←戻る
【雛4213】やる夫達の希望超闇鍋村 [4917番地]
~楽しい週末の始まりだ!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 正邪GM
(生存中)
icon
(生存中)
icon V
(生存中)
icon ミク
(生存中)
icon 赤城ミク
(生存中)
icon サンドリヨン
(生存中)
icon ガロード
(生存中)
icon
(生存中)
icon 新藤千尋
(生存中)
icon 社畜のサマナー
(生存中)
icon サカナマン
(生存中)
icon ようかんマン
(生存中)
icon 封獣ぬえ
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 射命丸文
(生存中)
icon ジロウ
(生存中)
村作成:2016/05/13 (Fri) 23:27:54
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 正邪GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8595 (鬼人正邪02)」
正邪GM 「            /::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::\
              /:::i.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/i::::ヽ
       iヽ___/:::::i/:::::::::::::::::::::::l::::::\i::::::l
      ☆ヽ___:::::::::::::::/ヽl l;;;;;;;;;;|:::i:::::::::::::.l___ノi
          /::::::/::K__ l l;;;;;;;;;A |:::::i:::::::____ノ
         ./::::::::l /l、、 ̄ヽVヽ:j/__ \l:::::i    ☆  
      ィ /7ヘn-┴ 、   、   ̄ ヽ-j/::::::::ヽノi     テンプレ
     / ,`ニ='´/ィ T´  (` - _┐ ``/:::ハ::::::::::<     ・恋人でたら早噛みダメ
      /  _. イ人ト、::\ ` ー ′ く\/ィ_; 、、:ト:::l    ・投票は迅速に
    /.二./  iノ ._ 、V\ト   -r<:::>、Уノ」」」ノ jノ    ・聖女
   /   /  _ / /  「 ̄ヽT,ニ、ト、 `Zノヽ `ー、 ヽ
  /    /ニ  \ l/ 」 __ ィァ、  冫  ̄ヽ \   ノ
 l     / ヽ   / /   /l ヽィ  //  l  l 二l
 l       _ イ  /  `ヽ/ j   l l/   \ l  l
 ヽ -‐ `ヽ./ /j        `⌒´ /  / У  |」
正邪GM 「45分開始」
奇術師(仮) が幻想入りしました
正邪GM 「そして誰も」
正邪GM 「きた!」
奇術師(仮) 「では、その性女は頂いておこう」
V が幻想入りしました
正邪GM 「聖女でぇす♥」
V 「今はまだ私が動く時ではない」
正邪GM 「いらっしゃい」
V 「よろしく頼む」
奇術師(仮) 「だが天邪鬼ってことは嘘つき
つまりGMは聖女ではないということでは?」
V 「つまりGMをコピーした君も聖女ではないな」
ミク が幻想入りしました
奇術師(仮) 「そうなるな 理屈上は >V」
ミク 「よろしくー」
正邪GM 「いらっしゃい」
ミク 「歌姫はないのかな?>役職」
V 「これを つ[海歌姫]
IVのクレカで引いたガチャのハズレだ」
正邪GM 「人魚をやろう>ミク」
正邪GM 「あと琵琶牧々なんてのもある」
ミク 「微妙な役職ばっかりだ」
正邪GM 「半鳥女も声で人を惑わすからそれっぽいな」
奇術師(仮) 「吟遊詩人でいいじゃんもう」
正邪GM 「弁財天も歌うだろうな」
赤城ミク が幻想入りしました
正邪GM 「いらっしゃい」
赤城ミク 「海歌姫がもらえると聞いて」
赤城ミク 「よろしく(モグモグ)お願いします(モグモグ)」
ミク 「だれだ」
V 「好きにするといい(ガチャガチャ>海歌姫」
サンドリヨン が幻想入りしました
サンドリヨン 「よろしくお願いします」
正邪GM 「いらっしゃい」
赤城ミク 「あ、どうも
海軍仕様ミクです>初音ミク」
赤城ミク 「ちなみに電脳戦仕様ミクがフェイイェンDHになります」
ガロード が幻想入りしました
ガロード 「よろしく頼むぜ」
ミク 「初耳ダヨー」
正邪GM 「いらっしゃい」
奇術師(仮) 「奇術師(仮) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:奇術師(仮) → Ⅵ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9506 (シックス)」
V 「私をコピーしたのか?
なら代わりに働いてくれ、私はⅢと共に眠る」

洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili} .l洲iliリ'''""""''''ー-z、_                     _,,.ィ-==――-ヾiリi洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲ili■■■li洲洲洲ilリ.i洲ilリ,==ァ=、 、 _ `ヾゝ、              ,ィ/"  _,..-ァ=、=-、゙リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲iリ'l洲iリ圦__ 込リ __} `\ヽヾ/゙   ー-    -一 ,.  リ′/' /"{ __込,リ  }!ヽ!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲l彡三二二二ミミ=-ヽ      、      /'"   i{' / -=ニ三三三ニ=-、゙リi洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲■■■■洲洲洲リl洲リ-__--―ニニ彡彡       ヽ     /;,     ヾ、ミニ=―‐--  ̄ ̄ー=゙リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲' 洲i{ー-- ニニニ=彡彡'        l   ,';;;;;;,,     ゙ミ二二=- __-=二}i洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲■■■■洲洲洲ilリ .洲i{         ー  ̄/          l   l;;;;;;;;;;;;;,       ̄   ー-      }ili■■■ili洲洲洲洲洲
洲洲洲洲■洲洲洲リ {リハil,                       l  .l;;;;;;;;;;;;;;;;,                   }i洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲■洲洲ilリ  }il lil,                   l  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                ,リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲■■■■洲洲'   }i|  ゙ili,                      l   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                ,iリ■■■■洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲iリ    .li!.   ゙ili,                        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                 ,ilリil洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲'i!    ili.    ゙ili                      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             ,リ■■■■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲ilリli!.    〃   ■■■                     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;               ,ilil洲洲洲■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲リ从,   〃    }il!                       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            {ilリ洲洲洲■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲iliト从. 〃     ili!                         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            {ilリ■■■■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲!li,イ从〃     ■■■■                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'               liリ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲、 从    イilリ                        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'             {il洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲,从  ■■■■                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'              }i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲i,从ト,ィiリ'.   ■                   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'               l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲{i,イ彡仆、   ■                        |;;;;;;;;;;;;;;::'                     lilト洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲'■■■■                      ノ;;;;;;;;;;::'                     lil,ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲 从仆、    ,.                   / ヽ/           、ヽ     ,イ从li, }ilil洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲i,゙ソ从仆、  {ヾ、、                 ̄ ̄            _,ノ' リ   }ij仆从 }! ,洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲li リ从仆l,      ~ー=zュ、_               _,..ィャ=‐'"     ,从从仆}i! ,洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili,  仆从从       ~"“ヾミマ≧㎜㎜㎜㎜㎜≦彡ヌ''”~         ,仆从从〃,イ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili}    仆从从                                ,ィ从仆ソ〃 /,リ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ilリ   リ 从从ト、                            ィ仆从从!〃 / ,iリ.}リ洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲iリ       リ仆从リ、        ー―-----―一         }!从从ト'  {i! ,' iリ jリi洲洲洲洲洲洲洲
ミク 「怖いわ」
V 「zzz...」
Ⅶ が幻想入りしました
正邪GM 「いらっしゃい」
「…こんばんは」
新藤千尋 が幻想入りしました
ミク 「眷族が増えて行ってない?」
社畜のサマナー が幻想入りしました
「ほう? >Ⅶ」
サカナマン が幻想入りしました
V 「(いつのまにか兄と姉ができている件について)」
社畜のサマナー 「おーっす」
赤城ミク 「ちなみにこんな感じ>ミク
ttp://blog.piapro.net/2011/08/hd.html」
新藤千尋 「人少ないようでしたので……増えても減りはしませんが」
正邪GM 「いらっしゃい」
サカナマン 「よろしく」
V 「だが今はまだ私が動くときではない
寝る」
正邪GM 「時間なので投票してくれ」
ミク 「時間だよー
深夜だしサクッと始めたい」
V 「V さんが登録情報を変更しました。」
ガロード 「少人数でサクッとするか」
ようかんマン が幻想入りしました
封獣ぬえ が幻想入りしました
ジョルジュ が幻想入りしました
射命丸文 が幻想入りしました
正邪GM 「Ⅵはカウントしてから開始していいぞ」
ガロード 「ガロード さんが登録情報を変更しました。」
ジョルジュ 「へろうわーるど」
ようかんマン 「ズサー」
封獣ぬえ 「いよういよう」
社畜のサマナー 「うお!?」
「一気に増えたな ズサしすぎだろう」
サンドリヨン 「承知しました」
射命丸文 「っと、アイコン決めてたらこんな時間ですね
よろしくお願いします、あやや」
ガロード 「ガロード さんが登録情報を変更しました。」
封獣ぬえ 「私と同じタイミングで4人も増えてやんの(あっはっは」
V 「ズサが来ようが私は働かない」
V 「V さんが登録情報を変更しました。」
ようかんマン 「studio.hはおまじないとか言うクソみたいなおしえ方やめるべきだと思うの」
正邪GM 「一気に来たな」
ガロード 「自刺し人数だがこれはこれで」
サンドリヨン 「単独共有だった場合は…?>V」
「同時に4人って…運命がすごいね」
「では、カウントをいくか」
ジロウ が幻想入りしました
ようかんマン 「1~4はどこへ消えたんだろう」
ミク 「開始はよ」
ジロウ 「おう」
V 「隠者であることを願う>サンドリヨン」
「5」
「4」
「3」
「2」
封獣ぬえ 「おまえら皆レイフォールガンは持ったか!」
「1」
V 「IVはバイト、Ⅲは寝ている、ⅡとⅠは知らない」
サンドリヨン 「その四人に運命の矢が刺さると聞きました
ふふ、楽しみですね」

                  ,ノノ!lWリj/ l|! |lli/ ̄\ミミ'、
               .,ィシイijijl{Y..,,_,リ  l/      Vミ
.               //イliハil|l}}`メミミミ!  さ  .!トミ
               {{/ ソノ八lリ.:/:7:‐-|  あ  |トミ
               |li':./ノノリツ..:{!:.:;'fj7|       |liト'、
              l|!:f;ッ '´.:.:.:.:|!:t`='ト、    ,イl|l'、、
            ''"´       |l ``'>'´  `ヾl|l|l|ト、
          (        リ  /      ∨l|l|
             >、      /  |  元頁  |l|l|l|
.             |li、f゙>     i'  _」       .|l|l|l|
.             |til|〈__    | ∠、  弓長  |l|l|l|
              !l|l| ト-;=,、、_|    |       |l|l|l|
            !l|l! リ^、}==テー;ッ|   7|´レ  |l|l|l|
            j||l {l! ` ̄´「 ̄ ヽ       /l|l|l|
           ./ノリ リゝ-‐      {`i――rrイl|l ,jリ
           /ィル' /ノfrノ'、 , , ,frィヾ'、lWiyトミヾトイi|
.         ,イイ/リ ,f{iリ}Y从リイ从リイ!l|l刈l|リリ川川川
.         /;ノ/ /_ノリノ УW'リノハリ八リ从リ川川l|l|l|l
        ,.ィ彡'´  / ' ´
封獣ぬえ 「八は私だ」
ゲーム開始:2016/05/13 (Fri) 23:48:09
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営3 妖狐陣営2 神話マニア陣営2
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆正邪GM はい、GMはGlosbeとかもぶことかいう人
聖女聖女」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆正邪GM シンプルだな・・・だが神話」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆正邪GM 日頃から清純力を高めるようにしていると
自然と一日100回くらい聖女が引けるから・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
正邪GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
正邪GMさんの遺言      _,..,..,_,._
    ,:' A  A ゝ
   .彳.ノハλノヽゝ
   <.从 ゚ ヮ゚ノ)   正直寝オチしそう
    〈_t__iWi__iつ   終了後にいなかったら誰か代理報告ヨロシク☆彡
    ,(ン'WWWヽ,
    `^'r_'ォ_ァ'´ 
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ミク 「おはよー
マニア除けばいい感じだけど
マニアが村着きゃかなり楽、おうどんには注意
この人数だと出る人外は出るから出たからって村ライン決め打ちはできないけど
ていうかさ、吠えがやたら多かったからライン騙りとかしそうだから注意ね」
V 「今はまだ私が動くときではない(単独共有CO)」
「村人陣営9 人狼陣営3 妖狐陣営2 神話マニア陣営2
共有を確認 バランスは良くも悪くもマニア次第だな」
「おはよう
共有者とマニアは出ればいいと…思うよ」
ガロード 「おはようさんっと人外コピーしなきゃ
結構余裕有るしマニア次第だ 共有は出てCOは頼むぜ」
サカナマン 「おはようございます
神話次第だが一応悪くない感じだな」
ジロウ 「狼よりは狐の方が厄介か
露出するマニアの数次第ではあるが狼結果のキープは考えた方がよさそうだな」
射命丸文 「おはようございますよ、あやや
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営3 妖狐陣営2 神話マニア陣営2

んー、神話の憑き先によっても変わりますけど
基本は狼吊り切りの狐うどん警戒ですかね?
とりあえず出られる方はそうそうに出ちゃってください、あやや」
ようかんマン 「マニアが両人外でも吊りはぎりぎり足りるぞ
足りるぞ(足りるだけとは言ってはいけない)」
社畜のサマナー 「村人陣営9 人狼陣営3 妖狐陣営2 神話マニア陣営2

