←戻る
【雛5621】やる夫達の超闇鍋村村 [6669番地]
~明日から春~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[獏]
(死亡)
icon
 (銀ゆり◆
YZ.4zkM0lA)
[無意識]
(生存中)
icon Z3
 (コルクマリー◆
korKmarIEw)
[村人]
(生存中)
icon IA
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[虎狐]
(生存中)
icon シノビ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[夢毒者]
(生存中)
icon ジロウ
 (ジロウ◆
WwaIPdl0Z6)
[境界師]
(死亡)
icon 時津風
 (48%◆
tRsydL8cUk)
[賢者]
(生存中)
icon ヲ級
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[人狼]
(生存中)
icon 流石兄者
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[占い師]
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[萌狐]
(死亡)
icon 古明地さとり
 (ぬえもえΧ◆
NUEmoeSoio)
[猟師]
(生存中)
icon サーバル
 (チカ◆
jy5OME3hcw)
[子狐]
(死亡)
icon ノッブ
 (無銘◆
kglBc0msqc)
[鋭狼]
(生存中)
icon 森久保乃々
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[狩人]
(生存中)
icon 魔理沙
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[餓狼]
(生存中)
icon レミリア
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[狩人]
[元神話マニア]
(生存中)
村作成:2019/03/20 (Wed) 22:30:01
かり が幻想入りしました
かり 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.xsrv.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

