←戻る
【雛772】やる夫たちの超闇鍋村 [919番地]
~オプション:なし~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[死化粧師]
(死亡)
icon 慢心王
 (ミカタ◆
ntNbWDK8Po)
[抗毒狼]
(生存中)
icon タツマキ
 (コルクマリー◆
QwBRDlNnwk)
[村人]
(死亡)
icon ルカリオ
 (UG◆
mFF3UdG4E6)
[天使]
(死亡)
icon 小悪魔
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[共有者]
(死亡)
icon スターミー
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[猟師]
(死亡)
icon エルキドゥ
 (真夜中の清純派◆
dozeuLS02Q)
[帝狼]
(死亡)
icon ユキメノコ
 (そば◆
ouOTrD27LE)
[人狼]
(生存中)
icon ゾフィー隊長
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[隠者]
(死亡)
icon ヌケニン
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[天人]
[能力喪失]
(死亡)
icon リリーホワイト
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[錬金術師]
(生存中)
icon 取立人
 (purannt◆
F4HHt9k4m6)
[茨木童子]
(生存中)
icon 値上げしてやんよ
 (ライト◆
fgO5OewEQ6)
[子狐]
(死亡)
icon イーディ
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[占い師]
[恋人]
[共感者]
[死の宣告]
(死亡)
icon リリーブラックゴレイヌ
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[祟神]
(生存中)
icon ニャル子
 (空澄琥珀翡翠黒曜姫◆
z1XhdJ.lxM)
[妖狐]
(死亡)
icon ミスト
 (OOO◆
Q0njwyarnmSV)
[精神鑑定士]
(死亡)
icon 新城直衛
 (Friend◆
Friend9Sig)
[猟師]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon やる夫
 (人形好き)
[連毒者]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (web)
[呪狼]
(生存中)
icon レミリア
 (ぬえもえ◆
NUEmoeSoio)
[静狼]
(死亡)
icon TASさん
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[蒼狐]
(死亡)
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
新城直衛 「ビギナーズラック」
エルキドゥ 「イーディの日記が足りないのが超ありがてーと思いながら
イーディをたたく…ああ…心苦しくてなりませんでした…僕は優しいので」
レミリア 「あっ>取立人のやる夫攫い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニャル子 「ああ、終わったわ」
タツマキ 「8>6で負けよ」
GM 「というか、飽和か」
ルカリオ 「どうでもいい話だが、初日にヌケニン○を用意してたのは本当だ。 >ヌケニン」
TASさん 「>新城
そっちか、何で解っちまうんだろーなー…」
タツマキ 「あっ>攫い
これは負けたわね……」
GM 「これはPPで終わりダナ」
レミリア 「しかも真占いと猟師だしねぇ…>ヌケニン」
新城直衛 「TASはニャル子死因に対しての呪殺への反応の仕方だったかな」
タツマキ 「あのAAの名前はネタだから>イーディ
うん……最初にやるのはダメねわかった」
GM 「QP混じりなんてそんなもんだ>ヌケニン」
ルカリオ 「軍人CPと言うコンセプトだったがやはり恋人は難しいものだ。」
エルキドゥ 「僕はギルを信じてるよ!(キラキラ
リリブラ-慢心王で恋人じゃないかなんて一瞬も疑ってないよ!」
ニャル子 「う、嘘が付けない私の性格がにくい!
この純情さがにくい!」
ヌケニン 「恋人に村2取られたのが厳しかったですねー」
イーディ 「というかタツマキだったんですね
ずっとタマツキだと思ってよく分からない名前だと思ってましたのに」
新城直衛 「ヌケニンを天人即答だったしな。理由も特になく>ニャル子
あとなんかピンときた」
イーディ 「出てましたわねwww>タツマキ」
小悪魔 「お疲れ様です」
ヌケニン 「おつかれー」
GM 「おつかれさま」
値上げしてやんよ 「おつかれさまなんよー」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
GM 「猟師に怪しまれるくらいには怪しかったぽいぞ>ニャル子」
エルキドゥ 「うふふ」
TASさん 「お疲れ様なのぜ~」
レミリア 「お疲れ様ー」
小悪魔 「まあ、でも効率優先ならそうなりますからねえ。>GM様
撤回してくれた方がよかったかも…うっかり大量虐殺するところでした」
スターミー 「お疲れ様ー」
タツマキ 「お疲れ様よ」
タツマキ 「逆銃殺逆銃殺>イーディ
ちゃんんと呪詛って死因に出てるでしょ?」
ミスト 「お疲れ様」
スターミー 「イーディ は無残な負け犬の姿で発見されました
(イーディ は呪詛に呪い殺されたようです)

はい、逆銃殺です>イーディ」
新城直衛 「少なくとも、素直に祟り神COするよりも効果的かつリソースを削らず証明できる
いい手だと思うよ」
GM 「恋人に倒されたぼっちたちもいることを>ルカリオ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
値上げしてやんよ 「ごめんなんよー子狐で白だしされてるんよー」
ニャル子 「きーさーまぁあああああああああ!!!!!!!>新城
そんなに狐くさかったかぁあああああ」
TASさん 「おい! 私はついでかよ!>新城」
イーディ 「そういえば私昨日魔理沙占ったんですけど
これは逆呪殺なんですかね」
ルカリオ 「のべ15人ほど投票しているというのに恋人だけとはな。」
新城直衛 「とりあえずニャル子は初日発言であ、狩れるなと思った瞬間投票していた。初心者なので自制が効かなかった。
TASは1匹狩り殺したら後はもう殺せばいいか。という心理で狩り殺した」
ニャル子 「イーディの死因を説明できない以上
エルキドゥ吊るんじゃない?流石に」
TASさん 「PP言わなかったな。やっぱ狐とかまだ残ってると怖いか~」
GM 「証明できたは運だけども」
ルカリオ 「の」
ニャル子 「でも、まぁ」
GM 「でっていうの指示通りに2人くらいづつなら途中で証明できたからな>小悪魔」
イーディ 「なるほど、祟り神の縁切り騙り…
そういうのもありますのね
説明感謝しますわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
値上げしてやんよ 「騙ってるうちに能力が発現したんよー」
GM 「普通に考えれば祟り神だろう」
小悪魔 「これ、下手すると村陣営に宣告点きまくったのでは…」
ニャル子 「そこから祟り神以外で
誰が宣告をイーディにつけた?って話になりますけどね」
新城直衛 「祟り神の縁切り地蔵騙りだね>イーディ
理由としては ・呪いの効果を使うこと無く真証明出来る
・本来のCOよりも猶予が長く取れる

