←戻る
【雛4181】やる夫達の超闇鍋村村 [4881番地]
~愛されていないって疑った私を許して~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon ドクオ
(生存中)
icon ガイア
(生存中)
icon ぐだ子
(生存中)
icon オルテガ
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon マッシュ
(生存中)
icon 成歩堂龍一
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 衛宮士郎
(生存中)
icon めぐみ
(生存中)
icon 上級チルノ
(生存中)
icon 藤原妹紅
(生存中)
icon アヴェンジャー
(生存中)
村作成:2016/05/04 (Wed) 13:57:23
GM 「「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません

占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意

占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)
 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります
 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

自分の役職はちゃんと確かめよう!
 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ
 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください
」」
GM 「【ローカルルール】
・初日への能力行使は自由
・早噛みは下界で許可された場合、恋人が確定でいなければ許可
・AAはCOと同時で無ければ自由
・村騙りは自己責任でどうぞ
・昼、夜の投票は遅くても200以内推奨」
GM 「では14:20を開始目安とします」
ドクオ が幻想入りしました
ドクオ 「よろしく」
ガイア が幻想入りしました
GM 「テンプレはすごく古い奴の上にローカルルールとか雑ですけど許してください(」
ガイア 「(よろしくね)」
GM 「いらっしゃいませ」
ガイア 「(聞こえますか皆さん・・・もっと輝くのです・・・)」
ぐだ子 が幻想入りしました
GM 「アンカーのドクオさんになにか希望するOPがあるかどうかだけ聞いておきましょう」
GM 「いらっしゃいませ」
ぐだ子 「おは」
オルテガ が幻想入りしました
オルテガ 「ガイア違いか・・・」
ドクオ 「封蘇で。」
GM 「了解致しました」
オルテガ 「おう・・・」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
ガイア 「(オルデガよ・・・ガイア違いとはどういう意味ですか?・・・)」
できる夫 が幻想入りしました
GM 「蘇生は死にました、もういません」
できる夫 「やあこんにちは」
GM 「いらっしゃいませ」
ガイア 「(いらっしゃい、大地の子供たち)」
できる夫 「愛ですか。私達紳士(ロリコン)はね
誰かを愛してはいけないのですよ
恋はいいんですが」
ぐだ子 「昼間に封蘇は珍しいね」
オルテガ 「マッシュは死んだ、もう居ない」
ガイア 「(人類よ・・・もっと・・・もっと鍋をするのです・・・)」
できる夫 「恋ならば破れるも、また新たに誰かを好きになるも自由です
ですが特定の誰かを愛するという事は紳士である事を捨てねばならないのです」
GM 「珍しいですが主のご命令は絶対なのです……」
GM 「流石紳士様の仰られる事は重みが違いますね……>できる夫さん」
できる夫 「人はいつまでも若いままではいられませんからね
愛した人と年を重ねる幸せの為には捨てねばならぬものもあるのです
悲しいねパナージ」
ドクオ 「マッシュの死を弄ぶわけにもいくまいよ」
ジョルジュ が幻想入りしました
GM 「いらっしゃいませ」
ジョルジュ 「一方ジョルジュはおっぱいを揉んだ」
ガイア 「(紳士が増えましたね・・・)」
GM 「(あなたの望むものはこの村にありましたか……)」
できる夫 「単に性欲の対象や恋愛対象であれば、別の対象を選べばすむ話ですが
愛となるとなかなかそういう訳にもいきませんからね>GM」
マッシュ が幻想入りしました
マッシュ 「メテオストライク!」
ガイア 「(紳士よ・・・45億歳の私は対象外ですか・・・?)」
GM 「いらっしゃいませ」
ドクオ (♀) が「異議」を申し立てました
できる夫 「この流れだとジオンの紳士も来そうですね」
ドクオ 「マッシュは死んだ・・・死んだんだ・・・。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 9908 (砂嵐)」
オルテガ 「さっきまでそのアイコンなかっただろwwww >マッシュ」
GM 「メインカメラがやられただけです(棒読み」
ぐだ子 「何だこの村はたまげたなぁ」
できる夫 「>ガイア
生憎とエコロジストではないもので」
マッシュ 「村の流れみて即席で作ったに決まってるだろ >オルテガ」
オルテガ 「マッシュは死んだが、次のマッシュが来た
とりあえずドムに乗れ」
GM 「次のマッシュはうまくやってくれるでしょう」
オルテガ 「仕事はえぇな・・・オルテガ(DQ3)のアイコン探すか俺も悩んだ」
ガイア 「(おお、子供たちよ・・・ロリに目覚めてしまうとは情けない・・・)」
成歩堂龍一 が幻想入りしました
マッシュ 「エドガー兄貴はリルムは流石に犯罪かとか言ってたな・・・兄貴・・・」
できる夫 「そも、ロリコンの語源であるロリータも一人の少女に固執した男の話ですからね
あの先生はロリコンよりもサイコやヤンデレ、ストーカーの類いですよ」
GM 「いらっしゃいませ」
karikari が幻想入りしました
成歩堂龍一 「よろしく」
karikari 「よろしく」
GM 「いらっしゃいませ」
衛宮士郎 が幻想入りしました
衛宮士郎 「良し、準備完了」
GM 「いらっしゃいませ」
できる夫 「ロリータ原本自体は知らない人が多いと思いますので説明しますが
初恋の少女と幼くして死別した教師は
その少女によく似たロリータという少女にある日出会います」
できる夫 「おや、同士衛宮」
オルテガ 「執着したらコンプレックスってことは・・・
俺らもドムコンになっちまうというわけか・・・」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → やらない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2459 (やらない夫03)」
マッシュ 「成る程、つまり→の弁護士さんはそこのロリコン達担当というわけかい」
衛宮士郎 「何の同士だよ・・・」
ドクオ 「読んでは見たが早々に気持ち悪くなってリタイアしたな<ロリータ」
やらない夫 「おや、できる夫」
できる夫 「その教師は悩みました。どうしたらロリータに接近できるか
どうすればより長い時間一緒にいられるか」
GM 「人数も十分だと思いますし、ドクオ様は
開始時間になりましたら、カウントを開始しても問題ありませんよ」
成歩堂龍一 「これもしかしてロリコン弁護する流れ?」
めぐみ が幻想入りしました
成歩堂龍一 「いやだなー」
GM 「いらっしゃいませ」
めぐみ 「よろしくです」
マッシュ 「まよいちゃんはロリに入るのか否かそこが問題だろうか >成歩堂」
上級チルノ が幻想入りしました
上級チルノ 「よろ」
マッシュ 「まあ多分入らないが」
GM 「いらっしゃいませ」
ガイア 「(びっくりするほどの男性村ですね・・・)」
ガイア 「(と言った矢先に女の子が来ました・・・)」
ドクオ 「全員の準備が整い次第だな」
できる夫 「そうだ、ロリータの母親であるシングルマザーと結婚して父親になろう

完全に合理性だけのサイコパス思考ですありがとうございました」
オルテガ 「恐らく初登場の頃はギリギリ入るだろう・・・
はみちゃんは完全アウト」
やらない夫 「できる夫…(ほろり)
いつから道を踏み外したんだ…?」
成歩堂龍一 「まよいちゃんはロリじゃないと思うけど・・・>マッシュ」
karrr が幻想入りしました
できる夫 「やあどうもやらない夫さん」
karrr 「こんにちはっと」
GM 「いらっしゃいませ」
成歩堂龍一 「はみちゃんはなー・・・>オルテガ」
アヴェンジャー が幻想入りしました
ジョルジュ 「逆にこう問われるべきだろう>やらない夫

道など本当にあったのか、と」
できる夫 「真宵ちゃんは良いロリですよ
大人Verも好きですが」
アヴェンジャー 「よう。」
やらない夫 「昔はまともな奴だったのに、いつから幼女に目覚めちまったんだ
常識的に考えて」
衛宮士郎 「・・・」
オルテガ 「最新作はセーフだろうな、多分」
マッシュ 「お前本当に出るの? >アヴェンジャー」
GM 「いらっしゃいませ」
ガイア 「(実はサド侯爵はマゾだったという噂を聞いたことがありますが・・・)」
マッシュ 「後、敵だと地味に面倒くさいよなそこの最弱鯖」
できる夫 「ドクオくん>ちなみにロリータが家を出たら主人公も探しに家を出て探し回りましたとさ
いやはや、完全に完全です」
オルテガ 「こう考えろ
『みんなが歩けば、それが道になる』と」
アヴェンジャー 「出んじゃね?
ただ、俺のマスターは10万フレポ使ったけど出ねぇっつってたなあ。」
karrr 「karrr さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karrr → 藤原妹紅
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6697 (藤原妹紅05)」
ドクオ 「なかばであきらめてあらすじだけネットで流し読みだ
未だに手放せないが、そのうち読みたいもんだ」
できる夫 「ガイア>そういう側面もあったと思われます
小説のサド伯爵にも匂わせる描写はありましたね」
ドクオ 「デュエルの準備を始めろ<やらない夫」
やらない夫 「人間幼女に目覚めるのも道を踏み外しただけだ、からきっとあるんじゃないか
あってくれ、あるよな?>ジョルジュ」
藤原妹紅 「じゃあ、ギリギリで済まないが決まったと」
ジョルジュ 「その論理の下だと赤信号はこの世に必要ないんだよなぁ>オルテガ」
ドクオ 「3」
ドクオ 「2」
ドクオ 「1」
ドクオ 「開始!」
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。」
ゲーム開始:2016/05/04 (Wed) 14:20:40
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
「◆GM おはようございました」
藤原妹紅 「響狼か」
上級チルノ 「よろ」
できる夫 「仙ですね」
藤原妹紅 「で、一発ネタで審神者を騙るという手もあるけどどうなるかなあ」
「◆GM GMの正体はプロフ参照です
誤爆が怖いので基本的に私はお口チャックなのです」
上級チルノ 「噛み役は基本できる夫で」
できる夫 「狂人は初日もありえますから、まぁ程々に期待しておきますか」
上級チルノ 「時間だけ明かしておいてほしい」
藤原妹紅 「まぁ、それはそれとしてだ
審神者騙りやるならやるでチルノ初手囲いでもするか」
できる夫 「14 12 10 8 6 4
残り十人辺りで出るならありかと>審神者」
藤原妹紅 「占い騙るのも誰かやっておいてくれればかな
出すかどうかは状況次第で」
できる夫 「では今日は一分半で出ます」
できる夫 「占いならばチルノさんに任せたいですね」
上級チルノ 「おk よろ 占い日記は作っておく」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM では皆さま頑張ってください」
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 クスクス……絶望に憑りつかれて殺しあうといいよ……ッ!!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ぐだ子 「おはよう
決闘と蝙蝠が邪魔
共有がいればよかったんだけど」
めぐみ 「おはよう御座います
釣りは確か7ですか一応釣りに余裕はありますが
慢心していたら普通に負けるんで頑張っていきましょう
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1」
マッシュ 「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
蝙蝠決闘がどうなるかっつーのもあるが共有いねえ分
進行がグダグダになりそうなのがアレだなあ」
アヴェンジャー 「――さあ、聖杯戦争を続けよう――ってな。」
できる夫 「サイコパスの犯罪記録まがいと割り切るなら楽しいですよ
無駄に文学的ですし>ドクオくん」
ガイア 「(聞こえますか村人たちよ・・・人外を殲滅し、この村を救うのです・・・)
(吊りは第四陣営を入れるなら若干厳しい・・・)
(共有者の囁きは聞こえなかった・・・COがある者は、早く出るのよ・・・)」
ドクオ 「おはよう」
上級チルノ 「よろ」
藤原妹紅 「おはよう」
衛宮士郎 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
初日村なら村=人外って所だ
共有は居ない、何か動きが無ければグレランになるな」
オルテガ 「おはよう

共有居ないみたいだし、グレランでノーミス覚悟ってところか
村人陣営8 ジオン陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1

そこそこに面倒な感じかね、布陣としては。
囁きは特に確認していないが、さて。」
成歩堂龍一
              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,
┌‐────┐          \,.)ク, ‐'    ヽi,
│ ナルホド  |           |'´{,      `!i
├───‐─┴───────────────
|蝙蝠とか換算すると吊り足りないけど、吊るすと考えなければ大体こんなもんかな
|絶望と言えるレベルじゃないし、何もなければグレランかな
└─────────────────────」
上級チルノ 「断る>GM」
できる夫 「さて、何かCOは?」
ぐだ子 「お前は一体どの立場なんだ>ガイア」
めぐみ 「!?>ジオン陣営3」
成歩堂龍一 「いやな遺言だ・・・こわっ>GM遺言」
やらない夫 「この世界は歪んでいる
歪んでいるのはロリコンと…この世界そのものだ なんてな?
おはようだろ
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
…うんん、まあ、…蝙蝠と決闘が面倒だな
共有は居ないみたいだ」
マッシュ 「んで、まあ朝一で出るCO無しのグレランになりそうだな」
アヴェンジャー 「○人外噛みに期待する感じだから共有いない方がよくねえ?>ぐだ子」
できる夫 「何もないならばグレランといきましょうか」
ドクオ 「あいにく俺はドクオ『さん』なんだ・・・口の利き方に気をつけるんだな・・・<できる夫」
藤原妹紅 「しかしそうなるとな
なかなか難し状況ではあるか、人外が多めだ」
衛宮士郎 「裏切ってるじゃないか>ジオン陣営3」
成歩堂龍一 「どこから出てきた、その陣営!?>ジオン陣営>オルテガ」
ドクオ 「吊り余裕はない。
人外を吊るぞ・・・!」
めぐみ 「マヨナカテレビかな(違うそうじゃない」
オルテガ 「村陣営兼ジオン陣営だが?」
ジョルジュ 「まぁ、とりあえず何ということもない開始フェイズのようなので
素直に狼を狙って殺していきましょうそうしましょう、くらいしか
今の時点で言えることなどありはしないわけでして。」
やらない夫 「ジオンはサブじゃないのか…?>オルテガ
黒い三連星についた」
ぐだ子 「あー、そういう考え方もあるか>アヴェンジャー」
上級チルノ 「女子に呼ばれるなら「さん」より「くん」の方がより上級といえるのでは?>ドクオ」
マッシュ 「噛んでくれりゃあな >アヴェンジャー
○人外は○人外で暴れることもあるだろうし」
ガイア 「(ぐだ子よ・・・もちろん村の味方ですよ・・・)」
藤原妹紅 「まぁ、蝙蝠はともかく決闘は本当に何をするかわからないからな>やらない夫
○人外が増えるという認識でもいい」
オルテガ 「ガイア! マッシュ!
適当にグレランをかけるぞ」
上級チルノ 「蝙蝠も蝙蝠で何するかわからんけどな」
衛宮士郎 「蝙蝠とか決闘とか表面に出なければ気にする様な物じゃない
出てきたら吊るすしか無いが・・・」
ぐだ子 「この村だと蝙蝠決闘と狂人がいるしあり得るっちゃあるんじゃない>マッシュ」
成歩堂龍一 「村人陣営5 ジオン陣営3 人狼陣営4 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1

せめてこうしてあげようよ、村人陣営8のジオン陣営3の人狼陣営1かもしれないけど(え」
ジョルジュ 「最低限度の言うべきことをもう言い終わってしまったぞ本当に動きのない村だな。
よし、あとはひとまずぐだ子のおっぱいを揉みながら考えようそうしよう。」
できる夫 「やらない夫>歪んでいるのは犯罪に走るロリコンですよ
つまり、ロリコンだから歪んでるのではなく
犯罪に走る人間が国籍、人種、性別問わず歪んでいるのです」
アヴェンジャー 「共有いないなら100%灰噛みなんだから共有いるよりは期待できるだろう
って比較論の話だよ。>オルテガ」
やらない夫 「○人外を噛ませるとは、恐れいった
その発想はなかった…ここは微妙に村目だな>アヴェンジャー」
ドクオ 「といってもこの村、噛まれる○人外なんてどれぐらいいるものか。
コウモリ、決闘、狂人ぐらいだろ。狐に子を期待するか?」
ガイア 「(グレランをするのです・・・聞こえますか・・・グレランです・・・)」
藤原妹紅 「そういうことだ>士郎
と言っても出るわけはないよな…」
ぐだ子 「アヴェンジャー、オルテガとマッシュ間違えてない?w」
上級チルノ 「噛み殺すことはできなくても噛むことはできる、なら妖狐も含めていいだろう>ドクオ」
マッシュ 「つまりメテオストライクを適当にぶっぱすればいいんだな?
(必殺技 キー入力ミス)」
やらない夫 「蝙蝠は生存優先だからな
決闘枠は最悪自分の死を恐れないのがいるから質が悪い」
成歩堂龍一 「                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii゙:::::::::::::::::::/:::::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::!::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::::::::::!
┌‐────┐:::::::::::::i:::::::::::::::::::!:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
│ ナルホド  |::::::::::::::::!::::::::::::::::::i:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│連携も何もない・・・>適当にグレラン>オルテガ
└─────────────────────────────‐
めぐみ 「決闘は兎も角蝙蝠は出てきたら吊るすという感じですかねぇ
(この人数だと自分指しだからどっちにしろ後援以外釣ったほうが安牌なのでしょうか?」
オルテガ 「黒い三連星で●●●ってか?
笑えない冗談だぞ >なるほど」
アヴェンジャー 「少なくともこの配役かつ俺が狼になったらを想定すると、共有いんなら初手共有噛むしよ。」
ぐだ子 「狐噛みなら吊り増えるから別にいいじゃん?>ドクオ
子狐なら猶更」
アヴェンジャー 「マッシュだったわ。」
藤原妹紅 「そういえばジェットストリームアタックをするとしてだ
…どうやるんだこの三人で?」
できる夫 「おや失礼。我々はスレ次第では関係性もマチマチなのでつい>ドクオさん」
衛宮士郎 「キー入力ミスしまくってバルガスに負けた話する?」
ガイア 「(決闘者よ・・・COするのです・・・(無理))」
上級チルノ 「連携するつもりがなくとも自然と連携になってしまうのが上級村陣営」
藤原妹紅 「マッシュがガイアを割ってオルテガか火口に落ちていくのか…?」
ぐだ子 「決闘なら出ると思うから
後援か復讐なんじゃないの>めぐみ」
マッシュ 「占いくらいは探すと思ったんだがな共有1くらいなら無視して
>アヴェンジャー
まあその辺は人によりけりか」
できる夫 「アヴェンジャー>まぁ、その辺りは仮定の話にしかなりませんがね」
アヴェンジャー 「俺っち最弱だからジオン陣営の区別つかねーんだわ~。>ぐだ子」
衛宮士郎 「ガイアだけでこの村の面子大体倒せそうじゃないか
本当に連携もクソも無いな・・・」
成歩堂龍一
                _,. -‐‐''´`ヽ-、-i
             _, -‐'´    _,-‐‐-、_,,'7       ___  -‐―-、
           ー__,- ' ´   i'  、__,._, , `i',-‐‐ ''  ̄        ヽ
            _,ニ-'´__ r‐.、i   i'T;j  〈i                i
            `-= -、! ‐、       、 〉.!        _!ノ      !
                !.ヽ_,    ー‐-- ! ! !       /        /
                 Y´ ヽ、    !'´`'ー--r‐'´            /
.         __      , -'!`ー-、 ` ー-r‐'_ -‐''ヽ/              /
        i'´` ー、`'  ‐-´|  ヽ  ` ーr_!/     `ヽ          /
    , -'´    ヽ    !   ヽ   !'´ iヽ、   ヽ       ,/
  __ノ           ヽ   `ー-、,‐'ヽ、__.!、 l i ヽ    !     ,:'
/              i    <´   ヽ !. ヽiヽ'´    !    , '
             :     ヽ、  ヽ i  'i ゚`!   i   ,:'
             !         ヽ、  ヽ  l .i     i. , '
 ヽ.            /         ヽ、 ヽ i .i _ -‐' i'´
  ヽ   __,. 、/           ヽ、'i,.!/      !
┌‐────┐ `              >'     l
│ ナルホド  |、         l      l.O   l  |
├───‐─┴────────────────────────
|あ、あはは、どうも・・・(やべっ、そういえばそんな呼び名で呼ばれてたな、オルテガたちって)>オルテガ
└─────────────────────────────‐」
やらない夫 「やる夫系キャラの関係はスレによって全く異なるからな
頼れる相棒の時もあれば宿敵の時もある」
ドクオ 「そういう意味じゃあないんだが・・・まあいいか。一緒に人狼吊ろうぜ!<できる夫」
オルテガ 「ガイアの剣(形見)
オルテガの兜(形見)」
ガイア 「(蝙蝠は・・・・噛まれるように動くのです・・・・)
(吊られないよう・・・噛まれるように・・・・)」
ぐだ子 「ジオン陣営が浸透してる!?」
めぐみ 「正直決闘も蝙蝠も出てこずに大人しくしていて
占いなどを隠す木の1本にでもなってくだしぃ」
藤原妹紅 「オルテガの役目は…ないな」
マッシュ 「最初はわけわからんからなあ >衛宮士郎
テンパッて初見負けはあるある」
できる夫 「確かなのは単身隠者でもない限りは共有はいない
そういう事です」
ジョルジュ 「人外噛みを誘発させるためには村が噛まれないための動きってのも必要になる気もする。
つまり噛まれないだけで人外視するのは方針として利が通らない、それがこの村、と言えるのかもしれない(観察の結果」
上級チルノ 「ジオン陣営に兵なし」
やらない夫 「マッシュの鎧…ダサくね?」
衛宮士郎 「まあ潜伏共有とか今は考える意味無いからな」
ぐだ子 「初日相方の隠者かもしれないじゃないか>できる夫」
やらない夫 「ガイアとオルテガはカッコイイのにな」
成歩堂龍一 「単身隠者ってニートと変わりないのでは(名推理」
ガイア 「(そんなことはありませんよ・・・士郎・・・ あなたの助けが必要です・・・)」
衛宮士郎 「今はっていうかこの先も考える意味無いな・・・」
やらない夫 「それは無職と変わりないのでは+>ぐだ子」
できる夫 「その辺り、時によりけりですかね呼び方は>やらない夫くん」
衛宮士郎 「それは悲しみ背負いすぎてる>ぐだ子」
藤原妹紅 「きっと初日が共有>ナルホド」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM 投票の確認はお忘れなきよう」
「◆GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
2 日目 (1 回目)
ドクオ2 票投票先 →ガイア
ガイア3 票投票先 →ドクオ
ぐだ子0 票投票先 →やらない夫
オルテガ1 票投票先 →めぐみ
できる夫0 票投票先 →めぐみ
ジョルジュ2 票投票先 →マッシュ
マッシュ1 票投票先 →ドクオ
成歩堂龍一0 票投票先 →やらない夫
やらない夫2 票投票先 →ガイア
衛宮士郎1 票投票先 →ジョルジュ
めぐみ2 票投票先 →ガイア
上級チルノ0 票投票先 →オルテガ
藤原妹紅0 票投票先 →ジョルジュ
アヴェンジャー0 票投票先 →衛宮士郎
ガイア を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上級チルノ 「やらない夫が占い師ならわざとらし過ぎる
他は若干発言が足らない感

