←戻る
【雛4228】やる夫達の封蘇超闇鍋村 [4937番地]
~求む:回す輪廻からの解脱方法~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[陰陽師]
(死亡)
icon ジョルジュ
 (エルヴィス◆
wug/VU5j7ms0)
[村人]
(生存中)
icon モブ巨乳女A
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[妖狐]
(生存中)
icon モブ巨乳少女C
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[守護天使]
(死亡)
icon マイス
 (零月◆
V.RrOCOnM2)
[村人]
(死亡)
icon スカウター
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[人狼]
(生存中)
icon できる夫
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[萌狼]
(死亡)
icon 馬謖
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[夢毒者]
(死亡)
icon モブ巨乳少女K
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[雛狼]
(死亡)
icon ベジータ
 (あさり)
[上海人形]
[恋人]
[共感者]
[庇護者]
(死亡)
icon 諸葛亮孔明
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[占い師]
(死亡)
icon カカロット
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[埋毒者]
[恋人]
[共感者]
[庇護者]
(死亡)
icon モフ巨乳少女I
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[妖狐]
[元奇術師]
(生存中)
icon まんが肉
 (かがめ◆
QPy/jLfsHU)
[雪狐]
(生存中)
icon ジャンヌ・オルタ
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[錬金術師]
(死亡)
icon ブロリー
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[夢共有者]
(死亡)
icon エイサップ
 (◆
DMMZEROczU)
[錬金術師]
[元神話マニア]
(死亡)
icon 夜食
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[冥狼]
(死亡)
村作成:2016/05/21 (Sat) 00:52:17
ジョルジュ が幻想入りしました
ジョルジュ 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
ジョルジュ 「0115開始予定」
ジョルジュ 「深夜に仮鍋だと問題がある?知らんな、
どうせGMいたって突然死を撲滅できるもんでもあるまい。
むしろ延長処理が絶対ない仮鍋の方が話が早いのではあるまいか?」
モブ巨乳女A が幻想入りしました
モブ巨乳女A 「こんばんは」
モブ巨乳女A 「村が始まる前にシャワーを浴びてくるわ」
ジョルジュ 「ぬ、ぬーん???>モブで巨乳でてんこ」
モブ巨乳少女C が幻想入りしました
モブ巨乳少女C 「よろしくお願いします」
ジョルジュ 「へ、へろう>モブで巨乳で72」
マイス が幻想入りしました
お空 が幻想入りしました
マイス 「(人生経験豊富な二人の目は、俺の意図を見抜いているように見えた。)」
お空 「うにゅあ」
ジョルジュ 「へろうへろう」
マイス 「(……いや、自意識過剰だ。彼女達に分かるはずが無いじゃないか。冷静にウソをつけ。)」
マイス 「……ああ、すまない。
銀色の髪の少女を探しているんだ。何か知らないか?」
モブ巨乳少女C 「四条さんですか?>マイス」
ジョルジュ 「銀髪の少女かぁ…特に思い当たらないなぁ…
おっぱいかそうでないかで人を覚えるからなぁ…(お空モミモミ」
マイス 「肌は褐色、絵に描かれていたその姿を見たときから、俺がずっと追い求めてきた少女。それが彼女だ。
……その四条、という少女は……そもそも少女という年齢なのか……?」
お空 「ドスドス(ジョルジュ」
スカウター が幻想入りしました
スカウター 「よろしく」
ジョルジュ 「へろう
どの戦闘力を測るスカウターなのやら」
スカウター 「ピピッ、72」
マイス 「まぁ、28歳にもなって七大驚異の力を借りていい顔していた俺が言えた義理でもないんだが。
あの力は間違いなく、すべてを壊す。脅威なのだから。」
モブ巨乳少女C 「褐色なら違いますね
四条さんなら18歳ですから十分少女ですよ」
マイス 「そのメガネ……凄いな。七大驚異の力を借りずとも、こんなものが作れるのか。
現れた数字が何を表しているのかは、俺にはわからないけれど。」
モブ巨乳少女C 「89Fありますから
壊れてますね>スカウター」
スカウター 「詳細モードへ移行

ピピッ・・・本体72 装着物15」
できる夫 が幻想入りしました
お空 「うにゅ?」
できる夫 「どうも、営業に来ました
ガチャ確率設定係のできる夫です」
マイス 「七大驚異や銃をも簡単に上回るような技術……発明家としては、実に興味深いな。」
モブ巨乳女A 「ただいま」
できる夫 「今ならなんとSSRの確率が5倍!5倍です!!」
ジョルジュ 「スカウター【名詞】
「戦闘力」なるクッソシンプルな名前の意味不明な数値を計上してくれるマシン。
読者には非常にわかりやすく戦闘開始前の演出を手助けしてくれるが、作中でどのように役立つのかは割と不明瞭。
少なくとも上限で壊れるか出た数値を信じないかの扱いしかされないのは用法の範囲外と思われる。」
マイス 「しかし、やる夫AA録2が重いってことは結局AAMZ Viewerを使うほうがマシということか……
まぁ、そもそも俺のAAはないわけだが。」
馬謖 が幻想入りしました
できる夫 「スカウター?壊れて戦闘力の高さを表すための噛ませ犬のことですね
最近新型が出たらしいですが、やはり旧型がメジャーです」
モブ巨乳少女K が幻想入りしました
馬謖 「この山頂に陣を張ったらむかうところ敵無しだし!」
モブ巨乳少女C 「つ
如月 千早(きさらぎ ちはや)
声 - 清水香里
アイドルマスターで「ヌービアム」のマスター。身長167cm、体重47kg、B89/W55/H82、17歳、A型。>スカウター」
モブ巨乳少女K 「……あら
もぶきょにゅうの流れではなくなっていますのね」
スカウター 「ピピッ・・・SSR 0.7%」
馬謖 「ばすと89……?」
ジョルジュ 「なぜよりにもよってロボに振られて粒子状になった後放出される人を選んだのか>C」
モブ巨乳少女K 「ウフフ 聞いて驚きなさい
わたくしのお胸の大きさは なんと73せんちもあるのですわ!」
モブ巨乳少女C 「ちゃんと公式設定です>池田さん」
ベジータ が幻想入りしました
ベジータ 「よろ」
ジョルジュ 「まぁ延長で人が来る時間でもなし。投票頼むぞ」
ベジータ 「ジョルジュの戦闘力が50000……このスカウター故障しているようだな」
馬謖 「避けろナッパし」
諸葛亮孔明 が幻想入りしました
できる夫 「ああ、最近の超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ですか>青髪」
モブ巨乳少女K 「あら C様のお胸はずいぶんと大きいのですわね
わたくしに大きさで勝つとは…」
マイス 「胸のサイズで騒ぐなんて……くだらん。
自分自身をもっと大切にしたらどうだ?」
馬謖 「こ、孔明先生!!」
諸葛亮孔明 「石兵八陣 受けてみるか?」
ベジータ 「ナッパは置いてきた この戦いにはついてこれそうにない」
馬謖 「勝った! これは勝ったし!
じょうしょうの采配があれば魏なんか怖くないし!」
カカロット が幻想入りしました
マイス 「愛してくれる相手は胸でお前を選んだんじゃない。
お前自身を心から愛しているからこそ、伴侶として選んだんだろうからな。」
お空 「時間だよー」
モブ巨乳少女K 「無論ですわ、マイス様
わたくしはただ宿命に殉ずるのみ…」
ジョルジュ 「ではカウントいきましょー」
ベジータ 「カカロットー!」
ジョルジュ 「5」
カカロット 「よろしくお願いします!
チr…ベジータちゃん共々!」
モフ巨乳少女I が幻想入りしました
スカウター 「ピピッ・・・9」
ジョルジュ 「4」
馬謖 「ところで山頂に水が無いからのどが渇いてきたし…」
できる夫 「これは別陣営ですなあ(確信)」
まんが肉 が幻想入りしました
ジョルジュ 「3」
モブ巨乳少女K 「…琥珀は、わたくしを愛して…いたのでしょうか…?」
モフ巨乳少女I 「(∪^ω^)わんわんお!」
ジャンヌ・オルタ が幻想入りしました
マイス 「俺には彼女さえ居ればいいんだがな……
行こう、彼女の元へ……」
馬謖 「うわああ囲まれたぁ!」
ブロリー が幻想入りしました
ベジータ 「ベジカカ同陣営とか語呂が悪いな」
まんが肉 「よろしく」
ジョルジュ 「2」
ジャンヌ・オルタ 「ジャンヌ・オルタ さんが登録情報を変更しました。」
ブロリー 「カカロット……カカロットォォ!」
エイサップ が幻想入りしました
馬謖 「やばいし! 山頂だと思ってたら馬謖ちゃん包囲されてるし!」
ジョルジュ 「1」
夜食 が幻想入りしました
ジャンヌ・オルタ 「よろしく」
できる夫 「18人…だと…?」
マイス 「最初から入ると決めておけとあれほど」
お空 「あー、この人数だと」
ベジータ 「もうだめだァ……」
ジョルジュ 「…これ埋まるんじゃね?的なチラッ」
夜食 「よろしくお願いするよ」
カカロット 「ひっ!…だっ、誰ですか…?」
モブ巨乳少女K 「もふもふですわね
七英雄は最強なのですわ!」
お空 「ごめん、抜ける」
エイサップ 「ここが闇鍋村か……」
お空 「ごめんね、おやすみー」
お空 は お空 に KICK 投票しました
お空は席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
モブ巨乳少女C 「辛いなら抜けた方が>おそらさん」
ジョルジュ 「・・・人数的にダメか?>お空」
カカロット 「再投票の準備ですよー」
エイサップ 「おやすみ……」
馬謖 「孔明先生もサイヤ人に包囲されてるし!(ぎゃわわ」
ジャンヌ・オルタ 「あんまりそういうことはしない方が良いわよ>直前抜け」
できる夫 「おやすみですー>お空さん」
夜食 「お空サラバ」
モブ巨乳少女C 「お疲れ様でしたお空さん」
カカロット 「お空さんはお疲れ様です」
ジョルジュ 「ふむ、残念だ。

本当に残念だ。」
ブロリー 「お前が思い出さないのなら
俺は投票し尽くすだけだ……!」
モブ巨乳少女K 「あら、おやすみなさいませ、お空様
また共にあれる日を楽しみにしていますわ」
マイス 「そもそも入るなら入ると最初に決めておけばいいんだ
ズサるからこういうパターンも出るんだよな……ま、しょうがない。お疲れさんだ。」
馬謖 「包囲を……突破した……!?」
ベジータ 「ブロリーから離れることに成功した上級回避術 カカロットがんばれ」
ジャンヌ・オルタ 「勿論。
直前に入ってきた私たちにも多少の負い目はある」
ジョルジュ 「Kは投票頼むぞ」
諸葛亮孔明 「これぞ大軍師の新たなる陣形 インペリアルクロス(違」
ジョルジュ 「3」
馬謖 「やった、山頂から包囲網を突破できたよ! じょうしょう!」
モブ巨乳少女K 「わたくし このままのお名前で参りますわ」
ジョルジュ 「2」
モフ巨乳少女I 「入るとは決めて用意はしていました
トイレに逝ってたりサイト巡回していましたが」
ジョルジュ 「1」
ジョルジュ 「開始しよう」
ゲーム開始:2016/05/21 (Sat) 01:19:06
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2
モブ巨乳女A(妖狐) 「狐ねー」
スカウター(人狼) 「素」
諸葛亮孔明の独り言 「占い表記か」
夜食(人狼) 「冥狼ですね」
マイスの独り言 「        _/ ̄ ̄ヽ        ,⊂ニ⊇ァー -- ..._
      ,∠..ー-     ヽ   _ __,....「ヽ ̄ /       \
     /         rY´     l.   」      ,、_,、_  ',    あるやん >AA
    ノ_/     ,.. -‐y′ー-   l.  /  ー- ..._/   、 ̄'.
   レ'   _/ _/: ,: -‐ゝ >   l. rヘ.. _   /  __ .Jjハ
  /  // /: :/    |\_   l. l      / ´ ̄.二.'ー 〉
  l./ //: : / ,. -─r|-─`  │ 〉ー-ィ:ブ     <下ケ 〈l
  1: : : : : :.//  : :ヾァ,:ー-  | ト、 广| l:: : : . . .   ̄   \
 │: : : : : l' / : : / )     L」 roi__レ : : : : : : : : :   ヽプ
  ヽ: : : : : / l : : /  ヽ(\_    | | : :::: : : : : : : :  -‐ニ7
_丿: : : : /  .; : : l      \_,.| ト: :::: : : : : : : :    ̄ll
-ァ  : : : : | 、 l : : ヽ.      /〈 | | : : :.:.::::::::::::::─┬-イ|
/: : : : : 人| ji : : : |       |\`| ト 、:_: : : : : : : /:∟.」|_  _,. -‐ァ.
 _,. -一j:厂  l : : : : :l   _/.  | ト .,_`ァ-‐_'´/  .|l l─'ニヽ /∧
´         r┴- 、_,:. r┴<..      | |    | |○    ヽ.l l    レ'/  \
        / ̄ \\_   \\` 'ー- 、| |    l l r 、    //   //    「l」
エイサップの独り言 「神話マニア……
これがオーラ力なのか」
モフ巨乳少女Iの独り言 「奇術・・・ですか・・・」
ブロリーの独り言 「なにぃ!?>身代わり共有」
馬謖の独り言 「これはまさか夢!」
モブ巨乳少女K(人狼) 「それにしても惜しいですわね
ジョルジュ様がじーえむであったなら わたくし 書きかけの艦これえすえすを放出したのですが」
ブロリーの独り言 「カカロット……」
ジャンヌ・オルタの独り言 「吠えじゃなくて吼えだったみたい」
まんが肉(妖狐) 「雪狐とはまたレアな」
モブ巨乳少女K(人狼) 「雛ですわ」
カカロットの独り言 「あ、埋毒者だー」
モブ巨乳少女C は ベジータ カカロット に愛の矢を放ちました
ブロリーの独り言 「カカロットォォ!!」
エイサップ は ジャンヌ・オルタ の能力を真似ます
マイスの独り言 「  i-、
  し \
   (゜A゜)ゝ
   r w\       にしてもアーミックがコレは……まあいいのか
   / |〒| `、ノ⌒)
 ∩/①.|∩ノ`、/
 `、_/ ̄./_ノ~`3」
ジャンヌ・オルタの独り言 「ふぅん?>アルケミスト」
カカロットの独り言 「チ、チr…ベジータちゃーん!?」
夜食(人狼) 「噛めないの多いですね」
モブ巨乳女A(妖狐) 「会話できた…」
モブ巨乳少女K(人狼) 「あら、お雛様ですって
ウフフ なんだかかわいらしいですわね」
できる夫(人狼) 「…萌です
素冥萌雛ってキツくないですかねぇ」
ブロリーの独り言 「真面目にいうと矢が刺さる気がするぞ……」
モブ巨乳女A(妖狐) 「ちなみに素です」
ベジータの独り言 「完全に同陣営」
マイスの独り言 「彼女にすらAAがないのに俺にあっていいのか……(困惑)」
カカロットの独り言 「でもでもこれ勝てるのかな…?」
ベジータの独り言 「キューピッドの存在を失念していたな 人狼吊り切りが得策だろうか」
モブ巨乳女A(妖狐) 「占い師遺言でも残すから
呪殺されたと閻魔ででると信用されるかも >肉」
エイサップの独り言 「一介の聖戦士として、学ばさせてもらいますよ」
カカロットの独り言 「恋人狙いで吊られありそうなんだけどね…
うーん…うーん(モンモン」
まんが肉(妖狐) 「こちらはすぐ死にそうですわ」
ジャンヌ・オルタの独り言 「他撃ち、マニア2となかなか面倒ね?」
マイスの独り言 「彼女のアイコンもないように見えたしなあ。
今度こっそり追加しておくべきか。」
モブ巨乳少女K(人狼) 「まにあが不確定要素ですわ
諦めてはなりません」
カカロットの独り言 「ま、いっか♪
チr…ベジータちゃんと一緒だもんね!」
スカウター(人狼) 「とりあえず俺が最初は噛んで
明日以降はできる夫でいいか?」
諸葛亮孔明 は ジャンヌ・オルタ を占います
夜食(人狼) 「素が噛んでください奇術師で取られるなら動かない方がいいですし」
モブ巨乳少女K(人狼) 「わたくし 占い日記を準備してきますわ
とはいえ信頼を取るためのものではありません あしからず」
できる夫(人狼) 「問題ありませんよー
QPいるんで噛み先はローテで」
スカウター(人狼) 「あとは、毒や狐噛みとか考えるなら
冥狐でひたすら噛むというのも有効」
馬謖の独り言 「いやいや」
スカウター(人狼) 「雛と冥なんだよ・・・回そうにも」
マイスの独り言 「まぁアンサガを知っている人がどれくらいいるかって話なんだがな……」
馬謖の独り言 「この馬謖なら仕事ができるはずだし(」
ジャンヌ・オルタの独り言 「ズサはさっさと投票さえすればいくらでも良いと思うけどね」
ベジータの独り言 「他撃ちならブロリーか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モフ巨乳少女I は モブ巨乳女A の能力を真似ます
スカウター は 身代わり君 に狙いをつけました
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
モブ巨乳女A (妖狐) は役職を奪われたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
諸葛亮孔明 「村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2
共有無し バランスはQとマニア次第でいくらでも変わり得るな」
モブ巨乳女A 「おはようございます
巨乳は肩がこってつらいわー」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2


見た目より村人は減っている、というつもりで動くべきだろうなぁ。
囁きは特になかったが。」
ジャンヌ・オルタ 「喝采を!我等の憎悪に喝采を!!」
ブロリー 「カカロット……カカロットォォ!」
モフ巨乳少女I
         . '"´         `\、
       /      ,、       ヽ
     /゙f          l、` 、     _..、}}
.    〈_,」        i. ヽ  >'千 、}ヾ, _ノヽ            _
        __  ,≦ス/ ,. ´   `ヾ"   }       ,. ''"  ./   おはようございます
      ,.:''"    ``ー,f/  _/     !  ', \,ノ    ,. '"   /
.     /         ./ {.  l,ミメ、 .,'  _ } Nヾ   ,. '"  _,. ''"     村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2
     {{ ,,、_.       { ∧ {. V:ゾl/ァ予,ノ./リ,. '"  _,. ''"
.     `ヽノ     r,=ミ心ヽヾ、,-, ン,ノ '"  ,. <       、
.        _  ,iニト<´ ヾVN、!`乏" .x ''"   -ミヽ  } ヽ      マニア、QPの刺さり先ゲーですかね?
    ,. '´   `ン-=、ヾャiヽl> " ., </ /!   ヽ ,、_ヾハ ,:.  ',
.  /  ,.彡‐ィ'".,{:// ̄ `ヽ,゙Y彡;、,./ / ! -= ゙  < ヘ V     :
. / /´:::::::::::`くィ_k>ヘ弋´ヽl `';'" { .{  {´ /´, ,、 ヾ` } ',.    i
  ̄ `>,.ニニZ´ノ'"::::/  〉,..--‐゙ー''ヾ  ヘ,,'´ V ヽl. ' } .:  .;     じゃあ、CO待ちしましょうか
  く /,.-‐'",. へ-‐'", -‐'" ̄` 7=‐弋.ヽ  ` ..     / ,'::.   /
   /./´      {,>、   ,イ- 、   ,.-\   `  、/ /:.:..:.:, '
.  〈 ./ _ ...-: : : : ´: :.:::::`ー''::::::::::::: ̄:::::::::::`::...   ', /:.:.:.:.:.ツ
,r ''"ヽ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: ::::::::::::::::::::/` ト-'':.:._::/
ヽ   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::: :::;: --、/   /:.|"´
:.:.:`ー、.  ヘ: : :.:.::::::::: :: : : : : : ::. .:::::::::/ _ ',  ,/:.:.::.l` ー- _
〉-‐'´ヘ   ` --──- 、: : : : ::::::::, ' /    }.V:.:.:.:.:.:.:.:.`ー‐...'⌒ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ. __ ....::‐:.、   ヽ: : : ::::::', .,ヘ.    丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
ゝ    /:.:.:.:./:.:〉、   \:::::::::ヘヽ::\    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
  ヽ,. /:..  /:.:.:./ \  .:.:.:ヘ::_ノ/:.:〉:::::\    ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
  〈":..  /:.:.:.:/   ,.ヘ. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!::::::::::::\ー_"ヘ.:.:.:.:.:.. '"
    \./:.:./   ./:.:.:.:l`ー..--..‐.':::|::::::::::::::::::\  V‐'"」
ベジータ 「よろ」
カカロット 「おはようございまーす!
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2

QPさぁあああああん!?
チr…ベジータちゃんと刺さってないんだけど!?
QPさーん!?

あ、神話さんがいたら出てきてくださいね?」
スカウター 「おはよう

マニアは出てきてくれ
村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2」
マイス 「神話マニア……?
俺の知っている世界に、そんな曲芸のようなことが出来るやつはいなかった。
興味深い。」
馬謖 「まずは山頂に陣をしくし!」
エイサップ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2
どうにか半数は村が持っているけれど……!
こういうのって楽じゃないんですよ、8吊り6人外1CPにマニア2だなんて!」
ベジータ 「ブロリーの戦闘力が上昇していく……」
諸葛亮孔明 「で、マニアが出る様子が無いな・・・」
夜食 「おはようございます
マニアのCOを聞いていく感じですかね
共有は居ないようですしマニアライン出て指揮取れればいいですが」
カカロット 「何で!?
何で私そんなに目の敵にされてるのかな!?>ブロリーさん」
まんが肉 「おはようございます。マニアと恋人次第ですね
きつい村になるかなあ」
モブ巨乳少女K 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2

ウフフ まにあのかみんぐあうとを待ちますわ」
エイサップ 「マニアをCOします!!
ジャンヌ・オルタさんをコピーさせていただきました!!」
ジャンヌ・オルタ 「適当にでて益体のないことをさめざめと話してればいいわ」
モブ巨乳少女C 「マニア出ず、ですか」
モフ巨乳少女I 「マニアが息してないんですが…>CO0」
スカウター 「測定したが、カカロッ度は低めだぞ >ブロリー」
マイス 「キューピッドなるものも、不思議と俺を惹きつける。
……だが、死んでしまえば全て同じ。ただの肉塊だ。」
ジャンヌ・オルタ 「へえ」
馬謖 「連環の計や偽装の計をはかったはず…何もCOが無いし!」
馬謖 「あ、きたし」
モブ巨乳少女C 「と思ったら出ましたね」
カカロット 「マニアさんが1…ですね
もう1人は…?」
諸葛亮孔明 「む?ちょっと遅目だが一つ出たか
まあライン確認したら後は放置でいいだろう」
ブロリー 「俺も安心したところだ
俺がカカロットやあの王子と矢が刺さっていたら
昼間にどう接すればいいのかわからなくなるところだったからなぁ!」
できる夫 「おはようございます
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2
これは…マニアとQPがきついですねー
まあ初日にCOあるところは早めにお願いします」
モフ巨乳少女I 「とおもったら、1は出ましたか>マニア」
モブ巨乳女A 「エイサップのみマニアー…と」
夜食 「まずはエイサップとジャンヌのラインですね」
ジョルジュ 「フー…>マニア、動かず
まぁこの村一おっぱいが大きいのは邪ンヌとして、ナンバーツーが
果たして誰になることか(ジョ並現実逃避」
マイス 「ということでその神話マニアとやらは早く出るんだな。
自分自身の証明として出ることはもっとも大事な話だろう?」
ベジータ 「マニア1でも人外付きだと辛いな そのため村陣営全員が上級であることが求められる」
モブ巨乳少女K 「まにあが出てきてくだされば ぐれーかららんだむも可能ですわ
そうでない場合は…お察しくださいませ」
ジャンヌ・オルタ 「確認方法考えるからちょっと待って」
ベジータ 「ジャンヌをダイエットさせようとでもいうのだろうか?」
馬謖 「そこはライン確認大丈夫かし?」
ブロリー 「つまりお前がこの村の聖杯戦争のマスターということかぁ!
エイサップぅぅぅぅぅ!!」
まんが肉 「もう一人は出てこないかな?
初日なんてことは無いだろうなぁ」
カカロット 「カカロッ度ってなんですか!
私は立派なだ…カカロットです!プンプン!」
エイサップ 「必要であれば、役職の情報も暗に言いますけど……>ジャンヌさん」
スカウター 「マニアが片方出てきたか

金髪 戦士 主人公 オーラ的なもの スーパー化

こいつ、カカロットじゃね? >エイサップ」
モブ巨乳少女K 「まにあが出てきましたわね
決め撃つならば 指定でもかまいませんわ」
ジョルジュ 「と思ってたら七福神のエイサップ君が動くのかなるほどなるほど。」
モフ巨乳少女I 「村コピしても恋化して潜る・・・そういうこともあり得るんですよね>マニア」
諸葛亮孔明 「適当にエイサップにそれっぽい事言わせればいいと思うがね >ジャンヌオルタ」
ジャンヌ・オルタ 「そうね、これで良いか」
夜食 「Qpが結構厄介ですが
噛まれる状況も有りますし
じっくりやる感じですね」
ベジータ 「お前誰でもいいのか>ブロリー」
ブロリー 「カカロットが二人……ほう……>スカウター」
モブ巨乳女A 「マニアもう一人は犠牲になったのよ
ジョルジュ配役の犠牲にね」
カカロット 「では、神話残りは初日もしくは人外憑きという認識でいいかな?
それじゃあグレランいこー♪」
できる夫 「マニアは一人だけ出ましたか
それじゃあ、確認してグレランで良いんじゃないですかね
初手から指定するかどうかは任せますが」
馬謖 「考えてる時点でこれたぶん、
エイサップはともかくジャンヌは村し」
ジャンヌ・オルタ 「【基本職にすると何文字の職か】>エイサップ」
モフ巨乳少女I 「その発想は無かったです>スカウター」
スカウター 「恐らく、この中で一番カカロッ度が高いのはエイサップだな >ブロリー」
ブロリー 「カカロットが二人いるのなら
俺はカカロットを倒し尽くすまでだぁ!」
モブ巨乳少女C 「この池田さん
多分どの山からツモっても危険牌引きそう>陣を引く」
モブ巨乳少女K 「おふたりが人外であれば すでに勝てる陣容ではありませんもの」
諸葛亮孔明 「馬謖にしてはいい考察だな >ジャンヌの考えてる時点で~」
エイサップ 「基本職ですと【2文字】ですね>ジャンヌさん」
マイス 「1セット出た。
確か猛ひとつ陣営があったということは……

その場合、狼や狐にマニアが付いたと考えていいのか?」
夜食 「マニアもう一つは出ないですか?
人外に取られたのならば初日は情報として盲信出来ませんね」
まんが肉 「共有もいないしキツイ村という認識で良さそうだ
強役職コピーして潜ってネーかなー」
ベジータ 「ところで巨乳Iだけモブじゃなくてモフになっているが濁りのない清らかな少女とでも言うつもりか」
スカウター 「それ言ったらダメな奴じゃね・・・ >ボブサップ」
ジャンヌ・オルタ 「ん、問題ないわね。
グレラン」
カカロット 「やめてください!
私は貴方のような筋肉ムキムキの方に興味ないんです!
どっちかというと…チr…氷の妖精さん的な方がいいんです!! >ブロリーさん」
馬謖 「>少女C
そそそそんなことないし…(震え声
堅牢な土地を攻めるには力ではなく心からと…
そ、そうし心理戦だし!」
ブロリー 「ところでまじめに発言しようとしても
大体カカロット発言で流されるわけだが
そもそも真面目な発言しようにも特に場を動かす流れがほぼないな

よしカカロット発言で乗り切るか」
ベジータ 「甘えを捨てろ>まんが肉」
ジョルジュ 「まぁひたすらにグレランで狼を痛めつけるほかはあるまい。

灰観察の傍ら…モフ巨乳少女Iを揉む、か。」
モフ巨乳少女I 「グレランで人外死ね―するしかないんですよね…
マニアライン信用でそこに指定放り投げると言うのもありと言えばありですが」
モブ巨乳女A 「では、グレラン以上も以下もないですね」
モブ巨乳少女C 「面白い判別法方ですね
今度使わせてください」
諸葛亮孔明 「あるならとっくに出てるだろう というかエイサップからしてちょっと
遅かったくらいだしな >夜食」
モブ巨乳少女K 「それは占い師の結果が、ということですの?
夜食様、お答えくださいまし」
できる夫 「このカカロット厨め…>ブロリー
で、巨乳Iさんがモフなのはもふもふだからでは?

…それにしてもカカロットさんが中身隠しきれてないですねー」
ブロリー 「カカロットはロリコン……!?>氷の妖精さん的な方がいいんです!!」
馬謖 「>孔明先生
もっと褒めてくれてもいいし!

……馬謖にしてはってどういうことし(えぐえぐ」
まんが肉 「それ特定できない質問なんだよね?大丈夫よね?」
ベジータ 「カカロットの発言でカカチル同陣営を確信しかけるがこんなこと言ってると恋人扱いされそうだ」
モフ巨乳少女I 「お帰り下さい、お出口は霊界です>ジョルジュ」
モブ巨乳女A 「あまり触れないほうがよろしいかと >K」
夜食 「共有は居ませんが占いで村目を出していくしか有りませんね>まんが肉」
カカロット 「あまり楽観しするのもあれですから
出た神話は村と置きましても
恋人2が…村取られ、神話が狼憑き…と最悪の想定だけはしておきますかね
グレラン開始です」
ブロリー 「お前がロリコンだというのなら
俺は幼女に投票し尽くすまでだぁ!」
マイス 「……逆に初日犠牲者がマニアだったという可能性もなくはないのか。

共有者がいない、すなわち指揮役が現時点だと居ないということ
そこのマニアラインを信じるならば、指揮を投げること自体はやぶさかではないだろうさ
俺は少なくとも信じるし、もしお前たちが信じられないというのならば、占い師が占えばいいだけの話だ。」
モブ巨乳少女C 「かわいそうだけどこの池田さん
当たり牌をカンでズラされるんだわ」
ベジータ 「カカロットじゃなくてカカロットの好きなものを攻撃対象とするあたりブロリー歪んでるな」
スカウター 「恐らく、氷の妖精というのは暗号だ

溶けた氷の中に恐竜が居ると思っているからな」
ジャンヌ・オルタ 「別に、私たちが人外ってこともあるでしょうにね。
とは思うけど」
エイサップ 「カカロットがどうのとか、よくわかりませんけど!
僕はどこにいようとエイサップ・鈴木だ!
それ以外の何者でもないですよ!」
モブ巨乳少女K 「ぐれらん…
人外つきなら指定の方が安定しそうですわ
説得は…難しいでしょうか?」
馬謖 「>ベジータ
それはそれでどこかでおまえたち噛まれてしまえば否定されるし!(ふんす」
カカロット 「やめてください!
ロリコンじゃないです!!
チr…えっと…氷の妖精さんコンです! >ブロリーさん」
できる夫 「ま、初日の占い結果が信用出来ないのは確かですねぇ
マニアは初日では村結果ですし
まあ、頭の片隅にでも置いておきましょう」
ベジータ 「だが戦闘力の上昇は止まらない やはりこのスカウター壊れているのでは」
諸葛亮孔明 「ジャンヌがなんか息してない気がするが
こっちからどうこう言っても致し方なしか」
モフ巨乳少女I 「初日マニアなら、まだ人外増えてないという意味で楽なのは楽ですよ…
人外増えた想定した方が良いです>マイス」
まんが肉 「初日マニアなら占いはいるっつっても
恋人にとられちゃ意味無いし。占いもしないだろうなぁ」
夜食 「初日マニアであればまだいいですけどね
それが不明だから
初日○警戒なんですが>マイス」
ジャンヌ・オルタ 「指揮を取る気は別にないから勝手に頑張りなさい」
モブ巨乳女A 「初日マニアかも、重要役コピー潜伏かも、という気持ちもわかりますが
人外についたとみて慎重にうごくべきです」
ジョルジュ 「ここにはベジータしかいないんだよなぁ。」
スカウター 「玉乗りを仕込んだりするらしいぜ
シェンロンとかいう実物を見ていただろうに」
ベジータ 「お前は泣いて切られろ>馬謖」
ブロリー 「マニア関連で真面目に有益なことをいうなら
「初手○が元マニアで人狼コピった可能性もあるから
初手○信用しすぎるな」とかだと思うが

多分誰もいってない気がする」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜食 は ブロリー に処刑投票しました
モブ巨乳少女C は ブロリー に処刑投票しました
スカウター は カカロット に処刑投票しました
モブ巨乳女A は ジャンヌ・オルタ に処刑投票しました
ジョルジュ は ブロリー に処刑投票しました
できる夫 は ブロリー に処刑投票しました
カカロット は 馬謖 に処刑投票しました
馬謖 は モブ巨乳女A に処刑投票しました
エイサップ は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
ベジータ は まんが肉 に処刑投票しました
まんが肉 は できる夫 に処刑投票しました
諸葛亮孔明 は まんが肉 に処刑投票しました
モフ巨乳少女I は 馬謖 に処刑投票しました
ジャンヌ・オルタ は 諸葛亮孔明 に処刑投票しました
モブ巨乳少女K は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
マイス は 諸葛亮孔明 に処刑投票しました
ブロリー は ベジータ に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →ブロリー
モブ巨乳女A1 票投票先 1 票 →ジャンヌ・オルタ
モブ巨乳少女C2 票投票先 1 票 →ブロリー
マイス0 票投票先 1 票 →諸葛亮孔明
スカウター0 票投票先 1 票 →カカロット
できる夫1 票投票先 1 票 →ブロリー
馬謖2 票投票先 1 票 →モブ巨乳女A
モブ巨乳少女K0 票投票先 1 票 →モブ巨乳少女C
ベジータ1 票投票先 1 票 →まんが肉
諸葛亮孔明2 票投票先 1 票 →まんが肉
カカロット1 票投票先 1 票 →馬謖
モフ巨乳少女I0 票投票先 1 票 →馬謖
まんが肉2 票投票先 1 票 →できる夫
ジャンヌ・オルタ1 票投票先 1 票 →諸葛亮孔明
ブロリー4 票投票先 1 票 →ベジータ
エイサップ0 票投票先 1 票 →モブ巨乳少女C
夜食0 票投票先 1 票 →ブロリー
ブロリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マイスの独り言 「あの発言量で0票ってどういうことだお前。」
ベジータの独り言 「お前が死ぬのかよ」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「ドウモ、天子サン
奇術師デス」
まんが肉(妖狐) 「よろしゅー」
夜食(人狼) 「狩人とか薬師とかかマニアライン」
ベジータの独り言 「ブロリー投票者撃滅すればいい気しかしない」
スカウター(人狼) 「ブロリー吊りになるわなぁ・・・
あんだけネタ会話しかしてないなら」
できる夫(人狼) 「お、なんかブロリー吊れましたねー
で、こっちは鵺は来てません」
モブ巨乳少女K(人狼) 「まにあらいんは噛む必要はありませんわね
もぶ少女C●で作っていますわ

