←戻る
【雛5143】やる夫達の封蘇超闇鍋村 [6003番地]
~自分の役職の確認はしっかりと~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 不思議の国のGM
 (dummy_boy)
[夢守人]
(死亡)
icon 戯言遣い
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[占い師]
(死亡)
icon ゆっくり妖夢
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[村人]
(死亡)
icon 封獣ぬえ
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[響狐]
(死亡)
icon やらない子
 (◆
I1iufbf.e.)
[狂人]
(死亡)
icon 翠星石
 (夜薔薇◆
V.RrOCOnM2)
[雲外鏡]
(死亡)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[三相女神]
[宿敵]
[自信家]
[古戦場火]
(死亡)
icon コルク抜き
 (銀ゆり◆
YZ.4zkM0lA)
[審神者]
(死亡)
icon 鬼人正邪
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[人狼]
(生存中)
icon 小傘
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[紅狼]
[宿敵]
[ゴマすり]
[鬼火]
(死亡)
icon 蓬莱山輝夜
 (コルクマリー◆
korKmarIEw)
[呪蝙蝠]
[宿敵]
[ウサギ]
[天火]
(生存中)
icon 狛枝凪斗
 (レックー◆
REKvBDNwJY)
[老兵]
(死亡)
icon ゆうかりん
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[迷い人]
(死亡)
村作成:2017/07/09 (Sun) 01:09:58
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.xsrv.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします。」
GM 「1:25開始」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 不思議の国のGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 10435 (不思議の国のアリス(北米版))」
不思議の国のGM 「というわけで深夜だしのんびり待っていましょう!」
kari が幻想入りしました
kari 「よろしく」
不思議の国のGM 「不思議の国へいらっしゃい!」
kari 「少し離席」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「着くゥ^〜」
不思議の国のGM 「まぁ不思議な生き物!ようこそ!」
封獣ぬえ が幻想入りしました
封獣ぬえ 「さぁ、正体不明に怯えもごもご」
やらない子 が幻想入りしました
不思議の国のGM 「食事しながら歩くのはレディ失格じゃない?でも不思議の国だもの仕方ないわ
いらっしゃい!」
やらない子 「LoMは良い曲が多いですね。」
不思議の国のGM 「不思議の国へようこそ!」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 戯言遣い
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8380 (戯言遣い4)」
戯言遣い 「戯言遣い さんが登録情報を変更しました。」
翠星石 が幻想入りしました
不思議の国のGM 「まぁかわいらしいお人形さん!
いらっしゃい!」
封獣ぬえ 「れじぇんどおぶまななら、滅びし煌めきの都市がダントツでお気にいrもごもご」
翠星石 「真紅がローゼン/zeroで頑張らないですぅ……」
やらない子 「アリスさんはずっと議論の的なんですよね。」
戯言遣い 「変わりたいと思う気持ちは、自殺だよね」
やらない子 「やっぱり手札にまでバフが及ぶのは強いのです。」
封獣ぬえ 「でもいまだにストーリー的にはサガフロ2と聖剣LOMは逆の方が似合うと思うもごもご」
玖渚友 が幻想入りしました
翠星石 「ギュスターヴの物語は美しいですよ?」
不思議の国のGM 「アリス違い!>やらない子
でも正直あれはやりすぎな効果だとは私も思う」
玖渚友 「うにうに
よろしくだよ」
コルク抜き が幻想入りしました
鬼人正邪 が幻想入りしました
コルク抜き 「よろしくおねがいします」
不思議の国のGM 「どんどんやってくるわ!みんな不思議の国へようこそ!」
鬼人正邪 「おはようおまえら!」
玖渚友 「いーちゃんだっこー」
封獣ぬえ 「寧ろギュスターヴの物語こそ聖剣伝説! っていわれても違和感なくないもごもご
聖剣LOMのあのサブイベたっぷり感もサガっぽいじゃnもごもご」
やらない子 「まぁ私はアリスだけならどうとでも出来ていますので、構わないと思いますけどね。」
封獣ぬえ 「正体不明はひっくり返しても正体不明もごもご」
玖渚友 「おや?
僕様ちゃんと同じくさっきまで寝てたのかな?
おはよーだよ!うにうに>正邪ちゃん」
翠星石 「サガフロ2はストーリーとしてはサガというより歴史ですからねえ」
戯言遣い 「だっこか、よし分かった>友」
鬼人正邪 「>ぬえ
ただしぬえちゃんは吐く」
鬼人正邪 「>玖渚友
私は天邪鬼だぞ。夜の挨拶はおはようだし朝の挨拶はこんばんはだ。
夜更かしして朝日と共に眠るぜ」
玖渚友 「あと愛もー
うにうに
いーちゃんからの愛を僕様ちゃん充電するからー」
翠星石 「ただの徹夜明けじゃねーです?」
封獣ぬえ 「クリアしてタイトル画面の意味が分かる系ゲームほんとすkもごもご」
不思議の国のGM 「さぁさぁ楽しい舞踏会の時間だわ!
はじまりの合図をお願いね!」
戯言遣い 「(ぼくはコンセントか何かなのだろうか)」
小傘 が幻想入りしました
鬼人正邪 「単なる徹夜じゃ反転っぽくないだろー!」
小傘 「なんでもいいから驚いて―!!」
蓬莱山輝夜 が幻想入りしました
戯言遣い 「(ぎゅー)」
鬼人正邪 「おどろいた!!(おどろいてない)」
狛枝凪斗 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「ん?今なんでも(ry」
蓬莱山輝夜 「おー、よしよし>小傘」
戯言遣い 「おっと、もう時間か(友を抱きながら)」
玖渚友 「うにー?
えっと、嘘つき村の住人さんかな?
僕様ちゃんの知ってる人にもそういう人いるよ!
嫌なことは好きって言う天邪鬼ちゃん!うにー!>正邪ちゃん」
不思議の国のGM 「3列目までいったわ!ようこそ!」
ゆうかりん が幻想入りしました
狛枝凪斗 「あは、こんばんは
こんな深夜にも希望ってあるんだね?」
封獣ぬえ 「ぼひゅっ!(口からエビフライが発射した音)」
戯言遣い 「3」
鬼人正邪 「狛枝は不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう」
小傘 「(´・ω・`)お腹・・・膨れないよ>正邪」
不思議の国のGM 「いらっしゃい!」
封獣ぬえ 「うわきつ>ゆうかりん」
ゆうかりん 「よろしく♪」
戯言遣い 「2」
封獣ぬえ 「うっわきっつ>ゆうかりん」
狛枝凪斗 「驚いた
これでいいかい?>小傘さん」
玖渚友 「いーちゃんをコンセントになんか思わないよー
いーちゃんはねー
なんだろうね?うにうに」
戯言遣い 「1」
ゆうかりん 「○す(ボソッ>ぬえ」
小傘 「なでられー>輝夜
でもご飯・・・(´・ω・`)」
鬼人正邪 「>玖渚
私は生粋の天邪鬼さまだ。
好きなやつには当然嫌いって言ってやるし、嫌いなやつにも嫌いといってやるのだ(べろべろ」
戯言遣い 「開始。」
ゲーム開始:2017/07/09 (Sun) 01:27:23
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
翠星石の独り言 「むむむ???」
コルク抜きの独り言 「ぶっ!!」
翠星石の独り言 「また珍しいもんをー」
蓬莱山輝夜の独り言 「蝙蝠系……呪蝙蝠……」
鬼人正邪(人狼) 「素狼だー!」
ゆっくり妖夢の独り言 「はい>素村」
「◆不思議の国のGM GMはダークアリスデッキで楽しんでるプラスアルファって人!」
鬼人正邪(人狼) 「ほーら驚いたか? 驚いたな?」
小傘(人狼) 「…えっとね紅なんだけど
これはもう駄目かもしれない」
戯言遣いの独り言 「(クビキリサイクルまでしか読んでないから友への反応が慣れないな…)」
蓬莱山輝夜の独り言 「こ、こんどは間違えてないか……ああっ! そっか!」
狛枝凪斗の独り言 「うん、これは相当まずいんじゃないかな…あは!」
玖渚友の独り言 「これ、自打ちやめよ?
…やめよ?
…自打ち人数でこれ出すのやめよ…??」
封獣ぬえ は徘徊を行いませんでした
狛枝凪斗の独り言 「共有なりがいないと
ボクでもボク吊り安定って言うよねこれ」
鬼人正邪(人狼) 「逆境でこそ反逆魂は燃え盛る!」
小傘(人狼) 「…どうしよ?」
蓬莱山輝夜の独り言 「さっきのは村人陣営上海人形系だけで止まってたのね!>別ページのタブを確認」
玖渚友の独り言 「プラアルちゃん村立て感謝だよー!
うにー!
うにー♪ >GMちゃん」
鬼人正邪(人狼) 「決闘やコウモリが暴れてくれないかな…(他人任せ」
玖渚友 は 玖渚友 小傘 蓬莱山輝夜 に宿命を結び付けました
狛枝凪斗の独り言 「5吊り4人外か
…一応余裕はあるといえばあるんだけどね…」
蓬莱山輝夜の独り言 「ふふふ……この村の私は蝙蝠……自由の徒……
何者も恐れる事はないわ……」
「◆不思議の国のGM 出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
・・・頑張れ!!あきらめなければ夢は必ずかなうって誰かが言ってた!」
鬼人正邪(人狼) 「別に人形がいたり、狐に難癖つけられなきゃなんとかなるだろ」
小傘(人狼) 「初手告発されたらどうする?」
戯言遣いの独り言 「まで、と言うのはおかしいかな。なにせクビキリサイクルは1巻目だ。」
やらない子の独り言
             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   ‐―-   ィ:::レ':::::jl:::l      おや狂人。まぁ前回も狂人でしたけれど。
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|      多人数ですと別ですが、概ね15名以下の狂人の行動原理は全て同じとしたものです。
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ」
玖渚友の独り言 「よし!!! >自信家」
蓬莱山輝夜の独り言 「ちょっとーーーーー!!!!」
鬼人正邪(人狼) 「告発が無かったら占い師で囲うこと考えないとな」
蓬莱山輝夜の独り言 「あのーーーー!?」
小傘(人狼) 「…決闘まで来たんだけど
鬼火のゴマスリって…」
鬼人正邪(人狼) 「傀儡師とかでいいんじゃない?
無駄に死ぬより良いと思うな」
蓬莱山輝夜の独り言 「お……狼滅べーーーー!!」
鬼人正邪(人狼) 「うわぁ…」
小傘(人狼) 「もうヤダー>処刑投票先合わせないと死ぬ」
翠星石の独り言 「かーどげーむは最近やってないなあ
頭が回らないから」
玖渚友の独り言 「うにうに
諦めなければ僕様ちゃんも何かある!」
鬼人正邪(人狼) 「三相女神か?」
鬼人正邪(人狼) 「小傘が誘導欠けた時は私あわせてやるよ」
翠星石の独り言 「ま、頑張るですよ!」
コルク抜き は ゆっくり妖夢 を占います
やらない子の独り言
      ,⌒ハ             ,ハ⌒ 、
     ,'...::::::ヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、_-_:.:::ヽ
    ノ....:::::::.ィ〃:::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ヽ`ヽ::::::::ハ
   i...:::ィ::::∧::::::::  ::´::::,::::ハ:::::::::::::::::ヽ ´丶/:i
   ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::i
  ル.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/l/::::::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::リ
  { /jYyノ::/::::イ::::/::l::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:::::l:::〈
   )   |/|/:::;/l;::/.:::l/    l:/ ,l;/ !:::::::l::::l ルリ:::、
         レ::l;::/.レl/.,   l/_ _l;. l:::,:/:::l:!   ヽ)
         l/∧|'{厂``    '{厂``レ::i::l:::l
        |::::ハ''''     .    '''/::l::::l:/
         |/::::.`ト.   ___   ,':::/|::::i:|    ヴァンパイアに対抗可能であるのはイージスしか無いと思っているので、ずっとイージスです。
        ,':::::i::::::l:`r 、_  イ/::::/:::|::::i:|
       ,/::::::l/:l;;;l::::l     |l::从:::ノl::.:.V
      ィ:::;;;;;-‐l/:/l:{ヾ,     ソ/ ̄/'ヽ 、ヽ
      :.:./-‐/  ゞ ヽ、  ィイ/    /ヽ
      ,/ | \ ゙⌒`V^¨^V⌒"  / i/ ',」
鬼人正邪(人狼) 「何もなかったら頑張れ(」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鬼人正邪 は 不思議の国のGM に狙いをつけました
戯言遣い は 玖渚友 を占います
不思議の国のGM は無残な負け犬の姿で発見されました
(不思議の国のGM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
不思議の国のGMさんの遺言

        { ,′   {{| ` 、        ノハ    リ
,. ‐- .,      { {     {П   ゚。      ,:゙/ }    ,′
'/´  ゜ .   { {     {「」 ゚_ ゚。    ん  ,゜  /       _  -‐==ミh、
′    ゜。  ゚, {i    {ヤ`、 ゜、}i   jレ′/  。゚     ,、丶` _,.、、、、、.,_  `ヽ
    ,.,,_  ´,  ':,ト、   ヤ゚。 \ 込.,,,,.ノ /  _‐゜    / _、丶`````''~,.>''"´
.  ,ィ㌻^心 ゚。  ‘‰。, や゚。 /≫==ミh、 く`    ∠、ヽ` ,.、丶`ーァ",.、rセ7フ
 ∥    丿  _    ゜‰。,,_У/.,,__ _j}。c \ー==⇒` _、‐゛_,、丶ア∠=‐ ⌒ヽ
ー{{‐- 、、、..,,,,_゚,__,,,.、、 {し《/ノ / ∥ 人  ミ=ーくこア_、丶`,.  、` -‐===-
 ̄^_ア⌒ヽこг゚,~ミ㌻゛乂,,,. /.,,_,イ/ ノ ハト .,や ー---‐ '''゛ _ `  .,,_  --
こア〈=ー 从八℃\{ { {7ア彡 rァ=ミー=彡=ミi i ト .,,_ー--‐_,. ゛__    ´"''~
 ;゜ { \ニ‐  ̄ £ \ {{/八 {《(C)  ´(C》{ノ从<°゚ ゜ , '"´ ̄`ヽ .,,_´"'~ミ
⌒ ヤ⌒"'~ .,,_£、 /う'人 ` .,,_  '  :':'ィ゛ⅱh、 .,,,,.ノノ^ミh、  }}i )h、
/`、乂____,,,. 。o2ーく /、 })ヽh、\` ´_,.ィ从 ヤ、 ```` \ ,、} 、 )h、}リ`ヽ、 )h、   幻想は終わらない
 ー… ''"´  彡'",ィi{  `、 丁ヽ心ハーく⌒ーく\ ` 、 `ヽ、ノ()¬ , 'ヘ ` 、 ゜、    まだまだこれから、いっぱい遊びましょ?
` .,_ー=-‐ ''゛,. ィ( 从 、  ヽ辷〕ア 丿〈ヽ´ ><う‐、 丶  ゚, ヽ j :,  ':, }\
   ```````` ∥ { {{ \ヽ、 ァ'゜ィ"´ ̄` ´ `ヽ {`、 ', 冫.,_/ハ ハ ハi}  `、
    / , ´ⅱ { ヤ__,,..丶彡ヘ彳    /    }こ `、ⅰL.,,_ /冖 }/ jリ   )ノ
/ , ',:′ ,′ jj そ¬冖}广ヘ  }ノ   ∠_ ノ  〈フ‐- ノ; /  √ヽ{ ′ ′ ,ィ
'/{/{   ;   八 ( 、.,,,,. '゜ノ ゚。{_‐ニ  ̄Ξニ‐ _丿-ーマ_/ _ ,イ-┐,,_,, ,、rf〔ア
   ゚。 ⅰ    ':, 、   ,ィ冖⌒辷^ー⌒⌒ア^^~-^ ^ ア^⌒⌒ `ヽフ~``
     ゜、i{       ゜、\ ノア 、゚。 \  /∠,,,,,,,.、、-‐=冖冖¬ー'' ゛   _ _ _
       ‰.,,_ _ _ _ _ _rァ   >ァァ'"´  ‐- 、 .,  ` 、  `丶、ー ''"´    ``丶
        ゜∝㏄∽う=- ,-‐ / /_,,. rvァ‐.,_、\` 、` 、    _ _ _ _ _
             _、‐゛ / , ゛  /イ辷ア^ 7^ーう、    丶丶``       ´"''~
       _,. -ァ゛    , ゙  ,.ィ(γ冖冖¬‐-ミ¬( 、   \``丶、
   _、丶`` , ゛     , 'rセ〔 r 彳-‐=ニ  ̄,. `ヽ ){.,,,,. -‐`、    丶、   /
_、‐゛   /      //ノ.,_j」 ノニ}∧    〃    `マ.,,〕_ノ>ヘ   _ _ _ヽ,.ィ( ` ー
     。゜       {ヘ/ 广   `ヽ、,,. ∥   ,. ..,,` ーヘ⌒∨辷´⌒ヽ.,,)..,_`ヽノ^
    。゜          /ノ(  ;         \i{{ , ´     ` 、 }゚。 、 ーく''^`` ー~⌒´
、   「/´"~ .,,__,,. ィ(廴) ¦           や/        {':,゚。 \  \、\ヽヽ¬
⌒ヽ(⌒ヽ / ハ 广 〃 ; |          ; ;         ; ' }  ':, ヘ/   ```
、^ー-、 ノフー^ー'^′ ∥ { |    _,,,..,,,_   }i{           ;.,,.ー{~⌒ァ゜
 ^く ノ´/  / ;  ;  j{   i |,、丶`    `ヽ、{i{        {ー'⌒¨^`
  `ヽ.,,_ノ( 丿ノ  八 ,.ヽ^゚,           ヤ',         廴_
.     ⌒ー--―冖^⌒    ゚,          i ',         `ヽ、
                 ゚。        |  ',               \
                     ゚。       Г ゚ .,,,__          丶
                   ゚,      Г      ``丶、         \
                       ノ      厂             ` 、       \
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
小傘
                      ,~、
                     l も l    どっち!?
            ._ __ .  ..     i う i
人人人人_  ,. ' `   ヽ ヽ   l や l      酷いことしたのどっち
????? <  ,'  /l、 i; 、  `;    i だ i
????? < l --t'\_,-+   )    l こ l   この三相悪魔―
????? < ヽ />_ <ヽ / ',    i の i
.┼ _   < ハ o゚ ヽ ) ゚oノリ /  i む i
/| ̄  ヽ <  /i >‐v‐<イヽイ   i ら i
' |  α  <  リ〈__〈:┿:::::( ̄ )   `~´
 ┃    <  / /:::*::::::!ノ; l
  ・    .<(´< <:;::;.l、:::::\ゝ)
^Y^Y^Y^ ̄ ヽノ/_o_o_o_o_o\
ゆっくり妖夢 「はい、よーいスタート(棒読み)
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
半分以上が村なのはいいことなんじゃないかな(感覚麻痺)
蝙蝠もいることだし狼早めに減らしたいとこですね(狙えるとは言ってない)
共有はいなさそうですね」
翠星石 「真紅やチビ苺の寝言ぐらいうるせーですよ!! >吠え
夜は静かにしろってママに教わらなかったですか?」
蓬莱山輝夜 「人外が一気に滅んでくれないかしら
絶滅って言うのだけれど」
鬼人正邪 「この村は反逆のレジスタンスが占拠した!
さあ金を出せ! 飯を出せ!
革命のお通りだ!!」
玖渚友 「うにうにー!
おはようだよ
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1

うん!いっぱい出てるね!
…えっとね…
うん、言った方がいいのかなー?うにー」
コルク抜き 「村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1

13人なら普通に3Wもあり得るんだな。
5吊かぁ。決闘が悪さをすると非常に面倒。
共有の声は聞こえない。」
やらない子 「ラストワードで生存者を全て死亡させる能力者とか出ないですかね(物騒)」
ゆうかりん 「おっはよー♪
吊り数は5だから狼と狐を相手にするには
足りてるわ!あとはその相手を吊っていく村の力が必要ね!」
狛枝凪斗 「さて、キミたちには選択肢がある
ボクという老兵を老兵として残すか、それとも人外と見て即吊るすかをだ
さぁ、キミ達はどちらを選ぶんだい?
あはははははははは!!」
翠星石 「うん? >小傘
三相なんちゃらでもいたですか?」
封獣ぬえ 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
おはよもごもご
えー、5吊り4人外+蝙蝠決闘もごもご
共有が居ないとはいえ、余裕があるだけマシもごもご
ともかく初日からのCOはあるもごもご?」
コルク抜き 「パンツが見えていますね。ケアしましょう>GM」
不思議の国のGM 「さて、大変にひどいことになったわね!(三相女神見ながら)」
蓬莱山輝夜 「老兵なんて面倒ねえ」
狛枝凪斗 「老兵だよ
不可/

初日夜
この人数の村で共有もいないとなると老兵なんてボクでも吊せっていうんだけどね…
でもボクを吊るしたら吊りの余裕がなくなるのも事実
守るところ、あるといいということかなあ」
ゆっくり妖夢 「女王観戦者かな?村人陣営だけだけど>やらない子」
玖渚友 「あー…じゃあ輝夜ちゃんかな?
小傘ちゃんの朝一見る限り…うに0!」
やらない子 「今気付きました。
GMとがゲームマスターではなくグランドマスターの略だった?...(MP10000並の感想)」
鬼人正邪 「陣営配役は一件バランス良いように見えて地獄のパターンだろ。しってる(耳ホジ」
戯言遣い 「おはよう。
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営3 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
共有なし、人外それなり。」
コルク抜き 「え~>老兵CO」
ゆうかりん 「正直言うと見たくなかったわ>老兵」
封獣ぬえ 「うん?
小傘の反応的に三相女神でもいたもごもご?」
戯言遣い 「ん?友、どうかしたのか?」
鬼人正邪 「>狛枝
おまえ絶望と希望が足りないんじゃないのか?」
小傘 「決闘がくなーか輝夜で三相悪魔

私ゴマすり+鬼火
ショック死の可能性有」
ゆっくり妖夢 「老兵かあ 護衛先ないのは微妙だけど」
蓬莱山輝夜 「私は知らないわよぉ>友」
狛枝凪斗 「というわけで老兵COだよ
これで吊り余裕があれば、ボクを吊ってもいいですと言えたんだけど
人数的にツライんだよね…絶望だよ」
玖渚友 「老兵ちゃんだい!
んと、判断困るね…
どこか護衛する場所あるならあれだけど…
吊るのも視野に入れた方がいいと思う、うにー」
蓬莱山輝夜 「まあ、そうねえ
宿敵なのは認めるわあ」
封獣ぬえ 「そして老兵CO
しかも共有もいないとか、判断にすっごく困るもごもご」
鬼人正邪 「あ? 三相女神いやがんの? いいじゃないか。
私そういう無茶苦茶な奴好きだぜ(ニチャア…」
やらない子 「吊るか残すかって言うより、決め打ちですわね。」
ゆうかりん 「老兵と加えてとても面倒三相なんとか」
小傘 「最悪私ショック死で乙る可能性あるから…うん…」
ゆっくり妖夢 「三相女神ですか」
狛枝凪斗 「あはは、手厳しいね>鬼人
今は希望なのに絶望扱いされそうな状況が絶望的でたまらないね」
戯言遣い 「三相女神か、なるほど。
で、老兵は処分に困るんだよな…蝙蝠もいるし…」
封獣ぬえ 「くなー?
って思ったら玖渚友のこともごもご?」
玖渚友 「はーい
僕様ちゃんと言います

自信家・古戦場火
ショック死可能性僕様ちゃんの方が高いんじゃない?」
翠星石 「老兵の存在は共有がいるときが一番ありがてーんですよね……
今回だと【明確な護衛先ない】【陣営に蝙蝠いるから古蝙蝠も考えられる】
……ってのがポイントになってるから大変扱いに困る。
実質そいつを真かどーかキメ打つかの判断ですよ?」
コルク抜き 「吊ったら占い処理しないでいいんでそれはそれと思うけど」
蓬莱山輝夜 「老兵はちょっと残せないかなあ
ショック死で最悪三人死ぬわよ」
小傘 「女神じゃないよ、あんなのは悪魔だよ!!」
戯言遣い 「……!」
ゆうかりん 「でた以上サブいった方がいいんじゃない?」
ゆっくり妖夢 「ぶっちゃけショック死しようと知ったこっちゃないかな...」
翠星石 「古戦場火って占いが蝙蝠になる結果でしたっけ?」
蓬莱山輝夜 「私も占い結果は変わるわねえ
まあそれだけ」
やらない子 「だってさ、明らかに短い日数と思われるこの村は『後で考えよー』とか思ってる内にしぬんですよ。」
鬼人正邪 「狛枝が面倒くさいのは狼のパターンくらいか。
古狐ならなんとかなっだろうし。
狼系だったら最大で3wだから4票くらいとして、蝙蝠1と、後援ないっぽいが決闘が悪さするかどうか?」
狛枝凪斗 「決闘か…また面倒だねこれ
もし宿敵に占いでもいるというならさ、ボクが護衛するよ
生きていられればね」
ゆっくり妖夢 「サブ役職ややこしいんだよなぁ」
ゆうかりん 「これ老兵の中身と宿敵の中身次第な気がしてきたわ」
封獣ぬえ 「うろおぼえだけど多分それであってるはずもごもご>翠星石」
小傘 「古戦場火はひよこが蝙蝠になるはず?
あれ?松妙丸・・・どっちだっけ」
玖渚友 「これさー
僕様ちゃん輝夜ちゃんに延々と投票してれば生き残れるってことでいいのかな?
うにうに
流石に死にたくない」
戯言遣い 「…古戦場火。たしか、占い結果が強制的に蝙蝠になるんだったか」
コルク抜き 「三相位置は割と死にやすいので、COあるならお早めに」
蓬莱山輝夜 「古戦場火は普通に占い結果が蝙蝠になるんじゃなかったかしら>小傘」
狛枝凪斗 「だからボクを今吊るすかどうか
そこだけをよく考えてほしいかな…」
ゆっくり妖夢 「グレラン票を無駄にしてまで生き残って勝てると思ってるならいいんじゃない?」
玖渚友 「いーちゃん、安心して?
例え僕様ちゃんが死んでも
いーちゃんだけは生き残ってくれればいいから…うに」
小傘 「というか、決闘な以上生きのこっても相手倒さないと負けという・・・
なんでわちきを巻き込んだ―(泣)」
やらない子 「まぁ狛枝は今日吊られなければ明日以降は永遠に吊られないで良いですね。
明日以降に言い出す者がいても無理ですっちゅう話でね。」
翠星石 「まあ、私個人としては老兵はこの配役だと吊るかなあ。
……あとに回して考えてるような状況ではないと思いますよ?

あと決闘付きの位置については自分で出たんならつまり噛まれない・吊られないということを念頭に置いてるですよね?
ショック死するって可能性はあるにしても【自分の存在が場を動かしてる】ってのは明確に考えとけです」
鬼人正邪 「ショック死確率ちらほらあって数が変動しやすいから老兵無理じゃね。
4票+5~6想定した上で、ショック死1~2回出ただけで最悪想定の狼票が過半数超えやがるけど」
コルク抜き 「占っても意味ないってのが厄介なんですよね。>三相」
蓬莱山輝夜 「最悪明日は七人になるってだけ覚悟しときなさい」
玖渚友 「というかこれ
全員占い結果が変わるからね
うにー」
ゆっくり妖夢 「ただ正直言うとウサギなんか誰も投票せずに氏んでほしいなって(真顔)」
狛枝凪斗 「そして特にCOはなしと
表を捨てろと言うなら捨てるけど、捨て先ないよねこれ…」
封獣ぬえ 「結局のところ老兵COをどうするか。信じるか、なんだけどもごもご
と言うかそれに大体すべてがかかってる感もごもご」
小傘 「どっちかがどっちかってのは覚えてる>輝夜」
蓬莱山輝夜 「そういうでしょうよって思ったわ>妖夢」
やらない子 「七人...七人の小人...白雪姫...
やはりここは不思議の国だった?... <輝夜」
翠星石 「なのでぶっちゃけ決闘付いた時点で【COを要求する】のが当然だと私は思うんですけどね。

ただそれよりも老兵か。
……ただ場を考えるなら、やはり……吊る。ってとこだと思うです。現状は。」
やらない子 「でも大丈夫!
