【紅2147】やる夫たちの普通村 [3921番地]
~さすがに埋まらないだろう~
5 日目(生存者 5 人)
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[狂人]
(死亡)
icon 夜ノ森小紅
 (鴨かも◆
MERRY/NCyc)
[村人]
(生存中)
icon アナザーブラッド
 (でって)
[人狼]
(死亡)
icon 鑢七実
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[狩人]
(死亡)
icon 紅緒
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[村人]
(生存中)
icon ルーミア
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[占い師]
(生存中)
icon ミツヒデ
 (明石焼き◆
RHW5K2Nl8w)
[霊能者]
(死亡)
icon 金剛
 (Glace◆
TZ.gEvN5.o)
[村人]
(死亡)
icon 霧切響子
 (◆
j/LLggzims)
[人狼]
(死亡)
icon 雪華綺晶
 (みんと)
[村人]
(死亡)
icon 鬼灯
 (音餅◆
L4/i/NrLmw)
[村人]
(生存中)
icon さっきゅん
 (12346◆
with5qq2Qg)
[村人]
(生存中)
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
アナザーブラッド 「うふふ、それじゃ私も落ちるわねぇ。
皆お疲れ様ぁ♥」
アナザーブラッド 「や~ん、そんな恐ろしいトラップをしかけるだなんて小紅ってばぁ……♥」
夜ノ森小紅 「    |: : : : :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : : :.
    |: :../: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∨〉 : : : : : : : : : : :.
    |/: : : : : : :.i: : : : ハ: : : : : :|: : : : : : : : : : : ∨〉 : : : : : : : : : : :.
     ′: : : : : : : :|ミy彡ヘ: : : :..:.|: : : :..:.:|: : : : : : :.、:,: : : : : : : : : : : :.
    / :/ : : : :|: : |:.l       :, li: :.| |..斗-:|: : : : : : : :\:, : : : : : : : : : : :.
   : :..:i: : : : :.|: : |:.|     |:|l: /|/八:.:|、: : : : :|: ト--ヘ: : : : : : : : : : : :.
   |│| : : : :.:廴:|:.|     ヽ|:|f゙: r斗f宍‐ミ: : :..:.|: l|⌒'.: :, : : : : : : : : : : :.          じゃアナブラもおやすみっ
   |人|│ : : ゝ: {丁¨¨′  j八/  |i//(_ }: : : :ハノ|   |: :ヽ: : : : : : : :..:i:..:.
   |  |│: : : : :f〃示ミy /    弋辷ツ│: :/ : : |  :′: :ト : : : : : : : :|: : :.
     vト: : :\f{  |il/(_         :i::i::|:イ: : : :.|/: : : : い: : : : : : ::|ヽ:.:i
     |:\{\: :\.弋こツ          │: :..:..|: : : : : : :ゝ’ : : : : :.:| ⅵ
     |: : : : :.:\{ハ:i::i::  ′        │: :..:..|:.|: : : : : : :ヽ}: : : : : l  |:|
     |: : : : : :..:.|: ∧     r‐  ̄`ヽ     |/: : /|:.|: : : : : : :「 |: : : : :.′ |:|
     |: : : : : :..:.|: : 个    \     ノ  /j: :.:/ 1ハ: :.|\: :.| 1: : : /  j/
     |: : : : : :..:.| : : : i | 〕>    ̄  /  ′/  |  ∨ヽ ` | .′: /
     |: |: : : : : :| : : : リ }: :.|: : : >‐彳`ヽ//_____      :, |/: /
     | ハ: : : : : |ヽ: :..:l }/\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.ー‐ _;./ィ
     リ  、: :.|  \|     ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.: :. 厂`ヽ
        \:{        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   }
.            \       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     .}
                  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      }」
夜ノ森小紅 「         /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ-‐==::::::::‐=ミ
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       .::i::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::.
.     / :::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マニ_:::::::|::::::::::::::::::::::::::::.i
    /::::::iLZ: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨゚/::::|:::::::::::::::::::::::::::::i
    .:::::::::::|  |::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨‐:::|:::::::::::::::::::::::::::::|
    i:::::::::::|  |::∧::::::|:::::: :::|::::::::::::::i:::::::::::: |i::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|
    !::::::: |  |::| _;jI斗==キ千:::::::i:::::::::::::|i::::/!::::::::::::::::::::::::::: |   まぁ、なんだ。
.    ‘;::::::::マT |::| │:|i| /!: [Ni;::::::::::ト、::::::::ト、: ∧::::::::::::::::::::::::: |
.    ‘∧ x'笊;ノ  斗尓尤才:;::::::;:’::::>-‐∨:∧::::::::::::::::::::::::|   村参加どうもホントにありがとな
      \   }:     弋辷ツ ;゚:::::;:’:::::::::| / 八::∧:::::::::::::::::::: |   >アナブラはじめ村参加者皆
        i: ノ      //厶イ::::::::::::::|: /::::::::::::〉:::::::::::::::::: |
        | ∧              |i::::::::::::|´:::::::::::::::::::i::i::::::::::::::: |   正直もっと少ないと思ってたし。
        |:::::::..       u  八:::::::::,’:\::::ト- : | |::::::::::::::: |
        !:::::::\ ‐-  _,,... イ:::::::::::,:’. :  )::| : : | |:::::::::::::::::|
.       ‘;::::::rく⌒¨¨" ̄〉 /::::::::/           リ }::::::::::: |   じゃぁ私も明日朝早いからな
          ‘;::::|      :/ /:::::/             }:::::::/] |  この辺でお暇させてもらうよ
         , =ミ  :/   /:/   .   -‐===‐-ミ  }::::/マ    お疲れ様
           {  V´   {/. .  /       __   マ:::/ ヤ \
            ´'、    . . . . /   .'´    ``ヽヤ゚   |   \
          /    . .   :/   /         _}  │  /
            {. .   . .   /   /          _]   |  {」
夜ノ森小紅 「ハニートラップに要注意だ…!(ぉぃ >アナブラ」
アナザーブラッド 「お疲れ様よぉ、次はちゃんとすぐ混ざってねぇ♪>ミツヒデ」
アナザーブラッド 「(あれ、さっき勧められたような?w)」
ミツヒデ 「寝る前にログ見たらいきなりルーミア殿が霊界サービスしててお茶吹いた
これ噛まれてたらどんなAA出てきたんですかね・・・・・

では失礼します」
夜ノ森小紅 「今度姉様(紅緒)RPやる人は要注意だなコレ…(ぉ」
アナザーブラッド 「ヤラれちゃうのねぇ……♥」
アナザーブラッド 「私はぴゅあだけどぉ♥」
夜ノ森小紅 「今度は私もやるのか…(白目」
アナザーブラッド 「RPがノルとやっぱりやりやすいのはあるわw」
紅緒 「紅緒のスペックはなかなかイイな……しかし発言精査力が今ひとつ、と(メモメモ
痴女は妙にグレランで白くなるのは興味深いだろ

よし、次は小紅チャレンジだ(ダッ」
夜ノ森小紅 「楽しんでなんかなーいっ!w

いや人狼は楽しかったけど!」
アナザーブラッド 「あぁ、お茶飲んでるのねぇw
飲みづらいなら口移ししてあ・げ・る・ぅ♥」
金剛

                 \__/.:.:.:.:.:/―┴――=ミ 〈///∧ V.:.:.:.:.:ヽ
               ,.::´:.:.:.:./.:.:.:.:.:/.:.:-―‐-.:.:〃:.:.:.:.:´"'<//〉 V:.:.:.:.:.:.:.
.                /.:.:/:.:/.:.:.:.:.:/.:.:./.:/.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:\  |:.:.:.:.:.:.:.: ̄\
                〈:.:.//:/.:.:.:.:.:厶イ/}/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:メ、:.:.|ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:i    \
.                V.:./.:.:/:.:.:.:.:./{         i.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.|――‐┘
               __ V.:/.:.:.:.:.:/.:.| x===ミ   |.:.:.:.:.:.:/}/|/|/.:.:.:.:.:.:.:l:.:.|i:.|
              /.:(.:./:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:| :::::      |.:.:.:/      /.:.:.:.:.:.:./.:.八|ヽ それじゃあ皆Good night!
           {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:',          ̄  x=ミ 、 /.:.:.:.:.:.:./.:.∧.:.:.:.i お疲れ様ネ~
            /\.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|.:.:.:.:.',     ‐:.、      ヾ/.:.:.:.:.:.:./.:./.:∧:.:.:|
.         /.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:/iYlV:.:.ト   {  ノ     :::::: 厶.:.:.:.:.:.:|//.:∧.:|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:l l !| V.:j.:.:介c。       イノ:|:.:.:.:.:.:.',:.:.:./.:.:У
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:{`|    V`ト、ノ   / ー―=彡:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:\.:.:∠、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   /`、\    `フ⌒7.:.:.:.,ィ//7ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\):.:ヽ
.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ./ヽ_/  `、 \/ //.:/   /.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
 _イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} /: : /   /  `、/ / /⌒ヽ /.:.:.:.:|:.:.:.\.:.:.:.:.:/
   |.:.:.:.:.:.:.,.:イ.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:}/: : /  </   `、 ̄   <\ V.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.T"´
   |.:.:.:./  |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/: : /         `、     Li /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:j
   |.:.:/   |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:./: :.,:' /〉          `、     /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/
    、:{    !:.:.:/ |.:厶イ 〈/          \  {.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/
         、/  /⌒\                   \ {.:.:.:./.:.:.:.:.:./」
夜ノ森小紅 「手元に伊右衛門あるからそれ飲んでる…w」
鑢七実 「それでは、お疲れ様でした。えっと……そうだ。

今夜はお楽しみでしたね。」
アナザーブラッド 「あらあら、たいへ~ん。お水飲むぅ?>小紅」
夜ノ森小紅 「リアルにむせたんだが(驚愕」
霧切響子 「まぁ、村はお見事。お疲れ様。
また機会があったらよろしく。またね。」
アナザーブラッド 「(私はできない夫をお義姉様って言ってたなんて……)」
夜ノ森小紅 「げほげほっ むせた」
夜ノ森小紅 「それ私っぽいけど私じゃない人だー!」
夜ノ森小紅 「ぜーはーぜーはー」
紅緒
             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶     えっ>小紅さん
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ」
ミツヒデ 「では私はそろそろ床につくとしましょうかね
村立て感謝 全員お疲れ様でした」
夜ノ森小紅 「お前だお前!
姉様の名を騙ってるお前だーっ!(頬へペチコーン >できない夫さん」
紅緒 「しかし、初日狂人なのが残念だな。満足できねぇよ……!」
ミツヒデ 「狼吊れてなくてGJでたら指定展開になるかもしれませんね という予想ですが」
紅緒
     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ.   「   \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   |  |        | |   まったく夜ノ森(姉)はけしからんな>夜ノ森
   {_`__   彡  __´_ノ
    {`ー'´      `ー'´}   今度会ったら文句を言ってやるだろ!
     {      彡     }
     ヽ、    /   ノ
       /    く
       |     \」
鑢七実 「一回出てオセロさせてあげるのも良いかと思いましたが。
面倒だったのと手が届かない状況を見ているのが思いの他楽しかったので。」
金剛 「遺言見たかったデスネ~wwww>小紅」
アナザーブラッド 「私吊られたら終わるから遺言用意してないわよw」
夜ノ森小紅 「        |: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :|: : : : : : : : |
       |: :../: : : : : : : : : : : : : /ミy彡ヽ : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : |
       |: :.′: : : : :..:.|: : : : : :.|     |: :|: : : : : |: : : : : :i:|: : : : : : : : |
       |: :i: l: : : : : : :|: : : : : :.|     |: :|: : : : : |: : : : : :|:|: : : : : : : : |
       |: :|: |: : : : :ト |..,,__∧: |     |: :|: : :,,..斗: : : : : |:l: : : : : : : : |
       |: :|/|: : : : :|:八: : :|≧lレ     ぃ斗f:´ : 八!: : : :.入: : : : : : : : :.
         ′ : l: : : : :l━┯━┯       ┯━┯━|: : :..:.トい: : : : : : : : ::.      皆、こんな姉とアナブラでホントにごめんな…
.      /: : : : :∨: :..:ハ  |///l|       |///l|  |: :..:/:| .j:ト : : : : : : : : :.
     /: : : : : : :∨\:ハ. 乂_(ツ       乂_(ツ   ′:/レ' l:| :, : : : : : : : :.
      :′: : : : : / | : : i\〉             厶イ: |_,ノ..|  ′: : : : : : :i
    i: : : : : : :/ 1: : 入             し |: : :..:′:..:.|   i: : : : : : : :|    ←そんなんだから私の遺言これになるんだぞっ!?w
    |: : : : : :/  v: : : 个: . ..    匸  ̄ノ     ィ|: : :/: : :ハ:{   |: : : : : :│|
    |: : : : :/   厶: : :.:|: : : : : ≧=r―- r=≦: : :!: :/: :.:/   │: : : : :/|│
     : : : :│     ∨: |V⌒V⌒ィ}    廴イ:/j ∧/      |: : : / !ノ
      、: :{       \} -=ニ  .|      }   〈/=-      ノ:./   /
      \{     /「\     |_____/     //〉  /ィ
.              /ニゝ \     |    ′   ///ハ
             iニニニ\ \   !   /    ///ニニ}」
アナザーブラッド 「んもぉ、これも小紅が悪いのよねぇ♥>ミツヒデ」
紅緒 「しかし、その結果が狼を追い詰めることもあるさ>ミツヒデ
逆に利用されることもまた然り

もしも小紅が狼で霧切投票をした上で占いを噛めれば、身内票という追い風に乗ってどこまでも飛んでいけただろうしな」
鑢七実 「なので先陣を切りました。>ミツヒデ」
雪華綺晶 「では。おつかれさまでした」
霧切響子 「あぁ、私は狼だったから。役持ちには見えたわ。
終始占いについてしか発言してなかったし。
まぁ、結果自分が吊られてるんだけども。>鬼灯」
夜ノ森小紅 「やっぱり姉様とアナブラのせいじゃないかー!w>入村」
金剛 「少人数だと割と指定になってるの見マースwwww>ミツヒデ
ワタシの考えと違うんですかネ~?」
鬼灯 「ではお疲れ様です。
村立感謝、いつかまた地獄でお会いしましょう」
鑢七実 「後は昼発言通りです。
疑われるのは嫌です、草毟りの労力が増えてしまいますから。
私病弱ですし。」
夜ノ森小紅 「狼2だと割とボロ雑巾かもなぁ>霊能
狼3になると欲しくなるけど。
特にさっきの14な!」
アナザーブラッド 「私が狼やると早いわよぉ♪>金剛」
ミツヒデ 「あの流れですぱっと入村する度胸は私にはありませんよ・・・>アナザーブラッド」
金剛 「人狼's初日の投票早すぎるネ~wwww
島風デスカーwwww」
鬼灯 「いえ ●を嫌ったような雰囲気が>霧切さん」
ミツヒデ 「少人数だとまさにぼろ雑巾ですねこの役職って・・・>紅緒」
霧切響子 「殺すつもりで突っかかったけど超過でなにも言えなかったわ…>鬼灯

名前読めなくてこぴぺしたのが敗因よ……(キリッ」
鑢七実 「私からするとそれだけで反射的にいっても良かったのですが。
◇霧切響子 「出ている占いは見ていないの?>アナザーブラッド」
これも含めて否定的な発言が目立った、というのがありまして。」
鬼灯 「まあその結果アナブラさんから一気にOBしていったんですが」
アナザーブラッド 「ミツヒデは様子見してないでもっと早く入村してよかったのにぃ♥」
夜ノ森小紅 「響子に関してはセンサーとしか言い様がないなぁ
占いでも適当にでっち上げて占ってたレベルでセンサーが働いた

特に  理由は   ない。」
紅緒 「「COして噛まれるだけの簡単なお仕事です」って募集要項に書いてあった>ミツヒデ」
金剛 「ナルホドネ~wwww>紅緒
きらきーサン村ならそうなりマースネーwwww」
鬼灯 「霧切さん投票理由

◇霧切響子 [狼] (◇j/LLggzims) 「どういうこと?
偽なら●を出さないって。>鑢七実

●出したら絶対に真なのかしら。」

大体これですね」
ミツヒデ 「というかよく初日から人外見えますよね・・・
私ひたすら狩人吊りに走ってますよ今回・・・」
霧切響子 「あんまり話すこと無いなーって思ってたからやっぱり発言しなくてよかった。」
紅緒 「鬼灯は吊れないだろ、発言を見ると後回しにしたくなるもの>アナブラ
しかしなるほど……そういう発想だったか。メモしておこう」
夜ノ森小紅 「姉様、真白を追いかけすぎですよ!?(ガガーン >できない夫さん」
雪華綺晶 「人外を捕捉できなければ自分が死ぬということを改めて確認した程度ですね」
アナザーブラッド 「ん~、負けたけど人狼やったって感じはするわねぇw
次は勝たないとぉ♪」
鑢七実 「偶々、ではないかと。」
紅緒 「お前のねーちゃんから「心配だから代わりに行って来い」ってペソで>夜ノ森」
金剛 「初手で狼吊れたのも村有利に働きマシタネ~wwww
1票差とはいえよく吊れマシタネ」
紅緒 「アナブラが鬼灯、金剛が雪華綺晶投票で>金剛
発言は「どっちもわかんねぇ!」ので投票先で決めました

なお3日目は「雪華綺晶投票するのは狩人に違いない」で保留した模様」
ミツヒデ 「まあ初霊能は勝利で飾れてよかったですよ 

なにもせずに終わりましたけどね・・・」
鬼灯 「逆の逆の逆を読んだ結果
裏の裏の裏をいかれたようです。
おのれ謀ったな」
ルーミア 「七実は護衛ありがとうなのかー」
アナザーブラッド 「いや一人だけ男アイコンだから集まるかなーとか思ったのよねぇw>お義姉様」
夜ノ森小紅 「うう 姉様に裏切られた…
陣営的には裏切られてないのにー」
アナザーブラッド 「うぅぅ、乱暴にされちゃったぁ♥>七実」
ルーミア 「どうせ噛まれるからいいのかーって何も準備してなかったら
普通にミツヒデ死んでて凄い慌てたのかー」
紅緒 「鬼灯投票とは無茶をするなw>アナブラ
そこは集まっても1票、吊れる位置ではなかっただろ
霧切との絡みを見ても、除外してたわ……」
アナザーブラッド 「どうせルーミア噛んでも吊られるから違ったことしようという発想!」
鑢七実 「望み通り姉妹に揃って乱暴されて良かったじゃないですか。」
ミツヒデ 「まあこの人数で初日狂人は運がなかったというのもあるかと
しかし村のグレランが強いですね」
夜ノ森小紅 「普通に終わった………


…って姉様が…憧れの姉様が… うそだーーーーっ!>中身」
さっきゅん 「なるほどねー」
ルーミア 「最終日の噛みはなんなのかー?」
鬼灯 「誰狼でも結局おかしいことになるんで
まあ吊っとけばいいやってなりました」
金剛 「んんんwwwアナブラさんのランに負けたのは結構悔しいデースwwww」
雪華綺晶 「私吊りなら金剛村決め打ちするのかと思ってましたが
そうでもないんですね」
紅緒 「これが姉妹の絆だッ……!」
霧切響子 「すまぬ、すまぬ……」
紅緒
     /     /  ̄/    /   / / __        /
    /\ ――  \/  / /   / /    / ――  / /
    /        / _/ /_/ / __/    _/ /_/

                 / ̄ ̄\
.              /  「   ヽ\
       /\__.     |  (●)(●) |.      _/ヽ
      /''''''  |     |    |   |      | '''''':::::::\
     |(●),_|_   |   __´_   |    ___|_、(●)、.:| +
       ̄|_ ,,ノ(、|_   |   `ー'´   |  _|_, )ヽ、,,_ .::::| ̄
        |__,rエ|_ヽ        | _|エェ、__.::::::| ̄     +
         \  ̄ヽr |  ヽ     ノ |-rヲ .:::::/ ̄
           ̄,,二.イ__ /ー-..,ノ,、.゙,i -、 ̄i ̄ ̄
           /:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
           /    |  \/゙(__)\,|  i |
          /    >   ヽ. ハ  |   ||」
ルーミア 「お疲れさまなのかー」
霧切響子 「お疲れ様」
アナザーブラッド 「お疲れ様ぁ、ごめんなさいねぇw」
ミツヒデ 「お疲れ様でした」
鑢七実 「お疲れ様でした。」
金剛
                          | l ./7./7
                          | l_/ ,'/ ,/〉
                           r‐=ミノ __   /
                         > 、 ヽ   /
                __           ‘:.,   ´{
             /:./⌒)               ′   Ⅴ
          /.:..:/    __               ',    Ⅴ_
             \:.、x</、:.`ヾ丶        ∧    ∨_
         ,.ィ´/>.:.:´.:.:\:.:\\   ___, ∧     Vニ_
.         /:.:|/.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:\:.:\{⌒>_/ ∧     V二______
        {.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:}ナ}メ:.\:.:\「):.ヽ、  /ト、   ノ二=‐-  ___,ノ
           V.:|.::,.斗、.:.:/ z=ミ',:.:.:\.:.:`:.ー.:.〉 /\ ̄ ̄r―┐ r―┐ r‐‐ / ヘーイ、お疲れ様デース!
.        __';.:|´:.{ __`     ⊂⊃八>┬くノ/|  \    ̄     ̄     /
       /  }.:|\〃´  ' __   ト、:.\ー /| |     ー=二      / 村陣営の皆さん、おめでとうございマース!
       ー‐く|.:|:';.:⊂⊃  (´ }  人:\.:..`::..、| |  ヽ ___,.> ''"´
.           \:.';.:.:.`ト..,,_ / |{^'「\.:.:.:.:`:..、   /.:.:.:.:\
      ______ー\:.:\:.___j    |{ |│ ` <.:.:.:.ヽ/.:.:.\.:.:.:.:.〉
    r‐「Y⌒Y⌒Y´| .\:.:\\   .|{ |│  V{ `ヽ.:.}\.:.:.:.:.:\/
    { `ミ=t‐‐z=彳  ´ヾ:、.:.ヽ \,ノ .|│  ',  | }/.:.:.:.\
    八 二{ イ ̄   ./   } ト、:} ,:′ |│   'ト、|〈.:.:.:.:.:.\〉
     |  |   /   / }}       |│   、 ヾ!\.:.:.:.:.}
.    /|   ノ〉 r‐く\ / 〃   |    、    \j、 .\ノ
   // / ∧ /\ \>{  {{    ',    \\   //ヽ」
ゲーム終了:2014/01/22 (Wed) 02:09:34