←戻る
【雛4175】やる夫達の希望封蘇超闇鍋村 [4873番地]
~黄金週間の使い方。~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ジョルGM
(生存中)
icon ディアボロ
(生存中)
icon トニオさん
(生存中)
icon QB
(生存中)
icon 古明地さとり
(生存中)
icon 仗助
(生存中)
icon マナバード
(生存中)
icon ジョニカス・ジョースター
(生存中)
icon レミリア
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon ジョニカス・ジョバーナ
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon ジロウ
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon 小南桐絵
(生存中)
icon BJ
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
パチュリー 「ま、お疲れ。
今日は閻魔の気分だっただけの話。
またね」
パチュリー 「大して強くもなく。それでいて鍋の軸なのは間違いなく>占い師」
十六夜咲夜 「初手でQBをやれていたら、ですかね、ほんと。
お疲れ様でした。」
パチュリー 「それでいて○に対する庇いを求められたりられなかったりするのは理不尽だけども」
パチュリー 「○を信頼するのではなく。飽くまで非狼が濃い、程度に思うものなのよ。
鍋の占い師なんて。」
パチュリー 「こいし組織票はどうでしょうね。
そこ恋人が明確に見えてる状況ならなくはない、くらいだけど。それよりは狼吊った方が良い気もする」
古明地こいし 「ログ読み返した時のために最後の投票変遷理由置いておこう。
・BJ→「あ、これ飽和ねらいの偽萌えだ」→「んじゃ恋人っぽい所狙おう」
 なんでここ恋人と判断したのかは謎。勘。コナンも咲夜もトニオさんも恋人っぽく思わなかった。実はQBも。
・ゆかり→「吊られる位なら吊ってやろう」。なお捨て票されたもよう。
・ラスト→「あ、これ無理だわ。」でも狼が私吊りに来たのは解せぬ。」
パチュリー 「闇鍋の占い師は怪しいところを占うべきではない、とはよく」
パチュリー 「最低でも4人 村恋・子狐をを考えると10人。○人外は存在しうる」
パチュリー 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1」
ジロウ 「村建て同村ありがとよ」
ジロウ 「『○の中に人外がいるかも?』って意識を全然持ってねえんだよな
3日目に飛びださずとも初日の言動でマイナスからのスタートかもしれねえが」
パチュリー 「それと私が死んで良いかどうかはまた別の話」
パチュリー 「別に良いんじゃない。
マナバと私で1-1交換出来ると考えるなら<私吊り」
フランドール 「じゃ、私もこれでー
お疲れさまー
前村、最後まで残ったけれど恋勝ち出来なくて引き分けだったし
純粋に恋勝ち表記うれしかった」
古明地こいし 「さてと、お姉ちゃんも帰っちゃったし私も落ちようかなー。
お疲れさまでした!」
QB 「GM夜遅くに村建てありがとう!
それじゃあおやすみなさい。みんなまた遊ぼうね!」
結月ゆかり 「マナバ夢は一応想定して言ってますけどねぇ
ただ同時にマナバ夢のパチュリー村をずっと見れるか否かは
やっぱ個人の問題じゃねーです?私は恋人陣営なので夢考慮でも吊りますけど。」
パチュリー 「別に占いCOしても良いと言えばいいけどね」
古明地さとり 「では、私も落ちるとしましょう
お疲れ様です」
フランドール 「無効試合とかも含まれてるけれど
No.2から順に225+156+122+107で」
結月ゆかり 「では村建て同村お疲れ様です。
まぁ...恋人は難しいもんですねぇ。」
古明地こいし 「とりあえずゆかりさん萌えた所に投票突っ込むのは明らかに飽和狙いの投票だと思いました
なおトニオさんは恋人ではないもよう。むーん」
小南桐絵 「もっと身内切る方向で、かな
ま、ともかく皆お疲れ様。GMもありがとねー」
QB 「ありがとうBJ!頼りになる狼が恋人で嬉しいよ。
守ってくれたゆかりともう一組の恋人たちもありがとう!」
フランドール 「ざっと、簡易で数えたらこの村で610だったよ>同士」
古明地こいし 「2~3日目で遺言から●出されたらとりあえず死ぬ(真顔>パチュリー」
パチュリー 「私効率厨だから<ジョバーナ」
トニオさん 「では、お疲れ様でした うーむBJ吊り自体は狙うのは無理ゲーではなかったと
思いたいのですがね」
BJ 「ゆかりは矢をありがとう QB勝ててうれしかったぞ
お疲れ様でした 村立同村感謝です」
パチュリー 「別に私真だろうが何だろうがあの●で死ぬつもりは毛頭ないわよ>こいし」
ジョニカス・ジョバーナ 「それじゃ、お疲れ様ですよ」
ジョニカス・ジョバーナ 「っていうか別に意味があることばっかりやると
人狼って見抜かれるのがこのゲームなんで
たまには無駄なこともやらなくちゃあいけないんですよ
非効率的な動きもしなきゃ、ってね」
仗助 「そんじゃま俺は失礼させてもらうぜ。
グレートな勝利ありがとよ、ラバーズたちよ!
村建て同村ありがとさん!」
古明地さとり 「一途で嬉しいですよ、私の可愛いこいし」
古明地こいし 「んー、マナバ真と置いちゃってたのがなー。
余裕の数見誤ってた感。パチュリー真ならもっと早くCOするだろ、っては思ってたけど狂人はなー」
ジョニカス・ジョバーナ 「そうですね
あえていうなら日記書き換えるのが面倒だっただけです」
パチュリー 「対抗に○を打つ意味はあんまりないようなそんなような」
小南桐絵 「紅蝙蝠噛みがなー、ディアボロ噛みでジロウ真ってなったらそこ噛まなくていいのに噛んだ、ですぐ切り替えられればかぁ」
ジョニカス・ジョースター 「おつかれさま」
レミリア 「みんなお疲れさまよ、私は寝るとするわ。
帝王にも終身は必要なのよ(クックック」
ジロウ 「ああ遺言で 呪い持ちか!?で 吊られる可能性がそもそもないのか
ジョバーナ吊りの段階でギリギリだったもんな」
仗助 「そだなーというわけで数えておいて!>同士」
古明地こいし 「「お姉ちゃん可愛い」しか考えてませんでした!>ジョバァーナ」
トニオさん 「ジロウさんは吊りませんねえどうあっても >BJ
ジョバーナさんの○でしたし」
フランドール 「のんびりやればいいさー>同士
別に焦るものでもないし」
仗助 「霊界から見ててジョバーナの煽りがそれっぽくて笑ってた>こいし」
古明地さとり 「この前の恋人勝利はいつだったでしょうか
それなりに最近だった気もしますね」
ジョニカス・ジョバーナ 「いや僕も思うことはないですよ
ただ自分が正しいとか思ってるのは違うんじゃあないか?
って思っただけなんで」
QB 「まさかの百合カップルだよ!」
BJ 「でお仲間に黒がでてもそこ吊りになるだけで
反逆になってもジロウ吊りにしかならないだろう?>ジロウ」
トニオさん 「恋人村で狼がすることはまず占いを処理って
その後身内狼を自分が最期に残るように殴る が基本と思ってますからね」
フランドール 「というか、いつもは恋刺さらないのに
今回2連続でささってちょっとうれしいCO」
結月ゆかり 「賭けに勝ったって事ですかねぇ。
恋人勝利はだいぶ久しぶりではありますけど」
仗助 「つっても今何戦してるか数えてないからなー>同士
ぶっちゃけいつになるんだか」
ジョニカス・ジョバーナ 「ひよった>トニオさん」
ディアボロ 「お疲れ様だ
村建てはご苦労だった
逃亡の道は険しいな」
BJ 「おれが呪狼だから占ってくれれば飽和するからだな>ジロウ」
古明地こいし 「ちなみにジョバァーナへの罵倒は完全に反射でやってたので実際とくに思う事はない。
「なんだこいつ破綻しに来たって事は死にたいのか、じゃあ狂人じゃないな」程度。QPならもう一日待っただろう→じゃあ狼かまでは考えたけど」
パチュリー 「そもそも非恋自覚狼は死にに行くべきではない、というのと。
それでも狼数を減らす必要がある、と言うのが矛楯に満ちている」
十六夜咲夜 「やはりQPBJカップルだったのですね、としか結論つきませんね・・・
紅蝙蝠噛みをQB噛みできていたのなら・・・。
お疲れ様でした。」
小南桐絵 「変則的な身内切り…そういうのもあるのね!>パチュリー」
フランドール 「おk
するときになったら掘り出ししておく>同士」
トニオさん 「ジョバーナサンのほうですね」
ジョニカス・ジョバーナ 「というかですね
多分まじめにいうとさとりさん吊りのときに
誰かしら身内するべきだったんですよ僕らで

たださとこい両方生きてたからどっちか恋なんじゃあないか?
って甘えが起きたのが敗因ですね」
ジロウ 「>BJ
ジロウ噛まなかったのはQP読みやらか?」
レミリア 「フン、柱ってのもそう上手く行かないか」
BJ 「QBが女登録でもこっちも女登録なんだよなあ>ゆかり」
仗助 「ハッハッハッハ>同士
あれは俺個人としてもいいネタログなんだぜ☆
もし俺の1000鍋があったら紹介してほしいぐらいだわw」
トニオさん 「まあジョニカスさんは身内きりで●ぶっぱでも良かったかもしれませんね
多分その●吊ってましたよ私は」
十六夜咲夜 「呪い狼でジロウ殺すのも手だったのですが、恋狼だとジロウ残りだとどうしても言って足りずなのですよね、と・・・」
結月ゆかり 「QB女っぽいから刺してあげたんですけどねぇ
男なら申し訳ね―です。」
QB 「ゆかりさんはボクを守ってくれたんだね!ありがとう」
パチュリー 「柱するくらいならそいつ吊れば良いんじゃない>小南
そこのトニオに3回くらいやられたことあるわ」
ジョニカス・ジョバーナ 「でも恋がいるなら意味がない
とはいいませんが咲夜さんとBJさんで恋、みたいな落ちだったら
小南さんが柱したらそれは善意であっても自分陣営の負けに導く

ならいっそ身内ってやつを切ってみるのがいいんじゃあないんですか?」
フランドール 「錬金毒COはずし事件とかもねー>同士」
古明地さとり 「お熱いのがお好きなんですね>おふた方
どうぞ、ご幸せに」
仗助 「狐がいない、しかしQPが残ってる状況で柱は、
狼の首を絞める。ちぃ覚えた」
BJ 「恋だとばれてもいいやって感じで噛んでたからな
ばれても噛み勝負になるだけだし」
古明地こいし 「ジョニカス・ジョバーナ(人狼) 「どっちでもいいですよ?
っていうか仮に飽和ビビるならジョースターの僕しかかめませんよ?」
これ言っててアドリブで動いたって言うのは筋とおらなくない? って思うー」
ジョニカス・ジョバーナ 「柱っていうのは
狐がいる状況なら効果的だと思いますよ、僕も」
仗助 「芸人ってのは自覚してるからな(キリリリッ」
パチュリー 「誰がどこを噛むか明言しといた方が良いんじゃない。
奪われたとき分かりやすいから」
トニオさん 「BJ狼はまああるとは思ってましたけどねえ
ジロウさんの私○結果受け入れすぎで」
ジョルGM 「お疲れさまでした。
狐とは何だったのか。」
フランドール 「突っ込みじゃなくてテレられた…だと…」
小南桐絵 「恋狼くささはあったからなぁ
柱したとしても、結局恋狼残ったら意味ないし」
仗助 「そんなに言うなよ!照れるだろ!>同士」
レミリア 「>仗助
あなたたちを吊り処理するのは、それはそれで狼吊れないで狐全滅させちゃうしねえ」
十六夜咲夜 「ゆかりに萌えられたとたん内約がほぼ確定してしまう不思議。」
結月ゆかり 「狼死んだっぽいんがパチュリーぐらいだったんでまー
飽和でいけっかなーと
BJ狼は見てたんで占い結果と合わせて」
フランドール 「だから、同士は芸人気質なのよ!!」
古明地さとり 「私ももう一組のQPと見ていましたね>ディアボロさん」
ジョニカス・ジョバーナ 「いや、僕としては僕が破綻したときにジロウさんかみしていいと思ったんですよ
妖狐遺言真に受ける放心でね

なのにジョースターの僕が死んでいりゃあ
そりゃ誰かがアドリブで動いたんだって思うんじゃあないんですか?>こいしさん」
仗助 「フラグ立てちまったかと思ったぜ…w>フラン」
ディアボロ 「ジロウがQPに見えてしまった非常に」
パチュリー 「私個人に出来ることは特に。
QB●ぶちあてても何か残りそうだし」
仗助 「わりと難しんじゃねーかなーと>レミリア
入れても3票で届かないし」
フランドール 「◇仗助 「ま、刺さったら言ってくれていいぜ?
協力してもいいしな」
これの直後に刺さるもんね」
トニオさん 「んー、狼様はもうちょっと身内削るように、ですかねえ
正直こっちからは動きにくいといいますか」
レミリア 「初手に仗助に入れられてれば・・・とは思うけど、どうかってところか」
古明地さとり 「そして、BJさんとQBさんはありがとうございます
よく生き残ってくれましたね」
QB 「わお。<もう一組の矢」
結月ゆかり 「メタで吊られそーな所には刺しませんよ
ジロウ真見てなかったんでQB吊られっかなーとは思ってやしたけど。」
マナバード 「お疲れ様でした
又どこかの村で会いましょう
落ちます」
仗助 「刺さった瞬間の気まずさwww」
古明地こいし 「なぜジョニカスは「相談しろよ」だったのか。「あ、これ恋狼だな」ってこっちに伝えたかったのか。(哲学」
ディアボロ 「逃亡者CO

このディアボロは生き延びてみせる!
真の頂点はこの私だ!

アブドゥルから逃げる
ジョルノから逃げる

厄介な敵ばかり出おって!このタンカスどもがぁ!


2日目結月ゆかり逃亡
投票も食らっていない位置
狙うならば発言で狼狐狙いたいと言ったここだろうな・・・
安全な場所かどうか まずは一歩近づいて回避する

3日目小南桐絵
CPでの誘導気味の発言
吊り動かしから初日の発言で
重要役職かそれとも人外かだが
一か八か逃亡だ」
ジョニカス・ジョバーナ 「かみを奪われたと思うなら
身内きっていいですよ本気で
柱はともかく身内切るのは有用ってやつなんですからね>咲夜さん」
フランドール 「狐陣営なんていなかったwww
なんてことしたのよwww
笑いしか出なかったわよ」
パチュリー 「まぁ、狼の中で恋あるならBJじゃない?ってくらい」
小南桐絵 「ゆかりさんQPはそりゃでしょうねぇ」
BJ 「元お仲間はすまんな あと紅蝙蝠も」
十六夜咲夜 「BJに完全にやられましたわね・・・
噛み2回奪われた。」
結月ゆかり 「3w予想当たってましたねぇお疲れさん。」
ディアボロ 「お疲れ様だ」
仗助 「グレートな勝利をありがとよ!>もう1組のCP」
小南桐絵 「まー一手足りないか お疲れ様」
古明地こいし 「だよねーそこQPだよね当然ー!!」
ジョニカス・ジョバーナ 「終わりがないのが終わり
それが恋人の逢瀬

お疲れ様ですよ」
レミリア 「お疲れさまよ」
パチュリー 「お疲れ」
ジロウ 「お疲れ様だ」
古明地さとり 「お疲れ様です
私の可愛いこいし、申し訳ありません
私はQPです」
仗助 「お疲れ様だぜ!」
QB 「おおっ」
ジロウ 「こんな感じで毎回誰が1名が捨て票して引き分けルートを目指そう」
パチュリー 「流石に終わったわね>4票」
マナバード 「お疲れ様」
BJ 「お疲れ様でした」
フランドール 「お疲れさまー
もう1組のCPとQPはありがとー」
ジョニカス・ジョバーナ 「そりゃまぁ
両方変えるからじゃあないんですか?」
フランドール 「お姉さま、運命操作してない?」
古明地さとり 「もう引き分けませんよね…?」
ゲーム終了:2016/05/03 (Tue) 02:28:37
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
古明地こいしさんの遺言     | ̄|_ |_   __|  /\ __| ̄|_  /\     _| ̄|__ ロ口    / ̄\/ ̄\
    |    |  /  /     \/ |_  _ \\ ヽ   |_  __|       |        |
    |  | ̄  /_/   | ̄|_    |  | ヽ  | |_.|    |  | _        \ .素村  ./
    |  |_     / ̄  __|   / ノ   |  |     .   |  | |__|  __   \    /
 / ̄  __|    |   ○  |    /  / _|  |        |  |  __  |___|   .\/
 |  ○  |      ,.. -.__ノ_    \/  ヽ__ノ      |_| |__|   ./
 \__/     ''.,.r''´::::::::::::`ヽ、_/ヽ_              /          ./
 \       ,..,仁二ニニ ニ二!/  ノ     ./     /         /
   \  ..,,.‐'' ´,. -y‐ー-─--ー、.``丶   /     ./        ./
    \ ,ノ^ノ- / ,  i   !   、 ヽヽ、:ヽ       ./       ../
      ( , , ,-/. / ,イ ト、 ト、 ハ  ヽ.l  (⌒⌒)  . /       , 、、
     '-‐‐-,| l  ,-l-、 ヽ., ‐-、 l.  | .l.,.. \/      /  ,、/ノヽ、
     |    ヽ ト、 !,rト、!  `f.フヽl / .ヽ        _,, -‐‐¬ ンノノ.ノ
      \   ヽ,ヾ、r'ノ,   廴ノレ' | i)   ,, -‐″      ヽ ンンノ
.       \../,イ´,l、" r-‐¬" ..ィ'ノ! Nレ',,-‐'          ヽ ン''
          ..\トrテ,≧ ヽ、_ノr'^ ト 、                 ヽ ン
             下、 ̄,丶 、 . ヽ ''ー'-- 、_. . .  __,,.. .-‐"
              ヽ V    (⌒ `ヽノノ'´::::::::⌒\ ``
            ノ::::::ヽ    ヽコイシノヽ:::::::::::::::::ヽ
            (::::::::::::::)     丶- '  \::::::::::::::::::)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
古明地こいし を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (3 回目)
トニオさん0 票投票先 →結月ゆかり
QB0 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし4 票投票先 →BJ
十六夜咲夜0 票投票先 →古明地こいし
結月ゆかり1 票投票先 →古明地こいし
小南桐絵1 票投票先 →古明地こいし
BJ1 票投票先 →小南桐絵
6 日目 (2 回目)
トニオさん0 票投票先 →結月ゆかり
QB1 票投票先 →結月ゆかり
古明地こいし3 票投票先 →結月ゆかり
十六夜咲夜0 票投票先 →古明地こいし
結月ゆかり3 票投票先 →QB
小南桐絵0 票投票先 →古明地こいし
BJ0 票投票先 →古明地こいし
6 日目 (1 回目)
トニオさん0 票投票先 →結月ゆかり
QB0 票投票先 →結月ゆかり
古明地こいし3 票投票先 →BJ
十六夜咲夜0 票投票先 →古明地こいし
結月ゆかり3 票投票先 →古明地こいし
小南桐絵0 票投票先 →古明地こいし
BJ1 票投票先 →結月ゆかり
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
十六夜咲夜 「ゆかりさま>記書きではありませんけどね、見えてる紅噛み。
狂人の自己アピールかもしれませんが。

その場合、マナバとパチュリー様に1wなので、やはりつじつまが合っておりません。」
古明地こいし 「おい狼ない所吊っても狼勝利が近づくだけだろなおQP」
結月ゆかり 「QB偽になる訳ですが狂人ですかねぇそこ。」
トニオさん 「吊り稼ぎかもしれませんが 吊らない道理もありませんね」
BJ 「萌えたやつがいるな」
QB 「はっ!!>ゆかり」
小南桐絵 「まぁとりあえずジロウ真とみていいのよね?
それならQBはいったん外してー、結局灰潰してくしかないのよね」
トニオさん 「あらそこ人外デスか」
古明地こいし 「アッハイ>ゆかりさん」
結月ゆかり 「..........不審者とはまたひでぇもん渡しますねぇ。」
QB 「こいしでいいんじゃないかな?<吊り」
古明地こいし 「流石に自分以外みんな人外とか4日目時点でって恋人2組に持ってかれてないと無理じゃんw>QB」
結月ゆかり 「アオォーン・・・」
結月ゆかり 「トニオBJに投票すんじゃねーですよ?
あんた恋人じゃなくて村なら無駄に吊り減りますからね」
トニオさん 「じゃああちらにしましょうか」
BJ 「白が死んだらシャレにならん」
小南桐絵 「で、結局有用なCOは出ないわよね、ぶっちゃけ分かってたわよ!」
トニオさん 「・・・BJ先生入れづらいですね ちょっと気になってたんですが」
BJ 「トニオはこっちに投票しないように」
QB 「ぶっちゃけ4日目の朝、しばらく絶句していたのは、自分が真だと思って凍り付いたからだよ・・・」
結月ゆかり 「ぶっちゃけジロウの○なんざ
ほっときゃ噛まれるんで灰から詰めればいいと思いますよ。」
古明地こいし 「ぶっちゃけアレだ。今日の朝一で素村COっぽい事言っちゃってて
あ、これアカンやつだ、って思ってました! 超サーセン!」
小南桐絵 「ふむ、QBが司祭表記って…
これ夢で夢系いないっていう一番判断に困る結果!」
トニオさん 「あ、一応私もCOしておきましょう 恋不確定ですし
人馬デス 投票しただけで無残死したならそこは毒持ちデス

2昼 さとり
3昼 パチュリー(吊り、本人は閻魔CO)
4昼 こいし
5昼 ジョバーナ(吊り、破綻)」
十六夜咲夜 「素村夜咲夜ですわ。」
QB 「最悪だよ。恋司祭のほうがマシだった。」
BJ 「誘毒者だ」
古明地こいし 「はぁぁぁぁぁ無意識じゃないCO!」
十六夜咲夜 「QBさま>夢か恋、でしたか。」
小南桐絵 「んー、村人表記
未亡人でも幻視者でもないわ つまりは聖女!」
結月ゆかり 「村人表記です。」
トニオさん 「夢主張・・・ですか >QBサン」
QB 「         |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V  
.       i{ ●      ● }i   司祭COだよ! 4日目以降の偶数日に
       八    、_,_,     八    現在生きている村人の数がわかるよ。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__

四日目結果:1人
死亡者:マナバード、レミリア、パチュリー、朝死体
開始時点で村が8。
・・・一瞬凍りついたけど、あれだよね、夢だよね。うん。
ラインがつながりそうなら出ようかな。

六日目:
死亡者:(マナバード、レミリア、パチュリー、)ディアボロ、仗助、ジョースター、ジョバーナ、さとり、フランドール
うん。真面目に考える必要あるのかなこれ。せめて恋司祭でありたかった・・・
八日目:」
古明地こいし 「・・・ジョニカスの遺言に「お仲間」とか言ってるって事は狼だと主張したいっぽいけど
単に私とお姉ちゃん間違えた日記とか吊り先ミスじゃん?」
BJ 「ジロウが銃殺ということでいいのだろう
蜜狼などはおそらくない ジロウが騙りとしたときマナバードが真濃厚になり
狼を自ら削ることは考えにくいからな」
十六夜咲夜 「おそらく、もう何もないでしょうけどね。>FOについて。」
QB 「わかったよ・・・ 司祭CO
4日目;一人
6日目;一人」
結月ゆかり 「村人表記ですねぇ。」
小南桐絵 「んーと5朝の無残はジョースターだっけ
それだと両放置でそこ噛みに言ったとして…
囲い、ねぇ」
十六夜咲夜 「BJさま>答えは単純ではないのでしょうか。
狼目線、恋噛みで二人村飛び、ジロウさま偽の可能性を見て、紅見えたところを噛んだと考えるのならば。

そう、飽和回避、です。」
結月ゆかり 「ぶっちゃけジロウ噛まれなきゃ仗助なんで死んだんだよって結論になるんじゃねーです?
恋占い見てたのなら申し訳ね―ですけど。」
QB 「呪殺も含めてみると、ジロウ真かな。他に信用できる占い候補いないし。」
トニオさん 「まあ正直、まだ恋人1不確定なので指揮権はありませんが
正直FOでいいと思いますがどうでしょう?」
古明地こいし 「正直○もQBとかだし呪殺主張するには日記うっすいしでろくに見てなかったんだけどジロウ真。」
BJ 「ジロウが噛まれるのか 考えすぎだったか」
結月ゆかり 「ジョバーナQPで恋人候補なんざ咲夜ぐらいしかいねーですし
それだと露骨すぎやしませんかね?
そこは単純にあって狼じゃねーです?」
小南桐絵 「ただこれでジロウ真の、仗助呪殺は硬いとみていいと思うけど」
十六夜咲夜 「本当にジョースター非狼だったのでしょうけどね。」
BJ 「おはよう
紅蝙蝠遺言をみるとそこが死んだのがおかしいな
白蔵主がいるなら別んだんたが」
古明地こいし 「(え? ジロウ死ぬの? という顔)」
結月ゆかり 「んじゃまジロウ死んでんじゃねーです?
咲夜灰戻しになるわけですから
実質灰はだいぶ狭まってはいるんじゃねーです?
流石にここでジロウ放置はしねーでしょうし。

恋人いるか否かは正直どーでもいいですが
初日だった場合無駄に詰めて狼にひっくり返される
それだけは嫌ですねぇ
生存勝利されるのも嫌ではありますが。」
小南桐絵 「まぁそうなるわよねとしか言えない>ジロウ無残」
トニオさん 「まあはいですよねと」
十六夜咲夜 「当然私は囲い位置、殴られようと叩かれようと文句は言いませんわ。

水を得た魚のようにジョースターさまを叩き付けに行ったこいしさまに村をみることは少し難しく思っております。

初日投票QBさまは印象に残っており、狙った投票をしようとされていたようにはおもえておりますが。」
QB 「あっ・・・<ジロウ」
トニオさん 「ま、あれが素のミスだった場合ジョバーナさん狼はかなり薄そうデスが」
古明地こいし 「精神鑑定で正常が出たからって○とは限らないんだよなぁ・・・>お姉ちゃん
っていうかお姉ちゃんに
「こいし・・・聞こえますかこいし・・・あなたは無意識ではありません・・・」
って断言された! 魔城ガッデム!