スノーホワイトプリンセスは一度しんでもラスワで復活!」
ゆっくり妖夢 「助ける価値のあるCOないなら人外かもしれない理論」
戯言遣い 「老兵を吊るかだよな、結局…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蓬莱山輝夜 は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
玖渚友 は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
コルク抜き は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
やらない子 は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
封獣ぬえ は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
戯言遣い は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
翠星石 は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
小傘 は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
狛枝凪斗 は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
鬼人正邪 は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
ゆっくり妖夢 は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
ゆうかりん は 狛枝凪斗 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
戯言遣い0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
ゆっくり妖夢0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
封獣ぬえ0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
やらない子0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
翠星石0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
玖渚友0 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
コルク抜き0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
鬼人正邪0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
小傘0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
蓬莱山輝夜3 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
狛枝凪斗10 票投票先 2 票 →蓬莱山輝夜
ゆうかりん0 票投票先 1 票 →狛枝凪斗
狛枝凪斗 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
蓬莱山輝夜の独り言 「あら生きてる……嬉しい」
封獣ぬえ は徘徊を行いませんでした
不思議の国のGM 「御疲れ様!」
狛枝凪斗 「はい、お疲れさま
まぁボクを吊るすこと自体は問題ないけどね」
鬼人正邪(人狼) 「小傘告発無かった時点でラッキーだよなこれ」
蓬莱山輝夜の独り言 「玖渚はちょっと味方してあげましょ」
翠星石の独り言 「さて問題は私が雲外鏡だということです。
ま、結局中身が見れるから吊ったってことなんですけど。」
玖渚友の独り言 「さてとっと!」
玖渚友の独り言 「うにうに」
小傘(人狼) 「凄いラッキーだと思う>告発ない
一応人形遣いにして置いたけど…>遺言」
鬼人正邪(人狼) 「占われても鬼結果だし、なんかニートっぽい役職で乗り切ればいいんじゃね?>小傘
さー、占い師っぽい位置噛むか…」
狛枝凪斗 「ただ、狼とかなら潜伏するかなあ…
出る人もいるから一概に言えないし、今回に限っては保護になる」
玖渚友の独り言 「いーちゃんは、大嘘憑きさんかな?
みたいな想像しつつ
うにー!頑張るよー!」
小傘(人狼) 「一応噛むならわちきが噛むから
噛み先お願いね
正直、勝てるとは思ってない以上、毒くらいはこっちで引き受けるよ」
やらない子の独り言
             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::レ'   、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´;!iメj } :|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧とっ_ソ       ,Vとつ|::::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、  _,v'i   .ィ:::レ':::::jl:::l     期待値で考えても狂人的には狛枝投票ですよねー。
        |::::j人!::::|「У///,,. ´| ′イ八|     そもそもですね、古狼や古狐だと老兵COなんて特に必要無いと思いますし。
        |::/  i:::::// " イ     ∨/::∧::丶    仮に大外れの古狼であっても、まぁ辛い位置だったでしょうから5:5でしょう。
         |/   / ´ ∠!ニ,ヘハ  //::∧ ト、::::\_,
        / ./    ニ.イ{ ヽ\ /::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / /     ー'-‐r‐-  `<ヽヾ.     ̄`ヽ
     / /     ,ィ:「 ̄ ̄  ̄`ヽ    ヽ.j       }
鬼人正邪(人狼) 「翠星石かなぁ」
鬼人正邪(人狼) 「まー小傘は占われても鬼結果だから、ショック死さえ回避できればなんとでもならあ」
コルク抜き は 玖渚友 翠星石 を占います
鬼人正邪(人狼) 「終盤、吊り位置確定してくればくるほど小傘はショック死も回避しやすいし行けるいける」
小傘(人狼) 「じゃあ130位で翠噛みしてくるね
銀無しの狂人交じりって時点で大分辛いわけだけども」
鬼人正邪(人狼) 「なんで私●が出てる時は遠慮なく切り捨てちまえ。基本、小傘は占い怖くないんだからな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狛枝凪斗 「コルク抜きが輝夜さんを占ったら
コルク抜かれに…?」
戯言遣い は 翠星石 を占います
小傘 は 翠星石 に狙いをつけました
ゆうかりん は 鬼人正邪 の周辺に逃亡しました
玖渚友 で足音が聞こえた…
翠星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
(翠星石 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
狛枝凪斗さんの遺言 老兵だよ
不可/

初日夜
この人数の村で共有もいないとなると老兵なんてボクでも吊せっていうんだけどね…
でもボクを吊るしたら吊りの余裕がなくなるのも事実
守るところ、あるといいということかなあ
翠星石さんの遺言 【2夜】
雲外鏡ですぅ。……正直役職がわかるつっても、難しくねーです?
私が狛江吊りを推したのは【中身が見れる】ってのもあったですよ。
……真老兵吊りだった場合が一番やばいんですけどね。
見れない>狛枝:?

2日目 狛江:?
投票者:玖渚友以外全員
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
蓬莱山輝夜 「玖渚はありがとう
お互い頑張りましょうね
老兵と一緒の投票って事は、老兵は古系として考えましょうか」
玖渚友 「うにうに
おはよー、僕様ちゃんだよ
基本は輝夜ちゃん投票メインで
途中確実に人外ちゃんかなって位置あったら投票していくスタンスで!
うにー!」
小傘
                 ,イ   
                 (:.ヽ、_,  --――― . 、
        ___     `>':.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:ヽ
   , ==三三三三!ヽ   /,.:.,:.:.:/::../:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:‘.
  /三三三三三>'三! /ィ:.:./:.:/!:./|:.:.:.:.|:.:.|イ:.:|:.:.:!::.:‘.
, '三三三三三/三三/  ̄i:.:|:.:.:i-/-!:|:.ヽ:.:.:.!:.:i-!:.:!:.=|=:.:‘.    まあ、古狼見たら残せない位置だから>老兵CO
三三三三ニ/三三ニ/   i:.:!:.:.:|/_ i:!:ト、:.:!`r'v'__j/|:,:.:!:|:.:.:‘.
三三三 /三三三/   |:.:ヽ:.ィ芹芯 ヽiノ芹苡ィ:.!/.:.!:.:.:.:.}    (そうでなくとも投票入る位置ならいれれば安全というのも)
三三ニ/三三> '´      }、:.:ト、弋..ソ ,  弋;;ソ/:,ィ:.:.:.|:.、:.:.!
三三/三三/       /:.:.}:.!:.:ト!::::::: ,、 :::::::/ィ:.:|:.:.:.ト、:ヽ.\_
三三!三ニ/       ´ 7,ィレ:.::,へ、  ゝ'   ,ィ´|.:.:.:.i!:|:.:.ヽ:\-ヽ
三三{三::i            '´ヽレ'v≧-、 ´ rヾレ'ヽ!}:!-、::!、:.ノ
三三ヽ三!             , -ァ'ニ!ゞ、_r-'´  `='   }       現状、特に複数票持ちはいないみたいだよね
三三三、::|             /'  }ニ!   ! ` 、     イ       老兵CO?しんだから
三三三!ヾ、           /  /ニ>=|ヽ「≧、_ _ /,'
三三三|三≧、        」≧、  /|ニ ニ/ 〈三='>三>/
三三三!三三三、   , -―-`三7¨`iニ/ /   /ニ| レ'_≧.、
\三ニ‘. 三三三 \  `<三>'  _}´     /ニ/:.:.i!::7、 ̄, =≦´ヽ
  ヽ、三 ‘. 三三三ニヽ  {三'  r'´ ! ,   rレ':.:.:.':.ヽ:/、/三三三{
≧==\ ‘.三三三三≧、 |-'  /  /-'  /:.:.:.:.:,_:.:.-ヽ'`ニ>=,三 }_
................/ヽ.‘.三三三三三! r '     ,イ´:.:.:.:.:.:.:,ィ,、|ヽ'/´:.:.:ヽー-'、
..............,'.......ヽ 、三三三三 |/  .:     |vv、/VV`'_ /:.:.:.::.:.:ヽ:.\:.:.:.ヽ、
............/............|三三三 :三ト、      iーァ‐―..'´:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.......、-――-〈三ヽ三| :!ニ'.....\   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:
..........i` ̄ヽ_`- '!三三 /.............>、:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:
...|ヽ |.................|_ _ ヽ_...........,....´.........!:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.:.:.:.:.:.:.:
...!  ≧、......../......|_ ヽ/..................ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i:::::.:.:.:.:.:.:.:
...\{三三≧'............./! {.............................\.:.:.:.:.::.:.:.:|::.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.|::::::.:.:.:.:.:.:.:」
ゆうかりん 「おっはよー♪
サブ的に仲間だから助けたわけじゃないんだろうけど
狛枝凪斗に投票の方がよかったんじゃないかなって思うわ>玖渚友
ショック死したら盾に移行するし まあ宿敵に言っても仕方ないかもしれないけど」
不思議の国のGM 「御疲れ様よ!」
翠星石 「おぶぇ >即噛まれ」
蓬莱山輝夜 「常に明日は五人減ってるかもしれないって思っておきなさいよ」
ゆっくり妖夢 「満場一致なのか…(困惑)古狼は期待できなさそうですね
正直吊りたい位置がなかった(小並感)
宿敵?ショック死して、どうぞ。
小傘の出方は(ショック死の可能性あるから吊らないでいいよ!)って言いたげでクッソ気に入らない」
封獣ぬえ 「おはよもごもご
まぁ判断もつかない位置だし、
共有も居ない以上、残しても判断つけようが無いもごもご
蝙蝠もある以上、占い処理も微妙もごもご」
鬼人正邪 「おはよーさん。
戯言が話題に乗れてねー気がするんで殴ったらいーと思いまーす(べろべろ」
狛枝凪斗 「はい、お疲れさま」
コルク抜き 「皆狛枝投票なんですね。うーん、これで狛枝狼あるのかな?」
やらない子 「割と纏まったこの感じ。」
鬼人正邪 「お。足音なんだなんだ」
蓬莱山輝夜 「灰で気になるのはぬえの老兵に対する濁し方が気になったくらいだけども」
玖渚友 「どういたしましてだよー
うにうに輝夜ちゃん」
玖渚友 「…?
足音…?うに?」
蓬莱山輝夜 「それ玖渚に死ねって言ってるようなもんよ>ゆうかりん」
コルク抜き 「雲外鏡かぁ・・・結果見たかったです」
小傘 「いや、ショック死あるから最悪人外残りすぎると飽和おこるよって意味なんだけど>妖夢」
戯言遣い 「おはよう。
現状灰で気になった位置も特になし、と…

足音?」
鬼人正邪 「あと玖渚は輝夜と別陣営ってことでいーのか?
いまいち仕様見てもピンと来なかったけど」
翠星石 「でもなんとなく噛まれるような気はした。そこは反省している。」
やらない子 「あやっしー。」
ゆっくり妖夢 「足音はなんだろ 発言まともだった位置が噛まれてるなあって感想ですね」
蓬莱山輝夜 「足音については何かが居る、程度でしかないでしょう」
やらない子 「ふなっしー。」
小傘 「で玖渚で足音?」
蓬莱山輝夜 「違うわよ、玖渚は狛枝と別陣営>正邪」
狛枝凪斗 「ボクも入れようかとか投げたけど
寸前で我慢したからねえ…」
封獣ぬえ 「と、おや足音もごもご
原因がよくわからないもごもご
熱病付いてるなら風神とか? でもって、熱病報告ないなら20%だか15%だか外したもごもご?
何にしても放置で良いや感があるもごもご」
翠星石 「決闘位置COしろって促してただけなんですけどねーw」
コルク抜き 「熱病とかついてます?>玖渚友」
玖渚友 「確実に仲間だから投票したよ!
でも後ほど容赦なく外すよ!
うにうにー! >ゆうかりんちゃん」
ゆうかりん 「足音ねえ 足音人外がいるならいいのかなって
家鳴なら狼に噛ませることはできるし響狐なら盾にはしやすいし」
鬼人正邪 「正直狛枝マジで狼だったとしても入れるだろ。
誘導してた私が言うこっちゃないかもしんないけど、
大勢が吊る流れだって見えたら、他入れたってどうせ狛枝助からんし。
そんなくらいなら吊って流れに乗ったほうがいいもんこれ」
玖渚友 「熱病はないよー!
うにー!」
戯言遣い 「輝夜と別陣営、は正しいな。
三相女神が誰なのかは知らないけれど

で、友に足音…熱病か何かついてないよな?」
小傘 「少なくとも私視点じゃどっちか三相だし>正邪
どっちがどっちでも投票先が決闘と?だからね、まず」
コルク抜き 「ていうかアレです、何気に三相組がしぶといのが怖いです。」
玖渚友 「そうだよー
僕様ちゃんと、輝夜ちゃん別陣営
輝夜ちゃんが三相女神ちゃんっぽいから当たり前なんだけどね
うにー >正邪ちゃん」
やらない子 「要するに狛枝吊った以外に特に何も変わらないこの感じ。」
ゆっくり妖夢 「じゃあショック死して飽和する前に吊りたいと思うんだけどいいかな?>小傘」
鬼人正邪 「>輝夜
>玖渚友 0 票 投票先 → 蓬莱山輝夜
玖渚っておまえ入れてるんだけど、
えーと、私なんか仕様勘違いしてるか?」
翠星石 「まあ私ならめっちゃ言いますから。決闘ついたって自白したならたとえ三相だろーがなんだろうがCOしろよって」
蓬莱山輝夜 「正邪は何か勘違いしてる?
玖渚は同じ陣営の人間と一緒に投票すると死ぬのよ?
あら? 私が勘違いしてる?」
戯言遣い 「なし、と。
それじゃあ問題なし。

それよりも、話題に乗れてないから殴るってのはどうかと思うけど>正邪
その言い方だと殴る位置を適当に探してるだけに見えるぞ」
ゆっくり妖夢 「同じ陣営に投票するとショック死でしょ?」
蓬莱山輝夜 「あー、私が勘違いしてたのか」
小傘 「しぶといというか、玖渚が輝夜投票し続ける限り
そこウサギと自信家打ち消し合って死なないし>コルク抜き」
戯言遣い 「自信家 [Ver. 1.4.0 β9~]
処刑投票時に同一陣営の人に投票するとショック死する。
恋人・愛人の場合は恋人陣営と判定される。」
封獣ぬえ 「まぁそうなるのならグレランしかないんじゃないもごもご?
