←戻る
【雛73】やる夫たちの希望超闇鍋村 [83番地]
~これから毎日村が焼かれる(断定~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する天候あり神話マニア村女神村超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ミクGM
(生存中)
icon 阿良々木
(生存中)
icon オレンジ
(生存中)
icon まよい
(生存中)
icon 衛宮士郎
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon ハシビロコウ
(生存中)
icon 武田義信
(生存中)
icon 雷皿♂
(生存中)
icon シン・アスカ
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon デモニカ
(生存中)
icon 神無月めぐみ
(生存中)
icon サニーミルク
(生存中)
icon 琴吹紬
(生存中)
icon 霊烏路空
(生存中)
icon ジェイソン
(生存中)
icon まりさ
(生存中)
icon プリズマイリヤ
(生存中)
icon 小傘
(生存中)
icon ジョルジュ長岡
(生存中)
icon 平沢唯
(生存中)
村作成:2012/05/14 (Mon) 23:37:27
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象となってしまいます。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてくれると助かります)
 ※基本的に注意・警告のみだが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます多分恐らく。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言挨拶をお願いしまっす。
【初心者へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度読んでくださいね。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 あと、初心者がゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止していますよ。
 ※狼や共有の夜中の会話ではOKだよー。


【観戦者へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームです。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてくれ。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者へ>
思った以上に初日から会話が殺到致します。
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ったほうがいいでせう。

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗するようです。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます ファイト」
GM 「12時開始を予定しています
報告してきます」
GM 「暫し待つ」
GM 「あ、入っても大丈夫ですよ」
GM 「女神置換と神話置換かぶったんで困ったんですが
一応共存できますね」
阿良々木 さんが幻想入りしました
阿良々木 「よいしょっと」
GM 「女神置換っていうか変換ですが」
橙 さんが幻想入りしました
GM 「QP置換希望のことだったんでしょうかねぇ」
「いやあ、よろしく」
GM 「いらっしゃい」
阿良々木 「それじゃ、よろしく」
阿良々木 「……ううむ、何だこの隣の威圧感」
まよい さんが幻想入りしました
衛宮士郎 さんが幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 5264 (ウッディ)」
まよい 「よろしくおねがいしまーす(ぺこり」
衛宮士郎 「っと、よろしくな」
かりかりかいr さんが幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5264 (ウッディ) → No. 15 (大妖精)」
ハシビロコウ さんが幻想入りしました
阿良々木 「八九寺! この隣の女の子をどうにかしてくれ!
なんか威圧感で死にそうだ!」
GM 「失礼 なんか残ってましたね」
かりかりかいr 「さてどうしよっかなっと」
武田義信 さんが幻想入りしました
武田義信 「俺が武田義信だ!」
ハシビロコウ
         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ    
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!    
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!      
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈.:.:: !   
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!            
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′       
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′       はーい、よろしくー☆
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′           
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ           
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ '           
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',             
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ     
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.    」
仮られる さんが幻想入りしました
GM 「いらっしゃいまし」
まよい 「そんな威圧感を感じる人を小学生がなんとかできるわけがないでしょう」
阿良々木 「ウッディが妖精になるってどんな怪異なんだよ……」
仮られる 「ゲップ」
シン・アスカ さんが幻想入りしました
GM 「昔 狩られる? って人が別のネトゲでいました。」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   なんかお隣とアイコン見比べてフイタwww
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
シン・アスカ 「よろしく」
「橙 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:橙 → オレンジ」
オレンジ 「名前変えるか」
GM 「やだ…似てる…>ハシビ」
仮られる 「…狩る側じゃねーのプレイヤーってw>GM」
阿良々木 「いや、ほら
どう見ても小学生じゃん見た目。僕には隣に居るだけで死にそうになるオーラを
まとった小学生は管轄外だ。だから見た目小学生の八九寺に後は任せたい」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   目つきが完全に一致www
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
GM 「AAや投票に制限はありませんが
COと同時 などのAA使用はお控えください
日記はかまいません」
GM 「対人できるゲームだったので…>仮られる
昔なんですけどね」
まよい 「いえいえ、小学生と言えば、阿良々木さんが専門家ですし
ここは、専門家に任せるとしますよ」
かりかりかいr 「かりかりかいr さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかいr → 霧雨魔理沙
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1821 (岸本魔理沙)」
蒼星石 さんが幻想入りしました
霧雨魔理沙 「こいつで行くとするか。 よろしくなのぜ。」
蒼星石 「やっほ、よろしくね」
デモニカ さんが幻想入りしました
武田義信 「面妖な鳥もいるもんだな。」
GM 「10秒…ばかな…デモニカがこない…」
デモニカ 「んじゃ、よろしく頼むさ」
かりぴすと さんが幻想入りしました
仮られる 「対人ネトゲはFEZにハマったなあ。昔はよかった」
GM 「すいませんでした 前言撤回します」
かりぴすと 「よろしくお願いします」
kariri- さんが幻想入りしました
ハシビロコウ 「www」
デモニカ 「飲み物取りに言ってたんだよ・・・>GM」
阿良々木 「そんな誤解はねえよ!
小学生の専門家を自称したことねえし初めて呼ばれたぞ!>八九寺」
kariri- 「よろしくっと」
蒼星石 「あ、デモニカだー」
かりりん さんが幻想入りしました
霊烏路空 さんが幻想入りしました
ジェイソン さんが幻想入りしました
オレンジ 「デモニカはなぜ整形しないんだろう…」
霊烏路空 「こーんばんはー」
kariv さんが幻想入りしました
オレンジ 「あ、整形した>ジェイソン
いやむしろ悪化してないか?」
kariv 「よろしく。」
ジェイソン 「何となくこのアイコンでくればいい気がアアアアアアアアアア」
プリズマイリヤ さんが幻想入りしました
仮られる 「仮られる さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮られる → 雷皿♂
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1209 (雷皿♂01)」
小傘 さんが幻想入りしました
プリズマイリヤ 「魔法少女プリズマイリヤ──推参ッ!!」
阿良々木 「デモニカが整形したら何になるんだ……
てか、どこを整形? 顔? 仮面?>オレンジさん」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   主食は魚です。割と動きません
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
GM 「2列目の進化過程は 上から下にですか 逆ですか」
デモニカ 「一応これ制服みたいなもんなんだよ・・・>オレンジ」
オレンジ 「原型 阿良々木
比較級 ハシビロコウ
最上級 デモニカ
整形後 ジェイソン」
かりっぽい さんが幻想入りしました
小傘 「よろしくね」
かりっぽい 「ui
ジェイソン 「5列目で決めればアアアアアアアアア」
霊烏路空 「ちょっとはなれるー」
雷皿♂ 「  |  |
   |  |▲_
   |_|´A') そう…昔はよかったなぁ…
   |  |雷し
   | ̄|》》
   """""""" 」
ジェイソン 「間違えた行だアアアアアアアアアア」
阿良々木 「ちょっと待て、原型が僕からどうしてそうなる>オレンジさん」
蒼星石 「黄金バットとかの仮面良いよねー>阿良々木」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   それジェイソンさん整形失敗しちゃってる!www
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
蒼星石 「ジェイソンは金色じゃないからなぁ>オレンジ」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 琴吹紬
アイコン:No. 1158 (松永久秀) → No. 4000 (琴吹紬)」
武田義信 「松永に義景か…伏兵は勘弁してほしいものだな」
阿良々木 「なかなか渋い趣味してるね……>蒼星石
せめて僕は別枠に扱ってくれよ……」
かりぴすと 「かりぴすと さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぴすと → 神無月めぐみ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 658 (神無月めぐみ)」
かりっぽい 「かりっぽい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりっぽい → パンター
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 3229 (パンツァー)」
kariv 「kariv さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariv → 魔理沙
アイコン:No. 7 (青) → No. 1271 (ゆっくり魔理沙)」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ミクGM
アイコン:No. 15 (大妖精) → No. 4573 (雪ミク)」
ジョルジュ長岡 さんが幻想入りしました
ジェイソン 「仮面の下が美形でないといつから錯覚していたアアアアアアアアア」
ジョルジュ長岡 「よろー」
神無月めぐみ 「あらためてよろしくですわ。
ちょっと席を離れますのでもし間に合わなければ蹴ってください」
霧雨魔理沙 「とと、埋まってたな。投票するのぜ」
蒼星石 「分かってるよ、ゲゲゲのなんとかでしょ?>ゲゲゲ木」
雷皿♂ 「あ、ここ小学生のパンツ見える…」
オレンジ 「もう左の列だけで私は今夜ごきげんだ」
ハシビロコウ 「そうか、やはり行き着く先は、みなおっぱいということか・・・」
霧雨魔理沙 「そしてデモニカは相変わらずの位置だなぁ。まったく関心するのぜ」
オレンジ 「ああ、そうか、全員おっぱい好きだったんだ
なるほど」
阿良々木 「仮面の下美系でもそんなに暴走してたら意味ない気がするよ……>ジェイソン
というか、さらっと埋まったね」
kariri- 「kariri- さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariri- → サニーミルク
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 168 (サニーミルク)」
衛宮士郎 「                  ______  }\
                     ..‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/
              _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_
              _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
             `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ    っと、いつのまにかイリヤがいるな
                 }八{-V‐    ´ ,ィ≠ミ、V :.:.:.:.: ト、}
                \{ィ'f㍉      ヒこリ 》 }/.:.:.:.:.;     同じ陣営になれるといいな
                    /} ヒリ}    `¨¨´  }/⌒V
                ヽ.   ′        ノ 丿
                    、  ー─一    __/
                   \          /Ⅳ
                   \    .    |
                    |`¨¨´      |
                    |     /     、__
                  _ . -‐ ' }  /       /ニニ==ー
                 -=ニ/               /ニニニニニニニニニニニ`ヽ」
ジェイソン 「>阿良々木
ギャップ萌エエエエエエエエエエエエエエエ」
阿良々木 「なんだその偏見
僕はおっぱいだけじゃないぞ。好きなのは>オレンジさん」
シン・アスカ 「シン・アスカ さんが登録情報を変更しました。」
霧雨魔理沙 「ジェロロ木はジェロロ木だからしょうがないよなぁ」
衛宮士郎
          ヾ'''''''''-,へ
       ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
      /: : : : : : : : : : : : : : : !
     ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!  ・・・ところで、その衣装はなんだ?>イリヤ
     /!: /\  u / ヽ,/  
     レ!小●     ● u/~)
       |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
   /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i
    \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /
      .ヽ::::/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   シロウー、フラグフラグ!
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
雷皿♂ 「ジャイぼ@10
   ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   。;*
  .;゚  *;。   ヘへ
  ._▲_゚;  へ/ヘへ   
   (*'A`)  | / ヘ |
  .†ノ雷ヘヘ  \  / 」
武田義信 「仮面を外して再登場は予想してなかったな。
スペック高すぎだ。」
プリズマイリヤ 「えっ?あっ」
パンター 「戦車長『戦域に到達、警戒態勢に入る』
運転手『了解しました』
砲手『榴弾を装填します』」
ミクGM 「5分くらいならまつけどどうするー?>めぐみさん」
デモニカ 「俺はおっぱいも好きだぞ?蒼星石のに限るが」
小傘 「小傘 さんが登録情報を変更しました。」
サニーミルク 「んーこれでいっか
よろしくー」
衛宮士郎 「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ':::-‐::::::::::::::::::`ニ=‐   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_  ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:;ゝ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/     ・・・眼球が好きって噂はほんとか?>阿良々木
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'     
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /
           /      ノ
         /   ,. '´
-.、    { / 、_/
:::::::`ヽ.、 '〈
‐-、:::::::::::`:ー-、
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:>=‐-...、」
神無月めぐみ 「失礼、お手数おかけしましたわ。」
雷皿♂ 「普通に開始予定の24時までは待ってもいいよ…メイド服……」
阿良々木 「ガハラさんがいきなり優しくしてきてみろ
命を狙われてると思うだろ? 緩急つけすぎでもはや裏を探るレベルだよ!>ジェイソン」
小傘 「これで準備完了っと」
蒼星石 「やだなー、ほとんどないんだけど僕>デモニカ」
ジェイソン 「もしめぐみがいなくなってみろオオオオオオオ
デモニカの下は魔理沙になるぞオオオオオオオオオ

別に問題なかったアアアアアアアア」
霊烏路空 「ただいまー」
武田義信 「しかしこの鳥…確かに俺に似てやがる…」
プリズマイリヤ 「ルビー!!今すぐお兄ちゃんの記憶を
その人間性ごと纏めて葬っちゃって!!
ルビー体当たりで!!!」
オレンジ 「左から2列目のクオリティが高いな…
私の列じゃ勝ち目なさそうだ」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   やだ、眼球萌えなんて大胆・・・
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
ミクGM 「                __,,_,, -: ´ : ̄: ̄:`:-,, -.、
                 ト >´: : : : : :  ̄ヽ/,イヾ、
                //: : : : /|: : : : : : : `, ヽ|: : ヽ
              //: : : : / |: :ト、_: : ::'.ヾ|: : : `、
             /: : iイ: イ7 _ ',;:|´ヽ_`: !`i:i: : : : :',
           /: : : : !ヘ: ::|イ:::ヽ  ´i:::::::ト、V/| : : : : ',
          /: : : : : :/ \!. っノ   っノi:/ノ i: : : : : ',
        /: : : : : : :/   N⊃,,__r‐-,_⊂/´'  |: : : : : :',
        /: : : : : : : :,'        ,77rヘ     | : : : : : :',
         /: : : : : : : ::,'      ∠/7レ´',    |: : : : : : : ',
        ,'/: : : : : : : :|     ,,,t;´/ /= | ̄',    |: : : : : : : ::i        準備できたら投票してね♪
      ,'ハ: : : : : : : ::i   /::::/  ./  i:::::::',  ,': : : : : : : : |
      レ |: : : : : : : :|    {:::/   /   .|::: r-ヽ/: : : : : : : : : |
        '; : : : : : : :|   y    ,'ヘ   |:::::|:::ヽ》:/: : : : : : : :|
        `、: : : : : :|   ',   ノ/::\_,,|::::::彡´/ |: : : : : : ::/
         \: : : : ',   ヽ/`'ト,,__|__ゞ<))/. ',: : : : : :/」
雷皿♂ 「+ * o|i゚   。 * *゚・ .*
*゚・+.  \▲_ ゚* * !;
*o゚, |! (/A`)  *: +゚  
|o ゚*;+  ( /  *゚・ ||゚。*
o。!*|o. / く   * ゚ 。
  >~~最低状態!!~~< 」
霊烏路空 「アレだよね。割りと恋人村人気ないよねーっていっつも思う」
デモニカ 「なくはないだろ?>蒼星石
巨乳だけがおっぱいではない」
阿良々木 「僕は阿良々木だ。そんないろんな意味で放送ギリギリな名前はしていない>霧雨魔理沙
好きだけど人類皆眼球を一度は舐めたいと思ってるはずだ>衛宮」
ミクGM 「一応聞きますが魔理沙魔理沙は大丈夫ですか?w」
衛宮士郎 「イ/:::::::::::::::´ー- 一ァ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
:::::::ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
w::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: :\  >イリヤ
:::::::::::::::::::::::ノ L::u:::::::::::::ヽ  ちょまてぇえええええええ!?なんか不吉な名前とともに
:::::::::::::::::::::::⌒::\:::::::::::ト
::::::::::::::::::::::〃! //>lハノ   なんか、ものすげぇ不穏な発言をするんじゃないいいいいいいい
:::::::::::::::::::: {{>イ/イllll|{
::::::::::::::::::::トヽl/ :l!||||l}
:::::::::::::::八! u.    ノ
ノwノイ   .ij    .く
     个ト イ   ヽ
   { / ||        〉
ヽ.    ´/./      ./
\\_/./ \ ,〃〈
  ー一    / {{ ハ
        / /   }
          /  ⌒ く」
蒼星石 「まぁそうだけどって……うん、公衆の面前でそういう話はやめようね>デモニカ」
霊烏路空 「仲間が敵かもしれないっていうのが素敵じゃない。
自分以外は例え仲間表記でも信用出来ない。
だからこそ、鍋はいつも面白い。私はそう思うのさ」
神無月めぐみ 「なんという金髪率。」
霧雨魔理沙 「むしろ戦場ヶ原はオマエが真摯な態度を取れば怪しんでより一層
過激に接してくれると思うのぜ。 >木」
ミクGM 「大丈夫そうでしたらカウントをお願いしますね」
オレンジ 「ぜんいんミク村にしてもいいんじゃよ?>GM」
琴吹紬 「頑張ります」
魔理沙 「魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:魔理沙 → まりさ」
阿良々木 「あれ? カウントしても大丈夫かな?」
サニーミルク 「おっきい魔理沙と饅頭な魔理沙ね!>GM」
雷皿♂ 「恋人って役職とか推理とか吹っ飛ばして考えなきゃダメだしね…
でも火皿♀ちゃんとヌメヌメできる村ならボクは歓迎だよ>お空ちゃん

  。;*           。;*
  .;゚  *;。   ヘへ  .;゚  *;。 
ハァ._▲_゚;  へ/ヘへ _▲_゚;
 ハァ(*'A`)  .| / ヘ.|  (*'-')
  .†ノ雷ヘヘ  \  / †ノ火ヘヘ
""""""""""""""""""""""""""" 」
デモニカ 「そうか、すまない、全部オレンジが悪いんだ>蒼星石」
パンター 「戦車長『魔理沙の生存を確認』
通信手『ウィスキー1より本部、交戦状態に入る』」
衛宮士郎 「                     ヾ''''''-,へ.
                  ヾ ̄:ヾ: : : : : : : ヘ_
                /~ : : : : : : : : : : : : : !
                ~/: : : : : : : : : : : : : : : :!
                /: : :!!/!/リ\!\!、: : : :!   いや、その衣装は似合ってるとおもうぞ、うん
                ~/!: !--、  -‐‐‐ ヽ,--、!
                  ヽ、! o    o  .!/~) !ヽ、なんか魔法少女みたいだし
                   !ヽヽ  ヽヽ ,/_ノ
                   \. !'''フ ∪ヽ!
                     `‐`,, ‐''   >--,-,,,,,
                  ,.-i''''!"~.! !  /:::::/ /::::''-、
                   /:::::! !/~1ヽ//~ヽ! !::::::::::::ヽ
                  /::::::::! !  `-'"  ___!__!_:::::::::::::::ヽ
                 /:::::::::::!''''''''''''''' ̄ ̄ ̄ ̄  !、::::::::::::::`
                /::::::::::::::!            !ヽ、:::::::::
   '-i-i'_     _,,,,...-‐'::::::::::::::::/!            ヽ!ヽ:::::::
   ,!~!_!_''---!~~::::::::::::::::::::::::::::::::/ !             ! ヽ:::」
霧雨魔理沙 「安心しろ  どうせどちらかが…」
神無月めぐみ 「殿方はほんと胸だのスタイルだの・・・。女性にもそういうコンプレックスあるんですのよ。
少しは配慮していただきたいですわ。」
パンター 「あ、ごめん 急用!!」
ミクGM 「私は初日死ぬので一向にかまいませんが>オレンジ」
ジェイソン 「まんじゅう うまそう おれ たべる」
阿良々木 「僕は阿良々木だ! もはや別の存在じゃねえか!>霧雨魔理沙
あー、じゃあカウント!」
蒼星石 「おっとストップだ」
パンター 「すまん 撤退する。
お疲れさまだ」
オレンジ 「リアル大事に、急用えんりょなくいってらっしゃい>パンター」
阿良々木 「おっとっと」
パンター は パンター に KICK 投票しました
パンターさんは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ミクGM 「おっと了解しましたよぉ」
ハシビロコウ 「あ、撤退か、おつかれさまー>パンター」
デモニカ 「ふむ、ではまたの機会に>パンター」
ジェイソン 「パンターお疲れ様だアアアアアアア」
雷皿♂ 「   _▲_  +。
  * ヽ('A`)ノ *゚     おっぱいに貴賎はないよ!>めぐみちゃん
 +゚   (  )
     ノω| 」
霧雨魔理沙 「悪かったよアジョロ木」
まよい 「作戦 リアルを大事に」
サニーミルク 「お疲れ様>パンター」
神無月めぐみ 「あら、またの機会によろしくおねがいしますわ>ハンターさん」
かり さんが幻想入りしました
オレンジ 「またいつかご一緒できますように」
阿良々木 「それじゃあ投票完了でカウントするぞー」
雷皿♂ 「ハンターさんがログアウトしました」
ジェイソン 「ジャンキーかもオオオオオオオオオン」
蒼星石 「お疲れさま、またね>パンター」
衛宮士郎 「また、どっかの村でな>パンター」
かり 「ズサっと
ちょいとお待ちを」
衛宮士郎 「衛宮士郎 さんが登録情報を変更しました。」
神無月めぐみ 「そうですわね、殿方の股間にも貴賤はありませんわ。(ニコ >雷皿さん」
プリズマイリヤ 「ぎゃああああああああ!!
見ないで!見ないでえええええ!!はああああ!記憶奪取マジック!!(コキュッ
>お兄ちゃん」
武田義信 「そうか、お疲れ様だ」
ハシビロコウ 「まぁ何気にまだ開始時間になってないしなーw」
霧雨魔理沙 「阿良々林がお望みか! それとも阿良々森か! そんなに増やして
何を隠したいってんだ!」
霊烏路空 「それはどうでも良いけど。
マドルチェに可能性を見た系の鴉がここに。
マドルチェ可愛い。イラストアド高すぎだろ……」
オレンジ 「リアルは大事だぞ
リアルあってこそ充実した人狼ライフが送れるというものだ」
衛宮士郎 「      |´|
      |´|
      |´|
.     _,k|´|‐´`ー''7____
   k'´: : |´|: : : : : : : :<__
   <´ : : :|´| : : : : : : : : : ,>
  / : : : |´|: : : : : : : : : :,> ぎゃぁあああああああああああああ!?!>イリヤ
  `> : : : |´| : : : : : : :_: : `.、 
   `、 _,;,;,|´|;_: : : : :,/ .iイ ̄
.   ,f´  . ̄ `ヽi'´ `´ ,!
  /      , '´:`.、-‐'
  ,!,,,,,,,,,,,,__  ',:.:.:.:.:ヽ
 f":::::::::::::: ̄`ヾ、:,;/,!
 i::::::::::::::::::::::::::::::::i ̄
 ヽ,;__'、;;;;;;;;;;;____;イ
.  `ー'    `ー'」
蒼星石 「あらじるさんは大変だなぁ>阿良々木」
雷皿♂ 「   _▲_  +。
  * ヽ('A`)ノ *゚     ああ……めぐみちゃんが…めぐみちゃんがボクの股間を凝視して微笑んでる…
 +゚   (  )   
     ノω| 」
神無月めぐみ 「御自身の時間を大切にいたしませんとね。平日ですもの。」
阿良々木 「方向性が違うわ!>魔理沙
名前を呼べよ! ちゃんと名前を!」
デモニカ 「あらら・・・さんは仮のアイコンが決まって投票したらカウント頼むよ」
プリズマイリヤ 「あっ やばっ息してない」
雷皿♂ 「_[GM]__▲__
  (  ) ('A`)   それじゃあ楽しい鍋にしようぜ(キリッ  
  (  )Vノ )
   | |  || 」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 平沢唯
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2416 (平沢唯)」
神無月めぐみ 「や、な、なにをおっしゃってるんですの!?そんなこと言わないでくださいまし!>雷皿さん」
平沢唯 「おまたせー」
オレンジ 「どこぞの人狼マニアは夫婦で1キャラずつ同じ村に参加するときに
わざわざ進行中の一週間あまり徹底して別居するらしい」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   魔導のおっぱいに惹かれた私は仕方ないと思うんだ
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
プリズマイリヤ 「る、るるるルビー!今すぐ蘇生魔法つかってー!!」
衛宮士郎 「              ヾ'''''''''-,へ
           ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
         ; /: : : : : : : : : : : : : : : ! {
         ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :! ; ・・・ッハ、俺はいままでいったい何を・・
         /!: /\   u / ヽ,/ .
         レ!小●     ●  /~) ;
         ;: |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
   ガク …./⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i {
      ; \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  / ;
.       ;  ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/」
オレンジ 「嘘の噂かもしれんが」
ジェイソン 「これは・・・下に行くほど進化だなアアアアアアア」
阿良々木 「阿良々木だからな? そんな魚の部位を使った味噌汁の名前じゃないからな?>蒼星石」
霊烏路空 「女神は誰得をしてくれると私は信じています!(きりっ」
シン・アスカ 「しかし変な人しか居ない村だな・・・」
衛宮士郎 「                  ______  }\
                     ..‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/
              _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_
              _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
             `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ    っと、いつのまにかイリヤがいるな
                 }八{-V‐    ´ ,ィ≠ミ、V :.:.:.:.: ト、}
                \{ィ'f㍉      ヒこリ 》 }/.:.:.:.:.;     同じ陣営になれるといいな
                    /} ヒリ}    `¨¨´  }/⌒V
                ヽ.   ′        ノ 丿
                    、  ー─一    __/
                   \          /Ⅳ
                   \    .    |
                    |`¨¨´      |
                    |     /     、__
                  _ . -‐ ' }  /       /ニニ==ー
                 -=ニ/               /ニニニニニニニニニニニ`ヽ
        /ニニニニニニニヽ        -=ニニニニニニニニニニニニニニニニi
          /ニニニニニニ/\ \   <ニ>'゙⌒\=ニニニニニニニニニニニニ|」
サニーミルク 「雷皿♂の股間にサニーパンチ!」
阿良々木 「おーし、カウントいくぞー
女神が3」
平沢唯 「えへへーいつもはお茶だけど
お鍋もたまにはいいもんだよねぇ」
プリズマイリヤ 「えっ、今なら人命尊重の名目のもとで
人工呼吸と言う名のキスをし放題だって?

………………」
衛宮士郎
          ヾ'''''''''-,へ
       ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
      /: : : : : : : : : : : : : : : !
     ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!  ・・・ところで、その衣装はなんだ?>イリヤ
     /!: /\  u / ヽ,/  
     レ!小●     ● u/~)
       |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
   /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i
    \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /
      .ヽ::::/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/」
オレンジ 「ロリコンが羽ばたいてメカになって殺人鬼になると
ロックに目覚める
…私にはわからん、何かすごすぎる」
蒼星石 「        , -======|
      ィく三三三三三三二|
      ∨三三三三三三三|
      /Aー――――――.|
      ヽ=Aー------――‐ |
        \.A三三三三三三 |
        /`ー ---- -― .|
       ,:. :. :.{!:.、:.\:. :. ヽ.:.:.|
       |:. :. :.ト、:.\: ヽ, - ',‐|
       |:. :.| :|!⌒、 ヽ _ヽrテ|
       |:.l: |:.ヽマl!ヽ   弋リ
        ヽ!:.|:.l:. ゝゞ'′,   |
        Nlハ:.ヽゝ . -_ .イ|  それじゃ、お手柔らかにね
         じ \ヽ:.{{   ヽj |
         o /::\:j::ヽ  fil|
          .ノ:::::l::::;:::: ヽ Ll|
           /:::::::::i:::l:::::::: ヽlf"
         ヽ:::::::::l::::;ィヘ´ ̄ゝ
          `ー-.' };; V `r
             / ¨ ミー|
            , '::::::::::::::: `|
             /::::::::::::ヽ:\|
          /::::::::::::::::::::\|
          / : :::::::::::::::::::::::|
           /:::::::::::::::::::::::::::: |」
阿良々木 「恋人が2」
神無月めぐみ 「楽しくお鍋できるといいですわね」
ハシビロコウ
          ,,,....._
        /"'。  `ヽ-彡'ソ    
        ノ゙`丶、   ,r‐'´  
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ   デモニカ~ジェイソンあたりか、性別が変わるのはW
    (____,.,..イ´"  /     
       ̄ ̄  |   .(      」
阿良々木 「橋姫が1」
雷皿♂ 「      _▲_   
        (A`* )     ボクらの業界ではご褒美です>サニーちゃん
       (⊃⌒*⌒⊂)
        /__ノωヽ__) 」
ジェイソン 「人工呼吸ならいくらでもしてやるぞオオオオオオオオ」
デモニカ 「一応これスーツだがねw」
プリズマイリヤ 「……ハッ!よかった!
無事だったのねおにいちゃん!
まったく、突如としてお風呂の窓から剛速球で石を投げ入れるなんて
非常識な人がいるわ!」
平沢唯 「うーん?しんかとかよくわかんないよー>ジェイソン」
霧雨魔理沙 「うるせぇ! 暦つったら水原だろうが!」
サニーミルク 「ぎゃああ変態だあああああ」
阿良々木 「そして恋人は全滅した
それじゃあスタート」
ゲーム開始:2012/05/14 (Mon) 23:59:16
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
霊烏路空 「ぶwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なんじゃこりゃwwwwwwwwwwwwwwwwww
あ、抗毒wwwwwwwwwwwwwww」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
まりさ 「はぁ」
まりさ 「素だぜ」
小傘 「・・う~ん、これは寝てたほうがよかったってことかしら」
小傘 「萌狼よ
だからあとよろしくね」
「◆ミクGM 
                         , - ──- 、
                   ___ ,. -‐v'´ ─一: :、: : : :r=zr─ 、
                    !l/: : : : : : : : : : : : ヽ : : l |:{: : : : :\
                       /: : : : ,: : : : : : : : : : : :\:l |,.ヘ: : : : : :\
                /イ: : : : : i、: : l、: : : : :__:l: :}`ー'ヘ : : : : : :.\
                    / 7 l: : : : 」Lニ、 | \ ̄ : : |ヘ!: :_/7:|: : : : : : : : :ヽ       なんか質問とかあったらどうぞ
                    /: :|: : : : Ⅵ__ ,: :', r=≠z: : :/ 〕 :ハ: : : : : : : : :.:|
                  ./ : :Ⅳ: : : :lf rハ \Lんィ㍉ /:「「!:!:/ ! : : : : : : : :.|
                /: : : l: ト, : : |マり  `弋ェりノliヨ:レ':Y   | : : : : : : : : !     GMは腰痛@これから毎日村は焼かれろ がお送りします
                   /: : r 、: :! ',: : !xx  ,_ 、xx /!__ノ´z- _j  -─- 、 !
                /: : :/::::::`ー- .,_ヾ__ ヽ  _}_ イ 1<,.  ィ::::::::::::::::::::::::::)
             /: : :.:l::::::::::::::::::::::::::::`ー〔〕ーiイ_ ノ j !_ l_ -‐──'i:l  気付いたら投票延長はかけますがよそ見とかよくしてます
                / /:: : :`ー──── '──| レ__>- ' Y   |.: : : : : : : : :l:|
           / /: : : : : : :i: |          ! / l rzュ !,  |: i: : : : : : : :l:|
            /,イ: : : : : : : :Ⅵ         /: :j _ _, `ー1: ! : :,. ゙´\|
             / l : : : : : : :!: l !         ./ : / ,、    ,仆 イ:::::::::::::::ノ|」
霊烏路空 「しゃあねぇ。占い騙り軸で行くかグレラン軸で行くか決めよっか」
「◆ミクGM GMもないです>該当者」
霊烏路空 「あー萌え系かぁ……
まぁ、うん。どうにかなるよ
多分」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆ミクGM GMは上にいる限り一切の羨望から逃れられるのです…>該当者」
霊烏路空 「じゃあ、魔理沙も私も占いの中に小傘●は入れとこっか。
面倒な事に共有複数いそうだし
はぁ、どうしよっかね
噛みは私がやるよ
200ね」
霊烏路空 「狐2が面倒臭いね。こりゃ」
小傘 「ん~・・真剣に勝てる路線あるかどうかって気がするわね
とりあえず初日占い抜けなかったらもう終わりレベルだし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆ミクGM 頑張りまっす♪>該当者
応援してますよぉ~>該当者


                    ゴフッ」
ミクGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ミクGMさんの遺言         __
     ,.イ///}∧
      {/////i}}∧、
      |//////}}//}   __/7}  _,.......... __    rt
.    ////////}}//ヘ ,: : //:`:.く: : : : : : : : :`: :.、.{{{, -: :‐:.、
    //}///////}}//∧: /,:-: : : : : : : : : : : : : :..: :.{{{: : : : :.∧
.   ///}///////}}///jV:' : : : : :/i: : : :|: : : : : ヽ: :Ⅵ: : : : :.:∧
  《//リ///////}}////: : : : : :/ _ヽ: :..|丶: : : : :‘,`i : : : : : ∧
   ヽヾ///////ソノ//:.;.イ : : /´ ` ヽ:{ -ヽ‐ : : ‘,!:..: : :..: : : :.  これから毎日村を焼こうぜ!
    `ヽゞ≠ '二ノヾ〃//、: :.iy'笊ミ  ヾ xェュヽ: : :.i !: : : : : : : : :.
       ̄ ̄     /V//∧:.ト弋::ソ   "んハ》ヾ: :{{!:..: : :..: : : : :
                i: :∨/ソ从     '   ゞ ' /:ハ:i | : : : : : : : : i
                |: : :ゝく   丶 「  ァ   厶イiソ | : : : : : : : : |
                |: : : : :.ヘ rf{:.>、  <:.}ァ 、  | : : : : : : : : |
                : : : : : : :∨{{: : ;xyュく: : :.〃  ヽ、| : : : : : : : : |
             ,: : : : : : /: :{{y":{  〉ミ、:〃     Y: :..: : : : : : :.
           ,: : : : : : { : : : : :/`i´: : ゞf{ .:   |:.: : : : : : : : :.
.            ,: : : : :..:八: :..: :/  |:r_‐ュ: {{.,:'i 01 |.: : : : : : : : : :.
              ,: : : : : /: : :iー: ,′ !: : : : : :〉'{二二,}..: : : : :..: : : : :.
          /: : : : :/: : :/ : :,tュ  l: : : : :.{  i////i{ : : : : : : : : : : :.
            / : : : : : :,.イ{: : :,tュ   !: : : : /7、l/////}: : : : : : : : : : : :.
        / : : : : : : ヽヾヘ:x{   /、: : :////{/////} : : : : : : : : : : :∧
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
神無月めぐみ 「おはようございます。素敵な朝ですわね。共有者さんの声が尋常ではなかったですけど・・・。
10吊りのなかで5人外。蝙蝠や決闘者を足してもお釣りが来ますわ。
決闘者は先に出てくれると助かりますけれど・・・。宿敵もあればCOお願いですわ。
蝙蝠さんは出れば即吊られるので出ないほうが身のためですわよ。」
衛宮士郎 「村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2

おはようさんと、えーと、割りとこれはこう狼吊りきりが怖い陣営なわけでして
占い師さんは●1個引いたらでてもいいんじゃないの的なねって

こういう村こそ、逆に気を引き締めていこう、
あと、蝙蝠と決闘者陣営はでてもいいんじゃないかな(チラッ」
平沢唯 「おはよ~
村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
決闘者がちょっと邪魔してきそうだけど、村多めでいい感じだねぇ~
逆に狐に気をつけたいかなぁ?」
ハシビロコウ 「さておはよう!
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
マニア村なのにマニアなし、うん、いつもどおりですね!ww」
霧雨魔理沙 「やぁおはようなのぜ。 さっそく陣営を見て行こうじゃないか。
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2

いやー…マニア村なのにマニアでないのと女神村なのに恋人でないのは
いいとして…狼少なっ!?」
オレンジ 「はいおはよー
共有さんいるねー
こうもりもでていいのよ?」
ジェイソン 「おはよウオオオオオオオオオオオ

出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2

陣営的には村有利だけど決闘者と蝙蝠が不穏ンンンンンン
出られるやつ出ればいいんじゃないのオオオオオオオ
共有とかアアアアアアアアアア」
ジョルジュ長岡 「おはようさんです。出たほうがいいと思った役職は出ていいんじゃね?
んで陣営の法はこうなってて……
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
割りと人外が少ない感じ
そして呟きが7回と吠えは10回と確定村が居る事になるかなと
指定役がいるのは嬉しいね」
琴吹紬 「おはようございます
まずは蝙蝠2と決闘者でしょうか」
武田義信 「我が村の力を証明するのだ!」
雷皿♂ 「どうせCOしないとそのうち死ぬと思うので……

   ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   。;*
  .;゚  *;。   ヘへ
  ._▲_゚;  へ/ヘへ   
   (*'A`)  | / ヘ |
  .†ノ雷ヘヘ  \  / 」
まよい 「マニア置き換えとはなんだったのか。
微妙に、狼吊りすぎて狐が怖い系の配置ですねこれ
蝙蝠とか別にケアとかどうでも良いんで出ても良いですよ」
まりさ 「   _,,....,,_  _人人人人 _人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>ゆっく・・・ > ゆっくりしていってね!!!<
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´


 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ      ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__     'r ´          ヽ、ン、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7    ,'==iゝ、イ人レ/_ル==', i
.:::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 i イ  (ヒ_]     ヒ_ン ).ヽイ i |
!イ´ ,' | / !/ V !__ハ  ,' ,ゝ   レリイi!""  ,___,   "".| .|、i .||
`!  !/レi'rr=-, / / r=;ァ レ'i ノ     !Y!   ヽ _ン    「 !ノ i |
,'  ノ   !'  ̄/ / / /  i.レ'        L.',.          L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ,--、  人!        | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、_____, イ  ハ      レ ル` ー--─ ´ルレ レ´」
小傘 「おっはよ~
配役的には村が大目だけど他が随分と平坦ね」
蒼星石 「うんおはよう
村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
狼少ないな……狐と第4陣営に注意って村だねこれは
それじゃどっからかな、決闘系から?」
霊烏路空 「共有複数いそうな。
そんな感じですね
まぁ、共有のCO聞いて、それから、かな」
琴吹紬
村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 
蝙蝠陣営2 決闘者陣営2
シン・アスカ 「おはようさん、ひどい村だなぁw」
プリズマイリヤ 「魔法少女プリズマイリヤ 参上ッ!!
例えミユがいなかろうと この村の平和は私が守る!!
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2

うん ぶっちゃけ狼が少なすぎてやばいわねこれ。
マニアで増えたりもしないし。とりあえずCOする人は各自よろしく。
っつっても 蝙蝠とかは出たりしないだろうけどねこの配役じゃ」
阿良々木 「出現陣営:村人陣営13 人狼陣営3 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営2

おはよう……うん、なんだ
狼保護村っぽいけど第三陣営多くて油断できないぞこれ
まあ、COの出来る人はCOをお願い」
衛宮士郎 「・・・凍傷CO・・・!」
サニーミルク 「ジョルジュと宿敵ついたわ
喜びなさい、ジョルジュ私は老兵だ
つまり初日吊られの可能性が高い」
雷皿♂ 「   _▲_  +。
  * ヽ('A`)ノ *゚     ジブンヲ…
 +゚   (  )        トキハナツ!
     ノω|        氷妖精♂最低だなCO!」
ジョルジュ長岡 「そして死体が1とつまりは銃殺に天人に呪い返しに祓いに妖精の呪い追跡がなしになる感じだなぁ……
うーむここは確定村で憑き蘇生鉄火場分かる天人や吊り以外で狐死んでるのとや売らない生きてるかなど上げればきりがない情報が多いぞ
つーわけでうだうだ行ってても仕方ない自力で人外ツブしていこうぜー」
ハシビロコウ 「とりあえず出てこれる人たちは空気呼んで出てきてくださいな」
琴吹紬 「狼陣営3ですからね
●が出ても様子をみるべきですね」
平沢唯 「蝙蝠とか、この人数だと吊るんじゃない?>士郎」
デモニカ 「ん、おはようさん
COあるのは早めに頼むよ」
霧雨魔理沙 「共有の声はなんか空発言してるかのような
ささやきだったのぜ。 と、言うわけでCOの時間だぜ?
まぁ共有この人数なら潜ってても私は別に咎めん」
衛宮士郎 「ちきしょおおおおおおおおお!氷妖精のばかやろーーーーーー!!」
阿良々木 「凍傷? あー、つまり氷妖精と」
霊烏路空 「凍傷?
いきなり氷妖精かな?これ」
まよい 「凍傷?
えーと、氷妖精ですか?」
シン・アスカ 「ふむ、つまりあれか
氷妖精か>士郎」
ハシビロコウ 「初日から凍傷ってことは氷妖精か!」
ジョルジュ長岡 「え!マジで
てか決闘付いてるじゃねーか」
蒼星石 「指定も早めに考えないとね、共有さんは」
オレンジ 「狼が最大3なので今日はあえて人間狙いで処刑して許されるレベル」
琴吹紬 「「・・・凍傷CO・・・!

