←戻る
【雛番外】第97回やる夫たちの初心者超闇鍋村 [6189番地]
~諜報員「さぁて調査と行くか。ん? こんな夜更けに誰だ?」~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する鵺村超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeE:封憑村)[E]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 鳰GM
 (dummy_boy)
[鵺]
(死亡)
icon 夜神月
 (幻◆
C0oOi9CF9A)
[占い師]
(死亡)
icon ガスト
 (ラッセル◆
YBQZlOO3l2)
[ひんな神]
(死亡)
icon 名も無き僧侶
 (レックー◆
REKvBDNwJY)
[天人]
[能力喪失]
(死亡)
icon あきつ丸
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[抗毒狼]
(死亡)
icon 琴葉茜
 (holly◆
2j3fSTTP7o)
[霊能者]
(死亡)
icon 武藤カズキ
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[人狼]
[共鳴者]
[庇護者]
(死亡)
icon 清姫
 (あべべ◆
piryHPnRM6)
[夢守人]
(生存中)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[天人]
[能力喪失]
(死亡)
icon 般若湯
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[門番]
(死亡)
icon グラーフ・ツェッペリン
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[無鉄砲者]
[宿敵]
(死亡)
icon 斉木楠雄
 (凛花◆
LuqsQs0P4w)
[銀狼]
(死亡)
icon ボルガっていう
 (www◆
6L6gEUOnIQ)
[宙狐]
(生存中)
icon 魂魄妖夢
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[ブン屋]
[受援者]
[ひんな持ち]
(死亡)
icon 鐘のナカ
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[倫敦人形]
[能力喪失]
(死亡)
icon キル夫
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[西蔵人形]
[能力喪失]
(生存中)
icon ヤミ
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[影武者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ジロウ
 (ジロウ◆
WwaIPdl0Z6)
[人狼]
(死亡)
icon レミリア
 (霧雨の娘◆
nbKIRiSAME)
[響狐]
[宿敵]
(死亡)
icon チルノ
 (はお◆
jfyd5Qfn0I)
[誘毒者]
(死亡)
ゲーム開始:2017/10/17 (Tue) 21:39:41
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 決闘者陣営2 神話マニア陣営2
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
鳰GM 「お疲れーーーっす(三人が霊界に来てる筈)」
ガロード 「名も無き僧侶が天人かどうかだな」
鳰GM 「ボンバーマンしようぜ!>下界爆発」
名も無き僧侶 「なんだこれは…?
私は天人ですがなあ」
レミリア 「この手の話は防ぎようが無いから困る。
まぁ二日目以降でも防ぎようは無いだろうが。」
名も無き僧侶 「ヤミにCOを聞いてということになりそうですなあ」
レミリア 「天人がいるならそろそろ地人も対で出てくるべき。
どんな能力か?......知らないわ(他力本願)」
ガロード 「ヤミが呪狼か天狐どっちもあり得るし
決闘者ならがしゃどくろも居る」
名も無き僧侶 「いかん、役職説明を貼り忘れましたな」
鳰GM 「天人と逆に五日目に強制死亡する……何陣営でしょね?
七日目に死ぬ蝉蝙蝠と被りそうっす」
レミリア 「あぁ、能力説明か。そう言えばうっかり。
普段やらない事はやはり思いが至り難くてね。ククッ!」
名も無き僧侶 「いやせっかくなのでネタ遺言を書こうとして、それに力を入れすぎましたなあ」
ガロード 「俺とか僧侶マニア主張なら今日出て吊って証明とか有るからな」
レミリア 「私のイメージだと、僧侶は髪が無い。
悪行はそこまでだ。」
レミリア 「僧侶マニア、何やら危険な文字列な気がする(真顔」
名も無き僧侶 「髪などという煩悩の塊は私には不要でしてな」
ガロード 「逃亡者なら生かしたい
死んだ場合そこで狼情報取れるし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
名も無き僧侶 「逃亡者自体が真とも限りませんからなあ…」
レミリア 「そう言えば追跡者は居ないのか。いや、ネタが古いかな。」
鳰GM 「名探偵コナン 漆黒の追跡者」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳰GM 「お疲れーっす」
ガロード 「お疲れ様」
ヤミ 「お疲れさまです
どうしようもないですね」
レミリア 「真の逃亡者であるなら、互いに不運であったと言わざるを得ない。」
名も無き僧侶 「お疲れ様ですな
新ならばご愁傷様ですなあ」
レミリア 「まぁ全ては命運。私達はその輪の中で出口を探す第十一の使徒という訳だ。」
ヤミ 「あと、これちょっとだけ愚痴吐き出しちゃうんですけど
初日日記ないのは…って言われると「じゃあ書いたら生かしてくれるんですか?」って突っ込みたいです…
すみません、ちょっとだけ吐き出しました」
名も無き僧侶 「あきつ丸あたりは占いCOがあるかどうかで気になる位置ですかな」
ガロード 「夢占い師主張用の日記そばに書いとくとかな」
名も無き僧侶 「まぁ、とっさに騙っただけの人外も見られたのですな>ヤミ
本物ならば最初から書いてないかというタイプのお方故に、その発想が出たのでしょうな」
レミリア 「まぁヤミの正体はともかく、日記という文化が人狼界隈に残す唯一にして最大の悪習慣である事は認めよう。」
ガロード 「同時に2つ瞬時に出したらそれだけ信憑性は上がるけど
人外が誘導する場合もある」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヤミ 「というか吠え多いですね…銀でも混じってるんですかね?」
名も無き僧侶 「いてもおかしくないですかな?」
ガロード 「マニアで狼が増えたケースも有るかもな」
名も無き僧侶 「むしろ私が早めに復活しても困りますぞ…」
ヤミ 「蘇生いないなら私はうじうじしてます」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
鳰GM 「南無
お疲れ様っす」
名も無き僧侶 「むー、いなくてもおかしくないですな
私が隠蔽の原因なのは確かですぞ」
ガロード 「蘇生居るなら俺か僧侶に行使してるだろうな」
グラーフ・ツェッペリン 「・・・・・・・・・・・・・は?」
グラーフ・ツェッペリン 「は??? は????」
レミリア 「【蘇生していい?】
【そうせい】」
グラーフ・ツェッペリン 「あれ、アピールした……よな?」
レミリア 「すばらしいギャグが今生まれたな。皆も真似して良いよ。」
名も無き僧侶 「無鉄砲…うむ、ひんなとかぶったゆえに存在が見えなかったのですかな」
ヤミ 「お疲れさまです」
ガロード 「分からなかったもしくはGJか死体無しで暗殺」
グラーフ・ツェッペリン 「投票0って見えてる……よな……?」
ヤミ 「いえ、見てなかった可能性の方が高いと思います>票数」
ガロード 「お疲れ様」
名も無き僧侶 「いや、ないですな
投票をろくに見てなさそうな位置に狼がいそうというぐらいですな」
鳰GM 「GMからは見えてますよ>グラーフさん」
名も無き僧侶 「そういう意味ではチルノは非狼認定で良いと思いますぞ
銀狼ならば別ですがな」
レミリア 「増加は見ていても減少を見ている者は少ない。」
鳰GM 「それ今日のハイライトです>レミリアさん」
レミリア 「まぁ増加も見ている者は多くなかったりするけれどね。」
レミリア 「死人に口無しさ、ハハッ! <GM」
名も無き僧侶 「むしろ私は清姫のお陰で目のハイライトが消えておりますゆえに」
グラーフ・ツェッペリン 「というかこう、妙な事言って殴られてたし……
死体なし+仕事人じゃないなら……泣くぞ
いや、人狼が投票見てないとかはそりゃあることだが……」
名も無き僧侶 「まぁ、それでいいですな
私がお伝えいたしますかな」
レミリア 「平和が出るとすれば狐くらいか。護衛というのもそう簡単ではないだろう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヤミ 「グラーフさんも私と一緒にしょんぼりしましょ…」
グラーフ・ツェッペリン 「しょんぼり」
ガロード 「般若湯 「おはようさん
レミリアの真偽は置いといても、まぁヤミ吊りだろうね
証明役職ならいざ知らず、逃亡者COはねぇ?
レミリアが狐だとして、ヤミが狼とかもあり得る以上、そりゃヤミ吊り」

これが吊りに対しての言及だけで吊りたい位置かな?」
ヤミ 「あ、清姫さんは何かしら絶対持ってる位置だろうなのでCO促してほしいです」
名も無き僧侶 「まぁ、役ぐらい持ってるかもしれない位置ですかな
なにも持ってないと言ったら吊りたくなるやもという発言ですな」
名も無き僧侶 「清姫が私を呪殺主張したら悩みますなあ…」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「狐がやる可能性有るが
狼が逃亡者序盤COする利点は無いからな」
名も無き僧侶 「…ここでチルノに入れたものを優先で指定として構わぬか?」
グラーフ・ツェッペリン 「流石にチルノは非狼だと思うけれども>朝一発言
吊られかけになるのか」
ガロード 「その発言で発言増やしたいだけに見えるって印象だな」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
名も無き僧侶 「朝一にあれならば狼だけはない位置のはずですがな…
そこに●を持っていて銀狼主張ならばともかく」
ガロード 「キル夫かな?この中じゃ修羅枠で候補だし」
グラーフ・ツェッペリン 「しかし、私が発言として噛まれる理由は分かるのだよな
ヤミにCO聞きたくない発言をした=レミリア偽見えてる占いに見えた=呪殺した占いに見えた
発言だけで狼が噛んだならばそんな感じだろうと予測する。
逆に言えば、ヤミが呪狼は無いだろう」
レミリア 「【ノロイのおかげで死ぬのはハヤイ】」
ヤミ 「つまり私は被害者…シュン」
レミリア 「うん。良いな。」
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「ヤミが清姫のCO促したがっていた

チルノは無鉄砲を冷静に見てた
そこの投票はキル夫 あきつ丸 琴葉茜  修羅枠はキル夫 こんな感じか」
名も無き僧侶 「カズキも追加ですな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「やったかっ?!」
ヤミ 「お疲れさまでした」
レミリア 「【チルノが落ちるの】」
鳰GM 「お疲れ様っす!」
チルノ 「・・・。誘毒者だけど、外界に毒はいないか薬師が働いたかね」
名も無き僧侶 「お疲れですな
チルノは非狼位置故に釣った場所は覚えておくから安心するといいですぞ」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ
私が鉄砲者なのを認識していたならば(死体なし+暗殺でもない限り)チルノはほぼ非狼だろうにな」
ガロード 「キル夫とカズキにCO聞く感じかな?」
名も無き僧侶 「四回目はともかく3回目までに入れたものが灰ならば吊るす候補に入れと置きますかな」
ヤミ 「秋に寒いのはダメです
私寒いの苦手です(シャキン>レミリア」
チルノ 「(遺言にミサイル祈願したけど外したと転がる図」
レミリア 「しかしこれでチルノが狼であれば最優秀演技賞となるだろう。」
レミリア 「果たして誰が騙されているのか...ククッ!!!」
名も無き僧侶 「私としてはあきつ丸も気になっておりますが占いぐらい持っていそうですなあ」
ガロード 「吊りたいのは般若湯、キル夫 カズキでいいかね」
名も無き僧侶 「ですな、だがそれならばそれで仲間からの援護がなさすぎにも見えますぞ>レミリア」
レミリア 「私だって好きではないが、ギャグの一つくらい言えないと心が荒むんだ。 <ヤミ」
名も無き僧侶 「そんなに寒いのならば、釣り鐘の中に私の代わりに入ってくださらんか?」
ヤミ 「なるほど失礼しました
寒いのは苦手というのはジョークなので申し訳ありません>レミリア」
ガロード 「呪殺有り得るのに
放置して保証できない非狼主張としては狐疑いに弱いし無鉄砲噛むには微妙」
チルノ 「あたいが毒狐とかでも話は進むのに毒狼と限定するレミリアは何か見えてるのかしらと思いながらも霊界開けたらわかるわね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
名も無き僧侶 「まぁ、レミリア殿は狐疑惑がありますからなあ」
グラーフ・ツェッペリン 「まぁ私から天人に伝えることは一つ。
私を噛んだ狼に罰を。いるならだが。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
魂魄妖夢 「お疲れ様でした 噛まれましたかね」
鳰GM 「お疲れ様っす!」
魂魄妖夢 「一応 あきつ丸 尾行でした」
名も無き僧侶 「うむ、お疲れだ
どこに取材ですかな?」
ヤミ 「お疲れさまです」
名も無き僧侶 「そこも吊りたい位置だったゆえにまぁ、いっそ死体2つならば良かったのですぞ…」
グラーフ・ツェッペリン 「普通に噛まれたとは見るが
お疲れ様だ」
グラーフ・ツェッペリン 「チルノ投票者全滅は割と正しそうだなしかし>あきつ丸●」
魂魄妖夢 「あらー」
名も無き僧侶 「…すごく納得できますぞ
あきつ丸●が特にですな」
レミリア 「あの青いのは想像以上に気持ちが悪いな(直球)」
名も無き僧侶 「できればチルノ殿投票者逃亡は避けてほしかったところですが
下界ではそこまで余裕がなかったのかもしれませぬか」
チルノ 「夜に同じ濃度の妄想してたらMVPにいれておくわね>鐘」
名も無き僧侶 「狂人でチルノ投票者に●は怖いですぞ…
それをやるならばチルノ●で出てもですかな…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「あー今思いついたけど
可能性の話だから有り得るってだけ言っておく

チルノ銀狼の場合って狼もあり得るなーって今気づいた」
ガロード 「霊能が今後出て来る場合について混乱する場合も有るからそれも念頭に」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳰GM 「お疲れ様っす」
チルノ 「思いつくのはいいけどあたいの仕事(毒持ちへ発射)ができなかったくらいしか情報提供できない悩み」
名も無き僧侶 「ありえるが、それはそれでチルノ投票はなにとなりますのでなあ…」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
ガロード 「噛みについての矛盾が整理する噛み方の一つだから」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
ヤミ 「お疲れさまです」
名も無き僧侶 「お疲れ様ですぞ」
ガロード 「お疲れ様」
あきつ丸 「月狂人なんで清姫を見ておけば良いでありますよ」
名も無き僧侶 「うむ、ガロードお主が私と変えるのが前提だが、どこを指定したい?
私はキル夫あたりですな」
ガロード 「吠えがそれ程増えてないのが気になってな>僧侶」
ヤミ 「さて、明日どちらも帰還するか片方だけ帰還するかですね」
ガロード 「キル夫と般若湯の2つかな」
チルノ 「帰還した後にまだ見えないでいるか、も追加で>起こり得ること」
名も無き僧侶 「狂人で●は怖いところにぶつけるなと印象ですな
どちらかと言えば背徳者とか狐鵺あたりにも見えますな…」
ガロード 「そっちが指定していいぞ次は俺用意するし>僧侶」
レミリア 「【指定、していい?】」
名も無き僧侶 「まぁ、話ぐらいはきいておきますぞ
非狼ではありますからなあ>レミリア殿」
レミリア 「なにっ」
名も無き僧侶 「そうか、では明日は私が指定しますかな>ガロード」
レミリア 「自然過ぎてギャグだと通じていないパターン。
斬新っ!」
チルノ 「HAHAHA>指定、していい?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
名も無き僧侶 「まぁ、お主が狐と視るならそれはそれで指定先で色々情報が…な>レミリア殿」
グラーフ・ツェッペリン 「しかしレミリアと宿敵になったら、その運命力の一片でもこちらに流れて何とか勝てないかなとか思ったのだが……」
レミリア 「生憎と運命はそう単純じゃあないからね。クククッ! <グラーフ」
ヤミ 「運命力を操れるなら初手死亡の運命の方を変えるのでは…?」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
チルノ 「外界解放」
あきつ丸 「だーめですね、これ」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
鳰GM 「あ、下界見えるっすか?」
鳰GM 「なんと門番が居るんすよ」
チルノ 「・・・抗毒、おまえいたのか」
グラーフ・ツェッペリン 「ひんなが頑張って引き分けにならないかなぁ……」
ヤミ 「お疲れさまでした」
レミリア 「まぁチルノ投票したのは如何なものかと思うけれどね。」
チルノ 「あってるー>男」
あきつ丸 「そもそも毒がいないので」
レミリア 「私は死亡した宿敵だから誰がどうなろうとどうでもいいのではあったが。ハハハッ!」
ヤミ 「んー、半分予想していたとはいえ人狼でしたか」
鳰GM 「カズキさんがさっさとマニアCOしてたらもうちょっと変わったかもっすねえ」
あきつ丸 「倫敦吊りで良いとは思いますけどね>指定するなら」
チルノ 「(あたいが生きてたらトラップにできて…ないでしょうね。性別トリガーの見当たらないし」
レミリア 「鐘のナカは夜には何も言ってないんだね。
これではロール大賞のノミネートはしてやれないな(謎)」
あきつ丸 「グラーフ噛みはまぁ。
普通に票を見てなかったのが」
ヤミ 「流石にあの状況じゃ出るに出られなかったでしょうし、仕方ないと思いますよ
共倒れになってもしょうがないですしね」
グラーフ・ツェッペリン 「本当に保護なら明日は斉木吊りでいいのだけれどもな」
チルノ 「夜にシコシコ溜めるだけじゃあMVPはできないわね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヤミ 「次から鵺になっても初手占い日記握っておきましょう。ちょっと今回は油断しすぎてました」
レミリア 「遠足とロールは同じさ。朝起きてから夜寝るまでが本番という訳だ。」
グラーフ・ツェッペリン 「私が狩人なら清姫護衛するが
偶数にならないかね……」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳰GM 「お疲れ様っす」
鐘のナカ 「んっ…///」
ヤミ 「お疲れさまです」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
鳰GM 「それを考えるのがこのゲームの醍醐味っしょ>ボルガっていう」
チルノ 「妄想エロス力が足りない 霊界総評:⑨点>鐘」
レミリア 「狐がどうこう以前に、占い師と狩人が居て人外が占いを騙らないのであれば、後は単純に吊りが足りるかどうかだけの差さ。」
レミリア 「ふと思ったが、この村初心者枠居るのかね?(素)」
ヤミ 「蘇生人形噛み…これは地獄ですね…」
グラーフ・ツェッペリン 「まぁ完全に私噛みが響いてるな>1手足りない」
鐘のナカ 「んっ…こんなんで…ドキドキしちゃうなんて
最低…だね、ボクってば…/// >チルノちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「あー、でも占われながら噛まれだと何か外界の誤解を生み出しそう?>蘇生人形」
あきつ丸 「うーん、2択デッドオアアライブ」
あきつ丸 「まぁCCOしとけって話でありますなぁ」
あきつ丸 「枠としては居ませんね>初心者」
鐘のナカ 「大丈夫、大丈夫だよ…
遺言を外に出せば大丈夫/// >チルノちゃん」
レミリア 「お前の命は太陽とともに沈むというフレーバー、私は太陽が昇ると同時に沈んだ。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
レミリア 「実に吸血鬼的。」
チルノ 「外に出しながら白いのを浴びつつ襲われるお仕事です」
ヤミ 「あっ>般若湯指定」
あきつ丸 「5吊り4人外の灰が6」
あきつ丸 「えーと」
あきつ丸 「明日狼●ならギリ足りますかね、これ」
あきつ丸 「霊能吊れば良いんじゃないでしょうかとは思いますが」
あきつ丸 「呪殺で吊りは減りませんか」
あきつ丸 「ぴゅあー」
チルノ 「ぴゅぴゅぁー」
鳰GM 「は?>あきつ丸」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グラーフ・ツェッペリン 「引き分け……引き分けを……!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヤミ 「ぴゅ…ぴゅあー…な、なーんて…」
鳰GM 「お疲れ様っす」
ヤミ 「お疲れさまです」
琴葉茜 「お疲れ様やで」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
鳰GM 「……(無言で頭を撫でる)>ヤミさん」
チルノ 「ぴゅあCO」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
琴葉茜 「…あー、うん
はい、やらかしちゃったかなぁこりゃ」
あきつ丸 「ギリ足りますな>灰」
鳰GM 「ちょっと署まで御同行願うっす>チルノさん」
あきつ丸 「斉木●濃厚なので」
チルノ 「ぬあぁぁーーー(らちれんこう」
あきつ丸 「あの盤面COする必要自体ないでありますな>茜」
グラーフ・ツェッペリン 「斉木占うなら昨日で良かったのでは……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
琴葉茜 「うん、まぁ…
明日吊るって言われちゃたし…ねぇ?>あきつ丸」
あきつ丸 「まぁガロードが悪いっちゃ悪い」
あきつ丸 「ワンチャンあるならゼロじゃないんで何とか何とか」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
グラーフ・ツェッペリン 「まぁ、グレー指定する理由が浮かばないからなぁ」
鳰GM 「お疲れっす」
ヤミ 「お疲れさまです」
般若湯 「お疲れさん」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
琴葉茜 「お疲れ様です」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
鳰GM 「うちの力とはいったい……おごごご……」
チルノ 「ケア力」
般若湯 「用例)ほーら、右腕の上腕二頭筋にケア力が溜まってきているだろう?」
グラーフ・ツェッペリン 「じゅりん人形という言い方は斬新だな>ボルガっていう」
あきつ丸 「樹林人形」
あきつ丸 「ろんどんで普通に変換出来るような」
鳰GM 「そのケア力って何に使えるんすかねえ?」
般若湯 「蹂躙人形」
琴葉茜 「GM、あんたやったんか…(ごん狐風)>鵺」
レミリア 「ケア→死亡すること→所長→アニムスフィア」
グラーフ・ツェッペリン 「というか1文字目の倫が「りん」だよな……
じゅ ってどこから来たんだw」
琴葉茜 「倫敦、
できたな」
あきつ丸 「天人2を差し置いてFO指示はどうなんでしょうなー。別にどうでも良いっちゃどうでもいいんですが」
鳰GM 「倫敦の敦ってとんって読むらしいっすよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「仏蘭西阿蘭陀チベット京都倫敦露西亜オルレアン」
あきつ丸 「ボルガ占いならこーなんか凄いアレ。
あ、詰んでましたな。セーフセーフ」
鳰GM 「所長はいつかデミサーヴァントとして復活するって信じてるんで……>レミリアさん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
般若湯 「嫌いー嫌いー Loving」
ヤミ 「お疲れさまです」
魂魄妖夢 「あー・・・」
鳰GM 「お疲れっす」
般若湯 「あっwwww」
琴葉茜 「おつかれさまやで」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
般若湯 「お疲れ様」
チルノ 「テーレッテー」
鳰GM 「うぇーい痛恨ーー!」
グラーフ・ツェッペリン 「ひんなぁぁぁ!? 引き分け要因ー!?」
ヤミ 「まさかの人外どっちか勝利の流れですか」
ガスト 「お疲れ様でしたー」
あきつ丸 「あ。絶望村」
般若湯 「これは村勝ちは厳しいねぇ」
琴葉茜 「その時、不思議なことが起きた」
ヤミ 「引き分けの目もありますが…」
ガスト 「ふっとんだ」
魂魄妖夢 「うーんあと一歩足りませんでしたね」
般若湯 「いや、それどころか夜神噛むからほぼ無理だわこれ
一応狐噛み次第で0じゃないけどまぁ無理」
レミリア 「占い師を護衛した狩人が居て無鉄砲者と西藏人形が襲撃されてなお鉄火場に何故なるのか。」
チルノ 「坊やだからさ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
あきつ丸 「吊りは
影武者>誘毒者>抗毒狼>倫敦人形>霊能者>ひんな神」
鳰GM 「●よりも村人に〇の方が良かった展開ではあるんすけど
茜さん吊りの所が人外で、そして茜さん〇ならって所じゃないっすかねえ」
あきつ丸 「非狼5吊ってたらまぁ」
あきつ丸 「それでも尚村有利なのが占い真視と狩人ではありましたが」
琴葉茜 「まぁ、うちがでしゃばったからなぁ」
あきつ丸 「風が……風が吹いている……」
グラーフ・ツェッペリン 「無鉄砲者分かってたチルノにグレランで村が投票しちゃったのは村のミスかなぁとは」
鳰GM 「COは仕方ないっすよ>茜さん
そこは問題なかったと思います」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
チルノ 「ひんなはわかってなかった分、なんだろうか」
琴葉茜 「お疲れ様やで」
鳰GM 「チルノさん発言から非狼見れると思ったんすけどなんか吊れてるんすよね」
ヤミ 「お疲れさまです」
夜神月 「お疲れ様」
鳰GM 「お疲れっす!」
ガスト 「お疲れ様でした」
あきつ丸 「どう進んでも狐飽和だけはないので安心ですな。
お疲れさまであります」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
般若湯 「お疲れさん」
琴葉茜 「うーん、そうか…>GM
ただあの時対抗のように出ればよかったかなぁ」
あきつ丸 「あ、カズキ斉木に投票してる」
あきつ丸 「チルノは残すと面倒そうだったので勢いで投票を。寡黙を理由にがーっと」
夜神月 「んー、キル夫のときと斉木楠雄のときで2度占い先間違えてるなあ。
ナカ占いはあの展開だと何度やったとしても外せないわ」
あきつ丸 「狼のミスなんて4つくらいありますから(迫真」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
琴葉茜 「チルノはちょっと発言に空白があったから投票した
それだけや」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜神月 「チルノ投票は正直なところ、前にあの状況で捨て票したらそのまま引分で終わったので14日ぶりの鍋村で3日目引分やめてくれってだけだったりした。」
琴葉茜 「おつかれさまやで」
グラーフ・ツェッペリン 「◇ボルガっていう 「3朝に言ったけどアレ即時CO逃亡先明言からのくらいしかだと思うっていうwwwwww
それしない時点でアレとしか思わんかったけどなぁヤミの位置っていうwwww
人外付き鵺とかで親がでてこなくて困ってて最後苦しんで逃亡者COとか下とか地味にあるかもだけどっていうwwwww」

最後どんぴしゃだぞこのトカゲw 」
夜神月 「お疲れ様だ」
鳰GM 「お疲れ様っす」
ガスト 「お疲れ様でした」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
ヤミ 「お疲れさまです」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
あきつ丸 「貴殿は判断役でありましょうw>キル夫」
琴葉茜 「流石熟練者やで>ボルガはん」
斉木楠雄 「お疲れ様。
村位置増えすぎィ」
あきつ丸 「まーボルガ吊れたら勝ちでありますよ>斉木」
あきつ丸 「吊れないならどの道全滅して負けてるだけの話」
ヤミ 「まぁ、最初庇いあるかもって少々悩みますからね
庇いないので適当なCOして落ちましたが」
あきつ丸 「2昼鵺交換はどーなんでありましょうなぁ
カズキまで纏めて吊られますか」
グラーフ・ツェッペリン 「正確にはみょんは決闘陣営では無いのでは……>僧侶」
あきつ丸 「増えてますね、決闘陣営」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グラーフ・ツェッペリン 「影武者で鵺交換は決まれば強いが、初日に鵺った対象の陣営が不明なのでやはり賭けだなぁ」
チルノ 「デュエリストが独りだと何時から錯覚していた?」
夜神月 「14日ぶりとか言ってたけど土曜日に参加してたわ(影妖精で2日目吊られ」
魂魄妖夢 「わたし決闘系に勝利条件左右されてないです・・・」
鳰GM 「デュエリストは増えるぜ?」
魂魄妖夢 「影妖精は・・・運が悪かったですね・・・いろいろと」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
ガスト 「むしろ自分がブン屋COさせた感あります」
鳰GM 「お疲れっす」
琴葉茜 「お疲れ様やで」
ガスト 「お疲れ様でした」
ヤミ 「お疲れさまです」
夜神月 「お疲れ様」
あきつ丸 「何かいけそうな気結構します。お疲れでありました」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様だ」
ガロード 「お疲れ様」
あきつ丸 「灰3人から村を1人決め撃つ(全員人外)」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
ガロード 「いや狩人指定はすまんかった」
チルノ 「ご飯にする?お風呂にする?それともあ・た・い?」
斉木楠雄 「全くこれだから本当蜥蜴さんは・・・<銀とか考慮しなきゃだと思ってるっていうwwwww」
琴葉茜 「実際銀いたしなぁ>ボルガ」
あきつ丸 「あ、そうそう。
軸吠えなんかお薦めでありますよ>斉木」
夜神月 「銀狼自体は2夜の吠えがやたら多かったので考慮はできるが、
せいぜい身内票とかは身の潔白にならないよねってくらい。」
あきつ丸 「大3中2吠え」
あきつ丸 「小2中3とかでも良いでありますが。位置吠えよりもリーズナブル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グラーフ・ツェッペリン 「ふむ、狐にワンチャン残るか」
あきつ丸 「まー下界の残り方的にボルガ吊ってくれると思いますけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
斉木楠雄 「それどっちが縦軸なのか問題とか
大10吠えカウント方式とか色々あって
悩んだ末にもう普通に数吠えるのが間違いないよねって考えてました>あきつ丸」
あきつ丸 「なんかこー割と狐見て指定したのでは感はなくもないであります」
琴葉茜 「あれでもう丸わかりでしたもの>2夜の吠え
流石に普通吠えは分かりやすかったです」
武藤カズキ 「あとはー、ボルガ吊れるかどうか^」
夜神月 「お疲れ様」
ヤミ 「お疲れさまです。あなたの鵺です」
琴葉茜 「お疲れ様でした」
鳰GM 「お疲れっす」
武藤カズキ 「ヤミはごめんね!」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
あきつ丸 「◇キル夫の独り言 「お前は狼じゃねえと思ってたよ・・・」
◇武藤カズキ
 (アヤメ◇
iPfbymB6HQ)
[人狼]
ああ!!」
夜神月 「銀狼いることが村側にばれたとして、
身内票が身の潔白にならないよねって話くらいにか村側は役立てられないんで」
武藤カズキ 「どう庇おうか考えた結果思いつかなかった!」
夜神月 「むしろ村人が自分の身の潔白を証明する論を潰せるって考えたら
数えるのがめんどくさい、って点以外はべつによくねって結論に着地した」
あきつ丸 「ぶっちゃけ銀の中でもローカルルールあるんで>斉木
自分は軸吠え推奨委員会であります」
ヤミ 「いえいえ、結果的に共倒れになるリスクありましたから
仕方ないですよ」
夜神月 「なお、その「数えるのがめんどくさい」が一番致命的とも言う。」
あきつ丸 「22吠えとかー地獄でありますよーよー」
ガロード 「役目で狙ったら狩人COさせてしまったからな
怪しんでたのが失敗」
グラーフ・ツェッペリン 「◇[密]清姫 「これジロウさん狼ないですわ…」
◇ジロウ
 (ジロウ◇
WwaIPdl0Z6)
[人狼]
(生存中)」
チルノ 「⑨日目覚醒でいい>ナイト」
武藤カズキ 「キル夫〇でと斉木●でギリ詰まなかった」
ガロード 「素直にチルノ投票者やっときゃ良かった」
グラーフ・ツェッペリン 「16番目と17番目に2匹銀狼がいたことがあってな……」
あきつ丸 「なんかもう生きてる村全員ジロウ非狼で見てるでありますけど」
武藤カズキ 「どっちかズレてたら詰んでたかな」
鳰GM 「軸吠え勢が出てきた事で
銀狼の位置がよく分からなくなってきたというのはあるっす
縦軸からなのか横軸からなのかも悩むんすよねえ」
グラーフ・ツェッペリン 「というか、霊能系COがグレーから出てるならそこ指定でよかったのでは……>ガロード」
夜神月 「お疲れ様」
あきつ丸 「1吠え勢は取り敢えずやめろであります」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
琴葉茜 「2銀w>ツェッペリン
あったなぁ、そんなこと」
あきつ丸 「お?素舌禍銀銀銀の話をするでありますか?」
グラーフ・ツェッペリン 「ボルガっていうは、清姫は月の○なの分かってるのだろうか」
鳰GM 「銀狼LWにするのはやめろっす(二回なった)」
あきつ丸 「我等銀狼戦隊!」
鳰GM 「三回だった気もするっす
内二回は勝った記憶はあるっすけどぉ」
ガロード 「さっさとやらないと時間無くなると思ってしまうのが何時も有るから早めにやろうと思ってな>グラーフ」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
グラーフ・ツェッペリン 「状況大体把握できるなら別に銀狼LWでも気にはしないがなー」
グラーフ・ツェッペリン 「お疲れ様」
鳰GM 「お疲れっす!」
琴葉茜 「うちはクレーンゲーム方式でやっとるな
横に大
下へ小と」
ガスト 「お疲れ様でした」
琴葉茜 「お疲れ様やで」
名も無き僧侶 「お疲れ様
絶望村でしたか
狼は吊れたとは言えですな」
ヤミ 「お疲れさまです」
ガロード 「お疲れ様」
魂魄妖夢 「お疲れ様です」
武藤カズキ 「おつかれーん」
チルノ 「ファイッ(1狼1狐」
ヤミ 「まさかのカズキさんの鵺騙り…」
武藤カズキ 「遺言を出すことにより思考を多少奪うのさ!」
斉木楠雄 「お疲れ様です。
この遺言凄い好き」
琴葉茜 「これワザとやで>ヤミ」
夜神月 「お疲れ様だ」
夜神月 「あーそういえば、武藤カズキが後援者っぽい、って感じたのはある意味で間違ってなかったんだな」
名も無き僧侶 「まぁあれですな
般若の時は素直に露出位置にいってくだされ…
以後頼み申した>ガロード」
あきつ丸 「発言少ない方とか言われてしまっている」
琴葉茜 「まぁ、場を混乱させるのにはいい方法やなぁ
…うちに鵺取りついてこないかなぁ(遠い目)」
ヤミ 「あぁ、私人外とう風評被害が広まってます…明かさなかったのカズキさんなのに…」
名も無き僧侶 「ただ、私が生き残ればボルガを吊った気がしますゆえに
難しいものですなあ」
あきつ丸 「これヤバイパターン」
斉木楠雄 「この流れるような独り言漫才」
レミリア 「何だまだ終わっていないのか(驚愕)」
鳰GM 「引き分けで終わる可能性もありますよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
武藤カズキ 「どーなるかな」
あきつ丸 「多分負けはないと思いますが」
武藤カズキ 「わりと読めない」
グラーフ・ツェッペリン 「引き分け……引き分けを……!」
ヤミ 「勝てたらニート勝利を享受します」
般若湯 「キル夫はボルガ吊りっぽいから清姫次第」
琴葉茜 「…引き分けなるかなぁ?(ハイライト消失)」
般若湯 「後はブレるかどうかと言う。両方に対して。」
レミリア 「まぁここで論ずるべきはどちらが勝ったか、よりは村人陣営が何故勝てなかったかという話に尽きるんじゃないかな。」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
あきつ丸 「一応迷いすぎて凸死ないように備えてくださいね>GM」
武藤カズキ 「後はどっちがブレるか」
あきつ丸 「んなー」
チルノ 「パワーを引き分けに!」
斉木楠雄 「どっちが勝つにしても優先枠はガストさんで!」
レミリア 「私は実質的にどの陣営にも属していないから気楽なものだが。ハハハッ!」
名も無き僧侶 「まぁ、チルノに票が集まったのも謎でしたからなあ…」
ガロード 「俺の責任だろうなそこは>レミリア」
琴葉茜 「いいですとも>チルノ」
武藤カズキ 「どっちもブレうるからわからんね」
グラーフ・ツェッペリン 「狩人さえ残ってれば勝てたのに、グレー露出霊能放置して狩人に指定が刺さったのと、占い先の不運ぐらいしか浮かばないが……>レミリア
あとは、それを止めれなかったあたり」
夜神月 「多少のミスが重なっていようとこっちがボルガ溶かしていれば、ってのはあったんで。」
グラーフ・ツェッペリン 「まさか? まさかの引き分けが……?」
名も無き僧侶 「斉木占いについてはそこが○ならば悪くはないので、それは問いますまい」
あきつ丸 「ボルガ溶けてたら4の4でありますからなー……」
グラーフ・ツェッペリン 「あぁ、あと私の事無鉄砲って朝一言ってたチルノが吊れたあたりかなと
それ以外で修正点が浮かばない」
あきつ丸 「うーむ……」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました