←戻る
【雛4168】やる夫達の超闇鍋村 [4865番地]
~お昼何食べた?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 朝食
(生存中)
icon 重音テト
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 雄鶏
(生存中)
icon ご主人様専用食
(生存中)
icon IA
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon 戯言遣い
(生存中)
icon 物部布都
(生存中)
村作成:2016/05/01 (Sun) 13:19:37
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようお願いします」
GM 「45開始ね」
GM 「OPはアンカーと相談
希望制無しで40分に10人以下なら最大人数18に減らしてGM降りる」
karin が幻想入りしました
karin 「へろう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 牛丼GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 682 (牛丼)」
牛丼GM 「いらはい」
牛丼GM 「OP希望あればお早めにどーぞ
希望制の有無も含めて」
朝食 が幻想入りしました
朝食 「よろしく」
牛丼GM 「いらはい」
牛丼GM 「次郎!次郎じゃないか!」
karin 「埋まったら妖精村+希望で>GM
埋まらなかったら何もなしでいいや」
牛丼GM 「この時間帯で埋まるかしらー」
karin 「どうじゃろなー」
朝食 「休日ではあるが・・・」
重音テト が幻想入りしました
重音テト 「やあ、よろしく」
karin 「へろう」
牛丼GM 「いらはい」
ジョルジュ が幻想入りしました
ジョルジュ 「そろそろ立てる時間かと思っていたら
もう立っている、嬉しいことである」
牛丼GM 「いらはい」
牛丼GM 「だがおっぱいはない」
重音テト 「ボクはフランスパンを食べながらのんびり待つとする」
重音テト 「(おっぱい枠はいら)ないです」
ジョルジュ 「か”な”し”い”>GM」
karin 「karin さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karin → やる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4882 (やる夫3)」
雄鶏 が幻想入りしました
雄鶏 「お願いします」
牛丼GM 「いらはい」
やる夫 「よろしくだお」
重音テト 「全体的に食べ物系が多いのは気のせいかな?(すっとぼけ」
やる夫 「昼だからじゃねーのかお?」
雄鶏 「何言ってるのだ 自分は鳥だ」
重音テト 「なるほどー?>やる夫」
重音テト 「調理済みじゃねぇか!>雄鶏」
朝食 「弱肉強食の世界で負けてしまった鶏が居るようだな、恥ずべきことだ」
牛丼GM 「俺たち常に食われる側だけどね>朝食」
ジョルジュ 「どっからどう見ても弱肉なんだよなぁ>朝食」
やる夫 「肉というより野菜じゃねーかお?」
雄鶏 「くっくっく お前たちは気付いていない…
中は実は生で食べた瞬間らか私に蝕まれることに……!」
牛丼GM 「宣言通り10人そろってないから降りるよー
OPはこのままで」
ご主人様専用食 が幻想入りしました
牛丼GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
重音テト 「卵焼きか」
IA が幻想入りしました
やる夫 「狐がご飯なのかお」
IA 「いあおぉーん・・・」
ご主人様専用食 「名前が長いのなんのその
お風呂?ご飯?お風呂で私いただけば全部解決
まさに妙案ですおほほほ」
IA 「はい、アンカーはやる夫のままでね」
やる夫 「んじゃま、延長なしでOKだおね?>GM」
IA 「そうねぇ>延長無し」
ジョルジュ 「問題はご主人様になる方法である>専用食」
重音テト 「お風呂で卵焼きを貪るとは……」
ご主人様専用食 「アッハイ。マグ……タマゴです>テトさん」
やる夫 「アンカー久々だから投票しかけたお、あぶねえ」
ルーミア が幻想入りしました
結月ゆかり が幻想入りしました
朝食 「こんなこともあろうかとクジを用意したぞ
2%の確率でご主人様になれる」
結月ゆかり 「どうもどうも」
ルーミア 「よろしくいただきごちそうさまなのかー(モグモグ」
朝食 「10連で引いたら1回分オマケだ」
IA 「ゆかりーん」
結月ゆかり 「IAちゃんもテトっちもよろしくねー」
IA 「あかんガチャやそれは>朝食」
重音テト 「やーやー」
やる夫 「ボカロ勢に囲まれるルーミア…乙だお」
重音テト 「10連ガチャか、相場なら10連1回3000円」
雄鶏 「10連でSSRが出る訳無いだろっ!」
ルーミア 「?ボカロって食べられるのかー?
美味しいのかー?」
IA 「別に食べたりしないもーん>やる夫」
ご主人様専用食 「ま~どこのゲームとは申しませんが
実際そういう感じですからねハイ」
ジョルジュ 「0.98の11乗を何回累乗すれば納得のいく確立に至れるか
それがこのガチャの答えであるが」
IA 「ま、時間だからゆかりん投票して開始しようか」
重音テト 「そこに朝食と鶏があるじゃろ>ルーミア」
戯言遣い が幻想入りしました
やる夫 「んー…食えるか、かお
…ボカロは機械なのか、生きているのか…」
重音テト 「何回引こうが2%は2%なのだよ」
戯言遣い 「よろしくお願いします。」
やる夫 「まあいいや、カウントするとするかお」
ルーミア 「朝食と鶏は食べちゃったのかー
ちゃんとごちそうさまもしたのかー
ルーミア偉いのかー?褒めるのかー!」
朝食 「あ、1回500円 10連で5000円な!」
やる夫 「5」
重音テト 「もう食べたあとかよ!?」
やる夫 「4」
やる夫 「3」
物部布都 が幻想入りしました
やる夫 「2」
ジョルジュ 「高い(確信
SSRの中身が一種類でハズレレアなしだからってぼってやがる」
雄鶏 「妖怪に生肉の毒は聴かない… グフッ」
IA 「そういやGM無しに変えるとアイコンはそのままなんだあ」
やる夫 「1」
ルーミア 「ご飯の後はデザートなのかー!
白饅頭はデザートに最適なのかー」
やる夫 「やる夫はおいしくないお?開始だお」
ゲーム開始:2016/05/01 (Sun) 13:46:56
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
雄鶏 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
雄鶏さんの遺言 誘毒の鶏
毒は毒にしか効かないとか皮肉やなって
身代わり君さんの遺言 もー
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
IA 「おはよー
5吊り4人外
COある人はどーぞ、囁き2回あった」
結月ゆかり
               _. . : ¨ ̄ ̄:¨ . ー
            /: : :: : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ': : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : :.\
           i: :/:人: : : ,: : : : : : : : : : : |i: : : : : : ヽ
           /: /: : : : : :/: : : : : : : : : : : :|i: : :>=ミ: i   人外の倍数の数、村がいますって言うとなんとかなりそう
         ,: :/:.,.:.: :.|i: : /|i: : : /: : : :|i: : :/' :_/={:i:i:i:iヽ
          /: ハ: i: : : |i: / :|i: : /: : : : :|i : / : :{:i:iY:i:i:i:i:|}
.        i: :i: :V: : : |i/x竓ミ' |: : :|: .,: , ' |:人_人:i:i:i〃  吊り余裕1と言うと面倒そう。
         V: :/|i: : : |'.んしハヽ}:/}:./__}' |i: : |i:  ̄:.i
.         /: /: |i: : :.イ乂zシ ´  / 'ん:.心.|i : 八: /: |
        i: :,:ハ:|i: : |: : .        乂z:ソ |i /: : /: : |  
        l从{ 〔三=〕: :ゝ     ,       八: : /: : : |
          /:/: :} : : : .、  __       /: : : /: : ハ:.|  まぁ共有の声2回聞こえたので適当にどうぞ。
   /     /ハ:i: : ハ: : : : \      .ィ:\=\: : :イ:.:}:|
  (:{     i: { }: :{  i: : : :}   ̄ |: : :人: : \ソく. |: :|:|
    \、 __∨ 八: :.くl: : :从.     |: :/: : : : : : } }: :v: : :,
      ― ァ:.//\: ヽ/=l )    |=i: : : : |: :./八: : : :人
    __,彡'≦ニニ}: :i.〃ヽ  /|=l: : : : |i : {ニ'\:/  )
       /ニニニニ/: :.∨i\ /|=|i : : :八: ハニ=\ '」
朝食 「おはよう