占いに見えるところ…悩ましいですわね」
スカウター(人狼) 「んー・・・」
まんが肉(妖狐) 「私コピーじゃなくてヨカッタ」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「で、肉さんはなんですか?」
マイスの独り言 「おかげでログまで取り逃したじゃないか。
七大驚異の力でなんとかならんか。(ならない)」
モブ巨乳女A(妖狐) 「雪」
スカウター(人狼) 「多分、巫女」
夜食(人狼) 「孔明噛むとか?」
ジャンヌ・オルタの独り言 「ジョルジュはいつも吊りたくなる」
まんが肉(妖狐) 「雪狐デス」
モブ巨乳少女K(人狼) 「諸葛亮孔明がややそれらしく見える とは思いますが
わたくし 判別に自信がありませんわ」
夜食(人狼) 「巫女か確かにあり得るか」
スカウター(人狼) 「占い狙いでいいか?」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「おおう…
狂人で凍傷と」
マイスの独り言 「ジャンヌって確かマニアじゃなかったっけ……?」
できる夫(人狼) 「で、良いでしょう>占い狙い
ちょっと見てきます」
スカウター(人狼) 「ブロックは多分QP
まんが肉を処理したい」
モブ巨乳少女K(人狼) 「わたくしも鵺は来ておりませんわね
残り1は狐恋を想定しますわ」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「恋爆破して飽和目指す感じが良いと思うのですが>配役的に」
まんが肉(妖狐) 「今日は無事だったみたい」
馬謖の独り言 「うーん」
できる夫(人狼) 「カカロットか孔明ですかね」
モブ巨乳女A(妖狐) 「ラインどうするかー」
馬謖の独り言 「巨乳少女Aはやっぱり吊るべきじゃないかし?」
スカウター(人狼) 「マニアラインの中身を見て
狼への噛みサポートを行ったように見えるので人外の中でもQP目」
できる夫(人狼) 「んじゃ、僕が噛みでいいですよね?
200で」
スカウター(人狼) 「任せた」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「バラバラでいいんじゃないですかね?>来院」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
諸葛亮孔明 は 夜食 を占います
できる夫 は 諸葛亮孔明 に狙いをつけました
諸葛亮孔明 は無残な負け犬の姿で発見されました
(諸葛亮孔明 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ブロリーさんの遺言 化物?違う、俺は相方初日の共有者だ!


◇ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営4 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営2


見た目より村人は減っている、というつもりで動くべきだろうなぁ。
囁きは特になかったが。」

カカロット……カカロットォォ!>囁きない=夢確定
諸葛亮孔明さんの遺言 占い表記CO ジャンヌオルタ○夜食


1日目
SSR(☆5)繋がり占いだな
マスターがカルデアには孔明も邪ンヌもいないとか
よくわからないこと言ってるがいつものことなので気にしないことにする
馬謖?そんな奴は始めからいなかった

2日目
ブロリー投票者の0票位置から選出
夜食はマニアの2CO目が出ないことに関して随分遅くに発言が
出たという感じがある QPとかを厄介と気にしてる節も
気にならなくもないし占っておいて損は無い位置だろう
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「投票はブロリーに。
まぁカカロット狂いに関してはブロリーだし差っ引いて考えるにしても、
わざわざマニアへの警戒心を必要以上に煽ってくるのが、
どうにも殴り場所が減るのを嫌がる人外の動きに見えるんだよなぁ。」
マイス 「自分で言うのもなんだが……俺が0票というのはおかしくないか……?
少なくとも、重要なことを言っているかと言われたら余程他の女たちのほうが実のある発言をしていたように思えるんだがな。

神話マニアについては、すぐに噛まれるかどうかで言えばどうだろう。
狼はまず見えない占いを探すほうが専決だろうから、そこは死んでいないだろうなあと感じるが。」
モブ巨乳女A 「おはよー」
モフ巨乳少女I
              ,、               ,イヽ
          ∧ヽ     _, 、     // /7 i
          /:::ヽ ヽ   ∠z!一`ヘ  / / /::::l |
          !::::::::',  \ j_ r-一‐-'<,  / /:::::::i l
          l::::::::::!  /  !      ヾ、/:::::::::j |      ブロリーさん吊りと…
          l::::::::::i/  !  l        ヽ::::::::iノ
         ィf::::::/   !   ヽ   `ヽ   ヽ,/._     まあ、分からなくは無いですね
         /7 Y !  , ハ ゞミ ヽ   ヽ  ! 、ヾ ̄`
          7 ノ / .ム_ !ヽ ヾヽ_L=-‐ !j   ト、ヽヽ
            i/ i ! ナ}ル'l  ヽ! ヽ,ィ〒z1lヽ ! i ! `ヽ     票数は正常と
             | .l i jィテ示!    !lrfタ7 l l  !レヘ
            l ヘ ハ `ー'  ,  `ー' j ∨ l ヾ、
           ,.zヘ メ、ヽ "  __  " ノ7 / ト、!   ヾ、
        ,. '´  /7/  ゝ- , __,. '´1/ /  !       ヾ、
       .. '´     /j ィ ,r=二厂 ̄イ,7  ,ヘ!       ヾ
    , ´        /´lレ1  !   イんレ´        ヾ
   , ゙       ,γ`=:7 `゙' 、 "´   /:ゞ- 、       }!
  ./'- 、   ,.ヘ/三≧ヲ::!    '´    /::/  ヽ        /
  1.: .: .:ミ   ,<::/  rt7'´ ヽ  , '´  /,7       !   _,.zシz,'
  j_.:r:. ノ /r/  〃  ≫て     /  Y    .l  イ´.: .: .:j
  广'´ //::イ、ノ/  7´  .::ヾ,    !   l二≧zf!.,_ 7 .: .: .: /
    //i:::::',7  !  '1  . :: :,ノ    l  ノj三三エエ{_ 彡- 'リ
   ,f/   l::::::l  ',  レヘ .::ノ1     ト'´ 1     ,/
   !'    i:::::ヽ  j、    Y`     ! /     〈
   l     .ヽ:::::l f!ヽ   !      Y        i        j1
    \    ヽ:::! j i   z- ,、      |        !      ノ! / l
     `ヽ.,  !::V ノ   ,' .: .:'f      l       |     /イ   !
         `ー^´∧  N .: .::j!    /          l _ ,.z彡´ /   ノ
            >、ヽ ',`り!ノ    /        |    /   /
           /::::::ヽ \    _ /          !        ,ソ
         /:::::::::::::::::\`  ̄ _, 7          l   _ ,.ノ`
       /::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::::/              lz≠'´
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           !
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               l」
スカウター 「おはよう」
カカロット 「おはようございます!

ブ、ブロリーさーん!?
割と発言的にはちょこちょこまともな発言入れてたブロリーさんが吊られた理由がよくわからないんですけど!?

とりあえず発言内容があまりないなーと思った馬謖さん投票してました…
本当に謎吊られですね…」
ベジータ 「よろ」
馬謖 「馬謖は巨乳少女A吊りたいし!

昨日はなんとなくだったけど、彼女、マニア関連は人外についたと見て慎重にって言ってるよね?
だけど投票先は当のマニア付き先だし。
言ってること(慎重に~)とやってることが食い違ってるし!」
夜食 「私の発言を見てないとか
ネタ発言で場を濁そうとしたブロリーは怪しいと思ったので投票
モフ巨乳少女Iは指定誘導と見ると何かしら動きのある所か?」
ベジータ 「人外にありがちな「村に有益っぽいことそれっぽく話す村アピ」よりは
「RPの方向性に迷いつつも言うべきことは言っておかないとな」という村に見えたため
ブロリー投票者にビッグバンアタックを撃ち込めばよいのではないかという結論に至った」
エイサップ 「おはようございます」
モブ巨乳少女K 「モブ巨乳女A 1 票 投票先 → ジャンヌ・オルタ

無事ですか?
役職を聞いたのち処刑で構わないと思いますわ

ですが わたくし
ブロリー様(処刑済み)、C様、諸葛亮孔明様を怪しく思っているのです
先日はその中でも薄いC様に投票させていただきましたわ」
モブ巨乳女A 「そこが死ぬーと
ふーむ」
馬謖 「孔明先生が亡くなってるし……おのれ狼し」
まんが肉 「おはようございます。さて今日は何か動きは有りますかね」
モブ巨乳少女C 「孔明の死を隠すのよ!」
スカウター 「いきなりの占い遺言・・・か?」
エイサップ 「占い遺言……かっ」
マイス 「……自分を信じた俺が馬鹿だったようだな。 >投票先から占い遺言」
モブ巨乳女A 「あれ」
ジャンヌ・オルタ 「ふぅん」
できる夫 「おはようございますっと
ブロリーさんの最期の発言ですが、夜食がきちっと言ってるんですよね
発言見てないっぽいので入れました」
ベジータ 「騙りアピールとしても弱い占い遺言であるため噛まれ真で良いのでは」
モブ巨乳女A 「ジャンヌマニア先だった!?(素のやらかし」
モフ巨乳少女I 「ブロリーさんが夢共有で
孔明さんが占い、でマニアのコピー先○と」
馬謖 「どちらにしても、今日はモブ少女Aを吊るし!」
まんが肉 「占い遺言と夢共有遺言か
真ならきついなこれは」
カカロット 「んー…あまり美味しくないですね >占い遺言
とりあえず人外コピーというのは避けられたみたいですかね?
でもなー…いやだなー」
モブ巨乳少女K 「…そこが亡くなるというのは わたくし 意外ですわ
ですがこの結果、真なら意味がありません」
スカウター 「マニアラインの中身を深く探ってるあたりで
QPなんじゃないかと思ってたんだがな?」
できる夫 「占い遺言…だと…?
これはマズいですね、こんなに早くに出てくるとは…」
マイス 「また、ジャンヌに票を放り込んでいるそこの女。
何を見て投票していたのか、そこだけは気になるところだな。

間違いであるならばすぐに弁明をすべきではある。
それが周りに信じられるかどうかは、別だが。」
モブ巨乳女A 「ごめんなさい!許してください!
ジョルジュがなんでもしますから!」
夜食 「ふむ、諸葛亮孔明真占いなら狼は余程噛みが鋭いのか」
ジャンヌ・オルタ 「よく噛むわね。
私なら吊るけど>占い遺言」
馬謖 「>モブ巨乳女A 「初日マニアかも、重要役コピー潜伏かも、という気持ちもわかりますが
>人外についたとみて慎重にうごくべきです」
ここまで言っておいてそんな理屈通らないし!」
ベジータ 「夜になっても気づいてなかったとか、お前の役職メモどうなってるんだ」
モブ巨乳少女K 「逆ですわ
偽なら、です
どのような意図なのでしょう…」
まんが肉 「とりあえずオルタ○ってことはエイサップ君も○目になるけど
昨日からそうだからなぁ」
ジョルジュ 「うーんーむー?>孔明噛み、占い遺言結果なし
2票、つまり次点得票(ただしブロリーは4票なので競ってはいない)というのは
なんとも噛み場所としては不思議ではあるな。今回再投票なしだったわけで。」
モフ巨乳少女I 「まあ、初手○は元マニア有り得るかもですが、関係は無いですね」
カカロット 「ブロリーさんに関しては
あまり人外という気もしないんですけどねー
結構まともなこと言ってますよ?>まんが肉さん」
エイサップ 「夜になっても気付かなかったんですか?」
モブ巨乳少女C 「割りとAさんQPっぽくもありますけどね」
モブ巨乳女A 「マニアについては出た出てないで考えていて
誰がマニアか不覚考えてなかった >馬」
まんが肉 「混乱させたい意図は見えないから普通に真が死んだのかもねぇ」
夜食 「現状はQP噛みだったら嬉しいですけど
今の所それを議論するときではないな」
馬謖 「というかモブ少女Aは、昨日殆どマニアのことしか話してないし。
そこまでマニア関連の話だけしてて今更気付かなかったとかそんな理屈通らないし!(びし」
スカウター 「モブ貧乳A吊りに1票入れとく
胸も言い訳も薄いなら人外要素」
モブ巨乳少女K 「A様は役職を明らかにすべきですわ
素で間違われたのだとしても、それだけの間違いなのですから」
ベジータ 「ベジータとカカロットがそろってブロリー村視してるのは悲しめばよいのか喜べばよいのか」
モブ巨乳女A 「あかん」
マイス 「夜に調べたところ、他刺ししたQPはただの噛まれる○人外らしいな。
孔明がその可能性も考えるべきではある、のか?

それよりもそこの女が素でやらかしたのかどうか、で考えるならば
……どっちもありえるのがな。弁明はしているようだが、さて。」
ジャンヌ・オルタ 「釣瓶視する意味はないけど特に残す意味も無いか」
スカウター 「ピピッ・・・73」
モブ巨乳女A 「占い師CO

ジョルジュ○>孔明○」
ジョルジュ 「君のおっぱいが大きかったらあるいは実際になんでもするのもありなんだとは思うんだが(適当>A」
モブ巨乳少女C 「ロボット刑事K>吊られにきたQP目じゃないですか
人外なら」
モフ巨乳少女I 「この配役QP自打ちじゃないからあれなんですよね…>QPの吊り稼ぎっぽくても>モブ巨乳少女C」
モブ巨乳女A 「1日目 ジョルジュ
そりゃあジョルジュでしょジョルジュ
あいつ私たちみたいな巨乳に目がないんでしょう?
占う以外ないですよ、ハイ
人外なら潰す、村なら玩んであげる

2日目 孔明
あーうーん
この人の場合Iかジャンヌあたりコピって人外コピーあり得るなあ
でもノータッチでいいや
という訳で孔明占いかな
ジャンヌにばっか構ってるのが気になる」
できる夫 「で、マニア投票位置はどうするかって話ですけどねー
サブはついてないんですよね?無論釣瓶の可能性はなくはないですけど(人狼陣営4だから薄いと思いますがね)」
エイサップ 「どうします、これ>ジャンヌさん」
馬謖 「うわあいやなCO出てるし」
ベジータ 「このスカウター戦闘力はかってなくないか?>スカウター」
カカロット 「流石にここで憑依警戒までは…あまりできないんですけどね
この遺言で吊られそうな位置噛まれなら一応想定あり…くらいですかね?
これでジャンヌさんじゃなくてエイサップさん先噛まれなら警戒しましょうくらいでしょうか?」
モブ巨乳女A 「マニアのコピー先はガチで見落としてたのよ
ごめんね、ごめんね」
まんが肉 「ふぅん?ここで占いCOか
あんまり美味しくなさそう」
マイス 「まぁ、何にしても自身の弁明はすべきだ。
……とは言うが……え、お前からそれが出ると? >占い
ちょっとそれは考え付かなかった。(素)」
モブ巨乳女A 「あと今日死体なしの可能性アリ(呪殺?)」
モフ巨乳少女I 「すごく…微妙なんですが」
カカロット 「んー…
その…か、考え方が一緒で嬉しいよ?
チr…ベジータちゃん!」
ジャンヌ・オルタ 「ジョルジュ○が嫌い」
夜食 「なにか怪しいな唐突に占いCOするとは>モブ巨乳A」
モブ巨乳少女K 「…ただ わたくし
諸葛亮孔明を疑っていただけに すぐに真とは言いづらいような
理由がジャンヌ様のあれだけの発言が見えていなかったからですので 余裕のなさそうな真に思えるような」
ジャンヌ・オルタ 「だけど」
ジョルジュ 「・・・なしてこんなに2票も喰らってるのに孔明にみんな触れていく主張なんでしょうかねぇ・・・
さっぱどわがんね。」
スカウター 「これは・・・うん
まぁ判断分かれるところだよね」
馬謖 「GJ出した狩人がいるならCOして良いくらいし。
だけどそれで無いなら流石にちょっとし…」
まんが肉 「って孔明○?真主張か
で、呪殺もあるかもわからんと」
カカロット 「ここで占いが出てくる…と
あんまりなぁ
占いが出てくるなら微妙です…
マニア先を確認しない占いがその…想定しにくいです」
ジャンヌ・オルタ 「呪殺主張で私達回りで何かが出ている、なら」
モブ巨乳少女C 「占い師なら理由の時点=ログ読み直しで気づくのでは?」
ベジータ 「平和なドラゴンボール世界……>カカロット」
ジャンヌ・オルタ 「残す意味は2割くらいあるのかもしれない」
できる夫 「お、おう>占いCO
なんというか、扱いに困りますね…
まあ、放置してグレランでいい気もしますがどうしましょう」
マイス 「もしお前が狼なり狐なりだとするなら
Aに投票している池田は比較的非狼っぽいとかそういう感じになるのだろうか。
単純すぎる考えではあるんだが……Aを信じるかって言われると俺には難しい。
昔占いを信じて馬鹿を見たためしがあるんでな。」
夜食 「出る意味が会ったのか?
初日の流れは分からん場合も有るからな>ジョルジュ」
モブ巨乳少女K 「わたくし A様は即吊りしていいと思っていますわ
溜める役職ではありませんもの」
エイサップ 「一考しないとダメってことか……」
スカウター 「2割すっくないな・・・」
モブ巨乳女A 「それは詭弁だよ
気づいてない者は気づいてないんだから
そこを突いても仕方ない >C」
馬謖 「>あーうーん
>この人の場合Iかジャンヌあたりコピって人外コピーあり得るなあ
日記に書いてあるのはどういうことし?」
ジャンヌ・オルタ 「別に指定吊りもしない。
吊りたければ吊れば?」
ベジータ 「三日目に狩人COなんてさせないぞ>馬謖」
モブ巨乳少女K 「銃殺…すぐに銃殺を見るのですか?
まんが肉様、お答えくださいまし?」
マイス 「放置してグレランにするもよし、そのままAを吊るもよし

指揮役が考えないならば俺達は俺達の考えで動くまでだがな。
時間ないししょうがないんだが。」
モブ巨乳女A 「だから見落としてたって言ってんでしょ!!」
馬謖 「>◇モブ巨乳女A 「ジャンヌマニア先だった!?(素のやらかし」
夜気付いてたなら、これ朝一言えるはずし」
カカロット 「でも即吊りできるほど豪胆でもないんですよねー…
放置で一旦進めていきましょうか…
即吊りしたいって方は入れればって感じです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ベジータ は できる夫 に処刑投票しました
エイサップ は カカロット に処刑投票しました
スカウター は モブ巨乳女A に処刑投票しました
ジョルジュ は まんが肉 に処刑投票しました
モブ巨乳少女C は 馬謖 に処刑投票しました
夜食 は モブ巨乳少女K に処刑投票しました
ジャンヌ・オルタ は できる夫 に処刑投票しました
まんが肉 は できる夫 に処刑投票しました
できる夫 は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
モブ巨乳少女K は モブ巨乳女A に処刑投票しました
カカロット は できる夫 に処刑投票しました
マイス は モブ巨乳女A に処刑投票しました
モフ巨乳少女I は スカウター に処刑投票しました
モブ巨乳女A は 馬謖 に処刑投票しました
馬謖 は できる夫 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →まんが肉
モブ巨乳女A3 票投票先 1 票 →馬謖
モブ巨乳少女C1 票投票先 1 票 →馬謖
マイス0 票投票先 1 票 →モブ巨乳女A
スカウター1 票投票先 1 票 →モブ巨乳女A
できる夫5 票投票先 1 票 →モブ巨乳少女C
馬謖2 票投票先 1 票 →できる夫
モブ巨乳少女K1 票投票先 1 票 →モブ巨乳女A
ベジータ0 票投票先 1 票 →できる夫
カカロット1 票投票先 1 票 →できる夫
モフ巨乳少女I0 票投票先 1 票 →スカウター
まんが肉1 票投票先 1 票 →できる夫
ジャンヌ・オルタ0 票投票先 1 票 →できる夫
エイサップ0 票投票先 1 票 →カカロット
夜食0 票投票先 1 票 →モブ巨乳少女K
できる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マイスの独り言 「正直残したくなかったってのはある。(素)」
ベジータの独り言 「できる夫吊りなら悪くはないな」
まんが肉(妖狐) 「うーん?占い死んだのかねぇ」
スカウター(人狼) 「おおう・・・」
夜食(人狼) 「噛みどうするかだな」
馬謖の独り言 「グレランって言ってたけど少女A投票でも良かったし?」
モブ巨乳女A(妖狐) 「それはわからない」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「占い死んだのなら死んだで良いです
恋人さえ殺せば、こちらのものなんで」
モブ巨乳女A(妖狐) 「ただひとついえることは」
馬謖の独り言 「うーんうーん」
モブ巨乳女A(妖狐) 「私の命がヤバイ」
ジャンヌ・オルタの独り言 「孔明噛みとはどうにも思えない」
モブ巨乳女A(妖狐) 「おーいえー(^p^)」
ベジータの独り言 「確定他撃ちでQPいるはずだがブロリーはそれっぽくない スカウターだろうか」
まんが肉(妖狐) 「せやな」
モブ巨乳少女K(人狼) 「お疲れ様ですわ
あれ おそらくQPと思われますわ

ですので提案なのですが
以降は冥狼が噛みを担当し 吠えを減らすのもありかと思いますわ
これなら狐恋でも 簡単に霊界送りにできますわ」
スカウター(人狼) 「まんが肉を占い師読みで噛む
ジャンヌ恋人はないと思うが」
夜食(人狼) 「噛みはお願いね正直残ったら死ぬ」
マイスの独り言 「アンサガは曲だけとか散々言われてはいえるけどゲーム自体はちゃんとやり方わかれば面白いから……(擁護」
モブ巨乳女A(妖狐) 「狼は2~3Wくらい」
夜食(人狼) 「噛みます?」
まんが肉(妖狐) 「恋人死亡のタイミングによっちゃそのまま飽和もあるし(震え声」
スカウター(人狼) 「明日以降は、冥噛みでもいいとは思う
まぁ、なんとかするさ」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「いざとなったら、狐COして
飽和しそうなら私ガムしなさいとか言ってみる?」
ジャンヌ・オルタの独り言 「真でも偽でも死なない占い師になるのは間違いないとして」
モブ巨乳女A(妖狐) 「まあテキトーな位置に○投げるわ

まんが肉あたり」
夜食(人狼) 「ではマニア噛みで」
モブ巨乳少女K(人狼) 「あるいは ですが
狩人相互騙りをするのであれば わたくし 手を貸しますわ
噛みについてはそこでも問題ありませんわ」
マイスの独り言 「吠えの元気が無さ過ぎる。」
まんが肉(妖狐) 「どーぞどーぞ」
ジャンヌ・オルタの独り言 「恐らく投票ミス自体は本当。大事なのはその中身」
夜食(人狼) 「150」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スカウター は まんが肉 に狙いをつけました
人狼は妖狐を襲撃したようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫さんの遺言 おや、占い師ですか
さすがデキる男である僕です

1日目 ベジータ○
んー、果たして彼?いや彼女?は本物のベジータなのでしょうか
占っときましょう、そして中身を見るのです! 
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「投票はまんが肉に。
とにかく占い主張が出ると出たやつに徹底的に真を追っていく動き。
ただ、一度に二人の占い主張を見て両方に等価に見ていくのは
だいぶうがった見方だと思うんだよね、片方は(不可解さは残るが)朝死体なわけで。
占いが盤面に残り続ける状況を嫌がる人外の匂いがするんだよな。それじゃ狼目薄くね?というのは
あとから気づいた失態だったが。」
ベジータ 「よろ」
エイサップ 「おはようございます」
モブ巨乳女A 「占い師CO
ジョルジュ○>孔明○>まんが肉○」
スカウター 「おはよう」
マイス 「別段信じる理由があるかないかで言えば、噛まれているかどうかがポイントになるだけだろう。Aを残したってことはな。
そうでないなら別の位置が死んでいて、Aの評価が相対的に落ちるだけ。

と考えるなら、俺がもっとも存在価値の無い男なのだろうけれどな。」
ベジータ 「ブロリー投票者の夜食ジョルジュできる夫Cまで吊るつもりなのでそこが吊れるならAが何をCOしようと別にいい
ジョルジュ吊りの段階で邪魔になるようなら敵対してやる」
カカロット 「おはようございます

モブ少女Aさんが村占いならほぼ確実にこの場面で噛んでくるかなーと
結果1で出てきた占い噛まない理由があまりないと感じまして
逆にここで噛まないなら人外目がちょっと上がるかもしれませんね…」
馬謖 「まあ孔明先生がジャンヌコピってるかもしれない、ってことで一応理屈は通るけど、
かと言ってジャンヌや少女IをIコピーかもって思ったなら、
それならそれで普通、少女Iかジャンヌの発言確認しないかし??

というかこの結果なら、私とほぼ同じ指摘しながら私投票のモブ少女Cも吊ってしまいたいし!
この馬謖ちゃんの眼から逃れることはできないし!(キリッ」
ジャンヌ・オルタ 「んーと」
モフ巨乳少女I
                 , ':i`:.、
                i::::::!:::: i_
        { ̄ ̄ ̄ >'"       `< ̄ ̄ ̄`7
        ヽ〈 ̄ 7  .:,'{    .:l.し  .:'  ̄ ̄ 〉/    できる夫という、特に見てない位置が死んだ件
            ヽ\// -ハ u  :|ヽ-  .:ヽ //
         / ∨;' .:/  ヽ  :∧| |||||| .: ∨:イ 、    モブAはQP目として放置、
       ', ,,゙; / :! .:/ ◯  \|  ◯ ';||| :|  ', ,,゙;    馬謖は最初気になったけれど
           / :l∨,,        ,, i  ,'  :'、     少し様子見で
            厶∠人u    t‐ーヘ u i  人  .:ヽ
           〈 ハ ーr-f^)_ノr‐<lノ ,ハ\厂    スカウターはなんか吊れそうだから乗っかり隊的な感じに見えた
            ′ヾ ∨ ヽ{==77ヘ ./ ^}
                 `tーイ'.| ',´,゙ i ̄\ ノ  \丶
                 ヾ"∨   丶、_ `ヽx-、 } }
                    `ーレ廴_// ヽ、/_ノ
                     /::::::::ヽィ:::::::::::::ヽ、 ⌒>
                  /::::::::::::::::`:;:::::::::::::::ヽ⌒」
夜食 「おはようございます」
まんが肉 「おはようございます。さて占い噛まれているかしら?」
エイサップ 「死体なしか……」
ベジータ 「人外遺言でいい>更新されてない占い師」
モブ巨乳女A 「3日目 まんが肉
『この人』ってのは、ジョルジュの事!
ジョルジュマニアならIかジャンヌくらいしかコピーしなさそうだってこと!
文脈位よみなさい!!! >馬謖

と思ったら私に入れないしこの人のスタンスわかんなーい()
私に投票するような位置はどっちかってと狼狂人QPな気もする
狐狙いでいくわ、占い先はまんが肉
死んだ占い師遺言に喜んでるような雰囲気だったり
わたしのCOでなんか嫌がってたりと、狐くさいわ」
カカロット 「って死体なしですか?」
マイス 「結果が足りん。 >できる夫遺言」
モフ巨乳少女I 「お、死体なし」
モブ巨乳少女K 「…わたくし A様が吊りたいのです
ご協力願えませんか?」
スカウター 「死体がないな・・・マニアGJか?」
馬謖 「人外吊ったみたいし!(がっつぽ」
まんが肉 「お?死体なしか
これなら占いは保留で」
モブ巨乳少女C 「結果足りすぎやしませんか……」
ジャンヌ・オルタ 「できる夫自体は人外目で良い」
モブ巨乳少女K 「あら 死体がありませんの?
…撤回しますわ 考え直します」
カカロット 「遺言に関してはノーコメント
人外遺言にしか見えませんし」
夜食 「傀儡師CO
私が見えるならば
人形は真ですね
騙りの人形が出るならば割って出るのも有りですよ
そして夜食如何ですか?

初日まんが肉○
やはり同じ食べ物のライン
ここは最初に占っておきますか

2日目マイス○

マイスはマニアラインを盲信して
疑うならそこに占いをしてみればいいと
遠回しに占い誘導とも言える発言だから
ここを占ってみますね

3日目モブ巨乳少女K○
呪殺をすぐ見る誘導的な点も見て
ここは占ってもいいだろうな
誘導的な人外も考えられますし」
モブ巨乳女A 「日記にもあるけど昨日の日記の『この人』ってのは、ジョルジュのことね」
エイサップ 「結果が足りない占い遺言は人外目ですよ」
ベジータ 「昨日のアレ本当に銃殺GJだったんじゃないだろうな などと考えるのは下級」
馬謖 「死体無し出てるのが凄いめんどうくさいし。
少女Aに真の眼でてくるから今日は助けてやるし!(きりっ」
ジャンヌ・オルタ 「○が全部信じたくない」
モフ巨乳少女I 「遺言更新してないならできる夫人外目でいいですかね?
更新しないとか無いです」
ベジータ 「待った上海人形系 遣い無し」
マイス 「死体が無いのを良しと取るか悪しきと取るか。
狐を噛んだり狩人が護衛成功したり、考えられることはあるんだけどな。
というかこの死体なし、吊り増えるっけ。(素)」
スカウター 「○状況から灰が狭いな?」
ジョルジュ 「ふむ。>死体なし
むやみに増える占い遺言に関しては現状で追う必要はないだろう。
どうせ追っても灰から自力で狼を見つけ出すのとほぼ状況が変わらん。」
夜食 「傀儡師COまんが肉○マイス○モブ巨乳少女K○」
ベジータ 「傀儡は騙りだ 夜食吊るべし」
モブ巨乳少女K 「結果がありませんので これなら人外と見て構いませんわ
しかし彼は確か ぐれーらんだむ主張ではありませんでした?」
馬謖 「お?し?」
まんが肉 「あら。傀儡と人形遣いで割れたな」
エイサップ 「割れるCOが出る?」
モフ巨乳少女I 「傀儡と人形系CO?」
マイス 「直ぐ、割れた。
ルーラー戦のミシェル並に割れた。 >結果」
夜食 「そこQPでしょう特攻ですよ」
カカロット 「ん、ここで傀儡師も出てくると…
死体なしが護衛GJっぽいですし
ここ二人の灰から詰めて行きませんか?」
モブ巨乳少女C 「夜食も夜食で厄いCOを」
モブ巨乳女A 「傀儡と人形で割れると」
モブ巨乳少女K 「…割れますのね」
[密]スカウター 「かぐや姫・・・?」
マイス 「まぁ普通に考えて人形視点で見えてるのがいたら2日目告発安定ではあるんだが。」
まんが肉 「んー、ロラる余裕はおそらくないしなぁ」
馬謖 「ベジータはできる夫吊ってる」
ベジータ 「特攻も何もあたいは上海人形系であることしかCOできない 真だからだ」
ジャンヌ・オルタ 「取り敢えず今出た意味だけ聞いておこうかしら>夜食」
モブ巨乳女A 「ここの死体なしは私GJ(キリッ」
カカロット 「…えーっと
割れてるんですか…というかチr…ベジータちゃん…」
モブ巨乳少女C 「ふーむ?」
夜食 「呪殺目狙いでKに関しては占った」
ベジータ 「やっぱりブロリー投票者に人外固まってただろ できる夫と夜食で最低2」
馬謖 「どっちを信じるかで言えば、人外吊った(っぽい)ほうを信じるし」
スカウター 「人形視点、そこが見えてないとのこと
どちらかが人外なのは確実として
どっちが・・・となると微妙なところだわ」
まんが肉 「QPの特攻にしちゃ手が混んでるな
君が吊れるとは限らんだろう?」
モブ巨乳少女K 「あら おかしなこと
ベジータ様を占っていないのに きゅーぴっどと断言できる理屈を聞きたいですわ」
モフ巨乳少女I 「人形的には紅系0って事ですよね…
で、傀儡・・・
このタイミングでCOした理由は?」
夜食 「そろそろ保証枠外の占いも出ても良いんじゃと思って>ジャンヌ」
ベジータ 「あたいを信じるんだ 夜食は傀儡ではない>カカロット」
マイス 「死体がないことをポイントに考えるなら今日狼が狐を捕捉した、と考えることも出来るだろう

夜食についちゃ、というか人形ライン自体割れてるんだよなあこのタイミングって。
自主的に出る理由があるかないかだと4日目自体は出てもいいっちゃいい。
自己責任なのは確かなんだがな」
カカロット 「あぁ…ここで割れるならチr…ベジータちゃん恋人っぽくなくて
私としては少々嬉しい限りですが…!!
ここどっちも放置か信頼していくか、ですね」
馬謖 「狩人は一応AでGJ出てる可能性があるし、
死んだと思える人外はできる夫くらいしかない、あってブロリーくらいだから、
夜食吊ることで良いとおもうし!」
モフ巨乳少女I 「夜食は朝一ではなく挨拶挟んでなのが気になるのですが>COする予定だった場合」
ベジータ 「紅もいなければ遣いもいないぞこの村」
モブ巨乳少女K 「…わたくし これならば夜食様を切りたいですわ
A様は…わたくしは信じたくありませんが 死体なしが出た以上保留ですわ」
ジョルジュ 「夜食そのものの中身が分かればこの状況も解決するか、と踏んだがさて。
夜食は孔明真本線で見ていたっぽいから昨日Aの真に疑問符付けてたのは
別段不自然とも言い難いしなぁ。」
スカウター 「3分の1が○になったなら、COするかどうか一考の余地はある
問題は真かどうか」
モブ巨乳女A 「この人数ですから出ること自体は問題ないわね >傀儡師

問題は人形と割れてるってこと、この人形が灰ってこと」
ジャンヌ・オルタ 「役職で言うならばベジータ吊り。発言で言うならば夜食吊り」
エイサップ 「この人数だとちょっと考え物なんですよね」
馬謖 「あと夜食は孔明先生の最後の占い先。
孔明先生ほどの人物なら占い先は人外で百発百中に違いないし(キリッ」
ジャンヌ・オルタ 「そんな心境ではある」
ベジータ 「人外連吊りいくぞ 悪いがマニア1しか出ていない以上、村陣営として吊られるつもりはない」
カカロット 「ま、灰で言うならどっちも
なんですけどね >少女Aさん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ベジータ は 夜食 に処刑投票しました
夜食 は スカウター に処刑投票しました
馬謖 は 夜食 に処刑投票しました
スカウター は ベジータ に処刑投票しました
まんが肉 は 夜食 に処刑投票しました
カカロット は 夜食 に処刑投票しました
モフ巨乳少女I は 夜食 に処刑投票しました
エイサップ は 夜食 に処刑投票しました
モブ巨乳少女C は 夜食 に処刑投票しました
ジャンヌ・オルタ は ベジータ に処刑投票しました
ジョルジュ は 夜食 に処刑投票しました
モブ巨乳女A は ベジータ に処刑投票しました
モブ巨乳少女K は 夜食 に処刑投票しました
マイス は 夜食 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →夜食
モブ巨乳女A0 票投票先 1 票 →ベジータ
モブ巨乳少女C0 票投票先 1 票 →夜食
マイス0 票投票先 1 票 →夜食
スカウター1 票投票先 1 票 →ベジータ
馬謖0 票投票先 1 票 →夜食
モブ巨乳少女K0 票投票先 1 票 →夜食
ベジータ3 票投票先 1 票 →夜食
カカロット0 票投票先 1 票 →夜食
モフ巨乳少女I0 票投票先 1 票 →夜食
まんが肉0 票投票先 1 票 →夜食
ジャンヌ・オルタ0 票投票先 1 票 →ベジータ
エイサップ0 票投票先 1 票 →夜食
夜食10 票投票先 1 票 →スカウター
夜食 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
モブ巨乳女A(妖狐) 「じゃあお仲間は私GJの狩人日記書いてくれると嬉しいけど」
マイスの独り言 「狐捕捉って感じで。」
モブ巨乳少女K(人狼) 「…さて どちらが恋なのでしょうね
わたくし 賭に出てみましたが」
ベジータの独り言 「夜食QPだったらどうしよう」
スカウター(人狼) 「まんが肉噛んだ、そこ狐」
ジャンヌ・オルタの独り言 「まぁ、指示しない私が悪い」
モブ巨乳女A(妖狐) 「万が一に備えて、ね」
モブ巨乳女A(妖狐) 「で今日I囲う?」
モブ巨乳少女K(人狼) 「…失敗しましたわね
無念ですわ」
まんが肉(妖狐) 「わたし噛まれでーす」
スカウター(人狼) 「ただ、直感で言うと
かぐや姫じゃないかという感覚」
モブ巨乳女A(妖狐) 「それとも放置しちゃう系~?」
マイスの独り言 「マニアラインの中味がわからん以上そこは噛んでこないだろう
なら俺あたりが噛み候補だ。うさんくさく振舞ってるつもりだがな」
ジャンヌ・オルタの独り言 「夜食吊るくらいならAで良かったとは思う。
A噛みと言う想定がまずない」
まんが肉(妖狐) 「後は任せた……」
モブ巨乳少女K(人狼) 「あら 恋ではありませんの?」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「今から狩人日記キツイですが…
出来るだけ」
モブ巨乳女A(妖狐) 「アッハイ
じゃあ私GJの日記用意しておきましょうね~ >肉」
まんが肉(妖狐) 「忍者日記でも書くか」
スカウター(人狼) 「まぁ、読みを誤ったならマニア噛みに移行するしかない」
エイサップの独り言 「スカウター投票は何を見ていたんだ?
どう見る、エイサップ。どう見る、俺」
モブ巨乳女A(妖狐) 「で、モフIは囲いいらない?」
モブ巨乳女A(妖狐) 「入らないならテキトー(カカロット)に●でも」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「なくていいです>囲い」
モブ巨乳少女K(人狼) 「ちなみに わたくし
指定されたらLWCOいたしますわ」
スカウター(人狼) 「QPと読んでる場所から占い遺言出ても
あんまり・・・ってなもんだろうよ
マニアラインは占いじゃないんだし」
スカウター(人狼) 「そういうわけで130 エイサップ」
馬謖の独り言 「モブ少女A自体はやっぱり真微妙し」
ジャンヌ・オルタの独り言 「まんが肉○は正直ないと思いたい」
モブ巨乳女A(妖狐) 「はあく」
モブ巨乳少女K(人狼) 「致し方ありませんわね
わたくしが噛んでも死体は出ません 任せましたわ」
ジャンヌ・オルタの独り言 「餓あるんじゃない?」
モブ巨乳少女K(人狼) 「ただ やっかいなのはジャンヌの方に思えますわ」
馬謖の独り言 「でもなー GJありえるしーんー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スカウター は エイサップ に狙いをつけました
エイサップ は無残な負け犬の姿で発見されました
(エイサップ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エイサップさんの遺言                                   ,. -――.... ̄i
                                /::::::::::::::::::/:::::::ヘ
                              /:::::;: - ⌒V,.-く::::::::::',
                            /::::/      /::\::::ノ
     ,. - 、       ,. - 、,.,ィ⌒ー、     ./:::/ ,.. - ''  ̄ \_:::::\__
   、フ´-...、::\.    /.ヘ , ハ f,.ノ    ./::://   ,. ィ   , \ ̄ ̄:::::::::::\
   V::f:::ノ\:::ヽ   f,   !   らi>'     /::/  ,./ ./  /   `r、:、_;;::::::::::ゝ、
.   /´,.> " `ヽ;:ヽ,. |ヽ |  ,ハ ト、    /::/   ´ー‐ ´/  ,.ィ  |  メ---::;;::::::::::\           /
   y´     i:::';ヽ,トtュ  ,zァ,´,イ,. - 大:::/  ,..==、Y  //'  /  'ヽ;::::::::::::ヽ:::::::::`ヽ       /
  f;k i二>   ヽ;:ク;ヽ, ` ´ ,イノ;:;;> ´ ' ヘ ,/::/ ,  i|,  |/'  /    \::::::::::';::::::::::::|     /
  くハ ,. -= 、 ,/''; ':;:,(ハ : ィ'(;)::/    /'∨:::::/ / ,ノ|  レ ´ ,. ク-,      ヽ:::::::i:::::::::::|   /    /
   `、.ト、 ヽ:`Y;,  '/ハ;ハ.; /:/     /  ヘ;::/,. -..´;ノ'   ,. /;:; ヘ,     ';:::Z>;::::::| /     /
     'ミ、ー-`:;'  ',;/ ,.く/:/  i     i   ゝ、:::::;;/´  ,._.//  ヽ ヽ    i:;__i;::::::::::| ´     /
.     tミヽ、;:;'  / ,.イ::::::/ ,.ノ,.ィ    ', ,    <,  /´ヾ,人    ヽ. ヽ  .ノ:\\:::::!    /    /
     i ''-ミ、',;, ,i iィ::::::;イ  'ー´う     ヽ ' ;, ,; :; /\/ `''\ \    、 '<:::::::::i:: ̄::::|= = '/    ./
`ヽ、.  .|  .i  7'-!/ ノ::::く, ̄` 、       \'::::Z-''/       ヽ、 ヽ,_.ノ` 、 ` <\::::::|       /
 ` -t- 〉、,ノ ハ;::/ヘ !:::::::::::ヽ、_ノ`..、      ` -ノ        ./ヽ ヽ    `ー `ー,\!_    /
_ ,, -子/  i :|`-''i  ';:i=:-:、::::::ノ:`_;_;_\     ./        /"  .ヽ ',   ,. -―<''-,., >/
    〈   i  ト,., ゝ, ヾ;|;;::::'iノ:::::'i;:::::ノ::::\   {.        /"    人 i //二ニニ>ー<

神話マニアのオーラ力が錬金術師を導いてくれた!!

錬金術師 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β22~]

[薬師能力] 毒能力判定:有り / 解毒:特殊 / ショック死抑制:無し
処刑投票先が毒を持っていたら中る範囲を「村人陣営以外」に変更してしまう特殊な薬師。
毒能力判定や対象者変更判定 (薬師が「解毒した」と判定する対象) は薬師と同じ。


薬師能力
1.判定は処刑者決定後で、自分が処刑されたら無効。
2.対象者変更能力が発動しても毒能力判定結果は変わらない (処刑した場合でも毒の種類が分かる)。
3.恋人は判定対象外 (巫女系と同じ)。
4.薬師・河童が解毒していた場合、毒は不発。
5.連毒者に投票しても能力は発動しない (毒能力判定は有効)。

Ver. 1.5.0 α6~
処刑されたら毒能力判定・特殊解毒能力無効。

2日目処刑投票先:モブ巨乳少女C:毒なし
3日目処刑投票先:カカロット:毒を持っている
4日目処刑投票先:夜食:

極力、情報としてはジャンヌさんの投票先と被るのは好ましくない。
生きているのであれば、ジャンヌさんが主導した方が話は早い。
夜食さんの遺言 傀儡師CO
私が見えるならば
人形は真ですね
騙りの人形が出るならば割って出るのも有りですよ
そして夜食如何ですか?

初日まんが肉○
やはり同じ食べ物のライン
ここは最初に占っておきますか

2日目マイス○

マイスはマニアラインを盲信して
疑うならそこに占いをしてみればいいと
遠回しに占い誘導とも言える発言だから
ここを占ってみますね

3日目モブ巨乳少女K○
呪殺をすぐ見る誘導的な点も見て
ここは占ってもいいだろうな
誘導的な人外も考えられますし
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ベジータ 「よろ」
ジョルジュ 「なんだろうねぇ…Kの占いが邪魔、という動き(+でも状況的にAを吊るのは無理筋)
が非常にうさん臭いんで、そこに○持ってきた夜食を信じきれない。

ベジータの頭が初日の投票状況から全く話を進める気がないという辺り
どうなるもんかねこれ、という気持ちもあるんだが。」
マイス 「夜食を吊った以上は俺○なんてものは無意味であり、ポイントにすらならん。
ってことはやっぱりAが死んでいるかどうかの話なのだろう。
昨日の死体なしと絡んでいるかってこともあるんだろうがな。」
スカウター 「おはよう」
モフ巨乳少女I
            _,. --──- 、 ‐- 、
         -‐ ´    ,..-r..、  }  /
      ,≠´        /:::`!´:::ヽ/ /
   //    ,  '´ ヽ.::..|_::::_ソ´`ニ 、‐ 、      まあ、夜食の方が怪しいので夜食入れます
    { f 、___,/       ̄ ̄     `ヽヽ
   ヽ{ ミ、 /ィ       /         ヽ`-、   ベジータQPとして、ここで特攻する意味が分からないですし
    ` ', /      / !   .ト、       ヽ \   
      ∨ ,'     /斗、{   ! ヘ__       ',   \
      /ヘ{   / / ヽ{ l !  ! ´ヽ`ヽ    ハノ^/
        !  /{ / ,ァテヾ ヘ  .| ,ニ=、ヽ    }/
        ヽ/ .レ} 仆::::::} ヽト{ 仆:::小 ハ  ム<
        ノ ノ j .!::::.`‐ '  ,   弋_ノ '} .}∧/、  ゝ
       ノイ ソ 从   f ` -‐v, .::::: /  ハ /  ヽ
        /,´/ノ/ ̄アィヽ .___ノ r-ァ<  /ヽ/`ヽ´ヾ
           ,{ ' / >、-=_r‐f `i }/ `ヽ    ト、
           _/_{\  ' .人{ ! !  ,ィ{r_____l__   ヾ ヽ,、
         {  ヘヽエニノ  ソヽ、 イノイ   /    }   ヽ
           ヘ  ん     i 、  ̄ ,ハ   /    ノ    ',
          〉 / {     ハ    '  `、,/ヽ-┬'     レ
          ∨      /  ',      ヽ  ̄)ノ::ヽ    /
          ヽ、    /  ハ     ノ   }:::::::::{  ノ
           _,>--<ヽ、   ヽ、____/    /:::::::::::ヽ´
          {:::::::∧ ヽ            ノ:::::::::::::::::::〉
             !::::::{::::`ヽ、 `ヽ、_____,.   /}::::::::::::::::::::/
           ',::::::::::/::::::::` ‐----‐ ':::::::,'::::::::::::::::::/
           ヽ__(>、:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::ノ}
             |     ヽ、:::::::::::::::::::::/____. -‐' ,'
             |         ̄7‐-- '       /
             |         /        /」
まんが肉 「おはようございます。さて今日はどうかな」
馬謖 「モブ少女Aは、人形が灰だと言ってるけど、
それを言うなら傀儡師も自分の灰し。
何で、『この人形が灰ってこと』って人形にだけわざわざ灰と言ったし?」
モブ巨乳女A 「占い師CO
ジョルジュ○>孔明○>まんが肉○>スカウター●」
モブ巨乳少女K 「発言が吸われておりますが
夜食様視点 ベジータ様はなんでもあり得るのですわ
それをきゅーぴっどと断言した以上 何か別のものが見えているように思えましたわ

引き続き C様を吊りたいと思います」
スカウター 「ん?」
マイス 「占いを狙った噛み筋ではないらしい。 >マニアライン死亡」
ベジータ 「人外連吊りおめでとう 方針変わらず」
モブ巨乳女A 「4日目 スカウター
狩人いるって素敵!(キラキラ
で、傀儡師と人形だけど、人外なら傀儡師じゃなくて占い師で出そう
わざわざ騙りのつきいれるスキを作るとも思えないんだよね
そういう意味でベジータに入れたけどなんか夜食死んでる、少数派なのか
そーなると同じ意見を持つスカウターとか占うかなー?
ジャンヌのほうはマニアラインだし、放置かな
てかそこ噛まれてないしなんか疑わしくなってきてるけども」
馬謖 「エイサップ君!
カカロットは毒あってるし?」
カカロット 「おはようございます

昨日の吊りを考えるならチr…ベジータちゃんは放置で行くしかないですね
そこ信用で置くか
もしくは吊りで困った時に吊り使うしかないですから
そして私は感情的にチr…ベジータちゃんが吊れない!!ってだけです(テヘッ」
スカウター 「エイサップ・・・何故それでCOしなかったのか」
モフ巨乳少女I 「マニアラインの片方噛まれと…
で、錬金・・・」
まんが肉 「マニア噛みか。じゃあもうジャンヌも
ほぼほぼ確定村でいいよ
恋人はコワイが」
ジャンヌ・オルタ 「へえ」
スカウター 「俺に●?」
モブ巨乳少女K 「…とのことですが すかうたー様」
カカロット 「じゃあ吊りますか
サクサク…というか本当にエイサップさん噛まれで…?」
ベジータ 「結果的に吊れなかったからとかどちらが吊れたからではなく、自分の意志で前に進むべし>カカロット」
まんが肉 「錬金術とはまた……
毒いなきゃ仕事ないもんな」
モフ巨乳少女I 「錬金砲するかどうかですが…」
モブ巨乳女A 「狼見つけたー吊ろう

エイサップはCO…いや、ジャンヌに吊らせればよくない?(ひらめき」
馬謖 「モブ少女Cは昨日言った理由で馬謖ちゃん吊りたいし。
ただジャンヌ使ってカカロットを吊って蓮金ミサイルはありえるけど、どうするし?
村数自体では危険だけど」
スカウター 「当然否定するが・・・判断してもらいたいところだね
この放置されてるやつの●を信じるのかどうか」
ジャンヌ・オルタ 「じゃあカカロット吊りましょうか」
マイス 「錬金術……毒を持って毒を制す、か?
カカロットは真偽を確認すべきではあるが……出来れば出て欲しかったかなあ。
お前視点毒があるなら確実に強毒としてそこを吊れるってのはあるんだが。
リスクリターンの問題もあるので一概にゃ言えんが。」
ジョルジュ 「まぁこの段階でマニアライン噛み、というのは
死体なしで噛んだのはマニアではなかった可能性が高い=A噛み濃厚、と理解すれば
いいのかね。あるいはマニアで狩人ライン(二文字だなぁ)の形成を嫌がったか。」
ベジータ 「カカロットが……毒! 合ってるか?」
モブ巨乳少女K 「まんが肉様 それ 初手から決め打てませんでしたの?
わたくし まにあらいんは初日から決め撃たないと勝てないと申し上げましたわ」
マイス 「あ、そうか素の神話マニアならジャンヌは自動的に錬金だな。」
モブ巨乳女A 「放置ってか、ふつーに狩人探しじゃないのこれ >スカウター」
カカロット 「あ、一応合ってますよ
埋毒表記なので」
モブ巨乳少女C 「カカロットはCO」
馬謖 「ただできればエイサップ生きてるうちに吊りたかったし…惜しいことしたし」
モフ巨乳少女I 「まあ、そうだよね>マニア村決め打たないと無理」
ジャンヌ・オルタ 「スカウター●だけは評価しないこともないけど」
まんが肉 「ベジータ噛んでも仕方ないしな
ただの人形やし、真でも」
カカロット 「ごめんなさい
遺言の下の方に書かれてましたね
一瞬「どこのこと言ってるんだろう?」と焦っちゃいました!」
ベジータ 「カカロット吊りはカカロットが人外だと確信した時を除いて反対
村毒で人外飛ばしてる余裕があるかどうかは不明」
スカウター 「狩人探しでエイサップ?
全く訳が分からんぞ >モブA」
モブ巨乳少女K 「いえ A様の正体が何であれ
わたくし 今 まんが肉様吊りに傾きましたわ
C様も吊りたいですが それ以上に
噛まれて初めてまにあを信用する というのは のらりくらりに思えますわ」
ベジータ 「あたいはブロリー村と見ているため、マニア1潜伏状況でそこまでの余裕さえないと考えている」
まんが肉 「昨日死体なしが出た以上
放置されてるとは言わないと思うの」
モブ巨乳女A 「毒当ててるあたり、狂人や子狐ラインってことも薄そうだしねー
今日飛んだ位置は確定で人外、だね」
ジャンヌ・オルタ 「錬金砲は1-2交換だけどどのみち灰、噛まれやしない」
モフ巨乳少女I 「スカウター怪しいのは同意なんで…
錬金砲どこに飛ぶかですかね?>飛ばす場合」
馬謖 「カカロットが肯定してるから基本的にマニアライン信じるし。
噛まれ+錬金正解で疑うのは幾らなんでも無理し」
スカウター 「マニアラインが狩人なら相互護衛濃厚
灰に狩人なら、マニアライン護衛濃厚

これで、マニアラインを噛むのが『狩人探し』ですかね?」
マイス 「Aの真を追う場合だとんー。
昨日の死体なしが狩人GJだってんなら確かに狩人探しはある。

んでもここでマニアライン噛んでるってのは役職探しは放置してると俺は取るがね。」
ベジータ 「そして現状カカロットより優先順位の高い者がいる」
馬謖 「>ベジータ
誰だと見てるし?」
まんが肉 「マニアは信用割りとしてたぞ
コピー先はそこまで信用してないが」
ジャンヌ・オルタ 「ベジータ求愛者だったりする?」
スカウター 「ま、錬金砲してくれ
それではっきりするだろ」
モブ巨乳少女K 「ああ、毒ありがでていたのですね
それなら 問題ありませんわ」
モブ巨乳女A 「だから、昨日私GJとすると狩人探すでしょ
マニアライン信用されてるし、○位置削りで噛むんじゃないの

それとも昨日の死体なしあわせてどう見てるのおおかみ君 >スカウター」
ベジータ 「C、ジョルジュ
そして占いと●を見極め、どちらか>馬謖」
カカロット 「そこは確かに薄いですね
私としては信用おけるなーと
ただ、エイサップさんが先噛まれてて私が前言った憑警戒がムクムクと…
まぁレアケなんでしょうけど >少女Aさん」
モフ巨乳少女I 「カカロットが人外じゃないとも限らないから>ベジータ
そこらへんの兼ね合いも・・・なんですよね」
ジャンヌ・オルタ 「一応私の錬金は【村恋には当たらない】
この布陣だと狼か狐で確定って覚えておきなさい」
スカウター 「俺が狼なら俺に毒が来るだろうし
モブAに毒が当たれば、俺に特攻であることが証明される」
まんが肉 「ふむ、スカウター氏の言い分は一理あるようだ」
マイス 「2日目から出てくるマニアはその時点で自動的に半村打ちみたいなもんだろ?
人外だったらそれこそそっちが上手だった、って話になるわけだが」
馬謖 「A真を追うかどうかは、明日狩人のCO募れば良いし。
あとはAでGJが無かったら基本的に真切る方向で行くし」
モブ巨乳少女K 「まんが肉様が飛んでくだされば 話は早いのですが
C様でも構いませんわ」
モフ巨乳少女I 「恋は当たりませんでしたっけ?」
モブ巨乳女A 「あー相互護衛もねー
でも占い護衛にいこうとも思えなくもない?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カカロット は スカウター に処刑投票しました
マイス は カカロット に処刑投票しました
ジョルジュ は カカロット に処刑投票しました
スカウター は カカロット に処刑投票しました
まんが肉 は スカウター に処刑投票しました
モブ巨乳少女C は カカロット に処刑投票しました
馬謖 は カカロット に処刑投票しました
ジャンヌ・オルタ は カカロット に処刑投票しました
モブ巨乳女A は カカロット に処刑投票しました
モフ巨乳少女I は カカロット に処刑投票しました
ベジータ は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
モブ巨乳少女K は カカロット に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →カカロット
モブ巨乳女A0 票投票先 1 票 →カカロット
モブ巨乳少女C1 票投票先 1 票 →カカロット
マイス0 票投票先 1 票 →カカロット
スカウター2 票投票先 1 票 →カカロット
馬謖0 票投票先 1 票 →カカロット
モブ巨乳少女K0 票投票先 1 票 →カカロット
ベジータ0 票投票先 1 票 →モブ巨乳少女C
カカロット9 票投票先 1 票 →スカウター
モフ巨乳少女I0 票投票先 1 票 →カカロット
まんが肉0 票投票先 1 票 →スカウター
ジャンヌ・オルタ0 票投票先 1 票 →カカロット
カカロット を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
モブ巨乳少女K は無残な負け犬の姿で発見されました
(モブ巨乳少女K は毒に冒され死亡したようです)
ベジータ は恋人の後を追い自殺しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マイスの独り言 「ひっでえ位置が飛んでったwwwwwwwww」
モブ巨乳女A(妖狐) 「oh…」
マイスの独り言 「そしてベジータについてはやっぱ恋人か。」
モブ巨乳女A(妖狐) 「じゃあどっちが出る?
まんが肉が忍者で?」
馬謖の独り言 「ベジカカは草」
ジャンヌ・オルタの独り言 「K」
マイスの独り言 「自動的に占いが孔明確定なわけなんだがそれは。」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「恋爆発・・・良い感じですね
あとは生きのこるだけと」
馬謖の独り言 「モブ少女Kが飛んでるならAはそこそこ真ありそうし」
まんが肉(妖狐) 「面白いことになりましたな」
ジャンヌ・オルタの独り言 「夜食の○か」
マイスの独り言 「傀儡偽か真かはその辺はまあ好みの問題だからなあ。
俺吊っちゃったからアレだが。」
モブ巨乳女A(妖狐) 「明日はモフ○か馬○かで悩んでるけど」
モブ巨乳女A(妖狐) 「漫画肉はよろしくねー」
マイスの独り言 「あ、でもKが飛んでったなら自動的に傀儡も偽やな。」
ジャンヌ・オルタの独り言 「C自体は吊りたい位置には変わりはない」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「死化粧と墓守書いてますが…キツイですね>時間的に」
モブ巨乳女A(妖狐) 「2日目夜 自由
3日目夜 私GJ
4日目夜 私護衛
5日目夜 私護衛」
モブ巨乳女A(妖狐) 「ってところですかね >まんが肉」
ジャンヌ・オルタの独り言 「A真……A真ねえ……」
まんが肉(妖狐) 「あいあい」
モブ巨乳女A(妖狐) 「これでラインが固まれば狐陣営はわりと安泰です」
スカウター(人狼) 「子狐と親狐の組み合わせ
モブAがマニアならモブCが元
3W生存? はっはっは」
モブ巨乳女A(妖狐) 「モフIは今日かこっとく?」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「じゃあ、お願いしますかね」
モブ巨乳女A(妖狐) 「今日囲っておけば明日たぶんしなないし
8>6、うんいけると思うよ」
ジャンヌ・オルタの独り言 「まぁそこ恋自体は別に」
モブ巨乳女A(妖狐) 「あいあい」
馬謖の独り言 「それともQP飛びし?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スカウター は モブ巨乳少女C に狙いをつけました
人狼は耐性に阻まれたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ベジータさんの遺言 ベジータとカカロットが愛し合うだなんてこの村の婦女子が喜んでしまうじゃないか
当然あたいとしても喜んでいるわけだが

上海人形だったのでうっかり村陣営として動いてしまったが、夜食QPならどうしよう
さらに追記 カカロットは村毒だ 共感ついてたから知ってる
カカロットさんの遺言                         -‐‐-  ミ
                        ´         ` 、    /⌒ .、
                  /   .:/             \ i⌒{i   }
                     ′            ヽ {i   ノ
                 /       .{     i          Ⅵ_ / 、
             /    /  /{ .j    ! .i、   ‘,   ⌒ヽ_j}   ヽ       ベジータちゃん大好き!
                 ′   .' ,,斗{廾 、   |,,斗 *‐‐ 、゙, .:i  /i}i    V/
 、__           ′  i  ′ | ′.|Ⅵ{   \  .! :!   .i}i    }i      あ、ぶっちゃけますとベジータちゃん本当に上海人形です
 ‘,⌒ * ,,       {.i{   |  i   乂{、  { Ⅵ     \i :i /  }i    }i         __  
  ‘,  ` マ* .,,    .{从  .!      __   \{i   __   |  :i- 、 ./ハ     .}i    ,,.斗*''" .7
  ‘,     ≪> .,  丶.! ゙, {ァ'⌒^      '⌒'ヽ |  :i'7 }/ i {i   从..<≫''´   /
..  ‘,      ”''≪ >i |:  Ⅵ , ,     ,     , ,  |  :i ノ .| {i    ヾ,''”     /
.    ‘,.          \ | |  |    __   -‐    |  :i'´  | {i     }}      ./
.    ‘,      /.:/⌒| | .込、   {∨    }   .j  ノ  ; .;从     ;       ./
      ‘,.      { {   | 人  ⌒> .乂    ノ イ ∧ ヽ  / /'  V/   /      ./
      ‘,     乂乂__|  / / i  }__j≧ー ≦ {、 i .∧ ∨ ./   }i  ./      ./
      ‘,       ,{` 、 / / ┬=ァ゙ 〈     } Ⅵー ∧ ∨⌒' `i、}i /     /
      ‘,     / ハ  ヽ./  iニ/  \_____/  Ⅵ‐{ ハ/ ノ j }i}レ'     /
        、    /ヽ{, j   !'  j 厶斗f七r‐‐く≧s。 Ⅵ{ .{  ` く乂ノ、
.          \ 从 ゙    ノ  ‐ニニニ‐L__j  ノ__jニニニ‐ 人    }  }   /
.           \,}   /  ‐ニニニ‐ ´7⌒マ ニニニニニ‐  ヽ    'ヽ /
            〈.i    {   {ニニ/  /   }}ニニニニニニ}  ‘,   ∨ }
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
マイス 「カカロットとベジータが繋がってて
カカロットのミサイルでKが落ちた、ってことでいいか?

なおその場合自動的に傀儡偽が確定する気がするが。」
スカウター 「おはよう

変な場所が飛んだな・・・」
ジョルジュ 「QP直撃の可能性は自撃ちではない以上低いと思いたいところだが、
さて現状どういう構造になっているのやら。」
モフ巨乳少女I
                 ,.イ介ト、
          rァ──-  ´  ̄ ̄ `  ´ ̄ ̄ ̄ ア ア
           \                //
             X             彡 く      恋人爆破とK飛び・・・
.            /  l   ll  l  l  l、  i  ヽ.
            i  ! i `X.lト. | ,イテハ .l l l ト、    Kは完灰でしたね
            | i l l ハ{ハ::k八j  |:::::! レ' l l l |== 、
            レi l l l ト. i::l    i:::リ リ  ll iハj_  }〉
    /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄从从八""  「) " ノレ'ル' ──'
.   /  .. -- -- ─   Vハ > -ァ <>==く  \
   レ'´          《    .,.く /´ ̄Y    〉
                    }  V「  ̄`i ̄ ̄
                ___, -}vvvノ   `ヽ.____
            「 ̄ ̄>--〈ノノ>'´ ̄ ̄`ヽ    \
            |  /´     //´  ̄ ̄`ヽ \   i
               ノ  ゝ.__    //_|\,ィ´/ i  i   ヽ.
          く     /    i i \   く  |  |    }
           \   {.    N  |  _  \|  |  __ノ
             ヽ.   ー─ ' 入  レ' V´ノ ノ /´
               \      ` ─── ´   /
                   \ __ ,. ----- 、 ___. イ
                         \  〉〉、
                         rf__ノノハハ
                         ー─く 入j」
馬謖 「モブ少女Kが飛んでるなら少女Aはそこそこ真ありそうし?
あとはベジータ真で村……かと思ったけど実際QPだったし?
あるいは少女KがQPって可能性も一応あるけどたぶんベジカカし!

ただ、夜食真は復活するけど、K飛び想定すると結局真っぽくはないし…」
スカウター 「やはり大チルだった?」
馬謖 「あ、そうか他指しかし」
ジャンヌ・オルタ 「Kが狼か狐かQPか。
そんなことは分かりやしない」
まんが肉 「おはようございます。スカウター君ツッコミはいいんだけど
COして情報だしたりはしないんだよねぇ」
モブ巨乳女A 「占い師CO

ジョルジュ○>孔明○>まんが肉○>スカウター●>モフ巨乳少女I○」
モフ巨乳少女I 「他射し主張と>大チル」
馬謖 「少女Aは結果どうしたし?」
マイス 「共感付いてるってことは普通に他刺しでよかったというわけだ。

つまりどっかにQP本隊は居るって感じか
いまさらながら無力だとは思うがね、QPなんて。」
モブ巨乳女A 「5日目 モフ巨乳少女I
そういえばジョルジュは○っちゃあ○なんだけどマニア不明だから盲信まではできないっけ
まあこの辺は詰めてから考えるとして、恋とんだかー
ってか恋狼か恋狐だったかー
スカウター○で、灰はC、マイス、馬、Iの4人…地味にひろい…
でもLW濃厚なんですよね、遠吠え的に
錬金釣りをなんか嫌がってる感じがしたモフI占いでいこー
ジャンヌ・オルタ 「死体無し、死体無し」
馬謖 「ふーむ?」
マイス 「んで死体が無い。無いんだ。」
モブ巨乳女A 「\遠吠え的にLWっぽい/

狐ケアを提案します」
モフ巨乳少女I 「天子A視点の残り灰ってどれだけでしたっけ?」
スカウター 「狐ケアなぁ・・・」
モブ巨乳少女C 「噛めない狼」
馬謖 「少女Aの真自体はやっぱりそこそこあるかし。>K飛びこみ」
モブ巨乳女A 「モフ○で、私の灰は C、マイス、馬の3人
スカウターが●で、ジョルジュが初日○ >モフI」
馬謖 「噛めない狼なら気楽で良いけどんー」
ジョルジュ 「流石にあの吠え状況から意図をもって死体なしを狼から発生させる、というのは
想定しづらいものはあるんだよなぁ。」
モフ巨乳少女I 「K噛める狼出スカウター噛めない狼ならケア詰めてけば良い話なんで>モブ巨乳少女C」
スカウター 「ここで死体ないってなると
噛める狼が毒で死んだコースかね?
夜食偽の場合の囲い位置だが、K」
ジャンヌ・オルタ 「Aを真として進めるならば灰は3 ●が1」
馬謖 「ケアするならCかマイスだし、馬謖ちゃんそれならどっち吊っても割りと良いかし」
マイス 「傀儡の○は完全撤回していい。というか夜食切った時点で撤回したも同然なので
そういう意味では残りの灰を吊りつつ5~6人時にLW位置を釣る幹事か。

ま、もちろん俺も狐位置に入ってるっちゃ入ってるんで
ケアされることについては俺から異論を挟むことは出来ないのは確かさ。」
モブ巨乳女A 「噛めないLWならジョルジュまで詰め切れますね!(キラキラ」
まんが肉 「でてもいいかな?忍者だよ」
ジャンヌ・オルタ 「C狩人ならCO」
マイス 「子狐が○に入り込んでなきゃ、って話でも良いけどな」
馬謖 「おう?」
まんが肉 「忍者でござるニンニン
            GJ
不可>◇エイサップ>◇モブ巨乳女A>◇モブ巨乳女A>モブ巨乳A

2日目 マニアのほうが護衛ないと見て噛まれそうだからエイサップ護衛
3日目 占いがでてきたのでモブ巨乳A護衛。吊り逃れにも見えるんだけどね
4日目 継続。GJ出たからね
5日目 スカウター君はいいこと言ってるんだけど自分の持ってる情報は言わないんだよねぇ。
    やっぱA護衛でいいよね、吊らせる方針なのかしら?」
スカウター 「ほう」
ジャンヌ・オルタ 「GJ位置>まんが肉」
馬謖 「んー」
モフ巨乳少女I 「出なくて良かったと思うんですが>まんが肉」
モブ巨乳女A 「えっ、出ちゃうの」
まんが肉 「今日は俺っち噛まれたわ」
モブ巨乳少女C 「噛まれはありますか?」
馬謖 「それなら、Cかマイスを吊って、私で錬金術を鑑定してほしいし」
ジャンヌ・オルタ 「結局どこの誰でGJが出たのか」
モフ巨乳少女I 「あ、はい>今日噛まれた>まんが肉」
モブ巨乳女A 「なるほど、今日噛まれたと…」
まんが肉 「巨乳Aで一回GJ」
マイス 「忍者って何だ?シュリケン投げるのか?

えーと。1回噛みに耐える占い、と。」
マイス 「占いじゃねえ、狩人」
馬謖 「埋毒COし。
夢あるから即吊りは危険かなと思ったけど、狩人それならジャンヌ守れる可能性高いし」
ジャンヌ・オルタ 「ええ……>3夜A噛み」
モブ巨乳女A 「忍者はアレですよ、スレイヤーってやつ >マイス」
スカウター 「ふーん・・・これ、狐じゃね?
モブAが偽でそこ噛んだんだろうし」
マイス 「灰の数を計算すると俺・池田・C。」
馬謖 「あるいは真毒に賭けて今日さくっと吊って錬金ミサイルし」
ジャンヌ・オルタ 「じゃC吊り 馬謖鑑定」
ジョルジュ 「とりあえずAでGJが出るところまでは問題なく2白もらいが肯定すると。
まんが肉の位置なら今噛まれることにも不自然さはないし、これでだいぶ展開はスッキリしたか。」
馬謖 「ジャンヌがそれで良いなら、Cかマイス吊って、ジャンヌが私投票で鑑定がいいし」
モフ巨乳少女I 「4吊りではありますが…か>マイス」
ジャンヌ・オルタ 「いや、毒吊っても良いか」
マイス 「そこでA噛むのは狼ちょっと気が早すぎやしないか、という感想では >忍者日記」
スカウター 「それでいい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジャンヌ・オルタ は 馬謖 に処刑投票しました
スカウター は 馬謖 に処刑投票しました
馬謖 は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
モフ巨乳少女I は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
まんが肉 は 馬謖 に処刑投票しました
ジョルジュ は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
マイス は モブ巨乳少女C に処刑投票しました
モブ巨乳女A は 馬謖 に処刑投票しました
モブ巨乳少女C はスキマ送りされました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジャンヌ・オルタ は 馬謖 に処刑投票しました
モブ巨乳女A は 馬謖 に処刑投票しました
まんが肉 は 馬謖 に処刑投票しました
スカウター は 馬謖 に処刑投票しました
馬謖 は マイス に処刑投票しました
ジョルジュ は 馬謖 に処刑投票しました
モフ巨乳少女I は 馬謖 に処刑投票しました
マイス は 馬謖 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →馬謖
モブ巨乳女A0 票投票先 1 票 →馬謖
マイス1 票投票先 1 票 →馬謖
スカウター0 票投票先 1 票 →馬謖
馬謖7 票投票先 1 票 →マイス
モフ巨乳少女I0 票投票先 1 票 →馬謖
まんが肉0 票投票先 1 票 →馬謖
ジャンヌ・オルタ0 票投票先 1 票 →馬謖
馬謖 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
モブ巨乳少女C はスキマ送りされました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジャンヌ・オルタの独り言 「緋色さんはホントに回線何とかしたら?」
マイスの独り言 「俺吊りじゃなかったんかい。」
モブ巨乳女A(妖狐) 「おう…うん?」
まんが肉(妖狐) 「おや?」
マイスの独り言 「突然死は知らん。Toらぶるならしょうがないだろうよ」
ジャンヌ・オルタの独り言 「マイス占い スカウター吊り」
モブ巨乳女A(妖狐) 「村3 狼1 狐3」
まんが肉(妖狐) 「突然死起きるとはなぁ」
モブ巨乳女A(妖狐) 「わりときつね」
ジャンヌ・オルタの独り言 「ジョルジュ子狐がありそうで凄い嫌」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「モブCO未投票、馬謖が夢って所だと」
マイスの独り言 「狼視点は忍者噛むしかないんだがなー。
ジャンヌ噛みで忍者偽に持っていくってんなら忍者が上手かったという話になる気はする。

いずれにしても明日がリミットだろうよ」
モブ巨乳女A(妖狐) 「モフがまんがGJ日記書くのはどうなんだろうっつー」
まんが肉(妖狐) 「投票先合わせましょか」
モフ巨乳少女I(妖狐) 「墓守で書きあげます」
マイスの独り言 「忍者が狐なら、な」
モブ巨乳女A(妖狐) 「そうしますか
明日ジョルジュ占っておきます」
マイスの独り言 「本隊2狂人2みたいな感じだったかなあ。」
スカウター(人狼) 「計算中・・・

まんが肉 モブC モブAで3F
恐らく親狐3
まんが肉吊りに誘導するには
まんが肉偽を伝える必要がある

まんが肉噛み=7昼
まんが肉噛み まんが肉吊り 7>5>3
少々つらいものがあるな
ジャンヌ噛みから護衛できずのまんが肉吊りコースか」
ジャンヌ・オルタの独り言 「Aが非狼人外のパターンでも引き分けはいけるかしらね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スカウター は ジャンヌ・オルタ に狙いをつけました
ジャンヌ・オルタ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ジャンヌ・オルタ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジャンヌ・オルタさんの遺言 錬金術師

諸葛亮孔明 毒なし できる夫 毒なし ベジータ毒なし カカロット毒あり 馬謖毒なし
馬謖さんの遺言                               __
                     r一――.ァ.::´...:..:.:.:..:..:ミ>ー一―ー-.、
  ./  ̄/  ̄   / _|__ ___|_V:::::::::/:/.:./:/i:..:.i:.ヽ:..\::::::::::::::::::/
    ―/     /   |/   /|   V:::/..:/_:.:,.イイ从:{ハ:从:....:.ヽ:::::::::::/
    _/  _/    |  _/|   ∨.:;仁7 ′  ヽノ ヽ,.:.:.:.V::: イ
       (`ヽ               /.:./.:.:7,≧x、   ,z≦、Ⅵ:.: i:':.: l
  ( ̄ `ヽ\ \          _ 人 _.′i .:./l{ {.:i::.l`  '{.:::i:.} `}:.:.:.:|::.:...l
    ̄`ヽ. ゾ`  ヽ. , --、     `Y´ l.:/:l.:/:小.Vツ ,  くツ ノ'ハ:.:.|):.. |_ 人 _
 廴_ ̄ ̄,′  _/ /           |从|:{イ:i{ つ 、 ィーvr ⊂⊃_,i:∧:.i:.| `Y´
  rー ̄__  /´   ノ´              乂|个i .  V  ノ   .ィハ:}:从}ハ|
  `¨¨´ `ー<  ̄ \       /ママ´   ヘ {` ー`i7 ー 爪ノ′ノ′′}
          \   `丶..__ . 斗‐ヘヽ ,  }.   {    '}\      これぞ埋毒の計!
           丶、    i     } } / _ 人ヽ. ├‐- 、/  `フ>、   
             `   .__',. -‐<{/´ {  \  、 / /ィ'   }   ……べ、別に無策で
                        |   ` ミv'ニ.≦._{   {    山頂に布陣した訳じゃないし!(震え声
                            〉ミ   -O}  ̄`´}   ヽ
  ___________________________  __
 │山│山│山│兵│兵│兵│布│布│布│破│破│破│埋│|埋|
 │頂│頂│頂│法│法│法│陣│陣│陣│竹│竹│竹│毒│|毒|
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘└─┘
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「ジャンヌ 錬金、被マニア
A 噛まれ占い
まんが肉 忍者

I Aの○

俺 Aの初手○
マイス 灰(夜食の○)
スカウター Aの●

Aが俺を占ったならマイス>スカウターで詰めればいい、はずだ。
Aがマイスを占って○なら、客観視点で俺がマニアの可能性を追うか子狐混じりを追うか。」
マイス 「忍者が死んでるかジャンヌが死んでるか、じゃないかな。

池田に毒が無いってのはアレなんですがそもそもCが突然死した時点で俺吊りじゃなかったのかいという話。LW飛びが怖いってんならね。(灰の数的に投票したけど)
今日占わせる、というのならそういうことなんだろうけど。占いが狩人を守ってる以上は、ね。」
まんが肉 「おはようございます。護衛先は継続してモブ巨乳女Aさんだよ」
モフ巨乳少女I
              (⌒⌒)
                (   ⌒)
          ト、   (/\{   , ´  ̄\
         } \       /      \             _,
         !  \    /         }=-  .      ニ=‐'´ {
.           ’    ` < ⌒   ̄ ̄   ⌒ヽ   \-=ニ二    /
            , i} ⌒>                    ヽ-==    /
          V }ミ/              }         ∨アフ  .′    ショック死ぇ・・・
           V /             ,′          V 〈 /
           〉 ,    ,   /      /            ,_{      で、池田馬謖吊りで飛びなしと…
.          / /   /  / /    ′ ヽ    ,        〈
         /  ′  ,′  // i    ヽ \  }   ',
          /       { '<{_{ ∧     |\_,>く    }
.         //}.  |   iハ. 「 }7'ー{    ‐匕 ヽ∨ハ   |     i     なら、夢ってことですかね
        / /   }    {V{x‐=ミ、\i.{ i.Nx==ミ、j   |     |
        /| |    灯i゚(`    {\{^{r' ハ 》 ∧|   ハ|
          / :| i ! ヽ  i 弋 zソ       弋 zソ  {/     ハ|}
     , ⌒ヽ | |     \i,  , , ,       , , ,  从  ,  { }/ {{_
     {     }|八    込、       '       .イ   /∧| /  ヽ.
     \__,ノ   ', \\、\> .  ´  `  .</リ /}// }| {    /
        /     >ヘ⌒\_〈 ‐-≧=‐≦-‐ }‐///ァ 、/  `'ー‐く
     /}       ,    >‐¬{__         _,-─く//   ヽ     }\
     //      |           L       r'      〈    i     {/
.     ^′     !  /        ∨==≪「      、  |
        { ̄\,__|       _./     ト、       〉_/ ̄「
          ‘.    j   r  ̄{        } `¬    {     ;
.           }=-  :     !    \  //   :}   ¦/  〈
         {コ lニ!    {     `ーr‐'′    :     ‘コ lニ}
         j   ′   |      {     ,;      「   ¦
          |   :i    |\         . . ://i     |     〉
          | / .:|    |     \ : : : : : : :!     |  /」
モブ巨乳女A 「占い師CO
ジョルジュ○>孔明○>まんが肉○>スカウター●>モフ巨乳少女I○>ジョルジュ○」
スカウター 「おはよう

不発とか酷いな・・・」
モブ巨乳女A 「5日目 ジョルジュ
やっぱり狩人いた!(キラキラ
毒は飛ばない……池田ァ!Cダイーン!?
これで灰はマイスだけだけど、ジョルジュが怖いんだよね
というわけで完全灰は残してジョルジュをケア占いする感じ
吊減ったからー……呪殺出るかどうかで変わる感じ」
スカウター 「まんが肉とモブAで2Wじゃないか?って思ってるんだが」
マイス 「ケア占いって昼狐やマニア考慮だっけか。
まあ納得は行く。」
まんが肉 「うん、夢毒だったんだろうね
不発で大変がっかり」
モブ巨乳女A 「人外マニアとかではなかったーと、安心安心
これならジョルジュ、スカウターで詰みですね」
モフ巨乳少女I 「忍者CO噛みしてこないんですか・・・
いや、噛んだらモブA非狼確定になって…ですか」
モブ巨乳女A 「間違えた
マイス、スカウターだった」
ジョルジュ 「ほい、この形なら俺視点やるべきことは確定ですので。」
マイス 「占ったのはジュルジュである以上、そこは俺じゃないの。 >A」
まんが肉 「順当にすすめるならマイス>スカウターだぬ」
マイス 「あぁ、村人表記な。言うのを忘れていたし今更言っても何の足しにもなりゃしないが。」
モブ巨乳女A 「さくさくマイク吊って次行きましょ」
スカウター 「まぁ、俺の主張は変わらずってことで
俺吊り2W勝利狙ってるんですねってのが俺視点での回答」
モフ巨乳少女I 「モブA狼想のまんが肉狼なら、死体なし位置敵にスカウター狐ですかね…>●出しで吊りに行くと」
ジョルジュ 「困ったことに俺も村人表記なのだよ>マイス」
まんが肉 「そりゃ今日までCOしてないんだから情報ないんだろうさ」
ジョルジュ は マイス に処刑投票しました
マイス 「そもそもスカウター狐だったら今日俺吊って2W残りなら狐勝ちだろ」
モブ巨乳女A 「むしろここで騎士COとか魂COとかそれはそれで出ていいのよ?(チラ」
スカウター 「俺も村人なんだわな・・・」
モフ巨乳少女I 「あ、其れもそうですね>マイス」
スカウター 「モブAの視点での占い情況を考えてみ?」
マイス 「だったら狼は強固にでもスカウター吊りに行かせなきゃおかしいんだよ、ここまでスカウター残す意味がないだろう。そこ狐だったら」
モフ巨乳少女I 「私も村人COを…ってできたら…
人魚です
マイス 「片方囁きとかだったらそれはそれでやられたなあ、って感想だけど。」
スカウター 「俺狼だとして、マイスは? となる
ジョルジュ2回占いは、ジョルジュを味方に引き込むための媚でしかない」
マイス 「俺吊って、明日スカウター吊って負けるようならそれは相手が上手だったということ。」
スカウター 「2W主張するにしても、銃殺だとしても
マイス占わないのは不自然以外の何者でも、ないわな?」
モフ巨乳少女I 「朔で囁き化・・・
うーん…
ジャンヌ入れてるんですよね、」
スカウター 「だから、まんが肉を吊れってことだ」
マイス 「ま、俺を灰に残すのはおかしいんだが。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モフ巨乳少女I は マイス に処刑投票しました
まんが肉 は マイス に処刑投票しました
モブ巨乳女A は マイス に処刑投票しました
スカウター は まんが肉 に処刑投票しました
マイス は モブ巨乳女A に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →マイス
モブ巨乳女A1 票投票先 1 票 →マイス
マイス4 票投票先 1 票 →モブ巨乳女A
スカウター0 票投票先 1 票 →まんが肉
モフ巨乳少女I0 票投票先 1 票 →マイス
まんが肉1 票投票先 1 票 →マイス
マイス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マイスさんの遺言 【7昼】
村人か。発明家の俺にはちょうどいい。得意技は高速ナブラと針千本です。

A狼考慮するならAとスカウターで相互投票させて引き分け処理。
そうでないならスカウターを素直に吊れ。
2度のジュルジュ占いをどう思っているか、そこをよく考えるべきってことで。
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2016/05/21 (Sat) 02:30:23
モフ巨乳少女I
      z ´ ̄ ̄` 、, -ァ 、
    /          }fー‐}-Y´ ̄ ̄ ̄\
   /           ノ┴‐┴/
  {_         イ    /{          `、    御疲れさまでした
  /    __ ,ィ´ /  ハ  ヽ           '.
  '-r─ ´ 斗十升  /」L.__ }\           !
   |/   〒テ≧| /  ∨ `ト、} \    、 |   (∪^ω^)こんこんお!
    j{  {  {{ lc:::::} V  下≧t寸\ ト-- イ ヽノ
    ハノ、イ 弋tV    fう::::::::::}  /   ′
    |  Yハ"""      弋::::::::ソ} / /  /
    |イ  ィ> 、  ゝ'_ァ  "" ̄イレ{' /  /
    }/r  ̄ヾ-  、___/  从  /
     /´     ゞ'─ァ-く //イY( /
    ノ     ノ´ ̄   \(/ | レ′ __
   .′     /           \ _,」 ィ´    `  、
  {      ハ           ヽ Y         ハ
   ゝ、___,入           }|  /         ',
r ´く__∠ `ヽ::☆`::....、       ノ}}   7         }
/ /   `)  V::::::::::::::::`::::...__ ∠-ヘイ  {        ′
  {    {//'て:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾハ 、     ノ」
諸葛亮孔明 「お疲れだ」
モブ巨乳女A 「ひゃはー
おつでした」
ベジータ 「おつ」
マイス 「狐多すぎで草。お疲れさん。」
エイサップ 「お疲れ様です」
夜食 「お疲れ様」
ブロリー 「おつかれだ」
ジャンヌ・オルタ 「この憎悪は未だ消えることなし」
カカロット 「お疲れ様
狐さん大勝利だねー」
ジョルジュ 「うぅんむ>3F飽和」
馬謖 「お疲れさまし!」
夜食 「冥で噛めたらまた違ったけどね」
まんが肉 「お疲れ様でした。モブ巨乳女Aさんに負担かけちゃったなぁ」
モブ巨乳少女K 「ただ A様は馬謖様のおっしゃるとおり日記で切れましたわね
そこは要反省ですわ」
スカウター 「モブCが狐だと思ったら違ったらしい・・・
占い師しっかり銃殺出してくれよ」
ベジータ 「狐大杉問題」
モブ巨乳女A 「私、まさかの真結果(呪殺除く)」
エイサップ 「占いが即座に死んで、毒も狼に当たるっていうの
やっぱり上手く行きませんって感じがする」
マイス 「ジュルジュ占いの時点で疑えばよかったというが流石に世論が許さぬ話よ。」
モブ巨乳少女K 「お疲れ様ですわ。狐陣営はおめでとうございます」
できる夫 「お疲れ様ですっと」
カカロット 「正直チr…ベジータちゃんと鉄板CP大勝利!
したかったけどやっぱり難しいよね(シクシク」
馬謖 「>◇馬謖の独り言 「これはまさか夢!」
軍師から預言者に転職するし……」
マイス 「少なくとも日記見る限りA切るのは当然だと思うんだけど
あの段階で吊れないなら無理だわな。」
エイサップ 「即噛みされてるんですよ!!<占い師しっかり銃殺~
というか、しているんでしょう!!」
モフ巨乳少女I 「恋死ねば狐場ですし、御寿司、稲荷寿司」
まんが肉 「真結果じゃあ抵抗できないよねぇ」
スカウター 「ちょっと噛み筋が厳しい・・・」
ジョルジュ 「結局孔明を疑い過ぎたなぁ…

実際狼は孔明の何に突っかかったんでしょ?」
ジャンヌ・オルタ 「A噛みは流石に無いにしてもまんが肉噛み……?>3夜」
モブ巨乳少女K 「3昼死体だった以上難しい問題ですわ… →すかうたー様」
ベジータ 「途中から慣れてたけどベジータちゃんって相当なパワーワードだと思う>カカロット」
諸葛亮孔明 「極論Aは3昼の問題だろうな
投票気づかないはまだいいにせよ ならヘイト貰うことはわかるから
もう少し早くCO出来たはずだしな」
カカロット 「疑う前にどんどん吊り候補が増えちゃったもんね
仕方ないね >マイスさん」
マイス 「狼的には即噛みしたほうが厳しいんだよなぁ。」
ブロリー 「呪殺できる狐しかいないからな」
まんが肉 「噛んでくれたおかげでGJ主張できた感」
諸葛亮孔明 「普通にそこはわかるぞ >ジャンヌ
私としても狐3の中では普通に占い候補だったからな」
夜食 「できる夫吊られる流れで出たのが悪かったか」
マイス 「CO速度見てあれが切れないなら村が弱いでいいんだろうよ。
実際池田の指摘もろもろを考えたらA以外に吊る位置がなかったから俺は入れたまでだ。」
馬謖 「中途半端は死を招くのし!(軍師感」
ベジータ 「カカベジ同陣営を実現させてくれたCに感謝を……と思ったけど矢が無くても同陣営だった」
モブ巨乳少女K 「わたくしとしても吊りたかったのですが
こればかりは狐が強かったのですわ →マイス様」
カカロット 「えー?そうかなー?
ベジータちゃん♪ほら可愛い♪ >ベジータちゃん」
マイス 「狩人候補ならむしろ俺だろ……と思っていたんだが……?」
ブロリー 「むしろ池田が全力で指摘してたのに
池田にグレランで2投票入る現実」
ジャンヌ・オルタ 「ふぅん?
しばらく離れてる間に鈍ったかしら>孔明」
エイサップ 「俺はどうなんだろう……(即吊りする気配がなさそうだからでカカロット投票した」
馬謖 「>マイス
少女A人外なら、できる夫が確実に人外だ!と思ってできる夫吊ったかし…
少女は翌日やっつけてやるくらいに思ってたし…(」
モフ巨乳少女I 「スカウターが狼見えたんで普通に入れましたね
天子Aは仲間なんでQP目でも良いので残す方向に持っていこうとしてました」
ベジータ 「カカロットちゃん……なんだろうこの背徳感」
ジョルジュ 「まぁお疲れさまでした。しかし思考停止が酷すぎた。」
マイス 「実際発言だけは伸ばしていたんでな。
ただ突然死は正直困るわな。」
馬謖 「やっぱりあそこで手を緩めてしまうあたり馬謖ちゃんは孔明先生みたいな大軍師にはなれないのかしー!!」
諸葛亮孔明 「馬謖?遺憾ながら村だろうだったな
夢毒というのが微妙にらしいオチだったが」
モブ巨乳少女K 「スカウター様は最後まで戦い抜いてくれて感謝ですわ。
夜食様、恋疑いをしてすみませんですわ。
できる夫様、A様吊りを強く主張できず申し訳ありませんわ。」
マイス 「投票から見ても池田とA別陣営ならA吊ったほうがマシ。絶対マシ。
ただやっぱジュルジュ占いに疑問は持つべきだったな。占われた本人が疑えよって話なんだけど俺もボケていたらしい。」
エイサップ 「実際毒位置見つけられるならそれも仕事だから、というのはあったけど
結局吊りが後手に回ってるとするとこの陣営数的には厳しいんだよな」
ベジータ 「皆おつ 村立て感謝
ベジカカ同陣営は正義」
ジャンヌ・オルタ 「A吊ったらIに届くかどうか、だけど」
カカロット 「んー、私吊りの時に錬金結果割る?
のはいただけないしなぁ…どうせ私吊りになっちゃうし…
恋人逃げ切れる道が考えつかないね!困っちゃったね!」
夜食 「じゃあお疲れ様」
馬謖 「翌日手を緩めずに、狩人いるならCOしろ、
でないと認めないで少女A吊りに行ければあるいはかし…ぐぬぬ」
まんが肉 「GM様皆様村建て同村ありがとうございました
また遊びましょう」
諸葛亮孔明 「そもそもブロリー吊り自体が少し驚いてたからなあ
いや、そこ2昼に吊る位置かと 組織票も考えてたがそこまでではない・・・か」
モフ巨乳少女I 「メイン盾はAにまかせて、後の援護勢としてやってましたし>ジャンヌ」
ジャンヌ・オルタ 「あ、FGO始めたわ。
リセマラ207回でヴラドスタート」
エイサップ 「それじゃあ、お疲れ様です。
村建て感謝します、それと同村を。
またどこかで逢いましょう」
ジョルジュ 「俺視点ではマイス占いより俺占いの方が村全体にとっての選択肢が減るんで
疑うことは不可能ですな(無慈悲>マイス」
モブ巨乳少女K 「ではわたくしも、もう夜遅いですので失礼しますわ。
村立てと同村、仲間たちには感謝ですわ。」
エイサップ 「変なところ吊れるんだなぁって感じはしたんだけども<ブロリー」
モフ巨乳少女I 「死化粧書いてて、死体なしから墓守日記書き始めてました」
マイス 「Aの結果切ったならIには届かせないといけないのが村やんな。
スカウター●がわりといい感じだったせいもあるんだが狐全生存は流石に手落ちすぎて凹む。」
馬謖 「皆お疲れさまし。

ば、馬謖ちゃんにはここまでが限界だった……水……!(がくり」
諸葛亮孔明 「ほう、いいの引いたものだ >ヴラドスタート
バサカの中では少々異端なA系バサカだから癖はやや強いが」
夜食 「スカウター●とかモブ巨乳少女Kに●だったかな」
マイス 「そもそもジュルジュケア占いした所でだから何だよって話じゃねえかなあ。
今更そんなことする意味があるかどうかなんだけどどうなんだろう。」
モフ巨乳少女I 「マイスはいくら灰自分だけだと言っても、子狐懸念とかで○吊り主張すべきではあったと思います
自分吊って良いよ―では無く」
ジャンヌ・オルタ 「ま、A噛まれは有り得ないからスタートするべきだったのかもね。
狩人COが出てきたら切ろうとは思ったけど狐ラインはやや想定外」
ジャンヌ・オルタ 「竜の逆鱗頂戴>孔明」
マイス 「マニア初手占っちゃいました!ケアします!ってパターンより
灰詰めろよ以外の感想が特に出てこないあたりまだまだ素人らしい。」
カカロット 「それでは私も落ちます

一緒に遊んだ皆さん
村建てしてくれた仮GMさん
鯖菅さんに感謝です!

矢を指してくれた少女Cちゃんに感謝♪
ベジータちゃんは刺さって嬉しかったよー♪
それじゃあお疲れ様です♪」
諸葛亮孔明 「イベント待ちだろうな原則 >逆鱗
私も7,8個くらいしか残ってなくてね
では、お疲れ様だ」
マイス 「まぁそれに尽きるんでボケてたのは確かだということで。 >I
正解に近づける以前にこんな時間じゃねえか頭を冷やせ俺。」
ジャンヌ・オルタ 「ま、6になった時点で狐勝利以外はほぼないのだけれども」
マイス 「子狐残りを誰も疑問に抱いてなかったというか半数狐っていうな。()」
モフ巨乳少女I 「世間では休日だから夜更かししても・・・>マイス
まあ、眠くなって鈍ってくるというのは有りますが」
モフ巨乳少女I 「そりゃ、どっかじぶんたち以外吊れれば勝てるんで、わざわざ死にに行くようなこと言いませんしー>マイス
(半数狐)」
マイス 「まぁ何にしてもAを即切るのが一番か。
孔明真が見えちゃってるってんならね。」
ジャンヌ・オルタ 「Aを真に置いた進行ならスカウター吊りよ」
マイス 「ぶっちゃけA吊れなかった時点であん?って思ってはいたんだがなあ。
死体無しが逆に鈍らせてるわな。」
ジャンヌ・オルタ 「スカウター●がクリったってことになるかしら。
あんなにも○を怪しんでいたのに、ね」
マイス 「あー6人でLW狙わない占いかあ。そりゃ確かにアレだわな。」
マイス 「別段狐が吊れなかったというかやっぱり狐は村勝ちより許してはならんな。()」
ジャンヌ・オルタ 「ま、状況が即吊りしないと追いつかないのだから。
我等の見る目がなかったんでしょ。」
マイス 「このRPは楽しいんだけど疲れるなぁ。
銀の少女RP誰かやってくれないかしら。クソ難しそうだが。」
マイス 「Aを吊るチャンスで取り逃したなら向こうが上手だったってことよ >ジャンヌ
ぶっちゃけお前なら即吊るんじゃね?って思ったらそうでもなかったんだけどな。」
ジャンヌ・オルタ 「しかしこう……改めてみると初期村配置弱くない……?
村人2・占い師・陰陽師・上海・埋毒・夢毒・夢共有・錬金術師」
ジャンヌ・オルタ 「私は占いは残す方よ」
マイス 「ちなみにアンサガは最近500円に値上がりしててな……
105円の帝王と呼ばれていたあの頃とはいったい」
ジャンヌ・オルタ 「真であれ偽であれ結果を出すことに意味がある」
マイス 「勘違いとか諸々含めてもアレ残す気になれんかったんでなあ。

村が弱い……まあ弱いか。ろくなのがいない」
ジャンヌ・オルタ 「寧ろできる夫があれに負けたのが村に致命的というか何というか……w」
マイス 「さっきの村は村14で色々完備してたというのに……
というか最近22人村のほうが色々キツい。狼希望以外にするかな……」
モフ巨乳少女I 「ジャンヌさんが最初から指揮取ってーくらいじゃないです?>村の勝ち目
混線だと酷いことになるんですよねーって」
ジャンヌ・オルタ 「初日と恋で-3。マニアで増えて+1。村吊り村噛みで-2
3昼時点で純正村陣営は5人と来る」
ジャンヌ・オルタ 「嫌よ>指揮
なんでたかがマニアラインが村の指揮取らなきゃいけないの」
マイス 「正直できる夫吊れるとかどういうことだよって思ったんだよなぁwww

実際、村票3は正直擁護のしようがないな……いやまあ狼吊ってるんだけどさ」
マイス 「そもそも共有や確定○以外指揮なんて信じたくないんだがな。」
モフ巨乳少女I 「できる夫とか、完全に視界外でしたねー」
モフ巨乳少女I 「配役的にマニアライン盲信でなんとかじゃないですかね―想定してましたし…」
マイス 「あそこでA吊りに持っていけないなら村が悪いからなぁ。」
マイス 「どっちかというと村より狼のほうが辛い村だったということだろうよ。
親狐3は連携が強いなぁ。告発も通用しないだろうし」
モフ巨乳少女I 「まあ、そこは私も、あーA死んだかな―と覚悟してましたね
なぜか結果はこうなってるんですが」
モフ巨乳少女I 「墓守CO用意はしてました(キリッ」
マイス 「できる夫投票自体が謎という説はあるんだがなあ。
確信持ってAを吊りにいける村が少なすぎたせいもあるとは思うけど。」
マイス 「あんだけ疑ってる池田ァ!ですらできる夫投票だし。」
モフ巨乳少女I 「池田ァ!!するしかないですね」
ジャンヌ・オルタ 「できる夫吊りは別に不思議じゃないでしょう」
マイス 「初手で占い抜いたのにこのありさまは狼も草葉の陰で泣いているだろう」
モフ巨乳少女I 「狐一同<天敵の駆除御苦労さまでした」
ジャンヌ・オルタ 「私が村の時に初手占いを抜く狼は地獄の業火で焼かれるが良い……!」
マイス 「信じられるかどうかは別にしても告発自体はやって損は無い気はする。
狼の残り次第だけど。」
マイス 「まあ恋に取られまくってるしなあ……なまじスカウター●じゃどうしようもない部分はある」
ジャンヌ・オルタ 「告発したところで狐の方が多いのだから大して意味は無いわね」
マイス 「そもそも勝ち筋が見えないなーこれ。
ルーラー戦のほうがマシじゃないか。」
モフ巨乳少女I 「スカウター●はしかたがないよね、だって狼見えてるんだもの
池田ァ!!に乗っかりがあざとかったです」
ジャンヌ・オルタ 「馬謖に毒があれば狐に当たってA真はそれなりに揺らぐ、かしらね」
マイス 「単純に狐が増えてるとホントなぁ。
この陣営、やっぱ鍋最強だわ。」
ジャンヌ・オルタ 「揺らいだところで吊りは足りないのだけれども」
マイス 「夢毒は知らないというかあそこ俺吊りじゃなかったんね。という感想。」
ジャンヌ・オルタ 「凸死が悪い」
マイス 「まぁ死体無しを利用できるのは人外のみだ。
おめでとうということで結論を付けてやろう。」
マイス 「それな~~~~~~。 >凸死」
モフ巨乳少女I 「最後に毒つっていっかがありましたし>マイス
まあ、その前はC入れてましたが」
モフ巨乳少女I 「凸死は…こちらからはなんとも…」
マイス 「夜食が出なきゃ狐は始末できた気はするんだけどなー。
結果論結果論。」
ジャンヌ・オルタ 「緋色さん本当にに何とかしましょう」
マイス 「回線悪いのはきついよなあ。」
モフ巨乳少女I 「では、私はこれで
御疲れさまでした ノシ」
ジャンヌ・オルタ 「夜食が出ないパターンだと
まんが肉吊りたいけど死体無し出てるからどうしましょう、A噛まれある……ない……夜食指定」
ジャンヌ・オルタ 「になった可能性はある。
2夜時点で目を付けていたのはできる夫・孔明・まんが肉・夜食」
マイス 「おや、俺は視界にすら入ってなかったらしい」
ジャンヌ・オルタ 「実際見てないわね」
マイス 「所詮女なんて楽しければ誰だって構わない、と昔は思っていた
その程度の男だと思われていたのだろう。」
ジャンヌ・オルタ 「ああ、私の憎悪は終わらない」
マイス 「誰も知らないRPをやってゲームを布教する……出来るのか……?」
ジャンヌ・オルタ 「アルスを見れば良いわ>布教」
マイス 「自身が狼に染まっているからこそ。人ならざるものに一杯食わされたときのショックは大きいのだろうよ。」
マイス 「中古屋で500円です。 >アンサガ」
マイス 「もっとも、俺もそういう面があったのかもしれないがな。
彼女の元へ行くには、まだまだ修行が足りないということだ。」
ジャンヌ・オルタ 「ふん、他者の人外勝利のはこの一言よ。
【嫉妬】とね」
マイス 「正直に言うなら狐に勝たせるぐらいなら村に勝たせるか引き分けだわ。()」
ジャンヌ・オルタ 「さぁ、首を切りましょう。
今宵の勝利者の旗を飾りましょう。
村建て同村感謝、おさらばです」
マイス 「やっぱ地力と根性が足りてないんでな。
もうちょい村頻度増やそう……と思いつつ、増えないのは他ゲーが悪い(責任転嫁)
ま、やりたいときにやるのが一番なんだがね。」
ジャンヌ・オルタ 「勝たせるなどと言う考えがおこがましい、そんなものよ」
マイス 「ではお疲れ様だ。
村立て感謝、狐勝利おめでとう。

彼女の元へ向かうには、まだ早い。速すぎる。か。
それでも俺は、脅威の力になど。頼らない。きっとな。
では、また何処かで。」
モブ巨乳少女C 「本当にすみません
回線不意に落ちてしまい
ご迷惑お掛けしました」