←戻る
【紅1167】やる夫達の普通村 [1988番地]
~ローゼンアニメ化ですわお姉さま~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 水銀燈
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 蒼星石っていう
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 佐倉杏子
(生存中)
icon 美樹さやか
(生存中)
icon サンレッド
(生存中)
icon 木野さん
(生存中)
icon アイギス
(生存中)
icon 翠星石っていう
(生存中)
GM 「みなさん落ちたようなのでGMも落ちましょう
改めて、お疲れ様でしたー!」
GM 「この人数、あの進行で真狼うたがえないのは仕方がない気も
噛みで真狼の可能性がよぎっても間に合わなくなっていたかもですし
11、12で2-1真狼はハマると狼ゲーかなあ」
美樹さやか 「それじゃあたしも移るとしますか
GMは村建てありがとね、お疲れ様」
チルノ 「多分どうなったとしてもあたい水銀燈まで頭回らなかったと思う

とりあえずそろそろ寝ないとぶち転がされそうなので寝るね
おやすみー」
美樹さやか 「完全に頭から真狼の可能性除外してたからね
杏子吊れたとしても水銀燈まで手が伸びたかどうか」
チルノ 「そこそこ、だけど、頼りになると言っても
たまに外れるし」
GM 「何事もバランスであり材料であり。投票みてで狼ロックオンもありますし
今回はそこで材料の調理がうまくいかなかっただけの話ですね
あんまりへこんじゃダメですよ」
美樹さやか 「お隣も建ったみたいだね
人数少ないようなら支援しに行こう、それまでは今回のことについて反省してよう」
チルノ 「投票推理は投票に確定情報が出てる時は頼りになるけどね(霊●とか)」
美樹さやか 「投票で疑いすぎるのも駄目ってことだね
それでも投票見るのと見ないのとじゃ結構違うしなぁ」
GM 「身内投票する狼は普通にいるし、そうでなくても、狼は狼に投票しなくても
村が村に投票するのはよくあるので」
チルノ 「役に立つよ?○とか●だけじゃないヤバい状況シート

しかし餡子と投票被ってたのが人外要素に見られてたのかー
サンちゃん投票は3日目までは本気だったからなぁ、杏子見てなかった」
GM 「票あわせはあんまり見ると危険な気もしますね
某氏が囁き狂人村で組織票の暗号作ってましたけど、思ったより組織票って少ないもんで」
美樹さやか 「本来なら○1個の時点で焦らなきゃ駄目なんだよね、ほんとアタシってバカ…」
GM 「ん、チルノの発言で思いましたが、霊能のときの○のやばい数メモ、吊り数メモって
案外常備しておくと役に立つのかもしれませんな
いちプレイヤーとしてもまだまだ精進が必要ですわ」
美樹さやか 「チルノと杏子の投票がすごい票合わせてるように見えたんだよなぁ」
美樹さやか 「真狂想定だからこそチルノ杏子疑ってたんだよね
やっぱ杏子投票しておくべきだったか、それでも吊れてないけど
指示出しについては苦手だからって逃げてちゃ駄目だね
ものすごいチルノ指定してそうだけど」
GM 「おっと空白失礼
霊能は狼の数を正確に把握している分、残される流れになったときの指揮は大事ですね
17だとローラーが多いものの、2w狐ありの設定なら●1個で人柱も割りと有効ですし
昔別の鯖ではグレランで狼全部いってしまったことがあり…しみじみ」
チルノ 「RPで縛られた中がんばったって、いいじゃない
縛るのがストレスになる位なら縛らない方がいいけどね!
おっぱいしか占わないジョルジュ長岡とか居たし」
アイギス 「       ,. -‐''_"二ニヽ、_
     / ,.-'7'‐'´ ̄ ̄ `ヽ.
   ,ィ' /.ン'´  i  `i  i   〉
  / ./>/ /メ、_ハ  /_,ィ/ /!      ではお疲れ様であります
 ∠_   !くj  !ァ!-!、!/レォ!、/レ'      
  7  ァ'r、!〈 ! ト,_.!   トj'!.ト!) i⌒ヽ.   GMは村建てを感謝。狼はおめでとうございます
  !へ,ゝ!ン ,ゝ"     "!/ r、!_ r‐'-、  
    レヘ/ハ!>.、.,_´_,.イ´!  !、_ .|::::::::|   
       ,ァr'"レヽイゝァr、   i二|::::_:_!   
       /!7 /Tハ   |.!//、>、!  「
      /ン.'!く,.ヘ_」〉 ゝン、/ !   .|
  ,へ/´`ンゝ -   イ  `ヽ.___.ノ」
アイギス 「いやまあそもそも初日に吊られた私が言うことじゃなかったですな」
美樹さやか 「今度からそうするね>チルノ
杏子初日から結構疑ってたんだけどこうRPとの間で揺れ動いてうぎぎぎ
村負けるんならRP投げ捨てろって話だけど」
チルノ 「それじゃあ落ちましょ
今度こそ、今度こそまともな村人で行きたい」
アイギス 「木野さんにCOしてもらうなりして吊りを避けて翌日占い決め打ちぐらいしか
ないんでしょうか」
蒼星石っていう 「じゃあ落ちるっていうwww
村のみんな特にサンレッドはすまんっていうwwwwww」
蒼星石っていう 「いやしかしこれは悲しいな
次で挽回するっていうwwwwww」
GM
チルノ 「村の人数でどんだけ○引いたらヤバいかってのメモっておくのもアリよ!<さやか
霊能のお仕事って狼生存警報、後狐殲滅用のサインだし」
美樹さやか 「うーん、あたしの危機感も問題か
○二連でも特に焦った発言してないし
まずいなぁ、流れでどうにかなると考えちゃってた」
GM 「前も自分が建てた村で初日狂人→狼占い霊2騙りで真視点の狼数が崩れる、という流れだったんですよね
希望制だと初日就職率が高いとも聞きますし、ちょっと考えた方がいいのか
いや希望制好きだから反省しない!」
サンレッド 「んじゃ俺もそろそろかよこんとこに帰るか。
じゃあな。悪い事すんなよ!」
チルノ 「落ちる人はお疲れ様ー」
蒼星石っていう 「さやかさんあんなに必死になってたんだからちょっとはなびいてよwww
まあ俺様信じても負けてたがな!!」
チルノ 「うん、だからこの状況は2日目時点で卓袱台ひっくり返さないと正直無理だったと思ってる<水銀燈」
水銀燈 「まあ久々にいい仕事が出来た というところか
お疲れ様だ」
アイギス 「うーん」
真紅 「さてさて私もクレムリンに帰るのだわ。
同志諸君お疲れ様なのだわ!」
木野さん 「では私も失礼しますよ
村立て同村ありがとうございました」
水銀燈 「例え私偽者決め撃って杏子吊っても
最終日私吊れるかがまた別問題だしな >チルノ」
美樹さやか 「吊られに行くのはちょっと思うところがあるかな
そこが村だったとして人外票打ち込まれるってこともあるし」
蒼星石っていう 「でもねwwwwww役職保護の村アピだと思ったのwwwwww>木野」
佐倉杏子 「綺麗に灰潰されてたから3COだったらまずかったかもしれねー。
それじゃあな!村建てありがとうございました!」
木野さん 「まあ最終的に初日3票貰いになった私が悪いということで
交換占いは占い2COならいいとは思うんですけどね」
サンレッド 「もうちょい吊り数余裕ありゃ木野放置鉄板なんだがな
初手村吊りしちまってる以上、カツカツだったから強行しちまったってとこだ」
チルノ 「前提で間違ってた形なのよねっと
抵抗できない所(あたい)に●打たれた時点で」
翠星石っていう
      / ニYニヽ
    /(仡ト)(仡心) __人_
     弋cソ弋cソ  ..`Y´
   /   ⌒`´⌒\
 /    ,-)   (-、\
 |      l  __  l |    それじゃあ翠星石はお先に失礼するですぅっていうwww
 \     \  /  /    次こそはアリスになるですぅっていうwww 村建て感謝、お疲れ様ですぅっていうwww
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    地味に語尾をつけるのが怠かったですぅっていうwww」
GM 「報告終了。テンプレも貼れないGMでしたが参加ありがとうございました!」
水銀燈 「真狼の2COははまると面倒だよな という典型的村だったな
3COでロラ最終日が本線だったんだが」
真紅 「ログよみ終わり。
初日に感じた違和感は狩人のそれだったと。赤軍のセンサーは使いものにならないのだわ!」
蒼星石っていう 「いや吊られにいったの見て村とは思ったけど狩人とは思わんよ>チルノ」
サンレッド 「美味い具合にシステムを利用しやがったな、おい…… >水銀燈」
蒼星石っていう 「俺も銀ちゃん狂人で見てたわ…まさか狼とは…」
チルノ 「吊られに行くのって村アピかな
霊能見なきゃ村なんて分からないけど」
サンレッド 「◇木野さん(63)  「で、占いはどうします?
