←戻る
【雛4238】やる夫達の超闇鍋村 [4949番地]
~何人で囲んでも鍋は鍋~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeK:覚醒村)[K]出現率変動モード (TypeH:無毒村)[H]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 上海GM
(生存中)
icon
(生存中)
icon やんねえ香
(生存中)
icon 戯作者
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon 魔理沙
(生存中)
icon ミクダヨー
(生存中)
icon エコー
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
icon アリス
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
icon シェン
(生存中)
icon 足利茶々丸
(生存中)
icon 垣根帝督
(生存中)
村作成:2016/05/25 (Wed) 20:49:33
GM 「鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
GM 「開始は21:20予定」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 上海GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 173 (上海人形)」
上海GM 「OPとかは先着者から希望があれば聞くよ」
月 が幻想入りしました
「こんばんは」
上海GM 「イラッシャイマセー」
やんねえ香 が幻想入りしました
上海GM 「月よ、君の願いを聞こうか」
上海GM 「やんねえ香もいらっしゃいませ」
やんねえ香 「人狼ではかわいいプレイヤーだなって思ってたけど、他のゲームの方の顔も知ると、ちょっと違ってたなっていう相手、居ると思います。」
「月に代わって覚醒よ!」
上海GM 「やる夫スレと原作で違ってたり、b」
上海GM 「oi...misu...」
「あとは無毒もあると嬉しいです」
戯作者 が幻想入りしました
戯作者 「ああ。スケルトンを狩るのはいいが―――
別に、フレンドに頼り通しでも構わんのだろう?」
上海GM 「某所のみ違ってたりするキャラはいるね>やんねえ香」
上海GM 「戯作者もいらっしゃい
喜べ月、君の願いは叶えられる」
上海GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
上海GM 「固定:覚醒
出現:無毒 OP一丁お待ち」
できない子 が幻想入りしました
できない子 「よろしくー」
上海GM 「できない子、いらっしゃーい」
やらない子 が幻想入りしました
やらない子 「常識的に考えてよろしく」
上海GM 「すごく、モノクロなメンツだ…
私の場違い感パネェ」
できない子 「後この配役OPだと覚醒者枠の埋毒者だと認識出来るよね
無毒村で毒認識だと強しか候補ない」
戯作者 「随分筋トレしたんすね。(すっとぼけ)」
霊夢 が幻想入りしました
上海GM 「やらない子?子?…いらっしゃーい」
「わーい
GM大好き」
上海GM 「霊夢ー、いらっしゃーーーい!!」
霊夢 「うーい」
霊夢 「覚醒無毒とな」
やんねえ香 「コペルニクスから連なり、ティコだのケプラーだのガリレオだの、或いはニュートンやアインシュタン。
科学の有名人は割と欧州出身が多くて、アジアや中東からはあんまり名前が出てこないんだけど、これは理由があるんだよね。」
できない子 「毒表記CO 認識出来る強毒●食らっても強いとなれば5日目に出ても良いときてる」
魔理沙 が幻想入りしました
上海GM 「そうだねー>強毒しかありえない

固定>出現の優先度だからね」
やんねえ香 「まぁそんな事を言うくらいには暇が出来るほど早く入村してしまった。」
魔理沙 「遊びに来たぜ」
上海GM 「魔理沙もいらっしゃいなんんだZE☆彡」
戯作者 「とりあえず潜毒COしとけば良いってことはわかった。(適当)」
霊夢 「噛んでる>GM」
ミクダヨー が幻想入りしました
ミクダヨー 「ミクダヨー」
できない子 「さぁこれだけ前振りやったから強毒が来るだろう」
できない子 「それそのまま吊られる>戯作者」
上海GM 「ミクダヨー、いらっしゃい
間でも問題ナイヨー」
戯作者 「そーなのかー。>できない子」
上海GM 「出題者がでたら、優しくしてあげてね…>無毒村だから」
できない子 「毒が出ないのと覚醒枠で出る固定枠で導き出される答えなだけだから」
「出題者は毒以外でも勝ち筋はあるにはあるから大丈夫大丈夫」
ミクダヨー 「ソモソモ毒がいても勝てないダロー?」
上海GM 「毒いない出題の勝ち筋…
マニアでコピーくらいかな?」
上海GM 「なお、マニアで出題コピーOK
鵺はダメってなんでなんだろうね…」
霊夢 「ショック死とか」
エコー が幻想入りしました
エコー 「失礼します」
できない子 「鮮血夫人で出題者吸血されずに吊れば勝てるな(無理難題)」
初音ミク が幻想入りしました
初音ミク 「ミクだよっ♪」
ミクダヨー 「私のパチモンがキタヨー」
上海GM 「エコーとミクも、いらっしゃいませませ」
できない子 「後はショック死で共倒れなら勝てるけどこれは村がそこまで詰めない」
上海GM 「あー、鮮血の結末があったか!!」
初音ミク 「白熊の恰好はしてるけどパチモノじゃないよ!?」
karri が幻想入りしました
karri 「はい、こんばんはー」
魔理沙 「ミクが二人いるぜどっちが本物だ?」
上海GM 「karriもいらっしゃーーーい」
初音ミク 「私はミクだし本物とか偽物とかってあるのかなぁ……>魔理沙」
やらない子 「わたしだ」
戯作者 「『本物』はスタンドがそばにいるヤツだ……。」
ミクダヨー 「テメェなんざ怖かねぇ!ヤロウぶっ殺してヤラァ!>初音ミク」
初音ミク 「スタンド? あ! マイクスタンドの事だね!」
「ミクはもっと顔が縦長いはずだ!」
初音ミク 「何で!? 何でそんな物騒な話になってるの!?>ミクダヨーちゃん」
上海GM 「最強のスタンドとは…
私がスタンドとなることだ!!」
霊夢 「つまり、やらない子が本物のミク?> 「ミクはもっと顔が縦長いはずだ!」」
初音ミク 「縦長い私って何? それって何!?」
上海GM 「ナ、ナンダッテー!?」
karikari が幻想入りしました
karikari 「よろしく」
やらない子 「ネギだ」
ミクダヨー 「ツマリ……どういうことダッテバヨ」
上海GM 「karikariいらっしゃーい」
戯作者 「イザナミだ……。」
できない子 「D4Cの現象だ」
karri 「karri さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karri → アリス
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7067 (アリス06)」
上海GM 「アリスー(ギュッ)」
初音ミク 「今の子だと私とネギの関係を知らない子も居るって話はたまに聞くね」
霊夢 「時間よ」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → パチュリー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7193 (パチュリー05)」
「時間ですね」
戯作者 「答えを聞こう。」
上海GM 「時間なんで準備出来た人から投票してねー」
アリス 「…さて、重大なことを一つ発表するわ
上海には自爆装置を仕掛けた、人狼に食べられる前に…爆破するようにね」
パチュリー 「それじゃよろしく。」
霊夢 「魔理沙とアリスも投票しなさい」
上海GM 「な、なんだってー!!(AA略」
シェン が幻想入りしました
アリス 「フフ…可愛いわね>上海
可愛いうちは愛でるのみよ」
初音ミク 「さ、最後まで諦めちゃ駄目だと思うの……>アリスちゃん」
足利茶々丸 が幻想入りしました
できない子 「では開始か少人数村を楽しもう」
霊夢 「バルス!>戯作者」
足利茶々丸 「間に合った」
垣根帝督 が幻想入りしました
魔理沙 「アリスもきたのか」
戯作者 「目が~目が~。(適当)」
シェン 「ランク回すのに疲れたでござる……」
上海GM 「シェンと茶々丸、帝督いらっしゃーい」
垣根帝督 「俺の未元物質に常識は通用しねぇ」
パチュリー 「あら、アリスには反応するけど私には無視かしら?>魔理沙」
魔理沙 「いつの間にかパチュリーもいるぜ」
アリス 「ああ、後であなたも人形にする用意はできてるわ?>魔理沙
少し上海が足りなくなってるけど…心当たり、ありわよね?」
「カウントいくよー」
「ノ」
「卩」
上海GM 「月はカウン度ダウンはじめちゃっていーよ」
「凡」
初音ミク 「お前も人形にしてやるって閣下の話?」
「月」
パチュリー 「いつの間にかって酷いんじゃないかしら。私だって外出するときはするわ。面倒だけど。」
「月に代わってゲームスタート!」
初音ミク 「何その文字!?>卩」
ゲーム開始:2016/05/25 (Wed) 21:23:00
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営2
魔理沙 「静狼だぜ」
「覚醒の割に素狼は酷いなと思った月」
シェン 「鋭狼でござるな」
「◆上海GM GMはとある旅人@出張なう」
魔理沙 「覚醒ってのよくわからないぜ」
魔理沙 「GMさんよろしくなんだぜー」
「◆上海GM 固定:覚醒、 出現:無毒 のOPはいってるから気を付けてねー」
「じゃあ、もう黙るか
狼の数が少ないように誤認させよう

噛みは魔理沙に任せた

覚醒ってのは、覚醒者ってマニアが変化する役職
つまり各役職の最上位つまり一番強い役職ってこと

まあ後は黙ってる」
魔理沙 「わかったぜ
私はいくら喋ってもアオォーンでないみたいだぜ
1.30くらいでいいか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆上海GM 投票は早めに、忘れずに行使しよう
GMとの約束だよ」
月 は織姫に選ばれました
上海GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
上海GMさんの遺言                   ∧
                 ノ:::::::ヽ
          r――――、|:::::::::::ノ
          \::::::::::::ゞ,,ο,,-≦
            \::: -"     ""\
            /          ヽ
           /      ハ   ハ   ヽ
      _   /    /  l /  l  ハ
      \ \/  l  l  l  l/  l }   }   しゃんはーい
        \ノi  ,, l  l  ,,,    ,,,ノ   l
 \ ̄ ̄ ̄/'' l/ i、 l ___┌┐__ ノヾハlリ
    ̄ ̄/     ,, --'ヽl   ゝ    ̄| |
      /  ,, --"   \  , -0- 、  (⌒≧      みんなで、美味しい鍋にしていこう
     /,ノ~ \       > __/ヽ__{.  |~ |::|
     //\   \   /::::\,,   ,―| |/       配役、ダバダバー
   /:::::::::::\   \/\::::::::::::::~}二 ⌒) .|
  /:::::::::::::::::::::: \__     ―t┘::::: ̄| |
  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     /':::::::::::::::| |
    \::_::::::::::::::::::::::::::::::\  /:::::::::::::::::::| |
       \::::::::::::::::::::::::::::::\|:::::::::::::::::::::::| \
         \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,,-/    \
            |\::::::::::::::::::,,,-""~  l    ::::: l
            |  ~|"―"~      l     :::: |
            |  .|          \   ::::: l
            \_ノ            \_____/
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
初音ミク 「七吊り六人外にQP入りかぁ
んー、結構ぎりぎりかな」
戯作者 「近年稀に見るクソ配役だと思うんですけど。(名推理)」
霊夢 「おはよう
覚醒だから白や囁き、憑がいるのを警戒するのよ
蝙蝠に氷妖精でもいりゃ面白そうなんだけど
やたら吠え少なかったけど銀か静まじり?」
できない子 「おはようなんだか吠えが少ない様だけど
狂人が多いのかな?共有も居ないしQPは自刺しだから悪さ出来ないんだけど
面倒ではある」
やんねえ香 「おっすおっすー。共有者の小声とかは無かったみたいだね。
人狼百人くらい出ないかな。そしたら即終われるんだけどな。」
魔理沙 「朝だぜー」
足利茶々丸 「           -‐     ̄`ヽ、
            /          \
        // /i     / ヽ ハ  ヽ  吠え少なかったけど……狼吊り躊躇とかまずねぇから
          〃 iゞ天  ∧天彳 }
        レ!小l●\/ ●从 _ ,,>i  静狼とか銀狼ぐらいは考慮するさね。
       _ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
.      ('⌒ヽ|ヘ   ゝ._)   j /⌒; !  ぶっちゃけ、なるようにしかならんね
.        \  | l>,、 __, イァ/  /|
        ヽ | |\::::{ /:.:/ /  ,' i|
         | |  i:::∨: / /` イ  l|」
ミクダヨー 「人狼の吠えが少ない……スクナクナイ?」
シェン 「おはようでござる」
やらない子 「今夜は月が綺麗ですね」
初音ミク 「彦星って覚醒職だっけ?」
パチュリー 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営2
おはよ。QP考慮すると6吊り6人外になるわね。
ただ、蝙蝠が多いのが面倒よねぇ。
狼の吠えがやけに少なかったけれど銀や静混じりかしら。
共有は居なかったけれど、COはあるかしら?」
アリス 「さようなら、上海
あなたの死はムダにしないわ」
霊夢 「wwww>月が織姫」
「月に代わっておしおきよ!」
エコー 「単純に考えて鉄火場を軽く凌駕しているように見えますが
きっとエコーの気のせいですね
蝙蝠自体は一応処理出来なくてもなのでギリギリセーフですよね」
垣根帝督 「月が出ているか」
できない子 「月が織姫・・・」
パチュリー 「あら、彦星混じりね。」
魔理沙 「狼の声凄く少なかった気がしたぜ?」
ミクダヨー 「アノサァwwwwwww>織姫」
初音ミク 「違うっぽいなぁ>彦星は覚醒職じゃない」
シェン 「これは……」
エコー 「これは酷い>月様」
霊夢 「K:覚醒村 [Ver. 1.5.0 β2~]

上位種3 (村人陣営1・人狼陣営1・他陣営1)