え 初手凍傷ってなんですか」
雷皿♂ 「まあ、助けるよ。
ボクはそこら辺でじっとして女の子の嬌声とか聞きたいだけだから>士郎」
平沢唯 「妖精さんは氷妖精かなぁ
それとも士郎自身が妖精?」
ジェイソン 「士郎が凍傷ということは、氷妖精の存在がほぼ確実ウウウウウウウウウウ
出てもいいんじゃないのオオオオオオ

夢狩人いたら知らんけどなアアアアアアアアア」
小傘 「ん~・・こういう村なら蝙蝠は普通吊るんじゃないかしら
村が多いなら安定策とって行けば有利でしょ」
オレンジ 「凍傷ふいたw」
霊烏路空 「あ、ひんな付いてる」
霧雨魔理沙 「氷妖精…がいるってのか!? なんてこった…出てこいさっさと出てこい。」
デモニカ 「凍傷・・・?なるほど、氷妖精がいるってことでいいな、COしたらいいと思うよ?」
衛宮士郎 「頼む・・・何も言わず助けてください土下座」
神無月めぐみ 「人外だけ見れば狐を先に駆逐したいところですわね。
狼は狂人もありますから間違えると狐にすくわれますわね」
プリズマイリヤ 「ちょ、お兄ちゃーーーーーーーん!!?」
まよい 「助けるのは、共有で良くないですかね?」
琴吹紬 「氷妖精 見つけました

◇雷皿♂ 「   _▲_  +。
  * ヽ('A`)ノ *゚     ジブンヲ…
 +゚   (  )        トキハナツ!
     ノω|        氷妖精♂最低だなCO!」」
武田義信 「人外の頭数は少ないしマニアで増えてることもない。
事故にきをつければ楽にいけそうだな。」
サニーミルク 「凍傷って蝙蝠枠の一人は氷妖精ね」
まりさ 「      _,,....,,_
   -''":::::::::::::`''-、
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
    |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
   _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
_..,,-":::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
"-..,,_r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
  `!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ  もちろん蝙蝠は吊るに決まっているがあえて吊らない不利をして
   `!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ
   ,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'  引きずり出そうとするその戦術を理解すべきなのぜ?>誰か
  ノノ (  ,ハ    ヽ _ン   人!
 ( ,.ヘ ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ」
シン・アスカ 「老兵なら氷妖精に任せりゃいいんじゃねぇの?
長老なら初日吊ったけど、この陣営数」
ハシビロコウ 「そこの雷皿が犯人かwww」
平沢唯 「サニーさんが老兵だねぇ
じゃあ共有がでてそこ護衛鉄板でいいよぉ」
阿良々木 「決闘付いてるのか
つまり決闘枠1埋まりと
……ミルクVSジョルジュっていろんな意味で狙ってるよなw」
ジョルジュ長岡 「そしてサニーが老兵と
まぁ宿だrとしても村が負けちゃあ意味ないし即吊らなくてはいいと思うが」
蒼星石 「氷妖精かー、じゃCOしてもらってかな>士郎」
プリズマイリヤ 「COしてよお兄ちゃん!
COして!」
雷皿♂ 「ボクは悪戯したところ全部助ける。
だからボクのことは構わないで欲しいなーって。」
ジェイソン 「で、雷皿が氷妖精ならとりあえず放置でいいんじゃないのオオオオオオ

ただし、村側ではなくて蝙蝠なのは忘れたらいけないけどなアアアアアアアア」
オレンジ 「サブ何もついてないねー私は」
霧雨魔理沙 「で、えーと…老兵か。 初日吊りなんか絶対だめなのぜと言いたい。
この人数だからもう少し頑張れよ!宿敵ついてるし」
小傘 「雷皿♂さんが氷妖精ってこと?
つまりサブにジャベ取ってるって事ね、どうでも良いけど」
プリズマイリヤ 「ああ、後 氷妖精はぶっちゃけ吊っていいと思う
この配役だし」
神無月めぐみ 「あら、老兵が宿敵ですのね。
そして氷妖精はすぐ出てくると。なるほど。」
霊烏路空 「えーと、ひんな死んだら処刑投票が3増えて
それまでは1増える。
なんじゃこりゃ……」
シン・アスカ 「ひんな神いるのか>お空
これで決闘陣営は埋まりかな」
ハシビロコウ 「ひんなもち、これで決闘者枠も一つ埋まり、っと」
デモニカ 「ひんな・・・ひんなね、投票が変なことになるんだよな
そっちもCOしたらいいと思うよ?」
阿良々木 「衛宮はCOをするべき
あと、共有居るはずだよね確か」
琴吹紬 「ひんな神ってことですね
ひんながつくのはそれだけです」
蒼星石 「ひんなも出たのかー」
衛宮士郎 「・・・侍・・・CO・・・」
武田義信 「凍傷?妖精が出たのか。」
まよい 「で、まあ、真証明できるらしい氷妖精が出ないって言う事は潜るようですね」
霧雨魔理沙 「んでー霊烏路がひんなか。ひんな神は出るなよ。出てもあんま意味ないし。」
プリズマイリヤ 「そして共有系COッ!!

説明しよう!この世界では普通の小学生
イリヤスフォール・フォン・アインツベルンは
魔法のステッキカレイドルビーの力により
護衛制限無視る狩人以外私護衛しないでいいわよという
共有者系の役職になるのだ!」
ハシビロコウ 「あ、もひとりいるのか」
衛宮士郎 「侍CO 初日不可/

衛宮士郎の侍日記

初日
さて、それじゃあ俺が侍とこの内訳だと
その、ぶっちゃけ狩り殺しもあんまりきたいできないかなーと
そんなわけで、守らなければならないところを守りきってみせるぜ

俺にできることをやるさ」
オレンジ 「もしCOしなかったら士郎はとりあえずチルノっぽいってことでいんじゃないかな
ああチルノって氷妖精の俗称のつもりね」
雷皿♂ 「いやん!帽子取ると恥ずかしいよ!>紬ちゃん」
ジョルジュ長岡 「んで氷妖精が」いると
そこの妖精って呪い先にいたずらしたら死ぬ?
死ぬのなら遺言残しといて欲しいかな」
小傘 「氷妖精なら放置しても良いと思うけどね
安全策ではないけど正直吊るようなところでもない」
デモニカ 「・・・氷妖精の自爆っぽいし放置しねえ?」
平沢唯 「あ、お皿さんが妖精なんだね
じゃあ士郎さんはまぁ助けてあげればいいんじゃないかなぁ?
まぁ、生き残りたがってるなら、後でそれなりのCOは必要だけどね」
まよい 「あ、氷妖精居ましたか」
シン・アスカ 「よし、じゃあ助けて噛ませろ」
神無月めぐみ 「ひんなと宿敵。後援者と決闘者が出たわけですわね。」
プリズマイリヤ 「よし お兄ちゃんには私が投票するから
他全員で氷妖精吊りだ>all」
阿良々木 「んー、まあ噛まれると嬉しいかな>衛宮」
雷皿♂ 「だからCO関係なく助けるって言ったのに……>士郎」
ハシビロコウ 「侍初日露出・・・ワロエナイ・・・」
まよい 「じゃあ、氷妖精吊りません?」
琴吹紬 「このロリコン侍!>衛宮士郎」
オレンジ 「むらで一番長い名前の人が共有、まで読んだ」
まりさ 「          _,,....,,_
       -''":::::::::::::`''-、
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
        |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
        |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
       _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
    _..,,-".:::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
    "-..,,_r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
      `!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ   氷妖精とかほんとならすぐ自爆するだろ
       `!  !/レi'rr=-,    r=;ァ レ'i ノ   
       ,'  ノ   !'  ̄     ̄ " i.レ'.      はっきり言って上位面してるけど外れ役職なのぜ
      ノノ (  ,ハ   'ー=-'   人!.    
     ( ,.ヘ,)、  )>,、_____, .イ  ハ丶  ,-.、
.        (  )',.イ ヽ、__ノ 「ヽ.レ'ヽノ .`-' 、 `)
 ⊂⌒ヽ、 . ノヽ/  ';::ヽ、/iヽノ::i Y  /⌒つ.`、_ ')
    \ ヽ、. ri   !:::::::`ー┘:::!  ) /  /
      \ ヽ/ヽー-,イ:::::::::::::::::::::!‐<./ ./」
ジェイソン 「で、決闘枠は決闘者と後援者かアアアアアア
ひんなは村についたか、人外に付いたかは、今後の噛みを見ていけばわかるだろオオオオオオオ
ひんな神は露出するしなアアアアアアア」
サニーミルク 「あまり長生きできそうにないわよ…
吊られなくとも噛まれるかもしれないしね…>魔理沙」
霧雨魔理沙 「あ、氷妖精出たならそこ吊りなのぜ。この村多めな人数COあぶりだされるだけでも邪魔だ」
霊烏路空 「反応遅れたのは悪い。今気がついた
って士郎にCOさせるの?
今は吊らなくて後から考えればいいじゃないって感じなのにさ

しかも侍っておいおい……」
武田義信 「ショック死でも変に人数が減ったりするとこの内訳じゃ怖いからな。」
雷皿♂ 「まあそうなるよね。
でもボクは後悔しない。」
デモニカ 「って侍COか、なら助けなきゃならんな
まあ、妖精の騙りだろうと噛まれるだろ」
ジョルジュ長岡 「イリヤが共有な昨日つぶやきあったし了解
んで衛宮は助けて欲しい感じのcoto」
小傘 「んで共有COと侍COがでてるわね
って氷妖精吊るの?」
衛宮士郎 「うん、とりあえず、霊界で見てるよ・・・」
琴吹紬 「てへ 言いたかっただけです」
平沢唯 「じゃあ老兵はイリヤ護衛でいいねぇ
そこ抜かれたら吊りでいいよぉ」
神無月めぐみ 「侍・・・。
共有者が助けて吊りは・・・。申し訳ないけれど出ちゃった蝙蝠陣営がいいですわねぇ。」
蒼星石 「ん、氷妖精吊るんだ、まぁいいけど

というか吊んなきゃダメかーこれ、村多すぎるし」
雷皿♂ 「   _▲_  +。
  * ヽ('A`)ノ *゚     ボクは……やれることをやったんだ…
 +゚   (  )
     ノω|」
蒼星石 「じゃ、大体済んだかな? 逃亡者CO

暗殺いたら僕殺ってみて」
まよい 「占いにKP狼見つけて欲しいんですよ
だから、それまで、狼を吊らない占いも吊らない吊りが必要」
デモニカ 「・・・っと、凍傷を助けるのは共有の判断、でいいよな?念のため
辺に投票して吊るのが一番あれだ」
オレンジ 「ああ雷皿はチルノなのか…」
プリズマイリヤ 「ちなみに何を誰と共有してるかは
分からないのだ!(相方?いねえよ!!)」
シン・アスカ 「氷妖精吊り?
そこは利用させればいいじゃん
具体的には老兵生きてる間は老兵にだけいたずらさせるとか
夢狩人の真証明にもなるんだし」
蒼星石 「いきなり逃亡失敗だったら、まぁごめんかな」
ジェイソン 「侍だとオオオオオオオオオオオ
もう少し落ち着いてればアアアアアアアアア
幸い老兵COがあるけどアアアアアア

で、共有指示は氷妖精吊りなのかアアアアアア?
小傘 「氷妖精って5割の可能性で誤爆
吊らなくても誤爆期待+投票しないならそのうち死んでると思うんだけどね・・」
霊烏路空 「イリヤ共有か。
相方いるなら、今日は出さなくていいよ。
後から考えればそれでいいだけの話だからさ」
ハシビロコウ 「老兵か、氷妖精に処理任せちゃだめなんかな?
無理に助けにくるようなマヌケがいればフィッシュオンできるし」
武田義信 「この内訳で素直に言うのもな。」
阿良々木 「んー、まあ広範に禍根を残したくないよなーっていうのは
ショック死で死ぬのは怖くないけど。老兵に護衛して変に生き残るのも怖い
妖精も出てこないしチョイどうなるかなって感じ」
雷皿♂ 「      _▲_   
        (A`* )          優しく吊ってね……
       (⊃⌒*⌒⊂)
        /__ノωヽ__) 」
オレンジ 「なんだろう…この…自殺願望すごいチルノは…」
平沢唯 「うーん、士郎即COしちゃうんだなぁ・・・
真ならちょっともったいないね」
ジェイソン 「やべ、このRPめんどくさいからやめよう。」
霧雨魔理沙 「侍… 侍!? これどうするのぜ。士郎が明日噛まれてそうな勢いだ。
まぁ…こうなるから氷妖精はやっぱり悪だな1」
プリズマイリヤ 「ああ 相方いないから>お空」
サニーミルク 「そうね、これ以上被害出させないためにも氷妖精は吊っていいと思うわ
そして士郎…よりにもよって貴方騎士なの…」
ジョルジュ長岡 「んで蒼星石が逃亡な暗殺いるならソコ頼む
雷皿♂ 「まあ言った通り全員助けるよ?残ったら。」
まよい 「なので、氷妖精吊りが村的にはよろしいと考えます
氷妖精さんには悪いと思いますけどね」
神無月めぐみ 「老兵は護衛制限虫ですしちょうどそこの共有者様を護衛していればよろしいかと。
この状況では噛まれる可能性が高いかと思いますが・・・。」
シン・アスカ 「なら老兵はイリヤ護衛な
噛まれたら即つる」
衛宮士郎 「まあ、村保護であるのならば
ぶっちゃけ、妖精吊りはあり、というかだ

許さん!」
小傘 「むしろ残してケア形狙ってみろっていう手もあると思うんだけどね~
狙わないならその時こそ吊るって感じで」
まりさ 「   _,,....,,_
.-"::::::::::::`::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
.:::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
!イ´ ,' | / !/ V !__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi'rr=-,    r=;ァ レ'i ノ  士郎が中身言った理由は全くもって不明瞭なのぜ
,'  ノ   !'  ̄     ̄" i.レ'
 (  ,ハ    -=-   人!    まぁどうでもいいけどさ
,.ヘ,)、  )>,、_____, イ  ハ」
琴吹紬 「それじゃ氷妖精さんにばいばい
せっかくの妖精なんなのに残念だと思うの>唯ちゃん」
ハシビロコウ 「それまでにGJ出せればそれでよし、助けりゃいいわけだし?」
蒼星石 「村の方が被害被る可能性は高いからねー>ハシビロ」
デモニカ 「ああ、氷妖精出てたのか、じゃあさようなら、死んでくれ、蒼星石にあてられても困る
・・・ああ、一応自爆するまで放置ってのも手ではあるけど、役職保護も兼ねるなら即吊りでいいか」
サニーミルク 「あ、侍か
なんで騎士って書いたんだろ」
平沢唯 「逃亡者は、鬼がいないし暗殺者なんかもっといるかわかんない
まぁ一旦放置かなぁー」
霊烏路空 「今のコトロ、老兵と侍が露出かぁ。
どう考えてもいいペースじゃないね。
なんてね。そんなの言うまでも無くわかってた事さ。
やれやれ。面白く無い」
ジェイソン 「逃亡者暗殺は、仮にできそうでもタイミングは見るんだな。
罠師もありえるからな。」
プリズマイリヤ 「ぶっちゃけると 情報が出るようになるまで
あんまグレランしたくないのよね 期待値低いし
人外数少ないし」
雷皿♂ 「だって潜っててもそのうち自爆でCOしないといけなくなるし…>オレンジ
それならジブンヲサラケダセ!」
ジョルジュ長岡 「氷妖精吊りと了解
重要お役職が殺されちゃあかなわんからな」
衛宮士郎 「うーん、老兵いるのなら俺護衛ーイリヤを俺が護衛でいいんじゃねっておもうんだけど」
武田義信 「村保護以前に役に立つ状況でもないしな。」
オレンジ 「複雑なところだなあ
氷妖精は迷惑でもあり利用価値もあり…
しかし村の手駒として固定するのは大変か」
雷皿♂ 「最初っから助けるって言ってたのに勝手にCOしたのそっちじゃん…>士郎」
阿良々木 「まあ、正直に言えば後半に残して妖精は劣勢な陣営の味方するし
ほぼ人外票。まあそこを吊ってーで。素直にCOされるのは予想外
まあ、どんまいとしか」
平沢唯 「護衛制限あるみたいだよ?>士郎」
サニーミルク 「まあ護衛するだけはするけどね
あまり期待しないでちょうだいよ抜かれたら吊られる覚悟だけはできてるわ」
霊烏路空 「騎士って書いてある?>サニー
何処にもそうは見えないんだけど」
オレンジ 「せつないな…」
まりさ 「      _,,....,,_
   -''":::::::::::::`''-、
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
    |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
   _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
_..,,-":::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7  老兵はまず真偽は何にせよ侍護衛だろ、当然だな
"-..,,_r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
  `!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ
   `!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ    サクサク…
   ,'  ノ   !'"   ,_,.、,、,..,,i .レ'、.,、,、、..,_     /i
  ノノ (  ,ハ    ヽ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
   ,r<ヽ、 )>,、 ____'、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄」
プリズマイリヤ 「なお 私を護衛するのは
護衛制限が無い狩人だけでいいと
言っておくっ!!!察せ!!」
霧雨魔理沙 「まぁ氷妖精吊りで今日は決まりだな。出たほうが悪い。
そういうわけで共有、つまるところイリヤに士郎の処断は任せってことだな。」
ジェイソン 「蒼星石が罠師に限らず、他に罠持ちがいて罠を置く・・・十分ありえる。
狼が即逃亡COを噛みにいくところではないからな。」
ハシビロコウ 「とおもったら妖精吊りか、ふむ
まぁ役職保護と考えれば安いもの、か?」
シン・アスカ 「うん、その指示出すなら士郎助けなくてもいいんじゃね?」
まよい 「老兵は護衛制限無くなりました」
デモニカ 「しかし序盤から動くな
夜にゆっくり把握し直さなきゃ」
ジョルジュ長岡 「逃亡はイキナリ釣る場所でもナイしね即吊りする役職でもないしな>結」
衛宮士郎 「あー、そうなのかー>平沢」
雷皿♂ 「まあ生かしてくれるなら老兵の処分くらいは手伝わなくもないけどねー。」
ハシビロコウ 「探偵乙・・・」
霧雨魔理沙 「察した!!」
阿良々木 「それは老兵だー!!>イリヤ>制限無い」
霊烏路空 「それでいいんじゃない?
士郎抜かれたら老兵吊りで」
ジェイソン 「老兵は護衛制限ないはずだな」
蒼星石 「え、いいのに>イリヤ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
阿良々木0 票投票先 →雷皿♂
オレンジ0 票投票先 →雷皿♂
まよい0 票投票先 →雷皿♂
衛宮士郎2 票投票先 →雷皿♂
霧雨魔理沙0 票投票先 →雷皿♂
ハシビロコウ0 票投票先 →雷皿♂
武田義信1 票投票先 →雷皿♂
雷皿♂18 票投票先 →衛宮士郎
シン・アスカ0 票投票先 →まりさ
蒼星石0 票投票先 →雷皿♂
デモニカ0 票投票先 →雷皿♂
神無月めぐみ0 票投票先 →雷皿♂
サニーミルク0 票投票先 →雷皿♂
琴吹紬0 票投票先 →雷皿♂
霊烏路空1 票投票先 →雷皿♂
ジェイソン0 票投票先 →雷皿♂
まりさ1 票投票先 →雷皿♂
プリズマイリヤ0 票投票先 →衛宮士郎
小傘0 票投票先 →武田義信
ジョルジュ長岡0 票投票先 →雷皿♂
平沢唯0 票投票先 →雷皿♂
雷皿♂ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊烏路空 「勝てる道筋が見えません。
そうすればいいんですか?小傘さん!
小傘、頑張れ!
魔理沙!君が希望だ!」
まりさ 「ああ、仲間か」
霊烏路空 「三人が綺麗に生き残って、
ひんなをぶち殺せれば…8人でPPは出来るけど……」
まりさ 「魔理沙でいいんじゃないかな>噛み」
霊烏路空 「ああ、」
小傘 「一応占い書いてるから噛み先言ってくれれば私が噛むわよ
特にないなら士郎いくけど」
霊烏路空 「魔理沙ねぇ……
まぁ、老兵辺りは噛まないでーって感じで行くしかないかな」
小傘 「噛まれ狙いの役職かもしれないけど流石に噛むしかない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は木枯らしです (魔法弱体化)
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霧雨魔理沙さんの遺言 霊能表記COなのぜーっと。 まだ真夢はわからん。

2日目吊り:雷皿(氷妖精)
…こりゃ出れないな。 出たところでどうしようもない。
特攻受けないことを祈るのぜ。

3日目結果:○●




全結果
雷皿○●>
雷皿♂さんの遺言 Chapter : 01        ・        .
____                .        _▲_  . * .
|理|想|              .     .  *   ('A` )   _▲_
ideal                 .         .(雷 )\  .('A`)
                      .   ・  .  \\   (雷 )\
嗚呼、氷妖精♂が行く……     *              .    \\   _ ,.... -‐‐
望まれることなく、浮き世から                    ,...- ' ゙゙ ┌─┐
捨てられし彼等を動かすもの。                  . '´ヽ   │雷│
それは、氷悪戯しか持たない者の.              /   ;    ├─┤
意地に他ならない。                       /  /.    │皿│
                                /  '!.j        └─┘
                               ,!'   `      RAISARA

士郎→
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
平沢唯 「おはよ~
まぁ、士郎が真なら今日噛まれてるんじゃないかなぁ?
まぁ老兵もあんまり信用はしてないよぉ
だって吊られると思ってる老兵とかちょっとねぇ?」
サニーミルク 「イリヤ護衛ですよ
お願い…!抜かれてないで…!」
蒼星石 「おはよっと、デモニカ行ったよ」
ハシビロコウ 「さておはよう
まだ蝙蝠があと一枠いるんだよな?」
衛宮士郎 「侍CO 初日不可/平沢」
プリズマイリヤ 「吠えが初動死ぬほど遅かったんだけどどういうことだ!!
あ、ちなみに私は囁き0にするよ!
万一の憑依にも対応するためにな!」
まりさ 「 |::::ノ   ヽ、ヽr-r\        /_____  ヽ  / . _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二\      | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  /ー'7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', \   |  ・|・  |─ |___/ / '"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !   i\  |` - c`─ ′  6 l / ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,\.ヽ (____  ,-′/!  !/レi' rr=-,   r=;ァ レ'i ノ
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ \ヽ _ ∧∧∧∧/,'  ノ   !' ///    ///i .レ'
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    \/<     ゆ >.  ,ハ    'ー=-'  人!
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!     \<    し っ >    )>,、_____, .イ  ハ
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ ハ.      < 予 て .く >   )',.イ ヽ、__ノ 「ヽ.レ'ヽノ
――――――――――――――― .<   い り >―――――――――――――
  }、、ヽ ヽ∨:..  ..:../:l::..ト :..:......、ヽ   < 感 く   >    'r ´          ヽ、ン、
イ :ハ|ヽト、l. ト| |.:..:/:,イ/ }:}:./lハ:.ト:..:..:ト|   /∨∨∨∨\.   ,'==─-      -─==', i
イ/ r=ミ{小|レ┐:l:イ ==j/ =={ハ:ハレ┐ / .i| i |li.    .\.. i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
|ーーi xx.Ⅵ | /Ⅵ:.{ xx r‐ ォ xx }:{く ノ / r' i |l   i|t.,   \.レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
{__.ノ  ノイ:∧.ハ从、  {__.ノ  ノ:l:l } / /__,    、.__ゝ._  \!Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
ァァ壬 リj/ 人 ヽトト7マフ フ{ハ::ハ|./   i (ヒ_]     ヒ_ン ヽ  \.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
≧≦ハ i /  \ j .ノ_≧≦zハ リ /   .|'"    ,___,  "' ヘ   \ 、       ,イ| ||イ| /
:::::::::::::`V      V´:::::::::::::::::` /    .!    ヽ _ン    l     \ ー--─ ´ルレ レ´」
琴吹紬 「おはようございます」
まよい 「もう一人蝙蝠でないかなぁ(ちらっ
吊らないから出てこないかなぁ(ちらっちらっ」
ジェイソン 「おはようだ。

ジョルジュの反応からして決闘者主張ではない。
そして雷皿♂に投票数が1多いため、サニーが2票持ちは確定でいいだろう。
つまり、戦乙女がいる、ということになるわけだな。

ジョルジュの反応が遅いから、舌が乗っ取りに行った、
を考えたが、それはなさそうか。
サニー2票持ちだしな。」
神無月めぐみ 「おはようございますわ。
さて噛まれはどこか・・・。ってことですけどおそらく士郎さんなのでしょうね。

決闘者本人、ひんな神はともかく決闘者の方は出てきても構わないでしょうに。
吊る余裕はありますが、余裕にかまけると自滅ですし。そこは無視しておきたいところですわ。」
武田義信 「我が村の力を証明するのだ!」
ジョルジュ長岡 「おはようさんです。

吠えは8回呟きは0回明日から一応つぶやきの法頼みたい憑きあるかもシレンしと思ったがサニーと士郎生きてる限りは大丈夫かな?」
衛宮士郎 「2日目
でちゃった、もんはしょーがないと、まあ、どうかんがえても俺噛まれるんですが
さて、どうしたもんかと・・・まあ、これどこ護衛しようかって
話でさぁ、まあ、適当でいいっか

えー、イリヤ護衛できないのであれば、まあ、平沢かなぁとは

まあ、割りと冷静な位置だし
平沢唯(131)  「うーん、士郎即COしちゃうんだなぁ・・・
真ならちょっともったいないね」
このあたりの発言が気に入った」
デモニカ 「蟲姫CO
霊烏路空は命を狙われた!」
蒼星石 「信じてたよ、よかった>デモニカ」
シン・アスカ 「ほーほー、侍も老兵も噛まれないんだな」
霊烏路空 「おはよーんじゃ、
COある人はよろしくって感じで。
老兵は士郎護衛でーとか考えたけど、そこがアレだったら老兵は共有護衛に行かせるしか無いわけで」
平沢唯 「グレー噛み?
よくわからない感じだねぇ?」
まよい 「霊能ならどうでもいいや」
阿良々木 「おはよう
まー、正直に言えば狼に見えてる場所を噛んでる余裕ないよねってのは
灰噛みくるんじゃない? 占い探しで」
武田義信 「ん?灰噛みか?」
神無月めぐみ 「あら?侍も老兵も噛まれないのですね。」
小傘 「おっはよ~
結局氷妖精吊りね、共有が狙い先指定させて従わないなら吊りって使えばよかったのに」
デモニカ 「・・・どういうことなの?」
霊烏路空 「冥狐か?これ
、六日目宣告」
プリズマイリヤ 「まあ決闘主張いたら
吊られるしね正直>ジェイソン
決闘でも言う筈は無い」
衛宮士郎 「GJは出てないよ一応いっておくけど」
ハシビロコウ 「ふむ?グレー噛みにいってるのか」
オレンジ 「空…は狐系か?」
まよい 「デモニカさんのはどういう事なんでしょうか?」
ジェイソン 「ふむ、魔理沙が死亡・・・
そして空が命を狙われた?ということは魔理沙が他の死因の可能性が高くはあるわけか。」
蒼星石 「ん?死体あるのに命狙われか」
ジョルジュ長岡 「んで魔理沙が死んでて霊能と
で氷妖精が士郎助けたのは謎」
平沢唯 「え、どこかでGJでたの?それって」
琴吹紬 「霧雨魔理沙さん噛まれです
どういう事でしょう
侍CO者かまれもあると思ってました」
サニーミルク 「って、魔理沙が噛まれてる?」
シン・アスカ 「よし、狐は殺す
ひんな神CO」
蒼星石 「あ、なるなる>冥狐」
オレンジ 「狙われた?
狙われたんなら…襲撃とかじゃないのか?」
阿良々木 「えーっと、冥狐に狙われたら宣告付くっけ?」
ジョルジュ長岡 「冥狐?4日後ならそうだろうな」
デモニカ 「ああ、死の宣告か、OKOK,なら分かる
噛まれたりしたってわけじゃねえのな」
武田義信 「デモニカ真なら空で死体なし?
呪殺でもあったということか?」
プリズマイリヤ 「ほう デモニカ冥狐かデモニカ真でいいなこれ」
まよい 「あ、なるほど、冥狐が死の宣告を付けにいったと
それだと、この死体があっての命を狙われたっていうのも繋がりますね」
まりさ 「   _,,....,,_ _
-''":::::::::::::::::`' 、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::\
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ  なるほど、閻魔。
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ
,'  ノ   !'"        "' i .レ'    なるほど、冥狐。
 (  ,ハ     o    人!
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ」
オレンジ 「ひんな神ってなんだ?」
衛宮士郎 「ふむ、冥狐が生存がのこうかな>うつほについて」
神無月めぐみ 「デモニカさんの主張では空さんは狙われた。
冥狐の暗殺は無視姫でカウントされるんでしたっけ?」
霊烏路空 「冥界系は暗殺のはず。
だからデモニカ信じていい
それかデモニカが冥界狐かどうかって話」
シン・アスカ 「そこにいきなりつけるとは随分と俺に喧嘩売ってくれたな」
プリズマイリヤ 「ハハッ>ひんな神」
ハシビロコウ 「ふむ、デモニカは真か」
ジェイソン 「ああ、冥系の宣告も対象か。その日数なら冥狐あたりだろうな。
左道あたりなら出そうな気がする。」
小傘 「ん、蟲姫の狙われ位置が冥狐に狙われたってこと?
CO的にはあってるわね」
平沢唯 「冥狐でも狙われたって出るんだっけ?
それとも死神?
死神はでも二日後だったっけ」
蒼星石 「まぁ狼ではないね>デモニカ」
琴吹紬 「蟲姫さんがいて
霊烏路空 冥狐ですか」
阿良々木 「ああ、なるほど
暗殺系扱いなんだ。ありがとう」
ジョルジュ長岡 「んでシンがひんなとな
じゃあ決闘枠は埋まりって感じかな」
オレンジ 「雷皿…それ斑鳩なんじゃ…」
デモニカ 「まあ、俺が冥狐疑いされるのは分からんでもねえが・・・
占ってくれや、それ疑うなら」
プリズマイリヤ 「んー まあ吊りたーい!って人いないし
グレランでいいかな」
衛宮士郎 「デモニカがまあ、冥狐の可能性はなきにしもあらずだけど
そこは占いの判断にまかせるぜっと」
小傘 「で、シンアスカさんがひんな神COと
これで決闘陣営2枠は埋まったのかしら?」
神無月めぐみ 「あら、ひんな神さん・・・お可哀そうに・・。」
霊烏路空 「ああ、狼は当然噛みだけどね。
冥界狐は暗殺扱い。
暗殺で死ななくて、宣告がつく形になるから、蟲姫の結果は合っているはず」
蒼星石 「しまったなーこんなに速く真証明っぽいことできる位置だったかー」
ジェイソン 「>イリヤ
初日に蝙蝠吊りがあったわけだが、決闘者が出ていたらのこのこ出ていたら吊られたろうか。
誰も他撃ち決闘者主張をしていなかったから、ちょっと違和感があったのだが。」
サニーミルク 「あ、そこひんな神なのね
空が宣告…6日目って事は冥狐になるのかしら?」
武田義信 「宣告か。冥狐がいると。
デモの表明は空のそれよりも早いということは
そこはラインか。」
プリズマイリヤ 「安心しな!
少なくとも非狼確定ってだけさ!>デモニカ」
平沢唯 「まぁ、自身が出るのはリスクが高いし、本当なら結構信じていいんじゃないかなぁ?>お空」
ハシビロコウ 「そしてひんな乙であります
これで決闘者枠は埋まり、と」
オレンジ 「さっぱりわからん」
シン・アスカ 「狼は狐探せ、狐殺しだけなら協力してやる」
まよい 「ひんな神は、えーと、暗殺系ですか
しかし、冥狐っていうことは、霊烏路空さんは非狐
ちょっと、怖くなりますね」
阿良々木 「ひんな神=決闘後援系だね
まー、そこひんな付きにつけたから一応放置でもいいんじゃない?
狐はほぼ否定されたし」
デモニカ 「しかしそうするとグレー噛まれな
よくわからんなあ、狩人CO位置は悉く放置か」
琴吹紬 「デモニカさん自身が冥界狐
確かにありますが
可能性としてですね
小傘 「その場合はデモニカさんが冥狐oeデモニカさんと空さんでライン語りだけどね>デモニカさん疑い」
衛宮士郎 「というか、よかった俺、生きてた・・・
ぶっちゃけ、グレーが広すぎて・・・GJ出せる自信が現状ないけどこれ」
まりさ 「   _,,....,,_
-''":::::::::::::`''::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
!イ´ ,' | /__,.!/ V  、!__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi ━━    ━ レ'i  .ノ   まさかデモニカーお空でライン騙りって事もないだろうし
,'  ノ   !'"    ______  "' i .レ'
 (  ,ハ u   !______i  人!    デモニカ真証明できてよかったなってとこだな
,.ヘ,)、  )>,、.,______,. イ  ハ
 (  )',.イ ヽ、__ノ 「ヽ.レ'ヽノ   ひんなも吊らなくていいと思うのぜ
 ノヽ/  ';::ヽ、/iヽノ::i Y
  ri   !:::::::`ー┘:::! i
  ./ヽー-,イ:::::::::::::::::::::!ンi」
霊烏路空 「可能性、だよ>デモニカ
真か狐。それだけって話。
非狼確定で見ていいし、君は吊り位置ではない。あって占い位置」
神無月めぐみ 「侍も老兵も噛まずにグレーを噛んでくるんですのねぇ。
決闘者の刺した側は出てきてないんじゃないですの?」
蒼星石 「ま、狐視点ひんな付きが怖かったってのはあるんだろうね
狼だったらラッキーぐらいで」
オレンジ 「ひらがなまりさはこれは狼っぽくはないかな
まりさが狼なら漢字魔理沙おそうかといえばNOっぽいからな」
ジョルジュ長岡 「投票総数から見て
サニーと品な以外に古い系は居ない感じ」
ジェイソン 「デモニカは真狐の位置ということか。
占い師が占うかどうかはお任せといったところかね。

シンがひんな神・・・をこのタイミングでCOするなら信じていいところかね。」
平沢唯 「うん、狩人完全放置はちょっと気になるよねぇ
てっきりどこかでGJ出たのかと思ったよぉ>デモニカ」
琴吹紬 「霊烏路空さんは非狐ということで
見る事が可能ですね
六日目つまり三日後です」
霊烏路空 「んー、それだと六日目に私は死なないでしょ?>私デモニカライン騙り
流石に無意味だと思う」
蒼星石 「というか護衛状況分かんなかったから噛まなかっただけじゃないかな
あるいはー……ふーむ」
サニーミルク 「私はイリヤ鉄板でいいわよね
どうせ抜かれたらその時点で私は終わりなわけだし」
武田義信 「ひんなってのは決闘か。
冥狐がすぐに出るってのもあんま考えにくい感じもするが。」
阿良々木 「GJ出るかーって言われてうっかり狐誤認とかもあるからね>衛宮
正直な所占いが死んでいないなら占い処分ーとかでも」
オレンジ 「よしひらがなまりさ適当に狐じゃないかと第六感が来たぞ
放置して呪殺が出る髪用」
小傘 「まあどっちにしろ宣告付いた宣言+そこの宣言を当てた所だし様子見で良い所
他のグレーを見るべきね」
衛宮士郎 「多分、狼の思考として俺を無駄釣りさせないと
やってられないんじゃないかなーと思わんでもない

陣営数的に考えて」
ジョルジュ長岡 「その庇いは可笑しい>オレンジ」
まよい 「ひんなは放置ですかね。
冥狐が居るんだったら、ちょっとそっちを処理できる可能性のあるグレランした方が良さげかもです」
ハシビロコウ 「そして狩人COのあたり残されているところに謎を感じる」
霊烏路空 「っていうかテメェか…>ひんな
嫌、だからどうだって話なんだけどねwwww>シン」
蒼星石 「いずれ僕が行くようかなー、やだなー
指定あるなら早めにね、やるかどうかはこっちで考えるけど>共有」
まりさ 「   _,,....,,_
.-"::::::::::::`::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
.:::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
!イ´ ,' | / !/ V !__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi'rr=-,    r=;ァ レ'i ノ お空が死んだら引き分け狙いでしか動かないしな
,'  ノ   !'  ̄     ̄" i.レ'
 (  ,ハ    -=-   人!   一応確認投票でもしておけばいいんじゃないの>ひんな
,.ヘ,)、  )>,、_____, イ  ハ」
武田義信 「なんで魔理沙が死んでるのに
まりさのAAがってよく見たら二人いるのか。」
神無月めぐみ 「蟲姫の狙われたは狩人GJ+暗殺未遂があれば両方でるはずなんですわよね?
だから噛みは通ったってことは間違いないでしょうし・・・。
狩人を噛む余裕がない?むしろ先に噛まないとまずいんじゃないかな。とも思うんですが・・・」
オレンジ 「そして処刑は他のところにしよう」
平沢唯 「ひんな信じる必要はないかなぁ?
別に吊ってもいい位置だとは思うけどねぇ>ジェイソン」
琴吹紬 「ところで唯ちゃん
オレンジさんってりっちゃんに見えない?」
阿良々木 「デモニカ狐ラインはそこまで疑ってないかな
お空が死ぬよりも早く決着が占い候補見つかっていないからない
それに占いが死んだ場合に噛まれる場所だから」
まよい 「グレかみってことでサニーミルクさんが古狼だったら、けっこうありがたいかも
そこ残してりゃ、狐勝ちはないわけで」
プリズマイリヤ 「別に狩人偽でも 今それほど慌てるタイミングでも無いしなあ」
ジェイソン 「22人村だしな。6日目までに村が終わることはほぼない。
それと内訳を考え合わせた場合、セットで騙っていれば確実にロラされる日数だし、もし河童COなどを交えて騙りを入れるには、狼と狐は人数的に厳しい。
それを考えれば、少なくともライン騙りを考慮する必要はないだろうさ。」
デモニカ 「シンはひんな神・・・
ひんなの性質を考えると・・・
空はPPの対象になりうる場所だが、なんでそこに宣告つけたんだ?狐は
吊れやすい位置なんだが・・・ひんな持ち」
ジョルジュ長岡 「それで○区なるなら利ゆんいなれんっぞ

まぁ宣告着いた辺り無視して死ぬか見て放置のグレランしかナイかな指定でもいいと思うがな」
オレンジ 「漢字vsひらがなはひらがなのほうが長寿だった…
幼児なだけに残り寿命が>武田」
プリズマイリヤ 「真だったら重要職には変わらん訳だし」
シン・アスカ 「ハシビロ、ジョルジュあたり人外臭い
占いは狙っとけ」
まりさ 「ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi' rr=-,    r=;ァ レ'i ノ  まるで実は私○を引いている占いかのごとき振る舞いを見せる
,'  ノ   ! '  ̄     ̄ " i .レ'
 (  ,ハ    'ー=-'    人!   オレンジのことはほうっておけばいいのぜ…?
,.ヘ,)、  )>,、∩ノ ⊃,.イ ハ
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /」
平沢唯 「あ、ちょっとおでこのあたりが似てるかも!>むぎちゃん」
霊烏路空 「士郎って言うより、どっちかって言うと士郎が騙りで、老兵が非狼なら、老兵を吊るしたいって方が感じる感じ>士郎
君と老兵、両方とも非狼でも同じ事さ」
阿良々木 「狼3で蝙蝠票潰されてたら灰の占い噛まないと勝てないし>ハシビ」
琴吹紬 「侍ですからね
私はすぐかまれるのではと思いましたよ>ハシビロコウ」
オレンジ 「田井中律のことか?なんで?」
ハシビロコウ 「まぁ、狐の種類がわかっただけでもよしとする、べきか?
種類わかってどうなんだって話ではあるんだけど」
神無月めぐみ 「そしてグレランするとかなりの確率で村しか吊れない。
そんな気がしますわねぇ・・・。」
蒼星石 「ま、もいっかいグレ行ってくるよ」
小傘 「どっちにしろ蟲姫が居るなら狩人とラインが繋がるかを見手行けば良いでしょう>めぐみさん」
オレンジ 「いやそんな私美形じゃないから」
ハシビロコウ 「なるほろ>はいかみ」
サニーミルク 「ジョルジュは私の宿敵なんだけどどうかしらねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
阿良々木1 票投票先 →小傘
オレンジ1 票投票先 →まよい
まよい2 票投票先 →神無月めぐみ
衛宮士郎0 票投票先 →ハシビロコウ
ハシビロコウ2 票投票先 →シン・アスカ
武田義信4 票投票先 →まよい
シン・アスカ1 票投票先 →小傘
蒼星石0 票投票先 →武田義信
デモニカ0 票投票先 →ジョルジュ長岡
神無月めぐみ2 票投票先 →武田義信
サニーミルク0 票投票先 →武田義信
琴吹紬2 票投票先 →まりさ
霊烏路空1 票投票先 →神無月めぐみ
ジェイソン0 票投票先 →阿良々木
まりさ1 票投票先 →琴吹紬
プリズマイリヤ0 票投票先 →琴吹紬
小傘2 票投票先 →平沢唯
ジョルジュ長岡1 票投票先 →オレンジ
平沢唯1 票投票先 →ハシビロコウ
武田義信 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊烏路空 「あ、はっはっはwwwww」
霊烏路空 「どーしよ……
士郎噛むか」
霊烏路空 「蟲姫殺すか」
まりさ 「一刻も早く占いを抜きたい」
小傘 「いや、蟲姫より先に占いか狩人抜かないとほぼ詰むわ」
霊烏路空 「いや、違うね。
占いを抜かないと話にならない
となると…何処かね。蒼星石がどうなのかって感じ
士郎以外に狩人いないと駆けるなら士郎だけどさ」
まりさ 「めぐみかアララギかまよい」
小傘 「逆に言うと明日占い抜けないなら・・
まあ私がCOして揺らすしかないわね」
まりさ 「唯も役目だがなー」
霊烏路空 「まぁ、何も無いなら阿良々木かめぐみってのは同じ
よし、こうしよう。
阿良々木私が噛む。そんでめぐみに票ぶち込もう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
阿良々木 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
阿良々木さんの遺言
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               /.:.:.:.:.:.:、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            /.:.:.:.:.:.:.: 八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:}
            |.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            ト,.:.:.:.:.:{`ー─',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
            ハ.:.:.:.:tテ‐-、∨\.:.:.:.A.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /  ……露西亜人形CO。遣いが見えないってどうするんだよ
             〉;.:.:|` ̄ "    \tテ\:.:.:.:.:.:.:. ハ,、:{    これ酷いな。いろんな意味で。なにか面白い動き方とか探したい
              /:::ト、!    ,       リハリ:::/ノ ./
           ∠彡|:, `   〈         ソ /:!
              !:::、   _          / ̄:ハ::{
              レ|∧  {/ ̄` ┐     / :::::/ ヾ、
               {(´ヽ. `ー─ '  ,.イ少^、/
               トミ.┴\__   -'" / .》、   まあ、村っぽく動くとするよ
              _}:::::: ̄ヽ }    ∧/::::}、  せめて人形見える奴がいたらいいのにねぇ……
         _ -<´:::::::ヽ::::::::::::| |     / 〃:::,':::\_
     ,. =´ ̄:::::::::::::::::::::::::::\ : ::| |.   〈  !{::/:::::::::::::::::\___
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :ー-'┘-、   /|レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `ー‐、 r‐┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ρ | !:C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
武田義信さんの遺言 この武田義信こそが占い師であると証明する!
ジェイソンは人狼だな。プリズマイリヤは人狼だ!

一乗谷の栄華なんて俺の突貫の占いには無力だということだ。

んー人狼か?夢でもどっちでも吊るわけにはいかんが…
共有占っておくか。
この内訳なら夢判断でいいだろう。
葛葉は制限対象でもないようだしな。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
神無月めぐみ 「おはようございますわ。
狩人噛まればっかり気にしてましたけどグレーの占いをなんとかしないとまずい。
それがありましたわね。一発補足されれば狐吊りまで残されるわけですし。」
ハシビロコウ 「さて、おはようだね」
霊烏路空 「おはよー。
士郎か老兵か、吊りにいくなら老兵の方
そんな噛みな気がする。
士郎自体は、まだまだこれから見ていけばいい位置だと思うよ。私はさ」
サニーミルク 「イリヤ鉄板
抜かれんといて!」
プリズマイリヤ 「まーグレランだと村しか吊れない可能性高いんで
そこのシン吊ってもよかったんだけど
シン吊るとお空が6日目までも生き延び無くなる可能性高いし。

別に生き延びても 引き分け狙いなら狼票にはならないし
いいよね系の軽いノリ。氷妖精は狼票になりうるのと
村・人外関わらず殺されまくる可能性あるんで残せんかったけどさ」
衛宮士郎 「侍CO 初日不可/平沢/霊烏路空」
ジェイソン 「おはよう。

>平沢唯
ひんな神は騙るには厳しいものがあるさ。
他の後援者系と違って、ひんな神は「自分が吊られたら後援者の得票数が+3される」んだからな。

だから、そこを騙るのはまずないと思うぞ。
狼陣営3、狐陣営2という内訳ではな。」
オレンジ 「占師CO 雷皿♂○ジョルジュ長岡○まりさ●」
平沢唯 「司祭Coだよぉ~
現在の生存者 1」
デモニカ 「蟲姫CO
まよいが命を狙われた」
ジョルジュ長岡 「おはようさんです。
そこが吊られると……狩人いるのに灰噛み発言や
寡黙が原因かなと
そしておくうに宣告が行ったのは冥狐視点邪魔に見えたわけだろうし
と言っても主張は抜かれたら老兵吊りぐらいで特に普通うーん気になるな
吠えは10回」
琴吹紬 「おはようございます
これは流行る(*´ω`*)
まりさ 「      ., -ー-, _i ̄Z,
    ._, 、し,ニ>ノ_!-, ,='=, .,-、 _
    / i',,,ノ .) l/ .l=ニニ,./ _/_/ /-、__
  /  / _, -'--'--'' ''''ー''Z,__ノ  /=`'V> (⌒⌒)
  `'ー''~ ̄ ,.---、        `~`''~'-ニ、,<./)/
,.--,  ,..---'  r'     ,.――-、     \)
|  |/"     ~"'ヽ  /   __ノ          / ̄`>     _, --、        _
|  '  /~/  /ヽ  } ノ   ノ/~ ̄~'i /~ ̄~'i/~ ̄    ̄~7  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,/
|   /  /  / ノ  //  //   ././   /l,,,,,,,   ,,,,,,,ノ、._.{____    ./
!,__,./  /   / /  /i´  /  {   ノ/   ./''~ ̄    ̄7~   `ヽ   _/   /
    /  // ノ |  .|.   ,~二'-'~   /ヽ、,    .,,ノ,ヽ-、   ./,_.l ̄    _ノ
ヾ"--"  '" /-., |   | /~      ,/ ,,-'    .//~ ̄ ̄  ~`>/   r-''~
 `-.,  ,--'";つ ||   レ^,,,,,,,,,、 ---ー'~''''~~~~~~~~~`''''ー-------'''''~   ./__   ______
  ノ  /  (__ノ !,_,,.!''"    * Y U K K U R Y C U R E +  / `  -ゝ 、_ イ、
. / ノ        ./    _,,,,、 -一一''''''''''''''''''''''ー--------一'''^~         ヽ、ン、
//       ./_,, -ー''''~::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
' "       ./-~    r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
                !イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
                `!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
                ,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
                 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
                ,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´」
衛宮士郎 「3日目
よし、これが言えるなら気に入った、護衛してやろう!!
霊烏路空(123)  「士郎って言うより、どっちかって言うと士郎が騙りで、老兵が非狼なら、老兵を吊るしたいって方が感じる感じ>士郎
君と老兵、両方とも非狼でも同じ事さ」

割りと、俺の残しにたいして、釣りの動きをみせてないのが
グットだってことで、まあ、ここを護衛しうかなっと

ぶっちゃけ、俺の仕事は占いが出てきたからが勝負ですよ、安西先生
生きていればですが」
神無月めぐみ 「蒼星石さんは逃亡失敗でしょうか」
まよい 「おはようございます

結構票がばらけているので、占いは危ないと思ったら自己判断でどうぞって感じで」
オレンジ 「んじゃ基本キープだな」
まよい 「死の宣告受けました」
オレンジ 「自覚はないが夢の可能性ほぼないだろこれ
しかし処刑先になっちまったな氷妖精…占ったのに

老兵は置いとくとしてもその決闘相手は調べておいたほうがいいな
◇サニーミルク 「ジョルジュは私の宿敵なんだけどどうかしらねぇ」
げ、しまった。それがあったな…

生きていたら…生きていたのでひらがなまりさ占おう
昼間いってたとおり呪殺狙いだ」
霊烏路空 「閻魔CO
阿良々木噛まれ、蒼星石逃亡失敗」
プリズマイリヤ 「わあ なんか2人しんどる
というか あれだね。逃亡死だね」
ジェイソン 「ふむ・・・そして死体が2、蒼星石が死んでいる、か。
逃亡失敗かね。CO的には。」
衛宮士郎 「蒼星石がこれ逃亡失敗かな?」
ジョルジュ長岡 「そして死体が2と
逃亡失敗+かみと見る」
デモニカ 「蒼星石ィ!」
琴吹紬 「えーとこれはなんでしょう?」
平沢唯 「夢みたいだねぇ
というわけで、夢系の人はほかにいないよー」
小傘 「占い表記CO 真か夢かは不明ね
サニーミルク● 武田義信○ プリズマイリヤ○」
神無月めぐみ 「占い遺言ですわね。」
プリズマイリヤ 「ん、一応まりさのCOは聞いておくよ」
まよい 「んじゃ、まりささんはKPとして」
ハシビロコウ 「ふむ、死体が2
んで、噛まれのロシアと、吊られの占いか?」
オレンジ 「まあゆっくりしてくといいと思うよ
あとCOもしなくていいからまりさ
処刑はおすすめしないし、狼最大3で少ないから」
琴吹紬 「蒼星石が失敗ですか
なんとー!」
ジョルジュ長岡 「んで迷いに宣告で
占いが出ると」
小傘 「占い理由
サニーミルク
さて占い、狐を銃殺できればかなり楽な展開なんだけど・・
まあそれは真だったら狙うという話ということで
初日は順当に左上のサニーミルクさん占うわ

武田義信
ん~・・氷妖精吊り、安定策ではあるんだけど残して良い気もしたんだけどね
まあ老兵COが●だったからでもあるからなんだけど・・
さて次は・・感で占うわ、武田義信さんで

プリズマイリヤ
・・○が吊られたわね、でもサニーさんが吊りに関わってる
これは私真想定して良さそうかしら?
次は・・票貰ってないプリズマイリヤさんで」
サニーミルク 「ああ、それと別に誘導のつもりはないからね?>ジョルジュ
私は死にたくないのよ、生き残りたいのよ!」
デモニカ 「んー?武田が占い遺言
・・・一応、葛の葉は護衛制限対象なんだがな」
霊烏路空 「閻魔日記
閻魔様かぁ…
あんまり私っぽくないよね?って感じ
まぁ、特殊結果が出ない限りは潜っておくよ

日記っていうか…なんだろ?これ?」
ジェイソン 「そして占い遺言に占い師が追加・・・
司祭は夢司祭主張。蟲姫は今日も結果はあっている、と。
閻魔の結果は逃亡死を示唆・・・
狩人は両生存。」
神無月めぐみ 「占い師は子の時点で吊った人も含めて3人ですわねえ」
衛宮士郎 「ふむ、オレンジは間違いなく新主張だね
雷皿で○が出てるしさ」
琴吹紬 「小傘 「占い表記CO 真か夢かは不明ね
サニーミルク● 武田義信○ プリズマイリヤ○」

プリズマイリヤ○ 真か夢かは不明ね←」
プリズマイリヤ 「後 護衛制限無視できない狩人は護衛するんじゃないって言ってる私を
なんでお前らは占うんじゃあああああああ!!」
オレンジ 「どうせ処刑しないほうがいいんだしCOとかきかなくていいよ>共有
きいてもいいけどさ」
まりさ 「   _,,....,,_
 .-"::::::::::::`::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ   昨日の発言を見る限りムギかハシビロの方が処刑対象として
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ
,'  ノ   !'"         "' i .レ'    妥当だと思ったがな。ちなみにCOをいう気はない
 (  ,ハ    ー=-   人!
,.ヘ,)、  )>,、∩ノ ⊃,.イ ハ
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /
まよい 「ふむ」
ジョルジュ長岡 「んで片方はまりさに黒出してて
もう片方はサニーに黒」
平沢唯 「あー、ひんなってそういうのだっけ
決闘者いまいち覚えられないんだよねぇ>ジェイソン」
シン・アスカ 「小傘、イリヤ共有だよ!」
デモニカ 「まあ、夢主張なら放置でいいか
蒼星石は逃亡失敗、グレーに逃げるって言ってたな」
小傘 「サニーさんが吊りに関わってる時点でたぶん私真
結果的に武田義信さんは夢がありそうね」
プリズマイリヤ 「ちなみに 葛の葉じゃねえわよ!
ここでその結果出されたら言うしかねえ!!」
ハシビロコウ 「んで、さらに宣告もいる、と
冥弧はまだ生存してんのか」
神無月めぐみ 「平沢さんは夢司祭結果ということですね?
ならこの時点で夢系役職はいないと。」
霊烏路空 「宣告貰ったけどこれは出るよ。
つーか、まぁ、貰ってなくても何か特殊なの出るまで出るきなかったんだけどね」
ジェイソン 「小傘はその結果は真主張だろう?
つまり、老兵は古狼という主張なわけだ。」
琴吹紬 「真じゃないですかね」
衛宮士郎 「そんで、小傘がサニーミルク●と
ふむ、えーと老兵に●かこれは」
サニーミルク 「で、イリヤに○出してるってことは真路線なんでしょ?
は、そうくるとは思ってはいたけどさ」
小傘 「ってああっ?
0票だからでCO確認忘れてた・・」
まよい 「武田義信さんの結果を見るに、夢ですんで、まだ真占い生存と
占いのどっちかが噛まれるまでみてりゃ良いですよ」
ジェイソン 「というかあれだな・・・共有が護衛制限を主張しているのに・・・
占うなんて勇気あるね占い師さんたち・・・
老兵死んでたら別だけどさ。」
ジョルジュ長岡 「んで武田の占い遺言は夢臭いというか夢確定
そこはジェイソンが村になると」
オレンジ 「きつねだとおもったんだけどなー
琴吹紬と…だけか、投票できれてるの」
平沢唯 「まぁ、武田さんが夢でも死んでるから私視点ではおかしくないんだよね?
結果あんまり意味ないけど」
まりさ 「   _,,....,,_
.-"::::::::::::`::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
.:::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
!イ´ ,' | / !/ V !__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi'rr=-,    r=;ァ レ'i ノ  はっきり言って狩人が噛まれない時点で占い師は潜伏しとけよって思うがね
,'  ノ   !'  ̄     ̄" i.レ'
 (  ,ハ    -=-   人!
,.ヘ,)、  )>,、_____, イ  ハ」
衛宮士郎 「プリズマイリヤ
・・○が吊られたわね、でもサニーさんが吊りに関わってる
これは私真想定して良さそうかしら?
次は・・票貰ってないプリズマイリヤさんで

えーと、真夢判断なのかこれは?」
霊烏路空 「で、小傘が何処占ってんの?って感じなんだけどさ
割りと真面目に
共有占う意味あるの?
葛の葉銃殺してたらどうすんのさ?」
シン・アスカ 「サニー→オレンジ護衛で士郎が小傘護衛でいいんじゃねぇの?」
プリズマイリヤ 「そうだな 夢主張の役職が夢司祭以外にいたら
即出てきてね!」
琴吹紬 「イリヤさんは真主張になるんですね
共有ですので」
小傘 「占った○が吊られたから吊られなさそうな0票っていうのを忘れてたわ」
まよい 「サニーミルクさんはオレンジさん護衛
士郎さんは、占いのどっちかお好きにどうぞって感じですかね」
ハシビロコウ 「老兵に●でてんのか
まぁ位置的にも東方的にも無理のない結果ではあるよな
・・・今日の占い先を除けば、だけど」
衛宮士郎 「ぶっちゃけ、日記的に適当に占ったようにしか見えんのだけど」
神無月めぐみ 「こがささん視点ではサニーミルクさんが老兵主張と。
吊られた占い師を信じるかどうかってことではありますけれど。」
デモニカ 「一応、死の宣告つけられたとこは非狐で見ていい・・・よな?
一応延長もできるが、その場合俺が察知できる
任意で俺を殺せる能力を狐がもたない以上できねえだろう」
サニーミルク 「で、共有の判断的にはどうなのかしら?
ぜひとも聞かせてもらいたいのだけど
まあ私視点小傘偽は確定なんだけどね」
ジョルジュ長岡 「わざわざオレに最後に誘導してきたし
庇いたい狼と見て老兵吊ってもいいんじゃないですかん
前期の行動から狼臭いし」
小傘 「銃殺したらそれはそれで真だからいいんじゃないの?>空」
オレンジ 「ただまりさの仲間の狼は処刑すべきだ
その意味でまりさときれてるところは基本キープでいい
身内投票はまた考えよう」
衛宮士郎 「まあ、とりあえず、護衛する方は考える
考えますとも」
霊烏路空 「まりさがすんげー狼臭い
ここは自分視点キープ狼がいるなら出てもいい場面。
グレーで組織票される内訳でも無いんだからさ
なのにそれいうのは狼臭い」
プリズマイリヤ 「んーむんーむ」
平沢唯 「あと、妖精さんもいないことになるんだっけ?
司祭のページしかみてなかったから後で確かめるよぉ>神無月」
まよい 「あ、私COするべきですか?>共有」
デモニカ 「しかし、共有占いねえ・・・」
琴吹紬 「夢役職いるなら出るべきですね
出ないならそういう事です」
ハシビロコウ 「共有占っといて真夢判断つかない言い出すなんて正直信用できん」
ジェイソン 「武田は共有●を出している時点で夢主張だ。
つまり、今日死んでいる時点で夢司祭の結果には引っかからない。
ラインが切れることはない、ということだ。」
ジョルジュ長岡 「夢ならイリヤに黒出しててるはずだしな」
神無月めぐみ 「あ、そうですわね。残り一人の蝙蝠は妖精ではないことになりますわね>唯さん」
プリズマイリヤ 「いないなら灰吊り。
●はとりあえず両方放置しといてくれい」
まりさ 「                    
   _,,....,,_               
-''":::::::::::::`''丶、               
ヽ::::::::::::::::::::::::::::::\             
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ       
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__  人__   
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   (  
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ⌒ 
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ    
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ     
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ     しかしまよいは狐候補での最右翼だったんだがなー
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'      
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    」
シン・アスカ 「あぁ、後サニーは俺に捨て票しとけよ
今後」
霊烏路空 「あんまりよろしく無いと思う>小傘
確定○は貴重だしね」
ジェイソン 「真夢判断付けたいなら・・・ひんな神占えばいいじゃないか・・・
あとはデモニカとかさ・・・そこ狼ないんだから。」
プリズマイリヤ 「んだね サニーだけシンちゃんに投票しといて>サニー」
オレンジ 「雷皿が氷妖精白状した瞬間にほとんど夢判断ついちまったな…
しかも○処刑の流れ
私も切なかったよ…」
小傘 「共有占いは本気でミスったわね・・」
ジョルジュ長岡 「許攸占いは」この配役ならありと思うぞ>デモニカ
狼がやたらと少ないので死ん夢見て判断つけるのは大事と見る」
琴吹紬 「え、ここでグレランされると・・・」
衛宮士郎 「うん、了解っと」
サニーミルク 「分かったわ>シン
今日はオレンジ護衛すればいいの?それともイリヤ?」
まよい 「必要がないのでしたら7昼にします
あ、言い忘れてましたけど7昼にショック死するようです」
ハシビロコウ 「●放置、灰削り、か
冥狐生存みたいだし、十分選択肢よな」
霊烏路空 「灰から吊りたいのはめぐみだったんだよね
昨日の発現が狐って感じがした
冥界系をごまかしてる、知ってたって気がした

もっとも、私の勝手な主観だけど」
平沢唯 「グレラン?」
デモニカ 「グレランね、把握

理由見る限り、共有と把握せずに占ってるみたいだな>ジェイソン
・・・正直信用したくない類」
琴吹紬 「収容」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
オレンジ0 票投票先 →琴吹紬
まよい0 票投票先 →神無月めぐみ
衛宮士郎0 票投票先 →ハシビロコウ
ハシビロコウ4 票投票先 →琴吹紬
シン・アスカ2 票投票先 →まりさ
デモニカ0 票投票先 →まりさ
神無月めぐみ5 票投票先 →琴吹紬
サニーミルク0 票投票先 →シン・アスカ
琴吹紬3 票投票先 →神無月めぐみ
霊烏路空1 票投票先 →神無月めぐみ
ジェイソン0 票投票先 →ハシビロコウ
まりさ2 票投票先 →神無月めぐみ
プリズマイリヤ0 票投票先 →ハシビロコウ
小傘0 票投票先 →平沢唯
ジョルジュ長岡0 票投票先 →神無月めぐみ
平沢唯1 票投票先 →ハシビロコウ
神無月めぐみ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊烏路空 「はっはっは……
え?マジ?詰んだんだけど」
小傘 「・・ごめん、超マジボケしたわ」
霊烏路空 「小傘萌えたら終わり。
まりさをどう扱うか…だね……むむむ…」
小傘 「というわけで、引き分け提案しましょう
私、まりさ、空さんで3WCO シンアスカさんで4票
サニーさんとジェイソンさん噛まないからあんた達は両方ともまけるから引き分けにのれで」
霊烏路空 「しゃーないしゃーない>小傘
本来なら私も占いに出て「私真ある」って思わせないといけなかったしね」
まりさ 「あとは」
小傘 「どっちにしろ私の信用たぶん0でしょ
で、空さんは6日目死亡だから私切り=終わりだし」
霊烏路空 「引き分け提案って言っても、
明日どーすんだろって話なんだよねー」
小傘 「・・この引き分け路線、通ると思う?」
霊烏路空 「明日じゃ票たりないよ
狐2残ってる保証も無い
残ってても無理」
小傘 「まあ村が勝つには宿敵どっちか吊りって感じね」
まりさ 「いや、それでいこう」
小傘 「狐残ってたら?勝たせる」
まりさ 「狐も乗らなきゃ徹底的にキープさせる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハシビロコウ は無残な負け犬の姿で発見されました
衛宮士郎 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
神無月めぐみさんの遺言 神無月めぐみの死化粧日記。
初日:×
2日目:雷皿♂  →衛宮士郎>安らか :別陣営
3日目:武田義信 →まよい  >安らか :別陣営
4日目:

初日>
あら、死者を華やかに飾る死化粧ですわね。この陣営数なので逆に難しいかもしれませんわ。
当分は潜伏しつつ確定できるのが推理できたら出ることにしますわ。

2日目:雷皿♂(氷妖精)→衛宮士郎(侍?)
蝙蝠陣営と村ではわかりやすい結果になりますわね。おそらく安らか別陣営。
わかりきっていることに出る必要はありませんわ。

3日目:武田義信→まよい
グレランです。私の本領発揮できるといいですわね。
武田さんは吊れる位置、まよいさんは微妙。同陣営なら村である保証があまり確定できないとこですわね。

4日目:
まよいさんが宣告受けたので武田さんは人外くさい。まよいさんが狼か村か。
衛宮士郎さんの遺言 侍CO 初日不可/平沢/霊烏路空/オレンジ

衛宮士郎の侍日記

初日
さて、それじゃあ俺が侍とこの内訳だと
その、ぶっちゃけ狩り殺しもあんまりきたいできないかなーと
そんなわけで、守らなければならないところを守りきってみせるぜ

俺にできることをやるさ

2日目
でちゃった、もんはしょーがないと、まあ、どうかんがえても俺噛まれるんですが
さて、どうしたもんかと・・・まあ、これどこ護衛しようかって
話でさぁ、まあ、適当でいいっか

えー、イリヤ護衛できないのであれば、まあ、平沢かなぁとは

まあ、割りと冷静な位置だし
平沢唯(131)  「うーん、士郎即COしちゃうんだなぁ・・・
真ならちょっともったいないね」
このあたりの発言が気に入った

3日目
よし、これが言えるなら気に入った、護衛してやろう!!
霊烏路空(123)  「士郎って言うより、どっちかって言うと士郎が騙りで、老兵が非狼なら、老兵を吊るしたいって方が感じる感じ>士郎
君と老兵、両方とも非狼でも同じ事さ」

割りと、俺の残しにたいして、釣りの動きをみせてないのが
グットだってことで、まあ、ここを護衛しうかなっと

ぶっちゃけ、俺の仕事は占いが出てきたからが勝負ですよ、安西先生
生きていればですが

4日目
えーと、これものすげぇ、小傘を守りたくない系なんだけどさ
ぶっちゃけ、そこ真ならどうなのよ的なね
○もないし、ぶっちゃけ護衛するきがまったく起きないので

オレンジを護衛します、まりさの反応がものすごくあれなんで
まあ、割りと真ありえると思うし、ぶっちゃけ、俺を釣りしたいのであれば
噛まない気はするけど、冥狐いるんで、銃殺だしてくださいってはなしかな

老兵についてはこのさい考えないよ、別段、古狼、古狐ありえるし
ハシビロコウさんの遺言           ,,,....._
──ヘ√レ─/"'。  `ヽ-彡'ソ──!!
        ノ゙`丶、   ,r‐'´   
    ,. -'"    ノ ゙i,.ノ    
    (____,.,..イ´"  /       埋毒COの予感!      
       ̄ ̄  |   .(          
          |    ヽ         
          |    ミヽ、       噛まれが仕事のこんな世の中じゃ、ポイズン
           |  ヾミミ ミ.`ヽ、     
        |   ミミ    ミ ヽ、    
        ゙},    ヾミ  ミ 、ミ゙:、      
         ゙、   `ミ    ヾ   
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
まりさ 「ひんなか。」
ジョルジュ長岡 「おはようさんです。
恵み投票は昨日の武田投票から小傘の黒で行動から人外で見てるサニーっていう所が武田投票から組織票と見て入れた
んでデモニカに昨日言ったばかりだが小傘は居ゆうあ開くしてなかったのな……確かに気になるただ今のところ囲いが無いので噛み見てからでいいしそれほど警戒はしなくてよさげかと
吠えは15回」
まよい 「潜毒をCOします」
サニーミルク 「オレンジ護衛よ
小傘護衛?あるわけないじゃない」
デモニカ 「すまん、ログ読んでたら時間ぎりぎりになったもんで投票したら
占いの結果忘れてた
今日の命を狙われたのはオレンジ」
オレンジ 「呪殺でろでろ呪殺でろ~っと、ハシビロコウ○」
ジェイソン 「おはようだ。
そして死体が2・・・」
琴吹紬 「おはようございます
危うく吊られるところでした」
平沢唯 「おはよー
占い師がたぶん噛まれると思うけど
護衛はどうかなぁ?」
霊烏路空 「士郎噛まれハシビジュウ札」
プリズマイリヤ 「まあ今日の吊りはちょっと真面目に考える。
柚さんは多分最後の発言『重要』って言ってたんだと思うんで
CO聞かせて欲しいかな。どうせ重要職COするのは全員に分かってる」
ジョルジュ長岡 「んで死体が2と
死因がわからんので閻魔聞きたい処」
まよい 「能力が発動したのでCOします」
小傘 「占い表記CO デモニカは○だったわ!」
平沢唯 「あ。オレンジすっごい真で銃殺っぽい」
琴吹紬 「あ、これで士郎さん 毒噛みじゃないですか?」
シン・アスカ 「よし、ハシビロ銃殺臭い」
ジェイソン 「ハシビロコウ銃殺と。
つまり、閻魔とオレンジのラインが繋がるわけだ。」
プリズマイリヤ 「おっと ほう>閻魔」
オレンジ 「ふーむ、そしてまあ8日目には死ぬようで」
まよい 「あ、銃殺臭いですかねこれは」
デモニカ 「ほう?>空」
シン・アスカ 「みろ、ハシビロ人外当たってただろ!」
ジョルジュ長岡 「ハシ銃殺?じゃあ占いオレンジは真でいいか」
プリズマイリヤ 「ふむ 他にハシビ占いしたと主張する占いいたら
出ていい」
オレンジ 「だからえーと、6日、7日、8日
占いはあと3回か」
ジェイソン 「つまり、今日の噛みは士郎、ということかな。
閻魔 - 占い師ライン的には。」
琴吹紬 「はい! 侍COしますね」
ジョルジュ長岡 「すげー>シン」
平沢唯 「士郎噛まれたとするなら、そこは真だったんだねぇ
疑ってごめんね~>霊界の士郎」
サニーミルク 「ん、オレンジと閻魔が繋がったわね
そこ真でいいわ」
まよい 「この内訳でどうしたら良いのか良くわからないので、私の扱いは共有に任せますよっと」
オレンジ 「理由はまあこんなとこ
…なんかまりさが憑依系にみえてきたんだが
どうかなー憑依阻止狙ったほうがいいのか、それとも…
まあ普通にやるか、寡黙より占い」
霊烏路空 「噛み合わせは、無い、かなって所。
それしかいい用が私には無い」
デモニカ 「銃殺臭いかね、狐が毒遺言残すのも多いし」
琴吹紬 「二日目 衛宮士郎護衛
実は私もサムライなので
三日目 衛宮士郎護衛
噛みがこないのが不思議ですね はい