交換占いもいいとは思いますよ」

これで占われて噛まれることを恐れる狩人の可能性を見て、

◇木野さん(17)  「しかしなんなんでしょうね、翠星石噛みって
役職噛まないことに少し驚きます」

これで翠星石非狩人を知る立場なんじゃないかと確証しかけて、

◇木野さん(38)  「私吊るならお早めにどうぞ
正直釣りのがれした私は村にとってノイズになりかねませんので」

これで『ああ、実質のCO無しか』と安堵しちまったよ……

悪ィな >木野」
木野さん 「・霊能に指示を求める 完全グレランならCO
これが一番ベターだったかな」
水銀燈 「ああ、私が狂人希望→狼になったの見て占い騙り決め
2COで狂人初日決め撃ってたところだな >サンレッド
希望制はそういう使い方もある というところだ」
アイギス 「>木野さん
COなしアピールは、前日の吊り逃れと合わさって
他の方からの印象が良くなかったんでしょう」
木野さん 「>蒼星石
村アピールですわ」
美樹さやか 「あたしが指定するべきだったね、ごめん
占い真狂で考えてたから初日狂人想定もしておくべきだった
ただ占いにてつけてる暇ないからチルノか杏子かなんだけど、水銀燈信じてる時点で駄目か」
佐倉杏子 「村アピにしてもあざといからあんまりよろしくないぜ!」
蒼星石っていう 「なんで吊られにいったのっていうwwwwww>木野
それがほんとにわかんない」
水銀燈 「正直初日10発言 発言も薄いってほどじゃない
吊り逃れあり よくそこ吊る気になるなあと・・・
狼の私でさえそう思ったんだが」
木野さん 「>佐倉
中途半端に村アピールなんてするもんじゃないですね全く」
佐倉杏子 「この発言だな>COなしに取られる発言」
真紅 「といっても確定○だしなぁ」
佐倉杏子 「◇木野さん(38) 「私吊るならお早めにどうぞ
正直釣りのがれした私は村にとってノイズになりかねませんので」」
サンレッド 「ん? なんか希望メタとかあんのか?」
真紅 「木野狩人は察して指示出したほうがよかったのかしら?」
木野さん 「COするしないは置いておいて、霊能に指定を求めるのが正しかったでしょうか」
翠星石っていう
           /ニY二ヽ
          ./(0)(0 ) ヽ
            / ⌒`´⌒  \
          | ,-)    (-、 .|
  ζ      | l  ヽ__ ノ l |   ζ    ま、狼上手かったですぅっていうwww
 [ ̄]'E    \  ` ⌒´   /  [ ̄]'E   正直、俺様が速攻噛まれるとか考えてなかったですぅっていうwww
 ⊂⌒ヾ  ./⌒         ⌒i /⌒つ
    \\/ /i        i  レ / ̄
     \__/ .i        L___/」
チルノ 「水ツーカに危機感が薄いのはむしろ狂人系の話だと思ったんだけどね
あー、状況に流されてたらこの始末」
GM 「メタはよろしくないと一般に言われていても
希望制で一切いれるなというのも無茶な話であり、ある意味勝負ははじまっているのであり」
サンレッド 「翠星石噛み見て、「役職狙いじゃない」って判断してたあたり木野は何か持ってるかと心配したが、
吊っていい宣言見て実質のCO無しだと思ったわ……」
木野さん 「うーん」
蒼星石っていう 「あ…サンレッド村だったわwwwどっちにしろ終わってたわwwwwww」
木野さん 「素村なら釣りのがれしません」
美樹さやか 「うん、ごめん指定はしてなかったね」
佐倉杏子 「明確な指示が出てない以上、だな。
あくまでほーちは灰が叫んでただけだしよ」
木野さん 「てか占い両偽疑うんだったらとっととCOしておきたい状況」
蒼星石っていう 「木のおおおお!?」
アイギス 「さやかさんから指示が出てましたっけ?」
水銀燈 「鉄火場なのに私に危機感が薄かった それが答えだな
たとえサンレッドに票が集まったとて 結果は同じだ」
サンレッド
   _..--‐‐‐‐‐-....,,
 /: : : : : :_..-‐'' ̄:`: .、
/: : : : : /: : : : : : : : : : :`、
: : : : : /: : : : : : : : : : :、‐._ハ:.、
: : : /`: : : : : : : : : : :_,,1r‐'' 、i
: : :/.ソ: : : : : : : : : : :゙Yl   l〉
: :.,'.ソ: : : :.r''''‐..、: : :∠ ト,,,, "i
: `|′: : : :゙:、:::::::゛-..,,_: :ヘ/.:/
゙、 l: : : : : : ゙: .、:::、:::::::::`::" )
`、.i: : : : : : : : : ゛ーニ_::_-,‐ ′     あれ……え……? あれ……? >木野狩人
  ゙'、: : : : : : : : : /.:/
   \: : : : : :/, ´"
   / -‐‐.i´ ´\
  // .//\/    、、
_ ノ_ ノ `.、/     i 丶
.. ̄! _,,゙/  ヽ   !  l
'''''''"//   丶    l
  '' ′    、   │」
佐倉杏子 「しょーじき」
GM 「んーお疲れ様。村陣営は残念。
狼は希望メタの利用がうまかったですね」
真紅 「水銀燈アリス……!?