◇小南桐絵 「ジロウみてなさにそこも仗助○って事に気付いてなかった、てへ
(なんだ・・・てっきり「なにこれ薄っ、絶対対応しただろこれ」って思ったのかと・・・)」
小南桐絵 「ジョバーナQP説…うーんみてなかった
ただまぁ破綻してるならそうなのかなぁ、それにしても囲い先が微妙な気はするけどさぁ」
QB 「おはよう~。
きのうのは何だったんだろう・・・結局、ジロウの占い結果くらいしかまともな情報がないよ。
そのジロウもなんで生きているのか知らないけど。
とりあえず、こいし含めてジョバーナの○が怪しいかな。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジロウさんの遺言 小南を占った
ジョニカス・ジョバーナさんの遺言 というわけでまぁなんだ
相談くらいはしましょうかお仲間
ジロウ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
BJ 「狩人がいてもどこか変だが」
小南桐絵 「そこはいてから考えるものよ>狩人」
十六夜咲夜 「明日こそ、こいし様に票叩き込みを提案いたしますわ。
狩人がいたら・・・完全にアウトですわね。」
十六夜咲夜 「こなんさま>それなら狐はそもそもいません。」
小南桐絵 「ないと思うのでジロウ噛みにさんせーい」
BJ 「いやまあいい」
小南桐絵 「一応マナバード真パチュリー黒狐というレアケ説」
十六夜咲夜 「BJ>死んださとりに○」
十六夜咲夜 「狐がいない事は確定。
ッジロウ噛みで灰はゆかりこいし、そして私達。」
BJ 「なぜジョースターが死んだんだ?」
小南桐絵 「図らずも飽和回避である」
十六夜咲夜 「非紅狐は確定していると思ったのですが・・・>ジョースター」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジョニカス・ジョバーナ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
トニオさん0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
QB0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
古明地こいし1 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
ジョニカス・ジョバーナ8 票投票先 →古明地こいし
十六夜咲夜0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
ジロウ0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
結月ゆかり0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
小南桐絵0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
BJ0 票投票先 →ジョニカス・ジョバーナ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「だからさとりーこいしあるんじゃねーかとは思ったんですが
メタ抜きに>トニオ」
トニオさん 「後そこ2人は落ち着いて クールダウン」
ジョニカス・ジョバーナ 「それで自分が正しいと思っているなんておこがましいんじゃあないんですかね?」
ジョニカス・ジョバーナ 「その前に馬鹿とかいっていますよね?
ほら、あなたのほうが先に馬鹿にしている>こいしさん」
トニオさん 「まあこいしさんは正直昨日遺言に過剰反応気味ではありましたが >ゆかり」
小南桐絵 「ただジロウが真とおいた場合
●引いてないのも不穏といえば不穏ねぇ」
十六夜咲夜 「こなんさま>ジロウさまを叩きたかった理由、お聞かせいただきましょうか。」
BJ 「割合ジョバーナが非狼な気がしてるがまあ人外変わりあるまい」
結月ゆかり 「ひじょーにどーでもいいです
人外を吊る
それだけの事でしょーに」
古明地こいし 「私が怒っているのはお姉ちゃんに対してどうでもいいとか言った事に決まってるだろ!!!」
QB 「僕はジョバーナQP疑いだから、そこの○も気を付けておくよ。」
結月ゆかり 「ぶっちゃけ昨日灰吊りの流れで暫定○投票してる古明地姉妹も大概臭かったですけどねぇ。
なんかジョバーナ破綻してるんでそっち吊りでいいんじゃねーです?」
古明地こいし 「んー? 勝手に動かれると?
何言ってるんだこいつ。狼→狂人も狂人→狼も筋通らないぞ?」
ジョニカス・ジョバーナ 「人を馬鹿とかいったのはそっちじゃあないんですか?
人を馬鹿にしておいて相手をされると怒るっていうのは
筋が通らないんじゃあないかな>こいしさん」
小南桐絵 「ただジロウ真みてなかったので仗助呪殺と考えるとそっち真なのはすっごく意外
いや、仗助噛みでディアボロ別死因も十分あるんだけどね。遺言なしな以上」
十六夜咲夜 「BJさまにせよこいしさまにせよ、今必死にジョバーナさま叩き、
滑稽にしか見えませんわよ。」
ジロウ 「発言やら昨日仗助○の方でCOした辺り狼には見えねえんだよな」
結月ゆかり 「あー...そでしたね
こりゃ痛恨のミスとでも言っときましょう。>トニオさん」
ジョニカス・ジョバーナ 「しょうがないじゃあないですか
勝手に動かれるとこっちも困るんですよ、割りと……」
トニオさん 「弁明無いならさようならですね
噛みが何か狼結構残ってそうな気はしますが・・・」
古明地こいし 「死ぬがよい(激おこ」
十六夜咲夜 「しかしここで紅蝙蝠噛まれとなると、
狼満載で仕方なく紅位置を噛んだ、しか結果はございませんわね。」
BJ 「ジョバーナ吊りでいいだろうな 破綻したものを残しておくことはできない」
古明地こいし 「お姉ちゃんの可愛らしい所を514個あげたら吊ってあげよう!」
トニオさん 「その場合無残2がどうなったかがかなりあれこれですね >ゆかり」
結月ゆかり 「理由だけで見ればぶっちゃけあんた真だと思ったんですが
よく分からないもんですねぇ」
ジロウ 「オレもしかして非狼人外やらを大量に占ってたりしねえよな…」
QB 「そこ吊ろうよ。恋人いるのに灰詰ようとかいう占いはQPに決まってるよ!」
小南桐絵 「まーいいや、ジョバーナ吊りでいいんじゃないのこれ
…日記がこいし死亡ってなってるからガチで反対に見てた感じもするんだけどさぁ!」
ジョニカス・ジョバーナ 「いや、ぶっちゃけあなたの姉妹とか……どうでもいいんで……>こいしさん」
結月ゆかり 「一応マナバ真あるんでまだ分かんねーですけどね。>BJ」
十六夜咲夜 「そうですか、それではサヨウナラ、ですわ。」
古明地こいし 「というか紅蝙蝠遺言とか。
なんで噛まれるし。」
ジョニカス・ジョバーナ 「というわけで僕の仕事は終わったんで
これで終わらせてくれませんか?>all」
結月ゆかり 「こいしは一応暫定○に投票した理由は教えてほしーですかね?
ジロウ真薄いのは分からなくもねーですが
あの時点だと完グレー吊りでいいはずじゃねーです?」
トニオさん 「やはりDIOの子供に黄金の精神などありませんでしたね」
BJ 「人外遺言はよかったが ふむジロウが真だったか」
ジロウ 「こいしとさとりを間違えた的なあれか」
QB 「あっ<さとり○」
小南桐絵 「あれ?さとりって昨日吊ったんじゃ…?」
十六夜咲夜 「逆、ではないでしょうかね・・・w」
古明地こいし 「私とお姉ちゃんと間違えるとかヴァカめ!
お姉ちゃんの可愛さをその脳裏に焼き付けて出直してこい!!」
QB 「ううーん。そっちから噛まれるか。」
ジロウ 「○を出すことで非狼人外を噛ませる高等技術よ…(目逸らし)」
古明地こいし 「はぁーん?」
BJ 「さとり死んでるんだが」
結月ゆかり 「なんかジョニカスセルフ破綻してるんで吊りでいいんじゃねーです?」
トニオさん 「さとり死んでるんですが」
十六夜咲夜 「精神鑑定で○とは。正常なんだろうな、とはおもっておりますが。」
ジョニカス・ジョバーナ 「あ、こいしさんが死にましたね
じゃあさとりさん非恋なんじゃあないんですか?
まぁ投票もらってますけどこれ恋疑いですよね?
なら占っても間違いってわけじゃない、かなと。
ってわけでいきますか。」
トニオさん 「んー、私から言うのもアレですが 私って占い位置でしたか?」
古明地こいし 「お姉ちゃんが死んでしまった・・・!!」
小南桐絵 「ジロウみてなさにそこも仗助○って事に気付いてなかった、てへ
まぁどっちかに真いるとみていいとは思うけど

ただゆかりはなー、ディアボロブン屋とかでみるならそっちが別死因って事は考えてないの?って思ったんだけどさぁ」
BJ 「トニオ白なのか」
QB 「おはよう~。
占いは、陣営的にQPが混ざってそうではあるけど、どっちかはわかんないや。
むやみに灰を詰めるのは危険だと思うよ。その点では、灰詰を推奨しているジョバーナがQP臭いね。」
ジョニカス・ジョバーナ 「占いCO さとり○」
ジロウ 「トニオさん理由
◇トニオさん 「少々後ろ向きな気もしますが、これでマナバ夢じゃなければ最低1人外は死にましたね」
なんか当然のようにマナバード非狼認定してるように見えた
いやまあオレもマナバード狼か?って聞かれたら狼じゃねえとは思うが」
結月ゆかり 「いくらジロウの真がなさそうとは言え
暫定○に投票すんのは心象悪いじゃねーです?そこの姉妹
片方吊れたとはいえグレーの位置分かってねーなら
何を昼に見てたのかって話になるですけどね。

私、BJ、桐絵、さとり、こいし、トニオ

昨日吊るならこの中だったはずでしょーに。
ジロウの真見辛い=そこが灰って訳じゃねーですからまだ。

....ぶっちゃけ死なねーんですね。
投票だけで見ればものすっごく恋人っぽいところなんですが>古明地姉妹

ジロウ真がない理由?
んなもん仗助占い理由が雑すぎるからっすよ
明らかに急いで対応したようにしか見えねーですし。

結月ゆかり 1 票

ヒュー 票が入りますねぇ。」
BJ 「おはよう」
トニオさん 「さとり吊りですか・・・一度投票した身として否定はしませんが
どちらかというと狐なんていなかった に反応してたこいしさんのほうが
って気持ちになってたんですがね」
十六夜咲夜 「ジロウかジョバーナ様で真混じりは確定、マナバパチュ様で1wは確実に落ちている想定にはなれておりますが・・・
9人で4w,あるのですよね。」
ジロウ 「占いCO ジョニカス・ジョースター○ QB○ 仗助○ トニオさん○」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョニカス・ジョースターさんの遺言 紅蝙蝠だよ
古明地さとりさんの遺言 精神鑑定士、ですか
心を読むようなものですね、いつもと変わりありません

1日目 こいし○
やはり最初に占うべきは妹でしょう
私の可愛いこいし、どうか村でありなさい

2日目 桐絵さん○
初日以外あまり恋人に触れずに狼の考察をしている、気に入りました
なので占っておきましょう、ペットが飼い主に向ける牙を隠し持っていないか確認します

3日目 仗助さん○
ジロウさんの票数問題に積極的に突っかかっていた位置、ですね
発言稼ぎにも見えます、ジロウさんが怪しいのには同感ですけどね
○だったら地霊殿に雇いましょうか、細かいキズとかも多分直せるのでしょう?
ジョニカス・ジョースター は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョニカス・ジョバーナ 「僕視点誰が恋かわからない
あなた達の誰かがかもしれない
なら周りを蹴落としても生き延びつつ、がいいんです」
小南桐絵 「QP2いるじゃないの!」
十六夜咲夜 「さとこいがないのならQB・BJ恋かるかどうかですけどねww」
小南桐絵 「や、●はまずい
4W残りだから明日非狼吊れたら飽和ありえる」
ジョニカス・ジョバーナ 「狐死んだってのを信じるんなら
柱なんていうもんじゃあないんですよ」
ジョニカス・ジョバーナ 「じゃないなら、ジロウさんがぶり、ですね」
十六夜咲夜 「今夜恋狙い噛みでもいいですけどね。」
BJ 「遺言的にはそんな感じだったな>狐CP」
ジョニカス・ジョバーナ 「どっちでもいいですよ?
っていうか仮に飽和ビビるならジョースターの僕しかかめませんよ?」
小南桐絵 「●出てなかったらあたし柱しよっか?」
十六夜咲夜 「こいし●です、すいません。
どこか無かは・・・難しいところです。」
ジョニカス・ジョバーナ 「どうやらフラン、仗助の二人で妖狐が矢がうたれた
みたいに解釈していいんじゃあないんですか?」
BJ 「信用勝負するか?」
小南桐絵 「ただあれよ
もうすぐ飽和」
十六夜咲夜 「ジロウ噛み挑戦、こいし○でお願いいたしますわ。」
小南桐絵 「どする?ジョバーナに信用勝負させる?」
ジョニカス・ジョバーナ 「遺言ってやつを真に受けると
妖狐陣営ってのは全滅したようですね」
小南桐絵 「ふむ。じゃあジロウ真まじなのかぁ」
十六夜咲夜 「なるほど、呪殺は確定ですか。」
十六夜咲夜 「BJしかいないわけですが・・・誰がどこを噛まれましたか?」
BJ 「どこ噛むかわからんかったからディアボロ噛んだ」
ジョニカス・ジョバーナ 「じゃあBJさんですか?」
ジョニカス・ジョバーナ 「いやいや僕動いてないんですけど?」
十六夜咲夜 「どこを噛まれましたか?」
小南桐絵 「昨日噛んだ人ー、挙手!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
古明地さとり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
トニオさん2 票投票先 →古明地こいし
QB2 票投票先 →古明地さとり
古明地さとり3 票投票先 →QB
ジョニカス・ジョースター0 票投票先 →トニオさん
古明地こいし2 票投票先 →QB
ジョニカス・ジョバーナ0 票投票先 →古明地さとり
十六夜咲夜0 票投票先 →古明地こいし
ジロウ0 票投票先 →小南桐絵
結月ゆかり1 票投票先 →古明地さとり
小南桐絵1 票投票先 →結月ゆかり
BJ0 票投票先 →トニオさん
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョニカス・ジョバーナ 「ま、なんにせよグレーつめてくださいよ
というか明日僕死んでそうですけど割りと本気で」
結月ゆかり 「ディアボロブン屋で噛まれ、仗助呪殺って所じゃねーです?
考えれば可能性なんていくらでも出て来やしますけどね。」
BJ 「まったく後悔先に立たずとは言ったものだな>閻魔いない」
十六夜咲夜 「ゆかりさま>決め打ちで釣りますけれどね。>パチュリーさま」
小南桐絵 「ん?というかディアボロは遺言なしなのか
となるとそっちがブン屋とか逃亡で無残…てセンもあるのよねぇ」
トニオさん 「でも呪殺以外に死因ありそうにも思いませんけどね >QB」
ジョニカス・ジョースター 「ジロウの偽要素あるとしたらQBくらいしかないが
QBも別段怪しくはないんだよなぁ」
QB 「呪殺かどうかは様子みるしかないよ。閻魔はいないんだよ・・・」
結月ゆかり 「マナバ夢でパチュリー真閻魔もあるかもしんねーですけど
それ想定して残し続けて負けるのも怖いんで
必要経費じゃねーです?

仮に残していて信用できましたかって話でしょパチュリーを」
BJ 「ぶっちゃけでっていうよりキャラが薄いから>ジョニカス・ジョバーナ」
ジョニカス・ジョバーナ 「昨日吊ったでしょ>ジロウさん
ってなんで定番のやり取りさせるんですか」
古明地こいし 「>コナン
なんかジロウ偽断定する何かあった?」
小南桐絵 「というかジョニカスって名前二人居るんだし皆名字で呼びなさいよ!」
古明地さとり 「私の可愛いこいし、安心しなさい
私達は下の名前で呼ばれることが一般的なのです」
十六夜咲夜 「仗助様を呪殺されたなら。ディアボロさまの遺言無しはなんなのでしょうね。」
ジロウ 「ばあさん…閻魔はまだかのう…」
ジョニカス・ジョバーナ 「でっていうは名前トラップが許されるのに僕らは許されない……
これが理不尽……>BJ」
結月ゆかり 「閻魔はマナバードの●じゃねーですか
流石に覚えときましょうぜ。」
小南桐絵 「それパチュリー、昨日吊った>ジロウ
うーんそう考えると結果的に逸ったのかなぁ、いやパチュリー真と決まってもいないけどさ」
ジロウ 「あーパチュリーだったか」
古明地さとり 「ジロウさん、閻魔は昨日吊ったではないですか」
BJ 「名前トラップというやつだな
見た目も似てるのでわかりにくい 整形する気はないかその二人」
ジョニカス・ジョースター 「閻魔? 昨日吊っただろ ●で」
古明地こいし 「ファーストネームが同じとか見分けが付かないだろ、汚いな流石ジョニカスきたない。
はっ! でも私とお姉ちゃんも名字が同じ・・・!?」
QB 「閻魔は死んだよ!殺されたんだよ!」
結月ゆかり 「グレー詰めればいいんじゃねーです?
ぶっちゃけ理由だけで見ればジョバーナ真の方があるんじゃねーかとは思いますけどねぇ」
ジョニカス・ジョバーナ 「逆に銃殺じゃないなら
僕とジロウさんが両偽、ディアボロさんが
逃亡失敗……くらいしかないんじゃあないですか?>小南さん」
古明地さとり 「面倒なので今日以降ジョニカスは下の苗字で呼称するように」
十六夜咲夜 「あと、非常に申し訳ないのですが、仗助さまの遺言をみなさまはどうお考えになられるのでしょうか・・・と思ったのですが、
仗助さまが吸血鬼COをされているわけではないのですね。」
ジョニカス・ジョースター 「ほぼ銃殺で見ていい
恋狐を銃殺ってところだ」
小南桐絵 「で、ジロウ○なのかぁ
まぁQPって考えましょっか」
ジロウ 「…あれ閻魔いなかったか」
トニオさん 「まあでも後から出た対抗がジロウ○なら今決め打ちはやっぱいりませんね」
BJ 「となるとジョバーナかジロウのどちらかかは真であるということ
灰つめでいいと思われる」
小南桐絵 「で、ジョバーナも占いCO?
仗助○だと呪殺…あるのかなぁ」
古明地こいし 「どっちもジョジョじゃん!
めんどい! めどっちぃ!」
ジョニカス・ジョースター 「まぁCPはもう一つあるんで油断せずにいこう」
結月ゆかり 「後一組恋人がいるか否か
いないなら狼吊ればいい
いるなら恋人吊って狼

そういうこったでしょ遺言の狐―狐信じるならですがねー」
ジロウ 「『ジョバーナ』○ではねえからな
一瞬あって真狂か~と思いそうになっただろうが」
ジョニカス・ジョバーナ 「僕は○じゃないですよ
僕はジョバーナなので」
十六夜咲夜 「BJさま>パチュリーさまを村で見ておられるのでしょうか。
それなら、パチュリー様が対抗にだされた位置がジロウさまの○。
これはどう考えておられるのでしょうか。」
古明地さとり 「仗助さんの死因は何なのでしょうか?
フランさんの遺言を信じるのでしたら、狐陣営同士で刺さったかもですね」
トニオさん 「ってああ、○位置が違いましたか」
トニオさん 「で、ドッチ視点でも対抗あって狂Qってならグレー詰めでいいデスネ」
小南桐絵 「2死体+恋人飛び
噛みとかで恋が死んでるっぽいのはいいけど…遺言なにこれ」
ジロウ 「いやオレは『ジョースター』○な」
結月ゆかり 「ふーん...フランの遺言と合わせるなら狐陣営同士で刺さったのかも知んねーですね。
嘘かも知んねーんで鵜呑みはしねーですけど。」
ジョニカス・ジョバーナ 「まぁ4昼に出ないとやばいんで……
ってくらいですね
どういう結果であれCoしよう、そう思ってましたよ僕は>咲夜さん」
古明地こいし 「あー、狐陣営-狐陣営で刺さってー、かーらーのー呪殺? かな>遺言と○考慮」
BJ 「恋が死んでるのはありがたいな 付ける薬がないしな
で銃殺かこれは」
QB 「仗助の初日の態度が恋人っぽかったけど、そこと刺さるか~」
トニオさん 「どっち視点でもそれぞれ対抗(?)○主張デスね・・・
最低どっちかの呪殺ではありそうですが」
古明地さとり 「ふむ、どういう狙いのカップルなのでしょうね>仗助さん・フランさん
恋人だったようですが」
十六夜咲夜 「占いがさらに出ますか。」
ジロウ 「どうせ2死体なんざ出ねえだろ…と思ったが出るもんだな」
ジョニカス・ジョースター 「死んで・・・しまったか・・・」
小南桐絵 「一応はパチュリー吊りって現時点でマナバード真でもジロウ真でも対応できる吊りだと思ったんだけど
反対する人って他に真いるとかパチュリー狼ないって分かる人なの?って」
結月ゆかり 「ふーん...ありがちなカップルじゃねーですか
占い噛まねーのは色々あるんでノーコメント」
古明地こいし 「狐陣営なんていなかった・・・?(遺言を素直に受け取った奴並の感想」
ジョニカス・ジョバーナ 「占いCO 十六夜咲夜○

たまにはちっぱいもいいよね!
というか僕は巨乳長が好きなんですよ
それを込めて巨乳になれという思いを込めて占います

占いCO ジロウ○

ジロウさんが誘導した位置が吊れた
逆にいえばジロウさんがこの村の根幹を担いかねない
そういうことになりますよね?
ってことでそこの色が気になるんでそこ占うとしますよ

占いCO 仗助○●

いや、ちょっと気になったんですよ。
どうもジロウさんに結構全力で一番早く殴ってたみたいで。
とか書いてたらディアボロさんもなんですよね。
あれどっちがいいのかなこれ。
吊り仕切ってる仗助さんのほうが気になるかな。
というわけで占いますかね。」
QB 「あっそこか・・・」
BJ 「おはよう
あまりマナバードの黒という理由で吊りたくはなかったのだがな」
ジロウ 「仗助理由
素直に気になった位置占うとするか
2日目、3日目と同じ理由だな」
ジョニカス・ジョバーナ 「占いCO 十六夜咲夜○ ジロウ○ 仗助○」
トニオさん 「ちょっと予想GUYなCPデスネ」
十六夜咲夜 「自分目線の真占い候補を対抗に出す時点で私はパチュリー様を吊らざるをえません。」
ジロウ 「占いCO ジョニカス・ジョースター○ QB○ 仗助○●」
古明地さとり 「おはようございます
ジロウさんは本命QP、次点狂人と言った感じに見ていますね
狼とは見ていませんよ

BJさんが「とりあえずそこはいい」と仰っていましたが
何処が良いのか気になりますね」
ジョニカス・ジョースター 「おはよう」
結月ゆかり 「ぶっちゃけマナバージロウのどちらかに真占いいると思うんで
追加で出る可能性はあんま見ねーですけどね>占い
ジロウは出方がひっじょーにびみょーですが
噛まれる可能性はあるんで放置でいいんじゃねーかと思ったんで
●の閻魔なんざ正直残しても後で対処困るじゃねーですか。
マナバ偽決め打ちでもしなきゃ残せねーですし。

パチュリー 10 票 投票先 → 結月ゆかり
やっと入った1票が吊った場所ってのも複雑なもんじゃねーですか
吊りでいいって言ったからなのかも知んねーですけど
私が●で閻魔言って同じ立場なら貴女も私吊ると思うけどなー

気分の問題じゃねーかなとは思いますが。」
トニオさん 「少々後ろ向きな気もしますが、これでマナバ夢じゃなければ
最低1人外は死にましたね」
古明地こいし 「QBの投票が恋人狙いって明言してるんだよねー。
恋人とか狙って吊る場所じゃないっしょ、って思うんだけど。
だって下手すれば村-村だよ? そうでなくとも、村カウントが減るだけで村の敗北は近づくのだ!
あと私に返事してない!」
QB 「昨日はパチュリーじゃなくてさとりに投票したよ。
マナバードの占い結果がそこまで信用できるとは思えないし、
さとりのジロウに対する、真を少しも見ていない態度が怪しい。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フランドールさんの遺言 QPwww
何やってんのwww

馬鹿野郎、誰を刺しているwww
狐陣営なんていなかった(第3部完)
パチュリーさんの遺言 閻魔CO

目に見える結果はなし。

対抗吊りに暫定○をあげたのは流石にミス、ではあるけどね。
やれやれ。占いの結果を目に入れてなかったのは本当に
仗助さんの遺言     ,ィ役爻爻爻爻爻爻爻爻爻≧=x
     |{爻爻爻爻}爻爻爻爻爻爻爻ミ、ヾ≧x
    K爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻ト、N:}:::::::\
    | フ爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻レハ}::ノj/::::::::ハ
     :l 爻爻爻爻爻爻爻爻メ^´  __ノリノ:::::::::/:リ
    :::l /l_爻爻爻爻ノレ'^´   __,ノ::::/´::::::::`ヾ/
    :::::〈  ^V/´   }l/  __xfリ::__/::彡':::`ヾ:/
    \:::\__/}___,/厶イ::>‘´_ ノ彡:::::::::ミ:/
     ` <:::_:::::::_>‘´  ,ィ::::ハヽ:::::::彡=::/
         l| f圷ぅ  -‐=≦_ ̄ヽ} }::::/,-、 }
.         |   ̄ /   ' ̄忙ラ  レ'〈 jノ//::ヽ      この俺がよぉ〜〜〜フランと刺さってるなんて驚きじゃね?
.         l.   /ヽ    ` ̄    r‐' ,xく/`ヽ|
.          .  ヽ_,ノ          / ̄  }\        まさか吸血鬼と恋人なんて、親父が知ったらどんな顔すんだろうな!
      ___,ハ  r____,       /   l/::__::ヽ
    / ::::::_:. 、_⌒ヽ==’     /  _/:/⌒ }::::\
   ::::::::/__::i ノ` ー     ィ´ ̄:::::::((___ノノ::::/::ヽ
   /,.-‐ァ 人    _  <.  ∨:::ト、::::::: ̄〕〔:/:::::::::::::\
.     〈__ノ ∧ }`¨¨´〈ヽ\   ∨:|__ >___フ/::::::::::::::::::::::::\
    ─ァ , | } l|\::::::::\j:::ヽ   ∧:::::::/ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::\
   ヽ/ /| |_ノ リ  ` <__:::::::::::∨ }::::/  /⌒ヽし'⌒ヽ::::::::::::::::::::::\_
   \__/ / ̄  ヽ ̄ ̄ / ̄|   i    '⌒ヽ}:::::::::::::::x<::::::::::ヽ
.          /        ̄ /  ∧  ヽ       ,ノ::::::::/::::::::::::::::::::::∧
       /〈タ        /  (__∧  i __  /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∧
.       / /7       /      }  / |イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   |  { /7      /           ̄{  L|:::::::/:::::::::::::::::_:::::::::-‐=::::: ̄::∧
   ハ  ∨7     /             l  !::::|:::::::::;::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   :∧. V    /          __/} ーヘ .:::::|:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   :::∧  ',ー‐/         ,<:::::::::::|     V::l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
   ::::::::\∧__/       ,<::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ::::::::::::::Vl/   ,<:::::::::::::::::{_{__   ーヘ \ヽ::::::::::::::::_;::::-‐=:、:::::::::::/
   :::::::::::::::} |  /::::::::::::::::::::::::::/      ̄     \  ∨::/:::::::::::::::::::::::::::/
   :::::|::::::::ヽ! /::::::::::::::::::::::::::::::::{_{___        ∨::::::::::::::::::::::::::/:|
フランドール は恋人の後を追い自殺しました
仗助 は無残な負け犬の姿で発見されました
ディアボロ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
十六夜咲夜 「私も持ちますが、占われていないことが確定ですので、噛み任せます」
ジョニカス・ジョバーナ 「ジロウさんかまないなら、ですが」
BJ 「あるが出る気はあまりない>日記」
ジョニカス・ジョバーナ 「明日COしましょうか?」
ジョニカス・ジョバーナ 「いや一応持ってはいますけどね」
ジョニカス・ジョバーナ 「かばうのなら●うってCO求めるんじゃあないんですかねとは
思いますがさて」
十六夜咲夜 「占い語りは私しか持っていないのでしょうか。」
小南桐絵 「○庇いとかすごくQPくさいのよねぇ」
十六夜咲夜 「ジロウほぼ真なのですが、狐2ないし1、13人4wはいささか多すぎます。」
ジョニカス・ジョバーナ 「いやまぁもう死んでるんで>咲夜さん>パチュリーさん」
十六夜咲夜 「マナバードが狂QPである可能性が高い以上、
パチュリーさま恋人じゃない可能性高し、ですよ。」
ジョニカス・ジョバーナ 「あれ真みてないんですか?」
小南桐絵 「まぁ噛みたいなら留めはしない」
BJ 「ジョースターが紅狐ということがないといいが」
ジョニカス・ジョバーナ 「別にジロウさん噛まないって手もありますけど
ジロウさんから●でたら進行的にCO聞くんじゃあないんですか?」
小南桐絵 「囲われてないから放置かなー>ジロウ」
ジョニカス・ジョバーナ 「まぁ遊びはやめてジロウさんかみ、っていうのが
全うといえば全うじゃあないんですか?

他にあります?」
十六夜咲夜 「ジロウが真候補なのですが、紅に○が非常に厄介ですわね。」
小南桐絵 「まぁローテでいいんじゃ?さくやさん」
BJ 「どうする?ジロウ噛むか?」
ジョニカス・ジョバーナ 「いやぁ恋ある位置吊ってくれるのはありがたいですね
まぁ非恋でしたが」
十六夜咲夜 「よく考えたら私は占われていないわけで、噛み役としては不適切でしたね、とは。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
パチュリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
ディアボロ1 票投票先 →QB
トニオさん1 票投票先 →パチュリー
QB1 票投票先 →古明地さとり
古明地さとり1 票投票先 →パチュリー
仗助0 票投票先 →パチュリー
ジョニカス・ジョースター0 票投票先 →パチュリー
古明地こいし0 票投票先 →パチュリー
ジョニカス・ジョバーナ0 票投票先 →パチュリー
十六夜咲夜0 票投票先 →パチュリー
ジロウ0 票投票先 →ディアボロ
フランドール0 票投票先 →パチュリー
結月ゆかり1 票投票先 →パチュリー
小南桐絵0 票投票先 →パチュリー
BJ0 票投票先 →トニオさん
パチュリー10 票投票先 →結月ゆかり
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョニカス・ジョバーナ 「……誰です?」
パチュリー 「ジョニカスジョースター>たいこうつり」
ジロウ 「QPなら吊る必要も噛む必要もないな!
古明地こいし 「ジロウ即吊りって、ジロウと割れてるとかでも無ければないでしょ>トニオさん
それなら出ろって話だし」
古明地さとり 「即吊りはともかく、私はかなり疑っていますね>トニオさん」
ジョニカス・ジョバーナ 「この村の巨乳……」
ディアボロ 「吊りはグレーでいいかの状況ならばな」
仗助 「いまそれはさすがにねえよ>QB」
フランドール 「いや、狼陣営5で最大4Wで最低狂人は1いるよねってことだから>こいしちゃん」
ジョニカス・ジョバーナ 「流石にそれはちょっと……>トニオさん」
結月ゆかり 「2死体出るか分からねーのに
そこ残したいって言うんですかね?
ジロウ以外に占いいると思うんだったら
私はパッチェ吊りでいいと思いますが>QB」
小南桐絵 「なのでそっちは噛まれ見る感じで
で、結局はパチュリー灰かつ暫●で、閻魔COなら
そこ吊りがこの状況一番期待値高いと思う」
十六夜咲夜 「パチュリーさま>対抗先を出されるのなら、一考は致しましょう。」
ジョニカス・ジョースター 「俺がCPだと思ってるならはっきりそう言っていいぞ
ジョルノと巨乳を吊ればはっきりするだろ?」
ジョニカス・ジョバーナ 「というかジロウさんがQP、ジョースターの僕が恋でも
ジョースターの僕、QBって連続で噛まれるんで
かばいになってないんじゃないんですか?」
QB 「もっかいグレランしないか?」
フランドール 「まあ、分かる>かばいにしては露骨すぎ
銃殺出るかどうか…でジロウは」
古明地さとり 「初日に自分の死と敗北が直結しない役職、と見ていたことには変わりありませんので
ジロウさんはQPと見ますが」
仗助 「つってもジロウはほっといていい、すぐ釣りするべきじゃねえからな。
だから今日はパチェリー釣り、OK?」
ジロウ 「2票なら出る必要危なくないだろっつー意見が通るなら
2票占いを避ける必要ねえだろ吊れないんだから」
トニオさん 「ここでジロウさん信用できねえ 即釣りだー!!って人います?」
ディアボロ 「閻魔に関しては残せこの場所で
閻魔騙りよりは真実の閻魔に見たい」
トニオさん 「どっち道噛まれるのか 明日以降どういう結果になるのか待ちしかないと思いますよ?
現実がどうあれ >ジロウさんに関しては」
結月ゆかり 「パッチェさん吊りでいいんじゃねーです?
と言うか今日パッチェさんが占いとかでも言わなきゃ
ジロウ自体は出る必要性はねーですけどね。」
古明地こいし 「狂人・QP2・蝙蝠で最低4じゃない?
あ、初日考慮か!>フラン」
パチュリー 「少なくとも私以外出マナバに入れた3人は絶対に私に票しないように」
仗助 「これが人外のアレなら不運だったと思うしかねえな…>パチェリー
というか俺ぁいまなんかすっごいジロウに不信感しかねえぜ」
ジョニカス・ジョースター 「ジロウの信用度はジロウが噛まれて死ぬかどうかに依存する」
QB 「閻魔ってどうだろ。」
小南桐絵 「ん・ジョニカスってジョースターの方?
いや吊りたいとは思ってたけど○だからといって庇うのはなんかQP目かなぁこれ>ジロウ」
BJ 「白庇いか この村であまり白を庇うのはどうかと思うが
とりあえずそこはいい」
十六夜咲夜 「ジロウさま>それならそれで出ないほうがよろしいわけで。
さらにもう一度言わせていただきますが、4票箇所が死にそうで出るだけならまだわかりますが、
2票位置を占われる必要はなかったかと思われます。」
トニオさん 「正直吊った占いに●とか放置は考えてもいいですからねえ・・・
悪いとはいいませんがいいとも言えず」
ジョニカス・ジョバーナ 「まぁジロウさんの信頼度がどうこうとかあるんでしょうけどね
それ踏まえると仗助さんが結構ジロウさんにツッコミいれてるのも
気にかかるっちゃあ気にかかるんですが
僕としてはやっぱりパチュリーさんかなぁ」
結月ゆかり 「恋人なら噛まれる位置でしょーよ>○位置
ぶっちゃけどーでもいいです
庇いにはしては露骨すぎますしねー>ジロウ」
古明地こいし 「閻魔かー。
要らないって言う程要らない配役じゃあないと思うけど、だからといって他吊りってのもなー的な。
あんまり吊りたくはないんだけど」
ジロウ 「そこはまあ○より●に吊れてほしい精神よ」
古明地さとり 「自分の○を其処まで庇う必要性があるのですか?
恋人の可能性もあるというのに>ジロウ

パチュリーさんは閻魔CO、ですか
現状目に見える結果を出していない以上判断できないのが嫌らしいですが」
ディアボロ 「閻魔に関しては残して見てもいいだろう
逆にジロウが吊りたくなった 結月ゆかりは発言の多めの場所残しても良い場所では有る」
仗助 「ハァ?>ジョニカスが釣り位置
いやまあ、あんた目線では◯だけど…わかってる?
ここ◯人外が最低でも3はいるってこと?」
QB 「だって、○のボクがいうのもなんだけどさ、恋狙いだから>吊り位置
まあ今後は考慮するよ」
ジョニカス・ジョバーナ 「流石に吊りませんよ
○もらってるなら。それする意味ないですし>ジョースターの僕」
フランドール 「○でも恋人とか子狐、蝙蝠とかもありえるんだけれどね>ジロウ
狂人も最低1はいるし」
小南桐絵 「というかジョロウは何で出たって感じだけど>パチュリー灰のまま」
パチュリー 「このCOしてみない?COしてもいたらどう?じゃないと吊すよ?
という空気がさいっこうに嫌」
ジョニカス・ジョースター 「俺吊っても村の得にはならんぞ」
仗助 「でも釣れてる位置は4票だぜ?
あと遺言を「見てるなら」出る理由がどこにもないぜ〜〜>トニオさん」
ジョニカス・ジョバーナ 「ジョースターの方の僕が3投票ですからね
まぁ僕も思いきり投票したからってのはあるんですが」
小南桐絵 「というか他に出てきたし、それでパチュリーは閻魔COと」
BJ 「ジロウはでたのは2票はいってたからなのか?
なくはないが随分過敏な気がするな」
結月ゆかり 「ぶっちゃけマナバ自体が言うほど吊れる位置には見えねーんで
組織とか云々抜きにあんま狼死んだよ―には見えねーってだけですけど。」
ジョニカス・ジョースター 「パチュリー吊りでいいと思うが?」
パチュリー 「これを信じてどうこうしたい、と言われてもねえ」
古明地こいし 「んー、でも初日って真夢付いてないじゃん?>QB
それでめっちゃ絡みまくって投票入れてても「オラァン」って思うよ。思わない?」
ディアボロ 「潜伏して呪殺狂人QPを噛ませる状況も出来たはずだがな
ジロウに関しては信じ難い」
ジロウ 「ジョニカスが吊り位置筆頭なんだよ」
ジョニカス・ジョバーナ 「自分でいっておいてなんだけど
最近でっていう村ないなぁ……」
小南桐絵 「他に占いが出るかどうか、だけど(どうせ出るだろうケド)
パシュリー○の占いでもいないのならパチュリーCOしてもいいかもしれない、強制するほどでもないけど」
ジョニカス・ジョバーナ 「まあ苗字変えてる以上わからないは甘えですよ
黄でっていうと赤でっていうがいる村とか普通にあるでしょう?>こいしさん」
トニオさん 「ジョニカスは3票というのもあるのでしょう >仗助」
仗助 「というか、今でる理由にならねえよ>ジロウ
2票なんか平均票だろこれ」
十六夜咲夜 「ジロウさま>今日はパチュリー様を考える日な上、死にそうなQB様をさらに占われる理由は?」
古明地さとり 「●を引いた位置に誘導していればまだ納得はできましたけどね
納得は全てに優先するんですよ」
ジロウ 「オレっつーか特にオレの○だなジョニカス・ジョースターの方だ」
パチュリー 「閻魔 目に見える結果は無し」
フランドール 「お、おう…>ジロウ
パチェにCO聞いてからでもよかったと思うんだけれど
私は」
古明地こいし 「ジョニカ・ジョースターとジョニカ・ジョッバァーナの見分けが付かないよ」
仗助 「ジロウよぉ、でるっつってもそこ2票だぜ?
3票と4票のぞけばそんな気にする位置じゃねえと思ったけど…」
ジョニカス・ジョバーナ 「パチュリーさんに●か
まぁ昨日恋ばっかり話しててなんというか発言見なおして
正直ちょっとな、とは思ってたんですけども」
QB 「マナバードはパチュリーと全然絡んでなかったけど、噛みを恐れたのかな?」
トニオさん 「まあそこからそう出るならジロウさん本人は少なくとも非恋でしょうね
本人がQとかは知りませんが」
ディアボロ 「誘導で宛もなく誘導したというのか?それだけ初日で目立って」
古明地さとり 「ふむ、占いであの動きをしたのですか>ジロウ
そこそこマイナス目と」
BJ 「ふむ占い遺言であれば人外を吊ったと思いたいので
あまりCOは聞きたくない」
ジロウ 「遺言見るに出る必要なかったな!」
結月ゆかり 「吠えメタなんざするつもりねーですが
狼死んでねー気がするんで●にCO聞くのはありだと思いますけどねゆかりさん」
小南桐絵 「で、吊りは占い遺言の、無残は夢共有かな?
噛みとするならよくやった、って感じだけど
でー、吊りの占い遺言かぁ」
十六夜咲夜 「投票先自体はパチュリー様にされておりますね。」
フランドール 「で、占い遺言…
パチェにはCO聞きたいかな
そこ一番気になってた位置だから」
古明地こいし 「むぅー>占い遺言
●は出てるけど吊りだしなー! 本人が言いたいなら言えばいいんじゃないかなー!」
仗助 「こいつはぁ間抜けだったようだぜ!>レミリア夢共有
しっかし、そこよりももっと大事なことがある…
占い遺言が残ってるじゃねえかぁー!」
ジョニカス・ジョースター 「パチュリーにCOを聞く感じかな」
ジロウ 「オレが死にそう+なによりオレの○が死にそうなんで出るわ

占いCO ジョニカス・ジョースター○ QB○」
QB 「レミリアか・・・まあ、ニートみたいだね!」
BJ 「おはよう
マナバードに投票したのは 朝一の恋に対する
発言以降恋に触れず狼に極端によってることが理由だ」
トニオさん 「確かにパチュリーには投票してるようデスが・・・」
十六夜咲夜 「有言実行で仗助様に投票されておりますが、
そこ狼落ちないと思いますよ>ジロウさま。

わざわざ人外ならちゃんとCOしない、を言い切られたQB様が釣りたいですわね。ほんとうに「わざわざいう必要がない」に収束するだけのことですが。」
ジョニカス・ジョバーナ 「ジロウさんの誘導先が死ぬんですね
まあそのジロウさん自体も2投票もらってるっちゃ
もらっているんですけども」
結月ゆかり 「ふーん>紫もやし●」
パチュリー 「はいはい人外人外」
小南桐絵 「・名前が紛らわしい
・特にグレランに忌避がない
・さり気ない非CPアピ
これでいてジョースターが吊れないなんて…」
古明地さとり 「おはようございます
昨日は初手に恋人を気にしている位置で
発言が薄く、大した意見も上げていないマナバードを吊りましたよ」
ジョニカス・ジョースター 「おはよう」
フランドール 「お姉さまが死んだー!!」
トニオさん 「2票持ちはいないようデスね
投票はさとりです なんとなくジロウさんに対する役目の測り方が
いい噛み先探してる狼のそれにも見えなくもなかったんデスよね」
ディアボロ 「仗助と結月ゆかり辺りはまだ残しても良さそうでは有る
この状況ではな逆にジロウが吊り急ぎで目立ってるジロウにはCOを聞きたい所では有るな
レミリアは発言が少なめなイメージはあるがここが一番面倒な位置では有るな
古明地こいし 「初日投票先→QB
発言もたいしてこゆい訳でなし、いいよね! お姉ちゃんに隣接してるのは私だけでじゅーぶんなんだよ!
お姉ちゃんをお前なんかと契約させてやるもんか! でも魔法少女衣装のお姉ちゃんはちょっと見てみたいかも!
フランと契約して魔法少女になってよ! パチュリーは腐ってるからやめようね! 弟子入り!」
結月ゆかり 「ふーん>結月ゆかり 0 票
あんな事言って入らなねーんですね。
よく投票基準は分かんねーですが

ジロウ基準だと私も恋人の事ばっか言ってんので
吊る対象じゃねーんですか?ってのはあるよ」
パチュリー 「妥当に死んでると言う雑感。
組織票めいたものは感じない」
仗助 「なんだかんだで恋人ありそうな位置狙ってみたんだがよぉ。
結局釣れてるのは科目なマナバードでした、ちゃんちゃん。

で、それで人外釣れてる気、するわけ?
俺、ぜ〜〜〜〜〜〜んぜんしないんですけどぉ!」
QB 「おはよう!
仗助から、何か投げやりな感じとすごい生存欲を感じたから、恋人狙いで投票したよ。
ジョジョじゃなくてもちょっとここに入れたくなっただろうね。
他にあやしいと思った位置はさとりかな。
◇古明地さとり  「恋人を気にする必要はありませんよ
狼も自浄作用となってくれますし、そのうち勝手に死ぬでしょう」

気にするに決まってるよ!QP2だよ?」
フランドール 「はよー
マナバ吊りかー
まあ、まだ分かるかな、そこ時点で気になってた位置だし

複数票持ちはいなくてー」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
レミリアさんの遺言      ┌───┐
   .∧. |ニニニニ|
  /::/∧|::::::::::::::::::::}_______
  /:://::::`/ ̄               \
. /:://::::::::{                     \
/:://::::::::::{                     \
`>‐,ァ─{   _ ___  __ _         }
   {> 、_√⌒ヽ、_/\/\丿⌒ヽ__   |
 κ´_/  x-〈-      ̄∧ ̄     \|─ |  相方ジョルGMさん
   _/    }  iゝ     ,__ /   ヽ \_〉
  | 〈     芋芋ミx) } /芋芋ミx | | | |} | | \   
  |  |\   ト、 ] | //∨lll ] |  }   | | | / | | <   ば、バカな……
  | _/   |、} ∪ '´  u  ∪/  ,         >  このレミリアが、
  | `ー‐'  ' `{  u      uフ ̄  /    /   夢を見ているだと……ッ!?
  |  |└ 、 }、 `>:.._   ヮ , .イ┐- ' ´  人 (__
  |  |   }イ .|ゝ   ,-'==、v::,=:x=:v,=ュー< |ゝイ
  |  |   | | !{ ̄ ̄へヘヘ((::))~へヘ、}  ', |
  |  |   | | !{   , - ュ-┌───┐ <.|
  |  |   | |_/  /  -ュ’〔i      }ヽ  >
  |  |   | {\ /}_{  ~ァ=コ、____ノ } '┐
  |  |   | L/V_i{  イ  /::::i::::::::::::::iヽ⊂ ヽ
  |  |   |< ̄ ̄',{',  ',[二二二二┌「二 ̄ }
マナバードさんの遺言 占い表記CO

パチュリー●>

1日目 パチュリー●
5色占い
本当にそれだけだよ?
レミリア は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小南桐絵 「ん、じゃあ今晩はレミリア噛み」
十六夜咲夜 「噛み200,占い日記は持っておきますのでしばしお待ちを。」
ジョニカス・ジョバーナ 「というかかみローテですよね?」
十六夜咲夜 「では、私がお嬢様を噛みに行きましょう。」
ジョニカス・ジョバーナ 「ただ発言いれるならさとりさんは除外
そこかみたくない
パチュリーさんもさっきいったとおりかみたくない」
BJ 「いいんじゃないか>恋狙い
占い目狙って空の方がいいだろうけどなんとかできなくはないしな」
小南桐絵 「恋目噛みはもうちっと場が進んでからかなぁ」
十六夜咲夜 「一応占い目優先。
QBとレミリアお嬢様に嫌なものを感じておりますわ。」
ジョニカス・ジョバーナ 「メタいれるならさとこいあたり噛むとかいっちゃいますけど
あと咲夜さんいるんでレミリアさんとか」
ジョニカス・ジョバーナ 「まあはっきりいいますよ
恋狙っていいんですか?>かみで」
BJ 「噛み先に自信がないからな」
小南桐絵 「その辺は噛みでいけばいいのよ>ジョバーナ」
十六夜咲夜 「ええ、変えましょうか。
各自噛みたいところはございますか。」
ジョニカス・ジョバーナ 「パチュリーさんはかみより吊りたいですね
発言的に落ちそうだし●でもOKかもです」
BJ 「組織票続行だったのか まあ狼は吊れてないし」
小南桐絵 「で、露骨なのはディアボロあたりだけど」
ジョニカス・ジョバーナ 「どうしますかね……
ジョニカスさんにこだわって重要役職落とせないとかあっても困るんですけども」
小南桐絵 「吊れないかぁ
まぁ発言傾向的に叩きにはいけそう」
十六夜咲夜 「占われておりませんわ。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マナバード を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
ディアボロ0 票投票先 →ジョニカス・ジョースター
トニオさん0 票投票先 →古明地さとり
QB2 票投票先 →仗助
古明地さとり2 票投票先 →マナバード
仗助2 票投票先 →古明地さとり
マナバード4 票投票先 →パチュリー
ジョニカス・ジョースター3 票投票先 →ジロウ
レミリア0 票投票先 →マナバード
古明地こいし0 票投票先 →QB
ジョニカス・ジョバーナ0 票投票先 →ジョニカス・ジョースター
十六夜咲夜0 票投票先 →QB
ジロウ2 票投票先 →仗助
フランドール0 票投票先 →パチュリー
結月ゆかり0 票投票先 →ジロウ
小南桐絵0 票投票先 →ジョニカス・ジョースター
BJ0 票投票先 →マナバード
パチュリー2 票投票先 →マナバード
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
古明地こいし 「そりゃあトニオさんでしょ>パチュリー」
レミリア 「仗助! あなたが誰に立ち向かったか後でじっくり教えてあげるわ!」
QB 「仗助か、ジョニカスか・・・」
小南桐絵 「それ、メタとかじゃなくネタで吊られそう>パチュリー」
十六夜咲夜 「ジロウさま>正直釣りが足りない村なので、その商店を絞らねばなりませんし、
狼狂目殺しを最優先にするべきかと思われますわ。

もっとも、あなたの意見を人外目だとかは申しませんが。
むしろ、いらないことを言ってしまった非狼目かと思われますが。」
ジョニカス・ジョバーナ 「それを名前トラップっていわれてもちょっと……」
ディアボロ 「現状橋姫が居たとしてもQPの陽動で吊られる
暗殺者が欲しい所では有るが」
パチュリー 「仗助を交える場合軸はどっちにする?」
ジョニカス・ジョバーナ 「別に僕の名前がわかりづらいなら
ジョルノでもジョバーナでもいいんですけどね

