←戻る
【雛番外】第171回やる夫たちの超闇鍋初心者村 [6668番地]
~隠者「居るよ……僕は居るよ……」~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeE:封憑村)[E]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 兎角GM
 (dummy_boy)
[雪女]
(死亡)
icon スライム
 (しらまき◆
E3TUsGjvd2)
[忍者]
(死亡)
icon 結月ゆかり
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[萌蝙蝠]
(死亡)
icon ドクオ
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[村人]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 茨木華扇
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[紫狼]
(死亡)
icon ぐだ子
 (レックー◆
REKvBDNwJY)
[星妖精]
(死亡)
icon 鷺沢文香
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[賢狼]
(死亡)
icon バーテンダー
 (ぬえもえΧ◆
NUEmoeSoio)
[精神感応者]
(死亡)
icon 鬼人正邪
 (A◆
SsUcTEdyrk)
[響狼]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ホロ
 (Mt-B◆
tyenGM1uBY)
[占い師]
(生存中)
icon 妖夢
 (一茶◆
kvGNvF08NE)
[雛狐]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 松井太郎
 (銀ゆり◆
YZ.4zkM0lA)
[餓狼]
(死亡)
icon 琴葉葵
 (holly◆
2j3fSTTP7o)
[人狼]
(死亡)
icon 稀神サグメ
 (Alsiel◆
Ds7rFuqjN2)
[イタコ]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[夢枕人]
[元奇術師]
(死亡)
icon ボルガっていう
 (www◆
6L6gEUOnIQ)
[夢守人]
(死亡)
icon ソロモン
 (Yuu◆
xl5ZLrRDQ6)
[霊能者]
(死亡)
icon いちばんぼし
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[おしら様]
(生存中)
icon 琴葉茜
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[門番]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 中野五月
 (Badwolves◆
k4794An/k.)
[益荒男]
[死の宣告]
(死亡)
icon アーチャー
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[蝙蝠]
[口寄せ]
[オシラ遊び]
(生存中)
icon 神風
 (あべべ◆
piryHPnRM6)
[交霊術師]
[オシラ遊び]
(死亡)
ゲーム開始:2019/03/19 (Tue) 21:35:46
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営6 妖狐陣営1 蝙蝠陣営3 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
兎角GM 「隠蔽中らしいな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
兎角GM 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
結月ゆかり 「もぉおおおおおおおおお
もーーーーーーー(オコ)」
兎角GM 「お疲れ様だ」
結月ゆかり 「やっぱりケア案件じゃないですか!!
ほら、ほらぁーーーー」
兎角GM 「俺に言われても関係ないし……」
結月ゆかり 「萌えじゃないの渡して下さいよ―
あと、蝉でもないの」
結月ゆかり 「予感はしてたんです!!」
結月ゆかり 「なんか、萌えそうだな―って」
結月ゆかり 「だからいつもより発言抑え目にしてたのに…」
結月ゆかり 「えぐえぐ」
兎角GM 「祈れ。さすれば道は開かれる」
結月ゆかり 「ささやき いのり えいしょう ねんじよ」
兎角GM 「1%を引いたのだから次は萌えないと考えよう」
結月ゆかり 「ふつーに暴露してきてるんで
即帰っても送りかえしされる未来しか見えないんですけどー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「1%引くならガチャで星5引かせてくださいよおおおおお
オルタニキとか孔明とかぁーーー」
兎角GM 「何回吊られるか賭けるか」
結月ゆかり 「ひぎぃーーー」
兎角GM 「俺も欲しいな……だが来なかった。来なかったんだ」
兎角GM 「ソロモン王も召喚で動物園(幻獣オーブ)を作ってるらしいぞ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「ニキ狙いで呼符1枚使用
結果ベディ来た」
兎角GM 「呼符で来たら煽りに使えてしまうじゃないか」
結月ゆかり 「玉藻とアルトリアなら来たよ」
兎角GM 「その呼符を奪う!!>ゆかり」
結月ゆかり 「だが断る」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
兎角GM 「お疲れ様」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
バーテンダー 「●ランはダメなんだがねえ
お疲れ様だよ」
結月ゆかり 「そもそも●貰いでCOしてませんよね?って」
バーテンダー 「あ、精神感応だよ。結果はお察し」
バーテンダー 「パンダだもの。COは要請されて初めてするものさ。
そこへ間際に●ランなんて指示が来るんだから」
結月ゆかり 「正直霊能2いて必ず1残るんで
吊って色見てねまでいえればじゃないんです?
精神感応ならば」
結月ゆかり 「あー、パンダでしたっけ?
霊界でぐだぐだしてたんで片方●までしかみてませんでした」
バーテンダー 「そもそも華扇はCCOにしても遅すぎる」
バーテンダー 「ホロの○だよ、それも一番にCOした、ね」
バーテンダー 「だがまあ、君の言う通り霊能ラインが居るなら悪くはないかネ?」
結月ゆかり 「個人的にアーチャー人外
でっていう真狩り
ホロ真あたりでホロ死んでるのは?という気も」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「でっていう?
