←戻る
【雛825】やる夫たちの超闇鍋村 [995番地]
~オプションがないというオプション~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 本屋GM
 (dummy_boy)
[不審者]
(死亡)
icon 世紀末雑魚
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[雪狐]
(生存中)
icon ハルヒ
 (幻◆
ll6J2md5hg)
[雛狼]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[連毒者]
(生存中)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[老兵]
(死亡)
icon アーミン
 (ゴーヤ◆
LHrKRhrGwM)
[天狐]
(死亡)
icon 小椋由美
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[占い師]
(死亡)
icon ミカルゲ
 (UG◆
mFF3UdG4E6)
[決闘者]
[宿敵]
(死亡)
icon
 (紅夢Iris◆
SeleneRDO.)
[人狼]
(死亡)
icon 長門
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[霊能者]
(死亡)
icon 妖夢
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[傘化け]
(死亡)
icon ゆっこ
 (udonya◆
rL6ShHotQk)
[月兎]
(死亡)
icon アビゲイル
 (コルクマリー◆
QwBRDlNnwk)
[舟幽霊]
(死亡)
icon 握り飯
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[星熊童子]
(生存中)
icon セイバー
 (みの◆
vZqsJ8oIqo)
[村人]
(死亡)
icon 言峰綺礼
 (OOO◆
Q0njwyarnmSV)
[人狼]
(死亡)
icon Lily
 (巨乳党◆
WSzqsVcSfluT)
[イタコ]
(死亡)
icon ブースター
 (C_T)
[村人]
(生存中)
icon 宮古芳香
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[帝狼]
(死亡)
icon ランサー
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[仙狸]
[宿敵]
[受信者]
(生存中)
icon さにーみくる
 (ふらい)
[月妖精]
[口寄せ]
(死亡)
icon 紫木一姫
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[紅狼]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
玖渚友 「雑魚が狐、ガロードか言峰が狼、と」
さにーみくる 「たぶん絶望して引き分けにひた走ってるんだとおもう>ブースター」
妖夢 「ですよねえ、昨日やるべきでしたよ>ハルヒさん」
アビゲイル 「吠騒霊! 良いなそれ!」
アーミン 「ちょっとお 私狐じゃなくて狸よぷんすこ
おこよおこ 劇おこよ」
「うん、ガロードに投票すべきだったなあ
あそこ。」
玖渚友 「ブースターがよくわからないなー?」
ハルヒ 「これで傘化け複数なら笑うけど」
長門 「このように「かもしれない」運転をしろと教習所で教わったはずだろう」
妖夢 「うーん、いっそ吠でも騙って狂人として吊られてもいいでいくべきでした」
アーミン 「ぷひー どうなることやら」
さにーみくる 「狼視点長門-アーミンで1F、そして雑魚が狐ならもう2F埋まってるよ
「まあ、これでガロードの方が傘化けだったらツッコミいれるし
妖夢だったら僕救ってよう(マテ」
ハルヒ 「まあ「狂人CO!私吊れ!」が安定手だったかしらね。◯もらいなら」
長門 「白狐や子狐がある「かもしれない」>アビゲイル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
長門 「さにーがかわいそうだろ!>ランサー
帰してやれよ!」
アビゲイル 「妖夢占われてるから>長門」
さにーみくる 「くっそー、善良な蝙蝠を攫った握り飯がどうにかして死んじゃわないかな・・・!」
小椋由美 「せっかく鬼見つけたんだから○生産してる場合じゃ無かったのよ(涙」
アビゲイル 「埋毒者COで良かったんだ!
そうすれば狼に伝わるはずだから!」
長門 「毒COしたら噛むだろ、狐くらいだもん終盤で毒COするのって」
妖夢 「はい、そうですよ
久しぶりに潜伏狂人したら、最後でドジ踏みましたね」
宮古芳香 「・・・えー?
絶対ブースターだと思ってたんだけど」
ハルヒ 「そこ傘化けかあ」
ミカルゲ 「ふむ、傘化けなら噛まれることを鑑みて昨日の時点でCOして良かったと思いますが。」
アビゲイル 「ああうん……>妖夢
ぐっ……毒COすればいいんだよ!!!」
「いや単純に愉悦は愉悦だったなあってだけだよ」
妖夢 「私生き残ったら傘化けCOしたのですけどね…」
Lily 「え、妖夢かさばけだったんやん?」
長門 「COしてもええんやで(ニコリ>妖夢」
小椋由美 「んー、妖夢傘化けかぁ
ならまだ希望はあるね」
アビゲイル 「んー、単純にそういう狼なんじゃないか?
宿敵付いた奴を噛みたくないって精神」
妖夢 「まあ、いいか。
どうせばれるでしょうし
傘化けですよ…狂アピ足りなかったですね…」
小椋由美 「ああ、猫又で誤爆ってのも一応あるね」
アビゲイル 「舟幽霊でござい>妖夢」
「お前ェ!?流石コトミネェ!!」
さにーみくる 「ランサーは真でいいよ。
噛まれないのは・・・LWだから猫又警戒、かなぁ?」
妖夢 「ああ、もしかして狂人ですか?」
ハルヒ 「しっかし毒遺言出てるけど、狼も綱渡りするわねぇ」
アビゲイル 「柄杓くれ>妖夢」
アーミン 「誤爆じゃなかったと思いなさいええ(すっとぼけ>ランサー」
長門 「諦めるなッ!>ランサー
諦めたら……そこで試合終了だろう……!」
玖渚友 「でもランサー占ってたよね?
どういうことだろ」
アビゲイル 「大丈夫だよな?>妖夢
言峰かブースターが傘化けだよな?」
妖夢 「むしろあなたが何か気になりますけど>アビゲイルさん」
アビゲイル 「ああうん>ランサー」
長門 「アカン、ランサーが自分の幸運の低さを嘆いて諦めた」
妖夢 「まあ、雑魚さんすごく狐っぽかったので吊ってほしいですねえって蘇生なし?」
アーミン 「お疲れ様よん」
アビゲイル 「ん?>蘇生無し」
ハルヒ 「ランサーは首くくれというメッセージか」
妖夢 「なんで私噛まれたのでしょうか…」
紫木一姫 「そしてない蘇生ログ」
アビゲイル 「妖夢大丈夫?
傘化けじゃないよね?」
長門 「おそらくだが、狼は狐を噛まない>さにー
吊り数を増やせば自分の首が締まるからな、だから最終日に吊ろうとするだろう」
さにーみくる 「あそっか。いっそ先に鬼吊りする手もあるなー」
玖渚友 「どう見てもランサー偽だねこれ!!」
セイバー 「ランサーが死なない…?」
Lily 「おつかれー 夢か・・・・・・」
紫木一姫 「お疲れ様ですよ
妖夢さん噛みですか」
小椋由美 「お疲れ様ー、ランサーェ・・・」
妖夢 「お疲れ様です
私噛みで…夢毒ですか!?」
宮古芳香 「お疲れ様だぞー」
ハルヒ 「お疲れ様」
玖渚友 「お疲れ様なんだよー」
アビゲイル 「あれ? 妖夢噛むの?
お疲れ様」
ゆっこ 「おつかれさまー」
本屋GM 「はい お疲れさん」
「偶数だもん……それなら 鬼に誘いかけたほうがいい
アビゲイル 「やめろお!!>狩人三人」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
「雑魚噛まないよ。」
ハルヒ 「狩人3で各々共有や◯でGJだしつつーの毒残しの殲滅戦」
さにーみくる 「ガロードとブースター吊って妖夢・言峰で対決すればいいんじゃないのかな。
それまでは雑魚を噛み噛みしてればいいモン。
最終的に狐を排除して、村と狼の勝負に持ち込めるなら狼も乗ると思うんだよね。」
Lily 「狩人3でトライアングル護衛とかもう狼が死ぬ」
宮古芳香 「・・・LW+傘化けだったら星熊真なら村裏切るよなー」
アーミン 「素直に霊界情報だしたのにこれはひどいわ~(棒
まぁ仕方ないね♂」
小椋由美 「狩人3www」
ハルヒ 「はいはーい、分かる分かるわっ>GM」
玖渚友 「ガロードはどうにもこうにも狼臭いんだけどねー」
ミカルゲ 「狩人3は狂気。はっきり分かんだね。 >GM」
宮古芳香 「ランサー噛んで雑魚攫いが通ると5人かー」
さにーみくる 「鬼・蝙蝠・決闘も出てるから身代わり君は村か狂人だしね。」
本屋GM 「大事なのは村陣営の数じゃなくて中身っていうのが身に染みる鍋の共有を昨日してきた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
紫木一姫 「2w以上はいないでしょうねー」
「吊り切ってる暇ないよ、
雑魚が狐で、ガロード・ブースターが傘化け候補。
僕はブースターだと信じて疑わないけどね」
長門 「俺、小椋、玖渚、ランサー、Lily、これだけで5人だ
身代わり君を入れれば6人」
小椋由美 「狼陣営の数があれすぎて○すら素直に信じられない悲劇」
ハルヒ 「9ね。これで狩人3なら虐殺だったけど、老兵だけじゃあ>有希」
さにーみくる 「傘化け候補吊り切り→吠え無しなら狐告発先吊り→最終日、じゃないかなぁ」
アーミン 「ニコニコ見ながら余裕ぶっこいてたら天罰下ったわ」
「傘化けブースターなら引き分け以上だよね……」
玖渚友 「これは狼単騎かな…
傘化けがちょっと厄介」
長門 「下界に村人がそんなに残っていない可能性が高い以上は、望めないのだけど
村陣営9だよな?」
宮古芳香 「ランサー噛みで6>4になるけどなー」
玖渚友 「おかえりー」
Lily 「おかえりー」
小椋由美 「稀に良くあるわ>アーミン」
ハルヒ 「霊界シュートされるってどんな気分よ?」
長門 「8>6>4>2、3吊りで2W2Fなら村に勝ちはないもの
8の時点で2W1Fでもギリギリ」
本屋GM 「おかえりなさいませー」
ミカルゲ 「まあでしょうね。 >セイバー」
アーミン 「ただいまよん ひどくね?」
「ランサーは実質無毒COでもあるし
ランサー噛まれるかなあ」
ゆっこ 「おつかれー
おはやいおかえりで」
アビゲイル 「お疲れ様」
セイバー 「ほぼ今日ランサー噛まれるよ>ミカルゲ」
紫木一姫 「おつかれー」
小椋由美 「おかえりー」
ハルヒ 「おかえりー」
宮古芳香 「お疲れ様ー」
長門 「ただ、アーミンは確実に狐なんだ
そして狼が2Fを恐れるなら、残すことは間違いじゃないだろ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミカルゲ 「ふむ、勝ちを狙うには宿敵の誤爆に頼らないといけないという。」
ハルヒ 「雑魚は狐COだしね実質」
「雑魚がああいうんだもんね>長門」
長門 「雑魚がああ言うんだものな>楓」
「僕もそう思うよ>ブースター傘化け」
アビゲイル 「ブースターが傘化けじゃないかなあ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「雑魚がああいうならアーミン狐じゃないかな。」
小椋由美 「これはあれね、私生存ENDをさせないという
誰かの陰謀に間違いないわね」
ゆっこ 「あーみんすぐもどってくるのかなー」
さにーみくる 「あ!そうだ、あたし蘇生してよ!」
玖渚友 「あれ?意外と素直に霊界情報出すね
僕様ちゃんビックリ」
長門 「やっぱり素なのかもしれない
玖渚を蘇生しても、他に狩人がいなかったらそのまま死ぬだけだしな
もっと重要な役職を蘇生しようとした可能性はゼロじゃない」
ハルヒ 「やっぱ偽じゃない!>霊界情報」
紫木一姫 「今まで一度も蘇生は無いですか」
ゆっこ 「やっぱり人外の蘇生なんだろうねー

ねむくなってきたよ」
さにーみくる 「蘇生者が村なのは霊界視点確実。仙狐なら下界公開だから。
でも蘇生されたアーミンは村っぽくないね・・・」
小椋由美 「まぁ、確かに老兵蘇生はしててもいいと思うけど
良く分からないわね」
「でも人狼サイドで蘇生できる役職いないよー?」
ミカルゲ 「まあ仙狸表記なら…それにしてもチャレが1度もないのはおかしいですね。」
長門 「少なくとも玖渚が噛まれた次の夜には玖渚を蘇生してもいいはずだ
成功率の低下や蘇生する役職を吟味した可能性はゼロじゃないけど」
Lily 「私イタコとかいってないな
なんか臭いかも」
本屋GM 「・・・お茶がねぇ やばい」
宮古芳香 「大事なことは「吊りが増えていない」かつ
「あーみん吊りで1吊り使う」こと」
セイバー 「んー?昨日老兵蘇生なかったってことです?」
小椋由美 「ランサーは私の初日○ね>サニー」
「占われてるよー」
ハルヒ 「まあ日記貼らないなら人外でしょーに」
さにーみくる 「ランサーって占いに占われてなかった?」
小椋由美 「流石幸運Eは伊達じゃないわね(震え」
アビゲイル 「自害しろランサー!」
長門 「いや、ランサーが蘇生役職なら今まで一度もチャレンジがなかったのはおかしい」
「投票してない!!>くなー
ちくせうううう!」
ハルヒ 「やっぱ自害しろ!」
ミカルゲ 「いや、仙狐の蘇生は無理ですか。」
宮古芳香 「ランサーwwww」
玖渚友 「というか封印師だと仙狐の蘇生消せたんだよね…
今更だけどね」
ハルヒ 「アーミン仙狐って…ランサー?」
セイバー 「犬神でそこ行く理由がねーだろwwwwwww>ブースター」
「らんさああああああああああーwwwwww」
小椋由美 「ランサーァ!!」
紫木一姫 「ランサーさん!?」
「アーミンも仙狐という可能性かなあ」
さにーみくる 「大体さ、仙狐が狐仲間を蘇生しても仕方ないと思うんだ。
こんな終盤なら狼蘇生で一発飽和狙いじゃないのかな」
セイバー 「・・・ランサーァ!?」
ミカルゲ 「もしかして:仙狐2」
アビゲイル 「ランサーwww」
紫木一姫 「まあ、アーミンさんと雑魚さん吊りですね
流石に雑魚さんが狐じゃないか?っていうのはあっちゃうでしょうし」
ハルヒ 「偶数進行だけどおもしろいじゃん?」
小椋由美 「でもまだ隠蔽なのよねー」
セイバー 「ちょっと待って、狐2でしょ?なんで見えないの?」
Lily 「アーミン 狐かなー」
アビゲイル 「なんでまだ配役隠蔽なの?」
ゆっこ 「おつかれさまー
そしてあーみん下界にさよならー」
ミカルゲ 「ふむ?」
ハルヒ 「こら狐ね」
小椋由美 「なん…ですって…」
紫木一姫 「おっと、お疲れ様です」
長門 「狐ェェェェ!!!」
宮古芳香 「あー」
小椋由美 「お疲れ様ー」
さにーみくる 「・・・仙狐、じゃない!?」
紫木一姫 「アーミン蘇生www」
セイバー 「えっ>下界見えない」
長門 「やりやがった……!」
玖渚友 「あ、やっぱり仙狐だねこれ」
アビゲイル 「あれ? お疲れ様」
本屋GM 「はい いってらっしゃーい」
ハルヒ 「こう、みんなで部室でやいやい次元がズレつつも遊んでいるのが楽しいわ…」
さにーみくる 「◇Lily 「さにーみくるにサニーパンチされたいなー
サニーパンチ 昨日言おうとしたけど投票時間になって言いそびれた
後、星熊なら蝙蝠と一緒にPPに乗って後で人数調整すればいいと思った
グレー浚いすればいいのに」

下界に送った文章ながしてくれたもの」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
「遺言にあったはずだよ」
長門 「仙狐だろうな、世紀末雑魚を吊ったら下界が見えるかもしれないだろ
(そして3W生存が見える絶望)」
宮古芳香 「へぇー」
小椋由美 「世紀末が(禁則事項)なのね」
さにーみくる 「あたし、あたし>芳香」
玖渚友 「人外蘇生でしょう!きっと!」
「口寄せサニーだよね?」
アビゲイル 「世紀末が仙狐だってばYO」
ハルヒ 「痛い子ね、まったく(禁則事項)よ」
宮古芳香 「イタコいるとして、口寄せ誰だー?」
さにーみくる 「狐候補が残ってて霊界非公開、仙狐じゃないかなぁ」
本屋GM 「お茶切れたから補充してこよっと」
ハルヒ 「イタコLilyらしいけど、いまだ隠蔽なのよね>楓」
Lily 「1人はここだけど下界には誰がいるんだろう」
長門 「イタ子じゃなくイタ夫さんなのかもしれない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アーミン 「な・・なんだってー!?本当なのかキバヤシ!!>長門
ってキバヤシはマガジンの金田一の原作者やった」
「後結局イタコどこ?」
小椋由美 「そんな訳ないじゃない、なに言ってんのよ>長門」
Lily 「イタコ複数いるならCOしてもよかったんだけど
イタコじゃなくてタイコおばさんだったのかしら」
ミカルゲ 「真星熊であるならば今日の攫いは49%と。」
宮古芳香 「というか、攫い通るかー?」
「ほんっとなんというか このオチで吊られてるのだけは
純粋にごめんなさい!(ばんばん」
宮古芳香 「・・・ここで攫うかー?」
玖渚友 「まだ鬼の攫いは残ってる…! >宮古」
長門 「ここだけの話、コナンの正体って新一らしいぜ……>アーミン」
紫木一姫 「まあ、明日雑魚が吊れると思いますけどね
流石に狐候補を残しておくほど余裕はないと思いますし」
ハルヒ 「また面妖な(禁則事項)ね>傘化け複数」
本屋GM 「なんか霊界が放送禁止用語多すぎてやばい」
長門 「どこまで[禁則事項です]なんだ、あの傘化けは」
「だから前日のうちに結果教えてくれっていったんだよー!」
小椋由美 「お疲れさま(これ以上は禁則事項です)」
Lily 「傘化けって本当に1人だけなのかしら」
宮古芳香 「7>5>3だろー?」
ハルヒ 「お疲れ様ー」
アーミン 「やめろ!その禁則事項にふれるな!頼むから(懇願>長門!」
玖渚友 「お疲れ様だよー」
さにーみくる 「傘化けすごいなぁ」
ハルヒ 「傘化けは(禁則事項)で生存報告と」
Lily 「おつかれー」
ミカルゲ 「まあここまで来たなら私としてはランサーに勝って貰いたいところですが。」
「だからいったのにいいいいー!」
アビゲイル 「ヒャッハー! まだ傘化けは残ってるぜえ!
お疲れ様」
「ごめん妖霧白だった!」
本屋GM 「お疲れ様です」
紫木一姫 「お疲れ様です」
ゆっこ 「おつかれさまー」
さにーみくる 「そんなに禁則事項言われたらあたしのメゾンドトールが~」
宮古芳香 「お疲れ様だぞー」
長門 「ホントだろ、まさか進撃の巨人の最終回が[禁則事項です]だなんてな……>ハルヒ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
Lily 「禁則事項(物理)=サニーパンチ」
小椋由美 「あー、白狼の存在とか忘れてたわね
正直この人外村で白狼とか勘弁して頂きたい!」
ハルヒ 「(禁則事項)ってさー、恐ろしいよね、まったく」
玖渚友 「この禁則事項は従来のものとはベクトルが大きく違う気がするよ…
僕様ちゃん、怖い…」
さにーみくる 「握り飯には小椋由美死んだと思うから、そこのグレーから攫って真証明を!って言えばよかったなー」
アーミン 「というかやっぱり長丁場ねー
明日仕事とか嘘よ嘘」
長門 「傘化け候補なんざどーでもいいのよ、さっさと占い師の灰を全部吊りきりゃいい
白狼? ガンダムをぶつけてやれ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハルヒ 「(禁則事項)で(禁則事項)ゆってるんじゃないわよ!」
アビゲイル 「ほう……世紀末雑魚は狐か」
小椋由美 「禁則事項の多い霊界だね(震え声)」
紫木一姫 「どっちにしろ攫いで攫われていますからねー>アビゲイル
別にどっちでもいいんじゃないですかね。最後まで狂狼が残らなければ」
長門 「そー言うお前さんこそ、[禁則事項です]が[禁則事項です]な上に[禁則事項です]だろうが>ハルヒ
この[禁則事項です]!」
ハルヒ 「鬼ラインのある普通村なんてないわよ…」
さにーみくる 「狐告発が出てるし、正解は傘化け候補吊りかな。
今奇数だから飽和寸前なら狼は狐告発先を噛むでしょ。」
小椋由美 「ここは普通村だったんだよ(棒)」
長門 「夜の街にイケメンはいない>さにー
ホスト崩れで満足できるほどこちとら安くないのよ」
アビゲイル 「うん、紫木がすっっげー人外っぽくて辛い」
さにーみくる 「それあたしのせりふ~>ハルヒ」
紫木一姫 「なんで村人表記しかないんでしょうねえ…
まあ、誰かがそういう感じの役で騙っているだけと思いますけど」
Lily 「配役隠蔽ってイタコか蘇生以外にもあったっけ?」
ハルヒ 「誰がひとでなしよ!(ピー禁則事項)のくせいに!」
ミカルゲ 「というか露西亜人形COで遣いが居ない遺言は気になりますね。
見えないはずですが。」
アーミン 「いやーね////
私アトラスにゲームに出してとお願いしたら
狸のはずが狐とか勘違いしてゲームに出されたわよ(白目」
小椋由美 「いままで蘇生ログは無かったのね」
さにーみくる 「夜の街で男でも引っ掛けてればいいじゃん!>ながもん」
ゆっこ 「まぁ私なんて役職がCOしてくれないとグレー投票しかなかったからね
暗殺なんて影響力もないから投票したことすら忘れ去られる運命だよ」
長門 「そんな俺を噛むとかお前さんどうかしてるだろ、このひとでなし!>ハルヒ
アーミン狐の情報を抱えてモヤモヤしてた俺の気持ちをどうしてくれる」
ミカルゲ 「村人表記天国はFOの醍醐味ですね(白目)」
Lily 「イタコも蘇生もCOないわねー」
ハルヒ 「まー霊能伏線貼りまくりだったよね>有希
あたしは下界でCO済よ」
紫木一姫 「そして下界はまだ見えませんか
どうなっているんでしょう…?」
玖渚友 「蘇生来ないし、これ仙狐とかじゃない?」
小椋由美 「あー、まだ下界見えないのか」
長門 「俺は霊能者、発言でそれとなく示した>玖渚
信じなくてもいいからアーミン狐は覚えておけ……っと、蘇生はこないか」
紫木一姫 「お疲れ様です…(震え声」
アビゲイル 「お疲れ様」
ゆっこ 「おつかれさまー」
ハルヒ 「お疲れ様」
玖渚友 「お疲れ様なんだよー」
アビゲイル 「世紀末、妖夢、ブースター、楓、ガロード
ここが傘化け候補>玖渚」
アーミン 「お疲れ様よー」
小椋由美 「お疲れ様」
Lily 「おつかれー」
本屋GM 「お疲れ様です」
宮古芳香 「お疲れ様だぞー」
小椋由美 「ぐわぁぁぁぁ!」
紫木一姫 「システム:紫木一姫さんは蘇生を辞退しました。」
さにーみくる 「だって妖精だもん(ぷい」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
長門 「今のうちに情報を全部もってけ、このページは別タブで開いとけ」
玖渚友 「一応霊界情報知っておいた方がいいのかなこれ」
ミカルゲ 「遺言は分かりやすく、簡潔に。」
アビゲイル 「だからゆっこは何なんだよ教えてくれよ!」
さにーみくる 「・・・これ、2人のイタコが同じ人に口寄せしたらさ。
口寄せ通信で互いに真と確かめ合えるイタコ-イタコラインが出来上がるのかな?」
長門 「となりゃ玖渚、お前さん蘇生されるかもしれないので」
ゆっこ 「あたしの遺言誰も読んでないね 書いてないから」
ハルヒ 「まー猫神ならそこの老兵っぽいのの蘇生くるんじゃないの?
あの占い師や鬼を盲信しているみたいだし」
長門 「猫神や仙狐もありえるけどな>下界
特に猫神は今まで蘇生する役職がなかったわけだし」
さにーみくる 「あたしの遺言誰も読んでないね」
Lily 「イタコだよねー
口寄せ受けている人がサニー以外にもいるかって話だけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「へぇー、イタコだったんだ
気づかなかった」
ゆっこ 「でも蘇生が全然こないとこみるとイタコだよねー」
ミカルゲ 「まあ禁止されて無いなら楽なのは初日悪戯ですけどね。 >月妖精の悪戯」
さにーみくる 「というか鬼は真星熊なら他攫えばいいじゃん!
ぜったい別の騙りでしょアレ!そうじゃなかったら泣くぞ!」
ハルヒ 「(単に発想が貧弱とも言う)」
アビゲイル 「どう見てもリリーイタコだったよ>玖渚」
Lily 「>玖渚友
そだよー」
宮古芳香 「そもそも『真証明できたところで、鬼がいるのに妖精を残す理由がない』なー!」
ハルヒ 「騙りなんて甘いわ!村陣営での騙りだって全然したことないのに」
長門 「正しくは「騙らなければ生きていけない。騙りがバレるようであれば生きている意味が無い」だ」
玖渚友 「Lilyイタコ?」
Lily 「もう1イタコか蘇生いるなー」
アーミン 「鉄火場だったし早く終わるだろうと高くくってたのもたしかよねぇ・・・」
さにーみくる 「あのね、実は月妖精が発言悪戯だと勘違いしてて・・・
「どうせ真証明できるからいいや」って適当にCOsita」
長門 「それ、誤訳だぞ>さにー」
アビゲイル 「それは取らぬ狸の皮算用だろっ!>長門」
ゆっこ 「イタコみたいなんだってー」
Lily 「一応イタコはここにいる」
宮古芳香 「んー、下界見えないのかー、なー!
蘇生ないのかー?」
ゆっこ 「おつかれさまー」
長門 「「どうせ5日以内に決着がつくか、その頃には鉄火場だろうし」と思ったのであれば
それはあれだ、虎と狸の皮算用というヤツよ」
宮古芳香 「お疲れ様だぞー」
玖渚友 「お疲れ様なんだよー」
ハルヒ 「お疲れ様」
ミカルゲ 「グレランを抜けられるのであれば執筆者COはしない方が良いかと。
あれ要は真証明可能COみたいなものですし。」
アビゲイル 「お疲れ様です狼様!」
Lily 「おつかれー」
さにーみくる 「ハードボイルド小説でさ
「騙らないと生きていけない、騙らなければ生きている価値が無い」って名台詞があるんだぞ!」
本屋GM 「はい お疲れ様です」
ハルヒ 「執筆真なんて1回しか見てないわよ!みんな普通すぎ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
本屋GM 「日清麺職人♪」
アビゲイル 「どうせこれ偽だろって思いました>執筆者」
アーミン 「ぷひー インスタント麺ができたよ
正麺シリーズはうまいねぇ
ズビズバー」
長門 「ただな、1つだけ言ってやろう>さにー
執筆者……騙らなきゃええんちゃう?」
アビゲイル 「察しが良いな!>ミカルゲ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
長門 「よしよし(ポンポン>さにー」
ミカルゲ 「ふむ、船幽霊COと。 >アビゲイル」
ハルヒ 「みくるちゃん…(なでなで」
ゆっこ 「あ、そういうことね>玖渚友」
アビゲイル 「いや、全然>ハルヒ
土蜘蛛でも居ればお仕事できたけど」
さにーみくる 「あたしも傘化けいるからずっと騙りっぱなしにすればよかった(えぐえぐ」
ハルヒ 「ん?殉教とかなん?>アビゲイル」
アビゲイル 「傾奇なんて噛んで良いんだよ……」
玖渚友 「ん?カブキ者騙って良かったなーって
おかげでここまで噛まれなかったじゃない♪ >ゆっこ」
ミカルゲ 「灰護衛GJかつ2連GJは羨ましいですね。
世の中には吸血鬼GJかつ3割抜かれ4割鬼耐性発動しない人も居るというのに。 >友」
長門 「>アビゲイル
回答:絶望がお前のゴールだ」
さにーみくる 「雛狼で噛まれるor噛まれて死んだ後蘇生される、かな?」
玖渚友 「え、何それ絶望じゃん >アビゲイル」
本屋GM 「雛とか餓狼で甘噛みされればいーんでねーの?>アビー」
ゆっこ 「「騙って良かった」ってことは狐?」
アビゲイル 「雛か何かに噛まれるしかないのか……」
ハルヒ 「ったく、ラインって厄介よねもう!1死体しか出てないのに!」
長門 「まさか灰からGJを出すとはな>玖渚
パネェだろ、おかげでハルヒから●を頂けたもの」
さにーみくる 「ハルヒ真-小椋由美&握り飯がペア騙りの可能性はあるよ」
アビゲイル 「そういえば宿敵の付いた殉教者ってどうすれば勝てるんだ?」
玖渚友 「おっと…僕様ちゃん結構頑張った気がする今回!
騙って良かった!楽しかったよ♪」
長門 「COしたその日に破綻して吊られたという恥ずかしい話を>ハルヒ」
アビゲイル 「ガロードは狂人ならもう騙りで何か出てるはずだからそこ傘化けも除外」
さにーみくる 「◇ランサー 「キープっとくかキープらないかとか
大体においてそういう意味だが
吊っていいのかこれ」
なんという真っ黒発言。このランサーは絶対に狂人!」
ゆっこ 「確かに私は傘化けじゃないからねー
でもアレくらい目立ちたかったね」
玖渚友 「私蘇生されても即噛まれの予感…」
アーミン 「お疲れ様よん」
ハルヒ 「何チクってんのよ!スリーサイズ!? あ、でもアタシのほうがボインだしっ」
アビゲイル 「芳香様は狼と」
長門 「猫神辺りがいるのかもな>下界
玖渚が蘇生されるかもだろ、お疲れさん」
アーミン 「歪みねぇな>イタコイタコ連結」
本屋GM 「まぁ配役隠蔽する何かがいますね」
玖渚友 「ん?蘇生系か何かいるんだ」
アビゲイル 「お疲れ様」
ハルヒ 「お疲れ様なのよ」
さにーみくる 「まさかイタコ-イタコで連♂ケツしてたのかな」
ゆっこ 「おつかれさまー」
本屋GM 「お疲れ様です」
ハルヒ 「みくるちゃんの遺言がたくさんのイタコにとどく…いいわね!」
玖渚友 「お疲れ様だよー」
アビゲイル 「GMだから勝つとは思わない事だな>GM
Cドライブはプログラム上からユーザーのビッチマンに一矢報いたんだぞ!!」
ミカルゲ 「いや、でも複数イタコはある気がしますね。
ここまで蘇生履歴もないようですし。」
長門 「えぇいHA☆NA☆SE!>ハルヒ
今ちょうどいい具合にお前さんの知り合い連中にチクってやってるところだ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
さにーみくる 「でも全部あたしに付かないと口寄せの数が足りないでしょそれー」
ハルヒ 「ほら!有希!ちょっと何とかして!別陣営だけど!」
長門 「状況的にありえないもの>ゆっこ
吊ったハルヒが傘化け→ハルヒ吊りの日の結果が出る、でも出なかった
吊ったミカルゲが傘化けなら→初日に決闘者COしている
噛まれた長門が傘化けなら→昨日、ミカルゲを吊っている、よって非傘化け」
ゆっこ 「まさかねぇ>イタコ3」
本屋GM 「立場上私が勝つのは確定的に明らか(ふんす」
さにーみくる 「!?>ミカルゲ」
アビゲイル 「どうやら決着を付けないといけないようだな>GM
行くぞ! 決戦のバトルフィールドへ!」
ハルヒ 「傘化けの存在と霊界隠蔽のコラボでぽーんよ!ぽーん!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミカルゲ 「もしかして:イタコ3」
Lily 「>できない夫
ええ、さにー死んだ時点でCOしてよかったかもしれませんわ」
さにーみくる 「さっき言ったけど、他に死体無し遺言が出てるしイタコCOしても乗っ取り見られたかもしんないんだよねぇ」
アビゲイル 「傘化け候補はこいつらなー
世紀末、妖夢、ブースター、芳香、楓、ガロード
狼様に情報情報」
Lily 「>さにー
さにー死亡時に遺言欄に気づかなかったのも難点」
長門 「村陣営が9だからな>Lily
肝心の狩人が露出したなら、COして灰を減らすべきだと思うだろ」
本屋GM 「[戦闘開始]>アビー」
ゆっこ 「てっきり吊った中にいたのかと……なんかごめん>長門」
Lily 「悪い、COするべき状況だったかもしれない」
アビゲイル 「私は狂ってなどいない>GM
狂ってるように見えるならお前は人格が悪魔に支配されているんだ!!」
さにーみくる 「だと思った。チョコチョコ文章送ってごめんねー>Lily」
ミカルゲ 「というか得票次点なならイタコCOして良かったと思いますが。」
アーミン 「イタコさんおつかりー」
長門 「そりゃ生きてるさ>ゆっこ
ハルヒは狼だしミカルゲは決闘者、傘化けはまだ吊っていないだろ」
さにーみくる 「あれー!?」
アーミン 「昔、鉛筆をてんぷらにして食べた「晴れ時々豚」って作品があってだな・・・」
ハルヒ 「あれ、イタコ死んでもまだ隠蔽?」
ミカルゲ 「…それでもまだ隠蔽ですか?」
Lily 「遺言欄と村を確認しながら発言ってしんどいわ」
アビゲイル 「下界まだ配役隠蔽なんだけど>イタコ」
ゆっこ 「え、傘はまだ生きてたの?
アビゲイル 「お疲れ様
いやっほう!>イタコ吊り
……じゃ、ない!?」
Lily 「ちゃーすイタコっす」
Lily 「おつかれー」
ハルヒ 「お疲れ様」
ゆっこ 「おつかれさまー」
本屋GM 「はい お疲れ様でした」
本屋GM 「発想の根源が狂ってるぞ・・・w」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーミン 「私もワラビ餅だけじゃあれだし何か作ろうかしら
インスタント麺とお夜食に最適よね」
ハルヒ 「みくるちゃんと有希がケンカしている(うるうる」
アビゲイル 「馬鹿め!>GM
貴様は何故本屋になった!?
そう! 本を食うためだ!!」
長門 「どうせ狼の噛みも俺→握り飯だろうしな、露骨な●もそれなら納得だろ」
アビゲイル 「そーだそーだ
指定展開なんてつまらないだろー
ここは狼様の組織票で非狼を吊るんだよお!!」
本屋GM 「普通に夜食という発想をだせwww>アビー」
ミカルゲ 「どうでもいいですが老兵で灰護衛GJって羨ましいですね。」
アビゲイル 「だってもっしゃもっしゃ食ってたじゃん!!>GM」
さにーみくる 「誰が指定するのさこの状況!
Lilyはあたしが口寄せ遺言残してはいるけど、真決め打ちででないよ?
だって遺言無しが2人いるもん」
本屋GM 「本屋が本食うとかなにそれ自爆>アビー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アビゲイル 「それなら下界に流さなくて良いと思う」
長門 「おそらく、もう他に狩人候補いないと思うが
狼がほとんど残っているので」
ハルヒ 「霊界がやきもきしちゃうわ」
アーミン 「私ニコニコ見ながらログ見てるわ(ワラビ餅もっしゃもっしゃ」
長門 「「さっさと指定しろ」以上だ>さにー」
アビゲイル 「お前本屋だから本を喰うのか>本屋」
ミカルゲ 「まあそもそも昨日吊られかけてた時点でLilyはCOして良いと思うんですが。」
本屋GM 「しっかし7日目にしてまだ14人生き残りってこれいつ終わるんだろうな(もっしゃもっしゃ」
アーミン 「なんか面白いこと下界に流しましょ>サニー」
ハルヒ 「何か凄まじい結果ねえ」
さにーみくる 「早く言わないと下界に流す時間が無くなるよー」
長門 「よし、俺からも一言頼む>さにー」
さにーみくる 「鬼への恨みつらみを下界に流してました(ふんぞり」
アビゲイル 「長門GJに小椋GJ
狼はそこ噛もうよお」
アーミン 「リリー本当にイタコねこれ」
ゆっこ 「なんかなぁ」
アビゲイル 「リリーがイタコっぽいなこの発言」
ハルヒ 「何でSOSO団のパチもんしかいないのよ!」
ハルヒ 「ゆ…ゆきの皮が剥がれてすごいとことに…」
長門 「ウボァー」
さにーみくる 「おまえかー!!>Lily」
アビゲイル 「うわぁ>長門」
アーミン 「というか遺言で中身バラスの好きよねあなた>長門」
ミカルゲ 「おや、あなたでしたか。
お疲れ様です。 >長門」
ハルヒ 「お疲れ様」
アーミン 「お疲れ様よー」
さにーみくる 「逆にさ、ランサー非狼なら狼がPP持ちかけるでしょ?
ミカルゲはそれまでになんとしても生き延びようっていう蝙蝠っぽい動きをしてれば良かったと思う」
アビゲイル 「お疲れ」
ハルヒ 「決闘って初手COがセオリーにされてるけど、いっそ潜ったほうがいいんじゃないの?
勝ち目ないっしょ」
ゆっこ 「おつかれさまー」
アーミン 「われを崇めよー!われを称えよー!!って言ってるネタっぽい人が
侍魂にいたわね・・・」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ミカルゲ 「イタコの隠蔽と。」
ミカルゲ 「つまり私が生き残る手段は吊りどころ投票しかなかったと。
執拗な宿敵投票も改める必要が有りますかね。」
ハルヒ 「つか鬼も決闘さらえばよかったのにねー
みくるちゃんをイジメおって」
アビゲイル 「ガロード二票貰ってるんだけど(震え声)」
さにーみくる 「霊界情報を下界に流せるかどうかは全部あたしの心次第なのだー!
あがめよーたたえよー!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本屋GM 「配役公開になったら教えます(ぴゅあっ☆ >ハルヒ」
さにーみくる 「真っぽい占いがランサー○出したのも大きいだろうねー>ミカルゲ吊り」
アビゲイル 「まあ蘇生じゃないならいっか」
ハルヒ 「つか何が起きてるの…GMーおしえてよー何持って行ってくれたのよー」
さにーみくる 「特にCOしてない状況だとグレランで吊られないよう発言稼がないといけないしね。
COしたらしたで、ライン繋がったから指揮とってとか言われるし。」
アビゲイル 「ふうん」
ミカルゲ 「まあ、仕方ありませんね。
こうも死体無しが続くのは想定外でした。」
ミカルゲ 「ふむ、余裕があるとそうなりますか。」
さにーみくる 「さすがにミカルゲが傘化けはないでしょ。あたし傘化けもない。
ミカルゲ以外に投票したんじゃないかなー」
アーミン 「お疲れ様よー」
アビゲイル 「お疲れ様」
アビゲイル 「おー、見えた見えた?」
ゆっこ 「おつかれさまー」
ハルヒ 「お疲れ様」
ゆっこ 「イタコやってても昼間通信気付かないってのは普通にあるよね
私の初イタコもそんなもんだったし」
ハルヒ 「あ、票オープンになったわ」
本屋GM 「はい お疲れ様でした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーミン 「まぁ明日仕事だし仕方ないか」
アビゲイル 「鬼乗っ取りだと嬉しいです!」
アーミン 「うーむ さすがに平日だしこれから普通村は厳しいわね~
過去のブーム時期ならともかく」
さにーみくる 「うーん、お昼の間は口寄せ通信なんて見ないか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アーミン 「男ならこぶしひとつで勝負せんかい!!>サニーミルク」
さにーみくる 「てっきりアーミンがイタコだと思ってたもん」
アーミン 「サニーに口寄せついた??
まぁ割とどうでもいいわね~」
ゆっこ 「COなかったみたいだけど、そうなると相手は人外かな?」
さにーみくる 「サニーパンチ!サニーパンチ!」
アビゲイル 「さにーがあれやそれ?」
ハルヒ 「蘇生ログないんなら」
ハルヒ 「イタコか猫神じゃない?」
さにーみくる 「うん」
アビゲイル 「じゃあこの配役隠蔽なんだよ>さにー
イタコ?」
さにーみくる 「あ、たぶん蘇生無いよ」
さにーみくる 「PPなら乗ったらいいじゃん!
後からいくらでも調節できるんだし!>握り飯
それで村鬼じゃなかったら怒るかんね!?」
本屋GM 「足元に気を付けて蘇生辞退して帰るのじゃぞー>サニー
(一応配役隠蔽だからね)」
アーミン 「というか死体なし連発これなんなの?
もどかしいわねーw」
アビゲイル 「あー……じゃあ老兵GJありそうだな嫌だ嫌だ」
ハルヒ 「鬼よあいつら!妖精噛みをサライに!」
アーミン 「これはひどい。。。w」
ゆっこ 「おつかれさまー」
さにーみくる 「うわーんもうやだーかえるー」
ゆっこ 「狐2も気になるよね
でも狐噛みで把握とかしてるんだろうかね?」
アビゲイル 「攫いじゃない?>さにー」
さにーみくる 「なんでここまで来て攫ってんのー!!
長引かせたいならグレーでしょう!?」
アーミン 「じゃなかったお疲れ様
恥ずかしい間違いしたわww」
アビゲイル 「お疲れ」
ハルヒ 「みくるちゃーん!」
アビゲイル 「あん?」
アーミン 「おはよー」
さにーみくる 「え、なんで死んでるの」
本屋GM 「はい お疲れ様でした」
アビゲイル 「ゆっこが役職を教えてくれない(´・ω・`)」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
アビゲイル 「多分これってさ
古狐だろ?」
アーミン 「狐にもってかれるんじゃないこれ」
ゆっこ 「っていうか全然減ってない可能性もありそう」
ハルヒ 「トーゼンじゃない、占い師つっちゃってさー>狼が元気」
アーミン 「ええGMありがとう(鼻ずびー!!!!!!!!」
アーミン 「狼さんは元気ねー・・」
アビゲイル 「ゆっこの役職って何だっけ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本屋GM 「涙ふけよ つハンカチ」
アーミン 「投票も隠匿だし展開がある意味すごいわねw
この闇鍋感がすごいわ
ブランク者にやさしくない・・・(しくしく」
アビゲイル 「やっぱ四日目に出とくべきだったなうん」
本屋GM 「まぁ最悪ゲーム終わってからじゃないと見えないってこともよくある話だ>ゆっこ
今回の鍋がどうなるかは別としてな」
ゆっこ 「まだ隠蔽続くのかぁ」
アーミン 「お疲れ様よー」
ハルヒ 「お疲れ様。あら隠蔽なのね」
アビゲイル 「お疲れ」
ゆっこ 「おつかれさまー」
本屋GM 「はい お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アビゲイル 「だーよな>執筆撤回」
ゆっこ 「さにーってやっぱ見た目通り妖精だったんじゃないか!」
ゆっこ 「攫いも蘇生も行われてる様子がないのがまた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アビゲイル 「蘇生がいるのがなあ」
ゆっこ 「うん、それは一応理解してる>GM
だから初日人狼で、残りが噛めない狼ばっかりくらいしか思いつかないけど
狼陣営の数を考えるとそれもどうなのかなぁって思うのよ」
本屋GM 「素の人狼1と素の占い師1は保証枠な>ゆっこ」
ゆっこ 「人狼は1いるはずだから、噛めない狼ばっかはないよね。」
アビゲイル 「握り飯鬼ぃ?」
アーミン 「ただの遺言忘れの河童よ~
ぶっちゃけ隠す意味ないし」
ゆっこ 「え、また死体無し?」
アビゲイル 「お疲れさん
また死体無しかよ(驚愕)」
ゆっこ 「まー、占いとかが出てくれないとどう動いたらわからない所だからね
早々と吊られたのは失敗だよ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
アビゲイル 「ゆっことアーミンの役職って?」
ゆっこ 「狂人だったら混乱は望むところかもしれないけどね」
アビゲイル 「そういや二人の役職って何なんだ?」
アーミン 「ここまで3連続遺言なしだったらそれはそれで下界は阿鼻叫喚だったでしょうけどw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アビゲイル 「やっぱ昨日出ておくべきだったごめん」
アビゲイル 「遺言はばっちしな」
ゆっこ 「遺言は?
って忘れた自分がいうことじゃないけど」
アーミン 「まぁ配役隠しだからね
COは自由だけど・・・」
アビゲイル 「占いCO
ランサー●>セイバー○>宮古芳香○

ランサー投票はランサー●だったから」
アビゲイル 「あー……出ておけばよかったか
お疲れ様」
アーミン 「お疲れ様よー」
本屋GM 「へいお疲れさん」
ゆっこ 「おつかれさまー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーミン 「普通村が立てば抜ける可能性があるってことね
それまではできるだけ見るわよ~
最近ぜんぜん参加できてないから普通したい欲求にかられててねー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本屋GM 「まぁ抜けるならな できれば抜けずに最後まで見てほしいのがGMの本音だが」
ゆっこ 「あれ、抜けるの?」
アーミン 「おっとそういえばそんなオプションあったわね
忠告感謝しますわ>GM」
本屋GM 「鍋抜ける時は蘇生辞退ボタン押してから抜けること>アーミン」
ゆっこ 「結構騙りが多い役職なんで、割と早めに覚えたよ」
ゆっこ 「執筆者は一定期間後 (5 日目以降) に処刑投票数が +1 される村人
傾奇者は一定期間 (5 日目以降) になるまで処刑投票数が +1 される村人。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
アーミン 「執筆。。。歌舞伎ってなに?っ手感じだったわw
何喋っていいか本当迷った挙句蝙蝠さん出ておいでになったわw」
ゆっこ 「私もまだ把握しきれてないからどうしても会話が遅れるんだよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アーミン 「どーだろ?多分いるんじゃない?
私最近の鍋の新役職知らないからなんともいえないわー」
アーミン 「隣村は決闘ねぇ・・ぶっちゃけ決闘好きじゃないのよねぇ・・・
ざんねん」
ゆっこ 「隠し、ってことは蘇生持ちもいるってことかな?」
アーミン 「お疲れ様よー」
ゆっこ 「あやややや」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
アーミン 「まぁ新しい村が「立てばそっち行くわ~
平日だしきびしめではあるけど
普通村も行きたいのよね」
本屋GM 「何より霊界誤爆が怖い(ぶるぶる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本屋GM 「まぁここから先はこれから死んだ人とコミュニケーション取ってくれや」
アーミン 「ああ言ってあぶりだすけどね
村にせよ人外にせよ蝙蝠あぶりだして損はないとおもうけど
吊るか吊らないかは別として
ああやって危害加えないから出ておいで(にっこり)はありと思うのだけど」
アーミン 「遺言については死ぬと思ってなくてたかくくってましたさーせん!!><」
アーミン 「うーん 中身みっちり書いたつもりだったけどやっぱ発言数で寡黙扱いねぇ・・・」
本屋GM 「あんまりあれ過ぎると配役隠蔽だから問題なんだけどまぁこれくらいならいいじゃろ」
アーミン 「本当最近めっきりしゃべれなくなったわ
4発言とかひどい 前は余裕だったんだけど」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
本屋GM 「そうだなーちょっと待っててな(ごそごそ」
アーミン 「最近あんまり本屋さんと会ってるイメージなかったけど会ってたけ?
まぁいいわ あと鍋って何喋ればいいか・・・ ブランクがひどいし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本屋GM 「それを調べるのは夜のほうがいい>アーミン
適当に周りに合わせれるならそっちで」
本屋GM 「久しぶりなのかね? まぁいいや後知らない役職はまぁ昼間に調べると
発言数少なくなって吊られやすくなるから夜に調べるのがお勧め」
アーミン 「開いてたけど執筆者とか調べてる余裕なかったわー><」
本屋GM 「タブ2つ用意して片方はゲーム画面
片方は新役職情報の画面開いてやるのが基本だぬ」
アーミン 「お疲れ様よん
というか久しぶりね本屋さん」
アーミン 「というか知らない役職ばっかで名に喋っていいかわからないわ」
本屋GM 「はい お疲れ様 配役隠蔽だから多少愛想が悪くなるかもしれないけど
許してね」
アーミン 「あひん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
本屋GM 「配役隠蔽中の時ってでかでかと書かれるのか なるなる」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営8 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 決闘者陣営1
ゲーム開始:2013/05/08 (Wed) 23:24:15