←戻る
【雛4122】やる夫達の封蘇超闇鍋村 [4813番地]
~人外だなんて言う奴が人外なんだ!死ねえ!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ダメニートGM
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 別陣営妖精
(生存中)
icon 姫さま
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon アヴェンジャー
(生存中)
icon ドクオ
(生存中)
icon ジロウ
(生存中)
icon こころ
(生存中)
icon ニート
(生存中)
icon ジャンヌ・オルタ
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
(生存中)
icon IA
(生存中)
村作成:2016/04/15 (Fri) 00:04:23
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
GM 「開始時間は0:25」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ダメニートGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 9600 (松野おそ松)」
できない子 が幻想入りしました
できない子 「ではアンカーさせてもらいましょうか」
ダメニートGM 「んじゃ頼んだ。俺は離脱する」
できない子 「あいあい了解ですよ>GM」
カリー が幻想入りしました
カリー 「うぃす」
できない子 「GMにかわっていらっしゃい」
クズ野郎 が幻想入りしました
クズ野郎 「チーッス」
姫さま が幻想入りしました
姫さま 「寝てるだけで勝利の転がり込んでくる鍋があるって聞いて」
できない子 「いらっしゃいだね」
天子 が幻想入りしました
できない子 「学習装置を持たせましょう>姫さま」
天子 「あいよ」
できない子 「どれ位集まるんでしょ」
アヴェンジャー が幻想入りしました
姫さま 「長生きし過ぎちゃって学ぶことも今更かしらね~(くすくす」
アヴェンジャー 「そんじゃまよろしくな」
アヴェンジャー 「つ 労働の尊さ>姫様」
カリー 「生涯学習始めよう ウィーキャン!」
姫さま 「姫が働いちゃうと下々の仕事取っちゃうでしょ?
働かないことが仕事なの(ごろん」
姫さま 「っhttps://www.youtube.com/watch?v=W2biCu3GGSQ」
ドク夫 が幻想入りしました
ドク夫 「うっす」
ドク夫 「ドク夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ドク夫 → ドクオ」
ドクオ 「変換ミスってたわ」
姫さま 「ドクター的ポジションかと思っちゃった」
できない子 「ドク夫と姫さまで仲良くだ」
ドクオ 「つまり俺が働かないことでそこに姫様に仕事ができるというわけだな?
じゃあ俺は誇りを持って働かないことができるということ」
アヴェンジャー 「まぁ、実際そういう設定の二次創作もあるからな>姫だから普段は働くな」
ジロウ が幻想入りしました
ジロウ 「おう」
姫さま 「しまった……
これはまさかニートの飽和、『ニートの事象の地平線』……?」
できない子 「さてと、準備だけはしとくように」
姫さま 「レイフォールガンさんが着てくれたからやっぱりニートしていられそう。やったわ」
こころ が幻想入りしました
できない子 「少人数でやるのでしょうしね」
ジロウ 「オレはコマンダーだからニートカウントではないな…危ない所だった」
こころ 「この村は我らが占拠する!!」
ニート が幻想入りしました
ドクオ 「俺が働かないことで
誰か一人が職を持てる
俺はそういうことに喜びを感じるんだ……」
ニート 「私から見れば、まだまだ働いてる奴らばかりね・・・」
ドクオ 「しまった、ニートとニートでダブってしまったぞ」
カリー 「カリー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:カリー → チルノ
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 7203 (チルノ16)」
姫さま 「どうやら真の私を決める戦いをしなくてはならないようね…」
チルノ 「               ,r─
   _ ,,,_ / |       | あ
  \,.≧ ̄` ' ヾ、     | た
   i  ル、 从 }  _,ノ い
   j ( ┃ ´┃!<   ̄`'ー‐
 . -( ヾ.、 r‐ ,ィ ノァ
 ` x,>^^ヾハ ハ^<,.ク
   ヽ  ノ ^ ^ヽメ
ニート 「極めしニートは、思想すら、持たぬ >ドクオ」
できない子 「ダブニート?」
ドクオ 「やっぱ生命活動を自在に止めれるくらいじゃないとニート道は極められないか……」
できない子 「少し変えてマグニート」
こころ 「とりあえず神楽舞でも踊ろう」
姫さま 「マグニートさん地上に降りて」
ドクオ 「立ち上がるのもめんどくせぇ>踊ろう」
クズ野郎 「なるほど」
アヴェンジャー 「そういや俺には関係ないが
左門くんまさかの推しなんだよなあ>ジャンプ側が」
できない子 「バリア貼るよ>姫さま」
チルノ 「息をするのもめんどくさい!
そうだ! 息を止めよう!」
ジャンヌ・オルタ が幻想入りしました
できない子 「では投票も確認しましたので
カウント始めます」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
ドクオ 「ニートではなく高等遊民と言うとちょっと上流層になった気分になれる」
できない子 「5」
ジャンヌ・オルタ 「さてこんばんは。」
ゆっくり妖夢 「着くゥ〜」
できない子 「4」
こころ 「べつにあなたは踊らなくてもいい>ドクオ」
できない子 「3」
できない子 「2」
できない子 「1」
クズ野郎 「クズ野郎 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:クズ野郎 → 別陣営妖精
アイコン:No. 9649 (九頭龍芥) → No. 1862 (大妖精04)」
IA が幻想入りしました
できない子 「開始」
ジャンヌ・オルタ 「ん!?」
ゲーム開始:2016/04/15 (Fri) 00:26:37
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
ジャンヌ・オルタ 「幻ねえ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
IA 「ごめん遅くなった」
アヴェンジャー 「素なんだなぁ」
IA 「毒だ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャンヌ・オルタ 「で、共有交じりと。
面倒なのはQPがいることだけど」
アヴェンジャー 「マニアがどこにつくかか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャンヌ・オルタ 「ま、悪くはないってところかしらねコレは」
アヴェンジャー 「まぁ、マニアが村に着くと厄介なんだが」
IA 「共有がいて… マニアとQP
QPが村に突き刺さってないかなー」
ジャンヌ・オルタ 「狐はそこまでもないから占いはさくっと潰す方向で」
アヴェンジャー 「狐恋が最高なんだけどな」
IA 「了解」
ジャンヌ・オルタ 「ま、一つは自差しだし。
どっかで死ぬでしょ。4日目までないなら考えるけど」
アヴェンジャー 「んじゃ、騙り日誌は用意しないからな」
IA 「私は毒COでいいかな?」
アヴェンジャー 「んじゃ俺は素村騙る」
ジャンヌ・オルタ 「一応私は用意しておくわ」
IA 「ありがとう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャンヌ・オルタ 「130でいいかしら?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ダメニートGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ダメニートGMさんの遺言

GMはプースカ。

夜遅いんで昼夜問わず130までに投票しよう!

それでは最後まで楽しんでいって、どうぞ

.
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
別陣営妖精 「おはよう
6吊4人外とQPマニア
別陣営妖精…だったね
大チルって基本的別陣営になるんだよねー
QPとか、マニアとか、考えなきゃだけど」
こころ
  \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
\                               /     期待の新星、こころです
.  \        こ  こ  ろ  で  す      
..   \         ,ィ    -‐…‐-ミ ト、        -‐    もう古い?まだまだ生まれたばかりです
              {乂´          `ヽY ア       --
ー           ー=イ乂 `¨           `ヽ    = 二
 __         /                     :.      _  ̄   これかrあ周囲の環境に適応して生きていきます
     二   /       /          ヽ|   ヽ   :.     _
   ̄.     /       i     |   .:|    |  i     ―
    -‐  ムイ     . : A   . .:i A . :| . :|   .:}  }      = -  村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
   -      |   . .:ト{ ヽ .: .:.ト{ ゝト、│  .:/   ′      _
  ー =    jィ   . : | TT\ . :| TT  /  .:/   i{      -
 _         人ト、人:{ ∪  乂{. ∪ ムイ:イ   八   ‐-    ニ    マニア、QPゲー…
    _        .| }   '      │! .:|             -   QPは自打ち確定、狼は3W FULLでいそうな吠え
   -           .|人   -      | ..:′            - _
    /       .| .:| 〕j : . _ ,..   ´,′,′ヽ                 共有CO待ちながら、他の朝一もどうぞ
         /  ./| .:|// //. : }   / .:/   \    丶     \
    /      ./ :| .:|/ //.:/j  . '/ .:/ \_     丶     \
   /  /  /  ./ :/| ├''"´/  / / .:/xr≦⌒`ヽ    丶     \
 /  /  /  ../ ://| .:|   / / ./ .://         Y     丶     \
ジロウ 「おう」
できない子 「マニアCO次第かな共有も居るしそこらでコピーされたら純粋に嬉しい
後は呪殺して狼吊ってになるねぇ 狼QP刺さりか 狐QP刺さりが望ましい」
チルノ 「        ____     ______
         「::::::::ヽ、__/:::::::::::7
          !:::::,-''" ̄`"'ヽ::/
         ヾ,'  , ,  、 、ヽ
  ((  ,ヘ, ノ ア タ/λイλチ弋 .,ヘ ))    村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
      '、 .'、ルル ○   ○ ル/ ノ
     _ヽソ.弋 ""r-‐¬""ノ/__/_      恋人飛びを考慮して実質5吊り、吊りが足りてていい感じね!
    \ (   ゝヽ、__,ノ_ノ   ) /
       ̄弋、 イ;;L∞_/;入 ノ ̄      
     <二>弋.{::::::::::::::::::}-イ<二>
       _ ヾ:ノ:::::::::::.::::::i` _
      /././:::::::::::::::::::::ヽ.,\ \
     .|/ /ヘ;:;∧;:;∧;:;∧;:ト \|」
ゆっくり妖夢 「はい、よーいスタート(棒読み)
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
普通だな!QPは人外に刺して、ブヒれ。
マニアは村について!村に!
共有は指揮してほしいかな」
天子 「おはよー
6吊り4人外だけどQPとマニアいるのが不穏ね
GMいないみたいだから投票早めにすんのよ」
ニート 「おはよう

共有とマニア待ち、おやすみ
村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1」
ジャンヌ・オルタ 「おはようよ
村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
マニアとQPがうざいところね…」
IA 「ギリギリINで申し訳ないわ。
さて切り替えて。

