←戻る
【雛64】やる夫たちの希望天候独身超闇鍋村 [73番地]
~置換追加オプションなし~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する天候あり超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeG:独身村)[G]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 絶望@GM
 (dummy_boy)
[執筆者]
(死亡)
icon ブロントさん
 (こうてい◆
7nzNrSDYYQ)
[人狼]
(死亡)
icon 鏡音リン
 (web)
[憑狐]
[元奇術師]
(死亡)
icon 鏡音レン
 (ミカタ◆
ntNbWDK8Po)
[妖狐]
(死亡)
icon ナウシカ
 (満足ライダー◆
gXfl/IfVlM)
[夢守人]
(生存中)
icon 蘇芳 杏里咲
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[雪女]
(生存中)
icon 安心院なじみ
 (mob)
[妖狐]
(死亡)
icon エンダーマン
 (nova◆
Lv3ESZcpes)
[紅狼]
(死亡)
icon できない子
 (ひとかた)
[厄神]
(生存中)
icon 黒でっていう
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[冥狼]
(死亡)
icon 巨神兵
 (げるたん)
[閻魔]
[死の宣告]
(生存中)
icon 蒼星石
 (翡翠空澄◆
z1XhdJ.lxM)
[村人]
(死亡)
icon 博麗霊夢
 (みなり)
[占い師]
(死亡)
icon キョン子
 (レジィ◆
jVO.2NVEU6)
[埋毒者]
(死亡)
icon 赤い氷精
 (ヘーベル◆
1pdxz9ul3.)
[共有者]
(死亡)
icon Aチルノ
 (seeyou◆
/b/cjCZrVo)
[厄神]
(生存中)
icon ハシビロコウ
 (漬物石◆
mx00K0J/.g)
[夢枕人]
(生存中)
icon デモニカ
 (purannt◆
F4HHt9k4m6)
[雛狼]
(死亡)
icon ギアッチョ
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[萌占い師]
[死の宣告]
(死亡)
icon 鹿目まどか
 (Friend◆
Friend9Sig)
[村人]
(生存中)
icon 翠星石
 (独魔◆
dR2kHRQ0tRmR)
[呪術師]
(死亡)
icon 小悪魔
 (シエスタ419◆
I1iufbf.e.)
[白狼]
(死亡)
ゲーム開始:2012/05/11 (Fri) 23:13:56
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営7 妖狐陣営2 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
絶望@GM 「お疲れ様です」
安心院なじみ 「おや、こいつぁやられたね
初夜銃殺とは」
絶望@GM 「当てたところが悪かった>安心院さん
片方共有者ですよ」
安心院なじみ 「そのようだね
少し欲張りすぎたか」
絶望@GM 「ちなみに、ほとんどの方が真証明不可なのに私の役職が真証明可という」
絶望@GM 「村人2 萌占い師 夢守人 厄神2」
安心院なじみ 「なかなか酷な就職をするね、君も
まぁ萌え含め二人も占い師がいるんだから村はどうとでもなるさ
狩人は、夢見がちなのと物理的じゃないのとしかいないようだけどね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
安心院なじみ 「初手でいきなり、位置もアイコンも関連が無いボクを占うとは
なかなかやるじゃないか、霊夢ちゃんは」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
絶望@GM 「お疲れ様です」
エンダーマン 「お疲れー
まあ、こんなもんだよね」
安心院なじみ 「や、おつかれさまだよ
ボクはただでは死んであげないさ、悪いね」
エンダーマン 「ああやられちゃ傀儡騙れないよ・・・
あと接続悪くてごめんねGM」
絶望@GM 「まぁ、接続は仕方ないです>エンダーマンさん
突然死しなかっただけよしです」
安心院なじみ 「白狼がいる、しかも狩人がいない
少し狐には厳しいなこれは」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
絶望@GM 「ほう、即占い師噛みですか」
安心院なじみ 「ああそうか、憑依は閻魔にバレるのだね
ますます逆風だこれは」
安心院なじみ 「ほう、やるじゃないか>占い噛み」
絶望@GM 「閻魔に厄神がいたら憑依者は仕事できませんからね・・・」
エンダーマン 「そうだねー>GM
こうも憑依に不利なことって中々ないと思う」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
絶望@GM 「お疲れ様です」
安心院なじみ 「呪術師もいるのならば、厄神が仕事のチャンスありまくりじゃないか
なぜボクが厄神を引くときには、こういう展開にならぬのだろうね?」
エンダーマン 「お疲れー」
絶望@GM 「ふむ、満月」
安心院なじみ 「や、おつかれさまだよ主人公の霊夢ちゃん
ボクが主人公に勝てるはずが無いじゃないか」
博麗霊夢 「はやかったなあ」
博麗霊夢 「そりゃどうも。主人公補正の前にぐだぐだな最終回をむかえることを祈って頂戴」
安心院なじみ 「胡散臭いとはよく言ったものだね、拍手しよう
しかも今日は狼占いの予定とはね」
安心院なじみ 「ところがだね、不愉快なことに狼が有利なようなのだよ」
博麗霊夢 「こう、6ボスの…いや、EXボスの臭がしたから」
絶望@GM 「この共有者もなかなかですね・・・
いきなり白狼指定とは・・・」
エンダーマン 「うわー、凄い指定」
安心院なじみ 「ほう、白狼を指定かい
これは驚いた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
安心院なじみ 「霊能結果で白狼と出てしまうと、今日の発言から随分と狼が導けそうなものだね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
エンダーマン 「お疲れー
ごめんねー色々」
小悪魔 「投票遅くなっちゃいましたwすいません。」
絶望@GM 「お疲れ様です」
博麗霊夢 「ほほん、さあて、どうなりますかねってとこか」
安心院なじみ 「やあ白狼、おつかれさま
占い師は吊ったが、萌え占い師が生きているよ?
しかも狐は2、彼はきっと銃殺を出すんじゃないかな」
エンダーマン 「噛んだ、じゃない?>安心院」
小悪魔 「霊夢さんを捉えられたのはせめてもの収穫でしたかねw」
小悪魔 「案外、発言伸びなかったなー。小悪魔RP向いてないかもしれないですね。
ふ・・・普段だったらもうちょっと喋れるんですよ!」
安心院なじみ 「きちんと狼3人が指定に従っているのは流石といったところか
面白い展開になってきたじゃないか」
博麗霊夢 「お見事さま」
安心院なじみ 「ああ、占い師は噛まれたのだったね
そこは見事な選定眼だったとボクも素直にそう思うよ
占い師を全て殺してしまえば、発言で勝てるからね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小悪魔 「参考までに申し上げておきますと、
◇博麗霊夢 「はあ、10吊り9人外でめんどくさそうだと思ったら狐が死んだと。
残り8か」
これが呪殺出した占い師本人の発言っぽくて仕方ない感じがありました。」
小悪魔 「普通に呪殺出した方でしたね、うーむ。発言もしっかりしてればなぁw」
安心院なじみ 「あの二人の狐は、見ていて心地良いね
ボクは最初から邪魔だったようだw」
博麗霊夢 「まあいいんじゃない?
狼場ですねめんどくせって気持ちでいっぱいだったし」
小悪魔 「雪女が居るとは・・・」
小悪魔 「やはり狂人希望で良かったかっ・・・」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
絶望@GM 「お疲れ様です」
エンダーマン 「お疲れー」
小悪魔 「お疲れ様。」
赤い氷精 「お疲れ様!」
赤い氷精 「あーキョン子吊ったらルーレットか…」
安心院なじみ 「共有噛みか、おつかれさまだよ
欲張って適当に一人余分に告発したのに、まさか共有だとはねw」
赤い氷精 「リンの方だったか…
マニアならそこ吊っときたかったなぁ…」
小悪魔 「いやー、なじみさんの遺言を見ての発言では、私ボロ出しちゃったかと思いましたw」
小悪魔 「紅狼が仲間に居ると知ってるから告発告発思ったけど、考えてみれば呪殺されて適当に挙げてるだけの可能性ありますもんねーw」
安心院なじみ 「エンダーマンくんが用意していたのが村人COで、ラッキーだったということさ」
赤い氷精 「それいけ僕らの萌え占い師!頑張れ僕らの萌え占い師!
呪い居るとはいえ厄神2人て…」
絶望@GM 「村人系3(GM含む)に狩人系3(ただしコレジャナイ)とはひどい配役ですよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
安心院なじみ 「ここはやはり萌え占い師に死んでいただきたいところだね」
小悪魔 「厄神は強い・・・はず!」
赤い氷精 「飛ばないかなー……リンあたりに」
安心院なじみ 「しかしそこはそれ、憑狐と呪術師がいるからね
コレジャナイですまない活躍をするかもしれないよ>GMさん」
エンダーマン 「この配役だと厄神でも仕事はあるかな」
絶望@GM 「系統だけ見れば普通村でできそうな感じですよね
系統だけ見れば」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
エンダーマン 「お疲れー」
絶望@GM 「お疲れ様です」
絶望@GM 「ふむ、村人飛び」
赤い氷精 「お疲れ様!」
キョン子 「村にあたっちまった・・・」
博麗霊夢 「まあまだましじゃない?」
安心院なじみ 「おや、割と無難な飛び先ではあるか
二人ともおつかれさまだよ
君の喧嘩相手は狐だ、惜しかったね>キョン子ちゃん」
蒼星石 「おや。私が飛ぶか
お疲れ様」
赤い氷精 「まぁ萌に飛ぶこととかかんがえたら…
キョン子はスマンな!判断ミスだ!」
安心院なじみ 「これでレン君が死ねば、ある意味ドラマチックではあったね」
蒼星石 「やっぱりギアッチョ占い師だよね」
絶望@GM 「おとなしく自分夢を認めましょう>ナウシカさん」
キョン子 「くそう・・・
狐だったのか・・・>レンとリン」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
絶望@GM 「ほう、満月だと夢守人でもGJ表記出ないのですか」
蒼星石 「割りと白狼信じたんだよね。小悪魔の
レンリン辺りが初日から胡散臭くて、そこが必死に否定してたのが霊能の信頼落としにか見えなかった」
赤い氷精 「銃殺一丁入りまーす」
博麗霊夢 「どのみちCO合戦で勝てる配役じゃないしね」
蒼星石 「やはり村人はいいなぁ……
全力で意味不明なRPで楽しめる……」
キョン子 「キター!>ギアッチョ は 鏡音レン を占います」
絶望@GM 「ふむ、萌占い師の銃殺ですか」
安心院なじみ 「しかも、あの占い師は黒を引いているのさ
今まさに、吊られたら投了だ何だといった、ブロント君がね」
蒼星石 「とても、とても面白い。
占いが死に、そして絶望が始まる
狂人に期待するとしようか。まぁ、一日残るがね。ブロントが占いCO出来るかどうかがポイントだ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
赤い氷精 「 」
エンダーマン 「お疲れ」
絶望@GM 「お疲れ様です」
蒼星石 「ん?ちょっとまて?
IFV陣営に毒飛んでないぞどういう事だよ!」
鏡音レン 「ぎゃーす!!!」
翠星石 「おー、噛まれたですね
お疲れ様ですぅ」
赤い氷精 「お疲れ様!」
キョン子 「おつかれー」
蒼星石 「お疲れ様」
鏡音レン 「こりゃきっついw」
博麗霊夢 「ま、巨神兵信じる限りブロントさん吊りは揺るがない」
安心院なじみ 「ああ、おつかれさまレン君
今回はちょっとダメかもしれないねw」
キョン子 「いやー、俺の毒がお前に当たったら面白かったのになw>レン」
鏡音レン 「だねー、もう一人占い師いるのはちょっとむりぃwww>なじみさん」
翠星石 「むわー、憑狐とか
マニアは狐にいってましたか」
鏡音レン 「まあ、その時はその時さ>キョン子
ぶっちゃけ、毎日生き残るに大変なんですそうろうw」
赤い氷精 「OKOKここで閻魔の存在が効いてきた
……狩人は夢と厄神だがな!」
鏡音レン 「・・・すげぇ!小悪魔ほんとに白狼や!」
蒼星石 「占い師殺しは狼任せってのが狐の辛い所だよねって感じか。
だが、それが狐の面白い所だ」
絶望@GM 「残念ながら、潜伏マニアが>鹿目さん」
キョン子 「だから必死に殴ってきたのかw>レン
まあその通りに吊られたけどな」
安心院なじみ 「しかしその小悪魔ちゃんも、見事に潜伏占いを抜いている
みんなよく頑張っているんだよ」
鏡音レン 「ただ、護衛できる狩人がいません!安西先生!