共有が居るようなので出てもらうとして・・・
11>9>7>5>3>1
5吊り4人外だ、吊りミスは致命傷になりかねないな
村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1」
やる夫 「ぼっち共有COだお」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1

まぁこの規模ならこの人数はむしろ温情の方なんじゃねぇのかなぁ。
囁きは確認済み。」
戯言遣い 「普通村のような運命を感じる。
(普通村配役とは言っていない)」
重音テト 「12人Bかな?(すっとぼけ」
ルーミア 「おはようなのかー
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営3 妖狐陣営1

おうどんだけ気をつければいいのかー?
共有出てきて指定なりなんなりするといいのかー
そーなのかー」
物部布都 「老兵じゃ」
IA 「呪殺くさくて困る」
結月ゆかり 「すごく……呪殺に見えます……
天人だったら後ではったおしましょう」
重音テト 「天狗いないから初日呪殺だな、ありゃ」
ご主人様専用食 「ではでは
共有は出てくださいまし」
朝食 「初手銃殺か、弱肉強食の掟には逆らえなかったようだな?」
ルーミア 「じゅ、呪殺なのかー!?」
戯言遣い 「可哀想に……。
夕食は鳥肉ですね……。」
物部布都 「なんかいきなり死んどるの・・・」
ジョルジュ 「…天狗陣営がいないんで、そこで誘毒宣言してる鶏は
狐濃厚。かなり展開が早い村ですなまったく。」
やる夫 「なるほど、つまり村人VS狼と…」
IA 「老兵に共有護らせる感じでいいんじゃない
あるいは呪殺主張の占いが出てもいい
噛まれたら老兵吊れば良いし、もちろんこれは占い次第だけど」
結月ゆかり 「吊り減ってますが結局やること変わらないんじゃ」
ご主人様専用食 「老兵が共有護衛
これはもはや常識」
朝食 「今10人で、恐らく村7狼3」
物部布都 「我ずっと共有護衛してるから」
重音テト 「占いCO!ジョルジュ〇!」
IA 「天人の可能性も微レ存()」
戯言遣い 「呪殺した人は老兵占ってゴーという感じ。」
重音テト
   /⌒ヽ
   !: :\  _,.-───── 、
   \_`ー-: : : : : : : ̄`ー 、 : >───┐
     /:/: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : : : !
   ィ/: : : : ィ: : : : : : : : :\: : : : : : \: : : : : |
_,.-'":/: : : : / |: : : : : :ト: :⌒: \: : : : : :|: : : : : :|
|: : : ,|: |: : :|⌒ ',: : : : :| `ヽ、: : :ヽ: : : : :|≧三ラ  占い師だよ、ジョルジュ〇●
≧=z|: |: : :|   \: : : ', ,.=ァ=、_、|: : : : |!: : : : : :|
ヽ: : :|: |: : :|  ァ,-ミ、!ヽ|/,.ffjテぅ |: ☆:|:|ーz: : : |
 }: : |:ハ: : :', 〈 {::fj゚ぅ   弋トソ !: : :/三ラニ≧
  ヽ≧ヽ: :\ヽ弋ソ , _,、 〃 |: :/.|`ヽ\ζ
   }: : :\: :|ゝ〃  く/: : :) ノ/:イ ,| ├┴┐
   `ヽそ'ヽ! ヽ>ー = イ: :/'"r"| ├─┤
       {   ヽ:\: : /く: : : :/: :/   | :/⌒i,-、_
        \  \: く⌒ー-、_ノ   H/  /  |:|
         \_/`'イ`ヽ、      し/  /⌒i
        /-/:\-': : : |○\      し/  /
        |-/ |: : |ヽ: : :|○|: ヽ__    し

----------------------------------
ジョルジュ:
隣にいるおっぱい星人占っておこ
---------------------------------- 」
物部布都 「なんで出た!?」
IA 「えぇ>グレー占いが出る」
朝食 「狐吊ってGJが出たといった状況だな
吊り縄は減ったが損してるわけじゃない」
結月ゆかり 「ま、老兵は真ならあと1GJで吊りが増えて大分マシになるんで頑張ってって感じです。
偽なら?しねぇい!」
重音テト 「呪殺出した占い師がいるだろうし老兵もいるし、ささっと出ておく」
IA 「それする位なら今日出て護衛させりゃいいんじゃないかな>戯言遣い」
朝食 「ほう?」
ルーミア 「ふぁっ!?なのかー!?
何で占い?」
IA 「天人かもしれないでしょー!>テト」
結月ゆかり 「グレー占いだとー?」
物部布都 「え、我これ占い護衛必要?」
ご主人様専用食 「iAさん>狼が確率に賭けた場合が面倒すぎません?
死体無し出ればいいですが」
やる夫 「雄鶏じゃねーのか>テト
まあ、とりあえず老兵はそこ護衛して良いと思うお」
戯言遣い 「老兵真って保証を僕は持ってないので。>IA」
朝食 「護衛ぶらしに見えなくもないが・・・様子見でいいか」
ジョルジュ 「…そして呪殺ではない、という主張の占いが吶喊。
呪殺主張するつもりはない、だから私はサブとして結果をガンガン作るよ、という主張は
実はそんなに嫌いじゃない。今俺がこれを言うのは非常に囲い臭くなるけどな。」
重音テト 「いやないでしょ、流石に…>IA」
戯言遣い 「呪殺主張じゃないなら不要だと思いますけど。>護衛」
IA 「それなら吊ればいいじゃん()>戯言遣い」
朝食 「護衛は二択でいいと思うぞ?」
ご主人様専用食 「というか占い出て驚くんですね>IA」
結月ゆかり 「◇ご主人様専用食 「iAさん>狼が確率に賭けた場合が面倒すぎません?
死体無し出ればいいですが」
ぶっちゃけ確率抜かれた主張の老兵とか信用しないから、そん時は狼運良かったな、老兵しねぇい!
にします」
ルーミア 「仮に老兵偽でも噛ませちゃえばそこ吊れるのかー
人外になるのかー
LW古狼とかなら迷惑なのかー」
IA 「でも毒は毒でも誘毒って天人有りそう
ありそうじゃない?」
物部布都 「二択って言っておいてどっちか抜かれたら吊るとか言ったら我泣くぞ」
IA 「グレーから無関係の占いが出るとは思わんかったよ>狐」
戯言遣い 「狐死亡とは言え、吊り減ってるのは自覚してます?>IA」
朝食 「ただ、直感的に考えるなら
テト狼 布都古狼 ジョルジュ囲いで
明日になれば引き分け寸前まで確保・・・とかあったりする?」
ルーミア 「逆に占い護衛必要じゃない理由が見当たらないのかー!?
なのなのかー!? >物部布都」
ジョルジュ 「言うべきことは言ったんでジョルジュは専用食を食べる方法を模索しながら
灰の狼を探すマルチタスクに専念しようかと考える。」
やる夫 「天人だったら素直に天人遺言残してもらいたいんだけどな
面倒だしお」
重音テト 「別に共有噛ませていいじゃん、灰が狭まっていくだけなんだし」
IA 「してるよ>戯言遣い
でも老兵真ならほぼ噛まれるから占う意味も無くね?」
ご主人様専用食 「この人数で天人がそういう騙りやると
帰ってくるころにはグドるような」
戯言遣い 「吊り減ろうが減るまいが真なら吊らない方がいい、てのは同意してもらえるとありがたいですけど。」
朝食 「共有噛まれちゃダメだろ・・・」
物部布都 「全部燃やせばすぐ終わるんじゃがのう」
ルーミア 「それ、票数足りないからぶっちゃけ無理じゃないのかー? >朝食」
結月ゆかり 「少なくともよ、呪殺した占いがいるなら今日はジョルジュ○は無いわけで
それでいてテト噛まれて信用できるなら、呪殺した占いが別に占い結果持つ事になってジョルジュはほぼ村になるわけで
そう考えると護衛は割と不要でもって思う。
GJ狙いたいなら御随意に。 老兵に求めるのは御仕事だけなんで」
ご主人様専用食 「魂がイケメンになるしかないですハート>ジョルジュ」
IA 「真ならね、でも真なら噛まれるよねって理屈を言ってなかったわ>戯言遣い」
ジョルジュ 「言わんとすることはまぁわかる>IA
誘い毒遺言で呪殺を隠すのは、相手が毒系遺言でない場合困難だからな。
狐がそれ残すのか、というのは分からなくはない」
戯言遣い 「なら吊りを勧める意味もないじゃないか。(憤慨)」
重音テト 「ボクが灰狭めて他にいる占い師が生きてればそれだけで詰むし」
やる夫 「まあ初日はグレランにしとくお」
IA 「占わせるぐらいならってこと!」
朝食 「なんていうか、あれだ
これ初手銃殺ならテト噛まれた方が
全面的に灰が詰まるよな?ってなる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →朝食
朝食1 票投票先 →ルーミア
重音テト0 票投票先 →結月ゆかり
ジョルジュ0 票投票先 →ルーミア
ご主人様専用食4 票投票先 →ルーミア
IA1 票投票先 →ご主人様専用食
ルーミア3 票投票先 →ご主人様専用食
結月ゆかり1 票投票先 →戯言遣い
戯言遣い1 票投票先 →IA
物部布都0 票投票先 →ご主人様専用食
ご主人様専用食 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言                        _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  さすが首領!
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |  村人と蝙蝠も身代わりにできる、そこにシビれる憧れる!
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.
ご主人様専用食さんの遺言 巫女ーンと賢い賢者でございます
自分でなのるのもアレなのですが
役職ですので御寛恕いただけたらなとハイ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
IA 「おはよー
天人なら今日か明日には確定で戻るはず
で、私の老兵についての考えだけど
1、古狼なら占う意味なくね?
2、真なら噛まれるから占う意味なくね?放置でいい
だからどうせ占う意味はないとみる、グレー狭めろよオラァン!ってこと
狼の吠え増えたのは占い対応相談か占い探しの相談だと思う」
重音テト 「占いCO!ジョルジュ〇!ゆかり〇!」
ジョルジュ 「死化粧師CO

ご主人様専用食・ルーミア 別陣営」
朝食 「占いCO
雄鶏○>テト○」
戯言遣い 「説明不足が大嫌いなんだ。
あと、(老兵真か分からない都合上)
真占いがいても昨日出る必要は特に無いので。
精々、共有の指定くらい。」
重音テト 「----------------------------------
ゆかり:
朝食が呪殺出した占い師っぽい感じがする、RP的にも考えて
そうなるとゆかりかな、GJの可能性求めすぎていてなんか嫌という、村っぽくない
----------------------------------」
結月ゆかり 「占いCO
雄鶏○  朝食●」
朝食 「2夜:テト
とりあえず初手銃殺、明日COでいいだろうな
俺の中で、狼候補は今のところ4人
テト ジョルジュ ルーミア 布都
ただ、布都とルーミアが同じ投票で
ジョルジュがルーミアって点からすると
テト狼で、ジョルジュは適当な○って感じか?
もしくは普通にジョルジュ囲いなのか・・・
本当に老兵の可能性もあるし噛まれるかもしれんので
布都は占わず、テトを占ってみるかな
対抗占いではあるが短期戦だから真偽ははっきりさせておきたい」
ジョルジュ 「初日夜
言うて人外が4枠、と考えると
仕事がどこまであるかは微妙な線ではあるよな。
12>9>7>5>3>、の5吊4人外だと
別陣営だから両吊、もそうそう使えないわけだし。

二日目夜 ご主人様専用食処刑・ルーミア投票
吊られの専用食はIAへの絡みが若干強い割にルーミア投票、
そこにやや疑問は残るが基本的に寡黙。ルーミアの方は老兵への当たりが
非常に強い位置。…どっちも異常なほど票が集まっている。
かなり灰が圧迫されてることを鑑みても、少なくとも同陣営結果で狼狼、という可能性は
まずない、と思っていいだろうな。」
IA 「身代わりいなかったね>やる夫」
物部布都 「老兵CO テト護衛」
ルーミア 「怖いから出ておくのかー
占いCOなのかー
雄鶏○ > 戯言使い○ >」
IA 「うわめんどくさい」
結月ゆかり 「初日:雄鶏
うーん、テトっちとかIAちゃんを疑う何て私には出来ない!(初日限定)
ってことで……隣のルーミア占うもあれだから……
何かおなかすいたなぁ……。 お昼ご飯食べてないんだよね。
ってことで、朝食……はもうそんな時間じゃないからチキン占います。

2日目:朝食
結果1消滅した訳で……明日出るかはかなり迷う所なんですよね
共有が朝食投票してるんですけど、そこ吊る所じゃないって思ってるんで
占い処分して良いんじゃないですかねぇ。」
物部布都 「ああ、それで護衛占いでいいって言ったのかお主・・・>やる夫」
ルーミア 「初日
お腹すいちゃったのかー
よく見ると雄鶏が復活してるのかー
美味しそうだしもっかい食べてやるのかー

二日目
やっば!やっばなのかー!!
朝一で呪殺とか言っちゃったのかー!バレそうなのかー!?
とりあえず占い継続しておくのかー
灰から適当に戯言遣い占っておくのかー
発言が短いの連打なのに票数1はびみょーなのかー?」
IA 「すげぇ!ゆか-テト-ジョルジュで村に見える!」
朝食 「ゆかりは俺が銃殺したと見て対応してきたってところかね?
5-3はない、と」
重音テト 「ほーん」
ルーミア 「ちょっと
ちょっとこれ >占い4」
結月ゆかり 「なんつーかこれ
投票されたんで共有噛みました的な」
IA 「だけど、戯言遣いさんはどう思いますかね」
戯言遣い 「なんか熱病ついてます。」
朝食 「どんどん対応出てくるぅーwww」
IA 「嫌絶対対応でるの分かりきってただろ」
物部布都 「は?」
朝食 「> 結月ゆかり 1 票 投票先 → 戯言遣い
これじゃねぇの?」
IA 「ゆかり土蜘蛛じゃねーか!」
戯言遣い 「ルーミアと比較するとゆかりさん信用かな、くらい。>IA」
重音テト 「熱病ついてるならゆかり土蜘蛛じゃね?」
ルーミア 「昨日朝一で出ておけばよかったのかー
そうすればここまで酷いことにならなかったのかー」
結月ゆかり 「私以外の呪殺主張占いぶったぎっていいですよ」
物部布都 「ゆかり吊りじゃ!」
IA 「でもそこ土蜘蛛じゃねーか!>戯言遣い」
戯言遣い 「えぇ……。」
結月ゆかり 「てめぇ! 狂人か!」
戯言遣い 「ルーミア占いでテト護衛でいいよって何者なの。と思うんですけど。」
物部布都 「いや・・・いいのか?
狼吊れてないぞ」
朝食 「俺視点で言わせてもらうが
テトは対抗だったが狼ではないようなんで
テトのゆかり○もそれなりに信用できる

つまり、ゆかりが土蜘蛛で2W開始という状態だろうな」
IA 「ぶっちゃけ朝食とルーミアどっちかが占いなのはメタ的にわかるんで…」
ルーミア 「ゆかり吊りなのかー
明日から本格的に占い信用勝負で」
物部布都 「メタはいかんぞ!」
朝食 「じゃあ、ルーミアと布都で2Wか・・・?」
IA 「それもそうだなぁ>戯言遣い」
ジョルジュ 「蟲狐吊の可能性は雄鶏の状況を説明できなくなる。(いや、天人の場合はあるんだが)
蟲狐噛みはない。
となると、やはり土蜘蛛か。」
重音テト 「枠数考えるとどうなるんだ?」
結月ゆかり 「狐いないんで、雪系でもない
戯言死なないんで駄目です。
というか、土蜘蛛が熱病付けて占いCOって謎すぎんでしょ!」
戯言遣い 「クッソきつい。」
朝食 「計算中・・・」
朝食 「明日5人で古系混じりなら引き分け確保される」
戯言遣い 「PP起きないなら明日占い決め打ちでどうぞ。」
朝食 「つまり、ルーミア吊り必須」
戯言遣い 「明日の状況で老兵の中身まで分かるはず。」
IA 「土蜘蛛混じりなら一緒だろオラァン>朝食」
朝食 「ゆかりは土蜘蛛っぽいが、今日は吊れない・・・」
重音テト 「布都古狼ならルーミア吊りじゃだめなんじゃね?」
戯言遣い 「朝食出てるじゃないか。(憤慨)」
ルーミア 「…というかルーミアの○全滅したのかー!? >戯言死す」
IA 「むしろ村持ってかれたら負けるやろ!」
朝食 「>IA
票を合わせられるかどうかの問題だよ」
結月ゆかり 「狂人からも私が真に見えたという御墨付きです。

「熱病付き」がそもそも嘘だという事を何故考慮しないのか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
朝食2 票投票先 →ルーミア
重音テト0 票投票先 →結月ゆかり
ジョルジュ0 票投票先 →結月ゆかり
IA0 票投票先 →ルーミア
ルーミア2 票投票先 →結月ゆかり
結月ゆかり4 票投票先 →戯言遣い
戯言遣い1 票投票先 →結月ゆかり
物部布都0 票投票先 →朝食
結月ゆかり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョルジュ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルジュさんの遺言 死化粧師CO

ご主人様専用食・ルーミア 別陣営
結月ゆかり・戯言遣い 


初日夜
言うて人外が4枠、と考えると
仕事がどこまであるかは微妙な線ではあるよな。
12>9>7>5>3>、の5吊4人外だと
別陣営だから両吊、もそうそう使えないわけだし。

二日目夜 ご主人様専用食処刑・ルーミア投票
吊られの専用食はIAへの絡みが若干強い割にルーミア投票、
そこにやや疑問は残るが基本的に寡黙。ルーミアの方は老兵への当たりが
非常に強い位置。…どっちも異常なほど票が集まっている。
かなり灰が圧迫されてることを鑑みても、少なくとも同陣営結果で狼狼、という可能性は
まずない、と思っていいだろうな。

三日目夜 結月ゆかり処刑・戯言遣い投票
完全に鉄火場投票なんで、この情報に関しては
何の役にも立たんな、まずもって。
問題なのはそこの戯言が熱病を嘘ついているか、耐えられるか、ということ。
つまり、同陣営が出た場合がむしろどういうことだよ、というアレになる。
結月ゆかりさんの遺言 占いCO
雄鶏○  朝食●

初日:雄鶏
うーん、テトっちとかIAちゃんを疑う何て私には出来ない!(初日限定)
ってことで……隣のルーミア占うもあれだから……
何かおなかすいたなぁ……。 お昼ご飯食べてないんだよね。
ってことで、朝食……はもうそんな時間じゃないからチキン占います。

2日目:朝食
結果1消滅した訳で……明日出るかはかなり迷う所なんですよね
共有が朝食投票してるんですけど、そこ吊る所じゃないって思ってるんで
占い処分して良いんじゃないですかねぇ。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
IA 「おはよう
やっぱりルーミア吊りでいいなと思ったけどこれだよ!
朝食ルーミア戯言遣いで3Wなんだるぉおお!
ジョルジュは自分の結果もっと信じて!」
朝食 「占いCO
雄鶏○>テト○>布都○」
物部布都 「冷静に考えたら熱病ついたのにCOせん戯言が本当に熱病なわけないじゃろ」
重音テト 「占いCO!ジョルジュ〇!ゆかり〇!朝食〇!」
朝食 「3夜:布都
ゆかり先吊りは・・・ないんだなぁ・・・
布都はほぼ古狼と見ていいだろうってことで
戯言も熱病騙りで偽ってなると・・・
ルーミア IA 布都の構成ってところか?
明日6人、3人外生存じゃなければセーフ
村4狼2で古狼混じりでも何とかなる配置
布都が何者なのか、を確定させておきたいな
布都 ルーミア 戯言の3Wだったりするかどうか・・・」
戯言遣い 「まさかあんなCOしたら土蜘蛛扱いで吊れるとは思わなかった。
本当に申し訳ない。」
IA 「布都の方かな!>狼」
ルーミア 「占いCOなのかー
雄鶏○ > 戯言使い○ > テト○ >」
重音テト 「----------------------------------
朝食:
戯言に騙されたけど状況的に考えればゆかり真あんま見るつもりないところはある
◇結月ゆかり 「てめぇ! 狂人か!」  これがね・・・
占い先は朝食、念のためにね
----------------------------------」
朝食 「普通に布都が村だった・・・だと?」
ルーミア 「三日目
負けが見えた気がする
朝食-布都-戯言で2W1Kじゃないのこれ?
そうなると明日の投票で普通に負ける
灰に暗殺期待するしかないのかー
ってことでとりあえずテト占いなのかー」
IA 「うん、そう思った>布都」
戯言遣い 「あ、PPとかあります?どう?>布都」
IA 「とにかくルーミア吊りね」
ルーミア 「暗殺いかなった!!
PPならくればいいのかー!!!!」
重音テト 「ゆかり偽だわ、吊って正解
というわけで戯言吊ってGO」
朝食 「戯言遣い吊りに異議のある奴は居るか?」
IA 「底狂人ありえるから駄目>朝食」
IA 「ルーミア吊りでイナフ」
ルーミア 「え?何で私吊りになるのかー? >IA」
朝食 「ふむ」
戯言遣い 「テト確定○ 布都狼だとほぼ村負け」
IA 「テト視点でも朝食視点でもジョルジュ視点でもルーミア吊りしかないだるぅぅお!」
重音テト 「吊っていいよ、ボク視点ゆかり狂人なんで」
物部布都 「いやな」
戯言遣い 「つーかテト-朝食で相互○か。」
IA 「ぶっちゃけ2W1Kだと思ってるよ」
ルーミア 「少なくとも
初日の日記のない朝食の方が信用されることがおかしいと思うんだけど
ルーミア間違ってる?」
朝食 「現状で言わせてもらうと
戯言使いは確定で人外
テトは真か、狂人
布都は村の何か
ルーミアはほぼ人外
IA分からん

こんなところ」
戯言遣い 「IA視点どっち吊りでもいいのでは。」
物部布都 「今日LWじゃなかったら明日あって引き分け以下じゃから」
朝食 「で、ここで最大の人外数は
戯言 IA ルーミアorテトとなる
俺が萌占いの可能性まで考慮するとな」
IA 「お前らで対立軸埋まってるから私村確定に決まってるだろぉ!」
物部布都 「ゆかりが狂人に特に理由のない暴力振るわれた狼とかそういうんじゃなければ」
戯言遣い 「じゃあ狂人ありえるとかありえないとかそういう話じゃないでしょ。」
重音テト 「(朝食萌えは)ないです」
朝食 「そうなると戯言吊りで問題ないということになる
何故なら、そこが狂人なら残せば明日引き分け濃厚だから」
戯言遣い 「ルーミア偽視ならどっち吊っても同じ。」
朝食 「で、他の勝ち筋があるとすれば
戯言+誰かで2人外のケースとなる」
ルーミア 「少なくとも戯言は人外(狂人)
ゆかり萌、もしくは真で朝食狼にならないの?
ルーミア何かおかしいのかー?」
IA 「狼目吊る日なんですけど(憤怒)」
物部布都 「我朝食―テトに見えるからルーミア殿あんまり吊る気ないんだけど」
朝食 「布都が噛まれるだろうってのも加味すると
占い同士の真贋チェックでいいわけだからな」
IA 「明らかに戯言吊らせるための噛みだるぉ!」
ルーミア 「ちじゃあ朝食吊りでしょ!?
ゆかりなんなのかー!! >IA」
IA 「ジャー、ちゅしょくつるの?>布都
ぶっちゃけあんたに合わせるわ」
戯言遣い 「ルーミア視点だと専用食あたり狼か初手LWじゃないとおかしいんじゃないですかね。
続く場合。」
重音テト 「僕と朝食ならなんで布都噛まないんだよ、ルーミアに〇もらってるぞボク!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
朝食5 票投票先 →戯言遣い
重音テト0 票投票先 →戯言遣い
IA0 票投票先 →朝食
ルーミア0 票投票先 →朝食
戯言遣い2 票投票先 →朝食
物部布都0 票投票先 →朝食
朝食 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
物部布都 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
物部布都さんの遺言
                / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!
              イ/´  `ヾ 、::::::::::::::::::::::::::::::l辷、
              /           ',\:::::::::::::::::::::::∧  ヽ
             /  /        l  ヽ__:::/  ',   ',
        /    /            '; ̄           !
     、__. イ     イ                     l  |
        ̄7 /_/_!      /                |  |
        / /  / l `   -/─∧、  \  !ヽ   / |  l
      / イ ィfそ心    /リ / | \  ヽ|  \ イ ′ |
     ̄7イ ! ハ V:リ \/ィfそ示ミx  ゞ、リ   / /  ,
    /  ヽヽj ハ         V辷リ`  !|/\  / /  /
   /    /イ 从  、      /    从   / イ  /
、_/   // | /イ\丶 _,   ∠   /彡! /l ,イ  /       我は老兵であるぞ
  7// イ/._l'、_/⌒ゝ _  イ /⌒ヽイノ /^j/  ′
 //        _ム_ /`ー<_〃/     〉、   l /
       / ヽ ∨》fイ7_// /    〃 ヽ  | !
      /   ヽ∧ ∨._〉《  ̄ ,'           ', ヽ|
     /       ∧ ∨ /   l             !
   /         \〉 ∨ヽ   |         ,'
  /          !  |! リ   |           /
  !            |  |l     !        イ


一日目 不可

二日目 重音テト

呪殺占いいるなら一応損はせぬが・・・
まあ、一手狙ってみるか

三日目 IA

これ真占い吊ったじゃろ、おい
朝食さんの遺言 占いCO
雄鶏○>テト○>布都○


1夜:雄鶏
さて、弱肉強食の上の方に位置したわけだが
雄鶏が居るようだな・・・弱肉強食の掟を教えてやろう


2夜:テト
とりあえず初手銃殺、明日COでいいだろうな
俺の中で、狼候補は今のところ4人
テト ジョルジュ ルーミア 布都
ただ、布都とルーミアが同じ投票で
ジョルジュがルーミアって点からすると
テト狼で、ジョルジュは適当な○って感じか?
もしくは普通にジョルジュ囲いなのか・・・
本当に老兵の可能性もあるし噛まれるかもしれんので
布都は占わず、テトを占ってみるかな
対抗占いではあるが短期戦だから真偽ははっきりさせておきたい


3夜:布都
ゆかり先吊りは・・・ないんだなぁ・・・
布都はほぼ古狼と見ていいだろうってことで
戯言も熱病騙りで偽ってなると・・・
ルーミア IA 布都の構成ってところか?
明日6人、3人外生存じゃなければセーフ
村4狼2で古狼混じりでも何とかなる配置
布都が何者なのか、を確定させておきたいな
布都 ルーミア 戯言の3Wだったりするかどうか・・・
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/05/01 (Sun) 14:25:13
結月ゆかり 「潜っていたら噛まれなかったのでは」
結月ゆかり 「    /      /               \
   , . :       /        ヽ,        \
.  /. : : : .   //           ′          \
. ,: : i: : : :   ,: ′       :    |        ヽ=ー-ゝ
 i| : : : : : :  |: i : .     |   i: .  |          乂
 i| : : : : : :  |: i : : : .   |   |: :   |      :   i {      いやぁ、狼勝つと思って無かったです
 i| : : : : : :  |\: : : : : . |ム孑介、      :i : : :ハ{、
 i|: : : :/ : : :≧==ミ: : : :ハ/斗==か: :    : i : :/\=\    すんません。
 从: : i : : :〈代Zツ::\/:::::::弋Zツ}: :   i: :ハ/ニニ\=    
   )ノi: : ::{ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}: :   |/ /ニニニニ
    }: : /{:::::::::: : :  ′      }: :   | /ニニニニニ    凍傷付けて申し訳ない。 >戯言遣い
     {: : '∧::: : :     __    }: :    ' ニニニニニ
     {: :  ∧、u    ヽ___> }: :  / iニニニニニ    
     乂  '/ニ> .,         /乂 ,/ }ニニニニニ′   勝利をありがとうございます。 いや、マジで。
.     /〔二〕、二ニニ≧ --=彳 ̄〔二〕 :}ニニニニ/
    |=/ ハ三\ニニ\   \/ :ハ /ニニニ/Ξ
    |/ i :i三三\ニニ\  / :/  Vニニニ/三三     お疲れ様でした。
    {  :| :|三三三\二ニ\{: :!   }二/三三三」
ご主人様専用食 「お疲れ様です」
朝食 「おつかれさま」
やる夫 「お疲れ様だお」
IA 「やっぱりルーミア吊りで良かったやん!」
戯言遣い 「お疲れ様でした。」
ルーミア 「お疲れ様なのかー
何とか勝ったー!!」
ジョルジュ 「ゆかり戯言同陣営を出させろよ(主張

お疲れさまでした。」
重音テト 「お疲れ様」
朝食 「いや、うん・・・なんていうか・・・」
物部布都 「お疲れ様」
戯言遣い 「ルーミア真に見えないって言ったじゃないですか。(すっとぼけ)」
雄鶏 「お疲れ様でしたー」
IA 「ジョルジュの結果見ようよ布都!」
ご主人様専用食 「これで負けるとはちょっと思いませんでしたね」
物部布都 「え、ジョルジュなんかCOしとった?」
重音テト 「なんで朝食吊ってるのか意味わかんねぇ」
戯言遣い 「せめてテトさん行使してほしいじゃないですかヤダーッ。>ゆかりさん」
朝食 「内訳説明聞いて、状況説明して
その上で確定人外を吊らないのは謎過ぎるんですが・・・?