村人:執行者・魂の占い師・雲外鏡・風祝・大司祭・騎士・亡霊嬢・強毒者・仙狸
   錬金術師・辻斬り・猩々・蛇姫・産土神・八卦見・奉公童女・麒麟

人狼:白狼・瞳狼・荊狼・鋭狼・舌禍狼・憑狼・天狼・囁き狂人

他:天狐・月狐・伊呂具秦公・吟遊詩人・守護天使・出題者・吸血姫
  大蝙蝠・氷妖精・酒呑童子・毘沙門天・剣闘士・夜刀神・身代わり地蔵・大天狗
  覚醒者・影武者」
魔理沙 「織姫ってなんだ?」
アリス 「…織姫?
月に刺しそうな人って思いつかないけど、彦星は噛まれでもすればいいわ」
やんねえ香 「またエラく近い織姫だね。天の川銀河ってもっと遠いよ。」
垣根帝督 「月「俺が織姫になることだ」」
霊夢 「違うみたいね>彦星覚醒枠」
やらない子 「人外数は吊り数と同じ、そして織姫がいると」
戯作者 「月姫?(適当)」
足利茶々丸 「あ、はい>織姫
といっても、恋人陣営とか今は気にしてもしゃーねーしなぁ」
ミクダヨー 「QPが自刺しなのがセメテもの救いだなって言おうと思ったけど
人数関係ないじゃないかコノヤロー」
戯作者 「で、ですねあの。」
アリス 「無敵の恋人ね>魔理沙
相方の彦星を殺さないと死なないわ」
シェン 「恋人でござるな。ただし吊られないし噛まれない>魔理沙殿」
垣根帝督 「あ~、なるほど、そういうことか」
初音ミク 「吊れないし噛めない恋人だね>魔理沙
月に矢を刺した彦星を殺さないといけないの」
戯作者 「何か熱病食らったんですが誰か心当たりある方いません?」
できない子 「人外噛みで処理して欲しい所だね>パチュリー」
「じゃあ指定するぞ^^
足利COしとけー」
やんねえ香 「まぁ特にどうという事も無い。」
エコー 「狼の吠えが少なくても人外数自体はふつうに多いので
吠えの多い少ないは別にそこまで考慮しなくてもいいのでは」
魔理沙 「狼少なそうだから、蝙蝠陣営は村の仲間にできるんじゃないか?」
アリス 「月は無視していいわ」
シェン 「んん?熱病?」
ミクダヨー 「月に刺す奴ってドイツだよ……。」
霊夢 「まー、COないなら頑張って人外吊ろうか」
初音ミク 「なんで初日に熱病!?」
エコー 「日頃の行いが悪いのでは?」
パチュリー 「となるとその他枠に彦星は居ない、となると蝙蝠が大蝙蝠か氷妖精か覚醒狐系ってことかしらね?」
やらない子 「2日目から熱病ってどういうこと?<戯作者」
ミクダヨー 「熱病?」
できない子 「悪寒とか?」
初音ミク 「何か……あったっけそういうの?>初日に熱病」
戯作者 「それは無理じゃないかな。()>魔理沙」
「狂妖精だよね」
垣根帝督 「うわ、びっくりした>指定してくる」
霊夢 「氷妖精の凍傷じゃないの?www」
魔理沙 「熱病?2日目にいきなり熱病になることなんてあるのか?」
やらない子 「凍傷じゃなくて熱病なんだね?」
アリス 「熱病?
普通に何よそれ?」
パチュリー 「で、なんで月が指示出してるのかしら
そんなの無視よ無視。」
エコー 「氷妖精ではなくてですか?>戯作者様」
ミクダヨー 「超能力者でもない。じゃあナンダ?」
足利茶々丸 「ま、妖精か蝙蝠か狐に何か第三覚醒枠とかある訳か
それよか、狼陣営がやべぇからなぁ。5ってのは。」
パチュリー 「って熱病?」
やんねえ香 「開幕熱病とか珍しいねぇ。」
初音ミク 「無毒と覚醒以外オプション……ないよね?」
できない子 「その妖精確か居たはずだがね」
霊夢 「あー、そんなのもいるのか>狂妖精」
「地味に新役職の中で一番登場してなくて、あんまり認知度が高くない狂妖精!」
アリス 「ああ、狂妖精
そういうのがいたわね、そういえば」
初音ミク 「あー、氷妖精?」
足利茶々丸 「狂妖精って初日からぶっぱなせたっけ」
戯作者 「熱病ですね、はい。」
シェン 「99%位の確率でやらない子が彦星だと思うでござるよ」
垣根帝督 「狂妖精ですか(笑)」
やんねえ香 「悪寒って熱病と出るの?へぇ。」
初音ミク 「狂妖精? そんなの増えたの!?」
やらない子 「残念、わたしは彦星じゃないよ」
アリス 「じゃあ、運が良ければ生き残るから安心しなさい
あなたが村陣営ならだけど」
エコー 「妖精なのであれば初日行使は可能なのではないでしょうか>足利様」
垣根帝督 「熱病表記だけど死ぬ確率は……いくつだったか」
できない子 「狂妖精が居たならば人外に行使して欲しい所」
ミクダヨー 「氷妖精は凍傷。狂妖精は悪寒。
熱病はワカランゾ?」
魔理沙 「よし、わかったぜ
私の知り合いの中で月にいったことがないのは…」
やんねえ香 「まぁそれもまた割とどうでもいいや。」
シェン 「初日っから熱病飛ばせる役職なんているんでござるか」
パチュリー 「あー、狂妖精ね
なるほど、そういえば居たわねそんなの。
15%だったかしら」
霊夢 「まー、河童いても助けなくていいんじゃない、COしないなら」
「狂妖精は実質暗殺者枠ねー
ぼくに行使してもいいのよ?」
戯作者 「おのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれェwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>狂妖精」
足利茶々丸 「15で勝手に死ぬって奴か
うん、どうしようもないね、これも」
垣根帝督 「15パーセントだな」
霊夢 「ほんとぉ?>やらない子」
初音ミク 「15%で死ぬ熱病かぁ。へぇ」
できない子 「後はもう一つの蝙蝠枠がどこかだけどね」
やんねえ香 「まぁでも確かに他に候補無いしね。」
アリス 「元ネタはクラウンピースだったかしらね?
元ネタ通りにやると、好きな人を狂人にするとかあれな能力になりそうだけど」
戯作者 「まぁ、そら大蝙蝠だからね。
しょうがないね。>霊夢」
「あ、足利COしないなら吊りね」
ミクダヨー 「◇足利茶々丸 「狂妖精って初日からぶっぱなせたっけ」