四日目 小傘
きゃー吊られそう
でも占い師護衛であきらめない
士郎さん噛まれたらそれはそれ!」
シン・アスカ 「受援者を殺しに来る以上狐だけは殺す、絶対にな」
プリズマイリヤ 「オーライ オレンジ護衛よろしく!>柚さん
サニーもそこ護衛でよろしく」
ジョルジュ長岡 「んで死因がソコしかない異常盲信
てbなわけで今日は魔理沙つxtて良いと思うぞ」
オレンジ 「わりとまりさ二度占いをまじめに考えていたんだが
やっぱりやめた」
琴吹紬 「オレンジさん 護衛しまう?」
ジェイソン 「で、琴吹紬が侍か。
昨日の発言からして、そこは重要職を匂わせていたよな?
たいしたことないCOなら即吊る予定ではあった。」
プリズマイリヤ 「潜毒となるとなあ」
平沢唯 「え、むぎちゃん侍なの?
すごい、かっこいー
けど護衛先が微妙~」
サニーミルク 「はいよー
というか侍もう一人いたのねw」
まりさ 「◇ジョルジュ長岡 「んで死因がソコしかない異常盲信
てbなわけで今日は魔理沙つxtて良いと思うぞ」」
ジェイソン 「あのさあ・・・>護衛制限」
まよい 「何か、普通にスルーされている
死の宣告が付いたので、吊りたくないって言う場合は、7日目にショック死しますんで」
霊烏路空 「魔理沙吊りはちょっと怖いかな。
狼は最大3。はっきり言おう。

「見えてる狼吊る意味が無い」」
ジョルジュ長岡 「飼うっていう選択肢もなぁ……狼3だし微妙な処」
ジェイソン 「あ、ちがうわ。
護衛制限関係ないわ。そこは占い主張か。」
プリズマイリヤ 「んーふむ」
オレンジ 「つまり…冥狐がいるってことでいいのか、これ?」
デモニカ 「えーっと・・・まだ冥狐は生存かね?
銃殺された際冥狐の暗殺どうなったっけ」
シン・アスカ 「サニーは潜毒護衛させとけ
まりさ狼なら自殺する可能性あるぞ」
オレンジ 「同意>空」
平沢唯 「今日宣告されてる人っていないの?
じゃあハシビロが冥狐だったのかなぁ?」
ジョルジュ長岡 「すまん誤字がどうしても多くなる>まりさ」
プリズマイリヤ 「まよいさん吊りでいいかい。
まりさに自殺されかねんのよ」
霊烏路空 「十、まで魔理沙は吊る意味無いんだよ」
ジェイソン 「冥狐がいるっていうことでいいよ。
デモニカが3人以上に対して死の宣告を言った時点で、ライン騙りが崩れる。」
シン・アスカ 「サニーに護衛させとけばいいじゃん>まりさ自殺対策」
オレンジ 「まあわかりやすく言い直すか
今朝、死の宣告がついた。8日目昼死亡。」
オレンジ 「日数的にはなんだっけ?」
琴吹紬 「サニーさんはイリヤさん護衛してればいいですよ」
サニーミルク 「ん?どうする?
潜毒護衛でもいいわよ
侍が護衛行くならね、侍の方が噛まれそうではあるけど」
まよい 「えーと、ハシビさん冥土狐はないんですかね?
ってことは、ハシビー冥の2F。サニーミルクさんは、老兵/古狼の2択ですか」
ジェイソン 「>イリヤ
管狐、毒狼の可能性もあるわけだしいいんじゃないか。
そこは占い師のグレーでもあるんだろう?」
オレンジ 「ん?私だけど>平沢唯」
ジョルジュ長岡 「今日宣告くないの奈良ハシビロ冥狐
でまよいと空につけたわけだからソコがせめて太一が狐?」
プリズマイリヤ 「うん 宣告は了解>オレンジ
冥狐だね。天候の都合で左道遣いも存在しない」
デモニカ 「+ 処理順序
- 恋人 → 接触 → 夢 → 占い → 透視 → コピー → 帰還 → 反魂 → 蘇生 →
憑依 → 覚醒コピー → 後追い → 蟲姫 → 司祭

冥狐は接触か、ならハシビが冥狐もありうるか」
まよい 「んじゃ、冥狐と道連れが一番村的にはいいかなぁ」
平沢唯 「あ、オレンジにきたんだ。見落としてたよ>オレンジ
厳しいね・・・」
サニーミルク 「護衛先が色々出すぎてワロス
どこ護衛すりゃいいのよw」
霊烏路空 「13人か・・・」
オレンジ 「どこ調べとくのがベストかね…」
まよい 「あ、そうなんだ>デモニカさん」
プリズマイリヤ 「うん とりあえずまよい吊りで行く」
シン・アスカ 「銃殺の場合ハシビロ冥狐でも宣告は来るぞ
銃殺後処理だから、確か」
プリズマイリヤ 「それで1人外飛ばす。まりさ以外飛ばすのを祈るしか無い」
ジョルジュ長岡 「左道使い居たとしてもおくうとか迷いに付けないと思うしな
つけるのならオレやら老兵だろう……」
平沢唯 「共有か侍じゃない?
まぁどっちか名言しないでGJだせれば御の字だねぇ>サニー」
ジェイソン 「もし潜毒吊らないなら、老兵は共有鉄板させればいいだろう?
そして侍に護衛させればいいのさ、潜毒を。
そっちの方が誰も言い訳ができない。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
オレンジ0 票投票先 →まよい
まよい10 票投票先 →ジェイソン
シン・アスカ2 票投票先 →まりさ
デモニカ0 票投票先 →まよい
サニーミルク0 票投票先 →シン・アスカ
琴吹紬0 票投票先 →まよい
霊烏路空1 票投票先 →まよい
ジェイソン1 票投票先 →まよい
まりさ1 票投票先 →まよい
プリズマイリヤ0 票投票先 →まよい
小傘0 票投票先 →まよい
ジョルジュ長岡0 票投票先 →まよい
平沢唯0 票投票先 →まよい
まよい を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
まりさ は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊烏路空 「うっが、最悪。
私が飛ばないと無理だったんだ」
小傘 「ゴメン、真剣に引き分けどうしようか悩んだ結果どうにもならなかった」
霊烏路空 「えーと計算するよ。
明日10。それでーええっと…私死んで9、吊りで8
小傘、シン、決闘二人で4」
霊烏路空 「あ、出来る。引き分け出来る
今日は死体出す。」
霊烏路空 「シンは噛まないサニーもジョルジュも噛まない
オレンジ辺り噛もう」
小傘 「それ引き分けなった後、空さん死亡するのよ」
霊烏路空 「引き分けは明後日
明日君が生き延びれば出来る」
小傘 「ああ、ならオレンジさん噛みで死体なしでたほうが良いのかしら」
霊烏路空 「シンに票外してもらって
決闘二人と君で票合わせ」
小傘 「いや、あさってないわよ
明日私吊りだから」
霊烏路空 「ああ、それでもいいね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は月蝕です (呪返し封印)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
まりささんの遺言        \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _    |
     \`ヽ、|
       \, V
         `L,,_
         |ヽ、)
         .|
        /                   ,、
   _,,....,,_  /                  ヽYノ
-''":::::::::::::`''.|                 r''ヽ、.|
ヽ:::::::::::::::::::::| :\                ー-ヽ|ヮ
 |::::::;ノ´ ̄ | :::::::\_,. -‐ァ     __   ___`|   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__   ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ
まよいさんの遺言 じゃあ、狐が飛ぶのを祈っています
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
平沢唯 「生存者 1だよー
これ毎回やる意味あるのかなぁとか思いつつ」
サニーミルク 「イリヤ護衛よ
んー色々意見あったけど
潜毒吊りになったしイリヤ護衛にしたわ」
デモニカ 「蟲姫CO
今日命を狙われたのは・・・オレンジ?」
オレンジ 「ジェイソン◯」
ジョルジュ長岡 「おはようさんです。
そこ飛ぶのか……もったいねぇ
死化粧の結果見忘れてたが武田とまよい別陣営この結果なら武田は狼か狐となるとサニーが微妙になるだが狩人でオレより重要な位置なので今は放置で狼占い潰すのなら狩人潰していくし噛みが見たいかなと
ジェイソン 「おはよう。

うん、まよいは宣告を受けている以上、管狐はない。
そして昨日の飛び先から考えて、毒狼もまずない、と。
すまんなまよい。」
霊烏路空 「死体、無し?」
小傘 「じゃ、引き分けましょうか」
琴吹紬 「五日目 オレンジさん 
いぇーい 君を好きで
はい 続きはなんでしょう」
平沢唯 「GJかな?
そうだとすればかなり良い感じだけど」
シン・アスカ 「まよい真潜毒でいいんで武田謙信で1人外吊れてる
めぐみ真ならな」
ジョルジュ長岡 「んで死体が無しと……gj出てる?」
琴吹紬 「オレンジさん護衛成功しました!」
プリズマイリヤ 「えーと 死体無しに心辺りある方!」
デモニカ 「ああ、死体ねえのか
なら噛まれたんだな
死の宣告はねえが、ありゃ自重できるからなあ」
オレンジ 「琴吹紬か平沢唯を占うべきだったが後の祭り」
平沢唯 「むぎちゃんGJ?>むぎちゃん」
ジェイソン 「そしてオレンジに宣告?なんだそれは。」
ジョルジュ長岡 「引き分け?人外coかそりゃあ」
サニーミルク 「私の方ではGJ出てないわね
琴吹の方はどう?」
小傘 「LWCO、ジェイソン、サニーミルク
あんた達は絶対噛まないからどっちも負けるわよ
で、シンアスカさんは今日空さんショック死で引き分け要因、そうよね?」
プリズマイリヤ 「まあオレンジ生きてる限り
8日目まで結果出るし。
デモニカ視点冥狐濃厚ね。つまりハシビ」
オレンジ 「あ、わん、つー、あわんつーすりーふぉー♪
たむたむたたむ♪(どらむ)」
オレンジ 「なにをやらせる」
ジェイソン 「紬がオレンジ護衛主張か・・・
あ、延命じゃなくて護衛成功か。」
デモニカ 「いや、宣告じゃねえ、GJ出されても蟲姫は反応する>ジェイソン

・・・そうすると死の宣告が付いたのが居ないってことだが」
ジェイソン 「あのさぁ・・・俺・・・決闘打たれてないから・・・」
小傘 「だから私、じぇいそん、サニー2票、シンアスカで5票
残り5票で問題ないわ
もう1表は捨てて良い所だから」
平沢唯 「じゃあむぎちゃんは信じていいんじゃないかな

LWCO?」
シン・アスカ 「俺がいると痛恨出る可能性あるぞ?」
サニーミルク 「へーほー
人外COですかぁ?」
小傘 「え、ちがう?」
シン・アスカ 「ジェイソンじゃねぇ、ジョルジュだ」
デモニカ 「ありゃ自重できるから微妙だがね>イリヤ
冥狐が死んだって見せかけるのもある」
オレンジ 「8日目のままだよ、ショック死」
霊烏路空 「ついてんのジョルジュでしょ…>小傘」
サニーミルク 「宿敵は私ジョルジュよ残念だったわね」
小傘 「あ、ゴメン
ジョルジュさんが宿敵だったわね」
琴吹紬 「ジョルジュさんじゃ?」
ジェイソン 「>デモニカ
すまんね、失礼した。
となると、ハシビロコウが冥狐が妥当かね。」
ジョルジュ長岡 「人外か……オレはサニー倒さなやならんから協力できんな」
オレンジ 「小傘確かめておいたほうがいいのか、それとも人外COだから
置いといてほか調べるべきなのか
基本後者だからそれでいくつもりだけど」
霊烏路空 「まぁ、私は死ぬし。
狐ケア出来るかどうかーだね
小傘吊り?オレンジの●の魔理沙飛んでる時点で無いよ」
小傘 「もう1回言い直すわ
シンアスカさん、サニーミルクさん、ジョルジュさん
引き分けに協力してくれるならオレンジさん投票して」
デモニカ 「なんかPP宣告あるけどどうする?
票合わせるべ>共有」
サニーミルク 「こいよジョルジュ!銃なんて捨ててかかってこい!」
平沢唯 「うーん、小傘は飼う方向でいいよね
問題はサニーが何なのか、だけど
PPとか引き分け要員だと非常にめんどくさいねぇー」
プリズマイリヤ 「んーふむ」
ジェイソン 「まぁどうするかだな。
決闘者側が引き分け狙ってくるとかなり厳しいわけだけど。」
プリズマイリヤ 「だったら 村はサニー吊りでゴー」
霊烏路空 「今日それだったら君吊れるだけじゃない?>小傘「
票足りないと思うけど」
小傘 「あ、というかぶっちゃけると空さんも狼だから引き分けは必ず成功するわよ
貴方達が乗ってくれれば」
オレンジ 「私が指示役ならとりあえず老兵処分だけど」
ジョルジュ長岡 「てめぇなんか怖くねぇ!>サニー」
琴吹紬 「イリヤちゃんの指示に従うかな」
サニーミルク 「あ、そうくるなら素直に言うわ
私古蝙蝠吊るなら別のところにして」
デモニカ 「ん?サニー・・・?
そうするとジョルジュがフリーになるが」
小傘 「サニー吊ったらジョルジュさん噛むわよ
だから乗りなさい」
ジェイソン 「ああ、サニー吊りした時点でPP票はなくなるね。

さて、今日デモニカ - 琴吹ラインが繋がるということは、
琴吹狐も気にしなくていいんだろう?」
平沢唯 「えー・・・>古蝙蝠CO」
デモニカ 「いや、フリーになればいいのか、引き分けさせねえためには」
オレンジ 「宿敵サブついているとかいってるから心苦しいけどね
まあ2票持ちってそれだけで悲惨だよなあ」
プリズマイリヤ 「わりっ それならサニー吊りは変わらないんだ!」
小傘 「ちなみにジョルジュ吊ってもサニーさん噛むわよ
だからあんた達は大綱入れた時点で負ける」
ジョルジュ長岡 「蝙蝠なぁ」
プリズマイリヤ 「よし 柚さん
だったらジョルジュ護衛で味方につけようぜ!」
シン・アスカ 「うん、全員オレンジ投票が多分幸せ」
オレンジ 「そのCOならますますつっておくけどね、そのCOなら」
ジェイソン 「ジョルジュ護衛でいいね、うん。確かに。」
小傘 「だから負けたくないならオレンジさん投票しなさい」
霊烏路空 「んー何か計算狂ってる気しかしない」
琴吹紬 「私がジョルジュ護衛するし」
ジョルジュ長岡 「オレ護衛」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊烏路空 はショック死しました
6 日目 (1 回目)
オレンジ5 票投票先 →サニーミルク
シン・アスカ0 票投票先 →オレンジ
デモニカ0 票投票先 →サニーミルク
サニーミルク7 票投票先 →オレンジ
琴吹紬0 票投票先 →サニーミルク
霊烏路空1 票投票先 →オレンジ
ジェイソン0 票投票先 →サニーミルク
プリズマイリヤ0 票投票先 →サニーミルク
小傘0 票投票先 →オレンジ
ジョルジュ長岡0 票投票先 →サニーミルク
平沢唯0 票投票先 →サニーミルク
霊烏路空 はショック死しました
サニーミルク を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
小傘 「さっさと早まわししなさい」
小傘 「 」
小傘 「ん~・・まあ占い抜けなかった時点でアウトよね
普通に狩人噛んでで引き分け狙いの方がよかったのかしら」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霊烏路空さんの遺言 冥狐ぇ………
テメェ…ぶち殺すぞ……(てへっ

私死んでたら、シンは引き分けに協力して欲しい。君がいれば、引き訳には出来るんだ
サニーミルクさんの遺言         _,.ヘ     _,,... -- ─--「::「ヽ>、.,___
      /::7ヽ、ヘ,.-ァ'^ヽ∠ヽ,/L__`|:::|/ 7'⌒ヽ/7
      !::::!´ア「>'‐''"´    `"'<LL_,'     ',
     /´\「>'"            ヽ/i    i i     古蝙蝠…これは死ぬ
    ,' _」ア´  /  /!   !  /!   / ヽ!     | |
     i 'ヽ!   / 7メ、ハ  /! /::!_,!イ_ ',.  ',    ',. ',     宿敵…更に倍率ドン
     ', .,'  / /!,!-'、:レ':::|/ァ'´,.‐-、ヽ!  i    ヽ 〉
     !/  ;' ,ヘ!i. i,ハ ::::::::::::: i  ハ !! ,ハ    レ'      老兵騙り…イリヤ噛まれたら即終わる
     ノへ,/レヘ, ! ゝ'      'ー‐'´ レ'i/ ノ;    ',  /!
     !  ノ; ./7''"    __    ''"''ソ !/      ヽ/ |    どうしろと…
     ノ;  / ,'  ゝ、   i´ `ヽ    / ,'i  ハ    ノヘ〉 !
     .〈,へレ'〈ジi/ミ>.、..,,____  ,. イ∠_ レ'  i  ,.イ   ,'     五日目 潜毒吊り、エキサイティン!生き延びた!
       i `:、レ'"´  !_r'"レ'/:::::::::>ァ、/|ヘノ   /
        ':,  `ヽ、 ,r;く:::::::!/::::::::::::/」;'  `ヽ.    /
         ヽ、   ,.kヘ_!::::ム:::::::/]/      ',  ,:'
       ,.--‐、>、/ Y::::/ ! |V__」:::!      〉ン
      .ノ `ヽノ! i_ /rく / ハ:::::::::::ハ、_,,,.. -‐''ヘ、
      ,.i  、ヽノ' /`/:::ヽヘ二ソ::::::::::::::_';__,,.-   ',ヽ
     i ヽ、_ン^y'rく___;;::-、__:::::::ァ'7T`ヽヽ!,   ノ ヽ
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
プリズマイリヤ 「うっかり喋っちゃった。ごめんね!本人だから許して!
証拠の発言を出そう!!
プリズマイリヤ大爆誕ッ!!正義の為に超参上ッ!!綺羅星ッ!!☆ミ」
琴吹紬 「護衛成功せりー」
ジョルジュ長岡 「おはようさんです。」
小傘 「投票遅い」
オレンジ 「平沢唯○」
平沢唯 「噛みの状況次第だけど、イリヤちゃん、むぎちゃん、おりっちゃんは確定村
後は○除いてケアかなぁ?」
オレンジ 「残りは
シン・アスカ(ひんな神でいいでしょ)
デモニカ(閻魔でよさそうな)
琴吹紬(侍でいいでしょ)
平沢唯…占いましょ
(小傘…狼COしている)

もう占いいらないんじゃないこれ?」
シン・アスカ 「柚→ジョルジュで噛めばいいのに>小傘」
小傘 「まあ引き分け狙い失敗時点で申しようも無いわ」
プリズマイリヤ 「状況考えるとえーと」
プリズマイリヤ 「あ、デモニカ 一応どこ狙われたかよろしく」
ジェイソン 「おはようさん。で、誰でGJかね。」
デモニカ 「蟲姫CO
今日命を狙われたのはジョルジュ」
平沢唯 「デモニカ蟲姫じゃなかったっけ?>オレンジ」
琴吹紬 「ジョルジュで」
オレンジ 「まあ平沢唯には子狐疑惑がついて回るわけだが…
そうだった場合私の能力では手に負えない」
小傘 「まあそうね
狩人がしれっと占い護衛してるのに賭けたんだけど」
プリズマイリヤ 「だそうだが!あってるかい!>柚さん」
ジェイソン 「マジでジョルジュ護衛したのか・・・
俺ならオレンジ護衛する(きり」
オレンジ 「閻魔じゃなくて蟲姫だったかごめん間違えた」
プリズマイリヤ 「オーライ そこ2人信じていいわこれ」
ジョルジュ長岡 「おおー>デモニカ
狩人ありがとうありがとう……」
プリズマイリヤ 「後は 子狐関連なんだけどーんーむ」
デモニカ 「すまん、寝坊した」
小傘 「というかさっさと指定しなさい
もう終わってる勝負」
シン・アスカ 「どうせ○でも子狐ケアするんだろ?君たち」
平沢唯 「えーっと、子狐ケアする?
FOしていいと思うし、それみて>イリヤ」
プリズマイリヤ 「あ、ジョルジュCOよろしく」
琴吹紬 「小傘 「まあそうね
狩人がしれっと占い護衛してるのに賭けたんだけど」
◇ジェイソン 「マジでジョルジュ護衛したのか・・・
俺ならオレンジ護衛する(きり」

・・遅いのは悩んだ結果かな」
ジョルジュ長岡 「昨日提案言いそびれたので迷惑かける気がしたが
よーし」
ジェイソン 「ああ、ちなみに、神無月めぐみと、武田晴信のどちらか片方に人外がいるよ。
気づいてると思うけど。」
デモニカ 「んじゃ、共有が指定してくれ
狐探しは一応あるだろ?」
プリズマイリヤ 「後ジェイソンも。というかFOで!!」
オレンジ 「あとはジェイソンだけかなCOは」
ジョルジュ長岡 「はい決闘者です」
デモニカ 「・・・ああ、忘れないように言っておくけど
オレンジは明日死ぬから、ケアはそこ考慮に入れろよ?」
プリズマイリヤ 「お空‐まりさ‐小傘
シン‐ジョルジュ
ハシビ‐不明
サニー‐雷皿」
ジェイソン 「村人表記COだよ。
オレンジ視点で不審者はないらしい。
マニア置換だから他の何かだとは思うけど。
とりあえず未亡人でもなかった。
引き分け系は試すチャンスなし。」
オレンジ 「私 占い
アスカ ひんな神
デモニカ むしひめ
つむぎ さむらい
じぇいそん 不明
いりや 共有
小傘 じんがーい
ジョルジュ ただのおっぱい好き
平沢唯 司祭表示」
平沢唯 「私、ジョルジュ、ジェイソンが○だけど
ほかは無視していいと思うし
というか宣告あと誰だっけ?」
オレンジ 「というかもう○は無視していい」
デモニカ 「今日は本来まよいが死ぬ日だが、吊ったしな」
プリズマイリヤ 「んー ジェイソン→明日小傘 でも大丈夫だよね?」
ジョルジュ長岡 「占いが真だからソコの○以外見て決めたらいいと思うが
子狐疑いならケア了解」
琴吹紬 「小傘つっちゃう?」
ジェイソン 「吊り数的には、9→7→4だから、最大限ケアしたければ、俺と平沢かジョルジュから3人選んで吊って、最終日に小傘かな。
小傘のあの出方からして、白狼混ざりは気にしなくていいはず。」
オレンジ 「とんじゃったのがまりさとはねえ」
オレンジ 「貴重なキープ要員が…」
ジェイソン 「>プラズマイリヤそれでいけるよー。
というかもう一手ケアしたければ、それはそれでできる。」
平沢唯 「んー、決闘者かぁ
村表記も微妙だけど」
プリズマイリヤ 「一応ケアできるから悪い
ジェイソン、吊られてくれい」
ジェイソン 「あ、だめだ。
もう一手ケアできないわ。
決闘者忘れてた。ごめん、それは忘れて。」
プリズマイリヤ 「明日オレンジがショック死するから
ケアは今日までなんだよにゃー」
デモニカ 「まあ、大丈夫だろう>イリヤ
・・・と思うけど
琴吹紬とオレンジは問題ない
平沢がどうだろうな」
ジェイソン 「ほいよー。」
オレンジ 「ケア指定了解」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
オレンジ0 票投票先 →ジェイソン
シン・アスカ0 票投票先 →ジェイソン
デモニカ0 票投票先 →ジェイソン
琴吹紬0 票投票先 →ジェイソン
ジェイソン7 票投票先 →小傘
プリズマイリヤ0 票投票先 →ジェイソン
小傘1 票投票先 →ジョルジュ長岡
ジョルジュ長岡1 票投票先 →ジェイソン
平沢唯0 票投票先 →ジェイソン
ジェイソン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
琴吹紬 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
琴吹紬さんの遺言                    ,;゙             ゙:;、
                     i! ..,___          ,;゙
                      // ,∠Y  }x丶.      ,;゙
                 ,' { /  |  lヽヘ \   ;゙
                   iハ/z弌 ヘL、 ', !  丶/
                   | リ ,,,, ,   ´`ヽ リ  ハ¦
                   | 人   r- 、 "" / /ィ i
 「 ̄ ̄ ̄ ̄了了 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|'くヽ
 |  土 刀  冫冫+ 「|     ノ'Z厂L., +   | |  ;
 | ./├ 口 く く   , ヽ 、 └',.コ !ニ.  lニコ | |ヽノ
 l ⌒>< //  / 人 \ヽ、 二l l二.   /  :| |:ノ
 |\,/\ /  └ '´+` ┘ └―― ┘ / /| |:ヽ
 |   _r __  __ m _  [・] _ /::大〈 rO , ーぐ゙゙:;
三{   アd l¨′ ̄ ̄   フノ、 //O{‐_゚ ソ: :と三 } ;;
三{    フ,ノ  r‐___ └'_,)) \\ \:弋ト〉ゝ三ノ ;;
 |    `    ¨¨¨¨´   ̄    ̄  丶:丶: :|,.、 '゙
ジェイソンさんの遺言
2012/05/15
最高の村表記と共に(マニア置換だから他の?未亡人はなくなった)

                     / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          / ̄ ̄ ̄\  /  / ̄\  ヽ   パシャッ
         |・ ▼ ・ |/   /  \  ヽ、、、ヽ
         | ● ●  ||  /  (・)   (・)| |
         |・   ・  ||  |      つ  | | 
         |・・  ・・  ||  |    ___  | |  
     ,-、    \____/ |  |    \__/  | .|    
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ゝ‐イ\.   ・   /ノ   ...ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /    GM(ローラー)  〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li‐


まぁ個人的な意見では、まよいは狼よりかね。
琴吹紬はたいしたことないCOが出るようなら吊ればいいさ。
昨日の発言はそういうことだろう?

>◇琴吹紬 「え、ここでグレランされると・・・」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
プリズマイリヤ 「狼陣営3 お空-小傘-まりさ
狐陣営2 ハシビ-不明
蝙蝠陣営2 雷皿-サニー
決闘陣営2 シン-ジョルジュ

んで+、めぐみ-武田……

あ、これジョルジュ吊りでよかったやん(夜気付いた衝撃の事実)」
平沢唯 「結果一緒だよー」
オレンジ 「琴吹紬○」
ジョルジュ長岡 「おはよー」
デモニカ 「蟲姫CO
今日命を狙われたのは居ないね」
小傘 「わりと真剣に言うわ
何遣ってんの?」
平沢唯 「むぎちゃん・・・」
シン・アスカ 「ジョルジュ釣っとけー」
プリズマイリヤ 「ということで小傘吊り。
ジョルジュ子狐だったらマジごめんね!」
オレンジ 「ちーとも死なないから念のためにと思ったら死んでいた
呪殺なのか襲撃なのかわからん」
小傘 「というかあそこまで悩む時間必要ないでしょ、この進行で」
プリズマイリヤ 「ジェイソン‐唯さん両方村確定してたよ!
夜気づいた!」
オレンジ 「決闘者2いるから小傘に投票しとくね」
ジョルジュ長岡 「子狐はねーよ
あの行動するのは無いとおもいます」
「◆ミクGM ここから(ジョルジュの運命)は運だけの問題になるので投票どうぞ」
平沢唯 「まぁそれならどっかでGjか噛めない狐いるわけで、その可能性はきっていいんじゃない?>オレンジ」
デモニカ 「んじゃ小傘ね、了解」
平沢唯 「あ、じゃあ小傘投票するねー」
プリズマイリヤ 「めぐみ‐武田に戦乙女がいて
かつジョルジュが子狐だった場合のみ
負けるようだ」
小傘 「ああ、ひんな発動したらジョルジュは噛むわ
乗らなかったから絶対」
オレンジ 「GMのアナウンスで思わず小傘に先行投票してしまったが
問題はないんだろうたbん」
シン・アスカ 「狐家あっといたほうがいいと思うんだがなぁ
俺狐だけは勝たせたくねぇし」
オレンジ はショック死しました
8 日目 (1 回目)
オレンジ1 票投票先 →小傘
シン・アスカ0 票投票先 →ジョルジュ長岡
デモニカ0 票投票先 →小傘
プリズマイリヤ0 票投票先 →小傘
小傘5 票投票先 →オレンジ
ジョルジュ長岡1 票投票先 →小傘
平沢唯0 票投票先 →小傘
オレンジ はショック死しました
小傘 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今日の天候は晴嵐です (処刑投票結果隠蔽)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オレンジさんの遺言 占師CO 雷皿♂○ジョルジュ長岡○まりさ●ハシビロコウ○
ジェイソン○平沢唯○琴吹紬?

残りは
シン・アスカ(ひんな神でいいでしょ)
デモニカ(蟲姫でよさそうな)
琴吹紬(侍でいいでしょ)
(小傘…狼COしている)

もう占いいらないんじゃないこれ?
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/05/15 (Tue) 01:14:48
平沢唯 「お疲れ様ー」
武田義信 「お疲れ様だ」
神無月めぐみ 「お疲れさまですわ。」
デモニカ 「お疲れ様」
オレンジ 「おつかれー」
雷皿♂ 「    平和の使者!氷妖精5 参上!!