ということだ>イーディ」
ルカリオ 「祟り神投票だな。30%で宣告が付く。
あれだけ投票して恋人だけに宣告が付くとは奴は真の縁切りだったようだがな。 >イーディ」
ニャル子 「でもぶっちゃけさー」
イーディ 「祟り神ですのねwww」
ミスト 「取立人占うじゃなくて吊るところだと思ってたんで>取立人」
スターミー 「縁切り騙った祟神の所為だな>イーディ」
レミリア 「縁切騙りの崇神ね>イーディ」
イーディ 「EDED言われるとなんかよく分からない感じなんですけど(震え」
GM 「縁切りじゃなくて、縁切りを騙った祟り神だ>ED」
ニャル子 「縁切りというか
祟り神>イーディ」
値上げしてやんよ 「やめてあげるんよ!今回のEDはニートじゃないんよ!」
イーディ 「結局私の宣告の理由って縁切りなんですの?
よく分かりませんわ」
TASさん 「あ、茨城がCOした」
ニャル子 「あ、そうそう、EDで思い出したんですけど
変態仮面が映画化するんですってね……(震え声」
GM 「これはwww面白いwww」
スターミー 「イーディの事じゃない>ニャル子>ED」
スターミー 「毒表記COに人馬騙り連金・・・」
新城直衛 「狐臭い発言が居たから護衛した。まさか狩り殺せるとは結構思ってた」
ニャル子 「EDってなんぞ……>GM」
GM 「なんか、EDいってたのか?」
ニャル子 「この初心者騙りがあああああああああ!!!!!!
人のお狐ライフを何だと思ってるんだあああああああああ!!!!>新城」
TASさん 「そうだそうだ、下手に駆り殺すからなのぜ?>新城」
ヌケニン 「狼予想外に死んでないなぁ・・・」
レミリア 「イーディも日記がたりないでござるの巻」
ミスト 「魔理沙遺言が残ってないのが狼にとってはラッキーだな」
イーディ 「遺言直し忘れましたわ(震え」
小悪魔 「恋人的には飽和勝ちもありでしたからね」
GM 「あーこれはラッキーだな狼」
値上げしてやんよ 「キツネの無念は奇しくも祟り神が晴らしてくれたんよ」
ニャル子 「ただし、魔理沙占いの結果は無い(真顔」
イーディ 「てっきり縁切りで宣告付いたと勘違いしてましたわ(震え」
新城直衛 「ああ、お疲れ様だ
正直狩り殺さないほうが良かったと思っている」
タツマキ 「あっれ?>占い先書いてない」
ニャル子 「お疲れ~」
GM 「普通に考えれば魔梨沙釣りなわけだが、おつかれさま」
TASさん 「お疲れ様なのぜ」
小悪魔 「お疲れ様です」
ミスト 「お疲れ様でした」
TASさん 「村3人減って狼4匹か茨城がPP乗ったら終わりか?」
スターミー 「お疲れ様」
小悪魔 「それでうっかりと溶かしたら大惨事でしたね>ヤンヨ様」
レミリア 「お疲れ様ー」
ヌケニン 「おつかれさまー」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
タツマキ 「お疲れ様」
ルカリオ 「済まなかったな。どうにも私は恋人運が無いようだ。 >新城 イーディ」
値上げしてやんよ 「おつかれさまなんよ」
ニャル子 「そして時は凍る(死体3つ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
値上げしてやんよ 「実はミスって共有占ってたのは内緒なんよ・・・!>ニャル子」
スターミー 「本当に妖狐とは思いませんでした(震え>ニャル子」
ニャル子 「まぁ、3w露出してるんだけどね……(遠い目」
GM 「ノーミス突入かな」
ニャル子 「というか猟師も精神鑑定も子狐も!
二日目に私狙いすぎでしょう!」
TASさん 「あ、恋人死ぬ(南無南無」
スターミー 「狼有利すぎるなー
この分じゃ連毒錬金も抗毒にあたりそう」
値上げしてやんよ 「動物虐待反対なんよ;;」
TASさん 「嘘吐き判定出る奴ってまだ誰かいるか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニャル子 「まー、リプレイスレの方は
AA選びながらまた適当に投下しますよ>GM」
GM 「これは酷いwww結局宣告云々が表にでないのかな?」
小悪魔 「そういえば猟師二人ですか
狐が多いと思ったら、狐いじめ村でしたね」
ルカリオ 「ふむ。
素直にギルーエルキの方が良かったか。」
タツマキ 「あっ>逆銃殺」
ニャル子 「あ、死んだ」
GM 「初日、隠蔽なければ、狐虐殺村と言いかけたからな」
レミリア 「ていうか茨木の殲滅対象いない?」
ニャル子 「くっそ、猟師遺言出て油断しすぎましたね……」
タツマキ 「処刑されたら宣告は付かないわよ>ゾフィー」
GM 「EDは騙りに気づいてないな」
スターミー 「茨木は・・・既に達成済みか?」
ルカリオ 「なぜピンポイントで30%が恋人に来るのだろうな。 >GM」
レミリア 「ほうほう
狐全滅に恋人村村宣告と」
GM 「しかし、意外と発動しない40%だな」
ミスト 「お疲れ様です」
ニャル子 「お疲れ~」
値上げしてやんよ 「おつかれなんよー」
レミリア 「おおう
お疲れ様ー」
小悪魔 「お疲れ様です」
TASさん 「お疲れさまなのぜ」
値上げしてやんよ 「憎き狩人もそのうちこっちに来るんよ
いい気味なんよー!」
スターミー 「お疲れ様」
GM 「っエディタ >ニャル子」
TASさん 「ってニンジャじゃねーや!」
タツマキ 「お疲れ様よ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニャル子 「あれはなぁ……>GM
なかなか上手くいかないもんなんですよ……
いや、こっちの環境だと大丈夫だとつい油断してな……」
TASさん 「というかニンジャ日記書き換え間に合わなかったのぜ。
せめてかく乱しようと思ってたのにな~」
GM 「それと、ニャル子にいろいろなげぇってツッコミしたのは
なんでリプレイスレであんなに横長投下してるだって意味もあるからな>ニャル子」
TASさん 「しゃあないしゃあない、しかし猟師は強敵だぜ…>値上げ」
値上げしてやんよ 「慢心王にケンカ売るとろくなことはなさそうなのはうすうす感じてたけどね」
小悪魔 「さあ?
ゾフィー様に聞いてください>タツマキ様」
ルカリオ 「因みに縁切りCO投票見逃しは素のうっかりだ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニャル子 「はっはっは>値上げ
ごめん……まさかあそこで死ぬとは思わなかったんだ……」
タツマキ 「やっぱなんで私指定だったのか……ぐぬぬ
私吊り逃れすれば良かったかしら?
ブン屋日記とか」
値上げしてやんよ 「せっかくのコギツネなのにいい具合に立ち回れなかったんよ・・・」
小悪魔 「まあ、占い日記はも少し濃くですね>やんよ様」
ミスト 「朝一で占いCOしない意味がないですけれどね>レミリア
まあ狼勝ちでしょう」
GM 「EDの宣告で分かりやすいとは思うけども、冥狼死神示唆くらいになるかね
明日宣告付いたといえば」
タツマキ 「いや、投票者にも大丈夫なのか」
TASさん 「こりゃ狼勝ちかな?」
ルカリオ 「祟神にはしかし良い思い出がない。」
ニャル子 「いやぁ、狐3人が5日持ちませんでしたね……」
タツマキ 「うーんと
祟神だと占われるか噛まれるかしないと真証明できないわね」
GM 「で、イーディは宣告言わないだな」
TASさん 「おまえも私も新城に刈られてるよ。こいつァひでえ…!」
小悪魔 「まあ、確かに投票しない的な意味であぶり出しはできますが…いや本気であってQPと思っていたらでしたので…」
ニャル子 「あの初心者騙りがあああああああああ!!!!!!
人の狐ライフをおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」
タツマキ 「やる夫村視は良かったと」
ニャル子 「うっげ、狩り殺しくらってんの!?」
スターミー 「ミスト噛みのニャル子狩殺しと、猟師が2って・・・w」
ルカリオ 「祟神ェ・・・。」
GM 「あの騙りは特に問題ないぞ、あるとすれば共有が効率に走ってことで誤算が生まれたくらいだな」
TASさん 「おい新城狐狩り過ぎだろ!!」
値上げしてやんよ 「狩人めえ!」
ミスト 「まあ値上げは偽予想付きましたがこれはね」
ルカリオ 「村CPで宣告付き・・・か。」
小悪魔 「お疲れ様です…ってリリブラ様はどういう騙りですか…」
ニャル子 「お疲れ~」
スターミー 「本当に妖狐じゃないですかヤダー!!>ニャル子」
GM 「リリー・ブラックは仕事しまくりだったけど、3日目がやばかったな」
TASさん 「ひでえw」
タツマキ 「お疲れ様よ
あ、ユキメノコとレミリア人外当たりじゃないの」
値上げしてやんよ 「おつかれさまよー」
ミスト 「お疲れ様です」
値上げしてやんよ 「慢心王●はほんとなんだけどなー」
スターミー 「お疲れ様ー」
ルカリオ 「占い8COまでは日常茶飯事であろう。」
ニャル子 「蘇生いないならお風呂入って寝ますw」
GM 「あーこれは…飯ウマウマ(ケラケラ

リア充に撲滅されるぼっち狐たち」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ニャル子 「アトリームじゃ当然ですよ!>スターミー」
タツマキ 「配役見るの楽しみねえ」
スターミー 「ミスト2票なのに噛んだって・・・って話だな>ニャル子」
ニャル子 「と言うより
ここにいるのの内
4人が占いCOしてますよ」
ミスト 「まあそれならどこかでGJか狐噛み出てるってことでいいんですけれどね>スターミー
いやほんとなんで俺死んでるんでしょうって感じなので」
ヌケニン 「そこ鯉帯とだったら潜ると思うよ・・・」
ニャル子 「まぁ、噛みはな……
割りと票無視して噛むからね……(遠い目」
スターミー 「そういや両方とも占い系か>ミスト
そうならピンポイントに当てすぎだけど」
ミスト 「ニャル子さんは噛まれてもおかしくないですが
俺が死ぬのは票的にも割と微妙ですが」
値上げしてやんよ 「ずっとこんな感じよね、ささやき」
ニャル子 「相方相方言いまくってるし
以外とあの二人で恋人だったりしてね>共有」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
タツマキ 「あれ? 共有二人よね? 囁き少なくない?
……隠者なのかしら」
ミスト 「そういえば占い系のみさらえる夜叉とかいましたから
割とそれありますかね?」
ルカリオ 「憑依が発動するならば天人と入れ替わりであろうな。」
スターミー 「憑依あるなら明日以降だろー>ニャル子
昨日以前でしても、ヌケニンから情報が出る」
ニャル子 「後は、新城
左殺す鬼じゃないかな?と」
ニャル子 「まー、ルカリオも真だったらいいんですけどね
少なくても憑依は今のところは無い感じ」
ヌケニン 「◇値上げしてやんよ 「天人だったのかー」

・・・あんた俺占ってないんだから、天人の可能性は高いんじゃないかなーと思うんだけど
狐の方で見てたの?」
スターミー 「気にしてたニャル子も死んだし、俺は別になぁ・・・>天人への情報」
タツマキ 「私は別に
レミリアは吊って良いんじゃないかしらくらいで」
ニャル子 「レミリアにCOは聞いといていいんじゃないでしょうか?という感じで>ヌケニン」
値上げしてやんよ 「天人だったのかー」
ヌケニン 「朝に帰還するよー」
ヌケニン 「おつかれさまー

何か遺言以外のことで残したいことあれば早めにどうぞ。」
ニャル子 「猟師は正直、どうしても自由じゃないですかね」
タツマキ 「お疲れ様よ」
ニャル子 「お疲れ様」
スターミー 「お疲れ様」
値上げしてやんよ 「おつかれさまー」
ミスト 「お疲れ様です」
GM 「おつかれさま」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「占い師護衛は副職程度、んで狩殺しの為に潜りたかったって言ってる>タツマキ
当時は思いついてなかったけど、冥狐とかいるし」
ミスト 「まあ猟師は狐専門の狩殺しで共有護衛は真がいるならそこに頼んでおけば大丈夫でしょう
実際狐3いますし」
スターミー 「ならニャル子が偽なんだろー>ミスト
そこ狐だっていうのなら、吊り逃れずをやっと悔しがるけど」
タツマキ 「3F居るんだから仕事ありありだと思うのよねえ……
子狐ケアとか色々と」
ルカリオ 「猟師は狐専門の占い師と言った方が良いであろうな。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スターミー 「日記にかいてある通り、身代わり死亡は優先したくない>タツマキ
よほど信頼出来て詰みそうとかは別だけど」
ニャル子 「どっちにしても
私視点狼1か黒狐か因幡死亡は確定なんですよね」
ヌケニン 「いや、あんた視点俺狐なくなったわけじゃないから
ここで真天人断定するって事は、ニャル子が俺占ってないの見ての発言かなと。

違うんだったら済まない。」
ミスト 「鬼いる村で精神鑑定遺言なんて出しませんよ>スターミー」
ニャル子 「いくらなんでも遅い気がするんですよ……>結果張り」
タツマキ 「あ、攫いあったかー」
スターミー 「俺●出すんなら、ニャル子が人外かミストが因幡の騙りしかないってのはわかってくれ>ミスト」
ミスト 「死体2なんで暗殺も一応あるっちゃありますが
私視点はニャル子さん真か騙りかのどっちかです」
ルカリオ 「・・・?何故だ?初日に天人を占ってしまったというだけの話だろう。 >ヌケニン」
タツマキ 「一応あなた狩人だからね?>スターミー
一度だけとはいえ占い師を守れるからね?」
ニャル子 「私の死因はなんとも言えませんけど……」
ヌケニン 「私真天人断定つーことはルカリオ騙り自白とみていいの?
>ルカリオ」
ミスト 「いや、私ほぼ噛まれ死にですからね>スターミー」
タツマキ 「ルカリオなんだろ?
狩殺しとかあったりする?」
スターミー 「ふーん、ニャル子はあって夢占いと
護衛予定だったから、中身気になるわ」
ニャル子 「○も●もいねぇええええええええええええええ」
ルカリオ 「どうやらヌケニンは真天人の様だな。」
ミスト 「ってニャル子さーん!!」
ニャル子 「うっがああああああああああ」
ルカリオ 「おや、私噛みか。
お疲れ様だ。」
GM 「おつかれさま」
タツマキ 「お疲れ様よ
ニャ、ニャル子ー!?」
スターミー 「お疲れ様ー」
ヌケニン 「おつかれさまー

何か残したいことはある?」
スターミー 「猟師をそこまで重要視してないんで>タツマキ
俺が妖狐を見つけられないか、銃殺連打で劣化狩人だ」
ミスト 「お疲れ様です」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
タツマキ 「うん値上げは微妙……なんでこいつより先に私に指定くるのよ……」
ミスト 「まあ即票変えた値上げは
発言的にも微妙ですが」
タツマキ 「重要職なら吊り逃れすべきよ>スターミー
決戦の対抗が人外だったら、仲間が票入れてくるから」
スターミー 「俺もログ見たけど、あれは悲惨だったな>ミスト
一応2割誤爆らしいけど」
スターミー 「下の方で話しているけど>タツマキ
すぐ吊り逃れて目立つよりも、吊られないに賭けて潜りたかった」
ミスト 「仙狐の誤爆って見たことないんですが
この前一回あったんでしたっけ?>スターミー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スターミー 「仙狐の誤爆や猫神にでも期待しておこうぜ>ミスト」
タツマキ 「あとそうそう>スターミー
なんで吊り逃れしなかったの?
猟師ならするべきでしょう」
ヌケニン 「明日ミスト蘇生ちゃれあるかどうかかな<蘇生」
タツマキ 「ヌケニン天人なんでしょ?>スターミー
そこ銃殺主張で、占い日記もあれなら人外に見えるわね
噛まれないならなんだけども」
タツマキ
◇レミリア(118) 「っと、村人表記…
これは村決めできない……」
◇レミリア(100) 「んで指定変更
早めにCOもしないと、時間足りなくなるわよー」

ここら辺がなんか微妙だと思わない?」
スターミー 「占いCOしているけど、それは吊ろうぜって事?>タツマキ」
ヌケニン 「了解~
注意はむけて置くよ>タツマキ」
ミスト 「まあ蘇生チャレないんで蘇生系はいないでしょうねって感じで」
タツマキ 「遺言に書いておいたけど
レミリアかしら? 私指定の反応見た感じ」
ヌケニン 「狐複数で仙狸疑うなら天人、って書いてても同じことのような・・・」
タツマキ 「ルカリオが臭いわねえ
あなたが帰ったら指定して良いと思うわ>ヌケニン」
スターミー 「お疲れ様ー」
ヌケニン 「おつかれさまー>タツマキ
何か遺言以外で残したいことある?」
ミスト 「お疲れ様です」
タツマキ 「お疲れ様よ」
GM 「おつかれさま」
ミスト 「個人的には私も同じですね>ヌケニン
死ぬならはっきり残してもらいたいタイプです
狐複数だと仙狐とか考えてしまいますし」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「私は天人ならそう一言頼むってタイプだから銃殺は見るよ>ヌケニン」
GM 「この村のオプションはサブタイトルに書いてある通り」
スターミー 「置換はないはずだな>TAS」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヌケニン 「初日に死ぬってわかってる系遺言なのに
案外銃殺視られるんだー。

騙りはボク初日占い主張残さざるを得なくなるから
色々視点解りやすくなるかなーと思って天人書かなかったけど
失敗だったかな。」
ミスト 「ルカリオの場合夜普通に時間あるんで
日記自体は騙りでも用意できますしね」
ミスト 「じゃあ私噛みですか
割と変な位置噛んできたなって思いますけれど
共有GJ私暗殺もある?」
スターミー 「狩人系統には違いないし、騙ってる可能性もあるって見られたくなかった>ヌケニン」
ヌケニン 「精神鑑定士 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 α18~]
[占い能力] 呪殺:無し / 憑依妨害:無し / 占い妨害:有効 / 呪い:無効

妨害はあるけど逆銃殺は無いね。」
ミスト 「私もそう思います
精神鑑定って逆銃殺とかありましたっけ?」
ミスト 「お疲れ様です
そして配役隠ぺいって天人ならそうですか」
スターミー 「お疲れ様、ミストが死体って変な感じ」
ヌケニン 「お疲れ様ー。

遺言のほかに何か残したいことはある?」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ヌケニン 「露出しても狩り殺し狙いの猟師なら狼は噛んでこなかった気もする。
狐始末したいのはあっちも同じなんだし。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スターミー 「狩殺しが目的だったから、即露出はしたくなかったのね
吊り逃れでCO求められたら無理だし」
スターミー 「理由
「◇ニャル子(26)  「ああ、ヌケニンてんじんですかね」

これ即言うのなら、死体理由わかってる妖狐あるかなー」」
ヌケニン 「了解、猟師なら吊逃れしても良かった気はするけど
残念だったね<初回吊られ」
スターミー 「猟師CO,遺言有り
ついでに護衛予定先はニャル子」
ヌケニン 「ああ、ボクが天人だよ。」
スターミー 「ヌケニンが天人?それとも蘇生かな」
ヌケニン 「おつかれさまー

何か残したいことはある?」
スターミー 「あちゃー即死した、お疲れ」
GM 「おつかれさま」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
GM 「出現陣営数的には初日から指定するようなもんでもないだろう」
ヌケニン 「2人ほど、といいながら3人指定してるのはツッコミポイントなのかな。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヌケニン 「グレランなら仕方がないかー
指定から一気に炙ってもいいとは思うけど。」
ヌケニン 「共多いのは楽できそうかな。」
GM 「やぁ(´・ω・`)」
ヌケニン 「情報まとめないといけないのは面倒だなぁ・・・」
GM 「隠蔽確認、お口チャック」
ヌケニン 「やっほう。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営5 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 鬼陣営1
ゲーム開始:2013/04/18 (Thu) 23:26:25