←戻る
【雛5572】やる夫達の超闇鍋村 [6590番地]
~新年初笑いは鍋に捧げよ~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon モリアーティ
 (きさら.◆
vJy6bCfo5k)
[夢共有者]
(死亡)
icon やる夫
 (森のニート◆
5DYYU5zxeQ)
[死化粧師]
(生存中)
icon 謎のヒロインXX
 (コルクマリー◆
korKmarIEw)
[雪狐]
(死亡)
icon クマー
 (バッパラ◆
enBbjKggDI)
[村人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ヴェーラー
 (鮮魚連盟◆
z1XhdJ.lxM)
[人狼]
(生存中)
icon パチュリー
 (エノク語◆
CkK42HJiBJ9Z)
[木っ端天狗]
[天狗倒し]
(生存中)
icon 秦こころ
 (A◆
SsUcTEdyrk)
[萌狼]
(生存中)
icon 魂魄妖夢
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[仙人]
(死亡)
icon うちはイタチ
 (銀ゆり◆
YZ.4zkM0lA)
[錬金術師]
(死亡)
icon 原村和
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[人狼]
[元求道者]
(死亡)
icon カニ
 (yo2)
[琴古主]
[共鳴者]
(生存中)
icon シャックス
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[霊能者]
(生存中)
村作成:2019/01/01 (Tue) 01:27:55
仮GM が幻想入りしました
仮GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします
仮GM 「◎よくある質問
・AAは自由
・初日犠牲者(GM)に対する投票の制限なし
・昼時間投票延長→今回は「なし」
・超過前実行の制限→今回は「制限なし」」
仮GM 「入村どうぞ 開始予定1:50」
仮GM 「いや、流石に遅いですね 1:45にします」
やる夫 が幻想入りしました
やる夫 「ガラッ」
やる夫
      |┃三
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃       <
      |┃        ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)」
仮GM 「あけましておめでとうございます」
謎のヒロインXX が幻想入りしました
仮GM 「あれ、去勢されました? >AA」
謎のヒロインXX 「皆さん明けましておめでとうございます」
やる夫
      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃ (―)  (―)\
───|┃⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃           |
      |┃          /
      |┃ヽ・    ・ ̄ )
      |┃ \   / /
      |┃ヽ_)つ_ノ
      |┃  (::)(::)  ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)」
謎のヒロインXX 「朕もコミケで規制されたらしいですね」
謎のヒロインXX 「はい、猥褻物陳列罪で逮捕です」
やる夫

                   /ニYニヽ           謹 賀 新 年
              (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
             (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i))):
            /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \:;
           ( ___、  |-┬-|    ,__ ):;
    |┃          |    `ー'´   /´
    |┃  ____   |         /
    |┃/⌒  ⌒\ / .      /
    |┃ (―)  (―)/       /
――‐.|┃:⌒(__人__)/      /
    |┃      /      /
    |┃      /     /
    |┃ヽ・   /   /
    |┃ \  /   /:
    |┃ヽ_)/  ∠
    |┃  (::)(::)  ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)」
仮GM 「あけましておめでとうございます」
やる夫 「ちょ、待てお!? 新年の挨拶をしただけじゃないかお!」
仮GM 「人足りてないので 誰か先の決闘から引っ張ってきてくれないですかねえエ」
クマー が幻想入りしました
クマー 「よろしクマー」
ヴェーラー が幻想入りしました
パチュリー が幻想入りしました
仮GM 「いらっしゃいませ。」
ヴェーラー 「よろしく~」
クマー 「あけましておめでとうございますクマー」
謎のヒロインXX 「ホムンクルスを誕生させた罪も重なりました」
パチュリー 「……よろしく」
やる夫
     ____              心配しなくても、やる夫がいるから女の子がたくさん来るに決まってるお?
   /⌒  ⌒\ ホジホジ
.. /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|    mj |ー'´      |
\  〈__ノ      /
..  ノ  ノ」
パチュリー 「新春らしく大喜利村でも立たないものかしらね」
仮GM 「じゃあ来なかったらやる夫さんに女の子になっていただきましょう」
やる夫 「ホムン…来須…?」
クマー 「お朕朕ランド開幕したいクマー
鈴と炉が足りないクマー」
仮GM 「大喜利運営にも下準備が必要ですからねえ」
やる夫 「ちょ、待てお! やる夫が女の子になったら誰がハーレムを治めるんだお!?」
やる夫 「…あ、でも百合っ子が率いるハーレムものってそれはそれで有りな気がするお!
2019年はこれだお!」
クマー 「誰かTS薬持ってこいクマー」
パチュリー 「そもそもハレムというのは後宮……世継ぎを残すために愛妾を囲った場所のこと」
パチュリー 「百合でハーレムって子供が生まれないじゃない」
クマー 「技術を進歩させて女性細胞から精子作ればいいクマー」
ヴェーラー 「そんな些細な事を気にしてもしゃーない>パチュリー」
やる夫

     ____
   /⌒  ⌒\
.. /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|    mj |ー'´      |
\  〈__ノ      /
..  ノ  ノ」
やる夫
     ____       ?         ??
   /⌒  ⌒\          ?
.. /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|    mj |ー'´      |
\  〈__ノ      /
..  ノ  ノ」
秦こころ が幻想入りしました
パチュリー 「だからハーレム物といいつつ全員の面倒見ない甲斐性なし主人公にハーレムなんて笑っちゃうじゃない?」
秦こころ 「やる夫の為ではないが、鍋が立っていたので入ったぞ
よろしく頼む」
やる夫

         ___
       / ⌒  ⌒\          美少女キタコレ!!!!
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |        (可愛い子が増えるなら良し!)
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |」
ヴェーラー 「やる夫さん、結構作品によって変わるからねぇ、名優だからこそねぇ」
やる夫 「やることはやる、けど責任は取りたくない(キリッ」
やる夫 「そんなに褒められると照れるお…///」
ヴェーラー 「端的に言うと、女の敵ですね」
秦こころ 「ふふん。そのとおり私は美少女だぞ。崇めろ」
魂魄妖夢 が幻想入りしました
魂魄妖夢 「こんばんわー」
やる夫 「いやいや、そんなに褒められると照れるお…///」
秦こころ 「いや待て。我々はこんなキャラだったか?」
パチュリー 「単に主人公一人に対してヒロインを複数出せばハーレム物なんて考えてる底の浅い作品は嫌になるのよね……読書家として」
仮GM 「仮GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮GM → モリアーティ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10535 (新宿のアーチャー)」
やる夫
 _ _   ___
/ ) ) )/ \  /\
{   ⊂)(●)  (●) \       ようこそ妖夢! 幽々子様も連れてきていいお!
|   / ///(__人__)/// \
!   !    `Y⌒y'´    |
|   l      ゙ー ′  ,/
|   ヽ   ー‐    ィ
|          /  |
|         〆ヽ/
|         ヾ_ノ」
モリアーティ 「うーん 先の決闘が41人もいたからかなり埋まるかと思ったんだけどネ」
うちはイタチ が幻想入りしました
原村和 が幻想入りしました
クマー 「教授!新宿のガーチャーじゃないかクマー!」
秦こころ 「読書か…本はいいぞ。同意しよう」
カニ が幻想入りしました
やる夫 「…そう言えば、前にやる夫がDQ3の世界の主人公になったお>パチュリー

で、ハーレムものだったお」
カニ 「おい、正月だぞ
カニ鍋しろよ」
うちはイタチ 「初笑いと聞いて呼ばれた気がしたぞサスケェ!!」
シャックス が幻想入りしました
魂魄妖夢 「時間も遅いですしねえ」
うちはイタチ 「デスマスク!そこで何をしているェ!!>カニ」
原村和 「こんばんは
知らないのですか?
IPS細胞は万能なので、女性同士でも子供が作れるんですよ?」
シャックス 「シャックス さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 11010 (ウェパル) → No. 11013 (シャックス)」
モリアーティ 「まぁゆっくりカウントすればもう少し増えるかもしれないネ
寝るには早い時間だろう?」
クマー 「時間が遅い…クマー?(いつかを思い出しながら」
シャックス 「違う違う~!」
やる夫
        ____       …今では20人以上の妻とそれ以上の子供たちを抱えて
       /    \
.    /          \    異世界で冒険してるお…
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    完結するのかお、アレ…
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ」
秦こころ 「本というものは多数の為に描かれる物だからな。この間本で読んだぞ」
カニ 「デュエルだ>イタチ」
やる夫
        ____
       /  ノ ' ヽ\         おっっっぱお!!!
     / (≡)   (≡)\
    / /// (__人__) ///\
    |       |::::::|     |      (けしからん!)
    \       l;;;;;;l    /l!| !
    /     `ー'    \ |i
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |そ
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <」
モリアーティ 「済まないが、流石に創作だとしても俺TUEEEを地で生き過ぎじゃないかね!? >やる夫」
ヴェーラー 「長く続けると簡潔が難しいからねぇ」
やる夫 「やる夫 さんが登録情報を変更しました。」
うちはイタチ 「聖衣に見捨てられてもデュエルする聖闘士の鑑だェ!」
ヴェーラー 「叙事詩文学だと10人くらいまでならまぁ、あるからね……」
秦こころ 「20人か…大変そうだな」
モリアーティ 「では、カウントだ ズサへの期待も込みでゆっくり行かせてくれたまえ 10」
モリアーティ 「9」
秦こころ 「秦こころ さんが登録情報を変更しました。」
シャックス 「遅いし早めにゴーゴーしちゃお~!」
カニ 「カウントが10
来るぞ遊馬!!」
ヴェーラー 「なんていうか、ハーレムって本当大変そうだよね
4~5人くらいでも大変だと思うのに」
パチュリー 「面白いは全てに優先する」
やる夫 「しゃーねぇお、だって色々あって商会設立したら財力には事欠かなくなっちゃったし!>教授」
モリアーティ 「8」
モリアーティ 「7」
やる夫 「財力=甲斐性なんだからしゃーねぇお! やる夫悪くないお!」
モリアーティ 「6」
モリアーティ 「5」
秦こころ 「面白いとは人それぞれだからな。万人に受け入れられる本というものは存在するのか?」
モリアーティ 「4」
ヴェーラー 「マネーイズパワーはどの時代、どの世界でも通じる理論だしね」
モリアーティ 「3」
やる夫 「だいたいドラクエと現代の知識完備で異世界行ったらそりゃ成功するお!」
原村和 「深夜なので投票もサクサクいきましょうね!」
モリアーティ 「2」
やる夫 「スマホとかに頼ってるスマホ太郎とは違うんだお!」
ヴェーラー 「さてねぇ?>こころ」
秦こころ 「私はそこまで考えてややこしくなったが最終的にわかったことがある」
モリアーティ 「1」
謎のヒロインXX 「サクサクの食感は好きですよ」
モリアーティ 「モリアーティ さんが登録情報を変更しました。」
魂魄妖夢 「ズサは来ず」
モリアーティ 「開始だ」
秦こころ 「自分が面白ければいいんじゃないかな!」
ゲーム開始:2019/01/01 (Tue) 01:49:15
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2
うちはイタチの独り言 「おふぅ」
魂魄妖夢の独り言 「仙人ですか」
謎のヒロインXX(妖狐) 「雪狐ですか」
モリアーティの独り言 「オイオイオイ」
ヴェーラー(人狼) 「人狼っと」
シャックスの独り言 「普通普通~」
原村和の独り言 「さて、ダイスロールしますか」
うちはイタチの独り言 「狩人希望は通らずだけど、盛り上がってきたェ!」
クマーの独り言 「ちっ>>村人」
カニの独り言 「む……?」
秦こころ(人狼) 「ふむ。私は萌狼だぞ。あおーん」
ヴェーラー(人狼) 「よっろしく~
マニアが面倒だにぃ」
謎のヒロインXX(妖狐) 「まあ、凍傷は付かないと信じて」
うちはイタチの独り言 「発動させちゃいたいェ!」
カニの独り言 「俺の鬼希望……」
モリアーティの独り言 「役職御籤は恵まれなかったネ」
ヴェーラー(人狼) 「さてさて」
シャックスの独り言 「妖精希望だったんだけどねー」
やる夫の独り言 「               ____
             /      \    うっわ地味ぃー
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
カニの独り言 「足音はよくわからん……」
やる夫の独り言 「えぇ…霊能系とか、えぇ…?」
クマーの独り言 「神話希望だった…おそらくだが漏れやがったな」
秦こころ(人狼) 「中々に面倒だな、同感だぞ>マニア2」
パチュリーの独り言 「どう足掻いても天狗」
ヴェーラー(人狼) 「何も無いなら最後に発言した人に組織票ぶっこもうか」
ヴェーラー(人狼) 「COしてる人がいたら、そのままずれていく>発言を前に」
原村和の独り言 「8…こころさん、ですか」
カニの独り言 「初日取るのが一番村に近いが」
秦こころ(人狼) 「あの、少しいいか?」
カニの独り言 「無粋だな」
原村和 は 秦こころ の能力を真似ます
やる夫の独り言 「…しかも、狼陣営2とか。…やばくね?」
ヴェーラー(人狼) 「夜も遅いし、超過即で噛みっと」
カニの独り言 「もちろん俺がという話で」
ヴェーラー(人狼) 「良いよ」
カニの独り言 「やっても問題ないが」
秦こころ(人狼) 「……仏蘭西人形と人形COでラインを作るというのはどうだろう。
なんだか唐突に思いついたんだ」
ヴェーラー(人狼) 「………」
やる夫の独り言 「…うーん。これはCOのタイミング、難しいお…

…でも、…もしも安らかな表情結果が出れば…」
ヴェーラー(人狼) 「行くか!」
秦こころ(人狼) 「他に人形がいればおしまいだし、人形COが信じられるかどうかという問題もあるが」
秦こころ(人狼) 「…………」
ヴェーラー(人狼) 「そっちは仏蘭西でお願い」
秦こころ(人狼) 「行くのか。」
ヴェーラー(人狼) 「博打は嫌いじゃないよ。行こう」
秦こころ(人狼) 「分かった、ではそうしよう。
こちらが仏蘭西人形だな?」
やる夫の独り言 「人外の数自体は少な


出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2

…あれ?」
カニの独り言 「ん?」
ヴェーラー(人狼) 「せっかく提案してくれたんだ。行こうぜ」
カニの独り言 「あ、これ鵺か」
カニの独り言 「鵺か……」
秦こころ(人狼) 「ありがとう。言い出せてよかった」
ヴェーラー(人狼) 「うん、そっちが仏蘭西
私は素で」
秦こころ(人狼) 「新年初鍋だ、楽しく行こう」
ヴェーラー(人狼) 「超過30で噛むよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヴェーラー は 身代わり君 に狙いをつけました
カニ は クマー の能力を真似ます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
モリアーティ やる夫 謎のヒロインXX クマー で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
謎のヒロインXX 「フォーリナー!」
クマー 「おはようクマー
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2
さっさと神話出してグレランクマー」
パチュリー 「朝が早い」
シャックス 「まずはまずはマニアがかもかもべいび~!」
カニ 「カニ食えよ!!」
原村和 「おはようございます
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2

狼さん圧殺が怖いですが、マニア陣営で増えた場合も怖いですね
この村では確定で天狗は狼憑き、と…
マニアさんはお早めにCOをお願いしますね」
ヴェーラー 「おっはよ~
なんだかんだで13人来たね~
マニア2ってのが心強い感じ!
マニアはCOどうぞ!」
秦こころ 「仏蘭西人形COだ。
人形遣いは存在しない。そして、ヴェーラーが人形だ」
魂魄妖夢 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2
マニア次第ですかねー 最悪全部人外付きで6人外、ギリギリ足りませんか
共有はいないみたいですね」
やる夫 「出現陣営:天狗陣営1 神話マニア陣営2


               ____
             /      \      せんせー、なんか余計なのが3つ出てると思いまーす
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
うちはイタチ 「あけましておめでたいェ!!
マニア次第ではそれほど油断できない感じだェ!
まあ2マニアがまさかピンポイントで少ない人外をコピーは
しないだろうという甘い期待で戦いたいェ!
というわけでマニアはCOするェ!
共有の声は聞こえなかったェ!」
謎のヒロインXX 「足音を見ると
マニアが居るので足音鵺ではないかと思ってしまいますが
COありますか?」
シャックス 「吠え的には2Wより1Wで増やしてる感じがしたかもかも?」
うちはイタチ 「おおっと~仏蘭西人形が出たェ!」
原村和 「足音…ですか?
足音鵺は?」
やる夫 「村をコピーしてるならいいけど、そうじゃなかったら色々とめんどうじゃねぇかお…!>マニア」
モリアーティ 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2
当たるも八卦、当たらぬも八卦、皆の役職御籤はどうだったかネ?
無論、私も参加者なのだからイカサマの余地はないんだ 安心してくれたまえ」
魂魄妖夢 「使いじゃなくて仲間の人形の方ですか
で、足音と」
カニ 「マニアを待つんだよ……
その後デュエルだァェ!!」
ヴェーラー 「っと間違いないよ。人形CO
種類は伏せるよ。ロシアでは無い
人形遣いはいない」
謎のヒロインXX 「ほほう、そこでラインが繋がりますか」
シャックス 「足音と人形だぁ!」
パチュリー 「足音は大体鵺でしょ、この陣営数なら」
秦こころ 「というわけで、ヴェーラーは村確定だぞ。」
クマー 「あっ共鳴ついてるクマー」
やる夫 「ほら! 鵺もマニアも出てこない!

これだから嫌なんだお!」
パチュリー 「出た時点で伏せる意味はないでしょ」
シャックス 「ふむふむ」
カニ 「人形でライン。
そういやヴェーラーって遊戯王だったな……(こなみ」
原村和 「はい、人形ラインが出ると…
で、マニアは…?」
うちはイタチ 「マニア出ないぇ?」
モリアーティ 「フランス人形の仲間のライン作りかね?」
魂魄妖夢 「お、1組は出ますか
誰です?>鵺」
謎のヒロインXX 「マニアが出なーい!
と思っていましたが出ていただけましたね」
やる夫 「うん、一人出た分だけマシってことにしておくお
…え? 誰、クマーを選ぶもの好きって」
ヴェーラー 「共鳴って事はクマーがマニア、鵺つき
1マニア不明か」
謎のヒロインXX 「一人だけですが」
シャックス 「繋がるならなら2村か2Wだねだねっ!>人形」
パチュリー 「噛まれないならそこは軸になるだけであって、別段噛み抑制で隠す意味もない」
ヴェーラー 「っていうか鵺出てきなよ」
うちはイタチ 「もっさり黙ってるってことは、まさか黒衣ぇ?>熊」
やる夫 「相手は誰だお?>クマー
見えるかお?」
魂魄妖夢 「まあ出す意味もないでしょうね>人形の種類>パチュリー」
秦こころ 「おや>マニアが1組出てきた
足音から察するに、足音鵺か?」
モリアーティ 「共鳴は鵺だろうけど、その相手は言わないのかね?」
カニ 「ん。数的に村だとは思ってたが出るのか
鵺CO……言ったなら出ていいんだよな?」
原村和 「あ、鵺は出ますね
鵺場所どうぞ >クマーさん

マニア1は出る、と」
ヴェーラー 「ボクが言うのもなんだけど、狼陣営2でこれやらなくない?>シャックス」
謎のヒロインXX 「鵺出てきなというか鵺を出すべき
とも言えますね」
クマー 「鵺あってるクマー」
パチュリー 「クマー付きっていうのもそれなりに変わり物というか」
魂魄妖夢 「カニさんは足音鵺ですか???」
ヴェーラー 「OKOK>カニ>出てOK」
うちはイタチ 「黒衣かと思ったけどそんなことはなかったェ!」
やる夫 「そりゃそうだお>遊星
グレラン免除に占い免除、そりゃ出たほうがお得ってもんだお」
モリアーティ 「というか、クマ―が相手まで言うべきだったと思うんだけどネ?」
カニ 「後出たからには全部開示だ足跡も俺だ。
琴古主。読み方はわからん。
多分デュエリストだ。」
シャックス 「やらないと思うけどーだからこそ可能性としてはあるってことを示しておきたいよねよねっ>ヴェーラー」
秦こころ 「私から言えることは、他の人形1人紛れ込むだけで破綻するようなCOをするか、ということだな>シャックス」
ヴェーラー 「で、ボクは仏蘭西じゃないからこころはマニアじゃないんんだけど
1マニア出てなくない?」
カニ 「クマとカニ以上の組み合わせなんざねぇだろォェ!?」
魂魄妖夢 「琴ってデュエルディスクみたいなもんですからね」
謎のヒロインXX 「人外をワンターンキルしてくださいよー!」
ヴェーラー 「たしかにね。そういうとこ嫌いじゃないよ>シャックス
それ言えるシャックスはポイント高いね!」
原村和 「どちらにせよ、足音鵺っぽいですし
良いのでは?
そこまで目くじらを立てるほどでもないでしょう >モリアーティ」
クマー 「鍋くせー組み合わせクマー…」
パチュリー 「1マニア不明ぐらいなら戦えないこともない」
シャックス 「だって割れなかったら最強位置になるんだよだよ?
この人数なら美味しくないない?」
モリアーティ 「ヴェーラーの意見は尤もだとは思うけど
マニア2を心強いと思うっていうのがちょっと違うかな?とは私は思ったね。 」
カニ 「1発言目から時間たってたからなー……
もしかしたらどうしたらいいのかわからん可能性もあったので>ヴェーラー
俺からしたら出すまで待つってのも微妙だしな。」
謎のヒロインXX 「ぐつぐつ」
やる夫 「初日か人外についたか、どっちにせよ狼陣営は最大で4だお>ヴェーラー
12人で4はちとキツイお、最悪の場合だけど」
ヴェーラー 「カニが指定してもいいけど
初日くらいはグレランで良いかなと
マニア1は村だしさ」
うちはイタチ 「マニア一人不明だけれどまあ大丈夫だとは思うェ!
気合を入れたグレランをするェ!
人形ラインはギリで狼ありうるけど、なんなら占えば良いと思うェ!」
カニ 「おい、カニ食えよ!!」
魂魄妖夢 「(名前だけなら)美味しそうな鵺ライン」
秦こころ 「ふむ、その可能性は確かに否定できない>シャックス
言わないより言ったほうがいい、か」
パチュリー 「人形と鵺ライン以外でグレランで」
ヴェーラー 「村ならだよ。そこは誤解産んでごめんね>モリアーティ」
やる夫 「ただ、事故る可能性もないわけじゃないし
その場合は一気に狼が不利になるから展開次第だお」
パチュリー 「指定したいなら止めないけど」
魂魄妖夢 「まー時間もないんでグレランでしょうね」
シャックス 「今すぐ何かしらどうこうするって言うのはないけど、盲信するってのはまた違うとあたしは思うなっ!」
クマー 「楽しいグレランクマー」
モリアーティ 「初日から指定がいいか と言われても正直今日のところはしなくていいんじゃないかね? 情報が不足しすぎているし」
ヴェーラー 「カニのその意見、ボク大好き
うん、それで良いと思うな」
謎のヒロインXX 「イタチが目に自信ありみたいな発言をしているので
どういう推理を展開するのか訊いても良いですか?」
やる夫 「仮に人形ラインが偽であろうと、露出している以上は今は保留だお
見えている位置にいるんだお」
カニ 「指定つってもなー
最大で2票(もう一個のマニアが狼ついても最大三票)
なら投票先見たほうがよくね?まぁどっちでもいいっていうかこの時間から指定したくない(こなみ」
原村和 「指定するにしても本日は時間があれですけどね…
初日の鵺さんの指定は私も問題ないと思いますけど…」
うちはイタチ 「そんなに自信ありの発言に見えるかェ?>ヒロイン」
カニ 「俺はデュエル↑しにきたんだよォ!!↓」
モリアーティ 「それをそこで言うのかね!? >XX」
謎のヒロインXX 「大丈夫って言ってますし>イタチ」
やる夫 「そりゃカニからすれば相手の陣営わかんねぇから当然だおw」
ヴェーラー 「草>カニ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
魂魄妖夢 は パチュリー に処刑投票しました
ヴェーラー は やる夫 に処刑投票しました
パチュリー は 魂魄妖夢 に処刑投票しました
クマー は モリアーティ に処刑投票しました
シャックス は パチュリー に処刑投票しました
謎のヒロインXX は うちはイタチ に処刑投票しました
モリアーティ は シャックス に処刑投票しました
やる夫 は 原村和 に処刑投票しました
原村和 は モリアーティ に処刑投票しました
うちはイタチ は 魂魄妖夢 に処刑投票しました
カニ は 魂魄妖夢 に処刑投票しました
秦こころ は やる夫 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
モリアーティ2 票投票先 1 票 →シャックス
やる夫2 票投票先 1 票 →原村和
謎のヒロインXX0 票投票先 1 票 →うちはイタチ
クマー0 票投票先 1 票 →モリアーティ
ヴェーラー0 票投票先 1 票 →やる夫
パチュリー2 票投票先 1 票 →魂魄妖夢
秦こころ0 票投票先 1 票 →やる夫
魂魄妖夢3 票投票先 1 票 →パチュリー
うちはイタチ1 票投票先 1 票 →魂魄妖夢
原村和1 票投票先 1 票 →モリアーティ
カニ0 票投票先 1 票 →魂魄妖夢
シャックス1 票投票先 1 票 →パチュリー
魂魄妖夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
秦こころ(人狼) 「………………」
カニの独り言 「おい、デュ↑エル↓しろよ」
原村和(人狼) 「どうも
こころさんコピー素狼です(求道者なので)」
ヴェーラー(人狼) 「素狼 原村は?」
シャックスの独り言 「どっちだどっちだー」
謎のヒロインXX(妖狐) 「占われそうな気配もありますがまあそれはそれ」
ヴェーラー(人狼) 「OK」
クマーの独り言 「素村クマー…」
秦こころ(人狼) 「…………………わたしはばかだ……」
ヴェーラー(人狼) 「クマー噛み 原村でお願い」
謎のヒロインXX(妖狐) 「生き残りそうなCOって何ありますかね」
カニの独り言 「マ???????>素村」
やる夫の独り言 「魂魄妖夢 3 票 投票先 → パチュリー


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
秦こころ(人狼) 「萌狼だった。アカン萌えたらラインが破綻するゥ!」
ヴェーラー(人狼) 「なーんで?」
謎のヒロインXX(妖狐) 「まあ霊能日記も用意しておきましょう」
カニの独り言 「まぁ……コピってよかったな!!!!www」
ヴェーラー(人狼) 「きにせんで良いよ>こころ」
秦こころ(人狼) 「ああ、それと歓迎しよう>原村
よろしく頼むぞ。それとコピーありがとう」
やる夫の独り言 「ヴェーラー 0 票 投票先 → やる夫
秦こころ 0 票 投票先 → やる夫


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
ヴェーラー(人狼) 「萌えた所でどうなるか?
私達で2吊りだ」
クマーの独り言 「マ
おそらく神話漏れクマー」
原村和(人狼) 「占い日記だけ作成しておきます
初手こころさん○ で作ってはいたので、そのまま流用しますね」
秦こころ(人狼) 「遺言が萌えた…不吉だ…!」
ヴェーラー(人狼) 「10>8>6

で、残り2吊り 勝負になるからな」
原村和(人狼) 「…ちょっと初手占い先変えておきます」
秦こころ(人狼) 「そうか、ならいいが」
カニの独り言 「あるある 俺も鵺希望じゃないからなぁw
後一体は果たしてってとこか」
秦こころ(人狼) 「>ヴェーラー」
ヴェーラー(人狼) 「ま、萌えたら萌えたで良いよ

むしろ原村」
カニの独り言 「なんか指定とかしたい?
つっても人形グミにやらせてもいいとは思うけどなw」
ヴェーラー(人狼) 「3日目の夜占い結果で、ボクらのラインに黒打って」
やる夫の独り言 「問題は。いつCOするか、かお…
…うーん。遺言の情報次第?」
クマーの独り言 「特に指定はまだしなくていいと思うクマー」
ヴェーラー(人狼) 「ライン割るよ

今日必ず耐える」
原村和(人狼) 「ほぅ…わかりました」
カニの独り言 「噛まれるとしたら俺よかクマーだからまぁ……俺が指定することになるかもしれんが
ぶっちゃけ面倒くせぇなぁ 人形を真と見るかどうかだな
まぁ真でいいんじゃね とも  吠えは多めだな」
秦こころ(人狼) 「…お、おう。了解した」
クマーの独り言 「銀混じりありそうクマー」
ヴェーラー(人狼) 「噛みは毒の場合が怖いからクマー噛みでお願い>原村」
秦こころ(人狼) 「お、おう。了解した」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パチュリー は うちはイタチ に神通力を使います
原村和 は クマー に狙いをつけました
クマー は無残な負け犬の姿で発見されました
(クマー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
魂魄妖夢さんの遺言 仙人ですよ
クマーさんの遺言
    ,, (::::::::)   | ≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒ |    ,,         ,,(.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)(.
_,_,_,    L __」  ,,|.≒≒≒≒[ INN ].≒≒≒≒ .| ,,         ,,    (.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:..
_i_i_i    ,,     1⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y1       ,,         (.:.:.:.:.:)(.:.:..
_l_l_l ,, /  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ :.:)(.:.:.
_l_l_l /  村人CO   カニと共鳴してるクマー          .    .      \:.:)(.:.
_ヨ | ''|  ねんがんの クマ鍋されない権利をてにいれたぞ!.            l::::::::)
_ヨ | |                                               |(:::::::
 ̄ ,,|                                               |(:::::::
,, ''  l                                              |::::::::)
 ̄ ̄ ',                                            l ̄ ̄
  .  ヽ                                          /  . :
 .  .  \ _ _______________   ________/ .::
  .  :   .  :.                     )/              .::. .
 . :.   . : .   :. : .  . :  :. :.  ノ´r)  (t )   . :. :.: :. .: .: .::. : .:
___  .: :. .: .: . . : . . : :. . .:: :」:ソ_ 〈ソハ   . :.: .: .: .: :. :. :.:. . . :
_l_l_l_l_l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(.:.:.:.:.:)(.:.:
_l_l_l_l_l / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\(.:.:.:.:.:)(.:.:..
_l_l_l_l_/                                         \(.:.:.:.:.:
_l_l_l_/   そう かんけいないね                            |(.:.:.:.:.:)(
_ヨ /                                             |(.:.:.:.:.:)(
  l  ニア鍋してでも うばいとる.                               |(.:.:.:.:.:)(
,,  |                                             |(.:.:.:.:.:)(
  ヽ    ゆずってくれ たのむ!!                         |(.:.:.:.:.:)(
 ,,  \                                         /(.:.:.:.:.:)(.:
     \__________________________ _/(.:.:.:.:.:)(:::::::::
 , (.:.:.:.:) (.:.:.:.:) (.:.:.:.:) .(.:.:.:.:) (.:.:.:.:) (.:.:.:.:) .(.:.:.:.:)           j_ji_i_jijijiji_ji_j_ji_ji_ji_(::::::::::::)
  (.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)(.:.:.:.:.:)         j_ji_i_jijijiji_ji_j_ji_ji_ji_.:.:.:(.:.::::::
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
パチュリー 「◇謎のヒロインXX 「イタチが目に自信ありみたいな発言をしているので
どういう推理を展開するのか訊いても良いですか?」
◇うちはイタチ 「そんなに自信ありの発言に見えるかェ?>ヒロイン」
◇謎のヒロインXX 「大丈夫って言ってますし>イタチ」

謎のヒロインXX 0 票 投票先 → うちはイタチ


時間ギリギリのこのやり取りでこの投票……胡散臭いわ」
謎のヒロインXX 「フォーリナー!」
やる夫 「死化粧師CO!
妖夢 → パチュリーの結果は「安らか」だお!」
モリアーティ 「◇シャックス「だって割れなかったら最強位置になるんだよだよ?この人数なら美味しくないない?」
シャックス投票理由としてはこれだ。
最強位置って誇張しすぎな表現な気がするし、狼2人で騙りで出てくるならもっと強い騙りもあり得たはずでは?
それこそ、マニアラインとかネ。」
シャックス 「吊れてて狐か天狗じゃないって感じがしたした~」
うちはイタチ 「おはようェ!
ヒロインXが何かこちらを気にしている気配だェ!
気になった位置は魂魄妖夢ェ、原村ェ、パチュリーェ!」
カニ 「デュ↑エル↓だァ!!」
謎のヒロインXX 「マニアが一人行方不明なのに多分大丈夫と発言するのは
余裕があるなあと思いますけれど
それでいてグレランに自信あるかと訊くとそうでもなさそうですし」
やる夫 「つまり、この2人は敵対陣営ということだお」
カニ 「ク、クマー!!!!!!」
ヴェーラー 「なんか知らんけどこころとかぶった。マジかよって感じ
個人的には疑いをぽんっと出せたシャックスは頭回るから頼りになるなーって言うのが感想だにぃ
ほかはなんとも。個人的には占い師出てきても良いんじゃない?とは思うけど流石に早いかな?
狼にマニアが残り行ってた場合に3wが最大。どっちにしても、今日からは狼吊りしていかないと、かな」
原村和 「おはようございますよ

昨日はモリアーティさん投票
結構フィーリングな部分がおおいですけどね」
シャックス 「ふむふむ」
やる夫 「情報次第でCOするつもりだったけど
妖夢の遺言は…?(チラリ」
秦こころ 「マニアに対し強く発言していた点が少し気になってな>やる夫投票」
モリアーティ 「それそれそれ それが昨日私言いたかったのサ。 >パチュリー」
うちはイタチ 「ふむー死んでるェ。普通の村人COだェ。」
パチュリー 「なら妖夢で吊れたんでしょうね>やる夫
あなたが真なら」
やる夫 「仙人。特に占い師とかじゃねぇのかお」
謎のヒロインXX 「だってイタチの発言がぎりぎりなんですもん>パチュリー
もっと早くに発言してるなら私の反応もそれだけ早くなりますよ」
やる夫 「うん、そういうことだお>パチュリー
パチュリー視点では妖夢は人外ってことだお」
原村和 「ストレートに噛まれますか…
では、鵺が指揮を取っていただいて結構です」
カニ 「まぁ聞いてた通り素村でなんていうかコピられてよかったな(こなみ」
モリアーティ 「クマ即噛み、ならカニによる指定で問題ないだろうネ」
ヴェーラー 「ってことは、やる夫視点で
狼=狼か
あるいは、村=村?
流石に狐狐は薄いだろうし」
ヴェーラー 「あ、逆か」
シャックス 「でもでも実際今この人形を吊ろうって意見は出てないよねっ?それって最強だよだよ?>モリアーティ」
カニ 「エェ……>指揮
人形組どこ釣りたい?」
ヴェーラー 「やる夫信じるなら、パチュリー吊りで人外1は減るけど」
秦こころ 「やる夫の言いたいことはつまりこうだな。
”パチュリー-妖夢ラインに確定で人外が1存在する”」
やる夫 「仮に「苦悶」でも妖夢の遺言が占い師とかだったらCOしてたお

この村は人外の数は少ないけど、「陣営」は多いから敵対しやすいとは思ってたお」
パチュリー 「結局あなたはイタチの返答を待つまでもなく話しかけると同時に吊りにかかってもいるわけだけど>ヒロインXX」
謎のヒロインXX 「気合入れてグレランって発言してたので
イタチのその気合を見てみたいと思っている私なんですが」
モリアーティ 「ふむ。 それなら占い処理についてはどう思うかね? >シャックス」
やる夫 「敵対だお>ヴェーラー」
ヴェーラー 「安定求めるならパチュリーにCO求めて
その上で考える>カニ

CO次第でやる夫吊りも有り」
原村和 「死化粧って、何だかんだ天狗がやってきそうなイメージがあるんですよね…
場を荒らすためと噛まれ回避狙うため…
考えすぎですかね?」
シャックス 「やる夫を信じる信じないにともかく別にアタシはパチュパチュにCO聞いても良いと思うなぁ」
うちはイタチ 「妖夢とパチュリーが別陣営ェ・・・まあ投票してる時点でではあるけど
どちらかが人外ということェ!」
やる夫 「なので、『パチュリー視点で妖夢は人外』ってだけだお。今は」
ヴェーラー 「私視点だとやめて欲しい>私とこころ占い」
カニ 「んじゃあパチュCOしてー」
秦こころ 「妖夢とパチュリーが別陣営である以上、そうなることは明白だ
灰にCOを聞く流れなら、考えてもいいんじゃないか?とは思うぞ」
うちはイタチ 「吊り余裕とかも考えてパチュリーにCO聞くのもアリかもェ!」
モリアーティ 「妖夢人外見た方が早い気がするがネ パチュリーの発言は割と筋がいい」
シャックス 「全然ありあり~。寧ろしない理由の方がないんじゃない?>モリモリ」
謎のヒロインXX 「そうですね、余裕ありそうだなと最初に思いましたから>パチュリー
疑い強めになったのは私への返答。気合をいれてグレラン発言していたのに
グレランに自信あるんですねと訊いたら、自信なさげな返答を受けました」
やる夫 「もしもパチュリーを村と証明できる人がいれば、妖夢が確定人外

逆にパチュリーを人外と証明できる人がいれば、妖夢は村…あるいはさらに敵対する人外


こうなるお」
パチュリー 「占いCO
モリアーティ○ 謎のヒロインXX●」
カニ 「ぶっちゃけ灰釣りでいいんじゃねーとも」
カニ 「OKOK」
ヴェーラー 「ただまぁ、村視点では十分有りじゃない?
流石にこころは真だとは思うけど」
パチュリー 「1日目 モリアーティ ○

アンカー占いよ
初日で特段材料もないもの

2日目 謎のヒロインXX

◇謎のヒロインXX 「イタチが目に自信ありみたいな発言をしているので
どういう推理を展開するのか訊いても良いですか?」
◇うちはイタチ 「そんなに自信ありの発言に見えるかェ?>ヒロイン」
◇謎のヒロインXX 「大丈夫って言ってますし>イタチ」

謎のヒロインXX 0 票 投票先 → うちはイタチ


時間ギリギリのこのやり取りでこの投票……これは占うべきね
あれで投票されてもいないし」
シャックス 「ははー?」
謎のヒロインXX 「占い師(フォーリナー)!
モリアーティ○>イタチ●」
カニ 「モリアーティは吊れてたかもしれんしね 問題ない」
やる夫 「人外の陣営数が多いから、微妙なんだお…>ヴェーラー

…あ、でも天狗って今は狼陣営になるのかお?」
パチュリー 「そこ殴ってる時点で察してほしかった」
謎のヒロインXX 「【フォーリナーの占い日記】
 
【一日目】
悪巧みは始まる前に潰すべし!
黒幕のアラフィフ! 覚悟ー!!
 
【二日目】
私しかイタチに投票してませんね
マニアが一人行方不明なのに
多分大丈夫とか発言するのは気が緩んでると思うんですけれど」
うちはイタチ 「よし!ヒロインを吊るェ!!」
[密]秦こころ 「(ふむ、狂人及びマニアはない。だとするなら天狗or妖狐か)」
ヴェーラー 「んー………ならヒロインに連鎖して聞く
おーい」
原村和 「占い…ですか
その結果で朝一でない、というのは多少不自然なので
吊ってもいいとは思いますけど…」
やる夫 「ふたりとも結果はモリアーティ○」
ヴェーラー 「噛まれみない?>カニ」
カニ 「イタチCOした上で灰釣ろうぜ!」
シャックス 「おもしろいおもしろーい!」
うちはイタチ 「CO求めるなら早めに頼むェ!」
謎のヒロインXX 「イタチ殴ってたので私が占い師だろうと当たりをつけてきたんじゃないでしょうかね」
モリアーティ 「その呼び方はやめたまえ! ・・・しかし、占い師は出てきてしまったか。」
カニ 「灰で重要職いるならCOしてよし!!」
ヴェーラー 「灰っていうか、やる夫吊っても良い気はする」
うちはイタチ 「錬金術師
二日目 魂魄妖夢投票 毒なし」
やる夫 「明日からの結果だけど、「苦悶」なら×。「安らか」なら○で出していいかお?>ALL」
秦こころ 「モリアーティ、真っ白だな。胡散臭いのに
まあそれはいい、がイタチの処遇はどうする?」
原村和 「出ます
占いCO
カニさん○ > イタチさん○ >」
カニ 「求められる前にやるんだよ(ブラック企業感」
原村和 「初日
豪華な食事…
これは、毒がある可能性が…!?
私が全部食べてしまいますね!

二日目
鵺占いは嬉しくないですね…
本日はイタチさん占いで
1票もらいの灰位置から適当に占っていきますね」
やる夫 「2文字を削るの面倒なんだお! 間違えないようにするから!」
ヴェーラー 「占い3だぁ……」
うちはイタチ 「オレオはもうヒロインにしか投票しないェ!
夢占いだったら知らないェ!」
シャックス 「でもでもそれって実質2択じゃないない?>灰吊り」
謎のヒロインXX 「占い三人のバトルロワイアルしましょうか」
モリアーティ 「原村のタイミングは悪くないが結果が良くない」
秦こころ 「追加で占い…だと………?」
原村和 「やめてくださいよ
私の○に●ぶつけてくるの」
やる夫 「安らか、ってことは正解したってことだし、…いいお?」
ヴェーラー 「やる夫吊って噛まれみようよ」
カニ 「やる夫込のグレラン
○●には触らず」
モリアーティ 「占い3なら占い吊りを希望するヨ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パチュリー は 謎のヒロインXX に処刑投票しました
謎のヒロインXX は 原村和 に処刑投票しました
うちはイタチ は 謎のヒロインXX に処刑投票しました
ヴェーラー は やる夫 に処刑投票しました
シャックス は やる夫 に処刑投票しました
モリアーティ は 謎のヒロインXX に処刑投票しました
カニ は やる夫 に処刑投票しました
原村和 は 謎のヒロインXX に処刑投票しました
やる夫 は シャックス に処刑投票しました
秦こころ は シャックス に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
モリアーティ0 票投票先 1 票 →謎のヒロインXX
やる夫3 票投票先 1 票 →シャックス
謎のヒロインXX4 票投票先 1 票 →原村和
ヴェーラー0 票投票先 1 票 →やる夫
パチュリー0 票投票先 1 票 →謎のヒロインXX
秦こころ0 票投票先 1 票 →シャックス
うちはイタチ0 票投票先 1 票 →謎のヒロインXX
原村和1 票投票先 1 票 →謎のヒロインXX
カニ0 票投票先 1 票 →やる夫
シャックス2 票投票先 1 票 →やる夫
謎のヒロインXX を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヴェーラー(人狼) 「内訳が
村7 マニア2 狐1 狼2 天狗1 残りなんだっけか?
マニアが2である以上 村8 狐1 狼3までは確定」
やる夫の独り言 「謎のヒロインXX を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました

               ____
             /      \
           / ─    ─ \     グレランなのでは?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
モリアーティの独り言 「グレーいねえだろグレランって
それするなら人形ライン殺すべきだね」
原村和(人狼) 「さて、思いっきり出ましたがどうしましょうか
人形VS占いします?」
シャックスの独り言 「まぁ大体占い吊るよね吊るよね」
ヴェーラー(人狼) 「ああ、こころに黒打って」
秦こころ(人狼) 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 天狗陣営1 神話マニア陣営2」
ヴェーラー(人狼) 「ああ、ってことは」
秦こころ(人狼) 「だな。」
ヴェーラー(人狼) 「真占い潜ってやがんな。モリアーティ君ねぇ」
やる夫の独り言 「しかもこの結果とか…安らか確定じゃねぇかお!」
原村和(人狼) 「内訳はそれで全部ですね >ヴェーラーさん」
モリアーティの独り言 「指定権を無駄遣いしすぎてる 白黒に触れないってちょっと言ってることわかんないですね」
やる夫の独り言 「せめてシャックスに投票してくれませんかねぇ!」
原村和(人狼) 「了解
それではこころさんに●打っておきましょう」
ヴェーラー(人狼) 「占いロラで明日先にパチュリー吊ったら勝てるか」
パチュリー は 秦こころ に神通力を使います
ヴェーラー(人狼) 「それともシャックスか。あー、楽しいなぁ」
ヴェーラー(人狼) 「イタチ噛むよ」
原村和(人狼) 「了解です >イタチ噛み」
ヴェーラー(人狼) 「みんな」
秦こころ(人狼) 「私は萌えないかびくびくしている、が。
そうだな、結構楽しいぞ。」
ヴェーラー(人狼) 「楽しもうね
原村。イタチ噛みでお願い」
秦こころ(人狼) 「初日に出て、成功したのが一番楽しかった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原村和 は うちはイタチ に狙いをつけました
うちはイタチ は無残な負け犬の姿で発見されました
(うちはイタチ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
うちはイタチさんの遺言 錬金術師

二日目 魂魄妖夢投票 毒なし
三日目 謎のヒロインX投票 
謎のヒロインXXさんの遺言                                                        -斗斗斗-
                                                         -斗斗斗-
                                                       -斗斗斗-
                                 ___    /         -斗斗斗-
                              _}       ̄ ̄       -斗斗斗-
                            ,  ≦:i:i:i:i:i:i:i:i≧   ≧=-    -斗斗斗-
                        / /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih \ \ ̄ -斗斗斗-      フォーリナー!
                        、|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} ヽ ヽ .ヽ 斗斗-
                            斗:i:i-ュュ-==-:i:i:i/|   l―斗斗/         占い師です!
                         /_】【_ニニニ´ '/斗斗斗斗´
                       / ー从均ヽ 均ヽ  ヽ斗斗斗/
                      /::/ イ ハ  ´__, /〕 |ニニニ> く
                     /ー   / |ニ≧=≦ニニニVニニニニニヽ__
                  ィ   r- /::::::从ヽニニXニニニニニニニニニニニニ|ニニニ―        r/〕
                 /::/_:::::|:::::::::::/ ヽニニニXニニニニニヽニニ/ニニニニニニニ|Τ=- r-r ´ /
                  〈:::::::::::|/\:/ / /〕ヘ ̄ヽ ̄ ̄ ̄ /|  ー…ニニニソリ__ 〕〕〕  フ
                  ー並<ヽ\/ /≦人 >大/  ,   |     r  ̄        ̄
                 /::::::::::::_〕 ヽ ヽムムム rヌ⌒ ー     、 rvr ノ
                /::::::::/ /::\\ \ユ〕乂/         ヽ七 ̄ヽ
               /::::::::/乂乂∴::::ヽ ヽ 乂  /\  ;     / ,
               \::/乂乂乂 \:/ -  ̄ ̄,   ≧====≦   .|
               /斗斗斗/ ̄¨¨           \_/      |
              /斗斗斗/          |      .|リ≧s   ,
             /斗斗斗/                      |   ≧=
          ./斗斗斗/             i      |     ,
         ./斗斗斗/               ヌ      ,     /
      /斗斗斗/                 ,     |    ,
      /斗斗斗/                        ,     /
   ./斗斗斗/                      ,     /    .'


占い師(フォーリナー)!
モリアーティ○>イタチ●

【フォーリナーの占い日記】
 
【一日目】
悪巧みは始まる前に潰すべし!
黒幕のアラフィフ! 覚悟ー!!
 
【二日目】
私しかイタチに投票してませんね
マニアが一人行方不明なのに
多分大丈夫とか発言するのは気が緩んでると思うんですけれど
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
シャックス 「真狼天狗かなかな?
天狗吊りとかだった場合らむらむが1番真っぽいかも!」
やる夫 「死化粧師CO! ○しか出ない気がするけど

謎のヒロインXX → 原村和の結果は○!」
ヴェーラー 「狼に占いの真贋判定させりゃ良いとボクは思ったんだけども
まぁ、良いや。ここで触れないならもうやる夫はボクは狼は見ない。手が届かないからね
狐だったら狼かんどけ!
ぶっちゃけやる夫視点でほぼ絶対これ安らかしか出ない気しかしていませんが」
原村和 「占いCO
カニさん○ > イタチさん○ > 秦こころさん● >」
パチュリー 「占いCO シャックス○」
やる夫 「はい! そりゃ安らかになるお!」
秦こころ 「うーむ。占いが吊れるのか。
一応指示に従った上で、結構悩んだ二択だったのだがな…
別にそこまで厳密に従わなくてもいい、のか……?(むむむ)」
モリアーティ 「ほら、XXは偽じゃないかネ?」
パチュリー 「3日目 シャックス

人形と神話、対抗占いで枠が潰れてるので実質ここしか占う場所がない
……ヒロインXXの●は流石に占わないでいいでしょ」
原村和 「三日目
結果1しかないのが痛いので潜っていようと思ったのですが
結果的に出された形になりますね
今夜は人形ラインを占います
流石にこの辺りでここを占わないと、危ないです
妄信できないですし、このタイミングで占います」
カニ 「おはようさん
指揮に従わんなら根本的に指揮を取る必要はなく」
シャックス 「霊能表記ー
魂魄妖夢○>謎のヒロインXX○」
やる夫 「で、イタチが噛まれ。…え? 何でイタチを?」
パチュリー 「3日目 シャックス

人形と神話、対抗占いで枠が潰れてるので実質ここしか占う場所がない
……ヒロインXXの●は流石に占わないでいいでしょ」
原村和 「人形ライン偽です」
ヴェーラー 「なんでここでイタチ噛み?
っていうか原村がなんでそこでそれしてくるかがわかんねぇ」
やる夫 「…なんで? 占い師じゃなく、…イタチ? ???」
シャックス 「初日
この日数だと真夢分からなそうなのが1番怖いかもかも?

二日目
あんまり期待値は高くなさそうかも?あって天狗ぐらいかなぁって別れ方かなかな?
吊り 魂魄妖夢○ 投票者 パチュリー , うちはイタチ , カニ

三日目
その指示だと大体あたし吊りにならないならない?>グレラン
ならなかった!ここで●なら大体真でマニア込み2かLWかな~
吊り 謎のヒロインXX 投票者 モリアーティ , パチュリー , うちはイタチ , 原村和」
パチュリー 「人形ライン偽て」
秦こころ 「安らか。つまり別陣営だな
それはそうと、私占いか…それはいいとして●だと?
あと噛まれもよく分からん。何故イタチなんだ…?」
ヴェーラー 「流石にいくらなんでももうちょいやりようあるんじゃないの原村さん……」
モリアーティ 「指揮も何もグレランは指揮とは言わないだろう 不貞腐れてても悪いのは君じゃないのかね?責任を逃れようとした。 >カニ」
シャックス 「あたし視点で大体パチュパチュ偽だねー」
やる夫 「えと。シャックス視点ではパチュリーが偽、もしくは因幡兎とかかお?」
原村和 「妄信できない位置だからです
人形ラインを放置できるほど安全な状況ではないので」
パチュリー 「ヒロインXX狼だったからイタチもう吊れないって判断しての噛みでしょ。要するに」
ヴェーラー 「…………」
ヴェーラー 「イタチが憑狼?」
秦こころ 「人狼陣営が2、マニア不明位置が1つ、天狗が1名。
私は原村を勝負に出た狼騙りか、天狗辺りの特攻と見るぞ」
パチュリー 「天狗占ったかしらね」
やる夫 「…なんで○の教授じゃなくてイタチが噛まれたんだお?>教授」
カニ 「んー……」
モリアーティ 「ふむ、面白い主張だ
・・・人形ラインのフランスじゃない方の中身を明かしてもいいんじゃないかね? この流れ、そのラインは噛まれないとみたが」
ヴェーラー 「それだ。ヒロインで真吊ったから破綻させたように見せるのか」
やる夫 「…可能性はあるお>ヴェーラー
…だけど

ちょっと待っててくれお」
秦こころ 「…その発想はなかった……!>憑狼」
シャックス 「出もヒロインXもイタチ無残だからほぼ真なくてー。憑ならあるかもしれないけどその場合らむらむまで遠い気がする」
モリアーティ 「・・・憑依狼だと?」
ヴェーラー 「ぶっちゃけここでカニに行くとは思わないんだよなぁ」
原村和 「少なくとも、こうなったら人形ラインは噛まれることはありません
私を信じるか人形ラインを信じるか意思統一だけはさせておいてください
あと10人切ったのでFO準備も」
カニ 「どうすっかな
全員釣り先を一人挙げて」
ヴェーラー 「こころに?
いやでも……その場合あー」
シャックス 「パチュパチュ天狗倒しついてないない~?」
モリアーティ 「いや、その線しか主張できないのか とみると凄い苦しい」
やる夫 「…まだ変な発言の癖は見つからないお」
シャックス 「あたしが天狗かもしれないって主張大声にする必要ないよねないよね?」
パチュリー 「対抗吊り」
原村和 「秦こころさんです >カニさん」
ヴェーラー 「そっか
原村=こころで狼ラインだ! イタチがこころに憑依で逃げて原村が黒主張で安全圏路線!」
やる夫 「仮に占い師を吊るなら、投票先は固定してくれお>カニ」
秦こころ 「イタチ憑狼。たしかにそれならヒロインXXの●結果とも一致する…
あれ、考えてみると結構それっぽい気がしてきたぞ?

ああ、吊り位置は原村だ。憑狼にしても特攻にしてもそこは偽なのでな」
やる夫 「それで情報が増えるお」
モリアーティ 「ヴェーラーこころラインはこの先も噛まれる様子はない
原村パチュリーの真偽は申し訳ないが現状イーブン」
シャックス 「割りとらむらむ真はあると思うよ~?人形狼あるかもあるかも」
原村和 「それをするならカニさんに逃げ込んだ方が安全なはずなんですけど! >ヴェーラーさん」
ヴェーラー 「あるいは原村に直接逃げたか
どっちかと言うとこころへ逃げた可能性の方が高い!

けど……なぁ」
やる夫 「そう思って、こころの発言を洗ってるけど…>ヴェーラー
まだ変な癖は見つからないんだお」
モリアーティ 「そう考えるならばこころ吊りを推したいね」
シャックス 「人形片方吊ろう?」
やる夫 「そもそもイタチの発言傾向が特殊すぎるからいけないんだお!」
ヴェーラー 「んー………いや、原村で
流石にBETするにはレアケースすぎる」
秦こころ 「………私憑依?
いや待て、その上でわざわざ安全圏を狙う必要があるか?」
やる夫 「今日指定された人はカニに投票してくれお!」
カニ 「原村和釣りで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パチュリー は 原村和 に処刑投票しました
シャックス は 秦こころ に処刑投票しました
カニ は 原村和 に処刑投票しました
秦こころ は 原村和 に処刑投票しました
ヴェーラー は 原村和 に処刑投票しました
原村和 は カニ に処刑投票しました
モリアーティ は 原村和 に処刑投票しました
やる夫 は 原村和 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
モリアーティ0 票投票先 1 票 →原村和
やる夫0 票投票先 1 票 →原村和
ヴェーラー0 票投票先 1 票 →原村和
パチュリー0 票投票先 1 票 →原村和
秦こころ1 票投票先 1 票 →原村和
原村和6 票投票先 1 票 →カニ
カニ1 票投票先 1 票 →原村和
シャックス0 票投票先 1 票 →秦こころ
原村和 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫の独り言 「…問題は。これで間に合うかどうか、だお」
ヴェーラー(人狼) 「予定通り>憑狼の目を植え付ける
さーって、やる夫君にバイバイしましょうかね

シャックスが狐の可能性はあるけど、明日で問題が無い」
カニの独り言 「ちげぇ。シャックス釣りだ。」
シャックスの独り言 「ダメっぽーい」
パチュリー は シャックス に神通力を使います
シャックスの独り言 「あれでパチュパチュ天狗倒しも人形狼も追わないのはダメだと思う思う」
ヴェーラー(人狼) 「いや……んー」
秦こころ(人狼) 「よし、よし。大丈夫だよな?
ドキドキだ。でも不思議と笑顔になれる(無表情だが)」
やる夫の独り言 「…憑狼LW、ってのはないと」
パチュリーの独り言 「吠えが聞こえるので憑依LWではない」
ヴェーラー(人狼) 「教授噛みで行こっか。こころちゃんオナシャス」
やる夫の独り言 「…でも明日は残り6人だお」
モリアーティの独り言 「初日の○はあとで占うとマニアで●になる可能性もあるから
占い先に困ったら私を占うといい
ま、その前に人形ラインは「整理」したいがネ。」
ヴェーラー(人狼) 「予定どおりだよ>この噛みで憑狼主張」
パチュリーの独り言 「シャックス狼のほうがあったかしら
そうなるとこの投票は早まったか」
秦こころ(人狼) 「分かった。任せてくれ、130でいいな?」
ヴェーラー(人狼) 「どうせだから小技してみた。楽しいでしょ?」
ヴェーラー(人狼) 「いや、100  考える時間を与えなくていい」
やる夫の独り言 「…狼が狐を探すか、それとも

仮に狐を探すなら…」
秦こころ(人狼) 「ああ、その発想はなかったという気分だ。
びっくりして関心と楽しみが加速した」
モリアーティの独り言 「こころがCOしないの憎悪湧き上がる」
秦こころ(人狼) 「そうか。分かった、100だな」
モリアーティの独り言 「って感じですね」
シャックスの独り言 「リースさんに負けちゃいそう負けちゃいそう」
ヴェーラー(人狼) 「吊り余裕は無い。故に」
ヴェーラー(人狼) 「楽しみだぁね」
ヴェーラー(人狼) 「萌えたら? 決まってるさ」
パチュリーの独り言 「しかしそうなるとヒロインXX真にならない
マニアで増えたか?」
ヴェーラー(人狼) 「笑って、ごまかすさ」
シャックスの独り言 「人形2Wのパチュパチュ木っ端天狗かな~」
秦こころ(人狼) 「……そうだな。」
秦こころ(人狼) 「笑って、ごまかそうか!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
秦こころ は モリアーティ に狙いをつけました
モリアーティ は無残な負け犬の姿で発見されました
(モリアーティ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
原村和さんの遺言              , ―<>‐'´,                   \ >-、
               {:::::::: j ::::::::::::}   // /   、  、      `マ::::::}   占いCOです
             } :::::印フ::::::::{  // / / ハ ハ `ト、ヽヽ 、    ヽ::〈
               {:::::: У::::::::::::} l / / / } } | l l l l li  ', ヽ  l::}
             ゝ=イj、::rーr'  | il l  |  | | | | | | l l| i l i l l l l::}
               /// : :|  |  | il l  |  | | | | | |ハノ| i l i l l | |::ト、
           /:::// ::::::|  | | 从 乂 ! ノイ ノ ハノx==リ<イイ!イ l | l:::\>
           {f^〈:rヘ::j  ト、ily{frうr1      ´frうr1}y!ノ ル'j | lヽ:::::〉
               l  |    ト、 ` 込:ン       込::ン ' ∧乃_ | | ∨
               l  |    | r'  .:::::::::    ,    .::::::::. /ノi l l | |
            イ /l   | ト--、              /  li l l | |
            / //!    | | | i {\     ー‐    /  li l l | |
            / // |   | | | i |  l>、     , < |  l |i l l | |
            ,イ // /|   | | | i |_|  ` ー ´|   |  l |i l l | |
        // // //|   |_| |_リ:::::l        「>-ト-、_l |i l l l 乂
       / / // /  |   l::| |::::::::::{        L::::::::\ f^Y^ヽ |  \
        / / // />' |   l::| | :::::::::ヽ__,  _ノ | ::::::::::::fr'ニニム     ,
     / / //// : ::::::|   l::| | :::::::::::::',-―――┤::::::::::::{レ―-、 iハ    ,
      / / /イ//rへ、 |   l::| |:::::::::::::::::',      /:::::::::::::::{レ―-、 | ハ   |
    l / / レ ∧  `1    l::リ:::::::::::::::::::',   /::::::::::::::::/Y7Ti  ト、ハ   |
    l / / / /  ヽ  l   ト、:::::::::::::::::::::ヽ  /:::::::::::::/,ノl:::::::|  ト、 ハ  |

カニさん○ > イタチさん○ > 秦こころさん● >

初日
豪華な食事…
これは、毒がある可能性が…!?
私が全部食べてしまいますね!

二日目
鵺占いは嬉しくないですね…
本日はイタチさん占いで
1票もらいの灰位置から適当に占っていきますね

三日目
結果1しかないのが痛いので潜っていようと思ったのですが
結果的に出された形になりますね
今夜は人形ラインを占います
流石にこの辺りでここを占わないと、危ないです
妄信できないですし、このタイミングで占います
モリアーティさんの遺言 相方GMの共有表記 夢共有だろうネ
おかしいね? 
こういう時私にはもっとすごい何かが来るはずなんだがね・・・?
※4日目 
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ヴェーラー 「よく考えてみたら憑狼混じりの場合でも、こころが憑狼だった場合、原村真の場合イタチが死ぬ事ないから
ボクの言ってたコンボって原村が狼前提だから
安定で原村吊りで全然問題なかったと気がついたのが昼遅く」
シャックス 「人形2Wのパチュパチュ木っ端天狗濃厚かなかな?
朝が来てても大体勝てないと思う思う!」
ヴェーラー 「っていうか朝早いなおい」
シャックス 「あっれー、●だ」
パチュリー 「占いCO
モリアーティ○ ヒロインXX● シャックス○ こころ○」
やる夫 「死化粧師CO! 原村和 → カニの結果は○!

謎のヒロイン ⇔ 原村和なので、この結果次第でヒロインの正体も…ある程度解るお!
(人外同士のつぶしあいとかじゃなければ)」
やる夫 「○! 安らか!>カニ」
カニ 「クソ面倒くせぇな……残される方なら完全に逆風なのか」
ヴェーラー 「やっぱ狼じゃん!>原村」
シャックス 「じゃあ人形狼ないみたい?マニア来てたらある?どうだろう」
やる夫 「つまり、カニと和ちゃんは敵対
そしてヒロインと和ちゃんも敵対

ここまでが情報だお」
パチュリー 「視点、やる夫吊りで終わり」
ヴェーラー 「ていうかモリアーティ噛みって完全にヒロイン真の噛みじゃないですかやだああああああああああああああ」
カニ 「シャックス視点真占いがいないんだがどうなん?」
秦こころ 「アオォーン・・・」
シャックス 「問題はパチュパチュが木っ端天狗なのか狼なのかだと思うよ思うよ」
[密]秦こころ 「あっ」
やる夫 「で>ヴェーラー

昨日までの発言を分析したけど、カニもこころちゃんもおそらく憑依はされていない…と思うお」
[密]秦こころ 「あっあっあっ。」
ヴェーラー 「んn????????」
やる夫 「…ん?????」
シャックス 「んー」
やる夫 「パチュリー。これ、何だお?」
ヴェーラー 「なんで????????????」
秦こころ 「ははは。まあなに、そういうことだよヴェーラー」
やる夫 「ヴェーラー! これ! なんだお!?」
秦こころ 「後は分かるな?」
パチュリー 「木っ端天狗CO」
シャックス 「飽和回避だとしてそれするとヴェーラーまで共倒れになるから」
やる夫 「カニ! たぶんこれ、引き分け!」
やる夫 「指定頼むお!>カニ」
やる夫 「パチュリー、こころ、ヴェーラーで3人外だお!」
ヴェーラー 「うっし、それ言うなら引き分けるかー!
笑ってごまかそうぜ」
パチュリー 「流石にここまで来たらどうしようもない」
秦こころ 「かなり楽しかったよ。」
シャックス 「ころころ投票で良くなくなくないない?」
カニ 「まぁ最大でそうなるな」
ヴェーラー 「んじゃこころ、パチュリー

シャックスに票投げて」
やる夫 「…あれ? でも、和ちゃんはカニ投票で安らか…?」
[密]秦こころ 「(どう誤魔化せばいいのかは分からんが、とりあえず楽しむぞ。)」
シャックス 「ひどいひどーい!」
やる夫 「カニ、…何陣営だお?」
秦こころ 「了解した。
いやあ、楽しかったな!」
パチュリー 「了解」
カニ 「ソレ以外なら負けだしまぁええか
ヴェーラーに投票で」
ヴェーラー 「狐じゃねーの?>やる夫」
やる夫 「シャックス、やる夫はこころに投票するお

カニも村陣営ならこころ投票で頼むお、狐陣営でもいいお!」
ヴェーラー は シャックス に処刑投票しました
やる夫 「あ。たんま!」
シャックス 「村はこころ投票で良いかな良いかな?」
やる夫 「じゃあやる夫もヴェーラーね!」
カニ 「吠えでまぁ毒狼もあるんで>やる夫」
ヴェーラー 「ワンチャン狙ってきたか」
やる夫 「シャックスもヴェーラー! Ok!?」
シャックス 「ヴェーラーね」
秦こころ 「とても楽しくて、思わず笑顔になってしまったよ。ほら(いー)」
ヴェーラー 「まぁ、投票は早めにね」
シャックス 「分かった分かった!でも足りなそうな気がするっ!」
やる夫 「間違えんなお!? 絶対に間違えんなお!」
カニ 「吠えで萌えに来た以上萌えで?ってなるんでー」
やる夫 「うん、足りないかもだけどそれならしょうがないよね!」
秦こころ は シャックス に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は ヴェーラー に処刑投票しました
パチュリー は シャックス に処刑投票しました
シャックス は ヴェーラー に処刑投票しました
カニ は ヴェーラー に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヴェーラー は シャックス に処刑投票しました
秦こころ は シャックス に処刑投票しました
シャックス は ヴェーラー に処刑投票しました
カニ は ヴェーラー に処刑投票しました
パチュリー は シャックス に処刑投票しました
やる夫 は ヴェーラー に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は ヴェーラー に処刑投票しました
シャックス は ヴェーラー に処刑投票しました
パチュリー は シャックス に処刑投票しました
カニ は ヴェーラー に処刑投票しました
ヴェーラー は シャックス に処刑投票しました
秦こころ は シャックス に処刑投票しました
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シャックス は ヴェーラー に処刑投票しました
秦こころ は シャックス に処刑投票しました
ヴェーラー は シャックス に処刑投票しました
カニ は ヴェーラー に処刑投票しました
パチュリー は シャックス に処刑投票しました
やる夫 は ヴェーラー に処刑投票しました
再投票になりました( 4 回目)
5 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
ヴェーラー3 票投票先 1 票 →シャックス
パチュリー0 票投票先 1 票 →シャックス
秦こころ0 票投票先 1 票 →シャックス
カニ0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
シャックス3 票投票先 1 票 →ヴェーラー
5 日目 (2 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
ヴェーラー3 票投票先 1 票 →シャックス
パチュリー0 票投票先 1 票 →シャックス
秦こころ0 票投票先 1 票 →シャックス
カニ0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
シャックス3 票投票先 1 票 →ヴェーラー
5 日目 (3 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
ヴェーラー3 票投票先 1 票 →シャックス
パチュリー0 票投票先 1 票 →シャックス
秦こころ0 票投票先 1 票 →シャックス
カニ0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
シャックス3 票投票先 1 票 →ヴェーラー
5 日目 (4 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
ヴェーラー3 票投票先 1 票 →シャックス
パチュリー0 票投票先 1 票 →シャックス
秦こころ0 票投票先 1 票 →シャックス
カニ0 票投票先 1 票 →ヴェーラー
シャックス3 票投票先 1 票 →ヴェーラー
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2019/01/01 (Tue) 02:33:03
謎のヒロインXX 「引き分けした私は勝ち組なのでは?」
うちはイタチ 「お疲れェ!」
パチュリー 「お疲れ様」
謎のヒロインXX 「フォーリナー!(お疲れ様です)」
ヴェーラー 「お疲れ~」
クマー 「お疲れ様クマー」
魂魄妖夢 「お疲れ様でした!」
カニ 「ここ数回指揮位置ばっかに入るのほんとやめてくんねぇかな~~~~~~~~~~~~~~~~~」
モリアーティ 「皆様お疲れ様でした
2019年初戦は引き分けでした 」
シャックス 「警戒はするする超するっ!>人形ライン」
うちはイタチ 「序盤のミスが祟ったェ!人形ラインを占いに任せるのは甘えェ!」
ヴェーラー 「ん~~~~~~~~~~
楽しかった」
カニ 「おつおっつ」
原村和 「お疲れさまでした
あと一歩でしたが、新年初笑いの神様が微笑んでましたね」
謎のヒロインXX 「噛みが早かったのでヴェーラーが狼だろうなと思ったのは内緒の話です」
やる夫 「◇身代わり君
[占い師]




         _ _
     _, -¬ | |.| .|              \.      ふ
 __,,-''"´   |.し'' "~,,,,.  ,,へ,              ヽ
「     _.,.  | ,| ̄ ̄ / ,/´ /             |     ざ
|__,,-''"~ |  |.,!.__,,..--',/´  /   ___.       |
    _.,_|   |    /   /  /   ノ( \.     |.     け
__,,-''"´   .,;;   く.,   / ./  _ノ  ヽ、_. \.  |
|   _,,-'' ^      ^"  /ノ((○)  (○)  \. |    ん
|,,-''"´      、、     |  ⌒ (__人__)  ノ( | |
    |.       ヽヽ    \     |!!il|!|!l|   ⌒/`|    な
     |i       ヽヽ    >   ⌒⌒        |
    .| !      ,     /             |.     お
   .! .{    ノ|   /               |
   i  ヽ--''"  |   {  .,             ./      !!!
   ノ        `<__,//   亅          ̄ヽ
            。 /    \          )へ、_ _
  =     =     、 ゝ.     ヽ          | ,√,/ ,>、
ー─‐―---,,,,,____  ヽ、     \、        |{r,/_/_/冫
ー─‐―---,,,___/ | ||  , 、=-     \、      \ヾ匕/」
         ./||  | /  |\.      \、      ヽ
       ./  ||  | >   |  \      \       ヽ
____/   ||  | \   ヽ  ヽ、       `丶、..,,,,_  ヽ
     /|.    ||  | ̄´   冫    ヽ、         `ヽ i
     / !     ||  |   /       ` ー .,,,       ,) 、
    ./  |.    ||  |  /              ̄ゝ_、ノ  ヽ
__/   !     .||  |ー┴---.,,,,,___ /ヽ、         ヽ
   |         ||  |            ` ̄ ̄ `ー―---- .,,,,,__
   .i          ||  |」
秦こころ 「               _,g&'^¨/.. . . . . . . . . . . . . . . . . . ..` 、゚%。{        `、  ∨
             _,£'^   . . . .., . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . `、~''{      _ ┘ ,,、}、_
.             _g9'゚     /. .. ../. . . . ,. . . . . . . . . . . . . . . .∨∧∧  、___/ ̄ -‐┓~{⌒
          ♂゚     ,'. .. ../.. . . ../ . . . . . . . . . . . . . . . . ∨∧/\  ̄  〈''"~ ̄} }     お疲れ様。とても楽しかったよ、萌えてしまったけど、今私はとても笑顔だ
.         ,?゚         . . ,..,゙ . . . . ゙ . . . . . . {. . . . . . ..}. . . . ,. . ゚,彡'丶    ゙¨¨¨´  {
        ∮       ;. /. {. . . . _,{,,__.. .. .. ..{ . . ._}_._._}. . . . }. . .}    ^'*。    /^ 、ノ
         ‰。,      {/.. ..{. . .´/ {.. .. . . .. ..{\ . }\ }`. . . }. . .}        ~" '''{i:i:i:i:\
          ⌒゚''∞㏄ /. . . .{. . .斧弌ミ、. . . ..{ 斗劣ミ}. . . ..; . . {          \`,:i:i:`,
                厶イ.. ..'、..{{ {h 刈 \. ..{  {L ハ }}. . ./. . . {           ヾi:i:i:i}
                 ノ. ../\{ ~"^  丶{   ^~ 7 . , ゙}\...‘,            }i:i:iノ
                ^ア゚∧. 从```    ′   ``厶イ . }. ..}\{            ノイ
            _,、 ''~i{{ ̄i´ ̄ ̄~"つ⌒ ー--‐ ⌒に"~ ̄~"Y^iー-=ニ二__
.       _,、 ''~i{~   l{{_l    「≧s。 ̄ ̄ ̄.。s≦}    ;__;__    l{ ̄~¨“''=‐-  ,,_
    ,、 ''i{~     l{_,、 ''~ l{{ ∧__  ノーr'゙/{ ~"~ }  }〈    ,' ,' ̄~¨“''l{=‐-   _{l      `Y
  /   l{ _,、 ''~l{     _l}}_ /∧「{´. .∨∨∧__ __/^V `'ーr‐l{ {     l{     {l~¨“'''ー-  {
.  {_,、 ''l{    l{.。s≦ニニニニ≧┛゚, . . ∨‐-ミ_∨_jI斗-‐┐l乂l} }  _,、-┸‐- 、、{L,,__,,、、  ノ
. 人   廴.。s≦ニ=‐ {{:     {{ }. . . .∨=ニ{ニニ}-=ニニ| 乂_辷≦ニ=‐   :}}   ~"}} _,、イ
   ≧=‐-  、、、、、,,,}}-‐━ー-l}}-l}. . . . .∨=乂_,ノ、-=ニ〈ー{{-‐}. . }‐}‐-  ,,{{_,,.。s七Iだ=-
            ~~/~~~~ミ*、}:从. . . . ..}/ {{  \__} }} l}. . } l} .。s≦ニ=‐
.               ,'. : :: .:::i:i:i:i`、:ハ . . . ;ー-‐☆ー----‐ ''{{''ー}. .,'/i:i:::. :: : .゚,
            ;゙. : :: .::::i:i:i:i:i:∧ー}. . ./   {{        jj ノイi:i:i:i:i:i::::. :: : .゚,
            . : :: .::::::i:i:i:i:i:/∧l}. ./‘,_,,、、、}}、、、,,,__ 〃   {i:i:i:i:i:i:i:::::. :: : .′
                {.: :: .:::::::i:i:i:i:i:i:i/i:ノィ゙ ̄`,  {{    ̄#~゚""゚{:i:i:i:i:i:i:i:::::. :: :. .,
                {.: :: .::::::i:i:i:i:i:i:i:i:/∧   l}  }}     {{    ゚,i:i:i:i:i:i::::::. :: :..}」
うちはイタチ 「このミスからの引き分けに行けたのは良かったェ!」
クマー 「萌えなかったら実質負けだったクマー」
カニ 「俺はもっと遊びたいんだよデュ↑エル↓だァ!!」
謎のヒロインXX 「いやあ、おのれパチュリー!
私に●出す事ないじゃないですか!!」
パチュリー 「こころ●必要あった?」
秦こころ 「アイコンが良い感じだったのに気づいたから、いーってしてみた」
シャックス 「実際実際ころころ萌えないならパチュパチュ吊っちゃうよね」
ヴェーラー 「初手になぁ!こころがなぁ!!!!!
「仏蘭西ラインやりたいけどダメですか?(上目遣い)」してくるんだぞ!!!」
うちはイタチ 「カニさんいつも頼りにしてるェ!」
ヴェーラー 「やるしか無いでしょ!!!!!」
原村和 「私も面白かったですw
狼での人形ラインも面白かったですし
そこからの萌えまでの華麗な破綻も…w
楽しませていただきました。ありがとうございますw >ヴェーラーさん」
やる夫 「それはしょうがないよね!>ヴェーラー」
うちはイタチ 「他に人形いてギッタギッタにされるがいいェ!」
秦こころ 「ちょっと待ってくれ、私は上目遣いだったのか!?」
パチュリー 「あのイタチへの絡み方は●投げていいやつだなって思った。反省はしていない」
ヴェーラー 「あるよ。ぶっちゃけね。こころ吊ってくれると嬉しかったんだ
萌えないように」
シャックス 「ヴェラヴェラが人形で繋いだ時点でダメっぽい気がするするっ!」
モリアーティ 「こころが人形の種類すら言わないで憑狼主張はやっぱころすべきだったと5夜ですね」
謎のヒロインXX 「それはライン騙りをしない訳にはいきませんね!」
カニ 「うっせぇ!!1ばか!!このばか!!!うしろでワーワー妖精でいうためだけに生きているのわたしは!!>イタチ」
モリアーティ 「マニアラインで良かったのでは
不審者通りそうだし」
やる夫 「カニはやる夫に感謝してよね! 今すぐでいいよ!


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (>)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
シャックス 「ころころ先吊りしちゃうとねー、あたし視点かなり厳しい」
原村和 「パチュさんが狐か天狗がわかってない部分ありましたからね… >パチュさん」
謎のヒロインXX 「おぉのれぇえええ!!!>パチュリー」
ヴェーラー 「後は単純に、内訳的に狐が占いに出てる
後をどうするか……ではあるんだけどさ」
魂魄妖夢 「占いなしで人形ラインを破れる気がしないんで萌でラッキーだった、って感じですかね」
やる夫 「今回の村の人外、全部やる夫があぶり出したんだからね!」
うちはイタチ 「庇ってくれてありがとうェ!天狗さんェ!」
やる夫 「(除く人形ライン)」
秦こころ 「しかし、私が萌えなければ勝てていたのか。惜しいな…
惜しいのにな…全然惜しくない。おかしいぞ。」
クマー 「今すぐでいいよ!とか言われるとあんよ焼したくなるんだよなクマー…」
ヴェーラー 「いらないと言えばいらなかったかもしれないけどね
確かにちょっと小手先に頼りすぎたかな」
パチュリー 「まあ、仕事はしたと思う」
シャックス 「だっれらむらむ真で進んじゃうもん。
ただあたしが指揮してたら4昼パチュパチュ吊っちゃうな吊っちゃうな!」
カニ

              /|
              V しイ   _
                   し レュ `!   ___
            rffL_     j-=寸 /    \
            _j   'ァ  〈.    \      ‘,
            √¨丁     |`ー'i:、 \      ノ
            L__ノ|_)‐ ..,__i   |^\ \__∠
            |   i‐- _  j   |―→s。._   ̄〉    サンキューヤッル!!
         __|__|     7   |―‐┐    ̄¨ 7
        /__, 、___\   /    i    |     |
      /(○)i|i|i(○) \/    ,i    |     |
       |   (_人__)   u |     `、 .ノ     |
      \   |r┬i|   /        `く         !
        `ー `⌒´‐<           7       八
         )_     > .,_      /     /
        /  )_   /    > .,_  ./   /  ‘,
            /⌒Y  ‘,  〈     /    く    ‘,
               ∧  ‘, __,人__   `、    ‘,
                / ‘, {¨´     `丶、 `、   ‘,
             /   / ノ           `~`、    、
               /   /¨´              \  \
            /   /                    \  \
謎のヒロインXX 「炙り出された頃には村が死んでましたね……>やる夫くん」
秦こころ 「いや惜しい、惜しいんだが…それ以上に楽しいぞ…!」
カニ 「ジエンドのAAはなかったわ」
モリアーティ 「昨日の普通村で「時間切れ直前に無理難題を押し付ける奴は人外」っていう論を出してた方の意見を参考にしましたが 上手くいくもんですね」
シャックス 「すっごいあれ天狗倒しだったもんね!」
ヴェーラー 「まぁ、こころ真になってもいいっちゃいいんだよね
ラストでパチュリー吊ってくれればいいだけの話
私を狼にしておいて……ってね」
原村和 「ただ私のこころさん●で萌えてくれたら
パチュさん先吊りしませんか!で行けた気が…(結果論!)」
パチュリー 「まあ木っ端天狗だから●吊った後は吊られてもいいんだけどね」
クマー 「時間切れ直前に大声で誘導してくるやつも人外だと感じるクマー>>モリアーティ」
モリアーティ 「まあその方とは結果的に「分かり合えないな」って感じになりましたが」
シャックス 「基本的に配役が厳しいなって言うか」
ヴェーラー 「それも考えたのはある」
カニ 「まぁ引き分けだしええわ……ええな……
もう当分指揮はいいわ……3連続くらいでやってんぞ……w」
原村和 「私も庇ったので感謝してくださってもいいのですよ…?w >イタチさん」
やる夫 「やはり霊能者と言えど情報の出る役職は大事…

あとヴェーラーは人外
やる夫覚えた!」
ヴェーラー 「でもまぁ、結論としては」
シャックス 「あたし人狼希望すれば良かったな良かったな!!」
パチュリー 「それにしても2回めで即天狗倒しつくのはひどくない?」
謎のヒロインXX 「初日はもうちょっと目立たないように潜まないといけませんねえ
いやあ攻めてしまいました」
魂魄妖夢 「天狗の狐●といいどうしようもなく
まあもう少し発言頑張って私吊り回避パチュリー吊りができればってとこなんですかね??」
ヴェーラー 「そうだよな!無難に○にしておいて
パチュリー吊ったらいいんだよな!!!!!!!ってなる」
モリアーティ 「共有希望はしてない筈なんだがね まあ最近籤運どん底なので是非もなし」
パチュリー 「まあ私天狗にしても狐にしても狼視点私吊ったら片付かない?って話ではある」
ヴェーラー 「あ~~~~~~~~~
くっそ!!!!!!!!!!!なまってるぅううううううう!!!!!!
めっちゃ悔しいぃいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!」
モリアーティ 「教授は当たりなんですかね? もうアーチャーも十分に集まってしまいましたが」
シャックス 「天狗か狐で言えばすっごい天狗だと思うよ思うよっ!>パチュパチュ」
秦こころ 「だが、私●結果やモリアーティ噛まれで混乱している村を見るのはとても楽しかった」
クマー 「正直ギルギルマンとイシュタルが弓2強って感じ」
原村和 「○になったら萌えた時にリカバリー聞かないんですよね…うぅ…」
うちはイタチ 「狩人希望だったけど~狩人どころか占いすらいない悲しい村だったェ!!」
秦こころ 「これが…愉悦……?」
カニ 「真占いいる前提のスタートするからなぁ私は……
初日占いだと取り返しつかんが。」
ヴェーラー 「でもまぁ

笑ってごまかすさ。なぁ!狼仲間!
          ァ-一⌒ ´ ̄`イ⌒ミ、__
           〃              ㍉ー-、
          ア                       ヽ
      从_ノ     j      彡イア ノ      弋
     _≧    >ァ´   从{´ .≧ミ、彡イ    ミ`
  イ´     Y ./    ノー   {rァ 从 彡イ ,  {
  V´     人{   (____    `ヽ  ィ辷イノ  し
 / 彡__ 八{弋__イ        {rァ ソ  jイ
彡<´: : : : : : : : `ミ: :.、    r    ⌒) /从イ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   , ヽー、____/__
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ  \`ソイ///////)
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.  / ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨(_,
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }イ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
 > 、: : : :: : : : : : : : : : : : : :彡-─ヽ
: : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : /     \
: : : : : 从: : : : : : : : : : :/           ヽ
: : : : : : : ヽ: : : : : : : :./               \」
カニ 「福袋はホームズの宝具が2になって正直微妙でしたね……」
パチュリー 「他に悪属性の弓がボブぐらいなので噛み合わせが悪い、というのはある」
やる夫 「…あ、ちょっとまって!」
シャックス 「ライン形成はねはねっ。【派手だからこそ面白い】んだよだよっ♪」
ヴェーラー 「パチュリーはごめんね。勝てた村落としてる」
やる夫 「これ、カニを夜食にしたらやる夫のハーレムなのでは!?」
シャックス 「13人村なら充分に勝機はあるあるっ」
魂魄妖夢 「それじゃあ村建て同村お疲れ様でした」
原村和 「私はこういう全力で騙りに行く村とかは楽しくてクスクスしちゃうので
大変満足してますよw >ヴェーラーさん」
ヴェーラー 「そういや満月さんってツイッターとかやってんの?」
モリアーティ 「弓王 オリオン 二人一組の方のanne イルカのjanne 浅上さん インフェルノ
エミヤ アタランテ ケイローン (タ) ・・・うーん迷いますね」
魂魄妖夢 「饅頭が夜食になってカニのハーレムですね...」
秦こころ 「             / 〃         /: .   r‐-   _     /................. `、.....∨
           ′{{.       /: .   \三三\  /八 ................. `,.....∨
             {{       /: .        ー---┘ /=‐-`、.... _.......... ゚,......
           i  、、     /: .             /    `,..................}......i
              \s。. /: .            斗r七弌ミ、,......}.........}......|l
.           ∧    \ '=‐-   ..,, _     /^lh/ ハ Y}...,:゙..........}......|l
            ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄      イ   乂 ツ  }レ'i{...........; .....|l     そうだな、笑ってごまかそう!>あいぼー
            }'、  .': .      _,、 ''~ ,           i...l{....... / . ...|l
             ゙ \l__ ,,.。 *''"     ′           l..八......'..........|l
              ,' ........ ,'.{.......圦〈⌒ヽ           /⌒,   ,.....ii\{..........{l
           /.........../ ∧.....Vj}ム   li  `    ´ ′  イ,゙.....从................゚,
.           /.........../ .../∧.....V :i}  l}l         i  {i:i/...../::.:.`、..............'、
           /.........../......:.::/∧.....i:i:i}  l}トl⌒ __ ⌒,ィl  { '...../i:`、::.. `、.............\
        /.........../......:.::/:i:i:}.゚ ...l:i:;  l l____l  l  { !  ,......'i:i:i:i:i`,::.:.:.`,.....゚,.........`、
.        /.........../......:.::/:i:i:i:,...}....l/  /   } ゙ ̄~"'*、 ∨{:i:i:i:i:i:i゚,::.:....゚,.....}、..........`、
        /.........../ .....:.::,':i:i:i:/....}....{     _,, { } ..,, _     }.{Τl:i:i:i:i}::.:.....}....;.::`、....... ‘,
     /.........../ .....jI斗-‐厶イ}....{    ''´ ̄`W゙ ̄ ̄~   ;..{╋|≧=‐ 、ノィ゙::.:.:.`,....... ‘,
     .' ......... '......./─╋─╋ }.....,   _  -‐{l}ー-  _   '...{│|╋─╋L.::.::.::.::.:.゚,....... ‘,
.    { ...........{.. r'゙  │  | ;....∧      八       / ...{╋|│  │ } :.::.::.::.:.}...........}」
やる夫

       ___       やる夫の! ハーレムなのでは…?!
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ」
カニ 「むしろアイコン的にこのメンツに囲まれてる俺こそがハーレムっていうか
むしろこれカニ突かれててやる夫ハブられてない????大丈夫????」
カニ 「甲羅しかないけど食う……??>アイコン配置」
秦こころ 「上目遣いとか抜きに、乗ってくれてありがとう。
多分普通の鍋だとこんなに不思議で楽しくはなれなかった、本当に感謝してる>ヴェーラー」
原村和 「ツイッターですか…?
凄い昔にアカウント作って、完全に放置してるのが1個ありますね!
(つまり、やってないも同然です!) >ヴェーラーさん」
うちはイタチ 「オレオは・・・?」
ヴェーラー 「あ、ボク男の娘だよ>公式で>カニ」
カニ 「手札から捨てるからセーフ>ヴェーラー」
クマー 「やる夫を省いて蟹鍋をつつくのかクマー…」
モリアーティ 「ま、私の村これで2連続占い欠けなので
3連続はあるかな? と期待させておいて今日はこれで〆ます
新年あけましておめでとうございました お年玉待ってます おやすみなさい」
やる夫 「【やる夫はDQ3の世界で生きていくようです】
http://yaruoyorozu.sblo.jp/article/35301304.html



          ____
        /      \     ちなみに開始前に言ってた「やる夫がモノホンのハーレム」はこちらのスレになりますお
       / ─    ─ \
     /   (●)  (●)  \   すんげー長いけどまだ続いてるしドラクエ3好きならオススメ
     |      (__人__)     | __________
     \     ` ⌒´    ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| |  |                  | |             |
| |   |    、            | |             |
| |  \   `ヾ        "/ |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ ̄(“二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_」
シャックス 「ちょっと思ったこととしては~」
秦こころ 「ヴェーラーを捨てないでくれー(あわわ)」
うちはイタチ 「クマーとオレオはやる夫の中で食料としてカウントされてるェ」
カニ 「そこの棚にあるオレオ!>イタチェ」
シャックス 「シャックス喋りにくい……w」
クマー 「福袋はイリヤが2になったクマー」
ヴェーラー 「基本やりたい事言ってくれりゃどうにでもしてやるし」
やる夫 「◇ヴェーラー 「あ、ボク男の娘だよ>公式で>カニ」



          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /   (○)  (○)  \
     |      (__人__)     | __________
     \     ` ⌒´    ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| |  |                  | |             |
| |   |    、            | |             |
| |  \   `ヾ        "/ |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ ̄(“二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_」
ヴェーラー 「それだけは出来る方だとは思ってるよ」
シャックス 「凄く無理だったらやめとけって言うしね~」
カニ 「だってよシャックス……腕が……!!!くらいしか絡めない>メギド」
シャックス 「この陣営での2W人形ラインは萌えでも全然ありあり」
やる夫
 _ _   ___
/ ) ) )/ \  /\       それはそれでアリ!
{   ⊂)(●)  (●) \
|   / ///(__人__)/// \
!   !    `Y⌒y'´    |
|   l      ゙ー ′  ,/
|   ヽ   ー‐    ィ
|          /  |
|         〆ヽ/
|         ヾ_ノ」
ヴェーラー 「夜にああ言われたなら

萌狼で~?とか思ったけど
別にいいじゃん。やってやれば」
原村和 「ちらっと見ましたけど…
凄い長いです…!w >やる夫さん」
ヴェーラー 「それで勝てたら

最高にカッコいいじゃん」
謎のヒロインXX 「シャックスは頭シャックスにしないといけませんから
UGさんには辛いRPかなあと」
秦こころ 「思いついた案で、なんというか、その。調子に乗ったと言うか浮かれたというかで萌えを考えてなかったが…
私が言われた側だったら、きっと断ってた。だからとても嬉しいんだ」
ヴェーラー 「ゆんゆんは頭ゆんゆんだからなぁ」
シャックス 「5吊りしかない以上【真占いを2手騙す】【真占いを吊す】はよゆーでできちゃうできちゃう」
うちはイタチ 「それじゃあお疲れ様ェ!
今年もいっぱい鍋したいェ!」
シャックス 「ひどいひどい~!!」
原村和 「細い細い糸が通った時は本当に気持ちいいですよね…w」
ヴェーラー 「初手で破綻するかもね。でもどうした?
笑ってごまかすさ」
やる夫 「うん、長いお>和ちゃん


だけど登場人物は良い人が多いし
話も鬱展開ではなく、基本的にはハッピーエンド傾向だお

キャラも多いけどちゃんと書き分けてるし、
「ドラクエの知識を持って異世界に行ったら攻略情報でどうなるか?」とかメタ部分も含めて面白いお」
やる夫 「なので、ちまちま読んでみるのもいいと思うおー」
ヴェーラー 「ぶっちゃけ、そんな場合に>割り込みがあった>他の人形の」
秦こころ 「(…私何度嬉しいって言ってるんだろうな。でも仕方ないよね嬉しいし)」
やる夫 「(かわいい)
可愛いお」
ヴェーラー 「こころ=割り込みをロラさせてしまう方策も取れる訳だよねって
別にそっちが真決まってる訳じゃない。天狗もいるしね

なら、後は
ボクがこころを勝たせたらいいんでしょう?」
原村和 「おぉー!
ちょっと時間あったらちょこちょこ読んでみますね…w
面白そうな読み物を紹介してくださって、ありがとうございます! >やる夫さん」
ヴェーラー 「あ、原村さんはボクの為に働いてくださいおなしゃーっす!(クズ」
シャックス 「+の感情を示すことは良いことなんだよだよっ」
秦こころ 「それと、萌狼のフレーバーに合わせて励ましてもらったのはすごくセンスが良かったと思う。ポエット。」
原村和 「対応の差が!?(ガーン
うぅ…働きますけど…w >ヴェーラーさん」
謎のヒロインXX 「それじゃあ私はお正月イベントに走りますので!
みなさんお疲れ様でした! 良いお年を!」
ヴェーラー 「でも来てくれて助かったw>満月さん
ありがとー
組んだの久しぶりだっけ?


っていうかこころとは前も組んだねwwww」
シャックス 「初手でらむらむ吊すしかないよねないよね」
クマー 「お疲れ様でした
又どこかの村で会いましょう
落ちます」
ヴェーラー 「ボクは結構、こういう空中戦をする数少ない方だけど
こういうのは「やろう」ってみんなが思わないとできないからね
言ってくれると助かるよ

ゆんゆんもいたら絶対に「悪巧みしようぜ」からスタートしてた自信はあるね!」
原村和 「組むのは結構お久々だと思いますね…w
結構別陣営とか、まず同村できないパターンとかが多かった気がします…w >黒曜さん」
パチュリー 「まあ狼は悪巧みするものよ」
シャックス 「あと2文字繰り返しの渾名で呼ぶんだけどこれが多分伝わらないよねって思った思った」
秦こころ 「うむ?一緒だったか…?>ヴェーラー」
ヴェーラー 「そうそう。悪巧みしてさ
負けたら」
カニ 「んじゃまおつおっつー」
ヴェーラー 「笑って、ごまかすのさ。人狼ってのはね

.  /        )ヽ i         /
. レ´   ,イノ/ 丿ノ人イ〈     /   が  あ  ど
  イ  从/ ハ´ こニ二二ゝ、   /
 彳  ィ二ニr    ====  ヽ  /    っ   て  う
  ヽ  { ィf云     ` ̄´ 、丿i {
 !  〉. `Yノ ̄        ゝ-'し',    か  が   だ
 し'ゝ  く  _, -‐ ′ y     レ>
  レ〈  1`ー   _ノ      ノ    り  .は
 (;;;))ZZZzzzz7´   ,      |
    \ i    /⌒´     /i     .し  ず
    ヽノ ヾ  ̄      _/:::. l
     >-|       /;;;:::   _',    た   れ
        >-z_ィ ´;;;;::::'  /;::::ヽ
            \    /::,':::::::::::::>、 か   て
             ト-‐':::::::,':::::::::/:::::\
              ',::::::::::::::::::_ノ::::::::::::::::ゝ _,
               |:::::::y' ̄::::::::::::::::::::::::ソ:::::::`ーz___,>-‐'
              /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /::,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-‐'´ ̄
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::/」
秦こころ 「うむむ、鮮魚連盟さんと一緒だったログはないが…
他の人と勘違いしているのでは?私のHNは一文字だからな」
シャックス 「珍しく妖精希望とかしちゃったしちゃった>ヴェラヴェラ」
秦こころ 「間違いやすいかもしれないぞ。AAとか、いそうじゃないか?」
シャックス 「リースさんだよだよ」
原村和 「ではでは!名残惜しいですけど
時間が…明日は朝から初詣と一緒に買い物がありまして…落ちます!

一緒に遊んだ皆さん
村立てしてくださった仮GMさん
鯖管さんに感謝です!

今回の騙り、とっても楽しかったです!
また楽しく遊びましょー♪
ってことで、お疲れさまでした!」
秦こころ 「なんと」
原村和 「この方は名前をいっぱい持っていますのでお気をつけて…(ガタガタ >こころさん」
秦こころ 「なるほど、前のHNCN村か……
あの村はすまなかった。LW役を貰ったが吊られてしまった」
パチュリー 「この人はくるくるHN変えて集計担当を困らせるのよ>こころ」
シャックス 「こんなスーパー前衛PLが3人も4人も居たらすっごく怖くないない?」
秦こころ 「ああ、なるほど。満月さんの手作業とはそういう…」
ヴェーラー 「最初はこころにLWやってもらって私が暴れるかぁだったけど
萌狼って聞いたから、占い抜きプランかな?と思って

あの発言から内容聞いて「命BETするには十分か」に変更」
シャックス 「あたしは全部できるできるオールラウンダー!!」
パチュリー 「「なんかリースさんっぽいけど酉違うから別人ですよね?」
「あ、ごめんそれ酉間違えたけど俺」」
ヴェーラー 「原村が来て占い任せて
ヒロインとのパンダができたから、そこを憑狼疑いで混乱させながら
指揮系統をド混乱させてのロラでなし崩し終了路線

っていうのが私のプラン」
秦こころ 「…大変そうだな>パチュリー」
パチュリー 「実際大変だったらしいわよ>こころ」
ヴェーラー 「こころパンダにしたのは、混乱させるのともう一つ
「憑依疑いを作る事で、最終的にカニの指揮権を奪い取る」

なし崩しのままロラさせる。それがボクの狙い
内訳的に、ロラ完遂したら勝ちなんだからさ」
ヴェーラー 「そう褒めるなよ>パチュリー」
ヴェーラー 「いや、本当満月さんごめんね……
1000戦手で開いて見るの本当にやってくれると思わなかったんだ……」
秦こころ 「(褒めてないと思う…!)」
シャックス 「憑依疑いは流石にないかなないかな」
パチュリー 「褒める要素なんかあったかしら」
秦こころ 「勢いというのは大事だ。私もよく勢いでわけわからんことになる」
シャックス 「ただあたし的にはらむらむ真で人形2吊って終わらないってなっちゃうなっちゃう」
ヴェーラー 「無くて良いんだよ>シャックス
一瞬話題奪ったろ?それで8割成功
なし崩しにロラできりゃ良いのさ」
シャックス 「となるとパチュパチュ吊って赤帯フィニッシュなんだよねっ」
パチュリー 「ヒロインXX吊れたところまでは信用取れてた、という話になる」
ヴェーラー 「ていうかボクも本来は潜伏の方なんだよ!
誰も!前に!出ないから!
占いせざるを得ないだけで!!!!!」
シャックス 「実際実際あたしもう負けたと思ってたしっ>5朝>ヴェラヴェラ」
シャックス 「◇シャックス 「人形2Wのパチュパチュ木っ端天狗濃厚かなかな?
朝が来てても大体勝てないと思う思う!」」
パチュリー 「騙らないだけで動きとしてはもろ前衛だと思うわ。前に出て殴るし>ヴェーラー」
シャックス 「これ4昼天狗倒し指摘通ってたら負けてたんだよねだよね」
秦こころ 「原村の存在が、結果的にジョーカーになってくれたんだな」
ヴェーラー 「占い苦手なんだよねぇ
どうしても趣味走るし」
ヴェーラー 「趣味走ると負けるんだけどさぁ
せっかく狼になったんだよ?
派手にやりたいじゃん」
パチュリー 「まあそれこそ大声でそこ天狗倒しついてる!
って指摘すれば吊れたかもね」
秦こころ 「今回は楽しかったし、分からなくはない…かもしれん>派手にやりたい」
パチュリー 「それがなくても単にロラ路線で私か原村か、であり
人形ライン●が心証悪かったかなと」
シャックス 「真占いがいないのは酷い酷い~」
ヴェーラー 「だね。ちょっと無理矢理だったね。反省
いらない手をしてしまった>パチュリー」
シャックス 「ちょっと真面目なことを言うと」
シャックス 「脳が溶けていっている感覚がする>シャックスRP」
パチュリー 「まあやる夫●出すのもどうか、ではあるけど>ヴェーラー
(そこ●だすとシャックス狼路線なので)」
シャックス 「てへっ」
秦こころ 「それは…まずい…」
ヴェーラー 「ボクがやると最終的に」
シャックス 「でもあたしほら、RPも結構出来る方だからだから」
ヴェーラー 「「やるやるがウザったいから首吊りだねっ!」
「は???」

みたいになるね」
ヴェーラー 「RPしたら推理できないんだよなぁ(多分毎回モロバレ」
シャックス 「こーいうのだってやっちゃうやっちゃう!」
パチュリー 「口が悪いキャラだとしても暴言にならない程度の表現を選ばないとやりづらい。お互いに」
秦こころ 「あと、萌えた後に「後は分かるな?」って決めたじゃないか
実はあの時内心ちょっとパニクってたんだぞ。ヴェーラーが引き分け指示出してくれて助かった」
ヴェーラー 「狙いは良かったんだけど萌えがなぁ
笑って誤魔化せたのは悪くないんだけどさ」
シャックス 「実際実際萌えてないならパチュパチュ吊ってフィニッシュだよねっ!」
ヴェーラー 「フォローするのがボクの役目だし?
笑った後、ごまかすのさ」
パチュリー 「流石にこころ○出してそこ萌えると 天狗だよ! そうだよ天狗倒しついてるよ!
吊れよ! しか言えなくなる」
秦こころ 「これは果たしてこころのRPなのか。我々はこんなキャラだったか…?(二度目)
まあ、暴言をあまり使わないように意識はしている」
シャックス 「すっごい原作から離れてても」
ヴェーラー 「正直、本気で笑ったよねw>こころが萌える」
シャックス 「こういうオリジナルキャラなんです!って言い張っちゃう手はあるよあるよ!」
ヴェーラー 「2夜に言われた時「今更!?」って思ったけどwwwwww
それでもまぁやるといったいじょうどうにかは出来るようにはしてたからw」
秦こころ 「ドキッともしたけどな>萌え」
パチュリー 「原作とは違うけどボクっ娘ばらしーかわいいじゃない」
パチュリー 「そういうことよ」
秦こころ 「いやその、舞い上がって忘れてたんだ…夜遅いし…!」
ヴェーラー 「希望厨ウィンは可愛いと思うんだ
やっていいぞ(良いぞ」
ヴェーラー 「めっちゃ疲れるけど」
パチュリー 「アルスと小傘は中の人からお墨付きもらった」
ヴェーラー 「あんなおずおず言われたらやるしか無いでしょwwwwwwwww」
秦こころ 「希望厨は…苦手だな…
というか、感情表現が激しいRPは苦手だ。自分で見直すと、ちょっと淡々としすぎてやいないか不安になる」
シャックス 「これやりたいと思うって言われたときに色々確認してゴーサインを出すのがあたしたちの役目役目っ!」
ヴェーラー 「まぁ、こころとボクを吊るなら吊るで
原村が最終日にパチュリーとのランで勝てばいいから
というのも正直あった>こころ黒投げ

どっちかっていうと、そっちが本線」
パチュリー 「RPはそこまで推理に影響しないかしらね……私個人の場合だけど」
ヴェーラー 「色々考えて、ラインとかの組み立てはいっつもやってんだけど
いっつも負ける
悔しぃ!!!!!!」
パチュリー 「影響しそうなRPはしない、というのはある」
パチュリー 「アタランテあいつ悪属性か
でもどっちみちモリアーティと噛み合わないしなぁ。Qサポだし」
秦こころ 「2wだから無茶だとはちょっぴり思ってたんだ。
でも思いついたなら言いたいじゃないか、そしたら相方がやる気を出してくれて嬉しかったんだ。
そしたら遺言が萌えるんだもの、一気に冷水を掛けられたようになったよ…だからヴェーラーの言葉は割と救いだった」
シャックス 「ものすごく無茶なときは流石にやめといた方が良くない?って言うけど~
やってみたいって言われたときはそれが既にモチベになってるからから」
ヴェーラー 「で、えーとHNだっけ?
リース 翡翠 空澄姫 空澄姫黒曜 琥珀翡翠 リーシェレット 鮮魚連盟 夜天 
アリス同盟会長 チルル 黒姫 愉悦公

こんくらいだっけ?」
秦こころ 「待ってくれ。HNとはそんなに複数作るものだっただろうか?」
パチュリー 「アンバージェードがない」
シャックス 「あたしは複数って言うか渾名があるくらいかなかな?」
ヴェーラー 「そだそだ>アンバージェード」
パチュリー 「なんで私のほうが把握してんのよ」
ヴェーラー 「大体、鮮魚連盟か空澄姫かリースかアンバージェード使ってる」
秦こころ 「あだ名?」
シャックス 「ゆんゆん!」
ヴェーラー 「パッチェさん!僕ら友達でしょう!>パッチェさん!」
ヴェーラー 「ボク、エノクさんの前のHN覚えてないけど!!!!!!!!」
秦こころ 「ああ、ゆんゆんか。それは分かるぞー」
パチュリー 「dddよ」
パチュリー 「この前IFVさんに「え、エノク語さんってdddさんだったの!?」って言われた」
ヴェーラー 「まぁ、原村来たから「じゃあそれでいっか~」だったけど
正直来てなかったら「どする~~~????」 にしてたwwwww」
ヴェーラー 「あー、そうだ ダンジョンダイスデンジャラスさんだ(ぼくのなかでのこしょう」
シャックス 「アルファベットHNだと結構読み方に困る人もいるみたいだけど
基本的にはそのまま読みを推奨してるしてるっ!」
ヴェーラー 「いやまぁ、その場合は萌え占いマニアに変更してたけどw」
秦こころ 「そうしたらきっと私は「…どうしよう」と返していたなw」
秦こころ 「いや笑い事じゃないな。だが笑おう(新年だ)」
ヴェーラー 「自分の分だけ準備してて
もし萌えたら「オーケー撤回!萌え占いCO!」くらいはあがいた
通るかどうかとか知らないけどw」
パチュリー 「~新年初笑いは鍋に捧げよ~(サブタイ)」
ヴェーラー 「まー、でも」
ヴェーラー 「最終鍋も最初の鍋も
楽しかったから良いかなってw」
秦こころ 「ヴェーラーが芝居に乗ってくれた占いCOを装うのか。
それは……レアケース過ぎて想像できんな…」
やる夫
| |
| |  ______
| | /  ⌒  ⌒\
| |_  (≡ ) (≡ ) \
| |_)::::: (__人__):::::::::|
| |(⌒ヽ  ` ⌒´   ノ
| |:::ヽ  、      <
| |:::  ヽ __    ノ」
秦こころ 「まあ、ゲームというのは楽しむものだ。
何事も楽しまなければ作業になり、そのうち重みになってしまう」
ヴェーラー 「ちーっす」
秦こころ 「…おや、やる夫。いたのか」
シャックス 「去年は狼勝率35だったから今年は40目指しますっ!!」
シャックス 「尚村陣営勝率ですっ!!あたし村弱くない弱くない?」
パチュリー 「勝率とか数えてないわね」
シャックス 「※村陣営勝率15」
やる夫 「(あ、お構いなく)
フヒヒヒ…」
秦こころ 「勝率は数えていないな…
まあ、たまに自分の過去ログは見返すが」
ヴェーラー 「数えられなくなってから数えてないけど
多分全体で3割弱くらいじゃないかな~?」
秦こころ 「ああ、それとアルファベットHNだが。
私は深く考えてないのでエーでもエイでもなんでもいいぞ」
シャックス 「狼陣営のねー自分が頑張った村ってやっぱり凄く凄く愛おしいんだよねだよね」
ヴェーラー 「こう私も半引退みたいなロートルだけど
それでも「この人はやっぱり強いわ」って言われたい欲望はある」
ヴェーラー 「アッシュさんって心の中では読んでる>こころ」
秦こころ 「もしかしたらアかしれんな
それは分かる。多分この村は見返す度ににやにやできるだろうな>シャックス」
ヴェーラー 「一番私ができた村は
古狼でLWまで残って探偵村でPPした村かなぁ」
秦こころ 「それもまた読みの一つだ…(てきとう)>アッシュ」
シャックス 「あの村ももう4年前だよだよっ!」
ヴェーラー 「4年前かぁw」
パチュリー 「真紅で鍋やってたログも漁ってたら懐かしい村をみつけて
ああ、こんな村もあったなぁって感慨に浸ったわね」
ヴェーラー 「ていうかAさんって結構最近の人だよなぁ……(そう思うのが年とった証」
シャックス 「去年はLW勝利も4,5回出来たし占い騙り生存勝利もできたからやっぱりそーいうのは続けていきたいいきたい!」
ヴェーラー 「まぁ、でも
インパクトには残ったかな?ボクの事も」
秦こころ 「時の重みというものだな>4年前」
やる夫 「ロートル?(ププッ」
シャックス 「新人さんは思いっきりわしゃわしゃするするっ!」
ヴェーラー 「ゲームを自分で組み立てて、支配して
勝てた時は本当に「見やがれ!!!!勝ったぞ!!!」って言える」
秦こころ 「私は最近来たが。実は闇鍋自体は割と昔に知っていたんだ
かなり昔だな」
やる夫

       / ̄ ̄ ̄ ̄`           このやる夫が最前線にいる以上!
       /            \
     /         /__    ヽ       誰もロートルなんざ言わせねぇお!
.    / __  /,ィf炒ノ     i
..   | ´ __     ̄        |
    |    ̄   (____) _,人__ │
    |     (_,ノ__/ `Y´   /
    ヽ     ー一'    /
...    \__  ー一'´ ̄ \
.      __  /            ヽ
  / ̄`V /  /
  |     {__ /   /         i
  |       ̄ ̄     /    |
.   \___        /        |
       `丁=―一'           |
.         |             |」
パチュリー 「リプレイ全盛期ぐらいに入ってきてリプレイに出られるぐらい活躍したいなーって思ってた時期もあった」
ヴェーラー 「そんな村をねぇ。作れてるかはわかんない。でもまぁ
「流石だわ」とか言われたいっていう欲望はある」
シャックス 「14年2月だからもうすぐ5年だねだね
http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=1873&db_no=2&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
秦こころ 「おおー、わしゃわしゃか。前もしてもらったな、懐かしい…これも時の重みか…(軽い)」
パチュリー 「リプレイに出ることがあっても基本端役である。未だに」
パチュリー 「まあやる夫より後だからロートル名乗るのもおこがましいってのはある」
秦こころ 「おお、ノリノリだな、黒曜さん…」
シャックス 「あたしも結構ベテランだけど今残ってるのこころ以外みーんな先輩だもんねっ」
秦こころ 「◇因幡鈴仙 [古狼] (空澄姫黒曜◇z1XhdJ.lxM) 「いい子だ。お前は良く村を「扇動」してくれた

「とても素敵で」「とてもCOOLで」「とても狂ってる」
最高の下僕にして部下よ、貴方は!」


(か、かっこいい……)」
やる夫 「今もなおフレッシュネスで初心を忘れないやる夫を見習うといいお…!(ドヤァ」
ヴェーラー 「エノクさんが、ボクの先輩だっけか」
やる夫 「あ、死化粧師って初めてやったお」
秦こころ 「役職名も絡めているのがまた良いな。ポエット。」
パチュリー 「占い2に魂までいて門番完備してるのに古狼が最終日まで残ってんのやばいわね」
シャックス 「この村はあたしにとってのトラウマ村。
でも勝利者にとっては誇るべき村」
シャックス 「だからこそ、次こそは見返してやるって思えるんだよねだよねっ!」
秦こころ 「私が別名義だったらUGさんはグレてしまうほどらしいからな。
闇鍋の参加者はそこまで多くないのやもしれん…」
パチュリー 「流石に私のほうが後のはず>ヴェーラー」
シャックス 「初心者だと思って愛でてた子が実はベテランの○○でしたって言うのはすっごく怖いよ怖いよ?」
シャックス 「あたし的には大丈夫だと思って愛でてるんだけどだけど~」
ヴェーラー 「昔は22人普通に立っててね
まぁ、人が増えると嬉しいし
だからこそ、楽しんで欲しいし

村で強い口調使っても、最後は笑い会えるようにしたい
っていうのはあるからね」
パチュリー 「村が終わったらノーサイド、は鉄則」
パチュリー 「最近はまた人はそこそこいる感じ」
秦こころ 「さっきの村はなんというか…苦味を残さない格好良さだった、うん。
自分の勝利を高らかに宣言していたが、少しも嫌味さは感じられなかったよ」
秦こころ 「あ、ログのことだぞ」
ヴェーラー 「個人的な感覚なんだけどさ」
ヴェーラー 「勝ったなら、喜べば良いんだよ
「やったぞ!俺はやったぞ!」って
そう言えるヤツが勝者なんだよ」
シャックス 「この時は敵わないなぁって思ったんだけど。
それからあたしも狼希望いっぱいしたよねっ!」
ヴェーラー 「そういい切れるくらいできたら。楽しいじゃん
「騙される方が悪い」とか霊界で言ってさ「○○とかありえない」とか
まぁ、霊界視点ならあるんだろうけどさ」
秦こころ 「そうだな。昔は毎日鍋が立って、他刺しも普通で…うっ、恋人にはトラウマが」
シャックス 「狼やってるとどんどん自分の動き方が分かってくる。勝てる。楽しい!」
ヴェーラー 「でもね。そこをね「俺は騙しきったんだ!」って宣言されるほうが
「そだね!負けたわ!」って
素直にシャッポを脱げる
大事じゃないかな?これ」
パチュリー 「流石に裏鍋まで立って44人で鍋回してた頃ほどではないけど
全盛期と比べてもね……」
シャックス 「村陣営で負けちゃうとね~あたし結構濁るんだ~」
秦こころ 「そうだな。相手をマイナスにして侮るよりも、自分のプラスを誇示したほうが、すかっとするだろう。たぶん。」
シャックス 「だからやっぱり狼が好き。
何が足りなかったか、何をすれば良かったか、が分かるから」
パチュリー 「私はどうして負けた? 何か変えられる点はなかったか? って考えるのも好きだけど」
ヴェーラー 「まー、でも
また増えてくれるならまたボクも時々は来るさ」
パチュリー 「勝ちは勝ちなのだからそこは称賛するものよ」
ヴェーラー 「楽しいからね。ゲームは
こうやって色々話す事も含めてさ」
秦こころ 「ああ、やはり楽しいのが一番だ」
シャックス 「初心者村とか検討会が1番楽しい説あるよあるよ?」
ヴェーラー 「それに、ボクは19人村で、村3で勝った事もあるから
配役で勝ち負けは考えないってのもあるね

19人で村3で占い引いた時は焦ったwwwwwwwww」
秦こころ 「うん?>村3」
ヴェーラー 「ていうか裏鍋で仲間表記が見えない狼やった時も焦ったwwwwwwww
アレなぁwwwwwwwもうちょいで勝てたんだけどなぁwwwwww」
秦こころ 「不思議だ。こんな時間なのにもっと話したい」
秦こころ 「それはそうとうん?>村3」
シャックス 「これじゃなくて?
http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=1412&db_no=2&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
シャックス 「村3はちょっとあたしのデータにはないかなないかな」
パチュリー 「この後7時出社だ! って言ってんのに朝5時までダベってた村もあるから」
秦こころ 「おお、村陣営が5だ…ひどい…」
ヴェーラー 「5かw」
パチュリー 「リプレイにもなったやつね、それ」
ヴェーラー 「ゆんゆん!
アッシュさんに出せるボクが一番カッコいい村を頼む!」
シャックス 「実際実際非村が多すぎるとそれはそれで狼も進行が歪んじゃうんだよね」
ヴェーラー 「この村はボクが主役だったと思うw」
シャックス 「あたし的にはもう2つ出したけど~」
シャックス 「最近記憶が曖昧なんだよねだよね。昔ならもっとぱっと出せたと思うんだけど」
秦こころ 「凄いな、人外COが初日に出ているぞ」
パチュリー 「2000戦探偵したら前よりは活躍エピソード出せるのかしらね……」
シャックス 「【呪殺狙いで呪殺を出した】って村だとこれかなこれかな
http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=2176&db_no=3&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
ヴェーラー 「これも懐かしいなぁw」
秦こころ 「村の流れを握っている感じがするな。凄いぞ」
パチュリー 「天狐呪殺はあれ厄神のほうを褒めるべきでしょうし」
シャックス 「ヴェラヴェラの凄いとこはね。すっごく縋りたくなる語りで騙りなの」
シャックス 「救いを求めたくなっちゃうなっちゃう」
秦こころ 「この村でも憑依疑惑は村をかき乱していたからな…」
ヴェーラー 「えーとなんだっけ

銀狼で真占い則った村とかあったよね
騙りだとそれが最高のはず」
パチュリー 「ヒロインXXが狼だったから吊れなくなったイタチ噛んだんでしょ
って昼は言ったけど思いっきり狼の視点な気がする」
シャックス 「あたしの記憶にはあんまりないかなないかな?古LWより前?あと?」
ヴェーラー 「多分後」
ヴェーラー 「えーっと、何だっけなぁ
RPはヘカテーだった」
シャックス 「http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=2024&db_no=3&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on
恋憑狼」
ヴェーラー 「恋憑狼もやったなぁwwwwwww 懐かしいwwww」
ヴェーラー 「そういや、検索ってどうすんだっけ?」
シャックス 「その条件ならこれかなこれかな
http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=4792&db_no=5&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \      (ログを読めば読むほど役職の格差を感じる……)
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
ヴェーラー 「ああ、そうそうコレこれ」
ヴェーラー 「こういう、派手に勝てた村はよく覚えてるんだよなぁwwwwww」
シャックス 「やっぱりやっぱりあたしの見たことない村だった」
シャックス 「検索はーログを開いて、&name=○○」
シャックス 「http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?page=1&reverse=on&watch=off&name=UG/LW.2UG6vR&db_no=7」
シャックス 「あたしの入った村を検索したいならこんな感じ感じ」
秦こころ 「憑狼か…知っているぞ。使いこなせる気はしない」
秦こころ 「自分のログを調べるときは「SSUC」で調べているな。Aは1文字だからたくさん引っかかってしまう」
やる夫 「(おかしい…! やる夫が占い師で大活躍している村のログが…ない…!?)」
シャックス 「あたしは憑狼6回引いて4回憑依前に陰陽師に殺されてます!酷くない酷くない?」
ヴェーラー 「半角でミスってんのかな?

まぁ、これが私の村かなぁ>アッシュさん」
シャックス 「トリップ検索安定安定!」
ヴェーラー 「憑狼で恋人の時は完璧に近い動きできたしね
こう……アレよね
「このリースっての結構やるじゃない???」っていうね
言われたいよね」
秦こころ 「ううむ。どれもすごい動きだな(まだざっと見てるだけだけど)」
シャックス 「あたしの格好良い村はね!初心者村で去年5回くらい指揮狼勝利してるからよろしくね!」
やる夫 「むしろ憑狼引いたときにセットで陰陽師が出てくる辺りで日頃の行いを感じるお>シャックス
(ドンマイ、きっと運が悪かっただけだお…長くやってりゃそういうこともあるお?)」
パチュリー 「勝ってる村はあるはずだけど格好いい村って言われると……」
ヴェーラー 「憑狼は本当日頃の行い(まがお」
秦こころ 「古狼の相方を生かして恋勝利、というのは。
中々にできることではないと思うぞ、しかも小悪魔」
秦こころ 「ああ、そうか。もう2019年だから2018は去年なんだな」
やる夫 「勝つのは大事だけど、負けても自分で納得できりゃそれが一番だお
大事なのは納得できるかどうかじゃないかお?

ヴェーラーは理想が高いから並大抵の勝ち方じゃ満足でき無さそうだお…」
シャックス 「【納得は何よりも優先するぜっ!】」
シャックス 「良い言葉だよねだよね」
やる夫 「【でないとオレは『前』へ進めねぇッ!】」
秦こころ 「◇翠星石 [占] (空澄姫黒曜◇z1XhdJ.lxM)の独り言 「                    _, -‐ ‥ ‐-、
                 , ィ'´  __, ..... _   \ 、
                //,ィ':´: : : : : : : :l: `ヽ ヽ ヽ
             r‐' //: : /: : : : :/: :..l: : : :.`ヽ ヽ ヽ__
      , - ―‐ -‐‐ヽ /: : : : /__: : /: : l:∧: : : : : :ヽ ヽ  l
      /        ,':/: : : l: :/`ヽ:.//__ヾ_: :l: : : :l ヽ/           
    ヽ    ,..r‐--‐ l/l:.l: : :lイ示ミ、'´ l/    ∨: : /:l:ヽ `ヽ       __
      ヽー '  }___   l:..ト:!ヾ、::.ゞ-'  / ゞ=x/: /:/:/: : `ヽ  ` ー-‐‐ '´     ヽ    予定通りのパーフェクト、と
      ,xョ=='¨¨¨:::!__l:__ヾ  l、ヾ   _  -='-イ:/イ: : : : : ヽ`ヽ、    , -― '´     とでも言っときましょうかね?
   r彡'´::::::::::::r‐‐x、::::::::::ヽ! lへ  ´ `  ,.ィ':/: : : : : : : : : \  ̄ ̄
.  r彡'::::::::::::::::::::ゝ‐{ lヾ:::::::::::! '、: _:>--r ': : : : : : : : : : : : : : : : : \           割りかし子狐ならアウトでしたけど、親で良かった良かった
  巛::::::::::::::::::::::::::l::::`:{!:ヾ、:::::ヘ  ヽ `'=f´`ヽ: : : : : : : \: : : : : : : : : :\
  {{{:::::::::::::::::::::::::::l::::::::{!::::::::::::::{ヽ   ヽf{ミx、`ゝr‐‐-、__:.\: : : : : : : : : :\
  {{{{:::::::::::::::::::::::八__::::::::::::::::::r' }:ヽ   \ゞy`ゝ`ー、_:::_::::ヽ.\: : : : : : : : : :\
.  巛:::::::::::::::::::/   l`ヽ、__::ノ 〉 ヽ   \ヽ ` ー、_ ゝ-、!: :.\: : : : : : : : : :\
  ゞ{{::::::::::::::/     !: : : : :{ゝ ゝ  `ヽ、___`ヽ、  _r' _ノ}: : : : \: : : : : : : : : :
   ゞ}}::::::::::/     l: : : : :ヾミ〉 ノ     ゝ x ̄r、_,ィ _,ノ::_ヽ__: : : : : : : : : : : : :
   ヾ} ::/       !: :、: : : リゝゝ   _r-' y }f-'_r'´:::::::::::|ヾ}:‐‐':`ヽ、: : : : : : : : :
    ゞ′       、: : ヽ:.从ミゝ ゝ'_r-'´}三}: : :` ー‐‐-ゝイミx、:::::::::ヘ : : : : : : :
             ヾ: :./三三ミ、></三l}: : : : : : ; -‐'´ ヾx:::::::::∧ヽ: : : : :
              /:{三三三心_,ィ升三l}: : :_r'ヽ     __,.ィ{{{:::::::::::::ヽ\: : :
             /:}}ト、三三三x三三三}};;f´ ゝ ゝ__, ィ´:{{t:{{{:::::::::::::::::l  ヽ: :
            /:::::{{{::::::寸三彡'ヾ三三/::ヾヽ ',r-i: : : : :.ヾミx、::::::::::::::l   }:
              /:::::::{{{::::::::::寸/:::::::::ヾ三/::::::ヾ}}:`ヽイ : : : : : : : ヾミx::::::::::ト、 /:
          /:::::::::{{{:::::::::::::`′:::::::::::∨::::::::::::}}}::::::::::`ヽ、: : : : : :ヾミュ、: l: :./: :
」」
秦こころ 「恐ろしい風格だ…」
パチュリー 「村としては勝つには勝ったけど個人としては推理が間違っていたので納得できない
というのは割と最近」
やる夫 「良い人生とは死ぬ瞬間に納得できるかどうかである

なんていうくらいだお」
秦こころ 「現実は厳しいが、できるだけ納得していきたい、いい言葉だ…」
ヴェーラー 「だって……予定通りのパーフェクトだったし…」
シャックス 「共有で指定したら負けてたけどしなかったら村の力で狐吊って勝ったよ!ってこともあるある」
やる夫 「なんであの時、翠星石はやる夫を占ってねぇんだお…!
おかげで最後の最後でケアされちまったお!」
秦こころ 「普通の人はパーフェクトに狐を呪殺狙いで呪殺なんてできないと思う…」
ヴェーラー 「実際まぁ。こう
いつでもリプレイにされても「納得っ!」出来る村にしたいな、とは思って
組み立ててはいる」
シャックス 「○人外を占わないって言うのは技術だから結構難しい難しい」
ヴェーラー 「空気が違ったんだよね。あの時の羽入
絶対に狐っていう確信の元に占ってた」
秦こころ 「…ん?」
ヴェーラー 「最盛期って訳じゃないんだろうけど
一時期は本当にそれができた」
シャックス 「あたしのプランニングがすっごいはまった村も見せちゃう見せちゃう!
http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=4339&db_no=5&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
秦こころ 「…私は占いをしたことがない……?」
やる夫 「6日目
やる夫占い
ま、噛まれているんじゃないかな?


翠星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
(翠星石 は人狼の餌食になったようです)


デスヨネー」
秦こころ 「ああ、まて、一度少人数であったな。すぐ引き分けたけど」
やる夫 「…ん?」
やる夫 「(やる夫も闇鍋で占い師をしたことが…ない…?)」
シャックス 「びりびりびりびり>やるやる」
秦こころ 「(嘘をついている気配がする…)」
やる夫
       ∧∧//∧∧
     <´ ____ `>
    <´ // ̄ ̄\\ `>
   <´//, '⌒ l.r‐-、.ヽ\ `>
  <´/;;/ (;;;;;;;;;八;;;;;;;;;) ヽ;;\`>
 <´|;;;;(   ー-'  `ー-'  ノ;;;;;| `>
 <´ \;;;;;ー┐ (_八_)┌-';;;;/  `>
 <´ /`;;;;;;;`ー┐┌┘;;;;;;;;\  `>
<´ /;;;;.-======| |=====-;;;;;\`>
<´(__/l;;;;;-====| |=====- |丶、__)`>
 <´   |;;;;;;;;;;-==| |==-;;;;;;;;;.|  `>
 <   | / ̄三__三 ̄\ | `>   |
 <´  \\//\;;\// `>
  <´  ノ;;;;;/   .  !;;;;;ヽ  `>
      └‐ '´      `-┘」
やる夫 「ふぅ…致命傷ですんだお…


いや、だって! さっきログを検索したら無かったし!」
ヴェーラー 「霊能ごと吊るしてる。やるねぇ」
やる夫 「そもそも、そういうシャックスはあるのかお!? 占い師のやる夫を見た記憶が!」
やる夫 「ないはずだお! つまり、これはまだやる夫の歴史に記念するべき1ページが欠けているということだお…!
なんということ…!」
やる夫 「…しゃーねぇお。なら、今年の目標は早くも決まったも同然」
ヴェーラー 「そういやほとんど見ないね。森の人の占い
いや、見ない訳じゃないんだけど」
ヴェーラー 「っていうか、希望で占い入れてないじゃん……」
パチュリー 「占い騙りのほうが印象が強すぎて占い引いてた記憶はあんまりない。実際」
やる夫
      ____       今年こそは 【 探 偵 勝 利 】 をパーフェクトに決めるやる夫の姿を見せてやるお…!
   //   \\
  /( ●)  (●) \
/::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
|     'ー三-'     |
\              /」
秦こころ 「ふむ、なるほど…>プランニング」
シャックス 「http://alicegame.xsrv.jp/hina/old_log.php?room_no=2379&db_no=3&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
シャックス 「確かにあんまりないと言えばないかも」
秦こころ 「雛と紫で冥狼噛みを偽装する、というのは中々に思いつかないな。奇策だ」
やる夫
     ____
   /      \
  /  ─    ─\       ……>シャックス
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
やる夫 「あんまりやる夫目立ってなくない?>シャックス」
シャックス 「こーいう奇策って言うのはね、周りにさっと納得と理解が必要なんだよねだよね。
だから夜が来た時点でどうするかをすぐに伝えるのが大事大事」
秦こころ 「その上でマニアの鵺騙りでもう片方を指揮役位置に置く、と。
マニアを占いたくなった村だな。うん。」
秦こころ 「読んでてマニアを信じられなくなる…」
シャックス 「占いのやるやるって条件だけだもん!」
ヴェーラー 「そゆこと
説得力は「誰がどれだけ主張してるか」だからね
だから狼達が「これはこうでしょ!」って同じこと主張したら
多数派にもなるしね」
やる夫 「無いなら作ればいいだろう!?>シャックス」
秦こころ 「(ログを作る…?)」
シャックス 「表にでたから村ってことは全然ないってことはこの村でも分かるよねよねっ!」
パチュリー 「それっぽさは大事」
秦こころ 「なるほど、次の希望鍋でやる夫は占い希望をするんだな。」
やる夫 「えっ>こころ」
パチュリー 「狼希望すれば狼か占いになるわよ」
シャックス 「ログ探してるけどやるやる大体狼狼」
やる夫 「狼を希望して狼以外を引いたことがほとんどねぇお! 騙されるかお!」
シャックス 「狼希望して狼以外を引いたことは0だよっ!」
ヴェーラー 「狼希望して狼以外引いたことはねぇ!!!!!」
秦こころ 「狼を希望したことはあまりない」
やる夫 「やる夫はあるお!
狂人村で狼を希望して村人を引かされたことが!!!」
やる夫 「(´;ω;`)」
ヴェーラー 「そう言えば、本当
エノクさんが「活躍した!」って村、あんまり思いつかないよね……」
シャックス 「うわぁ4時半だっ」
パチュリー 「勝つけど、活躍はしないからね」
ヴェーラー 「大体こう……重要なとこにいるけど、重要なとこにいる
こう……しいて言うなら……戦隊モノのブラック…」
シャックス 「それじゃみんなみんなお疲れ様っ!
今年もいっぱいいっぱい遊ぼうねっ!」
秦こころ 「おや、もう4時半か。少しも眠くないぞー(ふらふら)」
やる夫 「パチュリーは敵としてはすっごく嫌なライバルポジションで
味方としてはすっごく頼れる師匠ポジだからいいんだお」
ヴェーラー 「流石に落ちるか
みんな、今年もよろしくね。
楽しく遊ぼうね」
ヴェーラー 「わかるわ>やる夫」
やる夫 「だから真っ先に占われたり噛まれたりする
そういうもんだお?」
秦こころ 「だが落ちよう。お疲れ様。新年初笑いは楽しかったな、ふふっ」
パチュリー 「お疲れ様」
やる夫 「やる夫も困ったもんだお…目立ちすぎていつも占われたり噛まれたりしちまうおー!
かーっ! 目立ちすぎるのも困ったもんだおー!」
やる夫 「(…あれ。もしかしてやる夫って闇鍋の占い師に不利な要因をことごとく満たしてる…)」
パチュリー 「脅威と見られて噛まれるのはいいんだけど
残ったほうが楽しいから困り物ね……」
やる夫 「……」
やる夫 「…変装の仕方、できない夫の奴に聞いて見るかお…」
パチュリー 「あまり目立たなすぎてもそれはそれでグレランで票をもらうので
存在感を出しつつ役職臭を消す、というのは難しい技術」
パチュリー 「それじゃ、お疲れ様
また遊びましょ」