ただ、噛める狼もいませんw」
蒼星石 「位置的には白狼でもおかしくなかったと見ているよ>レン
ハシビを疑う余地が少なかったってのもあるし
真狼、どっちかで狼吊れたで見ていたね。
告発に真実を混ぜている、までは多少予想外だったけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「ブロントさん微妙に惜しいとこついてますねー……」
鏡音レン 「ぶっちゃけ、無能力であるならば殴らないのはおかしいんだからねw>キョン子
村は発言がんばるしかないいんだしw」
絶望@GM 「明日の天候で人外ワンチャンとか」
翠星石 「まー、呪術師のお仕事まったくしてねーんですけどねー」
博麗霊夢 「とりあえずマニアの関係を疑ってるあたりは、さすがにキャリアか。
敵わないわね。……ギアッチョ。あなたがナンバー1よ」
鏡音レン 「ぎゃー!!ここに来て、遺言が裏目にでたーwwww
裏読みするんじゃねーべさw」
キョン子 「いや、だからなんか持っているかもって思わせといて噛まれる作戦がねw>レン
ぶっちゃけ無謀だったけどな!」
蒼星石 「なんか、序盤の絶望に比べて村ゲー感がひしひし出てきたって感じなんだが……」
翠星石 「お、食わず嫌いたつですねー
蘇生もいねーし、お先に失礼するですぅ!」
博麗霊夢 「理由の多さで真が決まるなら、それは面白いゲームじゃない。って考え。
独善なのは認めるけどね」
鏡音レン 「だから、毒ならまどかさんも言ってたけど>キョン子
狩人日記とか書くといいよ、結界師日記でもいいけどさw」
翠星石 「村建て感謝、皆お疲れ様ですぅ!」
絶望@GM 「これは私がこの役職持っていってちょうどいいバランスでしたかね」
安心院なじみ 「閻魔がいるから仕方ないさ・・・
そこが狐なら、そこも狐だろうという思考は理解できるよ
なんだろうね、割と配役がボクらを追い込んでいる気がするよw>レン君」
エンダーマン 「あ、お疲れ様ー>翠星石」
絶望@GM 「お疲れ様です>翠星石さん」
蒼星石 「毒を吊るなんてとんでもないだろ>キョン子
ここは可愛らしい初心者を霊界に送ってやるべきそうするべき」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キョン子 「おつかれさまー>翠星石」
赤い氷精 「お疲れ様!>翠星石」
絶望@GM 「お疲れ様です」
鏡音レン 「おつかれさまーっと」
ブロントさん 「おつかれさまなんだが?」
エンダーマン 「で、こっちもお疲れ」
蒼星石 「お疲れ様だよ」
安心院なじみ 「というか、これは人外詰んだね」
鏡音レン 「これ、狼の内訳が超悲惨だなこれ」
ブロントさん 「白狼がいきなり落ちたら勝負にならぬぇー」
安心院なじみ 「ブロント君、おつかれさま
萌えだろうが占い師2は厳しいね」
博麗霊夢 「ギアッチョ噛めない。リンは死ぬ。
…………あれ?」
ブロントさん 「しかも狂人噛んでしまったんだが?
翠星石役職で見た結果がこれだよ」
蒼星石 「白、素、雛、冥、紅。
地味に色々出来るんだけどね。狼陣営もまた。
だけど、占いの力に対抗出来る小悪魔が死んだのが狼に取って痛すぎる」
安心院なじみ 「いや、白狼がというよりも、占い2で二人とも銃殺を出した
そこが問題じゃないかな
占い師が上手いのだよ、この村は>ブロント君」
鏡音レン 「閻魔がおる!!>リン
あと、憑狐占いだとどういう判定になるんだろう?これ
銃殺判定が上なのかな?」
鏡音レン 「いやー、しかし、狐遺言からリン狐把握されるとは思わなかったw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブロントさん 「普通に銃殺できるんだが?
だが判定はどっちになるんだろうか」
キョン子 「狐勝ちがなさそうで俺の目標は達成されたな!>狐勝ち阻止」
絶望@GM 「占いが先ですかね」
蒼星石 「できない夫さんってさ。
ギアッチョRP好きだよね?地味に」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
博麗霊夢 「うん?」
絶望@GM 「お疲れ様です」
エンダーマン 「お疲れ」
ブロントさん 「おつかれさまなんだが?」
赤い氷精 「お疲れ様!」
キョン子 「おつかれさまー
これで狐は全滅だな」
鏡音リン 「おつかれさまー
こりゃどうしよもない…」
蒼星石 「お疲れ様さ」
鏡音レン 「お疲れ様ーっと>リン」
安心院なじみ 「やあリンちゃんおつかれさま
ようやく話ができたね」
鏡音リン 「ギアッチョ噛み期待したんだけども
期待してかなったけどもこれは予想の斜め上だよ!」
鏡音リン 「あたり位置多かったのになぁ
狩人3もいるよ」
安心院なじみ 「そうだね、これは仕方ないよw
占い師が露出させた先が上手かったね」
安心院なじみ 「ボクもね、狩人を希望していたのさ
人気があるのだね狩人は」
蒼星石 「一度復讐者というので遊んで見たかったのだけど
やれやれ。なかなか希望はかなわないものだね」
鏡音レン 「知ってるかい?魔法使い希望は人外希望なんだってことw」
キョン子 「占いで狐呪殺したかったなー」
鏡音レン 「正直・・・あれです、
銃殺3のこうなじてんでデモニカ残す理由がない気がするw」
鏡音リン 「蒼星石飛び考えたけど発言見て却下したよww
あれは真似できない」
エンダーマン 「私は希望なかったなー・・・
何かやりたいって気分じゃなかったし・・・
希望なしだと人外多いけど、たまに予想外な役職引いたりするんだよね・・・」
キョン子 「ひどいなーw>まどか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「そうかなー?>リン
割りと簡単だと思うけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鏡音リン 「私は位置が位置出し神話引いてレンコピーすればいいやとしか」
絶望@GM 「お疲れ様です」
エンダーマン 「お疲れー」
キョン子 「おつかれさまー」
蒼星石 「お疲れ様。
敵だったけど良く頑張ったね
その健闘に敬意を>デモニカ」
デモニカ 「お疲れ様、無理だって、これ」
ブロントさん 「お疲れ様なんだが?」
安心院なじみ 「意外と、ログ見て一人称と語尾さえ気をつければ
憑依ってのはバレないもんだよ

ま、閻魔がいるのはどうにもならないけどねw」
鏡音リン 「あんなに厚く発言張れないよw>蒼星石」
安心院なじみ 「おつかれさまデモニカ」
エンダーマン 「まあ、確かにそうかもね・・・
前に明らかにバレバレな憑依したけど、意外と気づかなかったみたいだし>なじみ」
蒼星石 「厚いかなぁ?>リン
朝一は多少厚いけど、後は別に……」
デモニカ 「あー・・・狂人全員のこってりゃ引き分け・・・も無理だ、噛めねえもん」
鏡音リン 「冥だから引き分けもほぼ無理」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ブロントさん 「占い一発で抜けた」
ブロントさん 「それだけだったな うまくいったのは」
蒼星石 「と言うより。ここでギアッチョ信じないってのが無いから
チルノ○の時点でアリサが吊れる」
安心院なじみ 「ただ、いるとわかればみんな警戒しだしてバレてしまうというだけさ
案外みんな他人の発言なんかに興味は無いということだね」
デモニカ 「占いなんかいなくても勝てるんだよね・・・村が強ければさ」
鏡音リン 「アリサって読むんだあれ」
キョン子 「俺も知らんかった・・・>リン」
安心院なじみ 「あれは読めないね・・・>リンちゃん」
絶望@GM 「え、あれで「ありさ」と読むのですか?」
キョン子 「名字の蘇芳は黒さんが出てくるやつでいたから知っていたけどな」
デモニカ 「言われりゃ何となく・・・」
博麗霊夢 「言われてみれば読める、ぐらいね」
鏡音リン 「言われればなんとかってくらいだよね・・・>読み方」
エンダーマン 「調べたら「創刻のアテリアル」ってゲームのキャラみたい・・・
知らないよ・・・」
赤い氷精 「読めなくったっていいじゃない、あたいだもの   ちるの」
蒼星石 「あれ?皆普通に読めると思ってたけど違うの?」
鏡音リン 「流石微妙な認知度のアイコンに定評があるIFVさん」
エンダーマン 「なんとなく、で感じたぐらいで確証はできなかったなー>蒼星石」
博麗霊夢 「蘇芳で認識してたし」
デモニカ 「Q.何で冥残してLWCO?
A,もっと酷い狼だから」
蒼星石 「まぁ、雛冥で残ると厳しいって証左だよね……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
エンダーマン 「前に餓狼、雛狼の2Wで残ったことあったな・・・」
蒼星石 「一番ひどいのは開始時点で、火、餓、素とかあったよ…」
キョン子 「噛むことができない狼が残ると悲劇だよねーw」
デモニカ 「白狼だよりだと思ったら即死した、死にたい
蒼星石がいたらまだ粘る気でいたんだけどね」
蒼星石 「騎士に姫に、占いに……
ふざけんなしwwwwww」
鏡音リン 「冥雛残りってわりと自殺しに行っていいと思ってる
察知されると限界までケアはじめて面倒だから」
鏡音リン 「いや冥はまだいいや
雛は無理」
鏡音レン 「というか、まあ狐全員ここにいるしねw☆」
ギアッチョ はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました