←戻る
【雛4265】やる夫達の超闇鍋村 [4981番地]
~昼にひゃがなきゃ自分で募る~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ジョルGM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon 金色の闇
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[獣人]
(死亡)
icon チーン
 (かがめ◆
QPy/jLfsHU)
[金狼]
[共鳴者]
(生存中)
icon 球磨川禊
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[人狼]
(生存中)
icon 蘇芳杏里咲
 (鯖納豆◆
Xsy9eK4Q0E)
[和蘭人形]
(死亡)
icon
 (Alsiel◆
Ds7rFuqjN2)
[村人]
(死亡)
icon ZZサム
 (DISP◆
sAXM6US8JU)
[金狐]
(死亡)
icon 魔理沙
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[水鬼]
(死亡)
icon 昼飯
 (ふみきり◆
Bafp.NqWR2)
[五徳猫]
[共鳴者]
(生存中)
icon るみゃ
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[占い師]
(生存中)
ゲーム開始:2016/06/04 (Sat) 13:38:12
出現陣営:村人陣営4 人狼陣営3 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジョルGM [共] (dummy_boy) 「で。隠蔽なんだよなぁ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
蘇芳杏里咲 [蘭] (鯖納豆◆Xsy9eK4Q0E) 「紅系で投票したのじゃろうなあ。おつじゃ!」
蘇芳杏里咲 [蘭] (鯖納豆◆Xsy9eK4Q0E) 「蘇生でも五徳猫でも杏里咲が甦ることはなさそうじゃな。ごろんごろん。」
ジョルGM [共] (dummy_boy) 「はいお疲れ様。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「がふー」
ZZサム [金狐] (DISP◆sAXM6US8JU) 「げーっ!」
ジョルGM [共] (dummy_boy) 「お疲れ様。」
蘇芳杏里咲 [蘭] (鯖納豆◆Xsy9eK4Q0E) 「多いけど隠蔽が解かれていないだと!?」
[村] (Alsiel◆Ds7rFuqjN2) 「遺言にもあるが占い処分はないわ。
それするぐらいならチーン吊って昼飯に陣営不明の鵺として指揮させた方が良い。」
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「人外決め打ちで吊るなら別に構いませんが
村だったら、吊ったらアウトなんですよ……」
ZZサム [金狐] (DISP◆sAXM6US8JU) 「これでPP来ないのね。」
[村] (Alsiel◆Ds7rFuqjN2) 「後金色とるみゃは吊り逃れたいのは分かるが
チーン村とみてねーねならまずそこの投票先狼ねーんだし
辞めといた方が良いんでね」
ZZサム [金狐] (DISP◆sAXM6US8JU) 「ならチーン村かな。」
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「チーンLWか否か」
[村] (Alsiel◆Ds7rFuqjN2) 「いやチーンLWでいいだろ
考えてみろよ吊れた先が都合よく和蘭人形とかどうみても見えてたから吊りに言ったんだろ」
蘇芳杏里咲 [蘭] (鯖納豆◆Xsy9eK4Q0E) 「昼には言わなかったが昼飯の、あれ鵺交換を狙ったのではと睨んでいるのじゃ。」
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「んー、吠え的にチーンが昼飯と会話してる感じしなかったんで
昨夜では非狼はあるかなって割と思いつつもやっぱり占ったんですが」
ZZサム [金狐] (DISP◆sAXM6US8JU) 「あっ、PPだ。」
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「ダメじゃん」
[村] (Alsiel◆Ds7rFuqjN2) 「そりゃチーン吊らないからこうなる。」
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「チーン●で特攻予定だったんですが、攫われて良かったですかね」
金色の闇 [] (IFV◆dP9jsyueYI) 「獣人なんで私噛まれじゃないですし」
ZZサム [金狐] (DISP◆sAXM6US8JU) 「村鬼っぽいね。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました