←戻る
【雛771】やる夫たちの希望神話指導者囁き小悪魔宿敵超闇鍋村 [917番地]
~花見の季節ですね~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する神話マニア村共有者置換村囁き狂人村小悪魔村超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeJ:宿敵村)[J]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 先代GM
 (dummy_boy)
[夜叉]
(死亡)
icon MAYU
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[紫狼]
[死の宣告]
[狐火]
(生存中)
icon モヒカン
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[人狼]
[元神話マニア]
(死亡)
icon 伝説巨神イデオン
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[賢狼]
[宿敵]
(死亡)
icon ヒゲ
 (KRO◆
ksrAnkingc)
[宙狐]
[能力喪失]
(死亡)
icon アーチャー
 (ミカタ◆
ntNbWDK8Po)
[夢守人]
(死亡)
icon やる夫
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[毒橋姫]
(生存中)
icon 飛影
 (経験値泥棒)
[占い師]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (kai774◆
WBvUnaSXHw)
[殉教者]
(死亡)
icon 埼玉銘菓
 (塔ヶ崎)
[常世神]
[宿敵]
(生存中)
icon ユキメノコ
 (たぶん◆
zrby9199Sc)
[欺狼]
(死亡)
icon エトナ
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[妖狐]
(死亡)
icon パチュリー
 (餡子◆
SF1HfCBzl6)
[尸解仙]
[共鳴者]
[能力喪失]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[人狼]
[共鳴者]
(生存中)
icon 本多二代
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[上海人形]
(死亡)
icon キャスター
 (すてら)
[占い師]
(死亡)
icon アイギス
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[露西亜人形]
(死亡)
icon ラティアス
 (C_T)
[毒狼]
(生存中)
icon 小鈴
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[毒蝙蝠]
(生存中)
icon 妖夢
 (ふらい)
[夢共有者]
(死亡)
icon 巨大化っていう
 (www)
[戦乙女]
(死亡)
icon 可符香
 (あるばだーく)
[星熊童子]
(死亡)
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
可符香 「人外村で謝ることなど>飛影様」
妖夢 「毒狼投票でラティアスさんが票をずらして吊られ、蝙蝠か狂人が飛べばなーととっさに思ったんですが。
その場合どうなるんでしょ」
本多二代 「アーチャー殿については指定が有れば回避できた気はするでござるな
まぁ、拙者たちが反逆したのが悪かったでござるがw」
先代GM 「お疲れ様」
アイギス 「お疲れ様でありますよー」
伝説巨神イデオン 「ああ、そうだよ、聞こえたよ
しかし賢狼も妖狐が静かにすれば意味ない役職だな」
可符香 「巨大化っていう様の勝利を考慮、ですか。」
飛影 「……(正直すまなかった>初日吊られ)」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先代GM 「ああ、ちょっと疑問に思っただけよ>イデオン
やっぱり狐の声普通に聞こえるのね」
妖夢 「村吊りは飛影さんとアーチャーさんでしょうか。
前者はどうしようもないですが後者は別のところに誘導していれば、ですかねぇ。うーん。」
伝説巨神イデオン 「?なんでそんなこと・・・・聞こえたけど>GM」
ヒゲ 「だから言ったのに
結局噛まれるって」
先代GM 「なんかもうネタばらしモード入ってるし聞いてもいいか
貴方こっち来てから囁き聞こえた?>イデオン」
伝説巨神イデオン 「>エトナ」
伝説巨神イデオン 「クカカカカカ、そうかい、こいつはしてやられたな」
本多二代 「大穴狐蘇生でござるな」
妖夢 「残り1Fになったら黙っておくのが狐としては安定ですね。
霊界サービスできないのがちょっと寂しいですけども。」
霧雨魔理沙 「世の中都合通りに上手くいかないもんだ。私の殉教者のように>妖夢」
ユキメノコ 「確かMAYUについたんだったかの>狐火」
エトナ 「そりゃあ言わせなかったからよ>イデオン
言わせたらあんたみたいに賢狼がいたらばれちゃうでしょーが」
妖夢 「尸解仙とかどうしようもないですよー
精神鑑定が都合よくいてくれたら・・・」
ヒゲ 「あ、即噛みしたら狼が誰か占われて死にます
俺宙狐だし」
伝説巨神イデオン 「賢狼CO
エトナが死んでからあーうーが聞こえなくなったんでな
相方子狐だと思ったんだ」
可符香 「殉教者とはげに悲しき、ですが、それも1つの生き様でせう>魔理沙」
伝説巨神イデオン 「本当のCOしていいかな」
妖夢 「お疲れ様でした。」
アイギス 「お疲れ様でありますよー」
エトナ 「キャスターを即噛みしなかった狼の勝ちね
あのままだったらなんとか行けたかもしれなかったけどなー」
霧雨魔理沙 「正しい選択肢だったか……お疲れさん。」
飛影 「……(乙)」
妖夢 「果たしてラティアスさんに票を集めるのはどうだったのか、そこについては色々あるような気がします。」
先代GM 「お疲れ様」
先代GM 「毒蝙蝠噛んで逆転負けとかしないかなぁ」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
ヒゲ 「下界は知らんけど
俺だったら絶対埼玉銘菓噛むから
誤爆されても困るだろ」
可符香 「愛方でも悪くないではありませう?」
モヒカン 「あ、だめだわ
飽和じゃねーじゃんw」
霧雨魔理沙 「「試合で負けても勝負で勝てばよい」ってのが中の人のモットーだからな。
私なんかにご主人の手を煩わせたくないし>カフカ
お疲れさん。」
ヒゲ 「ふつーにこれ埼玉銘菓とでっていう噛み切りだろ」
エトナ 「おつかれー
あー、残念」
モヒカン 「でっていう噛みがベストじゃねーかとは」
ユキメノコ 「実に善哉。お疲れ様じゃ」
本多二代 「お疲れ様にござる」
可符香 「お疲れ様。」
アーチャー 「ふむ、終了か」
先代GM 「あら違った
お疲れ様」
飛影 「……(無理だったか…)」
アイギス 「お疲れ様でありますよー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先代GM 「巨大化はラティアス投票かしらね?」
可符香 「殊勝ではあられますが、時に貪欲であられますのもまた、あるいは>魔理沙様」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ユキメノコ 「フ、フラグを立てるのはやめるのじゃ!>ガロード」
先代GM 「まぁ、巨大化っていうの主張もたしかね
妖夢吊って巨大化っていう噛んでヒゲ吊りパチュリー噛みが妥当なところかしら?」
エトナ 「MAYU蘇生とその後吊られなかったのが痛かったわけね…
んー、惜しいなー」
霧雨魔理沙 「別に私は自分が負けでもよいから、ご主人の手助けに少しでもなれれば良いと思ってたしな。
鼻から自分の勝利は捨ててたよ。>カフカ」
アーチャー 「しっかし、MAYU狼なのによく吊れたな」
ユキメノコ 「魔理沙とイデオンを犠牲にしながらの勝利じゃな…順調にいって」
可符香 「それは不幸な憂き目にございませう>魔理沙様」
エトナ 「やっぱり無理ねー」
霧雨魔理沙 「狂人は狂人でも殉教者だったんだがな(遠い目」
先代GM 「さて、大体勝敗は決まったかしらね」
アイギス 「あー、PPでありますな」
ユキメノコ 「うむ、蝙蝠噛むところじゃったあぶなかったの」
アイギス 「お、人形でありますな。よかった。人形遣いはいなかったでありますか。
遣い見えないから戦々恐々としてたであります。」
ユキメノコ 「お疲れ様じゃ」
霧雨魔理沙 「お疲れさん。」
本多二代 「御疲れ様にござる」
飛影 「………(乙)」
アイギス 「お疲れ様であります」
先代GM 「お疲れ様」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
ユキメノコ 「そうそう白狼など…」
霧雨魔理沙 「白狼か。ただでさえ人外場なのにそんなのでたら厄介だな」
アーチャー 「噛み筋的に◯に狼いそうではあるな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
飛影 「……(乙)」
アーチャー 「ふむ、ガロードを狩人みたのがあれだったわけか」
エトナ 「余裕があるかそれとも○に狼がいるかしているかじゃないかしら?」
エトナ 「おつかれー」
霧雨魔理沙 「蝙蝠もまだ生存濃厚で、でっては確実にPPにのる。それに狂人票が一つか二つあったら……。
おう、二人目の人外さんお疲れだ」
ユキメノコ 「お疲れ様じゃ。浮き彫りになった感があるの」
アイギス 「お疲れ様でありますよー」
可符香 「でせうね>MAYU様
お疲れ様でございませう」
アーチャー 「>エトナ
そして、キャスターでなくヒゲを噛んだ理由がわからん
かつ、狼に余裕があるというならばキャスターをなんとみるかだ

キャスターを真に据えるなら狼に余裕はないはずなのだがな」
アイギス 「座布団一枚であります>ユキメノコ」
先代GM 「お疲れ様」
可符香 「モヒカン様が狼でありますれば、私噛みもまた運命でありますね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ユキメノコ 「なんというヒゲ気」
エトナ 「となると狼はかなり余裕あるのねー
ちょっとどうにもならなさそう」
伝説巨神イデオン 「うくく、予想は半分当たっていた!子狐だということは間違っていたがな!」
飛影 「……(モヒカンェ)」
可符香 「小鈴様が村毒でありましたらば」
アーチャー 「・・・鬼がいるこの村で狐断言?」
エトナ 「あっちゃー」
霧雨魔理沙 「……だそうだが。>エトナ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
飛影 「……。(やる夫か…)」
キャスター 「うーん、しまったな。」
キャスター 「もう1度言うけど、やる夫」
ユキメノコ 「言われたハナから出おったわーと思いきや毒の騙り
やる夫は残していいと思うぞえ」
アイギス 「噛まれるためのとか言った方がいいんじゃないかなーって」
霧雨魔理沙 「予言者かなんかだといいねぇ>カフカ
やる夫だってよ>飛影」
飛影 「……(そう言えばキャスターは最後どこ占おうとした?)」
ユキメノコ 「…げふん。
今日狩人COがなければそう考えざるをえないの>イデオン
出たとして信用は底辺じゃが。」
アーチャー 「問題は昨日の死体なしがなんであるかだがな
キャスターを一日放置する理由がよくわからん」
可符香 「小鈴様の村人表記は個人的には好きでございますね」
霧雨魔理沙 「狩人探そうと思ったら偶然狐にぶち当たったのが濃厚かね>ユキメノコ
後、巨大化の周りが死体ばっかだなwww」
エトナ 「埋毒表記多いわねwww」
伝説巨神イデオン 「狐噛み>ユキメノコ」
アイギス 「なるほどなー>隠ぺいだからそれはない」
伝説巨神イデオン 「・・・妖狐系か!うくく、こいつは1杯食わされたよ、ハハハハハハハハハハハハ!そうか、ヒゲは妖狐系か!>エトナ」
ユキメノコ 「どういうことだっぺ?昨日の死体なしは」
アーチャー 「じゃあ、やる夫吊りだが・・・おまえ・・・
まあ、そういうミスはある

ただ、逆銃殺ならどこを噛んだだがな?今日」
霧雨魔理沙 「それじゃぁやる夫天狐の可能性あるか?」
キャスター 「わりと悠長に遺言更新のんびりしてたら
急に朝になっちゃった」
飛影 「……。(あと、埼玉天狐はありえん。蘇生ログは確かに3つあった。
     加えてまだ配役隠蔽)」
アイギス 「お疲れ様―」
キャスター 「やる夫」
エトナ 「てあっれー?>キャスター死亡」
アーチャー 「・・・占い先どこだ>キャスター」
可符香 「ほむり、お疲れ様でございませう」
霧雨魔理沙 「仙狐はないだろう。埼玉仙狐だったらもう配役は後悔されてるはずだ>アイギス

っと、真占いが……これ狐噛みだったのか」
ユキメノコ 「…ふあ?お疲れ様じゃ」
先代GM 「お疲れ様」
キャスター 「あれ?」
飛影 「!?」
エトナ 「おつかれー」
ユキメノコ 「埼玉仙狐なら遮蔽の理由が謎じゃよ…w」
アーチャー 「霊界隠蔽の時点で埼玉は真だ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
伝説巨神イデオン 「なんか・・・発言少ない気がする
見てなかっただけな気もするけど」
アイギス 「あえての埼玉が仙狐の可能性」
可符香 「MAYU様が狐であれば楽しい、
でっていう様が狐であればなおのこと楽しい。」
霧雨魔理沙 「妖夢辺り子狐かもなとは思ってるがな>イデオン」
ユキメノコ 「ちなみに狐とは何を理由に言っておるのかえ>イデオン」
伝説巨神イデオン 「俺はヒゲが狐陣営とみる、ほかの皆はどうだ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ユキメノコ 「ヒゲは確かにあまり発言見ておらんの。」
伝説巨神イデオン 「いや・・・・・ヒゲは妖狐系か?」
アーチャー 「私の趣味の進行で行くならば
ラティアス占わせて、ヒゲーモヒカンーやる夫から指定かね」
ユキメノコ 「今日の死体なしがGJなら圧殺可能じゃ
狐噛みなら?どうしようもあるまいけんらけんら」
飛影 「…(乙)」
伝説巨神イデオン 「おっと大声すいません」
伝説巨神イデオン 「ヒゲが怪しすぎる!ヒゲは子狐とみる!」
霧雨魔理沙 「榊かぁ。確かに可能性もあるっちゃあるな>カフカ」
アーチャー 「巨大化はPPの為に残しているのだろうよ」
先代GM 「お疲れ様」
アーチャー 「ふむ」
可符香 「お疲れ様の言葉をねぎらいと共に。」
ユキメノコ 「ううむ…まあ大丈夫かの?
お疲れ様じゃ」
アイギス 「おつかれさまでありますよー」
エトナ 「おつかれー」
可符香 「あるいは、榊鬼>魔理沙様」
霧雨魔理沙 「お疲れさん。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 「そういや、鬼の攫いが全くないな。初日鬼だったのかね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
エトナ 「割とあたし投票で吊ってみたら
面白かったかもね」
伝説巨神イデオン 「ああ・・・確かにガロードは狩人に見える」
アーチャー 「毒狼ならまあ、あれではあるがな」
伝説巨神イデオン 「うくくくく、くははははははは!
配役公開を楽しみにしておこう!」
アーチャー 「ならばラティアス占わせればいい」
可符香 「あるいはMAYU様の狂アピでせうか>ガロード狩人明言」
飛影 「……。(狩が居るというのはいいことだ)」
霧雨魔理沙 「へぇ。配役公開を楽しみにしておくよ。……その前に軽く絶望しそうだが>エトナ
だろうな。常世神の能力自体は怖くないしねぇ>カフカ」
伝説巨神イデオン 「ところで・・なかなか噛まれないヒゲが怪しいんだが」
アーチャー 「この状況でキャスター噛まない理由がないだろうな狼には」
可符香 「埼玉様をお召し上がりになられないのは、
巨大化っていう様を味方につけられなくなるリスクを判断されての故、で御座いませうか」
エトナ 「ぶっちゃけ狐噛みはあり得ないからね
あたしの相方は噛むところじゃないし」
伝説巨神イデオン 「死体無し・・・・もう1匹の狐噛みはないと考える
何故なら俺の予想では相方は子狐だからだ
狩人がいるのか?」
エトナ 「まあ、このまま一発で狩人を抜いてくるとかじゃない限り
大丈夫そうねーというか狩人いるんだったらあたしは
もっと残っておけばよかったわねー」
霧雨魔理沙 「へぇ、狩人いるみたいだな。」
アイギス 「おー、死体なしであります」
先代GM 「死体なし
さて、どう動くかしら?」
アーチャー 「ガロードが狩人ならば吊られた価値はあるか」
飛影 「……(死体無し…そして蘇生も無し、か)」
可符香 「素敵でございませう>死体なし」
エトナ 「おー、狩人いたんだラッキー」
霧雨魔理沙 「人外が引き分けの場を進んで設けるってのも、この村が如何に人外場なのかがよくわかる>エトナ」
アイギス 「え、アイギス護衛だったでありますか夢狩人殿?」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
伝説巨神イデオン 「くくっ、アハハハハハハハハハハハハハハハハハ!
そうか、そうか!いいだろう、面白い!それなら見せてみろ!お前の言う「びっくりどっきり」を!
俺は相方は子狐系だと予想するよ!ハハハハハ!>エトナ」
アーチャー 「アイギスが死んだ時はこう悲しみを背負ったよw」
霧雨魔理沙 「しかも蝙蝠陣営は蝙蝠みたいだしな。狩れる場所が獏しかないか。>アーチャー」
エトナ 「そーなのよねー>魔理沙
指定もかなりグダグダだしせっかく私が引き分けの芽を
作ってあげていたのにねー」
可符香 「知悉を求めるは人の業であられます故。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
エトナ 「なーいしょ>イデオン
びっくりどっきりがないとおもしろくないでしょ?」
飛影 「……(乙)」
霧雨魔理沙 「狂人は最低でも二人いるし、今の状況だと巨大化もPPに乗るしな。>エトナ」
アーチャー 「個人的にはいい護衛をしていたのだが
全く、夢なのが悲しみを背負う」
伝説巨神イデオン 「ところで聞いておこう
お前の相方は子狐系か?>エトナ」
アーチャー 「まあ、私が死んだ時点で引き分けを目指してくれだな」
エトナ 「非狐目が吊れたわねー
後の非狐目はやる夫ね。あたし初日投票しているし」
伝説巨神イデオン 「乙―」
アーチャー 「いや、まあ、指定にさからって私吊ってるあたり人外村だろう」
先代GM 「ほんと、何のための指定なんだか」
伝説巨神イデオン 「ところで・・・9798 さっきミスって入力した数字だ
そして謎の勘で聞いとくが心当たりのある数字があるか?
何らかのヒントになるかもしれんからな>エトナ」
可符香 「具現化されしお疲れ様。」
アイギス 「お疲れ様でありますよー」
霧雨魔理沙 「あぁ、お疲れさん。」
エトナ 「おつかれー」
先代GM 「お疲れ様」
エトナ 「まあ、ここで人外、それも狂人あたり吊らないと
村は負けるんじゃないかしら?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 「まぁ、そうだろうな。その気持ちの5%位は私も理解できる。>エトナ」
先代GM 「謎の直感ってたまにあるわよねー>イデオン
最終的には無視するのだけどそういう時に限って当たったりして泣きたくなるわよね」
可符香 「それが人の常で御座いませう>GM様」
飛影 「……(それでもぎりぎりなのか…)」
可符香 「別に、でっていう様でも構わないのでありますよ?>エトナ様
いえ、何が、とは特に申し上げないので御座いますが」
エトナ 「ぶっちゃけぎりぎり合格なのはアーチャーとガロードだけだからねー>魔理沙」
先代GM 「指定しろと指示出しておいて指定したらそこよりこっち吊れって我儘よねぇと下界を観て思うGMであった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙 「へぇ、面食いのお前さんがそういう対象か……この村だと多すぎるな>エトナ」
伝説巨神イデオン 「原作東方の霊夢みたいな?
なんか電波をビビッと受け取る感じ?」
可符香 「それは至極残念であります>エトナ様」
伝説巨神イデオン 「ふむ・・・・・謎の勘で狂人と思ったが勘違いだったか
すまんな」
エトナ 「そんなんじゃないわよw>カフカ
あたしの相方はそういう対象じゃないしね」
霧雨魔理沙 「言っただろ。夢占いだって>イデオン」
伝説巨神イデオン 「魔理沙、お前は自分の役職をなんだと思ってる?」
可符香 「相方→あいかた→愛方……私の脳内はお花畑のようでありますね」
霧雨魔理沙 「こういう時に限っていないのが狩人って落ちなんだよな>飛影」
可符香 「真確定したのであれば、その占い師は儚く散り果つる。」
エトナ 「まあ、下界に狂人が一杯いそうだから
村不利なのは変わらないかなー。あとはあたしの相方に任せても
大丈夫そうだしね」
飛影 「……!(狩人はいるのであればキャスターを守れと念じよう)」
伝説巨神イデオン 「・・・俺復活してほしいな
無理か……」
アイギス 「おお。意外でありますな。正直キャスターさん偽とばかり思ってたであります」
霧雨魔理沙 「遺言見る限りではMAYUは未亡人と幻視者は無いようだったが。

……っつーわけで夢占い師だ。「お前さん夢か?」つったのはそういう理由もある>イデオン」
飛影 「………(キャスター真、か…ならなんとかなるかも知れんな)」
可符香 「お疲れ様の言葉とともに。」
アイギス 「お疲れ様であります―」
飛影 「……(乙)」
エトナ 「おつかれー
キャスター真だったんかいw」
伝説巨神イデオン 「聖女・執行者・不審者・無意識・預言者・未亡人・連毒者・幻視者のうちどれかだな」
先代GM 「お疲れ様」
アイギス 「あー。なるほど。聖者とか執筆者とか不審者とかの可能性でありますか。
納得納得。わすていたであります。教えて頂きどうも>GM カフカさん 魔理沙さん」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
可符香 「何であれ、彼女が下界にいること、それがすべてでございませう」
先代GM 「というわけで村人以外にも8つの役職が村人表記になるわ」
霧雨魔理沙 「騙りが用意できなかった人外なのか「聖女・執行者・以下略の類」なのか>アイギス
前者濃厚だがな」
可符香 「村でなく、あるいは村>アイギス様」
先代GM 「村人 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人)
村人陣営の基本種。
同一表示役職
聖女・執行者・不審者・無意識・預言者・未亡人・連毒者・幻視者」
伝説巨神イデオン 「そして宣言しよう。俺の役職を。萌え占いSA☆。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アイギス 「じゃあ、MAYUさんが村人COしてたのはなんだったでありましょう。
カフカさんは鬼でありましたが」
先代GM 「村人が神話マニアに置換されるオプションはつけたわね」
霧雨魔理沙 「これは私の責任だな……。
明日の朝になればわかるさ……。くっそー!>飛影」
アイギス 「そーいえばなんですけど。この村って村人神話置換でありましたよね。」
飛影 「…(魔理沙の役職はなんだろうか)」
可符香 「小鈴様は潜毒でございませうか。」
伝説巨神イデオン 「うーん、あーうー聞こえないなあ
ま当然か」
霧雨魔理沙 「……んー、もう一日は生きていられると思ったんだがな。
あんなにヘイト稼いでりゃ狼も噛みに来ないと思ってたし」
可符香 「魔理沙様が優先されましたか。お疲れ様であります。」
霧雨魔理沙 「あー私吊りになったか。まぁ、そんな気はしていたが……。」
飛影 「……(乙)」
アイギス 「お疲れ様でありますよー」
先代GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
可符香 「人外村であればこそ、単純に最も票が集まるMAYU様に御座いましょう?>GM様」
アイギス 「というかキャスターさんが占ってないのもエトナさんが死んでないのも
今日までくれば違和感しかないであります。」
伝説巨神イデオン 「オウフミスった」
伝説巨神イデオン 「9798」
先代GM 「さて、結局指定入らずぐだぐだになりそうだけど、誰がこっちに来ると思う?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
可符香 「ずいぶん、親切な狐ですね>エトナ様」
伝説巨神イデオン 「なので、俺は蘇生されることはないだろう。
萌え占いなど信じてもらえることはないのだから。」
伝説巨神イデオン 「ふむ・・・・ひょっとして俺萌え占い?いいや、それしか可能性はない。
それしか俺の真を証明できる証拠はないのだ。
そもそも証拠として言っても信じてもらえる気がしないが。」
飛影 「……(埼玉が蘇生か…そして常夜…)」
アイギス 「アイギスが噛まれたでありますかー。」
可符香 「お疲れ様。」
アイギス 「お疲れ様であります」
飛影 「……(乙)」
先代GM 「お疲れ様」
伝説巨神イデオン 「飛影は夢だな・・・・俺視点だと」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
飛影 「……。(そういうものか…すまんな>MAYU)」
伝説巨神イデオン 「・・・みんな星になってしまえ」
伝説巨神イデオン 「だが、俺が誤爆蘇生されることを祈っていよう。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
伝説巨神イデオン 「それに、俺が宿敵が付いたので勝ちはほぼないと言っていいだろう。」
MAYU 「あぁ、今更だけど
飛影は本当に貴方が真と言うならば、
ぶっちゃけ派生とか嘘つき村以外じゃ、
夢なんてそこまで考えなくて良いと思うわ >飛影」
伝説巨神イデオン 「だが蘇生されることはないだろう。下には信じてもらえるわけがないのだから。」
MAYU 「私蘇生チャレンジあった 常世神かもね」
伝説巨神イデオン 「ふむ、俺は夢だったようだ。」
飛影 「……(蘇生だ>イデオン)」
伝説巨神イデオン 「隠蔽か、覚醒かな蘇生かな」
MAYU 「お疲れ様。」
飛影 「……(乙)」
可符香 「あるいは、終焉。お疲れ様。」
MAYU 「ただ私はアーチャーと違って、村保護での狐吊りは考えて無かったけどね
それやるなら、初日イデオンにぶち込んでるから
先代GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先代GM 「さて、今日は誰がこっちに来るかしらー」
可符香 「飼う、というのはあくまで私が鬼だから言ったことであり。
確定人外を飼っておけるほど、この村に余裕はもとより意義は薄い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
MAYU 「妖夢は、多分村でしょうよ。 ちょっとだけ視点が狭いだけのね」
飛影 「……。(把握した>カフカ)」
可符香 「それが果たされていないのであれば、
私の死が意味を果たさなかったと、それだけのことでありましょう。」
MAYU 「あんれま」
可符香 「いえ? 私は行使いたしましたよ、エトナ様に>MAYU様」
MAYU 「まぁ、攫いは使ってなさそーね」
可符香 「星熊童子――それは、40%の意味のなれの果て>飛影様」
MAYU 「ん? 欺狼か」
飛影 「…(詐狼かこれ?
   あ、結局カフカはどっちだ?)」
飛影 「……(乙)」
可符香 「――届かない、とするならば、それは40%の喪失。お疲れ様。」
飛影 「…(真か夢かはっきりしなかったから…すまん>MAYU)」
MAYU 「わ、私蘇生ー!?」
先代GM 「お疲れ様」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
MAYU 「飛影は、イデオン●の占いってなら、初日にイデオン殴って良かったと思うんだけどね」
飛影 「…(ふむ、素村表記…)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
MAYU 「置換はいってっから」
MAYU 「素じゃないらしーけどね」
MAYU 「村人」
飛影 「……(そう言えば役職はなんだろうか>MAYU)」
MAYU 「ほっとくというか そんなところに1手使わせる暇があるなら って話だけど」
MAYU 「占いにゃ、狐なんて占わせないで
ほっときゃよいじゃない」
飛影 「…(乙)」
MAYU 「おーおー 吊るんだ」
先代GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先代GM 「MAYUとエトナで4票引分
さて、どちらかがこちらに来るのか、それともまさかの2人以外か」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
飛影 「……(正直イデオンが占いには見えん。出方が果てしなくアレ過ぎる)」
先代GM 「さて、占いCOに狐COが出たわけだけど、どう思う?
答えたくなければ答えなくていいわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
飛影 「…(イデオンが占い…だが信用していいかどうかは微妙だ…)」
飛影 「…(エトナが狐…だと…?)」
先代GM 「わお>狐CO」
飛影 「…(死体無し。そして蘇生居る、と)」
先代GM 「あら死体なし」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
飛影 「…(あ、そうか覚醒者の可能性もあるか)」
先代GM 「配役隠蔽なだけで蘇生がいるとは限らないけどね?
勿論どうなのかは言わないけど」
飛影 「・・・・・・・・・・(イデオンが何者かに気を取られ過ぎたか?あと蘇生居るようだな)」
飛影 「……(無念)」
先代GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先代GM 「さて、今宵は誰がこっちに来るのか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先代GM 「お疲れ様と
配役隠蔽中ね」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営8 人狼陣営7 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 鬼陣営2 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2013/04/18 (Thu) 20:52:21