よろしい、全軍突撃するのだわ!!」
木野さん 「>水銀灯
放置の流れとかきましたからてっきり今回は吊られないものかと」
翠星石っていう
   (⌒)    cっ \_  /
   C ⌒)  C_ 3  i゙a 「≠ヽ
   ゙ーヘi     .|「  | /L,e| |
      ヽ,「 ̄|「 ̄ ̄ヽ ̄ヽ_|_
       / ц凵         \
       |              |
      (         (_    |   しかし水銀燈がアリスとか許されざるですぅっていうwww
       `ー、____/jー-  |
          |ヽ/ ̄ ̄/"   |
          `ー ̄ ̄  ――'」
佐倉杏子 「>水銀燈
まったくな。運がよかった!」
水銀燈 「・・・いや、狩ならCOしたほうがいいって >木野さん」
木野さん 「うーん 吊り逃れしたから噛みを役職から変えたのでしたか」
サンレッド
                         -≠、
                -≠-
              -≠、 `   ,. .--,、─. .、    、
               /    /: : ァ` ¨ヾィ: :ヾヽ  ≠
                   /: : <、 _ノ>: : :!:i   |
                   ,': :__ゞ_v_ヾ_:_: : :.|: !  ≠
                   i(:::::::::::::::::::::::::::::ヾ:l=!   l
           , -、--、__   |:////Τ////7/:,'ミ!         まんまと乗せられてやんの、俺wwwwwww
         / 、 ',  いヽ.  ',: : : : :|: : : : : : : //
     _,ィ´   i  |、 ! | ぃ ‘,: : :l: : : : : :,イ;イ
    _ノ    ___/ヽ- `´ヾ、j_} __〉、: :|: : : :/;/|
-- ' ´   _, 、   /   /::::::::::} |`ヾニニ ´イ´│ト、
        _,`ー'′  L::::★// | |l    '    \
      /、   {二ニ 、 `ヾ/ヾ、l `   /   |   \
    /   \ lヽ´_ `ヾヽ/   ヽ  / ̄ ー──  \」
チルノ 「さやかの指示無し、蒼っていうは発言からサンレッド投票しかありえない
こうなるとレッド村に見えても投票しなきゃダメだったよねぇ
その前段階でもってかれてた感が有るけど」
美樹さやか 「うぐ、お疲れ様
狼が騙りに出てきてたか」
翠星石っていう 「お疲れ様ですぅっていうwww」
木野さん 「おつかれさまです」
アイギス 「お疲れ様であります」
佐倉杏子 「お疲れ様だぜ」
水銀燈 「お疲れ様だ 吊られた死者のみが 杏子狼を訴えてたな」
真紅 「だわ、お疲れ様なのだわ」
チルノ 「お疲れ様!」
ゲーム終了:2012/11/24 (Sat) 01:25:43
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チルノさんの遺言 村人CO
狼2だと吊られたら死ぬ
これで吊られてたらあたいの実力が足りなかったのかなぁ
サンレッドさんの遺言       , -─一──ー- 、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /.:.:.:.:.:,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ー‐、.:\
.   /:.:.:.:{Y⌒Yフ.:.:.:.:.:.:///0/ヘ.:..:\
  /:.:.:.:く弋__ノく:.:.:.://///////}.:.:..:ヘ                   , ───
  /..:.:.:.:.:.:`Ⅴ´::.://////////.:.:.:..::.:.ヘ             ,<´     |
  |..:.:.:.:.:.:.:.:..::.::.://////////.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:ヘ            ,<´       |  
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:../////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:ヘ         /ヽ          │
  |.:.:.:.:.:.:.:.:..::////////ャ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ     /l ̄.  }        .|
.  ',.::.:.:.:..::..:////////ヤ.:.:..:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.|\r─一i!──|          .|       あー、寝てる間に怪人全滅しねーかなぁ
.  ',.:.:.:.::.:.:|///////.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!   `ヽ|   i!         |
  { ゝ.:.:.:.:.ヽ////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:i!       |__i!ヘ         .|       
.  1丶 `ヘ`ー´.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:./ヽ  .`ヽ|    | 1      ヽ
  マ    ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\./   \.   /.  /  |         \     
    `ヽ    ヽ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.     \/─-/.   |  \
    .f゛        \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:/      /   /    |    \         
.   /           }.\/ ̄ ̄ ̄ ̄====/\  / .    |      .\
  /        ノ   `ヽ          /    \/     .|         \
  /          /      \^`ヽ \./\    /      |         ヘ
/          /       /ヽ   /   \/       |          ヘ
サンレッド は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
水銀燈0 票投票先 →チルノ
蒼星石っていう1 票投票先 →サンレッド
チルノ3 票投票先 →サンレッド
佐倉杏子0 票投票先 →蒼星石っていう
美樹さやか0 票投票先 →チルノ
サンレッド2 票投票先 →チルノ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サンレッド 「ま、蒼星石視点では水銀燈狼も残ってるけどな >佐倉
だが、どっちみち蒼はどっちかってーと切りたかった方だ」
美樹さやか 「うーん、でもなぁ
2日続けて身内する?」
蒼星石っていう 「頼むさやかとチルノサンレッドに入れてくれ」
佐倉杏子 「ちがう、私は狼じゃない!魔法少女だ!」
水銀燈 「狼陣営の戯言などに乗るな チルノ狼 それだけだ」
蒼星石っていう 「だからサンレッドトあんこが狼だろう」
チルノ 「3日目の確定○どっちも噛まれて居ないし」
サンレッド 「ま、どっちが真かじゃなくてどっちがより偽っぽいかで考えたら元々蒼だったんだけどな
初日に自分真ってのを妙に強調してたし」
チルノ 「さやかが○しか出してないんでしょ?
それなら騙りとかよりさやかによる指定吊を頼みたい位なんだけど」
蒼星石っていう 「霊能人外は考えたら吊りが足りん」
佐倉杏子 「ちがう!
人外って言われてるぜ!>サンレッド」
水銀燈 「霊能疑い?11でそんなもんやってたら吊りがいくらあっても足りん」
サンレッド 「って、考えてみたらそうじゃねぇか、おい!! >佐倉」
佐倉杏子 「蒼星石っていうに人外って言ってるぜ!>サンレッド」
美樹さやか 「杏子サンレッドで狼なら杏子の投票が変なんだよね
どっちもサンレッド投票だし」
チルノ 「水銀燈はここで打ってくるなら狂人の可能性の方が高いかと思う
なので狼吊りたいけど青っていうが●だして無いんで」
サンレッド 「お前村なら、ここでCO無しだから吊ってもいいよ的な態度見せたらダメだろ。
今日村人吊った時点でゲームセットなんだからよ。
今更霊能疑うなら別だけどな」
蒼星石っていう 「チルノ吊られたらおわりだ吊るな」
佐倉杏子 「日本語がごちゃまぜになったけど気にするな!」
佐倉杏子 「サンレッドもこっち側につけ!
蒼星石っていうはお前人外って言われてるぞ!」
水銀燈 「サンレッド村なら貴様狼 貴様村ならサンレッド狼 それだけだ 残りは
>杏子」
サンレッド 「……おーい、チルノー? お前状況分かってんのかー?」
佐倉杏子 「よし、おっけーだ。私視点が決まったぜ」
チルノ 「サンちゃんに質問した時のあたいの発言からして」
佐倉杏子 「ああいや、水銀燈視点ではサンレッド狼が残ってるか。
なら真は水銀燈になる」
美樹さやか 「残り2吊り、正直吊りが増えない限りかなり厳しい
ここでパンダのチルノをどうするかってのもある」
サンレッド 「んで? 結局真混じりで考えんのか?
それなら、水銀燈を信じるのか? 今日の課題はそれくらいだ」
水銀燈 「よしまず一匹だ・・・って対抗狂人考えるなら
すげえ絶望っぽい・・・」
チルノ 「あーはいはい特にCOは無し
私に●打つって多分吊るしやすい所占いよね」
佐倉杏子 「いずれにせよ私狼って言われてるのか? これは」
蒼星石っていう 「うんチルノつったら吊りが足りん吊るな」
佐倉杏子 「うーん」
サンレッド 「ほー、結局真紅も噛まれたわけか」
蒼星石っていう 「理由 なんつーか他と比べて内容寡黙っぽい気がする
占っとくかっていうwww」
佐倉杏子 「……だよな>木野さん○」
美樹さやか 「二日目三日目で票を合わせてるチルノ杏子あたりがどうかなって感じ」
水銀燈 「占い理由
サンレッド疑い一本はいいんだが・・・ こいつ木野に関して
昨日余り触れてなかったんだよな あんな吊り逃れで
発言でもより目立つのに
何か見えてる そう思ってもおかしくないだろう?」
蒼星石っていう 「占い結果チルノ○っていう」
サンレッド 「んじゃ、霊能の結果でも待つとすっかね
……生きてるだろーな?」
チルノ 「おはよう
朝って良い時間よね、太陽来ないし」
佐倉杏子 「実質COなし言ってる人を吊る余裕なんてあったのか?
木野さん人外には全く見えなかったんだぜ!」
美樹さやか 「霊能CO木野さん○」
水銀燈 「占いCO チルノ●」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
木野さんさんの遺言                               __   /  /
                            /  l /  //l
                              /  /    / /
                ヘ __           /  /   /  /
                \\\       /  / / <
                   l \\\   / //  ̄ ̄  ̄\
                  \ 丶 \丶/ / /=-= 、     \
                   ̄ \ll    レ: : : : : : :ヽ      ヽ
                       /⌒l o  l: : : : : : : : : :} 、      ',     村医者CO
                    i: : : |  r=ヽ: : : : : : : ノ \     l
                    ト: : :ハ〃ニ二 > ̄´    \____|
                    レニ/\/  __ヽ 丶=     l   〈
                    ヽ } ‐-ヽ/二 l/リ /l____/l   l
                     Vレ { l`ヽリ ハ∠ メ/   ヽ | ニニ リ
                     Vl }ゝヘハハ∧ /     レ   /
                         ヽ`ヽニニ二=   ____/=‐〈
                        ',   ___  __/        `ヽ
                     ___ ヽ/___/         _____ 〉二ヽ
                   /   ヽV::ヽ:::/       /   \――/
                     /    Vl:::::::〈      /二二二二二/
                 __ ハ ___/ `ヽ ̄ ヽ二二/          l
               /  `ヽ/::::::::::>  /〉 /              |
真紅さんの遺言 木野は占うには疑わしすぎるし
残すにしても噛まれる公算が低いのだわ。

◇サンレッド(23) 「で、交換占いっつーわけかよ……
どーでもよくねーけど、占い真混じりでも確信してねーとあんま使えねーと思うんだがな……」
展開しだいではこの発言、気に留めておいたほうがいいかもしれないわね

杏子の発言がチョットひっかかるのだわ。
真狼だとしても信用差が相当ないと狼は勝負に出ないと思うのだわ。
貴方視点では、どちらが真に見えているのかしら?
真紅 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
木野さん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
水銀燈0 票投票先 →チルノ
真紅0 票投票先 →木野さん
蒼星石っていう0 票投票先 →木野さん
チルノ2 票投票先 →サンレッド
佐倉杏子1 票投票先 →サンレッド
美樹さやか0 票投票先 →チルノ
サンレッド2 票投票先 →木野さん
木野さん3 票投票先 →佐倉杏子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
木野さん 「>あんこ
ですよね」
チルノ 「んー、あたいの基準では発言の半分以上<>付けて会話してたらお喋りなのよ<サンレッド」
佐倉杏子 「>木野
霊能が生きてるぜ?」
水銀燈 「・・・え?狩じゃなかったのかアンタ >木野
まあそんな事言うよりは 疑い先でも上げてろ 村なら」
木野さん 「>あんこ
狼混じりで対抗噛む? 信用勝負の路線はないんですか?」
真紅 「指揮?
書類に「一歩も退くな」って書いて提出すればいいのかしら>蒼星石」
美樹さやか 「まー2Wで占い出す余裕はないのはわかってるけどね
一応その可能性もあるかなって」
サンレッド 「皆? 俺ぁ、初日は蒼蜥蜴と杏子くらいにしか返答してなかった気がすっけどな >チルノ」
チルノ 「噛みとか一回見ただけで分かるわけないでしょ
どうしてそこ噛みかは片隅で考えるだけでいいんでしょ?」
佐倉杏子 「>さやか
私も真狂に一票だな! 占い狼交じりなら対抗噛むと思うし。
対抗の○に○出す狂人もどーかと思うが、
どっちかというと後者の方がありえそうな気がするぜ!」
木野さん 「私吊るならお早めにどうぞ
正直釣りのがれした私は村にとってノイズになりかねませんので」
真紅 「まあレアケを考えるにしても考えないにしても
グレランに力を入れるべきね。
そうでしょう同志諸君」
サンレッド 「無いとは言い切れねーだろ?
狼が全潜伏しかしないなんて、今日びフロシャイムでも考えねーよ >木野」
蒼星石っていう 「まあ真紅は確○っていう頑張って進行してくれっていうwww」
チルノ 「やる事はまだグレランしかないのだけれど
サンレッドって見た目に似合わずお喋りさんね、初日からみんなと会話してるし」
木野さん 「信用勝負するきない占いも噛まない
そして確定○を削るだけ これを狙った噛みも充分ありえますけど」
サンレッド 「木野が吊り逃れしてんなら、早期に吊ってみたいところでもあんだけどな
吊り数的に様子見だなんだする余裕あるのか?」
真紅 「あ、水銀燈は翠星石占ってたのね」
佐倉杏子 「噛みに意味もたすなら、ようは確定になる前に潰しに来たってことだろ?
昨日の水銀燈の発言的に対抗の○占うのは予測できるわけだしな!」
水銀燈 「そんなに弱い噛みって思うなら やることは一つだ
グレランで狼を落とせばいい 違うか? >木野」
美樹さやか 「どーだろね、真紅はまー2○って事で疑うはずもなく
実際今でてる占いの内訳どう見る?真狂が無難だろうけど」
木野さん 「>サンレッド
・・・・・・両偽ですか」
蒼星石っていう 「わかってるとは思うけど一応いっといてやるけど狐いないからねっていうwww>対抗」
チルノ 「噛まれたでっていうの冷凍保存って需要あるのかしら?」
木野さん 「ここで役職を噛み合わせする意味はあんまり・・・・・・
霊能も噛めないとみたんでしょうかね」
サンレッド 「で、交換占いっつーわけかよ……
どーでもよくねーけど、占い真混じりでも確信してねーとあんま使えねーと思うんだがな……」
佐倉杏子 「とりあえず木野さんをほーちして、
今日は私とサンレッドとチルノでランだな」
真紅 「翠星石は色が気に入らないから涙も流れないのだわ。
ただその位置だけが気になるわね」
チルノ 「わお、対抗占いで確定○×2
でも片方噛まれてるのよね」
美樹さやか 「占い噛まずに○噛んでくるねぇ」
水銀燈 「噛み合わされた か 正直木野票がすげえ怖かったんだが
囲いじゃないだけマシ と前向きに考えよう」
木野さん 「しかしなんなんでしょうね、翠星石噛みって
役職噛まないことに少し驚きます」
真紅 「確定○……!?
だから私はアカだと何度言ったら!」
蒼星石っていう 「兄弟いいいい!?」
サンレッド 「ほー、緑蜥蜴は囲いじゃなかったわけか」
美樹さやか 「さて、こっからミスは許されないよ
正直、アイギスが吊り逃れしてない時点であまり狼吊れたと思わなかったし」
佐倉杏子 「…………占いCOが一つしか見えないぞ。
もう一人は蒼星石だよな?」
真紅 「だわ?蒼星石の○が抜かれたのだわ」
蒼星石っていう 「理由 そのヒゲが気に入らん…てのは冗談で
囲いの可能性と確○作りたかったっていう」
蒼星石っていう 「占い結果真紅○」
水銀燈 「占い理由
対抗の○占いだが・・・正直木野に票入れてるってのが
色々すさまじい感してるので 私に疑い持つことが
目立ってる? 疑うことは悪くは無いだろう?
木野すげえグレー役職っぽい位置だし なんか吊り逃れあるし
なんでそこ投票者占いって意味でも悪くも無い位置」
木野さん 「そっちでしたか・・・・・・昨日は釣りのがれ失礼しました」
真紅 「おはよう。
労働と兵役と戦死は義務なのだわ、同志諸君。
……カナリアン、かしらね>アイギス」
佐倉杏子 「おはよう!」
サンレッド 「木野が票替えしたわけだ。
ま、木野が生きてるよーなら検討材料になるな。」
チルノ 「アイギスは犠牲になったのよ…
人間超え対決の犠牲に……」
水銀燈 「占いCO 翠星石っていう○」
美樹さやか 「霊能COアイギス○」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アイギスさんの遺言                  ..  -- ─ - .
           .    ´_ _ __ __    \
         <   /_ _ __ ___ \   \
.         / /´         / \ \ ハ
       /  . / /  // /     /   . ∨ ∨ .
.      / /.// / / /レレ'   / / !  / ∧ |  .
      レレi/ / /レ'´ ̄ヽ|i  / / | /レ' ∧.|  i
       レ'レレ| {     }レ'レ'/ ̄ヽ レ'  |⌒i l
          / N ゝ._ ノ   {    }}_ノi |__「! .|
        イ   |         ゝ. _ノ / レj メ ト
.        |l i 人   r - 、    イ  /___ノi  |
        从ハノ \   ー _ _ ノレ'ルル'ハノ
              /「_| ト、‐'レ'´`ヽ
             / / | |  \    i
               〈\_/./| |   レ'\  !
             ∨__/人人__ノ___ノ  |
翠星石っていうさんの遺言
     /ニYニヽ
    /(●)(●)ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\
  | ,-)___(-、|   村人ですけど、アリスの座は翠星石がいただくですぅっていうwww
  | l  mj |┬-|  l |
   \〈__ノー'´ /
    ノ  ノ
翠星石っていう は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アイギス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (2 回目)
水銀燈0 票投票先 →アイギス
真紅0 票投票先 →木野さん
蒼星石っていう0 票投票先 →木野さん
チルノ0 票投票先 →サンレッド
佐倉杏子1 票投票先 →サンレッド
美樹さやか0 票投票先 →アイギス
サンレッド2 票投票先 →アイギス
木野さん3 票投票先 →アイギス
アイギス4 票投票先 →佐倉杏子
翠星石っていう0 票投票先 →木野さん
2 日目 (1 回目)
水銀燈0 票投票先 →アイギス
真紅0 票投票先 →木野さん
蒼星石っていう0 票投票先 →木野さん
チルノ1 票投票先 →サンレッド
佐倉杏子1 票投票先 →サンレッド
美樹さやか0 票投票先 →アイギス
サンレッド2 票投票先 →アイギス
木野さん3 票投票先 →チルノ
アイギス3 票投票先 →佐倉杏子
翠星石っていう0 票投票先 →木野さん
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「ドールズの奇妙な愛情~如何にして●○を気にするのをやめ身内占いを愛するようになったのか~
ってだけでいいんじゃないの?占いなんて」
アイギス 「でもアイギスはドイツ製でもソ連製でもない純日本製であります。
メイドインジャパンがNO1だってことを見せるであります」
真紅 「少人数村だから吊りに余裕がない、だから緊張感を持って……
と言おうと思ったけど案外このRPノッてきたのだわ(キリッ」
水銀燈 「交換か まあでっていうなのがアレだが 確かにありだな」
佐倉杏子 「さやか……その発言はグレーゾーンだぜ……」
サンレッド 「占いなんざ占いに任せた方がいいさ。
下手に指定だの範囲だのやると、後でそれがノイズ情報として残る」
美樹さやか 「なんでよー!?>緑蜥蜴」
木野さん 「>水銀燈
失礼 少し発言稼ぎの匂いがしました」
蒼星石っていう 「しねーよっていうwww>偽宣言
だって真だものっていうwwwwww」
佐倉杏子 「くっ……真の友情ってのは難しいな。
疑ったらだめで、けど疑うことは信じることで、
でも信じるのが真の友情ってやつなのか」
翠星石っていう 「>さやか
そのギャグはさすがの俺様も草を失うレベルですぅっていう」
木野さん 「で、占いはどうします?
交換占いもいいとは思いますよ」
アイギス 「                 ______
                 ,..r'"三二二三`ヽ、
                /,r"_/\/\`ヽ`ヽ、
              / / |,r‐゙/l ̄ ̄ヽ ‐.、.| ヽ,ヘ     アカアカ
           l /‐/´/ /...l  |、 ヘ  lヽ,_lハ     
             | l.| .l /``` .l   .l "´∨.l  l l .l     共産主義は嫌われ者でありますな
            /l .レ.====.i|ヽ、|==== l   l`ヽ、   
             l.lヽ!.ハ |:::::::|    .|:::::::l/  |  /     そう言えば黄色って何主義なんでしょう
          トヽ|.n ゞ__ノ   .ゞ_ノ,.イ,n.l ./」    
          l/.l.l l .\  _ △  _,,././.-′    
              レ'.ヽイノ.|::`}‐{´::| l l.ヽ/ ∨
            |l. ヽ,'└'/llヽ┘.l/ l|
                /_ l  .'‐' `‐` .l ヘ,    バン!
             ミ   /-/.o___.o__\.ヘ 〃  バン!」
水銀燈 「何かおかしいかね? >木野さん
↓位置がさやかなんで 一応考えてはいたんだがな そこ占いも」
美樹さやか 「いいのいいの、ぶっちゃけ話題がないから言ってるだけだし>青蜥蜴」
真紅 「じゃあやっぱりドイツ軍陣地に突撃してもらうのだわ、裸で>チルノ」
サンレッド 「で? 青蜥蜴はいつ偽物宣言すんだ?」
木野さん 「ちょっとひっかかりますね・・・・・・まあいいでしょう
今は考えないでおきますよ」
美樹さやか 「まー、あたしからしたら杏子疑わなきゃいけなくなるのが辛いけどね>杏子
それでもあたしは杏子には強固に投票しない!なんて」
佐倉杏子 「そうか…………」
チルノ 「シベリアに行ったらあたいがますます最強になっちゃうわね!<真紅
いつも冬だし、自然がいっぱいだし」
翠星石っていう 「>杏子
俺様のピュアな目を見て汚いって言えるのはおかしいですぅっていうwww」
サンレッド 「疑うってのはな、相手を信じたいからこそ疑うんだぜ?
つまり、疑ってる相手ってのは裏を返せば信じたい相手なわけだ >杏子」
蒼星石っていう 「それで真だったらどうしてくれるんだっていうwww>さやか
初日なんだから勘で決めるとかやめてくれっていうwwwwww」
佐倉杏子 「>木野
ああ……ライダーのおっちゃん。
そうだな、すぐに終らせてやる…………私の最後の魔法でな!」
木野さん 「>↓占いしなくて幸いってところか >さやかが霊能

ん?」
水銀燈 「そう思ったから 私もそこ占いをすぐに決めたんだがな・・・ >チルノ >赤は狼狂人」
真紅 「私に疑いを持つのは国家反逆罪なのだわ>チルノ
シベリアに行きなさい」
アイギス 「お、素晴らしい友情でありますな。
アイギスは機械だから友情という感情はいまいちわかりませんが、
灰にいたって信じるのが友情なのでは」
サンレッド 「オメー、関係ないだろ……赤ランになっても >木野」
佐倉杏子 「この村のドールズはきたねーな…………」
木野さん 「>あんこ
それが人狼です 早く終わらせましょう」
チルノ 「でも赤って狼狂人の色だよね?<真紅」
翠星石っていう 「真紅の野郎、アカいのは紅茶だけにしときなさいですぅっていうwww」
サンレッド 「安心しな。すぐにテメーをボコって兄弟仲良くアッチ側に送ってやるから >青蜥蜴」
佐倉杏子 「仲間同士で疑うのは……寂しいもんな」
真紅 「安定のローゼンメイデン就職率なのだわ!
ここだけ不況の煽りをうけていないのだわ!流石お父様!」
美樹さやか 「青い蜥蜴はヘイトで吊られると見て占い騙りに出た!ってさやかちゃん見てるんだけど!」
水銀燈 「↓占いしなくて幸いってところか >さやかが霊能
まあ、アカ優先なんでそこ占いする意義は欠片もないんだが」
チルノ 「グレラングレラン
ほら、こういうのってあたいが最強って見せつけるチャンスだし」
木野さん 「赤ランなんて物騒なこと言わないでください」
サンレッド 「2-1な。
ま、グレラン以外にやる事ねーだろ」
佐倉杏子 「さやかが霊能なのか。嬉しいぜ。
灰にいたら疑わなきゃいけないもんな」
アイギス 「真紅と水銀燈さんではアイコンの元ネタ的に格が違いますなあ」
真紅 「そうよ、ありえないのだわ。
だって私はアカなのだから」
木野さん 「順調な出だしですね
ではグレランの時間です」
蒼星石っていう 「これで我ら双子はもう吊れぬっていうwwwwww」
翠星石っていう 「さやかちゃんって本当霊能ですぅっていうwww」
サンレッド 「ほー、そうかそうか
怪人同士でかばい合ってる構図なわけだ。感動的だな >青蜥蜴」
チルノ 「なんでドールズ組はすぐ○になるの?
って感じね、これ」
美樹さやか 「○確認したんで出るねー」
水銀燈 「なん・・・だと!? >真紅○
ありえん!? ありえんぞそんなことは!?」
佐倉杏子 「占いは二人か?
潜る意味がねーから霊能も出てくれ!
グレランするぞー!」
翠星石っていう 「占われたですぅっていうwww
さすが蒼の兄弟ですぅっていうwww」
美樹さやか 「素村だと思った?残念!霊能でした!」
真紅 「爆撃しやがったのだわあのジャンク!」
木野さん 「占い2COですね
霊能も出てきてください
あんまり潜伏している意味ないので」
サンレッド 「つーか、11人村で狐とかいねーんだから1分半くらいには夜明けになるようにしてくれよな
でないと俺寝過ごすぞ」
蒼星石っていう 「理由
俺様が占い引いたら初日はここ占いする以外にないっていうwwwwww」
チルノ 「あ、役職とか居たら出てきていいのよ?
あたいが保障するから!」
美樹さやか 「4吊りで3人外だからねー」
真紅 「ちょっと申し訳なく思ってるのだわ!>GM
でも反省はしてないのだわ!(キリッ」
水銀燈 「占い理由
→のアカはどう見てもにっくき人狼以外の何者でもないだろう
まずはスツーカで出撃だ そして爆撃だ
○なら・・・?まず無いだろう そんなことは」
蒼星石っていう 「占いCO翠星石の兄弟○っていう」
木野さん 「噛み遅かったですねぇ
もっと早めにお願いします」
佐倉杏子 「よう!」
水銀燈 「さあ諸君 まずは爆撃だ!
占いCO 真紅○」
アイギス 「事前情報によると敵戦力は人狼2狂人1
これより殲滅に移るであります。」
チルノ 「造った雪だるまと凍らせたカエルはほっておくといつもどこかに行っちゃうのよね
別の物を凍らせたらどっか行かないのかな」
サンレッド 「よっしゃ、朝だな。
狼と狂人は今すぐ名乗り出て一列に並べ。
一人ずつ片付けてやっから。」
真紅 「おはよう。
労働と兵役と戦死は義務なのだわ、同志諸君。
きびきびCOするといいわ」
翠星石っていう 「ででででででででですぅっていうwww
それじゃアリスを目指して行くですぅっていうwww
アイランドでも可ですぅっていうwww」
美樹さやか 「やっはー!人外共は切り刻むよー!」
木野さん 「おはようございます
役職の方はCO頼みますよ」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 ローゼン村になることを期待していたのに
どうしてこうなった!どうしてこうなった!w
だがこれがいい
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM お集まりありがとうございます
GMは幻◇ll6J2md5hg がお送りします」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM マイクテストーGMは初めてCO」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
ゲーム開始:2012/11/24 (Sat) 00:46:26
佐倉杏子 「ざんぎりだぜ!」
GM 「うざいのが増えたなw本物きてくれww」
美樹さやか 「ちょちょちょ、あたしは入ってないよね?>サンレッド」
翠星石っていう 「>蒼星石っていう
呼ばれたら来るのが俺様達ですぅっていうwww」
水銀燈 「さあ、出撃だ諸君」
水銀燈 「1」
水銀燈 「2」
美樹さやか 「蜥蜴が増えるよ!やったね杏子!
切り刻む対象が増えたね」
蒼星石っていう 「マジで来やがったっていうwwwwww>翠星石の兄弟」
水銀燈 「狩出現人数ならカウント続行だ 3」
チルノ 「ここで緑の新手!?」
サンレッド 「つまり、そこの緑色と青色ボコりゃいいってわけだな?(ボキボキ」
真紅 「よく来たのだわ!
ただしイタ公の色だから許さないのだわ!」
水銀燈 「ほう、狩人が出たか」
美樹さやか 「うげー」
翠星石っていう 「11にしておくですぅっていうwww」
チルノ 「赤対青
生き残った方がナイスカラーってわけね」
翠星石っていう さんが村の集会場にやってきました
佐倉杏子 「>さやか
まあわたしも大人になったってことさ!」
水銀燈 「4」
真紅 「粛清の嵐をふかせるのだわ!」
蒼星石っていう 「緑の兄弟がきて翠星石っていうとかやってくれないかなっていうwwwwww」
アイギス 「紅は紅でも触れてはいけない紅であります」
水銀燈 「5」
水銀燈 「6」
美樹さやか 「そりゃそうだ、あはは>杏子」
水銀燈 「7」
水銀燈 「8」
木野さん 「ローゼン村といえばさっきの村には全員揃ってましたね GMは雛苺」
水銀燈 「9」
水銀燈 「スツーカ出撃まで 10」
サンレッド 「そもそも一人もドールズいねぇし……」
真紅 「ちょっと残念なのだわ!だわ!>蒼星石」
美樹さやか 「パチモンならいるけどね」
水銀燈 「ふむ、では少し長めにカウントとるか」
佐倉杏子 「>さやか
髪型はつんつんだけどな!」
GM 「カウント頼もうかな」
蒼星石っていう 「サブタイからローゼン村になるかと思ったけどそんなことはなかったわねっていうwwwwww」
美樹さやか 「美樹さやか さんが登録情報を変更しました。」
水銀燈 「水銀燈 さんが登録情報を変更しました。」
美樹さやか 「丸くなったわよねー杏子」
チルノ 「全力で決行
きっとカウントダウン中に人はいくらでも来るもん
だってあたいにはみりきがあるから!」
佐倉杏子 「私はいつだって準備おーけーだ!
掛かってきな人外!」
美樹さやか 「祝日とはいえ時間も時間だしねー
さくっと始めてもいいなじゃないかなって」
蒼星石っていう 「一応投票しとくわっていうwww」
木野さん 「吊られても死にそうにない人がいますけど、ルールは守らないとダメですよ」
GM 「とりあえずズサ期待で投票はたのむわ皆様
1、2人はあると信じて」
サンレッド 「どんな人数だろーと人狼全部ボコりゃいいんだろ?
俺はいつでもオッケーだぜ?」
佐倉杏子 「>さやか
ほむらは変わりものだしな…………けどそういうところも好きだよ!」
真紅 「やるならあとひとりは欲しいのだわ」
GM 「訂正
結構するかは→決行するかは」
サンレッド 「つーか、隣にも同業者っぽいのが来たな。
ま、別に俺の代わりに怪人ボコしてくれるんなら有り難いけどよ」
美樹さやか 「正義の魔法少女ですから!ドヤァ>サンレッド」
真紅 「時間なのだわ」
水銀燈 「さて、時間か 一応やろうと思えば出来なくも無い数だな」
蒼星石っていう 「もう点呼の時間ねっていうwwwwww
どうすんのっていうwww>GM」
佐倉杏子 「>サンレッド
王道の味ってやつだな!
田舎の道で吉野家を見かけたら安心するよ」
サンレッド 「なんだよそれ……どんなビックリ人間コンテストだよ! >魔力で出してる」
チルノ 「がしょんがしょんしそうな人達が来たわね
おてやわらかによろしくおねがいしてあげるわ!」
美樹さやか 「だってー、気づいたら背後とかにいるんだもん>杏子」
GM 「まー時間が時間だしひゃっはーの種類も割れていたからねえ
少人数でも結構するかは参加者各位に任せる」
水銀燈 「牛丼か 一時期なか卯とやらでよく食ってたが」
アイギス 「というわけでよろしくお願いします」
佐倉杏子 「>さやか
あんまりハブはよくないぜ……美味い飯はみんなで食べたいな」
美樹さやか 「剣がなくなる、って事がないからね>サンレッド
あくまで魔力で出してるものだから」
アイギス 「支援モードであります。うぃーんであります」
サンレッド 「俺ぁ、吉野家だな。ザ・牛丼屋って感じでよ >杏子」
佐倉杏子 「>チルノ
上手いこというやつだな!
いやここは美味いこと言うやつだといっておくぜ!」
GM 「蒼星石がどんどん増えるのなら嬉しかったのに。GMは水銀党ですが」
チルノ 「あれ、決闘村建ってるの?」
アイギス さんが村の集会場にやってきました
美樹さやか 「いいねー、まどかやマミさん誘ってみようか>杏子
転校生?気づいたらいるんじゃない、神出鬼没だし」
サンレッド 「武器に頼ってると、その武器が無くなった時に困るだろ? >さやか
その点、拳は腕もぎ取られない限りは無敵よ!
……あー、そういえば俺にも何か武器あった気がすっけど……まぁいいや!」
水銀燈 「しかし人こないね 決闘と人員割れてるかなこれ」
木野さん 「よろしくお願いします」
木野さん さんが村の集会場にやってきました
佐倉杏子 「>さやか
なら今度一緒に食べにいくぞ!
話してたらたべたくなってきたしな!」
蒼星石っていう 「てか単体増殖出来るからね俺様達www>GM
ついてないのもいるんじゃねっていうwwwwww
ちなみに俺様はついてるっていうwwwwww」
佐倉杏子 「>サンレッド
すごいよな……小腹が空いたときに助かる。
ああいう見せの中ではなかうが最強だと思うぜ!」
GM 「分裂して増殖するのを想像してしまった>無性生殖」
チルノ 「ふふーん、どうだすごいでしょ?
いいわ、半分あげる
夜におやつをあげる。これこそ朝飯前って奴よ!」
美樹さやか 「そう?拳で熱くってのもいいけど
やっぱ王道の剣が一番ヒーローっぽいじゃない」
水銀燈 「単細胞生物よろしく 無性生殖でいいんじゃないの? >GM」
美樹さやか 「卵もあれば最強だね>牛丼
最近食べてないなー」
サンレッド 「切り刻む……って、得物が刃物とかエグいな、おい…… >さやか
男なら黙って拳で勝負しようぜ」
蒼星石っていう 「そんなに誉めても何も出んぞっていうwwwwww>さやか」
GM 「雌雄同体っ…つまりふたなり…!?
嬉しくないな、でっていうだと」
佐倉杏子 「>チルノ
しゃーべっとか?!
お前はすごいやつだな!私にもくれ!」
サンレッド 「あとは牛丼な。24時間営業ってのはマジ便利だわ。>杏子」
美樹さやか 「顔が前衛芸術的って言ってんのよ言わせんな恥ずかしい」
蒼星石っていう 「俺様は雌雄同体っていうwwwwww」
美樹さやか 「魔女ざっくざく切り刻んでるからねー>サンレッド
あれも怪人っていえば怪人になるのかな、悪いやつだし
そしてさやかちゃんは正義の味方!」
チルノ 「りんご…?
つまりアイスりんごってわけね!?冷やしてがりがりと食べる美味しい食べ方よ?(しゃりしゃり」
蒼星石っていう 「俺様がメスに見えるなら眼科を受診するのをお勧めするっていうwwwwww>さやか」
佐倉杏子 「>サンレッド
わかるぜ! このいかにもなジャンクっぽい味がたまらないよな!
特に夜食べるときはカップ麺がさいきょうだ!」
サンレッド 「あ゛ぁ!? んなの俺が知るかよ! >チルノ」
GM 「ゲームだと結構多いがなw>ヒーローが悪役
フラグをお前の運命力で折るのだ!」
水銀燈 「だが太らない=バストサイズもそのまま
って意味でもある さて、貴女の選択やいかに」
美樹さやか 「マミさんディスると許さないよ」
チルノ 「やる夫スレではたまにヒーローキャラが悪役やってるスレあるような」
佐倉杏子 「>さやか
さやかはスポーツ少女だからな!
いくら食べても太らないんだ」
美樹さやか 「というかアンタ魔女っぽいよね?斬っても問題ないよね>青蜥蜴」
水銀燈 「20世紀少年は・・・ちょっと違うか あれは単なる自作自演だし」
サンレッド 「運動なんてよー、そこら歩いてる怪人ボコりゃあっという間に終わるぜ? >さやか」
蒼星石っていう 「マミさんみたくなっても知らんぞっていうwwwwww>さやか」
佐倉杏子 「>チルノ
ちょっとないな……ごめんな…………そうだ!
リンゴならあるぜ!」
サンレッド 「バァーカ言ってんじゃねぇよ >GM
どこの世界にヒーローキャラが悪人やる国があるんだっつーの」
美樹さやか 「うぐ、痛い所をついて…
いいもんいいもん、運動してるからー」
水銀燈 「正義?勝てば正義よ」
蒼星石っていう 「こっちのがいいかなっていうwww」
サンレッド 「んじゃラーメン貰うかね。サンキューっと >佐倉
やー、やっぱ夜食ったらカップめんだよな、このジャンク感がたまんねぇ」
蒼の子っていう 「蒼の子っていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:蒼の子っていう → 蒼星石っていう」
GM 「正義の味方さんも美少女たちもいらっしゃい
人狼があなた自身かもしれぬぞ>レッド」
チルノ 「あったかいと氷が溶ける……
カップ冷やしそばとかないの?<杏子」
水銀燈 「香川行けばいいんじゃないの? >うどん」
真紅 「く……いつか空飛ぶT34を作って撃ち落としてやるのだわ!」
佐倉杏子 「お前も腹減ってるのか?>サンレッド
……何か食うかい?」
蒼の子っていう 「太 る ぞ」
佐倉杏子 「いいぜ!いまからお湯を沸かすから5分ほど待ってくれよな!」
美樹さやか 「げ、蜥蜴が同じ色に」
サンレッド 「お、何? くれるわけ? >佐倉 >夜食」
美樹さやか 「うどんーうどんー」
蒼の子っていう 「乗ってやるっていうwwwwww」
佐倉杏子 「えっとな! カップラーメンとカップ焼きそばとカップうどんがあるぞ」
紅きヒゲっていう 「紅きヒゲっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:紅きヒゲっていう → 蒼の子っていう
アイコン:No. 671 (紅でっていう) → No. 1396 (青でっていう(大))」
サンレッド 「つーか、すでになんか怪人っぽいのいるし……」
水銀燈 「戦争か スツーカでのアカの撃墜記録がまた伸びるわねえ >真紅」
真紅 「よろしい、ならば戦争なのだわ>水銀燈」
美樹さやか 「何があるのー」
サンレッド 「あぁー? 人狼が暴れるって予告状が届いたのはこの村かぁー?」
GM 「えらくゴツい水銀燈が」
チルノ 「ここであえての青アイコンで登場
あたいったらパーペキね!」
紅きヒゲっていう 「えwwwwww>銀ちゃん」
美樹さやか 「うんうん、どうしたの杏子
このさやかちゃんに言ってみなさい」
サンレッド さんが村の集会場にやってきました
かりーずべると 「かりーずべると さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーずべると → チルノ
アイコン:No. 7 (青) → No. 14 (チルノ)」
水銀燈 「そこのアカをジャンクにしに変えてみる」
佐倉杏子 「なんか夜食食うかい?」
ハンス 「ハンス さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ハンス → 水銀燈」
美樹さやか 「え?心境の変化って奴?>ヒゲっていう」
佐倉杏子 「さやかーさやかー」
ハンス 「ふむ、村タイ的には・・・」
紅きヒゲっていう 「何故青くした>さやか」
GM 「赤いのと髭が集まる村…ぺろっこれはフラグ!」
美樹さやか 「赤かと思った?残念さやかちゃんでした!」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 美樹さやか
アイコン:No. 5 (赤) → No. 6578 (美樹さやか2)」
紅きヒゲっていう 「でっていういちぞくは毎日剃ってるんだっていうwww>ハンス
みんなヒゲが敵だから気にしてるんだっていうwwwwww」
ハンス 「アカが増えた? よろしいならばスツーカだ」
真紅 「アカは正義なのだわ。アカは」
「よろしく、赤いなぁ」
仮 さんが村の集会場にやってきました
ハンス 「生態系っていうなら そもそもでっていうにヒゲが・・・
いや、やめておこう」
紅きヒゲっていう 「安心しろっていうwww>ハンス
生態系的にはワキ毛は生えんっていうwwwwww」
紅きヒゲっていう 「>髭の村になりそうだなw
…あんこも?」
ハンス 「ヒゲより腋の処理をしっかりやれ 意外と強敵だぞ >ひげっていう」
紅きヒゲっていう 「俺様は許されたのだっていうwwwwww>真紅」
かりーずべると 「どっちかと言うとカイゼル髭の変形じゃね?<ヒゲっていうのヒゲ」
GM 「髭の村になりそうだなw
GMの調子が悪いんで突然死とか気をつけてくださいな」
紅きヒゲっていう 「二日放置したらこんな感じになるんだっていうwwwwww>ハンス
毎日処理してるんだっていうwwwwww」
真紅 「……。
フデヒゲだから許す!>でっていう」
かりーずべると 「それにしてもおどろきの赤さ」
ハンス 「付け髭じゃないか >ヒゲっていう」
紅きヒゲっていう 「何をいうっていうwww>真紅
この気高いヒゲが目に入らんのかっていうwww
俺様はヒゲ側だっていうwwwwww」
ハンス 「本日もいい出撃日和だ」
真紅 「この村にはナチと資本主義の犬がいるのだわ!だわ!」
かりーくす 「かりーくす さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーくす → ハンス
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5009 (ルーデル)」
佐倉杏子 「よろしくな!」
佐倉杏子 さんが村の集会場にやってきました
真紅 「紅い同志が増えて何よりなのだわ。
ただし蜥蜴は粛清ね」
かりーずべると 「ヒャッハー新鮮な村だー
というわけでよろしく」
かりーずべると さんが村の集会場にやってきました
紅きヒゲっていう 「よろしくっていうwww」
紅きヒゲっていう さんが村の集会場にやってきました
GM 「よろしく。調子悪くてテンプレがはれぬ」
真紅 「よろしくなのだわ同志諸君」
真紅 さんが村の集会場にやってきました
かりーくす 「よろしく」
かりーくす さんが村の集会場にやってきました
GM 「点呼2440」
GM 「昼AA自由
初日のみ早噛み禁止
狐遺言禁止」
村作成:2012/11/24 (Sat) 00:11:15