俺とテトで2Wなら、テトが白狼で初手占いCOしてることになるぜ?
しかも銃殺じゃない占い師として」
やる夫 「死化粧COしてたおね>布都」
IA 「私はルーミア吊りたかったけどどうせ無理じゃろ!>テト」
ご主人様専用食 「死化粧>布都」
IA 「布都ー!>ジョルジュのCO見忘れ」
戯言遣い 「ゆかりさん村想定なら僕放置はいいんじゃないですか。」
ジョルジュ 「戯言の動きにどこまで村があるのかの考えを詰めなかった、
そこは申し訳ない。

ジョルジュとしては確定で真なのは俺以外の○が土蜘蛛告発されたのを
平然と受け止めるテトだろ、でテトと方針を合わせて村票を一致させるが先決、と判断してのゆかり吊だった」
結月ゆかり 「朝食が呪殺した占いにしか割と見てなかったんで……そこ噛むかなぁって勝手に予想してました。
まぁそこ●は準備して、結果こうなったなら一応御仕事はしたのかもしれませんが。」
ジョルジュ 「そ れ は 流 石 に ど う な ん だ>老兵、死化粧の結果を知らず」
ルーミア 「まぁ、私の主張だと
朝食-ご主人様専用食-戯言で2W1Kになるという主張
うーん…一応主張自体はできるのかー」
物部布都 「戯言に乗ってゆかり投票してる位置が信じられんくてな」
朝食 「ご主人が人外なら2人外
ジョルジュが人外なら2人外
ゆかりが人外なら2人外
ジョルジュが真なら、戯言+ルーミアorご主人で2人外

俺とテトが2人外のパターンって・・・あるか?」
戯言遣い 「占い握ってなかったら噛みましたけど丁度相方が握ってたので信用をしてもらう事にしました。
そうしたら凍傷を膝に受けてしまってな。」
重音テト 「ルーミア吊りは乗っかるべきだったかなというのはあったけど
でも朝食吊るすのやめてw」
IA 「えー、わかってて朝食吊りに行ったと思ったのに…」
朝食 「戯言  ジョルジュorご主人orルーミア + 誰か

このパターンしか存在しないわけだから・・・俺吊りはさすがにCO見てなさすぎる」
ご主人様専用食 「まぁ、村のポカミス負けですかね
熱病騙った戯言さんGJで」
結月ゆかり 「                          ⌒
                      ⌒,.斗z
                         //
                    ( :/_
                     ,.斗 '' ¨ ̄: : ¨ ''
               ´ : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
.            / : : : ,ィi : : : : : : |\: : : : : : : : : : ヽ
           , : : : : : : l !|: : : : : : :l   \ : : : : : : : : : :.
            /.: : : : : : :L⊥: : : : : :l-‐¬一、: : :ⅰ: : : : ト、   (実は3昼、私もジョルジュの死化粧CO気づいてなかった。)
        / イ! : : : : :Г ヽ_: : .: .:l__    ヽ: : ! : : : : |、:\
          ;./ !i : : : : : 斗七T: : : 「Τ匸¨'T ∧/ : : : : :!|` ー-
.        {゙ ∧: : l: : :¦l  |V\| !   ;!/: : : : : : : : :!
.           ∧: l\: :〉乂ソ `   乂__ン⊂⊃: : |: : : :|    (霊界で気づいた模様)
            ヘト i⊂⊃     _       i: : : : : :| :, : :|
               `|: : : : ,≧ュ- `’--,ュ≦{!、__,.ィ} :}ゝ:{
              〈ニニニ〉77ア:/ :7x{〈:|`^!ー---イV   `   (それでも、戯言放置して殺す訳にはいかないので投票しますが。)
                 {i : : :///「.:/: :,&i& ';! ,从 : : : }
             人ハ/// ,У: / ,'}[|l :|   \ト'’
                 // ,:/: .:/ /: :j }: V
                   // /{{ : / 7TTT}: : V
                 ` ー-ヘヽ{ニニァr=}: : ノ
                  ヾ{'〈⌒{} : 〉´
                 //////∧_jゝ'゙///////」
IA 「ジョルジュの結果主張するべきだったのかよ…えー…」
物部布都 「ゆかり吊り、戯言死なずの時点で我「真占い吊った!」で思考止まってるから」
ご主人様専用食 「というかまぁ
噛まれてますからねジョルジュさん」
重音テト 「どのみち占い決め打ち展開だったし、ゆかり真見てないというのもあったんで
ゆかり吊りにいったんだよなってのはあるという」
結月ゆかり 「朝食狼だと、テト何?ってなりませんかね>ルーミア」
戯言遣い 「草。>テト-朝食両○確定」
ジョルジュ 「テトが土蜘蛛告発を真目で見てるな、と言うのだけを見て「テトの投票先に合わせるしかない」と判断した。
どう考えても鉄火場になる以上村票がバラバラになる可能性がまずい、という判断じゃな
その結果として戯言そのものの動きの妥当性を精査し損なったのは怠慢なのは認める」
ご主人様専用食 「その……堂々と言われましても>思考停まってた」
IA 「死化粧の結果見ようよ…」
朝食 「で、相互○な・・・
俺やテトが白狼じゃない限り、ないね?」
重音テト 「死化粧結果見てなかったとしても」
物部布都 「全員敵に見えてしまっての・・・混乱しておったわ」
IA 「吊ったジョルジュが噛まれてるんだけどね>ゆかり吊り投票者」
ジョルジュ 「…以後の反省点に「占いどもがCOしたら非占いCOはもう一度」を加えようかね、
この無視されっぷりを見るに…」
ルーミア 「…わーお
ラストにテトが布都○出してるとばかり思ってたのか…
危なかったのかー >ゆかり」
結月ゆかり 「5-3しか時間が無い状況で、
「全部結果網羅して整理して、論理的に正しい部分までは導く」って結構難易度高いと思いますけどね
その辺は、周りからサポートしたり相談したり。」
朝食 「内訳よく分からなくなってるなら
確定人外を吊って思考を整理させましょう
としか言えない・・・そこ残して引き分けなら今日引き分けになってっから・・・」
IA 「ルーミア吊り強行するべきだったなぁ…」
戯言遣い 「まあ、結局僕吊りでいい気がしました。」
重音テト 「短い時間に正しい判断するのは難しいのはわかる」
IA 「いやしっかり見てたよ…>ジョルジュ
その結果見て三日目もルーミア吊りに行ったしね」
ルーミア 「ぶっちゃけルーミア視点破綻したから
最終日の魔力で勝った感じなのかー…力不足を感じるのかー」
重音テト 「でも嘘の熱病宣言した戯言吊ろうよって話にはなる
正しい吊りを選ぶことはできなくても戯言は吊れるじゃんって」
戯言遣い 「死化粧無視しても僕が人外である以上、テト○は確定事項で見ていいはずですし。
続いたら最終日ルーミア-朝食2択頑張ってみたいな。」
重音テト 「まあボクが信用されなかったんだろうなということにしておこ」
ジョルジュ 「何はともあれご主人様専用食は食べられないので
ジョルジュは新たなるおっぱいを求めてこの村を去ります
皆様お疲れさまでした。」
戯言遣い 「熱病CO……アレが効いたな……。(適当)>朝食吊り」
戯言遣い 「では失礼します。村建てありがとうございました。」
ご主人様専用食 「孤独の人狼>アレが効いたな」
雄鶏 「では自分もこれにてお疲れ様でした」
物部布都 「いや、本当にすまなかった」
ご主人様専用食 「それではお疲れ様でした
IAは村立てありがとうございます」
ルーミア 「ではルーミアも落ちるのかー

