←戻る
【雛4142】やる夫達の超闇鍋村 [4836番地]
~希望などない~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 上級チルノ
(生存中)
icon 下級DIE妖精
(生存中)
icon できない夫
(生存中)
icon ワドルディ
(生存中)
icon 衛宮士郎
(生存中)
icon 伊吹萃香
(生存中)
icon 弱音ハク
(生存中)
icon 不動遊星
(生存中)
icon モト冬樹
(生存中)
icon 影法師
(生存中)
icon ぐだ子
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon ワドルドゥ
(生存中)
icon おにぎり
(生存中)
下級DIE妖精 「つーわけで皆の衆は次村かの、俺は落ちる
お疲れさんっしたー、また次回

てーかこういうRPにしてもそういうアレで噛んでくるのか(6夜ログ)これだからジョルジュは…」
下級DIE妖精 「流石にーあの日噛まれて組織票喰らって狐吊れて赤帯、なんて嫌じゃん?」
伊吹萃香 「それじゃあこれで~
私も落ちるよぉ~

一緒に遊んだ皆~
村建てしてくれた仮GM~
鯖菅さんに感謝~

お疲れ様~
天狗もうちょい暴れれば良かったな~って
思う所存~っと」
下級DIE妖精 「                                   __
                                 /⌒i
      {k                              iー‐‐ ァ
       :Ⅵk                 jI斗 ‐‐==ミ ′   ;  /
      : 寸k             ,  ´       {i   ∠`Y             ,イ}
      :  寸k               /       ‘, .辷彡   i               /,オ    まー暫6の日の死体無しからの投票見れば
..     :   寸k           / .'  斗-+ 、.i  }   i    i|          /./ :   ジョルジュ-影法師2Wの俺が噛まれ狐、って割と見えると
.       :    寸k        ′レi /乂{、 |  }   |    从        /./  :   思うんやけどの、まさかああいう票の割れ方するとは狐視点でも思わなんだ
        :     寸k.           レ芹ミ、 ヽ|   ;   八     .:.、     /./    :
      :      寸k     レi ,ノ 以 } ;  /   '  丶    \ ,.xく /       :
.      :     .。s≦/,\    从     厶イ  ;    ≧s。   \/       :
.        :    ,7´ ̄ ̄`寸k. 厶イ:.‐     /  / /  ;.i  ,ィヽ.  \     .
.         .   {{      寸k,  i込 __,.。s  ′ / /{   从ィi〔/゙ Ⅵ.  ヽ   .
.         .  .乂        寸k.レ个i.r }  i  '⌒i .{ /レ' /    Ⅵ    V .
.          .              ァ- r‐≦i ハ´ レ'   ノ>く ∠       :}    }.
          .        /  .;.:i⌒ヽ辷r‐ 、/ : : : ァ'   Ⅵ    }.     ノ
             .      .′ j}:.}  j{_}  /: : : : : ′   Ⅵ. .  : ;  ,/
              ー―‐j  ./.: :`7´ j{乂 」: : : : : :     Ⅵ  ./ /
                /   ′: : レ'从__「: : : : : : i      〉 .//
                   〈   {: : : : : : {: r‐ 、: : : :. :.ノ    /i} '´
                   r'\_,从: : :.ァ ニ7ニ  V: : : 乂__,,.斗--く
               乂rァ-、_j: :/  ニ7-   V: : : 廴/⌒i___j´
                    ′  iV   ノ⌒ 、  、: : : , i   i」
ジョルジュ 「まーお疲れ様でした。」
伊吹萃香 「やめてよ怖いなぁ~w
きっと大丈夫だよ、うん~
未来の私と狼に賭ける~ >ワドルドゥ」
ワドルドゥ 「それじゃお疲れ様ー
村田て同村ありがとねー」
弱音ハク 「では村立てへ
みなさんおつかれさまでした」
影法師 「毒はやめろォ!
俺が犠牲になったのだ……古くから伝わる吸毒者の因縁……その犠牲にな……。
すまない……不甲斐ない狼で本当にすまない……お疲れ様!」
下級DIE妖精 「センちゃんとほらーいは往々にして
村なら序盤即死してて人外だと最後に残ってるじゃないか!!(ばんばんっ」
結月ゆかり 「じゃあ、紫さんもこれで退散を
お疲れさまです」
ワドルドゥ 「ナァゼヒャッハースルンデスカッ」
弱音ハク 「実写系はNさんじゃないかなあ」
弱音ハク 「スレで鍋ひゃっはーをスルノデス・・・」
ワドルドゥ 「そうしてあぶりだされる狼たちであった…>すいか」
モト冬樹 「あと、このアイコンここに登録したの誰よ。俺ここには登録してないw」
伊吹萃香 「ログ見完了ー
やっぱりもっと積極的に動いても良かったかなという印象
でも天狗って積極的に動くと爆破するからどうしても消極的に動いちゃうんだよね~
今度からある程度積極的でいこう!(決めた~」
モト冬樹 「大妖精>どっかで死なず最後らへんまで残ったら強い自覚はあるぞw」
結月ゆかり 「まあ、普通は書きませんよねー…

私も他の日記書くのなんて
逃亡系で占いを対応したものを
あとは…
修験者引いたときに、占星術に有、出されたんで急遽、厄神ねつ造して噛まれよけしたくらいです」
弱音ハク 「ほのぼのしました、仇敵でしたが>おにぎりさん」
ワドルドゥ 「昼と夜では違う顔をみせるのが俺よ…」
モト冬樹 「できない夫>大妖精目線、自分と村あと二人、
仮定ですいか狼と誰か噛めない狼はあるけど、すいか狼ジョルジュ村なら、灰に噛めない狼・天狗・狐っていうことになるから破綻自体はしてないか。」
影法師 「口振りが明らかに違うので誰だこの固定客とは思った。(ハナホジ)」
下級DIE妖精 「まーセンちゃんに疑われっぱで逃げ切れただけマシって事にしとくかねえ…w;
ほんま同陣営じゃないとおっかねえからのー(茶ずずーっ」
おにぎり 「思いつきで日記初日は書いてたよー>弱音ハク」
影法師 「チルノが毒でさえなければな……。(遠い目)>モト冬樹」
弱音ハク 「おにぎりさんは日記が面白かったですよ」
ワドルドゥ 「中読みさせない意味でたまにRP外してるんだなこれが>大妖精
まーメタ読みはあんまりしないほうがいいけどw」
おにぎり 「他の日記書くって事必要ないと思ってたからなぁ>結月ゆかり」
下級DIE妖精 「なお余談としてワドルディの方を烏の人さんだと思ってた(
開始前の会話になるけどだいたい参加速度って面子によって固定されるからの…」
モト冬樹 「影法師>チルノ狼で吊れねぇからかんだ読みも多少は考えてたから、
やっぱお前と殴りをノリノリでやりたかったwwwwwww」
影法師 「ふぇぇ……人気ってしゅごい……。>ワドルドゥ」
結月ゆかり 「暫定○なら噛ませろよで>おにぎり
現状占い1COでその○なのに吊るのか?といって」
弱音ハク 「しかし決闘者陣営あまり好きじゃないなあ」
ワドルドゥ 「わりとディの出方が謎っていうかこの人数だともうちょい潜伏するもんじゃないかなとは思った。」
衛宮士郎 「そんじゃおっつ」
影法師 「ほぼほぼ俺が死ぬしモトが大妖精狐読めてるのは見れば一瞬でわかるぅ。(絶望)>弱音ハク」
衛宮士郎 「ロリコンじゃねぇから!>ゆかり」
下級DIE妖精 「まー3日目に遊星吊れるのは見えてたから
流石にニートCOするくらいなら吊り逃れCOして足掻くだけ足掻くっきゃねぇしなあ…
ハク復讐に早く気付けてたらゆかり夢毒のおにぎり真狩さっさと組み込めたんで
むしろそっちのが場数不足の露呈だと俺ぁ思ってる>モト」
おにぎり 「GJは出したかったよ勢い良く出る占いが居たからね
COって言わなきゃ潜れてたし」
ジョルジュ 「健全な肉体には健全な精神が宿る・・・
ハクの掛け算脳が健全な精神の可能性とハクのおっぱいおっぱいなボディが不健全な肉体である可能性、
どちらをとるべきか・・・」
ワドルドゥ 「秋ぐらいに3期あるってよ!>お粗末」
おにぎり 「それだと残せないでバッサリ来られるのがよく有ることなんだよね>結月ゆかり」
弱音ハク 「4人最終日だとモトさん次第になりそうだ
投票がチルノ→にゅーさん→大ちゃんになるだろうし」
結月ゆかり 「適当しないでくださいよ!!
まだ、この程度見えるじゃないですか―>このロリコンめ」
影法師 「儂はまぁ構わんがそれよりおそ松どうだったん!」
ワドルドゥ 「あそこでモトが入れるって言ってたらから2wともどもこぞって入れにいったのは間違いない>モト」
上級チルノ 「皆おつ 村立て感謝 大チル別陣営には勝てなかったよ」
衛宮士郎 「ゆかり吊りは適当だったからなー、初日日妖精のせいでみえねぇんだよwwww」
モト冬樹 「ワド>6人の日か。
影法師自体の論2w1fがまっとうに見えてなぁ。」
結月ゆかり 「まあ、それはそうですけれどね―
迷彩覚悟で日記
天狗いるからといっても…
わたしなら放置される系書きますし
厄神とか厄神とか、厄神とか」
下級DIE妖精 「初日ゆかり吊りは割と謎かった

ただまー本当、天狗周りに関してはいつまで経っても慣れねぇわ…」
ワドルドゥ 「あんまりCP言い出すと怒られるからほどほどに…w>ハク」
影法師 「ふざけろwwwwwwwwww死ぬわwwwwwwwwww>モト冬樹」
モト冬樹 「大妖精>発言というか、数字がおかしく見えた。
5人の日でジョルジュ影法師狼ですいか天狗読み、大妖精狐見えて~とか色々。
釣りのがれしていないのがすげぇと思った。」
弱音ハク 「だからやっぱり今のトレンドは黄にゅーですね」
ワドルドゥ 「わりと狼が勝てるチャンスあったけど…やっぱモトが投票外してるのが一番痛いんだよなあ」
衛宮士郎 「灰のライン繋ぎ重視した結果がこれだったよ」
影法師 「どうだったんだろうなぁ。>弱音ハク
その場合の引き分け案作ったところであ、もう一回噛んだろ!彡(゚)(゚)って思ったわけだが。()」
おにぎり 「騙り主張で有効なのはそれくらいと言っただけ
恋色迷彩でCO限られてるし>結月ゆかり」
上級チルノ 「萃香はせっかく酒呑童子出たんだから引かないとダメだぞ」
結月ゆかり 「士郎は初日スルーした時点でピンポイント私鑑定するしかなかったんですがねぇ…>仕事」
弱音ハク 「センクオンさんは掛け算してもなんか違うんだよなあ」
上級チルノ 「新たなCPかな」
衛宮士郎 「割れるというかチルノ鬼結果出されてケアで吊られるとかそんなあたり>下級」
モト冬樹 「影法師>たまには派手にヤリあおうぜwww」
下級DIE妖精 「あとモトに言っとくと
発言ブレッブレだったのはいーとして序盤の情報追いついてないのは素だからw
こちとらまだ鍋300台の素人やねん…まして天狗いるとそれだけでパニクるんや!!」
影法師 「単純に位置がわからなかっただけです。(小声)>伊吹萃香
チルノ先に吊れてればなぁ……。」
結月ゆかり 「んー…ブンヤですか
突破系いない場合ほぼ即死確実にも…>おにぎり」
弱音ハク 「しかし惜しかった
別ににゅーさんはできない夫さん噛んで狐吊る勝負にしても良かったんですよ?
そしたら私が勝てたかもしれない」
おにぎり 「あの迷彩ならそっちの方が情報乱せるし」
衛宮士郎 「おにぎり子狐は日記用意できてるあたりでぶったぎって
ゆかり毒人外はぐだ子にピンポイントに当たっているあたりで割となさそうって思えなきゃあかんかったぜ・・・」
モト冬樹 「ない夫>噛めない狼のとかの話俺すっごいしてたんだよ。
チルノ残していいし、結果3を5人で言ってるのがかなりおかしい。
狼狐残りなら村噛んで狼が把握してる狐を殴り行く4人最終日が来てる。」
できない夫 「結果が真に見えちまって……な>ワドルドゥ」
影法師 「この村でモト殺せるのいないやろ……いてぐだネキが生きてた場合ぐらいやろ……。(震え声)」
下級DIE妖精 「精神鑑定と司祭で割れるってパターン、あったっけか?>士郎」
上級チルノ 「村に希望を持たせたいせいですごく不自然な結果になっているように見えたが実際そうだったらしい>DIE妖精」
できない夫 「んじゃ、ま俺は落ちる
また勝てなかったとは言わんさ、自分の責任だ」
おにぎり 「まだブン屋COでグレー行った主張のほうが通るんじゃない?>結月ゆかり」
ワドルドゥ 「もしも飛んでたら大惨事であるww>すいか」
下級DIE妖精 「だからこっちの失点としちゃ
4日目の司祭結果5にした方がまだ安全ではあった」
影法師 「いけて引き分け読み。>モト冬樹
チルノ吊りは可能だとは思ってたけど狙毒真なら俺しか飛ばぬぇ!」
ワドルドゥ 「むしろなんで子狐素直に信じたんだろうって不思議だったよw>できない夫」
ワドルディ 「門番日記書いてた昼狐がどっかにいましたけど(
まああんまり書かないですね」
伊吹萃香 「運頼みだよ!!
ワドルドゥに投票されてた時凄いヒヤヒヤしてたよ!! >ワドルドゥ」
結月ゆかり 「迷彩付いたからといって即出せるのか?といわれると疑問ですね」
結月ゆかり 「ぶっちゃけ噛まれますもんね>狩りCO
子狐ならまだ、占い系とかそっち騙るかと」
衛宮士郎 「下級狐はともかく、下級偽見えなきゃあかんよな、俺視点・・・
やけに俺を敵視してるから割れること恐れてる人外だと思うべきだった」
ワドルドゥ 「すいかが大妖精に行使するかどうかでも戦況変わっただろうけど、
すいか視点だとそこ狼ありえるから無理だろうなあ…」
モト冬樹 「チルノ>ジョルジュと影法師狼決め打って、お前村毒信じて最終日影法師殴る気しかしてなかったな。
入村さんと殺し合いするの初めてだからすっごいワクワクしてた。」
伊吹萃香 「あ、名前が入ってなかったのが寂しかったのであって
別段謝って欲しかったわけではなく…むしろ最後まで頑張ってた影法師は凄いと思うし
感謝してるし…こっちこそごめんね~? >影法師」
できない夫 「おにぎり子狐見たのも失敗だし
失敗ばっかだな」
下級DIE妖精 「だからなんで士郎を先に噛んだのか、つーのが
狐視点で最大の疑問だったんだがな」
影法師 「大妖精吊りできない夫噛みでチルノ-モト-俺残りだと俺の失点数が半端じゃないんだよなぁwwwww>ワドルドゥ
具体的には大妖精2回目に噛む前に気付くぐらいには。(遠い目)」
弱音ハク 「できない夫さんに言うのであれば
チルノさんは絶対に平和出される位置じゃないんで狼が平和出して5人にしてくれたなら吊っちゃダメです」
おにぎり 「んー狩人日記提示する子狐ってレアだよね」
ワドルドゥ 「わりと運頼みだけどね!>すいかの狩人あぶり」
ジョルジュ 「下級が狐・・・に関しては
そもそもおにぎりで子狐が死んだ可能性を提示してくる段階で
早めに警戒することはできたんでしくじっちまったな、という感想。」
モト冬樹 「影法師は大妖精吊ってない夫噛んで俺と本気の殴り合いでよくね?」
影法師 「天狗そこか……すまない!>伊吹萃香」
ワドルドゥ 「チルノ飛ばすのはまちがってないんだけど、それは大妖精確定投票するとわかってる場合だから…w>影
あの状況だと不確定なんで投票あぶないと思うた」
上級チルノ 「あたいは狼目に投票するしかない 狐を飛ばして喜ぶのは狼だ」
できない夫 「噛めない狼で見ちまったのが間違いか」
下級DIE妖精 「できない夫が妙に俺村打ってたからな…
俺狐見えたの狼以外だとモトだけじゃね?」
結月ゆかり 「まあ、影法師は其れしか道がないんでしょうがないですよねー」
伊吹萃香 「あれ~?
天狗は~?見事に狩人あぶりだした天狗もそこに入れてよ~ >影法師」
おにぎり 「チルノ噛みで行く位置とは見えにくいが>できない夫」
上級チルノ 「大チル別陣営だ そうだよ(諦観)」
影法師 「ここでチルノ飛ばして大妖精飛びじゃないと勝てないと見た。
最終日チルノが俺から投票外す絵が見えない。(震え声)>ワドルドゥ」
弱音ハク 「私吊りはまだしも大妖精吊ってないのは私にはわからないです」
不動遊星 「ニート勝利美味しいな」
モト冬樹 「出来ない夫、大妖精破綻したぞ。」
ジョルジュ 「お疲れ様でした。

最終的におっぱい復讐が成し遂げられたならそれはそれでよかったのではあるまいか。」
ワドルドゥ 「なあに、最後まで戦い抜こうとした意思は…さすがだったぜ!>影」
できない夫 「ま、お疲れ様だ
また無能を晒しちまったぜ」
結月ゆかり
                                 --
                                 --{(. . _
                           ´: : : :  ̄: : : : : `: . . 、      
                         //: : : /: : : : : : : : : : : : :.\
                    __,彡':/: : : : :': : : /: : : : : : : : : : : : :\    復讐なんて吊ってる暇無かったと思うんですがね―…
                      ': :': : : : /: /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                    /: :/: : : __彡イ: :.:/: : : : : :: : :: : : : : : : : : : : :    あと、あの場面でまずチルノ噛みは無い>非狐だと思うんですよねー
                       /: イ: : : : : : : : |: :,: : : : : : :.:\ : : : : : : : : : : : .:    LWみるかどうかくらいじゃないですか?
                    i ' i: : : : : : : : :|: i: : : : : : |从{ \: : : : : : : : : : :i           _
                      l: : : : : : : : :|/|: : : : : : |r==ミ、 i : : : : : : : i: :|           ̄ ̄
 __                   八: : : : : : :.:/' |: : : : : : |乂ソ } | : : : : : : : |:.ノ               )ヽ
_l_「 ̄ヽ_______x≦ー'ミメ、. ≧=-_'____|: : : : : :.,      l/从 : /| : |'                    : : /
ミド―┘三三三三三三三三\ 刈.ト、.ニ/ニニ \____ノ    r=㍉}:/: l: :,                    /: /
    \                  ーヘァ /ニニニニニY彡ヽ    '¨ノ' 从 ノ:/              //__
ミメ、  ヽー―――――――トryyy'|.゙{'. ニニニニニ!ハゝ-'  ノ、   /´           . . : : ̄: : : : : : : : : :ミ: 、
~刈ハ   |///////////////| | |f气l{ ヾ.. ニニニニ,: :.r-r=彡: : : }             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  l l   |///////////////l | | 「「lト、..ニニニニ ,. : : : .乂: : : : : :}7_     ____/: :   --------=ミ: : : : : : : : : : : : :ヽ
 ,' 厂  |///////////////リ ・‘´冬「゙ニニニニハ: :/: : \  ̄}彡:': : :  ̄: : : : : : : /          `  : : : : : : : : : :.i
彡, '   |//////////>'" .<////lミメ、ニニ=/: ∨:./: : : \  \: : : : : : : : : /              \: : : : : : : : |i
¨´    |/////>'" .<k '" l////l彡′ニ=,=|: :.∨:./: : : :.:\   `¨¨¨¨¨¨¨´                    : : : : : : :八
    _|>'" .</////リ.<う'" 「 ̄ ̄ ̄ヽ..: : :.∨:./: : : :.:.:.\                            i: : : : :./
__└ォ ヽ<//////////////||∧  l/    } : : : :i∨: : : : : : : : :\                            |: : :/
 |  ̄ /////////////////||/∧/ x‐ 、  /..|: : :/  、: : : : : : : : : : \                           , :/
  |     ///////////「ミlとつ||///! l     |..|=ヽ:,'   \: : : : : : : : :.:.:.\                ー=彡」
おにぎり 「毒なら最終日吊ればいいんじゃないの?>できない夫」
モト冬樹 「大妖精やっぱおかしいんだよな。
影法師ジョルジュ狼、大妖精噛まれた狐まで読みきった。」
下級DIE妖精 「ここまで必死になったのいつ以来だ…マジきつかったぜ」
上級チルノ 「人外吊ってはいるんだが」
影法師 「すまない……ワッド……ジョニキ……。」
ワドルドゥ 「おまえ吊らないと言っておいてなぜにチルノ投票するのかーーーーw>影」
ジョルジュ 「ハク自身が腐ってるかどうかが問題…?難しいなぁ…
ジョルジュならおっぱいチェックで鮮度は確かめられるけんども。」
できない夫 「盲信しすぎたか
あそこで撤回入ると吊り逃れに見えちまってな」
伊吹萃香 「あれ!?お疲れ様~」
おにぎり 「お疲れ様」
弱音ハク 「おつかれさまです」
上級チルノ 「おつ」
伊吹萃香 「センにゅう~?先入観ってこと~?
確かに先入観入ってるように思えるかもね~、できない夫~」
結月ゆかり 「お疲れさまでした」
ワドルディ 「お疲れ様でした」
下級DIE妖精 「お疲れ様」
衛宮士郎 「お疲れさん」
影法師 「折れました。(震え声)
お疲れ様。」
ワドルドゥ 「お疲れ様」
衛宮士郎 「エキサイティング・・・だと・・・」
ゲーム終了:2016/04/23 (Sat) 16:00:12
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
上級チルノさんの遺言 村表記撤回 あたいは狙毒だ
あたいの投票さえ正解していれば人外1は持っていく
影法師さんの遺言 >あなたは尼天狗です。
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上級チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
影法師 は無残な負け犬の姿で発見されました
8 日目 (1 回目)
上級チルノ3 票投票先 →影法師
下級DIE妖精1 票投票先 →上級チルノ
できない夫0 票投票先 →上級チルノ
モト冬樹0 票投票先 →下級DIE妖精
影法師1 票投票先 →上級チルノ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
下級DIE妖精 「最悪の可能性として
できない夫が昼狐ってのが一瞬よぎったがそれはないかと>チルノ」
モト冬樹 「俺チルノ最終日にして大妖精釣る気マンマンだった。」
影法師 「いや、今日チルノ吊りはやらんて。」
上級チルノ 「狼よ、あたいが狐に投票しない限り1W1Fなら狐が勝つぞ」
影法師 「結論が遅すぎるんだよなぁ……。>下級DIE妖精」
上級チルノ 「あたい吊りなら撤回しておく 狙毒だ」
下級DIE妖精 「残りの村は3人だろ
一昨日の結果4で死体無し2連なんだから
こうなると雛狼LWは割とある気はするが>モト」
上級チルノ 「DIEちゃん視点1W1Fは見ない?>DIE妖精」
できない夫 「まあ、俺としてはまずはチルノだ
それからまだ死体なしがあればモトか影法師で決めれる、それでいいだろ?」
モト冬樹 「噛める狼がいて狐いるの見えてるんなら、誰か噛んで4人、狼狐で狼が狐ぶっ叩く日になってると思うんだけどな。」
影法師 「まぁ、鍋だと不確実性高いんでやめたけど。」
下級DIE妖精 「ちと待て>モト

で、最終的にチルノと影法師で比較した結果なんだが
そこ両方吊り切りだな、この中ならモト村打ちたい」
影法師 「2W見るならあれやってるしあれ!()」
影法師 「以上、吊り先が決定したという感じ。」
モト冬樹 「大妖精>俺の朝一。
お前噛まれた狐でジョルチル2wなら狼に村負ける。(この場合、お前の言うとおりすいか村になる。)」
上級チルノ 「ジョルジュはワドルディ連続護衛していないのを見て信じたくなくなった 憑依より呪い警戒しろよ」
影法師 「まぁ、ついでに言うとモト冬樹がチルノ非狼で見るなら俺としてはジョルジュLWの狐残りで1W1F。」
下級DIE妖精 「ここにきてモトが微妙ではある
昨日俺を吊ってチルノ非狼打ちたいと言ってて俺投票してないのがな…

と思ったら朝一で理由は言ってんのか」
モト冬樹 「大妖精>すいかかジョルジュ村なら残り村4人誰だよ。」
影法師 「チルノ村打ちは俺には不可能だったけど、ジョルジュなら信じて良いと思ったかね。」
上級チルノ 「DIEちゃん真なら、そうDIEちゃん真ならだ」
モト冬樹 「影法師>で、俺村打つんなら大チル人外になるな。」
影法師 「ジョルジュ-上級チルノで2Wはないならという感じ。>モト冬樹」
下級DIE妖精 「…くそ、ジョルジュか萃香どっちか村だって事か

昨日の票変えはこの終盤で自分吊られを甘受するわけにゃ
流石にいかないからな、見られるのは覚悟の上だ」
できない夫 「大妖精、お前は何処を吊りたい?」
上級チルノ 「1W1Fだとしたら「できない夫を吊ってください」というメッセージ
雛餓だとしたら天狗が生きているのではないかという読み」
モト冬樹 「チルノ>少し思ったな。」
影法師 「俺はモト冬樹に絆された気もする。」
できない夫 「また死体なしか
そんじゃそういうことで良い気もする」
上級チルノ 「2Wはないな」
影法師 「ふぁっ!?」
上級チルノ 「ジョルジュ影法師で2人外に見える
モト冬樹の昼の発言を見てDIEちゃんに票を合わせにいったように見えるのだ」
下級DIE妖精 「司祭CO
今生きてる村人陣営の数:3」
上級チルノ 「よろ」
モト冬樹 「影法師に絆されたよ。
ジョルジュチルノ2wならすいか天狗大妖精狐。
そういった事で大妖精票はできんかったが影法師、お前はなんで大妖精釣りに行った?

これでまぁ大妖精狼で相方どっか他にいたら俺がわりぃって事で。

すいか村ならわりともう知らねぇってなるw」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルジュさんの遺言 厄神CO 不可能>弱音ハク>ワドルディ>弱音ハク>衛宮士郎>できない夫


初日 不可能
占いが出ると一応それに拘束されるというのはあるが、
基本的にはその弱さの都合上おっぱい揉んでていいタイプの
そういう役職。

二日目 弱音ハク
吊り逃れがあるようではあるが、それ自体は
別に占いの存在を示すもんでもないとジョルジュは考えている。
だからジョルジュは順当にハクのおっぱいを揉んでいこうと思う。
チャンスは逃さない。

三日目 ワドルディ
ちょっと出るの早いと思うなぁ(ジョ並感
まぁ、夢ってことはドゥの悪あがきでしかないと思うし
順当にワドルディをフォローするしかない状況ではあるのよな。

四日目 弱音ハク
ここからワドが実は噛まれなくて憑依ガー、なんてのは
さすがに狼の盤面構成がヘタってもんでしょう、と考えて
ジョルジュはサボってハクのおっぱいを揉みにいこうと思う。
復讐COしてるからまったく意味がない行使?知らんな。

五日目 衛宮士郎
フー・・・>ハク吊り
まぁ、こうなったら真面目に仕事しましょう。噛まれうる場所に入れて
そこの憑依が迫ってきた可能性をチェックし続ける、それ以外にあるまい。
ただ、天狗が行方不明な以上CO済みの士郎のほうが噛まれやすい、と踏むぞ。

六日目 できない夫
そのタイミングがいつだよ、という問題はさておき、
できない夫の正体を明確にする必要が盤面の混乱振りを見るに
出てきたのではあるまいか、と考える。
…でも、ないんだよなぁ、憑依狼出撃の痕跡。
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
影法師 「あぁ、それがあったや。()」
影法師 「やるだけやって駄目そうなら引き分けで、南無三!」
影法師 「モトが堪えちゃったからああああああああああwwwwwwwwww」
影法師 「終わったんじゃないこれ?wwwwwwwwww」
影法師 「やっべwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
影法師 「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジョルジュ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (2 回目)
ジョルジュ3 票投票先 →下級DIE妖精
上級チルノ1 票投票先 →ジョルジュ
下級DIE妖精2 票投票先 →ジョルジュ
できない夫0 票投票先 →上級チルノ
モト冬樹0 票投票先 →ジョルジュ
影法師0 票投票先 →下級DIE妖精
7 日目 (1 回目)
ジョルジュ2 票投票先 →下級DIE妖精
上級チルノ2 票投票先 →ジョルジュ
下級DIE妖精2 票投票先 →上級チルノ
できない夫0 票投票先 →上級チルノ
モト冬樹0 票投票先 →ジョルジュ
影法師0 票投票先 →下級DIE妖精
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョルジュ 「考えるべきは結局なぜ死体なしが出るのかを説明できる奴がいないという子t路。」
下級DIE妖精 「遊星が尼天狗とかありそうではあるんだが
…まあ今は萃香で狼なり何なり吊れたと信じたい」
モト冬樹 「大妖精吊ってってチルノ非狼打ちでいこうかと思ってる。」
上級チルノ 「ジョルジュも影法師も噛まれるとは思えない 噛まれるならせいぜい2Wで飽和回避だがそれは絶望だ」
影法師 「1W1Fのほうであることを信じる。」
影法師 「雛と別狼の2Wがないじゃないからあれは使えないで良いか。」
下級DIE妖精 「で、そーなるとだ
ゆかりが毒狼か管狐の方を上には考えている」
上級チルノ 「できない夫は白系あるなら天狗だと思っていた 具体的に言うとあたいに何度か夜投票した天狗
だが昨日の投票であたいでなく萃香に投票するなら天狗候補ではなく、狐候補も薄い」
モト冬樹 「大妖精>狂天なら他の白人外喜んで吊りにいくがな。」
ジョルジュ 「厄なんて基本仕事ないんだから
暇してていい、と判断したときにはおっぱい揉みにいくわい>冬樹

それにまぁ、戦略的には復讐であることが確立した場所に憑依しにいって
鉄火場で無視されることを狙う、というプレイングだってないわけじゃない。
今回はその状況には当てはまらないわけだが。」
影法師 「ちょいと違うんだがまぁ。」
影法師 「なお、人魚CO。」
下級DIE妖精 「ちなみにできない夫白系人外は切ってる
そうだとしたらハク復讐をあんな強調するモンだとは思えんのでな」
上級チルノ 「そもそも萃香吊り自体が想定外だったということは充分に考えられること>DIE妖精」
モト冬樹 「影法師>大妖精狼かつ相方他にいるんなら俺ら灰の中に狐いんぞ。」
下級DIE妖精 「恐らくは萃香狼だと思っている、ただLWだとしても
雛だとしたらそこまで考え回して無かった>チルノ」
できない夫 「こいつはジョルジュだ。わかるな?>冬樹」
モト冬樹 「同じく村人表記、何もみえてやしねぇ。」
影法師 「できない夫白はとりあえず別として。」
上級チルノ 「幻視者未亡人否定」
影法師 「2Wいると思う?>モト冬樹
まぁ、具体的にはジョルジュ-上級チルノで2Wということだけど。」
モト冬樹 「ジョルジュ>ハク2回護衛行ったの?」
上級チルノ 「村人表記CO」
できない夫 「んじゃまずは俺からだ
素村表記CO、現状何も見えてない」
上級チルノ 「天狗と雛狼、昨日萃香で狼吊りあたりが妥当か>DIE妖精」
影法師 「方や候補昼狐のみ、片や天狗候補噛む意味あんのけという。」
モト冬樹 「影法師>うん、そうなっちまうな。
ってか、大妖精しかいねぇ。」
ジョルジュ 「・・・正直それはどういうことだ、という気持ちがある>死体なし」
下級DIE妖精 「無い>できない夫」
下級DIE妖精 「雛狼LWだとすると残り2人外どーなると思うよ?>チルノ」
できない夫 「ま、もうFOで良いだろJK>妖精
異論あるか?」
影法師 「狐いるとするなら噛み位置二つしかないわけだが。」
下級DIE妖精 「なんだこの死体無し
狩人は不在だろうから狐噛みってことか」
ジョルジュ 「初日 不可能
占いが出ると一応それに拘束されるというのはあるが、
基本的にはその弱さの都合上おっぱい揉んでていいタイプの
そういう役職。

二日目 弱音ハク
吊り逃れがあるようではあるが、それ自体は
別に占いの存在を示すもんでもないとジョルジュは考えている。
だからジョルジュは順当にハクのおっぱいを揉んでいこうと思う。
チャンスは逃さない。

三日目 ワドルディ
ちょっと出るの早いと思うなぁ(ジョ並感
まぁ、夢ってことはドゥの悪あがきでしかないと思うし
順当にワドルディをフォローするしかない状況ではあるのよな。

四日目 弱音ハク
ここからワドが実は噛まれなくて憑依ガー、なんてのは
さすがに狼の盤面構成がヘタってもんでしょう、と考えて
ジョルジュはサボってハクのおっぱいを揉みにいこうと思う。
復讐COしてるからまったく意味がない行使?知らんな。

五日目 衛宮士郎
フー・・・>ハク吊り
まぁ、こうなったら真面目に仕事しましょう。噛まれうる場所に入れて
そこの憑依が迫ってきた可能性をチェックし続ける、それ以外にあるまい。
ただ、天狗が行方不明な以上CO済みの士郎のほうが噛まれやすい、と踏むぞ。

六日目 できない夫
そのタイミングがいつだよ、という問題はさておき、
できない夫の正体を明確にする必要が盤面の混乱振りを見るに
出てきたのではあるまいか、と考える。
…でも、ないんだよなぁ、憑依狼出撃の痕跡。」
上級チルノ 「狐がいるか、噛めない狼LWか」
できない夫 「オイオオイオオオイ
狐まだいたりすんのか…?」
モト冬樹 「狐いるか噛めない狼か。」
ジョルジュ 「厄神CO 不可能>弱音ハク>ワドルディ>弱音ハク>衛宮士郎>できない夫

少なくともこの盤面で指揮しうる場所が憑依されてる、ってことはない。」
影法師 「ふぁっ!?」
モト冬樹 「チルノとすいかの比較。

チルノは大妖精偽かも知れない、でぐらついていて、
すいかはどちらにしようかだけでぐらついている。
違いは明白なんだよな。

7人段階で2w1fだったなら大妖精がそもそもにおいておかしいことになるけど、ゆかり毒狼か管狐で落ち着いちまった。

5人1w1fなら狼は最終日に殴られるまで耐え残りやがれ、になる。
あんまいいたかねぇし、投票からなさそうだけど、出来ない夫狂天子狐とか白狐なら、灰村2だったって事自体にはなる。」
下級DIE妖精 「ジョルジュと萃香で最低2だとは思ったが
萃香の方に集まるとは思わなかった 最終的に票変えしたのは
俺の4という数字に微妙そうな反応しておきながら
俺よりもチルノの方に傾いたのがチルノ吊りたいように見えてな」
上級チルノ 「DIEちゃんを信じ切ることはできなかった
だがDIEちゃんを信じようとするモトを信じたい」
できない夫 「…んあ?」
影法師 「ゆかりさんが毒人外か否かは判断不能なので除外。
大妖精が天狗ならアピール入るだろうからそこも問題なし。
ジョルジュの発言に納得する感じはあるので吊らないという選択で如何か。」
上級チルノ 「よろ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
伊吹萃香さんの遺言               _              __    ┌- 、
                \ヽ、_ ,-- 、__   /´::::`':、   `;::::::`'、/i
               \i`ヽ、::::::::`;´`-‐…‥ ' 、∟-;ヽ、 ソ
                /ヽ、| \           `ヾ  /
                 l:::::: ,ヘ.  >'           ヾ
.                    |_; /  ゙、 /    /  ;   i     ',
                      i   /    /L. / l   |j.  j   i
                 i   ;  i  7 jL/`│ 八_` リ   l
                 |   i  | /イ_,ハ`ヾj /f_}^Yi   i i
                 |   l ノイ 弐:::ノ  ノイ じ メハ  |∨
                 |   ! ´ l xx     丶 { ゙、 |
.                    |.  八  ゙ 、     _,  ノ / }ノ   巫女だぞ~酒もってこ~い
                 |    ヽ   ヽ.   |´^'く /
                 |    , `‐- 、 ヾ`¨l'| ・ ・ \
                      l   /    },  マv,|__・___・_\
                     i   ノ     ,バ i,ムl_ ,r 、_!
                    i  /        }/  i:::.、ヽ ゙、」
                    i. /    /   ,ゝ ;':::::::ヾo゚
                     i/     ∧__/  /:::::::::::| ::ヽ、
                    /     ∧´Y.   <__::::_」i :::::;ゝ
                /    /: }     /::::/゙ l`ヾ
                   /    / ; {    く:::::::./  | ::::ゝ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
影法師 「じゃ、いってら。()」
ジョルジュ 「その場合天狗噛みの可能性を極力落とす、という意味もこめて
DIE妖精噛みかねぇ。

あの妖精おっぱいの大きい大ちゃんなのか?という疑問は残るんだが。」
影法師 「どうせ灰噛めないしな!(震え声)」
影法師 「ジョニキがおっぱいを噛みたいなら大妖精を噛めば良い。
噛みたくないなら俺ができない夫を噛もう。()」
ジョルジュ 「状況は悪くない。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
伊吹萃香 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (3 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →上級チルノ
上級チルノ3 票投票先 →伊吹萃香
下級DIE妖精0 票投票先 →伊吹萃香
できない夫0 票投票先 →伊吹萃香
伊吹萃香4 票投票先 →上級チルノ
モト冬樹0 票投票先 →伊吹萃香
影法師0 票投票先 →上級チルノ
6 日目 (2 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →上級チルノ
上級チルノ3 票投票先 →伊吹萃香
下級DIE妖精0 票投票先 →ジョルジュ
できない夫0 票投票先 →伊吹萃香
伊吹萃香3 票投票先 →上級チルノ
モト冬樹0 票投票先 →伊吹萃香
影法師0 票投票先 →上級チルノ
6 日目 (1 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →上級チルノ
上級チルノ3 票投票先 →伊吹萃香
下級DIE妖精0 票投票先 →ジョルジュ
できない夫0 票投票先 →伊吹萃香
伊吹萃香3 票投票先 →上級チルノ
モト冬樹0 票投票先 →伊吹萃香
影法師0 票投票先 →上級チルノ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョルジュ 「・・・なぜか妖精の4日目の結果を間違えて覚えていた
計算できない」
モト冬樹 「ただ狼で則ってるんならもっとうまいことやると思うんだ。」
下級DIE妖精 「ここでなんつーかジョルジュの動きが
なんとかして俺吊りたいように見えてきた点と思ったら
チルノ誘導?」
伊吹萃香 「上級チルノに関してはDIE妖精への圧力がここに来て強すぎる気がする~
という風に今感じてしまう~
割とこうなってくるとDIE妖精吊りたい人外に見えてきた~」
モト冬樹 「チルノ>ゆかりなにものだせつは当然あるんだよなぁ。」
影法師 「まぁ、大妖精の決着は明日着くことになるんじゃないかね。」
ジョルジュ 「・・・割り切っていこう。下級のこれは説得力を自ら投げ捨てていく行為、
つまりそれしか主張しようのない村か、自分が切られることに痛みのない天狗か、しかないと判断する。
なら依然としてチルノをつりたい。ここが鬼ならラス灰精神を殴ることはありえん。
動きがあまりにも不可解だ。」
できない夫 「結果がおかしくないとしてもだ
この中から判断するってのがな」
モト冬樹 「まぁ未だに司祭でぐらついた考察出してるすいか吊りにしか動く気はない。」
上級チルノ 「破綻はないが、ゆかり夢毒おにぎり真狩人に見えれば信じられなくなってしまう」
下級DIE妖精 「一昨日の時点で6だぞ?
ワド狼、ハク復讐、噛まれは村×2(士郎が真だったっつー事になるが)
別におかしかねぇよ>ジョルジュ」
上級チルノ 「破綻はない」
影法師 「ワドルディ、ワドルドゥ、弱音ハク、衛宮士郎に人外2だから破綻はなし。」
モト冬樹 「ワドルディと士郎で2村ならあってないか?」
上級チルノ 「DIEちゃんから村寄りと言われて嬉しかったが、あたいはDIEちゃんを盲信することができていない」
伊吹萃香 「信用するかどうかなら~
まず疑いに値する発言や考察こないと~
正直ここまで来て疑えないものがあるって個人的にはおっもう~? >上級チルノ」
下級DIE妖精 「となると灰視間違ってんな…

モトが村だと思ったのは俺の疑い方に一貫性があってブレが無いって点な
チルノに関しちゃ昨日士郎に行った一言が人外っぽくねえという判断」
上級チルノ 「かなり面白い状況で6という結果が出ているということになる
そして6という結果は村陣営が希望を失わない結果でもある」
モト冬樹 「ジョルジュ>チルノの発言のブレというか甘い考察、何も見えてない村のそれに見えて、
今日ちょっとお前が釣りどころを探したい天狗か狼よりになっちまった。」
影法師 「それでいくと俺視点モト冬樹以外全吊りすればになるのでは?(名推理)
できない夫○人外は別にして。」
ジョルジュ 「・・・いや、ちょっと待て>司祭結果4
死体のうちハクは確定人外だろ?で、ディとドゥに最低1人外はいるはずなんじゃないのか?
わけがわからなくなってきたんだが」
伊吹萃香 「あーうん、よくわからない動きするなぁ
面倒ってレベルじゃないけどまぁいいか~…
士郎噛まれるけど情報ほぼないわ~」
上級チルノ 「まず前提としてDIEちゃん信じるかどうかじゃないか」
できない夫 「4、ね
俺と妖精とあと2人しか村がいないか」
下級DIE妖精 「すっげーぶっちゃけるけど士郎って3日目のアレで
天狗本人あるんじゃねぇのって思ってたから
そこ噛まれて結果4っつーのかなり意外なんだけど」
影法師 「司祭計算上チルノ鬼ピンポイントってまずないんですがそれは。」
モト冬樹 「大妖精信じるなら、ジョルジュスイカチルノ影法師に村1しかいねぇ。」
ジョルジュ 「おはよう。
いつまでたっても精神をぐずぐず難癖つけているチルノに投票。
昨日言ったように俺は士郎の出方は徹底的に村目、と読んでいるからな。」
上級チルノ 「酷く奇妙な噛みに見えるがどうだろうか ここまで伸ばしておいて悪いがあたいは鬼ではない」
下級DIE妖精 「は? できない夫噛まないで士郎噛み?
つーかちょっと待て」
伊吹萃香 「…4?」
モト冬樹 「士郎やっぱ村側。」
伊吹萃香 「はい~?」
影法師 「なぁにこれぇ。」
できない夫 「…お?てっきり噛まれると思ったがな
精神鑑定先に噛まれたか」
下級DIE妖精 「司祭CO
今生きてる村人陣営の数:4」
伊吹萃香 「おっはよ~
できない夫噛まれてるだろうし
大グレラン大会の勃発~っと~

ぶっちゃけ復讐を吊るのかという印象~
割とピンチくさいのにそんなことしてる余裕あるの~?
乗っ取り警戒くらいしか想定ないんだけどそれ~

って思うあれこれ~」
上級チルノ 「吊った人間と吊られた人間のことを考えるとやはり身代わり鬼だったのではという気がする」
モト冬樹 「出来ない夫保護かつ、人外の乗っ取り考えでハク釣り。

大妖精結果信じられる方針にはなるけど、真決め打ちはそんなにしない。

7人で少なくとも狼2、狐1(いるかもしれない)考察。
さらに天狗もどっかにいる考察なんで、
士郎と大妖精で変速ラインはあると思うんで、
灰はジョルジュチルノスイカモト影法師。

昨日ハク吊って今日影法師釣るってどういう進行なんですかなんで、
釣りたい位置はスイカのみになる。

不動が噛まれた狐ならジョルジュが不動釣り殺しにいてるんで怪しくなはなるけど、発言自体はそこまで黒くは見えない。」
上級チルノ 「よろ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
衛宮士郎さんの遺言 精神鑑定日記

影法師正常>萃香正常>モト冬樹正常>ジョルジュ正常>チルノ

影法師鑑定理由
この配役で初日占っても仕方ないんだよな、なので鬼期待で灰しらべる
まずは胡散臭い顔したのが下にいるから鑑定してみるわ

萃香鑑定理由
発言見ても見づらいは鬼臭いところ見当たらないわでな
仕方ないから適当に萃香あたり鑑定してみる

モト冬樹鑑定理由
なんか生存欲ある鬼ありえるとみて鑑定
つか一番調べたかった遊星吊るすのやめーや

ジョルジュ鑑定理由
ジョルジュかチルノのどっちかが鬼なんだよな、ハクが復讐者っぽい発言してることも考えると
初日だったら知らん、勘でジョルジュかな、鬼ありえるとしたら

チルノ鑑定理由
ラス灰だ!
弱音ハクさんの遺言              /
              / {               __
              { \ _. -=ニ.._ ̄   ‐-|::!
             >‐' <: : : : : :`丶.    |:jヽ
            / /: {: : : ヽ    \、 ||  ',
              /. :/. : :  ヽ‐- 、    . : :ヾx||   !
              ' : /   : l:  \、___\     Ⅶヽ.:|  __
            { :l    :|ヽ   ヽ __.≧_!. . : :|Ⅳ}:レ':::::   ジョルジュさんできない夫さん影法師さん
           ',: :|. .   :レ' \  个ぃリ'| : : : l-〃:::::::::/   私の為に死んでください
            ヽ| : : : : | ,ィテx.  ! C'´|!: : :|/ ̄ ̄〈    まあ3人じゃ恨みが足りないって怒られたんで
            |ヘ: : :トヽ┘,\|   |ハ: : :|: \ ̄::}    おにぎりもついでに食べておきましょう
             ヽ: : :ヽ    、-  ,イ |: : |ヽ : \┴
               \__ `ー┬‐,- ィ | j: l |:::|\ : \
                 ヽ|i Ⅳ__::个 ノ. :! l:::|  ヽ:
                  }ハ|/ /.:::{ /{ : | 厂   }: :
                  ____   / /\_l/,ィ: レ DTM/. :
                 rf_{_ムr'⌒/^ヽ{ ̄/:| : ソ==z∧: :
              /.::::::/.:ゝ〃.::/三≧xL/= .::::::/| !: :
            /   /.::::::/.::::::::|! :::{三三三} :::::::::::√{ }: :
        /:|   /.::::::/.:::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ∨. :
          { l /.::::::/.:::::::::::::ハ.__________________ノ‐- 、_}
          | ∨.:::::/.::::::::::::〃.:::/ :::::::::::::::ヽ、::::..ヾミzン]
        !: /.:::::/.::::::::::::〃.::::/.:.ヽ:::::::::::::::::ヽ、:::::::::ノ.:|
         ∨.::::/.::::::::::::〃.:::::ハ::::::..ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ノ
衛宮士郎 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョルジュ 「チルノ鬼はほとんどないと思うんだけどね
精神が自分の鬼保障してくれるのがどうしてそんなにいやなんだというアレ」
影法師 「そうしますか。>士郎噛み」
ジョルジュ 「できない夫の方向性に合わせて精神をいつまでも気にしているチルノが吊れる可能性に賭けて、
先に鬼とラインを繋ぎうる士郎を殺すべきかも知れない。噛みがあまったなら。」
影法師 「ただなぁ、士郎噛みが多少選択肢に入るんだよね。
チルノ鬼出るとどうなるか読めないという感じで。」
影法師 「まぁ、俺ができない夫噛んであげるから大妖精のおっぱいで我慢してどうぞ……。」
ジョルジュ 「僥倖ではあるんだがハクのおっぱいにむしゃぶりつきたかったです(ジョ並感」
影法師 「何か噛み先が余ってしまった。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
弱音ハク を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →上級チルノ
上級チルノ2 票投票先 →伊吹萃香
下級DIE妖精0 票投票先 →弱音ハク
できない夫0 票投票先 →上級チルノ
衛宮士郎0 票投票先 →伊吹萃香
伊吹萃香2 票投票先 →ジョルジュ
弱音ハク3 票投票先 →影法師
モト冬樹0 票投票先 →弱音ハク
影法師1 票投票先 →弱音ハク
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
影法師 「いじめられてるのは俺なんだよなぁ……。()」
弱音ハク 「でも所詮灰ですよね影法師さん」
モト冬樹 「大妖精>嬉しいこと言ってくれるねぇ。」
ジョルジュ 「ハクはおっぱいの大きい乙女だろ
よってたかってみんなハクをいじめて!」
モト冬樹 「内容いっちまったらハクつるしかなくなる。
影法師村とかならPP先になる。」
衛宮士郎 「天狗忘れてたわ、遊星狐の可能性は既に換算してるからそこは問題ない>モト冬樹」
影法師 「できない夫のあれだけど俺が村なので生かせない、という話。」
弱音ハク 「正直大妖精さんものっそい騙りにしかならんのですけど
多分非狼なのとそこ吊っても私の勝利に何も関わらないので」
下級DIE妖精 「てーか今生きてる村陣営は5(で考えていい)
俺とできない夫以外の3人が誰かっつー話になるんだが
現状だとチルノ・モト・影法師の3人かと考えてる」
ジョルジュ 「あと士郎と司祭の出たタイミングが同じってことも考えると
鬼を当てられなければどうにもならない士郎の精神COは
あまり生き残りたがりのCOには見えないんだよなぁ、というのが事実。」
上級チルノ 「乙女……? 誰が……?」
伊吹萃香 「でかいからじゃなくて
あるから、だった。何で私でかいからなんて言ったんだろうな~」
影法師 「大妖精真なら人外1がプラスで死んでるので問題ない。
大妖精騙りなら見切って吊れるかどうかの勝負で。」
衛宮士郎 「ライン重視で考えてたからな、まあ結果的にミスった俺が悪いんだろうな、そこは>チルノ」
弱音ハク 「ジョルジュさん影法師さんおにぎりさん+1です
+1は明かさないのが乙女の純情」
モト冬樹 「士郎>天狗と不動と狐考えないと行けない。」
伊吹萃香 「ん~
初日背徳とかの可能性もでかいからなんともだけど
ここまで来て鬼動いてないなら初日鬼想定してもいいかもしれないね~」
できない夫 「ああ、鬼とかいたなぁ
忘れてたぜ、失敗失敗>士郎
ま、俺的にはチルノを吊りたいんだがね?」
影法師 「大妖精周りの決着をどう付けるか次第だけど。」
衛宮士郎 「遊星が狐でゆかりが毒人外orおにぎりが子狐
んでワドルドゥが狼で残り2wor1w1f」
下級DIE妖精 「ハクが本当に復讐かどーかの保証も無いっつーか
ぶっちゃけた事言うと士郎の方こそ吊り逃れの人外はあるんじゃねぇのと思ってるぞ?」
弱音ハク 「こう、割と吊り数微妙な村では
動きだけ堂々と復讐者しつつCOははっきりとはしない
これが良い動き方ですよね」
上級チルノ 「初日を占わなかったことによって情報量が減ることを受け止めたのがお前だ>衛宮」
モト冬樹 「士郎>考えてる、それ。
ただ、初日鬼ならゆかりおにぎりハクの関係。」
影法師 「じゃあ吊って良いのか。」
影法師 「そういやそうだった。>下級DIE妖精」
ジョルジュ 「ハクおっぱいに関しては残しておくと
狼にとって復讐対象の位置が脅威なのかそうでないのか、がわかるんで
割とスルーで様子見したいと思うんだけどな。
かなり露骨に序盤から復讐対象を殺すことに血道をあげてるタイプの動き出し。」
衛宮士郎 「つかこれ下級信用したら初日鬼臭いんだが」
伊吹萃香 「あぁー!!
今更だけど昨日票分けて右投票すれば良かった!!
うわ~…なんか勿体なかった~」
モト冬樹 「ハク大妖精まで釣りきったら5人段階どうなるんだろ。」
下級DIE妖精 「妖精はもう死んでっだろ>影法師」
モト冬樹 「ハク釣りなら狼の乗っ取りだな。
どのみち大妖精が最終日付近まで残る事になる。」
上級チルノ 「邪魔臭い以外にカッコ良い理由を持ってきたら考えてやる>影法師」
できない夫 「復讐者?別に放置でいいだろ
テメーの敵が人外だったら協力してやるよ
村だったら?勝手に負けてろ」
伊吹萃香 「あとハクが復讐ってなんか微妙に白状してるけど
そこ信用で放置でいいかな~?
狼がやるにしては微妙だし個人的にハク信用してるから私としてはそこ放置でいっかな~
とは思ってるけど~」
衛宮士郎 「そうなるとチルノしかいないんだが、FO指示があるまで別にCOしなくていいぞ、生きてるなら俺が鑑定するから」
影法師 「なお、その場合天狗と妖精に手が回らない模様。()」
下級DIE妖精 「吊り逃れしてCOした方がよっぽど吊り逃れ疑われるだろ普通…
だったら自分の発言が悪い、って非を認める、俺はそういう主義>モト」
モト冬樹 「夢考えるの遅すぎとフワ付きが不安になったけど致し方なし。
釣りたくないのはジョルジュ。

大妖精はすっごい気にしてる。」
弱音ハク 「そうですね
自分が復讐者なのでやまわろの可能性すっぽ抜けてましたよ?」
影法師 「個人的には邪魔臭いので吊るしたい。^^>復讐者」
衛宮士郎 「ジョルジュ鑑定理由
ジョルジュかチルノのどっちかが鬼なんだよな
誰かがいってたがハクが復讐者っぽいということも考えると
初日だったら知らん、勘でジョルジュかな、鬼ありえるとしたら」
上級チルノ 「ハクが復讐者の場合、ゆかりの山わろが否定
DIEちゃん視点でおにぎりが狩人日記をつけていた子狐か、毒人外の毒が偶然妖精に当たったかどちらか」
できない夫 「遠吠えは7回、だいぶ減ってんじゃん~
で、妖精真みるなら狐が一人死んでるってことで
吠え的ワドルドゥで1w死亡と推定したら最大でも2w1fだねぇ
いやはや、疑ってたとこが真なのはいつものことか」
ジョルジュ 「おはよう。

まぁ、そうもなろうよという死体ではある。」
下級DIE妖精 「できない夫の言ってるハク決闘くさい、てのは割と納得
つーか昨日素直にワドルドゥ吊りで良かったな…なんか傍観位置に
入ろうとしてるっぽいジョルジュが怪しく見えて投票したけど意味無いわ昨日の時点じゃ…
要は普通に考えればワドルディ噛まれの日、他に狩人いたら…いや、それならおにぎり護衛されてるよな」
弱音ハク 「多分おにぎりこんな洒落た文言の日記を咄嗟に書けると思わないので
真狩人でいいんだと思いますよ
まあそこ私の恨みノートに書いてある名前なんで死んでくれたのは何よりです
そんなことよりこれ全然間に合いませんね」
影法師 「ざっと計算したけど天狗生存だと復讐吊る暇なさそうね。
ただまぁ、ハクさん残す限り俺が死ぬのが確定なのでそれはそれでクッソ面倒だけど。」
上級チルノ 「よろ」
衛宮士郎 「精神鑑定だ、影法師正常!萃香正常!モト冬樹正常!ジョルジュ正常」
伊吹萃香 「おっはよ~
ワドルディィイイイイイ!!
って先に言っておいてあげる~

それはともかく、ワドルディ噛まれて占い出てこないなら
そこで打ち止めってことで~
後は楽しいグレランの時間だ~」
モト冬樹 「毒飛び無しで結果信じられることになった。

ゆかりとおにぎりで片一方人外ってのがなぁ、
おにぎり子狐で狩人日記を○貰う前から書いていた可能性と、ゆかり毒人外の可能性。
そして未だ出ない鬼考えたらこっちが初日か?

俺、司祭って強職だと思ってるんだけど、釣り逃れしなかった理由、言ってもらっていいか?

あと、ワドルドゥ投票者も投票されてた奴ももういねぇ。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ワドルディさんの遺言 占いだよ おにぎり○>ワドルドゥ●>できない夫○>伊吹萃香

1日目
ワドルドゥ?いやそこ占って銃殺とかでちゃったら
おれっち噛まれちゃうからさ
おなか減ってるしズサー位置っつーことでおにぎりでいいかな
ほら色も白と黒で占うべきって感じしない?しないかそうですか

2日目
発言見づらい!文字抜けてて意味が把握しづらいけど
グレランをしたくないっていってる?から生存欲強め
で妖精がPPに使われる可能性あるから噛まれは期待できない
というのが狼陣営っぽい気がしたのでワドルドゥ占うわ

3日目
おにぎりが狩人ならいいんだが不安になってきたな 夢あるのかどうか
夢の場合はおにぎりは噛まれないし他に真占いがいるってことになる
で真占いならおにぎり噛まれる・・・よな?占い先は狼探してで問題ないか
できない夫の朝一で疑ってる位置はいってるがその理由がなく
かつ夢毒者吊りっぽいのを喜んでるのが村に見えん

4日目
伊吹萃香の気になる点がいくつか
夢毒吊ったことへの発言が残念そうなものが感じられない
ワドルドゥさんの遺言 ワドルドゥ、なんか風呪だよ
猫又語りは噛まれよけ

無理>蘇生しない>ゆかり

ゆかり蘇生
暫定てきにむらめが高いいち。妖精しんでるので夢濃厚ということから
ワドルディ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
影法師 「じゃあそうしよう。」
影法師 「大妖精のトコできない夫に変えるかどうかではあるか。」
ジョルジュ 「大妖精の代わりにない夫噛みたいなぁ…
今回は子狐で説明できるからみんな矛収めたが、司祭の立ち居地は俺は
かなり微妙だと踏んでるよ?

どうせドゥ回りはディの追認の結果しかでないから真でも偽でも同じ主張するし。」
影法師 「死んでいただくしかないよあれは。」
影法師 「どうせ吠えなしにはいずれなるからな……。()」
ジョルジュ 「ハクが復讐・・・まぁ窮の場合面倒なのが
確実に影法師が選択肢に入ってる上にあいつの初手投票が俺、つまり
共闘不可能、ということ。」
影法師 「ワッド→大妖精→ハクで良いんじゃね。(適当)>噛み
残り灰がジョニキ、チルノ、萃香、俺、モト冬樹という感じか。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ワドルドゥ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →ワドルドゥ
上級チルノ2 票投票先 →ワドルドゥ
下級DIE妖精0 票投票先 →ジョルジュ
できない夫0 票投票先 →上級チルノ
ワドルディ0 票投票先 →ワドルドゥ
衛宮士郎0 票投票先 →ワドルドゥ
伊吹萃香0 票投票先 →ワドルドゥ
弱音ハク0 票投票先 →影法師
モト冬樹0 票投票先 →ワドルドゥ
影法師1 票投票先 →ワドルドゥ
ワドルドゥ7 票投票先 →上級チルノ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モト冬樹 「ワドルドゥ>初日占いなら大妖精までセットで人外だな。」
衛宮士郎 「鬼もありえたから残したかったんだが、吊り逃れしてるならワンちゃんってな」
弱音ハク 「バレてる!>できない夫さん」
上級チルノ 「今日の発言を注視したが特に変化しているやつはいないようだ」
伊吹萃香 「ん~え~…あ~…
どゆこと?内訳整理が追いつかないけど…
一応おにぎりが子狐系とかも考えるなら内訳自体は問題なさそうだけどね~」
できない夫 「14分の1をヒットさせてるならありえるかとな>妖精
それに露骨にハクが復讐臭い」
ジョルジュ 「おにぎりが狐と考えた場合、なぜおにぎりは護衛可能な狩人職を名乗ったのか、という
のはあると思うの。せっかくディの○もらってる状況で。

そこらへんに死体状況を誰がどう見てるのか、のカギがありそうな。」
下級DIE妖精 「あー、おにぎり子狐はあるっちゃあるのか

…ほんっと天狗の仕様ってクッソ面倒臭ぇな!!」
ワドルディ 「毒人外の毒が妖精にあたったあるいはおにぎり子狐 子狐が狩人日記書かないってのはそう思う
毒人外ねえ」
ワドルドゥ 「ざんねんだけどさーこれ初日にもってかれてるよ…>しろう」
弱音ハク 「確定では無いけどピンポイント妖精死亡って結構夢毒の可能性事態は高いですよ」
衛宮士郎 「蟹に関しては噛まれた狐とかそんなんだろ」
ワドルドゥ 「その場だけしのぐって意味ならゆうようだけど、かまれるよねー>モト」
影法師 「中身はわからんかったけどね、蟹については。」
衛宮士郎 「つか他に占いがいないなら下級視点ワドルドゥほぼ狼なんだよな、ワドルディ真のさ」
下級DIE妖精 「ゆかり夢毒って確定事項なのか?
例えばゆかり山わろのぐだ子が復讐先、はありえなくないと思うが>できない夫」
上級チルノ 「正確には子狐だな」
モト冬樹 「一応、死んだ村候補はおにぎりとゆかり。
おにぎり子狐あるかもだけど、子狐が狩人日記書くかね?」
弱音ハク 「じゃあいいです」
弱音ハク 「あーきつねかー」
ワドルドゥ 「え、ゆかりに人外あるの?
おにぎりは…噛まれる人外できつねあるかもしれないけどさ」
影法師 「だから復讐ならCOしといたほうが良いよ、たぶん。」
ジョルジュ 「あとはまぁ、噛みどころに護衛が来ないなら護衛職噛む意味はどこに、というのを考えると
順当にドゥを切り捨てて進めていけばいいんでねぇの、とはまぁ思う。」
モト冬樹 「ハク>一応、俺の言った内約でなら大妖精はおかしくない。
ゆかり夢毒~とか考えてたけど、ゆかりとおにぎりがおかしくなった。」
伊吹萃香 「薬師とかいる~?
毒狼とかだったら厄介だし、先にCOしてもらってた方が後々「解毒完了」とか言われるよりも信ぴょう性あると思う~」
影法師 「別に俺が死なないとは言わないけどハクさんより先に死ぬことはないと思うけど。(ハナホジ)」
衛宮士郎 「そっちもそれはそれで・・・
夢や狂人期待で調べるしかねぇし>ワドルドゥ」
弱音ハク 「司祭結果6だとゆかりさんかおにぎりさんどっちか人外になってません?」
下級DIE妖精 「初日が鬼か決闘辺りか…死んだ村陣営はおにぎりだけ、だな
ゆかりが管狐か毒狼、山わろもあるかというところ
遊星も何らかの人外…で、いいんだよなこれ」
ワドルドゥ 「おにぎりしんでるから夢ないのでー
どうみてもとっこうですありがとうございますじょうたい>モト」
できない夫 「お、6ってことはどこで村人が死んだと見てるよ>妖精
少なくともゆかりは夢毒だから村だよなぁ
あ、あとその結果多分噛まれたおにぎり含んでないと思うぞ」
衛宮士郎 「鬼とか吊りたくなかったしな>ハク」
影法師 「君復讐か何か?>弱音ハク」
ワドルディ 「天狗は狼にも付けられるから>モト冬樹
あとおにぎりの ばれちゃった が引っかかってた」
上級チルノ 「天狗が好きなやつなんていない やつは狼からさえ嫌われている」
モト冬樹 「ハク>俺噛まれた狐だと思ってたけどな。」
弱音ハク 「ところで
初期村7ですよね」
ワドルドゥ 「あ、ごめんワドルディのほうだ>しろう」
弱音ハク 「影法師さんそろそろ吊られてくれません?
別にジョルジュさんでもいいんですけど」
下級DIE妖精 「で、悪いかなり混乱してるんでここまでの情報を整理してる

ぐだ子日妖精ならゆかり夢毒の可能性結構高い
ワドルディ真のおにぎり狩人、が現状で一番高いのか、てーかおにぎり
恋色迷彩ついたところでCOしてたの見落としは流石に俺が悪い
そういう意味でモトとか影法師の俺投票はまぁ納得

…これだから天狗嫌いなんだよ…すぐパニック起こすから…」
衛宮士郎 「その結果だとおにぎり子狐主張にならんか?下級の結果見る限り」
影法師 「他に占いいる?」
ワドルディ 「もともとの村陣営が7でおにぎりが村だろうから他は全部人外?
あれ夢毒者は?」
モト冬樹 「占いワド>お前、自分が夢であるかどうか考えてたの?」
ジョルジュ 「まぁディ夢で真が出てこないなんて気の狂った配役ではないようではある。あらゆる意味で。
下級の主張する夢毒以外全部人外死体、というのは割りと気がかりなところではあるな。」
ワドルドゥ 「だって、そこ本当に夢占いならあれだよ?>士郎
ただ、しんでるおにぎりからしてそれもないってわかったけどさ…」
弱音ハク 「精神鑑定くらいで黒も灰も吊りたくないって言ってたんだ」
上級チルノ 「大ちゃん視点鉄火場か 決闘が残せるくらいか」
伊吹萃香 「ワドルドゥ吊りでいいかなこれ~?
一人で死んだ理由わかんないし~」
弱音ハク 「不動さんなんとなく天狗本人かなとか思ってました」
影法師 「>まずは胡散臭い顔したのが下にいるから鑑定してみるわ
人間型ロボットよりはマシだと思うんですけど~~~~。()」
できない夫 「ありゃりゃりゃりゃ~っと、狩人死亡かよオイ
せっかちだねぇ狼さん、占いの真偽はっきりさせないためかい?
遊星の遺言がないのはなんだかね」
衛宮士郎 「いや、いみねぇだろ、ワドルドゥ鑑定しても・・・」
モト冬樹 「不動人外でゆかり確定夢毒、初日も人外って主張になるわけか>大妖精」
ワドルドゥ 「んー不動かにに遺言ないのー?
なんだろうねこれ」
下級DIE妖精 「んじゃ普通に狩人噛まれたと
明日の朝ワドルディ噛まれならワドルドゥ狼で問題無ぇな」
伊吹萃香 「おはよ~
昨日の吊りはどうなってそうなったのか理解が~

何故最初1票だった不動が吊られに登ったのか~…
正直尼天狗に最初に気づくとか、結構よく村見てるし
発言的にも割と喋ってる印象だったから村目で見てたくらいなんだけど~」
ワドルディ 「おにぎりが噛まれてる 昨日は迷ってしまったがワドルドゥ吊りだ」
上級チルノ 「結局不動の遺言がないあたり、噛まれた逃亡者を狼が吊りにいったという説もないではないな」
影法師 「ハクさんとはたぶん思想信条が根っから違い過ぎてわかり合うことはないんだと思う。」
モト冬樹 「結果真自体ではあったんて、他に占いいるかいないか。」
ワドルドゥ 「そこはワドルドゥうらなってよ>しろう」
できない夫 「ハクさんよー、どうして影法師吊りたいんだ?
そういえば理由教えてもらってないな、と夜気づいちまったんだがね
んで、遊星吊りか…そこ天狗気づいてたよな?そこも影法師に票してるが」
ワドルディ 「3日目
おにぎりが狩人ならいいんだが不安になってきたな 夢あるのかどうか
夢の場合はおにぎりは噛まれないし他に真占いがいるってことになる
で真占いならおにぎり噛まれる・・・よな?占い先は狼探してで問題ないか
できない夫の朝一で疑ってる位置はいってるがその理由がなく
かつ夢毒者吊りっぽいのを喜んでるのが村に見えん」
弱音ハク 「おにぎりさんが噛まれたってことは狼おなかすいてますね」
ワドルドゥ 「ゆかり蘇生
暫定てきにむらめが高いいち。妖精しんでるので夢濃厚ということから」
衛宮士郎 「精神鑑定日記

影法師正常>萃香正常>モト冬樹

影法師鑑定理由
この配役で初日占っても仕方ないんだよな、なので鬼期待で灰しらべる
まずは胡散臭い顔したのが下にいるから鑑定してみるわ

萃香鑑定理由
発言見ても見づらいは鬼臭いところ見当たらないわでな
仕方ないから適当に萃香あたり鑑定してみる

モト冬樹鑑定理由
なんか生存欲ある鬼ありえるとみて鑑定
つか一番調べたかった遊星吊るすのやめーや」
下級DIE妖精 「司祭CO
今生きてる村人陣営の数:6」
モト冬樹 「あのなぁ・・・初日釣りのがれ見て生き残った不動を昨日釣ってどうする。
不動あって狐だと思うんだけど。

おにぎりはなんか占いの方のワド信用してるみたいだけど、
●が猫COってあんましねぇと思うんだわ。

噛まれやら見るけど、占いワド偽よりだと思ってる。
狼が猫COして釣るわけねぇ、と思いつつ投票は灰にやってんのか。

大妖精投票続けてるけど、把握の遅さやらをわざとやって発言に厚みを出してるように見えるんだ。
占いが入る前に処分スべきだと思うんだけど。」
ワドルドゥ 「ワドルドゥ、なんか猫又だよ

無理>蘇生しない>ゆかり」
ワドルディ 「占いだよ おにぎり○>ワドルドゥ●>できない夫○」
衛宮士郎 「精神鑑定だ、影法師正常!萃香正常!モト冬樹正常」
ジョルジュ 「吊りは蟹に。
ワドのCOに対応するでもなくひたすら「天狗がいるぞ、そこをチェックするべきだぞ」と
言うに留まる吊り逃れ位置が村役職の吊り逃れな可能性など俺は見ない。」
弱音ハク 「ダメだぁ!こんなんじゃ全然間に合いませんよ!
真面目なこと言うならグレランしたくないのに黒も吊りたくないという士郎さんとか
絶対に吊り殺されるべきだと思ってますけどまあいいです」
影法師 「おにぎりがそうしてくれるなら遠慮なく吊るすわ。
それこそ俺に言わせれば天狗倒し露出させた時点で村に見えないし。
ここ占い師っぽい~って言ったらタコ殴りに遭うでしょ?それと同じ。」
上級チルノ 「よろ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
おにぎりさんの遺言 ガチンッ!まさかこれはカチカチに固まったもち米!狩人が投げつけた!
狼これは噛んだ口を降ろせない!
狩人のファインプレー!狼バッターアウト!

初日三振に抑える
夢かどうかは後に分かりますよ

できない夫護衛 GJ無し死体なし
発言を多めに取ってる位置では有るな
狼からしたらここの位置を噛むのはあり得るので
護衛していこう。

3日目ワドルディ護衛
じゃあ狙いますかワドルディ護衛で
一日身代わりと考えて
おにぎり は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ワドルドゥ 「たのんだー」
ワドルドゥ 「いやーでるタイミングなんかな…あれw」
影法師 「130で噛むゾ!」
影法師 「あいさ。」
影法師 「どうせジョニキLWだしな!()」
ジョルジュ 「ゆかり吊りについて話してたらディの奴が全速力で出やがったので
ジョルジュは占いは捨てます(おこ」
ワドルドゥ 「だな、じゃあおにぎり噛みしてからディ噛みよろしく。
明日には吊られるかもしれないので」
影法師 「まぁ、弾は1発残ったしおにぎり噛みで良かろうもん。」
ワドルドゥ 「残すどうりもないっちゃないけど」
ワドルドゥ 「おにぎり噛むのが先かなー」
ジョルジュ 「まーどうあれおにぎり噛まなきゃもたないパターンかねぇこれ」
影法師 「そもグレラン吊れないのがわからんので多少はね、というぐらい。」
ワドルドゥ 「さーて問題は護衛がディに入るかどうか」
ワドルドゥ 「よし、きつねつれた」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不動遊星 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (3 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →不動遊星
上級チルノ1 票投票先 →影法師
下級DIE妖精3 票投票先 →衛宮士郎
できない夫0 票投票先 →上級チルノ
ワドルディ0 票投票先 →弱音ハク
衛宮士郎1 票投票先 →下級DIE妖精
伊吹萃香0 票投票先 →下級DIE妖精
弱音ハク1 票投票先 →影法師
不動遊星4 票投票先 →影法師
モト冬樹0 票投票先 →下級DIE妖精
影法師3 票投票先 →不動遊星
ワドルドゥ0 票投票先 →不動遊星
おにぎり0 票投票先 →不動遊星
3 日目 (2 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →不動遊星
上級チルノ1 票投票先 →できない夫
下級DIE妖精2 票投票先 →衛宮士郎
できない夫1 票投票先 →上級チルノ
ワドルディ0 票投票先 →弱音ハク
衛宮士郎1 票投票先 →モト冬樹
伊吹萃香1 票投票先 →ジョルジュ
弱音ハク1 票投票先 →影法師
不動遊星2 票投票先 →影法師
モト冬樹1 票投票先 →下級DIE妖精
影法師2 票投票先 →下級DIE妖精
ワドルドゥ0 票投票先 →伊吹萃香
おにぎり0 票投票先 →不動遊星
3 日目 (1 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →不動遊星
上級チルノ1 票投票先 →できない夫
下級DIE妖精2 票投票先 →衛宮士郎
できない夫1 票投票先 →上級チルノ
ワドルディ0 票投票先 →弱音ハク
衛宮士郎1 票投票先 →モト冬樹
伊吹萃香1 票投票先 →ジョルジュ
弱音ハク1 票投票先 →影法師
不動遊星1 票投票先 →影法師
モト冬樹1 票投票先 →下級DIE妖精
影法師2 票投票先 →下級DIE妖精
ワドルドゥ1 票投票先 →伊吹萃香
おにぎり0 票投票先 →ワドルドゥ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない夫 「だーけーどーディの方のワドは若干疑ってた位置だからなぁ」
ワドルディ 「おにぎりは尼天狗ではない 狩人系暗殺系子狐系人狼系のどれか」
ワドルドゥ 「おにぎり…(ムシャムシャ」
不動遊星 「というか狩人はひたすらワドルディ護衛して
あとはワドルディが結果出せばいいんじゃないか?
それで異論ないと思うが」
弱音ハク 「猫又なんて別に黒ひっくり返せるほど強いCOだと思いませんけど
急いで吊る必要もないと思いますよ、平和出てますし」
上級チルノ 「そうか 頑張れよ」
下級DIE妖精 「あれ? 違うか、おにぎり本人が天狗ってワケじゃねーのか
わっり勘違いしてた! すまん」
衛宮士郎 「仕方ない、妥協してグレランするか・・・」
ジョルジュ 「逆に天狗に嵌る位置からそこの正体がどうあれ
GJなし主張が出た、と考えると少しは盤面わかりやすくなるのか?」
影法師 「普通だったら死体なしの日に吊るのって●が一番安定するんですがそれは。」
ワドルディ 「違う>下級DIE妖精
おにぎりは尼天狗ではない 狩人系暗殺系子狐系人狼系のどれか」
おにぎり 「ワドルディは守れるからまかせんしゃい」
衛宮士郎 「あんまりグレランしたくないんだがな、かといってワドルドゥ吊りってのもあれだしよ」
できない夫 「夢がないってことはしばらく残しでいいだろ
頑張ってGJを出してくださいねーっと

ん、天狗吊り?まだ天狗見えてなくね?>妖精」
ワドルドゥ 「夢だといいかなーっておもってるけど>下級
ただここで出る意味あるかなって」
不動遊星 「無駄か無駄じゃないかでいえばな
俺はそう思っている」
モト冬樹 「大妖精>天狗自体はCOしてないな。
狩人噛まれなかったら後々釣る。」
不動遊星 「いったほうがいいさ
確かに狩人なら痛手だが仮におにぎり人狼なら
ワドルドゥ吊りは本気で無駄だぞ?>影法師」
伊吹萃香 「普通に村って思うのは早計だとは思うけど~
狩人なら今日一旦放置でいいってのはわかるね~ >士郎」
弱音ハク 「平和の日に黒を吊るのは危険だってそれ一番言われてますからね」
おにぎり 「鬼はグレー投票でやっていいよ
でグレー攫いなら嬉しいからね」
ワドルディ 「おにぎりが狩人ならいいんだけど自信がなくなってきてしまったぞ」
モト冬樹 「●あてられが強い猫っていうCCOのあとなんで囲いあるかどうか確認。
二人共死にそうな位置ではないんで見ておけってだな。」
ワドルドゥ 「あれ、かりうどはかんけーないんだ?」
下級DIE妖精 「つまりワドルディは自分視点非夢と
どうする、天狗吊りでいいと思うんだが」
ワドルドゥ 「で、この状況だと僕つられるわけにもいかないし、
結局グレラン継続だけどー」
影法師 「気付いてなかったのは事実だけどむしろ言う意味あんのって思うけど。(小並感)」
弱音ハク 「狩人なら噛まれてください
吊りは灰にしましょう!ていうか影法師さん吊りませんか!」
できない夫 「お?GJ出てないってことはこの死体なしには未関与か
んじゃ狐噛まれかねぇ」
上級チルノ 「じゃあ天狗は今日飛べ 空高くどこまでも」
できない夫 「普通声だと意外に気づかなかったりするんだよなぁ
以外にこういうのは多いぜ?例えば印狼だとか」
不動遊星 「別におにぎり狩人ならワドルディひたすら護衛すればいいし
逆に人狼ならワドルディ夢だし
子狐なら……まぁわからんが

そういうことじゃないか?」
下級DIE妖精 「ん? 尼天狗? ああ、そういえばそんな天狗いたな…」
ワドルディ 「???」
衛宮士郎 「俺は気づいたぞwお前よりあとにだがな>遊星
んでそれがつくなら狩人か子狐か狼だが日記用意できてるなら普通に村だろうな」
伊吹萃香 「え?尼天狗?
って今更気づいた~
不動優秀~」
おにぎり 「できない夫護衛でGJ無しね」
上級チルノ 「つまり護衛成功は出ていないと」
ワドルドゥ 「じゃあおにぎりは僕護衛しててよ。
どうせそこにワドルディかまれないだろうから」
弱音ハク 「尼天狗?
なんでもいい、おにぎりを食べるチャンスだ!」
ジョルジュ 「死体なしがなぜ出たかというアレはあるんだよな。
割と露骨に吊り逃れとかもあった場所だから狼の噛み筋は予想しやすかった、と考えると
どうにでも解釈できる余地はあるかな、とは思うんだが。」
モト冬樹 「狼陣営の特攻なんだろうな的な。
猫又なら真証明頑張れ。」
できない夫 「ヘイおにぎり
COをしてくれよ、お前狩人系か?」
ワドルディ 「猫又で証明が簡単とかいっちゃうあたり騙りだってわかるっしょ」
おにぎり 「夢はないよ」
不動遊星 「どうして誰も尼天狗に気づいていないんだ……」
上級チルノ 「猫又の証明が簡単と思うなよ 簡単というのならハクを蘇生してみせろ」
影法師 「他に占いいてやばそうなら出とけよ出とけよ~、というぐらい。」
おにぎり 「ガチンッ!まさかこれはカチカチに固まったもち米!狩人が投げつけた!
狼これは噛んだ口を降ろせない!
狩人のファインプレー!狼バッターアウト!

初日三振に抑える
夢かどうかは後に分かりますよ

できない夫護衛
発言を多めに取ってる位置では有るな
狼からしたらここの位置を噛むのはあり得るので
護衛していこう。」
下級DIE妖精 「占いCOはちと早い気もしたが、●から猫又CO?
そこ2人は昨日あまり見れてなかったからなんとも言えん」
弱音ハク 「グダグダになるとはいいましたが
話ができないとは言ってないです」
おにぎり 「あーばれたか」
不動遊星 「ワドルディ
お前もしかしたら夢かもしれんぞ
いや案外そこ子狐なくはないんだが>おにぎりの発言的な意味で」
できない夫 「おやおや>遊星
こういうのは恋色迷彩ってやつだな」
ワドルディ 「尼天狗?>不動」
影法師 「蘇生クラスならグレランになるんじゃないっすか。(ハナホジ)」
ワドルドゥ 「日記なんてかかないよ、だって証明かんたんだから」
衛宮士郎 「つかおにぎり、なんかついてないか?、プロポーズとか言ってるけど」
上級チルノ 「毒系多過ぎ修正されろ」
伊吹萃香 「あと、平和と~
で、ここで占い出て来るならそこの●に一応CO聞いてもいいんじゃない~?」
不動遊星 「どうやら尼天狗だったようだな

◇おにぎり 「現状はできない夫辺りがよく喋ってる印象 
不動遊星辺りはプロポーズ聞きたい投票変えも有りますから ワドルディは天狗とかじゃない印象はあるかな」」
モト冬樹 「ハク>

◇弱音ハク 「まあこの、 特のグダグダは本当嫌ですよ
仕方ない でお酒でも飲 しょうか伊吹さん
あ、他誰か 酒いるかたいま ?」

グダグダになるって散々いってるじゃん。」
下級DIE妖精 「んで死んだのは日妖精と…どーせなら狼狐に飛べってんだ」
ワドルドゥ
無理>蘇生しない>」
上級チルノ 「狼にとって噛む相手は灰しかいなかったため死体無しが出るのはむしろラッキーと思うべき」
おにぎり 「ワドルドゥには聞く感じでいいんじゃないの?」
衛宮士郎 「平和見る限り狐噛みなんだろうな、そうなるとグレランはしたくないところ
そんでワドルディが占い師で●引きと、ワドルドゥはCO頼む」
ワドルディ 「ワドルドゥ吊りでたのむ」
弱音ハク 「妖精が死のうが死のうまいが極論私には関係がないです」
ワドルドゥ 「ワドルドゥ、なんか猫又だよ」
影法師 「だそうだが。(ハナホジ)」
上級チルノ 「逆に考えると村が吊れたわけで大変によろしくない」
伊吹萃香 「日妖精即死したぞ~
夢毒っぽいぞ~」
モト冬樹 「ない夫>話題ないから蝙蝠関連の発言出さず何を喋ればいいんですかって話。」
できない夫 「はい妖精殺処分かんりょ~♪
発言が見えるのはやっぱ良いもんだぜ」
弱音ハク 「私蝙蝠で話ができないなんて言った覚え全く無いんですけど」
ワドルドゥ 「ゆかりは遺言どおりで毒ー
でぐだ子が妖精ってことはゆめだったのかなー」
ジョルジュ 「で、投票は妖精の発見を機にグダグダ発言稼ぎしかしていないゆかりさんに入れたんだが…

やべぇ、遺言的にこれ完全に夢毒吊ったアレだ」
ワドルディ 「村吊りっぽいしあんまり悠長にしてられないからでる」
上級チルノ 「夢毒が妖精飛ばしたように見える」
下級DIE妖精 「んぁ、死体無し?
これで死体無しってどーゆーこっちゃ…」
影法師 「狐噛みかな?(すっとぼけ)」
衛宮士郎 「まじで妖精に飛んだのか・・・」
不動遊星 「どうしていきなり毒飛びするんだ……
あと発言がやはり見づらかったな……」
ワドルディ 「1日目
ワドルドゥ?いやそこ占って銃殺とかでちゃったら
おれっち噛まれちゃうからさ
おなか減ってるしズサー位置っつーことでおにぎりでいいかな
ほら色も白と黒で占うべきって感じしない?しないかそうですか

2日目
発言見づらい!文字抜けてて意味が把握しづらいけど
グレランをしたくないっていってる?から生存欲強め
で妖精がPPに使われる可能性あるから噛まれは期待できない
というのが狼陣営っぽい気がしたのでワドルドゥ占うわ」
モト冬樹 「ゆかり夢毒なんだろうな。
ぐだ子蝙蝠はあってた。」
おにぎり 「狐噛み当たりじゃない?」
伊吹萃香 「おっはよ~
モト冬樹が連打して途中発言厚くしたくらいで
全体的にそうでもないって感じて投票したぞ~

メッチャ即票変えした不動は怖いけど放置しておこうか~」
ワドルディ 「占いだよ おにぎり○>ワドルドゥ●」
できない夫 「話題無い事をわざわざ言う必要ないだろ?って話だ>モト
んで、現状少し怪しんでる所を上げるとすればワドルディとか上級チルノとかかねぇ
んで、毒、ねぇ 埋毒系か狙毒か毒狼か管狐か
大穴で山わろってのもあるかもなぁ」
上級チルノ 「ゲロを浴びるだのなんだの言われていたゆかりだったが、死に際むしろ浴びせる側だったことを明らかにしたのだった」
下級DIE妖精 「萃香投票はショック死…天狗周りだっけか、をちと露骨に意識してたのが
引っ掛かった、というトコだな あとモトが俺に聞いてんのは二重にした意味だと思うが
発言精査するのは俺だけじゃなくて村全員が共通だろ? どんな発言だろうが純粋に見やすくしたいってだけさ」
おにぎり 「現状はできない夫辺りがよく喋ってる印象 
不動遊星辺りはプロポーズ聞きたい投票変えも有りますから ワドルディは天狗とかじゃない印象はあるかな」
上級チルノ 「よろ」
ワドルドゥ 「んーちゃんと会話できてないからこまったけど、
そんなにあたまつかってなさそうなぐだこになげておいたー」
弱音ハク 「そんなどうでも良いところばかり死ぬのやめてくださいよね
私は誓ったんです、半沢直樹を見ながら「倍返しだ」と」
影法師 「役目は合ってた、などと供述しており。」
衛宮士郎 「              __/}    /}
          ___ノ      ー    /
            >          ー―- _
           /               /
          ′               く
       /__      / / ィ i  /     \  おはようさん
       /   ∧/∨⌒ }ノ]/}∧   \⌒
        ,  ∧  { ̄⌒     ―\ l 、j  夢毒が妖精飛ばしたとかそんなオチじゃないことを期待したいところ
        W{Y⌒Ⅵ{ =====    ___ ∧|
         八            ̄ ̄/V/   発言見てもぴんとくるところが見当たらないんだよな
           }⌒,           {
         \介s。 t ァ    ノ     即変えた遊星のCO聞くかどうかなんだが
           _r==}≧=┬‐=≦
          /ニニニ=\  ア=- __   どうせCOしないだろうし、つついても逆効果だろうから無視するわ
        /ニニニニ/\ニYニ/\ニニ\
          iニニニ=/    ̄     Ⅵニ=i
          |ニニ|イ            lニニ|

ワドルディ 「おはよう
影法師投票したのはそこが意見見えなくて村に見えないかつ
妖精や決闘ぽくはないと思ったから」
モト冬樹 「不動釣りのがれは見てる。

ゆかりもぐだ子もそんなにせいて釣る位置じゃなく見えた。
ゆかりの勝負どうでもいい感じが毒狼や管狐のそれには見えない。
榊鬼か村毒か。

できない夫>俺投票にくるのは目に見えてたんだよな。
ハクが蝙蝠で話題が出来ないって言った後に、
どうせ蝙蝠いなくても初日で大した話題は無いんだから別にいいだろって意見をいっただけ。
それのどこがどうそんなに引っかかる。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぐだ子さんの遺言 日妖精ね

GM>
結月ゆかりさんの遺言
                                     __
                               ィ´フ'"  ̄ ̄ト> ィ、ト、
                                 ,イ        / Y   ` ヽ、
                              .,イ V   ,ィ 二<〈       〉ヘ
                              ,イ .V    ヘ .      ヽ ヽ   /  ,
                             .,イ V      〉   ヽ―ィ ノ    /  ,'
                            ,イ .∨      ,ハ∨`――"    ./ /./
                          .,イ ∨   .,ハ∨         ./  / /
                          ,イ  _ _ ハ∨        / ./ /
                        /フ  V    ハ∨         / ./ /      ッドリ ポイズン
                      .,イ´   V   .,ハ∨         / ./
                     ,イ .∨    ___ ハ          /  /./
                    .,イ  ィ―´::::::::::`:ヽ 、、   .ィ, ./  /./     橋姫じゃ いならど かは飛びま ね
                   .イ .∨ /イ` ト、:: 〇:::ト : : : ヽ /  /  / /
                 ,イ ∨/:::: :j  ! | j ゙ヽ : o :::`ヽ:: ::ヽヽ /  /     死ねや オ ー!!
                ,イ,ィ -,'::::/j ヘ ヘ jハノノ .ヽ::: :::: ヘ ヽ::::ヽヽ //   オ オ オラオラオラー!!
            __</::イ ⌒ '::: ,' }!ヘ' ヾソ ヒ炒j. ハ ::: ::ヘ  、::ヽ. 、
          /イ    {ヽ -j: :| ハ∨ 炒、   _,j_) ヘ:::: :::: 〉、 :: :\
        /イ     / |   !:: ::!{ ,ノヘ   _  (ト, ´ :::::::::∨/ヽ:::: ::::::ヽ二二ニニ
       /イ __   /  |   !::::',', -へ、     ノ ,':: :::::::: ::`',  丶::: ::: :::: :::: : : :::::::::ノ
      / / ,'   ` 7   |   |:: :: レ )⌒Yへヽ ,' ソ :::: :::::: :::: ::: }    ` ―――イ
   、  { { j/ _ !    ト   |:::: ヘ   j   }j  /}:: :::イ::: ̄: ヾ/
../   ̄ ̄` ト {ヽ={    ト、`ヽ! イ/  ,'  /Y!  !::::::::::::::: :::: :::ヽ
..! ――― /: :::',    |,ィ"ヽ  /   ./ イ"´',    ':: ::::::::::::::::::::: :::ヽ        日妖精確定なんで 夢でもで
  ̄ ̄ ̄ ̄ :::::::: :::ゝ、      ,' ,    /:: : j  .j    /:::::::::: :::::::::::: :: ::::::::\
        \:::: ィイ、  ヽ  !, ,'  /::: : j  {/ /、:::::: : :::: :::: ::: :::::: :::: ::::::\
         ヽ' ::::::: :ヽ、   {.ハ  ',::::::,'=-A / ヘ:::::: ::: : :: : :::ト、:::::: ::: :: ::::ヘ
           \:: :::: : :::ヽ  /〉::::ヽ ',: :ハ / /! ! | :::: :::::::: :: ::: \:::::: ::: :::::::
           \:::: ::::::ソ ::: : :::j j/ |o oヽヽ  ヘ::::::: :: ::: ::ヽ  \ ::: ::::::: ::ハ
              .\::::::::::::::::::::::: j ノ  j  !  ヘ  ', ::: ::::::::::::::ヽ   ,:::::: :::: ハ
               \:::: :::::::::::イ(     ヽ  ヽ .',:::: :: ::::::: :::::ハ  ',::::::: :::: :ヘ
                `― "/ トノ   〉  ヘ     :::: :::::::::: : :  ヘ::::::::::: :: ',
                    |/ ィ- ヽ !   j   | /ハ::::::::::::::::::::::`ヾ::: ::::::: ::',
                    |' ,'  .,' j、    |   |ハ ヘヽ:::: :::::: :::::::: ::::ヽ:::::::::::',
                   /,' ノ _ヽ   |   く ゝ、二〉、::::::: ::::::_-‐ 、:::::: :: ,
                  //トノ7フ /     |   ヘヾイゝ ヽ::::::/ ィ二>::: j
                 //   / /   |    |   | ヽヽヽ', 〉イ / jイ:: :::トヾ
               /: /   / / 二二二二二二二二 \ Y:oヽイ/ !:::|:::|:::|::::|
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
影法師 「何か俺素狼になってない?」
影法師 「あれ?」
ワドルドゥ 「うい、子狐そこないと」
影法師 「蟹噛んで俺●なら狼COしようかな、というぐらいで。()」
ワドルドゥ 「ああ、ジョルジュ占い書いといて(丸投げ」
影法師 「特に何も。」
ワドルドゥ 「噛みは俺行くけど、あと影奉仕はなんもついてない?」
影法師 「蟹が占いでもワドルディ占いでも持ってるのは俺●やろ。(ハナホジ)」
ジョルジュ 「まぁ吊り逃れなら蟹をおいしくいただくのは普通にアリではあるか。」
ワドルドゥ 「あー蟹いいかも」
影法師 「まぁ、吊り逃れ考えて蟹噛んでも良いけど。」
ワドルドゥ 「モト冬樹とかいいんじゃないかなー」
ジョルジュ 「ワドルディが占いだとすると捕まってるのはワドルドゥだと思うんだよなぁ、と考えると
投票から想定できる占い目は俺投票のハクだけになるのかね」
影法師 「ゆかりさん吊れるなら士郎でも追加しとくか。(ハナホジ)」
ワドルドゥ 「おう、毒」
影法師 「チルノかゆかりさん?(適当)>噛み候補」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ぐだ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
結月ゆかり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (2 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →結月ゆかり
上級チルノ1 票投票先 →衛宮士郎
下級DIE妖精1 票投票先 →伊吹萃香
できない夫0 票投票先 →モト冬樹
ワドルディ0 票投票先 →影法師
衛宮士郎1 票投票先 →結月ゆかり
伊吹萃香1 票投票先 →モト冬樹
弱音ハク0 票投票先 →影法師
不動遊星2 票投票先 →結月ゆかり
モト冬樹2 票投票先 →下級DIE妖精
影法師2 票投票先 →不動遊星
ぐだ子2 票投票先 →上級チルノ
結月ゆかり3 票投票先 →不動遊星
ワドルドゥ0 票投票先 →ぐだ子
おにぎり0 票投票先 →ぐだ子
2 日目 (1 回目)
ジョルジュ1 票投票先 →結月ゆかり
上級チルノ1 票投票先 →衛宮士郎
下級DIE妖精1 票投票先 →伊吹萃香
できない夫0 票投票先 →モト冬樹
ワドルディ0 票投票先 →影法師
衛宮士郎1 票投票先 →結月ゆかり
伊吹萃香1 票投票先 →モト冬樹
弱音ハク0 票投票先 →ジョルジュ
不動遊星2 票投票先 →影法師
モト冬樹2 票投票先 →下級DIE妖精
影法師2 票投票先 →不動遊星
ぐだ子2 票投票先 →上級チルノ
結月ゆかり2 票投票先 →不動遊星
ワドルドゥ0 票投票先 →ぐだ子
おにぎり0 票投票先 →ぐだ子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モト冬樹 「 きない夫>ないからそ ハ にいってんだよ。」
ワドルディ 「天狗って に投票されても飛  初めて知ったわ」
ジョルジュ 「だれやハ 見苦しい言ったの
か いい ろ、おっぱ 大きいやろ」
結月ゆかり 「2重とかはまあ、COとかはい 知れませんがと思い し れどね>DIE妖
2重に るなら区切りで 度改行が欲し です」
上級チルノ 「影法師はやっぱ 駄 だな しく作 直さないと」
ぐだ子 「 もぉおおおおおおお! 影 師」
弱音ハク 「ジョル ュさ はセク ラしたいだけですよね?
ど せ私の身体だけが目 てなんでしょう 」
不動遊星 「なんで 香 ガン無視なんだ……

と言 として気 いた
胸の格差か……> ョルジュ」
ワドルドゥ 「 るまからのんでもいいじゃな 。
のめるだけ 余裕が だもの、ワドオ」
モト冬樹 「大妖精>自分が 査 る側 なる を自覚 きた上で
の発言を二重にする意味かるかい?」
できない夫 「蝙蝠 題持って か る?
んじゃ別に何か話題でもあ たり る かい冬樹サンよ~」
下級DIE妖精 「悪 発言ミスった!

陣営の多さに を取られて 心の狼狐吊れないと本末転倒なんで
純粋 しいと思った 置 狙ってい
陣営の多さ 気を られ 肝 の狼狐吊れな と本末 倒 で
純粋に怪しいと思った位 を狙っていく」
おにぎり 「鬼と同 営 投票されるとショック死で の
一応候補なんで よ>ワドルドゥ

と同陣営に投票され ショック死ですので
一応候補なん すよ>ワド ゥ」
ジョルジュ 「とまぁこのよ に確実 主 したいことは 数回言う、
念のため ん 改めて頭の片隅 とどめておこう とい 告 。
そして同時におっぱいへの接近。」
伊吹萃香 「ショ ク死あ ば しい だ どね~
ぁど かしらで吊り先決まったらショ ク 警 で横投票はありあり~
ってことでそこまで我慢な だろうけどね~ >お ぎり」
影法師 「回すのおおおおお おお お!>ぐだ子」
上級チルノ 「 に対して少しでも発 みやすくしようとしている IEちゃんの上級 さしさに 謝しろよお前ら」
ワドルディ 「昼間から酔っぱらうなんてだめな つら な」
衛宮士郎 「開始前 遊星の発言が現実 ものになってる感じ 笑 んだよ >ぐだ子」
弱音ハク 「私 見苦しいですか
すいませんね本当・ ・ うやだ・・・
人生なんて嫌 ことしかな で よほん 」
ワドルドゥ 「ゲロの処理におわれて どう >ジョル ュ」
ぐだ子 「でも、君も好 んでし う?>ぐだぐだガチャ 影法師」
モト冬樹 「ハ >蝙蝠に会話内容 持ってかれるのがアレだが でそ まで 設的な話題もそうそうで だろうよ。」
下級DIE妖精 「特に初日COも無ぇしグ ランしかする事 無いな
発 精査面倒だ なるべく二重に書くようにす か…
に初日COも グレランし する事ぁ無いな
発 精査面倒 しなるべく二重に書くようにするか 」
ジョルジュ 「ハクと一緒 お酒のみたいです

ハクと一 に 酒のみたいです」
上級チルノ 「酒を飲みながら人狼をす や は滅 でし え ハク ビールを凍らせて る」
結月ゆかり 「個人的に一番嫌 な はやみ妖 ですか
見えない 発言推理すらできない
日妖精は… だ、 応前後とかから抜けた 分推測はでき 部分 あるんで」
弱音ハク 「私がモ イクかけないと見るに えない どのブス 今いいました?」
ワドルドゥ 「鬼が天狗に投票で確定ショ ク死 け>おにぎり
攫い きな と あつかいされ うだけど」
影法師 「ぐだぐだしてきた ぅ… 。」
不動遊星 「ただ鉄火場あ でこうなると
ごく面倒く いか (占いCOする段階でこれとかだとな)
できるだ 自 てほしいし最 噛まれたり てく ても
全 心が傷 ないがな、本気で」
ぐだ子 「ハ が ロ吐 てるかと思った>士郎」
できない夫 「ま、妖精 かは迷惑なだけのゴ
影妖精 紛らわしい事この上ないぜ
れに初日の発言精 ができないとかも に面倒だ」
伊吹萃香 「短い発 ならまだしも長い発言なら連打 か面倒だも ね
しかもそれだけで発 まってしまったりもす
私もあ まり連打 るきにはなれないな~  雄星」
弱音ハク 「まあこの、 特のグダグダは本当嫌ですよ
仕方ない でお酒でも飲 しょうか伊吹さん
あ、他誰か 酒いるかたいま ?」
影法師 「モザイク ないとお見 しい映像になっちゃうからね、し うがな 。」
ジョルジュ 「まぁグレラ になるこ 自体はな ら異存はない
と盤 が微妙な 分なんでどこか 手をつけたものかは割りと悩ま いのがつら がね。

れに、自分がグレ ン ち るのは妖精として 不本 だろうし、この状況なら
後も 彩 連打される、という可能性は低目と見てもいいように思うかね。」
衛宮士郎 「 鮮も何もねぇよ! だまぶしいだけだ !」
おにぎり 「初 ョック死などに目
を向けまし う
鬼も有りますけど天狗で狼多いですし

初 はショック死 どに
を向けま ょ
鬼も有りますけど天狗で狼多いですし
ワドルドゥ 「と うかこれ陣営ないようからだと人 むらだからー
つねってい スト パーいるけど、わりと されそ でこわい」
ぐだ子 「出たら吊る て っておけば妖 出られないし、狼視点で 判断着かないなら まれるんじゃない? ワドルド 」
ワドルディ 「実際第四陣営が う動 かわ らんので の数 とっとと減らしたいよな」
影法師 「 級ぐらい ポジションが一番 よね……。」
上級チルノ 「村側重 役職2人を狙い撃ちに たう 吊られる鏡妖精>一番面倒な妖 」
結月ゆかり 「 ャ ハー 新鮮なグレランだぜー!!」
モト冬樹 「ぐだ子> んでもいい 狼を殺せ てわけでもない だけどな。」
できない夫 「ん 確か な>ぐだ子
蝠枠が まった ら古蝙蝠考える必要 くなったし
の分灰を減らしたほうが良い は要相 だが

ん、確 な>ぐだ子
蝙蝠枠が埋まったから 蝙蝠考える必要なくなった
その分灰を減らしたほうが良いかは要 談 が 」
伊吹萃香 「じゃあ朝から何 出てこないしグレラ 決定~
良か た日妖精出た日に色々出てくると 倒なんだよ ~
ミ た とか~」
衛宮士郎 「ゲロモザイク 草 えた」
不動遊星 「正直なとこ 別に発言 連打 る気はない
どうせグ ラン進行して終わる けだしな
長く っても見づらい ろうし夜 ともかく
昼間に まで 言じっく みないだろう」
ワドルドゥ 「 んど だけとさっ と噛 でほしいよね>おにぎり
でも、狼から たらPP要員 なるからあんまり期 で ないなー」
下級DIE妖精 「特に初日C も無ぇしグ ランしかする ぁ無いな
発言精査面倒だしなるべ に書 ようにするか…
特に初日COも無 しグレラ かする事 無いな
発言精査面倒だしなるべく二重 書くようにするか…」
弱音ハク 「比較的村よりの ってなん すか
村によってる蝙蝠なんてないでしょ モ さん」
ぐだ子 「ま 、狼狙って吊れば妖精も村付きに しね 実質>モト 樹」
影法師 「ゆか さんは何か大尉 タ俺知らん ら自重。( 」
上級チルノ 「お前は上級とは い難い> 法師」
衛宮士郎 「日妖精はこれ以上真証明したら吊る ら !
何もなければ吊ら が、面倒な だよ、これ 」
結月ゆかり 「い 、鬼が夜叉丸で攫いでも良いで >妖精ボッシ ー 」
影法師 「恋 引いてハクネキかぐだネキに刺 準備は十分 。(キリッ >上級チルノ」
弱音ハク 「 さんが 一番面倒な妖精っていいま たけど
のと ろ一番面倒な妖精ってなんだと思います 」
ぐだ子 「そういえば ういう場合って権力系は占っ 判定とか出来るか 人数だと残すのも有 なんよね
開始前会話から思 ついたけ 」
ワドルドゥ 「初 にようせ んがいたずらをっした>不動か 」
おにぎり 「狼はそいつ 噛んでいいですよ修正案件 す
狼はそいつ 噛んでいいで よ 正案件です
狼はそいつを噛んでい ですよ修正 件で 」
モト冬樹 「 でやっか な ツでもないだろ。
語りに●当てられてのカ ンタ が起きれば比較 村 り 蝙蝠になる。

そ でやっかいなヤツでもないだろ。
語りに●当てられてのカ ンタ が起きれば 較的村よりの蝙蝠になる。

そこまで か な ツ もないだろ。
語りに● てられ のカウンタ が起きれば 較的村 りの蝙蝠にな 。」
上級チルノ 「 日から なくていいぞ>妖精」
ワドルディ 「めっちゃ面倒だな  日以降また 迷彩だしやがっ らただじゃお ないから 」
ジョルジュ 「で、蝙蝠の 身 非常に 倒な で確定、と。
・・・ハク 吐瀉物 る 険を犯してでもおっぱいを みたい、
それがジ ルジュという生物 」
下級DIE妖精 「日と光 違いをイマイ っかり 握してねえ…すまぬ」
結月ゆかり 「おっま、ゲロモザイクとい の 、やめ くだ いよ!
温厚なゆかりさん も怒りま よ!!」
不動遊星 「 精じゃ いのか?
光 精は夜会話できるやつだろう?」
できない夫 「へ ーい~
日妖 殺処分決定ぃ~」
ワドルドゥ 「 が とつなんなのかはわ ったけ み いよー
みづ いままグレランしたくないよーよよよよ」
衛宮士郎 「くそがぁ!」
伊吹萃香 「一番 倒な妖精が出たな~
今 の発言 ほぼ使えないと思って い な これ~」
上級チルノ 「最近の妖精には奥ゆ しさ いうも が足りていない
影法師 空気読んで 妖精でも引 てお よ」
弱音ハク 「も 朝 ったの ・・・
いつもより眩し ですけど妖精 仕業ですね」
不動遊星 「ど て光学迷彩になって るんだ……」
下級DIE妖精 「蝙蝠陣営は光妖精 これ?
蝠陣営 光妖精かこれ?」
ぐだ子 「 郎!
なんだか消えか ってるよ!」
ワドルディ 「あ日妖精だっ け?」
影法師 「 のさぁ …。>光学迷彩」
衛宮士郎 「 学迷彩!?AAが れた!」
おにぎり 「光学迷彩 めて」
ワドルドゥ 「 、 うせいさんがあ だね、日 てやつだよね れ。
ひかりの うだっけ」
できない夫 「あーたらしーいー きたー ぜーつぼうのーあ さ だー
出現陣営 村人陣営7 人狼陣営3 妖狐 営2 蝙 営1 鬼陣営1 決闘 陣 1 天狗陣営1
んで、 んか面倒な 多そうだなオ >決闘や 蝙蝠やら やら
天狗 に考えて狼最大3の1狂と考え いいだろうよ にしても狼も少 いなオイ
共 とかいな ぽい 、まあ 票はしてる暇ないかね」
ワドルディ 「光 精ェ」
弱音ハク 「内訳見てるだけ 吐 そ ・・・
すい せんねなんかでも私のせいじゃないん よこの内
あCOある人はさ さと出たら良いと思いますよ
しっかり役職は 認した が良いと思 ますけ 」
不動遊星 「 い、デュ ルしろよ」
上級チルノ 「17人以下の良いところは「大 ルを わせ や う などという悪趣味 闘者が出てこないとこ
17人以下の悪 ところは「大 ル同陣営にしてあげよう」とい 親切なQPがいない ろ が今回は関係ない」
伊吹萃香 「日妖精ぃい いいいいいい いい! !」
結月ゆかり 「光学迷 ー ー!!」
ぐだ子 「妖 ェ!」
下級DIE妖精 「さて 営が多くて面 なこの配役」
衛宮士郎
        . :.:.: :.:.:.、.: .:.:、.:.:.、 :.:.:.:.:.:. :.:.:.:. . .:.:.:.:.:.:.: .、.\
        .:.:.:.:.:.:.:.:λ.:.:. ハ.:.:.:メ:.: .:.:.:. .:メ:.: : :.,ィ:.::.:.:.ヘ\',
        .:.:. .:. 、 ' . ./ ',:.:.i ':,: : : :.:.:./ l:.::./ .i:.:. .:. .:ハ
        .:.: :. |し__V =ヽ| ',:.:.:, '  |.:/  .!:λ.:.,、!
        .:.:. .ij          V  .レ.゛ ̄ ナ. :
         .:. | .- == ===≧     ≦= - /   あ 意味この村らしい 役になったな
       .γ v. 三 三三三       三 {
       i i⌒.〉                     i   共有の声も聞こえなかった 、普通にグレランになるんじゃね?
     ,八 廴                     }
        ` - ヽ                    ,   占いと鬼期待で進むとす か
           ヽ          ⊂⊃     /
             > -        , <
             ;;;;;; ;; ;;;;弋 ゙ `.-, <
         /;;; ; ;; ;; ;; /\\_ノ/ヽ;;へ
         ;;;;;;; ;;;;;;;/  \   ,;; ;;;;
おにぎり 「天 も有りますのでショッ 死 票 を吊るしたりなど
行動を起こす必 が有りますね決 者 鬼での動 も有りますけど
初 く人は うぞ。」
上級チルノ 「ろ」
ぐだ子 「お よー
7吊 人外6+3
狐2 きついと思われますが、皆さまいか お過ごし し う 」
ワドルディ 「おはよう
ええ 7吊りかな 不確定要素が多い ど
吊りの数 体はなんとかな そ た 第4陣営た が
どう動くかがわからないのであまり時間は けたくな な」
伊吹萃香 「は~い、 はよ
出現陣営:村人陣営7 人狼 3 妖狐陣営2 蝙  鬼 営1 決闘 陣営1  狗陣営1

村半数もいれ 何 なるだ う~
共有いないようだし、出る人は早 に出な~
私はお酒を飲んでるぞー(コ クゴク

そういや の村決闘自 だな~」
モト冬樹 「焼 を4 2:2:2で割ったような村 な。
天 確定 狼なんで狼4に狐2、 蝠鬼決 が う動くかどうか。
真 先に殺 相手じゃねぇ 、悪さす なら罰だ。」
影法師 「出 陣営:村人陣 7 人狼陣営3 妖狐陣営  蝙蝠陣営1 鬼陣営1 決闘 陣営1 天狗陣営1
放送の イ ー紹 長すぎて 終わ ないんですがそれは。( 顔)」
ワドルドゥ 「村人陣 7 人狼陣営  妖狐陣営2 蝙蝠陣営1  陣営1 決 者陣営1 天狗 営1

す ーすぴ ー…?ぱちぱ 、 れ、なにこ むら?
すっごい、が がやしてるん け 」
上級チルノ 「よ 」
結月ゆかり
    /    /              \
  , . :      /        ヽ,        \      …いや、ゲロとかやめてくだ よ
.  /. : : : .   //          ′               ゲリラですか ゲリラですよ !!
. ,: : : : :   , ′       :    |        =ー-ゝ   殲滅します
  | : : : : :  |: : .     | : .  |          乂
 i| : : :   |: : : : .     |: : |      :   i {
 i| : : : : : :  | : : : : : |ム孑介、      i : : :ハ{、      いえ、かかってま んが、 てませんが…
|: : : :/ : : :≧ =ミ: : : :ハ/斗==か: :    : i : :/\=\
从: i : : :〈代Zツ::\ ::::::: Zツ}: :   i: :ハ/ニニ\=
   ノ : : ::{ゝ:::: :::: ::: ::::::::: :::::::: ::: : }    | / ニニニ     酒飲 2人 ろってて隣とかもら ゲロとかも有 そうで被 拡大しそ ゃないですか
     : : /{:: :::: :: : :        }: :   | ニニニニニ     全部、不動さんにどう …
     {: : '∧::: : :     _     }: :    ' ニニニニニ
     : :  ∧、u    ヽ___> }: :  / iニニ ニニ
     乂  '/ > .       /乂 ,  } ニニニ    で、まあ配役と ては んて言っていい でしょうね?これ
.   /〔二〕、二 ニ≧ --=  ̄〔二  :} ニニニ/    と あえず天狗は狼付き確定で
    |=/ ハ \ニニ\   \/ :ハ  ニニ /Ξ    狐と狼を何とかし うですね
    |/  :i三三\ニニ\  / : V ニニ/三三
       : :|三三三 二ニ {: :!  }二/三三三      朝 ある人はどうぞ、お め 」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営7  狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣 1 鬼陣 1 決闘者陣営1  陣 1

か り盤面はイカレポンチに仕上 ってい 模様。
ささやき等 に 認してい い。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ワドルドゥ 「じゃあ130噛みであとは適当にいきよう」
影法師 「そんなー。」
ワドルドゥ 「お仕置きかな〜〜〜〜〜〜〜>わざ萌え」
ワドルドゥ 「鬼と蝙蝠さそってPPいけるかどうかというあれそれ」
影法師 「そんなこと言うとパパわざ萌えしちゃうぞ♡」
影法師 「えぇ……。(困惑)」
ワドルドゥ 「いいから萌えてろ(憤怒>影奉仕」
ジョルジュ 「狐が2ってのがめんどっちいなぁ」
ワドルドゥ 「じゃああとは適当に(」
影法師 「占い師を噛んで適当にやって終わり!」
ワドルドゥ 「わーなんだこれ…陣営多いなあ」
ワドルドゥ 「素1」
ジョルジュ 「静ですな
なんどおっぱいおっぱいしても気づかれないが味方におっぱいはいない」
影法師 「ちょっとこの狼陣営人類いない……いなくない?>雪狼」
ワドルドゥ 「あっはい」
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 決闘者陣営1 天狗陣営1
ゲーム開始:2016/04/23 (Sat) 14:27:00
ジョルジュ 「開始」
伊吹萃香 「しじみの味噌汁もよろしく~ >おにぎり」
できない夫 「帽子にかかるな」
不動遊星 「ゆかり、頑張れ」
衛宮士郎 「俺サーヴァントじゃねぇからな!?>ぐだ子」
不動遊星 「弱音ハクのゲロは下の位置の人にかかるのか……」
ジョルジュ 「1」
結月ゆかり 「課金民が涙を流すんですね、分かります>」
おにぎり 「握り飯いかがっすかー?」
伊吹萃香 「そうだ、ここにお酒工場を作ろう…」
ジョルジュ 「2」
衛宮士郎 「それ吐いてるだけじゃねぇか!?」
ぐだ子 「れいじゅを以って命ずる、士郎、ご飯まだ?」
不動遊星 「俺も3分前に入村したからな
遅いほうだ」
ジョルジュ 「3」
できない夫 「噂をすればなんとやらだな>ワドルドゥ」
下級DIE妖精 「ハクそれ以上いけない」
不動遊星 「まぁ難しいところもある
あとこの村の場合開始までの時間が割りと短くて
気づくのに遅れて……な場合もあるさ>DIE妖精」
おにぎり が幻想入りしました
伊吹萃香 「それなら仕方ないね~(ゴクゴクモキュ
ならいっぱい飲むんだ~ >弱音ハク」
衛宮士郎 「違う、第二次ガチャ大戦だ!」
影法師 「征服王実装を待て、しかして希望せよ。」
ぐだ子 「ガーンだな>できない夫」
弱音ハク 「はーい弱音ハク一発芸やりまーす

人体ガチャ
・・・うっ」
ワドルドゥ 「チャオ」
ジョルジュ 「4」
ワドルドゥ が幻想入りしました
上級チルノ 「よろ>all」
影法師 「当たり前だよなぁ?>衛宮士郎」
できない夫 「品切れだよ>ぐだ子」
ジョルジュ 「5」
下級DIE妖精 「そこいらはまぁ難しいトコじゃあるんだが…
俺としちゃさっさと入って「呼び水」になろうっつーのがあっても
いいんじゃねーのかって常々思っててな>遊星」
結月ゆかり 「何が始まるんですか?
大惨事大戦だ!!」
ジョルジュ 「まぁカウント行きますか」
結月ゆかり が幻想入りしました
ぐだ子 「ガチャ空いてる?」
できない夫 「方界デッキとか面白そうだよな>遊星
デザインも格好いいし」
弱音ハク 「酒はいただきますけど暗い顔は性分なんでね」
衛宮士郎 「俺が酒の肴作るのか!?>影法師」
ジョルジュ 「おっぱい美女がお酒飲んでて場が暗くなるわけがないんだよなぁ(ジョ並感」
不動遊星 「その辺は俺はゲーム性の違いだし
構わないとは思っている
だが別ゲーだからやりたくないという意見も俺は少しは耳にするからな
難しいところだ>できない夫」
ぐだ子 が幻想入りしました
影法師 「衛宮さんちの今日のごはんとかいう漫画。
美味い飯を披露して、どうぞ。(挨拶)」
弱音ハク 「きっと伊吹さんもそう思ってるからお酒飲んでるんですよ
私も飲みますよ、酒をね、昼間ですが」
伊吹萃香 「暗い顔して酒飲んでちゃお酒に失礼だぞ~
もっと飲め~(ドババー >弱音ハク」
モト冬樹 「嬢ちゃん、一緒に呑むかい?その白い髪がさらに綺麗になるぜ?」
不動遊星 「おい、デュエルしろよ>鍋で蟹」
できない夫 「そーだな>遊星
傾奇者だとかは22人じゃ真証明もけっこー楽だが
15人とかじゃ厳しい」
影法師 が幻想入りしました
不動遊星 「例えば今の人数で傾奇者COされて
無条件で残そうといわれるとそれは違うとなるだろうからな
そういうのを嫌って人数集まるまで入らないという人も
いないわけじゃないさ」
上級チルノ 「恍惚の大妖精アイコンは……あれはあれで違うな」
下級DIE妖精 「酒の肴にカニってどーなんだ…」
弱音ハク 「だって仕方ないじゃないですか休日だっていうのにやることない友達いない彼氏いない
暗い顔してお酒飲むしかないじゃないですか」
不動遊星 「鍋の場合は
古系、傾奇者といった
ある程度日数が経つと効果を発揮する役職が
少人数と大人数だと比類が違う、というのもあるだろうな」
モト冬樹 「刻め!変速4拍子いいぃぃ!!」
衛宮士郎 「そこに蟹を投入、鍋か?鍋なのか?」
伊吹萃香 「酒飲みだ~」
できない夫 「(昼間から酒かよ)」
モト冬樹 が幻想入りしました
弱音ハク 「はいはいはいはいこんにちは
私のせいで村が辛気臭くなってすいませんね」
衛宮士郎 「なんか酔っ払いっぽいのが2人同時に来たぞ・・・」
不動遊星 が幻想入りしました
伊吹萃香 「よろしく~」
弱音ハク が幻想入りしました
伊吹萃香 「酒だ~~」
できない夫 「ワドルディとワドルドゥって別種なんだっけ?アニメ曰く
じゃあなんで会話とかいろいろ通じるんだろうな」
衛宮士郎 「よろしく」
下級DIE妖精 「あまりこういう方向のRPにしっくりくるアイコンが無ぇのが辛いトコだ>チルノ」
伊吹萃香 が幻想入りしました
衛宮士郎 が幻想入りしました
ワドルディ 「よろしく」
ワドルディ が幻想入りしました
下級DIE妖精 「それがまずおかしくね?
村したけりゃとっとと入って待ってりゃいーじゃねぇかって話だと思うんだが」
上級チルノ 「下級というよりやさぐれていないだろうか 家族と会話しているだろうか」
ジョルジュ 「入れるか入れないかをとっさに判断しズサる時に
数え間違えても責任は取れないというアレ」
できない夫 「どうせ別陣営だし死んでも良いんじゃね?」
下級DIE妖精 「殺すかどーかは配役次第だし俺ぁ知らん>チルノ」
できない夫 「ちょりーっす。」
上級チルノ 「DIEチルっていうとあたい死ぬみたいだな」
できない夫 が幻想入りしました
下級DIE妖精 「そもそも「ズサする予定」ってのが根本的におかしいだろ」
下級DIE妖精 が幻想入りしました
ジョルジュ 「へろう」
上級チルノ 「よろ」
上級チルノ が幻想入りしました
ジョルジュ 「なお、手違いで17人村になっているが・・・
時間的にもひゃの勢い的にも22人である必要はない、と判断する。
ズサする予定の場合はそこだけ注意してほしい。」
ジョルジュ 「1425開始予定」
ジョルジュ 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
ジョルジュ が幻想入りしました
村作成:2016/04/23 (Sat) 14:07:09