←戻る
【紅番外】やる夫達の恋色決闘村 [1982番地]
~決闘でやる鍋といえばクマ鍋?~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon 洩矢ゲルト
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 打ち止め
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon 古手梨花
(生存中)
icon 西行寺幽々子
(生存中)
icon 秋穣子
(生存中)
icon エリカ
(生存中)
icon 泉こなた
(生存中)
icon 平山幸雄
(生存中)
icon ナズーリン
(生存中)
icon うずまきっていう
(生存中)
icon たわし
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 鹿目まどか
(生存中)
icon 大柴亨
(生存中)
icon 柊かがみ
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon 伊吹風子
(生存中)
icon トーリ
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 火焔猫 燐
(生存中)
icon 暁美ほむら
(生存中)
icon
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon レッド
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
村作成:2012/11/23 (Fri) 00:39:47
かり鍋 さんが村の集会場にやってきました
かり鍋 「1:00開始予定クマー」
test-kari さんが村の集会場にやってきました
かりー さんが村の集会場にやってきました
test-kari は test-kari に KICK 投票しました
test-kariさんは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
かりー 「よろ。」
打ち止め さんが村の集会場にやってきました
打ち止め 「こんばんはー!ってミサカはミサカは一礼してみたり!
みんなみんなよろしくねー!ってミサカはミサカは手をぶんぶん振ってアピールしてみるっ」
球磨川禊 さんが村の集会場にやってきました
球磨川禊
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル    『呼ばれた気がして』
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从          
                 / '´ ̄-、⊃          『どうも』『週刊初年ジャンプから転校してきました球磨川禊です』
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_     
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ   
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/」
かり鍋 「こんばんはクマー」
かりー 「ミサカは元気だなー鍋にしたいくらいだー」
打ち止め 「球磨川さんもいらっしゃいーってミサカはミサカは深々と頭を下げてみたり!」
やらない子 さんが村の集会場にやってきました
古手梨花 さんが村の集会場にやってきました
古手梨花 「にぱー、よろしくなのです」
西行寺幽々子 さんが村の集会場にやってきました
やらない子
              __
           /´:.:.:`i、___    _
          く:∠ゞ.::';::;::::i、:::::、`ヽ/´.::.:.:i
            ,':.:.:/.._/!ハ;:、:!r:、....゙、 :: ヽソ.:.:..!
          i.:.::/ri,/フ'ハ、y | ゙、:::゙、::::...゙、.:.:\
           レ/:::i  /  )    !::::゙、:::::::|.:.::.:.:i    
          i:::::|  |'   |  __ ∧::.',:ヽ:.l::.:.:.:/   
      _ , -‐  ̄ _ノrー-.、ヽ  \ !::i:.:..i:.:.:..:ハ
      /    ,..- ' 、 ∨  ノ \  `ー 、:|ソ.:.:.:.:\      
   /    / "レ'ヾi_ `ニ´ :::' |;\    \\:.:.:.ヽ  
.  〈   _ ノヾー-、-r‐--r-イ  / /7'   /   ',: :.i
   `ー-、_ // ヽ i、、  /___/ ./ハヽ、. /|  ノ:ノ
     | `7/   iヽ、. | / ./=i  ヾ< iヽー┐
     |ノノ     Y\、レ/   ヾ/. `ー/ | ||
     `ー-r---、i  oY     ゙、ヽイ´  .| ||
          |    |    ハ      /-‐-、.|. ∥
          |   |   | i      |     ||
          |   |   o| ゙、      |      .||」
西行寺幽々子 「よろしくね~?」
球磨川禊
                _
             ,.ィ<´__
          ,ィ≦爪マムマムミム、__
         ,ril州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        ィil州州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        i!ソリl州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、
        リjネィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、
        イ州州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ   『かりーちゃん!打ち止めちゃん鍋にしたいってそれってどういう(ry』
        ,ル州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、
          .lr.、マ、     .}     i|ハ!       
          .!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′
            l从}.ヽ.、` _, イ_
          |l二ニ===┬┴≧                           __
          .,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,___
.       ,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、二ニ≧
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―─‐}
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄ ̄´
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
    f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////
  .///////////////>zイ////////////i   `ヾ////ム'/////
打ち止め 「幽々子さん、やらない子さんと梨花さんもいらっしゃい!ってミサカはミサカは気さくに手を上げてみたり!
人がこの調子でいっぱいくるといいなぁ…ってミサカはミサカは期待してみるけど。」
秋穣子 さんが村の集会場にやってきました
秋穣子
             _,,.. -- 、..,,__
          y'"´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         r'o8o。、:::::::::::::::::::::::::::::::::':,
   )、__人 r‐'-‐'-、88o-‐~^ヽ、:::::::::ヽ、人___ /
  ノ    ( ヽヽ、.,__二二二、ヽ   ̄ ノ.  (
     /)' / ハ  ハ  ハ  ̄ハ ̄ (\! Y^
   / ,.くイ i i/,!ゝ、.! | / |,.!ィ'-、| / _\,\
  /  、ヽノつi ノ| ト |`レ'' ´ト `| レ': ヽ`7 /`ヽ.
 /|  イ 'i´レヘハ. ,, ゝ' .   ゝ-',,, / ) `ゝ'、/_ハ、  秋はまだ終わらない!
 | ヽ,ノ  |、 ノ ノ |   rァ─-、   ノ| | ハ| ヽ、_ノ  |  むしろ終わりがないのが終わり!
 |     | く / |へ、 |'    | ,.イ、 ト、!ン|      |',
 |     |ヽ.,.!>  `|>r-<ニ>ァ ´/  |       〉  ゴールド稲穂大豊作レクイエム!
 ',    rハ ヽ.   / |'|:| ∞ |:i  !  ハ_>     /'
  ヽ.  / |  ! _/ 7 |:|^^^^^|:|`ヽY、   ! ,.ヘ  ノ
   ヽー‐'─''"´   | |:|__//  ハ/`''ー-'---‐'"
             ヽ.,――-´、__,イ
             /       ´`ヽ
            / .          \
           /             ヽ.
         /                ヽ」
やらない子
              __
           /´:.:.:`i、___    _
          く:∠ゞ.::';::;::::i、:::::、`ヽ/´.::.:.:i
            ,':.:.:/.._/!ハ;:、:!r:、....゙、 :: ヽソ.:.:..!
          i.:.::/ri,/フ'ハ、y | ゙、:::゙、::::...゙、.:.:\
           レ/:::i  /  )    !::::゙、:::::::|.:.::.:.:i    
          i:::::|  |'   |  __ ∧::.',:ヽ:.l::.:.:.:/   
      _ , -‐  ̄ _ノrー-.、ヽ  \ !::i:.:..i:.:.:..:ハ
      /    ,..- ' 、 ∨  ノ \  `ー 、:|ソ.:.:.:.:\        ……時間よ。
   /    / "レ'ヾi_ `ニ´ :::' |;\    \\:.:.:.ヽ  
.  〈   _ ノヾー-、-r‐--r-イ  / /7'   /   ',: :.i      誰か私に溢れんばかりの時間を!
   `ー-、_ // ヽ i、、  /___/ ./ハヽ、. /|  ノ:ノ
     | `7/   iヽ、. | / ./=i  ヾ< iヽー┐
     |ノノ     Y\、レ/   ヾ/. `ー/ | ||
     `ー-r---、i  oY     ゙、ヽイ´  .| ||
          |    |    ハ      /-‐-、.|. ∥
          |   |   | i      |     ||
          |   |   o| ゙、      |      .||」
西行寺幽々子 「あら、秋の……  どっちだったかしら?」
古手梨花 「そうなのです、人がいっぱいのほうが楽しいのですよ>打ち止め
一緒に待とうなのですよ、にぱー」
エリカ さんが村の集会場にやってきました
打ち止め 「ミサカを鍋に!?
鍋をかぶって『ふはははは正義の味方ミサカブラーック!』とかやればいいの!?

ってミサカはミサカは期待のまなざしで見つめてみるけど!>かりーさん」
秋穣子 「食べ物実らす方よ!>幽々子」
かりー 「球磨川は見たくないか!
「ミサカはミサカは鍋になってみたり」とか言って元気に鍋っているところを!」
打ち止め 「でもでも鍋はちょっと重いかも、ってミサカはミサカは反論してみたり。
穣子さん、エリカさんもいらっしゃい!ってミサカはミサカは挨拶してみるっ!」
エリカ 「よろしくお願い致します」
やらない子
             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'___ _    '__ _}|:::レ'::!ヽj/ )ヽ        そう。秋なの。
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ     `V,ソ/|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )      秋だったら秋刀魚も柿もまだまだ旬ね。
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|:::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l             
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j」
古手梨花 「みー?鍋とはなんなのですか?」
打ち止め 「はーいっ、ってミサカはミサカは梨花さんのお隣にちょこんと座ってみるっ」
かりー 「そこまでは考えてなかったよ…>ミサカブラック」
泉こなた さんが村の集会場にやってきました
泉こなた
               x< ̄ ̄ ̄>――― 7
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_
           /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:ヽ
        / ../.:.:/..:.:.´ ̄.X.ィ..:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.
          |/.:.:/ ..:.:.:.:.:.:.ィ.:/ !..:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:
.         / ..:.:/.:.:.:.:.:.:.:/ l/   !.::.:.:.:.:/`|ヽ.:.:.:.:.:.:
        /.:.://..:.:.:.:.:圷 乍气. /..:.:.:.::/ /イ..:\.:.:.
.       |.イ..::/.:.:.:./| { {て:::V '..:.:.:/    !.:.::|.:.:.:
         |.:/..:/ ..:.:|弋辷 / /..::/  込≧!.:.::|.:.:.:     やっふー
         レ.:∧」.:.:.:.:|    ̄ / '´   ん::V }.:.:/.:.:.:.
         |/..:.:.:|.:.:.:.:|          ゞ少 イ.:/|.:.:.:/
         |.:.:.:.:.:!..:.:.:l`>    ,      ・/.:!' l..::,'
         |.:.:.:.:.:!..:.:.:|' _」 > ┬‐..┬―< ..:! .l:/
         |.:.:.:.:.:!..:.:.:|::|_  /`ヽ/..:.:/.:.:.:.:|  '
         |..:.:.:∧:.:.: !::!   `/:::::::/..:.:/.:.:.:.:.:|
         |.:.:/:::::',:.:.:|::|   /::::::::/..:.:/..:.:.:.:.::|」
球磨川禊
         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州      『非常に興味があるねかりーちゃん』
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }      『僕にとってのあたらしい流行になるかもしれない』
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}       『手ぶらジーンズに続くね』
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!       
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////
西行寺幽々子 「……ああ、芋うと、もとい妹だったかしら>秋」
打ち止め 「はっはっは、この位は予想しないと駄目だよーってミサカはミサカは何故か上から目線で言ってみたり>かリーさん」
平山幸雄 さんが村の集会場にやってきました
古手梨花 「みー、打ち止めはいいこいいこなのです>打ち止め
いい子は僕がなでなでしてあげるのですよ」
打ち止め 「こなたさんもいらっしゃいーってミサカはミサカは挨拶するっ」
やらない子
             ,へ     , <\  , へ      _
            /:.:.:.:.\, -/:.:.:.:.:.:.:.∀':.:.:.:.:.\  __/:.:.:.i
          /:.:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:,-ァ,ヽく`:.、:.:.:`く _}---{、_
         i:.:.:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:/イ:/i/i:ヽ:.:.ヽ:.:..、.ヽ>、:.:.:.:.`7
         }:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.':.:.:.l:.:ト‐|:.:.:',:.:.:.',:.:.:',:.:.', !:.:.:.:.:.}
         ム:.:.:/:,ィ:.:/:.l : : /: : :/:.:.l  !:,ィ:/ : : !l:.|:.l∧ : : : : :
      / : : : :i /:./:.:.:!:.:.:.l,'‐-/、ト|  レ:./,ム_ノ:l : : :| : : : : :
    / : : : : : :イ:.:.:.:.ヘ:.:.i:.:.ィ=云xl/   /イ-─、:| : : | : : : : : :       でも最近って夏と冬の境目って凄い曖昧よね。
  /:.:.:.:/ >"|:.,ィ:.:.{:.ヾ|{: トら,}     ,rf弐x/:.:.:./ハ∧ : : ::.
 // ̄ ̄ `´  j/ 〉、:.ヽ,_∨ `''゚´    弋丿.:}!V:|/  ヽメ:.NI       まだ終わらない、も何も、
 レ       ´ //`ト'、:N', '''   _′  '''/:.:./レ|   |:.:.:.:.|
          ,/:.:.:.:.:.l:.:.:.',:.:\  (ヽノ   .:i::../,':.,'j   |/',:.:}       むしろ秋始まってすらいないんじゃないの?
         ノ/i:.:., ''"|ト、:.:.ヽ::::`。、_. ィ、|:.:.:/ ,':/   /  i /
       /:../   |: :ト,:.:.|::::iイ   /ト:/:.:/ト:、ヽ      /
         .:(   /|:.:.',:|孑,'´\ ̄/'''/:.:./ヽ- 、',\   /
           ヽ /´ 」:.:.:.:|   ヽ  ∧ |:.:./リ、_ ::ヽ」:.',
           | ヽi:.:.:.:.|\__|/::::::》|:.:i。゚  ̄}:/ ゚゚ヽ
           i   乂人 ._ ̄ヽ::::/ ル′ ̄ケ¨   メ }」
ナズーリン さんが村の集会場にやってきました
エリカ
                              ........-―━━‐-...
                             ,...:´::::::::::::::::::::::::、::::::::::::`:...
                             /, -‐━━━━‐-ヽ::::::::::::::::::`:,
                            ,.::::/           ゙、::::::::::::::::::::,
                        /,..:´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:i:::::::::::::::::::::,
                            /.::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::::i
                       /.:::::::::::::::::::::::/ i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|   梨花さんに幽々子さんに秋さん……
                      ,i::::::::::::::::::::::::_i  |::::::,:::::/:::::::,|::::::::::::::::::::::::|
                        /.|::::::::::::::::::::::::,'` l/j/i从/ |::::::::::::::::::::::::|   草タイプを使いそうな方が多くて大変嬉しです
                         i:::l从::::::::/\/、__   .___,.|::::::::::::::::::::::/
                         レ'i:::::\/:::::〈ヽ^¨¨` ,  ' ¨¨^.i::::::::::::::::::::/
                      \::::::::::::::::ハ   、_ ,   /:::::::::/::::::/
                          i\,、::::::::::::`≧o。_ , イ´从/ヽ/
                         レ´ \从刈\::,=i    ,!,=ー--- 、
                           , -――'´.,′ ,.ィ´/      \
                             /.  ,  /  !,.ィ´,.ィ´        ‘,
                              ,′/ / /,.ィ´    !       ‘
                          i/  //./     ヾ        ‘,
                           Y   / /       ´   l ,′      ‘,
                 , ‐,__     i   i  i  r‐ 、     ノi,'        ‘,」
平山幸雄 「よろしく頼むぜ」
西行寺幽々子 「死ねば、助かるわよ?>平山」
ナズーリン 「やあ、よろしく頼むよ」
球磨川禊 「                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!    
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|   『エリカちゃんが一瞬安心院さんに見えたのって僕だけかな』
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ    
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!           
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ」
うずまきっていう さんが村の集会場にやってきました
泉こなた
           ,. ´  /     、   : :\: : : :\:.: : 丶、
          /     l      | \   : :\: : : :\: : : :\
         /      |  |   ト、 ___\   : : \: : : :Y´ ̄`\
        /  / /   ,/|  |   |´\ ` \ : : : : ヽ.: :∧
      /  //  |  ィ'"¨{  {   |   \  ヽ: : : : : :ヘ:.:.ハ
.     / / / / |   l/ ヽ、ヘ | ィfテテマk、 ヘヽ、: : ハ : l
    /  / イ  :|:   l,ィfテメ\ ヽl  | j::::}ハ }jト、,ハ: :ヽ:.:.:.l:.:.|     >打ち止め
         |/ l  ∧ 小{ j::ハ  \l、 レトr以 l| |ヽ|: : :|\|: :|
         l' |  |:∧八 Vl以   \`'ー‐' . | |: : : : :|: :|: : |
         l  !ハ :ヽハ ,,'"´ '       ""  |/ : :l: :.:|: :|: : |       あいよー、いらっしゃってやったぜー。
.          V| l: : :i::{     r_;      八 : l: .|.:|: : l
.           Ⅵ l : :.|:|> 、 _      ,. イ/ /: :/: :/|: :|:.: :l
          ヽ! !: :.|:| !: |: l:.:|`77ハ´  / /: :/: :/ :|: :l:.: ;l         しっかしこんな時間に食べ物話とか元気ねー
             l: : !:! |: !: l:.:l,// ∧ / /: :/: :/  \! : :l
            |: :l:l !:.|: l:.:|| i / 〈./ /: :/: :/ /  ∧: :l
                !: |j l:.:|: l: j{ |,/  {/./: :/: :/ /  / ,ハ: :l」
うずまきっていう 「よろしくっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
平山幸雄 「死ぬのが怖いんじゃない!無意味な死はごめんだと言ってるんだ!>幽々子」
秋穣子 「あってるけど!あってるけど!>幽々子
同じ1ボスじゃない、ちゃんと覚えておいてよー!」
古手梨花 「みー、だんだん人が集まってきたのです
でも、僕は人がいっぱいでてんてこ舞いなのですよー」
打ち止め 「わーいっ、わーい♪
ってミサカはミサカは撫でられて素直に喜んでみたり>梨花さん」
たわし さんが村の集会場にやってきました
打ち止め 「平山さん、ナズーリンさん、うずまきさんこんばんはー!ってミサカはミサカは一礼するっ」
たわし 「こんばんは、こすりにきました。」
西行寺幽々子 「じゃあ貴方にとって『有意義な死』ってなんなのかしら?>平山」
秋穣子
       ,.- 、_
      (_,.  ノ
        ヽ!                        ,. -‐- 、
            ____,,,.........,,,,___           ,.:'⌒    )
         ,.::'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`"''ー...、,      i      ⌒ヽ.
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.-‐-、__,,..、:.:.:.:.:.:ヽ.    ゝ _    _,ノ
      r7'品8o_,. -─-- 、.,______,,.. -‐-、.:.:.:.:',    // ` ー'´
     / ̄ア'"´ ̄`"''' ー--- 、.,____,. -、 !:.:.:.:.:i   '´
     i y'´                  ヽ.、__!`ヽ.
     `7 / ,'  /  i    ,!   ハ    ヽ、.,___ノ
     〈  !  ! 、/  ハ  / ',  /_,.ィ i  ',   i
      ヽヘ | /,ゝ、」_ |/ _」‐='、ヽ! !  !   |
        >、.!,イ |┘i    ´ i┘ i Y !  !   !
        !ハ.。、'、_リ .:::..  '、_ソ ノ。  !  ,' そんなことないもん!
       _,ノ 7,.,.    '      ,.,.,. /o ,' ,ノ  今年は結構がんばったもん!近年まれに見るくらいには!>やらない子
       `>人      --(     ∠,___ノイ
      ∠__,,.イ`i=- 、..,,___   _,,. イ/,.'--、ノ
         ̄   ,.イ |::iヽ.,__ノ  Y    ヽ.
            〈    !:|/∞ヽ, /!      〉
             Y `|::!_____,,..Yィ 、 _ ,.イ
             i   !::!    !7    ハヘ
             !   '、! 、  /    ,'イ/ヽ.
               |    ',二ニ7     iン::::::::::':、
              !    Y:.:/     |ミ!::::::::::::::ヽ.
            ,L________」k'     _」ノ!::::::::::::::i::::',
            ヽ!、___,しヘ! ̄`ヽ、/:.:.:.!リ::::::::::::::::!:::::':,
             /:::r'ソ:.:.:.`ー‐ァ':.:.:.:.:!コ:::::::::::::::::';:::::::',
打ち止め 「晩御飯の後に運動したからちょっとお腹すいてるんだよーってミサカはミサカは暴露してみたり>こなたさん」
双葉杏 さんが村の集会場にやってきました
古手梨花 「みー、素直な子は僕大好きなのです>打ち止め
いっぱーい、いっぱーい、遊ぼうなのですよ」
双葉杏 「                  ≠⌒ヾ
             (
              ゞ-====-ト、_
            /          `ヽ
           ´  /|   |、  ヽヽ  乂_ノ
          / .  / {   .{ \_| ヾニ仆 、}
         / =从⌒|ヽ.\{. ゙\|ヽ| =  卞、
        /   | |/ 、 ´`  ̄  乍心ッ少|   |\        んあ~よろしくね~
        |  .| ト_=≦≦.     .叨叮.) | ト、.ソ )ヾ\
        レ ...| |´|Θ   `         | |.3) ㎡丿`y\     でも私働かないからよろしく~
        |  .| ト}._           | |ノ ∩H_ツ  )
       ( ≡从/丿 ~─~-、   ノ.ノ彡八 .|  )=/
        ゝ /∠ゝつ     ) ./ /   | `,ヾニ .イ
      / /  亡二≧ニ~≦<ミ人 ..┤  `,イ .| ト
  ⌒ < /    ──ヾ |  〆_彡イ |   |.ト | }
      /  _三二二⊃ ソ   儿γ | =   }|  }
     ./  /  ヾγ─≦ー  ー彳  .| .|   =.| {
     ./  /        .ゞ~~~,´    .`,   | .|, 《
    /  /          ゝ /     .`,  .トヾ 》」
泉こなた
       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\     >エリカさん
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|     いや、幽々っちはどうみてもゴーストタイプっぽくない?w
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|」
平山幸雄 「生存勝利 それしかなかろう お嬢ちゃん>幽々子」
エリカ
                              _............_
                         .........::´:::::::::::::::::::::::::`:.....
                        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                      ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
                        /.:::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::.、
                        .:::::::::::::::::/_______::::i:::::::::::::::::::::::,
                    ,′.:::::::::::,i              `:|::::::::::::::::::::::::,
                        .::::::::::::::::::i ______  |:::::::::::::::::::::::::,
                         i::::::::::::::::::l´.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`|:::::::::::::::::::::::::i
                         l::::::::::::::::::l:::::::::∧:::::::::::::::/i::::i::::::|:::::::::::::::::::::::::|    >球磨川さん
                    |::::::::::::::::::l:从十十ト、:::斗匕リ从l:::::::::::::::::::::::::|
                    |::::::::::::::::::l/.┬‐┬、ヾ::::| ┬‐┬l::::::::::::::::::::::::|    確かに私は着物ですが……それは少し無理があるのではないでしょうか
                    |::::::::::::::::::|  ゞz:'    ヾ| ゞz:' l:::::::::::::::::::::::|
                         l::::::::::::::::::|ヽ.゚¨¨´       `¨¨゚。 |::::::::::::::::::::::|
                       |:::::::::::::::::|ーi.'''''    '    '''''  |::::::::::::::::::::::|
                      |::/::::::::::::|::::`:..._  ´ ヽ  U.:::´|::::::::::::::::::::/
                    !ハ:::::::::::l_:_:_:/ ≧o。_ .イ .i\:|:::::::::::::::;_´
                        / \::::::l   i  i j     ! / .l:|:::::::::/  ヽ
                    /  \\!.  l  ゙、 、 , -/  / |:::/    i
                       /    ヽ   ゙、  \  /  / / i,′    |
                       !.       ',.   \  ! / , ′  ,'     |
                      ′     ',    ヽ v ,.′   i       |
                        ′     |  、、ヾ / ./ ''    |.     |
                     ′       !   ゙゙ .ヾ/ '''     !.       |」
西行寺幽々子 「死は残酷で平等で、無慈悲で無意義。 だからこそ、死は美しい」
たわし 「恋人はお掃除しましょう。
この私のとげとげで」
ナズーリン 「やれやれ、相変わらず騒がしい所だね
まあ、それが良いのだろうがね」
うずまきっていう 「死んじゃうなら生き返ればいいじゃないっていうwwww >平山」
打ち止め 「たわしさんもいらっしゃいーってミサカはミサカは持ち上げつつ挨拶してみたり!
これで今年の大掃除も完璧だね!ってミサカはミサカは言ってみるっ」
西行寺幽々子 「あら、私は貴方のものにされてしまうのかしら?>エリカ」
古手梨花 「みー?ポケモンとはなんなのですか?」
秋穣子
    /刀      γゞ へ─ ゞ 、
  / く_,(゙ ゙)_ ,、/゙         ゙ミ、
 く_,/ゞ(゙ ゙) _゙)ソ_             / ̄\
    (゙ ゙) _゙)イ ) ゙)ヾ  /三\    l/\ミ゙l
     フ ¨ゞ彡,_)(゙ ゙)三/  \ミ-、__,/ ,/
  _,/ ,ヘ_        /゙ ̄ヽ、\_彡─≦
く ゙ ̄/   ゙ ̄ゝ─イ゙ ̄     `へ、     ゙\
 弋  /        /    ,/     \、     二フ
  \/     λ ,l\   ,l\        ゙─く´゙ ,/
    l l    ,/ \l  \  ,l  \       レ´
   ,l ゙l   /  \    \l U  ,\_      ,l
   l /l   ,l  ,_\,    v,/  ゙ト    ,l
   l / ゙l ゞ ,,l 厂T゙ 刀    ┬千テ┤  /  ,l
   l/  l ゙N ヾ `─┘//// ,L_ソ /l  /  /
      ゙l l `ゞ, U          7l゙ /l /  ……あってるわよね?今年はわりと秋あったわよね?
      ゝl /l゙丶/゙\,匸コ_,νイ゚/ / V 地方によってはよく分かんないけど……
      レ´  レ1゙   ,lミ゙ノ゙へ,レ゙_,l/
         lX ̄\_, jゞl〆Z_ノ:::l ̄勹、
         /    勹     ,l:::::l   ノ
        ,/      ゙j,又/\/l:::::l   ゙\
       /       ,l___,l:::::i     \
       l       /::::::::::::::::::::::::lゝ      ゙\」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → やる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 431 (やる夫)」
たわし 「あなたをお掃除すればいいのですか?
お顔でいいでしょうか?>打ち止めさん」
打ち止め 「うん♪ってミサカはミサカは頷いてみたり>梨花さん
ねえねえそれで何して遊ぶの?ってミサカはミサカは首を傾げてみるけど。」
平山幸雄 「ふん・・・ヘイトは黙っているがいい この勝負をささっと終らせた後俺はアカギと戦わねばならんのだ>うずまき」
エリカ
                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
               ′.::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ::::::::::、:::::.
                ′.::::::::::::::::::i≦三三三三≧i:::::::.
                ′.::::::::::::::::::::|三三三三三三|::::::::.
               i:::::::::::::::::::::::::::|八从ノjリ ヾハリ||::::::::i
               l:::::::::::::::::::::::::::l ィ巧ミ    ィ示.l::::::::|    >こなたさん
               l:::::::::::::::::::::::::::| 以ノ    i以ノ|::::::::|
                 v.::l::::::::::::::::::::|       !  |::::::::|    彼女は桜をどうこうしたと聞いております
                 Ⅵ::::::::::::::::::::!ヽ   ー- ' /.::::::;′
                 ヾリ从ハリ|刈  `  _  ィ:/i::::::/     草タイプも使いそうではありませんか?
                        //ノ__i__   l' |/
                   |  ̄     \        .. -ヘ
                        !_ _ _ - ‐  ̄ ̄\   r‐‐´- 、 `ヽ
                     /           ヽ   l     \/
                 /            i   |      ヽ」
双葉杏 「         { 、_    _,. . . ----. . ._
            \__: :`´: : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
          /: : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
          ' : : : : : : : |: : : : : : : :|: : :|: : : : : : : : :',
        /: : : : : : : :/!: : : : : : : :!: : :!、 : : {: : : : : :.:.
         |: : /: :/: :./ {: |: : : : : : |: : :| |/ |: : : : : : ::.
         |:|: |: : |: :,'\!:.|: : : : : : |: :.イ{: : :.|: : :{: : : : :.
         |:|: |: : |:/ _|∧: : : : : :|_/ Ⅵリ: :.:.|_: : : : :.       …1ヶ月半くらい?>秋
         |:{: |: /下笊芹`  ̄ ̄ 孑笊芹ヽ!: : :! ヽ : : |
        }:|: {/|  辷zソ      辷_zソ |: : :|-, |: : :|       9月末まで夏でもう冬になったから…
         /:.|: |l |                    |: : :l / : : |
       ,: : }:.:ト|               ,: :./イ : : : l、
       ,: : : ,: |人             ,.:|: /: : : : : : |:.\
      ,: : : : :,:!: : >    ∠ヽ    イ: :j:/: : : : : : : : : : \
      {: : : : :リ: : : : : : : `: :.i ー ´|: : : : : /: : : : : : : : : :|: : : }
       \: |: : : : : :/: :/^| ´     ヽ、:_:./_: : 、: : : : : : : l: : /
        `≧、_//  ,-、  ,. --     ヽ: \: : :_,../ イ
        /: : : } / l { \ト、_    ,    }ー- ≦イ〈
         /: : : / { | '  \   \_{__/ ̄}_  |: : : :ヽ
      /: : : :/ | {                    } |: : : : : :.」
打ち止め 「やる夫さん、杏さんいらっしゃいどすえー、ってミサカはミサカは謎の京都弁を使ってみるっ」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   やる夫も働かないお>杏
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
球磨川禊


         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州      『うんよく見たr全然違うんだけどね』>エリカちゃん
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }      
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{       『最近安心院さんを見れてないからかもしれない』
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}       
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!       
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////」
ナズーリン 「しかし気づいたが1ボス経験者が3人もいるとは珍しいかもね」
泉こなた
      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !     いやぁ、しっかしすっかり寒くなったもんだねぇ。
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i       おねーさん寒くて凍えそうだよ
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|」
平山幸雄 「平山幸雄 さんが登録情報を変更しました。」
鹿目まどか さんが村の集会場にやってきました
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂      >秋
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ      よしよし
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|         頑張った頑張った
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
古手梨花 「それじゃあ、僕はおねーさんですから打ち止めがしたい遊びに付き合ってあげるのですよ(えっへん)>打ち止め」
鹿目まどか 「鹿目まどか さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5602 (キュゥべえ4) → No. 6577 (鹿目 まどか2)」
打ち止め 「ミサカの相棒の青色毛布をお願いー!
ってミサカはミサカは頼んでみたり!>たわしさん」
大柴亨 さんが村の集会場にやってきました
鹿目まどか 「             /      /   | i i           \            \
              /      /   | | |\     i\    \          \_z
           /       {   ^ |iヽ \    | \     }    \     \ \ー―
          / / |    |_ /  | |ヽ|  \   }  \i   レ    \      \__>
         //{   |    | ー‐‐-- {_ \\ |_ 斗\  i    ハ      \
         ̄  |   |    | /   }ノ \  \\!    \\ i     ハ    -  \
            |   |    | /  ==≡      \\≡==  \i    ハ     二ニ=ー- ガ ラ ッ
            |   |    |/ 〃 C ハ         C 弋ミ  \    ハ       \
            |   i     ∥ {   }          {   } ミ  ∧   ハ        \
            |   ∧ i   イ {  。}         {  。} ミ  ハ     |            \
           /   { i |   |  ゝ ア          ゞ ア    |》ハ |   }
          //| /| \|i   | /////    ,     //////  |//| |    |
         / |./|/|   |\  |                   }/ | | |  |
           / ∥{   ヽ| \ |                 /   | ハ  |    =ー――
         /  ./ ヽ i \ .\ヘ       ⌒        '´     l/  | |  ー-------
                | |i  \ \ ト 、    , -‐         ./  .| /     ̄\
                リ \ ~ー、Y.|ii    ‐    |⌒)          |/        \
                   {   ノ} ノ          L.、ー つ       /、ー――---
          -‐   ̄ ̄ ー{  し ⌒)   ‐  /⌒ )(⌒< 、 \_  ヽ- 、
     ー- ∠-ー        \i    し /⌒レ    レ/    ー \ ー--‐ー  ̄
_‐ー ノ                {\                     .\」
秋穣子
           , -ー''::::::::ー- 、  ∬
   rフ    /::::::::::::::::::::::::::::::::::∝∝∂    ー_ニ≧
 _ノ/ .(''_(''_)´:::::::::::::::::::::::::::::::::::∬::::::::ヽ-ー /:::::::::/       ◇┏<今月の目標>━━━━┓
└ー弋(__Y_'')_'')_'')::::::::::::rr===彳::::::,へ:::::ノ弋::::::::::::|        / ┃                ┃
   (''_(''_(__(__)__'')===彳:::::::::::_::ノ   ̄    ヽ::丿      ./  .┃  冬に断固反発する   .┃
    /::::::::::::::/ ̄ ̄  ̄ ̄  /            ',      ./   ┃                ┃
    |:::::::::::/     |  ソ|    ハ  /      ヽ ',    /   ┗━━━━━━━━━━━┛
 _ -┘:::::ノ      /レ'  |   / |メ ヽ、  |  |ヽ |   /                 ┏┓
てー---tーく   /  \ |/ ,,ェr=テ丁、  |  / リ   /         .┏━┓┏━┛┗━┓
  |:::::::::::| / ⌒ ヽ 〈 _-t干升-  弋_ソ ハ  |V'      /           ┣━┫┗━┓┏━┛
  \:::::|ハ.    .ハハ! 弋_::ソ     、  xxx|メ、   〆)/          ┗━┛┏━┛┗━┓
    \X,!    | \xxx   __,    /__,,>  ! r⌒ヽ             ┏┓┗━┓┏━┛
      '|   |__,,>,, ___〈__丿,__ <     rーYz_,  ソ           ┃┃    ┃┃
  _厂 ̄|   ハ_/  \∞|  7フ_  /     Y         ┏┛┃┏━┛┗━┓
  |     \   人 ̄ ̄ ̄ヽヽ,|__/:|   7/        |         ┗━┛┗━━━━┛
 ┘  ヽ    \    ,___ ノ_,_,,_,,|:::|  イ/      /         ┏━━━━━┓
〈  ヽ  \    |_ノz,ィ|:::|_________|:::|ァ   /     /          ┃┏━━━┓┃
 廴_\_\ ノ:::::::| r〈乂:_:_:_:_:_:_:_::|,ハ     /          ┃┗━━━┛┃
    | |::::::::::::::::::::::/ /::::::/       ヽ____/           ┃┏━━━┓┃
   \_ ̄''ーー''ラノ::::/         ヽ              ┃┗━━━┛┃
       ̄''ー'' ̄:::::::::/            ヽ\             ┃┏━━━┓┃
       /:::::::::::::::::::/               ヽ:\           ┃┗━━━┛┃
     /::::::::::::::::::::::/    %            ヽ::\          ┗━━━━━┛ .┏━━━┓
   /:::::::::::::::::::::::::/   %%        %   ヽ:::\                      ┗━━┓┃
 /::::::::::::::::::::::::::::/   %%         %%    ヽフ\         ┏┓┏┓┏┓    ┏┛┃
/::::::::::::::::::::::::::厂不、  %%ヘ   ヘ  %%   / _〉:::\       ┃┃┃┃┃┃    ┗━┛
丶::::::::::::::::::::::::::て_ _メ  ||/  /  〈  ヽ%%   / ソ ::::/       .┃┃┃┃┃┃
  ヽ::::::::::::::::::::::::::ヒ_  ヽ || ノ    ヽ // ___/  ろ:::::::::/      ..┗┛┗┛┗┛
   ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ   ̄''ーー---ーー'' ̄   ,へノ::::::/       ┏┓┏┓┏┓     ヽ:::::::::::::::::::::::::へノて__,ヘ_  ,、  〆ナ:::::::::::::/       .┗┛┗┛┗┛

はいハズレー、まだ秋でーす>杏」
やる夫 「>QB
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |」
双葉杏 「            /
         /!     ,. . : : :  ̄ ̄ ̄:>-.、
           L`:ー ´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
       ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : :.
      /:,: : : : : : : : : : /: : : : : : : ,: : : : :ヽ: ヽ: : : ::.
        ':/: ': : /: : : : : /: : : : : : : /: : : : : : ∨:∨: : ::.
       '/: :|: : :|: : /: :./ {: : : : : : :|{: : : : : :.:.:.| : |: : : : :
     :.|: : |: : :|: : ;、:/  |: : : : : :.:| ∨: :、: :.:.:| : |: : : : :l
      |:|: : |: : :|: :∧|`ー {: : : : : : | ーイ、ヽ:.:| : |: |: : : :      まあ杏は外出ないから
      |:|: : |: : :|:/ リ   |:、: : : : :|  __ ヽ: | : |: |: : : :{
      ':j!: : :,: :.{:!  ,.-ォ、{ \:}、_{イ::::::::≧,Ⅵ |_:|: : : :.:      季節なんてどんな季節でもいいけどね~
     ': l: : : {: :.|{ ,ィ:::::刈      込こ_ソ |: :|' Y: l: : :.
    /:,: : : ∧: | 弋_z斗   ,         |: :| ,ノ: :}:.|: :.
     {: {: : /{( ,:ト,                    |: ,'イ: : :|:.|: :.}
     |: | : {: ヽ.}:|ム       ,.. -―‐ ,     ィ!/: : : :/:,': :/
    ',: ',: |: : : l:|:込、__  ` ̄´  J   <: :./: : : /:/:,ノ
     \: }_: : :リ: : : : :イ¨¨ T ¨¨´|_ \: /___{ィ彡
      7:ミr---- '  _r,- ´    _,  `ヽ、    }: : : :.
       /: : :{     /  \_  ´       ヽ   |: : : :}
     , : : : |    /       ` ー―-┴‐ ´ ヽ |: : : :|
      { : : : |  /  }       /     l     }|: : : :|」
泉こなた
              l.:./      /: :`:、    __
               !/_,. .-: :'':":´: : : : : : :ヾ`''"_ _,.二=ー…-
          ,. :':゛: /: : : : : : : /: : : : : i: : : :`:`:ヽ.、
         /: : :.; ': : : : : :/: : /:      ! ゙!   ヽ  `ヽ、
        /: : : : /: : : : : :./: : :,l: :/: : : : i |. .i.. . . .、 \  ` 、
       '   . :/: : : /¨7ヽ:,:'゙!.:/: : : : :j,.オ-、:: : : :゙、: . ヾ丶、
       ' . : :,': : : /: :.:::;l: :/ '/ !: : : : l.:,ハ.:lヽ: : : :i: ヽ: `、
.       |. : : :,': :/: : : :.:::j:/  〃 !: : : :,!:/  l:.|::::: : : :i: : i. : :.      >エリカさん
        !: : :,': イ: : : ;;;∠ム≦/ l: : : /;/≧ッキ|V:: : : j: : :l: : :.
        l: : ,':/:l: : ッ''オ示乏!  l: :./ノ 伐片ヵV:: : :l:: : :|: : :i.
.         l: :j:/::|: : :.V !vヘ ノj  j:,.'    トヘ ,ノリ V: :.l::: : j\:.:l      ほへぇ、桜ねぇ。
        l.:|,!/'|: : /::l ∨つ」! /    レつゾ /::!: :ハ:: :.l  ヾ|
          !j!{ !:.:/:::::! ´        、   `` . !::::l:/ 'l: /           お化け桜っぽいよね、なんとなくだけど
         i!.:゙J∨:::::::l "     ,、       ,!::::|{  l/
        j: ::.|: : ::::::::ト、 ,-、    '┘  __,.ィ´::::/ !
.        ! ::.|: : : ::::::l:|:ト、 ヽ、__,.-''"´ _,ノ::|::::::.: : |
        i: : :l: : : : :::::|/゙ヘ        く::|:::::!::::.: : : |
          l: : :.゙、: : : : : }'⌒`丶、    ノ\:l: : : : : :j
       l: : : ::|、: : : :./==、、 \  |  l: : : : : /:!
        /: : : ;rミ:、: : /==、、``、、 `く  ,!: : : : /: :.l」
柊かがみ さんが村の集会場にやってきました
十六夜咲夜 さんが村の集会場にやってきました
ナズーリン 「・・・なんか一瞬名前と顔が一致しないのがいたような
いや、気のせいか・・・」
大柴亨 「ユーたち!こんなミッドナイトにインテレスティングなことやってるねぇ!」
たわし 「…いいですよ、今は目の前を掃除したいですけど>打ち止め」
十六夜咲夜 「十六夜咲夜 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 367 (さっきゅん) → No. 4584 (十六夜咲夜(雅花乱舞))」
泉こなた 「かっがみーん!」
秋穣子 「うむ、お前は話が分かるな。ウチの畑来て好きなイモ持ってっていいわよ!>やらない子」
エリカ
         __ __
       /:,_:_:_:_:_、:\
      /.:::/三三三゙、::.\
       i::::::/.:::::::::::::::::|:::::::i
       |:::::i从リ从ル从|:::::::::|
       |:::::| tェ  tェ i:::::::::|
       |:::::l、   _'_   ,.l:::::::::|   さて…ただ待つのも暇というもの
      .\リル 、_ .イ:::l:::::::人
     @   ._ ィヾ_//ヾ¨´    どなたか時間の許すかぎりポケモン勝負でもいかがでしょう?
     r=イヽ ヽ〈 ./ /`ー 、
    /ハ 冫 \/ /〈   /
   iY / .i {  /  /  }  /i
   l   .|、 ヽ /  /  /   |
.   iヽ__/ i }三三三三{, - .|
.   |. /   }三三三/   |
.   | /   ./.: : : :./     |
.   |´   /.: : :/      /i
.   |   /.: : :/\       / .|
.   |.  /.: : : :レi l\   /  |」
十六夜咲夜 「っと、失礼、こんばんは、皆様」
伊吹風子 さんが村の集会場にやってきました
打ち止め 「まどかさん、大柴さん、かがみさん、咲夜さんもこんばんはーってミサカはミサカは一礼してみたり!
あれ?さっき変なマスコットみたいなのいたけど気のせいかなぁ…?ってミサカはミサカは目をごしごしやってみるけど。」
平山幸雄 「(理や確率に頼るダメギの麻雀はこれからの時代流行る(*´ω`*))」
トーリ さんが村の集会場にやってきました
古手梨花 「1BOSSとはなんなのですか?」
伊吹風子 「みなさんこんばんはっ」
できる夫 さんが村の集会場にやってきました
我那覇響 さんが村の集会場にやってきました
柊かがみ 「                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:| …とりあえず今は何も言わないでおきましょう
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|」
トーリ 「(ガタタガ」
我那覇響 「はいさい!」
火焔猫 燐 さんが村の集会場にやってきました
柊かがみ 「これ以上のフラグは身を滅ぼすわ」
打ち止め 「わーい、ありがとー!
ってミサカはミサカはお礼を言ってみるっ>たわしさん」
秋穣子 「デジタル麻雀は流行るかもしれないけどその顔文字は流行らないわ>平山」
泉こなた
    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :     >かがみん
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |.   、'|   ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l  r '  i !    | |   /`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!  !ヽ-'/       l:!    !_      /l: :∧: :     さてはこの私が恋しくなったかね?
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ,' / : l : :!
         ヽ:| | |: :!               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l     HAHAHA、ういやつめ
           '.| | |: : \    、__          ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 ___  `ー'        ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / /´.,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :」
鹿目まどか 「                                ,ゞ、、_,..┴ '' ¨ ̄: : : : : : ``: <
                             -=彡''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、__    ,>ァ
                         ‐-=ニ二´ -‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : x</ハ,__////,
                          __,,,>''゙: : : : : ,:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ///////l-‐<//
                         ``=ッ--ッ //: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :://///////,'}ヽ: : \
\                         ∠=-/フ:,!: /!:|: : : :l,: : : : \: : : : : : : ::{/////////リ: : ヽ: : :
ニ\                            /,: ,!::,! |:|、: : : l、: : : : 、\: ハ: : : : |/////////: : : : :ヽ:   >やる夫
ニニニ\                          /': : !:,! l_」斗-┼‐ : : :゙i,`ヾ、:!: : : :!///////∧: : : : : : :
ニニニニ\                       /_;.:斗|  ゙i_,.,_!: : | ゙i,: : : ::゙i,: : ::|: : : :|////////ハ: : : : : :
ニニニニニニ\                        ´ ̄   !{  ⌒ハ\| ゙i,\: : ゙i,: ゙i,: : :八/////////}゙i,: : : :     わ す れ て ?
ニニニニニニニ\                           r'゙ ヾ   {,杁   .゙i,、: \:゙i,::゙i,/: :代///////,',!: ゙i,: : :
ニニニニニニニニニ\  _,,. .,_                    }    .弋バ   ゙i,゙i,: : :ヾ、゙i^i: ∨,ゝ、////',!: : :゙i, :
\ニニニニニ_,.>‐''´    ヽ           _    ヽ、__         .゙i ゙i,: : : : :゙i,|: : ∨//,>x/゙i,、: :ヽ、
\\,.>'"          .\    ,..- ''¨´,∠,,,__   ヽ  _x<` '' ‐- !、゙i,: : : : ::゙i,;/∨/////>i\: :
¨¨´          /''    ヾ¨¨´    <,,_   `丶レ'~}⌒)っ、⌒)\  \ ̄ ̄`丶、 ∨///八ノ> \
        斗-/       ト、         `丶、  `ヾ¨¨ー-ヒヽ、ヽ  \ヽ   ヽ, .ヽ-‐'| ゙i,::}
     、-、彡/         ヾヽ           ヽ        ) ハ 人   \゜,  ハ   ! .}リ
=-‐ッ''"  >'´      /     ハ            .ノ       ( (ヾヘハ}   ハ }  } ゙i,、_  .リ
>'゙   /      /       .} .|         /         ヽ, )  } }    }  ,!   ,ハ
     ゝ     /         .リ |       /          // / リ    ! .,!    |7」
ナズーリン 「ああ、分からないのなら気にする必要はないよ>梨花
こっちの話だからね

(・・・メタ発言は控えておくべきだったか。失敬)」
やらない子
             ヘ -‐ =‐‐--  、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ/.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.
           ´::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:::`
          /:.:.:.:./:.:.:.:./| 7ハ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヘ:.:.:.:.:.:.,
        !:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.l j. |:.:.:l:.:.: :|:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
       !:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.: :| l  l/│:.: :l.:.:./ | : :l:.:.:.:.:. }
       /:.:.ll:.:.:.:.l:.:.|:.: :|  / |:.: /:.:./  |:.:.l:.:.:.:./:.|
     . // l:.:.:.: |ハィ_i一-  /l_/_./l`ヽ リ:.:.〉:.:.l.:.:.]
     /   〉:.:.:.l.ヽイ:'|::::|   /´t::::::}ヽ l ∧ |::::::|       というかやる夫さんはいい加減働こうよ。
     .    /ヘ/:.:l |; ゞ'       ゞ '  l / ノ:::}:l:.:.:|
        / ノ\{∧l    '       イメ::|::::::l.:.:.|       最近兄貴まで影響受けて、働いたら負けだろJK
          |:.:.:ノ} 八          ,∧||i ::::|::::::|:.:.:|
           |:.:/:.:.〈リ::ト 、  ─  ,イl´::::l::::::|:.:.:.:|::::|      とか言い出し始めてんだけど。
     .     |::::::::::::.〉:.:.lヘ:.j  ‐ ' ´ l/::::リ:::.:.:.|::::::::::::|
         |:::::::::::::/,、/ハ|     //ヽ,:.:.:.:.|:.:.:.::::::|
           |::::::::/  j  ヽ   /   ,ゝ li::|::::::::::::|
     .    |:::f     |   iyヘ´   /   へヽ、::::|
         |:::l  /   レ [:¥:}ハ、_く      ` |::::|
         |:::|  〉   /:::::::} {::::::::}      i/   |::::|
           |::::i ∨  <::::::::/  ヽ:::::j     /    }::::|」
西行寺幽々子 「『甘き死よ、来たれ』>平山」
火焔猫 燐
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   コンバンワ
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_」
トーリ 「エリカちゃんってどちらのエリカちゃん?例えてくれたりする?>エリカ」
古手梨花 「わー、人がいっぱいでみんなの流れについていけないのですよw」
大柴亨 「ミーのことでも言ってるのかい?一応リアルネームで入るべきだと思ったんだけどバッドだった?>ナズーリン」
平山幸雄 「やめろー!死にたくなーい!」
暁美ほむら さんが村の集会場にやってきました
秋穣子 「通りすがりに意味もなくボコられるかわいそうな役の事よ……>梨花」
トーリ 「ポケモンのエリカちゃんぽいか」
やる夫
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    できる夫も来たかお
(  \ / _ノ |  |    みんな、こいつはやる夫と違って重度の変態だから気をつけろお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
打ち止め 「わわわひとがいっぱいで挨拶おいつかなーい!?ってミサカはミサカはわたわたしてみたり!
風子さん、トーリさん、できる夫さん、響さん、燐さんこんばんはだよ!ってミサカはミサカは深々と頭を下げるっ」
エリカ
                   _
            /``ヽ/::::::::::::::> ..
           /:/::::::::::::::::::´:::`::::::::::::::\ _
           /,:::´::::::::::::::::::::::::::/ヽ_   /::::::::∧
         /..::/::::::/::::::::::/    >、';;;;;;!:::::::::∧、
        /::::/:::::::::/:::::::::/`::<     >!::::::::::::::ハ、
       /::::::/:::::::::::::/::::::::/:::::::::::/l:::::<     !:::::::::::::::::ハ、
.    /,ィ':::::/:::::::::::::/::::::マ'::::::::/ !:::::::::::::< !::::::::::::::::::::ハ、
   ///::::/:::::::::::::/:::::_:::::::::::/  /i::::::::::::::::::ヽ!::::::::::::::ム::::ハ
   /' /:::/,ィ::::::::::::i::冫'i:::::/;/   i:::';:::::::::::::::::::::/::::::::::::::ム:::::::i
.  /  /::://:::::::::::::::x、′!:/!/   l::/_;:::::::::::::::::/::::::::::::::::::ム:::::!
 /.  ム:::i.,':::::::::::::::::!i;心、' ′   ';:| i!|:::::::::::::/::::::::::l::::::::::::ム/
    i::::::!i::::::::::::::::::┴-;:}`     _`_ l|',::::::::/:::::::::::::l:::::::::::!/ソ,
.    l:::::::',!:::::::::::::::::゙゙゙        `ア≧x、/:::::::::::::::i:::::::::::! マ,
   |λ:::::!:::::::::::::::リ    '    `'マ;;;}}i':::::::::::::::::::i::::::::マ   i!    >こなたさん
   i:! ';:::::!:::::::::::::::!   r‐ 、   ゙゙゙ /:::::::::::::::::::::/::::::マ   |
   ソ、 ヽ!::::::::::::::!\  丶‐'  ‐=彡:::::::::::::::::://:::::マ   ′    ともあれ、タイプを統一しなければいけないなどという道理はありません
     /ヘ;::::::::::;':://\ _ .-‐≦/:::::::::::::::::/ /:::::マ
   /   !∨::/ `ヽ    /;/;/::::::::::;イ::入 /::::マ′         きっと彼女は草であれ、霊であれ、美しいポケモンを使うのでしょうね
  /      ∨'   i    i /::::>´::/ ./::::マ′
  ! - 、     |ヽ    !  />;´;;;;;;:ノ  //∧
. |    丶    ',   l /´/ ̄ /r- 、  / ′∧
. |      ',    ',  |:Ⅴ/  /⌒ヽ //  _ :-1
. |      ',    ヽ |/  /!`゚゙ソ// ̄    !
. |               ヤ! /´ ̄‐-,./′
. l           ',    i::/     ゚ i        /
 ム           、   レ       l.       /」
暁美ほむら 「ほむ」
我那覇響 「大丈夫、自分もついてけてないぞ!>梨花」
古手梨花 「なので、僕は隅っこで座ってるのですよー」
柊かがみ 「>こなた
           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|   今日はたぶんあんたとは別陣営になるから
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|
           | :j \. |丶イ: : :/  l|   きっと、たぶん、メイビー
               レ' l  L_/:. :/...  ||
              |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|
               |: | | | ゝイ :/ |  :| |
              |:.| j | | | |:/  |  :| |
               |:.| 「 .Lハハ|'  l  :l |」
ナズーリン 「ああいや、君じゃないよ。>大柴
その隣の・・・いや、これ以上は言わないでおこう」
やらない子
             , _    /\
              /、.:\ / ヘ.:.:\
              //..>.:.:.:.:/-.ム.:.:.:.:\_
             ム/.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ``ヽ
          /.:.:.:.:i.:.:.:Y=-,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:._Vlヽ.
         从.:.:.:l.:.:.:,ヘ.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:.:! i ',
          ./.:i.:.:.:.|.:.:.:|| \.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:ノ.:iイ、
        /.:.:l.:.:.:.:|.:.:.:l.|   \.:.:i.:.:!.:.:.:.:\.:.:.:.:.:ヽ/.:.:! i
       i.:.:.:.:l.:.:.:∧.:.:|l     V:.:ハ:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:i..:.:l
.         |.:.:.:.:!.:.:i  !|.:.:li    マ:i l:∧.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:l/!V|
       i.:.:.:.:\|ー-、:. i!   , ム‐ナア〒.:.:.:.:.:.:.:.:.:i..:l.:.:.:.:|
.         刈.:.:.:.:l テ=ハi\!    ,ィテ=ミ」.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|:.:.:.:.:.:|        死んだら助かるのに
          \\ i |:::::::!      |:::::::::リ.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:|:::.:.:.:.:i
        ヽ.:.:.:.ゞ≡'  ,    ゞ≡'//i.:.:.:.:/ノ:|:::::::::::|
           !l 人          " / リ|/.:.:.:/::::::::::::|
            |::::::::.\  ` -‐'    ,./イ.:.:.:.:リ/|:::::::::::::|
            |::::::::::.:リlヽ、    _   /" /.:.:.:.:/.:.:i:::::::::::::|
           /::::::::::::::::.:.:ハ「 ̄  / /ノ 人.:.:.:(.:.:.:.|:::::::::::::|
        /.:.::::::::::::::::::ノ    /.:.:/  i.:.:.:ハ.:.:.:!:::::::::::::|
       /.:.:, '⌒f | .| |ヽ  /.:.:.:.:/  / ! i ', 人:::::::::::|
      /:::::'  |:::::|`! lニ三_/ /:::::::/\.|`ヽ):::::::::::|
     i:::::/   |:::://Ⅵ ,へ、   !::::::::〈  i.|   ヽ::::::|
     |:/    ノ::.":::::::::l /:::::::ヽ /:::::::::::/  "    ',::::::|
     ,/   /::::::::::::::::::::Y:::::::::::::::∨:::::::::/ 入     i::::::|
   /   /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::(   .∧     ',:::::|
  /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ./.:.:.',    i::::::|」
双葉杏 「                _.....--- ...
            /: : : : : : :_: :.ヽ
              /: : ,: : : : : :、: : : :}_        働いたら負けですぜおねーさん。>やらない子
           {: |: : :,: : : : : :`ヽ: : :ヽ
           |: |: : : {: :_: : : : : : ',: :.〉      アイドルで一応働いてる杏がいうから間違いない。
           /: j!: : : :ヽ:ヽ: :、: : 、: : /ー----、
       ,..  ⌒{: :乂: : : : }: :.}、_≧イ:} ヽ、  /、__,..-- 、_,.. r――- 、
   r― ´  ヽ、 /` Tヽミイ_,.ノ     |: : |  `¨¨´         ∨ }   ;  \
    、       ̄ /: :ノ ̄ ̄ `ヽ/: ,:'    l         }l::|__,. - `ヽ、 `丶、___,
    \     /: :/     /: イヽ\    、        lイ  _,..、  `ヽ、___,..ハ
      \____{: イ       {/: :{ }  ヽ   ',      /:/{,. ´   `ヽ、    _,ノ
             乂_:ヽ--―--- |: : : ヾ´¨¨ ヽ、_}     /- ´          `¨ ー'
             `ヽ     \: : : ー- 、   `ヽ、_ノ
                      ` ̄ ̄ ̄`ヽ」
打ち止め 「それじゃ鬼ごっこ!
ってミサカはミサカは言ってみたり!>梨花さん」
十六夜咲夜 「さて、どうしたものか…」
火焔猫 燐
                   r'\
      く`ー-、          ,' ハ:\
      |::;、::::::\    __/   !::::::',
      |::| \:::::;:>''"´:::::::::::::`ヽ、|::::::::i      , -─- 、
      |::|>'"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::|     /,'´ ̄`ヽ ',
     ト.ァ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄\ヘ/`i  | |() () 〉|
     |/:::::::/:::::/:::::;!::::::::;:::::::::::::::::::〉   ソ、_」 ! ヽ_'_'_rノ /
    /::::::::;':::::メ、:::/|::::::/!:::::::|::::';:::::ヽ__/メ)    '、   /
    八:::::::|:::/'i`ト、.|__/ |::::::-!‐;ハ::::::::';::::|::ノ)    ) /
     \::!;ハ  jり    ァ‐rァ‐ r |\:::i::::';:メ)   (r‐ '
      ,〈:::7 "  .    弋_ソノト、__ソ/´∨ハ、   )
      !::ノ;ト、   、       ゙ ,_ノ/   ヾメ)、   r-、_
      /メソ   \   ̄    /イ´      \メヽ/  |   甘き死よキタレ 言いい言葉だねぇ>西行寺
     ,(メノ    ./`:::‐rァ、 '´ //`>‐- 、   ,>'r‐<´
  く ̄`Y7ー-ァ  |:::::::くヽr-‐ァ'´ //:::::::::::::::\! /|\:::::\
   > ,ハ _」   ':,:::|/::ヽ、」__/::::;'::::::::::::::::::::::∨ !:::::\r┘    あぁ、そんな死を持った死体があれば
    ̄7:::::「      ∨l>o゚:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|、 \__/
   く:::::::/      ,':::::ノ!_:::::::::::八::::::::::::::::::::::::::_ノ              それは一体どんなに甘美なのだろう
     ̄      ∨::く r':::::::::::::!ゝ-r‐-‐く|/
 ,. -─- 、       \::Yヽ::::::::::::',::::∧::::::::::!」
トーリ 「(ガタガタ>打ち止め」
古手梨花 「みー?そうなのですか?かわいそかわいそなのです>ナズーリン 秋」
できる夫 「           ____
         /     \           とりあえずよろしくお願いします。さっそくなんですけどみなさん。
        / _,ノ  ⌒ \
      /   (●)  (●)   \        less is more or more is more ?(ないはあるを超えるか あるはあったほうがいいか?)
      |     、 ´       |  (( ∩))
       \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
       /          \
西行寺幽々子 「『蝶が舞う、死の桜と共に』>平山」
エリカ 「>トーリさん
はて…どちらの、とはどういう意味でしょう……?」
泉こなた
               }/       リ
             . : :'" ̄ ̄ `ヽ、
          / : /: : : : : : : : : : \
          ./: :/: : : : : : : : : : : : :´|::\
         //.: : : .:__ : : : イ: : :..:::|::::::::\
        /: : : : .: .://:`/ |: : : ::::|:::::::::::',:ヽ
       //|.: : : : :/_ ///  l: : :::::/:::::::::::::ト、|    >エリカさん
         |: :!.: : .:/「行圷'   / : ハ/|V::::ハ::::|
        /: :レl/ | ヒzソ  //xく i:::::/::|::::|
       ./: : : :| : : |、    ,  /ク/:::::/::∧::|        ひゅぅ、かっくいー♪
       / : : : ∧: : | \_(`7   `'ハ://|/  }ノ
     / : : / ヘ : |、〈ヽ ̄ ̄´::::/
    ./: : :/‐-、 i: :|ハ⌒i \:::|:::::{                さっすが、ジムリーダーさんはいうことが違うねぇ
   /: : :/    ヽ V ハ | ∧:!:::/
  ./: : :ノ     } \  ヘ | / V/
  /: : :/       ∨ \ ,リ′ }{」
やる夫
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    生きてる=活動している≒働いてる>ない子
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |」
打ち止め 「ほむらさんもこんばんはー!ってミサカはミサカは挨拶するッ!
よし、何とか追いついた!ってミサカはミサカはこっそりガッツポーズ。」
かり鍋 「かり鍋 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり鍋 → 洩矢ゲルト」
トーリ 「登場作品だよ>エリカ」
平山幸雄 「  `\、
    `\
      ,ヽ            ,ィ,.イ/l,.ィ     と… ともかく
      /ヽ!           ,イ ||l /〃 レ1,  そんなムチャクチャな理由で死ぬなんて
     〈 ニl        /iレ'じ ''´\彡 |
.    ∩ト'ニ|         K.u ,. -‐ /≡:l   認めんぞ オレは
   (| |.|.`ー|、     c 「lliijニfllliiiラTn=!
     U.|.rー|│      c  「/ _、 ̄u |レ' l
    / | r,=「`        _,ヘニニ⊃/|ミ∧_
==:v' .| ゞ?   ,. -‐:''::´:::l lヾ/  .l/ |:::`::'''::ー-..、
土土_\l  {  ./::l :::::::::::::::|  ヽ.   /  |:::::::::::::::::::l::ヽ
十十‐干ニェ‐-,'、:::|::::::::::::::::|/T | / イ \|::::::::::::::::::|::::::l」
うずまきっていう 「死ぬ前にこれにサインしろっていうwwwwww >平山
つ生命保険の契約書」
球磨川禊 「                    rv.r、
                    \/
                   xzzzzzx>>zzz、
               <州州州州州州州州>─
              /州州/∧州州州州州州ヘ
             ./州州V州|.∨州|∨∧州州州      『いやーいい裸エプロンの画が撮れそうな村になってきたよね』
            .//州州 W ∨|\ ∨ V州州リ
            ./V 州州| 7テミ \ ィテミ\州州|    rv.r、
            V  ||.州州| らリ   らシ从州派    \/   
      rv.r、   .|  ∨从从 ~ _l_   / |ソ|' \
      \/     ヘ ∧ヘ   |::::::::|   /テ        『非常に喜ばしい!』『まったく涙が出ちゃうぜ』
           r L      \、ゝ::ノ .イ|\   γL        
    ___r<_  L_ノ     r=l>><三==7    ̄     _
  E三三=>. ヽ   r──ノ三ミ .∨ r三三7===x   r<彡─-x_
  ` x 、 ──  ヽ.  ∧三三三ミ|  | |彡三三三レ三フ  /  \\二二
     > x_〉ノl> .|∧三三三ミ>.|<三三三三/三|レ ノ r── 彡<
      <ハ_<|.く三∨三三三○三三三三レ三三V<j ゝ─-<
      \o三三||レ三三∨三三三三三三三三> ̄二|三>─<|>
        ∨三三|三三/|三三三○三三三//   `ヨ三三Ξo/
        ∨三/|三三三三三三三三三三∧ .x</|三三Ξ/」
古手梨花 「みー、それじゃあ僕が鬼をやるから打ち止めは逃げるといいのですよw
生と死をかけた楽しい楽しいおにごっごなのですにぱー!」
橙 さんが村の集会場にやってきました
トーリ 「アニメ版とアロマ講座やってたな>エリカ」
柊かがみ 「        ,. .-'_",...,.‐: : : : : : .::|: : : : :、、: :`:丶、
        /-''". '"     : : :::;.!: : : : : ::ヽ: : : : : ヽ
    /'´,,,,/  ..... . . , : : ::/::/ i: : 、: : : :::ヘ: : : :.ヽ:`、_
     /;;; ′. :.:::::/: :./: : :::/!::;'  !: ::|i、: : : ::ヘ.: : : :.ヘ;ホ;;;\
    ヾ;;;;/: ::/:/::::/: : :i,:-‐:7-:::!  V: l.i.>‐:-:、;i: : : : : :V!;ヾ;;;\
     У:,;イ:/::::/: : .::j: :.::/ |::!    V:l i. \: :.:j:. : : : : '{!;;;;ヘ;;/
     ,/:./;;i:j:::::::i: : .::::!: :/   l:!.    Vj ゙:、 \::}:. : : :j:. {;;;;;;;;;;,
     〉/;;;;;!i:::::::j: : ::::;l:,;/二__|!     ヾ __z‐ニゝィ: : :.|';, !;;;;;;;;;〉
     !' ヾ;;!!:::::::}: : :::{.丁勹ホト     /'"」不「ハ:. : :.!';;;,j;;;/
         i!:::::ハ: : :∧ 「::し'::|      「::し'::| ,!: :./:!;;:イ
        ,!:::j: :i; :::!ハ ヾ:,,,,:シ        ヾ:,,,:シ /l :/: : : :!
        l:i::|: :::l、:ト-:i         '         厶|/: : :.|:.|
      _  |:N: :.::!ヾ:::::iト、     o       ノ:::::}!:: : : l:.|    ただおしら渡すのだけは勘弁してほしいわね
      l l ||: : : :::!: :::::::il `丶 、   ,.,. -: '"|i::::::::,!::: : : l:l
     l l !!: : : ::|i: : ::::::! _,r'"´l ゙¨゙ !`ヽ、.j!::::: :j!::: : : :l:!
    ,-:、 !、!: : :.:::!:i: : : ::f'´  |'"     `|  ゙/:: : :,'|::::: : : jl
  /i. ,ゝ-ヽ!: : .:::|:::j: : : :.!   l''" ̄`` l  /: : : :,、|::::: : :!:|
  { 、゙、>ァ  !: : .:::l, '`i: : : :i、  l.    j ./: : : :/:久::: : :!:l
  ゙:r`‐'   ,! : ;ノ   '; : : l、\ !   j ,イ: : : :/'゛ ゙、: : l:.!
   ゙':,   {'"    :..',: : :l、\`:i   i/,ィ: : :./i:/  ヽ: |:|」
やる夫 「やる夫 さんが登録情報を変更しました。」
ナズーリン 「っと、そろそろ時間だね
投票を頼むよ」
打ち止め 「……?>トーリさん」
火焔猫 燐
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   死ねば助かる あぁそうだ>やらない子
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧        私の手で掬おう
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_        永遠にすくってあげよう
   } : 丶ヾ:::::::|i:i:i:´i:i:i:i:KljX}. //i/ __,/i:i:i:i:ハ _ :}: V: ヾ'::::::/: : :Y(ィX}__
   ゙ヘー、: :ヾ::::|i:i:i|i:i:i:i:i:{LXノヘ'レzY_r‐z_j /i:i:i:i:i:i__V:`i'': : :ヾ:::}Y/: :/: :ヽ--、Xヽ」
大柴亨 「しかしこのヴィレッジ・・・ものすごくキュートなガールがメニーメニーいませんかい?」
たわし 「東方的には1ボスはメタ発言じゃないような気がするけどどうなんだろう?
ごっこ的に考えて」
「よろしくね!」
西行寺幽々子 「あら、回収屋さんじゃない
死とは美しくあるべきよ、『保存』も大事>燐」
平山幸雄 「お前俺より先に死ぬだろww>うずまき」
鹿目まどか 「ウェヒヒヒw
ほむらちゃんが来たよ!」
やらない子
        __    ._ , -‐=ニ=- 、
       / {: : : : ̄`≦ 、`´ ̄: : : : : :  ̄`メ、
        , : :{ :、: : : : : : : : :`ヽ; : : ̄ ̄`ヽ: : /: :ヽ
      , : : : /i :ヽ: : : : : : : : : : \: : : : : : :V1: : : :`
      |: : イ.:|: : : : ヽ: : : : : : : : : : ヽ: : : イ: }: : : : :}
      〉: : ': :{: : : : : : \ }: : : : : : : : :\イ: {: : : : : |
       イ: :/: : :ヽ: : : : : : :ヾ: : :ヽ: : : : : : :ヽ: :}: : : : ::|
     /: :,' : : : : { ヽ: : : : : :| : : : !: :、: : : : : 、l: : : : ::|
     i: : |: : :i: : |  \: : : : : : ハ: :} : : : : i ヾ : : : :|
     |: : |: : :l: : |     ヽ: }_|_i: }; : : : :}: :{∧: : :|        >双葉
     |、 !: : :_}__|_    ´,∨弐=ミ: :ハ: : : :ト : X: : ::|
     | | : ; : : ∨弐`   イ三 :} }' |: : : } Y } : : !        いや勤労は国民の義務でしょ。
     | | : : ヾ: {、イ戈    乂zノ ソ  }: :ノ{ ノ:イ : : :|
     |ハ : : : ト、: 乂ノ ,     ` ´   少 r´ |: :| : : :.|        常識的に考えて。
     ! ヽ: : { ハ `´          〉: : |: :| : : :.|
        \ヽ、 >, 、   -   イ  ./: : : l: :| : : :.|        というか働かなきゃ飯が食えないでしょ。世知辛い世の中。
              ̄  .|: :iぇz- <   ./: : : ∧: }: : : :l:
              |: :|: : }ハ   /: : : 人 ∨ : : ::!
               リl: :|: :ノ  }  /: : / ∧ ∨: :.|
            イ 7Y|://´ ' r/ : イ    /≧y⌒ヽ
               レ  }'イ   /,: :/   / イ;メ ̄:ヽ
             / ////ヽ <_} /_ イ  〃: : : : : : :|
            .〈 ///∧   イ′      イ : : : : : : : l
           {∨>― ヽ-‐ 1 ヽ     j: : : : : : : : |
           ∨' ´∩ヽ l丁}  \_イ{: : : : : : : : :}
           ハ{ゝ,.∪ノ | } l     \|: : : : : : : : {
              |/ T777´弋ハ}       |: : : : : : : : う
              |  }///////イ       |: : : :/: : : : :ヽ
          /  /////////      〈: : : /: : : : : : :ヽ
            /  {////////{        ヽ: :ヽ : : : : :.イ
            ヽ ヘ///////∧       ∧: : : : : : : 1{」
泉こなた
                     /: ;.-‐¬‐-`ヽ
               ,. . -: :‐. . .、∨      リ
            ,. :':´: : : : : ; : : : : : : ``::ー: :¬__,,......_
            ,.': : : : :j.-'".   . : : : , : : : : : : ,!、-―‐``ヽ、
.           /: : :,: :': :,:. : : : : :,.:.:::; ': :/:. . . : /: : `ヽ
         /:.:/;.ィ" : : : : ,∠_;.:': ;〃:. : : . /.    ` 、
         /:,:'://: : : : :/,. /`ソ/::/.: : ;./!: : : : : i. .
          i/:': : /: :: : :// /;/ /::/: :,/:/‐l、!: : : :.!: : :i.
          イ/: :j: : : ;イ   /   /:'.:/::/ .!:/:: : : : lヽ:.:.l
       /,.:-/゙!: :./::|:!     /:/ ::/  j/:::: : : : l `、:!   >かがみん
      /'".: : :ヽ!:/:::: l:! ィ三=ミ /'"  /     ,|::.: ;!: : :l
       ,l: :.::::::::lヘ:: : :l|          ィ=、 /,{::: ハ:.:i
        /: .::::: :/:.ハ: : ヘ   ,、_,__     ・:゙::!|:::/ l.:i         露骨なふらぐはダメダヨ♪
       /: : .::: :/:/:::/'゙ヾ: ヘ::,.、 `ー'   _,ノ:: l:j:/  リ
     /: : : :: ://:::/   ,.>ゞ、::`::¨フ刀:/::: : l '′
.    /: : : : : 〃::/  /'/´ ̄`ヾ:シ'゛ |/::: : ,'               ま、何にしろ楽しくやろーよ
   /: : : : : :/:::/ ,,:',,:' /        !  |':: : :,'
   /: : : : : :,'::/=''// /    、、   l   !: : /
  /: : : : : :.i/三ニ/ / !     ``¨ヽ、l: :/
  /: : : : : : l    ̄ l            ヾ」
洩矢ゲルト 「そろそろ時間クマー」
柊かがみ 「ぼっちでも良いけど
引くなら狼か暗殺がいいわね、巫女でもok」
伊吹風子 「:::::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::ヽ:::::::\\::::\::\:::\\
::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::/ :: i::::::::l::::::::::::';::ヽ:::::::ヽ:::ヽ::::ヽ::ヽ
:::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::/ ::::: |::::::::|::::ヽ::::::l:::::';:::::::::l::::::ヽ::::!:::::ヽ
::::::::/:::::::::::::::::;'::::::::::::::' :::::::::|::::::::|::::::::';::::|::::::l:::::::::!:::::: l::::ト、:::::';
:::::;'::::::;:::::::::::::l:::::::::::::::|::::::::::;|::::::::|:::::::::}::::!::::::l::::::::|::::::::|::::| ヽ::}
:::::l::::/:::::::::::::::!:::::::::::::;|::::: / |::::::;:::::::::∧∧:::ハ :::: |:::i::::!::::|   ソ
:::::|:ハ:::::::::::::::::';:::::::::/ |:::/  |:::;イ::::::/ / .::ソヽ:::::::!::}: ハ::::!
:::::l:l::ハ::::::::::::::::'; :::/,.ィレ'¨ヽ |:/ |::::/  レ、::ぅハ}:::;イ:/イ l::l
:::::|l:::!::ゝ、:::::::: ∨|′.:::: l   |:/   込ク /ノ::|〃!  リ ・・・風子、その鬼ごっこには
:::::l':::| { ト 、:::: ハ|/ヽ:::}' |             }::::::|:::::|   なにか異様な雰囲気を感じますっ
::::::::::|: ヽ|::::::\:::ハ ヽ辷ノ      '    イ :::: |:::::|
::::::::::l:::::::|:::::::::::::ヾヽ.         ,   ,.ィ´::|::::::::|:::::|
::::::::::l::::::∧:::::::::::::::::ヽ 、        ,.イ :::l:::: ト.::::::|:::/
:::::::::::::::/ ヽ::::::ヽ:::::::マヽ二ニユ¨、  、:::::::::::! ヽ/'′
::::::::::::/   ヽ:::::::ヽ:::::ヽ: : : : : : : :|   ';::::::::::l/∧
::::::::; ′    ヽ:::::::\ :::\: : : : : :|   ヽ:::::::l//l
::/ `丶、   ヽ:::::::::\:::::\.: : :.|    ';::::::l′l
' `丶、::::::::ヽ、  \:::::::::\:::::\: |   /l::::::l  l
丶、   ヽ、::::\  \ :::::::\:::::\   //|::::::|  l」
トーリ 「つまり…(ガタガタ?>打ち止め」
古手梨花 「わーい、ぼくと一緒なのです特別になでなでしてあげるのですよ(なでなで)>我那覇」
できる夫 「        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /             \       失礼ですね。やる夫くん。僕はただマニアックな知識であろうと妥協したくないだけなんです。
     /              ヽ
.    /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
    |   ( ⌒)    ( ⌒)        |    ストッキングとオーバーニーソックスの比較分析の雑学は人生の潤いです>やる夫
    i  ´""     ""゛       j
    ゝ       '           /
.     \   ' 二  ̄    __, "
       `  _ _   ,  ' ´  /::\
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
  /:::::::::|::::::::| /::/::::|  /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::
十六夜咲夜 「そこで、うずまき×平山さんですよ?>平山さん」
トーリ 「時間過ぎてるな>ゲルと」
我那覇響 「>できるお

   .', ヽヽ,  //ゝ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :- ,,_
   .', ,,ゝ-`i=/彡-ミ、_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ `ヽ       /i
  ,-‐" 7'`::::-': : : : : : : :` :-` 、 : : : : : : : : : : : : : : :\ ̄     //
    /::: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、__ / : :/ よこもじわからん!
   /::::::  : :   : :   ::::  ::::::ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
  /:::::::::: : : :::: : : : : :::::r 、:::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : :
  i:::::::::: :.:::: :_::::::::::::::::ヽ>‐ニゝ'r 、iヽ,::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 . i::::::::::`:::::i `_r ,:::ヾ,x ,'/iて',`'' ヘ|).i_ィ‐--- 、::::::::::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄' 、
  ',i!:::::::::::::|",ニ、` "-  ゝ'   '!.ノ |×x/×x'.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミト, ‐-:: _:::::::::::<  
   `ヘ:::::iヘ!《 i:::リ         / 'i _i×/××x∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r ''  ̄ ヽ:::::::/   
    ヾ;::ゝ`. `"   ' , -‐ヘ  / .',7x/×××x∨_::-::、/ ヘ彡⌒`ヾ    /::/
      ヾx_ゝ   <    .| .∧ /x.ヘ××××ヽ××××xヽ      '" 
     / ×|.(ヽ, 、_ ` - './ /, ヽ,×',×××××` 、××xi
     i×x ト、~  .|! ̄ニ    i /_r- _××××× :',×××. ̄ ヽ
     .',x\×\_ _', ̄   /`ソ'×〉- ̄ヘ'×××/)×|×××××)
      .',×x` .、 ×.ヽヘ_,ノ /×x,,ゝ ヽ  ` 、×//×x|××××x/」
暁美ほむら 「ほむっ!>まどか
          _,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::-..
      ./::::::::::::.---------....::::::::::::\
      /:::::::/ニ,,..---------..,, !::::::::::::::\
     /::::::/\::::::::/:::/l:::::::::::::::::/|::::::::!:::::::│
   .../:::::::://:::\/::/ |::::∧::/::::│::::│::::::│
   │::::::亅∨/\ ..レ /∨∨.l:::::::::l:::::::::│
   │::::::/   ∥      .|| │:::::::!__::::::│
   │:::/   .∥      ..||  l:::::::」 }::::::│
   ¦(   ..∥       ||  .!:::│.ノ:::::::│
    │::              │:::l:::::::::::::::│
    │:::::::::     ______|::::|:::::::::::::::::│
    │l:::::::::::::::::/...|│ |│\..│:l::::::::::::::::::│
    //:::::::::::::::ノ\{ ̄{^'{⌒7/\|:/::::::::::::::::::::│
   ./」:::::::::::::::/./ └i个个!┘│..|:::::::::::::::::::::::│
   .│l:::::::::::::/../   L! Ll ...│...|┃::::∧::::::│
   .リ::::::::::_./         .|_|┃:::| \:::|
    !::::/∪\ .  /\  .../.∪  リ  .∨
    ''  〈::::/::::l\/:::│\/│::::::〉
       ..─T─.lー―─T─T─
         │::│   │::│
         ..ゝ::ノ    ゝ:ノ」
やる夫 「>ない子
             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /」
秋穣子 「よっし!時間ね!
じゃあ議論の方は秋はまだ続いてるという事でFAね」
打ち止め 「うん、それじゃミサカ逃げるねー!ってミサカはミサカの逃走開始!
ふはははは捕まえられるものなら捕まえてみるがいい!ってミサカはミサカは悪役っぽく叫んでみたり!>梨花さん」
うずまきっていう 「でっていうは滅びぬ 何度でも蘇るっていうwwww >平山」
エリカ
                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
               ′.::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ::::::::::、:::::.
                ′.::::::::::::::::::i≦三三三三≧i:::::::.
                ′.::::::::::::::::::::|三三三三三三|::::::::.
               i:::::::::::::::::::::::::::|八从ノjリ ヾハリ||::::::::i
               l:::::::::::::::::::::::::::l ィ巧ミ    ィ示.l::::::::|   >こなたさん
               l:::::::::::::::::::::::::::| 以ノ    i以ノ|::::::::|
                 v.::l::::::::::::::::::::|       !  |::::::::|   ありがとうございます
                 Ⅵ::::::::::::::::::::!ヽ   ー- ' /.::::::;′
                 ヾリ从ハリ|刈  `  _  ィ:/i::::::/    貴方も宜しければ私のジムに一度来てみてくださいね
                        //ノ__i__   l' |/
                   |  ̄     \        .. -ヘ
                        !_ _ _ - ‐  ̄ ̄\   r‐‐´- 、 `ヽ
                     /           ヽ   l     \/
                 /            i   |      ヽ
双葉杏 「                 ,ィ
               、:{__,. : :´ ̄: : `ヽ、
                 ,.': : : : ,: : : : : : : : :ヽ
              /: : /: : {: : : :!{: 、: : : : ::.
                ':.|:_:{_{:_∧: : :|_Ⅵ_:.|: : : }
                 }:.|:.l:|┰┰l从l┰┰|:|: : ;      2日め夜に噛まれて死んで
                 /: |Ⅳ┗┛  ┗┛|:|}: :{
               ,: :.ハ:|:.     '     ,|:|: : :ヽ     終わった頃には勝ってた展開きぼー。
                /: : : {:人   r ―ュ 人:!: : : ::.
            {: : : : リ: : >r---rイ : リ: : : : }
               、: : : :,. - '´   ` - 、: : : : :/
              `r∧  ̄`  ´ ̄   `ヽ,イ
              /  \           }:.}
                /     `ヽ、_    {  |: :
                 /            ̄\l  }: |
            /      \       ̄ `ヽ
            \ l     `ヽ、   \   〈
              l`|        \_    }」
柊かがみ 「>こなた
        `ヾ:、_ー-‐l`ー‐-  _
      _,..-'',.´  , ,|  :、` 、 `ヽ
    ,.-'_,../ ,   / ハ |、 ゙、  ヽ `、_
   '"  /, / ,.ム,' ゙、i゙: ̄i、  ゙く;;゙{;;;;,、
      /イ ! / l:!  ゙、゙:、 i.   lヾ、l;;;;;;;;;,、
        r! l /  |!   x_,,ヽ!、 .l;;;;;j;;;シ'''ヽ
        ハ. {∧ィ=、    '"⌒ }、 |7,<ヽ. /
       V〉/' !   '     ,、__N´ヽミド'、 そうね
       「゙'   ト ,、_ T_フ_,.イ,r:'′  ヽシ
       l   ||j!i!,.云「/ / i     .}l    
      ハ  | .|j!i/ // / i    ,.ヘ:i   私以外の人と繋がっても頑張りなさいよ、あんたも
       /: :ヘ ,ノ |.!j ./イ ./   !   /!: :.i!
     ,'. : :,'//_じ'シi ./    / |:.|: : :.!
      .i : : ;/,「   ,.、``!/、  ィ"  |:j|: : :.l
      l : / ハィ´i|゙:、'  >  /     |:|.!: : !
    j  :,' .| / /| ゙i、/  {     |:!.l :  l
     l.  ! / ``' |,,-'′    |    .|j. l:   l
     !  l (、7'''''宀‐r- .、  |     |l |  |
.    l | // |  |  l `マ     リ |   |」
平山幸雄 「             /|  /|  /|
        /! ///|///|///,|
       /| |.|//// .///  /// |/|
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|    このメイド・・・
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l  正気か・・・?
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l   
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l />
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、 `'´/ /\
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ ' /  /
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ', ヽ /
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ  ──
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|  \/      >やる夫さん
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|r´ ∩    ∩r::ノl:ノ ヽ         なるほど……わからん!
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   ∪    ∪l/ |/    ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|          ',!
: /   i.,':::::/lハ .、', |     _  _,ノ|
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´|
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
ナズーリン 「・・・なんかあっちの方で子供たちが危ない遊びをしているような
いや、気のせいか」
双葉杏 「暗殺でもいいやー。」
打ち止め 「橙さん、こんばんはだよーってミサカはミサカは一礼するっ」
我那覇響 「>梨花

       /::::::::::/::::::/:::/:::ヽ-=======--、
  ⊂  /::::::::::/::::::/:/l:::::::::::::::;::`ヽ_`ヽ、
 ⊂  /:/l:::::/:/::::::/:/、 |:l|::::::l:::/l:::::::ヽ` ̄` わ、わっ・・・は、恥ずかしいじゃないかー
   /´ /::::/r/:l::::/--,_、`リ|:::::/レ´.|::::::::}::l  っ
     /:::/:::ゝ lヽlヽ_l::ソ′//_ー、|:::::::}:/   つ
    l:/::::::`ーl ` :::::   ´ ´f::ハ_. ,|:::::/   ⊃
.ー=ニ´_l ̄゛゛゛ヽ   _ _ ′ .¨,/,.l:/  っ
  /  ゞ   _/:..、 - ′ _,...:'ー´ ´
//   /ヾ__ ,}  ::::::::/ ̄ ヽ;:::::ヽ、
゛/  /   /   :::::>   rヽ:\::ヽ、
/ /   /、     |、_r,} )::ヾ ̄ `
./´T--T-;::::::`::....、   |ヽ;:::.  /ヽ;::ヽ,
(-´--,´:::::l:::::::::::::::::`:::┤ }::::/:::ヽヽ;::l
.ヽ/:::::::` ー:::、::::::r-、/.//、:::::::::l .ヽ′
. /:::      `ー:ムニ///:::::ヽヽ:::::::}
/::       :::/_〃`ヽ;::::} ヽ;::}
、   ,    :::::::::/ゝ  ヽ:}  ヽl
::`ヽ、_____;/      `   `
:r´ ̄ `ヽ:○::○:ヽ」
たわし 「ゴシゴシゴシゴシ……。」
洩矢ゲルト 「5」
火焔猫 燐
                     ヽ:;;;;ヽ:.:.:.:.:..`Y  ,' .i  .:',  .::',:..  ',:. ヽ:.:.:.::.:.:./;;;/
                        ヽ:;;;ヽ、:.:.,'/ .'l .,'l! .:.:',   ',:.. .:','.,. ヽ_,/;;;/
                         ヽ、;;..,'/  .:l! ..::l!l ..:.:',   ',  .:.:',:.':,:.:.:'.,;;/
                              ,'/  .:::l!.:.._l.!  :.:.:',,:..:....',',:.:.:..',:::',:.:.:,', _
                        、';;´;;/!...:.:.:.:l.!.;__!`_  :.::',', -‐!:...‐..:',:::',:.::',.!´;!
                           '.,;;;;;.l:....::,.ィ,´。:;;:ァ、'- ‐' `ィ;;::t-,t..、 _L_',;;,'
                         '.,;;;;!'´;;;;∧弋;;;;;'     l::;;:,'.//;;;;;ヽ;;;;;,r'
  !         _                ヽ´;;;;;;r'':', `¨´  i  `¨ ∧;;;;;;;.,'く
 , ' ,     __,..;;;´;/              ー=´;`ー;;,'メノ:.、   v--ォ    /Yl:.kー';;;;`,.'
 ! ヾヾ: ..、/:;;;:::;;;;;,'         _ _,..,-,-イメ-、.Y.ー'.{;;/ヽ、 ',´`ノ  />.、メ ーt '´
 !;:::...ヾ 、ヾー..、r-t!-xー、-、'メ×^"X..入,-'-..'´¨´: :l!!:!`:.、   `:.、´ィ ´,/.:::!;;ト.、`!lヽ,
 r`-ー--:...  ,ト;;';ヽー"ー'"''ー'"^ ´,.:'´: : : : : : : : /::i!.:',\..:`ーt.、 r.:´.....:./:.:.:.l:.:.¨!-メ!',   死は美しく 死体は美しく あぁあぁ まさにその通りさね>西行寺
 l:::::......_,,,,...,,ォ;;/:::;;;;;ヽ       {- 、: : : : : : : //: : : : ヾ.、.:::',l! ,'/:.../::.: : :.l:.:.,'ヽ,、!ト、
   ̄   /:::;;,リ:::;;..-、ン      ',:::.:':.:.:/!: :.:.,'/: : : : : : :ー-:.ヽ.V_,/_,,...-: : :::l:/:.:/ ヾ}入    そんな素晴らしいものがあればどんなに甘美だろうか
      `¨ ー' ´             '.,::.:,'!::l:.:.:r'、: : : : : : : : : : : ::.:.:.:.:.: : : : : : : : l,/  `トX.、
                     ,ィ-'、::.:r'::l:.lヽ、: : : : : : : : : ',:./: : : : : : : : ::l      ㍉.ト,         ―――――実に楽しみだ
                    ',:.:.',:./!:.:.l:.',: :`: : : : : : : : : : !: : : : : : : : :.:.;         Yメl.、    ,ィ、
                       /:',:.:}:::.:.l:.:.:',:..',: : : : : : : : : :ー_-_―: : : : :.,.' /ヽ,       }メl! ,ォ';;::;;{」
大柴亨 「お、そろそろだね」
洩矢ゲルト 「4」
鹿目まどか 「ウェヒヒw
なんかいつものほむらちゃんと違う気がするよぉw」
十六夜咲夜
.   /⌒ /ヽ // /            /\    `
   / /  _ィ´/   l{  丶            \  /_
.  / /  i´ /    、}   ヽ \  -─      \
 / 〈   } 7     ハ    ヘ /`ヽ-─ _    `
 {  `  / l  /   /___ヘ  ト、 {'≠´─ 、ー/ _、
 ゝf´ ̄/ ノ| /  イ´_ -\ヽ ', ヽ彳 いu`ソハ \ ̄ヽ
  /´ l イ l /!   /´,≠示ヽl\ヽ   ̄¨~´  \/ \!
  l/  |/ | ヘ{ !  ハ,ァ´んuリ |  `ヽ    U   f\_ /
  ヘ.  |! ! | |  /へz=ゞ-'´  、         ヽ / 〈
   ヽ´|,ヘ! ハヘ /  |        , ─_、     /!{  l
       l |ヘ ヽ   ハ       ´ _      /!| l/∧   
       ヽ! }\ l  | ∧              |t l ,'     >秋穣子
        冫ノ {|  !  ゝ _        /、_ Y´l´|_    …もう、秋は終わってるというのに…
       /´/ ヘヽ | / ヽ  〉 ̄  ャ--< _|/:::\-./::::
     ̄   l ハ `ヽt  / /、   ⊥ヘ-、,_( _|::::::`;t:}::':::
         ヘ{ ヽ   \_!  lゝ,´ ∨}┴f´ _〉一::||::
          ヽ_\  八 /ヽ=_⊥,..-f´::{f:`!ヾゞ'Τ
        /    ̄  ̄_ヽ_}-/:::::::Y:::::::;ゞイ:::::ヽトー-l」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  球磨川とできる夫は同属だろ…変態的に考えて
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
できる夫 「                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        /             \      簡単に言えば ”ある”方がいいか”ない”方がいいか
                       /       " ̄ ̄`    \
                       l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ     二者択一です。僕はもちろんない方を選びます>響
                      l ;::( ●)    "''"´       l
                      |  ´"',                |     
                      l    ヽ              i
                       \   、__,__,         丿
                        \             /
        r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
        ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
     {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
     .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
     .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
       `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          `ー'‐―、_  !      //´:` 、i /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //」
打ち止め 「つまり?ってミサカはミサカは先を促してみたり>トーリさん」
球磨川禊
               xzzzzzzx`ヽ>
       `ヽz==彡洲州州州州≧州―x、
       `フ洲州州州州州州マ州州州ヘヽ
      ィ彡州州州州マ州州マ州州从州ム从
      xイレ州州州|i! マ州|i!V 〉く从州州州∧
    イ㌢´イ从州州',\ママル ´イ'斧圦 州州州
       .从7从州V/斧i ``  ヒソ/リ州州从
      イレ |i V从从. ヒソ |    ~ ´从州乂乂
       V | V从从   , ――r  ´ / ADノゞ 『できる夫ちゃんが救いようのない変態なのは理解したよ』
       !  / ノ'|ヘ   V::::::::::!   x-イ´
       ',      ヘ,   V:::::::ノ  イ 不ヽ
               >x `~~´ イ´_|__       『でもそれでこそ男の子だよね』『僕は君を全面的に応援するよ』
             __   」ィ三 ̄ ̄  ,x―片`ヽ
            V ヽ,/  _-=三フ三三/三/\
             トi  i!  |三三三/三三V三三三ヽ
           _彡V|  i!  |三三/三三V三三三三,ヽ   __
     ,-=≦三三三\_i!/三/三三三/三三三三三>イ´  ヽ
     |三三三三三/γヽ三三三三三三V三三三三イ   _ _ヽ
     |ヘ三三三三三ゝイ三三三三三三ム三三三/   ヘ 副 __ヽ
     |∧三三三三三三三三三三三三三>三V   /ッ/  イ:.:.:.:./
    f彡V∧三三三/γヽ三三三三三三三三三/   ./ッ//三三K'
    j三三∧三三三/ゝイ三三三三三三三//./     ̄/三三三三弋
   イ三三.∨三三三三三三三三三三三/   \   く三三三三三三
_/三三三三!三三三三三三三三三三/      \_/:.:.:.>三三三三三三
秋穣子
    i`i
    | .|_,.、/'i
   ノ'" ニヽイ
  r〈   くン
  ト-'r、ィ-へ7-'~ ̄ ̄ ̄`-,,
  Y   ̄' |88o__,r_--、_r、_ヘ__
  |     |r、 r_ン-'´    ̄`ヽ、〉
  |     イ-'/´  /  ハ      ヽ
  |     / /| /-!、レ' | ハ_ !   i
  .|    | / レ'ー=、  レ,.=、、7ハ  |
   |    .| | | ""   .  ヒ_ノイ/ /!/  こいつ最高にイモ
   |    |,|  |  rー--、   "i ト(
   ト    ! ', > ヽ.__,ノ  ,.イ ( _>
   |     ヽ|`「>ーr=i'"、.,___>
   ヽ、    イヽ_,.、_,|、_,.、ハヽ、
    `ヽr-'"´i::!       i  〉,
      ヽ.   i:ヽ    _,イ  イ
       ヽ. //   ⌒  ||   ヘ.
         ヽゝ_、__,_ト,   \
         〉.:.:'   i   ヽ'〈´  .〉
       /.:./   !    ヽヽ、 /
      /.:.:.:./         ヽ`く
     /.:.:.:./        :88 ヽ.ヽ、
   rく.:.:/.:.:/        ヽ゚ノ  ヽ」、」
伊吹風子 「          n、
.      rf゙|:|:|
.      | l Y1
.      |  r' j
       '、  イ         ヘ、
      〈廴∧   /⌒<7.:.:.:.:ヽ=-.、
      /∨/∧/:/.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.      に / ∧:./:/.:./.:.!:;.:.:.:.:.: ト、.:.ヽ :ヘ
      ∨ / ハl.:.|.:7:メ|:{.: ハ.:.:j<`.:|:.:ハ
        「 : ´   }:.:|.:|价ハ∨ ヽ价ハ.:.:l.:.:.:.:}
       ∨: :  ∧:N Vソ     Vソ∨:/l/
.        `、 :  {小、''  r;  '' /レ:.l.:|
            l: : :  ヽ.:.lヽ、  `  ィ .:|.:.j.:|
         l : :  l∧ヽ{:介 ‐<!.:|.:.:j:/八
            l: : : : l ∧.:Ⅵ`二´lヘ|.:.:|.:ヽ.:.ヽ みなさんがんばりましょう!
             l: : : :|/ハ.:.lヘ ̄ / |.:.:ト、ノ).:.:〉 よろしくおねがいしますっ!
          l     ∨ミヽ/ x|.:.:|三ヽ:/
            l : /      ヽi{彡"|.:/    l
           ∨:l: :     0|   j/  j /|
            〈ヽ|: :       | 「 ̄ ̄レ' |
            `ト|: : : .     | |-耒ー|: : |
            V: : : :   0| : \_/|: : |
             |: : : : : . . : :|: : : : : . :|: : |」
古手梨花 「それじゃ・・・怪我をしてないたらだめよ・・・くすくすくす>打ち止め」
洩矢ゲルト 「3」
ナズーリン 「ふむ、始まるか
では、よろしく頼もう」
「時間だし、始めて大丈夫…だね!」
やらない子
      /^ヽ、  , . -―‐-. .ヾ´ ̄ ̄`ヽ
.     /: : : : ヽ": /: :ヽ:ヽへ: : ヽ: : : : : : :ヽ
    /: : : : /: : : :{ヽ: : }: : : : :ヽ: :ヽ: : : : : :ヽ
.   /: : : : f: : :l :{ヽ{ ', :|ヽ: |: :|: :ヽ: ', : : : : : :≧=-
  /; : : : :.|: : :|: |   i | } |: :|:ヽ: ヽ| ヽ: : : : :ヽ-、
. イ´ {: : : :/}: : :.|: ゝ  .!リ !从リ: : |ヾ≧、  ̄ヽ: : :/
    ヽ: :(イヘ: :',ヾ__    ,ィ"ヽ|: : |ノ: :',
    /: : ノ (| ム〃``       l: : |: : : ヽ
    ``ヾ  }: :ム、   t⌒フ 从: :、: : : :ヽ、
    __ _   从: イ>,  __ イ j: :|  ヽヽ ̄ヾ
.  rf { { }  (: ハへヽ ヽィ三>/ ヾ! ///ヾヽ            >やる夫さん
.  { ヽヽ '´ フ ソi、 `` マ///  ////∧ノ
  ',     /、 }//≧z_∨_イ/{`i i^i^}ム             じゃあやる夫さんがメイド服着たら解決ってことで。
  ィヽ-‐イ ', |//;'///z/只 <、ヾ.」」.」ノ)∧
  {      }{/ 八///  八  }/ヾ= .fイ |ム  __
  ゝ--―</∧//ゝ/,  ノ//ヽヽ/{``| |__  }_/  }
   ∨//////∧//}ハ ///{⌒ヽ-rへマ  >  イ^ヽ
.    ∨//////∧/i//////r=-  ゝi`兮´: i  __/
     \///////〃/////{_ィ  L{<人> 」   ̄ヽ
       ヽ----' ////////.            ト、人
           //////: : ゝイ        |: : : : :ヽ
            /≧z_{: : : : : : }          |: __: : /
   _, z ≦////////ゝ´ ̄ /         ',´: : :r'´
.   {////////////////l: : : __]≧=――――f⌒ァ '.
.   ∨//////////////l: : : / 7――――――ヽ{ィ、: ,
    ∨///八ィ―-ミ//l: : //            〈ィ ',
.     \///ヾ{、   ヾ/ィ {               } /: :',」
洩矢ゲルト 「2」
トーリ 「◇伊吹風子 「          n、
.      rf゙|:|:|
.      | l Y1
.      |  r' j
       '、  イ         ヘ、
      〈廴∧   /⌒<7.:.:.:.:ヽ=-.、
      /∨/∧/:/.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.      に / ∧:./:/.:./.:.!:;.:.:.:.:.: ト、.:.ヽ :ヘ
      ∨ / ハl.:.|.:7:メ|:{.: ハ.:.:j<`.:|:.:ハ
        「 : ´   }:.:|.:|价ハ∨ ヽ价ハ.:.:l.:.:.:.:}
       ∨: :  ∧:N Vソ     Vソ∨:/l/
.        `、 :  {小、''  r;  '' /レ:.l.:|
            l: : :  ヽ.:.lヽ、  `  ィ .:|.:.j.:|
         l : :  l∧ヽ{:介 ‐<!.:|.:.:j:/八
            l: : : : l ∧.:Ⅵ`二´lヘ|.:.:|.:ヽ.:.ヽ みなさんがんばりましょう!
             l: : : :|/ハ.:.lヘ ̄ / |.:.:ト、ノ).:.:〉 よろしくおねがいしますっ!
          l     ∨ミヽ/ x|.:.:|三ヽ:/
            l : /      ヽi{彡"|.:/    l
           ∨:l: :     0|   j/  j /|
            〈ヽ|: :       | 「 ̄ ̄レ' |
            `ト|: : : .     | |-耒ー|: : |
            V: : : :   0| : \_/|: : |
             |: : : : : . . : :|: : : : : . :|: : |」
◇秋穣子 「
    i`i
    | .|_,.、/'i
   ノ'" ニヽイ
  r〈   くン
  ト-'r、ィ-へ7-'~ ̄ ̄ ̄`-,,
  Y   ̄' |88o__,r_--、_r、_ヘ__
  |     |r、 r_ン-'´    ̄`ヽ、〉
  |     イ-'/´  /  ハ      ヽ
  |     / /| /-!、レ' | ハ_ !   i
  .|    | / レ'ー=、  レ,.=、、7ハ  |
   |    .| | | ""   .  ヒ_ノイ/ /!/  こいつ最高にイモ
   |    |,|  |  rー--、   "i ト(
   ト    ! ', > ヽ.__,ノ  ,.イ ( _>
   |     ヽ|`「>ーr=i'"、.,___>
   ヽ、    イヽ_,.、_,|、_,.、ハヽ、
    `ヽr-'"´i::!       i  〉,
      ヽ.   i:ヽ    _,イ  イ
       ヽ. //   ⌒  ||   ヘ.
         ヽゝ_、__,_ト,   \
         〉.:.:'   i   ヽ'〈´  .〉
       /.:./   !    ヽヽ、 /
      /.:.:.:./         ヽ`く
     /.:.:.:./        :88 ヽ.ヽ、
   rく.:.:/.:.:/        ヽ゚ノ  ヽ」、」

このシンクロ」
十六夜咲夜
                _ _
             r‐fァ┴‐く}┐
               rラ'´     `マュ
         __ /  / /  | /ヽ. ト、
        }} ̄ ノl / / ム|l j/ナ! } |N
       __ヾ.   |/|l i/__ |レ-=jノハ|j、     稀によくございますので、ご安心を>平山さん
.     /⌒ー'   / リj小、 _, 彳 ノハ)
      ヽ_\  〈l ハNハ{≧--イ /彡' \
        ̄`ヽ. ヽ  「:F 〔X〕ノl{::::|‐┐  》
.       「f ̄ヽ》  i´|::l__/∧∨:::::{  }  l{
        ヽ.)  _/ |:::〈./::::〉.〉::::ハ  \ `ー=ミ、
          「    {:::::::::::::::::::::::::::| ` く   }ハ
          |    V::::::::::::::::::::::/  f丕〉 __r‐'」
高槻やよい さんが村の集会場にやってきました
古手梨花 「みー、我那覇はカワイイカワイイなのです」
西行寺幽々子 「貴方とは一度、しっかり話してみたいわね>燐」
洩矢ゲルト 「1」
大柴亨 「【紅番外】やる夫達のラブカラー・デス・ヴィレッジ

の開始だぜ!よろしくだエブリワン!」
火焔猫 燐
  rー-.,.,.,.,..._    _ ,,.... _
  !\,;,;,;,;,;,;,;`;,<._, -‐ _,.. .`:. .、
  |   \,;,;,;,;,;,;,;/.:,:.:.::/.: .; . .:、. :`ヽ--――;ィ;'
   !   ヽ,;,;,;/. .::/.:.:/.:.:.:l.:.:.:.:.:',.:ヽ.:.ヽ、,;,;/ /
   `、   _},;,'. .:.:/.:.::l.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:l.:.:.:',.:.:.:∨  /
   ヾ、 >;i. ..::,'._:/|.:.:l.:|!:|.:.:.:.:l:|.:.:.::',.::,:.:i /
    ト、`ミ;|.:.:.:「!__Ti.:r:ト!j.:.:.:;ノリ.:|.:.;:|.:.:l.:.i
      l::ヾ;、|.:.:.:lイ i iヽ   '''" ,!t-:、ノj.::|.:ソ
     }':i_.:.:ヽ、_! マ_ノ    イ ! /〉‐'テ-‐'
    〈ヽ!`ー、;:ヽ_     , └'ハ,;iヘ
     ヾノ::;ナ´:.ゞ.:;ト、 ー-  ∧;/ ヽ!;j、
.      '_´ト;,ノ_ヽ!;j、_.. ,.、イ ノ'    {;.:ヽ
  _:-‐´ : : : : 〈: :〈}i><{〉|.:ヘ       リ::i}
. /`ヽ\: : : : : :\'}.:ソ,_゙、:/`゙r、    〈}i><{〉
 i: : ;-: _: ヾ_.、_ : : :\:}_::/: : : :\   ,-,':ノソ    回れ回れクルクルと
 |/: : : : :ヽ: :` : : : : : γ´ : : : : :l`i / / .イフ
 !:、 : : : : : :ヽ : : : : :イア : : : : : ノ '´ ' ´イ!      巡れ巡れ狂う狂うと
 '、:\: : : : : f、 : : : : :ヽ〉 : :o : {    ´ニニテ
  '、: :ヽ:_: : : { : : :。 : ;:-‐< ̄\ .ィ--ニュ
   `、: : : :`‐-ヘr‐':"´ : : : : :\ 」´{ '´ /」
ナズーリン 「しかし妙に変態が目立っているな・・・」
暁美ほむら 「ほむー?
ほむっ、ほむー♪(ぎぅー
>まどか」
平山幸雄 「やめてください死んでしまいます(素)>咲夜さん」
高槻やよい 「こーんばんはー!!」
レッド さんが村の集会場にやってきました
洩矢ゲルト 「開始クマー」
泉こなた 「>できる夫

        r、        _ .. >: : :ソ`ー― 、}ノ             _
       _x≦メ_,-、   ,ィ≦:_:./:/ ;イi: : :j : : : :\           {ヽ.__>、_ゝ
.      ヘニ ,ィ r<       /:/:/:/ {:| : ∧ : ヽヽハ    r―-、 ノ-ァ.勹
     /ィヽ| ト'ノ    / /.:| :{/\ト: :」/Vハ:', } }    ,ア /   「`こヘ
         `7_}       /,イ: :| ハz== ヽ{ =弍 | |:| |   <_へ> { f=} }_
      ,-、_fヘxー、     |: ∧ {  ー'ー'  ・}:jハ{:.′   __ヘニア‐vィアト、ヽ-'
.      {/ヽノイ¨ー'     Ⅵ/: i> 、    _, リ}│{   ヘーァ f ¨くtfイ |
       ィ_/         |: :|/:.,ィ=厂{≧': /:∨     //  r=} ト {__,ト、
      /}fニニヘ      |: :|ヘ {¨7´ /: /\:{     {ヘ   <八__ ノ
    ≦ィくトrf}f,勹     rヘ: |∧ |/, イ :/  ⌒}    |_.}   f{ ィ=士ゝ
.       |_}ヘ-'¨ー'      人.ヽ{⌒{7>.Ⅳ∧ /¨> 、ノ^ニ勹 ヾ (f_ノー、
      /}ー士=     .ヘ `∧, 小、__} / : ーァ'  ,ノ   フ/       ´¨
    ≦ィく }`{z}     \ Y_./ / {  ∨:/´ ィ く  ーfニ勹
.       |_}くニニヘ    / ヽ/∨}/「 ̄{ア:ー' : : ヘ   /,<...
     r-ノ7_ __{ヾ>   ー≦.ィ7/ /│ V ハヘ : : : : : : ',≦fL ___fヾ>
     フ / ,イー'¨     く/// / :|   ∨ハ ',: : : j: : :ハ ァ/ イー'¨´
      {./ ゞこフ       /// /   |   ∨ハハ: : :}V:}: |ム{ ゞこフ
                //7={...__ | __ ...},x≦: :ノ |ノⅤ」
打ち止め 「へへん、ミサカ転んで怪我なんかしないもーんってミサカはミサカは……わわぁっ!?」
柊かがみ 「それでいいのか…」
できる夫 「性癖、もとい意見は多様であるからこそ輝きを増す。球磨川君。あなたもまた。
真摯なる者だ。」
球磨川禊 「『やだなあ』『そんな扱いされたら流石の僕も泣くぜ?』>やる夫ちゃん」
やる夫 「なにを言っているのか日本語で言ってくれお…>ない子」
我那覇響 「>できるお

             ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ >==ヽVノ‐:、:.`丶、
           ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ , .: ´. :: . :: . :: . ::\: :: :`ヽ、
          /: : : : . :: . /´` ノ. :: . :: . :: . :: . :: . :: .ヽ: : : : :\
         ,′: .. : . .: :ノ``7´.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ:.:.:.:.: : \
         i . : : :.:.:.:.:.::〉//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  自分はあったほうがいいなー。
         l: : : : :.:.:.:.:.:l〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_/_.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:_」:.:.::}.:.:.:.:.:\:.\
         l: : : : .:.:.:.:://:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:/ l: :/`ヽl.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハメ、.:.:.}.:.: | \| よくわかんないけど
         |: : : :.:.:.:.:/ l: :./: :./: |/  l:/_  /ノ.:.:.:.:ノレ レハ.:ノ.:.:.:|
         |: : :.:.:.:.:/ハ:l:./:l: /. : | V´ ん心    ィイ`ヽ /V.:.:.::|
         /: : : : : : : : Ⅵ::l/:.:.:.:.|  ヽ _以ソ     似_ノ /ハ:.ハl
          /: : : : : : : : : :l.:V⌒ヽ::|   /////   ′///〈、
       /: : : : : : : : : : :l.:.:ゝ (                   lノ
        /: /: : : : : : : : :.:l:i: : > ∩      ー‐─'    ハ
      /:.:/: : : : : : : : : :.:l:l: :.:.i l:.:l |:::へ          イ ) )
     /. :/: : : : : : : : : : : l l: ::::l Lノノ:::l         イ`ー'‐'
   /: :/: : : : : : : : : : : ::l:.l: :::::::::::::::ノ     ` T ´ ::l::.i
  /: : :/: : : : : : : : : /  ̄ ̄\=<        人::.::::.::L _
 . : : : /: : : :/: : : : :/       \:::ヽ        i:::.ヽ`T´ `ヽ
 : : : /: : : :/: : : : :/ ´  ̄ `ヽ   \:\       }::::::::V    i
 : : /: : : :/: : : : : i       \   \\    ノ::::::::/      l」
双葉杏 「       ,.ィ
        ( {    ,. . . . . : : : : ̄ ̄: : `ヽ
       ヽ_ー, :´: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       ,:': : , : : : : : : : : : ,: : : : : :}: : : : : : : :、: ::.
       /: : /: : : : : : : : : /: : : :.|: :|: :.:|: : : : : :ヽ: :.
      ': : /: : : : : : /': :./{: : : : :|: :ト,: :|: : : : : : : ,: :.:.
       /: :/: : : : : : /、!_/ノ|: : : :.:{:、__|/,ィ:.,|: |: : : ', : |
     /{: : |: : |: :|: /} _{/__ {: : : : |: { _ {:/|: |: |: : |: :lヽ       なんか同業者が集まってきたよ・・・
    .': : : : :{: :.|: :l/ィて:::刈  \_{、|て::圷、}イ: {: : |: : : : .
   /: ,: : : /:从{: :圦 込zソ       弋z_ソ } |: |イ/: :|: : : : .     面倒な事になりそ
  ,: : /: : :/: : : :|: :|l               ム: |/ : : }: : : : : .
 ,: : :{: : /: : : :.:.|:.叭         ´         八:.|: : : :.l: : : : : ::.
 {: : :|: : : : : : : :|: {:人     , - - 、   u 人|:/: : : : : : : :.|: : :}
 |: : :|: : : : :,: : :.Ⅵ: : : >  ー ― ‐'   <: : :/: : : : : |: : :./: : ;
 乂: 、_,イ: :_,.: \: : : :./ | ` - ´| 、: : : : :./: : : 、: :/_: /: : :/
   {:三ミ、____,...イ,. ´ {   ; \ヽ、_/____ /ム彡 イ
  /: : : : }  ,. - イ´  ー - 、  /--  `ヽ、    {: : : : ヽ
  ,: : : : : :| /  \\              \   |: : : : : : :.
 /: : : : : :|,:'     \\_________,/`ヽ{: : : : : : :.}
./: : : : : :./       \________,..イ ∨: : : : : |
': : : : : :./     ,                     }: : : : : :|
: : : : : /       /                  ;      |: : : : : :|」
トーリ 「ゲッ、レット!」
打ち止め 「やよいさん、レッドさんいらっしゃーい!」
「こんばんはー!>打ち止め」
伊吹風子 「             ,. --- 、__
            /⌒>ァ-vへ     `ヽ
.         /  / /     \⌒〈^ヽ \
      /   /    /    ヽ        '.
         / / / / i    . :|  }:  ¦   i i
    / ,イ / / / / ,ハi    . :i ,ハ  |  :i ! l
     }/ ⅳ ,'  i 」∠_ ヽ. . :,イ /_,.};-‐!   :| ||
      i /{  l / ,z=k } . :/ }/ィ=k! ′ /: ;}¦
      }ハ ∨|:i〃fkr}//  ´ {fk}ィ{   /イハ{
         }ハ{ ハ マ:り       マrり// : :/; : :.
        / /.ハ "¨   ' __  `¨/ /. :/!: : !: :ヽ. す・・・すばらしい発見ですっ!
      /イ   /_人   ‘ー- '   {/ ,.イ j:  } ヽ: :\ それは世紀の大発見ですよ!
.       ノイ ! i : :;> 、 __ , . }/´ ′: : /  }j: :.¦ >トーリさん
        {_j :{ : :〈  {:::::::::::::_::/  /: :/<  /': : /
         /⌒>ー'´-`ヾ::::r'´__`ヽ. /: :/´⌒∨: :/
.        /   { _____  `Y´  ___ `ヾ/  _ }/
        ′,/´   `\ }/´  `\`Y´  ヽ!
      〈 /_  --- 、  / /´ ̄ \ Y  : : }、_
     //´     : : V /       >、 : :///ハ
      ¦      : : : : }'r{        /   ヽ {////〉
      }      : : : : ;ノ i ヽ     '   : : }///
     \: .  : : :./  | }         . : : : /´
         ヽ.__/     !:. \    . : : : ,..イ
          〉      |;:.   ヽ._:_:_/: ;ハ
            } ',    | ;.    .: : : : : }  '.」
レッド 「…… …… …… ……
…… …… …… …… ▼」
やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
ナズーリン 「ん、ズサーか
もう始まるから、早く投票を頼むぞ」
トーリ 「まじでいってのかw>風子」
十六夜咲夜
              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、
       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\    >平山
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ    まあ、冗談ですので、ご安心を
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!    
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \
     .く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ」
柊かがみ 「ズサったら投票は早めにお願いするわよ」
ゲーム開始:2012/11/23 (Fri) 01:04:56
出現役職:巫女1 暴君1 暗殺者5 おしら様4 人狼4 銀狼1 求愛者1 女神9 弁財天2 夢求愛者1 恋妖精1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
うずまきっていう
                 /ニYニヽ
             /( ゚ )( ゚ )ヽ
             /::::⌒`´⌒::::\   告白っていうwwwwwwwwwwwwww
           | ,-)___(-、|
           | l   |-┬-|  l |
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '|                    |
  / :::::::::::|                    |__
  / :::::::::::::|     ↑の人超愛してる   rニ-─`、
. / : :::::::::::::|                      `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                 |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                   |`iー"|
.レ ヘ   ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /::::::::::::|」
球磨川禊
          _,ィ=‐
        ,イ"_____
     _,イ州'.,イリ',イリl!〃〃圭ミト,、
   zチ///,リ'州ノ/リ'.il|.il!〃州',イ州圭ト、
   |州リ〃i ,州li州i!.il|.il 州!,リ,リ!.i!i!.lil!i |トミi、_
   |州!.l!,リノ州li州! il|.li|州.州リ|.i!.|!.lil!.l.li 圭=-、
   |州.リ,リ州州州!州.l州li州l! |li!.|! lili.l.ll i.ミニ=、
   |州州州州州l 州 l州l.i!il! lハil|il'lil |lil li li
   |州州州州リイリハ|i.l州! l! ̄l.Ⅶ_l!l.州l lliム
   |州州州州'イハ!.lハli|.l|    `リ.`l州州トトミl            『とりあえずクマ鍋』『先人たちはいい言葉を残してくれたよね』
   |州州州州li〈 ( l Ⅶ.l!. .、   , .州ハトli| ` ヽ
   |州州州州iヘ`'´  l!    ヽミ{. l i! ヽ.i!
   |州州ilイlilハ! `i!        `. V
   |ハiリlハ!.' i!   l.|!     、    ,:′        ,ィニ  ̄ ̄ ニli
   |__l!__   l.lハ     ヽ> ,ノ          }三    =ニ{
   |__  `>、.l:| ヽ、     ,.:′          }三ニ=  三{
   |三三三>、 >、./`ヽ、_,:′             ノヽニ    三i{
   l三三三三三>x、>x             / /ニ=____ニ{
  三三三三≧=-ミ'//,!./            / ィ‐'´ ̄     `ー-、
  '/////,イ三三三三二ミ、          /      ー――/ー′
  ///,イ//////三三三三二ミ、        ',        -‐イ
  'i〃//////イ///////////|         i          /
   ,{l//////〃//////////,li|          」__    ,/
   ,'l∧V//,.i!///////////,lii|、      r==!=ミ、`ヽr′
   /{!∧V//ミミニ=ミ二ミトニ//li|l!      l///////>/
   ///∧Vムトミミ、≧x、二ニ=イl|ム     ル'/////////>,、_
   ////∧Vハl///>ミト、二=チハハ   ,'//////////O'///
   /////∧∨!l/////>x>=l//ハ、 ,'//////////O'/〃
   //////∧Ⅵ!////////>x//∧,V//////////////   」
柊かがみ 「↑びっち
↓ぼっち」
やる夫
               。
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,               l  l
  ^⌒~^⌒^~⌒^               ヽ=ノ」
トーリ 「鍋だーこなた吊ろうぜ!」
平山幸雄 「クマ鍋の時間だ」
「おはようだよー!」
泉こなた
                  |:.、      ,ィ´
                  |:: ::、   /:/                ___
                   、.. .\  i::|         ,..-‐: : : ̄::.:.:.:.::`ヽ
                ヽ: : \|::|,、       /:::,-‐ ´  ̄ ̄ ̄`ヽ::\
                  _>::/: :ヽ._ __ _{::/_          \::ヽ
            ,..-‐==ニ: ̄: : :/: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、         ヽ::\
.          /'´ ,.::´: : : : : : : l: ::i: : : ::|::|、:.:、:: : : : ::`:ー:-.、          ̄`
.         /  /.: : : : : : : : :/|:.:||:: : : :l::| \::ヽ:、:_::: : : : : ::`二ニ==‐-
             /: : : :::/: ::/ :/. |: |.|:: : : :|:| -‐-、::ヽ`\::: : : : :.::\
.            /: : : :::/: : ::,':.:/'´ |: | |:: : : :!j    \::\/ヽ::.::、:: : :::ヽ、
            ′: ::::/ :/:.::|::/  、|: | |:::. : ::| Zニニ==zヽ、:ヽ:::∨:ト、::: : :::ハ        おっはよー、諸君!
         |: : :::/l :/:: :::i/z=:ニ|:.:| ∨::..::| b:::::}:::/ |'/::ヽ:|:.::|: |::.:\::. : |
          |: : :/ |/|: : :::| | b::::ト、| ∨::::| ヒzィ::/ ,'/: : :.::::/:|: |::. :|::l\:|
         |: :::|  人: ::::| | ヒzリ     \:| ‐- " /: ;'::.::::/::.:|/:.::八:|  `         朝は元気な挨拶から!
         ヽ:::| ./: :::ヽ::ヽ、  '     ,、   ・/: /:: :::/ヽ::: : : : : :\
            ヽ|/:: : :/:::lヽ::>  ー‐'  ̄::l    /: /: ::::/_,ノ:::: : : : : : : :\
           /:/: :/|::|:::ヽ、   ヽ´._ :ノ   ,/::;イ: :::/::::::::::::::: : : : : : : : : ヽ      さぁ、鍋だ! 一心不乱に鍋DAー!
             /:/: :/ .|::|: : ::::>:..、 _ ..::;ィ::/::/{:i: :{ ̄l:_:::::::::::: : : : : : : : : : :\
.            /:;イ: ,'l  |::|l: ::::::|:l::::::::::::::〉   :/:;/ ,|:|:八    ̄`ー-、:::: : : : : : : : : :ヽ
           /:/ |:/::|  |::||: ::::::||:::::厂/'   :/'´/ |:|、: :\二二二ニ\:::: : : : : : : : : :\
.         /:/ |':.:.:|  |::|∨:;::-:r'´{/___/ /,|:| \: ::ヽ     ̄`ー-、:_::: : : : : : : ヽ、
        /:/'  |:.::.:|  |: | ∨ヽ:::\|´  / // |:|  ヽ::. :\      ,....   ̄|:::: : : : : : :\
.      /:/   |:.:.:.|  |::|/´\ \::\./ ///. |:|    \:: ::::(ノ\/:::/ \j::::: : : : : : : :
      /:/     |:.:.:.|  l:/´ ̄゛\ \::\'  ̄ ̄ヽレ'   ,(ノヽ::.: :\ \ //,>:::: : : : : : :
.     /'´     .|:.:.:.|   {    ヾ/ ̄\::\‐- /    //\. \::: :\ `く/`ヽ、:::: : : : :」
やらない夫 「開始前に挨拶できなくてすまんな
暇なんで深夜のお遊びに混ぜてもらうだろ」
できる夫 「クマ鍋ですよ。クマ鍋」
たわし 「ゴシゴシゴシゴシ…!
お掃除対象は誰ですか!?」
やる夫
               。
            。 O     ___
          ゚  。 \ヽ / u ヽ ` 、        ゚
          -  ・。 / ; ゚(●)  ─\     @ 。
        ,  ゚ 0 ─ { U u (_人__)(●).| / 。  ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u  /亠、/   。゚ / o    ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ, 〈r┬/u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽ  ̄ ノ_, -イ-、\   ∠  ハ ッ j
          ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。 ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ    ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,-=-, ∠ヾゞゝヽ ,-≡-,l  l-=二=-,
  ^⌒~^⌒^~⌒^└==┘   ̄ ̄ ̄ ヽ==ノヽ=ノ\__/」
洩矢ゲルト 「クマ鍋なんてあるわけないじゃん
みんな大げさだなあ」
暁美ほむら 「ほむっ! ほむほむーっ!
         _ , 〟〟,
       ./---- 、::::::::::\ ,___  , ィ 、, ィ フ
      / ̄ ̄ ̄`ヽミ 、::::::::::\rヽ、/´`ヽ,'
     /:::::::::::::::::::::::::::::ヽi:::::::::::::\ ヽ‐''´  _ヽ , -ッ コロ
    .l::::: l::::::::::::::::i::::::::::l::::::::::::::::::::\ .i, ‐'~  l´ ,.ィ'      __
    |::::::l ヾヾ|WVヾ::::::::l:::::::::::::::::::::::::`'-、__,...ィ'´__        ,.、゙゙゙゙ヽ、  __
    l::、:|∥   ∥ ゞ:::::ゞ、::::::::::::::::::::::::::::_,二〃       ̄ ̄ミミミ.<´ヽノ      コロ
   __ノノ\  __   / ゞヾ_:::ゞ-:::____==イ     _______フ ̄`ミミ、.ヽ、'ヽ、
  /ム,!イ´`.‐--ッ'´    / ヽ          / , r‐::'_':::':::、   ヽ ヽヽ,i'…_つ
       , ィ、´ ,ィ--- '           , イ/::::::::::ィ``ヽ 、::\  i-'´ |'´               コロ
       '-ゝイ´              /ヽ l'//l/イ:::::::ヽヽ::::i  i ,,. ノ
                       弋 ,l.イ´/  .= ./::::::::::::::l .i::::lヽ/
                            l l   リ::/:::::::リ::::l:::::\                  ,.r 'ヽ
                            ヽ  ==.'イ::::::::::::':::::/、::::::::::`Z_,         .,  .,r‐/、._/    コロ
                             >-..___,,|::::/:::::::::/::::\ ̄ ̄         .,lノl_'|´/./ /`ヽ   ___
                           i'ヽ .,l イ´`k'ヽ:::::'::::::::::::ヽ、_   ,. z, -‐‐-.<:l//_三ラ゙゙''''ヽ.、 /ヽ ̄〟ノ
                           `´     \l\__=' ´  /:::/〃,   ` .\::::`>,    \ ,>´
                                           イ .イ´ '"!"ノ〃,   .l'/    ,ィ‐''´
                                           ,トミヽ::::::::::::: ̄ ̄‐‐‐.、.!   /‐-、.
                                          △| ヽ`ェ_-----ォ``ヽ、ヽ/:::::::::::::ヽ`
                                           ゝ::::::::::::: ̄了     〉、|-.、._ヽヽ-、l
                                            `‐---ッく   ,.-イ     ヽ
                                               /ヽ、l イ´
                                              」
鹿目まどか
                 rr=ォ __ ____. rr=.ォ
               __. ィ|l.´: : : : : : : : : : : : : : |ilー!} 、
               `ア.: ::|l/ : ll : : : : : : : : : : : 乂: : : : \  えーっと
                /: : :/:/ : :八 : : ト、 : :ト、 ヽ: : |: : : : : : :\
           ー イ: ー=彳:'yレ  \: l `、| `、i: : |: |: :j: ::ト、: :ヽ    困ったときは惨事から吊る
              |: : : :l l:/  ||||   ヽ!  |||| \l iレく : :l: : l⌒
              |: : : :|:i:|   ||||       ||||  |i: :リ }: :ハ: :j
              |ハ: :人:.、'''"      __     '''"|i 厶イ.:/ }/
             }/  ヽl`/)ー ‐z┬yz‐‐‐‐ '|/  .|/
                  (  ) r'7l:::V:::::l`ヽ
                    厂∨ { `l介「 }  〉
                〈__ 〉,j      .i. {
                     \_ノ.〉     ト 人」
ナズーリン 「おはよう。さて、どうにもやる夫村には伝統というものがあるらしいね
クマ鍋という伝統が

というわけで、そこのゲルトを吊ろうか」
レッド 「ポケモントレーナーの レッドは
うずまきっていうに とうひょうした! ▼」
大柴亨 「グッモーニンだ諸君!
トゥデイは誰をハングするんだい!?」
打ち止め 「みんなおはよー!ってミサカはミサカは元気に挨拶してみたり!
朝だみんな起きて起きてー!ってミサカはミサカは目覚ましミサカになってみるっ!」
秋穣子
           r、 _ノフ__________
           ヽY/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
.          /」」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.         /::(  `i`ヽ__:::::::::::::::, ─ 、::::::::::::::,-‐-、_〉‐-、
        /:::::::冫ーr'─'、__)、 :::::;ノ/⌒ヽ\_ノ/⌒ヽ__rt‐'
.    , -'´ ̄::::(⌒)⌒ヽノ )ノ二ノ::::::::::::`ー─ ':::::::´::::::: ̄`ヽ
  /  :::::::::::::: ̄`ー'´ ̄  ::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::  \
 /  __ ::::::::::::::::::::::: ,イ´ ̄`ヽ、:::::::::::::: ,イ⌒ヽ、::::::::::::::::: ,ヘ⌒ヽ、
./ / l\ :::::::::::::::: //      .`ー─‐'       ヽ_:::::::::::_ノ  ::::::::〉
.∨:  | .`ー‐一 ' . 〃 /  /    /   /小、  . ̄ ̄ .|  .:/
 ."'''- |/|    |i 〃 /  /  /  /    //八ト  \   |-'''"
     彳    || /| 〃/ / 〃 //   〃/ | llヽミ二フ   |
     ||∥   ハ ハ {{ |/l /l / |   /| /  ヽト、___ル   |
     ||ハ  ト    ミトトヽ..l / | リ  |/=≦⌒ィ i 厶   .|   お姉ちゃん、あれを使うわ……クマ鍋よ!
     l! }   i ッ'´丁:(゙ヾ、|/ jヾ{{  ,ィf_テ_,⌒´ !| 〉}   ||
    ___/   ヽ  ヾKゾ ^`´  ` ̄ ヾhンノ / レ'   ||
''"´ ̄   /   ハ__` ̄ ̄´ "////"" ` ̄´  /  ||   |ト、
      //   | | ト=       .:j       ー彳川 |   |l \
     //    川ハ      _`_´_     / N| |    |l
     //|   トト」 \    /7"⌒⌒ヽヘ   /   | |    | !
    //ハ   || | {   \ ヽヽ、___// /     | j|  |  | !
    〃 | !ト、 {{ l | ヽ   `ヽ、`ニニ ´/     /リ| /| ii | |
    |  | || \|トヽヽ\    |` ー イ      /  |/ |ハ│ |」
古手梨花 「みー?僕はどこに投票すればいいのですか?」
双葉杏 「              _,..イ_
           ,. . : ´: : : : : : :>. .、
          /: : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
          ,:': ,: : : : : : : ,| : : : : |:l:|: : }:}
       /:.,: |: |: : :,:/∧: :|: : |从!:/イ  ~
        |:/: :{: |: : :|: :/  Ⅳ: /芯{r_- 、 ~
         }': : :.Ⅵ: :.:|:/  __, ¨´弋ソ{=-` \ ~      クマ鍋食べたいな~
      /: : : :ィ-|: :.:|' と´    __ }>   ヽ
        ': : : : :{__|: :.:|     ,ィ Y 人 ̄:ヽ、 ',       誰か作ってくれないかな~
      {: : : :/: :八: :| 、_  { _,.イ: : :}: : /Y   .
      |: : : {: :/: : :}:|   T ¨j´: :ヽ: /:イ _」   ,      アイドルのお願いだぞ~(チラチラ
       乂_: |:/: :,.-ヽ}、  ヽ----r┴イ / '   }
       /ヾ7/  、 ヽ--、 / /  / {__,.... ´
        /: :/ {    Y \__/ 、   |/
        ,: :.イ /      }   /     }  j'
      {: /:{/     |   {     |:ーr'
      |:/|:|{、__    {      / j: :.|
      |:{ !:{\{ \_」       ,: |: :,'
      |:| ,: ',l    ,'       {  |: {
      |:{ ,: : {  イ!         {: |
      |: 、 、:|    }        ∨.
      |: :}   |   ,'         }
      |:从  {  /           |
      /    |  ,'          |」
高槻やよい
         -― --  _,  /\_
      /        >_` , 一、 i
     // / i i    |  { {  ― 、 ̄,
     // /| | || .|  | 彡{ {    | /
     ゛ ¨|  ̄`||  /  /  .{ }    `, |
      ノ'"\  /  /、   /゛,\  |/   おはようございまーーっす!!
      (   __ ./ / ノ / / / <>   それじゃあクマ吊りですねー!?
      ヽ `  ノ/ / \/ ´   > /|
        ̄ ム|/、 / ̄ `、   </レ´
           ,-}./,    \
           !/`'|ハ   \|
           .|/`'| \   \」
柊かがみ 「うむ、いい朝ね」
泉こなた 「ちょっとまてどういうことだトーリぃぃぃぃぃぃいいい!!!!!」
うずまきっていう 「やる夫ビッチwwwwwwwwwwwwww
どんなんだよっていうwwwww >かがみ」
火焔猫 燐
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧      おはよう そして さようなら
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_        ――――いや、こんにちわでもあってるのかい?
   } : 丶ヾ:::::::|i:i:i:´i:i:i:i:KljX}. //i/ __,/i:i:i:i:ハ _ :}: V: ヾ'::::::/: : :Y(ィX}__
   ゙ヘー、: :ヾ::::|i:i:i|i:i:i:i:i:{LXノヘ'レzY_r‐z_j /i:i:i:i:i:i__V:`i'': : :ヾ:::}Y/: :/: :ヽ--、Xヽ」
我那覇響 「はいさい!」
「うずまきって、ぐるぐるするね…」
平山幸雄 「アカギを倒すために英気を養わさせてもらう」
やる夫 「クマ鍋だお!!!」
たわし 「クマ掃除!!」
十六夜咲夜
                         _  ,イ ̄\__
                        / ̄ィ、/    '´   \
           :;;;;;.....  ....    _ >' -‐ '´ ――   、  ` ̄i
                 ,r' ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ''´           \   )
      ....;;;;;;;;;;;;;       / ――--‐/.//     ./ .イ └ <_
   ....;;;;;;;;;      _/,ィ - iヽ‐-… ///      / /.!  /ヘ .|
  ;;;;;;;;;;;      /ヽ /     ヽ, |―./ .//   / /! ./ ! /  ヘ/\
           r'   \ __ -=ヽ、/::::// ./   ,イ  ノ !/_ ./ / / ヘ/
           ,ヘ    ヽ ―__,"::::イ..i..../   /::ノ / '  ̄// / .! ヾ
         /;;  \   `、 /::::::/V∨! /:::::// ,ィ´二\ /  .!  ',
       / ,;;: /ヽ` ○,l、 ,,,// ,ト-!/:::::::::/   i ! /// /  ∧  .i   
    /  ;;;'' ./  ヽ_'-/, 、_/ /:::ハ  ト      ̄/ ./l / ヘ  |   さあ、最後の祈りは済ませましたか?命乞いはOK?
  /   ;;; /  _, --、   √ __:::::ノ'、 ヾ≡ィ'   ,ィ/ ./ .!./  ,ヘ :|   
  ,'   斗;:/ ̄`ィ-/__ ./`‐-   / !` { >,ェ,;; ,イ /,イ  , レ ∧ / レ'
  ヽ   ;;;   /´  /     \  イ::::l   冫o'、 /::::-/' ゝ /ヽ ./ レ
   `  ̄  ‐- ,| _,イ  \    _/二二f /ヘ ト、'::::::{./ ̄ /   ヽ
          /  ', ヽ_ト   /´/::::::::::_j |::::l l::|.|:::::',i /    ヽ,
      , 、 i  j_    \、´ /'/::::::::::::/ i´:::l l//:::::/  }      ゝ
     `> ヽrv ' `>     \/::::::::::/ /::::::し'::::::::{ _/',     ,ィ'
     /、/トイ、_>      l::::::::::::ヽ_/:::::,、:::::::::/,ト-':::::}   ´ {_」
トーリ 「ち、ちがうなカガミンのほうか」
伊吹風子 「                /::::::::::::::::::::::::::::;::、_;:::-‐、>ッ'⌒ 丶
            . ‐::'::::::::::,::、:::::::;:::-/::::::::::::::::::::`´::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::/:::::: ̄::::::/:::::::/:::::::i:::::::、::::::、:::::::::::\\
         /:::::::::::::::::/::::::/:::::::::/:::::::/:::::::::i:::!::::::::l:::ヽ\::::::::ヽ\ヽ
      /:::::::::::::::::/::::::/::::::::::::/:::::::/::::::::::/::l:::::::::|:::::::';::::ヽ:::::::ヽ::ヾ:、
      l::::::i:::::::::/::::::/::::::::::::/:::::::/::::::::::/::/::::::::::|:::::::::!::::::';::::、:::';::ヽ \
      |::::::|::::::/:;':::/::::::::::::/:::/::/::::::::〃/:::::::::::ノ! :::::::l :::::::':::::'::::l:::ハ
      |::::::|:::/.イ::::l::::::::::::/:::/:〃:::/〃! :::::: ;イ:ハ::::ヽ}:::::::::l:::::|:::|:::::l まさか・・・お二人が愛し合っているなんて・・・
      |::::::l:::::::,|::::l::::::::::/レ'// |∠、/ |:::::::/ リ |::::/:::::::::::!:::::l:::lヽ.l
      |::::::!:::::ハ::{::::::::::|::::! /,. - 、  |::::/   レ'|:::::::::::/::::::l:::l l|
      |:::::'::://¨リヽ::::::::!:::レ /::::::::::}   レ′  ィ ヽl:::::::::/::::::/::/ リ
      |::::':://{ |::::|\::|::::{. トイー'7      ハノ/ }:::::/}:::;イ::/
      l::////:ヽ|::::l:::::ヾ、::ハゞ ‐ '      ゞク //:::/イ |/
      ////::::/:!::::':::::::::::l::i:', """       ' ""イ::::!::::::::|
     /:::://::::/:::|::::::V::::::::l:|::l      ´   .ィ':::::::|::::::::l
    /::::::;イ/::::/ :: |::::::::\:::::l|リ> 、    , ...:'::::::|、::::::|:::::::i|
  /:::::;イ:::{l:::::'::::::::|::::::::::::::ヽ.|'` ̄ ̄` 7 {::::::::::i| ヽ::ハ:::/リ
/:::::::/ |:::::::::::{::;. ヘ::::::::::::::::ヾ、: : : : : :/ \;:::::::::ハ    `
ヽ::::::::{  |:::r≦二ヽヽV:::::::::::::::} \: : : :ヽi  ヽ:::/:::ト、」
できる夫 「貧乳より無乳ですよ。こなたさん」
やらない夫 「やる夫がビッチとか新しすぎるだろ・・>かがみ」
洩矢ゲルト 「勝負だでっていう!」
打ち止め 「やる夫さん、フードファイター?」
ナズーリン 「まあ、吊られてくれたまえ、クマは」
古手梨花 「うーん?でっていう吊りではないのですか?」
西行寺幽々子 「それじゃあ熊鍋いただきましょ」
鹿目まどか 「それじゃあ隣の大柴さん、さよならだよぉwwウェヒヒヒww」
球磨川禊
           |..  《《/ zzzzzzzzzzzz_...  |
    ―┐    ll州州州州州Ⅶ州州州州州||      ―┐
           ll州リ州リ州llll ll ll州Ⅶ州ハ/州
     僕     ll州i州llll ll l lll ll l 州ハハll|     裸  女
     に     ll州Ⅵ;∧lll ll ll 州l l州lll l 州l     エ  子
     傅     ll州州 ⅦⅦll l州 Ⅶ州 ノハll     プ  は
     け     llリⅦメ  Ⅶ州Ⅶ州 Ⅴ州州llll     ロ  全
      ゚      li| Ⅶ: ヽ;;Ⅶ州州l / 刈州lll     ン  員
           州 liテ云云ミヽⅦil|  イテ云ミli|     で
    └―    Ⅲ/ 〃::::ハ   Ⅴil .〃::::ハ ヾミ弋
          /Ⅷ《 {::::( ソ     {::::( .リ '}lil弋
          イⅧlヾ ヾ:::ノ    |   ゞ:::ノ 彡lil弋 └―
       ;イ li|ハⅧ       {{〉      /从从...
\_  イ从弋  ヽ     | ̄ ̄ ̄|    "ノ ノ''八>....      /
   ∨¨    lリlllllハ    .|    ,'    /イ''  // <´`,',,二,´´
         ...《:::Ⅷト、   ヽ、   /    ィ《::::::〉       ,/ ,/
         八:::Ⅷl| ::::::、、  ̄''  イ《《《::::::::リ    ,/  /
         li';ヽ::::ハ:::::::::::::> - <"/::::::《《:::::::,'    ,'   ,'
        ィ'i ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::ノ ,'\   |   ,'
     ,イ'//{lli,, \\:::::::::::::::::::::/  Λ∨:::/ノ,' ''\,...|  |
   x<//////llii  ''\\:::::::::::<  ,,,/  //ハ  ヽ 弋 ゞ,
...x</////////W八   ""\::::://'''''  /////.|  )::::y  弋.
《///////////弋//\八,,,  Ⅴ/  /"//////|  ,',/  ,/ ""》,
.《///////////l弋//////|   |||  /'///////// .《::|  ,/  ,',',》」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
洩矢ゲルト16 票投票先 →うずまきっていう
やる夫0 票投票先 →洩矢ゲルト
打ち止め0 票投票先 →うずまきっていう
球磨川禊0 票投票先 →洩矢ゲルト
やらない子0 票投票先 →泉こなた
古手梨花0 票投票先 →うずまきっていう
西行寺幽々子0 票投票先 →洩矢ゲルト
秋穣子0 票投票先 →洩矢ゲルト
エリカ0 票投票先 →うずまきっていう
泉こなた2 票投票先 →洩矢ゲルト
平山幸雄0 票投票先 →洩矢ゲルト
ナズーリン0 票投票先 →洩矢ゲルト
うずまきっていう9 票投票先 →柊かがみ
たわし0 票投票先 →洩矢ゲルト
双葉杏0 票投票先 →洩矢ゲルト
鹿目まどか0 票投票先 →大柴亨
大柴亨2 票投票先 →洩矢ゲルト
柊かがみ1 票投票先 →洩矢ゲルト
十六夜咲夜0 票投票先 →うずまきっていう
伊吹風子0 票投票先 →洩矢ゲルト
トーリ0 票投票先 →泉こなた
できる夫0 票投票先 →洩矢ゲルト
我那覇響0 票投票先 →洩矢ゲルト
火焔猫 燐0 票投票先 →うずまきっていう
暁美ほむら0 票投票先 →大柴亨
0 票投票先 →うずまきっていう
高槻やよい0 票投票先 →洩矢ゲルト
レッド0 票投票先 →うずまきっていう
やらない夫0 票投票先 →うずまきっていう
洩矢ゲルト を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
我那覇響 は恋人の後を追い自殺しました
双葉杏 は無残な負け犬の姿で発見されました
柊かがみ は無残な負け犬の姿で発見されました
西行寺幽々子 は無残な負け犬の姿で発見されました
高槻やよい は恋人の後を追い自殺しました
平山幸雄 は恋人の後を追い自殺しました
レッド は恋人の後を追い自殺しました
暁美ほむら は恋人の後を追い自殺しました
エリカ は恋人の後を追い自殺しました
できる夫 は恋人の後を追い自殺しました
球磨川禊 は無残な負け犬の姿で発見されました
鹿目まどか は無残な負け犬の姿で発見されました
やる夫 は恋人の後を追い自殺しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鹿目まどかさんの遺言
: : : : : : : |: : : : : ,!,|: : : : : : : : : :゙i,゙i,: : : : : : : : :i,: : i: : : : :|: : : : : :|/ /,!: : : : : : : : |: : : : : i
: : : : : : : ,!: : : : ,!:|:i,: : : : : : : : : |゙i,゙i,: : : : : : : : |、: i,: : : : :|: : : : : :!:/:,!!: : : : : : : : :|: : : : : i,
,: : : : : ::/:|: : : :,!:::|、: : : : : : : : : |:::゙i,゙i,: : : : : : : :|.i,::i,、: : : |: : : : : :| /: |: : : : : : : ::|: : : : : :i
:i,: : : : :,!::::|: : ::,!:::::i !゙i,: : : : : : : ,!::::゙i,゙i,: : : : : : : |::゙i,i:゙i,: : :!: : : : : |: /: : |: : : : : : : :|: : : : : :|
::i,: : : :,!:::::::i,: :,!::::::::|!::゙i,: : : : : : ,!:::::::゙i,゙i,: : : : : : |:::::|!::゙i,: :|: : : : : :!/: : : |: : : : : : : : : : : : : :|
,:::i,: : :,!:::::::::i,::,!:::::::::゙i,::::゙i,: : : : :,!:::::::::::゙i,!゙i,: : : : :|::::::::::::゙i,:|: : : : : |: : : : ::i,: : : : : : : : : : : : : |
、!::i,: : !::::::::::i,:,!::::::::::::l,::::::゙i,: : ::,!:::::::::::::::ヽ:゙i,: : ::,!:::,:.ヽ;:゙i!: : : : :,!}: : : : : i,: : : : : : : : : : : : :!
,:::::::i,::|:::::::::::::i,!:::::::::::::::::::n゙i,: :,!_::::::::::::::::::::::::゙i,::,!'゙.   ,!:/: : : : :,!リ: : : : :∧: : : : : : : : : : : :|
i:::::::::゙i!::::::::::::::::::::::::::::::::::,! ヽN `` ー‐'''¨´ヽ!゙    ,!:/,!: : : ::,!': : : : :/ .i,: : : : : : : : : : : !
:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i               ,!/',!: : : ::,!,: : : : ,!   ゙i,: : : : : : : : : ,!
:ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ              ./-',!: : : :/ ゙i,: : : ,!    i,: : : : : : : : ,!
: | i,`> .:::::::::::::::::::::::::‐〉-          ,.. '゙  ,!: : : /  .゙i,: :,!     i,: : : : : : ::,!
: :| ゙i,: : ,! ..≧、..;::::::::::::〕  _,,,,......,..  ,'"     .,!: : :/   ∨      ゙i,: : : : ::,!
、::i, ゙i,::| ,.斗ヘ \\≧=---‐ニ≠´/ /、x,,_,.x-、 .,!: ::/            i,: : : /
..ヽ!斗   '゙    `丶.;r‐ 彡ィ''"´    ゙  勹||`7: /----- =、        i,: :/
'" .||||    \     | .|       /   .i|| //      ゙i,       |/
  .|||  _,,,,,,,ヽ_   | |     /_    ,i|!゙         .゙i,
  ,斗''"      ``ーr‐=、斗-'' ¨ ´  ` ・ 女           .゙i,
レッドさんの遺言 ポケモントレーナーの レッドをたおした!
球磨川禊さんの遺言
                         , -‐ ――- 
                      ,.ィ仭ィ,イ州ムムマム.、、`ヽ、
                  ≧チ州'/州リi州l-l|lハツリ.|l li li, 、ヽ
               ィ仭lレ'イil,州ilイ'リ_' ヽ`リ仭l|l l,|li li,マム
                  ,イ州仭il|.|! 'l!イ'´7テモ、//州lリ州|li.!川
                 ./イ州州lリ|!    ヒムイ/〃州リ州州!|l|i州l
                  ./,仭'|ハill´           ,州'仭州|li,州
              lリ' .l!.!l,|           ,イリイ.lリ レイト,トl州lリ   『平山ちゃん、できる夫ちゃん』
                  州i! 仁ニ=‐'´   ,〃  , <',うノ州ソ 
                /  |       ./  , --- イ州州ミト、 『繋がるのはえーよw』
                      |     ,  -‐ '´    |州|洲トヽ、
                      ヽ≦_ ´    〃   _'|リ_!_ヾ!     
                      ,. -、  `V   ,ムイ´ ̄ ̄ ̄ ̄!`_   
                  .l   Vヽ、〉ィ "   ,ィ仁三二Z二三三   『まあ繋がってしまったものは仕方ないよね』
                 |    |  .|´  ,ィ仁ニ三ヲ仭州洲州l州
                     .|   ノ  ! l|州州|lア,イ州洲州州洲州  
                 ,l  /  ,〈 l l洲7チ川イ洲l洲州l洲洲州   『裸エプロンの素晴らしさについて語り合おうか!』  
               ,/  / ,_ィ',イl、l,ィ!仭洲l|N|洲l洲州州|l州li|
              r '  、イ,.ィ ,{洲○仭イ州州|lミマ州州州州州li  
             ′   く//,ィヽミ州i洲州lミム,マトミ州|l州i州洲     
            ,'   ヽ   .V〃  `l州l州洲l,イ州ミムマ州洲州洲  
             /〈   \  Уヽ ,ィ州洲l州i洲|州洲lマ,マ州洲l州     
            ノ〈`ミ、_  〉‐ゝイ州}il州i州l洲l州州洲|liマミミ州洲i|
            ,ィ ヽ、_`二イli|l| 州○ilリ洲l州i洲州洲州liマ州li|l州
         ,イ州liム   ̄ ̄テ州リl三ニ=-li州l洲l洲li州lil洲州ムマ州洲
     f仭州洲Oliー_イ/,イイ州洲ニ=‐l洲l州i洲州洲州イ洲i,マil州
     .l州洲liO州洲州汐仭!州洲州洲州l洲州l州li洲il州洲|ハマll|
     |州洲州洲州チ仭li|!|州洲州州州リl|li州州州li洲l州il!   マll|
     .l州州洲=ニ彡イ洲li7.ル洲○l州洲州リ州l洲州l{洲|レ'    |li|
    l洲州州|;イ州仭l!' ,州州州州州州州州i州l州lル"     |il
    マ州仭"イ仭イ   ,州州州州州州州州州州州'         |li|
     `≡="´    ,イ州州州州州州州州州州ル′      ヾl
      
洩矢ゲルトさんの遺言                  , ..._     _    , ..._
                 Yi::::::: 'l- '' ´    ` ''イi:::::::ヘ
                弋:::;;ソ ` '''  ―  ''' ´弋:::;ソ
                  l              l
                _ ..」                l.. _
            , - '' ´    l                    l  ` '' : - .
.        , :: ''´       l                    l      ` '':: 、
        イヽ、         .!、                    !         イl
        ヽ ` ' - ,_      ≧ーx         xー≦ ´      _, イ ソ
          ` " - ニ - ,_                    _, - '' ニ ´- '' ´
                 ̄ ナ ニニ=_ __ _=ニニ´- '' ´
              / i l|  {ヘ..杙::::::i 乂 f::::::刈l /|l} i| \
             /{i/ ヘ li ヾト  ̄  ,   ̄ /ii l} /  ヾ  >- 、  クマ鍋最高!
             ノ/ !/、 i  |  l. ヽ  -   イヘ i| } ヾ ヘ!}ィ´ ̄
                 ノ  リ/  l i┘- `≧{l}≦ ´-└| i ヘ !リ
                 ゞソ!l/ l:::::ヽ ./ | ヘ ノ:::::l .l /ソヘl
                /    |::::::::::;i .|. i:::::::::::| リ  \
               /   _ _, !; -''イ  .|.  ト,ー- ;!_     ト、
               /  ' ´     / |_, .イト、.,_| ヘ  `` '' - \
            /             i .i::::::::i .i  `         .ヘ
           ヽ              l l::::::::l l              /
            ヽ           | iー-キ |          /
              ` <       l/_  _ヘi          ./
                 ` <    |i::: ̄:::::i|    > ´
                /:::::::::::: ̄:::::::::::::::::::'' ̄::::::::::::\
高槻やよいさんの遺言
                     _,,_
      _ γ‐..,,       γ::γ::: ⌒:ヽ
    /:::::::::二::r-`--‐'''"'''''‐-<ニミ_:;;::_::::::_::ヽ
   /::::::::::γ/-、:::::/⌒ミヽ、:::::ヽ  〉::::::::::::::::ミ、
   .|::彡':::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽヘ,:::::::::::::::ヘ`
   ,i::::':::/::::::::::/:::::/i:::::ト、:::ヽ::::::::::::\:::::', _|:::`::-::,::::〉
 //::::/:::::::::::/::/:::i ',:::ヾ;::::::ヽヽ::::::::::::ヽ::::i'::::::::::::::::ヽ
  (:::::/::::::::::::/::/|:::|! ヽ::::iヘ::::::ヘヽ:::::::::::::ヘ|:>_;;::::::::_:ソ
  >::/:::::::::i:γ`"  `" '' ̄⌒ヽ:::::::::::::',:ヽ <;;:::ヘ_
  //|/:::::::::::|' ..x-.、    γミヽ,',:::::::::i::トヘ   <<~   響さん、だいすきですよー!!
  |! .|!|:::::::|::|ヘ.《.|:::::|    λ::ソ `.|,:::ヽ|:| ヾi    ヾ)
   |.|:::::::|::ト,ゝ `.-'  、      |!:::ノ|:|  'i
    ',',:::::|!:| ヘ      ,   / |::::|.|!
    .ヘ:::|'!|  ヽ、  ` '  ,.イ  |::/'
     ヾ',     ` ヽ,,, .'  .|_  //
       , --,―,' 7' i    /7--,,、_
      /  /  / /ヽ  ,.. /./ ,|//`ヽ
      | ',.// //_    /_/-" /   ヘ>、
      | ii:|// /ミミ ニ=/_彡       ., ', ヘ
      .|  |/_i.|/   .7'  \ _ヽ,  ./ ', 〉
柊かがみさんの遺言            、    ,、
      ,. - , ´ ̄: : `ー:{: : \_
    / /: : : : : : : :/: :|: : : : : : : `ヽ、
     /: /: : /: : : :/: ハ: :!: : 、: : : :、: :\
      /: : /: : /: : :〃:./ | l: :|,: : :∨: : :ヽ-,-ヽ__
    / : :./: : /:´ , ̄:/  ! |: l ',‐:-∨: : : :∨//\//ヽ
   j: :.:,イ: : /: : / l/  | l: l ヽ: : :l`ヽ: :l:∨//∧!//
   l: :/ |: /l: :下テ心、 |  i: ! ヽ: :',: : : :l、∨///∨
   |/  ハ{:.l,ハ ト、_,ハ    リィテ心ァ: : : l∧!///
   |  ,':.:∨(,l 弋z(ソ       トヘ_ハ! ∨: :!////|
     /: : : >-!     ,   弋zソ_r 、∨:|:`´: :.|    さーどこまで合ってるか
   ,: : : :, -─ ゝ   、 _    / } 「 }l/: : : :.,:|
   {: : /    / > . _   _,/ / ノ !:/: : : !:|    霊界で答えあわせと行きましょうか
   l/     \  l-、',゙/    ' ´ /、: : : :.|: :.
  /    、,.  ∨::::::::{     _ イ  } : : : |: :|   …2昼を見るに外してる気が割りと
,.:'      {   | |::::::::::|   T´     ! : : : |: :|
、ヽ     /   | |::::::::::|     !  /    |:.:.: : :|: :|
暁美ほむらさんの遺言 ほむぅ……///>がはら、まどか
           , ィ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /__________________\
         /`────‐ッ‐‐ ''"""" ‐- 、‐_────  ──´、
        /      ,.' ´: : : : : : : : : : : : : ` ヽ            ヽ
       ./.      /:;: : : _;, _-_''ニ二ニミ_、 : : :ヽ         ヽ、 ' 、
      _/      /: : :/´´: : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ            ヽ
  , r'"        ./: : /: : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : :l,,,//   、      '、
 /          |: : |: __/|: :ハ: :|ヾ: : : |__: : : : : : : :| i´ ヽ  ヽ、      '- 、
 {      /   |: :|: : :ハ:/  ヾ| ヾ: :|ヾ: : : : : : : |: |   ヽ   `ヽ       ヽ
 {           |:、:|ヾ|        ヾl  ヾ|: : : : | |:|                }
  ',         /: l:ヾ --‐‐     ‐‐--  }: : : :|: ',',               j
  ゝ、,     , ィ': : ゝ,( ' ' '        ' ' '  j、: : : l、; l、             ノ
     ` ´  ./: : :( r,フヽ、    o      , 、''"ゞ、: : :ヽ: :ヽ,、,,_    ,〟─'''"
          ` ̄´` ̄ ̄´`' ‐-----‐‐'' ‐-‐`‐‐‐'´ ‐-`‐''  ` ̄´
平山幸雄さんの遺言             /  ::///   ::::::/././   ::::::__/
          /:/ :::///   :::::/././   ::::_/.._,,/
         /// ::/// :::/ヽ//./   ::::/_,,/_,,
       //// :/// ::/:::::::::Υ/   :::/_/._,/
      / /// /// :/ ::::::::::::::ヽ ::::::/_/_,/
     /:::://\///::/   :::::::::::::::ヽ//_,/   :::::::___
    /||::/   \/     ::::::::::::::::×/   :::::::__/_
   /||/        U     ::::::::::::::ヽ   ::::/__/
  /::/              ..____:::::ヽ:::::/./,__/
 .//     U      ― ̄ ̄ ::::::::::::/://_/::::::
 /  ̄―_    _― ̄     ::::::::::::|///:::::::
▼■■■■〓〓〓■■■■■■■■■▼/⌒\::::::
.|:::|\ ゚̄ ̄__)■■ミ  ̄ ゚̄ ̄ ̄ /::::::/:|:彡|:/⌒:| |___
..|:::|:::::::::::::::::〆:::  \≡三Ξ ̄:::::::::::::/:::| ..|/::::::::| |―――
..\|::::::::::::/:::::::   \:::::::::::::::::::::::::/ ::::|彡|/\:| | ̄ ̄ ̄
.... |. ̄ /::::::::::::     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::u::::| .|:::::::::|//:::::
..... | /::::::::::::::::  U        :::::::::::::| |√)//___ 求愛者1  夢求愛者1
..... |/::::::::::::_::::)         ::::::::::::::::::|:::|\//―――― バカなことをぬかすな…
..... ( :::'''            、:: :::::::::::::::::::|..|ヽノ ̄ ̄ ̄ ̄ 俺が夢求愛なわけがあるか…
    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::::::::::::::::::/|/ \:::::::::      幽々子・・・信じてるぞ
..    |  ___        :::::::::::::::/::    \___  (後ついでに球磨川も)
....    |  ::::〓       ::::::::::::::/::   ノ   \――    
......    |  :::       ::::::::::::/::      ノ
........    |        :::::::::::/:::       ノ・・・つってもまぁ幽々子と共鳴してるけどな俺
..       |      :::::::::/:::          ノ
....       ヽ    :::::/::::           ノ
.......       ヽ  :::/:::::             ノ
..          ヽ/ |:::               ノ
我那覇響さんの遺言   {  \       /:::::::^::::/  /、
   \,イ三ミ、 /::::::/ ̄   /:::::::.
   /\_  \r,イ ̄:::_:::::ヽ、::::::::::::::.
    ,..::::´ ̄`ヽ:::::´:::::::::::\:::\:::::::::::.
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::\::::::::.
.   /:::::::::::::::::;:::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::.
  /:::::::/::::::::::!、::::::::::::',:::::::::::',::::::::,:::、::::∨:::::.  ほむら、やよい、一緒にいてくれてにふぇーでーびる!
  ,':::::::/::::!:::::::| ヽ::::::::::∨ ̄:::',`::::}::::\リ:::::::::.
  |:::::イ::::::l::::イ ̄Ⅵ、:::::::',\:::ハ:::/!:::::}、!:::::::::::::.
  l::::/!::::::::,:::::! _  \::}ィ=ミイ:::: イ:!:::::::::::::::::::. えへへ、こういうのってすっごくいいな♪
  Ⅵ l::::,::::::Ⅳイ ̄` '  _   j:::/i::リ::::::::::::::::::::::、
    Ⅵハ、::: ハ     v´  レ} ムイ:i}:::::::::::::::::::::::::::\
       /{叭     ヽ  ノ  ,イ::`´:::::::::::::::::::::,、::::::::\
        /::{!、ノ>  . _,...イ:/::::::,..- 、::::::::::::::::,\:::::::::
       ,'::::/:::::::::::::__}     |r//i(}   ヽ:::::::::::::::、 \::
.     /:::/, -r-r//    _,.イ/ri/    ∨::',:::::::::::..
    /::::{   {ir!/{`ヽ / ,.イ ri/     }:::::::、::::::::::\
.   /:::::::|   ∨r!!    /O,r/ i    |:::::::::\::::::::::
   /::::::/::!   / \d! Y / / /   }    ;':::::::::::::、\::::
.  /::::イ:::::{. /   ∨ト、! /イ     イ   {:::::::::::::::::\\
 // /::::::」 !    Ⅵ/!     /     }:::::::::l,::::::::::\
   /::::::〈  ',      {      {   / {:::::::::l \:::::::::
   ,:::::::/   、     、    ,イ-- 、   !::::::::|   \:::
.  /イ〈、___ > _ `ー/-、   `ヽ !::::::::!     ヽ
     7ー、_}`ヽ、_}    \/ \   `!:::::::|
    /:::/l::::::::l   !       /   \_/:::::::::!
できる夫さんの遺言             ____
      ..     /      \       
         /  ─    ─\
       /    (●)  (●) \     
       |         '      |
       \      ⌒   /      
      .  /⌒ヽ         ィヽ
       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
      ./    / r─--⊃、  |
      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
西行寺幽々子さんの遺言             ,、_  ,..-‐''"´ ̄ ̄ ̄:` :ーt__
            /   `ー、 : : : : : : :,l : : : : : : ノ: :ヽ.
           ノ ,r':::ニヽ\:ヽ_/:| :ノ: : :,ィ____ゝ_   /`ヽ、_
          λ ノ::/rァ''’  `ーァ/_/: : : . . . ./`ー<'     \
             ,しヽヽ==='’ ,r-'、: : : : `ヽ、_ : :/-、_ /_.. -──’
        _r‐/: : / ,r─‐ァ‐': 、  _>、_/: : `≦─、_7´
      /ヽ)}、: l: ̄ノ':__,r、:|: .  )'´_\_>}\: \: : :ヾ─‐ァ
      ゙. Y'ヽリ: :/<{: :,': :ゝァ<´: ─ァ匁ムァλ∧: :`ー─<_
       l  ヽ ) f__/: : : : |'_\ 、_Y乂ソ ノノ: : }、:ー=、ヾ: : :`ー、_
         〉 ノ |∧: :|ヽ:.:|: :人ヌ斥ヽj    7:.|: :/: ヽ:.:|:\リ: : : : : : :  ̄ ̄`ー-、
    _.-─'   /ニ、ヽ __ ヽ从|乂ソ   、  {__|:/:/j: : λ: :`ー.、: 、ニニ=''⌒ヾヽ!
    | l /   ∧---`i><!≧-、_ニ孑   -' ,イ:/ _'ノ: :':.∧: : : :\:ヽ:\     ノ   死とは終りでは無く、新たなる創生の始まり。
   ノ|:   /  ゙ヾニニニニニニニニ≧ニ=┬‐彳:/ /: : : :/フヽ: : \\:ヽ:)              犬は灰から花を咲かせ、毒林檎で死んだ娘は生き直しをした。
  ,イ ヽ  / 、  Y>--──イ'>:== ̄ヾ/У!:.:/ _,.、ィ'x‐ー┬-、:.\ト.、              それじゃあ、旅に出ましょうか。
  /:{   `<  l   ∨:ヽ 从ゝ、\_T_ヽ    \|: :|:ゞT7テv’: : !、: :ヽ: :.\!            エリカ、草は枯れるからこそ華咲き誇るものよ。
. /: : \   \___ノ「ヽ:ー'T7ヘー''"ゝ-、    ヽ:.!/个ー’: : ヽ |:ヽ: :l: : l λ             平山、きっとあなたは何よりも死を恐れている。受け入れるのよ。
/: : : : : `ー─≦>ク_ノ: : : :):X><K7/|:l≧=i   Lゝ: :_: : : : :∨: : : : :l | !
ヽ: : : : : : : :/: :>ー’: : : : :ノ|:「》`Y |: : ヾヽヽ!   ゙l_/ ‘y-、: :.{: : : : /_ソ
 \  _≧≦_ノ弋__: : : : :,イ:.j|! ノT´:, :-ヾゝ'i!   l  \/   ヽツ /_ノ──────-..._
   `~´       ` ̄´ .{: :]|!__| E.:':   ヾ~||   |    \/ }: (_: : : : : : : : : : : : : : : : `: -...._
                ヽ}_l! l [: : : :<`Y|!     ! ヽ ,_iУ三三三ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー.、
                λi!_lト、j、: :、∠.-ヽ、__l,r─‐彡'/三≧=三ニ}: : : : : : : : : /{: : : : : : : : : :>、
                `7≧==──>‐久____/: λ三三三ニニヽ_..-===l(フ: : :────=≧、_
                 ヽ三三三三ニ/ニ入___/: : :/:.トニ≧==、三ニ|三三三三|ス: : :            ̄
                  {三三三ニ7ニ7ニλ: : : : : :/_ノ: :\ニ、:::_ゝ:ソヽ、ニ三三〈,べ.: :
                  ∧三三ニ7三ニノニ`TT、ノ:/:  : :.`>≦´三ニ>──ヽイ: : : : : . . . .
                  /: :`ハ==ヾニ三ニニ:!:ハ: ´: : . . : : : : : :>、三三三ニ7┴j__: : : : : : :
                 ヽ: : :「ト、\|!-<:\三ニリ三:、: : : . . .   : : : : :` ̄\ー’ー’      ̄` ー _
                    |: : :ゝ>,  l!.< >: l`ー’三ニ:.、: : :     : :  : : : :.  \: : : : .
                  八: : :ヽ)、 ヾ、ゝァ:|三ニ|三三ニ、: : :    :.  : \: : : : : : : : : : : : .
                /|: :\: : ゝゝ \ソ!ニニ|三三ニ:、: :  : : . :.    : :.\: : : : : : : : : : : : . .
               /: : :|:.:.: : \ ヽゝ  ヽ!ニニヽ三三ニニ:、: :       : :  \:   : : : . .  : : .
双葉杏さんの遺言                   、___,.. . : ´: ̄ `: : ..、              r―――- 、
                  >: : : : : : : : : : : : : : `: :.、         | き  よ |
                 /: : : : : : : : : : !: : : : : : : : : :.ヽ       | た  く  !
             /: ,: : : : {: : : : : : |: :.|: : ',: : :',: : : ::.        | !. ぞ !
                ': /: : : :.∧ : : : : {|: ∧: :|{ : : |: : : :|         |      |
             |: |: :|: 、/ { : : : : |{ム斗:}Ⅵ: |: : : :|     <____ノ
、/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    |: |: :|: /\_\:_」,.ィtrォ 、!: : !_: : ::.
     ┐      .   {: {: :{/ィチ示     {::::刈}|: : |,ハ: : |
権  杏  ほ   l   /l: |: :|:.{ 込リ     弋zソ |: : | /: : {      ☆
利  の   う   l  ,: : :.Ⅵ_}    '       |: :/': : : ':\   /
L.   代  び   l. {: : : :}:|人    v- ' ´)  .ィ|:/: : : :{ ̄ ̄::::7
を  わ  と  ! |: : l: :リ: : :`¨: : ―r--=≦: :/': : : : :r 、:::::_,.ィ、
や  り  し  { 乂 : : : : : :// ̄{-、  r-  ̄`ヽ、: : :>   }
る  に   て   |.  /:≦ー'/    \___,...イ⌒ヽ〉   ,'、
!  働    ..ノ /: : {, ´        ̄ ̄ ̄      ト、__/ :.
    く   イ  /: :/\   /        働   {   j!、 }   :
\___/   ,. ' ´   、 {   負      い   ト  /  j!   l
          ,. ´      , Ⅵ           た   | ∨、  '    ト、
   _   ,  ´     _,ィ ´  {    け      ら   {   \     /: :.
 __(_ Y     /: : :|     |              |       ー ': : : :.  >私を暗殺したか噛んだものへ
 ーァ ヽ    ,.  ´| : : : |    /             |        /: : : :}
 〈,イ,r y-'´   、: : : :.  /                |        /: : : : |
エリカさんの遺言
                   ......-‐━‐-......
                ,...:´::,:::::::::::::::::::::、::::::.\
               /.::::::/¨¨¨¨¨¨¨¨`ヘ:::::::::.\
              /.:::::::::/ _____ヘ:::、::::::::.、
            /.:::::::::::::/´::::::::::::::::::::::::::::`',:::',::::::::::.\
              /.:::::::::::::::i:::::/\:::::::::::i\:::::::',:::',::::::::::::::.\
              /.:::::::::::::::::l:::/ ̄`\:::::|. ´\__',:::',::::::::::::::::::.\
          /イ:::::::::::::::::И ,=ミ \! r=示テ:::|:::::::::::::::::::::.ヾ
           |::::::::::::::::::| 乂zノ    ゞ- ' i::::|ヽ:::i:::::::.\`    幽々子さん、よろしくお願いしますね
           l::::;イ:::::::::::lヽ     ,!      l::::l'::::::ト、:::.ヾ、\
           |:/..|::::::::::::lゞ、           |::/:::::::| iヽj j    この縁を楽しみましょう
           |l .人::::::::::|::::::::...   `  ´  /|/从ノリ j
              !   \::::|:::::::从`ト _  イ从リ
                `、|从リ'´ .j    ゚。_
                 -= ヽ´ ヽ   /./ ゝ、 _         そしてレッドさん──
              -=   ∨ ∧    / /    =- 、_
              r' 、       ∨ ∧ ./ /        ./  /   私は貴方に倒された日から鍛錬を続けてきました
              |  .\.    ∨ ∧/ /       /   ∧
              /!     `y'    ∨ / /      ゚。/    / ∧   その成果をお見せしましょう
          〈     /      У /        ゚。    / .〉
          ∨   /     i  i            ゚。     /
          /∨  i      .|  |  ___       /     /i
            i  `  ゝ、_,x≦三三シ´: : `ヾ三≧/     / .|
            ト、     \三三三/\: : :/ヾ三/      ,′
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
うずまきっていう
                       _______
                       \   強   /
                        \ 靭 /
                 /ニYニヽ     \/
               /( ゚ )( ゚ )ヽ   (ノ⌒)
                 /::::⌒`´⌒::::\  ヽ  ヽ、
                | ,-)___(-、|   >   )
                | l   |-┬-|  l |_/  /
                \   `ー'´   /   ./|
             (⌒           /  |
             /\  \__  /    .|
         .-‐''""~\ヽ、____⌒)無敵 |..,,,_
       /       ト、____,イ\    |    \
       |   .__.-‐'''""~ |    | ´~"\  |.,,,_   |
       |  . |        | 最 |     \|  | ,  |
       |   )         | 強 |        (  |
       | ノ"          |    |          'ヽ |
       U            ̄ ̄ ̄           U」
ナズーリン 「おはよう
さて、今日は誰が死んでいるのかな?」
打ち止め 「みんなおはよー!ってミサカはミサカは今日も元気に挨拶してみたり!」
火焔猫 燐
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧       
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_       やぁ やぁ やぁ
   } : 丶ヾ:::::::|i:i:i:´i:i:i:i:KljX}. //i/ __,/i:i:i:i:ハ _ :}: V: ヾ'::::::/: : :Y(ィX}__      
   ゙ヘー、: :ヾ::::|i:i:i|i:i:i:i:i:{LXノヘ'レzY_r‐z_j /i:i:i:i:i:i__V:`i'': : :ヾ:::}Y/: :/: :ヽ--、Xヽ     実に甘美な匂いではないか
   r、j: : \: }Ji:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:`つー⌒_ゝ≠../i:i:i:i:i:i:i:ヽ:}: :r、ー: ヽ}¨ヾ/ー: : : : : :}X }」
やらない子 「ブッー!」
秋穣子
    rフ    _, -ーー--
  _ノ/ .(''_(''_):::::::::::::::::::::::::::::::::`
 └ー弋(__Y_'')_''):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
     (''_(''_(__(__)≠∽∞∽∽∝∬:::::::::二二二≧
  _ ー''::::::__::::::::::::::r─ー=ァ::::::::/ヽ:::::::::::::/
て`─ー乙    \_/      `´   ヽ:::::::::|  キリッ
 ヽ:::::::/         /i  ./ メ         ヽ/
  \/    |   メV .|  / ∨ ヽ   i  | ',
   |     |  / \ |/  ./  i  /  | リ
   | ,|    | ./=====   =====| /|  /
   レ !    .レ' .xxxx ____, xxxxレ' | /
     !     \   |   /    ノ\ レ  よし、次はでってゆーね(キリ
     弋 、__,,>.,,` ー'_ ,,, -<__,,>
.            へtー弋∞与-tへ
        /  ヽ__\/_ノ   ヽ
       く     __|::::|    |::::|   〉
          入    _三==z_|::::| ーーラ-,,,,__
       /   /'~~``'ー--、|     /-一''''''ー-、.
       |_/_(⌒)⌒)⌒) )\__/(⌒_(⌒)⌒)⌒))
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
たわし 「今日はでっていうをお掃除ですか?」
泉こなた
               /  /     ′                \  ヽ
.             /   '        | i                 ヽ
           ,  / /      ′ | ¦    ト、 ___           |     ごきげんよう
    ,___   //  / /    i  | l     |´ \   `ヽ     i  l  |
    ^迂タ  {'   / /       !   | l      |    \      l  l  l         f7´(   r1
ミx. E7/辷冖⌒フ/ /      l ,|'´| l      |     丶.      !  !  !            }ー-、ヽ,リ __
,刈}r弓{/      /         l/ | |∧   |   __  ヽ  ¦ !  ! ,. 、   f苅ト、_,ノイ仁疋
彡个辷{ /〉  /   i      ∧| l/  \  |   抖弄ミメ∧ ∧ l∨| {Y⌒}   `才T⌒)∧V辷
≧宀爪|'∠.  ,  /l     i   ∧!  _  丶 |      ,, ,,’′∨ ∨  |  `ニ才ア  ,ニこ.X⌒Y メ、
菲ミメ ノ人___ヽ{ 仕 |     l   /ヽ y抖芋            |    i  |r乞k }r‐ァ宀ヒフ,ハ}  ト-、 ナ
千仕//辷フ⌒V´ ̄|  ∧ | /  ∧′ ,,.       _      |    |   |辷タノrヘ} ( ̄ーヘノ`7j_ ノ}ノ
^Y辷.ユ、{  ,ノ, ‐'⌒|  ,′ヘ}/  ′ ″    (_ ノ      |    |   |不 rくj {`ヽ)辷'´ イノ  ノrf
 弋三ュ.}^>くr'{Y´ ̄ヘ {Tト-l   ′ 人    , ‐く  ヽ`マ. イ |    |   |弓ミxヘ、 `'┴ー--r'′ r午辻
rく`主彡くr'7⌒>---‐ヘタフ'|   i  ′ l` T7 ,、 } } } }   |, l    l  |,苹ミハ_`ニー--'⌒アチ伍xY
>-r‐{  { 代^辷タト、 辷^Y|   l l   l  l {   Y ノノT’ / ,        |辻タノ人_} ,.┬-く {_辷彡
ヽ辷}∧ { 弋⌒Y_ノ ハ-‐‐-|   l l  ¦斗ヘ  ヽ   | /  /    /  ├冖たナ'才^丁「`ヽ∨,.-‐
┴-r{ `T^ 、 `'ー-‐ァ' /ト、,ニl,.-l l   l{   }      ノ′ /   ___,.厶宀-、|辷j  _,厶-‐ァ冖ー-ヘL,-‐
,二 {丶._,ト .__,二¨´ イ ∧,r弓ミx.lr宀<⌒X,_/      /  /  / , ‐ュ.-┐. ヽrくr十く`了フT´「`)| 辷.ニ、
--‐ヘ._`T ー---‐_'ノ 八辷タ(_辷伍Y^ 、」     /  / {了{ f辷'r‐1,ハ  }{_ヒ7了⌒フ/,ニニ}kー-‐'^
⌒ヽ-‐'7 イ>,二.´_フr仕^Y{⌒ヽr宀ァ' ,.ノ人_  /  /  ハトヘ.ー-宀'´}ノ r'{X辷{ノ__,ノ7/   /,ト、}辷彡
⌒ヽVl/ ,ノ { ̄`ヽ>-┴ヘ.」丶._ └<¨´rヘ. く  /  /  / ∧ `二¨´,ノ ノノ )Y´└-宀  イ{ } 广7冖」
トーリ 「今日もなべーだこなた吊りーだ」
古手梨花 「みー?いっぱい死んでいるのですよ?
ぼくはとても怖いのです」
やらない夫 「今度こそ新種のトカゲ吊りだろ」
伊吹風子 「おはようございますっ!
やはりたくさん人が死んでます・・・」
うずまきっていう 「うはwwwwwwwwwwwwww
死にすぎっていうwwwwwwwwwwwwww」
やらない子 「ど、どんだけよ。」
打ち止め 「そしてなんか死体がすごい事に!ってミサカはミサカは驚愕してみたり!!」
秋穣子 「あ、めっちゃ死んでる」
泉こなた 「か、かがみーん!?」
大柴亨 「おいおいおいウルフちゃんたちよ・・・バイトするのがトゥーレートじゃないのかい?」
「おはよう…
なんでこんなに死体!?」
十六夜咲夜
                         _  ,イ ̄\__
                        / ̄ィ、/    '´   \
           :;;;;;.....  ....    _ >' -‐ '´ ――   、  ` ̄i
                 ,r' ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ''´           \   )
      ....;;;;;;;;;;;;;       / ――--‐/.//     ./ .イ └ <_
   ....;;;;;;;;;      _/,ィ - iヽ‐-… ///      / /.!  /ヘ .|
  ;;;;;;;;;;;      /ヽ /     ヽ, |―./ .//   / /! ./ ! /  ヘ/\
           r'   \ __ -=ヽ、/::::// ./   ,イ  ノ !/_ ./ / / ヘ/
           ,ヘ    ヽ ―__,"::::イ..i..../   /::ノ / '  ̄// / .! ヾ
         /;;  \   `、 /::::::/V∨! /:::::// ,ィ´二\ /  .!  ',
       / ,;;: /ヽ` ○,l、 ,,,// ,ト-!/:::::::::/   i ! /// /  ∧  .i   さあ、処刑の準備はOK、遺言はOK…じゃあ、さようなら
    /  ;;;'' ./  ヽ_'-/, 、_/ /:::ハ  ト      ̄/ ./l / ヘ  |   
  /   ;;; /  _, --、   √ __:::::ノ'、 ヾ≡ィ'   ,ィ/ ./ .!./  ,ヘ :|   
  ,'   斗;:/ ̄`ィ-/__ ./`‐-   / !` { >,ェ,;; ,イ /,イ  , レ ∧ / レ'
  ヽ   ;;;   /´  /     \  イ::::l   冫o'、 /::::-/' ゝ /ヽ ./ レ
   `  ̄  ‐- ,| _,イ  \    _/二二f /ヘ ト、'::::::{./ ̄ /   ヽ
          /  ', ヽ_ト   /´/::::::::::_j |::::l l::|.|:::::',i /    ヽ,
      , 、 i  j_    \、´ /'/::::::::::::/ i´:::l l//:::::/  }      ゝ
     `> ヽrv ' `>     \/::::::::::/ /::::::し'::::::::{ _/',     ,ィ'
     /、/トイ、_>      l::::::::::::ヽ_/:::::,、:::::::::/,ト-':::::}   ´ {_」
古手梨花 「あう・・・僕の恋人が死んでいるのですよ・・・しょぼん」
秋穣子 「イモルーレット、ドン!!」
ナズーリン 「随分と死んでいるね
さて、今日はそこのウザそうなぐるぐるの青い奴を吊るそうか
というか生物学的に考えて何なんだこれ?」
うずまきっていう 「かがこな別陣営?っていうwwwww >こなた」
火焔猫 燐
                  , '"´/,
                     / ,/.//
              r、 ,/ ,rニ.//> 、
              }::::Y:::::フー ,ィ    \
             ,rfノ`ヽ,/  /  l l ', ヽー- 、
           ,r {__Yi ./ .,イ  / l ',.  ',ヽー-ヲ   ひつ ふつ みつ――――――
          rイ、ノ .| l__l /`lヽ /  l|  l   lリヾ"´
         f/jT´  ヽヽl ll f;シ`厶__,r.、 ,| ./ト,ン、         /l_ ry,
         /Y) __   \.',リ `  , .ヒソ/リ / リゞ_,j、      _/  } .|//.,f7   実に14 ふむ ふむ ふむ
        lヽi/´ノ    ヽ、 r-ァ ._./i/l/___ゝイl, -―: :  ̄: :l  .}<´/ノ
         .V^ヽi     }`ー-<´: :ヽ.i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l-==l / rニニつ
         { ヽ|    ./: : : : : : : : : }-|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ト、./-, {、
         ´⌒´    /: : : : : : : : : /l_,j: : _: : : : : : : : : : : : : : : : }、ヽ,/ヽj
              /: : : : : : -―': : : : :.|   ̄ ー- : : : : : : : :.l ヽ/j
             ヾ: : : ヽ: : : : : : : : : : : :.l        ̄/ ̄ ̄`ー-〈
            r〈ヽ、: : :.\: : : : : : : : : :.',       /        l」
泉こなた 「鍋じゃねぇし! なんであたしなんだよぉぉぉおおお!!!!>トーリ」
トーリ 「うわーかがこな(笑」
伊吹風子 「        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       / : : : : /: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : ヽ
     /:/: : : : :/: : : : / /: : : : :{ : : : : ヽ : : : : : : :ハ
.    /:/: :/: : /: :/ : / : {: : : : :い:.: : : : :l : :ヽ: : :l : :!
.     / イ : l : :,': : l: :/|: : :|: { : : |: :ヽ.: : : :|: : :│ : |: :.|
     |: /|: : l: : :|:7 ト、/lハ: : |\:レく: :丁「: :|: : :|:/:|
     |/' |: : l: : :l/レ价沁{ハ: :l  价f沁│: l.: : :'.:│
     ヽハ: :|: : :| {ハト:::jr|  ヽ  |イ:::jrハ|: ハ: /: : ! みなさん、風子は
         |lヘ:{ヽ小. V少   ,    ゞ少 j/ : j/:!: : | あのトカゲをつる日なのでしょうか!?
         |:l: : : : |∧ ''''    r;     '''' /|: l: : ∧: :|
.         从 : : : |: :}ゝ    /\   _ イl |: l: :/ : :八
       /: ∧ : : !: l : |/{≧/ ⌒ヘ≦}\| : Ⅵ∧: : :ヽ:\
.      /: /{: :\ |:ノ|\_|_ノ/   ヽj__,/: : : 厶_}_ : : : : : \
.     〃:( r<¨( ̄|  |        ー‐ ̄)'  / >、:ノ\: :ヽ
     ヽ: ∨⌒\\「 ̄l___ r‐<\ /   / /   }__ ノヽ:ノ
.      ∨    \ゝ'´//)f\ヽ\ヽ、__//   {: : : :/
      ∧   { ̄/   '´/入 ヽ` /} }/  /⌒} ̄
      ∧ \  } \    ∧ ヽ.__//l∧ .ノ   〉」
大柴亨 「ってアベックがメニーイレーズですな!」
十六夜咲夜 「>うずまきっていう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
打ち止め0 票投票先 →うずまきっていう
やらない子0 票投票先 →泉こなた
古手梨花0 票投票先 →うずまきっていう
秋穣子0 票投票先 →うずまきっていう
泉こなた3 票投票先 →うずまきっていう
ナズーリン0 票投票先 →うずまきっていう
うずまきっていう13 票投票先 →泉こなた
たわし0 票投票先 →うずまきっていう
大柴亨0 票投票先 →うずまきっていう
十六夜咲夜0 票投票先 →うずまきっていう
伊吹風子0 票投票先 →うずまきっていう
トーリ0 票投票先 →泉こなた
火焔猫 燐0 票投票先 →うずまきっていう
0 票投票先 →うずまきっていう
やらない夫0 票投票先 →うずまきっていう
うずまきっていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
トーリ は無残な負け犬の姿で発見されました
十六夜咲夜 は恋人の後を追い自殺しました
伊吹風子 は無残な負け犬の姿で発見されました
泉こなた は無残な負け犬の姿で発見されました
大柴亨 は無残な負け犬の姿で発見されました
秋穣子 は恋人の後を追い自殺しました
火焔猫 燐 は無残な負け犬の姿で発見されました
やらない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
うずまきっていうさんの遺言        ___         ___
.       l ト、ヽ-,─‐ - '´,ォ !                    ____
    (ヽ  }レ' (   ノ   ヽリ  /)               /      ヽ _
   (((i ) / ,, == ヽ_ク,,==、 ヽ ( i)))            i´ ̄( ̄`ー-‐´ ̄) ヽ
  /∠_ l  ( ゚ )    ( ゚ )   !_ゝ \           ゝ   >  ( ゚ )( ゚ )   \
. ( ___ 、゙=" `´ ゙="   ,__ ) /ニYニヽ   |   (_ ,-)___(-,  |
.      ヘ     ___    ノ´    /( ゚ )( ゚ )ヽ  \    ̄  |-┬-|   / .
      ヽ、  |-┬-|   /    /::::⌒`´⌒::::\    ̄`ー、 `ー'-_/  ´
       _> 、 `ー'´ _, <_     | ,-)___(-、|         ̄ ̄
       '--‐ '´ ̄ ̄`ー--'      | l   |-┬-|  l |
                         \  `ー'´  /
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ( ゚ )( ゚ ) | < Welcome to DETTEIU World wwwwww
 (〇⌒ ⌒〇|  \_________
 /  |┬|   |
 |  `ー' |_/
伊吹風子さんの遺言                 ☆-<7ベ  ̄ `丶
               /: : : : : ′: : : : : :^\\
                  /イ /: /: :{: :|: ヽ : ヽ:、: :|: : \
               l:/| l :仏:Vヘ:lヽハ`ート}: : |: : : : ヽ
             +  Nヽ}=≡  ≡≡}ノj/リ: : :\: :ヽ
              +{⊂⊃ r‐┐ ⊂⊃: :∧ : : : : : : 〉  風子、今回もぼっちなんだろうなって思ってました。
               ノ: :人  、_ノ   〃: :∧: ヽ: : : }:/ /|思ってましたが・・・秋穣子さんと結ばれることができました。
              {: :/⌒ >zr- =≦-=ヘ^ヽ、_:>f'´   |風子、人生の春ですっ!
              Ⅳ     \ixく \ _)__/ハ__}⌒  〉、
                  ,′       (__>、八{   /|: :\ー' /
              i           `ー‐`‐<_j\ : \/
              /                 ̄ ̄/:リ
                /                    /∨
            /                    /   ☆
           ☆/                    ,′
            \                  i     \
             \                 |   \  \
               ヽ、                  |
                 i      /⌒丶      |
                   ☆    /      `丶、__ノ ☆
                  ヽ_/    \\
                           \     \
火焔猫 燐さんの遺言
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧       
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_    
   } : 丶ヾ:::::::|i:i:i:´i:i:i:i:KljX}. //i/ __,/i:i:i:i:ハ _ :}: V: ヾ'::::::/: : :Y(ィX}__    それじゃ
   ゙ヘー、: :ヾ::::|i:i:i|i:i:i:i:i:{LXノヘ'レzY_r‐z_j /i:i:i:i:i:i__V:`i'': : :ヾ:::}Y/: :/: :ヽ--、Xヽ    
   r、j: : \: }Ji:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:`つー⌒_ゝ≠../i:i:i:i:i:i:i:ヽ:}: :r、ー: ヽ}¨ヾ/ー: : : : : :}X }     またクルのを楽しみにしていよう
   {!: : : : ヽ人`¨ヽ、i:i:i:i:i:く__r-ゝ r-) r/i:i:i:i:i:i:/ ̄ヾ;J: }: : : ハノ:}`: ー :_:_:_:_ノ.X/       
   `): : : :{i:i:i:\__jー i:i:i:l}Jし⌒´⌒/i:i:i:i:i:i:i:iゝX ゞ; : }: /: {ゝ}: :', : :ゝXX( ̄
大柴亨さんの遺言 ミーはラブアローとは関係なくデスしていくのさ・・・
泉こなたさんの遺言 .     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ-.‐: :¬
   ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,r.: : : : : : : : :.|
   /   . . : : : : : : : . . . . . : :./:, : : : : : : : : : :|:、
  , . . : : : : : : : : : : : : : : : : / /        / .| `、
  ,'::.::.::.::.::.:.: : : : : : : : : : : ; ': :/: : : : . . . ,/ /   |!ヽ
. !::.::.::.::.::.::..: : : : : : : : : ; ': /:,/ : : : : :/,':./: .  !: :l: :.、
 !.::.::.::.::.::.::.:.: : : : : : : :.//:/;.': : : : :./ /:/: : : : :|: : l゙、:゙、
. !::.::.::.::.::.::.::.: : : : :/: :/:'゙:,r//: : : :./  //|: |: : : :|: : :| ゙、゙、
.::.::.::.::.::.::.::.::.: : : :./: /': : i/': : : :,:イ   〃 ,!:.|: : : l: : : | ヾ:.     王はただ独人。
:.::.::.::.::.::.::.::.: : : :./:./ ::.::.:/: : :/:||  /' /|::!|:: : ハ: : :|  ゙}
::.::.::.::.::.::.::.:. : :.::/: :.::.::.::/. :,イ::.::.:|!  / |.|:! !: :,' '; :.|         孤独の部屋でゲームに没頭する。
.::.::.::.::.::.::.:. : .::./: .::.::.::.//|:|::.::.:.|     | リ|;'  '; |
:.::.::.::.::.::.:: :.::.:/ ..::.::.::.//,<,、!!::. : | ^ _..ノ,、  j/   リ
::.::.::.::.::.:: ::.::./.::.::.::.::// ヽ|::. : :| ̄   /|
.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:/:'゙  /ヽ: : :|   ,.」 |             まっててね、かがみん
:.::.::.::.::.::.::/::.::.::.::/′ ///〉: :| /   、! _
::.::.::.::.::.:/:.::.::.::/  ///'´ ゙l :|_,!    `´ノ
.::.::.::.::./::.::.::./   / / ./      l ト、\  _,ノ´
十六夜咲夜さんの遺言
                 |   /     /          `ー‐-、/    \
                 |  /  /  /        !       `、   _}
                 | /  /    /   ´      l   l     ヽ__/ {`l
                 |/   /    /           |   |      ∨ _,ゝマ^1
                 |  /   /           |  │  ヽ.   V    |
   r―‐ ―┐         |  l   /  /         リ  │   l   '!    lj
   |  r, 、, :|           |/|  /!  /       _ 〃    |    |   f'´ ̄'了´
    :| '┘天 |          |  | / |  ;イ      /  /イ     j    |    !´ ̄/
    |   __!__ |         |=くj_/ `lト / |    /  / j     ヽ   |     L.ィ'´
    :|  イ夕、 |:        |イ´ヾ、 |/  |     /   / /,'ゝ    `ヽ  l    !| │
    |   ー┼  |:         |{    リ゙ヾ |   /    /ノ' ヾ ヽ      ヽ │  ハr|
     :l  l三lヨ  l         |ヘ__ ;r'    |/  ィr''" ̄ ̄l`,j/`\     ゙l  / ヽ'、
     |  ー'寸''  l        | ム. `          !    j ノ ヾ/`丶   |  |ヽ 丶,'     …冥土とメイド…お燐さんと繋がったのはこういうことですか?
     :| ┌┬┐│:       |ヘ }          、fヘ   イr'´ ''^゙/ソ 丿ヽ l | ト、  ヽ、|   
     |l lニ:|ニ'|: │       | lヽ          `¨ ̄   / Y ン/´ ̄ リ ̄ ̄了ヽ'
     ll: ノ j! 亅{ソ:      | l ',   /           /y 7ノ        /(     
     └――‐‐'′     | l  ヽ _          イ i y}ー―――――´ソ    
                 |  ヽ  l _`          / i γ }!         /ノ      
                 |:::.. l  |     _ , .  <::::: i y }/厂 ̄ ̄ ̄ ̄スノ
                 |:::::.. .| |t‐ ≦乏'/: ://::::::::i y }│      /´彡、
秋穣子さんの遺言

                 r、  ___    ____
                キzィ- くγ、Yz '´:::::::::::::::::::::::`ヽ、
                 j_ 、(__γ__r )、::,zr、:::::::::::::::::::::\ - 、
                  ( (  Y  )  )≠^1!::::::::::::::z=z:::-=zヘ
                     >`ーく_,ノー' -一、ヘz孑≠´ j1=zzソ::\
             ,z≠´: ̄7::- 一 '´ ̄/! ̄ \:::::_,. >=一- 、::::::!
               \::::::/::/ /  /  / N!   、 ̄   `ヽ::::/::,::/
               `/,::::/ /   l1」Lニl |1 、 ナナメ、 Y1:`<            ,z -‐z、
               /ノ::/7  ィf´Ⅳl l l 、 N、 \ 、,  !l:::ヘ::',      1 r7`'´ , z-‐'´, -7_
                 / 'ー、!:::!  l !fィチ㍉レ  \ fィ示ハ ト、ヘ j !/:ヘ!   /!'N`' __ r ' , -7´'" z- '
                   |    t 1ハ、 l tkェイ     tkェソ j  |! \-' rv", _,.7 ' ,N1´ _≪"´
                 ' 、  l' Ⅵ `N、xxx   ,    xxx/ /   ト、! f__z-' 1`  __,. z'"´
                   /!,   ヽ、_ 、_  _,   ノ イ  j ! X´ /-ー,‐ 'z r-7,z=-一z__
                   | N    > , _ ィ ´ 人,ィノ1ノ´ j/ _,. {´ _ z7 __N、,.rz_r、, 、 7、
                   l \、 z__Z_jz ___ z1 Ⅳ/  / ,. イ '´   _`` "``        `"`
                     ____r< 71!<ソ`ー一/, -─── ‐ 7´  風子よ‥お芋ルーレットの選びし汝を我が巫女に任命するわ……
                      _/ 7、  - , 1:ハ!< >-‐ 、二二二ニ - '´  ヒトデでも何でも実らせてア・ゲ・ル♡
                    ,く  /:::ト、_,.  '!:l l:fー一`  !  '´` 〉
                   /   Y::::/_    ¨ (,/ ̄    j    ,
                 ,. ´   /:::/ー竺 -─、f1   / , -一 イ
               ト 、    /:::/_ノ  rく ̄/ |  /! ´     l
                  〉 ,  /イ´   _─-_う  l   i ,      !
                ./  / /  rzー '7/   |   V!  ´ _ノ
              /  イ  / /   !:::/:,'   .! / 1 i r'´
               /     ./ /    }/:::!    |  ,  , l /
                | l  / ノ   /:!:::l::\   ,  l /  /
              \!  l/  /z-──マ \ ヽ l   /、
              \1  /j::`ー──一`ー- .j_,./:::}
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ナズーリン 「おはよう」
たわし 「女神CO
私の恋人は昨日死んだ…ゴシゴシゴシゴシ…!!」
古手梨花 「おはようなのですよーにぱー」
打ち止め 「みんなおはよー!ってミサカはミサカは今日も元気に挨拶してみたり!
さあまだ続くのかな?ってミサカはミサカは見てみるけど。」
やらない夫 「マイシスター!?」
ナズーリン 「また随分と死んでいるねぇ・・・」
「おはようだよー!」
古手梨花 「恋人COなのです!指定ない夫」
ナズーリン 「しかしどこを吊るべきか・・・」
打ち止め 「って残り6人ー!?Σ
ってミサカはミサカは驚愕に打ち震えてみたり!ぶるぶる…」
やらない夫 「あー・・・
たわしでも掃除すればいいか」
「うーん、たわしって気になるねー」
たわし 「さあ、私を掃除するがいい!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
打ち止め0 票投票先 →やらない夫
古手梨花0 票投票先 →やらない夫
ナズーリン0 票投票先 →たわし
たわし2 票投票先 →やらない夫
0 票投票先 →やらない夫
やらない夫4 票投票先 →たわし
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ナズーリン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言 常識が恋人だろ
ナズーリンさんの遺言                      _
                  ,.::´:,:::::、`:.、
            ィ "´  ̄ ` l:::.' ,   }:::}
      ー=≠´        ヾ.、! '_ノ::,'
         /             ヽ._::'.ハ
   ,ィー,.,'                   ヘ:. ∧
  /::::, ' `!    l   `ト、 ',    ',:.   '.,:.∧
  .{::::.{ .=l     :l!    ', '., ',x':.  ト、:. 、ヽハ
  '.:::::......l i   .:l.!..:l:. .::',‐',´l ヽ:. .:!::':,..l:;`゙ ハ   まあ、ぼっちさ
   ` ー,' ,l   :-!-:.!'、:.、t.、 ',!ィt;テ,:..:l::..:',l:.':...,:..'.  ぼっち達は私の分まで頑張ってくれよ?
     ,'.:/.! :. ..:::! ' __ヾ.ミ:.、´`,ー' l.:;l;:...::l:..;:..l '、:;
     ;/ '. :.l,..::::',´t、;:!       レ.;:::.:.,'l:.;:..j  `
         '.:!:ヾ、ミ;、`´ `   , イ:::,::./:',::.{
        .}ヾ':,:::...\.   - ' /:.∨ー,、_',!.ー-- ―.、
        '..:ハ!ト、:. ヽ`::::..t- ´::.  〉,': : : : : : : : : : ∧
       ー' ´   '.:.{ヽ`::::ミ;,イ!::::.   ,'.,': : : : : : : : : : : :.∧
           ヾ、`,r='^ヾ.、_  //: : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
            ,.ィ': : : : : :`ーt r': : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
           l´: : : : : : : : : : :.l !: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
           !: : : : : : : : : : : : l !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
            l: : : : : : : : : : : : :.! ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾヽ.、
            !: : : : : : : : : : : : :.!l'.',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          r7: : : : : : : : : : : : :.!l::'.', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         .l:.!: : : : : : : : : : : : :.!l:、/.',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
打ち止め 「おはよう!
ってミサカはミサカは朝のご挨拶!」
古手梨花 「みー?打ち止めは無事なのですか?」
「おはようだよー
あ、私吊っても良いよー」
たわし 「なぜ私は生きている…!?」
古手梨花 「それじゃあ、橙さんで」
たわし 「もう恋人はいないのか…!?」
打ち止め 「えっと……
それじゃ橙さん、ミサカ橙さん噛みたくないから吊られてくれない?ってミサカはミサカはお願いするけど。」
「きっとそれが運命じゃないかなー>たわし」
古手梨花 「たわしだから?」
古手梨花 「なのです」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
打ち止め0 票投票先 →
古手梨花0 票投票先 →
たわし1 票投票先 →
3 票投票先 →たわし
橙 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
たわし は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言          ,ヘ, __,,, ,_    __,,,,,_
       / 〉 \ ,,..`'‐< ̄   ヽ、
     _,,,L /,,..........ゝ! >,_ `__   _,,,,,>‐‐,‐,v
     l ,//,;  , ,  ',__,/'iヽ_/ ̄ ,r '´ /
   ,/,,'' ,/ / / / ;:; ,  `'´ \  i´^,/ヽ    
  ,/.//.// ∠―__,' i :i i l', ヽヽ ',\!ミ\__ノ    お疲れ様だよ!
  レ' i /7 / ; ,' ,' !\:i i, ! ',_ヽ__ i V´; i, i    何が起こるか楽しみだね!
    レ´レ ノ ';'''''''',,, !' \7 i .i ', ヽ! ; ; :i,ノ    
     / / i i   '''  ,,,''''''''''''';, i ヽヽ/i  !ヽ   
    i /  :i; /vヽ_'_____     / /,' ! i /!´
    ', i i l Y,_     レ'l ,//,ノ i/i/
     V i !, ; , .>,,    _ノ,,/ /, '/ / "
      ヽ' Yi, レ;.r`―'´i/i/// ノ,'/
       _,,,L>_//'_'´`'_'l/// i, '
       | :''^:._, 3\,,/´
      ∠, / | ::  〉
        V´ レ'v_/
たわしさんの遺言 女神CO
西行寺幽々子と平山幸雄をお掃除中。

ちょうど私が来たときは、仲がよさそうだったので繋ぎましたよ。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
ゲーム終了:2012/11/23 (Fri) 01:28:52
平山幸雄 「たわしって噛めるんだろうかと」
うずまきっていう 「お疲れっていうwwwwwwwwwwww
恋陣営大勝利っていうwwwwwwwwwwwww」
やらない子 「暴君が真暴君だ……!」
秋穣子
                     ..,,....-‐..'.."`ヽ、
                 γ /'"~:::::::::::::,‐-、::::::::::\
               O○O:::;;:‐―--'/^ヽ`--、::::::\
                ○0O;=_/ ̄ ̄´:::::::::: ̄ヽニニ===、、
               ,O〇::,√ ̄i`ヽ;; -‐ ''"~´)_:::::::::ヽ::::i l
              <<_O:::_」 i  l ゙i _j -lート、. ',  ̄` ー'、'ノ
             /::;-‐'"N‐ナ', |  lノ  ',ノ ヽ i   ',  {::ヽ
            ヽ::V | ,i V  ヽi    , -ー-、レ'   i   ト;ヽ  おつかれっ!この秋の女神が祝福するわ!>梨花ちゃん、打ち止め
             >i  ', .∧ ,-‐、     , , ,  |   i .|   |::::::)
             `l ィ ヽ! ), , , 、       /   |l |  ,i::::<
              レ' l  {   、  __ -,   /   |レ'  |'~"
                 i  i ヽ   ~ヽr__ノ  //i  /   l
               l ,l  >,- ,,.._  _ ..,,/ / / ,  |
                 V ! / ノ_,.., -,フ-==キ//、ノi  ,、i
                   レ',-‐ー'"く<_ノ^i 心" i ヽレ ー`、_
                  i  ..,,/;/ `" Y`ー' /  l; ;l     ヽ、_
                  .,,...'"::::"^`=-ー':ヽ_ _ノ _  i; ;i       `>
                 /::::::::::::::;`ー::::-::":::::::`´:`'~:!; !        /
                 ';::::::::::::::::',::\:::::::::::::::ο:::::::i; i、、    ,〈
                 ';:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::i; ト、 __/ヽ、
                  ヽ::_::;;;:::::::\:::::::::::::::::::::::ノ;./::/ ̄ヽ.   ヽ、
                  ,r' ; ; ;  ̄;¨; ‐::::,;;.:_::_/; /::/-,‐,、 ヽ.    ヽ.
              __.. ,, ゝ-―-- ;,.:__: : ̄; ;ヽ'; ;/::/; ; ; ; i   ',  へ  \
           ,-‐',r '´/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、; ; ;`ヽ〈; ; ; ; ; |  ヽ_ ー、  ヽ、
            ! / , /"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丁 ,ー-, ) ; ; ; ノ_/       /
            lノ //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ; ; r-、‐'" ̄_ -一      /
           ノ/~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ; ;{,/`ヽ、,._         /
          ,゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!; ;/   〈  ヽ     /
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V_∧ i i i |  |   /」
柊かがみ 「やったぜ。」
泉こなた 「いつもどおりだなー>トーリ」
やる夫

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十     御疲れだお
 | ___)  ::|   .>          \          やる夫はボッチだったけど恋人たちはよくやったお!
 ヽ__)_/   /                 \」
十六夜咲夜 「はい、お疲れ様でした」
双葉杏 「                (\  .  ― -  .
                ,  ´           ` .
               /               \
                /     ,             ゛.
             /     /               ヽ
              /    , ,:                ’,
            i  i   | !                  ,
            l  i! /T ソ            ヽ     l     お疲れ様ー。
             ,!  ト/ l/ ',    ト― 、     i! i!    .!
         / \f テ=ヾ ,  、  | \       ! i!    |     働かずに勝つとか実に楽だなー。
        /  /´ ゙i 弋゚シ \ ヾ.≧ミ.、ー   ,イj_i!   |
       ヽ   .i  | xx    `ー 弋゚_ジ ヽ./ i ヽ    \    こういう仕事ばかりならいいのに~。
         \  ヽ  !   `         xx / i  l_ノ     i ヽ _
         `≦ミ;、ヽ   、_       /  i! l  , / . iー一'
        /.,.,.,―,.-.,.,..     . / /j_.ノ  ( /    !
        /;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ . ´ /,へ       人___ノ
      ./;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ "   ノー一'   i
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;´;:;:;:;:;:;:;:;/:/    ./        l
      !;:;:;:;:;:;:;//;:;:●;:;:;:;:;::/;:;:/    /;:/         |
     !;:;:;:;:;:/ ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:。:/;:;:;1    /;:/          i!
     ヾ;_;ノ   \;:;:ヽ_;/;:;:;:;l     /:;/            /i
       }      `゙''- l;:;:;:;:;:|   ,一'        / |」
平山幸雄 「おつかれいっす」
柊かがみ 「        `ヾ:、_ー-‐l`ー‐-  _
      _,..-'',.´  , ,|  :、` 、 `ヽ
    ,.-'_,../ ,   / ハ |、 ゙、  ヽ `、_
   '"  /, / ,.ム,' ゙、i゙: ̄i、  ゙く;;゙{;;;;,、
      /イ ! / l:!  ゙、゙:、 i.   lヾ、l;;;;;;;;;,、
        r! l /  |!   x_,,ヽ!、 .l;;;;;j;;;シ'''ヽ
        ハ. {∧ィ=、    '"⌒ }、 |7,<ヽ. /
       V〉/' !   '     ,、__N´ヽミド'、    お疲れ様よ私の作ったCPたち
       「゙'   ト ,、_ T_フ_,.イ,r:'′  ヽシ
       l   ||j!i!,.云「/ / i     .}l
      ハ  | .|j!i/ // / i    ,.ヘ:i   よく頑張って残ってくれたわね
       /: :ヘ ,ノ |.!j ./イ ./   !   /!: :.i!
     ,'. : :,'//_じ'シi ./    / |:.|: : :.!
      .i : : ;/,「   ,.、``!/、  ィ"  |:j|: : :.l
      l : / ハィ´i|゙:、'  >  /     |:|.!: : !
    j  :,' .| / /| ゙i、/  {     |:!.l :  l
     l.  ! / ``' |,,-'′    |    .|j. l:   l
     !  l (、7'''''宀‐r- .、  |     |l |  |
.    l | // |  |  l `マ     リ |   |」
暁美ほむら 「ほむー♪
ほむほむほむー♪
          ,...:::''"~ ̄:::`‐‐-....、
       /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::`ヽ、
       /:::::;ィ≦=====ミxi:::ヾ::::::ヽ
     /::::::/::::::::::::::i:::::::::::i::::::::`i:::::::゙;:::::::ヘ
     /::::::/:::::/:::::::::::i:::i:::::::i:::::::::::!::i:::::i::::::::ハ
    i:::::::::i::::-i‐‐-/i:::i:::::::i:::-‐‐i-i::::::i::::::::::i
   j!:::::::::i:::i从::::/  i:::ト、:::トjヽ::::i:::i::::::i::::::::::}
   i:::::::::人iィ≧=ミ ヾi V孑=ミx::!:::::i:::::::::j!
   i::::::::::::i `り|俐      り||俐`i:::::j-、:::/
    !:::::::::ハ 弋;;;シ       ゞ::シi::i:::/ }::/
    i:::::::::i::につ         ⊂ニi:j::/_ノ::/
     V::::::i:::` - ...__  -_,,....<jノ_r、::::{
     ゙、:::::i/::::::;.ヘr笊jハ!::: トァヘノf'"⌒}:λ
      \i::::::〈: .:〔三:[}:三〕.: .:/f:::::::ノ:::::゙、
     /:::::::::::::ト、:∨:∧∨: .:/ ゙トイ::〉::::::::゙、」
大柴亨 「お疲れ様だエブリワン!」
古手梨花 「みー、お疲れ様なのですよー」
西行寺幽々子 「だいだいだい大好きがだいたい大好きに見えたわ、疲れてるのかしら」
ナズーリン 「お疲れ様
恋人陣営はおめでとう」
やらない子 「お疲れ様ー。」
トーリ 「噛む先がたわし以外ないぜ>でっていう」
火焔猫 燐 「オツカレサマ っさね」
伊吹風子 「おつかれさまですっ!」
「こなかが別陣営…悩む所です
被らないか…」
打ち止め 「はい、皆様お疲れ様でした♪
梨花さんやったねー♪ってミサカはミサカは抱きついてみたりっ☆」
鹿目まどか 「ウェヒヒヒwお疲れ様だよwww」
高槻やよい 「おつかれさまですー!
響さんもほむらちゃんも大好きですよ!」
西行寺幽々子 「お疲れ様、と」
たわし 「これでいい!!
お疲れ様だ!!」
やらない子 「いややる夫さんはできる夫さんと熱々でしょ。
女神の私が言うんだから間違いないでしょ。」
球磨川禊
            |:::::i:::∧:::V::::八:::::/:/:::::::::リ:!::::::::::
            |:i:::|/::::::V::::/::::::V::∧::::::/ ||:: i:::::
      ┐    |:|::i!::::::::/:::∧:::::::V::::|::::/::::リ:: |i:::
    僕      |:|::|!:::::/:::/:::::}:/|:::/Ⅵ:::/::::::リ:::
    は      |ハ入://|:::::/´:::::|/:::::::V!::::::/::::
    悪      |:::\'\:::|:::::::::::: /:::::::::: ||::::/:∧   『お疲れ様』
.    く        |:::::::::::::::`|:::::::::::::::::::::::::::;|;イハ!
    な       .|::: _ :::|、,、::::::::::::::::::::::// ム /
     い       .|イ〈::::|  ` ::::::::: ´  .ムイミ
  └        |   ヽ|     ̄    イ|::::::::::
.           ノ      _.ィ    イハ!:::::::/
、        ィ \二二二..  イ  ./::|{:::::/
 >ー--- <∧\         /:::: |/
 \  \: ̄::∧ \       イ:::::::::/

できる夫 「                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   /             \
                /              \     あ、お疲れ様でーす。
                  / '´ ̄`   " ̄ ̄`    ヽ
                  l ;::ィ=ミ    ィ=ミ      l     いやあ球磨川くんとやる夫くんと繋げたということは
                |  ´"' ,    ""      |
                l     ヽ           i     そういう系統の話題を見たかったということでしょうが。
                 \   、__,__,      丿
                  \         /        ご期待に副えず申し訳ありません
                   _,/ / i! :    .: / ヘヽ、
          _...... .-.:::::´::/:::::/  ヘ、    /  l:::::ヽ、、     あ、なにか提案などありましたらお答えしますよ?
       ハ´::::::::::::::::::::::::/:::::::l!   /i   /    !::::::::l::::::`::.- ... _
       ,':::!:::::::::::::::::::::::/:::::::::l;:!/:! .,L __ノヘ  /!::::::::::l:::::::::::::::::::::::::`::ハ  今日は気分がいいので
.      i:::::l::::::::::::::::::::/:::::::::::l;:;:i\\i ! ノノヘ//::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::/::::!
.       l::::::l::::::::::::::: /___:/::i;:;:;!  Y⌒Y  /;:i`ヽ::__! ::::::::::::::::::::/:::::::!
      l::::::::l::::::::::::::::::/::::::::!;:;:;l  :L::_ノ  /;:;:;i:::::::::\ ::::::::::::::::::::/:::::::::l
      |:::::::::l:i::::::::::::::i::::::::::::l/;l  ,':::::', /\:;i::::::::::::::/::::::::::::;':::/::::::::::::l
      |:::::';:::i!::::::::::::::l:::::::::::l;:;:;:;:! ,':::::::::',/;:;:;:;:;i::::::::::::/::::::::::::/::/:::::::::::::::l
      /:::::::ヾi!::::::::::::::l:::::::::::l:;:;:;:;i,':::::::::::;i!;:;:;:;:;i::::::::: /:::::: i:::/::/:::::::::::::::: !
     i::::::::::::::::';:::::::::::::l:::::::::::!ヽ;:;:i::::::::::::j;:;:;:;:; イ:::::::/::::::::::l/::/::::::::::::::::::::i
泉こなた
              /::.::.::/:// .::.::.::.::.::.:./ ! .::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.
      \   ゝ‐<::./::./ .::.::.::.::\/  | .::.::.::.::.::.:: /::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.:::
      \ 〃 / _  ヽ:/::.::.::.::.::.:/\  |::.::.::.::.::.:: /::.::.:: |::.::.::.::.::.ヽ::.::
      {{ / / __ ヽ ',.::/::./   `ー |::.::.::.::.:: / |::.::.:/|_::.::.::.::.:l::.::    おっつかれさまー!
.   ──  |  ! /r ) } |イ斤テ左≡ォz /::.::.::.::/ 斗七 !::.::.::.::.::.::.|::.::
.         ∧ ヽヽ _/ /::! レヘ :::::::::/ /::.::. /    j /  | .::.::.::.::.:: |::.::
.     , -―ヘ  `ー   /.::.| rー'゚:::::::/ /::.:/   テ左≠=ヵ::.::.::.::.::. |::.::     かがみんと繋げない女神は消毒DADADADADAー!
____/   {     /.::.::.| ゞ辷zン //    う。::::::7 /イ .::. |::.::.::.|::.::
彡_/     ヽ    イ ::.::. |             /ヘ:::::::/  |.::.::.:|::.::.:∧::.
〃   V    ヽ    ヽ.::.: |              ヾ辷:ン /:l::.::./!::.:/
 l    {      ∨  }__.::.|\     <!         ・ /::.l::|::./│/
 ヽ   ヽ     {      ̄ ̄ ̄`ヽ _         イ::.: l::|:/ j/
、 \   \    }           ) / ̄ ̄ ̄l7::.:|::.::.j::l′ /」
やらない夫 「お疲れさんだろ」
古手梨花 「わーい、僕達のしょうりなのです、にぱー>打ち止め」
秋穣子 「決闘久しぶりすぎて求愛と夢求愛カン違いしてたCO」
トーリ 「◇暁美ほむら
 (るっち)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)

あれーなんでオシラが飛んでこないだ」
エリカ
                   _
            /``ヽ/::::::::::::::> ..
           /:/::::::::::::::::::´:::`::::::::::::::\ _
           /,:::´::::::::::::::::::::::::::/ヽ_   /::::::::∧
         /..::/::::::/::::::::::/    >、';;;;;;!:::::::::∧、
        /::::/:::::::::/:::::::::/`::<     >!::::::::::::::ハ、
       /::::::/:::::::::::::/::::::::/:::::::::::/l:::::<     !:::::::::::::::::ハ、
.    /,ィ':::::/:::::::::::::/::::::マ'::::::::/ !:::::::::::::< !::::::::::::::::::::ハ、
   ///::::/:::::::::::::/:::::_:::::::::::/  /i::::::::::::::::::ヽ!::::::::::::::ム::::ハ
   /' /:::/,ィ::::::::::::i::冫'i:::::/;/   i:::';:::::::::::::::::::::/::::::::::::::ム:::::::i
.  /  /::://:::::::::::::::x、′!:/!/   l::/_;:::::::::::::::::/::::::::::::::::::ム:::::!
 /.  ム:::i.,':::::::::::::::::!i;心、' ′   ';:| i!|:::::::::::::/::::::::::l::::::::::::ム/
    i::::::!i::::::::::::::::::┴-;:}`     _`_ l|',::::::::/:::::::::::::l:::::::::::!/ソ,
.    l:::::::',!:::::::::::::::::゙゙゙        `ア≧x、/:::::::::::::::i:::::::::::! マ,
   |λ:::::!:::::::::::::::リ    '    `'マ;;;}}i':::::::::::::::::::i::::::::マ   i!     お疲れ様でした
   i:! ';:::::!:::::::::::::::!   r‐ 、   ゙゙゙ /:::::::::::::::::::::/::::::マ   |
   ソ、 ヽ!::::::::::::::!\  丶‐'  ‐=彡:::::::::::::::::://:::::マ   ′    梨花さんと打ち止めさん、2人だけの生存勝利お見事です
     /ヘ;::::::::::;':://\ _ .-‐≦/:::::::::::::::::/ /:::::マ
   /   !∨::/ `ヽ    /;/;/::::::::::;イ::入 /::::マ′
  /      ∨'   i    i /::::>´::/ ./::::マ′
  ! - 、     |ヽ    !  />;´;;;;;;:ノ  //∧
. |    丶    ',   l /´/ ̄ /r- 、  / ′∧
. |      ',    ',  |:Ⅴ/  /⌒ヽ //  _ :-1
. |      ',    ヽ |/  /!`゚゙ソ// ̄    !
. |               ヤ! /´ ̄‐-,./′
. l           ',    i::/     ゚ i        /
 ム           、   レ       l.       /
  ム         |  ノ       /      /」
暁美ほむら 「……はっ。
ようやく「ほむ」しか言えない魔女ののろいが解けたわ」
大柴亨 「◇身代わり君
 (dummy_boy)
[巫女]
(死亡)

これはトゥーバッドなところをブリングしていったようだな!」
古手梨花 「ぼくも抱きつき返すのですよ(ぎゅー>打ち止め」
泉こなた 「>ない子
ふっ、私にかかればこんなものよ」
うずまきっていう 「こなかが恋人だと きっと恋人滅ぶっていうwwwwwww >橙
これでいいんだっていうwwwwwwwwwwwwwwwww」
「お疲れ様だよー!」
十六夜咲夜
                           ,.ィ
                 __   ,斗''"ンー-x::._
                 ! .{゙'≠∧_: : : __:二ニ=-―'"
               /レ┴-/ 〃 ゙7: : : : : ゙>::.,,__,            /::〉
              ζ}/:/: : `ヽ、 /~゙7:⌒゙ー-: :ニ≠=‐-       <メ、/
            -=彡/ /:i: : : : : : : :ヾ、 弋__-‐''" ̄~/⌒       / 〉、>
             ,イム {: ! : : : : : : : : : :\rソ:三彡:/         r:、:/
             /: {: ∧:{ト、 : ゙;∧ト、、 ゙;: : ゙''ニヤ:ソ         /:>、}r、_        しかし、冥土とメイド…
             ム: ∧{从{ミヾ: ゙, 孑≠ァ: !: } :_: へ彡'´       <ヽ<_} /イィヽ        本当に、こういう繋がりだったのでしょうか?
            {: ;イl: ゙:、':,ヾ;;)\! 弋タハ }ン}リ,/.{/)  ,,..-=、  ヽ ヽ  i       
            λ{ {:/{ヾ       〈}/)i::;;l,へ)゙''<.   ├┐ ∧    j       
                 /\_r‐{:>、 - ,..:xζ:イ l;;::lλ    ヽ  l‐ j___ /ー:-ィ] ≒=ミ、    
            /___ヾ:l:_ッソ  ̄fッl/__O'"7.!;;:lfソ      ノ‐/ /゙ー-1   ヽ ゙ー┐
            /ィノ{ヾ > r┴ 〃:ノ∨ !;;:l〉 、     ,<  /_     ノ    ゙、  i
               // i/ /ヽ/(イ___ノヽ!;;::\∧~イ/ ̄}     ̄     /,,.:: {
               {!     ヽ// .i-┘;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;〉:<..::/  !  _   ,..ィ ̄ ̄  ノ
                        L__弋┘;;::;;::ゞ≡彡::;;::;;::}ヽ=、   ̄  /,.イ     /
        \:..、          l{   l_゙ヽ、::;;::;;::;;::;;::;;::;;:/ / \、..  シ      //
         \゙':、      {ヽ /   ~人 ヽ::;;::;;::::彡´/ j   ヾ`<,.ィ'⌒7    j!
      ヽ、‐--≧z゙':ィ  ィヘ/  >´/ \} ̄  ,..イ  /         !`ヽL_-‐''"
          `゙`''ー-{{f ̄ ̄ ヽ >.:<´~''"__∠/ ̄ ̄    / ,       7~::;;:;j! ノ
     ー=ニニニllト>ヌ__/  ~}  ̄         ,...::::''"     ハ_{::;;::;/ (」
やる夫 「まぁ、取り敢えずやる夫とできる夫を繋げたできない子は鍋っとくお」
レッド 「…… …… …… ……
…… …… …… …… ▼」
やらない夫 「大人だな・・・
俺ならやってられっかw!
ってなるだろ>できる夫」
エリカ 「>レッドさん

アルセウス Lv.50        技: しんそく
  → ミュウツー Lv.50     威力: 80
ダメージ: 154~183       タイプ: ノーマル*/物理
割合: 84.6%~100.5%       攻撃: 378+ [ラ]
回数: 乱数1発 (6.3%)      防御: 110
急所ダメージ: 310~366    最大HP: 182
割合: 170.3%~201%       天候: (ふつう)
補正: (ダメージ補正なし)    相性: ×1

交代からでは受けきれませんわよ(ニッコリ」
我那覇響 「              ヽ;ヽ、 ,r'"::::::::::::::\  _,ィ
               \:\:::::::::::::_;....;_:::Y:r'
        _,。-‐' " ̄ ̄__`ヽ:':、rァr',..r‐-ミz、ー‐‐‐- 、,_
         `ヽ、...,.___ 'ー=:-`:Y/'":-:=、 `__,..r‐'" ̄
            ,.。-ー:'"::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::i,
          /::::::::::::::::::::r:::::::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ,::、  みんな、うたいみそーちー!
         ,r'::::::::::::::::::::::::;:j:::::::::::::::::::::i,::::::::::::::::::::i;:::、
 .       /:,r7:::::::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::lヽ:;::ィ::::::::::::':,::':、
        レ' /:::::::::::::::::/ヽ、l_::i_::::::::::ハ:_lrヘ:::::i:::::::::::::'ir-=、.、 やよい、ほむら、大好き!
         |:::::::::::i;:::/.   \l1:::::::l'~':j  \l:::::::::::i;:i.';
         l::::::::::::i;/      \::j  _,.......、1ri;:::::l.lj :i、
            ';:::i、:::メ ,r===、   ,r''" ̄`' l:::i;::j1::::::':、
            ':;jヽ;::::l  , , ,   .    _ ' ' ' j/:V ノ::::、::::':、
            人ヽj1   rv--‐ー'"v1  .j / :::::::\ー=:,、_
         _.r':ァ::`':、_i    l       |  ./'"- 、:::::::::::::ヽ、
        '"/::::,.r'" ':、, ヽ.      ノ ,ィ 1 ヽ. `ヽ; :::::::::\
        /::::: rl    l l'γr. 、, ___ ,.イ 1 'l  l.   jヘ、::::、;::':、
      /:,ィ::::::j i、  | | l l  :::::::::::l  | .|  | ,r-‐'"( :::::::::'i、:':、
     /r'7:::::::::::l こ'ー-、.__l.        _|_j..ィ'",r~_ィ-‐ー-、:、ヽ;l
    ノ' /:::::::::,r-、z--、   l`'ー、___  _,.。 '/     i'~r'ー-、  l.:i, j
      l:::::::::/  / 7ーl、_  (lj    ̄  r/)     }く~"'ー   j :j
      i,::::::〈     '  / 〉 ヽ     /      く`'ー   ./:/」
できる夫 「そうですね。
きっと僕は咲夜さんと打ち止めさんとソウルな繋がりを持っていたのでしょう。
そうに違いありません」
ナズーリン 「いやしかし、なかなか恋人を見抜けなかったのは失敗だったな
まあ仕方ない」
火焔猫 燐
       __ト_、
       `7 |::\         /`ア
       / |::::::::ヽ___  /:::::::/!
       >''"´ ̄    ` ''< 、 ' .|
     /   ,             ヽ |
    7   / |  ,   、 `ヽ|   ヽ
   ,'   /メ /  /|    ハ    ',    ハ
    |   ,| ァr'、/ /_/-|‐   |     |
    |   ハ|'| |_リ   ァ‐テァく!   ,'    ,'
   \/'7"      |  rリ) /   .(   橙にはお礼を言わないとねぇ
    ヽ人   、_    `゚" ( (  )  )
       (\  ` ー'   ノ ノ (  (   おかげでいい死体に巡り会えた
       ) 'ー---r/´`ヽ.<レ' )  )
      ( ノ ヽr/    \ ヽ   (   >┴-..、
       ) ) )7       | |〉  \/,. -─-、::ハ   
      , -‐‐- 、 |ァ‐- 、 __,..イ  |\  ,:':::/     |::::|
      し、 _//   ./     '、 〉/:::/)       し'」
やらない子 「>やる夫さん
だができない子はいなかった(きり」
平山幸雄 「夢求愛者1の文字を見た瞬間嫌な予感はした>秋穣子」
球磨川禊 「『やあうっかりさん』>穣子ちゃん」
柊かがみ 「繋がっても繋がらなくても別に
その時で方向性変えればいいだけだしね」
暁美ほむら 「幸せすぎてこう、つい手元が狂ったのよ。
今度は絶対暗殺してやる(ぺしぺし
>トーリ」
打ち止め 「まあ、状況的に即噛みでいいのです…が。
最終日会話したかったのでちょっぴり時間もらいました。霊界のみんなごめんね^^;

後、たわし様も待たせてしまってごめんなさいなのです。暗殺の匂いは感じなかったので後回しにしたのでw;」
高槻やよい
                            . --、
                             _∠_厶x  ヽ
           , -‐'´ ̄`>x _ .   -┴‐-<. 〉、__\
             /    r' _,ノ             `ヽ. } ヽ
         /    r'´厂/             ヽ. }
         〈    } r'〃     /        `ヽ  '. ー-、
         }_   r'/ /    〃    ,           '.  '.  }
       . '´   {″′   .′   /   i i         ト、 廴__
     /       爿 i     l !  _厶斗 |LL !  | !  !ハ     )
    〈       く  i | | 斗i'´/从」人__ノ_j_」_`ト l i  |  `¬ァ′
     ヽ、      ヽ.Ⅵ v   ,ィ          ト、/ l  .|    {
       ` ー- 、  }∧从    r≡ミ    r≡ミ,レ′.′|   ううー、もう少しその喋り方
          / /   Vハ   '.       ′   ノ /,イ!レ′  続けてほしかったですー!>ほむらちゃん
          `ア     ヾハ   ト、  (_`ア  .ィ 〃/ リ
              . '´ ̄ハ  |} >‐ァ≦千l {ル'
             /   { ハ |     ′} } l|/ハ
             .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i
               i      ト、 、二二´イ ノ i  |
               | i    V   ` ー― '´  v′ |
              l l    ∨ /         i   l
             |∧     ∨        |   !
             l ∧    '.        .′  |
             l   ヽ    ヽ  //  {   |」
トーリ 「うたいみそーちー! ってなんぞ?>ヒビキン」
やらない子
  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂      じゃあ落ちましょう
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'  iill     iill r::ノl:ノヽ
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:|   llll     llll  |/ゝ      村立て感謝、皆もありがとう。
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^|            ,'
: /   i.,':::::/lハ .、', |      ー '  _,ノ|        しーゆーあげいん。
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´| ̄
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |」
鹿目まどか 「>やる夫 は 鹿目まどか 暁美ほむら に愛の矢を放ちました

>やらない夫 は 鹿目まどか に狙いをつけました

これも円環の理の一種なのかなwwウェヒヒヒッwww」
十六夜咲夜
.   /⌒ /ヽ // /            /\    `
   / /  _ィ´/   l{  丶            \  /_
.  / /  i´ /    、}   ヽ \  -─      \
 / 〈   } 7     ハ    ヘ /`ヽ-─ _    `
 {  `  / l  /   /___ヘ  ト、 {'≠´─ 、ー/ _、
 ゝf´ ̄/ ノ| /  イ´_ -\ヽ ', ヽ彳 いu`ソハ \ ̄ヽ
  /´ l イ l /!   /´,≠示ヽl\ヽ   ̄¨~´  \/ \!
  l/  |/ | ヘ{ !  ハ,ァ´んuリ |  `ヽ    U   f\_ /
  ヘ.  |! ! | |  /へz=ゞ-'´  、         ヽ / 〈
   ヽ´|,ヘ! ハヘ /  |        , ─_、     /!{  l
       l |ヘ ヽ   ハ       ´ _      /!| l/∧   >燐
       ヽ! }\ l  | ∧              |t l ,'     本当に、私を地霊殿まで、運ぶきですか?
        冫ノ {|  !  ゝ _        /、_ Y´l´|_   
       /´/ ヘヽ | / ヽ  〉 ̄  ャ--< _|/:::\-./::::
     ̄   l ハ `ヽt  / /、   ⊥ヘ-、,_( _|::::::`;t:}::':::
         ヘ{ ヽ   \_!  lゝ,´ ∨}┴f´ _〉一::||::
          ヽ_\  八 /ヽ=_⊥,..-f´::{f:`!ヾゞ'Τ
        /    ̄  ̄_ヽ_}-/:::::::Y:::::::;ゞイ:::::ヽトー-l
       f´   _   /::::::::;ヽ:〉:::::::ト;:/:::l l::::::::::::ヘ」
双葉杏 「┌(┌^o^)┐ホモォ…┌(┌^o^)┐ホモォ…>できる夫

変態はまとめて隔離しておけってPが言ってた」
うずまきっていう 「よし、今度開始即でお前等に矢を撃たれる権利をやろうっていうwwwww
>トーリ&ほむら」
古手梨花 「わーい!とっても楽しかったのですよにぱー」
やらない夫 「マイシスターがクマーで腐っててすまんだろ・・・
このおわびはマイシスターを鍋にすることでどうか一つ納めて欲しいだろ>やる夫」
ナズーリン 「別に構わないだろうさ>打ち止め
恋色決闘とはそういうものを楽しむ所・・・のはずだからね」
できる夫 「            ___
           /      \
         /   ⌒  ⌒ \      いえいえ、どことなく不完全燃焼なだけですから>やらない夫
        /   ( ー)  (ー) ヽ
        |  u   ___`___     |
        ヽ、    `ー '´   /
     ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
       \ ヽ  /      \ ヽ /」
秋穣子 「それは生存恋人の権利だからもーまんたーい!>打ち止め」
「あう…納得しておく…です…>うずまき」
西行寺幽々子 「皆元気ね~
私はちょっと休ませてもらおうかしら」
たわし 「構わぬ。
私の恋人は早々に死んで退屈だったがな!>打ち止め」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  できない子もやらない子もそんな変わらんお
          \     `⌒´    ,/      そんなことは鍋れば同じことだお
          /     ー‐    \」
柊かがみ 「┌(┌^o^)┐
┌(┌^o^)┐」
打ち止め 「わわわっ……?
ってミサカはミサカは抱きつき返されてびっくりしつつも幸せを噛み締めてみたり…♪>梨花様」
エリカ
                  .....-‐━‐-...
                  .....:´:::::::::::::::::::::::::::::::`:....
            / ________::::::::::::::\
               /.:i´: : : : : : : : : : : : : : :ヽ::::::::::::::゚。
              ,'.:::|: : : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::::::::::::::。
           ,.:::::|:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:l::::::::::::::::::::i
              i:::::::l::::::/     .\::::::::::::|::::::::::::::::::::|
             |:::::从/::ヽ     r:::ヾj∨j::::::::::::::::::::|
             l:::::::::i ゞ:ソ     {::::ソ ./.:::::::::::::::::::,    繋がってる相手との間に恋妖精が悪戯しても非恋のメッセージは表示されるのですね
             l:::::::::l⊂⊃     ⊂⊃./.:::::::::::::::::::/
           レヾ:::ゝ、  v―ァ   /.::::::::::::::::/    少し意外ではありますが良い経験ができました
            ハ从リ`,ー、―,-´//iリ从/
               /λ i  i/ / /` 、
                 i 〈  .| ./ / /   ヽ
                |  ゙、__|/__/__/    i
                   ,|   .|ニ只ニ/.     |
.                /l   !:ゞレ'.:/      |
               ,' !   \: :/        .|
                i      У         .|
              /|       /        !、
.             /. : |.     \        ,': :ヽ
           |: : : \    /\    /. : : :i」
泉こなた
                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',    しっかしまぁ、久しぶりに来てみたら知らない人も結構いるのう
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |     またしばらく通い詰めるかなぁ
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
十六夜咲夜
              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、
       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\     では、今宵はこれにて失礼いたします
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ     皆様、お疲れ様でした
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!      お燐は、あとで地霊殿に行きますので
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_       さとりに宜しくお願いしますね
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \」
やらない夫 「恋人狙いならやっぱ鉄板だろ
というか俺が気分だけでもまどっちprprしたかっただけともいうがw>まどか」
暁美ほむら 「ごめんなさい>やよい
でも、のろいがとけないと、愛を囁けなくなるから。
まどか、がはら……大好き///(カァ
           .-─:...
.        ,.イ:::::::::::::::::::::::::::`::.、
.     ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !
     ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム
       !:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
      ,イ:::::::::::::::::/::::/丶::::::::::::::::::::::::\::::::ム
.    i::::λ:::::::/{:::/ニ氷ヽ:::`ト、‐-  ムー.┘
.     ヽ/ ヽ" .ハ////∧ヘヘ/ヘj
           └==/^^!~~~|_ヲ
          |8::/~~~|:::::/
          |8,′  |::/
             ~    ¨」
我那覇響 「そういうことを気にするのはやっぱりチカ姉の優しさだよなー。」
平山幸雄 「             /|  /|  /|
        /! ///|///|///,|
       /| |.|//// .///  /// |/|
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|    夢求愛者なのに刺したい先と刺さったのは僥倖だな
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!    ありがとよたわし・・・
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l  
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l   
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','」
西行寺幽々子 「エリカ、いつか弾幕ごっこしましょうね?
平山、一流になれるように己と向き合いなさい。

それじゃあ、『また来世』。」
ナズーリン 「そして何で変な虫みたいなのが沸いているんだろうか・・・」
トーリ 「最近は遠征が増えてたりするからな>こなた」
できる夫 「変態じゃないですよ?”僕は”>杏」
球磨川禊 「『それは嬉しいかも』『あまり会えなかったからね』>こなたちゃん」
打ち止め 「CPが速攻で死亡した女神は、暇ですからねぇ…w>たわし様」
火焔猫 燐
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|    さぁ? >咲夜
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´     
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧       運ばれたいのなら運んでやろう
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \       
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_      息抜きはできるが 生き抜けるかは 君次第、だけどね?
   } : 丶ヾ:::::::|i:i:i:´i:i:i:i:KljX}. //i/ __,/i:i:i:i:ハ _ :}: V: ヾ'::::::/: : :Y(ィX}__        
   ゙ヘー、: :ヾ::::|i:i:i|i:i:i:i:i:{LXノヘ'レzY_r‐z_j /i:i:i:i:i:i__V:`i'': : :ヾ:::}Y/: :/: :ヽ--、Xヽ  」
古手梨花
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : :ヽ.: ヽ: :\: : :.\
                / : : : : : : : /: : : : : : l: : : : : :|: : : :│: : :l: : : \: : :!
            / : : / : : : : l: : : |: : : :|.: : : : :.:|: : : :│: : :|: :|: : : :ヽ !   
              / : : /: ,': : : :.|: : : |: : : :|.: : : : :.:|: :_:.|: : :│ |: : :l/ |
          l: : :/.: :l: : :.|: |: : : |:___:.l|.: : : : :.:|´.: : :.| `: :j:.:.|: ::_|: :.│ にぱー初心者COなのです
          |: : | : : |: : :.|: |.: : :イ : : l|: : : _j|__,斗-イ: :_レ'´:|: :.│
.            \:| : : |: : :.|: |.: : :.レ-┘ ̄   ´ィ=≠<「: : : : | : : |
             └ー ト、:_j:└┬┘,x==   ,    ::::::. |: : : : |: : : |
                  | : :|`ー‐ト.、'´::::::   r ‐一ヘ    │: : : l: : : :|
                  | : :|:.: : : : :.ヘ.    ヽ  ノ   イ |: : : :| : : : |
                  |.: ∧ : : : : :| 个ー┬‐ -‐ <l入l :|: : : |: : : : |
                  |: ; : ヽ: : : : |:_j_:_,rく{ ̄以厂`> /`|: : : |、 : : |
                  |: l : .∧:.: : :「|::::| \}_/}{\_{ /  |: : : | ヽ: : !
                  |: l : :|:∧: : :| |::::|   く__ハ___>′ |: : : | │ |」
暁美ほむら 「や、やめなさいうずまきっていう!?
そんなことは絶対許されないわ! 絶対だからねっ!///」
高槻やよい
                                  /)
                                 く◎⊃
                          /`ヽ、     i/ヾ´
                          __/   _>、___ヘ_|r'⌒i      /`ヽ、
                       // /: : : : :.       ̄ `ヽ、   , く_/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      /: : :/: : : : : : : : /: : . /      \{    |           ハ
                     /: : : :/: : : :./:. : :.イ:.: : : ./: : . |   ヽ\.  L\_____/: : i
       /',、           〈: : : : : :i_____,イ>、/i/i!__: : /i_: : :| : i: : :.ハ:.:\ 〉: `ヽ、: : : : : : : \
     /  } }≧x            〉: : : :/': : : / __ `     '´`ヽ、ノi.__|: : :i: .i: : :`i >: : : : \: : : : : : /
     ,'  /./  `ミ≧x,       {:.: : :./: : : : i /r.ミ     r'、¨ヽ、 │ : |: :l:.:. :.:l{}:. : : : : :.ハ:.: : :.:./
      i___./ノ      V三7ァ、   \: :i: : : : : l { {:i!:|      |:i!ハ   } |: : :|: :| : : : 〉: : : : : (: i:.: : : :〉 それじゃ落ちたいとおもいますー!
       `<;';';';';;';'..    | {〉7ァ、 〈 |:.: :.:. :.,'  ヒr'     |:'':ソ   i |r..┴┴‐<: : : : : : : )l: : /  響さん、ほむらちゃん、後皆さん、おつかれさまでしたー!!!
        `<;';';';';..... ハ__ノ  }ヽ、Y| : : : / ''''''  '      `´  ´/         \: : : : : Y:.:.:.\
             `<;';';';';.....  ノ : :::>、__∧    r'⌒ヽ、  '''''' / |        ハ: : : : : : :.:./
                `<;'../::::::/:::::::::::::`ヽ、  V´  {ハ    i {           i: : : : : /
                   `v'::::::::::::::::::::::::::::: :: >、 `   ノ   ,∧ `           ハ : : /'
                     └─、___::::::::::::/::::::::`ー┬─ /i::::`ヽ、.       / )/
                          \:::::::::::::::::::::::::::::{\//\:::::::::`ー─‐ '/  ´
                           \:::::::::::::::::::/´\/\::::::\___/
                           `ヽ_:::::: /      \::::::::::::::::::∧
                             \{           `ー─‐´ 〈
                                i              /   \
                                |            \   i
                                |                 `ヽ |
                              ノ                 ト、」
鹿目まどか 「ウェヒw
いつものほむらちゃんだけど、なんか積極的になってるカモwww」
「…直感?>咲夜
良い死体って良いのか悪いのかわからないよ…>燐」
たわし 「ん、私が刺したところは一つだったのか?
夢が真になったのは、私のおかげと…」
泉こなた 「私は決闘ご無沙汰だからねぇ>トーリ」
やらない夫 「即死だと不完全燃焼か
そいつはドンマイだが、恋人は消毒されるべきだろ>できる夫」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  できる夫が言うならともかくやらない夫も中学生をprprしたいとか・・・
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
トーリ 「この初心者COは許せる(キリッ」
火焔猫 燐
           }l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       __        /;/,,,,,,,/;;;;;;/
        __}l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―::::::::::::::::::::::::::::::::: ー.... _/;/,,,,,,,,,,/;;;;;;/
     ___ r/: : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/メ、,,,,,,,,,/;;;;;;/
    {!: :':j!:_:_: : :ヽ;;;;;;;;;;;;/:::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::/;;;/、ヾ )/),,/;;;;;;/
   rァ:゙:_:j!: : : : :、: :);;;/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〈/:\     /;;;;;;;;! ヘ
   {!:く´: : :ー: : :ヾ;;/ .:::::::::::::':::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ_/: : : : : \  }r‐、;;;レ:_:_ヽ___
   廴ヽ: : : : : : : :シ′:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::< : ハ: : : : : : : ヽrヘ: : ̄ :丶: : : : l}__
    r': \: : : : ;.:::;::/::::::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::r/ .レヘ : /'|:/!:)!: }: : : : : : :\: : j!: :{{
    ゝ::´廴 : /://:::::::;::::|:::::|:::::::::::::;::::::::::::';:::::::::::::::::::{ ; l ∨ ' レ イ: \: : : : : : \{: : }
    /::;/: : : :/´: :/:::::::::|::∧:::|:::::::::::::!::::::::!::::!::::;::::::::「 ヽ ヽ ヽ ___/ / /_ ィ: :\_: : __/: ヾ:ゝ
   {:::{!: : : : : 、 : j:::i::i:::::|::|ー|、ヽ::::::::::|::::::::l|:::|:::::';:::::::ゝ `ー  (  ヽ' '´,≠:し⌒): : : : ): :_:_}_)
   人/`ーく : : : : |:::l::l:::::|::| ヽ:::ト、::::::|ー:::、l::ハ::::::';::::::::ゝ-- , ,`¨´、 ̄ >: : :`¨ニニ´:ヾXXX}
  l:::::{/:::::}l: : r、:|:::l::l::::;トゝ、`ヾ ヽ::l:||::ハ\|:::::::';:::::::r_‐ ´ /  ヽ ` \-- ヘ厂X)_:_:_jX厂
  {:::/:::::::::人_:_jX川:::!::::'⌒i㍉、'   l:l:|レ lj- ヽ:::::';:::::::';`¨¨/_, |  ) ヽrヽ`_:_:ノ:::||:}XXXノ ̄}
  ハ{::イ:}({XXXXX∧:ト、八 、 {;ハ  川jz=ミ、 ヽ:::|:::::::l!::::j:::|::´:ヽ厂ヽゝX\ヾ:://XX/XXj
  !::::/:::::「`ヾ,XXX/::::レ:::ヾ;l` ー '′  レ ´ | `itz廴|:::::::j:::/:}:|:::;::/XXXX\XXー<XX{<)/
  ゞ:{:::::::ゞ⌒ヾjX/ハ::::::://!   r::     弋 "ノ´|::::/::/_//:/.XXXXXXヽXXXX>)
 /:::ミ:/::ヽ   }X//´!/レ 八         ¨¨´//∨'/ _>/XXXXXXXX}XXX厂´
 !::::::j::::::}::j   `¨´  |{   '  ` /)丶 _, ィ ー=彡:::/‐ヾi/ くXXXXXXXXXゝr‐'
 ヾ:::{::::/:く、       `    / ' ヽ _,/)  .,...: レi′ '|   `廴 - 、XXX/:|      では ま オツカレサマ
  j`::∨八:ハ          / /  /,イ ̄ |:        | __{/::::::::j:¨¨´ノ:ノ   
  ヾ::::::{:::::):ム_         / / //ノ   j ̄ ̄'ヽ   ∨: :/:{!:_;/ーr― ´      また巡りくるぅ世界で会おうじゃないか
   \::ゞ::/:::::ヽ_ __   ノ, '¨´ //   __/___  `¨Υ/:::::::Y::::::::j∧       
    )ゞ/:::<XX`ヾ)_/.  '  /  /i:/´ ,x―-ミ_、ー V::::::::::j}::// : \       ――――――あぁ でも憑かれるモノは私が背負おう
   r、{:::::{::::::::::|\XX-┐}r、   ' `二ニつ /i:i:i:rx__ハヽ人、::::/'く: :´z、: /_    
   } : 丶ヾ:::::::|i:i:i:´i:i:i:i:KljX}. //i/ __,/i:i:i:i:ハ _ :}: V: ヾ'::::::/: : :Y(ィX}__         火焔猫は少し増えた程度では 気にしないものさ
   ゙ヘー、: :ヾ::::|i:i:i|i:i:i:i:i:{LXノヘ'レzY_r‐z_j /i:i:i:i:i:i__V:`i'': : :ヾ:::}Y/: :/: :ヽ--、Xヽ              それじゃ ツカレないように疲れな
   r、j: : \: }Ji:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:`つー⌒_ゝ≠../i:i:i:i:i:i:i:ヽ:}: :r、ー: ヽ}¨ヾ/ー: : : : : :}X } 」
我那覇響 「>ほむら

:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::lヽ::::::ヽ  やっぱり気持ちってちゃんといいたいもんな♪
/::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::/l:::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::l  ヽ::::::::::::l::::::::::::::::::::l  ヽヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::/ .、::::l::::::::::::::::::/:::::::::::l,.‐ ´ヽ::::::::l::::::::::::::::::::l   `ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::/  .、::l:::::::::::::::::/、::::::::::l    ヽ:::::l::::::::::::::::::::l 大好きって気持ちならとくに!
::::::l::::::::::::::::::::::::l l:::::::::/=‐- 、ヽ::::::::::::::/ .、::::::l ,.   ヽ::l、:::::::::::::::,::l
:::::::ヽ::::::::::::::::::::l'´ l::::::/    ` l:::::::::::/  ヽ:::l'´x≦三ミメ、、l/、:::::::::::l、:l
:::::::/:、::::::::::::::::::l  l:::l  _____ .l:::::::::/   ヽl≠"    ``l/ヽ::::::::l }l
、:::::l:::ヽ:::::::::::::::l   〉'≦三二ミメ、:::::/     ´ //// l〉,//ヽ::l '
::l::::l:::::::〉、:::::::::::l`x〃"      l:::/             .l´./:\}l、_
:::、::l、:::{ ,\:::::::l   ///// ヽ'   ′         .l,ヽ::::::::'::::::`::‐‐::--、________          ____,.---‐‐,.'´
、::ヽ'、:::、'  .\:::l           ,. --―.、‐‐‐ 、    l::::、ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::゙゙::::::::::::::::'"´:::::::::::::::::::/´
ヽ:::::::l::::ゝ  〈 \、 /ヽ   ,.</       .ヽ: :.l   /:::::、ヽ::::::::::::,.-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.-‐'´
..ヽ:::::::l:::::::\_` ,ヽ/  ヽ 、: /           }:/  ./、、::,::l l‐'´ ̄/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´‐‐‐‐‐-- 、 ____
 ヽ:::::::ヽ:::::::::::>'´    ヽ ヽ          ./ /-‐'ヽ、_/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::__::::::::,.:::-‐‐‐‐‐‐'´´´ヽ
  ヽ,.‐'´`ヽ'、      ヽ  ヽ、_       / ./       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
 /´      ヽ、     lヽ .、_  ̄     /        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
/     、    .`ヽ    l    ` ‐‐----'´/        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      \     .ヽ   .ヽ         l       /_,.-‐‐‐‐ .、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       .\     ヽ   ヽ,.-‐'l     l,、      /         ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         \    ヽ     l‐‐---‐'´/、   /            ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」
平山幸雄 「ああ・・・またな いい経験になったぜ>幽々子
球磨川・・・あー・・・まぁ楽しかったぜうん
つなげてくれてありがとなたわし
お前ちょっとしばく>うずまき  んじゃお疲れさまっした」
暁美ほむら 「ということで、お疲れ様。
まどか、がはら、それに矢をくれたやる夫やルー、絡んでくれたやよいは本当にありがとう。
……そしてトーリはくたばれ」
うずまきっていう 「んじゃ、お疲れ様っていうwwwwwwwwwwwwwwww」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  やる夫もだお>梨花
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
たわし 「そのリスクを抱えてこそのQP希望だ
初日に死ななかっただけましともいえる>打ち止め」
伊吹風子 「     /::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::\
    /:::::::::::::::::::::::/::::::::l:::::ヽ::::::::::::::、:::::::::::::\::::::::::ヽ
   /:::/::::::::/::::::::/l::::::::::',::::::::',:::::::::::::\::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ
.  /:::/:::/:::::/:::/::: |::ト、:::::::::\::::\:::::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ:::::::::::',
 /:::/:::/:::::/:::::l:::::::|::|ハ::::::::| ヽ::| \:::::::::::':::::::::::::::'::::::::::::l 風子、感動しましたっ!
 !.イ:::::l:::::/!::::::|:::::∧l ∧:::::l ` ー--\::::::l::::::::'::::::l::::::::::::l 愛の力ってすばらしいですっ!
  |:::::|:::::|:l:::::::l:::::| /  \',       \:}::::::::|:::::|::::::::::::l
  l:::/l:::::|::l::::::::ヽ|'      ヾ    z===、|:::::::,'::::::|::::::::::::| 今日はこれで落ちますっ!
  レ l:::::ト、';:::::::::l ,. ,.=、     //// ト、/::::::::|}:::::::::::! 村建て同村ありがとうでしたっ!
      ヽ| ヽ\::::',〈/   ////    |:::::::::::::::|::::::::::::l
        |::::\', //  、7´}      |::::::::::i´ `::::、_;::' ‐ ¨`!
        |::::::::lヾ       丶′    ,.|::::::::::i  . . : :::: ',   i
        |:i::::::|::::> 、        ,.ィ:´::|::::::::,.' . : : ::::::::::::'., . .', 秋穂子さんもまたどこかで会いましょう!
        ∧::::::|::::::::::::/7ュr_-__´__jヽ、|::::, ' . . : ::::::::::::::: '., . ' , -、
      /:::::ヽ::l:::/´r7´ |: : : : : : : : : : : }|:::'、   . . : :::::::: : . .', ,.'  ` ‐、
     /:::::::::::_レ::::::/   |: : : :_ : : : : : :/ !:::::::`iー .._ . ::: . _ .. - '、    , '
   /:::::,ィ'´ ̄、 l、:::::l    、/,. ヽ : : :/ ,::::::::::;' /`ヽ:,':::::::::::::::}    ',
    {::::( /\  ヽ| \l   /     \/ /:::::::://  / V:::::::::::/ '´ ` '´
   ヽ:/   \ |   |‐ ´  i ll i  ` ー- 、/'  /    V::::::/
    {       く|,.-、|    il!        il l! //    /  l:/
     l  、     |   |            /'      /  |」
打ち止め 「……性格なので仕方ないw;>うみゃさん」
トーリ 「あれ、天然クマーがいるぞー鍋だ!クマー鍋だ」
やらない夫 「俺だって・・・prprしたくなる時だってある
ぶっちゃけ闇鍋が二日間できなくて欲求不満気味だろw>やる夫」
双葉杏 「             \、 _____
               >-: : : : : : : : ̄: : : .、
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
            ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
              /: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : :',: : : :l
            ': : :./: : : :/: :,イ: : : : : :|: : |: : :.|: :|: : : :`ーァ
              | : : |:|: : /: : / Ⅵ: : :.:.:|: : |: : :.|: :|: : : : :{´
          /} : : |:|: イ: : /  {: : : :.:|\ト、: |: :|:.:.|: : :ヽ        杏みたいに決闘ばっかりで
            ,:': : : : |:{: !|: /-- 、 Ⅵ: : :|  ̄ \}イ: :.|-,: : : `ヽ
        /: : : : : 从:|{/     从\」 ____  |: : |) }: : : : : :      普通や鍋がご無沙汰という人種もだな。
          {:,: : : : : :マム  ===      ̄ ̄  |: : |/: : : :,: : :
        Ⅵ: : : :_,.-}:ム        ,        |: : |:{: : : :|: : :       …まあ人それぞれということかな。
       /ミ、:イ_,.-j:/人____  __,   イ|: :∧: : :./: イ
   ,イ ̄´: : : :/   //          ̄ ̄ ̄ ̄`/:/、⌒\彡〈_
    {: {: : : : : : {    {:/       _,. -  ¨ ̄ /:/ ̄`ヽ ヽ : : : : `ヽ
   乂,.ィ ̄ ̄ ¨¨¨¨}'ー  ¨  ̄        {:/         ',: : : :l: }
    〈,ノ/ _                       }'       イ: : : : /:/
      ゝ{_マ、....__,.. -―― ――     ¨¨¨¨¨¨    ̄´(: : : : :{: {」
ナズーリン 「まあしかし相変わらず恋色決闘でぼっちになると暇なものだな
喋るネタがない」
できる夫 「むしろ消毒してほしかったのは否定しません>やらない夫」
古手梨花
         ト、:.:.:.:.:.:.`ヽ、, _ -───---
          |:::\:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、___
          l::::::::ヽ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\:.:.`ヽ、__
          |:::::::::/: /: :/: : / : /: : /: : |: : : ヽ : : : V´ヽ:.:./}
             \:/: /:. :../: : / : /: : /: : : | ヽ: :ハ: : : :i_/:::/
           i| / : : /: : / : /: : /i: : |:.:|: : V : :| :.:.:.:!´: :::::/
           レ' : //.:__/ -/‐-/ }:.:.|.:.|: : : i: : i :. :.:|:::::/
          イij: //i : /LノL_.イ  |: :{i:十、:.:.i: : i: : : レ'´     みー?許せない初心者COがあるのですか?>トーリ
           /´|/i」└'iィ代テ}〉  \i」」__i`iト: :ハ: : :|
            /: :|: : : l'辻竺ノ     ィテ:ホ〉〉、ゝ': l:.:.:.|
             |: : |: : : i! xxx   ,   ヾミノノ,|: |:. :.|`ヽ}
             |: : |: : : |\    _    xx /,i :|:. :.|: : |
             |: : |: : : |: : :>r、 ___ . <: :l:.|:. :.|: : |
             | : ハ : : |: __|_/>、,ノ‐、_: : :|:.:|:.|:. :.|: : |
             |: :|: }:. :.|   >,=≠=、< >,-、|:.|:. :.|: : |
             |: :|/'l:.:.:| / `{'´ il `'}´/:/  \:.:.|: : |
             |:〈{ |: :.| l|  >-< /:/i|'´   }〉|: : |
          __l==z、}: :|ヽ|   `| |´ |::| //`  l: |: : |
            |:L/_:/ `l|: :l=ミi、  / /  |::|{     |}.|: : |
    ,r‐、     `>‐:/  ノ|: :|  |:} | |  //ノ      |:.|: : |
  /:.:.:./    |:.イ},___ |: :|  lル. | | {::| {      |:.|: : |
 ./:.:.:./      /' l/  ` |: :|ーヘ\} } !:|/`ー──|:.|: : |
 {:.:.:.:{      /  |`ー‐ ゝ:トへ_|:/{__{___l:|_`>──r´:.ハ从
 |:.:.:.:|       ハ/从 〉l|  V¨ ̄ ̄¨7     / /少'小,」
大柴亨 「さて。アベックたちのビクトリーをウォッチし終えたことだし、
ミーはこのへんでゴーホームさせていただくよ。

サンキューベリーマッチだエブリワン!またいつかトゥギャザーしようぜ!」
暁美ほむら 「初心者でLCPはいいわね。
おめでとう、梨花、それに打ち止め」
球磨川禊
                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-   『落ちるみんなはお疲れ様』
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、    『女子は全員』『裸エプロンで僕に傅け。』
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ    
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ   
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l
   ////////    ///////////r‐v//ハ」
泉こなた
               x< ̄ ̄ ̄>――― 7
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_
           /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:ヽ
        / ../.:.:/..:.:.´ ̄.X.ィ..:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.
          |/.:.:/ ..:.:.:.:.:.:.ィ.:/ !..:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:
.         / ..:.:/.:.:.:.:.:.:.:/ l/   !.::.:.:.:.:/`|ヽ.:.:.:.:.:.:
        /.:.://..:.:.:.:.:圷 乍气. /..:.:.:.::/ /イ..:\.:.:.
.       |.イ..::/.:.:.:./| { {て:::V '..:.:.:/    !.:.::|.:.:.:     かがみんが死んじゃったところで痛恨でぶっとんだらおいしいなぁ。
         |.:/..:/ ..:.:|弋辷 / /..::/  込≧!.:.::|.:.:.:
         レ.:∧」.:.:.:.:|    ̄ / '´   ん::V }.:.:/.:.:.:.
         |/..:.:.:|.:.:.:.:|          ゞ少 イ.:/|.:.:.:/      とか考えてたけど上手くいかんねぇ。これがブランクか
         |.:.:.:.:.:!..:.:.:l`>    ,      ・/.:!' l..::,'
         |.:.:.:.:.:!..:.:.:|' _」 > ┬‐..┬―< ..:! .l:/
         |.:.:.:.:.:!..:.:.:|::|_  /`ヽ/..:.:/.:.:.:.:|  '
         |..:.:.:∧:.:.: !::!   `/:::::::/..:.:/.:.:.:.:.:|
         |.:.:/:::::',:.:.:|::|   /::::::::/..:.:/..:.:.:.:.::|」
エリカ
            .......:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:....
         ....:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::、:::::::.\
        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::.
        .:′.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.: : : : : : : : : : :丶::::::::.
.      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: : : :._:_:_:_:_:_:_:_:_:_ヽ::::::::.
      ′.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : .´:::::::::::::/i:::::::::::::i::::::::::.
     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l´.::::::::::::::::/ .l:::::::::::l:|:::::::::::i
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::斗匕/  |孑斧リ,:::::::::::i!
   -=≦彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|:/   .レ',イ` l:::::::::::::|
     l::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::l从xく爪   〈ソ  l:::::::::::::|    悪戯先とピンポイントで繋がっていたら非恋のメッセージが表示されなかったり
     l::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::| <弋:オ     ヽ i/i::::::::::::|
     l::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::| i/i/       |::::::::::::|    はたまた別れさせてしまったりしたら鍋で面白そうなことになりそうなのですが──
      |::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::.ヽ         /.::::::::::::|
.      从:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::i     - ァ /.::::,::::::::;
       ヾ;从:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::|       /.::::/i:::::./    失礼、ここで言うことではありませんね
.          ヾ/ ヾルリ从:::::::::::::::l  _   _/.::::/ .|:::/
.          /´` 、    .\:::::::::l´/iノjノjノリハ/  レ′
          /           \::::|
.          /         `  、 ヾ!」
我那覇響 「ん、でもそういうチカ姉の性格、自分大好きだぞ♪」
秋穣子 「                         fYフ
                    _]L__,. -────‐‐、
            _,,...--──(__丿__):::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /\::::::::::::::::::::(__人__)、::::::::::,-、:::::::::::::::::::: \
          /:::::::::::::\:::::::::::::;:::`ー'、ノ、`ー' ∧`、___::::::,-─、:ヽ、
           /::::::::::::::::/\:/:::::::::::::::::::` ̄´::::`ー、ヽ:Ц´〕 }::::::ヽ
        /:::::::::::::/ /  \:::::::::::::::::::::::::::/´¨¨`ヽ:ヽ二二/::::::::::|
         |::::::::::::/ / /// / ヽ____/ /|  li \:::::::::::ヽ::::::」_
         |:::::::::::i / /// //,/_/|   /| -‐+、__ |!.| | \:::::::::::::::::::::\
        \:::::::li //,' /,/,7!/`1  / i   / | フヽ / l \::::::::::::::::::::ヽ
             \:|',' l , イ /!レ'テヽ| ./ l /¨¨ラミ 、|/!  |   \___」
                V |/!| l { f::::::|l/ /   fチ:::::::1、 ! / /!  |  |::::::::|  それじゃあ私もこれで!
                V. .|| !.,} Lシ         !   _ノ "l/l / |  / , |::::::::|  風子ちゃん!お話しできなかったのは残念だけど、あなたは立派な秋の巫女だったわ!
               \ ! '|Y    ゙        ̄   .///  |/  ,' |_ノ きっとヒトデもたわわに実る事でしょう……大儀であった!
             _ノ,;丶     fフ` ァ、     ___ノ  l / / //
             ゝ>三彡\  '   .ノ    ヽ____ノ / / // 
                `ゝ三三,,..丶、         ゝ-‐一'/ //
                    `¨¨,ィ'_フヽーァ== 、__ヽ二二_/
              ,. --/}ラ三--.V二二ンテシ''´ ̄ `丶、
              /   />、___/ ヽ____/       ヽ
.        ,,.-'´ ̄/  //∠,r-r-r-r-r-r-r、/::/          j
    _/      ` -'´/¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨|:::ト、        ´ `ヽ、
./ ̄ '´          /::/               |:::| \  r'´       \」
鹿目まどか 「ウェヒヒヒwAA準備する気力が続かないから落ちるねwww
やる夫は矢をありがと☆」
古手梨花 「そうなのですか?それじゃあ一緒にがんばるのですよーにぱー>やる夫
僕も負けないのです」
双葉杏 「実力初心者CO(キリッ」
トーリ 「その獣耳はniceboat>梨花
世の中には…初心者COの皮をかぶった修羅いるだぜ」
たわし 「じゃあ、私はそろそろ落ちよう
楽しかったぞ!」
やらない夫 「球磨川とじゃあなぁw
どんな顔していいかわからんとはこのことだろw>できる夫」
エリカ 「>こなたさん
それはブランクという問題なのでしょうか……?」
打ち止め 「人狼はリスクを負わないと、リターンは得づらいですからねぇ。
まあ、たわし様(もしくは刺した恋人)が初日死亡…は編成考えるならまずないラインではあります、ええw」
トーリ 「アレはそんなことをしない全裸でピュアな男だ>梨花」
大柴亨 「おおビギナーでラストアベックでウィンしちゃったと! コングラッチュレーショんだ!>古手梨花」
やる夫 「やらない子が鍋にしてほしいって確か言ってた気がするからその分をぶつければいいお>ない夫」
柊かがみ 「初心者COとぴゅあCOはほぼ騙りしか居ないからねぇ」
できる夫 「     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛   中学生ですか……ふーむ。個々として成長度合いが違うので一概にはいえませんね。
 /ノ  ( ●)   \  ・
.| ( ●)  ,      |      そうじて幼年期の女性は早熟ですから。なんらかのトラウマがある場合。それこそ中学生はババァだと
.|           /
.|      '~   /    言ってしまうようなパーソナリティになる場合も認められますし
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ」
打ち止め 「ありがとうー♪ってミサカはミサカはお礼を言ってみるっ>ほむら様」
球磨川禊 「『僕で入るとこんな矢しか来ないんだけどどういうことなんだろう』」
泉こなた 「ブランクなのさー、タブンネ>エリカさん」
古手梨花 「みー?そうなのですか?>トーリ
それじゃあ、そこのやる夫もそうなのですか?」
ナズーリン 「しかしたまに見るが、初心者CO騙りというものは一体誰が始めたものなんだろうね
もはや一種の集団芸にすらなっている感はあるが」
できる夫 「ザッツライト>やらない夫」
打ち止め 「ふふっ…ありがとうですようみゃさん♪」
古手梨花
         __/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
         /  . : : :/: : : : : : : : : : : : : . \: -  : : : .ヽ
      /  / ./ /: .:/: .:/: : : : : : :ヽ: : : : \: :`ヽ: : :ヘ
     〃 / :/ ,' : :,'. : .:| : : : :! : :|: :.', : : ヘ: .ヽ:./ : : : :|
     '/ :/ :/.:,': : :l: : : .:!: : : .:|: :.:|: : .',: : : :', : :}: : : : : :|
    /. .:/. .:/. .:!: : :|: : : .:|: : : :.|_」⊥.. _:}: : : :}/. : :: : : :|
    \:|: : :|: : :|: :.:.|:.斗-|: : : .:|___」ァ≠ュ、:r┘ :| : : : : : :!     えっと、ヒントは・・・アナグラムなのです
        ` 、:|: : :|: : :/ーァ:ュ、 ̄  ´ {:::: ;カ' |: : : :| : : : : : :i
         └-「 ̄「. {! {レム      辷:タ |: : : :|: : : : : : :!
          |: : :l:..',. 弋:タ          |: : : :| : : : :! : :!
          |: : :|: :ヘ.     `- '    j: : : .:! : :l: :| : :|
          |: : :|、l :.`:.. . _   ,.  ´ |: : : :|: : :!: :! : :! n  /7ァ
          |: : :| \: : : :ヽ: : .:「´__  '"|: : : :|: : :|: :| : :| l l. ///7
          |: : :|  \;.ァf¨¨Y´ ̄}  |: : : :|:::フヽ:r 、 | l////
          |: : :|   | /.::ト-'7ヘ._,ノ/|: : : :|/ ,  ヽ.ヽ   {
          |: : :|   /.:::∧/{ L..ノ   ,|: : : :| /   ゝ.   ノ
          |: : :|  ,/.:::/   { {.     |: : : :|/     l  ,′
          |: : :|  /.:::/   { {     |: : :/|     -|  l
          |: : :|厂`ヽ.    { {     |: :/.::|:  / /|   '.」
やらない夫 「よし、クマ鍋するか
やっぱりクマ鍋は最高だろ!>やる夫」
柊かがみ 「見た目がそうなら年齢は割りとどうでもいいかなって」
トーリ 「やる夫はよく知らないな>梨花」
球磨川禊 「『僕は初心者騙りを纏めてローラーすることに喜びを感じる側だけどね』>ナズーリンちゃん」
やる夫 「>初心者COの皮をかぶった修羅
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  こ、怖そうだお
          \     `⌒´    ,/     やる夫は梨花の胸に谷間に隠れておくお
          /     ー‐    \」
古手梨花 「みー、そうなのですか>トーリ」
泉こなた 「……ああ>梨花」
トーリ 「谷間ないな>やる夫」
できる夫 「ちなみに高校生が化石で大学生が石油でそれ以上がCO2だそうです>某一方さん」
古手梨花 「にぱー☆>こなた」
双葉杏 「やる夫もそろそろ初心者騙りだと思うの、最近普通村行ってない私が言うのも変だけど」
球磨川禊 「『はいはいダウトダウト』>やる夫ちゃん」
打ち止め 「こらちょっと待ってミサカの恋人に何をー!!
ってミサカはミサカは電撃でやる夫様を迎撃してみたり!(ぇ」
「初心者さんですかー、よろしくですー>梨花
そして、生存おめでとうですよ!>梨花、打ち止め」
やる夫 「球磨川でもいい矢は来るお。たまに。>球磨川」
柊かがみ 「突っ込みどころしかない件について」
トーリ 「それはご褒美だな>打ち止め」
ナズーリン 「・・・変な趣味もあるもんだね>球磨川
まあでも、このやる夫村界隈でも名前が出ただけでネタになる流れになる感じは
悪くはないとは思うね。本人はどうか知らないけど」
できる夫 「僕も初心者ですよ?」
古手梨花 「みー、僕の谷間に手を入れてもおもしろくないのですよ>やる夫
ぺったんぺったんなのです

それにそんなことをすると・・・・「転校」しちゃうのですよ(ニコ」
打ち止め 「橙様もありがと♪ってミサカはミサカは深々と頭を下げるっ」
やらない夫 「俺も普通村でなら初心者COが通るような気がするだろw」
我那覇響 「>やる夫

:::::::::::l:::::::::::::::::::::::::ト、:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
:::::::::::::,:::::::::::::::::::::::| \::::}\::::::::::::::::::::::::l\: \:::::::::::::::::::::、
::::::,l::::ハ::::ト、:::::::::::::| /\! `ヽ、 :::::::::::: |::::::`:::::\::::::::::::::::::\ おまわりさーん、ここにへんたいがー!
::::/{:/ ヽ:! \::::::: !´   /⌒ヽ、\:::::::: !__:::::::::::}::::::::::::::、\:::::\_   ,
:::{ `ヽ、_l  \:::|   /    (__) \::::!/ハ:::::::;':::::::::::::::::::\` ー― ´
:::|    ___   \           Ⅵ/ }:::/::::::::::::::::::::::::::\
:ハ   〃´ ̄   ´  ,..---、        }) /::/ }-,::::::::::::::::::::::::::::\
:::lハ(_。)       /  ∨ ヽ       /-'/ / /:_:::::::::::::::::::::::::::::::\
ヽ! ,ハ     /       ':,       /´ } / /´/::::::::::::::::::::::::::::.::::::::\
 _ { }     ∨          ',   ,.イ / / イ ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Y ヽ叭     ヽ           }  /:::! {  ! l {,.ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ ヽ人     、      _ノ ,.イ::::::/       / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
、 ',  ',! l>  . _ \_,...- ´ / !::::/     { /::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::
.ヽ ',  ',l⌒! /:::::>   _,... イ   |::::{      {/ ̄   \::::::::::::::::::::::::::」
泉こなた
           ,. ´  /     、   : :\: : : :\:.: : 丶、
          /     l      | \   : :\: : : :\: : : :\
         /      |  |   ト、 ___\   : : \: : : :Y´ ̄`\
        /  / /   ,/|  |   |´\ ` \ : : : : ヽ.: :∧
      /  //  |  ィ'"¨{  {   |   \  ヽ: : : : : :ヘ:.:.ハ
.     / / / / |   l/ ヽ、ヘ | ィfテテマk、 ヘヽ、: : ハ : l
    /  / イ  :|:   l,ィfテメ\ ヽl  | j::::}ハ }jト、,ハ: :ヽ:.:.:.l:.:.|     私は初心者COしても許されるんじゃないかなぁ。
         |/ l  ∧ 小{ j::ハ  \l、 レトr以 l| |ヽ|: : :|\|: :|
         l' |  |:∧八 Vl以   \`'ー‐' . | |: : : : :|: :|: : |
         l  !ハ :ヽハ ,,'"´ '       ""  |/ : :l: :.:|: :|: : |       許されるよねぇ、許されるはずだよねぇ
.          V| l: : :i::{     r_;      八 : l: .|.:|: : l
.           Ⅵ l : :.|:|> 、 _      ,. イ/ /: :/: :/|: :|:.: :l
          ヽ! !: :.|:| !: |: l:.:|`77ハ´  / /: :/: :/ :|: :l:.: ;l
             l: : !:! |: !: l:.:l,// ∧ / /: :/: :/  \! : :l
            |: :l:l !:.|: l:.:|| i / 〈./ /: :/: :/ /  ∧: :l
                !: |j l:.:|: l: j{ |,/  {/./: :/: :/ /  / ,ハ: :l」
エリカ
                              ........-―━━‐-...
                             ,...:´::::::::::::::::::::::::、::::::::::::`:...
                             /, -‐━━━━‐-ヽ::::::::::::::::::`:,
                            ,.::::/           ゙、::::::::::::::::::::,
                        /,..:´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:i:::::::::::::::::::::,
                            /.::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::::i
                       /.:::::::::::::::::::::::/ i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|
                      ,i::::::::::::::::::::::::_i  |::::::,:::::/:::::::,|::::::::::::::::::::::::|    では私もこれにて
                        /.|::::::::::::::::::::::::,'` l/j/i从/ |::::::::::::::::::::::::|
                         i:::l从::::::::/\/、__   .___,.|::::::::::::::::::::::/     幽々子さんにレッドさん
                         レ'i:::::\/:::::〈ヽ^¨¨` ,  ' ¨¨^.i::::::::::::::::::::/
                      \::::::::::::::::ハ   、_ ,   /:::::::::/::::::/      繋げてくれた方々、それに恋妖精のやよいさん
                          i\,、::::::::::::`≧o。_ , イ´从/ヽ/
                         レ´ \从刈\::,=i    ,!,=ー--- 、
                           , -――'´.,′ ,.ィ´/      \    ありがとうございました
                             /.  ,  /  !,.ィ´,.ィ´        ‘,
                              ,′/ / /,.ィ´    !       ‘
                          i/  //./     ヾ        ‘,
                           Y   / /       ´   l ,′      ‘,
                 , ‐,__     i   i  i  r‐ 、     ノi,'        ‘,」
やる夫 「◇トーリ 「谷間ないな>やる夫」
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  誰か!谷間がある人はいませんか!だお
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
トーリ 「やる夫のおかげで俺が全裸でも自然だな」
打ち止め 「初心者CO……ミサカはいつまで戻れば通るんだろ、ってミサカはミサカは遠い目をしてみたりw」
トーリ 「ヒビキンくらいかな希望あるのは>やる夫」
古手梨花 「みー、打ち止めはかわいいからいいのですよーにぱー」
ナズーリン 「私は普通村なら初心者村に初心者枠で入れるね
とはいえあまり気乗りはしないのだけれど」
「(アナグラムというヒントでわかった気がする…恥ずかしい…)」
できる夫 「ないほうがいいでしょうに常識的に考えて>トーリ>やる夫」
双葉杏 「            _//: : : /: : : : : : : :',: : : : : : : : : :ヽ
            ̄/: : : : : {: : : : : : : |: :|: : |: :|: : : : : : :.
          ': ,: : : : :.| : |: : : : :.|: :|/|: :|: : ',: : : : :.
          {: |: :|: : ∧:.|: : : : :.|/\lⅥ: : :|: : : : : .
             Ⅵ: {: /\_|{: : : : :| T≧ 、 |: : :|-、: : : : .
          |:|: :ト:{ ,ィ斥 ー‐ '  辷こリ|: : :| }: : : : |    谷間ってなんだ?
          |:|: :|ム { ゞ'  ,      |: : :|イ: : :/: !
          |:|: :ト }    ,.. -- 、    |: : ,': : : :/: : }    谷間の先発のことか?
          |:|: :|:人   {イ   },.ィ: :.|: /: : : :.': : : |
          Ⅵ:.{: : : ` ¨ィ¨¨ T ´  ト-j:/、__:\: : : :}     おハム的には多田野とか谷元のことか?
           /从---'/  |ヽ /  / /`ヽヽ='ハ
             /: : :|  〈    \     /     〉}: : :.
         ,: : : : |  ∧  Y   ` ¨¨ ´   、  / ヽ: : : .
          /: : : : j /  \{         } \ト、  ヽ: :}
          /: : : : / {  ,〈 |         |_   /   ノ:.:|
       /: : : : /  \ ヽ{ \      /〈 /  /|: : |」
古手梨花 「にぱー☆>橙」
球磨川禊 「『決闘によく来る中で一番経験が浅い地震があったからね』>ナズーリンちゃん>ローラー
『ただ最近は新しく来た人がどのくらいなのかわからないけど』『ま、僕は初心者だから』
『ローラーしても悪くないよね』」
トーリ 「アナグラムっていったら男の息子のあれだな」
やる夫
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\           シンシ
  / /// (__人__) ///\   できる夫が変態っていうふりがなを振ってたから
  |      `-'゙       |   やる夫は別に問題ないおね>響
  \           /」
トーリ 「息子じゃない男の娘」
打ち止め 「大問題だと思いますw<振りがな振ってでも>やる夫様」
トーリ 「おハム的には多田野とか谷元っがおにぃちゃんは分からないだよ>杏」
打ち止め 「えへへ…ってミサカはミサカは可愛いって言われてちょっと照れてみたりっ」
球磨川禊 「                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル   
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从          
                 / '´ ̄-、⊃          『梨花ちゃんのアナグラムの話が分からない僕はまだまだ初心者なんだね』
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_     
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!   『今年中に脱したかったけど無理そうだなあ』
           ル'//////////////////ハニ三彡イ   
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/」
古手梨花 「何戦までが初心者なのでしょうか?みー?」
ナズーリン 「しかし初心者か・・・
私は初心者の頃は迷惑と変なムーヴしかしてないな・・・
あの頃の事はさっぱり忘れたい。とはいえ忘れるわけにもいかない・・・
実に難しい所だ」
やらない夫 「そんじゃみんなお疲れさんだろ
それにしてもAA組で唯一ぼっちなのは、悲しむべきか喜ぶべきかw
しっと団的にはオーケーなんだがなぁw」
やる夫
           ____
         /      \
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) :::::::::::|  やる夫は騙されたのかお!
      \      `^´  :::::::/    やる夫は被害者だお!だから変態ではないお!
      /     ー‐    \」
双葉杏 「うん、わからないだろうなと思ってやったから問題ない!>トーリ」
泉こなた
                           ,,==二==、、
                          /       ヾヽ
                                   ヾヽ
                       _. .─:─-、_     l l
              ,-‐: :  ̄: : `:‐´: : : : : : : : : : : :ヽ    | /
            /:_:_: : ‐: : : : : : : : /: : : : : : : : : :`:ヽ.」/
          -´‐´´  /: : : : : : : /: : /: /: : : : : :, : : : : : : : :ヽ
                /: : /: : : : :/: :/l : :l : : : : :/l: : : : : : : : : : :ヽ
             /: : :/: : : : /: /-´┤、/: : : :// l: :l: : : : : : 、: : : :ヽ
                / // : : : : /: :/:/  l: /l : : : / ┤A: : : : : : :l: : : : :l
           '´  l : : : : /: /l/、__|/ l : : :/  l l l`:、: : : : :V: : : :l
                 l: : : : :l: :/l |T::::::::ト l: : l   l:l ヽ: : : : : : ヽ: : :l
              l: : : /:/: :l l lo::::::l  V:/  テ'ミ=、」、: : : l: : l: : l
                l: : :/ l/.: :l  辷り  V   b:::::::::://〉: : :ト: : l: /    ま、おちっかね。おつかれさーん。
               l: /  l l: :l     、 `  辷:::り/ /ヘ: ::ハ: l/
  ( ̄\        V    l:/: 、    ,、,、__     . l:ハ: :ノ: ヽl
   \_ `‐、,‐             l/: : :`>、_ `─ '     ,/:/: : l/: : :l`        縁があったら、またあおーぜー。
( ̄ ̄` ‐' ,/ , \        l: : : : //: :`>,‐-─,<:´: :/: : : ハ: : : l
  ̄ ⊃ , ‐,`    l_      /: : : : :/- '´,-'    l, ヽ: /: : : :ハ: : : :l           そんじゃ、ばいにー
. r ´, ‐、 ィ     l , ヽ    l : : : :/  /_  /  /: : : :く: : l: : : ヽ
.`‐´    フT  //、   /l: : : /  /   >´ /: : : :/==ヽ: : : :ヽ
     /  冫' //,l  /  l: : イ  /  /  /: : : : /彡彡=l : : : : ヽ」
できる夫 「ちょっと真摯(変態)なだけですとも」
トーリ 「各鯖で初心者村に初心者枠で入れるくらいまでだ>梨花」
打ち止め 「むぅ……プロ野球見なくなって結構経つから分からない…w;>多田野・谷本」
球磨川禊 「『多田野は谷間でもローテーションに入れることに驚いた』」
柊かがみ 「入る層とかもあるからねぇ
…TDN」
古手梨花 「僕も黒歴史があるからわかるのですよw>ナズーリン
でも、そういう苦味を噛み締めるから人に優しくできるようになるのだと思いますなのですにぱー」
トーリ 「そうか、杏は賢いな>杏」
打ち止め 「あ、ミサカも分からないってミサカはミサカは挙手してみたり>アナグラム」
柊かがみ 「じゃ、お疲れ様
また今度遊びましょう」
古手梨花 「なるほどなのですよーにぱー>トーリ」
双葉杏 「アナグラムは杏もわからなかったぞーノ」
打ち止め 「最初の頃……無茶しかしてませんでしたね(遠い目」
やる夫
     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  (できる夫がいいことを言ったような気がする
/     ∩ノ ⊃  /    (しかし、賛同者が少ないのはなぜだお・・・
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
古手梨花 「みーwないしょなのですよにぱーw」
泉こなた 「梨花のHNをひらがなにしてならびk(ピチューン」
ナズーリン 「しかし苦しみをバネに力を求め続ければ人とかけ離れた存在になる・・・>梨花
どのようにするのが正しいのか、とても私には分からんね」
トーリ 「アナグラムってのは多分、一定範囲の人で分かるインゴに違いない(キリッ」
できる夫 「あなぐらむ?」
トーリ 「あー」
「に、にゃー…>梨花
それじゃ、私も落ちるね
村建て&同村ありがとうだよー」
古手梨花 「それでも、僕はナズーリンのことが大好きだから問題ないのですよにぱー>ナズーリン
正しいとか正しくないとは別に関係ないのです」
打ち止め 「橙様、お疲れ様ですよ~」
トーリ 「アナグラムは解凍方法か」
双葉杏 「正確にはアナグラムという言葉はわかるけど
何をどうアナグラムすればいいかが、だったけど」
打ち止め 「(変態)が入ってるからじゃないのかな?ってミサカはミサカは答えてみるけど>やる夫様」
球磨川禊 「『できる夫ちゃん…』」
ナズーリン 「アナグラムなら本当に分からない人間にしか分からないだろう
暗号というものは大抵そうだ」
トーリ 「というか…騙したなー!俺のピュアな全裸を傷つけたなシンジとゲンドウのように!」
古手梨花 「みー☆>トーリ」
できる夫 「……おや。なんですか?なにかあったんですか?>球磨川」
やる夫
         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \
     |     (__人__)     |  (みんながもっと真摯になればこの世はうまく回る気がするお・・・!
    \     ` ⌒ ´    ,/
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /
トーリ 「とまぁー分かると流れがいつも通りダナ」
古手梨花 「ぴゅあCOを信じてはいけないとさっき教わったのですよにぱー」
トーリ 「だが、全裸ピュアだ(キリッ」
球磨川禊 「『いや真摯になってるなって』>できる夫ちゃん」
ナズーリン 「しかし観戦スレの方ではこんな時間だというのに修羅達が・・・
やはり休日付近は賑わうんだろうね」
トーリ 「最近、村の建つ時間がマチマチだからな>ナズ」
古手梨花 「明日がおやすみというのもあるのでしょうね」
球磨川禊 「『え』『明日が休日だなんて知らなかったなあ』」
やる夫
         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    そこのトーリは騙りだお!
      \      ` ⌒ ´  ,/     対抗全裸ぴゅあCO!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |」
トーリ 「明日は祝日だからな」
トーリ 「な、なんだとー対抗がいるなんてー>やる夫」
できる夫 「              ____
             /     \      その通りですやる夫くん。もっと真摯に。他人の見解(せいへき)に流されて賢者を気取るくらいなら
           /  -     - \
          /   (●)  (一)  \    自力で見解(せいへき)を切り開く愚者であるほうがいいのです。
         |      __´___     |
         \      `ー'´     /
         /     ∩ノ ⊃   /      
         (  \ / _ノ |  |
        . \ “  /__|  |
           \ /___ /」
双葉杏 「勤労に感謝する日だねー
働かない杏には関係のない日だお」
打ち止め 「……休日?ってミサカはミサカは首を傾げてみるけど
←明日もフル稼働です、たまにはお休みが欲しいw;」
古手梨花 「ふぁいとおーなのですよ(なでなで)>打ち止め
僕が応援をしたげるのです」
やる夫 「勤労感謝の日かお」
打ち止め 「ありがとー♪ってミサカはミサカは梨花様に言ってみたり!
うん、元気出た。明日もミサカはフルパワーだーってミサカはミサカは言ってみるっ」
球磨川禊 「あっ」
できる夫 「            ____
           /     \
         /  \   / \      当然じゃないですか。割と僕は真摯なんですよ。
        /  (●)  (●)  \
       |       __´___       | キリッ
       \      `ー'´    /   明日、というか今日が休日で地味にテンションが上がってるのもありますが>球磨川
       /     ∩ノ ⊃   / 
       (  \ / _ノ |  |
      . \ “  /__|  |
         \ /___ /」
トーリ 「一番、今の日本人に合わない祝日だよな」
ナズーリン 「まあ休日といえど休めるとは限らないのがこの社会だけどね
それを抜きにしても、日本人はよく働きすぎだと言われているけど
実際どうなんだろうねぇ」
球磨川禊 「『わかった衝撃で思わずカッコが外れちゃったぜ』」
やる夫
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   みんな、どっちが真か決め打ってくれお!
      \      |r┬-|  ,/   >全裸ぴゅあCO
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l」
打ち止め 「それにしても……
何でミサカ鍋から『正義の味方ミサカブラーック』って発想にたどり着いたんだろう私。疲れてたのかなぁ…w;>開始前のやりとり」
双葉杏 「勤労に感謝すべき日に働かされるってのもおかしな話
やっぱり働いたら負けなんだな…」
打ち止め 「どっちも偽で(マテ>やる夫様」
トーリ 「サービス業はぶっちゃけ質は高い分あってるとは思う>働き過ぎ>ナズ」
古手梨花 「みー、きっと僕と繋がるためだったのですよ、にぱー」
球磨川禊
         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州      『そこで明日も平日なのにここにいる僕に一言』>できる夫ちゃん
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }      
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{       
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}       
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!       
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////」
やる夫 「そういう時は全裸になればいいってトーリがいいてたお>ミサカ」
古手梨花 「>打ち止め」
打ち止め 「うん、そうだねーってミサカはミサカは頷いてみるっ♪>梨花様」
トーリ 「モザイクがかかってない全裸ってダメだと思うの>やる夫」
球磨川禊 「『両偽で』『初日だったんだよ』>やる夫ちゃん」
古手梨花 「すごいのです、打ち止めは予知能力があったのですよーにぱーw」
打ち止め 「脱ぎませんw
と言うかさり気にトーリ様に押し付けないw>やる夫様」
できる夫 「           / ̄ ̄ ̄\       ……あしーたーがあるーあしーたがーあるーあしーたーがーあーるーさー
         /        \
        /    ─   ─ ヽ     >球磨川
        |    (●)  (●) |
        \  ∩ __'__/777/    
        /  (丶_//// \
                         」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  真の全裸ぴゅあはどこにいるんだお・・・
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
双葉杏 「逆に考えよう
そもそも「ぴゅあ」という役職に発生保障はあるのか?」
ナズーリン 「しかしこういう話をしているとどんどん話題がズレていくものだね
まあ、討論でもない以上、そうなるのは仕方のないことだろうが」
やる夫 「諏訪子が全裸ぴゅあだったのかお!!>球磨川」
双葉杏 「もしかしたらここは鍋なのかもしれない」
打ち止め 「おおっ、ミサカにまさかの多重能力が!?ってミサカはミサカはわなわなしてみたり!」
トーリ 「ピュア=プレイヤーの騙り力かなって!」
古手梨花 「そもそも、ほんとうにピュアな人はぴゅあCOしないってえらいひとがいってました」
打ち止め 「さてと……
では私はそろそろ失礼しますね。皆様、おやすみなさいですよ♪」
球磨川禊 「『とりあえずこっち見て言おうかw』>できる夫ちゃん」
トーリ 「はぁー無我の境地」
できる夫 「おやすみなさーい>打ち止めさん」
ナズーリン 「おっと、打ち止めはお疲れ様」
球磨川禊 「『…アリだね』>やる夫ちゃん」
打ち止め 「雑談状態ですからね。
ken様辺りがいれば『クマ鍋』で話題戻ったりするのですが(ぇ>ナズーリン様」
古手梨花 「打ち止めはおつかれさまなのですよー」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  やる夫は対抗でCOしたからまだ可能性はあるお・・・>梨花
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \」
球磨川禊 「『打ち止めちゃんはお休みー』」
打ち止め 「諏訪子様いないからってそこw>球磨川様、やる夫様」
トーリ 「クマーに逃げられたからなうん」
トーリ 「身代わり君のことだと思うだ>打ち止め」
ナズーリン 「昨日こういうものがあると知って
他の決闘ログも見てみたら見事に雑談だったのは驚いたね>打ち止め
まあ、こうやって雑談ができるくらいに平和な空気なのだろうさ、この界隈は」
球磨川禊 「『初日の方だからせーふせーふ』>打ち止めちゃん」
双葉杏 「杏もそろそろ落ちるとするかなー。
ねむねむ。村建て感謝、同村お疲れ様。」
打ち止め 「ではではおやすみだよー!ってミサカはミサカは村を後に……

あ、去る前にもっかい。ってミサカはミサカは梨花様にぎゅってしてからその場を後にするっ♪」
ナズーリン 「ん、杏もお疲れ様だ」
トーリ 「議論するほどの話題もないし駄弁るけど
辛気臭い話は面白くないからな>ナズ」
古手梨花 「みー、それじゃあ僕も落っこちるのですよーお疲れ様なのですー
僕も打ち止めをぎゅーなのです」
球磨川禊 「『杏ちゃんもお疲れ様』『矢をありがとう?』」
できる夫
                ____
               /―  ―\        まあ、あれですよ。明けない明日はないのです
             / (●) (●) \
            /     __'___     \     >球磨川
            |      `ー'´      |     
            \            /     」
打ち止め 「決闘自体が勝敗そこまで関係しない村ではありますからね。
終了後の話も必然こうなるのです。平和なのが一番>ナズーリン様

ではではですよ~」
ナズーリン 「おっと、梨花もお疲れ様だ」
やる夫
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     女の子同士のぎゅっはセーフなのに
(  \ / _ノ |  |     どうしてやる夫はアウトなのかお・・・
.\ “  /__|  |     この世の不条理を感じるお・・・
  \ /___ /
トーリ 「明けない夜にしようぜ>できる夫」
できる夫 「全世界ナイトメアですねわかります>トーリ」
球磨川禊 「『梨花ちゃんもお休み』『打ち止めちゃんを独り占めできて羨ましい限りだぜ』」
トーリ 「ナイトメアでも寝ていられるなら天国だな(キリッ」
球磨川禊 「          ,ィ≦爪マムマムミム、__
         ,ril州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        ィil州州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        i!ソリl州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、
        リjネィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、
        イ州州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ   『大変だ』『残ってる面子がナズーリンちゃん以外華がない』
        ,ル州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、
          .lr.、マ、     .}     i|ハ!       
          .!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′
            l从}.ヽ.、` _, イ_
          |l二ニ===┬┴≧                           __
          .,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,___
.       ,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、二ニ≧
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―─‐}
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄ ̄´
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
    f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////
  .///////////////>zイ////////////i   `ヾ////ム'/////」
ナズーリン 「割と悪夢というものは苦しいらしいけどね>トーリ」
やる夫 「脳内補完しかあるめぇ…虚しいけどお>球磨川」
トーリ 「でも、働かないなら大丈夫だ問題ない>ナズ」
トーリ 「饅頭怖い理論んでナイトメアを乗っ取る」
ナズーリン 「まあ正直な話睡眠はある程度ちゃんと取らないと割と体にくるからねぇ

昔、睡眠時間は無駄だと思いできるだけ減らそうとしたが
見事に体が言う事を効かなかった。睡眠の凄さを思い知ったよ」
できる夫 「悪夢で飛び起きたのは人生で一回しかありませんねェ。貞子みたいな白装束の
幽霊の女性に天井から襲い掛かられた時しか」
球磨川禊 「『悪夢、悪夢ね』『夢自体あまり覚えている方ではないからわからないなあ』」
ナズーリン 「悪夢で起きたことは私はないかな・・・
たまーに悪夢を見て苦しい感じになることはあるが」
やる夫 「やる夫はあんま夢見ないおねー
そういう意味じゃ、羨ましい(?」
トーリ 「夢は惰眠のときに見るのが楽しいないろいろとできてゲヘヘ」
できる夫 「最近見た2度寝した時に見た夢がジュラシックパークとマツコデラックスだったから。
まともでこのぴゅあはーとを満たすような素敵な夢はいずこでしょう」
球磨川禊 「               xzzzzzzx`ヽ>
       `ヽz==彡洲州州州州≧州―x、
       `フ洲州州州州州州マ州州州ヘヽ
      ィ彡州州州州マ州州マ州州从州ム从
      xイレ州州州|i! マ州|i!V 〉く从州州州∧
    イ㌢´イ从州州',\ママル ´イ'斧圦 州州州
       .从7从州V/斧i ``  ヒソ/リ州州从
      イレ |i V从从. ヒソ |    ~ ´从州乂乂
       V | V从从   , ――r  ´ / ADノゞ 『唐突に限界が来たのを感じたので僕は落ちるね』
       !  / ノ'|ヘ   V::::::::::!   x-イ´
       ',      ヘ,   V:::::::ノ  イ 不ヽ
               >x `~~´ イ´_|__       『せっかくだから語っていけばいいんじゃないかな、誰か』
             __   」ィ三 ̄ ̄  ,x―片`ヽ
            V ヽ,/  _-=三フ三三/三/\   『じゃあ、村建て同村感謝するぜ』』
             トi  i!  |三三三/三三V三三三ヽ
           _彡V|  i!  |三三/三三V三三三三,ヽ   __
     ,-=≦三三三\_i!/三/三三三/三三三三三>イ´  ヽ
     |三三三三三/γヽ三三三三三三V三三三三イ   _ _ヽ
     |ヘ三三三三三ゝイ三三三三三三ム三三三/   ヘ 副 __ヽ
     |∧三三三三三三三三三三三三三>三V   /ッ/  イ:.:.:.:./
    f彡V∧三三三/γヽ三三三三三三三三三/   ./ッ//三三K'
    j三三∧三三三/ゝイ三三三三三三三//./     ̄/三三三三弋
   イ三三.∨三三三三三三三三三三三/   \   く三三三三三三
_/三三三三!三三三三三三三三三三/      \_/:.:.:.>三三三三三三
ナズーリン 「ん、お疲れ様>球磨川
しかしできる夫の夢は何だそれは・・・ジュラシックパーク×マツコデラックスとか
カオスでしかないぞ・・・」
トーリ 「マツコの顔した恐竜とか怖いお」
できる夫 「ふむ、もうこんな時間ですか。私も落ちさせていただきましょう。皆様。
同村感謝いたします。また縁が合ったのならば、よろしく」
やる夫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  やる夫も(適当に)作業することがあるお
          \     `⌒´    ,/    騙りは任せたお>できる夫
          /     ー‐    \」
できる夫 「いや、第一幕がジュラシックパークで第二幕がマツコデラックスだったんですよ」
できる夫 「じゃあ夢について語りましょうか。寝る前に」
ナズーリン 「ああ、なるほど>できる夫
てっきり恐竜サイズのマツコデラックスが
ジュラシックパークで暴れてる夢かと思った。早合点はよくないな。すまん」
やる夫 「寝る前に夢について語るとか響きがかっこいいお・・・」
トーリ 「夢は落ちたり追われたりできるのが面白いからな」
できる夫 「どうせならAAも使っちゃいましょう。どうせ夢の話ですし。
いっそのことちょっと脚色したりして」
やる夫 「夢の中の自由度は素敵だおね」
ナズーリン 「とはいえ自由に見たい夢が見れるかというとそうでもない
実に難しいものだよ」
やる夫 「拘束されている状態の夢を見たような気もするが覚えてないお」
トーリ 「夢で体験できるってことは頭の中でイメージできるってことだと思うだよな
落下の感覚とか体験していると強烈な夢なんだろうな」
やる夫 「やる夫は半分寝てる状態の時によくあるお>落下」
ナズーリン 「しかしこんな時間にまた普通村が建つんだね
ある意味すごい事だ」
トーリ 「夢でベットから落ちそうになって目が覚めることはあるな
夢では落ちるだけと普通に寝てることとかも」
トーリ 「早苗と真紅で並行立ちかいw」
ナズーリン 「落ちる夢は・・・本当に子供の時によく見た覚えがあるな、私は」
やる夫 「ジャンキー復活かお?昨日の普通村が1村しかたたなかったことが幻だったかのように」
トーリ 「村が建つ時間がな19時台だと参加しにくかったりするから
20時過ぎだといいだけどな」
できる夫 「とりあえず第一幕はできましたー!」
ナズーリン 「・・・うむむ、すまん、眠い
できる夫の夢の話も気になるが、私はそろそろ退散することにする。お疲れ様」
やる夫 「やる夫も21時くらいからは参加できるおねー
19時台の村が終わったくらいに四条でも立ったりするからそこらへんが微妙だおね」
できる夫 「まあせっかく作ったんではっときますね?」
やる夫 「御疲れだお。胸に谷間ができたらやる夫を呼ぶといいお>ナズ」
やる夫 「できる男だといつも思っていたお!>できる夫」
できる夫 「チャーラー、第一幕 ジュラシックパーク」
できる夫 「        ,.        ,. - 、,.-‐‐-.、-,,.. -- :''''ニ_"ヽ、
       ./.i      ,/r'',ニ_-.=,,,--‐'' ..;;;:...  `"''ヽ、ヽ
      ,/ i.     ,/ ,, .!::i i.ノ;:;:: : : ; :  .,,,;::::: __ _ ___'.y'i
     ./ /     ィ,, ,,.ヽ::~;:;:';'; :  ,,,;:::''' ,,.t-r‐i-r-nm'   
   ../  /      ,!, ,, ,, `  _,,,,....,..,,,.._rテT、iVヽ'.''.''.'ィ''’
   /  ./      ,!' ,, ,, _,,.-i .i ハ' V ー'``:::::::::::;、i、!ヾ ,
 ./  /       ィ ,,  ,,、くヽ、i .レ’;;;、--、マ/7:r,iヾ   .,
/  ,/        ソ ,,  ,' ヽ`ヾ! ,(´  ヽ .ヽ:ヾ,! ,,.''.....'," ''
   ,/        '.i ,,' ',, ',  `!.Vj ヽ  ヽ、!、_'A',.,,.'""  ,,        _,,.
 ./          !,   ,,'、  ヽヽ'Yiヽ、 ` `)ri,,''           //     ,,.
/    _    ,...、 .!! ,,  , '' ..,,_ ヽヾY_i-,、-:''ヾノ、 ,,        / i    ,/
    ,.-、ヽ  ,.1  ヽ ',  ,,  ',, , ::::-.._`ヽヾjrvvVYノ、    ,'7''ヽ、./!  ヽ  /ヽ、 /
   .!  .i i ( !,-、 !', ,.ァ-、 ',,  ,,::::::::::-.._` '''''"´.ノ  ,,   .iヽ、  !.ヽーイ .ノ  .7
   .i、 // /ミ /ヽ!-'/、 !  ,,' , ,, ::::::::::::::ヾー--''      !,,.. ヽ i.r' =i/ ,.. -'
    !、 ! .i ! _,,,.レ'ヾ ,、,i .!  ,,', , .: .: :::: ::::::ゝ        .ヽ、,,.`ヾ  ミ /
    .i.ヾ.=V`  ,:'ヾ ,.ノ  !/   ,  ,   : :  .i          .! , ' '   ./
    ! ー .! - , ./,, ,, '  ,,' ,  ,  , ,, ,  !          ! ,, ''  ''..j
     ! ー '''_ / ,:', '  , ,  ,, '  ',. ',, , ,  .i           .、 ー ‐ /
     .ト --  i,, ',' , , ' ,',' ,,  '',,'  ,, ',' ,'' , , !ー--‐ 、      .! =  (
     !',, ´  .!' , ,,     ,, ', '' , ,,' , ,' 、',.   ヽッ   _ ,!  ,.  .i
     /  ',   !'',,', ,,',''      ','' ,' ''  '' ,  ',  ,, '' ー、,.:'/ /     ノ
    ./  , -'' ,/,,   ,' '      ', '     , '   ',. , '''   ,'','",'  ,ィ''´」
できる夫 「               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
            〉‐く_ :  u              ヽ、       
.         /〉  / ,ハ :        ,./     ヽ、
.        / /  /  厶     ゞ-‐´          ヽ、    ………
      / /  /  /  }: :::::::::   ,.斗ャ七´      ヽ
.     / /  /  /  厶 :::::::  ≠===    U   ヽ.
..    / /  /  /  //                   i
.    / /  /  /   ′                        l
.    / /  /  /  ′                     l
   / .ノ ノ  ノ   !                   ij       /
  {         {....    ─ -‐'           /
   ヽ           丶                   /
    ヽ        ヽ                  /」
できる夫 「       _,..;-―-.、                                  _,,..  -―,,..=― -
 r'‐¨¨ ´ .;㌢:.;:、.;:;:ヽ                           _,,...-'':_;,. ‐ ''"´
 ''"''-'' "':;フ .:}_゙:、;:.;:\    _,,...-―- .,,__,,...,,_      _,,.. -;:.;'';:;´.;: ‐''"´
       〃/ ヽヽ:.;:.:.`ー'"´.:.:.;:.;:.;:.;:.;:.:.;..‐';:.;:. :´ ̄`:.´:.:.;:;:;:._,,..‐''"´
     /',:'      ヽヽ;:,.‐'.:.:.;:;:.:.:.:.;:.;:.;/.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.;:. ' ,..‐'"´
    rシ       \.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;/.:.;:.;:.;:.;:.;:._,..::' ┌ '
              `、_ー,,.ァ ,;;);{.;:.;:.;:.;:<.:.:."  {
               ,ri´_,;;ャ;"ー- .,,__ .:.:.\ ノ、
               l i!. ヾ_エソ    ` ` _;;、ヾ、 `:,
               }';ヾヽ., 'ァ_,     ´`)`y:.:〕、 `ヽ..,,_
               ヾ!`i  `"      f:/ f   `ヽ、`:.、
                 `ー         ヽ:.〈、   ,r_'‐x マ='
                             ';λ   ´ `‐‐'i .ノ
                             '、i´     ,.-' :'
                                  f┴ ''」
できる夫 「                  ___
                 /      \       ………
               /ノ  \   u. \
              / (●)  (●)    \
              |    __´___    u.    |
              \ u. `ー'´       /
              ノ           \」
できる夫 「             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::
    ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ダダダダダッ
できる夫 「 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;;;;,,,,;;,;;';::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _______________:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/' \::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,,,,;;;,,,,,,;;   (あ、あのポールを登って屋根に逃げよう!)
     ○     /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/  \ \:::::,,,,,,,,;;;,,,;;;';;:::;;;,,,,,,,,:::::
 ;;ミゞ,   ||  /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;/     \ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ;;;ヽミゞ;,;||;/;:::':::;:::':::;:::':ノヽ;:::'::ミゞ`;;:ノ;ミゞ;:::':::;::::;:::/     ロ   \ \: : : : : : :: :: : : : :
 ";"ミゞ:; ||, ̄| ̄ ̄ ̄ 彡ヽミゞ:ノミゞ;ノ:;ミ;  ̄ ̄ ̄|           | ̄
 ノミミゞ:; ||,  |  |ニlニ彡ヽミゞ:ノミミゞ;彡 ミ lニl  |     lニlニl   |
 ;;ノ彡ミi ,||ゞ, |  |___l;彡;;i;ヽミゞ;ソミ;;彡::ノミゞゞ__|゙ |     |___l___|゙   |    ;":;;:
 ノ;ヽミゞ゙||ミ;;ゝ    ノミヽミゞ;ノミミノノ;;ii;;;ヽミゞ,   |   iニニニニiニニニニi  ;::;;":;;';; ;":;;
 彡|l!:ミゞ||.  |  |ニl'ノ彡ii;ミミヽミゞ;;彡|l::lニlニl  |   i :::┌─||;i:::: i | ||  / ̄ ̄ ̄ ̄
   |l!   ||.  |  |___l___| .|l!   |l! ";:;|l |___l___|゙ |   i ゙ |i:i:i:゙||:|  i | ||   | ̄ ̄ ̄;":;;
 _|l! _||_.|_________lii:____lii:___|l!゙____|__i___|i:i:i:゙||:|_i.._| ||______
 _|'ll:,__|_|________,|'ll:,__,|!li,____,|ll:,_____________________
 ============================================== 」
やる夫 「ぶwww」
できる夫 「 |             ||
 |            γ ヾ __
 |            (  ソ/   ι\
 |            /丶 \○):::(● ノ\
 |          | |  |\ \:::::_'__::::::::::|    よし、行け……
 | |   |     ||/ソ | ヽ  \ソ  /
 | ||   ||ヘ   /      ソ   ヾ_/
 || \/   \/ ι    ハ  |/
 ||   /ヾ、     | ι    /
 |ヾ_ノ |  \   ||  |  /
 |    || /\ 冫    ||/
 |    / ヽ ソ    /
 |    (_ ハ     /
 |       ヾ _ノ
できる夫 「       _,..;-―-.、                                  _,,..  -―,,..=― -    キシャアアアアアア!!
 r'‐¨¨ ´ .;㌢:.;:、.;:;:ヽ                           _,,...-'':_;,. ‐ ''"´
 ''"''-'' "':;フ .:}_゙:、;:.;:\    _,,...-―- .,,__,,...,,_      _,,.. -;:.;'';:;´.;: ‐''"´
       〃/ ヽヽ:.;:.:.`ー'"´.:.:.;:.;:.;:.;:.;:.:.;..‐';:.;:. :´ ̄`:.´:.:.;:;:;:._,,..‐''"´
     /',:'      ヽヽ;:,.‐'.:.:.;:;:.:.:.:.;:.;:.;/.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.;:. ' ,..‐'"´
    rシ       \.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;/.:.;:.;:.;:.;:.;:._,..::' ┌ '
              `、_ー,,.ァ ,;;);{.;:.;:.;:.;:<.:.:."  {
               ,ri´_,;;ャ;"ー- .,,__ .:.:.\ ノ、
               l i!. ヾ_エソ    ` ` _;;、ヾ、 `:,
               }';ヾヽ., 'ァ_,     ´`)`y:.:〕、 `ヽ..,,_
               ヾ!`i  `"      f:/ f   `ヽ、`:.、
                 `ー         ヽ:.〈、   ,r_'‐x マ='
                             ';λ   ´ `‐‐'i .ノ
                             '、i´     ,.-' :'
                                  f┴ ''」
できる夫 「 |             ||
 |            γ ヾ __
 |            (  ソ/   ι\
 |            /丶 \○):::(○ ノ\
 |          | |  |\ \:::::_'__::::::::::|    ………ウワオ
 | |   |     ||/ソ | ヽ  \ソ  /
 | ||   ||ヘ   /      ソ   ヾ_/
 || \/   \/ ι    ハ  |/
 ||   /ヾ、     | ι    /
 |ヾ_ノ |  \   ||  |  /
 |    || /\ 冫    ||/
 |    / ヽ ソ    /
 |    (_ ハ     /
 |       ヾ _ノ
できる夫 「カブッ カブッ カブッ」
できる夫 「    ,────彡
   / \  /彡\彡
   ( ●) ( ●) 彡\バッ        ___
   |  ___´___     |彡         二⌒ ー \ バッ                   ____
   \ `ー'´  _彡         三(_)( _)  \                 バンッ / \  / \
    /       ヽ彡  彡─=三/::  '       |                     /( _) ( ●)  \
    / 人     \\彡 彡   三|   ⌒      |.              n    /   、_',__,     |
  ⊂´_/  )     ヽ__`⊃     二        /           (ヨ )    |           |
       / 人  (彡         三   ∩  ヽ            ヽ、`ー ~\        /
      (_ノ (__ )         三/   ⊂ニニ_)             `>"´  .        ヽ
                   ─=三   ヽ-' ノ              / ,         .  ヽ  ヽ
                      Ξ 〉__〉 ̄〉__〉            _(__ l,         /  l_  l
                                        /´______`____ , ´   (´__ノ」
できる夫 「         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |  /X/
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |/X/
        |         ____// /         /X/
        l_____/     \./     /    /X/               しゃあああああああ!セーフ!!
           |  |`''/        \   / /  /X/
           |  /           \/ / /X/
        / ⌒\|                 | /  /   .| |
       /     \ __      __/  /    .| |
      (__/⌒\                  /       ,| |
           |  \___,,           /  !      | |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  /⌒/           / l└‐'        | |       「|
―――――┐ス  ! ./  /        / .|           | |       | l r n
          | ,レi |/ ./           /_ |_____,,,,| |       | l |_| l
          |,,-‐<  /         /               ,|_|/     l ヽ└'
          (,__/    /i,__ノ                      | lヽ \
           /    /                          | l  ヽノ
           /   /                           |_j
           〉   Y
..    ( ヽ:  /    ソ丿 ヘ` ;
   ´ \.从_(__ _/)人/ ;`
やる夫 「なん…だと…」
できる夫 「        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'    ………
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'     
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /       
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /      
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_             
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ」
できる夫 「                ____
               /―  ―\        
             / (●) (●) \
            /     __'___     \     ……(なんか先約におっさんがいた)
            |      `ー'´      |
            \            /     
             /         \
             |   ・    ・     )     
       .     |  |         /  /
             |   |       /  / |
             |  |      /  /  |
            (YYYヾ  Y (YYYヽ |
            (___ノ-'-('___)_ノ
できる夫 「チャーラー、第一幕、終わり」
トーリ 「これは怖いな」
やる夫 「そこは可愛い子用意しとけお・・・夢ん中だからこそ・・・」
できる夫 「一番怖かったのは屋根の上におっさんがいて無言だったことです」
トーリ 「可愛い子だと押し倒してしまうわ」
できる夫 「第二幕は普通にバスの中にマツコ・デラックスといて会話するだけなので割愛」
やる夫 「恐竜怖い→おっさん怖いという怖い夢は救いようがないお・・・」
トーリ 「バスの中で会話か、しかもマツコと…イヤー」
やる夫 「密室空間じゃないだけマシ・・・?」
できる夫 「夢なんてこんなもんなんですよ(遠い目」
トーリ 「さてと、落ちるぜ!おつかれちゃーん」
できる夫 「じゃあ僕も落ちさせていただきましょうか。ではでは。」
やる夫 「やる夫も男と一緒にドライブというわけわからん夢を見たことあるけど(オチなし
おっさんじゃなかっただけよかったのかお」
やる夫 「御疲れだおー>できる夫、トーリ
できる夫は語り有難うだおー」
やる夫 「それじゃ、御疲れ様&村建て感謝だお
やる夫で〆るのもなんか変な感覚だから時間だけおいてくお」
やる夫 「【02:40】」