せっかく苗字は変えてあるんですから」
ジロウ 「強気で行ける役職、自分の死と敗北が直結しない役職…チャンピオンか」
レミリア 「22でQP2くらいまでなら違うって気もするけど、18でそれなら考えても確かに言えてるわね」
トニオさん 「別にそれくらいのほうが気軽でいいですよ? >仗助さん
ただしドロボーとバイキンは許しません!!」
フランドール 「わたしなら古明地姉妹…>好み」
仗助 「というか実際、俺が波紋使える可能性ってあるんかねえ」
小南桐絵 「で、目下はやっぱり狼狙いでしょ
吠えからも3はまずいるだろうし基本は最大の4想定
となれば、まずは狼を吊りつつ呪殺があれば良いかなーくらい
恋人はその過程で残ってたら警戒する、くらいでしょ」
QB 「ろくろ首とかいると助かるよね~」
古明地こいし 「この大図書館・・・腐ってやがる、虫干しを怠ったんだ・・・!」
パチュリー 「トニオーディアボロ」
ジョニカス・ジョースター 「ジョジョジョジョCPはやめるんだ」
古明地さとり 「ですが、そうですね
ジロウは吊り先を積極的に上げている(理由は適当ですが)事から
強気で行ける役職、自分の死と敗北が直結しない役職なのではないでしょうか」
結月ゆかり 「理由あるならまだしもメタで吊りなんざ
やられる側もどうしようもねーですから。
せめて推理して吊れって事ですよ。

ゆかりさんは今の所どーでもいいので狼狐吊れればいいなって事で
グレランしますけどね。」
BJ 「無痛症なのか>レミリア
しかしそのような考えでは精神がだめになってしまうだろう」
仗助 「ハアアアアアアアアアアアアア>レミリア
親父ゆずりの波紋をくらえ!」
マナバード 「そもそも橋姫いるかどうかわかんないし>>橋姫が脆弱」
トニオさん 「狼狼恋人とかで無いといいですねその場合狼にとって >咲夜
経験はありますので・・・」
パチュリー 「メタじゃなくて好みでしょ。私ならジョニジョニに刺すわ」
ジョニカス・ジョバーナ 「人狼が殺すかもしれない位置に
終盤ならともかく序盤に吊りを使うなんて無駄なんだ……無駄無駄……」
ディアボロ 「現状は狼狐狂人が刺さる可能性も無いわけではない
サバイバーで同士討ちを狙えばいい」
仗助 「おめえよぉ!トニオさんを呼び捨てとはいいどきょうだな!!!>こいし
いいか!呼び捨てにすると…すると…!(震える」
レミリア 「やめなさいフラン、いいからやめなさい()」
ジロウ 「十六夜だけに返答したがレミリアへの返答も同じ返答だな」
レミリア 「>トニオさん
なるほどね、そういう意味か」
フランドール 「流水+太陽光>お姉さま」
ジョニカス・ジョバーナ 「そりゃ確かに恋人候補は思いつきますがね
RPとか含めればそりゃいっぱい。
でもなんで恋人を吊る必要があるんです?
村ー村恋かもしれないってのに。
恋人なんてのはかませる、少なくともそれを狙って人狼なりを吊りあげる
それが一番なんじゃあないんですかね」
ジョニカス・ジョースター 「かもな >フラン」
十六夜咲夜 「トニオさんさま>狼は恋人を吊りで処理しようとはしません。
噛んだ方が遥かに楽で、村役や狐目を殺したがるのではないかと。」
古明地こいし 「トニオとジロウを間違えていた気がする!
さんづけしないとダメだねやっぱり! 人は敬わないと!」
仗助 「あんまりよーメタで見るってどうかって俺も思うわ>ゆかり
ただ、人数が絞れてきたら初めて考えるって話だわな。
この大人数だとそれ見ててもしょうがねえ」
古明地さとり 「恋人を気にする必要はありませんよ
狼も自浄作用となってくれますし、そのうち勝手に死ぬでしょう」
QB 「ディアボロ>だといいけど、人外だとちゃんとCOしないから見分けにくいね~」
ジロウ 「>十六夜
狼か狐か
みたいな意味で聞いてるなら当然わからん」
小南桐絵 「QPは18人でギリギリ他撃ちでしょ?
人外同士のCPも期待できなくはないけど裏を返せば村村もある訳で、正直初日からどーこー言えるものでもないでしょ」
フランドール 「自己蘇生系かな?>ジョニカス・ジョースター」
結月ゆかり 「身内に恋人いるかもしれねーのに
組織票なんざしねーと思いますがね。」
レミリア 「吸血鬼になってしまえばいいのよ。
そうすれば幾度死のうが苦痛でもなくなるというものよ」
ディアボロ 「なるべくは死なない道を辿りたいものだがな>仗助」
パチュリー 「能力的に対抗手段となり得る橋姫がとても脆弱なものだから」
BJ 「吊り(オペ)の数を考えるとできるだけ患者はひとまとまりになってほしいものだな
恋人が致命傷を負うと後追いするそうだがそれに使う時間が省略できる」
古明地こいし 「お姉ちゃん! お姉ちゃんが浮気していたらこの手でうにゃららするけど、
お姉ちゃんが私を愛しているんなら私がこの手でうにゃらら!」
フランドール 「ジュニカスランかな?>名前間違い誘発
いや、普通にやるけど確かにわかりにくいのはあるよね」
ジロウ 「>十六夜
人外吊ることより恋人吊りに目が向いてる=本人が人外だから吊る必要を感じてないんじゃね?理論よ」
十六夜咲夜 「湖南さま>する奴はする、に収束されますけどね。」
ジョニカス・ジョースター 「ディアボロは2度死ぬ」
トニオさん 「どちらかというと恋人気にする狼狐ということでしょうね >咲夜、レミリア
言いたいことはわからないでも無いですが」
結月ゆかり 「メタで恋人なんて想像したら候補なんて有り余ってるじゃねーですか
正直そんな分かりやすい事なんざしねーと思いますけどね。」
パチュリー 「どうでもいいというより我々から関与する要素が無い、と言うのが正しい認識>恋人」
マナバード 「近親とは誰も得しないんだよな…」
仗助 「この場合はディアボロがまた死んでるぞ!じゃねえかな>ジョニカス
そんでもって蘇生されまくるというな!」
ディアボロ 「証明の材料が有れば有るだけいい
それを臆して出ないほうが良いとは思えんがな>十六夜咲夜」
十六夜咲夜 「ジロウさま>それは何狙いで行かれるのでしょうか。
恋人自体?それとも恋人を気にするのが狼だと?」
小南桐絵 「ま、しょうがないからグレランしかないかしら
この人数だと最大4Wだっけ?一応は組織票も警戒しないとね
ただ組織そのものよりは、狼への身内がないって意味合いの方が強いだろうけど」
ジョニカス・ジョバーナ 「他人うち……つまり自分うちじゃない
適当に役職騙りしたり恋かばうQPもいる
そういう村ってことになるんでしょうね……」
レミリア 「>ジロウ
>吊ろうぜ
面白いこと言うわね、何でかしら?」
トニオさん 「言いたいことはわかりますが この人数でQP2と言うのなら
別に初手から恋人狙いも悪いものではないと思いますよ? >ジロウ
恋人PPとか一番洒落になりませんし色々」
パチュリー 「名前ミスを誘発する意図は感心しないわね」
ジロウ 「村人が全員レイフォールガンを持っていればこのような苦境も一瞬でひっくり返せるというのに」
古明地さとり 「私の可愛いこいし、安心しなさい
私はだれとも刺さっていませんし、貴女以外を愛する予定はありません」
古明地こいし 「まさかの私スルー!
私のお姉ちゃんへの愛をなんと心得るか!
たちどころに答えて私の心の涙をとめてみよ!>トニオ」
QB 「何もないんならとりあえずそこのジョジョたちに一本は刺さってそうだと思うな。」
仗助 「18人なら他刺しだな、まー自分刺しのQPもいるからわからねえな>QB
もしかすると小悪魔とかかもしれねえし」
フランドール 「18からは他打ち解禁だよ>QB」
ジョニカス・ジョースター 「COはなさそうだな
グレランをしていくしかないだろう
各自遺言忘れずにってところだな」
結月ゆかり 「............18人なら他刺しじゃないです?
どーでもいいですよ。
ほっときゃ噛まれるか吊られるでしょう。」
マナバード 「あーそうか18だから村ー村ってのも十分あるか」
BJ 「この村はQPなるものが仲立ちをすると聞いている>QB」
ジョニカス・ジョバーナ 「またチャドの霊圧が消えた?とかみたいな
美味しいネタはそうそう起きませんよ>ディアボロ」
フランドール 「で、朝一COはなしかー
安定のグレランタイム
総員、人外を殲滅せよ」
レミリア 「フランは私と刺さっていない非恋人よ(フフン」
仗助 「安心しろよ、ひとまずあって狼は最大4w、でもって1k混じりだ>小南
なんでまあすぐにPPされるってわけでもねえ」
ディアボロ 「QB逆に考えろ人外同士が刺されば吊りが削減されると>QB」
十六夜咲夜 「ディアボロ様>呪殺がおきないほうがマシ、というのが嫌な状況なのですよね。」
QB 「確か自刺しじゃないよね?<18人」
古明地こいし 「朝一にCOするのは居ないっぽい、と。
グレランだにゃー」
BJ 「とくに目立ったものは見えないようだ
これは地道に調べていくしかないようだな」
ジロウ 「朝一の発言が人外より恋人に目が向いている仗助かマナバード吊ろうぜ」
トニオさん 「まあデスよねえと >朝一で出る類のCOが無い
グレランにいくしかなさそうですね」
マナバード 「狼は4wいると見てガンガン投票していこう
狐にビビッてらやってられん」
小南桐絵 「死体も1、朝一COもなさげ。
んーこういう時は動きがあった方が良かったんだけどなぁ」
レミリア 「ふん、初日からCOはない、か。
グレランをするしかないようね」
ジョニカス・ジョースター 「初手銃殺なんてうまい話はなく・・・
恋人が村CPなら絶望的だろうな」
パチュリー 「呪殺なんて期待しない方が良いのよ」
フランドール 「ちなみにQPは2POPだから1組は確定でいるんだよねー」
結月ゆかり 「COないならグレランでいいんじゃないでしょうかね」
十六夜咲夜 「ジロウ様>違いますわ。
正確には人外ども、同士討ちをし続けよ、ですわ。」
古明地さとり 「おはようございます
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1
ふむ、共有の囁きは見えませんでしたね
それでは朝にCOがある役職はCOをして、特に何もなければグレランでしょう」
結月ゆかり 「おはようございます」
仗助 「んでCOあるやつはとっととでろよー?
俺はそんな気がなげえ方じゃないんだからなぁ」
ディアボロ 「呪殺は起きないか・・・」
小南桐絵 「おはよっと
んーんー>狼5狐2QP2 これ人外CPに期待しないとねぇ…
ま、共有いない以上、どうとも言えないけどさ」
QB 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1

これは・・・村に矢が刺さったら最悪としか言いようがないね!
吊りなんて全然足りてないよ。 共有もいないので何かいいCOがあればいいなぁ。」
古明地こいし 「村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1
(この陣営数・・・人数・・・お姉ちゃんが誰かにprprされてしまう・・・!)
お姉ちゃん! お姉ちゃんが私以外を愛するというのならばまずはその幻想を以下略!」
レミリア 「咲夜、我が名によって命じるわ。
人外を駆逐なさい!」
BJ 「おはよう
この村には人狼という病に冒された者がいると聞いた
しかしそれを隠しているようなので引張りだしてかっさばかなければならん
妖狐とやらもいるそうだがそちらはわたしの管轄外だ
ちなみに恋に付ける薬はない」
ジョニカス・ジョバーナ 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1
果たしてあんたは……名前トラップに引っかからずにいられるかな?」
十六夜咲夜 「10人外に恋人追加。
今宵は多少なりともおもしろき夜になりそうですわね。」
ジョニカス・ジョースター 「おはよう

それなりの配役か・・・
QP吊ってる暇はないだろうな、恋人の位置次第になるし
この村、全体的に貧しい奴が多いんだけど・・・?
村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1」
パチュリー 「持病の癪が発動したので帰るわ。こーあー!」
ジロウ 「人外は同士討ちしろ」
マナバード 「おはよう
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1
恋人殺すべし慈悲はない」
トニオさん 「レストラン・トラサルディーへようこそ
村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1

ところで『弓と矢』がおかしなことになってマスね・・・あれはスタンド能力を
開花させるもので恋人を作るものではないはずなのデスが・・・」
仗助 「村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1

こいつはグレートォな陣営だぜ…
なにしろこんな狭い村でQPが2もでてるんだぜ?
こりゃあ派手に結婚式しないとだめってことじゃねーか(真顔

ただし…恋人は抹殺するけどな!!!!」
フランドール 「おっはー
神話引いてこいしちゃんコピーしてm9 お姉さまwwwしたかった
んじゃ、COある人よろ」
ディアボロ 「さてQPも居るが状況はあまり良くない状況だが!?
人外に刺されば一網打尽の状況では有る
まずは様子を伺おう。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルGMさんの遺言 この村はエルヴィス◇wug/VU5j7ms0の提供でお送りいたします。

ポリシーは(立てるのが)はやい、(立ち)やすい、そして(展開が)うまい
ジョルGM は無残な負け犬の姿で発見されました
「◆ジョルGM なおこの村で俺の配役に文句をつける対象が出た場合
俺は「貴様見ているなッ」と叫んで邪悪の化身GIOになります」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョニカス・ジョバーナ 「というより告発されそうですけどね
その場合無駄になるので素直にグレランいきましょう」
小南桐絵 「そこ紅天使で告発されたらふつーに行く感じ」
十六夜咲夜 「ああ、他刺しなので意味がありませんでしたか、失礼。」
小南桐絵 「狙えそうなら狙ってく、くらい」
ジョニカス・ジョバーナ 「これ僕と彼で間違えて組織されませんよね(フラグ)」
小南桐絵 「ん、じゃあグレランならジョースターに組織
二人くらいにした方がいいかもだけど」
十六夜咲夜 「基本的にジョニカスに票叩き込みまくりましょう、
占い語りはもっておきますわ。」
BJ 「まあいいか>組織票」
ジョニカス・ジョバーナ 「いいんじゃないですか?>ジョースターの僕に組織」
十六夜咲夜 「まぁそれならそれでいいでしょう。」
小南桐絵 「ま、フツーにやる感じ?
噛み先はこの面子ならローテでいいわよね」
ジョニカス・ジョバーナ 「刺さるなよ!?刺さるなよ!?」
十六夜咲夜 「ジョニカスに票を叩き込みましょうか。」
ジョニカス・ジョバーナ 「矢が刺さったら素直にいいますね
刺さらないことを本気で祈ってますが>僕同士で」
「◆ジョルGM 出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1

時間の割には集まっただけあって、にぎやかな村だな。」
小南桐絵 「QPかぁ」
BJ 「呪いだな」
ジョニカス・ジョバーナ 「素です」
ジョニカス・ジョバーナ 「無意識ェ……>ジョースターの僕」
十六夜咲夜 「幻狼ですわ。」
小南桐絵 「虎ー」
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1
ゲーム開始:2016/05/03 (Tue) 01:27:06
ディアボロ 「もう一度ダンジョンに潜りますか
はい◁
いいえ」
古明地こいし 「今日のボスの死因:食べ物だと思ったら食品サンプルだった」
レミリア 「まだよ、まだパチュリーもいる、私にはまだ手札が!」
ディアボロ 「ディアボロは死んでしまった!」
古明地さとり 「古明地さとり さんが登録情報を変更しました。」
ディアボロ 「Hp1」
QB 「18人かぁ」
古明地さとり 「血中アルコール濃度が高まりますよ?」
ジョルGM 「ダメみたいですね…>ディアボロ餓死」
ディアボロ 「Hp2」
ジロウ 「>仗助
マジかよ楽しみだな」
パチュリー 「……眠くて気持ち悪い」
マナバード 「眠くて頭が働いてねーや」
古明地さとり 「お風呂でお酒を飲むのは感心しませんね、風呂は汗をよくかきます」
ディアボロ 「Hp3」
フランドール 「空条ジョニカスはいないのかー」
レミリア 「レミリア さんが登録情報を変更しました。」
ディアボロ 「Hp4」
ディアボロ 「ピザが無い食料ゼロ餓死 Hp5」
パチュリー が幻想入りしました
ディアボロ 「カウントを始める」
BJ 「うむよろしく」
古明地こいし 「古明地こいし さんが登録情報を変更しました。」
ジョニカス・ジョースター 「ジョニカス・ジョースター さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1592 (ジョルジュ) → No. 8264 (ジョルジュ2)」
仗助 「6部もアニメになるんじゃないっすかね?>ジロウ
いまのところ全部やるって話だし」
古明地こいし 「お酒を飲んだ上でお酒を持ってお風呂に入りお風呂でお酒を飲む。
むきゅぅ」
フランドール 「いつから私がお姉さまの味方たって錯覚していた!!」
レミリア 「>仗助
振り返った先……この気配……『無意識』……メリーさんッ!」
BJ が幻想入りしました
古明地さとり 「古明地さとり さんが登録情報を変更しました。」
QB 「まどかのおっぱいやわらか~い」
ジロウ 「ジョジョは6部が好きだ」
仗助 「ちぃ!新手かよ!?>フラン」
ジョニカス・ジョバーナ 「最初はジョルカス・ジョースターで
ジョセフ枠になろうと思いましたが名前トラップってレベルじゃないので
ジョルノ枠になりました」
古明地さとり 「お触りは禁止です」
ジョニカス・ジョースター 「触って確かめてくれるわ!!」
小南桐絵 「よろしくー」
ディアボロ 「25分にカウントは始める>gm」
レミリア 「フランまで来ちゃったァー!」
ジョルGM 「二重括弧が凄く気になるぞ 気になるぞ>さとりん」
小南桐絵 が幻想入りしました
マナバード 「全員まとめてオッパイに吸い付きそう>>ジョジョ」
仗助 「おっと、そっちは振り返っちゃいけねえ道だぜ?>レミリア」
古明地こいし 「嘘だっ!」
フランドール 「お姉さまのカリスマをキュッとしてドッカーン」
レミリア 「ぐっ、だが……フハハハ!
咲夜がきた、我が逃走経路が……!」
ジロウ 「バトルの準備ができたらホロセウムの前に立ちな」
ジョルGM 「まぁこの人数なら入る必要性はなさそうなんで
投票確認次第始めちまってくれ」
古明地さとり 「『私はロリ巨乳です』」
十六夜咲夜 「お嬢様、参りましたわ。みなさまもよろしく。」
結月ゆかり が幻想入りしました
ジョニカス・ジョバーナ 「初日がどんなに強い役職をひいても
初日だから無駄なんだ……無駄、無駄……」
ディアボロ 「投票は素早く頼むぞ
念の為に確認しておくが」
フランドール が幻想入りしました
QB 「いらっしゃい。ジョジョがたくさんだね!」
ジロウ が幻想入りしました
十六夜咲夜 が幻想入りしました
古明地こいし 「お姉ちゃんが私のパンツを物干しからタンスに移すから・・・」
古明地さとり 「そしてこの発言の前の私の発言は嘘であり、次に言うことは本当です」
仗助 「ふ、俺に挑まれたのが、おめーの運の尽きってやつよ…ドラァ!>レミリア」
ジョニカス・ジョバーナ が幻想入りしました
古明地さとり 「今から言うことは嘘です」
レミリア 「>仗助
馬鹿な!この、このレミリアがパワー負けしているだと……ッ!」
ジョニカス・ジョースター 「左見てる場合じゃねぇ!」
ジョニカス・ジョースター 「ジョニカス・ジョースター さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 8508 (ジョルジュ2B) → No. 1592 (ジョルジュ)」
トニオさん 「この村の村民に衛生観念というものは無いのですか・・・!?」
仗助 「ドラララララララッララァ!>レミリア」
QB 「ボクもパンツはいてないよ!見ればわかると思うけど」
仗助 「あ、はい!大丈夫っすよ!もう前みたいなことしませんから!>トニオ
石鹸だってつけちゃいますよ〜〜〜」
ジョルGM 「隠れ巨乳COの方が盛り上がったと思う(ジョ並感」
レミリア 「無駄無駄ァ!」
古明地さとり 「こいし、来ていましたか」
ジョニカス・ジョースター 「!」
古明地こいし 「ぱんつはいてないCO」
トニオさん 「やってもいいですが手を洗ってからにしてくださいね >仗助」
仗助 「ドラァ!!!>レミリア」
古明地こいし が幻想入りしました
レミリア 「究極生命体レミリアの誕生(予定)だァー!」
古明地さとり 「そうですか>GM
2度も同じトラウマを繰り返すことの無いよう、爆弾にはお気をつけてくださいね」
仗助 「なんかとんでもないバイトっすね〜トニオさんの店こんなにしちまうなんて。
よかったら俺のクレイジーダイヤモンドで治しましょうか?>トニオ」
レミリア が幻想入りしました
ディアボロ 「ディアボロをやった後トルネコをやると
かなり優しく感じる>仗助」
トニオさん 「一時期バイト雇いましてね その際にちょっとだけ改装してたのが
まだ戻ってないみたいです >仗助」
マナバード 「罠確認の必要すら消してくれるドラドリは神」
仗助 「でも俺ぇ〜ディアボロよりやっぱりシレンの方が好きっすわ。
あっちの方がなんつーか辛いんすよ」
仗助 「え…あ、はい>ジョニカス」
トニオさん 「これまた配役が酷くなりそうなお人ですねえ
でもジョースター家的には逆境は伝統でしょうか」
ジョルGM 「そのトラウマはデータファイルごと消し去ってスッキリしたから
何も問題は ないのだ>さとりん」
ジョニカス・ジョースター 「ジョジョでいいぞ」
古明地さとり 「罠の確認を怠ってはいけませんよ
『DIOの罠を踏んだ後にミスタに狙撃』されたければ、怠っても構いませんが」
ジョニカス・ジョースター 「よろしく」
ジョニカス・ジョースター が幻想入りしました
トニオさん 「トニオさん さんが登録情報を変更しました。」
仗助 「ああ〜〜〜ディアボロの大冒険の話っすかぁ〜〜
あれ俺もすげー好きなんすよねー何度やっても飽きないっていうかー」
マナバード 「ジョセフ?鉄球?
0,13しか持ってないから良く分からないや」
ディアボロ 「ヌケサクとキッスのコンボで殴りまくる
FFはすぐ貯まるからな」
マナバード 「支援」
仗助 「あと、店の看板が「やらない-Oキッチン」なんてのに変わってるんすけど、
なんすかね?新手のギャグっすか?」
マナバード が幻想入りしました
古明地さとり 「『爆弾で天国永住用のディスクを吹っ飛ばす』ですか
なかなかに奇妙なトラウマをお持ちで>GM」
ジョルGM 「(おっぱい来ねぇなぁという顔)」
ディアボロ 「メローネ 兄貴のコンボも有る>トニオさん」
トニオさん 「厨房では石鹸で手を洗イナッ!!! >仗助」
仗助 「ちぃーっす…あれ、トニオさん、服装変えたっすか?」
仗助 が幻想入りしました
古明地さとり が幻想入りしました
トニオさん 「ハーヴェスト出る所では神砂嵐起こるまでは稼ぐは基本ですねえ
エルメェス兄貴のキッスはさてうまく扱えますかどうか」
ディアボロ 「後は退院花京院だな80の固定ダメージだ」
ジョルGM 「これやらかしたからまたホテルの外でエコーズとハミパ拾って
必死に修正値を稼ぐ仕事に逆戻りだァ…」
トニオさん 「深層のほうだとほぼ半分持っていくから油断できないんですよねえ
2部フロアでも」
ディアボロ 「銭投げ200G鉄獄基本>トニオさん」
ジョルGM 「固定値50点はまぁ許したくないが許す、一人2回まで、だしな。

ハミパ能力装備がない場合確定で波紋痺れ、は狂ってると思う。」
ディアボロ 「鉄球の球はウェザー・リポートで蒸発した>ジョルgm」
トニオさん 「あ、その商品はハイプリエステスが付いてますよ!? >ディアボロ」
ジョルGM 「というわけでみなさんようこそ、と。」
トニオさん 「あの鉄球威力高すぎますからねえ・・・ >ジョルGM」
ディアボロ 「ふん!サーフィス聖人の脊椎メタリカだ>トニオさん」
QB 「こんばんは。」
QB が幻想入りしました
ジョルGM 「今日のディアボロ

ブラックサバスに無理やり「敵が出やすいぞ」をつけられて
大量発生したジョセフに鉄球叩きつけられ死亡
(なおこの死因は本日実際にジョルジュが発生させたものです)」
トニオさん 「レストラン・トラサルディーへようこそ」
トニオさん が幻想入りしました
ディアボロ 「黄金とか名前が付いてるのが気に食わないが(ゴールド・エクスペリエンス関連)
そのジンクスも過去のものとなるのだ!」
ディアボロ 「ふん、このダンジョンも突破してみせる」
ディアボロ が幻想入りしました
ジョルGM 「何分完全に深夜鍋なんで
集まり具合を見て希望制を外してGMが降りることもあり得る
希望ひゃがあるところ申し訳ないが、ご了承願いたい」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ジョルGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8264 (ジョルジュ2)」
GM 「0125開始予定」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようお願いします」
村作成:2016/05/03 (Tue) 01:06:36