ぐだ子>衛宮>成歩堂」
藤原妹紅 「あぶな
投票忘れかけてた…!」
できる夫 「個人的にはアヴェンジャー行きたいですね」
藤原妹紅 「じゃあ、ぐだ子噛みするか?
明日はできる夫占い主張で○投げて
明後日にドクオを噛みに行って足音曲げて審神者を騙る」
できる夫 「明日もグレランなら衛宮に組織しつつ」
上級チルノ 「無理に騙らなくていいぞ 騙れる状況なら騙る、くらいでいこう」
上級チルノ 「衛宮組織了解」
藤原妹紅 「わかった
じゃあアヴェンジャー●日記だけ持っておく
紙はどうする?」
上級チルノ 「できる夫、噛み時間だけ頼む」
できる夫 「ぐだ子でいきましょう」
藤原妹紅 「衛宮だった!」
できる夫 「では一分半で」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ぐだ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぐだ子さんの遺言 占い日記

初日:妹紅○
微妙な陣営
噛まれないように頑張りつつ、可能な限り潜りたい
まぁ初手は適当に、ズサ占いだとなんか繋がり濃くていやだから妹紅で
占ってから思ったけどチルノが人外だと呪殺の場合乗っ取り喰らいそうだなぁ

二日目:士郎○●
もうずっと潜ってたい気分、でも死ぬ予感がする
占いたいのはやらない夫だったけど吊れそうだからいいや
めぐみも占いたかったけど2票か…
じゃあ○の妹紅と投票先が被ってる士郎占いで(意味不明
ガイアさんの遺言 (強い毒が潜んでいる地球です・・・・5日目まで生き延びたい・・・)
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
「なかなか今回は判断が難しいところだったが、マッシュを選択。
他の場所の発言に積極的に反応している、ように見せかけている場所。
その意見は自分の推理を隠すように反応だけに終始していて、
思うところが読み取りづらい。本音を出せない人外事情を感じますな。」
「          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! --、   |
         -=l|||'つ ''   r.u`' 〈
           '||l,,ミ',     、 ァ'
            '|''’ヽ    -‐-/           /  、_
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;-'´;l;;;;;;;;;;;;|;;;;l;;;,/;;;;;;;;;;;;;`-;、ll;|
│ ナルホド  |;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;/;;;;;;;;;;|;;_;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,:-'
├───‐─┴────────────────────────
|ガイアが吊れていったけど吊れても仕方ない位置かな、発言内容薄かったし
僕としてはやらない夫吊りたかったけど、〇人外噛ませる発想がなかったはいいとしてそれ微妙に村目ってどういうことなんだという
|とりあえずそれらしい発言にレスしてちゃんと推理してるアピしてる人外に見える
└─────────────────────────────‐」
「ガイアが落ちたか……奴はジオン陣営では最弱……。
ぱっと見、票が集まるの自体は理解できる程度のランではある。

ガイア投票者から見てく?どうする?アイフル?」
「おはよう

ガイアが死んじまったか・・・」
「よろ」
「サイレント系2票持ちはおらずと
ドクオ人外吊るぞーって発言の割に内容はあまり振るってるようには
見えなかったんで入れたがんー」
「                              __/}
                        _-=/ ' !
                         _-=/.::   :
                      ___,.._イ=//     ,
             ..。s≦/∧ /二ニ//.....ノ) /
         .。s≦二ニニ/ ⌒}/ニ=/ '::::::< ./
       ィ 二ニ.::::::::.ニ/___V/ニ/.::::::::::::::/≧s。..  ..ィヘ
      /ニニニ〃}/::/∧  /ニ// :::::::::::: /ニニ.。s≦ニニハ       名前にんを付け忘れていたのにぐだ子からのアンカーでようやく気がついた私が通りますよ
.     {二ニニニ乂{:ノ____}/ニ//::::ヽ::、 /ニニ/ニニニニニ人       決闘でも自分指しの人数なのでよっぽど考えなしか秘策を携えなければ出ることはほぼないと考えます>ぐだ子
      ニニニゝニ二∧ /ニニ//:::::::::::V'/ニニ/ニニニ}!ニニニ=-__       そして若干意外にガイアと同じ感じのチルノに票が全く入ってないのは予想外ではありますね
.      ニニ/   ヽ イニニ//::::!::::::::::/ニ=.{二ニニニ}!二ニニニ=-_
       ニニ/     Yニ//:从l:::::::: |、\.人二ニニ}!ニニニニニ=-_
..     ニ/        .//:圦八::::::::i:i:iV :iニニニニ}!ニニニニニニ=-_
      Y{       // )'ト\)ル':i>!  {ニニニニ;ニニ八ニニニニ=-_
      ハ      //  人(ヽ/..::´.  ニニニ/ニニニニヽニニニ=-_
      八 .,       i { ィ   (\...../{  ニニニ/ニニニニニニニニ=-_
      ヽ:       {ノ  ;    .ヽ V.....  ニニニニ二二ニニニニニニ=-_
       ノ'        {  /     ゝ.....|   iニニニニニニニニニニニニ=-_
                レ'       込..|   |ニニニニニニニニニニニニ=-_
                          |   |ニニニニニニニニニニニニ=-_
                          |   |ニニニニニニニニニニニニ=-_
「おはよう、ガイアが吊れるのは不穏ではあるな
わりと発言稼いでるように見えて逆に入れるのが怖かったのだが」
「占い噛まれと」
「草。>目隠し」
「おはようっと
・・・妖精ェ!」
「…占い遺言…!」
「えーと、これもしかして闇妖精?」
「妖精か ろくなことをしない」
「うぃ?>日隠し」
「おう、妖精が余計な事をしてくれたらしいな? @ガイア」
「おはようだろ
昨日は発言薄くて重要職薄めに見えたガイア投票だ」

