←戻る
【雛5157】やる夫達の超闇鍋村 [6019番地]
~何もなくとも鍋はある~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon アタランテ
(生存中)
icon 白レン
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
(生存中)
icon アライさん
(生存中)
icon アンパン
(生存中)
icon モードレッド
(生存中)
icon フェネック
(生存中)
icon ノッブ
(生存中)
icon ボーちゃん
(生存中)
村作成:2017/07/16 (Sun) 13:27:29
アタランテ が幻想入りしました
アタランテ 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.xsrv.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします。」
アタランテ 「45分開始な」
白レン が幻想入りしました
白レン 「ま、よろしくと言っておきましょう」
アタランテ 「よく来たな」
白レン 「流石に少ないなら延長は希望しておくわ、私は
割とだらだらと待っても良いとは個人的には思ってる」
アタランテ 「まぁそうだな」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「着くゥ^〜」
アタランテ 「狩りの時間だ」
アタランテ 「人数少ないし14時に延長するぞ」
ゆっくり妖夢 「ん、おかのした」
白レン 「ちょっと、何かイロモノが隣に来たんだけど」
白レン 「一応掲示板で延長報告はしておいてもいいかもね」
ゆっくり妖夢 「TDNまんじゅうです」
白レン 「ええい! 饅頭は喋らないわよ!」
アライさん が幻想入りしました
アライさん 「村の中にじゃぱりまんがあるのだ
拾いに行くのだ」
アタランテ 「よく来たな」
ゆっくり妖夢 「この村!深い!」
アンパン が幻想入りしました
アンパン 「よろしく」
アンパン 「TDNアンパンです」
アライさん 「(アオォーン・・・)たすけるのだ!噛まれるのだ!
(アオォーン・・・)死にたくない!死にたくないのだ!かばんさん!フェネック!サーバル!(アオォーン・・・)」
ゆっくり妖夢 「うわ、アンパンが喋ってる、こわ」
モードレッド が幻想入りしました
アンパン 「実はじゃぱりまんにも意識があるんだぞ」
モードレッド 「父上! 父上ー!! どこだ父上ー!!」
モードレッド 「し、死んでる……」
アタランテ 「王様なら別の村に行ったぞ」
白レン 「だからあんパンも喋らないってば!」
フェネック が幻想入りしました
フェネック 「アライさんまたやってしまったのー?」
アライさん 「フェネック!この村に来てはいけないのだ!
フレンズじゃないきょうぼうなおおかみがいるのだ!」
ノッブ が幻想入りしました
アンパン 「やあ、アンパンのフレンズだよ」
フェネック 「アライさんは心配しすぎだよー
そんな凶暴な狼なんてどこにも見えないよー?」
ノッブ 「はぁ~乱世乱世」
モードレッド 「はぁ…… あ、そうだそういや最近謀叛してねえや しなきゃ」
ボーちゃん が幻想入りしました
アライさん 「違うのだフェネック
あいつらはみためではわからないのだ」
ゆっくり妖夢 「時間かな」
モードレッド 「敵はぐだぐだ本能寺にあり!」
白レン 「ネタ色が中和されてきたと思ったら、またノッブで濃くなってしまったわね……
全く相応しい舞台というものがあるでしょうに」
白レン 「……さらに増えた」
ボーちゃん 「あっ、川の中に意志がある
取りに行こう」
アタランテ 「うむ、10人なら良いだろう
開始するぞ」
ノッブ 「おう、ファッション叛逆やめーや!」
ノッブ 「草」
ボーちゃん 「!!」
アタランテ 「5」
フェネック 「そういえば饅頭とかアンパンが狼って色々無理があるよねー?」
アタランテ 「4」
ボーちゃん 「この川…"深い"!!」
アタランテ 「3」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボボボ
アタランテさん…白レンさん…妖夢さん…」
ノッブ 「ジョジョかな?(すっとぼけ)」
アタランテ 「2」
ボーちゃん 「アライさん…アンパンさん…フェネックさん…ノッブさん…」
フェネック 「川の意志かなー?」
ボーちゃん 「みさえ」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボボボボボボボボボボボボ」
アタランテ 「1」
ボーちゃん 「…………………」
白レン 「(駄目よ私、ツッコミ入れたら負けよ!)」
アタランテ 「開始」
ゲーム開始:2017/07/16 (Sun) 14:02:07
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ノッブ 「三連休の二日目に闇鍋村を訪れたゆっくり妖夢
しかし、疲れからか3吊り5人外村に衝突してしまう
ガバムーヴ全ての責任を押し付けられた饅頭に提示されたRTAの条件とは……」
アライさん 「フェネックやめるのだ!吊りが足りてないのだ!
はかせに相談しないとダメなのだ!村の危機なのだ!」
アンパン 「おはよう

2W1Fに恋人付きってところか・・・地獄だな
愛と勇気だけじゃ救えないものだってある
村人陣営5 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1」
白レン 「おはよう
吊り4で人外4……まぁこれぐらいで嘆いている暇なんてないでしょう(QPから目を逸らしつつ)
共有の声も聞こえなかったし、まぁCO無ければグレランで良いでしょうよ」
ゆっくり妖夢 「はい、よーいスタート(棒読み)
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
半分が人外…普通だな!(白目)せめて人外に刺して、どうぞ()
共有の声は聞こえませんでした。」
フェネック 「アライさんまたやってしまったねー>配役
とりあえずすぐにLWにしてその間に狐とQP(人外CP)が飛べば何とかなるんじゃなーい???
一応吊り数自体は足りないわけじゃないよねー?」
モードレッド 「一日一謀叛、それがオレの生き様よ!
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
ということで配役ドン。
人外多いというかこの人数でQPまで出るのな。こいつはひでえ。
願うべきなのは恋人が人外と繋がってて、かつ狼全滅させる前に狐を殺せる配置。
それ以外なら最初から既にクライマックスどころじゃねえから。最初からエンドロールだから」
ボーちゃん 「アッ」
ボーちゃん 「この鍋…深いッ!!」
アンパン 「ん?どうした?」
ゆっくり妖夢 「深くはなくて、浅いわね>2列」
アタランテ 「おはよう
これ勝ちルートあるのかな?」
モードレッド 「まあ確かに深いな。沼のようだ」
アンパン 「濃い面子ではある」
ノッブ 「私は湖の死体に見覚えがありません(すっとぼけ)」
白レン 「大した事でも無い事言いそう」
ボーちゃん 「ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!」
アライさん 「吊りは4なのだ
だけど奇数進行だから銃殺も恋人飛びも吊りが減るのだ
つまり吊りは足りないのだ」
モードレッド 「勝ち筋的な意味で」
アタランテ 「深い鍋ってなんだよ」
フェネック 「狼吊り>QP噛み狐後追い>狼吊りとかなら足りなくはないよアライさーん?
実際できるかはともかく」
ゆっくり妖夢 「人外に刺さった上で恋噛んでくれればワンチャン...?」
ノッブ 「狼陣営に刺さってるかQP初日が必須なんじゃよなあ……(呆れ)」
フェネック 「ボーちゃんもやってしまったねー?」
アライさん 「ボーちゃんが川に落ちたのだ!
アライさんが洗っておくのだ!」
アンパン 「恋人が居るとして人外付きかどうかってところ」
白レン 「何かそんな雰囲気(ネタ連呼しそう)しかしないもの>黄色いの」
ボーちゃん 「だずげで!流されっ、ちゃボボボボボ!たすけて!しんちゃん!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!
がざ゙ま゙ぐん゙!ま さ おボボボボボボボボたすけて!ねねちゃん!ンななこおねえさん!!」
アタランテ 「そういう事言うと大体上手く行かん>妖夢」
モードレッド 「嘘をつきやがれ!
湖に全裸で浮いた父上を殺りやがったのはノッブ、おま……
全裸……父上の全裸……


うーん、よし! プラマイゼロで無罪放免してやる!>ノッブ」
ゆっくり妖夢 「全てを吸い込む魔の川やめろ」
ボーちゃん 「モ ー ド レ ッ ド」
アライさん 「凄いのだ!フェネックは足りない吊りを足りるようにしてしまったのだ!
ではフェネックにはその通り進行してほしいのだ!」
フェネック 「後は初日QPとか狂人はありうる事ではあるけど
未亡人でも居ない限りはわからないことだしねー」
アンパン 「>アタランテ
確かにな、皮算用は得てして失敗する」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!」
アタランテ 「うーん、この畜生>◇アライさん 「ボーちゃんが川に落ちたのだ!
アライさんが洗っておくのだ!」」
ノッブ 「村恋人想定しても恋人位置の想定まで入らないと意味がないってそれ一番言われてるから」
ボーちゃん 「…………」
モードレッド 「オレの名を呼ぶな。オレを呼んでいいのは父上だけだ!」
フェネック 「どうか、っていうか村CPだと正直無理なんじゃないかなー?。アンパン」
ノッブ 「やめーやwwwwwwwww>ボーちゃん」
モードレッド 「まあCOもどうやらなさげなので」
ゆっくり妖夢 「無理だとして諦めても仕方ないしなあ...」
フェネック 「というか、よっぽどでもない限り恋人狙いの吊りはしないほうがいいんじゃないかなー?」
ボーちゃん 「 ア ッ

この女…"薄い"ッ!! >モードレッド」
アライさん 「ついでにじゃぱりまんとアンパンも洗っておくのだ
大事なものはぴっかぴかにしておくのだ」
ノッブ 「それ誰も名前呼ばんけど大丈夫?」
ゆっくり妖夢 「恋は噛ませろって、それ一番言われてるから」
アタランテ 「モーさんと呼べばいいらしいぞ」
白レン 「狼狙いだの何だのって、結局やる事なんて人外吊るだけよ
それとも初日にどこがどんな人外か読めるの?」
ゆっくり妖夢 「綿あめもあるぞ>アライさん」
アライさん 「モーちゃんは川には沈まないのか?」
アンパン 「村CPだった場合、銃殺やらGJがおきてようやくってところ
つまり吊りが足りない」
ボーちゃん 「グレランの中に、"意志"があるぉ!
人外釣りにいくぉ!」
フェネック 「QPー狼のCPだった場合は
狼の方を狼として吊れば良いわけだしねー」
ボーちゃん 「アッ」
ノッブ 「どんな人外か読める?のと聞いているのに人外吊りを推奨するのか……」
モードレッド 「適当に人外狙ってグレランでもするか……
あ、狼2いるとして言っとくけど
相方がやけに1人を噛むの嫌ってたら恋人あるからな>狼
この村自刺しだから片方は確実に襲撃で殺せる奴だ。ぶっちゃけ村側では処理したくないんでそっちでなんとかしておいてくれ」
アタランテ 「人外狙いって言っても半分以上人外だから厳しいけどな」
ボーちゃん 「このグレラン……"深い"ッ!!」
アライさん 「わーい早速洗うのだ>ゆっくり

アッ!!!!!!!!!!!!」
フェネック 「モーちゃんはサーフィンできるからねー」
アライさん 「綿あめが・・・なくなってしまったのだ・・・」
ゆっくり妖夢 「綿あめが流れるどころか川に落ちるのは草」
モードレッド 「ちなみに3はいない筈だ。村の人数的な意味で」
アライさん 「フェネック知らないのか?
川でサーフィンはできないのだ
ジャガーが言っていたのだ」
ノッブ 「でも、人外に投票することはできる
大切なのは真実に向かう意思だとわしは思っている
そうだろうアバッキオ……?
(吊れるとは言っていない)」
白レン 「吊りが足りないなら、大凡最善は引き分け狙いでしょうね
実際どうなるかは知らないけれど」
ゆっくり妖夢 「ところで、この橋はメガトンコインを持っていると、落ちてしまいます」
フェネック 「どの人外かは結果論であって
人外狙うのは当然だよねー
というかそもそも村を狙う吊りなんてする局面があるのかなー?」
アンパン 「順当に進んだとして狂人が居るだろうなってのもネックか・・・
何にせよ幸運を祈るしかないのだろう」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!
だずげで!流されっ、ちゃボボボボボ!たすけて!人狼陣営!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!
ぎづね゙ぐん゙!Q P おボボボボボボボボたすけて!恋人ちゃん!ン村人陣営さん!!」
ゆっくり妖夢 「だから売りに戻る必要があったんですね」
ゆっくり妖夢 「アッ!」
モードレッド 「今回はまあ…… サンカシャーとして召喚されてるから
乗れるかどうかは微妙だけどな>サーフィン」
ボーちゃん 「 モ ー ド レ ッ ド 」
ノッブ 「メ ガ ト ン コ イ ン」
アライさん 「まさか売却しないなんて事はありえないのだ>ゆっくり」
フェネック 「波には乗れなくても水には浮かべるんじゃないかなー」
モードレッド 「ちなみにポロロッカサーフィンってのがあってな」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!」
白レン 「別に、人外が人外に投票しないって事もないでしょう>アタランテ
むしろグレランが割と人外目に投票が偏るなら、人外同士で投票の方がある」
アタランテ 「RTAだったり川に落ちてたり洗ってたり、何だこの会話」
ノッブ 「読めるのにクッソ笑える」
ボーちゃん 「……………」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
アタランテ1 票投票先 →アンパン
白レン1 票投票先 →アンパン
ゆっくり妖夢0 票投票先 →ノッブ
アライさん0 票投票先 →ボーちゃん
アンパン3 票投票先 →ボーちゃん
モードレッド0 票投票先 →ボーちゃん
フェネック0 票投票先 →アンパン
ノッブ1 票投票先 →白レン
ボーちゃん3 票投票先 →アタランテ
2 日目 (2 回目)
アタランテ0 票投票先 →アンパン
白レン1 票投票先 →アンパン
ゆっくり妖夢0 票投票先 →ノッブ
アライさん0 票投票先 →ボーちゃん
アンパン4 票投票先 →ボーちゃん
モードレッド0 票投票先 →ボーちゃん
フェネック0 票投票先 →アンパン
ノッブ1 票投票先 →白レン
ボーちゃん3 票投票先 →アンパン
アンパン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
ゆっくり妖夢 は恋人の後を追い自殺しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
フェネック は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アンパンさんの遺言 2個いり198円
ゆっくり妖夢さんの遺言 元占い ノッブ◯だよ
フェネックさんの遺言   ∨ハ     て    >‐   ̄ ̄ ` < / つ   //
   ∨\     彡 '´           \  ミ   //
    \  ー‐  //            ヽ ∨   //
      `トミ /ィ´        ィ        l l トミ く /
.      / `/ー!.       /┼- 、   __ l l |-‐ヘ.\        ※2日目時点で能力喪失はないねー
     ノ.  /  |       | | ∨    ´ /| l|  ヽ|
    // l   ハ      |ヽ| __ヘ八  ノ | l j    l|
.    //   |  /弌ト、 | {フ 7¬=  -ぅ=n/./    |       倫敦人形だよー
   l     .∧ r ` ┴┘ {__ノ   | | |/
   | |: |  | >、_         ` `´ }|              これ遣いいないし村の邪魔するだけじゃないかなー?
   | ∨ .|、 |   | ト 、      r‐ ┐  ノ!|
.   ヘ |ヽ| \|   ∨.}  >- 、 __ー; <ノリ
    `ヽ、|_{__ > 、 /{ ミt-ク,斗ヘ
        /     /  _「 |'´ _ 丿
       /     |. └‐-- /人ニノ∧
       |       く   /ハ \  }
       入     .-―>//  ヽ/!イ
 
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ノッブ 「アライさぁん、投票だけ見るとまたやってしまったねぇ……

まあ、わしもカチンときてやらかしてる気はするけど

ボーちゃん投票って村ならしゃーないと思って投票するか、めっちゃ吊りやすそうだから投票するかでしかないよネ」
ボーちゃん 「 ア ッ 
この役職…"占い師"ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!
モードレッドさん○ボボボボボアライさん○ドボボボ!ボウボ!」
モードレッド 「恋人矢が狼に刺さってますように
さもなくばマジ無理……謀叛しよ……

狼恋人、狐噛み吊り増加or銃殺or噛める狐噛みor狂人噛み
ここまでやってどうにか勝ち筋が見えるレベルとかいう狂気の沙汰。
だがだからこそ裏切り甲斐があるってもんよ!」
アライさん 「吊りで恋人処理はもったいなかったのだ・・・
QPでないかぎり恋人なさそうなボーちゃんを吊るべきだと思っていたのだ」
アタランテ 「アンパン●>ノッブ○」
白レン 「FOでいいと思うんだけど」
アライさん 「ふ、フェネックー!?」
ボーちゃん 「初日


..    ‐―┐
      ノ '    ツ


この役職、「深い」ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!
だずげで!流されっ、ちゃボボボボボ!たすけて!レンちゃん!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!
ア゙ラ゙イ゙ざん゙!フ ェ ネックボボボボボボボボたすけて!かばんちゃん!ンサーバルおねえさん!!


   モ  ー  ド  レ  ッ  ド



ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!

この占い師…深いから、深いッ!(トートロジー)ボボボボボボボボ


二日目
投票者の中に、"意志"が、ある 占いにいくぉ!


     |`" ̄ ̄ ̄ ̄ 7
       ̄ ̄ ̄ ̄/ /
        「7  //   〈〉 〈〉  ,、
        ノノ /'         //
      ∠/         -==''"

このグレラン、「深い」ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!
だずげで!吊られっ、ちゃボボボボボ!たすけて!ノッブちゃん!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!
ア゙ダラ゙ン゙デ!ア ン パ ンボボボボボボボボたすけて!妖夢ちゃん!ン身代わりおねえさん!!


   ア  ラ  イ



ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!

このグレラン…深いから、深いッ!(トートロジー)ボボボボボボボボ」
アタランテ 「占い日記

初日:アンパン●
凄いめんどくさい陣営だな、これは
理想は恋人死んでから出る事だが
まぁ初手は適当に、小腹が好いてるしここで

二日目:ノッブ○●
良し吊れた
えーっと、投票から
狼候補はアライさん、モードレッド、ノッブ、ボーちゃんかね
ならそこから占っておくか…ノッブでいいかな、ボーちゃんへのリアクションばかりな印象」
ノッブ 「真実ならゲススギィ!>わし○」
モードレッド 「よし、FOすっか。仕事人CO アライさん非狂人」
アライさん 「フェネックー!うわーん!」
アタランテ 「妖夢はQPだから無視でいいぞ」
モードレッド 「叛逆の仕事人 モードレッドの仕事記録

初日:無理だ
2日目:アライさん
3日目:

2日目暗殺理由
恋人が死んだ。いいことではあるんだが吊りで処理するのはちょっと辛みがあるな……
できることは恐らく最早狂人殺しぐらいだろう。
実は狂人殺すともう即飽和の危険性はあるんだが
どうせその場合村負け確定するしリスク自体はさほど大きくは無いな。
恋人が狼か狐に刺してると信じて! ご愛読ありがとうございました!」
アライさん 「あ、アライさんに刃を向けるなんて酷いのだ・・・
アライさんはいいこなのだ・・・」
ボーちゃん 「アッ

この対抗……"深い"ッ!! >アタランテ」
アタランテ 「まぁノッブ○なのは正しいから別にいいか」
モードレッド 「いい子だったなアライさん。
まあ狼、狐については否定できねえんだけどなオレ」
ノッブ 「白レン吊るすか占い吊るすかっすね……」
白レン 「初日見る限りあんパン狼は割と納得だけど
遺言見ると……どっちQPかって言うと割とアンパンに見える」
アライさん 「どの道結果はアタランテと変わらないのだ>アタランテ」
アタランテ 「グレーは白レンだけだぞ?」
白レン 「っと、村人COよ。完グレだし」
モードレッド 「FOしろよお前ら!
どうせ黙ってるような役職はねえんだろ!」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!」
ノッブ 「村表記じゃぞ^^」
アタランテ 「正直対抗真とは思わないから吊りたいね
ただ白レンがCOしないとなし崩しで吊られそう>ノッブ」
モードレッド 「村表記2つ入りましたー」
白レン 「グレーだからで死んでらんないから、決め打ちルート希望ね」
ボーちゃん 「この決め打ち…"深い"ッ!!」
アライさん 「アライさんも決め打ちがいいと思うのだ」
ノッブ 「まあぶっちゃけ白レン視点だとそうなるな……」
白レン 「配役に何見る?という話ではある」
モードレッド 「しゃーねえ 流石に両方真は配役からしてねえだろうし。
決め打つか」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボ!!ボッボ!!」
アタランテ 「当然だな>決め打ちルート」
ノッブ 「なし崩しだからクッソ浅いんじゃよなあ……」
アタランテ 「ボーちゃんがあの吊り逃れで噛まれてない時点で見切ってほしいものだが」
ボーちゃん 「この発言…"深い"ッ!! >ノッブ」
白レン 「お互いに、対抗と残り狼場所どこだと思ってるのかしら?」
アライさん 「あれ?でもアタランテ真の場合ボーちゃん吊りは狐が勝ちそうなのだ」
ノッブ 「むしろ白レン視点どっち真見てんのとかそういうお話でもある」
白レン 「*対抗の中身」
アライさん 「やっぱり決め打ちはよくないのだ」
モードレッド 「ああ、それもそうだな>アライさん」
アライさん 「白レン狐だとそれはとても危ないのだ」
ボーちゃん 「アタランテ・白レン・ノッブの中に、"意志"が、ある 吊りにいくぉ! >白レン」
白レン 「遺言見ると、正直アンパンQP目と先程言った通り>ノッブ
ボーちゃん真」
アタランテ 「狂人狐何でもあるからむしろ吊れ>アライさん
あと2吊しかないんだぞ」
モードレッド 「いやでも ボーちゃんの吊り逃れでアンパン死んでるから
その場合ボーちゃん狐じゃねえかな」
アライさん 「いやいやいやいやいや
アタランテ視点決め打ちしちゃダメだぞー!?」
ノッブ 「完灰だからで白レン吊ったらそれこそ飽和する可能性あるけど大丈夫?
フェネック要る?」
白レン 「妖夢が元村か人外かって言うなら、もう妖夢は人外にするしかないでしょうよ」
ボーちゃん 「ボボボボボボボッボボbォオオ」
アタランテ 「私の狼候補は日記にちゃんと書いてあるだろ
占った理由もそこからだ」
アライさん 「あれ?狼陣営3だっけ?」
モードレッド 「まずアンパン、ボーちゃん投票してるしな。
流石に恋人だとしても最初から相方殺しに行かんだろ」
アタランテ 「狼が狼吊るのは薄いだろ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
アタランテ3 票投票先 →ボーちゃん
白レン0 票投票先 →アタランテ
アライさん0 票投票先 →アタランテ
モードレッド0 票投票先 →ボーちゃん
ノッブ0 票投票先 →ボーちゃん
ボーちゃん3 票投票先 →アタランテ
3 日目 (2 回目)
アタランテ3 票投票先 →ボーちゃん
白レン0 票投票先 →アタランテ
アライさん0 票投票先 →アタランテ
モードレッド0 票投票先 →ボーちゃん
ノッブ0 票投票先 →ボーちゃん
ボーちゃん3 票投票先 →アタランテ
3 日目 (3 回目)
アタランテ2 票投票先 →ボーちゃん
白レン0 票投票先 →ボーちゃん
アライさん0 票投票先 →アタランテ
モードレッド0 票投票先 →ボーちゃん
ノッブ0 票投票先 →ボーちゃん
ボーちゃん4 票投票先 →アタランテ
ボーちゃん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アライさん は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ボーちゃんさんの遺言
          ,-──- 、
         /!ノヽ∧ト、ト\
        / /⌒ヽ /⌒ヽ ヽヽ
        ,'    ・ ・    ヽ!
        i    l       f⌒i
         |    lj       __ノ      役職が"占い師"である 占いにいくぉ!
        l           ,'
       '、    o      /
       ┌\_____/‐┐
       |           |
       | |          |
       L|          |_」
       く⊥-~─--~─く__)
        |         |
        └┬┬┴┬┬‐┘
         ├┤  ├┤
        =ニ-┘  └-ニヽ



モードレッド○
アライさん○

初日


..    ‐―┐
      ノ '    ツ


この役職、「深い」ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!
だずげで!流されっ、ちゃボボボボボ!たすけて!レンちゃん!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!
ア゙ラ゙イ゙ざん゙!フ ェ ネックボボボボボボボボたすけて!かばんちゃん!ンサーバルおねえさん!!


   モ  ー  ド  レ  ッ  ド



ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!

この占い師…深いから、深いッ!(トートロジー)ボボボボボボボボ


二日目
投票者の中に、"意志"が、ある 占いにいくぉ!


     |`" ̄ ̄ ̄ ̄ 7
       ̄ ̄ ̄ ̄/ /
        「7  //   〈〉 〈〉  ,、
        ノノ /'         //
      ∠/         -==''"

このグレラン、「深い」ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!
だずげで!吊られっ、ちゃボボボボボ!たすけて!ノッブちゃん!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!
ア゙ダラ゙ン゙デ!ア ン パ ンボボボボボボボボたすけて!妖夢ちゃん!ン身代わりおねえさん!!


   ア  ラ  イ



ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!

このグレラン…深いから、深いッ!(トートロジー)ボボボボボボボボ
アライさんさんの遺言 アライさんは潜毒者なのだ・・・
5日目は最終日だしQPいると吊りが減るからツライのだ・・・

フェネックと恋人になりたかったのだ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ノッブ 「おおよそアタランテ噛みになる以上
モの字VSアライさんにしかならん気がする
アタランテ残りは……んにゃぴ」
モードレッド 「ノッブゥ! 敵は本能寺にあり!(ノッブ暗殺)」
アタランテ 「アライさん○」
白レン 「色々言いたい事はあるでしょうけど
対抗殴ったり、何だりしたアタランテの態度に真を見た
ボーちゃんは、何をするって言わなかった
どうしたいかが無く、吊り先3名グレー挙げただけ」
モードレッド 「ウオォー、父上、オレに力を!

殺れ、狂人! ちねぇー!!」
アタランテ 「えぇ、〇の上に噛まれてるのかよ…」
ノッブ 「モードレッドVSアタランテ ファイッ!」
モードレッド 「アタランテ真なら白レンだし、白レン村ならアタランテだな。
その場合狼どこだ。多分アンパンかゆっくりか」
白レン 「あれ、昨日の時点でのアタランテの○ってノッブだけよね」
アタランテ 「私狼ならLWなんだけど、どういう事だよ」
白レン 「アンタは、どっち狼で見てるの?>アタランテ」
アタランテ 「そうだぞ>白レン」
モードレッド 「初手アタランテの投票先ってどこだっけ」
ノッブ 「初期LWじゃなきゃ白レンほぼ狼吊るしてる計算になるから……」
ノッブ 「アンパン」
アタランテ 「投票だけならモードレッド>白レン
なんだけど仕事人COって真狂臭いんだよなぁ
だから占わなかったし」
ノッブ 「銀狼と因幡?知らんな」
モードレッド 「うーん 難しいなオイ>初手投票先アンパン」
アタランテ 「●のアンパン吊りだよ」
アタランテ 「あー、銀もあるのか>ノッブ」
モードレッド 「ん、白レンもアンパン投票?」
白レン 「というか、貴方たち私が昨日は遺言的にアンパンQPっぽいからアタランテ偽目
って言いながらアタランテに投票した後ボーチャンに私が投票移した事について
何もないんかい」
アタランテ 「ノッブは何で白レン除外してるんだ?」
モードレッド 「なら銀、或いはアタランテ狼になっかなあ。
流石に初日から身内票ってのもどうかと思うし……」
白レン 「もしもアンパン狼で私銀狼だと、夜の吠えの数多くない?」
ノッブ 「今日来てるなら非狼要素になるし~~~~~>票変え
アタランテ真 白レン狼ならそれこそアタランテ噛んでポンでええやん」
アタランテ 「あの状況で票移す事にどーこー言うやつはいないぞ>白レン」
モードレッド 「ぶっちゃけ状況的に唐突に考え変えるのはそんなにおかしくないんで
正直投票推移から考えるのは難易度たけえと思う」
ノッブ 「既に言ってる>白レン非狼視理由」
白レン 「まぁちゃんと考えて言ってきてないってならそれはそれでいいわ」
モードレッド 「ならアタランテになるのかね>ノッブ
ゆっくり相方のアンパンQP。それなら味方に投票したつもり無かったことになるので納得となる。
で、アンパンを相方にすれば白くなるんじゃね? からのアンパン●」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
アタランテ2 票投票先 →モードレッド
白レン0 票投票先 →アタランテ
モードレッド2 票投票先 →アタランテ
ノッブ0 票投票先 →モードレッド
4 日目 (2 回目)
アタランテ1 票投票先 →モードレッド
白レン0 票投票先 →ノッブ
モードレッド2 票投票先 →アタランテ
ノッブ1 票投票先 →モードレッド
モードレッド を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
アタランテ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アタランテさんの遺言 白レン-ボーちゃんかな?>2W
モードレッドさんの遺言 :. :./:./< ̄ ̄``丶、   \ >'"   ̄ ̄ ̄``丶、
:. {:. :. :. :. :>'" ̄ ̄  \ /:.'             \
\ : : :/  ―ァ    //               \
  / / /     {:i/'      '    / |
  ' /:. / /      /  /  /      '   |   |    ヽ`、
 { '  V /       '   '   /    /   l  ∧/  |  i:ハ
    / ,      /i  |  /     /\  ,| , /} ∧ |i j }
   ,       /: : :|  | ,'     i  \/| / ィ芥》 八/
    { /i     /:. :. :. 人  ∨   {  |x====ミ'   v i/  ',
    l' |   , ∧:. :. :. :.ヽ/ |  | ー《乂ソ    ,  |         
     |   /'  、 :. :. :./\:|  | /             ,   j|
     |  ,     \/: /从  V     ,    7  イ  从     汝の為したいように為すがよい!
     |/       } : |〈:./ |   |  \  ヽ  ノ /i |  /
   ____   _ノ :. | ∨人   |      =‐一 '  ノ  /へ へ_  
/:. :. :. :. :. :. :. : 7: {: :. : l:. ∧ \ |    〈    _彡' し `  ` }
:. :. :. :. :. :. :. :. :. / : | :. :. |:/:. :. :、 \ /_ ̄))     r- 、_{     ', 
:. :. :. /:. :. :. :. :. : : |:. :. :. :.|:. :. :.:\__</ ̄ ̄ \    \ ヽ      
\:./:. :. :. :. :. : |:. :. :. :. :. :.人:. :. :. :. :. : \     ヽ     \_    i
:. :/:. :. :. __:.|:. :. :.\/:. :.\:. :. :. :. :. / _    }      }   j 
:./:. :. :. :. :. : : : | ̄ ̄〈:. :. :. :. :. \:. :. :. :しo:.|   人      /   ,
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2017/07/16 (Sun) 14:41:30
モードレッド 「待て 白レンが狼なのに不幸になってない」
アライさん 「おつかれさまなのだ」
白レン 「あら、昼狐とはね
お疲れ様よ。」
モードレッド 「こんなことが……お疲れさん!」
フェネック 「お疲れ様だよー」
ボーちゃん 「アッ」
ノッブ 「オッツオッツ」
アタランテ 「白レン-ボーちゃんが狼として狐どこだろ
妖夢かアンパンだったなら私騙る意味なかったな」
アタランテ 「お、お疲れさん」
ボーちゃん 「この鍋…"深い"ッ!」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
モードレッド 「まさか仕事人COする奴が狐とは思うまい!」
アライさん 「決め打ち合ってたから満足しておくのだ」
アンパン 「おつかれさま」
アタランテ 「あぁ、これは騙って良かったな>モードレッド昼狐」
フェネック 「運が絡む要素がないし仕方ないねー>モーちゃん」
ノッブ 「わしの位置だと初手白レン吊るす方じゃないとちょっと無理ゲ」
白レン 「                       __
             ___  '" ̄     ̄~''< ̄  ー-  _
          ....::::::::::::/ / _     ⌒`ヽ \__:::::::::つ〕
         /:::::::::::/ // ̄          \ 、    ̄ ̄ /
        { ⌒~   //               ヽ  ヽ i   \ /
           V     /// /   爪 爪        い〕   Y     アタランテはありがとう。
           V   / j /  l   l l     Y   l } |l,} \ }
          Y     { l  {   l|    } } 斗┼|lイ   /      貴方のお陰で勝てたわ
            〈    { l l  l―l-l、l    ノ /l 从ノ!   l―ッ /
           \    {:l l  ト从 |    /j/,xj笏フ ̄ l/ / 
              / /l ―<弋莎        ̄ |  l l|\
          /   >-l l 八 ,,,,,   、   '''' l   l l  \      ゆっくり妖夢? 私の仲間に饅頭何て存在しないわ
          /  /..::::::!l    \   、  ノ / |   l l    \
       /   ..::::::::/:j l l  |>   _/l ー┤  l ∨     \
            ...:::::::::::/ ノ|l l l l'''" }      乂,:'l l  l ∨       ヽ
     /   ..::::::::::::::::/ / /l|l ト|  `::,,    ,;' }  l }\∨    /
      〈   /::/:::::::/ / トl l { }    ^''、 f゙  从 ハj  ヽV.  /
      ⌒\/ .::::://    八 l`''~、,,, 斗0ミ~'"}/ {   l ∨ /
          \:::::::/    l  `l   / /爪 \ノ  \  } V
           //   )|   |  《   /∥:lト、 }}    Y ト い
アタランテ 「騙らなきゃ吊れない位置だった
ではお疲れ様だ、白レンは良い選択をしてくれた」
ノッブ 「どの道詰んどるやんけ!!!!!」
白レン 「ええ、アタランテのCOが無かったら、モードレッド多分残ってたと思うわ」
フェネック 「わたしはまあ灰で噛まれならそれ以上は望まない方がいいのかなー?
最良としては子狐噛まれつつ灰で殴り勝つ事ではあるんだけどもー」
ノッブ 「初手モの字吊りになるとは思わんしなあ~
正解してても無理ゲ!閉廷ッ!」
ボーちゃん 「ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!僕はまだッ死にたくないッ!
死にたくないボボボボッボーボッボッホ!ボッホ!」
アライさん 「そもそも吊りで恋人が死んだ時点で吊りは足りてないのだ
そしてアライさんの毒発動の夢も消えるのだ」
白レン 「黙った親狐考えるならノッブ何だけど……
割と子狐の方があるかもとは思ったし、何かノッブ噛む気になれなかったわ」
ノッブ 「モ噛みしか勝ち筋無いとかちょっと細すぎんよ~~~~~~」
アライさん 「でもボーちゃんはRPが2昼でおなかいっぱいになったので退場させようと思ったのだ」
フェネック 「やってしまったねアライさーん(二度目)>潜毒」
白レン 「正直推理としての中身がある発言してないからねぇ>ボーちゃん」
ノッブ 「ボーちゃん判断しにくいからアンパンか白レン二択かなと思った(こなみ)」
アライさん 「やめるのだフェネック!アライさんに5日目が来た時点で恋恋村だから勝ちがないのだ!
全滅引き分けしかないのだ!」
ノッブ 「じゃあわし、バカンスに戻るから……
村建てに感謝じゃ」
フェネック 「ボーちゃんは生き汚い意志が見えなかったからなんか吊らない方がいいかなって感じだったかなー
RPは正直そんなに見てなかったからお腹いっぱいにはならなかったしねー()」
フェネック 「アライさんイデを目覚めさせてしまったんだねー」
白レン 「モードレッドが親狐になって噛みで死体無しにもならないからねぇ……潜毒と恋人残りなら全滅しかないか」
白レン 「       / //  -――-ミ          〉   /   -‐=====‐-
     __/⌒V(/         \  \      /   /              -‐===‐-
   //  ̄/               \     / /              -‐====‐-
  / '/  /    /\       \ \   '                           ``~、、
 '  /       {\{::>\       \ \ 〈            /  / ヽ                  では、私も失礼しましょう
/|  '  i    | 〈⌒'´      |        \ \           /  /   ノ
/| /  |  | |  \     /'l  ハ |   \ )  \_______,/   /-‐===‐-             アタランテは村建て&狂アピありがとう
八  | |  | 八   \    |斗劣ミトノ \   /        /   /   \
  ∨| |  | ―\  ( ̄  / ∨刈リ\ \ /   ___,,.、丶´     ` ..,,        ~"''~、、
  |   | 人 ィf笊示ト       ゞ-'  /\ /   {/ ,;xX;7        /   ~"''~ミ     ``~、、     
  人 八   \ 乂少  、      八:::/      xXx/          ゝ  _    \        ``~、、  皆様方は、良いユメを……
//     \(\ <⌒     ノ  /\/ /   ∨ XxX      _ ―く   `丶、 ニ=‐--'
/ |   /::::{\ `=― 一    ,:'  У     | XxXゝ ,_  /⌒\  \    \-‐=====‐-       
'  |  .::::::人       \-- 匕  ,:'  /    |  `'Xxx > _   \  \\  \
   /::::::::::::::\       ∨/  ノ_ ノ      |-=ニ三 ̄::::::::::::::,'\  \  \\_)
.  /.::::::::::::::::/ ~"''~、、   V / ___       |:::::::::::::::::::::::::::::::/   \_ノ\_ ノ  ~"''~、、
  .:::::::::::::::::/      )\  i// ̄ ̄||       |\:::::::::::::::::: /   \            ``~、、
  |::::::::::::::::i /    〈 〈: i |\__∥        :---- 匕 \   \                    ``~、、
  |:::::::::::::::::〈      \ | |    ̄ ̄        .:::::::::::/    \   \
アライさん 「それじゃあアライさんは帰るのだ!
次は負けないのだ!」
フェネック 「じゃ、わたしも帰るかなー
みんなお疲れ様ー、村建てもありがとねー」