←戻る
【雛4252】やる夫達の希望超闇鍋村 [4966番地]
~もしも人狼が百人の村だったら…?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 棗鈴GM
(生存中)
icon 本部以蔵
(生存中)
icon お空
(生存中)
icon シュガカ
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon ニュー速でやる夫
(生存中)
icon 佐々木小次郎
(生存中)
icon 秋静葉
(生存中)
icon 青色
(生存中)
村作成:2016/05/29 (Sun) 18:36:03
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします。」
GM 「19:00開始」
本部以蔵 が幻想入りしました
本部以蔵 「よろしく」
GM 「いらっしゃいませ
時間が時間なので少人数になると思われます」
GM 「本部さん、固定は難しいですが登場設定のほうなら少人数でもできますが
欲しいものはありますか?」
お空 が幻想入りしました
お空 「うにゅう」
本部以蔵 「特にないな
何が起きても必ずこの村を守護ってみせる」
GM 「ではこのままで」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 棗鈴GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 508 (棗鈴)」
棗鈴GM 「延長はなし、ただし19:00時点で3人以下なら10分延長
そうじゃないなら、全員の投票が完了したのを確認したら勝手に開始していいわ」
お空 「あふぅ」
本部以蔵 「10人くらいにはなってほしいもんだな」
シュガカ が幻想入りしました
シュガカ 「よろしく。」
お空 「苦そう」
シュガカ 「甘えていない。それだけだ。」
本部以蔵 「甘さを捨てるのは重要な事だ」
お空 「そーなのかー」
シュガカ 「でもけっこう守護れてないよね。」
チルノ が幻想入りしました
チルノ 「よろしくな!」
ニュー速でやる夫 が幻想入りしました
ニュー速でやる夫 「よろしくだお!」
佐々木小次郎 が幻想入りしました
本部以蔵 「世の中そんなに甘くないからな」
佐々木小次郎 「アサシンのサーヴァント 佐々木小次郎 参る」
お空 「駄目じゃん」
秋静葉 が幻想入りしました
秋静葉 「よろしく」
ニュー速でやる夫 「まあ守護るっていってる相手に武器使って
なんだかんだ襲いかかってるお
ある意味矛盾しまくりじゃないかお」
秋静葉 「もしも人狼が百人の村……飽和かな?」
お空 「時間だよ」
本部以蔵 「ではカウントだ」
本部以蔵 「3」
本部以蔵 「2」
秋静葉 「しゅ……しゅごる……!」
本部以蔵 「1」
本部以蔵 「ちゅどっ」
青色 が幻想入りしました
ゲーム開始:2016/05/29 (Sun) 19:03:11
出現陣営:村人陣営3 人狼陣営2 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営1
青色 「ズサったら萌えた件について」
佐々木小次郎 「ふむ、人狼か」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆棗鈴GM GMはついに1000探偵鍋が来月18日始まることになった@Natume系が送りします」
佐々木小次郎 「うち1が共有とも来たものだ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
青色 「実質2W1Kだな、マニアがこっちにきたら村天狗だけど」
「◆棗鈴GM まあ、出題者いないし普通だね >配役」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆棗鈴GM 勝利を目指してくれればなんでもオーケー
楽しんで行ってね」
青色 「まぁ占いとか無視して頑張って妖狐殺しましょうという」
佐々木小次郎 「まあ出たら噛めくらいでいいか占いは」
「◆棗鈴GM では能力行使は延長に期待しないよう気を付けながら楽しんでってくださいね」
佐々木小次郎 「まあ少人数だし1:00で噛むぞ」
青色 「マニア来て非狼吊れて噛み通って銃殺が出ると飽和するしな
銃殺で占い結果が落ちることも考えると占いは怖くない

怖いのは狩人がいたら村枠が埋まる」
青色 「おk。明日以降は俺が噛む」
「◆棗鈴GM そこ、静かに >該当者」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
棗鈴GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
棗鈴GMさんの遺言 出題者が勝てればそれでいいんです
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
佐々木小次郎 「村人陣営3 人狼陣営2 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営1
共有確認したがそれが逆にアッケナイモノヨされる感がヒシヒシと漂うのだが」
秋静葉 「守護れるもんならこの村を守護ってみせてくださいよー!!!>以蔵」
本部以蔵 「おはよう

村3だってのに共有がいるらしいじゃねぇか
共有とマニアのCO待ち、あとは占いがいつ出てくるかってところだな
内訳を考えれば初日が占いのケースも想定しなきゃいけないぜ?
村人陣営3 人狼陣営2 妖狐陣営1 紅蝙蝠陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営1」
シュガカ 「甘えを捨てろ。」
青色 「マニアが村に来たら天狗が狼について吊りが足りない
マニアが村に来なかったら天狗が村につくけど吊りが足りない

詰みかな???」
ニュー速でやる夫 「初手FOもありなんじゃないか
そう思える配役だおね……」
本部以蔵 「おっと、秋のお嬢さんが共鳴したぜ」
チルノ 「あたいは共有と心中する決意はできてるぞ!
あ、その前にマニア。マニアはどこだ。あたいの前に名乗りでるがいい!」
お空 「おはよー
マニア待ち」
シュガカ 「共有と俺以外に一人しか村陣営のいない村。」
佐々木小次郎 「共鳴か」
青色 「あ、挨拶してなかったんだった。よろしく>ALL」
秋静葉 「私が守護る……?」
本部以蔵 「安心しな、ちゃんと守護ってやるからよ」
チルノ 「素晴らしい>名乗り出るマニアもとい鵺がいる」
お空 「共有しーおー」
シュガカ 「本部村だといいね。せめて蝙蝠であってほしいね。」
秋静葉 「よし行け! 守護れ! しゅごキャラッ!」
お空 「指定でもするかにゃー」
ニュー速でやる夫 「しゅごキャラ!の秋なのかお……>共鳴」
チルノ 「あたい知ってるぞ。
これが本当のもう何も怖くないってやつだって。」
青色 「マニアが出ても本部が共有以外は安心できないきがですね」
本部以蔵 「そうだな、まぁその辺は信じて欲しいところだ」
シュガカ 「秋よりも夏を守護れよ。」
青色 「あっ(察し)」
お空 「やる夫君君に決めた!」
秋静葉 「いやよ秋よ一年通して永遠に秋よ」
青色 「暑さを捨てろ>シュガカ」
佐々木小次郎 「だがその懸念の場合既にアッケナイモノヨになってるということだがな >青色」
ニュー速でやる夫 「蝙蝠ならCOすれば噛まれないし吊られないし
そもそも鵺も勝利条件が生存になるので
もうCOすると思うお>シュガカ」
シュガカ 「捨てたくても捨てられない、それが暑さだ。甘えるな。>青色」
佐々木小次郎 「君君とはこれいかに(そこじゃない」
青色 「>佐々木
引き分けはまだあるし(震え声)」
チルノ 「本音を言えば共有に鵺が着くのが一番だったろうけれど
あたい贅沢は言わないぞ。天狗でいい。」
ニュー速でやる夫 「この村で唯一の村表記を吊るのかお……
諦めるお、もう諦めるお、少年よこれが絶望だだお!」
本部以蔵 「蝙蝠なら、そういう情報を出すって?」
秋静葉 「くそう私の陣営は何処!? 答えは夜!」
お空 「私とマニアラインでやる夫吊るから他は右投票しといて」
青色 「占いじゃないなら人外なんだよなぁ……。」
シュガカ 「了解。」
本部以蔵 「そうだな、それでいい」
チルノ 「甘えたいがあたいは甘えない。」
秋静葉 「はーい、やる夫に投票するわね」
お空 「ショック死発動した場合は占い出るなよ絶対に出るなよ()」
佐々木小次郎 「天狗炙りか>お空」
青色 「俺は本部とお空飛ばしてシュガカでいいかい?」
お空 「うん>青色」
本部以蔵 「それぞれの視点で
共有 自分 占いの3人しか村は居ない
占い本人なら灰か初日に1ってところだな」
シュガカ 「それでいい、甘えるな。>チルノ」
チルノ 「氷のような冷静さこそがあたいの売りだから。
あたいは一歩飛ばして佐々木投票かな>右投票」
ニュー速でやる夫 「別に天狗人狼つき想定しなくても
いいんじゃないかお……って言おうと思ったけど
マニアが村つきなら確定狼側かお……」
佐々木小次郎 「一応お主の懸念考えるならばだが元部でいいと思うが >青色」
本部以蔵 「つまり、占い本人以外にとって
占い以外は全て人外COということになるわけだ