             -,,_----------:、__
            -=;;-`----   ヽヽ `-‐i
             -;=---   _r'-''‐`‐、,. .!、
              `-:、.r‐、、!. -、,,,_  .|'"
                   i ! ri    (.・)`' ir'
               |-`'i     _ _!  ヽ‐z
              ノ、  ヽ  (二ニ'r'    ', Z
     ,..--、------r''"i `'-、_ -、,,_,,/    i >
     ,'   `:、   |  ':,   `‐r:,!、_      ,'r`
    ,'     ',  |   ヽ、_  ,' `i',':,ー-、-、
    ,'      i  `''ニ-" `:、-:'`:i-,'ヽ,ヽ  ヽ `、
   i         l.   `:、   \ | ', |`:、.  ', ',
   ,'       ,'     `:.、   ヽ.|  ',| ゚./   i .i
  ,'       ,'       `:.、  `:、 i. ,'   .| .|
  ,'       ,'          `-、 ヽ,!.,' ―--.|  |
 ,'       ,'            `、,'/    i  |
./       ,i             i"     i  .|
       /|             |O     i  ',
┌‐―───┐                |      .|   .i
│ナルホド   |                |     l   |
├───‐─┴────────────────────────
│妖精お前ぇ!?灰見づらいじゃないか!
└─────────────────────────────‐
「ガイア吊れてるのが不穏って言ってるやつ誰だ 名乗れ」
「つーか占い遺言とか真なら最悪だなおい」
「妖精は本当にロクなことはしないなあ・・・」
「ああ妖精ですか」
「で、めかくしということは…まぁ、そういうことだろうな」
「闇妖精…かッ!」
「間違えた @オルテガだ」
「目隠しとは驚きですが
なんというかまぁグレラン続けるしかないですね」
「目隠しな 日隠しって言いたいのはわかるが」
「ガイア潜毒だったのか・・・。byドクオ」
「…で、目隠し発生ってことはこれは妖精枠の暴挙、という理解でいいんだろうな。
噛まれからは占い遺言が出るしどうにも面倒な状況になってきた。」
「光妖精では?」
「日妖精ですか全くもって面倒です」
「やばい、なるほど分かりやすい」
「ああ、なにかそんな気はした>ガイア」
「噛まれ確定なので。
狂人はともかく子狐-決闘が遺言残すかっつーと否だろうね。」
「それが真であるって保証もねえけどな >ドクオ
@マッシュ」
「日妖精だった」
「おっと間違えて大声になってしまった
いや、光妖精だと付くのは公開者だ>チルノっぽいの」
「闇妖精だろ」
「地味に決闘陣営もいるので、少々困った感はありますね」
「闇じゃねぇのか?
光とか日は、高額明細とか公開者だろ」
「妖精枠は確定した訳で・・・
今日も特にCO無し、と仕方ないか」
「アカンな(
名前とかそういうのがくっそ曖昧になってる」
「日妖精が発動してるなら逆呪殺の線もないから噛まれでいいだろう。
ぐだ子噛む位置はどこだって言ったらジョルジュかとみたが。byドクオ」
「名前忘れたから妖精でいいやってなってる俺」
「わりとこうなると組織も見て
ガイア投票者ランとかしたくなるが、さて」
「アイコンカラーだけでなく発言の特色によって名乗るまでもなく誰かわかるのが上級の証」
「                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii゙:::::::::::::::::::/:::::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::!::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::::::::::!
┌‐────┐:::::::::::::i:::::::::::::::::::!:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
│ ナルホド  |::::::::::::::::!::::::::::::::::::i:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│灰が見づらくて占いも死んでるとはひどいってレベルじゃないんだけど・・・
│ガイア自身はよくわからないけどさ、ガイア投票者に狼いるんじゃって邪推したくなる、ぐだ子噛まれてるなら
└─────────────────────────────‐
「少なくてもガイアは狼で残す遺言にも見えないからな」
「妖精の名称はこの際なんでもいいですよ
ぐだ子は確定で妖精ではない」
「ドクオって人外狙いでガイア投票したんじゃねえの?」
「ガイアにジェットストリームアタックをかけた可能性があるってことか? >組織票の可能性」
「昨日の発言から察するに。」
「マッシュとドクオはどっちがどっちの発言かかなりわかりにくいですにぃ」
「ぐだ子は占い遺言か…
噛まれってことはなんかこう、もう他に真出ない気もするんだよな」
「ぐだ子に関しては得票0位置。
ない夫投票者だが、同じく0票位置のナルホド君の存在を考えると
投票から怪しまれた、という可能性はあまりない、と思っていいんじゃないかな。」
「人外狙いだがそれがどうしたね。」
「うん、ガイアが食らうというのも皮肉だが>JSA」

               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::y:/::-―:::、i::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;ィ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::>ノ:::::::::::::::::l::::l
;;;;;;;;;;;;;;/´ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::l,-、:::::::::::::/:::::i
┌────┐;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::i:-:':::::::::::〈::::::::l
│.ナルホド |`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::i;:::::::|
├────┴──────────────────────
│やらない夫と意見被った・・・でも同意なんだよな・・・
└───────────────────────────
「自分のカラーや口調が誰かとかぶっている自覚があるなら発言の最後に名前でも出しておけよ」
「ぐだ子噛まれがガイア投票者関係に・・・?
0票位置ではあったし噛まれ候補ではあったんじゃねえかなとは思うが
@マッシュ」
「だが、こう言っちゃ悪いが
ドクオがジェットストリームアタックに誘われるとは思えんぞ?」
「ドクオさん、めぐみさん、やらない夫くんですか
組織っぽかったでしたっけ?」
「しかし成歩堂だけはわかりやすくていいなこれ」
「潜毒を素直に信じてるように見えたか?
それならすまんな、ただの確認作業だから気にしないでくれbyドクオ」
「ガイア投票は発言薄かったからな
其処重要職はないだろうし、人外かもしれんしな」
「ガイア潜毒だったのか……って何よ。
まあ、何で人外と思って吊ったとこの遺言気にしてんだっつー話だけど。」
「ぐだ子噛まれとガイア投票は無関係だろ それと関係なくガイアが非狼臭いだけ」
「やめてさしあげろ。>オルテガ」
「正直組織にしても他2票とかなのであんまりそういう雰囲気は感じないというのがありますにゃー」
「やらない夫と妹紅見間違えた・・・@士郎」
「投票理由それぞれに聞いてみて
理由が納得できるかどうかで判断がいいんじゃないかなと」
「4票以上ならともかく3票だと組織かどうかは微妙ラインと思うけどな
確か仕様上最大3wだしよ @マッシュ」
「ガイアは組織よりは生き残りたがりが複数陣営に渡って
ド寡黙に叩き込んで延命を図った、の方が自然なような気もする。」
「ああ、私妹紅だからな、念のため」
「(尚、ガイア投票言」
「     |                 ゙
     i!、                  i
      |! \    i!           |  しかしこうなると、だ
     ! 、_ヽ  人、__,x≦_        |
     ,:  ̄ミヘ !,彳¨弋_ソ )        | 発言がわかりにくい状況でグレランしなくちゃいけないのは面倒だろ
     |     i  `¨ ゛ '';:.:': .        !
    ハ (   !     、  : :;     ,
    r‐ ヘ ー ゝ ___.ノ, ゛ 7   リ !
    人  ` 、- 、`    i!  l   .イ/
    ハ    ` -.、   |   } / /  {    _
     l          ̄    |´ /  ≠´  ̄~ |
    }            i! ムイ      /
.    {              j ´        /
     )              /      _ -―-` 7
    ヽ_             /     〃      {
       `ヽ          /     ´         \
      ,、  `l _ -- _ i!   /               `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!」

            、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'
              /" |      ._|
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \
    \   ヽ              |      !ヽ_.r     .',
      \  ':,.             |      |.,:'"      i
┌‐┴───┐             |O    /          ノ
│ナルホド   |             |     i        /
├───‐─┴────────────────────────
│ガイアに入れてるなら何かしらあるかもというのもあって
そこ投票者無視して他噛まれてるならガイア投票者に狼いるんじゃっていう推理だね
└─────────────────────────────‐
「薄いって意味なら俺はドクオに感じたし @マッシュ」
「人外と思って吊ろうが間違えることもある。
特に吊りミス許されん状況じゃ余計に考えもする。
その辺は考えの違いだと思うんだが。byドクオ」
「ガイア組織票はあまり見ないんだけどな俺
投票者ロラを言い出すのもなあ
最初投票者ロラって言い出したのやらない夫かと思ってんんん?ってなった」
「妹紅はオレンジっぽいから何となく分かる」
「                    ´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
               /                   ヽ、
                  /                 ヽ.
              /                       '.
                /                        ;
            /                       l
              /´_.`ー--、,,__                l
           ' ,〃- 辷ェゥ‐テゝ. ! 、_,,,___     !
              !    ` ̄` ,  /   '::メ卞テ'メゝ、   i   俺のほうが色が明るく輝いている>間違えた
              !          i ,′     ` ̄"    ,
            |        _              /
              i    /                /
          i    {        ;      `ヽ     /
            i    \____ ノ、     }   /
             i、  ヽ         \___ /   /
            ト、  `                  / /
            | ヽ、     ≡≡ミ、     〃 /
           ! ミ ヽ.  ´   `゙ヾ    '′,.ィ
          | ゙、 ヽ、         ,,.ィ<" i
              !  ::::::::::`ー=-;;;、_,.,ィ<:::::/  |
            /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |
         /  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.     、
.         / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    \
        / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    ヽ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM そろそろ投票の期限がやってまいりました」
3 日目 (1 回目)
ドクオ0 票投票先 →やらない夫
オルテガ0 票投票先 →やらない夫
できる夫0 票投票先 →衛宮士郎
ジョルジュ0 票投票先 →藤原妹紅
マッシュ1 票投票先 →藤原妹紅
成歩堂龍一0 票投票先 →やらない夫
やらない夫4 票投票先 →マッシュ
衛宮士郎3 票投票先 →藤原妹紅
めぐみ0 票投票先 →上級チルノ
上級チルノ1 票投票先 →衛宮士郎
藤原妹紅3 票投票先 →衛宮士郎
アヴェンジャー0 票投票先 →やらない夫
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上級チルノ 「夢か騙りだが基本ぐだ子真にしていく方向で」
できる夫 「明日村が吊れれば、ほぼ村勝ちは無し」
藤原妹紅 「じゃあいいか
明日審神者COする、噛まれの○に入れてるようなところは知らん」
藤原妹紅 「ドクオ噛めたら○、噛めなかったら蝙蝠投げる」
上級チルノ 「審神者騙りは無理にしなくていい ○もらいなら猶更だ」
できる夫 「無理に騙らずとも良さそうに見えますが
チルノさんはどう思います>審神者」
藤原妹紅 「んー、○無視して釣りに行く輩がいるならやらざるを得ないとは思うが?」
できる夫 「どう意見ですね」
上級チルノ 「あたいは明日占いCOする アヴェンジャー●でいく」
藤原妹紅 「多分あの中に、私●持ってる奴がいそうだ」
藤原妹紅 「了解」
藤原妹紅 「出るでいいな?」
藤原妹紅 「ドクオを私が噛む140」
できる夫 「まぁそこまで言うなら無理には止めませんが」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ドクオ は無残な負け犬の姿で発見されました
ジョルジュ めぐみ 上級チルノ で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言                     ´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
               /                   ヽ、
                  /                 ヽ.
              /                       '.
                /                        ;
            /                       l
              /´_.`ー--、,,__                l  いつもニコニコあなたのそばに這いよる常識
           ' ,〃- 辷ェゥ‐テゝ. ! 、_,,,___     !
              !    ` ̄` ,  /   '::メ卞テ'メゝ、   i  魂の占い師だろ
              !          i ,′     ` ̄"    ,
            |        _              /
              i    /                /
          i    {        ;      `ヽ     /  できる夫闇妖精>士郎失敗
            i    \____ ノ、     }   /
             i、  ヽ         \___ /   /
            ト、  `                  / /
            | ヽ、     ≡≡ミ、     〃 /
           ! ミ ヽ.  ´   `゙ヾ    '′,.ィ
          | ゙、 ヽ、         ,,.ィ<" i
              !  ::::::::::`ー=-;;;、_,.,ィ<:::::/  |
            /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |
         /  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.     、
.         / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    \
        / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    ヽ
ドクオさんの遺言 3村表記CO
ジョルジュ 0 票 投票先 → 藤原妹紅
マッシュ 1 票 投票先 → 藤原妹紅
衛宮士郎 3 票 投票先 → 藤原妹紅
なあ、お前らぐだ子信じてないのか?
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「昨日少し言ったが俺は組織票の可能性より生き残りたい複数陣営…つまるところ狐蝙蝠が
ド寡黙ガイアに叩き込んだ、の可能性を強く見ている。なんで、徹底的に「ガイア投票者から消し去れ」という
妹紅の主張には納得がいかなかった。本人が噛まれの○かつ投票者ではない、という
意見に対する完全な安全地帯に入っていることも非常に気に喰わない。

