
クマー 「噛まれる場所じゃない場所が死体で居るってことはこれ理由は呪殺位しか無いクマよ」
鳴上悠 「俺は昨日、既にXenaを占った
まずは吹雪からだ」
配達猫 「噛めない狼ではなかったと」
薔薇水晶 「唯一、対応出来ないのは子狐が混じってる場合

……毒表記が死んでいて、死体1?」
配達猫 「Xenaさんが噛まれるんですね」
吹雪 「でも、死んでいるんですよね…<Xenaさん」
薔薇水晶 「ばらしーの心構えは決まった」
鳴上悠 「6日目 吹雪 ●
残る灰は二つだ
吹雪、お前は薔薇水晶に○を出されている
囲いの可能性は充分ある、よって駆逐する」
配達猫 「おはようございます」
鳴上悠 「占いCO
吹雪 ●」
吹雪 「◇Xena 「鈴蘭人形よ...アリス吊り強く推してたのはそう言う事よ
見えてないもの....アリスなんて」
◇Xena 「上海人形...アリス吊り押してたのはそう言う事よ...」
◇Xena 「噛まれるために騙ったけど遣いいるなら撤回するわ
埋毒よ」

……??(混乱してる」
薔薇水晶 「6日目 Xena
投票してから気づいたけどゴメスってばらしーの灰やな?何してるの?(真顔
そうなると自分視点で占える位置は番長とXenaのみ
ぶっちゃけばらしー・Xena・番長全部吊り切っても足りるとは思ってるんだよね。
まぁ、どちらにしても「自分の灰を狭める」のがばらしーの仕事。中身見せてもらうのん。」
クマー 「センセイと薔薇水晶がXena占えばいいことだし放置クマ
吊り数減りも考えて呪殺出ればそれはそれで
センセイ真なら昼狐位クマよ死体なし狐の場合はクマ」
薔薇水晶 「Xena○」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Xenaさんの遺言 最終プログラムの起動...全存在の消去を開始します....
狼も狐も第四陣営も皆処す。慈悲なんて与えない

....私に与えられた役職は...埋毒者よ...?
......つっかえ...ほんまつっかえ...
もっと破壊者らしい素晴らしい役職が欲しかったわ....
潜毒とか...うん

...私噛まれるとはあんまり思わないし
発言的にもね。
ゴメス人形さんの遺言 人形遣いCOじゃよ

ラインでもできればと思って朝一に少し細工を、な?
Xena は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゴメス人形 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
Xena2 票投票先 →ゴメス人形
薔薇水晶1 票投票先 →Xena
鳴上悠0 票投票先 →ゴメス人形
クマー0 票投票先 →ゴメス人形
ゴメス人形4 票投票先 →Xena
配達猫0 票投票先 →薔薇水晶
吹雪0 票投票先 →ゴメス人形
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
配達猫 「まあそれならいいんですけど」
ゴメス人形 「で、Xeraが人外か
そうなると昼狐あたりで噛んだら生きてたってコースじゃな
Xera吊って鳴上のコースでいいわい」
Xena 「すまないわね...>村の皆」
薔薇水晶 「Xenaが人形COしてたのはちゃんと見てた。

……ここで割れてる……?」
配達猫 「えー?」
鳴上悠 「割れたか
Xenaは俺の○だ。ゴメスを吊れ」
クマー 「ゴメスはどこか吊り誘導があったから怪しかったクマ」
Xena 「噛まれるために騙ったけど遣いいるなら撤回するわ
埋毒よ」
配達猫 「Xenaさんは昨日から人形COしてましたねー」
ゴメス人形 「そうなると、薔薇水晶以外での噛み先候補を考えることになるが
正直言って、その場合は○噛みにしかならん」
吹雪 「これ割れてません?」
薔薇水晶 「……あれっ?割れてない??? >人形と遣い」
鳴上悠 「俺視点での灰はゴメスと吹雪、あとクマーだ」
クマー 「割れたクマー」
薔薇水晶 「灰をつるか、占い(ばらしー・番長)を吊るか」
クマー 「クマも何も表示されてないクマよ>吹雪」
Xena 「上海人形...アリス吊り押してたのはそう言う事よ...」
ゴメス人形 「人形遣いじゃよ
2昼参照」
ゴメス人形 「この状況で噛まれる筆頭は、薔薇水晶もしくはXeraだが
薔薇水晶が本当に狐なら、狼は逆に薔薇水晶は噛まない」
配達猫 「橋姫ですよ」
吹雪 「ちなみに私は村人です。
何の表示も出てません」
薔薇水晶 「7人ならFOタイミング。
狩人がいるならそもそもすぐ出てるんじゃないかなぁ、と思うよ?

狼がいくら残ってるか、って話でもあるけどたぶんLWだろうし」
配達猫 「噛めない狼かあ まあ真紅が必死だった理由にはなりますかね」
クマー 「素村COクマ」
吹雪 「狩人がいるってパターンは見てないですね、個人的には。
狐噛み本線だと思ってます」
鳴上悠 「いないならば、狐噛みだろう
…いや、もうFOでいい」
クマー 「あるいは雛とか噛めない狼クマね」
鳴上悠 「この死体なしの原因を持っている奴はいるか?
いればすぐにCOして欲しい」
Xena 「FOしていいんじゃない...?
狩人...いるとかないだろうから....」
薔薇水晶 「真紅●>アストルフォ○>クマー○>配達猫○>吹雪○

で、現在生存してる灰:Xena ゴメス 番長

のはず >ゴメス」
配達猫 「なんかしりませんが吊り増えましたし薔薇水晶吊りませんか?」
ゴメス人形 「そうなると鳴上がLWとして
○噛みが狐じゃった、というコースかの?」
Xena 「...私に狐耳つけて何をするつもり?
この変態>ゴメス」
吹雪 「Xenaさん占う必要ってあります?
ホロさんが狂人での囲いとかそういう?」
クマー 「噛みあわせ狙いクマだった?」
鳴上悠 「5日目 Xena ○●
ログを撮り忘れた。
とりあえず今までで見た感じ疑問形が多くて中身の見えないここを占う」
薔薇水晶 「番長視点だとばらしーは何になるんですかね?」
ゴメス人形 「薔薇水晶視点、ワシと鳴上が灰か」
Xena 「あれ?薔薇水晶占うんじゃなかったの...?」
吹雪 「死体なし?」
配達猫 「うーん?」
薔薇水晶 「5日目 吹雪
4日目のログをとり忘れたのが心底痛い。(真顔)
少なくとも真紅っくLWではなかった、とすると。
対抗の番長の中身がどうなのか、って話になる。
そーなるとまぁ、ばらしーちゃんは淡々と自分の灰を埋めてくしかないか。
Xena、ゴメス、吹雪。
この中で村目みたいのはゴメス、でXenaと吹雪で見比べた場合……う~ん
吹雪占いかなぁ。占いたい場所となるとこっちだ。」
ゴメス人形 「違う・・・のか?
吹雪LWだと思っていたが」
鳴上悠 「占いCO Xena○」
配達猫 「占いが噛まれてないなら吊ってしまっていいではないかと思う」
薔薇水晶 「ほえっ? >死体なし」
ゴメス人形 「おはよう

内訳を考えておいた
薔薇水晶:真 ホロ:真
鳴上:狂人
アリス:狼 真紅:印狼 吹雪:LW

アストルフォ:狐 コロンブス:背徳 Xera:子狐or白狐相当
ただ、コロンブスが背徳かどうかは正直分からんので推測でしかない」
吹雪 「おはようございます!
ではCOある人からどうぞ!!」
薔薇水晶 「吹雪○!○です!」
薔薇水晶 「吹雪○」
Xena 「卵が狼で夜雀は違和感あった...
だから2wだと思って真紅に投票した...
占いたぶん真なら狐引き分け要因にするだろうし....
鳴上噛むと思う....」
クマー 「ゴメスがどこが吊れてもいいって印象を感じるクマよ
正直センセイが真の可能性出てきてるからホッとしたクマ
センセイ噛まれなら薔薇水晶吊りクマだし配達猫が指揮を取って良いクマ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真紅さんの遺言
         r、_r'ミミミミミェ-、
     ,r-、ノミミミミミミミミミミ、
   ,,;イ彡彡ミミミミミミミミミミミェ、
.  //彡彡彡ヾミミミミミミミミミミミ、
  //彡彡彡´`ヾヾヾヾヾミミミミミミミュ
 ;彡彡彡イ    ヾヾヾヾヾミミミミミミミ、
 !川川リア  __,,ィイエ   エェェュ_ヾミミミi
 |川川ア    __      _   ヾ川リ
 川川リ   / て;ヽ    /て; ヽ  .|川|!
 川川|.    ー''       `ー-   .川リ
 川川|      ,ィ    :、     Nリ
 ヾ川ヘ     / しヘ__ノしi!    /リ
  ! ヾ|       ,.-─--、    | ;|   いつCOするの? ……今でしょ!!!
   `ー!.     ;'`ー--'' ノ`     |''
    ヾ、        `゙゙゙´     ノ;、
      \             / |) ヽ
        |\______/ /  |\
        |         /   /.  \


ばらしーあとで屋上ね、この……雌狐!!!(#^ω^)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
真紅 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
Xena0 票投票先 →真紅
真紅4 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶3 票投票先 →真紅
鳴上悠0 票投票先 →吹雪
クマー0 票投票先 →薔薇水晶
ゴメス人形0 票投票先 →真紅
配達猫0 票投票先 →薔薇水晶
吹雪1 票投票先 →真紅
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
真紅 「LWだってヴぁ!」
クマー 「投票はそれでいいと思うクマよ」
ゴメス人形 「真紅吊り、鳴上が薔薇水晶を占う
これでいいじゃろ?」
薔薇水晶 「その理論で行くと今日真紅っくがLWでつれた場合。
狐が残っていたらウボァー、キン肉マーン!になる。

LWCOをどこまで信じるか、だけどね
ばらしーちゃん的にはアレよ、狐まだいるよね?ってなってる」
クマー 「クマそれが本当かどうかクマね
クマの言ったとおり頼むクマ」
真紅 「霊界のアリス達に元気だって伝えたいから……」
ゴメス人形 「そうなると鳴上が狂人で2W生存ってところか・・・」
吹雪 「インデックスさん死んでますしね」
真紅 「じゃあ今日から吠えません。うそ、1回だけ吠えていい?」
鳴上悠 「だがLWである以上、ここで吊るべきではない
俺が呪殺を出す、それではっきりするだろう」
ゴメス人形 「真紅、おぬしが印で
薔薇水晶を吊れたなら明日6人からワンチャンあるんじゃろ?」
真紅 「配達猫。これほっといたら私が吊れるわよ」
吹雪 「LWCO聞いてLWかどうかまではぶっちゃけて信じる材料ないですもん」
Xena 「ってLW?」
ゴメス人形 「・・・いや、ダメじゃ」
真紅 「仲間はアリスと卵よ。みんな私を置いて逝ってしまうだなんて……」
鳴上悠 「…紫狼か>死の宣告」
薔薇水晶 「へぇ……? >真紅っく」
Xena 「いや薔薇水晶ー真紅で相互にしたらいい
それなら真紅真執筆者なら薔薇水晶吊れるわよ...
印は条件満たしてないし」
クマー 「対抗の鳴上悠>吹雪」
鳴上悠 「俺吊りはありえない。俺の灰を吊るすべきだ
俺の灰はゴメス、クマー、Xena、真紅、吹雪」
真紅 「助けてちょうだい! 7日目に死んじゃうの、このままだと私死んじゃうの!」
薔薇水晶 「すくなくともばらしーちゃんと真紅っくは相互投票
これは揺るがない」
吹雪 「どうします、これ」
クマー 「それ以外は真紅が吊れるクマ」
真紅 「仕方ないのだわ、LWCO!

死の宣告がついたから薔薇水晶が狐よ!」
配達猫 「うーん引き分け投票者の分け方が問題ですね」
ゴメス人形 「コロンブス、背徳じゃないか?」
薔薇水晶 「真紅っくと……センセイって誰?」
真紅 「引き分けにしたら人外が票をずらすわ!>クマー
鳴上君吊りよ!」
吹雪 「それでいいと思います。
まぁ、きちんと票分けをお願いします<引き分けに出来るか処理」
クマー 「薔薇水晶投票で引き分けたら薔薇水晶吊れば良いクマよ」
Xena 「真紅執筆者よね...?確か」
ゴメス人形 「・・・」
鳴上悠 「コロンブスが露骨に人外遺言を残しているな
だがこれでコロンブスに●を出した俺の信用度が高まった、違うか?」
真紅 「その上で明日からはこの聖少女真紅ちゃんが指揮を取る
それでいいわね?」
吹雪 「物凄いわざとらしい感はありあり感じるんですけど
潜毒で能力発揮できない吊りだったってパターンが怖かったのでそっちの方面で安心」
クマー 「じゃあセンセイとクマと真紅で引き分けに出来るか試すクマ」
Xena 「....引き分けで真紅の票が増えているかみて
増えていなきゃそこ吊りでいいんじゃないかしら。」
ゴメス人形 「考え中・・・」
真紅 「鳴上くんを吊りましょう>配達猫」
薔薇水晶 「なんという遺言 >コロンブス」
配達猫 「コロンブスが人外だったのはわかりました」
Xena 「コロンブス萌狼かしら...?
いやわざとこういう遺言なのかもしれないけど。」
薔薇水晶 「最大の問題:ログとり忘れて番長の灰がわからなかった」
ゴメス人形 「コロンブスの露骨な人外CO・・・」
真紅 「このわざとらしい萌え遺言っ!」
吹雪 「コロンブスさんの遺言見て人外っぽいのでホッとする顔」
鳴上悠 「4日目 配達猫 ○●
◇配達猫 「その一日のためにCOする人外はいるのです>コロンブス」
この発言が人外の視点に見えた。よって占う
配達猫 「わたしが白ですねえ」
鳴上悠 「占いCO 配達猫○」
ゴメス人形 「おはよう

コロンブスが毒狼じゃないとするなら
鳴上吊りでいいと判断する
毒狼以外の潜毒COは割と考えてない
薔薇水晶がどうなるかは、今日の真紅次第じゃな

1票ならホロ狂人とかを考えるパターン」
薔薇水晶 「4日目 配達猫
コロンブス先吊りってそれ番長真追ってるって意味ではある。
そしてログをとり忘れて番長の灰どこだったっけってなってる現状。
うーん、そもそもばらしーちゃんの信頼が地に落ちてるのは確かなんだよね >占った先から全部投票貰った
なので、やっぱり好みの発言だけで占い先を決めようと思います……配達猫か吹雪か迷ったけど
少なくとも、きのうの段階で占いCOに達観してたのはここだった。よね?(超不安)」
吹雪 「おはようございます!
ではCOある人からどうぞ!!

ちなみに私は初日Xenaさん投票ですね>真紅さん」
配達猫 「おはようございます
薔薇水晶さんよりは鳴上悠さんの方が真だと思えました
真紅さんの票は確認しましょう 死体しだいですが現在のところ印では増えないはずです」
真紅 「薔薇水晶ぅぅぅぅぅぅうううう!」
クマー 「潜毒は人外でも言えるけど執筆者は限定的過ぎるクマだし
センセイの強行も占いなら納得出来る部分があったクマから
ゴメスは潜毒吊りを空撃ちさせたかった印象が有るクマよ」
薔薇水晶 「配達猫○」
Xena 「鈴蘭人形よ...アリス吊り強く推してたのはそう言う事よ
見えてないもの....アリスなんて」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
インデックスさんの遺言 下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし
錬金術の基本原理なんだよ


錬金術師CO
二日目→卵 毒なし
三日目→アリス 毒なし
四日目→コロンブス
コロンブスさんの遺言 アオォーン・・・
インデックス は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
コロンブス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
Xena0 票投票先 →コロンブス
真紅1 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶3 票投票先 →真紅
鳴上悠0 票投票先 →コロンブス
クマー0 票投票先 →薔薇水晶
インデックス0 票投票先 →コロンブス
ゴメス人形1 票投票先 →コロンブス
コロンブス5 票投票先 →ゴメス人形
配達猫0 票投票先 →コロンブス
吹雪0 票投票先 →薔薇水晶
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
真紅 「私は配達猫、その理由についてだけれど」
配達猫 「その一日のためにCOする人外はいるのです>コロンブス」
ゴメス人形 「鳴上の●というのが、あまり気乗りせんが
推理の進行速度を速めるにはそれが最速じゃからな」
薔薇水晶 「ならば占いにふさわしい行動とは? >真紅っく

まさか紅茶を入れろ、だなんてことじゃないよね?」
インデックス 「奇跡的に真がもう一人混じってるのを見るのはおかしいのかなぁ
いや、私自身も希望的観測が多すぎる気がしてきたけど」
鳴上悠 「だが、俺視点でするべきことは決まっている
コロンブスを吊り殺す、それだけだ」
コロンブス 「明日にしろ>ゴメス
人外を道連れにできん潜毒吊りなぞただの村吊りに過ぎん」
真紅 「初日、誰に投票したかしら>吹雪ちゃん
うっかり履歴を失くしてしまったのだわ、私としたことが」
薔薇水晶 「ぶっちゃけ、自分が票を貰ったのは
「発言が伸びなかった」
「そもそも危機感が薄い」

というのはみっしりと自覚してるのでそこをつっつかれると何も言えないのん。」
鳴上悠 「…いや、日数があったか
つまりこれは吊り逃れだろう」
ゴメス人形 「よし、潜毒を吊ろう
占いCOに狼混じりと読むなら
コロンブスが毒狼かどうかで判断できる」
コロンブス 「一日しかできんよこんなの>配達猫」
クマー 「それだと遺言も背徳者考えるべきクマ>インデックス」
真紅 「初日にこの真紅ちゃんを殺しに来なかった時点で貴方は負けているのよ、薔薇水晶
占い師には占い師にふさわしい行動というものがあるわ」
Xena 「...真紅印なら
割と違和感はあると思う...周りが死ななすぎ」
コロンブス 「ま、偶数なので明日私を使って人外飛ばしはできるぞ」
クマー 「薔薇水晶に関しては執筆者騙りで凌げるものじゃないから薔薇水晶クマじゃない?」
ゴメス人形 「んー・・・」
吹雪 「あ、はい<お勉強の続き」
配達猫 「潜毒も執筆も多々吊り逃れとして用いられるCOですが・・・」
Xena 「...と言うかそもそも薔薇水晶
吊られかけてるのにあんまり焦りなかった気がする...のよね...」
ゴメス人形 「>Xera
通常なら出ないじゃろう、ただ銃殺が起きてるなら
占い1COというのは避けようとするはずじゃ
つまり狼が占い騙りを強要されている状況」
吹雪 「で、真紅さんが執筆者なら明日でわかりますし
印狼の場合って配置的に無理がありませんか、これ」
インデックス 「いや、どうだろう、両偽だと仮定した場合、背徳者と狼のダブル騙りになるんだけど
あるのかなこれ>クマー」
鳴上悠 「…潜毒か
つまり、俺視点では毒狼ということになる」
薔薇水晶 「正直朝一で出なかったのはすまなかった……!(←朝一を考えてた」
コロンブス 「執筆者ならば、明日投票が増えて分かる事だろう
印籠でもなければな
ただそういうCOが出るのならば大体ホロ真なのではなかろうかな」
真紅 「それじゃ吹雪ちゃん、こんなパチモン人形はさておきお勉強の続きをしましょうか」
吹雪 「真紅さん●を抱えてる割に朝一で出てこないというのが個人的にはアレです<薔薇水晶」
鳴上悠 「それを重視しないのならば、お前は占いではないだろう」
ゴメス人形 「信用度は、ホロ>薔薇水晶>鳴上かな」
Xena 「...アリスで狼死んだように見えるから
正直ここで占いに狼が出るとは思えない。
ホロ...は私視点真ではあるけど
他の占いが真なら分からないから....」
クマー 「占いのどっちか吊るで動くほうが良いと思うクマ」
配達猫 「真紅●を抱えているのに朝一ででなかったのがうーんですかね」
コロンブス 「LWがここで占いCOはしてこまいなとは思っている」
鳴上悠 「何故朝一で出なかった?
占いにとって結果とはもっとも重要なことだ」
インデックス 「信用度がだいぶゴミなのは人外もわかっているはずのに」
ゴメス人形 「ハハッ、占い3CO全員がアストルフォ銃殺を主張しておるわ」
吹雪 「で、呪殺主張が結局3人になりますか」
真紅 「執筆者COよ>薔薇水晶
明日が貴方の命日だということを覚えておくのね」
配達猫 「だいたい一人だけが真と考えます」
薔薇水晶 「朝一で出なかったばらしーちゃんを許せ(遺言コピペ遅れ)」
コロンブス 「薔薇水晶が増えるのか」
インデックス 「すごい、噛まれた占い遺言があるのに2占いCO出てくるのか」
クマー 「ク、クマー占い遺言が死んでるクマよ」
吹雪 「Xenaさん村っぽい云々って言ってたあたりでは割と納得するんですよね<ホロさん」
鳴上悠 「…占い遺言か
狂人だったと考慮する
流石にこの人数、2占いは見ない」
配達猫 「えーと銃殺主張が3人ですか」
Xena 「....占いいっぱい出るのね。」
真紅 「ふーんへーほふーん」
薔薇水晶 「初日 真紅っく
                         人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
              .ィ/~~~"ヾ.    Σ                           て
            、_/ /  ̄`ヽ}     Σ  イィィィヤッホーーーー!!         て人__人_
 _______ .》@ i(从_从))     Σ         イヤホォオッーーーゥ!!        て
 |__       ヽ.||ヽ|| ^ω^ノノ     ⌒Y⌒Y⌒Y)                          て
 |\_〃´ ̄ ̄ ̄ ヽ..ヘ(   )  ミ  .ィ/~~~"ヾ    Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 | |\,.-~´ ̄ ̄       >  、_/ /  ̄`ヽ}   
 \|∫\   _,. - 、_,. - 、 \    .》@ i(从_从))
   \   \______ _\  .||ヽ|| ^ω^ノノ    ←アリスになったのでテンションが高い真紅っくの図
    \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  ≦  (  ヘ)
      \||_______ |     <

2日目 アストルフォ
ふぁーwww >ばらしー3票
うむ、発言気を抜きすぎてるね!

とりあえずばらしー投票位置に組織があるかーとかはあんま考えずに
灰が広いことにたいする噛みや、ゴメスの発言に関するツッコミなどを見て
気に入ったのでアストルフォうらなーい。こういう発言、ばらしーちゃん好みだよ。
結果がどちらであれ、少なくとも損をするような占い場所じゃないと思うから!

3日目 クマー
うーん。どう見たものか。少なくともアリス吊りで狼1は減ったと考えよう
そうなるとぶっちゃけ占いたい位置が多すぎるにゃあ。
ん~……発言に芯がある吹雪やホロは様子見。村目って意味でね
コロンブスも悪くないが、どっちかといえば達観してるクマーのほうが気になる感じだなあ
ってことで、こっちだ!ばらしーのカンを信じろ!」
ゴメス人形 「うん、まぁアストルフォ銃殺主張の占い居るわな
誰か他に占いCOあるかの?」
コロンブス 「潜毒者だ」
薔薇水晶 「占い表記CO
真紅●>アストルフォ○>クマー○」
Xena 「.......FOするべきかしら」
配達猫 「あれー?>占い遺言」
インデックス 「にゃっにゃっにゃっ>ホロ
即噛まれかぁ」
吹雪 「あー、なるほど」
鳴上悠 「              )ーヘ         _ノと汽  }\      ノ(、_
         __zzzZΖ⌒ヽ h、_,.、 _、丶`ラ∠/へ.,_ =ミ=―‐=彡__,,,,,_ヽ〉       __
          }r=7/´    >うh、ー≦㌻゛ ̄     ⌒ヽノノ,ィi〔 .,   ミミh、、___,.∠フミh、
           〈〈  {{   x<,、rf〔‐‐‐×(            ,ィ,゙ { ヽh。,<h、`寸ぃ=ミ斗-气_〉〉
         \ ー、//‐‐γ⌒´‐‐‐}h、         ∥{从  ーー}h、 マhVミ       У
      ((    ヽ/}くー‐‐〃 ‐‐‐‐‐>`‐}h、           {{心、ミh、 ー‐‐‐}h、寸ト      {∟、 ヾ
        ___,,ノ,心、乂‐‐‐‐‐‐‐/ー‐‐‐‐‐‐h、       ヽ(__フ}``ト` 、‐‐‐}h丶     γり^ーノ
     __  ]Γア/‐‐‐‐ヽヽ‐‐‐/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐≪√`、   ∨/>_」‐‐‐\‐‐‐h、、.,_  //ヽ√       占 い 師
     ヽ} }{ }「   ̄````'}} X ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐_∠、、,,_}h、 冫   <.,_,゙‐‐‐‐‐`、ーア ⌒)レ′    ―――『イザナギ』
        ノ{ ∥        从    `` ~㌻゛      `丶、 _、丶`ミ/ー‐‐‐‐‐‐×
.      ヽV{       Υ  /ヘー゛           ×´  /^X‐_,.、 <ヘ `` 、     1日目:ホロ ○
       }}从       √ /,  /             ゚。 > }、_/ペ。 ゚, /,  ', \
.         ノノ^ \    _ノ∠/  ′                ',》  .,,  jj  } jj  }  `、  喰種は獣と同類だ
       ヽ   _〕> ㌻^ヽミ=ァ‐={                 }゙   }X\∥  ; }}   }   ∧ つまり、ホロは喰種だ 駆逐する
        /,  う(_,/     )/   ,                  ∥.,__ヽΧ ` 、 / /,′ ,′ //ノ
        /,   У     く     :,              √ア⌒:,ー‐‐‐\/ ∨ /〃≠´ 2日目:アストルフォ ○
           }〉 /              ^:、              /∥'′  }=‐‐‐‐‐\'′/∥'/〉  
        r彳 ∥          _,.、rf〔Lh。,,_    __,,.ィi{  ⅱ   / レ=‐‐‐‐‐/\く//从_ノ COに関する考え方が気に入った、こういう所は村だと頼もしい
.         ノイ ∧、、     _ ヘi、‐‐‐‐‐‐‐〕〕 ⊃≫て   ヾzz{气 /    =‐/{ー/‐ー‐\jr=彳 占う価値はあるだろう
       ∥i{ ヾ  _ ‐‐‐‐‐‐‐‐\‐‐‐‐\辷》/⌒`      ヤ /ヽ>    =} {‰‐‐‐‐/亥{  
       ヽリ、_}トーー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐\‐‐‐‐‐>'゙           ヤ /( /   =〕}‐‐‐z彡汽,心≫ 3日目:コロンブス○●
          `ーミト`、ー‐‐‐‐‐‐‐_ノー‐‐ミh、/            ∨/ヾ_,,.  リ 〉ー‐‐‐/ / }'/{⌒ 
.             Yjリ\‐‐‐‐‐‐j{‐‐‐‐‐ >`            ノ _、‐゛}! /「ーー‐‐/jヘミh、/,  狐に対する発言に反応している、つまりそこも狐を気にしている
           }{ \\ノ{ーjリ‐‐‐ /             ,゙/ _∠/ j‐‐‐/'∥ヽ\_ノ/ 狼に見る理由としては十分だ
           ー\ ` //、∥‐‐/             ノ イア´ ̄/⌒Χ 个{ー L__/
             ` 丿^ }[`レ゙      ∠フ      / ノ //¬‐、h。,_\   ヽト.,_
            rr ィ  ノ汽^ヽ               /  `ヽ》     \ iГ   廴、` 、
            {{し{  ヽ{ 廴心、__       _,,,.、`   ,、rf〔/       i}从     )h、
             ```ヽノ」    ヽ `-‐ァ7/㌻゛ _,、rf〔 //       ⅱ∧、   /く
                     ,、rf〔//7う`~ー‐=≦㌻゛ ヽ〈        `ー¬辷=‐y/
                  ,ィi{///,心 ァ 乂ヽ\_   _ノ∠>フ            ̄ ̄
                ,、`///>`` ^ヽー=ミ彡‐ミΞニ冖^``          ヽ.,__
                ,心)㌻` /    /    /              }〉      V¬廴
             /㌻゛  /     /
            、`   、`           。゜
           、`   、`         。゜
           /   、`            。゜                  _,,.、、 -―‐- 、、
           ,′  /         。゜               /  _,,.、rセ7フ/////////////
           ,′  ,′       /    /      /,、rf〔////////////////////
コロンブス 「マジでか>占い遺言」
薔薇水晶 「ちまみれなんとかかんとか!」
配達猫 「おはようございます
ホロさんがアリスに即出して噛まれればいいのにと言ってるのです
これがなんか変じゃないですかね」
Xena 「吠えが減ったから...
確実に...うん...狼死んだと見ていいね...
アストルフォ呪殺の占いさんがいるなら...出て良いと思うよ....
明日出るってのもありだけどね....」
吹雪 「おはようございます!
ではCOある人からどうぞ!!」
鳴上悠 「占いCOだ
ホロ○>アストルフォ○>コロンブス●」
クマー 「センセイも前に出た人を狙ってる印象も有るから
正直占って欲しいクマね 真紅は強い力を持ってる印象クマ
卵に関しては人外が強役職遺言残して行った可能性も考えるクマよ
ゴメス人形 「おはよう」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アリスさんの遺言 傀儡師COよ。

【1日目】ゴメス人形 ○
【2日目】汚い忍者 ○

【1日目】ゴメス人形
それじゃ、人形から3択しようかしら?
2択ならコインにしたけど……んー
……ダイスで12、34、56で。

【2日目】汚い忍者
選択肢は忍者か真紅よ。次点で鳴上くらい。
ただ鳴上は考えたなりに必死に喋ってる感あるから、メリット少なそう。
会話をリードしうる位置のふたり。
忍者は意見自体は食い違うけど、姿勢そのものは村。
真紅の方はリードしてはいるけれどやや攻勢って感じ。
その点を考慮したら人外危険考慮で忍者占い優先になるわ。
ホロさんの遺言 占い師じゃな

Xena○>アストルフォ○>配達猫

1日目 Xena
狐…はおらんのう、妖狐ではなくRP的なほうじゃ
配達猫…は明日あたりでいいかや
素直に隣のXena占いと洒落込むでありんす

2日目 アストルフォ
ゆえに、こういうなにもない日こそ会話のひとつひとつが際立つ

アストルフォ 「狐3って多いように見えるけど狼4も別に少なくはないからね? 普通村ベースってだけで、さ」
アストルフォ 「灰は広い方が噛み位置が広がる。 狭い方が人外の振れ幅が定まってーって考え方もあるけど出てる位置が村の保証って別に無いしね」
アストルフォ 「大体占いは真だろうって思うのは間違ってないんだけどねー>忍者」

わっちはおぬしが気になるぞ
狼4は少なくないとわざわざ明言…噛み位置が広がると申す…
そして占い師について言及、じゃな
本来ならば配達猫を占いたいところじゃったが
こっちから占っておくとしようかの

3日目 配達猫
おそらくアストルフォで呪殺であろうな…そして銀狐と背徳者、かや
そこを呪殺できれば狐に関しては全て滅殺できる…わけじゃが
配役を考えると狐全滅に急ぐのもよくないのう
とはいえやはり気になる位置を占うのがやはり占い師として正解じゃな

配達猫 「まあ汚い忍者さんの黒のアリスさんにCO聞きましょうか」
配達猫 「COしないならそのまま吊りますよって
        どっちみち吊られるからとか思ってるのであれば自信の印象があとの推理に
        響くのでCOした方がよいのでは?と思います」
配達猫 「傀儡師ですか?なんで渋ったんですかね」

配達猫、おぬしじゃ
昨日一昨日の日記にも占いたいと書いてあったが、それとは別で
アリスに紅系人外の疑いがある
わっちは呪殺をおこした占い師じゃから即座に殴った
しかし、こっちの場合はそうでもない…紅狐を殴る紅狼か…紅狼を殴る紅狐か…
前者の場合アストルフォの遺言は嘘になるが…信じる意味もないしの
ホロ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
ホロ0 票投票先 →アリス
Xena0 票投票先 →アリス
真紅0 票投票先 →アリス
薔薇水晶0 票投票先 →アリス
鳴上悠0 票投票先 →アリス
アリス11 票投票先 →吹雪
クマー0 票投票先 →アリス
インデックス0 票投票先 →アリス
ゴメス人形0 票投票先 →アリス
コロンブス0 票投票先 →アリス
配達猫0 票投票先 →アリス
吹雪1 票投票先 →アリス
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
真紅 「そしてこの流れは変わることはないわ
そう川の流れのように

あ、いいフレーズねこれ」
ゴメス人形 「汚い忍者を銃殺主張なら
尚更、即座に出なければいけない」
コロンブス 「だよなぁ>狐遺言はアストルフォの方」
アリス 「アストルフォが狐遺言書いてるのもそうだけどね。
そもそも妖狐陣営3いる以上は私からは断言ができないわよ」
Xena 「後狐で一言ってのも違和感あるし...
続行でいいと思うわよ...うん」
クマー 「「呪殺出た感じかしら」」
薔薇水晶 「少なくとも傀儡COについては●受けたら即出ていいレベルだよ。

渋るの?なんで?
占い結果については確かに銃殺主張だけど。忍者のほうで。」
インデックス 「割りに合うって計算できるのは割と陣営がめっちゃ見えてる人に限ると思うんだけどなぁ……」
真紅 「言っておくけれど、アリス
世界は残酷よ」
配達猫 「狐遺言はアストルフォの方なんですよねえ」
クマー 「正直呪殺なら出てもいいと思うクマ
呪殺ね・・・って言ったのもあやふやな回答だと思うクマけど」
アリス 「死体が2出ていて、アストルフォ噛みだと断定している位置に人外を見たら良いし、
逆に忍者噛みを考慮した位置には村を見れば良い」
鳴上悠 「つまり、アストルフォが噛まれた主張か
となるとそこは何になる?そちらの視点で」
Xena 「そもそもアストルフォが狐遺言なのに
そっち呪殺を見るのって話だよ...?」
ホロ 「呪殺主張じゃぞ?
初日でなければ占い師も生きておる
即出して噛まれればいいのに…」
吹雪 「その発言とそのCOに関しては正直えーってなります。
「占い師」ではなく「傀儡」の主張で、2死体の片方に○というのであれば」
コロンブス 「ま、一応、本当に一応呪殺主張の占い師ではあるが
ちょっとなぁ」
ゴメス人形 「何故COが遅れたのか・・・
まぁ吊っていいじゃろうよ」
真紅 「なら、自分以外に本物の占い師がいるのだから>アリス
自分が噛まれても平気、とか考えたりはしないのかしら?」
アリス 「当の忍者を殺してるからCOする気にならないのは
昨日も言ってるけど割りに合わないのよ」
配達猫 「傀儡師ですか?なんで渋ったんですかね」
薔薇水晶 「えーっと紅茶紅茶……
これか、ダージリン。

うゆゆ?傀儡CO?
にしては遅すぎるんだけれど。」
クマー 「対応の可能性も有るクマけど」
鳴上悠 「…傀儡師か。
出方が遅いのが人外目ではあるな
一応聞いておくが、何故出なかった?」
ホロ 「…それで躊躇った理由を訊いていいかや?」
コロンブス 「ああ、うん? そっちなのか?」
インデックス 「即出たら許した」
真紅 「あなた、傀儡師なのよね?
つまり占い師じゃないのよね?」
Xena 「.....忍者呪殺主張?」
配達猫 「COしないならそのまま吊りますよって
どっちみち吊られるからとか思ってるのであれば自信の印象があとの推理に
響くのでCOした方がよいのでは?と思います」
インデックス 「そうかぁ……COしなかったのが気に入らなかったんで吊るね>アリス
真紅 「あのね、アリス」
ホロ 「おぬし、●じゃぞ?
おぬしこそ状況をわかってるでありんすか >アリス」
コロンブス 「アリスのその発言は人外COで良いんだろうか
狩人吊れたと思うという発言なんだが」
薔薇水晶 「そんで、アリスはCOしないと死ぬ。
そんな状況だよ?」
ゴメス人形 「いや、ここまで溜めたなら
COしても吊るが?」
アリス 「【1日目】ゴメス人形
それじゃ、人形から3択しようかしら?
2択ならコインにしたけど……んー
……ダイスで12、34、56で。

【2日目】汚い忍者
選択肢は忍者か真紅よ。次点で鳴上くらい。
ただ鳴上は考えたなりに必死に喋ってる感あるから、メリット少なそう。
会話をリードしうる位置のふたり。
忍者は意見自体は食い違うけど、姿勢そのものは村。
真紅の方はリードしてはいるけれどやや攻勢って感じ。
その点を考慮したら人外危険考慮で忍者占い優先になるわ。」
真紅 「薔薇水晶。紅茶を入れてちょうだい
私が配達猫に投票をした理由をとくとくと語ってあげるのだわ」
アリス 「傀儡師COよ。

【1日目】ゴメス人形 ○
【2日目】汚い忍者 ○」
薔薇水晶 「少なくとも狐遺言+占い遺言だから。
んで、●にCOを聞くのはこういう場面じゃ普通だとは思う

ただ、どちらにしてもばらしーちゃん夜雀吊りに加担しちゃったってのがちょっとショックです……
自分の目がfushianasanだぁ……あうう。」
鳴上悠 「アリス、COをしてくれ
遺言で一言がお前に●を出している
しなければお前が死ぬだけだ」
Xena 「COしないと吊られるよ...?」
アリス 「呪殺でているのが解っている現状でCOする危険解ってる?」
吹雪 「Xenaさん投票は個人的に表現の仕方がしっくりこなかった部分と言う感じなので
私の勘違いなら別にいいんですけど」
真紅 「そう。それじゃあ、さよならバイバイまた明日、ね>アリス」
アリス 「卵で狩人吊っちゃった感半端ないから」
コロンブス 「アストルフォが狐遺言な以上は噛まれは忍者に見られる>アリス
噛まれ遺言の●ならば何もしないなら概ね貴様が吊られると思うぞ」
鳴上悠 「アリスに●か
じゃあ、そこにCOを聞いていく形になるな
夜雀は…すまない」
クマー 「アリスはCO聞くクマか
でもクマに無理に誘導してたからそうなったから
狩人としては駄目だったんじゃないクマ?真でも」
ホロ 「アリスはCOしないかや?」
真紅 「ご丁寧に狐遺言だもの>クマー
利用するだけさせてもらうのだわ、これで残りえーと

2ね」
インデックス 「割とやっちまった感はあるかも」
ホロ 「一応インデックスが呪い持ちという可能性はあるが…まあ捨てる
アストルフォ狐の可能性があまりにも大きすぎると言うか
遺言的にそうとしか思えん」
ゴメス人形 「アストルフォの遺言からすると
本体1子狐いないって主張の狐じゃろうよ
まぁ本当に親狐1なのかどうかは疑うべき場所じゃが」
インデックス 「封蘇なんで割とこういうただの狩人日記が後に効力を発揮することないわけで」
Xena 「一言で●に投票すると...
釣瓶疑いが出るから...しない人はいる...」
配達猫 「まあ汚い忍者さんの黒のアリスさんにCO聞きましょうか」
アリス 「私はCOする気は基本的には無いわよ」
吹雪 「そして一言遺言はアリス●
アリスさんにCO聞きつつって感じです」
薔薇水晶 「もう片方が……一言?
で、アリスに●か。

それよりも夜雀遺言のほうに土下座したいレベルです」
インデックス 「まぁだいたい狐かなぁ?」
配達猫 「夜雀遺言はーちょっと村が吊れてるかもしれないのがいやですが」
アリス 「にんじゃは何でしょうね…
私に投票してないから、釣瓶ではないはず」
ゴメス人形 「汚い忍者が噛まれて、アストルフォが銃殺かの?」
鳴上悠 「…これは、呪殺だな
狐遺言であることからも確信できる」
クマー 「呪殺か逆呪殺クマね>真紅」
コロンブス 「あー、あー、あー>夜雀遺言
で、汚い忍者はアリス●結果かこれ」
Xena 「アリスにCO聞いて...吊りでいいと思う...」
ホロ 「これはアリスにCOを訊いてしまってもいいかの」
真紅 「それじゃアリスにサクッとCOを聞きましょうか
逆呪殺? それならそれよ」
アリス 「呪殺出た感じかしら」
吹雪 「狐死亡遺言っぽくほぼほぼ呪殺見ですね」
薔薇水晶 「銃殺!美しい。」
配達猫 「これは銃殺っぽいですねー」
鳴上悠 「おはよう
投票は卵に、理由は昨日言った
それ以外にも発言内容の薄い位置だ。」
コロンブス 「お、狐遺言だ」
Xena 「....一言と呪殺されたらしき狐の遺言があるね。」
ホロ 「2死体…かや?
呪殺っぽいのう」
薔薇水晶 「←3票貰って結構錯乱してる」
アリス 「おはようよ」
配達猫 「おはようございます
汚い忍者さんは占いに触れすぎなきがしますがおいておきます
あなたのーもとへー票をお届けー 薔薇水晶さんは
朝一のネタ?発言のあとの第一声が狐が多いです これが村ではないような気がしました
つまり狼への警戒が薄いという理由です」
真紅 「あら呪殺。素敵ね」
インデックス 「ゴメスがCO求めてる感じが気になったかなぁ。」
Xena 「おはよう...卵...吊る調理方法...あったの?
聞いた事ないけど....」
コロンブス 「◇薔薇水晶「狐が多いよー!どういうことー!?」
 
狐どころか狼も多いだろうよ
なのに狐にしか目が行っていない
狐に死んで欲しい狼目なのではないかと思ったな」
吹雪 「おはようございます!
ではCOある人からどうぞ!!」
クマー 「卵はクマが何か気に障ったクマかね?
だけど明確な理由が無いとクマも対応できないクマー

インデックスは
組織票を気にしすぎてる感じもあるクマ
組織票は逆に村に知られたり情報を取られる可能性もあるクマ
そこが気になったクマよ」
真紅 「先に言っておくけれど、投票理由は「占い師ではない」からよ>配達猫
吊れなかった以上、貴方に興味はないのだわ

卵が何者であろうとも戦えるように、今日から真紅ちゃんは狼しか狙いません」
ゴメス人形 「おはよう」
薔薇水晶 「ばらしーちゃんが3票ということはローゼン/zeroに出してもらえるんだにゃー!?」
ホロ 「わっちわっちありんす
遠吠えが妙に多いのが気にかかるのう
だが、遠吠えなんていくらでも増やせるし減らせる、根拠にゃなりゃあせん
気になる位置は昨日投票した薔薇水晶かや
逆にXenaは村目じゃな」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アストルフォさんの遺言 銀狐と背徳で頑張れ☆頑張れ☆
さんの遺言     ./ ,r' ´  ̄ ̄ `'' ‐-r--、     r=ニフ´  ̄ ̄ ~`` ‐、 \
   /      ,r--‐''‐ 、.._,,二フ-、  ,. -‐゙ー-‐ ''、'ー--''-_、     \
 /       /     , '´    ,.イ ヽ__     }ノ´二 -‐ヽ._    \
        {       i     >{    L    ,'ー 'ー ''´ ̄}
         ト、     !.     〈/     }   /      ,.イ
         ヽ、___ヽ、  ./ カパッ   ̄レ'   _, ‐'
  、             " `,二ヽ!        r''二  ̄
    ` ‐- 、..__,. -‐─┴─'         ゙─‐'--''─- 、..___ ,.
                    ∥∥
                    ∥∥
                   ,,.. -―- ..,,
                 /\   /\    < 夜雀が生まれたよ
                ./ (ヒ]   ヒン) ヽ
                { '"  ,__,  "' .}  
                \   ヾ_ノ   /
                  `ー-----ー^ 

初日は護衛できないよ

初日
卵、夜雀だよ
殻が硬いから護衛できるよ
卵、優秀だよ
汚い忍者さんの遺言 一言主神CO 痛恨つける真占い師だな。

1日目 アリス
適当。 つうか半分は人外飛ぶんだから何処占っても大差は
あまりない。強いて言うなら初手狐飛ばしは拙いかなって思うレベル。

結果:●

2日目 インデックス
はい、発見。 まぁこの状況で釣瓶疑いは無いが人外なら
やり玉に上げてくるのは確か。 なので投票しない。
次の占い先。 卵投票者。 正直言って卵への票の入り方が違和感ある。
薔薇水晶はCOさせられるだろうし他で言うならインデックス行こうか。
鳴上は投票しちゃったしなしで。

結果:○●


全結果
アリス:●
インデックス:○●
汚い忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
アストルフォ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
卵 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
ホロ0 票投票先 →薔薇水晶
Xena1 票投票先 →インデックス
真紅0 票投票先 →配達猫
薔薇水晶3 票投票先 →
鳴上悠1 票投票先 →
アリス0 票投票先 →
クマー1 票投票先 →インデックス
インデックス2 票投票先 →
ゴメス人形0 票投票先 →アストルフォ
コロンブス0 票投票先 →薔薇水晶
4 票投票先 →吹雪
アストルフォ1 票投票先 →クマー
配達猫1 票投票先 →薔薇水晶
汚い忍者0 票投票先 →鳴上悠
吹雪1 票投票先 →Xena
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インデックス 「会話してなにかを掴みとるというのはつまり魔術をかけて
自白させるということかな?>ホロ」
アストルフォ 「幸運Aの力を見よ!!」
汚い忍者 「無いんだけどねぇ 事故るのが怖いし明日出てこられても特攻じゃね?
って思っちゃうのが俺何だわな>アストルフォ」
配達猫 「そうですね 人外がいい感じに潰し合ってくれるといいです
そして村は漁夫の利を得るのです!>インデックス」
コロンブス 「ネタ投票できるような余裕はないよ、この村にはな」
真紅 「いいから答えてご覧なさい、明日の宿題でもいいわよ>吹雪ちゃん
『人外を吊る』とかフワフワした答えは☓ね、当然ながら
具体性に欠けるもの」
鳴上悠 「そのとおりだ>ホロ
対話なくしてなにか始まることはない
これは、そういう場所だ」
ホロ 「ここは闇鍋じゃ」
アリス 「>汚い忍者
ネタ投票とか判断するわけ?
翌日全員投票理由必須にさせたところで、どうせ人外だって適当な理由出してくるわよ」
Xena 「2日目の誰も出てない時はネタになる事も多いわね...
情報を透かさない為とも言うけど....
難しいものよね....」
ホロ 「クマ鍋は恋決闘村でやりんさい」
ゴメス人形 「グレランするしかないのは当然
あとはいかに狼狐を吊るかということじゃ」
「こんな卵を食べたがる人が多い村じゃ…
卵だって生きてるんだよ。クマを食べると美味しいんだよ

それはともかく静かな初日なんだよ」
インデックス 「考えることは難しく大変だからね>真紅」
真紅 「そしてここにカリスマあふれる愛らしい真紅ちゃんがいる
となれば、指示をするのはいつ?」
ホロ 「そもそも人狼ゲームなんて会話が中心だからのう
こうやって何もない状態から会話して何かをつかみ取る

それこそが人狼ゲームではないかや?」
汚い忍者 「うん、クマ鍋とか言える余裕がすげぇって思うし。」
アストルフォ 「大体占いは真だろうって思うのは間違ってないんだけどねー>忍者」
インデックス 「でもまぁ自分の判断しかない時に話すことでもないけど
実際4と3で人外が別れてるなら組織票の効力もそんなないだろうし」
Xena 「初日だから情報ないのは当たり前...
グレランになるのは仕方ない事...
現状特に気になる誘導はないけど...」
クマー 「今日はグレランするべきクマね
指定できる強い人も居ないクマだし
その場にCOしても意味のあるCOは少ないクマ>真紅」
吹雪 「軍紀の乱れは村の乱れ! です。
とは言ってもこの状況ですから、自己判断で勝てる算段を見つけないと流されるだけですもんね>真紅さん」
薔薇水晶 「えぇ…… >ばらしーに無理難題」
配達猫 「連続で狼を占う人もいらっしゃるので真夢の判断は黒と白の位置で判断するしかないのではないですかね>汚い忍者」
真紅 「つまりあなた達は指示役を求めている、と>インデックス」
ゴメス人形 「水を張っておこう・・・包丁も用意して、と・・・」
薔薇水晶 「占いさんって、真夢はっきりさせたいって時ほど、余計に共有がほしくなる気がする >忍者」
アリス 「何か無いか、と問われてもそう簡単にはCOできないでしょ。
朝言ってたみたいに、人外があとそれぞれ1くらい少なければ、
例えば占い結果で人外と自分引き換えでもって賭けくらいできるけど…
全部で7じゃ流石に割りに合わないわ」
コロンブス 「指揮役となり、人外を駆逐し、村を勝利に導けたらさぞや爽快だろうな>ばらしー」
汚い忍者 「ま、そういうわけでグレランしか無いわけだ。 正直ネタ投票とか
やってられんし そういう節見られたところから次回以降殴っていく感じでいいんじゃねぇの?」
「爛れた友情だから問題ないよ
卵、それくらい知ってるよ >インデックス

卵まだ半熟だよ >コロンブス

卵、何か生まれちゃうよ >ホロ」
鳴上悠 「そして卵はクマ鍋という理由だけで朝一少し吊り誘導をしている
これは良くない。何の理由もない誘導はただの害悪だ」
真紅 「1個ずつでいいわよ>吹雪

ちなみに模範解答は『薔薇水晶に無理難題をふっかける』だけど
これはパクっちゃダメ」
インデックス 「指示は守るものではなく、指示する人がカリスマを実証して人を魅了しなくちゃいけないかも
失敗しすぎると指示が無視されるからね」
ホロ 「卵料理は…王道に卵焼きじゃな!
それこそが王道でかつ最高の料理じゃな!」
クマー 「ただアイツラは闇から襲って来るクマ
シャドウみたいに注意するクマよ>鳴上悠」
薔薇水晶 「人外多いときほど指揮に恋焦がれるのは確かかなあ。

いれば、の話ではあるので
いなきゃいないでばらしーたちが自力でなんとかするしかないのだ。いやホンマに。」
汚い忍者 「まぁ4日目だな。5日目は遅いし。結果あるなら3日目でもいいが
○●で出られても困る。 せめて自分の真夢はっきりさせてからに
してくれってとこだ。」
アストルフォ 「灰は広い方が噛み位置が広がる。
狭い方が人外の振れ幅が定まってーって考え方もあるけど出てる位置が村の保証って別に無いしね」
Xena 「...卵は鍋の中にどうぞ...
ゆで卵...美味しいから...」
コロンブス 「紅茶好きなのでイギリス好きなのかと思っていたよ>真紅」
真紅 「こういう時は、まず考えるの>吹雪
『何をするべきか』『何をするべきではないか』

答えてご覧なさい。今日は何をするべき? 何をするべきではない?」
配達猫 「そこの真紅さんイヤミさんという方が化けてるんじゃないでしょうね?」
吹雪 「勝手に出撃するとそれはそれで大変なことにはなるんですが……>真紅さん」
「何もCOないって言うけど
初日から出られる役職なんて限られてるし
占いだって出るわけないって卵知ってるよ
生だからね。生だから」
アリス 「まあ私の名前実際アリスだから多少はね(くすくす」
ホロ 「ならばわっちが直々に温めてやるでありんす >卵」
汚い忍者 「お前らは何を言うとんのじゃ」
コロンブス 「ふむ、香ばしいという事は焼かれてしまったのかな?>卵
地に足が付いていて面白いと思うがね」
インデックス 「やなんだよ!なんかただれた恋愛と捻子まがった友情しかしてなさそうで
胃に悪いかも!>卵」
真紅 「指示待ち人間はいつまで経っても指示待ち人間よ>吹雪
いいこと?」
Xena 「大グレラン祭り...
初日に狂人か背徳が死んでたらもっとグッド...
でもそううまくいかないのが人狼...悲しいね...」
配達猫 「そこらへんのタイミングは占いに任せればいいと思いますよ>汚い忍者」
クマー 「少人数だと侵食(人数が減る)のも早いクマだし
4日目が無難クマね>汚い忍者」
薔薇水晶 「あ、あれ!?
反応する人おおいなぁ! >アリス云々」
ゴメス人形 「>汚い忍者
そうじゃな、16人なら4日目が相場じゃな
今日が15人なら、明日13人、4日目11人ってところが通常の人数だからな」
鳴上悠 「そのとおりだ>クマー
指揮役がいない以上、個人個人の判断で動くしかない」
真紅 「うっかりフランス語が飛び出てしまったのだわ
おフランス帰りだから仕方ないわね」
吹雪 「それにしてもこういう時に限って指揮できる位置がいないって言うのが辛いですよね」
汚い忍者 「このまま情報無しにグレランするのはなぁってとこなんだよ>コロンブス
やるしかねぇけど 指揮役がいないってのが現状キツイ」
「卵、まだ半熟だから美味しくないよ >ホロ」
アストルフォ 「迂闊に出るって言うかさー。
基本的に初日に持ってるものがないなら出ない方が村は有利だよ>ゴメス」
アリス 「>吹雪ちゃん
そればっかりはもう、潜られたら票数見て考えるしかないわねえ…」
ホロ 「わっちもおるぞ! >薔薇水晶」
薔薇水晶 「2日目にCOがあるとすればそれは老兵とか人形告発とかになると思うよ >ゴメス
少なくとも、1ふん経ってもでてこないってことは……そーゆーことだと思う」
インデックス 「んじゃあグレランかも、希によくあるみんな灰だね!」
真紅 「さーん、しー、ごー、six(シス)、7(sept)」
アリス 「>ばらしー
\ アリスならここにもいるわよ /」
「ちょっとそれは汚い忍者に失礼だと卵思うよ
ちゃんと汚い忍者も食べなさい!>インデックス」
クマー 「そーなんだクマこの場を収める共有が居ないんだクマよ
全く困ったクマねー>鳴上悠」
コロンブス 「初日に出るものなど>忍者
人形かさとりかろ兵くらいのものだがね
挙げれば他にもあるかもしれないが、普通は何もない」
汚い忍者 「占いはどうかなー 遅くても4日目に出てくれんと困るってとこだわな
つうか悠長に待ってられんし行けると思ったらでて。かなぁ
特攻くさいのも否めんから4日目までは潜って欲しいところもあるが」
Xena 「共有がいて声出さない理由ないから...
本当にいないんでしょ...
グレランでいいよ...占い師は生き残れるようにしないとだけど...」
ホロ 「卵は焼けばさらに香ばしくなる…ジュルリ >卵」
吹雪 「まぁ、なさそうですか。
ともなれば逆に古系警戒とかはなしでいいのかな。共有の声も聞こえませんでしたし
粛々とグレラン行きましょう」
鳴上悠 「初日のCOは特に無し、グレランだな
各自、自分が怪しいと思ったところに投票すればいい
今はそれしかできない」
アストルフォ 「狐3って多いように見えるけど狼4も別に少なくはないからね?
普通村ベースってだけで、さ」
薔薇水晶 「つまり、ギリギリなんだよね基本的に。

アリスの真紅っくさんなら狼100匹いてもボコってくれるよねぇ?(他力本願」
ゴメス人形 「誰もCOないのか?
村9じゃ迂闊に出られないのだろうと思うが」
配達猫 「COはなさそうですね ちょっと以外です 吠えが多かったので
なにごとかそうだんしているものと思っていました」
アリス 「共有はいなかったみたいだし、
何か判断すべきことがあるって人は早めにね。
ギリギリに動くと混乱の原因だし」
真紅 「ほら、早くなんとかなさいよ>薔薇水晶
数えててあげるから


いーち、にーい」
「何も出てこないからグレランなんでしょ
卵、香ばしいから知ってるよ」
コロンブス 「共有の声は聞こえなかったしな
このまま、場が動くまで進むしかあるまい」
Xena 「狐だけじゃなくて狼も多い...
どっちにしろ村吊ったら物凄くきつい...」
アストルフォ 「戦況は決して芳しくはないけど、いつだってボク等のやることは変わらないさ」
インデックス 「汚いスパイスなんていれたら承知しないかも!>卵」
ホロ 「COはとくにないようじゃの
このままグレランでありんす」
汚い忍者 「まぁ出る気配ないよね。うん。」
吹雪 「それじゃあCOある人からどうぞ!」
真紅 「ちょっと薔薇水晶、狼4はともかく狐3は少し多いのではなくって?
なんとかしなさいよ、あなたが」
鳴上悠 「おはよう
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営3
これは…なかなか厳しいな
共有はいない…そっとしておけない」
薔薇水晶 「狐が多いよー!どういうことー!?」
アリス 「おはようよ、狼も妖狐もあと1ずつくらい減ってくれないかしら…」
クマー 「おはようクマ朝から騒がしいクマね
センセイもそう思わないクマ?
共有の声も聞こえないし闇が広がってるクマよ
7吊り7人外クマ呪殺すれば吊り分や証明で勝てるクマけど期待は出来ないクマ・・・」
ゴメス人形 「おはよう

人外が・・・多いな・・・
こういう時に限って共有が居ないのも辛いところ
せめて何かCOがあれば、と言ったところか
真紅やワシなど、自称人形がたくさん居るが
もしや人形が人形を遣うような展開もありえるのか?
村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営3」
コロンブス 「七吊り七人外……か
いささか厳しい配役と言えるな」
Xena 「おはよう...
出れる人は出て...いいんじゃないかな」
「はぁい、おはよー
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営3

何も情報ないならクマ鍋するのが礼儀なんでしょ?
卵、常識人だから知ってるよ

スパイスに汚い忍者なんでしょ
卵、味にうるさいから知ってるよ」
吹雪 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営3
おはようございます!
7吊り7人外っていう人外場ですけど気合い入れて頑張りましょう、皆さん!」
汚い忍者 「おはよう。
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営3

うーん吊り余裕がねぇ! 16人だから最大4wは大いにあったはず
これはキツイね…… まぁなんかCOあったらどうぞ。」
アストルフォ 「遠からん者は音にも聞け!近くば寄って目にも見よ!
 我が名はシャルルマーニュが十二勇士アストルフォ!
 いざ尋常に―――勝負ッ!!」
配達猫 「おはようございます
あなたの元へ 希望をお届け 配達猫 ご連絡は博霊神社まで
吊り=人外のようです 希望をもって人外を吊るしあげていきましょう」
薔薇水晶 「ばらしーの小さいAAが少ないッ!
真紅っくのほうが多いぐらいにッ!!