イチオウ妖精系は全員初日からぶっぱなセルゾー」
魔理沙 「狂妖精?
氷の熱病バージョンみたいなもんか_」
パチュリー 「せめて死ぬならCO位残してったら?>戯作者」
足利茶々丸 「というか、河童とか仙人にCOされて解毒されても出来たかどうかわからんし……
投票してショック死したら偽が分かるってぐらいで」
初音ミク 「月の言う事は無視するよー」
垣根帝督 「お前これで死んだらシェイクスピアって呼んでやるよ」
やらない子 「あぁ、違うよ。
私が恋人なら露骨に月が綺麗とかいいやしないさ」
エコー 「確率で発動しないのであれば河童も困るのでは
だって投票しても治療できない可能性もあるのですよね」
できない子 「恨み買いたくないならそこの月にでも行使すればいいんじゃないの?」
霊夢 「wwww>戯作者」
シェン 「グレランでござるよー」
アリス 「それやると、反射で死ななかった?>月」
足利茶々丸 「(イラッ☆」
「そんな力だったら、ぶっ壊れすぎるぅ! >アリス」
魔理沙 「それ、逆に足利つれなくなると思うぜ>月」
アリス 「別に妖精なんてどうでもいいけど」
エコー 「良かったですね戯作者様、シェイクスピアワンチャンスですよ」
パチュリー 「月がウザい(直球)」
やらない子 「アオォーン・・・」
ミクダヨー 「死ねば良いとオモウヨー>戯作者>大蝙蝠CO」
垣根帝督 「月は綺麗だけどお前は汚いですね」
やんねえ香 「元々はシンデレラの為に作られた能力だからね、織姫なんて。」
初音ミク 「やらない子燃えたね」
やらない子 「ウソだろお前。
村人表記CO」
「待った
指定変更、やらない子」
エコー 「月が綺麗ですね」
初音ミク 「燃えた? 炎上案件?」
アリス 「…萌え?」
やんねえ香 「毒りんごを食べたのは?」
できない子 「やらない子が萌えてる」
魔理沙 「クラウンピースが一番狂ってるのは服のセンスだぜ」
戯作者 「ディルムッドの嘆きを披露したいぐらいには狂妖精は死ねば良いのにって思いました、まる。」
霊夢 「まー、人外死亡ならいいじゃん
悪寒は発動したら確定死亡かどうかしらないけど」
足利茶々丸 「ぶっちゃけ恋人ならわざわざいわんと思うけど、恋人に見えるなら尚更吊らんわい」
シェン 「仮説が実証出来る時が来たでござるな」
「よし、やらない子吊で
足利は明日朝一でCOな」
魔理沙 「吠えた奴がいるぞ!」
垣根帝督 「やっぱ月の兎(NOT月兎)はソテーにしないとなぁ!!」
やんねえ香 「哀しい出来事だったね。」
ミクダヨー 「萌えたノカー?」
パチュリー 「萌えて村COなら吊るしかないわね。」
シェン 「あ、でも恋人はなくなったでござる」
やらない子 「不審者とか聞いてないんでその
陽性に始末させ子?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
戯作者 はショック死しました
2 日目 (1 回目)
0 票投票先 →やらない子
やんねえ香0 票投票先 →やらない子
戯作者0 票投票先 →
できない子0 票投票先 →パチュリー
やらない子11 票投票先 →霊夢
霊夢1 票投票先 →やらない子
魔理沙0 票投票先 →やらない子
ミクダヨー0 票投票先 →やらない子
エコー0 票投票先 →やらない子
初音ミク0 票投票先 →やらない子
アリス0 票投票先 →やらない子
パチュリー1 票投票先 →やらない子
シェン0 票投票先 →やらない子
足利茶々丸0 票投票先 →やらない子
垣根帝督0 票投票先 →やらない子
やらない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
戯作者 はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シェン 「ふむ。身内から恋人が出たでござるか」
魔理沙 「お前リア充だったのか…月」
「織姫とか初めてでびびりますわ」
魔理沙 「襲撃はどこにする?」
「月が綺麗だからじゃないのか… >パチュリー」
魔理沙 「月に邪魔されるかもしれないし適当に噛んでいいか?」
「え?ぼくは狼だよ☆ >パチュリー」
シェン 「いや、拙者が噛もう」
「噛みは任せるぞー(バリバリ」
シェン 「エコーを噛むでござる」
「ちなみに毒無効なんで、毒噛みが怖いなら私に任せるといい(なおOP」
魔理沙 「あれお前ら会話できるのか>月」
「せやで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
初音ミク は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない子さんの遺言 村人表記CO
戯作者さんの遺言 【戯作者(けさくしゃ)】 - げさくしゃ、とも言う御仁。要するに、お江戸の作家。
>あなたは海歌姫です。
これもうわかんねぇな……ミクさんに差し上げて、どうぞ。
初音ミクさんの遺言    /:::{_/≦モ; ;:....: : :   V /:  /::. / ./: ::::ノ / !:/i:..}:: : : :::::! ヽ
.  /::::::! .}爪//: : : /゛," ;; ;    .∠  //  "!   人 !: : : : : !,、 ヘ
  /:.:.:.:.:}  !///: : :./; ; ; ; ゛゛/: : : :/  .ヽ// " /i ゛ .,A、:!:: : ::: :: : : : .j
. /:: :: ::/  .!//.!: : : /::..  :. .≦ミ   //  .::::'  /  i} !: : :: :: : :: :!\    司祭だYO!
/ : : ::/   .!//!::: : :: :: :: ::. .,タう:}! ㍉ ./: :./:: ./≦下ミ!!!. :.:. : : :: ::.::!:: :.\
: : ..,.イ    }≦!: : ::::::::/弋 -= ノ  / /./ / /ら:::シ!}./}  ::.  .: ::::::|ヘ.::... :\
:: ./ ノ     !::: : : :/イ    ̄  ./ /  :/  ゞ= 'ノ/::| ..:: :.:.:: ,オ:|:.:.\::...:..:\
:./       .|: ::./// !.       /     i      /.,イ .: :: :.} / .| .!::.:.:.∧.:::..:. :.\
.        .|/.\.//}            /     /:./.:.|: : :...,ィ  !リ::::..:.:..
          ヘ:\ヘ                /:./..:.,'.: : :.//  ノ ヘ:::..:.
           ! ::.:\\.    ヽ    ア  ∠/:/: : :.//      \::::.:.
           ! :.:.}. \\    `     .イ/ /  !/
           ! :_ノ   .\ス>     <
            } ̄\        `i. ´
           ノ: : : :..`ー―‐ 、___{_
          /: : : : : : : : : : : : : : : : :.zイ ̄ヽ- 、
    , - .―爪\: : : : : : : : : : : : : : : : :} .|:::::::::}  ヘ
   /  \/ }く\\: : : : : : : : : : : : :.../.i }::::::/ A ヘ
  ./     .ヘ::ヘ. \\: : : : : : : : : : :/./!ヘ::/ /::::ヽ ヽー- 、
          ヽヽ}::.\\: : :.ノヽ: : :/./::::ヘヘ ./:::::::::∧ V  .\
         _} .}: : : へz/ ノ: :././:::::::::: ̄{::::::::::::::::V    ヘ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
アリス 「…やらない子が不審者は似合いすぎるのよね」
できない子 「パチュリーが抑え気味な発言で気にかかるから投票してみたよ
この状況QPは噛まれて欲しい所だがねショック死か」
ミクダヨー 「結局なんだー?って調べていたけど
悪寒って熱病表記っぽいナー
そこまでは知らなかったんダヨー」
「おっと申し訳ない」
エコー 「見た目が不審者ですしね、仕方ないですね」
やんねえ香 「はぁ、さいでっかーみたいな。」
霊夢 「おはよー
自分でも残されるの無理だってわかってるやろ>やらない子
吠えが増えたから銀混じりかなーって」
アリス 「…熱病ね
さて、私はいつ死ぬのやら」
パチュリー 「あら?
噛み随分早くないかしら?
気のせい?」
垣根帝督 「さよならシェイクスピア」
ミクダヨー 「海歌姫って狂人ダッケー?」
できない子 「狂人が死ぬのは良いね」
霊夢 「狂人死亡ならええやん」
エコー 「狂人相当ですね、よかった
可愛そうな蝙蝠はいなかったんですね……」
霊夢 「悪寒って熱病かかったら確定で死ぬんじゃないの?
熱病がかかる確率、が15%で」
アリス 「そして狂人死亡、まぁ、悪くはない」
足利茶々丸 「ありゃ」
「じゃあ、足利COしないなら吊りで」
垣根帝督 「今日死ななきゃずっとしなねぇよ、今日死ななきゃな」
足利茶々丸 「            -‐     ̄`ヽ、
            /          \
        // /i::::ノ(::/ ヽ ハ  ヽ   狂妖精に、彦星を狙わせたいけどQP陣営まだ吹っ飛ばすつもりはないので
          〃 iゞ天::⌒∧天彳 }
        レ!小|⑪::::::::::::⑪从 _ _>i   そういう意図というのは自重せざるをえない件。
       _ ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
.      ('⌒ヽ|ヘ  ヽ ノ    j /⌒; !
.        \  | l>,、 __, イァ/  /|  
        ヽ | |\::::{ /:.:/ /  ,' i|
         | |  i:::∨: / /` イ  l|
パチュリー 「自称狂人ならぶっちゃけどっちでも。大蝙蝠よりもむしろいい知らせかしら。人外死亡なのは間違いないでしょ。」
やんねえ香 「今のとこ覚醒枠見えんね。恋人も違うんだし。」
霊夢 「これ月狼だろwww>噛みが早い」
ミクダヨー 「まぁそーなると狂妖精ってことで良いとして
グレランすっかーというだけの話になるんダガヨ」
魔理沙 「朝だぜ」
足利茶々丸 「蝙蝠じゃねぇんか
まぁそれならそれでえーわい」
「ちゃうで(震え声 >霊夢」
アリス 「表記は熱病なのよね、これ」
エコー 「熱病がかかる確率は15%なのか熱病が発動する確率はそうなのか
謎ですけどかかる確率だとしたら割りとレアじゃないですか」
パチュリー 「あー、割と有りそう>月が狼」
できない子 「月は人外だから気にしても仕方ないし
狂妖精は狼に●とか当てられてもCOするなら助けるよ」
ミクダヨー 「その発想はwwwwwww>霊夢」
足利茶々丸 「ありそう>月狼で噛み早い」
霊夢 「ちょーめんどくさいわね>パチュリー」
魔理沙 「海歌姫は何だ?狂人か?」
パチュリー 「恋人噛まれないために即噛みってのは割と納得できるし。」
エコー 「この態度……これは月さん狼ですね(遠い目」
できない子 「そうだね今の所
配役が分かって良い感じだけどね>ミクダヨー」
シェン 「まぁいずれ殺さなければ行けない相手でござる。月狼なら儲けもの位に考える」
アリス 「まぁ、月が狼なら…彦星は釣りで始末する必要があるというのが面倒ね」
パチュリー 「でも、逆に言えば吠えの少なさ的に、飽和をあまり心配しなくてもよさそうではあるのよね。月が狼なら。」
やんねえ香 「そう言えば月狼っていう種類の狼はいないんだっけ。月狐はあるのにね。
あっても不思議じゃない名前だとは思った。」
垣根帝督 「やべぇな昼に指定してヘイト稼いで夜に早噛みしてヘイト稼ぐって
どんだけ死にたいんだよ>月狼」
霊夢 「今日から噛み先黙って噛んだほうがいいぞ狼ぃ
あるいは今日噛もうとしてた場所に組織しろ狼ぃ」
「私は魔法使い系の美少女戦士COですから!」
ミクダヨー 「そうなると強毒がいるケース以外は
完全抗毒狼のメリットが無いのでわりとザマァケースカナー」
パチュリー 「彦星は吊って殺さなきゃいけないってのはマイナスではあるけど。」
魔理沙 「ん?月は狼なのか?
だとしても吊れないんだろ?」
ミクダヨー 「キーテネーヨ>月」
パチュリー 「そもそもこの村、無毒村よね」
エコー 「逆に言えばもし月様が狼なのであれば
狼としては噛みがコントロールできないという事もあるので
一概に悪い事とは言い切れませんが」
足利茶々丸 「ま、そこがそうであるのは祈りつつ、グレランするしかないのさね
あてとしては、まぁやらない子も人外なのも祈りつつ
あんまり萌狼いそうな吠えとは初日に思って無いので、やっぱ吊りきついんかなぁとか」
できない子 「噛みで潰せないって事は
○警戒も必要ってので結構面倒だなぁ」
垣根帝督 「まぁ正直COなんてしない方がいいだろうしグレラン続行しかないわけである
今なら俺達の心が一つになることがあるかもしれない」
アリス 「そうなのよね、夢毒もでないはず」
霊夢 「噛み早いから狼っぽいよねって話>魔理沙」
シェン 「まぁ今日はグレランでござる。灰状況は全員狂人か蝙蝠にしか見えないのでコメント出来ないでござるが」
魔理沙 「んーグレランか」
垣根帝督 「ところでアリス、お前今日死んだらお前のこと昔の異名で呼んでやるよ
死の少女だっけ?」
魔理沙 「蝙蝠二人もいるんだもんな
一人は狂妖精ってやつなんだよな?」
エコー 「相方、つまり彦星を噛み以外で処理するしか
その場合手を出せませんね>魔理沙さま」
パチュリー 「ま、結局のところグレラン続行ってことになるかしら。
月に刺してきそうな位置、とかまではあまり気にしすぎない感じで。」
できない子 「吊れない根本のQP吊ったり暗殺したりとかせねば>魔理沙」
ミクダヨー 「>パチュリー
発想が違くないかー?
元々吠えが少ないから怖いのは飽和より吊りきりのはずダヨー?
その上で月が恋狼ってのはメンドクサイことのはずダケドー?」
やんねえ香 「こういう村は狩人が居ると勝てるんだけど、狩人居ても活躍出来そうにねーですなこの村。辛たん。」
霊夢 「精神辺りがQP結果出してくれたらイケメンなんだけどね」
「ちなみに美少女戦士として昨日はできない子に行使したよ!
魂占い師結果で天狼だったYO」
シェン 「月が狼の場合、コントロールすると飽和を狙うわけで>エコー」
垣根帝督 「役に毒はないが人に毒がある」
魔理沙 「ふーん私にはちょっとよくわからないぜ>霊夢
まあ覚えておくぜ」
アリス 「それ元ネタのほうだったかしら…>>帝督」
足利茶々丸 「◇やんねえ香 「今のとこ覚醒枠見えんね。恋人も違うんだし。」
ぶっちゃけ、天狐か月狐か、妖精蝙蝠がそれかって、分かってもどうでもいいかなぁ」
やんねえ香 「ユークリッド幾何学と非ユークリッド幾何学の闘い。
実は後者の方が強いんだよね。」
ミクダヨー 「無毒村だからザマアナノデハー?」
「だから今日は足利とできない子でランね^^」
シェン 「狼的には利しないけど村人的にも大損こく状態でござる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
0 票投票先 →やんねえ香
やんねえ香1 票投票先 →パチュリー
できない子0 票投票先 →魔理沙
霊夢1 票投票先 →ミクダヨー
魔理沙2 票投票先 →パチュリー
ミクダヨー2 票投票先 →パチュリー
エコー0 票投票先 →パチュリー
アリス0 票投票先 →シェン
パチュリー4 票投票先 →ミクダヨー
シェン1 票投票先 →霊夢
足利茶々丸0 票投票先 →魔理沙
垣根帝督0 票投票先 →やんねえ香
パチュリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「噛み奪ってすまない…
今日は噛まない」
「月に代わってしんじてね!」
シェン 「なんか意外なところが落ちたでござるなぁ」
魔理沙 「お前パチュリー恋人じゃないじゃん」
「せやで
『>パチュリー』はブラフや工藤」
魔理沙 「ん?月が噛んだのか?」
シェン 「魔理沙ピュアすぎやしませんかね……」
「そんなわかりやすく彦星の場所を露出させるわけないでしょwwwwwwwwwwwwwwwww」
シェン 「月が噛んでるよ」
「今日は噛まないよ!
月自分をまげないよ!」
シェン 「そういやなんで噛みを奪ったでござるか?」
「(たぶん)」
「ミクが狂妖精っぽかったから」
シェン 「まぁいいでござる。適当に灰を噛むでござる」
「私には今、占い師より狂妖精のほうがこわい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
エコー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
パチュリーさんの遺言 狩人COよ
不可>霊夢>>>>>>>>>>

狩人日記
【1日目】 護衛:不可 死体:初日
あまり好ましい陣営数じゃあ無いわねぇ……
ま、これで真狩人なら割と動きやすいけどね
夢なら妖精を狙うしかないかしら

【2日目】 護衛:霊夢 死体:ミク
霊夢 「まー、人外死亡ならいいじゃん
悪寒は発動したら確定死亡かどうかしらないけど」
この辺の発言の感じとか、なんとなく噛まれてきそうな感じかしら
比較的発言も安定してるし。

※真狩人確定ね
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
足利茶々丸 「                --   __
              /ニニニ∨ニ ヽ
              / 'ニニニ= /ニニ=_                      '⌒  銀狼が恋人とかもありえっかなー? ま、だからどうしたって話かもしらんが。
              /_/ニニニニ ,'ニニニ=                     //ニ=}
          /ニ/ニニニニ ,' ニニニニ                    /ニ/ニニ|
         , ニ, ニニニニニ ニニニニニ                /ニニ'ニニ=゙|  月が狼っぽいなら、狂妖精は彦星狙った方が良いとあては思うよ
        /ニ / ニ===ニニ iニニニニニ       -- 、       /={ ニ=jニニ=|
        , ニニ,'"      ヽ=|ニニ / ̄ ミ 、_/ニ=>―  ---< ヽ \Vニニニ,リ  だって、狼が恋人って……それ確定で妖精・蝙蝠死ぬルートじゃん?
      /ニ/j-‐……‐- 、 / }斗 , 'ニニニニ=\Y,,/  /⌒  、 -=ミ \\ニニ {
.     / '⌒∨ {//{     -=ニ ∨ニニニニニ=/ |/          ィ示 >'   ヽニ,!
     '=√≠) |//|//ニニニ='ニニニニニニ,' {' ,,/    \ ̄ `< <⌒   ∨       ◇魔理沙  「んーグレランか」
    {=/ニ/{ |//ゝ〈 / ̄ ̄`┴ ====ニ二二{  | {  ィ示,ノ \    \彡''  }
  r '' ノニノ  、 \// ヽニニニ〃/ ̄ ̄ ///!/{^ヽ∨戎/ _ ヽ    \    -==ミ    何かグレランに文句でもあったんかい?
   ー―    \  ̄ ̄\ニニ川 ニニ //レ , { j  \ァ' \⌒≦ア       ヽ | \ __) )
        ――   ――\ニv ニニ i !,   八,ノ    \ __,,彡ヘ \      ,/  ̄ ̄ リ  それとも占いとかにCOをもうして欲しかったんかい?
     / /        >ミ ≧=- __ 乂_彡イ \     \   \      / ―=彡'
    乂_(_________\ -=ニ   \,人   \               イ'   \
        ̄ ̄\ \ ̄ ̄ ̄ ̄二=--      ),/ \          / 人 _ノ ))
            \  ̄ ̄ ̄ ̄_ ニ=― ' ̄ ̄ ( (⌒ヽ __  イ    ____ /
               ̄ ̄ ̄ ̄            -= __  =-―…
霊夢 「おはよー
なるほど、発動率が15%なのか>狂妖精
戯作者www」
シェン 「光陰矢の如し」
魔理沙 「あれ、もう朝か」
ミクダヨー 「朝一準備してネエンダケドー?>早い」
「美少女戦士CO!
霊夢にこうし!魂結果で九尾ですね!」
アリス 「…さすがに、あそこで死ぬ私ではないわ
じゃあ、占い師はいたら出てもいいわ」
霊夢 「やっぱ月狼だなぁ」
やんねえ香 「凪ってるわー。」
魔理沙 「グレランがあまり得意じゃないからだ>足利」
できない子 「魔理沙が発言で手間取ってる印象が有るな
発言としてはミクダヨーの方が村っぽい印象
アリスがマイペースな感じかな」
アリス 「占いいない?
初日かしらねこれ」
垣根帝督 「俺も第一位に対抗して島谷ひとみとか歌った方がいいんだろうか」
「できない子━霊夢━足利で吊れば私視点詰め切れるよ!やったネ!」
垣根帝督 「占い出るタイミングではある」
ミクダヨー 「おおよそ月が狼な噛みしてるワナー
QP1だから他に恋狼いる可能性は無いわけダシヨー」
霊夢 「初日か月かっぽいわね>占い」
足利茶々丸 「そ、そうけ>魔理沙
その返答にゃそれ以上あては言えない」
アリス 「昨日死ぬかと思って思考が回らなかったというのはあるわ>できない子」
霊夢 「つうか昨日パチュリー吊れたのがマジで不可解だったんだけどなぁ」
シェン 「ところで熱病ついてる人は居ないでござるか?」
魔理沙 「狂妖精とか海歌姫とか色々と知らない呪文が出てきて困ってるぜ>できない子」
やんねえ香 「相対性理論によれば、空間の一点に重力を集中させると、丁度トランポリンが沈むように空間が沈み、両端が折り重なる事で二点間の距離を零に出来るらしいという豆知識。」
できない子 「初日じゃない?占い
じゃないと噛みスピードが早過ぎるし」
足利茶々丸 「ん-、どうすっかねー」
「あっ、熱病ついてるね」
ミクダヨー 「初日だろっていうか
月が占い師の可能性の方が数倍ネーヨって話」
霊夢 「熱病ついた人いないなら噛みと被ったか噛まれて死んだかじゃないの」
アリス 「まぁ、私は熱病表記は消えたわけだけど…これで出ないとなると
エコーがいたずらされたんじゃない?」
垣根帝督 「ついてないねぇ、隠す意味もあんまりねぇものではあるが」
魔理沙 「月って狼だって誰かいってなかったか?」
足利茶々丸 「◇ミクダヨー  「その発想はwwwwwww>霊夢」
これって何か草生やすもんなんかねとは」
シェン 「情況証拠的にエコー殿狂妖精になるでござるが」
「ぐわー!
15%の確率で死ぬー!グワーッ!」
ミクダヨー 「……キカナクネ?>月に熱病」
足利茶々丸 「つかねぇよ」
垣根帝督 「お前がコンテニューできないのさ>月」
霊夢 「月狼、初日占いか」
魔理沙 「しかも狼だとしても月を吊ることはできないんだろ?」
アリス 「本当についてる可能性があるのよね、月に
聞かないけど」
できない子 「なるほど狂妖精は少し面倒だね
初めてお目に掛かるが>アリス」
ミクダヨー 「生やしてなにかおかしいノカー?>足柄」
シェン 「つまりエコー殿狂妖精と>月殿」
足利茶々丸 「月に投票しても無効化されっから、相方やる必要があるね>魔理沙」
シェン 「人外動物園始まるよ~~~~~~~~~~」
垣根帝督 「あ~、なんか狂気に支配されて月に投票(悪戯)した、あると思います
エコー狂妖精と同程度の可能性」
魔理沙 「そもそもなんで熱病で死んでないんだかもよくわかってないぜ」
シェン 「みんな踊れー!!!」
アリス 「ただ、そろそろ月が逆囲いをしている可能性を見るかどうかになるのよねこれ」
霊夢 「情報0とかめんどくさすぎる」
「恋は置いといて
足利COしない人外位置
できない子天狼
霊夢九尾

この3人吊らないとマジで敗けるよ?」
足利茶々丸 「その発想はねーわ、なん?
それだ! なん? >ミクダヨー」
できない子 「だけどQPの敵は間違いないかな
妖精はLWで吊られる可能性有るし」
霊夢 「私は初手から結構見てるけど>アリス」
魔理沙 「あれっ、エコーの遺言ないな」
ミクダヨー 「黙ってる理由ねー…ヨナ?>熱病
エコーが残す理由ものこさねえ理由もねえからそこで考えたくネーケドヨ」
やんねえ香 「一人以上は居る筈なんだけどな。」
「べべべべべべつに逆囲いなんてしてないし() >アリス」
やんねえ香 「まぁしかしそれもまたどうでもいいか。」
アリス 「茶々丸恋見てるってこと?>霊夢」
霊夢 「しれっと混ぜてそうだとは思ってるよ?>アリス」
シェン 「鳥ハゲが居るサモリフ並のクソゲー村になってきたでござるし灰から人外っぽいのが見つからないのが最高にesportって感じ」
魔理沙 「最初に足利指定した発言って
あれ足利逆に吊れなくなるから恋人守るのには有効だなと思ったぜ」
足利茶々丸 「あん、やんねえ香じゃねーの?>アリス」
できない子 「エコーで被った可能性は有る」
ミクダヨー 「私はその可能性を思いつかなかった、ダヨー?>足柄」
「熱病は自分のところについてるから
エコーはブン屋か何かだってば!」
垣根帝督 「言う奴がいないから俺が言うが、明日FOしようか」
霊夢 「心理的に」
アリス 「まぁ、今日あたりに後追いがなかったらまじめに考えないといけないわけだけど」
足利茶々丸 「冗談でも笑えねぇよ」
やんねえ香 「占い師はまぁ○全部死んじゃったぜやったーとかあり得ない事も無いから居ないかどうかは不明だけど、居ないなら居ないで、その代わり居る筈の何かが居る筈なんだけどね。」
「だーかーらー
逆囲いしてないから()

吊ろうぜ!足利!」
できない子 「あー占いが出たくないのは○囲い彦星もあるか」
ミクダヨー 「村恋よりワラエルダロ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
0 票投票先 →シェン
やんねえ香0 票投票先 →霊夢
できない子0 票投票先 →足利茶々丸
霊夢3 票投票先 →足利茶々丸
魔理沙0 票投票先 →足利茶々丸
ミクダヨー1 票投票先 →足利茶々丸
アリス0 票投票先 →霊夢
シェン1 票投票先 →霊夢
足利茶々丸4 票投票先 →シェン
垣根帝督0 票投票先 →ミクダヨー
足利茶々丸 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
魔理沙 「ゆうどうしたら吊れたぜ」
「やった!できない子生き残った!」
魔理沙 「お前の恋人誰なのか私だけに教えてくれ>月」
シェン 「ガンギマリ路線を征く……」
「あっ、今のなし
秘密発言になってなかった」
魔理沙 「できない子が恋人か」
「うん、バレたからには仕方ない…
そうです、できない子が彦星です」
「だからそこ以外噛んでね」
「お勧めは垣根あたり」
シェン 「おk。やらない子噛みするでござる」
「やらない子はもういないよ!」
魔理沙 「やらない子はもう死んでるぜ」
魔理沙 「まかせるぞシェン」
シェン 「やんねえ香だった。」
「できない子噛みも駄目だからね
そこ噛むと俺が死ぬ」
魔理沙 「私はもう昼ついていけないんだぜ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
垣根帝督 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
足利茶々丸さんの遺言 村人COさね。

メモ書き

初日:村少ないなぁ
吊りは足りないんでどうにかしたいけれども……
具体的に出来るかと言われると狙って出来るもんでもないよなぁ
狐噛ませるとかそういうの

2日目:蝙蝠ならまだ事故死は救いがあるか
……まぁ、狂妖精には狼殺傷を頑張って貰うで。

3日目:月狼は結構ありそう。
あの指摘した霊夢は悪くないのかなぁ、やや非狼っぽい
◇魔理沙  「んーグレランか」
こりゃ、何かグレラン継続に文句でもあったんかい? 占い出て欲しかったとかは言わんよね?

4日目:真面目に月の相方位置わかんねぇな
そして、「あ、はい」としか言い様がない魔理沙の返答であった。
あれどうすんだよ。
垣根帝督さんの遺言 無毒村で埋毒表記ってことは覚醒枠の強毒でしかない
おら確定強毒者様だ崇め奉れ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
霊夢 「月が噛んだな」
できない子 「さてどうなるかだけど」
ミクダヨー 「アンダケ雑に吊り先探すんならそら吊すヨ」
霊夢 「>強毒1死体」
「おはよう!!!
美少女戦士CO!やんねぇ香 騎士!!」
シェン 「状況がさっぱりぱりぱりぱりっぱり」
魔理沙 「ちょっと夜明けが早いぜ
おはようだぜ」
ミクダヨー 「ドウ見ても月が噛んだナー」
アリス 「これわりと月狼っぽいわね
文章作ってる途中だったわ」
できない子 「わぁー月が狼で無効にしやがった」
やんねえ香 「垣根とはまた凄いな。」
魔理沙 「はっきりいって状況についていけてないぜ」
ミクダヨー 「ソーナットそろそろガチで恋人探さないと死ぬの止めて欲しいんだケドヨ」
シェン 「はっ……この村拙者のハーレム……?」
アリス 「霊夢が妙に茶々丸に誘導していたのは気になったわけだけど
というかもしかして、帝督…夢かしらね?」
「いや、これはどう見ても夢矯毒か抗毒狼でしょ?
何、織姫狼で強毒噛みとかレアケ考えてるの(まがお」
できない子 「垣根帝督遺言出す理由が他陣営だと無いからね」
霊夢 「無毒だから>アリス」
やんねえ香 「いや、あたしは村っぽいと思ったから、その感覚を同じように持ってるなら寧ろ噛むか。」
魔理沙 「あれ?月が狼の場合月が噛んだら毒もきかないのか?」
ミクダヨー 「死にたいかオマエ>シェン
私としては今吊す気ネーンダケドヨ」
シェン 「アホな話は置いておいて。恋人っぽい位置ってどこじゃろなってことで」
アリス 「あれ、無毒でもでないのね、夢毒
気づかなかったわ」
霊夢 「ていうかFOしとくか、村人ね」
ミクダヨー 「毒系統の一種だからな。一括りにデネーンダヨ>アリス」
魔理沙 「無毒村で毒表記は覚醒村の仕業だってことは遺言で理解できたぜ
でも死体が無いってことは毒に耐える狼ってことだよな」
霊夢 「たぶん情報は出ないだろうけど、一応ね」
ミクダヨー 「死化粧師CO
二日目:やらない子→霊夢【安らか】
三日目:パチュリー→ミクダヨー【安らか】
四日目:足柄→シェン【苦悶】」
シェン 「月に矢を刺すんならRPにプライドがある位置だと思うんでござるな
無機物との恋は格好が付きやすいでござるから」
アリス 「わりと月狼として、この速度なら2W以上かしらね
もしLWならゆっくりかむだろうから」
ミクダヨー 「一日目
ニートだと思ってイイカー?
仕事できるように見えて
仕事できる条件満たすの難しいんダヨナー

二日目
萌狼なら占い日記持っている気がするんダヨナー
一日生き延びるカモってのは大きいからな
ソーナルト萌えたら諦める予定の狐か蝙蝠
うすーく狂人と不審者って辺りカネ

三日目
マァ仕方ねぇって話ダナーオイ>別陣営
苦悶だと霊夢が非狐非蝙蝠って事で
終盤まで残せる位置になったんだがヨー
ンデパチュリーは私投票と。
苦悶なら謝るし結果がなにかあるなら参考にする位は考えてヤルゼ?

四日目
苦悶じゃなくて良かったねって話でしかネーナ。
狂妖精があんな日記書かねーだろって意味込めて
エコーが狂妖精ならパチュリーが残った方の蝙蝠か妖狐以外は
人狼陣営であって、なおかつやらない子って存在が妖狐蝙蝠は高い。
ソーナルト吊った奴らは後回しで良いかもナー。狂→狼の繋がりまでは知らねーケドヨ。」
シェン 「あ、村人表記でござる」
「とりあえずできない子天狼、霊夢九尾は確定してるんで
そっちから吊るべきだね

やんねぇ香は騎士だから残して私護衛おねがいね」
できない子 「熱病や毒無効
暗殺無効と諸々強い>魔理沙」
アリス 「村表記
とくになにもないわ」
霊夢 「ミクダヨー視点パチュリー何になるん」
できない子 「蛇姫CO
覚醒枠・・・
熱病を付ける橋姫の役職ですね
投票して人外付きならば嬉しいが

初日投票パチュリー

月関連で投票だと
やっぱここかな後は関連的にもね

魔理沙投票

足利茶々丸投票」
魔理沙 「普通の村人だぜ」
ミクダヨー 「霊夢はわりと残し位置。
シェンは恋人ではない。それが私の結論ダヨー。」
できない子 「蛇姫CO」
「村表記多すぎィ!」
やんねえ香 「しかしまぁ垣根も結局、無残というのならこの村に残されたものは何も無いんだなー。」
シェン 「おもいっきりメッタメタな推測ではあるけど、こうでもせんと蝙蝠とか狂人まみれな村では通らんのじゃ!(吠え数の少なさ的に)」
魔理沙 「死化粧っつーことはえーっと
安らかが敵対陣営だっけ?」
ミクダヨー 「>霊夢
人外としか言いようがナイゼー?
真主張の狩人日記なら生存欲があるから殉教者でもないなら狼狐っぽいケドヨー」
アリス 「やらない子、なんで見てるかによるわね>ミク
あの状況だとわりと村ありそうだけど…」
霊夢 「恋人狙いの吊としか言えんが」
「しかたない、暫定でだけど私が指揮採るね
美少女戦士COしてるし異論はないでしょ?」
できない子 「後はシェンと霊夢とミクダヨーやんねぇ香がまだ投票してない」
霊夢 「私パチュリーは村だと思ったんだけどなぁ」
シェン 「パチュリーとミクダヨーが割れてると。投票はどうでござったかな?」
アリス 「もし人外なら…なにか騙るんじゃないかという幻想もある
人外村だと得に」
ミクダヨー 「んでやらない子とパチュリーで妖狐蝙蝠が死んでるかで
霊夢の生存度は私の中でわりと変わるモンダゼ?」
魔理沙 「そもそも月の恋人なんてどうやって予測するんだよ
発言から足利を守ってる可能性があるって程度で精一杯だったぜ
しかも間違えたから軽く凹んでるんだぞ」
できない子 「初手萌えるメリットがないからね」
やんねえ香 「此処は荒野さ。山も海も無いのさ。」
シェン 「だからやんねえ香かできない子に票入れれば恋人が死にそう」
魔理沙 「月を破壊する宇宙人来てくれ」
「まー、天狼のできない子吊ね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
0 票投票先 →できない子
やんねえ香1 票投票先 →霊夢
できない子1 票投票先 →シェン
霊夢2 票投票先 →アリス
魔理沙1 票投票先 →できない子
ミクダヨー0 票投票先 →魔理沙
アリス1 票投票先 →霊夢
シェン1 票投票先 →やんねえ香
霊夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霊夢さんの遺言 猟師日記

噛まれ指定していいならミクダヨーじゃないんですかね>彦星

初日:無理
これ狐狩ったらあかん奴や>陣営
無毒だし暗殺でもいりゃーいいんだけど
狂人狩れるのが一番いいかな

二日目:足利
戯言とはいえ月の指定への反応が村っぽくないんで
狂人ならいいなーってことで

三日目:シェン
パチュリー吊れるのか、なんか変な感じ
私に投票するってことは狩られる覚悟があるってことよね?

四日目:できない子
違うのか…>彦星
仕事人ほしいな、これだと
狩り殺しできれば指定券もらえるんだけどなぁ
しれっと茶々いれてるできない子かな
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
ゲーム終了:2016/05/25 (Wed) 22:03:05
パチュリー 「お疲れ様。」
戯作者 「お疲れ様。」
初音ミク 「お疲れ様ー」
「お疲れさまー」
霊夢 「いや、3Wいるなら柱出せよ」
ミクダヨー 「お疲れ様ダヨー」
シェン 「できない子かぁ」
エコー 「お疲れ様です」
魔理沙 「おつかれさまだぜ」
アリス 「お疲れ様…狼も見撃ち切ってよかったわよ?」
できない子 「お疲れ様」
やんねえ香 「おつかれ。」
「霊夢じゃなくてアリス九尾だったのか…(真顔」
上海GM 「お疲れ様ー
霊夢吊れちゃったのかー…」
パチュリー 「3w居て飽和考慮しないのはどうかと思うけどね。
まぁ恋の応援してたんじゃないの?」
初音ミク 「仲間が狼だからねえ>アリス
難しいねえ」
シェン 「俺も魔理沙も発言がよろしくなかったから出しませんでした……」
初音ミク 「仲間が恋人狼だから、だった」
魔理沙 「そういわれてもできない子恋人を確信して私は投票したぜ」
パチュリー 「んじゃ、お疲れ様。」
やんねえ香 「予言通りだった。有言実行。」
戯作者 「1W恋に取られてると出にくいかね?(適当)」
霊夢 「できない子の方だったね、茶々悪い」
ミクダヨー 「エコーが私の犠牲じゃないので満足ダヨ(キリッ」
足利茶々丸 「乙っすー」
エコー 「無敵状態の恋人狼ってすごいって思いました(感想」
魔理沙 「だって私が足利に誘導してるのに恋人探す役職が足利に投票しないだろ」
アリス 「やらない子は…まぁ、狂人は死ににいく場面ではなかったというぐらいかしら?
村カウントが減るのがきつい場面でもあったわ」
足利茶々丸 「まぁ、シェンか魔理沙が吊られに行くのはありだったかな」
「[恋人・キューピッド勝利] 月の前には何者も無力だったのでした

あなたは勝利しました」
戯作者 「何故俺は犠牲になったのか。」
上海GM 「やらない子の萌は誤爆らしい>アリス」
できない子 「さてお疲れ様と
恋狼にして悪かったね」
初音ミク 「誤爆なんだって……>アリス」
「坊やだからさ >戯作者」
エコー 「大蝙蝠って妖精も犠牲にするんですか(
これは事案ですね……」
戯作者 「ママーッ!」
「いや、楽しかったからよかったよ
ありがとう >できない子」
上海GM 「ムーンプリズムパワー
メーーーーイク、アップ!!>月」
アリス 「まぁ、そうねえ>ミク
私もできない子は彦星よりは狼で見てたから難しいわね」
足利茶々丸 「普通に魔理沙とシェン吊って、霊夢村っぺーから残しってのが出来たらなー
吊りたい所できても、何かこれ誘導できねぇっす」
初音ミク 「戯作者は犠牲になったのだ
普段からの行い、みんなからの扱われ方、その犠牲にな」
魔理沙 「そうか私が月は狼だぞっていって吊られればよかったのか」
ミクダヨー 「垣根が強毒読むなら覚醒枠COしたできない子は人外読みも面白いカモネー。
私としては飽和して欲しかったんで非狼狙ったケドヨー」
足利茶々丸 「ミクダヨーは、何か非狼人外っぽくなったんでロックオン除外
草生やしてる時点でそもそもそうっぽいって思ったならほっときゃよかったかね」
アリス 「…誤爆?
ああ、たまにあるわね
萌えを用意してそのまま発言…」
戯作者 「その理屈でいくと神と崇められてもおかしくなくない?^^>初音ミク」
エコー 「犠牲の犠牲になったのです(」
「私が狼なのはみんな大体察してた気もしなくもない >魔理沙」
できない子 「月だと誰も分からないからね
魔理沙やパチュリーも候補には入るし」
やんねえ香 「6/3にリースさんの1000記念探偵村やるから、興味ある人は来てね。」
シェン 「村自体が相当ふわふわしてたのもある>誘導しにくい」
足利茶々丸 「何時からっすー?>やんねえ香」
初音ミク 「あっ、リースさん1000戦達成したんだね」
「5/28日に私の1000記念探偵村あるから、興味のある人は月に代わっておしおきね。」
魔理沙 「夜明けが早いから月が狼って言うのがよくわからない
狼だけど」
ミクダヨー 「>エコー
白蔵主は蝙蝠系、大蝙蝠は蝙蝠陣営。そういうことダナー
ちなみに蝙蝠陣営だから自分についた鵺も身代わりにする外道ダゼー」
シェン 「猟師や狩人や強毒渡されて発言ふわつかないのは相当上手くないとむりぽよ」
上海GM 「黒姫様金曜なのか…
出張先から帰るまでに間に合う…か…?」
できない子 「普通村1000かリースさんはおめでとう」
初音ミク 「というかリースさん知ってるってlainさん誰かの別ハンネ?」
アリス 「噛みの奪い合いをしていたという推理かしらね?>魔理沙」
やんねえ香 「特殊村用のスレッドにも書いたけど、22時開始予定だから、21:30~22:00までの間に入村くらいね。」
足利茶々丸 「魔理沙がピュアだったのは認める。
ミクダヨーは何か違ったのでシェンに投票したけどなぁ……
こういう時は……暗殺が欲しい……」
ミクダヨー 「>魔理沙
彦星を噛まれないように月が噛みたい所噛んでるんダロー?ってことサー」
「そこに狂妖精がおるじゃろ >足利」
足利茶々丸 「すまぬ……5/28は出かけるのだ……」
できない子 「噛み奪いの恋狼予想はし易いよ>魔理沙」
シェン 「噛みの奪い合いをしているって考えられるからでしょ>魔理沙」
足利茶々丸 「15は結構きついなぁw>狂妖精」
戯作者 「狼「仲間に恋人おるから早めに噛んで彦星噛んだろ!」

狂妖精「」」
やんねえ香 「んや別に、lainはlainだよっていう感じなんだけど。 <ミク」
足利茶々丸 「15%」
「ぐ、ぐわあああ! >IFVさん不在」
初音ミク 「だって、狼に恋人が居ないなら多分普通の時間に噛むと思うの>魔理沙ちゃん
でも月が恋人だから彦星が噛まれる前にって事で適当噛んでるんじゃないかなって」
戯作者 「こんな感じ?()」
エコー 「ああ……系じゃなくて陣営なんですね……感謝致します>ミクダヨー様」
シェン 「基本的に狼側からすると早噛みってメリット少ないし(よっぽど早くまとめられる人でもない限り)」
足利茶々丸 「間に合うっかなー。
出張近いからわかんぬぇ。善処します」
初音ミク 「あ、そうなんだ>やんねえ香ちゃん」
上海GM 「21:30…東京の駅に付くかどうか位か…
開始には間に合う…はず、入村競争だけ携帯から…か…」
足利茶々丸 「もてぎ行くねん」
エコー 「エコーは犠牲になりました、悲劇ですね……」
魔理沙 「あ、なるほどな
わかったきがする」
ミクダヨー 「アッwwwwwww私狩殺し有効だから
パチュリーか霊夢に来られていたら死んでいたヨーwwwwwww」
できない子 「月に関しては吊れないし
暗殺も効かない場所だから」
やんねえ香 「一応こんなでも、蒼星石鯖くらいから600ちょっとやってるよっ(エッヘン」
アリス 「それ、私もよ!?>ミクダヨー
お互い命の危険だらけだったのね…」
戯作者 「しからば御免。
お疲れ様でござるよ。」
上海GM 「でも、アリスは負けて、ミクダヨーは勝った
世知辛いね…>アリス」
アリス 「では、お疲れ様」
初音ミク 「わー、すごーい!>やんねえ香ちゃん
いつか1000戦行ったらお祝いに行くね!」
エコー 「でも1%の萌えでもガンガン発動してる状況を考えると
15%って破格だと思いました>シェイクスピア様を見て」
ミクダヨー 「お互い大変な村ダッタヨー……(なお勝者と敗者の差)>アリス」
できない子 「ではお疲れ様ー
村建てはありがとねー」
やんねえ香 「ありがとー。でも多分やんないと思うけどねっ。 <ミク」
アリス 「まぁ、しょうがないわ>上海
狐はどうしても盤面を動かすのには限りがあるから」
魔理沙 「それじゃあおつかれさまでした
GMさんは村立てありがとうございました」
上海GM 「では、皆様お疲れ様でしたー
正直、ジョニカス言われるのも覚悟してたわ…>占い持っていった」
初音ミク 「あと400だよ行ける行ける>やんねえ香ちゃん」
エコー 「ではエコーも失礼させて頂きます
皆さま、お疲れ様でした」
足利茶々丸 「パチュリーは何で吊れたんだろ……」
ミクダヨー 「それじゃあお疲れ様ダヨー」
足利茶々丸 「まぁ、あても落ちよう
皆様お疲れ様。 GMは村建て感謝よん」
やんねえ香 「昔は毎日入ってたけど、今は三日か四日に一回くらいだから...」
シェン 「>月


        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /、:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \::::::::::::`ヽ
    / │ ,r'′             ` 、::::i:::::ヽ
    /  l ./           )(    l:::::l:::::::\
    ゙'-|/     ´~"''‐ィ !ヽ,..、-''"   .|:::::|,,,,,'"
.   r'''''''||   r'遵丶}liil{ r遵丶   │::|       \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
    ヽ、.'|                     |::.l       ≧     魔理沙はあなたの大事な仲間では   <
      \l  ノ(   、,,_,,,       |::,}      =ニ     なかったのですか!!           ≦
        |  ^   ,r-----、.     | l゙゙゙゙゙゙゙''' ヽ  /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
      │     |!!il|!|!l||l|     //:::::::::::,-‐" 
        l、丶  .!ェェェェェ.!     シ~'-,, /    
      ,r,i´`'-,、           _,,,,ィ″:::::::::`'r」
初音ミク 「投票者の三人が人外だからかな?>茶々丸ちゃん」
シェン 「(月に振り回される魔理沙を見ての感想)」
初音ミク 「魔理沙、ミクダヨ、エコーって」
「刹那で忘れちゃった
まあいいかこんな仲間 >シェン」
シェン 「うーんこの畜生」
初音ミク 「月は畜生
これは探偵村ではお仕置きかな?」
「探偵村でも私の無双あるし!問題ないし! >ミク」
「では、お疲れ様
月に代わってさよならよ!」
初音ミク 「みんなお疲れ様ー
また遊ぼうねっ! 村建て同村ありがとーね!」