   _▲_ _▲_†_▲_ ._▲_ _▲_
    ( 'A`)  .( 'A`) .ヽ('A`)丿 ('A` )  .('A` ) 
   .†ノ雷し †ノ雷し   雷   †ノ雷し †ノ雷し    
    >∀>   )∀)   .<∀ヽ  (∀(  <∀<
""""〝〝"""〝〝"""゙〝〝"""〝〝"""〝〝""" 」
ミクGM 「発動しろよ主人公!!>シン」
まりさ 「   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>くさってやがる!ゆっくりしすぎたんだ!!<
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7         r' ̄i __   _____   ______
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7    , - 、 ゙‐- ',´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ   {   }   'r ´          ヽ、ン、  r'⌒',
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ   `‐-‐'   ,'==─-      -─==', i  !、_丿
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ    ◯     i イ iゝ、イ人レソ     i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'          ,レリイi (ヒ_]     / _ルヽイ、i .|| ○
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!           ,,/!Y!"" ,___,  ヒ_ン ) 「 !ノ i  |-‐、,,
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    ,,r-─(_)      ヽ _ン   "".ノ !.; ヽ ヽ `,
                    (                        ,r‐″
                      ̄つ                 ,r─‐‐''
                      (´              ,r──'
                       ̄ ゙̄'───--------‐'」
阿良々木 「お疲れ様ー」
蒼星石 「お疲れさまっと、敗北だー」
神無月めぐみ 「あらら、痛恨ならず。ジョルジュさんは生き残れましたわね」
プリズマイリヤ 「ふみゅー お疲れ様。
すまぬすまぬ ちょっと人外数数えるのさぼってた」
オレンジ 「えーとどの時点で勝負決まってたんだ」
ジェイソン 「お疲れ様だ!預言見たかった・・・」
サニーミルク 「ジョルジュー!」
小傘 「お疲れ様
まあ盛大に占いポカしてる時点で何も言えないわ」
ジョルジュ長岡 「お疲れ様でした。」
オレンジ 「ハシビロコウ呪殺の瞬間かな?」
シン・アスカ 「うん、狐居ないならいいや」
雷皿♂ 「     。.:☆
    ;*  †▲_*;。
    ゚*: (('A`).;゚'    と言うわけでお疲れ様でした
     ゚・* (雷7        少しくらい残してくれてもいいと思うの
       < ヽ 」
ジョルジュ長岡 「やったーー」
プリズマイリヤ 「お空に宣告?>決まってたの」
武田義信 「早々に落ちてハシビロには迷惑をかけたな」
ミクGM 「狩人いたから投票反抗した ってのがあるだろうから>♂
狩人噛んでたらいけてたとは思う」
琴吹紬 「士郎さん 護衛できなくてごめんね!」
平沢唯 「侍2の安定感だねぇ
古蝙蝠も老兵しててなんか共有かめなくしてくれてるし」
阿良々木
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               /.:.:.:.:.:.:、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            /.:.:.:.:.:.:.: 八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:}
            |.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            ト,.:.:.:.:.:{`ー─',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
            ハ.:.:.:.:tテ‐-、∨\.:.:.:.A.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
             〉;.:.:|` ̄ "    \tテ\:.:.:.:.:.:.:. ハ,、:{  正直、配役が酷いってことで
              /:::ト、!    ,       リハリ:::/ノ ./
           ∠彡|:, `   〈         ソ /:!  あと、勝利帯青いんだなーと思いつつ
              !:::、   _          / ̄:ハ::{
              レ|∧  {/ ̄` ┐     / :::::/ ヾ、
               {(´ヽ. `ー─ '  ,.イ少^、/
               トミ.┴\__   -'" / .》、
              _}:::::: ̄ヽ }    ∧/::::}、
         _ -<´:::::::ヽ::::::::::::| |     / 〃:::,':::\_
     ,. =´ ̄:::::::::::::::::::::::::::\ : ::| |.   〈  !{::/:::::::::::::::::\___
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :ー-'┘-、   /|レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `ー‐、 r‐┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ρ | !:C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}」
オレンジ 「雷皿♂はなぐさめてやりたい」
雷皿♂ 「あと小傘ちゃんー?
狼視点はともかく村視点は狐ケアあるんだから急かさない急かさない。」
まよい 「おつかれさまー」
霊烏路空 「んー…古系含めて…5票。
まぁ、麦噛んで従わないとぶち転がすぞ
って言って琴吹からジョルジュって噛んで行くことかな?」
ジェイソン 「そういえばお空狼ってどこでわかったんだっけ?見逃してたな。」
まりさ 「オレンジをCOまでに噛めなかったことが1で
ムギ噛まずにGJ出ちゃったことが2だな」
霧雨魔理沙 「お疲れなのぜー」
ミクGM 「村の勝利という意味ではサニーミルク釣り時点>オレンジ」
プリズマイリヤ 「狼COしてた時ね>ジェイソン」
蒼星石 「小傘に謎投票されてて、そのことに何もコメントしてないから吊ったよ、ちなみに>武田さん」
デモニカ 「蒼星石を守れない役職に意味があるか!」
シン・アスカ 「まぁ、柚噛んどいたほうが多分良かった金くらい」
霧雨魔理沙 「初期に噛まれたのはまぁセーフだな。
何を思って噛んだのかは…謎だぜ。」
神無月めぐみ 「氷妖精さんは申し訳ないかぎりですわ。氷妖精の遣い方ってよくわからないです」
小傘 「というかこの結果ならなんでもっと早く即投票許可ださないのって思うレベルだったんだけど・・
まあそのあたりはGMによるし、私が言えることではない、わね」
雷皿♂ 「         ヘへ
  ._▲_ ;  へ/ヘへ   
   (*'A`)  | / ヘ.|  どうせなら女の子に慰めて欲しいなあ>オレンジ
  .†ノ雷ヘヘ  \  /   アゼリーヲリちゃんかラコタスカちゃんがいい
"""""""""""""""""" 」
プリズマイリヤ 「氷妖精は この配役だと無理ゲーだからしゃーない。
初日に出た蝙蝠は死ぬもんこれ」
オレンジ 「サニーミルク放置は逆転やひきわけありえたのかなるほどありがとう>GM」
衛宮士郎 「お疲れさまー
雷皿さんはごめんね」
阿良々木 「普通の村だと預言者発動って絶望状況だからあんま見ないほうがいい>ジェイソン
君に半数以上生存で狐勝利目前が消えない気持ちがわかるか!?」
ミクGM 「ジョルジュの勝利判定があるからです>小傘」
デモニカ 「氷妖精はなー、余裕無けりゃ残して便利使いしたおして自爆したら見捨てるんだが」
ジェイソン 「ああ、本当だ。お空が引き分け投票参加してた。
気づかなかったなー。」
オレンジ 「氷妖精ってひいた時点で罰ゲームだよね…」
霊烏路空 「んー、引き分けねぇ……
面倒だね。こりゃ」
ミクGM 「もし紬がジョルジュ護衛してなくて噛んでたら即早回しOKした程度で。」
シン・アスカ 「空に宣告付けられた日にハシビロとジョルジュ人外だって言った俺はもっとほめられていいと思うの!
特にハシビロ冥狐なら!」
サニーミルク 「宿敵ついた時点でCO促されるだろう、けど二票持ち
もう老兵騙るしかぬぇ!」
ジェイソン 「>阿良々木
うん・・・あれじゃないのか・・・
お前さんがアカギをやっていた・・・」
蒼星石 「蝙蝠や決闘の勝利条件が絡んでたね>小傘
あとはまぁ村視点は狐ケア」
平沢唯 「村多めだからねぇ
人外よりも村に当たる確率高いし>氷妖精」
琴吹紬 「古蝙蝠の老兵さん いいね!
古蝙蝠勝利 目指そう!」
霧雨魔理沙 「初日蝙蝠陣営CO+しかも氷妖精と来た=吊り

という計算式が云々かんぬん。役職保護と役職ヘイトのせいなのぜ!」
霊烏路空 「宿敵なんか無視してりゃええねん>サニー」
プリズマイリヤ 「だからあの時点で
お空‐マリサ‐小傘
ハシビ‐不明
ジョルジュ‐シン
サニー‐雷皿

で、めぐみさん‐武田でわれてたから
ジェイソン‐唯さんは村確定してたんだよね すまぬすまぬ」
シン・アスカ 「あの瞬間俺は狐ハンターの目になった!」
雷皿♂ 「まあ士郎に関してはお互い様なんだろうからいいけどw>士郎>ごめんね

んーと。
「ひんな持ちに悪戯しろ やらないなら吊る」
「老兵に悪戯しろ やらないなら吊る」
「悪戯したところは放置しろ 投票したら吊る」
「自爆した?さようなら」
これが村のベストかなーって。即吊らずに>神無月ちゃん
ボクとしては助けて欲しいけど!w」
小傘 「狐ケア考えるのは良いんだけど
村役職で超過まで行くって相当なレベルと思うのよね・・
狼に即噛まれて存在バレても良いと同義と思ってるし>雷皿♂さん」
蒼星石 「うんまぁ実はそれでよいよねw>デモニカ
投票指示できたらなおよし」
オレンジ 「まりさ狼はないと思ったんだけどなあ
漢字魔理沙食べる時点で
あったんだなあ…」
阿良々木 「まー、この配役が本気で灰で占い噛むしか無いし
占いを上手く見つけるのもかみ合わせとかだから仕方ないんじゃないかなーってのは」
武田義信 「凍傷で狼落ちてましたとかなったら面倒だし
どうしてもばらまかずにいられないのならいない方が楽だと思うがな」
まりさ 「どうせ占い騙りなんてやらないんだから灰から即噛みできないと仕方ないんだが」
プリズマイリヤ 「単純に
重要職を吊らないし うっかり事故ったりもしなくなるからね>雷皿」
霧雨魔理沙 「私噛まれたのは単に間違えやすいのを防止のためなのぜ?」
琴吹紬 「ジョルジュ護衛はまぁ好み」
シン・アスカ 「氷妖精は老兵にいたずらさせ続ければいいじゃん
他行ったらミスったら誰も助けねぇぞで」
ジェイソン 「無駄吊られ・・・だと・・・
ああ、どっちにしろ万が一考えたとして、ジョルジュ吊りが正解か、村としては。

まぁ勝てたならいいじゃないか。うん。

>イリヤ」
サニーミルク 「でもどっちにしろ投票で露出するし…>空
ならいっそ潔く出てしまおうと」
プリズマイリヤ 「まあジョルジュについては 外してオレンジでも
文句は言われない。ジョルジュ以外には」
雷皿♂ 「村役職が超過まで~って言い出すと、
早噛みも注意なきゃいけないよ?>小傘ちゃん」
霊烏路空 「占いは噛めたらいいけど、噛めないなら首締めるだけではある
やれやれ、駒が少ないと動きにくいね。こいつはさ」
小傘 「まあ今回の村は・・私の動きが悪かったのはその通りだからおいとくとしても
やっぱり配役の時点で決まってるわねコレ」
オレンジ 「じゃおつかれです
潜伏できてよかった…ふう」
神無月めぐみ 「まよいさんが潜毒COの日に生きていて死化粧COしてもあれですわね。
狐目でケア対象になりますわねぇこれは。」
ジョルジュ長岡 「好みのお陰で勝てました……げへへありがとう>琴吹」
霊烏路空 「ジョルジュが文句言っても「はいはい」で済むからね…村視点」
阿良々木 「てかまー、初日の狼残数と灰を狭めないって意味でグレランよりは見えてる妖精釣りに
なるなーっていうのは。もしも氷妖精になったら潜伏してみたい」
ジョルジュ長岡 「しかしなんという運での勝利……でも嬉しいな
gmさんは村建てありがとうございます。
ではお疲れ様でした。」
雷皿♂ 「うーん。
ひんな持ち吊るとかー、決闘ロラるとかー。>イリヤちゃん>役職保護
どうせ宿敵の時点で占いとかでもCOしないだろうから、重要役職じゃないんだよね」
蒼星石 「まぁね……僕も無理しなきゃよかったよ>小傘」
霧雨魔理沙 「どっか固定悪戯で常に投票し続けるってのが
まぁ当たりかなぁと わからんのぜ。氷妖精だけは
前にやらかされてどうしても残すという選択肢が取りにくいのぜ」
雷皿♂ 「まあ楽で済むんだけど勿体無いなーってお話
あんまり噛まれない暗殺みたいなものです氷妖精」
ジェイソン 「何か最近村表記多い気がするなぁ。
何か面白いのをやってみたいな。」
阿良々木 「僕みたいな中途半端に生き残る奴が潜伏氷妖精をやってみろ……!
初日から毎日反射で死ぬ思いするに決まってるな」
雷皿♂ 「村表記面白いよ?しがらみなくブン殴れるじゃない>ジェイソン」
デモニカ 「モチベーションは蒼星石が死んだ時点でほぼ消えたね
吊られる心配もほぼ無い役職だったし、結果出してりゃ仕事はあるし」
小傘 「まあ噛み時間に関しては決まった勝負がさっさと終わらないことにちょっとイラついただけだから
あんまり気にしなくて良いわよ」
琴吹紬 「逃亡系で夜の選択でスリルを味わうのもいいよ>ジェイソン」
霊烏路空 「んー、やっぱ七だな。
小傘七まで残り続けたらむしろ勝ち目もあったわけだ」
サニーミルク 「古蝙蝠で老兵騙りとかどうかなチラッ>ジェイソン」
プリズマイリヤ 「んじゃお疲れ様ー。
村立感謝、いつかまたよろしく!」
神無月めぐみ 「天人ですわね>ジェイソンさん」
蒼星石 「人外なら、無限のCOが約束されているよ!>ジェイソン」
ジェイソン 「>雷皿
まぁ気にせずに殴れるっていう点ではそうなんだけれどw
あんまり殴るの得意じゃないんだよなぁw
どちらかというとひっそりとして・・・いたい・・・」
プリズマイリヤ 「そして葛の葉ブラフが
なんのやくにも立たなかった!ジーザスっ!」
霧雨魔理沙 「暗殺と違ってCOあぶりださせるし
自分の行動に責任を持たなくていいってすごく怖い存在じゃないか?
>雷皿」
雷皿♂ 「いや、気にするのはボクたちじゃなくて小傘ちゃんの方ね?w>噛み時間
一応は早噛み禁止は、ルールだからさー」
ジェイソン 「ヤメテ!ロクナヤクショクガナイ!」
プリズマイリヤ 「ぶっちゃけ いつ狼に回るか分からない暗殺って
怖いよね!」
霧雨魔理沙 「村表記で吊られず生き残ることが不思議です。」
シン・アスカ 「でも自爆した時のことを考えるとあんま村に反した行為は取れないのよ>氷妖精」
雷皿♂ 「COすら許さず殺す暗殺の方が怖いよ?w>魔理沙
責任は村が持たせるんだよー、「従わなかったら吊り」と言うことにして。」
サニーミルク 「それじゃお疲れ様
私、いつか古蝙蝠で生存勝利するんだ…」
小傘 「私が7まで残るなら占いCOせずなら、だったかしら
よく考えたらまりささん●出された時点で私は潜ってLWの位置を狙うべきよね・・
判断ミスったわ、萌だからで占いCOする気しかなかったのが」
霊烏路空 「シンに投票を外してもらっての、オレンジに小傘、決闘二人で4票。
シン含めた他が何処かに投票で4票。
票合わせないならそれはそれで」
デモニカ 「同じ意味で鬼も怖い
・・・この村で鬼は絶対やりたくないけどな!」
蒼星石 「そのブラフは亡霊嬢でやってねw>イリヤ
葛の葉登場によって共有の噛み優先度はぐっと上がったんだけど
いかんせん最近亡霊嬢見ないなー」
ジェイソン 「置換ありの村で本当に「村表記」の割合ってどんなもんだろうね・・・
>魔理沙」
小傘 「え、あの状況になったら噛み時間関係ないでしょ
噛む所すら決まってるんだし」
阿良々木 「氷妖精PPに巻き込もうとしたら自爆して死にかけるんだもん……w
人外視点で一番使いにくい妖精だと思うw」
ミクGM 「鬼は忘れたころにやってくる」
デモニカ 「逆らったら侍に狩られる
こっそり逆らおうにも蟲姫に捕捉される」
雷皿♂ 「そう言えばこんなAAもあった

     _▲_<ぶりザードカレス!            
       ('A`)  ,,..、;;:~-:''"゙⌒゙  
    †ノヽノヽ:゙:゙         
       くく ``゙⌒`゙"''~-、:;;,_ 」
ミクGM 「鬼じゃねぇ 亡霊」
シン・アスカ 「まぁ、冥狐にターゲッティング出来たんで俺は満足だ
空、敵はとったぞ!w」
霊烏路空 「うん、七まで残る路線でいけたら引き分け出来たわ。
決闘乗らない?じゃあ死ねよで噛めば良かったしねw片方は特にw>小傘
あの日に小傘を吊らせないように出来たらいけた
頭回らなくてごめんね」
ジェイソン 「蟲姫って面白いよねぇ。好きだなー。またやりたい。」
平沢唯 「じゃーログみてくるよぉ
みんなおつかれさまー
GM村建てありがとねぇ~」
霧雨魔理沙 「一応超過前噛みはルール違反なのぜ。
GMが早回しアリって言ったらOKだけどもそれ以外は
超過後。が原則なのぜ? だからそういう場合は超過即噛みなのぜ」
雷皿♂ 「ルールって状況によって変わらないよ?>小傘ちゃん
ルールであるGMが許可を出すならともかく」
阿良々木 「まあ、僕が妖精になったら夢狩人2POPする。獏も出てくる
わかってる」
霊烏路空 「せめてひんなとか露出するのやめてもらえませんかね^^;>シン」
ミクGM 「そういえばサバイバルヤルオが更新してて嬉しい」
蒼星石 「せっかく勇気を出して逃げたのに速攻親証明しちゃうんだもんなぁw>デモニカ」
シン・アスカ 「だから潜ってたじゃねぇかw
そっちも潜ってりゃ多分そこそこばれんぞw」
雷皿♂ 「侍には狩られないよ>デモニカ
妖精系を狩れるのは夢狩人だけで、普通の狩りで狩れるのは蝙蝠系だね」
霊烏路空 「今回の閻魔はわかり易かったね~って感じ
流石にこれは語りやすいわ」
神無月めぐみ 「それでは、お疲れさまですわ。
GMさんは村をありがとうございます。推理ができてなかったのは申し訳ないです」
デモニカ 「あと、氷妖精の凍傷付着って蟲姫に引っ掛からないのね」
霧雨魔理沙 「暗殺は下手にしたら自分負けるじゃないか…>雷皿
氷妖精は自分生きてる限りどっか入れててもいいわけじゃないか…」
小傘 「ん~・・それなら悪かったわね
でも噛みは超過って『恋人狼による噛み競争がありえるから』のルールって思ってたんだけど
だからLWなら別に守る必要ないと思ってたわ」
ジェイソン 「>シン
いや・・・不自然に1票入るから誰か気づくんじゃないかな・・・w」
デモニカ 「いや、鬼の話w>雷皿」
ミクGM 「一応小狐とかもいる場合 もありますし
少なくとも私がGMする時は出せる時は出せますので>小傘>はや噛み
出せないってことはなにかしらの勝利要素の振れ幅があるので
一応超過まで待ってあげてくだしあ」
蒼星石 「ふぅん、あくまで悪戯なんだ>氷妖精」
霧雨魔理沙 「暗殺とは違うからなー>デモニカ。
あくまで悪戯の範疇なのぜ。おっそろしいことにだ。」
シン・アスカ 「妖精の処理は占い処理なんじゃないかな、多分
イタズラつけてるだけだし」
小傘 「要するに、他の狼が噛むかもしれないから控えてくださいねっていうルールなので
他に噛む狼が居ないならルールがなくなる、というか意味がなくなるという気が・・」
雷皿♂ 「ああ、鬼は…うんw>デモニカ
ところでボク鬼希望なんだけど」
武田義信 「ひんなが妨害計略だとしらんかったから別に止めなかったな。
すまんな。」
霊烏路空 「得票を…投票数と見間違いしたんだ…>シン」
ジェイソン 「氷妖精とか狢の悪戯は占い扱いっぽいよね。
呪い系にやると死ぬし。」
まよい 「GMが早噛み許可を出すか出さないかで狐生存が分るとかメタい事もあるんで」
雷皿♂ 「うん、それはルールを決める側が判断することだからさ?>小傘ちゃん>意味がどうこう」
ミクGM 「推理時間 というのも少なからずあると思いますよ。
最低限という意味でね」
デモニカ 「似たようなものだけどなあw>雷皿」
阿良々木 「フィクションでの妖精の立ち位置を考えると一番氷妖精が当てはまってる気はする
無邪気に恐ろしいことをしてくる。悪戯ってレベルじゃねーぞ的な意味で」
霧雨魔理沙 「夜は投票する奴が全員終わらせれば朝来ちゃうんだぜ>小傘

そうなると制限時間全部使い切れずに朝が来ちまう。それ防止のためだな。
一律禁止にしてるのは。夜推理する奴もいるわけだし」
ミクGM 「そこはちょっと考えるとこではあるんですよねぇ>まよい」
雷皿♂ 「と言うかボクの解釈だと超過前に夜が明けるのは「推理を行う」と言う村人の能力を削る行為なので
他の狼の噛みが云々って言われても」
霊烏路空 「占いっぽいっていうか、精神接触系とかそんなくくり
厄神は確かシステム的には占いに近かった、はず」
ミクGM 「だが超過2分は許さん」
小傘 「あの状況で推理が必要っていうのはないと思うんだけどね
LW露出してるんだからあとはどのくらいケアしようかってだけで」
霧雨魔理沙 「恋人いない時からあったルールなのぜ?w」
シン・アスカ 「グレランで空投票者(がいたら)に古系疑いもたせられるし
人外にとっては逆に黙ってたほうがいいかもしれんぞ>ひんな持ち」
ジェイソン 「早噛みなぁ。これは鯖によっても村によっても見解が分かれるところだから難しいなー。」
雷皿♂ 「幻想郷の妖精は命に関わる悪戯はしてこないけどねー>阿良々木
チルノちゃんだけが例外で、だから氷妖精はこんな感じ」
霊烏路空 「ごめん…初日あんまり君以外から票貰わないんだ…>シン」
デモニカ 「それこそ、人外がその気になりゃ即噛みし続けたら碌に推理できねえぜ?
夜時間1分の村見てえになるから」
霧雨魔理沙 「それは言えるがその裁量はGM次第が答えなのぜ>小傘
つまり超過即噛みに関しては何も言われない。そういうことなのぜ。」
ジェイソン 「でもそれなんで黙ってたにならないかなwwwwww
この内訳では厳しい気がするw」
シン・アスカ 「それなら鏡妖精じゃねw>阿良々木
妖精死んだあとに巻き込まれる二人」
雷皿♂ 「だから「どこをケアしようか」は考える権利あるでしょ?>小傘ちゃん
狼視点で推理が必要かどうかは知らないけど」
霧雨魔理沙 「なんていうか…
暗殺が突然凄い力を手に入れたヒーローでその力に悩むという役柄なら
氷妖精はその力を思うままにふるうような悪役じゃないけど終盤で
やられるタイプ。」
デモニカ 「まあ、鍋だとそこまで有効ではないが
投票能力持ちが多いから」
霊烏路空 「つーか、極論
超過過ぎたらそっからは別に「速くない」よね?っていうのが私の意見」
霧雨魔理沙 「鏡妖精って自殺前提だろ? 毒蝙蝠COして吊らないでー><って言って
吊られて霊界で大笑いするタイプだろ?」
雷皿♂ 「だからボクを残しても、蒼星石ちゃんの真証明には使えないんだよねえ
ボクが蒼星石ちゃんとデモニカをラインを結ぶ愛のキューピッド!になる演出が出来ないなんて」
霊烏路空 「気が付かなかったで押し通す!>ジェイソン」
小傘 「昼の時間で十分でしょ」
武田義信 「俺は突然死しないのなら能力実行はいつでもいいと思っているな。
早く噛んで能力者いるのか見るのも遅くして日記の準備とか夜にやってたんじゃないの?ってヘイトぶつけたりするのも構わんだろう。」
霧雨魔理沙 「そして誤爆蘇生でよみがえる」
ミクGM 「超過1分っていうのは初心者さんとか用というのもあると思うんでー
別に終盤とかなら戦術的超過即噛みはいいんじゃね?」
阿良々木 「まあ、幻想郷は基本的に気まぐれで危ないやつ多いからなぁ……w>雷皿
大体無邪気な存在は怖いよねってなんでも言われる」
デモニカ 「今回は超過前の噛みだしな>空」
ジェイソン 「とりあたまでした!で済ませる気か・・・

さすが地獄烏汚い」
霊烏路空 「鏡妖精?
占い騙って早期に狩り殺されてケラケラ笑ってればいいんじゃないかな?
私?全力で占い騙るよ^^真占い吊るよ^^」
阿良々木 「まー、早噛みは気持ちはわかるけどなぁw この展開だと特に」
蒼星石 「やめてーwってまぁ女神村見えたからこれで入ったんだけどねw>雷皿
しばらくやってなかったし蒼星石」
雷皿♂ 「超過になったら、どのタイミングでも早くないねー。と言うかむしろ超過即は常時推奨。
普通村の銃殺対応とかの文化で、1:30~2:00ってのが浸透してるけど

逆に村が推理時間欲しいからって2:50で能力発動とかやったらGMからペナルティ与えるレベル。」
ジェイソン 「鏡妖精って吊られないと発動しないんじゃなかったっけ?w」
雷皿♂
         ヘへ
  ._▲_   へ/ヘへ   
   (*'A`)  | / ヘ.| そう……ボクも無邪気なだけだったんだ…
  .†ノ雷ヘヘ  \  /   女の子と無邪気にいちゃいちゃヌメヌメしたかっただけなんだ…
"""""""""""""""""" 」
霧雨魔理沙 「私は確実に決選投票起こすために初日萌えるのぜ!
嘘言いまくるのぜ!w  あまりやり過ぎると後で怒られるので
注意しましょう。でも妖精フリーダーム」
霊烏路空 「私は…常に…人外だと…真占いを吊り上げたいんだ!」
ミクGM 「鏡妖精こそ能力が願望に反してる能力ねぇよ…」
蒼星石 「いや、悪戯先が噛まれたらダヨ>ジェイソン」
霧雨魔理沙 「?そうだぜ?>ジェイソン」
デモニカ 「鏡妖精引いたら対象の片割れが初日に死んでたでござる」
ジェイソン 「鏡妖精 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β7~]
[悪戯能力] タイプ:決選投票 / 占い妨害:無効 / 呪い:無効
本人が処刑されたら、次の日の昼を「決選投票」(初日に選んだ二人にしか投票できない) にする妖精。
昼の投票画面を見る事で能力発動を確認できる。
対象に選んだ二人が両方生存している時のみ有効で、
対象が何らかの理由で昼に死亡した場合は即座に解除される。

だろう?」
霊烏路空 「もっと皆、蝙蝠で占い騙ろうぜ!」
蒼星石 「村多い配役で影妖精を引いたときの絶望感は異常」
蒼星石 「あれ違ってた?>ジェイソン」
霊烏路空 「影妖精?
ケラケラ笑いながら適当ぶっこむwwwwwww」
霧雨魔理沙 「うん、だから吊られるんじゃないか。初日に。>ジェイソン」
小傘 「ん~・・まあ今回に関してはちょっとカッとなって確認を取らなかったこっちが悪いでよいわね
申し訳ないわ」
雷皿♂ 「_▲_
 ヽ('A`)ノ  ボクは……自分を隠さない!>お空ちゃん
  (  ) ゛
 ゛/ω\ 」
シン・アスカ 「まぁ、なかなか楽しかったw
うん、負け確定になったら鋭くなるというのは何故なんだろう
お疲れさん」
ジェイソン 「うむ、噛み先で発動は光とか日とかだよね、たしか。

>蒼星石」
デモニカ 「鏡面迷彩にする妖精は現在いないよ、天候とオプションでのみの発動かな>蒼星石」
蒼星石 「鏡面発言になるのかと思ってたw
僕基本妖精に興味がなさ過ぎるんだね、うんw」
ジェイソン 「魔理沙ェ・・・だがそれがいい」
霧雨魔理沙 「影妖精引いた事ないのぜ。 毎日RP変えて吊られないとか
最高じゃないか。」
ミクGM 「鏡「フフフ…デモニカと蒼星石を刺して初日釣られてデモニカいじめてやろう」
    ~初日の夜があけました~
鏡「アオォーン…」「あっほえちゃったー☆」

蒼星石 は無残な死体で発見されていました(呪殺)

鏡「アッ…」

こんなキャラを期待する」
霊烏路空 「今回だと

萌えてから、占いCO。萌えだな>by魔理沙

とか言うww」
雷皿♂ 「と言うか確認取る行為もーw
返答が来るかどうかがメタになっちゃうしね。
狼視点、もしくは村視点詰んでる時くらいでいいと思うけど。」
ジェイソン 「共有2に刺したら・・・俺吊られてもいいかなって思うwwwwww
でも後でゼッタイ怒られるwwwwww」
ミクGM 「あくまでGM次第というのはあると思うのと
今回は早回しさせてあげたかった というのは言っておきます。>小傘

ジョルジュがな!w」
雷皿♂ 「お疲れ様!>シン」
霧雨魔理沙 「鏡「アオォーン・・・」

鏡「あっ、萌えちゃったー村人表記COだよーてへぺろー(・ω<)」
これで初日の吊りはいただきだ!」
阿良々木 「鏡妖精なったこと無いけどあそこまで能力発動したら勝てないのに楽しそうな役職はないよなぁw」
霊烏路空 「そんなのこっちの知ったことじゃないwww>ジェイソン
運が悪かったね(にこっ でもそれが君たちの願いなんだろ?
君たちはエントロピーを凌駕したんだ(にこっ

っていって策士発動」
小傘 「今回は狼は完全に詰んでるし、村視点でも詰めれるから即投票指示してほしかった
狐ケアどこまでやるかなんて昼の時間で十分というか
昼なった瞬間共有がケアしたい位置指定→即投票で良いと思ってたし」
雷皿♂ 「一応今回決闘者陣営がいる以上、勝敗関わる人がいるしね。

あと、狐候補が複数いるときに早回し許可を出すと、
他の村で「許可が出ないから狐いるんじゃね?」みたいな空気も出るし。
詰んだら必ず許可出すべきだーはちょっとね!」
武田義信 「生き残るのが勝利条件なのに死んで能力発動とはなんか妙だな。」
デモニカ 「わざと吊られても顰蹙買いそうだし、発言おとして出来るだけ自然に吊られようとするかな」
霧雨魔理沙 「つまり蝙蝠陣営など死んで当たり前なのだから
楽しめということを私たちに教えてくれる蝙蝠陣営とはかくあるべしを
教えてくれる素晴らしい役職なのぜ。>ジョロ木ア」
ミクGM 「うん。狼・村視点完全に詰んでた
ジョルジュ以外はな…>小傘」
雷皿♂ 「正直鏡妖精の能力発動したいなら
共有希望でもして「どこどことそこそこ 二人でラン!」って叫べって思うけど…w」
ジェイソン 「>お空
その策士発動は見てみたいわ逆にwwwwwww」
霊烏路空 「はっ
、鏡妖精をリリースすることで、亡霊嬢と策士に鏡矢を発動!
亡霊嬢が亡霊嬢COすることで、隠してた策士に投票をブッ込み指定→人外絶滅

という夢を見たんだ」
ミクGM 「ジョルジュ という決闘者の勝敗要素が残ってた以上早回しは出せないことはご了承くだしあ」
霧雨魔理沙 「死んでじゃないぞ。吊られてだから
吊られないと行けないんだ。噛まれじゃないってのがミソなのぜ。」
雷皿♂ 「狐死亡がハシビくらいしかいないはずだから
どこかに子狐は可能性一応あったよ?>GM
CO的になんかこう信じていいよね感あるけど」
小傘 「・・あ~ 常習化になったら確かにダメね
その辺り考えてなかったわ
私が詰みゲーを見ることが多いから結構な頻度で言っていいって思ってしまってたけど」
ミクGM 「一人でも村が入れたらダメだからなw>お空
何回言われてるかわからんがw」
阿良々木 「決選投票 恋人村で鏡妖精「橋姫VS橋姫」
リア充は死ぬ」
雷皿♂ 「なんだかスレの>>684で雷皿♂仲間が苦しんでいる気がする…!」
霊烏路空 「もっと強化しろよ!>GM」
ジェイソン 「余裕ある村で引く・・・そして「蝙蝠陣営CO」
これだ!」
霧雨魔理沙 「つまり鏡妖精が固定で2追加される鏡村…流行る!」
デモニカ 「それ村も策士に入れねえ?>空
策士は村に投票されるとアウトだけど」
蒼星石 「その村超参加したい、人外側でも良いからw>お空」
霊烏路空 「鏡妖精ェ…>阿良々木」
ミクGM 「あぁまぁ>♂
イリヤの動きで投票見ながら実際には ですが」
ジェイソン 「あ、そういえば村が入れて発動しなかった村あったなw
完全に忘れてたw」
雷皿♂ 「決選投票「妖精vs夢毒」
妖精は死ぬ」
霧雨魔理沙 「むしろ全く余裕ないor蝙蝠多数登場の村で好き勝手暴れまわる!」
蒼星石 「あーそうだった……またデモニカに解説させちゃったよ……この件」
阿良々木 「しかし皮肉にも鏡妖精、最後のリア充みたいな展開を見てみたい」
霊烏路空 「鏡村、だと……>魔理沙
それはどんな効果だ!いつ発動する!?」
ジェイソン 「かわいそうなGMのために影妖精追加村を・・・

やっぱいらないな」
デモニカ 「別々の橋姫に恋人が分かれて入れればいい
・・・かぐやなら?死ね>アヴァターラギさん」
小傘 「策士・・一応発動させた事もあるしされた事もあるわね」
ミクGM 「よこせよ>ジェイソン


よこせよ」
蒼星石 「人外多めで影妖精ならむしろどんとこいだけどねーw」
雷皿♂ 「影妖精って死んだ人の皮剥いで奪う妖精だったよね確か」
ジェイソン 「2000回行く頃には引けますよ・・・
あと1000回頑張ればいいじゃないですか・・・

>GM」
小傘 「どっちにしろ詰みゲーだったから、だけどね
というか詰みゲーをさっさと終わらせるための役職というイメージが>策士」
ミクGM 「今一番やりたい役職No1は結界師だがな!!」
霊烏路空 「なんだっていい。そんな事は重要じゃない……
氷原村という氷妖精が3追加される村を作るべきなんだ!」
阿良々木 「まあ、ある程度合図があれば分けれるしね……
あと、僕は阿良々木だ。どっかのヒンドゥーな名前じゃねえよ!>デモニか」
ミクGM 「夢狩人<おいすー^^>お空」
雷皿♂ 「鬼+合戦村を希望して思ったけど
第三陣営が出過ぎない合戦と、第三陣営の追加村は相性がいいかも知れない

恋人村も恋人陣営1だけの出現なら独身村とあわせればアクセントくらいになると思うんだけどなー」
デモニカ 「人外大目の村で影妖精ktkr!→影妖精は 天狐 に悪戯しました」
蒼星石 「どこまで色物を求めるんだ君は……w>お空」
霊烏路空 「自分で言ってなんだけど
氷妖精3とかもう氷妖精様の言う通りにしかならないじゃねーか……」
ジェイソン 「封印したのを自覚できる代わりに、人外も村も等しく封印する役職なんてどうだろう、とふと思いついた。」
阿良々木 「この前、結界師やったけどあれだよね
なんというか、魔法使い希望で出るとちょっと違う……的な」
雷皿♂ 「結界師とか確率で泣く未来しか見えないよ>GM」
阿良々木 「三人自爆とか舞首さん伝説とか>お空」
ミクGM 「固定値信者め…ロマンをもとうぜロマンを>♂」
霊烏路空 「夢狩人…だと…
夢世界最強の番人は帰れ!>GM

カオスこそ我が喜び
我が胸の中で息絶えるがいい>蒼星石」
蒼星石 「結界師面白いよー、2カ所張っててGJでると最高」
雷皿♂ 「村の封印能力者が少なすぎない?>ジェイソン
天人…はコピーじゃないと無理、倫敦、忍者くらい?」
阿良々木 「二箇所GJはまあ、老兵にちょっと落ちるって程度だから
3箇所、4箇所護衛でGJ出ると脳汁出るレベルだとは思うw」
ジェイソン 「氷妖精3いたら・・・お互いに治癒しあうからいやね。」
デモニカ 「確率なんて信用しない・・・
7割は失敗フラグ」
ミクGM 「昔夢狩人自然2POP+神話マニアで全部で3夢狩人に
アイコン的に挟まれて泣いた獏もいたんだぞ>お空」
雷皿♂ 「一箇所で100%GJ出るほうがいいです!>蒼星石ちゃん>結界師」
蒼星石 「なにそれかわいい>ジェイソン」
デモニカ 「いや?治癒しないよ?
蝙蝠はほかの蝙蝠が少ないほうがいい場面が多いから>ジェイソン
状況次第だけどね」
ジェイソン 「>雷皿
んーと、あとは自己蘇生系もかな。
猫神あたりもできるんじゃないかな。」
ミクGM 「仙人とかの蘇生系も>♂」
雷皿♂ 「あ、仙人系がいたか>能力喪失」
霊烏路空 「まぁ、私が見た中での最大のカオスは
蝙蝠が占いと霊能それぞれ騙ってライン組んで信頼勝負してた村と

蝙蝠2いて、みんなそれぞれが占い撤回して天狐、白狼吊った村とかかな?蝙蝠系でのカオス」
ジェイソン 「>蒼星石
そしてIFVさんが引いた氷妖精だけが投票忘れられてショック死ry

>デモニカ
あー、確かに蝙蝠少ないほうが狼の数少なくてすむか。
PPのとき。」
雷皿♂ 「猫神は喪失つかないんだよ、と言うか
蘇生不可だし使ったら死ぬから、喪失なくても1回限り>ジェイソン」
デモニカ 「比丘尼「俺が本気を出す日が来たようだな」」
阿良々木 「なにそれ怖い>お空」
蒼星石 「萌蝙蝠騎士騙りで勝利を忘れてはならないよ(キリッ>お空」
霊烏路空 「つまり、猫神封印したら猫は死ぬ>雷皿」
ミクGM 「妖精でクロコダインに幻疑い主張したことはあるけど
みんなに比べたら可愛いものだった(テヘペロ」
阿良々木 「第三陣営のいいところって好きなことをしても「そんな事言われてもうち、ポンデライオンやし」
みたいなノリである程度許されるってことじゃないかな(キリッ」
雷皿♂ 「やめテ!>お空
村を殺す村能力者って物凄い限られてるから!w
別に誰でも殺せる毒、暗殺を除いたら祟神←占い、陰陽→祟神、占い→葛の葉くらいだったかな」
霊烏路空 「蝙蝠はね…牙を持つから獣になれて、翼を持つから鳥の仲間に見られたんだ……
だからこそ、蝙蝠は牙を磨かねばならない!
そうさ!毒蝙蝠で占い騙り騎士COしてもいいじゃない!」
ジェイソン 「忍者、猫神、蛇神、仙人、比丘尼、倫敦人形、西蔵人形

そう考えると割とありかもと思った」
蒼星石 「それ故に絶対許さない人もいるけどねw>阿良々木
僕は割とどうでも良い派」
霊烏路空 「暗殺と蘇生はいること発覚したら村陣営の時でも死ねばいいと思ってます(にこっ」
雷皿♂ 「蝙蝠は誰の味方でもないのではない全ての人の敵なのだ!
つまりボクが死んだのも必然!
でも役に立つよ!ヌメヌメするんだよ!」
ジェイソン 「あ、そうか、猫神は犬神と違って、自分は死んでるんだもんね。
すっかり忘れてた。
>雷皿」
ミクGM 「毒「誰か忘れてねぇか?」(キリ>♂」
デモニカ 「妖精は如何に無駄なくスタイリッシュに殺すか試行錯誤するもの」
阿良々木 「基本的に僕は独立陣営とかになるとテンションが上がってくる
発言とかむしろ気を使わないでも変なこと言っても他人に迷惑をかけないからって感じで」
雷皿♂ 「忘れてないよw>GM>毒」
蒼星石 「暗殺が自重できない殺人鬼とかどうかな
村一杯の配役で引いて煩悶したい」
小傘 「狩人or夢狩人→左道も忘れてるわよ>雷皿♂さん」
ミクGM 「人馬「いいや忘れてるな! 俺のことだよ!w」>投票とかで村が死ぬ」
デモニカ 「別に誰でも殺せる毒、暗殺を除いたら
ってかいてあるべさよ>GM」
雷皿♂ 「独立陣営は面白いんだけど
生き残るだけでいい蝙蝠は微妙、推理してるフリとかしたいじゃない!」
霊烏路空 「ぶっちゃけ、今の暗殺ってそんなんばっかりじゃないw>蒼星石」
ジェイソン 「派生村の巫女表記がアップを始めました」
雷皿♂ 「君は殺してるんじゃなくて自殺じゃないかw>ジンバー」
阿良々木 「殺人鬼「ぐっ……静まれ、俺の暗殺!」
潜伏したら顰蹙買うよねその役職w>蒼星石」
ミクGM 「人馬だって村を・・自分という村を殺しているんだ…!!」
阿良々木 「そこにさっそうと仙人が>ジェイソン」
蒼星石 「僕は村多かったら普通に自重するよwwww>お空」
雷皿♂ 「左道と言うか魔法使い系はまあ>小傘ちゃん
他の能力の借り物だしねー、道化師以外は」
デモニカ 「・・・左道使いという役職がある」
霊烏路空 「辻斬りとか引いた時って自重すると死ぬって思ってる人多そうだよね>蒼星石」
ジェイソン 「河童 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β9~]
[薬師能力] 毒能力判定:無し / 解毒:有り / ショック死抑制:有り
処刑投票先の人を解毒・ショック死抑制する特殊な薬師。
解毒能力は薬師と同じ。
抑制できるのはサブ役職 (例:小心者系) のみで、メイン役職によるものは対象外。
解毒・ショック死抑制に成功すると次の日に「治療成功」という趣旨のメッセージが表示される。
何の「治療」に成功したのか (毒やショック死の種類など) は表示されない。
再投票時には発動せず、処刑されたら解毒・ショック死抑制能力無効。

メイン役職はあかんらしいで!
>阿良々木」
蒼星石 「あー雷公とかも村殺すなぁ
こうして見ると意外と多い!?」
雷皿♂ 「ボクも自重派、暗殺がどうこうだったから村勝ったー村負けたーはあんまり好きじゃないし…
人外村だったけど暗殺の活躍で勝った、はいいと言うか他の道ないだろうけど」
ミクGM 「できるよ>ジェイソン」
デモニカ 「自重したら負けるようなぎりぎりんの内役しか渡さんPHPさんが悪いんや!」
霧雨魔理沙 「おとぅかれなのぜー」
ジェイソン 「>GM
あれ、できるんだ?
てっきり無理なのかと」
ミクGM 「というかできてた が正しい。
蝕巫女ショック死治療河童か仙人が過去にいた。」
小傘 「ってよく見たら夢狩人しか枯れないのね
でも唯一狩人に狩り殺される村陣営でしょ>左道」
霊烏路空 「暗殺引いても基本、暗殺しないなー。私も
霊能とか占いロラが確定進行の時とかに暗殺するくらい」
阿良々木 「いや、仙人で抑制したことあるから出来るよ>ジェイソン」
蒼星石 「ギリの時はそりゃがんばるさw>デモニカ
あとはロラのお手伝いとか即閻魔がCOしたりとかね」
雷皿♂ 「獏能力に狩られが付随してるみたいだからねー」
ジェイソン 「そうなのか・・・メイン役職とはなんだったのか。
今もそうなのかな。」
デモニカ 「でもまあ、暗殺引いたら割と積極的に動くかな
この間のリプレイで言われてたように、吊りより人外の意図が混ざらないから」
雷皿♂ 「その方が面白いだろう?ってPHPさんが>デモニカ>ぎりぎり」
小傘 「河童のコレってたぶん効果発動してないというか旧仕様っぽい気がするのよね・・
抑制できるのはサブ役職 (例:小心者系) のみで、メイン役職によるものは対象外。」
霊烏路空 「つーか暗殺引いてもなぁ……
あれじゃん?結局暗殺者がどうこうしたから云々かんぬんで全部終わるじゃない。結局

暗殺は回数制限つけろ!」
阿良々木 「正直、灰暗殺でトラウマあるからしないなー。僕もw
5戦以下に暗殺渡されると死ねるよ、あれ」
デモニカ 「ん?獏能力引いて夢狩人に行ったら、って意味ちゃうん?」
ジェイソン 「旧仕様、かぁ。」
ミクGM 「獏→夢狩人はもう触るだけでヤバい。>デモニカ
護衛先かぶっても本人にいっても来られても全部ヤバイ」
ジェイソン 「たぶんデモニカの発言であってそうだよね。

ほら、魔法使い系が呪い系に魔法発動した結果死ぬみたいな。」
霊烏路空 「人外の意図っていうか、正確には「他人の意図」かな>デモニカ
まぁ、大差無いけど」
デモニカ 「とりあえず妖精とか第三陣営が出てきたらとりあえず殺す
ケア役職も殺す>暗殺」
ジェイソン 「あれ、獏能力発動した瞬間に獏判定になるの?」
ミクGM 「魔法使いがどうなるか だけど…獏になりきるんじゃないかなぁ?」
デモニカ 「いや、左道使いについて>GM」
阿良々木 「古い方かー
そういえばやってみたかったのは神主と同時投票で抑制できるのかな、あれ」
小傘 「というより神主と封印師の投票先と合わさって初めて・・なのかしら?
ショック死させた場合の死因は「神主に酔い潰された」で、ショック死抑制能力者の能力は無効。
でも鬼投票合わせて防げたって話聞いた事あるのよね」
雷皿♂ 「村人A←獏を発動した左道←夢狩人 これはセーフ

獏を発動した左道→村人A←夢狩人
獏を発動した左道→夢狩人→村人A これらは多分アウト」
デモニカ 「獏になりきるなら普通の狩人に護衛されても死ぬはずだしさ」
小傘 「だから夢狩人で左道いたら護衛安定
狩り殺せたら自分真確定だし」
ミクGM 「耐性は適用されないらしいから
獏能力発動で 夢狩人本人に行く/護衛先がカブル で即死じゃないかな」
雷皿♂ 「あ、でも発動した時点で狩り対象なのかなー
他の特殊狂発動は狩られないけど獏だけ特殊だからどーにも」
ジェイソン 「獏能力が発動すると夢守人の能力が適用されるので注意 (獏参照)。

うーんあいまいな表現だ・・・」
霊烏路空 「左道が出るかはまた別の話というのが辛い所>小傘」
雷皿♂ 「なるほど>デモニカ>普通のに護衛されても死ぬはず」
蒼星石 「ん?そういう仕様なの?
それは知らなかったなぁ」
小傘 「耐性は適用されないので狩りの対象にはならないが、
獏能力が発動すると夢守人の能力が適用されるので注意 (獏参照)。
って例外処理されてるようなのよ>左道」
デモニカ 「なんだかんだいって意外と不親切よね、役職説明」
霊烏路空 「まぁ、夢狩人は夢系の中じゃそこそこ強い方だよね
夢霊能>>>>夢狩>>夢占い>>>>>>>>>>>>>>他の夢」
阿良々木 「うーむ、詳しく調べたくなるなぁ。そこら辺」
ジェイソン 「こういう細かい点、まとめたWikiとかあるといいよね。
きっと修羅たちがまとめてくれるよね(ちらっ」
雷皿♂ 「まあそこまで普通考えないレベルの事象だし……w>獏左道vs夢狩人とか」
蒼星石 「ローカルでサーバ建ててIP制限外せば色々実験できるんだろうけど……
いかんせんそんな技術はないね(キリッ」
霊烏路空 「何処かにレアケwikiって無かったっけ?>ジェイソン」
小傘 「・・たぶん左道護衛しても狩れるで合ってると思うのよね
というかそういう路線で護衛したことはあるし、その時は発動品かったんだったかしら」
阿良々木 「なんでだ! 夢司祭状況次第で強いだろ!>お空」
雷皿♂ 「夢司祭と夢狩人は強いよと主張>お空ちゃん」
小傘 「というより夢狩人が強くなったのは妖精狩れるからよね
あって獏という位置までいける」
蒼星石 「わざと曖昧に書いてるって埋めチルさんが言ってたね
そこまで覚えないとできないゲームにしたくなかったとかで>デモニカ」
雷皿♂ 「あ、夢狩人じゃない夢語部だ」
ジェイソン 「>お空
あるんだっけ?レアケ脳向け人狼Wiki?ってのはあった気がするけど。」
霊烏路空 「夢司祭…?
なにそれ?外人?歌?
真証明出来ないですよ?>阿良々木」
デモニカ 「サーバー立てるといえばケインさん最近見ねえな」
ジェイソン 「夢共有はなんかメリット出るといいのにね。」
蒼星石 「ここかな
ttp://www44.atwiki.jp/rarecasejinro/

>お空、ジェイソン」
デモニカ 「気になって調べたときに書いてないのは困るんだけどなあw>蒼星石」
ミクGM 「ケインさん見ないなぁ」
ジェイソン 「だねぇ。ここ一ヶ月は見てない気がする。
>デモニカ」
霊烏路空 「夢司祭は…もう、嫌なんだ……
司祭5回くらい引いて4回夢なんだぞ……
しかも毎回1しか出やしねぇ」
阿良々木 「ケインさん見ないねぇ
鍋といえばケインさんってレベルだったのに」
蒼星石 「そうだねぇ、4月頃からかな?>デモニカ」
小傘 「まあ細かい所なんて拘る人だけわかってれば良いとも思うわ
私はたまに言うけど実際の村で人数リミット前提の推理をしたことは数えるほどだろうし」
雷皿♂ 「緋色さんみたいに戻ってくるとは思うけどねー
更新もしてないからちょっと不安だけど>ケイン君
針鼠さんも最近見ない。」
ジェイソン 「ああ、それそれ。
役職名でぐぐるとたいていそれが最初にひっかかるんだよね。」
霊烏路空 「4月辺りから見なくなったから、環境変わったんじゃないかな?>ケインさん」
阿良々木 「まあ、正直情報なしで遭遇した方が楽しいから騙る時以外はあんま詳しく調べないなーっていうのは>役職」
蒼星石 「ああ、緋色さん戻って来たねぇ
全く変わってなくて安心したw」
デモニカ 「説明
魔法使い系役職です。基本事項は当該項目を参照して下さい。
魔法の効果は「反魂師」「月兎」「呪術師」「獏」「雪女」「冥狐」「闇妖精」のどれかです。
狩り対象ではありませんが、「獏」相当の魔法を行使した対象が「夢守人」、もしくは「夢守人」に護衛されていた場合、
村人陣営役職でありながら「狩人に狩られて」死亡してしまいます。
天候「霧雨」の場合は「反魂師」相当、「木枯らし」の場合は「闇妖精」相当に固定されます。

・・・ほうほう、そうだったのか、こんなサイトあったんだな」
ジェイソン 「針鼠さんは初心者鍋見るとちょこちょこ見かけるからたぶんお元気なんじゃないかな。」
霊烏路空 「忙しいんだろうさ。今はこんな時代だしね」
ミクGM 「人が減るのは寂しいなぁ 増えてるのも事実だが」
ジェイソン 「その説明見る限り、自分が護衛されても大丈夫っぽいね。」
雷皿♂ 「だといいんだけどー。>針鼠さんお元気
割と真面目に「ボクがいるから鍋行かない」的な考え持ってそうで気になってるんだよね」
雷皿♂ 「まあ今週末の鍋探偵のアンカー取るだろうしいいかw」
デモニカ 「ただ自分が護衛された場合は書いてないな
多分問題ないと思うけど・・・」
ミクGM 「DSさんのんいつでしたっけ?」
霊烏路空 「鍋探偵かぁ……
裏鍋やりたいなぁ」
蒼星石 「HIDEPさんももいもいさんちょっと見なかったけど戻って来たし
まぁそのうちでいいさw こうしてみんなで話しているのも一期一会だよ」
小傘 「ん~・・狙った先を狙う必要があるのね
そこまで細かくは知らなかったわ>左道」
ミクGM 「耐性は出ないって明記されてるから多分大丈夫>自分護衛」
阿良々木 「なんというか、毎日入村してた人が一月入らないのはものすごくコレっきり感がして
不安になる」
雷皿♂ 「まだ決まってないねー。
因果さんとDSさんで日程決めてボクがGM担当の予定だけど>GM」
霊烏路空 「こんどこそ…狼1で勝つんだ……
いいところまで行ったんだよなあん時wwちくしょうww」
蒼星石 「あ、そうか、もう達成したっぽいね>DSさん
雛がまだ未対応だから何ともだけど」
ミクGM 「 /.ィ  .::l   ::::::l::: l:.    ::ヽ //
 レ  .:::::ハ   ::::::ト、 l、:.    ::::ヽ{
 / .:::::/_ヽ  :::::l ',l‐\-   :::::::|
 l  ::::/:| _\ ::::| , -‐-\::. ::::::|  心細くか弱い初心者のGMとしては
. ヽ :::l::::l r-、ヽ::l. r―、ヽlヽ:. ::://   人が減るのは寂しいっていうか?みたいな?
  ハ:::l::::l ヒ::ナ `'  ヒ::::ノ '! ::l:::/イ
  | :ヽ:::|、             | :::/ l::|
  l  ::::V->-yー- 、, -<.| /-y-|
  ヽ  /:::::::::/::::::::::::::::\ /.|/01l |」
雷皿♂ 「まあね、ゲーム仲間だしいつまでもいつまでもってモノでもないし。
DSさんや飲茶さんやちゅるやさんを突然見なくなったら警察沙汰にしてもいい気がするけどw」
蒼星石 「DSさんはなかなか捕まんないからなぁw
TLへの出現もごくまれだし」
阿良々木 「最近は1000戦達成の人多いよね
昔に比べて鍋の建つ頻度が上がったのもあるのかな?」
霊烏路空 「大体皆仕事あったりして、11時とか10時開始が多いのがちょっと難点かな>記念鍋探偵

そもそもこんな時間までINしてる私が言うことでは無いけど」
ジェイソン 「1000戦とか夢のまた夢だな・・・
その次の候補は・・・そこのデモニカかな(ちらっ」
ミクGM 「まぁ鍋立ち始めて2年?超ってのもあるけどねぇw>阿良々木
単純にもう結構月日がw」
阿良々木 「まあ、ネトゲとかで引退宣言する人は辞めないけどふっと消えた人はもう逢えない
ってのを彷彿としてねw>雷皿」
蒼星石 「なんか鍋探偵は11時からが慣習になっちゃったねぇ……
元々は定期村避ける意味合いだったんだけど、鍋民宵っ張りだからなぁw」
小傘 「何かないなら1日に最低2回は鍋立ってる気がするわね」
デモニカ 「まだあと3カ月ぐらいは無理、あと200戦ぐらいいるから>ジェイソン」
霊烏路空 「まぁ、真紅鯖がたってからまだ数ヶ月で300か400くらい行ってるからね
一日二回入るとして1年半。土日4回入ったとしたら一年少しで1000鍋行くし>あつつぎ」
ミクGM 「むしろ一回しか立ってなかったら今日1回かよ…とか思うレベル>小傘」
ジェイソン 「200戦を3ヶ月ぐらい、と言い切るのが凄いよw
他に誰か可能性のある人いたっけ?
>デモニカ」
雷皿♂ 「前に聞いたら日月火以外ならいつでもいいとは言ってたけどね>DSさん」
蒼星石 「たぶんデモニカのはず
忘れてる人はいないと思うけど……流石にこの参戦数で」
デモニカ 「1日2戦で100日、まあそんなもんだろ?>ジェイソン」
雷皿♂ 「ああ…なんかこう判るけどw>阿良々木
綺麗事的に言うなら、いつお別れになったとしてもいいように楽しくやろうぜってことで!」
ジェイソン 「あ、うん・・・そう、だな・・・
>デモニカ」
蒼星石 「あとはげるたんさんとかIFVさんかな?次点は」
霊烏路空 「蒼星石がどれくらいなのかがちょっと気になるんだよねー」
小傘 「まあ今回は1回で控えるべきだったかもしれないけどね・・
古狼→萌狼、しかも両方とも初期3Wは心がちょっと」
ミクGM 「げるたんさんは…700くらいか…
後誰がいるかな」
阿良々木 「それはもうジャンキーレベル高いなぁw>お空」
蒼星石 「ケインさんが追いつきそうだったんだけど……うん」
蒼星石 「僕?200ちょっとだよ?たしか>お空」
雷皿♂ 「_▲_
 ( ゚ω゚ )      n
 ̄     \    ( E) そんな感じでボクは好き勝手やってます!
フ     /ヽ ヽ_//」
霊烏路空 「今なんぼだろう……
別HN入れるなら、雛入れると200行ったか行ってないかくらいかな。やる夫鍋

なんだ、まだまだ初心者じゃないか」
蒼星石 「250は越えてたかー」
デモニカ 「最近参戦数が少し落ちてるしもう少しかかるかもしれんけど」
雷皿♂ 「お空ちゃんはまずHNを大人しくしよう、な!
検索しづらいよw」
霊烏路空 「とにかく、よーつーさんの鍋探偵のやり直しを要求する>因果君」
阿良々木 「僕も真紅入れて208程度の初心者だね」
ミクGM 「         ┌────────┐
         |    初心者CO     .|
         |                |
       ヘ , -‐‐-ァヘ         |
     ァ'´ 》 : : : : : ト、`ヽ────┘
.    / : : 彳rク/ } | \ヘ\
    ∧ : : :匸) ┃ }ノ┃ {/.|
   ∧ : : : ゞ弋``  ``人| |
   | : : : :|  レ个ーヤ く  | |
   | : : : |   / ,不、__〃`ヽ
   | : : :.|   ,' メ ┤ハ 乂;;;;;}
   | : : :|  /7;|  | .|`ヽ、_ノ
   j : : | / _/;;;|  |〓| : : | |
-=彡 : :| ^⌒ゝ;匕イヽイ : : | |ヽ
: : : : : :.|    .ト 7 ト 7 : : | | : \
: : : : : ノ     レ′ l人 : :::| | : :彡'」
ミクGM 「もう終わったでしょ おじいちゃん>お空」
ジェイソン 「10年ぐらい頑張れば1000戦いく気がする」
霊烏路空 「ククク……翡翠は何処にでもいる……>雷皿

まぁ、翡翠、アンバージェード、ジェード、
このあたりで検索したら八割方は当たるよ!
昔はリーシェレットとかいうHNで入ってた事もあるけど」
琴吹紬 「初心者CO!」
デモニカ 「まあ、参戦数≠実力の証明みたいになってるけど、ぼちぼちやっていきますわ」
蒼星石 「ああそういえば……音餅さん普通2000戦もう行きそうな件」
ジェイソン 「2000・・・だと・・・(絶句」
ミクGM 「というかまったく関係ないでしょうw>参戦数と実力」
蒼星石 「あ、いた!>紬

いつにしますか記念村?」
阿良々木 「貴方の初心者COだけはどう足掻いても無理ですwww>紬」
霊烏路空 「噛める狼1で騎士出すなよ。聞いてんのか>GM」
小傘 「まあ私には縁がないことよね、たぶん>探偵村」
デモニカ 「全部あわせりゃ来年には行けそうだが遠いな>2000」
霊烏路空 「それはGMの初心者COを認めると言うことなのか!>あーめんそーらぎ」
ミクGM 「さっきの村でひとかたさんに噛み先完全に頼っちゃったけど
ひとかたさん「狩人風祝密偵」
私「あれあやしいわ…占いあるで…」→村人

このレベル」
阿良々木 「狼3の噛める狼2で騎士2出てきたことある僕には他人に思えない話>お空」
琴吹紬 「寝落ちしてたんですけどね
PCのあとつくしやんないほうがいいね」
ミクGM 「日頃の行い(ドヤヤァ>お空」
雷皿♂ 「_▲_ 。0 
 ('A`)y-゚  と言うかミクちゃん紬ちゃんが初心者だと誰がベテランなんだろう
 ノへへ 」
阿良々木 「認められるわけがない!>お空」
蒼星石 「ひとかたさんはアレだな、ちょっと前まで普通でブイブイ言わしてたラザニアさんを彷彿とさせるなぁ」
霊烏路空 「いそのー!別に狐無いだろうけどPPでミクから吊ろうよー」
琴吹紬 「雷皿♂さんが言ってくれたけれど
今週であれば明日以外なら>蒼星石」
デモニカ 「そりゃあれだ、めるめるさんレベル、昨日だったかの話じゃないがw>雷皿♂」
ミクGM 「        jト-― =ミvx:、
     /´: : : : : : :《_:ヾ;
    /イ: :ハ{\:.ヽ: :¨〉.:.,
    〈 /i┃ヽ┃Y^Vi: : :.    少なくとも自分を持ってる人はベテランで見るよわたしゃ>♂
      ゞド __" |じィ: : :.i
   x==vj`Yムィぐ′i|: : : |
  /::》::::ノtヘ7├{_',. i|: : : |
  \:::_彡':/ | 「::{ j|: : : |
      }: :i[  ト|::::\': : : :.
    /: : ト、_人辷L:::>: : : \
   /: : : : :「:| 「:丁丁: : : : : `:=ァ
  厶t==彡ヘノ ヾノ 廴:__:_:_彡'」
霊烏路空 「よし、それでいい>阿良々木
だから私の初心者COを認めると言うことでいいね!」
阿良々木 「うん。ラザニアさんっぽいなーとは思う>蒼星石
鍋用別名の本人じゃねーのかなとか邪推してた」
蒼星石 「どうしましょうかね……土曜日とか?>雷皿、紬

告知期間はある程度取りたいですしね」
小傘 「人狼 餓狼 雛狼の22人村を遣った事があるのと同程度くらいは酷いわね
あ、ちなみに魂占い入りねこっち」
雷皿♂ 「今週の土日はボドゲの集まりに遊びに行くのでボクは土日GMは無理そう」
ジェイソン 「よく見たらムギちゃんDSさんか・・・w」
ミクGM 「                -‐…‐ァ<⌒ヽ
             // : : : : : : : : : ヽ__         ┼‐ ヽ
             「||:レ /: : : : : : : : : : : : : Ⅴ         d'⌒)
         /^ |:||:| ,′: : : :/|: :∧: : : ::.ト、
.         / : : |:||」 i.:: : {/  | /  : : : :.:}: :\        ┌一
         /: : : :i  Ⅵi : :| ○ レ ○∨: :∧:.: : ヽ   |、l/├┬
.        /: : : :.:l   刈: :| * 、_,、_, * /: :イ  ':..: : :. :.  |木丿 .|
       /: : : :.:|    ヽ{ >、r、-イ/     :. : : : :i   ̄
       ,′: : : :.:|     ,.ィ个合1 、′     ! : : : : !       レ  |
.      l:..: : : : :|__,,.x<:≫’ j l V::>x..,,__/ ): : : ::.|       _丿
.       |.:. : : : (ヽ{{:::::::::// | ! ゙、\:::::::::}}つ : : : : |
     |:..: : : : :と 廴/ /  〓} ヽ \〃 j: : : : : :|   |
     | : : : : : : |    入__X_人     ′: : : : |     、_ノ
     | : : : : : : |   ≪∠::Y⌒\::x≫  /: : : : : : !
     |..: : : : : : |       `フ=≧≪ヽ    ' : : : : : : l      ニ|ニ
     |:.: : : : : :..|       /:::::/ /::::/   /.:: : : : : ::.l       (_ナヽ
     |.:: : : : : :..|    /:::::/ /::::/   ′.: : : : :.:ノ
      八.:: : ト、: :|    .:::::/ 「::::::,′  /.: : : : :.:/    ー┼‐
        \N \!   /::::/ {i::::/   //И/       9
              《::::‘、 ヾノ   ′
              廴::::)」
阿良々木 「いやあ、僕も同じ程度なんで初心者仲間ですね>お空」
雷皿♂ 「あ、日曜は夜なら大丈夫か」
蒼星石 「あ、そうなのか……では金曜11時とかでしょうかまたw>雷皿、紬」
ジェイソン 「ボドゲの集まりとはなんと素晴らしい。
俺も久しぶりにボドゲしたい。
>雷皿」
琴吹紬 「いぇーい>ジェイソン」
霊烏路空 「来週の水曜日でいいんじゃないの?
それで大体一週間告知取れるし」
ミクGM 「…もしかしてもしかすると
その素狼3日目には毒噛んでた?>小傘」
琴吹紬 「私はOKです!>蒼星石」
ジェイソン 「いぇーい>ムギちゃん

だが澪派」
雷皿♂ 「平日ならいつでもOKです」
霊烏路空 「久しぶりにTRPGやりたいなぁ……
パラノイアとか」
ミクGM 「夜なら入村競争に参加できるはず…
どんな村にするんですかい?w>紬」
琴吹紬 「日曜はこっちも夜は大丈夫かな」
雷皿♂ 「http://d.hatena.ne.jp/sinden/20120414/1334422429

こっちへ おいでよ・・・>ジェイソン」
小傘 「ちがうわ、餓狼で雛狼を噛んだ村>GMさん」
蒼星石 「では今週金曜日で告知よろしくです!>雷皿

ボドゲいいなー、しばらくやってない」
霊烏路空 「白銀村…>ぼそっ」
小傘 「というよりあまり褒められた村じゃないからあっただけ、という感じね」
デモニカ 「殴り合い 初心者並み  生存 平均以上
グレー視 初心者並み  役職知識 平均
推理 初心者並み >自己分析
・・・生存以外に取り柄がほしいな」
雷皿♂ 「え、告知もボク?
普通にGMだけさらっとやるつもりだったw」
蒼星石 「そっか、何か趣向とか合ったら今のうちに言っとくとカオスにできますよ>紬」
ミクGM 「あぁじゃ違うむらか」
雷皿♂ 「DSさんらしいってイメージはあんまりこうないなー
サム村にするとか?w」
蒼星石 「あれ一応名前出すのが慣例だからお願いしますw>雷皿」
小傘 「デモニカさんには取り柄があるじゃない
ストーカーっていう」
琴吹紬 「趣向か 特にないなぁ
PHPさんに委ねるというのも乙なもの」
ジェイソン 「>雷皿
知ってる人いるかな、と思ったら誰もいなかった。
これは完全に別のグループのようだ・・・

そして土曜日は別の友達と遊ぶ予定があったので、
古井戸の底でホイミンと戯れるか・・・」
ミクGM 「殴り合い ロックオンできるかどうか  生存 平均
グレー視 ゴミ  役職知識 呪系に関してはTOPクラスになれると信じる
推理 波次第 >自己分析」
蒼星石 「OPは前回自重しました、やるとGMやってくれる人が減ると気づいたので(キリッ」
琴吹紬 「久々のサム村・・!」
雷皿♂ 「あれ、と言うか今週の金曜って鍋探偵じゃ?
終わった直後?」
小傘 「正直恋人メタや神話メタで納得できるレベルになってる時点で
相当な事だと思うわよ、これは本気で」
蒼星石 「そうなりますかね>雷皿

ふらいさんの時もそうだったような」
ミクGM 「OPやられるほうはすごい嬉しいけどなw」
雷皿♂ 「了解ー
じゃあ5/18(金)23時、鍋探偵が延長している場合は終了まで延長、で告知するます>蒼星石ちゃん、紬ちゃん」
霊烏路空 「OPかぁ…
そのOPかぁを見るためだけに1000頑張ろうかなって0から頑張っている人もいるんですよ!>蒼星石」
阿良々木 「パワプロ風に
殴り合いG 生存E グレー視G 知識F 推理F 【不幸○】【RP傾向】
こんな感じかなー。自己分析」
蒼星石 「お願いします

よし!入村競争勝つぞ!こんどこそ!」
雷皿♂ 「OPあるならhotmailのアドだすからそこにOP投げてね!
ボクは作れないよ!w」
琴吹紬 「了解でーす」
ジェイソン 「よーつーさんがOP作ってくれるらしいよ(ちらっ」
蒼星石 「飲茶さんの時やんなかった以上それは投げられない……!>雷皿」
ジェイソン 「金曜日は闇鍋並村が多そうだ。」
ミクGM 「AA改変とか難しいからなぁ…w
DSさんならサムとかだろうしw」
阿良々木 「OPネタは見てても面白いし羨ましいねーw
まず1000戦行けるのかよっていうね」
蒼星石 「歴史の積み重ねがなせる技だよねw>小傘」
雷皿♂ 「怪我しやすい 威圧感 ムード× ノビ4 一発病 負け運 速球中心
こんな感じかな
ジェイソン 「500戦超えてる人でもどれぐらいなんだろうね。
20人もいなさそう。10人ぐらい?」
霊烏路空 「パワプロ風にか
指揮× 信頼× グレラン× 噛まれ4 初心者○

これくらいかな?」
ミクGM 「ただ、いまOP作られたらローラー関連が増えるだろうとしか思わないが」
雷皿♂ 「それは確かに>蒼星石ちゃん>飲茶さんのときやらなかった~」
ジェイソン 「なあにリプレイスレで飲茶さんOPを作って投下すればry」
雷皿♂ 「あの時点でローラー関連なかったんだっけ?w
ふらいさんの下ネタと同じであえて外したんだろうか」
ジェイソン 「2月上旬には既にあった気がする>ローラー」
蒼星石 「針鼠さん、IFVさん、げるたんさん、ケインさん、薙さんあたりかな?>500越え」
ミクGM 「ふらい 腰痛 飲茶 DS purannt 薙 げるたん スモチ ケイン IFV 灰人 KRO www
…500以上なら結構いるんじゃないかな」
小傘 「パワプロ風って・・
でもこういうのは他人視点じゃないとわからない事が多そうね」
霊烏路空 「ふらいさんのアレ見返したら
◇キャス狐 [村染] (よーつー◇yDpdO3P/u2) 「『やだ…この3番目の初心者かっこいい…』」
◇グラハム・エーカー [狂] (悶々◇/9CIrjqMy2) 「キャス狐 「『やだ…この3番目の初心者かっこいい…』」

吊りで」
◇ダイゴウジ・ガイ [萌狐] (探偵村の$◇ZZQhvypOfk) 「吊りだな。」
◇赤でっていう [紅天] (みの◇vZqsJ8oIqo) 「吊りだな」
◇中野梓 [星] (鴨かも◇KGfWmA.eH.) 「吊りですね。」
◇GM [迷] (dummy_boy) 「吊りですね」
◇アイギス [忍染] (すみか◇1M7QSUMIKA) 「なるほどなー>吊り」
◇四季映姫 [影鳴染] (翡翠◇cSsNy1w6Kk) 「いえ、死の宣告でなぶり殺しにすべきかと>グラハム」

っていう流れで吹いたw」
デモニカ 「パワプロ風か
殴り合いF 生存B グレー視G 知識D 推理E 
【蒼星会】【疲れやすい】【むらっけ】【寸前×】
こんな感じか?」
琴吹紬 「前の戦績だとすぐにわかった誰が何戦かとか>ジェイソン」
ミクGM 「あぁ針ネズミさんももち入ってるか」
ジェイソン 「そんなのあったんだ??
それはすごいね。
>ムギちゃん」
ミクGM 「完全にネタキャラの位置を欲しいがままにしてるな>お空
だが私は謝らない」
霊烏路空 「500越えは結構いるんじゃないかな?
私ですら100は超えてるし」
阿良々木 「700超えくらいから少なくなってくるんじゃないかな」
武田義信 「 」
ジェイソン 「ジャンキーおそるべし」
蒼星石 「あーそっか、灰人さんは部分検索じゃなきゃダメだった」
小傘 「うん、私も100はなんとか突破してるわね>空さん」
雷皿♂ 「700↑は多分ボクとデモニカかなー、今は」
蒼星石 「うん、KROさんも行ってるね>500」
雷皿♂ 「今のペース見てると割とすぐ増えると思うけど…ミカタさんとか…w」
霊烏路空 「まー、アレだよ。
遊びなんだし適当に遊べばいいのさ。無理が無いペースで」
阿良々木 「ミカタくんは物凄く増えると思うw
大体村見たら入村してるしw」
霊烏路空 「ミカタさんはもう、ね・・・
OP作られたらロリコンネタとうっかりネタで全て閉められる気しかしない…」
蒼星石 「ミカタさんやボコさんは普通も行ってるからねー

あ、僕もね(キラッ」
ミクGM 「ミカタさんはいい子だ。
ケインさんと方向性は違うけど可愛いね。」
阿良々木 「んー、僕は普通も220ちょいか」
霊烏路空 「最近鍋ばかりで普通の動き方忘れてる不具合……

たまに普通に行きたくなるけどでも22人ほぼ確定で埋まるこっちを優先しちゃう……」
雷皿♂ 「あらそう言う趣味?>GM」
雷皿♂ 「シ ョ タ は ゆ る す !! / 
 ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄
          _▲_
  _▲_ _▲_\('A`)∠▲_
 \('A`)×('A`)/ |雷|\('A`)/
   |雷|   |雷| <ω> |雷|
  <ω> /ω>    /ω\

霊烏路空 「普通はバーボンしか基本行ってないから正確には言えないけど
多分250くらいかな?私も」
ミクGM 「あぁいう子を騙しきって勝てたら多分一番楽しい>♂」
デモニカ 「普通は・・・確か400ぐらいだったかな?
最近行ってないしなあ」
ミクGM 「素直だからね!w」
蒼星石 「普通はそろそろ400ぐらいかな」
雷皿♂ 「デモニカとはほぼ同じ道を歩んでるはず……>普通村の回数と鍋の回数」
霊烏路空 「250?違うな。もっと行ってるかな?
でも300くらいか」
蒼星石 「okazakiさんやかなさんに普通抜かれてて驚いた」
ミクGM 「普通村とか怖くていけないわ」
武田義信 「ミカタさんを一度コロッと引っかけて勝ったがあの時は確かに楽しかったな。」
霊烏路空 「あの人達、普通見るといっつもいるもん…>蒼星石
特にかなさんはもう凄いレベルで入り浸ってるしw」
小傘 「なんだかんだで普通村もある程度参加してる人多いわね~」
蒼星石 「ミカタさんはアレだ、ヒロさんのようなエンターティナーの素養があるw」
雷皿♂ 「戻って着ての第一声がそれか…!
って思ったら実はこっそり少し前に空発言してた!>武田」
雷皿♂ 「いやヒゲと一緒にするのはちょっと…w」
ミクGM 「ほんとだw>から発言」
蒼星石 「なにやってても面白い、なんかw>ミカタさん」
霊烏路空 「ミカタさんは毎回私を占うか護衛してくるからなぁwww
真でも騙りでもww」
ミクGM 「ヒロさんはまた・・・別じゃね?w
開き直り具合がw」
琴吹紬 「バランスよくやんないとね ただ鍋より普通のほうが多いのは仕方ない>小傘」
雷皿♂ 「ミカタさん、ケイン君は確かに似てるかもなー
真面目な学生タイプ!」
阿良々木 「なんかエンターテイメントなのがミカタくん
なんか良い人オーラが透けて見えるのがケインさん」
雷皿♂ 「鍋1000行ったら普通にも顔出そうかな……
でもこわい!」
霊烏路空 「ミカタさんと平家さんのうっかり具合が別人とは思えなかった時期がある
というか同じ人物だろって思ってた時があったよ!」
蒼星石 「キミもだよw>阿良々木>良い人オーラ」
雷皿♂ 「ちなみに冷静に分析してるようだけど、その二人の横にいるのが君だからな?w>阿良々木」
ミクGM 「3人1SET」
阿良々木 「なん……だと……?
えっ、なにそれ怖い」
ミクGM 「その横にさりげなくいてもイイ人オーラならばれないはず…(コソコソ」
小傘 「しれっと初心者村に参加しておけば良いんじゃないかしら
HN変えてトリップそのままで、意外とバレないと思うわ>雷皿♂さn」
霊烏路空 「良い人オーラとか凄いわーあこがれるわー」
蒼星石 「いや……こんなぶん殴ってくる初心者いやだ!!!>小傘」
琴吹紬 「普通や鍋でなくて決闘1000の人はいないのかしら?」
武田義信 「やる夫村の毒飯と恐れられていた薙さんともあろうものが…」
デモニカ 「真面目といえばもふもふさんかな、ちょいと潔癖症の気があるが
まあ、いい人だよね、苦労しそうだけど」
阿良々木 「オーラなんてないない。僕はそこら辺の学校に生えてるソテツの木のような人間だし
ミクGM 「やめろ…

    やめろ!!w>しれっと」
デモニカ 「決闘はそもそも数がなあw」
琴吹紬 「夜間結構たっているイメージ」
雷皿♂ 「追い出されそうだよ…w>小傘ちゃん>バレない」
阿良々木 「決闘は数が多いから1000達成の人も多そうだけどねー」
蒼星石 「ぶいさんかグレ苦さんがやってくれそうだねw>決闘1000戦」
ミクGM 「もしも初心者村で解説しに鵺になって入って初心者選んだつもりが相手薙さんだったら多分悶えるわ!w」
蒼星石 「長い人はでも達成してるかな?」
雷皿♂ 「と言うか決闘1000って祝うにしても何するんだろうw」
小傘 「普通村の参戦数が30行ってないなら初心者なのは間違いないでしょ
・・たぶん」
霊烏路空 「霊界行って死にたくなるレベルだよね…>GM」
阿良々木 「多分土下座しながら逆に教えを請うかもしれないな>初心者かと思ったら薙さん」
武田義信 「1000人決闘村か。」
蒼星石 「……確定ぼっち探偵村とか?w>雷皿」
琴吹紬 「・・・特に思いつかなかったwww
他は探偵になれるけどww>雷皿♂」
阿良々木 「C_Tさん鍋もう500近いのに初心者とは一体……w」
霊烏路空 「鉄村だと、鯖管理人の誕生日とかは盛大に祝いの決闘村立てたねー>皿
楽しかったw
最後は暗殺者(アリス)ラストスタンディング」
デモニカ 「決闘探偵村、これは流行る」
雷皿♂ 「それ罰ゲームじゃね?w>蒼星石>確定ぼっち」
ミクGM 「初心者とはいったい…うごご」
霊烏路空 「心はみんな、初心者さ!
そうでしょう?ししょー」
ジェイソン 「ふう、洗濯物を干し終わった。

決闘探偵村・・・クマーでっていう保護が始まるんですかやったー」
武田義信 「下手しなくてもケーキ入刀されるな。」
小傘 「そんなに強くなったと思えないのが一つ
たぶん始めて参加した時と発言強度変わってないと思うわ>阿良々木さん」
蒼星石 「訓練された決闘民は恋人ないと知っていながらクマを吊る!>ジェイソン」
ミクGM 「     /                    |
     i   初心者COはしないと   i
     i   言ったばかりなのに…… /
      i  スマン            /
     ド、 ありゃウソだった    /
 rァノ二`ヽ\           ,.. '"     ,. ────────
{ ` イ-‐- 、巛\___  ,.. -<\_    / でも まあ
` T´r ___ i 弋  ~"ノ //\_><9   /  初心者騙りって
ヾi Vr::::::V   ミミ  ,r''/ ', ヽ、_ {   i   いつの時代もいるもんだしさ…
  ト、‘== ' /  r‐ '"   ヾ、ー-- ニ、 i  
) \==  /    ___ T ー<ミ ) i
 ノ 、、`ー- '"    /    `T  ー- 、ヽ  こらえてくれ
ー゙`   ,,;;;;:   / _,. -、 フ  ヾ、 ー- 、) \_  ______
{     ::::::.   `{  !_ !::::/  i  }= ,. '⌒   //
{ r‐‐ ニ=:::::、      ̄    i  V /ヽ
. V/ ̄ ,..ィ< ;::|  \          ( ))
、 |   / (:::/    ヽ         i ) ::ノ
.ヾ\  ̄    ヾ_ / __        i o /
  ヽ\       , - ' ,r‐ァ-      !ー <
    ヾ\     /::;r= '"  ,     /|   ))
    f⌒ 、    `'"   _,/     / .|   //|
    ', T\     ̄:::::.     /  |  / / i
     \::::::.\    ヾ''゙    /  | / /  !
      ヾ::::::::ヘ:::::...、 ___,....:::::''     | /r-</
            >:::::::::::::::::::::::.....    i i   Y」
蒼星石 「いや僕はそういう見栄はらない方だから……>お空」
雷皿♂ 「ボクは初心者の心を捨てたと言うか
他の人に偉そうなこと言ってる以上は初心者COはしないようにしてるYO!>お空」
ジェイソン 「探偵指示に従うだなんて・・・そんな恋人片っ端から吊っちまいたくなっちゃうよ・・・
>蒼星石」
デモニカ 「初心者騙りを認めたな、吊ろう」
琴吹紬 「初心者騙りだ 吊ろう」
蒼星石 「C_Tさんはどうかなー
忌憚ない意見を言わせてもらうなら最近の方が調子悪そうに思う>小傘
ちょっと前の方が怖かった印象」
雷皿♂ 「って言うか人外は逆らってもいいですルール考えると
探偵の指定全く意味を成さないな決闘w」
霊烏路空 「裏切ったなぁ!私の心を弄んで裏切ったなぁ!>蒼星石」
阿良々木 「結構こっち視点で見るとなにか持ってそう怖いけどなぁ……w>小傘」
琴吹紬 「初心者騙り」
ミクGM 「        |ミ|
   ┌―‐-、|ミ| , -―-ャ
   ヽ: : : : : y': : : : : :/
      ̄{三三}⌒ ´
     /: : :|: : :.\
    /: : : : :.|: : : : : ヽ
   ./: : : : : :.i!: : : : : : ::.
  /: : : : : : 八: : : : : : : :.
  ,: : : : : : :/  '; : : : : : : ::
 i: : :_:_:_:ム―-ゝ: : : : : : i     実際私らが初心者だけはあらへんでしょう>でもにー
 {:.///: : : : : : :.\: : : : :}
  V: : : :.∧: : ト: : : :.ヽ: : :ノ
 /: : : :./‐ヘ: :.!ー\: : : :Y:ハ
 レ1: ;イ━ \!━ ヽ: |: ハ:ノ
  |:.ル'  、_,、_,    Ⅳ:ル'j
  レ个ー- ___  イ:./<
       ,〈ンくハ
   ____ノy只 Vヽ__
  /::::::;一7l:.:.:l ヾー、:::::::::\
  〈ヽ::/ ム|:.:.:.|__」 L::::::ノノ」
雷皿♂ 「あ、うんボクも同意>最近のCTさん
ムーヴを変えようとしてスランプなのかなーって思ってたけど」
琴吹紬 「>初心者だけはあらへん
心が初心者なら問題ない」
蒼星石 「と言うかちょっと前がすごく怖かったよw 村側でも狼側でもw」
雷皿♂ 「心は初心者!体は修羅!
その名は名探偵DS!」
ミクGM 「引き分けとかぱっと思いつくらへんすごい好きなんだけどな>CTさん
やっぱりちょっと諦めが早いかな というのが印象です
敵に回すとデモニーと同じ感じで怖い」
霊烏路空 「っていうか私も多分、ほとんど発言強度とか変わってないから、初心者でいいよね?
ほら、誰かを吊りに行ったりとか私出来ないしさ」
雷皿♂ 「そう言えばDSって何かの略で?
IFVさんみたいな」
小傘 「最近というか今日は確実に心が折れて調子が悪いのは間違いないわね
ん~・・最近、ね」
ジェイソン 「影妖精が一生こない呪いをかければおk」
ジェイソン 「                                              ,,、
               ハ     ト、                    /´: ハ
                i: ゛、  |;;;;\                    /: : : /: :i
                i: : : ヽ ヘ;;;;;;;;;\                   /: : : : : i : :i
           メi゙: : : : ヽ∨;;;;;;;;;;\           /: : : : : : : i: : !
            ゞ|: : : : : :゙:、!;;;;;;;;;;;;,__ヽ__,、__,、_ /: : : : : : : : : :!: :i―――、
           ゙、ィ!: : : : : : :ヽ;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/;;;;/: : : : : : : : : : : :iメ、!;;;;;;;;;;;;;;/
          メ |: : : : : : : ゙メ=―ヽ'´ ̄ ̄´⌒`ヽ: : : : : : : : : : : :丿ハゝ;;;;;;;;/
          ゞ、 |: : :,ゞ―'´                ヽ: : : : : : : : :/ メイ;;;;;;;;;/
      、    廴i:/     .:::::.     .:.       ゙、: : : : : :/ " ノ;;;;;;;/\
     ∧ ゙ー―.ィ/     ....::::::::::::..    ..:::::..      ヾ: : : /   ゝ;;;;/;;;;;;;;;i
  iヽ/  ヽ .:::::/   ...:::::::::::::::::::::::/.::  ...:::::::::::::::..       ヽ/ "'´/;;;;/;;;;;;;;;;;;i
 /      l:/   .:::::::/:::::::::::::/::::::...::::::/::::::l:::::i::...     :::',メ゙ ヾフ;;;;;;;;;;;;;;/
/.  一   \  .:::::/::::::::::;:/::::::::::::::::/::::::/|::::::!',::::...       .:、 ,ゝ;;;;;;;;;;;;;;/
   生     .〉 .::::/:::::::::,<.:::::::::::::::://::::/ !:::,' !::::::...   .::::ハハ;;;;;;;;;;;;/
   呪    / .:::///:/ /><_´  //    !/  !:::i::::..  .::::::::::i\;;;;;;;;;ノ:.
   わ     | .:::::'::::://f===z、      ヾ---――!;イ:::::::::::::::::、 乂___\/、:. ヾ
   れ     | .: :::// .| () !ヾ      ,z===z、 .|::::::::::::::::::!;ヽー'´;;;;\\
   ろ     l:/  ::〃。○ー‐-''        | () j } |:::::::::::::::ノ;;;;∧__ノヽ  ノ
   |    |/  :::/ \\\\\\\\ ゝ―-○。':::::::メ.i::i ̄      `ー'
   |    |  :::∧ \\\\\\\\\\\ /:::::::/.:i;;/  呪 影 
   |    | ::/::ハ    rー――--- 、 \\\_ノ:::: /:./;;ノ   い 妖 G
   |    | ::/'´  \-┴-、       ヽ'ヽ  ー7::: .:ゝ';;;;;>  .を 精 M
   |    ∨    /    |_      }  /::   乂ヽ/7   か を 様
   |   γ ⌒ヽ./  三ノ、 `ー--―'´,. -/  .::人 ヽ./   け 引 に
   !!  _l  / ̄´    ̄}ヽ!`ー--‐,イ,ィ'"´ ...::ノ:::::`ヽノ>  て .け .は
ヽ       / ,r'   ヽー'  \.ヾ◯/.ィ´  .: ::/γ ⌒ヽ<   .や  な .一
゙ ∨i\__/ ./  ヽ   !___,  }ゝー‐‐'ノ_ノ!/      ∨ヽ  る  く   生
゛ ハ|;;;;;ヽ\/ヽ  \ l´     ノ:.  _ ___ゝrー― 、  ∨   ぅ . な
: トー-、;;;;;;`∧、 \____>ー- 、/ у/__`____,ィ‐>‐<´ヽ \ .!)   |  る
: i  ヽ/ヽ ヾー--'´.:.:.:.://i ヾ、,'./ _ ___/.:f´ヽ ヽ ヽ !`ヾ っ
/   ./:.:.:.:.:.\\/.:.:.:.:.//:.|`、/ /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:l  l  l  l  !.:.:.:! !
\  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\.://:.:.:!:./  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:./l       ノ.:.:.:.ヽ」
ミクGM 「おいやめろ」
雷皿♂ 「何故元ネタではなくキャス狐を拾ってくるのか」
蒼星石 「なんか初心者騙りって年齢鯖読むのに必死な人と印象がかぶる(キリッ

って言ったら「そのぐらい好きにさせてあげな」ってエラい人に怒られたw>お空」
ジェイソン 「こっちしか浮かばなかったでござる
>雷皿」
小傘 「引き分けを考えるのは諦めが早過ぎるから想定を即座に考えられるのよね・・
大まかな色と進行が予測できたら負けるかくらいは即わかるし」
霊烏路空 「貴様あああああああああ!!!>蒼星石」
霊烏路空 「まぁ、実際のお話。
私が敵だったら怖いとか思ってる人は真面目にいないかなーって思ってる」
琴吹紬 「いや単純にそのまんまゲーム機DS>雷皿♂」
ミクGM 「       . -‐…‐- .   _
    「iiレ'´: : : : : : : : : : :ヽ//∧
  /^∨ : :, ィ: : : ト、 : : : ://f⌒ヽ
. /: : .′:厶 |i : : 廴、 : i :\j: : : : :.
 ′: :i : / n八: : |n Ⅵ: : : l : : : : :.   初心者COしたら…親しみやすいやん…?
 | : : Иi U  \{U / : /「レフ : : : i
 | : : : 圦   △   .: :汐//i: : : : : |  心象微妙なら控えるようにするがw
 | : : : : :|`≧ァt-ァr厶イ .// .|: : : : :|
 | : : : : :| f⌒iv_∨{^i // |: : : : :|
 | : : : : :| |==|j :}__ }=}//  .|: : : : :|
 | : : : : :| |二|レ^ヾv´う)   |: : : : :|
 | : : : : :| |アニニニ}ノニ´}   !: : : : : |
 | : : : : :| ゝーt: :T `ーく   |: : : : :|」
小傘 「というよりちょっと前が怖かったって
正直脅威に思われた事ってあるのって思ってしまうのが自分視点なのよね」
蒼星石 「え、IFVさんって何かの略なの?」
ジェイソン 「初心者騙りをするからいけないのだよ・・・じーえむぅ・・・」
琴吹紬 「持ってないけどね!」
雷皿♂ 「あらやだ怖い発言>お空ちゃん
「もう何も怖くない」的な?」
蒼星石 「味方だと面白いとは思ってる(キリッ>お空」
琴吹紬 「IFVさんが略だったとは・・・」
阿良々木 「個人的には、何がくるか分からなくて怖いかなw>お空
CO聞くのはビックリ箱開ける気分」
武田義信 「人狼引いて霊界行って下界見渡して翡翠さんが村陣営でいたらこりゃつらいなって
思う程度に怖いと感じてるな。」
ミクGM 「多分意味が違うんだろうがw>♂
でもそう取れるからのっとこう

敵が怖くない弟子パネェwwww」
霊烏路空 「どういう意味なの……>皿、蒼星石」
雷皿♂ 「さっとログ出せないからよく思い出せないけど
なんかの略だったはず>「IFV」」
雷皿♂ 「まんまだったのか…w>ゲーム機DS」
霊烏路空 「逆の意味に決まってるだろwwwwwwwwwww>GM
私が、敵陣営だった時に、私を怖いなぁって思う人がいねぇだろって言ってんだよwwwwww」
蒼星石 「へぇ、今度聞いてみよう>雷皿」
ミクGM 「「私が敵だったら」怖いとか思ってる人は真面目にいないかなーって思ってる

私が「敵だったら怖いとか思ってる人は」真面目にいないかなーって思ってる

>お空
日本語って不思議」
琴吹紬 「わかめてや桃栗でやってた時はゲーム機のHNやCNでやっていたのよね」
阿良々木 「CTさんは怖いプレイヤーだとは思うけど
脅威に思うって意味では本当に」
雷皿♂ 「お空ちゃんの主張
「私が敵だったら怖い」とか思ってる人は真面目にいないかなーって思ってる

ボクの歪みねえ解釈
私が「敵だったら怖いとか思ってる人は真面目にいない」かなーって思ってる」
霊烏路空 「おい、阿良々木
私は何だ?触るな危険か?」
ミクGM 「wwwwwwwww>お空」
蒼星石 「日本語はむつかしいねw」
雷皿♂ 「わかめての名前は何かよく判らない人が多いイメージが…w」
ミクGM 「怖くない人はいないけど結局秀でてるところで戦えるかどうかだと思うの」
阿良々木 「わりかしw>お空
いやでもなんだろう、素直に役職COからが強いと思うな」
ジェイソン 「句読点の打ち方が重要だというのがよくわかるな・・・ごくり」
蒼星石 「ピピンアットマーク……(ゴクリ>紬」
霊烏路空 「怖い人がいないのは本当だけどね。
やりにくい相手(吊りにくい、敵にしたくないって意味で)ならいくらでもいるけど。」
雷皿♂ 「最近の村でIFVさんの正式名称聞いた気がするんだけど
雛苺鯖だからログから見つけるのがちと無理そうだなー」
ミクGM 「Iいつみても
F不思議なくらい毒に
Vぶち当たってる     …失礼かな…」
雷皿♂ 「それ十分凄いと思うよ?w>怖い人いない」
霊烏路空 「ええ人や…>阿良々木

だが、私役職COするのって遺言の方が多い……」
蒼星石 「時報さんの探偵村でも「元ネタが分からないから」という理由で初手指定されてたね……>IFVさん」
雷皿♂ 「できない師父、ふらいさんに代表される盲点をつく騙りをしてくる人ホント怖いもん、ボク。
常識に囚われてるから」
武田義信 「IFVさんをググるとなぜか非常に親近感が持てる。」
霊烏路空 「怖いの使い方が違うだけでしょw>皿」
阿良々木 「いや、純粋に
なんか役職COされて殴り会いで勝てる気しないもんw>お空」
蒼星石 「あー僕もその辺り苦手>雷皿
DSさんも結構」
雷皿♂ 「 ト-         __         ̄フ           , ヽ、
  |   .―――     ヽ ――― ∠--、 ―――   ム--、 ―――
.α^ヽ          _ノ.       ._ノ         _ノ

   m n _∩                   ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)      lヽ、  ノヽ      ( _⌒二⊃
     \::::\       ヽ ‐-‐' ノ,       /::/
       \::::\    ::::○::::::○::::       /::/
        \::::\_ :::::::トェェェェイ:::::: _/::::/
          \::::::::::::::::::`ー‐‐´:::::::::::::::::::/
           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             \::::::::::::::::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::::::::/ 」
デモニカ 「いろんな意味で怖いのはみっこみこさんかな・・・」
小傘 「中身をみたら脅威に思う人は大勢居るけど
村の最中はあくまで動きで判断するから終わってからって感じかしら・・
たまに中身見えるけど」
霊烏路空 「殴り合いとかできんですばい…>阿良々木
大体他人の殴り合いをアイス食べながら観戦してるだけだしw」
蒼星石 「ついにAAが……っ!!>雷皿」
ミクGM 「いきなりなんだw>ローラレボス」
雷皿♂ 「じゃあどう言う意味やねん!>お空
ガチで恐怖の対象って人はいたら困るよゲームの場だしw」
雷皿♂ 「いや、これ1000回鍋でどぜうさんが作ってきた奴だよw>蒼星石」
ミクGM 「      、_    ___ `ヽ、
      ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
    ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、  『まじでー こわーい』
  //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
   〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
  ./ .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
  ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
   〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
      .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ              lヽ、  ノヽ  俺達ローラーされちゃうらしいぜ
      l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_             ヽ ‐-‐' ノ,
           \.__....イ:/  } ' ,}!               ::○::::::○:::::
        lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、           :::::トェェェェイ::::::
        ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、         ::::`ー‐‐´:::::::
        ., イ//ミl.| .,|////////////////i  , --´:::::::::::::::::::::::::::::`ー-、
   , イ'//////,'〉〈!////////////////,|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////⊂)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ::::::::::ヽ_,,,---
    }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::::::::ノ ̄
    |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{::/  l::::::::::::::::::::::::::::::::l  

こっちのほうお気に入り 作ってもらったのだと」
雷皿♂ 「みっこみこさんは敵で味方でも怖いのでとりあえず吊ろう」
琴吹紬 「ある程度固まってきたときに
その前提を崩すのって面白いのよね」
霊烏路空 「だから、やりにくい相手ってことだよw多分皆hが言ってるのはw>皿

まぁ、それも村毎で変わるし、特定のってのはあんまりいないと思う
しいて言うなら……そこのししょーのおかげで私は司祭を信じなくなったって、こと、かな……>皿」
阿良々木 「あの人は本当に何が来るか分かんないなーw>みっこみこさん
見てて面白いんだけどさw」
ミクGM 「         ,.-/77_ ........ _
       /:.//イ: : : : : : : `: : .、rェz__
      / : ://: : : : : : : i: : : : : : :ヾ/}: :ヽ
     /: :/: :{/!: : : /:.:./|: : : :/: : :.:Ⅵ: :.∧
.    /: : : : : {_{: : :/:/`ヽ, : ; '_|: : : : :!{: : : :.
   /: : : : : :.〔[|: :,'  ○ j/´ .|: /: : iノ: : : : :.
.  /: : : :<\. ゞ、ハ       ○ j/.:.:.:/| : :: : : :.    まぁ簡単に死ぬつもりはないけどNA!
  , ': : : : : ::>:\ V ヽ <i    //!/. | : : : : : :.
 ,' : : : : : :ゝ-へ\ r/{≧=‐rr=' ′ '  : : : : : : :i
 !: : : : : : :{   \ノヾ、/i::{:ヾ       }: : : : : :!|
 レ|: : : : : :|    〈ゝ_ノミ,ヘ´::}      ノ: : : : : : l
.  '; : : : : '、   ≪ミ/ニゝ、レ'ヘ.     ′ : : : : :ノ
.   \ : : : ',   ` i77}¨iニ}⌒    /: : : : : /
    `ヽ: : }    |//} |//}    //И/
      ヽ/    戈ソ 戈ソ    ′」
デモニカ 「しかしエレボスのAAはあの人のせいで変なのがものすごく多いよなw」
琴吹紬 「ローラレボス!」
蒼星石 「うんまぁ魔理沙アイコンには補正はいるなぁ確かにw
今日はwebさんだったけど

ただあの前のめりな騙りは割と好き」
ミクGM 「みっこさんはなぁ…たまにデメリットがメリット超えた手段使ってくるから判断に困ることはあるな」
デモニカ 「原初のローラー!」
霊烏路空 「◇武田義信 「人狼引いて霊界行って下界見渡して翡翠さんが村陣営でいたらこりゃつらいなって
思う程度に怖いと感じてるな。」

>なん…だと…」
ミクGM 「ウウオアアー!!」
雷皿♂ 「ボクができない師父やふらいさんを怖がるのと違うのか…?w」
蒼星石 「得意だよねそういうのwww>紬」
阿良々木 「あのおもいっきりの良さはぜひとも真似したい>みこさん」
ミクGM 「         ,.-/77_ ........ _
       /:.//イ: : : : : : : `: : .、rェz__
      / : ://: : : : : : : : : : : : : :.ヾ/}: :ヽ
     /: :/: :{/!: : : /:.:./| : : : /: : :.:Ⅵ: :.∧
.    /: : : : : {_{: : :/:/   : : ; '_|: : : : :!{: : : :.
   /: : : : : :.〔[| ::,'  /   j/  |: / : iノ: : : : :.   ミスターポポウソツカナイ>お空>司祭信用しない
.  /: : : : : : : :ゞ、ハ        / j/:.:.:/| : :: : : :.
  , ' : : : : : /   Vヽ 「 )   //!/. | : : : : : :.
 ,': : : : : : :!     r/{≧=‐rr=' ′ '  : : : : : : :i
 !: : : : : : :{    ノ/:::ハ::::{ヾ、     ノ: : : : : : l
 レ'; : : : : :',  .く /::::ヽ.ノ::::ヽ,ゝ,   ′ : : : : :ノ」
雷皿♂ 「ただまあ出来れば村のためを考えて動いて欲しいなあと強く強く思うわけです>みっこみこさん
あの子他人信じなさ過ぎやねんw」
蒼星石 「騙り……苦手なんだよね僕w
普通ではむしろ好きだし得意なんだけどなんでだろ?」
霊烏路空 「まー、そもそも怖いって言ったら、向こうで慣れたし……
レアケじゃないのがレアケってのは、凄いよね。うん」
霊烏路空 「まぁ、あんまり変わらないw>皿」
ミクGM 「           ___           _
          ∧//ハ ___    ∧/∧
       厂 ̄}///ァ ´: : : : : : : `: .∧////}-ミ
        /: : : : |ア: : : : : : : : : : : : : : :\///: : : ゚。
      ′: : : / : : : : : : |: : : : : l|: : : : : :∨: : : : : .
      . : : : : :′ : : :_,∠{: : : : :八___: : : : : : : : : : i
       |: : : : :|.: : :|:/ 八: : : /   \: : : :|: : : : : :|
.     |: : : : }| : : | 了//「 \{了//「 }: : :|{.: : : : :|   でも怖がられる人って警戒されてるってことだからねぇ。
.      | : : : 八: : | ヒ/ツ    ヒ/ツ }.: .:八: : : : :|  つえーわ
.       |: : : : : : `人⊂⊃ △ ⊂⊃ 人:/ : : : : : : |
     |: : : : : : :|   ≧=‐rvvv-‐=≦ }/|: : : : : : : |
     |: : : : : : :|     /./〈. ゚。     | : : : : : : :|
     |: : : : : : :|    {. {_ }. .゚     |: : : : : : : |」
霊烏路空 「騙りは最近占いと厄神と今回やった閻魔くらいかなー
それに時々精神鑑定が入るッテ感じ

もうちょいレパートリー欲しいね」
蒼星石 「ロラしたいのにロラかわしまくる人が言わないでねw>GM」
阿良々木 「そういう視点で言うなら最高に警戒されてるプレイヤーですよね、貴方w>GM」
霊烏路空 「というかね。そもそも中身が判るのは大抵終わった後やから
怖いとかやりにくいとか一々特定の人がどうのこうのって思う暇ないねん」
デモニカ 「ぶっちゃけ俺なんて●ぶつけられたらそのまま死んでくような存在だしなあ
騙りが強い人はうらやましい」
琴吹紬 「そんな貴方に占星術師をプレゼント>霊烏路空」
ミクGM 「            _
         //⌒ヽ
         {: :/
        V:{    _        ___  ,. ‐ 、
       ,xュ、ヾ:.、 /: : : `: : : ‐. .、  ///イ: : : : :ヽ
.      /:///:,.ィ:´: : : : : : : : : : : : : `///: : : : : : : : :i
     i: :///イ: : : : : : : : : : : : : : : :..:〈〈〈:ヽ: : : : : : :..:|
     |:〈〈/: : : : :i:..: : :..ト、: : : : : : :..、:∨∧:.Y: : : : : :.|
     |: `′: : :./|: :..: :..| ヽ : : : : : :‘,ゞミx!.: : :..: : :|
     |: :i: : : : /、ヽ:..: :.| ,x≦、: : : : :‘,: : :| : : : : : :|   中身が透けてないから問題ねぇ!(ドヤッ
     |: :|: : : /xf≧xヽ:.{´f:::::ハ ㍉: : : :.j} : : |: : : : : : |
     |: :| : :/i{ 弋::リ  ヾ弋:ツ  j}ヽ: :..}ミx.;'|: : : : : : :.
     |: :|: /: l゛ ,,,,       ,,,,,  i:ヽ{三} !.: : : : : : :.
     |: :レ': 八   「 ̄ ̄ ̄|   j/  ̄  |: : : : : : : :
     |: : : : :..:i> └―― '_ イ/      |: : : : : : : i
     |: : :..: : :|       ̄ |  _|へ、     |: : : : : : : |
     : : : : : : |     rク:j/: : xタ`:ーァ、_ !.: : :..: : : :|
.     ′: : : : :|   rf´{{xf、: : 〃: : : :〃  ヽ: : : : : : :..|
   /: : : : : : : |  /j}: :| /ゞ〃: : : :.{{ _   ヽ: :..: : :.:|
   ,: : : : : :..: : :! / /: :/^i: : : r‐ュ : : {{ .:j ヽ  丶:..: :.:|
.   .: : : : : : : : :.| /7{: :/ /: : : : : : : : :ゞy   ヽィ升ヘ: : |
  i: : : : : : : : : /三∨ /: : : : : : : : : : /   |: `寸ミ心、
  |: : : : : : : : /三ミ/ /: : : : : : : : : : :.′  |: : :.`寸三心、」
霊烏路空 「占星術まだ引いたことないから
今度弾いてみたいなー」
阿良々木 「まあ、わりかしそれは思う>お空
この人強いと思った人とかは大体合ってるけどw」
デモニカ 「それは同意、俺に出来るのは霧雨アイコンは信用しないって程度だ>空」
小傘 「そういえば最近は力入れて騙った事あんまりないわね・・」
雷皿♂ 「とは言うけど、鍋は隠す気のない人が多いから
この村でも半数以上は中身割れてたと思うけど…w>お空ちゃん」
ミクGM 「まぁね というかそういうのに振り回されるのが一番ダメってのは。>お空」
武田義信 「闇鍋始めてから魔理沙がいたらとりあえずグレランでそこ吊るとこから始めようってなった。」
霊烏路空 「まぁ、その程度で。
そういう意味で怖い人がいても「この村だとこの人が怖かったなー」って思うのであって
特定の人が云々かんぬんって考える発想が無いってのが正確かな?」
琴吹紬 「この村で中身見えそうなのは・・・・ああ デモニカと士郎だw」
ミクGM 「どうしても噛みの時に希望メタ考えちゃうんですがどうしたらいいですか
本気で。

挙句噛み先は村人とかのニート職が8割です」
小傘 「まあ私は隠す気あんまりないグループの一人ね
どうせ役職ランダムなんだし、基本なんでもありえると思われてると思うし」
雷皿♂ 「メタは使う方も悪いけど、メタられる方もある程度悪いかなーとは思うます
具体的にはもっと色んなRP遊ぼうぜ!」
蒼星石 「阿良々木、まよい、士郎、ハシビロ、デモニカ、小傘、ジョルジュあたりは全く隠してないねw

シン、イリヤも概ね読める」
ミクGM 「阿良々木まよい小傘もアウトかなーw
シンも割合…w>紬」
霊烏路空 「後私?>中身透けるの
それと小傘かなー」
雷皿♂ 「同意だけどメタはアカン!w>武田

って言うかまあみっこみこさん割と怪しいこと言ってんだけど」
琴吹紬 「未使用アイコンいっぱいあるかなー >雷皿♂」
阿良々木 「僕は物凄く遊ぶから多分阿良々木じゃないなら割れないはず」
雷皿♂ 「阿良々木、まよい、士郎、ハシビ、シン、デモニカ、お空、イリヤ、小傘、ジョルジュは中身わかった」
デモニカ 「だってあれだ
デモニカアイコンじゃないと声高に蒼星石に対して叫べないじゃないか」
ミクGM 「GMはバレていないな…」
霊烏路空 「このアイコン私以外が使ってるの見たことないぞ……」
雷皿♂ 「貴方は多分一番多くのアイコン使ってる人ですw>紬ちゃん
まあ増えるペースの方が当然速いけど」
蒼星石 「まぁ正直に言うと僕はよーつーさんロラロラ言ってても発言見ながら結局吊らないほうなんだよね
たとえエレボスとかで入ってても

でっていう吊りとかクマー吊りとかも結構自重する方」
小傘 「甘いわね、メタを使われるならそのメタ利用しようというのをさらに利用すれば良いのよ
そうやって私は100村近くくらい同じRPで普通村し続けたし>雷皿♂さん」
デモニカ 「ウッディアイコン使おうとした時点で>GM」
霊烏路空 「この時間のGMって今大体薙さんかGMかあってへのへのさん辺りだからその時点ですでに3択>GM」
ミクGM 「そういえば>ウッディ」
ミクGM 「まぁそれなりには発言してるつもりだしね>蒼星石
だがHN=CN村は絶許」
雷皿♂ 「いや、相手のメタがふっと頭に浮かんじゃう時点で割とダメだと思うんだよね>小傘ちゃん
と言うかメタの利用は有効性とかじゃなくてゲーム性の問題でNGだからメタの逆利用とかも考えないでw」
阿良々木 「僕のRPはミカタさんとかがたまに使うからなー
ただまあ、見覚えのないアイコンとRPの場合4割は僕」
霊烏路空 「GMも言ってたけど…噛み先とか割りとこう……
「ガイアが囁いた」で全部済ましてる」
蒼星石 「僕はもう透けない方向で色々やる方に進化しちゃったからなぁ
一時代名詞アイコンがあることに憧れたりもしたけど……うん、ぶっちゃけ飽きちゃうんだよねw」
武田義信 「俺は定期的にアイコン勝手に追加して使い倒すの繰り返しだしな…」
蒼星石 「いや、喋ると分かる、超分かる>阿良々木
阿良々木以外だと分かんないけどね」
ミクGM 「しかし…どうしても思考してしまうんだがなぁw>♂
マイナーさんとライダー狩人多めとかケインさんマニア多めとかそういうレベルなのはw」
霊烏路空 「逆に色々RPとか出来ないし、そもそも興が乗らないから
そんなに色々RP出来ないんだよねー」
小傘 「でも結局役職ランダムっていうのは変わらない事実だろうし
村の中でメタ使用して吊り先決めるって言うのは・・まああんまりないだろうし」
デモニカ 「ケインさんがマニアCOしてない人外コピーだ吊ろう」
霊烏路空 「ただ、初見のだと割りと透けてない方だと信じてる>RP」
雷皿♂ 「しちゃうけどさあw
だから、させちゃう時点でアウトだなって。>GM
アイコン固定も、○○希望が大目も別にいいんだけど両方はアカン…
とりあえずgifっていう吊ろうぜ的な…」
琴吹紬 「新しいアイコン見たら使いたくなるじゃないか>雷皿♂」
ミクGM 「そういうもんでいいさ…w>武田
ただなんだ…マニアックだよな…wアイコン」
阿良々木 「そんなにわかるんだ……w>蒼星石
自分してんだとまず自分以外って分け方だから参考にならないしw」
雷皿♂ 「ガミジンさんアイコン登録して入村したらアイコン被ったのは未だに印象強いよw>紬ちゃん>新しいアイコン」
霊烏路空 「あー、阿良々木君は割りと判るかなー、確かに」
小傘 「それで元神話、そこ元マニア特攻が通ってしまったのよね・・
メタで考えすぎるのはやめておこうという教訓>デモニカさん」
阿良々木 「そういえば、この阿良々木も僕が色々探して色々試して魂恋人あたりで定着したなぁ……w」
蒼星石 「ウッディ使った人が言うセリフじゃないよw>GM」
ミクGM 「大体3日目には漏れだすかなぁ…w」
平沢唯 「新しいアイコンあったら使いたくなるよねー
できるかどうかは別として
たいてい上手く喋れなくて吊られる」
ミクGM 「私はRP幅結構広いとは思ってるけどなぁw>蒼星石
テンション高いほうで統一だけど大体一発ネタとかどんとこいよw」
デモニカ 「エレボスとか完全にネタだしなあw」
ミクGM 「あ、いやRP幅ひろくないか
今考えなおしたら8割テンション高い上に終盤ほぼ漏れるわ」
武田義信 「役職メタはしないっていうか傾向とか別に分析してないしな。
単純にまたあやしいこと言ってるか。吊ろうとか。
なんか妙にまともなこと言ってるな?でも○○だし…って考えちまうのは
確かにいかんよな。」
蒼星石 「ベンさんも透けにくいよね、うん同盟組もう、色々アイコン同盟>唯」
霊烏路空 「私が蒼星石RPしたりする時は何か妙なRPになるww

蒼水銀って感じになっちゃうw」
琴吹紬 「あれはねぇww>雷皿♂」
雷皿♂ 「ボクも色々やってるけど、
ナズーやらない夫アリスみたいなお約束アイコンもあるから隠す気はあんまりない」
阿良々木 「アッパー系も低発言系でもとにかく面白そうならRPチャレンジだなー
自分で追加とかも凄くやるし」
ミクGM 「あれ?唯いつのまにw」
霊烏路空 「シャッフルRP闇鍋(チラッ」
武田義信 「最近戦国大戦がマイブームだから登録したけどEIGHTさんとか別の人も追加したりしてくれたりと結構うれしい。」
雷皿♂ 「…ハッ!?お帰り!w>唯ちゃん」
デモニカ 「とりあえず原作が手元にないとRPする気が起きない」
ミクGM 「っていうか…ウッディってウッヒョとかイイませんよね」
蒼星石 「>でも○○だし…
うん、みっこみこさんだけはこれやっちゃってるなぁ……
他は割と公平に見てるつもりだけど」
雷皿♂ 「あの顔のウッディは何言ってもおかしくない」
小傘 「新しいRPを考えるのは良いけど
1回やったらもうバレるからまた次のを、って考えると結構面倒になってしまうのよね
あまり選ばれないキャラだと特に」
平沢唯 「まぁ、なるべく色々やろうとしてるんだけど、あんまり上手くいかないやぁw
そちらはすごく上手くてうらやましいよぉ>むぎちゃん」
阿良々木 「ドクオ、田村福太郎、Dr.ウェスト……色々やったなぁw」
平沢唯 「いや、お風呂入ってたらまだやってたからw」
雷皿♂ 「他の人が選びたくなるような魅力的なRPをすればいいのではないか(キリッ>小傘ちゃん」
霊烏路空 「なんか色々新しいのをやろうと思うけど
影が薄いタイプだからまず名前を覚えてもらう事が先決かなーとか思うと
やっぱり慣れ親しんだやつをやっちゃうんDA!」
蒼星石 「一時バロネスオルツィ固定で使ってたよ、僕w>阿良々木」
小傘 「そして新しいキャラはしっかり練りきれないと唯でさえ低い発言強度がさらに低く
初日に吊られるからRP変えない方がって思いがち」
デモニカ 「みっこみこさんだからそういう騙りをするかもしれない、でも吊る」
阿良々木 「いいなぁw というか足洗邸系はアクが強いからRPが……w>蒼星石
地味にDr.ウェストが長かった」
平沢唯 「呼びかたとか、原作ないと厳しいよねぇ
関連したキャラで入ろうと思っても、うまく出来るかわかんなくて躊躇することは多いねぇ>デモニカ」
雷皿♂ 「唯ちゃんはアニメゲーム動物無機物なんでもござれなイメージ>RP
あと、鍋民では一番人を疑わない人だなあと思ってる」
ミクGM 「ひよこ騙り占い師をアリかなしかで言えるとかそういうのが
奇策脳に侵されてるかどうかの分かれ目とかそういうのだとこの前の鍋で感じた」
蒼星石 「Tick Tack……Tick Tack……Tick Tack……Tick TAck ………
ちいちゃなちいちゃなメカマンさん、うらさびしい鉄の中で何が聞こえたの?
荒れた野原を飛びまわる、悲しくあわれな黄鳥の声?
きりぎりすとみつばちの楽しい囁き声?
ティプ・タップ・リップ・ラップ・ティック・ア・タック・トゥー
銀色の鉄を組み合わせれば、素敵な時計ができるんだ!」
阿良々木 「アリかなー、占い引いたらやってみたい騙りの一つだし>ミク」
蒼星石 「うん、オルツィセット残ってたw」
小傘 「AA使わない派の時点であんまり魅力的なRPはできないのよね・・」
霊烏路空 「私は他人を信じないからな!>皿」
ミクGM 「まぁ私は3度か4度やった側なんでアリ派に回らざるをえないがw>阿良々木」
雷皿♂ 「初手鬼とか引いたらありだけどなしかなーw>ひよこ騙り占い師
ともかくデメリットを極力抑えるのが村騙りの鉄則だと思ってる」
小傘 「AAが必須じゃないっていうのはわかってはいるけど
やっぱりAA使ったら物凄くRP的にわかりやすくなるのよね~」
平沢唯 「昨日も実は最後まで銀河美少年信じてたりするんだよねぇ・・・w
ダメなクセだとは思ってる>雷皿」
阿良々木 「おお……w>蒼星石
こういう世間的にマイナー所のアイコンがあると物凄くおっ! ってなるw」
蒼星石 「僕は割と信じやすい方かな
ギリギリまで真見て考える

ただし切ったらもう二度と振り返らないw」
ミクGM 「わかるなー>信用する
私の場合は占いだが。きれん。」
雷皿♂ 「世間様的には何一つ悪いことじゃあないんだけど
人狼ゲーム的には不利なことかなーとはw>唯ちゃん>信じる」
小傘 「初手死体を陰陽師が払った主張を占いの銃殺と想定することがあるレベルだから
アリではあるけど噛まれないならやっぱり吊るわ>GMさん」
琴吹紬 「モッコスRPしたときにしったAAの豊富さ
何度もやる原動力になる>AA」
蒼星石 「オルツィの呪文は全部写し取ってあるよw>阿良々木
かっこいいよねータイムショッカー
最近の街灯砲のヤツもいいけど」
阿良々木 「切る時は情報的に確定していないと胃が爆発しそうになるなぁ
もう発言とかCOで切れないw やだやだあの人完全に真切れてないよw

CO済みの処遇はほんとうに困るw」
ミクGM 「サムの系譜はひよこ騙り(キリ>♂・阿良々木
まぁ生存って意味ではいいと思うんだよ。
ほら…昔あった祟り神で宣告直撃したのと対して変わらん気がw」
平沢唯 「占い師が鬼占ってひよこ騙りとか、初めて見たときは上手いなぁってすごく思った
自分なら、前に出るの怖いしそのまま出れないや」
デモニカ 「どこも切らないし証明しない限り真認定もしない、が基本スタンスだな
よっぽど信用高い結果持ってこりゃ別だが動き方ぐらいじゃ信用しないよ」
霊烏路空 「占いは切れるけど…
村人表記が切れない……」
小傘 「基本闇鍋で銃殺期待で占い残しって子狐居る時点でバカらしいと思ってしまうから
占いが噛まれないってやっぱり相当なほかの要因がないと占いを疑うわ」
雷皿♂ 「サム隊長のひよこ騙りって仲間に破綻させられた記憶しかないよ!?w>GM

あと祟神はいーんだよ
最速で3つ結果出せるんだから長生きだ(キリッ」
ミクGM 「まぁ信用取れるかが勝負なんだけど
大体に限って完全残しって難しくねぇかねぇ?と
狐1とかでひよこ騙りせんでいいじゃないか って話ですよ」
蒼星石 「村人表記は簡単だよ、気に入らないところから吊れば人外だから(キリッ>お空」
雷皿♂ 「ばっさばっさ切りなさい>村人表記」
阿良々木 「あー、呪文は正直ぐっときたw
若くなってキャラもいい感じになったよねw>蒼星石
福ちゃんの新しい力が! ヨシタカとお仙とタマとかはいつかRPしてみたいんだよなぁ……w」
ミクGM 「一回完璧に騙ってPPしてますよw>♂」
琴吹紬 「うまいなと思ったことは残してどこかで使うね>平沢唯」
平沢唯 「しかも、信じたらもう一直線なんだよねぇ・・・
村はとっくに切ってるのに、一人真きれなかったりするし>雷皿」
ミクGM 「だからこそ人外で鬼結果ぶっぱをだな…」
蒼星石 「FrendさんのエロRPだって……!?>お仙」
雷皿♂ 「まあお仲間の情報があるから、割と狼でも騙れるけど…
隊長現役時代って性別騙りもそんなに多くなかった気もする」
武田義信 「占いは信じないけど無職は大抵信じてしまう。」
阿良々木 「自分が人外で崩せなかったラインを人外で作ってみたいんだよなぁw
大体断念するけど……w」
雷皿♂ 「1回やった騙りを他の人にやってもらうのって奇策冥利に尽きるよね
有用性を感じて貰えたってことだし」
ミクGM 「まぁ今はかなり厳しいな>ひよこだけで全部いく」
阿良々木 「福ちゃん絡まないとそんなにエロくないよw>蒼星石
キャラが魅力的な作品は本当に色々やりたい」
雷皿♂ 「天邪鬼かい!w>武田」
デモニカ 「奇手奇策はある種の才能が居るからなあ・・・」
小傘 「その断念する大きな要因はどこかを噛まないとor噛まれないとだから、よね>阿良々木さん」
ミクGM 「焦らない霊能だけは信じない」
平沢唯 「やってみたいなぁとは思うけど、実際その場面にいたらすっとはできないかなぁ?>むぎちゃん」
蒼星石 「おっけー福ちゃん練習しとくよ(キリッ>阿良々木」
霊烏路空 「奇策とか出来ないなー。
精々5w中4wを占い騙りに出して、自分は恋人でのうのうと飽和を待つってくらいかなー」
ミクGM 「すっと出るのはひらめきみたいなもんだからなぁ実際
一瞬でメリットデメリット考えるのは中々。失敗もあるしね」
雷皿♂ 「もうちょっと広く冷静に物事見れると多分いいんじゃないかなーって思うけど
こう言うのってコツで説明出来るモノなのかなあ…w>唯ちゃん
人にモノ教えるの苦手やねん」
阿良々木 「そうそう。結局ラインが出来てそれを崩されない説得力が必要だから>小傘
多分一人に占い騙ってもらって身内●かなんか必要だけど真が死ぬとどうしてもなーってのが」
琴吹紬 「情報の多さは騙りを手広くできるので
女神とかになると色々試せる 恋人狼ならなおさら」
阿良々木 「やだ……w エロくなる特訓とかどうすればいいんだw」
武田義信 「占いだったら結果とか数とか理由とかでこいつ騙りっぽいってのは見えるが
無職です!って言われたらああそうか、としか思えないんだよな…ホンモノも混じってるし
だからここに来た当初は早いうちに無職っぽいなら初日に表明してたし>雷皿。」
ミクGM 「終盤でやったらいいんじゃね?>阿良々木
できるかは別にして
団体Vs団体にしたら噛まれないってのはなくなるよ」
雷皿♂ 「前に狩人で凍傷貰った時に、
「倫敦人形CO、今日喪失した。封印師COの人、投票ちょうだい」って言えたのは
我ながら凄い機転だったと自賛しております>ひらめき

結果はひどいことになったけどw」
デモニカ 「俺みたいなのは根が臆病なんでね・・・村や狼みたいな仲間が多い陣営だとまず無理」
ミクGM 「唯は…陣営推理できるようになったら強いんじゃないでしょうか
信じることはできるってことは後は取捨選択かと

私?できねぇ。」
琴吹紬 「全員占いCOとか 全員霊能COはやった気がする>霊烏路空」
阿良々木 「司祭とか霊能系とかを使うとなると4~5日目にはなーっていうのが>GM
その段階までに残ってる狼と灰で出来なかったりもあるからなぁ」
ミクGM 「狂信者でマニア乗っ取って霊能CO狼コピーとからへんくらいかねぇ まともに動けたの」
小傘 「恋人の時は凶悪というか露骨でも凄いラインが出来るから面白いわよね
占いー霊能 冥狐宣告ー仙人治療 不審者ー精神とか
当然真はいなかったり片方だけだったり」
霊烏路空 「結局、情報飽和させた方が強いんだよね。ある意味狼は。
そういう意味では、この前の村でできない夫さんとか飲茶さんとかと組んでやった狼は楽しかったw
奇策では無い正攻法だけどね」
雷皿♂ 「でもそれって信用がプラスに傾く要素がゼロってことじゃないか>武田>無職です!
無職っぽいなら初日表明は物凄い吊りにかかってた気がするw」
ミクGM 「まぁ基本やろう と狙うもんじゃなくて状況にあわせるもんではあるからねぇ>阿良々木」
雷皿♂ 「うわらば>情報飽和」
琴吹紬 「占い師が多すぎるとよくなる>情報飽和」
平沢唯 「広くみるのは苦手だよ、コツってあるのかなぁ?>雷皿
詰める段階まできたら頭がはっきりすることはあるかも?
間違ったほう信じちゃったらおわりだけどw>GM」
霊烏路空 「真占いを吊るす事が狼の矜持です(にこっ>皿」
ミクGM 「森ん人とひかりんとで私陰陽師で
私「薙さんのナズ払い殺したわwww」
森「おk ひかりんコピーの侍で初日から露出してるがGJ出したぜ」
ひかりん「問題ない」

のラインが一番印象に残ってんなぁ ライン戦だと 狐に負けたが」
阿良々木 「やってみたい騙りだと形は決まっちゃってるからなぁ
状況に合わせてーって考えるとどうにもこうにも」
蒼星石 「あーそうそう、僕はどんな感じのプレイヤーかな?」
蒼星石 「自分ではよく分かんないよね」
ミクGM 「うん。 AとBが相反してる っていうのをひとつひとつ言葉としてとっておくのさ>唯
結構面白いものでたまに陣営飽和とかで偽が露出する時もあるよ」
琴吹紬 「状況に合わせるのできない夫がうまいのよね」
デモニカ 「情報飽和戦の場合は指定役潰しは必須
狼同士の明確な情報の利はランでこそ生きる」
雷皿♂ 「思い込みを頭から外すことじゃないかなー、何よりも>唯ちゃん>広く見る
セオリーに囚われてるボクが言ってもあれなんだけどw

あとあれは信じる村がどうかと思う!w>GM」
ミクGM 「結構COタイミングうまいかなぁと>蒼星石
あんまり抱え落ちしてる印象ないなぁ」
霊烏路空 「えーと…役職推理系?>蒼星石
人外だとあんまり自分から能動的な騙りはしないで、情報発信源を潰しての狼票ブッコミでの半PPを狙う正攻法系」
平沢唯 「敵対陣営数が少なければ、嘘つける人は限られてくるもんね
相反する人たちを覚えておくかぁ、注意してみるよ!>GM」
ミクGM 「勝てば正義(ドヤヤヤァ>♂
まぁここは結構言われるところだけどな。
指示役潰してわりかし白い狼仲間に指定させたり誘導したりしねぇと勝てねぇからなぁ」
雷皿♂ 「割とオールラウンダー?
どの役職もそつなくこなす感じだけど…
因果さんにこの役職を持たせるなァー!とかそう言うのはあんまりないかも>蒼星石ちゃん」
阿良々木 「個人的にはしっかりしたイメージ>蒼星石
なんというか、どのCOをしてもカッキリと仕事をする正統派的な」
ミクGM 「ただ司祭とかでわかると思うけど
できるときとできないときはあるから注意ねw>唯」
蒼星石 「ふーむ、大体予想通りだったw」
霊烏路空 「前も聞いた記憶があるけど…そういう意味じゃ
私も人狼プレイヤーとしてはどんなプレイヤーなのかはちょっと教えて欲しいかな」
ミクGM 「ローラー以外のイメージは(チラ」
デモニカ 「内役推理は司祭、司教、密偵、死化粧師あたりと組み合わせるとかなり効果的よねえ」
蒼星石 「付け加えるなら時々スコーンと大ポカするところぐらいかなw」
霊烏路空 「自分だと割りとまともに可能性潰して行くタイプだと思ってるかな」
阿良々木 「ニートCOよりも露骨に噛まれないCOの嘘臭さに吊りたくなる」
ミクGM 「ハマったらとんでもないのがそこらへんだわなぁ>デモニカ
終盤の司祭結果1ほど強いのはねぇ」
平沢唯 「うん、思い込みはかなり激しいほうだから、肝に命じておくよ>雷皿」
武田義信 「遠くから意見言ってそうなイメージ。
あんま状況変えたりするよりは流れに任せつつ発言してる感じ>蒼」
デモニカ 「ほかの人の動きを評価できるほどよく見る余裕なんてないなあ・・・w」
蒼星石 「前衛系、結構前のめりな印象が強いね、そういう意味ではみこみこさん属性ある

あといつも楽しそうw>お空」
ミクGM 「パズルみたいにしてる感じ>お空
なんで理路整然 すすめていく。
ただそのピースが規格外とかでズレるとちょっとテンパってそうw
阿良々木 「楽しそうってのは思うなーw
あと、わりかしパワーあるからCOされてからが勝てる気がしないなってのは」
小傘 「うん、私も他の人の動き評価できる余裕ないわね」
平沢唯 「普通に強い人ってイメージかなぁ?
あんまり奇策とかしないイメージだし>蒼星石」
ミクGM 「まぁイメージはあくまでイメージだしな」
雷皿♂ 「性格的な部分は前に言ったけど動き的には前衛だよね。
前衛って鍋に凄い少ないから目立つ>お空ちゃん」
平沢唯 「司祭は面白いけど恋だと死にたくなる」
霊烏路空 「理路整然としているように見えるかもしれない

でもいつもダーツで決めてるんだ。ダーツで。たまにサイコロ」
雷皿♂ 「嬉しそうに噛まれない系のCOする人はもう絶滅させたいねホントにw>阿良々木」
ミクGM 「鈴蘭人形CO(ドヤァ」
蒼星石 「奇策はしないんじゃなくてできないんだw>唯
狼時も基本目指すのは噛み切りよりPPだし」
霊烏路空 「自分では超後衛だと思っているんだ!>皿」
琴吹紬 「やる夫村には「宝具えんぴつ」というものもありまして>空」
蒼星石 「いや……それはないわー流石に>お空」
ミクGM 「指定されたら仕方ないわー
ッツァー!噛まれたかったんだけどなー ッツァー!!
蛇神だってさー ちっくしょー噛まれたら蘇生だったんだけどなー 噛まれたら蘇生だったんだけどなー!!

ここまで言ったら残してくれるだろうか」
武田義信 「はっきり言えば霊界から眺めるとき同陣営でも他陣営でも
まぁどうだろうかねと思う感じ。」
阿良々木 「もう正直真でも偽でも即吊りでいいんじゃないかと自分を見て思ったw>雷皿」
阿良々木 「鍋は ○○○○○○<後は任せろ! 後衛
     ○○<これだけ?    前衛

こんなイメージ」
雷皿♂ 「自分より前衛で戦っている人がいるかどうかを考えるんだ>お空ちゃん>後衛だと思ってる」
蒼星石 「後衛というのは僕みたいなのを言うんだよ!」
琴吹紬 「共有CO 相方GMね 夢共有者だよ(キリッ>雷皿♂」
ミクGM 「◇ミクGM 「ローラー以外のイメージは(チラ」
反応:0   =ローラー100%  やだこわい」
平沢唯 「うんうん、わかるよぉ>蒼星石
狼だととりあえず生き残るくらいしかできなんだよねぇ」
阿良々木 「中衛を混ぜるともう少し分類は変わるけど」
霊烏路空 「それかガイアがささやくんだ>蒼星石

「あそこ暗殺臭いから色々いちゃもん付けて吊ってやろうぜ」って……
だから私が妙に暗殺に誘導するんはガイアが悪い(ドヤァァアアア」
ミクGM 「ちょっと吹いた>阿良々木>前衛イメージ
でもあってるな」
デモニカ 「他人を殴り殺さなくても、生き残れば勝ちだろう?が基本スタンスの俺は間違いなく後衛特化
占われると死ぬ」
蒼星石 「大丈夫、厄神があるよ>GM」
雷皿♂ 「蛇神COとか残すわー ぜんっぜん残すわー>GM

でもやっぱちょっと吊るわー」
雷皿♂ 「それならまだいいんだけど
後衛ですらない人がいるからなー、それも大抵人外w>阿良々木」
霊烏路空 「君とか、ミカタ君とか、ふらいさんとか…>前衛

私殴りなんて出来ません!」
ミクGM 「○○○○○○<後は任せろ! 後衛
○○<これだけ?    前衛


○<オラッシャー!!     ふらいさん

でもごめん こんな光景が浮かんだ」
阿良々木 「僕も後衛だなー
LW弱いからPPもしくは飽和を狙うし。さらっとCOして安全圏に逃げるし」
平沢唯 「私は後衛だねぇ
後ろで適当に喋っておいて、後からCO
終始グレーに居続ける感じで」
蒼星石 「むしろニートの時の方が前に出るなぁ
ふむ、ここは上手く区別つけてみよう今度
人外でニート騙る場合」
武田義信 「俺は多分死ぬのでみなさん頑張ってくださいの俺は一応前衛になるのか。」
雷皿♂ 「ふらいさんは間違いなく敵陣にいるな
味方かどうかすら怪しいレベルで敵陣にいるw」
デモニカ 「飽和狙ってぼけーっと生き残ってると仲間全滅して右往左往すること多々あるけど」
琴吹紬 「○<隅っこは任せろー


○○○○○○<後は任せろ! 後衛
○○<これだけ?    前衛


○<オラッシャー!!     ふらいさん」
阿良々木 「○○○○○○<後は任せろ! 後衛
○○<これだけ?    前衛

                             ミ○<ドラドラー みっこみこさん
○<オラッシャー!!     ふらいさん 」
雷皿♂ 「殴りの有無かなー、死に易さと言うよりは>武田>前衛後衛」
ミクGM 「どこいってんだよwwwwwwwwww>みっこさん」
平沢唯 「みっこみこさんの位置がなんかすごくツボwwwwww>阿良々木」
琴吹紬 「みっこみこさんの位置ww」
阿良々木 「もう、ふらいさんがそれならこうなるしか無いと」
小傘 「私は・・後衛?
余りにも抽象的すぎたら正確な位置わからないわ」
蒼星石 「○○○○○○<ク、クロコダイーン 後衛
○○<ク、クロコダイーン    前衛

                             ミ○<ク、クロコダイーン みっこみこさん
○<ク、クロコダイーン!!     ふらいさん

●   アークダインさん」
雷皿♂ 「鍋は役職が重要だから後衛が多いのも当たり前と言えば当たり前かもねー」
雷皿♂ 「敵じゃんかw>●」
阿良々木 「アークさんが持って行ってるw>蒼星石」
蒼星石 「いや死んでるのを表現>●」
ミクGM
 デ 
○蒼○○○○○○<ク、クロコダイーン 後衛
○○<ク、クロコダイーン    前衛

                             ミ○<ク、クロコダイーン みっこみこさん
○<ク、クロコダイーン!!     ふらいさん

●   アークダインさん」
霊烏路空 「全部クロコダインがもって入ってるじゃないかwwwwww」
平沢唯 「アークさん討ち死にしてるのwwww」
雷皿♂ 「前衛が殴り合って発言を引き出して、後衛に指定役
指定役以外の後衛は役職で援護
これが理想系だとは思うんだけど」
ミクGM 「前に出すぎたんや…>アークさん」
武田義信 「村ならそれなりに殴れるけど人狼妖狐だとマジで動けないからな…」
雷皿♂ 「普通村の頃に覚えたけど
もう仲間の名前忘れて殴りあいやっていいんじゃないかな>武田>人外だと殴れない」
阿良々木 「哀しいかな前衛全員人外とかありそう>雷皿」
霊烏路空 「っていうか私前衛は無いでしょ。
後衛でも無いから。どっちかって言うと、後衛よりの中衛かなー

いっつもぼんやり眺めて投票してたら噛まれてるから吊られるからw」
ミクGM 「一人…いやできれば2人ロックオンしたらいいんじゃないかなぁ」
琴吹紬 「そして吊った後 夜にあ、仲間だったと知ってうわああああとなる>雷皿♂」
ミクGM 「もうそこだけ殴っとく。
そいつが占いの白とか占星術師とかもらったら別の人 みたいな」
武田義信 「確定情報ってのは持てば持つほど動きにくくなるからな…」
雷皿♂ 「それはもう村負けだよ
ペースを人外が握ってるって事だから>阿良々木>前衛全員人外

前衛なら村、ってわけじゃなくて殴り方がおかしいと感じたら前衛も殴り殺されるからね
それが出来ないってことは村が弱いってことになっちゃう」
霊烏路空 「とにかく共有だと周り誰も信用できません
相方すら憑依を常に疑います(キリッ」
雷皿♂ 「稀によくある、そう言うときはうわあああじゃなくて
お前の犠牲は無駄にはしないぜ…(キリッで>紬ちゃん」
ジェイソン 「まだ喋ってるだと・・・これがジャンキーの恐ろしさか・・・」
阿良々木 「常に疑わないでw
それで失敗する例もあるんだからw>お空」
琴吹紬 「狂信者とかはど動くか悩む>武田義信」
雷皿♂ 「今回は割と真面目な話題だ(キリッ>ジェイソン」
ミクGM 「基本的に憑依で共有疑うのは本当にやめとけw」
小傘 「というより相方が居るのに憑狼使うなんて
憑狼が複数居て両方のっとれるとかじゃないとまずないわよ」
デモニカ 「ああ、ほんとに止めろ、共有を吊ったことも吊られたこともある俺が言うんだから間違いない>共有疑い
疑う場合は指定させない程度でいい」
ジェイソン 「確かにまじめだ・・・明日は雨ry

憑依で相方疑うのダメ、ゼッタイ!」
蒼星石 「うん、疑り深いのは前衛の証な気がする>お空
疑いまくからこそ殴りになるんだし」
阿良々木 「憑狼を使ったこと無いんだよなぁ
なったことはあるのにグレランで落ちたり恋人で即死したり」
ミクGM 「メリットをデメリットが超えすぎてパネェことにしかならんw>共有釣り」
武田義信 「囁きに比べれば狂信は幾分楽だな。
雷皿♂ 「肉体言語を交わすと信じられるんや…」
琴吹紬 「でも実際あったしね 共有乗っ取りで共有吊られが」
平沢唯 「常時憑依とかうたがってたら頭がおかしくなっちゃうよぉw」
ジェイソン 「沙都子とエリカでバトルしてた村なら見たことがある」
デモニカ 「極論LWにすりゃいいんだよ、憑狼なんて」
ミクGM 「看破して吊ったことはあるけど
理由がない状態で吊るのは本当にどうかと思うんだ…w>紬
話し方が変わった っていうのもテンションそんな持ちませんよ!w」
阿良々木 「見てて思うのは合言葉決めても面倒くさかったり忘れたりうっかりで変に疑惑だけ
大きくなることもあるから違和感感じるなら気にする程度でいいんじゃないかなっていうのはw」
デモニカ 「だからやめてください憑き狼だからって使いたくないんですお仲間頑張ってくださいって」
雷皿♂ 「白と憑はLWにしろ、がお約束だね」
霊烏路空 「ああ、ちなみに恋人疑いで共有吊った事もある(キリッ
恋人?もう片方の共有と私だったよ?


誰も信じれない鍋って素晴らしいですよね?」
阿良々木 「相方が憑依だとしても逃げられるんなら結局吊りは歪むしねー」
琴吹紬 「白狼は占われないとただの狼ですので・・・」
小傘 「とりあえず、相方憑依を疑うならそもそも初日にしっかり合言葉決めましょうという事になるのよね
私とか結構決めずに進行してしまうし」
平沢唯 「RPは途中ではげるものだよねぇw
後半はみんな素だったりとかよくあるし」
蒼星石 「イイハナシダナー>お空」
阿良々木 「むしろRP乗っ取ってみたい
物凄い面倒くさいRPを完全にコピーしてみたいくらい」
小傘 「交換の恋人疑いは恋人、かなり基本
だって村ならある程度諦めないとどうしようもないから」
ミクGM 「憑依はしんどいヨ…w」
平沢唯 「憑狼でカニ噛んだらまさかアイコン作られるとは思わなかったよねぇw>デモニカ」
霊烏路空 「まー、憑依はそこまで考えないけど
相方が恋人なのはそこそこ考えるww

だから、私はつい、身内を吊りこんじゃうんだ!(人外で」
蒼星石 「AAまであったねぇ……>唯、デモニカ」
雷皿♂ 「憑狼って怖い怖い面倒面倒とは思うけど
いざ仲間に憑がいますってなって勝った記憶ないんだよなあ……w」
霊烏路空 「まぁ、憑狼はバレたらアウトだから
自然に使い込むのが一番だよねって感じ」
武田義信 「憑狼やった時に ログ読んでたら乗っ取った相手が句読点使わない人だって
気づいて真っ青になったことがあったが別に疑われなかった。」
阿良々木 「恋人慣れしてるけどあれだよ?
恋人って結構どうしようもなく死ぬよ? 死ぬよ?>お空」
雷皿♂ 「なんだかんだでそこまで見てられないんだよね>句読点とか
注意するにしても三点リード、他の人の呼び方くらい?」
ミクGM 「俺俺言ってたけど第一人称オイラだったことなら
後・・・ と…を見て吊ったくらい」
平沢唯 「相方や仲間が恋人かもーだったら、絶対ケアできる状態でないかぎりは放置するなぁ
まずはそっちよりも勝ち目を作るほうが先だし」
霊烏路空 「いるのがバレるとすごくやりづらいけど
いるのがバレてないとそこまでバレない。

だから、中盤辺りで別の場所に移転もありかなーとか思うね」
阿良々木 「正直前情報として無いと細かいの読まないからなぁ……w>武田
点ならいいんだけど句読点とかは難しいw」
デモニカ 「恋人は結構楽しいんだけどね
なにしろ味方が確定で分かってる上、少ない」
蒼星石 「〜←macでしか出ないらしいよ!これ豆ね」
雷皿♂ 「恋人なんて全て滅んでしまえばいいのだ…」
小傘 「極端に不自然な状況じゃなければ結構憑はわからないわよね
対策役職居なければだけど」
蒼星石 「Winとはちょっと違うんだって」
霊烏路空 「恋なら私も慣れてる>阿良々木
アレは上手い下手が間違いなくシビアに出る。刺さり次第はあるけど
あれが多分、一番プレイヤーの腕が出るんじゃないかなって思う
死ぬ時は死ぬけどね」
雷皿♂ 「〜

コピペ光線」
平沢唯 「憑依されてなんとなく言ったデモカニの一言がまさかAAになるとは思わなかったよぉw>蒼星石」
阿良々木 「恋人になると神話で露出したりレア役職だったりショック死飛んできたり指定されたり
呪殺されたりで勝てないんですが
逆に恋人身内とかだと自分の勝利がいきなり消えたり」
ミクGM 「〜
コピペって便利」
武田義信 「進行を負けパターンの展開に誘導しつつ最後に村を説得して
勝ちを決めれるから憑狼や潜狂は楽しい。」
蒼星石 「そうそう、そうしなきゃなんない>雷皿
ちなみにmacは僕とジョインさんぐらい鍋では」
雷皿♂ 「~日目に発言で使ってたハートが出せるか?って聞かれて即コピペで持ってきた憑狼とかいたしなー」
雷皿♂ 「いや、それ前に使ってたらコピペでいいし
前に使ってないmac文字を出せってもうメタ100%やん?w>蒼星石」
琴吹紬 「~」
蒼星石 「ま、憑狼引いてから考えようそのへんはw」
武田義信 「そこまで行くとシスメタになりかねんからなぁ。」
ミクGM 「陰陽師「憑狼こいよ」」
阿良々木 「コピペは便利だなぁ
潜れたらいいんだけどさ……w 占い生存し続けて狐だったり
堕天使投票で割れたり、神話で露出はよくあるし、ショック死ランダム飛んできたり
どうしろってんだよw>お空」
霊烏路空 「まぁ、使い方次第だよ。どんな役職もさ。
だけど雛狼、お前はダメだ」
ミクGM 「結局こうなんですよねぇ…
憑依仕留めたらめっちゃ嬉しいんですよ」
武田義信 「決闘以外で恋人になったことはまだないな・・・」
小傘 「シスメタというか中身メタじゃないかしら
中身見抜いてないとそもそもそういう発想が出ないわけだし」
蒼星石 「winにも似てるやつあるけど微妙に違うから注意ねというお話かなw」
ミクGM 「死体無し出せるじゃないですかー>お空
餓狼でいいとかいわないでくだしあ」
霊烏路空 「私もこの前そこのデモニカと恋人で
「久しぶりの恋人だし勝つぞー」とか思ってたら
土蜘蛛の熱病飛んできたんだぞw>阿良々木」
阿良々木 「狐になってLF管狐の時はヤバい
雛狼もやばいけどLF管狐もヤバイ」
雷皿♂ 「雛狼なら魔法使いがより精度よく騙れる(キリッ」
霊烏路空 「火狼の天火はせめて自覚なくして下さい……>GM」
阿良々木 「あるあるw>お空
恋人は上手い下手以上に運が必要だよw」
蒼星石 「開幕LF管狐の悲しみ」
平沢唯 「独身村ができて、さらに恋人が出ること減ったからねぇ
あとは女の子アイコンつかえば恋人になれるかも?
私は恋人でるとわかってたら刺さらないアイコン使うけどw>武田」
雷皿♂ 「開幕野禅狐の絶望」
デモニカ 「土蜘蛛はどうしようもないw
巫女COしなけりゃまだ何とかなったかもしれんけどね>空」
雷皿♂ 「鬼火系は全部自覚ナシでいいと思うんだよねボク
その方が面白い」
阿良々木 「野狐禅と狂信者はなったら絶望だよなぁ……w
野狐禅で勝てたパターンかなり少ないはずw」
霊烏路空 「実際、噛まれず、吊られず、かと言ってケア対象にもならず

この位置に潜り込めるペアならかなり強い>阿良々木
というか、その位置に潜り込めないと死ぬ」
小傘 「恋人になった時点である程度の不幸は覚悟するべきよ
相方が萌えてしまった事もあるし、自分が萌えてしまった事もあるわ」
デモニカ 「管狐やばいやばい言われるけどさ
占われたら死ぬのは兎に角、噛まれたら普通の狐でも大抵アウトだよな」
ミクGM 「2日目夜が来るまでに鵺先が死んだ鵺の絶望」
雷皿♂ 「恋人は吸い寄せられるように強役職とか古系に刺さるからな…w」
小傘 「というより恋人になっちゃダメな役職の時を狙って恋人にしてくるから
PHPには注意した方がよいわ」
ミクGM 「流石に狐火はヤバいかなぁと>♂
銃殺されるねんぞ!w」
霊烏路空 「それと以前、侍=夜行鬼で刺さった。
勝てるかwwwwwwせめて護衛させろwwwwww」
平沢唯 「恋人は見てるのは好きだけど、なりたくはないなぁw
なぜか腐ってる刺さり方ばっかりなんだもんw」
阿良々木 「狼に自覚される程度だからねぇ
本気で勝ち潰してくることは少ないからまだ>デモニか」
蒼星石 「あるねぇ……>小傘」
琴吹紬 「鬼火系が活用されたっていうのは見たことがないのよね」
ミクGM 「呪蝙蝠・占い師で呪蝙蝠占った後に刺さるよりかは…>お空
しかも矢被り」
阿良々木 「開幕2Wで狼―狩人恋人
神話で僕露出。どうしろっていうんだよw>お空」
小傘 「白狼ーブン屋よりはマシ>空さん」
霊烏路空 「まぁ、毒狐が劣化なのは間違いない
毒?そんなもん自分が死んだ時点で意味ねーよ的な」
雷皿♂ 「ええやん、そのほうが>GM
狼は何が起こったかわからず狐はしめしめと笑える
狐の能力なんだからそのくらいでいいさ

と言うか占い師を噛むかどうかを狼が決められる以上、
今だと「ああ噛んだの確実に狐だわ」って判るだけの能力になってるw」
武田義信 「一度囁きで火狼に噛んでもらったことがあったな。GJ偽装で。」
蒼星石 「葛の葉で刺すのはやめてーw」
デモニカ 「結局狐が勝とうと思ったら噛まれても占われてもだめなのは変わらんよ
子狐は真面目に強いが」
雷皿♂ 「共感してるだけマシ>お空ちゃん
恋人に狩り殺されたりしたことが何度あるか…w」
阿良々木 「狩り殺すの怖いから護衛できないよね……w>恋人護衛」
霊烏路空 「まぁ、恋人は不幸を生むよね…大体にして」
小傘 「あの時は占い結果とか関係なかったと思うけど
信用できる占いの○だから行っても良いだろうで死亡は・・ね」
デモニカ 「狩り殺したら殺した時、で護衛するな
狩り殺したらそれはそれで美味しいやん?」
阿良々木 「占いの○で白狼はなぁ……w どうしろとだよねw
素の逃亡者でも絶対に逃げるし」
蒼星石 「あ、まずい、空が明るくなって来た」
ミクGM 「美味しいよね」
琴吹紬 「うお もう4時やんか」
阿良々木 「あ、やばい
時計を見てヤバい事に気がついた」
雷皿♂ 「狩人で狩り殺して負けるパターンと、
相方噛まれて負けるパターンとどっちが多いか考えるだけだね
普通はまあ後者の方が圧倒的に多い。
狩れる役職より噛まれる役職の方が多いんだから」
阿良々木 「というわけでもう寝るね
仮眠も取ってないから今日やばい……w」
蒼星石 「うん、まだ眠れる!というわけでおやすみ!

記念村はよろしくねー>雷皿、紬」
ミクGM 「大丈夫だ問題(しか)ない>4時」
雷皿♂ 「現実を見た人が出たところで解散かな?w」
平沢唯 「本人たちには心労を
仲間が別陣営になった時の絶望を村狼狐に
一人愉悦してるQPって感じかなぁ?>お空」
ミクGM 「おつかれーw
報告さっきまで忘れてたわw」
小傘 「うん、流石にこの時間ならさくっと話を切って寝るべきね」
雷皿♂ 「はいな。
不肖努めさせてもらいます>記念村GM」
琴吹紬 「ではそろそろ落ちますか」
平沢唯 「じゃあ私も寝よっかなぁ
みんなおやすみ~
おつかれさま~」
琴吹紬 「よろしくですね >記念村」
雷皿♂ 「と言うわけでお疲れ様ー
村そのものは人外いじめだったけど楽しかったよw」
ジェイソン 「ではお疲れ様ですよ。」
デモニカ 「んじゃ俺も落ちるかな・・・
お疲れ様」
武田義信 「んじゃ御疲れだ」
小傘 「それじゃあ皆さんお疲れ様っと
今回は色々とゴメンって事で~
でもやっぱり22人なら5W欲しいわよ・・」
霊烏路空 「それじゃ、またねー」