おはようさんっと。
人外は多くねえが、マニア次第だろうな。
んじゃまCOある連中はどうぞ。」
封獣ぬえ 「おはよ~さん。
アレだよ、とりあえずマニアはCOしとけオラ」
赤城ミク 「サカナマン男性」
サンドリヨン 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営3 妖狐陣営2 神話マニア陣営2

神筆の使い手…共有者を確認しています
さあ、向かいましょう。約束の場所(村勝利)へ!」
新藤千尋 「16人……人外が強めの人数ですね
マニア次第で…ひっくり返りますが…」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営3 妖狐陣営2 神話マニア陣営2

マニアの存在があるんで極めて配役は不安定と言うべきかもしれない。
囁きはかなりの量を確認しているが。」
ミク 「はえー>Ⅴ」
サカナマン 「単独共有とか気の毒な……」
「ひよこか? >赤城」
サカナマン (♂) が「異議」を申し立てました
封獣ぬえ 「マニアー、寝てんのかー(どんがんどんがん」
ミク 「マニア出ないの知ってた()」
サンドリヨン 「開始前のフラグを回収したのですね…>V」
射命丸文 「それはひよこCOですかね?あやや! >アカギさん」
社畜のサマナー 「んで共有がいると思えばVか。
あとはー…赤城がひよこか?」
「じゃあ、グレランでいいと思うかな」
ようかんマン 「ハローワーク!>Ⅴ」
サカナマン 「合ってるよ」
V 「昨日の囁きは高貴なⅤ発言だ」
新藤千尋 「マニアが出てこないと……厳しいでしょうか…」
封獣ぬえ 「そりゃあマンってついてるからな!>男」
赤城ミク 「先生……ミクちゃんにセクハ……ミクちゃんを調べたいです」
「なんか、マニアも出ないみたいだしさ」
ガロード 「ひよこか噛まれないCOの筆頭だが」
「で、マニアが全くと言っていいほど息してないな」
社畜のサマナー 「マニアでねえな…まあ、こういうときは大体初日だから片方は!」
射命丸文 「あとVさん共有了解ですよ
神話さんもどうぞー」
社畜のサマナー 「どういう意味だよ(真顔」
赤城ミク 「ひよこひよこ」
ミク 「働かないわりにはやたら囁き多かったね>Ⅴ」
ようかんマン 「(アカン人だこの人)>赤城」
サカナマン 「マニアが出ない。これは7吊り7人外村ですね間違いない」
サンドリヨン 「それは…なんとなくわかりますね。
マニアが両方とも出てこないなら、指定も考えていいでしょう」
ジロウ 「性別チェックはとりあえずOKと
Ⅶとかようかんマンとかの性別チェックしてほしいもんだな」
「だからと言って吊る位置かというと違うだろう正直 >ガロード」
ガロード 「当たってるなマニアCO出ないなら人外コピーか」
ミク 「wwwwww>セクハラ」
V 「マニアが居ないか…指定をするしかないのか…
いや、だがまだ私は動きたくない」
封獣ぬえ 「私はしょっちゅう男の娘説があるぞ!」
サンドリヨン 「(Vが働くとは言ってない)」
社畜のサマナー 「調べるという意味があまりにも危険な香りしかしねえ!
早く、早くだれか提督呼んでこい!!!!!」
ジョルジュ 「で、赤城からひよこCOが出てくると。まぁ、
この調子ならそれなり以上に灰は狭まっていくだろうし、
ひたすらにグレランを仕掛けて狼を排除していくことで村の命脈を繋ぐ、
結局はそれだけだよねと言うお話。」
射命丸文 「(やだ、この村まともそうな人少ない)」
ミク 「途端に厳しくなりましたね>魚マン」
「指定展開もありといえばアリ…だよね」
赤城ミク 「ありゃ
ミクちゃんが私コピーとかなかったか」
新藤千尋 「まぁ……なんとかなりますよ……多分ね
出てこないなら……狼が増えてたら……ある程度…向こうも動きますし…」
サカナマン 「まぁCOしないほうがいい中身の場合もあるけど
期待するだけ無駄だろう」
ようかんマン 「マニア人外として組織票ができるかというと話は別なのでわりと共有の趣味ではある」
「性別不明的には幼姦マン安定なんだろうが ま、その辺は
ひよこCOの好きにやればいいのではないか?」
社畜のサマナー 「え???>文
あっれ、いまだれかに呼ばれたと思ったけど???」
ミク 「私がマニアだとしてもコピーしないかなー」
新藤千尋 「グレランで狼が吊れるとは……思えませんけどね……>ジョルジュ」
ジロウ 「マニア2名人外付想定だと●出たときに急いで吊っていいものか判断に困るな」
封獣ぬえ 「うっす~~~い占師コピーって可能性があるていど。いじょ」
サカナマン 「雛なら噛まれるから気にしなきゃいいねん」
サンドリヨン 「セクハラなんて卑猥な!
ファイターたるこの私が守り抜かなければ…!」
「地味に呼びにくい…よね >ミクとアカギミク」
ガロード 「だから面倒な位置なんだよ雛狐だった場合結構後になって手遅れって事だろうしよ>Ⅵ」
赤城ミク 「ならぬえちゃんとおねショタしてもかまいませんね!>ぬえ」
V 「初日はグレランだ、今はまだ私達が動くときではない」
射命丸文 「でまぁ、マニアさん出てこない…と
人外憑き濃厚と考えておきましょうか、あやや
赤城さんはあって子狐、無視でグレランでいいでしょう
割れたら処分しましょうか」
ようかんマン 「まともな人にカウントされたいだけの羊羹だった」
「じゃあグレラン、だね」
ようかんマン 「働きたくねぇでござる」
ミク 「5Wとか4Fなら人外吊れる気もしないけどね>ようかんマン」
社畜のサマナー 「ミクとアカギでいいだろ>7
なお、俺は赤城シゲで入ろうと一瞬考えたがやめた」
ジョルジュ 「ジョルジュ的には赤城ミクさんのおっぱいを揉みたい>赤城さん暴走中
まぁマニアが出ないことは些細なことだ、うん。」
V 「後は寝る、個人個人で頑張ってくれ」
封獣ぬえ 「上司「サマナー、サマナー……仕事が残っているぞ。サマナー……」」
サンドリヨン 「雛狐にしろ放置でいいはずですよ。
狼は必ずひよこを噛まなくてはいけないのですから」
サカナマン 「ぼっちだけどな」
ミク 「(この共有働く前に退場しないだろうな)」
射命丸文 「気のせいじゃないですかね…
多分気のせいですよ…はい(目を背ける>社畜のサマナーさん」
封獣ぬえ 「3段目で私だけがマトモ枠」
新藤千尋 「組織票とかの前に……狼が狼へ 狐が狐へ
それぞれ入れないだけで……大体村が吊れやすいですから……
初日は村が吊れるもの、で考える方が、妥当ですよ…
狂人が吊れる場合とかは、ありますけどね…」
赤城ミク 「私は赤城だけで呼んだらいいんじゃない
赤木みりあちゃんやアカギがいる訳じゃないし」
社畜のサマナー 「幻聴が聞こえる!やめろ!俺は今日は仕事前倒しして終わらせたんだ!」
「狼に噛ませないようにすれば…いいと思うよ >ミク」
ようかんマン 「あまり考えたくない事態だなあ>5Wとか4Fとか」
ガロード 「基本的に人外狙いで動けば良いだろうし
初日の○が信用ならねぇのがな」
社畜のサマナー 「へいへいへーい!そこで目を背けないでほしいなガール!>文」
ジロウ 「4段目のマトモ枠になってやってもいいぞ」
ようかんマン 「サビ残……>サマナー」
射命丸文 「あとグレラン了解ですよ、あやや
でも寝るのは勘弁してください!
おーきーてー!(ゆっさゆっさ」
「ま、雛疑いあるなら狼も噛むだろうよ >ガロード
グレランは了解だが明日には動いて欲しいもんだな マニア息してないし」
ミク 「じゃあ
この世で最も麗しい傾国のディーヴァ・ミク様

アカギ で分けて呼べばいいよ」
社畜のサマナー 「俺の会社に!そんなものはねえ!>サビ残」
「最大4Wだから…6Wもありえるね…

って狼3だっけ… >配役」
ガロード 「噛む場合詰めの状況だから
それがな>サンドリヨン」
サカナマン 「組織しようにも増えたやつまではできんしなー」
ようかんマン 「転職先探さなきゃ(真顔」
封獣ぬえ 「上司「さあサマナー、残業代が出るぞ……この残業代で栄養ドリンクを箱買いするんだ……」」
ミク 「そんなん狼次第やんけ>Ⅶ」
サンドリヨン 「狐ならともかく
狼増えならむしろ組織票は狼にとってもマイナスのはず。
組織票の心配はしなくてもいいでしょう」
「じゃあ最大5かあ
狐は最大4…」
射命丸文 「4W3F…(ゴクリ
…一番嫌なパターンですかね!あやや! >ようかんマンさん」
赤城ミク 「ジョルジュ>流石に主砲をブチ込む亊になるかな
お尻から」
新藤千尋 「狼は最大4まで出ますよ……
経験上…ですけどね」
ジョルジュ 「雛が素直に性別系COするとはあんま思わないのがジョルジュの思考回路。
というか狼とて盤面が煮詰まれば狐最有力候補として噛むぐらいの位置なんだよ、ひよこは。
そこにわざわざ入り込んで自分から喰われに行くとは思えない。」
社畜のサマナー 「ヤダー!残業代は欲しいけどエナドリはいらないー!体がボロボロになるぅー!」
ジョルジュ 「雛が素直に性別系COするとはあんま思わないのがジョルジュの思考回路。
というか狼とて盤面が煮詰まれば狐最有力候補として噛むぐらいの位置なんだよ、ひよこは。
そこにわざわざ入り込んで自分から喰われに行くとは思えない。」
封獣ぬえ 「>新藤千尋
狼陣営3やぞ」
ミク 「狼増えてマイナスってケース有るんか?」
「配役が3匹だったよ >千尋」
サンドリヨン 「マニアが両方狼だった場合、むしろ初手身内きりまで想定すべきです」
サカナマン 「村側に吊らせようとする場合もあるが
その場合は狼に余裕はない。それならそれで
いいんジャネ」
ガロード 「狼狙って動きにくくするのが一番いいけどな」
「ま、初期陣営は3だがな >千尋
組織票云々は投票を見るしかあるまい 後手になるが」
赤城ミク 「そして貫通する砲弾」
封獣ぬえ 「マニアで増えた狼なんじゃね」
「2匹1一人かもしれないし1匹二人かもしれない」
新藤千尋 「ああ、本当だ>ぬえ
勘違い、してましたね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
1 票投票先 →ジョルジュ
V0 票投票先 →新藤千尋
ミク1 票投票先 →
赤城ミク0 票投票先 →
サンドリヨン2 票投票先 →ジョルジュ
ガロード0 票投票先 →ようかんマン
2 票投票先 →サンドリヨン
新藤千尋2 票投票先 →
社畜のサマナー0 票投票先 →ジロウ
サカナマン1 票投票先 →ミク
ようかんマン1 票投票先 →射命丸文
封獣ぬえ0 票投票先 →新藤千尋
ジョルジュ2 票投票先 →サンドリヨン
射命丸文2 票投票先 →サカナマン
ジロウ1 票投票先 →射命丸文
2 日目 (2 回目)
2 票投票先 →ジョルジュ
V0 票投票先 →新藤千尋
ミク1 票投票先 →
赤城ミク0 票投票先 →
サンドリヨン1 票投票先 →ジョルジュ
ガロード0 票投票先 →ようかんマン
2 票投票先 →新藤千尋
新藤千尋4 票投票先 →
社畜のサマナー0 票投票先 →新藤千尋
サカナマン1 票投票先 →ミク
ようかんマン1 票投票先 →
封獣ぬえ0 票投票先 →新藤千尋
ジョルジュ2 票投票先 →サンドリヨン
射命丸文1 票投票先 →サカナマン
ジロウ0 票投票先 →射命丸文
新藤千尋 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
Ⅶ は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
新藤千尋さんの遺言 狙毒……です
さて、今日だと……Ⅵさんと同じ陣営が、飛びますかね…
さんの遺言 素のマニアもとい…占い師CO…かな
正邪GMコピーをして占い師になった…よ
出ないほうがいいと判断したし、初日コピーは出ないことを前提にしてるし…ね?
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ようかんマン 「票変後者は変更後毒で死んだⅦとサマナー
さてそこ二人から(片方遺言だろうけど)何が出てくるか」
ジョルジュ 「サンドリヨン投票。おっぱい投票は少々心苦しくはあるんだがな。
なんというか、初手身内票警戒がこの段階で既にサクッと発想として出てくることに
なんともはや、という気持ちがある。マニアで増えたぶんはその動きに同調できないとかそういうことを鑑みると、
何かずれを感じる思考、と言うべきか。」
ミク 「おはよー
毒が飛んだよ、吊りたい先に飛んだから問題はない
やたら票変えあったからマニアコピーいるんじゃないか
Ⅶとようかんマンが票変えね
つうか狼増えたくせー」
V 「昨日の発言も高貴なるⅤ発言だ、わたVかっこいい
そしていわゆる”あざとかった”位置と要注意位置がまとめて地獄の業火に包まれた
指定は面倒くさい、今はまだ私が動くときではない…が流れによってはするかもしれない」
「毒か・・・随分発言稼いでいたような位置が飛んだようだが・・・ >吊り
投票はジョルジュ ひよこや性別系のことばかり言ってるのに
少々稼ぎ臭さをそっちでも感じたのでね」
ガロード 「マニア人外考えたくねぇって意見のようかんマンが怪しい位置では有るな
何かしら発言で目立った所もないし発言するのを嫌がってる位置だろうかね

サンドリオンは投票を集中的に見てるって意味では頼もしい位置って事だな
あまり投票はしたくねぇ サマナーは細かい発言してネタ発言の位置だからCOは聞きたい所」
サカナマン 「おはようございます
いきなり毒吊りとはきついな」
射命丸文 「おはようございます
あやや!

昨日一気に票動きすぎじゃないですかね?
その上で毒っぽいの飛んでますし
あやー!」
社畜のサマナー 「うぃーっす。
まあジロウに生存欲なさげに見えたんで入れたんだが、
どうにも誰も彼もが見てなかったらしい。
なんでまあ、どうせ吊れないみたいなんで共有のVが入れてる斎藤に入れたわ。

どうやらそこ毒だったらしいが。」
赤城ミク 「ぬえちゃん女の子」
ジョルジュ 「サンドリヨン投票。おっぱい投票は少々心苦しくはあるんだがな。
なんというか、初手身内票警戒がこの段階で既にサクッと発想として出てくることに
なんともはや、という気持ちがある。マニアで増えたぶんはその動きに同調できないとかそういうことを鑑みると、
何かずれを感じる思考、と言うべきか。」
封獣ぬえ 「おはよ~さん。
毒だったみたい、ていうか吼え的に狼減った感じしないけど、まあ、あれだ。
吊り逃れたやつが毒で飛んでるからそっち人外祈ろうか(わはは」
封獣ぬえ (♀) が「異議」を申し立てました
サンドリヨン 「新藤千尋の正体が何かにもよりますが、
二回目に新藤千尋に投票を移した位置はやや村に見ても良さそうですね。

私、ですか?
その、そこよりジョルジュが吊りたかったもので…」
ジロウ 「おー割と共有噛みGJやらもある気がすんな」
ミク 「えぇぇぇぇ」
ようかんマン 「なんとも言いがたいCOが>初日コピーの占いCO」
封獣ぬえ 「ほい正解」
赤城ミク 「御馳走様でした(つやつや)」
社畜のサマナー 「おー平和か、共有あたりでGJでもでたか?」
射命丸文 「あやー!?
ひっどい遺言を見たんですけど >初日コピー占い

で、平和ですか?あやや」
「・・・また微妙な >Ⅶの遺言
だが千尋のCOが真ならそれも真ということか?」
サカナマン 「占いコピー遺言と狙毒か
噛みあわんな」
ガロード 「現状共有噛みで指揮系統ぶらしかあり得るかもな」
社畜のサマナー 「あー…というか初日コピーって正直判断つかないんだよな。
信用しづらいって意味で」
サンドリヨン 「死体なしと狙毒…ですか。」
ようかんマン 「なんでもありえるかなー
別に灰噛んで狐にあたったとしても驚かない
まあそういう意味では今日は指定安定系」
封獣ぬえ 「初日コピった占師なぁ。それよりは狂人とかの人外見るけど」
ジョルジュ 「んー、どう判断したものかね、この状況。
毒もその遺言状況も今回の死体なしも割とおかしなことになってるよなぁ、という気持ちではあるんだが。」
赤城ミク 「ええええ>遺言」
V 「今こそ私が動く時 指定:ガロード だ」
ミク 「やべぇ、文の発言がどうと言えないけど演技くせぇ」
ジロウ 「射命丸投票したのは考えてる最悪のケースを4W3Fのケースって言ったからだ
オレは狼が2増えるとか狐が2増えるみたいな極端なケースの方ばっか連想しちまったからよ」
封獣ぬえ 「でも狂人だと、初日占師だって狼に誤認させちゃうか。ないか」
ガロード 「錬金術師CO
投票者に毒が有るか無いか見て
毒がある場合サテライトキャノンを使うぜ!
ようかんマン投票 毒なし」
射命丸文 「さて、この遺言をどこまで信用するか…にもよりますけどね
これ…あやや」
サカナマン 「片方くらい人外死んでそうだけどなぁ」
「そこか 確かにひよこに関して変なつっかかりしていた位置ではあるな」
ジロウ 「なんかすげえ結果が出てるな>初日コピー」
ガロード 「正直仕事の毒飛ばされたのが痛い」
赤城ミク 「まぁ、狂人でもやりかねないからね
後から出てくるであろう占いの信用落とし狙いで」
社畜のサマナー 「グレーで狐もありえなくはないんだろうけど、
できればGJ起きてた方がありがたいけどなー>ようかん」
サンドリヨン 「初日コピー…困りました。現時点では情報が不足しています
ただ、どちらにしても本人は狼狐ではなさそうです。
この遺言を残すのなら真か狂人かと思います」
ミク 「昨日の今日で出てこられると困る」
封獣ぬえ 「マイクロウェーブ今撃っちまったよ!」
ようかんマン 「まあ、そうだったらいいがねえ>片方くらい人外死んでそう」
サカナマン 「錬金か、毒に投票してないのがザンネンだな」
射命丸文 「錬金術師ですかー
昨日千尋さんに入れてもらえてれば嬉しかったんですけどねー、あやや」
V 「ガロードは地獄の業火に包まれる(吊りで)」
社畜のサマナー 「連勤なー昨日発動してりゃあってところだろうけど、
どっちみち意味ないわなー」
「錬金・・・コメントに困るな
ひよこにあーだこーだ言ってた位置のCOとしては」
封獣ぬえ 「Ⅵが村人か人外かで判断したらいいんじゃね?」
サンドリヨン 「毒に投票していれば、ですね
惜しいことをしました>ガロード」
射命丸文 「反応が割と遅めですね!?
ビックリですよ!?あやや! >ジロウさん」
ミク 「狼かって言われると違う気がするんだけどなぁ>ガロード」
ようかんマン 「そこまであーだこーだ言ってたっけガロード」
社畜のサマナー 「この遺言で狂人ねー>赤城
それはそれで狼陣営悲惨としか言えんな!」
赤城ミク 「月が雲って出てなかったんだね
解る、解る
私は詳しいんだ」
ミク 「狼がひよこに触れに行く必要って薄いし」
ジョルジュ 「ガロードに関してはひよこへの触り方がかなり盤面の視線を集めていたなぁ、という印象。
その割に得票が全くないままグレランを乗り越えているというのをどう解釈するべきなのか、というところは
注意が必要かもしれんな。」
サンドリヨン 「ただ、この遺言だとかなり猶予がなさそうというのが私の本音です。
Ⅵについては現状どちらかというと村と見ていますが」
「噛まれないCOの筆頭だとか雛狐ならどうとか愚痴りまくってたが
>幼姦マン」
社畜のサマナー 「んーなんか俺にCO聞きたいとか言ってたぐらい?>ようかん
別に大して見てる位置じゃなかったが」
V 「毒が2POPも少なめと判断するし、なによりここで錬金術師は何かあやしい
それに指定の本題は役職保護にもある」
ガロード 「短期決戦の村だった場合
22とは違うから雛噛まれないように出るとかも合ったし」
ジロウ 「>射命丸
あの反応は残像だ」
ようかんマン 「ディバイダーなら月関係ないし……」
社畜のサマナー 「4!その誤字は危険だ!!!!!!」
社畜のサマナー 「いや、誤字ではない。誤字ではないかもしれないが誤字だ!」
「仕様だ >サマナー」
封獣ぬえ 「吊り先決まっちゃったなら無駄大きいかもしんないんだけど、
ⅥのCOは先に聞いても良いんじゃない?
それ自体でチトセの真偽も、Ⅶの真偽(つまり初日占師かどうか)も判断できる気がするんだけど」
赤城ミク 「サマナー>遺言信用されたら保証枠の占いとは限らない
となるからね」
ミク 「気持ちはわかる>ガロード」
サカナマン 「仮に真実でももうひとりの神話は変なのコピーだろうな」
サンドリヨン 「もし両方のマニアが狼についたなら
狼に偽を伝えられる、という意味ではありかもしれませんね>サマナー

ただし、私は真の方が強いと見ています」
ようかんマン 「ここはノータッチで決めよう(紳士」
射命丸文 「ひっどい誤字を見ました >幼姦マン >Ⅵ

まさかの残像でしたか…あやや! >ジロウさん」
封獣ぬえ 「いやCOだけ聞いて村人判断できるもんじゃないか」
社畜のサマナー 「あーそうか後ででてくる占い師の信用ぶらしもありえるのか>赤城」
V 「だが死体が加速するとだいぶ余裕がなくなってしまうな
明日以降の指定を考えなければいけないが今日はひとまず寝る」
ようかんマン 「そしてあれは4じゃなくて6だ……」
ミク 「狙毒が真とも限らないしCO聞いて真ともわからないのに聞く意味なくね?」
赤城ミク 「無くはない
絶対に騙りだとも言わないけど
そんな感じかな」
封獣ぬえ 「まあ良いや、タイミング来たらⅥ基点で考えたら」
ジロウ 「そういやぬえは初日投票の段階じゃ新藤疑って投票したってことでいいんだよな」
サンドリヨン 「遺言で考えることはできませんか?>ぬえ」
ジロウ 「時間ねえや」
ガロード 「その印象で初日喋ってた
後は朝一の発言くらいかね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
0 票投票先 →ガロード
V0 票投票先 →ガロード
ミク0 票投票先 →射命丸文
赤城ミク0 票投票先 →ガロード
サンドリヨン0 票投票先 →ガロード
ガロード11 票投票先 →射命丸文
社畜のサマナー0 票投票先 →ガロード
サカナマン0 票投票先 →ガロード
ようかんマン0 票投票先 →ガロード
封獣ぬえ0 票投票先 →ガロード
ジョルジュ0 票投票先 →ガロード
射命丸文2 票投票先 →ガロード
ジロウ0 票投票先 →ガロード
ガロード を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Ⅵ は無残な負け犬の姿で発見されました
サンドリヨン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ガロードさんの遺言 錬金術師CO
投票者に毒が有るか無いか見て
毒がある場合サテライトキャノンを使うぜ!
ようかんマン投票 毒なし
サンドリヨンさんの遺言 ワンダースキルを使います!
刻め、十二の旋律……シンデレラストーリー《撤回毒表記》!

Nice!してくれても…いいんですよ?
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ミク 「おはよう
文がなぁ、占い遺言酷ーいとか言っておきながら呑気に見えるんだよなー
他の奴には返答してるのに私の発言だけあえてスルーしてるように見えるし
ていうか4Wなら飽和怖くないのか狼ィ!」
ようかんマン 「サンドリヨンとしゃめーいあたりが注目目と感じる」
社畜のサマナー 「うぃーっす。
なんかなーガロードについては全く見てなかったのが本音。
あとはサンドリヨンとジョルジュがやたら発言しまくってるが…
二人とも若干焦りが見えてる印象がなくもない。」
封獣ぬえ 「仮にマニア2人外付き見れるなら、チトセ毒狼ならまず吊り逃れてる。
管狐でもやっぱり黙って吊られてやる理由が無い。
狼数的に噛まれて狼減っても何でも嬉しいから。

となるとチトセほぼ真やろってなるから、Ⅶが村ならⅥ村だわ

んでー
仮にⅦ真なら初日占師=マニア1潜ったままなんでやっぱ人外増えてるけど、
仮にⅦ人外だったら狂人や狐があの遺言出す必要無いってのは、
昨日言ったから、多分あって狼なんだけど、それあるのかっつーはなし。

たぶん、Ⅵ基点に考えるよりこっち基点でⅥの村みたほうが早いよねっつう」
サカナマン 「おはようございます」
射命丸文 「おはようございます
昨日なんだかミクさんに疑われた挙句投票までされてたんですけど
これはどういった意図ですかね?
流石の温厚な私でも、割と無茶な誘導受けて困惑気味なんですけどあやや」
ジロウ 「ぬえは3日目の朝一がなんとなく新藤を村毒で見てるような言い振りだが
誘導までして吊った位置なんだから毒狼やら毒持ち人外の可能性は見ねえの?と聞きたかった」
V 「Ⅶはあまり村とは見ていない位置だな(マニアなのは本当なのかもしれないが)
人外マニア、と見たい場所ではある 希望的観測も混じっているが
射命丸に誘導が飛んでいるが…演技かどうかは判断がつかない」
ミク 「毒噛みでいいのかな?」
赤城ミク 「ようかん 失敗」
ようかんマン 「とおもったら死体が2つ
毒表記と、遺言なし」
封獣ぬえ 「おう時間返せや。>Ⅵ」
ミク 「2 日目 (1 回目)
Ⅵ 1 票 投票先 → ジョルジュ
V 0 票 投票先 → 新藤千尋
ミク 1 票 投票先 → Ⅶ
赤城ミク 0 票 投票先 → Ⅶ
サンドリヨン 2 票 投票先 → ジョルジュ
ガロード 0 票 投票先 → ようかんマン
Ⅶ 2 票 投票先 → サンドリヨン
新藤千尋 2 票 投票先 → Ⅵ
社畜のサマナー 0 票 投票先 → ジロウ
サカナマン 1 票 投票先 → ミク
ようかんマン 1 票 投票先 → 射命丸文
封獣ぬえ 0 票 投票先 → 新藤千尋
ジョルジュ 2 票 投票先 → サンドリヨン
射命丸文 2 票 投票先 → サカナマン
ジロウ 1 票 投票先 → 射命丸文」
サカナマン 「あん?死体2か」
ようかんマン 「ファーン?>失敗」
社畜のサマナー 「おっと毒遺言でもう片方は遺言なし?
素直に毒噛んだってみるか、それとも逃亡系か?」
ミク 「あん?」
ジョルジュ 「おはようさん。
…なんというか、錬金の存在をあざ笑うように毒だらけの村ですなぁ…」
赤城ミク 「うーん
月系いる?」
ようかんマン 「少なくとも私は失敗するようなものではない」
社畜のサマナー 「ん?失敗ってことは…幻系?」
ジョルジュ 「おはようさん。
…なんというか、錬金の存在をあざ笑うように毒だらけの村ですなぁ…」
封獣ぬえ 「>ジロウ
ぶっちゃけ毒狼や管狐なら吊り逃れてるわっていう。
今も朝言ったけどさ」
ジロウ 「Ⅳが毒噛みした…か遺言ねえからなんだろうな
呪殺+噛み死体とか逃亡混じりもあるのか?」
ミク 「 陰陽日記

私噛みなら射命丸吊りでいいんじゃないですかね?

初日:ようかんマン
いらねぇ…
まぁ期待しないでやっとこ
マニアがつかないッスかね、求道辺り

二日目:ジョルジュ
こんなの適当でいいんだよ
一応ひよこが占った先は放置でいいか

三日目:射命丸文
適当適当」
サカナマン 「グレー減ったし出よう占いCO」
ようかんマン 「遺言なしだから一応逃亡とかブン屋もあるんじゃが……>ジョルジュ」
封獣ぬえ 「あれ、2死体なのか」
赤城ミク 「まぁ、幻か月系だね」
ミク 「幻系って陰陽で祓ったら能力解除とかされたりしないの?」
射命丸文 「んーと…
サンドリヨンさんが毒表記でⅥさんが遺言なし
毒噛みかもしくは呪殺混じり…あるいは逃亡系か、と…
個人的には逃亡系ありえるんですかねー、と、あやや」
サカナマン 「占いCO ようかんマン○ ミク○ 社畜のサマナー●」
社畜のサマナー 「月系の妨害ってひよこにも効いたのか>ミク」
V 「一応ようかんマンにCOを聞いておこう」
ようかんマン 「お、おう……?>ミクさん」
ミク 「月系いるなら昨日もひよこに行ってるだろ…」
サカナマン 「初日 :食卓の正義の味方仲間ってことでようかんマン
2日目:細かく発言しすぎじゃね?大したことは言ってないが
    俺っち以外投票してないしってことでミク
3日目:ほんとに初日占いコピーだとするともう俺しかいないんじゃね
    社畜のサマナーがなんか噛まれて焦ってる狐っぽい発言してるから占う」
封獣ぬえ 「赤城のミクさんとミクの結果割れてない?」
ジョルジュ 「…なんだか予想外の結果が帰ってきたなぁ>失敗結果
赤城さん自体を疑う要素が現状までにあったわけではないから、
基本は月と見るか幻とみるか、と言うことになってくるわけだが。」
社畜のサマナー 「アッハイ>俺に●」
ジョルジュ 「…なんだか予想外の結果が帰ってきたなぁ>失敗結果
赤城さん自体を疑う要素が現状までにあったわけではないから、
基本は月と見るか幻とみるか、と言うことになってくるわけだが。」
サカナマン 「おれはようかんマンでは失敗しなかったぞ」
ようかんマン 「されない>幻系に陰陽師」
ジロウ 「>封獣ぬえ
あー2票だらけで引き分けだったかそういや
村毒なら票替えはしないって感じでいいのか
そこら辺のセオリーはちょっと自信ねえんだが」
赤城ミク 「ひよこは占い系なんだなぁ」
封獣ぬえ 「サカナマンもか」
ようかんマン 「え、COするべき?村人表記CO」
社畜のサマナー 「ようかんマンに◯でてるけどよーなんだろうなこれ庇いっぽく見えるけど。
赤城で失敗でて焦って出た感じするわ」
サカナマン 「一応俺が夢で失敗しなかった可能性もあるがね」
赤城ミク 「というかまぁビックリだよ>失敗結果」
ようかんマン 「初日の投票変更は執行者を考える会
うまく行かなかったのはご愛嬌。なんで1票のところに変えている」
ミク 「ちなみに狙毒真でサンドリヨンが毒ならⅥ・Ⅶともに狼陣営ってあり得る」
V 「ようかんマンは今日は放置だ
社畜のサマナーは地獄の業火に包まれるかもしれない(COを聞いて決める所存)」
封獣ぬえ 「>ジロウ
セオリーっても人それぞれなんだけど、
まあ、マニア2いてCOなし=人外付き見れるでしょ?
だったらまずそこ人外なら吊り逃れるんじゃないかなーって」
射命丸文 「なんだか占いCOでその上で○吊りですかこれ?
あやや」
ミク 「じゃあ意味ねーのか>ようかんマン」
ジロウ 「割れてない可能性も一応はあるのか
雛狐で失敗引いたから失敗で誤魔化してる可能性もあるか?」
赤城ミク 「サカナマンが真なら月系
サカナマンが騙りなら囲い」
社畜のサマナー 「ふむ、俺が言おうと思ったら先に夢疑いもつかー>サカナマン
ただそれだとラインはできなくはないな」
射命丸文 「ちょっと何で出したんですかね
これ >CO聞いた意味」
封獣ぬえ 「あ、関係ないのか。呪いだけね。>陰陽師」
ようかんマン 「呪いと憑依だけだからね陰陽師は>ミクさん」
社畜のサマナー 「この俺が司祭をCOさせてもらうぜ」
社畜のサマナー 「この俺が司祭をCOさせてもらうぜ


はいはい、司祭司祭…やめろ!俺をそんな目で見るな!
だれが50まで童貞だっていうんだ!?俺だって経験してるわ!
……悪魔相手にだけどな……司祭が悪魔相手に経験して悪いか!

4日目 GM 斎藤 7 ガロード 朝の屍体」
社畜のサマナー 「今日の結果は7」
ジロウ 「>ぬえ
人外多いならとりあえず吊り逃れで村1潰してから死んだ方が確かによさそうだな
サンキュー」
ミク 「仕事ないな(確信>ようかんマン」
ようかんマン 「7ってことは二人村が減ってるってことだけど」
社畜のサマナー 「朝一で出なかった理由はあるにはある」
封獣ぬえ 「雛狐が失敗で誤魔化してるの見るんだったら狼噛めって話だよ。
マニアが狐ついたのでも狼についたのでも、雛狐候補なんか邪魔でしょ」
ミク 「サマナー視点人外3なら
朝一で出て良くね?」
射命丸文 「ちょっ!?
司祭表記でしかもここで出るんですか!?あやや!?」
ようかんマン 「概ねそれだと7は人外になるっぽい?」
社畜のサマナー 「マニアがほぼ人外つきだからだ」
V 「社畜のサマナーはやはり地獄の業火に包まれる(吊りで)」
赤城ミク 「というかまぁ、サマナー視点ではあれなんだよね
サカナマンが真保証枠に入るかどうか
Ⅶ次第だよねぇ」
ジョルジュ 「ようかんが○、という結果自体は出るのが初日でなければもっと主張が分かりやすいんだが、というところ。
ただ、あくまでも出るタイミングは本人の言う通り人数的にちょうどいいところだから、というのもあるわけで
庇いの可能性があるかどうかを推理するのは難しいと思うかな。」
ようかんマン 「いや●でとるし……>しゃめーい」
ミク 「ていうか人外が4死んでて今3残りだからマニアは両方人外主張>ようかんマン」
封獣ぬえ 「>ようかんマン
Ⅶが村だった場合、10になってて、GM&Ⅶ、あとひとり村が減ってる感じじゃない?」
ジロウ 「ガロード視点毒?らしき2死体で1名ずつ人外死んだとかそんなんか」
社畜のサマナー 「だから俺を吊るなって話なんだが…」
射命丸文 「あ、すみません
色々混乱してたようですね!あやや! >ようかんマンさん」
V 「サカナマンのCOが出たのでそこの●吊りに切り替えた>射命丸」
ミク 「いやいや、3奈から半減だから出ていいじゃろ、計算しろよ」
封獣ぬえ 「あ、サマナーよくみたら結果おかしい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →社畜のサマナー
ミク0 票投票先 →社畜のサマナー
赤城ミク0 票投票先 →社畜のサマナー
社畜のサマナー9 票投票先 →ようかんマン
サカナマン0 票投票先 →社畜のサマナー
ようかんマン1 票投票先 →社畜のサマナー
封獣ぬえ0 票投票先 →社畜のサマナー
ジョルジュ0 票投票先 →社畜のサマナー
射命丸文0 票投票先 →社畜のサマナー
ジロウ0 票投票先 →社畜のサマナー
社畜のサマナー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
社畜のサマナーさんの遺言 この俺が司祭をCOさせてもらうぜ


はいはい、司祭司祭…やめろ!俺をそんな目で見るな!
だれが50まで童貞だっていうんだ!?俺だって経験してるわ!
……悪魔相手にだけどな……司祭が悪魔相手に経験して悪いか!

4日目 GM 斎藤 7 ガロード 朝の屍体
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
V 「失敗位置にCOを聞こうとしたら●持ちの人外が出てきたのだ>射命丸
指定は今日もぼちぼち指定くとしようか
ようかんマンと赤城をどうするかだが」
ミク 「◇社畜のサマナー 「この俺が司祭をCOさせてもらうぜ
(略)
4日目 GM 斎藤 7 ガロード 朝の屍体」
                ↑
ここおかしくね?朝の死体は書いてないのに結果だけは7って書いてるの
位置的にそこだけ書きなおすってのもおかしいから決めてたんじゃないの、結果」
ようかんマン 「本人の結果的にはサマナー吊っても大丈夫だったはずだけど
結果のどこがおかしいのかは結局わからなかった」
赤城ミク 「Ⅴ 女性」
サカナマン 「占いCO ようかんマン○ ミク○ 社畜のサマナー● 射命丸文失敗」
封獣ぬえ 「昨日ようかんマンに説明してて気付いたんだけどさ。

Ⅶ真だとするじゃんか。
そしたら他に村が2死んでるんだよね。
その場合、GM、Ⅵ(仮)、チトセ、ここまでで既にオーバーするじゃんか?
(他にサンドリヨンとガロードもいるし)
だからサマナーの真って、挙げた4人に2人外混じってるって理屈なんだよ。
Ⅵも死因もちいないで遺言もなし、それならどうやったって村でしょもう」
ジョルジュ 「おはようさん。
…また、死体なしですか。」
ミク 「あぁ、ジロウに行使ね」
V (♀) が「異議」を申し立てました
サカナマン 「4日目:ジョルジュは発言安定してて占いどこじゃない
    ぬえ、ジロウは発言いいほう。これ射命丸占いっきゃないじゃん」
封獣ぬえ 「オッ、死体無しゥー」
射命丸文 「おはようございます!
あややー

正直昨日は凄い勢いでサマナーさん吊れて行くんだなーと思いつつ
今日サカナさん噛まれてるのではと、あやや?」
赤城ミク 「これ月かなぁ」
ようかんマン 「サカナマンと赤城的には
ほぼ月系が居るって言う主張かな」
サカナマン 「どうも月がいるようだな
そして俺は夢ではなかった」
ジロウ 「おう」
ミク 「おk、払ってやるから明日の行使先言いな>サカナマン」
封獣ぬえ 「ていうかまた失敗か。月系おるんか」
ようかんマン 「わりとサカナマンでGJありそうだねえ」
ジロウ 「サカナマンも失敗すんのか」
射命丸文 「死体なし…ですか?
あやー?ちょっとビックリです
狩人さんでもいるんですかねあやや?」
ミク 「確か二人で占えば妨害消せるんだよね?
それともこの場合サカナマンにしなきゃいけないんだっけ?」
サカナマン 「指定聞いてからね」
封獣ぬえ 「>ミクにゃん
昨日幻には効果が無いとか言ってなかった?」
ようかんマン 「ミクさん……ミクさん……
陰陽師は占い妨害には効果がないのよ……」
赤城ミク 「まぁサカナマンが真なら、ではあるけど>ようかん」
射命丸文 「ヒント:陰陽師は妨害には通用しません >ミクさん」
ようかんマン 「あ、でも呪いあったら合わせることで防げるか」
ミク 「狩人あり得ないアカギ吊りもありっちゃ有りだけど」
V 「ジロウは地獄の業火に包まれる…かもしれない(COしてくれ)」
ジョルジュ 「サカナマンの動きが赤城の主張と特に矛盾しないなら
まず月系の妨害が働いている、と判断した方がよさそうな展開ですな。」
ミク 「つかえねーなこれ!>文」
ようかんマン 「ものすごく人外目に見えるのはジョルジュだけどな―」
ミク 「次郎はサマナーに投票されてた位置だけど?」
サカナマン 「なんだそうなのか
残念だ」
封獣ぬえ 「呪いなら効果はあるけどね。ただ失敗出てるなら呪いが無いからなあ」
射命丸文 「あー、これが狩人でのGJなら確かに赤城さん吊りで平和に進めることも可能ですね
あやや」
ようかんマン 「憑狼にはマジで最終兵器なんやで……>つかえねーなこれ」
ジロウ 「村人表記だ」
赤城ミク 「普段いらない子扱いされる厄神の出番なのに」
ミク 「厄神でいいっす>ようかんマン」
ジロウ 「誰かが言ってたサマナーの結果がおかしいってのは日記の書き方の話でいいのか?」
ようかんマン 「必要なときに限って出ないのはもはや必然>厄神」
射命丸文 「でも!!いつもは妨害を解除してくれる厄神さんの方が使えない子扱いされてるんですよ!!
そんなこと言っちゃかわいそうです!! >ミクさん」
ミク 「ぶっちゃけ赤城とぬえとジョルジュと文吊りきりで勝てる気がするんだけど」
封獣ぬえ 「>赤城
変わりにちゃんと護衛できる狩人いる気がしない?>死体無し」
V 「ジロウはやはり地獄の業火に包まれる(吊りで)」
ミク 「そこから狩人出たらジロウ加えていいし」
封獣ぬえ 「サカナマンGJなら、厄神だけいて護衛できる狩人がいなければ結局死んでるからな」
ジロウ 「サマナーの結果が4日目時点で3人外残り主張で
そうなるケースってなんだよって言われたらスッと出なかったから結果がアレなのかもしれねえけど」
ミク 「サマナーに投票されてたから嫌なんだけどなぁ
まぁ狐疑いは確かにあるけどさ」
赤城ミク 「まぁ、そっちいた方が今回はいいよね
吊り数的に>ぬえちゃん」
ジロウ 「地獄の業火に包まれてもレイフォールガンがあれば天国よ」
ミク 「あぁ、でも呪いが怖いなら投票で占い先示してくれてもええよ>サカナマン」
ようかんマン 「チャンピオン男らしい……>地獄の業火に包まれても~」
サカナマン 「どうせ妨害されると思うとなかなか占い先が思いつかんものだな」
射命丸文 「地獄の業火に包まれたレイフォールガン…
強そうですね(素朴」
ミク 「そこ合わせるからにゃ」
封獣ぬえ 「>赤城
そそ。失敗出てようがGJ出てるならどっちにしろ真見れるしさ」
ミク 「月狐なら7割成功だから…」
ジロウ 「ミナモガンに寄せていくのはやめろォ!」
ジョルジュ 「素直に言ってれば確かに吊り切りでいけるはずの展開なんだよな。」
ようかんマン 「陰陽師は占い先と合わせることで呪いを無効化することができるのだ
占い本人に行使してもダメなのがミソである」
V 「進行にはだいぶ悩むな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →ジロウ
ミク0 票投票先 →ジロウ
赤城ミク0 票投票先 →ジロウ
サカナマン0 票投票先 →ジロウ
ようかんマン0 票投票先 →ジロウ
封獣ぬえ0 票投票先 →ジロウ
ジョルジュ0 票投票先 →ジロウ
射命丸文1 票投票先 →ジロウ
ジロウ8 票投票先 →射命丸文
ジロウ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジロウさんの遺言 レイフォールガンを愛する村人系村人表記だ
特に追加で見えている情報はねえな

ぬえは3日目の朝一がなんとなく新藤を村毒で見てるような言い振りだが
誘導までして吊った位置なんだから毒狼やら毒持ち人外の可能性は見ねえの?と聞きたかった

朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ミク 「ぬえ祓い
これ絶対仕事無いよぉ!」
サカナマン 「占いCO ようかんマン○ ミク○ 社畜のサマナー● 射命丸文失敗 射命丸文●」
ようかんマン 「灰に狩人居て、ミクさん狂じゃないなら
わりと勝てる気がするね」
ミク 「LW雛なんですかね」
赤城ミク 「ミクちゃん 女の子」
封獣ぬえ 「おはよーさんよ。
単純にサカナマンの結果出てると良いな、それならジロウさん月やろね、でFAよ。
狩人のGJならどっちにしろどうとでもなるっぽいけど」
射命丸文 「おはようございます
あやや!

…ってあれ?
また死体なしですか?」
ようかんマン 「んー?
ここで結果出るのか?」
V 「高貴な狼だ>Ⅴ発言
赤城の処理が問題な気がするな」
ジョルジュ 「おはよう。
…これ、狼事故起こしてねぇ?>3回目死体なし」
ミク 「文残しつつグレー吊りきろうぜー」
ジョルジュ 「おはよう。
…これ、狼事故起こしてねぇ?>3回目死体なし」
ミク (♀) が「異議」を申し立てました
サカナマン 「ふむ。幻狼か?」
封獣ぬえ 「結果出るんならジロウさんで良いんじゃないかねえ」
ようかんマン 「ならジロウが月だったかもね二人視点
んでここで死体なしってどうなんだろ」
ようかんマン 「噛めないLWとかあるのかな」
ミク 「1、LW雛
2、ようかんマンでGJ」
赤城ミク 「あっるぇ>どっちも結果出る」
サカナマン 「まぁジロウ月のほうがありそうだな」
封獣ぬえ 「ジロウさん月ならまず狼マニアで増えてっからそこ考えながら進めたら良いよ。
雛とか餓で事故ってるなら別」
ようかんマン 「つっても最初の死体なしは多分噛めない狼ってことはないだろうから
狐噛みかGJ起こしてると思うけど」
ミク 「月狐なら3割失敗もあるし油断できぬぞ」
射命丸文 「というか
こうなると私視点サカナマンさん狼で
飽和目前でその上で狐探しで餓噛みにしか見えないんですけど…」
V 「ジロウ月か、そこには手応えを感じていたから有るかもしれないな
Ⅲ割失敗だったら面倒だが」
ようかんマン 「そーいう意味だと赤城吊りは割りとあり
射命丸吊らず灰吊りでもいい」
赤城ミク 「割りと狼視点はもう私噛んでる暇はねぇ
吊られてくれるのが前提条件
まである」
ミク 「一応狩人想定して指定するなら早目にニャ」
封獣ぬえ 「マニアで狼増えたって見るなら、サマナーで1w、
ジロウで月狐、文で2wめくらいでしょ?」
V 「射命丸吊ると狐残ってた場合が怖いな
とりあえずジョルジュを地獄の業火に包むか決める」
封獣ぬえ 「ああ月狐ってパターンもあるのか」
ミク 「あとまぁ赤城は失敗結果堂々と出すなら狐は無いかなって」
ミク 「先にぬえがいいです!>Ⅴ」
射命丸文 「とりあえず、これを噛めないLWと見るなら私とサカナマンさん最終日でいいですよね?
じゃあ灰から吊り切り行きましょうよ
正直引き分け路線持って行かないと危ない気がしてきました、あやや」
サカナマン 「そうなんだよなぁ
狐占えない占いですまんな」
封獣ぬえ 「そこ狩人ありそうで怖いんだけどなぁ」
ミク 「いや、勘だけど」
ようかんマン 「俺でGJってそうとう変態じゃないですかねぇ……>ミクさん」
ジョルジュ 「面白そうな意見なんで聞くだけ聞いてみるんじゃが、
あやや視点では「把握済みの狐を連続噛みしてる」って可能性はないん?」
ジョルジュ 「面白そうな意見なんで聞くだけ聞いてみるんじゃが、
あやや視点では「把握済みの狐を連続噛みしてる」って可能性はないん?」
赤城ミク 「まぁ、まさか失敗結果見るとは思わなかった>ミクちゃん」
ミク 「狩人なら○から噛むしかないし
それなら陰陽COしてる私よりそっちじゃろ?」
ようかんマン 「その場合だと3Wとかでもないとやる理由あんまない気がするが>把握した狐連噛み」
V 「ジョルジュ?COをしてくれ」
封獣ぬえ 「ジョルジュCOは?」
ジョルジュ 「・・・3日目に噛まれたのは俺。
LFにして虎狐をCOする。このままダラダラ狼が死体なし連打する状況じゃ
もう引き分けにもできん。」
ようかんマン 「堂々と村人表記COした俺を噛む発想はなかったのだ……」
射命丸文 「まぁ、私に●なら最終日まで残るでしょうし
その際にサカナマンさんとのバトルがほぼ確定でしょうから
とりあえず材料探ししておきます(ゴソゴソ」
ミク 「3Wで把握した狐噛みって想定するなら共有が指定すればいいだけだから」
ジョルジュ 「・・・3日目に噛まれたのは俺。
LFにして虎狐をCOする。このままダラダラ狼が死体なし連打する状況じゃ
もう引き分けにもできん。」
赤城ミク 「いずれにせよ明日も死体無しなら私吊る余裕あったっけ?」
ミク 「連続噛まれなのかよぉ!?」
V 「ジョルジュは地獄の業火に包まれる(吊りで)」
封獣ぬえ 「あ? じゃあこの死体無しなんだ」
ようかんマン 「ん?昨日と今日は?」
ミク 「狼柱が出ないなら私吊り」
射命丸文 「ありますねー >赤城さん」
サカナマン 「なんだグレーに普通にいたんか」
封獣ぬえ 「私狩人じゃないぞ」
赤城ミク 「アッハイ>噛まれまくってる
ミク 「ぬえ吊りならそれでもいい!」
射命丸文 「アッハイ >噛まれまくってる
サカナさん吊りでいいのでは?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →ジョルジュ
ミク1 票投票先 →封獣ぬえ
赤城ミク0 票投票先 →ジョルジュ
サカナマン1 票投票先 →ジョルジュ
ようかんマン0 票投票先 →封獣ぬえ
封獣ぬえ2 票投票先 →ミク
ジョルジュ3 票投票先 →射命丸文
射命丸文1 票投票先 →サカナマン
ジョルジュ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルジュさんの遺言 お仲間が巻き添えで呪殺されても困るんで信用路線だの狩人騙りなどは絶対にやらせん。

3朝に噛まれた虎狐をCOする。

俺は噛まれる前日にサンドリヨンに投票している、ということを意味ありげに残しておこうか。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
封獣ぬえ 「君らよくあのタイミングでジョルジュ吊れるな…
連噛みとかどう考えても異常でしょ。
死体無し要因どこいったんだよ」
ようかんマン 「わりと銃殺面においても間を取って灰のぬえ吊りでよかったと思うんじゃが……
射命丸吊るって選択肢はそりゃないだろーし(実際怪しいしそこ)」
ミク 「おはよー
Ⅴ祓い
LW雛なら一旦私吊りでいいし
飽和寸前なら狐吊っちゃ駄目だしって思ったんだけど
続いてるなら前者か」
サカナマン 「占いCO ようかんマン○ ミク○ 社畜のサマナー● 射命丸文失敗 射命丸文● 封獣ぬえ○」
赤城ミク 「ようかん 男性」
ミク 「あぁ、雛LWならええんじゃ」
封獣ぬえ 「これ単純に噛めないLWか」
射命丸文 「あ、結果出てた
すみません投了します
雛LW」
ようかんマン 「まあここまで死体無し出るなら
噛めないLWでよさそだとは思うが」
ようかんマン (♂) が「異議」を申し立てました
ミク 「じゃあ詰めるだけだな」
サカナマン 「そのようだね」
V 「今はまだ私の動く時ではない
文の処理、ようかんマンマニアがあるかないかの問題」
ミク 「じゃあ狐ケアしてから文吊る」
ミク 「なら吊ればいい
雛LWなら全部吊れるよ」
赤城ミク 「あーうん
なら私視点ではとことん詰めていけるのか」
射命丸文 「まぁ、私は最後のチャンスに賭けるしかないので
後は詰めるのは皆さんにお願いしますかね」
ようかんマン 「というわけで不毛の狐ケアタイムだ
ジョルジュはまあ本当に狐でいいとして
FOしようず」
封獣ぬえ 「ジョルジュの遺言見る限りだと呪殺出るみたいな口ぶりだけど、
サカナマン視点って赤城のほうのミクさんしかもういないんじゃないの?」
ミク 「だからあとは限界までケアするか、どうか
共有が全部決めなさい」
ようかんマン 「つってもぬえしか居ないがまあCOしてないの」
V 「ようかんマン>ぬえ>赤城>射命丸…

6>5>4>3 だから…」
赤城ミク 「うゆー雛苺なのー」
ミク 「あー、ようかんマン昼狐はあるのか」
封獣ぬえ 「あ、村人よ。
昨日COしたつもりになってたけど。>ようかん」
射命丸文 「ちなみにこれは本当なんですけど
狼陣営全員狼です
つまり月系いません」
ミク 「占えばいいだけだな()」
ようかんマン 「まあそこら辺言われると全員候補やからな>昼狐とかうんたら」
封獣ぬえ 「月兎いるじゃねえか!>文」
封獣ぬえ 「月狐か?」
ミク 「早回ししよ
Ⅴは吊り位置決めてー
夜来たら即投票するから」
赤城ミク 「本当ならジロウ―ジョルジュになるのかなぁ」
ようかんマン 「多分これ千尋が真狙毒で
ⅥとⅦが仲間だろう狼」
V 「ひとまず今日はようかんマンをケアするとして」
サカナマン 「占って死なない中身の場合だけ面倒、ってだけだぬ」
ミク 「月狐がⅤ辺りに悪戯して消えたように見せかけてる可能性は普通にある」
ようかんマン 「ジロウは多分月系」
封獣ぬえ 「赤城のほうのミクさん占わせる? ジョルジュの遺言考えるとだけど」
射命丸文 「はい、月兎いないと言いたかったんですね
何で月狐ケアするなら全員疑ってくださいと(ヒラヒラ >ぬえさん」
ミク 「嫌さきにグレーをケアしようよ>Ⅴ」
ミク 「なんで頑なにぬえや赤城吊らないねん
そこ共有ならもうだしなよ?」
ようかんマン 「あそこで占いに使うなら多分月兎だと思うけどなあ」
封獣ぬえ 「ただあって雛狐だろうという。親狐でひよこ騙るなんて聞いたことないし」
サカナマン 「ぬえは占ったぞ」
V 「グレー先の方が良いのか>ミク
それじゃあ今日は赤城だな」
射命丸文 「サクサクするために超過即噛みに切り替えますね」
V 「たしかそこはグレーだ」
ミク 「子狐ケアの段階なら●なんて関係ないけどね、確かに」
赤城ミク 「別に構わないけど
仮に騙りでも雛は子狐系だよ」
封獣ぬえ 「完グレは赤城のほうのミクさんだけよ」
ミク 「夜来たら即投票するからねー」
サカナマン 「うん、赤城だけ」
射命丸文 「○に自分がいるなら占いに使う可能性…
ありますよね?って言いたかったんですけどね私は >ようかんマンさん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →赤城ミク
ミク0 票投票先 →赤城ミク
赤城ミク5 票投票先 →ようかんマン
サカナマン1 票投票先 →赤城ミク
ようかんマン1 票投票先 →赤城ミク
封獣ぬえ0 票投票先 →赤城ミク
射命丸文0 票投票先 →サカナマン
赤城ミク を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ようかんマン 「まあぶっちゃけ俺昼狐じゃなくてもマニアとかはあるからね初手○だし」
サカナマン 「占いCO ようかんマン○ ミク○ 社畜のサマナー● 射命丸文失敗 射命丸文● 封獣ぬえ○ ようかんマン○」
ミク 「おはよー
ケアしたいなら限界までどーぞ、4で文を吊るならぬえとようかんマンもケア可
まー、私もだけどね、その場合
事故が怖い(サカナマンと文で2W)なら5で吊りだけど
ま、共有が決めなさい」
射命丸文 「(もぐもぐ
ガム噛んでる気分です」
封獣ぬえ 「おはよーさん」
ようかんマン 「まあⅤが誰と残りたい?なんだけど」
V 「次にぬえとようかんマン、どちらを先にケアすべきか
やはり優先度的にはマニアの可能性の残っているようかんマンか?」
ミク 「ていうか狐ケアの段階だから○関係ないんだよね、ぶっちゃけ」
封獣ぬえ 「ジロウ月兎想定すると狼どこいってんとはなるけどにゃ。
ただ他に候補いないしな」
V 「誰と残りたい、というのならばミクだな
だがそこにも子狐の疑いが残ってしまっている」
封獣ぬえ 「>ミクにゃん
サカナマンと文2wで死体無しひたすら出すのは茶番過ぎるw」
射命丸文 「私はここから先サカナマンさんにしか投票しません
とだけ」
ミク 「サマナーとⅥとⅦと文じゃないの?」
ようかんマン 「サマナー真だったかなーこれ?」
ようかんマン 「残り3でジロウ-ジョルジュ-射命丸で」
封獣ぬえ 「>ようかんマン
何言ってだおまえ」
射命丸文 「月兎いないんですってそれが… >ぬえさん」
ミク 「サカナマン噛まれない不具合を消しつつ、限界までケアをさせることで4で飽和させる作戦!>ぬえ
ないな」
封獣ぬえ 「サマナーはサカナマンの●やぞ」
ミク 「それサカナマン騙りじゃん>ようかんマン」
ミク 「あぁ、サカナマン子狐?」
封獣ぬえ 「やばい。ようかんマン吊りたい。サマナー真ってサカナマン何やねん」
ミク 「ないだろ()
あれ死ぬタイミングだぞ」
ようかんマン 「そこまでのでは
サンドリヨンと千尋が村
Ⅶ、Ⅵが狼で、ガロードが狐……初日がマニアあたり?」
V 「それでは今日はようかんマンをケアしたい
サカナマン子狐とか怖いのだが」
射命丸文 「明日からご飯はガムだけって
いじめですよね…狼イジめ…(遠い目」
サカナマン 「特に言うこと無いなぁ
占い先がないって悲しいことなの」
ようかんマン 「ぶっちゃけ考えることがあんまりないというか残りが割と村に見えるんで……
>サマナー真の可能性考えてみたり」
封獣ぬえ 「サカナマン子狐なら○出てるようかんとミクに狐いるけどさ、
それならジョルジュイミフ過ぎるからないよ」
ミク 「まーⅤが誰とスヤァ…したいかやね」
V 「まあ、流石に無い…よな?
それでは長引かせずに高貴なケアをするとしようか」
封獣ぬえ 「サマナー真の内訳出してみなよってそれは」
ミク 「つーか、ジョルジュの方囲うよね>ぬえ」
ようかんマン 「ぶっちゃけ誰とⅤが射命丸とケーキ入刀したい?だからね
ちょっと早めのようかん入刀でもいいんじゃよ」
V 「今日はようかんマンをケアする、では早投票…はOKだったか?」
射命丸文 「正直サックリ超過前にて噛みたいくらいですけど
…大ジョブかどうかわかんないので、流石に超過後で…」
ミク 「投票ずみ」
ミク 「夜も早投票でいいんじゃない」
封獣ぬえ 「>ミク
な。それもしないなら子狐であのCOは多分しないだろうし」
ミク 「恋人いる場合だけ駄目だったはず>超過前噛み」
ようかんマン 「Ⅶって元マニアは本当な気がするんだよなあ」
ミク 「恋人!?誰なの!(棒」
封獣ぬえ 「Ⅶがマニア真だとしてサマナー真の内訳ってどうなるのさ」
ようかんマン 「私です(脳内)>恋人」
ミク 「元マニアでも6コピーの方じゃない()」
封獣ぬえ 「真想定してもサマナー真は余計へん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →ようかんマン
ミク0 票投票先 →ようかんマン
サカナマン1 票投票先 →ようかんマン
ようかんマン4 票投票先 →封獣ぬえ
封獣ぬえ1 票投票先 →ようかんマン
射命丸文0 票投票先 →サカナマン
ようかんマン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ようかんマンさんの遺言 せ、聖女CO(村人表記COです)
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
サカナマン 「∨○
当たり前だけどね」
封獣ぬえ 「おはよーさん」
射命丸文 「ガムってテッシュにくるんで捨てちゃダメなんですって(ガムガム」
ミク 「Ⅴ祓い祓い
っていうかずっとそこだけ祓ってんよ
ぬえか私、ケアしたいならどーぞ」
封獣ぬえ 「>サカナマン
事の葉とかだったらどうすんだよぉ!」
V 「それではぬえをケアするとしよう
今こそ我らが動く時!」
封獣ぬえ 「>ミクにゃん
おまえもだよ!
可能性ゼロじゃないんだから一応やめろよ!」
サカナマン 「投票でわかんだろおらぁん」
ミク 「葛の葉ならグレー投票するだろ!」
ミク 「投票ずみ」
V 「ああ、ミクとサカナマンは残すぞ?
ぬえでケアは終了だ」
封獣ぬえ 「まあね」
ミク 「残された!」
封獣ぬえ 「一応ミクにゃん先にしようぜーくらいは言えるけど、
狂人残ってなければ何とでもなるしね」
V 「ミクとかもいろいろ信じたいからな
それにサカナマンとふたりきりは高貴ではない」
射命丸文 「ぐ…ミクさんが月狐ならどうするんですか…
という言い訳」
ミク 「ていうか葛の葉って陰陽じゃ殺せないよwww」
封獣ぬえ 「まーミクにゃんが怪しいとしたら、
赤城ミクさんが失敗結果持ってCOしてきた時に、
ようかんマンは既に祓ってるから割れた!(キリ)みたいなCOしたことくらいだけど、」
ミク 「子狐でも無理だね」
V 「私は素共有だ、働きたくないからな」
ミク 「サカナマンをケアすると言う選択肢>Ⅴ」
封獣ぬえ 「月系ならそもそも仕様確認しとるわな&ジョルジュ親狐なら妨害続行しない理由がないやね」
V 「では高貴なるⅤ発言目を終了、早投票に移行する」
ミク 「だって仕様分かってなかったんだもん…>ぬえっちょ」
封獣ぬえ 「>ミクにゃん
んだんだ。素に見えるんだよなぁこれ(トオイメ」
ミク 「ぬえを墓地に送ってターンエンド」
射命丸文 「(もぐもぐ」
封獣ぬえ 「サカナマン人外パターンはあんま考えてもね。何かあるっけ?」
ミク 「多分もうとっくに狐死んでる気はする」
ミク 「きょ、狂人?(震え声」
封獣ぬえ 「サカナマン人外見るならそれこそ4人でケアしてミク、Ⅴ、文の最終日って手もあるし」
射命丸文 「ここまでケアしといて最後にケアミスするなんて私嫌ですからね!!
嫌ですからね!!(必死」
封獣ぬえ 「まあ狂人なくはないけどそれなら文ちゃん●は危険すぎるやろ…」
ミク 「だよね…」
封獣ぬえ 「あ^~サカナマンとミクどっちケアするか迷うな~~(棒」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
9 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →封獣ぬえ
ミク1 票投票先 →封獣ぬえ
サカナマン1 票投票先 →封獣ぬえ
封獣ぬえ3 票投票先 →ミク
射命丸文0 票投票先 →サカナマン
封獣ぬえ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
封獣ぬえさんの遺言     X            /⌒ヽ
  X    ,.. -;:ヘ─-..、.,_ レ'⌒ソ-、   ,.!-|-- 、
      /:::::/::::::::::::::::::::::`''<⌒ソ  / | /  _|
     ,:'::::::::::|::::::::::::::::::::::`ヽ;:::::ヽ.    しヘ   (ノヽ  ゝ
     /::::::|/!:::::::::::|、:::::::';:::::::';:::::::':,            ヽ. 、
   トく:;_ノ/メ、'、::::::/ \:::!:::::::|:::::::::|         / 、_ノ ヽ
.   \:;ハ'l`lメ、 \| -‐,ハ|‐:::::!:::::::::!  ________
   ∠:::::! _jソ   ァ‐ァテァ::::::/::::::::/'"´__,,,.... --─ _,,..- ''"´  私におさわりしたら
   //7" r    弋_ソ|/|:::::::イ - 、  _,,. - ''"´   ゝ   すぐに解るもんね~
  <;:::;':人  、,-‐┐  "_ソヘ、::::\_,ハ''"´       / _) ヽ
   `|::::/\/)‐'  イ\::::::::::::::::::::::ノ、      /!
.    ∨/::/ く ̄  _,ト、/ `'ァー-‐ '"  \. /  |   ふ
     |/   r)r'´|/:::ヽノー--へ.\ ,∠   |  
     ,r/   _ノ-'ア´::::::::::::ト、.,,_」_,,.. -─- 、| ト. | ふ
    (\  /\,イ::::::::::::::::::;ト、..,,_,,.. -─-、 \| \
   rへ. \) r'|:::::::::::::::::/ \ノ |  l | /\ ヽ.  \
  /\ \ノへ.」:::::::::::::::/`ヽ. `''ー─ ''"´ / |. |\  \
 .〈   ソ|}::::::::::::ト--‐ァ'   `''ー---‐ < _/ /`'' ‐---ヽ
  ヽ-イ}|::|{::::::::::::|   |      | / ) |   '7
    /::}|_|}::::::::::::|   |、     |/_/ /!  /
    ,'::::::::::::::::::::::::!   ',:\      |  >|/
  .r|:::::::::、_/:::::::::|__|::::::':,    | /
   '、:::::::::/::::::::::::[:::::::::::]::::::::',    ´
   |\::'::::::::::::::::| ̄ ̄ヽ:::::::!
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
サカナマン 「ミク○」
V 「クソォ…!高貴なるⅤ発言目が…!!」
ミク 「            冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
          __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
         / /:::://            、:::ii::::| |
.        / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
        / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |
.       / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/:::: |
       ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨:::::: |
.      ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ:: |
      | ::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ::::::::::  |
      | ::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ'::::::::::::::::::|
      | ::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ::::::::::::::::::::|    暇だから裸エプロン
      |::::::::::::::::::|   `ヽ`>、 _  イj/  {:::::::::::::::.:::::::: i
      i::::::::::::::::::|    , -ノ,.:i゙// ̄\- 、::::::.::::::::::::: i
      |:::::::::::::::: |   _ {.: :/ _/ノ      V人:::::::::::::::::::i
      |:::::::::::::::: |/ ‐-、.Yノ/ /i        i: : ヽ:::::::::::::: i
      |:::::::::::: / ヽ ヽノ/iノ. !         i: :: : !:::::   i
      |:::::::: / ノ ノゝ/ r' 、,      / .i r‐'゙ :::::::::: i
      |:::::::::{.  / : : : :.ノ  i     ,′ i:.ヽ、 ::::::::::i
      |::::::::::ヽY: : : : : : :,′  i     ,′ .,:.r‐' ::::: :: i
      |:::::::::::::`′: : : : :.i    i      ,  ,′)!: :::::::::::: :i
      |:::::::::::::::{: : : : : : : 、  i.    ′ ,'r'´::::::::::::::::::: i
      |::::::::::::::: 、 : : : : : : :ヽ、,!.    ′ .′::::::::::::::::::: : i
      |::::::::::::::::::V : : : : : : :.`,     i .,'ノ :::::::: ::::::::::::::i
      {:::::::::::::::::::}ヽ: :: :\: ::,.     i ./'/二二 ̄ `ヽ,}
.     丶:::::::::::::: }: : \: :: : :i.    i i'´: : : : : : :. ̄: :/:}
        V:::::,::::::ヽ: :_...ヽ--i      !fi: : : : : : : : : : :/::ノ
        V :::::::Y.:: : : : : i.     i ハヽ: : : : : : :.,. '/
          丶::::::: i: : : : : :.:i    i,. 'ヽ: :ヽ: : : : i; ′
             V:: 人_,,....-i    i   \ : : \ヘ
           ` {: : : : : :.:.:|     !    ヽ: :: : `ヽ
                j: : : : : :/.i     !         、: : : : \
           / i.: : :. /: :!     .i         :. : : : : .ヽ
             /: : i: : : : :.:.i     !          ',: : : : : : :.、
.            /: :: : i: : : : :.:i     !.         i: : : : : : :.:.',」
射命丸文 「ごちそうさまでした」
サカナマン 「○が信用できないって悲しいことなの」
ミク 「境界ならラインつなげようぜ>ぬえ」
V 「では射命丸を吊るぞ!!!(半ギレ)」
ミク 「       /⌒ヘ ,. -‐‥_== 、<\z=ミ、
.       y'r'/,,:::''゙´´  . .: :`ヽ\ヽ }.
       .',∨,:'"   . .: .: .: .: .: .゙'ヘi j! !.
        .|: |゙;  . : :_,,ィ‐----‐'゙ ヽ!i!: . |.
       .| .| ゙; ,.="ヘ   i!ーix、 :. }:. . i
        .| .| ゙'",ィ=ミ. | i リィ=ミt ; ハ:  l
        .l.:ルレヘ ヒリ jル' ヒィ }/ / i: : l
.       | j 八"" '__ ""!!!厶i{ __l:. : '
      |  !  ヽ.  ! ヽ ィ/从! !  .i   じゃ、文吊ろうか!
      |  | _ `i ‐  l     .!   !
      | i l'´  ̄'     ̄ `ヽ !  .i
      |ハ l .l `ヽ  , '´   i  ',  |
      } ト .{/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヘ{,,,,、,!,. }   |
      l. l i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;};:;l l   i
     ./ .l .{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:,';:;:;} .li  !
     / l  l ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;';;:;' .|!  |
    .{ .ii  l  }';:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;':;:;l:;:;l l i   !
    .ヘハ  l l;:';:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;{;:;{ |ハ /
     {ヘ ト l ,゙;:;:;';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;';:;:l lゝソ
        //;:;:;:_ -― 、;:;, - 、;:l l
        l/:;:;/     Y   .ヾ !
       /;:;/        }    ', l
      ./:;:/      ./     ',.!
     ./{;:/      /::ヘ     ',l
___r__´_{/     ./:::::::ヘ     ',ヽ__
三三三三/       /三三 .ヘ     .Ⅷ三三」
V 「正直ケアであまり長引いても、な」
射命丸文 「ミクさんが月狐なら祝福しますよ…えぇ
だってもうどうしようもありませんしそれ…」
V 「あと裸エプロンありがとうございます!!!」
サカナマン 「サカナと二人になりたくないというワガママ
嫌いじゃないけど好きじゃないよ」
V 「>ミク

なお、この発言でⅤ発言目の模様」
ミク 「     , -‐「l|-、 , ´:.:.:.:.:.:.:.:.:>、  イl|
     /:.:.:.:.|ll|:.:.:.> ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ´:.}}ヽ
.    !:.:.:.:.:.|ll|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ〃:ヽ
    l:.:.:.:.:.:.l/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.ヽ:.:.:l
    !:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:ハ:.l
.    l:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:/:.:.ハ:.:.イ:.:.:.:.:.:./:.:}:.:.:ハ:.l   ケアってそんなもんだし?
.    !:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.イ/jノ jハj:.:.:.:.:.イl:.:ハ:.:.:.:}:l
    l:.:.:.:.:.:Y:l:.:.:.:l斥示ァ l:.:./ リjハイ:.ハj:.l
    l:.:.:.:.:.:.L:l:.:.:.ハ之ソ  j/斥テァ:.:.イノ:.:l
    l:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:ゝ    丶ー'/イ:.ハj:.:.:l
    l:.:.:.:.:.:.:.:,ノヽ:个.、 ` ‐  イ:.:.ハノ:.:.:.:.:.l        ___
    l:.:, '´⌒  ___ `r ≦ヾjノjノY:.:..:.:.:.:l       /´:::::::::::`ヽ
    l:.{        ` 、,   ヽr、.}:.:.:.:.:.:.:l   __ /::::::ヽ::::::::::::::::ヽ
    l:.l              〃:ヽ:.:.:.:.:.l ,.<´:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\
    l:.i   i'     ‐- 、  ji::::::::::ヽ:.:.:./:::::::::::::::::::::::}:‐-、::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l:.l   l   rvrvrvrvイ示、::::::::::ル:./::::、:::::::::::::::::::i:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::\
    Kl   rl-=´'/:::::::::::::::::::辷シ::::::::ノ:.:/::::::`}::::ヽ::::::::::',:::::::::::::iヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |-l-='´'l、 /::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::У:::::::::::i::::::::::::::::::::,:::::::::::::l `  、:::::::::::::::::::::::::\
    l:.:ト-=-'l:ハj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::l:::::::::::::::::::::,:::::::::::::i    `  、::::::::::::::::::::ヽ
    l:.l‐--‐イ:.lヽ:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::,::::::::::::::!       ` 、:::::::::::::::::\
    l:.i:::::::::::l:.:.i  ヽヽ::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::l:::::::::::イl〉         ` 、::::::::::::::ヽ
.   j,'::::::::::::i:.:.:l   ヽ::::::::::::::::::::〃l::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l==':.:.:lヽ          ` 、:::::::::::::\
.   ノ:{::::::::::::l:.:.:.l   ヾ::::::::::::::::fハ:lゝ、____ム::::::::::::::::::l:.:.:vvノlハヽ            ヽ:::::::::::::ヽ
 ̄ ̄:.l:::::::::::,':.:.:.:.}    V::::::::j/::::::〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',::::::::::::::::l=-ヒj .ルl{'´             ヽ:::、:::::::::ヽ
:.:.:.:.:.:.l::::::::::/:.:.:.::ノ     ヽj:::ハ:::イ` 、____vvム::::::::::::::l  || ノ ゞハ              .ヾ:、:::::::::::ヽ
. ̄ ̄l::::::::/'´ ̄       }::ヽ::r'´{      ヒj  .',:::::::::::::l .jjノ  {:ノ                V::::::::::::::\
´`ヽ.i:::::::/          l::::::ゝヽ }      ll   ',::::::::::::lイ´ ヾ  〉}               ゝ、::::::::::::::::\
::::::r'{::::::/          {::::\:::} 〉     jj   }:::::::::::',ヾ  ` ノ:::〉                 `ヽ:::::::::::::::ヽ
`,:::::::::_/           廴:::::个〉ヽ、   ノ  / !::::::::::::ヽ  〃:::/                   ヽ::::::::::::::::ヽ
`‐-‐'´             \:ゝヽ、ハーイ‐‐ ' ヽ〈::::::::::::::ヽ.ム〃                     \::::::,-‐'
                   \:::::} jrvrvrvrvrvrハ::::::::::::::::X'´                         ̄
                    ヽ-===、ノ、_,-='´ l:::::::::::::::::ヽ
.                               ゝ:::::::::::::::::}
                                `─‐--'」
サカナマン 「まぁそうなんだけど。誰よりも私がダレてる」
射命丸文 「全く関係ないですけど10人段階で雛LW宣告された時ってどんな顔すればいいですかね?」
ミク 「笑えばいいと思うよ」
サカナマン 「歓喜で泣き濡れていいのよ」
射命丸文 「笑えるほどの元気が出ませんでした…」
V 「…ふぅ
今こそ我らが動く時!」
ミク 「           x==/三Zァ‐ァ⌒ヽ…‐- ミ∠ ̄ v ' ⌒ヽ
        /: : /ニ/: : :/: : : : : : : : : : : ヘ∨∧: : : : i
         ,: : ://: : : : :{ : : : : : : : : : : : : : : ∨∧:. : : |
      /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :∨/ : : ハ/ }: : : :|
     ー=彡' : : :/: : :_:_ハ: : : : |\_:_: :∨/ : : : Y: : : : :|
     ,' : /: : :/,' : :⌒フ ‘、 : : | '´⌒` }: : : : : :} : : : : ,    眼鏡はどうかな
      : : :{ ,ィ: : :,イ抖=ミ jハ: :| 斗=ミ≧: : }=⊥: : : :.‘,
    / : : |/ :l/Y //={i_笊ミx=x{ァ=!i_笊ァ} : : 「|[]]|: : : ト、 \
   /,: : : : : :/ //∧、辷クノ⌒ヾ、_辷クイ: : : |」[]]|: : :ハ 丶 \
 / : : : : : : / ,' / {ヽN ̄ ´  '  ` ̄ ´,' : ハ厂: : : :.{: : \ \\
/: :〃 : : : /   」__込、   n    〃: /‘,: : : : : :‘,: : :\ \\
//: : : : /   j , -‐=个 .  `  , 厶イx  \: : : : : : \: : : \ \
. /: : : : /  /,〃     レ' _f><   /.: 个=-x>'"⌒ヽ.:\: : : \
/ : : : :〈 ´¨´( ´,'    '´ ̄フ .: \ /.: .: .: j .: .: .} >    ∨/\: : :
: : : : : :∧   ∨=ミ  !  <{ .: .:/⌒ヽ.: <>.:/: .: .: } >      ∨/: \: :
: : : : : : : :〉  ▽人 |  <{ : ∧   |‘, /.: .: .: .} >    01 ∨.: .: .\
: : : : : : :/∧//ニ}|  <{∨.: }__」 .:∨.: .: .: . ‘,>     ‘,、.: .:
: : : : : :/,'//ニニハ、___<j .: .: {´ 了.: .: .: .: .: .: .: ヾ>\   / ,ハ: : :
: : : : : :ヽ/ニニニニニニ\ / .: .: .|   |: .: .: .: .: .: .: .: .: .`{_`¨¨ ///∧: :」
V 「メガネか…
3番目のAAが一番好みだな」
射命丸文 「(やだ、Ⅴさんが私よりも狼してますね…流石男性は狼さんです、あやや)」
ミク 「                        _/:::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::\:.\:::::r
                 _    :.:.:.:|l::/:::::::::/::::::l::::::ヽ:.:.: . ヽヽ:.:.ヽ:::: rr-┐
                   / \   .:.「Y/:.. : . /.:. : .|!: . : ヽ:.:.:::::::::゙、::::ヽ:::ヽ|l:l|ヽ
                    /:.:.:.:.: ヽ :.:|ll }':.: . :l|: .|:.:.:.'!:.:,r''": ̄`l::::::l!::::::::',:ヽ|l:l| ヘ
               /:.:./ヘ、:.:.':└イl:./: :|:|::;、r‐::、ヽ: : :ヾ 斤 ヽ ::::::::::.:.:.Y: ::ヘ
                //ヘー'ノ:.:.:.::|: : /: :/|:|゙:ヽ,∟、ヾゝ丶ハ:;rjヲ:::::: :.:.i:.}:.:;:::ハ
                 /:.:._コ ロ〕_:.:.:|: / : ,' .|::l:::l,{ {ィハ    ゞ-‐'ソ// |:.:.:i:.ハ:.::.:',    間が持たないから早く投票して♥
             /:.:.:.: `´`_フ/:.:.|:.|: : i: :|::::〉ムl弋ク      '" ´ /:.:.jノ:.:.:.:.:.',
             f´_ヽ;.:.:.==_二´,r‐、 |:l!: /|〃: /∧c" '   _,.     イ::::リ/:.:.:.:..:.:ハ
           / /::`´:.:./´ \´ /∧∨ {{Ⅵ:/:::::ゝ、   ´   _  __|::/'1:.:.:.:.:.::.:.:.',
             / -、 ̄\(コ ─  l:.:.:.:.:ト、/ /:::;r‐、ノ:川:仁77´===//::::/:.:.:.:.:.:.:ハ
          | ._ \ー-ヽ_//、ヽ:.:.| _/´////` ̄` ̄ソノ __,. /::/ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         /  _、ヽ、ヽ,(○)lフ,. '"´ ̄ ̄ `ヾ、ニ,.==⊆'´_  /:::;///  cヾ!:.:.:ハ
         {  ノ\ ̄:.:.:.:.ム/ 、_ ノ    /    )    {:::::{//     }.:.:.:.:.',
           ',   ヽ \:.:.、Z::!. : . : . : .   /    ̄    . . . |::::lY      |.:.:.:.:.:',
           ゙,  ヽ  \:.:.:{: . : . : . : ..  !    . . : . : . : . : ..!::|l        ,'.:.:.:.:.:.:,
           ',   ヽ    Xハ: : : : : : : : : . l. : . : . : . : : : : : : : : ;|:::|     /!:.:.:.:.:.:.:.:l
            ',   ヽ/::::/' \:::_: : : : . : ^ :、::::: : : : : : : . ::::ノノ::/      /::|、:.:.:.:.:.:.ハ
             ゙,    ヽ/  /: .      : . : . : : 、:: _: : : :./ //    /::::::;;;― - 、__
             ',     ヽ.i: .         . : . : . : . : : :/ノ´    /lハ:;: '´     ヽ---'
              '、     ;|: : : .        . : . : . : . : /  ,.  -┴''"´   _ /    \
             ヘ      |: . : .         `丶ヽ;..イ/ '´           / i     :\
              \__ ..ィ:|:   : . : . : .     : :(::::/         , イ   :.\ ヽ ! ヽ、>
                  |    : . : . : . : .   : :.`|        ,. イ:::     :.:.:.ヽ. \ヽ.\
                  |    . : . : . : . : . : . : . :.:l、_ ,. .:<           .:.:ヽ | ヽ>ヽ」
10 日目 (1 回目)
V0 票投票先 →射命丸文
ミク0 票投票先 →射命丸文
サカナマン1 票投票先 →射命丸文
射命丸文3 票投票先 →サカナマン
射命丸文 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
射命丸文さんの遺言 `マヽ、                      _,ィア   __                  ._,,..ィ
 ヽ; ::\                   / ∠,,.x-(_)              _,,.:<:: /
  .ヘ: : : :\              ,、 _/      ___          _,.x'": : : :/
   V: : : ::\          _,r'´__i_`t_,,..r--'''"´    /       _,.ィ´: : : : : /
  マ`ーユ: : : : :\      ,.ィ´:└---!イ:: ヽ、      ./       ,ィ: : : : : : : /
   ヾ、: : : : : : : ヽ,   /:c: :i : :i : : : :。: : : ';    / _,,-、   /: : : : : : : :∠,,...-z   狐には勝たせたくなかったです…(遠い目
    ヾ、: : : : : : ::ヽ /ィ': : :i::!: : :i、: : : }: : : :',   ムr'" _ノ   /: : : : : : : : : : : : :/
   ト-、_>: : : : : : : //ノ{ィ: : Tメ、: ::i斗-: i : :i i::ix、  ゝ-'" ,r'"´ : : : : : : : : : : : :/
    \: : : : : : : : :{ し リ{: : irぇⅥ ィホァ': : i<.´ \    /: : : : : : : : : : : : : /
     \: : : : : : :|   ん:ハ`¨ _  ア: : : :/:\ /   / : : : : : : : : : : : :∠___
   _,, ェ-`: : : : : ::!  '´ V /`><ム: : : /  tY^ヽ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,/
   ``>: : : : : : ::∧ rェzx<'¨t_Y_´} _i::Yt_  {`ゝ/ ./: : : : : : : : : : : : : :_,, .-'"´
   <: : : : : : : : : : :∧ ヾ'i_iア:/Tト、レ' リ_,,zメ< /`.y' / : : : : : : : : : :_,,.-''"
    <、: : : : : : : : ::へ、_,.リィ´io{{__>>i   /`'./ /: : : : : : : : : :<___
       `` >: : : : ィ: : /  }  ̄´ ト、r'7  / /: : : : : :: :: : : : : : : : : :/
        ∠,,.ィ'"´7`'V   /o    〉、`ェェイ:`¨ : : : : : : : : : : : : : ::<
            /'|    ∧      '´ / ヽ,:ト、: : : ト、: : : : ::i`ー- ゝ
           彳^| _,,x-'//ヘ、    /{_  リ .\: : i \: : : |
           {//Y////////`v'"`イ///     \!  \: i
            `V////////////////>           ヾ
            〈<ァ-v/////ィ^V///
               .|\ィ´ ',  .|
                |  i.   ',  .|
                | .i    i  .}
               ,i  ト、   i  .|
               ,〉`" 〈   .i  .|_
               {:`ー'イ   <`ー' {
               |: :: : ::}   ト、_ノ
               `===イ   /:: :: ::|
                     {___ノ
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/05/14 (Sat) 01:18:20
「お疲れだ」
ミク 「鵺狐やんけ!」
射命丸文 「ちなみに私は毎日朝一で投げ込んでます(ヒラヒラ」
封獣ぬえ 「お疲れにゃん」
サカナマン 「お疲れ様でした。人狼死にすぎでしょう」
新藤千尋 「お疲れ様」
射命丸文 「お疲れ様でした、あやや」
ようかんマン 「おつかれー」
正邪GM 「おつかれさん
眠気と戦ってた」
V 「お疲れ様だ
ってジロウ村人じゃないか」
社畜のサマナー 「お疲れ様ー」
ミク 「GMゥ!」
ガロード 「お疲れ様」
封獣ぬえ 「>ミクにゃん
けけけけ!(ケタケタ」
ようかんマン 「毒や。全部毒が悪いんや>狼死にすぎ問題」
サンドリヨン 「お疲れ様です。
村勝利、おめでとうございます!」
社畜のサマナー 「ごめんな…ごめんな!すっかりLWCO忘れてて!>文」
サカナマン 「ぬえとか信用してなかったし(震え声」
封獣ぬえ 「ようかんマンくらいまでが限界だよ、ミクにゃん先に吊るのは流石になあ」
射命丸文 「どうもすみません
長引かせてしまって >ALL」
ミク 「5Wになっててよく勝てたにゃー
共有GJ」
サンドリヨン 「わ、私は無実です!(ふるえ>ようかん」
V 「やはりGMが一番良い役職を引くのか…
そしてやはりケアは正しかった>ぬえ月狐」
ジロウ 「お疲れ様だ」
サカナマン 「ミクミクコンビが村すぎて勝った、みたいな」
ようかんマン 「正直俺がぬえの位置でもミクさんを吊ろうとか無理ゲーすぎてきつい」
射命丸文 「こちらこそ占い反射的に隠してしまってすみません…
出ればまだミクさん先吊り可能性あったのに…あやや… >サマナーさん」
新藤千尋 「GMは常に人外の味方だから……」
ミク 「私の陰陽人柱COは、最強なんだ!」
封獣ぬえ 「基本的にケアできる配役でケアしないのは無いしね」
V 「わたVは何もしていないさ>ミク
この勝負のMVPは噛まれた埋毒と狼に投票して死亡した狙毒だよ」
ガロード 「徹底的ならミク吊ってサカナvs射命丸だし」
正邪GM 「◇正邪GM
 (dummy_boy)
[聖女]
(死亡)

>ミク」
サンドリヨン 「けれどGMの役職が降りていたら
もっと村無双村になっていたと思われますから…>ミク」
ようかんマン 「幻術だ>GM」
「◇正邪GM
 (dummy_boy)
[不審者]
(死亡)」
サカナマン 「占い初体験で自分の結果がほとんど信用できないとか聞いてないんですけど」
ミク 「んじゃおつかれさーま 」
ミク 「ガロード指定はピンポンじゃんw>Ⅴ」
社畜のサマナー 「なあに、仲間が次々と毒で死んでいったのもある…追い詰められたんだしな!
だから久々にprprprprprprprpr>文」
ようかんマン 「あ、そういやジョルジュ虎だと銃殺できないジャンヌ(今気がついた」
正邪GM 「Ⅶが本当にGMコピーしてれば良かったんだよなあ」
射命丸文 「そこまで徹底的になると流石に私の心と罪悪感がアレなんで
投了しちゃいましたね、申し訳ないです、あやや >ガロードさん」
ガロード 「村建てはお疲れ様
それじゃあなー」
封獣ぬえ 「狼順当に減ってる感じがして途中までは良かったんだけどね。
噛めない狼に出てこられちゃあどうしようもない」
正邪GM 「風評被害はやめろって!>不審者」
新藤千尋 「◇正邪GM
 (dummy_boy)
[扇動者]
(死亡)

こうかな」
サンドリヨン 「未来吊りは無理ですね。
霊界視点ではありますが、私が下界にいても村決め撃ってたと思います。」
ようかんマン 「そして村が終わってしまった……
ゴールドラッシュに行かねば……」
ジロウ 「村建て同村ありがとよ」
封獣ぬえ 「>サカナマン
なはははは!」
ガロード 「俺共有だったらその手で進めるぞ普通に>射命丸」
正邪GM 「初日の密話で名前上げてた相手全部狼だからな>Ⅴ」
サカナマン 「鬼ってでたらわかるジャン
いないもんね」
社畜のサマナー 「◇正邪GM
 (dummy_boy)
[藻女]
(悶死)

こうだろ」
射命丸文 「サカナマンさんガード!(ガード!
いつまでもやられっぱなしじゃないですよ!(エヘン >サマナーさん」
ようかんマン 「ぶっちゃけ俺とぬえと赤城吊りでケア終わりなんじゃないの感は漂っていた>ミクさん吊れない」
V 「そこもひよこの反応という単純すぎる決めてだしな…
たまたま合っていたが、そこが村でも同じ反応をしているだけでつっていたかもしれない」
サンドリヨン 「では私もこのあたりで。
村立てと同村、ありがとうございます。

Nice!>ALL村陣営」
ようかんマン 「まあ俺わりとぬえ村で見てたけどね!」
正邪GM 「そんな役職はねえ!>サマナー」
ガロード 「後はジョルジュ噛みをサンドリヨン噛みで俺が相打ちとか出来ればだな」
社畜のサマナー 「グワーッ!生臭い!しかも●だされたぁー!>文」
射命丸文 「ん?あ、共有での話でしたか
勘違いしてました。あやや >ガロードさん」
封獣ぬえ 「どうやっても赤城のほうのミク、ようかんマン、私のケアで済んじゃうからな」
社畜のサマナー 「よかったな!GMだけの役職だよ!!!>GM」
V 「おお、本当だ>GM
しかし…Ⅴ日目のみⅤ発言ではなくⅣ発言だったのは悔しい」
射命丸文 「あっ、何か効いてます!
や、やったー…?」
「では、お疲れ様だ」
ガロード 「ひよこの真偽が分からんのがな
吊られない噛まれない筆頭だから>Ⅴ」
封獣ぬえ 「子狐だろうと噛めない狼とケアには勝てぬえ!(アバーッ」
正邪GM 「恋人の矢をQPに跳ね返す役職とかあれば良いのにな」
V 「仲間同士で争うのは高貴な行動とは言えない」
社畜のサマナー 「だがしかしprprprするのを諦めないprprprprprp>文」
ようかんマン 「というかサマナー何で吊ったってサカナマンから●がでていたからだということがスポポポーンだったので
ちゃんと寝ようと思った(こなみかん」
ガロード 「だから4人で引き分けが最大かね>ぬえ」
正邪GM 「睡魔が阻止限界点を超えたので寝る
おつかれさん、参加ありがとな」
社畜のサマナー 「だから俺に真あるとか言い出してたのか…w>ようかん」
封獣ぬえ 「>ガロード
みくにゃんまでケアしたら流石に私まで吊るしね」
射命丸文 「なんでprpr続けるんですかー!?(あやー?!
止まりましょうよ!あややー!!(ワーン >サマナーさん」
サカナマン 「GM様村建てありがとあーした
皆様また一緒にあーそびーましょー」
ようかんマン 「うん、サマナーただ指定でCOして吊られたと思ってたよ
自分で●出されたからCOしたんだって言ってたのにw>サマナー」
封獣ぬえ 「けけけ、うっかりさんめ。>ようかんマン」
V 「ひよこはな…私のような性別騙りを複数見抜ければ真か雛狐の二択には絞れる
そして狼からすればどちらも面倒だから噛まれる、よって放置がOKだとは思うが」
封獣ぬえ 「まあここぞとばかりに殴りかかったのは私だけどな!」
ようかんマン 「余裕ある村でよかったわw」
ガロード 「よほど詰めの状態じゃなかったらひよこは噛まないぞ?>Ⅴ」
V 「そうなのか?」
社畜のサマナー 「いやーなんだか久々にprprしたくなってきたんで(意味不明>文」
ガロード 「共有噛んで狼の大体数がもう一手の時噛むぐらいだし」
射命丸文 「それでは私も落ちます

一緒に遊んだ皆さん
村建てしてくださったGMさん
鯖菅さんに感謝ですよ、あやや

長い時間最後まで付き合っていただいた皆さんにはありがとうございました
あとお仲間は途中で心折れて投了してしまってすみません
申し訳ないです(シクシク
それではお疲れ様でした、あやや!」
射命丸文 「どういう理由ですかー!?(アヤヤー!? >サマナーさん」
ようかんマン 「占いがほぼ確実に死に、そこが吊られなさそうで噛んでも支障がない状態なら噛むね
逆に言うと、そうでもないと狼からはあんまり噛む余裕が無いというのも確か
ただし初手鬼を出したひよこは除く>ひよこ」
社畜のサマナー 「そんじゃまーお疲れ様っと。
村建て同村に感謝」
ガロード 「わざわざ雛狐疑い噛む親切な狼が居たら話は別だけどな」
ようかんマン 「雛狐だとミスる可能性もあるしねぇ」
V 「そういうものなのか…>ひよこ関連
では私も落ちるとしよう
人外は全て地獄の業火に包まれた
これで安心してⅣのクレカで課金ができるというものだ」
封獣ぬえ 「それじゃ私もそろそろ帰るかな。
みんなお疲れさん、ジョルジュもおやすみさーん!」
ガロード 「ギャンブルだったらそれでも性別当てれるだろう>ようかんマン」
ようかんマン 「まー一応ねw>ギャンブルだったら~」
ようかんマン 「んじゃ俺も落ちますん
GMは村建て、村民は同村感謝
お疲れ様」
ガロード 「後はひよこと占い師で上手く合わせると
虎系は分かるけどな>ようかんマン」