←戻る
【雛745】やる夫達の超闇鍋村 [878番地]
~朝鍋~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon プリニー
(生存中)
icon 貝木泥舟
(生存中)
icon 小牟
(生存中)
icon 埼玉銘菓
(生存中)
icon マミ
(生存中)
icon パルスィ
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon クー子
(生存中)
icon 上嬢当子
(生存中)
icon 茨歌仙
(生存中)
icon サイタマ
(生存中)
icon テルヨフ
(生存中)
球磨川禊 「『それは思うよ、うん切実に』」
サイタマ 「俺が偽だったらどーすんだよってことだったよなー
そんじゃあ俺も落ちるぜ。お疲れさんでした」
球磨川禊 「『いやいや、恋人村でキープって多分ちょっと違うとおもふ』」
小牟 「                       ___
                   {\_ イ´    _`フ´ ̄ ̄ ̄ ̄>
                   _> \    /    . ───‐=ニ二`≧z_
             ,  ´   /  \ / ./  ∠_               `
               { -=≦二Zx_  ∨ / /  ∠二 ̄              \
                ヽ  、   `ミ ノ ̄≧=- _∠二 ̄ ̄ ̄ ̄ミュ_ヘ       、
                 \ \ \ィ⌒ / __       `>、 \.   \\
                   >'⌒ ̄¨   ´     `  、    \ i|     、 \   。
             /  〆 ̄            \ \    \     iヘ  \  !
             /  /                    \ \     `  、 | }   ` 、|
              '        /     i  .:|       >、\       ̄ ̄`>  ゚
.         ′  /  '    .|  .|  .|\ |   !   !   \____ ィ´ / ! i
.        ∠    /  ′!  .∧ .!   廾⌒ ̄∨|   | \  ヽ! |  .:::/ /   ′| ′
        ∠二_.,イ  .|  | | /⌒Ⅵ  笊云か |.:|   |   \ | j  .:::/ /  / ./.:/
            / ./}  | |.{笊沁 \. 弋辷ツ !.:!   !、   _>′ .:/ /    /.:/    よーし、パパもそろそろおうちに帰っちゃうぞー!
.           //  | .八 、弋ソ ,  \| ゛゛゛ |.:|\ | l`マ / /  .::/ /     .::/
        ∠二≧_ |/ ./\ト、゛゛  r─ヘ   ノソ  Ⅳ | .:/ /  .:ア 〃    .::: ′     びくとりー!
        ∠二{\\\ /  / /\  ∨ _ノ  イ    .|_ j ,′ .:/ ′  .:/
.      / /二{\_,)_ ) .}  ./ 厂 ̄`ー -<  / ,   !_\/  {/  /  .::/
      |  .|二{\ ) (_ソ / ∧: : : : :厂二二/ /  .:|_\:\   /  .:/
      ∨ \_\)ア    / /_〉: /:::::∥::::/ /   ./: :./:/ ̄ ̄\.:/
      /\_ ィ´     ./У/∠二ニ='"::::::| ./    .′/ /      、
.     /     /从    ′//:::{}:::{}::::::::::::::::∨     |: ::|:::|       \
    /     | ./!   .! ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::: !     、::ハ::{  {        \
..  ′   .:レ 从人八「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 八 、 \|:乂_/!ヽ      \」
小牟 「まーそれでクー子吊り上げたら世話ないがのぅw>サイタマ
儂真のケースでそれで恋勝ちしたら流石にやりきれんわい」
クー子 「::::::::,'三〈/::::::::::::::::::/:::::::::/::::/::::::::/:::::::::::',::::::::::::ヽ::::::::::',::::}::::::|
::::::::}>'フ::::::::::::::::::,::::::::::/,.ィ゙:::::/}::::::::::::::}:::::::::::ヽ:':,:::::: ∨:::::::!
:: / {:::'::::::::::::::::::/:: , '.´.,:': / .,::::::::::::::ハ:::',:::::∧:',:::::|::゙,::::!::}   ……というわけで、私も帰る……相方には改めて感謝。
,イ  ',:|:::::::::::::::: {/`¨/<   ハ:::::::::,' . |::::}::::::::ヘ:',:::{::::!:::}::{    頼りきっちゃってごめん……今度組めたら借りが返せると嬉しいけどね
    ゙{:::::::::::::::::,゙ {¨笊仆. , .` .} }:::: /‐'´}_/ヽ::::::::゙, ,ハ:::|:::|:::!     ……じゃあ、また次の村で。お疲れ様……
     |::::::::::::::::, .', 斧笊イ〉 . ./ .,'::::/..,イ::{_}¨} }:::::::::}:}::::/::::!::{
    ,::::::::::::::::{', ヾゞ--.'    .{/ .{刈/, './::::::::/:|::,::::::::!::|
    . ',:: \::::ヘ`        ´   `¨´. /::::::,.イ:::{/::::::::{:::!
   _|:::::::::\::ヽ         '     ,:::::::/:!:}:::::::::::::::|:::!
, .<  {::::::::::::::{\}      _      .,.イ::/}::|.|:::::::::::::::{:::|
     ∧:::::::::ハ} .`丶、      . , .<:::::´::: ,:::|.|:::::::::::::::|:::|
   ./.. ト.,::::::', ! 丶、 `',  ,_, .<   }:::::::ハノ:::|.|:::::::::::::::|:::|
   .,゙  .ヽヽ::::', /¨} /  〉     //::/`}:::::{ }:::::::::::::::!:::!」
球磨川禊 「『そんじゃま、お疲れ様』」
球磨川禊 「『はっはwまあ、筋は通るけどねw』>小牟」
サイタマ 「LWになっているらしいなら自分吊りが安定しちまうからなー>球磨川
狼ねえところ吊っていかねえと最終日待たず持って行かれちまうのは
嫌なんだよってことで。正直にいって仕事終わっていたと思っていたしなー」
小牟 「自撃ちQPキリ>球磨川」
球磨川禊
         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::     『おーGJ織り込み済みでね、なるなる』>小牟
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:     『うん、修羅は怖いわーちょー怖い』
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==」
小牟 「いや、噛むか。
まーそんな感じで。護衛成功でても吊り数増えんし」
サイタマ 「ああ、俺もそう思っていたわ>小牟
なんでばりばりマミLWじゃねーのって想定していたわー」
クー子 「……逆に3日目の時点で疑いが自分に集まってなかったら
また違ってたかもしれないけどね……
冥狼は初めてだったけど、自力で恋人飛ばして、相方のお陰で狐も飛ばせたし、楽しかった……」
球磨川禊
            . ・    ,
          . ・ ; ’‥ ; .
        ・ . ”. ・;¨・:`. 〟
          ;¨.∵:’・.※…・ ,   『いや、まあ、うん、村なら生き残ろーや』>サイタマ
        …;.:`:”・.;・¨∴¨.
       ・  ….○・;”・○”:.`    『上条ちゃんが村ならあれだぜ?』『あそこは土下座しながらね』
        ‥ ’.∵・”・¨;・;.:. ’・
         ,:・.ト、__’_.‘ィ.;・::”、     『後、占いについては埼玉ちゃんをどれだけ見れるかじゃない?』
         イ::ヽ.`ー‐:´:’イ:/:::::> .   『小牟ちゃん、埼玉ちゃんに◯出してたしね』
       イ::::::::::::{:::`ヽ;”・;イ/:::::::::::::::::::`丶   
      f::::::::::::::::::::::: >'  ┴く/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |::::::::::::::::::::r┤/ / \_:::::::::::::::::::::::::::::/
    ム:::ー-::f:::ア.'┤イ ィ ハ. ヽ:ヽ::::::::::::::::::::::::゙ヽ
    .リ::::::::::::::/:::{ヽ_ム. ヤ´Tヘ ! :i:::::\::::::::::::::::::::::{
   イ:::::::::::/::::::ヽ-イ|ヽ)_.ト、)ヽ/:::::::::::\:::-==:::ヘ
 /::::::::::/::::::::::::::::\ノ::::::::}::::/:::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヽ」
小牟 「いや護衛成功でた場合LWマミの位置として説得力持たせるならサイタマ抜きだなとは
マミ●でプリニーとか噛まんじゃろ」
球磨川禊
         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::     『つか、ぶっちゃけプリニーちゃん噛むと思ってたんだけどもw』
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:     『あれ?毒警戒かい?』
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==≫,
  ////////////  / ,rz/」
小牟 「いやクー子に埼玉銘菓が嫁入り道具として持たされたと思ったんじゃよw>クー子」
サイタマ 「それもあったけどよ>球磨川
マミのクー子初手投票にどれだけ引っ掛かりを覚えることができるかって所だ
というかあんなふざけた動きしていた俺の結果が信用される計算だとは
思っていた無かったからなー」
球磨川禊
                       _z、__
                    , '.::::::::::::::::::.ヽ=、
                   ,ィ:::トl:::lメ、ト、;:::::::ハ
                   イ:::ト',_ヽ`テト, |:::::::::l     『君が裸エプロンで上目遣いでお願いするなら考えよう』>かせんちゃん
                     lィハl.lj,! `´ ,l!リ ト`
                   ' .ハ `,.ィ ,イYlリ
                          ヽ イィ三ヨ、
                       .,Fl rニ彡イ//777i
                    ,ィ=イ//Y/////////ハ、
                     l'/////o'/////-=ニ三,'l
                  ,ノ/////,o////////r‐=/ヘ
                 ノヽ'///////////// ヽ'///ヽ、
                /////|'//,o///////  {/チニ'ハ
                ,イ////イ/////////,'  //////
               ///// |'//o/////,l、./////
             /////   |////////イ|く/////
            //////     〈//o/////ィリ ヽ_/」
茨歌仙 「ま、おつかれさまでしたー。
次は勝たせていただきます」
プリニー 「そして護衛はダメダメっすね
結果わかりきってるならサイタマさんしかないじゃないっすか…」
茨歌仙 「うまい具合に(村に不利な形で)COがかみ合っちまった感じですかねぇ。
霊能結果とか。霊能結果とか。」
小牟 「あそこでクー子死ぬのは予想外じゃった…
狩人いなければ宣告騙りして他所吊らせていただきまーす!ってスタイリッシュな勝ち方するつもりじゃったんだが
やれやれ。騙りは本当に辛いのう」
クー子 「……私が恋人だったら初日の宣告先をパルスィにしてないw>小牟」
球磨川禊
                   ー=ミ、
                 __,,,,zィ≧ミ、_,ィチ=ー.、
               ,ィ圭州州イ 州ミ、 ヾミト圭ミ、
              ィチリイ|' / イ 州 l州ミム .Ⅷミム、 ,ヽ、
              ,イリ' イ.州 il lil州ミ州州州リ州州ム トミ、
           州i!.l州il'l lilリ州ムヾミ州`Ⅵ州州州州li',
           州 .i!l州il Ⅶ州州ミ、 ,ィ'マl´Ⅶilハ州州州ム       >サイタマちゃん
           ,州州!l州i__,Ⅶミil州l ` ヽ ヽⅥ' |ハ州州i,ハ       『まー、これ実際プリニーちゃん→小牟ちゃんって』
          州li|l州l〈 、 ヾ、ヽⅦ、./,ィ=ミ、,|!.州l州州
             リ州州il ヾ、二_       〃ィテミi.ヾ!.|li州i,州        『灰の状況的に噛めないから筋は一応通るよ』
          i! i!州|ll!ヽ 〃テミ、     lんリil l!.リ! l マミ
           i! .リ州li|l、..li! .lんハ     弋リ′' lリ' リ .从
           {  州|州 ミ、弋リ′ |      〃 ,!イ
                Ⅶl,ヽ.ム、       `       ,lzチ
          ヽ   Ⅵヽ ハ.  ,_   r‐、    /l|州
                 リ、 `ヽl.、 ,い、  |  )   ,イ . |ハ
                 `    lリ.ノ .}!_.`__.<___|>
                  ,'  'ー ' ̄____ ′冫 _|
                    l          ヽ三イ/|
                _,イ       ` ̄`ヽ{:::::::::: ≧=zzzzzz、
         __, ィzzニ≧i|       ー―.トノ.::::;ィ彡::::::::::::::::::::::::::\
        /二ミ、:::::::::/.:/ .l、       _, zチ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.、
        ,!::::::::::::::>:/.:::l  `ーァzzチ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:,
         |::::::::::::::::::;/.:::O.ヽ、 /..:::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:,
          |:::二ニ=,イ.::::::::::::::::..ヽ、ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i」
クー子 「……真霊と夢霊が同時にいるってのは結構きついからね……
最終日前で結果真で動けたのは……相方には大きかったと思う」
茨歌仙 「          / ̄ ̄`ヽ    ___    _,、_ _/ ̄ `ヽ
          /    _,,..-‐: : : : : : : :.`Y⌒ヽY       \
       l   , -'": : >==-‐<::_└--)|
      |ヾ、|  /: : :/: : : :.`ヽ: : : : : : `ヽ(rヾ、_         |
      |! 〉>":/::/: : : : : : : : : \: : : : : ://: :〉 |/__      l
.      X.,:': :/: : /: : : : : : :ト: : : : : 丶: : //: :〈_rvト、  _ _/
    /´/: :/ : : l: : : : : : : :l: :\: : : : :∨/: : : : : :) |!_〃三) 〉
   〃 / / !: : : :!: : : : : : : :ト、: : : : : : : l/: : : : : : 辷-{ゞ._ノ〃      |ヽ
.  /   ,' /: :l: : :.∧: : : : : : :.| ヽ: : : : : !: : : : : : : :';: : : :|: :\\__ノ: : 〉
 /   l/: : ∧: : |ー';:: : : : : :.|-─\: : :.|: : : : : : : : i: : : :|: : : :\: : : : : :/     >球磨川
.    !: : : : :.\|_ヽ: : : : :.l  x==゙ 、!: : : : : : : : !: : : :ヾ: : : : :>-: <
.    l: : : : :/〃丁心\: : :l〃下孑七Y: : /: : : :,': : : : : :\: : : : _: :\
.    l: :/ ∧: :|! V:::::l  \l  l::::::::::::/: :/: : : :/: : :.ト、: : : : \: :\  ̄ ̄`ヽ
      ∨: :|: : ∧ V ノ     ∨辷/: :/: : :/: : : :ハ: : : : : : :ド、: :ヽ     ノ    吊りで
      \!: : : ハ"" '        ""//: :/: : ://: : l: : : : : : :! \: :':,
         |: : : :人          < __ イ: : :./: : : : イ : : : : : /   ヽ l
         | i/: : : :ヽ  丶       イ: : //:/: : : ハ: :./\(     ソ
         | ト、.: : : :.|: >: . .__ . r <  ,!: : :〈∧ノ!: :/ !/
         |/ \: :人: : : : : :ト-|、  / ヽ: : :>┴f  ̄ ̄ `ヽ
           )'   ̄`ヽノ .|:::Y/::::::: ̄:::::::::/       \
                  イ::〃::::::::::::::::::::::::;'            \」
サイタマ 「ショック死と吊りは同時だぜ?>マミ
まあ、そういうことなら納得だけどよw」
埼玉銘菓 「よし落ちようおつかれさまでしたー」
小牟 「いやー、銘菓は噛む気がなかったからのぅ
死体見た瞬間はクー子に裏切られたと思ったけどもw」
マミ 「帰るわね」
プリニー 「宣告は守れるおれっち覚えた(震え声
きてくれた方は感謝っすー!」
マミ 「死の宣告言ってたの見逃してたしさ」
球磨川禊
         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i    『おいおい、死の宣告を見逃した初心者の僕に無茶苦茶ぶりをしないでくれよ』>茨木ちゃん
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧」
マミ 「テルヨフ狐見えたからLW避けたんだけど >サイタマ」
上嬢当子 「それじゃ私は落ちるわね、お疲れ様」
クー子 「……2日目3日目で票の集中は予想してたし……
だったら小牟が私に●は……充分に準備できたからね」
サイタマ 「>マミ」
マミ 「私が死ぬしかないじゃない、やっぱり」
サイタマ 「割と投票がなーって所だ
小牟投票しているし、なおかつ最終日前の俺投票がナゾかったわ」
球磨川禊
                        _.....---..`ヽ、
                     ,ィ州li州l州l}州州li、__
               ー=ニ圭リ州州リ}ii|l}!l州liⅦ州≦、`
                  ,イリil州州}-Ⅶ州l}Ⅶ-Ⅶ州}l|li
                    /イi州州Ⅶ! Ⅶ州{!Ⅵ .}!Ⅶ州l|!
                〃 l州il州 }ィ云ミヾl}!イ云ヽ}!州l|!l|!
                ,′ .l!.}l州}! l{.h'/,l   h'/,}.}!州州{、     『ファック!』>小牟
                  i   |ノイ州lミ`.ゞ‐' .|  ゞ‐'."}州州{``
                   |   l! .l}ハハヽ       //l lノ`
                      ` .l >x、   △   .イ从′
                       }li>..   .イ }Ⅵ、
                     .l《::::ハ. ` ´  .ハ:::》冫
                     ,ト、`ー―.、, -‐. '´ ,ノト、
                   , イ//≧=z  |  rz≦'///,> 、
               _, <//////>三|  |  |三彡//////,> 、
                l/ミx///////////>l<//////////////,イl
                |//ハ'//////////,'○'/////////////イ//|
                |///ハ'///////////////////////ノイ///l」
小牟 「クー子が初日に噛んでくれて村がいい感じに茨木で吊れたと思ってくれたから
じゃー勝ちに行くならこういくか!って感じで。貝木で狩人抜けたとはびっくりじゃったがな!」
上嬢当子 「あれも狼の噛みだからね>プリニー
突破できるのは天狼くらいよ」
茨歌仙 「>プリニー
つかないつかない。私はこの間そこの球磨川に教えられたので間違ってたらぼこしていいですよ」
球磨川禊
                _
             ,.ィ<´__
          ,ィ≦爪マムマムミム、__
         ,ril州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        ィil州州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        i!ソリl州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、
        リjネィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、
        イ州州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ     『僕も前に勘違いしてたけどね』>プリニーちゃん
        ,ル州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、
          .lr.、マ、     .}     i|ハ!         『あくまで、冥狼の死の宣告は【噛み】だ』
          .!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′
            l从}.ヽ.、` _, イ_           『じゃなきゃ、護衛突破できるなんてチートだぜ』
          |l二ニ===┬┴≧                           __
          .,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,___
.       ,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、二ニ≧
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―─‐}
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄ ̄´
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
    f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////」
埼玉銘菓 「……真占い恋人の狼占い乗っ取り!
いやーひどい内約ですねえ」
マミ 「はぁ、残されて吊られるならいっそのこと初日に吊ってくれないかしらね。」
クー子 「……真占が恋人になったのは幸運だった……かな
狐も……宣告で飛ばせて何より」
サイタマ 「プリニーが俺護衛したら引き分けワンチャンか…
昼のうちにマミ狼ってなんかおかしくないか?って気づけるかどうかだなー」
小牟 「え、ぶっちゃけ適当w>球磨川
こっちのが面白いなーと思った路線とってただけじゃ」
プリニー 「あれ?つかないんっすか
宣告は護衛制限突破…勘違い」
上嬢当子 「紅蝙蝠とか不幸よー!!!
せめて素の蝙蝠ください」
球磨川禊
                      ミィzzzzz-ミ、_
                    ,.イ州リ'Ⅶiトミl.li ミヽ
                    ,州lリ仁ⅦハⅦ.ilil!
            ィ====ト、     〃トli|.l.fリ   fiハ.l,州l    ,イ==彳ミ、    『これ、はなから信頼勝負のプランだと思うんだけど』>小牟
           / .|__| `i   / .!.lil  、'__ ` ,リトミミ   / .|ィ―‐ト、_|
            |/.::ィ―ミ >,!       `ト、V/_.,.イイ! `   レ'.::,ィ仁ニl::>!
         ヽ-〕ィ=イ´         r≦`´‐チ┐       `ヽ|´,У,.、      『そういうことでいいの?』
           ,〕.チ彳   ,r==チ}///////ハ=-、_     /|' ,}´ .}
           l/了_〔  _ ノl'/////,O'////////´l!     トレ'ゝ、/
           | /"二! ,ハ//!///////////,ト/〈//|    ,ィァト,}",ィY
         /.し'イ =|イ//ハ/,|////o//////,|lミ///ハ  /,〈 l_ ゝ、/
         V,;;;;;ハィ//////,イ////////////!ミ////,レ//∧ ..::::|`
            }//////// l'//////////// V///,!/////7フ'
          弋////  ,ル'///o'//////.  V//,|'////´
             ̄    /////////////    ヽ//_'/」
クー子 「……ばればれの冥狼でごめんね……
恋人一発で飛ばしたから……許して欲しいかなw;>小牟」
サイタマ 「俺に信用があると思っていなかったことが悪かったか…
俺の結果で信用度が上がっちまうとなー」
埼玉銘菓 「おつかれさまー」
小牟 「ひゃっほーう!小牟祭りじゃー!
ドンゴドンゴ」
貝木泥舟 「そうすれば、小牟ークー子2W残り勝利路線を見抜けたろうな。
ではお疲れ様だ。地獄の沙汰も金次第というが、霊界に言ったところでお前らは何もできんということだ。」
パルスィ 「お疲れ様でした
埼玉さんは申し訳ありませんでした」
茨歌仙 「プリニーはあれやよ。冥狼でも護衛成功すりゃ宣告つかんからね>勘違いしてたっぽいから」
プリニー 「あ、蝙蝠…(震え」
上嬢当子 「お疲れ様」
球磨川禊
          _,ィ=‐
        ,イ"_____
     _,イ州'.,イリ',イリl!〃〃圭ミト,、
   zチ///,リ'州ノ/リ'.il|.il!〃州',イ州圭ト、
   |州リ〃i ,州li州i!.il|.il 州!,リ,リ!.i!i!.lil!i |トミi、_
   |州!.l!,リノ州li州! il|.li|州.州リ|.i!.|!.lil!.l.li 圭=-、
   |州.リ,リ州州州!州.l州li州l! |li!.|! lili.l.ll i.ミニ=、
   |州州州州州l 州 l州l.i!il! lハil|il'lil |lil li li
   |州州州州リイリハ|i.l州! l! ̄l.Ⅶ_l!l.州l lliム
   |州州州州'イハ!.lハli|.l|    `リ.`l州州トトミl         『小牟ちゃんには僕の復讐手帳にメモしておこう』
   |州州州州li〈 ( l Ⅶ.l!. .、   , .州ハトli| ` ヽ
   |州州州州iヘ`'´  l!    ヽミ{. l i! ヽ.i!
   |州州ilイlilハ! `i!        `. V
   |ハiリlハ!.' i!   l.|!     、    ,:′        ,ィニ  ̄ ̄ ニli
   |__l!__   l.lハ     ヽ> ,ノ          }三    =ニ{
   |__  `>、.l:| ヽ、     ,.:′          }三ニ=  三{
   |三三三>、 >、./`ヽ、_,:′             ノヽニ    三i{
   l三三三三三>x、>x             / /ニ=____ニ{
  三三三三≧=-ミ'//,!./            / ィ‐'´ ̄     `ー-、
  '/////,イ三三三三二ミ、          /      ー――/ー′
  ///,イ//////三三三三二ミ、        ',        -‐イ
  'i〃//////イ///////////|         i          /
   ,{l//////〃//////////,li|          」__    ,/
   ,'l∧V//,.i!///////////,lii|、      r==!=ミ、`ヽr′
   /{!∧V//ミミニ=ミ二ミトニ//li|l!      l///////>/
   ///∧Vムトミミ、≧x、二ニ=イl|ム     ル'/////////>,、_」
クー子 「……お疲れ様。相方……ありがとう!」
サイタマ 「お疲れさん
身内切ってなおかつ占いが恋人だったのが狼にとって有利に働いちまったなーと」
マミ 「はい、お疲れ様。」
小牟 「よしっ!」
プリニー 「ごめんっす・・」
茨歌仙 「おつかれさまー」
貝木泥舟 「騙されたな。
今回の件からお前らが得るべき教訓は、冥狼と恋死による吊り減りをもっと考えろということだ。」
プリニー 「・・・」
クー子 「……まだ、最後まで分からない……」
ゲーム終了:2013/04/07 (Sun) 11:32:35
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マミさんの遺言 村人表記だから…死ぬしかないじゃない!
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マミ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
プリニー0 票投票先 →マミ
小牟1 票投票先 →マミ
マミ2 票投票先 →小牟
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小牟 「初日とあの日の重さはちがうじゃろ 」
プリニー 「マミ>クー子>上嬢当子>小牟なんすけど・・」
小牟 「自分死ぬからあえて釣られて4人にしたかった説も微妙>プリニー
ほんとに萌かどうかはともかく狐はあったのかもしれんの。どうせ死ぬんだし」
マミ 「え?私クー子に投票してるわよ?初日 >小牟」
小牟 「クー子狼としてマミさんはそこ投票外してた。まぁ判断要素カラはこのへんからでも拾えるじゃろ
貝木先に噛んだ理由がよーわからんけども」
マミ 「クー子を逆囲い、で。ふむ。」
マミ 「じゃああなたが占い騙りLW。その視点しか無いわけなんだけど。」
プリニー 「そして単に遊びっしょ…テルヨフさん…あれ」
マミ 「あ、そう。」
小牟 「いや儂もうプリニー占ってるし>マミ」
プリニー 「結果確定してるじゃないっすかシャオムウさん(震え声」
小牟 「故にあそこ狐と思っても釣りに行く理由が欠片もないんじゃけども」
プリニー 「そして護衛先を間違えた系プリニーっす」
マミ 「なんで村人表記の私占ってるの?プリニーでしょ?
不審者とかそういうの考慮したらさ」
小牟 「いやーあのーわかってます?
素冥しかでてないだろって判断なのに萌えたからも何もないじゃろ?
それにそこが仮に萌狐でも宣告で死ぬんじゃし」
プリニー 「あの…テルヨフさん普通に3日目に5日目死ぬ遺言したよね…?
おれっちがおかしい訳じゃないっすよね・・・?」
マミ 「そうじゃろな、っていうかちょっと待って占い先おかしくない?」
小牟 「まーそうじゃろなとしか
つーかプリニーサイタマ護衛しておけばいいのに」
プリニー 「あっはい」
マミ 「さて、テルヨフが萌えたわけなんだけど。
こうなると冥狼に噛まれてたってことになるのかしら。

となる、と。テルヨフが狐。クー子が狼でLWはどこになるのかしら。
こうなると埼玉は恋人騙りだったで小牟が真とかなら楽なんだけど。」
マミ 「おはよう。」
小牟 「マミ●」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
テルヨフさんの遺言   ,..、_      _  __  ..,,__         _,, ,,_  _           __
  l ./====/ \| .l ,、| ./ , 、    \''゙ <.| i=' `l ヽ\     _  7 フ,、
  / /.l`‐- ゙、| |=| .i- l ./= ,>   /,_、.ノ| |.| !∧.| l'    !、`'゙ _,,,..ゝ_,、
. /  |.| || | | |.|`' __'`ノi、l / /    二| /'゙∠,,> = '゙l .|     ゙7 .l ∠~_,,,,.)
 ~| |.| !! |.| .|.| | | .|ヽ. ./     .フ  <'ヾフ / .| .|    /!./ /_  ゙
  | .|.!-'`二l  .|| |._| .|/  `‐-   /,、 |゙、ノ.>  '-┐、 `.-‐'' .// ./ ヾ‐---‐、
  |_,,,|   \_丿!-‐'>,.-'゙~`、/   ` |_,,l/-‐'゙‐、_| `‐- -‐' ヽ_/  `‐- - ‐'
                  _,,..,,,,_
                 ./ ,' 3  `ヽーっ
                 l   ⊃ ⌒_つ
                  `'ー---‐'''''
サイタマさんの遺言 霊能表記CO 茨歌仙●>上条●>クー子○>球磨川○●

マミがLWだろうから後はガンバガンバ
プリニーがLWって配役は小牟が狐だった場合しかねえ
小牟が身内切りなんぞした場合とかはあんまり考えねえなー
その場合は貝木を噛まねえよってことで。狐処理考えていないじゃん
球磨川禊さんの遺言
            ,/ク州州州州州州州州州州州州州州州州从
           /州<州从州州从州州从州州リリ州州州州州从
          /彡´ /州州州从州州州州V州州リ州州州州州州从
           /V  ./州从州へ/州州/州州州州从州州州州州州从
           レ'  /州从州州∧州州州州州州从州州州州州州州从      『僕のCOは初日の朝一に住んでるぜ』
               /从州州州N 州州州И州シ州州州州州州州州州从
         -彡ク从И|州仏 州州州/ |州从州州州从州州州州州从      『共有CO 相方身代わり君だ』
           ´ 州 ,' 州圦i} | 州州イ ̄不州V|州州从州州州州从从
            Ⅵ ,从州! リ ! 州メ! /|Ⅵ州' |州从州州州从州州从
             V´ 从! ノ   Ⅵ く、- !Ⅷ |シ从州州州州从州从
             ', ´ | {!   V  `幺、| ノチ从州州州从州州从
                ,'       ヽ廴芸≧ !从州州从州从州州リ
          ,ー、    ! 、       ` ̄ヾ 从州シ州从州州从州
        /    `ヽ、 ! ゝヽ、      _/彡≧フ州イИ´ヽ州州判
      , ' ´  i!   |  ヽ_|  ` ´ー      ,/ ̄ '_レ' '゛ソ j 从从从从
     /  ヽ  |   i!    、          _ー__二r- ´~~~ `ヾ
    ,´ 、  ヽ  !   | , へ_>― -――― "    ___⊥____
   i  ヽ  i  |  「:ヘ       `ヽ  _ ー―. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   ∧ 、 ヽ_>-!  八∧    _ ー+"       ._______/
  〈:∧ ゝ<_ー" !ラ|::::::リ  _ー/        __....:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   .V:ヘ乂___:::ゝイ:::/  Ⅵ     ー≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::片
サイタマ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
テルヨフ はショック死しました
球磨川禊 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (2 回目)
プリニー0 票投票先 →球磨川禊
小牟0 票投票先 →マミ
マミ2 票投票先 →球磨川禊
球磨川禊3 票投票先 →マミ
サイタマ0 票投票先 →球磨川禊
5 日目 (1 回目)
プリニー0 票投票先 →マミ
小牟0 票投票先 →マミ
マミ2 票投票先 →サイタマ
球磨川禊1 票投票先 →テルヨフ
サイタマ2 票投票先 →球磨川禊
テルヨフ1 票投票先 →サイタマ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
テルヨフ はショック死しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サイタマ 「プリニーは疑わなくていいだろうが
2重○だぜ?>球磨川」
小牟 「ぶっちゃけ超適当に日和ったとしか>サイタマ
スマヌスマヌ」
テルヨフ 「アオォーン・・・」
プリニー 「え、シャオムウ以外に護衛するところがあるっすか?」
テルヨフ
     ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) 支払いは任せろー
 バリバリC□l丶l丶
     /  (   ) やめて!
     (ノ ̄と、 i
        しーJ」
球磨川禊 「『それで、どこ護衛したの?』>プリニーちゃん」
プリニー 「ははっ」
サイタマ 「なんでまあ、一応灰を詰めようか…
俺を占っちゃっているし。なんで占ったし」
球磨川禊 「『あ、パルシィちゃんの道連れか』」
小牟 「こ、こんなこともある!」
マミ 「………」
プリニー 「恋人消毒と狐警戒でなるだけしたい出したくなかったんじゃないっすか?」
小牟 「…あれ?>●●○」
サイタマ 「おーけー?>小牟」
マミ 「自刺しだから…ともあれ、どっちがQPとかわからないんだけども」
プリニー 「結果●●白丸っすよ(震え」
サイタマ 「残念ながら●●○だ」
球磨川禊 「『かいきちゃんじゃないけど』
『ここまで冥狼で噛んだ理由なんだ』」
サイタマ 「だからこそ混乱しているわけよ>球磨川」
小牟 「サイタマの結果○●○じゃろ?
んで2Wなら終わってる故に真。配役上素冥濃厚
んで告発受けてる上条なんなのっと」
プリニー 「つーかあれか!パルスィー埼玉銘菓っすか!?(驚愕」
サイタマ 「繋がるんだな―それが>球磨川」
球磨川禊 「『サイタマと・・・ライン繋がるの?』」
マミ 「その場合サイタマの中身なにになるのと… >小牟」
テルヨフ 「なんなのってアンタLWっしょ?>MMさん
まぁ、私にとってはもはやどうでもいいことだけれど」
プリニー 「サイタマ視点、クー子冥狼ってところっすかね」
小牟 「儂夢とか追う?
その場合クー子QPで銘菓真とかになるのかのう」
サイタマ 「いや、俺夢だから1wは必ず吊れたっていうか
上条狼結果だっつってんだろうが!」
球磨川禊 「『小牟ちゃんはクー子ちゃんが冥狼であることを主張しないといけないんだけど?』」
テルヨフ 「逆に釣り上げないと思ってるほうが理解できないんだけど
状況わかってんのー」
プリニー 「なんで分かるっす?>球磨川
おれっち噛まない理由が本気でわからんっすが」
小牟 「サイタマ破綻してね?
冥狼いる想定で2○って無理じゃと思うけど」
球磨川禊 「『かいきちゃんが銃殺でもなく狩り殺しでもないらしい』」
マミ 「昨日は小牟がクー子をLWに仕立て上げて
つり逃れさせてようとしてる恋人かと思ったんだけど。
投票してから狼恋人LWとかもあるから怖いんだけどさ。」
球磨川禊 「『プリニーちゃん噛まない理由がわからんね?』
『あと、2W生存らしい』」
マミ 「ふーん…なんなのかしらこれ。」
プリニー 「この場合における俺っちのすべきことは…」
サイタマ 「クー子○…(震え声」
小牟 「つーかなんでクー子吊り上げてんの!?
そして終わらないことに果てしなく驚きなんじゃけど!?」
球磨川禊
                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、   『つか、君は勘違いしていない?』>サイタマちゃん 
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ    
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!    『この村で飼うとか無理だぜ?』
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!      『恋人で想定が狂うことまずまちがいなしだからね』
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_」
サイタマ
霊能表記CO クー子○」
プリニー 「っと?」
マミ 「おはよう。」
球磨川禊
  .,ノⅣil{,l}l},i}i.l}l}l.Ⅶ{!-l}、Ⅶl}l}l}l} Ⅵ{lィⅦ-Ⅶ.}Ⅶ l.}.州州{l}{!
  〃' lⅣl}l},l}!lⅦ}Ⅶ!.l} {!. Ⅶ州l}l '´Ⅵ、Ⅶ} lⅦ}l}`リ,州}Ⅳ}!l}
 ,′ .l}l} l州l}.l州}、Ⅵ __ `Ⅵ{l|   , -  l}!.}l州州州l{ノ }!
 |  l}.| .Ⅶ,'l州l}l}、-zァ云zミ-Ⅵ  ァzィ云zzミlⅣi}l l}Ⅵ{、        『埼玉銘菓ちゃんとプリニーちゃんを間違えても僕は悪くない』
    l!.l }lⅨリ !ⅦⅥ乂;;;ノ'`    ´ 乂;;乂ィリ州ハ{ソノl{ `
.     ', ./ 刈'}l、ーⅦl.`=彡''  i    `=彡〃/'‐ィil{           『まー、埼玉ちゃんがマジもんの占い師ならこれ終わってるってことで』
        /l} l≧:ヾ.       |.      / /チ::::l |     
       ,rイ |l:::::l|:.      :!′     /:;!ハ::::! |〉、          『それじゃあ小牟ちゃんとプリニーちゃんがどうなってるかだね』
      .,イ//{ .';::::::|:.丶   ` ―― '’  ./::::|::::::,' .l'/,ト、
   ,.ィ///l'/,li V:::i!:::::..`:..、     ,...:;イ:::::::;!::::/ .州 |/,ヽ、
 ,イ//////∧'/, \ヘ:::::.\`:...、_...イ:://.:イ:::,'/ .////////,ヽ、
'/////////,li,'V/\ `<_.\:::::::::/ ノ/.:>'  .イ///////////,ヽ
//////////,}li/,V/,>、   \__/ ̄ ̄´  ィ///////////////,」
プリニー 「ああ、っと」
小牟 「占いCO
サイタマ○!」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クー子さんの遺言           火   _,..- - ,, ___
           《 》/:::::::::ー::::::::::  :`ヽ 火  火
       《イ 从:::/::/:::::ハ::::::∧::::::::::巛》 巛》
      》 巛/::/:::::::::::::::::/ }::::ィ ∨:::::ミ{炎ヽ≧"
     〝炎ミ从/::::::イ:::/  }!i::|  \ミ从:::ミ    ……素村表記に何をどうしろと……
        |::::::i:::::/:::::リー   i::i  ー l:::::|::::::|
        |::::::∧i::i::リテテソ  リ  rテァl:::::|::::::|
        |::::::∧i::i:ハヽシノ     モリノl:::.;}::::::|
        |::::::|ミ∧::i     '     j::/ |:::::|
        |::::::| |:::V\   -   .ノ|/| .|:::::|
        |::::::| |:::i   ト ___ イ  .|::| .|:::::|
        |::::::| W /.ヽ>ー<ヽ W .|:::::|
        |::::::|  ノ'´  i}三只三{ヽ  |:::::|
        |::::::V´ヽ   i V .ii V 〈 \ |:::::|
        |:::: /   '   \\ij / ノ   \:|
        |::::/   /    \∨/  ヽ |
        |::/    i      \i     i |
         |/    {       i     }.|
パルスィさんの遺言 すみません埼玉さん

ご迷惑をおかけします…
埼玉銘菓さんの遺言 占い表記CO
この人数なら夢はほぼないと思うが…
…えっ!?ナンデ!?パルスィと恋人ナンデ!?
でも占い結果に嘘はない、いいね?

初日:貝木泥舟 ○
よしとりあえずこの妖しすぎる人から占おう

二日目:プリニー ○
よし未COでかつ票が入ってないところだ
呪殺とか…出ないかね…

三日目:マミ ○
個人的に印象薄いところ占い
上条さんで呪殺チャレンジとかやってみようと思ったけど
吊られてしまっては志方がない

どうせ今日死ぬから恋人って書いてある日記出したのに誰も食いつかないってどういうことなの…
貝木泥舟さんの遺言 撤回門番COだ。騙されたな。
                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                  i:::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::::/
                       i:::::::::::::::/ ::  `ー´  ::ヽ:::::::::::::/
                  i::::::::::::l  ::  `l l´  ::  l::::::::/
                  ヽ:lヽ::l´ __;;__ l l __:::_ `::::l´l                 門番の特徴は3つだ。
                    人',::i 弋'フヽ  /弋'フ .:::ノノ \
               ィ//////l`ヽ::    `i l    ::ノl´///ムァ             ・狩り殺し不可
             ィ/////////l ヽ    l l    / l///////∧           ・暗殺から護衛できる
           ィ/////////////l  ヽ ___:::::::___  /   l//////////∧ァ         ・護衛制限突破不可
      -ィ//////////////////l   ヽ ` ̄´ /   l/////////////////ァ┐
     i/////////////////////l    ヽ _ ノ     l///////////////////l
     l/////////////////////lヽ   ∧ 人∧   /l////////////////////l
     i/////////////////////l ヽ/`ヽ( )´ \/ .l////////////////////l
---------護衛、襲撃先履歴---------
【一日目】護衛不可- 死体-初日犠牲者
【二日目】護衛小牟- 死体-なし(パルスィ冥噛み)
【三日目】護衛マミ- 死体-なし(テルヨフ冥噛み)
【四日目】護衛プリニー- 死体-
【五日目】護衛- 死体-
【六日目】護衛- 死体-
【七日目】護衛- 死体-
【八日目】護衛- 死体-
-------------護衛理由-------------
【一日目】
下らんな。俺が守る仕事をするとは。
【二日目】
人形を護衛してやる必要などどこにもない。
狼はこの場面、灰を噛むのだろうからな。
鈴蘭あり得る人形など、噛ませてやればいいだけの話だ。
【三日目】
初日クー子投票のパルスィが噛まれているのだから
そこに同じく初日投票したマミを噛むのが筋かと考えただけだ。
【四日目】
狩人CO者護衛。毒っぽい? 知るか。
そこは確定○にもなり得る。
【五日目】
【六日目】
【七日目】
貝木泥舟 は無残な負け犬の姿で発見されました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
埼玉銘菓 は恋人の後を追い自殺しました
クー子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
パルスィ はショック死しました
4 日目 (1 回目)
プリニー0 票投票先 →サイタマ
貝木泥舟1 票投票先 →クー子
小牟1 票投票先 →貝木泥舟
埼玉銘菓0 票投票先 →球磨川禊
マミ0 票投票先 →小牟
パルスィ0 票投票先 →クー子
球磨川禊2 票投票先 →クー子
クー子4 票投票先 →サイタマ
サイタマ2 票投票先 →球磨川禊
テルヨフ0 票投票先 →クー子
パルスィ はショック死しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小牟 「占い2じゃねーの?>球磨川
なくはないじゃろ」
球磨川禊 「『出るとすればQPか・・・蝙蝠か子狐だ!』」
サイタマ 「なんで俺吊りが一番安定するわけよ
というか俺視点まったくどうなっているかわけわかめだし」
クー子 「……村人表記、多すぎない……?」
プリニー 「初日:不可

2日目;貝木泥舟(GJなし)

ええと、護衛するとこないんすが…人形噛んでる余裕は狼にはないっす
灰から適当にッス
灰に居て票0、発言の強い位置…ちゃれんじっす

3日目:小牟

冥狼LWならほぼ狩人の役目ないんすけど…?
GJでて宣告言わないところが人外確定するぐらいっすか
パルパル噛みが何なのかさっぱりわからん系のプリニーっす
今日は小牟!」
埼玉銘菓 「狩人ってあんた!ここで出ちゃアカンでしょ!」
小牟 「あ、クー子吊らなきゃどこ吊っても構わんぞ。儂の○でも。
クー子とどっかで恋人だったケースは知らんけどそこ残してけばどーにでもなるじゃろ」
プリニー 「おう、狩人っす」
球磨川禊 「『小牟ちゃん視点でプリニーちゃん何者なんだろうねぇ』
『狂人はほぼ無いぜ?』」
クー子 「……小牟と銘菓、どっちかは真だと思うけど
まだどっちなのかは見えない……
小牟が真なら私●は私が不審者になる……」
貝木泥舟 「ふん、まあいいだろう。
村人表記だ。」
プリニー 「諸ムウはどこ釣りたいんすか?」
テルヨフ 「てめー視点冥狼いるならLWないだろ!>サイタマ」
サイタマ 「LWなら狼吊った途端恋人勝ちか狐勝ちになっちまうってば」
マミ 「ついてないのよね。 >パルスィ」
埼玉銘菓 「素村表記とか夢共有とか…」
貝木泥舟 「埼玉視点でも灰のクー子はそれなりに人狼候補として足り得る。」
パルスィ 「本日死体なしってことは、どこか宣告受けてるのでは
誰も言い出してませんけど」
球磨川禊
            ,/ク州州州州州州州州州州州州州州州州从
           /州<州从州州从州州从州州リリ州州州州州从
          /彡´ /州州州从州州州州V州州リ州州州州州州从
           /V  ./州从州へ/州州/州州州州从州州州州州州从
           レ'  /州从州州∧州州州州州州从州州州州州州州从      『僕のCOは初日の朝一に住んでるぜ』
               /从州州州N 州州州И州シ州州州州州州州州州从
         -彡ク从И|州仏 州州州/ |州从州州州从州州州州州从      『共有CO 相方身代わり君だ』
           ´ 州 ,' 州圦i} | 州州イ ̄不州V|州州从州州州州从从
            Ⅵ ,从州! リ ! 州メ! /|Ⅵ州' |州从州州州从州州从
             V´ 从! ノ   Ⅵ く、- !Ⅷ |シ从州州州州从州从
             ', ´ | {!   V  `幺、| ノチ从州州州从州州从
                ,'       ヽ廴芸≧ !从州州从州从州州リ
          ,ー、    ! 、       ` ̄ヾ 从州シ州从州州从州
        /    `ヽ、 ! ゝヽ、      _/彡≧フ州イИ´ヽ州州判
      , ' ´  i!   |  ヽ_|  ` ´ー      ,/ ̄ '_レ' '゛ソ j 从从从从
     /  ヽ  |   i!    、          _ー__二r- ´~~~ `ヾ
    ,´ 、  ヽ  !   | , へ_>― -――― "    ___⊥____
   i  ヽ  i  |  「:ヘ       `ヽ  _ ー―. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   ∧ 、 ヽ_>-!  八∧    _ ー+"       ._______/
  〈:∧ ゝ<_ー" !ラ|::::::リ  _ー/        __....:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   .V:ヘ乂___:::ゝイ:::/  Ⅵ     ー≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::片」
マミ 「村人表記coよ」
サイタマ 「というかLWだと思うのなら狼吊っちゃあかんの!」
小牟 「へー。サイタマ吊らないのにクー子吊りたいのー?>かいき
恋人はー狐死んでるとおもうのー?シャオムウわかんなーい
それとも儂偽で見てるー?」
球磨川禊 「『それじゃあ、COしておこうか夢共有COだよ』」
プリニー 「いや、おれっち真っ白だし…(震え」
テルヨフ 「むしろ感じの埼玉がまる貰いの占いCOのはずなのにどうも信用出来ないのはなんでどうしてなの」
サイタマ 「そうすると埼玉銘菓がなんで占いCOしているんだ?って疑問があるから割とお勧めしない>クー子吊り」
マミ 「え?FO?」
球磨川禊 「『この村確実に狩人期待できないしさ』
『あ、毒ちゃんはちゃんと別のもの騙ろうぜ』」
貝木泥舟 「FOと言い出す割に誰もCOしていないのは滑稽だな。」
小牟 「拒否!
恋人いる可能性あるのにサイタマ釣りとかさせんわ!」
クー子 「……素村表記……」
貝木泥舟 「サイタマより吊るべきはこの場合クー子だがな。」
プリニー 「はっ!FO!」
小牟 「ぶっちゃけまー茨木でほぼ釣れてるとは思うけど>サイタマ
だって冥で噛み続ける意味うっすいし」
球磨川禊 「『QPいるこの村だとね』」
埼玉銘菓 「ってことは1Wもつれてないってことに…」
クー子 「……だからサイタマ夢かもしれないって言ったのに……」
サイタマ 「そんじゃあ俺吊りで
LWじゃないのなら素狼いるだろ
噛んだところが真ってことで」
球磨川禊 「『先生FOでいいんじゃねって思うんだけどさ』」
マミ 「でもそれだとこの死体無し二連続はなんなのかしら?」
プリニー 「ぱ、ぱるパルちゃんCOすてくれないっすか…死んじゃう前に・・・」
サイタマ 「割とすごいLWあると思っていたんだけど」
貝木泥舟 「騙されたな。今回の件からお前が得るべき教訓は、
夢の可能性を常に忘れるな、ということだ。>サイタマ」
埼玉銘菓 「あっサイタマ夢だなこりゃ…」
クー子 「……占いCOが2人……
で、小牟田は……私に●?」
パルスィ 「>サイタマ
…夢、ですか?」
球磨川禊
                       _z、__
                    , '.::::::::::::::::::.ヽ=、
                   ,ィ:::トl:::lメ、ト、;:::::::ハ
                   イ:::ト',_ヽ`テト, |:::::::::l     『・・・しばくぞ』>サイタマ
                     lィハl.lj,! `´ ,l!リ ト`
                   ' .ハ `,.ィ ,イYlリ
                          ヽ イィ三ヨ、
                       .,Fl rニ彡イ//777i
                    ,ィ=イ//Y/////////ハ、
                     l'/////o'/////-=ニ三,'l
                  ,ノ/////,o////////r‐=/ヘ
                 ノヽ'///////////// ヽ'///ヽ、
                /////|'//,o///////  {/チニ'ハ
                ,イ////イ/////////,'  //////
               ///// |'//o/////,l、./////
             /////   |////////イ|く/////
            //////     〈//o/////ィリ ヽ_/
     .       //////    //////////ハ_|.i |」
サイタマ 「あーれー?」
小牟 「んじゃ噛みから超そーいうことっぽいので
クー子はなんか言いたいことあるなら聞いておくぞー」
プリニー 「夢ぇ~!?」
埼玉銘菓 「…ん?今日も死体なし?」
マミ 「なるほど、こうなるのなら冥狼LWも十分納得できるわね。」
プリニー 「お、おう>俺っち真っ白」
サイタマ 「ごめん。なんか上条で人狼結果出た」
小牟 「初日  プリニー○

この配役下○人外のが多いからひじょーに嫌なんじゃが…
まあぶつくさ言っても仕方がないのう。開始前に儂のノリに付き合ってくれたプリニー占っておくかの

2日目  埼玉銘菓○

この数で村決め打ちなんざよーわからんこといっておるのぅ
人外数と自身の役職考えてものをいっておるのか?
紅人形占いなぞせんよ。ぶっちゃけどこの恋人自撃ちあるしのぅ。

3日目  クー子

まーこれなら真じゃろ。ってーか銘菓○とか半端無くびみょーなの引いてしまった
んでLW臭い。サイタマもまぁあれなら占う意味ないしのう
発言で何か前に出たくない感じがするここ占っておくかの。恋人なら(ry」
球磨川禊
            . ・    ,
          . ・ ; ’‥ ; .
        ・ . ”. ・;¨・:`. 〟
          ;¨.∵:’・.※…・ ,   『しらね?僕はあくまで可能性の提示しただけだから』>かいきちゃん
        …;.:`:”・.;・¨∴¨.
       ・  ….○・;”・○”:.`
        ‥ ’.∵・”・¨;・;.:. ’・
         ,:・.ト、__’_.‘ィ.;・::”、
         イ::ヽ.`ー‐:´:’イ:/:::::> .
       イ::::::::::::{:::`ヽ;”・;イ/:::::::::::::::::::`丶
      f::::::::::::::::::::::: >'  ┴く/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |::::::::::::::::::::r┤/ / \_:::::::::::::::::::::::::::::/
    ム:::ー-::f:::ア.'┤イ ィ ハ. ヽ:ヽ::::::::::::::::::::::::゙ヽ
    .リ::::::::::::::/:::{ヽ_ム. ヤ´Tヘ ! :i:::::\::::::::::::::::::::::{
   イ:::::::::::/::::::ヽ-イ|ヽ)_.ト、)ヽ/:::::::::::\:::-==:::ヘ
 /::::::::::/::::::::::::::::\ノ::::::::}::::/:::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヽ」
埼玉銘菓 「占い表記CO
この人数なら夢はほぼないと思うが…
…えっ!?ナンデ!?パルスィと恋人ナンデ!?
でも占い結果に嘘はない、いいね?

初日:貝木泥舟 ○
よしとりあえずこの妖しすぎる人から占おう

二日目:プリニー ○
よし未COでかつ票が入ってないところだ
呪殺とか…出ないかね…

三日目:マミ ●○
個人的に印象薄いところ占い
上条さんで呪殺チャレンジとかやってみようと思ったけど
吊られてしまっては志方がない」
パルスィ 「おはようございます
本日私ショック死ですね」
テルヨフ 「>貴方は五日目の昼に死にます
あっはい」
小牟 「仙狐呪法裏無の型!
プリニー○埼玉銘菓○クー子●」
サイタマ 「うえ」
クー子 「……おはよう……私に誘導掛けてきたのが多くて辛い……
マミが私を気にしてたのは納得できるけど……」
埼玉銘菓 「占いCO
貝木泥舟 ○
プリニー ○
マミ ○」
プリニー 「今日死体がでて、死因持ちがいない場合
サイタマ夢で単に恋人警戒回し噛みってことになるスカね」
サイタマ 「霊能表記CO 上条終わっていない時点でお察しを
そんじゃあ俺を吊って明日育三ってことで」
貝木泥舟 「一つ聞こう、球磨川。
開幕素冥の2Wでいきなり相方恋人疑っていて勝てるのか。」
テルヨフ 「       ,. -‐'::┐__,,.._
      /::::::::::::::l-‐─-='、ニー -,,,__,
     /::::::::::::::_::ノ ノ ト)   ヽ.:::::::_::::::::::::::::;l.'-―‐ ' "´ヽ.
     /:::::::::::-=_.    ´)  Y--‐''"´`''、        i. - 、
     |:::::::::::::::::::::_l.    、_)   | V,-,-,-,-(         |ヽ、,ノ
     |:::::ヽ::::::_::::_:l l ト)    ./∧ーーーー<        |‐'"
.    `、::::::::::::::_:<      ,イ:;:-‐―‐-、.--、      |' ー、'"`ヽ
     ヽ::::::::::::::::l:::ー-‐<__フ     /   i.      |  |  ノ
       ヽ、::::::: ̄ ー‐-‐::::::::<!、    l_,,..-< _   /,..-‐''"
        丶.:::::::、;;;;__:::::::::::::::::`_、_l:::::;;::l    ヽ/
            ̄ ̄ ̄ ̄ ' ー ―――-┘'」
マミ 「おはよう。」
球磨川禊 「                ,...-―`-...、
                ,..:':::::::::::::::::::::::::..`=-、
            ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
           7.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト
              '.|:::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::::::|!     『いや、だからさ』
              |ハ:::::O:::::::::::::::::::::::::::::::ト      『上条ちゃんって初日吊らないなら』
            l!|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ`       『占い処理でかませる位置だつーの!!』
              ' ;::::▽.:::::::::::::::マ_      
               ヽ;:::::::::::::::::::::::::       『まあ、うん、吠えとかこれ状況的にサイタマちゃん信じてよさそうな気がするけどね』
                ,':::::::::::::::::::::::::::`:::::::::-、   『今日の噛み次第と』 『冥狼ー紅狼になりえないって理論はわかるしね』
               ,...:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   
           ,....::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、  『それじゃあ、占いCOどうぞ』
           .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',   
          .ノ.::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::ィ-、::::::::::::.ヘ
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  ヽ::::::::::::::::..
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    〉:::::::::::::::ヘ
          /.:::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::,'.    /.:::::::::::::::::/
        ./.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ./.:::::::::::::::; '
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   ,.:'::::::::::::::::; '」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
上嬢当子さんの遺言 和蘭人形CO
まず噛まれないし紅系疑いで死ぬだなんて不幸よー!!!
まあテルヨフに関しては信じていいわよ、人外であそこで私告発するなら
あってそこ狼系でしょうけれど(狐1だし初日から露出はないでしょ)
それなら最終日、で
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上嬢当子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
プリニー0 票投票先 →上嬢当子
貝木泥舟0 票投票先 →上嬢当子
小牟0 票投票先 →上嬢当子
埼玉銘菓0 票投票先 →クー子
マミ0 票投票先 →上嬢当子
パルスィ0 票投票先 →クー子
球磨川禊0 票投票先 →クー子
クー子3 票投票先 →上嬢当子
上嬢当子7 票投票先 →サイタマ
サイタマ1 票投票先 →上嬢当子
テルヨフ0 票投票先 →上嬢当子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『いや、だからお仲間恋人疑いうんぬんの可能性だよ』>貝木ちゃん
『あくまで、可能性だ』『ここでLWだーって騒いでるのがちょっと違和感あってね』

『まー、明日の噛みをっていうのはある』」
上嬢当子 「朝一で即霊能表記っていってるわよ>サイタマ
まあ私占うのはどうだろ?
紅狐だと思うなら銃殺可能だし、紅天使は…恋人死んでないと否定できないし」
テルヨフ 「冥狼LWなら、上条もサイタマも狼じゃないと思うけどね」
クー子 「……歌仙素狼の他に冥狼LW……
本当なのかな、それ……簡単に考えすぎな気も……」
埼玉銘菓 「紅狐という可能性も紅天使という可能性もあるわけだなあ上条さんは」
小牟 「意味を理解してサイタマ吊るしたいなら上条に入れておくべき。
わかった上でサイタマ吊るしたいいうなら?人外じゃね?」
サイタマ 「結果が狼で最高2wだからさ>球磨川
そんで今噛みが冥狼かもしれないという状況まで整っているんだぜ?」
プリニー 「狼目が薄いんっしょ?そっちのほうが」
埼玉銘菓 「そうか…霊能表記だったか…残念>サイタマ」
プリニー 「あん?それじゃ、別にサイタマ吊らずに上条さんだけ吊っていいんじゃないっすか」
マミ 「茨歌仙が素狼の冥狼残りってのが妥当ってことなの?
というか、宣告とか把握するのちょっと待ってもらえないかしら」
貝木泥舟 「その想定だと開始狼陣営2で飽和でも嫌っているのか?
考えにくいがな。>球磨川」
球磨川禊 「『なんで、LW確定なのか聞いてもいいかい?』>サイタマちゃん
『構築理論がものすげぇ偏ってるんだけど』」
小牟 「故にサイタマ吊るすくらいなら上条吊っておくのが一番いい
2W、冥狼濃厚なんじゃろ?上条が紅狼って内訳は絶対にないので」
サイタマ 「そんならそういうがな>埼玉銘菓
ただの霊能表記だよ」
プリニー 「紅系人外で見るなら、上条さんは狐と、蝙蝠っすか?
その場合は占い処理だけでいい系ですか」
パルスィ 「個人的にはクー子さんが一番気になる場所です
生きてるうちに吊りたい…というのは私のエゴさんでしょうかね」
クー子 「……あ、そっか。
パルスィの宣告が冥狼噛みなら、狼2で素狼もいるから
当子の紅狼はこれで否定されるのか……」
テルヨフ 「なんか、冥狼Lw確定みたいな雰囲気だし
それならサイタマ吊らないでもいいと思うの」
埼玉銘菓 「サイタマは魔法使い系のなんかなのか…?霊能と占い両方できる」
球磨川禊 「『なぜなら、この村恋人いるから』」
貝木泥舟 「明日占いが上条を占ってCOするのは許そう。
紅天使の場合旨味が全く無いがな。」
小牟 「仮に恋人考慮したとしても占いの○だったら噛まれる
そこと狼で恋人?ああうん・・・」
サイタマ 「LW吊りあげるよりかはましなんだからしょうがねえ>小牟」
テルヨフ 「サイタマより上条さん吊ったほうがいんじゃね?
冥狼だって言うなら」
球磨川禊 「『ああ、なるほど冥狼噛みで』
『死体なしか』

『どーだろうね?それでもLWとつながらないと思うんだけどね』」
上嬢当子 「まあ私あって紅系人外だから
狼ってのは否定されるわよね、それは当然のこと」
貝木泥舟 「なかなかサイタマは頭の回る男らしい。」
プリニー 「うい残り5吊りと…ふーむっす」
小牟 「ぶっちゃけそれ意味ないと思うぞ>サイタマ
やりたいこと、言いたいことはわかるけども。それやるなら占いださせてから考えろ
自分が○なら旨味がない」
サイタマ 「なんで占いは潜れるだけ潜っておいてくれや」
クー子 「……えっと、宣告って死の宣告だっけ?
となると……冥狼がパルスィを噛んだ、が正しいのかな?」
埼玉銘菓 「冥狼…だと…」
マミ 「4日目…宣告は把握するのが厄介ね…」
パルスィ 「>プリニー
私もう死亡するの確定みたいなので、私のことは議題から外してもらっていいですよ」
貝木泥舟 「ならば冥噛みか。
茨歌仙で狼吊ったという情報がそれなりに信憑性のあるものになったな。」
上嬢当子 「冥狼LWっぽいんですけれど」
プリニー 「死神もあるっすか」
サイタマ 「そんで明日は上条吊りで
そこは少なくとも狼じゃねえから」
テルヨフ 「死神?>パルパル」
埼玉銘菓 「霊能が出てきて●か幸先いいな
だが狐と恋人を釣り上げないとやばい」
小牟 「うっはー茨木で狼死んだ臭い!>冥噛み」
プリニー 「冥…狼?」
クー子 「……ちょっと待って。
自分が夢枕人の可能性はあるんじゃないの?>サイタマ」
プリニー 「パルスィ(60)「ここで安易に人形を信じられないのがネックですね…
人形に手を出すか、他グレランかが本日の議題と」
これがなんだかアレなんすよ、人形っていうか上条さんでしょう?この場合」
上嬢当子 「そして死体なし…
あるならテルヨフGJか狐噛みでしょうねと言ったところ
QP-狩?知らないわよそんなの」
球磨川禊 「『・・・?』

◇サイタマ 「俺吊りで今たぶんきっとLW」」
小牟 「狩人いるケースでもGJあるなら灰噛んでーって感じじゃと思うが
流石に紅人形も人形も即噛まんじゃろこの数」
貝木泥舟 「何故その結果で出るのかは度し難いな。
雲外鏡ならとっとと撤回しろ。>サイタマ」
パルスィ 「宣告。4日昼ショック死です」
球磨川禊 「『それじゃあ、狐噛んだってことで』
『銃殺を頼むよ占い師ちゃん』」
サイタマ 「俺吊りで今たぶんきっとLW」
マミ 「◇サイタマ(62)  「ケアは後でもできる>マミ
そのまえに少なくとも1wは吊っておかないといけないけどな」

1Wは吊っておく、狼の数が見えてるのって印象を受けるのだけれど。」
クー子 「……あれ?死体が無い?
狐噛んだとか……?」
テルヨフ
                                      _┌┐__
                                    |\└┘ (二)
                                    |  |[二二二二
                                    |  ||____
                                    |  ||____
                                    |  ||____
________________________|  ||____
                                      \|[二二二二
       ,. -‐'::┐__,,.._
      /::::::::::::::l-‐─-='、ニー -,,,__,
     /::::::::::::::_::ノ ノ )    ヽ.:::::::_::::::::::::::::;l.'-―‐ ' "´ヽ.
     /:::::::::::-=_.    ´)  Y--‐''"´`''、        i. - 、
     |:::::::::::::::::::::_l.    、_)   | V,-,-,-,-(         |ヽ、,ノ
     |:::::ヽ::::::_::::_:l l )     ./∧ーーーー<        |‐'"
.    `、::::::::::::::_:<      ,イ:;:-‐―‐-、.--、      |' ー、'"`ヽ
     ヽ::::::::::::::::l:::ー-‐<__フ     /   i.      |  |  ノ
       ヽ、::::::: ̄ ー‐-‐::::::::<!、    l_,,..-< _   /,..-‐''"
        丶.:::::::、;;;;__:::::::::::::::::`_、_l:::::;;::l    ヽ/
            ̄ ̄ ̄ ̄ ' ー ―――-┘'」
マミ 「◇クー子(55)  「……QPが初日だと楽になるんだけど……
狼陣営2だから、今日の時点でLWの可能性もある……?」

QPが初日とか狼の数を気にしすぎてる気がするわね。
少し狐目に見えるわ。」
プリニー 「狐神っすかね、多分」
マミ 「死体無し?」
埼玉銘菓 「おはよー
いきなりGJ?狐噛み?」
球磨川禊 「プリニー(14)  「まぁ、何というか…
棚ぼた怖いって印象っすかね」

                    、
                  __ニ>、_
                ,ィ彡洲洲洲洲<ミ
              イ洲洲洲洲洲洲洲洲、
         ー=彡洲洲洲洲洲ヽ洲洲洲ハ          
          `ヽ7洲洲洲洲洲洲|ハ洲洲洲',
           イ州州∧州州`∨∧州州州弋        『なんだろうね、ほら棚ボタ勝利ってさ』
           イV州州ヘ ママ、ヽヽ`_川从ヽムゞ
            |イVハ从-tッ ` -てソ/リ =イ |ヽ        『余裕のある陣営が言える発言で』『今回の村陣営はそんなに余裕のある陣営かな?』
            V ヽヘ 川ヽ l     // /.∧/>x
            ',  `´ ´ \ -=-' ./ イ /∨三三>x       『もちろん、どの陣営も厳しいんだけどね』
             ',     ノ|>-< / イ三三三三三/>x
                 イリヒ-、/´ /三三三三三/V三//>x
       fヽ-       ,イ三三>ヾ、V三三三三三/V三三三>ヽ
     __ゝ-`ヽ,     V三三三三><三三三三三∨三>>< ヽヽ
  <ニニニ'    ∧_   〈三\\三三○三三三三/V//  /フ ハ
  ヽニニ- |―-   )Vヘ   }三三>ヽ三三三三三三∨\、 <彡/三三〉
     ̄`――ェ_ノ /.ハ  ノ三三三へ三三○三三三三ハヽ/ ノ三三∨
         ム彡三三>イ三三三´  ヽ三三三三三三三!  ./三三∨
          `ヽ三三三`ヽ三V    V三三三三三三{!  イ三三∨」
サイタマ 「霊能表記CO 茨歌仙●」
貝木泥舟 「死体なしか。やるではないか。」
小牟 「えー。灰で狐噛んだ感じがするけどもー」
マミ 「おはよう。」
プリニー 「親死体なし」
球磨川禊
                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、      『上条ちゃん残すなら占い処理じゃねって思うけど』
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ      『吊るタイミングは昨日のみだ』『正解であることを祈るぜ』
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ     テルヨフ 0 票 投票先 → パルスィ
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ     『ただ、なんだろうね?』『和蘭人形だからって理由だろうけど』
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉    『人形COが告発したところに入れない違和感は』
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、」
上嬢当子 「>クー子
こう言っちゃなんだけれど私噛まれないわよ
どうみても紅系疑いかけられるところだし」
サイタマ 「あかん」
クー子 「……おはよう……
歌仙、恋人あるかなって思ったけど、違った……」
プリニー 「パルスィ、埼玉銘菓から漂う人外臭ッス
そこ気をつけて吊りたいっすねぇ」
サイタマ 「おはよーさん。占いはアブナソーならCOすることを考えておけって所か
昨日のグレランである程度票の流れは見えているはずだしな
2票圏内ならCOしておけってところだ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
茨歌仙さんの遺言           / ̄ ̄`ヽ    ___    _,、_ _/ ̄ `ヽ
          /    _,,..-‐: : : : : : : :.`Y⌒ヽY       \
       l   , -'": : >==-‐<::_└--)|
      |ヾ、|  /: : :/: : : :.`ヽ: : : : : : `ヽ(rヾ、_         |
      |! 〉>":/::/: : : : : : : : : \: : : : : ://: :〉 |/__      l
.      X.,:': :/: : /: : : : : : :ト: : : : : 丶: : //: :〈_rvト、  _ _/
    /´/: :/ : : l: : : : : : : :l: :\: : : : :∨/: : : : : :) |!_〃三) 〉
   〃 / / !: : : :!: : : : : : : :ト、: : : : : : : l/: : : : : : 辷-{ゞ._ノ〃      |ヽ
.  /   ,' /: :l: : :.∧: : : : : : :.| ヽ: : : : : !: : : : : : : :';: : : :|: :\\__ノ: : 〉
 /   l/: : ∧: : |ー';:: : : : : :.|-─\: : :.|: : : : : : : : i: : : :|: : : :\: : : : : :/      霊能者を宣言。
.    !: : : : :.\|_ヽ: : : : :.l  x==゙ 、!: : : : : : : : !: : : :ヾ: : : : :>-: <
.    l: : : : :/〃丁心\: : :l〃下孑七Y: : /: : : :,': : : : : :\: : : : _: :\
.    l: :/ ∧: :|! V:::::l  \l  l::::::::::::/: :/: : : :/: : :.ト、: : : : \: :\  ̄ ̄`ヽ     GMQPじゃないと実質5つりですね
      ∨: :|: : ∧ V ノ     ∨辷/: :/: : :/: : : :ハ: : : : : : :ド、: :ヽ     ノ
      \!: : : ハ"" '        ""//: :/: : ://: : l: : : : : : :! \: :':,
         |: : : :人          < __ イ: : :./: : : : イ : : : : : /   ヽ l
         | i/: : : :ヽ  丶       イ: : //:/: : : ハ: :./\(     ソ
         | ト、.: : : :.|: >: . .__ . r <  ,!: : :〈∧ノ!: :/ !/
         |/ \: :人: : : : : :ト-|、  / ヽ: : :>┴f  ̄ ̄ `ヽ
           )'   ̄`ヽノ .|:::Y/::::::: ̄:::::::::/       \
                  イ::〃::::::::::::::::::::::::;'            \
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
茨歌仙 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
プリニー0 票投票先 →埼玉銘菓
貝木泥舟0 票投票先 →マミ
小牟0 票投票先 →埼玉銘菓
埼玉銘菓2 票投票先 →サイタマ
マミ1 票投票先 →クー子
パルスィ1 票投票先 →クー子
球磨川禊0 票投票先 →上嬢当子
クー子2 票投票先 →茨歌仙
上嬢当子1 票投票先 →茨歌仙
茨歌仙3 票投票先 →サイタマ
サイタマ2 票投票先 →茨歌仙
テルヨフ0 票投票先 →パルスィ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
茨歌仙 「>貝木さん
ま、そこもおいおいでしょう」
プリニー 「わぁい高難易度っす」
サイタマ 「どのみち占いは出ていなくて噛まねえといけねえんだ
人形を噛むと思うか?」
埼玉銘菓 「少なくともテルヨフはほぼ村決め打ちでもいいのではないかと」
貝木泥舟 「その場合、俺もお前も不合格だな。>球磨川」
クー子 「……紅系、か……
もし紅狼の騙りなら最後まで残りそうだし、他の紅系なら噛まれたりする……?」
テルヨフ 「私が村なことと上条が村であることは=ではないんだけど
まぁいいやニートはこういう時に強く主張するようなキャラクターではないのだ」
小牟 「恋狼がどーたらとかこっちじゃどうしよもない
俺等にできるのは吊りすぎずミスらず身長かつ大胆でアクロバティック、そしてスタイリッシュにお話することだけじゃ」
マミ 「テルヨフは告発してるから信用はあるから、後々で」
貝木泥舟 「狼陣営2で恋人ケアする余裕が奴らにあるとはとても思えんがな。」
プリニー 「安易に信じるなと言われても、ラインの余裕が無い以上はテルヨフは決め売っていいんじゃないっすか?>ぱるぱる」
埼玉銘菓 「ふむー…多くても2W1F下手したら最初からLWの可能性もあるからなあ…」
球磨川禊 「『いいや、信用は人柄で得るものだよ』」
茨歌仙 「>プリニー
恋人狼なら最終日……ああだめだ入刀だ。
まぁどこかで吊るしかないわけですな、その場合」
貝木泥舟 「信用は金で買うものだ。出方なぞ知るか。」
マミ 「かみじょう放置するわ。」
サイタマ 「ケアは後でもできる>マミ
そのまえに少なくとも1wは吊っておかないといけないけどな」
貝木泥舟 「人形のどこがラインなのだろうな。テルヨフ視点上条人外あり得るのにラインとは言わん。」
パルスィ 「ここで安易に人形を信じられないのがネックですね…
人形に手を出すか、他グレランかが本日の議題と」
上嬢当子 「だからテルヨフは最終日に残ったら考える、程度で問題ないと思うわよ」
球磨川禊 「『君の人外を捨てるってことさ』>テルヨフちゃん
『ちょっと、言葉尻が悪かったね』」
小牟 「ぶっちゃけほんとに紅人外でまさかの紅天使とかだったりしちゃったりしたらネタとしちゃ上等すぎると思うの」
プリニー 「恋人?狼がケアしてくれっす
…恋人狼?」
クー子 「……QPが初日だと楽になるんだけど……
狼陣営2だから、今日の時点でLWの可能性もある……?」
貝木泥舟 「今回の件からお前らが得るべき教訓は、
どうせお前らは上条をそこそこに人外で見ているのだろうが、
吊るなら吊るとスパっと言うべきだということだ。」
上嬢当子 「まあ私告発は人外もできるけれど
この人数ではしないでしょ、一つ露出するってことだし」
茨歌仙 「ま、そこは残しでいいでしょう。
2W1Fです。人外のラインはあまり考えずとも、ですね」
埼玉銘菓 「で他にCOできるようなのはないのね」
マミ 「んー…放置するかケアするか?
でもオランダねぇ…」
サイタマ 「ぶっちゃけあれだ
紅狼であった時のほうが考えるのが楽でいいやってぐらいかね
吊りきり心配しなくていいのは大きいわ」
球磨川禊 「『だから、人外が告発した可能性も0じゃないし』
『その反面で人外が騙りやすい役職ではあるんだよね』
『人形の信頼を下げるという意味で』」
プリニー 「そんな訳で、てるよふ村決め打ち、上条さんもほぼそれに準ずる、そんなんでいいんじゃないっすかね」
テルヨフ 「吊る余裕はあるけど吊るなら人外決め撃ちって矛盾してる気がする。よ?」
小牟 「人形ラインのう
んじゃ人形外しつつーで考えればいいじゃろ。」
埼玉銘菓 「ここで紅系ケアで上条釣りというのもありっちゃありなわけだが…
ワンチャン恋人もあるかもしれんし…」
クー子 「和蘭って人形だけど人形遣いに見えるんだっけ? 他の人形から」
球磨川禊 「『和蘭人形は他の人形や人外から見える人形だね』」
上嬢当子 「私毒ないわよ
要するに人形遣いだけれど紅系疑いかけられて吊られる不幸な役職よ」
プリニー 「まぁ、それならお互い平和だしほっといていいんじゃないっすか
ライン?2wでしかなげられないんすけど」
貝木泥舟 「エロ同人か、昔……いやなんでもない。」
茨歌仙 「で、人形が2。
オランダは紅系ですよ」
サイタマ 「そんじゃあ放っておこう。どのみちテルヨフは村決め打ち
あって狐ぐらいしかあり得ん」
パルスィ 「他に初日COするような役職はない感じですか…」
球磨川禊 「『さて、見た目の吊り数だと』
『一応は、上嬢ちゃんを吊る余裕はある』

『ただ、ここで吊る場合はほぼ人外決め打ちだね』」
テルヨフ
            
       ,. -‐'::┐__,,.._
      /::::::::::::::l-‐─-='、ニー -,,,__,
     /::::::::::::::_::ノ ノ )    ヽ.:::::::_::::::::::::::::;l.'-―‐ ' "´ヽ     仕事終わったわー今日もよく働いたわー
     /:::::::::::-=_.    ´)  Y--‐''"´`''、        i. - 、
     |:::::::::::::::::::::_l.    、_)   | V,-,-,-,-(         |ヽ、,ノ   寝る!!
     |:::::ヽ::::::_::::_:l l )     ./∧ーーーー<        |‐'"
.    `、::::::::::::::_:<      ,イ:;:-‐―‐-、.--、      |' ー、'"`ヽ
     ヽ::::::::::::::::l:::ー-‐<__フ     /   i.      |  |  ノ
       ヽ、::::::: ̄ ー‐-‐::::::::<!、    l_,,..-< _   /,..-‐''"
        丶.:::::::、;;;;__:::::::::::::::::`_、_l:::::;;::l    ヽ/
            ̄ ̄ ̄ ̄ ' ー ―――-┘'

埼玉銘菓 「ひとまずはラインがつながりましたな」
マミ 「オランダ人形、と。ふーむ。」
クー子 「……ん、人形CO?
当子は和蘭人形か…… そこ2人は今日の吊りからは除外かな」
小牟 「わりーと占い師は●引いたら出ておくのもありだと思っておるぞ
上限で最大2Wじゃし。釣りきっちゃって恋人連鎖でイヤン!なんて勿体無い展開なんざごめんこうむる」
貝木泥舟 「毒は鈴蘭だ。」
サイタマ 「ちげえ。あれは鈴蘭だったか」
パルスィ 「人形×2ということですね
一応お互いライン通ってるということですね」
上嬢当子 「紅系疑いかけて吊るんでしょ!!
エロ同人みたいに、みたいに」
プリニー 「和蘭と来た」
埼玉銘菓 「ふむテルヨフが人形COで上条さんがオランダ人形ね」
サイタマ 「毒有りか」
茨歌仙 「っと、人形COあり。上嬢の発言的には「告発」がくるだろう役職であることも推察可」
マミ 「人形告発ね、かみじょうは確認よろしく」
貝木泥舟 「地獄の沙汰も金次第と言うが、この世の金は俺次第だと肝に銘じておけ。」
プリニー 「お、おう>人形と使い
えー」
パルスィ 「人形と遣いラインですか?」
サイタマ 「おーらい。人形だろうがライン繋がるのはイイコトだぜ」
上嬢当子 「あってる、和蘭人形CO」
球磨川禊 「『へぇ、それじゃあ上条ちゃんCOをよろしくね』」
プリニー 「まぁ、何というか…
棚ぼた怖いって印象っすかね」
埼玉銘菓 「おはよー」
サイタマ 「村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1

おはよーさん。6吊4人外+αってところだ。一応は村有利だ
QPがいる時点でそういう初めの有利何て吹っ飛ぶ可能性何て多々あるがな!
占いに刺さったりしたらすっげえやべえ。というか狼持って行っても吊りきりが怖い」
上嬢当子 「村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1
この村でQPがいるとか不幸よー!!
まあ自撃ちなのは幸い、と言えるわね
告発とかなにか有るのなら出てほしいところ
紅じゃなくてもいてもおかしくはないけれど」
テルヨフ 「人形CO 上嬢当子がマイマスター」
クー子 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1

……QPがちょっと厄介……」
茨歌仙 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1

おはようございます、共有系はなし。
GMQPじゃないなら実質4吊り、ですかね。割とぎりぎりかと存じます」
パルスィ 「おはようございます。今日も頑張りましょう
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1
蝙蝠はすぐ出てきてもいいのではないでしょうか?
人数少ないですし、吊り余裕ありますか?
共有はいないらしいですね」
貝木泥舟 「今回の陣営数からお前たちが得るべき教訓は、
吠えこそ多いとはいえ初期LWも考慮しておけ、ということだ。
狼目吊りは8からでいい。」
マミ 「おはよう。
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1」
テルヨフ
            クワッ
       ,. -‐'::┐__,,.._
      /::::::::::::::l-‐─-='、ニー -,,,__,
     /::::::::::::::_::ノヽ(:::)    ヽ.:::::::_::::::::::::::::;l.'-―‐ ' "´ヽ.
     /:::::::::::-=_.    ´)  Y--‐''"´`''、        i. - 、
     |:::::::::::::::::::::_l.    、_)   | V,-,-,-,-(         |ヽ、,ノ
     |:::::ヽ::::::_:::_l ノ(:::)    ./∧ーーーー<        |‐'"
.    `、::::::::::::::_:<      ,イ:;:-‐―‐-、.--、      |' ー、'"`ヽ
     ヽ::::::::::::::::l:::ー-‐<__フ     /   i.      |  |  ノ
       ヽ、::::::: ̄ ー‐-‐::::::::<!、    l_,,..-< _   /,..-‐''"
        丶.:::::::、;;;;__:::::::::::::::::`_、_l:::::;;::l    ヽ/
            ̄ ̄ ̄ ̄ ' ー ―――-┘'」
プリニー 「5吊り3人外+QPッス!
自うちっすからまだマシっすかね、何卒人外につけて欲しいっす」
小牟 「出現陣営:村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1

配役だけで見るなら村>=QP>狐>狼ってところかのう
数的に自分撃ちじゃその辺考慮しつつでGO!」
球磨川禊 「村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1

『5吊り3人外だね』『それはいいんだけどQPいるとこれどーなるんだろうねw』
『しかも蝙蝠陣営のオマケ付きだ』
『ああ、なんて不幸なんだ、ってことれは上条ちゃんのセリフだったかな?』

『そして、僕が村陣営で例え、
身代わり君が共有なんかの重要役職でもでも僕は悪くない』」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営2 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1
ゲーム開始:2013/04/07 (Sun) 10:36:21
プリニー 「開始っす!」
小牟 「イギーが仲間になる展開。プライスレス」
プリニー 「1-」
上嬢当子 「性別鑑定が出たら不幸よー>貝木」
プリニー 「プリニー さんが登録情報を変更しました。」
茨歌仙 「あなたにはお説教が必要なようで>貝木さん」
プリニー 「2-」
プリニー 「音でお知らせッス、念のため>かみじょーさん」
埼玉銘菓 「なんというぼったくり価格…」
テルヨフ さんが幻想入りしました
貝木泥舟 「異議あり一回につき500円だ。」
上嬢当子 「なぜ異議ありを…」
プリニー 「3-」
埼玉銘菓 「?」
クー子 「……あとはズサ次第……」
プリニー 「4-」
プリニー が「異議」を申し立てました
プリニー 「5-」
球磨川禊 「『ああ、いや、今後の参考にしてくれるといいさ』>プリニーちゃん
『村建てありがとね』」
サイタマ 「うーっす。よろしくな」
埼玉銘菓 「こいよ!ズサ!躊躇なんか捨ててかかってこい!」
サイタマ さんが幻想入りしました
プリニー 「それじゃ、投票確認したのでカウント行かせてもらうっす」
小牟 「そうか。じゃあここに無限のフロンティアかプロジェクトクロスゾーンとナムカプの3つのゲームソフトがあるじゃろ?」
マミ 「タワーとかやめなさいよ!この位置だと私が色々とあれじゃないの!」
プリニー 「ああ、GM入ってないんすよ>球磨川さん
申し訳ないっす」
球磨川禊 「『ちなみに、僕も生まれてこのかた、嘘をついたことがないんだぜ』」
茨歌仙 「すくなそうなんで支援しときましょ」
茨歌仙 さんが幻想入りしました
プリニー 「いらっしゃいっす
これぐらい集まったら朝鍋としては良い感じっすかね」
球磨川禊 「『ちなみに、少人数鍋なら』
『合戦か平等OPを入れるといいって』

『僕の死んだお母さんが言っていたよ』」
埼玉銘菓 「うわあ…これはひどいタワーですね…たまげたなあ…」
上嬢当子 「支援支援」
上嬢当子 さんが幻想入りしました
クー子 「……流石にこの人数は寂しいから、支援する……」
貝木泥舟 「俺は嘘と坊主の頭はゆったことがない。」
クー子 さんが幻想入りしました
プリニー 「いらっしゃいっす」
球磨川禊 「『うわぁ、詐欺師の下に来ちゃったぜ』
『僕は嘘吐きはいけないと思うんだ』」
貝木泥舟 「好きにしろ。だがこれだけは覚えておけ。タイムイズマネーだ。>プリニー」
プリニー 「自分ディスガイアD2のために貯金してるので勘弁っす>小牟」
小牟 「この時間じゃしなー。
待っても来ないときは果てしなく来ないぞ。10いけばそれなりなんじゃがその辺はなんとも」
球磨川禊 「『やぁ、僕だよ』」
球磨川禊 さんが幻想入りしました
プリニー 「というわけで、そろそろ時間っす
どうするっす?何分か延長かそのままか」
小牟 「よし!お主中々いいセンスしておるの>プリニー
どうじゃ。ナムカプを買う権利をやろう!」
パルスィ 「こんにちは」
プリニー 「イラッシャッす!」
貝木泥舟 「一円を笑う者は一円に泣くとは、実は俺が考えた言葉だ。」
パルスィ さんが幻想入りしました
埼玉銘菓 「ヤメロー!ヤメロー!」
かりんかりん 「かりんかりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんかりん → 貝木泥舟
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5023 (貝木泥舟)」
マミ 「まだ死んでないわよ!」
プリニー 「このひとでなし!ッス!」
小牟 「マミさんが死んだ!」
プリニー 「いらっしゃいっす」
小牟 「(腹減ったのぅ。じゅるり)」
マミ 「よろしくね」
マミ さんが幻想入りしました
プリニー 「(こいつ…直接脳内に!?)」
埼玉銘菓 「(考えるんじゃない!感じるんだ!)」
小牟 「わりとよく思うんじゃが食べ物関係は何処から言葉を発しているのかのぅ
目の前の食べ物食べようと思ったら話しかけられるとかひじょーにやりにくいぞ」
プリニー 「後3,4人は来て欲しいところっすね」
プリニー 「飲まれた…!?
いらっしゃいっす!」
埼玉銘菓 「よろしくー」
埼玉銘菓 さんが幻想入りしました
小牟 「まー10人くらいいけばいいほうじゃろ
時間も未だある。何、まだ慌てるような時間じゃない」
かりんかりん 「10人くらい欲しいなーとかね。」
小牟 「朝っぱらから儂参上!」
プリニー 「いらっしゃいっす!」
小牟 さんが幻想入りしました
プリニー 「ああホントだ、テンプレのページが有ったっすね」
プリニー 「あ、wikiに乗ってるんスカ」
かりんかりん 「wikiにあるんだから村建てる時に貼るだけでいいよ?」
プリニー 「保存しておくッス
かりんかりん 「そうだね。」
プリニー 「これっすかね、テンプレ」
プリニー 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば

 占いCOする時はよく考えましょう

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません


占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意


占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)

 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります


”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です

 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります

 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

自分の役職はちゃんと確かめよう!

 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!

 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ

 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!

 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。

 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます

 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ

 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください」
プリニー 「いらっしゃいませっす」
かりんかりん 「テンプレ貼ったらどうだろう。」
かりんかりん さんが幻想入りしました
プリニー 「GMが入ってないので超過投票はお早めに、っすね」
プリニー 「そんな訳で朝鍋っす」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → プリニー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 381 (プリニー)」
かり 「開始時間は10:32分ごろ」
かり 「初日投票、昼AA等自由
超過前噛みは恋人陣営がいない時に」
かり さんが幻想入りしました
村作成:2013/04/07 (Sun) 10:10:37