なんでだろー。ぐむむー!」
インデックス 「下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし」
ホロ 「わっちわっち
7吊7人外じゃ
油断はできんぞ…COはあるかや?」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黄泉への使者GMさんの遺言

GMはプースカ

人の夢と書いて儚い…

なおGMは離脱するため投票は各人注意してください。
黄泉への使者GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営3
ゲーム開始:2016/03/25 (Fri) 00:31:59
吹雪 が幻想入りしました
ホロ 「ゲームスタートじゃ」
クマー 「クマー!ビックリしたクマよセンセイ助けてクマ」
薔薇水晶 「えぇ……(驚愕」
「私は生卵だから
そう簡単に立たないもんね!>コロンブス」
ホロ 「1」
ホロ 「2」
汚い忍者 「ういっす」
ホロ 「3」
真紅 「わきまえなさい、薔薇水晶
あなたは所詮、ポケモンで例えるなら穴久保ピッピに等しい存在」
ホロ 「4」
インデックス 「せめて古典的でもいいから部屋の四隅に盛り塩くらいはしておいた方がいいかも」
ホロ 「5」
配達猫 「よろしくですよー」
ホロ 「カウントするでありんす」
コロンブス 「ほう、卵か
私の逸話に纏わる物だな」
汚い忍者 が幻想入りしました
配達猫 が幻想入りしました
アストルフォ 「よっろしくー!」
薔薇水晶 「あっ、あんなところに水銀燈が」
鳴上悠 「アニメで出れるだけ良いじゃないか」
「こんばんはよろしくー」
真紅 「コイツはめちゃ許せんのだわー!」
アストルフォ が幻想入りしました
Xena 「.....ユニーク」
薔薇水晶 「薔薇水晶 さんが登録情報を変更しました。」
卵 が幻想入りしました
薔薇水晶 「出番があるだけいいじゃん!
ばらしーなんてアニオリだから原作に出るルートがないよ!?」
真紅 「言ってはいけない事を、言ってしまったわね・・・?

お父様にも言われたことないのに!!!」
コロンブス 「コロンブス さんが登録情報を変更しました。」
インデックス 「魔術的観点から言わせてもらうけどだいぶ正気じゃないよね>ひとりかくれんぼ」
クマー 「それでゼノギアスやら他のゲームにしわ寄せが来たんだクマよねセンセイ」
アリス 「かわいいお洋服着せたらなんとかなるわよ」
コロンブス 「コロンブス さんが登録情報を変更しました。」
鳴上悠 「鳴上悠 さんが登録情報を変更しました。」
Xena 「時間も時間だから....」
真紅 「・・・言ったわね>薔薇水晶」
コロンブス 「よろしく頼もう」
Xena 「30になったら...開始でいいと思う...」
コロンブス が幻想入りしました
真紅 「ピクッ」
真紅 「>ゴメス人形

( ^ω^)====||
           LL===○ノД)」
薔薇水晶 「その前にローゼン/zeroの出番を増やしに行くのではなかったの!? >真紅っく」
Xena 「ゴメスの鬼ごっこは....子供に悪夢を見せるから...駄目」
鳴上悠 「ああ、ファイナルファンタジーの映画が失敗した原因の>不気味の谷」
アリス 「ダメ、それ以上いけない。>ひとりかくれんぼ」
真紅


      .ィ/~~~'~~~' 、
    、_/ /  ̄ ̄`ヽ}
    ,》@ i(从_从.卯. ))
    ||ヽ||  ^ ω ^ ) |    今日はローゼンメイデンのパチもんを殴りまーす殴りまーす
    || 〈i ───‐ν|
    ≦│廿 ∞   .|≧
   テ│__|__|__|__|__.|テ
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     ` -v- --v-'」
薔薇水晶 「でも、目潰しに防御用の石を投げて
「こいつの使い道はまだあるぜーッ!」
っていうのはNG」
アリス 「人形がよりみどりだわー(棒」
ゴメス人形 「よろしく

ひとりかくれんぼ やろうか」
ゴメス人形 が幻想入りしました
鳴上悠 「季節の変わり目では風邪をひきやすいって言うからな
気をつけよう」
真紅 「オシャレにも限度というものがあってよ、鳴上君
『不気味の谷』というものをご存知? そう、知ってるのならいいのだわ」
薔薇水晶 「えぇ……(困惑」
クマー 「まだまだ平気クマーセンセイも風邪になっちゃ駄目クマよ?」
真紅

      .ィ/~~~'~~~' 、
    、_/ /  ̄ ̄`ヽ}
    ,》@ i(从_从.卯. ))   水銀燈だけじゃない
    ||ヽ||  ^ ω ^ ) |  
    || 〈i ───‐ν|   ――"全て"だ
    ≦│廿 ∞   .|≧
   テ ` -v- --v-' テ」
インデックス 「よろしくなんだよー」
鳴上悠 「…?おしゃれなら別にいいんじゃないのか?」
インデックス が幻想入りしました
鳴上悠 「…ああ、クマか
そろそろ春だ、着ぐるみ着てちゃ暑くないか?」
薔薇水晶 「出会いがしらに水銀燈を殴る
それは真紅っくに定められた血の宿命(さだめ)」
アリス 「しかも食いしばるんでしょ?」
クマー 「ってクマーどうしたんだクマ?センセイ>鳴上悠」
真紅 「前髪が……こんなに伸びて……!
鳴上君、床屋に行きなさい! おシャレすぎて逆にダサいわ!」
薔薇水晶 「番長HP高そうだなぁ。」
鳴上悠 「?」
真紅 「なんてこと……ああ、まさか、なんてこと……!>鳴上君」
クマー 「よろしくクマー」
クマー が幻想入りしました
Xena 「....個性...的?」
鳴上悠 「クインケだ>薔薇水晶」
アリス 「ひどい…村だったわね…(そっ閉じ)」
薔薇水晶 「というかなぜ真紅っくの腕がロケットパンチに
まさかジュン君の改造……?」
鳴上悠 「俺もよく「有馬特等」という人に間違えられる」
アリス が幻想入りしました
薔薇水晶 「な、なぐったね!?
えんじゅパパにも殴られたこと……ないなぁ」
真紅 「……鳴上君?」
鳴上悠 「見た目が似てるからだろうな」
真紅 「久しぶりね薔薇水晶。相変わらず固いわ、手が傷んじゃったじゃない」
Xena 「....よく分からないけど
人違い...かしら」
鳴上悠 「よろしく」
薔薇水晶 「ぐはっ!?」
鳴上悠 が幻想入りしました
真紅 「ごめんなさい、うっかり黄金の左が炸裂するところだったのだわ


>薔薇水晶
( ^ω^)==○ノД)」
薔薇水晶 「にゃっはー。」
Xena 「水銀橙....?」
薔薇水晶 が幻想入りしました
真紅 「あら、水銀燈? ……じゃないわね」
真紅 が幻想入りしました
Xena が幻想入りしました
黄泉への使者GM 「ではあとをたのんだ」
黄泉への使者GM 「いらっしゃい」
ホロ 「わっちわっち」
ホロ が幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 黄泉への使者GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 7159 (安眠まくら)」
GM 「開始時刻は0:30」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
村作成:2016/03/25 (Fri) 00:06:32