村8人外4QP1マニア1と…
マニア村つきならかなり余裕の出る配役ね 共有もいるみたいだしね」
姫さま 「おはようよ~
QPが他刺しじゃないだけマシかしら?」
チルノ 「だ、だいちゃーん!(ひしっ」
アヴェンジャー 「んじゃ
マニアと共有は出てくれ」
ドクオ 「ジブンヲトキハナツッ」
天子 「別陣営だぞ>チルノ」
ジャンヌ・オルタ 「で、共有?
いるんでしょ。さっさと出なさい」
別陣営妖精 「チルノちゃーん!
大チル別陣営なんて、迷信だったんだよ!」
こころ 「マニア出ない、共有も出ない?…」
ドクオ 「マニア出てこねぇ……」
ゆっくり妖夢 「チルノのそれはマニアか何かですか?」
ニート 「大チル別陣営だろ、どうせ」
ジロウ 「マニアは出ないようだな
余裕はほぼないらしい」
できない子 「さーて共有がでませんけど」
IA 「あれ?共有は?」
アヴェンジャー 「マニアは人外っぽいなオイ」
姫さま 「マニアのCOがなくて面倒な流れ。ふーむー」
ニート 「まさか・・・」
こころ 「チルノマニアかなにか?」
天子 「共有出ないなら恋人かもね
マニアも出ないのが面倒だけど」
チルノ 「大ちゃんがあたいについたよ! 鵺で!」
ドクオ 「これはアレか、恋人の可能性もあるのか共有」
姫さま 「あ、もしかしてそこ鵺とかかしら?>大チル」
ゆっくり妖夢 「さすがに別陣営を自称しておいて結局チルノに鵺るのは草生える」
IA 「大チル鵺陣営」
姫さま 「やった、あたり♪」
ジャンヌ・オルタ 「全員酷い言い草ね。
まあ私もそう思ってるけど(酷>大チル別陣営」
アヴェンジャー 「察し>共有恋」
できない子 「ほう、鵺付きか」
別陣営妖精 「はい、まさかここで鵺を引くとは思いませんでした
鵺なら素直に刺すしかないじゃないですかやだー」
ドクオ 「お、おう。よかったね>チルノに大妖精鵺」
ジロウ 「マニアでなくて共有が恋人だと吊り足りるのかよこれ」
こころ 「だが、恋人にNTR展開もある…>チルノ
心してかかれ」
ジャンヌ・オルタ 「なん…ですって!?別陣営じゃない!?」
アヴェンジャー 「ああ鵺ね
なるほどなるほど」
ゆっくり妖夢 「共有でない...恋かぁ
潜伏葛の葉とかないですかね...?(届かぬ思い)」
できない子 「一応候補か
QPで言った場合も一応有るけど見る感じでいいでしょ」
チルノ 「あ、ちなみにだいちゃんの効果であたいの占い結果変わってるので注意」
姫さま 「共有は恋人じゃないなら夢共有疑ってるとかかしら」
ニート 「大チル別陣営の法則について
補則第三条をやらかしたようだね・・・

QPやマニアで強引に同陣営になると
悲惨な末路を辿るというのを、ご存知ないようね」
ドクオ 「ちょっとまって欲しい
この村にはQPが居るのをお忘れではないだろうか>同陣営」
IA 「恋人NTRとかすごいレアケじゃないですかヤダー」
こころ 「一応囁きは4あーうー
夢懸念してる人のために」
別陣営妖精 「なん…ですって…!? >ニート」
アヴェンジャー 「つ チルノ共有>ジロウ」
ドクオ 「第一条と第二条はいったいうごごごご……」
できない子 「後は気まぐれな潜伏共有とかね>アヴェンジャー」
ジャンヌ・オルタ 「で、共有が出ないと。
これどう考えても恋人共有じゃない?
つまりチルノと大妖精は恋人可能性はゼロに近いわね」
ゆっくり妖夢 「いや待て、QPが大チルのどっちかに刺したなら別陣営になってる可能性が微粒子レベルで存在する...?」
チルノ 「そんな無理! あたいの道理でねじ曲げるわ!>ニート」
ジロウ 「マニア系が出ただけでも幸運と思うか」
姫さま 「運命に打ち克つRPG
テイルズ・オブ・ヤミナベティア」
ニート 「大チル強制同陣営時における時空変動説」
別陣営妖精 「ちなみに指定していいなら
指定先はジロウだけど」
IA 「えっチルノ共有なの?
鵺は見たけど共有書いてたっけ」
ドクオ 「逆じゃね>道理でねじ曲げる」
ジロウ 「じゃあ指定はダメっつーことにしよう」
別陣営妖精 「チルノちゃーん!逆!逆! >チルノ」
こころ 「大チル同陣営でも片方しか勝てないとか…あったらしい」
姫さま 「マニア系COがある以上はまあだいぶね。
QPは矢が共有刺さりの危険考えると、まあトントンくらいなんでしょうけど」
アヴェンジャー 「潜伏葛の葉はなぁ
呪殺される可能性が怖い
からないと思う」
ドクオ 「あれ、チルノ共有COは別にしてないよね?」
ジャンヌ・オルタ 「チルノは共有じゃないと思うわよ。
というかそんなこと一言も言ってないわよそこの妖精」
ニート 「あれ? 共有がCOしていない・・・?」
できない子 「現状それなら噛みで消える場合も有るからどうとも>ジャンヌオルタ」
こころ 「やる人はやると思う>潜伏葛の葉>アヴェンジャー」
ゆっくり妖夢 「占い結果が変わる鵺系ってなんだっけ(痴呆)」
IA 「だよね?>ドクオ
なんか誰かが描いてたからびっくりした」
チルノ 「まあ、共有が潜るんなら潜るでそれなりにやればいいっていうだけの事なのよ」
ゆっくり妖夢 「青行燈か?」
別陣営妖精 「ジロウCOしないし吊っていいかなー個人的には」
アヴェンジャー 「まぁ、それ言われたらそうなんだが>こころ」
ジロウ 「オレが共有だったら流石にCOしているだろうな
ぐらいは言っておいてやるよ」
こころ 「チルノは鵺られたってだけで誰かがチルノが共有?って聞いてただけだと思う」
チルノ 「自分の目で確かみてみろ!(覚えてない感>妖夢」
姫さま 「鵺だからギリギリOKでも良いと思うけど、何COしても吊るってくらいでないと意味が無い。
鵺の人外付きとかの可能性考えてもね。
だからまあ、それ許せるかどうかで考えるなら厳しいとは思うわよ」
ドクオ 「まあ、できるならメリット自体はあると思うよ>葛の葉潜伏」
ニート 「青行灯ブラフかもしれないし、虎系かもしれない」
できない子 「今は共有の話題が出てるけど
騒動収まって出るかもだし」
IA 「潜伏葛の葉したら銃殺されたとかありそうでやだなー」
ジャンヌ・オルタ 「はっきり言ってこの村だと意味ないからさっさと出てくれた方がいいわよ>葛の葉
事故った時のほうが困るし、チルノ確定村にするだけでもだいぶ変わるし」
別陣営妖精 「もちろん、明日は指定しないよー?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
天子 はスキマ送りされました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
できない子1 票投票先 →ジロウ
チルノ0 票投票先 →ジロウ
別陣営妖精0 票投票先 →ジロウ
姫さま0 票投票先 →ジロウ
アヴェンジャー0 票投票先 →IA
ドクオ0 票投票先 →ジロウ
ジロウ9 票投票先 →ニート
こころ0 票投票先 →ジロウ
ニート1 票投票先 →ジロウ
ジャンヌ・オルタ0 票投票先 →ジロウ
ゆっくり妖夢0 票投票先 →できない子
IA1 票投票先 →ジロウ
天子 はスキマ送りされました
ジロウ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
IA 「天子ェ」
IA 「あれ、アヴェさん私投げ?」
チルノの独り言 「                /´|           世界は
       ,.:'"´\     /:::::::::\      _r、_  あたいで         ☆
      ./:::::::::::::::\_,,..∠::;;_::::::::::::::\    `コ lニ' r、    r──┐  ☆\  /
      /::::::;>''"´      `''<::::::/    `コ lニ' r' 7__   └─,. /r ─┐ ┃ ┃
      |::/  /        ヽ. \\__(_Oノヽ) く. r‐、ヽl二ヽ〈 〈_  ̄//_." △ "
    //   /     ,ハ  ハ   ',   ':;::::::::::/      .|_| r'ノ  r'ノ  ー' く,_-、ヽ
    く::::::|    !、 ,ハ / | /メ.|   |   |::::/                  (O_ソ
    ヽ;|  | |/メ、|/   ァ'ソワハ  ,!.  八´           /`!
     ノ  | i'´!ソハ    ゝ-゚'| / |   `ヽ        /  /  略題「あたまわる」
    ∠_,.イ| ハ ゝ‐' ,  _ xxレ'  .!  、   、〈`ヽ.   /  /、
       リ  ハxx  rァ´ ̄`! /  /   _ハ  ハ  ヽ-'    k  !ヽ、
      ノ   人    、_.ノ/ ./ '"´ ァ'7'"´ ̄ヽ.   -‐ソ / /ノ
     ( r‐イ  7ァ=ーr <|/    / /    、__,.>-─ゝ-'‐'´
     \|  \/∨ __/|  / /     |. |--‐ァ7´____         大ちゃんと同陣営確定で嬉しいけど、
           r‐/´/ ,|/ .!     \ソイ    /
    + __/ ̄\/  |/ム、__∧       /-‐ <´            実はあたいは超時空シンデレラ、
    /Y   l!|、 .//ハ_/::::::::|>ァ‐ァ--へ、___,,.>
  ┼ |/`!./蛙 ゚| /::::::::::::::::::::::::\//     \              チルノちゃんなのです! いぇーいみんな見てるー?
    / /ヽ,-、  |':::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ̄ ̄ ̄ ̄`
   ヽ,_' / ソヽ7:::::::/:::::::::::::::::::::::::::!、                   大ちゃんだけのものじゃないんだ、あたいは!(指導者CO
      `ヽ--ァ':::::::/:::::::::::::::::::::::::、::::::\
        /:::::::|/::::::::::::::::::::::::::::::':,::::::::\
ジャンヌ・オルタ 「天子でだいぶ決まる話だけど…」
IA 「チルノ共有やんけ!!!」
チルノの独り言 「  rー───- 、_   , -───‐- 、
   l     , -‐ '´  ̄ ̄` ヽ、      /
  /\/\          丶  /
  \  \/             i /
  /\  \              lY
  \,イ\/ ハ_, ヽ、ト、       l l         天子の突然死は残念だけど、
     ! -イ¨i´| ハ  !`iーォ、 ハ } l
.    l  lハ  |/ \| !/ ト/ リ }        昼間もあたいの鵺られCOあたりで発言止まってたしね
     l  lcー--‐'   ー--っ! ,イ ル'  /|
    レi/ト、     、ー-、  ,.イ/ レ′∠__/      しかたないね あ、でもこれで死体なし出ても吊り増えなくなった・・・
       `ー ァ-三ェ‐_´/l⌒l  _
          / `¨ラルイ. l └-、\ \
        /    l` L! /    /   ̄
         `¨i__,イ   く_   /
             |  |     トーイ
             |  |    |  |
ジャンヌ・オルタ 「指導者ねえ。
本当くさいわね。」
アヴェンジャー 「どうせジロウ吊れるからな>IA」
ジャンヌ・オルタ 「ま、どっちにしろ邪魔だしさっさと落とすのがよさそうね>チルノと大妖精」
チルノの独り言 「             ___
            __l___`r‐、 ___
          /        ` く    |
         /  _      _     \    |
.         /   '´∧  /\ `ヽ    ',   /
        |/|∨行 \/ ィチミト,|     l_/    !
           / | じ   {ヒrノル'l/   |
        /  リ   '__ `´ ./    ./      そうだ、狼に狐噛みとあたいGJの両方をだしてもらおう!
        /  人  「   }  /     |
         |_     丶 ノ /   _   N      狩人が居ればいけるいける!
         |___xヘ`コ¨_,レ<_ \ /   __
         / ̄7´',.‐く //.:了⌒ヽ∠__/
      , ‐n /   /// /|´ /.::::l/r;=-、\
.     /'´ ∨   /.:`∨l__ト-'.::::::/ ,ヘ.ヽ l  ヽ<二>
    〈 ´/〉  /.::::::::::::::::::::::::::::/ 〈ヽ 丿  )
.     ヽ  ‘} /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、|  /、 _/ヽニ=-
        |   ト/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::l`\  \ |_ノ
アヴェンジャー 「まぁ、鵺着き見て潜ったんだろ
ぐらいだわな」
IA 「いや、私に殴りかかってくるのかなと>投票したし」
アヴェンジャー 「明日グレランならニートか姫で」
チルノの独り言 「               ,r─
   _ ,,,_ / |       | 
  \,.≧ ̄` ' ヾ、     | B
   i  ル、 从 }  _,ノ 
   j ( ┃ ´┃!<   ̄`'ー‐
 . -( ヾ.、 r‐ ,ィ ノァ
 ` x,>^^ヾハ ハ^<,.ク
   ヽ  ノ ^ ^ヽメ
アヴェンジャー 「多少は殴る>明日」
チルノの独り言 「大ちゃん、がんばれー!」
アヴェンジャー 「神は任せる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジロウさんの遺言 レイフォールガンを愛する蟲姫だ

◇別陣営妖精 「ジロウCOしないし吊っていいかなー個人的には」
指定かましておいてなんだその他人事感はよぉ!
チルノさんの遺言                  /´|           世界は
       ,.:'"´\     /:::::::::\      _r、_  あたいで         ☆
      ./:::::::::::::::\_,,..∠::;;_::::::::::::::\    `コ lニ' r、    r──┐  ☆\  /
      /::::::;>''"´      `''<::::::/    `コ lニ' r' 7__   └─,. /r ─┐ ┃ ┃
      |::/  /        ヽ. \\__(_Oノヽ) く. r‐、ヽl二ヽ〈 〈_  ̄//_." △ "
    //   /     ,ハ  ハ   ',   ':;::::::::::/      .|_| r'ノ  r'ノ  ー' く,_-、ヽ
    く::::::|    !、 ,ハ / | /メ.|   |   |::::/                  (O_ソ
    ヽ;|  | |/メ、|/   ァ'ソワハ  ,!.  八´           /`!
     ノ  | i'´!ソハ    ゝ-゚'| / |   `ヽ        /  /  略題「あたまわる」
    ∠_,.イ| ハ ゝ‐' ,  _ xxレ'  .!  、   、〈`ヽ.   /  /、
       リ  ハxx  rァ´ ̄`! /  /   _ハ  ハ  ヽ-'    k  !ヽ、
      ノ   人    、_.ノ/ ./ '"´ ァ'7'"´ ̄ヽ.   -‐ソ / /ノ
     ( r‐イ  7ァ=ーr <|/    / /    、__,.>-─ゝ-'‐'´
     \|  \/∨ __/|  / /     |. |--‐ァ7´____         大ちゃんと同陣営確定で嬉しいけど、
           r‐/´/ ,|/ .!     \ソイ    /
    + __/ ̄\/  |/ム、__∧       /-‐ <´            実はあたいは超時空シンデレラ、
    /Y   l!|、 .//ハ_/::::::::|>ァ‐ァ--へ、___,,.>
  ┼ |/`!./蛙 ゚| /::::::::::::::::::::::::\//     \              チルノちゃんなのです! いぇーいみんな見てるー?
    / /ヽ,-、  |':::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ̄ ̄ ̄ ̄`
   ヽ,_' / ソヽ7:::::::/:::::::::::::::::::::::::::!、                   大ちゃんだけのものじゃないんだ、あたいは!(指導者CO
      `ヽ--ァ':::::::/:::::::::::::::::::::::::、::::::\
        /:::::::|/::::::::::::::::::::::::::::::':,::::::::\
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
別陣営妖精 「しかし、おはよー
どうも共有者の"囁き声"はなかったね…
うんそれじゃ、天子ちゃん死んでるけど巫女は結果は出さなくていいと思うよ
しかしああいうのの結果出すのって、なんか卑怯だと思うから
やっぱり大チル同陣営!」
こころ
                              、,,
                              / \        ,,、
                                 / / \ \     / l
        {`~-- 、             __ -―j { -‐`  ̄"''</ } }
        }:::::::::::::::::\        x '"     ∥           `ヽj j
        {:::::::::::::::::::::::>┐   / / // /    }      j  ノ    まあ、普通にジロウ自身も怪しいし
z======ノ::::::::::::::斗‐{ l二フ/ / /   _,,x()j八 い      ノ  }     吊っていいとは思った
 -~'''ニ二 ̄{::::::::/ /l l }:::}=======''"" ∥{{ ∧ ヽヽ    ノ /} j
       ヽ乂::::} /l {::l }V:/ V  /j   / j j 乂(^\ }     /V ハ
        \ヽ{ノ:::},ノ:弋j:::::} /  / l ∥ /{ {   \ノハ    /)/ /八     天子…途中から発言無くなってるのか
         廴`ミ::::::::::::::::ノ 八  /^l l_,x云弐:.、   \}  ノ;/  / ト \    トラぶったか寝落ちしたか…
           `⌒气彡イ  \{ } ''《{  }゙ヾ、         / 人 `''ー-一
          x- ニニニ~く\     У jい ゞ-'゙ \\ ヽ B //}}  {              ト、
      //  _ノ     \   _ノ ノ} }     \`''''~"/ ∥ 人                l ヽ
     / / _∠-―--、__  ヽ/ /ノ }\ ‐-   フ''" { 〃 乂  `~―- 、        l  }   まあ、みんな気を付けよう
   _/ {/ / x-‐-ミ_  ̄ ̄__γ⌒>ノ /}_>--‐1" _r~く    `''ー- __   `ヽ     } } /
'" ̄  /  /{{      ̄// /Y//-、__rく     ̄/  /:::::ヽ>''"フ    `ヽ   \_ノ}ノ/    吊り減ったのがかなり痛い…
  -‐ノ  / ヾ、 {    〈( _/ 〈(弋r'"  ̄〉   /  /-/  /         `ミ__ //
/ /   ∥ l  ) い   / j     乂__/  l /  /  j  ヽ{    \_   `丶、_ /
  ∥ 人{l l    ヾ_ノ   { ☆       ヾ {  {   { /  \       ̄ `丶、\ }
  {{{ {   い   /     / ○          _\i  弋-‐j  `ト _>         \ヽ
  j ⌒  ヾ、   /      { ▽  _,,。*''゚~ ̄ ̄ヽ ヽ   ヽ::{  { }    \         )}ヽ     ⌒ヽ
、/ ノ      --‐{      乂 ,,。*'''゚       } ノ Y  }:ノ /弋{   \     ̄ ̄`ヽ、    \    ノ}
/  {  >'"   ノ     ,,。*彳        -‐''" ハ i // / /:j     `''ー- _     \   トミ`''ー彡ノ
{   /      {  ,,。*''゚  /      // ̄)ノ } ∨ {/{/::/  \       \ ̄`ヽ、 \メ \`ー''"
 / /   / ,。*゚"     ノ      { /     j  {:::::::::::::ノ    `''ー- __   ヽ \ Y \ ヽ\ヽ
/  /   /  ,*゚   /  /        )〉     /  乂;;;;/`~、_      `ヽ  }} )ノ   ハ }  ヽY
  /  /  ,,*゚   /  /              /            ̄`ヽ、    _ノ  /ヽ jノ j   }}
 / /  ,*    /   j  _          /  _             `ヽ、ー--‐ヽ}  ノ ノ  ∥
  /  辷)   /     {/  `ヽ    / ̄へ     ̄`丶            \   ノ /'"   ∥
  j  /:::人  /           `''ー-┘    ヽ                    \  (   _/
 {  {::{::::::::\     /                \              \    ヽ   / ̄
    乂:::::ミ''⌒    /          {{       \               \   、  (
   / );;;}     ∥       l   {         \               \  i
   /    j  /              l              \              ヽ }
   {     {  {               l                \             }」
できない子 「ジャンヌに関しては様子見かなぁ姫さまも中々発言良いしね
ゆっくり妖夢は投票の意図とか発言の少なさが気になる所

IAも微妙な位置で気になる所なんだよねぇ」
ニート 「おはよう

チルノが指導者・・・黙ってるのも手だったんだよ?
と思ったけど大ちゃんに役職伝えなきゃいけないから無理か」
ゆっくり妖夢 「笑えないよ!>GMいないから投票に気をつけろって言ってた位置が凸死
んでチルノ指導者ね。確実に村が増えてるのはありがたい感
投票はできない子。理由は、直感かな?共有ばっか触れてて気になった的なあれ」
姫さま 「ンモー、それならそうと最初から言いなさいよ(くすくす
天子ショック死して散々悩んでたのに~」
こころ
          ,.へ,.へ -‐─- 、.,_
         ,. >、 `く       `' 、
       ., ' く_,.へ._> ,       ヽ、
       /    . '´  / l    ハ 、 ハ`フ   ___
      ,'   ,'   ,' /__'、   |/_|_ ハ  'r'     | r──┘    そ
      l   / ,  .|/__」/_、 | _」/! }  }     | | l二二`l    ん
      | ∠.イ|  「 l)l::}` \|´l:l!}|/ 八    | | く\/ /    な
      ',   八  'ひ-'     `"oイ ̄`   ; ;  > ,.く     天
       ',  /  l 、._,ゞ"      "}リ      く/ く/\>    子
       }     |  ト 、   ´   ,.イ!                に
       ノ    八 ', }  ーrァ升| |        r、 「l r、     は
   ト-‐''´    ,:' ,ハ ∨\ _ハ ヽ! |       くノ | /ゝ'     こ
   `>'´   //´ヽレ'、|`}_アrr'7ハ |        / ' ー┐    れ
  /    , '  '   ∨   ○ ∨!八      r'_イ.l三 l l
 ,: '     /    {    、   △  } |   ',       | l二 l |  
 {     ;    ∧    ヽ  × | |   ,.       └' ̄`┘
  、    、   ;  ',     \.八 '、!   }
  \    \ , く \   /`7ヽYヽ  ;     ___「l___
    )  ノ, /  `ア`' 、/ /__八,ハ}、/     | r‐┐r‐┐!
   (r'´ (, '     ./    ` ´ ヽ  ̄ ヽ.      | |_| |_| |
    `   {     ;         ',    ハ.     └‐ ┐r─┘
      ,-{ ` 、.,_、        ,     }        .|_|
    / ,r>、.,__ 、>-‐- 、.ノ  ノ    rノ、
     {_く_r、_,,.. -、_,.. -、_>イ__.>-く__r'  」
別陣営妖精 「チルノちゃーん!」
ドクオ 「ジブンヲトキハナツッ」
IA 「チルノ共有とか一言も言ってないよねーとか言ってたらチルノ共有だった(

姫さまは鵺の人外付きうんぬん言ってたけど鵺の人外付き分かるのって二日目夜じゃないかなーって
ジロウはそんな良く分かんなかったからどうかしらない 遺言を見ればいいんじゃないかな

あとチルノの占い結果が変わるらしいけど共有確定だからどうでもいいわね(」
ゆっくり妖夢 「占いを探さずに、共有噛みかぁ...」
アヴェンジャー 「俺が口にした事をわざわざ繰り返したから投票した
反省はしていない」
こころ 「…はい、まともに護衛できる狩人いないのが確定した瞬間」
ドクオ 「チ、チルノぉー!
お前あんな狩人GJを期待するようないたいけな指導者を!」
ジャンヌ・オルタ 「おはようよ
ジロウはどう考えても人外だから吊ったわ。
一応指示権はないとも言えないところだけどああゆう言い方はないし」
ニート 「大ちゃんが指揮をとることに一切の異論はない」
アヴェンジャー 「まぁチルノ噛むなら複数占い出るんだろうな」
IA 「だって共有COとか出てないのに共有COとかいうんだものー>アヴェ」
こころ 「じゃ、大妖精敷きとりがんばってでFA」
別陣営妖精 「じゃあ、姫さまにはCOしてもらいましょうか」
姫さま 「チルノ噛みはまあするでしょう。
ただ、それならなおのこと天子で狼落ちたとは思わないほうが良さそう。
少なくとも非狼でしょうね」
ドクオ 「まあ、少なくともマニア村陣営なのは確定したので
狼に余裕ありまくり、というわけではないはずだ>妖夢」
姫さま 「占いCOよ~

【1日目】ニート ○
【2日目】ドクオ ○」
できない子 「COも無いのはねぇジロウに関しては>ジャンヌ」
別陣営妖精 「日記町」
姫さま 「【1日目】ニート
【2日目】ドクオ
ショック死でて釣り縄とか陣営数にますます不確定要素が増えたから、
攻める占い方で行きましょう。ピンポイント狙いよ。
共有潜伏と葛の葉どうこう気にし過ぎてるのは殺していいわよね?(ニコッ」
アヴェンジャー 「昨日は指定しないって言ってたが
指定したきゃしてもいい>大幼精」
ドクオ 「占いCOか……俺が○、ニートが○
無職がダブってしまったな……」
ニート 「姫さま・・・とても気品があって美人で雅だからなぁ」
IA 「というか、天子遺言ないのねえ
なんだったかも分からずじまいか」
こころ 「複数出ると思うの?狼が?>アヴェンジャー
狼3だし、狐は個人、QPは自打ち確定の人数で」
別陣営妖精 「フーン」
ドクオ 「突然死ってそもそも遺言出なかったよーな>IA」
ジャンヌ・オルタ 「日記薄すぎてぶち殺したいわね。
ま、うすいやつがいるのはたしかだし、大妖精に任せるわ」
ゆっくり妖夢 「余裕ありまくり、というわけではないにしても占い探さないと狼詰みかねなくない?
グレーじゃなくて共有噛みは結構個人的には不思議だと思うの」
アヴェンジャー 「アッハイ……まじかよ>占い」
姫さま 「ドクオでピンポイントに狙うのは結構自信あったんだけどね(くすくす」
できない子 「真居るなら対抗で出てもってこと
それで対立して見れるし」
ニート 「天子は遺言ないだろう、突然死だから」
IA 「えっそうなん>ドクオ」
別陣営妖精 「じゃあジャンヌにもCO聞いて吊る位置考える」
ドクオ 「あれ、俺不審者扱い……?>ピンポイントに狙う」
ジャンヌ・オルタ 「占いCO別陣営妖精○>できない子○」
別陣営妖精 「だよね」
姫さま 「出ないわよ、突然死は。昔は出たけれど」
こころ 「凸死は残らないから…>IA
ついでに巫女系もいないのがという」
ジャンヌ・オルタ 「はっ、私が占い?
笑わせてくれるわね。こうゆう時は狂人とかそうゆうものを持ってきなさいよ。
ま、頑張って村が勝利するようにはしてあげるわ。

初日占いはさっきまで屑だった大妖精。
どうせ中身が屑になってるだろうしさっさと占ってあげたわ


2日目
屑が白いって最悪ね。
まあ夢可能性はなくなったからいいんだけど
占い先は適当にかしら
潜り共有可能性かなりあげてるのが気になるよねココ
狼っぽくはないから狐読みなんだけどさて」
できない子 「姫さま真かそれとも偽かって意味でね」
IA 「ハイ知りませんでした>突然死は遺言ない」
別陣営妖精 「姫さま吊り」
アヴェンジャー 「真と狼で出るんだろ>こころ
チルノ噛むなら、そうなんじゃねーの?」
ジャンヌ・オルタ 「だから暗に吊れって言ったのに…(白目」
ニート 「初手で共有○とか鵺○ってさ
人外が真主張する時によくやるイメージ」
姫さま 「>◇ジャンヌ・オルタ 「日記薄すぎてぶち殺したいわね。
>ま、うすいやつがいるのはたしかだし、大妖精に任せるわ
こんなこと言う真なんかいないわよ」
ゆっくり妖夢 「また占いかぁ...明日には割と噛まれる気もするが放置安定かなと打ってたら姫さま切るの?」
こころ 「占い2COと…
で、ジャンヌは1無駄占い」
ドクオ 「傀儡COだ。ニート○ 姫様○」
姫さま 「真なら『日記薄すぎてぶち殺したいわね。』で話を切るもの」
ドクオ 「傀儡COだ

1d/ニート○
震えるぞハート!燃え尽きるほどニート!
無職色の波紋疾走!

2d/姫様○
どうもここだとあんまり指揮とってない、というか場を乱したい印象あるか……?
チルノ指導者だったこともあってちょい不穏当位置には見えるかね
ちょっとなんか気になるので占ってみるか」
姫さま 「ドクオの占い先wwww」
ニート 「んー、そっち吊るの?
初手で共有相当に○投げてるのは怪しく見えるけど」
アヴェンジャー 「ほら出たじゃないかー(棒)>こころ」
IA 「わーお>占い3CO」
ドクオ 「流石に○の占いCOを吊るのはやめとこう」
ジャンヌ・オルタ 「これ、ドクオと姫様恋人じゃない?」
こころ 「ポンポンでてくるなー…>占いCO」
できない子 「傀儡師で庇いに来た感じも有るよねこれ」
IA 「すごいなアヴェンジャー!どうやったんだ?」
別陣営妖精 「狼のラインかどうか
占い師いるなら今日のうちに出て
明日以降は人外とみなす」
ニート 「やはり姫さまは美人で素直で若くて賢いから残していいわね」
アヴェンジャー 「恋人なんだろうなー(小並感)」
ニート 「働きたくないけど占いCOよ
妖夢○>姫さま○」
ニート 「1夜:妖夢
まずは適当に・・・と言いたいけど
とりあえず妖夢を占っておくわ
庭師で剣の師範で護衛まで兼ねてて
最近はRTAにも顔を出しているなんて
働きすぎてるから人外としか思えないわ


2夜:姫さま
チルノに指導される村・・・さんすう教室かな?
鵺ラインだから黙ってていいんじゃないかと思いつつ
噛まれた場合の証明が面倒なことになるから理解したわ
さて、これ銃殺出たらさっさとCOした方がよさそうね
占いが埋没した可能性を主張される可能性が高い
今日のところは姫さまを占っておくわ
あのオーラ、ただものじゃないことだけは間違いないわ
物腰柔らかで気品もあって美しい、きっと優秀な姫のはずよ」
ゆっくり妖夢 「占い系増えるのか...(困惑)
んでドクヲは結構姫さまと被ってる感じの占い先」
姫さま 「ドクオ傀儡なら夢とかも無いじゃないの。
この上で私吊られるって納得いかないわよ?
狼同士の庇いあいだとか見るなら話は別だけどさあ」
IA 「ああ、そうか恋人でかばいに出てきたって言うのもあるんですね
んー…どうなのかしら」
別陣営妖精 「そのうえでドクオ吊りね」
ドクオ 「お前もかニート……!」
こころ 「狼でと思うなら騙り1で潜伏2くらいかなーとは思ってた
指定されてだとあれだけれど」
IA 「まだあんのかよwwww」
ゆっくり妖夢 「また増えた!?」
姫さま 「私どれだけ人気なのよ!
ああ、この気品が人をひきつける……辛い……!」
こころ 「なにこの」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
できない子0 票投票先 →ドクオ
別陣営妖精0 票投票先 →ドクオ
姫さま0 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
アヴェンジャー0 票投票先 →ドクオ
ドクオ8 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
こころ0 票投票先 →ドクオ
ニート0 票投票先 →ドクオ
ジャンヌ・オルタ2 票投票先 →ドクオ
ゆっくり妖夢0 票投票先 →ドクオ
IA0 票投票先 →ドクオ
姫さま は恋人の後を追い自殺しました
ドクオ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジャンヌ・オルタ 「デスヨネー」
IA 「分かりやすすぎて噴いた」
ジャンヌ・オルタ 「じゃ、ニート噛んで私吊りってところかしら。」
IA 「ていうかコレヤバくないですか?」
IA 「3Wなんだから狐噛まないと終わりますよ」
アヴェンジャー 「んー
占い即噛み」
アヴェンジャー 「あっ>天子死んでんだ」
IA 「そうそう>ショック死」
ジャンヌ・オルタ 「天子忘れてた…」
アヴェンジャー 「しゃーねぇ
できない子かこころ噛み且つ占い先二つ用意で>ジャンヌ」
IA 「基本CO出てる所はあんまり狐見ないとして
ようむかできないかこころか」
ジャンヌ・オルタ 「んーんー、ニートが真だろうから残し。
できない子とゆっくりとこころの3択」
IA 「できないが怪しいかとは思いますかね?」
ジャンヌ・オルタ 「こころで逝ってみようか」
アヴェンジャー 「まんじゅうが仔狐なら
事故だ事故(震え声)」
IA 「間違ってたら申し訳ない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言 素村CO
何で私が素村なんですかねぇ
役職渡してくださいよホントに
変化があるなら追加で書き込むよ
3日目
ドクオさんの遺言  |             
 |      :( 'A`):  養ってどうぞ>姫さま
 |__ //\ ̄ ̄旦\_
/  // ※\___\  
   \\  ※  ※ ※ ヽ  
     \ヽ-___--___ヽ
姫さまさんの遺言                     ___
                ....:::::::::::::::::::::::::::::`丶
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               .:::::::/:::::/:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::..
            //:::/::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::.
              .:::::::: ::::::: i:::::::::i::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::i
            .:::i::::i::::::::::i:::::::::i :::::::i::::::::::: ::::|::::::::::::|
            ':::::|::::|i --i:|:::::::::i:i-‐:ト:!::::::| :::|::::::::::::|
              | :: L::|トミ从::::::::|八:::|八___| :::|::::::::::::|
              | ::::: 小. ト心  ̄   卞Jか::::::ト :::i::::::   続きは霊界で♪
.            :::::::::::iハ Vン     弋ツノ :::::|ノ:::i::::::.
.            .:::::/:|::i::::://  '   /// |:::::i| ::::i::::::::..
           .:::::/ |:::::::人    .     イノ ::八 :::i::::::::::..
          .::::/  :|:::::::::::: >/}_   イ/::::イ:i::::::::i::::::::::::::..
          .:::/  │::i:::::x(∨/::_r'Zア::/ノ|::i::::::::i:::::::::::::::::..
        .::/   ::::::レく\ヽ}´ / ̄ ̄`ヽ|::i::::::::i :::::::::::::::::::..
.         /:/    .::::;勹   /∨ /⌒\ /:|::i::::::::i::i:::::::::::::::::::
       /::::    /::/ {  /∨ /    ∨/|::::::::::::::i\:::::::::::::::
.      /::::::    /::/ f゙ー=个| ,     │八 :::::::::::::. \:::::::::::
      :::::::::|  /::/ /l:   l、|ノ     l//小:::::::::::::::..  \::::
     ':::::::: |  ::::/ 〈介ー=彡Y        |// |∧ ::::::::::::::..  \
     .:::::::::: | :::/   Ⅵ  J^ |      |// |/∧:::::::::::::::::..   
.    |::i:::::::::∨/   │   │      |// |l |::::::::::::::::::::::::\  
.    |::i::::::::::::〈.     │    j       リ   |l |:::::::::\:::::::::::::::
.    |::i:::::::::::::::\   、    |    /     {\:::::::::丶::::::::::    
.    |::i::i:::::::i::::::::::\  \   ′  /       \\:::::::::::::::::
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ニート 「働きたくないけど占いCOよ
妖夢○>姫さま○>アヴェンジャー●」
こころ
               _,,.. -─- 、.,
           ,  '´          ` 、
         /                ヽ
        ., '    / /   、    \   ':,   大妖精の指定がズバリ突き刺さる!!
       /    ., '   '     '  /`l '   ',
      ;     /    |       |, ' /l | |  l__   占いCOが噛まれているかというのと
      |    ' ;'  /'、   ト、 / /-‐ `'ー-<´r|   銃殺など有るのか…と言ったところか
      |    !/-‐/ __ 、  | ∨    l    ∨
     、_.ノ    |!、ァ七7ヾ \| / lト、ヽ  、    ハ   狼吊れて無くて狐も残ってた場合
     `7、   、ヘ 乂_.ノ  / 八 \\  .ノ |ゝ   3-3-1で飽和
     ∠..-\  \"     '     \」   _,.‐ァ'|   そうじゃないならば、狼か狐、どっちかは死んでると思う
     :.  | `ーハ      | ミヽ      ー'/ |!
    ..::   ,:|  | ム、  r 、   /`!、__ ` ニ./ 八   狂人交じりの吠えにはあんまり見えないし
       /,'   ;/  |l≧ノ }/ /  _` ー./| /   ` ーァ
     //  ,'_,,. イ∨ ´   /-‐'"ノ, イ ト、   `' 、
   //;'   ;´  / .|     ‐''イ   |   ! \     ヽ
 . , ' /  {   .{ r-- }   _,,.イ´  ̄` ;  |/  ヽ.  \ |
 ./  .{  ∧   \ヽ_」___{_r- =   /   '/   ',    レ
 {   ' / ' 、  「´       `ヽ、, '   /´    |  , /
..ノ   l |   ,ハ /  !   /  //   イ      |/」
別陣営妖精 「そっち死ぬのー?」
ニート 「3夜:アヴェンジャー
あんなに気品があって優しくて美しい姫さまが
まさか恋に落ちていたなんて驚いたわ・・・
恋をすると人は美しくなるってことかしら、美しさは罪ね
で、ジャンヌが人外っぽいんだけどどうしようかな・・・
できない子を素直に占っても●が出るだけの気がする
そうなると、完灰で・・・次はアヴェンジャーを占うわ
呼ばれても居ないのに聖杯戦争に飛び込んで
延々と戦うだなんて、こいつ完全に働く気だわ」
IA 「おはよー」
ジャンヌ・オルタ 「占いCO別陣営妖精○>できない子○>こころ●」
アヴェンジャー 「んじゃ、結果よろ」
ゆっくり妖夢 「印象的にニート狼で出る必要感じないからニート真っぽいと思うの
自打ちだし恋庇いも否定できそうだし(絡新婦は知らなーい)
ジャンヌ・オルタ 「3日目
分かりやすい恋人勢だったわね。
てか吠え数見るに3Wいない?
銃殺すると不味い可能性あるけど…
とはいえ、灰占うしかないのよね
狐はないと思うしこころ占ってみようかしら」
こころ 「そこ死ぬのかという…>できない子」
アヴェンジャー 「厄神ね。ま、遠からずって感じか
所詮俺は神様としては紛い物だからなイヒヒヒ

初日 不可
まぁ仕様だしな

二日目 ジャンヌ
こうなると勘頼みだからな
ま、同じサーヴァントにしとくか

三日目 ニート
とりあえず日誌読む限りはここが一番真っぽいんで
まぁ当然の帰結だな」
ゆっくり妖夢 「噛みが予想外すぎる」
IA 「まあうん、恋死はみなさんの言うとおり見事なかばい死でしたね(」
アヴェンジャー 「厄神だ」
別陣営妖精 「申し訳ないけど、もともと遺言指定がIAなのでIA指定」
こころ 「で、ジャンヌ偽把握
狐チェック兼ねた噛みなのでは?という」
アヴェンジャー 「要するに
狼飽和間近なんだろ
決め打ち頼む」
IA 「ん、毒表記ー」
ニート 「IAねぇ・・・ボーカロイドだっけ?
あんまり働いてるって感じがしない」
別陣営妖精 「ジャンヌとニート、こころとアヴェ…
7>5>3」
ゆっくり妖夢 「占い噛んだら積むやつ...ではないよね?」
別陣営妖精 「4>2」
ジャンヌ・オルタ 「で、この噛み筋だとニートが最低でも村可能性はなさそうね。
わりと全部残ってるんじゃないのかって思ってたけど姫様とドクオで一匹逝ってるかしら?」
ニート 「もしジロウ村なら、狐探しの可能性が高い」
こころ 「ニート真だとジャンヌ、アヴェンジャーで2人外残りだけれど…>大妖精」
別陣営妖精 「毒、毒ねー」
アヴェンジャー 「いやマズイっての
できない子噛むなら
占いLW以外なら飽和間近だっつの」
IA 「飽和直前って言うなら狼道連れれたら続くかな?
村道づれたら、うん知らない」
別陣営妖精 「とりあえずこころもCOしといてね」
こころ 「毒ねー…>IA」
ニート 「3-3-1は現状否定されてるけど
4-2-1警戒くらいは普通にありえるからね?
その場合、ジャンヌとアヴェンジャーで2Wだと思うから余裕はないわ」
ゆっくり妖夢 「毒に関しては僕が薬師だから解毒すれば吊りは減らないよ
ただ決め打つべきじゃないかとは思う」
こころ 「潜毒者」
ゆっくり妖夢 「薬師日記 できない子(毒なし)>ドクヲ(処刑:毒なし)
解毒、毒持ちか見る、ができることですね
2昼 投票先 できない子 ほっときゃジロウ吊れそうだと思った(小並感)よって鑑定狙い。
呪殺して、って言ってる発言が占いに見せかけたい毒持ちの可能性みました。
3昼 投票先 ドクヲ 恋っぽい感じはする。ドクヲだけに毒狼(激ウマギャグ)の可能性考慮
やっぱりな♂>後追い」
こころ
            , -――――- 、   3日目の
          /          ヽ       潜毒者…
       <    人  ト、     i
        /   /  ヽ :!  ヽ    i   ニートたちに感化されて
        レ  / 〇  リ 〇 ヽ  ヽ  しばらくは働かないことになりました
        .i  i ⊃ 、_,、_, ⊂⊃i  .i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /~ヽ、---,~ヽ、
    ∬   .γノノハハハハハヽ
    旦   (和) (0) ,(0)i)
.           ヽ  ∀ 丿
             ̄ ̄ ̄
ジャンヌ・オルタ 「私としてはこころ吊り一択。
姫様とドクオで狼が行ってない場合、最悪詰むし。
ニートのほうは狐可能性もあるから明日処理したい」
こころ 「私釣るなら明日だけれど釣りが足りない件について」
ニート 「はたらけ!! >こころ」
別陣営妖精 「んんー」
IA 「おお、ようむ薬師なの?
だったら解毒してもらえば2Wなら大丈夫だね」
ゆっくり妖夢 「ニート偽だとしてあのタイミングで出て来る意味がわからないんだよね」
アヴェンジャー 「こころ村はありえる
姫が真の場合
なので占いランにしとけって」
こころ 「明日までまって!!>ニート
これも周りに影響されたせいだから」
ニート 「IA吊り、妖夢がこころを鑑定
これでいいわ」
別陣営妖精 「ジャンヌ切ってアヴェ吊りましょかー」
ゆっくり妖夢 「それだと毒が飛ぶ可能性あるよ?>ニート」
こころ 「おk!!」
ジャンヌ・オルタ 「あ、クソ身内切りに見えた>アヴェンジャー「こころ村はありえる
姫が真の場合
なので占いランにしとけって」」
ゆっくり妖夢 「僕はどうする?」
アヴェンジャー 「だから
ジャンヌ切るならジャンヌ吊れって」
別陣営妖精 「いや、ジャンヌ吊りでいいか
薬師以外はジャンヌ吊り
薬師のみIA確認」
ニート 「じゃあ、私の行動は決まったわ
7人からの詰み手ならね」
ジャンヌ・オルタ 「いやそれだと詰むんだけど」
ゆっくり妖夢 「ほーい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
別陣営妖精0 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
アヴェンジャー0 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
こころ1 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
ニート0 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
ジャンヌ・オルタ5 票投票先 →こころ
ゆっくり妖夢0 票投票先 →IA
IA1 票投票先 →ジャンヌ・オルタ
ジャンヌ・オルタ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アヴェンジャー 「薬師ィィィィィ」
IA 「お疲れ様でした~」
IA 「薬師辛いっすね…」
IA 「しかし狐死亡済みとは ジロウさんか天子だったんですかね」
アヴェンジャー 「さてどーすっかね
薬師いなきゃIA吊りで勝ちだったんだが」
アヴェンジャー 「まぁ、考えてもしゃーない
こころ潜毒ならほぼ詰んでるし」
IA 「うーん、アヴェさんもそのうち吊られるでしょうしニート噛んで次の日にようむ噛み…?でも無理そうかな…」
アヴェンジャー 「あれ
詰んでね?>ニート吊らない限り」
IA 「というか狐がいない以上全人外が出ちゃってるんですよねえ…」
アヴェンジャー 「ニート吊れば勝ちか」
IA 「うん、大分厳しいかと(」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ゆっくり妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジャンヌ・オルタさんの遺言 占いCO別陣営妖精○>できない子●○
はっ、私が占い?
笑わせてくれるわね。こうゆう時は狂人とかそうゆうものを持ってきなさいよ。
ま、頑張って村が勝利するようにはしてあげるわ。

初日占いはさっきまで屑だった大妖精。
どうせ中身が屑になってるだろうしさっさと占ってあげたわ


2日目
屑が白いって最悪ね。
まあ夢可能性はなくなったからいいんだけど
占い先は適当にかしら
潜り共有可能性かなりあげてるのが気になるよねココ
狼っぽくはないから狐読みなんだけどさて
ゆっくり妖夢さんの遺言 4夜更新

薬師日記 できない子(毒なし)>ドクヲ(処刑:毒なし)>IA()
解毒、毒持ちか見る、ができることですね
2昼 投票先 できない子 ほっときゃジロウ吊れそうだと思った(小並感)よって鑑定狙い。
呪殺して、って言ってる発言が占いに見せかけたい毒持ちの可能性みました。
3昼 投票先 ドクヲ 恋っぽい感じはする。ドクヲだけに毒狼(激ウマギャグ)の可能性考慮
やっぱりな♂>後追い
4昼 投票先 IA 自称毒。鑑定します。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ニート 「働きたくないけど占いCOよ
妖夢○>姫さま○>アヴェンジャー●>IA●」
ニート 「4夜:IA
ちょっと本気出す・・・ジャンヌ真とは思えないが
こころ●が真実かどうかで最悪想定を行うと
ジャンヌと2真で3-2-1または4-2-0の状態
ここから2Wなら狐探しするだろうってことで
ジャンヌの真偽どちらでもIA占うのが妥当になるわ」
別陣営妖精 「オハヨーオハヨー」
IA 「おはようございますー
昨日ニートさんが私吊ってこころさん鑑定ってなんか違和感
そんなことしたらまずいのに」
こころ
             ,. - 、                     ::
           γ_,, __ ハ "´ ̄ ̄`゙' 、        ::ノl、  ::::    /|::
       :    /=,ノ,=、 / /       ヽ、   .   ::i  ヽ、::::::::::: __ノ {:   さあ、希望の面よ
      .::   ' r' `  /  l{      ヽ.  ':,      ::{   __>---<´   }::  私に力を!!
     ..:::::..   { `lア´, イ /、八    ト、  '   ;   .  ::,ゝ ´,r- ,  ,.-、ヽ ./::
    :: ,   ,ヘ ヽ-</  / _」ニ.ヽ、 |__ト }  }     ::ソ /NVヽ. /V∨|`フ::
    :: /ヽ-'   }.| ∠ イlイ´r) `l  \|f l`}/ 人    ::/,| l|( 0 ) ( 0 )|く`^i::  ニートがどうなっているか…かなぁ?
   :: ,'、、  ノ l ',.  } l八乂_ソ     り ハイ ̄`    :::iソl   __二__   |く|::   IA狐の場合が怖い
   ::: {  r 彡/ }  /|  ⊂⊃      ⊂}り      ::`人  ´、_.ノ  .l ヾ::   ニート生きてれば占ってるだろうから分かる
    ::: 、`⌒´ン ;::// |  || 、   -    人、    .   :::ヽヽ、     ノ ./:
    :::`::´ /, '´  /.|  || |`i  ーrァ f升  ハ  r{`ヽノ` ヽ/ヽー-─.´`V::    アヴェさん視点漏れっぽいのも考慮でというのも
      , ' /   ;'   、 |´} ̄`XX´ア| |_」ィ'{ {、  ヽr'     ::::::::::::::::::
      {  {   | ./ ヽ}.xレ '´ ○ヽ_レ'`x`'l`x、_  ̄}}
      .:  、 |/   /`x. ,ム `x´x△`x'}´x`x´x`x´ ̄リ :
     ::  ∨ ./`x´x / }`x´x'×`x'{ ̄`7ー--‐''´..::..
    .:::: ∠ ,く\`x´x/ ,く `x´x八`x'>, ノ   .: ,. --、 :.
   .:    ノ ゝJ、ヽ-'//  `ァー'T ヽイ ヽ   .: /     , :.
  .: ,. '´ ∠ イ / ̄´, '=、  /   .!   -=ハ   :: { `o  。'} ::
  :: ;',,_ 、_ レ'   {д` ;'  -- ム  ´Д`}   :: 、  r}  ノ :
  :: { ´゚` {´゚` } ::  ゝ、  l{ `д´ }  ノ  ム   :: ヽo)´ ::
  :: 、 _''_  ノ ::    ヽrにァー -- t ァ'-rァ"´    :::::::::
  :::: ヽ_`_/ :::       ':,_「 ̄ ̄{__ /´
   ::::::::::::::::::       マ__j   |__/
アヴェンジャー 「まぁ俺からはニート吊り
こころ吊りはヤバイ」
こころ 「まだ、考察書ききれてなかったのに…」
ニート 「アヴェンジャーとIAで2W
ジャンヌは狼か狐で偽確定」
IA 「ええ…>占い死なずに薬師噛み」
別陣営妖精 「まあ、ニート噛まないなら詰む…ってのはあると思うんだよね
逆噴出狙いなのか、私の推理が間違っているのかどっちなんだろう」
ニート 「必然的に、こころ狼は消えたので
こころは潜毒者として確定」
アヴェンジャー 「なんでまぁ、IA吊りもそこ毒狼なら負けるから無し」
別陣営妖精 「こうなった以上ニートは信用するわけで、えーと」
アヴェンジャー 「吊るなよ
振りじゃないからな
吊るなよ>こころを」
ニート 「つまり、現在の状況は

こころ 潜毒者
私 占い師
大ちゃん 鵺
IA 狼
アヴェンジャー 狼」
別陣営妖精 「マニアと恋はそれぞれ処理されるから」
IA 「なんで私の結果見せたくないみたいになってるんですかね…」
別陣営妖精 「ジャンヌ、アヴェンジャー、IAで3狼1狐のどれかは埋まる」
こころ 「ニート噛んだ場合、アヴェ吊って私でポポポポーンがあるから?>噛まない
妖夢噛みの理由、IA埋毒COの場合、考えるとべつに薬師結果がどうでも何とでもいえる…んだよね?」
ニート 「ただし、IAは毒COしたあたりから毒狼ありえるので
そこ吊ると最悪3人夜になる
だからアヴェンジャーを先に吊るのが無難」
別陣営妖精 「問題はあと1人外の枠だけど」
アヴェンジャー 「大幼精>まぁ、信じたくなる気持ちは分かる
だけどそこ残すと村負けんだよ」
別陣営妖精 「ジャンヌ吊った以上手遅れだと思ったほうがいいよ
私、勝利しか目に入ってないし >アヴェンジャー」
ニート 「で、私から言わせてもらうと
アヴェンジャーを吊れば明日は確実に来るわけで
それで最終日にこころ吊りでいい、抗毒? 考えたくない」
別陣営妖精 「今日はアヴェンジャー吊り、そのうえで、明日どこ吊るか」
こころ 「絶望かLW抗毒じゃないなら、私つればなんとかなるけれど>最終日」
アヴェンジャー 「少なくともニート似せ見えたのは昨日」
別陣営妖精 「そう、抗毒なんだよね
あともう一つ、こころが狐ってケース……はないか
昨日の時点で3W1Fは否定されてるわけだから、2W1狂1F以下確定…」
アヴェンジャー 「こころ毒狼で身内切ったのなら
俺にはどうしようもねぇ」
ニート 「私視点、こころ真で潜毒発射OK
アヴェンジャー視点、こころLWで吊りOK」
別陣営妖精 「まあ遺言指定しておくから、明日見てほしいかな >ALL」
ニート 「ただし、私噛まれてたらIA直吊りって意味では
大ちゃんが死ぬわ・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
別陣営妖精0 票投票先 →アヴェンジャー
アヴェンジャー3 票投票先 →ニート
こころ0 票投票先 →アヴェンジャー
ニート2 票投票先 →アヴェンジャー
IA0 票投票先 →ニート
アヴェンジャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
IA 「まあうん」
IA 「おのれ薬師ィイイイイイイイイイイ!!!!」
IA 「さてもうこころさん射出が決まってるならそこ噛んでいいですかね(」
IA 「こころさん潜毒じゃないことを信じるしか無くない?
それつまり噛むしか無くない?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
別陣営妖精 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アヴェンジャーさんの遺言 厄神ね。ま、遠からずって感じか
所詮俺は神様としては紛い物だからなイヒヒヒ

初日 不可
まぁ仕様だしな

二日目 ジャンヌ
こうなると勘頼みだからな
ま、同じサーヴァントにしとくか

三日目 ニート
とりあえず日誌読む限りはここが一番真っぽいんで
まぁ当然の帰結だな
別陣営妖精さんの遺言 チルノについた青行灯
普通にIAちゃん吊りでいいと思うんです

やっぱり手堅く吊るのが一番だね
ニートも信じていますし、3人昼が来るならこころも信じれるからね
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ニート 「働きたくないけど占いCOよ
妖夢○>姫さま○>アヴェンジャー●>IA●>IA●」
こころ
                                    ____
                                 , ---´      ` ヽ、
                              /              ヽ
                            /                 丶     続くならニート真のIA狼っぽいかなって思う
                           /     /               \
                          /   ./  ./       /           ヘ   IA狐怖いなー思ってたけれど…
  ..:―――‐                  /   ./  /        /    |        ヘ  アヴェーニートで身内切り
/ /´     /i               iヽ/  | /|       /  |  |        ヘ  飽和対策に?
 /       ! !、      ___        / ノ  | .| .|      /|  /  .|    |     ヘ
 |        ヽ ヽ、 ,彡フ ̄  ̄ヽミミ、/ /   /|/z=く    ./ / /|  /    |     |  うーん…
`ヽ、        ヽ フ''         く /   .| | |)/|-_/ z==く |  /    /     |
ヘ  ー-..______ 〉'           ヽ/,_\ | |弋シ     |)j/|  | ./    / /   /   まあ、抗毒か天じゃないなら
___` 、       (ヽi,      /;ヽ       i/ )ヘ\| .|  ,     弋rノ /    / /   /    私噛めないわけで大妖精噛みしか無いと思う
/ _  ゝ――´ i ! ,,_____ノ、i;;iヽ、_____、 i i    | l         //   / ./    /
/       / 、! 'ヽ__●ノ' 'ヽ_●,ノ ,ノ i    / 〉、   _    . ̄/ ̄ ̄  /   ./
     ___ /   !、jヽ、 ,-   ;; -、 / _ノ  //__/\  __  /    /   /     QP:ドクオor姫様
  ―    ヘ  /ヘ〉 /,、''`ヽ__/` ' ,、'  ) ///:X:XX`XXXX /    /    /      人外:ジャンヌ
/       ヘ/  /'!, ヽ`t-,、__, -'イ/  / 〉/  lX::|ヽ,,XX/|XX/   ./ ̄\ /
      / 〈  〈 ヽ ヽt,=,='='=イi  /ヘ/  |:X:| ( ̄) |X/   ./XXXXX::|/        不明:3
    /   .ヘ  / \ `'"~⌒~"' ノ7´ヘ  /:X::l_/ ̄\|/  /XXXXX /::::|            ニートーアヴェ、IAで割れ
   /   __‐ ヘ.〈   〈 `-- ^-- ' /´   \XXX☆/´  //:XXXXX /:X:|
  /  /´   ヘ ヘ   ヘー―、_/       |X○/_ -/XX:/XXXXXX/::X::|
  | /    / ヽーヘ  ノ / ̄  ̄`      |://::XXX:X:/XXXXXX/::X:X|
  |/    /  ヘ  ヘ―l__ ‐__ ‐_ - /./::XXXX:X:/XXXXXX/:X:X:/
       |    \   /  \      |/::XXX:X:X:::/:XXXXXX/::XX:/」
ニート 「5夜:IA
私視点、昼の時点で2-2-1は否定されたので
こころが狐の可能性すら存在していない
そうなると、最悪想定でIAが憑狼のケースだけ怖い
つまり連続でIAを占っておくのが最適解ということになる
例外的に、こころ狂人のケースがなくはない、が
その場合にジャンヌが狐ってなるので、それは考えにくい
IA 「おはよー
今日はこころさん吊って私とニートどっちが飛ぶかゲームすればいいんだよね?」
ニート 「簡潔に、憑狼警戒で安定手」
こころ 「狐の死亡が確定」
IA 「なんで私なの(」
IA 「別にこころさん潜毒なんだからそこ吊ればいいんでしょ?」
ニート 「私はIA直接吊りたい
選択肢としては、こころの真をほぼ保証できるが」
こころ 「             _,,,....,,,_  ,. '´ ̄` 、        />
     _」_   ,.  '"´     /   o , - ヽ      / r'
   ,X´   , '          { '⌒´ 、 、_} ,‐-、   く/| |
 `/    /     /      '、 イ、_,. =ァ' r'っノノ)、   |_| _「l___
 ┼  /    , '  l    ト、  ヽ\ `'´/ ̄`' 、)'ソ     └┐r‐‐ァ /
   ∠,'  l/,  |!   八-\-ハ ヽ /      \       .| |</
     {   l/|-‐八   ' ァ七Tヽl  }/ ̄`' 、  /        |_|
     '、   { lrl七ミ \|  乂_ノ ノ|  ,/     \/          [] []r、
     ノイ |八乂ノ      ""ノイ/      /´     _____  ノノ
        レ'l 7"     _   ´} .//    ,:'  /l_|       | ´
       |l人    ´     / l/´    /|   \r‐┐ ド ヤ 顔
       |  |> 、.,_    イ //     / 、     |_____| 「l_
       ,'  八   }`斤__//.'    , '   `' ー‐ ')        └‐┐r‐┘
       / ,' 、  ,ィr‐ァrァ'" レ{   ./     ー<         .ノ] | | [ヽ
      ,'/{  ∨レムヽ-┘ 、 , イ    _    `゙'' 、       |_| 
      {(  '、 ; | L☆ヽ」    / }    `ヽ      \       r┐
      ヽ} /_ヽ.| {  ○      { ノ      }ヽ.      ':,    r‐┘ ー┐
       / 、ヽ}∧  △     \‐- 、.,,   ノ  ',       `''ー 、  ̄7. 「´
      r'{ 、ソ}ヽハ  ×      >   ` 'く   }  ノ     }⌒ヽ) くノ|_|
      | lゝ'_ノ }く  /\    / 、      ':, ノ/     ;  _r、_
      ヽ.,_,,..イ/ `7   `'┬'   ':,   ,. = ', ´      /  |_r─┐|
        /   lァ  { , ==、 { ゝ==' '   -rァ }     /      ノ ノ
       .{   {=-  ' -= =-', -= =-}   , =,'_,,.. ‐''´       く/
        `ー-人=ァ  '、 ,==、 } ゝ=='ノ   /        r- 、
           r> 、.,_ヽ_,,.. '--‐ <  __ノ           | /r- 、
           `''ー-、___.ノ ァ‐ '´ ̄           レ' | /
               ヽ{   /                 O  レ
                }  ,'ヽ                  O
               r'ー‐'、:::::}
               }>rrく{ノ}::ノ
              ノ    r´
              (    ノ
              `''ー ''´」
IA 「なんでわざわざ?>ニート」
ニート 「んー・・・なるほど

私視点:IAがLW
IA視点:私がLW」
こころ 「まあ、抗毒や、天LW考えると私鶴より、直接狼釣った方が安全なのはたしか」
ニート 「つまり、こころが両視点で村ということでいいよね?」
IA 「そうそう、こころちゃんLWでもあなたがLWでも私がLWでも
ようするにこころちゃん吊ればいいはずでしょ?」
こころ 「せやね>ニート」
ニート 「IAが毒狼だろうと読んではいるけど
万が一があるってのが怖いだけかな」
IA 「いえ?こころちゃんが潜毒COしてるならどうあろうと吊れば勝つというだけよ」
ニート 「じゃあ、こころは指揮位置相当になるので
エキサイティンするか、それとも私とIAのランかを決めれる立場」
こころ 「割れてる時点で両視点で相手が人外、なう」
IA 「占い師であるあなたと違ってどっちが人外かは確定的には分からない。
どちらかというと占いCOででたあなたの方が人外目だけれど。」
こころ 「対抗にどうぞ>ニート」
ニート 「直接吊るという選択肢もある、想定どおりならね
だから、どうするのかは、こころが決めていいということ」
ニート 「OK」
ニート 「IAも、異論はないはずよね?
【あなた視点で村確定の位置が、ラン指示を出した】のだから」
IA 「村位置と入ってないんだよなあ…」
こころ 「潜毒なんていらんかったんやー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
こころ1 票投票先 →IA
ニート0 票投票先 →IA
IA2 票投票先 →こころ
IA を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
ニート は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんの遺言 埋毒CO
どっか道連れにするからあとよろしくぅ
ニートさんの遺言 すやぁ・・・
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/04/15 (Fri) 01:21:19
姫さま 「ニート噛む、ジャンヌ吊る、んー」
ドクオ 「おつかれー」
ジャンヌ・オルタ 「まあ無理だったわね…
おつかれさま」
ジロウ 「お疲れ様だ」
IA 「仕方ないとはいえ意見をガン無視されました さらば(」
姫さま 「                    ,...::::::: ̄ ̄`:::...、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                  l:::::::::::::::::::i、:::::::::::::::::::::::',
                    l:::::::::ェ::_」_! ヽ::f::、::::::::::::::i  ニート…ニート…
               |::::::::r'Tヽ   ィテヽ::::::::::::|
.                 :::;ハ l__j    i__,ノi:::|j::::::|  聞こえてるかしら…?
        ∩( 'A`)∩  l:::ヘ  ' __   ノ:::l::::::::|
       γ「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:::::::>.. _´_..イ::::::l:::::::::|  私たちは単なるニートから
        /`l|'1 ,、     ノ |::::i::::_::ノj  _!、:::;:::::::::::l   リア充になることにしたの。
      {`'J !〈 ヘー-ニ´ _ノ:::|.'´/ { / ノ::/ー、:::::::',
      ヽ、.イァ、`ー/フヽ、|;ノr‐-yヘ'_」_.,'::/   }:::::::',   あなたと一緒に魔王ハーケンを倒す
       {ヽ/ /`'//   ヘ } ヽ{ {  レ'/   {:::::::::',   ニートのだいぼうけんには
       | i´/ //      \_/7ハ_,ノヽ_、   ,ノ::::::::::',    同行してあげられないの♪
        Y / //        ゝ'/   \7ーイ::::::::::::::::i
      │! //           ´      `了:::::::::::::::::|」
ニート 「おつかれさま」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
こころ
            ,.,.- -‐─- 、.,_
         ,. '´          `' 、
       ., '       ,       ヽ、
       /    . '´  / l    ハ 、 ハ`フ
      ,'   ,'   ,' /__'、   |/_|_ ハ  'r'
      l   / ,  .|/__」/_、 | _」/! }  }
      | ∠.イ|  「 l)l::}` \|´l:l!}|/ 八   お疲れ様
      ',   八   `'-'    `" イ ̄`
       ',  /  l 、._,ゞ"      "}リ    果たしがラストスタンドだ!!
       }     |  ト 、   ´   ,.イ!
       ノ    八 ', }  ーrァ升| |
   ト-‐''´    ,:' ,ハ ∨\ _ハ ヽ! |
   `>'´   //´ヽレ'、|`}_アrr'7ハ |
  /    , '  '   ∨   ○ ∨!八
 ,: '     /    {    、   △  } |   ',
 {     ;    ∧    ヽ  × | |   ,.
  、    、   ;  ',     \.八 '、!   }
  \    \ , く \   /`7ヽYヽ  ;
    )  ノ, /  `ア`' 、/ /__八,ハ}、/
   (r'´ (, '     ./    ` ´ ヽ  ̄ ヽ
    `   {     ;         ',    ハ
      ,-{ ` 、.,_、        ,     }
    / ,r>、.,__ 、>-‐- 、.ノ  ノ    rノ、
     {_く_r、_,,.. -、_,.. -、_>イ__.>-く__r'」
別陣営妖精 「お疲れ様でした」
ニート 「うむ・・・やはり毒狼・・・」
IA 「狐警戒しすぎちゃったねー お疲れさま>お仲間」
ドクオ 「ラストスタンディングはこころだったか……
ニート大地に立つの夢は砕かれた……」
別陣営妖精 「最近聖女が良く出ますね?」
こころ 「おおう…天子狐」
ジャンヌ・オルタ 「ちょっと狐が判断つかなくて弱気になったのがミスだったわね…」
姫さま 「どうやら真のニートは、本気を出して覚醒しながらもなお能力を発揮しないこころだったようね」
チルノ 「             ___
            __l___`r‐、 ___
          /        ` く    |
         /  _      _     \    |
.         /   '´∧  /\ `ヽ    ',   /
        |/|∨行 \/ ィチミト,|     l_/    
           / | じ   {ヒrノル'l/   |
        /  リ   '__ `´ ./    ./      お疲れさま!
        /  人  「   }  /     |
         |_     丶 ノ /   _   N      
         |___xヘ`コ¨_,レ<_ \ /   __
         / ̄7´',.‐く //.:了⌒ヽ∠__/
      , ‐n /   /// /|´ /.::::l/r;=-、\
.     /'´ ∨   /.:`∨l__ト-'.::::::/ ,ヘ.ヽ l  ヽ<二>
    〈 ´/〉  /.::::::::::::::::::::::::::::/ 〈ヽ 丿  )
.     ヽ  ‘} /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、|  /、 _/ヽニ=-
        |   ト/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::l`\  \ |_ノ」
こころ 「ニートから働き者にジョブチェンジしたから>ドクオ」
別陣営妖精 「ところで天子さんは大丈夫なのでしょうかね」
姫さま 「>狼’s
まあそう見ると狐ってやはりバランサーなのねえ。」
ゆっくり妖夢 「まあ薬師噛みの意味は毒狼だよなあって感じはあるけど、素直にニート抜いたほうがよかった気もする」
チルノ 「うん、一回帰ってきたよ!>大ちゃん
でも、そのまますぐ落ちていったんだー」
ドクオ
         ('A`)  オオ
      /⌒⌒⌒⌒ヽ
     // ̄ ̄フ /    スマンな、俺達は働かないんだ>ニート
   / (__/ /
   (_____ノ 」
ジロウ 「1回戻ってきてたから無事じゃねえかな」
ジャンヌ・オルタ 「ニート引きはラッキーと思ったけど狐の存在にチキンになってしまったのが敗因ね…」
姫さま 「復帰の挨拶はあったわよ~
すぐに離脱してったから、ちょっとPCや回線の調子悪かったのかもね」
こころ 「無事なら良かった>天子」
IA 「普通にジロウか天子狐決め打って占い殺すか
ビビって逃げるか
難しい問題だね」
ジロウ 「毒狼があえて毒COしない方がいい場面もあるんだなっつー勉強になった
村建て同村ありがとよ」
ドクオ 「熊本のほうで地震があったみたいだが現地は大丈夫なんだろか」
アヴェンジャー 「お疲れ様」
アヴェンジャー 「まぁ、事故みたいなもんだ色々と」
IA 「霊能COでもしてれば吊られてたかなあとは思った>ジロウ」
IA 「あそこで狂人COしたらどうした?>妖精」
ジロウ 「狐警戒で灰噛みは仕方ない気がすっけどな
ニート噛んで狐勝利したら『灰噛めよ狼ィ!』ってなる未来しか見えねえし
ジャンヌ・オルタ 「わりとジロウ狐くさいからニート噛みでもよかったんだけど…(違ったけど
こころ噛みができれば何とかなったとは思うんだけど…」
姫さま 「ジロウ&天子→私&ドクオまで1wも落ちてなかったけど何とかなるものなのねえ」
IA 「私はあの時点で吊られるべきだったのよねえ
そこは失敗だった」
ドクオ 「だが吊られたら吊られたで薬が居るのである
最後の一撃は切ない」
IA 「ああそうだった(薬がいる」
ゆっくり妖夢 「毒狼ならわざ萌えで狐殺し狙ってみるのもいいんじゃないかな(適当)
飽和しそうなら悪くないんじゃないかな」
アヴェンジャー 「そこはまぁ、七人で朝来たらIAに●
と提案できなかったミスもあるしな」
IA 「おのれ薬師 ほんとにな(」
IA 「いえ、あの時点で7人3Wだったから私が吊られれば勝てたのよね
薬師がいたから結果的に無理だけれど>ようむ」
姫さま 「8人で狐探しちゃうのはまあ仕方ないわよね。
だってあそこで3w、毒狼までいたんだもの。」
アヴェンジャー 「IA●のジャンヌ吊り
ならまだ勝ち目あったんだよなぁ」
ジャンヌ・オルタ 「それねー
占い日記書いてる途中に気づいたけど、書き直し間に合わないからそのまま行っちゃったのよねえ…
せめて○しておけばよかったわ」
こころ 「前村でも訳詞が暴れて、今回も…
薬師フォーエヴァー」
IA 「つまり大体薬師のせいだ!普段役に立たないのにコンチクショウ!!」
ドクオ 「できない子じゃなくて妖夢噛みで、ニートの占い先がアヴェじゃなくてIAだったらねー」
ジャンヌ・オルタ 「ま、その点は反省しないと。
それじゃおつかれさま。久々の村は楽しかったわ」
アヴェンジャー 「事前にアシストできりゃ良かったんだがすまん」
チルノ 「薬師がMVPになるっていうのは嬉しいわ!
普段活躍しない所だからね!」
IA 「あー私ができない怪しいって言ったのも完全にミスだった―!!!
今気づいたーー!!」
ゆっくり妖夢 「あっそっかぁ>7人3w」
IA 「ようむかこころ噛んでればまだ勝負になってたー!!!」
アヴェンジャー 「ドクオ>そこまでいくと滅茶苦茶幸運に恵まれてやったー!
って感じだからなぁ」
IA 「灰視 もう ナニモイワナイ」
姫さま 「それじゃ私はそろそろ帰るわね。
皆お疲れさまよ~ ドクオもありがと~」
アヴェンジャー 「そこはしゃーない>IA
推理した結果なんだから」
チルノ 「それじゃあ、あたいはそろそろおチルノー。
お疲れさまでしたー!」
ゆっくり妖夢 「それじゃあ村たて同村オッツオッツ」
ドクオ 「まーねぇ。噛みはともかく占い先が変わってればっていうのはねw>アヴェ」
別陣営妖精 「そもそも、毒CO狂人CO以前に人数的に占い切る日って気づいたから
IA→占い→●のところを、占い→●→IAに変えただけですしねえ >IAちゃん」
アヴェンジャー 「そんじゃお疲れ様
GMは鍋ありがとうな」
IA 「なかなか難しいねぇ… 最初に軽く殴ってて発言が下がってたのが狐っぽかったけど」
IA 「ん、でも毒で悩んだんじゃないの?>IA」
アヴェンジャー 「IAは気にすんなって>灰視
可能な限り楽しくやろうぜ狼は」
ドクオ 「灰噛みとか間違えて当然やしな」
アヴェンジャー 「IA>時間ギリギリでわざ萌えだな」
ドクオ 「先生……百発百中で重要役が抜ける灰視が欲しいです……」
アヴェンジャー 「ジャンヌがIA●かこころ○なら」
IA 「考えたけど毒COしてわざ萌とか逆に吊られなさそうと思っちゃってw>アヴェンジャ」
アヴェンジャー 「ああすまん
占いの結果次第でって話な>IA」
ドクオ 「困ったときに素村CO
なんか吊られる可能性が2割増くらいになる気がするぞ!」
こころ 「じゃあ、我々はそろそろ帰還する
宣言道理、この村は我々が乗っ取ったのだ!!(完)」
ニート 「重要職を噛む秘訣
朝一挨拶の後、始動にワンテンポ遅れる奴
なお個人差がある模様」
アヴェンジャー 「それならニートかIAか、になる可能性はあるし」
IA 「あー私●出てたらってことか
確かにそれなら私吊られただろうなあ」
IA 「あえての巫女COしていくスタイルで>ドクオ」
IA 「あっこの村で巫女COすればよかった(破綻確定(迫真」
アヴェンジャー 「そんじゃ改めてお疲れ様」
ドクオ 「橋姫CO!
ああ素晴らしきニートCOの世界よ……」
IA 「ではお疲れさまー
ああ、勝負は時の運…」
ドクオ 「そんじゃ俺もそろそろ落ちますか
GMは村建て、村民は同村感謝
おつかれ」