←戻る
【雛4166】やる夫達の18人超闇鍋村 [4862番地]
~鍋をおあがり~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon ぐだ子
(生存中)
icon リヨ子
(生存中)
icon 黒タイツ
(生存中)
icon 岸波白野
(生存中)
icon いちご
(生存中)
icon 謎のヒロインX
(生存中)
icon ごくらくちょう
(生存中)
icon 衛宮切嗣
(生存中)
icon せいばー
(生存中)
icon ルキナ
(生存中)
icon フェニックス
(生存中)
icon ご近所の佐々木さん
(生存中)
icon すまないさん
(生存中)
icon 影法師
(生存中)
icon エミヤシロウ
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon 両儀式
(生存中)
村作成:2016/04/30 (Sat) 20:11:52
ぐだ子 が幻想入りしました
ぐだ子 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようお願いします」
ぐだ子 「35分開始よ」
ぐだ子 「闇鍋探偵記念村まで2時間、埋まっても間に合う間にあう()」
リヨ子 が幻想入りしました
kari が幻想入りしました
リヨ子 「私にそっくりな奴がいるらしいな、よろしく」
kari 「はろう」
岸波白野 が幻想入りしました
ぐだ子 「誰だお前は!?」
ぐだ子 「いらっしゃい」
かり が幻想入りしました
岸波白野 「……狙った訳じゃないのに変な流れになってる」
かり 「こんにちは」
ぐだ子 「いらっしゃい」
リヨ子 「あ、ザビ子だザビ子。ドヤしてよドヤ」
謎のヒロインX が幻想入りしました
kari 「偉い人は言いました
この世には三人自分と似た人間がいる」
謎のヒロインX 「よろしくお願いします」
ぐだ子 「アルトrじゃない」
謎のヒロインX 「似た顔のやつなんて全員殺せばいいんですよ」
kari 「コワイ!」
謎のヒロインX 「アルトリア?
知りませんね、私は通りすがりのヒロインXです」
ぐだ子 「いや私これと似てる?」
岸波白野 「フランシスコ・ザビッ(ドヤっ)」
謎のヒロインX 「目が二つあるところとかそっくりですね」
ごくらくちょう が幻想入りしました
衛宮切嗣 が幻想入りしました
ぐだ子 「節穴やんけ!」
岸波白野 「凛とは似てる>ぐだ子」
ぐだ子 「いらっしゃい」
衛宮切嗣 「……どこだここは」
ごくらくちょう 「べホマラー
ベホマラー!」
リヨ子 「あ、キリツグだ。死ねばいいのに(唐突の殺意」
ぐだ子 「私のモデルは士郎です…>白野」
衛宮切嗣 「な、いきなりなんてことを言うんだ君は!」
松たかこ が幻想入りしました
松たかこ 「よろしくお願いします。」
kari 「あ、目が死んでる人だ」
ぐだ子 「いらっしゃい」
衛宮切嗣 「セイ、バー…じゃ、ない!」
岸波白野 「まあでもアルトリアさんは自分と同じ顔の人殺してるからね
経験者は語る感が半端ない」
謎のヒロインX 「殺そう>松たか子」
ぐだ子 「アルトリヤなにやってん…」
松たかこ 「どこからでもかかってきなさい」
ごくらくちょう 「自分と同じ顔の相手を殺す暗殺者
ドッペルゲンガーかな?」
岸波白野 「ぐだ子>カラーリングはね
ようはあの二人をベースに配色交換してる訳だから」
衛宮切嗣 「左右にセイバーのようでセイバーじゃないのがいて紛らわしい…
すみません、うちのセイバー知りませんか」
謎のヒロインX 「セイバー顔は全員殺しますので>切嗣」
松たかこ 「松たかこ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:松たかこ → 松せいばー」
ルキナ が幻想入りしました
ぐだ子 「男の場合の凛と女の場合の士郎、じゃなかったっけ
まぁあくまでモデルってだけだからこまけーことはいいか!」
松せいばー 「わたしです。」
フェニックス が幻想入りしました
ごくらくちょう 「すいません
それ来月からなんですよ>>衛宮切嗣」
岸波白野 「お家騒動で甥っ子(男とは言っていない)殺してるんだよね」
衛宮切嗣 「ええい、僕が呼んだアーサー王はどこいった!?>X」
フェニックス 「よろしく」
kari 「ああ、貴方のセイバーなら貴方の息子さんと第5次聖杯戦争やってますよ」
ご近所の佐々木さん が幻想入りしました
ルキナ 「こんばんは、よろしくお願い致します」
ぐだ子 「いらっしゃい」
衛宮切嗣 「いや、君じゃない(断言>松セイバー」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 佐々木さん
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9321 (佐々木琲世)」
衛宮切嗣 「佐々木さん…が二人ぃ!?」
ご近所の佐々木さん 「よろしく頼む……
せいはいせんそう? なんだそれは」
佐々木さん 「…ネタ被った!」
岸波白野 「そうそう
だから意図的にかは分からないけど髪型とかは似て非なる感じだよね>ぐだ子」
松せいばー 「松せいばー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:松せいばー → せいばー」
謎のヒロインX 「おやアサシン仲間の佐々木さん」
ルキナ 「なんて紛らわしい…>佐々木さんが二人」
佐々木さん 「佐々木さん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:佐々木さん → 黒タイツ
アイコン:No. 9321 (佐々木琲世) → No. 9911 (犯人03)」
ぐだ子 「決闘者出たら盛り上がりそう」
謎のヒロインX 「ハイセくんはどう見てもバーサーカーじゃないですか」
黒タイツ 「黒タイツ さんが登録情報を変更しました。」
ご近所の佐々木さん 「アサシン? 何だそれは。随分と物騒だな>ヒロインX」
黒タイツ 「佐々木さんは多すぎるので数を減らされました」
衛宮切嗣 「佐々木さんからもっと怪しい何かに…」
岸波白野 「これ……男の方の私来るんじゃ」
ごくらくちょう 「ごくらくちょう さんが登録情報を変更しました。」
ご近所の佐々木さん 「と、おやすまないな。」
すまないさん が幻想入りしました
黒タイツ 「バーサーカー…暴走する所とかそれっぽいですな>ヒロインX」
ぐだ子 「いらっしゃい」
衛宮切嗣 「うちのサーヴァントしりませんか…よく食べ歩きしてるんですが…」
ぐだ子 「ジーク!ジーク!」
すまないさん 「すまない・・・中途半端に乗っかって本当にすまない・・・」
ご近所の佐々木さん 「ハイセくんはいつになったら救われるんだろうな……」
黒タイツ 「黒タイツ さんが登録情報を変更しました。」
ルキナ 「となりの女性ではないのですか…>衛宮さん」
せいばー 「ここだ」
ごくらくちょう 「つTS薬>>岸波白野」
ご近所の佐々木さん 「おや、すまないさんじゃないか。いい夜だな。まさか散歩中に出会うとは偶然じゃないか。」
リヨ子 「すまないしかいわないやつだ」
黒タイツ 「ピエロがいる時点で当分無理なんじゃないかなぁ(悪人顔)>佐々木」
衛宮切嗣 「帰ってくれ!>せいばー」
謎のヒロインX 「また死にそうになってますよね>ハイセくん」
岸波白野 「それ、来世からなんですよ>ハイセに救い」
衛宮切嗣 「こんなのうちのセイバーじゃない!
ただの食っちゃね妖怪だ!>ルキナ」
黒タイツ 「暴走してますな>ヒロインX」
影法師 が幻想入りしました
すまないさん 「やあご近所の佐々木さん」
影法師 「ごちそうさまでした。」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → いちご
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 340 (雛苺)」
ぐだ子 「いらっしゃい」
謎のヒロインX 「逃がした仲間も追い詰められてて本当に救いが無いですねハイセくん」
衛宮切嗣 「佐々木さん!うちのサーヴァントが迷子なんだが知らないか!?
あとすまないさんも!」
黒タイツ 「いちご!死神のいちごじゃないか!」
エミヤシロウ が幻想入りしました
岸波白野 「いや、二人居る事に意味がある訳だし>ごくらくちょう」
黒タイツ 「というかトーカちゃん死んでないよね(震え声)」
天子 が幻想入りしました
ぐだ子 「続々と集まってまいりました」
エミヤシロウ 「よろしく頼む」
謎のヒロインX 「士郎、はやくご飯の準備を」
天子 「こんばんは」
ぐだ子 「いらっしゃい」
両儀式 が幻想入りしました
影法師 「なん……だと……?」
岸波白野 「……なにしてるの?>シロウ」
ぐだ子 「埋まったら始めるから投票しといてくれると嬉しい」
フェニックス 「さて、そろそろ開始か
料理されたい奴からかかってこい」
リヨ子 「エミヤシロウ・・・一体何チャーなんだ・・・」
ぐだ子 「式も来たのかー」
両儀式 「まあ、なんだ。よろしくな」
ごくらくちょう 「いちごの季節だな…>>いちご」
黒タイツ 「逆ゥ!」
すまないさん 「シロウがマスター枠なのかサーヴァント枠なのか」
ぐだ子 「埋まったし、準備できた人は投票してね」
岸波白野 「死んでないと言い切れないのがあの漫画だからね>黒タイツ」
エミヤシロウ 「ほら、白いご飯と生卵と醤油だ>X」
影法師 「それな。>逆」
ご近所の佐々木さん 「いやはや、何か随分と物騒なものを持った人が随分と増えたようだな。
まったく、ただの一般人からすると少々恐ろしいよ。」
両儀式 「コロチャーかな。腹が減った」
ルキナ 「思ったんですが、ひょっとして食っちゃ寝妖怪から乗り換えるためにサーヴァントをここでスカウトするために村にきたのでは…?>きりつぐさん」
せいばー 「せいばーだ。よろしくたのむ。」
いちご 「ごくらくちょうの季節なの~>ごくらくちょう」
衛宮切嗣 「家で息子がいまさら何の用だ!>エミヤシロウ」
謎のヒロインX 「さすが士郎、準備が早いですね(シュバッ」
すまないさん 「アチャ―かもしれない>リヨ子」
エミヤシロウ 「果たしてそうだろうか?>逆」
天子 「何チャーっていったらランチャーよ(」
岸波白野 「うっ、胸が痛い>両儀式
なんだか殺された事があるような」
ぐだ子 「卵かけごはんって日本人以外に勧めてええんかな…」
すまないさん 「すまない・・・つまらないギャグをいってほんとすまない・・・」
ご近所の佐々木さん 「さーばんと? あーちゃー?
ふむ、最近の若者言葉は随分と変わっているんだな。」
せいばー 「せいばー さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5822 (セイバー03) → No. 6684 (セイバーオルタ03)」
ごくらくちょう 「おすすめのサーヴァントはアサシンだよ…>>衛宮切嗣」
ぐだ子 「よしいくぞー」
ぐだ子 「3」
衛宮切嗣 「そんなこと、ないよ(目そらし>ルキナ」
ぐだ子 「2」
ぐだ子 「1」
衛宮切嗣 「!?>右側」
岸波白野 「うちのアーチャーが何か変」
ぐだ子 「開始」
影法師 「セイバーなら何勧めても大丈夫そう。(偏見)」
エミヤシロウ 「髪の色が黒い親から白い子供が生まれる。
おかしいと思わないかね君?>切嗣」
ごくらくちょう 「ザオリクとかザオラルは使えません」
ゲーム開始:2016/04/30 (Sat) 20:31:11
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
フェニックス 「素」
謎のヒロインX 「圧倒的狼、普通の」
フェニックス 「すくねぇよ・・・?」
謎のヒロインX 「2Wはしんどいですね
というか狼すっごい久々に引いた気がします」
謎のヒロインX 「神話がこちらに来ることを祈りましょうか」
謎のヒロインX 「なんかやりたい騙りとかあれば付き合いますけど」
フェニックス 「よし、こうしよう

村が恋人を速攻で吊って人外を減らしつつ
占い師は銃殺を出し、マニアが俺らに付く
鬼は人外鬼で村を攫えば、俺らの勝ちだ」
フェニックス 「噛みは適当にいくぞー」
謎のヒロインX 「共有いないみたいなんで、吊れなさそうな所を噛んで行けばよろしい」
謎のヒロインX 「狂人避けるとか無理ですので」
謎のヒロインX 「あとはまあ銀か強い狂人いるといいなくらいですかね」
フェニックス 「とりあえず130」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
すまないさん 「なんだこの配役は・・・(困惑」
謎のヒロインX 「おはようございます
朝一でせいばーに投票済ませました
ミッションコンプリート」
ぐだ子 「おはよう
見計らったかのように出現するQP2
これは悩みますね、解説の影法師さん」
ご近所の佐々木さん 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
ふむ、朝か
QPを考慮すると7吊り6人外+αといった所か
マニアが村付きで、人外矢が勝ちの前提みたいなものと考えるとなかなかに厳しいところだ。
さて、共有はいないようだがCOはあるか?」
影法師 「ちょっと人外多い……多くない?」
リヨ子 「おいぐだ子茶いれろ」
フェニックス 「おはよう

マニア次第・・・か?
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1」
いちご 「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1

村が少ないのに、QP2は怖いのー。
共有の声が聞こえないので、COある人はしてほしいなの。」
ごくらくちょう 「おはよう
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
大惨事の予感だけど神話でてよ
お願いだから…」
天子 「おはよう
8吊りだから人外刺さりであってほしいわね
その上で噛ませれば最高 恋狼とかは吊るしかないけどね
マニアのCOもほしいわね」
衛宮切嗣 「           >::::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::、:::::::ヽ::::::::::\
          t::::::::::::::::::::::::/.:;::::::/.::::;::、::::::!:::::::::::::、:::::、ー`
           ヽ:::::::::::'::::::::i:::|::i::|:::::::i:iムム::::、:::::、:::i::::::.ヽ
             、ゝ:::::::|::::::::l:::|::|::|:::::::|:|:::::::|::::|:::::|:::|::::::::::>
            \::::::レ::::!:!::|::ト、::::|:|:::::::|::∧:::|:ノ:::::::::ゝ
             _ヽ:::∧:::r!t=,≧、:::ト!:::ィチ=,|::/ハ::::/
              `ヾト〈ヘ:!` ̄/ヽ:!:::/ヽ! ̄!':/ノ:7    令呪をもって命ずる!うちのセイバーにお菓子を与えるな!
                トヘ`      }::::〉   ::ム'      
                   ノィ;;;,、     」:/    ィ;;;;i;、     そこの家出息子!(エミヤシロウ)
                     /イ;;;;|ヽ, Kニニゝ ,.::゙|、;;;ト'、
               _,.</ ´ヘ ヽ, __ .:::/.:!':\      村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
    ____,..<'///////   \、 \:::::::/.:::::::|ヽ_
/'//////>人―‐-、 ///|     ハ    Υ:i::::::::::::|///>.     人外多めというなかでQPと鬼がどう動くかな。_
///////  )::(     `< /!   / ∟  」.:::、::::::::::|////∧//>.
///// __,、_}{_,、__    Ⅵ /::\ ∧ / .::::;、:::::::|/////∧////  ではCOをする人たちを待とうか。
///  `¨¨^X^¨¨´    '.'´ヽ:\::::\Y/.:/ :ヘ:::|//////∧///
/  r'   i Ⅴ  i   l   Ⅴ ヽ ´〈:::::::::Y: / Y'///////∧//
   i:     〈:.    :}    i:.Ⅴ    〉::::〈::: / .::|//////// ∧/
、  !:.    |::    :!    |:'.:\   /.::::::::∨ .::::::|'/////////∧′」
せいばー 「滅びろ<人狼」
黒タイツ 「おはよう、何だこのひどい陣営は
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
共有の囁きだとかは聞こえない、妖狐も2とまあ普通と言える数
マニアと鬼も気になるな…っと で、なんでまたQP2?」
リヨ子 「COあるやつさっさとして。
あとキリツグちょっとしんで?」
謎のヒロインX 「共有者はいないみたいですね
神話マニアはさっさと出ましょうね?」
すまないさん 「お前はそれでいいのか>ヒロインX」
両儀式 「早くケリがつきそうだな」
ぐだ子 「ひどいね>すまないさん」
岸波白野 「姉弟揃って白髪だねそう言えば>シロウ」
影法師 「セイバーだけを殺す機械かよぉ!」
エミヤシロウ 「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営1
QP2か。一体誰がマスターになるのか・・・」
ぐだ子 「なんでよ>リヨ子」
ルキナ 「運命を変えます! …と、おはようございます
第四陣営が非常に面倒くさいのでまずマニアには出ていただきたいですね」
せいばー 「マニアが出ないなら人外つきだ
人外付きということは人外を吊ろう」
岸波白野 「じゃ、マニアは出てね」
衛宮切嗣 「殺意が痛い!>リヨ子
どうしてそうも僕を目の敵にするんだ君は!?」
リヨ子 「うーんあとエミヤローラーしたいなぁ(チラッ」
天子 「とくにCOないみたいだしグレランか」
両儀式 「まあ出ないみたいだな」
フェニックス 「狼はまだしも、恋人が非常に怖い
○すら信用できないじゃん・・・?」
ぐだ子 「そして出てこないマニア(知ってた」
ごくらくちょう 「人狼どうし恋人かも知れないから…>>せいばー
でも他打ちだから村同士とかあるんだよね…」
謎のヒロインX 「村陣営半数割ってますけどまあよくあることですね
神話が出ないのも見慣れた光景ですか」
黒タイツ 「まあとりあえずマニアが出ないと始まらないよな
そんなわけで出てくださいお願いします」
リヨ子 「ダメ?だめならランするしかねーなー
天子 「マニアのCOがないのが地味に嫌よね」
せいばー 「天子かごくらくちょうに人狼がいる。
これは吊ろう。」
衛宮切嗣 「マニアは………出てこない、ようだね……
これはお察しというやつだろうか」
いちご 「悲しくもグレランなの。マニアは・・・・」
リヨ子 「>ぐだ子
偽者はまず本物に敬うってものが礼儀でしょ」
ご近所の佐々木さん 「で、マニアのCOもナシ、と
こうなるといよいよ厳しくなってくるな。まぁ元からだが。
ともかくグレラン一択、だな。」
岸波白野 「んー出ないか
ちょっと厳しいな」
フェニックス 「衛宮とシロウとアーチャーでランか」
ぐだ子 「逆に考えるんだ、○庇わなくてよくね?そう考えるんだ…(駄目です>フェニックス」
ルキナ 「…マニアはCOなし、ということは人外つきでしょう
希望をみるなら重要役職コピーも考えられます」
エミヤシロウ 「>切嗣
ふっ・・・別に、間食(1汁3菜)ならばかまわないのだろう?」
影法師 「まぁ、マニアが村に付くのは都市伝説ってそれ一定期。」
謎のヒロインX 「機械ではありません
確固たる私自身の意思ですよ>影法師」
すまないさん 「マニアが出てこないか、この配役だと村コピーだとしてもQPがいるからな・・・
なんともいえないあたりすまない・・・気の利いたことがいえなくてほんとすまない」
両儀式 「他刺しだからってQPが恋人じゃないって訳じゃないけどな
人数的には被ってることもあるだろ」
ごくらくちょう 「神話COしないってことは人外つきか良くて初日よ…
泣ける…」
フェニックス 「あ、衛宮違いで居たわ・・・」
衛宮切嗣 「せいばー落ち着くんだ、いきなりの誘導は根拠がないと信用されない>せいばー
それとも単なるヘイトで吊ろうというのかい?」
両儀式 「どうだっていいが」
リヨ子 「キリツグのくせに必死だぞ」
影法師 「どっちも本物で良いのでは?(名推理)」
ぐだ子 「私がオリジナルです(震え声」
岸波白野 「というか
白髪の子供ばっかだよねキリツグさん」
フェニックス 「別に、おかわりしてしまっても構わんのだろう?」
ご近所の佐々木さん 「せいばーがそれを即言い切った理由が気になるところだが
せいばー 「天子かごくらくちょうに人狼がいる。
これは吊ろう。」 」
エミヤシロウ 「貴様ァ! 全部同じではないかぁ!>フェニックス
せめて切嗣成分を増やせ!」
ルキナ 「ふむ、せいばーさんはRP込でしょうが殺意が高いですね」
せいばー 「ごくらくちょうは最初の発言で危機感をあおりながら恋人の可能性については楽観視を見せた。つまり村側の演技をしている人外だ。」
天子 「できるだけ狼狙って他の人外噛ませるようにするべきよ」
黒タイツ 「お客様の中にマニアはいませんか?そうかいないのか
重要職コピー?それは希望的観測すぎる
何事にも絶望的観測をするべきだ」
衛宮切嗣 「うちのセイバーをなんだと思ってるんだ!>シロウ
その量で間食だと?三時のデザートはどうなる!」
せいばー 「天子はなんか剣持っててキャラかぶってるんでころそう。」
すまないさん 「オリジナルとかニセモノとかいったらそこのシロウがかわいそうになるだろ!」
岸波白野 「私はある意味オリジナルだしある意味コピーだからなぁ」
両儀式 「適当だろ>佐々木」
リヨ子 「>佐々木
せいばーなんてご飯しか考えてないんだからまともに考えると負けだぞ」
黒タイツ 「で、セイバーの誘導がわけわからんのだが
そもそもなんの理由だオイ」
いちご 「消毒が終わるまでは疑心暗鬼なの。」
影法師 「あまりに脆い!(裏声)
(スキル使用。)」
リヨ子 「てかキリツグセイバー嫌いだっただろ」
謎のヒロインX 「すいません、ヘイトで吊り決めました>切嗣
本当にすまないことです」
天子 「いや今は持ってないし 持ってたら狼切り殺せるじゃないの>せいばー」
衛宮切嗣 「朝一の発言から続く発言との差異を見ての誘導か…
なかなかによく見ているなと言いたいが…>せいばー」
フェニックス 「切嗣成分を増やせだ?

衛宮士郎と、シロウと、アーチャーと、切嗣の息子でラン

これでいいか? >エミヤシロウ」
ぐだ子 「初日の投票理由なんてほぼ勘というか個人の好みだし>佐々木さん
理由言ってるみたいだけど」
ご近所の佐々木さん 「恋人の可能性について楽観視する狼陣営って違和感だがね
それを恋陣営目と見るならいざ知らずだが」
エミヤシロウ 「贋作が真作に劣ると誰が決めた・・・!」
ごくらくちょう 「恋人なんてしんではじめて分かるって感じじゃないですかヤダー>>セイバー」
両儀式 「オリジナルか偽物か、なんてものはな
生き残ったほうがオリジナルを名乗るだけの話だ」
謎のヒロインX 「私の殺意もなかなかですよ!
なにしろ朝一にせいばー投票済ませてますので」
衛宮切嗣 「いや、初日なんて情報もないし仕方がないものさ>X
……なんだか殺意を感じるけど、気のせいかい?」
せいばー 「噛める狼噛めない村人、その違いは大きいのだ<佐々木さん」
黒タイツ 「狼なら尚更恋人警戒するんじゃねーの?>セイバー
狐でも」
ルキナ 「ミュウツーの逆襲かな?>贋作が新作に劣らない」
両儀式 「死んだ奴は名乗ることすらできない」
岸波白野 「あ、そう言えばアーチャーぐだ子とも契約(かんけい)持ったんだっけ
……三股か(ボソッ)」
せいばー 「己の殺意を隠すな・・・。」
天子 「贋作が真作を超えたらそれはもう真作と変わらないわよね」
影法師 「切嗣の場合黒セイバーなら青よりはマシになるのか、私気になります。」
ご近所の佐々木さん 「剣持ってるとかなにそれこわい」
エミヤシロウ 「父親側を増やそうという気はないのか!?>フェニックス」
ぐだ子 「まぁでも演技してそうな奴を探すって方針は私もそうだから共感できる
ごくらくちょうがそうかは見てないけどな」
いちご 「決闘がいないのに誘導は嫌な予感しかしないの。」
謎のヒロインX 「そうですか、天子さんもセイバーですか
次に殺しますね」
すまないさん 「狼だけとは限らないのでは?人外見るというならば
初日から強誘導するのは構わないが」
フェニックス 「贋作が真作を超えた例があると思ってるのか・・・」
ごくらくちょう 「もてもてだな>>岸波白野」
衛宮切嗣 「僕は父親にも英雄にも正義の味方にもなれないのさ…>シロウ フェニックス」
ルキナ 「狼狐が最も恋人を警戒するでしょうね
村はとりあえず人外を吊りたいからとりあえず人外を吊る」
ぐだ子 「100股してます、先輩…」
リヨ子 「誘導だけがはびこる世界・・・聖杯に破滅な世界を願わなきゃ(使命感」
エミヤシロウ 「待ちたまえマスター!
私に一体なんの恨みがあってそんな風評被害を流しているんだ!」
両儀式 「何も誘導すらしないよりは建設的なんじゃないか
どうせグレランしかできないんだ」
ごくらくちょう 「贋作が真作を超えたらただの改良品じゃないですかね?」
すまないさん 「ヒロインXがぶれなくて怖い」
影法師 「◇エミヤシロウ 「可愛い子なら誰でも好きだよ、オレは」」
リヨ子 「エミヤシロウ…一体何チャーなんだ・・・(2回目」
岸波白野 「なんか嫌いあってる割りには根本的に同一人物だよね>複数女子と関係を持つ
お父さん似かな?」
衛宮切嗣 「この世を平和してほしいという僕の願いは叶わなかった!!!!>リヨ子」
ご近所の佐々木さん 「まぁグレランしかできないのは事実だがね。誘導よりはその反応の方が注目したいところか。」
せいばー 「そうだぞ、グレランはつりあいだ。
だから誘導して反応を見てそれから決める。
ごくらくちょうをつるす。」
影法師 「逮捕。()」
天子 「アルトリア顔じゃないセイバーがターゲットに入るならすまないさんを
ターゲットにいれてあげなさいよ>ヒロインX
なんか情けない顔してるわよ
黒タイツ 「何の理由もない誘導は害悪だと思うがね?>式」
両儀式 「誘導もしないで黙ってグレランでしれっと投票するよりは
お前に入れるって意志が見えるだけ優しいじゃないか」
すまないさん 「アチャ―だろう(2度ネタ>リヨ子」
フェニックス 「俺もだ
不死鳥と言われてても所詮はこのざまよ」
謎のヒロインX 「しかし内訳は賑やかでも何も出ないものですね・・・」
エミヤシロウ 「くっ・・・そんなんだからイリヤを救えないんだ・・・!>切嗣」
天子 「ランチャーでしょ?」
謎のヒロインX 「何が出ても今更吊りは変えれませんけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
ぐだ子0 票投票先 →ご近所の佐々木さん
リヨ子1 票投票先 →衛宮切嗣
黒タイツ1 票投票先 →両儀式
岸波白野0 票投票先 →エミヤシロウ
いちご3 票投票先 →天子
謎のヒロインX0 票投票先 →せいばー
ごくらくちょう1 票投票先 →すまないさん
衛宮切嗣2 票投票先 →エミヤシロウ
せいばー1 票投票先 →ごくらくちょう
ルキナ0 票投票先 →いちご
フェニックス0 票投票先 →エミヤシロウ
ご近所の佐々木さん1 票投票先 →いちご
すまないさん1 票投票先 →黒タイツ
影法師0 票投票先 →リヨ子
エミヤシロウ4 票投票先 →いちご
天子1 票投票先 →エミヤシロウ
両儀式1 票投票先 →衛宮切嗣
エミヤシロウ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
フェニックス 「さて・・・誰を噛むか・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
謎のヒロインX 「おお士郎、死んでしまうとは情けないです」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
謎のヒロインX 「あ、銀ですね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
謎のヒロインX 「数を数えましょう
割と佐々木さんとか吊れなさそうだなとは思いました」
フェニックス 「銀ですかね? 化もありそうだが、まぁ言動次第か」
謎のヒロインX 「銀だと思いましょう
でなければやってられません
吠えの勢いが良いので銀コピーもありえるかも」
フェニックス 「佐々木か・・・悪くない、が
俺はリヨ子を噛みたい」
謎のヒロインX 「リヨ子も結構いいですね」
フェニックス 「どうする?どっちを噛んでもいいと思うが」
謎のヒロインX 「好きな方をどうぞ
あなたが恋人とかはもうあったら負けくらいのつもりなので」
フェニックス 「ふむ

じゃあ今日は俺がリヨ子に行く 130
明日は噛み頼むぞ?」
謎のヒロインX 「サイコロで決めてもいいですよw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
謎のヒロインX は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エミヤシロウさんの遺言 エミヤシロウの一体何チャーなんだ星占い日記

初日:岸波白野:あり
了解した。
マスター、がフランシスコ・ザビエルを名乗るのならば私はそれに従うまでだ。
・・・正直そのセンスはどうかとおもうが。

追記:クチヨセ。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ご近所の佐々木さん 「ふむ、朝か
昨日はいちご投票だな
全体的に発言が薄く乏しく、
いちご 「消毒が終わるまでは疑心暗鬼なの。」
この疑心暗鬼って発言がどうにも狼狐の内ゲバに見えたんでな」
岸波白野 「私と繋がってないからどこか別の場所と繋がってるんじゃないかと思ったけど
そんな事は無かった」
衛宮切嗣 「     、、 \.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : イ/.:/: : :.:.:./.:/.:.:./.:/Ⅳ:.:.:.:.\
     \`.:ー==彡 : : : : : : : : : :/.:// :.:.:.:/.:/|.: /.:/.:.| Ⅵ:.:.\ ` ー
     <: : : : : : : : : : : : : : : へ:Ⅳ/ |: :.:/.:/ :|:/.:/`ヾ!:.Ⅳ:.:.:.:.:ミ=ー
     __ >: : : : : : : : : :/ ハ Ⅵ |:.:/i:イ,ヽ|ハ/   }:|Ⅳ:.:.:<⌒
      `ヾ://.:// .:イ八 い.     Ⅳ '㍉戈ヘ、、 /: |/:.:.:.:`ヾ\
       ノイ.:.:.:. ///.:.:∧ヽノ  `ヽ.    ``   厶/| :.:.:.:.\    まったく…女タラシで節操ないやつは断罪されて当然だ。
          ノ.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.∧、、    :.      イ/ハ|`\`ヾ:\
          リ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y                {  ′       あれで僕の息子だなんていうから恥ずかしい!
      -=彡イ.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.八  {       、     ヽ
          从:.:.:/:.:ノγ′   ヽ       `` 、_j ̄
           リ‐Ⅳ/`ヾー―..... _\     , ┘
       __ノ三三三三三二ニニ─ヽ、  |
      /ニ三三三三三三三二ニ=─`ーく、__________
     /三三二ニ=─=ニ二三三三三三三三三三三三三三三≧、
   ,,イ三ニ=─=ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヘ」
リヨ子 「ちぃーす」
ぐだ子 「おはよう
佐々木さんの反応視る発言はなんか一歩下がってる人外に見えたんじゃが」
フェニックス 「おはよう」
影法師 「大体私怨で自害させられたと思うんですけど。(名推理)」
ルキナ 「切嗣さんは昨日見た限り村にみたいな、と
せいばーさんの誘導にスマートに答えられており、その返答もまっとうです
では、そのせいばーさんはどうかというと、グレランのために反応をみる、というとても建設的な行動に見えるので村目ではないかな、と」
両儀式 「難癖でもなんでも殺し合わなきゃ始まらない。
そこに正当な理由なんて求めるほうが馬鹿げてると思わないか