覚えておくといいぜ」
シュガカ 「マニアが狼側なら天狗は村つきになるのか? この村は。」
青色 「アオォーン・・・」
青色 「…………」
佐々木小次郎 「◇青色 「アオォーン・・・」」
本部以蔵 「ほう・・・?」
シュガカ 「青色吊らない?」
青色 「村人表記ですが何か青色に落ち度でも(半ギレ)」
お空 「わざとらしいからそのまま」
本部以蔵 「明日は占い出てこなくていいぞ」
秋静葉 「青色ェ……」
ニュー速でやる夫 「(……あれ、その理屈だとやる夫含む占い以外のグレー視点
元部村ってあんの?)」
お空 「やる夫吊りそのままー」
ニュー速でやる夫 「えー」
チルノ 「わかるぞあたい>わざとらしい」
秋静葉 「てかもうやる夫に投票しちゃった件
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
本部以蔵0 票投票先 →ニュー速でやる夫
お空0 票投票先 →ニュー速でやる夫
シュガカ0 票投票先 →チルノ
チルノ1 票投票先 →佐々木小次郎
ニュー速でやる夫4 票投票先 →青色
佐々木小次郎1 票投票先 →青色
秋静葉0 票投票先 →ニュー速でやる夫
青色2 票投票先 →ニュー速でやる夫
ニュー速でやる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
青色 「わざと萌えたと思った?

ガチです(真顔)」
佐々木小次郎 「まあ萌えてしまったものは仕方ない」
お空の独り言 「アオォーン・・・」
佐々木小次郎 「それは拙者視点知ってる」
お空の独り言 「◇青色 「占いじゃないなら人外なんだよなぁ……。」
この発言で占いはないから指定予定だったけど、うん」
青色 「まぁどうしよう。
本部噛みで通らなければ告発とかそういうのでもいいが」
お空の独り言 「やる夫君FOっていうなら占いはないよねで指定しました」
お空の独り言 「私噛まれてたらFOぞ」
佐々木小次郎 「お空か元部か好きな方選べ」
青色 「占い日記はあったよ。本部●だけど。(キリッ」
青色 「んじゃ本部。
指導者なんてこわくねえ!」
佐々木小次郎 「承知した」
お空の独り言 「ていうか本部信じるって言ってたところから占いCO出ないならアウトじゃないん?」
青色 「占いが佐々木を捕まえたケースは無視するべき。
本部が紅狐だと占い処理も期待できないから」
お空の独り言 「守護占いとかそういうあれ?」
お空の独り言 「しゅごい、なんちゃって」
青色 「それな。>占いCO出ないなら

むしろ本部が村なら残り全員から占いCOまであるけれど」
佐々木小次郎 「まああえて蝙蝠とかという手もあるか?」
お空の独り言 「囁とかいないかなと思ったけどいないわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本部以蔵 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
本部以蔵さんの遺言 紅蝙蝠だ

俺を噛んできたってことは紅狐チェックだろう

鵺よ・・・俺の敵討ちだ、狼は殺せ
ニュー速でやる夫さんの遺言 わざとらしいっつわれてもやる夫かばい想定ってねーお
だってやる夫が仮に噛める狼で
青色が噛めない狼だと仮定してのかばいなら
そもそもやる夫が占い騙りするなり準備するはずだお

少なくとも2昼にするはずじゃねーかおそんくらい
だからかばいはありえねーお
なのに吊りあげるってのは正直どうかと思うお
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
佐々木小次郎 「どの道今日は青色吊りでいいと思うのだがな」
秋静葉 「守護る!
青色吊りませう」
青色 「というか本部が占いじゃないなら
残り三人とも占いCOしてもおかしくない訳で。」
秋静葉 「以蔵ーーーー!!!」
佐々木小次郎 「まあそうなるのか >遺言見つつ」
シュガカ 「甘えを捨てろ。」
お空 「wwww」
青色 「これは酷い>紅蝙蝠」
チルノ 「あたいは甘えない。」
秋静葉 「私が以蔵を……守護る!!!」
佐々木小次郎 「守護れなかったな >静葉」
シュガカ 「蝙蝠つきなら上等よ。」
秋静葉 「え? 死んでる?
影武者なんていなかったよ……」
お空 「青色吊りなぁ」
青色 「ふーむ。」
お空 「2Wいてくれない狐疑いで本部噛み」
チルノ 「秋静葉はこの場合実質的に単独蝙蝠と変わらなかった気がする」
青色 「萌狼COしたら天狗COでないかなぁ(チラッ」
お空 「青色つれれば勝ちだからいいよね的な狼の意図が見える」
シュガカ 「青色が何者であっても庇いに来る理由が分からん。」
青色 「これ占い初日じゃないかなぁ(チラッチラッ」
お空 「まぁ狼COするなら吊るか」
シュガカ 「萌狼COしてるやついるぞ。」
佐々木小次郎 「充分あるとは思うがそれと青色は特に関係はなくないか? >お空
というかあの萌えワザとだとすると何から守護っているのだ?」
お空 「そうか、秋葉蝙蝠だからPPなのかwww」
青色 「っかー!辛いわー!!萌狼だから吊られちまうわー!!」
秋静葉 「以蔵噛むんじゃないわよっ!
昨日は投票間際に蝙蝠COすれば良かったのかしら?」
お空 「天狗と2Wいれば狐いちまるわかりだし」
シュガカ 「ならやる夫が天狗だったのかね。」
秋静葉 「知らない! 確信ないから青色吊るもん! 今は!」
青色 「…………。」
チルノ 「だが、それはない。」
青色 「まぁ、やる夫で狼が死んでないならなんとかなるでしょうきっと。」
チルノ 「青色ーやる夫での2Wがどれだけあるかというと
遺言での執拗な構い方からたぶんあんまりない」
お空 「蝙蝠が残る以上指示残しても意味ない気はする
でも蝙蝠は明日LW狙わないと噛まれる危険があるとは言っておこう」
シュガカ 「鵺なら確定で毒ないからね。そして影武者もないことが今日証明された。」
秋静葉 「私を噛む? そんな脅しには屈さないわ
っていうかもう二日しかないじゃない!!」
青色 「……逆にやる夫で妖狐が死んでいた以外は
やる夫で狼が死んでいた方がいいのか、今6人だから」
佐々木小次郎 「蝙蝠は蝙蝠で基本狼狙いに走るのではないか?偶数だし」
青色 「お空噛まれるんじゃない?(適当)」
お空 「まー、青色吊っていく感じで…」
シュガカ 「何より本部の熱い遺言を見て狼を狙わない・・・そんなことが許されるのだろうか。>秋」
秋静葉 「以蔵を守護ると言ったのに守護られているこの体たらく……」
お空 「そりゃ私噛みでしょうね」
青色 「最後に言わせて貰おう。」
チルノ 「偶数以前の問題だと思うぞあたい。」
秋静葉 「しゅごキャラ!」
青色 「不審者ですが何か?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
お空1 票投票先 →青色
シュガカ0 票投票先 →青色
チルノ0 票投票先 →青色
佐々木小次郎0 票投票先 →青色
秋静葉0 票投票先 →青色
青色5 票投票先 →お空
青色 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
お空の独り言 「最後の夜」
お空の独り言 「エッチなAAでも貼ろうか?」
佐々木小次郎 「まあ確かにお空噛みが本線なんだろうがな」
お空の独り言 「はりませーん」
お空の独り言 「まぁ明日死体ナシならキツネ狙い噛みなわけだけど、その場合は単純に3人から2吊りになる」
お空の独り言 「ないなー」
お空の独り言 「遺言指定とかそういうことはしないけどFOはしてね」
佐々木小次郎 「だが正直な・・・元部噛んでおいて静葉に頼るというのも違うであろうよ」
お空の独り言 「ただし毒COは許さない」
お空の独り言 「適当にごまかすこと」
お空の独り言 「まぁいそうにないけど」
お空の独り言 「まぁ、秋葉は残してあげてね、そこ猫もあり得るんだし」
お空の独り言 「>狼」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本部以蔵 は生き返りました
チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
秋静葉 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
青色さんの遺言 >あなたは不審者です。
チルノさんの遺言 あたいが最強の埋毒CO
秋静葉さんの遺言               |ヽ   i ',           ,.--=...ノ 、 `ヽ  ',
              | ';._ ,.i   ', _,.=ァ'    `"'''- 、   ヽ    ',
        、--===シ  ヽ`''゙   '´ ./三- .._     `ヽ、  ヽ .__ i!
          ヽ、 _ _  /~,. -'  ̄ ̄ ̄´'-、__`ニ、__     ̄ヽ.     irっ、
          /<_>'´            `''-':,.    ,.='i   ,. -''´ 〉、  私が以蔵を守護る!
          /   /    /            `i、   ( ニ゙'''´   / :: `i
         ,'   ,i'   /                 | ヽ.  i!ー<'''´ ::::::::::::: |  五徳猫だから
         ,'   i    /         /   ,. ,' リ', ) ', | ::::::::::::::::::::::::::::::::|  私が噛まれると以蔵が生き返る!
.        ,,'  ,' .|  .,'  ,'      /   ,' / / i 'i. ', ヽ :::::::::::::::::::::::::::: i|
        /  ,' ,' |  i  / ,.    ,.-"   ,.' / /  .| .| i. ヽ ::::::::::::::::::::::::: i'、
      /'  ,' ,' ,i  |  / ><.,ァ'ッ'´ _,..,ァ'´ / .ノil.  i | .|   iヽ ::::::::::::::::::::::::::',  そして私は負ける!
    ,r' ./   / ,'.r'i!  ,i //≠_∠>< / ,.イ,'/ |,' . リ | . |.  | ::::::::::::::::::::::::::::::',
.    ,.' . ,'  , ,' i .| i!l i.l ,イr'i紅i'lミ、 /彡' ´''''''''''7.i /. ,i .i    |:::::::::::::::::::::::::::::::::i  私が以蔵を……守護る!!!
   /  / /.,' .i ヽ!ヽl .|/i.之三ノ `     ,r'=ァi'.i/./ ノ| .,'   .|::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.  ,'  ,.'  ,' .i. .|.  i   ヾ.  ̄ ̄      i辷シ'゙i, '/ / i| ノ   .rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::',
  l  /i  ,' |.  ',  ',   ',ヽ.       、 `¨´ i' /イi リiイ  ,r'¨ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  i .,' .|  i' . ',  i、  ',',   i i       '    ,'.,'´.i.i ,' ,i--ァ' :::::::::::ヽ、 ::::::::::::::::::::::::/
  i l' 'i  i',. ',  i,ヽ. ',',  トi、i      σ    ノ/ ノ,'i_r'  /::::::::::::::::::::::ヽ :::::::::::::::: /
  i l.  ', i!i、 i、 ' iヽ、il.  i iヽ.、    _,.-ァ.ノ /i,' / :::: ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:-'´
  ヾ  i .,'i.iヽ.', ヽ. ',i ,r',i! .リ    ヽ ィ<....i/.'i  ノ.ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.-'´
.     レ !  ヾ_,..iニ  (.|ノ     _ノ ___|;:: i ,::i'::::::::::::::::.,' ::::::::::::: ;:::::::::;:-'´
.         ,r'´ :::: iニ  `ーi .,r-‐ニ'´  コ_,:: レi.|,' :::::::::::::,' ::::::::::::: /::;:-'´
       /| :::::::::::i!/|  /',|ノへ    `ヽ.:::::::,'i|'::::::::::::::;'::::::::::::::://
      / ::',. i. , ::: </ ::::::::::::: ', ,. i ̄ :::: ,' |:::::::::::::::;' :::::::::::./'
.      i :::: ヽ| i :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi ヽi::::::::::;'::∧:::::::::::;':::::::::;::/
      i:::::::::'i/ ::::::::::::::: o ::::::::::::::::::::::::::::::::;' ::;':::ヽ: :: ;' :: , ',r'
.       | :::: ;i::::::::::::::::::::::i ::::::::::: __,.-x彡' :::: ;' :::: ヽ_:;':-'',r'
.       il :: ;i::::::::::::::::::::::i ::::::::::::: ̄ ̄ ::::::::::: i ::::::::::::i::::;r'
.      |::: i'::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::::::::::::::::::: i ::::::::::::i::/
      ,|::: |::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::: i :::::::::::::i/
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
シュガカ 「甘えを捨てた占いCO。ニュー速でやる夫○ 佐々木小次郎● チルノ○」
お空 「wwwwww」
本部以蔵 「ただいま」
お空 「猫あるっていったろww」
シュガカ 「甘えを捨てろ。>やる夫
○の出る人外多いから普通に見捨てる。甘えはない。

甘えを捨てろ。>佐々木

甘えを捨てろ。>チルノ」
本部以蔵 「お嬢ちゃんに守護られちまったぜ・・・」
お空 「ジュガカナイッシュー」
シュガカ 「ああ、五徳猫ね。」
シュガカ 「昨日銃殺してたらPPだったでやんの。」
本部以蔵 「分かってると思うが、五徳猫だ」
お空 「やる夫マジ村だったのか…」
佐々木小次郎 「・・・流石にこの形では弁明できぬか」
お空 「じゃあ佐々木を吊ってで」
シュガカ 「天狗か村だね。>お空」
本部以蔵 「安心しな・・・俺が村を守護ってやるよ」
お空 「やる夫が天狗だったに静葉の魂を賭けるぜ☆」
お空 「村だったらおっぱい揉ませてあげる(棒」
シュガカ 「チルノ佐々木2Wの青色萌狐とか嫌なことがなくて本当によかった。」
本部以蔵 「状況的には、シュガカ真 チルノ狐だとするなら」
お空 「投票おわた」
本部以蔵 「やる夫が天狗or村 青色が萌狼になるだろうな」
4 日目 (1 回目)
本部以蔵0 票投票先 →佐々木小次郎
お空0 票投票先 →佐々木小次郎
シュガカ1 票投票先 →佐々木小次郎
佐々木小次郎3 票投票先 →シュガカ
佐々木小次郎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
佐々木小次郎さんの遺言 農民に村人以上の役割を求められても困るのだがな
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/05/29 (Sun) 19:28:58
秋静葉 「お疲れ様ー」
シュガカ 「お疲れ。」
チルノ 「おつかれさま!」
ニュー速でやる夫 「おう胸もんでAAはるんだおアクしろよ>お空」
青色 「お疲れ」
佐々木小次郎 「アッケナイモノヨ」
秋静葉 「本部を守護れたので本望です!」
シュガカ 「無駄にレア職もっていきやがる。」
お空 「いやーん>やる夫」
お空 「お疲れ様」
秋静葉 「お空の賭けのせいで私の魂は霊界に送られた……?」
ニュー速でやる夫 「あのあこがれのあべべが誰にでも胸揉ませる痴女キャラなんて
やる夫は知ら無かったお……」
お空 「ちょっとまってて」
本部以蔵 「また村を守護ってしまった」
青色 「なんで萌えるんだろうね。」
シュガカ 「君が守護られたんだぞ。>本部」
佐々木小次郎 「あの時から嫌な予感しかしなかったがな・・・本当に >青色」
秋静葉 「萌狼だからさ>青色
発言わざとらしく減らせばよかったのよ」
秋静葉 「最高でも4発言しかしーない、みたいに」
お空 「あったあった」
本部以蔵 「シュガカの言い分が、俺が紅系だと見えてるように思えたが・・・」
お空 「             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄;;;´;;、;;;ヾ;;;, -──--、,!
.        /'´|;;;;,、;;;;;;;;;;/      ,!
.         /:.:.:.レ´:.ヾ;;;;;;i   断  だ ,!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;i  る  が ,!
.      /:.;.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ       ,!
.       /レ' ;|:.:.:.:.:.:.:,:ィ:.:.:.:〉 __,.,!
     /-、ヽ,:|:.:.:,/ /:.:.://.:,:ィ:.:.:.,!
      /'ヽ、ヾi ゙´.:   /__;:;:-'"´ ,;|:.:.:.,!
.    /ゝ-`';:/ .:〈ニ=-=ニ二 ̄ヽレ',!
   /::::;;;;;/  ' ,, ニ`ー-,、__\〉ィ,!
.   /;:::::/ ::.    ::.,,\_ゞ;'> 〈;,!
  /i!:::::iヾ-'、::..       '';~ ,;:'/,!
. /;;;i!fi´l_、,.`        .: ,;:'  ,!
/;;;;;i' ('ー、ヽ      ..: ,;:''   ,!
ヽ、jゝ、`ヾ:、゙、   ,..:'.:'"    .: ,!
   ``ヽ.、_ ¨`  ,:'      (_r:,!
       ``ヽ.、..    ノr;ソ~,!
             ``ヾ、 / 7,!
                 ``ヽ,!」
青色 「>秋
わざとらしく喋るから萌えた時に
「萌人外ならこんなに喋るはずはない」と信頼されるのだ」
秋静葉 「お空ーーーーーっ!!」
棗鈴GM 「結論:この村は公園」
ニュー速でやる夫 「嘘つき痴女あべべかお……」
お空 「サラバダーすばるん!」
シュガカ 「高すぎる推理力は時として人外の視点漏れに見えてしまうのだという。>本部」
秋静葉 「萌えた時点で信頼も何もないわよwwww>青色」
本部以蔵 「下がアスファルトじゃなくてよかったなぁ?」
シュガカ 「ではお疲れ。」
佐々木小次郎 「お空の貴重な全裸AA

         ,、
      ,、._ ハ',
      ヾ_、廴」::';,
   __r"::::o::::::::ヽ
  ∠    :::::::::::::::::::::ヽ
    ̄ ̄`ヾ:::::::::::::::::::::\
        |::::::::::::::::::::::::::丶、
        |::::::::{:::::::::::::::::::::::丶、
        |:::::::::\::::::::::::::::::::::::::\
        ヾ:::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`丶、
         \::::::::::::::: ̄―====ニニ≧、.._
           \_::::::::::::::、;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ニ=-
              ``ゞ y"    ̄ ̄ ''―====='"
           __/∠」
青色 「>秋
ちげえよ!萌え人外なら黙るから
10発言もした俺は真不審者だと信じられるんだよ!!」
本部以蔵 「それじゃ、おつかれさまだ」
秋静葉 「三人夜が来てさ
私噛み本部復活ッッッ!!!
とかなったら面白いだろうなぁって思ってたけどさ、違う形だけど詰んだわ」
秋静葉 「そんなもん考慮しないわい!>青色」
本部以蔵 「萌えた時点で人権ねぇよ?
萌人外として吊られるか、不審者っぽいけど一応吊っとくかだけだ」
青色 「秋は犠牲となったのだ…本部が紅蝙蝠だった犠牲にな……」
ニュー速でやる夫 「それじゃおつかれだおー」
青色 「僕を信じろ!!(アラジン並の感想)」
佐々木小次郎 「まあ正直あの時点でわざと萌えたとして何から守護ってるって話になろうよ」
秋静葉 「信じる!!!(青色に投票しました)」
青色 「僕天狗!やる夫が人狼っぽかったので守護いました!

位じゃね?>あそこで萌える」
青色 「まぁ本部紅蝙蝠決め打ちでシュガカ噛みチルノ吊りするには配当が低かった。
じゃ、お疲れ。」
秋静葉 「占い候補二人しかいないんだから
銃殺用にシュガカ●と
チルノ●の二つ用意しなくちゃ」
秋静葉 「銃殺出なかった用ももちろん用意」
秋静葉 「みんなお疲れ様よー
ネタとしては楽しい村だったわ
これで影武者だったら……ああ、本部二連噛みで守護れないや
五徳猫が本当に守護る役目になれるなんて。村建て同村感謝するわよ」
秋静葉