←戻る
【雛番外】やる夫達の闇鍋探偵村 [6719番地]
~シンプルな丸刈り~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する探偵村超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 電(GM)
 (dummy_boy)
[萌蝙蝠]
(死亡)
icon メイ
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[白狼]
(生存中)
icon 第一発見者
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[紅蝙蝠]
(死亡)
icon
 (48%◆
tRsydL8cUk)
[後援者]
(死亡)
icon 魂魄妖夢
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[人狼]
(生存中)
icon かじばどろぼう
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[ブン屋]
(死亡)
icon 迷探偵
 (花火◆
ajkmP.4j7M)
[潜毒者]
(死亡)
icon かばん
 (ヤーフ)
[伊呂具秦公]
[受援者]
(死亡)
icon 古明地こいし
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[夢共有者]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[精神感応者]
(死亡)
icon 阿良々木火憐
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[占い師]
(死亡)
icon クリーパー
 (コルクマリー◆
korKmarIEw)
[雛狐]
[共鳴者]
(死亡)
icon サーバル
 (チカ◆
jy5OME3hcw)
[尸解仙]
(死亡)
icon できる夫
 (キセノン◆
87u.1Zi1S.)
[潜毒者]
(死亡)
icon 妖精弓手
 (ひつじ飼い◆
yWiu9eVLK2)
[厄神]
(生存中)
icon レミリア
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[探偵]
(生存中)
icon エルメロイⅡ世
 (無銘◆
kglBc0msqc)
[蜜狼]
(生存中)
icon ドクオ
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[村人]
(生存中)
icon 紫式部
 (酉忘れた◆
V6XUcdX5zk)
[翠狐]
[共鳴者]
[能力喪失]
(死亡)
icon 魔理沙
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[印狼]
(死亡)
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
「錬金で飛んだ蝙蝠がいたわね…」
サーバル 「呪殺だと思ってたんだけどなぁ>死体2はブン屋だった」
かじばどろぼう 「圧が強すぎる。」
第一発見者 「かじばどろぼう は 紫式部 を尾行します
普通に失敗だったらしい」
阿良々木火憐 「ここで手違いで蜜噛みしてしまう展開…?」
魔理沙 「何か急に蘇生とか起こる可能性もあるからな。それで早噛みするとばれる」
電(GM) 「錬金はそんなに怖くないのです
一番ヤバイのは素の埋毒だと」
魔理沙 「130噛みだよ」
「譲り合いの精神」
紫式部 「本気で潜毒2人いたんですか…でやっぱりブン屋と」
「あ、錬金術師」
迷探偵 「迷探偵はすぐ退場するもの・・・>サーバル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
かじばどろぼう 「普通に受け入れてた俺ガイル。>トウコ」
阿良々木火憐 「なるほどぉ… >GMがIFVさんなので毒が霊界に吸い込まれる」
クリーパー 「じゃ紅蝙蝠結果はうっかりか……惜しかったよ>紫式部」
電(GM) 「電はコウモリなので毒は当たらないのです!」
第一発見者 「IFVさんがこっちに居るってことあ
毒が霊界に吸い込まれたのも必然」
サーバル 「生き残ったら強いのに…全滅早いw>潜毒」
紫式部 「そこは流石に知ってます>クリーパーさん
電(GM) 「まぁ基本OKとまでは行きませんかね
詰んだと思ったらOKであって、推奨とまではいかない
になってます」
かばん 「◇エルメロイⅡ世(人狼) 「式部は完灰の方が安全か
なるほどな」
紅混じりで誰が妖狐かはっきりしないから、たまたまなんですよぅ」
サーバル 「毒はもういないのですw;>第一発見者様」
クリーパー 「知ってた>メイ」
古明地こいし 「みんな殺された>潜毒者」
魔理沙 「ほんまや、私身内食らってるわ>2昼」
迷探偵 「GM、ちょっと毒足りてないと思いませんか?」
クリーパー 「毒……居る?」
サーバル 「GMが許可ださない限りはだめですね>早噛み」
クリーパー 「僕の言ってたのはひよこ鑑定結果が蝙蝠、って事だったんだ
比丘尼騙りって言ってたから分かってると思って任せちゃったよ……ごめんね」
第一発見者 「いや、まだだ
毒噛みがありえるから」
電(GM) 「探偵村は、早噛みは基本OKですよ」
魔理沙 「3Wで早噛みはねーな」
サーバル 「◇メイ(人狼) 「じゃあ狐なさそうだしガロード噛んで乙」
◇エルメロイⅡ世(人狼) 「では、ガロード噛みで終いとしよう」
◇魂魄妖夢(人狼) 「んじゃガロード噛みで終わりですかね」


仲良し3人狼であるw」
電(GM) 「お疲れ様なのですよ」
「あ、狩人いる可能性あるからダメね」
「早噛みかしら?」
クリーパー 「お疲れ様
惜しかったね……紅蝙蝠じゃなくて蝙蝠結果だったなら……」
サーバル 「紫式部様お疲れ様!