あれ胸で護衛先選びましたよねとか思った」
結月ゆかり 「つまり、でっていうは所詮でっていうなのでは?」
バーテンダー 「否定はせんがやめたまえ!>所詮でっていう」
兎角GM 「胸で護衛先を選んだ……ガロードは豊満だった?」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「でも、でっていうですよ?
(でっていうへの駄目な方向への信頼)」
兎角GM 「お疲れ様」
妖夢 「私食べたのか?」
バーテンダー 「お疲れ様」
結月ゆかり 「ほーん…

お疲れ様です」
兎角GM 「怖い話かと思ったらそんな事は無かった」
妖夢 「何故に私食べたし」
バーテンダー 「んー、ひよこだろうと結果は書いておいてくれんかネ?>妖夢君」
バーテンダー 「雌雄の分かりにくいところの性別を当てられるなら、それが証明になるんだから」
妖夢 「蝙蝠じゃなかった では足りない?男とか女は重要じゃないと思ったのですが」
妖夢 「あー、なるほど。」
妖夢 「スライムは女でポルガは男でした」
結月ゆかり 「雛狐疑惑残ったりしますからね@結果残さない
破綻したくないんだと思われて」
妖夢 「以後気を付けます。」
バーテンダー 「はいはい。それじゃあ誰かしら下界に戻ったら確認させておくよ」
妖夢 「雛狐・・・?」
兎角GM 「ひよこ鑑定士は性別が分かる役職だろ?>妖夢
自分が把握した情報を公開しないという行為は
偽者だから結果を出さないんじゃないかという疑いを持たれる事がある」
結月ゆかり 「ここは私にまかせろー(バリバリー)」
バーテンダー 「まあ、この村じゃ確かに蝙蝠結果見つけられたら大きい仕事っていうのはあるからネ」
兎角GM 「雛狐はひよこ鑑定士の能力を持った子狐だな
70%で占いに成功し、30%で失敗する」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「雛狐 (占い結果:村人(呪殺無し) / 霊能結果:子狐) [Ver. 1.4.0 β8~]
[占い能力] 呪殺:無し / 憑依妨害:無し / 月兎:有効 / 呪い:無効
ひよこ鑑定士相当の能力を持つ子狐。」
妖夢 「へー、こういう狐が居るんですか(調べ足りない)」
バーテンダー 「ただそこで大きな落とし穴が一つ。
「蝙蝠結果が素直にそれを認めるとは限らない」ってネ」
結月ゆかり 「私は認めるんで、萌えてもつらないでくだしあ

なお、手遅れ」
妖夢 「まぁ、そこは他の人に投げます。」
バーテンダー 「というか妖夢君、ぶっちゃけ君まだ初心者枠で通用するよね?
開始前にそれとなく言ったが、入村後でもそういうのは言って良いと思うよ?」
中野五月 はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
バーテンダー 「ここまで決めつけておいて違ったら謝罪するが……」
結月ゆかり 「おつおつ」
妖夢 「闇だけなら多分10もやってないですよ」
中野五月 「あら隠蔽」
バーテンダー 「お疲れ様だ」
妖夢 「お疲れ様でした」
鷺沢文香 「……おや、隠蔽ですか」
兎角GM 「お疲れ様」
バーテンダー 「ふーん、ショック死自体は本物と」
中野五月 「なんか今更「なんで中野死んだの?」みたいな発言が出てそうなくらい場が混沌としている感じがしますが」
結月ゆかり 「とりあえず霊界まとめ―

蘇生
無し>無し>

妖夢のひよこ結果
スライムは女でポルガは男」
結月ゆかり 「ますらおぇ…」
中野五月 「灰噛んでるんですかねぇ狼
狐→私みたいな
でも妖夢さんは本当になんで死んだのやら」
妖夢 「何で中野死んだのですか?」
バーテンダー 「しかしやってくれたネ君はァ!>文香君
どっちかというとガロード君がギリギリに指示した所為だけどさァ!」
兎角GM 「隠蔽中だから中身については俺からはまだ言えないな……
まあ10以下なら村が建った後ならいつでも入れるぞ」
妖夢 「私が聞きたいわい。
なんか持ってると思われたのかな?」