強誘導がどうこう言う割にはお前らごくらくちょうにもせいばーにも入れないんだな」
リヨ子 「キリツグなんでいきてるの?」
天子 「おはよう
エミヤシロウは朝一でQPにしか触れてないことが狼よりで
意見がまったくないことが人外ってことで投票したわ」
ごくらくちょう 「せいばーの誘導があるからもうちょっと票が集まると思ってたでござる」
いちご 「天子さん。ちょっとグレラン宣言早すぎません?
COを待つ感全然ないところが、村とは思えないの~」
リヨ子 「あ、ぐだ子ケーキだしてケーキ」
すまないさん 「ネタ誘導の対象やネタ多めとはいえそこが吊れるとはな」
岸波白野 「あってるよ>投票あり」
フェニックス 「ヒロイン噛みか・・・遺言ないってことはブン屋とか?」
ご近所の佐々木さん 「……これは、ヒロインXがイタコだった可能性はあるか?」
両儀式 「遺言なしの死体か」
ぐだ子 「なぜ口寄せで潜るのかコレガワカラナイ」
いちご 「あっ・・・そこかぁ・・・<噛み」
リヨ子 「あとアルトリアさん遺言ねーすけど」
影法師 「切嗣に言われちゃ世も末だよなぁ。(ハナホジ)」
ルキナ 「…ふむ?
エミヤシロウさん星占いで口寄せ、岸波さんありと
ヒロインさんは遺言なし」
衛宮切嗣 「シロウからは星占い遺言、Xはなにもなしか。
で、岸波君に有りとでているならばCOを聞きたいものだね」
せいばー 「おはよう」
黒タイツ 「んー、そこ噛まれかぁ」
すまないさん 「そこが死ぬのか、岸波はあっているかどうか確認頼む」
ごくらくちょう 「口寄せって初日出ればよかったんじゃね?」
リヨ子 「実は遺言かいてない人外とかワンチャン!」
天子 「星遺言であってるの?じゃあそこはとりあえず放置でいいわ
ちょっとやな感じでミスったかも」
ご近所の佐々木さん 「口寄せが居たようで、かつヒロインXが遺言無しなら割と沿あり得そうに思えるが。」
岸波白野 「というか私だしね>アーチャー」
せいばー 「いちごを吊ってみるのも手かと。」
いちご 「口寄せ本当なの。ひなについてるの。」
リヨ子 「えー」
衛宮切嗣 「ああ、Xがイタコでシロウに口寄せか、それもあり得そうだけども>遺言がない」
フェニックス 「口寄せで潜るのは・・・意味不明だな
だが霊界情報を持ってきてくれるのでは?
逆だったか?」
両儀式 「今対抗イタコ出ないならヒロインで即死しただけのことだろう」
リヨ子 「マジで」
ぐだ子 「私もそう思います>ごくらくちょう
まぁ結果あってても保留って感じで」
ルキナ 「ふむ、岸波さんが投票あり
…ってイタコかい!」
リヨ子 「昨日いってた?」
天子 「ヒロインXは遺言ないのね サボってた人外ならいいなというところ」
両儀式 「は?」
影法師 「?」
せいばー 「ん?いちごに口寄せが憑いている?」
ぐだ子 「え?」
フェニックス 「あれー・・・? >いちご」
ごくらくちょう 「ファ!>>白波」
衛宮切嗣 「ん?なぜそこで君がでてくる>いちご
というか割れたのかこれは?」
ルキナ 「え???」
黒タイツ 「あと式、誘導の有無では大きな差があると思うんだよ俺は
誘導するってことはつまり「自分はこいつに投票します」って名言してるんだし
便乗してくる人外も出てくる。違うか?」
ぐだ子 「いちごは何を言ってるんだ?」
リヨ子 「えー面倒」
ご近所の佐々木さん 「……は?
すまんがどういうことだ?」
フェニックス 「イタコ乗っ取りじゃね? >いちご」
せいばー 「くちよせがついているのはシロウの方じゃないのか?」
影法師 「イタコはまぁ、良いんだけど。」
天子 「うん?口寄せがついてる?」
黒タイツ 「どういうことだ説明しろいちご!それでも死神か!?」
リヨ子 「いやまぁどっちにしろこれすっごい怪しくてやだなー」
両儀式 「オレは最初からそう言っているが>黒タイツ」
ぐだ子 「いちごに口寄せしたイタコいるなら出ればよくね、出ないならなんか勘違いして破綻した人外に見えるけど」
フェニックス 「そして勘違いで自滅した、と?」
ごくらくちょう 「口寄せ2
つまりイタコ2ってことじゃないですかね?」
すまないさん 「岸波が口寄せか、霊界情報を頼む
たしかいたこは霊界情報もらえたはず
そういってたら割れた・・・だと・・・?」
衛宮切嗣 「待ちたまえ、岸波君がイタコでシロウに口寄せつけた。
しかしいちご君はそれとは別で口寄せついてる、そういうことかね」
岸波白野 「ん?いや私がアーチャー口寄せしてる」
いちご 「あなたはイタコに口寄せされてますって出てるの~」
影法師 「口寄せ乗っ取り、が正しいんじゃない?(適当)」
ルキナ 「えーと、岸波かヒロインでおそらくイタコ
で、いちごが口寄せ主張? イタコ2?」
ぐだ子 「イタコ乗っ取りじゃなくて口寄せCOっぽいけど>フェニックス」
リヨ子 「イタコ2の可能性みんのすっごいあれだけどなー」
黒タイツ 「もう一人イタコいたら出ろ」
フェニックス 「岸波(イタコ) → シロウ(タコラレ)」
天子 「なるほどヒロインXあるいは恋がイタコで乗っ取り人外か」
いちご 「えっ、イタコ2??」
ぐだ子 「白野ー!霊界の情報をヨコセー!」
両儀式 「口寄せされてるなら霊界に行ってもらえばどうだ」
ルキナ 「いちご口寄せしたイタコがいるなら出ていいと思いますが」
せいばー 「もう一人のイタコがいるなら出るべき場面。」
ご近所の佐々木さん 「白野がエミヤを口寄せしているという主張で、いちごはヒロインXに口寄せされている、という主張か?」
すまないさん 「どういうことだ?」
岸波白野 「なんか、どっちだ
どっちだって迷ってるみたい」
衛宮切嗣 「イタコ2という状況…ふむ、あまり信用しづらいな…
そもそもいちご君の出方がよくわからない」
フェニックス 「あぁ・・・ヒロインXがそれの可能性・・・」
リヨ子 「もう1人イタコでないなら信用できんよこれ」
天子 「あ岸波もイタコCOだった」
ぐだ子 「謎のヒロインXがイタコならシロウがそうだって教えてくれるはずじゃね?」
影法師 「霊界の情報と言っても大した情報はあるまいよ……。()」
せいばー 「出ないならいちごとエミヤシロウは別陣営と。いちご吊ってもいいんじゃないか」
フェニックス 「どっちか霊界から情報もらえるんだろ?
ヒロインXの中身聞いてくれよ」
黒タイツ 「なんかこう、いちごが乗っ取ろうとして誤解して失敗した人外っぽいんだよな
イタコも出てこねえしさ」
リヨ子 「霊界情報すら今でてねー現状だから」
ルキナ 「あー…>ヒロインがいちごのイタコ」
両儀式 「少なくともオレはヒロインXがいちごに口寄せ託すとは思っていないが」
いちご 「嘘つくメリットないの。ひなが口寄せされているのは本当なの。」
ぐだ子 「あそこイタコならせいばーにつけて吊りに行きそうだけど」
衛宮切嗣 「いや、シロウは初日に吊られたから無理だろう>ぐだ子」
ごくらくちょう 「ここでイタコでないんならいちごあんまり信じたくないんだけど…」
リヨ子 「メリットっていうか今いちご信用するメリットが私らにはない」
天子 「イタコと口寄せは連絡とれないはずよ」
岸波白野 「私はイタコでアーチャーの発言見てる
いちごがヒロインとライン築いてたとしても
ノータッチだよ」
リヨ子 「メリットでいうならあなた信用するメリットが今ない(ゴゴゴ」
影法師 「占星術結果的にザビ子のほうが信用できるんじゃねとか思ったけど別に口寄せ側なら関係なかったというあれ。」
ぐだ子 「シロウも口寄せついてるっぽいよ?>切嗣」
ご近所の佐々木さん 「ぶっちゃけ、ヒロインXがいちごを口寄せするのか? と言われると微妙に感じるがね
というか、口寄せされているならそれこそ吊っても問題ないともいえるが」
フェニックス 「うん、なさそうだな

いちご吊っておいていいだろ」
天子 「イタコが2POPはさすがに信じられない」
黒タイツ 「その発想はなかった>ヒロインXがイタコ
でもそれだったら白野が教えてくれるんじゃね?」
衛宮切嗣 「先にXがつれていれば…シロウ宛にメッセージを出してイタコがだれかを知らせられただろうが、
この状況だとどういうラインになってるかわからないな」
せいばー 「いちご吊り待ったなし」
ごくらくちょう 「イタコって確か一方だったよね
口よせ側からイタコはわかんないはず」
ぐだ子 「あぁ、白野はエミヤがCOしなかったから人外見て吊りに行ったわけか
わかる」
ルキナ 「口寄せついていてイタコ不明ならいちご吊っていいと思われる」
黒タイツ 「アーチャーから霊界情報受け取れるんだよな、白野」
岸波白野 「ヒロインは逃亡らしいよ」
フェニックス 「霊界と現世なら可能だろう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
ぐだ子0 票投票先 →いちご
リヨ子0 票投票先 →いちご
黒タイツ1 票投票先 →いちご
岸波白野0 票投票先 →いちご
いちご13 票投票先 →天子
ごくらくちょう0 票投票先 →いちご
衛宮切嗣0 票投票先 →いちご
せいばー0 票投票先 →いちご
ルキナ0 票投票先 →いちご
フェニックス0 票投票先 →いちご
ご近所の佐々木さん0 票投票先 →いちご
すまないさん0 票投票先 →いちご
影法師0 票投票先 →黒タイツ
天子1 票投票先 →いちご
両儀式0 票投票先 →いちご
いちご を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
フェニックス 「どうしてこうなった・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
フェニックス 「鬼が夜叉とかでヒロイン攫ったなら佐々木あたりか
そうなると衛宮もそれなりに怪しくなる

天子辺り噛むか・・・?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
フェニックス 「あ、これリヨ子が銀のパターンだ(汗」
フェニックス 「どうするかな・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
謎のヒロインX は生き返りました
ルキナ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
いちごさんの遺言 あれっなんでイタコでないの・・・?
そうか恋人か・・・いや、別にいいの・・・ 
ひなは、巫女さんなの・・・お仕事したかったの・・・
ルキナさんの遺言 えーと、切嗣さんコピーなんですが、詳しい役職は伏せておきます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
影法師 「岸波白野(イタコ)→エミヤシロウ(口寄せ)。
謎のヒロインX(イタコ)→いちご(口寄せ)。
という事実に気付くのに一昼夜を費やしました。(真顔)」
岸波白野 「時間ギリギリになっちゃったけど
ヒロインは私逃亡主張らしい
なので人外っぽくはあるかな
私でGJ出てる場合はその限りじゃないし
アーチャーが人外なら、丸っきり嘘で
ヒロイン―いちごも可能性はゼロじゃないけど」
衛宮切嗣 「                     、、 ノ)ノj______
                 `ヾ三≧ゞムム彡三≦、、
               __..,,、<≧ミヾ彡ミ彡ミ彡ミ彡イ
                >彡彡彡ミミミミミミミミミミミイソ
              ∠彡彳爪爪从从ミ彡ミ彡ミ彡′   すまない、少しイタコの仕様を勘違いしてたようだ>ぐだ子
              _,ノハ从ノ爪!ヘ川i|i|i|i|トミミミミミえ
               ノノ爪从ハ Ⅵリ川i|/^ヾノノノノ)、、   それといちご君の出方に違和感しかなかったが…
                 ``<≦ノ从メくア リノハ ,ノノ巛巛《く
                ∠≦ルハヾ      ノ从巛《ヾ、   口寄せされてるのを語る意味とはなんだろうか。
                    `" ノ__  __   .:′ノハⅣハ!
                          `´、 ..,:// ...,,,ノハヘト,、  もしくはただ吊られを狙ったQPあたりなのかと考えているけども。
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、  あと岸波君はセイバーXがどこ逃亡したか聞いてくれ。
                     ////////\////////|/////!/∧
                        l//////////∨//////|/////i///  ……噛みが失敗してたのだろうか、少し悩ましい。
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l」
リヨ子 「わろた」
ご近所の佐々木さん 「ふむ、朝か
さて、まぁ昨日はいちご投票だ
正直なところ、口寄せ乗っ取りが事実であれ嘘であれ、吊ってマイナスではそうあるまい
あれでCOしていないのであれば占いなどの重要役職でもあるまいさ。」
ぐだ子 「おはよう
なんか狼の吠えがやたらあれだけどなんなんじゃ
式の発言最もだけど昨日発言少なすぎなのが気になる」
すまないさん 「逃亡者主張ということは逃亡先で死亡ということになる
噛みで死んだのはまずないからな、岸波が生きていてくれればその情報が提示される」
ごくらくちょう 「あそこでいちご出る理由がQPの吊り稼ぎしか浮かばないでござる
あと白野さんはヒロインXの役職を教えてくださいよ」
フェニックス 「おはよう」
黒タイツ 「…昨日から気になってたが何なんだよおい>狼の不穏な大声&小声
で、白野がヒロインX逃亡主張してるならいちご吊りで良いだろ
何処逃亡失敗したかだとかは今日ゆっくり聞けばいいな」
リヨ子 「セイバー絶対殺すマン生き返っててわろた」
ぐだ子 「おぉ?」
天子 「おはよう」
リヨ子 「あーセイバーさん、逃亡者あってるの???」
ごくらくちょう 「えっ>>ヒロインX蘇生」
ご近所の佐々木さん 「おや、蘇生が居るか。これは有りがたい。」
リヨ子 「セイバーじゃないアルトリアXさん」
フェニックス 「なんだ、この村・・・
村コピーなら出てこいよ・・・ >ルキナ」
影法師 「やるじゃない。(三沢並の感想)>蘇生」
せいばー 「生き延びていたのか<X」
ぐだ子 「白野はまじイタコでいいんかな?>謎のヒロインX
あとコピーいたぞなんか」
天子 「おお蘇生? 霊界情報を頂戴」
衛宮切嗣 「ふむ?>Xが蘇生
死んでいるのはルキナ君か…噛みは何狙いなのだろうか」
黒タイツ 「お、おう>マニア遺言
伏せておく、か」
両儀式 「ヒロインXが逃亡という話が事実ならどこかしらで死体なしが発生している
正直話半分もいいところだけどな。イタコラインが真だったとして――シロウが正しい情報を教える保証がない

ごくらくちょうは誘導される程度の発言ではあるな」
リヨ子 「逃亡者あってるならザビ子しんじるから」
ご近所の佐々木さん 「ヒロインXが蘇生したのならCOを聞こうか。」
すまないさん 「考えるまでもなかったな、逃亡先を頼む
そしてルキナマニアか、その様子だと人外コピー濃厚か
死んでいてくれてありがたい」
衛宮切嗣 「僕コピーだったのかい?>ルキナ
それならそれで出ればいいのに…」
岸波白野 「アーチャーが言うには、いちご視点恋の中にいたこいるってさ」
謎のヒロインX 「あ、良かった生き返りました!
私、クリックミスしてなければ白野逃亡した逃亡者です」
天子 「あれ発言がない」
両儀式 「潜伏マニア主張が出たが、なんだろうなこれは」
せいばー 「Xはどこへ逃亡した、いえ!!」
ごくらくちょう 「COをお願いします>>ヒロインX」
フェニックス 「狼狐コピーなら伏せるだろうから
鬼とか狂人とか、そういう役職っぽく感じる」
リヨ子 「凄い示されたかのようなCOだけど信じようか」
黒タイツ 「昨日白野が逃亡COしてたって言ってたぞ>佐々木さん」
ぐだ子 「いや、イタコなのは合ってるの?>謎のヒロインX」
影法師 「つまり……どういうことだってばよ。」
ご近所の佐々木さん 「お、おう。おう?」
謎のヒロインX 「ありがとうございます!優しい蘇生ありがとうございます!」
衛宮切嗣 「……人外がイタコラインを語ろうとした、そういうことだね?>X」
天子 「あー つまりエミヤと岸波の狼ライン?」
ぐだ子 「えっていうかそこ逃亡っておかしくね?」
リヨ子 「あ、そういうことか」
両儀式 「じゃあお前はなんで死んだんだ>ヒロインX」
リヨ子 「リヨ子かんちがい♪」
岸波白野 「アーチャーの主張とは合ってる」
すまないさん 「岸波の答えを聞く限り岸波逃亡主張か
だが答えがあってるあたりヒロインXの死因が謎になるぞ
罠主張か、それは?」
ごくらくちょう 「フー!>>ヒロインX逃亡者」
影法師 「ザッビ狼だとイタコ何処行ったの。(ハナホジ)」
衛宮切嗣 「ただ、そうなると…噛みはXを噛んで失敗したのか。
それとも…?」
フェニックス 「なるほど・・・」
謎のヒロインX 「いちごはイタコは恋人になったと主張」
両儀式 「騙ろうとした、なら逃亡先が合っていることの説明がつかない」
ご近所の佐々木さん 「白野の発言が事実とは限らんからな
これで割れるなら、という部分も有ったが>黒タイツ」
リヨ子 「罠こんなとこではるか???てか4狼しかいねーのにそんなうかつなことする罠師いないだろ」
岸波白野 「キリツグ>私の朝一参照
先にそれ言ってる」
ごくらくちょう 「それだとエミエも人外じゃないですかね?>>衛宮切嗣」
せいばー 「なるほど、なるほど。
白野を吊ればわかるってことだ」
ぐだ子 「そうじゃなくて、エミヤと白野は繋がってるのはあってるのかって」
天子 「罠はない 素の逃亡者であるなら岸波が狼でないとおかしくなる
つまりヒロインXと岸波で対立」
衛宮切嗣 「いちご君の主張は…正直信用に値しない。
だから申し訳ないが捨て置く」
リヨ子 「話すっげーかみあわねーぞ!」
フェニックス 「恋人って言ったらなんでも通るって感じで言ってる気が・・・?」
リヨ子 「話すっげーかみあわねーぞ!」
両儀式 「現状で言えることは――エミヤシロウが霊界で嘘をついていない
それぐらいだろう」
すまないさん 「岸波吊るす必要はないだろう、ヒロインXとの主張がまったくもって同じなんだぞ
人外見るならヒロインXのほうだ」
リヨ子 「ぐだ子、説明しなさい。今シャンシャンで忙しいの」
影法師 「まぁ、ぶっちゃけ蘇生いるならイタコ吊り自体は問題ないのではという感じにはなる。」
ぐだ子 「そこを教えてよ」
衛宮切嗣 「落ち着きたまえ、あくまでXの主張をまとめただけだよ僕は>岸波
僕としてはXを信用しているわけではない」
謎のヒロインX 「適当に私を逃亡者って言ったのでない限りはあってます」
両儀式 「イタコ吊って何を吊りたい?」
ご近所の佐々木さん 「話が凄まじくかみ合わない状況になってきたわけだが……」
フェニックス 「どういうことなの・・・?」
すまないさん 「正直罠とかピンポイントすぎるから考えないし
ヒロインX自身、岸波を信用してない」
リヨ子 「ヒロインXとハクノをそもそもロラるってほうが速いっちゃ速いけど
余裕あるっけ」
黒タイツ 「逃亡自体は合ってるのに結果が間違ってる???」
リヨ子 「蘇生いるから蘇生つるようなことはしたくないし」
天子 「そうか ヒロインが逃亡者主張あててたな>すまないさん
となると人外はヒロインの方ぽいか」
ぐだ子 「エミヤと白野がイタコで繋がってる主張なのに
白の逃亡失敗主張なの?>謎のヒロインX」
ごくらくちょう 「いちごさんの主張はまぁそれしかないよねってぐらい
Xとエミヤ両立は罠師が白野に罠仕掛けたぐらい」
岸波白野 「天子>対立はしてないよ?
アーチャーが昨日言ってた事を私はヒロインより先に言ってる

ヒロインの死因は私と関係無い何か
それだけしか分からない」
影法師 「狼の可能性は普通にあるってことになるべよ、ヒロインX真なら。」
謎のヒロインX 「適当に言って当たったのなら知りません」
衛宮切嗣 「あまりにもXの態度からして岸波を吊ってやろうとする人外感あるからね。
それに…噛みが不明なのも僕は正直あやしい」
両儀式 「ぶっちゃけヒロインXがクリックミスしてる、が一番妥当そうだぞ」
せいばー 「Xから吊るすか」
フェニックス 「訳が分からんな・・・どうなっている?」
衛宮切嗣 「ヒロインXを送り返そうか」
天子 「あーでも狼なら噛み死体ではないことはわかるんだよな」
ぐだ子 「謎のヒロインXの話おかしくね?」
影法師 「そうじゃなければヒロインXが騙りになるんだから送り返すしかあるまいよ。」
ご近所の佐々木さん 「もうぶっちゃけ両方放置して灰吊たい……って思ったが、占いと蘇生が居るのが濃厚な以上悪手かね」
影法師 「人的ミスは考慮しない、意味がないから。」
ごくらくちょう 「じゃあ蘇生保護かねてx吊りましょうね」
リヨ子 「まぁハクノの主張はともかくヒロイン先につぶしたほうがいいか」
黒タイツ 「ヒロインX人外っペーなこれ」
両儀式 「話を総合的に正しいものとして解釈するなら、だが」
フェニックス 「クリックミスか・・・何にせよイタコの主張は正しそうだ」
岸波白野 「ぐだ子>少なくとも、アーチャーが霊界で語っていた通りだよ」
謎のヒロインX 「そんな殺生な!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
ぐだ子0 票投票先 →謎のヒロインX
リヨ子0 票投票先 →謎のヒロインX
黒タイツ0 票投票先 →謎のヒロインX
岸波白野2 票投票先 →謎のヒロインX
謎のヒロインX11 票投票先 →岸波白野
ごくらくちょう1 票投票先 →謎のヒロインX
衛宮切嗣0 票投票先 →謎のヒロインX
せいばー0 票投票先 →謎のヒロインX
フェニックス0 票投票先 →謎のヒロインX
ご近所の佐々木さん0 票投票先 →謎のヒロインX
すまないさん0 票投票先 →謎のヒロインX
影法師0 票投票先 →岸波白野
天子0 票投票先 →謎のヒロインX
両儀式0 票投票先 →ごくらくちょう
謎のヒロインX を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
フェニックス 「QP主張するべきか・・・?」
フェニックス 「QPが信用削るために逃亡主張した
と色々しっかり考えました系の主張?」
フェニックス 「うーん・・・弱い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛宮切嗣 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
衛宮切嗣さんの遺言            >::::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::、:::::::ヽ::::::::::\
          t::::::::::::::::::::::::/.:;::::::/.::::;::、::::::!:::::::::::::、:::::、ー`
           ヽ:::::::::::'::::::::i:::|::i::|:::::::i:iムム::::、:::::、:::i::::::.ヽ
             、ゝ:::::::|::::::::l:::|::|::|:::::::|:|:::::::|::::|:::::|:::|::::::::::>
            \::::::レ::::!:!::|::ト、::::|:|:::::::|::∧:::|:ノ:::::::::ゝ
             _ヽ:::∧:::r!t=,≧、:::ト!:::ィチ=,|::/ハ::::/
              `ヾト〈ヘ:!` ̄/ヽ:!:::/ヽ! ̄!':/ノ:7     令呪を持って命ずる!復活せよ!(仙狸CO)
                トヘ`      }::::〉   ::ム'      
                   ノィ;;;,、     」:/    ィ;;;;i;、      2/復活させない>3/なぞのX(成功)>4/シロウ
                     /イ;;;;|ヽ, Kニニゝ ,.::゙|、;;;ト'、
               _,.</ ´ヘ ヽ, __ .:::/.:!':\
    ____,..<'///////   \、 \:::::::/.:::::::|ヽ_
/'//////>人―‐-、 ///|     ハ    Υ:i::::::::::::|///>._
///////  )::(     `< /!   / ∟  」.:::、::::::::::|////∧//>.
///// __,、_}{_,、__    Ⅵ /::\ ∧ / .::::;、:::::::|/////∧////
///  `¨¨^X^¨¨´    '.'´ヽ:\::::\Y/.:/ :ヘ:::|//////∧///
/  r'   i Ⅴ  i   l   Ⅴ ヽ ´〈:::::::::Y: / Y'///////∧//
   i:     〈:.    :}    i:.Ⅴ    〉::::〈::: / .::|//////// ∧/
、  !:.    |::    :!    |:'.:\   /.::::::::∨ .::::::|'/////////∧′
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ご近所の佐々木さん 「ふむ、朝か
さて、大分吠えが減ったな。減りすぎたくらいだ。
ともかく、まぁ白野の発言を考えるとそこは信頼していい。まぁ恋があるにせよ放置だろうな。
今日には占いCOが出るだろうという意味ではまぁ、その結果を見つつ、だろうさ」
黒タイツ 「白野は信用したいからヒロインX人外だろ、と思ったけど結果繋がってる
どういうこっちゃな混乱なわけだ
いろいろ考えた末たどり着いた結論はQP枠に絡新婦がいてヒロインX愛人だった
そして逃亡失敗して死亡、白野に罪を押し付けた…?」
リヨ子 「へいへーい朝だぜー」
両儀式 「ヒロインXはあって『噛まれた子狐』でしかない以上、送り返しても仕方ないぞ
そこが人外ならもう一度狼に噛ませればいい
何人か蘇生保護というお題目に毒されてるみたいだけどな

ごくらくちょうは展開に対して全く自分の意見が見えない。状況把握を繰り返しているだけだ
こいつは占いでも蘇生でもない」
ごくらくちょう 「なんか狼の吠え少なくない?
静狼は知らないけど」
リヨ子 「蘇生しんでる・・・」
影法師 「じゃあひたすら紅茶蘇生し続けて、どうぞ。(ハナホジ)」
すまないさん 「すまない・・・よくわからなくてすまない、占い結果を頼む・・・」
岸波白野 「正直、ヒロイン人外なら私と主張割る気がするからあんまり吊りたくは無かったけど
蘇生いるからごめんね>ヒロインX

アーチャー>ごめん、リヨ子のどの発言がそう思ったか教えて」
ぐだ子 「おはよー
逆に白野吊る気ないんじゃがな
ヒロインXがあまりにも誘導してる人外にしか見えないから
ていうかヒロインXまじ逃亡なら日記だすだろ?」
フェニックス 「おはよう

ふと思ったんだが、ヒロインXの中身を考えるにあたって
逃亡COしたのがいつなのか・・・ってのが重要じゃないか?
イタコラインが出来た後に岸波に逃亡主張するとは思えない
そうなると・・・逃亡じゃなくて狐だった可能性も?」
リヨ子 「キリツグ、ごめんね・・・」
天子 「わたしが占い師よ!

黒タイツ○>ルキナ○>両儀式○>せいばー○」
ご近所の佐々木さん 「っと、蘇生が噛まれたか……」
黒タイツ 「で、なんか吠えが減ってるんだよな」
せいばー 「蘇生が死んでる・・・。」
影法師 「そらそうよ。」
すまないさん 「きりつぐ、お前が蘇生か・・・」
ごくらくちょう 「おう…>>衛宮切嗣蘇生」
ぐだ子 「狸ェ」
両儀式 「その蘇生が死んでいるが>白野」
天子 「1日目
黒タイツ こいつみるからに怪しいわね
きっと人外に違いないわ あとこいつに
刺すQPもいないでしょってのもあるわ

2日目
ルキナ 「狼狐が最も恋人を警戒するでしょうね~」
こう言ってるのに朝一で第四陣営が非常に面倒くさいと言ってるのよ
鬼は村に利益あるかもだしマニアも村につくかもしれないのだから
面倒なのは恋ってことでしょ
「~村はとりあえず人外を吊りたいからとりあえず人外を吊る」
これも吊れるところを吊りたいように思えたわ

3日目
2連白か 狼みつけたいんだけどうまくいかないわね
両儀式の朝一自分を棚に上げてない?自分が投票してない
理由がないし衛宮切嗣に投票した理由もでてない

4日目
岸波占いは意味ないな しかし黒がでない
せいばーが大声で岸波白野してるんだよね
でそのあとXから吊るすかと言ってる
吊りを稼ぎたいように見えてあやしいから占う」
天子 「白しかでねえ」
リヨ子 「狼なかなかするどいやつだな、蘇生殺すとは。
かみころしたかはしらんけど」
フェニックス 「あー・・・それは伏せてよかったってなるわな >衛宮」
両儀式 「そりゃあんなコピー遺言出たら切嗣噛むだろ」
岸波白野 「アーチャー凄い>キリツグさん本当に蘇生だった」
リヨ子 「>天子
○しかひいてねーのな」
ぐだ子 「占い1-?
これ一番困るパターンだ」
天子 「切継が蘇生だったのか 狩人いなそうだな」
影法師 「甚だ不満足な結果だけど他にいないなら仕方ないね。(レ)」
黒タイツ 「あー…これはルキナ信用していいだろうな
アイツが中身伏せた理由わかったぜ、実は薄々そんな気はしてた
黙ってたけどな」
リヨ子 「えっ、なに?私シロウに疑われてるの???」
フェニックス 「天子が占いCOで・・・対抗いるか?」
ごくらくちょう 「むしろ噛み以外なにで死ぬんですかね…?>>リヨ子」
リヨ子 「いやーハクノさんが村側って私、しんじてましたよ!ええっ!」
せいばー 「参ったな」
リヨ子 「>ごくらくちょう
鬼いなかったっけこの村」
ぐだ子 「むしろこの状態で真なら○だけでもいいんじゃねーの
だってそこ恋人いても噛まれるだろうから灰詰めれば人外殲滅できそうだぞ」
ご近所の佐々木さん 「さて、天子のみが占いCOで1CO、と
狼の吠え的に狼が騙りを出す余裕はないだろうと思ってた部分はあるが、QP辺りも占いCO出してきそうという意味では一概に信頼はしきれんかね。
その場合は恋占い前提になるが。」
すまないさん 「〇引き連打はいいんだがな、俺としては2w死んでるのではと思っているから
ヒロインXは何かしらの理由で死んだ人外、遺言ないあたり狼ではとにらんでいる
いちごも狼だろうと思う、だからそういう意味では天子は真よりか」
影法師 「流石リヨ子自由過ぎて吹く。」
ぐだ子 「まぁ言わなくてよかったよね>黒タイツ」
天子 「逃亡者の死因は逃亡失敗 逃亡先が噛まれた 罠 以外にはないはず
例外が天狼LWによる噛み」
フェニックス 「岸波は真ほぼ確定でいいので・・・
指定展開を始めてもいいかもな」
リヨ子 「QPいるから占い安易に信用できねーすよ」
ごくらくちょう 「あーそういやいたね>>リヨ子
鬼当てたら信用できそう(こなみ)>>天子」
黒タイツ 「あー、鬼いたな>リヨ子
じゃあ鬼に攫われたヒロインXがイタコ憑いてたので便乗して
蘇生されたのをいいことに白野逃亡主張をした?」
フェニックス 「恋占い+QPが占い騙りってのも、ありえなくはないからなぁ・・・」
ぐだ子 「それはわかる>リヨ子
でもQPなら狼囲えてるとも限らないし
今日は噛み見る意味でもグレー吊りでいいんじゃない」
影法師 「実際結果だけ見ればクッソ胡散臭いのは事実だけどまぁ。」
岸波白野 「いや、私じゃなくてアーチャーだから
理由分からないとだからってちょっと疑い辛いし>リヨ子」
リヨ子 「だから結構今の現場ふわふわしてる。
まじめにハクノ決めうって考えないと無理っすよ」
ご近所の佐々木さん 「まぁルキナに関しては信じていい、というのもまた事実ではあるがね。」
両儀式 「信用しないのは自由だけどな
信用しないならどういう進行をするべきかを言わなければそれは言うだけ無意味だ」
フェニックス 「ただ、個人的にはそれなりに信用できそうな気配は感じる」
ぐだ子 「狼の騙りなら吠え数的になおさら吊っちゃアカンじゃろ…」
せいばー 「参ったな」
すまないさん 「QPいるからというのはわからなくもないが
人外なら吊り先確保で●や人外結果投げるということもある
特に鬼結果だな、鬼がいることだし、なのでそういう点で真見る」
黒タイツ 「だよなぁ…>ぐだ子
蘇生バラす必要とかないだろうしな
気づいても口を噤む必要のあるときもあるってこった」
リヨ子 「>ハクノ
ええっ、さすがは主人公!
いうこと違いますね!冷静!さすが!」
せいばー 「ごくらくちょうを吊るという当初の目的に戻るしかないか」
影法師 「恋占いの占い乗っ取り対処は2日は遅れるって相場が決まってるんだよなぁ。(ハナホジ)」
ぐだ子 「この黒タイツ白くね?」
両儀式 「オレは正直ごくらくちょうを残す気がこれっぽっちもないわけだが」
ごくらくちょう 「1COだから信じて進めてみたいな>>フェニックス」
天子 「とりあえず灰からランを提案する
岸波はあるなら狼のラインでヒロインよりは信用あるし騙りでも
なんか吠えが怖いから放置したい」
すまないさん 「理由を見ても特に不審点もないというのも追加する」
フェニックス 「白タイツになるん?」
岸波白野 「セイバーは人外自白したって
QP主張らしいけど
信憑性は薄いって」
ご近所の佐々木さん 「ま、これならグレランしかやれることはないだろうさ。
狼が少なそうって意味で天子の○吊りという手も無くはないだろうが、少なくともそれをやれる指揮官が居ない以上な。」
ぐだ子 「それただの変態じゃね?>白タイツ」
フェニックス 「まぁ、ぶっちゃけて言うなら
狼視点で真なら噛まれるんじゃね?となる」
影法師 「スポットライトでも当たったんじゃね?(すっとぼけ)>白タイツ」
黒タイツ 「目のあたりが白いだろ?つまりはそういうことだ>ぐだ子」
ぐだ子 「ていうか朝一通りヒロインX真なら嬉々として日記だすだろ…」
ごくらくちょう 「そもそも全身タイツの時点で変態なんじゃ?」
両儀式 「・・・ごくらくちょう―フェニックスとかいう安直な矢でもオレは知らん」
フェニックス 「同時に、漂白も否定できないのがアレだが」
リヨ子 「黒タイツもしかしたらアンリマユかもしれないわよ」
ご近所の佐々木さん 「んー、ヒロインの人外CO主張は白野の立場から言ってもなぁ」
黒タイツ 「何故俺がアンリマユに」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
ぐだ子1 票投票先 →ごくらくちょう
リヨ子2 票投票先 →ごくらくちょう
黒タイツ0 票投票先 →影法師
岸波白野0 票投票先 →ごくらくちょう
ごくらくちょう5 票投票先 →ぐだ子
せいばー0 票投票先 →ごくらくちょう
フェニックス1 票投票先 →ご近所の佐々木さん
ご近所の佐々木さん2 票投票先 →リヨ子
すまないさん0 票投票先 →ご近所の佐々木さん
影法師1 票投票先 →リヨ子
天子0 票投票先 →フェニックス
両儀式0 票投票先 →ごくらくちょう
フェニックス は恋人の後を追い自殺しました
ごくらくちょう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
天子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フェニックスさんの遺言 ろくろ首CO
天子さんの遺言 わたしが占い師よ!

黒タイツ○>ルキナ○>両儀式○>せいばー○>ぐだ子

1日目
黒タイツ こいつみるからに怪しいわね
きっと人外に違いないわ あとこいつに
刺すQPもいないでしょってのもあるわ

2日目
ルキナ 「狼狐が最も恋人を警戒するでしょうね~」
こう言ってるのに朝一で第四陣営が非常に面倒くさいと言ってるのよ
鬼は村に利益あるかもだしマニアも村につくかもしれないのだから
面倒なのは恋ってことでしょ
「~村はとりあえず人外を吊りたいからとりあえず人外を吊る」
これも吊れるところを吊りたいように思えたわ

3日目
2連白か 狼みつけたいんだけどうまくいかないわね
両儀式の朝一自分を棚に上げてない?自分が投票してない
理由がないし衛宮切嗣に投票した理由もでてない

4日目
岸波占いは意味ないな しかし黒がでない
せいばーが大声で岸波白野してるんだよね
でそのあとXから吊るすかと言ってる
吊りを稼ぎたいように見えてあやしいから占う

5日目
リヨ子占う気にはなれないし佐々木は占いを恐れてなさそうなんで
白しかでなさそう すまないさんが若干怖いがぐだ子にしよう
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
影法師 「式QPじゃないなら何だろうとは思うけど。
リヨ子吊ってどうにもならんなら次に死ぬのはたぶん俺じゃね。」
岸波白野 「フェニックス ろくろっ首主張
ごくらくちょう イタコ主張
いちご 恋人は囲われてるんじゃない?」
ご近所の佐々木さん 「ふむ、朝か
昨日はリヨ子投票だ
基本的に発言に中身が無いし好き勝手やってる感じがどうにもぬぐえないからな
そういう意味では村よりも好き勝手やれる位置に感じた。
故にこちらに投票したというわけさ。」
リヨ子 「へいへーい朝ー」
両儀式 「単純に灰が減ったのでよしとするべきか」
せいばー 「あ?」
リヨ子 「>佐々木
すきかってはひどいな。」
すまないさん 「すまない・・・人外吊りに貢献できなくてすまない・・・
初日のせいばーの誘導どおりごくらくちょう人外だったな、恋人らしいが
今日の推理も期待したいところではある」
黒タイツ 「あれ、極楽鳥吊りの流れだったの?
俺的には発言薄めの影法師吊りたいんだがね、そこは天子の○でもないだろうしな」
影法師 「これどう思います?
実況のぐだ子さん。
(今更の振り回収。)」
せいばー 「 死化粧師
2日目:エミヤシロウ→いちご投票 安らか(別陣営)
3日目:いちご→天子投票 安らか(別陣営)
4日目:謎のヒロインX→岸波白野投票 安らか(別陣営)


5日目:ごくらくちょう→ぐだ子投票 苦悶(同陣営)」
リヨ子 「カップル1しんで、あともう1カップルっすね。」
すまないさん 「この灰の狭さで占いを噛むだと・・・?」
せいばー 「ぐだ子恋人陣営だな。」
影法師 「と、言うだけ言ったわけだけど別に噛まれてるなら良いねという。()」
リヨ子 「わたし恋人陣営じゃないんですけどー」
ご近所の佐々木さん 「で、ふむ
白野の発言と内容に相違はなさそうだな。遺言に関しては。」
リヨ子 「ていうか占い師かみがすっげーいや」
すまないさん 「この灰の狭さならもうCOしてもよかろう、魔法使いだ」
黒タイツ 「ん?死化粧の陣営判定に恋人って影響したか?」
影法師 「あのさぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>ぐだ子恋」
せいばー 「恋人は恋人でカウントされるんじゃないのか?」
両儀式 「化粧は恋人陣営どう判定するんだったか・・・」
リヨ子 「村人表記っすよ」
すまないさん 「魔法使い日記

初日夜 行使先→不可 結果→なし
魔法使いか、こういうのはキャスタークラスか魔術師に渡すべきだと思うのだが
すまない・・・マスターたちに渡されるべき役職をもっていってほんとうにすまない・・・

2日目夜 行使先→ヒロインX 結果→なし(狩人か暗殺、ほぼ暗殺より)
せいばーとごくらくちょうはあまり触れたくはないというのが本音、そこは放置
ヒロインXあたりか、朝一投票はかまわないがどことなく悠長だ
調べておいた方がいいと判断する

3日目夜 行使先→影法師 結果→〇
逃亡主張なら逃亡先死亡ということになる、明日の岸波の結果次第だな
影法師あたりでも調べるか

◇影法師 「霊界の情報と言っても大した情報はあるまいよ……。()」

イタコがいて口寄せが死亡、遺言なしがあるのにそこを気にしないあたりな
情報とかどうでもいい人外に見えるので行使してみる

4日目夜 行使先→リヨ子 結果→なし(ほぼ狩人)
ヒロインX行使した結果は暗殺で間違いなさそうだな、そして影法師ほぼ狂人かQPか>投票見る限り
いちごの口寄せ主張も考えるならいちごとヒロインXで2wの佐々木かまれで平和というのが妥当か?
いちご投票者のルキナが噛まれている点での考えだがな、行使先はリヨ子でいってみるか

5日目夜 行使先→ご近所の佐々木さん 結果→
恋人吊れたのはありがたい、ただすごく灰が減ったから狼吊り切りが怖いところ
とはいえ灰に行使しない理由がない以上は継続だな、行使先は佐々木
俺は佐々木狐みているところがあるからな、呪殺か暗殺が出ることを祈る」
ぐだ子 「おいぃ?>私恋人陣営」
岸波白野 「キリツグさん 影法師が自分噛んだ狼っぽかった
って>昨日の反応」
影法師 「せんせーい、これぐだ子-リヨ子だと思うんですけど~。()」
両儀式 「どっちみちぐだ子に吊り使う余裕はないだろう。恋人結果なら」
両儀式 「あー>ぐだリヨ」
ご近所の佐々木さん 「ふむ、影法師○結果か>すまないさん」
すまないさん 「ヒロインXを殺したのは俺だ、あとの結果は影法師〇ぐらいしかない
すまない・・・無能な魔法使いでほんとすまない・・・」
リヨ子 「少なくとも私恋人じゃねーし」
ぐだ子 「私恋人だとして吊りたいのか、お前は>せいばー」
影法師 「ぶっちゃけ誰より俺すまない信じてるからそこで話はお終いですね。」
すまないさん 「ないご近所のささきさんの結果はなしだ」
影法師 「正直占いより信じてるよ。」
黒タイツ 「ん、其処は少し疑ってたんだがな>影法師
まあどうするかは白野に決めてもらいたいが」
両儀式 「少なくとも恋人にLW混じってるなら吊らなきゃいけないしな」
せいばー 「いや、人外だろう?吊ってもいいんじゃないか?<ぐだ子」
ご近所の佐々木さん 「すまないさんの結果を信じる場合、ヒロインX死亡の日には死体なしが出ているという主張だが」
岸波白野 「リヨ子COお願い」
リヨ子 「どっちにしろ私はぐだ子も釣りたい位置だしとしかいえねーよ」
影法師 「ぶっちゃけ灰見てリヨ子吊ってぐだ子次第だけど漂白あるとしか思ってないんで。」
リヨ子 「村人COとっくにしてるんですが(震え声」
ご近所の佐々木さん 「ぐだ子じゃなくリヨ子にCOを聞きに行くのか」
黒タイツ 「セイバーなぁ、初日から割合強気だし自分が死んでもいい役職に見える
QPじゃねえの?」
リヨ子 「あと私つるとこじゃねーぞ?」
ぐだ子 「黒タイツは漂白だとしても村だと思うぞ>影法師」
影法師 「せいばーたぶん外れるから黒タイツ結構覚悟しといてというぐらい。」
すまないさん 「せいばーの主張通りぐだ子吊ってもいいのでは?
灰であることには限らないからな」
岸波白野 「いやごめん
アーチャーが聞きたがってたから>りよ子」
影法師 「俺からしたら見れんなぁ。>ぐだ子」
リヨ子 「>ハクノ
びっくりした!」
ぐだ子 「私恋人だとしたら吊ったらアカン場面じゃないのか>佐々木さん」
せいばー 「ぐだ子を吊ろう。」
両儀式 「リヨ子自体はいつまでもイタコの判断ふらふらしてた位置なんで
吊るのは問題ない」
リヨ子 「>ハクノ
あと指定して。私死ぬ。」
すまないさん 「放置してどこ吊るすかという話にもなる
この状況で〇吊りするわけにもいかんだろう」
黒タイツ 「俺も○なんだけどな…>影法師」
影法師 「まぁ、切嗣ですらあれな以上ミスってる可能性はあるけど。」
せいばー 「私が強気なのは私の役職と関係ない。
もはや私には失うものがないからだ。」
岸波白野 「一旦ぐだせい放置
恋なら噛ませる、でいいかな?」
影法師 「この時点で殺意湧くもんなぁ。」
ご近所の佐々木さん 「だからといってここから噛むとも思えん
それと吠え的にも狼はかなり少なそうだしな」
リヨ子 「それ私しぬって」
リヨ子 「ハクノ?」
岸波白野 「していなら影法師」
ご近所の佐々木さん 「ここで狼が噛んでくるわけがなかろう。吊るしかあるまい」
ぐだ子 「いいんじゃない、せいばー噛まれないから
多分○だから飛び出た狂人かQP」
リヨ子 「指定先ちゃんとして」
すまないさん 「放置してどこ吊るすんだ?>岸波」
せいばー 「影法師吊らない?」
ご近所の佐々木さん 「放置する気はないし影法師○」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
ぐだ子2 票投票先 →影法師
リヨ子2 票投票先 →影法師
黒タイツ0 票投票先 →影法師
岸波白野0 票投票先 →ご近所の佐々木さん
せいばー0 票投票先 →影法師
ご近所の佐々木さん1 票投票先 →ぐだ子
すまないさん0 票投票先 →ぐだ子
影法師4 票投票先 →リヨ子
両儀式0 票投票先 →リヨ子
影法師 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
岸波白野 は恋人の後を追い自殺しました
ぐだ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぐだ子さんの遺言 扇動者

共感結果だと白野はまじイタコですよ
影法師さんの遺言 >あなたは村人です。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
リヨ子 「へらへら」
リヨ子 「!?」
黒タイツ 「影法師は○のはずの俺に殺意向けてきてたからな、思考回路がよくわからん位置だ
まあ佐々木の結果考慮すると面倒なことになるが」
すまないさん 「行使先はぐだ子」
両儀式 「どういう死体だこれ」
リヨ子 「いそのーせいばーつろうぜー」
黒タイツ 「はー、オメガだりぃ」
すまないさん 「6日目夜 行使先→ぐだ子 結果→
たしかに日記にはほぼ狂人かQPと書いた
だがそこは俺の〇でせいばーの結果見てぐだ子優先しない理由なくないか?
狼吊りきり怖いといっても恋人目なんて噛まれないだろう、この灰の狭さで
行使先はぐだ子、暗殺orQPありえるとみて精神結果でどうでるか期待を込めてな」
ご近所の佐々木さん 「ふむ、朝か
さて、正直言って、割とぐだ子恋狼の白野恋イタコの可能性も否定しない上での想定で俺は進めたいと思ってるんだがね
その上で、まぁせいばーは割と信頼。天子も信頼したいところだな
そういう意味でも影法師吊りは反対だったが」
せいばー 「6日目:影法師→りよ子投票 結果安らか」
両儀式 「というか影法師すまないの○だけどな」
せいばー 「ふむ、ぐだ子恋人を言い当てた私を吊ると?」
すまないさん 「なるほどな、道理で>岸波とぐだ子恋人」
リヨ子 「意味わからんくなったねほんと」
ご近所の佐々木さん 「って意味だと完全否定は出来ん感じか。
ただ、せいばーが破綻、か?」
黒タイツ 「たっく、空気読めないことしてくれるよなぁ」
リヨ子 「あれ」
リヨ子 「ごめんリヨ子とぐだ子で混乱してるの私」
ご近所の佐々木さん 「っとと、ぐだ子とリヨ子が紛らわしい」
せいばー 「 死化粧師
2日目:エミヤシロウ→いちご投票 安らか(別陣営)
3日目:いちご→天子投票 安らか(別陣営)
4日目:謎のヒロインX→岸波白野投票 安らか(別陣営)
5日目:ごくらくちょう→ぐだ子投票 苦悶(同陣営)
6日目:影法師→りよ子投票 安らか(別陣営)」
リヨ子 「あれ私はぐだ子であの子はリヨ子・・・?」
両儀式 「お前がリヨ子だろ」
せいばー 「こうだからな?」
すまないさん 「せいばーの結果だとりよ子人外か影法師〇人外になるんだが」
黒タイツ 「リヨ子は自分だぞおい、大丈夫か?」
リヨ子 「ごめんねセイバー!!!私あなたのこと信用してたわ!!!!」
ご近所の佐々木さん 「すまないさん的には影法師○だよな。確か。」
すまないさん 「名前トラップなのか・・・?」
せいばー 「りよ子を吊ればどっちでも大丈夫だな<すまない」
リヨ子 「リヨ子かまれろかまれろって思ってたけど私ぐだ子じゃん」
黒タイツ 「んじゃ影法師は○人外ってことでしゅーりょー、ハイ終わり」
ご近所の佐々木さん 「なら、影法師が○人外でもない限りはリヨ子吊りでいいのではと思うところだが」
黒タイツ 「ん?いや?あれ?違う?ん?ん??」
リヨ子 「ちょっとまって私吊りの流れおかしくない?」
せいばー 「さぁどうする・・・!ちなみに私は天子の○でもある・・・!」
ご近所の佐々木さん 「ただぶっちゃけ発言的に黒タイツがすっげぇやな感じだが、ね」
リヨ子 「QPもう1体いるんだからさすがにノーセンキュー」
黒タイツ 「ははは、俺もリヨ子とぐだ子ごっちゃになってたぜ!」
せいばー 「影法師が白人外でもなければりよ子と別陣営なので、りよ子吊りっておかしい?」
両儀式 「どっちみち天子の灰はリヨ子と佐々木とすまないしかいないぞ」
ご近所の佐々木さん 「ただ結局それでも天子の○だしな」
せいばー 「おかしいか。
んーと。」
両儀式 「せいばーはもう疑うだけ馬鹿らしい」
リヨ子 「いやおかしいでしょ!」
すまないさん 「リヨ子吊りでいいと思う、佐々木狐目見ていたが流石に6人の日でケアはしたくはない」
リヨ子 「いやまってさすがにない」
リヨ子 「私吊り 安易 OK?」
黒タイツ 「なんだってこんな時に死化粧なんぞPOPするのかね
俺の刺した素敵な素敵な恋人を殺しやがってよ」
リヨ子 「すまないさん証明すらしてないのに」
せいばー 「指定入れます
佐々木吊り」
ご近所の佐々木さん 「それをするには影法師が○人外を主張する必要があるがね、リヨ子は」
リヨ子 「わーいかんがえなおしてくれた!」
両儀式 「うん?」
ご近所の佐々木さん 「ぐだ子が扇動者COしてるって意味だと狂は薄いわけで」
リヨ子 「さすがせいばーさん!オルタは一味ちがいますね!!!!!!!」
両儀式 「まあ従ってやるのはいいんだが」
せいばー 「QPかよ。。。。」
すまないさん 「真証明はしてないがヒロインXの中身はなんと見るつもりだ?」
黒タイツ 「ま、そんなわけで俺は村に味方するつもりねえから」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
リヨ子2 票投票先 →ご近所の佐々木さん
黒タイツ0 票投票先 →せいばー
せいばー1 票投票先 →ご近所の佐々木さん
ご近所の佐々木さん3 票投票先 →リヨ子
すまないさん0 票投票先 →リヨ子
両儀式0 票投票先 →ご近所の佐々木さん
リヨ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
ご近所の佐々木さん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
リヨ子さんの遺言 毒ってよー。きっと強毒よー
ご近所の佐々木さんさんの遺言 埋毒者だ。
中るも八卦、中らぬも八卦、みたいなものだろうさ。
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/04/30 (Sat) 21:37:26
衛宮切嗣 「お疲れ様!」
影法師 「お疲れ様。」
エミヤシロウ 「お疲れさま。」
ご近所の佐々木さん 「おや、中ったか。お疲れさん」
両儀式 「お疲れ」
衛宮切嗣 「www」
ごくらくちょう 「お疲れ様」
リヨ子 「あばばばばばば」
黒タイツ 「お疲れ様っと
すまんな>恋人たち」
フェニックス 「ひどいwwww」
ごくらくちょう 「きれいに狼が飛んだな」
両儀式 「同じじゃねえか」
リヨ子 「おつかれさま!!!!」
せいばー 「これはひどいな・・・・」
すまないさん 「すまない・・・夜叉でほんとうにすまない・・・」
ルキナ 「佐々木さんすごいですね…
お疲れ様です」
いちご 「まけたの~もうちょっとだったの~」
ぐだ子 「wwwwwww」
天子 「お疲れ様wwww」
ぐだ子 「ぶっとんだwww」
岸波白野 「ちょっと普通村支援してくる
ぐだ子はごめんね、ばしっとりよ子吊れなくて」
衛宮切嗣 「痛恨発動してた可能性があった(キリッ>式」
謎のヒロインX 「おつかれさまです
まあその・・・酷い村でしたね・・・」
ぐだ子 「リヨ子投票で殺せてたのになーwww」
影法師 「狐狙いで当てられたらしょうがないかなぁ、ぐらい。」
岸波白野 「お疲れ様でした」
ご近所の佐々木さん 「そしてなぜ俺を吊りにかかったかね。QPCOも居るうえで。
ま、結果論だけを言うなら毒が狼に中ったおかげで勝てたが、それでもなくば引き分けだったぞ。」
せいばー 「りよ子吊れなくて済まない・・・<村人」
岸波白野 「アーチャー、色々ありがとう」
衛宮切嗣 「だが狐だ>岸波」
ルキナ 「あ、そういえばフェニックスさん
私噛みのきっかけなんでしたか?」
影法師 「個人としては式外し以外は問題なし。」
黒タイツ 「おれはぐだリヨよりもぐだザビを選んだんだけどな
あー、リヨ子殺せればか」
両儀式 「安易って言われても佐々木よりリヨ子村に見えねえしなぁ、とか思ってたが」
せいばー 「りよ子が人狼で仲間と相談してて名前把握ミスする?と思った<佐々木」
ぐだ子 「黒タイツがマスターで3セイバーを従えてるんですかね?」
すまないさん 「イタコ2POPだったのか」
エミヤシロウ 「まったく、恋人がいるというのに私にいろいろ貢がせて。
私の事を3股とか言っていたがひどい悪女じゃないかマスター?」
謎のヒロインX 「普通声3、大声小声1ずつだったんでー
ぐだリヨが銀でもう片方をコピーしたんだと思ってましたよ?」
影法師 「怪し過ぎる……。」
衛宮切嗣 「どちらにしてもシロウと岸波が人外だったのだから…おかしな勝利だ(目そらし」
影法師 「(貢いだのか……。)」
謎のヒロインX 「まあリヨ子は単独行動してますので・・・>せいばー」
すまないさん 「ではお疲れ様」
黒タイツ 「なにそれ強そう>ぐだ子」
ルキナ 「確かに貢いでましたね……」
ぐだ子 「じゃあお疲れ様ー
うーん、自信持ってリヨ子投票、するべきだったなぁ」
エミヤシロウ 「魔力枯渇しそう(粉ミカン)>3セイバー」
リヨ子 「すまない・・・ぐだ子りよ子のくだりは演技ですまない・・・」
衛宮切嗣 「仮に佐々木の毒が別のところにいっても、
リヨ子釣りは免れなかったのではと思うが」
影法師 「リヨ子、ステータス
単独行動:A、狂化:EX。」
両儀式 「人魚より蛇姫が欲しかった」
ごくらくちょう 「あの貢ぎっぷりはたいしたものですよ
なんで本当に貢いでいたんですかね…?」
謎のヒロインX 「私が蘇生した時士郎の主張と違うって言ってればもう少し面白かったですかね
適当言ってれば村混乱して白野吊るでしょうとか甘く見てましたけど」
黒タイツ 「黒タイツは全ての犯人の結晶体だ
誰かが犯罪を犯すたびにその魔力は膨れ上がる(即興)>エミヤ」
衛宮切嗣 「ま、今となってはどうでもいいことか。
それじゃあ僕も帰るよ、お疲れ様」
謎のヒロインX 「というか士郎はイタコに適当送りなさいよねぷんぷん」
黒タイツ 「 ク ロ タ イ ツ
この世全ての犯人」
ご近所の佐々木さん 「その時は黒タイツが指定に従わずに引き分けるだろう?>衛宮」
エミヤシロウ 「雑談も少しは送ったとも(目逸らし」
黒タイツ 「んじゃ、お疲れさん」
ごくらくちょう 「お疲れ様でした
又どこかの村で会いましょう
落ちます」
ご近所の佐々木さん 「って思ったが、そもそも奇数になるんだったな。」
リヨ子 「ではおつかれさま」
謎のヒロインX 「それでは記念村に備えますか
おつかれさまでした、また遊びましょうね」
いちご 「お疲れなの~。恋人で勝つのは難しいの。
でも、もうちょっとだったの~」
影法師 「灰視合ってて占いの○村に見えなきゃこんなものということで〆。」
ごくらくちょう 「あといちごはイタコ恋人見たんなら自分が撃った先を教えても良かったんじゃない?」
ご近所の佐々木さん 「まぁそろそろ俺も帰るとするか。お疲れさん。
竿竹ー、竿竹はいらんかね?」
影法師 「入れるかどうかはわからないのでnnmさん1000戦おめでとうございますと祝辞を述べて帰ります。
お疲れ様でした。」
ルキナ 「ふむ、みんな落ちましたかね
お疲れ様です、またどこかでお会いしましょう
ぐだ子さんは村建て感謝です、それでは」
両儀式 「じゃあな。縁があればまた会うかもしれない」
エミヤシロウ 「さて、では私も落ちよう。
お疲れさまでした」