惜しかった、惜しかったよー!」
かばん 「お疲れ様です」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜっ!」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
迷探偵 「お疲れ様です」
阿良々木火憐 「フラグを立てていくスタイル!」
クリーパー 「探偵がMVPを掻っ攫っていく~~」
かばん 「村の役職自体はそれなりに強いんですけどねぇ、潜毒者2人とブン屋で」
魔理沙 「ふぉーおぶあかいんど」
「お疲れさまよ」
かじばどろぼう 「レミリアはランサー、はっきりわかんだね。(迫真)」
「みんなでコピペの時間?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
古明地こいし 「運勢Eのランサーかな?」
「◇レミリア 「これで狐で3w残ってたら運勢E-よ!」」
迷探偵 「村報告が決まってしまった・・」
電(GM) 「◇レミリア 「これで狐で3w残ってたら運勢E-よ!」」
サーバル 「◇レミリア 「これで狐で3w残ってたら運勢E-よ!」

フラグが入りましたーw」
迷探偵 「運勢-Eどころではないかと????」
電(GM) 「ぶっちゃけ村勝ちは初日から薄かったので……」
古明地こいし 「藤井四段をねらっていけ」
魔理沙 「まぁ騙りミスはしゃーない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サーバル 「あるあるですね>破綻オート吊り>かばんちゃん」
かばん 「ううん、惜しかったなぁ」
「ただ、探偵がどうあがいても村勝ちがないのよね」
迷探偵 「終わりましたかね」
第一発見者 「生存勝利しなきゃカウント外では?(新ルール」
かじばどろぼう 「時代の先取りなのでセーフ。(すっとぼけ)」
クリーパー 「京都在住の関西弁だからセーフ」
電(GM) 「2日目実行は別に問題無いとは思うのですが」
魔理沙 「連敗が16で止まる……体が軽い!もう何も怖くない!」
阿良々木火憐 「あ、指定変えたんだけど・・」
かばん 「破綻が見えたらオートで吊りってあるよね・・・
たぶん萌えるよりも吊ってもらえる」
サーバル 「あw;>妖夢様が気付いた」
迷探偵 「関西弁を使い出したのでアウトですね(」
かじばどろぼう 「精神を取り違える男、魂を見出す。」
古明地こいし 「魔法使い系統は仕様が面倒臭いからね~」
電(GM) 「あっ>いえ、噛まれてません」
魔理沙 「やったぜ」
「狼の勝ちかしらね」
クリーパー 「結果をどんな風にするか出して貰えばよかったかぁ……」
第一発見者 「アウト案件で狼勝利だな」
阿良々木火憐 「多分今の結果を後ろ貼ってたとかじゃないのかな?」
かじばどろぼう 「エルメロイ-式部残りと見たがそんなことはなかった。(呆け)」
魔理沙 「気付け!!!!魂ねーぞ比丘尼!!!!」
サーバル 「…ということは、少なくとも霊能は真結果で見てる感じかな?>狼狙い」
迷探偵 「これはやらかしたのでは?」
電(GM) 「……あの、比丘尼の仕様?」
クリーパー 「結果:紅蝙蝠……?」
魔理沙 「かばんの○以外からの指定なので」
かばん 「◇エルメロイⅡ世 「そこよりは弓手かガロード吊りをお勧めしておく」
エルメロイさんがんばって!」
サーバル 「いきなりそっちに指定が飛ぶのか…w;>紫式部様にCO促し」
第一発見者 「噛まれてないのに魂結果?」
魔理沙 「いや、狼狙いだわ、これ」
電(GM) 「まさかの狐指定
まぁ○に狐囲い見るなら、噛ませる為にグレーから狼狙いなのでしょうが」
迷探偵 「視界外でかなり気になってたんでしょうか」
かじばどろぼう 「YUM姉貴柱COワンチャン?」
魔理沙 「ここで走らしても探偵村だと辛い、耐えろ>妖夢」
古明地こいし 「一点狐狙いィはあかんですよ」
「背徳なのに灰を見るんだ…」
かばん 「あれぇ、紫式部さんに指定行っちゃうの!?」
クリーパー 「やめてーーーやめてよーーーーー」
魔理沙 「ミラクル満塁ホームランあんのか?」
迷探偵 「まさかのCO要請、わからなくなりましたね」
かじばどろぼう 「アッー!」
魔理沙 「おおっと」
クリーパー 「ぎゃーーー>式部指定」
魔理沙 「まぁメイ的には狼私しか吊ってねーから」
「あ…」
第一発見者 「ところがどっこい
俺だろうな」
迷探偵 「そういう考え方しますよねーと>ドクオあたりに囲い」
クリーパー 「ハァ……ハァ……背徳者?」
サーバル 「第一発見者様、お疲れ様だよ!
紅蝙蝠はつらかったね…(ぽむぽむ」
第一発見者 「メイやっぱ狼だったな」
魔理沙 「霊能COはあんま占いにいかねー気はするかね>かばん」
古明地こいし 「お疲れーン」
電(GM) 「お疲れ様なのです
ドンマイなのです」
サーバル 「…いやちょっと待った。
初期編成考える+メイの霊能結果を見るなら、明日狐狙うはないでしょう。狼減ってないですものw;>魔理沙様」
阿良々木火憐 「お疲れさまだぜっ!」
第一発見者 「おつかれさま」
阿良々木火憐 「やっぱり白狼は占われないと普通の狼だなぁ」
電(GM) 「この様子なら普通に真結果で○出すと思うのですがね>霊能結果」
「お疲れ様よ」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
クリーパー 「お疲れ様」
迷探偵 「お疲れ様です」
魔理沙 「よっしゃ狐狙いじゃなくて狼狙いでいったろ!ってなったら別だけど」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
かばん 「それにしても本当に白狼がいたのはびっくりです。
白狼なら霊能COで占いもらいに行くよねという考えが大当たりしてた」
かじばどろぼう 「村視点はまぁ、闇の中なのでセーフ。()」
「流石に●はないか」
「メイが何を出すか…よね」
魔理沙 「んでその場合かばんの○に紫式部がいねー。詰んだ」
迷探偵 「ここでかばんちゃんが式部を占ってないのが生きますね」
サーバル 「信じない場合はたぶん指定ガロード様とかになっちゃいますからねぇ…w;」
かばん 「あっ、そうですね。ガロードさんの結果でわかっちゃいますか」
魔理沙 「ガロード信じるなら狐狙いの場合かばんの○吊るからなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クリーパー 「ケアは無いです」
阿良々木火憐 「悲しみを共有して人は強くなるんだぜ…!
つまり、夢共有は強くなるために必要な試練なのだっ! >こいし」
迷探偵 「立つなら行きますとも>クリーパー」
魔理沙 「しっかし今日も負けそうで17連敗だ、つれーつれー」
「一応、絶望村確定なのよねこれ」
サーバル 「うわぁ罰ゲームw;>紅蝙蝠」
クリーパー 「駄目ーーー>レミリア」
電(GM) 「なお明日は友人が訪問してくるので、やっぱり村建て希望ならスレにヒャッハーして親切な方にご期待下さいになってしまうのです」
かじばどろぼう 「ガロード真ならかばん背徳割れんのか。」
クリーパー 「そんな鍋は知りませんねえ>迷探偵」
迷探偵 「ケア鍋ですか?>クリーパー」
魔理沙 「今日の噛みは第一にしかなんねーな。かばんの○で無意識だ」
「あるなら行くわ>次鍋」
クリーパー 「次鍋需要あるなら建てても良いよ」
電(GM) 「メイってただのグレーと同義ですがね……」
迷探偵 「空きっ腹でGMは辛いですからね、明日を待ちますか>GM」
古明地こいし 「こいしの本気を見るのです!電よりも胸はあるのです!>GM」
電(GM) 「ちょっと電も結構眠いのと、結局何だかんだで夕飯に手を付けてないので
次の鍋建ては他の人に任せるのです>迷探偵」
魔理沙 「ならねーよ絶対>メイ噛まれないのが不自然」
サーバル 「でもって暁さんもお疲れ様だよー(ぽむぽむ」
かばん 「サーバルちゃんもお疲れ様、陣営違ってたのはごめんねー」
サーバル 「かばんちゃん、お疲れ様だよっ!(ぎゅー」
クリーパー 「お疲れ様」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
魔理沙 「真占い落ちてても良いと思うけどな、別に」
「お疲れ様、受援者さん」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜっ!」
かばん 「おつかれさまでした!」
迷探偵 「お疲れ様です」
「第一は紅狐候補で噛み…ってことよね」
電(GM) 「お疲れ様なのです」
迷探偵 「GM、今夜は深夜鍋たちませんかね?(即噛みされたので暇」
電(GM) 「イマジナリー共有」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
サーバル 「真占い(火燐)様が落ちてないなら暴れるは選択肢なんですけどねw;>魔理沙様」
古明地こいし 「この共有表示ははなんか夜空を見上げてたらその人を思い浮かべてしまう
とか他人を見てもその人を思い出してしまうのか
ちょっと閉じた瞳のアレなんだよ、共有じゃないよ!ボッチだよ!>火憐」
魔理沙 「探偵のスケが低いのがつれーつれー」
クリーパー 「まあ第一は噛まれるだろうね」
魔理沙 「んで狼ヒットしない限りゲームセット」
魔理沙 「つーかこれあれだな。第一噛むわ」
かじばどろぼう 「蜜使うより先に紅系噛むのはリスクバリ高なんかね。」
迷探偵 「むしろ好きなように語るチャンスでは?>サーバル
狼に誤爆?気にしたら負けです」
魔理沙 「私はそっちの方が好きだ。まぁ状況に依るのは確かだがな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
魔理沙 「下手に暴れても良いぞ>サーバル」
魔理沙 「非狼噛んで8人で紫式部吊りが入るとは思えねー」
阿良々木火憐 「夢共有は嫌われ者じゃないさ…だって、共有してるGMがいるじゃないかっ!」
「ただ、これで狐優勢は変わらずかな」
サーバル 「◇かばん 「ええ、狂人吊り結果ですか?
サーバルちゃん村人COでそのままつられてましたし、狂人って感じには見えないような」
◇第一発見者 「狂人か、それにしては大人しかったな」

2夜の死体2を呪殺とみて狐―1で見てたから下手に暴れるより狼本隊に任せるつもりでしたからねぇ。」
かじばどろぼう 「引き分けの条件は突破したがクッソ縺れそう。」
古明地こいし 「探偵がいるから夜1に気づいてしまったのサ
嫌われ者のフィロソフィー>サーバル」
魔理沙 「紫式部噛めねーと無理だわこれw」
「あー」
迷探偵 「暁終了のお知らせ」
電(GM) 「なーむー」
魔理沙 「今日非狼吊りならそこそこ飽和が近いからエルメロイのブン屋自殺がいるって話になっちまうな」
サーバル 「(ぽむぽむ>こいし様」
古明地こいし 「さみしかった、さみしかったよ。所詮私は嫌われ者の夢共有。」
サーバル 「…あ、ということはガロードさん視点だと狂人さんなのか。むー>電様」
「式部囲わないと吊られそうなのよね」
電(GM) 「お疲れ様なのですよ」
魔理沙 「狼的にはそこそこ狂人に見える動き」
迷探偵 「おや●をだしませんか、このまま吊られるのでしょうか?」
「どう考えるかしらね…これ>狼」
サーバル 「できる夫さん、お疲れ様だよー!(ぶんぶん」
電(GM) 「嘘吐き結果の村は狂人
狂人は前世人狼
なので違うのですよ>サーバルちゃん」
古明地こいし 「お疲れさまー」
「お疲れ様よ」
かじばどろぼう 「お疲れ様。(一括)」
阿良々木火憐 「お疲れ様ー!」
サーバル 「あっw;>かばんちゃん受援者」
迷探偵 「お疲れ様です」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜ >できる夫」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
「最短で7…」
電(GM) 「お疲れ様なのです
できる夫さんは入村ありがとうございましたー!」
「お疲れさまよ」
迷探偵 「お疲れ様です」
「私的には…かばんを疑わないで欲しい…かしら」
できる夫 「すいません、お先に失礼しますね
お疲れ様でした」
迷探偵 「というかわりと村目に見てる感じが」
魔理沙 「まぁ今回は●出すとガロードと割れるんだが」
阿良々木火憐 「しかし、狼か狐かなこの形だと…難しいなぁー」
サーバル 「精神感応の判定は「狼」だけど…村表記なら不審者も入る。
でもってホントに潜毒×2…w;」
かじばどろぼう 「吊れないと噛むしかないが背徳がやばひと思ったけど。
占い騙りにより先に死にそうでここはクリアしそう。」
迷探偵 「メイと弓主に目が行ってますからスルーされますね>式部」
「狐的には狼残したほうがいいんだけど…探偵がどういうつもりか…かな」
魔理沙 「狼霊能って真結果出す必要ねーと思うんだよなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
魔理沙 「探偵的にはグレスケ下だな。何かないと吊れねーよ、アレ」
「狼的にも村的にも式部吊れるか…かしら?
かじばどろぼう 「そういやできる夫投票者抑えにいったら唯一のハズレ引いてて草。」
サーバル 「敬礼いらないからね!?>暁様」
サーバル 「…うん、これなら素直に吊られて問題ない。
みんな、お疲れ様だよー!」
「敬礼(ビシッ>サーバル」
電(GM) 「お疲れ様なのです」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜっ!」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
迷探偵 「お疲れ様です」
クリーパー 「お疲れ様」
電(GM) 「遠い目>暁ちゃん」
できる夫 「お疲れ様です」
迷探偵 「かばんちゃん、明日あたり●だしそうですがどこに出すでしょうかね」
「お疲れさまよ」
魔理沙 「復讐以外はまぁ運だしな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「特攻占いして狐吊って受援者が飛ぶ未来が見えたわ…>電」
魔理沙 「白狼いるときほど占い噛むし先んじようとしたときに限って占い噛むわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
かじばどろぼう 「魔理沙真を残した場合どうなるのかは興味がなくもない。(呆け)」
かじばどろぼう 「瞬間で矛盾を発生させるのはやめろ。^^」
電(GM) 「まぁQPとか決闘系は間接的にしか援護出来ないので運の部分はそれなりにあるのです
今回だと、指定された時に特攻占いCOするオプションを選ぶか否か」
迷探偵 「魔理沙吊った以上、クリーパーほぼ釣れないでしょうし噛み自体は悪いとは思いませんが。
魔理沙切り捨てされた本人の心情?検討会でどうぞとしか・・・」
阿良々木火憐 「初日の占い先なんて適当だろー!おのれかじばどろぼう!」
クリーパー 「私が占い師だったらメイと妖夢を占うだろうから
危なかったなあ」
「◇レミリア 「サーバル、CO」
◇かばん 「サーバルちゃん、ボクもサーバルちゃんが生き残ってて嬉しいよ」
悲しいわね」
クリーパー 「かじばどろぼうを占うのが悪い」
阿良々木火憐 「アタシの唯一の○が即次の日遺言なしで死亡してた時のアタシの気持ち!!」
魔理沙 「紫式部吊り探偵的に入らなさそうっつー」
電(GM) 「まー、別に魔理沙偽で決められたらクリーパーは一気に吊れない位置ですし
雛狐だったのは結果論としても、そこまで悪い噛みとは思わないのです>クリーパー噛み
ただ、電なら今日の雰囲気見てからクリーパー噛むかどうか決めるかも」
「後援者って…運よね(トオイメ」
迷探偵 「本望では?>式部の胸元で死亡」
かじばどろぼう 「おっぱいがね……。(遠い目)」
クリーパー 「かじばどろぼうは紫式部の元で無事死亡」
「これはヒドイわ>狼が身内切り」
迷探偵 「魔理沙以外に仕切ってる狼いないからですねえ・・・」
電(GM) 「お疲れ様なのですよ」
魔理沙 「何で私の真消しに行ったぁ!!」
クリーパー 「見事に人外にだけ誘導してたね」
阿良々木火憐 「狼内での方針が決定しなかった模様!」
できる夫 「お疲れ様です」
電(GM) 「リセットがある意味間に合わなかったのですw」
迷探偵 「お疲れ様です」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
「お疲れ様」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜ」
迷探偵 「gdgdっぷりがひどい」
クリーパー 「お疲れ様」
魔理沙 「噛み役の私は死んでるんだよwww」
かじばどろぼう 「ファー。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
「時間大丈夫?」
魔理沙 「誰が噛むか決めろぉwww!!!」
迷探偵 「ああ、だから私も噛み候補だったんですか>残すとめんどう」
阿良々木火憐 「なるほど!アタシの鉄拳に恐れをなして噛んだのか!」
魔理沙 「残すとめんどそうな位置選んでる」
迷探偵 「蜜狼の自害は使わないような気がしますねこれだと」
魔理沙 「ああ、私は占い狙っては噛んでねーよ」
阿良々木火憐 「2昼そんな占い臭出してたかなー。まだまだ未熟!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
電(GM) 「3Wいるなら途中で蜜狼が自害するとしても
かばんちゃん吊りさせると残り5吊り
やっぱり狐が有利なのです」
「出来れば村噛んで!」
魔理沙 「火燐噛みは3昼関係ねーな。2昼そのまま引きずった」
阿良々木火憐 「ただ狐殲滅手段がこれどうなんだろうなー」
魔理沙 「つーかかばん噛むのマジでやめて欲しい」
迷探偵 「かばん噛んでクリーパー噛めたとして、式部まで届くかどうか」
「やめて>かばん噛み」
電(GM) 「1占い噛んだ状態で白狼いるから、占い噛みは薄いとは思いますが」
できる夫 「お疲れ様です」
魔理沙 「お疲れさん。噛み位置は悪かねぇんだがな」
迷探偵 「お疲れ様です」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜっ!」
電(GM) 「お疲れ様なのです」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
迷探偵 「ああ、ひんなもいましたか。見てないと忘れますね」
「噛まれそう・・・>かばん」
電(GM) 「あと鬼車鳥とひんなですね>自覚可能な受援者」
阿良々木火憐 「流石カリスマ!」
「狼全滅無理なのよね…多分」
電(GM) 「第一発見者が大体正解してるのです」
迷探偵 「自覚できるのって毒受けるやつだけでしたっけ?」
電(GM) 「受援者って自覚は基本的には無いですからねぇ……そりゃ出る方が正しい動きなのです>背徳」
阿良々木火憐 「いやぁ、昨日の死体状況で呪殺混じりを言わなかったのが占い見られたかな?
どちらにせよ、狼いい目してるぜ!」
「厳しいわね…これ」
かじばどろぼう 「出ましたねぇ。」
迷探偵 「やっぱり語りましたねえ>かばん占いCO」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
「お疲れさまよ」
電(GM) 「お疲れ様なのです」
できる夫 「お疲れ様です」
迷探偵 「お疲れ様です」
阿良々木火憐 「お疲れ様だぜっ!」
電(GM) 「ここで占い噛みありますし、割と狐陣営は生存しそうなのですよね
ただ、かばんちゃん単品が怪しまれてると厳しいので、そこ次第かなとは」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
迷探偵 「それに背徳ですから本人、占い語りとかに出るかもしれません(」
迷探偵 「安心してください、占いは死にますから銃殺は起きなくなりますよ。
なお噛まれる危険性」
「狐陣営の勝利かつ呪殺が発生しないのが私の勝ち条件…厳しくない?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「探偵は絶対ダメなのよね…」
電(GM) 「何か占い噛みになりそうなのです」
迷探偵 「そこ占いなんですよねえ>かりんちゃん」
できる夫 「伊呂具秦公に後援とか言う不幸」
迷探偵 「不幸オブ不幸」
かじばどろぼう 「そういやそうだ草。」
「呪殺起きたら受援者死ぬじゃないの!」
電(GM) 「お疲れ様なのですよ
受援者が呪殺されそうな気がちょっぴり」
「……」
できる夫 「お疲れ様です」
迷探偵 「お疲れ様です」
迷探偵 「ブン屋にとっても罰ゲームとしか言えないこの村。
最速飽和は4w2fで10人ですか」
「お疲れ様よ」
かじばどろぼう 「お疲れ様。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
かじばどろぼう 「しゃーないから非狼位置3つぐらい見付けたろとか思ったらこの有様やで。」
迷探偵 「潜毒でなく狙毒ならまだ道連れができたものを・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
電(GM) 「護衛出来る狩人がいないのがほんと村は厳しいのです……>迷探偵」
電(GM) 「伊呂具秦公は最近ずっと見無いなぁって思ってたから
激レアの出現を目撃した気分なのです」
迷探偵 「その上、村役職で仕事できそうなのがほとんどいませんというこの>GM」
迷探偵 「満場一致で噛み候補にされてて草」
かじばどろぼう 「背徳の存在が辛い系な予感。」
電(GM) 「まぁ元々から、高難易度ですからねぇ……>村」
かじばどろぼう 「非狼は打ったけど狐までは無理ィ!」
電(GM) 「デデーン
お疲れ様なのです」
迷探偵 「もうダメみたいですね(真顔>村3人死亡」
できる夫 「お疲れ様です」
かじばどろぼう 「ンアーッ!
お疲れ様。」
迷探偵 「お疲れ様です」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
電(GM) 「潜毒は弱くは無いですが吊っても手数的にはマイナスなんですよねぇ
狩人は護衛出来ないし、狐噛みぐらいしか村の未来が見えない」
電(GM) 「1夜は狐65%>狼30%>村5%ぐらいの勝率だと思ってましたが……ふに」
できる夫 「おーう>ブン屋死亡
村キツそうですね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
電(GM) 「あっ>ブン屋」
できる夫 「見えてますよー」
電(GM) 「下界見えてますよね?」
できる夫 「お疲れ様です」
電(GM) 「お疲れ様なのです」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
電(GM) 「はてさて」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
探偵は レミリア さんです
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 決闘者陣営1
ゲーム開始:2019/05/17 (Fri) 22:48:28