誰にでも役職の好き嫌い・得意不得意はあるかと思います。また、超闇鍋村には明確な「ハズレ役職」が存在します。
 どんな役職を引いてもゲーム放棄せずにその役職でとことん遊びぬきましょう。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようにお願いします」
かり 「22:50開始」
Z3 が幻想入りしました
Z3 「よろしく」
かり 「いらっしゃい」
IA が幻想入りしました
かり 「この時間に20分じゃ短いかもな。5分延長してもいいです?」
かり 「いらっしゃい」
IA 「ばんはー」
Z3 「延長は構わないわよ」
Z3 「23時開始の方が切りが良いんじゃない?」
かり 「23時でもいいならそうしますよ。」
IA 「とりあえず延長了解ー」
かり 「ありがとうございます。」
かり 「23:00開始に変更です」
シノビ が幻想入りしました
シノビ 「よろしくお願いします!」
IA 「いらっしゃーい」
ジロウ が幻想入りしました
時津風 が幻想入りしました
ヲ級 が幻想入りしました
ジロウ 「よろしくな」
時津風 「こんばんはー」
ヲ級
                   ,. -=ニニ=-
                    /ニニニニニニニニ>
               イニニニニニニニニニニニニト
                 / /ニニニニニニニニニニニニヽ丶
             /ノニニニ/ ̄\ \// ̄//ニニニ\`、   〃)
            〃l   /ニニ/  \>―>=<―</    \ニム〃)Ⅳ
         Ⅵ〃lニニ/_  -=≦ヽ_〉_〉」/_/_/≧=--- _<ニニ=ⅣⅣ    ト
          ⅥⅥニニ< / ⌒ヽニニニニニニニニ/  ヽニニⅣⅣ    } l
    ∩     ⅥⅥニlニ/   }ニニニニニニニニ八   マニⅣⅣ    / l     ヲッ!!
     ヽ二二ヽ IⅥⅥニ/    /爪 /Ll_    斗ヘ  人   マiⅣⅣ)ハ   / /
        \\Ⅵ/    / l┬‐┬ヽ   {┬‐┬/ ∧   \ノ)ニニ/ / /
       ,.-┴┴'    ト /ノゝL;;;;」  \( L;;;;」/ l }イ     \V ̄   /
      /         入/〈            /   //ニ\    丶---- 、
      {   /ヽ{{>‐< 人  リ≧┬┬┬┬ (  // \ ̄ \___   ヽ
      ヽ /    \_/  {/、 Vー┴┴┴≦ヽゝ/////\      }    l
   ∩   / /            ///∧ / / {ニ}′i \/////////\   /  /
   ヽニ/           //////V {  ¨  l   ////////////\ ∥ /__
              ///////从 !     l .////////////////ヽ_ ノ
             //////////∧ i     l ヽ///////////////////\
             /////////////ノ≧s。   ィ仁ム////////////////////\
            //////////////ニニニ〈   〉ニニム///////////  ̄ ̄ \\
         //// \//////{ニニニニヽ-/ニニニニム~~―''"          \l
           ///    \///人ニニニ>'" ̄ ̄ マニニニム
                   ̄   》==7         ``ヾ<ニニ7
                       ∠ニニl           ヽニム」
かり 「急に来た。いらっしゃい~」
かり 「普通村終わったとか?」
時津風 「普通村で死んだので来ました」
ヲ級
           .-=ニニニニニニニニニニニ=-
         / 7ニニニニニニニニニニニニニ. l\
.  ト、    /  /ニニニニニニニニ, 、ニニニニ ∧ \   /7
.  ∧∨  /--.イニニニ/ ̄ⅤY /  ̄ |ニニニ>-.Ⅴ / /
≧ _∧∨7ニニニ ト、/ ∧ _|_.|_/_ / \ //ニ Ⅴ  /  _ ≦
≧ _≧Y|ニニニ ∧ |≧  ̄ | ̄| ̄ / ≦ /. /ニニニⅣイ≦_ ≦  
   ≧ i|ニニニニニト _ ≧へ  ̄ | マ≦ ___7ニニニニ.| | ≦     ヲ~~?
     八ニニニニニ〉イ/┳┳\N ┳┳ Y7ニニニニニニ|/
   __ .フー‐‐ // |┗┛  }/.┗┛ /Ⅴト---.<___
  /: : : : :_ノ7: : :〉 (`    , 、   /へⅤ__ : : \: : ヽ_
. /: : :/¨¨´/: :/ 込-.‐┬‐┬‐┬‐┬イ  \Ⅴ:: :|\: : : :.\
イ: : :/.   |: : 〈  //: : |: : |:.:: :|:.: :.|:.: :.|: :Ⅴ  从: : ム `¨\: :」
ジロウ 「オレは労働から解放されたから来たぞ」
流石兄者 が幻想入りしました
時津風 「これが終わっても普通村が終わってない可能性はあるけど」
ジロウ
ヲ級
               __ ,,,,, __
          _ =_≦///////≧=t.、
         ,.:"'" .//////////∧ .``、、
      rttf/从__,.ノ///////////人,..__从ftt、
     {三<////、///////////////////>三}
      {三≧、//!入-<V`Y',-"`!/r┐///≦三}
     /V / `-t- i=|-{-!<--/ , ≦////!.∧    ヲー……
   ./ / `┤}、 / `"! ̄ ̄..7 ̄V \   ノ .∧
 , -"  ,/  /.! i.!. ┃ .V'、 i./ ┃ ./ | ̄ ! ∧
..}、   ,:'/  /.,' ., '、. ┃   `-'.  ┃ /_ |   i!  .',、
/  Y./  ./-!  'ト、_ ,.、 _. 。  ,  "/ !   i',  ::/!
  . .! {  , / {  |-、|  i .Y^Y`i".|T"/  ',   ! `t." |
  .| | , :"{  ',\,'  `≧三三三≦-{ ,  .}   } |  .!
` ..┘.!   .i      |:|:{ .|// } ,':/ i"V ./ V  ,' i  i
    `--┘     /::|::i | ,':,'::!    `" / .,' !  ;
           /::::H, | ,' i::::',     /  / |__.,}」
かり 「あらら>時津風」
IA 「他にどこでやってたっけと思ったら鉄かー」
流石兄者 「ブラクラまったく踏まねぇ」
ゆっくり妖夢 が幻想入りしました
ゆっくり妖夢 「着くゥ^〜」
Z3 「閉じても無駄ですよのサイト潰れちゃったわね>流石兄者」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 春
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10497 (桜道)」
古明地さとり が幻想入りしました
古明地さとり 「こんばんは」
「こんばんは」
Z3 「世界中から兵庫県警が馬鹿にされてるのよね」
ヲ級
          /    ヽ    -‐=ニ三三三ニ=- 、      l
          {    。s≦ニニニニニニ>" ̄¨  ミニ> ノ
        乂/ニニニニニニニニ(     r==  \ニニ\
          /ニニニニニニニニニニヽ    ゞ=イ寺≧s。ニ\
 ≧=-    /ニニニニニニニニニニニニニr== 二¬寺圭≧sニ\
  ̄冖≧=/ニニニニニニニニ イニニオニ>ァゞ=イ寺≧s。二¬ \ニ\
 ≧=-  〈 y\ ト ニニニマ/ {_/  /  _/__/ ̄ フ 寺圭≧s  マニム
   ̄冖≧= ヽ ヽ \l Y /  //   /s≦ニニ>-ミ--厶ニ_   /¨¨
       トヘ〉_〉¬┬¬ T フ--≦ニニニ/ / __〉ニ(   ヽ/ヽ--′    ヲッ!!
       /_¬=ァ--=ニ二二二二二ニ≠‐/_//  ヽ\  \
      /f圭(ヽ/ /  ア示テミ   ァ=テ示ミ`、   `、 ヽ   \      ヲッ!!
     / 乂-=彡イ  .{ {:::J }     {::J i} l `    }   \  \
    /    .Ⅶ {   / 乂__ノ     乂__ノ / ハ    l     }   〉    ヲッ!!
  /  ./  Ⅶ人 込///       /// ノ/ l     l__ノ-―<   
  \  \  Ⅶ/   /≧s。_  Δ__。s≦/   ∧            ヽ
    ヽ  }>¬__/  \\ 「 ̄ヽ _ト _//   ムニ\  sz≦⌒l   }
     /  /Ⅶ \  l \〉<ニニ=/ /      ̄)三)}  /   /
    ./    /   Ⅶ //≧Y \TTI/// /_   r――┴㍉  /   /
   {   / l     Ⅶ////乂_ Y=/ /   >〈////////∧./   /
   ヽ   ∨__ //Ⅶ////// /  /` \  __ \////////  /
    \___丶/Ⅶ/////入   {i     }__ヽ }//////〈  〈
    / /   ///〉 〉/Ⅶ////∥ニ> 丶、_/ニニ=} 〈圦////∧  `、
   ./ /  _////// Ⅶ////<ニニ\___Yニ\\/ニl/////∧  `、
  / /   /≧≦//////I///l/ニニニ≧-‐{ニニ\\}//////∧  `、
  l 〈  .//////////////∥ニニニ/// {ニニニニ'/////////\ \l
  ヽ__) .//////////////∥ニ≠=//////{ニニニニ////////////\_>
     ///////////////ノニニニ///////マ===////////////////∧
      l/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〈ニ≠イ > ////}ニニ=//////////}////////
                         ̄ (三シll  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|//////
                                      | ///
                                     |/
サーバル が幻想入りしました
流石兄者 「まさか潰れるとはリハクの目をもってしても>Z3」
サーバル 「こーんばーんわー!!」
流石兄者 「そもそもそのブラクラ踏んでないから何なのかわかんねぇ」
「こんばんは~」
「あと一分くらいです~準備は良いですか?」
時津風 「リハクさんどこ?」
ヲ級
                     ...._-::=―――‐‐‐ニ二二ニ=、_
                 _...;:彡´::::::::::::::::::::::::::::://        ゙'-_,、
                ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!│         ∥`''-、
               ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\_        ∥:::::::::::`、
        < ̄ ̄" ,'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙゙'<二----‐-- ´::::::::::::::::::::\
          ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄ ̄ ̄ )`ー 、:::::冫
          _ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ /'     l/"
        <   .\________::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、 _.――ー┴=,,    ヽ
            ̄フl___,,|!_│ \_./''、,-、..-_/ゝ../ / /\____ }   /   ヲーッヲッ!!
           / 「 `l辷l、 ヽヽ  l ! l゛ ./丿 _イ /ノヽ!〔 ̄弋_ __/"
          / /  \..l|!ノゝ,,_ヘ⊥.」;:ヘ-!,,⊥ノ  /゙<l ノ゙  \ヽ   \
         l ┌/   │゙゙’ `个ー/!⊥〈│_||_,,⊥彡--ヽ 、    ヽヽ`ー、 ヽ
         l イ    ノlj   ノ――― l    │ ――― l    .| l  l  .l
         ヽ .〈  / 从  |!  |  |  \   !  |   | )ヽ  | ! ノ /
           `ヽ ││  ||  `ーー'    `ー   `ーー' ノ |  ¦|ノ  /
            ヽ  /  ├-_     x      ,___|'  ヽ   ヾlノ
             ! /  ┌,'l| │个''マ''''个‐''个'‐ll ∥/   l    ^''ー 、
            / ,J  / └辷ーヘ-廴__l|  .⊥...⊥..-ヘl   レー―‐- 、_  ヽ
          / / \ !     "'' ̄ー v   ノ  ̄\ヾ /      \  .l
         ノ /    ゙ー     /// ^V ̄ ̄\: : : : : 从        .l │
         {./           ./: ゝニニコ― ニニ'ノゝ: : : : : \        ヽ│
                      /: : : _l! < c__  r- .」 ヽ: : : : : :\      `'
                    ノ: : : : :l ヽ |_/   .|: : ヽ: : : : : : :\
                   _ノ: : : : : : |/│|:::::::\..l: : : |: : : : : : : : :.\
                 /´: : : : : : : l:::::rl l‐‐-、::::l: : : │: : : : : : : : : :ノ
                ノ´: : : : : : : : : : l::./ l l: : : : l::.l: : : /: : : : : : : : /
               ー―――‐――'V ''''v'''''''''' V'''''/: : : : _____/
                                 ´-ー'''´」
ノッブ が幻想入りしました
森久保乃々 が幻想入りしました
サーバル 「うん、わたしは準備大丈夫だよ!>春」
魔理沙 が幻想入りしました
時津風 「海のリハク…つまり、ヲ級さんだね」
ノッブ 「はいはいわしわしィ」
魔理沙 「よろしくなのぜー」
ジロウ 「パーツジェネレータで実体化するのをを忘れるんじゃないぞ>準備」
「カウントします~」
森久保乃々 「こ、こんばんはなんですけど…
Pさんから逃げてきたら変な場所来たんですけど…
むーりぃー…」
レミリア が幻想入りしました
サーバル 「わーい、遊ぶ人が増えたー♪」
「あと3日で春」
ヲ級
     _ -=ニニニニニ=- _
  _ -ニニニニニニニニニニ> 、
 ニニ/   /ニニニニニ∧⌒ヽ丶
 ニニヽ_  イニニニニニニニ∧  VニV
 ニニニニニニニニニニニニニ\ /ニV
 ニニニニニ/ ∨ ∨^∨∨^ニ、ニニニニ∨
 ニニニ/ V  l  |   | | Y V∨ニニニ∨
 ニニニ|  l _>-ー≦ー≧s__ノ !^lニニニ/
 ニニニl /^ iイ´l  ! l メ、  ヾLノ^ニ/
 ≧─-人i   Y^Y マ ', !Y^Y  }i ~レ´
  フ`ヽ{ ! l 八_ノ  ヽ l ! ノレ  ! !/ ',   ヲーッヲッ!?
 /  /人 ! ト  ィvwv   l  / ∧ ,
   / =彡 | 乂u/:::::::::::i ィ  イ  ! !
  /   γヽ!  }≧sニ イ / リ     ',
     /:::::::i  }\    /  i:ヽ i   !
     >:::::::l レ':::--\/^:i / ./:::ノ l  !
    〃::::::人i::::::::::/:::::::::レl /::::::} !   !
    レ::⌒ヽ::`::::::∥::::::::il::レ:::::::::} ,   l
   〃:::/ ヨ^l::::::::il:::::::::::li:::::::::::::_V┐  !
  {::::::乂┴イ::::::::i。:l::|:::i。::::::/:Lニ }ヽ l
  {:::::::::::"´::!::::::::::::::l::!::::::::::::l:::乂 ノ:::::}|
レミリア 「邪魔するわよ」
「あと2日で春」
古明地さとり 「は~る~よ~」
流石兄者 「ああ、唐揚げとハムカツうめぇ」
「春イブ」
ノッブ 「リハクは最後まで生き残る良ポジじゃぞ」
サーバル 「大丈夫!きっとむりじゃないよ!
がんばろ?ね!(ぎゅー>森久保」
時津風 「つまり、ヲ級さんの目は節穴」
「今日から春です~!開始!」
森久保乃々 「ど、道具は装備しないと意味がない的なあれですか…? >ジロウさん」
ゲーム開始:2019/03/20 (Wed) 23:00:56
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1
の独り言 「普通だ~!!」
流石兄者の独り言 「草」
シノビの独り言 「はい。」
ゆっくり妖夢(妖狐) 「萌え」
Z3の独り言 「嘘でしょ……>村人系村人」
IA(妖狐) 「虎かー」
ノッブ(人狼) 「鋭狼ォ」
ヲ級(人狼) 「ヲッ!!」
ジロウの独り言 「うーむ」
流石兄者の独り言 「吊りカツカツやん」
森久保乃々の独り言 「ひぃ!むーりぃー… >狩人表記」
古明地さとりの独り言 「はあ……ん>狐3」
流石兄者 は ジロウ を占います
ゆっくり妖夢(妖狐) 「萌えたら頑張ってねー」
Z3の独り言 「まあ、そんな日もあるわね」
魔理沙(人狼) 「飢だ・・・」
流石兄者の独り言 「とりあえずチャンピオン占っておこ」
ノッブ(人狼) 「狐3とか止めろやオォン!」
森久保乃々の独り言 「どうせ夢守人なんですけど…」
古明地さとりの独り言 「まあ大方背徳混じりとして……」
サーバルの独り言 「久しぶりにまともな役職だー!>子狐」
IA(妖狐) 「サーバルなのに狐陣営」
レミリアの独り言 「マニア先どこにしようかしら?」
時津風の独り言 「面倒なのが来た」
ノッブ(人狼) 「魔理沙が最終兵器になるといいネ(棒)」
ジロウの独り言 「これ強い奴だとは思うが
ラインを形成できる村役職がいるかっつーとな」
IA(妖狐) 「頑張れ☆」
サーバルの独り言 「えっと、IAとじゃパリまんを援護すればいいんだね。よーっし、いっくぞ―!」
ヲ級(人狼) 「ヲッ(なでなで)」
ノッブ(人狼) 「占い騙る気ある奴挙手~~~~!」
魔理沙(人狼) 「私がLWにならないようにしないとな・・・」
ゆっくり妖夢(妖狐) 「まあ祈りつつ
特にやりたいことないなら生存優先しますね」
ヲ級(人狼) 「ヲー(シーン)」
魔理沙(人狼) 「まあ用意しておくよ占い日記 役割的に」
ノッブ(人狼) 「魔理沙が占い書いてもいいぞ
その場合は適当に●投げてどうぞ」
レミリアの独り言 「迷うわね…さとりかしら」
ヲ級(人狼) 「ヲッ!!(というか村中普通に喋った方がいいよね?)」
ジロウの独り言 「通常の司祭能力はなしかこれ」
魔理沙(人狼) 「囲いなしでCOするときに適当な所に黒を投げる」
の独り言 「3W1Kあるいは2W2K。
狐は親2子1、親2背徳1、親1子1背徳1のいずれか。」
ノッブ(人狼) 「というかこの配置じゃと全く占い騙りたくないわ!ガハハ!」
の独り言 「マニアがいればどうなるかわかりませんねぇ。」
ヲ級(人狼) 「ヲッ(付き通して良いなら付き通すけど…)」
IA(妖狐) 「がーんーばーろー」
ノッブ(人狼) 「せやな>ヲ級」
サーバル は 森久保乃々 を占います
レミリアの独り言 「ォ!!」
ゆっくり妖夢(妖狐) 「イクゾー」
レミリア は 森久保乃々 の能力を真似ます
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ノッブ は 身代わり君 に狙いをつけました
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ゆっくり妖夢 「はあい、よーいスタート(棒読み)
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1
うーんこの。マニア村につかないと縄が足りないんだよなぁ…
ついても余裕ないんだけどね 人外噛んでくれよなー頼むよー
共有の声はありませんでした。」
サーバル 「みんなおはよー!
それじゃ、役職さんは出たい人は出てきてね!人狼ごっこ、たーのしー!

マニアさんはすぐ出てね!わたしとの約束、だよ?」
森久保乃々 「お、おはようございます…
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1

む、むーりぃー…
もりくぼはもうだめです…
あとはひっそり机の下で生きていくので探さないでほしいんですけど…」
IA 「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1
4列だから狼最大4W…狐もいるし、とても大変な村になりそう。」
ノッブ 「はぇ^~神話が人外に付いても半数村陣営なんじゃな~()」
ヲ級
                   ,. -=ニニ=-
                    /ニニニニニニニニ>
               イニニニニニニニニニニニニト
                 / /ニニニニニニニニニニニニヽ丶
             /ノニニニ/ ̄\ \// ̄//ニニニ\`、   〃)
            〃l   /ニニ/  \>―>=<―</    \ニム〃)Ⅳ
         Ⅵ〃lニニ/_  -=≦ヽ_〉_〉」/_/_/≧=--- _<ニニ=ⅣⅣ    ト
          ⅥⅥニニ< / ⌒ヽニニニニニニニニ/  ヽニニⅣⅣ    } l
    ∩     ⅥⅥニlニ/   }ニニニニニニニニ八   マニⅣⅣ    / l     ヲッ!!
     ヽ二二ヽ IⅥⅥニ/    /爪 /Ll_    斗ヘ  人   マiⅣⅣ)ハ   / /
        \\Ⅵ/    / l┬‐┬ヽ   {┬‐┬/ ∧   \ノ)ニニ/ / /    (シュバッ)
       ,.-┴┴'    ト /ノゝL;;;;」  \( L;;;;」/ l }イ     \V ̄   /  
      /         入/〈            /   //ニ\    丶---- 、   (ササッ)
      {   /ヽ{{>‐< 人  リ≧┬┬┬┬ (  // \ ̄ \___   ヽ    出現陣営:村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1
      ヽ /    \_/  {/、 Vー┴┴┴≦ヽゝ/////\      }    l  
   ∩   / /            ///∧ / / {ニ}′i \/////////\   /  /
   ヽニ/           //////V {  ¨  l   ////////////\ ∥ /__     (ビシッ)
              ///////从 !     l .////////////////ヽ_ ノ    艦載機<狐多いしマニアゲーか?と言ってるぞ
             //////////∧ i     l ヽ///////////////////\         あと、なにかあったら俺が通訳するらしいわ…
             /////////////ノ≧s。   ィ仁ム////////////////////\     
            //////////////ニニニ〈   〉ニニム///////////  ̄ ̄ \\
         //// \//////{ニニニニヽ-/ニニニニム~~―''"          \l
           ///    \///人ニニニ>'" ̄ ̄ マニニニム
                   ̄   》==7         ``ヾ<ニニ7
                       ∠ニニl           ヽニム」
古明地さとり 「7吊りなんでカッツカツなうえに狐多いうえに狼も少なくないんですがその
マニアは出てきてくれますよね?(圧力)」
レミリア 「クックックッ…(ワインくいくい」
シノビ 「既に7吊り7人外ということは
人外マニアでどうやっても吊りが足りないという奴ですね。」
ジロウ 「非狼人外がいるわけだし
多少なり噛み以外で人外に退場願いたいもんだな
囁きはなかったぞ」
Z3 「こんなAAが閉じても閉じてもポップアップするサイトね>流石兄者
ブラウザを閉じると無効化するけど
 
 ∧_∧ ババババ
( ・ω・)=つ≡つ
(っ ≡つ=つ
`/  )
(ノΠU
何回閉じても無駄ですよ~ww
m9(^Д^)プギャー!!」
流石兄者 「こちら兄者、ほぼ半数人外村についた
弟者よ、今から交代しない?だめ?クソが!」
時津風 「さーあ、始めちゃいますか!
村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1
7吊最高8人外だね
マニアは出てきてね」
ゆっくり妖夢 「とりあえずマニア待ちかな」
「村人陣営8 人狼陣営4 妖狐陣営3 神話マニア陣営1

元々人外が多いのに、マニアが人外付きだと非常に不味いですね。
まずはマニアのCOからお願いします。
共有の声は聞こえませんでした。
魔理沙 「おはようなのぜ
吊り数ぎりぎりの上で狐が3もいちゃ
むずかしいったらないぜ 人外を吊りつつ順番きにしないといけないからな」
Z3 「ババババ」
ヲ級 「ヲー…」
シノビ 「余裕ぶってないで無敵の運命操作でなんとかしてくださいよぉー!>レミリア」
森久保乃々 「ひぃ!死体が…
も、もりくぼはもうこんな村いられないんですけど…!
机の下に帰るんですけど…!」
レミリア 「マニアが出てこないわねぇ…」
IA 「うん、マニアいない奴だコレ」
ゆっくり妖夢 「ダメみたいですね...」
流石兄者 「草>Z3」
時津風 「出てこないね、マニア
重要役職ならいいけど」
魔理沙 「はは マニアの声が聞こえないのゼ」
サーバル 「うみゃ?
ねえねえ美味しそう、それなにそれなに―!?(ゆさゆさ>レミリア」
古明地さとり 「この人数で4Wまで出てるか微妙なんですけどマニアの行先によっては柱とかどうぞ(はぁと ですけど」
ノッブ 「メルヘンやファンタジーではない定期>マニア無し」
Z3 「人外同士で潰し合ってくれないかしら」
「ヲヲ~>ヲ」
流石兄者 「マニアの反応がない、まあこんな村だし仕方ないね・・・」
ジロウ 「この配役なら噛み回避も視野だし
マニアCOなくとも希望はまだある」
レミリア 「ま、基本的には人外についたと思っておきましょ。
ワンチャン村についたって可能性もあるけどね」
ゆっくり妖夢 「んじゃ気を取り直してグレランイクゾー!!」
古明地さとり 「マニア、出ず!閉廷!!」
シノビ 「よくある話ですね。>マニアがいない」
サーバル 「マニアさんはどこ?」
レミリア 「>サーバル
ワインがこぼれるからやめなさい!!??」
森久保乃々 「マニアも出てこないしもうむーりぃー…
グレランしかないんですけど…
うぅ…まいすいーとですく…今は遠いんですけど…」
ヲ級
                     i|   |     ′
                     j| j | l  l|      "
                   斗=ニニニ> 、
               | |/ニニニニニニニ(  ヽ/7
                    イニニニニニニニニ>イニ〉7    ヲッ(マニア死亡確認)
                 / ノニニニニニニニニニニニ}⌒l
             〓〔{=ニニニニニニニニニニニニリlヽ|
                  マニニニニニニ/ヽ/レ'>< jl| }   艦載機<これからグレランしようずってさー
                  /マニ< ̄ ̄_ -‐ ´  \_l|__  {
             〈 | |    | ̄jl l   i!     l| |  ヽ
                   \}  l| / |  l   . ,     ⌒)/
               / /   l| i|         |
                〈  l{_  从/\ll l| l  /l l|
                >-イ /     丶Ml / l i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビ 「>ジロウ
潜る価値があるマニアだといいですねとしか。」
ゆっくり妖夢 「ヲヲヲーヲ・ヲーヲヲかな?」
「あーあ、悲しいですねぇ<マニア出ない」
流石兄者 「ま、狐噛みとかで吊り増えるの期待しながらグレランとしゃれこもうか
クソ!弟者に繋がらねぇ、電源切りやがったなあの野郎!」
時津風 「マニアさんはとりあえず人外と見ましょう
グレラン頑張ろう」
Z3 「後になって出てきてくれたら嬉しくはあるけどね>ジロウ
ただ願望にしかならないのよね」
ゆっくり妖夢 「麦茶だそれ!」
古明地さとり 「まあでも狐コピー、以外なら狼が飽和警戒したり狂人噛みとかその辺が起きると信じて
というか起きないと死んでしまいます(白目)」
魔理沙 「吊り数が足りないのに順番気にしないといけないとかひどすぎるぜ
なんとか狼に狐でも噛ませたうえで争わせたいが」
ヲ級 「ヲ!?
ヲー!!>妖夢」
「こんな時代だぜ~俺たちは止められない>妖夢」
サーバル 「ちょうだいちょうだいー(ゆさゆさ>レミリア
それじゃグレランだねー、よーし、がんばるぞー!」
レミリア 「ヲ級は大丈夫かしら…w」
流石兄者 「まあここからジロウが無敵のレイフォールガン使ってなんとかしてくれるさ」
森久保乃々 「マニア村憑きでも結構ギリギリなのに
出てこない時点でもりくぼは机の下でひっそり一生を過ごすことを決めるんですけど…」
ゆっくり妖夢 「まあ村マニアには期待できなさそうだけどまだ人外噛む余地もあるし
そもそも暗殺が無双するかもしれない(希望的観測)」
IA 「5W3Fだと初日で終わってないかな。」
時津風 「グレランだけど、話すことがない…」
シノビ 「順番気にする必要ありますか?
どっちが吊れてもいいと思いますが。>魔理沙」
古明地さとり 「狐噛みはそれはそれで狼が把握するので痛し痒しというか
ただそれでも死体無しで吊り増えるのはあってほしいというか」
ジロウ 「>シノビ
仮に後日マニアCOが出るならスムーズに納得できるに越したことはないな
どういう意図の発言かいまいち掴みかねてるが」
ヲ級 「艦載機<で、まあなんだ?
    話す話題がないな」
ノッブ 「狼吊れなきゃ狐探してくれるじゃろ~~~~
なお、狼を狙って吊る模様」
流石兄者 「チャンピオン、お前がこの村の希望だ!
(こういっておけばなんとかしてくれるじゃろ)」
ゆっくり妖夢 「5-5-3だからまだセーフじゃないかなって」
「ところで、外務省のガイドラインでヲの文字が抹消されるって知ってます?>ヲ級」
時津風 「ヲ級を弄ろう」
サーバル 「なんだか頭がふかふかしてそう!<ヲヲヲーヲ・ヲーヲヲ>じゃぱりまんさん」
時津風 「ギリギリ終わってないかな?>IAさん」
シノビ 「>IA
飽和ラインが13なので終わるとしても明日では?」
森久保乃々 「人外を吊るを第一優先に
順番は後半で考える!でもいいと思うんですけど… >魔理沙さん」
ゆっくり妖夢 「アウトだよ!柱しろ!>狼増えたパターン」
サーバル 「消されるのは「ヴ」じゃなかったの?>春さん」
古明地さとり 「15人なら7-5-3まででは>IAさん」
ヲ級 「ヲッ!?!?!?>春
ヲーーーー、ヲーーーー!!」
Z3 「管狐を噛んで狐死亡と同時に背徳者が飛んで狼も全滅する
夢見るだけならタダよね。ふふ……(トリップ)」
ノッブ 「7-5-3じゃから終わらんぞ>5W編成」
ジロウ 「>流石兄者
レイフォールガンに頼る気持ちはわかるが
ガンだけに頼るコマンダーは2番手止まりだぞ」
レミリア 「>サーバル
ふ、ふふん、まあ良いわ…!
グレランをがんばれて抜けきれたらワインをあげてもいいわよ。
ただし一口だけね、お子様はすこしだけよ!」
流石兄者 「狼が増えたパターン?そんときはそんときで祈ろうぜ」
魔理沙 「なんの人外かは気にしないとだめだろ?>シノビ
狼ばかり吊ってたら狐に勝たれるとか普通に起こるぞこれ」
「ヴは永遠に不滅ですよ>サーヴァルさん」
ノッブ 「ぶっちゃけそれは欲張ってないで狼柱出してくれって話にしかならん」
IA 「吊り数増えてもらいたいところではあるからねー
毒噛みで狼減っても、村毒だと村が減ってるから痛いわけだし」
時津風 「それは都合が良すぎる気がするよ>Z3」
ゆっくり妖夢 「アオォーン・・・」
流石兄者 「ジロウがそれいうのは草生えるから>ジロウ」
サーバル 「避難訓練だね!サーバルもやる―!(森久保ちゃんと同じ机の下に隠れ」
Z3 「飽和するならそんなの狼が柱に出ないのが悪いし……」
流石兄者 「なんか萌えてる人いますね」
レミリア 「萌えたわよぉー!」
古明地さとり 「まあともかく
まずは狼を殺さない程度に瀕死にしてから狐狩り、できれば良いんですけど出来ますかね~~~~~~」
魔理沙 「最高だなそれは>Z3」
シノビ 「>ジロウ
例えば村人コピーマニアだった場合コピー先と自身の村を証明する事が一番の働きなので。
それを拒否して潜伏している村マニアならばそれ以上の働きができる役職であるということですし
そんなうまい話があった上で信用できたらいいですね、という意味ですね。」
時津風 「それに、狐に行った可能性もあるよね>マニア」
「あなたからヲを取ったら一体何が残るのでしょうか・・・楽しみですね>ヲ級」
ゆっくり妖夢 「占いCO ノッブ
1夜 ノッブ
ダイス。次は大奥らしいけどぐだぐだは関係なさそう」
古明地さとり 「お、おう>萌え」
Z3 「萌えた萌えたよ何かしら」
時津風 「萌えてるね」
ゆっくり妖夢 「占いCO ノッブ●」
ジロウ 「5W編成は狼側が流石に察するだろうとして
狐が増えている可能性も狼には考えてほしいもんだな」
魔理沙 「おっと萌えだな」
「わお>妖夢」
ヲ級 「ヲッ!!(天人とか預言者は村が昼夜続けて死んだ場合飽和する前日にわかる…はず)」
流石兄者 「萌え期待してもあれなんで吊りましょうか」
サーバル 「って、じゃぱりまんが萌えたー!
ねえねえ食べていい?食べていいよね!」
古明地さとり 「中身なんにせよ吊ったほうがいいのでは(真顔)」
シノビ 「柱っぽいなあと思いつつ妖夢吊りですね。」
森久保乃々 「うぅ…こんな村だからか皆さんの目が怖いんですけど…
じゅ、重要役職をコピーして潜ってるなんて夢見ても…
あ、はい…もりくぼがまちがってたんですけど…」
ヲ級 「ヲッ!!(萌かー)」
「ヲが親狐の背徳とかかい?」
ジロウ 「役職の重要性は俺関係ないと思ってるぜ>マニア潜伏」
ノッブ 「え、COする気ないよわし?」
古明地さとり 「が、●持ち」
森久保乃々 「ひぃー!?」
時津風 「吊るのは多分確定だけどどうする?」
IA 「どうにもカウントの仕方がわからないー>飽和数」
Z3 「そう……(選挙へ行こうのポーズ)」
ゆっくり妖夢 「まあ余裕ないですんで攻めてノッブ吊ってほしいけどキツい」
レミリア 「うーん扱いにくいことこの上ないこの…」
ヲ級 「ヲー(オコ)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ゆっくり妖夢 は ノッブ に処刑投票しました
Z3 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
流石兄者 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
IA は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
時津風 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
シノビ は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
ヲ級 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
レミリア は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
ノッブ は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
古明地さとり は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
魔理沙 は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
サーバル は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
森久保乃々 は Z3 に処刑投票しました
ジロウ は ゆっくり妖夢 に処刑投票しました
春 は Z3 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
0 票投票先 1 票 →Z3
Z32 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
IA0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
シノビ0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
ジロウ0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
時津風0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
ヲ級0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
流石兄者0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
ゆっくり妖夢12 票投票先 1 票 →ノッブ
古明地さとり0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
サーバル0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
ノッブ1 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
森久保乃々0 票投票先 1 票 →Z3
魔理沙0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
レミリア0 票投票先 1 票 →ゆっくり妖夢
ゆっくり妖夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
IA(妖狐) 「はーやーいー」
流石兄者 は ノッブ を占います
ノッブ(人狼) 「運命力を使っていくゥ~

IAか春消えてたら春噛みでもいいと思うわし」
の独り言 「自分がラストだ~ごめん!」
レミリア は 森久保乃々 の護衛に付きました
ノッブ(人狼) 「噛み候補あったらどうぞ」
ヲ級(人狼) 「ヲッ!!」
魔理沙(人狼) 「春は紅狐ってことでいいな」
流石兄者の独り言 「初日のぎりぎりに萌えたやつを残すってきついもんあるじゃろうし」
の独り言 「しかしアレだ、素村だと余計なことに頭使わないので発言がのってるな。」
の独り言 「なおヲ級をいじっていただけの模様。」
ゆっくり妖夢 「まだ2fいるけど狩人コピーはきっちいぜ」
ノッブ(人狼) 「普通に無意識とか和蘭かもしらん」
魔理沙(人狼) 「ジロウかねえ?」
レミリアの独り言 「まあ護衛先は森久保よね」
サーバルの独り言 「萌狐(初日発言誤爆)は庇うの無理―!?><
じゃぱりまん、お疲れ様だよー!」
古明地さとり は サーバル の護衛に付きました
ヲ級(人狼) 「ヲッ(紅狐、和蘭人形、無意識…でも即殺すほどでもないね)」
流石兄者の独り言 「どうする?とか●の扱いとか面倒なので
ちゃっちゃと吊ってノッブ占えばいいだろ、おしまい
そもそもマニア出てないうえ萌えまでいるとかどうしろっていうんだよ(バンッ」
ゆっくり妖夢 「狩られた」
ヲ級(人狼) 「ヲッ(ちなみにマニアはない)」
流石兄者の独り言 「恨むのなら配役と運を恨むんだな
俺も恨みてぇよ、くそぉ!」
ノッブ(人狼) 「まあ見えてるし飽和直前になったら噛むくらいでいいと思う>春
なお3W」
サーバルの独り言 「ん~…狼殲滅と狼飽和どっちに進むのがいいかなぁ…?」
ノッブ(人狼) 「IAは〇人外噛みもはらんでるしジロウ噛むか~」
魔理沙(人狼) 「まあ飽和前に数減るだろうなあ」
ヲ級(人狼) 「ヲッ(候補としてはサーバル、時津風、あと森久保?)」
ノッブ(人狼) 「鋭じゃからわしが噛んどくわ 0150くらい」
ヲ級(人狼) 「ヲッ!!」
ノッブ(人狼) 「基本ジロウ噛み
何かクッソ遅かったらヲ級が噛んどいてくれい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
森久保乃々 は ジロウ の護衛に付きました
サーバル は 春 を占います
ノッブ は ジロウ に狙いをつけました
サーバル は無残な負け犬の姿で発見されました
(サーバル は狩人に狩られたようです)
ジロウ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ジロウ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゆっくり妖夢さんの遺言 占いCO ノッブ●
1夜 ノッブ
ダイス。次は大奥らしいけどぐだぐだは関係なさそう

萌えたんで他真いるはずだからそいつに期待ですね...
余裕がマイナスだから銃殺は出して欲しくないかな
サーバルさんの遺言 占いさんしーおー!
森久保ちゃんは村人さん!
IAちゃんは
ジロウさんの遺言 司祭系境界師だ
2日目夜以降、夜時間にオレへ投票した人数がわかるとよ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
流石兄者 「グッバイ妖夢、RTAでまた会おう(RTAするとはいってない)」
IA 「おーはー
妖夢吊りは順当しか言いようがなーい」
ヲ級
                  ____       _
             ィ=ニニニニニニニ=-    // ̄__
           〃_ノニニニニニニニニf⌒Yム  (圭圭ヽ
           〓/ニニニニニニニニニニ乂_ノニY__   }圭} l l
          {ニト、=l\ニニニニニニニニニニム_〉-'圭ソ //
          乂〉 ヽ \/ l>イニ>イ三〓〕コ=} ≧=‐
          / / / ≧=-   ____イニニソ        ヲッー
          \l {  l __ヽw/__l|  | ̄ ̄ヽ     (狼狐合わせて7だし、素狼抜いても6人外
             /  V{ |乂ノ  乂ノ  |  |ヽ     〉      萌え占い見るより萌人外の方がありそう)
          /   /l |         λ  \l   /
           〈  { / 从   r,    ム \    ) 〈
.            ( //  / __≧=≦//{ /// /--ゝ       ヲッヲッ
           ヽl l lV (={=ノイ/////∨ / (∧         (マニアが狼の場合、飽和避けのつもりもあったかも?かな)
             V 〈ニ/  ∨///////)ノ/∧_
               〃 \_/(}//////////////∧
              ヽ_       {///////////////∧
              ヽ-        〉////////////////}
                    /ニ\////////// ̄
                     /ニニ〉///////
                        {ニニ〈ニ/ ̄ ̄
                   マニニマl
                    マニマi
                    ム=ヘ}ヾ
Z3 「え? ノッブ? 狼か狐の●なのだし最終日送りで良いんじゃないかしら……
吊らないって言ってれば噛まれてくれるでしょ(願望)」
古明地さとり 「萌吊りの場合
萌占い→非狼吊りにより狼に圧をかけられる
萌狼→そのまま狼減らせる
萌狐→狼視点分からない
……だったんですが●出してるとなると狼視点(萌狼含めて)ほぼ中身バレてるんですよねえ……
といって、吊らないのも無理筋かなと思いましたが」
森久保乃々 「お、おはようなんですけど…

もりくぼはああいう時下手に手を出すと後ほど後悔するって
アイドル業で学んだのでグレランしたんですけど…
灰に逃げたともいうんですけど…

ちなみにZ3さん投票は変に余裕層に見える人外だったからなんですけど…」
ノッブ 「その血の運命>初日萌え吊り

灰投票者がそろってZ3投票とか組織票かな(すっとぼけ)」
時津風 「さーあ、始めちゃいますか!
萌えたから吊るしかないね
萌占いだったら…悲しいね…
ノッブさん●はどうなんだろう?

春さんと森久保さんはグレランしてるけど…
ノッブさんでも妖夢さんでもない所に投票はなんでなのかな?」
レミリア 「サーバルはワインはおあずけね?(ふふん)

ま、村は8人、4w3f村なら萌人外の可能性十分高いわよね。」
「いや、普通に考えてどうやっても妖夢吊れるんですけどね、
萌える前から発言数が多めだったあたりも含めて萌系っぽくないなと思ったんで
素直に灰で一番怪しいと感じたところに投票しました。

Z3  「飽和するならそんなの狼が柱に出ないのが悪いし……」
これがちょっと何か持ってそうに感じました。
狼の人数が見えているか、マニアの行方をしっているか。」
[密]流石兄者 「は~~~~~>ノッブ●」
Z3 「萌えを扱いにくいって言って真を追うか迷ったように見えるレミリアは気になるけど
この村、萌えた占いCOを萌占い師かもって追いかけられるような陣営数じゃないと思うし」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ 」
時津風 「占い遺言…」
古明地さとり 「2死体なんですけど!?」
シノビ 「ゆっくり妖夢は萌狼だったのか?萌狐だったのか?
劣化狼による萌え騙りだった場合マニアの先は狼が濃くなりますが
断定するには証拠が足りないというのが現実ですね。
真萌占い?己の不幸を呪ってください。」
魔理沙 「おはようなのぜ
萌えは残せないよな」
レミリア 「遺言的に言うと呪殺ありそうね…」
流石兄者 「2死体とかいうあれ>片方占い」
Z3 「単に狼が増えたとか飽和とかの話題があったから乗っただけよ>春」
ノッブ 「なお無残位置>Z3」
魔理沙 「おーん?2死体で境界と占い遺言だな」
ヲ級 「ヲッ!?(占い遺言ある?)
ヲー(でも日記は無い)」
IA 「2死体で、サーバル占い日記かー
狐っぽいかなー」
森久保乃々 「ひぃ…!
2死体とか…むーりぃー…
サーバルちゃんの占い、日記がないんですけど…」
時津風 「呪殺もしくは逆呪殺かな?」
古明地さとり 「占いと、境界師
まず別死因があるのは占いの方が多いですけど、断定もできず」
シノビ 「二死体かつ毒遺言無しだと銃殺に期待したい所ですが。」
「境界師は真なら強いんでうわ~という感じ。
何の死体だかよくわかりませんね。」
Z3 「呪殺なら後で占い師が出てくるでしょうし
真占い師の逆呪殺は見たくないし」
ジロウ 「かーっ!戦力噛みされちまったわ!かーっ!
お疲れ様だ」
ヲ級 「ヲッ(2死体、銃殺出見るか逆銃殺出見るか?)
ヲヲー(個人的には銃殺出見たい)」
流石兄者 「森久保放置のグレランでいいじゃろ
IAは好きにすればいいよ、どうせ灰だし」
レミリア 「いや、サーバル占いで普通に噛まれてるって可能性もあるから
あんまり関係無いのかしら」
サーバル 「…いや待って何この子狐包囲網―!?>狩人×3
お疲れさまだよ、でもってこれ遺言失敗したかも、ごめんねー!><」
ジロウ 「完全にレイフォールガン狙いだろこれは」
ノッブ 「呪い疑惑があって位置がIAなら普通にCOを求めるのもやぶさかではないと思うわし」
魔理沙 「呪殺かあるいは呪いでもあるのか 遺言的にはサーバルが噛み以外の死因な気もするが
正直日記が薄い」
シノビ 「どちらが噛まれるかだとジロウ(というかサーバルが噛む位置ではないと思っている)なので
森久保さんは灰よりの○という感じ。」
古明地さとり 「呪殺みるなら、他に占いがいて
逆呪殺なら、悲しいかな真がほぼ死んだことになり
まあ暗殺とかならそもそもどっち噛まれかも分からないとかいうアレ」
シノビ 「◇魔理沙 「なんの人外かは気にしないとだめだろ?>シノビ
狼ばかり吊ってたら狐に勝たれるとか普通に起こるぞこれ」

そしてそれを警戒して狐を吊る事に躍起になれば飽和するという奴ですね。
どちらを吊ってでも日数を先に送ることが大事だと思いますが。
重ねて言えば吊った場所の中身を考えることと吊り順を考えることは別というのが私の主観です。」
ヲ級 「ヲッヲ(これが暗殺死体とかなら明日以降も2死体でるだろうからそれはその時)」
「サーバルは一応占い遺言なんですけどね、
流石にこの書き方じゃちょっと信用したくないです。」
時津風 「それだと、ジロウさんのほうが呪殺か暗殺とかですか?>レミリアさん」
Z3 「これが呪いだと真占い師が死んだって事になるから呪殺で話を進めていきたいわ……」
流石兄者 「ま、ノッブも灰っちゃ灰だがな
個人的にはジロウ噛まれたんだろうなってぐらい」
古明地さとり 「ただ日記もないし、あまりサーバルさん信じたくはないんですよね」
ノッブ 「暗殺ならまだ桶狭間で希望は前に進む可能性が残されているのでセーフ>さとり」
森久保乃々 「け、結局はグレランになるしかないと思うんですけど…
逆呪殺はあんまり…
日記の有無って結構大きいんですけど…」
サーバル 「森久保乃々 「ひぃ…!
2死体とか…むーりぃー…
サーバルちゃんの占い、日記がないんですけど…」

いや日記に書くことなくて…メモに軽く書いてはいたけどw;」
ヲ級 「ヲー(急遽、結果だけ書いて村が混乱するようにしました有るからね)>春」
シノビ 「逆銃殺だと村の勝ち筋が更に減るので切りたいとは思いますが
それはそれとして吊り先を作るという意味合いでIAにCO聞きたいなら止める気はないです。」
レミリア 「ま、森久保は灰から除外してグレランでいきましょう。
サーバルの真偽は後に考えるしか無いわ」
IA 「たしかに暗殺がいる可能性はあるねー
ガンガン使って行かないとまずい村だしー」
「偽で境界師遺言ってあんまりなさそうですよねぇ。
騙ってもすぐに破綻しますし。>流石兄者」
古明地さとり 「もりくぼさんは今日はまだ見なくていいかな、くらいの位置として
グレランするか、IAさんにCO聞くか、といったところ」
Z3 「ただこの村で萌えるのは狼か狐だけっていうのは念頭に置きたいわね>兄者
真萌占い師? 見るの嫌でしょ……」
時津風 「暗殺者がいて人外切ったのならありがたいけど」
レミリア 「>時津風
うん、だから直感的にはサーバル呪殺かなと見たけど
可能性はゼロではないのよね。」
流石兄者 「日記有無考えるよりは人外吊るかどうか考えりゃいいだろ
とくに森久保視点はそうなるじゃろ、唯一の〇がお前なんだし」
シノビ 「境界師に破綻はあまりないですよ?
割れることはありますけれど。」
ヲ級 「ヲ(サーバル噛みなら暗殺とかいそう)
ヲッ(ジロウ噛みなら銃殺が本線だと思う)」
古明地さとり 「私としてはさっき言ったようにそこまでサーバルさん信じないので
グレランかな、と」
IA 「昨日気になってたところは魔理沙さんかなー。
ログとり忘れたからどんな発言してたか忘れたけど、狐気にしすぎてる感が強かったところ」
時津風 「今のところ可能性がたくさんあるから追いすぎるのもよくないかな?」
ヲ級 「ヲ!!(私もグレランで良いと思いました)」
レミリア 「>さとり
サーバル信じる、信じないとしても森久保を積極的に吊るすって意見なのかしら?」
流石兄者 「それはあるな>春」
流石兄者 「それはあるな>春」
魔理沙 「完璧でなくとも人外の中身に当たりはつけないといけないだろ>シノビ
というか飽和するならするでそれは仕方ないだろ
狼が柱ださなかったならそれは狼のせいだし
LWだったなら狼が狐を噛めなかったかあるいは村が狐を吊れなかったってことになるからそれなら納得できる」
Z3 「シノビも触れてたわね>IA
あの流れならシノビの方が印象は良くなる形」
時津風 「狐3だから気にするのも分かると思うけどね>IAさん」
古明地さとり 「暗殺いるかどうかは明日また2死体が上がるかどうか、でしょうか
さすがにこの陣営で初手ぶっぱする暗殺が今日は止まるとも思いませんし」
「割れることもあるけど破綻もなぁ。
まあ今はこだわる話じゃないか。」
ヲ級 「ヲ(山彦かと一瞬思った>兄者)」
レミリア 「やまびこかしら」
古明地さとり 「いや、別段疑う位置じゃないかな、といったところですね>レミリアさん」
ノッブ 「あとで考えるのあとはいつ来るのか?
ノッブは訝しんだ」
シノビ 「>魔理沙
少なくてもそうやって人外に責任を押しつけるスタンスは好みではないですね。
例え吊りが足りなくとも、です。」
Z3 「一人山彦である」
IA 「狐はどっちかいうと防波堤みたいなものだから先に気にすべきは狼じゃないかなー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サーバル 「レイフォールガン!?なにそれなにそれー?(きらきら>ジロウちゃん」
森久保乃々 は 時津風 に処刑投票しました
Z3 は レミリア に処刑投票しました
シノビ は 魔理沙 に処刑投票しました
ノッブ は IA に処刑投票しました
古明地さとり は 春 に処刑投票しました
IA は 時津風 に処刑投票しました
春 は 魔理沙 に処刑投票しました
ジロウ 「飽和は霊界目線じゃ7
人狼目線じゃ…9前後か」
時津風 は シノビ に処刑投票しました
ヲ級 は 流石兄者 に処刑投票しました
流石兄者 は ノッブ に処刑投票しました
レミリア は 流石兄者 に処刑投票しました
魔理沙 は IA に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジロウ 「>レイフォールガン
ロボバトルが得意なフレンズだぞ
図書館にもそう記されている」
古明地さとり は 春 に処刑投票しました
森久保乃々 は 時津風 に処刑投票しました
シノビ は 魔理沙 に処刑投票しました
ヲ級 は 流石兄者 に処刑投票しました
春 は 魔理沙 に処刑投票しました
時津風 は シノビ に処刑投票しました
サーバル 「ばらばらだー!
これは票読めないなぁ。」
ノッブ は IA に処刑投票しました
レミリア は 流石兄者 に処刑投票しました
サーバル 「ろぼ…?
バトルということはハンターさんなんだね!すっごーい!」
ジロウ 「狼も仲間庇うために無理に票替えもしないだろうしな」
Z3 は 魔理沙 に処刑投票しました
流石兄者 は 時津風 に処刑投票しました
IA は 時津風 に処刑投票しました
魔理沙 は IA に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジロウ 「兄者が時津風に票替えしたな」
森久保乃々 は 時津風 に処刑投票しました
Z3 は 魔理沙 に処刑投票しました
IA は 時津風 に処刑投票しました
ジロウ 「もう一人は…?Z3か」
シノビ は 魔理沙 に処刑投票しました
ヲ級 は 流石兄者 に処刑投票しました
時津風 は 魔理沙 に処刑投票しました
古明地さとり は 魔理沙 に処刑投票しました
サーバル 「まあ占い師は吊り逃れしますね。
本人視点真占いが見えてるので。」
流石兄者 は 時津風 に処刑投票しました
レミリア は 流石兄者 に処刑投票しました
ノッブ は 時津風 に処刑投票しました
ジロウ 「あっ…(初日夜)」
春 は 魔理沙 に処刑投票しました
サーバル 「狼さんがこっちに来るかな?」
魔理沙 は 時津風 に処刑投票しました
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Z3 は 魔理沙 に処刑投票しました
時津風 は 魔理沙 に処刑投票しました
IA は 時津風 に処刑投票しました
シノビ は 魔理沙 に処刑投票しました
魔理沙 は 時津風 に処刑投票しました
古明地さとり は 魔理沙 に処刑投票しました
森久保乃々 は 時津風 に処刑投票しました
ジロウ 「勝負の分かれ目って感じだよな>兄者対魔理沙」
流石兄者 は 魔理沙 に処刑投票しました
ノッブ は 時津風 に処刑投票しました
レミリア は 時津風 に処刑投票しました
ヲ級 は 時津風 に処刑投票しました
春 は 魔理沙 に処刑投票しました
再投票になりました( 4 回目)
3 日目 (1 回目)
1 票投票先 1 票 →魔理沙
Z30 票投票先 1 票 →レミリア
IA2 票投票先 1 票 →時津風
シノビ1 票投票先 1 票 →魔理沙
時津風2 票投票先 1 票 →シノビ
ヲ級0 票投票先 1 票 →流石兄者
流石兄者2 票投票先 1 票 →ノッブ
古明地さとり0 票投票先 1 票 →
ノッブ1 票投票先 1 票 →IA
森久保乃々0 票投票先 1 票 →時津風
魔理沙2 票投票先 1 票 →IA
レミリア1 票投票先 1 票 →流石兄者
3 日目 (2 回目)
1 票投票先 1 票 →魔理沙
Z30 票投票先 1 票 →魔理沙
IA2 票投票先 1 票 →時津風
シノビ1 票投票先 1 票 →魔理沙
時津風3 票投票先 1 票 →シノビ
ヲ級0 票投票先 1 票 →流石兄者
流石兄者2 票投票先 1 票 →時津風
古明地さとり0 票投票先 1 票 →
ノッブ0 票投票先 1 票 →IA
森久保乃々0 票投票先 1 票 →時津風
魔理沙3 票投票先 1 票 →IA
レミリア0 票投票先 1 票 →流石兄者
3 日目 (3 回目)
0 票投票先 1 票 →魔理沙
Z30 票投票先 1 票 →魔理沙
IA0 票投票先 1 票 →時津風
シノビ0 票投票先 1 票 →魔理沙
時津風5 票投票先 1 票 →魔理沙
ヲ級0 票投票先 1 票 →流石兄者
流石兄者2 票投票先 1 票 →時津風
古明地さとり0 票投票先 1 票 →魔理沙
ノッブ0 票投票先 1 票 →時津風
森久保乃々0 票投票先 1 票 →時津風
魔理沙5 票投票先 1 票 →時津風
レミリア0 票投票先 1 票 →流石兄者
3 日目 (4 回目)
0 票投票先 1 票 →魔理沙
Z30 票投票先 1 票 →魔理沙
IA0 票投票先 1 票 →時津風
シノビ0 票投票先 1 票 →魔理沙
時津風6 票投票先 1 票 →魔理沙
ヲ級0 票投票先 1 票 →時津風
流石兄者0 票投票先 1 票 →魔理沙
古明地さとり0 票投票先 1 票 →魔理沙
ノッブ0 票投票先 1 票 →時津風
森久保乃々0 票投票先 1 票 →時津風
魔理沙6 票投票先 1 票 →時津風
レミリア0 票投票先 1 票 →時津風
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2019/03/20 (Wed) 23:30:17
「あわわ」
Z3 「あらお疲れ様」
時津風 「お疲れ様です」
シノビ 「お疲れさまでした。」
古明地さとり 「おや、お疲れ様です」
レミリア 「あら」
ノッブ 「ゆ、ゆるされた!」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ 引き分けは予想外」
サーバル 「引き分けたー!
みんな、お疲れ様だよー!」
「魔理沙狼だったけど引き分けちゃった~」
森久保乃々 「お、お疲れ様なんですけど…
真狩人だったんですけどぉ!?
あ、境界師って護衛制限!?」
流石兄者 「お疲れさん」
魔理沙 「お疲れ様でした」
レミリア 「お疲れさまよ」
IA 「ひぇ>人外」
ヲ級 「                             ┃   ━━┓
                             ┃   ━━┫
            ,. -、 __ィ==ニニニニニニニ=<二ト。、.┃     ┏┛
.          ,ィ" >"二二二二二二二二\ニニニ`ヽ...   ┛  ━┓
       //二ハ¨\二へ>、=/ ̄¨/二二>xニハ.        ┛
   __   _,ィニニニ=へ  ヾ{__人__} _/ ̄>=ニ二二Y¨ハ ━━━━
  (_)`</ニ{ ̄¨\,-、Y-、/\/У./ . ノ{'"   __/ニ.マ_ソく‐、
   >ニ/=ソ¨`‐、___〉、__>ヽ.┴'"‐イ二ニ≧≦`ヽ___}二\__)::}
   ァ、{ニlニ>‐≦二二二二二二二二二二>‐<ム==(_)>、ニ}
  乂リ゙`乂二>⌒У¨Y¨≧¨{ ̄ ̄ }≦ ̄ハ.     ∨二ニ>イニソ
.     弋>".   Y.  {┳┳l.    リ ┳┳i}‘,.   \ヾ_>''"
.    >"    >'ヘ.   {┃┃∨\/ ┃┃ノ_,ィ\   \',`ヽ
  Y   、 >"/ / ゝ从┗┛.      ┗┛ノノ /.∧    Y ). ヘ
   `ヽ  ゚。{ (  {. 八.      /\   //  ,ィノ   ノ"_,..イ
   イ===' ゝ、ィゝ-、N> __  ̄ ̄ __乂乂_{(_イ( ,ィ"zイ
                      ̄ ̄
Z3 「護衛制限ね>森久保」
ノッブ 「引き分け上等で草ァ!!!!>狩人狩人猟師」
シノビ 「いるものですね。>狩人マニア」
IA 「おつかれさま」
流石兄者 「ノッブが時津風に入れたの見て即魔理沙に変えるスタイル、なお引き分け」
古明地さとり 「…案外なんとかなりそうな中身でしたね……
まあ魔理沙さん投票継続できていたのは良かったのですが」
時津風 「狩人3!」
ジロウ 「お疲れ様だ
これはこれで良かったかもしれんな>引き分け」
ゆっくり妖夢 「まああの形なら狐側も引き分けが最良かなって」
「これは勝てる戦いだな~残念~」
古明地さとり 「司祭系は基本護衛制限ですよ>もりくぼさん」
Z3 「サーバル狩殺し……なる程」
サーバル 「後さとりちゃん、久しぶりにまともな役職だって張り切ってた時に即ハンターさんのお持ち帰りはやめて―!?><
せっかく占いさん頑張ってたのにー!(ぶんぶん」
森久保乃々 「あ、しかも私コピーされてたんですけど!?
も、もりくぼビックリなんですけど…」
流石兄者 「魔理沙吊ってそのあとレミリアかヲ級占うつもりでした
3回目も俺投票とかすげー残したくねぇ!で」
ヲ級
                                  ┃   ━━┓
                                  ┃   ━━┫
.              ,. -、 __ィ==ニニニニニニニ=<二ト。、.┃     ┏┛
            ,ィ" >"二二二二二二二二\ニニニ`ヽ...   ┛  ━┓
            //二ハ¨\二へ>、=/ ̄¨/二二>xニハ.        ┛
.     __   _,ィニニニ=へ  ヾ{__人__} _/ ̄>=ニ二二Y¨ハ ━━━━
.    (_)`</ニ{ ̄¨\,-、Y-、/\/У./ . ノ{'"   __/ニ.マ_ソく‐、
.     >ニ/=ソ¨`‐、___〉、__>ヽ.┴'"‐イ二ニ≧≦`ヽ___}二\__)::}
.     ァ、{ニlニ>‐≦二二二二二二二二二二>‐<ム==(_)>、ニ}
.    乂リ゙`乂二>⌒У¨Y¨≧¨{ ̄ ̄ }≦ ̄ハ.     ∨二ニ>イニソ
       弋>".   Y.  {┳┳l.    リ ┳┳i}‘,.   \ヾ_>''"
      >"    >'ヘ.   {┃┃∨\/ ┃┃ノ_,ィ\   \',`ヽ       ヲッ(狩人マニア増え怖)
.    Y   、 >"/ / ゝ从┗┛.      ┗┛ノノ /.∧    Y ). ヘ
.     `ヽ  ゚。{ (  {. 八.      /\   //  ,ィノ   ノ"_,..イ     ヲー(殻に籠っていよう)
.     イ===' ゝ、ィゝ-、N> __  ̄ ̄ __乂乂_{(_イ( ,ィ"zイ
      <} ̄ニ=ハ     ̄¨¨¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨¨ ̄ ,ィニ==―勺
        入<}   ム                /     く>八
       ̄\    }                   {      ,ィ ̄
          `≧s、.ノ               V___ .。イ/
         >s、                    ヾシ  /
         ,'ハ  ≧s。_             _s≦
          {::/  _    ¨  ニ = - = ニ ¨ _.   ',
         V  {::::Y             {:ハ   }
         \ ヾノ   rャ:::}        Vリ , '
          _≧s、   ::::ノ     r::ォ   .ィ
          \,'  ≧s=ニ __  ニ=s≦乍=-
               {                  }/
           ヽ,ィ 丶         ,ィエ≧s、
           /   _ノ         {_     \
          /_ 。 '≧s。. __ _。s≦ ¨  ―
                   V ./ ,.:::i{
                   V /. : i{
                      V. : : i{
                      \ i{
                     `
時津風 「狩り殺しだったかぁ…」
シノビ 「占いがジロウ○ノッブ●でサーバルは猟師の狩殺しですか、なるほど。」
ジロウ 「ジロウさんをレイフォールガンを守るものとカウントすれば狩人4体制とはな」
ノッブ 「ちょっとチャンピオンの噛みデコイ強すぎんよ^~~~~~」
レミリア 「捨て票でも良かったわねえ」
古明地さとり 「狩りごっこが得意なのが悪いです(震え声)>サーバルさん」
Z3 「魔理沙が吊れたら良かったのだけどね
惜しかったわ」
サーバル 「思いっきり最良ですね>ゆっくり妖夢様
天界視点の話ですが、狩人3は割と絶望感がw」
森久保乃々 「完全に勘違いしてて
「もりくぼ夢守人なんですけど…」って思ってたんですけど…! >Z3さん」
IA 「サーバル占い日記で、吊るし来られそうで…
狼視点、私天狐可能性もあるわけで」
レミリア 「>森久保
このレミリアが命じるわ!
デスクから出てきなさい!(ふはは」
古明地さとり 「                 ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
                   --ニニニニニ--   \
         /  /  ̄          ̄  \  \
      _彡  /                 (⌒⌒)
.         / /                  \/ト--
       /        /              \:\
        /        /Λ        |     |       \:\
             斗 7 ̄| ̄    ̄| ̄   ト    |  ヽ: :.、
       l      |||/  :|       | Λ  |    |  | Λ :.
     ||   |  ||| _|       |_ ∨|    |  |  |: :i
     ||   |  ||rテテテ  l\   テテテ┐   |  |  |: :|     あの、猟師なんですが
     |八   |  ||Τ)ん/}\|  \ | ,)ん/「   Λl 小  |: :|
         |\   |八 乂 ^ソ      乂 ^ン Λ/    |   |: :|      これ私が何とかしないといけないやつでは?>狐3
         |  l\{ |W//         W//   ノ     |   |: :|
         |  |  込                / /   ノ |   |: :|       ×
         |  |ト ,  个. .      _ _     /イ  / /} ノ   |: :|     →サーバル(狩り殺し)
      八  \\ {冖ー≧=-     -≦/}/}/ /    |: :|
    ―‐ 、 ⌒ _ 斗匕⌒ |    | ⌒'~ミ _     |: :|
. //⌒\ヽ |    ∩    {       }   ∩   |     ノ: ノ
 |: :|     ./ 乂  | |    Λ     /    | |   ノΛ二二 ̄\
 |: :|    /  | ∪    Λ   /    ∪   |  Λ/:./  \:\
  \\.  /   乂         ∨ /          ノ   ∨.     \: ヽ
   \\{      乂 ∩   (⌒⌒)   ∩  ノ      }       }: : }


1日目 ×
古明地さとりは……ペットを自ら狩って飼っていたのだ!(ババーン
いやこれ本当どうなんでしょうね……

2日目 サーバル 狩ってしまった……
狩れたときリターンあるのはノッブさんなんですが(黒狐以外でゆっくりさん破綻)
それを確かめるのもなあ……ですし。
かといって何処か狙える場所が……って感じですし
狩りごっこが得意らしいサーバルさんに。私の狩りはごっこではないですよ?」
Z3 「翌日、護衛成功の無い衝撃が森久保を襲う>森久保」
古明地さとり 「割と真面目に狩りごっこ(本気)が理由です()」
シノビ 「レミリアさんは森久保さん護衛しますけど
(潜っているから)森久保さんは灰護衛なのでレミリアさんを噛めるかどうかですね。」
サーバル 「ちなみに3昼の会話改めて追ってくと狩り殺しは見えるかもです。
さとり様がすごい勢いで私の占い偽主張してますw」
森久保乃々 「も、もりくぼのおうちが机なんですけど…
出て行っちゃったらもりくぼ帰る所なくなっちゃうんですけど… >レミリアさん」
時津風 「これ、マニア即出て相互護衛でも良くなかった?」
流石兄者 「IA?ノッブが入れてる時点で吊らせてたまるかでしたわ
なおLFであった、HAHAHA」
ヲ級
        ,,. -― -   .,
       イ:::::::::::::::::::::::::::〈 ` 、
.   __/ノ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.,_ノヽ
  └―┤::::::::::::::: ∧::::、::::::::::::::::::/    ヲッ(どっちかっていうと占いある?と思った)
    └┤|∨∨∨ ∨ ∨∨<⌒ヽ
.    /7 ,/∨ヽ  「`ー-l  〉 〉ヽ    ヲー(昼吊るすの無理くない?思ってた>IA)
    /, ム 〈┬┬ \{┬┬|  l /  〉
   ' i  ∧ | ヽノ     ヽノ.ム /..j' ./   ヲッヲ(実際は入れてたら吊れてたらしい)
  ノイ /レ'i〈    、    ,l ::∧:〈
    |: l  レヽLLLLLLL,イ. ! | ヾ、
    ヽ{  〈 ̄iーォレ ̄「l::<. i::i    `
        j「 `7l i ,∧V:\リ
         j「 / j i  __,>'ュ::::\
       . j「く::〈;;;;X:::::::〉::ヽ:::::::>
        j「  `l / |`7^ー'´V´
       .j「 . l/ |/
古明地さとり 「まあ狩りかはともかく私がサーバルさん呪殺の占いは見られるかも、とは思いましたね……w」
流石兄者 「占い日記

ジロウ〇>ノッブ●

ジロウ占い理由
草>7人外+マニア
吊りカツカツ過ぎて笑う、じゃけんチャンピオン占いましょうね
無敵のレイフォールガンでなんとかしてください!

ノッブ占い理由
ノッブの扱い面倒になりそうなので占います
呪殺出たら楽なんだがなぁ~~~~~

※は~~~~~~>ノッブ●とかいう辛い奴
 そして俺夢否定されサーバルが謎の死を遂げている、なんじゃこりゃ」
流石兄者 「日記供養」
時津風 「いや、狩り殺ししてたほうがいいのかな?」
ノッブ 「狐コピー想定で〇人外噛み上等でIA噛もうとして占い日誌無い体たらくなので
順当にやってたら狼は本能寺案件」
サーバル 「IA様はごめーんっ!?><
2死体で遺言出すこと想定しなかった私が甘かったのー!!」
IA 「選択肢としては十分ありだったかなあ…>マニア即出」
流石兄者 「俺視点、何が起きたでしたわ>サーバル無残」
森久保乃々 「続いてたら多分そんな感じになってたんですけど…! >Z3さん」
サーバル 「ええええw>狩りごっこが理由」
レミリア 「>時津風
うーん…どうだろう、狐多いのもあってちょっとね」
「私的には、真証明していないマニアラインの相互護衛は
万死に値する罪ですね。」
Z3 「わーい狩ごっこだね」
シノビ 「>マニアは出てよかったのでは
私なら出ますけれど潜るのも、わからないでもない……かな?
1GJは出ますけれど逆に言うと1GJしか出ないので。」
流石兄者 「なんつうか、俺めっちゃ信用されなさそうな占い結果持ってんなぁ~~~~」
ジロウ 「初手COから相互護衛も強そうだよな
ただのほぼ確定○じゃなく噛まれず残ってくれるんだ
灰噛みから非狼人外噛みも期待はできるし
Z3 「萌狐が●を出す可能性はあったから別に大丈夫よ>兄者」
ノッブ 「妖夢真萌か萌狐ってだけじゃから別に……>わし●」
サーバル 「狩人マニアは今回なら即COからの進行役もできましたね。
この村の状況なら「信じて進む」しかないですから。正直吊る余裕ない。」
森久保乃々 「狐に見られるかどうかですけどね… >マニアライン即出る

出られたら出られたでもりくぼはコピーされた恐怖のあまり机の下に隠れるんですけど…」
時津風 「ところで…」
時津風 「私どう動けばよかったんだろう
賢者って面倒なんだけど」
レミリア 「>兄者
ノッブ●はちょっと厳しいかもしれないわねえ…」
流石兄者 「どうせうおおおおおでごり押しされる」
サーバル 「村の編成がまさにそんな感じですねw<狩ごっこ>Z3様」
ヲ級
                   ,. -=ニニ=-
                    /ニニニニニニニニ>
               イニニニニニニニニニニニニト
                 / /ニニニニニニニニニニニニヽ丶
             /ノニニニ/ ̄\ \// ̄//ニニニ\`、   〃)
            〃l   /ニニ/  \>―>=<―</    \ニム〃)Ⅳ
         Ⅵ〃lニニ/_  -=≦ヽ_〉_〉」/_/_/≧=--- _<ニニ=ⅣⅣ    ト
          ⅥⅥニニ< / ⌒ヽニニニニニニニニ/  ヽニニⅣⅣ    } l     ヲ!!(マニア狼の場合なら
    ∩     ⅥⅥニlニ/   }ニニニニニニニニ八   マニⅣⅣ    / l        飽和避けで身内ぶち込みパターンが?)
     ヽ二二ヽ IⅥⅥニ/    /爪 /Ll_    斗ヘ  人   マiⅣⅣ)ハ   / /
        \\Ⅵ/    / l┬‐┬ヽ   {┬‐┬/ ∧   \ノ)ニニ/ / /
       ,.-┴┴'    ト /ノゝL;;;;」  \( L;;;;」/ l }イ     \V ̄   /
      /         入/〈            /   //ニ\    丶---- 、
      {   /ヽ{{>‐< 人  リ≧┬┬┬┬ (  // \ ̄ \___   ヽ
      ヽ /    \_/  {/、 Vー┴┴┴≦ヽゝ/////\      }    l
   ∩   / /            ///∧ / / {ニ}′i \/////////\   /  /
   ヽニ/           //////V {  ¨  l   ////////////\ ∥ /__
              ///////从 !     l .////////////////ヽ_ ノ
             //////////∧ i     l ヽ///////////////////\
             /////////////ノ≧s。   ィ仁ム////////////////////\
            //////////////ニニニ〈   〉ニニム///////////  ̄ ̄ \\
         //// \//////{ニニニニヽ-/ニニニニム~~―''"          \l
           ///    \///人ニニニ>'" ̄ ̄ マニニニム
                   ̄   》==7         ``ヾ<ニニ7
                       ∠ニニl           ヽニム
ゆっくり妖夢 「証明したら面白いから他に適当に投票しよう()」
「可愛いので許せるかどうか、そこが問題だ>森久保さん」
シノビ 「>時津風
どう動くもなにも特別なことが必要な役職ではないですよ。
ニートとやることは変わりません。」
IA 「普通に投票しておけばいいんじゃないかなー>時津風
一発ツモ(土蜘蛛)発生してしまったら諦めるで」
流石兄者 「とりあえず村のように怪しい奴吊りにいけばいいんだよ
賢者による真証明とか流れで起きればいいんだよ!(きりり>時津風」
古明地さとり 「初日ゆっくりさん以外投票で土蜘蛛否定(ここで熱病付けたら運がなかったと思おう)>時津風さん
その後は…とりあえず吊れなさそうなとこ投票で証明チャンス待ちでしょうか?」
Z3 「そうね、村人陣営が吊られて良い余裕が無いから>時津風
魔理沙へ票変えたのは良い判断よ
二回目に変えても良いくらい」
ジロウ 「初日は灰投票で何かのアピールになること期待するとかか?>賢者
土蜘蛛扱いされたら…何か知的な面を見せていくとかよ」
時津風 「う~ん」
ノッブ 「戦とはそこに行くまでが云々~~~負けなきゃいいんじゃ上等だろうが!
村建てに感謝じゃ したらな!」
古明地さとり 「ああ。でもこの村ならとにかく普段は人外狙って投票するべきでしょうね」
流石兄者 「土蜘蛛をあえて放置するのもこの配役だとありな気もする(こなみかん」
「自分的には時津風さん一番村目で見てたんですよね。」
サーバル 「真占いさんから〇が出る自覚の村人さんかな?<賢者>時津風様
初期陣営的に吊り余裕がないので「自分が死なないこと」が一番大事。」
ヲ級
                             V
           _ - ─ニニγ  ̄ `丶   V
       >二二二二二二∧      \  V
    __ イ二二二二二二二二≧=-  __ _ノ\∨
   /7二二二二二二二二二二二二ニL//l/lニ!V
  / /二二二二二二二二二二二[二ニT//l/lニ! V
  l/二二二二二二二二/ Y´ l二r=ニニv/Vlニ!ノ    ヲッ!(賢者とは初手土蜘蛛や
 /二二二二/V⌒レ、/l/  /__/ニニイ  \>ニ/           他の証明前に痛恨でたら
イ、ニ二二二\!_L∧イニ7 _/<  i! \  \/  /          サヨウナラ な役職では?)
ヾ>、二二二二ハ/ヽ_ニ/T>イ .//  l   \   /
 ヾ/ > ⌒ヽ二└入-ト ── /ニニ レ    \ _/ \
   /l   ∧l ニ=-          ,,|     Vヽ、!
    ′ /!〃       _ ,_ィl__s<|       !/  /
  / /  / l 入,,   r-、__r-ィl Llニ/ニ!       l   /
. / ヽ、 i l!     Tマ マ!-十ニイ⌒ V 、   /  l
. 7   / レ´ V  ト ! ≧//!:::l  マ マ
/  /  l!  \ /  /// l:::::!   マ マ、 _
ー-/    l!       ノ//  T    }マ マニ\
  /  __ノ    / イ-ム |  ノ /⌒マニニヽ」
時津風 「最初の引き分けで一旦待っちゃったのがいけなかったかな?
仕方ないけど」
流石兄者 「時津風と魔理沙ならギリ時津風吊りでいいかなって思いました、まる」
Z3 「ああ、初日は妖夢吊りが主流だったでしょうし>時津風
他の怪しい人に投票しても良かったかも」
サーバル 「土蜘蛛を見て、狩人が狩り殺しに動いて殺せなくて「あれ?」ってなる図が見えるよー>土蜘蛛?放置」
シノビ 「土蜘蛛疑惑を別にしたとしても真証明の確率が1/7以下なのと
灰投票して村に痛恨つけるとかデメリットもあるのと
投票外したらそういう役職だという目で見られるので、あまり真証明は意識しなくていいと思います。」
Z3 「流石兄者が魔理沙に投票すれば良かっただけだから気にする事ないわ>時津風」
古明地さとり 「とりあえず大事なのは
「○○という役職である」前に「村陣営である」という意識が大切なんです」
IA 「それじゃおつかれさまー
引き分けは助かった…」
森久保乃々
                    -――-  _
            >''"       /   `ヽ、
          /  /    /  /         \
           ⌒つ  O  / /√    { O r'"丶     それでは、もりくぼも机の下に帰るんですけど…
          /(_ノ      / | |        乂 rへ
       ∥  ∥/    /―- _| \__ィ     乂;;ノ┐    一緒に遊んだ皆さん
       j     !      √ __  | ̄ \{ w,,__  {以イ      村立てしてくださった仮GMさん
       |   /{    ∥ ミf冖笏苡ミ   \\ ̄   }       鯖管さんにありがとうございますなんですけど…
       { / !   ||  人. 代;;;ソ}     云xミ| }j
     ー-=彡 _,从l   トl|    とう;;;;ン    {{::j}》.j //     何故かわかりませんが、レミリアさんはコピーありがとうございます…
          |  /   人 ||  l|川||l      弋ぅ / /       もりくぼ、コピーされた衝撃でアイドルやめたいです…
         | {(   ヽ|               イイ\_
      _}  \ ̄ヽ          にニ=;;--, {  ̄ ̄       むーりぃー…
      /fシ /  >--、           ー `"   八
     { 乂/ /__// /\              /           それでは、お疲れ様なんですけど…
    〈乂__  ̄ノ(.弋/イ }     _  _  ィ个
    />‐'゙ ̄/ ̄ ̄ ̄`く       | ̄rい  )ヽ
   {(    /'" ̄`<::〃::::\   乂弋`ー彡ノ 〉
       .:::::{}:::::::{}::::\:::〃:::\   )ミ┬―<
       |::::::::::::::::::::::::::ヽ}::::〃;;;;/^y┐ メ;;;_::::::\
        :::::::{}::::::{}::::::::::::}::::「 / ⌒ Yヽ \ヽ::::::::、
         |::::::::::::::::::::::::::{:::V::|      }`    }/::::::i
          ::::::::{}::::::{}::::八:::{八     /\   V:::::::l
         |:::::::::::::::::::::::::::∨:::::、   √:::::ヽ   ∨::::i
         ::::::::{}::::::{}::::::::::|:::::::}   |::::::{}::::ヘ   )┐l
           |:::::::::::::::::::::::::::::|::::/_   |:::::::::::::::fY辷シヘ┐
          ::::::::::{}:::::::{}::::::::|>┴-ミュ:::::::{}:::::い:::::ヾソ::ヘ
            |::::::::::::::::::::::::::/:::{}:::::{}:::::}:::::::::::::::::∨冖'゙::::::::ヘ
           |::::::::{}:::::::{}/:::::::::::::::ヽ/:::::::::{}:::::::∨:::::::::::::::::}
「それじゃあお疲れ様です。
気が付けばもう春に・・・なってない?!
日付が変わってない~早く終わっちゃいましたね。それじゃ!」
ジロウ 「村建て同村ありがとよ!」
時津風 「じゃあ、落ちるね
村建て同村ありがとうだよ」
ゆっくり妖夢 「それじゃ村たて同村オッツオッツ 」
時津風 「って、普通村まだやってた」
ヲ級
               __ ,,,,, __
          _ =_≦///////≧=t.、
         ,.:"'" .//////////∧ .``、、
      rttf/从__,.ノ///////////人,..__从ftt、
     {三<////、///////////////////>三}   ヲッ(土蜘蛛見ても翌日吊るでしょ?
      {三≧、//!入-<V`Y',-"`!/r┐///≦三}       精神でGJ狙いに行く派CO)
     /V / `-t- i=|-{-!<--/ , ≦////!.∧
   ./ / `┤}、 / `"! ̄ ̄..7 ̄V \   ノ .∧
 , -"  ,/  /.! i.!. ┃ .V'、 i./ ┃ ./ | ̄ ! ∧
..}、   ,:'/  /.,' ., '、. ┃   `-'.  ┃ /_ |   i!  .',、
/  Y./  ./-!  'ト、_ ,.、 _. 。  ,  "/ !   i',  ::/!
  . .! {  , / {  |-、|  i .Y^Y`i".|T"/  ',   ! `t." |
  .| | , :"{  ',\,'  `≧三三三≦-{ ,  .}   } |  .!
` ..┘.!   .i      |:|:{ .|// } ,':/ i"V ./ V  ,' i  i
    `--┘     /::|::i | ,':,'::!    `" / .,' !  ;
           /::::H, | ,' i::::',     /  / |__.,}
レミリア 「それじゃお疲れさまよ!
みんなまたね」
古明地さとり 「「暗殺だから暗殺しなきゃ!」と無理に動いて
村の重要職をまとめて轢き殺してしまってはそれは村と呼べるのか?みたいな話もありますし」
流石兄者 「んじゃおっつおっつ」
サーバル 「落ちる方、お疲れ様ですよ~」
シノビ 「それじゃあお疲れさまでした。」
古明地さとり 「では、私も失礼します
皆さんお疲れ様でした。村建ても感謝します」
ヲ級
     _ -=ニニニニニ=- _
  _ -ニニニニニニニニニニ> 、
 ニニ/   /ニニニニニ∧⌒ヽ丶
 ニニヽ_  イニニニニニニニ∧  VニV
 ニニニニニニニニニニニニニ\ /ニV
 ニニニニニ/ ∨ ∨^∨∨^ニ、ニニニニ∨
 ニニニ/ V  l  |   | | Y V∨ニニニ∨
 ニニニ|  l _>-ー≦ー≧s__ノ !^lニニニ/
 ニニニl /^ iイ´l  ! l メ、  ヾLノ^ニ/
 ≧─-人i   Y^Y マ ', !Y^Y  }i ~レ´
  フ`ヽ{ ! l 八_ノ  ヽ l ! ノレ  ! !/ ',    ヲッー(葛の葉と魂の占い師と真占いの○を暗殺しても
 /  /人 ! ト  ィvwv   l  / ∧ ,         暗殺は村陣営…… そういうもの)
   / =彡 | 乂u/:::::::::::i ィ  イ  ! !
  /   γヽ!  }≧sニ イ / リ     ',
     /:::::::i  }\    /  i:ヽ i   !
     >:::::::l レ':::--\/^:i / ./:::ノ l  !
    〃::::::人i::::::::::/:::::::::レl /::::::} !   !
    レ::⌒ヽ::`::::::∥::::::::il::レ:::::::::} ,   l
   〃:::/ ヨ^l::::::::il:::::::::::li:::::::::::::_V┐  !
  {::::::乂┴イ::::::::i。:l::|:::i。::::::/:Lニ }ヽ l
  {:::::::::::"´::!::::::::::::::l::!::::::::::::l:::乂 ノ:::::}|
サーバル 「それじゃわたしも!
みんなばいばい!まったねー!!」
Z3 「やめろめろめろ(村ばかり暗殺し潜伏共有者を暗殺しながら勝利する暗殺者)」
Z3 「みんなお疲れ様
村建て同村感謝するわね」
ヲ級
                     _.. ..._
                 , ・ //////////_.`__
             , . , ・'//////////////     ` ヽ
              ////////////////./           ヽ
        ___{., '////////////////∧    <\    }ヽ
       └‐- /////////////////////`/<\\\_ -<//∧     ヲッヲー(おつかれさまでした)
        ┌-〈/////////,、////////!///l\\\_>/∧./∧
          ̄ \///.l` ヽ! ∨ヽγY   l '´ ///\_>/////l///l
               Y二ゝ ._.{_,L⊥'-〈_/ィ、/l'⌒V`ー 、//// ///l
            /   .l∧_{冖冂/ T´j.ノ, ・´.l   ヽ  \ _⌒≧V
            l   l {`r=〒l ̄ ̄| ̄ ̄| lヽ   \__ ̄ ヾ 、
           /   ./∧l l::::::::l ヽ\| l:::::::::::! l  i      \   `ヽ` 、
          , '   ./.ノ  } ゞー'  _  ゞー ', }  i         ヽ   i  i
         {   ./' /  .人_{`r‐v-v一r冖" !'ー 、ゝ+-- 、   ヽ   ! ┘
         l.   \〈__ \ \⊥__|_,.ノ-_''´/ ∨_ノ     ',    ', ^ '
          ` ヽ.   ヽ、 )ノ  / /!ヽ_/./ 人  \     .!    i
             ヽ   .}_/  ハ__∨__/_ヽ' ,   `ー- 、  .!  .r 、j
             > ´     //ー'ー'__>_       > l/V
             'ー―‐ ´`‐´〈_⊥___,,...._>ー-‐´`´