結月ゆかり 「草wwwwwww
益荒男と言って昼の間は噛みを耐えますが投票時にショック死する役職ですよ>妖夢」
中野五月 「私は噛まれたら夜は死なずに昼まで耐えられるんですよ
その日の昼に宣告でショック死しますが>妖夢」
鷺沢文香 「……マニアラインが村でない以上その指示は宜なるかな、と」
バーテンダー 「本人が言うには「益荒男噛み」>妖夢君
簡単に言うと「噛まれてもすぐには死なないけどその日のうちにショック死する」役職だ」
妖夢 「・・・え、なんで私死んだんですか?」
結月ゆかり 「雪系なら誰かしら投票されること願ってダンマリはありますからねー…」
兎角GM 「中野は益荒男COしていたな
噛まれたという主張らしい。益荒男は噛まれると一度だけ耐えるんだが
その代わりその日の投票時間に死ぬ死の宣告を受ける
河童や仙人と言った、ショック死を助ける役職が居ると死の宣告によるショック死を防げて生き残る事ができる」
バーテンダー 「つまり五月君の主張は「君は噛まれて死んだわけじゃない」とも言っている事になる>妖夢君
その死因までは、まだ感知できないがネ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「ひよこも雛も呪詛無効なんでー
妖夢視点暗殺いるとか?」
バーテンダー 「尤も、益荒男噛み自体が嘘、というのもあるからネ?」
鷺沢文香 「……仮に中野さん噛みが真実だとするならば狩殺しや暗殺など、でしょうか」
結月ゆかり 「肝心な時に良無い役職
それがスパイ閻ー魔!!(誰だお前は)」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「あと、私マニアラインが蝙蝠保証してるんで蘇生率変わらない系とかなら蘇生してと!!」
中野五月 「配役隠蔽ですしなかなか伸びそうなゲームではあります」
結月ゆかり 「あああああああああ」
鬼人正邪 「っ」
バーテンダー 「お疲れ様だよ」
中野五月 「あら、終わりと」
妖夢 「おしら様かよ」
鬼人正邪 「……あー、私が噛むってきっちり言えば良かったな。
稀神サグメ 「お疲れ様...」
鷺沢文香 「悪くないですね>門番オシラ」
バーテンダー 「うん?ああ隠蔽はイタコか」
中野五月 「まあまあ悪いところにおしらついて草」
兎角GM 「お疲れ様だ」
稀神サグメ 「真面目になんでバーテンダー吊ったんだろうね?華扇吊り一択でしょとは...」
妖夢 「本当に嫌な当て方してくれましたね。
ピヨピヨしたかったのに・・・」
鷺沢文香 「……そうですね。私が噛む、と3夜も明言するべきではありました」
鬼人正邪 「ソロモン占い日記書いて、呪い主張できればなー、とは思ってたが。
まあ仕方ない、かなあ…お疲れ様。」
兎角GM 「隠蔽解除かな」
バーテンダー 「ん、かいじょされてるネ>GM」
中野五月 「でもおしらその前がいいとこ2連だった。しかたないね」
鷺沢文香 「……忍者いるんですか」
結月ゆかり 「そもそも蘇生がいなかった悲しみ」
妖夢 「改めて、ひよこ鑑定士でした」
兎角GM 「オシラ様は自覚できるよ>妖夢
多分今回は見逃したみたいだけど」
鬼人正邪 「忍者までいるからなー。やべえやべえ」
妖夢 「・・・え?」
鷺沢文香 「……ホロさん噛みは3夜通らなかった、と。
厳しいですね」
妖夢 「全く自覚してなかった」
結月ゆかり 「雛狐wwwww
サラッと>妖夢」
鬼人正邪 「うーん、今回といい前の村といい。
後悔が目立つな……」
鷺沢文香 「……ふむ。狐陣営、と書いてあったかと思いますよ」
兎角GM 「自分にオシラ遊びが付いたって左上に表示されるんだ
役職説明の近くだな。それで明日自分は死ぬんだなと自覚できる」
バーテンダー 「そりゃ狼がこぞって投票なぞすればか弱いアラフィフは死んじゃうよ、全く!>サグメ君」
稀神サグメ 「後妖夢結果は書いといた方が良い
スライム→ボルガと占ったと書いてあるけど結果が書いてない。」
妖夢 「だって、スライムの結果分からなかったんですもの!
ポルガ雄は本当ですけど。」
バーテンダー 「あーうん、隠蔽解除されてるから誤魔化さなくてもいいよ>妖夢君
君は雛狐、狐陣営の子狐だ」
鷺沢文香 「……雛狐ですからね。失敗はしますよ」
兎角GM 「失敗したんだろうな>妖夢
子狐系の能力は30%で失敗するからな……」
バーテンダー 「さっきも貼られてたと思うけど雛狐は失敗するときもあるからネ」
中野五月 「いいところで噛まれたようなので放心状態で天を見上げる作業に戻りますか」
妖夢 「一番知りたかったスライムで失敗しました。」
バーテンダー 「というかいい加減華扇君吊って良いと思うんだが……>下界の進行」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鬼人正邪 「傀儡COしてバーテンダー●・マニアライン偽orバーテンダー因幡主張とかできればな、と思ったけど。
思いついたのが4日目夜だからなー」
兎角GM 「子狐の時に失敗を正直に話すと「子狐だから失敗したんじゃ?」と疑われるので
適当に騙るのも手だぞ。スライムで失敗したからドクオ占った事にして男と出すとかな」
鷺沢文香 「……いずれにせよ信頼されている霊能が居る状況だと、ホロさんが生きている限り厳しいですね」
結月ゆかり 「何をするまでも無く爆死した私がここに>五月

珍しく、あ、萌えそう思って占い書いたのにこれですよ!!(プンスコ)」
鷺沢文香 「……下界視点、私が偽であろう、ということですね分かっているのは」
妖夢 「ドクオが雌だったらどうするんですか!私が爆笑しちゃいますよ!」
鬼人正邪 「うーむ。霊能がここまで厄介だったとは」
中野五月 「よかったじゃないですか、COができて……>ゆかり
無駄では、なかった」
鷺沢文香 「どちらが真であるかは、まだ霊能視点でも、決め手はないはず、です」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
バーテンダー 「強いよ霊能は。鍋でボロ雑巾の如く扱われるのは「保証がないから」それに尽きる」
松井太郎 「ちょっとこれひどすぎません?」
結月ゆかり 「やだーーー
萌えたくなかったですぅ―
こんなんじゃただのネタ要因にされちゃうじゃないですかー」
稀神サグメ 「初手マニア○はどうも偽に見える不具合」
バーテンダー 「お疲れさまだ」
兎角GM 「お疲れ様」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
鷺沢文香 「……霊能は厄介ではありません。【信頼される霊能】が厄介ですね」
妖夢 「お疲れ様でした」
松井太郎 「ありえんですよ!忍者いますよ!!」
稀神サグメ 「RP占いで占った先がマニアだったとかならまだしもね。」
鬼人正邪 「お疲れ様。うーん、コイツは最高に辛い」
稀神サグメ 「私は雄だぞ」
鷺沢文香 「……どこを占おうと同じかと思いますがね」
中野五月 「スライム護衛制限知らないのかわいいですね……」
兎角GM 「よし、無理にひよこ鑑定士になる必要はないな>妖夢
村人COや橋姫COでお茶を濁そう」
妖夢 「ほら!こういう事があるから!
・・・まぁ、結果を適当に騙るのは楽しいから好きですけど」
鬼人正邪 「なるほどね>文香
確かに信用される位置に騙りが大体潰されるってのは辛い」
バーテンダー 「あれなんでそこ護衛?と思ったが既にCOしてたネ
…まあ忍者が護衛してるのはご愛嬌、で」
鬼人正邪 「つまりだ。マニアラインに初手で●をぶつけるべきでは?(錯乱)」
鷺沢文香 「……まぁ、今日は仕方ないかと思います>鬼人さん
配役が、少し厳しい」
結月ゆかり 「制限知らないのは、鍋あるあるですからねー」
鬼人正邪 「なんだってこういう時に限って私は罠師になれないのかなぁ…()」
バーテンダー 「実際前やってたし刺さるときは強烈に刺さるネ>正邪君」
鷺沢文香 「……こういう配役で、勝つのもまた燃えるものです、がね」
鬼人正邪 「なるほどなー」
鷺沢文香 「……オシラを暴れさせれば勝てるのでは?」
松井太郎 「GMが雪女じゃなかったら結構いけたかもしれないんです?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
兎角GM 「暴れてくれるだろうか」
松井太郎 「あ~死んだ」
バーテンダー 「おしらが護衛系轢き潰してくれればまだ勝ち目はあったかもだネ>狼陣営
が、狼にも刺さってるし●も貰ってるし俄然厳しいのはある」
兎角GM 「俺は雪女だぜ?」
中野五月 「いいとこですねぇ」
結月ゆかり 「ドーンだYO!!」
鬼人正邪 「ああ、そうかおしら様。
暴れて…暴れて…くれるかなぁ。くれればいいけど」
鬼人正邪 「最近狩人多くね?気のせい?」
バーテンダー 「雪女は相互護衛を誘発しかねないから何とも、かな?」
松井太郎 「雪女無双いいじゃないですか~」
結月ゆかり 「これ、下手したら私以外の蝙蝠2友生存して勝利しませんかね?(オコ)」
バーテンダー 「前回夢だけだった気がするよ!?>狩人」
稀神サグメ 「呪術は得意です」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
琴葉茜 「オッツオッツ」
鷺沢文香 「……ふむ、初手2択外し、かつ灰噛み外し」
兎角GM 「お疲れ様だ」
鬼人正邪 「いや、こないだのN系さんの探偵鍋とか。」
結月ゆかり 「お疲れ様ー」
稀神サグメ 「あざとさアピールするから...>ゆかり」
バーテンダー 「お疲れ様だ」
ガロード 「お疲れ様」
琴葉茜 「忍者もいて草」
鬼人正邪 「お疲れ様ー。
いやーこれはしんどいしんどい、葵まで把握されたか」
結月ゆかり 「あざとくなんて無いですー
普通ですー!!>サグメ

あざといというかシャルくないですよね?私」
鬼人正邪 「つまり全露出。初手二択ミスが結構痛かった?」
琴葉茜 「うちバーテンダーが狩人COしたとおもっとったわ
新宿のアーチャーやし」
鷺沢文香 「……人外は死ぬときは対立軸投票の方が良いかと>死化粧結果」
バーテンダー 「ズルくない!?>雲外鏡結果連続」
松井太郎 「死化粧を警戒したかいがありました・・・」
鬼人正邪 「或いは最初からマニアラインをぶっ殺す勢いで●をぶち込むべきだったか。
まあ、この辺は大分もしもの話になっちゃうけど」
中野五月 「じよわあwwwwww」
鬼人正邪 「…うわぁ>雲外鏡連続」
鷺沢文香 「……初手を挽回できない陣営数ではありましたね
2夜3夜で霊能噛みを通す方が必要はあった、でしょうか」
兎角GM 「じよわあ」
妖夢 「雲外鏡って何?」
結月ゆかり 「魂の占い師の霊能番
吊った人の役職がわかります>妖夢」
鷺沢文香 「吊りの役職が見られますね」
中野五月 「雲外鏡は吊り死した人の役職がわかります」
稀神サグメ 「役職名がそのまま出る霊能」
バーテンダー 「んーでも2夜択成功しても私吊ったあとはさすがに鉄板入るでショ」
稀神サグメ 「例えば忍者なら忍者、占い師なら占い師と言った風に」
兎角GM 「魂の占い師の霊能者版だな
もう他の奴等が答えているが」
結月ゆかり 「いわゆる、まるっと全てお見通しさ!!ですね」
妖夢 「強い」
鷺沢文香 「……まぁ、物理的にどうしようもない、とまでは言いませんが。
最善手を選び続ける必要はあった、でしょうか」
バーテンダー 「あ。。。>ボルガってうがぐだ子護衛」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「霊能が鍋で弱いのは夢か真か分からないで判断に苦労する所だからねぇ」
兎角GM 「日記ガロードのままあ」
バーテンダー 「……悪は滅びる物だネ!!」
結月ゆかり 「狩人で雲外GJだしてから雲外無双ゲー始まった!!がありましたね
村表記に●吊り→聖女じゃないかwwwって成りました」
鷺沢文香 「……なんか狩人COした蝙蝠だけ勝ちそうですね」
バーテンダー 「強いようにみえるが、結局は霊能
保証されるか否か、さ。」
鬼人正邪 「滅びたくねーな。下剋上下剋上。まあ今回は無理だったけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
結月ゆかり 「でっていうが人類悪を焼却するかも?ですかねー」
松井太郎 「この配役での勝ち筋ってやっぱり占いが灰にいるうちに噛みぬきくらいですかね」
稀神サグメ 「せめて私の存在を知らせてほしかった(こなみ)」
松井太郎 「お疲れ様です~」
ガロード 「お疲れ様」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
鷺沢文香 「……霊能系で1番強いのは死化粧師、だと思いますね」
松井太郎 「ナイスいちばんぼし」
茨木華扇 「酷くないですかねこの陣営」
バーテンダー 「お疲れ様だ」
稀神サグメ 「お疲れ様」
兎角GM 「お疲れ様」
琴葉茜 「おしらそこ行くんか」
琴葉茜 「オッツオッツやでー」
結月ゆかり 「そうだそうだ―!!>華扇
GMに改善を要求する」
鬼人正邪 「お疲れ様。
いつかはこういう配役で勝ってみたいもんだ」
鷺沢文香 「……躊躇なく真占いの○を殺しに行きましたね、あのオシラ」
バーテンダー 「私のオススメは何と言っても密偵だよ!
推理……ああいやこう言うと癪だネ、計算のしがいがある!
ま、死ぬほど夜が短く感じるがネ!」
鬼人正邪 「怖っ」
鷺沢文香 「◇ホロ 「占いでありんす。 バーテンダー○ 茨木華扇● 神風○ スライム○ 琴葉葵●」
いちばんぼし は 神風 に狙いをつけました」
兎角GM 「完全ランダムなのが鍋だから仕方ない
次は有利陣営になれるさ」
バーテンダー 「というかもう暗殺する必要ないと思うんだがネ、一応は子狐も警戒してるのかな?」
鷺沢文香 「……ええ、どんな配役であれどもチャンスはあります」
琴葉茜 「まあ正邪妖夢で人外2落として
文香松井華仙で3w、LW見るんやったら って思ったけど葵露出すみやん」
妖夢 「狐なんていませんよ?」
兎角GM 「狼の噛みはソロモンが良いだろうな
華扇●が出るのは完全に詰む。今でも十分厳しいが……」
松井太郎 「ここでソロモン噛めれば・・・だよなぁ」
鷺沢文香 「……基本的にはあの出方をした真は強いですよ>3昼」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
茨木華扇 「神風の結果が精神でると助かるんですけど」
琴葉茜 「さりげなく死ぬぐだ子」
鬼人正邪 「まあな。不意打ちだし5日目前が強いってのはこの前教えてもらった」
結月ゆかり 「オイデオイデ、コッチニオイデ」
茨木華扇 「狩人がいるってことが発覚した村だとだいぶつらいです。>あの出方」
ガロード 「ぐだ子はガチャを溶かして星になったもう居ない」
結月ゆかり 「沼にこいよおおおおお」
バーテンダー 「にゃーん!
ひ よ こ 霊 能」
琴葉茜 「普通村で初日に占い師が出てくるんは確定で狩人がおる配役やからやしな」
鷺沢文香 「……狩人が居るならばグレラン死にいく必要性が、ありませんので」
鬼人正邪 「…つまりだ。罠師or狡狼であの出方をすれば狩人を抹殺できる…?」
バーテンダー 「ちなみにああいう出方、狂人からしても辛いんだよネ!>3日目COの真」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
兎角GM 「お疲れ様」
結月ゆかり 「おつおつ」
ぐだ子 「おつかれさまー」
琴葉茜 「早いCOだと狂アピに失敗する可能性が高いですしね」
ドクオ 「お疲れ」
琴葉茜 「お疲れ様でした」
ドクオ 「草>アーチャー蝙蝠」
松井太郎 「でも、アーチャーさんが真狩人ならさほどでもなかったと思うんですよね。
順番に噛みぬけますから。何で朝すぐに出なかったのか気になります。」
兎角GM 「三死体は凄いな」
バーテンダー 「あるネ>正邪
ただこの前よりによってなぜかGJ出た途端忍者がCOしたりもしてネ……」
ソロモン 「死にすぎじゃないか?」
中野五月 「お疲れ様です」
鷺沢文香 「……まぁ、あとはアーチャーさんが勝つかどうか、でしょうか。
一応薄く筋はあります」
結月ゆかり 「沼へようこそ>ぐだ子」
茨木華扇 「そこで雛か精神引きましょう」
バーテンダー 「お疲れ様だ」
松井太郎 「お疲れ様です」
ぐだ子 「すごいねこれ…」
ガロード 「お疲れ様」
鬼人正邪 「お疲れ様。」
稀神サグメ 「ここにいるぞ!」
ぐだ子 「やだー!>ゆかり
村正がきそうで怖いのに沼は嫌だー!」
結月ゆかり 「もういないwww
テンポ遅いですよ」
稀神サグメ 「届かぬ声」
鬼人正邪 「マジかよ忍者最低だな>バーテンダー」
松井太郎 「イタコのほうが霊界にいるという皮肉」
ドクオ 「もしかして スライム護衛制限わからない」
結月ゆかり 「徳川ガチャ
埋蔵金にするためガチャ金置いてけ―、置いてけ―ですよ」
兎角GM 「チャーララー♪ チャラーララー♪」
鷺沢文香 「……分かってはいないと思いますよ」
松井太郎 「ソロモンさんに入れないでくださいよ・・・
僕は死化粧警戒してぐだ子さんに入れたのに・・・」
兎角GM 「知らないと知らないからな……護衛制限は」
ガロード 「だなー暗殺者や一部上位の能力者護衛出来ないの知らないみたいだ」
稀神サグメ 「つい最近になって葛の葉に護衛制限がある事を知りました...(小声)」
バーテンダー 「そもそもスライム君COもしてない……?」
結月ゆかり 「護衛制限は普通村にはないですからねー」
ソロモン 「しかし既述にとられると基本役職になるってのは忘れてたよ 今回はそれが良かったみたいだし」
結月ゆかり 「なかったらヤバいですよ@葛の葉に護衛制限」
ドクオ 「まあそこは初心者枠だししゃーないで」
兎角GM 「葛の葉を護衛できたら強過ぎるからな……」
茨木華扇 「外したところで人外だって言われる話なので、結局ホロに信用度が逝きます>松井
なら性別か精神でることを祈りますかね。」
バーテンダー 「いやまあしても証明しきれないのだが、というかソロモン君抜かせるのは初心者枠ならギリだが……」
松井太郎 「狩人難しいですよねぇ。僕は初心者時代しばらく全然理解してませんでした。」
結月ゆかり 「だからこその騎士、夜雀、山立!!
とおまけの老兵」
ソロモン 「一応スライム昼狐とかは可能性あるよな...?」
茨木華扇 「白だとしても子狐いますし」
稀神サグメ 「亡霊嬢と間違えるんだよね...」
松井太郎 「悲しいですね・・・・>茨木さん」
鷺沢文香 「……そうですね。私が死んだあとのことを言うならば。
松井さんは狩人COでも良かった、かと思います」
松井太郎 「あああ~~~」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「アーチャー「別に生き残っても構わんのだろ?」」
茨木華扇 「それですよね…>文香
すいません、こっちでそれお願いしておけばよかったです。」
兎角GM 「スライム~~」
松井太郎 「セーフ!!」
鷺沢文香 「……勝ちそうですね、蝙蝠。
不思議な話ですが」
結月ゆかり 「自害せよ、アーチャー!!」
ぐだ子 「とりあえず…スライムにCOさせてあげてもよかったような…」
松井太郎 「確かに、狩人日記書ければベストでしたね。
産土神日記も間に合わなかったのですが・・・」
松井太郎 「ワンちゃんありますよ!」
琴葉茜 「ケアするなら私と割れてなぜか放置されてるアーチャーだと思うんやけどなぁ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ソロモン 「蝙蝠って追加勝利になるのかな」
鬼人正邪 「まあ勝つ陣営が増えそうなのはめでたいことだ。私達が勝てないのは悲しいことだが」
稀神サグメ 「お疲れ様」
バーテンダー 「一応ボルガっていう獏はあるからオススメせんのだがネ>スライム君吊り」
ぐだ子 「お疲れ様です」
鬼人正邪 「お疲れ様。」
稀神サグメ 「忍者は護衛制限を突破できないから霊能かホロ護衛でええんやで。
夜雀とか騎士とか山立は護衛制限を突破できるぞ。
ちなみにおしら様は護衛制限だ。>スライム」
茨木華扇 「スライムはさっさとCOしておくべきだったんじゃないですかね…」
結月ゆかり 「そうだよねー、ケアするならアーチャー」
ソロモン 「お疲れ様。支援にいってくるよ」
琴葉茜 「オッツオッツやでー」
兎角GM 「アーチャーは実はソロモンGJでしたって撤回したから……>茜」
バーテンダー 「お疲れ様だ」
スライム 「お疲れさまー」
ドクオ 「お疲れ」
鷺沢文香 「……まぁ、アーチャーさんを残す意味は良く分かりませんね」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
兎角GM 「お疲れ様」
妖夢 「そもそも勝ちの目が全くない陣営も居ますしね」
結月ゆかり 「セヤナー>妖夢」
ぐだ子 「他に吊るす場所が多くて残ってしまったという感じ?」
琴葉茜 「不幸にも黒塗りのオシラ様に追突されてしまう。」
松井太郎 「いちばんぼしさん噛んで最終日ですかね」
鬼人正邪 「騎士ってネームバリューが原因なのかなぁ…」
ガロード 「スライムは護衛制限見たほうが良いかなー
暗殺者とかは通常狩人では護衛できない」
バーテンダー 「んー出来るなら後々まで残って反省とかもした方がいいのだがネ、一老人には止められんよ」
妖夢 「なんで分かるんですか >いちばんぼしさん」
結月ゆかり 「おしら様 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β11〜]
[耐性] 護衛制限:有り 【←ここですね】
[暗殺能力] タイプ:オシラ遊び付加 / 罠:有効
暗殺成立時にオシラ遊びを付加する特殊な暗殺者。
オシラ遊びの発動日は投票した夜から数えて次の日の夜。」
茨木華扇 「いやだって、あのひよこ日記…>妖夢」
稀神サグメ 「イタコはもっと早くに言っていいんだよなぁ
噛まれる可能性高いんだから...」
鷺沢文香 「……護衛制限云云よりもまぁ、COはして良いかなとは>スライムさん」
スライム 「あホントだ>おしら様護衛制限」
妖夢 「・・・何も言い返せなかった」
バーテンダー 「まあ、あれだよ、結果書いてないのが響いてると思うよ?>妖夢君」
稀神サグメ 「いやだってうん...あれ見て真ひよこ見る人はいない」
スライム 「そこまで見てなかったなー」
ドクオ 「あ、お疲れ」
兎角GM 「暗殺者系は護衛できないんだ。護衛制限と言ってな、強い役職は護衛で守れないようになっている
特殊な狩人ならばそんな役職も護衛可能だけどな」
バーテンダー 「こういう風に信用の有無に関わる。それが遺言というものだネ」
結月ゆかり 「暗殺系はみんな制限ありますからねー」
茨木華扇 「普通に猟師に狩られた雛狐だと思ってましたよ最初>あの日記
おしら判明しても変わりませんでしたし」
ドクオ 「思考が振り切った奴ならワンチャン・・・あねーわ(おしらCO)で放り投げた>ひよこ真偽」
稀神サグメ 「ぶっちゃけ妖夢蟲狐、中野狼に見えるから華扇偽やぞ吊ろうぜって言うつもりでした)メソラシ」
ドクオ 「それなら何で華扇狼じゃねーのって思ったからちがうんじゃねって思った>中野が噛んだ」
松井太郎 「面倒な流れになってきた」
結月ゆかり 「まあ、確かに1死体でおしらとかなにも無し
いきなり今日死にますって出たら……わかる>サグメ」
バーテンダー 「護衛制限はともかく、COはしておくべきだったネ>スライム君
暗殺護衛してたのはまあ、枠を考えれば気を利かせてくれたはずだよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「強い能力だと結構護衛制限有る」
ドクオ 「華扇が噛み役をしない理由が無いから蟲噛んでの熱病では無いと思ってた」
茨木華扇 「(なんかその目で見られてるなーと思いました>サグメ
でもなんか重要職っぽい感があったので噛みましたが」
鷺沢文香 「……あの日まぁ、私が噛もうとしたのですが>3夜」
結月ゆかり 「でも、制限が無い魂の占いとか言うチート枠」
鷺沢文香 「……葵さんが噛みましたので。蟲狐なら葵さんが死んでますね」
ガロード 「後半は後詰めでグレー詰めるCOが大事位だな」
稀神サグメ 「まぁそれ抜きでも●貰ってから遅くにCOして且つ●先が自分に●出した位置が占い主張は吊りたいでしょ(迫真)」
鬼人正邪 「4夜は私がかもうとしたんだけどなー。まあ、その辺りはきっちり言っておくべきだったか(二度目)」
鷺沢文香 「魂は別に、強くないですよ」
茨木華扇 「Q.魂って現実に存在するものですか?」
ドクオ 「アルェー>葵が噛み役」
結月ゆかり 「ライン繋いだらさいきょー」
スライム 「2重○だったからCO関係なく詰める吊りだと思ってしなかったんだよね…」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
琴葉茜 「オッツオッツやでー」
バーテンダー 「どちらかというと証明のしやすさだよ>護衛制限の有無
例えば魂は村とライン繋いで初めて証明されるが、審神者なら足音を曲げれば一発だ」
神風 「お疲れ様」
スライム 「お疲れさまー」
兎角GM 「お疲れ様」
ボルガっていう 「おつっていうwwww」
バーテンダー 「お疲れ様だ」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
鬼人正邪 「お疲れ様」
ドクオ 「お疲れー」
ぐだ子 「お疲れ様
さてどうなるのかな」
ガロード 「子狐とか詰めると○でも警戒するからね>スライム」
ドクオ 「魂はどこまで行っても、占い師っていう枠から出ないんだよな」
鷺沢文香 「……まぁ、この形ならよっぽどのことがない限りは普通に村勝利でしょうね」
ガロード 「お疲れ様」
ボルガっていう 「スライム・・・忍者はおしらさま護衛できないんじゃ・・・っていうwww」
結月ゆかり 「人外ワラワラだとたしかに辛いかもしれませんけど
強くないです?@魂」
スライム 「子狐とか白狼の軽快なんだなってのは把握したから
だからCO意味ないなって思っちゃったんだよね>ガロード」
ガロード 「初心者枠による勘違い護衛だ>ボルガっていう」
茨木華扇 「最終日まで持ち込んだだけよしとしますか
アレですね、初日ホロが捕まえられなかったのが痛い。」
スライム 「実際結果なかったから」
鷺沢文香 「……意味がないかどうかは周りが判断することではありますね。
無論、CO見た上で吊られることは相応にありますが」
ガロード 「だから重要場所護衛での守りが出来たら信用される>スライム」
結月ゆかり 「狼も狐も私を吊ってる暇なんて無かったでFAですね
ゆかりさんは保護しましょう、そうしましょう!!」
茨木華扇 「アーチャーは狼に味方してくれませんかね…」
ぐだ子 「普通村でもGj出してなくても
タイミングを見て狩人COすることあるよね?
そういうかんじかな」
鷺沢文香 「……初日灰噛みはしないでしょう。
強いて言えば、ゆかりさんが萌えたのがこちらにも痛い」
ドクオ 「したらオシラで死ぬんだよなぁ!!!」
松井太郎 「おしらついたから狼に味方できなくなっちゃったの・・・」
ガロード 「俺とかソロモン護衛だな位置的に言うと」
琴葉茜 「狼吊らないと自分が朝日を迎えられないからせえへんやろ」
ボルガっていう 「役職情報ページの項目に護衛制限ってのがあってそこに無しって書いてあったらじゃなっていうwwww>スライム
そうじゃない場合は無理じゃなっていうwww」
兎角GM 「アーチャーが狼に味方すると明日が来て負けるからなあ……」
結月ゆかり 「したら夜死ぬんでここで狼吊るしかないですよ>華扇」
鷺沢文香 「……狼に味方するとオシラ死するので、狼を吊らない理由がありませんね」
鬼人正邪 「初手でホロが吊れる確率もなくはないからな、グレランだと」
バーテンダー 「まあ護衛制限見落としはおいといても、ガロード君抜かれた時点でソロモン君護衛に切り替えて良かったと思うよ>スライム君
アーチャーの真偽は君視点でも計りかねるものだし」
ドクオ 「まあスライムが護衛制限突破できてるなら正解の護衛なんでな
でも何でおしら噛まなかったのかは知らない」
スライム 「次狩人系引いたら護衛制限に注意するよ
普通村だとまず関係ない部分だからすっぽ抜けてた」
稀神サグメ 「狩人暗殺してほしかったんでしょ」
ガロード 「老兵、夜雀、騎士、山立が護衛制限突破の狩人」
稀神サグメ 「暗殺は村の強い味方でもあり同時に敵でもあるから」
鷺沢文香 「……霊能が居ようと●は出します」
ボルガっていう 「まぁ、役職ページで自分が制限あるかどうか確認して護衛位置COあったらそこが護衛制限あるかどうか確認してってのは今度からやっといたほうがじゃなっていうwwwww>スライム」
茨木華扇 「灰に潜ってるのはわかってましたからね。
どっちかいうとソロモンとガロードが邪魔なのにどうしようもできないこと。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「茜ちゃん死んだ時点でそれは達成されたのでは?」
バーテンダー 「実際一番殺してるの村だからネ!!>おしら」
ガロード 「まぁ、経験積んで慣れていけばいいから>スライム」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました