←戻る
【紅1166】やる夫達の普通村 [1986番地]
~神よ…オレを祝福しろっ…!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 翠星石
(生存中)
icon 水銀燈
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 金糸雀
(生存中)
icon Lily
(生存中)
icon JUN
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon 草薙出雲
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon できない夫
(生存中)
村作成:2012/11/23 (Fri) 21:41:09
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください


全部読む→上手い返事を考える→実際に書く


これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます
GM 「AAあり、初日以降の早噛みあり、狐遺言自由」
GM 「22:05開始予定」
やる夫 さんが村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい。」
やる夫 「よろしく頼むお」
やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 「お、やる夫じゃねーか」
やる夫 「最近寒くなってきたおね」
やらない夫 「なぁ、風邪には気をつけたいだろ>やる夫」
GM 「仲良すぎだろjk・・・」
やる夫 「…なんだ…やらない夫かお…おっぱいがよかったお
(やらない夫よろしく頼むお)」
GM 「(そうでもなかった」
やらない夫 「おれも、おっぱいがでかいねぇーちゃん、希望だろ、常識的に考えて
(やる夫、がいてくれて、俺はとりあえず安心だろ・・やる夫の生存を願うだろ)」
蒼星石 さんが村の集会場にやってきました
蒼星石 「(………ブワッ)」
やらない夫 「お、ボーイッシュな子がきただろ。」
やる夫 「        / ̄ ̄\
      /  ヽ_  .\
      ( ●)( ●)  |     ____
      (__人__)      |    /      \
      l` ⌒´    | / ─    ─  \
     . {          | /  (●)  ( ●)  \
       {       / |    (__人__)     |
  ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__
 / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ   ヽ,
/  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
   _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
   >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
__,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
            l                   i   ヽl


<おつかれさまでーす!
      / ̄ ̄\
    / `ー、   \ あー、くっせぇー…
   (●)(● )    |  あ、おつかれっしたー
    (__人__)       |                / ̄ ̄ ̄\
    l`⌒´     | ) )             /  ─    ─\  ジャーマネ、このタオル
     {          |                /   ( ●)  (●) \  あとで捨てといてくれお
     {          /             ( (   |       (__人__)   |
プシュー  ヽ  /::: ::: ::: :: ::              \        ̄   /  フキ
.   ,-‐-、/::: ::: ::: ::: ::: ::: ::          /    ` ー─ 'ノ⌒⌒ヾ  フキ
  ノ .「トィ__::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::           /        γ      )
 ( ̄ ̄ヽ-( )::: ::: ::: ::: ::: ::: ::         /   \   /ヽ      ((
. /(  ̄ヽ ) | \::: ::: ::: ::          |   、  \/ /)      ヽ
/ ( ̄ヽ ) |                     \    /」
GM 「いらっしゃいませ」
蒼星石 「どーせ僕はブラもいらないAカップですよーだ」
やる夫 「…おっぱいは?
(よろしくだお)」
やらない夫 「     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  いや、卑下することはないだろ、十分かわいいだろ>蒼星石
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
真紅 さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 「     __
   /::::::::::::\
 /   __ノ::::ヽ
 |    (;;;;;;)::::)
 .|      ::(;;;人)      やる夫・・・それでもいいんだ、俺はお前の生存を願うだけだろ
  |      :::::::::rつ
  .|      :::::::((三)
  ヽ    ::::::::::(::::<
   ヽ  ::::::::::/∧::::∨
   ∠::::::::::::/⌒ ∧:::ヽ
  (:::::\ /:::::::/;;;;;;;;;;)
  |\::::::::::::/|
  |:::::\_/:::::|」
真紅 「よろしくね」
GM 「いらっしゃいませ」
蒼星石 「あ、真紅



…なんか希望でてきた」
翠星石 さんが村の集会場にやってきました
翠星石 「よろしくですぅ」
GM 「いらっしゃいませ」
やらない夫 「お、よろしくだろ、かわいい子が連続できてくれてこう華があるだろ>真紅 翠星石」
水銀燈 さんが村の集会場にやってきました
翠星石 「可愛いだなんてそんな本当のこと言わないでほしいですよっ。
照れちまうじゃないですか」
水銀燈 「遊んであげるわぁ」
真紅 「蒼星石に翠星石、よろしくね。」
やる夫 「        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)           (,,)_
    /  |  おっぱいよこせお   |  \
  /    |__________」   \」
GM 「いらっしゃいませ」
雪華綺晶 さんが村の集会場にやってきました
金糸雀 さんが村の集会場にやってきました
金糸雀 「よろしくかしらー♪」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃  ひさしぶり、やる夫の村になりそうだろ
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ」
雪華綺晶 「クスクス…よろしくお願いしますわぁ」
GM 「いらっしゃいませ」
翠星石 「(まだ笑っちゃだめですぅ……そう……雛苺が来ずに埋まるまでは……!)」
やらない夫 「まぁ、翠はやる夫、ひとすじだから俺は外から応援するだろ常識的に考えて>翠星石」
蒼星石
         _____
     ┌<二三三三三≧
     ∨三三三三三三7
      ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
  r==ニ二ニ三三三三三二≧   
  `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/    ___
    /::.::/::┛┗:.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ   ;/(>)^ ヽ\;
    l::.::;'::/┓┏:.:::.::.:.:::.::.}::.::.| ;/  (_  (<) \;
   |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|;/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
   ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
    }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,' \ヽ 、  ,     /;
   /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ / \-^^n ∠   ヾ、
   ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/ ! 、 / ̄~ノ __/ i;
     rt<         ー、. ヽ二)  /(⌒    ノ
    ハ         〃:.ヽ /  ./   ̄ ̄ ̄/」
翠星石 「だーれが貧乳ですぅー?>やる夫」
巡音ルカ さんが村の集会場にやってきました
GM 「なんて堂々としてやがる・・・!流石やる夫だぜ・・・!」
やる夫 「性格わりいお…>翠星石」
巡音ルカ 「支援にきたよ」
金糸雀 「まだ9人なのに不憫な目で見られる雛苺……!」
GM 「いらっしゃいませ」
翠星石 「>やらない夫
何言ってるですか。翠星石はそこらへんてきとうですよ?」
やらない夫
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   やる夫ももっと、素直になればあいつも上手くやっていけるとおもうんだけどな
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
雪華綺晶 「翠薔薇のお姉さまは相変わらずですわね」
かり さんが村の集会場にやってきました
かり 「よろぴこ」
やらない夫 「おっと、大人びた女性がきただろ>巡音ルカ」
やる夫 「やる夫の前に立ちはだかるなら80まわってからこいお!!!!」
金糸雀 「そーいえばローゼンメイデンもまたまたアニメ化するそうね
今度こそこのカナが大活躍を」
蒼星石 「そうだよね、もっと高望みしなければやる夫は色々と損しないのに
(なんなら姉妹丼にされても僕は…)
やらない子 さんが村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃいませ」
やらない子 「よろしくでしょjk」
真紅 「80?」
翠星石 「相変わらずってなんですか。随分な言い草ですぅ>雪華綺晶
翠星石は思ったことを言ってるだけですよ?」
雪華綺晶 「今度こそ…私の出番を…>金薔薇のお姉さま」
できる夫 さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 「           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|  いらっしゃいだろ、お、妹、よくぞ来てくれただろ>やらない子
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ」
翠星石 「いい度胸ですぅ。歯を食いしばれ>やる夫」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → JUN
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1779 (桜田ジュン)」
真紅 「皆が活躍できるといいわね」
やる夫 「先にいっとくけど年じゃなくて胸だお」
蒼星石 「そうだ…72から上をローラーしようよ、
やる夫もメタボだから多分超えてるよね」
金糸雀 「さすがに今回ばかりはあなたの出番があると思うかしらw>雪華綺晶」
JUN 「こんなにお人形さんがいっぱいなんだ……。」
雪華綺晶 「失礼、私も思った事を言っただけですのでニコッ>翠薔薇のお姉さま」
やらない子 「ええ、兄さんがなんだかホモ臭いという情報を入手して飛んできたわ>兄さん」
やらない夫 「おれも、動くカナリアが見たいだろ、ファン的に考えて>金糸雀」
金糸雀 「ところで正規ドールじゃないとはいえ
触れられない薔薇水晶……」
GM 「いらっしゃいませ」
金糸雀 「あら、カナのファンとはいい心がけかしら!>やらない夫」
蒼星石 「あ、永遠の不人気より影が薄い主人公登場だね>JUN」
やらない夫 「俺はホモというよりも、やる夫の一番の友達でありたいと思っているだろ>やらない子」
JUN 「ウェスト55だったら、トップバスト80で……カップサイズはいくつになるでしょう?>やる夫」
やらない子 「兄さん……いつの間に13人のピチカー党の一人に……」
金糸雀 「あと3人……チラチラ」
翠星石 「>雪華綺晶
妹の言葉に同様する翠星石じゃないですよ?
だからちょっと我慢するですぅ。痛くしないから、痛くしないから」
やらない子 「気にしなくていいのよ!私はそのさまをねっとり見つめるだけだから!>兄さん」
できる夫 「やったー繋がったよー!
よろしくね!」
JUN 「ちなみに、ウェスト55、トップバスト75で大体Bカップ。」
かり さんが村の集会場にやってきました
やる夫 「もしかしてやる夫は処女喪失のピンチなのかお
やらない夫はウホッいい男なのかお?」
雪華綺晶 「蒼薔薇のお姉さま、なんとかしてくださいません?」
やらない夫 「            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |   ・・・あれ?我が妹はそんなに腐っていたっけ?
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |」
GM 「いらっしゃいませ」
JUN 「まぁウェスト55ってどんだけ細いんだよ、ということも言えますけどね。」
やらない夫 「大丈夫だろ、俺はノーマルだろ>やる夫」
蒼星石 「薄い本が厚くなるね>そのさまをねっとり見つめる」
草薙出雲 さんが村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃいませ」
できる夫 「君とは気が合いそうだね!
でもそれ奇径な形になりやすくない?>80>やる夫」
草薙出雲 「よろしゅうな」
JUN 「ホモだって?
薔薇乙女とはそういう意味だったのか!」
やらない子 「ローゼン(薔薇)、そしてやる夫、やらない夫、できる夫、JUN……(意味深」
やる夫 「知らん>JUN」
蒼星石 「え、ごめん。僕もリタイア組だし>きらきー」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → できない子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 601 (できない子)」
巡音ルカ 「巡音ルカ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:巡音ルカ → Lily
アイコン:No. 2054 (巡音ルカ②) → No. 5093 (Lily)」
翠星石 「蒼星石は翠のことを野放しですからねー。
助け求める相手としては間違ってるですよ」
雪華綺晶 「なんてこと…他のお姉さま方は…」
真紅 「人気がなくたって私がいなければ話は進まないわ」
JUN 「よし、それなら僕は薔薇人形を作るぞJOJO-!」
やる夫 「やる夫はひんぬーめでる趣味はないお>できる夫」
草薙出雲 「それはちゃうな、パーツのすげ替えもできるってことや>JUN」
やらない夫 「        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ _____   :::::::::::::_____    l
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │    あと、二人とかすぐ埋まるだろ
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |」
金糸雀 「さて、残り2枠が雛苺と薔薇水晶で埋まるかどうか見ものかしら」
できる夫 「この村女の子多いよね
みんなボクとかやる夫とかやらない夫に濡らした口だよね
そう想像すると…ひゃぁ!たまんねぇ!」
やらない子 「16人居れば十分だしね」
できない子 「やばい、緊張しておなか痛くなってきた」
水銀燈 「雛苺はおいてきた、この戦いにはついてこれそうもないわぁ」
Lily 「>できる夫
それはない」
やらない夫 「けっこう真紅のキャラは芯が通っていて好きだろ>真紅」
できる夫 「調教用にオプションつけてね
パイプとかは基本だよ!>JUN」
かりかり さんが村の集会場にやってきました
やる夫 「そしてそこに雛苺はいるのか>残り二人」
やらない子 「じゃあちょっと兄さんかやる夫さんと絡もうか
肉体的な意味で>できる夫さん」
JUN 「じゃ、まずは、やる夫←できる夫←やらない夫の連結人形を作ればいいかな?」
雪華綺晶 「突然ですが紅薔薇と紅花って似てますわよね、特に他意はありませんけどええ」
蒼星石 「うわ…JUNがとうとう日の当たる道を外れそうだね
できない子 「熱々の焼き鉄板をここに」
かりかりかり さんが村の集会場にやってきました
Lily 「雛苺とかいう不遇人形」
やる夫 「お前はない>できる夫」
GM 「いらっしゃいませ」
翠星石 「マエストロの腕でもって薔薇(意味深)人形作るとかやめてほしいですぅ」
草薙出雲 「Wかり…これは…」
やらない子 「Exactry(その通りでございます)」
できる夫 「でも大きさだけで決めるってやじゃない?
ボクも大きいの好きだけどさ、乳倫でかいとか割とやばいと思うんだボク>やる夫」
かりかりかり 「かりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかり → できない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 600 (できない夫)」
蒼星石 「ちょっと待った、最後にやる夫→やらない夫で無限ループになってないとダメだろ!>JUN」
かりかり 「よろしくー」
JUN 「OKだ、できる夫。
分かり合える心友に会えて嬉しいよ……
真紅なんていらんかったんや!」
やる夫 「お前はやる夫を怒らせた>JUN」
やらない夫 「お、埋まっただろ」
できない夫 「おっと、これでいいな」
水銀燈 「またホモか壊れるわねぇ」
草薙出雲 「で、この村はどこに向かってるんや>GM」
やる夫 「この村こわいおおおおお!?」
JUN 「ループにすると、馬並み+如意棒になるがいいのかい?>蒼星石
それは美しくない。美しいけど。」
真紅 「な、JUN!?」
雪華綺晶 「これがマスターでいいんですかね」
できる夫 「うん、ボクも君と繋がってるところは想像できないね!
でもこれから濡れるんでしょう?>Lily」
翠星石 「辛いですぅ」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 薔薇水晶
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6166 (薔薇水晶04)」
金糸雀 「雛苺は犠牲になったのね……」
できない子 「お前たち一度冷静になれ」
蒼星石 「馬並み…薄い本が辞書並になるね>JUN」
薔薇水晶 「おまたせしましあ」
できない夫 「何この入る村間違えちゃった感
あれ、俺なんか悪いことした?」
雪華綺晶 「桃薔薇のお姉さま…」
やらない夫 「雛苺ぇ・・・」
GM 「神の手によって導かれるとかなんとか偉い人が言ってたような気がしますね>草薙さん」
JUN 「とりあえず、薔薇乙女(どーる)たちはモロッコにいって性転換するといいと思うんだ。
いや付けるのは誰にでもできるけれども。」
やらない子 「ここはできない夫さんが雛苺ということで妥協しよう(無茶」
やる夫 「雛苺は犠牲になったのだ」
薔薇水晶 「仕方がない事もあります・・・」
Lily 「雛苺とかいう空気人形」
草薙出雲 「そうか…そりゃしゃーないな>GM」
蒼星石 「存在そのものが悪なのかもね>できない夫」
できない子 「8人そろったらアリスゲームが始まってしまうから雛イチゴはお留守番です」
できる夫 「何マジになってんの。
ホモとかないわ…ボクカナさんいるし…>やる夫・やらない子」
JUN 「村に入った時は冷静だった。
しかし、今私は情熱であふれている……。」
できない夫 「ノーサンキューというかなんだそのむちゃぶり>俺が雛苺」
真紅 「あんな幼い子をこれから起こる事件に巻き込むわけにはいかないのだわ」
雪華綺晶 「紅薔薇のお姉さま、もう少しマスターを選ぶのどうにかならなかったんですか」
金糸雀 「閃いたわ
GMが雛苺になればいいかしら!」
草薙出雲 「雛は転校しちゃったんやな」
水銀燈 「もうGMが雛苺RPして初日に噛まれるってことでいいんじゃない?(提案)」
Lily 「>GM
おらー アイコン帰ろや」
やらない夫 「!!>金糸雀」
草薙出雲 「おい、やめるんや!>GMが雛>デコカナ」
蒼星石 「ちょっと前までの引きこもりが
たったあれだけの期間で世界に並ぶものがいない紳士に…
常々エロのちからってすごいね」
できる夫 「真紅なんて最初からいなかった!
個人的に薔薇水晶がボクその枠に入るべきだと思うんだよね、ローゼンも気が効いてないよ>JUN」
できない子 「13人のピチカー党員をたおしてからいうことだな>できる夫」
やる夫 「空気人形とか言うなお>リリー」
やらない夫 「さすが・・・策士」
JUN 「4車連結キタ! これで勝つる!
そして車掌は草薙、レールは不肖、このJUNが努めさせていただきます」
翠星石 「んー」
やる夫 「ちょっとトイレいってくるお」
できない夫 「で、真面目な話いつ頃開始なんだ?」
GM 「イイですけどやったことない・・・」
翠星石 「JUNは投票してもいいと思うですよ」
真紅 「>雪華綺晶
すべてはお父様のお導きよ。受け入れるのだわ」
やらない子 「とりあえずやる夫さんがトイレ行ったらしいから帰ってきてからかな」
蒼星石 「じゃあやる夫がトイレから戻ってこれたら開始だね」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 6164 (雛苺05)」
金糸雀 「何、幼女っぽく振舞ってれば何とかなるかしら>GM」
JUN 「雛苺をGMにするなんて!
なるほど! 霊界に逝ったドールズが連結列車の乗員になるんだね!
わかったよ!」
雪華綺晶 「お父様ェ…もう少し人選というかなんというか」
金糸雀 「よかった、ハブられるドールなんていなかったのね!」
Lily 「ボクっ子雛苺ktkr」
できない子 「提案:できる夫が消えればこの村は平和になるのではないか」
GM 「とりあえず、きたなの!」
やらない夫 「・・・・>ありだな>Lily」
雪華綺晶 「ドールズ勢ぞろいですわね」
できない夫 「本当にハブられたのは……やる実……?」
できる夫 「ピチカー党員って何だろう、変態のうちならボクの前にはひれ伏せ

それよりできない子っていいよね!ED的な!女性の?>できない子」
草薙出雲 「ハブというか…雛って影が…おや、電話やな。ハイ、ホムラです」
やらない夫 「となると、草薙出雲がお父様位置だろ」
翠星石 「できる子も……できる子もいるんですぅ……」
やらない子 「できる子の事を忘れるなんて……!>できない夫」
蒼星石 「やってられっか夫もいないよね」
JUN 「やる夫←やらない夫←できる夫←できない夫の4結列車は、出雲が車掌を、
運転手はこのJUNが勤めます。
そして、残る女性sは乗員としてお試しくださいませ。」
やる夫 「ただいまだお」
できない子 「この男を火刑に処すべし」
草薙出雲 「やだーボク、こんな乳臭い子供がいる歳ちゃうよ>できない夫」
やらない夫 「おい、ドールズ、このJUN腐っているぞ!>JUN」
やる夫 「なんかGMが雛になってるおね」
GM 「カウントよろしくなの!>やる夫」
できない夫 「できる子……むしろあいつがいたらできる夫の姿見て心労がマッハになると思うが」
やる夫 「じゃあカウント始めるお」
JUN 「人狼村という名の連結列車、これでスタートです。
なお、無賃乗車は列車にまたがってムチで列車をしばいてくださいませ。」
雪華綺晶 「薔薇水晶のこと、私はなんて呼べば…薔薇薔薇?」
やる夫 「3」
蒼星石 「ヒキコモリよりはいいんじゃない?
警察のお世話になりそうなら、脚の腱切ってでも止めるから安心して」
できない子 「そして語られることすらなかったやる実乙」
やる夫 「2」
やる夫 「1」
できる夫 「できる子とかやる実とか名前からしてビッチ臭がするんだけど
そういうやりたい盛りってわかんなくはないけどさ
愛がないよね」
草薙出雲 「ばらしーでええやん>きらきー」
やる夫 「スタートだお」
薔薇水晶 「ばららいか?」
ゲーム開始:2012/11/23 (Fri) 22:09:59
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM このタイトル付けたGMは円高なの!タイトルは忘れろなの」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM うにゅーの次くらいに好きなの>該当者」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GM そんな神様いらないなの・・・>該当者」
「◆GM 『AAあり、初日以降の早噛みあり、狐遺言自由』」
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
できない子
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    おはよう   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \」
草薙出雲 「バラーバラライカーバラーバラライカー」
やらない夫
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   おはようだろ、役職は早々とCOするだろ、
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'    個人的に今日は3-1-2の普通な内役になるだろと思っているだろ
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │     まぁ、実際はどうなるかしらないだろ
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
やる夫 「おはようございますお占いはCO頼むお」
やらない子 「占いCO。できない子○」
翠星石 「おはようですぅ」
蒼星石 「占いCO 真紅は○だったよー」
やらない子 「喰らえ!私たち渾身のない子トラップ!」
できる夫 「サブタイトル的にはGMを祝福したらGMが神様扱いしてくれるらしいよ
やったね、こんなに簡単に神様になってGMを濡らすことができるよ!
雛苺だけど、ボク6番目とかこびてていやなんだよね

おはよう!」
Lily 「占いCO 草薙出雲○」
真紅 「おはよう」
水銀燈 「あんにゅ~い」
薔薇水晶 「占いCO!草薙さんは○!」
金糸雀 「おはようかしらー」
雪華綺晶 「クスクス…おはようございますわぁ
桃薔薇のお姉さまは犠牲になったのです…初日という犠牲にね…」
JUN 「おはよう。
まずは占いはCOして雌雄を判別してもらおう。
おしべなら生存、めしべなら霊界に逝ってもらおうか。」
蒼星石 「理由:真紅は汚超婦人だからね…
腐女子の僕なんかよりずっと格上だし尊敬の念を込めてね」
やる夫 「やらない夫でかいでかい」
やらない夫 「!!4COだと・・・」
薔薇水晶 「理由
姉妹を疑うのは別に抵抗ないけど
占うって疑うと違うわよね。占うって調査だから
調査は他の誰とも絡みがまったくない
赤の他人、しかも男性がふさわしいでしょう?」
草薙出雲 「3COまで確認したで」
雪華綺晶 「…占いが4CO見えますわぁ」
Lily 「とまあいつもどおりのCO進行
霊能共有ちゃっちゃとでちゃって」
できない夫 「なんか占い3COで○進行だから霊能共有COさせていいんじゃないか?
普通にグレランだろうからな」
JUN 「占い4人だと!?」
やらない夫 「おっと、すまね>やる夫」
できない子 「占い4? とりあえず共有は撤回早めによろしこ」
金糸雀 「ああっと占い4ー!!
一人吊って三角占い……とか出来る空気じゃなさそーかしら?」
水銀燈 「からの~?」
翠星石 「では一人吊って三角ですぅ。
個人的には二番目のCOのヤツ吊ればいいとおもうですよ」
やらない子 「対抗が3人いる(小並感」
蒼星石 「ええと、共有混ざってないよね?」
草薙出雲 「4COってどこやねん?>ない夫」
真紅 「好きになさい」
薔薇水晶 「あら、対向随分でてきたわね。
なら占い先指示よろしく」
やる夫 「4COかお」
Lily 「占い4COだと?ローラーされるぞ」
草薙出雲 「ってーボクが2重○わらた!」
できる夫 「蒼星石とlilyと薔薇水晶とやらない子が占いCoしてるよ!
女の子だよ!やったね!
撤回あったらよろしく!」
できない夫 「よく見たら4だった……だと……?
ちっ、面倒くさいことになりそうだ。共有やらが騙りしてるなら撤回頼むぜ」
雪華綺晶 「共有が混じっているのなら撤回をお願いしたく」
翠星石 「蒼星石ですね。…………って蒼星石ィー?!」
JUN 「これは共有が出て相互占い指示していいんじゃないかな?
霊能を潜らせて。」
金糸雀 「共有混ざってないなら、
というかどっちにしても共有出て音頭取ってね」
Lily 「やっばいわ
共有出て指示頼む ここで吊られるわけにはいかない」
水銀燈 「じゃあ、共有CO」
蒼星石 「混ざってないなら、共有出てきて指揮とってよ」
草薙出雲 「共有だしつつ 霊能は潜りでロラ開始するかな!」
やらない夫 「共有まじりでないんなら、相互占いで銃殺をみたいだろ」
薔薇水晶 「共有いたらとっくに撤回してるでしょ。
それより指揮とるように」
水銀燈 「霊でないから初日っぽいから相互でもさせときましょうかねぇ」
やらない子 「別に霊は出ても出なくてもいいんだけど
対抗切るにしても相互やるにしても指示は欲しいところよね」
翠星石 「一つ吊って三角希望ですぅー。
そこからのロラとか至高ですぅ」
蒼星石 「あ、一番溶けそうなところが共有だったんだ>水銀燈
できる夫 「撤回ないなら真ないとフレーバーで思う位置吊ればいいんじゃないかな

ていうか投票を突っ込めばいいんじゃないかな
どこに?言わせるなよぬんこ」
JUN 「△占いは意味が無い。
やるなら4人相互。
占い吊るならロラ。
ただ、初日から占いロラってキツくなるので、やめておいたほうがいい。」
できない夫 「グレランするのか対抗占いさせるかはまぁ任せる。
させるなら指示だしはちゃんとしとけばいいってくらいだ>水銀燈」
やる夫 「狐いそうだおね
共有出てきて相互したらいいんじゃないかお?」
やらない子 「ぶっちゃけ対抗切るんなら灰占いの方が効果的じゃないかなとか最近は思ってるのだけど」
できない子 「で、つまり占い4 霊能? 共有1 かな」
雪華綺晶 「ふむ、共有には出て指示をとってもらいたく
霊能はまだ出てませんわよね?」
やらない夫 「これで人外、3露出だろ
霊能はでるかどうか、まかせるだろ」
真紅 「                       ノ⌒ーヘ ___
                     r=ミーヘノヽノーr=ミー=ミ
                     {::::::::::::::::::::`ー'::::::::ヽ`ヽ:.`ー=ミノ⌒ヽノヽ
                         ヽ:::::::::::::::::::::::._ニ=-‐辷ノ}:.ヽ:.:.:\:/:.:.:.:廴
                      (:::::::::::::::   ´      乂辷}`ヽ:.:\三ミゞ:.   
                         ):::::::/    /   ´   辷ノ⌒7: :}三}:.:.:.  翠星石が蒼星石を真っ先に吊れというなんて
                        (::::::: ' /  イ /      ヽ   廴:.}三}:.:.  
                           ヽ::i,イ /´ // /         トミ   }}三}   疑心暗鬼というものはかくも人を変えてしまうのかしら
                            `{|{  // 八      l | }i:i}       
                           ヽヽヽl トミーミ 、   ノ ノ}/ }:i}  /      
                          \{ヽ|{ィヒゝヽ辷彡' ノ、 l/ /      
                             }/ノl ` r   ィヒゝヽイ /  ' /
                           /( 人     `¨´///  イ
           トヘ ト、         / /,川\ヽ  >-く/彡//
           |\ヽヽ ーヘ      / / 人ノ乃ミ辷Y´ー 、\ノ_ノ
           |  `ー~へY´三三三二ニニ=-、ノノ〈_辷_ 、  ヽミ
           |        |////          |//廴:::ヽ ヽ  }く:.ヽ
           |        |///     ~ァ   |/i:i:ヽ:.:廴;;ノ⌒ヽノ}:.ム
           |        |//こY゙ '~{  廴{   |i:i:i:i:i:i:};辷;辷;辷彡Y´{」
薔薇水晶 「指示待ちの構え

朝早かったからやらない子よりは蒼星石かリリーが希望」
やらない夫 「占いを一きりなら、今日はでる必要はないだろ>雪華綺晶」
できない夫 「正直ここまで来て共有が何とか言わない以上はそういうことだろうしな。
……で、霊能出てこない=初日とかそういう想定でいいのか?しらんけど。」
草薙出雲 「むしろー霊能が占いにいるじゃないかなこれ?
あーないないハハハッ!」
翠星石 「>真紅
翠星石的には蒼星石偽を見るくらいなら
見る前に散れということなのですよ」
金糸雀 「グレランさせるならさせるで相互、
1吊るなら指定。まあ相互になりそうだけれどね」
JUN 「CO順で相互でいいんじゃない?
1⇔2
3⇔4」
Lily 「てかローラーか相互占いか決めてよ
さっさと占う人考えたいから」
翠星石 「えー」
できる夫 「この間の話で占い1切りして残った位置で△占いさせろってあったんだよね」
雪華綺晶 「霊能が混じっているのであればもう撤回してるでしょうから…>草薙」
やらない子 「そして出てきた銀ちゃんからの指示がない」
できない子 「霊能の占い騙りとか害悪だわ
今でてきてもキル」
Lily 「ローラーなら自由占いでいくわよ」
草薙出雲 「共有はどうするか指示だししたほうがええで>銀ちゃん」
翠星石 「相互とかだるいことマジでやるですか?」
やらない夫 「共有は個人的、はやめの指示がいいだろ、
グレランかどうか的にかんがえて」
できない夫 「ぶっちゃけ占いを即1切るとか同意しづらい以上
霊能が潜っていい道理にはあまりならないと思うけどな。
つかむしろそれが一般的な進行論だっけ?とだけ。」
薔薇水晶 「違うでしょ、呪殺を狙うのが相互の目的なんだから
1⇔3
2⇔4」
水銀燈 「ない子ーLily
蒼ー薔薇水晶」
JUN 「共有1人と霊能は潜ってていいでしょ。
吊られない自信があるのなら、だけれども。」
金糸雀 「水銀燈の霊圧が消えた……かしら……?
やばそーなら相方何とかしてあげてね」
蒼星石 「まあ対抗2狼騙りなら、グレーから●1個みっけりゃ仕事終わりだし
対抗狐混じりでも●1個あればLWまでは確実に追い詰められる展開だし、僕もそっちのが好みだなー>灰占い」
やらない子 「相互するんならどことどこで相互とかちゃんと指示だソーヨー」
薔薇水晶 「よくわかってて何より」
やる夫 「吊った占いが真だったら嫌だから普通に相互してほしいお」
できる夫 「別に吊られないし霊能でなくてもとは一応思うけどね
指示なら共有いるし」
翠星石 「占いを1つ即切るというか」
Lily 「ああはいない子占えばいいのね」
やらない子 「あいあい」
水銀燈 「で、よろしくねぇ
霊能COがないから占い吊りに手を付けたくないもの>翠星石」
蒼星石 「決められたことにはしっかり従うけどね」
雪華綺晶 「相互占いで進めると」
草薙出雲 「占いは 真狂狼狼が濃厚かな狐交じりなら明日にも
溶けてるやろうしな」
やらない夫 「なら、今日、グレランなら、霊能と共有はでるべきだろ>水銀燈」
JUN 「相互占い把握。
んでもって、グレランだねー。」
やる夫 「なら今日はグレランだおね」
水銀燈 「相方は生存よ、決して初日じゃあ無いわ」
できない夫 「霊能が騙りしてるならさっさと撤回してるだろうし
正直ないだろ……。こうなってる以上はだが>草薙」
金糸雀 「あ、そういえば霊能いないのスッカリ忘れてたかしらー。
出てもいいんじゃない? ってぐらいの心構え」
Lily 「そんで今日はグレラン
霊能吊られてもフォローできない
占わないように気をつけるけどさ」
草薙出雲 「で、今日はグレランでええんよな?」
できない子 「え、グレランだよね?
まさかいきなり占いランじゃないよね」
翠星石 「ローラー前提で狼目を狙って吊り。
霊能●であるならローラーストップしてもいいし、
○であるならそのままローラー続行という作戦ですぅ」
やる夫 「グレランなら霊能出てきてくれお」
雪華綺晶 「ふむ、なればそこ以外を外してでのグレランということですわね」
JUN 「△占いを提唱したのが何か妖狐臭い、とすれば、占い真狂狼狼になるのかな?」
できる夫 「ん?対抗占いさせるって一手遅れる気がするけど
まぁそれならいいよー水銀燈が今までああんふっとぅしちゃうのおおおおって溶かされた形跡から狐見つけられるっぽいからね!」
水銀燈 「COは常に本人の自主性を尊重させる主義なのよ」
やらない子 「ここまで来るんなら多分霊は出ないだろーとは思うけど」
できない夫 「相互でグレランは了解だろ。
というかリリーは指示読んでおけよ?占い先指定されてるしな。」
金糸雀 「どうせみんな占い4いて霊能初日とか
考えたくないぐらいには思ってるでしょう」
できない子 「早くしろ霊能、間に合わなくなっても知らんぞー」
蒼星石 「もし…狂が雛苺で対抗狼狼狐だったら最高にニートなんだけどなあ
そんな奇跡はないだろうし」
雪華綺晶 「現状出てないことに対して潜っているのかもしくは初日なのかは分かりませんが」
薔薇水晶 「霊能初日みたいね、厄介。」
草薙出雲 「ところで、霊能は明日に○からCOないなら初日で決まりやな」
Lily 「できない子占いでしょ? わかってるわかってる」
やらない夫 「ここまででないのなら、霊能は初日でみるだろ」
できない子 「まただよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GM 
.        /: : ::ー―r―r-―==ニ
      /: : : : : : : :[ ̄]_ : : : : : :
      /: : : / / | ̄ 、 ヽ ヽー-、: : :
     / ̄: /  /  j   ヽ \ 、 \
   く: : : :.:/ _,   '   ー==ミ、〉}  }   早めの投票お願いするなの
    \: :   ̄ 、_,、_,     「 ̄ ̄]   超過2分前に終えておくといいなの
     「Y ⊂⊃     ⊂⊃ 厂 ̄
      )ゝ           { ̄ ̄
.     ({  `ーr‐r―rr=ミ、_  ̄丁ノ
          ノィ /天ミ、}} : : |
            //: :} }:.: : :.:.|
.          / : : : : : : : : : |」
2 日目 (1 回目)
やる夫3 票投票先 →できる夫
やらない夫3 票投票先 →できる夫
蒼星石0 票投票先 →金糸雀
真紅1 票投票先 →できる夫
翠星石1 票投票先 →真紅
水銀燈0 票投票先 →雪華綺晶
雪華綺晶1 票投票先 →できる夫
金糸雀1 票投票先 →やらない夫
Lily0 票投票先 →できない夫
JUN1 票投票先 →翠星石
やらない子0 票投票先 →やる夫
できる夫4 票投票先 →やらない夫
できない子0 票投票先 →JUN
草薙出雲0 票投票先 →やる夫
薔薇水晶0 票投票先 →やらない夫
できない夫1 票投票先 →やる夫
できる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 訊かんでよろしいなの!>該当者」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫さんの遺言 村人だよ!ボク初日とか女の子から突っ込まれてるみたいでどきどきするね!
やらない子さんの遺言 占いでしょjk
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
Lily 「占いCO やらない子○」
できない子

      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    おはよう   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \
やらない夫 「翠星石 1 票 投票先 → 真紅

この投票の意図を教えてほしいだろ。
占いの予告占い先ならともかく、
灰の人物がこの投票はすこし
違和感を感じるだろ。
そこは蒼星石の○だろ」
草薙出雲 「占いが噛まれと」
薔薇水晶 「占いCO!蒼星石は●!」
やる夫 「おはようございますお」
蒼星石 「占いCO 薔薇水晶は●だったよー
翠星石 「グレランなってて霊能出ないなら初日で見るですぅ。
つーことで占い狐交じりか狼2騙りかは噛み見ないことにはなんとも。
ですが、相互するなら占い狐交じりの場合の想定ぶんなげて(真が確定する前提)、
とりあえず二騙りの想定で吊り先考えるですよー」
水銀燈 「おはよぅ」
蒼星石 「理由:指示通り占ったんだけどさ…  途中できらきーとばらしー間違いそうになったのは秘密」
草薙出雲 「これはこれは面白いな」
JUN 「霊能CO できる夫○」
薔薇水晶 「理由
指示どうり。
朝早かったから本当に占いたかったのは
Lilyだけどね」
Lily 「うわー 対抗の●乱舞ねー」
金糸雀 「おはよーかしら。
何故かもう3日夜ぐらいの気構えでいたわ……」
翠星石 「吊っていいんじゃないですか?」
真紅 「おはよう」
JUN 「できる夫投票者
・やる夫
・やらない夫
・真紅
・雪華綺晶」
できない子 「占いが一人抜かれたのか
これどうなのかね、狼側から真偽ついたのかしら」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
草薙出雲 「そこが霊能なんか?!>ジュン」
JUN 「潜伏理由
狩人に占い護衛させるため。
真狂狼狼なら灰噛みないしは霊能噛みで一発お陀仏もある。」
水銀燈 「それじゃ予定通り占いが1死んだということで、
占い吊ってくわぁ」
やらない夫 「lily視点は銃殺か、狼のかみあわせかだろ」
雪華綺晶 「おはようございますわぁ
今日の占い結果、噛みがどういう風になっているのか」
金糸雀 「占い1人逝って●乱舞かしら。」
Lily 「この調子ならない子呪殺っぽい手応え」
JUN 「朝はえーよ!」
薔薇水晶 「んじゃ狂人が噛まれてて。
蒼が狼だから。
真狂狼?状態、LilyはCO遅かったから占う価値があるから」
できない夫 「リリーが占い先ミスっているに1ジンバブエドルかけるわ……。
というか名前トラップが悪いのか対抗占いの意味合いがわかってないリリーが悪いのか
指示だしが悪いのか……面倒くさいから全員わかりやすくしようぜもう。」
真紅 「JUN…」
できない夫 「というか占い先指示だしされてるのに
霊能占いしたらーとか言っちゃってるリリーがなんかもうあれでそれだなとか
そんなことをふと思った。」
草薙出雲 「どこから吊るん?>銀ちゃん」
薔薇水晶 「蒼吊ってLily占い希望」
Lily 「あ、狼は早噛み自重してね?
今度は占めるから」
金糸雀 「ひじょーに真が逝った臭いので
占いを粛々と轢き潰す作業」
できない子 「昨日出てもよかった流れじゃないか? jun。君はグレーの中にいただろう」
やる夫 「できない子死んでるなら占いロラしたほうがいいんじゃないかお?」
やらない夫 「てJUNが霊能か・・・
まぁ昨日吊られなかったからいいとして、なんで昨日でなかったんだろ」
JUN 「占い吊りはやくないか?>共有」
草薙出雲 「俺が狩人なら銀ちゃんに護衛してるからな」
翠星石 「んーで」
雪華綺晶 「占い一人が即抜かれ、そして霊能も出ましたか
役欠けはなかったということですわね」
水銀燈 「今更出られても仕方ないんだけど
霊能がいないから相互したというのに
何目的よそれ~」
Lily 「いやない子でしょ?
相互占いだからやらない子じゃなかったの?」
できない夫 「とか書いてたらこうなった。
つかあれなのな、占い先できない子占えばいいんでしょ?って言ってたくせにちゃんと
やらない子占ってるのな、いつ気づいた?>リリー」
草薙出雲 「はやかないやろ>ジュン」
翠星石 「JUNの真どこまで見るですぅ?」
蒼星石 「んー、狂人が噛まれて…
僕は相手先が狼に当たってこんな状況か」
やる夫 「できない子じゃねえやらない子だわ」
翠星石 「>jun
占い一人死んでいるのでこれっぽっちも遅くないですぅ」
金糸雀 「さって霊能初日とか言ってた人は
どんな意見を聞かせてくれるのかしらね」
できない子 「占い吊りって占いラン? それとも共有として指定ある?」
草薙出雲 「◇翠星石 「JUNの真どこまで見るですぅ?」

その場合は 占いの内訳をいったほうがええな」
JUN 「まだ真生存の可能性もあるわけで>占いs」
真紅 「                       ノ⌒ーヘ ___
                     r=ミーヘノヽノーr=ミー=ミ
                     {::::::::::::::::::::`ー'::::::::ヽ`ヽ:.`ー=ミノ⌒ヽノヽ
                         ヽ:::::::::::::::::::::::._ニ=-‐辷ノ}:.ヽ:.:.:\:/:.:.:.:廴
                      (:::::::::::::::   ´      乂辷}`ヽ:.:\三ミゞ:.   
                         ):::::::/    /   ´   辷ノ⌒7: :}三}:.:.:.  単純な確率論が一つ
                        (::::::: ' /  イ /      ヽ   廴:.}三}:.:.  4COで潜りたいって霊能はいることも事実だし
                           ヽ::i,イ /´ // /         トミ   }}三}   ほっといていいんじゃないかしら
                            `{|{  // 八      l | }i:i}       
                           ヽヽヽl トミーミ 、   ノ ノ}/ }:i}  /      
                          \{ヽ|{ィヒゝヽ辷彡' ノ、 l/ /      
                             }/ノl ` r   ィヒゝヽイ /  ' /
                           /( 人     `¨´///  イ
           トヘ ト、         / /,川\ヽ  >-く/彡//
           |\ヽヽ ーヘ      / / 人ノ乃ミ辷Y´ー 、\ノ_ノ
           |  `ー~へY´三三三二ニニ=-、ノノ〈_辷_ 、  ヽミ
           |        |////          |//廴:::ヽ ヽ  }く:.ヽ
           |        |///     ~ァ   |/i:i:ヽ:.:廴;;ノ⌒ヽノ}:.ム
           |        |//こY゙ '~{  廴{   |i:i:i:i:i:i:};辷;辷;辷彡Y´{」
できない夫 「◇Lily(122)  「できない子占いでしょ? わかってるわかってる」

あれ、こういってた気がするのは気のせいなのかおい」
Lily 「じゃああってるじゃん
呪殺だといいが狂人噛みも捨てきれない、そんな疑念」
翠星石 「>金糸雀
ぶっちゃけのっとり疑うレベルですぅ」
薔薇水晶 「霊能潜り自体は今日の朝一番ならそんなに問題無いと思うし
Lily吊りなら灰占い」
水銀燈 「蒼とばらしーどっちにしようかなー」
Lily 「>できない夫
あぶないところだったわ」
できない夫 「あと思い切り霊能について忘れてたけど
なんかもう疑ってる余裕があんまりないというかそんな感じ」
雪華綺晶 「でもここで霊能として出ても噛まれないのであれば疑われる
そういう意味でも残していても問題は無さそうですが
後々考えればと言う事で、確かに昨日でなかったのは謎ですが」
やらない夫 「まぁ、共有の支持をしたがうぜ、正直灰を吊りきるよりも、占いランのほうが
人外が連れる可能性が高いだろ。
灰吊りするなら、占いを真で決め打たないといけないだろ」
草薙出雲 「カナちゃんのパンツの柄が知りたいなおにぃさん>霊能初日いってたボク>カナ」
Lily 「じゃあいい加減灰占っていい? 答えは聞いてない」
金糸雀 「昨日の超過ギリギリに出たとかならともかく、
ちゃんと今日の朝に出てるなら普通に真でいーと思うかしら」
蒼星石 「いやいや、むしろ…僕も死ぬのは嫌だけど、村としては早めにロラしないと

僕らが対抗本体を占ってるってことは非役職はずっとグレランってことだよ
精度悪いままグレランしたほうが不利だし>JUN
JUN 「これはほぼ占い噛み。
つまり真狂狼狐の可能性もあるわけで。
その中で、占いロラをする?」
できない子 「やらない子と見間違えたんじゃない? 私も自分が誰なのか分からなくなることがあるDTB的に考えて>lily」
金糸雀 「へ、変態かしらーーーーー!!>草薙」
翠星石 「>出雲
真狂狼狼 - 狐ののっとり狙いの可能性を完璧に消せるような、
そんな二日目でしたか?」
できない夫 「ぶっちゃけていうとまぁリリー疑ってるけど
それだけでリリー切るくらいなら一応●もらい同士の占い切った方がましなのかな
とかそんなことを思いましたまる」
水銀燈 「銃殺GJだという確信があるならそうすればぁ?>Lily」
Lily 「>できない子
あっぶねー今度から気をつけますね」
草薙出雲 「嘘にきまってるがな、人形のパンツんて興味ないよ>カナ」
雪華綺晶 「初日でないのであれば初日も見てしまうのが性ですわ>金薔薇のお姉さま
勿論潜っている場合も想定はしていましたが」
蒼星石 「ああ、そいえばさらっと霊能出てたね、草薙さんだったのか
確かに吊られない位置だ
Lily 「>水銀燈
とりあえず灰に人外いるしそこから行く」
金糸雀 「ないトラップ……
一人死んでなお3人残っている恐怖……」
水銀燈 「あとで、やっぱり残ったところが狐だったといっても聞かないからねぇ。」
翠星石 「理屈的には●相互吊って○なら明日の吊り先決まる感じですぅ」
草薙出雲 「えーそこで狐が出るってある意味で凄いな>翠星」
できない子 「うーん、最終的に占いはひきつぶすにしてももうちょい様子見たい」
できない夫 「え?霊能草薙?JUNじゃないの?>蒼星石」
やらない夫 「占いを決め打つのなら、今日は占いの指定吊り、」
薔薇水晶 「私吊りの場合色が○出るからその場合はLily先吊りで
Lily●なら蒼の子をキープ」
蒼星石 「正直、僕は金糸雀のステルス性のほうが怖いけどねえ>金糸雀」
JUN 「真狂狼狐と見て、占いロラって灰2Wを見つける、ってんならいいけどさ>占いロラ
にしても、6吊り3占いなら、まだ1手残してもいいと思うけれども。」
Lily 「残ったところが狐とかそんなに不安なら占い決め打ちすりゃいいでしゃ
具体的には私以外吊り」
やる夫 「占い死んでるなら
死んだのが真狂だお
死んだの以外に死体ないなら銃殺目も低そうだし
ロラしてもいいんじゃないかお?」
水銀燈 「じゃ、ばらしーからにしましょうか」
薔薇水晶 「そこら辺をちゃんとやるように。

真狂狼狼の方が厄介」
蒼星石 「あ、JUNだね
草薙さんがその上だったから空目した」
Lily 「てか相互占い続けるなら占いの意味ないというかなんといくか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →薔薇水晶
やらない夫0 票投票先 →薔薇水晶
蒼星石0 票投票先 →薔薇水晶
真紅0 票投票先 →薔薇水晶
翠星石0 票投票先 →薔薇水晶
水銀燈0 票投票先 →薔薇水晶
雪華綺晶0 票投票先 →薔薇水晶
金糸雀1 票投票先 →薔薇水晶
Lily1 票投票先 →薔薇水晶
JUN0 票投票先 →Lily
できない子0 票投票先 →薔薇水晶
草薙出雲0 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶12 票投票先 →金糸雀
できない夫0 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水銀燈 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
薔薇水晶さんの遺言 占いCO.
噛まれてたらごめんなさい。

そういえば確定でドールズに裏切りものがでてたのが悲しいなって
水銀燈さんの遺言 もう一度言うけれど相方は生存
後はCOから何から全部一任するわぁ
静寂OPがついてるわけでもなし
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
蒼星石 「占いCO Lilyは●だったよー」
JUN 「霊能CO 薔薇水晶○」
やる夫 「おはようございますお」
Lily 「やる夫○」
できない子
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    おはよう   (,,)_
  /  |             .|  \」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
金糸雀 「おはよーかしらっ」
真紅 「おはよう」
雪華綺晶 「おはようございますわぁ
占いの内訳が真狂狼狐ならひき潰せば狐も巻き込める
真狂狼狼であれば狐が厄介、難しいところですわね」
蒼星石 「理由:対抗継続の指示なかったけど…真決め打ち以前に次は僕の吊り順に見えるからねえ
対抗占って狩人の活躍に賭けてみてもいいかなって思った」
草薙出雲 「狩人ーちゃん霊能で護衛かしらね」
翠星石 「>出雲
まー一説ですけどね。狼と狐が入れ替わっても問題ないですぅ。
内訳なんてどうにでもなるですし、翠星石は内訳が変だから、で可能性を否定しないですぅ。
流石に人外枠が6つになるようなら考え直すで今回翠が挙げたものは、それほどに変な場合じゃないですよ。
Lily 「なんというか発言薄い
そして今日の結果に発言がさらに減った
何か持ってるとみて占う」
やらない夫 「おはようだろ」
できない夫 「霊能結果次第としか言えない。
吊り先に関してはだがな。」
できない子 「じゃあ今日は蒼い子吊りすっか」
翠星石 「でまー、昨日勢いで真狂狼狼 - 狐とか言ったわけですけど、
ちょっと冷静になって考えるとロラ前提でありながら即行占い噛み入ってますし、
占い狐交じり想定の方が現実的ですぅ。」
JUN 「Lily投票は指示を見ずに投票したため。
Lily真ならやらない子でほぼ銃殺。(あるいは狐噛み?)
ならば蒼星石・薔薇水晶を残した方がよいと思った。
そこに真があるのなら、灰の○●を見れる。」
やらない夫 「共有がいっただろ、相方はでてほしいだろ」
できない夫 「グレーはやる夫やらない夫を見たが言ってることは大体一緒ってところか。
ただ視野の広さという意味ではやらない夫の方が残してもいいかもってところだな。」
Lily 「は?対抗占いの流れとかまだ続いてたの?」
雪華綺晶 「うーん、黒薔薇のお姉さまが抜かれると」
金糸雀 「共有噛みね
ならローラー完遂で問題無さげかしらー」
翠星石 「なんで翠星石は、村の流れがそうではないので強くは主張しませんが霊能吊ってもいいと判断するですよ。
そうですね。仮に霊能真の場合は村吊り(できる夫の潜伏狂人、狐は考えないですよ)二回、
GJ出ない限りは灰吊り2回で2人外を消さなきゃダメな村になるすが。」
蒼星石 「ん…?
んん??

えっと、対抗が狼狼狂だろ…なんで霊能に人外いるの?」
JUN 「んじゃぁ真狂狼狐臭い、ということで。
灰の2Wを見つける作業かぁ。」
金糸雀 「逆にあんだけ初日霊能!初日霊能!
って叫ぶ風潮でノコノコCO出来る度胸が狐にある風にも
しかも占い候補無残だから尚更狐が出る意味がわからないかしらー。」
翠星石 「翠星石がそう判断した根拠を張っておくです。
以下の発言より、『グレランを認識していた』『その後もう一つ発言をする余裕があった』『なのに霊能COをしなかった』

◇JUN(111) 「△占いを提唱したのが何か妖狐臭い、とすれば、占い真狂狼狼になるのかな?」
◇JUN(100) 「相互占い把握。
んでもって、グレランだねー。」」
できない夫 「でまぁ、霊能結果次第というわけで当然破綻吊り。
少なくとも霊能疑う想定は俺含めて誰もしない以上は霊能結果を盲信するということと同義だからな。」
Lily 「遺言に相方書いてないのは少々気になるわね」
草薙出雲 「さてと、占いロラ続行やな共有はまぁ遺言的にも
遺言で分かりやすいやろうしな」
できない子 「じつは私は水銀燈の采配が気に食わない
なんで遺言に相方の名前書かないの」
金糸雀 「なんかちょっと日本語おかしかった」
JUN 「いや、ロラ継続なんで共有はCOする必要は無いかと。」
やる夫 「狩人は霊能護衛だったみたいだおね」
真紅 「蒼星石…」
雪華綺晶 「相方が生存してるということですが
占いを轢き潰す方向なら出ないのでしょうか」
Lily 「ところで蒼星石の内訳ってどうなっているの?」
やらない夫 「JUNの色が白なら、今日は占いに手をつづけるべきじゃないの>JUN」
草薙出雲 「共有は夜の声忘れないことと遺言わすれずにな」
翠星石 「べつに後からCOして生き残った霊能という前例があるので、
出る人は出るんじゃないですか、というくらいですぅ」
Lily 「まあどうせ蒼星石ノット狐なんだろうけどさ」
できない子 「案外共有初日で言うに云えなかったとかかな」
できない夫 「ぶっちゃけ霊能狐よりかは霊能狼の方があり得ると言えばありえるだろ。
まぁ可能性とか噛み筋から考慮しただけの話だしもう疑うつもりもないが……>JUN妖狐想定?してる奴ら」
やらない夫 「蒼星石の内役は狼二人語りだろ・・・」
金糸雀 「ま、それはそれとして穿ちすぎなんじゃないかと思うんだけれども。」
蒼星石 「真狂狼狼…で、狼がLW騙りに出すわけないから霊能が狐ってことになる」
真紅 「相方が出ないのは灰を噛ませたいんじゃないかしらね。
好きにしたら良いんじゃないかしら」
雪華綺晶 「蒼星石の主張では狼2騙りになる、ですかね」
Lily 「狼2かたりねー
初日のCOタイミングで2かたりとかなー」
翠星石 「>できない夫
ですね。冷静に死体見るとそうなったですぅ。
勢いだけで喋るのはよくないですね」
JUN 「内訳はまだ正答は出ない>やらない夫」
やらない夫 「狐が霊能で、初日、霊能?どんなレアケだろ>蒼星石」
草薙出雲 「共有初日を伝えないのはないな、そしたら、ジュンの真偽みるリソース
かからんもん>できない子」
やる夫 「蒼星石は狼の2騙り主張かお」
できない夫 「まぁ蒼星石真の内訳考えるのが死ぬほどだるいので
考えなくていいんじゃね?真狂狼狼ー狐or狼とかそういうことになるんだろこれ」
金糸雀 「というか多分、ホントに霊能狐なら
蒼星石真だと思うわよ」
Lily 「むちゃくちゃな推理だし まあ強靭かしらね」
できない子 「昨日は疑ったけど今のところjunは真目かなとみてる
ここ人外だとちょっとグレーに人外が少ないきがするから」
JUN 「まぁ蒼星石真だけはない、ということで。
その意味では、蒼星石vsボク、ということになる。」
金糸雀 「カナはそうは全然思わないので
投票するけどもー」
Lily 「霊能狐とか考えるの後ででいいわ 他占う」
翠星石 「ふむ」
蒼星石 「でもま、これで…少なくても最終日は絶対に来るんだよね」
やらない夫 「これない役ガチでどうなってんだ?
lily視点はやらない子が狐で銃殺か、狂人が噛まれたわけで」
翠星石 「できない子の意見が面白いですぅ。
灰人外が少なすぎる、ですか」
JUN 「霊能結果●2丁でたなら、まぁボク吊りでいいんだろうけれど。」
できない子 「うちわけ?>ないやく」
Lily 「やらない子はこの調子だと呪殺っぽい」
できない夫 「まぁ共有相方に関しては伏せていいだろ。
というか今日出しても護衛ぶれる要員にしかならないからな。
明日人によってはリリー吊りをしたいorしたくないという流れになる。
共有がリリー吊りをしたくない(銃殺GJが起きたと信じる)ならCOすればいい。
リリー吊りするなら潜っていいだろ別に。というだけ。」
雪華綺晶 「えーと、初日の話ですか?
なら霊能か狂人でしょうけど>やらない夫」
草薙出雲 「それはそうやな、ただし死体なしがでる場合やけどな>ジュン」
Lily 「まあ1Wは釣れてるだろうし、2W目探すわよ」
雪華綺晶 「ない役って内訳の事のほうですかね」
草薙出雲 「狂人が初日だとアレやないか>きらきー」
やらない夫 「蒼星石視点が狐が霊能だろ・・
雪華綺晶視点は霊能が真なら真狂狐なわけで。」
できない子 「今日は蒼という吊り先がある程度固まってるから隠したとも考えられるのか」
金糸雀 「そもそも占いロラ前提なので
出す意味は全くもってないかしらー>共有」
翠星石 「◇Lily 「まあ1Wは釣れてるだろうし、2W目探すわよ」」
雪華綺晶 「いや、私占いじゃないですけど」
蒼星石 「ええと、とりあえず

指揮権は霊能に渡さないでね、共有さん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →蒼星石
やらない夫0 票投票先 →蒼星石
蒼星石11 票投票先 →Lily
真紅0 票投票先 →蒼星石
翠星石0 票投票先 →蒼星石
雪華綺晶0 票投票先 →蒼星石
金糸雀0 票投票先 →蒼星石
Lily1 票投票先 →蒼星石
JUN0 票投票先 →蒼星石
できない子0 票投票先 →蒼星石
草薙出雲0 票投票先 →蒼星石
できない夫0 票投票先 →蒼星石
蒼星石 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石さんの遺言
          ,-=======- .._
            |三三三三三ミヽ
          rz=ニ三三三三ニ=ミ/
        マ>"´:.:.:.:.:.:.、:.:.`゙ヾニ7
        /:.:.:.:/:./{:.:.{:.:、\ヽ:∨
        //:.:.:.{:/ ':.:.、:.:、ヽ:.:',ハ    真紅○、薔薇水晶●、Lily●
         {:':.:.!:ハ:レ' ヘ{ヽミ_:ヽ:}:.}
        'ヽ:.N ―‐  ―‐ }:`:.′
            ヾ:.:、"  r_、 "ィリ:./    最後に、狼っぽいと思ったグレーに遺言代わりに投票しておくよ
          ∨ ` ーz 、‐く レ′    とりあえず最終日はくるんだ…僕の仕事は8割方終わったよ
          ι    <_ノヽ_):.
                  | | | .!
                 |    l
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
できない子
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    おはよう   (,,)_
  /  |             .|  \」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
やる夫 「おはようございますお」
Lily 「占いCO できない子○」
JUN 「霊能CO 蒼星石○」
雪華綺晶 「おはようございますわぁ」
金糸雀 「楽してズルしてはや5日目(ずずー」
真紅 「おはよう」
Lily 「周りから一歩引いた奴が人外という持論を持っているので、
様子見に徹してあまり意見引き出してないところを占う
やらない夫もいたんだけど、そこは悩んでいる村っぽいので今は無視
草薙出雲 「おはようさんさん3組ー」
できない夫 「翠星石がとっさのレスポンス早いのが気に入ったので残していいんじゃねと思った。
そして削ろうと思ってたやる夫が○もらってて死にたくなった。
でまぁそういうわけでリリー真の銃殺もなさそうだなこりゃ。」
やらない夫 「おはようだろ、今日は占いローラー完遂だろ

占いの内役
やらない子 死体・・・噛まれた場合真狂  lily真の場合、銃殺か、狼のとの噛みかぶり
蒼   真の場合 狼二騙り  霊能狐  霊能初日
lily 真、やらないこ狐狂 ほか対抗狼狐、狂
薔薇真なら やらないこ狂、 lily狼?」
JUN 「あら、そこ噛むんだ。」
できない夫 「そしてまぁ真紅グレーに戻しつつ占いロラ続行でいいだろ。
ロラさせたくないなら狩人が銃殺GJの日記出してくれ頼むから」
できない子 「とりあえずきのうやらない子狐疑ったけどそういややらない子噛まれてた
やらない子ごめん」
Lily 「◇翠星石 「◇Lily 「まあ1Wは釣れてるだろうし、2W目探すわよ」」

青い子狼だと思ってないからまる

って霊圧が消えていたか」
やらない夫 「霊能○だろ、狂狐真のどれかだろ」
金糸雀 「真狂狐狼のリリー狼でファイナルアンサーかしら。」
JUN 「うん、こりゃ狩人狙い、ってことか。
まぁ真狂狼狐なんだろうね、ということで。」
草薙出雲 「霊能とばらしーのラインが切れたでえぇんかい?」
Lily 「うーん
 これ霊能偽じゃね?」
やる夫 「え?>霊能」
できない子 「おう、私に○出しか
個人的にグレーをつぶしに行ってほしかったんだけど
JUN 「んじゃまぁ3W残り、そこの占いが1人狼、狐死亡、ということでいいか。」
Lily 「霊能結果ガン無視して考えてきたけど、やっぱそうとしか考えられないわけで」
できない夫 「まぁやっぱりできない子占いするとかいってたくせにやらない子占う以上は
仲間に入れ知恵されたんだろうなと思いつつリリー吊りで」
雪華綺晶 「蒼星石で○、という事は霊能視点Lily狼
噛まれてるやらない子は真狂で蒼星石薔薇水晶に狐混じり、ということですわよね」
草薙出雲 「とりあえず、占いロラは完遂の方向やな」
真紅 「翠星石の指摘がとてもよかったからLilyに関して」
Lily 「うーん狼の乗っ取りですねーこれ」
やらない夫 「霊能真でラインつながるのはやらない子か、lilyのときだけか?
でもlily真の場合やらない子は死体になっているわけで」
できない子 「蒼○? どういうことだよ
蒼と紫で狂狐もっていったってとこだろうか」
Lily 「狐もありだけど対抗の中に狐っぽいのいたんで、恐らく狼」
金糸雀 「当然のごとく●が出てないので
飼うとかは普通になしのロラ完遂(ずずー」
できない夫 「ぶっちゃけリリー吊り反対=霊能騙りの霊能吊り言い出すなら
共有がCOして指示出す限りは従うつもりがないとは。」
草薙出雲 「カナちゃん余裕やな>カナ」
やらない夫 「そうなると、霊能で真の場合はラインつながるのはやらない子のときだけだろ」
Lily 「占いローラーするってなら村の方針構わないk度
共有だしておきなさいよ? マジで」
できない子 「だよね。lilyの信頼度が大きく揺らぐ霊能結果だ」
真紅 「今日も共有が出ないってことは霊能を信任しその指示に従えということでしょう」
やる夫 「えーとじゃあ霊能真だとすると…
初日噛まれ真狂
次とその次の吊りが真狐
残りが偽?
Lily 「ぶっちゃけここで私吊るとか指定ゲー突入やから
まとめ役さっさとだしてほしい」
金糸雀 「揺らぐ、というか銃殺GJならもう狩人がアクション起こしてるでしょうし
噛みあわせ銃殺ならドドンマイってことで、もう期待する段階ではないけどね」
草薙出雲 「えー霊能に従えじゃないじゃないか>真紅
占いロラでえぇってことやろ」
やらない夫 「ぶっちゃけ、ない役がややこしすぎるだろ」
できない子 「これ共有初日じゃね? まだ生きてるなら本当に遺言だけは頼む」
できない夫 「でまぁそうなる以上やらない子真狂でリリー人狼で蒼星石狂狐で薔薇水晶真狂狐となるか。
やらない子か薔薇水晶だけしか真見られないんでそっちだけ見てりゃいいんじゃね?」
雪華綺晶 「まあ始めてしまったものを途中でやめるのも中途半端でしょうし
ローラー続行しかないかと」
Lily 「ここで出てこない共有は遺言書いておきなさい
あんたが噛まれたら村混乱する」
できない夫 「……囁きあったのに共有初日とか疑うのか?>できない子」
やる夫 「まあ一応いっておくけど共有は遺言ちゃんと書いといてくれお?」
Lily 「共有初日とかないわ
初日なのにいわなかったら引くわ」
できない子 「占いは吊りきれ―」
雪華綺晶 「囁きあるので共有は確実にいますよ>できない子」
JUN 「共有は明日COでいいよ。
指示役はそちらで。
生存は判明しているんだし。」
Lily 「はいはい私の○は残しておいてくれよ」
金糸雀 「出る必要が無いから潜ってるだけでしょうし(護衛統一的な意味で)
そんな心配する必要無いと思うかしら。初日なら初日で水銀燈が何がしたかったのかわからない>できない子」
真紅 「>出雲
昨日からあんなに翠星石がJUNに関してごちゃごちゃ言ってたら
何か言うんじゃないかしらね。たぶん」
Lily 「じゃあ私はかっこいい遺言に悩むから黙る」
できない夫 「ぶっちゃけささやき確認してない=夜に会話してた人狼じゃないか(キリッ
とか言い出しちゃうかもしれない勢いになってきた
翠星石共有で遺言残し忘れとか想定?なら今日の囁き確認すりゃいいよなうん」
できない子 「まあそれもそうか
なんか2日目でてくるの遅かったから共有に慣れてない人が絶望してるとか邪推した」
やらない夫 「JUN真の場合でラインつながるのは、やらない子だけでいいのか、蒼が霊能で○なら」
草薙出雲 「つか、この状況なら共有なんて候補が絞れるやろ」
やる夫 「霊能結果もリリー偽っていってるしリリー吊りでいいだろお」
Lily 「緑の子が共有とかないわよね?>霊界」
金糸雀 「それはそれで、みんなで明日に
「おーい、でてこーい」と言えばいいかしらー」
できない子 「…あぁ、ああ!>ささやき」
JUN 「初手噛みのやらない子真。
薔薇水晶、蒼星石が狂人か狐、
Lilyが狼。」
金糸雀 「>慣れてない云々」
雪華綺晶 「遺言ぐらいは残すでしょう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →Lily
やらない夫0 票投票先 →Lily
真紅0 票投票先 →Lily
雪華綺晶0 票投票先 →Lily
金糸雀0 票投票先 →Lily
Lily9 票投票先 →JUN
JUN1 票投票先 →Lily
できない子0 票投票先 →Lily
草薙出雲0 票投票先 →Lily
できない夫0 票投票先 →Lily
Lily を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Lilyさんの遺言  
                       、 -―- 、
               . : ´         \
              /    /      rγ⌒ヽ
            /  ,   /  /    { i   :i
              /  /  /__ /    .ハ└乂__,ノ
           { /:{ /j/`{    /‐ト }   1
.           /   { 芹弐  ヽ/ __V}    }
           / /   :V{じメ    芹弐キ   }
            {/{    }     ,   {じメ/  :}∨     ボイスロイド兼ボーカロイドの
           乂__ノ .ノ\  マ  ァ   {  V }
        /{三三}ヽノ}\___ ⊆]=乂/_.ノ      結月ゆかりをよろしくお願いします(ステマ)
        /:::::::7==r'///}     ////{三三}
        \:::::/  }//:j     {/////  {:::ヽ
         ∨   j\:::{      }:V//{ /  {:::/
      /:/ ./ ,/:::::::〉}     / V/{′  V{
   ,.:-=:::::/ / /}\:/\  /   /:::{    ,
-=:::::::::::/ / ./ノ::::::::|辷辷辷辷7::/}    i: ′
:::::::::::::/ /  /::::::::::::::|ニニニニ/´::::::{   } }\
::::::::∠/  /:/::::::::::::::::|: : : : : : : :!::::::::::::\ / ,:::::::ヽ
::::://  /{:::/}:::::::::::::::/: : : : : !: : |::::::::::::::::/ /:、::::::::!
::/:::/ ./\{:' {::::::::::::/: : : : : : l: : :|::::::::::/  ./ }::::\::|
;':::::{  {:::::/  /:::::::::/: : : : : : : : : : |ー '   /},ノ:::::::::::\
:::::::::ー-ゝ/   }::::::::::i二{C)}二二二|:`:ー--::':{ ヽ:::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::/  /:::::::::::j〈//||\ ヽ: |:::::::::::::::::{   ';:::::::::::::::::::::,
 
【占い日記】
初日
占いCO 草薙出雲○
人狼が出たというのでボカロ界の鑑定士が出動するわよ!
私と同じやる夫スレ界において知名度が低い人を占うわ
 
二日目
占いCO やらない子○
指示占いというのは理由を作る必要がないので楽だと思いました(小並感)
 
三日目
占いCO やる夫○
なんというか発言薄い
そして今日の結果に発言がさらに減った
何か持ってるとみて占う
 
四日目
占いCO できない子○
周りから一歩引いた奴が人外という持論を持っているので、
様子見に徹してあまり意見引き出してないところを占う
やらない夫もいたんだけど、そこは悩んでいる村っぽいので今は無視
できない子さんの遺言

      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<   私は狩人になりたかった
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |   でもただの村人でかなしい
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/    ささやきで共有生きてるか確認できるという発想がなかった
     ヽ、_  ―  _,.ィT/      お前ら頭いいな
       l 7Eニ::ィ1│       
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |       そろそろ2重○の私は噛まれる
   _(,,)    ゆいごん   (,,)_ 
  /  |             .|  \
/    |_________|   \
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
草薙出雲 「マソップ」
やる夫 「おはようございますお」
雪華綺晶 「おはようございますわぁ」
金糸雀 「おはよーかしらー。」
JUN 「霊能CO Lily●」
草薙出雲 「はいはい、ボクが共有やで」
やらない夫 「おはようだろ」
真紅 「おはよう」
雪華綺晶 「ふむ、二重○だったできない子噛まれると」
金糸雀 「それじゃ共有のご登場かしらっ↑
て言おうと思ったのにもう出られた……」
やる夫 「よく生き残った>共有」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
JUN 「まぁそうだよね。
そして共有……心臓をバクバクさせるなw」
雪華綺晶 「まあ霊能結果はそうですわよね」
真紅 「あら出るの?」
できない夫 「ログ取り忘れた上によく考えたら占い真確定してた(相互●忘れてた)
というわけでできない子疑い取り下げるわ。」
やらない夫 「JUN真で見るなら
やらない子真で薔薇狂狐、 蒼が狂狐 lily狼だろ」
JUN 「そこ疑ってたのにっ!!>出雲」
できない夫 「でまぁ昨日のログないんでわりかしうろ覚えの痕跡になるが
基本的に真紅と草薙は一旦疑い先から放置して他吊りということにする。
あとできない子も当然だな。そこ真占いの○だし。」
草薙出雲 「こうなるとー真紅をどうみるかになるな」
金糸雀 「どっちにしてもやらない子真前提で進めていい空気なので。
あー、そうなるかしらねー、おしまい」
やる夫 「さてみんなこの霊能どうみる?」
できない夫 「グレーで吊りたい位置がやる夫しかいないというか
ぶっちゃけやる夫とやらない夫では微妙にやらない夫残したい感じで
金糸雀雪華綺晶は全く読んでないけどそこもやる夫よりかは残してもいい位置なので
結局やる夫吊りたい的な感じ」
雪華綺晶 「出る、という事は指定したい場所があるのでしょう
いや、出てもらわないと困りはするんですが」
やらない夫 「一応、やらない子とはラインつながっているのか?」
草薙出雲 「なんでやねん>ジュン
初日の○で最終日の想定してたんやけどな」
JUN 「……まぁやらない子の○、できない子噛みなら、共有以外は全員灰ということで。」
金糸雀 「霊能初日とか言ってたのにあっさり許しちゃうやらない夫吊ればいーんじゃないかしらね。
今の今までこの辺り指摘するのをすっかり忘れてたのはここだけの話」
できない夫 「というかぶっちゃけ潜る=初手○もらっているという発想だから
真紅か草薙しかいなくね?共有なんて。
というか草薙COしちゃうのか、別に疑うつもりなかったのに」
雪華綺晶 「やらない子真なら真贋ついて噛んだのかそれともベグったのかが問題ですが」
草薙出雲 「リソースの無駄ははぶかんとな>できない夫」
真紅 「できない夫の昨日の仲間入れ知恵発言でLilyの行動がおかしいというのが
が共有の相互占い指示を見て
行動する狼で出来たら凄いと思うんであまり吊りたくないかしら」
JUN 「ボク吊りなら、もう最後までミスはできない。
少なくとも、真狂狼狐ということだけは判明した。(昨日段階でだけど)」
やらない夫 「できない子噛みならやらない子真めだろ、
でも真霊能の結果はれるのは狼でもいっしょだろ」
できない夫 「出る以上は指定したいならどうぞ、とだけ。
俺は意見はすでにいったからな。」
金糸雀 「やらない子は即死したからラインもクソも無いわよ
霊能は薔薇水晶と蒼星石とだけライン切れてる>やらない夫」
やる夫 「JUNが真なら狐は吊れてても狼二人残ってんだおね?」
草薙出雲 「霊能は真だとすると吊る余裕ないだけど 噛みがな」
真紅 「どうかしらね。」
できない夫 「まぁいいんだけどさ別に。潜っても吊られないだろうし噛まれないだろうなと思っただけなんで>草薙

まぁそうなると真紅の扱いどうするかーとかそのへんじゃね?」
草薙出雲 「狼が狐探ししてる気配なんやよな」
JUN 「銃殺出るとしたら、やらない子⇔Lilyのラインだからね。
噛みはそこのどこでも良かった、というところじゃないかな。」
草薙出雲 「つまり、霊能はつらんで グレランいくで」
やらない夫 「真紅は共有目でみていたけど、そこが共有でないんなら
その寡黙はすこし疑うべきだろ」
金糸雀 「(正直やらない子噛まれた瞬間他の占いの結果投げてたから
今草薙が二重○もらってたことを思い出したとは口が裂けても)」
雪華綺晶 「噛みが灰、できない子については違いますが噛んでるんですよね
それをどう見るか、狩人を探しているのか潜ってた共有を狙っていたのか」
できない夫 「あと霊能疑いって今更するならなんのために霊能結果見て
内訳考察しようとしてたんだろうな俺たち。霊能吊り=それら全部無駄でした(キリッ
っていうようなもんだからしたくないんだけど>霊能吊り」
やらない夫 「いや、霊能真ならlilyともライン切れているだろ>金糸雀」
草薙出雲 「真紅はグレランに入れないで」
真紅 「正直ブラフって見たと言っておくわ。
全然意味なかったけど」
やる夫 「狐残ってるとしてもあってJUNなんじゃないかお?>共有」
金糸雀 「あれ、真紅放置でグレランってどういう狙いかしら。」
できない夫 「狐探す噛み=霊能疑うんじゃないか結局……
あんまり疑うつもりないぞ真面目に>草薙」
雪華綺晶 「あら?紅薔薇のお姉さまは除くのですね」
やらない夫 「どういう意味だろそこは霊能真やらない子真ならグレーのはず>草薙出雲」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
やる夫5 票投票先 →できない夫
やらない夫1 票投票先 →やる夫
真紅0 票投票先 →雪華綺晶
雪華綺晶1 票投票先 →やる夫
金糸雀0 票投票先 →やらない夫
JUN0 票投票先 →やる夫
草薙出雲0 票投票先 →やる夫
できない夫1 票投票先 →やる夫
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言                                  ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     素 村 CO だ お       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
JUN 「霊能CO やる夫○」
草薙出雲 「やっほー」
真紅 「おはよう」
金糸雀 「おはよーかしら。」
雪華綺晶 「おはようございますわぁ」
真紅 「ほう」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
JUN 「無駄吊りでしたが、狩人生存でOK。」
草薙出雲 「狩人ちゃんいたら カモヒーア」
やらない夫
おはようだろ、JUNを切らないとなるとJUNは真でみるしかないだろ、
となると、ラインがつながっているのはやらない子だけだろ、
となると、真紅も灰にもどすべきだろ>共有
あと、できない子を噛んだ時点で、やらない子を真めでみたいだろ
JUNを切らないとなると、ほかの占いは偽目で見るしかないだろ。
蒼が真なら残りLWだし、
lily真なら真紅、やらない夫、カナリア。できない夫、JUNの中に狼がいるだろ
薔薇真なら 狼は一匹連れていて残り2Wだろ」
金糸雀 「おおっとじゅっじょぶの臭い」
できない夫 「どや顔で誘導しておいて霊能結果○というあたりが絶望したい」
草薙出雲 「つっても霊能噛み臭いやけどな」
雪華綺晶 「って、死体なしですわね
霊能視点では狐はないですし、護衛成功ということでしょうか」
できない夫 「やる夫吊りしてから真紅吊りは流れ的にできないだろうから
真紅残しさせてもらうとだけ。
というか多分それ主張する奴いたら寡黙吊りしたいだけにしか見えないが。
(一応初手囲いの蒼星石狂人が仕事した可能性もあるが)」
真紅 「グレラン精度が上がるからいいけどどうしてそうなった
>真紅は除外」
やらない夫 「死体なしだと、霊能は偽なのか?」
できない夫 「ぶっちゃけ吊り先がやらない夫雪華綺晶金糸雀だけど
あんまり全員グレー見てないというか
そもそも内訳考察に終始しているというか
やらない夫>真紅疑いで金糸雀>やらない夫疑いになってるとしか
言えなくてまぁぶっちゃけどうすっかな、とは。」
雪華綺晶 「クスクス…私が狩人…
狼を追い詰めて見せます

初日 護衛:できない 無残:GM
正直自信があるとはいえませんが出来るだけのことはしてみせましょう
とりあえず吊られないことを念頭に、ですわね

二日目 護衛:水銀燈 無残:やらない子
……占い4COとか予想外ですわ
真贋ついて占いを即抜いてくるのか
ちょっと分かりかねるので出ている共有を護衛しましょう

三日目 護衛:JUN 無残:水銀燈
護衛先をどうするか…共有護衛がいいのか霊能護衛がいいのか
うーんうーん、迷いますけど霊能護衛行ってみますわ

四日目 護衛:JUN 無残:翠星石
……やってしまいました、黒薔薇のお姉さまが抜かれてしまった
抜かれてしまった以上、灰を噛んでくるのかどうか
霊能護衛継続しておきましょう

五日目 護衛:JUN 無残:できない子
共有はさすがに明日は出るでしょう
護衛は継続で

六日目 護衛:草薙出雲 無残:
……JUNはとことん噛まれない、霊能偽かもしくはそう見せるため?
出雲が共有でしたのでそちら護衛に切り替えましょうか
というか、残り二吊りここで護衛成功出せておかないと厳しいですわ」
JUN 「そうだね。
狩人COしての、
狩人→霊能or共有→最終日3人
この形がベストか。」
草薙出雲 「狩人のCOないなら 狐おるなー(チラッ」
雪華綺晶 「というわけで狩人COですわね」
金糸雀 「ここまで来てグレー見てないって
今まで何やってたのかしら……>できない夫」
雪華綺晶 「今日出雲さんで護衛成功ですわ」
真紅 「狩人COないならまさかとかいやよ」
できない夫 「死体なしが出たのはありがたいけどまぁぶっちゃけCOしていいんじゃね?
吊り増えるとは思えないし。狩人いるなら。
出てこない=妖狐噛まれとみるが」
やらない夫 「おっと、狩人がでてきただろう、
ならできない夫、カナリア、真紅から灰をつめるべきだろ」
草薙出雲 「えーきらきーちゃんが狩人やと!盲点圧倒的盲点やな(棒」
金糸雀 「よくやったわきらきー、
褒美にカナの卵焼きをわけてやるかしら」
JUN 「……初回、共有護衛って
いや、どうなのか……。」
草薙出雲 「えーと、真紅 と ジュン を吊りきりのがすっきりする最終日やろか?」
できない夫 「雪華綺晶が狩人だったらしい。
ぶっちゃけ真紅疑いできるほど大人じゃない俺はもう金糸雀ーやらない夫で2W……

あれ金糸雀やらない夫殴ってね?」
雪華綺晶 「正直抜かれまくって心配しておりましたので
ここで吊りが増やせたのも僥倖」
やらない夫 「真紅はなぜのこさないといけないか教えてほしいだろ、霊能残す進行ならそこは灰だろ>共有」
真紅 「おやそれは嬉しいのだわ」
草薙出雲 「初回、共有護衛は正しいと思うでボクもそう思ってたしな>ジュン」
JUN 「真紅村だと、まける>出雲」
できない夫 「ぶっちゃけ真紅村決め打ちとかどや顔してそこ二人で2Wとか想定したら
そもそも身内殴りしてねとか思ってちょっと混乱中ですはい」
やらない夫 「悪いけど、おまえも灰だろ>できない夫」
雪華綺晶 「正直占い4CO時のセオリーがわからなかった、というのもあります>JUN
ですので確定村である共有護衛で」
金糸雀 「やらない夫真紅吊って最終日を目指すのが
一番安定手だと思うんだけど」
草薙出雲 「霊能は放置でええん?>カナ」
真紅 「できない夫が私にはどうにも非狼に見えるけれど
その場合は霊結果からない夫ーカナリアの2Wてことになるわね」
できない夫 「少なくとも自分視点で自分吊り許容できるとはあんまり今は思ってないからな……。
それはお前視点でも一緒だろ?狐いたらやばいんだし>やらない夫」
JUN 「ボク吊りなら、灰3人最終日>共有
……まぁこのシチュエーションなら、グレラン→灰灰霊最終日の予感がするけれども。」
やらない夫 「できない夫はなんで殴り合いから逃げようとするんだろ、昨日は露骨に吊り先誘導しておいて」
草薙出雲 「できない夫って放置でええん?○ではないよな?とりあえず、」
金糸雀 「カナ、3日目から霊能疑いは思考の外なの>草薙」
できない夫 「お前らない夫って略して殴るのやめろ
わかりづらいだろマジで>all」
やらない夫 「霊能を残すということは霊能を真でみることだ、
その霊能とラインつながっているのはやらない子のみなわけ

霊能と狩人、共有いがいは全部灰だろ」
金糸雀 「カナは略してないわよ(きらっ」
できない夫 「グレーだよグレーの村人だよ俺は。
正直困惑しまくってるぞ。真紅吊りしたくないらしいし従うがそれだと
身内殴りを金糸雀がしてる前提になってるから>草薙」
真紅 「あれ?できない夫って霊能偽をずっと考えてる感じだったのかしら?」
できない夫 「考えてない>霊能偽」
金糸雀 「というか割と前から霊能真前提で推理進めてるので
今更JUN吊りとか言われましても」
できない夫 「ぶっちゃけ俺そんなこといったか?
誰か発言引っ張ってくれそういうなら」
やらない夫 「できない夫、推理はしているのにぶれすぎではないだろうか」
草薙出雲 「オーケー グレラン 真紅とジュンはグレランからはずしで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
やらない夫3 票投票先 →真紅
真紅1 票投票先 →やらない夫
雪華綺晶0 票投票先 →できない夫
金糸雀1 票投票先 →やらない夫
JUN0 票投票先 →金糸雀
草薙出雲0 票投票先 →できない夫
できない夫2 票投票先 →やらない夫
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆GM 投票確認ー」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雪華綺晶 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
雪華綺晶さんの遺言 クスクス…私が狩人…
狼を追い詰めて見せます

初日 護衛:できない 無残:GM
正直自信があるとはいえませんが出来るだけのことはしてみせましょう
とりあえず吊られないことを念頭に、ですわね

二日目 護衛:水銀燈 無残:やらない子
……占い4COとか予想外ですわ
真贋ついて占いを即抜いてくるのか
ちょっと分かりかねるので出ている共有を護衛しましょう

三日目 護衛:JUN 無残:水銀燈
護衛先をどうするか…共有護衛がいいのか霊能護衛がいいのか
うーんうーん、迷いますけど霊能護衛行ってみますわ

四日目 護衛:JUN 無残:翠星石
……やってしまいました、黒薔薇のお姉さまが抜かれてしまった
抜かれてしまった以上、灰を噛んでくるのかどうか
霊能護衛継続しておきましょう

五日目 護衛:JUN 無残:できない子
共有はさすがに明日は出るでしょう
護衛は継続で

六日目 護衛:草薙出雲 護衛成功 無残:なし
……JUNはとことん噛まれない、霊能偽かもしくはそう見せるため?
出雲が共有でしたのでそちら護衛に切り替えましょうか
というか、残り二吊りここで護衛成功出せておかないと厳しいですわ

七日目 護衛:草薙出雲 無残:
護衛成功で吊りは増やせました
後は託すのみ

ただ、狐いたらヤバイと言ってるできない夫が物凄く不審
霊能を信じての推理を構築してるのに今更すぎますわ
やらない夫さんの遺言                                   |
                                   l
                           /          l         _人_
                         /     i     i         `Y     /\/\
              ー――ー一 "        丶ー一'              /  / \. \
              , ____ y       ,__ 〈                 |   l    l  |
                 /,儷鑾  Y       .,儷鑾 Y    _j|_         \. |   /   |
             { 建夛  /       i建夛 /      ̄|! ̄           \ X.   /
                .ヽ_    ン         ヽ_  ン                     \/
               ⌒           ⌒ k 、
                  /"        j    "y' i {_   素村だろ、常識的に考えて
                 iゝ        /     i_∠イY
       ===========⇒\___________∧________ノイ|_,√{
               ''    ̄ ̄ ̄ "  ̄ ̄ !`r'\ {ノ
                  ヾ  ,,_,,    ,,,_ ノゝ_!ノ_,v'`
  \                   __    イ ー――-  _人
    \    ,  -ー-  , /   \   /        `Y          |
      \ /   /     ヽ    \./                __j|__
       /   i!         !     \,                   ̄|「 ̄
       / ヽ .{i       | i     |                   |!
       /   丶{!、     / ̄ ̄ i   |                   |
      (     丶、 _/    }|   |
       ゝ    ,, _____  /| ⌒il
      /       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ、__ノ  __j!__
      (                  }'       ̄|! ̄
      ヽ     ,,____    /i
      ノ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ/
      (                  }
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
JUN 「霊能CO やらない夫○」
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな。」
金糸雀 「南無三」
JUN 「最悪だ。
ノーミス村。」
真紅 「おはよう」
できない夫 「霊能結果●ならまだ許容出来るんだけど(狐死んだ想定なら)
霊能結果○なら多分俺吊りで村負けになる気しかしないという法則。」
JUN 「できない夫は村で見るべき。
Lily投票者。
霊能COが無いので、身内投票する意味はない。」
草薙出雲 「さてとージュン視点の推理聞きたいなおにぃさん>ジュン」
JUN 「そうなると、金糸雀・真紅ということになる。」
真紅 「それはお前視点でも一緒だろ?狐いたらやばいんだし>やらない夫」
できない夫 「なんというかもう俺指定吊りかっくらって負ける気しかしないというが
殴り文章かけるわけねーだろバーカバーカ!って心境なんだけど。」
JUN 「大体、真紅投票しちゃダメ、っていうのはどういう意味だよ。
割とマジで。
ない夫トラップに引っかかってしまってる、というのに。」
真紅 「っていうのが昨日の霊偽考えてるのって聞いた意味ね」
金糸雀 「指定必須ねぇ。>○レンダァ」
JUN 「というわけで、2Wを真紅・金糸雀で見る。」
草薙出雲 「まったくやなー真紅最終日の判断しようかなと思ったんやけどな」
金糸雀 「ちなみに当然のごとく、自分が吊られる訳にはいかないのは間違いないので」
真紅 「カナリア-できない夫2Wにしかならないのだわ」
できない夫 「ぶっちゃけそれ言ってくれるとありがたいけど
草薙が俺投票してるし俺指定吊り食らうっぽいわマジで……ちくしょう。>JUN

まぁあえて金糸雀真紅を殴るならお互いにあんまり触れてないよねってだけ」
草薙出雲 「というか、ジュン視点での 初日の囲いってどうやんてるんかな>ジュン」
金糸雀 「Lily投票っていつの話?
そこ占い騙りだけども>JUN」
できない夫 「昨日になってから少し言及したが一昨日は全く触れてなかった。

でも多分俺も金糸雀真紅に一昨日言及してなかった気がするから全く殴り文章になってなくて死にたい」
JUN 「それが小さな親切、余計なお世話って感じね。個人的には。
◇草薙出雲 「まったくやなー真紅最終日の判断しようかなと思ったんやけどな」」
できない夫 「2昼のグレランでリリーが俺投票してたって話だろ。

でまぁお前らは身内投票だろとしか言うしかないというわかりきったお話」
JUN 「2日目の投票ね>金糸雀
グレラン、霊能CO無しで、身内投票する度胸があるとは考えにくい。」
草薙出雲 「真紅指定でいこうか」
金糸雀 「言うことが大体二日前に言われちゃったもの。
あそこでカナが何か言ったら追従と言われそーだったから
昨日は真紅・やらない夫の2吊りと言ったあれそれ>できない夫」
真紅 「拒否!」
JUN 「まぁできない夫が金糸雀か真紅に入れるなら、金糸雀にして欲しいな。
ボクも金糸雀に投票するから。」
できない夫 「むしろやる夫やらない夫を吊っておいて全部○という罪深い俺に対して誰かなんかいえよ
どう考えても真狂狼狐なんでよく考えたらそもそも狐疑い(キリッ
とかしてる俺ただの馬鹿だろ……」
金糸雀 「まず効果が出ない身内票に
意味も価値も度胸も何も必要無いんだけどね>JUN」
できない夫 「というわけでなんかもうずれた人間の迷走推理に吊られてごめんな!>霊界のやらない夫」
草薙出雲 「真紅指定に反応ないな」
JUN 「……。
まぁどちらでもいいけれど。
ボク的には(村を1人決め打ちする)最終日、だと思ってるから。」
真紅 「昨日のカナリアの最終日提案自体が吊り増えちゃったけどもう2Wで
決めましょうって感じの発言じゃない」
できない夫 「で真紅指定?
まぁいいんじゃないかなどうせ真紅も金糸雀も人狼だし」
真紅 「その言葉を返したいけれど明日は子ないのね」
できない夫 「正直自分指定食らわない限りは必死にならないぞうん。
自分以外吊レバ勝てるので>草薙」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
真紅4 票投票先 →金糸雀
金糸雀1 票投票先 →真紅
JUN0 票投票先 →真紅
草薙出雲0 票投票先 →真紅
できない夫0 票投票先 →真紅
真紅 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
JUN は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真紅さんの遺言   ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |        
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|         >真紅はグレランから除いて
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ         
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈            いやグレラン精度が上がるから
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/            
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_      嬉しいんだけどどうしてそうなった
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶    
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´    
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」     
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/
JUNさんの遺言 霊能CO できる夫○
霊能CO 薔薇水晶○
霊能CO 蒼星石○
霊能CO Lily●
霊能CO やる夫○
霊能CO やらない夫○
霊能CO 真紅○●
ま、●しかないけどさ。
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
できない夫 「俺にできるわけねえだろ、常識で考えろよ……。
あ、役職はCOよろしくな」
金糸雀 「すっごい嫌な噛みして来た」
草薙出雲 「やらない夫 : カナ 6:4 でできない夫吊りたいわ

とりあえず、最終日に生き残ったら脱ぐつもりやったってわけで脱ぐで」
できない夫 「霊能は犠牲になったのだ……つか夜遅いから早くしてくれ面倒くさい>金糸雀」
草薙出雲 「まぁー優しい狼やなーさぁーファイ」
金糸雀 「ないトラップ……最終日になってなお顕在だと言うのね……!」
できない夫 「最後の最後まで名前間違えられると気が抜けるんだけどェ……>草薙」
できない夫 「殴り文章かこうにも金糸雀も俺も真紅に対しては残していいとか
どや顔して言ってた上に俺も金糸雀村っぽいとか言ってたようなきがするのでなんとも言えない。」
金糸雀 「で、昨日の時点でカナ視点できない夫と真紅の2Wは確定してたので
ぶっちゃけ昨日言うべきだった話なんだけど」
できない夫 「あとあえて言うならグレー殴りの文章って
他人が言っているから言わないのって違うよねはっきりいって。
他人が言ってる文章と同じ意見だから言わないのなら多分もう人狼やってると
4人ぐらい完全ステルスになる気しかしないので。」
できない夫 「でまぁぶっちゃけ草薙視点で俺疑いがかなりわかるので説得洒落にならないくらい難しいというかさ

真紅が俺吊りたくないとか言っちゃってる以上すげー自己弁護難しいんだけど」
金糸雀 「できない夫の真紅決め打ちを頭に置いた上での
身内云々の話が意味わかんなかったんだけどあれ何?」
草薙出雲 「昨日のログ参照なのかい」
できない夫 「むしろお前が何を言っているんだ>金糸雀」
草薙出雲 「どっちも4ー6まで空気感があってあれやな」
できない夫 「そうやって部分的に突っ込まれても
多分2分で返すの無理の気しかしない!」
金糸雀 「GJが出ない流れがあった場合で
やらない夫とカナの2吊りを想定していたのが
なあなあになっていたっていう名残にしか見えない訳なんだけども」
草薙出雲 「もっと裸になって殴り合いあって!」
できない夫 「◇真紅(32)  「できない夫の昨日の仲間入れ知恵発言でLilyの行動がおかしいというのが
が共有の相互占い指示を見て
行動する狼で出来たら凄いと思うんであまり吊りたくないかしら」

とか言われてるし真紅ーできない夫で2Wあったんだよ!
くらい言ってくれそれくらい言わないと俺としてもテンションあがらないから>金糸雀」
できない夫 「というわけで殴りをもっとまともにやってほしいと思いつつ

俺から殴る材料ないから無理だろ!>草薙」
金糸雀 「真紅決め打ちって考えが先に出た上で、
真紅を吊る必要がある身内殴り云々の話の流れになる意味がわからない。」
草薙出雲 「ノーガード戦法相手はつらいながんばれ>できない夫」
できない夫 「ノーガードというかそもそも金糸雀の攻撃が俺のどの発言を言っているのか俺にはわからない
俺の代わりに殴ってくれないかいっそ>草薙」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
9 日目 (1 回目)
金糸雀1 票投票先 →できない夫
草薙出雲0 票投票先 →できない夫
できない夫2 票投票先 →金糸雀
できない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない夫さんの遺言 素村CO 真紅初手囲い見るのかな皆。知らないけど
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/11/23 (Fri) 23:41:06
翠星石 「お疲れ様」
やらない子 「まあそだろうな」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃  んー、常識的な村とはいったいどこへやら・・・
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ」
草薙出雲 「うあーちくしょう」
やらない子 「おつかれ」
真紅 「お疲れ様よ」
できない子 「負けた…のか」
Lily 「やったー」
できない夫 「馬鹿な……お前は俺の右腕だったはず……!>草薙」
JUN 「お疲れ様です。」
蒼星石 「次はアナログで7chぐらい出力できるサウンドカードだね…
そうして人は深みにはまっていくんだ…」
GM 「御疲れなの」
金糸雀 「お疲れ様かしら~」
雪華綺晶 「お疲れ様です」
Lily 「おつかれさまー」
蒼星石 「おつかれさまー」
JUN 「狼お疲れ様ー。」
やる夫 「お疲れさまだお」
できない夫 「と言いつつおつかれさまだな
なんというか我ながら迷走してた気しかしない」
草薙出雲 「どっちも対象的すぎて」
できない子
            _ __,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
        ∨ >z二____`ー、7__ ミ k
      ` < /       \<`ー≧7<
        〉′  、      \`f「′之>
        {  ,  l、 rヘ、 ヽゞヽ ソj
        / ト、{∧Tハk.|/lナナ>、 トvソ|
     r「h| l | \ ' /( ●)l / / レ′
     | i h.ll i、( ●)    / i,/レ′
     } i l |弋∧ヽ  `- /V´ ̄`ヽ,    さあ、裸踊りを見せてもらおうか
     |:::::::::|  .ヽl´`ー┬ く / |::|    `ー-、_
     |:::::::::|      __ノ___/ |::レ´ ̄>-、_   >‐-、_
     {:::::::〈    /ノノ    /:.:.V /    `ー-、,   ,>-、
     l__∧  //:(___/_/.:.:.:.:.:.V        `ー-!::::::::::::::>-、_
     |    ∨/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/           `ー-、::::::::::::::::::::.`ヽ
      |     l ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::.| , --、              \::.ヽ:::、:::ヽ__)
     \   /`ーr'´ ̄ ̄ ̄ ̄`くf⌒) ト、__             \ \\\\
         ̄   ∧          \rf⌒) ),               \_)__)__)┘
           r弋|   i      /ヘニニィ:::ヘ
         rf⌒ム、_____ ,才 rf⌒)::::::::::::::::ヘ
         ト`ニ´ィト、《_》 jヘトニニィ::ヘ:::::::::::::〉
         |::::::::::::::ト、`ー‐-i-ヘ:::::::::::::::Vニニイ
          /:|::::::::::::::|::へ、:::::i::::::ヘ::::::::::::::V::::.|
        /.::::::`====イ:::::::::::>-r―‐ヘニニニイ.::::.|
      /.::::::::::::::::::::::::::::::::./  |.:::::::::::::::::::::::::::::.|」
真紅 「金糸雀のありがとう。もちろんLilyも」
やらない子 「というか、JUNがものすごいいいことを言ってたんだけどそれ無視ってるんだから負けるのはわりと妥当感というか」
Lily 「>狼勢
ありがとう!
ローラーされるだけの仕事をしていた私とは大違いだわ!」
やらない夫 「霊能は一番視点にすじがとおっていただろJK>JUN」
金糸雀 「真紅に触らなさすぎたかしらねえ。
言うことが特に見つからないまま流れたんだけど」
できない夫 「ぶっちゃけあれは自分でどや顔で主張するものじゃないからねそりゃ
他人に言わせるものだし>やらない子」
JUN 「今回は投票に解答が出てた例だと思うな。
最終日前日に言ってたけど、Lilyの投票先ができない夫、その時に霊能COはなかった。
このシチュエーションで身内投票する度胸が狼にあるか、という意味でね。」
水銀燈 「おつかれさま」
やる夫 「つ言質
◇草薙出雲(共有者) 「狼がボクを生き残らせるいきなハカライしたら 全裸になるわ」」
やらない子 「というか、真紅ラン除外の理由が真面目にわかんないんだけどそのへんどーなのよ>草薙」
できない夫 「真面目にいうとJUN噛まれたのも俺を吊らせるための布石(キリッ
とかいったりするのは俺が言うんじゃなくて他人に言わせなきゃだしな」
できる夫 「お疲れ様!
金糸雀?おでこにぶっかけたくなるよね
かしらーって近づいてる子をこづいてやりたい
そのまま詫びさせたい、デコみせで」
金糸雀 「全力で封殺にかかってもまだ足りないと思ったぐらいだものね>やらない子
草薙出雲 「単純な楽観視やな真紅最終日と言っておいて
投票みつつ考えるって感じの>やらない子」
翠星石 「やる夫 - やらない夫両吊りだな。後は投票推理」
やる夫 「何故真紅をランから削った」
できない子 「この寒空の下裸踊りは厳しいねぇ…

あ、びっくりするほどユーとピアでおねがいします」
やらない子 「あっこって私真なら、判定位置すんげー濃厚だし、残り3吊り以上あるときにさっさと吊ってしかるべきだと思うのだけど」
JUN 「そうなんだよね。
真紅を除外して~ってのはちょっとキツかった。
いやそれだけじゃなくて、ない夫トラップにどっぷりハマったんで。

金糸雀が初日に内訳判明してたくさい、って印象もあったんで、素直にそっちから入ったんだけれども。」
草薙出雲 「できない子と真紅の最終日くらいに序盤から思ってたしな」
真紅 「範囲指定ランはあまりいい結果を生んだ記憶がないわね。
でもJUNの意見が重要視されなかったのは最終局面まで霊偽がちらついていたからだと思うんだけど」
できない夫 「ぶっちゃけ真紅除外しないなら真紅ーやる夫ランで真紅落ちてたんじゃね?とは思った」
草薙出雲 「こりゃまずいと思って最終日前に真紅釣りにいった形やな」
金糸雀 「投票方針と村の空気が合致してなけりゃ
カナの主張通り身内(笑)になるだけだし、意味があるとも言えれば意味が無いとも言える
捉える人次第だと思うわ。カナは考える余地無しと思う>JUN」
やらない子 「できない子が最終日まで生きてるってすごいと思う」
やらない夫 「俺は最初から真紅を疑っていて、灰にすべきだっていっていたのに、なんで
放置っていったのがすんげー疑問だっただら、もしかすると、
共有は偽かと思っていただろ」
真紅 「違ってたらごめんなさい」
蒼星石 「寒いなら燃え盛る木炭の上を敷き詰めた地面を足場にして
その上で踊ってもいいよ、もちろん素足のままで
翠星石 「二日のランでは真紅つりたくて三日目以降は金糸雀吊りたかった感じ。
ただし金糸雀見始めた途端真紅が消えた。今はいいやってなった」
JUN 「ボクが噛まれたんで、その意見をできない夫が指摘して、出雲が納得してくれるかな~とは割りと楽観視してたんだよね。」
できない子 「そりゃあたし囲いを疑った方がいいわ>最終日にできない子生存」
できない夫 「むしろ俺落としてやらない夫生きてたほうがよかったなと思った
つーわけでマジですまんだろ>やらない夫」
JUN 「というか、何でLWはボクを噛んだの……
てっきり共有を噛むと思ったのに(キリッ」
できない夫 「自分でそれ言い出すのって胡散臭すぎるからな……。
何度もいうが他人に言わせる方が説得力が出るから……
むしろJUNがそれで草薙を最終日前日に説得できるんじゃないかと期待してたくらいで>JUN」
草薙出雲 「というか、狐交じりやったんやな」
やらない夫 「かまわんだろ、十分推理できていたし、俺はおまえが残るなら俺は連れてもいい思っていただろ>できない夫」
できない夫 「霊能結果見ろよそこはwwwww>草薙」
金糸雀 「あんた噛めば6割負けだけど
草薙噛んだら9割負けだもの>JUN
翠星石 「そら初手占い噛みじゃし>狐交じり」
Lily 「>JUN
真実に到達したからじゃない?」
できない夫 「ぶっちゃけお前生きてればわりかし勝てたんじゃねって思ったので
まぁそんだけだな……>やらない夫

そう言ってくれるのはありがたいが」
やらない夫 「おまえなら、最終日殴りあえると思っていただろ>できない夫」
JUN 「んー。
人狼ゲームの最終日は説得するゲーム、の意味もあるんですけどね>できない夫
なもんで、他人の意見でもいいから主張するのはアリだと思いますよ。」
GM 「JUNが残ってもカナリア投票するのは見える話だと思うなの・・・」
蒼星石 「もし狼2騙りだったら、狼が悪いでいいと思うんだけど
草薙出雲 「え、最終日やし結果なんてみる必要ないしな>ない夫」
できない子 「それはいいわ>アナログで7ch
やる夫 「共有の考えてた内訳教えてほしいお」
翠星石 「んーんー」
やらない子 「できない子は狩人ありえるしまず死なないので囲い噛みじゃないならほぼ確実に死ぬ
死んでないならそれはそこでGJ出てる
そして、4CO状況で囲い噛みて、なー
狐噛みだと超辛いぞ」
JUN 「◇草薙出雲 「というか、狐交じりやったんやな」
◇できない夫 「霊能結果見ろよそこはwwwww>草薙」
確かにw

◇金糸雀 「あんた噛めば6割負けだけど
草薙噛んだら9割負けだもの>JUN
まーそりゃそうかw」
できない夫 「説得するゲームなのは同意するけどさ
「リリー人狼で初手グレランで俺投票した、だから俺は村だ(キリッ」
って自分で言い出すとうわぁ……って思われね?
今回は霊能潜りとか妖狐いないとかそういうあれはあったけどな。
仮に3-1進行とかであれでそれだったらなんつーか……うん。なぁ?感がマッハ>JUN」
翠星石 「占い4COの中身真狂狼狐ってたしかに村不利だった気がするけど
こんなに負けるもんだっけな」
できる夫 「        _     /      \        〈/x仭
       ( c)   / ⌒  _⌒  \     〈/x仭 x仭
       ヽ ヽ / (●)  (●)   \    /x仭_/
        ヽ  |    __´___      |  ///
         \ \   |r┬-| /\/ //<ミ)    さて、ボクは落ちるよー!最後にこれだしとかないと中身が変態だと思われかねない!
          \ ー  `ー'´ /   [_////
            ヽ|      ,ノ,o。´////   ドールズ全員に紳士的に挨拶できたし目標は達成した!
             |     イ/o///ヽ__
             | .,ィ´ {_///ヽ ーフ     まぁフルぼっこは手加減してあげよう!共有だって辛いんですよ!何で真紅残してんだよ
             /  /XXX/   ゝ‐    
           /   //XXXl  o/.
           |   \::ヾ//l|l‐/ヽ        それじゃ因果の交叉路でまたあおー!
           \   \/ /!::!|  \
             \    !::。゚ノ/    \


                        ┌‐┐    〈/ 大  ._  _
 ┼l┐ Lゝ  ナ ヽ .l  ヽ  ┼  r┬ 、  |.―| | ┼ ム ‐┬ ┌,┐┌,┐ ナ ヽ  ├  ニ、 ーァ  ┼
  |    __)   cト  ゝ     大  ∨ ノ .|.―| レ c!、 小 ロ|  ┌‐┴―  cト   .c!、   ノ  ( ゛ .q
                       丿  |         、l  l 土土コ                  ′
                                     ノ ヒ ヒ」
やらない子 「狐混じりじゃないならどう見てたんだ」
翠星石 「ここ最近で二回くらいこの内訳で負けてる気がする。ちょっと考える
おつさまー!
村たてどもでした」
できない夫 「話題が霊能偽かどうか?な論争ばっかりで発展しなかったから……>翠星石」
蒼星石 「だって4-1は真占がほぼ確実にグレーに対して使い物にならなくなるし
グレーは占い師吊ってる間減ってくれないし…」
JUN 「今回は「初日霊能なしの身内投票はあるか?」という点かと>できない夫
それは十分に説得力があると思いますけどね。

あと、霊能潜伏の1つのメリットに身内投票を無くす、というのもあります。
あまり実効性は薄いようですが。」
GM 「紳士的()>できる夫
御疲れ様でしたなの」
金糸雀 「カナ的にはリリー投票で身内はあり得ないってのがよくわかんないというか
リリーが占い騙りって時点で納得し難いかしらー。」
できない夫 「ぶっちゃけていうと

まぁ霊能いないから(ryのところまで俺がたどり着いてなかったごめんな!>JUN」
金糸雀 「それじゃ、お疲れ様かしら!」
できない夫 「かなり頭がヒートアップしてたのでそこは反省するしかないな」
翠星石 「>できない夫
占い吊り切った後にまで引っ張る話題じゃないと思うんですけどね。
強く言ってた私がそう言うと白い眼で見られそうですけど」
草薙出雲 「特に考えてない>やる夫
感覚でやるプレイヤーで、発言とかで残したくないなってところ吊る進行やら
どの辺でかばい合ってるだろうって見る方だ」
できない子 「とりあえず下のロゴ自重>できる夫」
雪華綺晶 「うーんうーん狩人難しい
とにかく推理の起点である占い護衛は鉄板と考えるようにしないと」
JUN 「真狂狼狐は村不利、かもしれませんけど、そこまで大きくないような気がしますね。
狐は勝率0%に限りなく近いと思いますがw

今回はGJで吊り増でしたし、勝てば狩人MVPになったんでしょうけれども。」
できない夫 「だなー……だからこう、殴り合いが発展しないんだよな悲しいことに>翠星石」
やらない子 「別に4-1なら霊潜るのって十分ありだと思うんだけどね個人的には
狼乗っ取り余力少ないし。私噛めて追加すんの?って思うと余計に
だいたいあっこからなら占い吊るし」
やらない夫
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   ん、まぁ、お疲れさんだろ、霊能真で見るなら狐狼狂人
.   |        ノ l;;,´    とつれいるわけだし、真紅は飼い狼にする必要はなかっただろ
    |     ∩ ノ)━・'    まぁ、いろいろ不安や失敗が残るいい教訓村だっただろ
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │     
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
できない夫 「というわけでお疲れさまだな。
しかしあれだ、すげー疲れたなー……

あれ、薔薇水晶あたりが俺を強引に殴ってくれれば多分テンション上がったn(ry」
翠星石 「>JUN
よねー。多分だから、どっかでミスってるんかもしれぬ。
どもですよー」
蒼星石 「なんかのはずみで真占乗っ取る狐なんて二度と相手にしたくないけど
これからもきっといつか誰かがそれをやって、誰かが狩人として犠牲になるんだろうなあ…」
JUN 「うーん、内訳は、霊能真なら真狂狼狐だよね、ってところだけでOK化も知れませんね、今回は。
早々にできない子(真の○)も噛まれましたし。

それとLWを見つけるのは別件ではありますが。」
翠星石 「>できない夫
そこで強引に殴りに行く程度の能力!」
草薙出雲 「そこは共有の俺が気楽なプレイヤーってことだけやな>ない夫」
翠星石 「ではおつさま」
やらない子 「狐は真占いやりすぎると死ぬからなあ」
真紅 「             __
        /:.:.:.:.:\
        ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:、     __
       {:.:.:.:.. ----:.}:.:\_.ィ':.:.ハ
          > ´  ,    `i:.:.ヾ;;i:.:.:.:.}
       i  / i  .l 、ヽ:.:.l;;;i:.:.:.fヽ       まあお疲れ様でした。
       { iム_ハ  i_.ムi !ゞl;;;l:.:ノ i       
         ゝl __ゝ ノ__从 lr薔!  |       GMは村建てをありがとう。
        /::::::     ::::::::l トy/  |       
        \       //イ   、      金糸雀とLily、それに蒼星石は
         i 「`⌒i≦ヲく:ヽ.!    ヽ      
          .ノ.{`ーイ、:_:_:_:_ソ |     \    ありがとう。
         7_`T´:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.   、  /   
        /:.:.:.":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ\ 厶∠二ゝ  狼になるとほんとに発言できないのはだめね
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´ ̄
          ` ー‐゙\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./」
やらない子 「他のプレイヤーも後日作りたいビジョンあるんだから
具体的に理由出せないで投票制限とかはやるべきじゃないと思うけどね」
できない子
      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i'(1 ,,   ,    |
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ -⌒)  なんやかやで楽しい村だった
     │「ィ::ニE7 l _rッ     みんなありがとうね
      `/´::::,r'\ト
      /::rーュ´  ̄`ix'ヽ
     ./::;バ }     |゙_,ノ
     .|:: ヽx '     X:l」
JUN 「ま、今回は占い噛まれで即ロラ開始したのが良かったかな、と。
私は支持しませんでしたけれどもw

うん、まぁ真が残っててもロラの間に結果を出してね(はぁと)ということでいいのかもしれません。」
やらない夫 「まぁ、俺は真紅、カナリアをの2Wを見ていたけど、
まぁ、よく、わからんかっただろ
そこは推理していてブレブレのおまえも村認定して、カナリアを吊りにいける
ガッツがほしいだろ>できない夫」
やる夫 「まあお疲れさまだお
やる夫は落ちるお村建て同村ありがとうだお
サラダバー!!」
JUN 「お疲れ様でしたー。
GMは村建てありがとうございました(ぺこり」
Lily 「占い相手即噛みで正解やった
その後の噛みはしらないけどね
カナリアの占い相手真狐ってのが後押しいなったわ」
蒼星石 「それじゃおつかれー」
Lily 「というわけでおつかれさま
村立て同村ありがとう じゃあ私は失礼するわね」
やらない夫 「んじゃぁ、お疲れ様」
GM
       r‐'´ ̄ ̄`ヽ_  __
       \r< ̄`ヽ、>< ̄_\
      / `_フ ̄7´ ̄`弋ニ、__〉
.     /  / ⌒V´ l  ¦ |`V_>
     ∧  |  ! /| |   | l l ト、
    rヘ,ハ  l |V¬-ハ l /| / lr'⌒!
    ! 丶 \ヽl -=ミ、 }ノ‐ナl lr个、/
.  ∧ 、\r彡} '''' `  =ミ /厶 |: :〉
 ∠-ヘ \⊥ィヘ   /` 7 '''ソ{三}/:/
    └勺 : :\`>冫ニr<_:_:_:_>'′
    /⌒ヾ : :<//介レヘく       それじゃ、御疲れ様&来村感謝なの
 r┬彳: : : : :./: 《/ :{|\: :`ヽ、
 {_ \\: : :./: : : : : ヽl   ヽ-<)
    ̄\ヽ/: : : : :_; -┘r冖┬ク
      て¬ー'´_彡 了  rく
       ` ̄匸_人_ノーく r‐ヘ
         `个 个   `Y艾}
            {丕}    `ー′
               ̄」
草薙出雲 「それをやっちゃうのがボクなんやな>やらない子
今後はそんな場面あったら変わった進行してると思うよ、今回の村の経験で」
雪華綺晶 「お疲れ様でした
他のログも参考に狩人の思考というものを考えないと駄目ですね」
やらない子 「まあいいや。んじゃおつかれ
GMは村建てありがと」
草薙出雲 「それじゃおつかれちゃーんやで(裸踊り」