うん、決闘勢によっても大分中身が変わるのがもごもご」
ゆっくり妖夢 「だから決闘っぽいとこに入れて生存を測ったんだと思うけど」
玖渚友 「輝夜ちゃんの言ってる事が
正しいね
あと僕様ちゃん熱病かかってないから
この足音は人外ちゃんかなって
それか雷神ちゃん?うにー」
鬼人正邪 「>戯言
おまえ以外に「こいつ」ってーのいないんだもーん」
蓬莱山輝夜 「別に私は玖渚が生き残っても良いわと思ってるから、ずっと私投票で生きてても良いわよ
応援してあげる」
コルク抜き 「正直、この調子なら三相位置の誰かを切りたいのですが・・・」
やらない子 「狛枝って厳密に言えば古系人外なら二日目に老兵COなんて元気にする必要あるかなーとは思うんだけど。
まぁでも決め打ち出来なかったから仕方ない的なところはあった。」
戯言遣い 「友に付いてるサブはこれだから、輝夜と友は別陣営」
ゆっくり妖夢 「占い結果出ないショック死しないCOしない位置を残し続けるって論外だと思う」
狛枝凪斗 「まぁ、問題は占いとかでもいきなり占いCOしない気もするからね
村表記でも騙ってさ、あはははははは!」
コルク抜き 「自身家の票は参考になりそうですね・・・」
蓬莱山輝夜 「私だってゴマすりが欲しかったわ」
ゆうかりん 「正直敵対が確定してるところ吊りたいわね」
鬼人正邪 「言動だけ見ると輝夜が女神本隊っぽいし、
その場合玖渚って村って可能性も十分にあんだよな?」
小傘 「私 ゴマすり+鬼火
玖渚友 自信家・古戦場火
輝夜 ウサギ・天火 だからね」
不思議の国のGM 「少人数で出る三相女神は地獄を生むから最高ね!」
封獣ぬえ 「小傘視点、そこのどっちかが決闘者って感覚なら当然っちゃ当然だぁねぇもごもご>別陣営」
蓬莱山輝夜 「あ、自信家だった
ここら辺面倒よねえ」
やらない子 「だって誰か一人は三相本人なんでしょ?」
ゆっくり妖夢 「狛枝吊った理由って古蝙蝠ありえて占い処理したくないからでしょ?」
戯言遣い 「十二分にありえる>正邪」
玖渚友 「逆に言うけど
流石にショック死しろって言うのはちょっとなぁ…って…
投票に動けって?うに」
小傘 「そうだね>ぬえ、やらない子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ゆっくり妖夢 は 小傘 に処刑投票しました
蓬莱山輝夜 は 封獣ぬえ に処刑投票しました
翠星石 「狛江についてはまー、状況的に考えるとしょうがないかなあ。
古蝙蝠もありえるなら吊っちゃうですよ、うん」
封獣ぬえ は コルク抜き に処刑投票しました
狛枝凪斗 「いや、ボク吊りはボクでも言うからねえ
護衛制限共有でもいたら別だけど」
鬼人正邪 は コルク抜き に処刑投票しました
小傘 は ゆうかりん に処刑投票しました
やらない子 は 玖渚友 に処刑投票しました
コルク抜き は 小傘 に処刑投票しました
戯言遣い は 小傘 に処刑投票しました
玖渚友 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
ゆうかりん は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
戯言遣い0 票投票先 1 票 →小傘
ゆっくり妖夢1 票投票先 1 票 →小傘
封獣ぬえ1 票投票先 1 票 →コルク抜き
やらない子0 票投票先 1 票 →玖渚友
玖渚友1 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
コルク抜き2 票投票先 1 票 →小傘
鬼人正邪0 票投票先 1 票 →コルク抜き
小傘3 票投票先 1 票 →ゆうかりん
蓬莱山輝夜1 票投票先 1 票 →封獣ぬえ
ゆうかりん1 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
小傘 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不思議の国のGM 「御疲れ様よ!」
翠星石 「そもそも占い、決闘刺さったら潜ったほうがまーだ生き延びれると思いますけどどうなんでしょうね?
表に出たなら、吊られないというポジションのリスクとしてCOするのは当然じゃねーです?
って前に話してたので今回は前に出て色々考えてみた。噛まれた。おわり。」
小傘 「御疲れ様」
蓬莱山輝夜の独り言 「小傘ーーーー」
翠星石 「おつですう。」
狛枝凪斗 「はい、お疲れさま」
鬼人正邪(人狼) 「あ、小傘普通につられたんか」
玖渚友の独り言 「ふっ…!
これで明日声高々に妖夢ちゃん人外を言っちゃうように!」
鬼人正邪(人狼) 「きびしーなー」
小傘 「どの道死んでた…」
狛枝凪斗 「こうやって宿敵でも関係なく吊るし上げるんだというのがいいかな」
鬼人正邪(人狼) 「まあ雲外鏡いなくなったのはいっか」
ゆうかりんの独り言 「めんどくさい」
玖渚友の独り言 「うにー!」
玖渚友の独り言 「うにー!うにー!(ゴロゴロー」
戯言遣いの独り言 「…結果、ないな」
ゆうかりんの独り言 「あれわたしどこ逃げたっけq」
鬼人正邪(人狼) 「小傘は占い師の結果関係ないから、投票者から探すっつーとあれやね」
翠星石 「まあ決闘は潰し合いして頑張ってねってことですね
それはそうとして吊られたくないにしてもCOしろよって言いますがー。」
やらない子の独り言
            /^ーヘ,  __   /:、 .:ヘ
        __/::::::::::ヘ{/⌒^Y:::::::::∨:::::::\ /⌒:.
.       「::::::^⌒::::::/:::::::/:7⌒::::::j{::丶::::::Ⅵ:::::::ト
.       |:\:::::::::/:::::::::::::/:::::::彡イ:ヽ:::::\::ヾ:::::::、::\
.       l::::::ハ::〃::::/::::/::::::::/:::::ハ::::'::::::::::::::::、::::::Ⅵ{
     /:|::/::j从!:::::|::::::/':::::::/:::::::/   Ⅵi:::::::::::::::::::::::ヾ;
   〈::::i::|::::::::j/:/:j::::〃::/|::::::/   |:::|ヽ::::::::ヽ:::i::::::::\
     Ⅵ:|:::::::/:!::::i|:::!j/  |:::/   __l::_l:::::':::::::::Ⅵ::::::::::::::..
     j从/::/::|::::il:::i{‐_ 二|/   ´__」:_ハ::::l:::::::::|::\:::::\::i
.      /(Ⅴ::/{\l:::l{ィ爪^ヾ    'ィ爪^} ドl:::::::::|::|::l \:::::1
   /    l:Ⅵ:ヾ:!x个Vツ      Vツ レ ∧/::::|::|::l  Ⅵl
.   (       |::八::::|:::l:| ,,,,    、   ,,,, /Y }::::/::j八  } )
        jハ::i:::|:::l:ト           ーr彡':::Y⌒:{ /
         |::lV:::从{\   '⌒)  /:::::|::|::i:::::!  ヾ
         |:八V::::ヾ| 丶. __ イi:::l:::::::|人|::::|   ノ   響狼の足音...という線もあるにはありますが、例えば雷神などと仮定しても玖渚投票が安定ですかね。
         /:::::∧::::、ノ         |:l:::l:::::::|  ヾ:|      吊れたのは小傘。人狼系は最大でも二名ですから、吊り易きへ流れているはず。
      、__/:::/l::ハ::::{{         Ⅵl:::::::|    \
.      (  ̄_ 〕tノ′ヾ::\、       川:::::::|     )    翠星石噛みは占い師探しというイメージが合いますから、やはり補足されては嫌な位置という事ですか。
.     /     //  _ド_ヾ     イ:::丶::ゞー-
.   /      〈/         `   ´ ̄ \{ヾ,    \
   {     八         .:.       Ⅵ}       l」
封獣ぬえ は徘徊を行いませんでした
鬼人正邪(人狼) 「んー」
玖渚友の独り言 「うににににー!(ゴロゴログシャー!」
翠星石 「久々にそこそこ頑張って発言出来た
満足(ごろーん)」
玖渚友の独り言 「うにー!!」
鬼人正邪(人狼) 「ぬえちょかなあ」
玖渚友の独り言 「うにゃー!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小傘 「占い噛めないと厳しいなーと…」
コルク抜き は 鬼人正邪 封獣ぬえ を占います
鬼人正邪 は 戯言遣い に狙いをつけました
翠星石 「あ、呪殺?」
小傘 「占い噛みと…」
不思議の国のGM 「狐、アウトー」
狛枝凪斗 「まぁ、そうやって宿敵だからどうした絵殺し合いになる村ならCOいいよって言えるかもだけど
なんだかんだで後回しの風潮があるとどうしてもね」
ゆうかりん は コルク抜き の周辺に逃亡しました
戯言遣い は やらない子 を占います
鬼人正邪 で足音が聞こえた…
封獣ぬえ は無残な負け犬の姿で発見されました
(封獣ぬえ は占い師に呪い殺されたようです)
戯言遣い は無残な負け犬の姿で発見されました
(戯言遣い は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
戯言遣いさんの遺言 占い師、か…真姫さんを思い出すな。
まあ、あの人は職業:占いであっても特技はESPだったけれど。
…戯言だよな。

1日目 友 蝙蝠
玖渚友。
あいつが人狼だったら、妖狐だったら、ぼくはどうすればいいんだろう。
どうすれば、いいのだろうか。

…戯言だ。どうするかなんて、決まっている。

2日目 翠星石○
確か小傘、輝夜、友は全員占い結果が変化するんだよな。
じゃあそこ占いは外して、と。

見たところ発言が良さそうなのは翠星石だろうか。
それじゃあ、そこを占っておこう。

3日目 やらない子●○
まいったな、結果がない
友の中身知るために妖夢占い…は、狐でも狼でも逆の否定ができないか
生存欲のある位置は決闘以外だとゆうかりん、と

…ここはやらない子占いで行ってみるか
小傘さんの遺言
              ___ , . : :  ̄ ̄: : : .
               \: : : : : : : : : : : : : : : :`: .
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
             /: :/: : : , :i : : : : ト、: : : ヽ: : : : : :.         人形遣いだよ
               /: :/イ: : 大ハ: : -:+‐二´ : l : : : : : |
           /イ: : l: /芯 从: / 心 》:|: : : : : ヽ
               l : : }イ` .ヒソ   }'  ヒソ }V: : : : : : : :.    告発ないならいるのは露西亜位だよね
               |/|: } u        イ: : : /: : : : ト}
                从ト .   r::::::::ヽ u|: :/ : : /}/
                  /: :ィ: >. . _ , .<: }/、: イ:/. ′
               ´ //}ハ_:_く,} / /: :| .| ヽ、         ゴマすり+鬼火が付いてるよ
                     / ハ´ /: : :| .|   へ
                    〉/ : _Y_: : : 」⊥/  .冫
                 / 〉: : x: : : {ノ  ト、   {
                   /   l_: : :i: : : :}  }ヽヽ /
               イ-==三ヽニニニヲ7く__}ノ`
              / l イ 、 ¨7;;;;;;;;;;;//i: |_ }}}
                /_/;;`ゝ_ノ;;;;;;;;;;;//: |//∧
                 lxi二二二二二二/ :|.////
             |_l| : : : : : : : : : : : : : : | \/、
             | || : : : : : : : : : : : : /!     ヽ
             | l| : : : : : : : : : : //      ',
             | {  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/           \
             /` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         o /7ヽ
                ,〈 o                 o ///
           く\\ o          o ///
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
蓬莱山輝夜 「じゃあウサギと天火は教えてあげるわね」
翠星石 「占いは二人いた……」
小傘 「御疲れさまー」
蓬莱山輝夜 「何かまかり間違って私の勝利になったりしない?
っていうか小傘が二番目に死にやすいんだけど吊っちゃうのね」
ゆっくり妖夢 「ん、じゃあやらない子河童とかいうレアケでもない限り友人外確定ですね
狼陣営で間違いないと思うので吊る必要ありそう 単独なら輝夜に入れる意味ないし
あとゆうかりんはなんでほっときゃ死ぬ輝夜に投票する必要があるんですか!」
ゆうかりん 「おっはよぅ
投票しなければ排除できたのになんかだめだめ」
翠星石 「 」
玖渚友 「うに!
動けって言われたから動いた
妖夢ちゃんは僕様ちゃん視点、人外ちゃん!」
鬼人正邪 「玖渚自体は言動割りと村っぽいしなーっていう。
んで輝夜自体は女神本隊っぽい。
だから三相組から落とすので小傘っていうの自体は解るんだけど、
そこでコルクが投票してんのすかんのよなぁ」
コルク抜き 「審神者 ゆっくり妖夢○>翠星石○>封獣ぬえ

一夜:ゆっくり妖夢
曲がんねぇ(白目
こうなるともう足音はあってもなくても同じ気がする。
まあ上下左右のどこかでいいや。ゆっくり妖夢。

二夜:翠星石
小傘、玖渚友、輝夜が占い対象外。
狛枝で占い一手使いたくないから狛枝投票
さて・・・狼目、狼目と・・・
翠星石は発言が厚くて吊られにくそうなので占います。

三夜:封獣ぬえ
あー失敗・・・<翠星石占い
ていうか、玖渚友がゆっくり妖夢投票で死んでない。
玖渚友がたぶん人外。それとも妖夢子狐とかあるかな?
さて、明日はなんにせよCO。占い初日じゃないといいなぁ。
足音は出したい。私投票のぬえで。」
不思議の国のGM 「御疲れ様よー」
狛枝凪斗 「はい、お疲れさま」
封獣ぬえ 「乙もごもご」
コルク抜き 「審神者 ゆっくり妖夢○>翠星石○>封獣ぬえ○」
戯言遣い 「お疲れ様…ごめんリアルでちょっと吐き気が…」
やらない子 「はぁん?」
鬼人正邪 「ぬえなんじゃ」
蓬莱山輝夜 「へえ>審神者」
不思議の国のGM 「あらら、大丈夫?>戯言遣い」
ゆうかりん 「信用した>審神者」
小傘 「ゆっくり休んだ方がいいよ>戯言」
コルク抜き 「呪殺ぅ?!」
玖渚友 「いーちゃーん! >死体」
翠星石 「うーん、もうちょっと決闘陣営が出るときのケースを体験したいですぅ」
鬼人正邪 「審神者。あー足音」
ゆっくり妖夢 「ぬえ呪殺主張ですかね じゃあ友吊りましょ」
ゆうかりん 「玖渚友吊りましょう?」
狛枝凪斗 「うん、寝よう
それが一番の癒やしだよ」
鬼人正邪 「曲げろ!(無理)」
蓬莱山輝夜 「あらほんと?>死体二つに今気付いた」
コルク抜き 「友さん吊ります?」
蓬莱山輝夜 「やめてよー
せめて誰か私に投票して」
翠星石 「この時間に鍋るのがきついなら寝よう!ですよ! >戯言」
小傘 「宿敵でクナーだけ浮き過ぎてる時点で大体察した
輝夜ならゆうかりん入れそうだと思ったし」
玖渚友 「ストップ!
これ妖夢ちゃんが子狐ちゃんや狂人ちゃん
蝙蝠ちゃん可能性あり!COはさせるべき!うに!」
やらない子 「私以外だと曲げる場所ありませんねぇw
まぁ呪殺っぺえのは確か。」
ゆっくり妖夢 「輝夜は誰も投票せず見捨てると明日最終日になるんだよなぁ...」
鬼人正邪 「ゆっくり妖夢○なら玖渚吊りで良いんじゃね。
ゆっくり妖夢が蝙蝠か狂人だったとかならまあアレだ、泣けになるけど」
蓬莱山輝夜 「ほんと誰か投票してお願い」
鬼人正邪 「玖渚占っても結果出ないんだろ?
いや、コルク噛まれると思うし結局意味ねえけど」
玖渚友 「少なくとも逃亡者ちゃん可能性あるんだから!!
COくらいはさせるべき!うにうに!」
蓬莱山輝夜 「私はゆっくり妖夢に投票してあげるけども
玖渚は私に投票……してくれないかなあ、どうなのかなあ」
ゆっくり妖夢 「ただ助けたとして、明日1票割かないとだめではある」
コルク抜き 「CO1日早かったかなー・・・」
やらない子 「でも輝夜って三相でしょう?どうせ。なんとなく見てた感じですけど。」
ゆうかりん 「ぬえが逃亡かどうかは関係ないでしょ?」
鬼人正邪 「>ない子
おまえ占いでも曲がんないんだよな。
たぶん足音自体は一列じゃね?」
蓬莱山輝夜 「誰か私を助けたい人いないかしら
助けて」
玖渚友 「子狐ちゃん怖いーってあるでしょ!
妖夢ちゃんCOだけでもさせるべきでしょ!うに!」
蓬莱山輝夜 「今なら優しくされただけでころりと行くわよ」
やらない子 「ほんまや(素) <正邪」
ゆっくり妖夢 「噛まれに蝙蝠結果出されてCOしない奴に言われる筋合いないです」
やらない子 「少人数の審神者って微妙ですね(手のひら返し)」
鬼人正邪 「輝夜が三相じゃないなら玖渚がそうだけどそういうCOも出てこねえし輝夜なんじゃねえの?
小傘ってことはないだろ…たぶんだけど」
玖渚友 「呪殺、って出てるから
子狐ちゃん可能性あるでしょ!!って言ってあげたの!
うにー! >ゆうかりんちゃん」
蓬莱山輝夜 「それ古戦場火よ>ゆっくり妖夢」
戯言遣い 「冷たい水飲んだら少し楽になった(なった)」
鬼人正邪 「>ゆっくり妖夢
蝙蝠結果は、三相のサブだから、な?(」
ゆっくり妖夢 「あっそっかぁ...」
鬼人正邪 「ぶっちゃけゆっくり信じるか玖渚信じるかなんだろ?」
コルク抜き 「友吊ってあとは生きてる人たちで頑張ってください・・・」
鬼人正邪 「でゆっくりはコルク○があるけど、
玖渚には何かないのかってことでさ」
ゆっくり妖夢 「あれ占い結果変化って初日から発生するんだっけ」
ゆうかりん 「ああそういう>玖渚友
子狐でああも敵対的な発言しないんじゃない」
蓬莱山輝夜 「私は生き残りたいのよー」
玖渚友 「とまぁ、暴れといてこりゃ無理だねって結論に至った
三相女神CO(ヒラヒラ
証明できないけどね」
戯言遣い 「正邪さえ吊れれば盤面としては問題ない、か…
後は友が勝ってくれればだけど」
やらない子 「私は今日の結果に関わらず昨日の時点で投票してますので何かが変わる訳ではないですね(キリッ」
鬼人正邪 「の筈じゃね?
違ったっけ。あんま詳しく覚えてねえ。>ゆっくり」
蓬莱山輝夜 「一日目の夜中から初日からサブ役職自覚できるわよ>ゆっくり妖夢」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蓬莱山輝夜 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
やらない子 は 玖渚友 に処刑投票しました
ゆっくり妖夢 は 玖渚友 に処刑投票しました
コルク抜き は 玖渚友 に処刑投票しました
戯言遣い 「勝ってくれれば…勝って……」
鬼人正邪 は 玖渚友 に処刑投票しました
翠星石 「のうかりんがやらない子に逃げない限りは……?」
小傘 「宿敵全滅しそう?」
玖渚友 は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
ゆうかりん は 玖渚友 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
ゆっくり妖夢1 票投票先 1 票 →玖渚友
やらない子0 票投票先 1 票 →玖渚友
玖渚友5 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
コルク抜き0 票投票先 1 票 →玖渚友
鬼人正邪0 票投票先 1 票 →玖渚友
蓬莱山輝夜1 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
ゆうかりん0 票投票先 1 票 →玖渚友
玖渚友 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
小傘 「と思ったけどくなーが助けたか」
不思議の国のGM 「御疲れ様よー!」
玖渚友 「お疲れさまだよーうにー」
小傘 「御疲れさまー」
翠星石 「おつですよー」
コルク抜きの独り言 「狼結果でなぃぃー」
鬼人正邪(人狼) 「ちぇっ
輝夜死んでたら吊り縄一本減ったのに」
戯言遣い 「お疲れ様(ガックリ)」
玖渚友 「流石に負ける人が増えるのは忍びないからねー
頑張って助けてみた!うにー」
蓬莱山輝夜の独り言 「                 ,,..    ..,,_
          ,. ..::'´:::::::::::::::::::::::::''゙´ヽ、
       /,.-‐::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ、
      /.::/:::::::::::;::::::::i:::::::::::i::::::::::',::ヽ:::::ヽ
.     /::::7::::i::::::::i::::::::l:::::::::::l::::__:::::i::::::',::::::',   コルクって名前が出る度に
.     ,′,′::l:::::::;:l-‐::l.l::::::::::l::::::::`:l::::::::i:::::::i
     i:::::i::::::::l:::::´::l:::__l |::::::::_lγァr、!:::::::l:::::::l    反応しちゃいそうになるわよね
      l:::::l::::::::l::::::;ィ´ハ `'‐'´  i ' ! ´i``r-、:l
.     l:::::l:::::::;:!;:;イハ´ l     ゝ.,,i  !:::::',、 `    うふふふふ……
    l:::::l:::::/ヘ:::::ヽ.ゝ'゙,,        ''' iヽ:::',:ゝ、
    |:::::l;:イ::!;:ヘ::::::`ヽ、  r-‐ァ  ,.<::::ヘ::',:::::::゙' .,
    |:::::::::l::::ヽ.,',::::::ヽ-`. ゝ ' ,.ィ":::ハ::::ハ::',:::::::::::::::``ゝ、.,
    |:::::::::!;::::::::::ハ::::::::ヾ,i'' ‐ i´z‐-::;ノ::::::iヽヽ::::::::::::::::::::::::::::゙'' ‐- .,
     l:::::::::|:',::::::::::::〉;:::::::::ヾゝ、.,`j__,,.イ-`ー'-;:ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``'' - .,_
    l:::::::::!::ヽ、::r'、 ヽ::::::::ヽ ヽ  Y    lヽ、ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'' ‐-
.     !::::::::'、::::::;>'  Y´ヽ:::::::',  〉-f\.   〉 `ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.: : : .
     ',::::::::::::>゙     ヽ. ヘ:::::::V  l, \/``  、.ヽヽ.,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : .
.     ヘ::::/  ',    !, ヽ:::::ヽ  ,!`ヽ、 ,.ィ''"   ヽヽゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.: : : .
     _/    ヘ / `´ハ:::::::ヽ''    `´ l     ヽヽ `>、:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:. : : .」
蓬莱山輝夜の独り言 「詰んだ」
小傘 「でも次の投票・・・
誰も助けないと思うよ?>玖渚」
蓬莱山輝夜の独り言 「             -vv―――――vv- 、
          r V V V V V V V V V V Vヽ
         /VV V V V V V V V V V V VV\
        /VVVVVV V V V !VVV|VV|V VリVVヽ
      /V V V V V lV|V lV!VVV|VV||VVVリVV|ヘ
.     /VVVVVVVV|V| _⊥」 |VV」⊥」|_VVVV||VMヾ  毒噛み以外に私の勝ちはない……解散!
    lVVVV!VVVk七 「VV| VVV|MM「||トVV|||VM
    |VV|V]|VVV_L⊥iー┴└¬l:::::::¬||」VV|||VM
    |VV|V]|VViV|::::::::::: ̄!    |:::::::::::||| 「三三三リ
    |VVL]⊥-―「l::::::::::::::ノ    ℡::::::ノリ |三三リルリ
    |VVVV|三三||l` ー '"          ⊂⊃ル¨´
    |VVVV||i三ニ|⊂⊃               ノく
    |VVVV|[|i三]|V[|          /VrA
    |VVVV|[.||i三|V[トx、__(^)_ イ三ニVVA
    |VVVV|V|||iニ|VV|/ \ / \VFFVVA
    |VVVV|V||||||ii|VV| (⌒`〈 〉´⌒) jVFFVVA
    |VVVV|V||||||<|VVト ヽ⊃( )⊂ヽ/ヽV 三VVA
    |VVVV|V|||||||iト、VV|/ /ハ\_.〉. .iVVVilVVA
    |VVVV|V||||||/. . .VVlー''~'. .'ー'. }. . iVViiトtVVA
    |VVVV|V||||/. . . . トW|. . . . . . . . . }. . .iVVi|  VVA
    |VVVV|リ||li. . . . . . }カl. . . . . . . . . .} . . iVV|  iVVi
    |VVVV|]l/ . . . . . . ル'リrr==〇==i. . . .iVl|  |VV|」
やらない子の独り言
   〈:.:.:.:., ' |/ |   /  \     ゝ  ヽ::::/
  // へ  /  .:l:..∧`    ヽ丶       j:::)ヽ
 ,// /   /   |〈 ∨::::        \   ヽ:::..`.
!/ /   |    ハヘ 丶:::  ヽ  イゝ  丶   :::::::::...
|   .:!    !/l:.:.:.:.:| 丶  ヽ:::  |   :1:::::.:.:.:.:.:.:.::.:.}::::::::........
|:.:.:.:.| ..:.:.:.:.| \:.:.!   ヽ  ヽ:: }:|..:.:.:.::|ヽ:.:.:.:.:.:.:./l::j.\::::::.:.:.......
| !:.:.:.|::.:.:.:.|:.:|,_  |_,l      _',__,l::|_:.._|,;::|  ハ l:.:.\: \:\イ
/|:.:.:.:.l:.:.:.:.|´|  ̄λ|`ヽ       !/L;|_ j/ :| /|Vl:.:.l  :)::://
!:ヾ:.:.:.l:.:.:.:|:.:||:{´.辷1|`'      |/´辷'リ~ } !/h| レ:.:.| (:.ノ7
!:./丶:.:|\|ヽ!ヽ 弋メ         i込ノ ' 〈;/::|.| |,/   !:.八
l/  ヽ:.:.:.:.:.lヘ.,,, `¨´          ̄,,, /ノl::::|:::;::〈
|l   l:.:.:.:.:.l:メ,       ,      u , '::::|:|;∧|:::::::<
7   |:.:.:l:.:.|:::::|>、     ,- 、   ∠、:::::!:|:.:.:.ヘ::::::::.:.く    ちょっと怪しい展開...これは正邪がLWっぽい...今のところゆうかりんは違うと踏んでいます...
    |l:::イ::::|::人V:`:..:.、  ` '   ' :l::::.|.:.:ヽ:l:.:.:.:.:.',:::ヽ::.:ヽ   
    |l:::/::::l,'::::∧::::::::V:` -‐ ´  /l:::/`ヽ、.:..:..:..:∧:::::V:::::
    |:/:::::::l:::::::::,:ミ:マ:::|      {l/7   `  、;;;:ミ:::::::l:::::::\
    /::::::::::,::<´ ', Y::!       ,'         `イ‐
  _/ リ-´    ヽ ヾ     /        ィ  }
 んノ\       i  ヽ    /      / /}}  八
 /  \\      ヽ<¨`>/         ,ノ:::.:....」
玖渚友 「そこがネックだったんだよね!うにうに
仕方ないので引き分けを期待します!うにー! >小傘ちゃん」
小傘 「さすがにコルク噛みで妖夢以外からグレランだろうし」
翠星石 「コルク噛まない理由がねーですよw」
蓬莱山輝夜の独り言 「                        _,,、、、、......,_
                     ,.:'':::::::::::::::::::::::`:::...、
                   ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                     ,'::::::::;'::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::',
                  ,:::::::::i:::::::::;イ;;;il::i::::i:::ii::::;:::::::'.,
                  i:::::::::i:::::::::!;-'-,゙ヾハ;;リ::!i:::';:::゙,
                  l::::::::::!:::::::lヒ_ン'   r-'';lリ;i!i:;:::!
                  l::::::::::l:::::::l ""   ヒン゙,'::イリ;i::i
                    i:::::::::::ハ::::::!、 。  ",.イ::::リ リノ
                 ,':::::::!~`''i:::::!^r--<:::::!:::i
                 i:::::::i~~~~l::::lλ::::::::::;ノi::::!   三相女神って少人数でも
                    ,'::::::i /'⌒i::::iァ-r'"´i!レ入゙、
                 ,':::::::l     i:::iイ」- 〈/ヾ==ョ゙i  他刺しにできなかった?
                   i:::::::::i、    i::lハー‐/,  ゙i,〒 i
                ,':::::::::i i   i::l§ノ `' lλ.!i  よく分からないわねえ
                   ,':::::::::i !    ~゙''"     .i. lii i
                     i:::::::::;i  i      。o。 i. ll! !
               ,':::::::ノ  l    ヽ、_ノ° . ! l! .!
               ,'::::::::゙ミミ≧l   γ     .リ. l !
               ,':::::::::::::::::l  ! ヾl‰ .,,ゝ-‐ リ  .i
               ,':::::::::::::::::;′λ 、ノ , '" _,,、、リ   .i
                ,'::::::::::::::;ノ    ゙ヽ、/  , "゙i, リ   i
              ,,':::::::::::ζ        ゙ヽ/ヽ, i リ     !_
           ,,':::::::::::;;'゙ `゙⌒γて_ハυ~゙''ヽ、i'‐-=,,_ノ;;:::::゙:::....、
          ,,,,....,,.'':::::::::::::;′     ゙゙゙'''''ー--‐‐''″  ゙゙゙ヽ、゙゙゙'' ;;:::::::゙:::..、
     ,,.:::;''::;;;;:::'':::::;;;:::-‐ァ   ,                ゙ヽ, ゙゙゙゙';::::::::::゙:.、
  ,.:'':::;'.,,,...'':::::;;:;''          l                 ',.ヘ,  `゙'iヽ;::::::゙.,
  ,'::::,, '':::::::::::;:' !   _,、    l、           --‐''″    i ゙i`゙゙', ゙, ゙'i::;:::゙,
  ';;:':::::::::::::;:;;'  ,!,  /'     ヽ、                 ,'  ゙,  ', ゙, リ;i::i
. ,':::::::::;: '  i、  'ゝ "'、       ヽ  i'                  l,  γ  リノ
 i:::::::::::'.,  !\,    ' 、       ,ノ         ',      i'  i
 ';::::::::::::::::'::::'!,, ヽ,  、、゙ 、      /,           i   ,   .,'   ,!'
  ' :::;;::::::::::::::;;:'ヽゞ-、_,ゞ、,ゝ、.     i          i, ,'  , '-‐''″
     ' '    `⌒ヽ-‐-、_,,,≧=‐-、'、         __,,,,,,'ノ'-‐''″
                      `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「むぅ!他打ち人数だったら3人刺して頑張れー!って心の中で応援しつつ
いーちゃんとラブラブってられたのに…むぅ…いーちゃんのお膝で我慢しよっと!」
コルク抜き は 鬼人正邪 を占います
小傘 「18以上じゃないと他射し解禁されないはず・・・だよね?
あえて言うなら恋妖精くらいで」
鬼人正邪 は コルク抜き に狙いをつけました
戯言遣い 「ぼくもあんまり体調よくないんだけどな…(膝にのせながら)」
封獣ぬえ 「うーん、気を抜いたら眠気が一気に来てそろそろ限界もごもご
申し訳ないけどお先に失礼もごもご」
翠星石 「少人数でコレはなかなか鬼畜外道」
ゆうかりん は やらない子 の周辺に逃亡しました
ゆうかりん は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゆうかりん は逃亡に失敗したようです)
コルク抜き は無残な負け犬の姿で発見されました
(コルク抜き は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
玖渚友さんの遺言                     _ ...... _
                ,、 '": : : : : : : :>、
              /: : : : : : : : イ     \
           _.. ィ/: : : : : : : : :/:.レ-    ‐ヽ',                 三相女神は僕様ちゃんだよ
            iヽ/: l: : : : : :i: : :/: :.l       i:.',
            l: :l: : l: : : : : l: :/: : レ=.、   r=li: :',                いーちゃんと一緒に勝てたら嬉しいなって
           l: :l : : Y'""ヽ!:,': : : :lハ::::::}`   ヾ'l: : ',
           l: : : : :l    li: : : : l  `"     i: : i        / ̄\    輝夜ちゃんは僕様ちゃんの代わりに勝ってくれたら嬉しいなって
           l: : : : :.ヽ.._ l: : : : :l     rァ /: : l         l    l
              !: : :li: : : :l: : :.l:: :.i: : !      /: : : l        \_/
              l: : l:|: : : :l: : : l^V: : l  r---‐': : : : :.!
             /: :l: :!: : : l: : : l: :l:\l  人: : |: : : : : : l          /  ̄ \
          l: : l: : l: : : l: : : l/:::::::::V::::::::\l: : : : : : !          l.      |
          /: :.l: : :l: : : :ヽ/::::::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : :.l          \ _ /
            /: : :l: : : l: : :ト、:ヽ::::::::::::::::::::r、::::::::::\: : :.!
        /:./l: : : ::l: 人:.i\!::::::::::::/: : \::::::::::V: :!        ,、<¨¨ '' ‐-ァ‐<"7'")
        〆  l: : : : :l/::::::'!::::::::::/: : : //ヽ:  ̄〉:::l: :!      r '7'゛  `  .._/ / / ./
              l: : : : /::::::::::::::::::::\: : ./〈: : /: : :l:::::l:.l.     /:l/    - ..__/ //
          l: : : :/::::::::::::/: :\:::::::::::::::/: : : : l:::::li     /::::ヽ   /::::::::/::::::::〉 ̄
            !: : :/::::::::::::/: : : : : :.ヽ:::::::::l: : : : : ヽ:::l\  /:::::::::::i /:::::/::::::::/
           l: : /:.|:::::::::::l: : : : : : : : i::::::/: : : : : : :|::l: : | /::::::::::::::/ /:/:::::::::::/
         l: :.,': : l:::::::::::l: : : : : : : : l:::/: : : : : : : :l::l: : l/::::::::::::::〈_/:/:::::::::::::/
         l: : :ヽ: :.\::::::ヽ: : : : : : :.l:::',: : : : : : : :l:::l: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        l: : /: : \: l::::::::::l: : : : : : :l::::i: : : : : : : :l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
コルク抜きさんの遺言 審神者 ゆっくり妖夢○>翠星石○>封獣ぬえ○>鬼人正邪

一夜:ゆっくり妖夢
曲がんねぇ(白目
こうなるともう足音はあってもなくても同じ気がする。
まあ上下左右のどこかでいいや。ゆっくり妖夢。

二夜:翠星石
小傘、玖渚友、輝夜が占い対象外。
狛枝で占い一手使いたくないから狛枝投票
さて・・・狼目、狼目と・・・
翠星石は発言が厚くて吊られにくそうなので占います。

三夜:封獣ぬえ
あー失敗・・・<翠星石占い
ていうか、玖渚友がゆっくり妖夢投票で死んでない。
玖渚友がたぶん人外。それとも妖夢子狐とかあるかな?
さて、明日はなんにせよCO。占い初日じゃないといいなぁ。
足音は出したい。私投票のぬえで。

四夜:鬼人正邪
どこ占っても同じ気がします。
2Wあるなら鬼人正邪とやらない子っぽい気がするけどなんとも。
迷ったけど鬼人正邪で。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
蓬莱山輝夜 「ここまで生き残る事はできたけど……儚い命だったんでしょうね
飽和もできないし詰んでるわ」
不思議の国のGM 「お疲れさま!おやすみなさい!>ぬえ」
ゆっくり妖夢 「今日僕は輝夜を「助ける」
だから全力で狼吊りに協力してほしい
今日狼が吊れない場合、最終日3人、残りの二人が確実に相互投票するからショック死して輝夜は負ける
だから狼位置を推理してほしい
輝夜狼で問題があるのは2w残りの場合だけだけど多分ないと思う」
玖渚友 「うに?いーちゃん病気?
大丈夫?病院一個貸し切りにする?うにうに」
鬼人正邪 「多分2wいたらさー
狼が村に2票集中するだろ。
村が狼に2票入れても輝夜が入れないか、入れても輝夜死ぬから、
正直どうしようもねえし、
2w考えるだけ意味ねえから1w想定で考えるしかねえなあって思った」
蓬莱山輝夜 「なんで二人も死んでるの?」
やらない子 「予想外過ぎる。」
玖渚友 「お疲れさまだようにー」
ゆうかりん 「うわあ」
ゆっくり妖夢 「うん?2死体?」
ゆうかりん 「お疲れ様でした」
コルク抜き 「やーんお疲れ様!」
小傘 「御疲れ様」
不思議の国のGM 「お疲れ様ー
ああっと!」
蓬莱山輝夜 「逃亡者なのかしら?」
鬼人正邪 「ゆうかりんなんで死んだん」
戯言遣い 「ん、大分青色が濃くなってるぞ?そろそろ髪洗った方がいいかもな」
翠星石 「やらない子逃げとな >ゆうかりん
お疲れ様ですよ。」
やらない子 「コルクのようにコルク抜きが抜かれるのは分かってたけどゆうかりんまで死去、とは。」
戯言遣い 「お疲れ様」
蓬莱山輝夜 「ねえねえ誰か私に投票してくれない?
素敵な人は居ない? ……居ない?」
鬼人正邪 「玖渚狼想定したらない子狼薄いしゆうかりんだよなあとか漠然と考えてたんだけどな」
ゆっくり妖夢 「4人だと輝夜すまない案件にしかならないですね...」
[密]やらない子 「まぁゆうかりん非狼は正解のようだったけど吊り先にも出来ないじゃないですかやだーw」
戯言遣い 「ちょっとした寝不足だから大丈夫だよ>友
多分明日の朝には治ってる」
蓬莱山輝夜 「せっかくここまで来たのよぉ」
鬼人正邪 「>輝夜
ごめ、余裕ねっす★
というかショック死してくれたほうがいいんで…」
小傘 「あ・・・やらない子狂COのうえで輝夜蝙蝠信用なら
やらない子に輝夜投げて、2人で妖夢吊りができなくもない」
玖渚友 「うにー。お風呂やー。いーちゃんが一緒に入ってくれれば…んー…
我慢するかもー」
ゆっくり妖夢 「まあ一応FOでいいんじゃない?」
蓬莱山輝夜 「狐ももういないでしょー、ねーねー」
鬼人正邪 「小傘狼想定したほうが良いのかもな。
ない子が対抗だろうで固定されちゃったし、あんまりそこから先に情報出てこないけど」
やらない子 「物理的に最高でも引き分けにしかならないでしょあなたw <輝夜」
鬼人正邪 「素村表記だよ
私にふさわしい役職だ」
コルク抜き 「初日COのほうが正解だったかぁ・・・」
蓬莱山輝夜 「私に投票あればワンチャンあるでしょ!!!>やらない子」
玖渚友 「んー、昨日敵対しなければ…
いや敵対しなくてもあの感じだと吊られた可能性あるから敵対してみたんだけどなー、うにー
難しいなー」
狛枝凪斗 「うーん
それならそれでボクが噛まれて…?」
小傘 「老兵信用で賭けるってのならまあ?>コルク」
鬼人正邪 「ゆっくりが無い子指定して、ゆっくりと輝夜がない子投票して、私が輝夜投票とかなら助けられるけど、
助ける意味ねえんだよなぁ…」
やらない子 「ねーから! <輝夜」
翠星石 「老兵を信じるかどうかだからリスクは大きい、程度ですかね」
ゆっくり妖夢 「(し)ないです」
戯言遣い 「じゃあシャワーで濡らして髪だけ洗っておくか?
それなら一緒でも大丈夫だぞ、きっと」
蓬莱山輝夜 「友ちゃんが、ゆうかりんが繋いでくれたこの命──無駄にはできないわ!」
ゆっくり妖夢 「輝夜狼も微粒子レベルで存在するから助けないです」
コルク抜き 「占い初日を考えないならそれでもいいって感じはした>老兵信用」
蓬莱山輝夜 「じゃあその可能性に賭けてみましょうか……>正邪
私に投票してくれない?」
戯言遣い 「老兵はこの陣営だと残した時のリスクがね
ぼくは基本的に2票持ちには厳しい方らしいから」
[密]やらない子 「輝夜狼だったら辛いです(広島カープ)」
ゆっくり妖夢 「指定するつもりもないし」
鬼人正邪 「だいたい輝夜そのパターンでも、おまえ裏切って私入れたりしたらぜんぶおじゃんになるんだからそんな危ない橋渡れねえの!
せいぜい吊られるない子がヤケクソで入れてくれる可能性に期待しよう(そっ閉じ」
蓬莱山輝夜 「私がやらない子に投票する
やらない子は正邪に投票する
妖夢が決める。これよ」
やらない子 「まあ輝夜が落ちないは正直無いんですよね。」
ゆっくり妖夢 「正邪ない子相互、僕胃痛、輝夜地獄行き」
鬼人正邪 「RTAさまから指定無し出たから諦めろォ!」
蓬莱山輝夜 「裏切るも何も意味ないじゃないのー>正邪」
やらない子 「狛枝古狼でもうひとりどこで落ちてるのかなーっていう感じ。」
蓬莱山輝夜 「ふえーん」
鬼人正邪 「ゆっくりさま、どうか私を信じてくだせえ(媚びるスタイル」
玖渚友 「んー、後で一緒にお布団もね!それで我慢してあげるー
えへへ…うにー!」
やらない子 「いや違うわ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「やらない子視点でも狼わからないから動けない有様。」
鬼人正邪 は やらない子 に処刑投票しました
玖渚友 「ううん?
ない子ちゃんはこれ輝夜ちゃん入れるんじゃないの?」
小傘 「やらない子が妖夢投げればだいたいはー…かなぁ?
輝夜狼出そっち助けるも有るかもだけど」
戯言遣い 「ん…ちょっと厳しいかもな…」
翠星石 「8割ぐらいはそうなると思いますよ。」
やらない子 は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
蓬莱山輝夜 は やらない子 に処刑投票しました
玖渚友 「やっぱり…そこ狼ちゃんだったら困るもんね」
コルク抜き 「げふん」
ゆっくり妖夢 は 鬼人正邪 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
ゆっくり妖夢0 票投票先 1 票 →鬼人正邪
やらない子2 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
鬼人正邪1 票投票先 1 票 →やらない子
蓬莱山輝夜1 票投票先 1 票 →やらない子
やらない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
玖渚友 「わー!狼ちゃん勝ちだー!」
不思議の国のGM 「御疲れ様よー」
玖渚友 「お疲れさまだよ!うにうに」
小傘 「やったーかなぁ?
後は噛み先で輝夜じゃないなら、まあ、おめでとうかな」
翠星石 「てるよ投票は出来ないでしょうからねえw
お疲れ様デウ書」
鬼人正邪(人狼) 「っぶねー!」
やらない子 「ふっ。」
小傘 「御疲れ様ー」
戯言遣い 「お疲れ様」
ゆっくり妖夢の独り言 「うん?狂人かこれ」
蓬莱山輝夜の独り言 「えっ」
鬼人正邪(人狼) 「というかない子狂人?
ゆうかりん内通じゃなく?」
小傘 「くなーの献身が実を結んだ・・・かもしれない」
ゆうかりん 「お疲れ様」
翠星石 「のうかりんが狂人逃亡してなくても結構むつかしい最終日ではあったかな」
蓬莱山輝夜の独り言 「正邪吊りが正解じゃないのーーー
これ私が噛まれるじゃないのーーー」
鬼人正邪(人狼) 「どうすっかなあ。たぶん輝夜噛み安定なんだけど」
ゆっくり妖夢の独り言 「まあでも指定飛ばしてもどうしようもなかったか」
蓬莱山輝夜の独り言 「やらない子はごめんなさいね」
玖渚友 「僕様ちゃんは何もしてないよー
ただお邪魔キャラちゃんっぽく場を乱しちゃっただけだし! >小傘ちゃん」
やらない子 「最後一瞬だけ投票先をうっかり仕掛けたけど概ね最適であった。」
蓬莱山輝夜の独り言 「私に投票してくれるって希望を持たせてくれたら
正邪に投票してたかもしれないわ」
鬼人正邪(人狼) 「輝夜狐はもうないし、見逃してやりてぇな~」
ゆうかりん 「結果がほしくて欲を書いたのが失態
残っても吊られたかもしれないけど」
翠星石 「ゆっくりに逃げないんだ……みたいなトコはあった。」
玖渚友 「え?何で輝夜ちゃん噛みが正解なんだろう?あれ?ちょっと謎になってる…んー?」
小傘 「村表記は毒騙り懸念?」
ゆっくり妖夢の独り言 「引き分けてもどうせショック死するしで無視しすぎたか」
翠星石 「ぶっちゃけどっちも毒ある可能性はあるんですけどーw」
小傘 「そもそもCOしたっけ?妖夢も・・・」
鬼人正邪(人狼) 「そりゃまあ輝夜毒もあるっちゃある、無いじゃないけど正直なあ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「それ言ったら輝夜ちゃんも毒可能性はあるよね?うに?」
やらない子 「この狂人は慈愛に溢れている。」
戯言遣い 「輝夜が三相女神と勘違いしてる…ないよな、友がCOしてる」
翠星石 「噛まれ位置にならないからなあ。やらない子のトコ」
翠星石 「まあ狂人で噛まれるよりはマシなんですけどー。主に私。」
鬼人正邪 は ゆっくり妖夢 に狙いをつけました
ゆっくり妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゆっくり妖夢 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゆっくり妖夢さんの遺言 村人表記
やらない子さんの遺言 【恋司祭】
四日目:0人

※四日目夜:
KO ☆ I ☆ SHI ☆ SA ☆ I
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2017/07/09 (Sun) 02:17:36
玖渚友 「じあいー!うにー!
僕様ちゃんもいーちゃんへの愛は溢れてるよ!」
蓬莱山輝夜
          ,,.. -──---- 、.,_.,_
       ,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
      ,.':::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    ,,.':::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ,:'::::::::::::::::::,:::::::::::::i::::::::::::::i::::::::::,:::::::::::::、:::::::::`,,
   /:::::::::,イ::::::/:::::::::::Λ:::::::::::ハ:::::::'_,__:::::::::',::::::::::::',  お疲れ様よ
  ,'::::::::,:' i:::::::i::::メ,::::ノ:::::' ,:::::::!ヤ´::::ヽ、:::::::::',:::::::::::i
 .. !::::::/i::::!::::: !,ノ:::,>-  \i  ->、,,_\:::::::':,::::::::':,  私は勝ったのかしら?
  i:::::,'::::'、!::::ノ::ヲ-r‐-、     '´i  ´'i`i"`':::::::ト、:::l
 .└-i:::ヽ::!::::,.イ | |  i      ゝ-‐' ノイ::::::::::l .):::l  それとも噛まれてしまったのかしら?
    ヽ:::i::!::i'::::ゝ.', ゝ- '       ⊂⊃i´::::::::::lノ:::::l
       |:::::!::::::i⊂⊃   ,,.. -‐フ  ,イ i、,::::::メ,:::::ノ:::!
      |::::::!:::::::> ,, _ __ __ ,, . ' :iヘ,:::::::lイ:::::::::::::l
      |:::::!::::::|::::|::::|::::i‐ァ'`Y   / .ノ::::::::::::/::::;::::|
     ..|:::::!::::::|::::|::::|:::‐,:':/´ i,  , '   ノ:::::::/:::::::;::::|
       ,'::::::i:::::::::::Yi´ /:r'-‐、ヽ,/_   ./::::::/ -'´  ヽ
     /::::::;! ''"  `ヽ...rー‐--ァ-r''"´i':::::/','     'ヽ.
    /::::!:::/      ヽ.〉  _,.イ」-  〈:::;」i        ',
   ,:'::::::::::/       iくr‐--ンハー‐-ン´',.        .. i
  /::::::::::::/     ` :,iヾ、,  /      i        ,.イ」
小傘
      ,‐ー‐、,r-‐ ─--y'´~ヽ         ,-へ、
      /    `         ヽ       ,!;;;;;:;::::ヽ
.  、__ノ      、    、',.   、 ` 、_    ,/",,,._"';;;_i
   > ,   , ,{.  ト、,    i .ハ ヽ ヽ  、ア,.ヘ/i;;;;;;;"'''::;i    御疲れさまー
  く.  {.  {/_ヽ_,|ノヽ、/}人}_ ,i!  }  ゝ/    / `ヽ;;;'
   `|入 /|   `   u  u `'`.}イ /ノ__ __/  /  i
   {  |V | ァ==、   ァ==、 |, ∨/´.,............,ヽ/  i     まあ、決闘付いた時点であきらめたからね
   |ヽ,{  ',            | y' ,'::::::::::::::::'.,ヽ  i
 ,-'´ /  `ー,        u N,∧ {::::::::::::::::::::::';`y'     こういうことも有るってのは、うん…
.ムァ |   `<  rー-‐ 'ヽ /Y  `、`、;::::::::::::::::;;' /
  `ヽ `ー-yー、}ト、`'ー‐‐'´イル'/   /` ‐ 、__ ィ 、  、
   `ー-r___,{_入 ̄ |~V|/ /   /   /   / /  |  |
      '´/~`ヽ,rヘ__ゝr'_/Y /   /  /  / _/   / /    正邪とやらない子は勝利おめでと―
     r´   |: : : :`Y´:./ / ,rー―、/  / と`i
     ヽ   |: : : =|=/ / /    ヽー--ζ ハ
      `i. =-|: : : : : |/ / ヽ     ヽ   ヽノ {
      /  人: :,ry-'_マ、  ,ト、      、    `<
      /,rー'-‐>'ζ  、ヽ} /  `,    |     !
      ヽ   i' ! { ._ヽ_y/  /,!     |     i
不思議の国のGM

                /:::::∧           へ
                  /::::::::::∧      /::::::::::}
                    /:::::::::::::::∧_ /::::::::::::::::;
               {::{::::::::::::::::∧ソ:::ニ:::::::::::/
               乂>''" ̄ ̄~`<:::::::::::/\
                ///       `くメ < \
         ト  _ /   / /   {   \  \::、 \Y
         `ー''"/ / /{ { { l ∧     Y   Y::, \\
            / / ⌒l ∧l ト{‐-    }  }:::}  Y ヽ
             ̄/{ y气{ \{,_,,,__\ヽ j  /:/ l  }ト  、
              从 ]{ {ir}   ⌒笊ミx- / //:/   }  { ヘ `、    お疲れさま!
             { l } `'゙    弋;;;シ///^i /     l  `、 \  素敵な世界で素敵な夢は見られたかしら?
       /\――┐人λ "      / /ノ/ / l 八   `、 \
    //::\\::::|| ノノト、` ー     / / / /  l   \     \
    \\::::::::\\ | ̄ ノ \_ -‐ / /トく //  /l    \ \  \
     \\:::::{`く| / ノ __}/ / )Y V   人       `''ー-\  \
       \ 癶\ \ / / ____/-<::l l    \            ̄`~ミ _
      / く\〉{  >‐/ //::::: ̄'''~ミ \l  {    トミ      \    \  ̄ ~
     //    ̄\_/ {/ /:::::::::::::::::::::::/:::::\l l  l    {     -ミ   Y  \  ヽ ̄`~ミ \
   / {{    / / \ { /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::l   l \ `、      \ }     Y い    \ ヽ
  /    し   / /    `く{:::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::{  八  \ \     ヽj  }   }  }\     ヽ}
 {{       {/j        l、:::::::::::::::::::::\::::::::::l    `、       ミー---- / /  /   ハ⌒ヽ    丿
 人       j {、     {ヘ:::::::::::::::::::::::::::}::::/八    \      ̄ ̄/// / / }}  }
         { 人ミー--‐ノl  Y~--‐  ̄}:// /ヘ \   \     /  /  /  ノ  ノ
           、    ̄ ̄  l  {()   __〉/ ト  \ー---‐''" ̄ ̄  ー-/ /
           \  _ノ l   ̄l ̄  |//{ | \  `< ___   /イ\\
            ̄ ̄   l   }   }\l__{   \   /  / ̄`ヽ   l \ ヽ
                  __八 /    j  \ヽ    }~'"   //\_\}へ,ヽ Y /\へ
            /::::::::/  У      /   Y   {       \::::::::Y:::::ノ ヽ〕 } }:::::::::::::ヽ ヽ
              {;;;;;;;;/  /     /      }\ー┴-----―--\―┐:::::::/j ;::::::::::::::::::l ノ
       γ-く辷/ /   /   /  \   /  ユ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::/ /:::::::::::::::::::}(
        }    / / ̄ ̄`ヽ//~辷ノヘ/   ̄ ̄`~<::::::::::::::::::::::::::j:::::::::/:::::::::::::::::::::::: ヘ
    (⌒''<_ /  /   (十)} 人:::::::::::::::::ヘ        __>:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::/   }
    /_―< ̄ ̄ \   /   〉:::::::::::::::::ヘ    /::::::ー-:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ノ
  //// \__ノ-イ}⌒冖'":::::::\:::::::::::ヘ   /:::::::::::::::::::::::::::\/:::::::::::::::::::>'"⌒Y  イ
  └ //// _ /   ソ::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::\/::::::::::::::>''" ̄ ̄-----―/:::::::::::::::::}  〉
   └</ // /::::)_/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           /⌒~ュ__ノ /」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
ゆうかりん 「お疲れ様でした」
やらない子 「おつかれさま。」
翠星石 「お疲れ様ですよー
なんとかてるよは勝ててた!」
蓬莱山輝夜 「あら……勝った……の?
正邪……ありがとう」
コルク抜き 「はぁあぁお疲れ様!!」
小傘 「輝夜もおめでとうだった」
鬼人正邪 「お疲れさん!」
玖渚友 「お疲れさまだよ!
うにー
輝夜ちゃんはおめでとー!
負けちゃったけど、宿敵ちゃん1人勝って嬉しいよ!うにうに!」
戯言遣い 「お疲れ様
ぼくは……いや、いい」
蓬莱山輝夜 「始めてよ……三相女神の宿敵で勝利するだなんて」
ゆうかりん 「欲を書かずに正邪に逃亡すればよかった」
コルク抜き 「配役的には全然勝てそうなのにダメだったわ!!」
翠星石 「決闘COした時点ですげえCOさせたかった
でも老兵吊りがほぼ確約していたという事実

ま、どうでもいい話ですかねー」
鬼人正邪 「ゆっくり妖夢が狩人とかだとまずいよなぁ…とかチラッと頭によぎった」
蓬莱山輝夜 「ありがとう>友ちゃん
初日や四日目に私を助けてくれて感謝するわ」
玖渚友 「小傘ちゃんはうん…ご、ごめんね?
でもほら初日はフィーリングで刺しちゃったから…うに…うん」
コルク抜き 「戯言遣い>大丈夫?」
ゆうかりん 「そもそも三相女神自体がめったにでないですからねー>輝夜」
狛枝凪斗 「お疲れさま」」
戯言遣い 「ああ、前の村はもう一度謝罪しておくよ
ごめん>輝夜」
やらない子 「人狼陣営が優しすぎて愛に溢れてる。
世界平和とはこうやって実現していくのだ。」
小傘 「ショック死するかもなのに黙ってるとかどーなの?だと私は思うけど>翠」
戯言遣い 「冷たい水飲んだら少し楽になった>コルク抜き」
不思議の国のGM
【雛5143】やる夫達の封蘇超闇鍋村 [6003番地]
~自分の役職の確認はしっかりと~

終了しました

三相女神によってウサギ(投票もらえないとショック死)を付与された呪蝙蝠
勝利をつかむために必死に足掻いた先に待っていた結末は……ログで!」
翠星石 「配役的な問題で言うなら老兵吊りは予約されてる
……んー。私が欲をかきすぎてるんですよねー
結果はどうあれ雲外鏡結果見せられたらちょっとは変わったかも。」
鬼人正邪 「妖夢にはしっかりバレてたので勝ちはやらない子のおかげだよなこれ…」
玖渚友 「全体的に村が強い配役だった!
けど決闘者ちゃんに翻弄されちゃたかなー?(翻弄した当人)
うにうに!ごめんねっ!」
やらない子 「まぁ輝夜に投票したのは輝夜がLWだったら困るっていうだけでしたけど(真顔)」
狛枝凪斗 「宿敵云々をどうするかって
初手指定するかどうかレベルの宗教みたいに見えてきたね最近はさ」
ゆっくり妖夢 「一応狛枝以外人外しか吊ってないんだけどなあ その一手が致命的だった感」
小傘 「まあ、こっちも大体くなー三相は察したけど…刺された理由は不明だった
ノリなら仕方が無い
(輝夜が三相なら東方で統一かバラバラにすると思ったし…)」
蓬莱山輝夜 「それでも嬉しいわあ>やらない子
勝利おめでとう」
鬼人正邪 「>やらない子
私は常に弱い者の味方なのだ!(強者に媚びないとは言ってない)」
翠星石 「決闘付きCOは一定の安全が約束されるんでじゃあ中身も教えてねとしか私は思わない
三相だとむつかしいかなあ。」
狛枝凪斗 「なので、その時の指揮官が好きにすればと言うぐらいに落ち着いたよ」
玖渚友 「いーちゃん本当に大丈夫?
辛い?早めに落ちて休む?
ちょっと本格的に怖くなってきたよ?うに…(オロオロ >いーちゃん」
ゆっくり妖夢 「あと単純に友狼陣営で決めうってたから狂人が想定できてなかったってのはある」
やらない子 「あたし視点だとゆうかりんと正邪なら正邪LWでしたんで、ゆうかりん吊り誘導のつもりだったんですけど。
ゆうかりん無残とは思わなんだ。」
蓬莱山輝夜 「ドラッグストアでも良いけど胃腸薬を常備しておくと良いわよ>戯言遣い
安物は駄目ね、それなりのものを買いなさい」
鬼人正邪 「戯言はどしたんだ、体調でも悪いのかよ」
戯言遣い 「別に大丈夫だよ、寝れば多分治るだろうし>友」
翠星石 「まあ残してほしいならある程度そっちも譲歩して中身教えてね、でいいか
ただの決闘なら。」
戯言遣い 「ちょいと吐き気がね…冷たい水飲んだら大分楽になったけど>正邪」
ゆうかりん 「お疲れ様でした 村建て同村感謝」
狛枝凪斗 「まぁ、村でも中身騙りそうな気はするというオチだけどね
ああ、宿敵は大変だよね…」
不思議の国のGM
                                              , 、
                                   ,           /./∧
                                      //}i       ////}iハ
                                     j!/.{/∧    /////}i/ハ
                                  j!/.{.//ハ   .j!//////}i/}i
                                j!/i{////ハ. .j!///////!i/!
:、                               j!/!i////、/,ゝ {イ////// iリ
::::\ _                            {/H//>'''" ̄ ̄ ゙  <Hj!<
ヽr‐ '_, ` <                         }i イィ ´    \     ヾx \
:r''¨斗'‐ァ   \_                     ゝ,.ィ /      !    ヽ     マ}!
 ¨ゝ、",,イハー ,イ   <__                   /イ i{   i  !\  __ ', i   マ}!   }!
   ゝ-く::::マト、   ,イ<}              ,イ,イj!  i   j!  ハ≦+。.,  ', i    }リ   }!
     ハ::::ヾ}ト、i{、    <.             }/ .j!  {,. -/ i /   ,ィ云=ミx i    レ!  ! }!
       ヽ:::::::::弋.}iト、.     <           i i!  / ,斗ミ ′   r'沁  }L   .j!ム∨ :! }!
        `ヽ、::`マ \       .、       .j! , '  ;沁      辷ソ  ’j! / ハ ∥ ! :}!   それじゃあ今日はここまで!
           `ヽ::::`ヽ.\    `゙ ` <.     イ ハ :代リ         /イ}/  }!!  i! 、 }!  また遊びに来てね!お疲れ様!
            `丶、::::ヽ>s。.         < .     }!i :}!  ′,. z。、  ´ ,イ  ,イ }  i!  ヽ、
               ー、ム  `}iトミ     `゙y^:、ィノ:从    マ´y´ :}    {  ./ .,イ  :ト、.  }!ー 、
                          `}iトミ   ,イ-、 ./{ ;' i\   ヽ _ノ  イ:ト、{ :i   }i ヽ、_ }i  ヽ
                            ヽ,.ハ =-イ八{  i{: '; ≧s。.z:≦   {リマ{ {    ゙ 、   ̄`ヽi!
                          ,イ ヽ、{、: : : ゙ヽ、 :j!  .j! 乂   ,イ ト、 }ム 斗--、   }i  }!
                         /    ィi!: ヽ: : : : :}! リ  j!i  ,ィr''" ./イ}リ ir==、}i、r √¨¨_ヽ_
                         /   ,.,イ  i}i: : : : : : :ノイ!   i!ヘ ,イO }! /; ' /  i!: : : : : i : } トィ'´ ,. :{
                          / / ,.イ i{   i.ハ: : : : イ: :j!  i: : : :!O j!: ': i/i{   j!: : : : : j!: :iト、ゝ '´ _ i
                      i ! .イ i :i{   i!  ≧ァs。: j! ◎ ト、: :i:O !: : : }i  ,i{/: : : : :(, -ヽi゙i!└-- ノ
                      }!ハ {  ヽ{   }i  { ,イ゙ヽ!\/  `゙¨¨゙¨¨.j!,.-ミj!j!: : : : :,イ__ 〈  ゙ー i{,..}
                        }! >s。  ヽ  :}! ,イ   !           ヽーイ'∧: : : ハ弋ソ ,イ}!   }i ソ
                        、   `ヽ !  Y   斗-!           ´ /  `!´ ヽ、 7   ゙i―=''^∨
                        `     } :!  }i  >-i           /- 、 ! :リハ ¨ \  !    }
                           ノ イ   リ}i イ j          ./、 ,.  !/ リ ' /`ヾ.、   i{
                          ,ィ ''" イ': : : ̄`゙く-リiノ!          ∧ `! ,イ / i{ ,.イ    }iト. ィ }!」
ゆっくり妖夢 「それじゃ村立て同村オッツオッツ」
玖渚友 「刺された理由はー
開始前驚くよう言ってた小傘ちゃんと、それ慰めてた輝夜ちゃんを隣で見てる僕様ちゃん!
という構図!うにー!
完全いフィーリング! >小傘ちゃん」
鬼人正邪 「夜も暑いから気をつけろよ。
ちゃんとクーラーあるなら切らずに寝たほうがいいぞ!」
小傘 「ただの決闘なら多分言ってないかなー>翠
今回はあくまでもサブ付きで死ぬ可能性あるから出ただけ出し」
狛枝凪斗 「じゃあ、お疲れさま」
翠星石 「だーって延々残っても面倒だしとっとと決闘位置とか居なくなったほうがわかりやすいですもん……占い処理する理由もありませんし

老兵吊りが見えてた場合そもそも私信頼されてたんでしょーかね?」
戯言遣い 「むしろクーラーが強すぎて寒い()」
やらない子 「あたしは個人的に決闘者陣営というもの自体が闇鍋に不要だと思う主義(持論)」
玖渚友 「んー、そういうなら…
無理はダメだよー?早めに寝て明日栄養あるの食べるんだよー?
無理は駄目だからねー?うにうに >いーちゃん」
鬼人正邪 「>やらない子
ゆうかりん残ってたら私もゆうかりん誘導だったから、
それはそれで2票確定で飛ぶからけっこう流れよかったのかもな」
コルク抜き 「この配役で、三相の矢が全部人外に刺さったのに負けちゃうなんて・・・
初日出るべきだったなぁ・・・」
やらない子 「この陣営ほんと要らないとずーーーーーっと思ってる。」
翠星石 「ですねー。三相なら出る。でも正直重要職でもねーかぎり三相に刺されました、でも吊りてーですけど!() >小傘
通常の決闘刺されなら出なくていいってーのは当たり前。」
小傘 「ぶっちゃけ三相付いた位置はその位置に投票禁止ってだけでも大分と?
兎は先ず死ぬし、自信家もある程度・・・
ゴマスリもご覧のあり様@ゆうかりん0票でどの道死んでる」
鬼人正邪 「邪魔ポイントが上がった蝙蝠だと思えばかわいい。>決闘」
狛枝凪斗 「まぁ、そればかりはねえ>やらない子さん
好みの問題だから難しいのさ…」
やらない子 「妖夢が何て言い出すか怪しいからぬぇ。 <正邪
相手は一人でも多い方が良いかなとは思ってた。」
蓬莱山輝夜
           ,,.. -─ ─ - .,,_
       /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   ×  , ':::::::::::::::::/:::::::i:::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ
 .×  /:::;/::::/::::::/:::::::::!::::::::::::::i:::::;::::::::::',
      i::::/:::/::::__;::」::::::ハ:::::L::;__:l:::::!;:::::::::i  みんなお疲れ様
    |::::i:::::i:::´i::ハ::|::::」 L::|::::ハ:i`:::|:::::|:::i
    L::レ:_i:」´,.==、    ,.==、`ハ::」:::」  勝利できてとても嬉しいわ
     |:::::|:::::| ,,,    .     ,,, |::::|::::::|
     |:::::|::::::!.     ______    .ハ|/:::::::|
      |:::::|::::::|ヽ、   ` - '  , イ::|::::|:::::::|   友ちゃんとゆうかりん
    |:::::/|:::::|:::::i::`i'/⌒ヽ,.<:::|::::|::::|:::::::|
    .|::::/::::|::::|イ _/  r、!个ゝl::/:::::|:::::::|  そしてやらない子と正邪はありがとね
    |:::/:::;くVヽ;:/|   Yi   ノレ^ヽ、|:::::::|
   .|:::i:::/  >、/ゝ7ト、_,.イ⌒ヽ、/:::/ヽ!:::::|   村建て同村感謝するわ
   |::::Y   /! 7ヽ、_,(!、    i、/    Y::|   また他の村でも会いましょう
    |:::::::!、 r7"ヽ、ヽ_//_ゝ、__,.ト(、  , ノ::::|
   .|::::::ハ:::iY   `ー'7ヘ`"r-r'"`ヽ、7´ハ::|」
翠星石 「指揮がおらんとそのへん曖昧にされがち。」
狛枝凪斗 「ボクは好きだからいなくなると嫌と思っている
という程度の、そう…好みの問題」
玖渚友 「僕様ちゃんは
ある意味確かに戦術は広がるし、いてもいいと思っちゃう主義!
あと復讐者ちゃんで仇敵ちゃんが全員いなくなった時の快感がすさまじかったので
それもう一度味わいたいからなくなってほしくないなー的な! >やらない子ちゃん」
蓬莱山輝夜 「ああそうだ>戯言
冷たい水よりは常温の水の方が良いわよ
不調の時に内臓を冷やすのはいけないわ」
戯言遣い 「宿敵関連は特に色々と意見が多いからね
ぼくはとりあえずCOさせていいと思ってるけど」
鬼人正邪 「コルク初日に出ても噛み位置与えるだけだから辛そうじゃねえかな…
コルク抜き出たからって老兵残せるかっていうとどうだろ」
小傘 「でも、出ないとなんで死んだ???になる以上は、
死因要員として出ておくのは普通だと思うしー>翠
一応遺言残しというのがあるけど、それ信用?とも」
狛枝凪斗 「決闘0オプション自体はあってもいいとは思うけど」
蓬莱山輝夜 「ログを読んでもコルク噛みがどうしても私噛みに見えてしまう……」
コルク抜き 「まあ初日出ると、狛枝占わないといけないから結局・・・ねー」
翠星石 「後援者が共有に受援ぶちこむとすっごくカワイソ。()」
小傘 「ついでにマニア無しも欲しい>狛枝
少人数に限ってマニア出るし、マニアゲーが加速するから」
コルク抜き 「私みたいなパンツが、皆様にコルクと呼んでもらえるなんて光栄の極みです」
狛枝凪斗 「え、コルク型のパンツ…?」
小傘 「ケさんの場合は、ケさんだし?>コルク」
蓬莱山輝夜 「私の代わりにケアって言われて吊られたり尊敬されたりするのよ>コルク抜き」
鬼人正邪 「決闘はパターンちょっと複雑だし、元陣営とか難しいし、
そんな大量に出るものでもない(印象)から、戦術振れ幅大きい気がする」
翠星石 「まあ、なんだろう。まとめるなら

【ただの決闘なら隠れてろ。自発的に出るならCO聞く】
【三相みたく明確に自覚できるなら出よう、でもそれはそうとして中身(CO)は教えてね】

これでいいやー。ですぅ。()」
玖渚友 「いーちゃんちゃんと休むんだよ!
じゃないとメッ!だからねっ!

って言いつつ僕様ちゃんも落ちようっと

一緒に遊んだみんな
村立てしてくれたGMちゃん
鯖管ちゃんに感謝だよ!

小傘ちゃんと輝夜ちゃんは巻き込んじゃってごめんね!
髪長い3人、とかいろいろ組み合わせ考えたんだけど
やっぱり小傘ちゃん輝夜ちゃんが強すぎちゃったね!えへへ!

勝てなかったのは残念だけど、今回動き方が変だったし
仕方ないねうにー!
お疲れさまだよ」
戯言遣い 「それじゃあお疲れ様
友にも言われたしもう休むか…」
やらない子 「少人数の狂人なんて何も騙らずに最終日に吊られる。
これが最善にして最良。常々そう思う。」
鬼人正邪 「っともうこんな時間だ。私も寝よっと。
悪い子のみんなは歯は磨くんじゃないぞ!」
コルク抜き 「コルク型のパンツだなんて卑猥です・・・」
狛枝凪斗 「じゃあ、本当にお疲れさま
持論を言うのは楽しいものさ」
翠星石 「適当に●ぶつけるほうがありがたい気はするけど
今回みたく噛まれる位置にまったく入らないとそうなりがちな。」
鬼人正邪 「ってことでお仲間はその……
……私がありがとっていうと嘘になるから言わないぞ! じゃあの!」
小傘 「じゃあ、私もこれでー
御疲れさまー ノシ

決闘はまあ、そういうもんだからしょうがないと思ってるから問題無ー>くなー」
翠星石 「じゃーおつかれさんですよー
村建て感謝、狼勝利おめっとさんです

……張り切りすぎて2日目噛まれはちと欲求不満ですね()
ま、次頑張るとしますよー。ふふっ
じゃ、また次の村でですよ!」
コルク抜き 「じゃあお疲れ様です。コルクへの道は遠い!!」