というわけで噛まれの○であることを無視して投票させてもらった。特に反省はしていない。」
アヴェンジャー 「霊能でもないなら『人外と思って吊った』とこの遺言なんてスルーが基本じゃねえのって話。
ガイア投票者3Wでもなきゃめぐみが違うくせーからドクオ外して何か縮こまってる方吊りましょそうしましょ。

妹紅に3票入ってるんだけど、狂人COとかあった?」
成歩堂龍一
                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii゙:::::::::::::::::::/:::::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::!::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::::::::::!
┌‐────┐:::::::::::::i:::::::::::::::::::!:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
│ ナルホド  |::::::::::::::::!::::::::::::::::::i:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│なんかおかしいなと思ったらやらない夫と妹紅見間違えてた・・・色似てるのが悪い・・・
│なんで怪しいと思ってたやらない夫吊りにいった、なんというか勘違いしてごめんね
└─────────────────────────────‐」
できる夫 「では何かありましたらよろしくお願いします」
めぐみ 「                         __-=-__
                        __-=ニニニニニ=-__
                   /::::.ニニニ=〃::ヽニ=-__
                  〃X:::::;ニニニニ乂X:ノ_~^''<)、
                     /_ゝ__イ__ニニニ__ニニ=-_   { ハ
                /ヘ  /ヽ /ヘ / \-ハ  :  ',
                  />-=ニニニニニニニ=-<ヘ、.}ハノ
                ..。s≦__ ノ)ニニニニニニニ>----------__--   、
        ..。s≦ニニf/´::/7´__--_,,..斗rッ--::≦´ ̄:::. ̄         ノ
        (_/´ ̄ ̄ {‐‐┐イ7::::r==ミノ:::_/l:/l:从i:::::|八____,,..斗 "´    紅魔族随一のうっかり我が名はめぐみん
                 i____」イ:i!:::iゝ ヒリ   V:}{:i:} ::::::|l:ト\    二日目のログをリロードでうっかり消滅しました!
             八:::: ヘ:从::ハ   __'__ `¨´.:,::/lル:       名前も間違えるしどうしてこうなった!
               / /  ∧)ル込、 乂:. :ノ∧/イニノ'    というかなんでもこさんに3票も入ってるんですかねぇ???
.              {/  /.....V∧}::::≧=-イr‐‐‐=ニヽ   まあ、なんで投票したのかとかの意見を聞いて起きたいところですねはい
              \/............‘,ニ;:::/人 ̄ノ_ ̄`Yニハ
              \..............‘:,:イ>...´............‘, Vニ二
               \..........................................‘, Vニニ
                  /\.................................斗‘, Vニ
                 ,ニニ/\__....斗..≦´............‘, V=
               .二/..\_叭........}X{................‘, Vノ)
                    ニ/イ...........>‐――┬‐v:Y´:::::/!
                 _//,{ ............................. |  }=| ::::: {っ
                   {./.八...............................|  ;⌒\:::)⊃
                    //////7..... ̄ ̄.....¨¨斗-vヘ,\)
               ///////....... 。s≦ニ{ r≦ニ}!ニ=V八
                 /////rッ≦二二ニニ{ゝ'ニ=」イV///ヽ
             //////{二二ニニニ=- ー=≦........∨//ハ」
上級チルノ 「上級占いCO ガイア○ 成歩堂○ アヴェンジャー●」
藤原妹紅 「審神者CO
上級チルノ○/成歩堂龍一○/ドクオ○」
オルテガ 「おはよう

まさかとは思ったんで少し調べてみたんだが
左道の闇妖精が発動したってことはないよなぁ?
今はまだ気にしなくていいと思うが一応覚えておくといい」
ジョルジュ 「・・・7昼宣告」
マッシュ 「組織真っ先に言い出した位置投票 まあ昼の通り俺はそうは思わなかったんでな」
アヴェンジャー 「闇妖精CO。」
めぐみ 「足音?」
上級チルノ 「<占い日記>
あたいは最強にして上級
そのあたいが村の根幹とも言える占い師という役を引いた
つまり村勝利はもはや確約されたも同然であるということ それくらい分かれよ

一日目 ガイア 村人
二日目 成歩堂 村人
三日目 アヴェンジャー 人狼
四日目

『一日目』
ビームライフルすら装備できず、拡散ビームという目潰しくらいが精々という上級には程遠いモビルスーツ
それがドム 黒い三連星筆頭であるお前なら知っているはずだが、それでもドムから降りようとはしないのか
その覚悟と精神に上級の片鱗を感じ取って占うことにする

『二日目昼』
○が吊られたのは誰のせいかと考えるが投票者のせいだろう ガイア投票者後でぶっ殺す

『二日目夜』
0票位置より弁護士
AA多めで発言を読みにくいがそれでも読み取るのは上級ゆえか
蝙蝠を換算すると吊りが足りないという朝一の発言から蝙蝠をPPに組み込みつつある狼陣営の空気を感じ取る

『三日目昼』
今更ガイア村とか非狼っぽいとか言っても遅いんだよ
吊ったものがどう蘇ってくるというのか

『三日目夜』
衛宮投票からやらない夫投票への変遷に不安なものを感じアヴェンジャーへ
基本、衛宮を怪しんで投票しているわけだが、アヴェンジャーの票はそれ以上に不穏
というか衛宮が票をもらいつつ吊られなかったので占い位置から除外されたともいう

『四日目』」
衛宮士郎 「おはよう・・・そうだよぐだ子の○だよ妹紅・・・」
藤原妹紅 「上級チルノ
審神者だと…!?
となるとだ、最初は隣占いでいいよな?

チルノにするか、炎を少し冷ますのにはちょうどいいだろう

成歩堂龍一
では、隣占いをもう一回だけする
明後日にでも足音を曲げて出ればいいさ

弁護士を占っておくか、私が不死をなくした時ように


ドクオ
よく見たらドクオしか足音を曲げられる場所がない…!
となると、あまり気は進まないがドクオを占うしかないだろうなこれは

さて、出るか」
上級チルノ 「酷い遺言が見える」
できる夫 「ふむ、やらない夫くんはなんというかまぁ」
成歩堂龍一
          `ニー--、,.,.,.,._
          `ニ二ー-、ミミ、,.、,`ヽ__
          `ニ二ー-ミr'"  `^i'Z /_
           ヾミfa`i  `ォ,、,.,ノ'   /
             レ' > u ゙ー _!     \
         _ ,.イ ゝ、 (ニ=/   ヽ ̄
   ,. -‐''" ̄..:::::;;;;|ヽ`ー-、` ァ<
   f::::::::::::;;;;;;ヽ;;;;;;;;t;;;;ヽ   フヽ ゙t-、..__
   |:::::::::::;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;>ヽノ 〉-、|\:::::|ヽ
  .|:::::::::;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;;;;\;:::ヽ |  ||。<;;;;;|::::|
  |::::::::::;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;ヾ  l /;;;;;;;|::::!
  |::::::::::;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ//;;;;;__ |;:::|
  .|:::::::::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;:::j;;;;;;;;;;;;;;;;V/;;;;;::T゙┤;:ヽ
  |::::::::::::;;;;;;;;;l;;;;;;;;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;/o;;;;:::::l:::!;;;;;;;:ヽ
┌‐────┐;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;::::!:ノ;;;;;;;;;;;:ヽ
│ ナルホド  |;;::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;::::|f;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ
├───‐─┴──────────────────
│魂の占い遺言だって!?確認頼む
└─────────────────‐──────
マッシュ 「できる夫闇妖精らしいがファイナルアンサー?」
藤原妹紅 「安全地帯に入ったと思ったらこれだよ…誰かに言われた気はするが」
衛宮士郎 「なんで妖精で割れてるんだ・・・」
アヴェンジャー 「割れるというか肯定したところで死ぬから否定されるだけだろ。」
上級チルノ 「足音は曲がっているようだな」
オルテガ 「やらない夫は人外でよさそうだな・・・」
藤原妹紅 「じゃあ、チルノこれ狂人?
放置して灰でも吊るか」
めぐみ 「そして占い系CO3っと尚アヴェンジャーがCOして対立と」
マッシュ 「組織票言い出すのがどうしても違和感あったんでね >妹紅」
成歩堂龍一 「なんか他から妖精出てきてるけどどうなんだ、オーバー」
できる夫 「いえ違いますよ>闇妖精」
上級チルノ 「やらない夫真でできる夫闇妖精? ●が出る闇妖精は存在しない」
オルテガ 「で、ジョルジュに冥狐っぽい宣告か」
藤原妹紅 「むしろ士郎失敗が気になるな
そこを狼狐と見て、吊り上げるのを提案する」
衛宮士郎 「んんん・・・いいや出る
占いCO
ぐだ子 ○ やらない夫 ○ 成歩堂龍一 ○」
マッシュ 「おk,やらない夫人外でいいと ならアヴェンジャーがって話になるな」
衛宮士郎 「占いCO
ぐだ子 ○ やらない夫 ○ 成歩堂龍一 ○

初日 ぐだ子
うーんこういう時は・・・マスター繋がりでいいか

二日目やらない夫

ガイア投票者から占い
アヴェンジャー村目言ってたのが気になる所
人外目で見える位置は言ってないからな

三日目 成歩堂龍一

やらない夫○で吊られ・・・!
二日目からやらない夫に投票を続けている成歩堂を占う
やらない夫に同意しては居るとは言っていたけどアレは人外視しての事だったのか?」
アヴェンジャー 「ぶっちゃけ。
仮の話。
闇妖精が灰にいたところでCOなんてする訳ねえんだが。」
上級チルノ 「やらない夫自身が闇妖精説」
衛宮士郎 「なんだこれ・・・」
マッシュ 「成歩堂どこまでも白いな いいぞいいぞ」
めぐみ 「取り敢えず、さにわは曲がってるし真でいいとしてチルノは少なくとも非狼
成歩堂龍一 「ならやらない夫人外でよさそうだな>否定
んで審神者は足音曲がってるから問題なしと
先刻ついてる人がいるなら冥狐いるんだおるな」
藤原妹紅 「…出るのが遅い。
釣りのがれの人外にしか見えない、占うまでもなく、士郎を吊り上げるでいいと毛が?」
アヴェンジャー 「やらない夫決闘くせーっすねえ。」
上級チルノ 「それならまだマシかな」
できる夫 「士郎くんはぐだ子○で妹紅さんに?」
衛宮士郎 「結果があまりにも無いから出るか迷ってた>妹紅」
衛宮士郎 「朝一でも言ってるが普通にミスだ>できる夫」
成歩堂龍一
                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii゙:::::::::::::::::::/:::::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::!::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::::::::::!
┌‐────┐:::::::::::::i:::::::::::::::::::!:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
│ ナルホド  |::::::::::::::::!::::::::::::::::::i:::::::::::::i::::!::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│僕占われすぎじゃない?????
└─────────────────────────────‐
オルテガ 「現状、審神者をどう考えるかってのが問題だな
響狼との二択って意味でな」
アヴェンジャー 「真の可能性あるとこよりはチルノか放置ならチルノの○でいいやんけ。>吊り先」
藤原妹紅 「やらない夫の失敗で出るべきだったぞ>士郎」
上級チルノ 「お前が怪しいからだ>成歩堂」
めぐみ 「アヴェンジャー釣りで普通に良くない???
そこ非村COしてるし●撃たれてるし」
できる夫 「チルノ吊って一日見る、もありかどうか」
ジョルジュ 「ない夫は自分の命を欠片も気にしていない闇妖精結果の魂ってあたり
吊り殺すべき場所を一人確実にこの手でやる、な復讐の匂いがほのかにするんだよなぁ。」
成歩堂龍一 「そういえば響狼あったか、ドクオ無残だし>オルテガ」
マッシュ 「そうか?一番そこが白いと内心思ってたが >上級チルノ」
藤原妹紅 「なるほどつるのか>アヴェ
私の○だが」
上級チルノ 「あたいの○もう一人吊られてるんだよ」
アヴェンジャー 「灰からの正論攻撃止めてくれよな~~~。>めぐみ」
衛宮士郎 「チルノの○はもう吊られてるからな」
マッシュ 「何より闇の中でも見やすいし」
上級チルノ 「結果的に○だったのはあたいの不明というならそうなんだろうな
しかしあたいが占った動機はあくまでも怪しさからだ>マッシュ」
オルテガ 「いや、これは・・・あれだな
アヴェンジャーは残すべきだろう
アヴェンジャーが『士郎に使い続ける』という行動で
狼にプレッシャーを与えられるはずだ」
できる夫 「占い一人手にかけるなら
まぁチルノさん
衛宮君は疑わしいですが心証の域は出ない」
藤原妹紅 「そこあって狂>できる夫
釣ってるよゆない」
オルテガ 「何故なら、士郎が真ならそこを噛めば連鎖するからだな」
藤原妹紅 「だから士郎つっていいと思う」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
オルテガ0 票投票先 →めぐみ
できる夫0 票投票先 →上級チルノ
ジョルジュ1 票投票先 →めぐみ
マッシュ0 票投票先 →上級チルノ
成歩堂龍一0 票投票先 →アヴェンジャー
衛宮士郎3 票投票先 →ジョルジュ
めぐみ2 票投票先 →アヴェンジャー
上級チルノ2 票投票先 →衛宮士郎
藤原妹紅0 票投票先 →衛宮士郎
アヴェンジャー2 票投票先 →衛宮士郎
衛宮士郎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
藤原妹紅 「そこは合わせてくれ、仲間だろう?>できる夫
村を吊れば村勝利を奪えそうな場面だからな」
できる夫 「存外吊れるものですね」
上級チルノ 「真は吊ったが妖精が敵に回りそうだ」
藤原妹紅 「足音どうするかなあ」
できる夫 「吊れる場面とは見なかったので>妹紅
加えて、後1吊り必要です」
上級チルノ 「できる夫に騎士日記があるならオルテガ銃殺主張とかできなくもないが」
できる夫 「正直、明日以降噛まれていないチルノさん、妹紅さん連吊りもありますから」
藤原妹紅 「○付きでオルテガ○にするか?」
上級チルノ 「噛み役はあたいが受け持つ できる夫は残ってもらわねば」
できる夫 「無いですね>騎士」
藤原妹紅 「まぁいいや、次行こう次
オルテガ吊り上げる目標でな」
藤原妹紅 「すまないな、ちょとあせってた>できる夫」
できる夫 「セオリー通りならナルホド噛みですね」
上級チルノ 「なら妹紅に頼む>噛み役」
藤原妹紅 「オルテガ神でいいか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アヴェンジャー で足音が聞こえた…
オルテガ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オルテガさんの遺言 ド ム
村 人 COだ
衛宮士郎さんの遺言 占いCO
ぐだ子 ○ やらない夫 ○ 成歩堂龍一

初日 ぐだ子
うーんこういう時は・・・マスター繋がりでいいか

二日目やらない夫

ガイア投票者から占い
アヴェンジャー村目言ってたのが気になる所
人外目で見える位置は言ってないからな

三日目 成歩堂龍一

やらない夫○で吊られ・・・!
二日目からやらない夫に投票を続けている成歩堂を占う
やらない夫に同意しては居るとは言っていたけどアレは人外視しての事だったのか?
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
アヴェンジャー 「最弱のサーヴァントが簡易悪戯先をお伝えしま~す。
初日:ぐだ子
2日目:ぐだ子
3日目:藤原妹紅
4日目:藤原妹紅←New!」
ジョルジュ 「まず、俺はない夫の主張を信用していない。
アヴェが本物かどうかには大きな疑問が残るが、できる夫に結果を肯定する気がない、ということに
違和感が残るからだな。なんで、暫定的にこの吊り縄状況で妖精主張を吊ることは困難だ。
そうなると…占いの主張に乗っかって叩かれ位置を吊ってしまえばいい、という動きをしているめぐみが
必然うさん臭くなる。同時に、ここは狐目は薄い。占いを狙えば吊れる段階で占い候補に手をつけていかないのは
吊以外で占いを葬る魂胆があるから。だからここ狐を追う必要はない。狼目本線で投票だ。」
上級チルノ 「上級占いCO オルテガ○」
めぐみ 「二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
-=ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
    /:::::::|:::::::|:::: ̄   -=ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.   /:::::::: |:::::::|::::::::::::|:::::::::/:::/`<::/  .{: ̄   -=ニ二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-
  /::::::/:: |:::::::|::::::::::::|::::::/!::/  |:::/ `` V:: { :::::::::::::::::>、  }:::::|  V::|  V::::::|:::::::::::::::::: |:::∧:::∧
. /::::::/ ::: |:::::::|::::::::::::|:::/ .l/   .|/  ‐- 、V:{ :::::::::::, '   }ニ}:::/ニニV|ニニV:::|:::::::::::::::::: |:::: ∧:::∧
/::::::/:::::::::|:::::::|::::::::::::|/汗气ZZiョュs。、  ゙{V::::::/    /'ニ}/ニニニリ>-、:V|:::::::::::::::::: |::: V∧ミ::\
::::::/:::::::::: |:::::::|::::::::::::l ヾ{  { : :んハ: : }``   ヾ:/    /|二二ニニ/   /i||:::::::::::::::: | :::: V∧ ``\
/|:::::::::::: |:::::::| :::::V::',.   V :V^ソ: /      ./    / .|ニニニ/   .イニ||:::::::::::::::: |::::::: |:::::|     何でしょうこの圧倒的人外村感
  |:::| :::::: |::::::::::::::::::V:',     ヽ : : ン′    /    /  |ニニ./    / 二i||:::::::::::::::: |::::::: |:::::|     正論を言ってるはずなのに全く通じないこの感じ
  |:::| :::::: |:: {::::::::::::::::V',     ̄ ̄     /    /   ` /    /二>'" ,|:::::: }::::::: /:::}:::::| V|     そして何故士郎が吊らてるのかが意味不明すぎて困るのですがはい
  |::'|::::::::::V::V::::::::::: r- 、           /_   /   ./    />'"   ./:|i::::/:::::::/:::: }:::::| リ     釣り逃れするというかなんというかアヴェンジャーという釣りどころがあるのに釣り逃れする意味の無さ
.  ゙{ V:::{:::::V::V :::::::: ヽ   ヽ      /:i:i`ヽ/   /    /      /::/:::/:::::::/:::: /}:::/     単純に出るか迷った感じしか感じしか感じなかったのですが
.     ヾ{V::::V::V::::::::::::∧   ∨     ./:i:i:i:i:i/、_/、   /         /::/:::/:::::::/:::/_.}/     そもそも明日出るきで他出たからそれに引っ張られたのでしょうね
   r≦ニV:::iV::V::::::::::::∧   _V  ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`/  ,,斗‐ 、  .イ::/:::/:::::::/ :/ニニ≧、    割りと不味い気しかしなくて嫌になるんですがはい
   |`ヽニヾ{',ヾ{:\::::::::{∧/:i:i:V/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ー '"ヽ    ノイ/::://::: /i}/ニニ-/⌒|
   |ニニ∨二 V::::::: `<{-∧:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}.. イ、V::{ /:::}/::::::|二二/-二|
   |ニニ-∨二 V:::::::::::::ム二|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/',.  ノ-``/ ::::::::::::::::/ニニ/二二|
   |二ニ-\ニ-V:::::::::::::ム-|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:-‐'":i:i:i:}/-二/ ::::::::::::::::/ニニ/-二二|」
できる夫 「とりあえず審神者噛まれているでしょう
チルノ噛みはあまり見ません
狼が闇妖精主張は利が少ない」
藤原妹紅 「審神者CO
上級チルノ○/成歩堂龍一○/ドクオ○/オルテガ○」
マッシュ 「士郎が状況一番真っぽいっつーか審神者噛まれねえ場合響狼見るべきかね」
できる夫 「んー?」
上級チルノ 「妹紅が曲げているため妹紅の○を放置と思ったがあたいじゃないか なら猶更放置
この状況下で灰投票というひどく悠長なことをしているオルテガを占うことにする
あたい投票は間違っているが、やろうとしていることとしては理解できなくもないからだ」
成歩堂龍一
                  _,,....,_
              ,.-‐''" -- 、`"'‐- ,,_
          ‐=、'ニ´-  ̄` zー'ー- 、  ',
             -=ニ,.=-‐,..、 z` - ,_  `´!'
           `ーz‐' i.r ;ヽ'   rr;jー r'
             `i. '、(i       l
              ',,.r`'i.      _i´              ,、_
               |  `     'ー,'            /  `'' - .,_     _,,
.             ,. '/`'‐.、   'ーr- '              /       `''ー '",.'
       __ ,.-i" .ヽ   `'ー ,、'、.      ,.、     /           , '
    ,.-'-´- 、    l   ヽ   ,'""i;\     | ',、.  /          ,.'
   ,.'       ヽ  '--.、,. '´'、-.、l、_!',. ヾ'.、 r'=! l. i ./         , '
   !        i  ./    ヽ ` l '、!ヽ,ゝ/.,ノ ,! l ./        , ,.'
   l        、  `' 、.   ヽ. |  ヾ ゚,.'  '  ィ i/    r;- .,_ ,.'.,.'
.   ',           ヽ     `' 、.  ヽ!. ,...!、!,_     '/     `'-、'ヽ;'
.    ヽ        ヽ     `' 、,.r'"  `"ヽ、_,,. '゙i ``'ー- .,,r'´;`ヽ ',
.    ヽ        ヽ   ,. ‐'         ヾ、 ! !    r'´;"'ー  i'
      ヽ       ,`ー'"          | `!. !   ,.ri"´`- , r'
       ヽ      '            ,. ‐'  |   ', ,. !,' `''  ,)'.´
        ',、               , ‐'     !  / ','- .. ィ´l
┌‐────┐、            ., ‐'.!    |  ! '    `' 、' .,'
│ ナルホド  |. ヽ        ,. ‐'  .|    |  !       >'
├───‐─┴────────────────────────
|正直アヴェンジャー吊ってよかったんじゃ、士郎真消えたわけじゃなかったんだし
|呪殺出れば奇数になるんだし妖精残す意味ってこれっぽっちもない気が
└─────────────────────────────‐
藤原妹紅 「オルテガ
どうせ噛まれてる気しかしないが、狼狙いで占っておくか
わざわざ響狼の可能性まで引っ張ってくるとなると、そこが狼本人もあるとは思う
だから占っていいと思う

そういう理由でいいか?」
アヴェンジャー 「響狼か何か?」
藤原妹紅 「は?」
上級チルノ 「噛み合わせかそうではないのか」
藤原妹紅 「これもしかして白いるのか?」
成歩堂龍一 「これ本気で妹紅吊りたいんだけど!?」
めぐみ 「んー?」
マッシュ 「足音が すげえ 響狼っぽい件」
マッシュ 「ぐだ子夢とかでよー」
アヴェンジャー 「冥狐いるっぽいから三択で吊りゃいいと思うよ。」
上級チルノ 「妹紅が噛まれないならGJ出てるとかもあるかな」
藤原妹紅 「いやむしろナルホド白あるか?」
できる夫 「噛まれても真証明できる審神者が
足跡曲げない状況を作る事に狼が賭けるか
僕なら賭けません」
成歩堂龍一 「噛まれてないとかおかしいしさー・・・orz
呪殺期待だとしてもおかしいよ、丈太郎」
藤原妹紅 「足音曲げられない状況なんだけど…」
できる夫 「ただ、妹紅さん出る場面かっていうと
出る必要あんまりに無さすぎるのが」
アヴェンジャー 「GJ出てたら悪戯は失敗すんだっけ。
ま、どっちでもいいけど。」
上級チルノ 「冥狐いると思うなら銃殺させる、というのは理解できるが、させてからのプランが白狼か憑狼くらいしかない」
藤原妹紅 「そもそも昨日の時点でドクオしか曲げることができないことに気づいたからなあ」
マッシュ 「曲げる曲げないじゃねえよ ここでオルテガ死体と足音が色々アレだってんだよ
つーかお前ら視点じゃオルテガって占い位置か?投票的に」
めぐみ 「響狼であれば確かに納得は行きますが
何というか普通にもう一日ミルでいいと思うんじゃが
と言うか普通に士郎真とかありそうでめっちゃめんどい」
成歩堂龍一 「足音まげれないは別にいいよ、でもね、一度曲げてるんだし
でも噛みあわせ2回あって噛まれてないのがほんとあれ(遠い目」
成歩堂龍一 「つかこれ士郎冥狐だったパターン?」
藤原妹紅 「足音を曲げてしまったなら、出るということに等しい>できる夫
前日にあれだけ表をもらったのならあせるさ」
マッシュ 「単純にキャンセルしただけじゃね?人数少ないし >成歩堂」
上級チルノ 「今日宣告入ってるやついるか?」
藤原妹紅 「だから私の灰釣りで頼む…」
アヴェンジャー 「俺視点妹紅真っぽい!って雰囲気だと宣言された士郎投票するしかねぇからなぁ~~~。」
成歩堂龍一 「妹紅視点、アヴェンジャーかチルノ吊り押すべきでは?」
できる夫 「いやまぁ、流石にぐだ子さんの○ですからね
焦る必要あんまりなかったと思いますが」
アヴェンジャー 「チルノ吊りで俺か狼っぽいとこでも占えよ。」
上級チルノ 「チルノ吊り推すくらいならアヴェンジャー吊り推せよ」
アヴェンジャー 「お前、PP手前かもしんないの理解してる?>妹紅」
めぐみ 「単純に一発撃ってそのままやめたパターンもあるからあるし
言ってないだけの可能性もあるが
まあ、それは置いておいてもこ釣るのは早計すぎるからアヴェンジャー釣りで良くねという」
マッシュ 「チルノはあって狂と言いたいらしいがアヴェンジャーはどう見てるんだろうね
>成歩堂 >妹紅に関して」
藤原妹紅 「…わかった、妖精釣ってくれ」
ジョルジュ 「妹紅自身の動きに疑問があるってのが割と本心だしなぁ、俺
こういう言い方するのはアレだけど、初日投票が俺ってあたりも
唯一の曲げる場所ドクオへのルートをなんで1本潰そうとするの?というアレがありまして。」
藤原妹紅 「それでPPだけは排除する…」
めぐみ 「というかにゃー
なんで士郎釣ったし(バンバン」
アヴェンジャー 「チルノ君真(夢)はアヴェンジャーに言及しといて士郎吊ってる時点であり得ませんねェ。」
上級チルノ 「あたいが騙りでアヴェンジャーが真妖精なら即飽和ありえる
騙りならこんなこと言わないぞ」
マッシュ 「妹紅かなやっぱ わかったってんじゃー」
「◆GM 少し離席するので投票は気を付けてください」
アヴェンジャー 「やっぱ響狼だわこれ。」
成歩堂龍一 「アヴェンジャーは少なくても人外ではある、なら吊って明日決め打つべきだろうと思う」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
できる夫0 票投票先 →藤原妹紅
ジョルジュ0 票投票先 →アヴェンジャー
マッシュ0 票投票先 →藤原妹紅
成歩堂龍一0 票投票先 →アヴェンジャー
めぐみ0 票投票先 →アヴェンジャー
上級チルノ0 票投票先 →アヴェンジャー
藤原妹紅3 票投票先 →アヴェンジャー
アヴェンジャー5 票投票先 →藤原妹紅
アヴェンジャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アヴェンジャーさんの遺言 .┌、       r┐ r┐ヾ> (_  /             ミ
 !. | ヾ>  || lニ コ   〈/`ヽ _               ミ
 |. !  ノ|   | レ! _| |.   ,イ,.- 、 |  ̄_ ̄丁 '' ー┬‐- -ミ
 ヽ二/   .ヽ/(___メ>   /,|.l  l ! (  ) ! (´ ) !  r‐
   ry'〉     ,、   /イ,! `ー' _L =- --┴-ニ二ト、_'ー'
  lニ', r三)   ((   |'J」-''_二 =-- ‐一 ー‐t‐-ト、 二__
    |_|       ))  レ'/´ィ 、_________  ヾミ| l
 _r┐ __      ((    V ,、 F≡三r一tァー,    | l:.:. .::
└l. レ',.-、ヽ    ))   |ノ^>、     '^ミ二´    | l:.:.:.::
 ノ r' __,! |     ((    V/イソ            .::ヽ、二_
└'!_| (_t_メ.>     ))    | / ,'    _        .:.:.:.::i|,)ノ
   r-、       ((     |.〈、 、 _〉 `丶、     ;:ィil| ノ
  ,、二.._       ))    |  笊yfミミミミヾ、     '!l|il|li!fj'
  ーァ /.    ((     ヽ |i''r ''_二二ニミ;ヽ、  ,|l||il|l|,「゚|
  ん、二フ     ))    |,l| V´ :::::::::;;/     トi|l|i|i|l|!Ll
  ,.-─-.、   ((     |i! ゞ=-‐''"     ,i||i|l|l|l|!|i{
 / /l .i^ヽヽ    `     |il!  ーォii|「、 ,,.,.ィi||l|i|l|l|i|l|シ'
. | .レ' /  l.| ヽ二ニ,ヽ  ,/i|l||livil|||l|i|l|l|lil|l|i|l|i|i|i|l|l|l|{'
. ヽ/   ノノ     <ノ   {l|!|l|i|l|i|l|i|||i|i|l|i|i|i|i|l|l|!|l|l!r'
 r┐,.─-、   / 7     ヾ!||i|i||i|i|l||l||i|i|l|l|l|l||l|l!イ
 ||し'^) ,! ┌‐' 'ー┐ト、   ``,ヘi|l|i|l|i|l|l|i|r''`''"´ i      ,
 |_|   l´r'  7 /_7 / 」__〉  (_~`^~"゙'ヾ     ノ   / ,
 [_]  [_]  〈_/ヽ_/      .ト─'     ノ      / /i
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2016/05/04 (Wed) 15:09:01
アヴェンジャー 「お疲れ。」
上級チルノ 「吊れてしまったか おつ」
マッシュ 「は・・・妹紅吊られろってんだ」
めぐみ 「投票したと思ってました(小並」
衛宮士郎 「あっ」
成歩堂龍一 「お疲れ様、だろうなー」
めぐみ 「お疲れ様ー」
藤原妹紅 「お疲れだ…ああ、マッシュか
死んでよかったな」
オルテガ 「おつかれさま」
ドクオ 「お疲れさまだったよ。」
ガイア 「(お疲れ様です・・・人類よ・・・)」
ぐだ子 「お疲れ様
なるほどー、3W残ってたら飽和するの分かってたの」
マッシュ 「宣告で冥狐いるのわかってんだろ」
衛宮士郎 「お疲れ様だ」
やらない夫 「チッ、やはりできる夫が障害だったか
お疲れ様だろ」
ぐだ子 「ていうか村も悠長すぎだよ
15人村なのに、明日明日って」
アヴェンジャー 「まあ言及は避けるか。」
できる夫 「お疲れ様です」
ジョルジュ 「ぐだこ夢の両方偽、真吊…んー、どうやったもんだったのかね、これ」
藤原妹紅 「いや士郎で釣ったのかと思ったのが失敗だったな」
アヴェンジャー 「飽和計算くらいしろよ。程度の。」
マッシュ 「つーかよー、俺わかりやすいくらい成歩堂AGEだったんだよな
成歩堂視点俺狐ひょっとしなくてもバレバレなくらい」
上級チルノ 「GM狂は仕様」
ぐだ子 「対抗でないならアヴェンジャー真、チルノ騙りで吊り、でいいじゃんか」
できる夫 「已む無し、ですね」
アヴェンジャー 「ぶっちゃけ、俺COした日に俺吊りだよ?」
衛宮士郎 「占い先が尽く死んでいく病」
ドクオ 「吊って済まなかった・・・<ガイア
俺は女性登録なんだ・・・<できる夫in2日目」
マッシュ 「じゃあ真占いはどうしたって話だわなあ
出方一番士郎真だったぞおい」
ぐだ子 「普通に妹紅吊れるでしょう>ジョルジュ
真審神者なのに噛まれてないわけないんだから」
藤原妹紅 「ぐだ子が月兎で、やらない夫を妨害…あ、やらない夫!?」
アヴェンジャー 「俺-チルノ無視って士郎吊る意味がこれっぽっちもねェ。」
めぐみ 「普通に士郎釣りの時にアヴェンジャー釣って士郎噛んで
チルノもこ犠牲にしてできる夫で殴り合いが正道だったかね
狼陣営の戦略的に」
できる夫 「まぁこういう場合もありますよ」
成歩堂龍一 「妹紅響狼濃厚かなでアヴェンジャー吊りおしたという
士郎吊ってる時点で手遅れ感がしたからなー」
オルテガ 「うん・・・なんていうか
やらない夫の結果がどちらとも割れてる時点で
やらない夫の真は切っていいとして
士郎が狼なら、やらない夫と自分で飛び込み自殺みたいな騙りはしないだろう

その上で、アヴェンジャーが視点真の士郎に使えば村視点でほぼ詰むぞ
何故ならアヴェンジャーが士郎護衛してる狩人みたいな状態になるから」
上級チルノ 「アヴェ5票か……」
ジョルジュ 「今回はちっとあまりに無様な負け方をしたな…
お疲れさま。」
できる夫 「一応最終日は妹紅さんに入れたんですが
ちょっと足りなかったですね」
マッシュ 「俺●とか撃ってくれたら狐CO 成歩堂念とか言って
そこ指示役にさせてたんだがな ジョルジュ宣告はなんとなくだ
ぐだ子は噛み合わされた」
オルテガ 「あと・・・これ言い忘れてたんだが

2昼投票
藤原妹紅 0 票 投票先 → ジョルジュ

審神者の妹紅がジョルジュやガイアを吊ろうと思うのか? その位置で?」
藤原妹紅 「それはそれで、狼吊っておくといいぞ…>ナルホド
私が偽だとわりとチルノも狼の可能性は高い」
めぐみ 「正直まあ、士郎吊られた時点で飽和してもしゃあねぇという心構えだったなぁ」
アヴェンジャー 「人外陣営の投票を一身に受けるぐだ子はマスターの鑑。」
できる夫 「オルテガ>僕なら即士郎さん噛みますよ」
ぐだ子 「うるせー!>アヴェンジャー」
藤原妹紅 「別にジョルジュ吊ってもドクオで足音曲げられるから…あ、そうだ
そうするとジョルジュで足音ならなかったな」
上級チルノ 「騙りCOくらいしないと吊ってもらえないという嬉しくも悲しい真実」
ガイア 「(いいのよ・・・聖女ドクオよ・・・ 私の囁きが足りなかっただけのこと・・・)
(次はもっともっと囁くわ・・・)」
ドクオ 「生き延びてたらどうだったろうな
士郎の日にアヴェンジャー誘導はしたかもしれない、が・・・」
ぐだ子 「せめて私が真、士郎が夢だったらねぇ
お互いハッピーだったんだけど」
ドクオ 「正直村のまとまりが厳しいんじゃないかとも思うぞ・・・。一人一人の意志統一を図らねばなるまい。」
衛宮士郎 「それじゃあお疲れ様、だ」
マッシュ 「アヴェンジャー?対抗闇妖精ねえ次点でそこでいいわとしか思わなかったな
妖精位置は」
オルテガ 「そう、発動したら士郎真として
チルノと妹紅吊って灰詰めでいける
LWLFの事故はあるかもしれんが」
藤原妹紅 「というか、あれで私生きてるとは思わなかったという本音」
アヴェンジャー 「士郎しか真候補いねぇのに狐無視ってんだから狼の自爆だよ。」
アヴェンジャー 「じゃ、お疲れ。村建てはどうもな。」
成歩堂龍一 「妹紅吊れるとは思って無かったしなー」
できる夫 「まぁ噛まれ真と見るのが主流ですからね
村はそういう意味で厳しかった」
成歩堂龍一 「チルノも」
マッシュ 「それなー >アヴェンジャー
また詰まらぬ狐で勝ってしまったかというかなんつーか」
上級チルノ 「あたい視点でアヴェ以外投票できない つまり必要なのは人外COだな」
藤原妹紅 「まぁ、な
ちょっと焦りすぎたか>アヴェ」
ぐだ子 「いや、確定○位置が吊るって言えばいいじゃん>なるほどー」
マッシュ 「遺言に成歩堂念騒霊まで書いてやって成歩堂疑われても味方してやるくらい
やってたのによーホント」
めぐみ 「村建て同村ありがとうございましたー
狼の戦略ミスと村の意思統一の失敗が敗因かねぇ」
できる夫 「まぁ、その辺り狼もグドったので>マッシュ」
ドクオ 「お疲れさまだった」
ドクオ 「村建て同村感謝でしたよ」
藤原妹紅 「では、お疲れ」
上級チルノ 「皆おつ 村立て感謝」
できる夫 「それではお疲れ様でした
村立てありがとうございますGM」
マッシュ 「んじゃ、お疲れさんっと
ま、先送りなんて出来る人数じゃねえわな元々よ」
上級チルノ 「皆おつ 村立て感謝」
成歩堂龍一 「それじゃあお疲れ様」
できる夫 「割りと僕は狼の時の方が正論なつもりなのですが
何故か通らないんですよね」
ガイア 「(GMよ・・・村建てに感謝します・・・)
(みなさん、それではまた会う日まで・・・またいつか、私の囁きが聞こえることでしょう・・・)」
GM 「終わったようですね 狐陣営はおめでとうございました」
GM 「私も失礼させて頂きます、来村の皆さまに感謝を
お疲れ様でした」