一緒に遊んだ皆
村建てしてくれたGM
鯖菅さんに感謝なのかー

何だか色々不幸に恵まれたけど
最後勝てたのは嬉しかったのかー
ある意味人狼の団結力のおかげ?

ではでは、お疲れ様なのかー」
ご主人様専用食 「というかこう、私初日吊るのやめましょーよー(棒)」
重音テト 「占い師である以上格視点についてで説得できなかったこっちの落ち度もあったんだろうな」
結月ゆかり 「                -----
            /ニニニニニニ=- _
           , ニニニニニニニニニ=- _
          /ニ/ ヽニニニ=----=ニニニ\
            /ニ,   /ニ- ´: : : : : : : : : `<ニ \
         /ニ/  / /: : : : |: : : : : : : :|: : : : ` <.ヽ   んじゃまぁ、私も落ちましょう
        ,= /  /./: : : :.:/' |: : : : : : : :|∨ /: : : }:∨i
         i /  /=i: : : :.:/_|_: |i: : : :.:.:li ∨ /: :,: ヘ:\  再度勝利をくれた狼本体sには感謝しつつゴメンナサイを言います。
        /  //: |: : : /  乂八: : : : ' ̄∨: :/://  ,
          /  / , : ハ : /i〓〓〓 \:/〓〓〓:.:.i |   i
.         /  /ニ.|: : : ≧ヽ www     www }: :{ |   |  皆様お疲れ様でした。
        /  /ニ=:|: : : : : : :.i           イ: : i|   |
.       /  /\ニ.乂,-====}≧r ――==≦r====ソ|   |  GMは村建て感謝。
      /  /'  \ニV=彡Y__ノ、  \____/: : : :ヽ |   |
     ,   ,       -|: : : : :Vハ \/ ̄∨i: : : : : : |   |
.    i   i.       |: : : : : iニiへ==彡/= |: : : : :.:.:|   |
.     乂_乂      |: : : : : |ニ-: : : : :.iニニ_: : : : : :|   |
             |: : : : : |ニニi: : : :.:|ニニ_: }: : :个 - '」
物部布都 「こうやって勝てた村を燃やすとつくづく己の未熟さを痛感する」
重音テト
             //
            (: :(   __ __ _
             > <´: : _: : _ :.`  、
              /. : : /´. : : : : : .\: : \
          . '. : : : /: : : : :ヽ: 、: : : : \: :.\   _ __ _
           _ /. : : : : l: : : : : : :.i: :.\: : : : :.ヽ: :ハ´: : : : : : : :〉
       /:./: : : : : : |: : : : : : :.ト、: :.\: : : : V: : i: : : : :斗<
      /: : /: : :/: : :.∧: : : : : : | \: : :Y: : : |: : :レ´. : : : : メ
    〈 : : :./: : :/: : : /:∧: : : : : :|: :i!⌒/|.: : :.|: :.人: _:_:_:_:く
     ∨´/: : /: : : / '⌒ \: : : :!: リ/  .!: : : |⌒} }: : : : : :}   それじゃあお疲れ様
     〈: :/: : :!: : : :|___  \: ル'  ̄  ̄|: : : j 人入: : : :メ
     Ⅵ:!: : i: : : :.!  /  .      リ :.:リ´   ): ヌ´    今度は絶対に勝つ
       从: ::l: : :从 /   「 ̄Ⅵ   /: : :/    (:(
        )/⌒∨: \    ゝ.__ノ //: : .ム.     j)
   __/|_ {   ∨: : : }> ─r-ァく.:::ヌ:\´  「 `ト .
   〉  /人   ∨_: :j_.ィ升∧:j/::/. :::. \^ーく. :: :: : `  、
   レへ!    X  \メ.: ::Ⅴ. :::j 「. :: :r─ヘハ   \: :: :: :: :::}
         /   ノ 〉: ::::{. :: ::| |: :: ::|_:_:_:j::i    /. :: :: :: /
       〈   / . '.!: :::ハ:.:: ::! i: :: :: ::: ::.::ノ  「}:: :: :::: :: :/
       /\イ    |::::/ハ:.:::| |: :: :: :::./:\. 人\. :::, '
      .'  jハ /  ∧/  }: ::! !: :: :: : :: :: ::.:::\ \/
      i  .|人    /:/   ノ: : ! !: :: : :: :: :: :: :: :: :X
.      从 人.::><:/   /: :: :V∧: :: :: :: :: :: ::::/. ::\
       \ : :: ::.:/   /: :: :: ::Vハ. :: :: :: :: /.:\: :: :::ヌヘ
             ̄      /\ ::_::_j_ __!::._斗<. ::\: ::\/ /
物部布都 「ではお疲れ様じゃ」